2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【台湾武侠】 古龍 【美女と酒】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 14:45:51 ID:qmFYteY20
 金庸、梁羽生と並ぶ武侠小説の三大家の一人にして、台湾の武侠小説界の雄。私生活でも武侠小説の世界を地で行くよ
うな無頼な生き様を示していたが、1984年に48歳の若さで他界。古龍の作品は、歴史色の強い金庸や梁羽生の作品とは大
きく異なり、明確な時代設定はなされず、登場人物もほぼ全員が架空の人物である。だが、架空ゆえに、癖のある独特かつ
魅力的な人物が多数登場し、縦横無尽に活躍する様が大人気を呼び起こし、三大家の一人に数えられるまでに至った。

武侠関連スレ
★武侠小説総合★
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161652664/
【読者】金庸作品【12億人】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161760129/
【天山系列】 梁羽生 【悲恋武侠】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1162388251/

2 :霍去病 ◆jNfzY2GRwo :2006/12/03(日) 14:48:59 ID:p4ACyAVv0
2だお(^^)

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 15:14:18 ID:C4DCga500
これで、武侠小説界の三大家のスレが揃った。

未だにこの三大家を超える作家が出て来ないことが寂しいが。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 23:34:16 ID:CWqGcBaz0
陸小鳳シリーズは全作翻訳してくれるんだろうか?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 01:15:56 ID:3eR20JvcO
歓楽英雄好きなんだけどどうも異色作らしいな

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 17:58:21 ID:PgQeIHtT0
学研が翻訳を出してくれた歓楽英雄、古本屋で探し回ったんだけど、
上巻と下巻しか手に入らず、いまだ中巻が読めていない。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:50:40 ID:LTs5+NOs0
楚留香
陸小鳳
李尋歓

このあたりが一番人気なのかな?

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 12:58:19 ID:v98/qya30
聖白虎伝の邦題でエニックスから出されている白玉老虎は、
イラストもあれだけど、文章もお子様仕様に翻訳されている。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 13:41:03 ID:kO0mFOSp0
>>8
それ…前から気になってるんだけど、未だに見たことないんだよなぁ…
ネタとして知っておきたいのに…(´・ω・)ダレカミセテ…

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 21:47:57 ID:/+bVhzwTO
>>9
図書館行け
置いてなくてもリクエストしたら都道府県内の図書館で
探してくれるはず

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:51:37 ID:IFiYMXJs0
>>9
自分はブックオフを何軒か回って、かなりの武侠小説を揃えることができた。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 09:51:57 ID:ZbH3IBAV0
歓楽英雄と聖白虎伝だけが見つからないなぁ
オクではいつも高値がついてるし・・・

辺城浪士のくさいセリフがたまりません

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 16:25:04 ID:LLssZ0AR0
元々の売れ数が少なかったからね。
古本市場での流通数も少ない。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 23:53:35 ID:BeJpTZIs0
この人の作品って、それぞれ繋がりがあるようね。
辺城浪子と李尋歓らはつながっているし、
聖白虎伝の中では、陸小鳳の話が出てくる。

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 01:42:43 ID:kleN8sV60
陸小鳳の世界だと楚留香は過去の人なんだよな
ちょっと寂しい

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 23:43:47 ID:KEDMqu3x0
楚留香はわりと早い時代の人みたいだね。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 23:40:04 ID:SbBVSCJQ0
楚留香 → 多情剣客無情剣 → 辺城浪子 → 白玉老虎(聖白虎伝)

陸小鳳シリーズは、白玉老虎より前で、多分多情剣客無情剣とか辺城浪子に近い時期。
歓楽英雄は不明。

でも、古龍自身、あまり細かいことは考えずに書いていそうw

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 23:57:12 ID:g7i4Pzg90
楚留香 → アルセーヌ・ルパン

陸小鳳 → ルパン三世

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 07:47:47 ID:tW/rumWw0
西洋の推理小説をかなり参考にしてたようだからね


20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 23:45:37 ID:+4RDTDB80
陸小鳳シリーズと、聖白虎伝の間には1世代分ぐらいしか差がないようだね。
同時代の人物が何人か重なる感じだし。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 20:47:31 ID:Gmy9PWwZO
>>18
007と聞いたぞ

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 21:49:08 ID:yd9YjwGT0
そういえば「決戦 紫禁城」という映画では、陸小鳳の名前が“009”になってたな… 

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 22:29:24 ID:F2rEBQkr0
どうも日本の武士が出てくる話もあるみたいだね、古龍作品は。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 22:52:06 ID:1crxYZKJ0
辺城浪子の葉開と傳紅雪は、それぞれ独立した小説を持っているから、
それも翻訳して欲しいね。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 13:07:22 ID:CIHZPdyb0
九月鷹飛と天涯明月刀

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 18:18:10 ID:VmJNjDWd0
天涯名月刀は「マジックソード」というタイトルでDVDが出てた。


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:21:11 ID:sYvBvphZ0
マジックブレードだね。
傳紅雪はもっと若者をイメージしていたから、
かなり老けたおっさんが出てきて、えっ?・・・
って感じだった。
車を引いている変な刺客?婆さんが面白かった。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 23:52:13 ID:XZXHt9vq0
九月鷹飛は上官金虹の秘宝

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 01:28:22 ID:mK3Ct0x+0
作品の中に登場させた女の数だけ、私生活でも愛人がいたって、
かなり遊びまくっていたんだろうな。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 11:21:36 ID:BUt5fyxk0
「英雄剣」ってタイトルの武侠映画があったけど、あれも古龍原作だっけ?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 13:04:57 ID:mGKL9q2U0
>>30
小学館から文庫本が出てる「辺城浪士」が原作。
あの映画は小説後半の部分をかなりカットしてます。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 16:15:28 ID:JZsaPP1x0
絶代雙驕も翻訳が出るらしいな。
武侠ドラマ「プライド」の原作。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:59:31 ID:AW7McOSf0
古龍は、著作権の管理がいい加減過ぎて、
同じシリーズでも、版権の持ち主がばらばらだから、
1社でシリーズ作品を刊行するのは大変らしいね。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 10:12:27 ID:6jqIxZBd0
>>33
同じシリーズでも一元化されてないのですか、そりゃ大変だな・・
あの人が亡くなってから全集とか出なかったのかな?


35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 15:58:52 ID:hcv+uacn0
私生活が無茶苦茶(刺されたこともあるとか)な人だったらしい。
代作をしたりさせたり、名義を貸したり、原稿料を前借りしたり、
著作権を借金のカタにしたりとか・・・

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 15:14:11 ID:5EDwP+i+0
私生活でも武侠やっていた人だからね。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 16:45:54 ID:NgkIsQBc0
ジミー・ウォングが私生活で武侠やってた俳優なら、古龍は私生活で武侠やってた作家か…

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 15:31:46 ID:O8SaJtfJ0
>>32
ドラマの方は、古龍という雰囲気じゃなかったね。
かなり改編してあるんだろうけど。

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 23:25:07 ID:vx7wTb160
後半の方の作品は、弟子とかに代作させたものが結構あるらしいね。


40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 16:04:46 ID:kUQs2Tdn0
聖白虎伝(白玉老虎)の続編とかが怪しい。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 23:26:37 ID:z2Cr7Hb00
「竹葉青」という酒がよく出てくるけど、
実際に存在する種類の酒なんだね。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 18:35:47 ID:le5pPByYO
ブックオフにてコウモリ電気セットで300円Getだぜ!

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/20(土) 15:28:20 ID:3U9AujMN0
歓楽英雄の中巻だけが手に入らない。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 23:24:58 ID:6S3lhmv/0
【マンチク】セブンソード 七剣下天山【梁羽生】
http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/tv2/1140941786/l50


45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 13:48:00 ID:VRwp1TmI0
ドラマ「楚留香伝奇」の予告編
http://www.youtube.com/watch?v=kFXJS-kqRSk

何だか原作と雰囲気が違うよね。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 18:51:03 ID:zQjtnpcLO
>>32
「絶代〜」は、台湾だとゲームになっている(しかもシリーズ化)んだけど、
日本でも出ないかな?と思っている。

しかし、日本進出した台湾メーカーって、どこも大自爆しては撤退しているんだよな。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 00:07:46 ID:4iu738f60
>>46
最大手ソフトスターは、もう撤退終了。
古龍ゲー作ってたユーザージョイも何処まで
ファルコムとの縁が続く事やら・・・

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:56:35 ID:GkjDKC4p0
>>45
衣装が変。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 23:11:19 ID:+L+nj30P0
楚留香っていうか歴史ドラマのような雰囲気だね、その予告編だと。
砂漠編の方の話は読んだことないから、どういうものか分からないけど。


50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 17:42:21 ID:v5qM+jFK0
今更「陸小鳳シリーズ」読み始めたんだけど、これの日本で観れる映像作品って『決戦 紫禁城』だけ?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 19:27:31 ID:q7om0rGq0
「プライド」という邦題で出ている「小魚児与花無缺」というドラマも、
古龍が原作だよ。
但し、ドラマで金庸の武術が出てきたり、お笑い要素が強いし、
原作を大幅に改編しているであろうことが察せられる。

「楚留香伝奇」のドラマも、ほぼ間違いなく日本へ入って来るはず。

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 02:10:12 ID:MJeGVRq40
ガンダムとかやるくらいなら、古龍無双でも出してくれんかな…金庸無双でもいいや

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 11:30:17 ID:FvNI+y3r0
>>52
コーエーにやらせると、金庸キャラや古龍キャラが変なアレンジされたキモキャラになりそうで厭だな…('A`)

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/11(日) 19:40:39 ID:8gFdQmPz0
>>53
コーエーでなくても女はミニスカートでおっぱい半分出した衣装にされるのは確か。

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 09:21:02 ID:464Ab2yZ0
>>54
PSゲーム版「射G英雄伝」のミニスカ黄蓉思い出した…('A`)

…古龍キャラがゲーム用にアレンジされたら上官雪児とかのロリキャラはエライ事になりそうだ…

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 12:55:56 ID:fQwQyriC0
チャイナドレスをアレンジした衣装の女性キャラクターがたくさん出てくるのは確実かと。

古龍の女性キャラクターなんか、原作の時点で十分にエロいしw

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 00:18:28 ID:poeqpk+g0
>>51
武侠小説の映画化作品って原作を物凄く改変してるケースがやたらと
多いですね。何でだろ?


58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 10:23:21 ID:wHjzQEwQ0
>>57
結構古い原作が多い上、過去に何度も映像化されてる場合もあるから、そのままだと「あぁ、またか…」ってなるんじゃね?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:52:37 ID:o+fj6LP/0
それに、武侠世界では現実にありえないような描写が多く、
映像化が難しい部分は適当にごまかさなければならない。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 00:46:02 ID:RWDJs3mX0
蝙蝠伝奇の後半なんて、原作に忠実に映像化したら
文字通り見られたもんじゃないw

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 23:47:49 ID:xkq6RuBe0
テレビが壊れたと思うかもなw

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 22:27:39 ID:QqhT+slP0
>>45
何だか歴史ドラマっぽい雰囲気だなw

それと肝心の楚留香も何だかなあ。
もっと洒脱な感じが欲しいところ。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 22:19:54 ID:ytTibeqn0
古龍の物語の魅力は、あの独特な文章にもありそうだし、
それを映像として表現するのは難しいのかもね。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 15:40:20 ID:sQ6H+wwKO
金庸とガチで殴り合ったらどっちが勝つ?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 16:07:55 ID:ZNNluy890
古龍は半分ヤクザみたいなことをしていた人。
私生活でも武侠をやっていた。

金庸は教養のある知識人、伝統的な士大夫的な人。
気骨はあるが、剣ではなく筆で闘う。

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 14:43:57 ID:qllno7DJO
映画の脚本を書いてた人だってね。
生前、ジャッキーに
「お前のために脚本は書けねぇ!」
と言ったとか。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 23:57:05 ID:bZ1szuKd0
金庸も映画の評論か何かをしていた。
みんな多才だね。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 11:55:01 ID:MpZjw1Ip0
>>67
金庸は元々新聞記者でその後自分で新聞作って社説と武侠小説を
自分の新聞の呼び物にしてた人。


69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:53:25 ID:iua/T2O90
当時、多くの新聞社ができては潰れていた中で、
金庸が創業した明報は今や香港を代表する大新聞

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 18:08:52 ID:tnfMda410
なんか、彼の半生って梶原一騎に似ているというのは禁句ですか?

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 16:26:41 ID:hHA9crCA0
梶原一騎、そういえば台湾と何かと縁があるね。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 17:21:03 ID:I8rWEjTJ0
彼の娘の終焉の地でもある。<梶原一騎@台湾

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/14(土) 23:56:34 ID:G8tRg0hA0
梶原一騎の娘カワイソス

古龍作品に時々出てくる女みたいな最期だ

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 11:18:57 ID:t4J0RD6i0
梶原一騎の娘、知らなかったんでぐぐった
これ読んでショック
ひどすぎ・・・・・・

【強姦】梶原一騎の娘誘拐殺人事件【拷問 】
ttp://bubble6.2ch.net/test/read.cgi/archives/1166608004/

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 14:01:52 ID:7vR9glSL0
台湾って意外に治安悪いみたいだからなあ。
黒社会の勢力強いようだし。

武林江湖も、黒社会に通じるものがあるな。
基本は暴力だし。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 14:58:17 ID:4BHMk0rV0
>>75
たしか「江湖」って言葉、現在では黒社会って意味じゃなかった?

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 21:41:21 ID:eJ4Hr/Eb0
昔の江湖:
法の及ばない民間全般
今の江湖:
黒社会限定

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 23:59:34 ID:/rR+tLMr0
武侠小説の世界って、やっぱり何よりも価値を持つのが、“力”だよね。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 22:15:16 ID:V0XGoEtE0
陸小鳳の続刊まだかなー

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 23:32:26 ID:m5Dx7dNm0
何だか頼りない出版社だし、
気長に待つしかないね。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 00:01:48 ID:cylwc+dC0
多情剣客無情剣を読んだ時、「こんな面白い小説がまだあったのか!」
と驚いた。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 14:42:21 ID:ayvjP5Gx0
「多情〜」の文庫化マダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チン

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 15:16:10 ID:bTpMuBwL0
多情剣客無情剣を翻訳出版したのって、角川書店だよね。

蒼き狼、コケたよね(ノ´д`ノ。・ゎーぃ・。\´д`\)

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 23:55:25 ID:dbq6TVGE0
>>83
安心しろ、蒼き狼は角川春樹事務所の方だから

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 11:55:22 ID:Y9g0U8HN0
『多情剣客〜』で感心したのは、

「1本で済むところを、全身13箇所に短剣が打ち込まれている……。
こんな狂った殺し方をする奴は……。若!」
「ああ、千手羅刹に違いない」
と先を急ぐと、その千手羅刹も殺されていて……、
 
もう完全に古龍のトリコになりました。その前に『蝙蝠伝奇』を
読んでいたけど、さらに面白かった。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 11:36:28 ID:VKcLc7fc0
そのへんで、夢中になってしまう人と、やりすぎでついていけない人とで、
好みが両極端に分かれてしまうんだよね。

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 00:04:54 ID:f1zfRWTB0
なんか、書きながら考えて、考えつつ先を書くので、もはや
読者はおろか、古龍にも先が解らない状態なんじゃないかと。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 22:09:44 ID:67T0udbi0
古龍の武侠小説は勢いで一気に書いたって感じがするね。

金庸の武侠小説も新聞に連載されたものだから、
必ずしも計画的なものとは言えないんだろうけど、
それでも先のことを考えて書いている感じ。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 00:33:03 ID:EmjQVxEv0
陸小鳳あげ

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 01:45:13 ID:2gYCdDGP0
まさに筆の勢いで書いた感じ

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 14:06:50 ID:RtT2vUQb0
あの文体はマネできないよな
稚拙になっちまう。
蛇足だけどプライドすげー面白いぞ。

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 01:15:14 ID:xjF+ogsf0
古龍原作『大旗英雄伝』8月よりチャンネルNECOで放映。
ttp://neco.boxerblog.com/bukyou/2007/06/23_38b0.html

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 12:05:28 ID:7ByjVNHn0
ドラマの上陸に合わせて、大旗英雄伝の小説の翻訳を出して欲しいな。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 02:01:12 ID:cWOO/YrZ0
最近出ている陸小鳳シリーズの翻訳本だけど、
以前に小学館文庫から出ていた、陸小鳳伝奇や楚留香伝奇、辺城浪子に比べて、
訳し方の雰囲気が違う気がする。

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 17:05:49 ID:NN1wegzd0
漢字圏の国だけに、かえって訳しにくいのかな。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 23:34:11 ID:l9v7l/8h0
それはあるかもね。
中国語の漢字は、日本語でもそのまま微妙に使えそうなものが多いから、
訳す時に悩むと思う。
英語とかだと、すぱっと訳すだろうけど。

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 12:49:41 ID:TLYtJBwx0
武侠用語の英訳見ていると、
漢字の国に生まれてよかったと思った。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 14:23:36 ID:aEYai6rj0
悲惨なのは韓国や北朝鮮だろう

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 22:51:38 ID:8N+94JMl0
そのわりに韓国って武侠小説がかなり定着して人気あるらしいね。
最近の韓国の映画やドラマでも、武侠ものかなり作っているし。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 23:37:13 ID:pdS2/Mp50
韓国の両班(ヤンバン)の内訳は武班と文班だけど、歴史的に前者は
冷遇されていたのだがね

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 15:38:03 ID:ssJZ0g/V0
それはあまり関係ないでしょ。
チャンバラものようなものが娯楽として受けるのはどの民族も同じ。

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 21:08:31 ID:g37uQdQL0
ましてや、バッタモン武侠映画を一杯作った国だから、
武侠世界になじんでいるというのもある<韓国

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 23:28:10 ID:fHglbCTt0
日本で本格的に最初に地上波で放送された武侠ドラマも、
韓国のドラマだったな・・・・・・

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 09:08:07 ID:v9cfSzh70
また恒例のひがみモードか。

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 17:33:00 ID:tFOrRZR40
>>103
「チェオクの剣」は武侠っぽい描写や場面があるけど、アレは武侠ドラマじゃないだろ…
捕物帳…と言うのは少し違うかもしれんが、あくまで役人モノの古装片だと思う。

どうも最近、アクションのあるアジア時代劇=みんな武侠 っていう変な勘違いされてる気がするな…。

「鬼平犯科帳」や「仕掛人・藤枝梅安」って、「宮本武蔵」とかと同じ“剣豪小説”だよね
…というぐらい無理がある。



まぁ、そんな事より…
「多情剣客無情剣」の文庫化マダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チン

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 23:49:09 ID:xtnIw74H0
あれは劇中で軽功を使ったのが武侠視される決定的な要因になっていると思う。

多情剣客無情剣は角川書店だっけ?

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 12:08:54 ID:7O9gg+HYO
>>105
だね

日本に当てはめればわかりやすい

勝新の座頭市…武侠
子連れ狼…武侠
北斗の拳…武侠
十兵衛ちゃん…武侠

武の座頭市×
右門捕物帳×
暴れん坊将軍×
水戸黄門×

影の軍団…△
仕置き人…△




108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 18:38:46 ID:hngdr+Wp0
>>107
十兵衛ちゃんww


古龍の武侠作品って「犯人は誰だ!?」的な要素が強い分、金庸とかよりは日本の時代劇に近い気がするな。

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 01:07:26 ID:4JBHCL850
古龍は欧米のミステリー小説なんかを読んで、
これを中国の時代劇に当てはめたらどうなるか、
という具合に小説を書いていたんだろうね。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 21:14:30 ID:B17C8pIw0
新絶代雙驕シリーズ・・・日本語版販売してくれないかな・・・
ユーザージョイってバグの多いメーカーっぽいけど

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 22:31:57 ID:twegPE1h0
古龍作品は、ストーリーの整合性とかよりも、
登場人物の個性で押し切っているような感があるから、
決まった時にはすごくいい小説になるけど、
外した時にはかなりいまいちな出来になるね。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 17:03:18 ID:gK7tBjWc0
そこがいいのさ

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 12:52:30 ID:+/xh5wLh0
古龍って酒代に小説の版権を差し出したこともあったらしいね・・・・・・w

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/26(火) 22:22:29 ID:kUh6hsY90
古龍作品のキャラの中では、
どれが古龍の性格に近かったんだろう?

絶対に自分を重ね合わせたキャラがいると思うけど。

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 19:34:49 ID:hL68PXbX0
いくつかに分けていそう。

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 05:44:34 ID:CsFw0r980
つい先日金庸の本を全部読み終わった。
武侠小説はすごく面白かった。
これから同様に評価の高い古龍の作品を読もうと思っているが、どのストーリーから入ったほうがよいのかな?

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 11:24:14 ID:xsHQbbZU0
>>116
とりあえず入手が楽な陸小鳳シリーズじゃないかな

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/14(土) 20:50:57 ID:+0AdvdyM0
ドラマ「大旗英雄伝」公式サイト
http://www.necoweb.com/neco/sp/taiki/

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 05:33:07 ID:oi28Y2Xk0
大旗英雄伝の原作の翻訳はされるんだろうかね?


120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/15(日) 23:07:20 ID:HMpGfbo00
陸小鳳
http://jp.youtube.com/watch?v=dL_YtlyruTM

楚留香伝奇
http://jp.youtube.com/watch?v=bVV4zfAgOBY

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/16(月) 12:02:01 ID:/TKyEkKc0
>>120を見ただけの感想

陸小鳳のドラマはおおむね原作のイメージに近い。
楚留香伝奇は何か間違っていそうな予感w

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/17(火) 08:07:42 ID:hLuMQ5/y0
ドラマ厨はドラマ板でやってくれんか。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 13:16:54 ID:mnbYQDX+0
過疎スレなんだから大目に見ては

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/21(土) 14:58:44 ID:FFo2fdL90
>>122
ドラマの話題がいやなら他の話題をふるとかすればいいのに

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 15:29:20 ID:CTSWVj2V0
聖白虎伝こと白玉老虎の続編の小説は、途中で終わっているんだよね。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 14:59:19 ID:h9s/An7/0
後期の作品は古龍本人が書いたものかどうか分からない。

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/27(金) 23:46:05 ID:5kgm+IvL0
大旗英雄伝って楚留香伝奇の中にちらりと触れられているね。

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 11:33:09 ID:nrGYCyxI0
推測される時代順

大旗英雄伝



楚留香系列     

↓          

多情剣客無情剣   陸小鳳伝奇

↓          ↓

辺城浪子      白玉老虎

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/28(土) 20:38:24 ID:3kHxKscs0
聖白虎伝の登場人物はいまいち強そうに見えない。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 14:41:16 ID:0JOVUYbH0
>>114
悪い事してる時の瀋浪が個人的に一番近いかと。


131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/31(火) 23:30:49 ID:ZVzJR5Ot0
古龍ってまだ世に知られていない遺作があったりしそう。

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 15:18:33 ID:j+i3+VgM0
古龍は欧米のミステリー小説を参考にしているようなので、
元ネタ探しが楽しいかもな。

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 21:15:12 ID:JgRQbD/w0
陸小鳳一味はルパン3世一味を連想させるね。
関連はないだろうけど。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/03(金) 15:52:36 ID:leFekGGJ0
今日から古龍日age

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/06(月) 15:23:54 ID:g2o1vR7Y0
古龍日……コタツ日……

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 23:11:28 ID:OrgBQbQ00
>>133
ぶっちゃけ陸小鳳たちの方がかっこいい……


137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 00:27:54 ID:eBjjEg2CO
主人公の名前が龍城璧って作品のタイトル教えてください。

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/09(木) 23:41:26 ID:wR6NYqzG0
>>137
百度知道で質問と回答が行われていた。
http://zhidao.baidu.com/question/26257299.html

139 :137:2007/08/10(金) 06:23:00 ID:QWEY1Pnb0
>>138
ありがとうございます。

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 15:38:24 ID:bKSkOxox0
古龍と似た作風かもね。
今日は古龍日。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 15:42:24 ID:6UydaPRK0
マルチ

116 名前:奥さまは名無しさん[???] 投稿日:2007/08/10(金) 15:19:51 ID:???
\(^○^)/

古龍日

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/10(金) 23:28:03 ID:fYnczpGv0
>>135
暑い盛りに古龍日はちょっと辛いかもな……

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/12(日) 12:32:42 ID:c/4Y0oAD0
>>128
ttp://www.tianyabook.com/hyzpj/hyzpj/wx/gulong/round-moon/mulu.htm
大旗英雄伝(1965)
楚留香系列(1968〜1979)
多情剣客無情剣(1970)
辺城浪子(1976)
白玉老虎(1976)
陸小鳳伝奇(1976〜1981)

>>138
偽作?

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/13(月) 22:04:48 ID:96uhAXK10
>>143
それは書かれた順番。
>>128が言っているのは、作品世界の中の時代順。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 23:28:17 ID:dzZGfQFc0
古龍作品の舞台は雰囲気的には明朝後期から清朝中葉ぐらい。
但し、弁髪&満州族支配はなしって感じかな。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/15(水) 23:35:37 ID:y5m1SPsu0
古龍世界では地名がちょっとあやふやなことが多い。

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/16(木) 23:46:23 ID:DKmkT5Pa0
早稲田出版から最近出している陸小鳳シリーズ、
最初の金鵬王朝は以前に小学館文庫でも出ていたけど、
訳している人が違うのか、文章の雰囲気がかなり違うね。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/18(土) 11:21:04 ID:DANmFPu10
金鵬王朝は訳してる人は同じだよ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 09:10:19 ID:t4rqCBy60
絶代双驕とか、大旗英雄伝とか、日本で出版の可能性が一番高いのが古龍だな。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/24(金) 23:31:17 ID:+G2+kOeU0
七種武器のシリーズってのは面白い?

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 15:58:54 ID:gRqlYAu+0
【解慕漱】朱蒙(チュモン)【召西奴】 パート3
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/tv2/1187694591/

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 15:08:57 ID:Tue1MnJ00
大旗英雄伝、評判イマイチだな。

原作の小説はどうなんだろう。

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/18(火) 15:58:39 ID:bAkzOkCvO
イマイチどころか、面白いって話を聞いたことがない



154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/20(木) 14:59:16 ID:qYAkY5y60
ドラマの人気低迷にめげることなく、
小説大旗英雄伝の日本語翻訳出版は成し遂げてもらいたい。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/21(金) 23:37:21 ID:YDJ5guHQ0
七種武器系列は面白いのかなあ?

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 15:50:09 ID:GRWBd4240
>>154
そもそもドラマは原作に忠実なんだろうか?
古龍作品は、金庸と違って原作の改変度合いがかなり高いと聞いたけど。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 16:21:01 ID:dtHHO3YO0
>>156
いつの間に金庸の映像化が原作に忠実なんて話になってんだよ。


158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 20:37:13 ID:w/MLYW9x0
>>157
昔のは知らんが最近のは結構忠実だぞ


159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/23(日) 23:41:30 ID:XyPvIR/P0
金庸は映像化に際して口を挟むからね。

古龍は死人に口なし。

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 10:51:12 ID:6tKED+9I0
>>158
最近はって、中国中央電視台が作ったやつだけだろ。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 14:12:37 ID:wolI6aaS0
それで十分だろ
最近の話なんだから

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 14:53:18 ID:SyTQ8R22O
>>160
金曜作品は台湾、大陸、香港でそれぞれ繰り返し作られてる上、原作にない外伝まであってムチャクチャ多い

俺が見ただけでも
アンディ・ラウ版やルイス・クー版、ジョイ・ウォン小龍女版の身長

チョウ・ユンファ版笑傲公庫

トニー・レオン版やチャウ・シウチョン版の鹿鼎記

ジェット・リー版の移転

その他イーキン・チェン(天龍外伝で南帝を主人公版)、チャウ・シンチー版、レオン・ライ版他有名俳優版満載

さらに無名俳優版のB級は数えきれず。



163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 14:58:33 ID:VeJ9Zwrq0
俺の友達がくれた画像公開するわw
ネットで拾った男のヌード画像使って、写メ交換で釣ったらしいw
一人で楽しむ為の画像で悪用目的では無かったが、
相手の女が写メ悪用するとか言い出したから公開するらしいww
http://img219.imageshack.us/img219/8969/0709230027001kk9.jpg
http://img98.imageshack.us/img98/8014/0709230038001ki1.jpg
http://img221.imageshack.us/img221/5380/0709230050001ut3.jpg
http://img223.imageshack.us/img223/5717/0709230051001ks1.jpg
http://img220.imageshack.us/img220/2749/250653163521906469821se5.jpg
http://img215.imageshack.us/img215/1092/9ib1ci8.jpg


164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/24(月) 16:02:04 ID:hlTLjXOd0
古龍の場合、小説の版権もまともに管理していなかったみたいで、
ばらばらになっているらしいね。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 00:19:00 ID:jQ/cZFiw0
>>162
そりゃB級映画やらオリジナル外伝を含めたらきりがないよ。
だいたい映像化されてる数が多すぎる。
それでも、他の作家に比べたら相対的に原作を大事にされてる方では?
金庸&金迷の声もうるさいし。
ドラマ化しようとする人はかなり気を使うらしいよね。

古龍に関しては「絶代双驕」とか四回ほどドラマ化されてるけど、
全部 原作と全く話が違う。

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 08:30:32 ID:1HSJfBsj0
>>165
ソースも出さない上に〜らしい、なんてレスはいらん。
そもそも金庸と古龍の原作忠実度なんてどうでもいい。

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 09:25:43 ID:qbALxnUG0
>>166
久しぶりに書き込みが増えてたのに
お前さんのおかげでまた過疎スレ化しそうだな

〜しそう、なんてレスはいらん。
とかいわれそうだが

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 10:41:28 ID:/VZFzhpB0
166は古龍関係のあれこれについて、
ソースを示した書き込みが出来る人なんだろうさ。
嫌味でも何でもなく羨ましいね。ぜひご高説を拝聴したい。

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 12:02:09 ID:1HSJfBsj0
>>168
必死すぎ。
1〜2行目なんてただの因縁。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 12:07:29 ID:Xmeb5bOB0
そんな事より「多情〜」の文庫化マダー?(・∀・ )っ/凵 ⌒☆チン

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/25(火) 12:49:50 ID:tuOkLu8y0
>>170
文庫化は売れる見込みがないと難しいからね。
単行本の在庫が残っているうちは、基本的には出さないものだそうだし。

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 00:19:26 ID:9sLOgMDS0
>>169
落ち着けって。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 01:18:25 ID:PxNS6mPU0
因縁と言うならどう見ても>>166の方がただの因縁なわけだが。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 09:31:44 ID:Fq2tN1rk0
>>172-173
まだ粘着してんのか


175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 12:17:20 ID:PxNS6mPU0
>>174
自己紹介乙w
そんなことより何か古龍の面白いネタ出してよ。ソースつきで。

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 12:24:27 ID:Fq2tN1rk0
>>175
自己紹介なんかしてないし、
乙と言われるようなこともしてないし、
そんなことより〜の後も意味分からん。
なんで俺がする必要があんの?

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 17:20:44 ID:IaqeDnY30
よく比べられる、あの梶原一騎と親交があったらしいね・・・。

希代の無頼漢二人の会話って、一体・・・?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/26(水) 23:52:50 ID:9sLOgMDS0
発言だけで特定の人物とわかってしまう方がいますな。
って関わると噛付かれそうだ。「そうだ」は要らないと言われるんだ。

ってことで、スルーするしかない。

>>170
金庸ですら売れ行きは良くないから、
文庫化しないうちに絶版の可能性もあるかもね。
すごく文庫化して欲しいけど。


179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 09:20:29 ID:G27y37xV0
>>178
スルーしかないなら、スルーしろよ鬱陶しい。

>>170
文庫化とか諦めたほうが良いというか、期待しないほうがいい。
翻訳物って最初にハードカバーで出さないと採算が取りづらいらしい(多情〜はハードじゃないけど)
それも売れてないなら、まず文庫化はしない。

180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/27(木) 23:11:31 ID:Gp9DIfoL0
古本屋で安く売っているのを見かけたら、
迷わず買っておいた方がいいかもね。

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 14:18:09 ID:71V6e7Wa0
陸小鳳新作マダー?

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 17:29:26 ID:JEnKf4jl0
マイナー出版社だから気長に待つべし。
陸小鳳が西門吹雪の妻に手を出して、
激怒した西門に追いかけ回される話だけでも翻訳してもらいたい。

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 17:54:42 ID:6zz4kx4a0
自分のところ(早稲田出版)で出すとなったら、ある程度のペースで出版されると思ったが、
早稲田出版も利益を出さないといけないからな。



184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 18:51:27 ID:YYIDR8GR0
そもそも陸小鳳ですら置いてない店多すぎ…('A`)
あれじゃあ新規ファンも獲得しにくいだろうなぁ…

金庸の文庫は結構見かけるようになったけど

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 20:28:25 ID:dhpdE7qR0
>>183
早稲田出版≠早稲田大学出版会

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 13:56:08 ID:tkeyuj8/0
>>182
陸小鳳シリーズ 幽霊山荘
第1章 陸小鳳逃亡

出だしから、花満楼、司空摘星、木道人らが集まって、
深刻そうに話し合っているところから始まるw

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 16:24:57 ID:DEeOl6voO
また会話からか
アクションから始めろよ


188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 23:43:22 ID:MkCZcLsO0
大旗英雄伝の鉄中棠って、楚留香伝奇にちらっと名前だけは出て来るね。
つまり楚留香の世界より、昔の話なわけか。

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/06(土) 12:41:02 ID:bXznn0N40
多情剣客無情剣では、楚留香が過去の英雄として語られている。

辺城浪子の葉開は、李尋歓の弟子で、阿飛もおっさんに。

白玉老虎(聖白虎伝)では、陸小鳳や司空摘星が過去の英雄として語られている。


38 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)