2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

埋蔵金発掘が趣味の人

1 :165:2007/10/01(月) 18:34:42 ID:???
前スレ 埋蔵金発掘が趣味の人
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/hobby/1160472160/

【書込み注意事項】
荒らし防止のため、E-mail欄に sage と入力し書き込みしてください。
E-mail欄に sage と入力し書き込みすると、カテゴリーのトップに上がることはありません。
sageを入れることで、ひっそりとお話ができるということです。

【指定返信方法】
個別の書き込みに対して返信したい場合は、半角で入力しましょ。
>>71 ←全角   >>71←半角

【注意事項@(諸注意)】
@埋蔵金の本質から地域・人物等に迷惑がかかる場合があるので、人名・固有名詞等の記述は慎重に
A仲間募集・共同出資・物証等売買において、詐欺等の可能性もありますので、くれぐれもご注意ください。

【注意事項A(スレ立てについて)】
荒らし煽り反応直リン、全て控えましょう。
次スレは事前にスレ立てを宣言してから>>950が立てる。
応答がない時は>>960以後10レス刻み、>>980から順次。


2 :165:2007/10/01(月) 18:38:48 ID:???
2って、自分でオナニーしてみるw

3 :武田の秘宝:2007/10/01(月) 20:50:55 ID:???
165さん今晩は。新スレ立ててくれて有難うございます。
「茨城の男」を改名して「武田の秘宝」と名乗ることにしました。
どうぞよろしく!

4 :165:2007/10/02(火) 00:04:46 ID:???
おおおおwwww

武田の秘法とはかっこいいーー
これからもよろしくお願いします^^

5 :前714:2007/10/02(火) 02:18:13 ID:???
>>989

165さん、965です。 前スレ>>714と書けばよかったですね。

三州タタキなどの出土物は徳川時代に作られた偽装物だと思います。
こういうものが埋められているだろうことは智義氏は中島氏から聞いていたでしょう。
しかし2代目以降は智義氏から細部は明かされていなかった。
もちろん埋蔵金が本当には埋まっていないことも。
ですから2代目以降を詐欺というのは可哀想な気がします。
今の当主は気が付いていると思いますがね。

>>985で、水野氏が銅板をつかまされたと書きましたが、正確には本物かどうか確かめるために
もしやと思って対価を払って入手したと言うべきでした。
智義氏は埋蔵金が埋まっていないと聞いていたのですが、別の所から埋蔵場所を示す銅板が出た
と聞いて驚き、埋蔵の真偽を改めて確かめたかったのだと思います。
つまり、騙したはずの本人が別の詐欺師にだまされたということです。

銅板を偽造した人は智義氏の発掘話を利用したのですが、智義氏が埋蔵金を発見出来なくて
苦労しているのを見て、智義氏が本当は確かな資料も無くて闇雲に掘っているとタカをくくって
銅板をでっち上げたのでしょう。
まさか智義氏の話自体がウソだとは知らずに。

それから、話は変わりますが、田舎で土地を譲ってもらおうと思ったら現地の仲介者が居ないと
難しいですよ。
金額の問題だけでなくて、よそ者にはなかなか売りません。

6 :武田の秘宝:2007/10/02(火) 14:00:11 ID:???
前スレでボーリングの話がありました。以前結城のある現場に立ち合わせて
もらいました。やはり1メートル位の鉄棒をつないで突き進んで行くタイプ
でした。職人風の男二人が来て力一杯回すのですが、最初は快調ですが、
1間位だったかな?急に土が締まって来て、大の大人が大汗かいて力一杯
頑張ってもなかなか進まないのです。土は深くなると締まっていて頭で考える
ようには行きません。これ以上は人力では無理だといった時、そこが固い地層なのか、
石なのか、木の根っこなのか、埋蔵金なのか、判別出来ずに終わりました。

7 :名無しの愉しみ:2007/10/02(火) 18:02:01 ID:???
祝・新スレ

8 :165:2007/10/02(火) 21:58:14 ID:???
714さん 詐欺系も捨てきれないと思います。しかし、矛盾が生じてしまいます。

@三州タタキや家康像を埋めたのは誰か?その目的は?
中島蔵人が、後に人を騙すためにわざわざ各所に穴を開けて埋めたのでしょうか?
後に中島氏は、詐欺で訴えられたそうですが、採掘権を売ったとの記述で、採掘権だけなら手の込んだ用意をすることなく逃げれるとは思います。

A中島氏が水野氏に伝えたのはなぜか?
二束三文の土地を高額で売れる方法を伝授したのでしょうか? 現代の原野商法の方法?

B初代が一番掘り返しています。
714さんのおっしゃるとおりならば、最初は詐欺目的でそれらしく始めたが、銅版が出てきて、もしや?と思い本格的に自分が掘り始めた。
最初に中島氏から原野商法の方法を聞いてマネをしたならば、銅版も中島氏が用意した捏造物と疑わなかったのでしょうか?
中島氏から聞かされていなかった品物だったので、本物だと思ったのでしょうか?

C初代、2代、愛三郎
初代は、誰にも発掘開始当初の話をしなかったって事になりますが・・・
銅版があったからといって、コロッと詐欺のことを忘れるものですかね・・。

D詐欺の割には間が抜けている
三州タタキは、2代目が見つけています。
埋めてあることを知っているとされる初代はなんで掘り出さなかったのか?
家康像を見つけて、三州たたきも見つければ、益々評判が上がりパトロンも付いたでしょうに
大穴を開けていく必要は無く、ある程度ピンポントで発見していけば良いはずです。
大穴はパフォーマンスなんでしょうか?

E捏造の銅版の割には当たっているのは?
初代が捏造の銅版をつかまさせたとして、その銅版を基に2代目がタタキを発見する
銅版を捏造した人も中島氏の話を知らないと当てられないのでは?

9 :165:2007/10/02(火) 22:20:29 ID:???
続きです。

三州タタキなどの出土物は徳川時代に作られた偽装物であれば、
赤城に埋める必要があったのか?まぁこれはたまたま赤城だったってこともありえますね。
それより、何のために?です。
っていうか、土地の所有者が中島氏だったとは思えないのですが?

中島氏が外国人から採掘権で訴えられたということは、
中島氏は、捏造物の埋蔵場所を知っておきながら、外国人に教えた地点からは何も出てこなかったってことになる。
なんで? なにも出なかったら訴えられるに決まってるじゃん。

っていうことは、家康像等が埋まっているのは知っていた中島氏だが、何処に埋まっているのかはわからなかった。
しかし、銅版の捏造者は、どこに捏造物が埋まっているかを知っていたということになってしまいます。

では、誰のために?小栗抹殺のため?誰が?
官軍は、小栗をそんな物を用意しなくても殺せたはずです。
仮に小栗が口を割った時のための用意?
小栗は、そんな用意があるとわかっていれば、殺される前に官軍に埋蔵金の話を言って、官軍に浪費させていたでしょう
しかし、官軍は掘っていない。
逆に小栗がそんな用意を知らなければ、埋めても意味が無いです。

10 :165:2007/10/02(火) 22:26:44 ID:???
ここで、赤城から離れて

武田の秘法さん

以前、人に聴いたことがあるのが、
昭和に学生2人が山に入り、遭難しかけて彷徨っている途中で埋蔵金を発見し、
リュックの中に延べ棒を何本か入れたが、
いよいよ遭難しかけてリュックを捨て軽装になって歩き続けて助かった。
体力も回復し、延べ棒を回収しに行こうと思ったが、遭難しかかっていた状況だったので
記憶もあやふやで、ついに見つけられなかった。

って話を聞いたことがあるんですが、有名な話ですかね?

11 :165#:2007/10/02(火) 22:54:41 ID:???
地底探査について

ふむ、一間でしたか。
直径が大きい鉄棒だと、土との接地面積が大きくなり、摩擦が生じ入らなくなる
んー細くても、深くなれば接地面積が増大するからキツイのかな
鉄棒をハンマーでぶっ叩いてどれぐらい入るのでしょうかね。一旦抜くのがキツイかな?
っていうか、大体何m下にあるのでしょうかね?
深さ7mの井戸を掘るのにも人力だとかなりキツイと思いますが、、
落盤等も考えると、露天掘りで5m前後が限界だと思いのですが
土留めを作りながら掘っていけば、10mぐらいいけるのかな?でも、土だし用にやぐらを組まなきゃいけないので、目立ちますね。
あまり掘りすぎて水が出ても困るし

土留め(四方に板を張っていく)を作らないで7mの井戸を掘った話を聞いたことがありますが
これぐらいの深さになると崩れて危険だそうで、井戸の土管の最初(一番下)を設置するのをみんな嫌がるそうでw
安全な範囲の露天掘りであれば5mあたりが限界だと・・・

12 :165 ◆kQOyJA.DgI :2007/10/02(火) 22:55:26 ID:???
テスト

13 :165 ◆kQOyJA.DgI :2007/10/02(火) 23:19:56 ID:???
赤城に戻って

714さんのおっしゃるとおり、
証拠が真贋玉石混合で、捏造物の可能性も疑う必要はあります。
三枝氏の話も有りますしね。

ただ、残念なことに、家康像も銅版もすべて行方不明ってことになっています。
それと、捏造物を本物と勘違いするなら、もっといろんな物証を水野氏が持っててもいい気がします。
まぁ2代目が人にあげたりとかしたのは、偽物とわかっていたのであげたのかもしれませんし、、

んー あの銅版等で赤城以外で同じところを見つけた私って・・・・
んー 歩尺の図以外の銅版のことを水野さんふれてないんだよね なんでだろうね?

14 :前714:2007/10/03(水) 03:28:41 ID:???
165さん、2ちゃんで自説を説明するのは難しいですね。
全部書くと畠山氏の書いたものをトレースするようになってしまいます。
断片的になりますけど、個々に説明しようと思います。
前スレで書いたことと重複したりしますがよろしく。

1、地中の偽装物は幕府が作った。 
官軍との決戦に備えて、埋蔵金ネタで誘導するための仕掛けです。
実際は無血開城したために上州は戦場にならず、仕掛けは無駄になった。
中島氏はこの偽装作戦に関わったかして事情を或る程度知っていた。
それを利用して維新後に米人に埋蔵金詐欺を働いた。

2、中島氏は死に際に肉親には自分の気持ちを聞いてもらいたかったのではないか。
遺言のつもりで、自分がなぜこんな悲惨な状態になったのか、かなり本当のことを
話したと思います。

3、銅板は中島氏の話には出てこなかった。
初代はパトロンを見つけて掘り始めたが、そうするうちに銅板が自分の関係しない
ところから出てきたので、ひょっとすると本当は埋蔵金が埋まっているのかも知れないと考えた。 
なにしろ義父は詐欺を働くような人間だから言うことを全て信用するわけにはいかないし、
中島氏も幕府からはウソを教えられていたのではないかという疑いもある。

4、初代は子供たちには詐欺が発掘事業の発端だとは教えなかった。
自分が始めた事業はパトロンが確保出来さえすれば延々と続けていける。
また現実にその目論見は当っていた。
子孫も本当に埋蔵金が有ると信じていれば頑張れるというわけです。
それにもし本当に埋蔵金が出たら、それも目出度し目出度しとなる。
どちらにころんでも損は無い。

15 :前714:2007/10/03(水) 03:31:16 ID:???
続き。

5、中島氏から初代が聞いた話には埋設物の詳細は無かった。
漠然と津久田原の辺りということは聞いていたが、掘ってみないとどこにどんな偽装が
在るのか分からない程度の情報しか持って居なかった。
初代にとっては発掘が大規模に、かつ長期になれば嬉しいわけですから、パトロンの手前、
たまにはそれらしいものを出しながらダラダラ掘れば良いのですね。
ピンポイントで一箇所掘って終わりでは困りますから。

6、出鱈目に掘っていてタタキを発見したというのが真相らしい。
私が得た資料では当ても無く地面を突付き回していて発見したそうです。
(銅板はタタキ発見とは関係無い。)

赤城に幕府が陽動作戦として偽装を施したのは、上州方面へ官軍を貼り付けたかった
からではないでしょうか。

米人が掘った場所からは偽装物が出なかったということは、中島氏が埋蔵に関して大した情報を
持って居なかったという証拠と思います。(上記5)

私が推測するに、彼は米人から得た金で何かの事業(投資)をして(おそらくは相場を張り)、
その利益で米人に金を返済すれば訴えられないという博打を打ったのでしょう。
ところが思惑はずれで金はスッテしまって返せない。 とうとう訴えられたという筋です。

官軍はなぜ偽装に引っ掛からなかったかという件ですが、これは幕府の陽動作戦が発令される前に
幕府が瓦解してしまったからでしょう。
偽装の埋設等のハード面は出来ていたのですから、後は官軍側に「あの辺が怪しい。」という
偽情報を掴ませる段取りになるはずですが、それが中止になったので折角の準備も無駄になりました。


16 :165:2007/10/03(水) 10:33:07 ID:???
私以上に深夜の書き込みご苦労様です^^
いささか無理があると思われる点が、いくつかあります。

@そうするうちに銅板が自分の関係しないところから出てきたので、ひょっとすると本当は埋蔵金が埋まっているのかも知れないと考えた。
↑中島氏から赤城を利用した詐欺の方法を聞いていたにも関わらず、すんなり信じるとは思えませんね。
中島氏から聞かされていなかった捏造物のひとつと認識し、無視はしないだろうけど、パトロン探しの材料として利用すると思う。

A中島氏が埋蔵に関して大した情報を持って居なかった
たいした情報を持っていないにも関わらず、いろんな物が埋まっているということだけを知っていた?
津久田原一帯が広大すぎて、これじゃ詐欺はできません。っていうか、ばくぜんな話過ぎて詐欺をやる側だってやりづらいでしょう。

B官軍への足止め作戦
官軍にとって江戸城がゴールですから、江戸城から東北方面への自陣奥深くにこんなの作って陽動、足止めが出来るとは思えません。
もし、陽動、足止めをしたいなら伊豆、箱根に作ると思います。
進撃が早かったとはいえ、自軍の後方に作るのは意味が無いかと・・・。
赤城の位置からして、会津藩が作るならわかりますけどね。
しかし、江戸城開城後、船橋、宇都宮、北越、東北、函館までいっていますので、会津藩が足止めに作ったなら流布しているはずです。

江戸城を囲んだ勢力の一部が東北へ進行を続け群馬に転戦してそこで足止めを食う
江戸城を包囲させておきながら、別ルートで群馬に向かわせ、戦力を割いた後たたく?
ありえませんなー どこの戦史にも自軍の後方に陽動させる物は作らないと思いますよ?
やっぱり陽動作戦をしたいなら、自軍の前(伊豆・箱根もしくは、北越(金沢))に配置するでしょう。
また、沼田藩は新政府軍に恭順していますので、慌てて作るのは無理かと思います。


17 :165:2007/10/03(水) 11:20:00 ID:???
埋蔵金有る無しはどうでもいい、陽動や本命もどうでもいい話として、自然に考えると
赤城には、1両〜360万両または、何らかのものを実際に埋めたと思います。

@中島氏が、何らかの物の運搬を命じられた。その際、最終地点が赤城だとは聞かされていた。
※何らかの物と書いたのは、24万両とは聞かされていたが、実際見たとは思えないので、千両箱等の中には石が・・・のパターンもありえると思います。
A埋蔵金から遠ざかってしまった中島氏だが、何らかの物の運搬を命じられた時にもらった指示書(行程表)は手元にあった。
B榛名の埋蔵地に再度訪れた際に、すでに何らかのものはなかったが、自分がメンバーから外されたとは思わなかったので、納得してしまった。
※メンバーから外されるのは、当初の予定通りだったので、絵図面(埋蔵見取り図)は手渡されていない。
C貧困からその指示書の模写(複製)を宝探の地図として米国人に売り渡した。
Dその米国人は指示書(井戸の話は指示書にも有ったと思う)の通り、その辺の井戸の周辺を掘ったが、何も出てこなかったので訴えた。
Eまさか自分が運搬グループの陽動運搬グループだとは気が付いていないので、指示書が偽物だとは考えもしなかった。
F晩年、信じて疑わない中島氏は、水野氏(初代)に打ち明け、指示書を手渡す。
G中島氏のリアルな証言と指示書を見た水野氏は、面白半分で探してみる気になった。
H赤城を訪れた水野氏は、地元人の話などから、中島氏の話を裏付けてしまい、発掘に着手する。
Iその際に、米国人とは違って、聞き込みなどから井戸は井戸でも「源次郎の井戸」と、特定してしまう。
J運悪く?中島氏などの話に基づいた目印(家康像)を発見してしまい、さらに熱を入れてしまう。
K発掘の規模から周囲に「埋蔵金探し」の噂が広まり、物証等を悪徳詐欺集団がいろいろな物を売りつけにきた。
Lしかし、中島氏の言う最終地点は赤城だけは正しかったので、探しているうちにいろんな物が出てきてしまった。
Mで、いまでも掘っている。

18 :165:2007/10/03(水) 11:20:33 ID:???
赤城には無いと思っている私ですが、この流れが自然だとは思っています。
詐欺をするなら、大穴まで掘らないですよ。
某詐欺手段も宝探し(海)をネタにしていましたが、本格的にやらずにいましたね。

銅版の真贋はわかりませんが、それと、詐欺をやる人が詐欺に騙される「クロサギ(参照)」のは、いささか難しいかと
なおかつ、詐欺をそっちのけで本格的に掘り始めるのには無理が有るかと
だって、中島氏は、具体的に何がどこに埋まって(有る)ってこともわからない程度の情報しか知らなかったなら
その話は、水野氏にも言っているはずであって、そんなあいまいな情報の中で銅版が出てきたって本物とは思わないでしょう。

19 :兵庫の男:2007/10/03(水) 20:29:40 ID:62NDLCbK
赤城には…無いでしょうね…
榛名の24万両を手に入れて…それから地元の話から…
もしかしたら360万両も???って欲を出して…
24万両のお金で広大な土地を買ってから発掘に手をだした…

赤城に埋めたとすれば…一時的に…あの、神社の下に埋めて…
それは掘り出されてますよ…

20 :赤城本命:2007/10/03(水) 21:25:29 ID:???
165さん、前714さん
盛り上がってますね。
物証の発見状況を見ると
1期 初代…家康像、銅板
2期 義治…玄武(亀のたたき)
3期 三枝…百庚申、五輪塔
4期 智之…朱雀(梵字のたたき)
って具合ですね。
発見年代の期間が異常に長いですね。

21 :165 ◆kQOyJA.DgI :2007/10/03(水) 21:58:13 ID:???
どぉ?赤城本命さん 研究進んでますか?

22 :赤城本命:2007/10/03(水) 22:27:51 ID:???
沈滞してます。
発想が湧かないと先にすすめませんから。
次はいつ閃くやらってとこですね。

23 :前714:2007/10/04(木) 01:20:11 ID:???
>>16
またまた深夜に出てきました。 それでは、また補足を少し。

1、銅板が出てから入手するまで時間も掛かっていますし、初代も半信半疑で入手すべく動いたと
思います。 
自分の手持ちの材料は少ないし、何か決定的なことが書かれているとまずいという危惧も
有ったんじゃないでしょうか。 パトロンには俺だけが凡その埋蔵地点を知っているというような説明を
してるのでしょうし。 少なくとも是非現物を見てみたいという欲求は有ったでしょうね。
こういう事情もあって水野家では銅板には今ひとつ信頼を置いていないように見えます。

2、中島氏は実は全く偽装埋蔵の細部は知らなかったと思います。 せいぜい津久田原という程度で、
それすら私は怪しいと思っていますよ。 なにしろ初期には榛名山なんて言ってるくらいですから。

米人に教えるのは出鱈目でも全然問題ないです。 掘って何かが出れば良し、何も出なくても
場所を変えてみろ位のことを言ってれば大丈夫です。 欲の皮が突っ張った人間はちょろいです。
元々金目のものが埋まっていないことは承知なので、時間が稼げればいいわけですね。 
そうして金を引き出してから、せいぜい1年くらいで金を返してやらないと大変なことになるとは
認識してたでしょうから、相場みたいに短期に結果が出ることで稼ごうという魂胆です。

24 :前714:2007/10/04(木) 01:22:55 ID:???
>>16 続き。

3、この上州主戦場説というのは畠山氏(?)も書かれていたんじゃないかと記憶していますが、
実際に計画はしていたそうです。 江戸城は守るには不利なので、箱根山を敵が越えたら将軍家を一気に
上州へ退避させて、敵を迎え撃つという内容です。
他にも敵の侵入経路によっては甲府という選択肢も在ったようです。
こちらになれば八王子同心が活躍したでしょうね。

沼田藩の件ですが、その問題があるために埋蔵工作は沼田藩領を避けたという解釈が在ります。

4、初代が集めた金は莫大だったようで、当時は公共事業のように近隣の人々の良い仕事になっていたそうです。
盛大に穴掘りをやっていれば、まさかダマシとは思われないでしょうし、景気も良くなって文句を言う人も
出て来にくいものです。 丁度今L&Gで騒いでいますが、渦中の人たちはあんな見え見えの詐欺でも
引っ掛かるものなんですね。 自分が働いて得た金ではないですから心置きなくばら撒いたことでしょう。

25 :前714:2007/10/04(木) 02:46:39 ID:???
>>20 連投失礼。

こういう邪馬台国論争にも似た証拠が乏しい事柄を解釈していくと、その人の性格が出てきちゃいますね。
私なんか育ちが悪いもので、出てくる人が皆魂胆を持った人のように見えてしまうのです。

結局は165さんと私の分かれ目は中島氏の捉え方の差だと思うんです。
最近読んだのですが、春米で掘っている方の資料では中島氏が悪人に書かれています。
たまたま私と同じような人物像を設定しているのには興味を持ちました。

それから、おっしゃるとおり、長期間掘ってる割には確かな出土物が少ないですね。
これ以外にも細かいものは出てるんでしょうけど、一般に発表するには憚られるような
偽物然としたものなのでしょう。

三枝氏も大した根拠無く掘ったのに色々な出土物が出たようですから、実はもっと広い範囲に沢山
埋められているかも知れませんよ。
もっとも、現物を見た人で、あれは全部偽物といっている人も居ますから保証は出来ません。

26 :165:2007/10/04(木) 10:17:40 ID:???
深夜派ですなー
私は書物に影響を受けないって言うか、参考程度にはしますが重きはおきません。
畠山氏の著書も読みましたが、感想は古すぎる。
古いからこそ当時の貴重な証言等が書かれているとは思いますが、いまいちピンときませんでした。

歴史の流れ(いきさつ等)的なものは頭に入れていきますけど、あくまでも自論でいっています。
だって、、詳細に検証したって、誰も掘り当ててないじゃん=観点を変えるしかない。です。
古い事柄に影響されて、周りが見えていない可能性もあるので、別の観点から客観的に見ています。
中島氏のこともですが、いい人、悪い人以前にそのときの状況を客観的に見ているつもりです。
まぁ私は「中島が騙した」のではなく、「中島も騙された」と思っていますけど

邪馬台国論争ですかー 邪馬台国の存在は気になりますが、埼玉かもしれませんね。
さきたま古墳群などの・・・って、ことは絶対ありえないなw
そうそう「卑弥呼」ってのは、名前じゃなくて、役職名?巫女の総称?ってのには興味を持ちましたけどね。

27 :武田の秘宝:2007/10/04(木) 21:44:16 ID:???
>>10
学生二人が彷徨って埋蔵金を見つけた件
以前テレビでやった話のことでは?たしか武井さんという武田の埋蔵金を永年やっている人
がテレビに出て、その合間に埋蔵金話をストーリーとして挿入したのがあった。
埼玉県の秩父側から三峰山に向かい、迷って山梨県側に下って来る途中発見?・・・
間違っていたらごめんなさい。



28 :盗掘野郎Aチーム:2007/10/05(金) 00:05:32 ID:???
学生の話本当ならすごいいつごろの話ですか?

29 :165:2007/10/05(金) 09:45:50 ID:???
Aチーム・・・懐かしいな年齢ばれるな 今12chで再放送しているよね。

学生の件ですが、昭和30年代以降だと記憶しています。
金の延べ棒で重くなったリュックを捨てる際に、延べ棒1〜2本をズボンのポケットに入れたそうです。
しかしながら、斜面を滑り落ちたりしている途中にやはり無くしてしまったとのことです。

これもまた、真贋がわからない話ですが・・・

しかしながら、この手の話は、どーしても古い話になっていまいますね。
近年 んー昭和60年代以降にこの手の話が出てこないのが不思議です。


30 :165:2007/10/05(金) 16:10:31 ID:???
昭和30年代じゃなくて、戦前でした

31 :盗掘野郎Aチーム:2007/10/05(金) 23:24:22 ID:???
戦前でしたかありがとうございます。
千葉で一枚小判が見つかったとTVで見ました。
一昨年です。

32 :前714:2007/10/06(土) 02:31:00 ID:???
>>26
やー、病院でスタッフから風邪を移されましたよ。 
今流行ってるみたいだから気を付けて下さいね。

ところで、この手の本は結構いい加減なところがあるんですよ。
ですから一応は別系統の資料を当りながら読んでます。
風邪で具合が悪いので、2代目義治氏の聞き書きみたいなのを読んでましたら
早速おかしなところがありました。

中島氏が上野戦争に敗れて甲府へ行き芝田監物と謀って榛名山へ御用金を
埋蔵に行くというくだりが出て来たのですが、甲府城へ官軍が入った方が
上野戦争より早いんですよね、確か。 
こういうこともチェックしながら読んでます。

上の方で書いてられますが、仮に銅板が偽物でも、解読した結果、
実際の地形に合うところが在って不思議はないと思います。
人間は出鱈目を書いたつもりでも、既に頭の中にある情報を使ってしまうそうですから
銅板製作者の馴染みの地形が反映されているのではないでしょうか。

もし偽銅板の製作者がユーモアを多少解する人でしたら、正解の場所にはスカと彫った
石くらいは置いてくれているでしょう。

33 :165 ◆kQOyJA.DgI :2007/10/06(土) 10:33:51 ID:???
いやー 昨日さんざん友達の風○店で暴れまわって書き込みする体力ありませんでしたわw

まず、真上の714さんから^^
銅版の示す場所についてですが、前スレでも書きましたが、正確すぎると思っています。
江戸時代後期の群馬県の一般的な地図とは比較にならないぐらい正確です。(縮尺は若干異なる)
江戸時代でも実測地図は精度が高かったので、それを基にしたのか、実際丹念に歩いて記したのか
疑問は残っています。
私の研究では、右上の▲のしたの〜は、川です。川といっても用水かな?現在その痕跡は、どぶ板の下だと思います。
馴染みの地形というか、結構広範囲です。現代の2万5千分の1で全体が現れます。それで見ると、バッチリです。

武田の埋蔵金も洞穴の上に×と掘り込まれている箇所が何箇所かありますよね。
中は、崩落していたりして、調査が困難な場所もあります。
でも、わざわざ×と掘るものですかねー。

34 :武田の秘宝:2007/10/06(土) 16:28:33 ID:???
>>33 埋蔵金からそれますが(笑)、風○店って暴れまわるところですか?(笑)
どんな暴れ方をするのかなぁ。
銅版は一体誰に知らせるつもりで作ったのでしょうか?

25 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)