2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【李陵】中島敦【山月記】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 04:01:50 ID:7a9AbwfL0
中島敦の作品には中国古典を題材にしたものが多くあります
ちょっと語ってみませんか。


2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 07:26:26 ID:umoh4E990
弟子(ていし)孔子の弟子の子路が題材

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 17:35:37 ID:/UwuOMiu0
俺は山月記と弟子が好きだな

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 18:53:19 ID:u++MAv5X0
弟子は良いよな
あれの子路には痺れる
孔子に対するイメージも変わった

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 21:31:22 ID:umoh4E990
孔子と子路の出会いと勝海舟と坂本龍馬の出会いは似ている。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 22:08:36 ID:WDWyWERj0
名人伝も捨てがたい

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 22:53:33 ID:W4vaCHUy0
スレタイと上に上がったものの他に、わが西遊記は外せない。
妖氛録も好き。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 23:16:27 ID:4uWgAeln0
弟子や李陵、光と風と夢なんかを読むと、
信念を貫いて死ねるなら本望だ、って意識が強かったように思う
体が弱かったのもあるだろうけど、叔父さんの影響もあったのかな?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 23:42:00 ID:0uLtswtw0
やっぱり山月記。
王道でしょ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 00:21:56 ID:kcFFLjVo0
>>8
理想としてはそうなんだろうけど
中島自身は李徴や悟浄だったんだろうな

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 00:12:33 ID:qT9vp32h0
北方謙三まかり通る

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 18:21:42 ID:5sxfAMXh0
ヘコんだ時なんかは「山月記」を読んだりする。

「この気持は誰にも分らない。誰にも分らない。
己と同じ身の上に成った者でなければ。」

血を吐くような叫びだよなあ。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/03(土) 20:10:30 ID:sVHAOFgC0
「山月記」を読むと、もっと頑張ろうって気持ちになる

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 13:38:21 ID:0ErpmOmh0
君子は冠を正しゅうして死ぬものだぞ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/05(月) 21:41:41 ID:yOGwWviE0
塩漬けはもう食わんぞ

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 22:42:16 ID:3utG+xvg0
山月記は大好きだ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 01:14:53 ID:pSBlB4sk0
中国史にほとんど興味無い人も薦めてくるんだけど
そんなにオススメ?

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 02:41:37 ID:tWDR/ZppO
いい作品書いた人だよ
繊細で剛直で、人の持つ感性の美しさを教えてくれる

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 02:48:34 ID:MB8at5VY0
歴史背景を知らなくても十分堪能できるね
知ってたらもっと楽しめるはず

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/07(水) 23:09:40 ID:/bpSIQf80
>>17
読み始めは、難しそうな漢字や言葉が目に付いて抵抗あるかもしれない
でも、そういうのが独特のリズム感を生んで、逆に読みやすさを生んでると思う
歴史というよりは、人間性を表現した作品が多いかな
ここでも評判いいけど、弟子はいいよ

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 01:46:18 ID:upk6kBtm0
文章のリズムは確かに感じるな
漢文調の部分もそうだが、>>12の辺りや弟子の終盤における
山場での描写には引き込まれるものがある。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/09(金) 18:01:15 ID:WfOlsF/TO
卒論で山月記を扱った俺、参上。

読んでるときの気分によってとらえかたが変わる不思議な作品だと思う。
スレ違いになるけど、山月記読んだ後に光と風と夢を読むと中島の理想と現実がより一層わかるかと。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 10:09:05 ID:eB8IoVKh0
中国古典といったら、
悟浄出世
悟浄歎異
もお忘れなくね。傑作。

あおぞら文庫にて閲覧可能。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 23:42:59 ID:+xphce8o0
出世と歎異はどっちが人気あるのかな?

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 08:58:32 ID:u+ryMYVj0
両方好きだが、歎異が明るさでちょい上。
読むと元気の出る小説。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 23:18:46 ID:m6ZS4eDy0
一番有名なのは山月記かな。

国語の教科書にも載っていたから、読んだ人は特に多いだろう。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 23:33:08 ID:bBGRTsE+0
名人伝も載ってた

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 16:24:06 ID:cDfu8gJY0
国語の高校入試問題の文章に使われているのをちらほら見る
とくに好きなわけではないが問題にするのには適している
子路と孔子の話などは問題つくるほうとしてもかなり意欲がわいてくる文章

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 01:44:47 ID:DxrmyUqm0
よく『漢文調』って言われるけど
それって出だしの辺りが主で、読み進めていくとそうでもないように思うんだが
どうなんだろ。

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 02:17:27 ID:YrkhbGy/0
>>29
最初の内は作者も意識して漢文調に努めてるんだけど、話が進んで
次第に筆が乗ってくるにつれ、いつのまにか口語調になってるよね。
(例えば山月記だと、李徴の独白以降は丸っきり口語体になってる。)

そういう意味じゃ、漢文だけがデフォの状態から必死に口語体を生み出した
明治の文豪たちと違って、いくら「江戸漢学の余風あり」と称された中島敦でも、
やっぱり大正昭和の人なんだよね。感情が入ると自然と口語文になっちゃう。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 14:57:02 ID:GbIkAy7P0
悟浄歎異の各キャラは日本で描かれる西遊記のキャラを少しばかり
深めた感じで、妙にしっくりくるんだけど、むしろこの作品が日本的
西遊記キャラの源なのかな?

特に悟浄が理屈っぽいインテリとして描かれるあたり

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 00:12:48 ID:2ooM/JmR0
q

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 01:43:48 ID:tvhFgoP20
>>30
作中の人物が乗り移ったかのような書き方は、
なんか『李陵』の司馬遷に通じるものがあるんじゃないかな。
李徴の独白なんか、まさにそうだろう。悲痛だけど、実に生き生きとしている。

悟空と八戒の会話はすごく好きだ

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 22:59:19 ID:jw5pcsmB0
高校生です
中学のとき塾でやりました
沙悟浄が主人公なのがとても新鮮でした

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 13:08:30 ID:PUJBkvJ00
自分は高校の国語の教科書だったな

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 13:41:00 ID:YB+SCQV20
八戒が現世の楽しみ方を語る下りのおかげで
昼寝も焼肉も大好きになりました

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 21:50:58 ID:y7XKvBUT0
中島敦は偉いよ
喘息と戦い抜いた

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 03:35:48 ID:hYD01EWI0
wikipediaの写真ワラタ
もっといい写真なかったのかよw

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 01:28:24 ID:7qwloCR60
wikiの画像はろくなものがない。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 18:36:03 ID:JIQgIIfj0
>>30
そうか?李徴の独白以降も立派に漢文調であるように思うけど。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/06(木) 20:31:51 ID:EDIWtIda0
>>38
wikiの写真、吹いた。
布施博か岸谷五郎に牛乳ビンの底メガネをかけさせたようだw

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/16(日) 21:59:27 ID:kOc9wCuyO
まがりなりにも武術をかじった私だが
師匠が絶対「名人伝」を読めと言ったのを思いだした

確かに究極だ

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)