2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

宋の襄公を語るスレ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 10:13:50 ID:uZ4n2OF80
自分が正妻の子にも関わらず庶兄の目夷に後嗣を譲ろうとしてさらに
楚をナメてかかってあっさり捕縛されオウ水ではお馬鹿な戦闘で敗れて
だらに全く持って厚顔無恥だった宋の襄公を語るスレ

2 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/02/18(日) 23:34:39 ID:UAaZOe9s0
あまりに寂しいので目夷に免じて2ゲット。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 00:46:46 ID:yWhZwMTN0
殷王朝の末裔ですかね?

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/21(水) 01:23:32 ID:jcszFmSh0
一言で言うとアホだよね

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/24(土) 03:07:44 ID:lcT4two50
世笑以爲宋襄之仁

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 18:10:42 ID:pT5WDR/R0
戦国五覇総合スレ誰か立ててよ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 18:11:32 ID:pT5WDR/R0
強いて言えば これがそうなのかな

【呉越】     春秋       【五覇】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1170514550/l50


8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 22:14:52 ID:WhfqxND30
>>7
 見て無いけど、襄公いないだろ?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 03:32:49 ID:x/9gQ24D0
>>5
宋襄の仁 m9(^Д^)プギャ

 って読んだ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 15:23:23 ID:ZNNluy890
やったことは馬鹿だけど、憎めない人。

みんなそう思うから、春秋五覇に入れる人もいるんだろう。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 22:40:24 ID:toHg+08x0
この方、小国の君主を捕らえて生け贄にしちゃった人だよね。
目夷からは「そんなことをするようでは、君の最期はよくあるまい」と
言われてその通りの結果に…。

個人的には恐い人のイメージがあるなぁ。
なんつーか、心底哀しげに涙を流しながら
「お前が死ねば全員助かる。だから死んでくれるよな?」
と斬りかかってきたり、とか。
二重人格的というか。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 23:43:18 ID:bup2r0A20
あまり個人的に付き合いたくないな……

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 03:05:38 ID:4ZB8YidFO
この人は前時代的な人間なんだと思う
人間を生け贄に捧げたり、戦争の際礼儀を重んじたために負けるという時代遅れな行動など商王朝の末裔であることを考えるとそう不思議じゃないかも
伝統ある宋がどちらかといえば新興の楚に負けたということは時代が新しいものを必要としていたのだろう

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 17:06:09 ID:w1UH5DX50
桓公が燕に領土を割譲したって話なんかもそうだけど
中国が長く儒教に縛られたのも、そんな行為が堂々まかり通る時代が実際にあったからだろうな

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 20:18:40 ID:wX1O/VUq0
そういうところ、春秋時代以前って何だか非現実的な感じを強く受ける。

16 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/05/08(火) 23:26:19 ID:uoTukU+40
領土よりも城が優先された時代だから。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 16:07:23 ID:WB8z7PBS0
まだ都市国家時代の名残が強い時代だよね。


18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 10:41:46 ID:gK7tBjWc0


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/03(火) 22:03:13 ID:d+MFdima0
この時期の戦争ってのは、後の戦国時代に比べたら、
まだまだのどかさが残っていた。

だから、襄公な人物も存在できたとも言える。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/18(水) 23:52:50 ID:+2z9mIWX0
当時の人々も後世と違って純朴なところが大きかったのかな?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/19(木) 00:51:09 ID:JxsIzf6f0
宮城谷版だと「いいひと」か「優しい人」になってたりする。
そのせいかあまり嫌いじゃないんだよな、この人。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/20(金) 00:16:59 ID:/gQby+VK0
純朴というより正義感に燃えまくってたんじゃない?
覇者としてこう振舞わなければならないって所にがんじがらめだったとか

斉の内紛を短期間で鎮めた手腕を見る限り
おめめキラキラの夢見がち人間ではない

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 15:30:07 ID:CTSWVj2V0
まだ牧歌的な気風の時代だから助かっているよな。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 20:15:14 ID:5hVZ+wBI0
日本の戦国時代だったら、絶対上杉謙信に助けを求めただろうな。

25 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/07/23(月) 23:22:50 ID:skrNdeUd0
襄公は上杉憲政ではないっしょ。

26 :草中の豎子:2007/07/24(火) 17:19:57 ID:gj/ZhRKU0
上杉憲政のプライド高い版?
日本の戦国は疎いからよくわからんが^^;

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/25(水) 01:42:23 ID:r+kYQ9l+0
プライドっつーか
軍事で勝ち方にこだわりすぎな上杉謙信のような

まあ、日本史で例えてもあんまり意味はないと思うけどね

28 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/07/30(月) 22:42:10 ID:gUgVWkjf0
ハードボイルドの先駆者、という切り口はいかがか。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 11:16:13 ID:5YZjLQHH0
襄公って私生活でもかなりいかれていたのかな?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 17:00:32 ID:P+4Zd2TF0
>>29
公生活のどの辺がいかれてたと思ったのか?

※この時代に公私生活の別があったのか知らないけど
 便宜的に「公生活」とさせて貰います

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 20:50:17 ID:/dtsErqq0
でも一説によれば五覇に数えられている。


32 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/08/19(日) 20:52:41 ID:64ez8Lra0
会盟の主催を務めたら覇者という考え方なんだろうな。
名と実が違い過ぎるけど。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 22:00:03 ID:fIlxGcFO0
会盟を主催できるだけで十分威勢はあると思うが。
問題は仁義を貫いてなお覇者足りえた斉桓公・秦穆公・晋文公のようにいかなかったこと。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 02:05:36 ID:ndi3gegc0
亡国の末裔の上、小国という悪条件で
楚に無茶苦茶にされたとはいえ一応、会盟開いてるからな
やはりひとかどの人物であったのではなかろうか

6 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)