2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【火焔直撃砲】宇宙戦艦メダルーザ第18番艦【用意!】

1 :バルゼー:2007/09/13(木) 22:28:50 ID:???
ヤマトスレ発見…死して大帝にお詫びを…
前スレ
【宇宙の】宇宙戦艦ドメラーズ17番艦【狼】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1186744247/

過去スレ・データベースサイト
ttp://members.at.infoseek.co.jp/tms9918a/kako.htm

2 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 22:36:55 ID:???
ヤマト 6万4000トン、全長265.8m、全幅34.6m
アンドロメダ 9万8000トン、全長275m、全幅66.2m
標準戦艦 5万4900トン、全長242m、全幅45.8m
巡洋艦 5900トン、全長150m、全幅26.6m
駆逐艦 3600トン、全長112m、全幅13.9m

彗星帝国都市 全高10km、直径15km
巨大戦艦 全長12.2km、全幅6km、全高2.3km
大戦艦 6万3000トン、全長310m、全幅87.7m(艦首部にラダー? が装備されているためこれが幅を稼いでいる)
ミサイル艦 6万8000トン、全長240m、全幅126m
駆逐艦 4800トン、全長132m、全幅59.4m
大型空母 6万5500トン、全長315m、全幅95.5m
ナスカ 5万1000トン、全長250m、全幅72.2m
潜宙艦 4600トン、全長118m、全幅45.5m

デスラー戦艦 4万9500トン、全長235m、全幅74.6m

3 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 22:38:16 ID:???
自動惑星ゴルバ 全高720m、全幅432m
プレアデス 全長360m、全高350m、全幅328.7m
護衛艦 全長108m

無人艦隊大型艦 全長300m、全高94.1m、全幅84.5m
無人艦隊小型艦 全長180m、全高55.4m、全幅43.5m

ゴルバ型浮遊要塞(改良型?) 全高1000m以上

新型デスラー艦 全長1350m
デスラー砲艦 全長234m
大型戦闘艦 全長492m
ダゴン艦 全長252m
プロトンミサイル 全長600m前後(キャリア艦全長336m)
二連三段空母 全長540m
戦闘空母 全長522m

都市衛星ウルク 全長20.8km

4 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 09:40:05 ID:???
ゴルバ型浮遊要塞は改良型ではなく、劣化コピーのたぐいだと個人的には思います。
もう、何年前になるか解らないけど、わざわざ映画館に見に行って「強すぎたから弱くしたんだ」
と子供ながらに確信したのがちょっとイヤンな思い出になってます。

主砲の代わりに魚雷発射口がついてて波動カートリッジ弾が奥深くで炸裂っていくらなんでも・・・

5 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 09:49:55 ID:???
>>4
映画館で見たけど画面暗すぎて誘爆してやっと位置が解った次第です。

6 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 12:36:32 ID:???
「かぐや」発進!
http://h2a.mhi.co.jp/f13/countdown/index.html

7 :名無し三等兵:2007/09/14(金) 17:30:45 ID:???
芸スポでこんなネタ拾った。
ttp://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1189753004/
ttp://www.sponichi.co.jp/osaka/ente/200709/14/ente210229.html

ヤマトのリバイバル版を月曜19時に放送するそうだ。
以前のままの再放送なのか、それもともデジタルリマスター化するのか。

8 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 04:13:56 ID:???
>>3
ゴルバ型浮遊要塞は全長1080m、直径630mだっぺ
空間重魚雷は全長180mある
つーかこれってコピペか?

にしても魚雷発射口に弾が入ったのは知っててやったのか偶然だったのか…

9 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 06:35:03 ID:???
「自動惑星」と「浮遊要塞」だから投入された技術も登載されている武器も異なるだろ

遠征軍の旗艦として採算度外視で作られたのがゴルバ型自動惑星
航路封鎖用に防御力以外はコスト削減(巨大砲の替わりに大型魚雷、移動能力なし)したのがゴルバ型浮遊要塞

10 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 09:00:03 ID:???
前スレに、がミラス人とゼントラーディ人を混同してる御仁がいたな

11 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 09:08:39 ID:???
分かってないのは君だけと思うよ

12 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 09:17:30 ID:???
波動カートリッジ弾の波動エネルギーはどうやって仕込んでいるんだろう。
「永遠に」では一発づつほとんど手作業で造ってるようだから、
機関室に行って注入してるのか?

13 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 09:29:24 ID:???
>>12
コックが皿を洗おうとして波動エンジンのバルブを開けた艦があったとか・・・

14 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 09:33:00 ID:???
えー
波動オーブンレンジとか波動炊飯器とか波動皿洗い機とか普通に(ry

15 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 09:44:37 ID:???
>14
それをいうなら松本宇宙的にはコスモ洗濯機とか大冷蔵庫だろ。
もちろん波動エンジン駆動のw

16 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 09:53:50 ID:???
>>13
それはボラーの話だろ。
漏れの聞いた話では新兵虐めに耐えかねた宇宙戦士が波動カートリッジ弾を(ry

17 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 11:14:40 ID:???
漏れの聞いた話ではホモの宇宙戦士の別れ話がこじれた結果、砲塔内で波動カートリッジ弾を(ry

18 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 11:23:47 ID:???
コスモ陸奥爆沈事件か

19 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 11:24:45 ID:???
おまいら、いい加減にしないと46サンチ衝撃砲に波動カートリッジ弾と一緒に詰め込んで発射するぞ



性的な意味で

20 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 11:49:27 ID:???
これもテンプレに入れます

全然強そうに見えなかった彗星帝国の大戦艦だが、実はアンドロメダの
1.5倍強、主力戦艦の3倍弱の大きさが有ったりする。
地球防衛軍
アンドロメダ:9万8000t、主力戦艦5万4900t、巡洋艦&パトロール艦2万3500t、
駆逐艦6000t、護衛艦3600t、輸送艦19万8000t、ヤマト6万2000t。

彗星帝国ガトランティス軍
超大型空母20万5500t艦載機208機、高速中型空母5万1000t艦載機75機、
大戦艦15万2000t、ミサイル艦6万8000t、駆逐艦4800t、潜宙艦4900t、

ガミラス帝国軍
デスラー艦4万9500t。
三段空母4万8000t艦載機60機、戦闘空母4万2000t。

別冊てれびくん 宇宙戦艦ヤマト2より 艦載機データまで掲載されたのはこれしか無い。

高速中型空母や三段空母が意外と大きく、主力戦艦が意外と小さかったりする。


ちなみにデスラー戦闘空母は260m、6万トン、艦載機60機というのをどっかのサイトでみました



21 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 11:50:25 ID:???
■地球艦隊
さらば
超大型空母オペレーター:
「地球艦隊接近!、戦艦36、巡洋艦81、駆逐艦多数!。」 (合計117+α隻)

■白色彗星艦隊
ヤマト2の第18話
地球防衛軍副官:
「え〜、戦艦80隻、空母66、巡洋艦駆逐艦288を確認、未確認の艦も多数後続の見込みです。」 (合計434隻)

■ガルマン親衛艦隊
ヤマト3最終回
森雪:
「約100隻の艦隊が接近してきます」(台詞の細部ちょっとうろ覚え)



22 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 11:53:41 ID:???
完結編駆逐艦みたいに、ムダにでかい船体を
艦隊の盾に使ったり・・・・ バルゼー空母の周囲を固める艦は大戦艦だったわけだし

23 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 14:36:39 ID:???
>>21
>「地球艦隊接近!、戦艦36、巡洋艦81、駆逐艦多数!。」 (合計117+α隻)

ひおあきらの漫画だと駆逐艦138って言ってた。

24 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 16:39:56 ID:???
ひお版でも駆逐艦多数だけど

25 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 17:02:04 ID:???
おいらのは初版本だけど138って書いているよ。

26 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 17:44:48 ID:???
探し物していたら、PSのゲームのムックが出てきた。で、↑の大戦艦の流れを思い出し、設定が載ってるかなーと
調べてみたが、大戦艦そのものが載ってない……もしかして、ゲームに大戦艦出てこないの?

27 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 17:57:13 ID:???
この場合、レーダーに映ったものを素直に信じていい世界なの?

28 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 19:09:18 ID:???
只のレーダーだと思うから誤解する。

29 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 19:22:20 ID:???
コスモレーダーは地球だと
ヤマト完成後に導入された技術っぽい

30 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 21:17:13 ID:???
             /: : /: : : 斗--、 :|: : : : :|: : | ,ィT: ',: : :ヽ : !
             |: : |: : : : : |: /  \: : /|:.ィ: :ヽ: : :.|.: : : ト、:|
             |: : |: : : : /!/ ⌒ヽ| :/ |:./⌒ヽV: |.: : : | V
            < : _: : / 〈  ∵ |/  レ  ∵} }|:./ヽ: : |
            <:: |. 小{   _,,.. -    、-.,_  レ{: :.|ヽ:|
              厶ヘ ハ         、     {ハ/ V
                 \_!      _ '     !
                  ヽ    /   `t   /
                 ,r| \  {    / / 
                      /廴) _ ___ _|
                 /   /´/´三} |
      [辷5イ]        /   ,.イ´ /三三ヲ/
    ー丑丹丑‐'   / ,.-<.ノ  {ニニニヲ/
.   、  マヌ冂{[_ / ,..イ { {\ ',、  \三ヲ/
    \此亜沙''´‐''´  l \ー'人\   /
.    / 7 ̄「 ‘’l      l二l>'´  `7´
  ___,,Lム辷j_ _j_ __ __」二l____/
  ̄ ̄辷_:::::〈:::::::/::::::::::::/l二l:::::::::::::: \
     八__r=.;;_:{:::::::::::::{ ::::::::::::::::::::::::::.  `ヽ
      ー辷_'ー'う‐- ..;;j_:::::::::::::::::::::::::::::  ::}
          ̄     `'' ‐ ..;;_:::::::::::::  ,ノ

31 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 22:17:37 ID:???
>>26
ゲームにも大戦艦は出てるよ。しかも新設定で大戦艦を小さくしたような巡洋艦も。
あれは設定資料集のはずなのにそれらの画(地球側も一部抜けてる)が無いという変なムック。

あとアカデミーのさらば公式本だと大戦艦は63000tとされている。
本編での打たれ弱さだとこっちの方が妥当な気がしないでもない。

32 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 22:29:13 ID:???
ヤマト世界の星間国家は、領土のわりに艦艇数が少ないのかな。
まあ、銀河を二分するガルマンとボラーが、数百万隻の戦艦で対峙
しても、大味すぎてつまんないような気もするが。

33 :名無し三等兵:2007/09/15(土) 22:50:43 ID:???
>>32
>数百万隻の戦艦で対峙
それができたら銀河はさっさとどっちかのものになるだろう。

34 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 01:21:35 ID:???
>>33
銀河英雄伝説ってのがあってな。
あれは数万単位だったけど。

>>32
対艦巨砲主義マンセーな世界だからな。
安い船を量産するより、超強力な戦艦を少数生産した方が効率がいいんだろう。
ガトランティスと地球の艦隊決戦だと、ガトランティス戦艦80、地球戦艦36。
これでもユトランド沖海戦の参加艦艇よりは遥かに多い。

35 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 01:32:50 ID:???
>>32
まあ、そのために速力も半端じゃないし、いざ艦隊決戦時には、各国技術の最高水準でつくられた
数十隻〜数百隻の艦船が、完備された通信網を利用して集結し、ぶつかり合うんでしょうな。

だから隻数は少なくてもいいんでは。

まあいつも戦乱してるから建艦ペースが間に合わないと。銀英伝みたいに妙な戦乱の空白がない
からね。だって地球だって銀河に比べてあんな小さな宙域で5回もの総力戦やってんだしw
後隻数をそろえても、各勢力に大量必殺兵器があるから、戦備計画で安価な艦船による集団戦法
ではいい的になるだけだと。だって地球だけ考えても、

36 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 01:40:47 ID:???
なんか地球防衛軍って戦役あるごとに明らかに弱体化している。
毎回ヤマト以外の艦船がほぼ破壊され、
戦後再び元の兵力に回復するにも時間やら予算がかかってあまり艦船を建造できないのかも知れん。
戦災による人口減少で技術者も不足してたろうし、建造しても人手不足でまともに運用できなかったんだろうな。
しかも立て直してる最中にまた別の敵が来るしね。
『さらば』と『ヤマト2』ではかなりの規模だったのに、
『完結編』でガトランティスより規模が小さいディンギルに壊滅させられてたのには泣けた。

あといつの時代も対空迎撃能力が低過ぎる。
何回も地上攻撃されてんだから戦訓活かせよ。
暗黒星団帝国より規模が小さいディンギルry

37 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 01:42:22 ID:???
黒色星団戦はまともな戦力が全く無かったな。
つか、地球防衛軍がまともに機能したのは対彗星帝国戦役時だけだろ。

38 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 02:02:18 ID:???
実は数年、かもすれば十数年かそれ以上持ちこたえたガミラス戦役時w

39 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 02:48:27 ID:???
>>36
>対空迎撃能力
まあ、旧日本軍がモデルだからねぇ。そのかわり艦載機が鬼神の如く強い。
まあ、機体はグラマン鉄工所ぽかったり、零戦ぽかったり、格闘戦と、被弾に強いという
いいとこどりだけど。

40 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 07:54:09 ID:???
まあ特撮怪獣映画に出てくる防衛軍とほぼ同じ
役回りと思ってよろしいのでは…>地球防衛軍

41 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 10:05:39 ID:???
グラマン鉄工所か

中高生の頃は、コスモパンサーやコスモクーガーを妄想して遊んだな

42 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 10:58:16 ID:???
>>40
「主力戦艦」が全てを物語ってる。何処の中国製戦艦よ、って突っ込む気にもなれんわ。

43 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 11:03:06 ID:???
完結編以降の地球はガルマン・ガミラスと軍事同盟結んでいるのでは?
太陽系各惑星基地にも駐留してもらわないと不安だろう。
今の日本みたいな感じだろうがw

44 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 11:04:02 ID:???
>38
でも、郵政爆弾で、あと1年で人類滅亡・・・・

3では、なんどかパトロール艦がでてきて、外周艦隊は生き残ってたみたいですね
ガルマン技術艦隊をエスコートするパトロール艦に萌え

45 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 12:26:08 ID:???
>>43
ガルマンガミラスから中古の艦や兵器を
払い下げて貰う地球連邦政府(笑)

46 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 12:27:46 ID:???
>>40
通常兵器も多い怪獣映画の防衛軍や自衛隊と違い超兵器だらけだからより微妙な存在。

真田さんじゃなくても「あれだけの波動砲が…」と言いたくもなる罠。

47 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 13:18:51 ID:???
>43 条文のない相互安全保障条約を結んだだけみたいな状態だね。
これは相互利益にかなってる
ヤマトメンバーを怒らせたら困るのはデスラー

48 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 15:17:31 ID:???
>>39
兵器よりも、情報収集能力が無さすぎと思わんか。何年もガミラスと戦っていながら
冥王星に基地がありそうという程度しか情報無いし、銀河系を2分する大帝国の存在すら
しらずに、味方とやらなくてもいい戦争したし、テレサなんて無視されるし。

旧日本軍がモデルといわれると仕方がないか。

49 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 15:26:29 ID:???
SETIなんかやってた連中は宇宙から女の声が届いたら勃起ものだったろう

50 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 17:09:10 ID:???
>>48
地球防衛軍は巡洋艦の使い方を知らないからなぁ。
ヤマトという偉大な成功例があるんだし、銀河系各所を常時長躯哨戒させなきゃ。
ま、テレサのメッセージへの対応を見ても判るが、地球防衛軍上層部はその辺をとことん軽視してるからな。
古代が2やさらばでキレたのはそのあたりへの対応の不味さについて思うところがあったんだろう。

51 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 17:14:11 ID:???
>銀河系各所を常時長躯哨戒させなきゃ
有人艦でそれやったら人件費がえらいことになりそうだな

52 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 17:23:07 ID:???
ヤマトの真価は波動砲ではなく航洋性にこそある。
1年弱もの大航海を単独・無補給で成し遂げた事こそがヤマトをして奇跡の船たらしめたのである。
振り返って、その後に発生した各戦役はヤマト隊のテレザート偵察が奏功したガトランティス戦役を除き
残りの全ては敵性異星人の奇襲的攻撃によって、地球防衛軍主力はその真価を発揮する前に壊滅の憂き目にあっている。
地球の今後の安全保障を考えれば、地球防衛軍は太陽系とその周辺のみならず、銀河系全域、更にはマゼラン雲やアンドロメダ星雲
をも含む広大な宇宙にたいし強行偵察を実施しうる優勢な重巡洋艦および巡洋戦艦群を早期に建造配備することが求められるのである。

53 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 17:24:48 ID:???
>>51
戦艦一隻100人弱で動かせるから大丈夫な筈なんだがね。
真田さんの懸念した省力化の問題もアンドロメダでは表面化せんかったし。

54 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 17:33:04 ID:???
最後の最後でコントロール不能になったくらいか。

55 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 17:48:23 ID:???
>>34
知ってるよ。
あれは一応政治の延長で
敵軍を一兵残らず抹殺するよりもむしろ全員に白旗をあげさせるため
(敗北を認めさせる)にやってるようなもの。
もちろん「銃後の民」を殺すのは論外。
(両勢力ともそこらへんの「けじめ」がちゃんとついて
 品性下劣に流れなかったからあの作品は人気があったんだと思う)

翻って、ガルマンとボラーはどうか。



56 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 17:57:09 ID:???
>>48
遊星爆弾が地球に届き始めた時点でのの地球の「宇宙進出能力」は
ひょっとしたらせいぜい宇宙世紀0079程度だったのかもしれない。
それから7年必死で技術力アップさせて戦って、現実はご覧の通り、と・・・

スタートラインのレベルが相当低い(冥王星みたいな遠くなんか全然見えねーよ)
と見るしかない。


>>52
後半部、アンドロメダ進水式での大統領祝辞そものだな。

57 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 17:59:05 ID:???
>34
やっぱり涙滴型宇宙船での太陽系を股にかけた大冒険は良いよな
あとウシチシ娘もな

58 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:06:29 ID:???
>56
国力がどんどん減っていく中、
地球と木製で宇宙船使って往復が精一杯の科学力を、
ヒトに近い人工知能機械(アナライザー)を生み
冥王星まで航行できるように引き上げたとすると凄いぞw

59 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:08:29 ID:???
ガミラスのデストロイヤーでも鹵獲できたんかねー

60 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:09:50 ID:???
まあ戦争中の技術開発ってのは文字通り死に物狂いだからな
WWUの5年間で飛行機がどれくらい別物になったか

61 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:12:11 ID:???
>>60
F15からF22まで30年もかかった今って・・・

62 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:15:00 ID:???
>>59
その可能性は高いだろうな。
WW2の時、日独とも潜水艦で交換した相手国の兵器を設計図一つではまともにコピーできんかったし
それなりの基礎技術がなければいくらイスカンダルから設計図が来ても波動エンジンなぞ作れないよ。

63 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:16:00 ID:???
>>61
WW IIIでもおきてりゃ5,6年で出来てたかもな。
人類滅亡してなきゃだが。

64 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:18:37 ID:???
>59 それはありそう あとガミラスの偵察機

65 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:22:20 ID:???
>>58
当初、遊星爆弾は
まるで地球の対応力を見たい&侵略とすぐに悟られまい(たまたま隕石の落下が続いたという自然現象にみせかける)
とするかのようにぽつーん、ぽつーんと降ってくる程度だったようだから
技術開発の時間はあったんじゃなかろうか。

66 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:28:05 ID:???
>>43
ガルガミも本星があの有様では(しかも、自慢の新型デスラー艦すらない状態)、他も押して測るべし―地球に駐留
なんて余裕は、当分ないでしょう。
まあ、地球が思いやり予算組んで支えてやれば……。でも、総統は地球なんて小国に用心棒代せびるようなセコい
マネはプライド傷つくだろうし(ヘタに政治的に地球に入れ込むと、弱体化したボラーを刺激して、双方同盟国作り競
争に突入するかもしれん)、そのせいで自分のところの復旧が遅れてはねぇ……。

67 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:46:14 ID:???
>>66
ガルガミもボラーもボロボロ
ディンギルは消滅
暗黒星団も消滅
彗星帝国も消滅

こういう状況で脅威となるのは各勢力の残党になるのかな?

68 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 18:49:37 ID:???
>>67
Nプロデューサーがまたなんか敵をでっち上げて攻めさせます。

69 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 19:49:53 ID:???
ガルマンやボラーが壊滅したら、幻の第三勢力(?)
ゼニー合衆国が銀河唯一の超大国になったりして
タイムリーすぎて笑えんな

70 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 20:02:15 ID:???
ズォーダー二世ぐらいは出てきて欲しい

71 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 20:05:37 ID:???
一回の戦争で一つの勢力が跡形もなく
消滅してしまうのは、宇宙空間が舞台だから?
それとも残党勢力は単に本編で触れられてないだけ?

72 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 20:12:55 ID:???
>>71
触れられてないって方が色々美味しい展開が望めそうですね。同人レベルかも知れませんが。
実際には、スタッフの方々がそこまで設定する必要を認めたかった、って辺りがオチでしょうか。

73 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 20:15:03 ID:???
いや、「2」でガミラス残存艦隊がデスラーに合流してるやん。
「3」の地球防衛艦隊でパトロール艦が登場したのだって残存戦力だよ。
やはり中核部隊を退けられるか否かだけだな。
てかテレビシリーズならそういう周辺に触れる時間がとれるが、
映画の2時間足らずでそれはむりだろ。

74 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 20:31:34 ID:???
デスラー総統の波乱万丈極まりない人生を支えたのも残存艦隊だからなぁ。
「新たなる」では、一旦は戦闘空母一隻に没落したようだが
「3」のガルマン解放戦には、何気にガミラスデストロイヤーが合流しているようだし

きっと宇宙は広いから、司令部が音信不通になると、戦力はすぐに分散しちゃうんだろう

75 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 20:58:11 ID:???
ガルマン解放戦線なんてのもありそうな気がする。

76 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 21:12:33 ID:???
ガミラスもだが、ガトランティスの属国や残存部隊はかなりいそうだね。


77 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 21:18:41 ID:???
>>76
アンドロメダ星雲を征服したって設定だしね。
銀河の倍の規模の星雲だから、そこから幾らでも話を大きくできそうw

78 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 21:27:59 ID:???
絶対、ガミラスには小野田さんや横井さんみたいな兵士がいると思う。

79 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 21:28:38 ID:???
アンドロメダって銀河と同じくらいじゃ?

80 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 21:37:18 ID:???
>>66
完結編序盤でヤマトが「嵐の中」を進んでたでしょ。
あんな状況があっちこっちで頻発してるようじゃ、あんまり大きいフネは使いづらいと思う。
だから総旗艦はあえて置いてきたという見方もできなくない。

81 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 21:39:02 ID:???
ズォーダー大帝亡き後は、穏健派が白色彗星共和国を樹立したりとか、色々遊べるぞw

一方、暗黒星団は二重銀河が崩壊するわ、肉体は老化してるしで、先行き暗そう・・・

82 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 21:40:26 ID:???
>>79
いや、アンドロメダの方が銀河より大きい。
アンドロメダ星雲は銀河系周辺の銀河の中では最大だよ。

83 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 21:41:47 ID:???
国家の危機に国家元首が自国家よりも友邦国(どっちかというと友邦艦、あるいは国家の一番の敵)の危機のために、
全てを投げ打って、駆けつけているようにも見えるんだよね。

だから、あの時は主力の戦闘艦艇らは、助かった民間人らを乗せて安全域で待機、移住できる惑星探し、
総統がいるように見せかけるためにデスラー艦はこちらの艦隊につけて、
足の速い小型艦艇を中心に、勇躍駆けつけた。

こんな感じかな?

84 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 22:19:51 ID:???
 自国に花を手向けてくれた古代=地球に恩義を感じ、それに報いるために総統としてより武人として同志を募り、
義勇軍としてはせ参じたというところですか。避難民の安全確保と義勇軍の編成していたら、あのタイミング
になった、と。

85 :名無し三等兵:2007/09/16(日) 22:25:50 ID:???
>>76
そいつらがハーロックと戦ってたんジャマイカ?

86 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 01:35:51 ID:???
>>83
タランが登場しなかったのはそれが理由だったと思いたい


87 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 02:16:43 ID:???
完結で未だにガトランティス製のデスラー艦(2代目)持ってたのは、
ズォーダーの恩義を忘れてなかったからとか言ってみる。
なんだかんだであの二人の関係良かったし。
まぁ3代目が大きすぎて柔軟な運用が難しいか、3代目に何かあった時のための予備役だったのかも知れんけども。

にしても3代目、あのデザインは無いわ〜w

88 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 02:22:57 ID:???
2代目はサイズが地球の主力戦艦並でヤマトより小さい。
単純にガミラスの技術水準が高いから、地球艦よりコンパクト化できたのかもしれないけど
ひょっとしたらより機動力と航続距離の長い巡洋戦艦的な船だったのかもしれんな。
デスラー放浪期に就役した船だし。で、災害救助を終えたデスラーが大急ぎで駆けつけるためにあの船を使ったと。
三代目はでかすぎて動きが鈍いだろうしなw

89 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 02:39:43 ID:???
>>88
>単純にガミラスの技術水準が高いから、地球艦よりコンパクト化できたのかもしれないけど
基本的にデスラー砲以外に武装がなさそうな初代の強化型だから、コンパクトなのはデスラー砲と旗艦に特化して
いるせいじゃない? ドメルの円盤艦にデスラー砲つけた感じ。
 ヤマトとガチで殴りあったら、軽く負けると思うし、そんなことは想定されてない。
 

90 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 02:42:03 ID:???
2代目はガトランティス謹製だろう

地球、イスカンダルの波動エンジン関係を除くと技術的な交流、影響が伺われるのは
ガトランティス、ガミラスくらい?
瞬間物質移送機→火焔直撃砲、ガルマン・ガミラス艦の回転砲塔

91 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 02:58:59 ID:???
あのデスラー艦は武装がデスラー砲と対空砲、ミサイルぐらいだもんな。
戦艦ではなくてコマンドシップというネーミングがふさわしいとおもう。

92 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 03:27:12 ID:???
ガルマン帝国デスラー砲艦とあんま変わらんな。

93 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 03:47:11 ID:???
>>89
>ヤマトとガチで殴りあったら、軽く負けると思うし
不覚にもワラタ

94 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 08:44:36 ID:???
>>92
デスラー砲艦自体、量産型デスラー艦みたいなもんでしょ。

…俺の脳内ではデスラー砲艦は巡洋戦艦扱い。
根拠はバンダイのボードゲームのヤマトでのレーティングwww

95 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 09:14:33 ID:???
>>88>>94
おまえら、巡洋戦艦て言いたいだけたいだけじゃないの?
機動力と航続距離が長いだけなら、普通の巡洋艦だと思うが。
それにデスラー砲プラス、自衛兵装だけしかないなら、どう考えても指揮艦だろ?

96 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 10:04:49 ID:???
現代の軍艦だって昔とは分類変わってるのに、
宇宙船にそのまま当てはまるわけがない。

そことうまく理屈をあわせて楽しもうとしてるわけだが、
何に依拠するかは人それぞれによって違う。
「誰が何をいおうが、俺様はこうだ!」ならまだ微笑ましいが、
人さまの思いつきや考えを否定ばかりしてても実りがないわな。

97 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 10:10:49 ID:???
護衛艦って便利な言葉だと思わない?

98 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 10:44:37 ID:???
>>97
ガミラス戦役初期の日本艦隊は護衛艦隊だの自衛艦隊だの名乗ってそうだよねw
ミサイル搭載宇宙護衛艦、偵察機搭載宇宙護衛艦、汎用宇宙護衛艦、合わせて8隻
で一個宇宙護衛艦隊。偵察機の当然、一個宇宙護衛艦隊あたり8機で。

99 :98:2007/09/17(月) 10:45:52 ID:???
×偵察機の当然
○偵察機は当然

・・・・・・orz

100 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 11:24:22 ID:???
>>99
偵察機->情報収集機

101 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 11:32:55 ID:???
>>65
まず先に宣戦布告してきたんだから(人類の奴隷化を要求)、単にあの長大な兵站線では、
十分な数の遊星爆弾を作れなかっただけと思われ。あちこちの戦線も思わしくなかった
ようだし。放射線密度が低くなると、肌が白くなって頭の働きが鈍るそうだから、シュルツ長官
の頭も鈍っていたりして。初期は放射性物質は遊星爆弾と戦闘艦が優先されるほど少なかった
とか。古代守を捕虜にしたガミラス艦だって難破したぐらい、補給が難しかったわけでしょ。

102 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 11:50:25 ID:???
ガミラス    :無条件降伏および奴隷化を要求 従わない場合は地球をガミラス化
白色彗星帝国:無条件降伏および奴隷化を要求 従わない場合は地球を破壊
暗黒星団   :無条件降伏とヤマトの破壊を要求  従わない場合は地球の全生命体を殺害
ディンギル   :要求なし。 問答無用で地球全体を水没させて人類と生命の大半を殺戮


こうして並べるとディンギルが一番凶悪だと思う。

103 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 12:00:13 ID:???
デスラー艦は、
前部にヤマトの副砲サイズ以上の単装砲4門
中央部に、ヤマトの主砲サイズ以上の単装砲3門
で、火力はヤマトと同等以上だと思うんだけど。

3連パルスレーザー8機で対空砲も充実

ただ、旋回砲が少ないのでヤマトやデスラー戦闘空母の様に、乱戦も可能な船ではないと思う

艦隊旗艦として大艦隊を率いて、長距離攻撃+瞬間物質移送器+デスラー砲で攻撃の船だと思う。

104 : :2007/09/17(月) 12:32:45 ID:???
>>102
ヤマトから暗黒星団:戦争に使う資源なんて採掘させないぞ。従わない場合は波動砲の刑。




105 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 12:34:09 ID:???
デスラー艦のイメージとしてえらい高速なんじゃないかと
だって艦体のほとんどエンジンとデスラー砲じゃん

106 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 12:54:44 ID:???
>>105
ガルマン・ガミラスの官僚機構を機能させるための文官も満載しているとおもうけど?
デスラーだって戦争ばっかりやっとる訳にはいかんだろうからw

ガルマン厚労省年金局長「総統、これよりガルマンとガミラスの年金制度統合についてご裁可願います」
デスラー「また年金問題かね?、局長」

107 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 12:56:19 ID:???
二重銀河崩壊の刑がいちばん恐ろしいなw
膨大な生命体もいただろうに。

ただ、暗黒星団の凄いところはガミラス戦時からの記録映像を
持っていたことだな。地球もほとんどコピー出来たわけだし。
当時から地球圏内に侵入していた事になるが・・・。

本当に遥か未来の地球人だったのか・・・も?

108 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 13:00:28 ID:???
>>106
コスモ長妻昭が追求するのかw

109 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 13:14:50 ID:???
>>107
だって、地球圏内に進入していたからw
地球占領していたことを忘れていないか?

機密情報とかはロックかけたかも知れないが、一般的な歴史情報とかニュースとかは
好き放題にアクセス出来たでしょ?

110 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 13:22:06 ID:???
>>109
そうだよな。唯一地球を占領したんだもんな。
考えすぎだったw

111 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 13:34:13 ID:???
しかしそれをわずか数日?十数日?でテラフォーミングするっていうのも
並大抵のものじゃないぞ

112 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 14:13:54 ID:???
>>111
新たなるの直後から地球を偵察してたんじゃね?
映像や資料関係は一般公開ニュース調べるだけでもわかるだろ。
スパイの情報源の8割9割は一般のニュースや書籍だっていうし。

113 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 14:30:18 ID:???
>>112
彼らの目標が地球人の肉体の奪取であることを鑑みると、地球人類のサンプル
入手とかは当然事前にやっていそうだなぁ・・・・。

やらないと彼らの脳を移植して大丈夫か?等々が分からないからね。

114 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 14:43:20 ID:???
>>113
あんな大規模な侵略なぞせずとも、遺伝子一つ持って帰って再生医学を駆使すればいいと思うんだがなぁ。

115 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 14:56:30 ID:???
人工ではない自然に造られた命の体が欲しかったんじゃない?

116 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 15:55:04 ID:???
>>86
アマトIIIの最終回で「タラン!何年私の副官をやってるんだ!!」と御叱りの言葉があり、ファイナルヤマトではお仕置きの最中で出番が無かったんです。

117 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 15:56:48 ID:???
>>116
×アマトIII
○ヤマトIII

118 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 16:01:51 ID:???
「11番惑星を襲ったのはガミラスの残党じゃない」(松本コミック)

残党という設定が無視されたわけじゃないんだな

119 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 16:33:38 ID:???
>>102
対暗黒星団戦については、完全に地球側に非がある。宣戦布告もせずに勝手に
暗黒星団艦隊に奇襲攻撃をかけ壊滅させた。しかも旧日本政府のように遅れながらも
宣戦布告書を渡した形跡も無い。

120 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 16:43:11 ID:???
>>119
宣戦布告してどーすんだw


121 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 16:53:47 ID:???
あの世界では宣戦布告のような形式ばったものはかなり異例

122 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 16:56:50 ID:???
割と早期に奴隷か死かを求めてきたガミラスは異例か。

123 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 17:25:07 ID:???
>122
古代「(デスバテーターの主がデスラーなら)
デスラーは堂々と名乗ってから始めるよ あの男は勇者だった」

松本コミックより

124 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 17:58:06 ID:???
>>123
>松本コミックより

いつも尻切れとんぼで悲しいっす。

125 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 18:19:35 ID:???
>>123
PSのゲームでもそう言ってたな。
「ハッハッハッハッハ! 久しぶりだな、ヤマトの諸君!」
と通信文入れるわな、デスラーだったらw

126 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 18:44:41 ID:???
>>113
「肉体の奪取」だとアルフォン少尉が森雪に対してやったことを想像してしまう・・・・


127 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 19:23:35 ID:???

>三代目デスラー艦

「新たなる」の発表当時に徳間書店かどこかから出たムックでは(本が現存せずうろ覚えだが)
「三代目デスラー艦は、戦闘空母を改造してデスラー砲をつけたもの」という解説が
バッチリ図版入りで載っていた。
幸い>>87-88あたりでは「大きすぎ」・「でかすぎ」と書いててくれるので、ここでは
ヤマトVに登場したハイパーデスラー砲装備の巨艦のことを指してると判るけれど…

普通はこういうのって混乱するもとだべなぁw

128 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 19:43:08 ID:???
遺伝的に強靭な手足を得られない生物になっちゃった
ってことだよな>暗黒星団人

首から下をぶんどるというのを目的にしてたヤツもいただろうけど
遺伝情報を得ることが目的だったのかもしれん

129 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 19:51:27 ID:???
>>128
地球人と子供作る事を考えてたんじゃね? アルフォンみたいのが主流派だったとかw

130 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 20:16:59 ID:???
>>129
 それで、いきなり地球人の脳だけ殺す重核子爆弾かよw

131 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 20:32:24 ID:???
>>130
ハイペロン爆弾は単なる脅し用だろ。
もし爆発させて何も困らないなら即効使用している筈だ。
あれは「人類を全滅させても地球は綺麗に手に入るから何時でも爆発させられるんだよ」
と言わんがためのものだと思われるが。

132 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 20:40:08 ID:???
>131 「聞き分けの無い一部の人間への脅しに過ぎん」

スカルダートの発言は多分真実だろうね
使役する労働力として、あるいは子供を作る対象 あるいは検体
地球人を生かしておかないと侵攻の意味が半分以上薄れる

133 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 21:28:06 ID:???
>>132
太ったハゲ将軍「聖総統も相当夜が御盛んな事でwwwwwww」

134 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 21:36:19 ID:vZIl1BQA
まさに性総統

135 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 21:53:23 ID:???
精巣統?

136 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 23:10:31 ID:98T2dsxr
「ヤマトよ永遠に」は形式的だけれども、いちおう話し合いで戦争が終わるという、
ヤマト世界では珍しい話なんだよな。
その路線を継承して、暗黒とは停戦状態のママにしておけば、世界が広がってよかったのに。
古代と雪が結婚したけど、古代は単身赴任。
1人寂しい雪の前に現れる駐在武官のアルフォン少尉。
これで1シーズン分は作れる。

137 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 23:22:01 ID:???
>>136
それだとハーロックになるな話がw

138 :名無し三等兵:2007/09/17(月) 23:55:06 ID:???
>>136
古代の単身赴任先には、肌がピチピチのサーシャが網を張って待ち構えています。

139 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 00:33:41 ID:???
>>138
いや、その頃には既にお肌も第4コーナー回ってるんじゃないか?>サーシャ

140 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 00:39:20 ID:???
暗黒星団の地球侵略部隊って結局どうなったんだろう。
デザリウムがふっとんだら彼らの生命維持装置も止まったとか?

141 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 00:41:07 ID:???
>>140
実は有人艦中心の地球防衛軍の残存艦隊が残っていて
そいつらの奮戦で壊滅した、みたいなサイドストーリー作れそうだね。

142 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 08:10:55 ID:???
アリゾナ出撃!てな話し位は作れるな

143 :サレンダー:2007/09/18(火) 08:50:05 ID:DcyRTVqd
ttp://www.imgup.org/iup465831.png
これらの戦艦のデータはちょっとショックである。


144 :サレンダー:2007/09/18(火) 08:52:10 ID:DcyRTVqd
>>140
ひおあきらの漫画によるとゴルバと一緒に誘爆で全滅。


145 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 09:04:53 ID:???
実際、あまり小さくできないのかもしれん
グワジンだかグワダンだかは女官とか乗せていそうだし

146 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 10:21:06 ID:QyvAlzWx
>>140

>暗黒星団の地球侵略部隊って結局どうなったんだろう。

PS2版のゲームではその辺どうなっていたのかな?

147 :蜂6:2007/09/18(火) 12:34:07 ID:???
>>145
まぁグワダンとかはネオジオンのお城みたいなもんだしね。

ヤマトも+してみた。
ttp://www.imgup.org/iup465893.png


148 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 12:42:39 ID:???
>>147
長さはともかく幅が・・・(´・ω・`)

149 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 13:27:55 ID:???
立てたコスモタイガーより体積あるMSを運用するのが前提だからなぁ。大型艦になれば、数も増えるし。
あと、やはり動力・推進機関の性能差だね。ガンダム艦船は、あれだけデカくてもせいぜい木星までしか行けない―
というか、地球-月間での運用前提だし。

150 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 13:40:43 ID:???
ガンダムの世界では戦闘空母的な船が殆どだったな。
完全な戦艦はファースト以後時代遅れになって廃れる一方
駆逐艦や純空母的な船はなぜか登場しないんだよね。

151 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 13:46:21 ID:???
ガンダム世界だと、駆逐艦級はモビルスーツの能力と比較すると
必要とする人員が多い割には効率的じゃないからだろうな

つーかアドラステアってすごいな…

152 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 14:34:11 ID:???
>>150
 イージスみたいな防空ができない世界だから、MSの直衛なしでは艦を運用できないんだよね。ミサイルの飽和
攻撃もないけど、MSが至近距離に貼り付いて弱点狙い撃ってくるし。かといって、MSの性能では「空母で集中運
用」では艦隊全部を守るのは難しい。自艦に張り付く敵MSを掃討させるために全艦がMS運用しなきゃならない中
途半端に無駄な世界。
 レーダーが使えなくて、ワラワラ近づいてくる高速魚雷艇を艦砲、CIWSで撃てず、ヘリで対応しなきゃならない(浅
く狭い海域だから、速力で振り払うこともできない)って感じ?

153 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 15:41:32 ID:???
> アドラステア

ググってみたが、タイヤのようなものはマジでタイヤだったんだなw

154 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 17:28:50 ID:???
ヤマトワールドに出てくる宇宙人てそういやみんな地球人と同程度のサイズ
なんだよな(完結篇のディンギルは少々大柄だが、私たちから見たNBA辺り
の選手を見るような感じかな?)。
999だと知能を持った恐竜とか出てきてたけど、たとえば見た目はごく普
通の人間(ガミラスやボラーみたいに肌の色は別)だが、身長が地球人対比で
10倍あるとか、逆に10分の1程度の人間が出てきてたらまた変わった展開が
見られたかもしれないが。

155 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 17:53:56 ID:???
防弾チョッキの巨人とモビルスーツが戦う・・・のはマクロスでやったなw

156 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 17:58:54 ID:???
じゃあ宇宙怪獣と人類が戦う!

157 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 18:30:50 ID:???
いや、むしろ人形サイズの女性型宇宙人が侵略してく…


ホラーか萌えかのどっちかにしかならんな

158 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 18:42:04 ID:???
>>157
しかし紅一点が森雪なヤマトクルーが戦いにくそうな敵だな。
加藤がコスモタイガーUで空戦しても、「女相手に撃墜できん」とか言ったり。

よく考えたら、助っ人は皆女性なんだよな。スターシャ、テレサ、ルダ。

159 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 19:16:24 ID:???
うわ・・・

将来ある若手をはじめ無意味にしか思えないようなキャラ殺しも不愉快だったが
「異星人の女とねんごろになった地球の男」もみんな死んでるんだな。さして必然性もなく・・・



160 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 19:21:05 ID:???
ある意味地球上の戦争を宇宙レベルに拡大した作品と
解釈すれば、登場する異星人がみな人間型なのも納得がいく。

161 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 19:41:25 ID:???
>>152
島嶼部における米軍の魚雷艇は
日本の艦艇群にとってかなりの脅威だったそうだが
そういう状況(レーダーがあってもあんまり役に立たない)に似てる。
どっちも同じレベル(宇宙空間)に居るという点で
艦艇と航空機の関係よりは、大型艦と打撃力ある小型艦の対峙に近いと思う。

162 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 19:44:10 ID:E6KpEH2K
出てくる異性人が地球人と同じスタイル・大きさだからってケチつけるか?

163 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 19:53:38 ID:???
異性人

164 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:03:52 ID:???
落ち着け

165 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:05:57 ID:???
>>158
助っ人だけど、さげまん。

166 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:15:34 ID:???
>>143
そいつら全部が束になってかかってきてもヤマトの方が強いけど。
主砲とミサイルとコスモタイガー隊で充分。

棟田康幸や野村忠宏は身長無いが強いだろ。あれらと似たようなもん。

167 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:16:15 ID:???
宇宙人の形態に凝ってみたとしても、戦闘に関する限り
たいした変化はつけられないんじゃないかな。

168 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:21:31 ID:???
まあ、あんまり凝ったりしても・・・・
やりすぎると、そこに凝って作品が面白くなりますか?・・・になるからな

169 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:34:16 ID:???
>>166
ガスタービンエンジンのイージス艦と人力のガレー船位技術格差があるんだからw

170 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:36:24 ID:???
>>166
そりゃヤマトは1隻で惑星はおろか銀河まで破壊した艦だからなw

とはいえさらば&2の地球艦隊が主砲を数回斉射しただけでも確実に壊滅しそう。

171 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:37:18 ID:???
そもそもヤマトは20世紀中頃の水上戦闘を宇宙に置き換えて
航空機の優位をなくしたお話なんだから、宇宙人が人間型なのは当然。
人間同士の戦争にしてもよかったけど、それでは勧善懲悪に近いヤマトのストーリーと馴染まない。

172 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:44:35 ID:???
>>153
バイク乗り魂って奴ですよ。トホホ

173 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:47:16 ID:???
1では虫型とかアメーバ状のやつも出てきてたけど
あいつらはガルマンガミラスやボラーなどの列強種族の拡張に伴って、駆逐されたんだろうなあ…

174 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:53:08 ID:???
第二次大戦へのオマージュが、ヤマト世界の醍醐味だからな。

175 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 20:56:23 ID:???
アメーバ状にすれば作画は楽だったんじゃないか

176 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 21:13:18 ID:???
見た目地球人と全く変わらない(身体だけでなく衣服等の付属性も)異星人って
ヤマトシリーズ以外の作品でも、そんなに居たっけ?

すぐ思いつくのは・・・年がバレそうだが
宇門大介とか翼隠してるバーム星人くらいか。


177 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 21:20:38 ID:???
ロゴ・ダウの異星人とか
宇宙空母ブルーノアのなんとか星人とか

178 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 21:22:54 ID:???
スッパマン

179 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 21:31:32 ID:???
地球防衛軍に黒人の隊員がいたら、よほど異星人らしく見えそうだなw

180 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 21:36:57 ID:???
確かレンズマンの部下には居たな。
18歳の副操縦士だったかと。

181 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 22:34:09 ID:lFpg74sj
366 :279:2007/08/26(日) 06:49:03 ID:???
スレ住人の皆さん、ごめんね。空気読めて無かったね。不快に思った方も多かったでしょう。
この話はここでやめます。ご迷惑をおかけしました。
ただ皆さんからのご意見、いろいろ想像して楽しむのに大変参考になりました。ありがとうご
ざいました。279は1住人に戻りここで消えます。しばらくはROMに徹します。


182 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 23:00:54 ID:???
耳がとがっているではないか

183 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 23:10:30 ID:???
ガトランティスとか、ガミラスのような人型侵略国家が、人型でない宇宙人国家は不気味で怖いから駆除してまわってたんでないかね。

184 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 23:11:40 ID:???
ガトランティスとか、ガミラスのような人型侵略国家が、人型でない宇宙人国家は不気味で怖いから駆除してまわってたんでないかね。

185 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 23:19:04 ID:???
>>182
うちのことけ?

186 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 23:29:30 ID:???
>>182
ラフィール殿下がご立腹だぞ!「耳のことは申すな」と仰ってる。

187 :名無し三等兵:2007/09/18(火) 23:53:28 ID:???
>>185
>>186
良い所に来た。
このコスモ精神注入肉棒をしゃぶれ!

188 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 00:38:24 ID:???
>154
ルガール一人が遠近感狂うほどデカかっただけジャマイカ。
画面一番奥に居るのに手前の幕僚達と大きさがかわらねえのにワロタ。

まあ強いヤツが正しい文明でやってきたから、大神官大総統たる者は
肉体的に頑健でないといかんてのを代々くりかえしたんだろーけど。

189 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 00:50:33 ID:???
すると、強い肉体を一族で維持するために、ジャングルの王者ターチャンのアナベベみたいな嫁を・・

190 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 01:01:17 ID:???
>>188
男塾三号生筆頭じゃあるまいし・・・

191 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 02:05:36 ID:???
更に付け加えるとヤマトワールドの異星人は地球に
日本人しか見当たらないのと対照的にみな西洋人ベース。

まあシャルバートとディンギルがぎりぎり
東洋文化色が混ざってると言えなくもないが。

192 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 02:09:03 ID:???
B4版の某横長ヤマト同人誌がほしくなったんだが、ヤフオクでとんでもない値段がついている。
地方で安く手にはいる方法はないかねぇ。中古同人誌販売店は近隣に無いんだが・・・。

193 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 02:38:07 ID:???
銀河海軍の?
あれはいいよ

194 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 02:45:36 ID:???
ヤマト3で
「おどろいたな。異星人のお客さんに合わせて、大気圧や酸素濃度や湿度やら、
もろもろ調整しようと思ったら、地球人と大差ないなんて!!」
「星間文明を発達させられる種族というのは、進化の過程で、
ある狭いレンジに収束してしまうのでしょう」
 みたいな会話があったな。

 あとづけでもご都合でも、悪くないと思った。
イルカとサメが似た形態に収束してしまったように。

195 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 02:47:54 ID:???
まあ22世紀末から23世紀初頭の地球の科学はタキオン物理学に関しても異星人生物学においても
相対性理論以上の新しい理論や発見が進んでいたに違いない

196 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 03:47:38 ID:???
>>191
シャルバートはローマとエジプトを足して二で割った感じだったぞ。
ローマとエジプトは広い意味で地中海文明の一部で、地中海文明はヨーロッパ文明の源流。
オレには生粋の西洋文明(ただし古代)に見えたけどなぁ。
ディンギルは東洋も西洋も何も、シュメール人そのものですからw

197 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 05:17:13 ID:???
そういえばディンギルは「宇宙人」によって水没する地球から救い出されたんだっけ
当時の文明の中心地となるとやはり今のイ○ク周辺?

しかし「宇宙人」って何者なんだろうな
円盤型の惑星上陸用船、となると某ガミラスを思い出すが

198 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 05:37:31 ID:???
旧ディンギル星人以外に何がいるのかと

199 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 10:03:40 ID:???
敵を迎え撃つ地球人のほとんどが日本人、
初登場の人物とメカはテロップで紹介、
異星人には何故か名字がない。

この辺はヤマトに限らず当時のSFアニメの主流だった様な
気がするが、それを破ったのはガンダム〜イデオン辺りか。

200 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 10:28:27 ID:???
リボンの騎士だろう

201 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 11:09:11 ID:???
>>199の三原則はいつ始まったんだろう

202 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 11:41:31 ID:???
>>197
>>198の通り先住ディンギル星人
その後先住人のいる母星で、先住人を駆逐して自分達のディンギル帝国を築いた
彼らの星に漂着した自分達を助けてくれたツフル人を絶滅したサイヤ人みたいなもんだな

203 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 12:53:39 ID:???
遂にガミラスの侵攻が始まった・・・。


ペルーに隕石?、有害ガスで住民600人が頭痛や吐き気

ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070919-00000303-yom-int

204 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 14:06:45 ID:???
あの黒い顔は先住ディンギル星人との混血の結果かな。
どうせそいつらも人型だろうし。

205 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 19:04:13 ID:???
>>203
遊星爆弾?、俺には物体Xに見えるが。

206 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 19:19:57 ID:???
ディンギル人のキャラデザだけ松本キャラぽく無いから敵勢力の中でも余計異質に思える
実際違うのか?

207 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 21:05:57 ID:???
>>199
氷河戦士ガイスラッガー (1977)のほうが少し早いようでつ。
3万年前の記憶を頼りに詳述を試みると・・・
・主人公のサイバノイド戦士たちは5人とも、滅亡した超古代王国ソロンの出身。
・初登場時のテロップ表示については忘却の彼方なのでパス。
・侵略者であるインベム星人の王のフルネームはババル・ム・イムベム・・・とかいったような名前(あまり自信なし)。
ソースは放映当時「テレビマガジン」誌に載った解説記事。
このほかにインベム軍司令官のデガス将軍のフルネームも一緒に載っていた気がするが思い出せないっす。

208 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 23:24:36 ID:???
>>205
米が原爆落とすときも模擬弾を投下したそうじゃないか
多分それ

209 :名無し三等兵:2007/09/19(水) 23:42:06 ID:???
>>203
遊星キムチ爆弾。

210 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 00:40:04 ID:???
ヤマトの建造を。サーシャには月まで来てもらって、「かぐや」とランデブー。
波動理論は日本独占→これで地球防衛軍は日本主導で開設。

211 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 01:23:58 ID:???
ふと思ったんだが、サーシア(旧)はどんな感じで地球までやってきたんだろうか。

ガミラス黙認?それとも強行突破?
ひょっとして「太陽系を見学させて欲しいの〜」とか言ってデスラーをたぶらかして護衛させ、
太陽系近辺で護衛の人たちを騙して宇宙船をかっぱらってトンズラ(でも操縦できずに結局事故)とか?

212 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 01:48:20 ID:???
>>211
イスカンダル製の波動エンジンはガミラスのそれより性能よさそうだし
地球の劣化コピーなぞとは当然比べるべくも無いだろう。
単純にガミラス艦ではサーシャの船に追いつけなかっただけだと思われる。
墜落したのは事故だろうな。

213 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 08:21:07 ID:???
オナヌー中の前方不注意じゃね?

214 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 09:19:14 ID:???
いきなり頭を踏まれる古代と島

215 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 12:29:00 ID:???
>>212
戦闘艦っぽくなかったから、速力重視の超快速艇みたいなので、防衛網の隙をくぐって強行突破→振り切りって
感じですかね。ステルス性能もあったかもしれない。
 で、太陽系に接近したところで、冥王星会戦を目撃。あまりの戦力差に姉譲りのお節介発動。無益な戦闘を
やめさせようと割ってはいるつもりで、外宇宙速度からロクに減速せず太陽系突入。しかし、流れ弾喰らって、
そのまま火星まで暴走→墜落とか。

216 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 12:45:26 ID:FBK8mree
単純に
ガミラスの哨戒に引っかかって攻撃受けて
御大お得意の「減速不可能」な状態のまま太陽系突入でしょ。

理由はどうあれ、コスモクリーナー本体やら設計図やらを
積んでこなかったのは正解だな。

217 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 19:55:07 ID:???
生きて古代たちと接触したら、
話がややこしくなる&森雪の出番がなくなるからです><

それはさておきリア消時のおぼろげな記憶だと、
船から抜け出しカプセルを握りしめた状態で
ドレス姿で死んでたと思うが、
漫画版だと船内でちゃんとスーツ姿で発見されてた様な。

218 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 19:56:51 ID:???
実はドレスのまま機外に出て窒息したのが死因だったりしてな。

219 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 20:29:52 ID:???
>>218
待て、あの時代の火星はテラフォーミングされてるのかもしれんぞw

220 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 20:37:32 ID:???
最初は救援信号を出しつつ待機していたが、機内の空気が
残り少なくなりいよいよもう助からないと覚悟して、
イスカンダルの正装姿で最期を迎えたと解釈してみる。
外に出たのは地球人が自分の発見率を高めるため。

221 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 21:09:26 ID:???
サーシャが生きてたら古代とできて
雪は島がとっていたかもしれんな。
そしてテレサとは通信取次の相原と仲良くなり
長官の娘は南部あたりがゲットしてウマーとかw

222 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 21:23:39 ID:???
太田カワイソス

223 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 21:32:11 ID:???
それ相原死亡フラグ

224 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 22:09:09 ID:???
そしてヤケ食いの太田。・゚・(ノд`)・゚・。

225 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 22:12:18 ID:???
>219
古代と島がメットかぶっている<サーシャ発見時

226 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 22:20:20 ID:???
>>158
亀レスだが
>加藤がコスモタイガーUで空戦しても、「女相手に撃墜できん」とか言ったり。
いやいや、もしかしてボンキュボーンな宇宙人だったら『モッコリちゃ〜ん』と
か口走ってコックピットから飛び出したりしてwww。
何しろあの神・手塚治虫氏ですら御大の描く女性には一目置いてた位だしw。

227 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 22:24:50 ID:???
ガールハントに走る揚羽

228 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 22:31:41 ID:???
テレサにルパンダイブを決行する真田

サーベラー:「大帝、テレザートが凄い勢いで吹っ飛びますた」
ズオーダー:「何が起ったというのだ!?」

229 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 00:43:32 ID:???
>>228
島が卒倒しかねんなw>ルパンダイブの真田

230 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 10:29:55 ID:???
真田さんは男にしか興味ないよ
新米とか普通に食われてる

231 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 12:42:57 ID:???
真田さんって普通に既婚っぽいけどな。
「真田さん、お子さんいたんですか!?」
「ああ。言ってなかったか?」
みたいなやり取りが唐突に入っても違和感はない。

232 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 14:11:50 ID:???
>>231
3の打ち切りストーリー案には、植民星にいた未亡人といい仲に……という展開が!

古代守と同期なんだから微妙なところだわね。サーシャ引き取ったてのは、既婚子供なしだからって考える方が
自然だが、「オレは科学が憎い! (;´Д`)ハァハァ 」な真田さんは独身でいてほしいところ。

233 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 16:47:43 ID:???
真田さんはシスコンじゃね?

234 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 18:28:52 ID:???
土門「うわぁあぁぁぁぁっ真田さんの部屋からバラバラ死体が!!バラバラ死体が動いているぅ!!!」

南部「落ち付け土門。良く見ろ、これは人形だぞ。」

土門「ほっ本当だ。でも宙にういていますよ?」

南部「真田さんがアナライザーのAIや技術を、オリエント工業と提携することにしたんだ。」

土門「!!!!」

235 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 19:24:25 ID:???
>>234
23世紀まで残っているオリエント工業、恐るべしw

236 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 19:41:19 ID:???
しかも南部重工とは密接な関係らしいぞw

237 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 20:58:50 ID:???
>>234
その設定だと、アナライザーは真田さんの設計製作でパテントの類も持ってる事に
なると思うが・・・・・・。原作じゃどうだったっけ?

238 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 21:04:41 ID:???
>>236
衝撃砲の圧縮技術を応用し、本物より生タイプかつ良い締まりをお約束しております。

>>237
真田パパがアナライザーの原型を作ったとか、
コスモウォーリアに設定があったと思った。
まぁムックも何もないんで確認できないが。

239 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 21:41:42 ID:???
>>235
前田建設や日本プレイク工業も健在だったりしてw

240 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 23:39:03 ID:???
真田「古代、ところで俺のハイパー放射ミサイルを見てくれ。こいつをどう思う?」

241 :名無し三等兵:2007/09/21(金) 23:52:31 ID:???
>>239
全部揚羽コンツェルンに買収されることになります。

242 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 00:00:24 ID:???
>>239
いや、金剛組だろうw

243 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 10:13:08 ID:???
>>241
古代「南部、上手くいった揚羽が死んだぞ、これで南部重工も安泰だろ、未公開株の件よろしくな」

244 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 20:17:13 ID:???
ルダ「こちらの分もお忘れなく。あと別途に信者100人を作り上げてくださいね(はぁと」

245 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 20:55:52 ID:???
>>240
古代進「素晴らしい。私の波動砲口にピッタリです、真田さん。 アッー」
小サーシャ「叔父様・・・(泣)」

246 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 21:05:45 ID:???
来栖川もお忘れなく

247 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 21:08:56 ID:???
おまえら真面目に戦争しろよ

248 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 21:26:03 ID:???
>239
日本人が対異星人戦闘の中核をなして地球の危機を救う世界観から見て
戦後復興も日本人中心で行われていると考えるのが自然だ。
U・さらば以降で地上・宇宙を問わず各種の建造物が見られるが、地下都市のものを除けば
対ガミラス戦以後のわずかな期間で建設されたものが大多数を占めると考えられるから、
生き残った日本企業がそれらの建設現場で頑張っていたんだろうなあ。

日本ブレイク工業に関してはもっと豪快に、
老朽月面都市や欠陥スペースコロニーの破壊に勤しんでいてもらいたいものだが…
波動スチールボール!
コスモケミカルアンカー!!
ハイパーダイヤモンドカッター!!!
モノポールコンプレッサー銀河を揺らし!!!!…という具合に。

249 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 21:27:51 ID:???
「永遠に」で白人の機関部クルーがいたけど
あれは異例中の異例だな ほとんどクルーは日本人系
雪はいちおう日本人だけど見た目がイスカンダル人そっくり あれは突然変異?

250 :248:2007/09/22(土) 21:29:13 ID:???
× を揺らし
○ に響け
スマヌ、マチゴウタ

251 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 21:29:57 ID:???
母親とも親父とも髪の色が違うんだよな。

あのかあちゃん、あの年でミニスカだしな、
どう見ても社長とその愛人の秘書にしか見えないからなぁ…
若い頃の過ちの証拠かも試練。

252 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 21:41:02 ID:???
>>251
 母親がハーフで、隔世遺伝なのだろう。ことによっては、既に絶滅しているかもしれないアングロサクソンとか
遺伝子を受け継ぐ貴重な血筋かも……?

253 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:17:57 ID:???
松本の描く女性は大概日本人離れしてるじゃん
ザ・コックピットの桜花の話に出てくる女性があの顔で農家の格好してたのには萎えた

254 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:34:25 ID:???
某ウィングスのトップページの眼鏡っ娘が非常に気に入っている。

それはさておき、ヤマトが沈まず、今新作を作るとしたら、旧クルーは地球防衛軍の幹
部クラスで、新クルーは女性の比率が高くなるだろうなぁ。
松本御大は嫌がるだろうが、男ばっかりのむさい画面では、視聴率がとれないとかで、
女性キャラが増える。(あとお風呂シーンとかのお色気とか)

ちなみに昇進したとして、

古代→主力艦隊司令(兼ヤマト艦長か?)
真田→艦政本部長
相原→情報局長
加藤→航空本部長
佐渡→軍病院医院長

南部→退役し南部重工専務
大田→軍学校の航海術教官
徳川→旗艦機関長(または機関教官)
新米→中堅の造兵士官

森雪→古代と離婚。政界進出し、地球政府の重要ポストに

とか。

255 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:42:59 ID:???
なんて打たれ弱く人が良すぎる情報局長だ!

ちなみに

デスラー→プーチン

256 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:45:30 ID:???
>>254
相原は通信局長妥当。
情報局長はあのガトランティスパイロットを拷問したあいつがいいな。
あいつ地球が降伏したら戦犯だったw

257 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 23:04:09 ID:???
トップが尋問することはあるまい。それに年月が経てば、黒くなる人間も
でてくるだろう。南部なんか軍とのコネで大量受注してそうだし。

古代の理想は沖田艦長なのかねぇ?で森雪に愛想を尽かされる。

御大続編漫画の○○代目古代進なんてのはやめて欲しい。歌舞伎役者
じゃないんだから、正直馬鹿馬鹿しさに興ざめした。

258 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 23:08:05 ID:???
古代進ならいいさ
第23代太田健次郎とか徳川太助24世だったら死にたくなるw

259 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 23:12:53 ID:???
歳とって偉くなった古代はきっとハーロックみたいな容姿になるだろうと予想w

260 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 23:13:30 ID:???
ハーロック風ならデスラーとも同格っぽく見えるぞ。マント同士だしw

261 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 23:30:02 ID:u3qk3W4+
>>254
真田艦政本部長って。。。何作らせる気ですか?w
地球全面空間磁力めっき計画とか、殺人アステロイドベルト(火星と木製の間の小惑星帯を丸ごとコントロールして侵略者に叩きつける)とか?
この位の物を「こんなものもあろうかと」と出された日にはヤマトの出番がw

まあ実際には能無しだ腰抜けだ言われててもやっぱり文官技能は大事だなっ、
と言うオチで松本標準な人が座ってると思うけど、そのポスト。


262 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 23:41:10 ID:???
>>261
ドイツ軍も真っ青の超兵器のオンパレードになりそうだ・・・

263 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 23:41:51 ID:???
>>261
本当は造兵のトップになって、マッドサイエンティスト技能を全開にして欲しいん
ですけどね。でも一応ヤマトの英雄だから世間体が許さない。
しかたなく名誉職につけられる。艦政本部長なら基本的に造船計画の承認ぐら
いしかできないですから、兵器開発には携われない。でも根が真面目なんでそ
れらしく振舞う真田さん。

しかし、予算は地球政府が握るでしょうから、実権はほとんどない。愚民政治で、
数度の侵攻を忘れ、安穏と平和を享受し、弱体化していく地球防衛軍。

で、記念艦になったヤマトを、休みの日に趣味で整備する、とか。
これが伏線になって物語がすすむのかな?

264 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 23:53:00 ID:???
酸素欠乏症になった真田さんというのもまた一興かと

265 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 23:54:08 ID:???
あの世界であまり語られていないけど、波動エンジン開発より前に
革新的発明だったのは重力制御技術だったんじゃないだろうか?
アレのおかげで各惑星に基地が作られたり、宇宙船の乗組員が
1G下の重力で行動できるようになったり…
ひょっとしたら沖田艦や雪風に搭載されていた“冥王星と地球を数日で
往復できるエンジン”もその技術の副産物(あるいは重力制御が副産物)
だったのかも。

266 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 00:37:08 ID:???
>>265
人間の限界を超えた無茶な加速/減速が可能になるだけで大きいわな。>重力制御

267 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 00:43:10 ID:???
>>261
箸にも棒にも引っかからないのをトップに据えて、その挙句一回の戦闘で全
滅するようなしょぼい艦隊その都度造るのんよりははるかにましだと思うけ
どなw。地球全面空間磁力めっきとか殺人アステロイドベルトとか手乗りブ
ラックホールとかのトンデモ超兵器で敵対国家に脅しいれるのも外交手段ジャマイカ。

268 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 00:44:34 ID:???
>>266
コスモタイガー・コスモゼロも重力制御無しにはありえないしな。
因みに、1Gで加速する宇宙船が亜光速に達するのは出発から一年後・・・。

269 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 00:54:53 ID:???
>>263
真田さんの事だから、
真田「こんな事だろうと思って地球連邦の大統領と財務大臣の脳改造をしておいた。予算は湯水の如く使えるぞ古代」


270 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 01:01:55 ID:???
熱血行動派=古代(兄)
天才技術屋=真田

感情移入派=古代(弟)

271 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 01:11:42 ID:???
そうか・・・・松本世界の人口重力は
ただ発生させるだけじゃなくて、空間高速移動の最中も
重力を制御してくれてることがでかいのか しかも(ある程度)臨機応変に

272 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 01:18:53 ID:???
>>254
防衛軍のあの致死率で乗組員になりたがる女が増える、ってのにはそれなりの設定・理由付けがいるぞ。
あんまり人手不足なので徴兵しますた!ってんならともかく
ガミラス戦からこっち、戦死者出しまくりの軍隊に志願する女って・・・親も反対が普通、と見る方が自然だ。



273 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 01:20:45 ID:???
艦体自体もバラバラにならないように重力でまとめてると思う。

274 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 01:32:25 ID:???
>>272
基本は徴兵制でしょう、期限付きで。だって兵員不足は数度の戦役の惨敗でにっち
もさっちもいかないんですから。
例えば3年間ほど兵役についていれば、それ以降は免除(即応兵士)という。で、居
心地がよければ、そのまま本職に。
第一次、第二次産業は機械化がすすんでいるんで就労者はいらないでしょう。
第三次産業も、アナライザーのAI.とか見ていれば、人の感情を分析できるアンドロ
イドが進出していそう。ただ進出できる分野は暴走を防ぐため限定される、とか。

275 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 01:36:46 ID:???
>>274
あの世界で徴兵制が通るか?

276 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 01:49:33 ID:???
>>275
そりゃ一、白色彗星帝国にゃ地球に降りられるわ、黒色星雲帝国にはまがりなりにも
占領されるわで、危機感は大きいと思う。
かつご夫人方にも、自分の命は自分で守るという自負が生まれる土壌はととのってる
から、男も含め、地球政府(国連?)で採択されるのは確実じゃない?
人事じゃないんだから。侵略受けて被害をこうむったのは、政府高官ではなくて一般
市民なんだから。自衛意識は高いと思うんで、法律はすんなり成立すると思う。

277 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 01:54:15 ID:???
ああ見えてアンドロメダには15人、主力戦艦には10人くらいしか乗ってないから
対して人員はいらないんだよ


んなわけあるか

278 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 02:15:42 ID:???
>>272
人口比率で女性が3倍くらいになるとか? 

279 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 02:46:21 ID:???
敢えて松本ワールドにこだわるなら。

船の乗組員は男所帯に紅一点、男だらけ、女だらけ

このいずれかに分類される

280 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 03:00:43 ID:???
>>277
アンドロメダのように、自動化万能主義ならそうでしょう。
しかし、それなりの隻数をそろえなければならないし、アルファ・ケンタウルス宙域がどの程度の
範囲をカバーしているのかは分からないが、防衛宙域の拡大は増員を求める。

さらに、アンドロメダ時代の艦船の潰滅、無人艦隊の柔軟性の欠如から、完結編以降の艦船は
自動化を限定し、1隻の人員増をしているのではなかろうか(人手に頼るヤマトからの戦訓)

それに艦船の要員だけではない。航空機基幹要員も集めなければならない。空間騎兵隊なんて、
まさに人海戦術だろうし。補給、整備等、後方にも人員を配置しなければならない。

負け続けの軍に人が集まらないなら、法で人集めをするしかないでしょうな。

281 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 04:14:48 ID:???
兵員をガルマン・ガミラスからも徴募するのはどう?

282 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 06:52:36 ID:???
ガミラス人がイスカンダル人と同一種と考えると…
誕生から成人までの期間が著しく短い。
どうりで何度帝国が潰れようが復興が早いわけだ。
地球もイスカンダル人の血脈を導入する機会があったのに甚だ残念である。

283 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 06:59:25 ID:???
>>282
古代守「暗黒星団帝国さえ来なければ、もっとやりまくったのに…」

284 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 07:23:04 ID:9wHlwfd7
>>282
デスラー総統は地球人で言うと10歳ぐらい(汗)

285 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 07:37:19 ID:???
サーシャの肉体の謎は超極秘事項だったんだろうな。宇宙にでも隔離しとかないと
モルモットにされてしまうおそれもある。

まあ、研究心旺盛な真田さんに任せて無事だったか、若干不安はあるのだが

286 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 07:42:51 ID:???
しかし、ヤマト発進時には既にデスラー紀元103年だぞ。

287 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 07:57:13 ID:???
澪「真田のおじ様は、は・じ・め・て・の人」

288 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 08:35:43 ID:???
メカフェチの湧き上がるリビドーはすべて機械昇華

289 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 08:56:05 ID:???
>>286
本名は○○・デスラーなんじゃないのかな
軍事国家でなければデスラー3世とか4世とか名乗ってたのかも

290 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 08:59:24 ID:???
>>271
波動砲の反動すら打ち消す代物だからな。

291 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 09:07:24 ID:IT4LtkBP
>>280
新番組?
古参組A:「あの古代が胃薬呑んでるって?w」
古参組B:「え?頭痛薬って聞いたけど?今度の乗員リスト女性ばっかりでとどめに雪さんまで付いてるもんなぁ〜」

お約束?
「このたびヤマト付き陸戦隊に着任いたしました斉藤初子です」
斉藤って、え〜とあの斉藤の親戚?w(全然似てないっていうか似なくて良かったねぇ)
可能性はあるぞ。加藤の例も有る。

>>286
ガミラス星の公転周期は確認できた?
他にも「恒星の周りを一周して一年」なんて決め方から解脱してる可能性もある。
うっかりイスカンダルとの位置関係で決めてたりするとしゃれにならん位回りそうだしw

この辺、地球とものさしが似てるような発言してたかどうかは知らないので。
(再会した古代に何年ぶり、とか言っちゃってるとか。長い間とか久しぶりとか言う言い方しかしてなかった気が)

292 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 09:30:28 ID:???
死人を生き返らせるガトランティスの医学があれば、
怖いものなしなんだがな。

293 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 09:43:34 ID:???
大ガミラスといっても発展途上の小国だからな
総統は代々デスラーを名乗っていて彼はアントワネットみたいに外人かも

「大ガミラスにも敗れることはあったのです・・」

294 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 10:02:06 ID:???
>>281
真田「オレはー!」
サーシャ「ワタシはー!」
真田&サーシャ「科学が憎い!オーッ!」

今日も小惑星イカロスに2人の怒声が響く。


295 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 10:36:43 ID:???
そんな体育会系のイカロスはいやだw

296 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 10:52:23 ID:???
イカルスで繰り広げられるサナダズ・ブート・キャンプ

297 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 11:10:41 ID:???
真田さんは口から光線だしたり卵を吐き出す位は普通にやりそう

298 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 11:40:25 ID:???
イカルスでは真田と山崎で新人達をブートキャンプしてたんだろうな。


299 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 11:40:52 ID:???
>>285
赤が大好きで仮面かぶったマザコンでロリコンの大佐に見つかった日には・・・(((( ;゜Д゜)))ガクガクブルブル

300 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 11:55:16 ID:???
イカロス内[真田万能工学研究所]

真田「私を追放した地球防衛軍に復讐してやるんだー!」
澪「おじ様(古代)あなたは堕落しました」

301 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 11:57:31 ID:???
>>300
深刻に世界征服の危機だなそれw

302 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 12:02:23 ID:???
>>297
で、口から吐き出した卵からコスモタイガー隊員が大量に生産できるってかw

303 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 12:05:59 ID:???
>>300
イスカンダル人は一年で繁殖可能になる。
つまりサーシャのコピーを50人つくって毎年子作りさせれば
五年後には800人、十年後には21600人の戦闘員がw

304 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 12:12:45 ID:???
イスカンダル人が滅亡したのは
成長速度が速いことにあぐらをかいて
人口調整あるいは戦争などの政策を誤ったせいか?

305 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 12:15:54 ID:???
同志スターシア書記長の粛清のせいです。

306 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 12:17:58 ID:???
>>304
昔、イスカンダルとシャルバートは銀河を二分して戦っていたって設定を考えた事があったw
波動エンジン他、地球やガミラスはイスカンダル系、
プロトンミサイルやハイペロン爆弾(王家の谷にあった)を使う黒色星団やボラーはシャルバート系
とかw

307 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 13:25:34 ID:???
>>261
地球を白色彗星みたいにしてしまうのではなかろうか。

308 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 13:28:42 ID:???
>>307
トップをねらえ2でやったなそれw

309 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 18:22:07 ID:r7CRsAzQ
>>302
戦闘員はその辺にある土に種を撒いて殖やすんじゃないかな。
卵を出すのは自分そっくりの子孫(クローン)を残す時だろう。

310 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 18:57:25 ID:???
ちょっとしつも〜ん。
暗黒星団の人って基本ハゲなのかな?
そうならアルフォンスはヅラなの?
それとも聖総統みたくヅラ付きマスクなの?
サーダもヅラ付きマスクであの下はツルっパゲなの?
みんな大人になっても生えないの?


311 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 20:27:23 ID:???
>>310
流行のファッションなんだろ。

312 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 21:27:53 ID:???
>>310
浮遊要塞指令のグロータスなんて明らかにヅラだな
アルフォンもヅラっぽいが

313 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 21:40:40 ID:???
馬鹿野郎、あれはコスモカビだっつうの

314 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 22:00:38 ID:???
暗黒星団帝国は人体レベルの反射衛星砲の開発に成功していたのです。

315 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 22:16:57 ID:???
>>310>>312
アルフォンがヅラだったらあのシーンがちと台無しになりそうな伊予柑。

ア『ユキ、最後にひとつ頼みがある。君に膝枕をしてほしい』
ユキがアルフォンの頭を膝に乗せようとした瞬間、ズルッと頭のカツラがず
り落ちる。絶叫するユキ。
ユ『いやぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!』
半死半生のアルフォンを突き飛ばし逃げ出すユキ。
ア『ち、違う、判っ…………(ガクッ)』アルフォン絶命

316 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 22:42:16 ID:???
地球防衛軍の地上兵力ってどんなもんかね?

他惑星にいたガミラスの残党やなんかを駆逐する戦力があると思うんだが?
まあ、海兵隊みたいな役割で「空間騎兵隊」があるんだろうが、強襲揚陸艦とか、
直協機のようなものはあるのかな?

317 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 00:58:45 ID:???
>>316
暗黒星団帝国にフルボッコされましたが何か?
掃討三脚戦車にあっけなく踏みつぶされる「戦車」とか・・・

318 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 00:58:56 ID:???
竹槍装備の女子挺身隊。

319 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 01:00:34 ID:???
00式チハタン

320 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 01:24:37 ID:???
>>319
2197式チハだろ。

321 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 01:59:11 ID:???
>>319
宇宙軍は、特2202式内火艇カミ

322 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 02:00:01 ID:???
冥王星の七面鳥撃ち

323 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 06:53:35 ID:???
>>316
「さらば」では空間騎兵は軌道上から「生身」で降下してたよなあ…
基地(というか滑走路)はミサイルで潰した後だったが、岩山とかに対空陣地が隠蔽してあったらまさに地獄

「2」では上陸用舟艇で降りてたな

324 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 09:26:05 ID:???
>>310
みんなパイパンだよ

325 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 09:27:14 ID:???
コスモチハについて語るスレはここですか?

326 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 12:44:05 ID:???
空間騎兵隊って、現代の陸海空海兵のどの軍に相当するのかな。
「永遠に」でゾロゾロでてたし、第11番惑星の守備したりしてるから、陸軍?
「空間騎兵」って名前は上陸戦闘部隊っぽいから、海兵隊?
「さらば」のシナリオの初期では陸戦隊だったから、海軍?
23世紀の軍組織と現代のそれとは比べられないのは承知のうえで、
ちょっと考察してみてくれませんか。

327 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 12:59:33 ID:???
松本コミックによると

空間騎兵=宇宙船・飛行物体を使わず惑星表面に降下して戦う部隊
海兵隊・戦車師団・騎兵隊に相当する とある

陸戦部隊のうち守備隊でない(降下訓練などを受けているもの)ものはすべて空間騎兵?

328 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 13:46:08 ID:???
>>327
> 海兵隊・戦車師団・騎兵隊に相当する とある

またこれずいぶん違う兵種を・・・・。騎兵隊って現代アメリカの機械化騎兵じゃ
なくてやっぱり馬にのっているほうだろうね。ディンギルみたいなやつ。

329 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 14:47:20 ID:???
色々混じってるっぽいね
イメージとしては平凡に海兵隊というところか

330 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 16:22:46 ID:???
>>326
 主戦場が宇宙になったら、陸上戦力に与えられる任務は、規模はともかく海兵隊・陸戦隊的な位置づけになる。
占領を前提にしても、規模さえ十分なら、別に従来の「陸軍」が必要なわけでもない。連携などを考えるなら、惑
星降下・占領などは宇宙海兵隊を拡大する方が早い。「陸軍」などという組織自体が消滅するだろう。
 空間騎兵隊は、やはり海兵隊を質・量ともに拡大した(陸軍の性質を内包した)組織なんだろうと考えるのが自然
と思う。

 惑星降下作戦を前提とする揚陸艦群とその護衛を主任務にする空母、駆逐艦、巡洋艦辺りで編成された空間
騎兵隊艦隊なんてのがあるかもしれない。

331 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 16:31:34 ID:???
空間騎兵はそれこそ全部の軍用車両を使える訓練を受けてるんじゃなかろうか
ザバイバルの戦車を奪って戦ったこともあるし

332 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 16:58:55 ID:???
もう少し一般に軍事知識が普及していたら
「猟兵」という呼称になっていたという説を聞いたことがある

333 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 17:02:22 ID:juA4gSBj
中国だと空間人民兵とかになるんだろうか。

334 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 17:08:37 ID:???
コスモ便衣兵

335 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 17:14:27 ID:???
空間自衛隊

・・・航空自衛隊と激しく混同しそうだ。

336 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 17:39:12 ID:???
空間騎兵なんて銀英伝の装甲擲弾兵に比べたら甘っちょろいぞw

なんせ装甲服を来て衛星軌道上から大気圏突入するからね・・・・
いくらスペースオペラとはいえありゃ無茶だろw

337 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 17:43:22 ID:???
地球防衛軍今月の標語

あったらいいな空間磁力メッキ隊


一心同体空間騎兵隊

338 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 18:14:45 ID:???
空間騎兵の標語

 マナーを憶えよう

 自前の戦車が欲しいなあ

339 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 18:25:57 ID:???
旧帝国陸軍の悪しき歴史を繰り返し、
対戦車戦闘に有効な個人兵器をもたず己の精神力で突撃し、
これ仕留めんとす空間騎兵隊がカワイソス・・。


340 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 18:31:41 ID:???
空間ピアノ線仕掛けて戦車戦…

引っ掛かるのは友軍の上陸用舟艇ばかりなり…

341 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 18:59:12 ID:???
>>339
対戦車ロケット砲らしきものを携帯してるけどな。

ま、アレが役に立つシーンなぞとんと知らんけどorz

342 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:07:04 ID:???
さらばの小説版だと、残存ガトランチス艦隊は各基地からのミサイル攻撃で倒していたな。


343 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:08:08 ID:???
>>336
そんなシーンあったっけ?

344 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:10:39 ID:???
>>339
んなこと言ったってヤマトに便乗した時点で重装備は放棄せざるを得なかっただろうし、
「永遠に」冒頭で描かれているように、可能なら機甲戦力を投入してる。

三脚戦車に蹴散らされたけどさ・・・

345 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:26:09 ID:???
>>344
地球防衛軍の予算配分では

波動砲搭載艦>>>>>艦載機>>>>>>地上軍の装備

だろうしなorz

346 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:30:49 ID:???
>>341
「さらば」では戦車に正面から携帯対戦車ロケット砲を撃とうとして戦車砲に吹っ飛ばされたり
奪った戦車に皆でわらわらしがみついて(中には砲に跨る奴も…)たりしてたなあ

戦車自体見たこと無かったんじゃあるまいか

347 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:34:25 ID:???
古代の指揮もまずい
なんか色々と、賢くない戦い方してたよね・・・

348 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:38:14 ID:???
>>346
お前らはスターウォーズに登場するコアラ原人かって感じだよなw

349 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:45:29 ID:???
ヤマトでは肉体を駆使して戦うのが一番偉いのだ。

350 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 19:57:44 ID:???
仕方ない、空間騎兵隊にはコスモ火炎瓶を支給しよう。

351 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 20:13:33 ID:???
>>350
「そんなこともあろうかと、これを作っておいた」
  つ 波動火炎瓶

352 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 20:14:58 ID:???
せめて宇宙の戦士のパワードスーツみたいのを支給してやれよ・・・

353 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 20:21:08 ID:???
どうせ、ぶんどるならディンギルのメカホースを奪って突撃かまして欲しかったな。
これが本当の空間騎兵隊だよ

354 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 20:24:48 ID:???
コスモガン 手榴弾 多弾頭砲 パンツァーファウスト

空間騎兵隊、確認されている歩兵装備はこれだけ・・・・

355 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 20:30:48 ID:???
>>354
 ライフルはヤマトの備品かよ!?

356 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 20:37:11 ID:???
スカウターとそれに接続する光線銃も支給せよ

357 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 21:07:21 ID:???
>>345
でも、制宙権をとっても、惑星の地表を制圧しなければならんでしょう。
某星界のように、地表を自治に任せ、別の経済基盤があるなら別だけど。
あくまで地球政府は生活空間として惑星や衛星の表面が必要なんだろうし。

358 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 21:42:02 ID:???
軍の影響力の及ぶ範囲がアルファ・ケンタウリ程度だからな。
『制圧』の為の装備は後回しなんだろう


アルファ・ケンタウリで思い出したが、あそこにも確かにガトランチス艦隊が陣取ってたよな。
第11番惑星みたいに基地とか造ってなかったのだろうか?

359 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 22:47:09 ID:???
>>空間騎兵所轄
当時のメージュによると(〜画報にも同資料アリ)
”宇宙機動部隊”(なんのこっちゃ)隷下となってますね、同列にあるのが
陸戦機甲師団(第1〜5)

関係ないですが、これによると月面基地所属艦隊(=支那方面艦隊)は聯合艦隊
からは仲間はずれのようですw

360 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 22:50:59 ID:???
>>357
まだ気付かんのぁ?だから、あれほど専守b(ry

361 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 22:51:57 ID:???
>月面基地所属艦隊(=支那方面艦隊)
 すまん、これがよく分からないんだが…
月=支那ってことなのか?
それとも、いつもの何でも旧海軍流解釈なのか説明を頼む。

362 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 22:52:55 ID:???
月面は中国の担当なの?

363 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 22:54:04 ID:???
ガミラス戦を通しても組織的な地上戦の経験は皆無だったんだろうなぁ

364 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 22:56:53 ID:???
単に同じ近所ってとこだろ

365 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 23:19:38 ID:???
>>358
でも、そのツケが暗黒星雲帝国の本土侵略における惨敗だからねぇ。
地球防衛陸軍はたまらんかったと思いますよ。

極端に防衛を考えるなら、波動理論をつかったミサイルを用いた迎撃機
と、地表での絶対的優性を確保できる兵力なんだよねぇ。

地上軍や空軍からすれば、宇宙軍(海軍)は金食い虫なんだろうね。
艦隊決戦に敗れれば、最後の防衛力は空軍、陸軍なわけだから。


ちなみに、空間騎兵隊は、肉弾戦が主たる戦法だから、海兵隊+陸戦隊
のノリなんだろうね。

366 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 23:42:45 ID:???
空軍は大気圏内外を問わない戦闘機群を擁し、各惑星基地に航空隊を配備してたから増しなんじゃないかね。
加藤とかは2で月面基地にいた部隊だし。
まあ、あれは宇宙軍航空隊であって、空軍ではないのかもしれないか。
同様に地球上でも陸軍航空隊みたいな形で、空軍という組織は無いのかもしれないが

367 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 00:54:37 ID:???
>365
そもそも宇宙人相手に本土決戦主義はあり得ないくない?

ガミラス戦もガトランティス戦も陸軍があってもどうにかなるような
戦争形態じゃなかったわけだし
遊星爆弾によるガミラフォーミングで絶滅か奴隷化、
白色彗星による地球破壊か奴隷化かの2択でしょ
陸戦兵力で地上決戦しようとしても多分そのまま地球破壊されて終わり
ってパターンでしょ?

この経験から軍隊を整備するとなるとやはり制宙権の確保を主眼に置いた
波動砲装備のコスモ大艦主義もしくは空母機動艦隊の整備になると思う



368 :逝け袋キター!愚痴:2007/09/25(火) 00:57:58 ID:???
確か「さらば」のラジオドラマの時に Nプロデューサーが空間騎兵隊の名称について、「当初は『陸戦隊』の予定だったがM氏がこの名称を推したので変更した」と言ってたと思う。
M氏が「昔の陸戦隊は馬を船内で飼っていて上陸後は騎兵として戦った故事に習い命名した」とかって話だった。


369 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 01:24:37 ID:???
ディンギル艦の陸戦隊は皆馬がいたりして

370 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 02:09:43 ID:???
ディンギルの祖先は騎馬民族か…

371 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 04:03:10 ID:???
>>367
統治の一手段としての陸軍は必要だろうからね・・・・


372 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 07:56:39 ID:???
必要なのは、まずは歩兵戦力だよな。
各惑星基地の守備隊も基本はこれだろうし。
同様に航空隊、対空部隊

機甲部隊、一応戦車は出てきてるが必要性には疑問を感じるな
あとは、通信、工兵、輸送、施設管理、あぁ、意外に仕事はありそうだな

373 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 08:42:22 ID:???
Uで空間騎兵隊は、11番惑星に基地施設を持っていたけどな。
>>346
多弾頭砲を持っていったのにか。
ヤマトに戦車を載せるスペースがなかっただけ。
>>366
艦載機は、訓練基地とかが必要だよ。
Uは、空母が多数いたので相当な規模なんだろうな。

374 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 10:11:02 ID:???
暗黒星団帝国編の惨敗で色々と論議されてるんじゃないか、陸上部隊。
まぁ、暗黒星団編でもディンギル編でも、地球の早期警戒システムはお粗末極まりなく
空軍が全く機能せずに地上で撃破されたことのほうがよほど問題ではあるが。


375 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 10:48:48 ID:???
ディンギル戦は艦隊がぼろ負けしたのも痛いけど、
その後で残ってるはずの航空部隊や基地が何の役にも立ってないのが
痛すぎる。

PartUの防衛軍ならもう少しましな戦いをしてくれたのでは…と
おもわずにいられない。

376 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 10:52:52 ID:???
>>375
散々既出だが、パート2で土方初めとした優秀な宇宙戦士が全滅したからな。
地球防衛軍は、実質的にはパート2で壊滅したのを完結編まで復興できなかったと考えるべきでは。
で、ヤマトが実質的な唯一の残存戦力として最後まで孤軍奮闘する羽目になったと。

377 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 10:55:37 ID:???
>>374
余り考えたくないけど、「主人公補正」ならぬ「悪役補正」が付いてるとしか思えなかった。
あるいは、「ヤマト大活躍補正」とでも表現すべきか・・・。

378 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 12:21:28 ID:???
>>367
 地球程度の勢力・戦力ならありじゃないの? それが正しいかは別として。
 何光年も先に絶対防衛線設定してもワープで越えられるだけで無意味だし、そんな広大な範囲を守る戦力も
国力もない。また、地球連邦軍は、他の勢力に比して外宇宙行動の経験値が圧倒的に少なく、地の利がない。
 そして、確実にここを通る/現れるってポイントは極論、太陽系周辺しかない。で、ここまで来られたら、向こうにし
てみれば地球までの距離なんてないに等しい。一方で、地球側にとっては感覚的にもちょうどいいフィールド。
 シリーズ本編前後の地球にしてみれば、本土決戦主義しか選択肢はなかったと言ってもいい。
 

379 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 12:48:23 ID:???
>378

>何光年も先に絶対防衛線設定してもワープで越えられるだけで無意味だし、
>そんな広大な範囲を守る戦力も 国力もない。

>367は>365 が言っている陸軍、空軍による地表上での本土決戦はヤマト世界では成り立たない、
と言ってるだけで
以前話題になった「何光年もカバーできるセンサーによる早期警戒網を作り上げて
絶対防衛線をつくろう」って言ってるわけじゃないんだけど

太陽系近域における艦隊による迎撃を本土決戦主義と呼ぶならそれはありというか
ヤマトの地球防衛軍はそれを目的として整備されてるね

380 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 13:28:05 ID:???
いっそガルガミに安全保障条約を締結してもらえ

381 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 14:42:27 ID:???
ヤマト世界では連装や三連装の砲塔を装備した戦車が多いよな。
どんだけ長距離を射撃するのに連装とかいるんだろうw

382 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 19:00:15 ID:???
ガミラスも暗黒もヤスヤスと母星系まで侵入をゆるしているくらいなんだから、
超光速で移動する物体の早期警戒というのは難しいんじゃね?


383 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 19:13:08 ID:???
スペース・チハ

384 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 19:34:09 ID:???
地球防衛大臣就任おめでとうございます。

385 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 19:55:07 ID:???
>>381
彗星帝国なんか指揮用の戦車が三連装の自走砲
一緒になって戦車戦して全滅の後はビビッって逃げ出すという情けなさ
支援射撃くらいしろ

386 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 20:02:43 ID:???
>>381
長距離と連装が結びつかないんだが

誰か説明して栗

387 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 20:02:44 ID:???
>>383
外惑星や他宙域での地上戦でも英雄がでてもおかしくないのになぁ。

例えば、コスモチハが撃破されるなか、コスモ試製戦車(後のコスモ四式戦車)
を駆るバロン東が敵勢力を蹂躙。
衛星イオートウの死守命令を完遂し、守りきるとか。

388 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 20:32:14 ID:???
クラッシャージョウだったか?宇宙船とガチで砲戦する戦車を出したのは。

389 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 21:00:54 ID:???
>>399
「銀河系最後の秘宝」に出てた奴だっけか
連合宇宙軍の主力戦車で「宇宙海賊の戦艦と砲戦やって撃沈」という武勇伝があるとか…

390 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 21:04:01 ID:???
>>399に期待

391 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 21:26:04 ID:???
>>336
トンデモなく亀だが、訂正。件のシーンは、第3期でワーレン麾下の帝国軍が地球教徒の本拠地を強襲
した時のだろ? あれは衛星軌道どころか、本拠地がある山の上に降着した戦艦から、
二人乗りのイオノクラフト機? で発進したんだ。後は、第1期でキルヒアイスの死を利用して、
リヒテン爺を排除する陰謀の時、ラインハルト派の首都制圧部隊がパラシュート降下していたシーンがあったけどな。
>>389
それって、WW2のヨーロッパで、戦車と駆逐艦が間近で撃ち合いやらかしたって史実のパロか?

392 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:14:03 ID:???
>>391
キルヒアイス暗殺直後にロイエンタールとかミッターマイヤーが
オーディンを占領したとき。

393 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 22:24:54 ID:???
>>386
昔の戦艦とかが、遠距離射撃するときに2連装だと便利だから。
なぜ便利かというと、敵艦を挟むようにして(夾叉)着弾させて、その前後の距離を測定
してなんかめんどくさいから後はwikiでしらべて。ごめん。


394 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 23:36:37 ID:???
連装より3連装、3連装より4連装のが大砲一門あたりの重量を節約できて、そのぶん防御その他に回せるのがメリットでなかったっけ?

395 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 23:47:13 ID:???
>>393
で、それと連装砲戦車と長距離射撃にどんな関連が。
連装の高射機関砲なんかも夾叉目的?

396 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 00:10:19 ID:???
>>374
ディンギルはともかく、
デザリアムは先に重核子爆弾を超高速で先行させて
(しかも近傍を通過しただけで惑星・衛星基地全てあぼーん)
奇襲攻撃の布石にしてる。
完全に地球側の能力も発想も超えてるよ。

「火星に墜落したサーシャの宇宙船」を正確に捕捉して迎撃できる
テクノロジーがあればまだなんとかなったかもしれんが。

397 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 00:19:29 ID:???
ヤフオクの同人誌の出品者のアホー!

落札寸前に出品取り消すな。その上ブラックリストに登録だと!
こっちは転売価格でぼられるのを覚悟して入札してるのに。
そんなに金が儲けたいか。なら基本価格をそもそも引き上げてろ。
こっちもはなから入札せんわ。基本ですら3倍以上の値段で取引
しようと思ったこっちの身も考えてみろ!金の亡者が!
悔しいからこっちもブラックリストに載せたる!二度と取引するか!

まあStudio銀河海軍が悪いわけではないんだけどね。

398 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 07:27:32 ID:???
>>397
誤爆か?

399 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 07:28:31 ID:???
期待の399ですよ。
何を書こうかな?


400 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 07:29:33 ID:???
阻止!

401 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 09:58:46 ID:???
>>399
コスモラーゲリで木でも数えてろ

402 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 12:26:26 ID:???
宇宙空母ギャラクティカの、敵軍1話の奇襲のやり方は見事だったな。
小型攻撃機を途中で給油し、航続距離をのばし、艦隊を警戒している植民星側の裏をかく。


>>395
連装の機関砲は、打っているのは1門だけ。
交互に弾薬を装填する。



403 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 12:55:12 ID:???
>402

>連装の機関砲は、打っているのは1門だけ。
>交互に弾薬を装填する。

>395はわかってて聞いてんだろ

404 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 22:59:33 ID:???
>402
てか、60年程前で知識が止まっているってのはどうよ。

405 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:06:08 ID:808+CCNB
そもそも宇宙船の武器の射程は、どういう基準で決めているんだろう。

光線兵器なら「発射元から何パーセントまで減衰した距離」や
「既定の厚さの装甲を規定時間内に貫通する距離」
などで決められそうだけど、
実体弾なら何かにぶつからない限り無限大とも言えるんだよね。

406 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:10:58 ID:???
>>405
それを逆手にとった描写も数多くある。いろんなSF作品にね。
だが「有効射程」ということなら、ただ射ちっ放しの実体弾じゃろくに当たらないだろうから、
一定の誘導能力を備えていると思われ。
その誘導能力を維持する(つまり敵の回避行動に追随できるだけの誘導を行うことで消費されるエネルギー)分、
ないし誘導を行える制御範囲が有効射程ということになるのではなかろうか。

407 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:18:26 ID:???
物語中の有効射程は当てられる距離か、当たってくれれば破壊できる距離のどっちかなんだろうが
宇宙空間で減衰ってのはよっぽど特殊な宙域でないかぎりないだろうし
狙って当てられる距離=射程って感じなんじゃないかなぁ?
しかしワケの分からん流れ弾でアボーンってのはかなわんよな…。
いや物語の中に組み込んで活用できるのならそれもよしと考えるべしか。

408 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:22:47 ID:???
>>407
それ系のエピソードって上手くいじれば物語を盛り上げる絶好の演出になる。
銀英伝のコミック版ではヤン艦隊が敵艦隊の到達予測地点に向けてレールキャノン射つシーンがあった。
日本SF漫画の傑作「マップス」には宇宙船を無限加速させた亜光速弾なる敵星破壊用戦略兵器なんてものが登場した。
(何百年かかけて目標に到達するというめっさ気の長い兵器)

ヤマトでも「3」で流れ弾=誘導能力を失ったプロトンミサイルが太陽に突入したのが物語のスタートだし。

409 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:28:03 ID:???
>>宇宙空間で減衰ってのはよっぽど特殊な宙域でないかぎりないだろうし

おいおい、レーザーもビームもよっぽどの超技術でなけりゃあっという間に拡散するぞ。


410 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:29:36 ID:???
>>407
レーザーですら、天文スケールになると拡散し、減衰しますが?
減衰しない光学兵器って無限エネルギーになりますが?




411 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:34:06 ID:???
>>409-410
それは発信元から「完全に一方向に」照射できないからだね。
例えばレンズから発信するならレンズの曲面によってほんのわずかだが拡散する。
それが天文スケールになるとどんどん広がり、有効な破壊エネルギーを保てなくなる。

加えて、天体の持つ重力場による空間の歪み、なんてのもある。

412 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:51:57 ID:???
>407-408
宇宙空間におけるそれ系の描写なら
谷甲州の航空宇宙軍史がオススメじゃないか?

ヤマトみたいに恒星間どころか銀河間を
ワープしちゃうような派手なお話じゃないけどね

413 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 00:54:50 ID:???
バルゼーご自慢の火炎直撃砲、あれは地球防衛艦隊の主砲よりずっと「射程が長い」のが売りですが、
実体弾でもなければ光線兵器でもないという厄介な代物ですな。

414 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 02:08:33 ID:???
ビームの類なら、かなりの技術力があっても宇宙でかなり拡散してしまうらしい。
そこで完結編の冥王星会戦。あそこでヤマトは波動カートリッジ弾でディンギル艦隊に超長距離射撃を行い勝利しているが
あれなんかは実体弾兵器ならではの新戦術だったんじゃまいか。

砲弾の軌道が山なりとかいう点は無視してw

415 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 02:12:40 ID:???
あれは冥王星の重力を使って軌道を変えてるんだよ!(苦)

416 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 02:38:50 ID:???
>>414
実体弾をどれくらいの弾速に加速したんだ。
たった、46センチ×45くらいの砲身長だぞ。

物凄い弾体だよな。
あれは、おいおい、という感じで見たが。

だったら、艦首ミサイルの弾頭にカードリッジだろとも思った。

417 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 03:50:14 ID:???
てっきり波動砲口から波動カートリッジ弾が飛び出てくるのかと当時は期待しました。

418 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 08:51:30 ID:???
波動エネルギー推進砲弾に決まってるじゃないか!

419 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 08:53:22 ID:???
ヤマトの主砲は3連装から発射後、螺旋状に渦巻きながら一本のエネルギー光線と化して目標に直進する。
これは敢えて3本のエネルギーに螺旋を描かせることで相互干渉により直進弾道を長時間維持する超技術なのではなかろうか?

420 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 08:57:03 ID:???
太田の「有効射程距離に入りました!」のタイミングからすると、
ヤマト主砲の最大射程は大体10宇宙キロぐらい?

421 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 10:12:24 ID:???
宇宙キロは怪しすぎるので…

波動砲は大体距離10万で発射する例が多く、衝撃砲は波動砲の半分の射程といわれているので
距離5万(km)
ヤマトの設定が旧日本海軍からとられているとすれば、大和の主砲最大射程が距離4万2千メートル。
このメートルをキロメートルにすればヤマトの射程になるかと。
ヤマト第一話の冥王星会戦での砲戦開始距離が2万5千kmで、これは第2次大戦期の駆逐艦の砲戦距離を
メートルからキロメートルに変換すると大体一致するので、これ(メートル→キロメートル変換)が正しい砲戦距離と思われ。

422 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 11:16:32 ID:???
>>420
パート1の時はそんくらい、パート2で倍に伸びた。
永遠にで更に伸びたはず。

423 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 12:54:25 ID:q/rANdrM
結局、照準器の能力次第かと。
正確に狙い撃ちできないようでは兵器として意味ないから。


424 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 13:05:09 ID:???
まぁ、実際の宇宙戦闘は索敵と照準の良し悪しで勝敗が決するだろうけどね。
ミノ粉でも発明されて全部チャラにでもされない限りw

425 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 13:17:58 ID:???
あのさ。
全長263mだか500mだかの宇宙船同士、
1万kmだか1万宇宙kmだかを、
直進性のあるレーザー砲撃で打ち合って当たるか?

角度1ミルは1000m先の幅1mのものを指す単位だとしてだ。

SDIの弾道ミサイルレーザー照射からどれくらい技術が発達したんだ

どんな

426 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 13:26:00 ID:???
>>425
 相対速度を一致させて、互いにほぼ静止状態にならなきゃ視認することすら困難だろうから、双方が本気で撃ち合う
気なら、距離は絶対的な障害でもないだろ。

427 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 13:29:31 ID:???
それSF板の宇宙戦艦は成立可能かスレで過去議論されたけど、
同じ速度系に「入る」事自体、戦争というより
ランデブー=平和時の共同作業だと思うんだが。

宇宙マハンは宇宙制海権について、どう考えているんだろうか。


428 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 13:55:11 ID:???
>>427
 でも、同じ速度系にいないと、少なくとも地上に近い感覚での(つまり、ヤマトのような)戦闘は不可能でしょう。
 相対速度合わせず、双方の固有速度でぶっ飛んだままなら、現代の戦闘機同士のドックファイトなんか比較にも
ならない瞬間のチャンスにメクラ撃ちしてとっとと逃げるというなんとも締まらない戦闘になるか、双方低速にならざ
る得ない惑星軌道外では戦闘は発生しないなんてオチかと。 

429 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 14:04:00 ID:???
「黒い宇宙船」のように砂を撒けばいい

430 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 14:10:18 ID:???
>>428
それは宇宙船の速度と索敵範囲次第ではないかな。
例えば、距離100万キロで敵艦を発見したと仮定して、
敵艦と味方が相対速度2000キロで接近しつつあるとしたら、交差するまでに8分位、ロストするまで16分以上かかる。
戦艦の主兵装がレールガンのような実体弾兵器なら理論上射程は無限(索敵範囲次第)なので、16分間は戦闘時間が取れることになる。
もちろんドッグファイトはありえないし、海洋戦における同航戦などよほど進入角度がよくない限りありえないけど
反航戦なら十分に戦闘として成立しえると思うがね。

431 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 14:25:54 ID:???
冥王星海戦が好きで好きでしょうがないんだけど、
艦隊決戦、個艦対決で砲撃力劣後なら
劣勢側はN2法則が働く前に「逃げる」と思うんだよね。

相対速度秒速4000kmで無限前方に打ち込む場合は、まああれだけど
反航戦で接舷の瞬間なんてコンマ何千分の一秒で打ち合えないでしょ?
ハーロックが反航戦で打ち合うなんて、宇宙の距離感が得れば
双方が減速、
あるいは片方が秒速2000kmからマイナス1999.9kmまで3999.9km減速しなければ
秒速0.1km(100m/s)の反航戦にはならないじゃん

432 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 14:43:41 ID:???
>>430
>敵艦と味方が相対速度2000キロで接近しつつあるとしたら
桁がふたつ程足らないと思う。




433 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 14:51:29 ID:???
アポロとソユーズが惑星なり衛星の軌道上でドッキングするのと訳が違うと思うんだよね。
早い話、月への4日間の落下の途中で事故起こしたアポロ13を
同時期、救難船を打ち上げ、落下途中あるいは地球への浮上途中、ランデブーできるか?
どうしても、月周回軌道か地球周回軌道で同航しないとドッキングできないと思うんだよね。

反航戦いうと、弾道弾迎撃のアナロジーでやっぱ捉えないと難しいのじゃないか

434 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 15:06:15 ID:???
>>432
核融合動力の宇宙戦なら適当な見積もりでないかな。
反物質を使った船の戦闘なら確かに桁が足りないが、
それでも武装した宇宙船を秒速20万キロで飛ばすスペックは反物質宇宙船にすらないよ。
それこそ波動エンジンみたいな永久機関でもない限り。

435 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 17:12:49 ID:???
貴族様が発射命令を出すレールキャノンが最強です。

436 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 17:22:08 ID:???
ファイエル

437 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 17:43:24 ID:???
そして滅ぼした敵の生き残りの女を手込めにする、と

438 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:26:12 ID:???
これがヤマトじゃなくてマクロスだったらなあ。波動砲(主砲とも言う)に頼らなくても
核ミサイルてんこ盛りであぼーんなんだが。

撃ってますけどね。主砲も。

439 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 20:09:46 ID:???
でも、地球防衛軍の艦船が一撃で爆沈しているところを見ると、波動エネルギー
も非常に不安定で危険な感じがするけれども。

440 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 21:16:14 ID:???
マクロスVSアンドロメダ

441 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 21:42:43 ID:???
コスモタイガー対VF−1ヴァルキリー

442 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 21:47:55 ID:???
>>425
そこをなんとかするためなのか、
冥王星会戦は双方縦一列で同航戦からスタート、
ヤマトVS反射衛星砲の序盤(艦隊とミサイルでの陽動)でも
同じ方向に飛ぶガミラス艦にヤマトは砲撃してた。
異次元空洞で逃げまくる際もヤマトとドメル艦隊は一応同じ方向に飛んでいる。
(ヤマトの砲撃は全部命中はしている。あまりに数が多いので焼け石に水だけど)

命中率が著しく低いと思われるシチュエーションは意外に少ないのではないかと。

443 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 21:57:16 ID:???
ヤマトは後部主砲を後方に撃ったときの命中率だけはすこぶる悪いよ
マゼラニックストリームでも当たってなかったんでは。記憶が正しければ

古代「島、はやくワープしてくれ、これじゃいくら打ってもしかたがない まるで空気銃だ」

444 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:09:46 ID:???
主砲の光線が消えた先に閃光があったよ。撃った分全部。
三千の大群に向かって撃ってもキリがないだけ。


445 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:43:38 ID:???
>>427
おそらく敵味方ともども信ずる”宇宙艦隊決戦主義”の賜物とおもわれ

446 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:48:07 ID:???
>>441
デスラー「プ、プロトカルチャー!!!」

447 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:49:20 ID:???
最大射程距離、有効射程距離ともに不明確な状態で、砲戦を想定することが
できるのだろうか。仮に防御力が同じとしても、下手をすれば敵艦隊からアウ
トレンジで一方的に叩かれてしまう。さらに防御力が相手より下回っていたら
地球防衛軍は冥王星会戦の悪夢の再現になってしまう。


448 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:01:19 ID:???
>442
冥王星会戦では地球艦隊の目的は冥王星の遊星爆弾発射基地を破壊する事
ガミラス艦隊はそれを阻止するため地球艦隊を撃滅する事

沖田提督としてはガミラス艦隊の迎撃を振り切って冥王星に向かいたい
所だけれども、加速力で優位にあるガミラス艦隊に同航戦に持ち込まれ
壊滅って感じかね

449 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 02:13:44 ID:???
>>448
同航戦というには、デストロイヤー艦の機動力は桁違いだった印象が強い。
地球防衛軍艦艇はほとんど的状態だったなぁ。

450 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 02:29:26 ID:???
突撃艦のミサイルで沈められるが、ミサイルは射程が短いみたいだな。


451 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 02:32:02 ID:???
対衛星機動機雷(敵衛星進路上で爆発しデブリを散布する)が開発

機雷を回避するにも機雷を敵機の進路上に確実に投入するにも機動性が重要。その為の兵器・宇宙雷撃艇が出現。

雷撃艇の補給整備を担当する大型宇宙艦=宇宙空母とその護衛艦郡が出現。大質量の打ち上げ技術の発展に伴って、宇宙兵器が機から艦レベルへ大型化し始める。

大出力のエネルギー供給源(核融合炉?)が開発され、宇宙艦内で大エネルギーの確保が容易になる。
機雷よりも高速で回避も難しいレールガン・ビーム砲が宇宙戦の中心へ。宇宙戦艦の誕生。

という経路で宇宙兵器は進化する、みたいな設定を中学時代あたりに妄想したなぁw

452 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 03:51:30 ID:???
>>434
ずいぶん前のスレにあったと思うけど
地球−冥王星間を1週間で往復する能力を宇宙船に与えようと思ったら、対消滅エンジンを使うほかはない。

●沖田艦巡航スペック
 地球−冥王星間を1週間で往復
 巡航加速:約35G 最大速度:約44556.5km/s^2(地球−冥王星間中間距離)
 質量費:約2 (正反物質混合比1対1の場合。宇宙船の乾質量の2倍の燃料)

 こんな感じ。
 2000km/sに達するまでの時間は約1.6時間。
 ちなみに燃料を使い切るまでまっすぐ加速し続けると光速度の約60パーセントに達します。
 核融合エンジンにすると、理論値でも質量比が2329.3になってしまって、戦闘艦としては失格になってしまいます。

 冥王星付近では速度は秒速数千kmから数百kmあたりではなかろうか?
 このあたりであまり速度が速いと地球に帰れなくなったり、帰るのに何ヶ月もかかるとか、なりかねないので。

453 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 10:33:16 ID:???
>>452
質量比2ってーのは船体質量の半分が燃料なんでないかい?
まぁ、沖田艦にしろ雪風にしろ船体質量の半分が燃料って事は搭載できる武装は制限高そう。


454 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 11:03:07 ID:aQQ9l9LT
>>452
原住民が未開発の惑星(つまり冥王星)一つ捨てて掛かって、亜光速で特攻を掛けた場合でも撃墜できる。。。んだろうなぁ。
ガミラスってば。
(サーシャ専用機を直して冥王星に突っ込ませればひょっとしたら・・・w)

455 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 11:59:16 ID:???
んー?
地球ー冥王星間を45億キロとする
1週間で往復だから、片道3.5日とする
中間点(22.5億キロ、1.75日)まで一定加速度で加速、その後は一定減速度で減速とすると。
加速度(減速度)aは a=2x2250000000000/(1.75x86400)^2
で、a=197m/sec^2 (約20G)
中間点での速度は v=197x1.75x86400で約3万km/sec 光速の10パーセント

往復の場合、総増速量は約12万km/sec
相対論効果を考慮しないとすると
(光速の40パーセントにもなるんじゃホントは考慮しないとダメだろうな)
光子エンジンで噴射速度30万km/secとして
30万xln1.5=12万
つまり質量比1.5ぐらい

こんなもんじゃないか。
10G加速だけど、重力制御技術はあるみたいだから大丈夫じゃね。

ちなみに現代の護衛艦だと総質量6000tで燃料1500tぐらいだから
質量比は1.33
戦闘爆撃機(ストライクイーグル)だと自重14t、燃料9t、兵装5tで
質量比は(14+9+5)/(14+5)=1.47


456 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 18:39:21 ID:???
六神は間違いなく光速で移動してるな。

457 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 20:28:56 ID:???
お前らに新作ヤマトを作らせたら
物凄いのが出来そうだなwww

458 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 20:41:17 ID:???
とりあえず補給線の話からはじめようか。

459 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 22:22:27 ID:???
補給?途中で適当な星を探して草でも刈って食え。

460 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 22:23:51 ID:???
>>457
とりあえず宙間喫水線は無しだ。


461 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 22:47:41 ID:???
>>454
で、その機体のエンジンはどうやって起動させる気だ?w

462 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:13:23 ID:???
真田さん使用禁止

463 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:19:08 ID:???
>>457
ガミラスが地球に自動車部品の輸入に関して圧力をかけてくる筋

464 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:37:07 ID:???
>>457
いや、当初はガミラスの機体を投入する予定だったのが自力開発に成功した
ので、キャンセルされるとか(実は遊星爆弾投下のきっかけがコレとかw)。

465 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 03:57:31 ID:???
上の数字は3日で目的地について、1日戦闘、3日で帰還というペースで計算しております。
(地球−冥王星間の距離は57億7千5百万kmで計算しています)
地球−冥王星間の移動日数はTV版から取っております。

以前計算した人でした。
ここの計算機を使うと簡単に確認できます。
ttp://tiana.hp.infoseek.co.jp/First/Compto.htm

466 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 09:44:44 ID:???
フライバイという手もあったな

467 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 09:49:59 ID:???
もしかして、スイングバイ?

468 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 09:55:28 ID:???
助走をつける施設なしで加速できるのが
ヤマト世界の艦艇の凄さ

カタパルトから発進する例がなんぼかあるだけで

469 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 12:45:12 ID:???
むしろ邪魔だろ、>カタパルト
後方に向けて射出された機体がUターンして前に出るんだから。

470 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 12:49:39 ID:???
>>467
マヌケなグーグル先生みたいだな

471 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 13:50:57 ID:???
>>457
おそらくヤマト発進までで一年以上物語が作れるぞw


472 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 13:54:51 ID:???
まあさすがに太陽系のとりあえず辺境まで一週間くらいでいけるくらいの技術がないと
いくらイスカンダルから波動エンジンとその周辺理論を教わったところで
往復29万6千光年を一年で航海するなんて出来るわけないわなw

473 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 14:44:07 ID:???
>>466-470
バカやろう。むせてペプシ吹いたじゃねぇかwww


474 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 14:50:03 ID:???
ならば今の一連のギャグはどこが面白いのかを解説していただけまいか

475 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 14:51:12 ID:???
>>471
それマジでおもしろそう。OVAでだしてほしい。
最終回がヤマトの1話。



476 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 15:27:49 ID:???
>>475
それ、いいな・・・移民艦「ヤマト」計画の全容とか、イスカンダル航海の
可否についての防衛軍幹部の激論とか・・・そうゆーのをみたい。

藤堂「イスカンダルへいってコスモクリーナーを入手すれば地球は救われます」
幹部「しかし藤堂くん、ガミラスの妨害も予想されるのに正否はわからないぞ?」
藤堂「ほかに人類を救う方法はありません!」
幹部「そんな可能性の低い計画よりも、我々の子孫を残し文化と歴史を継承させる
   移民計画を推進すべきだ!」


まあ御大かN崎のどっちかがこの世から旅立たないとまずムリだなぁ・・・・


477 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 18:23:18 ID:???
何人地球を脱出できるかだな。さらば以降、日本人以外はほとんどでてこないから、
日本以外の地下都市は全滅した可能性はあるけど、IIで更に減少した人口でも、
IIIでは人類数億人とか言っているし。

478 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 18:36:33 ID:???
Uでは軍人の戦死者は多数だが民間人の被害はかなり少ない
まあガミラス戦とか通常の侵略戦争と比べてではあるが。

479 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 18:44:44 ID:???
ガミラスと地球のファーストコンタクトは興味深いと思う
デスラーの名前は名乗ってはいない(ヤマトが機雷突破のあとの祝電で初めて知る)が
ある程度の宣戦布告は、デスラーの性格上やっていそうだ

480 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 20:19:51 ID:???
佐渡:「おいっ!斉藤ォ!ヤマトゼロつくれや!」

481 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 20:25:32 ID:???
>>479
降伏勧告は出てるはず。

482 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:05:36 ID:???
キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━

483 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:13:12 ID:???
>>477
或いは他民族は既に脱出済みで地球にはあらかた
日本人しか残っていなかったとか…それはないか

484 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:27:00 ID:???
VでWWUの著名な戦艦の名前がでてたから、各民族とも生き残ってたのでは?
Tでは国際社会で他惑星への侵略行為になるとかで地球本土防衛として結果的に
温存され、冥王星会戦までに他国の建造した艦船は全滅してただけかも。

485 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:43:26 ID:???
>国際社会で他惑星への侵略行為になるとかで
どうみてもならと思うが……。
 むしろ、宇宙社会党やコスモ民主党みたいなのが政権とっていて、「集団的自衛権は認められない!!!111111」と……。

486 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:51:02 ID:???
>>449
第一話の冒頭で
おそらくは沖田艦隊の予想進路を塞ぐように回りこんでるんだろうけど
鮮やかといえば鮮やか。
後、地球司令船225号の鈍重さが致命的。
あんなドンくさい旗艦の存在のせいで大敗した面なきにしもあらず、化と。

487 :読売艦隊観戦武官:2007/09/29(土) 23:43:39 ID:???
王提督  orz
でももう十分です。。。ゆっくり休んでください

488 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:47:28 ID:???
>むしろ、宇宙社会党やコスモ民主党みたいなのが

スマンww
コスモ長妻昭とかコスモ○○は面白すぎるwww

489 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:48:55 ID:???
ヤマトに対する異常な風当たりの説明にならないかな>左翼
アンドロメダとヤマトの違いは、極めて長大な航行能力の差

490 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 23:58:47 ID:???
>>486
沖田艦抜きでまともな索敵や指揮はできないと思う。
M-21881型突撃駆逐艦て、ほとんど宇宙戦闘機の拡大版だから。

ひょっとすると、沖田艦が燃料補給艦を兼ねていたの鴨。

491 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:19:28 ID:???
>>490
しかし旗艦の足の遅さのせいで
乗り手次第では機動力でさぼと負けないはずの駆逐艦も
護衛のために速度を出すわけにもいかず・・・

七面鳥撃ちのごとく次から次へと沈んだ理由のホントのところはここらへんかと。
だいたい序盤でいきなり砲撃不能になって逃げ回るしかないって何だよorz

冥王星会戦が包み隠さずTV中継されていたら、怒りでキレる市民が出そう。

492 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:26:19 ID:???
>>491
そこはコスモ大本営発表でしょう!

493 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:41:03 ID:???
さすがにあんなとこまで取材に行くコスモジャーナリストはいないな
唯一ありえそうなのは、兵士が資料を漏洩

494 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 01:47:11 ID:???
コスモウインニィーですな

495 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 02:03:00 ID:???
デスラー総統のパソコンから「決め撮りスターシャ035.jpg」ファイル流出。

496 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 02:12:38 ID:???
誤:決め撮りスターシャ035.jpg
正:決め撮りスターシャ035.jpg....................................................................................................................................exe

497 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 04:34:48 ID:???
どうやら>>491は、砲戦時の護衛艦は常に主力艦に随伴しているものと考えているらしい

498 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 06:27:50 ID:???
>>476
人工惑星を作り脱出したが・・・・という結末か。


499 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 06:36:04 ID:???
>>476
脱出を強硬に主張する幹部はアーレ・ハイネセンって奴じゃね?

500 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 08:00:43 ID:???
>>480
斉藤:「引き受けた!」
カリカリカリカリ・・・・

501 :福岡県民:2007/09/30(日) 09:28:01 ID:???
>>487
コーヒー吹いた!www

502 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 11:01:59 ID:???
>>496
クリックするとベムラーゼのウホっ画像がメインパネルに・・・ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

「どうだねタラン、私の作戦は。」

503 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 11:08:50 ID:???
古代「お前だな相原!危険な物を艦内に持ち込むなと(ry」
徳川「いやすまん古代、実はワシの独断でな」
 島「機関長!」
徳川「ついその若気の至りでだな、その・・・」

504 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 11:18:20 ID:???
>>502
ベムラーゼだと時系列がおかしいから
ガンツとシュルツのハッテン画像にしておこう。

505 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 11:39:38 ID:8/P/4WZg
デスラー総統声明
「ホモ好き腐女子はガミラスには不要だ」











(最近スターシアの態度が冷たい…なぜだ?)

506 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 13:21:26 ID:???
猫を飼えばよい

507 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 14:24:34 ID:???
>>506
コスモぬこ?


508 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 15:32:10 ID:???
波動ヌコ

509 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 15:43:26 ID:???
「ヌコ充填120パーセント」
「総員、対ニ鳴き声、対毛玉防御」


510 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 17:29:05 ID:???
「セーフティー 猫じゃらし オープン」

511 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 17:52:00 ID:???
フライスルーメイカ 接続

512 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 18:39:35 ID:???
                _    _   _   _
ニ…ニャンニャンニャンニャン__ ヤ _/__ ヤ _/

513 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 18:42:37 ID:???
確か「デスラーズウォー」の設定画で小林誠が描いた戦艦スターシャが
あったはずだが、艦首に巨大なスターシャの顔の造形物があるんだよな。

帆船の船首に女性型フィギュアを付ける例は実在するけど、さすがにあれは
やりすぎだと思う。

アルカディア号を見習えっつの。

514 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 18:43:37 ID:???
冥王星基地には巨大デスラー型(顔をかたどった)通信機がw

515 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 18:48:38 ID:???
そして機械伯爵の城には星野鉄郎の母親の剥製が。

516 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 18:51:51 ID:???
艦首に…で NEW SPACE ORDER の宇宙船を連想した。
ttp://www.newspaceorder.com/image/unit/ku_21.gif
ttp://www.newspaceorder.com/image/unit/ku_22.gif

517 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 20:37:01 ID:???
>>478
さらばではなかったけど、IIじゃ最後に超巨大戦艦の主砲で地球が打たれまくってたじゃん。
東京も壊滅だったし。軍でも藤堂司令長官だけが生き残っただけじゃん。

しかし、IIではテレサが自爆してくれたけど、さらばじゃ、ヤマト特攻でしょ。運動量、運動エネルギー
を考えると、そんなに打撃を与えられたかな。IIでアンドロメダがガトランティスに特攻しても、何も
起こらなかったのに。

518 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 20:38:27 ID:???
>>493
クラスター五味

519 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 20:41:19 ID:???
>>489
大統領が言ってたように、アンドロメダや主力戦艦は基本的に防御のための艦艇だから。
実際その頃の地球では、まだ太陽系内開発で手一杯だったでしょ。IIIから太陽系外進出
だけど、アンドロメダとは別艦だね。

520 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 20:56:41 ID:???
>>517
さらばでもテレサがヤマトと一緒に特攻してくれたけど・・・

さらばのほうが強烈だとおもうよ、反物質ボディだから。
対消滅で超巨大戦艦あぼーん。

521 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 21:09:04 ID:???
>517
がさらばを見ていないことは判った


522 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 21:30:41 ID:???
むかし
「さらばでもテレサ一人で特攻すればいいんじゃね?」
といったらめちゃくちゃ怒られた(汗)

523 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 22:07:46 ID:???
無理やり理屈をつけるなら
反物質テレサと、反応させる物質がヤマトだったわけで。
逃げる可能性のある巨大戦艦を確実に沈めるためだったと

524 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 22:16:43 ID:???
>>497
足が遅い上に砲戦不能状態、の旗艦をほったらかす護衛艦がどこに居る。

525 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 22:39:07 ID:???
>>520
さらばのDVDを見直してみたら確かに一緒に特攻してた。スマソ。

526 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 23:29:53 ID:???
>>520
対消滅は同質量分しか反応しないから、テレサの質量比からすると、その際に生じるエネルギーを考えても、
当たり所を考えないとあまり意味がないかもしれない。単純な発生エネルギーだけで比較したら、ヤマト搭載
クラスの波動エンジンの方が大きいかも……。
テレサの対消滅で装甲に穴→超巨大戦艦ダメージ→そこにヤマト突入→自爆かな?

527 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 23:50:34 ID:???
>526
10^18Jでは不足ですか?

528 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 00:12:36 ID:???
不足。
10^18Jと言えば、2002年に日本で1年間で発電された総電力量に匹敵する。

人類初のワープ艦がヤマトだけど、それまではワープに必要な出力を発揮するエンジンが存在しなかったため
ワープ実験が行えなかった。
前のレスで出ていたけど、質量比2〜1.5の燃料を消費する対消滅エンジンではワープ不可能だったわけ。

さて、100kg前後の正反物質による対消滅の際に発生するエネルギーと、
ズタボロとはいえ、駆動している波動エンジンが保持しているエネルギーとどっち大きそうかといえば波動エンジンのほうなんだな。

529 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 00:15:19 ID:???
>526
テレサの質量を50kgと仮定すると、超巨大戦艦との対消滅で生じるエネルギーは
水爆2000Mtくらいになりますが。火球の大きさも数十キロになると思われますが。

530 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 00:43:32 ID:???
永久機関をなめんなよ

531 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 03:29:36 ID:???
違う、燃料がそこらじゅうに転がっているエンジンだ、あれは。

532 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 06:02:09 ID:???
反物質女って書くとなんか笑えるな。

533 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 07:49:46 ID:???
>>529
波動砲はオーストラリアほどもある浮遊大陸を一撃で消し飛ばしたわけだけど、
2000メガトンじゃ大陸吹き飛ばすのは無理じゃない?

>>532
たんものしちおんな?

534 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 09:31:20 ID:???
永久機関というのは2種類あって
無から有を生み出すのが第一種永久機関
熱力学第2法則を無視して、周りにあるエネルギーをくみ出すのが第2種永久機関

ヤマトの波動エンジンは…どうなんだろうw
宇宙エネルギーとやらをタキオン粒子に変換して・・・というのであれば第2種永久機関
タキオン粒子発生機関が無からタキオンを発生させているのなら第1種永久機関
えーと、こんな具合

タキオン粒子発生機関(タキオンを生成)
→タキオン粒子波動セクション(フライホイールはここの始動機関)
→パワーコンデンサー(1次発電機。艦内電力を発電する)
→タキオンタービン・波動圧縮機(タキオン波動流を整流・圧縮)
→タキオンパワーバーストセクション(タキオン波動を増幅)
→タキオン圧力調整室(2次発電機)→推進器へ
タキオン圧力調整室からエネルギー伝導管を使って「タキオン粒子波動セクション」へ
タキオンを生成するための動力を供給する
また、波動砲へのエネルギー供給もここからエネルギー伝導管を使って供給。

タキオン粒子発生機関にエネルギーを「1」突っ込んで1以上のエネルギーを発生、
タキオン粒子発生機関を駆動させ続けるエネルギー以外を各種装備に回すということに。

初期の波動砲発射時に艦内電力供給を止めるのは機関再始動のためのエネルギーをパワーコンデンサーに
溜め込むためと思われ。

535 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 09:38:47 ID:???
木星でのトラブルはタキオン粒子発生機関への動力供給の制御が出来なくなったためと思われ。
土星では前回の暴走でエネルギー伝導管が融解。材料のコスモナイトを求めて〜てなかんじだと

536 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 10:05:55 ID:???
波動砲で四国を真っ二つにした
超巨大戦艦なら聞いたことがある。

537 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 11:00:34 ID:???
ヤマトって存在そのものはトンデモ(ってゆーかスーパー系)の割りに、初期故障な
んかを序盤のエピソードに突っ込んだり、変なとこでリアルだよねぇ。まあ、そこが
面白くて未だにこんなスレに常駐してるんだけど。

538 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 11:03:08 ID:???
>>536
某アウトランダーズという漫画ではだな、カタツムリもどきの戦艦が主砲の一撃で日本列島を吹き飛ばしてだな。。。

539 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 12:59:37 ID:???
どうしてお前たちは俺が知ってる古い漫画の話をするんだ

540 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 13:03:37 ID:???
2テレサはさらばテレサと違って、普通に接触できる生身なんだな。
この辺り、ゲームではどう調整つけたか知らないが、仮に2テレサを「反物質を生成できる超能力者」とすると、超巨大
戦艦消滅に十分なだけの反物質を集めてぶつけたと想像できる。
 単純に超巨大戦艦と同質量の反物質としたら……周辺への影響も並のことではないな。『トップをねらえ』で惑星ひ
とつ呑み込むブラックホールを発生させてとかやっていたが、その比ではないような気が……どうもみても太陽系内
でブチかましているんですが((((((;゚Д゚))))))ガクガクブルブル

541 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 13:18:02 ID:???
>>540
ぶっちゃけた話、超巨大戦艦の全長12km強を包み込むだけの火球を生み出せればよし。
もちろん、金属の最低でも融点を超えるだけの温度を伴う。

大雑把に言って直径15kmほど、表面温度数千度ってとこか。
まさにミニ太陽ですな。

542 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 13:58:45 ID:???
木彫りの宇宙戦艦で、銀河の超大国になった国があったな。
撃沈してもコアが無事ならまた生えてくる

543 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 14:20:38 ID:???
>>541
>大雑把に言って直径15kmほど、表面温度数千度ってとこか。
>まさにミニ太陽ですな。
そうそう程よくできるのかな?
確実に消滅させられるだけのエネルギーを放出できて、周囲への影響は最低限って反応が……。
 程よく出来たとしても、反応の際の衝撃波とか熱線とかで地球は大災害にならんかね? ヘタしたら月軌道以内でしょ?

544 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 15:08:22 ID:???
>>542
樹雷皇家乙

>>543
そこでプラズマですよ!
いやマジ、プラズマ力場をうまく使えば数万度の高温ですら限定領域に封じ込めることが(理論上)できる。

545 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 16:31:22 ID:???
いあ!ぷらずま!ぷらずま!

546 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 17:51:30 ID:???
>>545
で、初飛行はいつかね。

547 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 19:53:59 ID:???
テレザート星はなぜ常物質なのでしょう?
あそこは幽閉されてただけなのかな

548 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 20:29:13 ID:???
板内他スレにて関連下記子を発見、報告します
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1190783007/55

549 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 20:29:37 ID:???
>>547
小説版では帝国が「最終段階でこそ猛攻を加えることができたが、
それまでの反物質を中和するのが大変だった」としている

言いたい事もあるだろうが、小説の執筆者なりスタッフに言ってくれ
私は知らん

550 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 21:32:06 ID:???
 _, ,_
( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \
反物質って中和できるんだ

帝国の科学力侮りがたし

551 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 21:37:24 ID:???
なんだ、知らんのか?

こう反物質に同量の性物質をかけるとだな…




以上ブラック真田先生の実験室からお送りしました。

552 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 21:50:22 ID:???
>>550
反物質星に電子ビーム撃ち込んで中性子星にしちまうんだよ

553 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 22:14:00 ID:???
>>538
最後主人公夫妻以外みんな死んじゃうんだよね。

554 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 22:21:04 ID:???
太陽系の中にミニ太陽ができたらPartV以上のピンチだな。

555 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 22:23:16 ID:???
>>539
おーい、龍が飛び立つぞー!

556 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 22:55:03 ID:???
このスレ住人の平均年齢は半世紀を超えているのではあるまいか。

557 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 23:27:36 ID:???
TV版のテレサって島がブサイクだったら絶対に洞窟に引篭もってたよな。


558 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 00:17:31 ID:???
異星人の血を輸血された島って大丈夫だったんだろうか?
なんか凄くヤヴァそう・・・

559 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 00:26:56 ID:???
>>558
それいっちゃ古代守はどうなるんだろう?いつイスカンダルにたどり着いた
か分からんけど、ヤマトが到着するまで寝たきり状態だったからな?もしか
するとスターシャの血が総統…じゃなかった相当入ってるんじゃないか?

560 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 00:28:07 ID:???
>>559
ガミラスに下品な男は(ry

561 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 00:30:32 ID:???
その分、スターシャに白い血を抜かれているからw

あのベッドからして、つい最近まで重症で寝たきりって感じじゃないw

562 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 00:40:12 ID:???
こちらパトロール艦『ときつかぜ』艦長山本順一。
これより宇宙戦士訓練学校実習科目、訓練航海に出航します。

563 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 00:41:54 ID:???
志望フラグ ・゚・(つД`)・゚・

564 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 00:55:34 ID:???
沖田 「“可愛がれ”と言ってやれ」
部下 「は?」
沖田 「“可愛がれ”だ!」

565 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 00:57:42 ID:???
>>562-564
おまいらいくらなんでも不謹慎だ。
人の死をネタにして弄ぶな。

566 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 01:01:27 ID:???
同意。
自業自得で命を落としたならまだしも、何の落ち度もない一青年が理不尽に殺されたんだ。
ネタにして笑う気にはとてもなれん。

567 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 01:10:03 ID:???
見たかタラン・・・

以下自粛

568 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 02:30:40 ID:???
戦死後を考えるなら、ネルガル重工のナデシコ。
熱血なら、木連の有人部隊(妙なコスプレの戦闘服だが)。
艦の名前を気にしないなら、ダルマーギルドの仮称「幸運艦」・・・艦名自粛。
ヤマトなら、3の生活班だね。

・・・・真田さんの後継者は、2で戦死だったな。

569 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 03:13:31 ID:???
>>553
何かイデオン並みに救いのない展開だな。
全員シボンヌのこっちの方が却って潔いというか。

570 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 03:42:21 ID:???
最近では、21世紀のアメリカ合衆国とロシア連邦の戦艦が銀河間航行を成し遂げてるな。
ペガサス銀河までたったの3日

571 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 08:26:40 ID:???
>>570
ペガサスファンタジー そうさ夢だけは〜♪

572 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 11:38:10 ID:???
なんで軍事板にこんなスレがあるんだ?
ホモスレと同レベルじゃねーか、板違いの住人ども

573 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 12:58:57 ID:???
バクテリアン軍と戦ったら面白そうだなぁ。
ゴーファーの脳味噌に波動砲を撃ち込むヤマトとか絵になりそう。


574 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 14:19:47 ID:???
バカメ

575 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 16:50:13 ID:???
>>533
波動砲はオーストラリアほどもある浮遊大陸を一撃で消し飛ばしたわけだけど、
2000メガトンじゃ大陸吹き飛ばすのは無理じゃない?

某ブリティッシュ作戦では、スペースコロニー前半部の落下によって5万Mtのエネルギーが解放、
オーストラリアに直径500kmのクレーターができております。
浮遊大陸吹き飛ばすにはもう一桁たりないようです。

>>550
反物質って中和できるんだ

陽電子を時間軸で逆転させると電子に、陽子は反陽子になります。逆もまた然り。

576 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 17:29:40 ID:???
時間軸で逆転したままじゃないか

577 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 17:34:52 ID:???
>>575
この場合は基本的に火球の大きさで全てが決定する、くらいに考えて良いでしょう。
1メガトンで直径1kmだっけ?
50000メガトンだと単純に考えて火球の大きさは40倍弱。
・・・意外に小さいな。

578 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 17:46:36 ID:???
20kt - 0.2km
350kt - 0.64km
1Mt - 0.96km
15Mt - 2.84km
50Mt - 4.6km

579 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 20:32:14 ID:???
>>575
それだと
「エネルギーは波動砲の100分の1しか仕込まれていない」by真田さん
な波動カートリッジ弾の威力は恐ろしいものになるなあ

ボラー第1第2主力艦隊やディンギル要塞母艦が壊滅するわけだ

580 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 20:49:45 ID:???
>時間軸で逆転したままじゃないか

時間軸逆行陽電子も通常電子も区別することはできませんが、なにか?

581 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 21:02:28 ID:???
それより逆転させたんならそれでいいんじゃね?

582 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 21:08:44 ID:???
時間をいじっていいなら何でもありだから却下する

583 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 22:08:18 ID:???
そういえばタイムレーダーってまともに使われなくなったなあ
機関室で小便した機関長と宇宙ホタルばらまいたガミラス艦を探知しただけで終わったような

584 :名無し三等兵:2007/10/02(火) 22:13:19 ID:???
>>583
ヤマト2の20話辺りで土方が彗星艦隊の構成と動きを説明する際に
「偵察衛星、またタイムレーダーの記録から…」と言ってたような気が。


585 :名無し三等兵:2007/10/03(水) 04:48:53 ID:???
オーストラリアと同じ大きさの直径のクレーター(直径4000km)を作る隕石の運動エネルギーは、大体10^28J
ちなみにこれが起こると以下のような惨劇が

ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm277636

ちなみにトップをねらえ!に登場するシズラーがシズラービームを数十秒ほど連続照射しても同様の事態が発生。

1/100のエネルギーだと直径500kmほどのクレーターが。
この規模の隕石が落ちると、地上に住む生物は壊滅的な被害を受けます。

以上のことから、初期のヤマトの波動エンジン内の全エネルギーは最大時には太陽が数十秒ほどの間に放射する
エネルギーに匹敵するということになります。
対消滅反応だと1千万トン分位の正反物質が必要になります。
対消滅機関ではワープは無理だったことがわかりますね。

586 :名無し三等兵:2007/10/03(水) 05:16:54 ID:???
ちなみに5万Mt→2*10^20Jのエネルギーでできるクレーターの大きさは直径13kmほど。
クレーターの大きさは衝突する物体の運動エネルギーでほぼ決定するのでこれで間違いないかと。
…どうやったら500km(ry

587 :名無し三等兵:2007/10/03(水) 07:33:43 ID:???
>>585
いかん、寝ぼけてた。
対消滅反応だと1億トン分位の正反物質が必要
…であってると思う。うん。

588 :名無し三等兵:2007/10/03(水) 21:37:39 ID:???
NHKクラス ですなw

589 :名無し三等兵:2007/10/03(水) 23:12:16 ID:???
ついていけないが面白い。

590 :名無し三等兵:2007/10/03(水) 23:23:18 ID:???
波動エンジンはともかく、波動砲は
「天変地異を引き起こすトンデモ兵器」みたいなノリが凄かったのにな。
浮遊大陸の壊れ方の異常さは当時驚異だった。

591 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 00:14:54 ID:???
波動砲を地球に向けて撃ったら直径10kmの隕石がぶつかったかそれ以上のダメージで
人類を皆殺しにするぐらいの威力はあると思ってみていた。出力調整はできるだろうが。

592 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 00:36:43 ID:???
無数の稲妻とともに巨大地震が起こって
何もかも崩壊(文字通り砕けていく。爆発も燃えもせず)していくって感じじゃないか>波動砲で地球を撃ったら

593 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 04:15:24 ID:???
 簡単に言うと、オーストラリア大陸を木っ端微塵にする波動砲のエネルギーは10の28乗ジュール
これは大体1億トンの物質をすべてエネルギーに変換した場合と同じエネルギー。
 初期の波動砲は発射すると、エンジン内のエネルギーがなくなるという設定だったので
エンジン内のすべてのエネルギーを発射するのと同じ、ということ。

 隕石に換算すると直径約300km強の奴が秒速11.2kmの速度で激突するのと同じ。
 動画を見れない人のために説明すると、激突時に発生する熱エネルギーで1ヶ月で海の水が完全に蒸発し
大気の温度が1年近く、太陽表面と同じ状態で持続することになります。
 地球に向かって波動砲を発射するとこれと同じことが起こると予想されます。

 …ガミラス星ではあれで手加減してたんだねぇw



594 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 06:14:55 ID:???
>>593
ガミラスで波動砲発射を勧めたのは沖田艦長だったな、怨念の為せる技か。

595 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 10:28:28 ID:???
地球より小さい十一番惑星に撃っても惑星は無事だったな
まぁ敵戦艦を貫通してから地上に降下してるから
威力は弱くなったかもしれんが


596 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 12:45:18 ID:???
ttp://www.youtube.com/watch?v=uQK5-CMpFso
YouTubeにも同じものあるんでニコニコ駄目な人はこっちをどうぞ。

597 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 12:50:00 ID:???
>>594
火山脈云々関係ないなw
 まあ、水中発射だから威力ぐっとさげていたのかもしれんけど、最悪あれでガミラス本星消滅の可能性も(事実上
絶滅させたんだから似たようなもんだけど)。

 さすがにそこまでやったら、スターシャも「選択間違ったかも……」と思うかもな。


598 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 14:48:32 ID:???
>>593
地球そのものが基盤のオーストラリア大陸と、メタンの海にふよふよ浮いてる浮遊大陸とでは、
粉砕に必要なエネルギーが桁違いにならないかな。

それにしてもゴーランド艦隊やプレアデスに使用するには、オーバーキルすぎね?

それすら通用しないゴルバやデザリアム星ってバケモンやね。

599 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 15:24:07 ID:???
まあ、浮遊大陸ってぐらいだから、中身はスカスカだったかもな。
そもそもどんな原理で浮いていてのか

600 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 15:37:14 ID:???
1グラムの反物質から約90兆ジュールのエネルギーが発生するのか。

601 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 19:32:05 ID:???
プレアデスも初登場時は主砲が通じないバケモノ的強さを描写されていたね。
ネームシップとして特殊なチューニングでもされているのだろうか

永遠にでは同級がコスモタイガーのミサイルでぼこぼこ誘爆してたけど

602 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 19:56:09 ID:???
それ巨大宙母

603 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 20:12:11 ID:???
>>599
あろひろしの「雲界の旅人」にでてきたような水素貯蔵植物が大陸の大部分を占めていたとかありそうな・・


604 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 20:26:59 ID:???
>>601
プレアデスに真田さんがハァハァしたんだろ。

605 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 20:30:01 ID:???
   軽石軽石軽石
軽石        軽石
軽石 水素ガス  軽石
軽石        軽石
   軽石軽石軽石


こんな感じか>浮遊大陸
主砲の一撃でも粉々になりそうだ

606 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 21:44:29 ID:???
>>599
某サイトにあるように
「超低高度の軌道を回る衛星」でいいんじゃないの?

607 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 23:08:14 ID:???
だいたい、吹き飛ばされていないだろ>浮遊大陸
どっちかって言うと、大陸を維持出来なくなって崩壊して木星に落ちていったような。

608 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 23:24:06 ID:???
構造が軽石で、隙間にヘリウや水素がつまっているのかね。

なら、構造がもろいから、崩壊していくのでは?

609 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 23:25:34 ID:???
>>601
波動弾頭ミサイルだったのです。

610 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 09:18:56 ID:???
 そんなんゆうたら、大きさが4000km、高さが画像から推測して数百kmの物体が
何で球形をしていないのかとか(このサイズだと自身の重力で球形になる)
木星の潮汐力で引き裂かれているべきなのになんで無事なのかとか(ロシュの限界)
怪しさ爆発。
 答えとしては自身の重力によって変形せず、なおかつ木星の潮汐力にも耐えうる剛体であるという答えしか(ry

 古代人が作った何かの製造プラントかもしれんね。

611 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 10:30:18 ID:???
ガミラスが改造をしたんんだろう
人工蘇生以外ならなんでも出来るしな
波動砲で粉砕出来たのも形を維持するのに大陸の物質になんらかの手を加えてるから
もうそれでいいよ

612 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 16:26:28 ID:???
あのガミラス基地では水素やヘリウムを採取して冥王星基地に送っていたのかもしれん。
エネルギーとしては原始的かもしれんが、利用しない手はないし。
精製プラントや貯蔵タンクを地下に埋設していたために地盤がかなり脆くなっていたのかも。

因果は廻って数年後、暗黒星団帝国にガミラス星をほじくられるわけで。

613 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 16:50:37 ID:???
なんかアラレちゃんがウンコほじくる画を思い出した

614 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 18:32:27 ID:???
あの椰子の木は偽装かい?

615 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 18:36:00 ID:???
汚い穴だなぁ

616 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 19:18:29 ID:???
偽装もなにも、あんなとこに生命が存在すること自体が怪しい。

617 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 19:41:23 ID:???
ガミラス産生物を地球に移植する実験所として
わざわざ土台となる大陸を作ったとすれば
ありえない強度と由来の説明がつく

618 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 20:25:42 ID:???
むしろ基地を作ったら安普請&突貫作業で他の部分が崩れ落ちてしまったとか・・
それでも基地を維持できるガミラスの科学力は宇宙一ィィィイ!!

619 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 21:43:52 ID:???
昭和40年代の発想で思考しなければ。


620 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 22:30:44 ID:???
浮遊大陸に不時着したヤマトの周囲を調べるアナライザー、
描写は「水の中」を思わせるものがあった(気泡出てたし)

しかも木星の重力・・・よく戦闘機の空中戦ができたもんだ。

621 :名無し三等兵:2007/10/06(土) 01:52:26 ID:???
うるさいうるさいうるさい!

152 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)