2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【金曜?】鹿鼎記について語ろう【韋小宝】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 06:37:58 ID:ZK7Wx97x0
武侠小説?
いいや、とんでも面白小説です!

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 06:58:48 ID:O5wMTKT1O
この本を読んで得た教訓「レイプすりゃおk」

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 08:05:27 ID:8MqGbLgJ0
韋小宝と七人の妻たち

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 13:52:11 ID:YUcuwx3K0
>>2
阿珂なんか、孕んでしまったら、もう小宝の言いなりになったもんなw


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 21:07:04 ID:qUSTpGHa0
鹿鼎記は連載された時、それまでの金庸の作品と、雰囲気が全然違うものだから、
これは本当に金庸が書いているのかと、疑われたそうだね。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 15:25:35 ID:elOC5wip0
武侠小説としての感じが薄いね、この小説は

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 13:17:48 ID:Vdg3YXM90
ある意味逆武侠小説

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 15:05:20 ID:A+oh1Jup0
お調子者で、口達者で、権力者には媚び、怠け者で飽きっぽく、努力は大嫌い、武芸は駄目で、スケベで、博打好きの英雄

それが韋小宝


9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 06:40:17 ID:M2LO1oSW0
>>8
ほとんど当てはまる漏れは英雄ですか?

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 17:19:07 ID:WzEdqou40
>>9
一応、度胸は必要。

度胸あるか?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:09:29 ID:dq0QI0E10
アリスソフトあたりでゲーム化してほしい

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 00:38:05 ID:KkYRDTRD0
>>10

かなりのびびりです

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 10:49:41 ID:A/kIBOdD0
金庸の武侠小説は大好きだけど、これだけは好きになれなかった。
やっぱり、他の小説に比べて、異色だね、鹿鼎記は。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:51:15 ID:gKo4z4RJ0
>>12
中途半端なことしようとして失敗して、無残な最期を迎えるな。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 15:32:36 ID:V8MlL4X+0
韋小宝の奥さんって年上が多いね。
同年代でも、数ヶ月の差で小宝より年上な娘が多いようだし。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 15:40:18 ID:kXQLmcCq0
歳のわりにませたガキだからな

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 23:32:00 ID:XeTiTTr80
これもドラマが撮影されているけど、
あまり好きな作品じゃないし、いまいち期待が湧かないな。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 18:40:16 ID:hh+75gD10
金庸作品の中でこの作品が好きな漏れは
勝ち組ですか?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 23:19:16 ID:LgbViBId0
倚天屠龍記を先に作って欲しかったな

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 08:36:13 ID:61X8ka9L0
グダグダ小説に飽きた人にはたまらないだろうな

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 23:18:15 ID:x3eLmSkQ0
鄭克爽って鄭成功の孫だから、一応は日本人の血も引いているんだよね。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 23:51:51 ID:hWCQkQ0Y0
曾祖母が日本人だから、八分の一、日本人の血を引いている。
鹿鼎記は、金庸の作品の中では、一番歴史上の人物の比率が高いかな?
何だか、みんなろくでもないキャラクターにされちゃっているけど。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 23:08:04 ID:4OibmrCs0
鹿鼎記に登場する使い手は、他の作品の使い手に比べて、
弱そうな感じがしちゃうね。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 02:46:29 ID:iDuHI7wi0
うん

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 15:25:01 ID:ITguuZLR0
韋小宝は最終的に何人の子供を作ったんだろう?
ちなみに親友の康熙帝は、成人した皇子だけで35人もいた。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 23:33:36 ID:/owm887r0
奥さん7人で、1人当たり5人以上作らないと、35人に達しないな。
奥さんたちが老けてきたら、浮気したんだろうか?

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 21:04:40 ID:bn1QlXiE0
双児って健気だなw

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 23:59:23 ID:R9h/KX1G0
双児は奥さん仲間の間でも敵を作らないだろうな。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 23:51:17 ID:npk1lAni0
建寧公主は作品の中で既に孤立気味だったり。

あれは晩年に修羅場を迎えそうだな。
全員武術の使い手で、亭主より強いし。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 14:18:13 ID:6vfwS4ri0
鹿鼎記は、最後の方で、韋小宝ってまだ15歳だったんだ、とびっくりした。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 18:17:09 ID:bXhMn/Ii0
http://poisute.dynalias.org/imgbbs/src/1163644143568.jpg
http://poisute.dynalias.org/imgbbs/src/1163644143569.jpg

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 19:25:04 ID:gFzOsHWO0
この小説、ロシア人を完全にバカにしているよなw

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 16:22:22 ID:N25AkjPD0
ロシア語翻訳はされていないのかな?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 23:58:46 ID:uT7wtS330
美人度じゃ陳円円(阿珂ママ)が最強?

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 21:49:49 ID:mDDr2WIp0
陳円円と小龍女が、金庸武侠小説世界の美の頂点だよ。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 23:59:38 ID:ggiNvxTj0
妖艶美女と神仙美女か

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 12:40:34 ID:V74Kx0HV0
韋小宝もアホな奴だ。
内功と点血だけでも修行しろよ。
一晩に軽く10発はいけるだろ!

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 20:51:45 ID:bQ9Ldtpa0
>>5
「チャウ・シンチーのロイヤルトランプ1・2」を観てからコレ読んだけど
あっちは主人公が強くなる話だったのでこっちもそうなると思って読んでたら
小説では最後まで主人公が強くならないのにビックリしたわ。
>>6
歴史小説のニュアンスの方が強いですね。



39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 14:53:47 ID:qmT2Dms50
>>37
実際のところ、内功を極めた使い手って、一度に何発いけるんだろうね。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 13:08:44 ID:BYcpgwZl0
          {\           
          .,iト .゙ミ.          
       ._,,yr!″  《yyy,,,,_       
      ,メ″    .{l厂  ´゙)z     
     .l|      l厂     ゙lly_    
    .,ノミly           ,メ゙゙\.  
   ,i「  .゙\u,,,,,,__  .___,,,yr!″  .¥  
   《      ⌒゙゙¨⌒′     il|、 
  ノ'\  -=金-    -=沢=-   _yl¨゙《y
  i|′ .゙\u_          _,yr厂  ゙ll
  li,    .゙゙^冖¬─ー¬冖゙¨′   .メ
  .\,_     \__/       ,zl「 
   ゙゙\u,,_    \/    .__,,yrll^″ 
      ¨^〜---vvvvrr冖¨¨′ 





41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 15:21:54 ID:C4DCga500
そういや、鹿鼎という地名は実在するんだろうか?

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:54:03 ID:LTs5+NOs0
韋小宝というキャラクターは実は中国人の姿そのもの。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 15:59:17 ID:LLssZ0AR0
お調子者で、口達者で、権力者には媚び、怠け者で飽きっぽく、努力は大嫌い、武芸は駄目で、スケベで、博打好きの英雄

それが韋小宝ならぬ中国人そのもの


44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 23:54:20 ID:BeJpTZIs0
金庸先生の見つけた答えなわけだね。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 12:23:11 ID:EOThTMeo0
最初の作品、書剣恩仇録の主人公陳家洛が理想的な中国人であるなら、

最後の作品、鹿鼎記の主人公韋小宝は現実の中国人。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 15:29:27 ID:Gmy9PWwZO
ワロタ
卓見だなw

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 20:43:46 ID:TOFw+swv0
>>45
士大夫階級と庶民の違いってとこでしょう。


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 22:32:15 ID:F2rEBQkr0
金庸小説の主要主人公を、書かれた順で追っていくと、

陳家洛 → 袁承志 → 郭靖 → 楊過 → 張無忌 → 令狐冲 → 韋小宝

初期の作品の主人公は、真面目な男が多い。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:48:15 ID:OHcqkn460
だんだんと束縛から解放されていく過程だね。

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 13:32:24 ID:CIHZPdyb0
楊過、令狐冲あたりが一番いいね。
韋小宝はやりすぎ。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:57:09 ID:PnKMZmIa0
鹿鼎記はあまり好きじゃないから、ドラマの方もあまり関心を持てないな。


52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 21:19:40 ID:DwlcXpbk0
楊過が一番好きだ。
純粋さと奔放さが素晴らしいので。


53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 14:11:38 ID:Q6O7nQuv0
>>48
だんだんと面白くなっていく流れでもあるね。

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 08:08:48 ID:lybk+6acO
今、3巻め小龍女がいない時の楊過て感じた。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 16:02:31 ID:hcv+uacn0
楊過は黙ってても自然にもてるけど、

韋小宝は黙ってたら全然もてないね。

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 12:45:50 ID:NCjtRQZx0
韋小宝は「チャウ・シンチーのロイヤルトランプ」でシンチーが演じてたけど
嵌ってるとオモタ

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 08:33:36 ID:IWHiQgxqO
>>55
楊過も餓鬼の時はモテない。15歳であれだけモテれば将来は…。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/01(月) 15:44:04 ID:BsG5OiwH0
楊過は子供の時はもてないと言うか、女の子との接触が少ない。
それなりに長い間付き合っていたのは郭芙ぐらいだけど、
郭芙は特別にわがままだし、楊過ももてようと積極的ではない。
韋小宝は最初からやる気まんまん。


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 16:06:15 ID:1c+qmk66O
楊過は小龍女に少しでも似た女にはちょかい出している。小宝よりむしろ積極的に思える。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 22:33:48 ID:kUQs2Tdn0
韋小宝は、とりあえず可愛けりゃ見境なしかな

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:01:20 ID:17GBGVst0
韋小宝の罪名

殺人 強盗 強姦 暴行 横領 内乱? 外患誘致? ・・・

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 07:18:54 ID:qBuq2VLSO
やっと、読み終えた。
3人目は双児が怪しいとして、呪文の謎が解けなかった。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 15:20:25 ID:4+a9Ykwc0
ルックスでは阿珂なんだろうけど、
性格では双児が一番よさげ。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 16:27:38 ID:qBuq2VLSO
金庸の全てのヒロインの中でも双児の性格はトップクラス。
7人中では双児が一番

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 23:59:11 ID:eGqDZe1f0
侍女キャラ、今風に言えばメイドキャラ

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 23:23:52 ID:nXIpBtS10
ヒロインが7人がいると、どうしてもキャラがかぶっている者がいるね。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 08:46:38 ID:Do2ZHtP7O
キャラクターの描写が弱いが…
1おてんば
2お姉さん
3SM
4メイドさん
5マダム(人妻)
6お嬢さん(おしとやか)
7美(少)女
これで、誰が誰か解るなら「かぶっている」とは言えない。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/26(金) 23:38:12 ID:xaGbAMT10
結局、揚州で小宝が犯ったのは誰と誰と誰と誰だったんだ?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 23:49:30 ID:A57kYueY0
建寧公主の母親の偽皇太后もやっちゃったのかな

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 11:49:01 ID:SHndzwWl0
>>68
とりあえず妊娠した奥さんが該当者

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 15:50:57 ID:X9g+tSG4O
後一人は?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 13:28:02 ID:ru5o6rh90
曾柔がちょっと影が薄すぎるよな。
キャラも沐郡主とかぶり気味だし。

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 23:59:57 ID:Wp3sCcEh0
鹿鼎記って、ロシアじゃ翻訳出版されているのかな?w

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 12:58:58 ID:fQwQyriC0
鹿鼎記は、漢人も満州人もモンゴル人もチベット人もたいがい馬鹿に描かれているが、
一番屈辱的な扱いを受けているのはロシア人だよなw


75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 14:38:13 ID:/PkO3yzhO
>>72
確かに曾柔は影薄いなあ。俺的にはインパクト一番強く感じるのは洪夫人、好きなのは双児も悪くないけどむしろ方怡姉様かな。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/15(木) 16:29:47 ID:lomVsR7r0
>>56
>チャウ・シンチーのロイヤルトランプ

あの映画、原作より面白いと思うのは俺だけ?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:56:49 ID:o+fj6LP/0
そりゃあチャウ・シンチー主演、バリー・ウォン監督だし。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 11:22:53 ID:BMXoQc5Y0
つうか原作は主人公が最後まで逃げ足だけ早いヤシだけどあの映画では
シンチーは強くなって武侠映画らしい大決戦やるからね。あの決戦シーンは
無茶苦茶なとこが面白い。


79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:48:28 ID:xkq6RuBe0
鹿鼎記映画、ビデオ屋には置いてないんだよな。

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 15:58:13 ID:Y73BN7at0
鹿鼎記のドラマはいつ頃の完成になるのかな?

あの内容なら、そんなにCGを駆使する必要もなさそうだし、
わりと早いこと仕上がりそう。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 17:28:45 ID:Upgfe8qx0
>>80
そうか?あっちこっち行かなきゃならないからロケが大変な気もするが。特に北方シーン。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 22:45:52 ID:THGhnWx10
鹿鼎記は演劇調、コント調な感じでもいけそうな気がする。
内容的に、セットとかがしょぼくても、許せそうだし。

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 23:06:40 ID:YRiHeE1N0
金庸の武侠小説をドラマ化する場合、
基本的には、壮大な映像スケール、雄大な風景の中でのロケ、
切れのある美しいアクション、豪華なセットと衣装、
といったものを求めたいが、
「鹿鼎記」のドラマ化に際しては、
フジテレビ版の「西遊記」並みのクオリティでもOKw

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 23:51:43 ID:1aOMKual0
美少女キャラが多いわりに、一人一人の印象が薄い。

それより韋小宝と康熙帝の友情の部分の方が好きだな。

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 23:15:57 ID:W0O9XtQbO
↑後半部分に禿同。
おいらも通吃島で絵に書いた聖旨を受けるシーン、韋小宝に対する康煕帝の温かみが感じられて好きだお。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 07:18:20 ID:8hiJuq77O
http://yaplog.jp/paradoxblog/archive/520
↑とりあえず、早く日本に入ってくることを期待しよう。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 23:52:37 ID:fWYfI4Xy0
個人ブログは2chでは直接貼らないように

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 23:59:53 ID:cn4Eo3Lj0
鹿鼎記ドラマはCG使わないだろうし、編集は早いだろうな。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 12:18:27 ID:AZceA0Fu0
ドラマでの韋小宝は楊過の中の人だから、
小宝をやるにはちょっとイケメンすぎると思う。



90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 18:25:59 ID:+0/OEFpzO
CGつかわないって残念

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 18:37:58 ID:DWM6F6Os0
>>90
まだ使わないと決まったわけではない。
完成して見るまでは分からない。

ただ、鹿鼎記は、喜劇色が強いから、映像美とかそういうのを追求しなくてもいいだろう。



92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 21:34:42 ID:pgeDzTlRO
天山童姥、凄い色っぽくなったね。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 13:41:29 ID:PUJBkvJ00
sou?

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 08:09:04 ID:FNaWYYVSO
sou?…って、画像見た限りそう思ったが、実物は違うの?
SM娘の役が付いてるし、連城訣でも服をやたら破かれる姉ちゃんの役が付いてるって言ってたので、ナイスバディの色っぽい姉ちゃんキャラに成長したと思ったが、ひょとしてダチに騙された?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 23:56:17 ID:h25yXxdL0
今回の鹿鼎記ドラマの場合、双児役の女優さんが注目されている。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/24(火) 21:15:04 ID:EsbwCguP0
武林外伝って鹿鼎記みたいな感じかな

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 20:17:57 ID:oBOQd88xO
>>95
双児の役、どんな子が演じているの?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 23:36:46 ID:H+8M2bbH0
>>97
何琢言って女優。
張Pのお気に入りらしい。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 23:53:31 ID:HrBBocy90
豚とは母親も可哀想な名前をつけたもんだな

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 23:57:35 ID:dpecyZFJ0
琢は磨くという意味だよ。

それに中国では豚は「猪」だし。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 08:53:35 ID:UZ8r+7soO
どっかのスレで、「○○児」は 「○○ちゃん」て、意味だと書いてあったが、だとしたら、双児のちゃんとした名前は?
誰か知っている?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 23:24:24 ID:1gUHKR9c0
「○児」はそのまま名前として使う場合もあるんじゃないかな?

まー、昔の女の人の名前ってのはいい加減だから。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 07:45:43 ID:/bG6DAlDO
双児は、実は陸無双。
楊過から古墓派の内功を教わって長生きしたが…

…ってたぐいのネタを、どっかで書いたが、面白くないと書かれてしまった。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 23:26:54 ID:ti+zFovJ0
>>103
さすがに脈絡がなさすぎるねw

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 12:10:09 ID:cEfMVithO
そういえば、陸無双、子供の頃、双児て、呼ばれてたね。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 23:56:32 ID:eYZsfeAp0
名前自体が〜児という場合もあるし、
親しい者の間での呼びかけに、名前の一字と児を組み合わせることもある。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 22:17:07 ID:JEKi7OvdO
ドラマの画像で、天山童姥が、子供を抱いていた。
ドラマのオリジナルかな〜?
それとも、改訂か、続編が出たのかな〜?
中国語は解らん。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 22:18:37 ID:72ncBuFV0
全部読んだけど…
何か6・8巻でロシアを侮辱しまくって
溜飲下げてるような感じがする
読んでて不快だった

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 23:53:25 ID:ebIw+M6P0
書かれた時期のロシアって共産ソ連だから、
金庸にしてもずいぶんと印象が悪かったんじゃないのかな。


110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 23:55:00 ID:ICjvRPT90
ロシアは外野席にある感じだね。

金庸は、現在の中国の領域にある諸民族の関係について書くことを主目的としていたので、
域外のロシア人にピエロの役を振ったんじゃないかと。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 23:59:16 ID:FBVhz9V10
そもそも物語自体が、現実の中国人なんてこんなどうしようもない連中さ、
って皮肉ったような小説だからね。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 23:59:38 ID:sOvBS+bH0
なんだかんだで一番歴史性が強い

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 00:40:01 ID:RWDPrpsz0
三国時代のレベルの高さは曹操が証明している。

春秋時代は匈奴に負け続け
漢の初代皇帝劉邦は匈奴にぼろ負けして服属
その漢を倒した王莽は匈奴にぼろ負け
後漢の初代皇帝劉秀はき匈奴に敗北
三国時代の魏建国者曹操は騎馬民族に勝利し、ほとんどを服属させた。
魏の方面司令官夏侯淵も戦果を挙げた。
後漢末時代の公孫伯珪は異民族を討伐した。
後漢末の袁紹は異民族を服属させた。
三国時代の魏はササン朝を服属させた。
三国時代の呉初代皇帝孫権は山越を討伐して服属させた。
三国時代李漢張嶷は南蛮を服属させた
西晋は異民族によって中原を追われた。
隋唐宋は異民族政権
宋は異民族によって陥落
明は日本にぼろ負けw
清、中華民国は語るに及ばず
中国はアメリカ、ソ連、ロシアに勝てない

つまり
三国時代>>>>>>>>>>>他の時代



114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 14:35:37 ID:H9uACsw10
李世民>>>>>>>>>>>>>>曹操

じゃね?
曹操なんて過大評価もいいとこ

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 10:13:34 ID:atZJCuMBO
二人も誤爆している。
自己レスかな?

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 12:14:07 ID:7ByjVNHn0
>>113はコピペ

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 00:54:54 ID:4JBHCL850
鹿鼎記じゃ、康熙帝は完璧に近い名君として描かれているね。
梁羽生の七剣下天山だと逆で、冷酷な君主として描かれている。

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 18:50:57 ID:H9E9Zlz9O
>>117
ほぼ同意。冷酷というか「七剣下天山」 の康煕帝の描き方は悪意に満ちてる感じがして、いくら小説とはいえ凄く読後の気分が悪かった。出家した順治帝を部下に殺させる場面は、思いだしても反吐出そう。
「鹿鼎記」の康煕帝は英邁なだけでなく人間味も感じられて好きだな。亡き母を思ったり出家した順治帝に対面したりして泣き、トルンを殺した(実際は未遂)小宝の罪を咎めず逆に庇う為に取り繕ってやったり…。
特に「民が朕に贅沢をさせてくれている云々」って台詞は忘れられない。以上、長々とスマソ。

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 04:55:41 ID:k1NJX2q0O
毛沢東が亡くなる直前からしばらくの間、侵略者側の善いところも書ける状況になった。
たぶん、日中友好などで、国民の支持を受けるため。
今は、やばいし、それ以前もダメ。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 10:06:52 ID:Omo6c0qj0
梁羽生の天山シリーズでは、七剣下天山で父親を殺した康熙帝は、
次の江湖三女侠でその報いを受けることになる。

梁羽生は全般的に皇帝を悪く描く傾向が強いし、
反封建権力的な志向があるのかもね。

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 13:27:31 ID:9VHaOPerO
まあ異民族に300年も支配されてたんだから、良く書く方が難しい。



122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 20:35:44 ID:10NP0eLlO
>>118の康煕帝への熱い思いは、よく解った。
茶化してるわけじゃなくて俺も、この作品中だけじゃなく史実の中の康煕帝も好きだよ。
順治・康煕・雍正の3人は(乾隆は個人的に今一です)その前の明の皇帝の誰と比べても勝ってると思う。ただ、まあ小説の中なんだから辛抱しなされ。
スレ違いで申し訳ないが俺が神とも崇める雍正帝なんか、数えきれないほどの映画・小説・説話の中でボロクソなんだから。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 23:51:17 ID:JYmG7b+E0
雍正帝は、梁羽生の江湖三女侠では康熙帝以上の極悪。

でも史実では最高の名君だね。
もし明の時代の半ばぐらいに雍正帝みたいな人が出て、
半世紀ぐらい統治してくれていればと思う。

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 23:07:07 ID:klSFM2rT0
万暦帝と雍正帝がそっくり入れ替わればなw

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 09:45:44 ID:eQGcaC+20
雍正帝残虐伝説ってのはどうなんだろうね。人の皮で太鼓を作ったとか。
結構創作も混じってるのかな。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 12:18:09 ID:CDgNtBQm0
雍正帝は確かに文字の獄などの冷酷とも受け取れることを行っているけど、
それはあくまでも治世上の必要な措置。

役人に対して厳しく接したが、それは庶民にとっては幸福。
冷酷非情なイメージが先行しているが、実際は名君だし、
そうあろうとまじめに頑張った。

でも武侠世界では、悪役に仕立てるのにはいろいろと便利な存在でもあるw

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/29(金) 13:40:15 ID:WlZONJdm0
【金庸の】書剣恩仇録【処女作】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1183091552/

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 23:41:33 ID:6tmV/+nd0
鹿鼎記と書剣恩仇録は正反対

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 23:53:43 ID:leP3WCmX0
紅花会の首領を陳家洛から韋小宝に入れ替えたら・・・・・・

130 :張無忌まで ◆D.qS1RcCx. :2007/07/26(木) 20:15:54 ID:EwVqdVT1O
dvdいつ発売?!

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 22:59:01 ID:WEiSYoo00
>>129
二股がばれて霹靂掌を叩き込まれるに千ぺリカ

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 23:40:31 ID:sPLD0G0Y0
>>129
とりあえず紅花会の兄弟たちの妻女に手を出し、
ウイグルでは姉妹丼を目論むな。

>>130
先に碧血剣だろう。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 11:22:51 ID:ZB2YQ9az0
鹿鼎記ってあんまり好きじゃない

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 01:46:48 ID:8wm9DO0P0
>>133
俺は好きだ、図書館で2回目借りて今再読中

135 :張無忌まで ◆D.qS1RcCx. :2007/08/09(木) 10:16:44 ID:kx5E81tiO
ってぃぅか
DVDいつ発売するんだ?!

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 23:36:47 ID:wR6NYqzG0
神雕侠侶、碧血剣の売れ行きが悪ければ日本でのDVD発売はないことに。

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 23:29:38 ID:fYnczpGv0
鹿鼎記のドラマはあまり金をかけなくてもいい気がするな。
安っぽい演出の方が、何だか物語の雰囲気に合いそうな気がするし。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 12:00:33 ID:c/4Y0oAD0
>>132
これ、侠客行の石中玉だな

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 12:05:51 ID:c/4Y0oAD0
「朋友妻、不可戲」
韋小宝はそんな基本道義をしっかり守る方だと思う

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 17:47:47 ID:ZOsRq5QE0


言うだけのハナクソばばあ、面と向かってまともに物言うてみいや。腰抜けバカばばあ。w


言うだけのハナクソばばあ、面と向かってまともに物言うてみいや。腰抜けバカばばあ。w


言うだけのハナクソばばあ、面と向かってまともに物言うてみいや。腰抜けバカばばあ。w

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 21:24:52 ID:mrnj3tLU0
>>140


142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 23:10:52 ID:ga6OfwMQ0
>>138
長楽幇はかなり犯罪色が強いっぽいからね。

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 11:05:40 ID:pGDzMs180
チャウ・シンチーが主役の映画の方を先に見たけど映画の方が
武侠モノとしては判りやすくて活劇が多くて面白かった。

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/18(土) 23:59:41 ID:ZKzpjcnG0
チャウシンチーの鹿鼎記、DVDレンタルが見つからないんだよね。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 23:40:35 ID:+G2+kOeU0
遂鹿

146 :張無忌まで ◆D.qS1RcCx. :2007/08/25(土) 01:09:09 ID:A2cE5cc6O
ってぃぅか

dvdいつ発売するんだ?!

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 15:20:57 ID:xDafCs4Y0
張無忌のくせにそんなに鹿鼎記ファンなのか?

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 18:36:48 ID:arSAafl80
小宝が羨ましいんじゃね?>無忌。特に女性関係とか。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/26(日) 21:11:14 ID:ZeVnknEm0
なんせ7人の妻だからな

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/28(火) 23:58:49 ID:71csGcs60
韋小宝のような思考を持てれば、張無忌も楽しく暮らせたか。

あ、でも張無忌の場合、変に不器用だし、
修羅場を招きそうかw

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 23:43:09 ID:uBre+WsQ0
ドラマ鹿鼎記

http://www.youtube.com/watch?v=cE04F4bVyas
http://www.youtube.com/watch?v=iMkMlxKfOCw

http://v.youku.com/v_show/id_cd00XNzgzNTYxMg==.html

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 00:29:47 ID:vtYUEYvE0
>>151
GJ

153 :張無忌まで ◆D.qS1RcCx. :2007/08/30(木) 10:31:03 ID:Zd0nB9DmO
>>151殿様
見れない(x_x;)

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 14:48:03 ID:1ZhaD2YQ0
>>153
なんで見れないんだよw

万一見れない場合に備えて、ようつべだけでなく、
中国の比較的軽いと思われる動画サイトでも同じものを見つけてきてやったのにw

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 14:50:11 ID:1ZhaD2YQ0
土豆の動画、中身は>>151と同じ

http://www.tudou.com/programs/view/DCCLdghAkOU/

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 15:57:40 ID:gRqlYAu+0
【解慕漱】朱蒙(チュモン)【召西奴】 パート3
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/tv2/1187694591/

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 15:13:02 ID:Q77VhOAQ0
ドラマ鹿鼎記の放映権は完成前に既に台湾に高く売れたそうだね。

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/12(水) 10:05:10 ID:WX5fSzKY0
いつ頃放送するのかな?
予告編見る限り、もう完成したようだから年内?

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 01:32:40 ID:O2BnI2/F0
アンディ・トニー版の日本語字幕入DVDが
発売になるらしいけど?

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/15(土) 14:33:56 ID:4l3LBCEe0
チャウ・シンチー版の映画のDVDも出ているんだよね。
なぜかレンタルでは見つけられないけど。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 15:19:09 ID:ObelS2x70
>>160
大坂の梅田のツタヤに昔置いてたけどいつの間にか無くなってたわ。


162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 23:46:33 ID:RLhptOrN0
香港映画の場合、セル用のみのDVDも結構あるからね。
チャウ・シンチー版鹿鼎記は、監督がバリー・ウォンだね。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 00:13:28 ID:tUhKqXjN0
傑作。
最大のテーマは「言葉は剣に勝る」ということか。
並み居る手練が小宝の才智に御されてしまうのも痛快。
私も腕力には自信がないので、めいっぱい小宝を贔屓してしまった。
金庸自身、「知は力なり」の人だと思う。
だから金庸自身がこの作品の中でそれまでにたまった鬱屈を
全部晴らしたと見た。
双児のキャラを出したのは、イテントリュウキで
無忌と小昭が結ばれなかったことを後悔していたからだと思う。
好きな女をみんな妻にさせたのは、ショケンキュウオンロクで
優柔不断の果てにカスリーを死なせるしかなかった成り行きへの反省からか。

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 12:36:01 ID:bXznn0N40
処女作の書剣恩仇録は、従来の武侠小説の路線に沿って書いてはみたものの、
金庸は内心では納得してなかったんだと思う。

鹿鼎記はある意味、書剣恩仇録の否定とも受け取れるし。

31 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)