2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

大都市なのに旅客用鉄軌道が殆どないなんて!

1 :名無しの車窓から:2007/07/26(木) 18:24:18 ID:0p/M4JbG
全米4位ヒューストン(200万):LRT1路線 アムトラックは週3便
全米5位フェニックス(150万):鉄道駅なし、アムトラックなし、来年やっとLRT1路線開通

正直、考えられないね。

2 :名無しの車窓から:2007/07/26(木) 23:14:23 ID:zrMEV6E4
人口密度が低いからな。

ヒューストンの場合、人口そのものでは名古屋と同じくらいだが、
人口密度としては静岡市や浜松市と同等(約500人/km)しかない。

(日本の場合)
東京特別区13000人、大阪市11000人、横浜市8000人、名古屋市6000人、福岡市4000人。

3 :名無しの車窓から:2007/07/26(木) 23:26:13 ID:q6KxMDJ3
鉄道が地図に載っていてもそれが必ずしも都市交通の役に立ってるとは限らない。
ベトナムとかインドネシア、アフリカの各地なんかにも
そんな人口百万超の都会がたくさんあるのでは。

4 :名無しの車窓から:2007/07/26(木) 23:34:42 ID:+dR/HqkF
韓国の大田、人口140万人だが最近まで地下鉄もLRTもなかった。
国鉄線が走っているが、通勤用にはほとんど使われていない。
中国には、通勤鉄道も、LRTも、トロリーバスすらもない人口100万人以上の街が
相当数あるぞ。

5 :名無しの車窓から:2007/07/26(木) 23:57:07 ID:kV6xotvu
まあ、まずは

金がないから公共交通がない
金があっても公共交通を整備しない

でわけるべきだと思うな

6 :名無しの車窓から:2007/07/27(金) 00:23:08 ID:kx4jaMla
バンコクあたりは最近そうとも言えなくなってきたけど
ベトナムの都市で地下鉄が具体化しないのが
カネが無いからだとしたら言い訳だろ〜。
インフラ整備の力点の置きかた違うべ?
完全立体交差の鉄軌道の都市交通新設は収益があがりそうもないから
民間ベースだと誰も手をつけたがらないとか?

7 :名無しの車窓から:2007/07/27(金) 00:31:31 ID:0goxT0Ze
ある意味那覇も。

8 :名無しの車窓から:2007/07/27(金) 00:59:59 ID:kx4jaMla
那覇ではゆいレール以前遅刻を許容する暗黙の社会的了解があったってホント?
台北も地下鉄の整備遅かったけどあそこは職住近接または
家内工業とかで職住同一とかが多いのかも。
書いててふと気付いたがバイクで事足りることも多そうなのはベトナムも同様だな…

9 :名無しの車窓から:2007/07/27(金) 01:00:48 ID:ueb2zQUN
ベトナムでは呆痴眠で地下鉄工事中じゃなかった?

河内ではライトレール構想があったような

10 :名無しの車窓から:2007/07/27(金) 18:19:19 ID:eGDrPezh
ハノイで昨年地下鉄が着工された、らしい。

さて、30年以上前はソウルにも都市型の鉄道が無かったが
あれだけ地下鉄を作った今でもそのシェアが
思ったほど伸びずに悩んでるらしい。
ソウルじゃあ道が良いからバスもそこそこ頑張っているようなのだ。

11 :名無しの車窓から:2007/07/27(金) 21:30:57 ID:my9Y8Pxk
逆に考えると、もし東京に地下鉄もJRも私鉄も無かったら、と思うとゾッとするな。
絶対都市機能が麻痺するだろ。
いくつかの国を見て回ると東京の都市内道路の容量の少なさは異常に感じる。
歴史のあるヨーロッパの都市でも旧市街の外は環状高速があったりして道路事情はいい。

12 :名無しの車窓から:2007/07/27(金) 22:00:11 ID:cxXeQDs5
>>11 職住接近で工場から自転車で通える範囲に労働者が住む、というような
構造になるんだろうな。だからブルーカラーが多くなる。営業マンが都内各地を
移動して回るとか、多くの人が都心のデパートに頻繁に出かけるといったことは
無理。そして山手線内の人口密度がもっと高くなる。

13 :名無しの車窓から:2007/07/27(金) 22:04:40 ID:aVkyqhBk
人口集積があったから鉄道ができたのか。
鉄道があったから人が集まったのか。
その両方だろうけど
鉄道が無かったら東京も50km圏に3000万人も住んでいなかっただろう。

14 :名無しの車窓から:2007/07/27(金) 23:45:32 ID:uXrUcVeM
>>11 外環のような地下高速道路(バス専用レーンつき)と、超大型モノレールの
行き交う都市になっていたんですかね。

15 :名無しの車窓から:2007/07/28(土) 09:56:36 ID:OAaCuRym
東京の全鉄道路線図を改めて見ると、もはやグロ画像だな

http://www.jreast.co.jp/suica-co/area/img/route_map.gif

16 :名無しの車窓から:2007/07/30(月) 18:07:44 ID:wjy2W7sG
ヒューストンやフェニックスはアメリカの中では新興都市
「自動車交通を前提とした発達した大都市」
というべきではないかと思う

アジアの例なら,路線板時代に
 フィリピン ダバオ(100万都市) 鉄軌道どころか,道路信号すらほとんどなし
というのがあった







17 :名無しの車窓から:2007/08/01(水) 02:33:05 ID:HwI0bSF+
それでも大昔にはヒューストンやフェニックスにも路面電車があったらしい。

18 :名無しの車窓から:2007/08/01(水) 02:41:03 ID:zoGBVEYV
それなら大戦前に人口100万超えてて、路面電車が無かった世界の都市を
数えたほうが早いかもね。

19 :名無しの車窓から:2007/08/01(水) 05:10:52 ID:bc/aIvQy
>>18
あるのそれ?アジアだってでかい都市は大概市電整備しているよ。

20 :18:2007/08/01(水) 10:27:58 ID:zoGBVEYV
>>19
ほとんど無いと思う。

それはともかく戦後にクルマとか舗装の技術が進歩したなかで
どんなタイプの都市で軌道系交通機関が潰滅したのか
調べると面白いでしょうね。
カネが無い国という場合もあるだろうし
人口密度が充分に高くないという場合もあるだろう。
日本じゃあ新潟なんて鉄道のシェアが少なそう。
行政区画の区切りかたにもよるのかも知れないし。

21 :名無しの車窓から:2007/08/01(水) 23:48:36 ID:t56qP1zi
都市内鉄道がないわけではないが、中国の深せん、人口700万人超えるというのに地下鉄が2本
しかない。東海道線と地下鉄の御堂筋線と中央線以外に鉄道路線がない大阪市みたいなもの
と考えればよいのだろうか?

22 :名無しの車窓から:2007/08/02(木) 13:00:36 ID:Wn7R2DBf
深土川って700万も住んでるの?香港より多いんだね。それはさておき
大阪なんかは通勤圏で考えりゃ人口1800万人とかになるのでは。
逆に釜山は地下鉄は3号線しかないけど都市圏人口は300万人台。
中国の都市には規模がゲタ履きの所がある。重慶市の面積が四国並みとか。
そのくせ軌道系はモノレール1路線のみ。

23 :名無しの車窓から:2007/08/02(木) 20:35:34 ID:v5jlmpGk
カナダのカルガリーはライトレールが2路線あるが、
長距離系鉄道は馬鹿高いツアー専用列車しかやってこない。
100万都市なのに。

24 :16:2007/08/02(木) 23:24:04 ID:GLRlhrVg
>>17
路面電車がなくなったのは1940〜50年ごろか
この頃, ヒューストンは40万都市,フェニックスは10万都市みたい
大都市と言えるのは,路面電車廃止されてから


 

25 :名無しの車窓から:2007/08/03(金) 07:33:13 ID:7IARap4m
人口は20万人くらいだけど、つくば市らへんは
日本のニュータウンで唯一、軌道系交通機関の導入空間を
先行して確保していなかったらしい。

東急田園都市も当初は鉄道は整備せずクルマで済ませるという案があったとか。
後者は通勤先の都心の駐車場が不足してるからポシゃったんだろうけど。

26 :名無しの車窓から:2007/08/03(金) 22:57:21 ID:7Hrz5r0a
>>25 ターンパイクを渋谷まで伸ばすて計画だよな(近郊〜都心は4車線)

つくばは緑地帯になってるところにモノレールか何か通すつもりだったんじゃないかな。
そんなこと夢見る時代に開発されてたし


27 :名無しの車窓から:2007/08/03(金) 23:56:15 ID:VIBEG7Ws
>>25 そもそも、筑波研究学園都市は東急田園都市と違い、東京都心のオフィスに
通う通勤者のベッドタウンとして造られた都市ではない。東京の山手線内がすっぽり
入ってしまう位の地域に研究所を分散配置しているから、学園都市内の通勤移動は
車で十分カバーできる。
 最も、25年くらい前から常磐線土浦と学園都市中心部を結ぶ、新交通システム構想
が地元商工会議所から出されているものの、需要が見込めないということで日の目を
見なかった。

28 :名無しの車窓から:2007/08/04(土) 01:41:35 ID:2ymXCiDn
すると、つくば市は日本でも稀なアメリカ型都市ってことだね

29 :名無しの車窓から:2007/08/04(土) 09:04:20 ID:P9MOgHtl
>>28 つ〜か、東京への一極集中防止、機能分散を目的に造られた都市だから。
多摩ニュータウンなどとも性格が違う。ただ東京に中途半端に近いから、半分、
東京の郊外都市化してしまった。

30 :名無しの車窓から:2007/08/04(土) 09:21:55 ID:P9MOgHtl
ま、文化大革命当時の北京のように、就職先選択の自由を厳しく制限して労働者の職住近接
を図り、商品は配給制とすれば、通勤や買い物のために街を移動する必要が減少する。
そして、地下鉄は国や共産党の関係者しか乗れないものとしても、さしたる問題は無い。

31 :名無しの車窓から:2007/08/04(土) 10:08:27 ID:2ymXCiDn
逆にアメリカなんかでは「労働市場」や「中古住宅市場」が流動化してるから
職住近接になってる、のかなぁ。よくわかんないけど。

日本は持ち家が政策として奨励されてるっぽいし通勤定期の割引もある。
また導入の経緯は不明だが他国に例が少ない通勤手当を雇用側が自発的に出している。
人口密度の高さを乗り切る知恵かもしれないが大都市ではクルマ通勤を
選ばなくて済む素地がある。

32 :名無しの車窓から:2007/08/04(土) 13:43:27 ID:ITP5OaVc
>>29
つくばエキスプレス開通で完全に通勤圏内に入っちゃったしな
まああれ自体当初の東京〜つくば都市間連絡鉄道って目的からは
かなり変容しちゃったけど。

33 :名無しの車窓から:2007/08/04(土) 19:35:37 ID:DM31nNeB
>>30
江戸時代、慶安のお触書に農民の都市部への移住を禁じたくだりがあるけど、
あれって職住近接も含まれてたんだな。
工房の頃に日本史で学んだけど、今になってようやく意味が分かったよ。

職住近接をされると困る業種とかはどうすんだろうね。あ、そのための社宅か。

34 :名無しの車窓から:2007/08/05(日) 07:37:04 ID:axnJ8Kcf
アメリカでもボケ老人が高速道路を逆走なんたあるのかな。
免許取り上げたら人権侵害として問題化しそう。
アメリカのLRTはもともと弱者のために整備されたと聞くけど
クルマ通勤からLRTに転移してくれなきゃ
作ってもCo2削減にはつながらないよね。

35 :名無しの車窓から:2007/08/07(火) 04:50:12 ID:mXlmePwV
新潟なんか政令指定都市といいながら軌道系が機能してるといえるのか。
越後線や信越線の7〜8時台の本数は何だ。
鉄道での通勤輸送なんて渋滞さえなければバスで代替可能なレベルじゃないのか。

36 :名無しの車窓から:2007/08/08(水) 21:00:12 ID:AUyXuc+u
浜松なんかも政令指定都市というが、通過交通をカウントしなければ
旅客輸送に占める鉄道のシェアなんてわずかなんじゃないか。
(アメリカでは都市間は距離がありすぎて
ほとんどの地域で鉄道は他の交通機関にとって代わられてるが。)

「市内」の水窪や佐久間からクルマ無しでどうやって市役所まで行けというのか。

37 :名無しの車窓から:2007/08/09(木) 04:02:13 ID:o2Qiut3E
>>11
ある日急に無くなったら都市機能が麻痺するだろうけど、
最初から無かったらこんなに発展していないだけの話では?

38 :名無しの車窓から:2007/08/13(月) 22:32:11 ID:/cvCp6RV
つくばは街の密度が低いから、通勤もともかく日常生活の足としても車が
必要だと思う。そういう意味ではアメリカの中小都市に似てるかも。
実際、雰囲気がシリコンバレー界隈にちょっと似てなくもないかなー。

39 :名無しの車窓から:2007/08/13(月) 22:55:40 ID:/cvCp6RV
>>34
弱者云々とそれ以降の話のつながりが見えないが...

ま、LRTがあっても車通勤をどうしてもやめないといけない強い条件ができないと
駄目でしょう。今はないと思う。

あとは国民性として、公共的なものより個人的なものを志向する(少なくとも結果的に)、
というのがあるのかなあと思ったりもする。医療保険がその最たるものだが...

しかし今は環境問題より経済問題の方が世界的に影響でかそうw

40 :名無しの車窓から:2007/08/14(火) 02:38:24 ID:V0xgYQJQ
自動車通勤に慣れたら電車通勤にはなかなか戻れないと思う。
しかも電車通勤の方が余計に時間がかかってしまうの現状では尚更。
ロサンゼルスみたいな街の住民を電車通勤に戻す手立ては、なかなか見当たらないな。

41 :名無しの車窓から:2007/08/16(木) 21:49:20 ID:6XXL9MOu
>>35
新潟交通の例とか新潟バイパスを見ると、道路交通だけで賄えそうだね。

42 :名無しの車窓から:2007/08/16(木) 21:58:41 ID:5PhPSSAD
>>40
シカゴとかは、パークアンドライドでかなり成功してるみたいだが。
metraかなり速いし。
それよりもCTAの老朽化による維持費の問題で、RTAは相当頭悩ませてるみたいだな。

43 :名無しの車窓から:2007/08/16(木) 22:42:49 ID:Eej//LGz
いくらアメリカでも、車通勤が当たり前なのは
地方都市やロサンゼルスみたいに明確なCentral Business Districtがなくて
スプロールしきってる都市だけだよ。
シカゴやNY、ボストンの都心へで自動車通勤が出来るなんて
どうやったらそう思えるのか不思議だ。

44 :名無しの車窓から:2007/08/17(金) 01:06:36 ID:MUGtYbxH
アメリカってスプロールしきってる都市が半分くらいあるじゃん。
ロサンゼルス以外にもアトランタやフェニックス、ヒューストン等等。
しかも今になって人口が増えている街に限って鉄道らしい鉄道ないし。

45 :名無しの車窓から:2007/08/17(金) 03:25:40 ID:otdiXdOB
>>43
車通勤だったがな、俺@シカゴ
ついでに、まわりもみんな車通勤でしたぞ。

Metra使う人が増えてきたのはホント最近だよ。
何のために今まで5レーン+Express line2レーンの計7レーンも
都心に引っ張ってたって話だよ。

日本と同じに考えるなっつうの。

ようは、漸く駐車スペースが無くなってきたってことと、
+土地バブル、ガス高が重なって
結果、鉄道使う人が増えたってわけよ。

46 :名無しの車窓から:2007/08/31(金) 04:02:34 ID:YLyjJvW3
>>41
新潟交通は話にならない、河川交通の名残で線形悪すぎだし。
新潟市中心部までいかないし、JRとの連絡だってないよ。

まぁ政令市なら最低クラスだがw地方では電車が使われてる方です。

47 :名無しの車窓から:2007/08/31(金) 22:39:45 ID:zoyFAmO7
ブラジルのマナオスって旅客鉄道走ってたっけ?

48 :名無しの車窓から:2007/08/31(金) 23:41:27 ID:IaHcP2t9
>>46
お勤めご苦労さまです。

49 :名無しの車窓から:2007/09/01(土) 07:22:33 ID:soN82+GL
中国とか印度とかの都市の交通が貧弱で電鉄網がほとんど無かったことについて
「貧しかったから」という説明だけで片付けられること多いけどさ、
これ変じゃない?

日本の東京や大阪の電鉄網の基幹部分ってさ、
日本がまだ貧しかった頃に作られたものじゃない?
で、日本が豊かになってからはむしろ建設は遅々として進まなくなったね。
山手線なんか、もし仮に今から作らなきゃならないとしたら、
ほとんど建設不可能だと思うよ。

アメリカなんか豊かなのに都市の電鉄網は貧弱だし。

これって、貧しい豊かだけで説明できることじゃないと思うんだけどね?
どうなんでしょ?

50 :名無しの車窓から:2007/09/01(土) 10:21:14 ID:pc1UCa36
日本の戦前の省電とか郊外電車の運賃は、他の物価に比べて高かった。
当時の日本には、割合は少ないが中流がそこそこいたのでは。
庶民は山手線の内側に住み、安いが混んでる東京市電で移動するという図式。

ジャカルタの国電の冷房車(主に輸入中古車w、失礼)が
ビジネスクラス(3等級の2等車)に位置づけられているのも中流向け?

51 :名無しの車窓から:2007/09/01(土) 10:40:52 ID:Yn2P5709
今と比べたら貧しいが、
当時は世界的に見たら先進国だったんだよ、戦前の日本は。

52 :名無しの車窓から:2007/09/01(土) 10:41:50 ID:Yn2P5709
それとアメリカは戦前は路面電車大国だった。
あっという間にしぼんでなくなって痕跡すら残ってない都市が大半。

53 :名無しの車窓から:2007/09/01(土) 12:01:39 ID:pc1UCa36
京急とか京阪、阪神は都市間路面電車からどのように今の形に脱皮していったんだろね。
たしかに今から作るんじゃ全線立体交差必須だし民間には荷が重杉
(戦後開通した民鉄の放射状幹線は田都が唯一?)。

アメリカは日本と違い平地も広く都市間も人口が稠密じゃないから
電鉄網がクルマにとって代わられた、のかな?

しかしよくインターバンって聞くけどその具体例ってアメリカのどこにあったんだろ?

54 :名無しの車窓から:2007/09/01(土) 13:07:35 ID:OE3aB/aW
シカゴにLA、SF-サクラメント、等等

inter urbanな。インター・アーバン

55 :名無しの車窓から:2007/09/01(土) 13:18:48 ID:BMXBaeLQ
>>49 モータリゼーションが始まる前に、工業化の始まりに伴う旅客・貨物輸送需要の増大
により、都市周辺等各地で鉄道ブームが発生したのが鉄道路線網充実の原因ではないかと。
例えば、台湾で糖鉄が発展したのはその例なんだろう。
しかし、台湾の糖鉄は日本の地方中小私鉄のように多くが廃止された。規格が貧弱だったこと、
それに日本の東京、大阪のような大規模な都市が存在せず、多額の経費をかけて通勤鉄道に改良
されることがなかった、ということなんでしょう。
逆に言えば、日本はバス輸送では足りないほどの通勤輸送の需要があったことが、大都市周辺の
鉄道の改良が進展した原因ではないかと。

56 :名無しの車窓から:2007/09/01(土) 21:54:34 ID:x+DjobtW
>>53
中段、アメリカのクルマ社会の発達は道路インフラを整備するだけの経済力や
中産階級の購買力も重要な点。

57 :名無しの車窓から:2007/09/01(土) 22:05:23 ID:J5DLUhvB
インターアーバンについて興味が出てきた。いつかじっくり調べてみたい。

アメリカじゃあモータリゼーションで1920年代にはもう
廃止になった鉄道がいっぱいあったと聞いた。
路面電車も進化する前に大半が消えたんでしょうね。

58 :名無しの車窓から:2007/09/01(土) 22:26:57 ID:OE3aB/aW
しかしそのまんまの形で何十年も経ってから復活したりするのも
アメリカのすごいところ。

59 :名無しの車窓から:2007/09/02(日) 11:11:45 ID:4HhE+hlt
すれ違いだけど、アメリカの保存鉄道ってホントに多いね。
旅客鉄道が往年はすごく元気だったので特に郷愁を感じるんだろな。

60 :名無しの車窓から:2007/09/02(日) 23:58:04 ID:EE4+l3Vf
>>57>>54
Chicagoだと、インターアーバン的なのは、NictdとMetraかな。
特にNictdはインターアーバンの元来の姿を良く残してるとかいわれるけど。
ついでに、進化するどころかそのまんまとまっちゃって、
2階建てギャラリーカーで路面爆走しちゃったりするのがアメリカ。
↓最近あちこちで貼られてる奴だけど、
http://www.youtube.com/watch?v=wWv0hlXTajE

>>59
Milwaukee Roadとか、PioneerZephyrとか
http://www.railroadpix.com/images/passenger/pas_img_01/MILW7.JPG
http://www.steamtrainsandtractors.com/Milw_261_June_2006/IMAG014A.JPG
http://www.msichicago.org/exhibit/zephyr/index.html
等、今じゃぁかんがえられねぇような気合入ったのが走ってたからなぁ・・・

61 :名無しの車窓から:2007/09/03(月) 00:52:42 ID:/cBzi+Av
アメリカの鉄道軌道の盛衰、現状についてはこっちのスレでも話題になってるね。
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/ice/1171613522/262-321

62 :名無しの車窓から:2007/09/03(月) 14:26:21 ID:wU/WmisR
>>25
筑波には一応軌道系入れようとした痕跡はあるよ
土浦〜筑波の高架道路走ればヘンテコな位置にバス停を見つけられる
トンネルの中なのに立坑があってそこにバス停があるのはなんでか。
やたら広い中央分離帯はなんなのか…etcetc

63 :名無しの車窓から:2007/09/03(月) 14:41:38 ID:vJ+6e/do
高床デカめのインターアーバン風味の車両って現役で走ってるとこあったっけ?
動態保存は結構あるようだけど。
日本だと岐阜の510は日本では貴重なインターアーバン風味の車両だったっけ。

64 :名無しの車窓から:2007/09/03(月) 22:27:12 ID:/1NL+qhY
>>62
じゃあ、軌道系大量輸送機関が考慮されなかった、と訂正します。

65 :名無しの車窓から:2007/09/03(月) 22:33:41 ID:/1NL+qhY
>>63
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/ice/1188650577/l50
世界の古典電車〜で聞いてみては?今ならすいてるから。

66 :名無しの車窓から:2007/09/03(月) 22:34:44 ID:idHSQa1/
>>63
あんなもんが生き残るほどアメリカは貧乏な国じゃない。
スカ線32系や参急2200や新京阪P6をまだ使ってますみたいなもんだから。
直系と言えるステンレスのEコーチならたくさん走ってる

67 :名無しの車窓から:2007/09/03(月) 22:49:50 ID:l1rFvyKo
北米に限定しなければ、あるかもしれないがいずれにせよスレ違い

68 :名無しの車窓から:2007/09/04(火) 06:34:56 ID:5BfwtyD5
>>66
ボンビーじゃないからこそ保存できる余裕があるのではと小一(ry
それとも米国の鉄道史で一番おいしい部分がぢつは残ってないとか?

69 :名無しの車窓から:2007/09/04(火) 07:02:41 ID:nqI9LLXr
>>49
工業化による通勤需要の増大が
モータリゼーション前に始まったか、
モータリゼーション後に始まったかの違いでしょう。


70 :名無しの車窓から:2007/09/04(火) 09:51:21 ID:Ae2aU0d/
>>66
保存はされてるでしょ。ほかの国じゃ考えられないほど大量に。
「現役で」と聞かれたからそんなもん一線でこき使わなきゃならんほど貧乏じゃないだろと言ったんだが。
西海岸のインターアーバンはWRMやOERMに、シカゴを中心とした東部の車両はIRMでいずれも動態で維持されているよ。
50〜60年代まで生き残った路線はともかく戦前に廃止になった路線のものまで動態にまでもっていけるのはすごいとしか

71 :名無しの車窓から:2007/09/04(火) 10:09:08 ID:iVfkfMzi
その点PCCはかなりしぶとく現役で生き残ってたね。
いずれにしても動いてる姿で往年の栄光を偲べるというのはスゴイ。

72 :名無しの車窓から:2007/09/05(水) 22:48:05 ID:qh8gKuyl
PCCはボストンで現役だが。

73 :名無しの車窓から:2007/09/05(水) 22:59:37 ID:/dg/6R0M
PCCはそこいらじゅうで現役だす
んなこたぁ誰でもわかっとるのです

74 :名無しの車窓から:2007/09/05(水) 23:20:31 ID:qh8gKuyl
確かにサンフランシスコだの各地でPCCは走っているが、
そいつらはheritage trolley扱い。

しかしボストンの場合はheritageではなく、昔から変わらず
通常のオペレーションで現役を続けていることに価値があるという意味だよ。

75 :名無しの車窓から:2007/09/06(木) 06:38:17 ID:c+bj6YL8
現役って、何よ、って言う話になりそう。

23 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)