2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【竹杖】韋叡【虚弱体質】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:25:09 ID:ojqiXP3T0
梁の韋虎について語るスレです

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 23:12:04 ID:uUg77X+p0
厳候..........

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 00:21:30 ID:ldm+WpPM0
語れる人いるのかね。
魏晋南北朝スレに合流したほうがよくねぇか?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:06:46 ID:7+WmGzwkO
誰か詳しく知っている人、この人の概略を頼む
凄い興味あるんだが資料が無くて…

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 01:48:08 ID:gOvgV4FZ0
>>4

442年 ミラノの農家の次男として生まれる
465年 ローマ帝国の使節として宋国を訪れる
505年 宋の北伐に参戦 合肥を陥落させる
507年 北魏軍と戦闘し勝利をおさめる
520年 ローマへ帰還

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 03:19:33 ID:STUzeUhs0
>>5
結構長生きしたんだな

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 11:20:59 ID:IjTS4ssfO
楊大眼に勝ったことしか知らないけど容貌に惹かれる

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 08:46:58 ID:BavDBui30
韋叡(442〜520)
 字は懐文。京兆郡杜陵の人。宋の泰始元年(465)、雍州主簿に任ぜられた。
斉末には建威将軍・上庸太守となり、蕭衍と交わりを結んだ。蕭衍が起兵す
ると、郢州の留守をつとめた。梁初には輔国将軍・豫州刺史となった。天監
四年(505)、兵を率いて北伐し、翌年には合肥を攻め落とした。六年(507)、
北魏が反攻して中山王元英率いる大軍が鍾離を囲むと、豫州の兵を率い、征
北将軍の曹景宗の軍と合して、北魏軍を火攻し大勝を博した。この功で永昌
侯に封ぜられた。散騎常侍・護軍将軍にまで上った。体が弱く騎馬に乗れず、
輿に乗って督戦し、魏の人はかれを畏敬して「韋虎」と称した

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 17:05:18 ID:0CnKDMPQ0
異民族の敵から褒められるのは名将の証

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 12:02:57 ID:26deI4230
抗金名将岳飛だって、敵から畏怖されたしね

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 12:09:08 ID:ZcoQeanY0
逆に、味方や同族から軽蔑されるのは、救いようがないよな。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 02:17:42 ID:2LcmaamkO
息子も優秀だったんだっけ?

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 20:35:29 ID:RHkm29VM0
身体が弱かったらしいね。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 13:39:09 ID:Ih508dKX0
「韋虎」について検索したら、ここが最初にヒットしたw

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 12:27:17 ID:SWEfWNpO0
それだけマイナーということか……

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 11:48:58 ID:v98/qya30
単独スレは厳しかったかもね

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 11:19:10 ID:7BnuuoTj0
韋虎大怒age

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 16:01:21 ID:+El2VFbQ0
騎馬に乗れずに輿に乗って督戦するって、日本の戦国時代の立花道雪みたいだね。

立花道雪こそは日本の韋叡か。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 18:38:06 ID:SQXTj9U/0
>>18
つ上杉謙信

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 19:45:39 ID:YE3VGJ3DO
いやいや大谷刑部少輔吉継だろ
病気の所為で輿に乗って督戦してるし
寧ろ彼の方が韋叡の状況に近いじゃないか?


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 23:42:20 ID:X6vs+Uuq0
>>19がなぜ上杉謙信を示したのかが分からない。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 23:59:07 ID:qKnmk28C0
>>21 ああ、常山記の記録に、「梁の韋叡の風あり」と書かれているからだよ。
上杉謙信は杖を指揮棒として使ったそうな。それが当時の人らには、韋叡を髣髴とさせる、と持ち上げたのだろう。
真偽のほどは知らんけどね。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 23:53:30 ID:exdkBklg0
韋叡って結構有名だったのかね

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/21(水) 12:14:04 ID:hw5oNMCnO
>>23
なんでそんな疑問が生じるのか、聞きたいくらいだよ。

基本的に書いてる方も知識階級だから、今の学者が書いた論文を想像してもらえばいい。
なら知っててもおかしく無さげだろ?

幕末の河井継之助が、古賀茶渓の所の書庫にあった李忠定公集を、
ぜんぶ書き写したという。
李忠定公が誰で、どのような業績を残した人物かを、知ってる人はあまりいないと思うが、
江戸時代には書物が入ってきている。

平家物語には朱イが、中国史上の最悪の家臣と紹介されてるが、
これまた、いつどこで、ナニをしたからそう言われてるのか、分かる人も少ないだろう。


人間がとつじょ進化をとげて、まったく別のモノにならない限り、
全体の知識の量なんてたいして変わらない。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 13:38:00 ID:MlaEg2fc0
韋叡

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 20:48:55 ID:KzTKrwtkO
葦叡=ビュコック
陳けいし=ヤン
中山=ロイエンタール
ヨウタイガン=ミッターマイヤー
けいらん=オーベルシュタイン

田中氏の本よんでの感想

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 22:37:00 ID:7W7/KOEU0
yeah!

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 22:11:16 ID:mLHOfhjQ0
>>24
李忠定と朱イとやらのこと教えてくれ
初めてそんな名前聞いたぞ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 09:18:57 ID:aLTo8uEb0
朱异は梁の武帝の寵臣で、侯景の乱を招いて梁の滅亡を招いた人物。

秦の趙高、漢の王莽、唐の安禄山と並ぶ大悪党みたいに言われることもあるけど、
一応武帝に忠義は尽くしていたみたいだし、
そこまで悪人とは言えないと思うけどね。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 03:06:43 ID:IMB/AYN20
朱イは典型的な恩倖だろう
貴族に対して、経済力を持った人間が直接皇帝と結びついて辣腕を振るう
まぁ寒門だわな。後世の歴史は貴族側が書くからどうしたって悪役

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 05:03:59 ID:xc/+mRo10
秦の趙高、漢の王莽、唐の安禄山
といっても
趙高と後ろの二人、王莽(正統派の理想はある)の安禄山(反乱に追い込まれた面もある)を一緒にするのは随分だなあ


32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 10:33:42 ID:Omo6c0qj0
ずいぶんと身勝手な分類だね。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 21:16:40 ID:JgRQbD/w0
そんなものさ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 00:09:48 ID:ojOdLRfu0
まあ当時の日本の認識じゃ国を傾けた逆臣ってことでひとくくりにされてたんじゃね?
なぜ宇宙大将軍じゃなくて朱イごとき小物が入ってるのか分からんが。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 16:16:37 ID:IVEPfF6w0
韋叡って有名な子孫はいないの?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 19:00:28 ID:zquvRPBSO
>>35
子の韋放 孫の韋載

37 :通りすがり:2007/08/26(日) 09:25:18 ID:+SrjsNYEO
>>28
李忠定公は李綱のことだよ。
諡号が忠定なんだ。
中国史の人物名とかで、『公』とか後ろに付いてたら、諡号だと思った方が良いよ。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)