2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

信じようと、信じまいと―7

1 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 22:53:56 ID:dNHfZd2u0
信じようと、信じまいと―

ある者の元に差出人不明の手紙が届いた。手紙の指示では、この
手紙にあなたの知るロアを一つ加えて、一人の人間に送れ。だが
彼は指示に逆らい、不特定多数の者にロアを広めた。彼がいなく
なった後、新しいロアが追加された手紙がまた誰かの元へ届いたという。


信じようと、信じまいと―
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1061661411/
【噂が】信じようと、信じまいとー2【事実に勝つ】
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1062638929/
信じようと、信じまいと― 3
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1083596825/
信じようと、信じまいと― 4
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1116860370/
信じようと、信じまいと― 5
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1140898116/
信じようと、信じまいと― 6
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154745985/


まとめサイト
http://ende.s53.xrea.com/netlore/

2 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 22:54:45 ID:oBE4TgZg0
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!!

3 :1:2006/11/17(金) 22:58:41 ID:dNHfZd2u0
立てるだけ立てたが、俺のところにロアは来ていない。
どうしたものか。

4 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 22:59:21 ID:4ZELaUMvO
あれっw立っとるwww

5 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 23:00:03 ID:gRAODwWpO
谷村新司

6 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 23:00:59 ID:iYq/clPP0
シンジケート、ダイナマイト─

7 :開会:2006/11/17(金) 23:12:28 ID:4ZELaUMvO
信じようと、信じまいと―

信じようと、信じまいと、ロアは知らぬ間にやって来る。
いつのまにか手紙と一緒に、パソコンの中に、箪笥の間に―。
さあ、それをこのスレへ書き込んで下さい。
待ち望んでいる人達のために―。

8 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 23:57:00 ID:vlSed8mg0
このスレ一番手のロアはどんなんだろうな
wktk

9 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 09:00:01 ID:Eme5Q5scO
wktk

10 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 09:31:30 ID:TV+NLGJa0
信じようと、信じまいと―

1894年、ある資産家が、インド西部のムンバイという町で「不幸を呼ぶ人形」を購入した。
その人形を持ちかえった数日後、資産家が帰宅すると、家が酷く荒らされていた。
高級な骨董品や絵画が見るも無残に壊されていたが、盗まれたものは一つも無かった。
ただ「不幸を呼ぶ人形」だけは、その後どれだけ探しても見つからなかったという。

11 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 18:20:56 ID:tKzpORWe0
信じようと、信じまいと―

1941年、フィリピン戦線にて米陸軍のJ.ホランド・ジュニア伍長が狙撃されて戦死した。
彼を狙撃したのは、日本陸軍の塩田満男一等兵、44年に輸送船が撃沈され戦死する。
その輸送船を撃沈したのは米潜水艦、艦長はJ.ホランド・シニア中佐。先の伍長の実父である。
昭和46年にこの事実を発見したのは、防衛庁職員の塩田忠紘氏、塩田上等兵の長男であった。

12 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 18:50:24 ID:bF0SVMds0
ttp://www.fetchbook.info/Ripley's_Believe_It_or_Not.html

Belive it or not...

13 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 20:10:17 ID:zKi1LwzfO
信じようと、信じまいと−!

イギリス、ノーザンプトン郊外の森に「恋人の木」と呼ばれる寄り添って立つ二本の木がある。
人の背丈ほどのその木は、成長せず枯れもせずに数百年間も生えているという。
この木の立つ場所は、中世、身分の違いから結ばれる事を許されなかった
二人の男女が、永遠の愛を誓って命を断った場所だという。


14 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 02:42:34 ID:7TEpusoc0
>>11
これ好き。

15 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 10:01:40 ID:ruw4a3mF0
信じようと―、信じまいと―

ある男性が引越しの時に懐かしい箱を見つけた
それは唯のクッキーの空き缶だったが彼が若い頃チケットの半券や
旅行の際に使った切符などを保存しておくために使っていた物だった
セピア色に変色した2枚の記念写真は特に懐かしい、彼の名は信司・・・

信司、洋と―、信司、舞と―

16 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 10:13:09 ID:H2okThM00
幕末、武士の寄り合い所に一人の男が尋ねてきて、新撰組の何某の話をしたいと上りこんでしまった。
何某は優れた武士であったが恵まれないまま死んだ、何某のことをぜひ多くの人に知ってもらいたい。
男の話の内容は突き詰めればそれを繰り返しているだけであるが、なぜか皆聞き入ってしまう。
気がつくと男は死んでいた。そこにいた全員がふと目を離した刹那のことだった。
男のいう何某がどう優れどう不遇だったのか結局誰にもわからないままだったという。


17 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 11:35:59 ID:gTtqwlFm0
信じようと、信じまいと ―


フランス皇后カテリーヌはサン・ジェルマンに宮殿を建設中にある占星師から皇后は必ず
サン・ジェルマンの近くで死ぬだろうと予言された。 これを信じた皇后は生前せっかくの
宮殿には近づかず、そこから320キロも離れたブロアで暮らし、23年後に世を去った。
彼女の臨終の儀式はクラメシ教会で行われたがこの時の司祭の名はジャン・ド・サン・ジェルマンといった。


18 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 21:47:46 ID:WpTc6zIo0
>>15
氏ね

19 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 00:49:26 ID:mfhAug8E0
>>15
スレの主旨に沿わないとわかってるなら書くな禿

20 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 01:17:21 ID:Wz08cMZS0
俺は好きだけどな>>15
何かノスタルジックな感じで少し期待しちゃったよ
まあ、駄洒落スレ落ちちゃったし他に書くとこ無かったんだろな
ま、このスレで駄洒落なんて見たくもないが・・・
もう少し不思議方面の駄洒落だったら良かったかも知れないね

21 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 16:09:07 ID:BkLQ5nWo0






22 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 18:05:59 ID:x7rgYpjR0
信じようと、信じまいと ―

1987年、イギリスのテレビ番組で
仕掛け人達が姿の見えない何かに襲われている演技をし
対象者を驚かせる企画の撮影が行われた。
それにしてもこの仕掛け人、ノリノリである。
だが、撮影されたそれが放送されることは無かった。
仕掛け人の一人が、その何かに本当に襲われてしまったからだ。
残酷なようだが、これも厳しいテレビ界の掟なのである。

23 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 19:46:49 ID:suDMNX0+0
信じようと、信じまいと ―

ある男が何を思ったのか自分の服の襟を掴み持ち上げた。
すると男の体は浮き上がった。
男がさらに力強く襟を持ち上げると
もの凄い勢いで宇宙へと飛び立っていった。

24 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 20:01:21 ID:JU6xPX3T0
ドラえもんで、そんな話があったようなw

25 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 20:47:41 ID:fjpIxk5o0
>>22
四行にまとめるとか、書き方変えれば良いロアになりそうだ

26 :本当にあった怖い名無し:2006/11/20(月) 22:32:00 ID:pxlVjqE30
>>22
4行目と7行目抜くともっといい感じになりそう

27 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 03:05:48 ID:J2iQpjVKO
>>22
それにしてもこの仕掛け人、ノリノリである。って言いたかっただけだろお前

28 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 14:12:01 ID:HByZKsKJ0
信じようと、信じまいと ―

その公園では深夜、巨大な猫が男と犬の散歩をしている

29 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 16:21:03 ID:3rR6j3fI0
信じようと、信じまいと ―

それは幼い人間の体に寄生し
十数年の月日を経て体の外へと出て行き、新たな宿主を探す。
あらゆる場所で見かけるそれの名は
陰毛と言う。



30 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 22:09:52 ID:0gvgzVOy0
まとめサイト更新されてね?

31 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 00:04:36 ID:cDWfxVCk0
>>30
本当だ、更新されてる
でも、>>11で書いたロアの2行目、上等兵が一等兵になってるのを
直してもらうにはどうしたらよいのじゃろう

32 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 04:09:25 ID:7YxUve1v0
信じようと、信じまいと―

JRのM線沿いの「Ibs」というビルにはどうしても近づけない。
電車からふと窓をのぞくと隣接する企業ビル達に紛れるように
建っているその姿を視認できるのに、
そこまで行こうとするとどうしてもたどり着けないで終始する。


33 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 23:39:13 ID:tl3ABUWE0

信じようと、信じまいと―

会社員のT氏は、鞄を新調してからというもの、物を紛失することが多くなった。
鞄に入れたことをしっかりと確認して出勤しても、会社に着くと失くなっているのだ。
ある日、重要な書類を持って出勤しなければならなかったT氏は、書類入りの封筒と右手首を糸で結んでみた。
結果書類は失くならなかったが、T氏は出勤途中に車に撥ねられて右腕切断の重症を負った。


34 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 23:40:12 ID:tl3ABUWE0

信じようと、信じまいと―

「100キロババァ」という妖怪は有名であるが、それは現代の妖怪だと思っていないだろうか。
実は埼玉県の北西部には、こんな伝説が残っている。
山の中を行く旅人にもの凄い速さで襲い掛かる妖怪にほとほと困り果てた住民たちが、新井真三という侍にその退治を依頼した。
彼は長い戦いの末にその妖怪を討ち取ったが、その姿は老婆そのものだったと言う。


35 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 23:41:12 ID:tl3ABUWE0

信じようと、信じまいと―

現在よく行われている火星探査だが、探査機が火星に辿り着ける確率は意外に低い。
月など比べ物にならない距離にある天体なので当然とも言えるが、あるNASAの職員はこう語ったらしい。
「ある探査機が火星の衛星軌道に乗って1時間ほど経ったとき、火星の二つの衛星フォボスとダイモスに閃光が走った。
すると謎の物体が音速の百倍ほどの速さで探査機に直撃し、それ以降通信が途絶えた。」


36 :本当にあった怖い名無し:2006/11/22(水) 23:42:00 ID:tl3ABUWE0

信じようと、信じまいと―

1910年、スペインで行われたフルマラソン大会での出来事。
トップでゴールした女性選手の出したタイムは、22分10秒というとんでもない記録だった。
しかし途中2ヶ所のチェックポイントで彼女の姿は確認できなかったため、この記録は無効となる。
彼女はその10日後に亡くなるが、医師は「どう考えても死因は老衰だ。」と語ったという。


37 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 00:57:29 ID:t4KIN9P80
連投乙

38 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 02:29:05 ID:N60qhXduO
信じようと、信じまいと―

アメリカのとある州で竜巻が発生した。その竜巻は不思議な事に三時間にも渡って一ヶ所に留まり続け、突然消えてしまったのである。
そしてその竜巻を見た人は口を揃えて『竜巻の目に巨大な人がいる』と言っていた。

39 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 03:43:40 ID:XFJcFyIF0
信じようと、信じまいと―

宇宙で起こり得る可能性のある事象は、すべて「ある有限の空間」の中で生じるのだという。
その「ある有限の空間」は、現在人類が認知できる範囲よりも広いが、
「宇宙」と呼ばれている空間は、その「ある有限の空間」よりも圧倒的に広い。
つまり、この惑星を中心とした「ある有限の空間」のはるか彼方に、
今私たちが生きているそれと全く同じ世界が無数に存在しているのだ。

40 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 04:04:16 ID:FhfJRblj0
>>39
スレ違い

41 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 08:48:12 ID:E1VIQbfI0
>33,>36
オモロい
>34
現代との繋がりが希薄に思う。新井真三という名前がなにかのヒントなのか?
>35
それはロアではなくただのウソ。知識はないがアニメネタか?

42 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 10:55:06 ID:SoGyQqVd0
こういう奴、最高に冷める

43 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 13:09:18 ID:78C8mEUg0
信じようと、信じまいと―

”霊症”というのが有る、怠くなったり幻聴が聞こえたり、だがアレは実は、
人為的に起こす事が可能、正体は非可聴領域だ、コレを遮断する方法がある。
音を流さないスピーカーのそのボリュームを、最大にして流し続ければいい。
スピーカーは霊の嫌う嫌な周波数をそれで発し続ける。霊はそれで、貴方に近づけない。

信じようと、信じまいと―

44 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 13:14:47 ID:xMpJumKP0
せめて「霊障」くらいまともに変換してね、と。


45 : ◆UOgLRpFajs :2006/11/23(木) 20:22:16 ID:ItZ4WFnf0
信じようと、信じまいと―

かつてシルクロードの奥深くに、紙に書かれた文字だけを食べる虫が居たらしい。
経典に小さな蛭のような虫が集っていたので、払い落としてみると墨で書かれた筈の
文字が消えており、白紙に戻っていたのだという。玄奘三蔵という僧がこの虫を唐に
持ち帰ったというが、何の目的に使ったのかは伝えられていない。


46 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 22:01:03 ID:u84jMUL90
>>45
良作だ

47 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 22:04:47 ID:OJFHtR8k0
>>44
そもそも>>43の内容てロアじゃないよな

48 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 22:10:45 ID:TGgOOm9f0
信じようと、信じまいと―

その街は世界的に有名でありながら
そこに住む誰もが、いつも街の名前をど忘れしてしまうという。
そのため、一番目立つ場所に街の名前が記してある。
HOLLYWOOD と。

49 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 22:41:50 ID:iQhaxmof0
信じようと、信じまいと―

16世紀、フランスのある画家が未完成の絵を残してこの世を去った。
その絵には火炙りの様子描かれてあり、その右端にはその画家の自画像と思えるものがあった。
火炙りにされる人物の顔はまだ描かれていなかったが、画家の自画像と思われる人物は笑っていたという。
その画家の妻は夫が死んだ後精神病にかかり、魔女として火炙りにされた。

50 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 00:15:27 ID:Rt6LxXQP0
信じようと、信じまいと―

樹海のどこかに「青木菟」と呼ばれる小さな湖がある。
その湖の水面を覗き込むと、自分の未来が見えるという。
仮に幸福な未来が待ちかまえていたとして、帰れるかはどうかはわからない。

51 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 10:38:31 ID:e5uidYfC0
>>49
「夫が死んだ後」が「画家が死んだ後」だったらすっきりした希ガス

>>50
水面を覗きこむだけ、っていう最初の二行と三行目がいまいち繋がらん

52 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 16:07:36 ID:Rt6LxXQP0
いちいち指摘野郎萎える。
49も50も文書的に問題ないように思えるんだけど。
自分の読解力の無さを他人のせいにしてる暇あるんだったら貴様もロア書け。

それか二度と来るな。もしくは死ね

53 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 16:25:17 ID:65Pcp4fG0
求めるものが多すぎる人がいるからね。
プロじゃないんだから。

ポエム厨は断罪されてしかるべきだがw

54 : ◆UOgLRpFajs :2006/11/24(金) 20:00:47 ID:T4hANzpB0
信じようと、信じまいと―

2006年、韓国のスーパーでペットボトル入り飲料を買った客からパニックめいた苦情が寄せられた。
色付きの中身を飲み進むうちに、切り取られたペニスが現れたからだ。
警察が調査した結果、ペニス状の物体は動物の組織ではなく、粘菌の一種だと判明した。
どうしてボトル内部に菌類が入り込んだのかは不明のままである。


55 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 20:30:39 ID:+ou2KU5U0
信じようと、信じまいと―

1989年、ケンブリッジで赤ん坊殺しの容疑の男が逮捕された。
死体を発見したのは男の友人で、男の部屋にあるテレビの電源を点けた所、
どのチャンネルを写しても映像の他に小さな手が写っていたという。
不審に思い中を覗くと、そこには機材の代わりに死体が詰め込まれていたそうだ。

56 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 20:30:59 ID:t1iPjFOCO
信じようと、信じまいと−

眠い

57 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 20:33:02 ID:ihlrd3OW0
指摘厨うぜえってやつもレスすんな。荒らしに反応するのも荒らし。

58 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 20:43:01 ID:gJhNMXCA0
>>57
気持ちは分かるが、まぁ落ち着け

59 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 23:06:38 ID:Rt6LxXQP0
>>57
ゴメン。
ただ内容がつまらないとかだったら、率直な意見だと素直に受け止められるけど、
それほど重要でもない文法ミスをチクチク言ってくるからちょっとイラ立ってしまったんだ。

60 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 23:30:41 ID:Rt6LxXQP0
信じようと、信じまいと―

ドイツの心理学者ハーマンは、絵の構図や色遣いによって観る者を深い暗示状態に陥れるという手法を発見した。
彼の代表作である「扉」は本物の扉に特定の色彩で特定の絵を描くことによって、暗示により扉を開けられなくなる。
ベルリンの芸術展に展示され、現に訪れた誰もが錠もされていない扉を開けることができなかったという。ハーマンは他にも多数の効果を示す作品を
作ったが公表以前のある日、彼の長男が突然発狂したように一家を猟銃で惨殺。自らも作品の残る自宅と共に焼身自殺をしたという。

61 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 09:43:04 ID:pzAs/6FqO
信じようと、信じまいと─

ある小さな島に住む原住民達には不思議な特徴がある。
彼等は年老いることを異常に恐れ、中年になると自殺をするためにある洞窟に入るのだ。
しかし、村の誰もがその洞窟がどこにあるのかを知らない。
それでも自殺する者達は皆、何かに導かれるように村を出ていってしまう。

62 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 09:43:45 ID:pzAs/6FqO
信じようと、信じまいと─

日本のある踏切では飛び込み自殺が絶えない。
飛び込む人たちは、何かから逃げるように飛び込むのだそうだ。
その踏切を取材した者達がいたが、カメラマンはテープと共に失踪した。
カメラマンは何を見て、何から逃げたのだろうか。

63 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 09:44:28 ID:pzAs/6FqO
信じようと、信じまいと─

言語には民族や文化によって様々な特徴が存在する。
ある民族は過去形の無い言語を操る。
過去の概念そのものがないので、遠い先祖のこともまるでその場にいるように話している。
彼等は過去が見えているのだろうか。それとも過去に生きていた者が見えているのだろうか。


信じようと、信じまいと─

64 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 10:21:28 ID:Oq29F7UQO
信じようと信じまいと──


ベビースターのキャラクターの
『ベイちゃん』は今10歳。お父さんは作家で、お母さんはデザイナー。
ベイちゃんが着ている服はお母さんのお手製。

65 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 11:52:40 ID:ezP5UhuP0
信じようと、信じまいと─

コズミックホラーの草分けH・P・ラヴクラフト。
彼は46歳の若さで肺癌で亡くなったが、検死解剖の結果、
彼の肺が魚の浮き袋のようにのっぺりとした状態になっていたことは知られていない。
彼の小説には「深き物共」と呼ばれる人間が変じる半漁の怪物が登場するのは有名な話だ。

信じようと信じまいと──

66 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 16:05:26 ID:PzzMARl0O
ネクロノミコンか…そういやラブクラフトにはいくつかそう言った話があるらしいね。

67 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 23:38:48 ID:8eA6+/hcO
信じようと、信じまいと―


自殺の連鎖についてある動物学者は言う。『鼠は群の中の個体が増えすぎると身分の低いものから水の中へ飛び込み、間引きをするんだ、怖い事に意志ではない。そうなるようにできているのさ。人間も間引きが始まったのだよ。』

68 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 00:49:28 ID:pMHELKz60
poem uze

69 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 03:12:32 ID:O9uj+I9b0
書き方ちょっと変えれば立派なロアになるのに・・・・

70 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 03:37:36 ID:O9uj+I9b0
N県の境付近に底なし沼があると噂になっていた。沼の付近では過去に何例か誤って沼に転落したものの、
体が上がってこないという怪事件もあったため、県の地質調査団が沼を測量したのだが、沼に底はあり、
水深は4mほどと、ごく普通の沼であった。しかし水底の地質に奇妙な弾力があるため、後日再調査となったのだが、
明くる日に沼の泥水が全て干上がっておりその跡地は測量よりも2mほど深い、約6mに達する巨大な窪地になっていたという。

71 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 04:14:12 ID:bWxwXBYeO
最後の一文も、信じようと信じまいとで絞めてくれたらウレシス

72 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 04:34:18 ID:CafvNOf50
信じようと、信じまいと―

1938年春。ヒトラーの信頼する占星術師が、「デンマーク人が貴方の友人を苦しめる」と予言した。
2年後の4月、ドイツ第三帝国はデンマークに侵攻、同国は即日降伏し、ヒトラーを安堵させた。
それから5年後の夏。極東・ヒロシマの地に、一発の新型爆弾が投下された。
その爆弾はある原子物理学者の理論に基づいて設計されたもので、その科学者の国籍は……

73 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 04:46:54 ID:CafvNOf50
信じようと、信じまいと―

1937年、中国・杭州で、中共八路軍の潘晋宇という兵士が勲章を授けられた。
理由は「6羽の鶏を用いて日本侵略軍の尖兵2名を殺傷せしめた革命的偉業」云々というのだが、
その叙勲を受けた潘某も、勲章を授けた上官(姓名不詳)も、何一つ資料を残さぬまま
亡くなっている為、今日もなお「鶏6羽をどう使ったのか」、全く謎のままである。

74 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 04:59:45 ID:CafvNOf50
信じようと、信じまいと―

日本の1年間あたりの行方不明者の総数は、9万人から10万人に及び、生死すら定かでない者も多い。
だが、たとえ家出人捜索願が出され、当局がその人物の死を確認していたとしても、行方不明扱いのままとされ、
家族にもその死が知らされていないケースが、少なくともここ5年間で3人いるという話である。
ちなみにこれは独り言だが、東京都千代田区千代田1番の某所に、ここ5年で3件の自殺事件があったとか無かったとか。

75 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 05:03:54 ID:CafvNOf50
信じようと、信じまいと―

1942年9月から翌年8月まで、米国のとある小学生向け雑誌に、戦争小説が連載された。
「チビ」と「デブ」というあだ名の4年生の男子2人が、知恵をめぐらせて悪のJAPと戦い、
最終回では広島の軍港(呉軍港)を爆撃し、真珠湾の仕返しをする、という内容のものだった。
その広島を爆撃する小説のタイトルだが──「リトルボーイ&ファットマン」といった。

76 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 05:06:54 ID:pMHELKz60
>ちなみにこれは独り言だが

これ要らなくね?

77 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 05:15:37 ID:CafvNOf50
信じようと、信じまいと―

1964年、英国に産まれたある四つ児がビートルズにちなみ、ジョン、ポール、ジョージ、リンゴと名づけられた。
だが1980年にジョン・レノンが射殺されると、時を同じくして四つ児のジョンも強盗に撃たれて亡くなってしまう。
さらに2001年、ジョージ・ハリスンが癌で亡くなると、四つ児のジョージも同年に肺炎で亡くなってしまった。
現在、四つ児のポールは服役中だ。理由は、レストランで「ポール・マッカートニー死亡説」を語っていた客を殴り殺したためである。

78 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 09:06:39 ID:9DhYTRIg0
>>67
これでどうかな。大意を変えずに直してみる。

動物が自殺するメカニズムについてある動物学者は言った。
「鼠は増えすぎると、体の弱いものから順に水の中へ飛び込み間引きをするのだ。
恐ろしい事にそれは自らの意志ではない。自然の意思としてそのように仕組まれているのである」
「ところで、昨今の自殺人数の増加も、私はこのメカニズムが働いているのではないかと考える・・・・・・人間にも間引きが始まったのだよ。」

>>73,>>77
この二つ好きだな

>>75
落とされた日は三年後だね・・・

79 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 13:02:19 ID:xeGG7M+80
>>73の真相が激しく気になる。 鶏に毒を仕込んだのかトリインフルエンザでもくっつけといたのか鶏に爆弾を仕掛けたのか・・・鶏を餌に罠にかけたのか・・

80 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 13:27:53 ID:pMHELKz60
>>78
なんつか、その動物学者が自分に酔ってるような発言をしてるせいで(ポエム厨が自分に酔ってるってことだが)、
どう引っくり返したところで締りのない独り芝居を抜け出せない気がする。

81 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 18:12:48 ID:siBgwoEC0
信じようと、信じまいと―

\(^o^)/ネズミオワルー
\(^o^)/マビキハジマタ

82 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 18:16:49 ID:hChG1uom0
>>81
マジレス禁止w

83 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 21:54:31 ID:b63jXC1M0
信じようと、信じまいと―

1997年4月、閑静な住宅街で、中学進学を控える男の子が何者かに殺されるという事件が起こった。
死因は延髄の著しい損傷に起因する生態活動の停止で、傷は顎下から真直ぐに延髄・中脳を貫いていた。
傷の最深部で黒鉛が検出されたため、警察は一度『長めの鉛筆で自殺を図ったもの』と結論付けたが、
凶器が見つからず、何者かに抜き取られた可能性があるとして、殺人事件としての捜査に切り替えたという。

84 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 22:34:04 ID:pMHELKz60
で、っていう

85 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 23:09:03 ID:M8E98kFf0
信じようと、信じまいと――

1954年8月24日、東京八王子市で身元不明の男が飛び降り自殺をした。
唯一の手がかりは懐に入れていた奇妙な機械だけであり、捜査は早々に打ち切られた。
そして2006年4月31日、古い資料を処分していた警察署員は驚くべき物を目にした。
資料に残っていた奇妙な機械の写真に写っているのは、どう見てもこの前発売された新機種の携帯電話だったのである。

信じようと、信じまいと――

86 :本当にあった怖い名無し:2006/11/27(月) 03:41:28 ID:Zrf+Qqj2O
>>85これは好きだ

87 : ◆UOgLRpFajs :2006/11/27(月) 04:46:53 ID:+hMR41xN0
信じようと、信じまいと―

1960年代、まだアメリカが統治していたマーシャル諸島で、新種の白アリが発見された。
調査の結果、驚くべき事実が報告される。この白アリは非常に知能が高く、自分たちで道具を
製作し使いこなしていたというのだ。その後すぐに白アリの棲んでいた島は米軍に焼き払われ、
徹底的に駆除されてしまったという。理由は明らかにされていない。


88 :本当にあった怖い名無し:2006/11/27(月) 12:09:52 ID:X5mR6+Em0
>>87
乙。マーシャル諸島ってたしかアメさんが核実験をおこなっていたところだったかな。
シロアリ版ゴジラでも誕生していたのかもw

89 :本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 03:29:02 ID:NpV8KFdcO
ハンターハンター

90 :本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 19:54:13 ID:3vuWpaGZ0
信じようと、信じまいと―

1982年当時、”原無戦記”と言う漫画が週間漫画誌に載っていた事が記録には有るが、
不思議とその単行本も原本も残っていない。見た記憶の有る人に寄るとそれは何か、
無のない世界について様々な考察を巡らせていた作品だったと言うが、酷い内容で、
1Pたりとも読むに耐えない物だったと言う。原作者はその後殺人罪で投獄されて、
獄中で死亡したと言う。描いた漫画家は今も存命。なのに、記録だけが消えている。

91 :本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 21:32:54 ID:eMdiB+oA0
信じようと、信じまいと―

戦時下の日本は食糧難にあえぎ、頼みの綱の配給もまともに機能していなかった。
そんな中でも刑務所だけは暴動防止のため、シャバより余程食糧事情がよかったという。
それに目をつけたとある与太者が、収監を望んで騒ぎを起こし、念願かなって刑務所に送られた。
送られた先は豊原刑務所、時に昭和20年8月8日。彼のその後は、もちろん誰も知らない。

92 :本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 02:41:50 ID:Acu2hjlsO
信じようと、信じまいと―

海底探査隊はロボットカメラを使って海底の調査をするのだが日本の探査隊が大西洋を調査した際、不可解なものがカメラに移っていた。
真っ白で滑らかな肌を持つ二足歩行の何かが海底を歩いていたのだ。
現地住民曰わくその生物は「ニンゲン」と呼ばれていてよく街にくりだしては食物を漁っているのだそうだ。

93 :本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 12:15:50 ID:qQC6lm2R0
信じようと、信じまいと―

”神”というのは人間が作った物だが、それは彫像の様な物で、自身で変更は出来ない。
変更、”考えを変える”為には制作者の同意と認識が必要だが、人は生まれ変わるので、
自分が作った事さえ忘れてしまう。変更されないまま、”神”は人々を導き続ける訳だが、
人が作った物に間違いがない事は有り得ないので。神は常に、制作者へと呼び掛けている。

94 :本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 12:17:01 ID:0Exdk6huO
幽霊が

95 :本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 13:13:53 ID:0DVkkg770
信じようと、信じまいと―

”神”の生まれ方とは、人がそれを創造し、人々に広め、人々がそれに対し、
「良い」と認めた段階でそれは”神”として発現する。支持者の多さが神の、
その力の大きさ。魂のみの存在、偶然と言う名の運命をそれが左右し始める。
君子危うきに近寄らず。この強力な”神”はしかし、見殺しを肯定してしまう。

96 :ポエム厨の恐怖:2006/11/30(木) 13:28:26 ID:0DVkkg770
信じようと、信じまいと―

神様に神様は居るか?というと、居る。その上位、神を作ったモノ、何か?というと、
それを「良い(或いは正しい)」と認めた人々。”神”は故に、大衆には逆らえない。
彼らに拒絶されたら命に関わる。だが「大衆を構成する人々」は、自身が認めたその、
神に逆らう事は出来ない。発現する理想と矛盾の狭間、直せるのは、作った人だけだ。

97 :本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 16:40:40 ID:DYBv2kDXO
信じようと、信じまいとー

























オラ 悟空

98 :本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 17:00:15 ID:s63E9rxq0
なんだポエム厨か。

99 :本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 17:05:13 ID:4vGx3rdTO
神を語るには宗教の勉強してからにしてほしいな。

100 :本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 19:38:55 ID:V5Kn7jlI0
信じようよ、信じようよー

”神”はこの世に存在し、それを崇める宗教もある
その宗教の名は、創価学会

291 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)