2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本本土決戦 米軍敗退の可能性 2

1 :だつお:2007/01/19(金) 12:25:26 ID:kFWFxn3I
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

議事録には次のようなイーカーの言葉が引用されている。
「日本にたいし航空兵力のみの使用を主張する者はきわめて重大な事実を見過ごして
います。それはつまり、航空機のみが敵と対決するときは、航空兵の死傷者数は決して
低下しないという事実です。現在の航空兵の死傷者数は一度の任務につきおよそ二パー
セントであり、一月当たりでは約三〇パーセントです」イーカーは続けた。
「時期を逸すれば、敵が有利になるだけです」
「日本殲滅 日本本土侵攻作戦の全貌」(T・アレン&N・ボーマー著)

"GENERAL EAKER said that he agreed completely with the statements
made by General Marshall in his digest of the memorandum prepared
for the President. He had just received a cable in which General
Arnold also <page 559> expressed complete agreement. He stated
that any blockade of Honshu was completely dependent upon airdromes
on Kyushu; that the air plan contemplated employment of 40 groups
of heavy bombers against Japan and that these could not be deployed
without the use of airfields on Kyushu. He said that those who
advocated the use against Japan of air power alone overlooked the
very impressive fact that air casualties are always much heavier
when the air faces the enemy alone and that these casualties never
fail to drop as soon as the ground forces come in. Present air
casualties are averaging 2 percent per mission, about 30 percent
per month. He wished to point out and to emphasize that delay
favored only the enemy and he urged that there be no delay.
http://home.kc.rr.com/casualties/

http://p2.chbox.jp/read.php?host=hobby9.2ch.net&bbs=army&key=1163154573&ls=all
日本本土決戦 米軍敗退の可能性
http://p2.chbox.jp/read.php?host=hobby9.2ch.net&bbs=army&key=1167988622&ls=all
大日本帝国VSドイツ第三帝国  ラウンド3

2 :だつお:2007/01/19(金) 12:28:22 ID:kFWFxn3I
http://www.ww2guide.com/usab.shtml
欧州戦の米爆撃機
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_9.html
中国大陸のB-29
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_10.html
マリアナ方面のB-29
http://home.att.net/~jbaugher2/b29_12.html
朝鮮戦争のB-29

大東亜戦争でB-29は延べ28558機出撃で喪失518機、
(史料によって違うが出撃毎重爆喪失率は日独ともに1.5%前後)
朝鮮戦争では延べ21000機出撃で喪失34機。
このように対空火力は皇軍は中国軍の10倍以上だった。

事故や整備不良によるものを除く戦闘任務のみの損失で414機、
そのうち戦闘機によるものが50%、対空砲によるものが36%、
双方によるものが13%、自爆によるものが1%と記録される。

During the course of the war, the Twentieth Air Force flew
31,387 bomber sorties; 3,058 of which were flown by the XX
Bomber Command, 28,329 by the XXI. The war had taken 414 B-29s,
80 from the XX Bomber Command and 334 from the XXI. Losses on
combat missions averaged 1.3 percent of sorties airborne,
with a total of 147 bombers lost. Of these combat losses:
50 percent were caused by enemy fighters.
36 percent were caused by enemy antiaircraft.
13 percent were caused by a combination of both.
1 percent were self-inflicted by accident.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/Hansell/Hansell-6.html

3 :禿頭自営業 ◆kFPVmIKG7g :2007/01/19(金) 12:44:06 ID:???
惨状!

4 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 14:47:33 ID:???
一億総被爆

5 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 15:04:13 ID:???
まず皇軍の精鋭支那派遣軍100万をどうやって呼び戻すかだが

6 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 17:40:45 ID:???
ソ連とアメリカとも極東地域の覇権を巡って早く制圧しようとし
容赦ない攻撃をしてくるでしょうね

7 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 19:40:35 ID:/4Y97m3N
壊滅前に自主的に兵を撤収させ降伏。

8 :だつお:2007/01/19(金) 21:57:49 ID:ZgTWw0F1
>Present air casualties are averaging 2 percent per mission,

720,980 sorties で1,841 men killed, wounded and missingを
記録した朝鮮戦争と比べていかに高い損害率であったことかと。

During the war, FEAF units flew 720,980 sorties and delivered
476,000 tons of ordnance. For these numbers FEAF estimated it had
killed nearly 150,000 North Korean and Chinese troops and claimed
the destruction of more than 975 aircraft, 800 bridges, 1,100 tanks,
800 locomotives, 9,000 railroad cars, 70,000 motor vehicles, and
80,000 buildings. This damage was inflicted at the cost of 1,841 men
killed, wounded and missing, and 750 aircraft destroyed by the enemy.

http://korea50.army.mil/history/factsheets/air_f_fs.shtml
U.S. Air Force in the Korean War

9 :だつお:2007/01/19(金) 23:05:22 ID:ZgTWw0F1
743 : 梅本弘「ビルマ航空戦」 :2005/07/25(月) 17:53:34
 12月31日、64戦隊は一式戦21機を以て、終日、鉄道橋上空を哨戒、この日、
ミンゲ鉄橋は修理が完了し、鉄道器材は予定とおりマンダレーの南方への転用
を終えた。カドマ西方では、英印軍の戦車数十両、トラック300台、兵員
3千名(日本側判断)が、第31師団の前線を突破、東方へ前進中だった。これは、
この日、イエウを経由してシュエポに向かっていた英第2師団であった。
 50戦隊の四式戦13機、一式戦4機は、この突破部隊への対地攻撃を命じられ、
10時30分に離陸、イエウ西方約30キロ地点で、路上を行軍中だった英印軍の
戦車50両、自動車100台に対し「タ」弾攻撃後、地上掃射を行った。14時30分、
50戦隊は、ふたたび攻撃したが、不調機が続出、二度目の侵攻に参加したのは
6機のみだった。しかも肥後軍曹機は帰還時、バッテリーがあがり、メイクテーラ
東飛行場までたどり着けず、オマトエ飛行場に着陸した。日本側は、四式戦の
20ミリ機関砲が地上攻撃で大きな威力を発揮。英印軍機甲部隊の進撃は数日間
にわたって停滞したうえ、以後は昼間に密集行動をとらず、夜間に分散移動
するようになったと評価している。
 昭和19年12月、ビルマ方面に展開していた英空軍機の1日平均出動可能機数は、
627機、同じく米陸軍航空隊は691機、合計1318機であった。一方、
第5飛行師団が第15軍の「イラワジ作戦」に常時、対地攻撃が可能と報告した
兵力は、第4飛行団の戦闘機約20機、軽爆約10機、司偵2機であった。

10 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 23:10:04 ID:lGiL4H7L
またコピペか…

本当に日本語が不自由なんだな

いい加減母国に帰れよ

11 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 00:18:39 ID:RpXtP4zH
どうやったらソ連の侵攻を防ぐんだ?

精強な関東軍は一ヶ月もしない内に崩壊していたよな

あと原爆を防ぐ方法を得意なコピペで証明しろよ

早くしろ

12 :だつお:2007/01/20(土) 00:30:19 ID:b+Sq/0jw
ならドイツ軍だってどうやったらソ連の侵攻を防ぐんだと。
精強なベルリン防衛軍は一ヶ月もしない内に崩壊していたよな。
そりゃあ、皇軍やドイツ軍を師団規模で撃破した実績のある
米軍や赤軍は強大な戦力を有していたから。

いや、というか皇軍はそもそもドイツ軍のように米ソの大陸軍と
戦闘するための軍隊ではなくて、中国のチンピラゴロツキ害虫
に対してだけものすごく強い、チンピラゴロツキ駆逐隊だった。
中国のチンピラゴロツキ害虫限定で、そういった蛆虫どもを効率
よく大量殺戮することに関してだけは、皇軍が世界一だった。

97式中戦車チハは戦車ではなくてチンピラゴロツキ害虫駆逐車。
アウシュビッツに車輪がついて大地を駆け回る、地獄の大車輪。

13 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 00:33:07 ID:???
早いハナシ、勝てる方法なんてナイよね。

14 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 00:35:44 ID:???
418 :名無し三等兵 :2007/01/19(金) 22:32:24 ID:???
始めて便衣隊を耳にした時、う○こを着てる部隊だと想像して
チャンコロってほんと蛆虫みたいな奴らだなぁ〜と思ってました。




15 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 00:36:12 ID:???
>どうやったらソ連の侵攻を防ぐんだ?
精強な関東軍は一ヶ月もしない内に崩壊していたよな


もし関東軍がソ連軍と衝突したら完全に全滅してた。

16 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 00:37:34 ID:???
だつおって都合が悪くなると、すぐに逃げるよね。

関東軍と同じ。

17 :だつお:2007/01/20(土) 00:40:43 ID:b+Sq/0jw
>中国のチンピラゴロツキ害虫限定で、そういった蛆虫どもを効率
>よく大量殺戮することに関してだけは、皇軍が世界一だった。

大陸打通作戦なんて大したことない、ドイツ軍だったら大陸打通
どころか中国人という中国人はこの地球上から絶滅するまで殺戮
を続けていたはずだ、ドイツ軍ならもっと強いロシア人を2700万
殺戮してる、皇軍が虐殺した3500万中国人なんて足元にも及ばぬ。
ドイツ軍ならアウシュビッツに車輪どころかジェットエンジンつけて
大陸打通どころか大陸消滅作戦を敢行していたであろう。

・・・ってのはどうだ?

18 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 01:01:08 ID:???
中国差別もほどほどに。

技術、文明の差は=人種の能力差ではない。
未開の原住民と日本人の差は歴史と技術の蓄積の差に
すぎない。生物としてみれば同種のホモ・サピエンスだ。




19 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 01:01:14 ID:???
まさか、2スレ目たつとは思わんかった。

20 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 01:01:28 ID:???
>>17
それはもういいから、結局戦争に負けて中国にも降伏したんだよね。

21 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 01:12:27 ID:???
だつおって都合が悪くなると、すぐに逃げるよね。

関東軍と同じ

22 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 01:26:42 ID:???
精強なベルリン防衛軍!?
精強な関東軍!?

23 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 06:53:02 ID:RpXtP4zH
バカなだつお…
日本軍は米ソの大陸軍と戦える軍隊でないと認めてやんの
それじゃ本土決戦に勝ち目はないわな
日本軍は無敵じゃなかったのか?

だつおは実社会で一切認めてられていない非人だから
誰かを差別して、精神の安定を図りたいのだろうが
お前の唯一の拠り所のパソコンも
部品は中国製かもな
少なくとも、引きこもりのプロコテよりは世界の役に立ってるな

24 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 10:49:11 ID:???
下らん見栄張って本土が大国の覇権のおもちゃになることが利口なことか

25 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 11:11:03 ID:???
有益なifスレだと思う。
日本が今から考えるとかなり有利な講和ができた理由がわかるかも。

26 :水銀党員:2007/01/20(土) 12:00:16 ID:???
こんな不毛な議論止めよう。だつお君にどんな資料見せても無駄だから‥‥

27 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 12:01:56 ID:???
どこが有益なんだよ。本土決戦時点で有利もクソもねぇよ。

28 :だつお:2007/01/20(土) 12:18:43 ID:b+Sq/0jw
>(史料によって違うが出撃毎重爆喪失率は日独ともに1.5%前後)

太平洋戦線でアメリカは27,000機もの航空機を失ったって知ってるか?
欧州戦では未生還機に廃棄処分機(lost or damaged beyond repair)
を加えても18,000機なのに対し。

Aggregate United States plane losses during the course of the
Pacific war, not including training losses in the United States,
were approximately 27,000 planes. Of these losses 8,700 were
on combat missions; the remainder were training, ferrying and
other noncombat losses. Of the combat losses over 60 percent
were to antiaircraft fire.

http://www.anesi.com/ussbs01.htm
UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
SUMMARY REPORT(Pacific War)

In the attack by Allied air power, almost 2,700,000 tons of bombs
were dropped, more than 1,440,000 bomber sorties and 2,680,000
fighter sorties were flown. The number of combat planes reached a
peak of some 28,000 and at the maximum 1,300,000 men were in
combat commands. The number of men lost in air action was 79,265
Americans and 79,281 British. [Note: All RAF statistics are
preliminary or tentative.] More than 18,000 American and 22,000
British planes were lost or damaged beyond repair.

http://www.anesi.com/ussbs02.htm
THE UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
Summary Report(European War)

29 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 12:30:39 ID:???
ほとんどが、訓練や移送中の事故だってんだから
太平洋方面には下手糞ばかり配属されてたんだろうな。

30 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 12:34:09 ID:???
>29どさくさにまぎれていい加減なこと言ってるアフォw

31 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 14:43:59 ID:z2UO/WcJ
だつおの話聞いてると皇軍が弱いようには思えない。

32 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 16:29:36 ID:???
でも、負けました
本当にカムサハムニダ

33 :だつお:2007/01/20(土) 17:32:28 ID:RnW1sklx
 この疑惑は的中し、やがて蒋総統は、三月十二日発の駐米大使魏道明の急電で
「密約」内容を知ると、次のように日誌に痛憤の文字をつらねる。
「『雅爾達』果己売華(中華民国)乎?・・・・・・果爾、則此次抗倭(日)戦争之理想、
恐成夢幻矣!」
 蒋総統にしてみれば、『支那事変』いらいの日本との戦いは中国主権の回復の
ためであり、とくに租借地などの解消を本旨とする。それなのに、こんどはソ連
が権益を求め、米国がそれを支持している、という。
「如我政府承認租借、則不謹造成中・俄(ソ)両国世代之仇恨、而且成為第三次
世界大戦之基因・・・・・・如美(米)国賛成或提議此案、則羅斯福在歴史上永不能
逃避其責任也」
 ソ連との租借が現実化すれば中ソは仇敵同士になり、第三次世界大戦の起因になり
かねない。ルーズベルト大統領の責任は永久に歴史に残るだろう―との趣意である。
<児島襄「第二次世界大戦 ヒトラーの戦い」>

>則此次抗倭(日)戦争之理想、

今まで大陸打通で皇軍に散々ドツキ回され全軍総崩れな中国国民党
のチンピラゴロツキどもが、「抗日戦争の理想」だって?

笑わせるじゃねーか。

そんな「抗日戦争の理想」とやらは「大陸打通作戦の現実」で
木っ端微塵に撃破されて、ルーズベルトだってマーシャルだって
もうそんな中国人の妄想は信じなくなったつーことなんだよ。
皇軍の大陸打通で壊滅した中国国民党エセ抗日チンピラゴロツキ団が、
どうやってこれから逆転の見通しを立てられるのか史料出してくれよ!

     史 料 出 し て く れ よ ! 

34 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 17:39:52 ID:???
兎に角外に出て勤労しろw

35 :だつお:2007/01/20(土) 20:56:50 ID:RnW1sklx
ガタルカナル攻防戦は1942年半ばから43年末までで、まだ日本がそう
負けていなかった時期と見られているが、日本側は25000人を失ったのに対し、
米軍側は戦死に負傷含めても6500人程度でしかなかったという。
これに対し硫黄島攻防戦は最後の年の1945年3月の一ヶ月で、
日本側守備隊21000人の玉砕と引き換えに米軍死傷者は28000人。

こういう比較をしてみると、皇軍は本土決戦してこそと思えてくるのだがどうか。

The total cost of the Guadalcanal campaign to the American ground
combat forces was 1,598 officers and men killed, 1,152 of them
Marines. The wounded totaled 4,709, and 2,799 of these were Marines.
Marine aviation casualties were 147 killed and 127 wounded. The
Japanese in their turn lost close to 25,000 men on Guadalcanal,
about half of whom were killed in action. The rest succumbed to
illness, wounds, and starvation.

http://www.nelsonresidence.com/steveneggie/guadalcanal.htm
The Battle for Guadalcanal

36 :だつお:2007/01/20(土) 21:20:19 ID:RnW1sklx
米軍が本土上陸作戦を強行すれば必ず十万単位の損害が出ると予測
されるのであれば、ソ連参戦を確約させたヤルタ会談はルーズベルト
の勝利外交ということで間違いない。そうでなければ何が悲しくて
合衆国大統領ともあろうものがスターリンに貢物を捧げに行ったのかと。
現にルーズベルトはその後ヤルタの決定に不満の一つも残さず永眠。

日本本土決戦を敢行するなら米軍だけでなく赤軍とも戦闘することに。
そうすると否応なしに支那派遣軍VSソヴィエト赤軍で対決になる。
「支那派遣軍VSソヴィエト赤軍」スレも立てるべきだろうか。

37 :だつお:2007/01/20(土) 21:33:52 ID:RnW1sklx
>ソ連参戦を確約させたヤルタ会談はルーズベルトの勝利外交

GENERAL MARSHALL said he was not familiar with the Polish issue
and its political aspects. He said from the military point of view
the situation in Europe was secure but that they hoped for Soviet
participation in the war against Japan at a time when it would be
useful to us. The Russians had it within their, power to delay their
entry into the Far Eastern war until we had done all the dirty work.
He said the difficulties with the Russians such as in the case of
CROSSWORD usually straightened out. He was inclined to agree with
Mr. Stimson that possibility of a break with Russia was very serious.

http://teachingamericanhistory.org/library/index.asp?document=909
Memorandum by Mr. Charles E. Bohlen,
Assistant to the Secretary of State, of a Meeting at the White House
April 23, 1945, 2:00pm

38 :だつお:2007/01/21(日) 12:26:01 ID:UGX8DA/J
 のみならずここにもう一つ御参考になるように申し上げますが、われわれ
のところの工作機械というものは、戰前全国で十二万台ぐらいあつたものが、
戰時中七十五万台で、六倍になつた。
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/007/0342/00704100342001a.html

しかし、政府の意向で外資との競争から保護され、戦時体制下の需要急増
に支えられた自動車メーカーは、トラック、バスを中心に生産を伸ばし
1938年には3万5千台余りと世界第六位の生産国となり、順調にその生産
台数を伸ばしていった。
http://ryukoku.net/tmmazu/hanaoka-soturon.htm

 一九三三年になると普及台数は一四〇万、同三四年に二〇〇万、
三六年三〇〇万、といったふうに、多少の凸凹はありながら、
大ざっぱにいって、一年あたり五〇万という増加率でラジオ受信機の
普及カーブは上昇線をえがきつづけた。一九三九年には五〇〇万台。
全世帯に一台、というわけにはゆかなかったが、日本の家庭の五〇%以上は、
一九三〇年代の後半にはラジオをもつようになっているのである。
http://homepage3.nifty.com/katodb/doc/text/2823.html

 鉄鋼不足は日本経済の戦争遂行能力に対するあらゆる制限を構成した。
しかしながら、日本の立案者達は戦争の経験が立証した傑出して重要で
ある軍需品の生産は、非常に相当の増加を確保することができた。
練習機を含むあらゆるタイプの航空機生産は、1942年夏の月産700機
から1944年9月の2572機にまで上昇した。航空エンジン生産は機数に
対応して増加したばかりでなく、平均馬力が二倍になった。機銃、対空砲、
弾薬の生産は10倍に拡大した。レーダーと通信装備は5倍に上昇した。
http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/ussbs14.html

(5)革新官僚たちはこの国の軍備を更に押し進め、1930年から1940年の
10年間に重工業の比重を35%から65%に上げた。彼等は財閥の発言力を弱め、
戦後の日本株式会社と言はれる生産と管理の実際をテストした。
http://www.jiyuu-shikan.org/oversea/04/042/schp.htm

39 :だつお:2007/01/21(日) 20:29:50 ID:Uwpq13lG
>ガタルカナル攻防戦は1942年半ばから43年末までで、

太平洋に振り向けた戦力は当初の見積もりこそ15%であったが、
カサブランカ会談では30%に引き上げることが決定されたそうだ。
あれだけ惨敗したのに、いや惨敗したから引き上げられたのか。

At the very first meeting of the CCS at Casablanca General Marshall
made the first patent move to secure a definite division of Allied
resources between the Atlantic and Pacific theaters. He proposed
the adoption of the concept that 70 percent go to the Atlantic
theater and 30 percent to the Pacific.38 King, who had made the
same suggestion in a meeting of the JCS with the President in
Washington before Casablanca, backed him vigorously, estimating
that only 15 percent of Allied resources were then engaged against
the Japanese. Marshall specifically warned that sufficient resources
would have to be kept in the Pacific.

http://www.army.mil/cmh/books/wwii/sp1943-44/chapter1.htm
Casablanca-Beginning of an Era: January 1943

40 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 01:02:44 ID:oJv9+Ppk
硫黄島は要塞攻略戦であり、本土上陸戦に引用するのは間違い。
比較するならノルマンディ上陸がよりいい。
つまり海岸に橋頭堡を築かれ、要塞化してるところは迂回包囲、内陸に進撃。
準備段階で航空機の飽和攻撃が実行され日本の陸海軍航空機隊は消滅している。
後方からの機動反撃を期した戦車連隊は米軍戦車や対戦車火器で壊滅。
だつおがいかに強弁しても無理。

41 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 01:09:04 ID:oJv9+Ppk
だが、そこからだ。
軍民問わず自爆テロを敢行、後方補給部隊への絶え間無い襲撃。
都市部では連日の爆弾テロ。
それは数年に渡りアメリカ軍は撤退するしかなかった。
今日、日本は世界から孤立し世界の最貧困国家として知られている。

42 :ca169*94.hicat.ne.jp:2007/01/22(月) 01:24:34 ID:???
鏑折りなんて無理な外交さえしなければまだ作戦継続できたんだ

43 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 01:25:34 ID:???
>>42
死ね

44 :だつお:2007/01/22(月) 18:47:42 ID:F9VgIs8u
>後方からの機動反撃を期した戦車連隊は米軍戦車や対戦車火器で壊滅。

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

45 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 21:04:39 ID:YT0EiIZs
50〜60年代のソビエト製兵器ぐらいでもあれば撃退できたかな? ミグ19、TU16、T55…

46 :ca169*94.hicat.ne.jp:2007/01/22(月) 21:10:23 ID:???
計画で終わった菊舐さえ完成していたら
米軍は潰滅していた

47 :だつお:2007/01/22(月) 22:12:54 ID:HChQDeNp
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍

48 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 22:14:34 ID:???
だつお元気だねーーーwww
仕事すればいいのに

49 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 22:55:59 ID:qrxUsWKa
結局だつおは都合が悪くなるとコピペに走るんだよな

仕事もしないで社会に何一つ寄与しない
これをチンピラゴロツキと言わずに何と言おう

50 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 23:01:45 ID:???
納豆は戦車の豆鉄砲にも必要と言う事になり、
近所のスーパーを駆けずり回るチハたん

51 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 23:15:29 ID:oJv9+Ppk
北朝鮮はミグ15、T34を装備。
在韓米軍はジェット戦闘機、戦車を装備してなかった。兵力はわずか2個師団。
その後セイバー、M26パーシングを配置、陸海空と優位に立ち仁川上陸。
しかし中国が介入、人民軍に対し兵力が足りない米軍は38度線で持久。ソ連まで出てくる全面戦争を避けたい政治的判断が降され。
ようするにアメリカにとっては政治的、政略的に局地戦な朝鮮戦争を太平洋戦争と比較するのが馬鹿。

52 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 23:21:55 ID:qrxUsWKa
確かにその通り!

しかし、だつおは日本語が理解できないようで、
だつお本人でさえ理解できていないコピペを延々と貼り付けるんだよな

だつおは何故チハというかさえ理解できていないだろう
引きこもりなんだから調べる時間はいくらでもあるはずだが…

53 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 23:33:52 ID:oJv9+Ppk
T34とチハ、一式、三式ちがうんだぞ。
硫黄島の戦況を本土上陸戦にあてはめるのもおかしい。硫黄島は本土にアプローチするため絶対に全島確保が必要な、本質的に要塞攻略戦だった。
これのスケールアップが本土上陸戦なのではない。
英文の一部をコピペして自分に都合の良い偽根拠をこしらえ悦にいってないで軍事勉強したら。さらに政治や政略もね。

54 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 01:11:33 ID:hvpl5w+Y
イーカー中将は、大統領にあてた覚書の要約書でのマーシャル大将の意見に全く賛成だと言った。
彼はちょうどアーノルド少将が<page559>ですでに全面賛成を表明してる電報を受け取っていた。
どのような本州封鎖作戦も完全に九州の飛行場に頼るのであり、
日本に対し予定される重爆撃機編隊40個の空襲計画は九州の飛行場なしでは無理だと彼は言った。
航空攻撃のみによる日本攻撃を主張する者は、航空攻撃単独で敵に当たるのは常に死傷者が過大すぎ、
陸軍が投入されればすぐに減少できるという重大な事実を見過ごしている。
現在の航空攻撃による死傷者は出撃平均2%、月に約30%。
彼は地上軍投入の遅れは敵を喜ばすだけだ、遅れてはだめだと強調した。

"GENERAL EAKER said that he agreed completely with the statements
made by General Marshall in his digest of the memorandum prepared
for the President. He had just received a cable in which General
Arnold also <page 559> expressed complete agreement. He stated
that any blockade of Honshu was completely dependent upon airdromes
on Kyushu; that the air plan contemplated employment of 40 groups
of heavy bombers against Japan and that these could not be deployed
without the use of airfields on Kyushu. He said that those who
advocated the use against Japan of air power alone overlooked the
very impressive fact that air casualties are always much heavier
when the air faces the enemy alone and that these casualties never
fail to drop as soon as the ground forces come in. Present air
casualties are averaging 2 percent per mission, about 30 percent
per month. He wished to point out and to emphasize that delay
favored only the enemy and he urged that there be no delay.


55 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 01:12:04 ID:hvpl5w+Y
当時、米軍は日本上陸作戦を実施しようという派と、
日本を降伏させるのには航空機による爆撃で十分だとして反対する派が対立していた。
イーカーは自身の爆撃機隊の損害を心配し陸軍による上陸作戦を支持していた。
陸軍の作戦は沖縄のあと九州に上陸、そこを策源地として関東、東京を制圧するというもので、
イーカーの発言はそれを踏まえてのものであり、別に日本の航空勢力を高く評価するものではない。


56 :ca16919*.hicat.ne.jp:2007/01/23(火) 01:25:36 ID:???

まだ日本には納豆食を強要させる策がある



57 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 01:26:56 ID:???
>>56
いいかげんに帰れ

58 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 01:32:32 ID:hvpl5w+Y
朝鮮戦争は局地、限定戦争で太平洋戦争は総力戦。
比較するのがおかしい。
実際の米軍の侵攻計画と日本軍の防御計画で見てみると、
米軍は最初に航空飽和攻撃をしかける。戦争は数だ(ドズル・ザビ)。
たとえだつをの言うとおりに日本機が優れていても壊滅せざるを得ない。
後は爆撃と九十九里沖の米軍大艦隊からの艦砲射撃で水際陣地は一掃、
海岸に橋頭堡を築かれ。
堅固な陣地、拠点は迂回包囲し(硫黄島とは違うのだ)前進、
宇都宮を根拠地とした戦車連隊が後方からの機動防御を目論むが、
サンダーボルトとP38の対地攻撃でほとんど壊滅し歩兵の対戦車火器にも
簡単に阻止されるから、シャーマンと闘えたら本望かも。
この辺で組織的抵抗は終了するが、ゲリラ的に戦闘継続して占領軍を撃退!
って可能なのかどうかは・・・??


59 :ca16919*.hicat.ne.jp:2007/01/23(火) 01:34:01 ID:???
蛇の目傘で突き刺す戦法も○

60 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 01:43:44 ID:hvpl5w+Y
ちなみに先にあげた米軍上陸作戦とそれに対する日本軍の迎撃作戦は、
防衛庁、自衛隊で戦史として研究されている。ことです。

61 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 03:06:09 ID:hvpl5w+Y
太平洋戦争でのアメリカの航空機の損失は米国本土での訓練による損失を除いて、総計約27000機。
8700機は戦闘による。のこりは訓練、船舶輸送、その他非戦闘による損失である。
戦闘による損失のうち60%は対空砲火によるもの。

米軍戦略爆撃調査報告書:サマリー報告書

連合軍による爆撃では、約270万トンの爆弾が投下され、
144万機以上の爆撃機と268万機以上の戦闘機が出撃した。
戦闘に加わった航空機は最頂期には約2万8千機にのぼり、最大130万人が戦闘任務に就いた。
航空戦闘で失われた人員はアメリカ人79万265人、イギリス人79万281人。[英国空軍の統計は腰矯めの不確かなもの]
修復不可能な損害を受けた航空機はアメリカ1万8千機、イギリス2万2千機以上。

Aggregate United States plane losses during the course of the
Pacific war, not including training losses in the United States,
were approximately 27,000 planes. Of these losses 8,700 were
on combat missions; the remainder were training, ferrying and
other noncombat losses. Of the combat losses over 60 percent
were to antiaircraft fire.

http://www.anesi.com/ussbs01.htm
UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
SUMMARY REPORT(Pacific War)

In the attack by Allied air power, almost 2,700,000 tons of bombs
were dropped, more than 1,440,000 bomber sorties and 2,680,000
fighter sorties were flown. The number of combat planes reached a
peak of some 28,000 and at the maximum 1,300,000 men were in
combat commands. The number of men lost in air action was 79,265
Americans and 79,281 British. [Note: All RAF statistics are
preliminary or tentative.] More than 18,000 American and 22,000
British planes were lost or damaged beyond repair.


62 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 03:12:45 ID:hvpl5w+Y
以下のだつおの話は意味がよくわからない。

>>(史料によって違うが出撃毎重爆喪失率は日独ともに1.5%前後)

>太平洋戦線でアメリカは27,000機もの航空機を失ったって知ってるか?
>欧州戦では未生還機に廃棄処分機(lost or damaged beyond repair)
>を加えても18,000機なのに対し。

>Aggregate United States plane losses during the course of the
>Pacific war, not including training losses in the United States,
>were approximately 27,000 planes. Of these losses 8,700 were
>on combat missions; the remainder were training, ferrying and
>other noncombat losses. Of the combat losses over 60 percent
>were to antiaircraft fire.

>http://www.anesi.com/ussbs01.htm
>UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
>SUMMARY REPORT(Pacific War)

>In the attack by Allied air power, almost 2,700,000 tons of bombs
>were dropped, more than 1,440,000 bomber sorties and 2,680,000
>fighter sorties were flown. The number of combat planes reached a
>peak of some 28,000 and at the maximum 1,300,000 men were in
>combat commands. The number of men lost in air action was 79,265
>Americans and 79,281 British. [Note: All RAF statistics are
>preliminary or tentative.] More than 18,000 American and 22,000
>British planes were lost or damaged beyond repair.




63 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 03:23:30 ID:hvpl5w+Y
太平洋では損失27000機のうち戦闘で失われたのは8700機。その他は非戦闘により、
欧州では戦闘で米18000機、英22000機以上なのではないのかしら?

64 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 03:24:59 ID:hvpl5w+Y
イギリスのはもっと多いのかもしれないとも言ってるが?

65 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 03:30:00 ID:hvpl5w+Y
「結論」
だつおは英語が読めない。

66 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 03:34:59 ID:???
アメリカが核を好きなくらい落として本当に日本壊滅だろ
本土決戦で勝てる見込み0

67 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 03:39:52 ID:hvpl5w+Y
「結論A」
読んでないとも思えないので、
自分の主張にあわせてわざと曲解して都合の良い、いわば情報操作してる。
たぶんこっちだろう。
より悪質だな。

68 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 12:31:14 ID:aIMvcg4L
>欧州では戦闘で
戦闘で、とは原文でそのように訳せる単語はないだろ。

情報操作はあなたのほうだよ。

69 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 13:40:09 ID:ulctLC6P
サマリーレポートは米英によるドイツに対しておこなわれた戦略爆撃の戦果をまとめたもの。
つまり人員、機体の損失数は作戦行動でのもので、勿論訓練や輸送中に失われた機数は入っていません。
戦闘でと言うのはおかしくありません。
訓練や輸送による損害も含めた機数と戦闘による機数を強引に並べたてるのは誤った論法ですね。

70 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 14:05:05 ID:???
米軍の敗退=日本の勝利じゃないってところが問題。
本土決戦になった時点で日本は既に戦争に敗北してるんだ。
仮に米軍が敗退した場合は両軍が敗者であり、
つまりはだれも日本を復興できる余力がないわけで、
本土決戦での敗北以上に悲惨な状況になる。
やはりあの時点での降伏が、45年8月時点では最良の策。
まあどうせ降伏するなら早いに越したことはないんだけど、
現実問題として原爆落とされないとやはりあきらめがつかないでしょう。

71 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 14:26:53 ID:???
長崎の後、アメリカが再度プルトニウムを集めて原子爆弾を作るには何ヶ月かかるんだ?

72 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 14:38:57 ID:???
45年7月にファットマンのコアが完成。
46年6月に9発のファットマン型を保有ってことから単純計算すると1ヶ月ちょい。

73 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 15:39:14 ID:???
>>72
日本終わったな

74 :だつお:2007/01/23(火) 18:53:03 ID:z2g36tpp
>勿論訓練や輸送中に失われた機数は入っていません。

だからそんなこと原文に書いてないだろ。情報操作というが少なくとも
自分の場合は原文にないことを捏造して注釈をつけるようなことはしない。
なお太平洋の27,000については本国での訓練は含まないと明言してる。

それとon combat missionsのみでは8,700というが、輸送中に空母や
輸送船が皇軍に撃沈されたり飛行場攻撃を受けたりして地上で失われ
る分もカウントしなければフェアとはいえない。欧州戦の場合も、
未生還機に廃棄処分機を加えて(lost or damaged beyond repair)
カウントしているのだから。そうでなければ多くが地上撃破で失われた
ニューギニアの飛燕などはどうなるのかと。

75 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 19:03:51 ID:oXb5QU7g
だつおは日本の損害を隠している卑怯者

自分がチンピラゴロツキだから、
関係ない他人を見下すことて精神の安定をはかろうとしている

だつおはプロコテにもならない精神異常者だろう
とにかく仕事した方がいい

76 :だつお:2007/01/23(火) 19:06:43 ID:z2g36tpp
>硫黄島の戦況を本土上陸戦にあてはめるのもおかしい。硫黄島は本土に
>アプローチするため絶対に全島確保が必要な、本質的に要塞攻略戦だった。
>これのスケールアップが本土上陸戦なのではない。

本土上陸戦に当てはめられるべきは沖縄戦であって硫黄島戦ではなかった
ことはみとめるが、Okinawa casualtiesにしてもそれをもとに九州攻略の
それに当てはめれば(268,000)にも達するとAdmiral Leahyは発言してる。

Marshall said the plan for invading Kyushu called for 766,700 men.
Admiral Leahy said the Okinawa casualties (34,000 Army, 7,000 Navy) constituted
about 35 percent of the force. If this yardstick was applied to Kyushu, the casualties
would be numerous indeed (268,000). Admiral King thought the casualty rate
would be somewhere between that on Luzon and that on Okinawa. Admiral
Leahy went on to question the insistence on unconditional surrender, asserting
that lesser terms would still allow our absolute control of Japan. The President
finally accepted General Marshall's views, and the target date for invading
Kyushu was set at November 1.

http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/Hansell/Hansell-6.html
The Strategic Air War Against Germany and Japan: A Memoir
Haywood S. Hansell, Jr.Major General, USAF, Retired
Office of Air Force History
United States Air Force
Washington, D.C., 1986
Chapter VI Other Operations

77 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 19:07:13 ID:???
>>74
>輸送船が皇軍に撃沈されたり
帝國海軍に沈められた輸送船は少ないかと。

78 :だつお:2007/01/23(火) 19:09:42 ID:z2g36tpp
>帝國海軍に沈められた輸送船は少ないかと。

インド洋と太平洋の海運損失を参照のこと。

期間   大西洋  地中海   インド洋  太平洋
1939.9- 5605449  84394   210005   99531
1941.3  (1533)   (17)     (31)    (15)
1941.4- 8631521  1032733  838511  1043328
1943.3  (1727)   (271)   (231)    (467)
1943.4-9 744507  246889   322080  84341
      (130)    (55)     (54)    (16)
1943.10- 497895  371012   417938  120023
1945.8    (88)    (69)    (68)    (16)

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5215/shiplost.htm
連合国の海運の損失 (単位:トン、(隻数))

Merchant Ship Losses (1939 - 1945)
(Ships over 200 tons)
Britain    3194
US       866
Neutral    902
Japan     2436
Other Allied  1467

http://www.100thbg.com/mainpages/history/history4/ww2stats.htm
Merchant Ship Losses (1939 - 1945)

79 :だつお:2007/01/23(火) 19:12:35 ID:z2g36tpp
>だつおは日本の損害を隠している卑怯者

日本軍機の損失も、combat lossesは40%以下であったとのこと。

Japanese army and navy plane losses from all causes, both combat
and noncombat, rose from an average rate of some 500 planes per
month in the early months of the war to over 2,000 per month in
the latter months of 1944. Aggregate losses during the course of
the war were of the order of magnitude of 50,000 planes, of which
something less than 40 percent were combat losses, and something
over 60 percent were training, ferrying, and other noncombat losses.
<中略>
Aggregate United States plane losses during the course of the
Pacific war, not including training losses in the United States,
were approximately 27,000 planes. Of these losses 8,700 were
on combat missions; the remainder were training, ferrying and
other noncombat losses. Of the combat losses over 60 percent
were to antiaircraft fire.

http://www.anesi.com/ussbs01.htm
UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
SUMMARY REPORT(Pacific War)

80 :だつお:2007/01/23(火) 19:20:39 ID:z2g36tpp
大統領は直ちに会談するため私を呼んだ。彼はマーシャル将軍とリーヒ提督
を同席させた。このときまで、われわれは激烈な空襲と大部隊の侵攻によって
日本本土を攻撃するという考えを固めていた。まっとうな戦闘においてのみ
ならず、あらゆる穴や防空壕においても、サムライの捨身精神で死ぬまで戦う
日本軍の無謀な抵抗のことを、われわれは考えていた。私の心には沖縄の情景
が浮かんでいた。そこでは数千名の日本人が、指揮官たちがハラキリの儀式を
荘重に行った後、降伏を選ばずに一列になって手榴弾で自爆する光景であった。
日本軍の抵抗を一人ずつ押え、その国土を一歩ずつ征服するには、百万のアメリカ
兵の命とその半数のイギリス兵の生命を犠牲にする必要があるかもしれなかった。
もしイギリス兵を上陸させることができても、イギリスの犠牲はもっと多くな
るかもしれなかった。なぜなら、われわれは苦悩をともにする覚悟でいたのである。
いまやこの悪魔のような情景はすっかり消えてしまった。それに代わって、一、二
回の激烈な衝撃のうちに全戦争が終結する光景が浮かんだ。それは実際、快く輝か
しいものに思われた。私が瞬間に思い浮かべたのは、私が常に勇気に感嘆してきた
日本人が、このほとんど超自然的な兵器の出現のなかに彼らの名誉を救う口実を見
出し、最後の一兵まで戦って戦死するという義務から免れるだろうということだった。

「第二次世界大戦4」 (W・S・チャーチル 佐藤亮一 訳 河出文庫)432頁

81 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 19:27:04 ID:oXb5QU7g
だつおは沖縄でのアメリカの損害は出しても日本側は決して出さない

都合が悪い情報はワザと隠す卑怯者

日本は輸送中や地上で撃破されたケースの方が
空で撃墜された数より多いことを意図的に隠している

とにかく仕事には行け
親が働けなくなったらどうするつもりだ?

82 :だつお:2007/01/23(火) 19:32:45 ID:z2g36tpp
↑だからよぉ、キレて怒りレスつけるよりソースだせってばよ!

文句があるなら、史料で示せよ!!

83 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 19:42:36 ID:oXb5QU7g
君の唯一の手段であるネットで幾らでも調べられるだろ?

アメリカは戦後、原田ら関係者に聞き取りをして日本の空軍力を正確に調査している

なぜ日本の損害を隠すのかね?

いい加減働いた方がいいぞ
まずは部屋から出ることだ

84 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 19:50:07 ID:oXb5QU7g
あぁ源田実らから聴取だった

まぁ何れにせよ
キレて云々というコピペ以外の文を書いてきたということは


「引きこもり」は図星だったらしいな

まともに働いていればいちいち反応しないのだから

85 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 20:51:42 ID:QPtt2epm
>>68
>>74
270万tもの爆弾ぶちまけるために爆撃機144万機以上、
戦闘機268万機以上が出撃した連合軍の航空攻撃について、
その中で損失が米18000機以上英22000機以上といっている。
当然出撃機に対する損失数。
単語がなくても戦闘だ。
文章を読むべし。
まさに最初の文章にあるlosses on combat missions。
training, ferrying and other noncombat lossesは当然含まない。
なぜこの270万tもの爆弾ぶちまけるために爆撃機144万機以上、
戦闘機268万機以上が出撃した連合軍の戦略爆撃についての文章で、
突然関係ない、訓練や輸送などで失われたものも含めた損失
を言い出さなくてはならないのだ?
そんなわけの分からない文章があるか。




86 :だつお:2007/01/23(火) 21:13:27 ID:OtyCTXwC
>連合軍の戦略爆撃についての文章で、

確かに上は「air action」に関わった米英航空隊についての統計であって、
レンドリース分をはじめ大西洋や地中海の海に沈んだものは含まれていない
のかもしれないな。そもそもそれらは国籍が英国だったりソ連だったりで、
アメリカ航空隊の損失というわけにはいかないだろうから。

それでも「lost or damaged beyond repair」と書いてあるように、
未生還機に基地廃棄処分も含んだ数字であることは疑いない。
大内健二「ドイツ本土戦略爆撃」ではそれより小さい数字になってる。

87 :だつお:2007/01/23(火) 21:25:28 ID:OtyCTXwC
あと太平洋戦争のB-29損失数だが、takenのみだと414機であるが、
さらに(airborne,with)147機が失われたと記録される。そういう
算定基準だと重爆撃墜率は皇軍のほうがドイツより上になってしまう。
Losses on combat missionsにおいて、敵戦闘機によるものが50%、
対空砲によるものが36%、双方によるものが13%、自損による
ものが1%と、米軍公刊戦史は記述しているのだ。

During the course of the war, the Twentieth Air Force flew
31,387 bomber sorties; 3,058 of which were flown by the XX
Bomber Command, 28,329 by the XXI. The war had taken 414 B-29s,
80 from the XX Bomber Command and 334 from the XXI. Losses on
combat missions averaged 1.3 percent of sorties airborne,
with a total of 147 bombers lost. Of these combat losses:
50 percent were caused by enemy fighters.
36 percent were caused by enemy antiaircraft.
13 percent were caused by a combination of both.
1 percent were self-inflicted by accident.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/Hansell/Hansell-6.html

88 :だつお:2007/01/23(火) 21:33:02 ID:OtyCTXwC
>単語がなくても戦闘だ。

太平洋戦争の27,000についても、「during the course of the Pacific war,
not including training losses in the United States,」と書いてあるように、
27,000機はあくまで太平洋戦争で失われたのであって本国での訓練などは除外だ。
「日本の損害」もまた同じやり方で比較しないとフェアな統計とは言えない。

89 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 21:55:22 ID:ulctLC6P
>>だつお様
ひとつ申し上げる。
資料の比較というのは同質同等の物ができるのであって、例えば
太平洋でのあらゆる種類の航空機損失と比較するなら、欧州でもあらゆる種類の航空機損失とを比較しなければならない。
それを戦略爆撃の損失と比較するようなことをするから批判される。
軽率の謗りも仕方ない。
資料を吟味し、正しく引用する態度が必要と思われます。
場合によっては悪意ある詭弁ともとられるかもしれません。
詭弁
http://bio-diversity.hp.infoseek.co.jp/kiben.html

90 :だつお:2007/01/23(火) 21:56:32 ID:OtyCTXwC
>自分の主張にあわせてわざと曲解して都合の良い、
>いわば情報操作してる。

なら曲解して都合の良い情報操作をしたという箇所を抜き出して、
出典を明らかに主観を交えず史料を忠実に引用して反論してみろ。

91 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 22:02:24 ID:ulctLC6P
>>88
お前ホントに英語がわからないんだね。
この英文でアメリカ本土の訓練で失われたのも太平洋戦争に含むんだよ。
もっと英語を勉強しましょう。

92 :だつお:2007/01/23(火) 22:03:01 ID:OtyCTXwC
>資料の比較というのは同質同等の物ができるのであって、

自分としては「UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY SUMMARY REPORT」
の(Pacific War)と(European War)とで同質同等の資料比較のつもり
であったが、そもそも(Pacific War)と(European War)では戦域そのもの
が同質同等とは言えないまるきり異なったものでどちらが上かどちらが
下かなどという比較はできないのかもしれないな。

http://www.anesi.com/ussbs01.htm
UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
SUMMARY REPORT(Pacific War)
http://www.anesi.com/ussbs02.htm
THE UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
Summary Report(European War)

93 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 22:07:49 ID:ulctLC6P
訂正。
正しくは含まないとは言えないですね。

94 :だつお:2007/01/23(火) 22:22:45 ID:OtyCTXwC
>資料の比較というのは同質同等の物ができるのであって、

同じB-29戦史サイトで日本空襲と朝鮮戦争で損失率を比べると、
518/28558と34/21000というふうに、相当の開きがある。

これに文句があるなら、共産空軍も南朝鮮や日本の米軍基地に報復
爆撃を加えるべきだったのだと言っておく。皇軍だって僅かではある
がマリアナへ報復爆撃を加えたこともあったのだから。

これは日本本土決戦が敢行されれば、米軍は敗退せざるをえなかった
という大きな根拠になるのではなかろうか。朝鮮戦争で米軍はその
「チンピラゴロツキ」相手にも大苦戦だったのに、その十倍以上の
迎撃砲火を受けてはひとたまりもなかったであろうと思われる。

95 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 22:31:38 ID:Awc4PjCr
なんだこのレヴェルの高いスレは

96 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 22:32:03 ID:???
>2ちゃん閉鎖騒動への反応は冷静、約半数が「どちらでもよい」と華麗にスルー

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070123-00000001-inet-inet

なにが言いたいかというと、このスレは華麗にスルーしてやってください。

97 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 22:39:14 ID:ulctLC6P
>>94
北朝鮮はミグ15をもつが爆撃を阻止するには数が足りなかった。
朝鮮戦争では至近距離にある日本がB29の作源地であり爆撃が容易だった。
そもそもアメリカにとって日米戦は総力戦であり潰すまでやる戦争。
朝鮮戦争は限定、局地戦。戦争の性質が違う。
中国と全面的に戦争する気はもちろんソ連とまで戦争するつもりがアメリカになかった。
日米戦争と朝鮮戦争は政略的にも戦略的にも全然違うことを理解すべき。

98 :だつお:2007/01/23(火) 22:45:47 ID:OtyCTXwC
>至近距離にある日本がB29の作源地であり爆撃が容易

海峡越えしたBritain 1940で枢軸空軍の損失率は1%にも満たない。
逆にドイツ本土で迎撃したDデイ以降のそれは11%。航続距離云々
とは無関係に、損失率は純粋に互いの航空戦力の強弱によってきまる。

Canpain        Allied    Axis  Allied Lost   Axis Lost
                         Per 1000   Per 1000
France 1940     4480    21,000    58.5     6.1
Britain 1940     31,000   42,000    29.5     9.6
Pre D-Day 1944  98,400   34,500    10.3     36.1
Post D-Day 1944  203,357  31,833    2.5     110.6

http://www.angelfire.com/ct/ww2europe/stats.html
WWII Statistics
Aircraft Sorties In WWII

99 :だつお:2007/01/23(火) 22:56:39 ID:OtyCTXwC
>アメリカにとって日米戦は総力戦であり潰すまでやる戦争。

 問 では五番目の質問です。中共(原文は赤化支那)に対し海と空とから閉鎖して
しまへといふ貴官の提案は、アメリカが太平洋において日本に対する勝利を収めた
際のそれと同じ戦略なのではありませんか。
 答 その通りです。太平洋において我々は彼らを迂回しました。我々は包囲したの
です。日本は八千万に近い膨大な人口を抱へ、それが四つの島の中にひしめいて
ゐるのだといふことを理解していただかなくてはなりません。その半分が農業人口
で、あとの半分が工業生産に従事してゐました。
 潜在的に、日本の擁する労働力は量的にも質的にも、私がこれまでに接したいづれ
にも劣らぬ優秀なものです。歴史上のどの地点においてか、日本の労働者は、人間は
怠けている時よりも、働き、生産してゐる時の方がより幸福なのだといふこと、
つまり労働の尊厳と呼んでもよいやうなものを発見してゐたのです。
 これほど巨大な労働能力を持つてゐるといふことは、彼らには何か働くための材料
が必要だといふことを意味します。彼らは工場を建設し、労働力を有してゐました。
しかし彼らは手を加へるべき原料を得ることができませんでした。
 日本は絹産業以外には、固有の産物はほとんど何も無いのです。彼らは綿が無い、
羊毛が無い、石油の産出が無い、錫(すず)が無い、ゴムが無い。その他実に多くの
原料が欠如してゐる。そしてそれら一切のものがアジアの海域には存在してゐたの
です。
 もしこれらの原料の供給を断ち切られたら、一千万から一千二百万の失業者が発生
するであらうことを彼らは恐れてゐました。したがつて彼らが戦争に飛び込んでいつ
た動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだつたのです。

http://www1.odn.ne.jp/~aal99510/m_shougen.htm
昭和26年5月3日にアメリカ合衆国議会上院の
軍事外交合同委員会で行われたマッカーサー証言

100 :だつお:2007/01/23(火) 22:58:24 ID:OtyCTXwC
 情勢は共産陣営にとってより複雑な展開になっていった。毛沢東がスターリン
に送った一九五一年三月一日付の至急電はこのような事実をよく立証している。
<前略>
(4)朝鮮での戦闘過程の中での現在の劣勢は、次のような問題によって発生
している。敵軍が火力で優位を確保しており、わが軍の輸送能力が弱い。空から
の援護がないため、敵の空爆によって前線に運ばれた補給品の三〇〜四〇%を
喪失しており、さらに敵は定期的に補給を受けている(たとえば、六月末までに
六万から七万名規模の米軍が朝鮮に到着しているはずである)。
 われわれは四〜五月中に一〇個航空連隊が、戦闘に参加できるよう望んでいる。
しかし、現在までのところ朝鮮の領域内に使用できる飛行場は一つもない。なぜ
ならば、地上にはまだ雪が積もっており、飛行場の全面的修復作業をはじめるこ
とができないからだ。のみならず、最も深刻な問題の一つは、空からの援護が
期待できないため、将来にわたって修理作業を行えないことである。
「朝鮮戦争の謎と真実」A・V・トルクノフ 草進社

101 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 23:08:51 ID:ulctLC6P
>>98
(爆笑)!
おまえがB29についての
米×日と米×朝鮮の比較を持ち出したんだろが。
米×日は遠かった、米×朝鮮は近かった。
今問題にしてるのは米×日、朝鮮の比較だ。
それに対して
独×英バトルオブブリテン、関係ない。(爆笑)
お前馬鹿だろ

102 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 23:24:43 ID:ulctLC6P
>>だつお
証拠だ根拠だと言って、
関係ないものを比較する。
事実に対して仮定をのべる。
関係ないものを引用する。
引用の内容をねじまげる。
お前の論法だ。

詭弁について読んでみよう
http://bio-diversity.hp.infoseek.co.jp/kiben.html

103 :ca1691*4.hicat.ne.jp:2007/01/23(火) 23:29:25 ID:???
プーチングラード

104 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 01:06:30 ID:ZocpmH1u
>>88
「だつお」よ
フェアな統計じゃないのはお前だ(笑)
太平洋での訓練や輸送も含めた全体の航空機の損害数と
英米軍の対ドイツ戦略爆撃での損害数をなぜ比べられるのか?????
そもそもなんでこんなおかしな比較を持ち出すのだ?
まともな統計の比較の仕方もできないのは「だつお」だ。
爆笑核爆!!


105 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 01:17:28 ID:ZocpmH1u
>>だつお
自分の根拠なんだから全部ちゃんと訳せ。
いくつかでもちゃんと訳したのは俺だろ。
本来お前がすべきことだ。
しかも訳したらお前が言ってる意味と違う。
いい加減にしろよ。




106 :だつお:2007/01/24(水) 08:43:58 ID:N++o5wxh
確かに欧州戦と太平洋戦では単純比較しにくいな。
損失機内わけにしても全然異なるから。まず欧州戦
については戦略爆撃作戦に参加したもののみと認めよう。

あとは朝鮮戦争との比較だが、これは専ら
共産空軍の非力さだ。上でもトルクノフの著作を引用した。

107 :だつお:2007/01/24(水) 20:50:50 ID:xg3Uq3Vh
>アメリカにとって日米戦は総力戦であり潰すまでやる戦争。

あのマッカーサーだって皇軍の行動を大部分が安全保障の必要に
迫られてだったと明言してる。そもそもアメリカにとっての主敵
はナチスドイツであって日本との戦争は第二戦線だったはずで、
必ずしも日本との戦争は総力戦で潰すまでやる戦争とも限らない。

よって九州作戦で米軍敗退、東京裁判は開かれず日米講和になった。
ソ連参戦で二正面作戦になれば確かに日本には耐え難いかもしれないが、
そのためにアメリカはヤルタ会談で膨大な貢物をソ連に捧げることになった。

108 :だつお:2007/01/24(水) 20:56:57 ID:xg3Uq3Vh
もしもルーズベルトがブッシュで、ソ連が嫌いだからといって
ヤルタの席を蹴ってオリンピック作戦を強行すれば米軍は敗退、
そこで東京裁判抜きの日米講和条約が結ばれたことは疑いない。

但し機械力はやはり向こうが上なので、当分は対米従属か。
とはいえ欧米諸国でもマーシャルプランで日本と同じ。

109 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 01:40:37 ID:0CBBIMhm
>>だつお
あのさ
比較する資料が同質というのは優劣としての質じゃない、比較するなら性質が同じものを比較しろということだ。例えば
(例1)
A国:交通事故死者5千人
B国:交通事故死者3千人
A国の交通事故死者数はB国より2千人多い。
(例2)
A国:交通事故死者5千人
B国:ガンの死亡者1千人
A国の交通事故死者数はB国のガン死亡者数より4千人多い。
(例1)は比較として正しい。
(例2)のような比較はおかしいだろ!
だつおの資料の比較のしかたはそのようにおかしいのだ。わかったか!

110 :だつお:2007/01/25(木) 06:39:03 ID:0LkTvyXg
>だつおの資料の比較のしかたはそのようにおかしいのだ。

確かにあれは統計内容が異なってて単純比較は乱暴なことは認めよう。
とはいえ、

>航空戦闘で失われた人員はアメリカ人79万265人、
>イギリス人79万281人。

これで「いくつかでもちゃんと訳した」などと断言されても困るがな。

111 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 09:01:17 ID:jkqkjPvE
特攻なんかしないでB29迎撃してりゃよかったんだよ。
もしかしたら間接的に原爆も阻止できたかもしれんだろ。

112 :だつお:2007/01/25(木) 19:20:27 ID:JuDakSDq
>He said from the military point of view the situation in Europe
>was secure but that they hoped for Soviet participation in the
>war against Japan at a time when it would be useful to us.

ヤルタ会談でドイツの4分割とポーランド問題は協議済みであったのに対し、
日本についてはソ連参戦とその報酬のついてだけだった。

何しろ日本の場合は支那派遣軍百万が未だに無敵でかつ神風特攻隊に
よる艦船被害と硫黄島・沖縄の抵抗で、皇軍戦力を撃滅できる見通し
がまるで立てられない状況だったからだ。こんな調子で日本占領に
ついて取り決めしようものなら取らぬ狸の皮算用になってしまう。
カイロ宣言に臨んだ蒋介石はまさに「取らぬ狸の皮算用」。

113 :だつお:2007/01/25(木) 19:44:08 ID:JuDakSDq
東京裁判史観の害悪というが、それはすべて本土決戦を放棄した
日本人自身の自己責任。文句があるなら決号作戦で上陸米軍を撃退
してその上で東京裁判抜きの日米講和を勝ち取ればよかったのだ!

114 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 20:54:16 ID:???
このスレはマジレス禁止だよな?

115 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 20:57:21 ID:c+rsYz7n
マジレス大いに頼みます。
軍オタ初心者の私にとって、たいへん勉強になってます。

116 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 22:08:42 ID:0CBBIMhm
報告!(`・ω・´)ビシッ
マジレスの集中砲火があって(ジョーダンガワカラナイヤツガイタノデス)
だつおはすでに死んでおります(´・ω・`)ビシッ

117 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 23:36:22 ID:i+mvvrxi
テ二アン島で原爆積んだ爆撃機がその場で事故起こし爆発してその島にいる米兵が
全部くたばればよかったのによ

118 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 01:18:58 ID:hYSguSU0
報告!(`・ω・´)ビシッ
だつおは爆笑英文和訳をやらかして原爆級の自爆したのであります(´・ω・`)ビシッ

119 :だつお:2007/01/26(金) 07:52:52 ID:6zT7oG9j
>Present air casualties are averaging 2 percent per mission,
>about 30 percent per month.

対空戦力の指標はやはり「撃墜率」。

一機で攻撃されて一機撃墜ならどうだというが、そんな場合はすぐに
何百何千の報復爆撃が来るから結果は同じ。また空襲の効果も撃墜率
に影響するはずだ。空襲によって生産施設や輸送施設や整備施設や通信
施設やレーダー施設が破壊されれば迎撃戦闘機も対空砲弾薬も補給でき
なくなるばかりか、敵機来襲を探知して迎撃体制を整えることもでき
なくなるからだ。つまり撃墜率と空襲効果は両者連動している。

対空戦力は、日本・ドイツ>>>>>>>>>>>>中朝・ベトナムだ。

120 :だつお:2007/01/26(金) 19:23:28 ID:w2gLs+iP
日本本土決戦なら決号作戦で米軍敗退、その責任を取らされ
マッカーサー退陣、そこで東京裁判抜きの日米講和が成立。

史実で講和条約に猛反対したのも中華民国であるが(児島襄「日本占領」)、
これは大陸打通作戦の波及効果でその方面からの発言権は封印させられた。
鳥居民氏もその著作で大陸打通作戦による対日強硬派の衰退を描いている。

121 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 19:25:29 ID:???
おいおい、誰だよ。だつおが氏んだとかいってた奴。まだピンピンじゃねーか。

122 :だつお:2007/01/26(金) 19:37:49 ID:w2gLs+iP
東京裁判はサダムフセインを罪人として処刑したイラク特別法廷と同じ。
要するにそれは戦勝国が敗戦国を侮辱する集団リンチに他ならない。

侮辱を受けるのは、専らその国の国力が弱いからだ。文句があるなら、
米軍に多大な損害を与えて撃退すればよいのだ。米軍だって日本の国力
を正しく評価した朝鮮戦争以降は、岸信介らA級戦犯をも釈放してる。
それだけ有能な人材を「戦犯」扱いしてはもったいないのだと。

123 :だつお:2007/01/26(金) 21:01:01 ID:2rvI+AVn
>機体の損失数は作戦行動でのもので、

「lost or damaged beyond repair」であるから、作戦行動中の未生還機
のほかに基地での廃棄処分も含んだ数字と読み取れるわけだが。

124 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 21:06:08 ID:???
あきらめろ、だつお。

125 :だつお:2007/01/26(金) 21:20:35 ID:2rvI+AVn
>「時期を逸すれば、敵が有利になるだけです」

待っていれば中国は内戦となり米中衝突、皇軍が有利になるだけです。

126 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 03:28:57 ID:RIGrtrI0
>>121
だつおは英語が読めない。それが明らかになって誰も奴のこけおどしの英語を信用しないよ。
>>123のような、こんな馬鹿なこと言ってるんだからな。
機体損失数言ってるのを未帰還機じゃないだと。

127 :だつお:2007/01/31(水) 08:49:57 ID:3a1rAzfa
そりゃおれさまだって英語の先生じゃない。だからそれは
学生のへぼ和訳だと思って、あとはおまえらで診てやってくれ。

128 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:45:01 ID:L6zGMvn5
>>122
イラク特別法廷はイラク人がやってるだろ。
戦勝国が一方的に裁いた東京裁判よりはマシだよ。

129 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 20:29:49 ID:???
実際にフセインは体制維持の名目で自国民を弾圧している以上裁かれても仕方がない一面もあるしな

130 :だつお:2007/02/02(金) 08:35:18 ID:3pHnqDEu
同盟しても基礎国力が弱い国は弱い、イタリアとか中華民国とか。
日英同盟や日米安保条約のおかげというのはあたらない。

131 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 16:49:36 ID:???
中韓仏伊の負け組同盟というのを思いついた

132 :だつお:2007/02/02(金) 20:51:13 ID:4XG/a0G1
ルーズベルトやマーシャルら、ホワイトハウスの米軍幹部はおまえら
よりもずっと賢い軍オタでかつ優れた戦略家だったと思うよ。
中国国民党のチンピラゴロツキごときが支那派遣軍百万を駆逐だなんて、
まともな戦略家がそんな中国人の荒唐無稽に乗せられると思うかね?

133 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 00:16:20 ID:???
ガダルカナルで、一木支隊の生き残りの人の体験談によれば、夜襲の銃剣突撃時、米軍
は本当に24時間、機関銃掃射をやっていたんだと。1発の弾を大切にする日本軍では考え
られないと話していた。戦時中に日本軍の砲弾数の600倍の砲弾を製造した米国だもの。


134 :だつお:2007/02/06(火) 19:14:24 ID:gS5/u2sl
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ

135 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 19:54:15 ID:???
わざわざ犠牲払って本土決戦なんかやる必要ないし(w

136 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 21:18:12 ID:xz7HJBFK
>>129
おいおい、それはブッシュへの皮肉か?

弾圧しまくっても、尚イラクが安定しない現状へのw

137 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 21:19:56 ID:???
>>136
いや、安定しないのはキミの精神状態。

138 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 22:39:54 ID:???
ふと思ったんだけど。
米軍の九州上陸が9月頃。
ちょうど916ミリバール、瞬間風速67mの枕崎台風が鹿児島に上陸。
船団全滅なんてならないのかな?
アメリカ海軍はあまり台風対策をしてなかったと聞くし。

139 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 22:44:16 ID:???
かなりの被害は出るだろうが、それでも同規模の船団を瞬時に用意できるのが1945年の米軍クオリティ。
兵隊も余ってるし、国内事情で足りなければオージーやキウイや熊連れてくればいい。

140 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 23:41:47 ID:???
それ以前にハルゼー艦隊が痛い目を見ているので
事前の天気予報ぐらいしっかり立てて上陸日を選定すると思うぞ。

141 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 00:39:30 ID:???
それ以前にショボイ防御陣地と兵舎に居る日本軍の方が兵員/機材ともども大損害。

142 :だつお:2007/02/09(金) 07:18:13 ID:1UdA1n9L
>米×日は遠かった、米×朝鮮は近かった。

朝鮮戦争で前線が補給地から近いのは中朝側からみても条件は同じ。
なお前線が補給基地から遠いのが大問題なら米軍は日本を攻略できない。

143 :だつお:2007/02/09(金) 20:49:01 ID:/X+F6n5T
皇軍の四式戦闘機疾風は大陸打通作戦で制空権を確保していたか?
そうでなければ敵機が乱舞する戦域で地上軍の快進撃なんてありうるか?

それとも中国人という「虫けら」を踏み潰して歩くくらいわけないのか?

144 :オリンさん:2007/02/09(金) 20:54:15 ID:???
>>1
日中戦争でチンピラゴロツキのはずの中国相手にも苦戦した日本軍が、
どうして日本本土で米軍主力を撃退できるのか教えてくれよ!

145 :オリンピック太郎:2007/02/09(金) 21:03:54 ID:???
議事録には次のようなオブイェークトの言葉が引用されている。
「日本にたいし兵力のみの使用を主張する者はきわめて重大な事実を見過ごして
います。それはつまり、軍隊のみが敵と対決するときは、日本兵の士気は決して
低下しないという事実です。」オブイェークトは続けた。
「短期決戦を望めば、敵の術中にはまるだけです」

「ツァーリ・ボンバイエ!」(民明書房刊)

146 :だつお:2007/02/10(土) 08:56:06 ID:DkbRwi/I
> 調査団の意見では、都市や産業への直接空襲なしでも、1945年8月までに
>日本の戦時生産の全体の水準は、海外輸入の杜絶の結果として、1944年の
>ピーク水準を40‐50%下回ったであろう。

日本の場合、その産業経済にとって決定的な打撃となったのは空襲では
なくて海上封鎖による海外輸入の杜絶であったと調査団は述べている。
なお終戦への努力は1944年7月16日東條内閣崩壊以来始まっていた。
B29の損失はそうした残り一年間のもので、それでも朝鮮戦争の
中朝軍と比べてみれば撃墜率は10倍以上であった。

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

147 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 19:29:13 ID:???
アリエフさんは忙しいのです。

戦史1331
3 ちなみに沖縄戦で米軍は約20万余りの兵力を投入して死者約12000人程度です。
レス1の5万人という数字が信頼できそうなものだとすると、沖縄戦の被害実数を
相当上回っていることになりますね。
http://www.army.mil/cmh-pg/books/wwii/okinawa/appC.htm#t1
アリエフ

恐らく上記HPのTable2の数字を言ってると思われるも、それは死者だけです。
質問者は「100万人規模の 死傷者 」と言ってるのですから、アリエフさん
質問の日本語を理解してないか、英語がロクに読めもしないのかどっちかです。

アリエフさん、自分の馬鹿に自覚も無しに偉そうな恫喝を言って
新人をびびらせるだけの人で、腰を据えて反論されるとチキンダッシュ
の繰り返しですから、とりあえず何か言い返してきそうな
かすみん先生を相手にする暇も度胸も無いのです。

児島襄  「天皇と戦争責任」より]
  沖縄戦のバランスシートは、過酷なものであった。

(中略)
米国側の損害も大きかった。
海軍は艦船沈没三十六隻、撃破三百六十八隻、
戦死四千九百七人、負傷者六千二百四十人を数え、
陸軍は、第十軍司令官S・パックナー中将をはじめ
戦死および行方不明七千六百十三人、負傷五万八千十八人を記録した。
ほかに航空機七百六十三機が失われている

148 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 07:43:45 ID:Af0uuU//
赤軍も進行してるのはスルーですか、そうですか

149 :だつお:2007/02/11(日) 22:13:21 ID:7ZPPPklP
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍

150 :だつお:2007/02/12(月) 20:42:12 ID:v0wsSMjj
イタリア軍が鋼鉄同盟で、中国軍がカイロ宣言で強くなったか?

援助を受けても同盟しても、弱いものは弱い負けるものは負ける。
国産で独力で抗戦できるだけの工業基盤がなければどうもならん、
ソ連の五カ年計画だって何も生み出さなかった中国よりは百倍マシ。
中国人というのはどうしてこうも知的障害なのかとつくづく思う。

151 :名無し三等兵:2007/02/16(金) 16:21:53 ID:???
どっちにしろ国会議事堂に星条旗立てられて、松代に突撃されてオワリ

精神論や他力本願じゃ勝てません



152 :だつお:2007/02/16(金) 18:42:36 ID:KHZGGxZl
そもそもそんなにラクに皇軍が殲滅されるのなら、なんで終戦まで
支那派遣軍百万の精鋭が健在なのか、まったく説明がつかなくなるな。

ついこの前まで大陸打通でドツキ回されてたチンピラゴロツキどもの
抗日ホラ話は問題外としても、朝鮮戦争で米軍はそのチンピラゴロツキ
相手でも悪戦苦闘しているのだから。

153 :名無し三等兵:2007/02/16(金) 18:43:20 ID:???
まんまとつられたなwwww

154 :名無し三等兵:2007/02/16(金) 18:43:58 ID:???
まんまとつられたなwwww

155 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 10:03:37 ID:bztMMKfT
チンピラゴロツキも撃破できなかった悲しい米軍に国土を蹂躙された皇軍
チンピラゴロツキも撃破できなかった悲しい米軍に国土を蹂躙された皇軍
チンピラゴロツキも撃破できなかった悲しい米軍に国土を蹂躙された皇軍
チンピラゴロツキも撃破できなかった悲しい米軍に国土を蹂躙された皇軍
チンピラゴロツキも撃破できなかった悲しい米軍に国土を蹂躙された皇軍


156 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 10:46:18 ID:???
戦前の日本の国家体制から見ると、国民義勇軍2800万のうちかなりの人数が
実戦に投入されただろうね。
もちろん敵に近づくことが出来ただろう者はほんのわずかだろうけど、米軍に
数万人規模の死者を与える可能性は十分にありえる。
その後陸軍の正規部隊が攻撃をかければ局所的にはだが米軍の考える自軍の
「壊滅」状態になっていた可能性は十分にあると思うが。
志布志湾の防衛線ではなくて、南九州で包囲撃滅戦を実施し、米軍航空基地への
間断なき切り込みを実施すれば4月の関東上陸も困難になっていただろう。


157 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 14:31:24 ID:bztMMKfT
>>156
第2総軍全体で予備弾薬を含めて
12師団会戦分の弾薬しかないが・・

その約半分の第16方面軍が九州防衛編成
当然弾薬も約半分の6師団会戦分と思える

3個軍編成の方面軍で
・直轄師団が6個師団4個旅団編成
 福岡を中心に・熊本・大分の北九州に展開
・40軍が2個師団1個旅団編成
 鹿児島の西側中心に展開
・56軍が3個師団1個戦車旅団編成
 西福岡・佐賀に展開
・57軍が3個師団2個旅団2個戦車旅団編成
 宮崎を中心に鹿児島に展開だが
 戦車旅団は霧島・久留米に展開しており第16方面軍直轄とみれる

6師団会戦分の弾薬を
14個師団7個旅団で分配するわけだが、

弾薬を平等に配給すると多い部隊で約0.3師団会戦分しかないよ
予備弾薬を含めているので当然弾薬補給はないのだが
小銃の弾薬は90発/挺
野砲・重砲の弾薬は600発/門
米軍とまともに交戦すると1日で弾薬がなくなるよ
節約節約だよ

158 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 14:32:22 ID:bztMMKfT
>>156

ちなみに米軍が無尽蔵に弾薬を補給すると
大砲1門につき13万発の弾薬を製造したのだが・・・

あとは国民義勇軍全国2800万を総動員して
(男子15歳〜60歳、女子17歳〜40歳)
子孫すら残せ無くなるかも知れないが
一人一刹の竹やり部隊を万歳突撃させよう。
戦果は100:1程度で28万程度殺戮なら目的達成かな。

こんなことになる前に降伏しようよ。

159 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 14:45:17 ID:B6aoYviU
そもそも戦争するならば意思統一が必要不可欠。
満州事変から10回以上も内閣が変わってるようじゃ事前に十分な戦力なんか
用意できる分けがないよ。
当時、外交や国際センスが十分あれば支那事変もうまく収束して
浮いた戦費で航空母艦や戦闘機などの大量生産、パイロットの訓練費などにも
当てれただろうに。


160 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 14:52:25 ID:???
竹やりで100:1のキルレシオが稼げたら儲けものだなw

161 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 15:00:21 ID:B6aoYviU
満州には軍隊を残してソ連の動きを見張る必要があると思うけど、
支那とはうまく講和して支那に駐留する全軍を撤収させることはできなかったんだろうか?
そうすれば本土で再編成して、より強力になると思うが。
対米英戦にも備えられるし、満州に危機がおとずれるなら本土から援軍を
送ることも出来る。講和が出来ればもう支那のことは考えずにすむと思う。



162 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 15:03:57 ID:B6aoYviU
当時、外交センスや国際センスはほとんどなかったのかな?

163 :158:2007/02/17(土) 15:11:07 ID:bztMMKfT
>>160
そう普通無理だろうね
まして攻め込んだのなら1000:1以下程度かな?

そもそも、国民義勇軍は町の住人の集まりだから
九州に2800万も集められないよネ。

164 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 15:14:47 ID:B6aoYviU
外交センスや国際センスがあれば支那事変は解決してるよな

165 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 18:57:55 ID:Tch/TPaO
>>子孫すら残せ無くなるかも知れないが
それも覚悟の上での本土決戦。
日本民族+朝鮮民族+台湾人の「滅びの美学」なんだよ。
どれだけ歴史に名を残すかなんだよ。

166 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 19:17:56 ID:???
奴隷として生きるより、名誉ある死を択ぶと。ありそうな話だ

167 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 21:28:26 ID:???
>>166
まあそれは、
「こちらはその覚悟ですよ。だからもう戦争やめましょうよ」
という交渉用のブラフであって、
本気でそれをやってしまうのは馬鹿だよ。

168 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 21:30:29 ID:???
滅びの美学ねえ……。
まぁなんだ、本気でそれを言ってるとしたら軍事板には向いてない

169 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 21:51:42 ID:???
>159 支那事変をうまく収束できればそもそも対英米戦はあり得ない。
九カ国条約では日本が極東の番犬になる筈だったのに、支那に噛まれた(石原以下支那通連中)番犬が
狂犬病にかかっちまった(満州事変)んで叩き殺さざるを得なくなっただけだから、英米。

170 :だつお:2007/02/17(土) 23:29:44 ID:S1xCsAs7
しかしまあ、1でGENERAL EAKERが航空兵の損害を懸念してるが、
そんなことは中朝やベトナム相手だったら全然考えられないわけよ。
ミグ義勇軍の参戦をもってしても朝鮮戦争のB-29損害は34/21000で、
これは太平洋戦争の518/28858に比して十分の一にも満たない。
もちろん空襲で悲惨な目にあったのはドイツも日本も朝鮮もベトナム
もみんな同じことではあるが。

171 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 01:50:00 ID:???
>国民義勇軍全国2800万
竹槍便衣兵多すぎ
当時の朝鮮半島の人口並だろ
なんにせよこんなに便衣兵いたら
戦略爆撃は民間人虐殺とは言えんな

172 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 03:46:37 ID:???
>>171
実際は動員されてもないがな。

173 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 09:44:39 ID:???
オリンピックが発動されたら一億総便衣兵か

174 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 10:14:04 ID:???
後のシリアスサムである…

175 :だつお:2007/02/18(日) 20:06:25 ID:iAACF8WD
>米×日は遠かった、米×朝鮮は近かった。

補給基地が戦線が近ければ逆に敵の襲撃も受けやすくなるから条件は同じ。
そもそも共産空軍には南朝鮮に報復爆撃を加える能力がなかった。

176 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 20:09:26 ID:???
>>166
いや、そんなハラキリサムライ前世紀の異物ですよ。

177 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 20:13:02 ID:???
      ___
     /∧_∧ \
   ./  <ヽ`∀´>、 `、 池袋西口立教通りに本拠地
  / /\ \つ  つ、ヽ 極東会 東京都豊島区西池袋1−29−5
  | |  ,\ \ ノ  | | 松山眞一=曹 圭化
  ヽヽ  レ \ \フ / / 次の池田も朝鮮人
. 新宿 池袋 大塚の朝 鮮 人暴力団 極 東 会お断り
     ヽ、 ____,, /
 極東会は、北朝鮮政府から麻薬を輸入販売する正規代理
店です。最近も、拳銃や麻薬の不法所持で何度か摘発され
ています。同地域の店は、否定しても大概みかじめ料を支払
などの関係があり、少年少女や各店舗などを通じてその地域
で何か話せば情報は筒抜けになります。学生相手と同じだね
同地域の、キャバクラ バー 風俗店 1円ゲームなどは、
彼らの経営ないし影響下です。行かないようにしましょう。
 黒服や十五の金貸しや風俗嬢、キャバ嬢は彼らの目で
あり耳であり手足である香具師です。黒服は、昼は頭の軽い
女をスカウトしてAV【女優】やキャバクラ嬢、風俗嬢に仕立て
ます。夕方〜夜は粘着ストーキングや駅などでの見張りや
スカウト、キャバクラなどの客引きを主に担当します。
同じ朝鮮人の集団粘着ストーカー創価学会と連携します。
池袋西口には、彼らの本部があります。気をつけましょう。
 右翼団体も経営し、赤羽 町田 埼玉にも勢力を持ちます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%B5%E6%9D%B1%E4%BC%9A

178 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 22:43:33 ID:???
本土決戦?
何それ?

179 :名無し三等兵:2007/02/19(月) 09:32:08 ID:???
>>170
朝鮮戦争時でB29はすでに旧式兵器だから、
危険の多い第一線の任務につけなかったとかじゃね?

180 :名無し三等兵:2007/02/19(月) 19:07:37 ID:???
すでにジェット戦闘機が多数いるような時代の前線では鴨がネギしょってるようなものだしなB29

181 :だつお:2007/02/19(月) 19:53:16 ID:Ybb7WW1/
防空戦力は中朝なんかより皇軍のほうが遥かに上に決まってらぁ。
それは米軍戦史がB-29の損害率をそのように記録している通り。
無線機も電波探知機も伴わない中朝軍ならさもあらんだ。

182 :名無し三等兵:2007/02/19(月) 20:42:40 ID:osm88Uy9
本土決戦をしていれば、朝鮮が寝返り、ソ連、中国も本土に軍を進軍させていたでしょうね
強姦・虐殺が横行して国として致命的になってたと思われます。
大陸に渡った日本人は、戦後ほとんど存在しないぐらいまでになっていたのは、ほとんどの日本人が殺されたと思われますし・・・
天皇が下した判断は正しかったと思いますよ。
島国と大陸との価値観は180°違います。
戦争だけが手段ではありません。
基本戦略は、他国に傀儡政権を作ること。
今、日本がされているような事です。

183 :名無し三等兵:2007/02/19(月) 21:58:09 ID:???
>本土決戦をしていれば、朝鮮が寝返り、ソ連、中国も本土に軍を進軍させていたでしょうね

ソ連に占領されて、というのならともかく朝鮮単独で独立するとか
当時の状況をまるで理解していない妄言という他はない。

>戦争だけが手段ではありません。
>基本戦略は、他国に傀儡政権を作ること。

どうやって傀儡政権を作るかという視点が抜け落ちている。
昭和初期の日本が基本的な国策としていたのは
まさに「傀儡政権を作る」ことだった。
満州や内蒙古はもちろん日中開戦の戦略目標も傀儡政権をつくること。
つまり日本は他国と仲良くしたいがために戦争をしているというのが実態だった。

184 :名無し三等兵:2007/02/20(火) 02:54:33 ID:tfK6EdK2
>>165
滅びの美学?

後世の歴史書に潔いと、残ると思ってるのでしょうが
あくまでも、
自国民が後世に美化した表現なんだが

国が滅ぼされたら
滅亡記録しか残らないよ

185 :名無し三等兵:2007/02/20(火) 04:12:49 ID:???
国敗れて山河あり

186 :名無し三等兵:2007/02/20(火) 06:09:16 ID:4Z1ciIXL
本土決戦でもめてる
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1171903773/l50

187 :名無し三等兵:2007/02/20(火) 17:48:18 ID:???
国に滅亡だから自害しろといわれても一般人は困るわな

188 :名無し三等兵:2007/02/20(火) 23:24:01 ID:pBDlYSQr
一般人にしてみれば日華事変以来
10年以上続く戦争に嫌気がさしていたし
戦争が終わるなら終わってくれ状態

その証拠に終戦後、市民レベルの抵抗が殆ど全くなかった
大した抵抗もなくすんなり占領を受け入れている

安保闘争のように、
はっきり反対をすることもなかったわけですよ

189 :名無し三等兵:2007/02/20(火) 23:30:13 ID:pBDlYSQr
終戦直後は軍から放出された武器や
復員兵が持ち込んだ武器が大量に出回っている

警察が押収した武器にけん銃や小銃は勿論
機関銃やてき弾筒まであったりする

その気になれば進駐軍に抵抗できたのに
市民レベルでは抵抗よりその日の生活の方が大事なんでしょう

大義より生活だよ

190 :名無し三等兵:2007/02/20(火) 23:30:53 ID:???
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵。∴∵
∴∵∴∵:。∴∵∴∵∴: --─- ∴∵∴∵∴∵∴∵
∴∵゜∴∵∴∵∴∵  (___ )(___ ) ∴∵。∴∵∴∵ ゜
∴∵∴∵∴:∵∴∵_ i/ = =ヽi ∴∵∴∵。∴∵∴
∴∵☆彡∴∵∵ //[||    」  ||] ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
∴∵∴∵∴∵ / ヘ | |  ____,ヽ | | ∴:∵∴∵∴∵:∴∵
∴゚∴∵∴∵ /ヽ ノ    ヽ__./  ∴∵∴∵:∴∵∴∵
∴∵∴∵  く  /     三三三∠⌒> ∴:∵∴∵:∴∵
∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∴∵∵∴∵∴∵
   ∧∧   ∧∧  ∧∧   ∧∧
  (   )ゝ (   )ゝ(   )ゝ(   )ゝ ムチャシヤガッテ・・・
   i⌒ /   i⌒ /  i⌒ /   i⌒ /
   三  |  三  |  三  |  三  |
   ∪ ∪  ∪ ∪  ∪ ∪  ∪ ∪
  三三   三三  三三  三三

191 :名無し三等兵:2007/02/20(火) 23:35:50 ID:???
>188 日本軍よりアメリカ軍の方が占領軍としてマシだったなんて山本七平が言ってたな。

192 :名無し三等兵:2007/02/20(火) 23:43:50 ID:pBDlYSQr
まぁ日中戦争以降の日本軍には余裕がなかったから
生きる為には仕方のない面はあったから…

アメリカは占領政策がちゃんとしていたんでしょう

ただ不良兵が多かったようで
アメリカ兵による犯罪が今でも多いからなぁ

193 :名無し三等兵:2007/02/21(水) 01:25:24 ID:BGgtkh4a
戦前も戦後も
アメリカとの貿易で
国家として生業しているのだから

まあ
滅亡しなくてよかったよ

194 :名無し三等兵:2007/02/21(水) 02:37:31 ID:???
アメリカ兵は不良多かったけど
日本の憲兵は真面目に不良をやるんだよな

195 :名無し三等兵:2007/02/21(水) 22:59:56 ID:SBpc4nBI
>>194
日本の憲兵ってヤクザや暴走族と変わらないんだな。

196 :名無し三等兵:2007/02/21(水) 23:09:40 ID:???
>>1
きみきみ、ソ連の参戦を忘れていないかね?

197 :名無し三等兵:2007/02/22(木) 18:51:30 ID:???
ところでこれはガイシュツ?

【国際】朝鮮戦争当時、ソ連・中国・北朝鮮の3ヵ国が日本・台湾侵攻を計画か 200万人の兵力で [02/21]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1172074218/

■「朝鮮戦争当時、ソ連・中国・北朝鮮が日本列島侵攻を計画」 … イギリス公文書

朝鮮戦争当時、ソ連・中国・北朝鮮の3ヵ国が200万人規模の兵力で日本侵攻を計画している
という情報を連合軍総司令部(GHQ)が入手し、信憑性を疑いながらも警戒を緩めなかったという
事実が、最近機密解除されたイギリス公文書から明らかになった、と共同通信が21日報道した。

東京のイギリス連絡事務所がアメリカ情報担当者の情報を本国に伝達した1951年1月5日付の
電文によれば、1950年12月初旬に北朝鮮の金日成と中国の毛沢東主席がモスクワでソ連の
スターリン書記長と会談を持ち、日本侵攻計画を論議した、というのだ。

計画ではソ連軍50万人が空軍と潜水艦で日本北部を攻撃し、北朝鮮軍50万人が日本中部を
攻撃、中国軍100万人が日本南部と台湾を攻撃するという内容になっていた、と同通信は伝えた。

米軍側は当時、200万人の兵力輸送は不可能だという分析を英国側に伝達したが、警戒を続け
る必要性があるという点を強調した、と同通信は明らかにした。しかし、当時ソ連・中国・北朝鮮
の首脳が会見した記録は無い、とも同通信は付け加えた。

このような日本侵攻計画について、専門家らは「信じられない」と否定的な反応を見せている。
しかし当時米軍は、「ソ連に日本攻撃の意図があるという多くの情報があるから、可能性を無視
してはいけない」と伝えた、と同通信は伝えた。

▽ソース:聯合ニュース(韓国語)(2007/02/21 19:58)
http://www.yonhapnews.co.kr/international/2007/02/21/0601010100AKR20070221206500073.HTML

198 :名無し三等兵:2007/02/22(木) 18:55:29 ID:???
まず当時の共産圏が200万人分の空挺部隊+大型機と上陸部隊を用意できたのかが問題だ
空挺のみの奇襲部隊はほとんど失敗するのが大戦後半の常だというに…

199 :名無し三等兵:2007/02/22(木) 20:30:18 ID:???
兵員と弾薬だけ投下補給して
食料・燃料の現地調達を規制しなければ暴れまくりだと思われ
共産圏の軍隊なら十分にやりかねない
西側の空挺失敗の原因は大抵補給の問題ジャマイカ

200 :名無し三等兵:2007/02/22(木) 21:57:30 ID:???
>>198-199
敵にある程度の備えがあると、空挺攻撃自体は失敗するみたいね。

そういう場合、空挺部隊の役割は、目的地の奇襲占領ではなく、
敵中に孤立して味方の攻勢意欲を喚起することにあるそうで。

201 :名無し三等兵:2007/02/22(木) 23:40:26 ID:???
ソビエトの空挺部隊は、ドイツのルール工業地帯で労働者が蜂起した時に増援兵力として降下するってのが最初の編制意図。
ノルマンディでも地元レジスタンスの支援があっただろう。少なくとも地元の民間人の支援がないと正直空挺はきつい。
この時期の日共は武装闘争路線だから、そっちが上手く行ってると判断したら増援として投入する腹じゃないかな?

202 :名無し三等兵:2007/02/23(金) 02:05:50 ID:???
つったって戦前から治安維持法で壊滅状態の上
多くの日本人から白眼視兼監視下におかれとる共産党ごときどこまで動けたか謎だがな

203 :名無し三等兵:2007/02/24(土) 18:34:10 ID:dUFot4Wp
>>197
>ところでこれはガイシュツ?

既出? のこと 漢字変換できないでしょ


204 :名無し三等兵:2007/02/24(土) 21:55:49 ID:???
>>203
http://www.media-k.co.jp/jiten/wiki.cgi?%A1%E3%A4%AB%A1%E4#i2

205 :名無し三等兵:2007/02/25(日) 15:01:53 ID:???
>>202
その「ごとき」に危うく大学潰されそうになったジャマイカ
今も潜伏してるよなぁ御茶ノ水だか神保町だかに

206 :名無し三等兵:2007/02/25(日) 21:24:23 ID:???
そんなチンケなのよりもっとでかいのが市ヶ谷と永田町に潜伏してるから問題あるまい

207 :名無し三等兵:2007/03/06(火) 21:14:16 ID:???


208 :だつお:2007/03/13(火) 19:28:54 ID:wp9/S9XO
支那派遣軍だけで百万の精鋭が健在のままに終戦だよ。

209 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 21:34:57 ID:wldK19lZ
今頃になって悪いが…

>>91
>この英文でアメリカ本土の訓練で失われたのも太平洋戦争に含むんだよ。

この解釈、さっぱりわからん。
アメリカ本土での訓練事故を太平洋戦線に含むって、どこに書いてるの?
おいらも並みの英語力しかないが、だつおと同じ風にしか解釈できなかったぞ。

210 :名無し三等兵:2007/03/17(土) 12:09:30 ID:???
1億民が地下に潜って徹底抗戦しる


211 :名無し三等兵:2007/03/18(日) 01:48:44 ID:???
さて、問題はどうやって中国から日本本土へ戻すか・・・・

212 :名無し三等兵:2007/03/18(日) 08:48:17 ID:???
>>210
食糧が無いよ。

213 :名無し三等兵:2007/03/18(日) 13:30:48 ID:???
中国から日本軍が撤退し始めると、八路軍や国府軍が追撃に入るぞ。

また、100万の精鋭が健在でも、兵器や弾薬の補充が利かない。

214 :名無し三等兵:2007/03/18(日) 13:32:24 ID:???
武器や弾薬などは敵から奪取すればよい

215 :名無し三等兵:2007/03/18(日) 13:51:51 ID:???
>>214
武器を鹵獲するなら討伐戦を行わなければならない。
そうすればまた弾薬を消耗。

シナ派遣軍は食料はともかく完全に大陸で自給自足出来た訳ではない。
また終戦間際には上海や香港への米軍の上陸を恐れて内陸から沿岸
部分への撤退も本気で考えられていた。

216 :だつお:2007/03/18(日) 13:55:35 ID:TqLVovYl
>そうすればまた弾薬を消耗。

兵器や弾薬の補充さらに中国人を殺戮して分捕ればよいことだ。
終戦間際であっても支那派遣軍は広大な中国大陸を支配してる。
中国が勝ったというのは、ハエやゴキブリが絶滅されなかった
というのと同じ意味でしかない。トルーマンだってマーシャルだって、
1945年以降の中国軍勝利なんて信じてはいなかったのだし。

217 :名無し三等兵:2007/03/19(月) 14:56:49 ID:???
そしてさらなる略奪による自転車操業、しかし貯蓄がたまらない無間地獄か

218 :名無し三等兵:2007/03/20(火) 20:32:37 ID:+xRIqkRk
満州で露助に200万発の化学兵器で攻撃すれば、いくら露助でも大損害
米国には富号兵器で生物兵器攻撃をすれば即降伏、本土決戦など不要。

219 :名無し三等兵:2007/03/20(火) 20:50:34 ID:???
                            ―オリンピック作戦(九州上陸作戦) 1945.11.1
ダウンフォール作戦(日本本土上陸作戦)―|  上陸地点:日向灘、志布志湾、吹上浜
                            ―コロネット作戦(関東上陸作戦) 1946.3.1
                               上陸地点:九十九里浜、湘南海岸

220 :だつお:2007/03/21(水) 14:44:12 ID:???
昨日、マンぐり返しの体勢でアナル舐めやった。きれいに洗ってあって味の
しないアナルだったので、舌を尖らせて味がするまで突っ込んでみた。そした
らなにか甘い味(団子のしょうゆタレみたいな味)がしたよ。苦いと思って
いたので意外だったが、ウンコは苦い?が腸液は甘いのかも?
最近は風俗打通作戦で肛門をなめまくってる。お前らも肛門なめてみろ。
女の肛門を語れない奴は軍事を語るべからず、つまりガキってことだ。


221 :名無し三等兵:2007/03/21(水) 19:29:49 ID:???
開戦より通算1年間での両軍戦果
【日本】
戦艦  沈没2 中大破0
空母  沈没4 中大破2
軽空母 沈没2 中大破0
重巡  沈没2 中大破3
軽巡  沈没0 中大破1
駆逐艦 沈没9 中大破4

【連合】
戦艦  沈没7 中大破3
空母  沈没4 中大破3
軽空母 沈没1 中大破0
重巡  沈没9 中大破7
軽巡  沈没7 中大破2
駆逐艦 沈没18 中大破11

総計
日本 沈没19 中大破10
連合 沈没46 中大破28


222 :名無し三等兵:2007/03/21(水) 21:06:18 ID:WPGwtneY
>>220
いいねいいね。漏れもアナル舐め大好きだよ。

223 :名無し三等兵:2007/03/21(水) 23:47:10 ID:???
ここの「だつお」レベル低いぞw

224 :名無し三等兵:2007/03/22(木) 04:32:45 ID:???
最後まで戦ってほしかった。

225 :名無し三等兵:2007/03/24(土) 18:13:03 ID:nkGh/j7z
まあ
エセだつおに決定

226 :だつお:2007/03/30(金) 22:52:03 ID:???
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍
チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 悲 し い 米 軍

227 :だつお:2007/04/01(日) 21:01:16 ID:A5W0cq1n
な、皇軍はやっぱり強いよな。大陸打通3000キロは凄い凄すぎる!!
皇軍がこんなに強かったなんて、おまえら知らなかったろ?

皇  軍  は  強  い    皇  軍  は  強  い
皇  軍  は  強  い    皇  軍  は  強  い
皇  軍  は  強  い    皇  軍  は  強  い
皇  軍  は  強  い    皇  軍  は  強  い
皇  軍  は  強  い    皇  軍  は  強  い

それともドイツ軍なら中国人を地球上から絶滅させることができたか?

228 :だちゅお:2007/04/01(日) 23:02:42 ID:8wOdUSvq
過疎ってますね

229 :名無し三等兵:2007/04/03(火) 21:32:02 ID:???
最近のイラクのテロを見て、日本もあそこまで戦わないで、
サイパンが落ちた辺りで降参しても良かったかな?と思いました。
その後はレジスタンスと称して米本土でペスト菌をばら撒いたり、
駐留米軍を襲ったりする手もあったかな?と思いました。

もちろん倍返しはあったでしょうが、そういう時は政治家や高級
将校など(或いはその家族)を誘拐して脅迫します。
それでも爆撃等をされたら人質に拷問を加えながら殺害している
様子を録画して、ホワイトハウスやその家族に送りつけるという
手もありますよ。
んなことをしたら死ぬほど日本人が巻き込まれて死んだでしょうが、
原爆を落とされたり焼夷弾をばら撒かれるよりはマシでしょう。

そこまでやれば最終的な勝利は…w

230 :名無し三等兵:2007/04/04(水) 00:36:41 ID:CWOtu5fu
>>1
ヤンキーの奴ら、ケミカルを大量使用する計画だったよ。
本土決戦なんてやったらひとたまりもなかった。
朝鮮戦争とは時代がちょっと違う。僅か数年だが。
対日意識と対中意識は違うしね。

231 :名無し三等兵:2007/04/04(水) 00:47:04 ID:???
>>229
とりあえずお前の「勝利」の定義をよこせ。

232 :名無し三等兵:2007/04/04(水) 02:44:45 ID:???
80 :名無しさん :2007/03/30(金) 02:29:23 ID:Bj9+a4Vp
日本人男性の姿は正直グロテスク。全人類の底辺そのもの・・・。
自分の昆虫みたいなチマチマした醜い姿を街中のガラスで見てみなよ。
白人の彼女が欲しいなんて恥ずかしくて言えないはず。
外人からすりゃ相当キモイだろうね。耐えられるのは日本人女性くらい。
でも、その同胞女性のことを自分が白人に相手にされないからと
嫉妬して八つ当たり。便器などと抜かすもんだから、
日本人女性も「日本男児」離れをおこしてるね。まあ、当然のことだよね。


233 :名無し三等兵:2007/04/04(水) 14:47:27 ID:mBAJuck1
>>229
日独の約束で、「勝手に一方が降伏してはならない」というのがあった。

234 :229:2007/04/04(水) 23:56:12 ID:???
えーっと、アメリカの政治的影響がなく、ある程度戦前の体制が
維持できればそれなりに目標達成だったのではないでしょうか?
(敗戦によって体制そのものが表面上は崩壊しても、アルカイダの
ように復活させれれば「維持」と言えなくもない)
それを目的に戦ったわけですから。
勝利は少し言い過ぎでした。

235 :名無し三等兵:2007/04/06(金) 23:09:21 ID:???
だつおは死ね

236 :名無し三等兵:2007/04/07(土) 00:35:26 ID:???
>>230
ヤンキーのケミカルはよく聞くが、実際普通に使ったら普通に当時としても
「戦争犯罪」なわけで、露骨に使える訳がないんだが…?
実際にはサイパンでもニューギニアでもこっそりとなら催涙性ガス弾程度は
使っているんだけど、マスタードガスかホスゲンでも使うというのかい?

だいたいケミカルなら旧軍だって持ってたわけで、雨ちゃんがそれを飛行機
からばら撒くようなことをすれば日本軍もそれを使う可能性は大いにあった
から使えなかったんだがな。
下手すりゃケミカルに対抗してペスト菌や炭疽菌を搭載した神風部隊も出て
きたんじゃないの?

237 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 04:59:19 ID:???
>>1
はあ?
米軍最強ですよ、何言ってんですかw

238 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 16:34:18 ID:oKcSUhEu
>>236
タンソキーンをばらまく特攻隊とかマジ恐いな。風船爆弾に積まれたらどうしようもねーし

239 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 16:55:20 ID:???
炭素菌は熱に弱い。特攻の衝撃で消滅。
砲弾や爆弾に積みにくいので石井部隊が苦労したはずだが。


240 :だつお:2007/04/08(日) 20:55:59 ID:9S17ZgZL
中学時代、体操服忘れたり、服装検査に引っかかると
真冬でも、男女問わず学校予備の水着一枚に着替え
させられて、一日過ごした。
特に服装違反の場合は、放課後、親が迎えにくるまで
職員室の前の廊下で学校の水着のまま正座だった。

ある日、ちょっとヤンキーっぽいミニスカ&茶髪の女子
グループが一斉摘発されて、しかもそれに反抗したせい
で2週間くらい、授業受けずに朝から夕方までずっと正
座させられてた。10人近い茶髪女子の整列正座は壮観。
みんな耳は真っ赤で、足の感覚もないみたいで、股は45度
以上開いてるし、足の裏は脛まで重ね合わさってるし、トイレ
いくにも手を上げて許可をもらわなくちゃいけないって感じで、
落ち着きがないと定規で太腿を思いっきり叩かれてて、赤い
跡がいくつも残ってた。

何だか少年院みたいで、萌えた(他人が過去に罰を受けた水
着を使いまわしてるところも、何となく不潔でイイ)。悪い奴は
同じことを繰り返すもので、結局、そいつらは卒業までに3回
〜4回同じような目にあって(人数は減りつづけて最後は5人
ほど)、最後は卒業間近のしかも2月のくそ寒い時期だっての
に、校庭の植え込みに下級生と一緒に水着で座らされた挙句
に、植木みたくバケツで水をぶっかけられてた。

俺の太腿フェチの原点でした。


241 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:57:21 ID:oKcSUhEu
貴様は肛門フェチじゃなかったのか?

242 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 22:01:37 ID:KzrloOCN
>>231
米軍が一方的に撤退し、日本の国体が護られること。また、賠償金の支払い云々、
戦犯裁判などといったことも一切無いこと。
ベトナム戦争はベトナムの勝利と一般的に認められてるし、上記の条件で終戦できれば
日本の勝利と世界からも認められるはず。
>>230
化学兵器は既に国際的に使用が禁止されていた。だから、以外と世論を気にして戦うアメリカが使用するとは思えない。
原爆は開発されたばかりでそういうのはなかったけど。

日本の国土条件(山岳地帯、高温多湿、平野部のほとんどが水田地帯、我慢強く忠誠度の高い国民と軍)を考えれば、
本土決戦をやられると米軍は大苦戦しただろうな。米ソの蜜月も長くは続かないし、米軍が
一方的に撤退に追い込まれた可能性もあるとは思う。

243 :名無し三等兵:2007/04/09(月) 23:52:25 ID:???
>>242
……日本から真珠湾攻撃しといて、その条件で「勝利」?

244 :名無し三等兵:2007/04/10(火) 00:42:34 ID:???
>>242
いくら国民とやらが我慢強くても食糧危機で一億総ガダルカナル状態にでもなられたら
我慢にも限界が来る。

245 :名無し三等兵:2007/04/10(火) 00:56:57 ID:???
その一億も5人に1人は朝鮮人だしな

246 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 03:32:31 ID:???
強制連行にせよ出稼ぎに来たにせよチンピラゴロツキ三国人までもいるしな

247 :だつお:2007/04/12(木) 19:19:52 ID:AH11MiIm
この地球上に、中国人ほどに反日で拝金主義で事大主義の人種はありえない。
なのに1944年半ばにもなって大陸打通作戦が3000キロなんて、
皇軍が列強以下の弱小だったと考えるのはかなり無理があるだろ。

それにも関わらず弱小列伝が結構流行るのは、やはり「太平洋戦争史観」
ではないだろうか。だがアメリカが陸軍主力を欧州に向けたのと同様、
日本もまた陸軍主力は太平洋でなくて中国に向けていたはずだ。

太平洋戦争と呼ばず大東亜戦争と呼ぼう。

米軍なんて朝鮮戦争でその「チンピラゴロツキ」にも大苦戦したヘタレ。
米軍なんて朝鮮戦争でその「チンピラゴロツキ」にも大苦戦したヘタレ。
米軍なんて朝鮮戦争でその「チンピラゴロツキ」にも大苦戦したヘタレ。
米軍なんて朝鮮戦争でその「チンピラゴロツキ」にも大苦戦したヘタレ。

248 :名無し三等兵:2007/04/13(金) 00:21:04 ID:???
中国から日本を見ると、ものすごく大きく見える。
中国の軍人は日本のことを本当に嫌な国だと思っています。
「日本は気違いの国だ」という。
「開国しておよそ30年で、清、ロシアと戦い、50年で世界と戦った。
アメリカには負けたが、経済でアメリカに追いつこうとした。
原爆を2発も落とされて、国土が焼け野原になったのに、
30年足らずで第二位の経済大国になった
こんな気違いみたいな民族が世界にいるか」ということです。

「アメリカは世界に開かれていて天才が集まるから、アメリカが強いのは分かるが、日本には日本人しかいない。
それがどうして喧嘩が強く、金儲けもうまく、性格がひねくれてるのか」と思う。
「『悪い』と謝るけど、中国から見ると、本当に謝っているとは思えない。これがまた、腹が立つ」

249 :名無し三等兵:2007/04/13(金) 10:23:29 ID:???
日本は単一民族に近いから強い。二割のエリートが八割のお人好しの愚民を率いてるから強い。
他国の愚民は生産性が悪いが日本の愚民は素直な馬鹿だから言われた事を真面目にやる。
エリート層の質は米国や中国より劣るが圧倒的に愚民が優秀な為に強い。


250 :名無し三等兵:2007/04/13(金) 10:30:01 ID:???
>>248
これはまた、素晴らしいジョークですね。

251 :だつお:2007/04/13(金) 18:54:40 ID:TP4NWt2a
http://p2.chbox.jp/read.php?host=hobby9.2ch.net&bbs=army&key=1169042432&ls=all
大日本帝国VSドイツ第三帝国  ラウンド4
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/kova/1159001881/all
神風特攻隊は有効な戦法だった!
http://p2.chbox.jp/read.php?host=hobby9.2ch.net&bbs=army&key=1163154573&ls=all
http://p2.chbox.jp/read.php?host=hobby9.2ch.net&bbs=army&key=1169177126&ls=all
日本本土決戦 米軍敗退の可能性 1・2
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1148643207/all
戦前の日本経済はどうなの4
http://namahage.dip.jp/public/2ch_s/371/1166952288
旧日本軍弱小列伝 VS だつお(打通太郎)
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1151591872/
皇軍兵器の技術的先進性と優れた工業力を語る

252 :だつお:2007/04/13(金) 20:27:50 ID:604UqCY5
無性に女のアナルの匂いを嗅ぎたくなり、
歌舞伎町で風俗に行きました。
写真見せられてあえていかにも臭そうな太めでチョイブス
の女をGet
レンタルルームでシャワーも浴びさせずマンコのションベン臭い
匂いとアナルの匂いを堪能。最高でした。
以上。

肛門のよさも分からないガキが軍事を語るな。


253 :名無し三等兵:2007/04/13(金) 20:34:32 ID:1Q+bNZ9k
>>252
肛門を打通したのか?

254 :だつお:2007/04/13(金) 20:35:36 ID:604UqCY5
>>253
もちろんだ。俺のこれまでの肛門打通作戦はかなりの戦果を挙げている。

255 :名無し三等兵:2007/04/13(金) 20:53:47 ID:1Q+bNZ9k
>>254
オマエの肛門も打通していいか?
だいたい、肛門を打通させてくれる風俗女なんている?

256 :だつお:2007/04/13(金) 21:32:36 ID:604UqCY5
>>255
風俗女こそ打通に最適だぞ

257 :名無し三等兵:2007/04/13(金) 22:14:42 ID:1Q+bNZ9k
>>256
ほんとか。俺は彼女にしかやったことないが・・・。
風俗でもできるならやってみようかな。経験も多そうだし。やっぱ慣れてる方がいいもんな。
ソープならおk?

258 :名無し三等兵:2007/04/13(金) 22:20:32 ID:???
デリヘルにはオプションでアナルがあるぞ、イメクラなんかにもけっこうあるぞ

259 :名無し三等兵:2007/04/13(金) 22:33:16 ID:1Q+bNZ9k
ニューハーフにアナルを犯されたいんだが、そういう風俗もある?

260 :名無し三等兵:2007/04/13(金) 23:30:05 ID:???
誘導
http://idol.bbspink.com/test/read.cgi/club/1167056235/

261 :名無し三等兵:2007/04/14(土) 12:00:06 ID:z7GncFlA
ここは軍版出入り禁止

262 :名無し三等兵:2007/04/14(土) 13:31:39 ID:???
軍板(ぐんいた)な

263 :名無し三等兵:2007/04/15(日) 17:36:50 ID:8YOdJLMX
ところで、まんこに挿入するのは売春だが、肛門を打通するのは売春には該当しないの?

264 :だつお:2007/04/15(日) 21:55:33 ID:mnNdWP6J
>>263
俺の打通作戦は舌を挿入することだからそれには該当しないな。

265 :名無し三等兵:2007/04/15(日) 22:01:04 ID:Xg6++xTz
だつお軍板追放決定

ピンクへ行け

266 :名無し三等兵:2007/04/15(日) 22:11:11 ID:kwpmy7Dk
>>264
なーんだ。舌だけで打通など、打通にならん。ちゃんと股間の銃剣を持って刺突しないと。

267 :だつお:2007/04/17(火) 18:03:56 ID:5Q1057Qw
世界で最初の魚群探知機が発明されたのは1948年日本って知ってるか?
日本海軍の軍用機器をもとに研究して作り上げたのだと。

1 9 3 7( 昭 和 1 2 )年、長 崎 県島 原 半 島に子ども8 人を抱える
一 家があった。かつては名門としてならした古 野 家だったが 、昭 和
に 入って 町 の 財政 が 悪 化 。父 が 職を失 い 、困 窮していた。
長 男 の 清 孝は 一 家を養うために 、当 時普 及し始 めていたラジオ
技術士の資格を独学で取得 。すぐに商 売は繁 盛し、当 時の 大 卒 者
より多く稼 げるようになった。2 年 後 、漁 船を相 手に電 気 工 事を
請け負う「 古 野 電 気 商 会 」を設 立 。世界初の魚群探知機の第一歩は、
九 州の小さな町の小さな会 社で生まれた。

http://www.shindaiwa.co.jp/fabrica/pdf/fabrica131.pdf
シリーズ魚群探知機(古野電気)[1948(昭和23)年]

268 :名無し三等兵:2007/04/17(火) 21:18:05 ID:0yUva2Ey
本土決戦や打通とどんなかんけいが?

269 :名無し三等兵:2007/04/18(水) 00:16:19 ID:???
君も僕も国民義勇隊!
さあ戦はう!

270 :名無し三等兵:2007/04/18(水) 00:19:14 ID:s87Bnxmz
うちのばあちゃんは薙刀が得意だったので、本土決戦を密かに楽しみにしていたそうだ。
ばあちゃんの兄はマレー進行の時、英軍との戦闘で戦死しているので、仇討ち、という意気込みもあったみたい。
軍国少年少女ってリアルにいたんだな、と痛感。
いまは女子高校の薙刀部でボランティアでコーチやってる。

271 :名無し三等兵:2007/04/18(水) 00:48:16 ID:???
>>269
×戦おう
○穴掘ろう

!そうか!これでだつおの話とつながった!



272 :名無し三等兵:2007/04/18(水) 01:08:38 ID:???
米軍敗退の可能性?無い。よしんばてこずらせても赤い連中がきてより悲惨に。
ノルマンディ以降のドイツの経過を繰り返すだけ、被害を大幅に拡大してな。
ドイツなんぞ最後は西側の軍が少しでも多くのドイツ領に浸透するためだけに
ヒトラー死亡後も抗戦を続けた。
それを考えれば本土決戦前に降伏して西側に入れたことは、分断されたドイツ
よりはるかにましだな。
それでも北方領土はソ連にとられたがな。そもそも大量の軍事援助を受けていた
朝鮮戦争やベトナム戦争と本土決戦が同列に扱うようなシチュエーションか
とも思う。



273 :名無し三等兵:2007/04/18(水) 09:29:59 ID:???
天皇陛下よりラジオ放送で直々に全国民に対し戦争遂行に奨励のお言葉
もしくは全国御幸

これにより士気うp

赤軍米軍なんのその!

国内の朝鮮人が暴れないか不安である。

274 :名無し三等兵:2007/04/18(水) 22:10:11 ID:???
どの道国民に喰わせられるメシが無いと純粋日本人まで朝鮮人のように暴れだすのも時間の問題だがな

275 :名無し三等兵:2007/04/19(木) 09:06:55 ID:ZTJDFGiX
そして、共産党や旧無産党の勢力を中心に、社会主義革命、国体打倒

ウマー

276 :名無し三等兵:2007/04/20(金) 01:23:25 ID:c6rqqKpJ
今のソマリアみたいに何十もの大名が出て軍閥抗争か?

277 :名無し三等兵:2007/04/20(金) 09:14:32 ID:QGhC2VUX
それも(。・∀・。)イイ!!

278 :だつお:2007/04/20(金) 20:38:03 ID:oLUVeZls
>「 古 野 電 気 商 会 」を設 立 。世界初の魚群探知機の第一歩は、
>九 州の小さな町の小さな会 社で生まれた。

日本の高度成長は特需景気だなんて、基礎工業力つーものを全く無視してる。
敗れたりとはいえ陸海空全ての兵器を国産だけでやった日本は十分先進国。
同盟しようが援助受けようが弱いものは弱い、中国国民党軍やイタリア軍を見よ。
中国人は日中戦争で皇軍に大量虐殺されて初めて理解できたのではないだろうか。
97式中戦車チハのような恐ろしい大量破壊兵器を製造した工業国だったと。

日本を客観的に評価したいのなら、「日本」以外の国を当てはめて考えることだ。
援助と同盟で勝ったつーなら、イギリスはソ連は中国はイタリアは南ベトナムはと、
そういうふうに置き換えてみるとものの見方が違ってくるのではないか。

279 :だつお:2007/04/20(金) 20:44:13 ID:oLUVeZls
あと工作精度がどうしたこうしたで戦車にヤスリがけしたら崩れた
なんて司馬遼太郎エッセイ集などは、史料とはみなされないからな。

   文 句 が あ る な ら 史 料 を 出 せ !

〜だそうです、〜と言われる、〜というのは常識、〜と聞いた?
史料というからには出典を明らかにいつ作成された誰の発言かも。

280 :だつお:2007/04/20(金) 20:51:14 ID:oLUVeZls
>97式中戦車チハのような恐ろしい大量破壊兵器を製造した工業国

中国人も世界の人々から人間以上の存在だと認められたいのなら、
大陸打通作戦3000キロを進撃した97式中戦車チハの工業製品
としての優秀さを素直に認めるべきであろう。

しかしながら97式中戦車チハは、「戦車」と呼べるのか?
「戦車」でないとすれば、それはいったい何車両って言うんだ?

97式中国チンピラゴロツキ害虫駆除専門非戦闘用車両チハだろ。

281 :だつお:2007/04/21(土) 18:15:44 ID:Byqg+jCG
よく女にウンコをさせて楽しんでいるが
、ウンコを出そうとして肛門が盛り上が
りひくつくさま、ウンコが降りてくるに
従い、まだ見えてないのに臭いがきつく
なること、時々ウンコの代わりにいやら
しい屁の音と薫りがすること、などなど
、ウンコが顔をだす以前の方がドキドキ
するな。


282 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 19:30:12 ID:wQDpjnBN
↑スカトロ趣味か・・・。肛門を打通するのは気持ちいいが、そこまで行くと変態性欲だな

283 :だつお:2007/04/22(日) 20:00:03 ID:vas0hmpK
愛ちんの全てが気になって仕方がない。
気がつくと愛ちんのことばかり考えてるし、
暇さえあれば愛ちんの曲をききながら
壁に貼ってあるポスターや愛ちんが出てる雑誌やらを
ぼーっと眺めてる。
彼女とも別れた。
大塚あいちんのアナルをとにかく舐めたい。
もうやばいかもな。病院に行ったほうがいいのか。


284 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 20:56:10 ID:zEeOllVk
大塚愛はたぶんヤリマソだぞ・・・
ま、可愛いけどな、軍事的に考えて・・・

285 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 22:00:53 ID:???
この、だつおとか言う人は大丈夫なのか?
精神が分かれているというか、統一出来ていないというか
そういう病気にしか見えねえよ

286 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 22:28:25 ID:PkaWogeB
統合失調症疑い?

287 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 22:33:20 ID:???
 さらに工業生産にしましても、工業生産の基礎である、たとえば工作機械
を見ても、戰災によらないところの工作機械が、約七十五万台ある。賠償撤
去されるものを差引いても、まだ過剩です。しかも技術者、これは御存じの
ように、りつぱな技術者が、今失業に悩んでおる。動力資源にしましても、
電力しても、石炭にしても、もしわれわれが開拓すれば、十分にある。
さらに原材料にしましても、まだ開発すべき余地がある。ただ、われわれに
必要なのは、鉄鉱石とか、石油とか、繊維資源あるいはパルプ類、こうい
うものは外國に仰がなければならない。ところが、こういうふうな原料は、
アメリカ大陸だけではない。われわれの非常に身近にあるところの極東大陸
にたくさんある。中國、朝鮮あるいは拂印、インドネシア、インド、
この方面に求めるなら、われわれの欲しい原材料はある。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/002/0512/00201280512009a.html
第002回国会 本会議 第9号
昭和二十三年一月二十八日(水曜日)

288 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 23:21:36 ID:xLmctXW/
>>283
おい!堂本兄弟に大塚愛でてるぞ!!!!!

289 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 23:26:04 ID:xLmctXW/
だつお、残念だったな。大塚愛は家族揃ってエロビデオをみる環境で育ったそうだ(w

290 :名無し三等兵:2007/04/23(月) 01:07:25 ID:uyle4HM0
だつおくん

とうとう他でも
荒らし始めたんか
荒らしは無視だ〜
ピンク板に行け

291 :名無し三等兵:2007/04/23(月) 17:04:30 ID:W+6gC4E4
>>270
ババアかっこよすぎw

292 :だつお:2007/04/23(月) 20:06:31 ID:EAx9WjbX
さてここでWW2主要国について、独断偏見で産業能力を述べてみる。
基本的に戦争を前後しても、その国の基礎工業力は変化なしと考える。
戦争被害であればソ連がダントツであり、それは言い訳にはならない。

http://www.enecho.meti.go.jp/hakusho/tsusyo/soron/S26/02-03-0..html
昭和26年度版ー輸出品

機械輸出は船舶が大半、これは空母機動部隊編成が日本とアメリカ
だけだったことを考えれば、日本のリードは当然と思える。その次
が車輌なのは97式中戦車チハの優秀さと考えられる。また紡績機
は戦前戦後通じて繊維品が輸出品の大宗だったことだ。電気通信機械
が比較的少ないのは、戦中のレーダーや通信機の多くが米英独のコピー
だったことが響いているのではないか。

なお中国の場合は、チンピラゴロツキが際限なく涌いてくるだけで、
海外へ輸出できるものは何一つとしてなかった。

293 :だつお:2007/04/23(月) 20:16:31 ID:EAx9WjbX
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/002/0512/00201280512009a.html
>第002回国会 本会議 第9号
>昭和二十三年一月二十八日(水曜日)

 さらに、渉外局一月十二日発表によりますと、民間貿易について、昨年
九月から十二月までの四箇月の間に約九十万ドルの入超。さて、この輸出
を見ますと、問題は、新聞でいろいろ書きたてられた陶磁器あるいは竹細工、
いわゆる國産品的なもの、これは全輸出の中のわずかに一五%、ところが、
生活必需品や化学藥品、これが二六%、さらに重要なことは、日本の再建に
必要な機械とか金属類、これが三九%、そこで、生活必需品とか、あるいは
機械金属類を合計しますと、全輸出の中の六五%、われわれは、こういう
ものを輸出しておる。さて輸入は、何を輸入したかと申しますと、六三%
が羊毛と石炭です。(「食糧はどうだ」と呼ぶ者あり)食糧は、これは別個
の問題であります。別個の勘定です。こう見ますと、この統計だけ見ましても、
われわれに絶対に必要なものが相当出されていま羊毛というものは緊急な
物資ではない、こういうものがどんどんはいわれてくる、こういう状態に
なつております。こういうことをわれわれは考えた場合において、外資の導入、
これは決してわれわれは反対するものではない。しかしながら、ただ無條件
で、これができたから、もう日本の再建は大丈夫だ、こういうふうな幻想を
日本の國民に與えておる。これは非常な誤りだと思います。

294 :だつお:2007/04/23(月) 20:46:10 ID:EAx9WjbX
http://www.enecho.meti.go.jp/hakusho/
白書データベース

ここに戦前戦後の日本産業について詳しく解説があるからよく読んでおけ。

295 :名無し三等兵:2007/04/23(月) 20:58:45 ID:0fvn+6c1
>>291
因みにジジイは中学校で弓道のコーチ。
戦争当時の女学校では、行軍、消火作業、薙刀は勿論、小銃の基本的射撃術、手榴弾の扱い方、なども教えていたらしい。

296 :名無し三等兵:2007/04/24(火) 03:13:15 ID:???
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ
   中 国 人 な ん て ゴ ミ み た い な も の だ

297 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 14:25:12 ID:???
一億総玉砕で糸冬了

298 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 18:13:51 ID:hDrC6gaM
↑そこまで行く前に、ソ連軍が支援して、共産分子がクーデタ。
 日本国から「日本民主主義人民共和国」となって終了。

299 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 21:16:18 ID:???
>>297
半島人が一緒に玉砕してくれるとでも思ってるのか?

300 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 22:20:50 ID:???
一億玉砕するなら俺半島人でいいやと言い出す日本人も出そうだしな

301 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 22:32:48 ID:???
その一億の内の2割ほどが半島人な訳だが

302 :だつお:2007/04/28(土) 01:01:05 ID:kCOQqj2i
女の肛門の魅力は、その“臭い”を抜きにしては語れない。普段は
ほのかに酸味を帯びた臭いを放ち、やや臭い程度であるが、1日活
動をし、風呂に入る前の女の肛門は、肛門内分泌腺からの分泌液や
ら、尿やら、汗やら混じった複雑に香ばしい臭さがする。そして、
糞を直腸に沢山貯めた肛門の臭い。これはウンコの香りそのものだ
。ウンコが降りてくる瞬間に、女の肛門は、豹変して悪臭、かつ芳
香を漂わせだす。
女の排便鑑賞の醍醐味よ。


303 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 02:47:22 ID:???
竹槍と爆雷背負って突撃する土人

304 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 13:28:55 ID:???
http://makimo.to:8000/cgi-bin/dat2html/dat2html.cgi?tmp6/2/kova/1174386298/
小林よしのりの経済観について

305 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 15:51:36 ID:???
大陸打通作戦で無抵抗の市民三億5千万人を虐殺した旧日本軍が
どうやったらアメリカに勝てるのか教えてくれよ!

306 :だつお:2007/05/04(金) 15:51:31 ID:8XMTLdb+
>97式中戦車チハのような恐ろしい大量破壊兵器を製造した工業国

中国人も世界の人々から人間以上の存在だと認められたいのなら、
大陸打通作戦3000キロを進撃した97式中戦車チハの工業製品
としての優秀さを素直に認めるべきであろう。

しかしながら97式中戦車チハは、「戦車」と呼べるのか?
「戦車」でないとすれば、それはいったい何車両って言うんだ?

97式中国チンピラゴロツキ害虫駆除専門非戦闘用車両チハだろ。


307 :だつお:2007/05/12(土) 18:11:00 ID:IqeeXU+j
>>308の新作見たんだが(30日発売だが鱈にはもう売ってる)
結論、かなりエロい。つーか、ピンクビキ二、スク水、赤・競泳水着、水色レオタード
大量にぽち(二プレス透け?)してるじゃん。乳首の位置すげーわかるし、パットとかヌーブラなんて
余計なものつけないぴったり水着ばっかで身体のラインがすげー丸出しのヌーディー仕様。
何箇所かはポチって見えるんだけどまさかノーニプじゃないよな?(見識者の見解求む)
前の加山しょうこもニプ透けだったから、たぶんニプは貼ってるとおもうんだけど・・・
とにかく今までの梅本の作品の中では断トツの一本だ。地味にアイマックス系はがんばってると感心した。

しかし、メイキング42分は長すぎだろw 本編60分ちょっとなのにwww


308 :だつお:2007/05/12(土) 18:19:39 ID:IqeeXU+j
今回のDVDは前作より良かったと思う
水着もなかなか小さめで肌の露出も結構あったし
あとビキニ姿なんだけど靴下履いてる非日常的なシーンもヨカタ

ただ他の人も書いてるけど本人・カメラとも動きがあまり無いのと
舐めるようなアップも少ないのが残念
水着も小さめではあるけど、最近の主流と比べるとまだまだ大きいかなと
今は梅さんよりずっと年下の子がセクシーポーズとったりやセクシー水着着てがんばってるし
負けないで欲しい


309 :だつお:2007/05/12(土) 18:21:37 ID:IqeeXU+j
、<中国>の第二次世界大戦における役割ってのは一体何だろう?
中国人は「支那4億の民」で連合国中で最大の人口を有する、それは単に
97式中戦車チハの殺戮標的物として涌いてきたというだけなのかと。

中国人はその「弱い日本軍」とだけ戦って3500万を殺戮された
と公言して恥じない、人間と呼ぶに値しない知能障害と認めるのか?

97式中戦車チハが大陸打通作戦3000キロって、中国人の人種的
劣等性は世界の人々も認めたんだろうな。人種差別はイカンつーけど、
中国人については例外的に人種差別されるべきだろうな。つか人間で
ないものを引き合いに出して「人種差別するな」ってんなら、ゴリラ
とかチンパンジーとかも同じ人間として扱われるべきなんだろうな。

それにしても皇軍が大陸打通作戦3000キロで、中国人という中国人
を虫けら同様に大量殺戮してやったのはホント気持ちがよかったよな。
中国とか中国人とか、殺戮の対象物がどうしてこんなに涌いてくるのか、
もう愉快でたまらない、殺戮が楽しくて楽しくてしょうがない、
97式中戦車チハとは何とおぞましい高性能大量破壊兵器だったかと。
まさに「連合軍に誉められ、恐れられた日本の軍事技術」だった。

それともドイツ軍ならアウシュビッツにジェットエンジンつけて、
大陸打通どころか大陸消滅作戦で中国人をこの地球上から絶滅させてた?

中国人という汚物をもっと殺戮できるつーなら、別に皇軍でなくても構わん。
いますぐにでも皇軍ファンやめてドイツ軍ファンに乗り換えちゃうぞ!


310 :だつお:2007/05/17(木) 17:34:31 ID:7vHZVong
第二次世界大戦の反ファシズム連合国中、中国の人口は圧倒的に多かったはず。
ドイツ軍だって赤軍の「バグラチオン作戦」で連戦連敗してるのに、皇軍は
大陸打通3000キロなどと、これではまるで皇軍がドイツ軍よりもずっと
強大であったかのようだ。やはりこれは中国人の生物学的劣等性という観点
がどうしても必要になってくる。人種的にみて中国人は先天的に劣っている、
徹底的に劣っている。

311 :名無し三等兵:2007/05/17(木) 19:57:11 ID:???
>>306
中共は認めてる、というか、国府軍を蹴散らした戦功第一として、
むしろ公に賞賛している。

http://muwsan.hp.infoseek.co.jp/photo-china97kai.htm

312 :名無し三等兵:2007/05/18(金) 21:32:11 ID:???
http://www.history.navy.mil/download/nasc.pdf
第二次世界大戦 米海軍航空データベース
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/kova/1159001881/all
神風特攻隊は有効な戦法だった!
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1148643207/all
戦前の日本経済はどうなの4

313 :名無し三等兵:2007/05/19(土) 02:12:42 ID:???
Table 1 shows the overall combat effort exerted by Naval Aviation,
284,073 sorties engagingin attacks or aerial combat, or both, and
102,917 tons of bombs,torpedoes and mines expended on targets.
Of these totals the carrier forces held a slight edge in number
of action sorties,while land-based aviation (with a lesser proportion
of fighters to bombers) held a slight advan-tage in bomb tonnage.

58% of the combat effort, about 165,000 sorties out of 284,000,
was by planes attached to Navy units. From carriers, 98% was by Naval
planes; from land bases 64% was by Marine aircraft. Of the Navy's share
of the land-based action sorties, about 40% were flown by VPB, the
remainder by carrier squadrons temporarily based ashore in emergency
or when opportunities for carrier employment were lacking, and by a
few land-based Naval support squadrons employed in 1943 and early 1944.

The overall loss rate for Navy and Marine aircraft on action sorties
was 1.5 percent. Of the losses on action sorties , 47 percent resulted
from enemy antiaircraft, 21 percent from com-bat with enemy aircraft
and 32 percent from operational causes.The loss rate on action sorties
by carrier aircraft was 2.0 percent (49% to antiaircraft, 16% to enemy
aircraft , and 35% operational causes ). The action loss rate for
land-based aircraft was only 1.0 percent of sorties;this difference
reflects the greater employment of carrier aircraft against heavily
defended advanced targets,while a major employment of land-based
planes was in clean-up operations against by-passed enemy bases
or secondary targets.

http://www.history.navy.mil/download/nasc.pdf
1. General Summaries of Carrier and Land-Based Operations

314 :だつお:2007/05/20(日) 17:07:38 ID:dGUI8IG3
 日本が攻め込んできたので、われわれを包囲していた蒋介石軍が後退した。
当時のわれわれ八路軍の兵力は3個師団3万人のみだった。日本が蒋介石を
重慶まで押し退けてくれたので、われわれは日本軍の後方で勢力を拡大した。
8年後に3万人の兵力は120万人にまで増えたし、さらに数百万人の
民兵組織までつくった。
 第二次大戦の後、米国は蒋介石軍400万を整備し、蒋介石はこれでわれ
われを攻撃したが、われわれは120万の兵力をもって3年間で蒋介石軍を
打ち破った。それゆえ、みなさんだけを責めるのは不公平と思う。

http://www.yorozubp.com/0412/041210.htm
ケ小平が自衛隊OBに語った日中戦争の新解釈

315 :名無し三等兵:2007/05/20(日) 19:31:12 ID:+bH9cBls
国土を焼いて勝てるのは
巨 人 ロシア
大商人 アメリカ
この2国しかない。
2正面作戦のメッカ的なドイツが敗れたのに
神州が勝てるわけがない。
国を焼かなかったことだけは正解だった。
戦争は勝つことだけじゃない
負けないこと、負けても負けすぎないことが大事だ。

316 :酷使様:2007/05/20(日) 19:35:23 ID:???
勝利も何も、終戦工作すらしなかったのじゃなあ。

317 :だつお:2007/05/24(木) 18:04:27 ID:BNfjxi4j
ここを「WW2米軍弱小列伝〜チンピラゴロツキも撃破できなかった弱い米軍」
スレッドにしてはどうかと。

米軍が皇軍よりも「強い」と断言するのなら、まずこの地球上から中国人
という生き物を一人残らず虐殺してからそう言うべきであろう。

318 :名無し三等兵:2007/05/25(金) 22:02:39 ID:???
そう言えば今月の歴史群像でチハを普通に優秀な戦車って褒めてたね。


319 :だつお:2007/05/25(金) 23:12:57 ID:zMgOpAWo
中国人という薄汚い害虫を3500万殺戮した大陸打通作戦を「無駄」
呼ばわりするのなら、劣等スラブ人を2700万殺戮したが返り討ちに
ボコボコにやられたドイツ軍はどうなのかと。たとえ同じ「侵略戦争」でも、
返り討ちにされなかっただけ皇軍のほうが良かったのではないかと。

皇軍を弱小呼ばわりすれば、痛いのは専ら中国人だっつーの。精強ドイツ軍
をも返り討ちにしたソ連と、弱小皇軍相手にさえ歯が立たなかった中国とで。

320 :名無し三等兵:2007/05/25(金) 23:28:48 ID:???
318
主戦場の中国大陸なら必要にして十分な性能。
あれ以上はオーバースペック。基本コンセプトも優秀で先進的だった

321 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 03:28:24 ID:???
対戦車戦闘ということを前提に入れなければ優秀だろうな
機関砲でも穴が空くことなども除けば

322 :だつお:2007/05/26(土) 11:19:54 ID:kQ7xCv5y
それにしてもマッカーサーなんてクズだよな。中国のチンピラゴロツキ
相手に大損害の末「仁川上陸作戦」を成功させたと威張ってる程度のやつが、
なんで日本本土で皇軍主力を相手にできるのかって。

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

      教  え  て  く  れ  よ  !!

323 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 11:25:52 ID:???
というか、だつおやら管理人やら訳のわからん連中に
かかるとどんな兵器も胡散臭く見える

324 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 13:35:39 ID:???
中国人という薄汚い害虫を3億5000万殺戮した大陸打通作戦を「無駄」
呼ばわりするのなら、劣等スラブ人を2700万殺戮したが返り討ちに
ボコボコにやられたドイツ軍はどうなのかと。たとえ同じ「侵略戦争」でも、
返り討ちにされなかっただけ皇軍のほうが良かったのではないかと。

中国のチンピラゴロツキ相手には皇軍は十分すぎる国力だった。
3億5000万人では足りなかったとでも言うのか?
ならドイツなら5億人殺せていたとでも?
もしそうなら俺は今すぐに皇軍ファンやめてドイツファンに乗り換えちゃうぞ。

325 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 17:36:13 ID:/iv60pzZ
ここはチンパンジーのだつお君の言語能力をチェックするためのスレです

だつお君以外は書き込まないでください

326 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 19:09:42 ID:???
27個師団、34個旅団、合計100万の兵でも勝てなかった日本軍にこそ問題が…

327 :酷使様:2007/05/26(土) 19:28:38 ID:???
>>326
戦術的勝利に酔って、中国軍の兵站能力、ひいては中国の経済力を
認識できなかった軍部の無知無教養が問題。


328 :だつお:2007/05/26(土) 20:52:26 ID:rpQN4eOk
ならばドイツこそ戦術的勝利に酔って、赤軍の兵站能力、ひいてはソ連
の経済力を 認識できなかった軍部の無知無教養が問題では。

そういう観点からみれば、中国軍に負けなかった皇軍は、
赤軍に敗れたドイツ軍よりはずっとマシだったと思うぞ。



329 :だつお:2007/05/26(土) 21:17:19 ID:rpQN4eOk
>27個師団、34個旅団、合計100万の兵でも勝てなかった日本軍

ならば皇軍はドイツ軍よりはずっと強かったと認めるんだな。
ドイツ軍は170個師団、合計300万の兵でも勝てないどころか返り討ち。
劣等なスラブ人相手にドイツの首都ベルリンでボコボコにされるより、
偉大なる中華民族の土地で僅かに敗退しただけの皇軍のほうがずっと優秀。

皇軍>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>ドイツ軍。

     ド イ ツ 軍 っ て へ た れ だ よ な !
や ぁ い 、 劣 等 な る ス ラ ブ 人 に 負 け て や ん の

330 :”管理”人:2007/05/26(土) 21:32:58 ID:/iv60pzZ
警告

このスレはチンパンジーのだつお君の言語能力をチェックするためのスレです
だつお君以外は書き込んではいけません

331 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 21:40:19 ID:GQE/tr9/
>>35

>日本側守備隊21000人の玉砕と引き換えに米軍死傷者は28000人。

日本側は戦死者で21000人
米軍は死傷者合計で28000人

332 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 23:16:22 ID:???
>>329
支那派遣軍の兵員数なのだが…
お前本当に日本人か?

333 :だつお:2007/05/27(日) 16:40:52 ID:yDaHdYso
COMBINED SUMMARY OF 20TH AIR FORCE & 9TH GROUP OPERATIONS
     20TH AIR FORCE                 9TH BOMB GROUPC
     From June 5, 1944 on             From February 9, 1945 on
Missions          380                        75
Sorties        
Combat          31,387                       1843
Other           1,617                        169
Total           33,004                       2012
Bomb and
mine tonnage      171,060                      11,376
B-29 losses
Combat losses      494                   14 + 5 non-combat
Training losses in U.S.  260                          1
Air crew losses
Killed             576                26 + 1 ground crewman
Missing           2,406                  96 (12 repatriated)
Wounded or injured    433                         30
http://www.9thbombgrouphistory.org/Chapters/Chapter_07.pdf

334 :だつお:2007/05/30(水) 21:41:29 ID:hJ6BSo5Q
六、結論
 航空燃料の不足は、訓練時間の削減というかたちで日本空軍に重大な打撃を与えたが、
終戦時、計画した作戦の実施に支障をおよぼすほどの影響はなかった。
 日本は内廓圏内に、一〇〇万バレルをやや上まわる航空燃料のストックをもっていた。
これは、一九四五年七月と八月の月平均消費率でいえば、約七ヶ月分の供給量である。
また、一九四四年の第二・四半期に記録された日本空軍最高の消費率で換算すれば、
二ヵ月分に相当する量である。
 生産は急激に減少し、輸入は完全にストップしたが、一九四五年七月と八月に、
日本は同期間に日本空軍が消費した航空燃料の約四分の一を生産した。
 連合軍の本土進攻にたいして、日本空軍の主要努力は、水上艦船にたいする自殺
攻撃のかたちをとることになっていた。
 したがって、たとえ侵攻が一九四五年十一月におこなわれたとしても、日本は燃料
を使いはたす遥か以前に、飛行機を使いはたしていたであろう。
 終戦時に温存していた一〇〇万バレルの燃料は、のべ二〇万機の自殺攻撃機を、
各機五時間飛行させるのに十分な量であった。

「JAPANESE AIR POWER 米国戦略爆撃調査団報告 日本空軍の興亡」
(大谷内一夫 約・編集)

335 :だつお:2007/05/30(水) 21:55:50 ID:hJ6BSo5Q
全軍特攻で飛行機を使いはたせば、沖縄戦の何倍もの米艦艇が沈んだろう。
しかしながら仮に米軍が撤退したとしても、北からソ連が攻めてくるので、
米ソ二正面作戦に対抗しなければならなくなる。ソ連の戦力は単独攻勢
でもベルリンを陥落させるくらいはあるので、終戦間際の皇軍が最盛期の
ドイツ軍よりも何倍も強いのだというふうに設定しないとうまくいかない。
なおソ連対日参戦は必須でいかなる対ソ譲歩も辞さないというのが、
マーシャルらホワイトハウス指導部の方針だった。

中国のチンピラゴロツキ相手に「無敵皇軍」つー程度ではだめか?
どうせなら中国人を一人残らず虐殺しておけば良かった?

336 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:19:38 ID:???
>>335

ノモンハンで国境沿いのソ連軍を全く突破できなかった皇軍
モスクワ郊外まで突撃したドイツ軍

皇軍がモスクワまで行かなかった時点で終わってるだろ

支那人?彼らはソ連の指示で陽動作戦してただけだろw
皇軍は釣られたんだよ、大陸打通だ?恥ずかしいからもう言わないでくれ。



337 :”管理”人より:2007/05/30(水) 23:32:20 ID:DizxBaFM
ここはチンパンジーのだつお君の言語能力をチェックするためのスレです

だつお君以外は書き込まないで下さい

彼はまだ治療中です
そっとしてあげてください

338 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:38:56 ID:???
>>336
100パーセントキミの脳内妄想ですねw

339 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:17:32 ID:???
>>336
プッ…
ドイツがお前の祖国ってわけじゃないだろw
しかもその大好きなドイツはソ連に結局にボコボコ…w
日本人(というかそれ以外の半島系も多いけど)のドイツ軍
ファンって関西でウザったがれている関東人の阪神ファン
みたいなものかww

340 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 20:06:36 ID:???
 一九五五年三月二十三日、マッカーサーはヤルタ会談で、自分の見解が
求められなかったと非難し、もしそのとき求められていれば、「あの戦争
の末期にソ連を太平洋戦争に持ち込むことに最も強く反対の勧告をしたで
あろう」と述べた。ところが一九四五年二月の段階では彼はこれと正反対の
印象を三人の人物に与えている。ジョージ・リンカーン准将は、マッカーサー
と話し合った後、「全般計画について、マッカーサー将軍は、アメリカ軍が
日本本土をたたく前に、最大数の日本の師団を、アジア大陸で作戦させて
これを釘づけにしておくことが絶対必要である」と述べたと言っている。
ポール・L・フリーマン・ジュニア大佐は「彼はソ連軍があらかじめ満州で
作戦に参加しないかぎり、アメリカ軍が日本本土に侵入してはならないと強く
主張した」と記録している。新海軍長官のジェームズ・V・フォレスタルは、
その日記の中に「マッカーサーはアメリカ軍は日本本土ー関東平野ーで使用
するため、これを温存して置かなければならないと言い、満州で日ソが激戦
を交えるという保証がないかぎり、これはできないと言った」と書いている。

ジョン・トーランド「大日本帝国の興亡5」

341 :名無し三等兵:2007/06/01(金) 18:53:40 ID:???
>>338
>>339

だつを乙

342 :だつお:2007/06/02(土) 15:29:47 ID:ipZm5neD
それにしても、アメリカがあらゆる屈辱を忍んででもソ連に対日参戦を
申し込んだのは戦略的に見て実に慧眼だったと言うほかはない。

そもそも中国抗日戦争がもうすぐ支那派遣軍を駆逐して満州を奪回するなんて、
そんなむちゃくちゃな中国人の抗日ホラ話を信じることができるのかね。
ついこの前まで大陸打通で散々ドツキ回されてたチンピラゴロツキの群れが、
いかなる戦力評価が与えられるのかと。

    支 那 派 遣 軍 は 無 敵

というのが史実での終戦状況で、これは全く疑う余地は無い。

343 :名無し三等兵:2007/06/02(土) 15:37:30 ID:???
米式装備の支那人に負けてんじゃねーかw>支那派遣軍

344 :名無し三等兵:2007/06/02(土) 16:52:17 ID:???
>>335
>中国のチンピラゴロツキ相手に「無敵皇軍」つー程度ではだめか?

だめ

345 :名無し三等兵:2007/06/02(土) 17:07:47 ID:???
漢民族の大量虐殺程度ならモンゴル帝国にも匈奴にもできることなんで
無敵皇軍ならではの何かが欲しいところではある

346 :名無し三等兵:2007/06/02(土) 17:11:57 ID:???
残酷さでは日本軍はモンゴルに劣るなぁ。

347 :名無し三等兵:2007/06/02(土) 21:31:53 ID:???
>>336
ノモンハンでは、日本軍守備隊の数倍の戦力でソ連軍が奇襲攻撃をかけてきて結果は、お互いの領土を分配して引き分け、損害はソ連が多かった。
それに対して、ドイツは大軍を率いてソ連に奇襲攻撃したが、逆にドイツ本土をソ連軍侵攻。 この違いお分かりだろうか?


>支那人?彼らはソ連の指示で陽動作戦してただけだろw

当時のソ連はイギリスとフランスとドイツが組んでソ連に侵攻してくるのではないか、或いはドイツと日本が二正面作戦で侵攻して来るのではないかと警戒していたわけで。

当時、中国に侵攻していた日本軍が陸続きに中国からソ連に侵攻して来るのではないかと言う「安全保障上の面で中国を援助していただけ」にすぎない。英米と違って、ソ連は日本と戦争をやりたかった訳ではないし。
中国援助なら同盟国になるドイツも当初、軍事顧問団派遣や武器輸出総額のうち、実に五七・五パーセントが中国に向けられていた訳で・・・。


348 :名無し三等兵:2007/06/02(土) 21:42:41 ID:???
>>342
>それにしても、アメリカがあらゆる屈辱を忍んででもソ連に対日参戦を申し込んだのは戦略的に見て実に慧眼だったと言うほかはない。

ただ単に、消耗の激しい本土でのゲリラ戦をアメリカがしたく無かっただけだろ。ドイツはソ連にゲリラ戦をやらせ、日本は原爆を使って・・・ソ連はアメリカに言い様に使われたに過ぎない。
そういう意味で見ると、四国同盟が成立していたら連合軍は敗北していたことになる。何せ、四国をゲリラ戦するなんてアメリカでも不可能だしな。




349 :名無し三等兵:2007/06/02(土) 22:16:27 ID:???
Victory: Cost and Value
The price paid for Okinawa was dear. The final toll of American
casualties was the highest experienced in any campaign against the
Japanese. Total American battle casualties were 49,151, of which
12,520 were killed or missing and 36,631 wounded. Army losses were
4,582 killed, 93 missing, and 18,099 wounded; Marine losses,
including those of the Tactical Air Force, were 2,938 killed and
missing and 13,708 wounded; Navy casualties totaled 4,907 killed
and missing and 4,824 wounded. Non-battle casualties during the campaign
amounted to 15,613 for the Army and 10,598 for the Marines. The losses
in ships were 36 sunk and 368 damaged, most of them as a result of
air action. Losses in the air were 763 planes from 1 April to 1 July.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/USA-P-Okinawa/USA-P-Okinawa-18.html

350 :名無し三等兵:2007/06/02(土) 23:03:54 ID:???
本来沖縄戦に投入するはずだった戦力を、台湾と沖縄で分散しているからね。アメリカ軍が侵攻する前から沖縄の守備隊は弱体化している。
沖縄戦と本土戦ではまったく別のゲリラ戦になるだろうね。

351 :名無し三等兵:2007/06/02(土) 23:21:51 ID:???
どの道本土決戦となると人はいっぱい死ぬのだろうな
もう後が無いってことは強制にせよ自発にせよ自決もおおいにあるだろう、誰が悪いというわけでもないが

352 :だつお:2007/06/03(日) 03:28:26 ID:mKnosjbN
愛ちんおやすみ
今日も愛ちんのこと、想いつつ寝るね
愛ちん大好きだよ愛ちん
愛ちんかわいいよ愛ちん
愛ちんいとしいよ愛ちん
愛ちんが何よりだよ愛ちん
愛ちんかわいすぎるよ愛ちん
愛ちんどうしてそんなにかわいいの?愛ちん
愛ちんは宇宙一かわいいよ愛ちん
愛ちんのためにかわいいって言葉があるんだよ愛ちん
愛ちんのマンコに挿れたいよ愛ちん
夢の中で愛ちんに出逢えたらいいな・・・


353 :名無し三等兵:2007/06/03(日) 10:21:52 ID:???
1945.8本土決戦を決定
8.28ソ連軍が北海道に上陸
米軍、約束が違うとソ連に抗議。ソ連は知らんぷり
9.1日本軍、北海道の北半分から撤退
9.5米軍、本州から上陸
9.8日本軍、北海道から完全に撤退
9.13米軍、東京を制圧
日本軍は西へ撤退。北海道にいた部隊も日本海から脱出して合流
9.25ソ連軍、仙台あたりまで南下してくる。
米国、西へひたすら逃げる日本軍への攻撃をやめ北上。
10.1以後ずっと米軍とソ連軍は睨み合い。
京都あたりに臨時政府立てて一段落した日本軍、米軍と和平交渉
米軍、占領した地域の一部に軍事基地を残すという条件でこれを承諾

そしていろいろあって
大日本帝国と日本人民共和国が日本列島に存在することに…

354 :名無し三等兵:2007/06/03(日) 11:27:00 ID:7WzPmoRc
>>353
日本も朝鮮半島みたいになっちゃったのね。

355 :だつお:2007/06/03(日) 12:55:38 ID:JElA6v2g
>アメリカ軍が侵攻する前から沖縄の守備隊は弱体化している。

沖縄の日本陸軍は2個師団と連隊くらいしか配備されてなかったからな。
それにも関わらず米陸海軍は死傷7万5千人の損害を記録してる。
九州上陸なら何十個師団もの日本陸軍を相手にしなければならなくなる。
こんな調子だったら、いくらソ連が大嫌いなトルーマンでもソ連占領下
のポツダムへ行ってソ連に対日参戦を依頼するしかなくなってくる。
これは何も対日戦でなくても対独戦でも同じで、バルジの戦いで死傷8万
を出した後でヤルタへ行ってソ連に頭を下げてきたルーズベルトと同じ。

冷戦時代の西側史観だと今ひとつ見えてこないが、ソ連の戦力価値は
とても大きく、中国はもちろんイギリスでさえもカスみたいなものだった。
ナチスドイツ戦力の八割以上をソ連が撃破したとすればこれは客観性がある。

356 :名無し三等兵:2007/06/03(日) 22:23:22 ID:???
>>353
その前に朝鮮戦争が勃発する。



357 :名無し三等兵:2007/06/04(月) 06:16:00 ID:???
>>356
朝鮮戦争は五年後だぞ。
しかもこの場合下手すると
朝鮮が全部ソ連の支配下になってる可能性のほうが大きいし。
朝鮮戦争自体がなくなってその後の成り行きしだいで日本戦争になってる可能性が…

358 :だつお:2007/06/06(水) 02:04:01 ID:/jillKcL
ソ連も崩壊して戦後60年以上たって、史料はだいたい出尽くしている。
沖縄戦でわずか二個半師団の陸軍と自殺機相手に死傷7万5千を記録したから、
ホワイトハウスとしては死傷者回避のためにソ連詣でをするしかないのだ。
>>37でマーシャル大将がはっきりそのように力説している通りで疑いない。
これはなにも対日戦に限ったことではなく、バルジの戦いで8万人死傷した
対独戦でも同じ理屈だったはずだ。

あと太平洋戦線で完勝し日本近海の制海権を掌握したとて、新米中国国民党
政権の脱落はドミノ理論やら赤狩りやらでアメリカの威信を大きく傷つける。
なお国民党政権の崩壊は皇軍のおかげと、毛沢東もケ小平も認めている。
このように日本の戦力は殊の外大きかったということを知っておこう。

359 :名無し三等兵:2007/06/06(水) 02:20:06 ID:acGe49Bs
>>353
ソ連にそんな船は無い。
占守島の戦いを見ればわかるように、北海道で返り討ち。
まともに日本に上陸なんて出来んよ。

360 :名無し三等兵:2007/06/06(水) 02:27:18 ID:???
>>359
アメリカはソ連にリバティ型輸送船を多数レンドリースしているし、LSTも大量にレンドリースするはずだった。


361 :名無し三等兵:2007/06/06(水) 03:17:55 ID:???
つまり日本上陸の手段はレンドリースしてくれるアメリカ次第

…なんかそれ自力で来れる手段がないってことじゃね?

362 :名無し三等兵:2007/06/06(水) 04:25:47 ID:???
>>361
アメリカはある時期までレンドリースの条件としてソ連に対日戦の準備を進める様に煽ってましたよ。

363 :名無し三等兵:2007/06/06(水) 07:49:44 ID:???
ソ連に朝鮮半島を占拠されて船を調達される恐れはあるな

364 :名無し三等兵:2007/06/06(水) 17:32:25 ID:???
普通の船にJS戦車など陸戦兵器は積めるのかというのと積み込んで制海権の無いまま日本にたどり着けるのかという疑問は残るな

365 :名無し三等兵:2007/06/06(水) 23:22:45 ID:???
よしんば辿りつけても揚陸できる場所があるのかと。

366 :名無し三等兵:2007/06/06(水) 23:28:56 ID:???
日本軍は、もてる力の全てを結集して連合軍を迎え撃つ準備をしていました。これを「決号作戦」といいます。
日本軍は、敵の上陸正面を南九州又は関東沿岸と予測(連合軍のコロネット作戦(関東)・オリンピック作戦(南部九州)を正確に見抜いていました)し、
必要な部隊を新編・充足するとともに、防御陣地の構築、特攻を含む上陸防御戦闘の訓練に心血を注いでいました。

作戦計画の概要は次のようなものでした。

南九州及び関東の上陸に適する海岸の全正面に、南九州には8コ師団、関東には9コ師団をビッシリと配置するとともに、数十キロ後方に強大な逆襲部隊を控置し、沿岸部隊が敵の上陸を食い止めている間に逆襲部隊を投入して連合軍と雌雄を決するというものでした。
本土決戦は文字通り最期の決戦であり、じ後の作戦を考慮する必要はありません。
沿岸に配置された師団は師団長以下全員が1歩も退くことなくその場を死守する、逆襲部隊はいかなる損害を受けようとも絶対に停止せず、刺し違えてでも敵を撃滅する計画でした。もちろん、保有する船や飛行機は全て特攻です。
この計画が実際に発動されていれば、日本軍はもちろん、連合軍も未曾有の大損害を受けたと思われます。


>>362
ルーズベルトがスターリンに頭を下げて懇願しても、引き受けてくれないから、結局アメリカが対日戦させるためにソ連の要求を全て丸呑みしたんだよね。

ソ連はドイツとの戦争で一千万人から二千万人の犠牲者がでて、モスクワまで数キロまで攻めこまれ、ソ連本土はボロボロ。アメリカが期待するほどの大部隊を派遣するのは難しい。
部隊を派遣するのが難しいソ連の要求を全て丸呑みしたルーズベルトって、一体・・・。

それに、日本が粘ってれば、朝鮮戦争も同時に勃発する可能性もある。

367 :だつお:2007/06/07(木) 00:25:03 ID:C1e2rD+u
http://kotou397.blog84.fc2.com/blog-entry-203.html
トウモロコシの次は「鶏の油」 バイオ燃料開発進む

97式中戦車チハで中国人を大量殺戮して、そこから中国人油を生成。
バイオディーゼルで97式中戦車チハを走らせてまたまた殺戮する。

>423 :名無し三等兵 :sage :2006/12/03(日) 21:02:38 ID:???
>>物資が足りなければ中国人をもっと大量虐殺すればいくらでも調達できる。
>
>新説ですな(´ー`)y─┛~~
>中国人の人体は人毛醤油や法輪講臓器以外にも様々な用途が有ったのですね
>良質の航空燃料や潤滑油、防弾タンク用のゴムも人体から採取できるとは・・・・・

368 :名無し三等兵:2007/06/07(木) 00:26:32 ID:3fq1sgQl
米英軍が敗退するとは思えないけど、せめて東京を占領されてから戦争をやめるべきだった。
けじめなさ過ぎ・・・。

ドイツが敗れてから完全にやる気をなくしたんだろうか。沖縄以降陸海ともにまともな戦いをやってないし。

369 :堀越設計士:2007/06/07(木) 00:37:45 ID:???
陸軍が鈍速疾風でなくほっけ採用すれば勝てましたよ

370 :名無し三等兵:2007/06/07(木) 00:41:27 ID:???
>>366
共産影響下におかれてると思われる朝鮮半島で誰が資本主義の後押しするのかという疑問はあるな

371 :名無し三等兵:2007/06/07(木) 13:22:27 ID:???
独立短編企画 http://blue-units.sakura.ne.jp/dokutan/tanpenkikaku.htm

第三話…「本土決戦〜ある大隊の編成〜」

第四話…「本土決戦〜宗村中隊の編成〜」

372 :名無し三等兵:2007/06/07(木) 13:48:00 ID:???
>>366
サイパン島のように火砲を揃えて交戦する水際防御では
なく、ペリリュー島で敵の第一次上陸部隊を撃退した戦況を
大規模に再現するつもりだったと考えればよい?

373 :だつお:2007/06/07(木) 19:34:36 ID:F2IL9mc0
http://220.254.5.211:8000/cgi-bin/dat2html/dat2html.cgi?http://academy3.2ch.net/test/read.cgi/history/1079622134/
日本本土決戦「決号作戦」の行方は?
http://p2.chbox.jp/read.php?host=hobby9.2ch.net&bbs=army&key=1169177126&ls=all
日本本土決戦 米軍敗退の可能性 2

ガタルカナルでは日本兵25000が斃れたのに対し、米軍は戦死に負傷含めても6500。
これに対し硫黄島攻防戦は日本側守備隊21000人の全滅と引き換えに米軍死傷者は28000人。
皇軍が敗れたのであれば前者と後者で米軍死傷者が逆であってもおかしくないのに、
これでは本来の日米決戦をやらずして終戦を迎えてしまったとしか思えない。
こういう比較をしてみると、皇軍は本土決戦してこそと思えてくるのだがどうか。
硫黄島や沖縄の日本守備隊はそのために戦略持久で時間稼ぎをしたはずだ。

★☆チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍☆★

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

374 :名無し三等兵:2007/06/07(木) 19:52:20 ID:???
本土決戦なんてどうせ焦土作戦以外手がないんだが
それやったらカンボジアみたいになるという突っこみは無いのか?

375 :だつお:2007/06/07(木) 19:54:53 ID:F2IL9mc0
      1944年前の最高 敗戦時能力 残存率 1941年末 増加率
水力発電 千kw    6,074  6,233    102.6   5,368    16.1
普通鋼鋼材 千トン   7,998 8,040     100.5   7,506    7.1
アルミニウム 月トン 11,100  8,350    75.2    7,240   15.3
工作機械 トン     190    120     63.2   110     9.1
石油精製 千kl    3,739   1,443     38.6    2,359   -38.8
石鹸 千トン       278    99     35.6    278    -64.4
綿スフ紡績 百万錘  13.8   2.8     20.3    13.8    -79.7
綿織物 千台      393   123     31.3    393    -68.7
自転車 千台      3,600  720     20.0    2,880    -75.0

http://www.e.u-tokyo.ac.jp/~takeda/gyoseki/GAKU00-16.htm
敗戦時の生産能力

376 :名無し三等兵:2007/06/07(木) 19:58:48 ID:???
>>373

畑を焼き、街や集積所を焼く。
本土決戦しなくても食糧不足で自滅

硫黄島だって食料は危なかったし、ガ島もしかり。


377 :名無し三等兵:2007/06/07(木) 20:02:14 ID:???
人肉を食う

378 :名無し三等兵:2007/06/08(金) 02:47:13 ID:???
天明の大飢饉よかひでえや

379 :だつお:2007/06/09(土) 15:44:05 ID:1W6b8bPo
1944年以降の太平洋戦争で沈没した米艦艇だが、「水上戦」による
ものはわずかで、他は触雷や衝突事故あとは特攻と空襲によるもの。
コストパフォーマンスでいえば人員養成も含めて艦隊再建よりも
神風特攻のほうがが遥かに遥かに優れていたことであろう。

http://www.kasado.net/US1941.html
http://www.kasado.net/US1942.html
http://www.kasado.net/US1943.html
http://www.kasado.net/US1944.html
http://www.kasado.net/US1945.html
WW2アメリカ海軍艦艇 年代別損失

380 :名無し三等兵:2007/06/09(土) 15:46:11 ID:???
竹槍でB-29撃ち落とすだってwwwwwwwwwwww
やべwwwwwwwwwwww
土人おもしろすぎwwwwwwwwww

381 :だつお:2007/06/09(土) 16:09:51 ID:1W6b8bPo
閑話休題。

朝鮮戦争でかの「中国チンピラゴロツキ」も撃破できなかった米軍が、
何でチンピラゴロツキ3500万を血祭りにあげた帝国陸軍を撃破できる?

いったい日中戦争では日本軍に虐殺されるために湧いてきたような
中国チンピラゴロツキが、朝鮮戦争ではそれとはまったく別な強靭
な戦士に生まれ変わったのか?   

それとも共産革命というのは、
脳内におけるセロトニンの働きを活性化させるのか?

http://www.std.mii.kurume-u.ac.jp/~tadasu/essay_309221.html
餓鬼(ハングリー・ゴースト) ──秘密にされた毛沢東中国の飢饉

あるいは中国人という生き物は人肉食の習性があって、
虐殺されても虐殺されても次々湧いてきて共食いで種族保存されるから、
日本軍も米軍も手に負えない存在なのかもしれないな。

ウジが沢山湧いてくるのを根絶できないのと同じだな。

382 :名無し三等兵:2007/06/09(土) 16:18:54 ID:???
>>375
戦争と空襲の被害で民需が完全に死んでしまってるな。

383 :だつお:2007/06/09(土) 16:27:12 ID:1W6b8bPo
あの大嫌いな共産主義ソ連に頭を下げて対日参戦を申し込んだ
トルーマンとマーシャル。やはり米軍は独力で皇軍主力を殲滅
する自信がなかったということだ。

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

384 :名無し三等兵:2007/06/09(土) 16:36:34 ID:???
馬韓理人がいるなw

385 :名無し三等兵:2007/06/10(日) 11:22:14 ID:VcUAcse6
そのチンピラ中国相手に15年も戦争を続けたにも関わらず
全く屈伏させられなかった日本…

これで満足か?

386 :だつお:2007/06/10(日) 12:07:36 ID:CYp7N4w0
>そのチンピラ中国相手に15年も戦争を続けたにも関わらず
>全く屈伏させられなかった日本…

その「スラブの劣等民族」相手に奇襲をかけたが返り討ちにされ、
ベルリンまで攻められてボコボコに粉砕された自称「優秀民族」
と比べればはるかにましだったと思う。

387 :名無し三等兵:2007/06/10(日) 12:19:48 ID:VcUAcse6
『アングロサクソンの劣等民族』相手にまで読んだ

かまって貰えて嬉しいだろ

388 :だつお:2007/06/10(日) 12:56:43 ID:CYp7N4w0
「終戦までのドイツ国防軍全体の損失は1348万8000人を数えた。
このうち1075万8000人が東部戦線で戦死するか捕虜になった」
(レンドリースはイギリスよりもかなり遅れてしかも総額で3分の1)
このようにソ連に奇襲したが返り討ちにされ、ボコボコに粉砕されたのを、
「ドイツは誠実に戦争責任を反省している」って言うのか?
逆に皇軍の『大陸打通作戦』で大敗走を続けた中国の腰抜け阿Qはそれと比べてどうだ。
ベルリンの帝国議事堂にソ連国旗が掲げられた、大祖国戦争の勝利の日までに、
中国抗日戦争とやらは何をどれだけ達成した?

 この疑惑は的中し、やがて蒋総統は、三月十二日発の駐米大使魏道明の急電で
「密約」内容を知ると、次のように日誌に痛憤の文字をつらねる。
「『雅爾達』果己売華(中華民国)乎?・・・・・・果爾、則此次抗倭(日)戦争之理想、
恐成夢幻矣!」
 蒋総統にしてみれば、『支那事変』いらいの日本との戦いは中国主権の回復の
ためであり、とくに租借地などの解消を本旨とする。それなのに、こんどはソ連
が権益を求め、米国がそれを支持している、という。
「如我政府承認租借、則不謹造成中・俄(ソ)両国世代之仇恨、而且成為第三次
世界大戦之基因・・・・・・如美(米)国賛成或提議此案、則羅斯福在歴史上永不能
逃避其責任也」
 ソ連との租借が現実化すれば中ソは仇敵同士になり、第三次世界大戦の起因になり
かねない。ルーズベルト大統領の責任は永久に歴史に残るだろう―との趣意である。
<児島襄「第二次世界大戦 ヒトラーの戦い」>

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179827948
大日本帝国VSドイツ第三帝国  ラウンド5
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/editorial/1180144159/
なぜ、韓国人にはナチスドイツ軍崇拝者が多いのか
http://p2.chbox.jp/read.php?host=tmp5.2ch.net&bbs=asia&key=1120186708&ls=all
大陸打通作戦〜大地を駆ける3000`の雄叫び

389 :名無し三等兵:2007/06/10(日) 13:14:00 ID:9H4e+Agh
少なくとも、本土決戦前に手を上げたのはよかったと思うが?

390 :名無し三等兵:2007/06/10(日) 13:47:47 ID:CXj+fait
>>373
>硫黄島攻防戦は日本側守備隊21000人の全滅と引き換えに米軍死傷者は28000人
米軍の死者は6千人くらいだけどね。

>>375
>敗戦時の生産能力
能力はあっても原料が皆無だったからね。

>>381
>朝鮮戦争でかの「中国チンピラゴロツキ」も撃破できなかった米軍が、
。何でチンピラゴロツキ3500万を血祭りにあげた帝国陸軍を撃破できる?
本土決戦の時は「チンピラゴロツキとやらを血祭りに上げた」頃の日本軍じゃなかったからね。
武器も弾も燃料も訓練された兵隊さんも食料もなかったわけだから。

391 :だつお:2007/06/10(日) 13:59:51 ID:gbu+4IkE
>本土決戦の時は「チンピラゴロツキとやらを血祭りに上げた」
>頃の日本軍じゃなかったからね。

<昭和20年8月11日支那派遣軍総司令官岡村寧次大将の電報>
・・・数百万の陸軍兵力が決戦を交えずして降伏するが如き恥辱は、
世界戦史にその類を見ず、派遣軍は満8年連戦連勝、未だ一分隊の玉砕
に当たりても、完全に兵器を破壊し之を敵手に委ねざりしに、百万の
精鋭健在のまま敗残の(蒋介石の)重慶軍に無条件降伏するが如きは、
いかなる場合にも絶対に承服し得ざる所なり・・・
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog151.html

 一九四四年末までに、蒋介石はもはや有力な盟友と見られなくなっていた。
日本軍は中国東部での攻勢でさらに八省を手に入れ、さらに一億人の中国人
が日本の支配下に置かれ、米軍飛行基地は放棄のやむなきにいたり、中国の
東海岸は封鎖された。帰還命令を受ける直前の十月四日、スティルウェル
は日記に書きつけた。「陸軍省が私に味方しているのは明らかだが、この
戦域は無価値とみなされ、われわれは何も期待されていない」
日本殲滅 日本本土侵攻作戦の全貌 / トーマス・アレン/著
ノーマン・ポーマー/著 栗山洋児/訳

軍事評論家・伊藤正徳氏は、その著書『帝国陸軍の最後5』の中で、
「日本陸軍(支那派遣軍)は8年間の中国(支那)遠征中、55回戦い、
51勝1敗3引き分けと言う無類の勝率をあげた」
と指摘しています。この数字を見れば分かりますが、支那派遣軍
将校達の言う通り、日本軍は「勝ちに勝っていた」訳で、なぜ、
我々が降伏する必要があるのか?と思っても当然だった訳です。
http://www004.upp.so-net.ne.jp/teikoku-denmo/no_frame/history/honbun/shina_jihen.html

392 :名無し三等兵:2007/06/10(日) 14:09:39 ID:VcUAcse6
よく分からんが、15年も中国と戦争していて勝てなかった

というところまでよんだ

かまって貰えて嬉しいよな

393 :名無し三等兵:2007/06/10(日) 14:17:38 ID:0l9/Dpvw
意味の無いところで、勝ってるのは分かった。

394 :だつお:2007/06/10(日) 16:42:56 ID:CYp7N4w0
しかし、わが国の輸出市場は、戦時中及び戦後に著しく変化している。
特にインド、中南米諸国等は、鋭意工業化に努力しており、従来の如き消費
財需要は減少してきた。これに戦後各国の弗不足が加わり、消費財を中心と
するわが国の輸出品の構成は、早晩その質的変化を予想され、必然的に生産
財輸出の方向に進まざるを得ない。次に輸入についてみれば戦後食糧、
塩等の所謂食生活関係物資が毎年その過半を占め戦前二八%程度であったの
に比較すると著しい特徴である。これ等物資は戦後逐年その絶対額は漸増し
ているものの、その輸入総額中に占める比率は昨年に至ってやや減少を示して来た。
即ち食糧の輸入総額に占める割合は二十一年には五五・四%、二十二年は
五六・一%であったものが昨二十三年は四六・三%と低下している。
このように食糧の輸入の多いことは戦後わが国の人口の著しい増大に対し、
領土の喪失等により国内産食糧の絶対量がその需要に応じ得ないためであり、
右の如きぼう大な食糧の輸入によってようやく国民生活を維持して来たのである。
しかしその摂取カロリーは未だ大体一、三〇〇カロリー程度であり、日本人の
一人一日当り所要量といわれる約二、一〇〇カロリーに対して遥かに及ばない。

http://www.enecho.meti.go.jp/hakusho/tsusyo/soron/S24/00-05-0.html
昭和二十四年 通商白書

 1941年4月に始まる食糧配給にもかかわらず、食糧事情は危機的だった。
戦争が進行すると、輸入は益々困難となり、漁船群の活動できる海域、その必要
とする船舶と燃料はますます制限された。国内食糧生産自体は成人男子の徴兵と
拡大する肥料不足により影響を受けた。
 1944年には、一人当りのカロリー摂取量は約1900カロリーに減少した。1945年夏には、
一人あたり約1680カロリーだった。炭坑夫と重工業労働者は平均より高い配給を受け、
残りの人々は平均より少なかった。平均的規定食は平静に必要な脂肪、ビタミン、
ミネラルの減少に徹底的に悩まされ、病気や爆撃負傷からの回復や死亡者数の率
に逆の影響をうけた。

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/ussbs17.html
攻撃下日本一般大衆の健康と志気

395 :名無し三等兵:2007/06/10(日) 16:55:22 ID:???
おい、だつお。お前は大塚 愛のスレで忙しいんだろw
あっちへ行けよ。

396 :だつお:2007/06/10(日) 18:20:13 ID:CYp7N4w0
あと私見を述べれば、終戦時には「米騒動」や「朝鮮独立騒動」は皆無だった。

実は大正時代のほうが、食糧事情はずっと厳しかったのではなかろうか。
また官憲の弾圧であれば、「3.1独立運動」で朝鮮人の死者が多数出てる。
大東亜戦争期間だけが特別酷かったかのように言うのは、彼らに失礼だ。

397 :名無し三等兵:2007/06/10(日) 18:39:17 ID:???
だつお論によると最後は人海戦術最強 すなわちソ連よりも中国最強と言いたい様だが
ホームでゲリラ戦して消耗強いるのが費用対効果最強できまっとるじゃないか。
ただこれでは戦術的に勝利しても国家そのものは近代以前に逆戻りだ

398 :だつお:2007/06/10(日) 19:01:29 ID:CYp7N4w0
とはいえ日本本土陸上決戦は、少なくともガタルカナルよりは有利と断言できる。

ガタルカナルの皇軍には対戦車火器は皆無だが、本土決戦ならフトン爆弾がある。
フトン爆弾さえあれば丸腰で犬死することはなく、M4とも戦闘可能だからだ。
フトン爆弾による対戦車突撃人間爆弾集団爆砕戦法の有効性は沖縄戦で証明済み。

399 :名無し三等兵:2007/06/10(日) 20:43:00 ID:VcUAcse6
大正時代は農村部が貧窮していたこともあったが

終戦時には首都は勿論全国的に飢餓に見舞われている

たから国会議事堂の前すら畑になり
朝鮮半島から大量に食料を輸送したため朝鮮では餓死者が発生した

400 :名無し三等兵:2007/06/11(月) 01:42:32 ID:???
>終戦時には首都は勿論全国的に飢餓に見舞われている

疎開先の田舎にいた人の話ではあまり飢餓の話は聞かないね。

401 :名無し三等兵:2007/06/11(月) 01:57:44 ID:???
農村に食い物があっても都市まで運ぶ手段があるかないかというのもあるな
もっとも農村も戦争により慢性的に生産手段が不足だったようだけど

402 :名無し三等兵:2007/06/11(月) 11:58:03 ID:???
北海道や大陸にはあったが輸送手段が無いぽ

403 :名無し三等兵:2007/06/11(月) 12:18:26 ID:???
闇で余分な食料を調達できなかった本土の軍隊の方が労働量が多い分、飢えていたとも

404 :名無し三等兵:2007/06/11(月) 23:41:59 ID:???
>>398
>丸腰で犬死することはなく

ワロス


405 :名無し三等兵:2007/06/12(火) 08:37:02 ID:d4OJ/zi7
 昭和19年5月、中国の蒋介石は、日本軍により遮断された中印間の援蒋介石
ルートの再開を目指して約16個師団の雲南遠征軍を編成し反攻を開始、一方日本
の第56師団は、騰越・拉孟等の要地を守備していたが、彼我の兵力の違いは
大きく、各守備隊は敵に重包囲された。
「拉孟」は金光少佐以下1300の兵が守っていたが、敵は米式に近代化された数十倍
の兵力をもって攻撃、守備隊は孤立無援のなか6月2日より百余日を耐え抜いた。
「騰越」は蔵重大佐以下2000名の守備隊がいたが、敵の5個師団5万の大軍に包囲された。
6月27日から始まった戦闘は9月13日まで続いた。

8月26日、蒋介石総統の激励電文
「騰越および拉孟においては、我が優秀近代化の国軍をもってしても、
日本軍はなお孤塁を死守している。(中略)このような有り様では国軍の
名誉を失墜するだけでなく中国の世界的地位をも疑われるようになる、
(中略)ミートキーナ・拉孟・騰越を死守している日本軍人精神は、
東洋民族の誇りであることを学び、これを範として我が国軍の名誉を
失墜させないように望む。」

http://www.eireinikotaerukai.net/E06Link/E060002.html
蒋介石の嘆き

406 :名無し三等兵:2007/06/12(火) 08:43:08 ID:d4OJ/zi7
補給の乏しい陸の孤塁でも、帝国陸軍の頑強さは証明済み。
日本本土でこれらを殲滅するには、米ソ共同作戦で膨大な損害
を出しつつも地道に一歩一歩進めるしかない。降伏条件をいきなり
緩和しようとしても、味方の兵の士気が落ちるかもしれない。
だが米ソ二正面作戦で全土壊滅したドイツの何倍も強いという
自信がないかぎりは、大本営といえどもやる気にはならんだろう。

407 :名無し三等兵:2007/06/12(火) 12:04:05 ID:???
ちなみにうちのジイさんは56師団…☆不発だった原爆回収して再利用、んで相討ちで手打ちにしないか?

408 :名無し三等兵:2007/06/12(火) 12:31:16 ID:???
本土決戦て

・各種特攻攻撃で輸送船団を襲うが、上陸を断念させるレベルの被害は与えられない

・一部では温存してた主力部隊による反撃もあるが、
 基本は根こそぎ動員した国民すべてによる自爆攻撃しか対抗手段なし。

・原爆を追加で投下か、「枯葉剤攻撃」での農業への大打撃であぼーん

檜山さんの「日本本土決戦」そのままの展開にしかならないんでしょ。
(あれも秋水実戦配備とかあったけどね)

409 :名無し三等兵:2007/06/12(火) 12:47:14 ID:KTk35SV6
大陸での戦争と島嶼での戦争の違いの分別がついていれば
制海権をなくした時点で島嶼は負け戦になることは
わかるはず。本土で戦ってどうなる。

410 :名無し三等兵:2007/06/12(火) 12:51:58 ID:opwPkC68
終戦間際まで、米軍の被撃墜率は大本営発表よりインチキだったんだっけ?


411 :名無し三等兵:2007/06/12(火) 15:46:23 ID:???
インチキというより統計で出た数字をどう判断するかによりそ

412 :名無し三等兵:2007/06/12(火) 17:54:20 ID:???
>410
一応、当人的には意図的な捏造ではないので
大戦前期・中期・後期というふうに時期毎の数値を大雑把に比較するなら使える数値。

大本営発表ー特に海軍戦果は捏造が酷いのでそういうような評価にも使えない。

413 :だつお:2007/06/13(水) 19:18:37 ID:IUd1nUN7
 この疑惑は的中し、やがて蒋総統は、三月十二日発の駐米大使魏道明の急電で
「密約」内容を知ると、次のように日誌に痛憤の文字をつらねる。
「『雅爾達』果己売華(中華民国)乎?・・・・・・果爾、則此次抗倭(日)戦争之理想、
恐成夢幻矣!」
 蒋総統にしてみれば、『支那事変』いらいの日本との戦いは中国主権の回復の
ためであり、とくに租借地などの解消を本旨とする。それなのに、こんどはソ連
が権益を求め、米国がそれを支持している、という。
「如我政府承認租借、則不謹造成中・俄(ソ)両国世代之仇恨、而且成為第三次
世界大戦之基因・・・・・・如美(米)国賛成或提議此案、則羅斯福在歴史上永不能
逃避其責任也」
 ソ連との租借が現実化すれば中ソは仇敵同士になり、第三次世界大戦の起因になり
かねない。ルーズベルト大統領の責任は永久に歴史に残るだろう―との趣意である。
<児島襄「第二次世界大戦 ヒトラーの戦い」>

>則此次抗倭(日)戦争之理想、

今まで大陸打通で皇軍に散々ドツキ回され全軍総崩れな中国国民党
のチンピラゴロツキどもが、「抗日戦争の理想」だって?

笑わせるじゃねーか。

そんな「抗日戦争の理想」とやらは「大陸打通作戦の現実」で
木っ端微塵に撃破されて、ルーズベルトだってマーシャルだって
もうそんな中国人の妄想は信じなくなったつーことなんだよ。
皇軍の大陸打通で壊滅した中国国民党エセ抗日チンピラゴロツキ団が、
どうやってこれから逆転の見通しを立てられるのか史料出してくれよ!

     史 料 出 し て く れ よ ! 

414 :名無し三等兵:2007/06/13(水) 20:56:20 ID:???
全戦線における陸軍死傷者は、この報告書の期間の1941年12月7日から終了まで、
戦死201,367・負傷者570,783人・捕虜114,205人・行方不明56,867人、を含み合計
943,222人でした。そして負傷捕虜行方不明のうち633,200以上が任務に復帰したか、
アメリカへ撤退させられました。ドイツに対する巨大な戦略爆撃および地中海のキャ
ンペーンは、1943年に月に合計5,000以上の割合で死傷者を出させました。1944年の
最初の5か月で、空襲およびイタリアの戦いの急進展は、我々の損失を、戦死・負傷・
行方不明・捕虜を、月に13,700人に突き上げました。西ヨーロッパに上陸すると、
死傷者割合が月に48,000まで急増し、12月までに81,000まで増加しました。
その一年の過去7か月の平均は59,000でした。
太平洋では、日本への侵攻は1944の全体にわたって一か月につき3,200人にを要しました。
今年の最初の7か月で我々が日本列島に近づくにつれ、割合は12,750まで増加しました。

Army casualties in all theaters from 7 December 1941 until the end of the period of
this report total 943,222, including 201,367 killed, 570,783 wounded, 114,205 prisoners,
56,867 missing; of the total wounded, prisoners, or missing more than 633,200 have
returned to duty, or have been evacuated to the United States.
<以下略>

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/COS-Biennial/COS-Biennial-3.html
Biennial Reports of the Chief of Staff of the United States Army
July 1, 1943, to June 30, 1945 to the Secretary of War

415 :名無し三等兵:2007/06/13(水) 21:07:47 ID:???
The break-down of German and Italian losses against American,
British, and French forces in the war in Europe follows:
      Battle dead Permanently disabled  Captured    Total
Tunisia     19,600      19,000          130,000    168,600
Sicily       5,000       2,000           7,100   14,100
Italy       86,000     15,000           357,089   458,089
Western Front 263,000   49,000       17,614,794  7,926,794
Total       373,600    85,000        18,108,983   8,567,583
1 Includes 3,404,949 disarmed enemy forces.

The break-down of Japanese losses in the Eastern battlefronts,
including China, since Pearl Harbor is as follows:
        Battle dead  Permanently disabled Captured  Total
Southern Pacific 684,000      69,000        19,806    72,806
Central Pacific   273,000      6,000        17,472    296,472
India-Burma    128,000      38,000        3,097    169,097
China        1,26,000     126,000       1,059     253,059
           [sic]                          [sic]
Aleutians      8,000      1,000         30     9,030
Total       1,219,000      240,000        41,464   1,500,464

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/COS-Biennial/COS-Biennial-3.html
Biennial Reports of the Chief of Staff of the United States Army
July 1, 1943, to June 30, 1945 to the Secretary of War

416 :名無し三等兵:2007/06/13(水) 21:10:14 ID:HglpwcIa
だつおは必ずだつおと名乗るように

417 :だつお:2007/06/13(水) 21:23:54 ID:IUd1nUN7
いやねマジで、朝鮮戦争でかの「中国チンピラゴロツキ」相手に死傷16万
出して朝鮮の南半分取っただけの米軍が、どうして皇軍相手に僅か27万
程度の死傷で九州を確保できる計算になるのか、理解に苦しむわけよ。
いくら敗戦間際とはいえ支那派遣軍百万は圧倒的で、皇軍が中国軍と互角
かそれ以下だなんてことは絶対ありえんわけよ。もしあったとしたら、
中国軍はとっくに支那派遣軍を駆逐してるはずだぞ。

まさかこの期に及んで、毛沢東時代の中国が順調な経済成長をしてた
なんつー神話を信じてるやつはいないだろうな。

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

418 :名無し三等兵:2007/06/14(木) 16:23:55 ID:???
残念だが支那派遣軍は内地に来れない。
満州がソ連軍に制圧され、朝鮮経由のルートは断絶した。
沖縄も陥落し支那派遣軍が戻れるルートは無い。
かくなる上は国民義勇隊2800万を結集し総員布団爆弾で一人一殺を目論むべし。


419 :だつお:2007/06/14(木) 19:37:40 ID:6L65bHbH
フィリピンだけで戦没者52万人で、中国戦線の46万をも上回るって知ってた?
米陸海軍の集中攻撃もさることながら、原住民の反抗もきつかったのではないかと。

http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/5225.html
アジア太平洋戦争における各国戦争犠牲者数及び地域別日本人戦没者数

420 :名無し三等兵:2007/06/14(木) 19:55:05 ID:yRj9Jlme
本土決戦でどれだけの戦闘資材を用意できたのか?弾薬は何会戦分?

421 :だつお:2007/06/14(木) 20:14:00 ID:6L65bHbH
>本土決戦でどれだけの戦闘資材を用意できたのか?

 1944年10月から沖縄作戦終了まで、日本は2550機のカミカゼを飛ばし、
うち475機18.6%が有効で、確実に命中あるいは至近弾効果となった。
空母12隻、戦艦15隻、16隻の軽空母・護衛空母を含むあらゆる艦種の軍艦
が損害を受けた。しかし、沈没した一隻の護衛空母より大きい艦はなかった。
およそ45隻が沈没したが、その多くは駆逐艦だった。日本は大型艦を沈めた
という膨張された主張に彼等自身騙され、大型艦を沈めるにはより重量の
ある爆発弾頭が必要であるという技術者達の忠告を無視した。アメリカが
被った実際の被害は深刻であり、大きな心配をもたらした。のべ2000機の
B29が日本の都市と産業への直接攻撃から、九州のカミカゼ飛行場を攻撃する
為に振り向けられた。日本がより大きなパワーで集中的な攻撃を持続し得たなら、
我々の戦略計画を撤回若しくは変更させ得たかもしれない。
 降伏時、日本は本土にカミカゼ攻撃用として利用可能な9000以上の航空機を有し、
少なくとも5000機は我々が計画していた侵攻に抵抗するために自殺攻撃用の装備を
すでに備えつけていた。

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/ussbs10.html
日本の航空部隊のカミカゼ転換

422 :名無し三等兵:2007/06/14(木) 20:34:59 ID:???
弾が多ければ負けがこんでこうなる前の別のところで使ってる

423 :名無し三等兵:2007/06/14(木) 20:48:04 ID:GVCdml2e
>降伏時、日本は本土にカミカゼ攻撃用として利用可能な9000以上の航空機を有し、
>少なくとも5000機は我々が計画していた侵攻に抵抗するために自殺攻撃用の装備を
>すでに備えつけていた。

それ新幹線並みの速さでしか飛べない白菊ちゃんみたいな練習機も入れてでしょ。


424 :名無し三等兵:2007/06/14(木) 22:09:19 ID:kaq93mpP
2ちゃんにはアクセス数を増やし、広告料金を上げるために
プロコテと言われる仕事で煽る人がいます


ご存じの通り2ちゃんは広告料金が収入の大半をしめています

そのため出会い系のサクラのように、
仕事として煽る奴がいることを忘れてはいけません

425 :だつお:2007/06/15(金) 00:47:13 ID:tGAfGwRT
>新幹線並みの速さでしか飛べない白菊ちゃんみたいな練習機

そして、ついに底をついた日本軍の攻撃機は既になく「練習機」
を出撃させるのでした。
7月28日250キロ爆弾を搭載した「93式中間練習機」8機は
アメリカ駆逐艦「キャラガン」に突入見事敵艦を撃沈。
特攻による撃沈艦最後は赤とんぼと呼ばれた練習機だったのです。
http://www.k-mite.com/manga/kogeki/akatonbo.htm

赤とんぼと呼ばれた練習機でもこんな立派な戦績を残してるぞ。
マリアナ海戦の連合艦隊と比べてみよ。

426 :名無し三等兵:2007/06/15(金) 00:51:37 ID:???
>>419
>原住民の反抗もきつかったのではないかと

原住民が子供も含めて日本兵を襲ってきたそうな。
日本兵一人当たりに賞金が出たらしいし。
ゲリラなんか米軍装備だし。
で、結局土人どもを血祭りにするしか逃れるすべは
ないから場合によってはトロい米兵なんかよりもこっち
の方が脅威だったらしいよ。

おまけに陣地を作っても米軍に情報をどんどん流されたり…
フィリピンの防衛は根本的に言って至難の業だったと思うよ。

427 :だつお:2007/06/15(金) 01:01:14 ID:tGAfGwRT
いやぁ、調べれば調べるほど、皇軍は本土決戦で結構勝てたのではないかと。
(ただしソ連参戦はナシという絶対条件で)

米ソ二正面作戦をはじき返すには、マリアナでアメリカ太平洋艦隊に勝利し、
中国人を皆殺しにして支那派遣軍を満州に集結させる。ナチスドイツの最盛期
よりも何倍も強い大工業基盤を整備するなどと、さすがに無理っぽくなる。
いや敗北は敗北でも、人員損害は最小限食い止める方向でやるしかないかも。

428 :名無し三等兵:2007/06/15(金) 01:05:42 ID:???
>(ただしソ連参戦はナシという絶対条件で)

これだから陸軍はw



429 :だつお:2007/06/15(金) 01:18:03 ID:tGAfGwRT
そもそも敗戦間際の悪あがきとはいえ僅か一年足らずでアメリカ
海軍艦艇を400隻以上を損傷させそのうちの45隻を沈める
なんてことがやれた軍隊ってのは、皇軍の他に存在したか?

海軍という完全な機械化部隊しかもアメリカ海軍を相手に、
第三世界の発展途上国がいかほどの打撃を与えられた?

あと同じ「欧米先進国」でも、アメリカのレンドリースに頼って
ばかりいたイギリスなどが、偉そうな物言いができるのか?

430 :名無し三等兵:2007/06/15(金) 01:32:59 ID:???
本土決戦で米軍敗退させたとしても・・・

    , -.―――--.、
   ,イ,,i、リ,,リ,,ノノ,,;;;;;;;;ヽ
  .i;}'       "ミ;;;;:}
  |} ,,..、_、  , _,,,..、  |;;;:|
  |} ,_tュ,〈  ヒ''tュ_  i;;;;|      __________
  |  ー' | ` -     ト'{    /ありがとうだつお君、
 .「|   イ_i _ >、     }〉}   <  日本とアメリカが息切れしてる間に
 `{| _.ノ;;/;;/,ゞ;ヽ、  .!-'     \極東に社会主義の島国の誕生だ
   |    ='"     |        ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
    i゙ 、_  ゙,,,  ,, ' {
  丿\  ̄ ̄  _,,-"ヽ
''"~ヽ  \、_;;,..-" _ ,i`ー-
   ヽ、oヽ/ \  /o/  |


こんなオチじゃなあ・・・

431 :だつお:2007/06/15(金) 11:54:57 ID:GyhUpNYo
>いやぁ、調べれば調べるほど、皇軍は本土決戦で結構勝てたのではないかと。
>(ただしソ連参戦はナシという絶対条件で)

逆に言うとそれだからこそ、ソ連大嫌いのトルーマンでもソ連対日参戦を
求めてポツダム会談に臨んだと言える。スターリンも足元を見透かして、
参戦の条件をどんどん吊り上げていく。

432 :だつお:2007/06/15(金) 12:07:42 ID:GyhUpNYo
>スターリンも足元を見透かして、

ソビエト占領地区−チューリンゲン地区発行
 チューリンゲン地区は、4月12日から7月3日まではアメリカ軍占領地区で、
アメリカ軍占領時期はブラウンシュヴァイヒ中央郵便局の管轄でした。
その後、ソビエト軍に移管されてからは、エアフルト中央郵便局の管轄
となりました。一部、ローカル切手が発行されていますが、基本的に料金
収納の形で郵便が引き受けられていて、独自の切手はソビエト占領地区
としては遅い発行となっています。
http://www1.plala.or.jp/stein/post_de/AlliierteBesetzung/SBZ/index6.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B2%E3%83%B3%E5%B7%9E
テューリンゲン州

433 :名無し三等兵:2007/06/15(金) 15:12:34 ID:oc1gK2gF
アメリカが得意な戦争は工業力を使って圧倒する戦争であり、近代国家間の
戦争である。日本もドイツもこれでやられてしまった。
 アメリカの苦手の戦争はゲリラ戦であり、ベトナムでもイラクでも引くに
引けなくて困っている、あと千人くらい死んでしまうと、もうすべて投げ捨てて
撤退することになる、アメリカがゲシュタポとかゲーペーウの真似が出来ない国
である限り、民族主義的な発展途上国との戦争では弱い。

434 :名無し三等兵:2007/06/15(金) 16:30:50 ID:???
だつおはだつおと名乗るように。もう7年目か。相変わらず無職なんだなぁ

435 :名無し三等兵:2007/06/15(金) 22:46:07 ID:Tkk7ujmV
不思議だソ連や中国は、アメリカとは正反対の共産国家だったはずなのに
なぜベトナムやアフガニスタンから撤退したのだろう

436 :名無し三等兵:2007/06/15(金) 22:53:28 ID:???
ソ連が得意な戦争は工業力を使って圧倒する戦争であり、近代国家間の
戦争である。日本もドイツもこれでやられてしまった。

以下略って事じゃね?

437 :名無し三等兵:2007/06/15(金) 23:00:02 ID:Tkk7ujmV
なぜあと千人くらい死ぬと全てを投げ出すのだ?

全く理解できないどころか意味不明なんだが…

自宅警備員同士では通じるのか?

438 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 01:12:20 ID:???
自宅警備兵でもカップラーメンぐらいは食べられる日本と、
イラクで戦って・・結局は不名誉な撤退をさせられるアメリカと・・
どちらが強国なのかわからない?


439 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 02:34:55 ID:???
そもそも海軍が無意味に防衛線を広げすぎたのが愚か。
本土決戦なんて語ること自体愚だ。
どうやったら負けなかったか語るべきだ。

440 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 06:12:24 ID:???
中国で戦争したのがそもそも意味なしだったんじゃね

441 :だつお:2007/06/16(土) 13:46:49 ID:YbrwxxVo
ドイツと日本の占領政策の違いを、「自分なり」に述べてみる。

ドイツの場合はヤルタ協定で事前に協議されていた通りの分割占領方式。
日本の場合は占領政策それ自体が未定のままの降伏でアメリカ単独占領。
無条件降伏か否かではなくて、連合国同士の事前協定抜きのアメリカ単独
占領ということは必然的に戦後処理は日米交渉方式となる。ただし東京裁判
についてはポツダム宣言に「戦争犯罪人の処罰」という項目が入っており、
これは連合国側の事前協定ということになる。撤回させるには最低でも
沖縄戦で米軍を撃退しているくらいでないと無理だったと思う。

>中国で戦争したのがそもそも意味なしだったんじゃね

東京大空襲もヤルタ協定も原爆投下も東京裁判も、敵側の対日攻撃をはじき
返すには戦力不足だった。ただしドイツとは違い日本は大陸打通作戦で大勝利
を収めただけのことはあって、賠償請求や分割占領ははじき返すことができた。

442 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 13:59:08 ID:???
意味がわからん…と思ったらだつおだったか

443 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 15:04:41 ID:???
>大陸打通作戦
まあシナに日本が占領されなかった一因ではあるな
仮に44年後半辺りに大陸で日本軍が完全にボコボコにされていたら、
45年4月の沖縄辺りで米軍と共同でシナ軍の上陸ってことが
ありえたかもしれんシナ

444 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 15:59:34 ID:???
その前に上陸用の船はどう確保すんだという

445 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 17:09:27 ID:1ObYbW1G
港湾周辺徹底した機雷封鎖
潜水艦の通商破壊、昼夜問わず大規模爆撃の実施

制空海権アメリカにあるよ?
本土決戦など不要!干乾しになるわ。

446 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 18:13:09 ID:MANURn6C
443の書き込みを見るように
ネット右翼は中国が内戦状態だったのを知らないらしい

447 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 20:55:27 ID:???
>>444
頼めばアメリカが貸すと思うが?
わざわざシナが兵員を出してくれるなら米兵の戦死
を少なく出来るシナ
戦後の分割統治案は史実でもあったが?
逆に「出すわけがない」というソースでもあるの?

>>446
内戦状態だからなんだというわけ?
お前は国民党軍がビルマまで遠征してたのを知らんのか?
意味不明、反論にすらなっとらんw

>ネット右翼
ああ、これを言いたかったのね、はいはいww

448 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 21:08:53 ID:MANURn6C
日本が敗戦後、直ちに内戦が再開しているのに
一体中国のどこの軍が日本に上陸するのだ?
兵力を分散出来る余裕のある部隊がいるのかい?

まず中国にいる日本軍を壊滅する方が先だな

449 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 21:28:20 ID:MANURn6C
本土決戦が始まっても中国には何十万単位で日本軍がいるのに

どうやって壊滅させるのかね?

ビルマに侵攻??
ただ追われて逃げて来ただけと思うが…

釣りにしては質が悪すぎる

450 :だつお:2007/06/16(土) 21:29:37 ID:pQSQ2/XG
>日本が敗戦後、直ちに内戦が再開しているのに

 日本側が「先の戦争では申し訳なかった」といった内容のことを述
べると、トウ小平は発言をさえぎるようにして「われわれは日本軍を
そんなに悪く思っていませんよ」と切り出した。あっけにとられた一
行を前にしたトウ小平の説明はこうだった。
「あの戦争が始まる前、われわれは井崗山(せいこうざん)から、
長征の途についた。延安にたどりついたときは気息奄々、靴もちびはて、
人数も2万人に減って、全滅寸前でした。ところが日中戦争が始まり、
われわれを包囲していた蒋介石軍は日本軍によって次第に南部に押されていく。
袋のネズミだったわれわれはそれで息を付くことになり、日本軍の後ろに回って、
着々と工作をしていった。そして戦争終結時には数百万の正規軍を擁する
軍事勢力にのし上がった」

http://www.yorozubp.com/sakigake/column/980606.htm
日中戦争のおかげで全滅を免れた中国共産党−トウ小平語録(1)

451 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 21:34:49 ID:MANURn6C
やった!釣ったぞ!

俺はだつおを釣りあげたのだ!

普段自宅警備で忙しいだつおを俺が釣り上げたのだ!

452 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 21:43:18 ID:???
>>448
だ・か・ら、ちゃんと>>443を読んで反論しろよ
「仮に」とわざわざ言ってるんだからさ
当然大陸方面の日本軍を壊滅するのが優先だろうが、
おれは44年の後半辺りにそうなったら…、と言ってる
わけで、そうなったら米軍に貸しを作るためにも
兵員を出すことを申しでた可能性もあったのでは…?
と言ってるのだよ(もちろん共産党を潰す方が優先だろうが)。
そうなった場合は米国一国による完全な統治は難しかったの
ではないか?

まあ今度はちゃんと読んで反論しろよ。
ちゃんとな!

453 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 21:50:38 ID:MANURn6C
あまりにも仮に…という設定だらけで話にならんね


俺はあの自宅警備員のだつおを釣ったんだ!
その喜びでいっぱいなんだから水を差すな

454 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 21:55:07 ID:MANURn6C
ところで、あのだつおはまだか?

また自宅警備任務に戻ってしまったのだろうか?

あの意味のないコピペや、日本語になっていない文章らしきものはまだか

455 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 22:02:57 ID:???
>>449
文章を読めない人間の典型ですなw

>ビルマに侵攻??
>ただ追われて逃げて来ただけと思うが…

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%9E%E6%88%A6%E5%BD%B9
まあこれでも読め


456 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 22:07:07 ID:MANURn6C
だつおはまだか!

まだ来ないのか!

457 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 23:32:25 ID:???
お望みなら今夜は俺がだつおをやってもいいけどw

458 :名無し三等兵:2007/06/16(土) 23:56:21 ID:YSlNQavf
質問だが、日本が降伏せずに戦争継続の場合、京都と小倉に原爆は落とされるのか?

459 :名無し三等兵:2007/06/17(日) 00:04:46 ID:???
たぶん普通に落ちんじゃね?
本土決戦ともなればどこに落ちても不思議でもない

460 :名無し三等兵:2007/06/17(日) 00:09:55 ID:???
>>458
三発目は東京では?

461 :名無し三等兵:2007/06/17(日) 00:12:38 ID:???
>>460
降伏交渉相手の天皇や政府潰してどうする。

3発目は疎開した市民が溢れていた新潟との説。

462 :だつお:2007/06/17(日) 00:21:00 ID:iToIMnol
大東亜戦争における戦略を考えるに、何が有効で何が無効かを考えるべき。
例えばブーゲンビル・マリアナ・レイテ作戦は大量の人員・戦略物資を
失った割りに敵に与えた損害は小さかった。それに対し大陸打通作戦や
神風特攻隊はより少ない損害で敵により甚大な損害を与えることができた。
そしてこれらは敵側の対日戦略を変更させるだけの特効性も認められる。

463 :名無し三等兵:2007/06/17(日) 02:30:26 ID:???
>>462

ある意味当然のことだよな
過去から学んでるんだよ普通に

464 :名無し三等兵:2007/06/17(日) 05:17:50 ID:qNJGNIuj
ブーゲンビル・マリアナ・レイテ作戦は大量の人員・戦略物資を
失った割りに敵に与えた損害は小さかった。
>>
それは海軍の戦い方の問題だ。特攻自体は愚の作戦。

465 :名無し三等兵:2007/06/17(日) 06:23:41 ID:sel08sCC
自宅警備員のだつおは、戦術的な勝利が戦略的な勝利に直結すると考えているらしいな

君の大好きな打通とやらで、主戦場であるアメリカ軍の侵攻が鈍ったりしたのかね?

意味のないところで損害があっても戦局に寄与しなければ意味がないのだよ

さぁ、餌を蒔いたから後はだつおが釣れるのを待つだけだな
気長にかかるのを待つとしよう

466 :だつお:2007/06/17(日) 13:33:09 ID:6DxOQXXR
あ、それとな。戦争で人が死ぬのは何も皇軍だけでなくアメリカ軍や
ソ連軍やドイツ軍にだって当てはまることだぞ。

戦略的に無意味だっただ愚の作戦だっただというのならドイツ軍なんて
すべての作戦が無意味で愚の作戦だったことになるがそれでもいいのか?
敗れて首都陥落という結果論だけで裁断すればそういうことになる。
中国侵略や自殺攻撃が「非人道」というのなら、アウシュビッツも原爆も
ドレスデンもベルリン陥落もみんな「非人道」だ。

467 :名無し三等兵:2007/06/17(日) 14:16:38 ID:sel08sCC
で、打通の一時的な戦果はアメリカ軍の侵攻を遅らせたのかね?

君の論理だとアメリカ軍が撤退する前に、日本臣民が地球上にいなくなりそうだね

自宅警備に忙しくてそこまでは気が回らんか?

468 :名無し三等兵:2007/06/17(日) 15:23:21 ID:???
ヘボ将棋王より飛車を可愛がり。
との言葉をだつおは噛み締めるべきであろう。

469 :だつお:2007/06/19(火) 08:49:06 ID:Ae7NMkTx
バンザイ突撃で屍を晒す愚鈍な皇軍、という物言いはある一面しかみてない。
それはガタルカナルのように補給品の全てを海没させられ陣地構築の余裕も
ない状況で敵の集中攻撃を受け、止むを得ずそういう戦いになっただけだ。
餓死するくらいならバンザイ突撃で敵に銃殺されたほうが楽に死ねるだろう。
皇軍以外の軍隊であれば、白旗を揚げて全軍降参していたであろうと思われる。
硫黄島や沖縄は例外というわけではなく、迎撃準備がある程度整ってただけ。

470 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 08:57:29 ID:???
>>469
俺としては、バンザイ突撃して死ぬよりも降伏して敵の兵站に負担を与える方が良いと思うが。

471 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 09:18:32 ID:???
皇軍には虜囚の屈辱に耐えられるほどの精神力は無い

472 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 09:54:44 ID:???
雑魚ということか

473 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 15:56:58 ID:???
皇軍は虜囚の屈辱に耐えられないので捕虜になると機密情報をペラペラ喋る。

474 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 18:48:56 ID:???
>>473
どこの国の軍隊でも一般捕虜とはそういうものだよ。


475 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 18:55:19 ID:???
>474
階級と氏名のみ答えるのが普通の兵隊。
それ以上の情報は拷問やら脅しやら待遇改善の餌と引き換えで喋る。
皇軍兵士は調査官が聞けば脅しも無しで知っている事をキレイに喋るので
呆れられたのよん。

476 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 19:07:58 ID:???
>>475
日本兵だって故意に嘘をつく奴もいる。
あの山に友軍がいると嘘をついて無駄な爆撃をさせてもわかりはしないさ。
ただ、嘘をついた日本兵がほくそ笑むだけだ。

反対に敵に協力する米兵もいる。

どの程度、そのあたりのことは検証されているの?

477 :だつお:2007/06/19(火) 19:24:14 ID:kFOSFxvo
皇軍は負けたといっても、それは太平洋海戦という限定的な面でしかない。
機械対機械のガチンコ勝負で「のみ」、アメリカが完勝しただけのことだ。
何のかんの言ってもルーズベルト政権のニューディール政策は英断だった。
戦争特需による結果論とも評されるが、戦争需要に耐えられるだけの
工業基盤を整備したということでやはり大成功だったと言える。

そもそも近代戦に耐えうる工業基盤を整備するには、政府主導で民間財閥
を抑えて計画経済方式でやるしかない。特に土地改革を怠った中国国民党
などは工業基盤が整わず97式中戦車チハにさえ連戦連敗。

478 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 19:45:38 ID:???
>>476
「日本人捕虜は何をしゃべったか」(だったかな……うろ覚え)って本を読むといいと思うよ

479 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 19:50:39 ID:hT/xyffQ
終戦直前の関東軍の装備は、今の北チョン以下だぞ。

480 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 20:03:13 ID:???
性能比率で言えばそれ以上

481 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 20:10:37 ID:???
終戦直前の関東軍の装備は、兵士だった五味川純平の語っている所では。
中隊に軽機関銃1-2丁。擲弾筒1-2丁。戦闘配置で配布された小銃弾が1人30発。
参考。定数では中隊に軽機関銃12丁(8000発)。擲弾筒12丁(250発)。小銃(300発)。

482 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 21:02:39 ID:???
>>476
捕虜になったB-29のあるパイロットは尋問で米国には原爆がまだ100発あると大嘘ついている。

483 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 21:04:48 ID:???
>>482
もちろん、そういう米兵もいるだろうけど対日協力者になった米兵もいる。

それより8月6日から8月15日の短い間に捕虜になった米兵がいたのが驚き。

484 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 21:28:08 ID:E7G+SPB+
アメリカを散々けなしておいて、今度は褒めたたえる…

だつおは統合失調症なのは間違ないが、それにしても脈略がなさすぎ…

ちゃんと治療してきてほしい

485 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 21:31:06 ID:???
>もちろん、そういう米兵もいるだろうけど対日協力者になった米兵もいる。
アメリカの創価学会信者が居てもの凄く協力的だったとか。

486 :だつお:2007/06/19(火) 21:36:38 ID:kFOSFxvo
毀誉褒貶半ばするっていうんだよ。

皇軍や米軍以外にも、ソ連軍やドイツ軍それに英軍に対しても。
フィンランドに反撃され国連除名されたソ連、そのソ連に奇襲
したが返り討ちに粉砕されたドイツ。レンドリースに徹頭徹尾
依存しながらも何とか戦線に踏みとどまった英軍。

ま、何はともあれ中国人は最低なチンピラゴロツキってことで!

487 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 21:41:06 ID:/B2UDXFO
本土決戦で多数の米軍の死傷者が出てくれば、大統領の政治的生命が危うくなる。
市民から戦争をやめよ、との声が大きくなってくる。

その間に兵士の命をなんとも思わないソ連が侵攻してくるな。

488 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 21:51:27 ID:E7G+SPB+
だつおは知らないだろうが
当時の日本軍に本土で長期戦を行う準備などはしていないぞ

内陸部まで防御陣地や作戦計画があったのかね?

食料や武器は?
本土決戦が始まる前から、正規軍でさえ農耕部隊を作って
食料調達をしていたなんて知らんだろ?

一撃講和であって撃退じゃないのよ
妄想ではなく、もう少し歴史を学んだ方がいいだろう

しかし、その前に病院に戻れよ

489 :だつお:2007/06/19(火) 21:56:36 ID:kFOSFxvo
>当時の日本軍に本土で長期戦を行う準備などはしていないぞ

 しかし阿南は、御前会議等の公式会議では軍部が主張する「本土決戦」
(「本土決戦に対しても、それだけの自信がある」「一億枕を並べて斃
(たお)れても大義に生くべきである」)を強硬に主張し、敗戦処理を
進める鈴木や東郷外相と激しく対立する。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/anamikoretika.htm

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

  教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !
  教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !
  教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !
  教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !
  教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !

490 :ごるごるもあ ◆753Z/RLFiY :2007/06/19(火) 21:57:38 ID:Nj9de6dh ?2BP(210)
            、               
           ) |  僕は未だかつて沖縄米軍基地を容認してはいない。
         ( ノノ   米軍はアラーに敗する!!
       , --" - 、  米軍基地の風評被害は沖縄の我慢の限界を超えており
スチャ    / 〃.,、   ヽ 日本政府は次の要求を早急に審議しなければならない。
  ∧、   l ノ ノハヽ、  i         
/⌒ヽ\ i | l'┃ ┃〈リ  ▽国立大図書館の建設。
|( ● )| i\从|l、 _ヮ/从   ▽皇室天皇制不可侵の制定
\_ノ ^i |ハ  ∀ \     ▽大琉球国の仮想独立国家認証。
 |_|,-''iつl/  †/ ̄ ̄ ̄ ̄/  ▽映倫規定の分離及び皇室放送コードの排除。
  [__|_|/〉 .__/ 魔 法 /__   
   [ニニ〉\/____/ −僕は何度逮捕されても2ちゃんの全板を網羅する−

491 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 21:57:54 ID:???
>>488
松本大本営

492 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 22:00:14 ID:???
>>487
>その間に兵士の命をなんとも思わないソ連が侵攻してくるな。
特攻隊やってる国がいうことじゃないと思うが。

493 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 22:02:44 ID:???
>>489
沖縄で米軍相手に殲滅させられた日本軍が、どうして本土で米軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

  教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !
  教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !
  教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !
  教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !
  教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー !

494 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 22:03:36 ID:E7G+SPB+
だつおは答えに困るとすぐコピペに逃げるからなぁ

で、具体的に本土で長期戦を戦うだけの計画は?
知識のないだつおは沿岸部での防衛計画すらも知らないだろ?

因みに松代は避難所であって要塞ではないぞ

495 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 22:25:24 ID:mi1H7V7i
考えられてた本土決戦プラン

1、上陸支援爆撃のために接近した機動部隊を海軍の航空部隊と潜水艦隊で攻撃

2、上陸船団を陸海軍の航空部隊と中・小型潜水艦で攻撃(特攻)

3、輸送船団の沿岸接近にあわせて特攻舟艇や、秘匿していた長距離砲で攻撃

4、上陸地点に全火力集中。何度も反撃を繰り返して敵味方混戦状態にして
  支援艦砲射撃や爆撃をさせない

5、決戦兵団は、あらかじめ展開して、沿岸の兵団が交戦中に攻勢開始。


日本の手持ち兵力
・53個師団 ・22個混成独立旅団 ・3警備旅団 ・2個戦車師団 ・7個独立戦車旅団 ・4個高射師団

・航空戦力 1万機(75パーセントは特攻機・・・練習機も入れて)  

・海上特攻戦力 約3300隻  その他駆逐艦19隻、潜水艦38隻

*********
陸軍軍人・軍属  約225万
海軍軍人・軍属  約130万
特設警備隊    約25万
国民義勇戦闘隊 約2800万




496 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 22:39:40 ID:???
>>495
イー400型をお忘れで?
あと長門、榛名

497 :だつお:2007/06/19(火) 22:43:05 ID:kFOSFxvo
>沖縄で米軍相手に殲滅させられた日本軍が、

[児島襄  「天皇と戦争責任」P24、25より]
マーシャル参謀総長の発言にたいして、陸軍長官スチムソンは、日本の「潜在的平和勢力」
による降伏は考えられないか、といい、大統領顧問W・リーヒ海軍大将も、指摘した。
「なにも日本を無条件降伏させなければ、こちらが敗けるわけではない。無条件降伏に
固執して日本人を自暴自棄においこみ、われわれの戦死者名簿を厚くしては意味がない」
 だが、ほかに適切な対案もなく、陸軍の日本本土上陸作戦が承認されて、会談は終わった。
 この会議の五日後、六月二十一日、沖縄は陥落した。
 そして、この沖縄陥落は、米国の対日政策、とくに天皇と天皇制にたいする姿勢を
転換させるきっかけとなった。
  沖縄戦のバランスシートは、過酷なものであった。
米軍側は艦船千三百十七隻、飛行機千七百二十七機、人員四十五万千八百六十六人を
動員して沖縄を攻め、日本側は航空機延べ九千五百機、兵員約七万七千二百人で戦った。
日本側は将兵約六万五千人、沖縄県民約十万人が死んだが、米国側の損害も大きかった。
海軍は艦船沈没三十六隻、撃破三百六十八隻、戦死四千九百七人、
負傷者六千二百四十人を数え、陸軍は、第十軍司令官S・パックナー中将をはじめ
戦死および行方不明七千六百十三人、負傷五万八千十八人を記録した。
ほかに航空機七百六十三機が失われている。

498 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 22:49:09 ID:???
殲滅されとるがな。

499 :名無し三等兵:2007/06/19(火) 22:49:56 ID:E7G+SPB+
またコピペだけで、自分でコピペした文章を解説することも出来んのか

で、沖縄戦で日本はアメリカを撃退しましたか?
オリンピック作戦が中止になりましたか?

おっと、だつおにオリンピック作戦なんて言葉は難し過ぎたよな


早く病院に戻れよ

500 :だつお:2007/06/19(火) 23:50:38 ID:kFOSFxvo
わかったわかった・・・

どっちみち沖縄は陥落して、ソ連参戦で満州国が潰れたから降伏しかない。
米ソ二正面作戦に対抗できるだけの自信はさすがの皇軍首脳も抱いてなかった。
ポーランドだろうが満州だろうが、ソ連を対日参戦させるためならいかなる
譲歩も辞さず、しかも米ソ共同作戦で攻略するというならもうお手上げだ。
それこそ皇軍が最盛期のドイツ軍よりも遥かに強大でもないかぎりは。

501 :名無し三等兵:2007/06/20(水) 05:48:40 ID:???
1945年8月に日本で唯一の大砲製造工場の大阪砲兵工廠が爆撃により完全破壊され、
日本は大砲製造能力を喪失した。多くの新設師団には定数12門の大砲すら行き渡って
いなかった。特に月産60門の47mm速射砲と90式野砲と山砲の生産が出来ないのは
対戦車火力の乏しい日本軍には痛手であった。

502 :だつお:2007/06/21(木) 09:12:32 ID:NdDCbqEh
皇軍はマリアナ・レイテ決戦を放棄し、大陸打通作戦に精進すべきだった。
和平交渉は国民党の重慶でなくて、毛沢東の延安政権に対して行う。
もちろん延安政権にしてもそう簡単に受け入れるとは思われないが、
中共の敵である国民党政権を集中的に攻撃するなら抗日は後回しとなろう。
戦力配分を変え、主義主張に拘らずどうしたら敵に与える損害が大きく
なるのかを真剣に考えなければならない。まさに「敵の敵は味方」、
ソ連とだけでなく中共とも和平し反共というだけのチンピラゴロツキ
国民党は徹底的に殲滅すべきだった。

そして重慶と昆明を含む全ての国民党支配区を殲滅する。殲滅した暁には
中共軍に支配地域を譲る。中国の共産主義革命を猛烈に促進し米中決裂に
導いていくことで、日米講和条約締結も早まることになる。史実でも岸信介
などの旧軍指導部が政権復帰したのを指して「逆コース」とも呼ばれる。

503 :だつお:2007/06/21(木) 09:50:12 ID:NdDCbqEh
http://www.oya909.co.jp/museum/nakajima.html
中島飛行機(現 富士重工)大谷地下工場

もし空襲のみならず本土に上陸されたら、ナチスドイツと同様に地下工場で
も造ってそこを拠点にするしかなくなる。生産能力自体はこれで維持できるが、
これでは交通の便が悪いし抵抗はできても後退する一方になる。

やはりソ連参戦前に「まずは一勝」で米軍を敗退させないといけない。
中国軍相手であれば「まずは大陸打通」でよかったわけだが・・・

504 :名無し三等兵:2007/06/21(木) 18:20:01 ID:???
製鉄所や石油精製施設は大量の熱がでるために地下工場化は無理ですよw

505 :だつお:2007/06/21(木) 21:37:00 ID:NdDCbqEh
自分が戦争指導部なら、マリアナ決戦は完全放棄して大陸打通作戦だけやる。
これだけで皇軍兵士の戦死者数は間違いなく激減したであろうと。

それだけでなくて中国人を大勢殺戮することで、皇軍兵士の鍛錬にもなる。

506 :名無し三等兵:2007/06/21(木) 21:39:56 ID:???
お前の祖先が死ねばちょうどよかった

507 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 14:32:59 ID:2Ihzi0tC
帝国陸軍主導の下、富士のトンネルを拠点にゲリラ戦を展開し、
国体の維持に努めるべきだった。
そうしなければ、日本は米国の奴隷になってしまう。

アメリカ人が着ている服をきたがる
アメリカ人の音楽を聴きたがる
アメリカ人の映画を見たがる
アメリカ人のスポーツをしたがる
ラジオからは英語が流れ、意味も分からないのに、
アメリカの歌に合わせて踊る。



508 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 14:40:22 ID:???
そんなの日本だけじゃない、世界中どこでもアメリカの服を着、アメリカの音楽を聴き、
アメリカのスポーツ(バスケだけだけどw)をし、アメリカのファーストフードを食べてる。
これは、いちおうは戦勝国でしかも共産圏である中国でもそう。

また実は戦前から、アメリカ映画、アメリカ音楽、野球などは日本で物凄く人気あった。
つまりはアメリカ経済の力がそうさせてるのだ。

軍部の奴隷よりは経済の奴隷のほうがマシだと思うよ。

509 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 15:50:29 ID:???
軍部の奴隷じゃ超貧乏のまんまだからな。

510 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 16:48:09 ID:???
馬鹿だな。本土決戦は5年後に半島で起きたのさ。
日本が本気で本土決戦をやっていたら、米ソによる分断国家になっていたのさ。
それを間抜けな半島が身代わりになってくれたのだよ。
東郷外相らは歴史を見抜いていたんだよ。間抜けな奴らをドツボに落として日本は永続しようと。

だって真珠湾奇襲は日本から始めたことだ。原爆を落とされても分断国家にされても
天皇を処刑されても文句は言えなかったはず。

511 :中村御所:2007/06/22(金) 18:39:46 ID:iFHOmstk
>>510
はいはい

真珠湾攻撃の事は米政府に漏れていたし、原爆投下はほぼ生物実験の意味合いをかねてのもの

512 :妄想:2007/06/22(金) 18:45:59 ID:AtdRiYNK
われらが三式戦車が、わらわらと寄せてかかるシャーマン戦車を
ちぎっては投げ、ちぎっては投げ。
その上空を飛び交うキ100が――。

513 :だつお:2007/06/22(金) 20:49:42 ID:EoUJE0a3
大東亜戦争は正当防衛だったが、戦力が敵に及ばなかっただけ。
あの戦争を「無名の師」呼ばわりするのであれば憲法九条改正なんてやるな。
戦争は大東亜戦争のような大義名分の大きい戦争だけが肯定される、
そうでなければ憲法第九条の平和主義は守られるべきだと自分は考える。
また大東亜戦争は東洋平和のための戦いだから、平和憲法の条項に反しない。

ただし中国人が「東洋平和」と聞くと、これは東洋鬼が平和と叫びながら
大陸打通作戦3000キロを進撃してくる姿を想像して恐怖を感じるであろう。

     9 7 式 中 戦 車 チ ハ

それは機械的信頼性と燃費効率と走行性を兼ねそろえた、現在の日本自動車
産業の先駆けともいえる、世界最先端の自動車製造技術の象徴とも言えよう。
これはあくまで戦車ではなく、中国のチンピラゴロツキ蛆虫ゴキブリドブネズミ
サナダムシ専門の高性能機動殺戮マシーンであったのだ。

514 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 22:34:34 ID:EW8eZF1b
↑何を言っているのか全く分からん

誰が『無名のナントカ』と言ったのだろう
勝手に思い込んで、一般には理解できない結論を自分なりに得ているようだが…

完全に精神をやられていると思うぞ
しっかり治療しないと社会復帰は出来ないぞ

病院に行って来い

515 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 22:44:48 ID:???
だつおは共有コテだからマジレスしても意味ねーぞ

516 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 22:50:40 ID:???
だつおってどんな人
どこに住んでるの

517 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 22:52:25 ID:???
段通作戦好きだね
なぜなんだ

518 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 22:56:25 ID:JLddoQor
サイパンが落ちる前に、こりゃ駄目っぽいと判断して、
可能なところから軍を撤退させ、中国からも撤退させ、
沖縄戦と本土決戦を磐石の態勢で望んだら、勝てる見込みはどのくらい?

519 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 22:58:14 ID:???
ゼロですな。
援軍の来ない城は必ず落ちる。

520 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 22:58:18 ID:EW8eZF1b
いや多分ほぼ、だつおは同じ人が書いていると思うぞ

執拗に中国を差別し、自分の頭の中だけの史実を無視した架空のストーリーと、
彼だけには分かる結論を出す

あの変な文章は精神に異常がないと書けるレベルじゃない

521 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 23:00:47 ID:???
中国嫌いなのは
俺も一緒だか゛な
でも。チハはよくわからん
日本にまともな戦車なんかあったか?

522 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 23:08:52 ID:???
日本にはまともな戦車というよりまともな戦車を使う戦場がなかったということだ
ソ連にまともな空母を使う戦場がなかったのと大差ない

523 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 23:18:23 ID:EW8eZF1b
なるほど
中国やマレーで電撃戦ができたのも別に戦車のおかげじゃないもんね

アメリカの戦車は最初から全ての場所で日本の戦車を圧倒していたようだけど
僕の気のせいだ、すまん

524 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 23:36:44 ID:???
マレーの電撃戦が出来たのは戦車のおかげだよ?
キミ、マレー電撃戦について書かれた本を読んだことない?

525 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 23:45:58 ID:???
マレー戦で戦車の活躍があったのは事実としても、本質的には歩兵部隊の電撃戦ですけどね。

526 :名無し三等兵:2007/06/22(金) 23:58:22 ID:xRw/CZB9
日本最強の戦車は
鹵獲したM3軽戦車だっけ?

527 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 00:02:57 ID:???
一式中戦車の方が強いよ?

528 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 00:21:56 ID:???
いやいや、零距離射撃ならチハタンもかなり捨てたもんじゃないぞ

529 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 00:27:29 ID:???
敵が重機関銃以上の火力の火器を装備してるとかなりヤバイけどな

530 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 01:50:23 ID:???
>>524
おまいこそ、ベトナム戦争の機甲部隊の本を読んだ方がいいな…!
いかに東南アジアは戦車戦に向いていないか解る

531 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 01:59:36 ID:???
正規軍とゲリラ相手との戦闘の違いについて

532 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 02:54:36 ID:???
正規軍が殆どゲリラと同じということについて

533 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 05:43:16 ID:TQgtrt7k
皮肉で書いたのに
額面通りにしか読めないバカのなんと多いことか

534 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 08:27:23 ID:???
ID変えて皮肉で書いたのにって言われても何のことかすら分からん

535 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 09:08:12 ID:???
>>523じゃね?
割と的を得てるので皮肉になってないけど

536 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 09:13:54 ID:???
>>530
マレー半島で戦車が活躍したのは事実。
そもそも東南アジアが戦車戦に向いている、なんて誰もいってないんだが?
日本語ができないなら半年ROMってろよw

537 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 10:19:11 ID:???
みんななかいいな

538 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 12:49:22 ID:???
>525
電撃戦じゃなくて電錐戦だろ

539 :だつお:2007/06/23(土) 16:56:25 ID:9h3M4jvR
>執拗に中国を差別し、自分の頭の中だけの史実を無視した架空のストーリー

大陸打通作戦の中国チンピラゴロツキ殺戮街道3000キロを前にして、
いったいいかなる観点から「中国抗日戦争」なるものが認められる?

まず制空権はどっちにあった? 日本かそれとも米中側か?

皇軍の四式戦疾風は、Me262なんてオモチャに見えるほどに、
アメリカ航空隊をボコボコに蹴散らして制空権を掌握したか?

そうではないとすれば、制空権の無い戦域で地上軍の快進撃なんてありうるか?
あったとすればそれはどんな戦争だ?  「抗日戦争」とはどんな戦争だ?

540 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 17:47:37 ID:TQgtrt7k
だつおくんは知らないだろうけど
残念ながら終戦の段階では、日本には制空権はなかったよ

真珠湾で戦艦を壊滅したから日本海軍は世界最強なのかい?

差別は人の心を狭くするね

541 :だつお:2007/06/23(土) 18:48:50 ID:ALicDV7n
http://www006.upp.so-net.ne.jp/yamako/houheikatuyaku.htm
北千島占守島における砲兵部隊の活躍

本土決戦における陸軍火力だが、占守島の戦いをみてもわかる通りの水準。
(占守島は特に○○作戦による迎撃準備を整えていたとはいえない)

赤軍は米軍と違い上陸作戦に不慣れという面もあるにしても、これはこれで
日本本土守備隊の地上戦闘能力についてのサンプルになると思われる。

542 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 19:07:20 ID:???
(占守島は特に○○作戦による迎撃準備を整えていたとはいえない)

馬鹿か。戦略上重要な所はべトンでキッチリ防御しとったわ。弾薬も豊富だったし。国境の
島だぞ。

543 :だつお:2007/06/23(土) 19:08:27 ID:ALicDV7n
>差別は人の心を狭くするね

差別差別というが、ゴリラやチンパンジーにも市民権を与えろと言いたいのか?
中国が国家だとか中国人が人間だとか、国際社会で通用する理屈と言いたいのか?
中国人という生き物は、コー軍に虐殺されるために涌いてきた殺戮標的物だった。
これは米英首脳もそのように認めたとおりだ。論より証拠、大陸打通作戦では南北
縦貫連戦連勝中国チンピラゴロツキ殺戮街道3000キロ。

皇軍強すぎか? だが赤軍であればバグラチオン作戦でドイツ軍を殲滅してるぞ。
もしかして皇軍はそのドイツ軍よりもずっと強力だと認識されていたのか?

544 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 19:10:02 ID:???
だつお元気か

545 :だつお:2007/06/23(土) 19:24:16 ID:ALicDV7n
>戦略上重要な所はべトンでキッチリ防御しとったわ。弾薬も豊富だったし。

弾薬も豊富だった? 「決号作戦」の九州守備隊と比べて?

もしそうだとすれば、日本の大本営戦争指導部は日本本土決戦を九州
でなくて占守島でやるつもりで作戦計画を練っていたということなのか?
九州を敵に明け渡して占守島まで撤退しそこを拠点に抵抗するのか?

546 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 19:26:40 ID:???
だつおは人工知能か
返事が機械みたいだ

547 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 19:55:58 ID:TQgtrt7k
ちゃんとだつおは治療を受けた方がいいぞ

少なくとも世間と関わりを持つべきだろう

548 :イランジン:2007/06/23(土) 21:57:17 ID:AygmOwuM


まーーーた、だつおの寝言スレか。  困ったやっちゃで!!  


そんな可能性は万に一つもナイわ!  クソが!!

549 :名無し三等兵:2007/06/23(土) 23:40:06 ID:???
>>548

十万分の一ぐらいの確立で米ソ対立が激化してどこかで講和出来るかも知れぬが

550 :だつお:2007/06/24(日) 14:05:00 ID:UQxYuo0i
>執拗に中国を差別し、自分の頭の中だけの史実を無視した架空のストーリー

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありません
でした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、興隆県の中でこの13年の間に5万人
くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの
区に対する不完全な統計によると、人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人
が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は16万人
くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。
6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

平成14年5月、中国のサンフランシスコ駐在総領事が、サンフランシスコ
大学での「日本の戦争記憶問題と対決する」というシンポジウムで演説。
「日本軍は対中侵略で中国人民3500万人を殺した・・・それにもかかわらず
日本の政治家も政府も、口頭でも法的にも謝罪することを一切、拒んでいる
・・・日本政府は犠牲者への賠償支払も拒否した・・・侵略や残虐の記述を
教科書から削除し、また侵略戦争を始めるのではとの懸念がある」と述べた。
http://www.asahi-net.or.jp/~ku3n-kym/tyousa02/tushu6.htm

<昭和20年8月11日支那派遣軍総司令官岡村寧次大将の電報>
・・・数百万の陸軍兵力が決戦を交えずして降伏するが如き恥辱は、
世界戦史にその類を見ず、派遣軍は満8年連戦連勝、未だ一分隊の玉砕
に当たりても、完全に兵器を破壊し之を敵手に委ねざりしに、百万の
精鋭健在のまま敗残の(蒋介石の)重慶軍に無条件降伏するが如きは、
いかなる場合にも絶対に承服し得ざる所なり・・・
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog151.html

551 :だつお:2007/06/24(日) 14:14:07 ID:UQxYuo0i
>執拗に中国を差別し、自分の頭の中だけの史実を無視した架空のストーリー

中国人を差別するなと言っても、中国人自身が日中戦争で皇軍に3500万人
虐殺されたと主張しているのだぞ。だがその「3500万」とかの根拠が見出
せないから、自分の頭の中だけの史実を無視した架空のストーリーで勝手に
想像するしかないのだ。南京大虐殺でもその手の推測しか今のところはないだろう。
もしそれを裏付ける史料が存在するというのならここに引用して欲しい。

552 :名無し三等兵:2007/06/24(日) 14:32:24 ID:wDgg6kd0

戦国武将人気投票だよ

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1179643457/

みんなも大好きな武将を投票してね



553 :イランジン:2007/06/24(日) 16:32:33 ID:kIVq+qtg
だつお先生ヒマやのーーー笑

554 :名無し三等兵:2007/06/24(日) 21:08:26 ID:???
だつおは暇で良いね
俺は今日仕事だったのに

555 :名無し三等兵:2007/06/24(日) 21:24:35 ID:Z50tlGpQ
555なら木内梨生奈とセックスできる。
555なら05年度の天てれの魔法少女姿の木内梨生奈とセックスできる。
555なら競泳水着姿の木内梨生奈とセックスできる。
555ならメイドさんの木内梨生奈とセックスできる。
555なら秘書スーツ姿の木内梨生奈とセックスできる。
555ならブルマー姿の木内梨生奈とセックスできる。
555ならスクール水着姿の木内梨生奈とセックスできる。
555ならバニーのコスプレをした木内梨生奈とセックスできる。
555ならハイレグレオタード姿の木内梨生奈とセックスできる。
555ならセーラ服のコスプレをした木内梨生奈とセックスできる。
555ならスチュワーデスのコスプレをした木内梨生奈とセックスできる。
555なら不知火舞のコスプレをした木内梨生奈が俺の乳首を弄りながらフェラしてくれる。
555ならセーラー戦士のコスプレを一通りした木内梨生奈がディープキスをしながら手コキしてくれる。
555なら透け透けピッチリ胸あきブラウスにタイトミニの女教師ルックの木内梨生奈が生姦&膣内射精させてくれる。

555なら木内梨生奈が結婚してしてくれて、四六時中、淫らなセックスで俺様に御奉仕してくれる。
そして俺様の遺伝子で木内梨生奈が孕んでくれる!
555ならJSFに法則発動
555なら空自の次期F-Xはライノ
※拒否や無効化,棄却、取り消しはできません。


556 :だつお:2007/06/25(月) 23:16:27 ID:E/2yarae
>日本との妥協もまったくしようとしませんでしたがなにか?

第一条【天皇の地位・国民主権】
 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、
主権の存する日本国民の総意に基く。
第二条【皇位の継承】
 皇位は、世襲のものであつて、国会の議決した皇室典範の
定めるところにより、これを継承する。

http://list.room.ne.jp/~lawtext/1946C.html
日本国憲法

これが「妥協」と言えるかどうかは別として、GHQが昭和天皇在位を承認
したことは間違いない。いずれにせよ「天皇の戦争責任」はこれで潰えた。
日本との妥協もまったくしようとしないアメリカに無条件降伏させられ、
GHQが嫌がる日本国民に対し無理矢理に昭和天皇在位を「押し付けた」と。

日本は無条件降伏したというのなら、占領政策に対し一切の反対は受け付けられない。
よって日本無条件降伏論と昭和天皇戦争責任論は、根本的に両立せずに矛盾。

557 :イランジン:2007/06/25(月) 23:30:25 ID:MYzMF5VR

まあ、マッカーサーは日本人に天皇っていうアメを舐めさせて、アメリカ式の統治を

成功せしたわけや。

カミカゼアタックまでした日本人を飼いならすには天皇と組んだほうがラクやさかいな!

558 :名無し三等兵:2007/06/26(火) 10:30:46 ID:MD+5x+ph
ソ連が参戦して日本が半分になるよ
東京の壁とかw

559 :名無し三等兵:2007/06/27(水) 20:59:40 ID:???
いまま時職員だけで
仕事をやっているところなんてあるのか
じつに世間知らすなことを平気で
のたまうやつだな

560 :だつお:2007/06/29(金) 20:00:34 ID:zUmwQADZ
児島襄「誤算の論理」

この本なかなかいいよ。アメリカがどうして日本に経済制裁を加えたか、
独ソ開戦とアメリカの対独参戦の経緯も納得のいくようしっかり書いてる。

アメリカはね、強い相手と自ら単独で戦争を挑むなんてことはしないの。
だからバブルバロッサ作戦開始当時の最盛期ナチスドイツとの正面衝突は避け、
中国とどっこいの日本をターゲットにするわけ。強きに媚びて弱気を挫く、
それがホワイトハウスの戦略なのだよ。

アメリカの対独参戦は、モスクワ・スターリングラード・クルスクでドイツ軍が
赤軍に充分すぎるほど敗退してから。ソ連の教科書だとアメリカの「第二戦線」
が非常に遅れているのを、ソ連が自力でドイツを撃破できるとわかってから
介入してきたのだと書いているくらい。と言ってるソ連もかつてはそのナチス
ドイツと不可侵条約を結んでるから人のことは言えないだろう。

561 :名無し三等兵:2007/06/29(金) 20:20:23 ID:???
>>560
アメリカの対独参戦と言っても、米独の戦争はドイツ側からの宣戦で始まってるんだが。

562 :だつお:2007/06/29(金) 20:33:49 ID:zUmwQADZ
>米独の戦争はドイツ側からの宣戦で始まってるんだが。

ヒトラーの戦争は「勝利か死か」で、敵との妥協はありえぬとのことらしい。
この点皇軍の大東亜戦争は「自存自衛」だから同床異夢ということにも。

どっちみち米英が欧州戦に介入するとしても、枢軸国の柔らかい下腹だけ。

563 :だつお:2007/06/29(金) 20:38:50 ID:zUmwQADZ
>「勝利か死か」で、敵との妥協はありえぬとのことらしい。

逆にあっさり「妥協」してしまうのがアメリカなんだよな。

日本に対する国体保障(日本国憲法)や、ヤルタ協定での対ソ譲歩。
朝鮮戦争でも共産軍と妥協して休戦にしてる。

564 :イランジン:2007/06/30(土) 00:36:30 ID:Cko8JrC+
だつお先生は他人さんの受け売りはマトモやな。ww

ホンデ、チンピラゴロツキの中国に大日本帝国は負けたのですが?

565 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 13:29:00 ID:???
>561
法的にはそうだがその前からアメリカ駆逐艦はUボートを撃沈していた。
実質的にアメリカは宣戦布告無しでドイツと戦争していた。

566 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 13:30:22 ID:???
真珠湾の批判はできないわな

567 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 13:34:57 ID:???
>>565
いや、それを言い出せば日本の潜水艦が既に米領海侵犯……。

568 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 15:13:01 ID:B9hwIATf
終戦時、日本人の平均摂取カロリーは1日1200キロ。
8月の時点で家畜にやる塩は皆無。12月になれば人間用の塩も皆無になるはずだった。

神奈川の伏竜特攻隊は、敵上陸の警報(誤報だったが)が出た時点で
伏竜特攻でなく陸戦の命令が出ていた。つまり、伏竜特攻に必要な刺突爆雷すらなかった。
さらに陸戦用に支給された兵器類は、弾倉すらはまらない欠陥品ばかりだった。
そのご、伏竜特攻隊には陶器製の手榴弾が支給された。
兵士の前で実演した将校は、「ボスッ」という音とともに煙を上げただけの結果に、
「敵に怪我させるくらいは出来る」と憮然としたとのこと。

こんな状態で本土決戦とやらをしても、そもそもまともな戦闘にすらなり得なかったんじゃないのか。


569 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 15:14:54 ID:???
休憩タイムってくれないのかな
ハーグ条約になかったか

570 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 17:12:19 ID:rovF+G8r
アメリカは日本海軍が脅威だったってのもあるぞ。
陸軍は中国とどっこいとして、海軍は驚異的だからな。

571 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 17:13:52 ID:???
白旗子宮で良いんじゃないか

572 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 17:16:15 ID:???
>>560
お前、前といってる事が違うな?w

日本と正面衝突を避けたいから中国をアメリカと支援したんじゃなかったか?

日本といえば海軍ばかり強いイメージがあるが、陸軍もなかなかだからな。

573 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 17:52:30 ID:???
ドイツは真珠湾直後、日本との三国同盟に添って対米宣戦布告してますが...



574 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 18:16:44 ID:???
どこの国が相手でもそれなりに犠牲を払うのはごめんだろうな

575 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 18:23:44 ID:???
米の原爆投下「しょうがない」=ソ連参戦防ぐため−久間防衛相
6月30日13時2分配信 時事通信

 久間章生防衛相は30日午前、千葉県柏市の麗澤大学で講演し、米国の広島、長崎への原子爆弾投下が
日本の無条件降伏につながり、ソ連の北海道侵略・占領を防いだと指摘した上で
「(原爆で)本当に無数の人が悲惨な目に遭ったが、あれで戦争が終わったんだという頭の整理で
今しょうがないなと思っている」と述べた。
 久間氏は長崎県出身。原爆投下を一定評価した発言ともとれるだけに、波紋を広げそうだ。
 久間氏は当時の戦況について「(米国は)日本が負けると分かっているのに、
あえて原子爆弾を広島と長崎に落とした。そこまでやったら日本も降参し、
ソ連の参戦を止めることができるということだった」と説明した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070630-00000067-jij-pol

576 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 18:32:45 ID:???
北海道が共産の勢力に落ちるのと原爆の被害とどちらがマシだったろうなという素朴な疑問
おまけに原爆落としてもそれで絶対に敵が降伏する確証があるわけでもなし

577 :だつお:2007/06/30(土) 19:23:40 ID:Pfveuroo
>陸軍は中国とどっこいとして、海軍は驚異的だからな。

いや少なくともバルバロッサ作戦当時ならドイツ軍>>>>>>>>皇軍で、
日本海軍連合艦隊よりもドイツがソ連を殲滅して返す刀で英米に襲い掛かるつー
シナリオのほうがずっと恐ろしかったと思うぞ。「Z計画」なんてのもあったし。

だがそういうのはホワイトハウスの勝手な過大評価で、実のところのドイツ軍は
スラブの劣等民族相手に攻勢はおろか戦略爆撃さえとっくに挫折してたわけだが。

578 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 19:28:25 ID:???
日本海軍と日本陸軍が協調できていればもっと脅威だったのにな(笑)

579 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 19:29:42 ID:???
それから米は実際、日本の連合艦隊を脅威に感じていたようだが実はかなり
過少評価してたんだよな。

580 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 21:02:40 ID:???
まともに動いてればもっとショックを与えられたんだろうが……

581 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 21:04:50 ID:???
露助じゃ
北海道は取れなかっただろうな
海軍しょぼすぎ

582 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 21:18:01 ID:???
>>581
ソ連海軍は黒海ぐらいでしか活動していないだけで実は結構な数の艦艇を持ってる。
なにげにイギリスからクイーンエリザベス級戦艦貰ってきたりしてるし。
特に潜水艦勢力は脅威で、練度の低さを加味しても末期の日本海軍には総力で来られたら北海道防衛は難しいと思われ。

583 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 21:23:33 ID:???
しいて問題があるなら潜水艦ではT34やJS戦車、火砲などの重火器類は揚陸できないくらいだしな

584 :名無し三等兵:2007/06/30(土) 21:40:19 ID:???
○久間防衛相の発言要旨

 久間章生防衛相が30日の講演で行った原爆投下に関する発言要旨は以下の通り。

 (大戦)当時、ソ連は(日本に)いつ参戦するか着々と準備していた。
米国はソ連が参戦まではしない(と考えていた)。ところが、日本がしぶとく、
ソ連が(日本参戦に)出てくる可能性があった。(米国は)日本が負けると分かっているのに、
あえて原子爆弾を広島と長崎に落とした。そこまでやったら日本も降参するだろう、
そうしたらソ連の参戦を止めることができるということだった。

 (米国は)8月9日に(長崎に)原子爆弾を落としたが、9日にはソ連が満州その他に侵略を始めた。
幸いに(戦争が)8月15日に終わったから、北海道は占領されずに済んだが、
間違うと北海道までソ連に取られてしまう。その当時の日本は、取られても何もする方法もないから、
わたしはその点は、原爆も落とされて長崎は本当に無数の人が悲惨な目に遭ったが、
あれで戦争が終わったんだという頭の整理で今しょうがないなと思っている。

 それに対して米国を恨むつもりはない。
勝ち戦と分かっている時に原爆まで使う必要があったのかどうかという思いは今でもしているが、国際情勢、
戦後の占領状態などからすると、そういうことも選択としてはあり得るのかなということも頭に入れながら、
考えなければいけない。(了)

[時事通信社]

http://news.livedoor.com/article/detail/3217546/

585 :だつお:2007/06/30(土) 22:25:59 ID:Pfveuroo
>特に潜水艦勢力は脅威で、

 この沈没は1945年1月30日に起きた史実で、ヴィルヘルム・グストロフ号は、
もとはナチス・ドイツを支持するドイツ人のために作られた客船だった。
撃沈事件が起きた時には、ソ連の侵攻により難民となった人々を疎開させる
ための難民船として稼働していた。映画では定員2,000人の船に6,000人以上
が乗っていたと紹介されているが(パッケージには7,000人と書かれている)、
ちょいちょいっと調べたところでは、実際には9,000人もの人が乗っていた
ようだ。そのほとんどが沈没により溺死・凍死している。

http://www.geocities.jp/itoseibb/sub/datas/34gustr.html
グストロフ号の悲劇

586 :名無し三等兵:2007/07/01(日) 06:54:45 ID:???
あちらも潜水艦無制限攻撃を開始している以上
より分けて攻撃するような真似はできんだろうな

587 :名無し三等兵:2007/07/01(日) 13:26:11 ID:???
原爆毎月落とされて終わりだろ

588 :名無し三等兵:2007/07/01(日) 14:06:55 ID:???
>>583
占守島では火砲を含めた師団規模の上陸作戦を実際に行ってるし、
T34を擁する戦車部隊も占守島には参加しなかったものの樺太でその後上陸作戦の準備を行っていた。
戦闘艦艇を別にして、その程度の重装備を揚陸する能力がソ連にないと考えるのは相手を甘く見すぎ。

589 :だつお:2007/07/01(日) 22:09:07 ID:Upo66Luw
http://stat.ameba.jp/user_images/70/1b/10024816799.gif
空母フランクリンに突入する自殺機映像

590 :名無し三等兵:2007/07/01(日) 22:15:14 ID:???
だつお
びっくりしたお、もう

591 :名無し三等兵:2007/07/04(水) 00:27:23 ID:???
フランクフルトがピストン運動しているのかと思ったよ。

592 :名無し三等兵:2007/07/04(水) 19:59:46 ID:???
当時のソ連の揚陸能力で充分な戦力を揚陸できたかどうか疑問
占守島でも戦車を揚陸しようとしたけど失敗したんじゃなかったっけね

593 :名無し三等兵:2007/07/05(木) 10:13:53 ID:???
結局揚陸するもしないもまずアメリカが許すかどうかによるだろな
許可が出ているならレンドリースで上陸艇でもなんでも貸してくれるだろう

つまり、千島北海道上陸がある場合主導権はソ連ではなくアメリカ。

594 :名無し三等兵:2007/07/05(木) 22:32:11 ID:iA0qlWpC
2ちゃんねるだから無知がいて当然だが

占守では最初からソ連は戦車を装備から外してます

595 :だつお:2007/07/06(金) 00:15:04 ID:wJIyB9y7
比島戦線で皇軍は32万人を失ったのに対し、米軍のそれは僅か6万。
こんなことならこの32万人を比島でなくて大陸打通に送ってやりたかった。
仮に32万人全て失ったとしても、大陸打通であればその何十倍もの中国人
を血祭りに上げることができたはずだ。大陸打通作戦は皇軍兵士の人命救助
という観点からみても優れた作戦で、太平洋で死亡した何十万の将兵たちを
中国戦線に投入していたらどれだけの人命が助かっていたのかと悔やまれる。

The seizure of the Cagayan Valley virtually terminated the campaign
in Luzon, though sizable pockets of desperate Japanese remained to
be eliminated. In the liberation of the Philippine Islands, General
MacArthur's armies had killed by that time 317,000 and captured 7,236
Japanese against a U.S. casualty figure of approximately 60,628 killed,
wounded, and missing.
http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/COS-Biennial/COS-Biennial-3.html

596 :だつお:2007/07/06(金) 00:21:38 ID:wJIyB9y7
ブーゲンビル・マリアナ・レイテ作戦を放棄し、代わりに支那派遣軍
を二百万にして大陸打通作戦を大東亜決戦場にしていたらどうだろうか。

これはもう良いこと尽くめで、史実より悪くなることは一つも無いと断言できる!
最終的敗北は避けられなくとも、大勢の皇軍将兵の生命が救われ逆に中国人という
下等生物をもっともっとダイナミックに大量殺戮できる!

何しろ中国軍は弱い弱い、とてつもなく弱い弱すぎる。対する米軍は、
圧倒的制海権制空権を握っており手が出せない。戦略の基本はまず弱い
敵から先に叩くこと、これは地中海攻略を優先したチャーチルと同じだ。

597 :名無し三等兵:2007/07/06(金) 00:48:15 ID:???
だつお 夜間ヲナニー中
('А`)

598 :名無し三等兵:2007/07/06(金) 06:44:34 ID:???
そりゃいつ沈むかわからない上劣悪な環境の兵員運送と着いても餓死とゲリラに殺されるより
大陸にいたほうが兵としてはナンボかましだろうな

599 :名無し三等兵:2007/07/06(金) 07:16:12 ID:???
だつおは中国がすきなんだな

600 :名無し三等兵:2007/07/06(金) 10:45:31 ID:???
俺いますごいこと思いついたんだけど聞いてくれる?

大陸では皇軍が無敵だったんなら日本人全員大陸に移民してればよかったんじゃね?
俺って頭いいだろ!

601 :名無し三等兵:2007/07/06(金) 13:58:38 ID:???
そうきたかw

602 :名無し三等兵:2007/07/07(土) 06:34:34 ID:???
いい考えだ
…そして満州移民への道がはじまった

603 :名無し三等兵:2007/07/07(土) 07:44:09 ID:???
一億総残留孤児・・・

604 :名無し三等兵:2007/07/07(土) 09:23:53 ID:???
それなんてユダヤ人とパレスチナ人

605 :名無し三等兵:2007/07/07(土) 10:41:37 ID:???
今からでも十分
中国は日本人のものにできるよ
全員虐殺して

606 :名無し三等兵:2007/07/07(土) 19:25:01 ID:???
http://sss444.10.dtiblog.com/blog-entry-21.html

607 :だつお:2007/07/11(水) 21:22:09 ID:qLGP49AS
日中戦争は大いに拡大し、太平洋戦争は徹底的に縮小すべきだった。

これは人命救助のためだ。日中戦争をもっともっと拡大しておかないと、
太平洋の補給の乏しい遠方戦線へ兵隊が駆り出され多くの人命が失われる。
開戦当初において米英蘭に連戦連勝できたのは、強いドイツ軍相手に壊滅
寸前だった英軍に対し、皇軍は弱い中国軍相手に気持ちの良い戦闘殺戮
デモンストレーションをやって士気と錬度を高めておいたことが大きい。

608 :名無し三等兵:2007/07/11(水) 23:25:55 ID:???
>>600

在日乙!

609 :名無し三等兵:2007/07/12(木) 14:28:32 ID:???
そういえば、提督の決断3で、呉、東京を落としたら上海あたりに逃げて抗戦してたな

610 :名無し三等兵:2007/07/13(金) 19:07:17 ID:Kst7LlHn
頭が悪いから歴史本とか読めなくて

判断材料はゲームなんだな

ゲーム脳では簡単に首都を移転できると考えているらしい

611 :名無し三等兵:2007/07/13(金) 19:54:56 ID:???
当たり前だろう。
何しろ遥か遠くへの輸送なのに
次のターンには物資が減りもせずに補給されている世界なんだから。
ひと月で世界征服できちゃうw

612 :だつお:2007/07/15(日) 08:53:45 ID:pWosXiky
無条件降伏か否かなんて論争は不毛だと思うぞ。ポツダム宣言は実質的に
日米交渉11月26日米側提案(ハル=ノート)とほぼ同じ内容だから。
要するにどちらも全日本軍の海外からの無条件撤退と引き換えに経済封鎖
を解いて貿易参加を許してやるぞと提言しているわけだ。ポツダム宣言を
「黙殺」した鈴木内閣だが、これはハルノートを拒否して開戦した東条内閣
の立場と同じだと考えれば理解しやすいであろう。

 5.両国政府は外国租界及び居留地内及び之に関連せる諸権益並びに1901年
の団匪事件(義和団事件の事)議定書に依る諸権利を含む支那に在る一切の治外法権を放棄すべし
 両国政府は外国租界及び居留地に於ける諸権利並びに1901年の団匪事件議定書による諸権利を
含む支那に於ける治外法権廃棄方に付き英国政府及び其の外の政府の同意を取り付くべく努力すべし
 6.合衆国政府及び日本政府は互恵的最恵国待遇及び通障壁の低減並びに生糸を自由品目として
据え置かんとする米側企図に基き合衆国及び日本国間に通商協定締結の為協議を開始すべし

http://www.tetsureki.com/home/library/shiryoukan/haru=note.html
日米交渉11月26日米側提案

11 日本国は其の経済を支持し且公正なる実物賠償の取立を可能ならしむ
るが如き産業を維持することを許さるべし 但し日本国をして戦争の為再軍
備を為すことを得しむるが如き産業は此の限に在らず 右目的の為原料の入
手(其の支配とは之を区別す)を許可さるべし 日本国は将来世界貿易関係
への参加を許さるべし
12 前記諸目的が達成せられ且日本国国民の自由に表明せる意思に従ひ
平和的傾向を有し且責任ある政府が樹立せらるるに於ては聯合国の占領軍は
直に日本国より撤収(てっしゅう)せらるべし

http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/potudamusenngenn.htm
ポツダム宣言

613 :名無し三等兵:2007/07/15(日) 08:54:48 ID:???
だつおが珍しくまともなことを言っている……。

614 :名無し三等兵:2007/07/15(日) 16:49:12 ID:???
ハルノート受け入れられたでしょ
貿易再開中に軍備整えて支那人皆殺し計画を練ってれば良いんだから
陸軍もこれなら納得するでしょ

615 :名無し三等兵:2007/07/16(月) 09:53:56 ID:FTi3uF6A
文盲なだつおには同じに見えるのかもしれないが…

ハルノート、満州事変の前の状態に戻すこと
朝鮮や台湾、南洋諸島はそのまま日本の領土

ポツダム、全ての植民地の放棄に加え、
沖縄や小笠原等の島々も放棄…


同じなのか?

616 :だつお:2007/07/16(月) 10:52:01 ID:2Aaqi8Au
>ハルノート、満州事変の前の状態に戻すこと

「1901年の団匪事件(義和団事件の事)議定書に依る諸権利を含む支那
に在る一切の治外法権を放棄すべし」

617 :名無し三等兵:2007/07/16(月) 14:08:37 ID:???
ハルノートの前に非公式に打診されたアメリカとの共同経営を呑むしかない。
ハルノートはイラクの大量破戒兵器と同じ事でまじめに検討する価値無し。

618 :名無し三等兵:2007/07/16(月) 19:46:52 ID:wgOazPgv
チンピラゴロツキ国民党を4年も掛けずに
大陸から追い落としたチンピラゴロツキ共産党。
チンピラゴロツキ国民党がゲットした
延安すら落とせなかった皇軍。

膠着した戦争で鬼畜米英に皇国はなめられたから、経済封鎖を食らって戦争へ。



619 :名無し三等兵:2007/07/16(月) 20:25:20 ID:NGUuC1/B
>>1
絞龍や回天の活躍の成否が勝利の鍵だな。

620 :名無し三等兵:2007/07/17(火) 00:47:10 ID:FZuE/ET0
米軍に勝てるとか思う時点でアホ丸出しですわ。

だつおと同じ病院にいくのが良い

621 :名無し三等兵:2007/07/17(火) 03:59:32 ID:???
北方四島は仕方がなかったにしても、ソ連軍が北海道まで上陸するのは難しかっただろう
揚陸艦を始め、艦艇はロクに無かったのだから
ま、1940年代の日本の国力とソ連の国力は比較にならん
ドイツだって、技術力ではソ連を凌いでいたが、結局、国力の差で負けたのだからな

622 :名無し三等兵:2007/07/17(火) 18:21:04 ID:???
http://www.nicovideo.jp/watch/sm622122

軍事ワールドカップ開催
キッシンジャーにジャップと言われ
核もだめ 空母もだめ 原潜もだめ
そんなジャップの実力やいかに?

623 :名無し三等兵:2007/07/18(水) 20:24:46 ID:???
>>621
占守島では約一個師団の兵力を敵前上陸させてますが。
詳細独ソ戦史とかを見ても、
スターリンは北海道に対する水陸および空挺作戦を作戦を「決行前日」の8/22に中止させた。
"Galitsky,Zimonin, "Destination Khokkaido",9.
とあるので、上陸作戦を行う上で必要な最小限の艦艇は何とか確保できたと考えるのが妥当でしょう。


624 :名無し三等兵:2007/07/18(水) 23:10:33 ID:???
>>610
よくわからんが、どう見てもネタで言ってる>>609を叩いてるお前がキモい。

625 :名無し三等兵:2007/07/19(木) 17:53:28 ID:???
>>621
「物量で負けた」という表現は、
日米戦より独ソ戦の方がふさわしいよね。
戦闘効率ならアメリカの上を行ってたのがドイツ軍なんだけど。

626 :だつお:2007/07/24(火) 20:50:02 ID:IPmboedL
>「1901年の団匪事件(義和団事件の事)議定書に依る諸権利を含む支那
>に在る一切の治外法権を放棄すべし」

なぜハルノートとポツダム宣言が瓜二つの対日降伏条件かというと、
ハルノートにこの一文が入っているから。1901年義和団議定書の権益
までも放棄せよなどとは、日清日露まで遡っての明治国家全面否定だ。
それで朝鮮や台湾それに南洋諸島が残されたからとて何の意味がと。
もともとあの伊藤博文でさえも朝鮮は植民地にしないとの方針だったはず。
つまり朝鮮半島は大日本帝国が保持すべき「権益」でさえもなかった。

627 :名無し三等兵:2007/07/29(日) 19:41:22 ID:???
だつおかっこいいな

628 :だつお:2007/08/03(金) 17:54:35 ID:TtbpcsM0
追い詰められてやむをえずの開戦とはいえ、最初の半年は予想外の大勝。
これはアメリカ以外の欧米諸国が弱かったため。イギリスだって大西洋経由
でのアメリカからのレンドリースなしにはやっていけないという状況だった。
これは米海軍のノックス提督もそのように認めているとおりだ。

ノックス提督のコメント
疑いもなく重要な関心事は、英国が敗退しないことである。英国は今、
手詰まり状態で、おそらく善戦はできない。我々がすべきは、少なくとも
手詰まりの状態を確かなものとすることである。このために英国はさらなる
駆逐艦と航空戦力を米国に求めるだろう。可能性がある限りは、これ(軍事
支援)をなすための能力を我々は削ぐべきではなく、東洋においては何事に
も速攻すべきではない。
http://totopapa.iza.ne.jp/blog/entry/30549/

戦わずに無条件降伏しろなどといったら、ちょうどヴィシー政権のフランス
と同じになる。しかしながら仮にそうしたとしても別の形で戦争に巻き込ま
れるであろうことは、インドシナ戦争やアルジェリア戦争などで証明済みだ。
日本と異なり戦わずして降伏し戦争回避したフランスは賢かったのかと。

日本の選択はヴィシー政権のフランスに倣い戦わずして降参するか、
さもなくば冬戦争のフィンランド軍のように戦い敗れて降参するか。
フィンランドだって膨大な戦死者を出してカレリアを失ってる、
日本が朝鮮台湾を失って負けたというがそれと比べてどうなのかと。

629 :だつお:2007/08/03(金) 18:09:25 ID:TtbpcsM0
戦争犯罪人、それがどうした!  フィンランドの首相だって戦争犯罪人だ!

リスト・ヘイッキ・リュティ(Risto Heikki Ryti, 1889年2月3日 - 1956年10月25日)は、
20世紀フィンランドの政治家。フィンランド銀行総裁や首相、大統領を歴任した。
第二次世界大戦後、戦争犯罪者として告発され、禁固10年の判決を受けたが、
まもなく釈放された。フィンランド人に尊敬の念をもたれ、その死は国葬を持って送られた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%86%E3%82%A3

630 :だつお:2007/08/04(土) 16:29:24 ID:YdkVGhIX
http://tech.heteml.jp/2005/11/venona.html
ルーズベルト側近にソ連スパイが・・・VENONA資料

ヤルタ協定でソ連の主張が通ってしまったのはルーズベルトの病気のせいじゃないよ。
ルーズベルトでなくてもソ連との協調を望む人間はホワイトハウスに沢山居たから。
対独戦における累積損害人員および日本本土上陸に伴うとてつもない損害を考えれば、
ソ連との妥協は当たり前すぎるほど合理的な判断だった。

ただVENONA文書は新たなる発見というよりは、冷戦時代になって一旦揉み消
されたヤルタ・ポツダム外交についての補強資料にすぎぬのではないかと。
1904年の日本国の背信的攻撃により侵害されたロシア国の旧権利だとか、
ドイツ人住民の東方からの秩序ある移送だとかで米ソが合意しているが、
これはVENONA文書など無くても「米ソ共謀」としか考えられない。

631 :名無し三等兵:2007/08/04(土) 17:17:01 ID:???
>>627
めんどくさいから誰も相手にしてないだけだろ
昔はリア厨っぽさが漂っててよかったんだが、最近は酷使様の薄っぺらい知識を書き殴るだけのスクリプトになっちまったな


632 :名無し三等兵:2007/08/04(土) 17:46:35 ID:???
アメリカも共産主義勢力がそんなに嫌なら日本に無条件降伏や東京裁判を
押し付けるのを止めて、通常の停戦和平にして満州駐兵も認めるべきだった。

ソ連と共謀してでも無条件降伏や東京裁判を押し付けたいならそれもアメリカ人
の選択であるが、その場合は内外で共産勢力との対決を覚悟せねばならない。

633 :名無し三等兵:2007/08/05(日) 18:14:17 ID:???
だつおって打通以外はまともだな

634 :イランジン:2007/08/06(月) 19:16:04 ID:BEzQdNpg
本土決戦でアメさん敗退って

アホが言い出しそうなハナシやで。  そんな可能性百万分の一もあらへんわ!


635 :名無し三等兵:2007/08/07(火) 11:52:14 ID:???
開戦時の日本対連合軍の航空戦力は以下の通り。日本の航空戦力は、
本土および満州中国を含めて陸海総計2625機であったという。
対する連合空軍は極東方面合計で1290機。

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/ussbs02.html
日本の計画の実行
http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/ussbs10.html
日本の航空部隊のカミカゼ転換

ちなみに降伏時、日本は本土にカミカゼ攻撃用として利用可能な9000以上の
航空機を有し、少なくとも5000機は米軍が計画していた侵攻に抵抗するため
に自殺攻撃用の装備をすでに備えつけていた。

上は単なる「数」の比較であって「質」においては開戦時であれば双方ともに
新旧混成(97式戦闘機とかバッファローとか)。米英側が終戦までにバッファロー
などは使われなくなったのに対し、日本では沖縄戦でも特攻作戦に97式戦闘機など
の旧式機も大量投入されているので、「数」だけの比較では何とも言えないと思う。

636 :名無し三等兵:2007/08/08(水) 08:24:24 ID:ea6/QgTl
マリアナ沖でのまったく不完全な飽和攻撃でも米艦隊の防空は崩壊していたのだ。
崩壊時点で日本側が戦力の集中に失敗しただけで、それは別に米軍の手柄じゃない。
赤とんぼだろうと何だろうと、そういう状況では戦力になる。

637 :名無し三等兵:2007/08/08(水) 08:34:01 ID:???
軍事板的にはだつをとイランジンが共倒れした方が有益だな

638 :イランジン:2007/08/08(水) 08:48:36 ID:U0HBV4z3
だつおの好きそうな寝言スレやで。

639 :だつお:2007/08/08(水) 17:25:25 ID:MvhZ5oyk
条文にそう書いてあっても、現実はその通りにはなっていないつーことも。
例えばいくら日韓基本条約で「大韓民国を朝鮮半島における唯一の合法政府」
と定義してみたところで、朝鮮民主主義人民共和国の存在は否定できまい。
国連で中華民国を支那大陸における唯一の合法政府であり常任理事国と定めても、
現実に支那大陸を実効支配しているのは中共率いる中華人民共和国だった。

現実のところ日本の「無条件降伏」は、朝鮮・台湾・北方領土・南洋諸島の
領有権放棄および東京裁判受諾そして賠償。言ってしまえばフィンランドと同じ。
フィンランドはカレリアを割譲し賠償金を支払い、大統領は戦争犯罪人。
またA級戦犯だが刑の執行が済んだ以上、靖国神社に合祀しても違法とは言えない。
凶悪殺人犯・宅間守とて刑の執行が済めばそれ以上の拘束はありえない。

640 :イランジン:2007/08/08(水) 17:36:47 ID:U0HBV4z3
本土決戦でアメさん敗退って

アホが言い出しそうなハナシやで。  そんな可能性百万分の一もあらへんわ!




641 :だつお:2007/08/08(水) 20:51:15 ID:MvhZ5oyk
弱小列伝の主張とてまったくの否定というわけではなく、一部は賛同する。
例えばアメリカは1930年〜1940年までで、日独英ソとは違い平時であっても
工業生産は大きく伸びている。弱小列伝の主張どおり、日米開戦以前から
アメリカの工業生産は世界一で、日本などはとても追いつけるものではなかった。
ルーズベルトのニューデール政策は、大戦争に耐える磐石な工業基盤を築いた。

 吉田首相は敵将ルーズベルトの税制効果を良く知る戦中戦後大蔵省主税局長だつ
た池田勇人を重用し、その意見を取り入れ高累進所得税制を採用し事業消費税廃止
を昭29年断行しました。
 更に池田首相は高度経済成長と財政再建のために最高税率75%の応能負担強化
の高累進所得税制を採用し大成功したのです。
 最高所得税率70%以上の保守本流税制は以後30年間継続し国民所得増と貧富
格差改善と税収増に大成功したのです。
 だが米国を上回る国際競争力世界一位を手に入れた我国が中低所得者層の高消費
性向を活用する高累進所得税制の経済成長効果への無知から平成元年ルーズベルト
税制を放棄しEU型消費税と累進弱体化を採用したのです。
 日本の失政による国際競争力低下に助けられたクリントン米大統領は、逆にルー
ズベルト税制を参考に「消費税非導入の富裕層所得税累進増税」を断行し国際競争
力を再強化し株高と経済成長と財政再建に大成功を納めたのです。
http://www.geocities.jp/mirai200107/index.html

http://www.luzinde.com/database/nation_industry.html
粗鉄生産の国際比較(単位:万トン カッコ内は全世界にしめる割合)
自動車生産量の国際比較(単位:千台 カッコ内は全世界にしめる割合)

642 :イランジン:2007/08/09(木) 00:19:24 ID:puozuR7o
>>641
妹のパンツをまで読んだよ。

643 :名無し三等兵:2007/08/10(金) 19:42:23 ID:???
>>641
共産軍は4年も経たずに大逆転勝利で国民党軍を台湾に追放。
日本軍なんて8年かけても、重慶はおろか延安すら落とせない。
おかげでABCD包囲網を食らっちまったじゃないか。
無能なる皇軍。


644 :だつお:2007/08/10(金) 22:52:05 ID:Go0uFWkO
 ヒット曲「負けないで」などで知られる人気ポップスグループZARDの
ボーカル坂井泉水(さかいいずみ、本名蒲池幸子=かまちさちこ)さんが
27日午後3時10分、脳挫傷のため東京都新宿区の慶応大病院で死去した。
 坂井泉水さんは、ZARDとしてのデビュー前に、蒲池幸子(かまちさちこ)
の本名でグラビアアイドルとして芸能活動を行っていた。その当時はレースクイーン
や写真集などの発売もされていたが、レースクイーン時代は、同じチームに所属していた、
岡本夏樹さんが圧倒的な人気を誇っており、目だった活躍はなかった。
 ですが、今改めてZARDの坂井泉水が、まさか昔こんなセクシーなレースクーン
コスチュームに身を包み多くの男達の視線を受けていたと考えると、非常にエロさを
感じてしまうものである!そこで蒲池幸子(かまちさちこ)として、過去の多くの
画像と動画を皆様にご覧いただこうかと思います。
http://okaasan002.269g.net/article/4509317.html

http://bbs.2ch2.net/test/read.cgi/zurineta/067699323/
オナペットアイドル 蒲池幸子

645 :名無し三等兵:2007/08/11(土) 01:23:53 ID:???
ザードさんでいっぱい抜きました

646 :だつお:2007/08/11(土) 09:44:38 ID:UdWqTqr8
ハイレグレオタードに股間をグリグリ食い込ませながら腰を振りつつ、
「負けないで」を絶叫する蒲池幸子でもよかったのにと思う。

647 :名無し三等兵:2007/08/11(土) 10:01:13 ID:???
もう十発目

648 :だつお:2007/08/11(土) 17:58:51 ID:UdWqTqr8
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

649 ::2007/08/11(土) 19:57:23 ID:wpvHYZNs
日本に大東亜戦争時代F15 あったら勝てる?

650 :名無し三等兵:2007/08/11(土) 20:12:23 ID:???
いや無理に夏厨演じなくていいから

651 :名無し三等兵 :2007/08/11(土) 22:07:17 ID:w74iElB/
サイパンを早期に要塞化して、内陸防衛に徹して米兵を殺すことに専念すれば
本土決戦は不要。あそこは日本のホームだ。早くから大量のセメントを送って
頑丈な要塞を作り、地下陣地も充実させて、余剰の海軍旧式砲を大量配備。

米軍相手の水際撃破の限界にもう少し早く気がつけばサイパンで持久戦はできた。
この時期なら海軍航空隊も協力できた。水上打撃部隊も健全だった。つまり
より立体的な「巨大な硫黄島」で米軍を消耗させ得たはずだ。そのための
技術的障壁はなにもなかった。

652 :名無し三等兵:2007/08/11(土) 22:17:44 ID:???
またすでに論破され尽した話をするのか?

653 :名無し三等兵:2007/08/12(日) 06:31:47 ID:aS3sCeyd
輜重隊を充実させたら勝てる?
牟田口、木村、富永がいなかったら勝てる?

654 :名無し三等兵:2007/08/12(日) 10:28:56 ID:???
>>651
148 名前:ゆうか ◆9a1boPv5wk 投稿日:2007/07/28(土) 18:30:00 ID:7J2WpfFF
つワシントン条約の要塞化禁止条項

国際法で禁止されているらしいよ。

655 :名無し三等兵:2007/08/12(日) 12:13:01 ID:???
           , -r/`ヽ十/`ヽ ヽ.
        _/     l|/,     ゛、
      /:/    爪! l| il| |     ヽ
       /:::/   | l l``` "´| ト、 l    ゙、
.      !::::l   /|.lヽ!    リ }ハ_     i    好きです!日本の兵隊さん!  
     l::::|   l/l|二、    ,二., l  i l          
     |::::l i l,/_j::、     _j::、ヽl i ! !        一撃で正規空母を4隻も沈められる潔さ。
     l::::| l l! _ヒ」     ヾ┘ j l | |
      l::::i! i l l       ;     //l j i !        なんちゅうか、ギネスブックに載せれるマヌケぶりね!
      !::::lヽ!、ヽ'、   、__,   ノ'// ///
.      j::::::!::::::ヽ゛、        ///!'´     それから、皇軍の空母が一発で沈んだからってアメさんの
     i::::::::i::::::::::i::`}' 、 _ _,. 'l::::/'::i::::|
      !::::::::::!::::::::::!ノ        !:::::::::::!::l      空母も同じ様に沈めれるって思ってるのがアホっぽくてイイわよね!
    j::_,,-ヽ:::::::ヽ      iヽ:::::::::ヽ!


656 :名無し三等兵:2007/08/12(日) 13:29:58 ID:???
それはそうだけどさせてください

657 :名無し三等兵:2007/08/12(日) 14:26:46 ID:ugyf7bR2
>>655
SUDOあたりに弄ばれるから止めるんだ名雪……!

658 :名無し三等兵:2007/08/12(日) 22:54:37 ID:???
>>643
日本の目的は和平なんだから別物。しかも同一民族の政権移譲と他の国の戦争を比べてどうする。
そもそも、対日戦が長引いた&共産党が勝てたのは蒋介石が捕まったからだろ?
軟禁状態にあった蒋介石が台湾に脱出出来た方が寧ろ奇跡だ。

659 :名無し三等兵:2007/08/14(火) 01:40:35 ID:???
           /  /^´        ヽ\_/__ノ,,
            /.::/:7   .:ヽ     \   ヽ::.\;;彡'
.           /.:: l:/:   /:|::ハ:::....\:::::.. l::..  Vヽ\
         //.::ノ|::  |:_j⊥l\::::.| ヽ::__|_l::. l:|Vlヘ:}‐-、 <夏休みに軍板を訪れたみなさん! 一応「だつお」について説明するわね!
           // ::::: |::. ´W_ム{  ヽ:! 仏_l:ハヽ:}:|:|∧ー|ー’
        /ノl ::::八::.  |ィ尓rlヾ  j イトr}ヾ}::/::|:|l ∧        「だつお」はキホン、引きこもりのニートなのよ。
         | :lV:::∧{ヽ代辷j_     ヒソ_//レ小  |
          ヽ{ ヾlヽ:l\:ゝ ヽヽ  _`   イ:/| ノ ヽJ        昔、チャイニーズパブでボラれて中国人がキライになったらしいわ。
             | :::|:: ト、    { ノ   イ|::. l\     (\
              j:l:小::. V}> 、 __ , <lヽ|::. |       \.ヽr-、 _   ここで書かれているのは、書籍の丸写しがメインなんだけど、
              ノ八::lハヽマ==v七1\∨:::.j       ,ゝ‐ヘ. ! l_
              ヽ{ _\:ミ __9}{6_>ァ:::∠ -、     {  ーkレ'ノ   自分の思うままに捏造してるのが実情です。
           /⌒ ¨| l|    TlT  //l |   \    \  `ヽ
          /     :| ll  .r<川 >< ll |    \   _{二ニヘ }    ですから「捏造大好きだつおくん」でここでは通ってますわ。
            〈      =| l|  o/{::`7\oll |、    ,/  {   ^7∨
           ∨     ヽ\/  ヾ::::}  ヽ∧\  /_  /   ヽ_〉   皇軍は強い!とかホザイテますが、強かったら勝ってるっちゅーーーの!!
          }ヽ    ┼∨|    「:::l    l l∨ く_/     }
           「   ヘ  /| l: |    |:::::l     l V   ヘl     /


660 :名無し三等兵:2007/08/14(火) 01:58:54 ID:???
だつおサンは共有コテハンで誰でも出来ます。その前身は打通太郎サンでした。
司馬太郎とかそういうモノだと思ってください。ある種の名物です。
この夏休みに みなさんも だつおサンを演じてみましょう。基本的にコピペですし

661 :名無し三等兵:2007/08/14(火) 14:34:27 ID:???
>>658
軍事的能力ならば比較対象として成立する。
軍事的征服より容易な和平すら
国民党軍に強要できない戦績なのだから、
皇軍は本当に無能だ。
米英に侮られて、零戦の能力も正確に
評価してもらえないのは当然だ。

もちろんこの手の結論はだつお
レベルの発想に近くなるのは否めない。

>>660
軍事板を荒らしたいのか?

662 :名無し三等兵:2007/08/14(火) 22:39:46 ID:???
>>651
確かにそうだが、実際問題無能海軍の統治下だったサイパンでは不可能。
何せ硫黄島でも水際作戦にこだわって陸軍の足を引っ張った馬鹿だから。

663 :名無し三等兵:2007/08/14(火) 22:55:45 ID:???
>>662
オマエが海軍について何も知らない馬鹿だとわかったw

664 :名無し三等兵:2007/08/15(水) 02:57:58 ID:???
>>661
おま、蒋介石が捕まる前は共産軍壊滅寸前じゃねえかwww
しかも捕まる前は対共産で和平の筋道が見えてたしな。
張学良が裏切らなかったらどうするつもりだったんだw

後の共産軍も元蒋介石軍や、日本将校に育成を任せた連中だし、
長期間直参で生き残ってがんばってた兵力どんだけだとw
共産軍は軍事力で蒋介石を自力打破した!ってどんな共産プロパガンダだw

665 :名無し三等兵:2007/08/16(木) 16:23:08 ID:Rca3QFRu
>>661
国民党軍を叩けば叩くほど、
チンピラゴロツキ共産党軍にも軟弱ヤンキー軍にも
達成できた目標が無理だった
日本軍の低脳さが浮き彫りにされる。

666 :だつお:2007/08/19(日) 10:17:18 ID:72co0tnm
もしソ連参戦が無ければ九州作戦で米軍は敗退し、そこで東京裁判は撤回
され皇軍も米軍もアジアから撤退、そこでサンフランシスコ講和条約が締結
されたであろう。だが太平洋と日本近海の制海権はとっくにアメリカが握っ
ているからこれだけはどうにもならない。

アメリカがどうしてもソ連を参戦させ東京裁判を押し付けたかった以上、
アジアにおける共産主義の脅威はすべてアメリカ自身が選択した結果。

667 :名無し三等兵:2007/08/19(日) 12:04:18 ID:???
 米英ソ三国首脳のヤルタ会談は、ほぼ一方的に米英側の対ソ譲歩に終始したといえる。
 とりわけて指摘されるのは、戦後の世界の平和の維持体制について、一応は米国が
主導する“世界議会”(国連)システムが合意されたものの、ソ連の立場が過大に
評価されて“米ソの世界秩序”が容認されたことである。
 ほかにも、ソ連は、戦後ヨーロッパの焦点となるポーランド問題その他で米英側に
譲歩させる成果をあげたが、このような「政治」の交代をうながしたのも、マーシャル
元帥に代表される「軍事」側の判断であった。
 いや、米英とくに米国側の「軍事」の弱味の自覚が起因であった、といえる。
 連合軍はすでにソ連軍に“救援”を求め、現にソ連軍はそれに応じて冬季攻勢
を実施中であった。
 しかし、ヨーロッパ戦線だけでなく太平洋戦線でも対日戦をおこなう米国に
とっては、さらにソ連軍の援助・対日参戦が望ましい。
 マーシャル元帥は、対ドイツ戦の終結を「早くて七月一日、遅くとも十二月一日」、
対日戦終了日を「ドイツ降伏十八ヵ月後」とみこみ、英軍首脳部も同意した。

児島襄「誤算の論理」

668 :名無し三等兵:2007/08/20(月) 17:26:37 ID:7lyYPLZz
>>666
>もしソ連参戦が無ければ九州作戦で米軍は敗退し、そこで東京裁判は撤回
 され皇軍も米軍もアジアから撤退、そこでサンフランシスコ講和条約が締結
 されたであろう。
イフ話にしても惨すぎるな。
ベトナムと違って外国からの補給もないし、毛沢東レベルの感性だぜ。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%AC%E5%9C%9F%E6%B1%BA%E6%88%A6#.E4.BB.AE.E5.AE.9A.E3.81.A8.E6.83.B3.E5.83.8F


669 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 01:19:26 ID:???
日本に本当に必要だったのは本土決戦。
何が「聖断」だ。
数百万、数千万の屍のみが
「新しい」日本の礎になれたのだ。

670 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 01:44:24 ID:???
で、オマエが生まれてこなければ一番良かったのになw

671 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 02:38:10 ID:JDJZc4Pf
大本営の腰抜けどもの所為で末代までの恥をかかされた。

672 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 02:50:10 ID:???
>>671
どういう意味で言ってるのかわからんが

断固本土決戦やるべし! って意味なら「勘弁しろよおい」としか言えんぞ
アホな戦争やりやがって、って意味なら「お説ごもっとも」となるが

673 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 02:57:04 ID:JDJZc4Pf
>>672
断固本土決戦。

674 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 04:43:02 ID:aGyzjF00
本土決戦はやるべきだったな。
日本人全員で最期の特攻やったら、勝てた。
神州不滅
神州不滅だよ

675 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 06:01:59 ID:???
本土決戦なんてやってみろよ
万に一つも勝ち目がないし技術者も戦線投入されっから高度経済成長の基盤すらなくなりマジもんで四等国家になる。
確かに備蓄はあったな備蓄はあったがその備蓄が尽きたら戦えん。
おわかりか 本土決戦なんてやるべきではないのだよ。

676 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 06:11:52 ID:JDJZc4Pf
>>675
ドイツ

論破完了。

677 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 06:20:36 ID:???
俺も負けることはないと思うが、
勝っても得るものはなかろう。

大陸から陸軍を持って買えれば、確実に勝てる。
ただ帰るのは容易ではないが、
海軍がアホーなので、護衛できずに、大半が海の藻屑。

678 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 06:51:49 ID:???
句読点の打ち方もマトモにできない馬鹿がいえたことかw

679 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 08:12:09 ID:???
おいおい、ドイツみたいにオーデル川から東の土地を全部失った上に東西分割されたいのか?マゾいな。

680 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 12:19:45 ID:???
米軍を追い返せればそれで幸せ、って感じだからねえ
全国土がソ連の影響下に入ってもいい、ってところじゃないの?

もっとマゾな気もするけど

681 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 15:39:44 ID:ZINGV1B+
だーかーらー!!
大陸に皇居移せばよかったんだよ!!

皇室御一家を無事にお送りすればいいだけなんだから!!!!!!!!!!

682 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 16:17:26 ID:???
>>676
つまり西側と東側に戦後の何十年か我が国土が2分割されるわけですね。

−論破終了−

683 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 16:31:06 ID:ZINGV1B+
>>682
統一してるじゃないか。

−これ以降の議論は無効−

684 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 16:38:12 ID:???
>>683
少なくとも史実の日本の戦後はない訳で、そこが重要。

−ハイ、論破終了−

685 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 16:54:08 ID:ZINGV1B+
>>684
史実じゃない話をしているのに、「史実」とは。議論の対象外
よって

−論破完了−

686 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 17:33:16 ID:KCzEs48p
>>679
ソ連に北海道を落とす能力は無い。
それは過大評価である。

687 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 18:01:28 ID:???
>>685
仮定であってもよりよき選択をすべきであると論じているのだから
史実との対比になるのは当然の事。

−論破完了−

688 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 18:09:45 ID:???
>>686
北海道全域を軍事的な手段で占領出来なくても、樺太南端から宗谷海峡を渡って
道北先端部に上陸し、その一部を占領する程度の能力と兵力は十分にある。
そしていったん道北部に橋頭堡を築かれると、これを追い落とす事は当時の
兵力では至難の業である。(もはやこの方面に回せるまとまった数の水上部隊
も航空隊も存在しない)

そしていざ終戦時となれば、ここを橋頭堡に北海道全域へ部隊を進駐させ、
なし崩し的に北海道占領の既成事実を作る事は大いにあり得る。

689 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 18:16:31 ID:???
取り敢えずこれでも読め
http://rekigun.net/new/index.html#20070813

これを読めば日本軍必勝間違い無しな気持ちになれるぞw

690 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 21:24:33 ID:???
一億国民が玉砕覚悟の必勝の信念で望めば100万米軍が来寇しても恐れるに足りません。

691 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 21:25:23 ID:???
そりゃ、死ぬのが怖くないという前提なら身ぐるみはがれようとも
ぶち殺されても怖くないだろ。

692 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 22:07:57 ID://ivUsZ5
日本をでっかい硫黄島に見立てたら結果は自ずと明らかだと思うぞ。
資源のない日本が戦い続けるには、どうしたって必要な資源を海外から仕入れる必要がある。
その点、島国と半島では地理的条件が全然違うよな。
悲しいかな兵士の質だけで戦争は勝てないんだよ。

693 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 22:14:12 ID:???
提督の決断3なら東京を落とされようとと呉、佐世保を落とされようと勝利条件が満たされないと
ソウル、上海まで本拠にして徹底抗戦してきたなあw

694 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 22:15:48 ID:???
>悲しいかな兵士の質だけで戦争は勝てないんだよ。
清とロシアには勝ちましたが?

695 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 22:24:22 ID:???
清、露相手に、兵士の質だけで勝ったとな?

696 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 22:36:49 ID:Hus8ydjl
ベトコンにもイラク抵抗勢力も負ける米軍
ゲリラ戦なら世界最弱

697 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 22:40:47 ID:???
8/9以降、スターリンおじさんともやりあわにゃならんことになってんだけど

698 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 22:52:52 ID://ivUsZ5
>>694
そうだなあ、清には勝ったと言っていいと思うけど、ロシアは微妙。辛勝ってとこじゃないですかね。
あ、もちろん勝因は兵士の質だけでなく装備とか、国の生産力とかもろもろの条件も含めてね。
で、当時の日本の状況でアメリカと本土決戦したらどうなったかっていうと、やっぱり最終的には硫黄島状態になったんじゃなかろうかと。
なんせ資源は入ってこないわ、イタリアもドイツも降伏するわで、完全に孤立状態だったし。

699 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 23:14:41 ID:???
>>696
そりゃあ、ベトコンには原爆は使えなかったからな。
ただ日本人には容赦ないだろうよ。

700 :名無し三等兵:2007/08/21(火) 23:48:17 ID:???
あちらさんの、どこだったかの雑誌がやった「日本をどうすべきか?」っつーアンケートの中に、
「日本人を絶滅させる」っつー選択肢が普通に入ってた、って話を聞いたぞ

まあ、やめといてよかったと思うがねえ>本土決戦

701 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 00:02:02 ID:???
今の嫌韓共が半島人を見るのと同じ視線だからな、連中の当時の日本観は。

702 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 00:18:39 ID:zvGgI/VN
>>696
勝てないねー。
あのあたりでゲリラ戦に持ち込まれるとアメリカでなくても勝てる気がしないよ。
実際、ソ連軍もアフガン追い返されてるし。
まあチョッカイ出したからには、また「ゲリラ戦」->「泥沼」->「戦略的撤退」ってパターンじゃないのかねえ。
なにせ地続きだから、「打倒、アメリカ帝国主義」な方々が国境越えて武器携えてあとからあとから入ってくる。(確証ないけど)

日本もそういう体制を準備できれば、何年かかってもゲリラ戦で追い返せたかもしれんけど・・・。


703 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 00:28:48 ID:l0pFhBCR
俺、豊橋生まれだけど、本土上陸の最有力候補だったって言う話。
敵の空母横付けで艦載機に機銃掃射されまくったらしい。
で兵隊が爺さんの家に分宿してたんだけど、勝てるわけないって言ってたらしい。
二川というところに重砲があったらしいけど、それだけ。
あそこに上陸されると、東西交通が中央線回りしかない。
「本土決戦」って米軍に責任追及されたくないえらいさんが言っただけだろ。
親父は豊川の海軍工廠の学徒動員で爆撃受けて背中に破片が刺さったし、
昔の軍の偉い人は氏ねばいいと思ったよ。


704 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 00:35:37 ID:???
ゲリラっつたって、支援してくれる勢力がないと続かんぞ
当時の日本の場合、世界中を敵に回してたわけで

それこそ最終的には、ひょろひょろにやせ細った子どもが、
竹槍で戦うような羽目になってたんじゃあるまいか

しかも公民権運動がどーのこーのの前なんで、米軍はまず手加減してくれん
ソ連は言わずもがな

マジで、国民の何割かが死ぬぞ?
よしんば敵を追い返せたとしても、これって勝利の名に値するかあ?

正直、ふざけんなって思うんだけど

705 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 01:02:27 ID:???
それは「鬼畜米英」を知らない人間の台詞だな。

706 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 02:16:06 ID:zvGgI/VN
>>704
だね。
俺も「ゲリラ戦に持ち込めばアメリカ軍を追い返せた」って意見は、人員・物資の補給面、追い返すまでの損害を考えたらあんまり現実的じゃあないと思うよ。
前に硫黄島を引き合いに出したけど、あれは栗林中将(だっけ?)が玉砕戦法を禁じて踏ん張ったからこその結果だからね。
もし「一億玉砕」のまんま戦ってたら・・・。


707 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 06:27:18 ID:???
仮に本土決戦をして米軍を一時的に追い返す事ができたとしても、日本の失うものが大きくなるだけの話だろう。

708 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 08:09:40 ID:???
1億のうち2000万人が朝鮮人で1000万人がその他諸民族なんだが
彼等も玉砕に付き合ってくれると思うか?

709 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 09:53:38 ID:???
>>708
喜んで付き合ってくれると思うよ。

710 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 09:58:39 ID:???
ゲリラ戦っても武器の大半は弓矢に竹槍、移動手段は徒歩のみ。
こんな戦国時代以下の状態で近代米軍と戦うわけかい?

711 :だつお:2007/08/22(水) 10:06:32 ID:PYP1T0IA
>執拗に中国を差別し、自分の頭の中だけの史実を無視した架空のストーリー

 この問題がまだ解決しないうちに、日本軍がビルマ公路に沿って、短い攻勢に出た。
蒋介石は、日本軍が一直線に昆明にまで攻めよせてくるのではないかと不安にかられ、
ビルマ戦線に全中国軍をサルウィン川の背後の安全地帯まで撤退させるとわめいた。
 ルーズベルトは蒋介石に緊急の覚書を送り、ビルマから軍隊を引き揚げるようなこと
があれば、また全指揮権をスティルウェルに渡さないのであれば、アメリカからのすべ
ての援助を停止すると警告した。
 スティルウェルによれば、大統領からのこの覚書は「火のついた爆竹」であった。
スティルウェルは蒋介石と会見し、「このとうがらしの包みをピーナツ野郎に手渡し、
大きく息を吐きながら椅子の背に身体を沈めた。鋲はこのちび野郎のみぞおちに命中し、
やつを突きぬいた」
「宋王朝 下」(スターリング・シーグレーブ サイマル出版会)P252

712 :だつお:2007/08/22(水) 10:11:41 ID:PYP1T0IA
>ゲリラ戦っても武器の大半は弓矢に竹槍、移動手段は徒歩のみ。
>こんな戦国時代以下の状態で近代米軍と戦うわけかい?

◇計算できない物質的財産の破壊
 「日本の侵略戦争が中国に与えた財産上の損失も、莫大で驚くべきものだ」、
戦争中、日本軍はいたるところで、狂気のように公共や個人の財産を略奪し、
文化遺産を破壊し、鉱物・森林資源を採掘、伐採し、偽札を発行し、
軍事・民生施設を焼き払い、爆破し、中華民族の物質的精華は日本侵略者
によってほとんど全部奪い去られた、卞博士はこう指摘した。
 この数年、抗戦時代の損失問題を研究し続けてきた卞博士は、当時、
直接戦禍にみまわれなかったチベット、新疆の両省クラス行政区を除き、
残りの省は全部または部分的に陥落するか、一部が戦場になり、多くの都市、
郷・鎮が日本軍の盲爆にさらされたとみている。
 卞博士は、近年の研究結果で、全戦争期間中、中国が受けた直接の財産
損失は1000億ドル、間接的損失は5000億ドルに達することが明らか
になったと語った。
 「むろん、戦争状態という制約から、抗戦の損害調査は、時間的完全性
からも、空間のカバーという点からも、極めて不完全なものである」、
「日本の侵略戦争が中国に与えた巨大な物質的財産の破壊と壊滅ぶりに
ついて、正確な回答をみつけるのは不可能に近い」、卞博士はこう語った。
 そして日本の侵略戦争がもたらした大きな傷が、中国の近代化プロセスの
重大な障害になったことは、学術界で突っ込んで研究する必要があると強調した。

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zt/qqq115/t202631.htm
日本の侵略戦争は中国にどれだけの損害を与えたか 新華社解説

713 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 10:36:46 ID:???
>>712
つまり連合国軍の日本本土侵攻は日本国内に致命的な物質的財産の破壊をもたらすって事だね。
もはや戦後の奇跡の復興はありえないって事だね。
ソースありがとう。

714 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 10:49:47 ID:???
本土決戦やって仮に中央政府が降伏しても、各地の残党部隊や武器を持った民兵は
各地でゲリラや盗賊化して今のイラク状態になるわけか。


715 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 10:54:51 ID:???
連合国軍へ追われた軍の残党が北へ逃げて、それをソ連が支援して
北海道の共産圏入りはほぼ確実だろうな。


716 :だつお:2007/08/22(水) 11:29:18 ID:PYP1T0IA
>そして重慶と昆明を含む全ての国民党支配区を殲滅する。殲滅した暁には
>中共軍に支配地域を譲る。中国の共産主義革命を猛烈に促進し米中決裂に
>導いていくことで、日米講和条約締結も早まることになる。

 ルーズベルトはそれを聞いたときに、これはスティルウェルの言う通りだ、
大変なことだと思った。そのころは、日本との戦争はドイツの降伏から一年半
は続くと言われていたんです。日本との戦いが長引けば長引くほど、国民政府
の力が落ち、共産勢力の力が上がる。日本との戦争が終われば、間違いなく
国共内戦になる。国共内戦になったら、ルーズベルトが抱いていた夢、
つまり中国を大国化して戦後世界の四大国の一つにするという夢が裏切られる。
ソ連は延安を助け、アメリカとソ連との仲も悪くなる。これはどうしても、
日本との戦争を早く終わらせなければならない。天皇の問題で多少の譲歩を
してでも日本を一日でも早く降伏させたい。それでグルーを起用したんです。
それもこれも、この一号作戦が始まって蒋介石の力が弱まったことが原因です。

http://www.soshisha.com/book_wadai/06torii/02.html
歴史家・鳥居民、自著を語る  2005年7月22日

717 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 11:46:20 ID:PuanmVuZ
>>715
ソ連なら北海道を占領しても樺太千島のように日本人を追い出してロシア化させるだろ

718 :だつお:2007/08/22(水) 11:49:10 ID:PYP1T0IA
とにかく戦争も外交の延長である以上、戦争継続にはその意義が必要。
ベトナム戦争のアメリカ軍も、戦力は十分ながら意義を失って撤退。

皇軍の場合は、南方との連絡が途絶えたら海軍のほうはそれで終り。
陸軍のほうは満州国が健在である以上、いきなり満州国とその住民を
棄てての無条件撤退というわけにはいかない。文句があるなら中国人
が「抗日戦争」で奪回しろと。そもそも97式中戦車チハをも撃破
できない中国のチンピラゴロツキに満州を返上してやる理由はない。

中国のチンピラゴロツキが独力で満州を奪回できる可能性は考えられず、
従ってアメリカはソ連を参戦させるか満州国を承認するかしかない。
ヤルタ協定は、満州国を承認するくらいなら共産ソ連にくれてやった
ほうがマシだという、アメリカの意思表明であったと受け取れる。

719 :だつお:2007/08/22(水) 11:59:20 ID:PYP1T0IA
戦争に負けた負けたというが、ドイツなんて二度も敗戦している。
フィンランドだってカレリアを失い多額の賠償金を支払わされてる。

ただアメリカが「無条件降伏」に拘りソ連参戦を後押ししたのもわけありで、
そうでなければ対日条件として満州国の存続を認めるかということになる。
満州国は認めない、アジアの皇軍は全て撤収させろと主張するからには
ハル・ノートの内容と同じであり、これは「無条件降伏」要求しかない。

日本側としては戦争による国民生活への打撃は日露戦争と同じでも、
ソ連参戦とあっては仲介国が無くなるから条件提示講和は不能となる。
米ソ二正面作戦で壊滅したドイツ軍よりも何倍も強いという自信でも
ない限りは「戦局必ズシモ好転セズ」ということになろう。

720 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 12:27:51 ID:???
>>717
人口が多すぎる。
千島列島の様な小島とは訳が違う。
むしろロシアからの移民を促進して同化を図るだろう。

721 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 14:34:04 ID:Drjvi6cl
戦うも亡国
戦わざるも亡国
戦わざして滅ぶは民族の、、、民族の、、、み、とにかく戦えば良かった

722 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 15:14:45 ID:???
ロシアに征服されて、人種改良。
最強の人種となってリターンマッチ。


723 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:23:12 ID:???
レス番が飛んでるのは「だつお」のNGワードが効いてるって事だなw
小奴がいないと実にスレがスッキリする。


724 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:29:50 ID:PYP1T0IA
>レス番が飛んでるのは「だつお」のNGワードが効いてるって事だなw

「だつお」が立てたスレで、何いってんだおまえ。

725 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:30:51 ID:wkpRufIM
>>823
やばくねぇかこれ?
通報される前に消しとけよ

726 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:32:50 ID:wkpRufIM
誤爆すいません

727 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:33:32 ID:r0xW4Ql8
一乙。

728 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:35:42 ID:r0xW4Ql8
誤爆スマソ

729 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:36:56 ID:???
ゴゴゴ後誤爆ききききったったたたた

730 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:37:29 ID:???
誤爆スマソ

731 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:38:19 ID:???
すくねーな。

732 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:41:08 ID:r0xW4Ql8
>>731は誤爆だったorz

733 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:50:50 ID:???
例え「だつお」が立てたスレでも「だつお」はいらない。
これ軍板の総意って奴。

734 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 16:54:50 ID:???
もはや拾いもんのコピペを繰り返すだけの「劣化だつお」だからな

735 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 18:22:41 ID:???
もはや打通太郎は死んだ、今いるのはそ奴の残留思念だ。


736 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 19:44:12 ID:trv7GlW1
ドイツがあるので、本土決戦で日本復興不能なる寝言は通用しない。
普段はドイツドイツ五月繩い軍板住人がこういう時だけドイツをダイナミックにスルーする滑稽さよ。


737 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 19:54:05 ID:???
>>736
復興はするさ。
ただそれがどんな形での復興となるのか、それが問題なのだよ坊や。

だいたいドイツをダイナミックにスルーなどしていない、ドイツの様な
分裂国家になってもいいのかと散々書かれているのが目に見えないか?

738 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 19:55:40 ID:???
>>736
史実と比較し、よりよき戦後を迎える選択肢として、本土決戦の実行は果たして良策だろうかと考えれば
自ずと答えは出よう。

739 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 20:03:12 ID:???
>>736
ドイツは確かに本土で戦ったが、それは激烈ではあっても比較的短期間に終結し、
降伏した後は勝者の支援を受けられてるって点も無視しちゃいかんと思うがな

日本も同じように、ごく短期間で降伏することを前提に、本土決戦をやれと?
だったらやる前に降伏すりゃいいだろ

本土決戦なんざやらかして、何で無意味に死人を増やさにゃならんのだ

740 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 20:20:20 ID:Drjvi6cl
国家の威信のため

741 :だつお:2007/08/22(水) 20:22:22 ID:PYP1T0IA
中国軍といえども公式には反ファシズム連合国軍の一つと位置づけられてた。
いくら極東が第二戦線とはいえ、「カイロ宣言」も出されてたことだし、
大陸打通作戦はホワイトハウスの戦略に打撃を与えたことは間違いない。
これはルーズベルトもそのように証言している通り。
皇軍は負けた負けたとはいうけれど、「弱い」などと嘲笑できるものかと。
弱小列伝の主張も全くの否定ではないけれども。

ドイツ軍やソ連軍も皇軍にはない先進技術をいくつか有してはいたけれど、
彼らは航空母艦の一隻たりとも完成させてはいない。そもそも軍事技術の
一部が突出してるのがそんなに羨ましいなら、旧ソ連に対抗して日本も
宇宙開発に多額の予算を投じるべきだったのかと言いたい。

742 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 20:32:36 ID:???
>>740
ベルリン陥落まで無意味に戦い続けたことで、ナチス・ドイツに
どんな結構な威信が保たれたというのであろーか

743 :だつお:2007/08/22(水) 20:37:55 ID:PYP1T0IA
>ベルリン陥落まで無意味に戦い続けたことで、ナチス・ドイツに
>どんな結構な威信が保たれたというのであろーか

陥落前のベルリンは、最後の断末魔で敵も大勢道連れにすることができた。
遅れて参戦した米軍でさえも太平洋戦線の倍以上もの死傷者を出した。

Military Action  Hostile Deaths Wounded Non-Hostile Deaths
World War I (1917-18)  53,513   204,002     63,195
World War II (1941-1945)
Total            293,121   670,846     115,185
European Theater   185,179    498,948     66,805
Pacific Theater     107,903    171,898     48,380
Korean War (1950-53) 33,629    103,284     20,617
Vietnam War (1961-75) 47,358    153,303    10,817

http://www.giveshare.org/news/news016.html
U.S. Military engagements from 1775 to 1975 numbered sixty-five.
War dead and wounded in the ten major conflicts during this period are:

744 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 21:07:36 ID:QuZre33I
本土決戦の弊害はなにも戦争被害だけではない。
国民に蔓延する厭戦気分と飢えから暴徒化した民衆による
政府転覆運動でも巻き起これば戦いなが内戦状態にすらなりかねない。
その可能性は十分にあった。
経済や産業が崩壊し、国家としての統制が失われ、社会システムが麻痺した国の末路を想像してみるが良い。

しかも島国の我が国ではこの地獄から国民か海外へ抜け出す術はないのだ。
歴史的に何度も外敵に侵略されたドイツとは全く条件が異なる。

745 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 22:33:07 ID:???
>>740
一握りの指導者達によって下された決断で、数千万の国民を失い、国土を分割され、
統一までの長い苦難の道を歩む事が、「国家の威信」として後世に評価されると
本気で思うのかい坊や?

746 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 22:56:08 ID:Q2Xt9dTA
リサイクル工場作ればよかった

747 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 23:03:03 ID:UnyT2K2e
馬鹿だな〜皆。
本土決戦すればその被害の尋常ではないでしょ。
そうすれば後50年はだつおみたいな右翼と呼ぶには右翼の方々にすら失礼にあたる馬鹿が生まれて来ることは無いって事になるんだから。

748 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 23:07:36 ID:???
ベトナムみたいに国民総ゲリラ化

749 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 23:07:41 ID:???
だつおサンは共有コテハン

750 :名無し三等兵:2007/08/22(水) 23:13:14 ID:UnyT2K2e
だつおが皆の心のなかに住んでる事は知ってるよ。
でも本土決戦すれば後50年は僕らの心の中にだつおの住む場所はなかったはずだよ。

751 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 00:42:43 ID:???
              ─-ぇ-─ 、
            ∠. ___rく.__ >
         /:.:.:.:.:.;L:.!|ヽ:.:-、.: \
       / .:/ l .:/::/l| `、|.:.|:.:、:ヽ
       .:..::|. .:.|/|;厶リ   jA.:.!::.:W
        |.:.::|::..:.|/r':ハ   r小ハ::.:!
       |.::rli::.:.| 込リ   ヒソ:{:.|V <だつお! 死ねよ!!
       j:::`li\|、   ヮ  ,.イ:.:!
          V\lY¬ミ、t-</lハ/
.            〈___`ヽ
          | /⌒ヽヽ!>
.            l !  l′ '.!
          ハ   !   |!
             {. ! |  |!



752 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 01:39:59 ID:???
>>747
むしろ半世紀後の日本はだつお並のDQNの巣窟になってるよ

753 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 08:22:58 ID:???
>>709
関東大震災ですら朝鮮人狩りが起きたというのに
本土決戦なんて極限状況ではどんな地獄絵が起きるか分からんぞ。

754 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:00:45 ID:???
>>753
だってチョンが火を付けて回ったのはホントの話なんだから
いいじゃんか。東京裁判でどさくさにまぎれてデマに
されてしまっただけの話だ。

755 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:02:32 ID:???
>>754みたいな奴って未だにいるんだな……

756 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:02:34 ID:???
本土決戦で日本が勝つ可能性は、イタリアのように革命を起こして
共産化し、ソ連の援助を受けることだな。武器弾薬をたっぷりもらい、
日本全土を硫黄島化すれば、ベトナムなんかよりずっと強力に戦えたはず。

757 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:03:11 ID:???
>>755
馬鹿じゃないの。圧倒的多数派なんだがなチョン。

758 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:04:08 ID:???
自分たちが日本を支配しているかのような勘違いチョンが
多くて困る。

759 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:05:54 ID:???
強制連行も真っ赤なウソ。在日は半島のミジメな生活が嫌で、
豊かで進んだ日本にあこがれて出稼ぎでやってきただけの話。
今は徴兵逃れのために日本に居座っている。

760 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:07:39 ID:???
>>754-759はむしろ逆効果狙いの工作員だろ。
今どき、右翼だろうがなんだろうがここまでの馬鹿がいるはずがない。

761 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:08:56 ID:???
>>760
何を必死で妄想しているんだ総連工作員。

762 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:09:00 ID:???
工作員でなけりゃ、リアル厨房か消防だな

763 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:09:39 ID:???
まったくチョンのリア厨と消防には困ったもんだな。

764 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:09:55 ID:???
こういうのは一言で済むだろ。泥沼のレッテルの張り合いなんかする必要がどこにある。

>>754
ソース出せ。

765 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:11:04 ID:???
まったく泥沼のレッテル貼りしか脳のないチョンには困ったものだ。

766 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:12:16 ID:???
なんでもネット上にあると思っている在日リア厨には困りものだな。

767 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:13:20 ID:???
誰もネット上のソースとは限定してないぞ。

ソースないのか?w

768 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:13:21 ID:???
なんで在日のゴキブリは半島に帰らないんだ?

769 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:37:48 ID:???
ソース出せるわけないだろ。
ネット上でも本の中でもなく、彼の頭の中にあるんだから。

770 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:43:43 ID:???
他者を蔑んで自分の現状から目を背けてるニートだろ。
無視しろ。

771 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:51:37 ID:???
実際は一部朝鮮人工作員が問題をおこしてて、このままだとトラブルになるから
警察が朝鮮人を集めて隔離保護してたんだろ?
それを日本が朝鮮人狩りで朝鮮人をかき集めてとか言い出す始末。
本来なら早急に手を打った警察署長に感謝状でも出さなきゃいけないところなんだが、
朝鮮人歴史家とやらは恩を仇で報いる方が多いからな。

772 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:52:37 ID:???
戦時下の悪環境で異国に尽してくれた人達になんて薄情な連中だ。


773 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:54:47 ID:???
>>771
>実際は一部朝鮮人工作員が問題をおこしてて、このままだとトラブルになるから
>警察が朝鮮人を集めて隔離保護してたんだろ?
違います。
一部の日本人DQNが混乱のどさくさに紛れて日頃の鬱憤晴らしで
暴力の矛先を向けたので、在日朝鮮人を警察が保護しただけです。
工作員なるものはあなたの脳内にしか存在しません。

774 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:57:26 ID:???
>>771
ソースヨロ。

775 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 13:57:29 ID:???
在日は本国でも嫌われている。半島が貧しかった時代に豊かな日本で
のうのうと暮らし、朝鮮戦争にも参加せず、今も日本にい続けて徴兵を拒否し、
日本政府から賠償金をかすめとるために帰化しようともしない。
反日のノムヒョン大統領でさえ、「祖国のために戦ったことのない在日は同胞ではない。」
と言っている。つまり帰る場所のない在日は地球のゴミということだ。




776 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:01:32 ID:???
>>773
おまえがソースだせやチョン。

777 :たつお:2007/08/23(木) 14:01:58 ID:???
>>774
君こそ工作員のソースを出しなさい

778 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:02:58 ID:???
>>777
なんで俺がそんなものを?
「工作員」とやらを持ちだしたのは>>771で、それにソースを要求しただけだが。

779 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:03:28 ID:???
>>772
台湾と韓国の違いを良く考えるといい。日本人の朝鮮人への評価が低くなったのは
日本を悪く言う嘘をつきすぎたし、暴行や犯罪事件も起こしすぎた自業自得な面が大きい。
そして、終始あんな感じじゃとてもじゃないが心理的に親近感を抱き難い。

あと、日本に朝鮮人が急増したのは朝鮮戦争後。併合時代の人達はGHQの命令で帰国計画で
大半が帰ってる。朝鮮戦争はソ連や中共、アメリカの無責任なので、日本に言われても困る。
戦時下の悪環境を逃れて異国に逃げてきていたのは今居る在日朝鮮人の方だぞ?
無許可入国してきて韓国や北朝鮮への強制送還を見逃してもらってるのに、
日本の悪口ばっかり言うなんて薄情な連中だってのがしっくりきそうだ。

780 :たつお:2007/08/23(木) 14:03:49 ID:???
山岸秀 、2002年、『関東大震災と朝鮮人虐殺 80年後の徹底検証』、早稲田出版

781 :たつお:2007/08/23(木) 14:04:55 ID:???
>>778
失礼、>>776の間違いです。

782 :たつお:2007/08/23(木) 14:07:49 ID:???
>>779
異国に連れてこられて、社会の底辺に押し込められて、劣悪な労働環境や待遇の中での
暮らしに晒されれば、彼らが荒むのは当たり前だ。
根底の原因は彼らをまともな人間扱いしなかった日本人にもある。

783 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:11:26 ID:???
>>782
その連中は全員半島に帰したはずだ。それか解放後自主的に戻ったはずだ。
今日本に居座っている在日は、自分から半島を捨てて
日本で一儲けしようとやっていた連中ばかりだろが。
被害者を気取るんなら徴兵でも済ませてこいや。

784 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:13:35 ID:???
>>773
桜田門事件等の様に日本へ工作を推進する組織があったので、
朝鮮人テロリストも日本に紛れ込んで問題をおこしていたんだよ。
現代と同じ様に日本と朝鮮の常識が違いすぎて犯罪する者も居て、
日頃から警戒はされてた。
ただし、日本政府も問題を起こすつもりはないので、トラブルを未然に防ぐ為に
ちゃんと警察で保護したりしてた訳。なのに彼らはそれを虐殺という。

785 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:16:34 ID:???
>>782
いや、だから併合時代のは大半がGHQが帰国させてるってば。
今居るのは連れてこられたんじゃなくて、朝鮮戦争や朝鮮での差別待遇から
逃げてきたんだぞ?
それと、なんでその発言をだつおでやるんだw

786 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:17:50 ID:???
>>784
「警察が朝鮮人を保護しようとしていた」と「日本人が朝鮮人狩りを行った」はなんら矛盾しませんが。
というか、自警団つくって朝鮮人狩りとかやらかした奴らがいたから、警察が保護に乗り出したわけで。

787 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:19:01 ID:???
不満分子は当然いただろうし、食うに困って犯罪に手を染める人間もいただろう。
こんな事は当たり前で、海外に移民した日本人でも社会の底辺で同様に犯罪に
手を染める人間は少なくなかった。
ただそれをもって「工作員」と称して大半の朝鮮人がそうであるかの様な暴言は
日本人の見識を疑われると思う。

788 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:20:11 ID:???
それほど朝鮮人の犯罪がひどかったってことだろ。
つまり日本政府は朝鮮人を二重にかばったのに、恩知らずの
チョンどもはそれを虐待だという。

789 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:21:49 ID:???
>>784
虐殺が起きたから保護したのに、保護したから虐殺と呼ぶのはおかしいって、その理屈は変

790 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:21:50 ID:???
日本政府は朝鮮人をかばったか知らんが、一般の日本人の中に朝鮮人を虐待した奴らがいたってことだろ。
あ、関東大震災当時の話な。

791 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:22:26 ID:???
>>788
当時の犯罪は朝鮮人だけに非ず。

792 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:25:19 ID:???
>>787
お前バカだろ?一部でも工作員が居たから警戒されていて、
政府もトラブルにならない様に、かつ、工作しようとうろつく連中を
見つけやすくする為に、両面から保護政策をとってたって話。
なんでそれが大半の朝鮮人がそうだったみたいな話になるんだ?
しかも、さっきまでその少数の工作員すら認めてなかったろ?
工作員が居たからこんなことしなきゃならなかったんだよ。

793 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:26:22 ID:???
とりあえず、保護政策が「工作員」の存在に対処するためのものだったっていうソースはあるのか?
単に俺の不勉強だったら申し訳ないが。

794 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:37:00 ID:???
>>793
朝鮮人が伊藤博文殺した後なのに何を言ってるんだ?後々も天皇暗殺狙って失敗してるし。
外国人なら色々といるが、特に朝鮮人が警戒されたのは朝鮮人反日活動組織が暗躍してたからなんだが。

795 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:39:53 ID:???
>>794
それはわかった。
で、保護政策がそれらの活動に対処するものだったってソースはあるの?
今話題になってるのは、関東大震災直後の警察による朝鮮人保護を含む話だよね。

796 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:40:21 ID:???
>>791
「俺だけじゃない」というのは極悪人の常套文句だな。
これも半島起源だったのか。

797 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:41:43 ID:???
自警団による朝鮮人狩りが犯罪じゃないかのような物言いだな

798 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:42:51 ID:???
極悪朝鮮人から平和を守るための自警団が犯罪かのような物言いだな。

799 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:43:41 ID:???
平和を守るための自警団が平和を乱してどうするよw 本末転倒だろw

800 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:53:38 ID:???
>>795
実際に警察が300人の朝鮮人を集合させて保護していたのも記事になってるんだが。
そして、警察は朝鮮人を保護する時に工作員がまぎれていないか調査する為、所持品検査も
行い、保護した300人がナイフ等を所持していないのも確認して彼らは工作員ではないと
警察署長も語っている。

なぜ、そんなに保護した事や工作で心証最悪になっていた事を認めたがらないのかな。
工作員が居て警戒されていた事を認めたくないのは判るが。

>>799
自警団は別に朝鮮人専門って訳じゃなくて、ドロボウや愉快犯を防ぐ役割もある訳だが。
災害時なのに怪しい事してたらそりゃとっ捕まる。

801 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:56:16 ID:???
>>799
今の世とは治世が違うんだよ。

802 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 14:58:39 ID:???
>>800
保護した事と、工作があった事は認めているが。心証がどうかは知らんけどね。

で、その保護の目的が、工作員に対処するためだったというソースは何処? 推測なの?

803 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:01:09 ID:???
>>800-801
別にあやしいことしてない朝鮮人もとっ捕まった……どころか、
警察官でさえ、「朝鮮人が警察の制服を奪って紛れ込んでいる」という流言のために信用されず、身の危険を感じるような状況だったわけだが。
当時の警察官が証言しとるよ。

804 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:09:09 ID:???
>>799
あたりまえ。朝鮮犯罪集団の平和なんか守るわけねーだろw

805 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:13:28 ID:???
で、自警団がかわりに犯罪集団と化すわけだなw

806 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:21:08 ID:???
なるほど、朝鮮犯罪集団にとっては正義が犯罪なわけだ。

807 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:21:38 ID:???
えーと
当時でも日本の法律に暴行罪とか殺人罪とかあるんですけど
もしかしてそれも知らなかった?

808 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:25:41 ID:???
なるほどなあ、朝鮮人は暴行殺人常習だったんだなー。
困ったもんだな朝鮮人は。

809 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:26:48 ID:???
だから日本人はいっさい暴行や殺人などしていない。
警察が極悪朝鮮人を隔離したからな。

810 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:29:05 ID:???
日本の警察は、法律にしたがって朝鮮人犯罪者を隔離したにすぎない。
それを差別だと虐待だのと騒ぐ在日は犯罪集団てことだな。

811 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:35:16 ID:???
なんでこう嫌韓って考えが両極端なの。
「朝鮮人が全部悪い」これ否定するそ「じゃあ日本人が全部悪いのか」
誰もこんな事を言うとらんて。

812 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:36:55 ID:???
嫌韓は日本の常識。

813 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:39:33 ID:???
>>803
怪しい事してないって、火事場で他人の家の近くをウロウロしてたら朝鮮人でなくても
自警団に捕まるわ!李下に冠を正さずって言葉も知らないのか?

>>802
当時の記事で所持品検査もして怪しい所持品を持っている人物がいないかチェックまでしてるのに、
ソース云々って未だに何を言ってるんだ?命令書でも探すのか?アホらしい。

814 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:41:44 ID:???
>>813
当時の東京で「他人の家の近くを歩くな」って言われたら、どうやって移動すればいいんだよw
それ全部朝鮮人かどうかに関わらずいちいち捕まえてたのか? 自警団とやらはw

815 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:43:10 ID:???
>>813
保護したときに、工作員が混じってるとマズいからチェックもしたというのと
工作員に対処するために保護した、というのは全然別の話なんだが。
結局、それ以上のソースはないんだな?

816 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 15:46:16 ID:???
在日中国人やユダヤ人に対して自警団を組織したことなどない。
彼らは日本にちゃんと溶け込んでいたからだ。
朝鮮人は何をするにも集団で動き、日本人を敵視し、犯罪を犯す。
ある程度無差別に捕まえるのも仕方のないことだろう。

817 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 16:57:32 ID:???
>>815
正式命令とかで命令書で区別出来る訳じゃないんだからそんな微妙な差異を断言出来る
ソースがある訳が無いだろう?工作員が混じってる危険性や、工作が行われた場合市民が
動揺する危険性があるので対処するだけ。それに何の問題があるのかわからん。
今でも各国で普通に行われるし。日本人だから微妙な人種問題に疎いだけだろう。

>>816
別に自警団は朝鮮人専門じゃないんだが。今でも夜回りや防犯巡回を誰がやってるのか知ってる?
日本では自警団はポピュラーな存在なんだよ。まあ、日本に限らないけどな。

>>814
火事場でみんなが避難してるのに家屋付近に人がうろついてたらそりゃ質問される。
所持品に盗品や危険物があったらとっつかまる。そもそも、朝鮮人かどうか関係ないし。

朝鮮人限定で狙って活動をするのは極端な民族主義的組織の方だろう。これは一般的に言う自警団ではない。

818 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 16:59:28 ID:???
>>817
論点がわかってないのか?

その「極端な民族主義的組織」が、自警団と名乗って朝鮮人を虐待していた行為について話をしているんだよ。

819 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:00:50 ID:???
>>817
了解。ソースは「ある訳ない」のね。
断言できるだけの根拠は元々なかったと。

820 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:04:37 ID:???
>自警団と名乗って朝鮮人を虐待していた行為

法律的に正当な逮捕を虐待といいがかりを付けるのは、今も昔も同じ半島クオリティ

821 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:05:31 ID:???
>>120
法律的に正当って、どこから出てきた話だ?
朝鮮人を保護しようとした警察と衝突までしてるのにw

822 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:08:02 ID:???
>>818
仮に居たとしてもという話だ。それも、自称自警団になって、一般的な自警団ではない。
自警団っていう普通の組織を民族差別組織だとか言い出してるからな。
自警団はあって当たり前の存在なのよ。

>>819
実際に300人の朝鮮人を保護した話は新聞にも載ってる。所持品検査もやっていたのが判ってる。
それがソースなんだが、何を必死になって「ソースがある訳無い」事にしたがっているのかわからんね。
何か都合が悪い事でもあるのか?ああ、朝鮮人に工作員が居て警戒されてたという事実を認めたくないんだったな。
伊藤博文や天皇襲撃してても朝鮮人は工作員なんか居ないし、元内閣総理大臣を殺されてるのに国民は全く気にも
かけていなかったと言いたい訳か。

823 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:09:11 ID:???
>>821
つまり日本は朝鮮人を「守った」ということだなw
恩に着るべきなのを逆に強制隔離だとか虐待とか騒がないように。

824 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:09:25 ID:???
>>822
ああ、なるほど。
自警団って言ってたのが気に入らなかったのね。「お前らのいう自警団は、正当な自警団ではない!」と言いたかったわけだ。
それなら君の意見に異論はないよ。俺もこれからは「自称自警団」と呼ぶことにする。


825 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:10:12 ID:???
そもそも、朝鮮人は事前に警察に保護されてるのに、なぜか>>818では自警団が朝鮮人を
虐待していた事になってるな。なんだそりゃ?

826 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:11:45 ID:???
>>822
だから保護したことについては異論はないし、工作員かいたことにも異論はないというのにw
伝わってないようだからもう一度別の言葉で書き直すよ。

俺は、関東大震災直後に、警察が(自称)自警団から朝鮮人を保護した行為の目的が、工作員対処のためだったのかどうかということを問題にしてるんだよ。

827 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:12:25 ID:???
>>825
「事前に」保護などされてませんよ。

828 :827:2007/08/23(木) 17:13:13 ID:???
正確に言おうか。
「事前にすべての朝鮮人が保護されていたために、虐待する対象がそもそも存在しなかった」
などという事実はないということね。

829 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:15:17 ID:???
>>826
別に自警団から保護するって訳じゃないだろう?
自警団は不審な人物を見つけて警察に突き出すだけだ。
警察は治安と余計なトラブル回避の為に朝鮮人を一時的に保護してただけ。
勝手に日本人全体が朝鮮人を虐待してたという話を確定させないでくれ。

大体、一部のヤクザじみたやつが因縁つけたとして、それば犯罪者であって、
日本人全体の問題ではない。工作員が出たから朝鮮人全員有罪と言ってるのと
同じ様にくだらない話だぞそれは。

830 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:16:36 ID:???
>>829
日本人全体なんて俺は言ってないぞ。
俺は、(自称)自警団が朝鮮人を虐待しており、警察がそこから朝鮮人を保護していたということについて話しているだけ。

勝手に話を広げないでくれよ。

831 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:21:10 ID:???
因みに、なんで朝鮮人が警察に集められる事になったかというと、
朝鮮人による火薬庫の放火計画が準備されているという話があって、
それの確認と対処の為に大急ぎで朝鮮人を調査したというのがある。
工作への対処で朝鮮人を集めたというのはこれがソースとなるな。

832 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:23:31 ID:???
>>830
なるほど。警察が保護したのは朝鮮人が自警団に虐待されていたからと言いたかったのか。
それで必死になって警察が朝鮮人を集めた理由など無い事にしたかった訳だ。
やっと君の真の目的が理解出来たよ。警察署が集めたのは別件。火薬庫への放火計画の報告が
あったからだ。

むしろ、後の流言で警察署が朝鮮人を集めて工作員かどうかチェックしていたというのが
尾ひれを広めて、朝鮮人への工作警戒が強まったというのはある。

833 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:24:59 ID:???
>>832
そう。別件か。どうりで話がかみ合っていなかったわけだ。
こっちも誤解していたようで失礼した。

じゃ、君は、関東大震災直後に警察が朝鮮人を自称自警団から守っていた件については何も意見はないわけだな?

834 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:31:13 ID:???
>>833
震災で混乱中なんだから、余計な争乱の元を出さないのは当時の世相だよ。
なんだか君の中では殺されるからという事になってるみだいだが。
本当に出ただけで殺されちゃうなら、一生外に出られないだろ?

835 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:33:13 ID:???
>>834
一生って……。
その震災直後の混乱の中で、自称自警団が勢力をふるっていたんだよ。
混乱がおさまってある程度治安がよくなれば、保護する必要がなくなるわけだろう。
別に何も矛盾のある話とは思われないが。

836 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:35:22 ID:???
韓国や中国で今日本正にデモやってるところに何も知らない日本人旅行者を行かせて、
口論から何かトラブルがおこったら困るみたいなもんだな。
現代の神戸の大震災でも祝報とか発行して喜んでたりしたから、トラブル発生の可能性はあるんだよ。
それとも、韓国や中国の人達は日本人を必ず殺すから当局が警戒を伝えるのか?

837 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:35:45 ID:???
論点を分けようや。

・震災直後、自警団と自称する連中が、朝鮮人が井戸に毒を入れたなどという噂を根拠に朝鮮人を捕まえて襲っていた。

この点について異論はあるのか? ないのか?

838 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 17:42:52 ID:???
アメリカの裁きがあればこその
現在の日本やドイツがある。
ロシアや中国は気の毒だ。

839 :名無し三等兵:2007/08/23(木) 20:37:22 ID:???
とりあえず本土決戦すると戦う前に社会が崩壊するのは分かった

840 :名無し三等兵:2007/08/24(金) 01:29:59 ID:???
本土決戦の話はどうなったんだ?

841 :名無し三等兵:2007/08/24(金) 04:54:32 ID:???
在日は昔からろくなことはしないというだけだな
とっとと帰れよ
最低屑民族

842 :名無し三等兵:2007/08/24(金) 07:39:13 ID:???
全土を硫黄島並みに要塞化できれば、撃退できたんじゃないか
ただ、戦争が長期化して、ソ連は参戦してくるし、ゲリラ戦と飢餓と疫病で死者が数千万の単位になったと思うが


843 :名無し三等兵:2007/08/24(金) 08:03:04 ID:???
撃退することに意味あんのか
天皇制と軍国主義維持に

844 :名無し三等兵:2007/08/24(金) 08:33:57 ID:???
多分在日が足引っ張ったり破壊工作したりで何もかも終わっていたと思う

845 :名無し三等兵:2007/08/24(金) 12:25:09 ID:???
>>843
意味あんのかも何もそれがスレの目的だから

846 :名無し三等兵:2007/08/25(土) 04:49:20 ID:???
在日は昔からろくなことはしないというだけだな
とっとと帰れよ
最低屑民族




847 :名無し三等兵:2007/08/25(土) 11:14:13 ID:???
みっともないなぁ、、。それしか言えないのか。

848 :名無し三等兵:2007/08/25(土) 11:26:14 ID:???
真実を突かれて痛いのか

849 :名無し三等兵:2007/08/25(土) 12:01:00 ID:???
何がどう真実で何が痛いのか知らんが、罵倒に走るその姿勢が痛いとは思わないのか。

850 :名無し三等兵:2007/08/25(土) 12:18:52 ID:???
民族擁護する暇があるなら
半島に帰ったらどうだ

851 :名無し三等兵:2007/08/26(日) 04:53:38 ID:???
ねーねー
ほんどけっせんのおはなしはどうなったの?


852 :名無し三等兵:2007/08/26(日) 10:39:42 ID:???
在日がいるからだめだってよ

853 :名無し三等兵:2007/08/26(日) 13:26:44 ID:???
日本共産化を狙ってソ連が手のひら返したら米軍にとっては危険。
ソ連が全く介入しなくても米軍にとっては被害が甚大で政権が危険。
ソ連が介入すると日本は落ちるがソ連が大半を手に入れそうで危険。
素直に日本の降伏を受け入れた方が米軍にとっては色々と都合が良さそうだな。

854 :名無し三等兵:2007/08/28(火) 07:29:34 ID:???
米軍にとって本土決戦は硫黄島や沖縄の経験から損害が甚大になる危険性が高く、
更に占領後の悪影響も大きく、なおかつ現米国政権の責任追及に発展しかねない問題。

さらには日本という存在が台湾から千島列島まで広がっていて、完全にユーラシアの蓋として
機能している。既にソ連参戦は既定なので下手うって日本がソ連支配下になると、ベトナムや
シンガポール等も他国領土なので完全な米国独自権益が怪しくなってくる。

本土決戦したら米国の戦略上、本来の中国への道を開くという目的からして敗戦も同じというくらい
膨大な問題が山盛りだったのは確かだ。

もっとも、結局中国への夢は潰えた訳で、米国は対日戦争には勝ったが、戦略的には負けた訳なんだけど。
嬉しい誤算として、中国は半世紀以上それほど魅力的な市場にならず、日本の方が巨大な富を生んだという事か。

855 :名無し三等兵:2007/08/28(火) 10:21:08 ID:???
「『中国はノーと言える』の読み方」(高木桂蔵  ごま書房)より
下世紀中国将成為世界的中心
(来世紀、世界の中心になるのは中国だ)
中国的経済発展使美国不得不正視這一東方巨人
(北京の現代化への発展状況は、アメリカ人がやむを得ず
直視しなければならないほど、東方の巨人になった)
台湾現在的政府官員、原来都是中国大陸人
(台湾の今の指導者たちは、もともと中国人だ)
中国拡軍是為和平
(中国の軍備増強は、平和のためだ)
必要肘候、也可能用武力来警告一下日本
(必要なときは、武力をもってでも日本を叩くことが必要)
在戦争賠款的問題上、如果中国政府要譲日本的
現代化不可能這公早実現
(中国は、日本の戦争賠償に対してノーを
言ったから、現代化が遅れた)
日本政府試図以停止日元援助迫使中国停止、
放棄核実験的這種想法是非常愚蠢的
(日本が中国の核実験を円借款にからめてやめさせ
ようとするのは、卑怯である)
日本的文化是中国文化支流中的支流
(日本の文化など、中国の亜流の亜流)
美国声称為了全人類的利益、而実際上却在追求美国的利益
(アメリカは地球全体の利益と言っているが、それは米国の利益だ)
美国的反中勢力企図在台湾和西蔵問題上做文章
(台湾・チベット問題は、米国人が反中連盟をつくるのに
利用できる切り札である)

856 :だつお:2007/08/28(火) 17:36:35 ID:3wmTMJwt
 私の祖父・岸信介は、いまからちょうど50年前、日本の総理大臣として初め
て貴国を訪問しました。時のネルー首相は数万の民衆を集めた野外集会に岸を連れ出し、
「この人が自分の尊敬する国日本から来た首相である」と力強い紹介をしたのだと、
私は祖父の膝下(しっか)、聞かされました。敗戦国の指導者として、
よほど嬉しかったに違いありません。
 また岸は、日本政府として戦後最初のODAを実施した首相です。
まだ貧しかった日本は、名誉にかけてもODAを出したいと考えました。
この時それを受けてくれた国が、貴国、インドでありました。このことも、
祖父は忘れておりませんでした。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/enzetsu/19/eabe_0822.html
インド国会における安倍総理大臣演説「二つの海の交わり」
Confluence of the Two Seas

857 :だつお:2007/08/28(火) 18:22:19 ID:3wmTMJwt
【インドで、安部首相はブッシュよりも歓迎されていた】

安部首相のインド訪問で、インド側は冷めていた、という報道もあるようだが、
そんなことを言ってるのは日本のマスコミだけ。

The Congress party-led federal government is rolling out the red carpet for Abe,
recognizing the growing strategic and business importance of Japan to India. Abe,
who arrived in the country on Tuesday, is scheduled to address a joint session
of the two houses of Parliament,
a courtesy not even extended to US President George W Bush when he visited India in March,
because of opposition by the left-wing parties.
ttp://www.atimes.com/atimes/South_Asia/IH23Df01.html

安部首相は両院総会(?)でスピーチをしたが、そういう機会はブッシュ
大統領が訪印したときも与えられなかった、 という主旨のことが書いてある。
これで、冷めてたなんてありえない。

858 :名無し三等兵:2007/08/29(水) 07:58:45 ID:???
その総理の祖父の岸はその対米戦争で敗色濃厚になると講和を主張して東條と対立しましたが。

859 :名無し三等兵:2007/08/30(木) 15:08:47 ID:???
知らないんじゃない?>>857は中学生だろうから…

因みに麻生が吉田茂の孫とかっていうのも知らないだろうね。

860 :名無し三等兵:2007/08/30(木) 16:04:44 ID:???
           /  /^´        ヽ\_/__ノ,,
            /.::/:7   .:ヽ     \   ヽ::.\;;彡'
.           /.:: l:/:   /:|::ハ:::....\:::::.. l::..  Vヽ\
         //.::ノ|::  |:_j⊥l\::::.| ヽ::__|_l::. l:|Vlヘ:}‐-、 <夏休みに軍板を訪れたみなさん! 一応「だつお」について説明するわね!
           // ::::: |::. ´W_ム{  ヽ:! 仏_l:ハヽ:}:|:|∧ー|ー’
        /ノl ::::八::.  |ィ尓rlヾ  j イトr}ヾ}::/::|:|l ∧        「だつお」はキホン、引きこもりのニートなのよ。
         | :lV:::∧{ヽ代辷j_     ヒソ_//レ小  |
          ヽ{ ヾlヽ:l\:ゝ ヽヽ  _`   イ:/| ノ ヽJ        昔、チャイニーズパブでボラれて中国人がキライになったらしいわ。
             | :::|:: ト、    { ノ   イ|::. l\     (\
              j:l:小::. V}> 、 __ , <lヽ|::. |       \.ヽr-、 _   ここで書かれているのは、書籍の丸写しがメインなんだけど、
              ノ八::lハヽマ==v七1\∨:::.j       ,ゝ‐ヘ. ! l_
              ヽ{ _\:ミ __9}{6_>ァ:::∠ -、     {  ーkレ'ノ   自分の思うままに捏造してるのが実情です。
           /⌒ ¨| l|    TlT  //l |   \    \  `ヽ
          /     :| ll  .r<川 >< ll |    \   _{二ニヘ } ですから「捏造大好きだつおくん」でここでは通ってますわ。
            〈      =| l|  o/{::`7\oll |、    ,/  {   ^7∨
           ∨     ヽ\/  ヾ::::}  ヽ∧\  /_  /   ヽ_〉皇軍は強い!とかホザイテますが、強かったら勝ってるっちゅーーーの!!
          }ヽ    ┼∨|    「:::l    l l∨ く_/     }
           「   ヘ  /| l: |    |:::::l     l V   ヘl     /

861 :名無し三等兵:2007/08/31(金) 05:29:28 ID:???
敗色濃厚なんだからそりゃ講和も主張するわな。
玉砕しろとでも言いたいのか?元々日本は一番戦争やる気なかった国なんだから。
なんせ、日本のが目的一番小さいんだよ。ずっと米国との講和目指してる。

862 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 22:25:12 ID:???
そういえば、M瀬はまた意味不明な文章書いていったな
ニート粘着なみだったね

863 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 16:11:12 ID:???
NHK教育でやってたがアメリカは九州でのオリンピック作戦では、
毒ガスを使用する計画もあったんだがsんななんでもありで
米軍が敗退なんてありえないだろ?
逆に日本軍の場合国内に毒ガスはほとんどないだろ。
中国大陸など外地にはあるけどね。

864 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 20:00:14 ID:QKMBRkS3
>>863
サリンで500万、核で100万消しても、まだ2000万の戦力が残る。


865 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 04:52:48 ID:???
「打通さん」と「だつお」ってなんか関係あるの?
しばらく軍板に来なかったら、打通さんの代わりにだつおとかいう変なのがいて暴れてる。
打通さんはスレの途中でひょいと出てきて面白かったんだけど、
だつおは空気を読めないし、劣化コピーにしか見えない。

866 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 11:05:56 ID:???
同一だろう
断通ネタが飽きたんじゃないか

867 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 19:11:34 ID:???
>>864
オリンピック作戦やコロネット作戦では、米軍が
農村地帯に枯葉剤を撒く計画があったんだから
2000万の戦力があろうと飢えて餓死するよ。

868 :だつお:2007/09/06(木) 19:37:19 ID:Gm/9cT33
ガタルカナルでは日本兵25000が斃れたのに対し、米軍は戦死に負傷含めても6500。
これに対し硫黄島攻防戦は日本側守備隊21000人の全滅と引き換えに米軍死傷者は28000人。
皇軍が敗れたのであれば前者と後者で米軍死傷者が逆であってもおかしくないのに、
これでは本来の日米決戦をやらずして終戦を迎えてしまったとしか思えない。
こういう比較をしてみると、皇軍は本土決戦してこそと思えてくるのだがどうか。
硫黄島や沖縄の日本守備隊はそのために戦略持久で時間稼ぎをしたはずだ。

あと本土における皇軍の対空火力だが、これはGENERAL EAKERが終戦前夜で、
現在の航空兵の死傷者数は一度の任務につきおよそ二パーセントであり、
一月当たりでは約三〇パーセントと認めている通りだ。これは朝鮮戦争
の中朝軍のそれを遥かに凌ぐ水準といえる。日本の戦後高度成長は朝鮮特需
をはじめとするアメリカ支援のお陰というが、それを言うなら中国国民党
はアメリカの支援でいかなる経済成長を成しえたのかと問いただしたい。

★☆チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍☆★

公式にはオリンピック作戦で米軍が見積もった損害は766,700 menのうち
268,000ということになっている。だが朝鮮戦争の米軍は中国のチンピラ
ゴロツキ相手に朝鮮の南半分を確保するのに死傷16万出したとのこと。
よって268,000はあまりに少なすぎると断言できる。上陸以前に神風特攻隊
の突入で水際撃退されていたのではなかろうか。

869 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 19:51:07 ID:OMSSk9oI
アメリカの厭戦ムードも高まる。
したらば撤退だ。
皇軍も天皇制も安泰。やっぱり、本土決戦やっとけば良かった

870 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:06:33 ID:???
http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2005/maca/mac-top.html
マッカーサー米議会証言録

871 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:15:51 ID:ul8fpxW5
昭和19年ごろから国内でも陣地の建築は始めていたが
沿岸部のみで内陸部は殆ど全く手を付けていない

島嶼戦で水際陣地がどうなっていたか分かっていたはずだが
敢えて水際陣地に拘っている


フィリピンでもそうだったが、あくまでも一撃講和であって
長期戦など考えてもいない

事実、食料の備蓄もままならず、陣地を構築する一方で援農班がいたくらいだから…

872 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:19:12 ID:???
清正公が作られた、天下の堅城の熊本城があるじゃないか。
大阪には大阪城が、名古屋には名古屋城がある。
カンペキだ。

873 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:20:59 ID:???
西南の役でも始めるんか
ボケ

874 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:23:13 ID:ul8fpxW5
そうだなお前の脳内なら大阪も名古屋城も燃えずにいるんだろうよ

まぁ小学生の釣りはどうでもいいが
当時は一撃講和ですので長期戦についての備えはないよ

そもそも弾薬も食料も長期戦をするだけの量もありませんから

875 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:26:40 ID:ul8fpxW5
北は北海道から南は鹿児島まで各所の沿岸部に陣地は構築しています

伊勢湾も南北に分断されたり三種の神器が取られないように
防衛陣地がありました

分散しなければならなず、交通網も寸断されている中で部隊の移動もできず
各個撃破されるだけ

876 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:48:43 ID:???
 /{::::::::::::::::/ /                     i      、    ト、|
,/ |:::::::::::::::{/          |  ,/   |、 l    ヽ   | 丶
  |:::::::::::::::/          |  __」  /    斗-=ト、\   │ 【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/
  ∧::::::::::/イ !| l    /レ´/ │/|   / / l|  '.  \  |
, / ∧:::::::::::::ヽ|     / '! /  .|/、| / /_, __|  ム │ヽ l <捏造大好きアホだつおの寝言よりは面白いよ。  
 /  `ー‐/ :! /|  /  | / _,.ニl_` |/   〃⌒' ∧'. |:.、 ヽ!
   / / :::::::|∧! / ヽ' 孑 '⌒` /      '' ' } ヘ |:::::\       みんなも見てみよう!!
  〃/::::::::::::::|:::::| |   '.  ''     丶    ,′ ヽ!::::::::: \
// / ::::::::::::::::::::入∧   、       r‐-イ   .イ   ト- 、::::::::ヘ    きっと勉強になるわ!!
 /:::::::::::::::;: '"/_,.L厶   ト、.    ゝ ノ  /| ト、  |    \::::'.
/:::::::::;: '"厂::::二ニ、::::::ヘ |  \> . _,. <_  l!ノ \.│     \|    マコリンもとってもかわいいの!!
─‐′〃/::/     `ヽ:::.. | 、   \   /.  了'ー─:ヽ|_
    / {:/ ____  \:!::::\   \ |   |:::::ヽ::::::::::::ヽ.
  / ,. <´:::::::::::::::::::`‐-、\::::::\   ヘ|   |::::::::l:::::::::::::::::ト、
. // ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\}::::::::::ヽ.  |   |::::::::::::::::::::::::::| \

877 :だつお:2007/09/06(木) 22:09:28 ID:Gm/9cT33
>そもそも弾薬も食料も長期戦をするだけの量もありませんから

いやいやまだ支那派遣軍百万が健在だから、中国人を殺戮してそこから
中国人油を生成すれば、97式中戦車チハを思う存分動かせるよ。

バイオディーゼルだよ、バイオディーゼル!

そのうち中国人が悲鳴を上げて皇軍に無条件降伏したにきまってるんだ!

878 :イランジン:2007/09/06(木) 22:18:45 ID:cV7gNMbh


>>877
そうですか。  よかったですね。  アホだつお!

879 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 22:34:34 ID:???
だつお...

行った事もない中国のことを考える前に、
自分の人生を考えるんだ!

880 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 02:08:52 ID:???
チンピラゴロツキがどうたらとかあちこちにスレ立ててコピペする前に
自分が30過ぎで非正規雇用者である現実みろっての

881 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 02:46:00 ID:epT7DEpv
実際、本土決戦回避で命が救われたのは日本国民。

内地のバカ参謀とバカ将軍のオールスターキャストなので
上陸後20日くらいで日本軍壊滅の可能性が高い。



882 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 02:57:34 ID:???
だつおって人間じゃないだろう

883 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 03:25:47 ID:???
池沼のヒッキーです。


884 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 03:32:32 ID:???
だつおはヒキパラニートだから仕方ない

885 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 13:22:26 ID:???
イランジンとだつおはうざい。

886 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 19:19:46 ID:???
>>881みたいな馬鹿は参謀にも将軍にもなれないほどの大馬鹿だけどなw

887 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 22:28:57 ID:baV7rcHS
中国本土の百万陸軍をうまく日本に戻せられれば・・・ニヤソ

888 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 22:36:32 ID:???
帝国陸軍を虐殺者集団にしたいのか?日本は蒋介石と和解して
日中対米英の人種戦争にすればよかったんだよ。インド、タイ
も入れてな。アメリカに戦争仕掛けなければ、イギリスとオランダは
日本の全条件をのんだと思うよ。アメリカがケンカ売ってきたら
マリアナあたりで待ち構えて、艦隊決戦すれば圧倒的に日本が強い。
それをやれ蛆虫だ、チンピラだ、ののしるのは勝手だが、そういう
相手だったとしても、人間は人間だろ。中国にだって孫文とか
英雄はいるし、あの戦争がもしちんぴら・ゴロツキ相手の駆除戦争
なんだとしたら、なくなった多くの英霊たちは浮かばれない
と思う。

889 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 22:42:12 ID:???
米軍は敗退しないよ。上陸された段階で日本は終わり。
後はベトナム化して、何千万もが死に、5年も続いて
国土は荒廃。ベトナムはバックに共産勢力がいたが
日本は何もなし。一方的に虐殺されるだけだろう。
だつおがいうように、蛆虫、ちんぴら、ごろつきのようにな。
だからいいときに終戦迎えたんだよ。日本は。
ちょうどお盆で、英霊も帰ってきてるときを天皇は
選んだんだろう。

890 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 22:49:34 ID:???
本土決戦だったらソ連が北海道上陸してただろうな
降伏したからアメリカはソ連の北海道上陸をけん制して諦めさせたが
苦戦してたら喜んで参戦させただろ

891 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:42:04 ID:???
>>887
どうやってまず中国の港まで中国本土の百万陸軍を集めないといけないが、
集めるだけでも大変だし?輸送船も足りりないし日本まで運ぼうにも
米英軍の潜水艦はウヨウヨいるし日本の港は機雷だらけだし、
輸送計画のことを米英などの連合軍が知ったら空襲しまくって
船や兵士は全滅させられるだろう。


892 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 00:38:05 ID:BX767tKt
>>889
アメ公にそんな勇気があればソヴィエトに條約破りの騙し討ちを依頼する必要は無かった。
日本本土決戦で10万人死んだ時点で厭戦気分釀成でで敗退。

893 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 05:43:41 ID:???
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ
大塚愛は盗作パクリ常習犯のチンピラゴロツキ

894 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 21:50:22 ID:???
>892
いや。アメリカが厭戦気分になってもトルーマンは戦争やめない。
原爆も量産できるようになるから、本当に焦土と化す。
おまけに東北以北は共産圏だ。


895 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:44:54 ID:j9ma4EJm
>>893
お前スレ違いで意味不明だからw
消えろ、ゴミが。

896 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 15:21:53 ID:???
>>893
ヤクザ

897 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 17:15:28 ID:cCeNjJJK
原爆10個ぐらい落とせば無敵皇軍も降伏するさ

898 :アンディ大佐:2007/09/09(日) 20:01:30 ID:2k4owWVx
東京に地下基地計画があったらしい

899 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 20:13:43 ID:???
地下からマジンガーZが出撃

900 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 20:59:30 ID:RsZ3TaYe
トルーマンが大統領選で落選。撤退
常考

901 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 22:04:28 ID:???
>朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

バックにソビエト連邦という超大国がいて、潤沢な武器援助をしていた
からだよ。だからアメリカはあれ以上戦えなかった訳だよ。


902 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 22:06:22 ID:???
日本もソ連の傘下に入って武器援助を受ければ負けないわけだよ。
日本一国でどうやって勝つのよ?

903 :名無し三等兵:2007/09/10(月) 10:52:46 ID:???
無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活、
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活、
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー


904 :だつお:2007/09/11(火) 21:09:00 ID:Nt+LaWp5
http://www.crnjapan.com/abuse/aarticles/2007/ja/20070627-15yo_dumps_corpse_miyagi.html
自宅で女児出産、遺体を押し入れに…高1女子生徒を逮捕

自分の尻から出てきた肉の塊を棄てただけで、何で犯罪になるんだ?
ウンコは下水道に流してもよいのなら、赤ん坊だって棄てていいはずだろ。

おい、なんとか言えよ、おい!

905 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 21:12:12 ID:???
文句があるなら刑法に言え。

906 :いい加減、働けよニートはw:2007/09/11(火) 21:44:51 ID:???
26 名前:だつお[] 投稿日:2007/09/11(火) 19:31:19 ID:FkiHvd7Y
>「産む機械」だの「原爆しょうがない」だの「うつくしいくに」だの、

今の日本人は自己認知がしっかりできていないから、総理にも指導力がないし、
ちょっとしたことでキレて暴力に走る若者が増え、公務員も堕落していく。
だが総理大臣ともあろうものが、日本の内政問題よりもブッシュに媚びる
対米追従外交に「職責を賭ける」などという認識ではどうもならん。

自分も趣味で政策論議をやるが、それも飽きたら「リネージュ」や
「ラグナロク」といったネットゲームの世界に帰ろうと思う。

907 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 22:59:10 ID:???
だつおもウンコといっしょに流していい?

908 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 21:29:49 ID:???
日本全国民が玉砕すればアメリカは戦争に勝利しても何も得る物が無く経済的な大打撃を受けてソ連に勝てずにアメリカは滅びた

909 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 04:19:18 ID:???
日本本土上陸を敢行した場合、日本政府が敗北する可能性は高い。
ただし、硫黄島や沖縄上陸戦で想定外の損失を出した米軍は損害及び戦費が
莫大になるのを警戒したし、勝利したとしてもソ連の介入で北部をソ連軍に
上陸されてしまったり、それがなくても赤化運動でギリシャの二の舞になりかねない。
そして日本赤化の危険性は戦後の東西バランスを著しく狂わせる可能性が高い。
上陸作戦は敗退以上に酷い影響を後に残す可能性が高いので、やらないで正解だろう。
下手したらまた日本も米ソの戦火に巻き込まれていたかもな。

910 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 14:59:42 ID:???
>>907
良いよ

911 :だつお:2007/09/15(土) 22:14:25 ID:jYysGmIU
>ハルノート、満州事変の前の状態に戻すこと
>朝鮮や台湾、南洋諸島はそのまま日本の領土
>
>ポツダム、全ての植民地の放棄に加え、
>沖縄や小笠原等の島々も放棄…

朝鮮や台湾それに北方領土や南海の孤島にいかほど値打ちがあったかと。
ただ強いて言うなら台湾という先進工業地帯が中国人支配になったのが残念。
この辺の事情は金美齢や黄文雄の著作が良く書かれているであろう。
またそれをいうならイギリスはマレー・ビルマ・インドはもちろんのこと、
スエズ運河の権益保持さえも認められなかった。

結局エルアラメインにさえもユニオンジャックは揚がらなかったんだよ!

912 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 22:25:34 ID:???
いい加減働けよニートは

913 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 22:49:09 ID:???
最下層に目を向けても仕方がないので、最下層の一つ上の層にだけ注目しておくことにした。

大体ニートが職場にしゃしゃり出ること自体が会社の迷惑。

914 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 00:05:46 ID:???
×会社→○社会

915 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 20:55:43 ID:NllfG/8Q
だつおって真正ニート?
ホント幸せそうなやつだね。

916 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 00:52:42 ID:???
村上龍の5分後の世界っていう本土決戦後の現代日本っていう
パラレルワールドを舞台にした作品あったなぁ
まあ、その作品の中では日本は列強に分割占領、日本人7割〜8割死亡
という凄まじさでしたが

917 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 03:48:53 ID:???
もし日本が降伏しなかったらといういわゆるディストピア系物語では大抵悲惨な日本の国情が綴られていることが多い
まあ、実際そうなるんだろうな

918 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 09:39:29 ID:???
まあ、北朝鮮みたいになるんだろう
天皇を将軍様みたいにあがめつ核開発でどうのこうのして
瀬戸際外交で、どこに逃げればよいのやら
台湾だろうか

919 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 16:48:40 ID:???
国際社会から孤立するだろうね。
友好国が一つもない。

920 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 17:12:18 ID:???
日本がどうなろうとアメリカが潰れれば勝ち

921 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 17:25:13 ID:???
俺がどうなろうと>>920が死ねば勝ち

922 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 19:00:28 ID:gLdo2PY4
守るほうが有利、本土決戦なら勝ってた。

923 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 20:12:18 ID:CxG9SsqP
>>922
その通りだな。

米軍が日本侵攻に自信があれば、原爆なんて使わなかったハズだよ。
敗北の可能性を憂慮したからこそ、非人道的な殺戮兵器を使って戦争終結に導いたワケなんだし。

帝都侵攻はおろか、九州南部制圧も無理だったと思われる。

924 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 20:14:16 ID:???
まったく持って軍オタの頭はお花だらけ

925 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 20:15:25 ID:???
沖縄は取られちゃったね

926 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 20:16:36 ID:HyRecD4+
全く小学生どもは…
何で開発した新兵器を使わないわけ?
普通プルトニウムとウランタイプがあるんだから、
それぞれ使って効果を確かめてみたいだろ?

それにキミは子どもだから知らないだろうけど、
ちゃんと本土決戦後も原爆を使う予定だったよ

927 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 20:43:46 ID:???
え、どこで?

928 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 08:13:24 ID:???
そこらじゅうで。

929 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 10:11:45 ID:???
そもそも論だが満州や朝鮮なんてDQNな地域を直接統治するからダメになる!百害あって一利無しだw
満州は遼東半島を押さえてたら軍事的には問題無いだろ。
満州と朝鮮には親日政権を樹立させ自活させるのが正解だった。
朝鮮も仁川、釜山、濟州、元山などを租借か割譲させれば軍事的にはおkで全土支配はマイナスだ。
山東も要らんし日本は台湾と南洋だけは海洋国家で自活する為に必要だが大陸には親日政権があればよい
日露以降は軍事的にも外交的にも将に最悪の政策だなw
樺太や千島、北海道も開発が半ば何だからそっちに重点を置き
石炭と鉄鉱石を満州と朝鮮から輸入して綿製品や工業品を輸出する
先の租借や割譲で貿易港を軍事的に支配すれば欧米に好き勝手される心配は無い

930 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:09:07 ID:EokYUo8O
>>926
なぜ沖縄と硫黄島でそれぞれ使わなかったんだい?

米軍は苦戦していたし、多数の将兵が死傷していたのに?

931 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:12:20 ID:???
>>930
たんに配備が間に合わない。

932 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:22:30 ID:???
まあ最初の原爆実験が1945年7月16日だからねえ
沖縄も硫黄島も終結してるがな。

933 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:57:31 ID:SSMNhVql
小学生にとっては原爆がいつ作られたかさえ分からない

分からないくせに馬鹿を全世界に貼り付けるのだから
小学生の思考は理解できん



934 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 22:20:38 ID:9pyETH1S
死ぬことを恐れないの人が一番強い。本土決戦の山間部伏兵竹槍奇襲隊に恐れをなして敗走してたことだろう。

935 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 22:23:52 ID:???
日本が本土決戦していれば日本人が滅びる前にアメリカはソ連に敗れて日本は勝っていた

936 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 22:28:06 ID:???
御前会議でそんな馬鹿なことほざいたら摘み出されてオシマイ。
終戦間際の陸軍三暴ですらもっと現実を認識して本土決戦を立案してるよ。

937 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 22:30:28 ID:???
死ぬことを恐れないなら死んじゃえば良いんだろ?
それでみんな満足。

938 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 22:32:20 ID:9pyETH1S
>>936
揚陸艦は伏龍で撃破、上陸できた戦車は伏兵で後ろから乗りこみハッチから竹槍攻撃、歩兵には伏兵竹槍が有効。竹槍は北ベトナム軍がF-4を撃墜するほど有効な兵器だよ。

939 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 22:58:59 ID:???
その伏龍だが刺突爆雷は生産できず、当の軍が予定してる待機場所が
伏龍の限界水深より深く机上の空論状態。
ではと逆上陸して背後から米兵を敵襲と思えばまともな火器がなく
ベルグマン短機関銃が来たかと喜べば部品欠品のゴミ同然。
そも転倒もしくは衝撃があれば苛性ソーダが逆流して隊員が死ぬような
代物だし。
竹槍よりも棒状に物に刃物を固定して長刀にしてたものを推奨してたと
記憶してたがあまり変わらないか。
竹槍や刺突何某の類は植生の発達した日本ならではのものといってみたり(無意味

940 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 19:43:19 ID:???
広島と長崎に落とした原爆、いくらしたと思ってるんだ。
しかも、あれでひとまずストック終了。次の爆弾に時間もかかる。好き放題落とせる訳じゃない。
それから、あの爆弾は確かに都市等の密集地帯破壊には向いているが、広域制圧には向いていない。
破壊区域が狭すぎる。朝鮮戦争でもマッカーサーは大量の原爆を求めた。より広い日本相手に一体
何発必要になるのか判らない。

さらに問題なのは無差別虐殺兵器であり、なおかつ残留毒性が強い事だ。
後々の国際的非難に晒される上、そんなとこに軍を侵攻させたいか?

941 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 22:34:47 ID:???
>>1-940と、本土決戦になれば米軍は大損害を被って敗退を余儀なくされるだろうと
まことしやかに言ってのける連中が、日本軍による米本土決戦はいかにも現実的で
あるかのように語っている件。

942 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 23:00:18 ID:0RmWNt3/
>>941
真珠湾を奇襲し、開戦と同時に米太平洋艦隊を行動不能にしましたが何か?
キスカやアッツ等の米領土を占領しましたが何か?

943 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 23:04:34 ID:???
>>942
米軍は日本本土を空襲し、日本の全艦隊を行動不能にしましたが何か?
硫黄島や沖縄等の日本領土を占領しましたが何か?

944 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 23:22:58 ID:???
>>941
一緒にするなw
だいたい頭が変な連中の代表のように語られる陸海の参謀連中の方が
まだこいつらより現実を認識してるんだからw

945 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 01:28:39 ID:???
>>940
本土上陸作戦は46年からやることになってたからそれまでに何発か原爆作れる余裕はあるな
主要都市全部に落とせる量ほどはないが日本の主要工業地帯はわずかな地域に集中しとるし

それと、放射能なんてとんだ副作用の存在は当時の米軍はあることすらほとんど気づかなかった。

946 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 01:47:13 ID:???
>放射能なんてとんだ副作用の存在は当時の米軍はあることすらほとんど気づかなかった。

ちょwwwおまえwwww
戦略爆撃調査団は原爆落ちた場所は数十年草木が生えないという予想を覆されて驚いてたおw

947 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 05:10:00 ID:200T8SVb
さすがに2ちゃんだけに実に程度が低い!

放射能の影響はないとか、本土上陸が46年からとか
まいった!

こういった無知な馬鹿が声高に喚くのが2ちゃんなんだね

948 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 06:57:19 ID:Lj91l+h+
そんなのあめぞうからじゃないか

949 :だつお:2007/09/25(火) 21:03:41 ID:DsAmltIW
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

950 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 21:08:13 ID:QmMtKwzm
>>943
>>日本の全艦隊を行動不能にしましたが何か?

長門、葛城、雪風をはじめ、多くの軍艦が行動可能状態でしたが何か?

951 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 21:25:01 ID:???
>950
雪風はまあいいけど、長門や葛城まで「行動可能」に入れるのか?
いや、長門は燃料を入れれば、全く動かないという状態じゃなかった
かもしれないが。

952 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 21:43:16 ID:???
長門は東京湾にいたはずだから呉大空襲を食らわなくて済んだけど、
問題は東京湾には機雷がプカプカ浮いてるから外洋に出られない事なんだよね。

953 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:00:33 ID:QmMtKwzm
無傷なのか、機雷があるかは関係ないんじゃない?
大切なのは航行できるかどうか、でしょ。
大破着底した伊勢、日向、そして榛名に利根。横転した天城はさすがに無理があるが。

954 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:07:26 ID:Esv81E/F
行動できたとして、なんか意味あったの?

955 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:09:04 ID:???
>>943がウソだという証拠になる。

956 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:11:20 ID:lYwxJppT
>>947 本土上陸は46年で大体間違い無いと思うよ、
準備からして12月以降だろうけど真冬に上陸作戦やるとは思えん、早くても3月じゃね?

957 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:36:46 ID:b5d5MSvs
↑実に2ちゃんらしい馬鹿な発言だね

乏しい知識から来る妄想ってホント素晴らしいね


そんな知恵遅れなキミにはオリンピック作戦で検索してごらん
キミが唯一できる手段であるネット検索で調べてみるんだな

958 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:42:54 ID:b5d5MSvs
長門なんざ沿岸砲台としての役割しかないぞ

燃料なんて大和特攻以降、作戦ができるだけの量はない
大和の時でさえ、護衛艦は中国からの大豆油での航行だぜ
まぁだから朝霜のように作戦中に機関故障となるわけだが

959 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:46:41 ID:???
松根油も混じっていたわけで。
これの不燃性のおかげで助かった将兵もいるんだけど。

960 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:47:59 ID:???
>955
飛行甲板に大穴が開いてるけど「とりあえず動かなくは無いです」なんて空母を、
「行動可能」に入れる意味があるのか?

961 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:51:53 ID:b5d5MSvs
大和特攻の歳に松根油が混じっていて
それで助かった兵がいるなんて初めて聞いた
具体的にどの艦でどう助かったのか?

962 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 23:13:14 ID:b5d5MSvs
やれやれ小学生どもは、みんなお寝むか…

それにしても本土決戦は三月ごろじゃね?とか
どうして、誰でも分かる簡単で基礎的なことすら知らないのだ?
小学生だから当然かもしれないが…

963 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 23:32:01 ID:???
>>961
今店頭に出ている半藤一利編の本。
その中で吉田俊雄が大和特攻について書いた章に載ってる。
洋上に漂う将兵が油塗れになりながらも銃撃で引火しなかったおかげで助かったと。

964 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 01:19:22 ID:???
>>962 

オリンピック作戦は11月予定だったが関東上陸のコロネット作戦が3月予定だったのは真冬を避ける為

オリンピック作戦が11月なのも鹿児島沖なら水温がまだ暖かいから

むしろ>>956の着眼は的を射ている
単純にネットの受け売りだけで否定するお前の方が馬鹿

965 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 06:31:28 ID:BnZ2BO6V
やれやれ…

本土決戦は46年で間違ないとか言っておきながら、必死で言い訳か…

慌てて検索して己の間違いに気がついても
間違いを認められないというのは、実に2ちゃんらしい愚かな書き込みだね

966 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 21:59:19 ID:klZvAiie
>>960
飛行甲板に大穴が開いていようがいまいが、「とりあえず動かなくは無いです」状態なら、いわゆる「行動可能」状態と言うんじゃね?
行動可能の軍艦が一隻以上あれば、943の「日本の全艦隊を行動不能にしましたが・・・」が間違いだったと証明される。
もっとも943は恥ずかしいから来ないと思うが。

967 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 22:05:35 ID:???
じゃ、一つ一つ言葉の定義を明確にしよう。
まず、「大破」からだな

968 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 22:14:11 ID:???
動くだけじゃあ船としては行動できても軍艦として行動できてるとはいえないだろ

969 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 22:33:08 ID:???
艦隊と言う表現を使ってるんだから
少なくとも軍艦としての行動は最低条件だろう

970 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 23:25:09 ID:???
>966
空母の残骸でクルーズするのが趣味だというなら知らず、あの状態の葛城が「空母として
行動可能」とはとても言えまい?
まあ、仮に飛行甲板が無傷でも、乗せる航空隊がないけど。

971 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 07:11:28 ID:???
航空機があってもこれまた航空機に乗せるパイロットがいない
パイロットがいてもこれまた練習させる燃料すらない

972 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 10:32:12 ID:???
日本本土決戦 米軍敗退の可能性 3

http://p2.chbox.jp/read.php?host=hobby9.2ch.net&bbs=army&key=1169177126&ls=all
(前スレ)日本本土決戦 米軍敗退の可能性 2

ガタルカナルでは日本兵25000が斃れたのに対し、米軍は戦死に負傷含めても6500。
これに対し硫黄島攻防戦は日本側守備隊21000人の全滅と引き換えに米軍死傷者は28000人。
皇軍が敗れたのであれば前者と後者で米軍死傷者が逆であってもおかしくないのに、
これでは本来の日米決戦をやらずして終戦を迎えてしまったとしか思えない。
こういう比較をしてみると、皇軍は本土決戦してこそと思えてくるのだがどうか。
硫黄島や沖縄の日本守備隊はそのために戦略持久で時間稼ぎをしたはずだ。

あと本土における皇軍の対空火力だが、これはGENERAL EAKERが終戦前夜で、
現在の航空兵の死傷者数は一度の任務につきおよそ二パーセントであり、
一月当たりでは約三〇パーセントと認めている通りだ。これは朝鮮戦争
の中朝軍のそれを遥かに凌ぐ水準といえる。日本の戦後高度成長は朝鮮特需
をはじめとするアメリカ支援のお陰というが、それを言うなら中国国民党
はアメリカの支援でいかなる経済成長を成しえたのかと問いただしたい。

★☆チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍☆★

公式にはオリンピック作戦で米軍が見積もった損害は766,700 menのうち
268,000ということになっている。だが朝鮮戦争の米軍は中国のチンピラ
ゴロツキ相手に朝鮮の南半分を確保するのに死傷16万出したとのこと。
よって268,000はあまりに少なすぎると断言できる。上陸以前に神風特攻隊
の突入で水際撃退されていたのではなかろうか。

973 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 16:48:49 ID:jRzTftmd
アメリカ軍が上陸しなくても

アメリカ海軍が海と空から日本を海上封鎖すれば日本は戦わずして干上がるわけで。

どう転んでもアメリカ有利、日本不利


巨大爆弾落とすよりも物資の補給を断ち切られるほうが実態は辛いわけで。
戦争の勝敗は感情的に決まるわけじゃなく、物資と工業力。

日本は必要量の、石油が産出しない、鉄鉱石が産出しない、チリ硝石が産出しない

アメリカ軍にしてみれば、上陸しなくても日本を海上封鎖するだけでOK
海上封鎖は犠牲小にして効果大

上陸は犠牲大にして効果小

弾を当てたほうが勝つと思ってた時期が俺にもあったけどね。


弾を撃たずに貿易封鎖するのが大人のやり方。

974 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 18:48:02 ID:ZM0rENfy
夏の降伏時点で家畜にあげる塩すらなかった日本の実態。
秋には人間に食わせる塩すらないと見積もられていた日本の実態。
戦争が終わってすら、その年の冬に大量の餓死者を出した日本の実態。

どこに本土決戦とやらをやる余裕があったやら。

975 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 18:55:33 ID:???
南京で100人切りして、弾薬の消費無しで三〇万人殺した、
ガンダムという物が日本軍にはあるんだから問題ないだろw

976 :だつお:2007/09/27(木) 19:53:51 ID:Jme36Fhz
>どこに本土決戦とやらをやる余裕があったやら。

 中国のサンフランシスコ駐在の王雲翔総領事は四月二十二日にサンフランシスコ
大学で開かれた「日本の戦争記憶問題と対決する」と題するシンポジウムで基調演説者
の一人として発言した。王氏の発言内容は複数の参加者による録音報告で一般にも明らかとなった。
 王総領事はまず日本の対中侵略についてとして(1)一九三一年の中国東北部の占領
から四五年の終戦まで日本軍は中国人民に対しホロコーストを働き、合計三千五百万人
の中国人を殺した(2)三七年に南京を占領した日本軍は六週間で三十万人の中国人を殺した
(3)その際、日本軍将兵は殺人の競争をした(「百人斬(ぎ)り」への言及)−などと述べた。
http://kaz1910032.hp.infoseek.co.jp/cina140505.html

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありません
でした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、興隆県の中でこの13年の間に5万人
くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの
区に対する不完全な統計によると、人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人
が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は16万人
くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。
6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

<昭和20年8月11日支那派遣軍総司令官岡村寧次大将の電報>
・・・数百万の陸軍兵力が決戦を交えずして降伏するが如き恥辱は、
世界戦史にその類を見ず、派遣軍は満8年連戦連勝、未だ一分隊の玉砕
に当たりても、完全に兵器を破壊し之を敵手に委ねざりしに、百万の
精鋭健在のまま敗残の(蒋介石の)重慶軍に無条件降伏するが如きは、
いかなる場合にも絶対に承服し得ざる所なり・・・
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog151.html

977 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:54:05 ID:xMnJrowS
海上封鎖などでへこたれるような国ではない!!
一億玉砕!!神州不滅だ!!

978 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 20:49:52 ID:???
>>976
>どこに本土決戦とやらをやる余裕があったやら。
・・・その引用はこの理由に全くなってないんだが?

979 :だつお:2007/09/27(木) 21:11:04 ID:Jme36Fhz
>・・・その引用はこの理由に全くなってないんだが?

中国人という下等生物を面白半分で3500万をミンチ肉にするのと、
日本本土で米軍を迎え撃つのとは、やはり違うということなのか?

チンピラゴロツキ蛆虫の3500万ではまだ殺し足りなかったか?

米軍が日本本土に迫ってきたからといって、折角盛り上がってきた中国チンピラ
ゴロツキハンティングゲームを、すぐに終わらせるつーのはもったいないと思うが?

980 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 00:54:17 ID:???
だつおは中国に行って戦ってきていいお

981 :だつお:2007/09/28(金) 10:36:08 ID:+1YezPzh
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

982 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 12:30:54 ID:???
働きもせず誰にも相手にされない書き込みして掲示板で脱糞しているだつおより
うちの近所のコンビニで一生懸命働く深夜シフトの中国人留学生のリーさんのほうが
どう考えてもまともな存在のような気がするんだが。

だつおよ
お前はゴキブリ以下の存在なのか?

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

983 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 13:44:33 ID:???
26 名前:だつお[] 投稿日:2007/09/11(火) 19:31:19 ID:FkiHvd7Y
>「産む機械」だの「原爆しょうがない」だの「うつくしいくに」だの、

今の日本人は自己認知がしっかりできていないから、総理にも指導力がないし、
ちょっとしたことでキレて暴力に走る若者が増え、公務員も堕落していく。
だが総理大臣ともあろうものが、日本の内政問題よりもブッシュに媚びる
対米追従外交に「職責を賭ける」などという認識ではどうもならん。

自分も趣味で政策論議をやるが、それも飽きたら「リネージュ」や
「ラグナロク」といったネットゲームの世界に帰ろうと思う。


(親の叫び) 穀 潰 し は 早 く 働 い て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

984 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 14:20:08 ID:/lTAEoTb
そのチンピラゴロツキに、文字やら耕作やら法制度やら、方位磁針やら紙やら
火薬やら製鉄やら、全て教えていただいたニポンのご先祖様は、ゴキブリ以下だというのが
だつおの理屈の行き着くはてなわけで。

985 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 14:41:14 ID:???
大きな間違いだろう
世界に通用する技術がチャンコロにあるか?

986 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 16:01:33 ID:???
シナからチョンに渡ったといわれる嘗糞文化
と同じくそのように渡った人食・犬食文化は
さすがに倭人は受け入れなかったようだ

987 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 16:29:05 ID:Rji6aVP1
本土決戦て言っても、軍備のみならず食料不足の状態でどうやって戦争継続
できるの?

988 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 16:37:07 ID:ahDomodd
農家が作る米を食えばいい

989 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 16:43:07 ID:???
本土全体が補給拠点。
補給線も大幅に縮まるし、少量ずつ絶え間なく送れるので
南方輸送のように少数の輸送船に満載して撃沈されれば
すべて海の藻屑なんて事態もない。

990 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 16:55:52 ID:???
頭の悪い奴が多いな

脳みそ軽いんだろうな

991 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 17:02:48 ID:???
輸入が止まって食糧の配給をさらにへらさにゃならんとか、塩が配給できなくなるから
国民が斃死するだろうとかいう状態で、
> 本土全体が補給拠点。
もないもんだが。

992 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 17:04:07 ID:???
たしかに987は頭が悪いわ
食糧事情では
沖縄戦は硫黄島や南方戦線の様にはならなかったからなー
もっとも準備するまもなく着の身着のままで逃げてた住人は
酷かったらしいがな

993 :だつお:2007/09/29(土) 17:04:50 ID:dYeWwOqd
>輸入が止まって食糧の配給をさらにへらさにゃならんとか、塩が配給できなくなるから
>国民が斃死するだろうとかいう状態で、

支那派遣軍百万が健在だから、中国から搾り取ればよいだけのことだ。
輸送は全て中国苦力にやらせるようにすれば、空襲だろうが封鎖だろうが、
死ぬのは専ら中国人のほうだ。

994 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 17:06:30 ID:???
沖縄戦は二ヶ月程度で終わってるだろう
長期戦とはわけが違うだろう

995 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 17:07:57 ID:???
>>993
空母でも貼り付けられたら
一隻もたどり着かんぞ

しかもすぐ降伏するだろう

996 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 17:09:47 ID:???
>>994
硫黄島は2週間で食糧危機だわ馬鹿タレ

997 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 17:14:11 ID:???
日本本土決戦 米軍敗退の可能性 3

http://p2.chbox.jp/read.php?host=hobby9.2ch.net&bbs=army&key=1169177126&ls=all
(前スレ)日本本土決戦 米軍敗退の可能性 2

ガタルカナルでは日本兵25000が斃れたのに対し、米軍は戦死に負傷含めても6500。
これに対し硫黄島攻防戦は日本側守備隊21000人の全滅と引き換えに米軍死傷者は28000人。
皇軍が敗れたのであれば前者と後者で米軍死傷者が逆であってもおかしくないのに、
これでは本来の日米決戦をやらずして終戦を迎えてしまったとしか思えない。
こういう比較をしてみると、皇軍は本土決戦してこそと思えてくるのだがどうか。
硫黄島や沖縄の日本守備隊はそのために戦略持久で時間稼ぎをしたはずだ。

あと本土における皇軍の対空火力だが、これはGENERAL EAKERが終戦前夜で、
現在の航空兵の死傷者数は一度の任務につきおよそ二パーセントであり、
一月当たりでは約三〇パーセントと認めている通りだ。これは朝鮮戦争
の中朝軍のそれを遥かに凌ぐ水準といえる。日本の戦後高度成長は朝鮮特需
をはじめとするアメリカ支援のお陰というが、それを言うなら中国国民党
はアメリカの支援でいかなる経済成長を成しえたのかと問いただしたい。

★☆チ ン ピ ラ ゴ ロ ツ キ も 撃 破 で き な か っ た 米 軍☆★

公式にはオリンピック作戦で米軍が見積もった損害は766,700 menのうち
268,000ということになっている。だが朝鮮戦争の米軍は中国のチンピラ
ゴロツキ相手に朝鮮の南半分を確保するのに死傷16万出したとのこと。
よって268,000はあまりに少なすぎると断言できる。上陸以前に神風特攻隊
の突入で水際撃退されていたのではなかろうか。

998 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 17:14:43 ID:???
ppp

999 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 17:15:14 ID:???
1000get

1000 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 17:16:13 ID:???
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

350 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)