2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【九七式中戦車】日本軍の軍用車 2【九五式軽戦車】

1 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 13:30:35 ID:???
日本軍の軍用車の事なら何でも自由

↓前スレッド
九七式中戦車チハ&チハ改
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180185928/

2 :だつお:2007/09/01(土) 13:43:43 ID:gO0W0+xp
やめろ、やめろ。どいつもこいつも議論の方向性が間違っとる!!

皇軍が戦うべき相手は先進国の米英ソとの戦いではない、あくまで中国。
中国人という「ウジ」をいかに効率よく大量殺戮するかが全ての焦点。
論より証拠、バグラチオン作戦と大陸打通作戦を比べてみろっての。
ま、資源配分や量産システム移行で設計試作と比べて若干の変更が生じた
のは何も四式戦疾風に限ったことではないのにな。それを「粗製濫造」と
呼ぶ言い方もあるが、燃料も含めて戦局の推移から考えれば当たり前すぎ。

支那・ビルマ方面の陸軍航空が、Me262も顔負けなくらいに重爆を破壊しま
くったかどうかであるが、そういう見解はいくらなんでも身贔屓にすぎる。
Me262やB29といった、最先進航空技術と肩を並べるだなんておこがましい。
97式中戦車チハが、M4やパンターと比較できるほどのメカなのかと。

そうではなくてこれはやはり、中国人の絶望的な知能障害・チンピラ・ゴロツキ
に帰せしめられるべきであろう。そもそも皇軍は軍隊ではなくて害虫駆除専門隊。
皇軍にとっての重要課題は、中国人という「ウジ」をいかに効率よく大量殺戮していくか。

ドイツ人がポーランド人やロシア人に対してやったことは人道的に許されざる
絶滅戦争であったのに対し、皇軍のやったことは「中国人という害虫の駆除」。
中国人を人間と呼べというのは、ゴキブリを人間と呼べというのに等しい暴論だ。

      9 7 式 中 戦 車 チ ハ

いったいこれは戦車なのか? 戦車でないとしたらいったい何車だ?

3 :だつお:2007/09/01(土) 13:45:08 ID:gO0W0+xp
戦後ドイツでは鍵十字のナチス国旗を掲げることはおろか、ナチス擁護の
発言も取り締まりの対象になったとのこと。

これに対して日本は日の丸を堂々と掲げられて、中国人差別も平気でやれる。
中国人をチンピラゴロツキとか蛆虫とかゴキブリとか呼んでも全然平気。
つまり皇軍はドイツ軍とは違い、完全に負けたわけではなかったのだ。
負けは負けでも太平洋の日米戦に限定され、日中戦争は最後まで無敵皇軍。
日の丸はかつて大陸打通作戦中国チンピラゴロツキ殺戮街道3000キロで
皇軍が勇名を馳せたシンボルで、中国人に計り知れない恐怖を思い起こさせる。

大東亜戦争は正当防衛だったが、戦力が敵に及ばなかっただけ。
あの戦争を「侵略戦争」呼ばわりするのであれば憲法九条改正なんてやるな。
戦争は大東亜戦争のような大義名分の大きい戦争だけが肯定される、
そうでなければ憲法第九条の平和主義は守られるべきだと自分は考える。
また大東亜戦争は東洋平和のための戦いだから、平和憲法の条項に反しない。

ただし中国人が「東洋平和」と聞くと、これは東洋鬼が平和と叫びながら
大陸打通作戦3000キロを進撃してくる姿を想像して恐怖を感じるであろう。

     9 7 式 中 戦 車 チ ハ

それは機械的信頼性と燃費効率と走行性を兼ねそろえた、現在の日本自動車
産業の先駆けともいえる、世界最先端の自動車製造技術の象徴とも言えよう。
これはあくまで戦車ではなく、中国のチンピラゴロツキ蛆虫ゴキブリドブネズミ
サナダムシ専門の高性能機動殺戮マシーンであったのだ。

4 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 14:31:01 ID:KFeDtt9+
所詮歩兵支援。

ノモンハンの教訓を生かさず、末期にはシャーマンの餌食になる

戦車では同盟ドイツからの技術提供はなかったのか?
飛燕のように

5 :だつお:2007/09/01(土) 15:02:02 ID:gO0W0+xp

  皇 軍 の マ ニ ラ 大 虐 殺 っ て 知 っ て る か ?

97式中戦車チハはマニラ攻防戦で獅子奮迅の大活躍、比島人10万を殺戮。
対する日本軍の戦死者は約12,000人と圧倒的に少なかった。

キルレシオでは圧勝と見て間違いないだろう。

日本軍の戦死者は約12,000人、アメリカ軍の戦死者は1,020人。市民の犠牲者
は約10万人とされているが、この中にはアメリカ軍による砲撃の被害者も
多数含まれているとする説もある。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%8B%E3%83%A9%E5%A4%A7%E8%99%90%E6%AE%BA
マニラ大虐殺

6 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 15:12:12 ID:???
>>4
日本まで輸送できなかったけどタイガー買ったりしてる
ただ、あんなのを日本が運用できるとは思えんし、よしんばできても太平洋戦線でどの程度使えるか…

7 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 15:23:38 ID:???
>>6
ソ連軍もパンターは捕獲したのをちゃんと維持して
かなりの数を自軍の戦力にしてるけど虎さんは
運用できなくて使っても1〜2回の戦闘でガタがきたら
すぐ放棄して捨ててたようだしねえ

日本軍には50トン越えの戦車の運用はとてもできんだろ

8 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 16:19:41 ID:???
日本はV号突撃砲を買えばよかったのに。
あれでジャングルで待ち伏せれば相当のシャーマンを喰えただろうに。

9 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 17:58:25 ID:???
そういえば昔皇軍AFV総合スレってのがあったけど、どうなったんだろ?

10 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 19:42:14 ID:sw5Wr6a3
>>9
だつおが集団で暴れてあぼーんだったような

11 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 19:51:06 ID:???
たつおさんは、太平洋戦争の真の目的は何だと思われますか?
南方の資源確保と満州国の存続でしょう?だったら中国との
無益な戦争なんてすぐにやめて、南方を最優先すべきでしょう?
中国と戦う意味はわからない。南方の資源だから、アメリカ
よりもイギリス・オランダとの戦いでよかったはずだ。
それが敗色濃厚な時期に60万近い陸軍を中国で無益に浪費し
肝心な本土防衛はないがしろだ。
サイパンなり硫黄島なり沖縄に、中国打通作戦の兵力の
1/3でもいいから抽出して、堅牢な陣地構築やってたとしたら
アメリカは疲弊して、講和も可能だったかもしれないぞ。
打通作戦の意味自体が、B29発進基地を与えてしまった
サイパン陥落時にもう消滅してる。


12 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 19:56:06 ID:???
世界は今、大変な危機を迎えている。
このままでは我々の文明の歩む道は超古代文明が滅び去ったように滅亡あるのみだ。


かつて世界は自らの力の使い方を誤り破滅に至った。オーパーツいう存在がその事実を裏付けている。
この世界も今、かつての文明と同じように滅びようとしている。

この危機を食い止められる人物を私は知っている。


                真 理 の 御 霊   最 聖 麻 原 彰 晃 尊 師


最終解脱者にして真理の御霊たる麻原尊師以外、世界の破滅を食い止め得る人物はいない!

彼は今、無実の罪を問われ、カルマに満ち満ちたこのような世界を救う価値があるのか思い悩んでおられる。
尊師に見捨てられたら世界に救済はないのだ!

我々にできること、それは偽りとカルマに塗れたこの精神を超越することにある。
麻原尊師と共に崇高なる世界を目指し修行に励もうではないか

13 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 19:58:24 ID:???
>8
二式砲でよかた。ヒート弾さえ国産できるから、シャーマンなんぼでも
くえたよ。機動力もあるし。一式は試製57mm長砲身型も考慮されていて
57mmは口径大きいから90式75mm野砲より、貫徹力あったらしい。
二式砲の砲塔は、超砲身57mm搭載型からの転用。

14 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 20:08:09 ID:???
初速870m/secの57mm試製速射/戦車砲なら九○式野砲/三式戦車砲より威力低いが

15 :だつお:2007/09/01(土) 20:10:51 ID:gO0W0+xp
>サイパンなり硫黄島なり沖縄に、中国打通作戦の兵力の
>1/3でもいいから抽出して、堅牢な陣地構築やってたとしたら
>アメリカは疲弊して、講和も可能だったかもしれないぞ。

アメリカは対日戦3割で、メインディッシュはオーバーロード作戦だよ。
太平洋でいくら皇軍が防戦しても米軍主力への打撃にはならない。
だから中国のチンピラゴロツキだけをひたすら狙い撃ちに集中的に殺戮して、
ドイツが潰れて三国同盟の呪縛も無くなって、それから無条件降伏するしかない。

At the very first meeting of the CCS at Casablanca General Marshall
made the first patent move to secure a definite division of Allied
resources between the Atlantic and Pacific theaters. He proposed
the adoption of the concept that 70 percent go to the Atlantic
theater and 30 percent to the Pacific.38 King, who had made the
same suggestion in a meeting of the JCS with the President in
Washington before Casablanca, backed him vigorously, estimating
that only 15 percent of Allied resources were then engaged against
the Japanese. Marshall specifically warned that sufficient resources
would have to be kept in the Pacific.

http://www.army.mil/cmh/books/wwii/sp1943-44/chapter1.htm
Casablanca-Beginning of an Era: January 1943

16 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 20:32:44 ID:???
>だから中国のチンピラゴロツキだけをひたすら狙い撃ちに

先ほどからあなたの態度が酷いので、話に全く関係の無い
第三者ですが一言言わせて貰います。

わざわざ調べてくださる人たちに対して先ほどから何故そのように
口汚く罵るのですか?これだけ多くの人が見たことがあると証明して
いるのだから、あると考えるのが常識ですし、戦鳥は日本でももっとも
信頼されており、その中でも常連さんのBUN氏は軍事研究の第一人者です。
そういった人物が書かれていることを疑うというのでしたら、当然あなたは
一次資料から反論できるのでしょうね。

そもそも自分は賢いと思っている馬鹿はあなた自身ではないのですか?

まあ尊大な態度で他人を誹謗中傷している品性下劣な低い知能では
理解できないのでしょうが。

17 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 21:33:42 ID:???
せめて一式戦車がもっと早くから量産されてればなあ・・・
三式は主砲を撃つと、ガスが出てきて中の人が鼻血出したって聞いたけど

旧軍に戦車を積極的に運用するように主張した人っているのかな

18 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 21:42:26 ID:???
日本の場合、強力な戦車砲が造れなかった。この一点が致命的だった。
戦車の改善ならノモンハンの前に考慮されていたが、技術が追いつかない点でどうしようも無かった。

19 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 23:07:46 ID:???
日本は戦車よりも強力な対戦車砲を保有すればよかった。
せめて7.5cmPaK40くらいの…

20 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 23:08:16 ID:???
五式75mmじゃ不満なのか?

21 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 23:25:51 ID:???
>>17
せめて太平洋戦争が始まるくらいに一式の配備を始めてれば…。

戦車運用に積極的だった人としては、原なんとかっていう人とかが有名じゃない。
>>19
機動九〇式野砲で我慢。

22 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 23:30:33 ID:???
日本は歩兵携行対戦車ロケット兵器のパンツァーシュレックを導入したほうがよかった。
まあ使い捨てのパンツァーファウストでもいいけど…

23 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 23:33:25 ID:???
>>20
42年までに量産開始しとけば少しはなんとかなったかもね。

24 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 07:01:32 ID:???
>>14
お決まりの如く戦車砲型はさらに低性能のようだ。
四式中戦車に搭載計画があったらしい試製五糎七戦車砲(新)が、初速810〜830m/sという。

もっとも、長砲身57mm戦車砲にも、もう一種あったようで、こっちのほうが性能が良いようだ。
たぶん速射砲とほぼ同じスペックで、その代わり車体固定型と推定。

結局、性能不足+弾薬共有予定の57mm速射砲の不採用で、
四式の量産型には使われなかった経緯はご承知の通り。

25 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 13:30:32 ID:???
試作した57mm戦車砲は2種類存在

最初に登場したのは810m/sの試製57mm戦車砲(S16.3研究発令S18.4試作完成)で、砲戦車の武装変更用

次に登場したのは870m/sの試製五糎七戦車砲○新(S18.7研究発令S19.3竣工試験S19.5射撃試験)で、これがチト車用

26 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 16:13:25 ID:???
同時に57mm速射砲も試作したが、試験途中でビルマ方面軍から敵重戦車に対抗できる砲
をとの要請で、4門全てをビルマに輸送した。が途中で海没した。

27 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 18:43:40 ID:???
実際に試作されなかったらしいものを入れると、長57mmは3種類あるみたいだな。

S.16.3発令の駆逐戦車用57mmにも、砲塔型の甲と、固定型の乙の2種が見える。
甲が初速800m級、乙が900m級
これのうちたぶんどっちかが、S.17.9の研究方針に中戦車用として出てくる。

28 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:44:17 ID:???
チヘに57mm長砲身搭載の計画もあったぞ。砲塔も完成していた。
57mmの貫徹力はかなりのもので、M4の正面もぶち抜けた。
ただ75mm絶対必の陸軍要望でチヌになった。
チヘ改(57mm長砲身)計画は、頓挫し砲塔のみ二式砲戦車へと
受け継がれた。

29 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:48:10 ID:???
チヘに57mm長砲身搭載の計画もあったぞ。砲塔も完成していた。
57mmの貫徹力はかなりのもので、M4の正面もぶち抜けた。
ただ75mm絶対必の陸軍要望でチヌになった。
チヘ改(57mm長砲身)計画は、頓挫し砲塔のみ二式砲戦車へと
受け継がれた。二式砲は99式75mm山砲で砲身は短いが
HEAT弾の使用が可能で、もしこれが大量配備されていたら
相当な戦力になったかもしれない。

30 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:52:39 ID:???
弾が砕けちゃ意味が無い
玉砕

31 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 21:56:21 ID:???
57mm長砲身砲かー
どこかに写真ないかな

32 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 22:01:26 ID:???
57ミリ速射砲の目標貫徹は60ミリ/0度/1000メートル
M4の車体前面(50.8ミリ/34度)でも弾かれそうだが

33 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 22:06:23 ID:???
50.8ミリ/34度ったら垂直換算で100mmくらいありそう

34 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 22:48:01 ID:???
57ミリ速射砲が完成しても、ドイツ軍ですら1個師団に37mm対戦車砲72門から75mm
対戦車砲が半分くらいに装備定数が減ったのだから、日本軍なら1個師団に37mm速射砲
12門から6門の定数に減りそうだ。

35 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 22:55:24 ID:???
>>32
47mmの目標値は1000m35mmだけど、実際は50mm行くわけで
目標値は最低でもクリアできる程度の数値でしかない。

36 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 23:15:43 ID:???
あのね、貫徹可能なら威力不足で開発中止にされるわけないよね、ね。

37 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 23:52:42 ID:???
威力不足で中止だなんて何処に書いてあるの?
ソースあったらくれ

38 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 23:53:52 ID:???
ああチハタン・・・
もう七十五粍野砲の前線配備とバズーカのコピー生産に必死になってりゃ良かったんだ。

39 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 00:51:03 ID:???
だからせめてパンツァーファウストくらいあればジャングルでの待ち伏せ攻撃で
スチュアートだろうがシャーマンだろうが喰いまくれたのに…

40 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 00:56:26 ID:???
PF打った直後に蜂の巣で射手戦死か
アンパン特攻と同じならPFのほうが割高だな。

41 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 01:08:20 ID:???
シャーマン相手に対戦車砲ですら弾き返されて手も足も出ないよりは
パンツァーファウストあった方がマシだったんじゃね?

42 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 01:21:36 ID:???
パンツァーファウスト
Panzerfaust 射程 30m、射程 60m、  射程 100m 、重量 5.1kg 装甲貫徹力 200mm 。
連合国軍の全ての戦車を撃破可能であった。




43 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 01:25:03 ID:???
パンツァーファウスト生産数量は終戦までに670万基
これだけの数を作ってからこそ連合軍戦車の脅威の一つになれた
当てるのには技量と度胸と運が必要な一発必中とは真逆な兵器

それに独歩兵には数が十分にはないとはいえ75_級の一応
敵戦車に対抗できる対戦車砲やさらに少数の突撃砲・自走砲・高射砲等が
運が良ければあってこれらとパンツァーファウストを組み合わせて
こそ効果的な防御戦闘ができたともいえる

あと670万作っても前線では不足がちで
もっと送れと催促してたほどだからな

和製パンツァーファウストも目に見える戦果を出すにはそれなりの数を
前線に送れないと喰いまくりにはほど遠い状況に終わると思う

44 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 01:31:42 ID:???
刺突爆雷
射程 走れるだけ+2mの棒 重量約2kg 装甲貫徹力 150mmの装甲板に10mmの穴が開く


45 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 01:40:58 ID:???
>>37
戦車と砲戦車に載ってるよ

46 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 01:42:06 ID:???
パンツァーファウスト生産数量は終戦までに670万基。
すると命中率は相当低い兵器だな。数百発撃って1台という程度。
1発必中の日本軍には採用不可能である。

47 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 02:04:59 ID:???
>>46
生産した全てを敵戦車に対して撃ち尽くしたとでも?

48 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 02:34:41 ID:???
旧日本軍ってクソバカだな
敵の装甲貫通できないなら毒ガスでもばら撒けば敵の戦車軍団だろうがイチコロじゃん
毒ガスなら戦車や大砲なんかより輸送しやすかっただろうしこれに気づかないなんてとんだマヌケだな

49 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 03:08:01 ID:???
つ チビ弾

あと形骸化していたとはいえどの軍も防毒面は標準装備に含まれているはずだぞ。

50 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 03:45:17 ID:???
>>48ってクソバカだな
敵の装甲貫通できないないからって戦車軍団が壊滅するほどの毒ガスなんかばら撒いたら米軍に毒ガスで報復されて逆に日本軍がイチコロじゃん


51 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 07:08:54 ID:???
刺突爆雷を1人1人の兵隊に持たせるのが精一杯の日本軍にとって、命中率が低く、
訓練で弾を撃つ必要のあるパンツァーファウストなどは贅沢である。
それよりも国民義勇兵2000万人に、竹やりより刺突爆雷を持たせてやりたいのだ。

52 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 09:09:41 ID:???
チャンコロが鬱陶しいな。

53 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 15:08:36 ID:???
パンツァーファウストよりパンツァーシュレックの方が射程が長くて良いんじゃない?

54 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 17:29:58 ID:???
たぶん世界中でもやってたんだろうけど、
例のチビ以外にも、対戦車毒ガス弾の類は研究してるな。
チハや鹵獲BT戦車での試験なんかもやってるけど、実用しないでいいという判定が残ってる。

55 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 18:59:50 ID:???
>>53
ドイツ兵にはパンツァーファウストに比べて命中率や射程では
いくらかいいけど発射筒はでかいしさらにロケットの燃えカス対策の
これまたでかくて重い鉄製防盾を装着するかガスマスクに手袋を射手が
装備しなきゃならんわでファウストより好まれない傾向があったみたいよ


56 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 19:10:16 ID:???
九八式軽戦車ってなんで量産されなかったんだろ
カタログデータ見ると、一応九五式よりマシっぽそうだけど

57 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 19:15:10 ID:???
ハ号やチハの生産が優先されたから

58 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 19:42:15 ID:???
生産ライン切り替えで生じる混乱を許容するほどの価値が見出せなかった。
それなら、なんで開発したのかと問いたいがw

59 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 20:23:12 ID:???
エンジン製造側の統制一〇〇式への生産切り替えが進まなかったから。
一式戦車の生産が遅れたのも同じ。
開発したいすゞ以外は別のディーゼルやってたから、切り替えに不満もあるし
そもそもいきなり別系統のエンジンの製造ラインを立ち上げられるだけの余力も無い。

60 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 18:54:46 ID:???
>>58
将来を見越してだよw

61 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 18:57:29 ID:???
>>47
じゃあ輸送途中のトラブルやらなんやらで、
前線に届いたのが半分と仮定しよう。
それでも385万発はあるがw

62 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 19:16:52 ID:???
>>56
ケニ車は要らない子

63 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 19:59:10 ID:???
前スレ>>997
ディーゼル燃料の10%留出温度は240〜260度前後だよ。
80度とか100度では自然気化はしない。

64 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 20:43:30 ID:???
前スレで、対戦車ライフルの話が出てたけど、
ああいう小口径火器では、表面効果処理がしてあるチハの正面装甲には、案外通用しない。
本来の対戦車ライフルらしく、弱点射撃すべきものかと。

あと、歩兵のお供をたくさん連れた日本戦車云々というレスが出てたけど、
日本の場合、そういう歩戦協同はあまり上手じゃない。
実戦を見てると、日本戦車は随伴歩兵無しで行動することが多いし、
ついていても一握りで、簡単に排除されてしまっているケースが多い。

65 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 21:15:54 ID:???
>>64
出撃時には歩兵と一緒だったのに
道に迷ったとか速度が違いすぎたとか
迫撃砲とか機関銃の阻止火網で、歩兵が脱落するってのが目立つ。

66 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 21:28:29 ID:???
歩兵といっても、戦車隊所属の整備兵や手空き乗員が武装してるだけってのも多いね。
マレー侵攻作戦では、捜索連隊の軽装甲車から乗員下ろして歩兵戦闘させてる。
ノモンハンでは、戦車のみで陣地保持という無茶をやらされてるし。

さすがにまずいと思ったのか、
大戦後半になると、連隊規模の戦車部隊でも、編成内に歩兵(作業兵)を直轄してる。

個人的に不思議なのは、戦車第4師団には固有の歩兵がいないことだが。

67 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 21:43:31 ID:???
大隊中隊単位で兵団にばらまくからいらないと思ってたのかも。
戦車隊と一緒に戦車と共同訓練した歩兵部隊をつくっといたほうがいいんだけどな。
カリウスも戦車になれてない歩兵部隊との共同作戦はあまり成功しないと言ってたような

68 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 21:52:22 ID:???
>>67
大陸の戦闘の初期に、同様の戦訓報告を戦車隊が出してるんだけどね・・・。

69 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 22:37:29 ID:???
まえに、師団戦車隊が編成された師団の戦記で、
戦車の積み込み作業を見ていた歩兵が、こんな大戦車隊を見たことが無いと感激して書いてた。

編成表見てみると、その師団戦車隊は、軽戦車9両

70 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 23:29:22 ID:???
捜索連隊に配備されてた軽装甲車も戦車と捉えていたのではないか?
もっともそれ含めても、30両満たないが

71 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 23:37:52 ID:???
>前994
世代違いすぎるしー。
BT-5って33年に量産開始だからチハどころか八九式が比較対照だしー。
チハ改だと同世代はT-3(ry

72 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 23:44:28 ID:???
>>67
>カリウスも戦車になれてない歩兵部隊との共同作戦はあまり成功しないと言ってたような

虎みたいな強力な戦車にカリウスのような優秀な乗員が乗っても
歩兵との連携や砲兵の支援やらがなきゃ作戦は上手くいかないもんね

ほんと戦争は個々の兵器の優劣だけでなく様々な兵科を組み合わせた
強力なシステムを構成できないと戦術的な小さな勝利はたまにあっても
大局じゃ大負けしちまうなあ

73 :名無し三等兵:2007/09/04(火) 23:54:38 ID:???
戦車第4師団に歩兵がいないのは、
編成母体の各兵科学校教育隊のうち歩兵学校からだけは人員供出されてないからでは?

74 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 00:12:32 ID:???
サイパン島を絶対に防御できると天皇に断言した時、サイパン島には編成されたばかりの
1個師団と57mmチハの戦車1個連隊が配備されていた。陸軍首脳の戦車に対する無知を
証明している。サイパンの戦車連隊には、57mmでシャ−マンとどう戦うのかさえ教育されて
はいなかった。シャ−マンの性能を日本の戦車第1人者さえ知らないのだから、無理も
ないが。

75 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 00:22:48 ID:???
シャーマンの性能自体は知ってたけどな。
まさかチハで対戦車戦闘する気だった訳でも無いし。
サイパンの無謀ともいえる初期反撃は
米軍が戦車や対戦車兵器を揚陸する前にやるという目論みもあったわけで
まあ、歩兵部隊との調整で味踏みしたことも合って大失敗に終わるんだが・・・。

76 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 02:47:50 ID:???
>>75
あとは、バズーカが多数揚陸されてることも考えてなかったんだろうね。
戦車連隊側では、団結不十分な歩兵と協同せずに、戦車のみでの早期反撃を主張してたんだっけ?

77 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 13:27:18 ID:???
本土決戦時、米軍が上陸した地点に急行する戦車隊にとって問題は、道路が避難してくる
国民でふさがり通れないことである。この時どうすればよいか司令部に聞いた所、避難民を
ひき潰して前進せよとの回答が却ってきた。どうせ米軍と戦闘に入っても一方的にやられる
だけなのに、国民を殺してまでも前進する利益があるのだろうか。
司令部がチハの戦力が、戦いの勝利を左右する力があると信じていれば理解できるが。


78 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 14:48:47 ID:???
疎開命令に従ってなかったような非国民なんぞ知らんってことだろ。

79 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 14:49:54 ID:???
どっちもどっちのような気がするが

80 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 18:33:00 ID:???
>>77
一分一秒でも時間を稼ぎ
一人でも多くの米兵を死傷させることに基準を置いてるのだから
民間人が何人死のうが、そこに意味も価値も無いのが、戦術レベルの判断という物だろう。

救急車に、どうせ乗せてる病人はいつか死ぬんだから
地球環境全体を考えてゆっくり走れと言ってるようなもんだ。

81 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 19:27:23 ID:???
>>76
対戦車兵器があるから攻撃しないなんて決断ありえるわけ?

82 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 19:33:33 ID:???
歩兵がPF射手を掃討してから、戦車隊が前進という場面はヨーロッパであったと聞いてるが、機甲突破の時ではないだろうな

83 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 20:27:49 ID:???
つまり歩兵が先に突っ込めばよかったんだなw

84 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:26:58 ID:???
>>81
ありえるよ。当たり前のことだろ?
対戦車兵器によって戦車が撃破されて作戦頓挫する懸念があるなら
作戦は最初から検討しなおしだ。
戦車が撃破されないような戦法を取るとか
戦車が撃破されても困らないような戦法を取るとかが一般的だろうけど
その再検討のオプションの一つに作戦中止が無いほうがおかしい。

85 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:29:16 ID:???
で、サイパン戦で行われた戦車隊の攻撃は止めるべきだったと?

86 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:30:32 ID:???
でも大戦中期から携行対戦車兵器は普及しつつあったんだから、
攻撃遅らせても機会が得られるわけないんだよね

87 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:38:09 ID:???
積極的な機動反撃をやらないのであれば、
戦車など塹壕に埋めて固定砲台にする方がいい。
これなら戦車である必要などまったくない。

88 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 21:49:21 ID:???
>>85
いや、反撃は必要だったろ。
ただ、そのやり方は、歩兵連隊側が主張した
歩兵主体で戦車を支援に使うという戦法か
それとも一日前倒しにして一気に戦車隊だけで吶喊し
まだ一部が残存していた海岸陣地の残兵の呼応に期待するという
戦車連隊側の主張の、どっちかで良かった訳で
一日遅らせた上、戦車に少しの歩兵つけてという史実の妥協が一番悪かったんだろう。

89 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:03:15 ID:???
>ただ、そのやり方は、歩兵連隊側が主張した
>歩兵主体で戦車を支援に使うという戦法か

米軍の猛烈な火力で歩兵が排除され、孤立した戦車隊が
バズーカと対戦車砲で止めを刺される姿が目に浮かぶようだw

90 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:28:28 ID:???
>>89
その戦法だと、歩兵が排除された時点で戦車は下がるから大丈夫だよw

91 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:30:17 ID:???
>>90
あ? 敵陣に突っ込んでるのに、米軍がそのまま帰してくれるわけ?

92 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:33:02 ID:???
>>89
その上日本戦車は同軸機銃が九八式と二式軽戦車を除いて
無いから敵歩兵を排除する能力も劣るよね

さらに車体機銃は20発箱型弾倉な上に連続発射すると
銃身周りの防弾カバーの為廃熱が上手くいかず焼きついたり
歪んで命中精度が落ちるため常に2〜3発ずつ発射で連射しない
ようにしなきゃならないような有様だし

上の機銃装備の欠点は結局三〜五式戦車でも変らないし
四式や五式を当時の世界レベルに追いつきつつある戦車とか
評する人もいるけど性能表の表面的な数値はともかく実戦で
はまだまだ弱点欠点だらけの代物だとおもうが

93 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:33:24 ID:???
>>88
>それとも一日前倒しにして一気に戦車隊だけで吶喊し
>まだ一部が残存していた海岸陣地の残兵の呼応に期待するという
>戦車連隊側の主張の、どっちかで良かった訳で

戦車隊のみの突撃が上手くいった例ってあるの?
つか、その場合の目的って何よ?
砲兵陣地?

94 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:39:33 ID:???
>>91
敵陣に突っ込むのは歩兵。
それを後ろから直接照準砲撃で援護するって戦法。
陣前300〜500m以上に位置するから
少なくともバズーカでは手出しが出来ない。

95 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:42:58 ID:???
戦車連隊長と師団参謀の間で論争があったのっていつだっけ?
6月15日あたりにはもう作戦が決まってたの?

96 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 22:44:47 ID:???
>>93
成功例は大陸では幾つもある(相手があれだからな)
狙うのは橋頭堡の装備全般。
梱包されたままの弾薬や糧食が滞留してるからね。

97 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:12:21 ID:???
歩兵支援用の豆戦車は何をトチ狂ったのか普通に砲手の乗り込むスペースが無い。
なので隙間に人が苦しそうに搭乗してる

98 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:48:01 ID:???
>>93
戦車隊のみでの突撃が成功した例としては、
ノモンハン事件のときの戦車第4連隊の夜襲が挙げられるんじゃないだろうか。
雷雨によって駆動音がかき消されるという幸運に助けられて、
ソ連軍の砲兵陣地の蹂躙に成功してる。損害は軽戦車1両のみ。

もっとも、歩兵がいなかったので、陣地保持はできずに一撃離脱してるだけだし、
敵砲兵に打撃を与えたといっても、前線支援に配備されてたもので、
日本軍の脅威だったハルハ河対岸のものは無傷なので、
大局的に見て、どれほどの効果があったかは、ちょと微妙。

もう一個の戦車第3連隊のほうは、鉄条網にやられて結構な損害を出してるし。

99 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 23:50:14 ID:???
>>97
まさに人車一体。

歩兵支援用というが、軽装甲車は歩兵直協に使う物じゃないぞ。
戦闘任務を意識した九七式軽装甲車でも、あくまで偵察や警戒、連絡が主任務。

100 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 00:01:02 ID:???
占守島防衛戦はどうよ?
戦車隊単独で、上陸直後のソ連軍に奇襲を仕掛けて大成功。
もっとも少数揚陸されていた対戦車砲と対戦車ライフルでズタボロにされたが…。

101 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 00:12:54 ID:???
>>88
>一日遅らせた上、戦車に少しの歩兵つけてという史実の妥協が一番悪かったんだろう。

失敗したとはいえ、第一線を突破して砲兵陣地まであと数百メートルという位置まで肉薄しているわけで。
バズーカは確かに威力充分な対戦車兵器だが、結局のところ歩兵用の携帯火器であって、
それだけで日本軍戦車隊の突進を阻止できたとは考えにくい。
やはり、米軍の戦線を突破して前進するうちに、砲撃その他で戦力を消耗し尽くし、
衝力を失ったところでバズーカで止めを刺されたとする方が妥当ではないか。

102 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 00:22:39 ID:???
>バズーカは確かに威力充分な対戦車兵器だが、結局のところ歩兵用の携帯火器であって、
>それだけで日本軍戦車隊の突進を阻止できたとは考えにくい。

ドイツ軍の有名なパンツァーファウストだって、いくら数があっても
ソ連の戦車を止めることができなかったわけで。

103 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 01:04:27 ID:???
一式砲戦車といえばフィリピンでの戦闘が有名だが、ビルマの戦車第一四連隊に配属されたやつとかはどうだったんだろうか。

104 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 03:09:56 ID:???
インパール進撃の比較的初期段階で故障して、後方に残置されたため、
結果的にインパール作戦を生き延びてるみたい。
その後どうなったかは知らない。
連隊が再編成されてイラワジ会戦に出撃する時には、もう持ってなかったような。

105 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 03:46:05 ID:???
>>99戦車だと機甲部隊に取られるから偵察や警戒、連絡が主任務と言う事になっているが実際は歩兵と一緒に戦闘してた。
シナだとあっちでもこっちでも早く来い!と怒号が飛び交い必然的に移動トーチカに

106 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 11:41:34 ID:???
まあドイツ軍でも砲兵と歩兵と戦車で色々取り合ってたし、どこでも共通だろ。

107 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 14:56:57 ID:???
>>105
実際が歩兵直協に使われたとしても、
設計段階ではあくまで偵察車両だったんだから、本格戦闘に向かないのは仕方ないと思うの

108 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 16:46:51 ID:???
名前はどうだろうと当時の豆戦車っていうのはどこでも補助的な戦車として使われるもんだよ。
今だったら低圧砲積んだ装輪装甲車みたいなもんだ。

109 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 17:50:39 ID:???
>>107
それしかないのなら、本格戦闘に向いてなかろうが使うしかないだろ。

110 :だつお:2007/09/06(木) 19:49:09 ID:Gm/9cT33
>本格戦闘に向かないのは仕方ないと思うの

◇計算できない物質的財産の破壊
 「日本の侵略戦争が中国に与えた財産上の損失も、莫大で驚くべきものだ」、
戦争中、日本軍はいたるところで、狂気のように公共や個人の財産を略奪し、
文化遺産を破壊し、鉱物・森林資源を採掘、伐採し、偽札を発行し、
軍事・民生施設を焼き払い、爆破し、中華民族の物質的精華は日本侵略者
によってほとんど全部奪い去られた、卞博士はこう指摘した。
 この数年、抗戦時代の損失問題を研究し続けてきた卞博士は、当時、
直接戦禍にみまわれなかったチベット、新疆の両省クラス行政区を除き、
残りの省は全部または部分的に陥落するか、一部が戦場になり、多くの都市、
郷・鎮が日本軍の盲爆にさらされたとみている。
 卞博士は、近年の研究結果で、全戦争期間中、中国が受けた直接の財産
損失は1000億ドル、間接的損失は5000億ドルに達することが明らか
になったと語った。
 「むろん、戦争状態という制約から、抗戦の損害調査は、時間的完全性
からも、空間のカバーという点からも、極めて不完全なものである」、
「日本の侵略戦争が中国に与えた巨大な物質的財産の破壊と壊滅ぶりに
ついて、正確な回答をみつけるのは不可能に近い」、卞博士はこう語った。
 そして日本の侵略戦争がもたらした大きな傷が、中国の近代化プロセスの
重大な障害になったことは、学術界で突っ込んで研究する必要があると強調した。

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zt/qqq115/t202631.htm
日本の侵略戦争は中国にどれだけの損害を与えたか 新華社解説

111 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 20:29:40 ID:???
>>107
設計段階から本格戦闘想定してる。
仕様策定時に戦車学校は
「実質戦車で歩兵が持つもの」と理解して建設的な意見出してるし
戦車学校と歩兵学校の意見は「重装甲の自走対戦車砲的車両」だった。
これに騎兵が、偵察に使うんだから軽くしろ重武装イラネと噛み付いてああなったのだ。

112 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 23:23:28 ID:???
つまり、戦車学校側としては、偵察部隊に装甲車両は不要という見解だったの?

113 :名無し三等兵:2007/09/06(木) 23:48:49 ID:???
>>112
騎兵側も重武装装甲車は欲しいと言ってるし、それを誰も否定して無い。
ただ、あっちこっちに駆けつけてくれる自走砲としても期待したい歩兵
軽戦車や砲戦車の代わりに使えたら嬉しいという機甲の思惑を
騎兵が嫌がったのと、作れない技本、金が無い参本のせめぎあいって感じ。

114 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 01:12:48 ID:???
主力戦車を歩兵直協用として別に作ってるのに、
騎兵戦車まで同じ性格を持たせるのは無駄だと思う。
豆戦車に戦闘力を持たせると、既存の九五式軽戦車と大差ない高級車になるか、
あるいは偵察車両としては使い物にならない自走歩兵砲になってしまう。
重装甲と偵察・連絡車両としての機能を両立させられるなら、それを主力戦車にすりゃあいいw

日本の戦車開発史ではなにかと悪者扱いの騎兵だけど、この議論は騎兵の言い分が正しいだろう。
あの戦闘力で妥協したから、なんとか歩兵師団用に工面できたんだし、
大陸で中国軍相手にする分には、道路事情も合わせると適当なライン。

115 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 01:29:59 ID:???
>>114
そう、だから妥協点としては良いところではあるけど
歩兵側はこの時に自走対戦車砲(固定戦闘室でもあり)な車両を求めてたんだよね。
同時期に装輪だけど米軍がM8グレイハウンドをやってるから
考え方としては結構アリな方向ではあったし
騎兵も全集旋回なら対戦車砲は歓迎してるわけで、まあ技本が尻込みしたのがいかんわな。

116 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 02:14:36 ID:???
軽戦車でもまともな対戦車砲を積めてないのに、
もっと安くて重装甲で、機動力はそのままの車両を作れといわれたら、泣きたい。
戦車隊にも装備する中戦車として採用するか、
ファミリー化して、偵察車型と駆逐戦車型の二種類(ソダ車なんかも入れるともっと)製造するか
いっそ装甲偵察隊そのものをあきらめるか、その辺でナントカして欲しいよと言いたくなります。

117 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 03:25:43 ID:???
>>114
対戦車砲を自走化しないと敵戦車出現にあわせて急行できないので
軽装甲車の自走対戦車砲化か、自走対戦車砲型を求める歩兵
騎兵旅団や捜索聯隊の装甲車でその任をすることに前向きな騎兵
既存軽戦車や検討中の砲戦車の代わりになってくれたら嬉しい戦車兵

つまり三者とも「対戦車自走砲化」は同意してるんだ。
ただ、戦車兵は豪華高性能化した駆逐戦車的なものへと引っ張りたい。
騎兵は偵察任務の都合上、旋回砲塔と高機動は捨てられない。

で、技本が旋回砲塔に強力な対戦車砲積むと大きくなるので駄目よと言い出して
結局みんな欲しがってた対戦車砲搭載車両は無くなったと。

118 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 13:51:57 ID:???
十一年式平射歩兵砲(砲口初速:毎秒450m、速射性能:毎分20発、貫通性能:射程600mで15mmニッケル・クロム鋼板貫通)
を改造した戦車砲を採用するのは駄目だったんだろうか?

119 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 14:40:00 ID:???
>>118
ルノーFTやNCの主砲がプートの37mmトレンチガンで
十一年式平射歩兵砲はプートのコピーだかライセンスなんだ。
つまりルノー戦車の主砲は歩兵砲と基本的に同じ。
それで不満だったから八九式戦車で57mm砲になったわけでな・・・。

120 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 18:56:43 ID:???
八九式でも結構な数ためしてみて、それで最終的には57mm戦車砲になったということは、
平射歩兵砲・狙撃砲の性能では駄目だったんだろうな。
やはり榴弾威力が足りなかったんだろう。
一方で対装甲威力が必要とされた場面はなかったろうし。平射歩兵砲の貫徹力もしょぼいけど。

九五式軽戦車の開発時にも、戦車系将校の判定は、八九式の後継主力戦車としては火力不足と。
で、そういう判定が出た後、チハの開発が始まってる。

121 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 19:39:09 ID:???
>>119-120
捜索部隊用の軽装甲戦闘車両の武装として提案したんだが…

122 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 20:14:02 ID:???
九七式軽装甲車で積むから待ってろ

123 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 21:01:38 ID:???
>>121
史実の92式重装甲車に、13mm機関砲の代わりに積めという話?
たしかに、あとで、37mm戦車砲に換装したのがいるみたいだけど。

それ以降の車両だと11年式平射歩兵砲搭載は、あまりに中途半端だと思う。
対装甲威力の不足は当時すでに明らか。駆逐戦車的なことは期待できない。
榴弾が使える分、機関砲よりなんぼか使い勝手がいいかもしれないけど。

124 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 21:03:48 ID:???
>>111
一体、これは何の開発段階の話なんだ?
できればソース含め、知りたい。

125 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 21:37:28 ID:???
>>123
九二式を想定してた
九四式は牽引車として開発されたものだし、九七式だともう37mm積んでるからね

126 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 21:42:09 ID:???
四式中戦車や五式中戦車の特型内火艇バージョンって計画されてないのかな?

127 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:32:45 ID:???
>>124
後の九七式軽装甲車になる車両の研究方針策定時の議事録

128 :名無し三等兵:2007/09/07(金) 23:41:47 ID:???
>>127
サンクス

129 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 06:29:01 ID:???
>>117九五式軽戦車に13o×2積んだ偵察車でも配備しとけって雰囲気だなコレは
独自開発する意味が無い

130 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 07:47:22 ID:???
このときに出てた駆逐戦車的なものの一案が、例のソト車だろうかね。
研究方針に途中まで出てて没になってる、軽装甲車ベースの「自走」速射砲。
固定戦闘室または「車外搭載」という書き方になってる。

おおむね>>116のいうファミリー化路線で検討したといえるんじゃない?
ただ、人力輸送可能な37mm速射砲の自走化は贅沢として、駆逐戦車型は削除と。

後知恵だけど、変わり映えしない九八式軽戦車の開発こそやめて、
代わりに九五式軽戦車ベースの駆逐戦車を作るのが良かったんじゃないだろうか。
もっと後知恵を足して、中戦車にも47mm対戦車砲を採用させて、
軽戦車ベースの駆逐戦車にも47mm対戦車砲を、つまり五式の先行型を……。
まあ、肝心の砲が早くいくかわからんけんど。

>>117
戦車兵が欲しがってるうち新型軽戦車は、結局九八式の開発が追加されて実現してる?

131 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 12:36:00 ID:???
>>130
結局、九八式戦車砲を積んだ
九五式軽戦車後期型が、妥協点だったんじゃないかな。

132 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 12:45:16 ID:???
>>130
試製九七式47mm(チホ車の戦車砲原型?)を搭載したハ号ベースの駆逐戦車をホルTとして39年に、
一式機動47mmを搭載したハ号ベースの駆逐戦車をホルUとして42年に制式化されてれば良かった?

133 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 14:36:11 ID:???
>>132
軽戦車を駆逐戦車化しても喜ぶのは戦車だけで
歩兵や騎兵には役立たないからな。
連隊砲の積載化とか出来たら良かったんだろうけど
歩兵向けに改修しただけで砲兵が文句つけてくるぐらいだから難しいか。


134 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 20:09:09 ID:???
>>133
二式砲戦車が合致するな
備砲は歩兵連隊砲にも使用された41式山砲が原型だったはず

135 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 20:24:54 ID:???
あれは、評判の悪い砲だったようだね。
戦車兵側は、発射速度も弾速も悪いと嫌うし、
歩兵砲としても、意外に不評とか。

二式砲戦車は連隊砲ベースだけど、車体がチハで高価だな。
せめて軽戦車ベースで積めないと、数が揃わないだろう。

軽戦車なら、そこそこ歩兵師団への配備も実現してるから、運用可能な大きさのような。

136 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 20:52:21 ID:???
>>135
>歩兵砲としても、意外に不評とか。
わがままだな
41式山砲を歩兵連隊砲として採用させたのは歩兵なのに

>せめて軽戦車ベースで積めないと、数が揃わないだろう。
五式軽戦車くらいないと旋回砲塔で乗せるのは無理っぽいな>99式75ミリ
九五式軽戦車は97式57ミリで限界だったようだし

137 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 21:59:13 ID:???
>>134
あれは九四式山砲ベース。

>>135
連隊砲向けの改修を砲兵が許容しなかったから余計にね。
有事に砲兵連隊に返すこともあるという前提で
歩兵に「貸し出し」したものだから。

138 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 22:56:23 ID:???
二式砲戦車 山砲

でサーチするとどっちも引っかかるな

139 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 23:17:19 ID:???
山砲積んでも、対戦車威力としては速射砲系よりも低いよね?
貫徹力・連射性能・命中精度いずれをとっても。まだ見ぬHEATを別にすれば。

>>136
自走歩兵砲として山砲積むなら、旋回砲塔にしなくてもいいんでない?
二式が旋回砲塔になったのは、進撃する戦車部隊に随伴して作戦する関係であって。

ちなみに搭載方式不明で、根拠も不明だが、
「帝国陸海軍の戦闘車両」(デルタ)では、九八式軽戦車ケニでも山砲搭載可能としてる。

>>138
「帝国〜」だと九四式山砲ベースとしてるな。

140 :名無し三等兵:2007/09/08(土) 23:47:43 ID:???
■四一式山砲の貫徹限界と出典

・貫徹限界

距離100m.      50mm(注:鋼板種類不明)
距離500m.      46mm(注:鋼板種類不明)
距離1000m     43mm(注:鋼板種類不明)

・出典
大砲入門

■九九式七糎半戦車砲及び一式四十七粍戦車砲の侵徹効力と出典

・九九式七糎半戦車砲の侵徹効力

距離1000m     55mm(注:鋼板種類不明)
距離1500m     47mm(注:鋼板種類不明)

・一式四十七粍戦車砲の侵徹効力

距離500m.      55mm(注:鋼板種類不明)
距離1000m     30mm(注:鋼板種類不明)

・出典
機甲入門

141 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 00:11:34 ID:???
ここに、現地改造で軽戦車に47mm砲を積んで砲戦車にしたとあるけど、
どういう要領でやったんだろう
http://navy.ap.teacup.com/yamanekocave/256.html

>>140
弾量が大きいだけあって、射程による低下が小さいね
99式7センチ半戦車砲って、九四式山砲と同じくらいの砲身長なのに、
初速が50mくらい大きいのは不思議だ
薬室が拡大されてるのか?

142 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 00:21:54 ID:???
>>140の ・九九式七糎半戦車砲の侵徹効力 に間違いがあったため訂正

正 距離1000m     50mm(注:鋼板種類不明)
誤 距離1000m     55mm(注:鋼板種類不明)

>>141
多分薬室か装薬いじってる
原型砲だとされている四一式山砲と九四式山砲の初速はそれぞれ360m/secと392m/secなのに、
九九式七糎半戦車砲のI型とII型の初速はそれぞれ450m/secと520m/secとなってる

143 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 00:37:15 ID:???
>>141
例えば一式徹甲弾の場合
四一式山砲は一号方形薬265gで初速343m/s
九四式山砲は一号方形薬378gで初速384m/s
ちなみに、三八式野砲、九五式野砲等だと
一号帯状薬600gで初速508m/sになる。

144 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 01:27:08 ID:???
>>141
車体が1号戦車とかわらん大きさだからあれに47mm積んだみたいに砲塔外して速射砲載っけるぐらいしか思いつかん。

145 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 02:01:25 ID:???
>>141
戦後に元通りに直したっていうんだから、自分も砲塔外して乗っけただけだと思う。
試射してないってのが恐ろしい。
試射したときを想像するのも恐ろしいw

146 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 03:38:40 ID:???
>>141

九九式七糎半戦車砲の薬筒は四一式山砲と同じ。
装薬を増量のうえ九番管状薬に変更。


147 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 03:46:19 ID:???
>>146
それを山砲には使えないの?

148 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 04:17:39 ID:???
>>147
駐退器が壊れるか、砲架ごと後ろにすっ飛ぶだろ・・・。

149 :名無し三等兵:2007/09/09(日) 12:42:44 ID:???
>>139
九五式でも山砲くらい積めるだろう。
三八式12糎榴弾砲積んだ試作車があるくらいだから。

150 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 13:52:52 ID:???
九九式七糎半戦車砲って
単純に初速のみで考えるとT型が九四式山砲ベース
U型が三八式野砲ベースに見えるけどどうかな?

151 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 14:50:59 ID:???
ちなみに、三八式野砲と九四式山砲の薬莢は同じ。
だから装薬詰め込みで三八式野砲並みの初速ってのは
やってやれないわけでもないだろう。

152 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 13:24:54 ID:???
>>151
薬莢が同じなら確かにできるな
ところで、T型とU型って砲身長は同じ?

153 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 02:11:13 ID:???
深度730を突破。とうに限界深度は超えています。
海底まで残り2、総員衝撃に備えよ!

154 :age:2007/10/04(木) 17:41:49 ID:3zfuF356
保守

155 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 21:18:19 ID:???
ん?軍板って投稿あっても下がりすぎると落ちる仕様なの?

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)