2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【監視】旧日本軍弱小列伝17【雑談】

1 :名無し三等兵:2007/08/31(金) 23:43:03 ID:mCeiTVdD
「旧軍はヘタレだ!」
「いまさら何を……」

軍事界の空想科学読本にしてスペック厨、印象操作大好きっ子な管理人
旧軍を貶めるためなら機体の世代が違ってもOK、飛ばない試作機でも出して比較し、
突っ込みを食らえば履歴も残さずこっそり訂正。先制攻撃を受ければ公開延期。
アクセス数を稼ぐためなら宣伝も辞さない素敵な運営態度などを生暖かく見守るスレです。



【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/
管理人の小遣い稼ぎに使われてるのでクリック非推奨

世界最低中戦車チハ ttp://www.luzinde.com/meisaku/tanks/chi-ha.html
逆襲の三式中戦車チヌ ttp://www.luzinde.com/meisaku/tanks/chi-nu.html

空飛ぶ納屋の戸 零式艦上戦闘機(前編) ttp://www.luzinde.com/meisaku/zero/1.html
中編 ttp://www.luzinde.com/meisaku/zero/2.html
後編 ttp://www.luzinde.com/meisaku/zero/3.html

大日本帝国database ttp://www.luzinde.com/database/main.html

ドイツ戦艦ビスマルクは世界一ィィィイイイ ttp://www.luzinde.com/meisaku/bismarck/1.html
後編 ttp://www.luzinde.com/meisaku/bismarck/2.html

世界史資料 ttp://www.luzinde.com/database/main2.html

前スレ
【哀号!】旧日本軍弱小列伝スレ16【馬管理人】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1185285735/

2 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 00:18:22 ID:???
>>1
乙です。
しかし、永遠に新コンテンツは出ないようだなw
管理人ご本人様は煽りスレ/レス書くだけの痛い厨房になっちゃったし
当初の勢いはいずこへ…

3 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 00:33:22 ID:???
旧軍の悪癖を身を以て伝える失笑と嘲笑の伝道師、ヘタレ管理人の明日はどっちだ

4 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 01:57:05 ID:???
>>1も同じバカだとよ〜く分かってけどなw

5 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 02:25:38 ID:???
何か書くと管理人認定されるスレもどうかと…

6 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 03:15:08 ID:???
何か書くと24時間常駐厨に管理人認定されるスレもどうかと…


7 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 05:46:25 ID:???
何か書くと24時間常駐厨に管理人認定されるスレもどうかと…


8 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 05:47:10 ID:???
>>1

糞ウヨ氏ね

9 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 06:05:45 ID:???
毎日24時間張り付いてる皇軍厨には誰も勝てないからw

10 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 11:28:12 ID:???
>>5
>>6->>7みたく、言われた事を鸚鵡返しで返す粘着厨ってのも痛いねぇw
スレ立てた奴の精神年齢がよく分かる。

11 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 12:32:49 ID:???
>ソ連のオーパーツとか言われる、異常に高性能な500馬力のディーゼルエンジンですが、
>もとはドイツ製ディーゼルエンジンのコピー品だったんです

これは訂正した方が良いんでネ?

12 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 14:06:57 ID:???
このスレが1000行く前に>>11の指摘したトコが訂正されるに100ガバス

13 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 14:47:30 ID:???
管理人にはもうそんな気力は残ってない、に100変造ウォン
サイトは人生の汚点としてもう振り返りたくないってのが本音じゃなかろうかw

14 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 14:49:08 ID:???
>13
それなら未だにちょこちょこと煽り文の改装に手を染めたりしないって。
あれはまだやる気が残ってる子。

15 :だつお:2007/09/01(土) 21:23:41 ID:gO0W0+xp
つーかま、四式戦疾風は在支米14航空軍を相手に制空権を守り抜き、
大陸打通作戦中国チンピラゴロツキ殺戮街道3000キロを成功に導いた
というくらいの値打ちはあるわけだがな。

戦争で大事なのは、中国人という「ウジ」をいかに効率よく殺戮するかだ。
中国人の恐怖と嗚咽は、皇軍兵器があまりに優秀すぎたためだ。やはり世界
有数の磐石な工業基盤を有する皇国にとって、中国人は殺戮の標的物として
涌いてくるだけの「ウジ」に等しかったといえよう。

四式戦嫌いの人には、少しでも四式戦の活躍を書くと不愉快かもしれない。

それならそれでも構わない。大陸打通作戦ではマッターホルン作戦以降、
皇軍は敵機が乱舞する戦域で敵の領土を3000キロ進撃できるものかと。
もしかして知能障害でチンピラゴロツキの中国人は、38式歩兵銃の銃剣
突撃でションベンちびってみんな逃げ出してしまったということなのか。
あるいは皇軍兵士の鍛え上げられた肉体は、近代兵器などなくてもグレイシー
柔術を駆使して中国人どもを血祭りにあげていったのか。97式中戦車チハは
飛行機よりも素早くて、その57ミリ砲が火を吹けば即ち中国人という中国人
を虫けら同様に殺戮しまくって、殺戮が楽しくて楽しくてやめられない止まら
ないカッパエビセン方式に殺し尽くす、「走るアウシュビッツ」であったと。

16 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 21:27:21 ID:???
>>9
皇軍ってのは陸軍のことだから、
零戦厨を皇軍厨と呼ぶのはおかしい。
海軍厨と呼べ。

17 :だつお:2007/09/01(土) 21:29:17 ID:gO0W0+xp
中国で共産主義革命が起こって国民党が潰れた、共産主義の脅威を認識せよ?

バカバカしい。

それは国民党のチンピラゴロツキが、チンピラゴロツキ同士の内部矛盾に
耐えられなくなって、幾何学で爆発してしまったというだけのことだ。

チンピラゴロツキうじ虫が沢山涌いてくる場所を指して「中国」、
その一つ一つを指して「中国人」と呼ぶ。

中国人という中国人は、みんなみんなチンピラゴロツキ。
皇軍に虐殺されるために涌いてきたチンピラゴロツキ。

日本との貿易はイカンそれらは密貿易だから止めるべきだって?

 な ら 貿 易 そ の も の を 止 め ち ま え !

済南事件や通州事件での日本遺留民に対する略奪暴行は正当だった?

 な ら 暴 力 革 命 で 私 有 財 産 制 を ぶ ち 壊 せ !

貿易を止めて、全企業を潰して、共産党人民公社だけにすればいい。
そもそも中国人に自由主義市場競争なんて必要ない。そして共産主義
のイデオロギーで私有財産も否定して全てを国営でやれと言いたい。

18 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 02:57:57 ID:???
>>10
アホウヨ氏ね

19 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 07:54:59 ID:???
>>16
零戦厨なんかに、海軍全体を巻き込むんじゃ無い。

20 :だつお:2007/09/02(日) 12:33:28 ID:R/x4nkMS
>世界の戦場を駆けた「P-51」(渡辺洋二)
>[対日戦のマーリン・ムスタング]
> 太平洋戦線で最初にマーリン・ムスタングを装備したのは、中国大陸の第14
>航空軍の1隊として、すでにP-51Aで戦っていた第23戦闘グループの第76戦闘
>飛行隊。1944年2月からP-51Bへの改変を進め、C型も加わった。9月以降さらに
>2個飛行隊が、P-40から切り替えられていく。

大陸打通作戦を迎え撃つ米中側は、最新のツールをもって臨んだことは疑いない。
しかしながらそれはチンパンジーを最新兵器で武装させて人間に対抗させよう
という試みと同じで、中国人の絶望的な知能障害を補うものでは決してなかった。
チンピラゴロツキに航空支援で追い風吹かしたつもりが、逆にチンピラゴロツキ
を大量殺戮する口実を皇軍に与える結果となってしまった。

すごい、すごい、四式戦疾風はすごい。大陸打通作戦3000キロを遂行するには、
制空権の確保が必要最低条件だったはずだ。敵機が乱舞する戦域で進軍できるはずない。

チンピラゴロツキに追い風吹かしても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
古代史からずっと優秀な人材は渡来人として日本へ流れ、中国人はその残りカス。
97式中戦車チハは大陸打通3000キロを縦横無尽に駆け回り中国人という
中国人を虫けら同様に殺戮して、「地獄の大車輪」と呼ばれるようになった。

インベーダーゲームだよ、インベーダーゲーム。

ガキのころお前らもインベーダーをピュン、ピュン、ドンと撃ちまくって遊んだろ。
97式中戦車チハならもっと素敵な中国チンピラゴロツキ五月雨射撃ゲームができるよ。

21 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 12:58:43 ID:???
普通叩かれてる当人がこういう場所に書き込んだりしたらバレバレだから
書き込むわけがないと思うんだが、自サイト立ち上げてまで電波垂れ流す奴
だからここで色々突っ込まれたら身分を隠してでも反論を書き込まずには
いられないんだろうね。

22 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 16:03:41 ID:???
だからそういう妄想書くのはお里が知れるぞ

23 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 16:52:24 ID:???
つーかこういう個人のサイトの監視なんて
ネットウォッチ板でやるものであって完全に板違いだろ

24 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 17:00:58 ID:???
監視?
玩具を弄繰り回すことを「監視」と言うのですか?
これまたユニークな意見ですな。

25 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 17:08:25 ID:???
どーでもいいけど、
ネットサヨってなんで管理人みたいに下品で底意地の悪い人間が多いんだろう?
傍から見ると彼らの掲げる正義と、行動・態度との間に深刻な矛盾を抱えてるように見えるんだけど。

もしかして自覚してないのかな?


26 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 18:46:35 ID:2rv7TDFL
ネットウヨも同じで迷惑この上ない


どっちも迷惑にならないところまで飛んでいってくれないかな

27 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 18:49:46 ID:???
>>23
板違いでもスレの話題が尽きようと、自作自演とガキ染みた屁理屈をごねて粘着続行。
それが精神異常者>>1のクオリティ。
>>24>>25見てりゃ分かるけど、リア工位のコヴァ厨らしいw
餓鬼は大人しく勉強した方がいいよw

28 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 20:24:06 ID:???
>>自作自演とガキ染みた屁理屈をごねて

完全無欠に管理人さまご自身のことですね(笑

29 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 20:28:11 ID:???
>>28
早速、>>1様が御降臨あそばしましたとさw
本当にヒッキーのガキなんだろうなぁ。

30 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 20:43:14 ID:???
自分に都合の悪い人間は全て同一人物かw
随分幸せな頭をお持ちだことw

31 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 20:44:02 ID:???
>>29
早速、馬韓李人様が御降臨あそばしましたとさw
本当にヒッキーのガキなんだろうなぁ。

32 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 20:47:15 ID:???
>>31>>32
早速釣られてるw
ココの厨は反応はやいなぁ。

33 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 20:49:10 ID:???
>>32
厨房乙wwwwwwwwwwwwwww
自分のことを厨呼ばわりwwwww
そんなに卑下せんでもwwwwwww

34 :29:2007/09/02(日) 20:53:41 ID:???
>>33
ブービートラップ・・・、否、何でもないか。

リア厨でも痛い香具師の常駐スレか、ここは。

35 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 20:55:14 ID:???
結局、リア厨房の自演スレって事かいw

36 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 20:58:59 ID:???
>34
上手くごまかしたつもりですか?wwwwwww
馬鹿丸出しのクズ乙wwwwwwww

37 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:20:20 ID:???



【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/


だつおの寝言よりは面白いよ。  マコリンペンもかわいい。


みんなも見てみよう!!







38 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:24:30 ID:???
>>37
馬鹿丸出しのクズ乙wwwwwwww
その糞サイト自体が寝言だろwwwww
ま、自分で自分のこと厨とか言ってるんだから間違いないよなwwww

39 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:42:21 ID:???
これは酷い自作自演でつねw

>>36>>37>>38のへったくそな自演といい、wを続けて書く辺りといい、スレ主は相当頭が悪いな。
リア厨だって事も否定してない・・・というか触れられたくないらしいしねw

40 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:45:14 ID:???
   , '" ̄_: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :.\
../_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 ´ /::::: /::::::/::::::: :|::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: ヽ        とっても良いサイトなの!!
 ∨:::::: /::::::/::`ヽ/ |::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::: ∧
 ∧//::::::/:::::::::::/  |:::l  ',:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::∨j∠|__
.//∨:::: /::::::ト、/   :|:::l  ヽ:-―-:::::l::::::::::::::::Vヽ ヽ   \. | 【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/
   ,' ::::::l:::;イ レ'心  l:::|    \::::::::::::|::::::: l:::::::| ∧人_, / .|
    l::::::/|/::j {ヘ:::|   ヾ|   ヽ--\ :::::|::::::: | ::: |  |::::::| ヽ/  |
  . |:: ∧!: リ  Vヒj       行テ乏ア :::|::::::: |:::::,′ |::::::|_ノ   |   だつおの寝言よりは面白いよ。  マコリンもとってもかわいいの!!
   .W  !;八    ,     {ヘ;;:::// ヾ|::::: ∧:/  ノ :::::|     |  
      ./::::::ヽ   、 __   ゞ少′ ⌒!::/⌒)7:l::::::l:::|   <
      / :::::: /7\ `ー’  __   ,、__,/ ‐<:::ノ::|:::::::l::|    |   みんなも見てみよう!!
    .,'::::::::::/ レ'/ >ーr (  \´>'´(_, -く:::ノ|::|::::::::l:|    |
     ::::::: / /'//{  /ヽ  ¨  (__ r‐<:八:! :::::::l|    |   きっと勉強になるわ!!
    i:::::: ノ {V/  >'´/:::\     `ー ノシ |::::::::::|    |
    |::::::,' ∧l{ /-='´:::::::::::/ヽ、_    , イヾ  |::::::::::|    |
    |:: /  ン≠'´::::::::::::::::::::::人_∧  /〉 ││::::::::|    |
    .j//:/::::::::_:::,斗ァ‐'´( \ 三三 / 人│::::::::|

41 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:48:36 ID:???
スレ主火病w

ネトウヨ=反日厨って、同じ穴の狢って事がよ〜く分かるスレでつね。

42 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:50:57 ID:???
>>40
馬鹿丸出しのクズ乙wwwwwwww
その糞サイト自体が寝言だろwwwww
ま、自分で自分のこと厨とか言ってるんだから間違いないよなwwww

43 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:52:45 ID:???
>>40=>>42
あからさまな自演乙www
そこまでして構って貰いたいの、禁治産者?

44 :29:2007/09/02(日) 21:59:08 ID:???
だから、ブービートラップ、って言ったのに・・・気付いてないな、こりゃ。

今の状態は、頭の可哀想な厨房が「僕ちゃん自演してまーしゅ、構って構って!」
と大声で喚いてるようなもんだ。

ま、人の人生だから好きにしていいけどさ・・・将来考えないと後で悲惨な事になるよ?

45 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 22:17:53 ID:???
便所の落書きこそ我が人生、かよ・・・・笑えねぇ。
そもそも、遊戯と言う割に異様に粘着なんだよね、ここの>>1って。

46 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 22:42:00 ID:???
精神病院から必死に連投する馬韓李人乙!

47 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 22:42:21 ID:y3oHn/i7
見事な被害担当艦

48 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 23:43:15 ID:???
前スレに比して果てしなくレベルが落ちたな

49 :だつお:2007/09/02(日) 23:47:52 ID:R/x4nkMS
確かに当時の日本は「二流工業国」「二流空軍国」であったように思うが、
その二流にさえ遥かに及ばない中国は、いったい何流なのかと言いたくなる。

旧日本軍をバカにすれば、さらに弱い中国軍と嘲笑されるだけのことだぞ。
大陸打通作戦チンピラゴロツキ殺戮街道3000キロが目に入らぬかと。

50 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 00:02:32 ID:???
らきすた風マコリンペンが戻ってる

51 :だつお:2007/09/03(月) 00:16:01 ID:S1nXGtET
太平洋戦線でアメリカは27,000機もの航空機を失ったって知ってるか?
欧州戦では未生還機に修理不能損傷機(damaged beyond repair)
を加えても18,000機なのに対し。

Aggregate United States plane losses during the course of the
Pacific war, not including training losses in the United States,
were approximately 27,000 planes. Of these losses 8,700 were
on combat missions; the remainder were training, ferrying and
other noncombat losses. Of the combat losses over 60 percent
were to antiaircraft fire.

http://www.anesi.com/ussbs01.htm
UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
SUMMARY REPORT(Pacific War)

In the attack by Allied air power, almost 2,700,000 tons of bombs
were dropped, more than 1,440,000 bomber sorties and 2,680,000
fighter sorties were flown. The number of combat planes reached a
peak of some 28,000 and at the maximum 1,300,000 men were in
combat commands. The number of men lost in air action was 79,265
Americans and 79,281 British. [Note: All RAF statistics are
preliminary or tentative.] More than 18,000 American and 22,000
British planes were lost or damaged beyond repair.

http://www.anesi.com/ussbs02.htm
THE UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY
Summary Report(European War)

52 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 00:25:42 ID:???
狭い地べたで戦ってた欧州と広大な太平洋の洋上で戦ってたトコの損失を比べてどうする

53 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 00:55:53 ID:???
皇軍厨房wwwww

54 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 01:48:34 ID:???
皇軍の悪口を言う奴は全員朝鮮人

55 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 01:52:04 ID:???
皇軍とは陸軍の自称。
零戦は海軍。

海軍厨といいなさい。

56 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 02:00:54 ID:???
監視でも玩具でも何でもいいから板違いつってんだろ

57 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 11:48:11 ID:???
コピペしか出来ない
頭の悪い方のだつおだから仕方ない

58 :イランジン:2007/09/03(月) 14:29:11 ID:er6o9aKN
49 :だつお :2007/09/02(日) 23:47:52 ID:R/x4nkMS
確かに当時の日本は「二流工業国」「二流空軍国」であったように思うが、
その二流にさえ遥かに及ばない中国は、いったい何流なのかと言いたくなる。


と、あいかわらず、アホだつおがホザイてる。

世界から武器を調達して戦い、立派に大日本帝国に勝利している。




59 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 14:40:13 ID:???
立派に大日本帝国に勝利したのはアメリカ

中国は勝ち馬に乗っただけじゃん

60 :だつお:2007/09/03(月) 14:42:52 ID:S1nXGtET
>世界から武器を調達して戦い、

それはいったい、工業水準からしたら何流工業国っていうんだ?
中国は世界最大の人口を抱えていながら、何を生産できた?

61 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 15:12:48 ID:???
>>60
チンピラゴロツキはチンピラゴロツキを産む機械

62 :イランジン:2007/09/03(月) 18:39:56 ID:er6o9aKN


60新着 :だつお :2007/09/03(月) 14:42:52 ID:S1nXGtET
>世界から武器を調達して戦い、

それはいったい、工業水準からしたら何流工業国っていうんだ?
中国は世界最大の人口を抱えていながら、何を生産できた?



アホだよなーーークソだつおは!! 何流もクソも、勝ったんだからそれでエエやんけ!!

生産してもしなくても勝ちは勝ちやで!!   ボケ!!

63 :イランジン:2007/09/03(月) 18:42:06 ID:er6o9aKN


59新着 :名無し三等兵 sage :2007/09/03(月) 14:40:13 ID:???
立派に大日本帝国に勝利したのはアメリカ

中国は勝ち馬に乗っただけじゃん



そんだけ、良い勝ち馬に乗ったのも大正解やで!!  ヘタ打って負け戦で300万人以上も殺されて、

領土領海も奪われるより、よっぽどカシコイわ!!

64 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 18:42:17 ID:???
だつおも君も他でやれ

65 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 21:39:34 ID:???
お前ら何しに軍板に来てるんだと

66 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 22:16:07 ID:???
皇軍厨に勝って天下を取ったと思った管理人は、普通の軍オタの存在を知る事ができました。
代わりに、もう更新する勇気は失いました。
ゆとりはサイトなんか作るなと、皆は思いました。
でも、管理人の必死の訂正がおもしろかったので、また更新して欲しいです。

67 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 23:31:14 ID:???
酷使様の必死の旧軍擁護も面白いがなwww

68 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 23:50:14 ID:???
酷使様とやらはオマエの脳内にしか存在しないがなw

69 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 23:56:51 ID:???
さすがにそれは無い

N速なり旧FAQなり一杯居た

70 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 02:33:54 ID:???
管理人の必死の訂正+酷使様の必死の擁護

一般人失笑w

71 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 03:18:04 ID:???
            ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ', おじちゃんたちは 
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   どうしてはたらかないの?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /


72 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 03:45:07 ID:???
管理人の必死の訂正って最初だけで、
グロスターパクリ説とか放置じゃん。

今は酷使様が必死に罵倒するスレ

73 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 08:49:03 ID:???
>72
>グロスターパクリ説とか放置じゃん。

あれが目玉だったんじゃネ?
本邦初公開みたいな。

海外のサイトだと大抵は「こういう間違った説がある」扱いだけど。


74 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 09:32:47 ID:???

ttp://www.warbirds.jp/ansqn/logs/A001/A0005121.html

75 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 10:49:53 ID:???
>>74
全否定されてるやんけ。

76 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 13:45:32 ID:eKCky3Ey
24時間常駐厨の人は寝てないの?

77 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 16:04:50 ID:???
俺だったら「零戦はT−6のパクリ!」ってぶちあげるけどなぁ…
実機も輸入されてるし、映画で零戦役に使われてるしww

管理人的には「誰も知らないようなマイナー機」って点がポイントだったのでは?

78 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 19:52:37 ID:???
>>76
交代で監視してるんだろうなw
一サイトに対する粘着振りには頭が下がる

79 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 19:54:24 ID:???
   , '" ̄_: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :.\
../_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 ´ /::::: /::::::/::::::: :|::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: ヽ        とっても良いサイトなの!!
 ∨:::::: /::::::/::`ヽ/ |::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::: ∧
 ∧//::::::/:::::::::::/  |:::l  ',:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::∨j∠|__
.//∨:::: /::::::ト、/   :|:::l  ヽ:-―-:::::l::::::::::::::::Vヽ ヽ   \. | 【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/
   ,' ::::::l:::;イ レ'心  l:::|    \::::::::::::|::::::: l:::::::| ∧人_, / .|
    l::::::/|/::j {ヘ:::|   ヾ|   ヽ--\ :::::|::::::: | ::: |  |::::::| ヽ/  |
  . |:: ∧!: リ  Vヒj       行テ乏ア :::|::::::: |:::::,′ |::::::|_ノ   |   だつおの寝言よりは面白いよ。  マコリンもとってもかわいいの!!
   .W  !;八    ,     {ヘ;;:::// ヾ|::::: ∧:/  ノ :::::|     |  
      ./::::::ヽ   、 __   ゞ少′ ⌒!::/⌒)7:l::::::l:::|   <
      / :::::: /7\ `ー’  __   ,、__,/ ‐<:::ノ::|:::::::l::|    |   みんなも見てみよう!!
    .,'::::::::::/ レ'/ >ーr (  \´>'´(_, -く:::ノ|::|::::::::l:|    |
     ::::::: / /'//{  /ヽ  ¨  (__ r‐<:八:! :::::::l|    |   きっと勉強になるわ!!
    i:::::: ノ {V/  >'´/:::\     `ー ノシ |::::::::::|    |
    |::::::,' ∧l{ /-='´:::::::::::/ヽ、_    , イヾ  |::::::::::|    |
    |:: /  ン≠'´::::::::::::::::::::::人_∧  /〉 ││::::::::|    |
    .j//:/::::::::_:::,斗ァ‐'´( \ 三三 / 人│::::::::|


80 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 20:37:08 ID:z6gyTdFX
1>旧軍を貶めるためなら機体の世代が違ってもOK

具体的にどこか指摘してくれ

81 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 20:37:48 ID:???
グロスターと零戦について調べるうちにふと思った。
管理人は飛行機を知らないだけじゃなく、「足りない」人なんだと。

82 :80:2007/09/04(火) 20:54:03 ID:z6gyTdFX
グロスターと零戦、外見は似ているが、内部構造はどうなの。知ってる人教えてくれ。

83 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 20:59:35 ID:???
>>74
馬管理人のアフォ主張がズタズタにされててワロタ(笑)

84 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 21:56:16 ID:???
http://mltr.free100.tv/faq08f03f.html#09506

軍板FAQでも一刀両断されてら

寸法、形状、重量、尾翼モーメントアーム、胴体径、翼面荷重、上反角、翼弦、アスペクト比、
翼厚、主桁数、ぺラのブレード数、主脚の形式、エンジン、何から何まで違うのな・・・・

こりゃ馬鹿と言われてもしかたないわ・・・

85 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 22:30:23 ID:???
「ゼロ戦に欠陥あり」からもって来た写真なんてあったっけ?
あと、批判されてた各諸元を零戦の一番近い数値の機体と比較してたのも消えてるような・・・

えーと、このサイトではP-51はBf-109パクリ説って事なのか?


86 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 22:54:56 ID:???
しかも堀越自身、はっきりとパクリ説を否定しちゃってるし・・・

せっかくの目玉コンテンツもボロボロだなあ。

87 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 23:19:55 ID:???
たぶん翼型も違うだろうし、この2機は設計の出発点から、狙い所が違うよね。
そもそもグロスターをパクってたら、旋回性能なんかの軍の要求値は満たせないだろ。
デザインを優先できる車のボディー設計と、
そうは問屋が卸さない、飛行機の空力設計を
似たようなもんだと思ってんだな。
まあ、ジャンボがどうして飛ぶか正しく理解できてない普通の人間なら仕方ないのか。

88 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 23:21:05 ID:???
>>87
どうして飛ぶの?

89 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 23:29:12 ID:???
人々の願いで飛びます。

90 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 23:48:32 ID:???
開発期間にしても前作の9試単戦はもっと短いし陸軍機も総じて短い。
むしろ14試局戦17試艦戦が例外的に長いと言ってもいいが、
これは開発の難航によるものだし。

91 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 23:50:30 ID:???
テンプレ推奨

http://www.warbirds.jp/ansqn/logs/A001/A0005121.html
>三菱が「ろくに戦闘機・・・・」や「たった一年・・・」って何ですか?
>その時点でそのサイトに記述されている事は”説得力”はまるで有りません。

92 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 00:03:14 ID:???
管理人は、自分の直感を信じすぎだと思うんだw
もう少し注意深く生きようね。

93 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 00:13:59 ID:???
見た目だけマネすりゃ同じ飛行機が出来るという結論は恥ずかしい。
映画用なんかに作られた精巧な張りぼてのレプリカに、
エンジン載せれば、飛び上がって本物と同等の性能を出せると言ってる様なもんだ。

94 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 00:20:40 ID:???
日常生活でも珍説を披露して、周囲から笑いを買ってるのかな?

95 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 00:44:57 ID:???
軍板FAQ

デザイン面で言うと,機首から尾翼の方にかけてなだらかに機体を絞っていくのは,7試艦戦以来の伝統ですし,
また旧日本軍弱小列伝に載っている3面図を見ると,主翼と水平尾翼の位置とサイズ比,垂直尾翼の位置やサイズ,主翼の取り付け角や捩じり下げの有無など,
どうも零戦とグロスターF5/34とでは結構違っている様です.

ただ,上記三面図は『プラモ用の図面』っぽいので,どこまで確かな事なのかは定かではないですが.

96 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 00:45:56 ID:???
大和はもうやらんのかな〜

97 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 01:51:37 ID:???
管理人は、自分を信じすぎだと思うんだw
もう少し自分がバカって事を自覚しようね。


98 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 03:10:02 ID:???
馬鹿は自分の物差しでしか、物事を計れない。
あの管理人は、堀越チームが零戦を設計できた理由が理解できないから、
きっとパクリに違いないと考えたのだろう。
最初は同じように考えてた欧米人も、賢い奴は考えを改めたと言うのに。

99 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 03:14:46 ID:???
グロスターパクリ説も痛いが
>>98も痛いなww

100 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 03:47:15 ID:???
>>93
つTu-4
まぁ性能面ではB-29に劣るのは確かなんだけどね。

101 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 10:56:28 ID:???
Tu-4は張りぼてじゃなかろう。

102 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 14:50:37 ID:???
管理人の知識は張りぼて。


103 :イランジン:2007/09/05(水) 19:23:26 ID:???


まあ、帝國海軍の主力戦闘機を、客観視して外国の戦闘機とくらべてるのはイイ。


たしかに、零戦が他の国に比べてかなり見劣りする飛行機であったことは間違いありませんね!!

104 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 19:26:14 ID:???
たしかに、イランジンが一般人に比べてかなり劣る頭であることは間違いありませんね!!

105 :イランジン:2007/09/05(水) 19:28:33 ID:AkxcHwlT

零戦ってB29を撃墜したことあるんだろうか?

106 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 19:35:01 ID:???
普通にあるが。
それどころかF13すら撃墜している。

107 :イランジン:2007/09/05(水) 19:35:58 ID:AkxcHwlT
>>106
ソースは?

108 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 19:40:36 ID:???
>>107
つ http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/mia.html
あと自分でも渡辺洋二氏の本とか読めよ。

109 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 19:43:46 ID:???
なんかデジャ・ヴュが・・・
他のスレだったか何かで同じやり取りがあったような・・・

110 :イランジン:2007/09/05(水) 19:43:53 ID:AkxcHwlT

どれが零戦の戦果?

111 :イランジン:2007/09/05(水) 19:52:34 ID:AkxcHwlT
>>109
なんか記憶あるよ。 そんで、結局史料をだせなかったんだwww 

112 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 19:54:56 ID:???
>>1のサイトって面白いよな。
才能あるよ

113 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 20:08:54 ID:???
B29を落としたドイツ機は無いな。

114 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 20:16:44 ID:???
>>113
それはちょっとキツイよww

115 :イランジン:2007/09/05(水) 20:26:39 ID:AkxcHwlT
>>108
無いなら無いって言えよ!!  タコ!!

116 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 20:45:08 ID:???
F13を撃墜したのは鳴尾基地から発進した相沢中尉の零戦
>>108のでいうと1月19日 B29 #42−63494が符合する

117 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 20:50:27 ID:???
イランジンが湧いてくるときは管理人とおぼしきレスは無い
イランジン=管理人か?
どっちも煽り体質と低能ぶりが共通しているしw

118 :イランジン:2007/09/05(水) 20:53:45 ID:AkxcHwlT
>>116
詳細は?  撃墜して相沢さんは生還してるの?

119 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 20:56:46 ID:???
ちょっとぐぐった。これは?
ttp://www1.neweb.ne.jp/wa/yamaki/shiryoukann-(1).htm
4/28がそれっぽい。

谷水上飛曹のB29撃墜は、米軍の記録と照らし合わせてるのか分からんが。
ttp://www5d.biglobe.ne.jp/~cocoro/sub330.htm
の下の方。

120 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:02:40 ID:???
相沢機は地上から敵の進行報告を受けつつ11000メートルまで上昇、ややたって
「カラス(B29)は汝の足の下に向かいつつあり」の連絡を受けた。目を凝らすと
1000メートル下方にB29を発見した。500メートル手前から反転降下して撃ち始め下方へ抜けた。
地上から空戦の様子はよく見えた。1時間後、中部軍からB29が洋上に落ちた、との連絡があった

121 :イランジン:2007/09/05(水) 21:03:02 ID:AkxcHwlT

相沢さんは生還したの?

122 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:09:54 ID:???
昭和20年1月20〜22日

「名古屋上空F‐13偵察機邀撃/鳴尾派遣隊」
0800頃 零戦2機が、鳴尾基地を発進。
爆撃効果の写真撮影に高高度より単機侵入のF‐13偵察機を邀撃。
【編成】

零戦2機
      相沢善三中尉  *撃墜:F‐13偵察機1機

      松木亮司中尉
【戦果】

撃墜:F‐13偵察機1機
【被害】

無し


被害なしだってさ。

123 :イランジン:2007/09/05(水) 21:14:12 ID:AkxcHwlT

他に零戦の戦果は?

124 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:14:53 ID:???
121
生還し、報告すると飛行長・山下少佐から「地上から弾が当たっているのが見えた(B29から黒煙が出ていた)」
と言われた

125 :イランジン:2007/09/05(水) 21:18:11 ID:AkxcHwlT

で、他に戦果はないの?

126 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:18:33 ID:???
>108の調査のうち「戦闘機による」という損失、原因不明の損失の何割かは零戦の戦果だろう。
>108のものも全損失の一部分だが

127 :イランジン:2007/09/05(水) 21:20:53 ID:AkxcHwlT

>>126
憶測は憶測だよね。  勝手に落ちてるのもあるし、不時着もあるだろうし。

128 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:23:30 ID:???
>憶測は憶測だよね。  勝手に落ちてるのもあるし、不時着もあるだろうし。

憶測は憶測だよねwww

129 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:25:22 ID:???
4月29日 B29 #42−24611 リトルジョー 種子島東方沖 戦闘機
これは岩本機による戦果。自伝の記述と符合する

130 :イランジン:2007/09/05(水) 21:25:42 ID:AkxcHwlT

結局南極 零戦の戦果ってこれだけ?  

131 :イランジン:2007/09/05(水) 21:29:54 ID:AkxcHwlT
>>129
あの。  体当たりって書いてあるんすけど。  零戦はそこまでやんないと撃墜できないんすか?

大日本帝国海軍の一式陸攻をカンタンに撃墜したアメリカの戦闘機みたいに

カッコ良くB29を撃墜できないんすか?

132 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:30:23 ID:???
>130
零戦が迎撃に上がっているときの双方の記録と付き合わせる必要はあるが
「戦闘機による」という損失、原因不明の損失の何割かは零戦の戦果だろう。


133 :イランジン:2007/09/05(水) 21:31:38 ID:AkxcHwlT

何割かはってだいたい何割ぐらい?

134 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:33:13 ID:???
パイロット込みで考えろよ。
初心者が、P-51乗ってたって大した事は出来んだろ。
スイッチ押したら勝手にミサイルが飛んでく時代じゃないんだぞ。

135 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:33:33 ID:???
>131
体当たり、と書いてあるものの1個下だ。よく読めw
>133
迎撃機に占める零戦の比率と比例するだろう

136 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:34:11 ID:???
>>133
自分でも調べてみるといいよ。

137 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:15:22 ID:???
>>125
>>131
>>133

105 :イランジン:2007/09/05(水) 19:28:33 ID:AkxcHwlT

零戦ってB29を撃墜したことあるんだろうか?


この質問に対する答えはあったか否かだ。
露骨にすりかえんな



138 :イランジン:2007/09/05(水) 22:21:14 ID:AkxcHwlT


>鹿屋海軍航空隊坂田繁雄飛長操縦の雷電に

って、書いてあるんすけど?

139 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:46:43 ID:???
イランジン=某管理人か?
どっちも煽り体質と低能ぶりが共通しているしw
こういう糞馬鹿をいちいち相手にするのも…

140 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:57:55 ID:???
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Gloster_F.5/34

A legend exists that the F.5/34 was the inspiration for the Japanese Zero,
probably stemming from a superficial similarity between the two machines
and Gloster's past links with the Japanese such as the Nakajima A2N;
there does not appear to be any evidence to support this hypothesis.

まぁ、そんな伝説もあるけど歴史的な証拠はな〜んも無い。

って書いてあるっぽい。

141 :イランジン:2007/09/05(水) 23:00:21 ID:AkxcHwlT
>>137

結局南極 零戦の戦果ってあったの? なかったの?

142 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:09:13 ID:???
>>141
調べてみてよ
わかんないからさ

143 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:09:47 ID:???
>141
137じゃ無いけど、
普通に考えれば少しはあったんじゃない?
ま、得手不得手を考えれば戦闘機を相手にしてたんじゃないかと。

144 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:13:19 ID:???
てか散々零戦でB29を撃墜した証拠が出ているのに・・・
イランジンとやらは日本語が読めないのか?

145 :イランジン:2007/09/05(水) 23:19:08 ID:AkxcHwlT

>>142
キャイーーーン?
>>143
B17ですら返り討ちにあってたみたいだし、まして、零戦の武装であんな重防御のB29を撃墜なんか
できるんかいな?と、おもいましてね!
>>144
つーーーーか、示された内容では「雷電」と書いてあるし。  説明もナイしww

146 :イランジン:2007/09/05(水) 23:28:10 ID:AkxcHwlT

大日本帝国海軍の一式陸攻をカンタンに撃墜した(確か5分前後で4機ぐらい撃墜?)アメリカの戦闘機みたいに

カッコ良くB29を撃墜できないんすか?




147 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:29:58 ID:???

>>145

つーかお前なにしに軍版来てんだよ。

貧相な知識に貧相なオツムじゃ来ても意味ないだろ?

ついでにチンコも貧相ってかwww


148 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:32:15 ID:???
>145
アメリカ側の記録でも損失理由不明がけっこうあるし、2号銃を積んだ零戦なら可能性は無いでも無いんではないかい。
つか、B-17にたっぷりと返り討ちにあったBf-109やFw190の立場はどうなるのかと。

>146
それって護衛の戦闘機が付いて無い時の話じゃ。

149 :イランジン:2007/09/05(水) 23:33:09 ID:AkxcHwlT


なるほど、なるほど。  証拠を示せずに相手の人格攻撃でゴマカシに入って

ホンデ、逃げる手ですね!  わかってまんがな!!  キャイーーーーンでしょ?

150 :イランジン:2007/09/05(水) 23:34:49 ID:AkxcHwlT
>、B-17にたっぷりと返り討ちにあったBf-109やFw190の立場はどうなるのかと。

かなりの損害を与えてますよ。  ドイツ空軍は。

151 :イランジン:2007/09/05(水) 23:38:49 ID:AkxcHwlT


>2号銃を積んだ零戦なら可能性は無いでも無いんではないかい

まあ、確たる証拠があれば信用するけど、ナイだろ?

152 :イランジン:2007/09/05(水) 23:40:53 ID:AkxcHwlT

よかったね!  コテなしで!!

153 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:41:08 ID:???
>150
B-29も相当の損害を被ってるでしょ。
ルフトヴァッフェもP-51の出現&ノルマンディ以降は爆撃機に損害を与える事が困難な状況だったしし。

154 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:41:46 ID:???

【注意!!】

イランジン火病中!!

ファッビョン ファッビョン ファッビョンビョン

155 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:42:51 ID:???
>>150
かなり?
どれくらいかな?

156 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:45:07 ID:???
イランジンが登場するとすさまじい勢いでレスが伸びる
彼の実力にはすごいものがあるな

157 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:45:10 ID:???
>152
そういうのはトリップでも付けてから言おうね。
てか、匿名掲示板では名無しがデフォであって、非難されるいわれは無いんだな。

158 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:45:34 ID:???
まあ何といっても、高度成長前の日本製品は
「安かろう悪かろう」だからな。
そりゃ戦争にならんわな。

159 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:50:01 ID:???
>>158
工業品はそうだな。
小銃の規格すら策定されない始末。
だが一本一本職人の仕上げた小銃は、
神がかりな照準精度を与えたのも事実。

うん、総力戦には負けるがね

160 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:50:07 ID:???
日本なんて世界最低のゴミ国家だよ

161 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:53:38 ID:???
>>160
で? 何が言いたいんだ? あ?あ?あ?

162 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:54:44 ID:???
と、情報操作に励む半島人が申しております

163 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:54:49 ID:???
>>161
日本は糞ww
お前もそう思うだろ?ww

164 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:56:14 ID:???
>>163
バ管理人必死だなww
お忍びでご登場ですかww

165 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:56:49 ID:???
>>158
何を突然?
そりゃ、戦中の日本の工業技術力は欧米列強の一流に比べれば劣ってたよ。
総体で考えてね。
ただ、中には傑出した技術もなかった訳ではないし、
逆に言えば、列強国以外の全ての国に対しては全然勝っていたよ。
例えば、中国なんかは近代国家というにも差しさわりがあるような感じだったし。
朝鮮に至っては未開部族といってもいい有様だったし。



166 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 00:06:00 ID:???

>>163

糞と言えば、朝鮮には人糞を舐めて誰の糞かを当てるという伝統的な遊びがあったという噂。

そんで、朝鮮を併合した当時の日本が禁止したんだって、ヤバすぎるってww

まぁ、さすがにコレは信じがたい。あくまでも噂www

167 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 00:38:44 ID:???
はっきり言って、このスレ自体が糞だなw
或いは、DQN厨房の溜まるファミレスだw

168 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 00:40:48 ID:???
じゃ、お前もじゃんww

169 :イランジ:2007/09/06(木) 00:44:11 ID:???
>>135


>鹿屋海軍航空隊坂田繁雄飛長操縦の雷電に

って、書いてあるんすけど?




170 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 00:53:28 ID:???
>151
それ、「マクガイアが撃たれる所を見たヤツはいないから、あれは空中分解だ」と同じような気がス。

171 :イランジン:2007/09/06(木) 01:00:57 ID:cV7gNMbh
>>156
なんか、勝手にアツクなりよんねん。

172 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 01:04:49 ID:???
   , '" ̄_: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :.\
../_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 ´ /::::: /::::::/::::::: :|::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: ヽ        とっても良いサイトなの!!
 ∨:::::: /::::::/::`ヽ/ |::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::: ∧
 ∧//::::::/:::::::::::/  |:::l  ',:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::∨j∠|__
.//∨:::: /::::::ト、/   :|:::l  ヽ:-―-:::::l::::::::::::::::Vヽ ヽ   \. | 【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/
   ,' ::::::l:::;イ レ'心  l:::|    \::::::::::::|::::::: l:::::::| ∧人_, / .|
    l::::::/|/::j {ヘ:::|   ヾ|   ヽ--\ :::::|::::::: | ::: |  |::::::| ヽ/  |
  . |:: ∧!: リ  Vヒj       行テ乏ア :::|::::::: |:::::,′ |::::::|_ノ   |   だつおの寝言よりは面白いよ。  マコリンもとってもかわいいの!!
   .W  !;八    ,     {ヘ;;:::// ヾ|::::: ∧:/  ノ :::::|     |  
      ./::::::ヽ   、 __   ゞ少′ ⌒!::/⌒)7:l::::::l:::|   <
      / :::::: /7\ `ー’  __   ,、__,/ ‐<:::ノ::|:::::::l::|    |   みんなも見てみよう!!
    .,'::::::::::/ レ'/ >ーr (  \´>'´(_, -く:::ノ|::|::::::::l:|    |
     ::::::: / /'//{  /ヽ  ¨  (__ r‐<:八:! :::::::l|    |   きっと勉強になるわ!!
    i:::::: ノ {V/  >'´/:::\     `ー ノシ |::::::::::|    |
    |::::::,' ∧l{ /-='´:::::::::::/ヽ、_    , イヾ  |::::::::::|    |
    |:: /  ン≠'´::::::::::::::::::::::人_∧  /〉 ││::::::::|    |
    .j//:/::::::::_:::,斗ァ‐'´( \ 三三 / 人│::::::::|


173 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 01:05:44 ID:???
零戦の戦果を一つは認めたんだなw

イランジン :2007/09/05(水) 21:18:11 ID:AkxcHwlT

で、他に戦果はないの?

174 :イランジン:2007/09/06(木) 01:11:05 ID:cV7gNMbh
その一つもなんのこっちゃワカンナイですが?

175 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 01:13:37 ID:???
しらばっくれてるよw

176 :イランジン:2007/09/06(木) 01:15:35 ID:cV7gNMbh


ホンジャ、何と何があるのか、証拠と一緒に載せて。

177 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 01:22:41 ID:???
大日本絵画「日本海軍夜間邀撃戦」より零戦隊の戦果抜粋

44年12月 3日 B-29×1 (302空 井村雄次 中尉)
    12月27日 B-29×2 (302空 荒木俊士 大尉、小松勇治 上飛曹-重傷-)
45年 1月 3日 B-29×1 (332空 向井寿三郎 中尉)
     1月23日 B-29×1 (302空 森岡寛 大尉-重傷-) ※不確実
     5月25日 B-29×3 (302空 原田政幸 上飛曹、横塚好 一飛曹、福本繁夫 少尉)

合計8機(内1機不確実)が零戦の夜間戦闘におけるB-29撃墜戦果。昼間戦闘分は掲載されていないため不明。

178 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 01:39:42 ID:???
やっぱり斜銃は効果あったんだな

179 :イランジン:2007/09/06(木) 01:42:45 ID:cV7gNMbh


>>177
アリガト。  でも、http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/mia.htmlには、のってないんだよなあ。

もちろん、不明と書かれてるものに該当してるのでしょうが。

180 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 01:51:54 ID:???
載ってない? 照合くらいしろや。
12月3日の「ザ・ロザリアロケット」号撃墜は井村中尉機の戦果だ。
他の照合は自分でやれな。

181 :イランジン:2007/09/06(木) 01:55:00 ID:cV7gNMbh


荒木、小松の44年12月27日なんか該当ナシやしなあ。

182 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 01:57:38 ID:???
よくいう。
ザ・ヒーツオン他1機の墜落は目に入らんのか?
渡辺氏の調査はこの辺全て追跡して確定したものだ。
はっきり言っておまえが頼りにしているこのHPよりさらに信頼性が高い。

183 :イランジン:2007/09/06(木) 02:02:36 ID:cV7gNMbh

渡辺氏の調査は確かに深度が深いですね。

184 :イランジン:2007/09/06(木) 02:04:57 ID:cV7gNMbh


>っておまえが頼りにしているこのHPよりって、

別に信用もなにもしてませんで!  ただ、あんたたちが出してきたので目を通してる資料にすぎません。

185 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 02:16:36 ID:???
つか、戦争終盤の米軍でも実際の戦果は報告の1/2〜1/3なら良い方。
敗色が濃くてぐだぐだ状態日本側、まして重爆相手だと共同攻撃だろうし、どの機体がどの機体を撃墜したかなんて特定できる方が希だろうに。

186 :イランジン:2007/09/06(木) 08:11:53 ID:cV7gNMbh
>>148


>146
それって護衛の戦闘機が付いて無い時の話じゃ。


いや、B29も、護衛戦闘機が付く前でエエねんけど。

187 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 08:29:13 ID:???
零戦によるB-29の撃墜記録ってあるの?
     ↓
あるという証拠を見せる
     ↓
この程度? もっとないの? ←今ここ

188 :イランジン:2007/09/06(木) 08:34:47 ID:cV7gNMbh


この程度? もっとないの?

189 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 08:37:39 ID:???
>146
それはどちらかと言うとB-29と一式陸攻の比較になるとオモワレ

月光なら一晩で5機撃墜というのがあるが。

190 :イランジン:2007/09/06(木) 08:42:06 ID:cV7gNMbh

一式陸攻って、そんなにカンタンにヤラれるの?

191 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 08:57:19 ID:???
つか、質問しかしないのか。
初心者スレにでも行った方が良いんじゃないか?

192 :イランジン:2007/09/06(木) 10:01:51 ID:cV7gNMbh

>月光なら一晩で5機撃墜というのがあるが。


ヘエーーー。そんなことあるんだ。  

193 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 11:52:59 ID:???
しかし今時、結局南極はないよなwww

194 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 12:50:32 ID:???
皇軍最強厨哀れwwwwwwww
皇軍最強厨哀れwwwwwwww
皇軍最強厨哀れwwwwwwww
皇軍最強厨哀れwwwwwwww


ウヨニートwwwwwwww

195 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 13:31:52 ID:???
>>194
コピペしか出来ないの?

196 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 13:33:02 ID:???
だつおもイランジンもウザい。

197 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 15:31:24 ID:???
そして、零戦伝説は新章へ...

198 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 15:40:29 ID:???
そして皇軍厨は又ネットに常駐するだけの変わり映えしない人生。

199 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 15:47:27 ID:???
次はどんなトンデモ・コピー説を…。
火葬戦記の表紙から似ている機体を見つけて、得意になってアップするとか。

200 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 16:21:13 ID:???
つか、大和やれよ〜
大和自体に戦艦としてはそんなに死角は無いだろうから、
粗大ゴミにした、軍官僚どもの無能さを暴きだせ。
そこまでの才能は無いのか、管理人w

201 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 18:58:49 ID:???
「アメリカでは大和より金剛が有名だ!」とかねぇ。
ソースはスタートレック。

202 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 19:38:22 ID:???
責任をもって馬韓李人の就職先を考えてやらないとな…

203 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 19:41:36 ID:???
日本人は刺身の上にたんぽぽでも乗せてりゃいいんだよw

204 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:06:21 ID:???
>>203
http://www.warbirds.jp/ansqn/logs/A001/A0005121.html
>三菱が「ろくに戦闘機・・・・」や「たった一年・・・」って何ですか?
>その時点でそのサイトに記述されている事は”説得力”はまるで有りません。

馬韓李人のアフォ主張がズタズタにされててワロタ(笑)


205 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:38:11 ID:???
 /{::::::::::::::::/ /                     i      、    ト、|
,/ |:::::::::::::::{/          |  ,/   |、 l    ヽ   | 丶
  |:::::::::::::::/          |  __」  /    斗-=ト、\   │ 【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/
  ∧::::::::::/イ !| l    /レ´/ │/|   / / l|  '.  \  |
, / ∧:::::::::::::ヽ|     / '! /  .|/、| / /_, __|  ム │ヽ l <捏造大好きアホだつおの寝言よりは面白いよ。  
 /  `ー‐/ :! /|  /  | / _,.ニl_` |/   〃⌒' ∧'. |:.、 ヽ!
   / / :::::::|∧! / ヽ' 孑 '⌒` /      '' ' } ヘ |:::::\       みんなも見てみよう!!
  〃/::::::::::::::|:::::| |   '.  ''     丶    ,′ ヽ!::::::::: \
// / ::::::::::::::::::::入∧   、       r‐-イ   .イ   ト- 、::::::::ヘ    きっと勉強になるわ!!
 /:::::::::::::::;: '"/_,.L厶   ト、.    ゝ ノ  /| ト、  |    \::::'.
/:::::::::;: '"厂::::二ニ、::::::ヘ |  \> . _,. <_  l!ノ \.│     \|    マコリンもとってもかわいいの!!
─‐′〃/::/     `ヽ:::.. | 、   \   /.  了'ー─:ヽ|_
    / {:/ ____  \:!::::\   \ |   |:::::ヽ::::::::::::ヽ.
  / ,. <´:::::::::::::::::::`‐-、\::::::\   ヘ|   |::::::::l:::::::::::::::::ト、
. // ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\}::::::::::ヽ.  |   |::::::::::::::::::::::::::| \

206 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:40:00 ID:???
マリンコ?海兵?

207 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 21:42:49 ID:???


マコちゃんのことです。  とってもかわいいの!

208 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 22:11:02 ID:???
>>207
http://www.warbirds.jp/ansqn/logs/A001/A0005121.html
>三菱が「ろくに戦闘機・・・・」や「たった一年・・・」って何ですか?
>その時点でそのサイトに記述されている事は”説得力”はまるで有りません。

馬韓李人のアフォ主張がズタズタにされててワロタ(笑)



209 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 22:42:53 ID:O0QN0ZF8
>>166
それ本当。『嘗糞』と言う。
朝鮮は近代までスカトロ天国。

210 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 22:58:35 ID:???
>もう一つ、ゼロ戦の開発には不自然な点があるんですよ。それはゼロ戦がありえないぐらいハイスピードで開発されているということです

十二試艦戦
計画要求書交付から1号機完成まで約1年5ヶ月

九試単戦
開発指示から1号機完成まで約11ヶ月
十四試局戦
計画要求書交付から1号機完成まで約1年10ヶ月
十七試艦戦
計画要求書交付から1号機完成まで約1年10ヶ月
二式単戦
開発指示から1号機完成まで約1年2ヶ月
三式戦
設計開始から1号機完成まで約1年
四式戦
開発指示から1号機完成まで約1年4ヶ月

>三菱が計画説明書を提出してから試作一号機がわずか11カ月という異例の速度で完成したのです。
>三菱はもうすでに出来上がった基礎設計を持っていたとしか考えられないのではないでしょうか。

計画説明書を提出した時点で開発開始から10ヶ月以上経っていて、基本設計はほぼ固まってる訳なんですが・・・
2週間後には木型審査も始まってますし。


211 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 00:25:13 ID:???
知らない部分やわからない部分は、自分の憶測だけで書く。
それが弱小クオリティー。
普段から勉強しない子が2、3冊本を読んだだけで、何もかもわかった気になっちゃった。

212 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 00:57:18 ID:???
>>209
皇族にもウンコ甞めの風習はあったらしいぞ。昭和天皇が嫌がってやめさせたとか。

213 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 00:59:50 ID:???
そういやもう10数年前になると思うが、
テレビで元ボート社の社員の爺ちゃんたちにインタビューしてたシーンを見たことがある。
酒場で酒飲んでる爺ちゃんたちに零戦はV-143のコピーかと聞くと彼らは口々にそのとおりと答え、
更にはV-143についてたパッチ(応急処置の継ぎ接ぎ)までも零戦はコピーしてると言い張ってたw
俺はこれ見て零戦ってやっぱすげーなと思ったよ。

214 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 01:08:18 ID:???
>>212
ソース出せ!つーか糞嘗めの話はもうヤメ
あんま綺麗な話じゃないし、世界唯一の食糞伝統国家は朝鮮ってことでケリついてんだから。

215 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 01:12:04 ID:???
天皇皇族のクソ甞めの話題が出てくると、とたんにその豹変振りはなに?www

216 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 01:13:58 ID:???
大体にして漢方の影響なんだから中華文化圏では多かれ少なかれ

糞尿の利用はしてるでしょ。wwww

217 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 01:22:53 ID:???
ウコン茶。

218 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 01:38:49 ID:???
>>213
>酒場で酒飲んでる爺ちゃんたちに

で、最近は戦後アメリカが鹵獲したゼロ戦をみて
「ゼロ戦」作ったのは俺達だ」って言い出すんだよなw

219 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 01:39:20 ID:???
ここで>>1を必死に叩いてるのって当然そのサイトの管理人なんだよね
まぁ当たり前だよな
でなきゃそいつの彼女とか在日とかw
普通にここに24時間常駐してるってのは当たりだろう

220 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 01:44:03 ID:???
これって正しいのか?
http://mentai.2ch.net/whis/kako/990/990452177.html

221 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 01:52:18 ID:???
6年前から変わらない・・・

222 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 02:26:47 ID:???
>>215
そんなこというならソース出してみろよ。
ま、どんなにしたって糞嘗め世界一は朝鮮民族ってのは揺るがないけどなwww

223 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 02:44:36 ID:???
>>222
>糞嘗め

有名な話しだが、実写資料がない限り都市伝説にしておこうかと。

224 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 07:14:42 ID:???
>>222
今でもホンタクとかうんこ漬け食ってるって話だが、実際のとこどうなんだろな

225 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 07:21:05 ID:???
>>224
ホンタクはソウルの人間は食べたがらんらしい。
地方の寄食の一種だろう。
嘗糞はwikiペディアによると李朝の風習らしい。

226 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 07:31:07 ID:???
>>204
その話笑えるな。
管理人かその信者が、素人が見ても胡散臭さがわかりそうな話を「有力な説」とぶち上げて
全員から徹底的に叩かれた後の言い訳が振るっている。

「思うんですよ。どうも私たち零戦に対して多少身びいきがすぎるのではないかと」
だからデマで腐すのは正しいんだとでも言いたいのか。
見事に痛い奴だよな。何が私たちなんだよw

227 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 07:32:41 ID:???
まあ、そういう歪な思考回路は、
ここで散々論破されてグウの音もでなくなったあげく
「アンチが四六時中はりついているから勝ち目が無いのは当たり前」
とか言い訳しだす馬鹿と共通している。

2chのスレなんだから四六時中見てる奴がいるのは当たり前。
世の中にはアンチもいれば信者もいるんで、お互い見てるはずだから同じ事だろ。
間違いをいえばアンチや信者に関係なく叩かれる道理。
むしろ軍板ではほとんどアンチしかいないってのが管理人のレベルを物語っているがな。

自分が馬鹿で叩かれまくったからって、お前が馬鹿なだけということでしかない。

228 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 07:43:09 ID:???
>>215
天皇が糞舐めてたなんて話聞いたこともないし、調べてもかすりもしないんだが。
ソースは例によって脳内なのか

天皇家は元朝鮮人という与太話から飛躍して作ったのか?

229 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 07:44:34 ID:???
管理人がグロスターパクリ説を消したら、
非難できる箇所が無くなるぞwwwwwwwwwwwwww

230 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 07:53:36 ID:???
本人ももうわかってるんじゃねえの

ネタを探そうと調べれば調べるほど
自分の書いてたことの与太加減がわかってくるだろうからな

だからどうしようもなくなって、更新する意欲も無くしたんじゃないか

231 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 09:08:24 ID:???
>229
ここで指摘された事をコソコソ修正してたからな。
その姿勢も非難の対象だし。
てか、、間違ってる場所はまだまだあるし。

そういえば、たまに「具体的に指摘しろ」って来る奴は「そこは修正しました」って報告だったのかな。

232 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 09:28:18 ID:???
よっぽど自分に自信がなくて、他人の評価が怖くて仕方ない奴なんだろ。
批判されるのが怖くて掲示板も置かず
それでいて2chのスレにまできて言い訳し、叩かれたら黙って逃げたような奴だしな。

メールで間違いを指摘されても
こっそり記述を削除して、指摘に対する感謝も報告も一切無し。

隠して隠して体裁を取り繕って
まともに対話できるのが自分の妄想のアビバが豚だけなんだからな、哀れな奴だよ。

233 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 13:49:34 ID:???
零戦がグロスターのコピーなんてヨタ話きわまりないが
掲示板で零戦は誇るべき国産機なのか外国の模倣の塊にすぎないのかってタイトルで議論したら
零戦に詳しくない一般市民は極論と極論で大暴れしそうだな。

234 :233:2007/09/07(金) 13:55:36 ID:???
あと「戦前日本と北朝鮮は似てるか?」とか「神風特攻の是非」なども荒れそう。

235 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 14:14:01 ID:???
荒れるっていっても、どうせステレオタイプな言い合いが続くだけだろ

236 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 14:27:09 ID:???
「戦前日本と北朝鮮は似てる」って奴は確かに違うサイトだが昔いたな。
ただ全然荒れなかったが。

政体が違い、日本は専制独裁でなく戦時中ですら内閣が二度も変わっている、
日本は平時はもちろん戦争の最後の年ですら集団餓死など発生していない、
戦前の日本は世界でも顕著な経済成長力だったが、北は萎縮していくだけ、
数十年で列強に伍すまでの立場になった国と、世界最貧国

というような反論がすぐ出て、
そいつは言い返しもせずに話が終わったけどな

237 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 14:56:25 ID:???
まあ管理人や死んだサイトなんて今さらどうでもいいんだが

>>208のとこみたいに、
いまだに騙される馬鹿が時々現れ、デマを吹聴して恥かくんで、
ここでスレ立ててガイドラインみたいにしとくのは意味あるわな。

弱小列伝で検索すればトップで出てくるスレだからだろうが
時々リアル小学生としか思えない、思考力・知識0の信者がわいてくるからな。
ここ見てれば、あんなんに騙される奴がどこまで底なしの馬鹿かというのがよくわかる。

238 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 16:10:40 ID:???
旧軍に詳しくない人が当初は弱小列伝を信じてても
他者がここが違うと言えば「なるほど」と理解できるのなら問題ないと思う。

239 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 18:38:21 ID:???
>>236
平時なら兎も角、
国が存亡の危機に瀕している状況ではむしろ将軍様の独裁制の方がありがたい。
専制君主制の良い所は国家戦略の舵取りが極めてタイトにスピーディーに実行できる事にある。
これは議会制民主主義では想像もできない事。
特に戦前・戦中の日本みたいに政界vs軍、陸軍vs海軍、大陸派vs海洋派,などが
それぞれの言い分を譲らず、いがみ合うという複雑怪奇な状況に加えて
いくさに託けて手柄だの名声を得んとする若手将校が自らの主張が通らないのを不満に、
いつ武力決起するやも知れぬという体制下では
明確な基本方針よりも常に中途半端な折衷案が優先されてきたわけで
日本はついに「国家戦略」という物を確立できないまま、自滅的敗北に甘んじてしまった。

こういう組織では失策とか、何か予定が狂うような出来事があると
例外なく原因究明ではなく責任の押し付け合いが始まるので
それを避けるために必然的にいわゆる「縦社会」な性格を帯びてくる・・・

たとえ凡庸でもひとりの船頭に絶対的に統率された船はしぶといよ。
船頭はふたりもいらねぇ、という事だ。
極論だが、日本は天皇が本当に陣頭指揮やればよかったと思う。


240 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 18:41:09 ID:???
 /{::::::::::::::::/ /                     i      、    ト、|
,/ |:::::::::::::::{/          |  ,/   |、 l    ヽ   | 丶
  |:::::::::::::::/          |  __」  /    斗-=ト、\   │ 【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/
  ∧::::::::::/イ !| l    /レ´/ │/|   / / l|  '.  \  |
, / ∧:::::::::::::ヽ|     / '! /  .|/、| / /_, __|  ム │ヽ l <捏造大好きアホだつおの寝言よりは面白いよ。  
 /  `ー‐/ :! /|  /  | / _,.ニl_` |/   〃⌒' ∧'. |:.、 ヽ!
   / / :::::::|∧! / ヽ' 孑 '⌒` /      '' ' } ヘ |:::::\       みんなも見てみよう!!
  〃/::::::::::::::|:::::| |   '.  ''     丶    ,′ ヽ!::::::::: \
// / ::::::::::::::::::::入∧   、       r‐-イ   .イ   ト- 、::::::::ヘ    きっと勉強になるわ!!
 /:::::::::::::::;: '"/_,.L厶   ト、.    ゝ ノ  /| ト、  |    \::::'.
/:::::::::;: '"厂::::二ニ、::::::ヘ |  \> . _,. <_  l!ノ \.│     \|    マコリンもとってもかわいいの!!
─‐′〃/::/     `ヽ:::.. | 、   \   /.  了'ー─:ヽ|_
    / {:/ ____  \:!::::\   \ |   |:::::ヽ::::::::::::ヽ.
  / ,. <´:::::::::::::::::::`‐-、\::::::\   ヘ|   |::::::::l:::::::::::::::::ト、
. // ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\}::::::::::ヽ.  |   |::::::::::::::::::::::::::| \

241 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 18:55:17 ID:???
>>239
つまり、北朝鮮とは似ても似つかぬ国家だったって事だね。

242 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 19:17:08 ID:???
うん。似てるとは思わんが北朝鮮の国家モデルって間違いなく戦前日本なんだよね。
ただ天皇が実権を握っているか否かの差であって。

巨大国家中ソと隣接して常時、様々な「指導」を受けながら
すぐ南に戦力を置く米国と対峙する、
海洋に活路を見出そうにも日本が弓なりの形になって邪魔をしているw
こんな国家独立を鑑みる上で考え得る限り最悪な状況下で
あの国はしたたかに生き延びてると思うよ。
住んでる国民はたまったもんじゃないだろうが。


243 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 22:58:06 ID:???
>北朝鮮の国家モデルって間違いなく戦前日本なんだよね。

北朝鮮の中枢にいる人物がそう言ったという事実でもあるのか?
てか、実権の有無は天地ほどの差があるし、第一「戦前日本」ってどの時点での日本を指すんだ?

ま、東南アジアのとある国に人権問題で非難したら、「昔、お国の方に教わった通りやってるんですけどね」みたいな皮肉を言われたラスイが。

244 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 22:58:54 ID:???
北朝鮮だって、内閣の一つや二つ変わってるぞw

245 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:16:26 ID:???
スターリンを真似た・・じゃダメかな?

246 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:22:25 ID:???
「戦前日本」って言いかたは、時代を特定せずに「武士」を連呼する右寄りな人達と大差ない気がする。

247 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:23:14 ID:???
戦前の軍部の独走と統帥権の関係は

北の首領様と先軍政治の関係そっくりだよな

248 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:27:14 ID:???
dokoga?

249 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:34:10 ID:???
>>247
だったら北でも226や515みたいな事件が頻発してないとおかしいな


250 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:34:21 ID:???
>>247
では両者の構造を詳細に述べた上で、相違点を整理し、合理的思考によって「そっくり」であることを論証してください。


断言してるんだから根拠くらいはあるはず。
ゆとりでもない限りこれくらいの事は出来るだろう。

251 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:34:42 ID:???
当時の日本より遥かに貧しいんだし

252 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:34:51 ID:???
>>248
軍部が政府に従わないところと、
将軍様が政府に従わないと頃が同じ。
区別がつきません。

253 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:37:14 ID:???
>>251
戦後初期の配給がなくなった一番貧しいときの、
一人当たりのカロリーが確か1400カロリー
北は700カロリー
たしかにまずしそうだな。
でも区別がつかないよ。

254 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:38:35 ID:???
>>242
なんだよそれソースは?
金日成が象徴天皇制を真似たという話なら聞くが
国家モデルなんて話は初耳だ。

しかし、それが事実なら
金日成は「理想的な国家モデルは大日本帝国」だと思っていたわけか。
真似ようとして似ても似つかぬ国ができとはいえ。

255 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:41:37 ID:???
>>253
いつから戦後の話になったんだよ馬鹿が

しかも摂取カロリーが倍も違うって大違いだろ馬鹿。
集団餓死が起きているか否かというのも大違い。

256 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:43:14 ID:???
アジアの共産主義国家の多くがそうなように、
実際にまねたのは中華人民共和国だろうけど。
日本帝国にそっくり
国民が餓えていて世界に嫌われていて、国粋的で精神主義。
戦前の日本と区別がつかない。

257 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:45:52 ID:???
>>255
アフリカ以下wwww

258 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:46:59 ID:???
>>252
将軍様が政府に従わない?キチガイなのかこいつ。
将軍様は実質的に政府を従わせる立場だろ。
政府が将軍様の考えに沿わない決定を一度でもしたことがあるのか?

無いのに従わないって、いみわかんねえよキチガイ

259 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 01:50:03 ID:???
>>257
戦時と平時を一緒にするな馬鹿

260 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 02:03:32 ID:???
>>256
戦前の日本の平均摂取カロリーは2265kcal。
今と比べれば裕福ではないにしても十分の量を食べていた。

列強中、資本主義国の中では最大の経済成長力だったしな。
ブロック経済の中でも成長して強盛になってる国と
戦時でもなく、自由貿易社会にも関わらず飢えてる国とはまるで違うわな。

261 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 02:50:32 ID:???
脳内のマンガ豚としか戦えない管理人は、自分のサイトでも引き篭もり。

262 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 03:49:08 ID:???
酷使様が額に汗かいて必死に擁護すればするほど

戦前の日本には間違ってタイムスリップしてでも行きたくない、って思ってしまうwwwww

263 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 04:05:04 ID:???
サヨとか酷使様とかどうでもいいが
知識も無く、煽りしかできない低能にはこの板から消え去ってほしい

264 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 04:06:58 ID:???
>>262
今の北朝鮮よりはマシだと思うよw

265 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 04:35:19 ID:???
大日本キチガイ帝国が滅亡せずに経済封鎖されて続いてたら、
北みたいになったんじゃね?

占領してくれたアメリカ様マンセーってとこだな。

266 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 06:07:46 ID:???
経済封鎖70年もされてればアメリカだって北朝鮮みたいになっただろ

267 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 08:10:20 ID:???
ならんよ。
アメリカは資源国だから。

268 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 08:13:03 ID:???
資源国でも商売できないからな。
国がでかいだけ失業者が溢れてスラムが増えて、やばいことになるだろうな。

269 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 08:16:57 ID:???
それもありえんよ。
カナダやメキシコ、南米へと市場を自らの力で広げるだけ。
大国、資源国のアメリカはそれができる。

270 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 08:24:17 ID:???
武力で状況を打開するなんて選択肢を認めたら経済封鎖70年とはいえんだろ。

271 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 08:28:21 ID:???
だからアメリカが経済封鎖を70年も看過するわけないってこと。
もともと内政問題を外征でどうにかしようとする国だからな。

272 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 13:29:31 ID:???
>>266
つうかいまだに「ウチの国、鎖国しても問題ないんじゃね?」
という意見が持ち上がるような国なんだが

273 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 13:31:15 ID:???
kwask

274 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 15:13:10 ID:???
管理人は教える立場の人間などではなく、まだまだ教わる立場の人間という事を理解した方が良い。
でないと、一生バカのまま。
根拠の無いプライドは捨てて、真面目に勉強するべき。

275 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 15:21:55 ID:1jg+VSpO
管理人さんって素人童貞かな?
あの豚男って管理人の顔でないかい。

276 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 15:34:28 ID:???
なあ、あのアメリカであっても30年代はペラグラ病に掛かったりして子供が死んでたりしてるんだぜ?
スタインベックが書いた怒りの葡萄を読んでみろよ。
当時は社会保障が弱かったにしても、剥き出しの資本主義によって、貧窮したオクラホマの小規模農家が
どれだけ悲惨な状況で西海岸に流れて逝ったかが良く判る。

オーキーなんて蔑称で呼ばれてさ。西海岸の連中からまるで盗人のように見られていた。
更に山ほど人間が流入してきたのに付け込んで、生活すらままならないやっすい賃金で労働させたりしたんだぜ?
流石にそれに怒った労働者(オーキー達)が労働争議や組合を結成しようとすると、途端にアカだと決め付けて
刑務所にぶち込んだりと無茶苦茶し放題だった。

アメリカも一皮向けば非情な側面がワンサと出てくる。 ウンザリするぐらい矛盾を抱えた国でもあるな。
それでも世界一の大国に君臨したままだが。

277 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 15:42:42 ID:???
今でも日本の20倍以上のホームレス生み出してる国だもんなアメリカは。

その反面一部の大富豪がちょっとした国の国家予算並の富を独占し
ビルゲイツの資産を全てのホームレスに均等に分け与えたら
全員がマンションに住み、全員が数万ドルの自家用車に乗り、
全員が毎日三食美味いものを食べて暮らせる。

いくら大国とはいえ、ろくでもない国だよな。

278 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 15:43:46 ID:???
管理人にとっては、皇軍厨を論破するだけの知識だからなあ…。
バカの方向に特化もするよな。
まあ、それ以上のレベルには成長できなかったという事か。

279 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 15:46:57 ID:???
小林克也が米南部にいったとき、
「お前ら日本人は俺たちの仲間だ。北軍(米政府)と戦ったんだからな」
と言われたそうだ

280 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 15:54:07 ID:???
>>277
それでいて
日本だけ所得の無い一人暮らしの学生や入院患者一人一人まで「一世帯」として計算した恣意的な資料と
それを一切含めないアメリカの統計を比べて
「日本と貧困層の比率にそこまで差が無い」
と驚くべき強弁をしたんだろ。

とんでもない国だよ。

281 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 19:15:50 ID:???
>>226
今ふと思い出して笑ったが、エンジョイコリアの流れねそれw
いきなり反日電波ネタブチカマして植え込まれたトラウマ反日教の情熱だけで押し通すのね。
こっちが冷静に内外から出典とリンクあげて翻訳まで付けて説明すると、
最後はそういう負け惜しみの捨て台詞で消えるのよ。まともな理論や考究姿勢なんてないのね。ハナから。
誰かが言ってたけど、反日したいだけなの。生まれもって反日だから。ただそんだけ。
大人はまっさらな子供に余計な恨みを搾取して植え込んじゃいけないよ。可哀想すぎる。いやほんと。

282 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 19:24:49 ID:???
日本は戦前から民主主義国家だぜ?
大日本帝国も北朝鮮とまるで違うじゃねーか。
革命家独裁者キムに相当するのが天皇なのか?
天皇は戦前戦後もまったく同じ象徴にすぎなかったのもしらんのか?
こういう電波にかかると天皇は朝鮮人となるのだろう。
無知は無知を正そうとしない。なぜなら真実なんてどうでもいいからだ。

283 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 19:27:09 ID:???
>>242
>うん。似てるとは思わんが北朝鮮の国家モデルって間違いなく戦前日本なんだよね。
>ただ天皇が実権を握っているか否かの差であって。


馬鹿か?

284 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 19:30:17 ID:???
管理人が幕間にヒョコヒョコ出て来ては遠回しの言い訳書いてるんだなあ
かっこわりーよ
キンタマあんのか?

285 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 19:57:04 ID:???
無敵マンコ

286 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 20:12:14 ID:???
【大日本帝国】
大日本帝国憲法により形式的には民主主義国家。
独裁者は存在していない。
海軍は世界三大強国。
GDPは世界第五位。
国際連盟常任理事国になっていたこともある。

【北朝鮮】
貧しく、餓死者多数。独裁主義国家で粛清の嵐。
国際的には相手にもされず、軍隊は弱い。
ミサイル撃ってもどこへ飛ぶか分からないw

287 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 20:15:13 ID:1jg+VSpO
グロスターのプラモの設計図は無いでしょ!
飛行機の事何も知らない素人童貞が偉そうに能書き垂れて
鬼の首捕ったつもりでいやがる。
なんか良く分からんがヒュンダイが出てきたり。
おい馬鹿管理人!てめ〜私が間違ってましたと早く謝れ!


288 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 20:28:12 ID:???
管理人一体何人いるんだよ

289 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 20:45:07 ID:???
>>286
>ミサイル撃ってもどこへ飛ぶか分からないw

キャー向かう所敵なし

俺はあのサイトは絶対釣りだと思ってる
必ずどこかに縦書きがあるはず!!!

290 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 20:49:01 ID:???
北朝鮮のモデルは、どう考えてもスターリン支配下のソ連だろ。
独裁者、民主集中制、強制収容所、密告社会、飢餓地獄、軍事優先、計画経済・・・・酷似点はいくらでも出てくる。
ま、金日成自体がソ連の工作員だったので、真似するのも当然だが。

291 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 20:51:10 ID:???
ですね

292 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 21:57:46 ID:???
【北朝鮮】
貧しく、餓死者多数。独裁主義国家で粛清の嵐。
国際的には相手にもされず、軍隊は弱い。
ミサイル撃ってもどこへ飛ぶか分からないw

【大日本帝国】
貧しく、餓死者多数。気に食わない記者や小説家は召集して前線送り。
国際連盟を火病って脱退、軍隊はhttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1178047779/
ミサイルは女風呂に的確に命中。

293 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 23:33:31 ID:???
つかドイツが誇大妄想でソ連に奇襲して返り討ちにされたのと比べれば、
皇軍が日中戦争で中国人から受けた反撃なんて微々たる物だったろ。
中国人は日本人に生物学的に劣っている、徹底的に劣っている。
皇軍が中国人を「チンピラゴロツキ」と呼んで殺戮する害虫退治とは違い、
ドイツ人がポーランド人やロシア人を「劣等民族」と蔑むのは許されない。
ウソだと思うならバグラチオン作戦と大陸打通作戦を比べてみろ!

常に自分よりも下があるんだって、ホント気持ちがいい優越感を感じるよな。
どんな場合でも日本人は中国人の上に立ち、支配しているのだという優越感。
97式中戦車チハがこんなに強いなんて、おまえら知らなかったろ!

   日 本 人 は 中 国 人 よ り は 「上」 だ !

それにはやはり大陸打通作戦に皇軍の全戦力を結集することだ。大陸打通作戦
だけが皇軍の全てであり、大陸打通作戦だけを続けてそれから無条件降伏すべきだ。
日本人は中国人に対し常に優越しており、中国人はその下で隷属する最劣等生物
なのだということを、誰にでも分かりやすい形で訴えるべきなのだ。そしてこの
気持ちのいい優越感を、いつまでもいつまでもかみ締めておくことが大切だ。

294 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 23:46:42 ID:???
どうやら規制を恐れてAAとコテをセットで使えないチキン野郎のイランジンが来ていたようですねwwwwwww


イランジン哀れwwwwwwwwwwwwwwww悔しかったらコテ使ったままAA貼ってみろやwwwwwwwwwwww

295 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 01:45:42 ID:???
>>グロスターのプラモの設計図は無いでしょ!

「すっげー!!??俺って天才じゃん!!!これで、酷使共をギッタンギッタンにやっつけてやるぞう!!」

「君は実にバカだな」

296 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 02:11:29 ID:???
>>292
馬韓理人が意味不明なこじつけwwwwwwwwwwwww

297 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 02:48:42 ID:???
http://www.warbirds.jp/ansqn/logs/A001/A0005121.html
>三菱が「ろくに戦闘機・・・・」や「たった一年・・・」って何ですか?
>その時点でそのサイトに記述されている事は”説得力”はまるで有りません。

>>292=馬管理人のアフォ主張がズタズタにされててワロタ(笑)


298 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 04:43:53 ID:XfroWbtI
>>282
戦前は民主主義でも戦中は北朝鮮だ!はい論破!

299 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 04:44:56 ID:???
戦時中にも選挙は行なわれて野党も当選してるし
内閣も何度も変わってる。はい論破

300 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 04:45:07 ID:XfroWbtI
>>290
違う。中国だ。
アジアの共産圏のモデルは中国
毛沢東バッジとか服とかぱくってる。

301 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 04:47:21 ID:???
戦時中に言論統制があるなんて当たり前の話
アメリカでも戦時中に戦争反対と言うと罪に問われる法律が施行されていたしな。

302 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 07:07:07 ID:???
>>292
>貧しく、餓死者多数。

餓死者が出たのは戦争に負けてからじゃなかったか?

303 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 07:17:57 ID:???
戦後だし、出たといっても集団餓死といえるほど纏まった数の犠牲はでていない。
今の日本やアメリカにだって餓死者はなくならないのだから、有無ではなく集団的な規模で考えるべき問題。

304 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 07:59:50 ID:???
>>298
弱い犬は吠える
人間なら「!」が多い
論破終了

305 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 08:08:38 ID:???
>>304
2chでは「w」の数ではなかろうか。

306 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 09:29:40 ID:h3kYdU9b
>>303
>アメリカでも戦時中に戦争反対と言うと罪に問われる法律が施行されていたしな。
なんて法律?

307 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 09:40:02 ID:???
餓死者多数ってどこの国だ?w
そしてその多数ってざる勘定
統計も何も関係ない感情やムードだけの人種だな
民間人が戦時中多数餓死した事実なんて作るなよヴォケ
なんか心底頭いてーよこのスレのアンチ日本

308 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 09:41:06 ID:???
釣るなら俺らを笑わせる釣りしろ
サービス精神ねえぞ

309 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 13:17:39 ID:???

>日本は戦前から民主主義国家だぜ?

これって、酷使様の釣りだよね?

北朝鮮は現在でも「朝鮮民主主義人民共和国」ですが、何か?

310 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 13:25:32 ID:???
意味不明
名前がどうかしたのか?

311 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 13:30:58 ID:???
民主主義人民共和国というのは、一般的な定義でいう民主主義とは全然違う。
国民が一人残らず首領様を敬愛しており、全員が心から独裁なさる事を望んでいる、
国民の総意で専制独裁してもらっているという特殊な民主主義。

朝鮮総連の人間が朝生で追及されると、冗談抜きでこんな理屈を抜かしていた。
しかし、せめて民主主義というのなら、最低限戦時中の日本のように選挙の一つもやってから言ってもらいたい。

312 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 13:41:52 ID:???
北朝鮮も一応選挙やってるだろ。
まあ労働党独裁だけど、自民党独裁みたいな日本もやばいw
次は政権交代させられるかな。

313 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 13:46:35 ID:???
社会党とかどうしようもないクズ政党が
野党だったんだから仕方ない

314 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 13:49:15 ID:???
政権交代がなかったから独裁だってどんだけ〜w

315 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 13:51:24 ID:???
>>312
ちょっとまて。候補者一人の選挙を選挙と認めていいのかw

316 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 13:57:56 ID:???
>一般的な定義でいう民主主義とは全然違う
>一般的な定義でいう民主主義とは全然違う
>一般的な定義でいう民主主義とは全然違う
>一般的な定義でいう民主主義とは全然違う
>一般的な定義でいう民主主義とは全然違う
ぷぷぷwwwwwww


それって、「臣民」という名の、洗脳されきった家畜人が住んでいた国にも、
まるっきり当てはまるよねwwwwww

臣民の国の奴隷の唱える民主主義って、どんだけー!wwwwww

317 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:00:17 ID:???
そもそも野党がいない時点で民主主義とはほど遠い。

318 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:00:53 ID:???

ま、酷使様にとっては、「数が多い」イコール「民主主義」ですから

319 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:05:00 ID:???
ひどい自演を(ry


320 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:07:20 ID:???
>>315
いやいや、北朝鮮の選挙制度は小選挙区制で、選挙権は17歳以上。
道、市、郡の代議員を選出する。
らしい。
ttp://adon-k.seesaa.net/article/49790199.html
見れば分かるが、一応選挙らしい事はしてますよって感じw

321 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:09:04 ID:???
>>317
戦時中の翼賛選挙でも野党の議席はむしろ増えたりしてるんだが


322 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:09:54 ID:???
>318
馬韓李人さんはいつ働いているの?

323 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:13:09 ID:???
>>320
>金総書記は1982年から5期連続当選しており、今回も盤石…どころか、落選者は1人も出ない。

>「投票用紙には『〇〇〇を代議員として賛成投票します』と初めから印刷されており、
>賛成の場合は何も書かずに投票箱に入れる。反対の場合は×印を記入すると規定されているが、
>そもそも筆記用具が準備されていない」

候補者が一人しかおらず、落選者が一人もいない。
おまけにペンすら置かれてないのに選挙らしいとはいえんw

324 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:16:19 ID:???
同じ論理で「イギリスと北朝鮮は似ている」とかも言えそうだな。

325 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:23:39 ID:???
>>323

>>314


326 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:28:22 ID:???
民主選挙の結果で自民党に政権預けてるんだろ。それが民主主義。
民主選挙ができないように制度が作ってある国とは違うわな。

327 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:29:17 ID:???
それに社会党が与党になったこともあるぞ

328 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:34:13 ID:???
>>316
英国でも法律上臣民という用語が普通に使われてましたが

329 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:37:10 ID:???
>>311
説得力あり過ぎです

330 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 14:53:27 ID:???

選挙に制約を加えられても政体に忍従するのは、洗脳された国民である

選挙に制約を加えられなくても政体に忍従するのは、もっとよく洗脳された国民である

イヤーハハッ、民主主義は地獄だぜェー!!(AA略

331 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 15:09:57 ID:???
将軍様の頭脳>>>>>>恐竜>>>豆腐>>戦前日本指導部の脳味噌

あの程度の試練に耐えられずに火病って戦争仕掛けて
明治の先人がせっかく蓄えた国力をぜんぶ消耗しきってしまった無能日本w
未曾有の国難を強かに乗り切る将軍様の頭脳の
1%でも分けてあげられたらこんな事にはなわなかったのにねw

332 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 15:11:09 ID:???
芸の無い釣りはつまんね

333 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 17:09:04 ID:???
>331
馬韓李人さんはいつ働いたり寝たりしているの?


334 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 17:10:57 ID:???
>>馬韓李人さんはいつ働いているの?

自称・軍事評論家 兼 イラストレーター

335 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 17:21:21 ID:???
だったら自分のサイトで使う絵くらいパクらずに描けよ

336 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 18:47:51 ID:???
>>333
本職「ニート」

337 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 22:49:47 ID:???

              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          / 日   '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i      ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 戦ったら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる 
         l イ  '-     |:/ tbノノ   \    
        l ,`-=-'\     `l ι';/       \  日本兵(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / / 
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

338 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 23:11:08 ID:???
        ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ', おじちゃんたちは 
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   どうしてはたらかないの?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /

339 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 23:15:37 ID:???
>>337
孫子?

340 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 23:23:32 ID:???
              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          / 源   '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i      ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 防弾板付けたら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる 
         l イ  '-     |:/ tbノノ   \    
        l ,`-=-'\     `l ι';/       \  海兵52期(男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / / 
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|


341 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 23:26:42 ID:???

              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          / 栗   '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i      ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 突入したら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる 
         l イ  '-     |:/ tbノノ   \    
        l ,`-=-'\     `l ι';/       \  海兵38期(男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / / 
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::|

342 :イランジン:2007/09/10(月) 09:02:06 ID:ybVwOrkl
>>286
>大日本帝国憲法により形式的には民主主義国家。


もっと勉強しようね!  みんなに笑われるよ。

343 :名無し三等兵:2007/09/10(月) 09:10:47 ID:???

ほら、お仲間がきたよ
馬管理人

344 :名無し三等兵:2007/09/10(月) 10:45:17 ID:???
イランジンとだつおのウンコの投げあい

345 :名無し三等兵:2007/09/10(月) 13:34:48 ID:???
>>馬韓李人さんはいつ働いているの?

自称・軍事評論家 兼 イラストレーター (休業中)

346 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 03:35:10 ID:???
ちなみに強い強いと言われる日本の歩兵ですが、
背筋力は連合軍の兵士より劣っていたので
手榴弾は半分近くの距離しか飛ばせなかったようです。

連合軍の歩兵より強いのは足腰だけなんでしょうか?
走るスピードがやつらに勝てたとは思えないのですが。

347 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 03:47:54 ID:???
>>346
戦闘中ですらフル装備では全力疾走なんてできないから短距離の速さはほとんど関係ない。
兵の精強さはイコール身体能力でもねえだろ。
だとしたらアフリカ人の軍隊には誰も勝てないってことになっているだろうからな。

348 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 04:00:46 ID:???
>>346
日本軍の歩兵の進軍速度は1日40km。
これがドイツや他の国では1日20km前後とされているから、驚異的な速度だった。
これは歩く速さという以上に、1日に行軍できる限界の時間がそれだけ長かったということ。

数キロやそこらを早く走れたところで、兵士全員の持久力が高くなければ行軍には何の意味もない。

349 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 06:00:12 ID:???
歩兵の身体能力はかなり重要じゃないか?
特に歩兵率が高くて装備もあまり充実していなかった日本陸軍にとっては
歩兵の身体能力がまんま戦力になると考えられないか?
例えばこういう場面
モーター付きボートがない→手でカヌー漕ぐ
迫撃砲がない→手榴弾投げつけろ!
トラック無い→背負って運ぶ

350 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 07:30:39 ID:???
日本軍は敵弾筒を大量に装備しているから、遠く投げれなくてもあまり関係ないな。
むしろ投擲は連携の方が重要。
一斉に飛び出して敵陣に向け息を合わせての飽和投擲は日本の十八番で威力絶大だった。

運搬やボート漕ぐとかは単純な瞬発力より持久力だからな。
普通に考えて生活水準のいい今の日本人の方が、当時の日本人より身体能力はいいはずだが
当時の運動や訓練の厳しさは現代人にはとうてい真似ができない。

例えば坊主になるための行院での修行なんかにしても今では非常に軽くなっていて
戦前に誰もが普通に行なっていた行でも、今の修行僧には到底実行不能らしい。

351 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 09:06:21 ID:???
   , '" ̄_: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :.\
../_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 ´ /::::: /::::::/::::::: :|::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: ヽ        とっても良いサイトなの!!
 ∨:::::: /::::::/::`ヽ/ |::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::: ∧
 ∧//::::::/:::::::::::/  |:::l  ',:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::∨j∠|__
.//∨:::: /::::::ト、/   :|:::l  ヽ:-―-:::::l::::::::::::::::Vヽ ヽ   \. | 【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/
   ,' ::::::l:::;イ レ'心  l:::|    \::::::::::::|::::::: l:::::::| ∧人_, / .|
    l::::::/|/::j {ヘ:::|   ヾ|   ヽ--\ :::::|::::::: | ::: |  |::::::| ヽ/  |
  . |:: ∧!: リ  Vヒj       行テ乏ア :::|::::::: |:::::,′ |::::::|_ノ   |   だつおの寝言よりは面白いよ。  マコリンもとってもかわいいの!!
   .W  !;八    ,     {ヘ;;:::// ヾ|::::: ∧:/  ノ :::::|     |  
      ./::::::ヽ   、 __   ゞ少′ ⌒!::/⌒)7:l::::::l:::|   <
      / :::::: /7\ `ー’  __   ,、__,/ ‐<:::ノ::|:::::::l::|    |   みんなも見てみよう!!
    .,'::::::::::/ レ'/ >ーr (  \´>'´(_, -く:::ノ|::|::::::::l:|    |
     ::::::: / /'//{  /ヽ  ¨  (__ r‐<:八:! :::::::l|    |   きっと勉強になるわ!!
    i:::::: ノ {V/  >'´/:::\     `ー ノシ |::::::::::|    |
    |::::::,' ∧l{ /-='´:::::::::::/ヽ、_    , イヾ  |::::::::::|    |
    |:: /  ン≠'´::::::::::::::::::::::人_∧  /〉 ││::::::::|    |
    .j//:/::::::::_:::,斗ァ‐'´( \ 三三 / 人│::::::::|




352 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 09:31:49 ID:THY5ZBK+
>>348
> これは歩く速さという以上に、1日に行軍できる限界の時間がそれだけ長かったということ。

歩兵操典に歩幅75cm、一分間に114歩と歩く速さは決められていて
このペースだと8時間で40km歩ける。
50kgの装備を背負ってこのペースで歩いたと言うのだから驚異的な軍隊だろうな。
兵士が死んでも構わないみたいな気構えでないとやれん。

353 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 09:35:13 ID:???
>>352
現代人の感覚ならな。
戦前は鍛えればそれができるほど、個々人の肉体が頑健だった。
便利さとのトレードオフってことになるかね。

現に見ろ、俺らのじーさんたち、信じられないほどよく歩く。

354 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 09:38:25 ID:THY5ZBK+
>>353
師団単位で活動すれば一万人以上の人間が動くわけだから
必ず脱落者が出るだろうが、そういう人を抱えてどうやって速度を
維持してたのだろうか?

355 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 09:40:17 ID:???
まあ当時、陸軍では歩かされるから海軍に志願〜、という話はよく聞く。
で、海軍では歩きはしないが走らさせて参った、というオチがつくw

356 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 09:41:38 ID:???
>>354
小休止・大休止は行軍中に必ず入れることになってる。
歩兵操典とか読んでみ。

で、脱落者はその間に追いつくとか、後続部隊に吸収されるとか。
その前に同僚が荷物引き受けて負担を軽くするとか。
基本的に見捨てない。

357 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 09:44:23 ID:???
脱落者が頻発するような速度じゃ行軍しないだろ。
脱落者が出ない限界の速度で行軍した場合、他の国より極めて速かったということじゃないのか。

358 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 09:45:49 ID:THY5ZBK+
どうしても動けなくなったらどうするんだろ。
自動車がない軍隊って損耗率が上がったら
どうしても非常な決断をとるしかなくなるような気がする。
命を軽視しないと強さが維持できない仕組み

359 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 09:51:23 ID:???
心配せんでも、そういう状況なら行軍速度落とすから。
餓島みたいなのを想像してるんなら間違い。

360 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:00:15 ID:???
ゴキブリが台所を這っていると、中国人が這い回っているのを思い浮かべる。
便所瓶にウジが涌いていると、中国のチンピラゴロツキが涌いてきてるなと。
中国人は日本人に劣っている、徹底的に劣っている。中国人の日本人に対する
生物学的劣等性を示す史料は探せばいくらでも出てくる。

>論点のすり替えは見苦しいな。規格で日本が遅れをとっていたと言うなら、
>それはそれで認めれば良いだけなのに。

中国人が皇軍兵器の技術的先進性と優れた工業力を理解するためには、
97式中戦車チハが大陸打通3000キロを駆け回って殺戮と暴虐を
ほしいいままにして、中国人がその肉体で思い知るしかなかった。
中国は人口が世界最大かつ米英独ソの支援がふんだんに受けられるから、
皇軍と皇軍兵器にとっては絶好の殺戮標的物であり続けた。
ドイツ陸戦兵器だろうがアメリカ航空隊だろうがそれは結局のところ、
皇軍にとっては中国人という蛆虫を相手に気持ちよく殺戮ゲームを楽
しむための口実にしかならなかった。

何? そんなの殺人鬼だって?

それは皇軍の97式中戦車チハのことを指して言っているのか?
97式中戦車チハが工業製品として世界有数で、恐るべき殺戮マシーン
として大陸打通作戦の3000キロを駆け回ったということなのか?
ホント、アウシュビッツに車輪が付いて大地を駆け回ったようなものだな!

361 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:11:46 ID:???
装備が悪い軍隊はダメージコントロールはきかないよな
つうか小学校卒の農村出の馬鹿ばっかりだったから
家畜のような労苦に耐えられたんだろうなぁ。

362 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:14:21 ID:???
どうみても>>361の方が馬鹿で貧弱だなw

363 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:20:00 ID:???
大陸打通作戦も40万人参加して6万人もの損害を出して
結局は失敗して、ただ長い距離を歩いただけで終わった無意味な作戦。
凄いというよりもただの馬鹿だろ。

364 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:24:00 ID:THY5ZBK+
当時の日本人の平均身長は160cmもなかったので
小柄で筋肉質だったんだろうね。

365 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:41:14 ID:???
バルバロッサ作戦も400万人参加して半年で100万人もの損害を出して
結局は失敗して、ただ長い距離を歩いただけで終わった無意味な作戦。
凄いというよりもただの馬鹿だろ。

366 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:45:23 ID:???
バルバロッサにはモスクワ占拠による政治の崩壊で
ソ連を無力化させるという作戦としての整合性があったが、
通打作戦には作戦としての合理性や整合性がまったくない。
ただの馬鹿作戦。

367 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:45:44 ID:???
結局は日本軍もドイツ軍も、文明的にも技術的にもほぼ同レベルだから。

それにしても中国軍はあまりに弱すぎるなー。バルバロッサ作戦をはじき返した
赤軍の爪の垢でも煎じて飲めと、それぐらいに工業水準のレベルが低い。

368 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:48:54 ID:???
いくらなんでもドイツ軍より弱いだろ皇軍・・・

中国なんて土人を引き合いにだすなって。

あのイタリア軍だってエチオピア軍には勝ったんだよ。

369 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:53:25 ID:???
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?

中国軍がエチオピア軍の何倍もの損害をだして引き分けということでいいですか。
イタリア軍に善戦した精強エチオピア軍でも中国人絶滅とまではいかないから。

370 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:55:00 ID:???
>>366
まさかバルバロッサをモスクワ占領が最終目標とか勘違いしてんの?
馬鹿がw

371 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:56:56 ID:???
たかだか飛行場を攻撃するのに40万人もの軍隊を動かす帝国馬鹿陸軍。
1500km踏破でやっと占領したら、米軍は他のところに飛行場を作りましたとさ。

372 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:58:03 ID:???
>>370
目標ソ連軍、目的はモスクワ。
それが何か?

373 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 10:59:20 ID:???
>>372
真性馬鹿乙w

374 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:00:01 ID:???
>>373
ではバルバロッサの目的を聞こうじゃないか。

375 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:05:23 ID:???
たかが40万人もの帝国馬鹿陸軍に、1500km踏破される腰抜け中国軍。

376 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:06:17 ID:???
バルバロッサ作戦はソ連野戦軍の壊滅とアルハンゲリスク〜アストラハニをつなぐラインまでの進出。
ソ連の屈服を狙うのが主目的であり、
首都モスクワ占領はバルバロッサ作戦の第二段階のタイフーン作戦の目標にすぎない。

377 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:07:44 ID:???
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?
エチオピア軍と中国軍が戦ったら、勝つのはどっちですか?

378 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:12:36 ID:???
反ファシズム戦争史観からみても、中国抗日はあまりに小さすぎ。
あれはエチオピア戦争と同じくらいの扱いで取り上げられるべき。

379 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:14:20 ID:THY5ZBK+
>>376
遅レスのところを見ると必死にググッたのね。
AA線はモスクワ占領後の延長線上にある処理案でバルバロッサの
目的ではない。
パウル・カレルさえも読んでないのがモロわかり。

380 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:18:13 ID:???
>>379
論破されたからって必死にそんな妄想されてもねw

381 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:21:48 ID:???
>>379はパウル・カレルが偽名というのも知らない馬鹿だな。

382 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:27:06 ID:???
ペンネームが何か問題あるのか?

383 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:30:07 ID:???
>>380
パウル・カレルくらい読めって
モスクワの奪取を持って中央政権を無力化させて
それを以って敵の戦闘能力を壊滅させる経緯がしっかりと
書いてある、
そもそもタイフーン作戦は当初の計画にはない作戦です。
中央軍、第二装甲軍、ヒトラーの立場の違いによる主張なども
細かに書かれてるから。
ググッた薄っぺらい知識で語るなと。

384 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:30:28 ID:???
バルバロッサって当初はスモレンスクまでにソ連軍撃破する計画でなかった?
で、逃げられて作戦目標がどんどん先に伸びていったという。

385 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:31:57 ID:???
>>383
パウルカレルは良書であるが
正直古いのでもう少し最新の研究も読むといい。

386 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:34:54 ID:THY5ZBK+
>首都モスクワ占領はバルバロッサ作戦の第二段階のタイフーン作戦の目標にすぎない。

こんな事を書いていることからして、無知だってのがモロわかりなんだよね。
タイフーン作戦なんてのはヒトラーの思いつきだったんだよ。

387 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:39:11 ID:THY5ZBK+
>>384
第二装甲軍のグーデリアンは
クラウゼヴィッツを出すまでもなく首都の攻略をして目的を達成する作戦だと
理解していたようだし、キエフ南下の命令にもそのように反論して反対して。
キエフ攻略の意味を疑問視した回答をだしている。

388 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:39:29 ID:???
はいはいw
オマエの妄想はもういいよw

389 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:42:22 ID:???
歴史書をソースにした裏づけのある反論もせずに
妄想してるのは、君だけだよ。

390 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:57:50 ID:1ohztW+Z
はいはいw
オマエの妄想はもういいよw

391 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 11:59:45 ID:???
>>390
敗北宣言 乙。

392 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 12:23:23 ID:???
>>391
はいはいw
オマエの妄想はもういいよw

393 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 12:25:47 ID:???

 ―┼‐         ノ     /   |  --ヒ_/     /   \ヽヽ    ー―''7
   `」   ┼,   二Z二   レ   /  /´レ' \ ―7 ̄}  |  ー-、   /
 (__  (|フ)   (__ノ  _ノ  ∨`  ノ  /  /     _ノ    \_

    ─┼-        /   |   ‐┼-   |     ー|―
    ─┼─ |   \ レ  /   ̄Tー  /      ノ -─
   (二フヽ  \/    _ノ   (二フ\  ヽ_ノ   / 、__

     i';i
    /__Y
     ||真||                   /⌒彡
  _ ||露||         /⌒\     /冫、 ) ・・・・・・。
  \ ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ `./⌒ i `  /ゝ    _,,..,,,,_
  ||\`~~´  (キムチ)       \( >     ('\\  ./ ,' 3 `ヽーっ ・・・・・・。
  ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄\`つ    ⌒ _) l   ⊃ ⌒_つ
     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||                `'ー---‐
( 'A) ・・・。 〃∩ ∧_∧        <⌒/ヽ___
/(ヘ)ヘ    ⊂⌒(  ・ω・) ・・・。  <_/____/ zzzz・・・
         `ヽ_っ⌒/⌒c


394 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 12:47:26 ID:???
>>392
論破されてそんなに悔しい?

395 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 13:24:08 ID:???
>>392
素直に謝っちゃえよ。

396 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 14:10:31 ID:???
どうでもいいが何がバルバロッサなんだよ。失敗してんじゃねえか。
失敗した作戦がどんなに壮大でも凄いもクソもないもんだ。
日本は上海事変でちゃっかり南京占領しとるわな。

なるほど打通は成功しても当初の想定どおりの効果はなかったかもしれん。
ならバルバロッサだってモスクワ占領してもソ連が屈服したかどうかなんかわからんわな。
むしろ成功しただけでも打通の方がよっぽど上。

つーか打通なんてドイツでは西と東からサンドイッチされて断末魔の時期じゃねえかよ。
ラインの守り作戦か断末魔は?
あんなクソみたいな作戦たてて、やっぱり失敗かよ。奇跡が起きて成功しても怪しいもんだ。
打通作戦の欠片の意味もなかったよな。
まあドイツの首がベルトの穴三つ分くらい絞まったという程度の意味はあるが。

ドイツ軍が行なった無意味な作戦なんて山ほどリストアップできるだろそれこそ。

397 :イランジン:2007/09/11(火) 14:24:53 ID:5NhrT6t8


  このスレもアホだつおがキャイーーーンして静かになった。

398 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 16:39:08 ID:???
それにしても皇軍は弱い弱い、東西で大敗したドイツ軍よりも弱い弱いって、
結局一番痛いのはその皇軍にさえボロ負けを続けた中国軍じゃないかと。
世界最大の人口かつ世界第二位のGDPを抱えながら、あの弱い皇軍よりも
さらに弱かったという、信じられないほどの腰抜けぶり。

399 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 16:43:20 ID:???
意味が分からん。

400 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 16:45:48 ID:???
だつおのアホはコテ消してまでスレが欲しい乞食でワロス

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活、
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活、
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー


401 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 16:51:31 ID:???
弱い敵に敗北すると、敵の攻撃よりも同盟国からの非難が辛い。
味方陣営からの轟々たる非難をどうするのかと。

二流の英軍相手に敗走を続けた、北アフリカのイタリア軍。
二流の皇軍相手に敗走を続けた、大陸打通作戦の中国軍。

402 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 19:41:08 ID:???
偏平足は兵役免除ってホントかな

403 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 22:21:31 ID:???
北海道の小学校校庭から旧日本軍の戦車発見(画像あり)
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news7/1189427930/

404 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 22:42:45 ID:???
>>397規制を恐れてAAとコテをセットで使えないチキン野郎のイランジンwwwwwww


イランジン哀れwwwwwwwwwwwwwwww悔しかったらコテ使ったままAA貼ってみろやwwwwwwwwwwww


405 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 23:14:23 ID:???
キターーーー

http://files.or.tp/up0950.jpg


406 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 14:53:58 ID:???
だつおって共有コテだろ。

407 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 16:54:48 ID:???
まあヘタリアのヘタレ具合と、エゲレスの奇天烈珍兵器さと、おフランスのマジノ線一本やりと
日本の貧乏具合を考えるとどこも五十歩百歩なんだけどなw
アメリカが異常に飛びぬけているが・・・・・・・・・


408 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 19:41:00 ID:???
>>407
最後は「アメリカが異常」という結論になるんだよなw
実際、アメリカが参戦しなきゃ日独が優位のまま戦争が締結した可能性もありえるだろうし。

409 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 21:33:53 ID:???
              ∠二_ヽ             \   、
             l´>,へ`lト、      / ̄ ̄\  \  丶
            ,/ /:::.::|ラ  \.  /  ヽ_   \
           /  ./:.::.::.|へ:.   ヽ(●)(● )    |        \
         /;   /.::.:::.::|.  \:... (__人__)     |
        ./::::::':;..  i'::.:...::.::|   ヽ  (,`⌒ ´     |        ヾ
        /'::;:::::::::::'::,l!.:::.:::.:..:l!    \ {        |
       ;!  '::;::::::::::::l:.:.:....:...:.l!       {      ..:/⌒ヽ.
       l.   ''::;;/\:.::.:..:.:.i!.      ` ー      .:;.  \          ●. .::  ぐぇあ
        |:.:..  /   \:::.:.:.:!.      |     .:/\:..  \            _/|\_ `.←>>1
       :!::::./      . \::.::゙:、    |     ::|  \ノ  ;!     .    ~/\_
        ゙く          \:.:.゙:、.   |      _」__,∠  〈_,_,_,_,.,、
      .   ` 、          \::゙:.、 .|    ((:::))_)}  |o) o)o)):}
            `゙ ‐-  .,,__   _,,.>  |   ./´ ̄`V`rー'' ̄ ̄' ̄'`´     ,
                    ̄     ノ   i'    .:レ′             /
                        /   .:::レ''"""'' ::l         /    /
                        /  . .:::::;:/ .:::::::::::::::.:..|      /     /
                       /  .::::::/ l .:::::::::::::::::::..:!    /      '
                  /   .:::::/  | . ::::::::::::::::::::|    ´      ,
                 /    i/,  /ハ .:.::::::::::::::::::;!         /

410 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 22:38:39 ID:???
>408
日独共に正義のソ連軍に踏み潰されることでFA。

411 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 23:38:06 ID:???
>>410
レンドリースが無ければそれも怪しい。

412 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 23:44:24 ID:???
>>408
            ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ', お子ちゃまは 
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l   真珠湾を騙し討ちしたのが
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |   どこの国かも知らなかったの?
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /



413 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 00:31:13 ID:???
>>412
バカ丸出しの見当違いなツッコミをして得意げになるなよゴキブリw

仮定の話でアメリカが参戦しなかったら〜という話をするのに、
日本が真珠湾奇襲orフィリピン攻略を実行しなかったらという前提条件をあらかじめ提示しておかないといけないわけ?w
そんなことを2chでやってたらキリがないんだよ。

414 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 00:42:43 ID:???
日本陸軍
九十七式中戦車チハ

VS

ドイツ陸軍
A7V

勝つのはどっちだ!?

415 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 00:43:55 ID:???
チハの砲弾はA7Vに当てられるけど逆は厳しいよ。

416 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 01:03:44 ID:???
>>412
日本厨がせっかく楽しいお花畑で遊んでいるのに水を差すなよ

417 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 01:20:09 ID:???
皇軍の悪口を言う奴は全員朝鮮人

418 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 02:26:20 ID:???
>>416
            ,. - ─── - 、
             /    ,       `ヽ.
            /〃//,. ,ィl/|l ト、 !、 、  ヽ
          ー'´| | l |1 | !l. l| ! | l.|ヽ ! !、 ',
             YレV!ヒエ「! |l.「_ト!Ll」| l l  l  日本厨ってなぁに?
           ! lハイJ |  ´|_jヽ. リ,! ! l. l |
             |l |l.} ー ,   L _,ハl.lトl l. | l
             |l ilト、   n  ''  ,1l|ィ| |l l |
           _ 二,ニ^tュ--ェ_t1」l.|l !リ|_lノ
       r7´   f r┐| 〔/ミヽ>,-、 ̄´
       Y       ー个‐'t  ハ-、_'ゝ、
        ヽ ._・ rく ̄ヽト-'丿  ヽ l
        / (・__,)ゝi┬'´ハ`     '`|
          |ヽ, イ   ノ┴くヽヽ、    /

419 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 03:04:50 ID:???
>>418
日本厨乙

420 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 03:28:44 ID:???
日本厨って、事あるごとに日本を引き合いに出す韓国人のこと?
いつも日本日本言ってて気持ち悪いんだけど。

421 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 04:00:32 ID:???
管理人の言う機銃弾でも貫通するってのは本当なん?>チハ車

それだと陣地に突入するという
戦車のそもそもの役割すら果たせないような…。

422 :イランジン:2007/09/13(木) 08:39:25 ID:4jpZoi6f
>>417
単純でイイですね。  アタマ悪いんでしょうね。

423 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 11:10:22 ID:???
>>421
至近距離から撃たれたら貫通します。
逆に距離があれば防げます。

424 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 15:26:52 ID:???
>>422
素直になれよw そんなアホなコテをつけている時点で、説得力ねーよ。
てかホンモノなら早く町に出て、クスリを少し足りないガキに売りつけてこいって。
2chやるシノギも出来んぞw

425 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 16:36:37 ID:???
>>411
それはない

426 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 18:34:52 ID:???
>>366
ソ連には神経の結節点というか頭脳と言うかそういうものがあったが、中国にはそんなものはねぇ。
脊椎動物と戦争したドイツと、原生生物と戦争した日本という違いに過ぎない。

427 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 19:46:57 ID:???
>>425
事実としてレンドリースがあったわけで、
何を根拠に「レンドリースが無くても巻き返せた」と断言しているんだ?

428 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 21:04:38 ID:???
仮にレンドリースがあっても日本に上陸用の輸送船が無ry

429 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 21:21:37 ID:???
>>427
常識

430 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 21:38:46 ID:???
>>421
95式の装甲と混同してるんだろ。
チハでも20mmの装甲板すら厳しい機銃なんかでスパスパ抜かれるわけがない。

ただ当時は小銃弾を防ぐのが限度で、機銃にスパスパ抜かれる戦車は普通にあるからな。
イギリスの巡航戦車は13mm前後の装甲しかなかったりする。
チハだけを紙様扱いするのはそれだけ知識が足りてない奴ということ。

431 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 23:17:56 ID:???
>>429
じゃあ何でソ連はレンドリースを受けたの?w

432 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 23:37:19 ID:???
>429
議論のわかれるところであり常識ではない

433 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 02:34:50 ID:???
日本厨のレスだけ見てると
何だかチハタンがM4相手にも善戦できそうな
標準的な戦車に見えてくるから恐ろしい

434 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 04:25:37 ID:???
まあとりあえずレンドリースと西部戦線が無かったらと言ってソ連が負けることはない
だが忠実のような勝利を望むことも多分できない、ソ連が優位に立った時は双方ボロボロ
になっいて結局痛み分けで終わる羽目になる。

435 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 08:21:51 ID:???
>>433
それはお前がそういう穿った見方しかしていないからだ。

436 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 08:37:59 ID:???
>>434
お前はソ連へのレンドリースの大きさを理解してない。
航空機だけで20,000機。列強の年間総生産数に匹敵する数で、
ドイツは本土防空のために常に航空兵力の6割を割いている状態で
それだけ援助されているソ連と戦う必要があった。

もちろん援助は航空機だけに留まらず、さらにあらゆる分野に及んでいる。

437 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 08:54:10 ID:???
>>433
お前はキチガイなのかよ。馬鹿か
M4なんて欧州大陸の平原で、ティーガーやパンターを撃破するための戦車だろ。
それでやっとシャーマンなわけ。

チハは自走歩兵砲みたいなもん。対戦車戦闘するための兵器じゃないわけ。
日本の戦場は平野も少なく機動が制限され、
戦車を作るなら、そのリソースを航空機や砲兵に振り分けた方が断然良かった。
実際に島嶼ではM4相手でも歩兵戦術で大きな打撃を与えることができてるわけだからな。

一式砲戦車のように対戦車戦闘こなせる車両も作る事はできたが
使い道が限られるからほとんど作られなかっただけ。
最終的にはチハでも対戦車戦闘を含めあらゆる状況に投入されたが
兵器全体の不足が原因で、適さない使い道されたのも仕方のないこと。

438 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 08:57:59 ID:???
日本の位置にドイツがあっても、戦車は二号や三号でほぼ打ち切りだろ。
兵器を作ったとして、その用途をよく考えろ。

439 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 09:53:13 ID:???
まあ船がないと、戦争にすらならんのが日本だからなw

440 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 12:11:24 ID:???
>ドイツは本土防空のために常に航空兵力の6割を割いている状態で

Luftwaffe Aircraft Used Only Against Allied Bombers
Month Year Percentage
June 1940 0%
June 1941 7%
June 1942 17%
June 1943 21%
June 1944 29%
January 1945 50%

Percentage Of All Allied Bombs Dropped
1940 0.8%
1941 2%
1942 3%
1943 12.8%
1944 57.9%
1945 23.5%
http://www.angelfire.com/ct/ww2europe/stats.html

           1941    1942   1943   1944    1945    Total
        (Mar. to Dec.)                (Jan. to Aug.)
Total aid to British
Commonwealth  1,082  4,757   9,376  10,766   4,437    30,073
Aid to Russia    20   1,376   2,436?  4,074   2,764    10,670
Aid to other countries                              2,872
Total lend-lease aid                               43,615
       
http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/BigL/BigL-5.html
アメリカが送った年代別レンドリース額とその相手国($ million)

441 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 20:00:12 ID:???
>433は馬韓李人だろw
糞サイトと知識/見識が見事に共通している

442 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 20:02:23 ID:???
レンドリース云々よりすでに生産力で大差を付けられてるのに

443 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 20:08:09 ID:???
>>442
ソ連が独ソ戦以前から戦時体制をひいて工場をフル稼働させてたとでも言い出すつもり?w

444 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 20:39:17 ID:???
もちろん!
でなけりゃ戦時体制の日本より生産力が上のはずが無いw

445 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 00:35:48 ID:???
どんだけドイツに夢を持ってるんだ

446 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 01:15:32 ID:???
ドイツの科学技術は世界一ぃぃいいい

447 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 01:20:54 ID:???
>>442
そんな大差でもないよ。独ソは航空機でほぼ互角、戦車で何割か増し程度。
日対米の10倍くらいの差でも4年近く戦争は続いた。独対米、英、ソ他では
5、6倍以上の差はあったがそれでも4年以上戦争は続いた。
独対ソのみであれば一体何年かかるのやら。10年では終わらないかもしれないね

448 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 01:22:23 ID:???
ヒトラーさんがドイツ軍の邪魔をする

449 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 10:52:13 ID:???
スターリンさんがry

450 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 07:25:50 ID:???
兵器厨はレンドリースの戦車しか目に入ってないからな
あれは後方兵站を支えるトラックや消費財に真の価値があるのに

451 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 12:50:06 ID:???
レンドリースの物資内訳

<米国>
戦車 7056台    飛行機14834機  艦艇 500隻
商船 95隻     高射砲8218門  トラック 385883台
ジープ 51503台  トラクタ 5071台  機関車  1981両
貨物車 11157両  食料 447万トン  石油製品 267万トン
軍靴 1541万7千足 ラジオ  16000組

総計1,650万tもの物資を供与した。

<英国>
戦車 約5,000両(主にマチルダ歩兵戦車)
戦闘車輌 約9,000両(ダイムラー、ハンバー、AEC装甲車)
航空機 約7,000機

これら兵器以外にも、野戦電話38万台、機関車・貨車・レール等、
その援助は多岐に渡る。カナダからの援助物資もある。



これらが無くても史実と同様の快進撃が可能な、無敵脳内赤軍w

452 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 13:13:04 ID:???
膨大な資金援助も忘れたらいけない

453 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 13:53:41 ID:???
>>451
それだけの援助物資を、みすみす素通りさせてしまったドイツ海軍こそヘタレ。

454 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 13:57:58 ID:???
素通りさせたわけじゃないだろ。
ずいぶん防止しても、網の目を掻い潜って渡った物資がそれだけ

455 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 14:00:49 ID:???
>それだけの援助物資を、みすみす素通りさせてしまったドイツ海軍こそヘタレ。

http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/BigL/img/BigL-p286.jpg

実は極東経由が半分くらいなのだが。

456 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 14:10:05 ID:???
>お前はソ連へのレンドリースの大きさを理解してない。

援助物資の2/3はイギリス向けで、22%がソ連に送られた。

1941-1945年の政府支出は総額3170億ドルに達し、その88%は戦争遂行のために
用いられた。総額3000億ドル弱のうち1/3の1000億ドルが太平洋戦争に充てられた。
これは増税と7つの軍事公債、戦争末期の「勝利のための公債」からの借入金で
まかなわれた。物価統制、配給制によりインフレは抑制され、大戦中の所得の増大
は貯蓄と戦時公債に吸収された。
1939-43年に工業生産は2倍に増加し、農業生産は30%以上増加した。1941年における
900万の失業者は大戦による好況で吸収され、500万人以上の女性が労働に従事した。
のべ1630万人が軍務に服したが、それでも労働人口は25%増大した。
大戦中の軍需生産額は1860億ドルであり、膨大な援助物資として連合国の戦力を支えた。
援助物資の2/3はイギリス向けで、22%がソ連に送られた。
http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5215/war-economy.htm

457 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 14:11:14 ID:???
まあ日本はソ連に対しては中立だしな

458 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 14:17:51 ID:???
>>456
イギリスに大量のレンドリースがいっていようが
そのイギリス自身がソ連に大量のレンドリースを行なっているのだから意味は変わらないけどな。

合わせて>>451ほど膨大な量の物資がソ連に渡っているのを考えれば
どれだけ大きい援助だったかは馬鹿でもわかるはず。

459 :だつお:2007/09/16(日) 14:39:06 ID:I4/GZNwG
>実は極東経由が半分くらいなのだが。

「極東戦線は第二戦線」とはいえ、少なくともそれくらいの値打ちはあった。
だが日本が対ソ参戦してウラジオストークを封鎖してもドイツは勝利できまい。
レンドリースなどなくてもドイツはソ連を倒せないからだ。

>合わせて>>451ほど膨大な量の物資がソ連に渡っているのを考えれば
>どれだけ大きい援助だったかは馬鹿でもわかるはず。

別にレンドリースだけじゃなくて戦略爆撃とフランス上陸も加わるがな。
ソ連はそうした西からの第二戦線のおかげでベルリンまで進軍できた。
しかしながらだからといって西からの第二戦線が無ければソ連は負けたかつーと、
これは明らかにNOだ。アメリカが参戦しなくてもドイツはモスクワ攻略に失敗し、
それ以降二度とモスクワ攻勢を再開したことはなかったからだ。

あと同盟国の支援であれば、アメリカでさえヤルタ協定でソ連に対日参戦を要請してる。

460 :だつお:2007/09/16(日) 15:07:35 ID:I4/GZNwG
搾取と略奪
ヨーロッパ征服によってドイツの経済は豊かになった。労働力と食料と資金
がドイツに流れ込み、ドイツの戦争への熱意を煽った。 ・・・中略・・・  
経済的な搾取の手段は地域ごとに異なり、また時とともに変わった。
1930年代の終わりに奪った地域では、工業と農業がドイツの経済に
密接に結びついた。4ヵ年計画は、産業を組織的に奪取することと、
ドイツが何を必要とするかを明確に示すことに大きな役割をはたした。
奪取した産業は国有の帝国工場「ヘルマン=ゲーリング」が運営した。
帝国工場はオーストリア、チェコスロバキア、ポーランド、のちにベルギー
と東部フランスで、鉄、鉄鋼、石炭、機械などの企業を吸収して、世界有数
の大企業となり、 その資産は1944年には43億7500ライヒスマルクに
値した。獲得したなかで最も重要なのは、 有名なチェコのシュコダ兵器
工場で、帝国工場は1940年末にはその株の63%を買収していた。 
占領したヨーロッパの他の地域からの搾取で、主に占領軍の必要をまか
なったり、ドイツの軍事行動の資金にあてたりした。戦後の計算では、
占領地域は、750億マルクほどの貢献をし、占領コストは530億だったとさ
れている。衛星国を含めドイツが支配したヨーロッパの全体が、ドイツ
に1200億マルクの貢献をした。つまり、戦争に費やされた資金の約20%
である。・・・・・中略・・・・・・・・・1944年のピーク時には、
ドイツには760万人の外国人労働者がいた。うち570万人が一般人で、
190万人が捕虜だった。・・・・中略・・・・・・・・1944年の8月までに、
ドイツの労働人口46%は外国人労働者と捕虜で構成され、採鉱労働者は
3分の1がそうだった。

ヒトラーと第三帝国 / リチャード・オウヴァリー/著
永井清彦/監訳 秀岡尚子/訳 牧人舎/訳

461 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 15:26:14 ID:???
1.レンドリースが無かった場合 
→ドイツに原爆投下、ベルリンを米英が占領、ドイツ敗北は1946年以降
2.米英参戦が無く、レンドリースもドイツへの空襲も無かった場合
→ソ連軍息切れで進撃停止。ドイツと講和

とオモ

462 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 15:45:39 ID:???
Luftwaffe Aircraft Used Only Against Allied Bombers
Month Year Percentage
June 1940 0%
June 1941 7%
June 1942 17%
June 1943 21%
June 1944 29%
January 1945 50%


この数字、よく見てみないと意図を取り違えるよ

463 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 16:00:26 ID:???
>>462
なんだよその数字は。
誰も眼中にないだろ。
注目してほしかったら解説しろ。

464 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 16:07:16 ID:???
>>この数字、よく見てみないと意図を取り違えるよ
>>この数字、よく見てみないと意図を取り違えるよ
>>この数字、よく見てみないと意図を取り違えるよ

管理人さんは爪の垢でも…

465 :イランジン:2007/09/16(日) 16:17:30 ID:LAJcDbNw


あれ?だつおキャイーーンは?  まあ、エエけど静かにしとけよ!

466 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 16:19:00 ID:???
>>465
馬韓李人は精神病院へカエレ!!

467 :イランジン:2007/09/16(日) 16:21:12 ID:LAJcDbNw



468 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 16:23:53 ID:???
資料を持つ人には3種類いる。

資料を使いこなす人。
資料に使われている人。
資料を使わない人。

最初のは言うまでもなし。
2番目のは使ってるつもりで使えてない。データを追ってもそれを正しく解釈できない。
最後のは自分が資料を持っていることに気づかない。実は相当数の軍板住人もそう。
ネット検索という資料が目の前にあるのに使おうとしない。

469 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 16:30:17 ID:???
>>463
この数字は>>436の「ドイツは本土防空のために常に航空兵力の6割を割いている状態」
に対する反論として>>440が出した数字なんだろうけど、これだけ見たら西部戦線には
実際大した航空兵力が投入されて無いように見えるけど、これはあくまで対爆撃機用機、
つまり戦闘機だけしか含まれていないんだよ。
つまりこの数字は対爆撃機用戦闘機/ドイツ空軍全機ということ。
ちなみに、1944年においては戦闘機の6割が西部戦線にいたというのはおおよそ正しい。

470 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 16:34:28 ID:???
話は全く変わるけど・・・

http://members.aol.com/forcountry/ww2/gma.htm
German Aircraft Production during WW2

ドイツでは一番古いシリーズのMesser-109が、1944年度では生産数ダントツ。
1944年度では戦闘機型が12807、偵察機型が979。
ちなみに戦闘機型Focke-Wulf-190では1943年で7488、1944年で1630。
但し対地攻撃機型は1944年度で4279。爆撃機・攻撃機が全体として
縮小されている中で、対地攻撃機型Focke-Wulf-190だけが増大。

471 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 00:10:10 ID:???
人間には3種類ある
数が数えられる奴と、数えられない奴だ

472 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 02:51:35 ID:6FTonTjb
3種類といいながら、2種類しか言っていないだろと突っ込む奴かい^^


473 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 05:06:02 ID:???
レンドリースのもたらした側面としてアメリカ人の代理として戦わせると言う事がある。
仮にソ連へのレンドリースが無くても戦時経済に突入した時点で英仏の適当な植民地兵の武装が強化されて
第2戦線が更にエライ事になりそう。
若しくは太平洋への圧力強化。

474 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 13:20:24 ID:???
>>473
植民地は連合国側につく者と枢軸国側につく者で二分してたから、レンドリースしなかったんじゃね?
もしも植民地の原住民が武器を手にして枢軸国側についたら目も当てられん。

その点、少なくともソ連なら日独がいる間は連合国側にいるだろうから植民地よりは信頼できる。

475 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 18:41:41 ID:???
アク禁を恐れてAA使えないイランジンプギャー9m(^д^)

476 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 04:43:05 ID:TTVQtOpK
>>1読んでみたけど世界史コンテンツ系で旧日本軍叩いてるのって珍しいから
なんか新鮮だったよ
例に漏れず韓国は嫌いみたいだけどさ

477 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 17:26:21 ID:???
世界史コンテンツって何かと思って調べてみたが
驚くほど管理人のサイトのレイアウトにそっくりだな。

絵もパクリ、レイアウトも表現方法も、何もかも全部パクリなんだな。

478 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 17:57:25 ID:???
>>477
元々、旧日本軍最弱の管理人がパクっているんだが。
それとも、管理人ご本人か?
ただの池沼か?

479 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 18:38:21 ID:???
もちろん管理人の方が何もかもパクってるという意味だ。
表現不足だった申し訳ない。

480 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 18:46:03 ID:???
>>479
こちらもきつい言い方をしました。
すいません。

481 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:00:27 ID:???
>>480
酷使様wwキメェwww

482 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 21:08:54 ID:???
管理人でなくてもアニメキャラに喋らせるって発想は終わってるがな
勿論管理人はそれ以外も終わってるが

483 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 21:22:57 ID:???
初めて世界史コンテンツ形式つくったのってテッサ総統閣下だっけ?

484 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 21:27:18 ID:???
テッサのとこの管理人は、まだ自分で絵描いてるだけずいぶんマシだろ

485 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 21:45:19 ID:???
馬管理人は救いようの無いバカってことでFA

486 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 22:41:27 ID:???
自分の描いた絵に自論をベタ誉めさせてる時点で、管理人の現実での評価がわかる気がするよ。

487 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 23:00:29 ID:???
>>486
弱小列伝の管理人の絵は全部ことごとく無断でパクってきたやつだぜ。
管理人に多少でも絵心があるなら、わざわざ有名漫画のコマをパクったりしないだろ。

あの主人公みたいな少女は
↓眞子様ファンサイトのイラスト置き場からゲットしてきたやつだな。
http://www.yuko2ch.net/mako/mako2j0.htm

488 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 20:48:18 ID:2ZBIK2Ih
軍板屈指の被害担任スレ乙

ageとくよ

489 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 00:46:42 ID:???
形式も絵も全部パクリかよ…。
それで、よくグロスター・パクリ説なんて言えたものだな。
素人に毛が生えたってレベルじゃねーぞ。

490 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 01:15:07 ID:???
>>489
その指摘を馬韓李人にしたら「日本も戦後復興の頃に欧米の真似をし…」と詭弁するに500ウォンを賭ける。

491 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 01:32:53 ID:???
「日本人はコメばかり食っていたせいで頭が悪くなり戦争に負けた。
もっとパンと牛乳を摂って、アメリカ人のように頭を良くしよう」

こういうキャッチフレーズで全国の学校給食にパン食を導入し、
子供に白人のサル真似をさせる事で
日本を一億人の小麦市場にされた過去をもう忘れたか?

重要な戦略物資である小麦の商社である正田家の娘が
なぜ天皇家の嫁になったのか、その経緯を想像するがよい。
当時は「粉屋の娘ふぜいがどうして!?」と、皆驚きを隠せなかった。


492 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 01:40:31 ID:???
ある食べ物が身体にいいという話はよく聞きますが、アメリカの調査結果によれば、パンは危険な食べ物だということがわかりました。
パン食が増えている日本も他人事ではありません!

その驚愕の事実をご紹介します。

1)犯罪者の98%はパンを食べている

2)パンを日常的に食べて育った子供の約半数は、
  テストが平均点以下である

3)暴力的犯罪の90%は、
  パンを食べてから24時間以内に起きている

4)パンは中毒症状を引き起こす。被験者に最初はパンと水を与え、
  後に水だけを与える実験をすると、2日もしないうちにパンを
  異常にほしがる

5)新生児にパンを与えると、のどをつまらせて苦しがる

6)18世紀、どの家も各自でパンを焼いていた頃、
  平均寿命は50歳だった

7)パンを食べるアメリカ人のほとんどは、
  重大な科学的事実と無意味な統計の区別がつかない

493 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 02:24:32 ID:???
模倣とパクリは違うだろ。
模倣はスキル上達に繋がるが、パクリは劣化コピー。
管理人は劣化コピーってレベルじゃないけど。

494 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 02:46:32 ID:???
どんなレベルだよ

495 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 03:01:38 ID:???
あのサイトの全てが劣化コピー。

496 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 04:12:33 ID:6X+11Wyp
兵器開発において他国の兵器を参考にすることは良くある事であり恥じる必要は無い。
むしろライバルとなえる国の兵器を参考にすることは当然であり、その中に長所があれば
設計思想を借りることは当然である。むしろ参考にしないことのほうが恐ろしい。
零戦がアメリカ製のエンジンの改良型を使ったり、イギリス戦闘機と同じの特徴を持っていても、
それは恥じる事ではないので、弱小列伝HPの作者が鬼の首でもとったように書き立てる事には
抵抗を感じ得ない。
ただ、零戦マンセーな連中の妄想に付き合う事はできないが・・・・。

各国の技術と改良技術を上手に取り入れ、戦争前半にはパイロットの優秀性と
あいまって活躍した戦闘機というのが零戦の正しい評価たど思う。

技術面でコピーが多いというのは事実であろう

497 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 04:17:27 ID:???
つーか零戦がグロスターのコピーなんてのは妄想だろ
日本のスタッフが海外の航空産業で学んだり技術的なものを取り入れたんだから
技術的に模倣してる部分があるのは当然として

機体が絵的に似てるからコピーだなんてのは論外

498 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 12:07:41 ID:bpIDlE1/
チハ貶されたとき面白がってたくせに
零戦貶すとこれか…
パクリは論外だが防弾が考慮されなかったのは曽根技術者も悔やんでる

499 :496:2007/09/20(木) 12:22:03 ID:6X+11Wyp
>>497
零戦がグロスターのパクリ説はうんくさいが、それ以外の点については、
比較的良くまとまっていると思うよ。
零戦が日本の100%オリジナルで第二次大戦で最良の戦闘機と信じているガキ
も多いので、存在価値のあるHPだと思うが・・・


500 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 12:23:51 ID:???
チハの時は知らないが、まあよくあるネタだと思ったんじゃないか。
しかしどうもネタじゃない。本気で電波飛ばしてるんだとわかりはじめたのが
その後も同じ手法で何から何までケチをつけはじめたからなんだろ。

501 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 12:28:51 ID:???
>>499
誰だよそのガキってのは。あのサイトの意義なんてどのへんなわけ。
酷使だのなんだの全部シャドーボクシングだからお笑いということ。

100%オリジナルの戦闘機なんて世界に存在せんし
どんな零戦厨だって最終的には性能不足だったことぐらい知ってるだろ。

零戦の知識を得ようと思えば
本やらりwikiでも見れば十分に、どのくらいのもんか書いてある。
そのほうがあんな電波サイトを間に受けるよりよっぽど有意義だろ。

502 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 12:33:39 ID:???

要するにパクったことは認めるんだな?

503 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 12:37:48 ID:???
>>502
パクりと参考の区別もつかない馬鹿ですか?
それとも真性?


あ、どっちも同じかw

504 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 13:16:20 ID:???
>>502
何いってんだアフォが。
堀越二郎もユンカースやカーチスに留学して勉強したわけ。
海外の設計思想が零戦に取り入れられてたって当たり前なんだよ。

ドイツやアメリカやイギリスの技術者だって他所に留学して勉強するのは珍しくもないだろ。
なんで零戦だけパクリなんだよ馬鹿が。

505 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 13:19:03 ID:???
ドイツやアメリカやイギリスの技術者が三菱に学びに来た事はさすがにないかな

506 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 14:16:41 ID:???
ログも読めない奴がわいてきたな
それともわざとか?

507 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 14:45:22 ID:???
管理人は、

「俺なら、他国の優れた技術を学ばずに純正オリジナルの国産機を作るね、そうしないと恥ずかしいじゃんw」

みたいなバカ意見だろ。

508 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 16:18:37 ID:???
そそ、その「設計思想」ってやつが肝なのよね

日本の設計思想から、「参考にした部分」を取り除くと、何も残らないという件について

509 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 16:47:59 ID:???
先月号のスパジャンプの「ゼロ」を読んだよ
ゼロといっても戦闘機は出てこないから、注意ね

それには日本刀は、平安時代に伝わった「水鳳刀」という朝鮮刀の劣化コピーに過ぎない、
ってことが事細かに書かれていたよ

しかも朝鮮の最先端技術をコピーしきれなくて、時代がくだるほどに劣化していくんだよね

言われてみればその通り、目からウロコだったお

510 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 16:57:10 ID:???
>>日本の設計思想から、「参考にした部分」を取り除くと、何も残らないという件について

またまた無茶な極論かよw
それじゃ、何か残る国は基礎研究をトップレベルで進めてる1、2ヵ国ぐらいしかなくなるじゃん。


511 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 17:01:33 ID:???

要するにパクったことは認めるんだな?

512 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 17:06:44 ID:???
基礎研究を踏まえる事もパクリかよ…。
超天才が、一から設計思想を組み立てないと納得しないみたいね、弱小厨は。

513 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 17:34:18 ID:???
過疎化するたびに同じ話が蒸し返される・・・

>>509
「水鳳刀」でググっても一件もヒットしねえwww

514 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 17:34:20 ID:bSs6vH/W
>>512
すると究極的には飛行機については全員がライト兄弟のパクリ、
アメリカ万歳、ほかは全部糞ということだろ。

イギリスもソ連もフランスもドイツも日本も糞さ。

515 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 17:37:32 ID:???
基本的に技術ってのは、集積されないと培えないものだから、明治維新以後、たった70年や
そこらの日本帝国においては、軽工業主体であり、重工業化はこれからって所だったわけ。

その中でも造船に関しては欧米に追いつき、漸く独自の思想による各種軍艦を製造出来るレベルに
なってたけどね。
内燃機関つーものは、国内需要の多寡においてその国独自で発展できる潜在的な指標になる訳で
海運や鉄道を先ず優先的に整備していた日本において、基礎研究が疎かになっていたとしてもしょうがない
としかいえんな。 鉄道などでも満州鉄道ではアジア号など当時で冷暖房完備、最大時速120km/hを
記録するなど、かなり先進をいってたし。

リソースを全て振り向けることが出来るようになったのは、戦後のモータリゼーション全盛の時代になり
世界とタメを張る事が出来るようになったんだからさ。 まあ、航空機の進化は独特であり、その頃は
レシプロエンジンからジェットエンジンへとシフトしたから、日本は完全に乗り遅れてしまったが・・・・・・・

516 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 17:51:42 ID:???
http://www31.tok2.com/home2/jydjk/A-Japanese-sword-is-a-Korean-sword-01/A-Japanese-sword-is-a-Korean-sword-01_20030622105832_archives.html

ソースはこの辺だろ。韓国人が日本刀は朝鮮刀のパクリと発言して大恥かいてるw

517 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 17:53:30 ID:???
二宮忠八はどうだろう・・・
飛行機の基礎知識は日本も持っていたんじゃないの?

518 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 18:20:50 ID:???
弱小列伝も「世界史コンテンツ」という
「表現形式」を模倣してるでしょ?
で、「表現形式」を土台にして自分なりの個性や主張をこめて
「弱小列伝」を書いてるわけで。

519 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 18:49:05 ID:???
>>514
でもライトフライヤーの構成要素も動力飛行のコンセプトも、ライト兄弟のオリジナルじゃないよね。

なんて言い出すときりが無いな・・・

520 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 20:13:20 ID:HY7Ft1YJ
日本がミッドウェイ海戦で敗北する頃ヨーロッパ戦線じゃ戦闘機は650q台
の速度に達してたっていうからゼロ戦は世界大戦全体で見れば特に優秀な戦闘機
でもなく至って平凡な機体なんじゃないか。まあ強烈な印象は残したとは思うけど

521 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 20:58:38 ID:???
零戦が開発された時期は、この手の戦闘機の中でも飛行性能は各国で最高水準だったけどな。
ミッドウェーの頃なら日本の戦闘機も600km/hを超すようなのが普通に開発されてる。

522 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 21:19:34 ID:???
未だにカタログデータだけで速度比較する馬鹿がいるんだなぁ。
夏は終わったのに。

523 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 21:23:53 ID:???
まさか零戦がグロスターのパクリなんてすでに陳腐化したことを誇らしげに語る奴がいるとはw
この手の対話タイプには必ず言える事だけど批判側はやたらと冷静、
擁護側は基地外のようなキャラを使って印象操作も忘れてないね

524 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 21:42:53 ID:???
特にゼロ戦が後に言われてるほど活躍したわけではないだろうなとは思う

525 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 21:43:09 ID:???
三菱なんて高高度で760km/hを超すレシプロ戦闘機を作ってんだぜ


526 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 21:43:50 ID:bpIDlE1/
>>525
嘘w

527 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 21:47:11 ID:???
欧米人から見た太平洋戦線なんて日本人から見た中国戦線くらい
あんまり印象に無い戦線なんじゃないの?主はヨーロッパ戦線なわけだし。

528 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 21:47:28 ID:???
アホかボケこらw
キ-83も知らんのかよマジで

529 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 22:17:00 ID:???
>P-51の設計は1941年、ゼロ戦の1年後にしか過ぎないのです。
こいつ戦時の1年間を甘く見すぎじゃね?

530 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 22:52:54 ID:???
P51のA型は600`前後の最高速度

531 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 23:03:52 ID:???
アメリカの最高速度計測なんて条件がいい加減なんで100%信頼できんよ。
P-39にしても600km/hを超えるとかって触れ込みだったのが
英空軍がテストするとカタログスペックに遠く及ばず、前代未聞の受け取り拒否までされてるしな。

最高速700km/h以上でる型のP-51をドイツが鹵獲してテストしたら650km/h前後しかでてないし

532 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 23:10:43 ID:???
ドイツ軍のカタログスペックはもっとアテにならないけどな

533 :496:2007/09/20(木) 23:11:12 ID:6X+11Wyp
>>501
たとえばこんなの、結構あるよ^^
http://b.hatena.ne.jp/entry/4008291



534 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 23:41:45 ID:???
成る程。
厨意見には厨意見を当てて対抗しようと。

でもそれってナンセンスだと思うよ。

535 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 23:43:09 ID:???
航続力が世界一、なんてどーでもいいことを自慢してんだよなwww

そんなに燃料を満載しても、重くて邪魔なだけだろうにwww

ま、燃料が切れるぎりぎりまで飛んで敵に体当たりするのが、当時の日本軍クォリチーなんだもんな

そんな戦闘機の使い方すんのは日本ぐらいなもんだろう、さすが世界一イイイィィィー(プゲラッチョwwww

きちんと自前の設計思想というものを持たないから、こうゆうことになるという見本だよなwwwwww

536 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 23:46:44 ID:???
釣り針があまりに雑で大きすぎて釣れませんw

537 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 23:54:29 ID:???
>>536
というか、あまりに痛々しすぎて食いつけません・・・

538 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 23:54:37 ID:???
また馬韓李人がご降臨あそばされましたw
例によって日本語が不自由w

539 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 00:52:27 ID:???
おばかさぁん

540 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 01:18:17 ID:???
また話しのすり替えかよ。
ホント、まともな議論のできないガキな。
まあ、弱小サイトも、そういうセコい論法で成り立ってるから、ネタになるんだが。

更新ストップ
煽りオンリー
訂正コッソリ

541 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 01:22:23 ID:???
>>535
まさか…まさかドイツでも体当たり攻撃をしていたのを知らないのか?

542 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 01:36:01 ID:???
しっ、管理人は一冊本を読むと、その分野が全てわかった気になっちゃう痛い子だから。
王様が裸なんて可哀想だから言っちゃダメ。

543 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 01:48:35 ID:???
>>513
google検索で出ないものはこの世にないものってことですよねー

544 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 01:52:40 ID:???
この世にないというより、超微量のキチガイが妄想しているだけということですね

545 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 03:13:08 ID:???
当時はアメリカ以外ほとんどどこも似たかよったかだったのかな?

546 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 03:21:56 ID:???
チョンマゲと火縄銃の軍隊(1853年)からわずか100年近くでここまで成長した事を
評価すべきなのでは。

547 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 04:45:26 ID:???
しかしライセンス無視してパクり兵器作ったかと思えば陸海軍でライセンス個別契約したり
その辺よく分からん軍隊だったなw

548 :イランジン:2007/09/21(金) 09:07:33 ID:QtoxV0nE


525 :名無し三等兵 sage :2007/09/20(木) 21:43:09 ID:???
三菱なんて高高度で760km/hを超すレシプロ戦闘機を作ってんだぜ



たくさん作って前線に投入できなくてはイミおまへんわなあ。

549 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 11:54:25 ID:???
まあその技術力が戦後の新幹線なんかにつながったりするわけで。

550 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 12:56:40 ID:???
>>548
いずれにせよ同時期的に世界最高水準の速度性能を持つ戦闘機を三菱が作れていたというのは
最高速度至上主義のスペック厨には示唆に富んだ事例だろ。

四式戦なんかでも米軍のテストでマークした高度6000で690km/hというのは
同時期のP-51やP-47を含む、どの米軍機より優れていたと報告されている。

エンジンから全て自作でこんだけのもん作れているんだから
コピーしないとマトモな飛行機作れなかったとかキチガイの妄言ということ。

551 :イランジン:2007/09/21(金) 13:01:46 ID:QtoxV0nE
>>550

実際に性能を発揮しなければならない戦場で実力を発揮してないので、ただのサルていど。

552 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 13:06:59 ID:???
頭弱小イランジンw

553 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 13:18:06 ID:???
お、ここにもクソコテの不必要人間がw。
まあ自己顕示欲の強い奴だよな。
関西弁なのか標準語ぐらいは統一しろよwwwwwwwwww。
ま、とっとと祖国に帰れw。

554 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 13:46:54 ID:f+FiIBtf
>>551 実際に性能を発揮しなければならない 現実の世界で実力を発揮できない

ま さ し く お前のこと

555 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 14:08:46 ID:???
弱小列伝スレッドはもういらないよ。
だつおやイランジンのような奴が暴れられると管理人を利することになる。

556 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 14:23:46 ID:???
>>555
被害相当艦は必要なのさ。

557 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 14:52:56 ID:???
普通に見てて面白い


眞子様が論破してるのも腹たたないから

558 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 15:18:12 ID:???
量産実績完全無視なら
イタリアにもっと早いレシプロ機があったような気がしたが

559 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 16:05:31 ID:???
アレだろ。ドイツの部品を使い、ドイツのエンジンを貰い、ドイツの技術者に支援されて開発したやつな。

560 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 16:09:44 ID:???
まあそれでせいぜい650km/h前後だがな。何と比べてもっと速いのかはわからんが。

561 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 16:17:55 ID:???
ちなみに同じエンジンを使ったドイツのBf109Gと、ほとんど差の無い性能。
わざわざ新たに開発とか無駄なことをせずとも、ライセンス生産でもしたほうが早かった。

562 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 19:42:22 ID:???
ドイツ人ですらBf109よりも乗りたがったほどでしょ?>イタリア機

563 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 19:58:17 ID:???
嘘つけお前。ドイツが生産続行したのは、ラインを全面的に転換するのは手間がかかるからだけだろ

564 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 20:13:27 ID:???
チェンタウロかRe2005は実際、エースパイロットが乗りたがってたぞ。
ベルリン戦にも参加してるし。
もっともどちらもエンジンはDB605のライセンス生産だが。

565 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 20:19:39 ID:???
機体はどうでも良いが、無線機をパクれなかったのが痛い…

566 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 20:44:10 ID:???
パクったんだけど上手に作れなかった

567 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 20:46:39 ID:???
>>564
乗りたがってたとか当てにならんよな。
操縦性のいい複葉機に乗りたがったパイロットは意外と多いからな。

568 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 21:08:03 ID:???
>>567
オマエのいい加減な発言よりは当てになる。

569 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 21:58:19 ID:???
八木アンテナをパクり返したのには泣ける…

570 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 03:49:23 ID:???
モックとかピコリーノとか

571 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 12:50:42 ID:???
>>564
ベルリン戦に参加?
まじ?

572 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 13:39:41 ID:???
>>565
無線機そのものはそう、悪い物じゃなかった。 問題は機体の雑電対策の方。
アメリカ製の無線機であっても、それらの対策が講じられていないと途端に使えなくなって
しまうのさ。 レンドリースでもらったまた対策済みのP39の場合、電熱服のスイッチを入れた途端、無線が
使用不能とかw それ以前にソ連の無線はお笑いの域だったらしいが。

イタリアも悲惨。無線を端から積んでなかったらしいし。大戦中全ての期間そうだったかは
知らんが。 何かの本でそれの記述を読んだ事がある。

日本の場合、それらの対策と改良型無線機のあわせ技で、昭和18年頃には使えるものになってた
し、機種にも依存してた。 97戦では使えたのに一式に改変した途端、使えなかったとかね。
最も、南方で隼が活躍した際、無線が全く使えなかった訳じゃなかったようだが。

573 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 15:32:06 ID:???
イギリス仁で後に作家になった人だかが戦時中に戦闘機隊にいた時の話で、基地上空でしか無線は通じない話とかあったなぁ。
原因は書いてなかったと思うが。

574 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 17:18:54 ID:???
>>571
ウィキにも載ってる有名な話。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Re.2005_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

>>572
坂井三郎の無線機を降ろした話は有名だけど
マリアナ沖海戦の頃には零戦搭乗員が空中電話を使用しているね。

575 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 17:29:52 ID:???
ベルリン戦にはWW1のA7Xでも勇躍参加してくれとるよな

576 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 18:00:50 ID:???
>>573
イギリスの場合、戦闘機等、小型機用の初期型の空中無線機は空対空で8km、
対地上でも56km程度の有効距離しかなかったしね。
最も、BOBは本土航空戦だったからいつもイギリス上空だったし、イギリス側も無線の中継局を
それこそ今の携帯電話の基地局みたく国中に林立させてそれらの性能不足を補ったりもしている。

最も、BOB以降、再度無線機が改良されて本当に使える無線機を搭載したのは1942年以降
だったそうだけど。

577 :だつお:2007/09/22(土) 18:39:21 ID:62tQO2VA
≪児島襄「参謀(下)」のジョゼフ・スチルウェル編より引用≫
「“ピーナッツ”は偏屈で恩知らずの小さなガラガラヘビだ・・・・ (中国政府は)
自分たちだけのことしか考えないならず者の集団だ。指導者たちの興味は、
ただ金、権力、そして地位だけだ・・・・。手に入るものには何でも頭を下げ、
自分は戦わないように心がける・・・・。“インテリ”と金持ちは子どもを米国に送り、
農民の子どもが戦争に かりだされる。しかも注意も訓練も指示も与えられずに死んでいる。
 われわれは、この腐敗した政府を支持し、その偉大なる愛国者兼戦士
“ピーナッツ”に栄光を与えるために、戦おうとしているのだ―おお神よ!! 」
≪中略≫
当時の米軍は、日本軍と同じく、行軍距離単位は四キロであったが、
その米式訓練をうけたはずの、いやボートナー准将自身がその訓練をした孫部隊は、
一キロ歩いては休み、次に一キロ進んではごろりと道端に寝転がる。
 しかも、頭上に英軍機が飛来して補給物資を投下すると、隊列を
乱してむらがり、悲鳴をあげつつ、下着に利用するパラシュートを奪い合う。
≪中略≫
孫部隊は狂喜した。中国大陸で負けつづけ、日本軍といえばかなわないものと信じていたのに、
その日本軍がひきあげたのである。勝った、勝ったと小銃を空に乱射しておどりあがった。
 ところが、勝ちに乗じた勢いで快進撃するものと期待していた孫部隊は、
たしかに前進は開始したものの、そのスピードは以前にもおとる低速であった。
そして、昭和十九年一月二十九日、孫部隊はついに完全停止した。
 ボートナー准将の急報によってかけつけたスチルウェル参謀長は、にこやかに迎える
孫少将の顔をぼう然と眺めながら、考えこんだ・・・・なぜ、前進しないのか?
≪中略≫
スチルウェル参謀長は、孫少将にかみついた。
「明らかに命令違反である。よろしいか。貴下の第三十八師団は、 全中国軍のなかで
とびぬけて優良な兵器、弾薬、糧食の補給を受けている。 足りないというのなら、
迎撃砲も、火炎放射器も、米兵だってさしあげる。 だが、命令に従うのが条件だ・・・・
もし自分の使命が達せられないようなら、辞職してワシントンに報告せざるをえない」

578 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 20:23:01 ID:???
眞子様はオリジナルた゛って管理人が言ってる

579 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 21:06:56 ID:???
どうして反日サイトなのに眞子様使うんだろう。分裂症?

580 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:00:38 ID:???
『日本兵は(銃剣含む)格闘戦では最強』ってたまに聞くけど
平均身長160cm未満の栄養状態に難ありの兵士が
ゆうに170cm後半もあるだろう米兵たちを
肉弾戦でボコボコ叩きのめしてたらそれこそよっぽど事だと思うんだが。
『ファッキンジャップ!』とか言われて顔面殴られてすぐダウンしそう。

581 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:14:28 ID:???
通常銃剣突撃に、咄嗟に格闘で対抗しようと思うやつはいない。
従って銃剣突撃を前にして悠々と着剣したりする暇はない

懐まで入れるかどうかは相手の火力次第だが
一度白兵戦が起これば、銃器では誤射を怖れてろくな反撃もできず
刀やサーベルで襲ってくるほうが逆に有利になる。
そういう混乱状況を作り出すのが銃剣突撃の意味。
一対一の殴り合いならともかく、集団白兵では個々の筋力などほとんど関係なく統率のとれているほうが強い。

582 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:17:22 ID:???
ということは、竹槍訓練も全く無駄ではないということか

583 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:55:48 ID:???
戦後もイギリスとか銃剣突撃やってるしな。

強力な火点に正面突撃とか馬鹿なイメージ抱いていると無駄に思えるが
自決の変わり以外にそんなことするやつはいない。

584 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 23:56:55 ID:???
>>580
日本や中国の武術がこれだけ世界に拡散した意味も考えような。

585 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 00:01:14 ID:???
日本は肩こりのツボでも研究してりゃいいんだよw

586 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 00:16:08 ID:???
「日本は」「日本人は」という言い方での煽りを多用するところから
推察すると、管理人氏はやはり半島の人なんだろうか…

587 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 03:52:35 ID:???
>>眞子様はオリジナルた゛って管理人が言ってる

またまた見え透いた嘘をw

588 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 04:04:44 ID:???
世界史コンテンツみたいな表情のバリエーションが一つもない時点で嘘臭いよな

589 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 19:24:52 ID:???
まこりんぺんとセックスしたいよぅ><

590 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 20:11:49 ID:???
しかし仮に日本がイギリスの正式採用落ちした戦闘機をパクっていたとしても
アレンジした上で実際に採用されたスピットファイアと互角以上に戦っていたわけだから
それはそれですごいのではなかろうか。

591 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 21:05:33 ID:???
もうその話は管理人の妄想だって決着ついてんじゃないのか?
何度も何度も蒸し返す必要もないだろ

592 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 21:31:19 ID:???
今重要な議題は眞子なるキャラをパクってる時点でオリジナルではないのに
ウリジナルだと主張している事

593 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 00:44:42 ID:???
他人のパクリは捏造してでも厳しく叩くが、
自分のパクリに対しては超寛容な管理人は、ダメ人間。

そんなだから内容も絵もヘボ。

594 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 01:02:28 ID:???
全てがアメリカやヨーロッパの劣化コピーなんだから勝てるわけが無いし
弱いのは当たり前。韓国が日本の劣化コピーでいくら頑張っても日本を越えられない
のと一緒だよ、いくら頑張ろうがいくら強くなろうが勝つことは出来ない

595 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 01:15:45 ID:???
>>594
(゚Д゚ )?

( ゚Д゚)?

( ゚Д゚ )??

596 :だつお:2007/09/24(月) 10:31:08 ID:laKrn0ZC
>全てがアメリカやヨーロッパの劣化コピーなんだから勝てるわけが無いし

 中国のサンフランシスコ駐在の王雲翔総領事は四月二十二日にサンフランシスコ
大学で開かれた「日本の戦争記憶問題と対決する」と題するシンポジウムで基調演説者
の一人として発言した。王氏の発言内容は複数の参加者による録音報告で一般にも明らかとなった。
 王総領事はまず日本の対中侵略についてとして(1)一九三一年の中国東北部の占領
から四五年の終戦まで日本軍は中国人民に対しホロコーストを働き、合計三千五百万人
の中国人を殺した(2)三七年に南京を占領した日本軍は六週間で三十万人の中国人を殺した
(3)その際、日本軍将兵は殺人の競争をした(「百人斬(ぎ)り」への言及)−などと述べた。
http://kaz1910032.hp.infoseek.co.jp/cina140505.html

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありません
でした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、興隆県の中でこの13年の間に5万人
くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの
区に対する不完全な統計によると、人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人
が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は16万人
くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。
6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

<昭和20年8月11日支那派遣軍総司令官岡村寧次大将の電報>
・・・数百万の陸軍兵力が決戦を交えずして降伏するが如き恥辱は、
世界戦史にその類を見ず、派遣軍は満8年連戦連勝、未だ一分隊の玉砕
に当たりても、完全に兵器を破壊し之を敵手に委ねざりしに、百万の
精鋭健在のまま敗残の(蒋介石の)重慶軍に無条件降伏するが如きは、
いかなる場合にも絶対に承服し得ざる所なり・・・
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog151.html

597 :イランジン:2007/09/24(月) 10:38:16 ID:wCsQGg0+

>>596

お前ナニが言いたいの?

598 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 10:41:31 ID:p3+YUY+y
またP-51が650キロしか出なかった厨がわいてる
P51Cは日本陸軍のテストで700キロだしてる
P-51Dはやや劣るだろうが増槽かかえて650キロ出る

イギリスで行われた戦闘重量のテストでも700キロでてる
というわけで勉強しなおして来い

599 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 11:03:32 ID:???
だいたい日本軍機のカタログスペックなんてアテにならないだろ
あれは防弾鋼板やCO2噴出機構などの重量物を外した状態で計測してる事が多い
こんなの反則だ


600 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 13:01:46 ID:???
×だいたい日本軍機のカタログスペックなんてアテにならないだろ
○だいたい米軍機のカタログスペックなんてアテにならないだろ

601 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 13:33:51 ID:p3+YUY+y
>>599
日本機はカタログ性能出てないのは間違いない特に戦争最末期の疾風

602 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 13:34:37 ID:p3+YUY+y
>>600
残念ながらP51に関してはほぼ正しいのだよw

603 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 13:37:53 ID:???
>カタログ性能出てないのは間違いない

日本機についての史料はみていないが、ドイツ機には当てはまる。

愛美:あれれ、ドイツ側の数値は上の性能表に近いですけど、
    ソ連の数字だと随分性能が低いですね。
擬古:これは某「模型製作者の目」誌に掲載されている性能データだが、
ドイツ側は試作3号機の試験値、ソ連側は捕獲した量産機によるものだと言われている。
    しかしこの試作3号機のデータは例によって

    「フォッケウルフ社」

    の計算値らしく、実際の性能は反映されて居ないというのが
実態だと神が仰られておられるし、俺もそうだと思う。
http://homepage1.nifty.com/HARPOON/Fw190/D9.html

604 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 14:38:38 ID:???
疾風の米軍テストは戦闘重量だからな。
それで689km/hだからFw190D-9より遥かに速いわけじゃん

605 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 14:40:57 ID:???
ドイツ機はウーフーの鹵獲試験だって600km/h台前半しか出てないんだろ。
カタログデータだけ速めになるように工夫するなんて武器輸出産業の競争が激しい欧州の悪弊がでている。

606 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:30:12 ID:???
>防弾鋼板やCO2噴出機構などの重量物を外し



それ・・・最初からついてない

607 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:40:29 ID:p3+YUY+y
>>599
>>600
>>605
はネット右翼様の馬鹿のようだ
資料あたるだけの知能がない

608 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:46:38 ID:???
防弾鋼板がついてないだ?
なんの話だこのオバ加算

609 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 20:18:39 ID:???
>602
P−39とF4Uのカタログスペックはありえないと思うが

610 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 20:40:24 ID:???
>ドイツ機はウーフーの鹵獲試験だって600km/h台前半しか出てないんだろ。

間違い。He219は「500km/h後半しかでていない」が正しい。

611 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 20:48:58 ID:???
マスタングやらウーフーやらがどうであれ、俺のシュヴァルベたんが最強ならそれでいい。

612 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 21:39:10 ID:???
>>607はバカサヨのようだ。
普通の思想の人は「ネット右翼」というレッテル貼りを行わない。

613 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 21:56:18 ID:???
>>608
ちなみに米軍のテストで689km/hを叩き出した疾風は
13mmにも及ぶ防弾鋼板を通常装備し、弾薬満載の戦闘状態で計測されている。

614 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 22:25:04 ID:???
弱い格下の機体ばかり落として
結果的に損失ゼロで多数撃墜してるから最強って言われる
その点でも零戦はF-15とよく似ている
F-15が零戦のようにバコバコ落とされなかったのは
空戦の思想が丁度格闘戦からミサイル・電子戦に切り替わったから

615 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 22:50:13 ID:???
へースピットファイアって零戦より格下だったんだw

616 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 23:02:13 ID:???
>>614
強いから勝つのではなく、勝つから強い…なんてのは軍板の連中なら心得ているかと思っていたが、お前はそうでもないらしいな。

617 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 23:02:47 ID:???
>>615
F-15もMiG-29とかMiG-25みたいな同等の機体も何機か落としてるね
それと同じじゃない?

618 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 23:05:39 ID:???
>>613
戦争に負けて敵国だったアメリカに記録出してもらって喜んでても仕方ないで!

619 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 23:05:46 ID:???
あのスピットはパプアニューギニア人だかボルネオ系ミャンマー人だかの部隊だったので仕方ない

620 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 23:45:02 ID:???
零戦にしてもF-15にしても実戦でしっかり戦果出してるから強いって言われるんじゃないの?

621 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 00:34:47 ID:???
しかし、このスレの伸びようをみるとあの管理人は天才だな

622 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 00:58:16 ID:???
アミバ様系のね。

623 :イランジン:2007/09/25(火) 01:02:11 ID:wuYSTxGB
>>620
零戦が強いんじゃなくって、パイロットが上手だったんだよ!

624 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 01:24:12 ID:???
敵のパイロットがヘタクソだったんだよw

625 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 01:50:02 ID:???
>>555
以前よりマシになったんじゃねあの2人。
会話が(比較的)まともになっているというか
イランジンなんかAAばっかり張って
同省もなかった頃にくらべたら成長しているといえなくもないようなw

626 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 03:38:19 ID:???
>>600
やれやれ、まだこんなこと言う酷使様がいるってことが驚きだよ

アメリカの、精密に刻んだスプリングを使用した測定メーターと
グリニッジ天文標準時を基にした機械式時計と、
メートル原器から金属の板に目盛りを刻んだメートル尺といったものから
導き出した測定結果を

日本の、鯨のひげのゼンマイと竹ひごを使ったメーターと
月の満ち欠けを基にした和時計と
前に使っていた人から拝借して竹の板に目盛りを刻んだくじら尺といったものから
導き出した測定結果を

いっしょくたにして論じられるなんて、お笑い以外の何物でもないよなwwww

627 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 04:43:31 ID:???
>>626
ドイツなんか航空計測時計はクオーツを使ってたくらいだしね!

628 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 05:35:29 ID:???
>>626
ドアホが。
なんかもう言ってる内容も電波だが、それ以前に
誰も「米軍の測定器材が劣ってるからデータがアテにならない」なんて言ってるやつは一人もいないだろ、馬鹿。

仮に米軍が1/100秒単位で速度を計測するGPSの高性能速度計測を行なっていたとしても、
データ速定時に、武装を大幅に取っ払って、
100kg以上も軽い状態で計測したせいで、
受け取り先のテストではカタログスペックを大幅に下回り、
苦情と共に受け取りを拒否までされ、
それに対して「お客様の希望に応じて仕様が変わるので致し方ない」とか
馬鹿な言い訳してる国のデータなんてアテにならんということ。

それに海外ではカタログスペックも戦闘緊急出力で計ったりするが
日本では緊急出力なんかで計測しないんで、
同等の条件なら日本機がカタログスペックを上回ることも楽に説明できる。

条件の差も無視して日米のカタログスペックだけを比べるのは
ド素人のスペック厨以下。

629 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 13:11:06 ID:???
零戦はカタログスペックを粉飾するために最初から防弾板を付けませんでした

630 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 15:11:17 ID:???
黙れ低能。
零戦も8mmの防弾板つけとるわ。

初期型は実戦でもつけてねえし。

631 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 17:11:23 ID:???
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1190645923/
バ管理人が暴れています。
こっちで引き取ってください。

632 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 18:09:11 ID:???
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1187080102/l50
こっちでも管理人様が出没し
栄光ある大英帝国軍は超軽量で77g(爆笑)の高性能手榴弾を開発していたと
電波を撒き散らして大暴れです。

今なお健在な狂いっぷりを、心ゆくまでご鑑賞ください。

633 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 00:40:21 ID:???
何にしても負けた軍隊なんだから弱いってことになってしまうわいな。

634 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 03:48:27 ID:???
そそ。

柔道の篠原がインチキ判定で負けた時も
「自分が弱いから負けたんです」
と、潔く勝負師としてのプライドを貫き通した。
勝負の世界で条件が悪かっただの不公平だっただの言い出して
「あの時○○ならば結果は違っていた」とか泣き言を吐くのは
全て負け犬の遠吠えである事をよく理解していたのだろう。


635 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 04:10:18 ID:???
いいから早く大和編つくれよ

636 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 04:11:37 ID:???
>>634
なら、バ管理人のやってる事は
その柔道のヤツについて、ある事無い事言いふらして
「負けたんだから弱いじゃん、プッw」って言ってるようなモンだな。

637 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 04:22:10 ID:???
そういう事。負けたんだからごちゃごちゃ言うなっての
あの時はこうだったからとかああだったからとか言い訳しても
日本は負けた国、アメリカをはじめ連合国は勝ったって事実しかないよ

638 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 04:42:03 ID:???
アメリカの援助が無ければイギリスなんて蒸発してたみたいに言うやつがいるけど
それに漕ぎ付けた政治力も含めて
「イギリスは戦争に強かった。ゆえに勝利した」
と評するべき。
日本は国民党とも決裂し、ソ連の懐柔にも失敗し国連からも脱退・・・
自ら望んで孤立無援になったようなもんだ。
ようするに「戦争に弱くてヘタクソだった、ゆえに負けた」と言える。


639 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 04:47:07 ID:???
負け方だって星の数ほどあるように
勝ち方だって星の数ほどある。

単純に勝ったからといって
海外領土の大半を失って
国力を大きく減退させて
国際的発言力を失わせて
敗戦国にすら経済力で負けてしまうような国が
強かったとはいえないよなぁ


640 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 05:01:08 ID:???
前スレだかに、日本は南米諸国や世界中の参戦国に負けてるから
南米諸国より日本が弱く、
もっといえば日本はネパールやブータンやオマーンやリベリアよりも弱い、
とかなんとか抜かしてた夏厨がいたが
ようするにあれの発展形か>>638は。

ようするにドイツも世界一弱くて、ベトナムに負けたアメリカもベトナム以下で
アフガンで負けたソ連も弱くて、第二次中東戦争で負けたイギリスもエジプトより弱いと。
なるほどねぇ

641 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 05:12:19 ID:???
ここはあくまで「戦争」での勝ち負けについて語るべきじゃないすか?
戦後にそれぞれの国がどうなったか、まで含めると
原因が複雑すぎてどうにも収拾がつかなくなるんじゃね?

642 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 05:20:49 ID:???
いずれにせよそんな狂った論理で万事OKなら
チハだの零戦だのとハンパな知識で毒電波撒き散らす必要はないわな。

しかし現実に恥かしい間違いだらけの大口叩いてるんで
馬鹿にされるだけ。それだけの話。

643 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 05:24:50 ID:???
>>641
何いってんだ池沼、キチガイ。
負けました、だから弱いです、それだけでいいなら
ドイツも負けました、弱いです。それで終わりだろ。

しかし管理人は違う。日本は半可通な知識とデタラメな論理で一生懸命腐すくせに
その反面ドイツに対しては「ドイツの科学力は世界一ィィィいい」なんだからな。
だから馬鹿にされてるんだよ。

で、何?
ここは勝ち負けについて語るべき?
馬鹿じゃねえの。

644 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 05:32:49 ID:???
まぁ…、鷲は舞い降りた!だっけ?
そんな恥ずかしい文面をトップページに載せてるくらいだしな。
本気で言ってるならかなりイタイし、
ネタとしてやってるなら絶望的なまでにセンスが無い。

645 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 05:43:49 ID:???
本人は本気らしいぜ。
昔あのサイトができたばかりの頃、
その頃は今よりさらに酷い間違いや嘘だらけで、この板でも叩かれまくってたんだが

時々スレに本人が出没して
「管理人です」と公然と自己紹介した後、
ソースはこれです、あれですと必死に言い訳しまくってたわけだが、
議論に負けて叩かれると忽然と姿を消し
サイトの間違った記述をまるごと消去して無かった事にしてしまう。
それが基本パターンだったようだからな。

646 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 05:52:09 ID:???
>>643
お前なにを一人でそんなに熱くなってんだよ?
統失か?

647 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 05:59:35 ID:???
低血圧で起きしなだから、至ってクールだが

648 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 06:04:35 ID:???
いきなり池沼キチガイ馬鹿と罵倒しまくってる阿呆のどこがクールだよ?www

649 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 06:11:41 ID:???
んなもん朝の挨拶がわりだろアホか。黙って聞き流せよ。
ナイーブなんだなおい?

650 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 09:59:31 ID:???
>644
小説では「鷲は舞い降りた」、しかし任務は失敗し誰一人祖国へ帰る事は出来なかった。

651 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 12:48:53 ID:???
>>649
鬱陶しいから死ねよガキ

652 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 16:11:21 ID:???
キチガイと言われるのが嫌なら、どうすればキチガイと思われなくなるのか考えろ

653 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 16:54:47 ID:???
>>652
んなもん昼の挨拶がわりだろアホか。黙って聞き流せよ。
ナイーブなんだなおい?

654 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:09:50 ID:???
いや、俺は643じゃないが、
どう見ても643の言い分が正しいだろ。

655 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:12:31 ID:???
>>652
キチガイは誰が見てもお前だよ
>>643なんか支離滅裂じゃねえか
失せろやカス

656 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:25:19 ID:???
いや

お前「負けたイコール弱小。日本の勝ち負けだけを問題にすべき」
             ↓
643「バ管理人はドイツマンセー厨だから勝ち負けは関係ない」

どう見てもキチガイはお前。


657 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:27:44 ID:???
アホか
バ管理人は無関係
お前がキチガイ

658 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:30:59 ID:???
じゃあスレ違い。
ここはバ管理人の弱小列伝について語るスレだろ。でてけ

659 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:32:34 ID:???
プ
早とちりして勝手に頭に血を上らせてんじゃねえよ知障がw

660 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:35:16 ID:???
まったくだ。最近は何について語ってるスレかも理解できないリアル知能障害者が増えたよな

661 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:44:32 ID:???
あんがい>>638も管理人じゃないか。
ドイツマンセーと矛盾するのはご愛嬌。
結論先にありきで根拠は後から考えるんだから支離滅裂だったり矛盾したりするのは仕様。

662 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:53:48 ID:???
気がついたら戦勝国・・・
イタリア恐るべし

663 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:55:50 ID:???
日本が強かっただのとデムパ飛ばしてるやつは
ブラジル移民の勝ち組ジジイと同レベル


664 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:56:32 ID:???
>>650
映画は知らないが小説では二人ほど帰っている。

>>641
戦争における勝敗という概念自体があいまいなので、
政治を度外視して勝敗を語るのは無理かと思います。

戦争が政治の延長ならば、戦争から政治的利益を収穫した国が勝者です。
講和条約の内容や戦勝国であるかどうかの体裁などどうでもいいわけで。

第一次世界大戦のソ連や第二次世界大戦の英国のように、
微妙な場合が生まれてくるのはそのせいです。

665 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:59:29 ID:???
実質敗戦国だぜイタリアは
戦後処理も完全に敗戦国扱い。
賠償金払って兵器の製造禁止されて

ドイツや日本の戦いはいまだによく戦ったと評価されたりもするが
イタリアにとっては変わり身の早さとヘタレぶりを馬鹿にされ続けるためだけの戦いだった。

666 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 17:59:59 ID:???
>>664
政治っつうか、外交だわな。

667 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 18:02:56 ID:???
>>664
イタリアも戦勝国ですといったって
枢軸陣営はドイツと日本以外はほとんど最後は寝返ってるからな。

実質敗戦国と同じだから、表面的な勝ち負けだけじゃ何も説明できない。

668 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 18:05:14 ID:???
ちなみに歴史学・政治学では、
太平洋戦争の実質的敗者はアメリカ説というのもあります。

戦後のアジアの紛争処理・秩序処理の責任を押しつけられて、
膨大な損害を出す羽目になったから。

669 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 18:08:13 ID:???
ヒトラーは日本をドイツの歴史上最良の同盟国とまで言ってるが

日本はドイツに義理立てとかそんな感覚じゃないんだよな。
全く別の目的で当面の利害が一致しただけで、ドイツはドイツ、日本は日本で別の戦いしてるような感覚。

670 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 18:10:55 ID:???
>>668
アメリカのアジア戦略最大の目的は、中国をアメリカの市場として確保するという至上命題があったが
戦争によって中国は赤化してしまい、
それまで国民党に行なってきた巨額の援助、膨大な支援が全部無駄になってしまった。

おまけに戦後にソ連と凌ぎを削る大変な役目を一手に負わされた上で。

671 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 18:11:04 ID:???
>>668
ベトナムなんか特にそうだよな。
フランスってとことん性根が腐ってるというか狡賢い。

672 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 21:26:52 ID:???
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1181833607/
なんかこのスレの連中は馬姦痢人のにおいがするんだが。

673 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 21:42:31 ID:???
日本軍が弱いのは間違いないと思うよ


674 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 22:28:54 ID:???
お前の頭が弱いのも間違いないと思う

675 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 22:48:05 ID:???
http://www.warbirds.jp/ansqn/logs/A001/A0005121.html
>三菱が「ろくに戦闘機・・・・」や「たった一年・・・」って何ですか?
>その時点でそのサイトに記述されている事は”説得力”はまるで有りません。

>673=馬姦痢人のアフォ主張がズタズタにされててワロタ(笑)

676 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 23:34:34 ID:???
http://www.youtube.com/watch?v=mjJK4vTTi6k&mode=related&search=

677 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 23:39:18 ID:???


http://www.youtube.com/watch?v=-rLS6iuNMfI
http://www.youtube.com/watch?v=yUSEzkh6biU
http://www.youtube.com/watch?v=a88GvYlASGc



678 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 23:40:54 ID:???
http://www2.axfc.net/uploader/7/so/K_17264.zip.html


679 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 23:43:08 ID:???
http://s-io.mydns.jp/
ttp://ossanloda.fam.cx/up/uploda1/loda.cgi?mode=dl&file=952
ttp://ossanloda.fam.cx/up/uploda1/loda.cgi?mode=dl&file=954


ttp://ossanloda.fam.cx/up/uploda1/loda.cgi?mode=dl&file=953


680 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:25:50 ID:+weDsaX3
>>645
>サイトの間違った記述をまるごと消去して無かった事にしてしまう。
別のサイトの質問に引用されてる文章が今のサイトに存在しないのは、本当に消されているからなのか
ってことは、今のサイトはかなり手が加えられてるの?詳しい人詳細キボン


681 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:26:24 ID:???
ageた・・・スマン

682 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:30:48 ID:???
随分消されてるぜ。
昔はP-47が超音速で飛んだみたいな電波が垂れ流してあった

683 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:48:05 ID:???
>>682
なるほど、言うほど電波じゃないじゃないと思ったが、今は概ね正しいの?
どうも連合国マンセー枢軸国バーヤって印象を受けるが、何故だろう

ただ・・・

「ゼロ戦の無思慮な長い航続距離を誇らしげに思うのなら、その搭乗員は
カッコイイとは程遠い、悪臭を放つ不潔な人たち
だったことを忘れないでくださいね」

連合国兵士に対しても枢軸国兵士に対しても
戦争で散った英霊たちを揶揄する表現は、主張の矛盾云々以前の問題かと

サンクス

684 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 01:02:20 ID:???
っていうか戦闘機パイロットなんて現在でも紙オムツ装備がデフォルトだしな。
どうも頭オカシイんだよ言ってることが。

今でも概ね正しくないから>>675のように、至る所で馬鹿にされてるんだろ。

685 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 01:12:34 ID:???
>>684
結局は日独叩きオナニー?

686 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 01:40:37 ID:???
ドイツなんて叩いてるか?
ドイツをダシに旧軍叩きしてるだけだろあれは。

なんか魚雷一本で大和が3000トンの進水で、ビスマルクが損害軽微だから
ドイツの技術力の高さが窺えるとか書いてるよな。

ソードフィッシュの魚雷と米軍の艦船用魚雷や後期航空魚雷ではただでさえ炸薬量が倍近く違うのに
米軍の炸薬は後期に開発したトルペックス炸薬だよな。
これがエネルギー量でTNTの1.5倍から2倍。
つまり大和が受けたのはビスマルクが受けた魚雷の数倍のエネルギー量なんで損害が違って当たり前。

大和は炸薬300kg対応防御、これでも全然足りなかったわけだが
ビスマルクの250kg対応防御なんかで同等の魚雷に耐えられるわけがない。

687 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 01:56:33 ID:???
まあ、管理人の言い方でビスマルクの方が装甲高いというのなら、ビスマルクは大和がくらった魚雷を半分食らっても
沈まないでいられるのか? と。

688 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 02:05:53 ID:???
>>686
>ひっくり返ったティルピッツ。まるで死んだ魚のようである。
>ふん。フィヨルドのゴミを焼却処分しただけですよ。

俺はこの文面でまんまと印象操作されてたらしい、スマン

689 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 02:16:10 ID:???
最後の結論はなんだった?
少なくともビスマルクは作るだけの意味はあったが、
全く意味の無い粗大ゴミを2隻も作ったどこかの国は救いようがない、
という感じで〆てあっただろw

>>687
まあ無理だね。
米軍の魚雷に耐えられる装甲を持った船は歴史上存在してないんで
被雷には予備浮力を減らして耐えるしか方法がないが
大和の予備浮力はビスマルクの総排水量以上あっても無理だったんだからな。

690 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 02:30:54 ID:???
下手したら一発で沈むかもな

691 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 07:07:19 ID:???
ビスマルクは作るだけの意味があった、ってのも後付な理屈だよなぁ。
単に欧州では時代遅れだったってだけの話だしw

太平洋戦線において、海軍航空機が欧州に比べると格段に使い物になってた。
てか、その為の戦力整備を日本はしてた訳だし。まあ、あのアメリカであっても、錬度が低くて
大戦前半はドーントレスしか戦果を挙げれず、雷撃隊は悲惨な目に合わされたりもしてるが。

てか逆にビスマルクごときにビビリ捲くっていたエゲレスがアホすぎて話になんないんだけどさ。
太平洋だったらビスマルクなんぞ瞬殺モノだぞ、実際の話として。

692 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 07:33:49 ID:???
それ以前に戦艦を主力の座から引き摺り降ろしたのは他ならぬ日本海軍だろ。

世界の海軍は戦艦中心に回ってるから
空母機動部隊を作って、戦艦を無力にする空母航空戦術を世界に先駆けて確立しておいた。
保険として世界最強の戦艦も作った。
空母が間違いだったら、後は戦艦でやるしかないんだから
保険かけたとしても一概に責められたもんじゃないだろ。
大和作り始めた時は空母なんて実戦で使われた事も無い怪しげな兵器だったんだからな。

結果的にアメリカも日本の真似をし、日本自身が大和を無駄にしたことになるが
大和だけでなく世界中の戦艦を無駄にしているんだから
開戦時に空母保有量世界最大の日本にアドバンテージが行くことになり
日本にとってはどっちにしろ得だったんだからな。

693 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 15:54:13 ID:???

なに?このお花畑どもの脳内勝利宣言は?

694 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 17:34:22 ID:EKSfAUno
日本軍が強いというやつはどこが強いか書きなさい。
兵隊の質のことを言っているのなら確かに強い。それ以外に利点はない。
軍事的知識があるやつなら10人中10人が日本軍は弱いというはずだ。


695 :だつお:2007/09/27(木) 17:45:23 ID:Jme36Fhz
>軍事的知識があるやつなら10人中10人が日本軍は弱いというはずだ。

 中国のサンフランシスコ駐在の王雲翔総領事は四月二十二日にサンフランシスコ
大学で開かれた「日本の戦争記憶問題と対決する」と題するシンポジウムで基調演説者
の一人として発言した。王氏の発言内容は複数の参加者による録音報告で一般にも明らかとなった。
 王総領事はまず日本の対中侵略についてとして(1)一九三一年の中国東北部の占領
から四五年の終戦まで日本軍は中国人民に対しホロコーストを働き、合計三千五百万人
の中国人を殺した(2)三七年に南京を占領した日本軍は六週間で三十万人の中国人を殺した
(3)その際、日本軍将兵は殺人の競争をした(「百人斬(ぎ)り」への言及)−などと述べた。
http://kaz1910032.hp.infoseek.co.jp/cina140505.html

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありません
でした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、興隆県の中でこの13年の間に5万人
くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの
区に対する不完全な統計によると、人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人
が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は16万人
くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。
6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

<昭和20年8月11日支那派遣軍総司令官岡村寧次大将の電報>
・・・数百万の陸軍兵力が決戦を交えずして降伏するが如き恥辱は、
世界戦史にその類を見ず、派遣軍は満8年連戦連勝、未だ一分隊の玉砕
に当たりても、完全に兵器を破壊し之を敵手に委ねざりしに、百万の
精鋭健在のまま敗残の(蒋介石の)重慶軍に無条件降伏するが如きは、
いかなる場合にも絶対に承服し得ざる所なり・・・
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog151.html

696 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 17:57:50 ID:???
高すぎて2隻しか作れないうえに存在秘匿したから抑止力にもならず
一度沈められたら戦力大幅ダウンのどこが保険だ

697 :だつお:2007/09/27(木) 18:03:03 ID:Jme36Fhz
>軍事的知識があるやつなら10人中10人が日本軍は弱いというはずだ。

つかドイツが誇大妄想でソ連に奇襲して返り討ちにされたのと比べれば、
皇軍が日中戦争で中国人から受けた反撃なんて微々たる物だったろ。
中国人は日本人に生物学的に劣っている、徹底的に劣っている。
皇軍が中国人を「チンピラゴロツキ」と呼んで殺戮する害虫退治とは違い、
ドイツ人がポーランド人やロシア人を「劣等民族」と蔑むのは許されない。
ウソだと思うならバグラチオン作戦と大陸打通作戦を比べてみろ!

常に自分よりも下があるんだって、ホント気持ちがいい優越感を感じるよな。
どんな場合でも日本人は中国人の上に立ち、支配しているのだという優越感。
97式中戦車チハがこんなに強いなんて、おまえら知らなかったろ!

   日 本 人 は 中 国 人 よ り は 「上」 だ !

それにはやはり大陸打通作戦に皇軍の全戦力を結集することだ。大陸打通作戦
だけが皇軍の全てであり、大陸打通作戦だけを続けてそれから無条件降伏すべきだ。
日本人は中国人に対し常に優越しており、中国人はその下で隷属する最劣等生物
なのだということを、誰にでも分かりやすい形で訴えるべきなのだ。そしてこの
気持ちのいい優越感を、いつまでもいつまでもかみ締めておくことが大切だ。

698 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 18:06:48 ID:???
はいはい皇軍は中国とだけ戦争していれば文字通り無敵皇軍でした。

699 :だつお:2007/09/27(木) 18:10:20 ID:Jme36Fhz
大陸打通作戦を迎え撃つ米中側は、最新のツールをもって臨んだことは疑いない。
しかしながらそれはチンパンジーを最新兵器で武装させて人間に対抗させよう
という試みと同じで、中国人の絶望的な知能障害を補うものでは決してなかった。
チンピラゴロツキに航空支援で追い風吹かしたつもりが、逆にチンピラゴロツキ
を大量殺戮する口実を皇軍に与える結果となってしまった。

すごい、すごい、四式戦疾風はすごい。大陸打通作戦3000キロを遂行するには、
制空権の確保が必要最低条件だったはずだ。敵機が乱舞する戦域で進軍できるはずない。

チンピラゴロツキに追い風吹かしても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
中国人という中国人は、みんなみんなチンピラゴロツキ。
チンピラゴロツキが沢山涌いてくる場所を指して「中国」、
そのひとつひとつを指して「中国人」と呼ぶ。
古代史以来、大陸からは「渡来人」と言われる優秀な人材は日本へ移住し、
残りカスが集まってそれが「中国」となった。
97式中戦車チハは大陸打通3000キロを縦横無尽に駆け回り中国人という
中国人を虫けら同様に殺戮して、「地獄の大車輪」と呼ばれるようになった。

インベーダーゲームだよ、インベーダーゲーム。

ガキのころお前らもインベーダーをピュン、ピュン、ドンと撃ちまくって遊んだろ。
97式中戦車チハならもっと素敵な中国チンピラゴロツキ五月雨射撃ゲームができるよ。

700 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 18:31:45 ID:???
>>696
思ったより高くないよ、重巡4隻の方が高価だ。(妙高2500万・大和9800万人件費含まず)
そもそも、八八艦隊もワシントンで廃棄になった物の資材発注までこぎ着けた戦艦もあったし、
だいぶ転用・廃棄されたし、その状況下でアメリカに金貸してたし(戦後分捕られたが)、
ただね、大和の場合は特殊ですね。
ワシントンで設計陣が退役し、経験のない技術員しかおらず、
更に、予算と資材をケチられ、防御に不備があり、(基部では零戦と変わらん)
そして外洋に出たは良いが、戦闘どころか訓練すらろくろく行われず、
火力を発揮するチャンスが度々あったのに全く出してもらえず、
敗戦濃厚となった時期にやっと出撃し、初めての戦闘経験を積む、
その後、2度目の戦闘を経験し、後少しで作戦成功という直前に反転、
異議を唱えた実戦を経験した貴重な水兵を激戦区に回し、無駄遣い、
・・・酷い扱いだ。

701 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 18:49:48 ID:???
っていうか大和よりアイオワ一隻の方が遥かに高価だ

702 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 18:53:24 ID:???
>>700
空母に置き換えてみよう、
前例が無く、設計は手探り状態、そもそも重心が高い為重装甲は無理。
艦載機の質はまだまだ未熟、実戦!?300時間がやっとの部隊だっての、
外洋に出たけど訓練もろくに行われず、戦闘も「未熟」の一言で却下、
で、戦況がやばくなったから出してもらえたけど戦果どころか損害多し、
代わりのパイロットが居なくて離発着がやっとの新兵を揃え、
その兵士も次の作戦で壊滅、生き残りの兵士も特攻でアボン、
結局装甲も何の役にも立たず沈没・・・と、
大和=水兵自体の訓練不足・空母=艦載部隊の訓練不足、
これを合わせただけでどれだけお荷物になるんだ・・・
空母なんて艦載機&パイロットが優秀なら使えるけど、其れが無かったら素人軽巡の方がマシだし、
多くの人は大和(素人集団)・赤城(最強部隊)で比べるけど、大和(素人)・大鳳(素人)で比べるのが正しいと思う。
逆に、金剛(最強部隊)・大鳳、金剛・信濃、金剛・雲龍で比べれば、100%巡洋戦艦マンセー
結論は、素人集団は、艦種関係なく使えねえ!ということです、
槍すらまともに扱えない鎧を身につけた重装兵と、弓が相手に届くかも怪しい、当たってもかすり傷の軽装の兵士じゃ、
まだ、攻撃力・防御力の面で重装兵の方が厄介だと思う。
宮本武蔵を凌ぐ槍使いと、黄忠をも凌駕する弓使いなら、リーチの点で弓使い有利だと思う。

703 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:04:51 ID:???
大和の防御に不備があるなんていう奴初めて見たよ。

704 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:09:47 ID:???
>>702
真珠湾攻撃の時の機動部隊より、マリアナの時の機動部隊の方が熟練搭乗員も多かったんだが

705 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:20:27 ID:???
>>701
電子装備(アクセサリー)付けすぎだってw
日本戦艦なんか低性能のレーダー(安物の簪)位しか無いのに・・・
>>703
装甲が薄いところを突かれたり、集中防御が原因で沈んでるんだ、そう言わざるを得まい。
大和・副砲に爆弾命中、副砲火薬に引火し主砲弾薬庫誘爆、大爆発を起こし沈没。
武蔵・艦首の浸水により沈没、何より非防御地区への対策が薄い事の露呈。
で、設計陣の話では装甲強化の余地があると・・・
更に言えば、バイタルパート突き破った魚雷は無いしな。
副砲の対策と、艦首の対策を施せば、魚雷20本余裕だろう。
そこで、対空戦闘のエキスパート(松田少将かな?)乗っければ、
沈没に追い込むまでに航空機何千機&何回の空襲必要なのかと

706 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:25:46 ID:???
>>705
副砲の弱点は、普通に考えるとそれほど重要じゃないぞ。

・大和級が被弾した時に副砲塔に敵弾が命中する可能性がどれくらいあるのか?
・それは他の弱点部分と比べて特に高い被弾可能性のある弱点なのか?

これらを考えるとね。

707 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:41:08 ID:???
>>694
兵士の質は上々だったろうけど、兵器の質が若干不十分だったのかもな
大陸に対して戦っていた国が急に「よーし、海上戦やっちゃうぞ」ってなるとな、仕方ないか
あれだ、夏休み終了間近に急ごしらえした宿題みたいな感じか

ところで、一般的な戦艦は通常何本くらいまでの魚雷に耐えられるもんなの?
あんなもんがぶつかったら4〜5本で沈んじゃいそうだけど

708 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:46:10 ID:???
>>705
>装甲が薄いところを突かれたり、集中防御が原因で沈んでるんだ、そう言わざるを得まい。
>大和・副砲に爆弾命中、副砲火薬に引火し主砲弾薬庫誘爆、大爆発を起こし沈没。
>武蔵・艦首の浸水により沈没、何より非防御地区への対策が薄い事の露呈。

大馬鹿。ドイツのシャルン・ホルストは全体防御形式の戦艦だったが
魚雷の一撃で大進水を起こして推進軸が止まり、大きな被害を出している。
大和が魚雷1発か2発如きではまるで平気であるのをみても、集中防御が悪いなんてことはいえない。
それ以前にアイオワもサウス・ダコタも米戦艦は集中防御だしな。

次に大和や武蔵は数十発も爆弾を受けているが
これが致命傷になったケースは一度も無い。
確かに副砲弾庫に火災は発生しているが、誘爆の原因は横転による砲弾の爆発だ。
火災によって弾庫の温度が上がっていた事も原因の一つではあろうが
そもそも魚雷を十数発も受けて横転してしまえば、誘爆しなくても確実に沈んでいる。

副砲塔の防御の低さはよく指摘されはするが、砲戦時には問題なく、
爆撃においてもバーベットで保護されたほんの僅かの空間にホールインワンできなければ問題ない。
狙ってできるものではなく、この程度の穴はどんな戦艦にも確実に存在するんで
この程度の欠点で大和だけ腐すのは適当ではない。

709 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:56:25 ID:???
管理人が全体防御形式がさも有効であるかのように錯覚しているのは
イギリスの航空魚雷の、僅か炸薬量150kg前後の魚雷しか受けてないからだ。

ビスマルクとほとんど防護には差の無いシャルンホルストは艦船用魚雷1発で大被害なように
ちょっとでも魚雷の威力が高くなれば全く効果を失ってしまう。
そして大和や武蔵が受けた魚雷でいえば、炸薬量は実に300kg近く。
しかもHBX系炸薬によって、TNT換算で500〜600kgという超エネルギー量の魚雷だった。

英海軍艦艇の、僅かTNT250kg前後の魚雷にも大損害を受けるような防護で
倍の威力の米軍魚雷に耐えられるというのはあまりに知能が足りなさ過ぎる。

710 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:59:52 ID:???
まあ互いに仮想敵国の違いがあるしな

711 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 20:34:46 ID:???
逆に大和と武蔵が北海にあったと仮定すれば、大活躍だろ。
飛行機が飛んでくるといっても複葉機が数えるほど。全く問題になるようなものではなく、

英戦艦との砲戦なんて38cmに耐えられれば十分。
大和は実質46cm対応防御以上といわれる過剰防御で全く問題にならないな。
そして大和は46cm、砲弾の破壊力では8cmが格段の差となる。
砲弾が上から降ってくる形の3万メートルでは23cmの水平甲板を貫通し、
水平に飛んでくる形の2万メートルでは57cmの垂直甲板を貫通する。

比較的防御力の高いといわれるキングジョージX世級でも水平15cm、垂直37cmの防護しかなく
大和なら確実に甲板を貫通して致命傷を与える事が出来る。

ドイツ戦艦は支援艦艇の少なさとエアカバーの無さが致命的だったが
大和には空母と水雷戦隊も付くから楽勝だろ。

712 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 20:37:11 ID:???
陸軍国のドイツに急にあんなもの渡すのはそりゃ卑怯すぎるぜ

713 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 21:03:43 ID:???
>>711
装甲ならキング・ジョージX世級よりネルソン級のほうが厚いぞ
といっても、甲板装甲が159ミリ、舷側装甲が356ミリ(22度傾斜、垂直換算で385ミリ程度)あるから
まあ、それでも大和と比較すれば火力、装甲、速力、いずれも比較にならないんだけど

714 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 21:55:29 ID:???
>>704
無茶いうなよ。マリアナの時、瑞鶴には57機の艦載機しか積めなかったが、それというのも
空母発着艦経験者がそれだけ集められなかったという理由による。
当然、搭乗員の錬度もお寒い限りで、ベテランのパイロットはそれを見て暗然とした思いだったという。

だから多数の航空機は基地航空隊として島嶼の陸上部隊に配備されたって訳。
更に、航空機をかき集めても米機動部隊の二分の一にしかならず、その時点で圧倒的な劣勢にあった。
ランチェスターの法則を考えれば、どれだけキツイかこれだけでもよく判る。

更に航空機の性能もアメリカ側に優勢に傾きつつあった。 まあ、雷撃機などは機種改変されて天山など
アベンジャーと遜色ない(てか優れている)ものも登場していたが。
それらの編隊も事前にレーダーに捕捉され、後はCAPに捕まって以下(ry

715 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 21:58:04 ID:???
>>704
だったら史実のような事態はありえんな。
平均的な錬度が下がっていたから敵艦隊に到達できなかったんだろ。

716 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:00:59 ID:???
しかも基地航空隊と機動部隊の戦力は分断されてしまったし

717 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:14:37 ID:???
まあベテランパイロットも増えてはいても、それ以上に脚を引っ張る新米パイロットも増えていたということだわな。
形としてはミッドウェーを逆にしたようなものとはいえ
米軍側は空母15に艦載機1000機。これに打撃を与えるのは至難の業。

ミッドウェーの4空母ですら飛来する米軍機の大半を撃墜し、
予測より米空母が一隻多かったために、一番最後の爆撃隊にのみ被弾してしまっただけなんだから
マリアナの米軍機ほどとはいわなくても、せめて6空母揃っていれば完全に攻撃を防げていた。

718 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:28:48 ID:???
結局負けたんだから後から言い訳しても一緒だよ
結果的に敗戦国なんじゃまったく意味無い

719 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:37:08 ID:???
管理人ご贔屓のドイツもな

720 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:38:42 ID:???
>>717
到達してない米艦爆隊もあるんだが。
もう一度ミッドウェー海戦を調べなおすことをすすめるよ。

721 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:45:15 ID:???
んなもん知ってるんだっつうの馬鹿。

マリアナで到達してない日本軍機も相当数いたのを知らないのか?
航法の難しい海上で遠距離飛行をする、敵を発見するというのは日米の差もなくそれだけ難しいということだ。

722 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:06:07 ID:???
>>721
ああ、ならキミは真性の馬鹿か。
>せめて6空母揃っていれば完全に攻撃を防げていた。

こんな世迷いごとを未だに言っていてはな。

723 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:12:47 ID:???
こいつらのせいで身の程知らずの馬鹿軍隊が馬鹿な戦争をした国と国民
だと後世まで語り継がれることになったんだぞ?それとこいつらの性犯罪や
虐殺のせいで今の世代まで犯罪者扱いされることになって本当良い迷惑だよ。
つくづく余計な事をしてくれた世代だ

724 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:14:23 ID:???
当たり前だろそんなもん。
迎撃の戦闘機が激戦続きで高度が下がりすぎ
中高度から進入する艦爆隊がノーマークになってしまったのが最大の穴だった。

そして空母が被弾する直前に追加で直援の零戦が上がり始めていて
そのタイミングで攻撃されたわけ。
空母が6隻なら攻撃が分散できる。迎撃機の数も十分に上げられる。
結果は全く違ったものになったのは確実だな。

725 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:14:35 ID:???
ドイツら?

726 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:16:24 ID:???
>>724
だから馬鹿なんだよキミは。
具体的に迎撃機の数を数えて試算してみろ。
以前他のスレでやって結局、史実と変わらないという結果が出ているんだがw

727 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:25:19 ID:???
>>726
じゅうぶん1飛行隊は余分に上げられるだろ。
爆撃機十数機くらい確実に対応できるだけの数だな。

728 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:26:49 ID:???
他のスレって何?
どうせお前が「願いましては」とハナクソほじりながら適当に挙げただけだろ

729 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:30:07 ID:???
>>728
具体的な数字すら挙げられない馬鹿w

730 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:32:41 ID:???
飛行中隊で12機以上だろ自分で考えろ馬鹿。

731 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:36:06 ID:???
なんだ当日の搭載機数も知らない馬鹿かw

732 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:38:18 ID:???
瑞鶴翔鶴の2艦で零戦40機足らず程度。
2艦ともミッドウェーに第一次爆撃隊を出したとして余剰戦力が約20機。
敵艦攻撃のために護衛機を温存していたとしても10機以上は迎撃に上げることができ
最終的には温存機も迎撃にあげているから十数機は確実に上げられる。

733 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:40:49 ID:???
何がいいたいんだ?
ミッドウェー当時は2艦とも定数の機体を確保できてなかったとでもいうつもりか

734 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:56:28 ID:???
それともお前のいう2艦というのはアリューシャン攻略に向かった隼鷹、龍驤のことか
主力部隊と攻略部隊にそれぞれ配備されていた軽空母か?

俺が言っているのは戦力補充のために参加できなかった瑞鶴と翔鶴を含めて
「完璧な1個」といわれた6艦が揃っていれば防げていたという話だ。


735 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 00:03:15 ID:???
ミッドウェーは作戦そのものがアホであり(大本営十八番)
戦術案も縦長のわけの分からん奇策(日本好み)。
さらに、前線での判断ミス。
そのミスのせいで空母に転がってしまっていた爆弾に敵機が襲撃してきたもんだから
もう見るも無残だったろうな。

736 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 00:04:52 ID:???
>>734
108機と72機の違いって言いたいんでしょ。
でも30機(以下)が増えたところでそれでは空中電話もない零戦隊が
五月雨式の攻撃に対して史実以上に有効な迎撃が行なえる根拠にはならないよ。

737 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 00:15:17 ID:???
無線ついてんだろ空母の零戦にはよ。

護衛戦闘機もついてない爆撃隊なんて
同数の戦闘機で当たらなくてもバタバタ落とせるわけ。
現実に飛来する百数十機以上の攻撃隊を
数十機の零戦がバタバタ落としているだろ。

一番最後の十数機の爆撃隊に当たれるだけ、ほんの僅か迎撃機の戦力に余裕があればいいわけ。
迎撃機に狙われれば護衛のいない低速の艦爆は退避行動を取らざるをえなくなる。
攻撃する余裕などほとんどなくなってしまうということ。

738 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 00:31:52 ID:???
>無線ついてんだろ空母の零戦にはよ。
零戦の無線で母艦と連絡が取れたと?(クルシーの用途を勘違いしているのか)

>一番最後の十数機の爆撃隊に当たれるだけ

エンタープライズ艦爆隊約30機(「赤城」「加賀」攻撃)
ヨークタウン艦爆隊約15機(「蒼龍」攻撃)

キミが如何にミッドウェーに関する本を読んでいないかはわかったよ。

739 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 02:12:08 ID:???
>>738
>零戦の無線で母艦と連絡が取れたと?(クルシーの用途を勘違いしているのか)

何がクルシーなんだ半可通め。
零戦にも96式1号無線電話機というのが積んであったといってんの。
性能はともかく電話もないとか意味不明のことを言ってるお前が狂ってると指摘しただけ。

>エンタープライズ艦爆隊約30機(「赤城」「加賀」攻撃)
>ヨークタウン艦爆隊約15機(「蒼龍」攻撃)

それがどうしたんだよ馬鹿。
その中で至近弾も含めて有効な攻撃のできたのが15機だけだろっていう話。
1飛行隊でも上空警戒できる余裕のある機数を確保していれば
史実のように空母に接近しての急降下爆撃という余裕のある攻撃などできていない。
攻撃成功した機も半分は帰還できず、大半が撃墜されているように、
ギリギリのタイミングで攻撃がうまくいったというだけの話。

そして3個飛行隊分の艦爆がきたからなんだと。
瑞鶴と翔鶴は珊瑚海海戦で、その数の艦爆も含めて戦闘機、艦攻も合わせた合計60機に攻撃されているが
僅か十数機の零戦で効果的に妨害し、命中弾は3発のみ。
零戦十数機の差というのはそれだけの事ができる差だっつうことだよ。
少しは人が何を言おうとしているのか理解するだけの文章力を身につけろ。

740 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 02:42:01 ID:???
話を纏めれば、史実でのミッドウェーで上がった日本側の迎撃機は僅か数十機。
これに十数機加わるだけで大違いということは説明した通りだが

マリアナの米機動部隊は物量に物をいわせて100や200なんて勘定では足りない数の戦闘機を上げて迎撃してきている。
しかもレーダーやVT信管といったオプションも加えて、
これだけの戦力を掻い潜って攻撃成功させるなんてのは、どんな神業でも無理。
強い弱い以前に、アメリカ以外のどの国が対抗しようとしても同じこと。

741 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 07:05:51 ID:???
翔鶴、瑞鶴がいたら……最後のドーントレスの攻撃だけでなく、
状況が変わる余地が、いくつかあるんじゃないか?
例えば、
・ミッドウェー島への攻撃…より多くの爆弾が落とされた結果、
 島への第2次攻撃を要さずという判断がなされた可能性。
・偵察機の充実…赤城、加賀、利根、筑摩、榛名から偵察機が出ているが、
 これに翔鶴、瑞鶴の偵察機が加わる可能性。あるいはカタパルトが
 故障して出発が遅れた利根に変わって、代替機が出た可能性。
 それらによって米空母を発見できた時間が早まることもあり得た
・確率的に、2隻の空母が多いことによって、最後の攻撃が分散した可能性。
 もちろん、翔鶴、瑞鶴も被弾した可能性もあるが、
 より多くの空母が生き残った可能性も捨てきれない。
 飛竜だけでなく、2隻以上の空母が被弾を免れたら、
 当日はより効果的な反撃ができ、翌日まで戦闘が継続したかもしれない。

742 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 07:34:07 ID:???
雷撃は分散され、個艦の回避行動には余裕がでて、
それだけ上空警戒も厳となるという事はあるだろうな。

743 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 07:45:48 ID:???
もし仮に史実通り3空母が沈んだとしても
残りの3空母が攻撃隊を出せば、
飛龍の1艦の戦果から考えても米空母2隻以上は撃破できるだろう。

そう考えると残存戦力から考えて日本が圧倒的有利。
最終的に損害3:3の痛み分けに持っていけた可能性は高い。
ミッドウェーは攻略されて太平洋の米空母はほぼ壊滅という事だな。

744 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 07:47:13 ID:???
>>739
馬鹿が恥の上塗りってかw
>96式1号無線電話機
これが零戦間でしか使えないことを知らないのかw
>>738では母艦との連絡の話してんだろ。
あと正式には96式「空」1号無線電話機だから。

>その中で至近弾も含めて有効な攻撃のできたのが15機だけだろっていう話

爆笑w
何?約50機の爆撃機のうち、爆弾を命中させる機だけを事前に迎撃できるとか思ってんのw

いい加減手前勝手な妄想は止めてくれないか。
母艦との連絡もとれない零戦隊がどうして都合よく急降下爆撃隊を迎撃できるんだ?
雷撃隊に対応して低空に下りている状況でな。


745 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 07:47:52 ID:???
そして戦争が長引くことで俺の祖父が戦死していた可能性も高まるということだな

746 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 08:09:18 ID:???
>>744
>これが零戦間でしか使えないことを知らないのかw

はあ?リアルにキチガイなんだなお前は。
お前は>>736で「空中電話もない零戦隊が」なんて事を言い出した。
空母と通信なんて一言も言ってねえよなお前は。
それに対して俺が「無線ついてんだろ空母の零戦にはよ。」と指摘した。
当然だよな。空中電話がついてるんだから。

次のお前の言い訳が振るっている。
「母艦と通信できないから空中電話じゃないんだもん」ときたか?
笑わせるなよ馬鹿が。見苦しいのにも程度ってもんがあるだろ。

>何?約50機の爆撃機のうち、爆弾を命中させる機だけを事前に迎撃できるとか思ってんのw

アホか。2空母の迎撃機だけで護衛付きの60機の攻撃を防止したと説明したばっかだろうが馬鹿が。
お前は人のレスを読んでないのか、それとも30秒前に読んだ文章も忘れるほど知能に障害があるのかどっちだ。

雷撃隊だけにかかりきりになったのは、敵機に対して迎撃機の数が少なすぎたという事情。
基地攻撃にも零戦だして、二次攻撃にも零戦温存して
その中で迎撃を上げようって事だからな。
迎撃機の数が3割も増えれば警戒できる余裕のある機体がそれだけ増えるということ。

50機といっても50機が一斉に落弾体制に入るわけじゃない。
落弾体制に入っていくものだけを妨害すればいいんで、爆撃機以上の戦闘機も必要ないわけ。
しかも護衛が1機もない低速な爆撃機だけなんで
戦闘機につかれたら回避行動しなくちゃいけない、
接近して接近して落弾みたいな芸当ができなくなるわけ。
だから緩降下とか精度の著しく劣る攻撃でお茶を濁すしかなくなる。

迎撃機があるとないとじゃ大違い。
至近6、命中9発みたいな僥倖じゃなくなるということだ。

747 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 08:18:06 ID:???
しかも50機とか言ってる時点でミッドウェーの事何も知ってないんだよな。
それが全部攻撃に参加できたのかと。
ミスって爆弾を捨ててしまった機が何機もあることも知らないんだろ。

748 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 08:20:52 ID:???
いたずらに戦争長引かせて最後は二発も原爆落とされて占領されるし
そこまでされないと分からなかった当時の日本軍部と政府の愚かさには
怒りを覚える。死ななくて良い人間を大量に死なせただけだ

749 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 08:26:15 ID:???
>>746
論点をずらそうと必死だなw
>母艦との連絡もとれない零戦隊がどうして都合よく急降下爆撃隊を迎撃できるんだ?

結局、これには答えられないのか?
なら都合のいい妄想には変わりないな。

ああ、あと必死に珊瑚海海戦の例を出しているが
南太平洋海戦では翔鶴10機瑞鶴5機の直掩がいたにもかかわらず
SBD15機(うち4機が警戒機によって撃墜または被弾し帰投、)が「翔鶴」に3、4発の直撃弾を食らわしているから。
珊瑚海海戦も一例に過ぎんよ。




750 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 08:29:14 ID:???
>>747
いよいよ馬鹿だなw
爆弾落としても先導機になって銃撃した機も知らんのかw
いったいどんな本読んでんだかw

751 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 08:30:35 ID:???
>あと正式には96式「空」1号無線電話機だから

そんなもん当然知った上で、空なんて付けなくてもわかるだろって省略してんの。
どうせお前が必死にググるっての分かりきっているからなこっちは、
見つけるの大変だったって愚痴こぼしてんのお前?悪かったな。

752 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 08:32:30 ID:???
>>750
ドアホかお前。なんで急に脈絡もなくレズリー少佐がでてくんだよ?
ちょっとググって詳しくなったからって早速知ったかぶりですか。
そんなもん当たり前にこっちはしってんの。

753 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 08:35:46 ID:???
>>749
何が論点ずらしなんだよ。
それはオメーの十八番だろうが。
「命中弾3に抑えた」んだとあらかじめこっちが折込済みだろ。
循環論法みたいにくりかしても価値は出んぞと。

754 :だつお:2007/09/28(金) 08:41:19 ID:+1YezPzh
>そこまでされないと分からなかった当時の日本軍部と政府の愚かさには

つか中国軍には連戦連勝、大陸打通3000キロ。97式中戦車チハは無敵。
太平洋戦争で当てはまることが、日中戦争では全く当てはまらない。
負ける太平洋戦線は放棄すべきだが、勝てる日中戦争はもっと兵隊を送り
込むべきだった。太平洋から100万くらいは大陸に持ってこればよかった。

ハルノートが来ようが、海上封鎖されようが戦略爆撃されようが何されようが、
重要なのはただひたすらひたすら中国人の大量殺戮を続行することだ。
中国人は殺せば殺すほどに皇軍は強くなり、しかも国際社会の風当たりは
決して悪くはならない。その証拠に米軍はついに中国大陸に上陸しなかった。
フィリピン戦線での米軍と原住民の挟み撃ちに比べれば、大陸打通作戦は
まったく皇軍のワンサイド殺戮ゲームだからこれをやらない手はないはず。

少なくとも太平洋では決戦せずニューギニアからは撤兵して決戦場を中国戦線
のみに絞り込む。そして空母機動部隊は編成せず可能な限り大量の97式中戦車
チハを生産し最大限の兵力を投入し可能な限り大勢の中国人を殺戮する。
中国人という中国人を殺しに殺して殺しまくって、日本本土に米軍が攻めて
きたらそのときに無条件降伏する。このやり方なら戦死者激減間違いなし!

   俺 っ て 頭 い い だ ろ !

755 :705:2007/09/28(金) 08:50:06 ID:???
>>706
まあね、でも、アキレス腱である事は事実だ。
>>708
ハア?そりゃあ、バルジもまともにない、
どこに当てても防御力<魚雷攻撃力ではズタボロにされるわな。
君が言ってるのは、
37mm砲をT−60にぶち込めばどこ当てても大火災だ。
だが、37mm砲をT−34相手ならどうだ?と言う物、
37mmだって、壊せるときは壊せる。
<大和が魚雷1発か2発如きではまるで平気であるのをみても、集中防御が悪いなんてことはいえない。
まあ、両方艦首直撃だったら、そうは言えないわ、
・・・まず当てられる物じゃないけどな、他艦に比べ射撃が下手くそとは言え、
不用意に近づけば火力の多さで乗り切られる可能性の砲が大きい。
<それ以前にアイオワもサウス・ダコタも米戦艦は集中防御だしな。
武蔵の場合、浮力の余裕はあったんだけど沈んでいった、
アメリカは防御のない区間が短い(34%)&高度なダメコンでカバー出来る、
弱点を補えるだけの能力はあるが、大和(日本)には其れがない。
そして非防御区間への対策を、蹴った時点で運命は決まったような物、
黛氏の言う浮力材突っ込んで、足りない士官部屋は重量の増強でカバー
・・・中身が素人&泥縄戦略だと、しぶといだけで結局同じだろうけどね。

756 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 08:59:05 ID:???
>>751-753
都合の悪い質問から逃げる気満々だなw

>母艦との連絡もとれない零戦隊がどうして都合よく急降下爆撃隊を迎撃できるんだ?

結局、これには答えられないのかい?

757 :705:2007/09/28(金) 09:17:36 ID:qQJ8qHL5
>>756
テレパシーw
まあ、一応ID晒しておく、流れを見ると同一に見られているようだ。
俺の考えだと、真珠湾取りやめ、そして、
一夜城をレイテで応用し、わざと戦力的に膠着状態に陥らせる。
飛行場を台南航空隊で叩き、戦闘機はそのまま空母に着艦、(艦爆・艦攻は事前にトラック配備)
後は直掩機の無いレイテの重砲陣地&戦車を黙らせる爆撃に切り替え、
敵兵士への攻撃は極力行わず、米軍にはこう思わせる。「補給を経ち、兵糧攻め」
そこで、兵糧を攻撃しては望みが絶たれ、降伏の恐れがあるので、
「今は追い払えないが、攻勢はないので堪え忍び増援が来れば巻き返せる!」と思わせておく。
そこで、増援の為のこのこ長旅し、疲労した米艦隊を叩きのめす。
疲労した上、開戦時はまともなレーダーもないから夜襲に弱く、寝られない為更に疲労が募り、
輸送船団を守りながらではまともな戦闘も出来ず、途中の基地でも空襲を受け、
戦力&精力削られまくったところに、
熟練者で有名(?)な長門姉妹・伊勢姉妹・金剛四姉妹の強襲は、
全滅必至、其れが分かっても行くしかない。
その後、攻勢に出て、捕虜解放の条件に講話を持ち込めば、フェアな海戦で艦隊を失った米軍は、
条件を飲むしかないだろう。

758 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 09:23:39 ID:???
>>756
っていうか零戦の無線が母艦と連絡できないってソースはなんなんだよ。
対地用無線だろそもそも・・・

759 :705:2007/09/28(金) 09:30:22 ID:???
ちなみに、
<其れが分かっても行くしかない。
これの根拠が、
・大した被害もないのに有色人種に降伏するなよ!
・日本艦隊に包囲?そのための我が無敵のアジア方面艦隊だろ?
・相手はワシントンで戦力削られてるじゃんw
・インディアンに囲まれた味方を助けに行けよ!
更に言えば、開戦時は夜襲&日本航空隊の練度は知らないし、
米軍も艦隊決戦やる気満々だし、
そもそも大本営が漸減作戦の緻密な戦略を立てていたわけで、
どこぞの米軍怒らせておきながら、体勢を崩した米軍への追撃をやめ、
雑魚の集う蘭印方面に空母部隊を派遣し、戦艦は柱島に抑留・・・
真珠湾の負の影響は日本軍の方が上だと思うぜ?
「航空機の強力さはこの戦いで証明された!」
「この上での戦艦の運用は無意味である!」
「でも、一応国民の手前、母港に置いておけないから出て行って!」
ソンな感じで使いもしないのに柱島へ、此処で蘭印方面に突っ込まないのは五○六らしい、
日本・真珠湾で錯乱した航空主義の為戦艦動けず
米軍・修理の為戦艦動けず
真珠湾が失敗すれば艦隊決戦発生率100%だな、他に戦力ないし

760 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 09:39:38 ID:???
「雲の間から敵空母を発見した」というお互いが見えない状況で一方が幸運にも発見したワケで、直掩機が増えても完全に防御できる可能性は少ないかと。
ただ、沈没を免れた空母が増える可能性は多くなるのではないかと。

つか、「幸運の女神が米軍に微笑んだ瞬間」な気がするので、「IF」を妄想するのは「真珠湾攻撃で日本軍を撃退する」並みに不毛な気が・・・

761 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 09:40:54 ID:???
>>758
ソースも何も母艦と零戦が交信していた記述が戦記で見当たらないのだが。
地上基地用とはなってはいるがこれも同様。
ない、というのを証明するのは難しいので何時何処で交信したという証拠を出して欲しい。

762 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 09:41:27 ID:???
>>760
だから、零戦が母艦と通信できない根拠はなんなんだよ

763 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 09:45:56 ID:???
>>761
キチガイかおまえ。
てっきり精度が悪いから通信できないんだと腐してるんだと思っていれば
どうも言ってる内容を読んでいけば違うらしい。
通信する「機能そのものがない」んだと勘違いしているのかと聞いてみれば案の定かよ

764 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 09:48:11 ID:???
基地との通信は会話でなくトントンツーってのは常識だろ

765 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 09:48:25 ID:???
>>763
で?当時、交信できた証拠は?
使えないモノ使ってCAPやろうなんざとんだ妄想なんだが。

766 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 09:50:01 ID:???
基地と母艦の通信がトントンツーって意味だ馬鹿

767 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 09:51:20 ID:???
>>766
だからその証拠は?
電鍵叩いて基地や母艦と連絡しあっている話なんか寡聞にして聞かない話なんだが。

768 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 09:53:19 ID:???
中国ごときに勝って無敵とか皇軍とか言ってる馬鹿だった日本軍w
中国戦線なんてエチオピア戦線と同じぐらいの価値とレベルなのにな。
超格下相手に得意げになってるのはどうかと思うよ

769 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 10:01:28 ID:???
中国ごときに勝って無敵とか皇軍とか言ってる馬鹿だった日本軍w
中国戦線なんてエチオピア戦線と同じぐらいの価値とレベルなのにな。
超格下相手に得意げになってるのはどうかと思うよ

770 :705:2007/09/28(金) 10:02:16 ID:???
>>766
○十六に、綿密な漸減作戦壊してまでやりたかった事は其れなのかと、
問いつめたいな。補給線ヤバイだろうに・・・どう思う?
>>768
仕方ないさ、中国では100人切りし、30万人撃ち抜いた、
千人足らずで四万人も立て籠もる要塞を降伏に追い込んだ、
電撃戦でシンガポールも陥落させ、水中からの攻撃でイギリス海軍をぼこぼこにした、
ガンダムが最強の座に着いていたが、
アメリカ方面じゃ、ガンダムより性能の高い&数の多いザクで対抗したからw
で、戦後富野監督が、「逆の話を作るべきでは?」と考え出したのが機動戦士ガンダムと・・・

771 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 10:16:15 ID:???
何が皇軍だよ笑わせんな。日本人が戦後真人間になれたのもアメリカのお陰
なんだから感謝した方が良いな。戦前の日本人は卑怯の騙まし討ちとか民間人
の大量虐殺とか平気でやっちゃうような人種だったんだからな。

772 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 10:17:25 ID:???
ここと零戦スレを同時に荒らしてるわけね馬韓李人乙w

773 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 10:27:48 ID:???
荒らしてるって言うか事実だろ

774 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 10:31:48 ID:???
大日本帝国なんてアメリカにストレート負けしたって以外に何かあるのか?

775 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 10:48:51 ID:???
>>767
まだそんな言い訳しとんのか池沼が。
もう嫌だコイツ。誰かなんとかしてくれよ。

アホが呑気に零戦が母艦と無線で連絡とった例なんて見つかるわけがないとでも高をくくってんのかもしれないが。
そんなもん幾らでもあるんだっつうの。

零戦の洋上飛行訓練はクルシーと無線で両方行なわれるって常識だろうが。
南太平洋海戦で翔鶴の零戦も無線電話使って母艦と連絡とっている。
零戦の96式1号無線電話なんて水偵にも乗せられてるんで連絡とれてないとオカシイわけ。
零戦の仕様書にもちゃんと電信可能って書いてあるだろうが。

間違えたらすぐ認めればいいものを、グジグジ口先で言い逃れようなんてどうしようもない馬鹿だな。
議論のできる知能水準にも達してない奴なんて相手にするだけ時間の無駄だし
嫌なんだがマジで。

776 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 10:52:15 ID:???
例を出せとか馬鹿な要求して恥かくまえに

質問スレにでも零戦スレにでもいって
「零戦は何故母艦と電信連絡もできない仕様なのでしょうか?」
とでも聞いて来いっつうの。
全員から馬鹿にされつつも優しく教えてもらえるからよ。そのほうが。

777 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 11:33:47 ID:???
まあまあ
ここはそんな管理人を生暖かく見守るスレですから

778 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 12:33:26 ID:???
なぜ零戦のアンテナ支柱をぶった切った部隊があるのですか?

779 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 13:09:39 ID:???
晒しあげ

780 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 17:46:44 ID:???
>>771
だってザク持ってると思わなかったんだもん。

781 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 17:55:47 ID:???
>>778
778のチンチンよりも長くて頭にきたから

782 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 18:53:21 ID:umB4yDAx
>>775
>南太平洋海戦で翔鶴の零戦も無線電話使って母艦と連絡とっている。

このソースは?戦史叢書にも載ってない話だが。
勝手に捏造するなよw

>零戦の仕様書にもちゃんと電信可能

その電信が前線で使えないってんで取り外してまでいるんだがw
現場を知らずに額面性能だけで可能なんていってんのかバレバレ。
だいたい実戦で使えない無線使ってCAPやろうなんて妄想してるようではなw


783 :だつお:2007/09/28(金) 19:09:03 ID:+1YezPzh
>このソースは?戦史叢書にも載ってない話だが。

 日本軍の戦闘機戦術部隊は、通常9機からなる飛行中隊で、3個V字編隊
または梯隊に細分されている。以前は3機のV字編隊が使われ、2機梯隊で
側面を固めていた。通常、戦闘機の編隊は高度15,000〜20,000フィートを
飛行するが、高度27,000以上で行動できると思われる。
 1943年の後半、日本軍は米国空軍の標準である2機編隊が2組で4機
編隊からなる基本的な戦闘機の編隊を採用する傾向を見せた。2組の編隊が
対になって戦闘をしたり、交替して攻撃をかけてくるので、飛行機間および
編隊間に相当の協同がなされていることは明白である。

(日本陸軍便覧 米陸軍省テクニカル・マニュアル1944 
米陸軍省編 菅原実訳)P62

784 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 19:17:08 ID:???
どこにも無線電話の話なんて書いてないが


785 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 20:24:01 ID:???
突然だけど
このサイトの管理人は白人至上主義なの?

786 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 20:39:12 ID:???
>>755
取り合えずおまいが大和を小説でしか知らないのは理解した
大和のアキレス腱を挙げるなら、水中装甲板の接合部分の設計不備を何故に挙げない?
副砲なんぞとは比較にならないほどの問題だぞ?
明確な設計ミスで、根本修正が出来ないんだからな
副砲の方は、設計時点で考慮されていて、コーミングアーマーや防火シャッターの設置が行われている
アキレス腱と言うほどの弱点か?

それと、魚雷攻撃を受けた時にものを言うのは予備浮力の大きさと、浸水の極限だぞ
高度なダメコンとやらで達成可能なのは浸水の極限だけで、それでも予備浮力は減少する
おまいは武蔵の浸水状況を知ってるのか?
ヴァイタルパート以外の殆ど全ての場所に浸水してんだぞ?
ヴァイタルパートも一部浸水してるし、缶室、機関室には注水がなされている
これで予備浮力が残ってたとでも言うのか?

それと、おまいは水中防御を装甲でやる気か?
正気か?
水雷防御ってもんがどういうもんなのか、少しは調べろ

787 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 20:42:44 ID:???
母艦部隊は、ここへ来る前にトラック島で、無線通信やクルシーを使っての帰投訓練を相当やってきていた。
クルシーが使えればドンピシャリで帰れるという自信をつけた上での実戦であったが、肝心のクルシーが使えないのではどうしようもない。
日高大尉は、機首を反方位に向けた上で、万一の場合の損失を分散できるよう、列機を小隊ごとに散開させた。
日高・光元一飛曹の第一小隊、内海秀一中尉と川崎正男一飛曹の第二小隊、河原政秋飛曹長・近藤政市一飛曹・中村泰弘二飛の第三小隊。

そのうち、第三小隊は、ちょうど敵艦隊攻撃から帰投途中の艦攻隊と合流できて早々に瑞鶴に帰還。
日高の第一小隊は、索敵の要領で四角い空域をだんだん広げながら飛ぶということをしてみたが、
味方艦隊は見つからず、そのうちどうも針路が西に寄っているような気がして、日高は駄目でもともとと、思い切って九十度変針してみた。
すると、盛んに艦位を知らせる瑞鶴からの無線電話の声が、レシーバーを通じて日高の耳に届いた。
多くの基地航空隊ではなおざりにされ、使い物にならなかった無線だが、母艦部隊にとってはなくてはならないものである。
日頃の訓練の成果もあって、この海戦では無線が大きな役割を果たしている。
電信ではなく無線電話の声が聞こえるということは、味方艦隊は近くにいるに違いない。だが、もとの位置がわからなくては、艦位を教えられてもどうにもならない。
日高大尉は、電話で瑞鶴に、黒煙を上げてくれるよう要請した。艦隊としても、黒煙を上げることは敵機に発見される恐れがあるので、指揮官によっては躊躇する状況である。
しかし幸い、ほどなくして左前方、水平線上に黒煙が高く上がるのが見えた。味方駆逐艦が展張した黒煙であった。
光元一飛曹は、それを見ると喜んで、バンクを振りながらすっ飛んで行ったという。
日高、光元の二機とも、何とか無事に、唯一被弾のなかった瑞鶴に着艦することができた。午後一時過ぎのことである
発艦してからすでに八時間あまり、燃料の残量は三十分を切っていた。
二機とも、空戦の時に増槽を落さなかったのが幸いであった。日高と光元が帰還できたのは、増槽をふくめた零戦の長大な航続力の賜といえた。

(『零戦隊長〜二〇四空飛行隊長宮野善治郎の生涯』)

788 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 20:45:40 ID:???
>>782

789 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 20:49:20 ID:???
>>786
水中装甲板の接合部分は設計時から問題にされていたが、
何度も実験を行なって従来の魚雷では問題ないことが確認されている。

790 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 20:54:00 ID:???
>>787
アリューシャンでは97式艦攻が見殺しだったな。

791 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 21:14:30 ID:???
>>785
韓国人によくある症状だけど、何故か自分達を白人だと思い込んでる。

792 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 21:53:06 ID:AHmyGyHr
中国ごときに勝って無敵とか皇軍とか言ってる馬鹿だった日本軍w
中国戦線なんてエチオピア戦線と同じぐらいの価値とレベルなのにな。
超格下相手に得意げになってるのはどうかと思うよ

793 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 22:11:50 ID:???
>>790
逆に救うために味方に位置教えようとして、敵にやられてしまったら管理人が大喜びして大字で書くだろうな。

「わざわざ戦闘海域で黒煙をあげ、親切にも敵に位置を教えてあげるようなサルが使っていたのでは、どんな最新兵器があっても豚に真珠ですけどね」

というような感じでな。

794 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 22:26:06 ID:???
皇軍、ってのは間違ってないよな、「天皇」の指揮する軍隊だから。

このサイト見てみたけど、どうやったってこの管理人は、軍事オタを『日本軍厨』にしたいんだね。


795 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 22:39:45 ID:???
>>786
いくら言ったところでね、
水中装甲板の接合部分の設計不備が要因という説はないし、むしろ挙げるべきは、
・主要防御区間外(弾薬庫下含む)の浮力保持対策の不備
・同上部分の水線面積保持対策の不備
・注排水、特に注水設備の不足
・舷側甲鉄背後の水防性の不備
・トランク、小隔壁、床類の構造の薄弱
百歩譲れば、5番目の説に当てはまるだろうな。
コーミングアーマーや防火シャッターの設置程度で誘爆の威力を防げる?
>これで予備浮力が残ってたとでも言うのか?
35000t程残っていたそうだ。
転覆だからな、その後の爆発が無ければもう少し浮いていただろう。
>水雷防御ってもんがどういうもんなのか、少しは調べろ
君を笑いに来た。( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

796 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 23:12:45 ID:???
>>794
間違ってるだろ。正しくは「蝗軍」

797 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 23:16:02 ID:???
>>795
後学のために教えて欲しいんだけど、それらの弱点って出典はなんなの?
武蔵沈没時に35000トンも予備浮力があったて初耳なんよ

798 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 23:17:12 ID:???
旧日本軍弱小列伝の管理人さんよ、
とっとと日本軍ガンダムVS米軍ザク講話を始めてくれないか?

799 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 23:17:36 ID:???
日本人はイナゴの佃煮でも食ってりゃいいんだよw

800 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 23:28:54 ID:???
リアル特定アジアが騒いでるんだなここ

801 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 23:44:40 ID:???
>>795
コーミングアーマーは副砲塔内部に砲弾が入り込まないための、防炎シャッターは副砲塔が爆発した時に爆炎が副砲弾薬庫に飛び込まないための措置だろ?
副砲弾薬庫が爆発したら、どんな戦艦も大破は免れんだろうに
それに、強力な装甲は内部で爆発が発生した場合は被害を拡大させるぞ?

802 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:03:57 ID:???
>>801
重巡艦隊等の護衛艦隊がそもそも強いから、
この際副砲無しにして注排水ポンプでも増設したら?と思う。
火力減るのが嫌なら機銃でも置いておけばよい。
副砲使う前に主砲→水雷戦隊の肉薄攻撃でまず終了でしょ、
その艦隊を易々ぶちのめして攻めてくる相手には、まず副砲有無関係なく負け戦。

803 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:08:29 ID:???
>>802
日本海軍のドクトリンだと、重巡は敵戦艦に向けて突っ込んでるよ?
日本戦艦が副砲を搭載したのは護衛の不足を補うためだし

804 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:20:23 ID:???
>>803
重巡が突っ込める状況と言うのは、
敵護衛艦隊がボロボロになっていなければ無理な話で、
危険を冒して射程の短い副砲を参加させるまでもないと思われます。
副砲の標的は主に肉薄した敵護衛艦隊ですし、
副砲の射程距離<敵戦艦に対する大和の主砲の必殺距離
そもそも全艦艇が敵に突っ込むわけでもないですし、
水雷艦の魚雷・敵戦艦の砲撃の防御に確実に有効な、防御装置の方が・・・
そう言えば日本は零戦造った国ですね・・・ハア

805 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:23:23 ID:???
>>804
最後の一行が朝日の社説っぽいなw

806 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:27:43 ID:???
>>804
何この馬鹿?反論しちゃっていいの

807 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:28:38 ID:???
>>804
いや、敵護衛戦隊を突破して、敵戦艦に雷撃するの>重巡
日本海軍重巡の雷装と火力は、そのための装備なんだけどさ
というか、水雷戦隊も重巡と同様に敵に突っ込むんだよ
で、雷撃で敵戦艦戦力を削り、最後に戦艦が突入するの
半ば水雷戦隊が主力のドクトリンだったはずだ>日本海軍の艦隊決戦ドクトリン

808 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:32:17 ID:???
>>807
半分間違ってる。
重巡の役目は的護衛戦隊を叩き、水雷戦隊の邪魔をさせないこと。
重巡が突っ込むのは護衛戦隊のいる輪形陣の外周までなのである。

809 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:34:38 ID:???
>>808
あー
なら勘違いしてたわ
訂正サンクス

810 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:42:17 ID:???
>>805
仕方ないさ、よく考えれば日本に重防御を求められる状況にないんだから、
>>806
構わない、漸減作戦における副砲の有用性を証明してくれれば、
副砲全部撤去しても高射砲で駆逐艦以下の艦艇に接近されても対抗できるし、
まず副砲をどういった状況で使用するか、それは防御装置に比べて有効なのか?
其れを提示してもらえれば文句はないです。

811 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:44:52 ID:???
>>810
軽巡クラスが来ることは想定しないのか?
それと、駆逐艦クラスでも短時間で無力化しないと雷撃が来るぞ?
更に言えば、高角砲だと駆逐艦とは互角の打ち合いになるぞ?
射程内に戦艦が居たら、そっちを優先することになるわけだが、駆逐艦と互角の打ち合いをしてどうするよ

812 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:01:38 ID:???
つーかビスマルクにも副砲が6つもついてんの知らないのかね

813 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:13:37 ID:???
>>811
ですから、そんなのが主力艦隊のすぐ近くに悠々と来れる時点で、
既に負け戦だと思うのです。相当油断しての奇襲でも無い限り、
重巡含む護衛艦隊を下してきた事の証左ですし、
駆逐艦と互角と言いますが、凌波性、安定性、特に装甲から言うに、
砲戦で言えば戦艦有利でしょう。
それに、散布界の点から言って、戦艦との撃ち合い中に軽巡以下の艦隊がのこのこ砲戦すれば、
味方の砲撃を受ける可能性もありますし、そもそも、米軍駆逐艦は対潜能力を重視していて、
肉薄攻撃への注意は大和が心配するまでもないでしょう。
赤城以下四空母に戦闘機を積み込み、翔鶴姉妹に対潜任務をかねた艦爆でも出せばOK、
主力への攻撃だけが空母の役割じゃないッスよ。

814 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:21:26 ID:???
岩本徹三の空戦記くらい読んどけよ。
結構、基地や艦隊相手に無線使ってるぞ。

815 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:22:19 ID:???
>>812
通商破壊戦闘メインのドイツ戦艦、
輸送船相手に主砲なんて勿体ない。

816 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:23:19 ID:???
>>813
日本海軍には戦艦の護衛にでかく裂けるだけの戦力はない、と>>803書いてるだろ
それと空母云々言ってるが、夜戦の時はどうすんだ?
日本海軍のドクトリンだと夜戦がえらい勢いで重視されてるぞ?
少なくとも水雷戦隊は夜間に敵艦隊に突入すんだけど?
あと、対潜を重視してようが、駆逐艦には魚雷発射管がついてることを忘れんな
肉薄だろうがなんだろうが、雷撃を受ける危険性は0じゃねえ

817 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:26:38 ID:???
>>812
ネルソンやリシュリュー、ヴィットリオ・ヴェネトにも副砲があることを知らんのでしょ

818 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:31:13 ID:???
管理人が嬉々として珍説を自慢げに発表してた時代が偲ばれるな。

819 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:50:38 ID:???
そもそも何で日本軍が過大評価されたりするようになったの?
実際はそれほどたいした軍隊でもないと思うのに。

820 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:57:11 ID:???
>>817
しかもフランスのリシュリュー級は、
前のダンケルク級が副砲を廃した両用法だけだったのを
両用は対空にも対艦にも不十分だとして副砲つけなおしたものだしな。

821 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:58:45 ID:???
>>819
過大評価されてると妄想してるのは管理人とその一派くらいだろ
元々日本軍はそれなりの評価しかされてないしな

822 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 02:02:42 ID:???
煙幕はりながら突っ込んでくる駆逐艦に一々主砲なんて撃ってらんねえ

823 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 02:12:29 ID:???
管理人の世界は、酷使様とメイドしかいないんだよ。
後、飯を運んできてくれるカーチャン。

824 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 02:51:27 ID:???
>>819
頭の悪い火葬戦記やゲーム、漫画雑誌の影響と
雷電とかを「本土防空で活躍した」とか書いてしまう
身内への甘い体質が原因


要するに宝島(ry

825 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 03:10:31 ID:???
http://www.warbirds.jp/ansqn/logs/A001/A0005121.html
>三菱が「ろくに戦闘機・・・・」や「たった一年・・・」って何ですか?
>その時点でそのサイトに記述されている事は”説得力”はまるで有りません。

馬姦痢人のアフォ主張がズタズタにされててワロタ(笑)

826 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 03:49:53 ID:???
軍隊としては可もなく不可もなくといったところだろ、日本軍は。

827 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 04:12:17 ID:???
>>782
>このソースは?戦史叢書にも載ってない話だが。
>勝手に捏造するなよw

翔鶴の佐々木原機が電信を受けていると、氏の日記に記されている。

「クルシーを入れてみると、味方の母艦群より連続信号を発信してくるのが受信された。
然し未だ母艦は見えず、又その位置も判らなければ測定も出来ぬ。
クルシーが破壊されているのだ。
諦めて電話に切り換えたが感度なく、電信にダイヤルを切り換えると間もなく感度あり、
総戦闘機(サクラ)及び制空隊(ツバメ)に呼びかけているのが聞こえた。
シメタ!と受信に掛る。右手の操縦桿を左手に持ち、レシーバーを完全に装着して、
ダイヤルを調節して聞こえるのを右膝の上の記録板に書きとめる。
『サクラサクラ我の位置、出発点よりの方位二十八度九十五浬速力三十ノット、針路三十三度。一三三五』
次いでサクラサクラと連送して来る。直ちに母艦の位置を計算、会合点時間を計測する」

他にも何件も例がでているが787のも南太平洋海戦の例だな。
しかし>>782の狂いっぷりは超弩級だよ。考えようによっては、なかなかの見世物かもしれん。

仕様に電信可能とあっても納得せず、
零戦の無線は水偵にも積んであって水上艦と交信できないほうが不自然といっても理解せず、
実際に交信した例を出せというから出してやれば、妄想だと独断で妄想する。
納得するまで質問スレで教育してもらってこいと言っても通じない。不世出のキチガイだよこいつは。

で、何だ。戦史叢書?頭悪いにも限度ってもんがあるだろ。
まあ、どうせまともに読んでもないんだろうがな。図書館行って数ページ斜め読みして読了したような気になってるんだろ。
戦闘詳報にいちいち戦闘機と交信した逐一の報告なんてどうでもいい事を書くかよ。
戦史叢書がそんな瑣末なことを、わざわざ独自に調べ上げて記すかっての。

828 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 04:26:19 ID:???
>>767
>だからその証拠は?
>電鍵叩いて基地や母艦と連絡しあっている話なんか寡聞にして聞かない話なんだが。

寡聞すぎ。
知識がないことを自慢するやつなんて初めて見たぜ。

829 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 04:52:05 ID:???
   , '" ̄_: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :.\
../_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 ´ /::::: /::::::/::::::: :|::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: ヽ        とっても良いサイトなの!!
 ∨:::::: /::::::/::`ヽ/ |::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::: ∧
 ∧//::::::/:::::::::::/  |:::l  ',:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::∨j∠|__
.//∨:::: /::::::ト、/   :|:::l  ヽ:-―-:::::l::::::::::::::::Vヽ ヽ   \. | 【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/
   ,' ::::::l:::;イ レ'心  l:::|    \::::::::::::|::::::: l:::::::| ∧人_, / .|
    l::::::/|/::j {ヘ:::|   ヾ|   ヽ--\ :::::|::::::: | ::: |  |::::::| ヽ/  |
  . |:: ∧!: リ  Vヒj       行テ乏ア :::|::::::: |:::::,′ |::::::|_ノ   |   だつおの寝言よりは面白いよ。  マコリンもとってもかわいいの!!
   .W  !;八    ,     {ヘ;;:::// ヾ|::::: ∧:/  ノ :::::|     |  
      ./::::::ヽ   、 __   ゞ少′ ⌒!::/⌒)7:l::::::l:::|   <
      / :::::: /7\ `ー’  __   ,、__,/ ‐<:::ノ::|:::::::l::|    |   みんなも見てみよう!!
    .,'::::::::::/ レ'/ >ーr (  \´>'´(_, -く:::ノ|::|::::::::l:|    |
     ::::::: / /'//{  /ヽ  ¨  (__ r‐<:八:! :::::::l|    |   きっと勉強になるわ!!
    i:::::: ノ {V/  >'´/:::\     `ー ノシ |::::::::::|    |
    |::::::,' ∧l{ /-='´:::::::::::/ヽ、_    , イヾ  |::::::::::|    |
    |:: /  ン≠'´::::::::::::::::::::::人_∧  /〉 ││::::::::|    |
    .j//:/::::::::_:::,斗ァ‐'´( \ 三三 / 人│::::::::|


830 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 05:04:21 ID:???
>>813
WW2の艦隊砲撃戦をみればわかるが、
だいたい戦艦と敵先鋒の距離が20km未満の15cm砲の有効射程内で行なわれる事のほうが多い。

大和もレイテ沖で駆逐艦を副砲で迎撃していて
小型艦に主砲を撃つのは効率が悪く、両用砲では威力不足。
砲戦では副砲弾庫に被弾する可能性もなく、ほとんど問題にならないし、
遠距離砲戦を想定された大和であっても接近する小艦艇に対応できるようにされたのは普通のことだろ。


831 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 05:29:28 ID:???
大和に積まれてた副砲の性能が良いって事も忘れられてる気がするな。

832 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 05:43:20 ID:???
確かに初速920m/s、最大射程27400m、
距離15000m以下で重巡の側舷装甲を貫徹しうる。
かなりの高性能だな。

833 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 06:00:06 ID:???
中古だけどな。

834 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 06:17:08 ID:???
なにより大和はデザイン的に完成されている。
前後の副砲塔とっぱらったらいかん。

835 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 07:45:50 ID:???
>>832
遠距離対空射撃も可能で旋回速度も速い。

レイテ沖で対空・対艦合わせて300発以上発砲してるし。 >大和副砲

836 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 07:51:13 ID:???
そもそも、役に立たないから半分撤去したんだろ?>大和副砲

837 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 08:09:39 ID:???
>>836
いらないから撤去したんじゃねえよ。
12.7cm高角砲を追加するために撤去されたって知らないんか

838 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 08:52:32 ID:???
だから12.7cm高角砲より役に立たないって事じゃん。

839 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 09:05:47 ID:???
15.5cm1門で12.7cm2門つける計算だからな。
役に立たないから交換したって話じゃなくて、武装を増強する改修。

840 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 09:58:03 ID:???
>>829
やはり馬姦痢人はここを絶えずウォッチしてて
自演を交えつつ定期的に煽りレスを書いてるってことが良く分かるなw

841 :だつお:2007/09/29(土) 10:32:48 ID:Ml6R7a47
But a fundamental question remains: What good end was served by the
emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?
Certainly little went directly to the aid of the Chinese people and
relatively little to the Chinese armies, though it can be urged that
the regime of Chiang Kai-shek would have collapsed without the
support of General Chennault's command and that Chennault's
men were wholly dependent upon the Hump lift.

http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/VII/AAF-VII-5.html
AIRLINE TO CHINA

>But a fundamental question remains: What good end was served by the
>emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?

しかしながら本質的に疑問が残る。いったいこれらあれら650,000 tons
の中国への緊急援助は、いかなる成果を残したのかと?

チンピラゴロツキには何を援助しても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
チンピラゴロツキに追い風吹かしても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
中国人という中国人は、みんなみんなチンピラゴロツキ。

アヘン戦争の原因は、イギリスのアヘン輸出なんかじゃないよ。

中国人はアヘンでチンピラゴロツキになったんじゃない、元からチンピラゴロツキだった。
チンピラゴロツキだからアヘンを貪るのであって、アヘンを与えるからチンピラゴロツキ
にされたというわけじゃないんだ。アヘンであれば現在の日本でも医療に広く使われてる、
アヘンが悪いんじゃない、悪いのは全て中国人の腐った脳みそだ。

842 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 11:46:34 ID:???
こんな弱小日本軍を模範になんかしないで呉よっ 
税金の無駄ということで万年災害救助隊ぞ

843 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 12:26:42 ID:1/TZyVbs
>>827
日本語通じていないのかw
ソースを出せといってんだからその一個人の日記とやらの出版社と書名をだせよ。
そんな第三者から検証不可能な例だしてソースになると思ってんの?
捏造の一言で終わりじゃんw
スティネットレベルの馬鹿だなw

にしてもこの馬鹿はいったい何時まで論点をずらしてんだろうねw
そもそも
「ミッドウェー海戦で十数機零戦隊が増えたところでCAPが上手く機能できる保証がない」
これに対する回答がいつまで経っても出てこない。
結局、
「対空用の電探もない当時の日本機動部隊が戦闘時に使えない無線しか持たない零戦で
史実以上に効率よくCAPさせることは不可能」でFA?

都合の悪いレスを無視するなんてまるで馬韓李人かだつおのようだなw

844 :だつお:2007/09/29(土) 12:41:34 ID:Ml6R7a47
>784 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 19:17:08 ID:???
>どこにも無線電話の話なんて書いてないが

飛行機間および編隊間に相当の協同がなされているとはいっても、
航空無線電話が機能しているとは限らないということなのか?

航空編隊内でのコミュニケーションは、のろしや手旗信号でやるのか?

だがもしそうだとしたら航空無線電話っていったい何に使うんだ?

845 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 12:56:32 ID:???
>>843
横レスなんだが、全て推定で物事を語るお前もお前だぞ。 結局エラそーにいっても
全て脳内設定で話をしているのは一体どっちなんだとふと思ったのだが。

珊瑚海海戦でも、空母の通報を受けて零戦隊はドーントレスを迎撃しているし、結構無線を
活用している。そりゃ飽和攻撃で迎撃漏れを起こし、攻撃に成功した機もいるがね。

CAPが上手く機能できる保証がない、というならアメリカにも言えることであってあれだけレーダー
や迎撃機を事前に挙げていても特攻機などを完全に防ぐ事は適わなかった。

それらの評価は正に程度問題だと思うぞ。 少なくとも無線に関していえば空対空より空対地の
方が出力や受信能力の面で非常に有利。 迎撃戦なんだから母艦や基地上空で戦う訳であり
無線は繋がり易いってこった。 ラバウルなんぞ、長距離侵攻だから発信基地とのやり取りなんて
端から無理だし、空対空の無線に限られた訳。 不確実な無線機なら、ベテランばかりの同航空隊
において、無線機をはずしても以心伝心でいける、と現場で判断したとしても全く無理ではなかろう。

そもそも、イギリスもBOB時において、無線電話は空対空にてたった8kmしか有効距離はなかったんだぜ?
対地で56kmだ。 その後2年ほどで改良型が登場するまではな。
繋がらなかったという確実なソースを出してきたら? てかソースを元に話をしようや、な?

846 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 13:32:50 ID:???
BOB時って、日本じゃ96艦戦の時代なんだが

847 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 13:35:10 ID:???
>>816
なら防御面から言うに10cm高射砲の方が良いでしょ、
艦隊決戦に戦艦使用し夜戦なんて、まず狙わないだろ。
漸減作戦から言うに、まずありえんはなしだ。
飛行場砲撃とは訳が違うんだ。レイテ湾とか身を隠す地形でもない限り、
陣形を組んでいる艦隊に、魚雷発射距離まで近づける要素がない。
水雷戦隊が突っ込むといっても、敵も突っ込んでくれば応戦するだろうに・・・
巡洋艦サイズともなれば主砲が有効だし、それ以下の艦艇は突っ込んだ艦艇にぶちのめされるって、
>>817
潜水艦に、主砲使う発想は無いもの。
>>822
燃料が・・・
>>831
もっと装甲増やしてくれれば文句はない、
せめて1000ポンド爆弾に耐えれれば上出来。(欲を言えば主砲並みの装甲)

848 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 15:37:13 ID:???
>>795
出典を早く教えろ
大和の弱点部分の出典と、水中装甲板接手部分が設計上の問題ではないと刷る資料と、
お前が挙げた問題点の資料、それと武蔵に35000トンも予備浮力が残っていたと言う資料だ
速いとこ出せ

849 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 15:44:08 ID:???
>>847
戦艦で夜戦が発生しない理由を述べよ
打撃力で劣る10センチ高角砲のほうが副砲より防御面で何ゆえ効果的なのか、論理的に説明して見せろ
陣形を組んでいる艦隊に駆逐艦が接近できない論理的理由をんべよ
そもその日本の戦艦艦隊の護衛が薄いと言う点を無視できる論理的な理由はなんだ?
戦艦と砲撃戦をしている時に敵巡洋艦や駆逐艦が襲ってこない論理的な理由はなんだ?
そもそも敵主砲弾に耐える副砲塔を持った戦艦がこの世に居るなら挙げて見せろ
副砲を高角砲にしたところで、防御力の不足が発生する点は無視するな

あと、欧州戦艦の副砲は日本と同じく巡洋艦・駆逐艦クラスからの自衛用だ
潜水艦ってなんだ
潜水艦って
馬鹿もほどほどにしろ

850 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 19:38:27 ID:lJ80OQJC
大和はアメリカ以外では撃沈できなかった。対戦相手が悪かった。

851 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 19:43:54 ID:lJ80OQJC
零戦も相手がスピットファイアならば負けなかった。

852 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 20:15:54 ID:???
単なるその場限りの決闘ならともかくちゃんとした戦争なら
搭乗員消耗してどうあがいてもスピットに勝てなくなるぞ

853 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 20:26:05 ID:???
つうか改大和型では副砲取っ払ったプランの方が有力だったじゃん

854 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 20:34:25 ID:???
>>853
15.5センチ3連装を搭載するプランもあるぞ
というか、所詮プランが

855 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 20:54:34 ID:???
>>843
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31798698

はいはいソースはこの本だ馬鹿が、さっさと検証してこい低能。

俺がレス返さずとも徹底的に叩かれまくってる馬鹿なんて本当は放置が一番なんだが
これも憐憫の情という奴だ、感謝しろ。

856 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 21:08:23 ID:???
>>846
零戦もちょうど先行量産機が中国に送られている時期だよ、思い込みで語るな。

857 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 21:15:29 ID:???
>>847
太平洋で起こってる戦艦の砲撃戦なんてほとんど夜か払暁だろ。

858 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 21:23:35 ID:???
航空優勢の時代に戦艦同士の殴り合いなんて、単なるエキシビジョン。

859 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 21:27:16 ID:???
航空優勢の時代?別にどちらかの制空権下であっても殴り合いが発生しないわけでもないだろ

860 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 21:51:54 ID:???
航空機に撃沈されるがな

861 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 21:54:43 ID:???
欧州戦線なら割と平気

862 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:28:24 ID:???
>>849
日本語可笑しいぞ、火病るなよ。句読点も全く使わないし・・・
まず国籍何処だって聞きたいが・・・まあ良い。
何の為のロングレンジ戦法かと・・・
開戦時にレイテの守備隊餌に、米艦隊引き寄せれば、
もっと夜戦にならんし、更に言えば、レイテを餌にする以外、
漸減作戦も白昼艦隊決戦も大本営が決めた事だ。
五十六が狂わせて泥沼戦略にならなければ、
お互い艦隊決戦する気満々だし、水雷戦隊の夜襲を実行すれば、まずアメリカは夜戦に持ち込もうとは考えない。
米艦隊撃滅すれば、見通しの悪いレイテ湾や、ソロモン海域で争う必要もない。

863 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:33:48 ID:???
>>862
どこがおかしい?真面目に分からないのだが。句読点って実際声に出すと煩わしく感じたりするよ

864 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:38:07 ID:???
>打撃力で劣る10センチ高角砲のほうが副砲より防御面で何ゆえ効果的なのか、論理的に説明して見せろ
高射砲の方が誘爆時の損害が少なく、また標的も少なく済み、
尚かつ重量軽減の為防御装置も多く積め、対空戦における性能も高い。
>陣形を組んでいる艦隊に駆逐艦が接近できない論理的理由をんべよ
をんべよ・・・おいおい、
まず重巡、軽巡、駆逐艦と、狭い海域でなければまず輪形陣だ、
しかも重巡は主砲口径も大きく、中も訓練を積みまくった猛者揃い、
軽巡も駆逐艦ごときに撃ち負ける火力は有しておらず、
駆逐艦自体も猛者&高性能のお陰で優位、
奇襲に多数の駆逐艦では事前に発見されるし、少数ならフルボッコ、
巡洋艦相手なら主砲が有効だからこれもアウト。
逆に、敵の駆逐艦が接近できる状況で、戦艦ほったらかしにする護衛艦隊。
こんな状況が発生する根拠は如何に?

865 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:45:36 ID:???
>>863
ゑ!?あの大量の誤字脱字はネタじゃないのか?
それに句読点付けなければ読み辛いだろ、2ちゃんやる前に小学校に通う事から始めたら?
高尚な小説からライトノベル、句読点のない小説なんか無いぞ?

>そもその日本の戦艦艦隊の護衛が薄いと言う点を無視できる論理的な理由はなんだ?
そもその・・・スワヒリ語日本語訳!?
飛行場砲撃でもあるまいし、戦艦だけが艦隊決戦なんてあり得ん。
>戦艦と砲撃戦をしている時に敵巡洋艦や駆逐艦が襲ってこない論理的な理由はなんだ?
君の説では日本水雷戦隊が敵戦艦に向かい、強襲して居るんだろう?
護衛の為の戦力は裂かなくて良いのか?只でさえプロ揃いなのに・・・

866 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:47:03 ID:???
>>865
ごめんwwwwwwww俺のレスへのアンカーと間違えてたwwwwww
酔っ払い乙ってことで許してくだしあ><

867 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:54:13 ID:???
>そもそも敵主砲弾に耐える副砲塔を持った戦艦がこの世に居るなら挙げて見せろ
大和みたいに、主砲のすぐ近くに配置している副砲なら、他よりも装甲厚くするのは当然だろ。
他の戦艦はケースメイトやら何やらで、大きく離れているというのに・・・
>副砲を高角砲にしたところで、防御力の不足が発生する点は無視するな
吹っ飛ばされても副砲程影響力はない。
>潜水艦ってなんだ
ソナーが発達している英海軍、潜水艦の浮上時に使用するのは副砲だろう。
シュノーケルなんか、真っ先に破壊されるし、そもそも開発されたのは戦争はじまって最近だ。
それに、相手の大型戦艦の比率は少なく、入り組んだ海域や、面積の狭い海域が多い。
小型艦艇の突入してくる確率は太平洋に比べ大きいのが実情。
潜水艦だけというのは誤りだった。スマン

868 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:03:28 ID:???
>ソナーが発達している英海軍、潜水艦の浮上時に使用するのは副砲だろう。
>シュノーケルなんか、真っ先に破壊されるし、そもそも開発されたのは戦争はじまって最近だ。

潜水艦が艦船の前に姿をあらわして、浮上攻撃すると思ってるのか?
どうなってるんだ最近の軍板のレベルはよw

869 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:05:16 ID:???
>>848
>水中装甲板接手部分が設計上の問題ではないと刷 る 資料
>速 い とこ出せ
2ちゃんやってる場合じゃないだろ、早く小学校に通え!
一応大和と武蔵、及び十二戦艦物語が参考資料だが、
お前の国語力で読解できるとは思えない本だ。
ライトノベルから読んでくれ。
>>857
五十六の所為だ。
>>866
海大な俺はそんな事・・・おっと、寛大な俺は、そんな事で恨んだりはせんよ、
安心したまえ。
・・・え?伊ー53?いやいやw

870 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:15:25 ID:???
いきなり横レスで悪かったが

>逆に、敵の駆逐艦が接近できる状況で、戦艦ほったらかしにする護衛艦隊。
>こんな状況が発生する根拠は如何に?

何考えてるんだよお前は。
こちらの水雷戦隊も相手の戦艦破壊するために突出していってるだろどこの海戦でも。
相手も駆逐艦や軽巡も突出し、重巡もこちらの重巡を抑えるために陣形の外周まで進出して妨害してくるわけ。
そこまで入り混じった混戦で敵の水雷戦隊を戦艦に近づける前に確実に殲滅できるのかよ?
戦艦でも来たら来た時に全く対応できないようでは厳しいわけ。

>大和みたいに、主砲のすぐ近くに配置している副砲なら、他よりも装甲厚くするのは当然だろ。
>他の戦艦はケースメイトやら何やらで、大きく離れているというのに・・・

副砲の薄い装甲は、砲弾が爆発する前に貫通させて抜かせ、
被害を最小に抑えるためにそうなってるって事を全然理解してないんだな。

副砲弾庫に誘爆なんて簡単に言ってくれるが
副砲弾庫は280mmのバーベットでしっかり保護されていて、
仮に戦艦主砲が当たっても弾庫に当たらないように弾道を逸らすようになってるわけ。
急降下爆撃でも直上から90度で落ちてくるわけじゃない。
バーベットの円筒の僅かの隙間にスポっとホールインワンなんて芸当は通常考えられない。
普通に戦うのにおいて、副砲弾庫の誘爆なんて怖れるほどのもんでもないんだつうことだよ。

871 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:29:55 ID:???
>>858
航空攻撃なんか、もの凄い訓練を積み、当時としては高性能の機体で、
対空戦の不慣れ&虚を突かれた上、予想外の低空、高速雷撃可能な事を知らず、
直掩機のないイギリス戦艦か、
停泊中&奇襲で満足に対空放火すら出来ないアメリカ戦艦、
そして、その後世界最強に返り咲いた米機動部隊ですら、
完成して5年もなく、本格対空戦訓練した事のない素人戦艦位しか沈められない。
ちなみにプロの乗る伊勢なんかはノーダメージで米機動部隊返り討ちにしてた。
25ノットと大和より遅く、副舵も無く大和より旋回半径が大きく、
大和よりも機銃も高射砲も少ない旧式戦艦に対して、世界最強の米航空隊が、
手も足も出なかったんだから、弱いとは言い切れないと思うよ?
より高性能な大和に、松田・中瀬・野村のいずれかを艦長にすれば、よもや負けるまい。
いっその事副砲をロケランに換えた方が良いとか思ってしまう。
話を戻せば、伊勢にまともにダメージ与えたのは固定砲台時だし、実は思ったより強くない。
例えるなら無双OROCHIと同じだよ、易しいで挑めば、ちょっと育てた武将なら、
「強!俺最強じゃんw」とか思えるけど、調子に乗って大したスキルも無く、レベル50程度で激難に挑めば、
全く歯が立たない。事実、日本航空隊は真珠湾以降、米戦艦一隻も沈めてない。
本当に強いなら、直掩機なんか屁でもないでしょ。
>>868
上に艦隊が居座られ、酸欠状態でも潜り続けるのか?
それなら差し違え覚悟で浮上するのは当然の流れだろ。
その程度の想像力もない日本、哀れだな。

872 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:32:12 ID:???
>>867
高角砲でも弾薬庫が爆発すれば、致命傷になるだろ
おまいが想定しているのは高角砲単体での爆発だろうが
副砲だって、副砲単体が爆発しても大した被害にはならんぞ?
ケースメイトだって、副砲弾薬庫に引火したら、沈むことに違いはないぞ?
と言うか、艦として考えるならケースメイト式は防御上の問題点が多い方式だって分かってるか?
副砲弾薬庫に関しては、バイタルパートの装甲で守られてるし、コーミングアーマーで誘爆確率を極限、防爆シャッターで弾薬庫まで爆炎が入らないようにしている
これだけ守ってて不足なんか?
大和の副砲塔が爆発する確率なんて殆どないぞ?
少なくとも砲戦の時はないと言っていい
それこそ80度オーバーの角度で、砲弾がピンポイントに降ってきた時ぐらいだ
そんな事態が発生したら、運がなかったと諦めるしかない
そんな運の次元に対応するために、コストを掛けるのが、正しい判断と言えるか?

>潜水艦
おまいは潜水艦が浮上して攻撃するなんて信じているのか?
仮にも主力艦を相手に、そんなバカのことをする奴がいると、本当に考えてるのか?
潜望鏡攻撃は第二次世界大戦直後でも行われていたぞ?
それと、小型艦艇が突入してくるのは、太平洋も同じだ
というか、太平洋のほうが小島がおおく、海域としては入り組んでるぞ?
夜戦もあるしな
それに日本海軍のドクトリンだと、戦艦は小型艦艇を従えたアメリカ艦隊と戦うんだぞ?
従えている以上、突入もクソもないだろ

873 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:34:56 ID:???
>>865
護衛がないなんて、誰も書いてないだろ>日本艦隊
護衛が薄いから、相手側の駆逐艦や軽巡洋艦との砲撃戦の可能性が高いんであってさ
想定でき、それに対抗するために十分な数の護衛を建造できない以上、戦艦にそれ用の装備を付けるのは当然だろうに
大丈夫か?

874 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:34:59 ID:???
>上に艦隊が居座られ、酸欠状態でも潜り続けるのか?

で、なんでその状況で戦艦に副砲が必要なんだ?
大事な戦艦を潜水艦一隻を浮上させないためだけに、ずっと危険な海域に張り付かせておくのか?
それだけでその潜水艦は勲一等だなw

上に駆逐艦が居座っているんなら駆逐艦の主砲で駆除すれば十分。
戦艦にわざわざ副砲積む必要はないし、潜水艦程度を破壊するなら高角砲でも十分。
なんでフランスやイタリアやドイツも副砲に拘っていたのかまるでわかってないんだな。
魚雷撃ってくる水上艦を駆逐するためには高角砲じゃ威力不足というのが大きいんだよ。

875 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:39:31 ID:???
>>873
護衛が薄いというだけでなく
双方とも水雷戦を挑むために水雷戦隊を進出させるのが水上戦で、
重巡で防止といっても、敵の重巡も同じように上がってきてこちらの重巡を抑えようとするんで
戦艦だけが蚊帳の外なんてヘックス制の戦争ゲームみたいなわけにはいかないんだよ。

876 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:45:42 ID:???
>>870
日本駆逐艦が備える魚雷は、高価という原因から通常魚雷、
これは巡洋艦隊の酸素魚雷に比べ、白昼堂々の主力艦隊向けには力不足。
つまり、敵の駆逐艦に対して使用する確率が高い。
逆に米駆逐艦はその強大な攻撃力を使用する相手に、
・味方を囮に味方を片づけた敵に追撃される事を覚悟で魚雷抱いたまま突っ込む
・総力戦で取り敢えず黙らせ、生き残り、且つ魚雷の残っている味方に行かせる
この選択しかないでしょう。少数での雷撃での効果は、正直薄いと言わざるを得ません。
確かにシムス4×3・フレッチャー以上は5×2と重雷装ではあるんですが、
まず出会うであろう駆逐艦は手数が多く、誘爆の危険性がありますし、
相当腕がない限り、艦爆に全滅させられるでしょうね。

877 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:50:05 ID:???
>>864
高角砲も弾薬庫に引火すれば、結果は副砲弾薬庫引火の時と大差はないぞ
高角砲のほうが装甲は薄いし、数が多くなるんだから、弾薬庫まで引火する可能性は高くなるんじゃないのか?

戦艦と、巡洋艦、駆逐艦が同時に戦闘海域に存在することは、全くの想定外なのな・・・・・・
戦艦だけで砲戦を行うことは、普通ないんだろ?
で、日本側は護衛艦艇が薄いってのはすでに書いてあるよな?
じゃあ、アメリカの方が補助艦艇の数がある分、その海域では補助艦同士の戦闘では優位に立つ確率が高いよな?
突入してくるじゃねえか
しかもその時は敵の戦艦と砲撃合戦してるんじゃねえの?
主砲じゃ狙えないよな
で、副砲なくて高角砲なんだよな?
無力化までどれだけ時間が掛かるんだ?
手数は多くなっても打撃力は落ちてるぞ?
射程も短いし
アメリカ側は雷撃可能点に到達する確率が高くなるんじゃないのか?

878 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:00:22 ID:???
>>876
白露型以降の駆逐艦は酸素魚雷な件
駆逐艦用の魚雷が通常魚雷って、どんな電波?

879 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:01:46 ID:???
>被害を最小に抑えるためにそうなってるって事を全然理解してないんだな。
良い勉強になった、感謝します。
2ちゃんの良いところだ、ヘタレ発言により、ドンドン知識が吸収できる。
>副砲弾庫の誘爆なんて怖れるほどのもんでもないんだつうことだよ。
その割には撤去したり、10cm高射砲二基に換えるという説が多いのですが、
それはどうした物でしょう?
>>872
155mm砲弾と、10cm砲弾、どちらの方が威力が大きいと・・・
>艦として考えるならケースメイト式は防御上の問題点が多い方式だって分かってるか?
だから伊勢なんかは副砲は完全に撤去された・・・と、
>そんな運の次元に対応するために、コストを掛けるのが、正しい判断と言えるか?
確かに、そっちよりも艦首をいじって欲しいですね。
>おまいは潜水艦が浮上して攻撃するなんて信じているのか?
潜水したまま、主砲発射が可能とは思いませんから
>というか、太平洋のほうが小島がおおく、海域としては入り組んでるぞ?
私が想定するレイテ・ペリリュー間の海域、大本営が想定するマーシャル島海域は、
心配する程ではないでしょう。

880 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:02:10 ID:???
>>876
大和の副砲は戦艦同士の想定砲撃距離以内なら、
駆逐艦や軽巡に対して十分な有効射程を誇っているわけ。
つまり敵の駆逐艦が魚雷を撃てるほど肉薄してくるまで待つ必要も無く
常に有効に射撃されうるわけで、従ってより効果的に敵の水雷艦を駆逐できるようになっている。
自艦の防御だけでなく、敵の補助艦艇を早く駆逐できればそれだけ戦況は有利になる。

次に大和は魚雷を3発以上受ければ戦線離脱するような思想の元に作られている。
戦力を維持するために敵の水雷艦に対処する必要が求められるのは当然。

また砲撃戦で副砲弾庫に被弾する危険はほぼ有り得ないと言っても差し支えない。
急降下爆撃でも70度以上の落下角度で直撃なんてのは、一般的な爆撃では想定できないんで
裕爆の危険なんて俗説には全く根拠がないわけ。

881 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:04:04 ID:???
>>869
とりあえず、戦艦「大和」図面集には舷側装甲帯と下舷側装甲帯の接手方法に問題があり、1943年12月25日の潜水艦スカートの雷撃による大浸水を起こしたと書いてあるけどな
まあ、きっとこの本が間違ってんだろ

882 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:05:27 ID:???
>>879
なんで魚雷を撃たないんだよ・・・・・・>潜水艦

883 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:06:12 ID:???
>>879
純粋にスペースの問題じゃないのか?>15センチ副砲→高角砲

884 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:07:43 ID:???
>>879
>良い勉強になった、感謝します。
>2ちゃんの良いところだ、ヘタレ発言により、ドンドン知識が吸収できる。

誰でも知識を交換をするためにきてるんで
自分で調べず教えてもらうだけというのは質問スレでもない限り嫌がられる。
もう少し調べてきてほしいけどな。

>その割には撤去したり、10cm高射砲二基に換えるという説が多いのですが、
>それはどうした物でしょう?

あの高射砲は基本は雷撃機を有効に撃墜するためのものだしな。
急降下爆撃機にも対処するとはいえ
副砲弾庫に当たって危険だからという理由で撤去されたわけではない。これを良く理解するべき。
敵の航空機の攻撃が激しくなって、それに対処するために必然的に対空攻撃力が優先され
それを備えるスペースを確保するために仕方なく外されているという事情でしかない。

885 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:09:16 ID:???
>>879
155ミリだろうが、100ミリだろうが460ミリだろうが、弾薬庫が誘爆すれば、結果に大きな違いはない
少なくとも戦闘艦艇としては終わりだ
砲塔の誘爆発に関しては誘爆対策はなされている
それで終わりだろ
というか、その理論だと46センチ主砲なんて狂気の沙汰になるぞ
誘爆した時の被害だけ考えるならな

886 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:10:36 ID:???
>大事な戦艦を潜水艦一隻を浮上させないためだけに、ずっと危険な海域に張り付かせておくのか?
戦艦が潜水艦の牽制になるのは何故なのかと・・・
ダミーシップなんか造らないって、
え?ダミーシップの見解聞かせろって言いたいんだろ?いやいやまさか・・・
>白露型以降の駆逐艦は酸素魚雷な件
初春以下の半数にも及ぶ旧式駆逐艦の役割を、お聞かせ願いたい。
>アメリカの方が補助艦艇の数がある分、その海域では補助艦同士の戦闘では優位に立つ確率が高いよな?
私のレイテ守備隊を囮にするという話を聞いていましたか?
潜水艦も途中にある航空機の襲撃も大規模な輸送船団護衛無しで運用する気ですか?

887 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:14:14 ID:???
>>881
あれは設計上の問題というより
アメリカが新技術で、通常の魚雷を遥かに凌駕する大炸薬の魚雷がでてきたという事情による。

例の接続部は開発時にも魚雷に対する防御がどうかということで
何度も実験され、通常想定される魚雷には全く有効な防御力であることが確認されている。

当時は艦船用魚雷といっても炸薬量はせいぜい250kg程度で
300kgに耐えられる設計の大和なら十分だったが
1944年に米潜が撃った魚雷はトルペックスの新炸薬で
通常のTNT炸薬の倍近いエネルギー量があった。

これに当たれば大和だけでなく、もうどんな戦艦でも当たり所によっては大損害を間逃れない。

888 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:17:15 ID:???
同時期、日本も単純に炸薬量を500kg級にまで増やした酸素魚雷を実用化していたけどねw
しかもTNT換算なら700kg級にも匹敵。
さらに大戦後半にはさらに炸薬量増大。

・・・もうね、日米の魚雷は化け物か? とね・・・

889 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:18:02 ID:???
>>886
>戦艦が潜水艦の牽制になるのは何故なのかと・・・
>ダミーシップなんか造らないって、
>え?ダミーシップの見解聞かせろって言いたいんだろ?いやいやまさか・・・

お前は欧州の戦艦の副砲は潜水艦を破壊するための物だと言ってただろ。
艦船に浮上攻撃しかける潜水艦など居ないと言えば
今度は
「上で待っていれば浮上せざるを得ない。それを倒すための副砲だ」
とかなんとか言い出した。

戦艦でそんな事するのはアリエナイというだけの話。
意地で沈める気であっても、駆逐艦2〜3隻で待っていれば十分なんだからな。

890 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:18:45 ID:???
>>887
大和が被雷してるのは1943年な件

891 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:20:02 ID:???
>>887
そもそも、設計変更のせいで、なおかつ建造途中に問題が指摘されてるけどな>舷側装甲帯と下舷側装甲帯の接手方法
魚雷の威力云々の前に問題があったとされてたはずだ

892 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:21:14 ID:???
>>888
そう。酸素魚雷の凄さっていうのはそこ。
信管が少々敏感だがロングランスで脚も長く、航跡も見えず、通常の魚雷とは比較にならないほどの大炸薬量。

初戦で日本海軍が圧倒的に水上戦でのイニシアチブを握れたのは酸素魚雷の有効性によるものが高い。
日露の下瀬火薬のように、戦う以上それなりの切り札は持っていたということだな。

893 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:21:30 ID:???
>>880
露払いは空母任せの方が良いのでは?
副砲があっても魚雷射程範囲内に全部黙らせると言うのは考えにくいですし、
赤城〜飛龍の4空母に空襲に備え台南・美幌航空を補充し直掩機のみを配置、
翔鶴姉妹に艦爆を配備して護衛艦隊を目標に、
25番の威力は大型艦には力不足は否めないですが、駆逐艦なら一撃で致命傷ですし、
>副砲弾庫に当たって危険だからという理由で撤去されたわけではない。これを良く理解するべき。
有り難う御座います。
これに当たり、どんな書物に詳しく書かれていますか?
参考に買いたいのですが・・・
>というか、その理論だと46センチ主砲なんて狂気の沙汰になるぞ
主砲は重装甲が施されているのは知っていますから、
高度5000からの2t爆弾にも耐えられるそうで・・・
副砲は最上の転用と聞いていますので大丈夫であろうかと心配になった次第です。
では、今夜はこの辺でおいとまします。皆さん、お休みなさい。

894 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:23:31 ID:???
>>886
空母艦隊の護衛でやってんじゃねえの?>白露以前
そうでないなら、水雷戦隊突入の手助けとか
全ての駆逐艦が酸素魚雷を装備していたわけじゃないのは確かだが、半数は酸素魚雷を装備してるわけだ
おまいさんの書き方は、日本海軍全ての駆逐艦は酸素魚雷を装備していないとしか取れない書き方だったぞ?
それに、日本の駆逐艦には再装填機構があるから、ある程度時間が取れれば魚雷の再装填は可能だ
敵駆逐艦相手に使った後でも、戦艦への襲撃は出来る

895 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:24:05 ID:???
>>891
だから問題が指摘され、何度も接続部に対する実験が行なわれたんだよ。
その結果問題ないと結論がでたわけ。

後々やっぱり浸水したじゃないか、問題だったじゃないかというのは、
結果を見て日本側だけの原因探しをしただけのピンボケで
魚雷の威力が想定以上だったという知識がまるで弁えられていない。


896 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:26:46 ID:???
艦艇の事はよくわかんないけど、
>初春以下の半数にも及ぶ旧式駆逐艦の役割を、お聞かせ願いたい。
であれば
>日本駆逐艦が備える魚雷は、高価という原因から通常魚雷、
の主張は成り立たないのでは?

897 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:27:21 ID:???
なんか二人ともあんま魚雷のこと知らないのね・・・
日本駆逐艦で酸素魚雷を最初から装備していたのは白露型だが
それ以前の駆逐艦にも逐次搭載は進行してて、
開戦時には特型の一部とそれ以降は全艦搭載済。

さらに言うと、酸素魚雷以前の90式魚雷も十分すぎるほど世界水準を抜いていたのであり。

898 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:29:23 ID:???
>>886
マリアナ沖での話じゃないのかよ
邀撃戦での副砲有効性を示せっていってただろ、おまいは
というか、大規模な海上決戦が発生している状況で、後方の護衛艦艇が回ってこないって可能性のほうが少ないと思うがな
少数の護衛をつけて、後方に退避させれば良いのだし
あと、日本海軍のドクトリンだと潜水艦も航空機も全て艦隊攻撃のための道具だ
まあ、アメリカ側は知らんだろうが

899 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:32:45 ID:???
>有り難う御座います。
>これに当たり、どんな書物に詳しく書かれていますか?
>参考に買いたいのですが・・・

あの高角砲は12門増設されて倍になっただけだが
改修計画では実に40門にしようという大規模なものだった。
物資の不足で実現しなかったけどな。

ただ副砲の対空射撃能力自体は、
高角砲の射程外も攻撃できる分想像以上の大活躍だったけどな。
レイテ沖では高角砲の対空射撃の頻度と副砲の対空射撃の頻度が一門当たりでは殆ど差がなかった。


900 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:33:46 ID:???
岩井氏の本に無電で隊長機に連絡する話しがあったような。

901 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:39:03 ID:???
>>897
特型って、九三式は搭載されなかったんじゃなかった?
記憶違いかな

902 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:39:23 ID:???
>露払いは空母任せの方が良いのでは?
>副砲があっても魚雷射程範囲内に全部黙らせると言うのは考えにくいですし、

空母だけで何とかできるくらいなら、そもそも水上艦なんていらんだろ。
水上艦だけでは数からいって不利だから
不利な分は空母で漸減しようということなわけ。

そして副砲だけで敵の水雷艦全部黙らせられたら、
それは超兵器だよ。最強だよ。ありえないわけ。
少しでも味方の補助艦の援護ができ
敵の戦力を効果的に削げればそれで十分だろ。

903 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:42:26 ID:???
>>901
逐次、と言ったろ?
正直どれが搭載したかまでわからん。
だが特型への搭載が始まってたところまでは事実。
まあ全23隻中せいぜい数隻だろうけど。

あ、もちろん、特型には次発装填装置はないよ。

904 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:44:40 ID:???
>>900
ソース出せ、書店名と筆者名だせ、妄想だ、
それしか言わない馬鹿だしな。相手にするだけ無駄だが

905 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:52:04 ID:???
>>895
大和が被雷した時は、アメリカ潜水艦の魚雷はトルペックス魚雷じゃなかったと思うけど?>魚雷の威力
1943年のアメリカ海軍の潜水艦用魚雷はMk14で、炸薬量はおよそ300Kgだから想定された炸薬量と同じはずだけど

906 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:00:46 ID:???
>>903
正直、その辺を詳しく書いた資料って読んだことがないのよね>特型への酸素魚雷搭載
特型には搭載されなかった、って資料も何度か見かけた記憶があるし

907 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:01:31 ID:???
>904
一応・・・
「空母零戦隊」 著者 岩井勉 発行所 朝日ソノラマ
P136
>0750ころ、クレチン岬が遥かに見える地点まで来たので、もう船団が見えるころだと
>目をこらしていると、やがて左前方かなたの洋上に黒点十数個を発見した。
>「左前方30度に船団発見」
>と、指揮官機に無電で報告した。
>佐藤大尉は了解のバンクをし、(以下略)

908 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:02:31 ID:???
>>905
warbirdsによればトルペックス炸薬のようだが?

http://www.warbirds.jp/ansq_old/D1000652.html

909 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:31:35 ID:???
>>908
確認してみたら、Mk14の頃からトルペックス弾頭でした
申し訳ない


でも、その後に改修されてんだから、大和の装甲板接手部分はやっぱり問題あったじゃあ、と悪あがきしてみる

910 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:35:48 ID:???
改修で炸薬600kg相当に耐えるだけの防御を持たせろって話か?
当時の人類の技術じゃ戦争が終わるまでには終わらんな。っていうか無理だな。

911 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:40:26 ID:???
>>910
1944年の改装で水防区画の上隅に斜めに板を取り付けたの
下側と上側の舷側装甲帯の接合部分を支えるようにして付けられてる奴
まあ、応急処置だろうからどの程度効果があったのか不明だけど
さすがに600キロの炸薬に耐えろって話じゃない

912 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:41:32 ID:???
ちなみに1943年末の大和の被雷後に
被雷部分を調査した結果では、エネルギー量を計測した結果
「魚雷が2発、同一箇所に命中した可能性が高い」
とまで判断されていた。

実際そうだった可能性も無いとは言えないが
まさか敵の魚雷の破壊力が、急に倍になるほどの超技術を作られるとは思わないからな。
2発同時に当たるという奇跡的な可能性にまで完全な防御を発揮しろという
無茶苦茶な完璧主義なら、そもそもあらゆる防御は無意味。

913 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:50:12 ID:???
大和の被雷箇所は、分厚い側舷の甲鉄が直径10メートルにも及ぶ範囲で
一瞬にしておよそ1mも艦内部に押し込まれるという超威力だったもんな。

既存兵器の攻撃力が急激に倍増するんだから、信じられないのも無理は無い。
それを即効の処置で完璧に対処しろなんて言っても無理難題なんだよ。

914 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:57:57 ID:???
>>913
それで3000トンの浸水をして、それでもなお戦闘行動に大きな問題がない時点で、もうね

915 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 02:09:06 ID:???
けど浸水で三番砲塔が射撃不能になってんだよな。
まあノースカも艦首に命中して一番砲塔が使用不能だが。

916 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 02:09:48 ID:???
大和より設計の新しいサウス・ダコタもその部分は基本的に同じ設計だしな。

>>914
命中しても速度も落ちず、逆に増速してるくらいだしたいしたもんだが
ただ内部では弾庫にも水が入ったりして割と大変だった。

917 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 02:13:28 ID:???
管理人一押しのビスマルクなら一発で沈んでもおかしくないような

918 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 02:35:22 ID:???
>>915
浸水したのは三番砲塔の上部弾薬庫で、下部火薬庫は無事だから、主砲発射は出来たと思うけど?

919 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 02:36:15 ID:???
まともな海上爆撃機のなかったジョンブル相手ならともかく、ビスマルクなんて全然だめだぜ。

大和は高度4000mからの800kgの徹甲爆弾による水平爆撃と、1.5tの徹甲爆弾の急降下爆撃にも耐えうる防護だが
ビスマルクは500kgの直撃でも易々と貫通されてしまうからな。致命的に飛行機に脆弱。
魚雷の防御も炸薬250kg程度までしか考えられてないし、被弾危険箇所が多すぎる。

さすがに戦艦だけあって近距離砲戦には強く、
たまたまジョンブルと近距離砲戦できたから頑丈であるかのように勘違いしてしまう奴もいるかもしれないが。
戦艦ってのは元々そういうもの。
同じ状況で大和ならもっと撃たれ強く、戦果も上げただろうしな。

920 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 02:51:48 ID:???
ビスマルクの装甲厚って、大和の防御区画の装甲より遥かに薄いのは当然として
実は非防御区画の装甲ともない300mm程度だよなぁ

921 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 02:52:38 ID:???
〇実は非防御区画の装甲とも大差ない300mm程度だよなぁ

922 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 02:55:24 ID:???
>>920
甲板装甲は110ミリ程度しかないしな>ビスマルク

923 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 03:01:27 ID:???
飛行機が爆弾落すなんて発想ないのかクラウトには

924 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 03:03:32 ID:???
>>923
大落角砲弾に対する考慮もあんまりされていない
まあ、WWTの戦艦を手直ししてWWU直前の技術力で建造した戦艦なんだから、仕方ないんだけど

925 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 03:17:35 ID:???
大和も副砲塔に爆弾直撃喰らったらどうなる事やら
やっぱりあれは無いほうがスッキリする


926 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 04:25:47 ID:???
>>725
全然平気だろ。
海軍は大和の煙突に爆弾がホールインワンする可能性をも考慮して蜂の巣甲板を設置し、
ほんの僅かの確率であっても、爆弾が重要部分に直撃するような弱点は放置していない。

爆弾が副砲の天蓋を貫いて副砲弾庫に命中するには
落角90度で、真上から垂直に落ちてくる徹甲爆弾が
バーベットの、細長いパイプみたいな円筒の、ちょうど真ん中にスポっとホールインワンしなきゃいけない。
少しでも角度があれば側壁に当たって爆発する。

しかし急降下爆撃は最大でも落下角度は60度程度。
爆弾も遠心力でそれに準じた角度で斜めに落ちてくるから
落角90度で爆弾が落ちるなんてありえない。
つまり副砲弾庫に爆弾が落ちるなんてことはほとんど有り得ないわけだ。
有り得ない事を想定して過剰な防御を施すことは合理的でない。

927 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 04:30:47 ID:???
っていうか副砲塔のバーベットってどんな物か分かってない奴がいるのかなぁ。
あの形状をみれば、
真上から爆弾が落ちていくなんてとても考えられないと1発でわかるはずだが。

928 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 04:39:56 ID:???
>>926
その細長いパイプも内部で角度がついてなかったっけ?

929 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 05:02:30 ID:???
>>928
それより、まず副砲塔の形状がわかってないやつがいるからな。
そこから説明せんといかんかもね。

砲塔のバーベットの中には、揚弾筒という円筒形の細長いパイプがあって
砲塔の天蓋に当たってバーベットの内部に落ちただけじゃダメで、
さらにその細長いパイプの真ん中に、スポっと入って下まで落ちなきゃいけない。
これは、幾ら爆弾の落下角度が90度でもほとんど無理なわけ。
大和は時速50キロで進んでるんだからな。

しかも、その細長いパイプも出口は塞がってるしな。

930 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 05:05:39 ID:???
そしてその揚弾筒という細長いパイプには、
分厚いコーミングアーマーが付いていて、
爆弾や主砲弾が副砲塔に直撃してバーベット内部を破壊しても
副砲弾庫には被害も火災も届かないように防御されている。

だから心配する必要は全然なく、弾庫は至って安全なわけ。

931 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 05:43:13 ID:???
その大和の副砲塔の防御が問題というのは、
ただの都市伝説の類で、実際にはほとんど問題無く、大間違いの俗説だというのは
今じゃ「wiki」にも「Battleships, Pacific War FAQ」にも書いてあるほどの常識だよな。

防御的にも問題なく、副砲としての威力も申し分ない。
十分意味のあるものなんで、
未だに副砲無用厨みたいなのがでてくるのは解せないな。

932 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 06:00:38 ID:???
>>931
装甲板の接手部分はどうなんだろうな?
>>795が挙げてる弱点も
装甲板接手部分の問題は工期短縮と想定威力を超える魚雷との相乗効果で出た問題だと思うけど、建造段階で指摘があったから大きく言われてるんだろうけど

933 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 06:20:59 ID:???
ザッと読んで思ったんだが
>>755で書いてる
武蔵の場合、浮力の余裕はあった
って本当なのか?
大和なら未だ分かるんだけど
あと、防御区間とダメコンだけで水中防御って語っていいもんだったか?
浮力や重要機関までの幅も判断には入れるべきだったと思うんだが・・・・・・

934 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 06:29:32 ID:???
>>932
普通の国と普通に戦う分には全く問題ない。

米軍が大戦後期に開発した新炸薬魚雷にはリベットが破壊されてしまうが
これはもう魚雷自体も大きな新兵器なんで、
米戦艦も含めて、あらゆる戦艦でも耐えられない。
これを完全に防御する方法は無いという意味で、特に大和だけが問題になるようなことはないな。

むしろ大和や武蔵はこれに何発も耐えているんで、驚異的な耐久力だった証明とさえ言える。
プリンスオブウェールズやレパルスなぞは
通常のTNT炸薬の航空魚雷を、英軍資料で僅か5〜6発で両艦とも沈んでいるんだからな。

結論を言えば、大和と武蔵は炸薬600kg相当の、超威力の魚雷を、
通常の戦艦が通常のTNT魚雷に耐えうる数と、同等以上も耐えることができていた。
これは、むしろ大和の対水雷防御がかなり適切で効果を上げた証拠ということ。

935 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 06:34:23 ID:???
>>933
応急注水も含めて、ほとんど予備浮力はなかった。

936 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 06:48:08 ID:???
>>934
単発雷撃機といっても、大和や武蔵の頃のは2000馬力級エンジンを積んで
魚雷のサイズも艦船用と大差無いほどのものを装備しているからな。

英軍の複葉機が落すプチ魚雷とは訳が違う。

937 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 07:20:38 ID:???
>>923
坊ノ岬で大和が受けてた爆弾は1tくらいか。
ビスマルクなら十分1発撃沈の可能性すらあるな。

938 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 08:13:09 ID:???
排水量2/3程度の艦と比較して装甲が厚いことが自慢になるのか?

939 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 08:37:14 ID:???
ビスマルクは排水量2/3しかないポケット戦艦

940 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 10:12:07 ID:???
排水量2/3程度の艦の防御を妄想で強化して自慢している馬管理人ってw

941 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 11:34:43 ID:???
管理人って魚雷と名が付けばなんでも一緒と思ってる極めつけの馬鹿だもんな。
ところで、大和が米潜から受けた魚雷はこれ。

Length: 20 ft 6 inches (6.25 m)
Weight: 3,280 lb (1,487.8 kg)
Diameter: 21 in (533 mm)
Range / Speed:
Low speed: 9,000 yards at 31 knots (8.23 km at 57.41 km/h)
High speed: 4,500 yards at 46 knots (4.12 km at 85.19 km/h)
Guidance System: Gyroscope
Warhead: 643 lb (291.7 kg) of Torpex
http://en.wikipedia.org/wiki/Mark_14_torpedo

トルペックス炸薬291.7kgで、TNT換算で450kg〜600kg相当。
ちなみにソードフィッシュがビスマルクに放った魚雷はこれ

18" Mark XIV
Country of origin: United Kingdom
Dimensions: 450 mm dia (18 inch)
Warhead: 170 kg (375 lb) TNT
Propulsion: Whitehead wet heater (methyl fuel)
Performance: 45 knots for 1.5 km (1,650 yd) or 41 knots for 2.7 km (2,950 yd)
http://en.wikipedia.org/wiki/List_of_torpedoes

おい、TNT170kgってオママゴトかよw

こんな天地の差がある魚雷を比べて
「某国の巨大戦艦は魚雷を1発受けただけで3000トンも浸水しましたからね。ドイツの基礎技術力の高さがうかがえます。」
なんて平気で言ってのけれるって、どこまで極めつけの馬鹿なんだろうなw

942 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 13:06:18 ID:???
魚雷なんでそんなに強いん><

943 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 14:02:05 ID:???

米新型戦艦(N.C〜アイオワ)の水中防御はTNT換算で318kg均衡
大和は同350kg均衡

ビスマルクは300kgだっけ?

944 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 14:23:28 ID:???
>>714
> 無茶いうなよ。マリアナの時、瑞鶴には57機の艦載機しか積めなかったが、

誰も突っ込んでないけど、いつのマリアナ?

945 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 14:26:16 ID:???
>>943
ビスマルクはTNT450ポンド対応だから、だいたい205キログラムのはず
キング・ジョージX世が1000ポンド対応だったかな
実際は205キロに破られてるけど

946 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 14:29:34 ID:???
あと、急降下爆撃機はすぐに撃墜できなくてもいいんだよ。
投弾後に撃墜するよりも投弾前に逃げ足を早くするために爆弾を投棄させたり命中させやすい位置を取らせない方が重要。
で、あくまで投弾しようとしてやり直しを続ければ続けるだけ投弾前に撃墜できる可能性が増える。
よって上空直衛機が増えればそれだけこれらの状況が作りやすくなる。

947 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 15:15:24 ID:???
>>862
遅レスだが、ロングレンジ戦法がアウトレンジ戦法のことなら、大和はそんなもの想定していなかったと思うんだが?
そもそも遠距離砲戦は発生する条件が厳しいぞ。
少し曇ってただけで、弾着観測は厳しくなるし、観測機も敵が当然妨害してくる
夜戦なんて持っての他だ
大和の想定決戦距離は20000m位だったはずだから、敵戦艦の十分射程内だろ
第一、20000〜30000mで46cmに耐える装甲は何のためなんだと

948 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 15:43:43 ID:???
むしろ過剰防御で重量が増した事に対する批判もあったくらいだからね

949 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 15:54:06 ID:???
Immunity Zoneの概念くらいは知っとかないとね・・・

950 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 17:55:04 ID:???
   , '" ̄_: : : : : : : : :/: : : : : : : : : : : : : : :.\
../_/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:. l.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.\
 ´ /::::: /::::::/::::::: :|::::::l:::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: ヽ        とっても良いサイトなの!!
 ∨:::::: /::::::/::`ヽ/ |::::∧::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ::::: ∧
 ∧//::::::/:::::::::::/  |:::l  ',:::::::::::::::::ヽ::::::::::::::∨j∠|__
.//∨:::: /::::::ト、/   :|:::l  ヽ:-―-:::::l::::::::::::::::Vヽ ヽ   \. | 【TOPページ】 ttp://www.luzinde.com/
   ,' ::::::l:::;イ レ'心  l:::|    \::::::::::::|::::::: l:::::::| ∧人_, / .|
    l::::::/|/::j {ヘ:::|   ヾ|   ヽ--\ :::::|::::::: | ::: |  |::::::| ヽ/  |
  . |:: ∧!: リ  Vヒj       行テ乏ア :::|::::::: |:::::,′ |::::::|_ノ   |   だつおの寝言よりは面白いよ。  マコリンもとってもかわいいの!!
   .W  !;八    ,     {ヘ;;:::// ヾ|::::: ∧:/  ノ :::::|     |  
      ./::::::ヽ   、 __   ゞ少′ ⌒!::/⌒)7:l::::::l:::|   <
      / :::::: /7\ `ー’  __   ,、__,/ ‐<:::ノ::|:::::::l::|    |   みんなも見てみよう!!
    .,'::::::::::/ レ'/ >ーr (  \´>'´(_, -く:::ノ|::|::::::::l:|    |
     ::::::: / /'//{  /ヽ  ¨  (__ r‐<:八:! :::::::l|    |   きっと勉強になるわ!!
    i:::::: ノ {V/  >'´/:::\     `ー ノシ |::::::::::|    |
    |::::::,' ∧l{ /-='´:::::::::::/ヽ、_    , イヾ  |::::::::::|    |
    |:: /  ン≠'´::::::::::::::::::::::人_∧  /〉 ││::::::::|    |
    .j//:/::::::::_:::,斗ァ‐'´( \ 三三 / 人│::::::::|


951 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 18:00:42 ID:DZa4XHlE
松型駆逐艦スレ住人の俺としては魚雷艇作れなかった日本軍は痛い…
雷撃するなら駆逐艦より効率いい
エンジンどっか適当なの無いかな

952 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 18:10:02 ID:???
>>951
一応聞くんが、何処で使うんだ?>魚雷艇

953 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 18:30:29 ID:???
船と船が目視距離でなんて思ったほど無かったのに
魚雷艇なんて・・・

ロマンだけど

954 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 19:04:31 ID:???
本土決戦

955 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 19:53:28 ID:???
>>944
オマエは一体何を言っているのだ? 出遅れていてしかも意味不明。
アホかw

956 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 20:04:04 ID:???
>>951
まあ実際には国産魚雷艇があったわけだが

957 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 20:29:19 ID:???
>>956
乙型とか甲型とかあるよなあ>魚雷艇
分類的には千鳥型も水雷艇=魚雷艇だし

958 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 20:57:37 ID:???
http://blog.mag2.com/m/log/0000000699/108042793.html
   以前に航空機に詳しい私の友人に聞いたお話を紹介致したく、
筆を取りました。この零戦が非難される点として「格闘性能を
高めるために防御を放棄して搭乗員の命を軽視した」というも
のが有りますが、彼によると、それは、当時の戦闘機の設計上
の常識である「自らの搭載兵器による攻撃を防ぐものを備える」
ことが20ミリ機関砲の搭載によって不可能になったため、中途
半端な防護兵器を備えるよりは運動性能による回避を重視した
結果に過ぎないとのことでした。そして、現代の戦闘機は全て
この方式を取っているとのことでした。

 現在の戦闘機が備えている機関砲は最大のもので30ミリにも
なり、戦車の装甲すら打ち抜く威力を持っているので、そのよ
うな威力のある銃撃を防ぐ装甲を航空機に搭載すること自体が
非常識なものだとのことです。つまり、零戦の設計はその意味
でも大変革新的なもので、ある意味では早すぎたものですらあっ
たということです。

■ 編集長・伊勢雅臣より

「格闘性能を高めるために防御を放棄した搭乗員の命を軽視し
た」という批判が当たらないことは、当時の新鋭機を揃えた中
国空軍との約1年の戦闘で、撃墜162機(不確実3)、地上
での撃破264機。零戦の被害はわずか2機、それも地上から
の防御砲火によるものであった、という事実が雄弁に語ってい
ます。

959 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 21:16:53 ID:???
>>950
http://www.warbirds.jp/ansqn/logs/A001/A0005121.html
>三菱が「ろくに戦闘機・・・・」や「たった一年・・・」って何ですか?
>その時点でそのサイトに記述されている事は”説得力”はまるで有りません。

馬姦痢人のアフォ主張がズタズタにされててワロタ(笑)


960 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 00:06:37 ID:???
>現代の戦闘機は全て この方式を取っているとのことでした。

F-15なんか、片翼ふっとばされても墜落せずに帰還しているわけだが。


961 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 00:34:35 ID:???
>>960
・・・・・・それ、防弾板の問題じゃないだろ
どっちかって言うと、機体制御のプログラムの問題じゃねぇの?

962 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 00:50:40 ID:???
ミサイルの前では確かに防弾は無意味だが
機銃が相手なら貫通は防げなくてもそれなりに防弾も意味が

実際にあったから米軍が勝ったのか

まあ米軍が20ミリなんてあんまり使わなかったのも大きいけど

963 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 00:53:16 ID:???
>>961
F-15はエンジンの推力比が1超えてるから理論上は翼が無くても飛べる

964 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 00:55:59 ID:???
>>963
どうやって水平に飛ぶの?
斜め45度くらい上に向いて飛ぶのか。

965 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 00:56:00 ID:???
>>963
例えそうでも、片翼を失った場合に生じる重量バランスの変化や揚力の激変なんかに対処して制御するのは機体制御プログラムでないの?

966 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 03:05:10 ID:???
96艦戦も片翼帰還してる。樫村空曹。

967 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 03:45:13 ID:???
三式戦もB-29に体当たりして撃墜し、自らも片翼吹き飛ばされながらも帰還している。四宮中尉。

968 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 08:59:05 ID:???
次スレは?

969 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 10:27:31 ID:???
次スレは釣りの天才だな

970 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 10:34:32 ID:???
ああ、それからフィリピンにヘルシング機関とロイヤルネイビー
インドネシアに蜘蛛とナイトおよび帝國海軍

971 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 10:36:09 ID:???
>>970
次スレよろ〜

972 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 12:36:38 ID:???
>>955
遅かろうが早かろうが、おかしいもんはおかしい。おまい>>714か?
じゃ、他の空母には何機積んでたんだよ。

973 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 13:18:20 ID:???
そもそも当時国力が違いすぎるからなw
日本とアメリカを同じ土俵にあげて比較するのには無理があるよ。


974 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 13:25:52 ID:???
でもまぁ、それは承知で嫌がるアメを引きずり出してまで同じ土俵に上がった訳だしね。


975 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 13:53:15 ID:???
>>974
嫌がってたのはむしろ日本の方。

アメリカにとっては日本は航空機も千機にも満たない規模の、一世代前のライセンス生産機だけ。
空母も4隻だけ。
大和も46cm砲とは露も思わず並の戦艦だと思い込み、
陸軍も航空機も日中戦争にかかりっきりで、他に戦力を回せる余裕があるはずもなく

戦争してもフィリピンも大丈夫、東南アジアも守りきれるだろうくらいの感覚だった。
戦って初めて想像以上に戦力が充実していることに驚いたが
舐めきって戦力を見誤った挙句に高圧的に圧力をかけまくって戦争を招いている。

976 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 13:56:08 ID:???
>>974-975
まあな。
日本を批判するにせよ、事実をゆがめちゃだめだ。
それは多分おまいが最も嫌う旧日本軍の悪しき体質を自分で体現していることになる。

日本を挑発し、太平洋戦争に踏み切らせたのはアメリカ。
これは動かせない。

977 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 14:15:41 ID:???
>>976
挑発したのはアメリカ、挑発に乗ったのは日本、挑発させるような政策をとったのも日本、
そのような政策を日本に取らせたのは列強の帝国主義と日本の資源の貧しさ…
原因は内外に等しくある。
これらを反省し、次は失敗しないようにすることが重要。

978 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 14:22:44 ID:???
あのさ、外交上の難癖なんてつけようと思ったらいくらでもつけられるんだよ。
だからそこに注目しても意味はない。
難癖の裏にある意図を読まなきゃ。

979 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 14:33:53 ID:???
>975
喰うか喰われるかの帝国主義時代の外交において、挑発しただのされただのってのは
ただの泣言だよ。実際に起きたことだけを言えば、開戦をしかけたのは日本なんだから
そこを歪めたら進歩はないよ。
まぁ、最近の北朝鮮との外交とか見てるとあまり進歩してないみたいだけどさ。


980 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:08:29 ID:hhTxhK85

そそ、日本が宣戦布告なしの騙し討ちというジェノサイドをやったことを素直に認めないとね

981 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:11:23 ID:???
>980
お前ジェノサイドの定義を勉強しなおせ。
その認識で外国にでも行った日にゃあ、国によっちゃ下手すりゃ殺されても文句言えんぞ。

982 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:12:04 ID:???
http://www.rationalrevolution.net/war/mccollum.htm
McCollum Memo - October 7, 1940
http://www.kanshin.com/keyword/720323
真珠湾の真実 ― ルーズベルト欺瞞の日々

 9 現在の世論の状況からは、さらにより多くの騒動が発生しない限り
米国政府が対日宣戦布告を出来るとは思えない。われわれの積極的な動きにより、
日本が態度を変更することはほとんどない。従って、次の施策8項目を提案する。
(A)太平洋の英軍基地、特にシンガポールの使用についての英国との協定締結。
(B)蘭領東インド(現在のインドネシア)内の基地施設の使用及び補給物資
の取得に関するオランダとの協定締結。
(C)蒋介石政権への可能なあらゆる援助の提供。
(D)遠距離航行能力を有する重巡洋艦一個戦隊を東洋、フィリピンまたは
シンガポールへ派遣すること。
(E)潜水戦隊二隊の東洋派遣。
(F)現在、ハワイ諸島にいる米艦隊主力を維持すること。
(G)日本の不当な経済要求、特に石油に対する要求をオランダが拒否するよう主張すること。
(H)英帝国が押しつける同様な通商禁止と協力して行われる、日本との全面的な通商禁止。

 10 これらの手段により日本に明白な戦争行為に訴えさせることが出来るだろう。
そうなれば、益々結構なことだ。いずれにしても戦争の脅威に対応するため、
われわれは十分に準備を整えておかなければならない。

983 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:12:56 ID:???
妹尾:  パークは、日本海軍暗号解読作業の米海軍全般責任者ですが、
彼に対して、リートワイラーがその書簡で「われわれは2名の翻訳係を常に
多忙ならしめるのに十分なほど、現在の無線通信を解読している」と1941年
11月の時点で書いていることの意味は、もはや明白というしかありません。
私は、本書の「監訳者あとがき」にも「リートワイラー大尉の書簡を一読すれば、
米海軍が戦前に日本海軍の作戦用D暗号を解読可能だったか否かについて、
議論の余地は全くない。換言すれば、ルーズベルトが日本の真珠湾攻撃を、
事前にすべて承知していたことは言うまでもない」と書きました。

http://blog.yoshiko-sakurai.jp/archives/2001/08/post_73.html
「無線封止」の神話は完全崩壊、奇襲は読まれていた!
「 『真珠湾の真実』をまだ信じない人たちへ 」

984 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:15:36 ID:???
ウンコと一緒に下水へ流すべきネトゲ廃人ニートだつおは
自分が建てたスレの始末してから来るように
検証 真珠湾攻撃への道
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1184650453/

985 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:19:52 ID:???
そうさせたのはアメリカ。

日本が戦っている相手側だけに中立義務も無視して金や武器や軍人を送りまくり、講和も妨害し

自分が石油売らないだけならともかく
他の産油国にも圧力をかけて、パナマやシンガポールの通行も禁止して
第三国から細々と買うだけの石油すら妨害して、ほっとけば確実に経済崩壊するような状況作り出せば
どうなるかはアメリカもよくわかっていた。

モナコやルクセンブルクですら戦争を選ぶと言われる状況つくった当人を棚に上げて
日本だけの責任しか言及しないのは変な運動家ぐらい。

986 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:29:35 ID:???
アメリカが戦後になってすら数十回と行なってきた他国への武力行使の原因を一つ一つ見ていけば
真珠湾攻撃の動機が特別に理不尽でないことはすぐ分かるはず。

987 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:30:44 ID:???
状況酷使

988 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:47:35 ID:hhTxhK85
>>981
戦争する準備も整わず、日曜の休日に武装解除していた数千人の市民を
宣戦布告無しの騙し討ちで一方的に攻撃、虐殺するのをジェノサイドと言わなかったら、どう呼べばいいのやらwww

もしもそう呼ばれるのが嫌なら、連合艦隊はハワイ沖百キロに停泊して
「やあやあ、我こそは大日本帝国海軍連合艦隊ナリ、いざ真っ当に勝負せん!」と無電を送って、
アメリカ側に戦う準備をさせるべきだったよな

そうすれば、たとえ負けたとしても、武士道にのっとた正々堂々な戦いであったと、後世に語り継がれたであろうにwww


>>985
バカ?こんなこと言ったら、北朝鮮への経済制裁もできなくなるんですけど、何か?

戦争を回避するために、考える時間を与えるために経済制裁ってものがあるのに、
そんなこともわからないで、我がまま言っているんだね酷使様ってやつはwwwwww

ま、戦前の日本が北朝鮮みたいなもんだったからねwwwww

989 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:57:23 ID:???
>985
で、開戦の決断をしたのは日本ですね。


990 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:57:41 ID:???
ワシントン体制を無視したアメリカと中国にも非はある。

そりゃあ不満を蓄積させた日本が暴発することは十二分にありえますよと。

991 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:58:25 ID:???
まあ日本のやったことは駄目駄目であったわけだが

992 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:58:25 ID:???
>>988
オオバカ。
アメリカは戦後も満州事変と差の無い行為を政策として行い続けている。
石油の商売がアメリカに非協力というだけの理由でクーデター起こさせたり
傀儡にならないからと邦人の保護名目で攻撃したり

日中戦争や真珠湾攻撃なんてアメリカの攻撃の物差しで考えれば
全然まともな理由だとすら言える。
当のアメリカが何やってきているのかも知らず
未だに日本のみ限定で侵略侵略と壊れたレコーダーのように繰り返す馬鹿はイカレタ運動家。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E6%88%A6%E4%BA%89%E3%81%A8%E5%A4%96%E
4%BA%A4%E6%94%BF%E7%AD%96#.E3.82.A2.E3.83.A1.E3.83.AA.E3.82.AB.E3.81.AE.E5.A4.96.E4.BA.A4.E6.94.BF.E7.AD.96.E3.81.AE.E6.AD.B4.E5.8F.B2

993 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:59:16 ID:???
嘆息。
まるで定義を理解してないんだな。
調べろって言われたんだから調べりゃいいのに。

ジェノサイドとは「特定民族・乃至国の一部乃至全部を計画的に地上から抹消せんとする行為」。
もっと言えば「断種」を図らんとする行為をさす。
戦後認定されたジェノサイドはわずかに3例。

ナチスドイツのホロコースト
ウガンダ・ユーゴ内戦の民族浄化

これだけだ。
第二次大戦の1939年以降今日までの70年間にジェノサイドと定義された行為はこれだけしかない。
真珠湾をジェノサイド呼ばわりするのは日米両国はおろか、戦災に巻き込まれ命を落としたハワイ民間人に対してすら侮辱と呼ぶしかない。

994 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:59:48 ID:???
>>988
上半分→捏造&妄言乙w
下半分→詭弁乙w

995 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 16:00:41 ID:???
>>988
祭りですか? それともコンサート?
許可もなく数千人集まる時点で、組織的犯罪未遂で皆殺し確定ですが何か?
たとえば、その人数で少数をいたぶるような事故でもあったら、警察の名誉に関わる。


送れ

996 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 16:02:41 ID:???
>>985
で、その石油を使う技術は誰に教えて貰ったんだ、土人くん?

997 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 16:03:15 ID:???
>>972
だから瑞鶴ですら、パイロットの錬度不足で定数以上の機体を搭載出来なかったのに、
他の空母も糞もないだろうが。 その前に基地航空隊にあれだけ頼った原因を考えろよ。
オマエ本当に馬鹿だろw


998 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 16:06:14 ID:???
次スレ
【捏造と】旧日本軍弱小列伝18【思い込み】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1191222321/

999 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 16:09:17 ID:???
>>996
どことも戦争もせず平和に暮らしている国を力ずくで侵略して開国させ、
帝国主義競争に無理矢理引きずり込んだ元凶は何処の国だ?クソキムチ

1000 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 16:10:29 ID:???
無差別攻撃なら真珠湾より重慶爆撃だろ、普通は。


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

313 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)