2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その66

1 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 19:36:45 ID:VJRRofht0
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を
 書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」を
 NGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
   次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
   950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ 後味の悪い話 その65
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1172561642/
過去ログはこちらからどうぞ
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?D=occult&q=

2 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 19:37:17 ID:VJRRofht0
ネタの書き込みの悪い例

644 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/04(月) 00:30:22 ID:zO++YlwT0
>>639
普段のゲーマーっぽくまとめてみた。

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz

3 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 19:37:49 ID:VJRRofht0
ネタの書き込みの良い例

638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/03(日) 23:17:30 ID:jOuzepYG0
既出かな。

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。

呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。

4 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 20:57:13 ID:Y1ubXKP0O
また>>1のせいでクソスレになったようだな

5 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 22:15:02 ID:RpXXDFb50
>>1、乙!

6 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 00:51:38 ID:pRXuh7oU0
>>1
乙です

7 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 01:21:09 ID:DAPWQQ12O
>>1
乙!
>>4
何が気に入らないの?

8 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 05:21:53 ID:0z8DsvufO
>>1乙です。
>>7、スルーでいきましょう

9 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 15:00:45 ID:4Os9zWvRO
フヒヒ

10 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 15:19:55 ID:mPHkgJAc0
動画でいいなら。
野島伸司の初期作品らしい。
穴だらけの脚本で突っ込みどころ満載だけど
http://www.youtube.com/watch?v=JE0d1kTWirE
http://www.youtube.com/watch?v=KkK9cpvPNXE

11 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 16:18:49 ID:d1nRwMB50
既出だったらごめん。
むかーーし読んだ、楠桂の短編マンガ。タイトル失念。

とある中学校の休み時間。Aという生徒が友人Bに、「時間を自由に行き来できる
力を手に入れた」と打ち明ける。
友人Bは半信半疑という感じだが、Aはあの時代に行ってきた、など楽しそうに語る。
肉体ごとワープするのではなく、精神がタイプスリップ状態になるらしい。
そして、次は1999年のノストラダムスの大予言に何が起こるか見に行こうと思う、とも語る。
(マンガが描かれたのは、1999年よりも前)
休み時間が終わり、次の授業が始まる。教師に問題を解くよう指されるA。
だがAは無反応。Bは「もしやあいつ、本当に1999年にワープしてるのか?」と思い始める。
すると、突然Aが叫び始め、次第に身体が燃えだし、ついには息絶える。
そして最後はBの「何を見たんだ!?1999年に一体何が起こると言うんだ!?」
というセリフで終わり。

初めて読んだとき小学生で、ビビリだったので夜のトイレがとても怖かった思い出があるお話。


12 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 16:30:21 ID:CgWqOw860
>>11
いきなり「時間を自由に行き来できる力を手に入れた」にワラタ

もっと纏めれば、四コマ漫画にできる作品だよなww

13 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 16:30:53 ID:gBtV8hxb0
>>11
すまぬが、どこが後味悪いのか教えてくれ。

14 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 16:33:16 ID:d1nRwMB50
11です。
小学生の自分にとっては、後味が悪かったのです。
たいした話じゃなくてすんませんです・・・。

15 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 16:33:41 ID:1k1ID+MhO
>>11
おおーっ覚えてるよ
たしか「将来は結婚して白い犬を飼うんだ♪」とか言ってる同級生の女の子とかいたよね
ラストが恐くてしばらく本気で1999年にみんな死ぬんだとか思っていたよ
たぶん「奇跡の人」か「たとえばこんな幽霊奇談」収録だと思う

16 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 16:33:44 ID:GyergEapO
それ、自分もしばらくガクブルしてた。
1999年、地球は―――

って終わるんだよね。

17 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 16:56:37 ID:BW2nYgP50
>>14
こわいのと、後味がわるいのは違うんですよ?

18 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 17:51:53 ID:mPHkgJAc0
スレを盛り上げる気もなく、人の揚げ足とって文句しか言えないのか君は。

19 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 18:07:43 ID:gBtV8hxb0
>>18
スレの主旨を説明してるのに叩くとは後味が悪いですね。

20 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 18:37:04 ID:RA7eucKy0
また変なのがわいた

21 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 18:41:49 ID:5sSf+r8x0
前スレの「金田一が真犯人だから追い詰めて逆上させる」に
似たエロゲって何?
いまだに気になってる。

22 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 18:59:42 ID:6AcqtOVNO
ずっと前だけど、オリラジの番組にビックリマン(だったと思う)のシールを集めてる人が出てきた回があった。

オリラジの二人はこんなの集めてんのwwみたいなこと言ってたけど、一万円の価値があるシールを
ヒゲが「え、だってシールは貼るものでしょwww」ってシールを集めてる人の服に貼った。
メガネも「ちょっと、何してんのww」とか言いながら止めない。
貼られた人は「もう一枚あるから大丈夫です…」と言ってたけど顔引き攣ってた。

やれって言われてシール貼ったのかもしれないけど、それ以来オリラジ見ても笑えなくなった。

23 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 19:03:36 ID:mPHkgJAc0
思った通りに後味が悪いレスが返ってきたww
>>11面白かったよ。俺は後味悪い話だと思うから他にも何かあったら
変なの気にせず書き込んでくれ。
なんか自演臭い感じになってしまった…

24 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 20:16:06 ID:zM9NcjR/O
駅で小学生が本読みながら歩いてたんだ。
その時、小学生のポケットから札が落ちた。多分色からして五千円くらい。
気付かず歩いていく小学生。
そしたらすぐ後ろを歩いてた若いおねーちゃんが、
すばやく拾って自分のポケットに捩込み、
小学生を足速に追い抜いていってしまった。
あっという間の出来事で、自分はどうしようもなかった。
今だにあの小学生が気にかかる。
自分も似たような経験あったから、余計に。

25 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 20:48:04 ID:eFy9j3p2O
>>22
19万円くらいじゃなかった?

26 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 20:48:22 ID:llSbP4Lu0
>>11は「ノストラダムスはつぶやいた」だな

27 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 20:51:28 ID:eFy9j3p2O
>>22
検索したら出てきた
一番高いカードが18万円で、二番目に高いカードが12万円だった
で、貼ったのは二番目に高いカード

28 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 20:58:23 ID:x+vQUNVe0
>>22
それやらせだったらしいよ。
ゲストも納得済みのハプニング演出だって。
ちょっとホッとしたけど、何も知らない視聴者は気分悪いだけだよな。

29 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 21:00:17 ID:D2+IPV+QO
>>24
酷いな…。
貰ったばかりのお小遣いだったのかも知れない、
何かの為に必要なお金だったのかも知れない。
五千円って、そんな子供から奪い取ってまで欲しい額なんかねぇ…。

30 :961:2007/03/19(月) 21:04:14 ID:pTxt9mm70
前スレの942へ。(『ATTACK OF KILLER 段ボール』 矢口順一の件・追記)

残念ながら、今では絶版だそうだ。
ケイブンシャの【ケイブンシャの大百科・別冊『呪いの学校霊』】に
収録されてたもの。(1995年9月8日)
自分も興味あったんで、調べてみた。
お節介でスマソ
無いとなると余計読みたくなる・・・



31 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 21:10:05 ID:ZKa2QKWZO
>>28
えっ、シナリオ通りだったのか。
ホッとしたような…後味の悪さが増したような。

32 :夢喰見聞1:2007/03/19(月) 21:12:36 ID:3bamXLvr0
夢喰見聞ってタイトルで結構マイナーだが悪夢をベースにした
大体の話が後味悪い漫画。その中から二話。
既出だったらスマソ。

人間の姿をし、悪夢を食べて生きている「漠」が主役。
彼は女主人が経営する喫茶店に住み着き、毎夜悪夢の解決を彼に求める人が訪れ
る。
漠は人の悪夢の中に夢主と共に入ることができる。
そうして夢主の悪夢をとりあえず解決し、お礼にその悪夢を食べさせて貰う、
という話し。

その晩も漠を求めて人が来た。その人は爵位を持つ華族のご令嬢らしい。
だが彼女の家は現在財政難であり、父が満州で行っている鉱山探索も成果が挙が
らないという。
そこで、彼女の家の物は彼女を金持ちの息子と策略結婚をさせようとしている。
しかし、彼女には愛し合っている恋人がいた。その恋人は、身分が低いため、彼女の家は彼等を
引き離そうとする。
そうされてはたまらない、と彼等は駆け落ちを決行するのだが、途中で彼女の家
の者に捕まってしまう。
そして彼女は屋敷に連れもどされ、彼とは引き離されてしまった。


33 :夢喰見聞2:2007/03/19(月) 21:13:33 ID:3bamXLvr0
すまん。。。さげわすれた。。。

そんな彼女が見る悪夢とは、その駆け落ちの日に彼が来ない、という夢。

まあそのあと主役が色々とし、彼とは夢の中で会うことができた。
彼女が彼を抱き締め、今まで有り難う。と彼女がお礼を言うと彼は消えて行く。
現実世界の彼が、死んだからだ。
彼は駆け落ちに失敗したあと彼女の家の者に暴行され、結果死んだ。

夢から覚めた彼女は、
「彼と最後のお別れができてよかった。私はもう平気。
私は家を救うために私は策略結婚に応じる」と、喫茶店の女主人に告げる。
女主人は心の中で、
―――彼女のお父様が鉱山探索に失敗しなければ二人は幸せに――……
と思い、いたたまれなくなる。彼女も顔を伏せる。

バンッという音とともに、喫茶店に彼女の家の者が入ってきた。
「お嬢様吉報です!
満州での鉱山探索が成功し「金」が出ました!!」
                            終


34 :夢喰見聞3:2007/03/19(月) 21:15:45 ID:3bamXLvr0
また違う晩の話し。
喫茶店に訪れた10歳程の男の子は、影が小声で話しをする悪夢を見る、と言った

主役はそれを聞き、夢の中で縄と包丁を使い、影を切っていく。
「そうなのかい」「仕方ないねえ」「でもそれがあの一家のためなら……」
そう言う影たちの会話を、男の子は聞いたことがある気がした。
ひとつづつ影を切っていくと、ひとつ変わった影を見つける。子供が数人の子供に追われ、いじめられているような影だ。
それを見、過去の自分の体験から追われている男の子は自分だと気付く。
男の子は主役に語り出す。
「ある時から僕の周りの人が僕を見る目が変わった。そしてしきりにヒソヒソと
夢の中と同じ会話をしはじめた。
そのある時というのは、両親によその家にもらってもらう、と言われた時からだ。
両親は、大きな屋敷でかわいがってもらえ。と泣きながら言った。僕は二人の僕
を思う気持ちが痛いほどわかり、二人の分までその家で幸せになろう。と心に決
めたのだ。
けど僕の友達はそんな僕を羨んで態度を変えた。
友達は僕を取り囲み、「絶対行かせない!行ったらどうなるか
わかってるのか!」と口々に言う。
僕は、そんな周囲の声に悩まされたからこんな悪夢を見たんだ!」
男の子は次々に影を切っていく。
自分の影だけを残し、泣きながら「両親の分まで幸せに生きる」と言い、夢から
覚める。


35 :夢喰見聞4:2007/03/19(月) 21:17:41 ID:3bamXLvr0
主役から一部始終を聞いた喫茶店の居候は、「友達なのに羨ましいからって急に態度を変えるなんて
俺には信じがたいよ」と言う。


一方男の子は、大きな屋敷へともらわれにいった。
予想以上に大きな屋敷に入り、「本当にこの家の子供になるのかぁ!」とドキドキしながら言う男の子。
それを聞いた屋敷の女使用人。
「はあ?なに言ってんだい。いいかい?お前は口減らしのために家から追い出されてここに「奉公」に来たんだよ」
「お前の部屋だ、早く支度を済ませなっ!」
そう言いながら、男の子を三畳ほどの部屋にぶち込む。
「今日からみっちり働いてもらうからね!!」
牢屋のような部屋で愕然とする男の子。
頭の中には友達に言われた言葉がよぎる。


――絶対行かせない!行ったらどうなるかわかってるのか!??
絶対ひどい目に――――……
                 
                        終

36 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 21:19:34 ID:3bamXLvr0
4レスも使ってしまって申し訳ない……
この漫画は後味悪い話しばかりだからこのスレの人は多分気に入る…と思う。

文章力がないもので写しが意味不明になってしまいすまん…orz

37 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 21:46:09 ID:6AcqtOVNO
>>25 >>27 >>28
ヒーうろ覚えすんません。
やらせと聞いてちょっとほっとしたけどやっぱ後味悪いわ…。
番組最後にドッキリでした、みたいなコメント欲しかったよ。

しかし19万て…。

38 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 22:02:22 ID:mPHkgJAc0
先週のミリオネアでの後味悪い話。
その日は素人借金返済スペシャルで数千万借金のある
居酒屋経営のおっさんが挑戦者。
家賃は一年以上滞納、妻(結構美人)の平均睡眠時間は三時間で
パートや新聞配りしてるらしい。親友の酒屋からも何百万か借金。
で比較的簡単な100万円のクイズに挑戦。
クイズの内容は地上派デジタルテレビは何年から始まるでしょう?
と言う問題。正解は2011年なのだがおっさんは解らないらしく
テレフォンを使う。テレフォンの相手(借金のある親友)は自信満々に
「絶対2011年間違いないwwww」
おっさん以外の誰もが100万ゲットを確信したはずだが
なぜかまだ悩んでるおっさん。ブツブツ「2009年だと思うんだよなぁ…」
とか言ってる。そしておもむろにおっさんが答えた。「自分を信じます。
Cの2009年。ファイナルアンサー!!」
当然の如くざんねええええええええええんwwwwwwwwwwwwwwww
会場にきてる妻もテレフォンの親友も客もみのも
こいつ頭おかしいんじゃないの?的な空気のまま次の挑戦者になってました。

39 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 22:16:12 ID:mPHkgJAc0
>>22この話知ってたんだけど。そのやらせだったらしいのらしいって部分気になる。
やらせだったって出元のソースは何処なのか気にならないか?
オリラジファンの奴らが悪者にしないように
テキトーにそーゆう話にしてるんじゃないの?とか思ってしまう。
サトエリの犬を何匹も飼い捨ててる。とかのうわさ話もなんか公然の事実っぽく
語られてるし。2ちゃんでその話のソースはどこなの?的な話が事実のように
言われてるのは後味悪い。
田丸巻きとか小山田敬吾みたいな事実な話も当然後味悪いけど。
 

40 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 22:24:10 ID:FzbAq6XS0
>>36
いやあ、正統派の後味の悪い話でいいねw

41 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 22:32:05 ID:nW3h+YfC0
>>32
子供の親ひでぇ。

42 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 22:34:57 ID:eFy9j3p2O
>>36
ハッピーエンドと思いきやどんでん返しがあるのが良いよな
お気に入りの漫画だ

43 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 22:40:49 ID:x+vQUNVe0
>>39
ソースは検索しててたどり着いた「ビックリマン・タイムズ」というサイトで検証していたのをざっと読んだ。

ただ、やらせの真偽はわからないとは自分も思った。
視聴者からの抗議を受けて、「やらせでした」と、TBSが発表したらしいんで
後から取り繕った感が物凄いするし。

44 :942:2007/03/19(月) 22:46:52 ID:eRnaVHUo0
>>961
返す返すもありがとう。
本当に読みたい。このまま一生読めないなんてイヤダナー
他にも「バルーン」とアイスクリームの話があった気が・・・。

本当に感謝だ。まさか知っている人がいるとは。とりあえず分かっただけでも
よしとする。あとは古本屋巡りだなw

45 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 22:56:42 ID:ubgttpMNO
>>39
田丸まきの話って何?

46 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 23:05:19 ID:Tv6bUxDA0
>>38
かなりワロタ
救いようが無いww

47 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 23:07:15 ID:mPHkgJAc0
>>45カラオケで友達と飲む時に飲み過ぎて倒れるのわかってるから
救急車を先に呼んどとくって話。
ソースはココリコミラクルタイプ

48 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 23:30:03 ID:3VTfTwLv0
>>22
そのシールはさ、オリラジにとっちゃただのシールかもしれないけど、
集めた人にとっては宝物なんだよね・・・

オリラジ見る気なくした。もう見ない。

49 :48:2007/03/19(月) 23:31:56 ID:3VTfTwLv0
えっ、ヤラセだったのか、早とちり恥ずかしいな俺。

でもそんな胸糞悪くなるヤラセする番組はやっぱりみない。

50 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 23:51:07 ID:CEZIIiMvO
まあ「後味が悪い」から「胸糞悪い」になっただけだ
そんな胸糞悪い番組を「視聴者が楽しんでいる」と勘違いして
流しているTV局が多いことも胸糞悪い

51 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 00:41:53 ID:Jg16gywH0
先日借りたAVの内容。
素人コギャルheave vol2ってタイトルで
コギャル四人のオムニバス。
その中の一人の話。
撮影当日、つかホテルに着いた直後に親戚から電話がきたらしく10分ぐらい
話し込んでるとこから始まる。
なんと彼女の母親が交通事故で亡くなったらしい。警察からも電話が来てるらしく
そのあと20分ぐらい会話。
なんとなく撮影を拒否りたいから嘘ついてるのかなーとか思ってたけど
どうやらマジ。監督に事情説明して父親は離婚して居ない
ばあちゃんと母親の姉さんとで暮らしているとのこと。
監督もさすがに心配して今日の所は帰りますか?とか言い出してる。
なのにその女、母親が死んでるのにその女、普通にノリノリで
心配しないでよーー全然大丈夫だから撮りましょーとか言ってる。
でエッチしてすでにひき気味の監督はすぐにその娘を帰しましたとさ。
普通に可愛い子が普通に病んでるの見ると異常に興奮する俺にはたまらない
内容でした。お勧めです。

52 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 00:45:38 ID:8RG+VOq90
田丸麻紀 (救急車を私物化)

ソース:ココリコミラクルタイプ正月SP

田丸「お酒呑むとねえ。結構ぽーんと行ってしまうのでー」
遠藤「分かりやすいのねえ。」
田丸「もう呑むときも、みんなお酒の強い弱いあるのにー、
   よっしゃーよっしゃーよっしゃーよっしゃーって始まって
   同じだけの量をみんな飲む」
遠藤「ほーーーーーーー」
田丸「月イチ救急車」
会場 えーーーーーーー
遠藤「なんですか?そりゃ」
田丸「カラオケ屋さんとかでー、もう分かってるんで
   電話して、あの救急車、端のあの・・角のトコに止めといて下さいって。」
遠藤「マジデ?」
田丸「みんな、きちんと運ばれるんですけど」
遠藤「それは全く記憶にないの?」
田丸「でもね記憶はなくならないんですよ」
遠藤「記憶あってやってんの?」
田丸「だからちゃんと私が救急車呼ぶんです」
遠藤「そうか・・・。」
田丸「端に止めといてって」
■問題発言の動画
http://image.blog.livedoor.jp/hardcace/imgs/2/7/279a79a2.wmv

53 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 00:45:56 ID:UMvP1XHD0
可愛いコギャルなんているのか?

54 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 00:51:21 ID:Jg16gywH0
>>53他の3人は典型的な金髪で育ちの悪そうな顔した普通のコギャルだった
けどそいつは黒髪でコギャルって感じでもなくて割と可愛かったよ。
いっちゃってる女好きだから顔は甘めにしてるけど。
他の3人よりは可愛い。

スペル間違いwww恥ずかしいw 素人コギャルhaven vol2です。
見て欲しいwwその子の回だけはドキュメントとしても秀逸だった。
前衛的な映画祭に出してもいいんじゃないかって思えるくらい

55 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 02:34:33 ID:UMvP1XHD0
Excite翻訳
 
素人コギャル heave → 素人コギャル 隆起
素人コギャル haven → 素人コギャル 港

56 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 06:22:29 ID:OVR1OUgz0
ミリオネアで後味が悪いっていったら、新庄がエンピツコロコロで1000万取った後に八百長が判明して
見直してみたら明らかにCばかりに止まるエンピツを見たときの後味悪さったらないよ。

57 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 08:02:29 ID:33iqHc7j0
heaven

58 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 08:14:55 ID:lBXmVBgI0
>>56
あれ八百長だったのか?

59 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 09:30:25 ID:hr9nAuw60
1989年に起きた。足立区綾瀬女子高生コンクリート事件
これ以上の犯罪日本では稀有なんだけど・・・
犯人も元気に暮らしてるには参った。。。

60 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 09:43:15 ID:EOirmCXKO
Havenで港って随分流行らない訳だなと思ったらエキサイトか…
非難所がスタンダードかなぁ

61 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 09:56:21 ID:UhMf7L8yO
>>59
元気にって知り合いなのかw犯罪美化したがるタイプみたいだけどその文面だと逆の意味に取れるぞ、俺にはそうは感じないな。

数年前にコンクリ犯と名乗って脅迫した事件あったろ?あれ見た時やっぱもう通常生活なんて無理で染みみたいにベットリ取れないんだろうね。
深夜にスナックなんてレベルの生活なんて全く羨ましくもないし、それが普通にみえる人もどうかしてるよ…

62 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 09:56:47 ID:k2s48Hi/O
>>38
オイラもかみさんと
あんな感じの経営してるから
借金できるんだよなって
話してた(´・ω・`)

63 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 10:22:12 ID:ZIpilNcY0
>>62
何言ってんだ?
お前には、かみさんなんかいないじゃないか!?

64 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 10:34:52 ID:uIlquWh70
神さん

つまり、>62は唯一絶対の宇宙神と交信できるんだよ!!

65 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 11:59:10 ID:jU2dcYX8O
それはすごいね

66 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 12:19:21 ID:6rtOt/9g0
おまえら
>>62が可哀想ジャマイカ

67 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 12:32:25 ID:xMhE4ofs0
>>59
栃木リンチ殺人事件も似た事件だけど、こっちも犯人(一部)が元気に暮らす+県警も
のん気に暮らすなんだよね。
http://park17.wakwak.com/~tochigi-rinchi/index.html

サックリ一撃で殺すのと、リンチを重ねながら最終的に殺すのが同じわけないと思う
けど、日本の判決では、被害者の味わった苦しみ、恐怖の過程があまり考慮されない
ように思う。
この犯人は未成年でも100回死刑にしていいと思う。すいません、ぐちって。


68 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 12:42:00 ID:JGtAsZ+i0 ?2BP(22)
>>24
中島みゆきのファイト!みたいだな。

69 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 13:16:23 ID:zBFzeSse0
♪ニート! 働く君の歌を 働かないやつらが笑うだろ

70 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 13:29:37 ID:tEU0XhzGO
>>67
最後の行、禿ど!

てか、過去に平気でそういう事した人間と普通の庶民が
どこかの街並みですれ違う可能性がある 、って事自体が恐ろしいし。

71 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 17:25:18 ID:4RKIUuQjO
反省してるならまだしも、
コンクリ犯みたいに罪悪感のカケラもないのが
いるから怖いし、腹立たしいんだよな
コンクリスレでもすげぇ呪われてるしな

72 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 17:33:45 ID:R7RBlJ8s0
いつだったか聞いた話。

あるところに「ゆうこ」という少女がいて、足が生まれつき悪いため歩くのが遅い。そのためか、よく同じクラスの子にからかわれたりしていた。
ある日、そんな少女を助けてくれる少年が現れる。転校してきたばかりの男の子だが、女の子がからかわれたりすると、すぐやってきて
女の子をかばったり、遠足等で女の子が遅れても、先生より先に気づいて女の子と一緒に歩いてあげるほどだった。

周りの男子児童は「お前、ゆうこの事が好きなんだろー」と冷やかすが、男の子は「ゆうこちゃんは足が悪いんだから、いちいち冷やかすなよ」
と大人の対応をする。
周りの男子も、その男の子が体格がよくてケンカが強くて、頭もいい事から、かなわないと思い少女をからかったりする子はいなくなっていった。
ある日、少女は足の手術をする事になる。この手術が成功すれば普通に歩けるようになる。
少年は、クラスでお見舞いに行こうと言うがクラスのみんなは、今までからかっていた事もあって、お見舞いに行きにくい。
そこで、男の子が「ゆうこちゃんを応援する会」を作り、クラス全員でお見舞いに行くことを提案し、みんなで病院にいく。
少女は大喜びで、病室ではからかっていた子たちとも仲直りをして、手術を迎える。
手術は何時間もかかったが、無事成功した。後は安静にしておけば数週間で退院できる事になった。

でも、その日の夜、少年が病室にやってきて「ゆうこちゃんは足が悪い方がいいよ。だって、僕が優しく映るから」
そういって、隠し持っていた金槌で思いっきり手術した足を叩く。

結果、ゆうこちゃんは一生歩けなくなってしまい、その時の恐怖で声も出なくなってしまい、引きこもってしまう。
足を悪くしたかっただけなのに会話まで出来なくなってしまい、男の子は首吊り自殺をする。

どーしよーもなく救いが無く後味悪い話

73 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 17:34:42 ID:DDXm6iS4O
>>71
反省してるかしてないかは分からないだろ

74 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 17:48:39 ID:OVR1OUgz0
>>72
それなんてミザリー?

75 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 18:44:13 ID:qPqCF03r0
>足を悪くしたかっただけなのに会話まで出来なくなってしまい、男の子は首吊り自殺をする。
ここがもう何とも言えない。
悪意のない電波って恐ろしい。

76 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 19:13:00 ID:4RKIUuQjO
>>73
そうだな、反省していようがしていまいが関係ない。
あの事件は確かにあったし、犯人達が鬼畜であることは
例え反省したところで変わりないからな

77 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 20:23:53 ID:Jg16gywH0
少年がなんで自殺したのかもうちょい説明が欲しい。
良心の呵責?

78 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 20:27:39 ID:MreRNkag0
洒落恐の「一途な思い」改変版だな
ttp://syarecowa.moo.jp/112/20.html

79 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 20:54:44 ID:6yhg2iWR0
何でも改変と言えばいいってもんじゃない。

80 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 22:20:19 ID:1WwFtRMJ0
>>28
いきなりの鎮火工作「〜らしいよ」とか言われても信じません。

81 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 22:21:16 ID:MreRNkag0
>80 >43

82 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 22:54:08 ID:MreRNkag0
前スレにあった、ミュージシャンがジョンレノン自宅に不法侵入した話と同じやつ

417 名前:無名草子さん 投稿日:2007/03/15(木) 23:48:27
品川荏原に池波さんの自宅はまだ残ってますか?

419 名前:無名草子さん メェル:sage 投稿日:2007/03/16(金) 23:17:56
417だけど調べたら残ってるそうなので今日行ってきました。
写真撮ってたら中から人が出てきたからびびったw

420 名前:無名草子さん 投稿日:2007/03/17(土) 14:07:38
>>419
どんだけファンなんだよ!

421 名前:無名草子さん 投稿日:2007/03/17(土) 19:56:48
>>419
他人の家を勝手に(資料館になってるわけでもないのに)撮ってんじゃねーよ

422 名前:無名草子さん メェル:sage 投稿日:2007/03/17(土) 20:26:52
>>419
行ったのか。良かったな
荏原二丁目の車も通れない路地のところな
奥さんと猫と一緒に暮らしてた…


83 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 01:22:53 ID:kdQt6HJJ0
必殺シリーズ2作目「必殺仕置人」第21話『生木を裂かれ生地獄』(1973年)

か弱き民の土地を取り上げる富商の備中屋は勘定奉行の平田と組み、佐渡の金の横流しを画策。
彼らに踏み躙られた民の恨みを晴らしに佐渡まで赴く仕置人の中村主水(藤田まこと)たち。
仕置場所は坑道の中。凝ったアングルで一人一人消してゆく仕置人たちの姿が描かれる。
備中屋は殺さず、水替え人夫の中に放り込むという処置がこの作らしいやり口。

念仏の鉄(山崎努)の台詞「安心しろ殺しやしねぇよ」というのは、
最後に残った備中屋をゴリッとやって気絶させる時に言う台詞。
そして備中屋は、鉄の言うとおり殺されないが、目覚めると・・・水替え人夫の風貌&刺青(罪人の印)
をさせられて、他の人夫たちと一緒に坑道の中で問答無用で働かされる事になる。
死ぬより辛い生き地獄がお待ちかねという訳。
死ぬまで流刑として佐渡金山の水替え人夫として朝から晩まで働かされるわけだから。

目覚めた備中屋が佐渡奉行の役人に、
「私は違う!私は江戸から来た備中屋だ!」といくら訴えても全く相手にされず、
残酷な、殆んど拷問と言ってもよい鉱山の中での強制重労働に従事させられていく、
その悲惨な姿と表情が余りにも真に迫っていてトラウマになりそう。
ラストで主水が備中屋にかける台詞も後味悪い。
http://www.youtube.com/watch?v=HXLdOZWHaJA

84 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 01:51:04 ID:gITBRrOD0
http://homepage1.nifty.com/gimagima/todoita1.htm
これ最後まで呼んでみそ

85 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 02:09:27 ID:NYkTnqdc0
本物の豚の血とかでやったらよかったのに

86 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 03:40:28 ID:kkEYfgnI0
>>84
どう呼べば良いのか思案に暮れたが、男らしく力いっぱいそのページを呼んでみた
親が血相変えて怒鳴り込んできた、報告終わり

87 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 05:21:18 ID:a12/FPE30
>>84
ページめくる音が怖くて2枚目で閉じた

88 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 06:08:36 ID:a+0YvD6H0
>>84
ちょうど最後のページめくったら、新聞がきてガサガサッって音がした。まじでびびッた

89 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 06:51:06 ID:9mQoh+vH0
どう見てもペイントソフトなので笑ってしまった。

90 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 07:00:05 ID:zKQ7IJZR0
>>89
禿堂w
ペイント血の手形とかないわーw

91 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 10:00:06 ID:N8q3vDWI0
世にも奇妙な物語でやってた話
新しい家に越してきた一家。新築なのでみんな大喜び。
特に母親はとてもこの家を気に入り、毎日掃除や手入れをし、
ほんの少しの汚れや傷みも見逃さないようにしていた。
だが段々母親の家への執着ぶりがエスカレートし、
息子や娘がちょっと床に傷をつけたくらいで大騒ぎするようになった。

そんなある日、母親が買い物から帰ると家中の壁や床が落書きだらけ。
涙目になって消していると、奥の部屋でクレヨンで落書きする娘の姿が。
鬼のような母親の顔と無邪気な娘の顔のアップの後、段ボール箱を
川に捨てる母親のシーン。

その後父親と息子が帰ってきて、娘がいないことに気付き、
とうとう雨も降ってきたので2人は探しに行こうと外へ出る。
すると「家が濡れちゃう!」と半狂乱で叫びながら
必死に屋根にビニールシートを張ろうとしている母親の姿。でEND

連ドラ時代の世にもは面白かったなー。


92 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 10:12:58 ID:oX1eZRi70
>>91
すごいよマサルさんの家を思い出してしまった

93 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 10:19:14 ID:LDeZAvyJ0
怖い系の話が一挙にコントになっちまったじゃねーかw

94 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 10:33:48 ID:zKQ7IJZR0
>>92
笑かすなw

95 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 10:45:13 ID:VGOn76JL0
>>84
長いわりにつまらないネ。後味悪いのコレ?
出来の悪さが後味悪いって事か

96 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 13:00:18 ID:TEDBUdK50
>>83の「必殺仕置人」シリーズの過激さはシリーズ屈指らしい。
>>83の話の他にも、廃人状態の悪人を女の死体と一緒に晒して心中に見せかけて辱しめるとか、
悪人たちの目に蝋を垂らして目を潰して(声帯も?)褌一枚の裸で群集に放り出すとか、もう無茶苦茶。
第1話で主水が「俺たちはワルの上を行くワルになる」と宣言したり、
最終話で念仏の鉄が「俺たちはどうせ極楽には行けない。会うのは地獄だ」と言ってるけど、
確かに悪人たちのはるか上を行く凶悪ぶりで、えげつない事この上ない。
必殺シリーズはあっさり殺して終わりだと思ってたから、最近You Tubeで見てびっくりした。
実際に当時、「陰湿&残虐すぎる」と抗議の電話が殺到したんだって。
そのせいか?後のシリーズは殺し方があっさり目になったらしい。

97 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 15:26:22 ID:gITBRrOD0
「ささいな恐怖」では、基本的に私が書いた話を載せています。
中には実話や、人から聞いた話が元になった物もありますが、人から投稿された話は載せていません。
理由……というほどでもないのですが、投稿体験談には、

「変なものを見ました。とっても怖かったです」

というような、幼稚園の作文並みの話も少なくないからです。
心霊現象や怪奇現象に対する知識がお粗末であることも、載せる気がしない理由のひとつでしょう。

正直なところ、心霊体験サイトに投稿されている話は、文章的にも怪奇談的にも、話にならないほどレベルが低い。
(いみじくも「話にならない」と表現しましたが、まさしく話になっていないのです)
単なるうわさ話を信じ込んでいるもの。
都市伝説を実話と思いこんでいるもの。


98 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 15:26:49 ID:gITBRrOD0
とはいえ、そういう怪奇体験談を読むのは決して嫌いではないし、ネット上で知り合いになった中にも、怪奇体験談を載せているサイトオーナーが何人かいます。
それはそれでサイトオーナーの考えなのだから、私が口出しすることではありません。

そんな心霊体験サイトの1つ、サイトタイトルはここには記しませんが、たまにメールをやりとりしたりして、比較的親しくしているサイトがあります。
他の心霊体験サイトと同様、自身が体験したことと、投稿された体験談を載せています。
開設間もない頃から閲覧していましたが、当初は上記にもあるような、他愛もない体験談ばかりが投稿されていました。

それが、いつからだったでしょうか、かなり「怖い」話が多くなってきました。


99 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 15:27:15 ID:gITBRrOD0
ぞっとするというか……冗談抜きで怖くなるというか……
要するに、「はずれ」の話がなくなってきたのです。
心霊体験サイトとして人気が出てきたのか、そのサイトはかなりのペースで更新し、更新のたびに新たな体験談が投稿され、しかもそのすべてが、とんでもなく怖い話なのでした。
私も、「ささいな恐怖」の参考になるかと思い、かなりの頻度で閲覧していました。

……ふと、私は最近の投稿体験談に、「ある傾向」があることに気づきました。


--------------------------------------------------------------------------------

ここでその「ある傾向」について語る前に、ちょっと横道にそれて。

「新耳袋」という本をご存知でしょうか。
怪談実話本として、けっこう有名なもので、現在シリーズ6巻まで刊行されています。
幽霊、妖怪、不可解な話などなど、さまざまな話が載っていますが、著者はあとがきの中で、こう註釈しています。


100 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 15:27:41 ID:gITBRrOD0
禁じ手”を設け封印している話が数多くある。
この約束事の“禁じ手”とは、呪い、祟り、因果のみで語られる内容の話を収録しないことである。

つまり「新耳袋」の著者は、上記のような話を「かなりヤバイ」と判断し、掲載していないのです。


--------------------------------------------------------------------------------

さて、そこで「ある傾向」ですが、まさに「新耳袋」で封印している話なのでした。
男女間のもつれから相手を呪って自殺した女性の話、
自宅を造成するために敷地内にあった社(やしろ)をつぶし、一家が全滅した話、
一族の中に、必ず「まともではない子供」が生まれる話、
(肉体的にか精神的にか、いずれにしても、さすがにここには書けない)

などなど。
読んでいて、「いくらなんでもこの話はヤバイだろう(いろんな意味で)」という話が増えてきて、ついには、更新されて追加されるのは、そういう「ヤバイ」話ばかりになってしまいました

101 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 15:28:35 ID:gITBRrOD0
http://homepage1.nifty.com/gimagima/sinrei.htm
続きはここ

102 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 15:38:30 ID:V6iFjzG+O
>>101
これが話にもならない体験談ってやつか…

103 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 15:56:56 ID:GKZrnFjT0
>>96
仕事に出向く前に主人と鉄たちが、いちばんのワルにどういう「仕置き」をするかを
毎回相談するシーンがあって、それがみんな妙に楽しそうなんだよねw
「梅毒もちの女でも抱かせるか」「いやぁ、まだまだそんなんじゃ…」
とかなんとか。
自分はさんざん何人もの人間を殺したり不幸のどん底に突き落とした連中が
一撃でアッサリ殺されるだけじゃ、依頼人たちの恨みを晴らしきれないと思うから
このシリーズのねちっこい「仕置き」は大好きだw
そのアイディアも毎回面白いしね。後味悪いとは思わない。すげースカッとするー。

104 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 16:00:49 ID:uFYnkefIO
流れで思い出したんだけど、前にチラッと読んだ読者体験投稿型の4コマ漫画。
ある日病院に行ったら子宮が二つあるというショッキングな事実を知り、急いで彼氏に報告。
すると『いや…おまえ穴も二つあるよ?』
『えぇーっ!?』

って話だったんだけど、これって本当なの??
そんな事ってあるの?

105 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 16:02:27 ID:VUJXCp0a0
>>101
行き先見てないけど、これだけレス使って宣伝したわけ? 2ちゃん、しかも
サイト持ちが常に喧嘩してるオカ板でで宣伝? 馬鹿か。

106 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 16:03:35 ID:cD37BvUw0
ヒットマンだったっけかな・・・現代版必殺シリーズみたいなやつ
稲川淳二がいつも悪党にお仕置きする事の実験台になってさ、首とか飛ばされたりすんの
別に死んでなくて、最後に包帯巻いて笑って出てくるんだが、包帯取れてまた首がごろんとか
EDのテンション高い有名曲と相まって、後味悪かった

107 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 16:10:30 ID:pD35tJFLO
>>104
童貞非処女の俺にはどうあがいてもわからん…
子宮が2つなら同時に二人孕むこともあるんだろうか…

まあどうでもいいやアッー!

108 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 16:20:15 ID:uFYnkefIO
>>107
その漫画のオチも『そんなの絶対変よね?どう思う?』っていう問いに彼氏が
『二ついっぺんに妊娠して生まれた兄弟は、腹違いってことになるのかな?』
『…。』

って感じだった。男の人って同じような事考えるんだねww

私は女だから、穴が二つあるって一体どういう事なのか…あそこが二つあるのか穴が二つなのか…
縦に二つあるのかな?横だったら大変だな…とか色々考えてしまったよ。


109 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 16:28:40 ID:1O66rrQy0
>>108
整理の時は大変だなww
人を呪わば穴二つってことか

110 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 16:34:31 ID:9mQoh+vH0
まぁ世の中には突然変異ってもんがあるから
100%ないとは言い切れないけど
片方はほとんど機能しないだろ。

111 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 16:43:03 ID:gvBr81WC0
双角子宮や重複子宮などの、割とポピュラーな子宮の奇形だと思うよ。
場合によっては不妊や異常妊娠の原因となるけれど、それ以外では特に問題ないし
日常生活で気が付かなくても不思議は無いな。

ネズミは双角子宮(Y字型)を持ち左右両方の子宮で妊娠する。
仮に10匹の子マウスが生まれたとして、10匹とも同腹子として扱われる。
左右どちらの子宮で育ったかはそういう実験でもしていない限り問題とはならない。
同じように仮に2個ある子宮で同時妊娠したとしても、腹違いにはならないよ。
そもそも、日本の今の法律では遺伝的に親でなくても「出産」をもって母親とみなすからね。

人体の仕組みについて無知なのはある程度は仕方ないにしてもデリカシーが無いというか
頭悪そうな質問をぶつけてくるその彼氏がなんか気持ち悪いな。

112 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 16:53:13 ID:gR4pUbHC0
>>104
ここで、彼氏が尻の穴からも子供が生まれる、と思っていたという新事実が

113 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 16:55:25 ID:uFYnkefIO
>>111
へぇ。詳しい話ありがとう。
じゃあ穴二つっていうのも、自分では気付かない感じなんだろうね
入れるとわかるんだね。

114 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 17:03:26 ID:lKJ3wxpG0
タバコやらの影響で最近は奇形が多いらしいしね。
大手の病院では6本指なんかがしょっちゅうあるらしいと聞く。
子供の頃は誰でも抱えていて、大人になると治るはずの些細な奇形が
大人になってもそのまま残る、とか、増えているんだってよ。

職場のおばちゃんの友達の娘の話、らしいからホントかどうかはわからんがw

115 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 17:18:40 ID:gvBr81WC0
>>112
もしそういう意味での「穴二つ」ならベタでナンセンスなオヤジギャグを敢えて飛ばすことで
奇形が判明して動揺している彼女を慰めようと頑張っているようにも解釈できるかな。
効果があるかどうかは別にして。

116 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 18:07:55 ID:7kiymJXD0
大分前だけど膣が二つある、ということをウリにしていたAV女優がいなかったっけ?

117 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 18:45:09 ID:Osu5hGtd0
乳首が4つあるっていうグラドルはだれだっけ?

118 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 18:48:09 ID:XwU6ga9s0
とても昔に読んだ同人漫画。

砂漠のような惑星で、12〜13歳くらいの少女と、彼女を保護するロボットが逃避行を続けている。
少女は軍の要人の娘らしく、敵の勢力圏を縫うようにして安全地域への脱出を図るつもりらしい。

ロボ(人間型で体長2M前後)のおかげで何とか今まで逃げおおせたが、とうとうどこかの回路の調子
が悪くなってしまう。
女の子もロボになるべく負担を掛けまいと頑張るのだが、とある敵の基地付近でロボがダウン。
ふたりで岩場の影に見を潜めつつ、索敵機能で敵基地を探るロボ。
結果、機械化された無人基地である事が判明する。
ロボ(名前失念。仮にアレスとする)に提案する女の子。

「アレス、ロボットの基地なら、きっと回路があるわ。私、あそこへ取りに行ってこようと思うの」
「キケンデス、オヤメクダサイ、オジョウサマ」

当然アレスは止めるが、少女は駆け出して行く。

「待ってて。きっと直してあげる!」

彼女には勝算が有った。
無人基地を巡回するロボットにはビーコンがセットされており、それによって相手を識別する。
どうにかしてそのビーコンを奪ってしまえば、安全に基地内を移動できる筈だ。

119 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 18:50:28 ID:XwU6ga9s0
地形を利用した罠を考え、かなりの運と偶然に助けられて、女の子はビーコンを入手。
結構な怪我を負いボロボロになりながらも、何とか目的の回路を手に入れた。

アレスが待っている。
岩場へと急ぐ女の子。
嬉しそうに回路を掲げながら
「アレス!ほら!!」
と、その時。
アレスの目(センサー)が反応した。
「識別コード、レッド!」
ただならぬ雰囲気に、思わず足を止める女の子。
「敵生物!!」
ガシャン、と胸部が割れて無骨な砲身が覗く。
「・・・あ、そうか。違うの、アレス。これは・・・」
女の子の服には、基地のロボットから奪ったビーコンが結び付けられていた。

バシュン!という音と共に吹っ飛ぶ手足。
芋虫のようになりながら、回路の方へ這う女の子。
それを後ろから、更なるアレスの砲が襲う・・・。
「標的、処理完了。通常モードへ移行」
砲身が収納され、元の無機質な表情へ戻るアレス。
穴だらけの残骸と化した女の子をアップに、その向こう側をアレスがぎこちなく歩き去ってゆく。

「オジョウサマ?」
「ドコニ イラッシャル ノ デスカ? オジョウサマ?」

で、END。



120 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 19:05:52 ID:uFYnkefIO
ゴメソ凄く後味いい話だったみたい
二つのヴァギナと二つの子宮をもつ女性
http://www.google.com/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fchiquita.blog17.fc2.com%2Fblog-entry-1837.html&hl=ja&mrestrict=xhtmlchtml&inlang=ja&client=ms-kddi-jp&q=%E8%86%A3%E4%BA%8C

121 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 19:08:55 ID:AiwixPJXO
>>116
AV列伝って漫画に載ってた。
名前忘れたけど。

かなりの性欲の持ち主で、
子宮が二つあることが原因
みたいに描かれてたけど、
本気かは分からん。

ちなみに、どちらにも処女膜は
あったらしいよ。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 20:49:21 ID:vGLJM3iW0
>>83

藤田まこと若いな

123 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 20:57:26 ID:icq7EpPWO
子宮奇形はよくあるよ。
私は双角子宮で、子宮の中が二つにわかれてて穴はひとつ。

妊娠して初めて自分がそうだと知った。
医者の話じゃよくあるみたい。
私は無事産めたけど、妊娠初期は赤がいる袋は妊娠中、片方は生理中…という事がありました。
自分でもびっくり!

124 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 21:01:32 ID:icq7EpPWO
↑追加

両脇に副乳もあるよ。
ミルクは4つのちくびから出ました

125 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 21:25:32 ID:Ag0cP+CC0
>>120
http://ponyori.mikomomo.com/asuka/homo/ousama/o-06.html

126 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 22:46:50 ID:Wue2ns/nO
>>118-119
典型的な後味の悪さで良いね!
今夜はモヤモヤして眠れなそうだw

127 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 23:04:33 ID:BL8xNjVNO
>>125
なんと奇遇な!ってwww

128 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 23:08:30 ID:Z5fVliwm0
>>125
>『な、なんと奇遇な!』

爆笑したwww

129 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 23:28:49 ID:LHRXDR8I0
ずっと昔に読んだ小説。

女主人公は、名門の出身ながら成金に嫁いだ女性。夫やその家族にいまいち
なじめないでいる。
ある日、亡母の年下の愛人だった彫刻家と再会する。亡母は夫の死後、次々と
男を作り愛欲のままに生きた女性だった。
主人公はその彫刻家と愛人関係になる。セックスの相性もぴったりで、
離れられなくなる二人。さすがに婚家にいづらくなり、彫刻家の元に転がり込む。
このまま二人で暮らそうね、と新生活がスタートした矢先、不幸な出来事が。
彫刻家が石の切り出し作業中に大怪我をしたのだ。病院に駆けつける主人公。
命は助かったとほっとする主人公に彫刻家が言う「不能になった」

主人公は夫からの復縁の申し出を断り、彫刻家と一生をともにする決意をする。
ラスト「私も母のようになるのだろうか」という主人公のつぶやきで終わる。

130 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 00:33:23 ID:qaKYap1L0
これマッパ先輩の人?w

131 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 00:36:10 ID:9XkvIoCoO
赤がいる袋は妊娠中、片方は生理中
赤がいる袋は妊娠中、片方は生理中
赤がいる袋は妊娠中、片方は生理中


132 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 00:42:09 ID:/PC6pcOq0
>命は助かったとほっとする主人公に彫刻家が言う「不能になった」
なぜか吹き出してしまったw

133 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 00:51:58 ID:SD7cMntB0
結婚するような歳の女が、結婚相手捨ててくっつく男だろ。
インポテになったから一生真っ暗ってアホか。なら歳食ってセックルできなくなったら別れるのか。

134 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 00:52:23 ID:36WPHXjiO
>>106
ハングマンじゃなかった?

135 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 02:06:44 ID:OO9ALkfx0
うちの市では時々人が行方不明になったと放送が入る。
正確には、家に帰ってない人がいるとわりと手軽に役所に
いって放送してもらえるってことだ。だいたい数時間後には、
「先ほど放送した○○さんは無事、発見されました」という放送が入る。
いつもおれは放送を聞き「やれやれ、またか。この寒いのに
行く先も告げずに出かけてるジジババ多いな」などと思ったりする。

ある日、いつものように放送が入り、翌日次のように放送された。

「昨日放送した○○さんは、発見されました」

2文字ないだけでこれほど後味が悪くなるものか。

136 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 02:10:11 ID:PxrEKkXg0
>>135
えーそれって((;゚Д゚)

137 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 02:27:22 ID:4LOY5zD+O
私的に後味悪かった話。
つまらないので、興味ない方スルーして下さい。

私は小さい時に父親と死別して母子二人で、貧乏ながらも幸せに生きてきた。

そんなある日、母といつも通り夕飯の支度をしている時に
私の父親と名乗る悪戯電話があった。
私は『ふざけんな!悪戯はいい加減にしろ!』とどなった。
電話で口論していると、母がドスのきいた声で
『おい。コラ!あたしにさっさと代わんなさい…』と…
ただならぬ雰囲気で電話口に立つ母を、私はしばらく見てた。
しばらくして母が電話を切ったので、おそるおそる母に聞いてみると
実は私の父は生きている。ただヤクザの偉い幹部で、若かった時の母は彼の愛人をしていた。その時出来た子供が私。
しかも父の名前を出せば、地元では結構名の知れたお方で
当時父は結婚していたが今は別れたとの事。
奥様との間には男の子しか出来なくて、ずっと唯一の女の子である私を忘れられなくて、どうしても会いたくなり電話してきたという…
母は公務員。ヤンキー口調っていうの?変な悪っぽい言葉使いするの聞いたの初めてだったからもうびっくり。
そんな事もあり、ショックを受けて親友に勇気を出して打ち明けた。彼女は平然と
『え…私ずいぶん前から知ってたよ?』と…。
田舎の話だからかもしれないけどね…大分ダメージ受けたよ。

138 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 02:29:56 ID:DF38+ZHN0
ソリャ・・・カワイソウダ・・・

139 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 02:43:13 ID:4LOY5zD+O
きっと、気使って誰も言わなかったんだよね…
実は私以外は皆普通に知ってたんだよね。悪い事したなって本当思ったよ…


140 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 02:48:42 ID:ABYcxP6fO
事実は小説より奇なりって話だね

141 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 03:24:25 ID:hZKkiI5F0
>>135
もう犯人なしではいられないほどに犯されていたんですね

142 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 06:45:11 ID:4L+v2P4ZO
>>141
なるほど。
そういう放送はだいたい認知症の人向けだと思ってた。

143 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 07:24:25 ID:P7JwUiGdO
「明王伝レイ」という漫画から
主人公・日輪レイは自分に明王を憑依させ悪霊と闘う高校生。

これはレイが幼稚園の頃の話。
幼稚園の先生が、腹痛を訴え倒れた。居合せたレイと父が病院へ連れて行くと肝臓移植が必要だという。
同時刻、病院に事故で運び込まれた男性。医師は助かる見込みは無いと判断し、見殺しにした。
男性の身体は解剖され、臓器の一部は闇ルートで売りさばかれる。
男性の肝臓は、先生に移植された。
しかし、先生は逆にやつれていく。
レイから真相を聞いた父は、男性の怨霊の仕業と判断し、御祓いを始めた。しかし御祓いを妨害する医師に怨霊の怒りは爆発し、化物となった内臓は先生の腹を破ってレイ達に襲いかかる。

144 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 07:32:46 ID:P7JwUiGdO
先生の説得で怨霊の怒りは鎮まるのだが、結果として先生は死亡、レイ達は悲しみに暮れる。
先生の亡骸を前に医師が一言
「こんな症例は今まで診た事がない。これを学会で発表すれば私は…」

この言葉に怨霊の怒りは再び爆発、医師を惨殺する。

先生の優しさと死を全て無駄にされたと感じたレイは覚醒し、明王となって怨霊を滅した。


俺の説明じゃ伝わりづらいけど、この作品結構後味悪いのが多いから、暇な時読んでみてください。

145 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 10:07:20 ID:gSqUMRdi0
作者はK福の科学の会員で、その漫画はK福の科学の教義に則って描かれている
と付け加えるとさらに後味悪いかも。

146 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 11:01:44 ID:cQejVf+6O
とりあえず、医師はもう少し空気読まないと。

147 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 11:33:39 ID:e/KW9ZFJ0
作者は忘れたが、以前読んだ漫画。

あるところにロボットがいた。
そのロボットはボタン一つで感情をコントロールすることができ、妻や娘もいた。
ある融資系の会社で働いており、成績も良かった。
そんなある日、上司から「A社への融資を取りやめろ」と言われる。
しかし、ロボットにとってA社は初めての客であり、またそこの社長夫婦と仲が良かったので反論した。
だが、上司はロボットの言葉に耳を貸さなかった。
その日から。ロボットはどんなに感情を明るくしようとボタンを押してもどこかモヤモヤするものが残った。
ロボットは医者にそのことを相談すると、医者は「じゃあ、いっそネガティブな感情を消してしまいましょう」と言った。
そして、その結果ロボットは怒りや悲しみ、不安や同情と言ったネガティブな心を全て失ってしまった。
ロボットは笑顔でA社への融資を打ち切り、変質者に犯された娘にも「気にするな。忘れろ」の一言で済ましてしまうポジティブなロボットになった。

148 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 11:43:22 ID:1nNkQJtk0
娘もロボットじゃないの?
だったら感情コントロールできるんじゃ。

149 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 11:51:35 ID:Uwv1bABN0
嫁は人間なんだろ
ほら、そんな映画があったじゃないか

150 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 14:03:21 ID:ohd6yxXoO
クリリン一家の逆バージョンみたいなもんか

151 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 14:05:57 ID:iGNSjSZl0
つーか、ロボットが人間の子供を作れるのか?

152 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 14:19:42 ID:+3WUHlb50
後味悪
http://jimaku.in/w/WA57ImfVqcE/c_DyErBnni_

153 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 14:41:53 ID:45RK+tCj0
>>152

なんか、ほのぼの絵柄に、歌詞がひどい。
最後まで見れませんでした。

154 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 15:45:18 ID:zBr5B/AF0
http://life2ch.blog83.fc2.com/blog-entry-322.html

155 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 16:03:41 ID:Q+3XDktj0
ほのぼので後味悪いと言えばこれだ。
ttp://www.youtube.com/watch?v=Qg8mZKbUzwE&eurl=

156 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:15:57 ID:4L+v2P4ZO
後味悪というかもやもやする。とにかく聞いてくれ。

電車に乗ってたんだが、おばあちゃんと孫の女の子が立っていて、別のおばあさんが座ってたんだ。
それで、座ってるおばあさんが次の駅で降りるからと女の子に席を譲った。
おばあちゃんはお礼を言って、女の子を座らせた。
女の子は疲れていたのか、座った瞬間寝てしまった。
おばあちゃんは降りるおばあさんに再度お礼を言った。

続く。

157 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:22:05 ID:4L+v2P4ZO
続き。

でも女の子がおばあさんにお礼は言わなかった。
おばあちゃんも言わせようとはしなかった。
これってどうなんだ? いくら疲れていても譲ってもらった本人が
お礼を言わないのは、いけないんじゃないかと気になった。
女の子は幼稚園年長くらいで、ありがとうって言えるくらいの年。
でももしかしたら風邪ひいてて声がでないとか、
元々話せない障害とかあるのかなとか思うと
ありなのかなぁとか思うと、もうもやもやして。

後味が悪い系じゃないけど、気になってどうしようもない。

158 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:27:55 ID:4/cr5C7E0
それくらいいいじゃねえか、うぜえなあ。

159 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:31:42 ID:kmHHrEyh0
その子がそうだとは限らないが、外見で判断できない障害を持っている人が
健康なくせに、といった余計な嫌がらせを受けるのが精神的に辛いと言う話があったな。
本当に気になるなら本人か保護者に「障害者ですか」「体調がわるいのですか」と
聞いてみてもいいんじゃないの。

そうです、と応えられた時適切な返しが出来るならね。

160 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:38:28 ID:iGNSjSZl0
くだらない事に反応してる>>156の存在が後味悪いwwwww

161 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:39:43 ID:u6by9pIvO
照れ屋さんなんだろ
私も小さい頃、感謝はしてるけどお礼を言えない時期があった

162 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:40:15 ID:S3xSrnN40
>>159
高度(重度ではない)脳障害の人達はパッと見では障害がわからないからそういうの多いみたいだね。
保険金もなかなか下りにくいみたいだ。

163 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:50:59 ID:8shkdB9q0
昔読んだマンガ
舞台は近未来の戦争

砂漠地帯でのミッション中、小隊から孤立してしまった一人の若い兵士と一体のロボット
小隊とはかなり離されてしまったらしく、先を急ぐ彼ら
食料も燃料もなくなり、このままではもはや行き倒れ

そんな時に、前方に敵国のシェルター(避難所)を発見する
食料があるかもしれない!と若い兵士は警戒しながらも近づいてみると、そこは自軍の兵によってすでに制圧された後だった
人気は全くなく、ロボットの燃料はなんとか確保できたものの食料は残されていなかった
シェルターの奥で人影を発見する兵士
若い女だった
自軍の兵士達に蹂躙され、食料も交通手段も失われ、もはや生きるすべを失った彼女は、なんとか若い兵士に食料のある街まで連れって言って欲しいと頼む
常に現実的な判断を下すロボットは反対する
女を連れて行けば必ず行き倒れになる ここで補給した燃料で砂漠を出るだけでも至難であると
兵士は女をシェルター奥に連れて行き、自らの性欲を満たす
そして…場面は切り替わり、冒頭のようにぼやきながら小隊との合流を目指す兵士とロボット
兵士とロボットの仲良く進む会話の中でロボットはこう言う
先ほどのお前の判断は実に合理的だった 次のエネルギー補給できそうな地点まで114.9kmだからなと
仲良く喧嘩しながら進む二人のコマの後…

シェルターの手前でバーベキューの痕跡があり、その傍らに女の服が落ちていてend




164 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:55:26 ID:iGNSjSZl0
人食いかよっ!!

165 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:56:21 ID:DKhIxoiV0
>>163
>>118と似た系統かなと思ったらウヴォア……
状況はほぼ同じでありながら、主人公が男か少女かでこうも変わるのか。
人間って後味悪いな。

166 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:58:16 ID:9XkvIoCoO
状況はほぼ同じ
状況はほぼ同じ
状況はほぼ同じ


167 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 18:09:40 ID:Q+3XDktj0
>>163
食うかな?食うかな?と思って見てたんで予想通りでホッとした。

168 :156:2007/03/22(木) 18:13:27 ID:4L+v2P4ZO
>>158>>160
本当にくだらないことでもやもやしたなと思う。
でも自分の立ってる目の前だったし、
しばらく隣のほうで別に疲れてしゃがんでる子たちがいたりしたから
余計気になって仕方なかったんだ。
他にも優先席に座ってる女子高生に
「若いんだから席を譲れ」って言ったら
足引きずって女子高生が立って歩いていったって
話聞いたばっかりだったりして。
(このスレ的にこっちの話のがよかったかも)

生活板池って言われる前に逝くよ(´・ω・`)

169 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 18:46:52 ID:hZKkiI5F0
>>157
気になってしょうがないってほどかどうかは別として、今の日本、そういう疑問を
持つのは大切だね。
最近は「自分が好き勝手やるのを阻害するやつは心がせまい。うざい」なんて
広い心の一方通行を求める人が増えたからね。この理論だと、自己批判ができる
人ばかりが我慢を強いられる。それで電車内はあのていたらく。

スレ違いすまん

170 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 18:52:33 ID:UIT2j3TA0
>>168
人を見た目で判断しちゃいけないってことだね
勉強になったよ

171 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 20:21:08 ID:pz/P4YlO0
173 :可愛い奥様:2007/03/22(木) 19:53:00 ID:kUKKuHJ40
宮部みゆきの短編小説

事故で行方不明になった兄が実は生きていて、
歯医者とかどうしてもな事がないと外界と接触しない
隠里みたいな村に連れて行かれていて、
既に嫁も取らされ子供もできて・・・って話。
妹が見つけて説得して帰る事になるんだが、
その前に村の連中に罠にかけられて、
兄と同じ様な場所で事故に遭い、
身動きできなくなっている所に村人の呟き。
「こいつも連れて行っちまおう、嫁がいない奴がいるし、
子供が2・3人も生まれてしまえば諦めるさ」

172 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 20:42:31 ID:F2Xsv8lM0
こえええ。
調べてみたら「とり残されて」収録の「おたすけぶち」ってやつかな。
タイトルもこえええ。

173 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 20:51:34 ID:UsgfetUy0
>>104
http://blog16.fc2.com/a/amatanoyo/file/viploader276007.jpg

174 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 20:57:33 ID:UsgfetUy0
ガイシュツでしたね すみません

175 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 22:54:01 ID:LN1pN4xYO
>>154
うわぁ後味悪いつーか、こわっ!こんな人が兄弟だったら嫌だ

176 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 23:02:55 ID:Vq14FxJa0
俺は姉より親戚が嫌だな。

177 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 23:24:55 ID:Dih05a+C0
高卒で医療事務なオイラが通りますよ〜(((((((((つ ・ω・)つブーン

医療事務が自慢になるって初めてきいたwww

178 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 23:31:37 ID:KWW77nFPO
>>154
お姉さんカワイソス。
頑張って頑張って、誰にも認められなくても頑張って、
何を言われてもニコニコ受け流して…。
頭がいいから、揉めないように言い返さないだけじゃないかな。
勉強出来る=頭がいい では無いのにね。
馬鹿な一族だな。

179 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 23:50:28 ID:+NZ1CAdn0
笑顔を絶やさなければ、いつか幸せになれる・・・と信じたい。

180 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 23:55:36 ID:ohd6yxXoO
心の闇とか、もっともらしいスレタイだけど、
単なる愚痴とか中二病とかが多くて笑えるスレだよね。

181 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 00:03:12 ID:7zsOAsdB0
俺の勝手な想像なんだけど、>>154の記事の姉さんて、影でしっかり誉められてるんじゃないか?
妹、弟の学費を工面したなんて、「姉は妹弟のために人生を犠牲にして当たり前」
とか言い出すキチガイ一家でなければ、親戚中から敬愛される偉業だし。
それに、大家族の家事を一手に引き受けてるのに、
親族の集まりには3日も前から来て準備って、よっぽど家族親戚が好きじゃないとできなくね?

で、妹(投稿者)はうすうす気づいてて
「ムキー!あたしを認めてよ!医療事務()笑で働いてるんだからー!」
って余計に憎悪募らせてる気がする。

182 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 00:12:20 ID:iDBOED+V0
だよなあ。闇スレの人たちもみんなそう感じてたんだろうな。
太ってて世話好きのいいおねえちゃんと、
そのねえちゃんを必死に下に見ようとしてるかわいそうな妹って感じだ。
だって34歳の姉がいる女が、親族に「お姫様扱いされて嬉しい」って…
どんだけ日々嬉しいことがないんだよw

183 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 00:46:03 ID:2pVMRjxf0
医療事務員でコンプ持ってるんじゃない?
あの人たちって病院で働いていても、一番身分が下じゃん。
茄子だって、なんだかんだいって資格持ち&そこそこ高給取りだし。
その辺の鬱積が溜まってて、姉に爆発させてるんじゃないの?

184 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 00:51:33 ID:lCTq23C10
>>154の本スレ見てきた。
スレ内でも厨or釣り扱いされてたな。
それよりなにより、そこのスレ住人の
「2ちゃんのカキコは悪意の固まり」
「2ちゃんはストレス発散の場」
っていうのがデフォというスタンスに激しく疲れた。

あんなとこにいたら精神病んで頭おかしくなりそうだよ。
まあ、オカ板住人という時点で頭はおかしいのだが。

185 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 02:01:50 ID:gFDtu1GR0
>>184
そのスタンスの偏りは酷いなw
もてない系の男女と中二等カオス系が
必死になって書き込む傾向があるから有る側面であってるけどなw
まともに見識や知識伝聞を広めようとしている人には良い迷惑だわなw

186 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 02:19:09 ID:fXs1pc9eO
あのスレを見ているとモヤモヤしてくる

187 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 04:45:35 ID:jdTfhWos0
生活板の心の闇スレはまだやさしいほうではないだろうか。

188 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 07:24:59 ID:NRf/JONiO
最近のほんのりスレは、真面目に投稿する携帯厨を必死に叩いてるパソコン組の構図が後味悪い。
パソコン持ってなきゃ非人間みたいな扱いする奴いるし。

189 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 07:37:45 ID:gcb/ouPV0
このスレに陰湿なヲチ気質の人間が多いのが後味悪い。

190 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 08:29:58 ID:gu90F+ObO
>>147
もしかして10年程昔に発行された、業田良家『ゴーダ哲学堂』って短編集の一遍かな?

もしそうなら、もう少し補足すると、あの話の『しん』がわかりやすくなると思いますが・・・。
手放して久しくなりますが、記憶を起こしながら頑張ってみます

それと私の解釈ですが、登場人物がロボットなのは
『こんな世の中は、ロボットの様になって、感情を押し殺してでもしなければ辛すぎる…』という暗喩ではないでしょうか?
だから、実際は人間だから家族もいるし、病院にも行くのでは?

191 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 08:32:51 ID:gu90F+ObO
では、続きというか、補足です。


主人公は投資会社に勤める妻と娘(小学生)がいるオッサン。
正にロボットの様身も心も粉にして働いた為、営業成績も悪くない。
たとえ失敗しても腕時計型の『感情のコントロールパネル』で泣スイッチで泣き落としやお詫びをし、営業スマイルのスイッチもあり、難無くこなした。(この時の本心と表情は別々)
* 一応(怒)も有るが、目をこらして爪楊枝の先で押せる位の小ささ

そんな彼は、ある日上司から自分がとても大切にしている顧客への融資を止めるよう言われる。
彼は上司を説得しようと頑張るが一切聞き入れられずに、決定してしまう。
相手を想うと仕事も手につかず、気持ちは段々沈んでゆき何度コントロールパネルの(笑)を押しても直ぐ鬱に・・・。

192 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 08:36:48 ID:gu90F+ObO
いつまでもこの状態ではしんどいし、仕事(融資中止の宣告)もしなければならない。
彼は病院へ行きドクターに相談。
ドクターの処置はアップ系の気持ちを高めるものだった。

処置の効果もテキメンで、常に笑顔でハイテンションな彼は会社にもどり、早速、件の会社へ・・・。
といっても、その会社は歳老たオジイチャンとオバアチャンがたった二人でしている様な小さな小さな物だった。
(この作品中、唯一人間として描かれてるのが、このジィ&バァ)
その二人に笑顔で融資中止の宣告をする主人公。
驚きと共に泣きながら縋るように必死に続投を懇願する二人
しかし、主人公はそんな二人を怒鳴り付け心ない言葉を残しその場を去る。

193 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 08:41:37 ID:gu90F+ObO
何日かが過ぎ、気になっていた事も済ませハイテンションな主人公に上司が、ジィ&バァが首吊り自殺をした事を告げる。

もはや主人公は何度スイッチを押そうが笑顔を見せる事はなくなった。
そしてまた病院へ・・・。
そして、ネガティブな感情を一切排除され、更にアッパーを強化される。

そしてテカテカ笑顔ハイテンション主人公が帰宅すると、嫁が激しく取り乱し、娘が変質者に襲われた事を告げる(レイプは未遂)。
娘は恐怖でずーーーと泣いている。
その様子を見、主人公はハイテンションの笑顔で
『良かったじゃないかッッ!!!(^O^)』
そんな主人公に驚愕する嫁。
END


愛する家族や会社の為に無茶苦茶に頑張ってきた主人公がラスト壊れてしまう悲しさとやるせなさ。
読後はウツ。


でも、この本はかなり面白くて、タイトルを納得させらるれ内容でおすすめです。


長文お付き合いアリガトウゴザイマシタ。
カキコ三回目にしてこの長文はきつかったです(*_*)
駄長文失礼シマシタ。

194 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 09:44:41 ID:ssG3UXYv0
>>147のいい加減な書き込みが後味悪い。

ロボットじゃね〜じゃねぇ〜か!ヴォケェ!!

195 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 10:17:48 ID:e0dZiMNQ0
>>154
実はお姉さんと親戚は仲が良くって、明るい会話がなされてるんじゃないか?
んで妹は 親戚からもよそよそしくされてる=お姫様扱い と勘違いしてる
なんにせよ妹は病んでるとしか見えない

196 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 10:20:08 ID:9DvrgzwaO
あまりにも違いすぎてワロタww
完全に別物だな、これじゃw

197 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 10:20:50 ID:EM5MZTOV0
遅レス多いなw

198 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 11:02:24 ID:xeLYwXtVO
>>188
携帯厨って言ってる時点で同類だよ

199 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 11:05:31 ID:6Kq+27xV0
>>188
携帯から変な書き込みをするやつが増えているから
警戒しているだけじゃないのか?

200 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 11:06:44 ID:4xAEvGBuO
今だにロボットだか人間だかどっちかわからん俺って…orz

201 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 11:28:30 ID:cm9SLQgZ0
147だが、>>190さんサンクス。
そして、自分の記憶力の悪さとまとめ力のなさに胸糞・・・。

202 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 11:39:03 ID:6Kq+27xV0
>>200
人の感情をボタン一つでコントロールできる機械が
一般化している未来社会の話 って事でしょ

203 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 11:46:26 ID:gcb/ouPV0
一つ話題に上がるといつも似たような劣化話が大挙してくるのは萎えるな。

204 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 13:06:34 ID:4xAEvGBuO
>>202
そういう事か(*゚∀゚)=3 ムッハー

205 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 13:15:21 ID:h+cbr1AZ0
ドラマ「古畑任三郎」のピアニスト(木ノ実ナナ)が犯人の話

犯人の女性ピアニストの性格が酷く描かれてる(とても気が強い)。
OPの古畑の独白も、
「自分が他人に嫌われているのは、なかなか気付かないものでして…」
みたいな感じ。
音楽学校の生徒を大声で叱り飛ばす場面が出てきたり(古畑もびびってた)
痴漢に襲われそうになって逆に痴漢を半殺しにしたというエピソードも紹介される。
ラストのクライマックスでも、
「あなたに知られたら、また何言われるか分かりませんからねえ。
 みなさん、あなたをとても恐れていらっしゃる…」と古畑に言われる始末。

古畑シリーズは職業批判(皮肉)してるような毒のある話がたまにあるよね。
超能力者(霊能力者)や、論理的な小説が書けない
推理作家を批判(皮肉)してるような話もあった。

だからこの話もプロの女性ピアニストを批判(皮肉)してるのかな?と思った。
凄く気が強くてみんなから恐れられてる(嫌われてる)人が多いとでも言いたいのか?
後味悪いというより、ピアニストがこのドラマを見たら不快にならないのかな?と思った。

実際、ピアニストの中村紘子さん?が新聞で思いっきり批判してたらしい。
「リアリティがない」と。トリック(真相)のことしか批判してないみたいだけど、
やはりピアニストの性格がひどく描かれてるから気分を害したのかな?と勘ぐってしまう。

206 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 13:19:20 ID:1cI2DHKa0
明らかに中村紘子がモデルだからね
そりゃ怒るっつうか因縁くらいはつけるでしょう

207 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 13:20:56 ID:EM5MZTOV0
そら急にサワヤカな話になったようだ

208 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 13:23:23 ID:FhrikDOcO
>>205
それ職業批判なの?『これだからピアニストは…』とかいう台詞があるならともかく
ただの個人の性格にしか見えないし、そのピアニストが本当にそういう意味でケチをつけたんなら
ただの自意識過剰に見える。

209 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 13:38:06 ID:sc0xMbl10
音楽家なんて気が強くなきゃやってられないし。

210 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 13:53:48 ID:nPm0iftH0
それは三谷幸喜氏がアレって話なんだろうか?
面白い話書く人だと思ってたけど、別な面を見た気分だ

211 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 14:30:10 ID:ywFcvSrN0
中村紘子は性格最悪だからね…
知り合いの調律師はあの人のところには
絶対行きたくないと言っている
コンサートとかで出来がいまいちだと
全部調律のせいにするし、それを吹聴するし、すごくわがまま
何人もの調律師が中村のせいで仕事を失った

212 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 14:43:10 ID:WPdu/pj7O
あの話は気の強い木の実ナナが業界でも腫れ物扱いだったり
指導が怖いので生徒にも恐れられていたことが重要な伏線だから
ああいう性格にしてあるのに意味があったと思う
ピアニストが全員ああいう性格なんて話じゃなかったぞ

いちおうエピソード。携帯からなんで改行おかしかったらスマン

ある有名な音楽家が死去し追悼コンサートが開かれることになったのだが
コンサートで演奏するはずだったピアニストが夜中ステージのグランドピアノで練習中に
何者かによって殺されてしまう。
(スタンガンのようなものを当てられその拍子に弦が1本切れる映像)
そこで追悼される音楽家の弟子である木の実ナナが呼ばれる。
弟子なのだからナナが演奏するのが本来の筋だったのだが
ナナはその音楽家と噂を立てられており、それをよく思わない協会に降ろされてしまっていて
海外に旅行に行こうとしていたところを急遽呼びつけられたのだった。

213 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 14:45:09 ID:WPdu/pj7O
古畑が捜査に入りつつ犯人はわからないまま追悼コンサート本番を迎える。
ナナは何を思ったか高音ばかりのレクイエムとはかけ離れた曲を演奏する。
なぜあんなことをしたんだ、と詰め寄る周囲に
「低音の弦が1本切れてたわ!
あの音を使わない曲はあの時あれしか思い浮かばなかったのよ!穴をあけるわけにいかないでしょ!」
と不整備をなじる。

が、実は弦は切れてはいなかった。
本番前に弦が切れていることに他のスタッフが気付いたが
ナナに知らせるとまた怒られるのでこっそり練習室のピアノと換えておいたのだ。
ナナは本番まで一度もステージに上がっていない。
つまりステージのピアノの弦が切れているのを知っているわけがない。
予定の演奏者を殺したのはナナだったからこそ弦が切れているのを知っていたのだ。

214 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 14:46:13 ID:WPdu/pj7O
古畑に弦が切れていなかったことを知らされるナナ。
ナナは気が強く恐れられていたが師匠を本当に敬愛していた。疑われるような関係はまったくなかった。
なのに彼の追悼コンサートで自分が演奏できないことが耐えられなかった。

「そう、切れてなかったの」
「だったらレクイエムを弾けばよかったわ」

ぽつりともらし、気の強いナナが最後に一筋涙を流してEND。

トリックはお粗末かもしれんが好きな話だったなー

215 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 15:06:40 ID:3SlSVqeNO
まあ、三谷はあてがきをするから木の実ナナのイメージがそうだったんでしょ。

216 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 15:59:54 ID:bXHNZw1oO
>>215
あてがきって何?
業界に詳しくないので分かりません。


217 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 16:30:36 ID:+Hh/Gwqy0
女優・俳優のイメージに合わせて脚本書くってことじゃないかな。
>>215の文章から推測すると。

218 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 16:42:10 ID:gu90F+ObO
>>147サン
レスアリガトウゴザイマス。
間違ったレス投下じゃなくて安心しました。
小心者なので 『噛み付き厨』『脳内変換厨乙』とか書かれたらどうしよぅ…
と恐々だったので、お心遣い本当に嬉しいです。
この本の感想は人それぞれの幅が大きそうですね。
また、オススメの話教えて下さいね。

219 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 21:53:57 ID:1zWw07eA0
ウルトラマンタロウの「赤い靴はいてた・・・」
北島隊員の初恋の人、真理は昔、外国にいたといっていたが実は北島に会った後にドルズ星人にうろこ怪獣メモールに改造されていた。
北島は感情的になり防衛隊ZATをやめるとまで言い出し彼女が怪獣であることを認めようとしない。
そうしているうちに真理はメモールになり暴れ始める。
タロウはメモールを宇宙へと追放した・・・。
ちなみにドルズ星人は倒されていないどころか一切攻撃すら受けていない

220 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 22:47:03 ID:/DDWbv5b0
既出だと思うけど「ブレンダと呼ばれた少年」
トンデモ説の「実験」に使われた一人の男性の姿を描いたノンフィクション。
ttp://www.intersexinitiative.org/japan/review-colapinto.html
ttp://musume80.exblog.jp/1755713

自殺の原因が30年以上に渡る性別の混乱にあるのかどうかは確かめようがないけれど
一人の医師の思い込みが人生を大きく狂わせたことは間違いないし
結果として家族全員が不幸になってしまったのがやりきれない。


221 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 23:27:52 ID:fXs1pc9eO
>>220
うわエグい・・・
60年代って大戦後だし近代だよね?こんな狂った医療が行なわれていたのが恐ろしい

222 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 00:25:12 ID:VMuaDEvQ0
それ以前に割礼そのものがばかばかしく思える。

223 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 00:31:11 ID:OAClHg2m0
そこは宗教だからスルーしる。

224 :220:2007/03/24(土) 00:43:20 ID:JA2Cxmyq0
本読んだのがずいぶん前だからうろ覚えだけど
このケースの場合は性器に癒着か何かがあったため医療手段としての手術で、
いわゆる宗教的な「割礼」じゃなかったと思う。
一家はユダヤ人じゃなかったし、割礼は病院でやるもんじゃないし。

225 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 00:48:15 ID:saR03vtM0
>>220
ここ読んでると医学ってのは狂気と紙一重なんだと思う。
ttp://homepage3.nifty.com/kazano/psy.html

226 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 00:48:55 ID:OAClHg2m0
だったら「割礼」でなく「包皮除去」…と書こうと思ったら、
>>220の二つ目のリンクでは包皮除去って書いてあるじゃないか。


227 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 02:05:04 ID:2XJo5iKJO
女として育てられたからって勝手に女性と同じように女性ホルモン出るわけじゃないだろうし、生理も妊娠も出来ないわけでしょう?
思春期になってから突然カミングアウトされたら
アソコ間違って切っちゃったってよりそっちの方が残酷な気がするけどな…

しかし、人口の女性器が作れるのは知ってるけど
ちゃんと濡れたりもするのかな?
クリトリスも男性器を改造して作るっていうし、ちゃんとイク事も出来るらしいから
男性の我慢汁が濡れる役割するのかな?
なんか疑問だらけ…

228 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 02:18:08 ID:EPPYnd2N0
>>225
そのサイト凄く興味深い。お気に入りにいれとこっと

229 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 03:57:17 ID:S5cJfTKD0
なんか思い出した

「IS〜男でも女でもない性〜」って漫画で、
生まれつき男女どちらかよくわからない感じの子がいて
そういう風に生まれた子は大抵ちんこ(?)の大きさが5cm以下だと
ちんこをちょんぎって女の子として育てる事になる。

その子は普通の女の子として育てられ、
内性器は女性寄りだし見かけもかなり可愛らしい。
が、やはり自分の体が普通ではないという自覚があって
そのことを親に言ったりするが親はなにも話してくれない。
色々調べるうちに自分がIS(インターセクシャル)である事を悟っていく。

ISの自助会を訪ねたりするようになるが親は関わるなと言う。
「あんたはもう普通の女の子にしたんだから」と。
最終的な外性器形成手術を強いようともしてくる。

その子はかなり小柄で、結構背が高めの家族の中で一人だけ子供のよう。
それは中学生ぐらいから親が「元気のでる薬」と偽って、
女性らしい徴候がなかなか出てこなかったその子に女性ホルモンを与えていたせい。
性ホルモンが骨の伸びを止めることも知らずに「普通の女の子」にするために。

その子はむしろ「普通の女の子」になりたがっているのだが、
しかし全てを隠され、自分の体の事を親の口からはちゃんと説明されず、
よくわからないまま手術を受けるのも嫌で、
親に様々な嘘をつかれつづけた事もあって人間不信になり
引き篭りになったりメンヘラ気味になったりする。

まだ連載中なのでハッピーエンドになるかもしれないが
親の対応とかが後味悪い。

230 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 04:13:22 ID:upYUWngMO
でも親の立場になったら自分の子供が性別不詳とかキモイだろうから、
早いとこ手術なり投薬なりでどっちかに決めちゃいたくなるのかも

231 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 04:16:46 ID:iyrQLlxKO
>>229
レディコミ?

232 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 04:27:12 ID:fvRQc+/H0
わが子の玉潰す話のコピペ思い出したよ…
この板の人なら大抵読んだことあるだろうが

233 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 04:49:47 ID:S5cJfTKD0
>>231
どっちかというと少女漫画よりレディコミに属するかな
いわゆるレディコミと聞いて想像する生臭い絵柄とかではないが

234 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 05:04:14 ID:iyrQLlxKO
>>233
タイトルは?

235 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 05:26:21 ID:eAHvBZlg0
>>59
逮捕され、死刑判決も出ているが、鬼畜度ではこっちの方がダンチだろ。

北九州監禁殺人事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E4%B9%9D%E5%B7%9E%E7%9B%A3%E7%A6%81%E6%AE%BA%E4%BA%BA%E4%BA%8B%E4%BB%B6

236 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 07:22:07 ID:ycldYMvlO
どっちも鬼畜だろうが。
比較する事か。

237 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 07:40:59 ID:ef8RlFyl0
悪い例としてずっとコピペされ続ける、マウントスノー

このネタを書いた人は居たたまれないだろうな。
そして、このスレの住人の底意地の悪さに脱帽だ。

238 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 08:01:23 ID:MKSAw6j60
>>237
マウントスノーの悪い例で使われてるものは、このスレの住人が悪い例の見本として作った物だ。
書いた人はテンプレになって喜んでたから、何も問題は無い。

239 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 08:10:49 ID:KeRAfdcb0
そして、>>237が居たたまれなくなるわけですね。

240 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 08:24:11 ID:S5cJfTKD0
>>234
「IS〜男でも女でもない性〜」
って>>229にも書いてあるぜよ

241 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 08:26:32 ID:1H+98HdNO
>>237
思い込みによる決め付けって怖いな
日常生活でもやらかすなよ

242 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 08:26:42 ID:LoK89LJCO
>>234
あァ? ビキビキィ

243 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 09:42:51 ID:7kkRnaqy0
>>232
ttp://syarecowa.moo.jp/6/691.htm
これですな

244 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 09:58:10 ID:MXTswfz70
>>220
デイビットくんは気の毒だが、医学はこういう失敗を何度も重ねてこそ今があるんだよな。
世界大戦時のドイツの人体実験が今の医学にどれだけ貢献したことか、またその犠牲者がどれだけいるか。

245 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 10:08:55 ID:MKSAw6j60
>ドイツの人体実験が今の医学にどれだけ貢献したことか

人体実験は、人を治療するという意味では、ほとんど貢献が無かった。
何せ、多くの場合は効率的に敵を殺すために実験してたのだから。
もちろん、今の医学に貢献した部分もほとんど無い。

246 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 11:10:13 ID:V+Ey764O0
>>243
話には聞いていたが、実際に文面を見たのは初めてだ。
風呂で…のくだりで思わず玉が縮んだぞ
これ書いたヤツは教唆にならんのか?
これは相当悪質だろうに

247 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 14:16:31 ID:Y0cQwZAK0
>>245
そう言い切れるかな?
人類の発展は軍事関係とエロから発生してるもんが多いと思う。
殺す方法を追求してる間に変な薬見つけちゃったりすることもあるだろうしさ。
つかどこまでやれば死ぬか見極めるってのは、逆にどうやれば生きるかの参考になるだろう。

248 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 14:19:44 ID:KeRAfdcb0
戦争は戦争でそれなりに理由があって生じるんだし、なにも技術発展にからめなくてもいいのになあ、と
こういう主張をみるといつも思う。

249 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 14:44:17 ID:MKSAw6j60
>>247
いや、お前がそう思いこむのは勝手だが、現実はそうじゃないし。
現在もなお戦争中で、人体実験もやり放題の北朝鮮は、独自の技術を次々開発してるかね?

250 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 14:47:14 ID:KeRAfdcb0
>>249
〜思う
〜だろう
しか書いてない「意見」だから相手してもしょうがないさね

251 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 14:55:38 ID:MKSAw6j60
>>250
言われてみればそうだね。ありがとう。

252 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 15:56:01 ID:PMrudzvt0
スレの流れまで後味悪くしてどうするのかなぁと、老婆心ながら思う

253 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 16:05:20 ID:ugKMdjx00
この流れでいえば
実験用にマウスやラットが次々死んでいくのを見ても
そのうち何も感じなくなってきて
何匹同時に死んだとか、塚があるからだいじょうぶとか
そういうことをうれしそうに語るひとになっちゃった
知人がなんだか残念で後味悪いな。

254 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 16:08:54 ID:M2jcy0Lo0
>>252は女の子でしょ


255 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 16:19:06 ID:PMrudzvt0
>>254
どうしてそう思われたのか気になるなぁ・・・
ネカマは十八番だけど、精神まで侵食されてきちゃったのかな
何はともかく、ありがとうね

256 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 17:17:46 ID:Eoii72D50
>>253
それ、逆に業務で淡々と処理しなければならない事例にまで
『タマゴさんが可哀想!』と泣いて見せないと納得しないような職場の方がどうかしてるよ。
趣味で虐殺と業務は別だってのが心情的に理解できない人に実態を話すのが
後味悪いと言われればそうかもなぁ。普通の人はペット感覚だろうしね。

257 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 17:20:31 ID:C/BHWO690
嬉しそうに他人にする話じゃないだろう。
他人に気遣いすることを忘れた知人が後味悪いってことじゃないのか。

258 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 17:36:30 ID:Eoii72D50
相手を選ぶ話題ではあるだろうが、実験が上手くいった結果の死亡なら
気の置けない友人に嬉々として話してしまうかな。計算どおりの確立だった、とか。
不愉快だから生き物が死ぬ話は聞きたくない、と宣言しておいて尚
そういう話題振ってくるなら気遣いのない奴め、となるのも仕方ないかな。

259 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 17:41:47 ID:BKfA5GgUO
243
絶対に許せない!!!!
マジこいつらのくされマンコえぐりだしてやりてー!
ログとかないの?通報したいよ

260 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 17:44:25 ID:C/BHWO690
うーんなんていうかレベル的には
公衆の面前で「○日便秘だったんだけど今日○センチのうんこ出た!」
くらいの気遣いのできなさだと思うよ。

261 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 17:56:29 ID:Eoii72D50
>260
そんなに酷いのか…。下ネタ系が本当に駄目なんで凄く衝撃的だ。
研究室生活が長くなると感覚がずれてくるから気をつけましょう、とよく言われるが
既にずれてしまっていたかもしれない。何かショックだな。

262 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 18:04:25 ID:C/BHWO690
いや、でも周りに他人がいないような場所で、
相手も便秘で日々快便についての研究結果を報告しあってるとか(>>258でいう気の置けない友人)
そういう場合は別にいいと思うよw

263 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 18:04:35 ID:Lvn7Baj5O
>>260
変な例え話は恥かくだけだよ

264 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 18:15:37 ID:RtN2WUNk0
>>243
食事は賞味期限切れの菓子パンだけとか折檻死とかのニュースもだけど、
こんな自分のエゴで幼い子供を性転換(というか完全に虐待)して
しかもその自覚がないなんていう身が竦むような親の話を聞くと、
メシ作ってくれて給食費も滞納せず生来の性別で育ててくれた自分の親を神かと思うな

265 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 18:29:47 ID:z/JVSdJi0
>>264
神だよ
そのうちこういう常識的な親の方が少なくなってくんのかな

266 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 19:05:46 ID:KeRAfdcb0
>>261
まあ、しょせん「うれしそうに」ってのは>>253の主観であって、普通に話してるのを
「生き死にのことを嘆きもせずに話してる」が「うれしそう」に変換されてるのかもしれず。
つうか、ラットが何匹死んだなんて気にしないしなあ。

267 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 19:36:42 ID:z/JVSdJi0
>>243
ないはずのチンチンが痛い…

268 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 20:12:56 ID:iyrQLlxKO
>>229
>まだ連載中なので
どのコミック?


269 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 20:34:38 ID:2XJo5iKJO
>>267
私も 無い筈の玉玉が痛い

270 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 21:15:03 ID:C2ssTU8Y0
>>267 久しぶりにもう1度読もうと思ったが最初の数行でもう挫折。こわいよこわいよ

271 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 21:48:09 ID:BKfA5GgUO
ちょっとぶつけただけでも悶絶するのに潰れたりした日にゃ痛さでショック死するんじゃないか


自分の子供を虐待するやつってそもそも動物としての本能が備わってないな

自分の子供とかかわいくてしょうがないもん、逆らいようのない感情っていうか


それが普通でしょ?

272 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 22:20:42 ID:65gKDt4C0
自分の子供がかわいいのが当たり前、という概念が
育児ノイローゼを生み出すこともあるけどな。

273 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 22:24:38 ID:MKSAw6j60
>>271
動物は、自分の子供を可愛いと思ってる訳じゃない。本能は、もっと機械的な反応だ。
何せ動物は、子供の匂いが変わっただけで、子供を殺してしまう場合がある。
子殺しをする動物は珍しくない。

「子供が可愛い」というのは、本能じゃなくて、社会的な基準でなぁ。
成長する過程で、そう学習していった結果だ。本能として、生まれた時から刷り込まれてるわけじゃない。

274 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 22:40:13 ID:Py4XwyrF0
後味が悪い映画「ミスティックリバー」既出か?記憶を頼りに書くので間違ってる箇所あると思います・・。
駄文スマソ


ある町で18歳くらいの少女が何者かによってレイプされ鈍器で数十回殴られた後銃で撃たれて殺された。
泣き叫ぶ彼氏と両親、しかし殺された少女の親父は只者ではなく町では有名な不良のボスのような刑務所あがりの男。

警察とは別に不良を使い独自に犯人を捜す親父、そして不振な素振りをみせる男をみつける。
不振な男は親父の幼馴染であり親友のデップ、彼とは家族ぐるみの付き合いだ。
まさかとは思いながらも彼を調べる親父・・・・。
しかし彼の車のトランクが血でそまっているのを見つけてしまう・・・。

不良を使い彼を追いつめ、泣きながら弁解するデップに泣く泣く銃を突きつけ、彼を撃ち川に沈めた。

その翌日に刑事から犯人が捕まったとの知らせ、少女を殺したのは実は彼氏の弟とその友人・・・。

デップは少女がレイプされそうになっているところを助け、少年時代男にレイプされたトラウマからそのレイプ犯を殴り殺してしまう。
その死体を車のトランクに入れてゴミ捨て場ばに捨てていた。
彼の不振な素振り・・・車のトランク・・・死ぬ間際の彼の弁解・・・全ての辻褄があった。

事実を知った親父・・・・









275 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 23:03:07 ID:pMHx6nlU0
後の吉宗である

276 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 23:09:33 ID:gGhbICRv0
まるで事実を知って禿しく後悔したような書き方だが、
やべ、人違いだったか程度で済ましたのが後味悪い。
ちなみに捜査にあたった刑事も二人の幼馴染で、今や犯罪組織のボスであり
勘違いで幼馴染を殺したオヤジのタイーフォを心に誓って終わり。

277 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 23:11:32 ID:gGhbICRv0
あ、映画版なのか。そっちは見てないからそういう結末なのかも。

278 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 23:14:30 ID:Py4XwyrF0
原作はそうやって続くの?
映画版は確か打ちひしがれる親父に妻が「貴方はこの町の王なのよ・・・・(ハァ!?)」で終わりだった気がする。

279 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 23:21:44 ID:Py4XwyrF0
この映画見終わったあとの後味の悪さは今でも憶えてる・・・。

280 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 23:35:00 ID:Fbmbg5q00
殺された娘がよっぽど迂闊なのか男を誘っていたのか
レイプの頻発している場所柄なのか韓国の話なのか
短期間で同じ人間が二度もレイプに会うと言う事がなんとも

281 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 23:44:19 ID:cRwmwvcP0
しかし、映画の殺人はどれもが個人の感情に従って行われている。
これが一因であろうか

282 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 00:00:50 ID:ClNrh1Y80
たしか、娘はレイプされてないよ。銃持った馬鹿なガキが脅かそうとして弾みで殺した。
あと、勘違いで殺された男が助けたのも少女じゃなくて少年。
少年を車の中に連れ込んで悪戯しようとしてたジジイを殺した。

283 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 00:11:30 ID:jelXSfkF0
>>273
そもそも日本人の子殺しは伝統芸です。
そのおかげでアジアで最初の近代国家になれたという
説まであるのです。(本当)
子殺しを行って、人口を適度に保ったために、資本の
蓄積があり、中産階級が形成されたということです。
子殺し万歳?

「イギリスと日本―マルサスの罠から近代への跳躍」
アラン マクファーレン (著), Alan Macfarlane (原著),
船曳 建夫 (翻訳), 工藤 正子 (翻訳), 北川 文美 (翻訳), 山下 淑美 (翻訳)

翻訳者はいい加減な人物ではないので、いわゆるトンデモ本の類ではありません。


284 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 00:16:23 ID:BEDaBOdm0
>>283
1クマ> 説まであるのです。(本当)
2クマ> 子殺しを行って、人口を適度に保った
3クマ> 翻訳者は
        ∩___∩
. \     | ノ      ヽ
   \  /  ●   ● |
     \|    ( _●_)  ミ  そんなエサでおれが釣られるかクマー!
      彡、   |∪| ,/..
       ヽ   ヽ丿/  /⌒|
       / \__ノ゙_/  /  =====
      〈          _ノ  ====
       \ \_    \
        \___)     \   ======   (´⌒
           \   ___ \__  (´⌒;;(´⌒;;
             \___)___)(´;;⌒  (´⌒;;  ズザザザ

285 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 00:19:44 ID:rMLJszdY0
まあ、間引きは行われてたが、それはともかく、せめて、原著者のまともさを保証してほしいもんだw

286 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 00:29:13 ID:jelXSfkF0
原著者 ケンブリッジ大学の人類学教授。
翻訳者 東京大学教授

だからといって100%信用できるとは言わないが。

要するに、人口が倍に増えても、生産力が倍に増えず、富が分散され、
スラムが増えて、社会が安定しない。
というようなことにならず、子殺しや禁欲的宗教などの手段で人口を
抑制できた欧米と日本が最初の近代国家になれた。ということ。

287 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 00:34:20 ID:BEDaBOdm0
>>286/           ヽ::::::::::::
:::::::::::|  ば  じ  き  i::::::::::::
:::::::::::.ゝ か   つ   み  ノ:::::::::::
:::::::::::/  だ  に  は イ:::::::::::::
:::::  |  な。       ゙i  ::::::
   \_         ,,-'
――--、..,ヽ__  _,,-''
:::::::,-‐、,‐、ヽ. )ノ      _,,...-
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、      ∠_:::::::::
/. ` ' ● ' ニ 、     ,-、ヽ|:::::::::
ニ __l___ノ     |・ | |, -、::
/ ̄ _  | i     ゚r ー'  6 |::
|( ̄`'  )/ / ,..    i     '- 
`ー---―' / '(__ )   ヽ 、
====( i)==::::/      ,/ニニニ
:/     ヽ:::i       /;;;;;;;;;;;;;;;;

288 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 00:58:51 ID:cZjJLrWbO
ウバステヤマ


289 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 01:37:50 ID:Eo8zL9RS0
>>280
あなたが好きですw

290 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 01:47:43 ID:NjZp6DpX0
まあその映画見たことないんだけど
>>274
のあらすじ的なものだけで十分後味ワルーと思ったよ。
あんまり見たくない類の映画だなぁ

291 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 02:11:49 ID:aZCxhtMNO
>>290
君はこんな所に後いながら味の悪い話は好きではないのかね?

292 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 02:11:59 ID:PgXrCIK8O
たしかに人口増えすぎな中国はゴミクズみたいな国だもんなあ
子殺しはある意味日本の賢策なのかもしれないね

293 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 03:45:14 ID:U5UiXV900
中国だって食い扶持に足りなければ子殺しぐらいするだろ。
というか、多分向こうの方が激烈にやってそうだが。
あと、男尊女卑思想から、女の子を優先して間引いていて、
男女構成比がおかしくなってるというような話を聞いたことがある。
これは都市伝説かな?


294 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 03:53:39 ID:/5QtTmDs0
>>293都市伝説じゃない。
だから今の子供が適齢期になれば、かなり嫁が不足するそうな。

>>271
実の母親の愛人が虐待→子殺しをするのは、むしろ本能。
所謂、「ハヌマーンの子殺し」だ。
だからヤツラは動物並みってことだわな。

295 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 04:40:26 ID:QOGMxKAW0
>>283
どうにも納得いかないのでつが
マルサスがいってたモデルは農村社会においてで
都市社会においてではないとおもた

産業構造の変革には一定以上の人口の集中がしつようのはず
だから近代化は人口がいびつに集中した大都市から始まってる

人口を減らしたから近代化を進められたというのは
ほかの国と照らし合わせても、ちょっと受け入れがたいのれすけど

296 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 05:34:54 ID:F0wjKhatO
次の話投下されて流れ変わってるのに、わざわざ前の話題サルベージしてまでつまらん議論ループしてるの?

297 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 06:05:28 ID:QOGMxKAW0
>>296
日本語でおk

298 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 06:11:07 ID:KFno9M4V0
日本語だろw

299 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 06:20:21 ID:cZjJLrWbO
でつが

おもた

しつよう

れすけど


300 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 06:27:08 ID:QOGMxKAW0

必死だな、携帯厨www

301 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 06:38:29 ID:bhq00VeYO
中国『嫁が足りねぇ』

露、蒙、ベトナム、朝、韓、日等から謎の女性失踪事件が

302 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 06:39:29 ID:T63F9HmS0
>>301
ロシア美女の嫁を貰うなんてずうずうしいな

303 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 06:46:12 ID:aFMf+hxQ0
ロシアは美女が多いが十代後半でおばさん顔になってしまう罠。

304 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 06:56:29 ID:awURXMSo0
ロシア語でOK

305 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 07:04:56 ID:wPipV/jBO
>>300
どうでもいいけど「しつよう」じゃなくて「ひつよう」じゃないだろうか。
×執拗
○必要

306 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 07:34:39 ID:dnnZ62F0O
ミスティックリバー、
映画館まで観に行ったけど
夜勤明けで爆睡してしまったから、
どんな話かずっと気になってた。
投下ありがとう。
サイコ系かと思ってたら、
後味悪かったんだぬ

307 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 07:36:59 ID:cZjJLrWbO
>>305
>>299


308 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 08:26:17 ID:XT0ta6Hp0
ミスティックリバーの原作は映画と違うの?
読んだ人詳細wkt

309 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 08:29:08 ID:XT0ta6Hp0
それは多分あれだよね、貧しい農村の間引きだ。
こけしも子消しって言って、元々は間引かれた赤ちゃんの代わりだって聞いたよ。

310 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 08:58:19 ID:NDzh9OCq0
この前、街行く小学生がノーブラだったんで
思わずムラムラして「おっぱい見ーせて☆(^・^)」って
声かけたら「うん!いいよ☆」って快く承諾して
くれて、その成長過程のおっぱいの谷間のところに
顔うずめて「ぱふぱふ!」ってしようとしたら
急にその小学生のおっぱいが膨張しはじめて、
そしてついに爆発した
これが世に言うビッグバンである
宇宙はこうして生まれた
そして数十億年の歳月が経ち
現在の我々がここにいるのだ

311 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 09:06:57 ID:zxgO1eMi0
後味悪い映画といえば・・・
「ファイナルカット」だなあ。
ネタバレになるから書かんけど。


312 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 09:12:43 ID:fAGpwFB10
>>311
日曜の朝から釣りですか。暇なんですね。

313 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 10:55:45 ID:LQRkEdCBO
癒し系で真面目な長男が居た
欠点は感性に乏しく、頭が緩い。
母親は自分と同じ感性鋭いタイプが好き
当然彼に何気に冷たく、姉は彼を全く視野に入れず、
父親だけが気を使い、彼に構った。優しい彼は拗ねたりせず学友や職場先輩に愛され
家庭を持ち長男も生まれた。
姉は母に質問した「何故あんな良い子に冷たいの?」
母は言った「空気みたいで面白くないもん
ボーとしてて。癒し系なんて阿呆じゃん
でも1番冷たかったのは、お父さんよ。
お父さんは阿呆嫌いだもん」
父親と母親は嫁と孫ばかり可愛がる
そして悲劇(喜劇)長男の性格は彼の苦手な母親にそっくりだ。
弟が・・(´;ω;`)

314 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 11:02:18 ID:dP2/YFFY0
>>313
長男……感性に乏しい、頭がゆるい
姉……長男を無視
母……自分と違い鈍い長男が嫌い
父……長男を構っているようで、実は冷たくあたっていた
長男の嫁……謎
長男の息子……長男の母そっくりな性格

で、弟って誰よ?

315 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 11:11:30 ID:RsBsFdJ+O
最後の長男は緩い主人公の子供って意味だしょ。

弟ってのは緩い主人公の事で。

どちらにしても読み取りにくい文章ではあるが。

316 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 11:12:51 ID:rSUxpRPb0
てすと

317 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 11:13:41 ID:ZV5jBJXt0
どちらかというと313が阿呆っぽい。

318 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 11:17:36 ID:UNR5ZhrQO
>>313が姉?

319 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 11:18:42 ID:EhWAcWh70
弟ってのは姉から見た弟って意味か?

せっかく人口間引きの流れを抜けたと思ったのに、
もっとわかりやすく頼むよ…

320 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:06:13 ID:A9xL8X990
流れぶったぎりで
この前TVで酔っ払い運転の再現VTRをやっていた。
内容としてはヨッパー側の視点と被害者からの視点で描かれたもの。
かなりうろ覚えな部分もあるかもですが。。。

前日から二日酔いで気分の悪かった加害者Aは
期日の迫った荷物を運搬していてあせっていた。
そこでなぜか「二日酔いには迎え酒」とさらに飲酒する。
ふらふらとした運転で苦情が寄せられていたり、料金所で止められるが
特に検査などなく「少し休んでから運転するように」と言われて終わり。
だが時間がないのでAはそのまま運転続行。

変わって加害者Bの家族になる。
帰省(だったと思う)の帰り道、Bの夫は運転に疲れてB(嫁)に運転を変わって貰う。
後部座席には二人の娘もウトウトしていた。
夫が眠りについてしばらくしてBは気がついたら気絶していた。
気がついたBはとりあえず車から降りてみると、自分の車が追突され炎上していて驚くB。


321 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:06:43 ID:A9xL8X990
突然の事故に驚いているBに事故に気がついた人が声をかけてくる。
そこにやっと気がついたBの夫も降りてきた。
夫の姿を見てやっと子供がいた事に気がついたB。

後部座席のドアを開けようとしたが、「熱い!」と言って手を引っ込める。

そこに事故を知って駆け付ける野次馬や警察・消防に何も答えられないでたたずむB。
事故の詳細としてはAは全治○ヶ月ですみ裁判を待つ身になった。
Bは軽症、Bの夫は全治○ヶ月の打撲ですんだが子供は死亡。
原因は「焼死」
Bの夫は「自分が逃げる時に娘はまだ生きていたと思う」と言っていた。

ぶっちぎりでAが悪いんだろうけどさ、Bは何してたんだって思うと後味悪い。
再現VTRだからどこまで忠実かわからないけどかなりもやっとした話でした。





322 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:13:09 ID:T63F9HmS0
>>320
えーっと・・・
Aはどんな事故を起こしたわけ?

323 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:17:39 ID:T63F9HmS0
途中送信スマソ

多分、加害者Bというのがそもそも間違いで、正確には「被害者B」
そして加害者Aのトラックが被害者Bの車に追突したんだろうけど・・・
加害者が2人いるから、別個の事件を平行して紹介してるのかと思った

>>320の書き込み自体がもやっとする

324 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:17:54 ID:A9xL8X990
あーっと訂正
× 加害者B → ○ 被害者

AはB一家の車に追突した人

325 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:22:04 ID:SK0ZvAc30
Bも気絶していたというし、おそらく茫然自失していたんだろう。
子供を救出できなかったことを責めるのは酷だろうが世間様はそう要求するだろう。
事故の被害者なのに、罪悪感を感じ続けるだろうB夫婦を思うとどんよりしてくる。

326 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:32:40 ID:pAyfiKnK0
>>325
「もしあの時自分がもうちょっとテキパキ動ければ助けられたんじゃないか」
と、BもB夫も思わずにいられないだろうね。
「自分はどんな時でも適切に最善の行動ができる」と思ってる人からは色々言われそうだし。

仮に助け出すような余地が一切ない事故でも
「あの時出かけなければ」「もう少し早く家を出てれば」
とか後悔してしまうのだろうなあ。

327 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:39:52 ID:BN5JydHy0
映画のSAWは後味悪くない?

328 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:41:32 ID:fAGpwFB10
>>321

それ、見たから訂正しよう。

事件は、高速道路で、飲酒運転の加害者Aのトラックが、被害者Bの乗用車に追突したというもの。
追突後、乗用車は後部から炎上。
被害者Bは自力で脱出。後部座席の娘を助けようとするも、車は既に炎上してたので、近寄ることもできない
被害者Bの夫は、周囲の人々(加害者Aも含む)に救出されるも、重度の火傷で生死の境を彷徨った。
被害者Bの夫は、車中に居たとき、後部座席から娘の「あちゅいよぅ」という声を聞いている。
で、娘二人は焼死、骨の一部を焼失させるほど酷い状態で、車中から発見された。

加害者Aはほとんど無傷。その当時の法律では、普通の交通事故犯として裁かれた。

だが、この話の肝はその後で、この被害者B夫妻は飲酒運転の運転手の刑が軽いのに怒り、市民運動を展開。
政府を動かして、危険運転致死罪の制定までこぎ着けたとか。

Bは何してたっつーが、Bが脱出したときには娘二人がいた後部座席は炎上中。救出はどうやったって不可能。
娘が二人とも炎上する車中って状態で、なかなか冷静に対処出来る奴はいないだろ。

329 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:46:51 ID:A9xL8X990
VTR見てない人には判りにくい話になってしまってごめん。
友達と見ていて思った事なんだけど、

Aは苦情が出たり料金所で止められる程のフラフラ運転をしていた。
だからちゃんと後方も見ながら運転していたら避けられた事故であった事。
気がついたら炎上していた。という事から、いねむり運転をしていたと思われる事。
Bがペーパーで運転に必死だったらどうしようもないけどね。

ただの追突事故だったらもやっとしなかっただろうなって複線があったので乗せましたが
なんかスレ違いなようなのですみませんでした。


330 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:50:35 ID:Uw0hi4wk0
あーあの眉毛ボサボサの奥さんか

331 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:51:41 ID:G/i+djKl0
ID:A9xL8X990は何が何でもBを悪者にしたいんだな

332 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:54:10 ID:zxgO1eMi0
なぜ被害者を貶めるんだ?

333 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:55:51 ID:fAGpwFB10
>>329
被害者Bは、いねむり運転じゃない。衝突の直前に、迫ってくるトラックを見ている。
気付いたらってのは、ぶつかったショックで意識を一瞬飛ばされたんだろう。

追突がさけられたかどうかについては判断できないが。
料金所が近づいたか何かで車列全体が減速、加害者Aはそれに気付かずに前進、たまたま前にいた被害者Bに衝突。
つー流れを見ると、減速中の車で、しかも他の車との車間距離も狭まってる中、避けるのは難しくなかろうか

334 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:57:27 ID:vh7noalm0
>Aは苦情が出たり料金所で止められる程のフラフラ運転をしていた。
この時点で、避けられた事故うんぬんの問題じゃねえじゃねえかw

335 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 12:59:40 ID:vh7noalm0
>>333
ID:A9xL8X990は、他の車がいかなる予想外の挙動をしても避けられるとんでもない技能の持ち主なんだよ。
周囲360度を常に監視できたりするんだよ、たぶん。

336 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 13:07:21 ID:XE2sbKjPO
>>335
ひょっとしたら飛んだり瞬間移動する車を持ってるのかも。



最初の書き込みだけならともかく
自分の「思った事」を正当化しようとする後だしで後味悪すぎ。

337 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 13:09:54 ID:v1YUD2P3O
自分もその番組チラッと見てたけど、AやBの事故責任云々よりも警察やら消防の対応にもやもやした

始めに駆け付けた警察に「子供がまだ中に…」と訴えてるのに当の警察は「それでは名前と家族構成、事故状況を」と回りくどくて一向に対処しない
それから来た消防や刑事に対しても訴え続けたのに皆同じ対応

そんなこんなで消火活動は続くも子供を真っ先に助け出す人は居なく結局なす術がなかったB夫妻が可哀想
Bもパニックでまともに状況整理出来る場合じゃないだろうに

338 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 13:12:39 ID:q3/MchFgO
被害者Bはふらふら運転のトラックにに気付いてたんだよ。
トラックの後部にいたけど危ないから追い越し、バックミラーでも確認していたがしばらくして追突された。
被害者Bは衝突された衝撃で気絶。
目が覚めて旦那を助手席の窓から引きずりだすが、旦那はこの時点で背中に酷い熱傷をおっている。

次に後部座席に周りドアに何度も手を出すが、熱くて手をかけることすらできない。
旦那と娘を助けようと必死すぎて、被害者Bは車が炎上していることにすら気付いていなかった。

被害者Bは手に熱傷をおっている。

339 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 13:16:12 ID:T63F9HmS0
ID:A9xL8X990は、まともな文章も書けないし、
非のない被害者を何が何でも落ち度あるようにしたいし、
加害者の関係者なのか?

340 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 13:25:12 ID:0CCo16eQ0
この流れ見てると嫌な気持ちになるな

341 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 13:31:23 ID:wmTC78e80
>>339
いや、多分中学生くらいなんじゃないかな?
免許持ってる人の発想じゃないし、
この事故が起きた2000年には詳細が散々報道されてたから
リアルタイムで見てた人はもうちょっと詳しく知ってるでしょう。
文章も小学生〜中学生くらいが書いたような感じだし。

342 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 13:32:01 ID:Uw0hi4wk0
ていうかこれかなり有名な事故なのに
その再現Vとやらを見るまで知らなかったっぽい>>320が後味悪い。

というオチでいいですね。

343 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 14:10:39 ID:9OasFJbz0
320にはまわりまわってものすごい不幸が家族を見舞うよ。普通に歩いてただけで
母親が通り魔に殺されるとか。
そしたら他人に言われる。
「やられたほうも悪いよね。いや、やられたほうが悪いよね。明らかに不審な男の側をたらたら歩いてたんだろ、どうせ」

344 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 14:37:50 ID:aFMf+hxQ0
某宗教の勧誘みたいだな。

345 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 14:51:54 ID:KZwcArG40
そこまでムキになって叩かんでも。
叩くべき相手を間違えてるだろ。

346 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 14:53:27 ID:REOdqNzM0
俺もうろ覚えなんだけど、

本屋で万引きした中学生の男を、店長が取り押さえ警察を呼ぶが、
警察の事情聴取に中学生が逃げ出してしまう。
追い詰められた中学生は、遮断機をくぐり線路を越えようとした所、走ってきた電車に轢かれて死亡してしまう。
ここから後味悪いのが、警察の落ち度はあるにせよ、
死亡した中学生の親が、何故か店長にまで怒りの矛先を向け、
(万引きぐらいで、とか中学生がしたことなのに、とか子供のした事なんだから許せ的論調)
何故かその理不尽な怒りが結構周りにも支持され、本屋ボイコットが始まり、閉店に追い込んでしまう。

という事件があった。DQN親の盲目的な子供への愛情って本当にキモイ。

347 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 14:54:04 ID:SK0ZvAc30
若い頃にとんがっていたり、視野が狭かったりするの仕方ない点もあるんじゃないかな。
どうにも避けようの無い状況を経験して頭でっかちだったな、と気付くんだから。

事故つながりで新聞に載っていた医療事故の事例を一つ。
患者の取り違え事件の原因が、同じ病室に同じ名字の人を意図的に集中させていたというもの。
何故そんなこをしたかというと上層部曰く、緊張感が高まり、より注意するようになる、と。

わざわざ点滴などは口金の大きさを変えてウッカリミスを物理的に阻止しているのに
オーバーワークになると著しく低下する注意力を一層疲弊させるような措置を採るなんて
医療現場で働いた事のある人間の発想じゃない、とぞっとした。
そういう現場の意見の通らない雰囲気でずっとごり押してきたんだろうね。

348 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 14:54:29 ID:REOdqNzM0
あ、「事情聴取に」じゃなくて、「事情聴取中に」だった。

349 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 15:14:32 ID:qmNLclH+O
>>70

350 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 18:28:52 ID:my0/gY8R0
「マイ・フェア・レディ」

むかしのミュージカル映画(オードリー・ヘップバーン主演)は
ラストでイライザとヒギンズ教授が結ばれてハッピー・エンド。
でもなんか違和感ありませんでした?
歳が離れすぎてるし、お似合いのカップルじゃないよね?
どうせならフレディという貴族の青年と結ばれた方が
歳も近いし良かったのでは?と思いませんでした?
と思ってたら原作は違うんだって。作者は英国のノーベル文学賞作家バーナード・ショウ。
皮肉屋の彼が映画のようなハッピー・エンドの話を書くわけがない。
ヒギンズ教授に嫌気が差して逃げ出したイライザは
花屋の主人になりフレディと結ばれるらしい…

余談だけど、映画のフレディ役はジェレミー・ブレット。
若き日のシャーロック・ホームズなんだって。
数年前初めて知った時はびっくりしました。

351 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 18:41:16 ID:3mI8s1/FO
>>350
>>2

352 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 18:46:09 ID:NjZp6DpX0
>>346
万引き中学生とそんな風に育てた親が一番悪いよね。

353 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 19:42:21 ID:t742rBU80
>>328
確かB奥さんは野次馬から携帯を借りて実家に連絡を入れたんだけど
自分が今どこにいるかもわからなくなってたらしい

354 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 19:47:28 ID:CaBgdGCS0
万引きは犯罪じゃないからw


って真顔で答えたオレの彼女…

355 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 19:48:17 ID:Df52oDTo0
>>350
こりゃまた見事なマウントスノーだ

356 :1/2:2007/03/25(日) 20:01:46 ID:msYZvhVO0
「マイ・フェア・レディ」は有名(名作)映画だから
みんな知ってるかと思ったけど、goo映画より転載。
   ↓
イライザは花売り娘だ。
うすら寒い三月の風の中で声を張り上げて売り歩く。
ある夜、ヒギンス博士に言葉の訛りを指摘されてから、大きく人生が変った。
博士の家に住み込むことになったのだ。だが、今までの色々の苦労よりも
もっと苦しい難行を強いられた。何度も同じ言葉を録音するのだ。
博士の家に同居するピカリング大佐は親切で優しい。
ある日、イライザの父親ドゥリットルが娘を誘惑されたと勘違いして怒鳴り込んだが、
貴婦人になる修業をしていると聞いて喜んだ。
それから4カ月。イライザは美しい貴婦人として社交界へデビューした。
アスコット競馬場。イライザの美しさは群を抜き、名うてのプレイボーイ、
フレディでさえが彼女に付きまとい始めた。

357 :2/2:2007/03/25(日) 20:06:26 ID:msYZvhVO0
陰で彼女を見守る博士とピカリングは気が気ではなかった。
彼女の正体がバレたら、貴族侮辱罪で社交界から追放されるだろう。
彼女は誰にも気付かれず上手くやっていた。
ところが各馬がゴール寸前になって興奮のあまり、つい地声を出してしまった。
だが、それもご愛嬌で済んだ。
つづく大使館のパーティでは完全なレディになっていた。成功だ。
その夜、イライザは博士とピカリングの話を立ち聞きして驚き、怒った。
自分は博士の実験台にすぎなかったのだ。思わず邸を飛び出した。
博士は、イライザの不在に淋しさを感じ、彼女を愛する心を意識した。
録音器の訛りの多い声を静かに聞きながら心を痛めていた。
ふと、その録音器が止まった。イライザが涙を浮かべて立っていたのだ。
博士は飛んで行って抱き締めたい気持ちをこらえながら言った。
「イライザ。ぼくのスリッパはどこ?」

358 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 20:17:04 ID:C7P1S73h0
BASARAという漫画の外伝

本編は20世紀末に文明が滅んで数百年後、王族が民を苦しめ、
主人公たちがそれに歯向かい王制を崩そうとがんばる話。
外伝はその主人公のひいじいちゃんたちが若い頃の物語。

四人の青年たちが城に忍び込み、四神の名を持つ宝刀と、生贄の少女を盗むところからはじまる。
少女は嵐だか津波だかの日に生まれたために災いを持つ存在として
忌まれており、そのうち生贄にするために監禁されていた。
青年たちは宝刀をそれぞれ分け合い、少女を仲間にして時の王を討ち滅ぼそうと誓う。
少女も才覚があったのかめきめきと腕を上げ大きな戦力となった。

青年たちの名前忘れたので以下刀の名前で表記。
少女は白虎の刀を持つ青年に恋をするが、彼には既に子を身篭った妻がいて思いはかなわない。
朱雀の刀を持つ青年は、そんな少女の思いに気付きつつ、自分もまた報われぬ思いを少女に抱いていた。
玄武の刀を持つ青年は、王の部下によって捕えられた妹を心配しつつ、
刀の魔力にとり憑かれたかのように必要以上に敵たちを斬りまくり、血に溺れるような日々を送っていた。

青龍の刀を持つ青年は異国の女と恋に落ちるが、
彼女とそのお腹に宿る子を残して殺されてしまう。
玄武も騙されて妹を自分の手で斬り殺してしまい、
自分はもう刀を奮えないと刀を封印して地元へと去って行った。

女として一緒にいる事はできないが戦士としてなら白虎といると考えている少女は、
死を覚悟しながら白虎と共に、無謀すぎるという朱雀の声を無視して王軍に戦いを挑んだ。
白虎はその戦いの中で死に、少女は捕らえられて王の嫁にされた。
「仲間が次々と消え、まさに自分は災いを呼ぶ者 ならば王家にこそ災いを呼んでやろう」
と白虎の死に呆然としつつ少女はそう思った。

一人残された朱雀は次世代の戦士に期待をかけつつ地元で妻を得て子をつくり、
やがて反逆者として洞窟の中に監禁され、そこで苔をすすって何十年も生きる事になった。
本編であった場面に変わり、長い時の中で壁と同化したような状態になった朱雀は主人公に悲願を語った後に絶命した。

359 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 20:20:03 ID:1/PZg2H90
「革命は一代だけで起こせるものではない」という感じの深みを出すための外伝なんだろうけど、
登場人物がほぼ全員不幸になっていて読んでいて気分が悪くなった。
本編でキャラたちの子孫によって革命が果たされたので
キャラたちの悲願が達成されたわけでハッピーエンドはハッピーエンドなんだが

360 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 20:26:05 ID:SX6l0yIx0
>>346
確かその後もう一回店をやり直すんだよね
でも店主はその事件のトラウマから万引きを見つけても
咎められなくなってしまい、万引きされ放題になって結局また閉店する事になった。

ほんとに店主何も悪くないだろ…ともやもや

361 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 20:59:53 ID:1KH/xYMN0
>>360
それ実話?

362 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 21:03:17 ID:T63F9HmS0
>>361
かなり有名な実話

363 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 22:00:12 ID:82uF2CSL0
さっきSAW2と3連続で見たんだけど
後味悪いな、これ
見終わった直後『全く救われねぇ』って言葉出ちゃったよ

364 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 22:02:52 ID:rYvf2rsj0
静岡だったかな?その本屋

365 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 22:11:56 ID:cZjJLrWbO
>>321
チョソだし死んで当然。

366 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 22:18:43 ID:bnAiSiMB0
釣りクマー

367 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 22:22:15 ID:qfqm9+j40
帰ってきたウルトラマンの「怪獣使いと少年」という話
あまりに後味が悪いので、後日ウルトラマンメビウスで「怪獣使いの遺産」という続編が作られた。

368 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 22:24:45 ID:Df52oDTo0
>>367
またマウントスノー来ました

369 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 22:31:08 ID:pimdfKrVO
オレの友人の話なんだが、友人の家には女の幽霊も出るんだそうな、
それで、女の幽霊が出るのが嫌だった友人はお祓いをしてもらったそうで、
そしたら、女の幽霊は出なくなったそうだ
良かった良かった

370 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 22:35:35 ID:kBBDsgnFO
>>369
オカ板的に、後で旨味のあるネタが無くなって悪い話って解釈でいいのか?

371 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 22:45:46 ID:i0x9X4PKO
〜マウントスノー〜季節は春 価格7140円

372 :1/2:2007/03/25(日) 23:33:13 ID:rtp0cBgF0
「わらの女」カトリーヌ・アルレー
(昨年の昼ドラ「美しい罠」の原案小説)

車椅子の老人チャールズは巨額の富を持つ大実業家。
一方、彼の秘書アンソニーはチャールズの甥であり、義理の息子でもあった。
当然アンソニーはチャールズの唯一の財産継承者のはずだった。
しかし、チャールズは、アンソニーに2万ポンド残しただけで、
財産はすべて慈善事業に寄附すると遺言状に書いていた。
そんなとき付き添いの看護婦マリアがやってきた。
気位の高い女マリアを始めは、けむたく思っていたチャールズだが、
その率直さと美貌は次第にチャールズにとって、かけがえのないものになっていた。
アンソニーは、そんなマリアの気位の高さと野心を利用して、言葉巧みにマリアを口説いた。
チャールズにとりいり結婚して、遺言状を書き直させようというのだ。
むろん、その後には、アンソニーとマリアの甘い生活が待っている。
計画は着々と進み、2人は結婚した。遺言状もマリア名義に書き直された。
チャールズとマリアはアンソニーをともなって、
遺言状の登記をするために船でロンドンに向かった。
が、途中でチャールズは死んだ。
アンソニーの提案で、登記を完了するためチャールズの死を隠してロンドンに着いた。
アンソニーは登記のためその場でマリアと別れた。
マリアは死んだチャールズと共に邸でアンソニーを待った。
が、チャールズの様子に不審を感じた召使いの密告で、
刑事が邸に潜入しチャールズの死体は暴かれた。
その場にいたマリアは殺人の容疑で逮捕された。
帰ってきたアンソニーの証言も、マリアに不利になる一方であった。

373 :2/2:2007/03/25(日) 23:37:56 ID:rtp0cBgF0
この事件、実は、アンソニーによって巧みに仕組まれた完全犯罪だったのだ。
殺人の容疑で逮捕されたマリア。
面会に来たアンソニーから計画の全貌を聞かされ、自分は最初から捨て駒だったことを教えられる。
「誰に話しても信じないよ」と言うアンソニー。
マリアの必死の訴えは全て退けられ、絶望した彼女は監獄の中で首を吊って自殺する。

ラスト、元主人の遺産を継いで自由な大金持ちになったアンソニー。
今後の人生で女には気をつけようと思いながら、幸せいっぱいな気持ちになって終わり。


出てくる奴らが全員悪人なので、鬱になるらしい。

374 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 23:42:44 ID:6ungVjtR0
俺が書くよ。怪獣使いと少年
中学生3人が良という少年を見ているシーンから始まる。三人の話曰く、少年は宇宙人らしい。
穴を掘っている良少年に三人で半分苛めのような感じで話しかけるが無視するので、良少年が住んでいる廃墟に行こうとする。
すると良少年は二階へ行くな!とそれを止めるが、一人がそれを無視し階段を上ろうとする。
良少年が手を振りかざす二階に行こうとした一人は宙に舞う。良少年が手を下ろすと中学生も地面に落ちた。
中学生三人は「あいつが宇宙人ならもっと何かできるはずだ!」と言い、苛める事にする。
中々陰湿なもので、首から下を地面に埋めて泥水をかけたりする。一人がそこに自転車で突っ込もうとするとウルトラマンの中の人、郷さんが現れ苛めを止める。
何故苛めているのか郷さんが中学生達に聞くと、この少年は宇宙人だと言う。郷さんはMAT(よく知らないけど宇宙人対策みたいな団体)の制服を着ているので
郷さんは「自分がこの子の事を調べるから、もう今日は帰ってくれ」と言い、良少年と二人になり色々と話す。
良少年はなぜか穴を掘っていた。郷さんがその事を聞くと良少年は「ほっといてくれ。僕は宇宙人じゃない。生まれたところは北海道さ」と言い、郷さんと別れる。

「郷さんが良少年は宇宙人じゃないと言った」と、小学生から聞いた中学生三人はまた廃墟に向かう。
良少年は廃墟の中で一人ご飯を作っていた。中学生達はその鍋をひっくり返す。
良少年は3人を追い返すが、3人が連れてきていた犬に襲われる。外に出て廃墟を見ていた中学生達だが、中から犬が出てきて爆発した(犬が)


375 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 23:47:46 ID:6ungVjtR0

郷さんは隊長に良少年のことを話す。良少年は本当に北海道で生まれていた。父親が東京に出稼ぎに出たがその後、母親が死亡。その直後に父親失踪。良少年は一人、東京に来てあの廃墟で暮らしていた。
ここで隊長の名言「日本人は美しい花を作る手を持ちながら、その手に刃を持つとどれほど残忍なことをするか・・・」
隊長は郷さんに少年を宇宙人と苛めることから守ってやれ、と命じる。

良少年は商店街に買い物に出ていた。店の中からわざわざ出てきて後ろ指を差しながら「あの子が宇宙人だって」などと言う大人たち。
パン屋に行くが、「後で色々言われる」等と言いながらパンを売ってくれない。が、その店の若い娘がパンを売ってくれる。この話唯一救いのあるシーン。

良少年が廃墟に帰り、二階に行くと郷さんが居た。「帰ってくれ!」と言うが、そこにいた老人は「この人はもう全て知っている。私が宇宙人だと言うことを」
郷さんには一つ分からない事があった。なんで良少年が穴を掘っているのか。宇宙人らしい老人が全てを話してくれた。
老人は嵐の日に地球の大気を調べにやってきた。宇宙船を廃墟の近くに埋めた。大気を調べようとしたが、良少年が倒れていた為姿を地球人に変え介抱し、二人で暮らしていた。
このまま地球に住んでも良いと思えてきたが、汚れた大気によりもう死にそうだと言う事。宇宙船を地中から出そうにも、もうそこまで能力は使えない。
この話を聞いた郷さんは良少年と一緒に穴を掘る事にする。宇宙船を地中から出そうとしていたのだ。
良少年が言うには、老人はこの辺りに宇宙人も埋めたらしい。二人で穴を掘り続けた。

376 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 23:49:40 ID:6ungVjtR0

そこに大声を上げながら、大勢の町人がやってきた。中には警察官も居る。
郷さんも助けようとするが、多勢には敵わない。良少年は引きずられて連れて行かれそうになる。
そこに老人が来た。「私が宇宙人だ。その子は違う。私を連れて行け」と。良少年は泣き叫びながら止めた。「おじさん、出てきちゃ駄目だ!」
その時警察官の一人が撃った銃弾が老人に当たる。血を流した折れる老人、駆けつけ、泣き叫ぶ良少年。
その時、老人の埋めた宇宙人が地中から出てきた。火を吹き街を燃やす。先程の町人達も「あんたMATだろ、助けてくれよ〜!」
だが郷さんは戦おうとしない。ここで名言(勝手な事を言うな。あんた達が勝手におびき出したんだろ)
そこに隊長が現れ、郷に町が襲われている、と言う。走り出す郷。
ウルトラマンと宇宙人は戦い、ウルトラマンが勝った。爆発する宇宙人。

廃墟の近くで一人穴を掘り続ける良少年。「おじさんは死んだんじゃない、一人で星へ帰ったんだ。僕がついたら迎えてくれよ」
郷さんと隊長の話し声で終了。「いつまで掘り続けるんだろうか」「宇宙船を見つけて、汚れた地球にさよならするまでだろうな」


2ちゃんで見つけてこの話が入ってるビデオ買っただけだからMATの説明だとか詳しい事はよく分かりません、すみません。

377 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 00:02:33 ID:TN6hew6m0
なにやってんだろ・・・後半の宇宙人=怪獣です。すんません

378 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 00:12:33 ID:QtY23Bnw0
>>373
アンソニー以外は悪人に見えない。
自分の財産どうしようが爺さんの自由だし若い娘にうつつを抜かしても罪じゃない。
金目当てでも結婚して爺さんが死ぬまで待ってるつもりならマリアも悪人ってほどじゃないし。

379 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 00:35:09 ID:H6RpI3wD0
>>354
とりあえずソープに叩き売れ

380 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 00:45:29 ID:ajhzWEe90
どなたか「怪獣使いの遺産」の話もお願いします!


381 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 00:47:14 ID:MXOQODP+O
まず>>377に乙しようや

382 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 00:48:12 ID:c9d/onwg0
>>379
もしかしたら、最近の中高年に増えていると言う脳の機能低下による
万引き行動のことをいっているのかもしれないね。
盗んでやる、とかそいういう意思のもとでなく右足を出した後に左足をだすように
商品を持ったままふら〜と店でたり、仕舞い込んだりする症状があり
社会的に終わってしまうと言う事例は昔からあったんだが
最近その原因が解明されだしたとか。開き直りとかそういうのとは全然違うらしい。

自分でも知らないうちに、っていうのが恐ろしいな。

383 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 00:48:50 ID:ajhzWEe90
>>381
おっしゃるとおりです、ごめんなさい!

>>377、超乙!
夢中で読んでしまった!

384 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 00:59:24 ID:KOCNdZJhO
>>382
つ モラルの低下

385 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 01:11:59 ID:wVMD2K0A0
アメリカアニメ「ビーストウォーズ」
二つの敵対する勢力のロボットみたいな生命体が、とある惑星に流れ着いて戦っている。
彼らは生き延びるためにその星の動物と合体しており、そのためロボットの姿と動物の姿とに変身できる。
フルCGで妙なノリ満載のおもしろいアニメで、初回放映当時はフィギュアやゲームも販売されていた。

ある回で唐突にハヤブサキャラと別のキャラ(どっちも♂)が仲良く手をつないで、あきらかに仲むつまじくデートしていた(しかもその後どっちも死ぬ)
それを見たときはうろたえつも「さすがアメリカ、子供向けアニメにもマイノリティを登場させるんだ」と思いむりやり自分を納得させた。
ところが後から知ったんだけど、アメリカではもともとハヤブサは女キャラ。
なのに日本では女キャラのフィギュアは子供に受けないから、男ってことにしちゃえ」とばかりに
吹き替えに男性声優を起用して、男キャラにしてしまった。
しかしその後ハヤブサキャラと他キャラの恋愛シーンが…。
日本の子供たちがどう思ったかは知らないけど、なんかもやもやした。

386 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 01:22:39 ID:KOCNdZJhO
後のカバちゃんである。

387 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 01:27:10 ID:+r5syvbP0
「キリングフィールド」でレッドクメールから逃げ切った
ディスプランは、亡命先のアメリカの自宅前で
小金目的のチンピラ黒人ギャング達に撃ち殺されたんだって・・・

388 :367:2007/03/26(月) 01:42:41 ID:U2YDufVk0
あ、ごめん、みんな知ってるもんだと思ったから。あらすじの人サンキュー。

良少年は北海道出身=アイヌ
老人の名は金山=在日
脚本の人は沖縄出身だっけ?
いわゆる被差別な人を元に書いてる暗い話。


389 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 01:45:19 ID:v2WdX+Gy0
ここにいるみんなはお前の友達じゃないんだぞ

390 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 02:07:12 ID:6uF6vcjrO
>>389が良い事言った。

391 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 02:09:14 ID:KOCNdZJhO
>>388
どこのやつらもイラナイのばかり

392 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 02:11:25 ID:nyOgaFrvO
>>385
マジですか?!
普通にそういうもんだと思って幼き頃見てましたヨ…

393 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 02:28:20 ID:oeF+MhRx0
今夜の「スタメン」
多少脚色してるかもしれないけど、大体こんな感じだった。
みんな見ていて不快極まりなかったと思う。
  ↓
764 :陽気な名無しさん :2007/03/25(日) 23:41:16 ID:i5pPLMj7
阿川佐和子(生理上がり済みの婆)が浅田真央にしたインタビュー内容
「キム選手がしなやかで美しい演技をしてて高得点を出す
と誰もが思った瞬間失敗してしまって、喜んだ?」
「ショートの時日本中が期待してたのに
おもきっりお尻から転んで、酷い演技をしてしまってどう思った?」
(浅田は転んでない、3回転が1回転になっただけ)
「失敗して欲しいとか思ってるでしょ?」とか、
浅田に答え難い質問した挙句、無難な答えが返って来ると
「イイ子ちゃん発言ですかぁ?」 挙句に、安藤、浅田が着物を着ていて似合ってますとか言われると
「私も着物着ると綺麗なんです〜」とほざき
挙句には
「私たちもなんとか生きていきます」だって
大至急死んで!!!!!!

394 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 02:44:39 ID:cfRBD6eWO
>>200

395 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 02:49:33 ID:KWrYlTaO0
>>393
これは捏造ってことになってなかった?大田とか森永がイヤな質問したらしいけど、いつもの事だし

519 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/26(月) 00:46:47 ID:5AiNU0HG
>>503
「コケちゃって」とは言ったけど、「あ、コケてないですね、失礼しました」と謝罪してたよ。
「酷い演技をしてしまって・・・」「失敗して欲しいとか・・・」なんて言ってない。
「イイ子回答しちゃった?」と言ったのは、浅田が「生まれ変わってもまたスケートやりたいって
言ったけど、今思うと違うかも」と言ったことに対して。
阿川は優しかったよ!とは言わないけど、>>499 の捏造はあんまりだな。

私が酷いと思ったのは、森本なんとかって男の質問。
安藤美姫に「キム・ヨナが転んだときにやった!と思いましたか?」
演技を見てないので、と答えた安藤に
「でも点数が低いのはわかってたんでしょ?」
なんだか観てるこっちが恥ずかしくなった

396 :367:2007/03/26(月) 03:10:07 ID:U2YDufVk0
少しはぐぐれよ。

397 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 03:15:37 ID:nyOgaFrvO
うん、阿川さん自体は「コケた」って間違った位で他は特に目立ってイヤラシイ発言はなかったと記憶してる。
まあ、それなりの鋭い突っ込みはあったかもしれないけど…

メガネのおっさん(森本?)が必死に「キム選手が失敗した時正直ヤッタ!って思ったでしょ?」とか言ってたのが本当に腹立った。
未成年の子達にそんな発言をさせたがってたのが本当にムカついた。
何をさせたいんだあのバカメガネは

398 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 03:23:57 ID:xq8k+onVO
あの番組自体さむいから。他とは一味違うのよ、的なツラしやがって

399 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 03:57:05 ID:JRbSxCMP0
森永だな。あのオッサンの質問の仕方はキモかった。

400 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 05:33:10 ID:jn6eRkBE0
>>385
あれ、私がいる。
本放送当時と真実を知ったときは本当にモヤモヤしたなあ。


401 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 06:48:02 ID:rnNkRuNE0
>>396
>>1
ルール無視して開き直るなよ

402 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 08:34:47 ID:OIX8D3+B0
映画「クレイマー、クレイマー」(1979年)

ダスティン・ホフマン扮する夫は平凡なサラリーマン。
メリル・ストリープ扮する妻と7歳の息子の三人で平凡な生活を送っていた。
そんな生活に嫌気が差した妻が、ある日夫と息子を残し“自分探し”の旅へトンズラ。
途方に暮れる父子。
馴れない育児に苦戦したり、お互い反目し合ったりとギクシャクしていた父子だが、
やがて解り合い絆を深めていく。そして一年後、突如妻が「息子無しの生活は寂しすぎ!」と、
親権をよこせと裁判を起こす。夫の不注意で息子が怪我したことや、母親有利の判例が影響し、
妻が勝利。その判決に荒れる夫。しかし、息子の為を考え別れを決意。
最後の朝食を済ませ、妻が息子を引き取りに来るのを待つ。
やってきた妻は、父子で朝食を作っている姿を見て涙ながらに、
「息子のことを考えた結果、やっぱり連れて行けない。
 あの子はあなたといた方がいいと思う」(父子の絆の深さに負けた)
で、妻は息子を夫に託し、自分の住む町(新しい恋人の待つ町)へと帰って行った。


親の勝手なエゴで振り回される子供が一番不幸だね。
そんな話は現実に腐るほどあるけど。

403 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 09:02:21 ID:0wD+H3IC0
クレイマークレイマーはなぁ…
最初はフレンチトーストも作れなくて、グチャグチャになるんだけど
最後の方では手際よく二人でチャッチャと作って。
父は真剣に息子と向き合って、努力して
小さい息子も心を開いていって、母に捨てられたっていう傷をふさいでいく。
そんな時に母親が、本当に腹立たしい位に傲慢に親権を要求するんだよね。
「私は母親なのよフフン」みたいにさ。
見ながら「この母にとって子供はなんだ、おもちゃか!!」
って本当にムカついたが、
最後下に足がつかないソファーで、ちょこんと無表情に座って
母に連れられていくのを待ってる子供見て涙出たよ。
最後「やっぱり連れて行かない」って言った時も、感動よりも
「こんのクソ女!」って思ってしまった。
父子の絆がテーマなんだろうけど、それよりも
・バカは子供生むな
・法律と弁護士は信用するな
・子供は物じゃねぇ
がテーマだっていった方がしっくりくるわ。

404 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 09:17:07 ID:M6BGzQIXO
>>364
神奈川だよ。ウチ凄い近いんだよね……。

405 :やさしいななしさん@愛知:2007/03/26(月) 11:04:12 ID:jGiy5ejg0
>>320-338
>>交通事故

>始めに駆け付けた警察に「子供がまだ中に…」と訴えてるのに
>当の警察は「それでは名前と家族構成、事故状況を」と回りくどくて一向に対処しない
>それから来た消防や刑事に対しても訴え続けたのに皆同じ対応

今年の頭にやってた特番ですね。
残酷な話、最初に警察が到着した時点で手遅れの状況だったのではないかと思う。
それよりもやっとしたのは、再現VTRで上の引用文のように“警察→消防→刑事”って流れたけど
その流れの中に『マスコミ』が入ってなかったのが気になったかも。

406 :やさしいななしさん@愛知:2007/03/26(月) 11:04:45 ID:jGiy5ejg0
踏まえて
先日、愛知の中京テレビ?のニュースを見てたときのこと。
テレビ局の人間だったかが東名高速での交通事故に出くわし、
事故発生直後の、消防が来る前の近くに居合わせたドライバーの方たちによる救出活動を撮ったものを流していた。

VTRを見ていると救出活動に当たった男性が
「助けて! 誰か早く助けて! (≒お前らも早くこっちに来て手伝え)」
と叫んでいたのだけど、カメラの人はずっと撮影し続けてるんだよね。

ジャーナリスト精神ってすごいね。

407 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 11:19:43 ID:Le+rsz6J0
>>405
Aは寝ていただけなのに・・・何もできないのは当然といえば当然

どう見てもあの眉毛ボサボサの奥さんが犯人だろ、

それとも、視聴者の裏をかいて、真犯人はやっぱりBだな、ぶ○くのBだからな

408 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 11:23:13 ID:h6OGA8KFO
>>406
それって東海テレビじゃなかったっけ?間違ってたらごめん。
俺もそれ思った。救助してた人はカメラのほうに向かって「ちょっと誰か手伝って!」って
言ってた気がする。

409 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 11:35:13 ID:UotI6OfUO
>>406
自分も見た!
明らかに撮影してる人に向かって(こっちに向かって)
救助手伝うように必死で助け求めてんのに
ずっと撮影し続けて人間としてちょっと怖かった。

410 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 12:51:01 ID:QOsGIC8k0
そうやって責められて自殺したピューリッツッァ賞カメラマンがいたね
いや日本のマスゴミなんか何の報道意識も持って無いんだからそこは助けるべきだけどね

411 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 13:18:44 ID:c9d/onwg0
月並みだけど、その報道がなければ事故をリアルに感じることもなかった可能性もあるわけだしね
誰かを批判する時に批判しやすい方へ流れるのは良くあることだ
釈然としないものを感じたにしても自分はその場に居ることすら出来なかったことを思うと
迂闊なことは言えないだろうな

412 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 13:23:45 ID:617msoLLO
だいぶ前に読んだ小説。

主人公はある日自分の家系は40歳までしか生きられないことを知る。
やけになった主人公は多くの犯罪を犯す。
40歳の誕生日をもうすぐ迎える頃、死ぬときは自分の故郷で死のうと思い久々に帰る。
亡くなった母からの手紙が残されていたことを知る。
『ここに嫁いできたとき、あなたの父親の家系の話を聞いて私はゾッとしました。悪いことだと思いながらも私は長寿な家系の人と不倫をしました。あなたはお父様の血を引いていません。だからあなたは何も心配することはないのですよ』


413 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 13:32:58 ID:BjVNS0heO
別に話すネタもないけど、親に昔「子供つくる気なかったんだよねぇ」と言われたなぁ。言われた当時は、食事中でわいわいしてたから気にしなかったけど

414 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 13:42:17 ID:Zy7mpNcs0
>>412
星新一だね。

415 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 14:03:34 ID:CUnJyAEN0
>>412
イヤそれは後味悪くないだろ・・・

416 :ホームアウェイ 1/2:2007/03/26(月) 14:21:33 ID:28WMBxJi0
うまくまとめられないが…

『ホームアウェイ』森村誠一

ある一家(夫婦、長男、次男の四人家族)が郊外にある新興住宅地の団地を購入して
引っ越してくるが、開発が進まず、陸の孤島化していく
(住民はその家族と若い女性の他は老人ばかり)
その前後で、下記事件が起こる。
事件@ 幼女が用水路に落ち死亡(団地のある地域ではない)
事件A レイプ・ひき逃げ事件(団地のある地域ではない)
事件B 陸の孤島と化した団地内をサーキット化した暴走族のひとりが
     木と木に結ばれたワイヤーにより死亡
事件C 団地に住む寝たきり老人が死亡する
事件D 寝たきり老人を世話していた団地に住む若い女性の失踪(後に殺人とわかる)
事件E 団地の近くに住もうとしていたホームレスが殺される(集団暴行された)
その他団地内で次々と老人が死んでいくんだが、その内容はここでは割愛。
@Aの管轄の刑事とB以下の管轄の刑事が情報交換等をしながら
事件を解明していくんだが…

417 :ホームアウェイ 2/2:2007/03/26(月) 14:24:28 ID:28WMBxJi0
@の犯人…次男。
 幼女とは仲がよく、引っ越しの話を聞いた幼女が悲しんでいるのを見て
 ひとりで残すのはかわいそうだと、用水路の蓋を加工した。
 (補足:次男、幼女とも他に友達がおらず、いつもふたりで遊んでいた)
Aのレイプ犯…長男
Aのひき逃げ犯…夫 ・ 共犯…失踪した女性。実は夫の(元)愛人。助手席に乗っていた
B…次男(団地では自分達を救ってくれたヒーロー的扱い)
C…Dで失踪した女性
  (寝たきり老人は、一家が前に住んでいた場所に住んでいた。
  ひき逃げの時、助手席にすわっていた女性の顔を見ていた)
D…夫
E…夫+団地の住民たち 
 (ホームレスは、ひき逃げの時、夫を目撃。夫に自首を勧めにきていたが
 保身の為、ホームレスへの嫌悪感が強まっていた住民たちを煽って殺害)

という結末で、ひとり残された妻は、この場所がいけないんだ、ここにいては、私まで狂ってしまうと
引越しを決意し準備を始める(実は、前々から引っ越したいと言っていたが夫に止められていた)
準備をしていると、インターフォンがなり、出てみると団地住民である老人たち。
「引っ越さないでくれ。あなたが出て行ってしまうとここは本当に姥捨て山になってしまう」等
引き止めるが、妻の意思は固く承諾しない。
すると、老人たちは、「それなら仕方ない」とばかりに、出て行かないと決めるまで、監禁することにする。
監禁されてしまった妻は「やはり、ここは人を狂わせてしまうんだ」みたいなことを思って終わり。

妻以外の家族全員が犯人だったというだけでも後味ワルーだったのに、監禁って…妻カワイソスってオモタ


418 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 14:49:10 ID:jn6eRkBE0
>>417
ホームアウェイキタ━━━(゚∀゚)━(∀゚ )━(゚  )━(  )━(  ゚)━( ゚∀)━(゚∀゚)━━━!!!!
あの小説だけは勘弁してください。トラウマスイッチ発動です、本当にありがと(ry

これがダメな人は同じ森村誠一の「ファミリー」と
違う人のだけど「暗鬼」って本もダメだと思う。
巻き込まれ・ループ型バッドエンドだけは勘弁な。

419 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 14:58:06 ID:KOCNdZJhO
>>418
妻が悪い。
夫の操縦、子供の教育、すべて妻の責任。


420 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 15:05:22 ID:T3d9y/tX0
>>419
そんな事を書くあなたが怖い・・

421 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 15:09:11 ID:MXOQODP+O
>>419
細木カズコみたいなこというね
あのバアサン家庭関係の相談はぜんぶ「母親が悪い」って言い切ってたよ

422 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 15:10:12 ID:rVSw3llO0
またビデオの話ですまん。
15年位前かな。面白ビデオつって、視聴者からのビデオ投稿が隆盛してた頃。
最初は色んなジャンルがあったけど、一番ウケるのはやっぱ子供。
子供が何かしようとしてできなくてでも頑張って…という微笑ましいものは確かによかったんだけど、
そのうちウケを狙ってエスカレートしていって、
転んだりぶつかったりして、火がついたように泣いてる我が子をケラケラ笑いながら撮影し続ける親続出。
子供が泣きながら移動しようとしてまた転んでの悪循環を繰り返していてもカメラが優先。

ブランコから落ちた子供が、戻って来たブランコに2回も3回も殴られてるのに、
助けもせず駆け寄りもせずずーっと遠方でカメラ構えてるんだよ。
固定のカメラじゃないのは手ブレでわかるし。

投稿ビデオ専門の番組や特番がばんばん組まれてたけど、
採用や賞金のためなら我が子も道具って親が胸糞悪かったなぁ。
視聴者が飽きたのかクレームが多かったのか、いつの間にかそういう番組なくなった。

423 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 15:10:39 ID:G1Ed0c7b0
>>411
部外者が事故をリアルに感じる必要性より
その場に居合わせた者が救助を頑張る必要性の方が高くない?

424 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 15:17:21 ID:d0KvhQG/0
>413
自分は「社会的な義務として子供を作った」って言われたよ


425 :1/3:2007/03/26(月) 15:54:04 ID:0wD+H3IC0
夫と結婚して半年位した頃
夫が目がおかしいと言い出した。
眩しい物を見た後、光の残像で見え難くなるよな
状態が続いていると。
車の運転も危ないので私が街の眼科から大きな病院まで
連れて行ったが原因すらわからぬまま更に半年が過ぎた。
症状は良くも悪くもならずで仕事も出来ず家で療養していた。
完全に目が見えない訳では無いので散歩や居酒屋に言ったりして
生き抜きをする事はあった。

426 :2/3:2007/03/26(月) 15:55:52 ID:0wD+H3IC0
しかしだんだん仕事も出来ず私に頼りっきりの自分に負い目を
感じるようになっていた夫は私に離婚を申し出ました。
私は「病気なんて何時誰がなるかわからない!今はたまたまアナタが
病気なだけで、気にしなくて良い」と言いましたが夫は私への負い目に
加えプライドが自分の立場を許せないのだと言い、聞きませんでした。
それから夫婦仲もギクシャクしだして結局、離婚する事になってしまいました。
相変わらず目が見え難い状態の主人のこれからを考えると慰謝料や
財産の分配も一切せず、私は身一つでアパートを借り引っ越しました。

427 :3/3:2007/03/26(月) 15:58:05 ID:0wD+H3IC0
それから一ヶ月もしないある日、元夫が運転する車とすれ違いました。
助手席には療養中も行っていた居酒屋で働く女性が乗っていました。

元夫の目が治ったのか!?と言う喜びがあった反面もしかしたら私と
別れ居酒屋の女と付き合う為に目の見えないフリをしてたの?
と思い、元夫の友人にそれと無く聞いてみたところ、
夫は私と分かれてすぐに居酒屋の女と結婚したとの事でした。

元夫に会い、その事を問いただすと開き直り、最初から離婚するつもりで
私を騙した。今は離婚も成立している。今更なにを言われても遅い!と。

今はあの男が憎くてたまりません。

428 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 16:02:08 ID:sHq1d2Ak0
詐欺じゃねえか
訴えろ!

429 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 16:22:04 ID:SEVVUDPxO
>>387ゴメ…レッドクメールWWWゆとり教育WWW

430 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 16:29:48 ID:KOCNdZJhO
>>425
馬鹿は死ねば?


431 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 16:34:18 ID:a4NndK6T0
死ね言うやつって馬鹿 馬鹿は死ね

432 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 16:37:16 ID:2Us3AuN/0
>>425-427
不倫も虚偽による離婚も、離婚が成立した後からでも訴えられるし、
別に後味悪いってほどじゃないんじゃないの?
むしろ、こんな男だって早めに分かったし、
慰謝料多めに取れる事になって後味良いじゃん。

433 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 16:38:58 ID:BbG1+43qO
いい女は逆に悪い男にひっかかりやすいから
でも最低最悪な男!同じ女として許せない

434 :名無し職人:2007/03/26(月) 16:39:12 ID:uKpCX+270
>>431も馬鹿なんじゃん(笑)

435 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 16:42:01 ID:CUnJyAEN0
>>431
自殺イクナイ(・∀・ )w

436 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 16:46:43 ID:KOCNdZJhO
単発IDが多いスレはここでつか?


437 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 16:54:28 ID:a4NndK6T0
>436 死んだ?

438 :425:2007/03/26(月) 16:58:03 ID:2v+Ye+Xm0
>>432
わかりました。しっかり弁護士さんに相談してみます。
ろくに調べもせず、あの男の言った事を真に受け
離婚が成立したから手遅れなのだと思っていました。

実はオカルト板に来たのも法律が駄目ならあの男を
呪う方法が無いか知りたかったからなんです。
落ち着いて考えてみると馬鹿ですね、私。

439 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 16:59:27 ID:a4NndK6T0
確かに馬鹿だな

440 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 17:00:31 ID:ST7MHCjJ0
>>438
とIDが違う人が返答してみる今日この頃

441 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 17:03:45 ID:hZoc9AEw0
>>438
泣き寝入りすることはないよ。
慰謝料とってやりな。
その上で気持ちが治まらなかったら、呪い殺してやればいいさw

442 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 17:04:05 ID:euXNCIZG0
>>425-427

そんな糞旦那を選んで結婚したみるめが無い君に
感動した


443 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 17:26:21 ID:PGYIGkJ70
そんなことより俺と結婚してくれないか?

444 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 17:34:31 ID:WDxKVce30
>>442
童貞がなに言ってるんだか

445 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 17:39:27 ID:TPx0qm4V0
と、素人童貞の>>444が、ほざいておりますwww

446 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 18:00:16 ID:euXNCIZG0
>>425-427

そんな糞旦那を選んで結婚したみるめが無い君に
大笑いした



447 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 18:08:27 ID:TPx0qm4V0
>>425-427

そんな糞旦那を選んで結婚したみるめが無い君に
勃起した

448 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 18:19:23 ID:c9d/onwg0
人の本性ってのは、普通に付き合っているだけではなかな解らんもんですよ。
一生に一度あるか無いかの大事件に遭遇して初めて見えてくるものもある。

>425
元夫から遠慮なくむしりとってやればいい。
婚姻関係にある間にそれと知りながら不倫していたなら相手の女からも取れたはず。
弱気になる必要なんか一欠けらもないよ。

449 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 18:24:04 ID:Chykna6x0
ID:c9d/onwg0のレスを抽出すると後味が悪いな。

450 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 18:35:08 ID:CUnJyAEN0
>>449
ちょっとなw

451 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 18:35:31 ID:PCyJqImR0
>>425-427
>>403

452 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 19:03:32 ID:S1Qb82oG0
>>411,448だけでしょ あブラウザによっては他スレ他板のレスまで抽出できる機能があるのかなw

453 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 19:23:21 ID:c9d/onwg0
後味の悪いレスを続けてしまったようなので基本に立ち返った話題を振ってみる。

「豚の島の女王」という小説。
無人島で異形の人骨が見付かり、未知の人類かと思われたが
実際には漂流者達の成れの果てだったことが手記により判明した、というもの。

漂流者は四肢欠損の女(聡明な美人)、巨人の男(やさしくて怪力)小人の男二人(嫉妬深くてすばしっこい)。
それぞれ紆余曲折を経て同じサーカスで働いており、移動中の船で事故に遭った。
巨人のお陰で無事島までたどり着いたのだが、そこは野生の豚が生息する無人島だった。
女の知恵と適切な指揮の下、巨人と小人の協力で何とか生活は安定してくるが
女は力強さを見せようと躍起になる小人達よりもやさしさを示そうとする巨人に
髪をとかして貰うのを好んでいたことから小人達は巨人に嫉妬するようになる。

結局、女が話して聞かせた異国の物語をヒントにして小人達は巨人を殺してしまう。
その後、お約束のように小人達も仲間割れや獲物の襲撃などで命を落とす。
一人残された女は事の顛末を口を使って書き留めて(これが最初に出てきた手記)
やがて訪れる死を受け入れる。

454 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 20:00:23 ID:JGPurZ2pO
>>452
あるよID検索。ブラウザの機能とは別に

455 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 20:22:18 ID:BbG1+43qO
男って馬鹿だから都合が悪いとすぐ逃げようとする人多いけど
そんな人ばかりじゃないから、気持ちを腐らせないで下さいね。
ここの人達に呪いの方法なんか聞いたって、馬鹿とヘタレばかりだから全っっ然意味ないです
もっと弁護士や頭の良い人、信頼出来る人に相談してみて下さい
あとここの男達の言う事いちいち真にうけちゃ駄目ですよ
頑張ってね

456 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 20:28:14 ID:ElIci4650
>>455
オトコ・・!そこも・・・あ!! が!んっ!!

457 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 20:38:31 ID:2cokvQVjO
>>453
これで終わり?
どこが後味わるいのか解らない

458 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 20:38:59 ID:S1Qb82oG0
>>454
ああ、ニュー息でよく抽出してるようなのね。オカ板でも使うやついるんだなあ。

459 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 20:44:20 ID:CUnJyAEN0
>>458
そこシツコく食い下がるようなトコかぁ?w

460 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 20:49:36 ID:SIEDOeV80
これは後味の悪い流れですね

461 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 20:53:16 ID:PT0LJjKWO
おまいらそんなことより世にも奇妙な物語はじまるぜ!

462 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 20:56:34 ID:MXOQODP+O
わーい

463 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:03:10 ID:S1Qb82oG0
>459
しつこいかあ?単に感想書いただけだろうがw

464 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:03:45 ID:SIEDOeV80
>>463
しつこいしウザい

465 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:08:06 ID:S1Qb82oG0
>464
うざいうざいと言う奴がうざい

466 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:09:13 ID:S1Qb82oG0
>>449,450がわざわざ抽出したレスはどんなのだったのかしら

467 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:11:40 ID:SIEDOeV80
>>465
小学生か?

468 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:20:27 ID:T4/pSAQiO
お前らそんなことやってないで早く世にも奇妙な物語見てみろよ。

469 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:22:24 ID:NLgLAHk4O
>>465
ガキかお前は

470 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:42:11 ID:4S3fHZ3H0
「白夜行」東野圭吾
(昨年のTBSドラマの原作)

とある廃墟で中年男性が殺害されたことから物語がはじまる。
実は犯人は当時小学生だった被害者の息子。
被害者は幼女愛好家で、被害者の息子の友人の少女と関係を持っていた。
(少女の母親がセッテングしていた)

…というのが真相で、この事実が伏せられたまま、
二人の視点からは描かれず、他の登場人物達によって
話が十数年にわたり綴られることになる。

二人が共犯であるのは絶対の秘密だが、時々勘付かれそうになると、
あらゆる手段を使って、殺人を犯してでも揉み消そうとする。
実行するのは常に少年で、命令するのは少女。
少女は自分にとって不都合な人物を少年に潰させる。

例えば売春を強要した母親、売春相手。
中学時代に噂を流した同級生。
自分より美人になりつつあった同級生。
最初の結婚相手、再婚相手の子供…

ラストでは成人し、なにもかも上手くいっている彼女のところへ、
父親を殺害して以来、ずっと日陰を歩いていた男性が現れ彼だけ事故?で死亡する。
女性は彼を見て、「知らないわ、こんな人」と刑事に告げて去ってしまう。

471 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:48:30 ID:c9d/onwg0
>453
異形の姿のため一般社会からはじき出され、サーカスの一座として助け合っていた仲間同士が
たった4人で協力し合わないと生きていけない状況なのに仲間割れの末自滅していく様が
じわじわと来たので選んでみた。主人公が気丈に理不尽を受け入れるところや
四肢欠損というビジュアルインパクトの所為もあったかもしれない

>466
今日のオカ板はここしか書き込んでいないので上にあるのが全てのはず
園芸やハンドクラフトには出入りしたけどID違ってるし、一体何を見たんだろうか
ここのスレ好きだからつい一日に何回もリロードしてしまい
結果として余計なレスをつけすぎたのかもしれない

472 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:51:32 ID:asAIL7rR0
あれだ、万引き犯に同情してみたり
人が目の前で死んでるのをただ見てる報道カメラマンをかばったり
人を見る目がない女性をかばったり
何に対しても「彼らにも事情があったんだよ」ってスタンスがうわーと思った。
んで更に話を逸らそうとネタ投下したところが、またうわーと思った。

473 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:57:15 ID:qxBgznlR0
>>470
それ飛び飛びで見てたけど
少年のそこまでの忠誠心はどこからくるの?
少女への恋心?

474 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 22:11:30 ID:6uF6vcjrO
>>473
うろだが確か最初は少女も少年の為に誰か殺害してたんじゃなかったっけか。
交換殺人。
だから強烈な仲間意識?とか共犯意識?みたいなもんじゃないかなと。




475 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 23:02:03 ID:BbG1+43qO
親父を殺した男をかばうために自分の母親を殺して
母親を犯人に見たてたんだよ

476 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 23:18:57 ID:j3f2z/1s0
犯人に見立ててどうするw
「仕立てあげた」んだな


477 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 23:22:23 ID:MXOQODP+O
>>470
ドラマでもそのまんま親父と小学生幼女の設定だったの?
さすがにテレビ放映では中学生くらいに引き上げてそうだと思ったのだけど

478 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 23:38:00 ID:BbG1+43qO
>>476
うん。それそれ

479 :やさしいななしさん@愛知:2007/03/27(火) 00:24:13 ID:SVj2ULTe0
>>408-409
愛知は詳しくないんで東海の方だったかもしれません。間違えてたらごめんなさい。
最初、「たすけて!」と聞こえたとき事故者が叫んでるのと勘違いしたくらいです。
それほど必死に救助活動してたのが観てるほうにも伝わってきた。
ただそれはカメラマンの技ではなくて救助者の想いの強さだったのだと思う。

>>410-411
『ハゲワシと少女』ですね。(ttp://blog.at-globe.com/index.php?itemid=82796)
美術論で議題としてあがったことがあったので、先のレスのときに思い出しながら書いてました。
簡単に答えが出るものでもないんですがね。私がマスコミ嫌いなんです。

480 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 00:24:55 ID:TVaybZlz0
見ると死ぬ】製作者死亡説のある謎の映像
http://www.extra-file.jp/reviewc/07/03/26_01_td/index.asp

481 :やさしいななしさん@愛知:2007/03/27(火) 00:25:02 ID:SVj2ULTe0
>>470-478
>>白夜行

少年は自分の父が少女を傷つけたことに対して後ろめたさも感じ、
少女もまた自分の為に手を汚した少年に対して後ろめたさを感じていたと思う。
お互いがお互いを守るために罪を重ねていく。
確かラストに成人した少年は追い詰められて自殺っぽい死に方?をしたのだけど。
それは少年が最期に自分ひとりで罪を被って死んだのじゃないかな。
少年が少女の犯行を立証する最期の人間だったわけだからね。
そして少女は少年の意を汲み取って生きることにした、のかも。

あと470はヒロインが「上手くいってる」ように見えたのかもしれないけど、
経済的に満ち足りているからと言って幸せと言うわけではない。

482 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 01:45:32 ID:WBIdBOy6O
世にも奇妙な物語は相変わらず後味悪くて最高ですた( ^ω^)

483 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 02:50:20 ID:TVaybZlz0
>>482
もうマンネリ化してつまらんかった

484 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 03:06:57 ID:BBye2Lf+O
最近の世にもは先が読めて萎える。昔より捻りが弱くなった気がする

485 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 03:08:32 ID:LalGr4eL0
>>482
え、ピザ小僧って店名だけで死ぬほどおもろかったぜ。
その後は見てないけどな。

486 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 03:20:39 ID:UlnfdnDL0
>>483
それはあるね
けどまぁ仕方のないことなだ

487 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 03:48:06 ID:wmuWmgPrO
今日の世にも〜の一番最初の才能飴のやつ、
後味悪いの期待して見たのにハッピーエンドで後味悪かった。

内容自体は後味悪くないから書かないけど。

488 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 05:20:19 ID:CPhpY7e80
>>485
ピザ小僧自分もワロタwww

489 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 09:07:11 ID:0fHTtbk+0
>>487
あれは主人公が妄想した犯罪計画に穴がありまくるところが後味悪いんだ、たぶん

490 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 09:21:30 ID:AQh5K/DUO
そろそろ
「見てないから見た奴だけで盛り上がってずるいおじさん」
が来るからよい子はおうちに帰りましょう。

491 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 09:27:08 ID:5qmame+h0
小学生の頃、なかよしで読んだ話。

ニンジンが嫌いな男の子がいました。
ある日、おやつにニンジンが丸々1本出されました。
母親は「それはチョコケーキよ。」と頑なに言うので、食べてみると
確かにチョコケーキの味がしました。
その日を堺に、男の子は食べ物全てがニンジンに見えるようになったのです。
夕食のハンバーグも全部ニンジンに見える…等。
ある日の食事で、知らず知らずの内に本物のニンジンも食べ、母親に
「ちゃんとニンジン食べてるじゃない。偉いわね。」
と褒められ、「ニンジンが食べれるようになったんだ!」と喜びました。

その頃から、男の子には、猫や鳥もニンジンに見えるようになりました。
それを見ては「あれもおいしいのかなあ…。」と思いました。

ある日の朝、母親の声で目を覚ますと、そこには大きなニンジンがありました。
食べてみると、とても美味しくて「こんなにおいしいものがこの世にあったなんて!」
と感激しました。
朝食を食べに行くと、テーブルに新聞を読んでる大きなニンジンがありました。
そのニンジンが、だんだんと父親の姿へと戻っていきました。
父親は優しい顔で「おはよう。ママはどうした?」と聞いてきます。

男の子の部屋には、顔、腹、足を食べられた母親が横たわってました…

母親を食べ殺して、しかも美味しかったという…
なかなか強烈な話で、10年経った今でも忘れられません。



492 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 10:34:58 ID:/3Z+uU5l0
>>491
トラウマスレで殿堂入りしている「にんじん大好き」だね

493 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 12:06:19 ID:/4RTAiJL0
赤川次郎の小説だったと思う


女性は小学校低学年ぐらいの頃に父に性的虐待を受けていた。
それを友人に打ち明ける。
友人は女性を苦しめる父をなんとかして逮捕させたいと考えるが、
この事を公にすれば実の父にレイプされた者として女性が世間から奇異の目で見られてしまう
友人はこっそり暗闇の中で女性と入れ替わり、女性の父親にレイプされようとした。
自分が被害者になって大人に泣きつけば、
女性を傷つけずに父親を逮捕させる事ができると思ったのだ。
しかし結局父親に入れ替わっている事がばれてしまい、
友人は父親にレイプされた上に殺されて埋められてしまう。
その後も父親から女性への虐待は続いたが、
父親はロリコンなのでやがて成長した女性に興味をなくして虐待は終わり、
女性は自分の心を守るために虐待されていた記憶を忘れ、
そして友人が被害にあった事すらも忘れてしまい、
ただ「行方不明になった同級生がいたっけ」程度の事しか覚えないまま大人になった。

494 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 12:14:05 ID:plmfXihM0
>>491
母親は抵抗もせず悲鳴ひとつ上げずに食われたのかねぇ
と思った

495 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 12:38:58 ID:i5Liv5H40
赤川次郎ってそんなダークな話し書くんだ〜

496 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 13:01:38 ID:UTIa1ucM0
赤川次郎、最近は知らないが20年くらい前はダークなの沢山あったよ。
自分がなんとなく憶えているのは2つある(詳しい人フォローヨロ)。

「暴力教室」
名門小学校に赴任してきた女性教師の話で、
学校の裏事情(優等生グループが犯罪まがいの悪さしてて校長ぐるみでそれを庇ってるみたいな)
を知ってしまってそれを公表しようとしてがんばるんだが
ある夜学校から帰宅途中に生徒らしき子に刺されて瀕死。
「でもどうにか公にしたい…」と学校の方に這いずって戻って行く。
んで翌朝「○○先生はお休みで校長先生が授業をします」な状況の中、
必要があって教室のロッカーを開けたらそこから教師の血まみれ死体がポローン…

あとタイトル忘れたが、女子高生が主人公で、ちょっと悪めの彼氏がいるんだが、
ある日デートの待ち合わせ場所に行ったら
彼氏だけじゃなく彼氏が関わってる暴走族グループもいて
彼氏がしたポカの代償として輪姦される話。

497 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 13:19:25 ID:UTIa1ucM0
あと既出上等で書いちゃう。赤川次郎原作の松本洋子漫画で読んだ「殺人よこんにちは」。

母親と、その愛人の若い男とともに、海辺の別荘にやってきた女子高生ユミコ
(父親が突然死んでそれを癒すため、みたいな。でもどうも父親は母親+愛人に殺されてるっぽい)。
愛人とどうも気が合わないユミコだが、のちユミコの親友も遊びにきて、
好色な愛人はその親友に目を付ける。
そしてある日ユミコは親友が愛人にレイープされたのを知る。

愛人を岩場に呼び出すユミコ。
適当なことを話しながら岩の窪みにライターを落としてそれを愛人に潜って拾わせる。
拾って窪みから頭を出したのはいいが、肩から下が抜けられない。
焦る愛人にユミコは
「入ることは出来ても出ることは出来ないのよ、もうすぐ満ち潮になって頭の上まで水がくるわ」
と言いそのまま見捨てて別荘に帰る。一夏が終わった…

498 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 13:21:13 ID:krjUwAGc0
赤川次郎はライトノベルの走りだよな。まだ生きてんの?

499 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 13:24:34 ID:XibVFfMa0
三毛猫ホームズもたまに後味の悪い話あったな。手元にないんで書けんが。

500 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 13:29:22 ID:vEiexmAbO
赤川次郎は作家部門の長者番付でいまだトップに入ってるよ。
三毛猫ホームズみたいな若い子も気軽に読める
軽い作品を書く人ってなイメージがありそうだけど、
確かにダークなのも多いよね。
内容はあまり記憶にないから書けないけど、白い雨とか夜とか。
あと、軽いものがほとんどだけど作品の9割くらいに性描写がある。

501 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 13:34:31 ID:Ubd+bAKi0
赤貝次郎は中ニ病作家

502 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 13:45:13 ID:krjUwAGc0
あれだろ?
警備員がよそ見しているうちに侵入したとかいうトリック(?)を惜しげもなく書きまくるミラクル作家だよな。

503 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 14:07:23 ID:RTR345ha0
でも、売れるんだよ。

504 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 14:09:39 ID:5qE6csT50
家をクレーンで持ち上げ斜めにして、被害者がそのまま転落死?っていう
素敵な密室殺人のトリックも赤川さんだっけ?

505 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 14:23:55 ID:Ubd+bAKi0
ビルを傾けてクルーンの調整を狂わせたのも赤川さん

506 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 14:25:07 ID:YIqNhfoK0
三毛猫ホームズの飼い主事件に巻き込まれすぎ。

507 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 14:27:46 ID:Mztqf3CmO
刑事だから事件と無縁な方が不思議だがなw

508 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 14:31:23 ID:YIqNhfoK0
まぁなw 三毛猫ホームズの騎士道とかも後味の悪かったな・・・。

しかも鉄の処女が閉じると同時に落下てありえないやろ。
どっかひっかかるやろ。

509 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 14:32:45 ID:hHeTQc6jO
赤川次郎の話って
主人公が綺麗だがちょっと気が強く、おてんばさん。
そんな主人公に想いを寄せる彼がいて、主人公もちょっと好きだけど気が強いから素直になれないよ
…っていうの多いよね

510 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 14:36:29 ID:krjUwAGc0
赤川次郎の話に出てくる中学生はほとんどセクースしてる。
逆に高校生はあまりしてない。よくわからんw

511 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 14:59:29 ID:5vqjDO+Y0
>>501
赤川次郎をことさら馬鹿にしたがる読者が中二病だろ。
あれはあんなもんだと思って付き合うのが大人のたしなみかと。

512 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 15:11:35 ID:4NEwdeiVO
大人は読まんだろ

513 :1/2:2007/03/27(火) 16:02:10 ID:/4RTAiJL0
そこで自他共に認める中2病漫画家の鬼頭莫宏ですよ
ttp://bokurano.jp/img/garally/pv3/pv6448.html
もうすぐアニメ化する「ぼくらの」より。

15人の少年少女が動力源は操縦者の命という未知のロボットに乗って
「負ければ地球滅亡 勝っても死ぬ」という戦いを行い、どんどんキャラが減じていくという物語。
個人的に一番後味が悪かったのはマキ編

度重なる戦いの中で、実はパラレルワールドにある同じ「地球」同士が、
お互いの可能性を摘み取るためになんらかの大きな作用によって戦わせられていると判明。
今までは対戦相手は未知の化け物だと思っていたが、世界は違うが同じ人間なのだと知り、
次の操縦者であるマキは少々戦意を削がれる でも家族のためにも戦おうと決意する。

マキはかつて虐待されており、今育ててくれているのは養父母。
父母は長年子供ができなかったのでマキを引き取ったが、
マキに励まされ不妊治療を再開、今男の子を身篭っている。
生まれてくる弟の生きる世界を守るためにも戦わなければとマキは思う。
そして、出きる事ならば死んでしまう前に弟の姿を一目見たいと。
今すぐ産んでもらうというのは流石に無理なので、その他の心残りをなくそうとする。
たとえば、女の子らしい服装をするなど。
マキはいつもボーイッシュな服装ばかりしていた。
それは、女の子らしくある事が、産むだけ産んで自分を捨てた母に繋がるような気がしていたから。

同じく操縦者である少年の家を訪れる。彼は妹のカナに殴る蹴るなどの暴力を奮うDQNな兄貴。
自分の妹のようにカナを大事にしているマキにとって、その兄妹の関係も心残りだった。
「あたしの親があたしを叱る時にどれだけ勇気がいると思う?
 あんたは血の繋がりに甘えているからそんな風に暴力が奮えるんだ
 あたしはカナちゃんのためにも戦うから、あんたはもっとカナちゃんを大事にしてやって」と言う。

そんなこんなするうちに、母が産気づいた。戦闘前に弟の姿が見れるかもしれないと喜ぶマキ。
「はじめてお母さんに赤ちゃんができるね」と喜ぶマキに父は「二人目だよ もうお前がいるだろう」と父は言う。
そんな父の言葉に感動するものの、敵が出現しマキは戦いに向かう事に。

514 :2/2:2007/03/27(火) 16:04:02 ID:/4RTAiJL0
やはり人を殺すという事にためらいを感じながらも、ロボットを操縦して戦うマキ。
「あたしの本当の親はひどい人間だったらしい
 そんな奴の血を引くあたしなんだから人も殺せるはず
 あの優しい人たちのためにも」
そしてマキは敵を倒した。

戦闘が終了し、あと数分でマキの命は尽きる、
操縦者はロボットを通して遠くの景色をズームで見たり、
命の光のようなものを見たりする事ができるのだが、
マキは母のいる病院の方で光が一つ増えるのを目撃した。
「無事にあたしの弟は生まれられたんだ」と泣き、絶命。

一応マキは大きな心残りなく死ねたのだが、その後の両親が後味悪い。

父親はひょうきんなアニヲタでマキと共に軍事系アニメのフィギュアなどを見て
大騒ぎしているようなキャラだったんだが、すっかりやつれ果てた顔で、
会社も行かずにマキを探しまくる日々をすごすようになった。
(マキの死体はロボット内に保存されており世間的には行方不明)

ロボットなどの事情を知らない者からすると、
養子である事を気にしていたマキが
実子が産まれたら自分がいる意味はないから家出したと解釈できるので、
長年望んでいた妊娠がもとで、長年愛情をそそいでいた娘が
消えてしまったようで両親からするとかなりやりきれない感じ。
しかも両親はかなり精神的に弱ってて、あの状態で弟がまともに育てられるのかもわからない。

515 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 16:07:36 ID:yzRBcnnA0
>>510
小学生もしてたような。
赤川次郎の小説に出てくる子供って幼ければ幼いほど非道だ。

>>493を読んで思い出した。
ある女の子が実の父親にレイプされ続けていた。
最初は娘を守ろうとした母親も、父親に脅されて以降は放置していた。
耐えきれなくなった母親は女の子以外の子供を連れて家を逃げ出す。
守ってくれる人もいないまま、ずっと地獄が続く。
成長して働き始めた時、彼女に求婚する男性が現れた。
生まれて初めて希望を持った彼女だったが、激怒した父親に家に閉じこめられ常に監視されるようになった。
人生に絶望した彼女は父親を殺して警察へ自首した。
って実話。

516 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 16:09:57 ID:YGH3GgKs0
「SEVEN ROOMS」(乙一の短編小説)

小学生の兄弟(姉&弟)が母親と買い物途中拉致される。
二人の閉じ込められた部屋はコンクリ壁の、丈夫な鍵つき扉の四角い部屋で、
部屋の中央付近に右から左へ流れる排水溝が通っていて
常時異臭のする汚水が流れている。
何日かかけて部屋について調べたところ、
自分たちのいる部屋と同じ部屋が横に7つ並び
それぞれに女性が一人ずつ閉じ込められていること、
そして、拉致されてから7日目に誘拐犯によって
有無を言わさず惨殺されるということがわかる。
(拉致された日時が7つの部屋の住人はそれぞれ
1日ずつ異なるので、つまり毎日虐殺が行われている)
兄弟の隣の部屋の住人で、二人とコンタクトを取っていた
女性が殺され、いよいよ二人の殺害日になる。
誘拐犯が二人の部屋に侵入。チェーンソーを持って襲い掛かる。
姉が誘拐犯をひきつけている間に、排水溝に潜んでいた弟が
開いていた扉から素早く外へ出て、外側から鍵をかける。
他の部屋の鍵を次々に開け、二人と同様に監禁されていた女性たちを救い出す。
弟は女性たちと共にこの異常な世界から脱出するが、
弟をかばい部屋に閉じ込められた姉はおそらく・・・・・・。

という話。
この部屋は何なのか、誘拐犯は何者なのか、などといった理由は不明。

517 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 16:17:53 ID:krjUwAGc0
>>515
実話ならソースくれよ。

518 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 16:20:34 ID:/4RTAiJL0
>>517
俺もソースは出せないが似たような事件を現代文の時間にならった。
確かその事件がきっかけで尊属殺人に関しての法律が変わったとか。
同じ事件かはわからんが、その事件に関してなら「尊属殺人 違憲」で検索すれば出てくるかな

519 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 16:21:29 ID:/4RTAiJL0
現代文じゃねーや、現代社会だったw

520 :1/2:2007/03/27(火) 16:42:21 ID:QI+/vem+0
>>516
>>516
それも後味悪かったが、個人的には同時収録の「ソファー」(本当は英語表記)が。

主人公の少年は、帰ってきた母に「お父さん死んじゃったけど、これから2人で頑張っていこうね」と励まされる。
しかしその後父が帰宅。「お母さんが死んでも、これから2人で頑張ろう」と言う。
二人分の食事を作る母。二人分のほか弁を買ってくる父。
どうやら、先日の家族でのドライブの時に事故があったらしく(主人公は寝ていてあまり覚えていない)、その時母の世界では父が死んで、父の世界では母が死んだらしい。2人の姿を同時に認識出来るのは家族では主人公だけ。
片方が生きているということをなかなか信じなかった父母だが、それを利用して、主人公は父母の会話の仲介役となる(「ハサミはどこにある?」とか「お父さんに〜〜って言って」とか)。
しかし、主人公を仲介しながら父母は喧嘩ばかり。お互いの悪口を言わされる主人公は段々と壊れていき、父がいる時は母の姿が見えない、母がいる時はその逆…と父と母を同時に認識出来なくなる。
大きな戸惑いを覚えつつ、そのことをやっとの思いで父に打ち明ける主人公だが、「そんなわけないだろう!」と一喝され、家を飛び出す。
公園のブランコで泣いていると、母が迎えに来た。主人公は決意する。
「僕はお母さんの世界で生きることにする」………その日から、主人公の目に父の姿が映ることは無くなった。

521 :2/2:2007/03/27(火) 16:42:58 ID:QI+/vem+0

数日後、病院にいる三人。
「君の後ろにいる人は誰?」後ろを向く主人公。「誰もいません」後ろには父がいた。主人公には見えないのだ。
父母のほうを向く医者。「つまりあなた方は、先日のドライブの途中に夫婦喧嘩をして、それ以来お互いが死んだことにして生活していた。子供にもそう言い聞かせていたと」
「父親の姿が見えないみたいなんです。話しかけても聞こえないみたいで、腕を強く引っ張ったり抱き上げたりすると、人形みたいに力が抜けて」泣きながら言う母。
父親が見えなくなったのは寂しいけど、お父さんとお母さんが仲良くなってくれるなら、それでもいい……という主人公の独白で終わり。

主人公カワイソス、父母勝手すぎるだろと思った。
これ映画化してるんだが、そっちの結末はもしかしたら主人公は父親が見えないフリをしているのでは?とほんのり臭わせる描写があるのが救いだが…。
さらにその映画版では主人公は精神が壊れる瞬間白目向いて倒れたりするので余計に悲惨に見える。

522 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 16:58:41 ID:5cGyET6E0
>>517
仕方ないやつだな。ほれ。
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/totigi.htm

523 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 17:01:45 ID:5vqjDO+Y0
>>517
ほれ、これも。
ttp://gonta13.at.infoseek.co.jp/newpage473.htm

ついでにこれも。
ttp://www8.ocn.ne.jp/~moonston/family.htm
の最下段。

524 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 17:04:49 ID:hMau3VFg0
>>517-518
http://www8.ocn.ne.jp/~moonston/family.htm

昭和43年、栃木県父親殺し

を見てくれ。気分悪くなること間違い無し。

525 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 17:06:58 ID:u4yzqjli0
こんな世の中でも優しい人はいるんだなあと思わせてくれるスレですね

526 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 17:10:56 ID:UTIa1ucM0
栃木の事件は中学か高校の社会のサブテキストに載ってたな。なんかグッときたの憶えてる。

527 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 17:24:22 ID:JZpLC9FkO
>>520
夫婦喧嘩でそこまでやるか
主人公カワイソス

528 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 17:56:11 ID:5cGyET6E0
ttp://www8.ocn.ne.jp/~moonston/family.htm
ここ見てると何だか母性愛ってのが幻想に見えてくるな。

529 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 18:02:08 ID:/4RTAiJL0
世の中には自発的に呼吸したり眠ったり食ったりできない人だっているんだ
母性愛なんてものを持ってない人だっていて当たり前
母親になる事は命がけだけど、動物でもやっている事だとも言えるし

530 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 19:08:13 ID:8EmmUpLd0
>>528
幻想だよ。
そんなもんあるわけがない。

531 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 19:10:49 ID:RTR345ha0
幻想だからこそ、みなで「あること」にしておかないと大変なんだよ。

532 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 19:32:30 ID:M+8idA+50
本能としての母性(というか親性とでも言うべきか)
は長くて数年しか持たないから
そんなもんだけに頼ってたら色々と破綻するしな。

533 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 20:19:53 ID:G7hhbBtz0
>>520
映画だっけ、世にも奇妙な物語じゃなかったっけ。
神木龍之介くんが主人公をやってて、お父さんは杉本哲太あたりだったような。

534 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:04:15 ID:D5BRqghL0
>>533
映画だよ
516とこれと、あと数本短編集に収録されたやつがまとめて映画化された。
タイトルは『ZOO』。
まだ声が可愛いころの神木。

535 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:15:08 ID:G7hhbBtz0
あ、そうだ、それを借りて見たんだった、勘違いしてたよ。ごめん、
あの頃はあんなかわいかった神木くんの今が後味ワルス。

536 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:35:15 ID:hHeTQc6jO
母親になることは命がけ…ね…

綺麗事だよね

537 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:37:32 ID:yKSnrjeD0
>>529は妊娠出産の危険性のことじゃないのか?
それを綺麗事とか言われても。

538 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:41:30 ID:RTR345ha0
>>536の読解力のなさが後味悪いってことでいいのかしら。

539 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:42:08 ID:hHeTQc6jO
出産で死ぬ人なんて滅多にいないじゃん。

540 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:49:38 ID:3goLLphs0
いや「滅多にいない」って言えるほど出産の医学は進歩してないらしい

しかも進歩しない理由が「母性の神秘」を維持したいババアどもの陰謀だと聞いた

541 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:52:04 ID:RTR345ha0
医療環境が整った日本での妊産婦死亡率は10万人に6人といったところ。
これは、世界的に見ても異例の少なさではある。

でも、まあ、その事実と、>>529の文言を読んで「命懸けなんて綺麗事じゃねえか」っていうのは
あんまりつながらないよね。

542 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:52:53 ID:v6MjtM6i0
今は死者も減ったけど昔は命がけだったろう。<出産

543 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:56:12 ID:3goLLphs0
死亡に至らなくても体に負担かかることはあるよ
知人の奥さんは二人目を妊娠中に調子崩して一ヶ月24時間点滴状態で入院してた

544 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 21:57:46 ID:4mzwzkDe0
>>539
データを適当に見たんだが、

全国の周産期死亡率(出産千対) 5.3
交通事故死亡率(人口10万対)7.0

交通事故で死ぬ確率より、出産前後に死ぬ確率の方が高い。
しかも、最近は産婦人科医の減少で、近場に産婦人科医の居る病院が無いケースが増えているという。
死亡率は上がってしまうのじゃないかなぁと想像すると、安心して子供は作れないな。

545 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:00:28 ID:yKSnrjeD0
素直に
「母親家業は命がけ」と勘違いした。出産までは考えてなかった。
と言えばいいのに。
>>539みたいな事を言うからさらに叩かれる。

546 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:05:05 ID:3goLLphs0
叩かれるってんじゃなくて反論されてるんだと思うがな

547 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:05:54 ID:hHeTQc6jO
あなた達命がけの出産した事あるのかしら?
経験の無い人が、さも出産は命がけなんて聞いた事語っても
綺麗事にしか聞こえないんだよ
聞きかじりの馬鹿男共が偉っっそうに


548 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:07:03 ID:8EmmUpLd0
冒頭が細木数子かと思ってワラタwww

549 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:07:14 ID:3goLLphs0
自分は女だが…

550 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:08:35 ID:dgg4DlmSO
今更だが、470はもう一度よく原作を読み直せ。

551 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:09:42 ID:krjUwAGc0
まぁ命がけの出産した奴は大抵死んでるからな。

552 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:11:09 ID:WR0u9KyV0
奇麗事ではなくて常識なんだがな。

553 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:11:46 ID:3goLLphs0
釣りだな釣り

554 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:12:54 ID:v6MjtM6i0
「〜かしら」って言うやつって大概男だよな。

555 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:13:08 ID:WR0u9KyV0
良く見たら553のIDは産後

556 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:13:45 ID:3goLLphs0
三五十五です

557 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:14:44 ID:4mzwzkDe0
データからしても、出産は無視できないくらいの死亡率だって言ってるんだがなぁ。
何が綺麗事なのやら。

春休みだから仕方ないか。

558 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:17:27 ID:yKSnrjeD0
したよ。って言われたらどうすんだろ。
匿名掲示板だから確認できないけどさ。

559 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:18:50 ID:fpNyCaWo0
橋本弁護士に第七子って、ちょっと調子乗りすぎだと思う
八人目とかなったら流石に感心を通り越して呆れるわ

560 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:20:03 ID:3goLLphs0
育てる金あるなら好きに沢山作ればいいと思うが


561 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:21:55 ID:Xs531ucrO
金持ちの子沢山はかえって安心して見てられるけどね
貧乏大家族は金髪低学歴のドキュンが増えるばかりで迷惑だけど

562 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:22:15 ID:/4RTAiJL0
>>559
ちゃんと育てられるならいいじゃない
橋本弁護士が誰か知らんけど

563 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:25:57 ID:hHeTQc6jO
交通事故と出産の死亡率のデータを比べたりするのもハァ?って感じ…
事故と出産には何の関係があるの?

564 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:26:50 ID:3goLLphs0
イチ抜けたぞ

565 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:51:10 ID:y9+hhKiy0
鬼女板かとオモタぞ

566 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:57:11 ID:gBjXgolO0
後味悪いというより胸くそ悪いから無理してがんばらなくていいよ。
「なにかと他の死亡率との比較に使われる交通事故と比べることで
出産により死亡することは別に珍しいことではなく、
>>539での君の「滅多にいないじゃん」という発言は適切ではない」
それだけの話じゃねぇの。

567 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:05:21 ID:oOieKiS+0
頭の悪い話

568 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:05:35 ID:WR0u9KyV0
あと1時間でID変わって話題に上らなくなるからそれまでの辛抱だ

569 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:26:48 ID:9GxoxtS20
>>547
そういうあんたは命がけの出産したことあんの?

570 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:28:01 ID:hHeTQc6jO
>>566
男って何かとデータだの死亡率だのって分析や計算したがる人多いよね〜無意味なのにw
本当頭でっかちの馬鹿って感じ

滅多にいないってのは
身近にそういう人がいるとかいたとか、経験した事ないでしょ?
って意味だよ。
経験した事ある人や、身近にそういう人がいたなら
命がけの出産だったね、頑張ったねって心から言ってあげたいけど
健康に出産した人や、出産の経験しない男共に
わかったように語ってほしくないわ。


571 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:31:28 ID:8EmmUpLd0
>>543は死にかけた人が身近にいるようだが…

572 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:37:35 ID:G7hhbBtz0
>>570
で、自分は「わかってる」の?
単に自分の周りにいないだけで「滅多にいないじゃん」って言ってるの?
自分が正に命がけで生んでもらった人間なので、
>わかったように語ってほしくないわ。
そのセリフそのまんま返してさしあげてえわ。

573 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:37:38 ID:WR0u9KyV0
普通出産の問題なんて男の方が軽視しがちなんだがな。
おれの身近の男どもは女に堕胎させて自分の方が傷ついたと
思ってるようなやつばっかだぞ。
さっきからがんばってる人はほんとに女なのかね?


574 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:39:23 ID:9GxoxtS20
なんだかID:hHeTQc6jOがちょっとかわいそうになって来ました

575 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:43:29 ID:krjUwAGc0
かしら〜かしら〜ご存知かしら〜

576 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:45:41 ID:hHeTQc6jO
>>573
だから言ってるの。
そういう男が最近多いけど、
出産が大変な事、命がけで産むんだって本当に理解してわかってて
出産は命がけって言ってるならいいけど、わかってなくて口だけな奴らばかりでしょ?
だから綺麗事言ってんじゃないよって書いたの。


577 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:46:14 ID:4mzwzkDe0
「わかったように語ってほしくない」と、命がけの出産をした側に立って発言してるが、
自分から「滅多にいない」と言っている以上、身近にそう言った人もおらず、体験したこともないわけだ。
わかったように語っているのは自分の方だわな。

てか、これネカマだろ。女口調がわざとらし過ぎる。
釣り大成功で喜んでるだろうな。

578 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:48:58 ID:G7hhbBtz0
>>576
無視しないで私の質問にも答えてよ。


579 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:51:45 ID:hHeTQc6jO
>>578
私は体が子供産めないだけ



580 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 23:51:53 ID:my/D2OB80
>>575
影絵乙

581 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:01:47 ID:9GxoxtS20
あー後味悪い

582 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:06:27 ID:6h4SofbT0
>>579
で?だからなに?
「死ぬ人なんて滅多にいないじゃん」とどう関係があるの?

583 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:06:34 ID:30G5gvgi0
子供が産めないと精神が歪む、という悪いイメージを流布しようとする
組織の陰謀に違いない。

584 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:08:25 ID:30G5gvgi0
そもそも「身近に死んだ人がいない」って結構そういう人多くないか?
毎日毎日すごい数の人間が寿命以外で死んでるはずだけど、
そういう理由で身近な人が死んだことがない人なんて普通にいるだろ。
それこそさっきの気持ち悪い奴が嫌いな確率の話なんだろうが。

585 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:09:18 ID:EXE36nv50
>>579
なんだ男か。

586 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:12:37 ID:B29M2W770
構ってちゃんじゃね?

587 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:13:02 ID:mdSaaIgnO
>>579日本語でおk

588 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:13:47 ID:7yM9WO0Z0
え?まだやってんの?

589 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:14:28 ID:R6IheN0bO
>>585
違う違うw
ドブスだから種付けしてくれる男がいないだけ

590 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:25:49 ID:+anNLkrFO
本当にあなた達って心が歪んでるよね…

私はもし頑張って子供を産むとしたら、心臓と体に負担がかかって死ぬ覚悟が必要。
多分産まない=産めない

友達にも命がけで産んだ子いるけど、その子はちゃんと乗り越えて健康な女の子二人を産んだよ。
私とは違う病気だけど、

本当にここの人って最低だね〜
自分達と違う意見や、自分では理解出来ない話や、都合が悪いと
寄ってたかって…
病人とか障害者とかも馬鹿にする人達なんだね。
最低…

591 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:28:12 ID:stO6SOQ80
>>590
うん。最低だから、もうここに来ない方がいいよ?
二度と書き込まないでね。最低だから。

592 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:30:24 ID:+anNLkrFO
>>582
さっきからひどい質問ばかりだけど女の方?
関係あるとか無いとか、そんな事聞いてどうするの?
あら探し?2ちゃんではいいけど、私生活ではやらない方がいいよ?
意地悪なブスデブ姑みたいで気持ち悪い…

593 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:35:03 ID:m+RmaMUj0
釣り耐性がないねえこのスレは

594 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:38:49 ID:Mz70k8J+0
で、後味の悪い話はないのか?


595 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:49:12 ID:AMEg/VPXO
今までの会話が後味の悪い話でおけ?

596 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:51:09 ID:1EOtoNbC0
おk
反応してすまんかった

597 :1/3:2007/03/28(水) 00:57:52 ID:3JBMiPNT0
過去スレで既出だけど大槻ケンヂの小説「憑かれたな」

優しくて母親思いだった娘が
15歳の誕生日に突然悪霊に取り憑かれてしまう。
暴言や暴力を振るい、ギャハハハハハと狂ったように笑い続ける愛娘。
母親は、娘を救うために謎の男・滝田を雇う。

滝田は念力でも気功でもなく、演技力で悪魔を祓うエクソシスト。
元役者である彼は「被害者は本物の悪魔ではなく
自分の妄想に取り憑かれている」という持論により
「悪魔を祓う演技」によって多くの被害者たちを救ってきた。

幼い頃に父親と別れ、母子二人で暮らしてきた娘は潜在的に父親を求めている。
だから祓い師には「頼りがいのある男性」が効果的だろう、と言う滝田。
滝田は、強く自信満々のエクソシストになりきって
娘に取り憑いた悪霊に「読めるものなら、俺の心を読んでみろ」と挑発する。
だが、そこで娘が発した「ここは暗い。一条の光も見えない」という言葉に動揺する。

598 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:58:38 ID:d9w6NQTZ0
後味悪い話か。
東京都知事選に出てる、元宮城県知事が‥‥って、ありゃあ胸くそ悪いだな。

・宮城県の借金を倍に増やす
・宮城県知事時代、無闇に高額の給料を貰い、退職金は1億越え、退職後も天下って給料を毟ってた
・なのに、「選挙資金が1900万足りません誰か同情して」と、カンパを集めようとしてる
・在日団体と組んでおり、当選のあかつきには副知事に在日朝鮮人をすえるらしい

他にも色々とある。
ここまでクソな奴も珍しいな。都民は気をつけろよ。

599 :2/3:2007/03/28(水) 00:58:54 ID:3JBMiPNT0
滝田は舞台役者時代、女優を奈落に突き落として死なせてしまった過去があった。
「一条の光も見えない暗闇で助けを求める女」は
滝田が役者を廃業してエクソシストになった理由でもある、心の傷だった。

娘さんは本当に私の心を読んだ、これは本物だ、と怯える滝田。
ギャハハハハハと狂気の笑いを続ける娘。
しかし母親ははっとする。
娘が5歳の時に別れた夫は暴力家だった。
夫が暴力を振るうたび、母親は娘を真っ暗な押入れの中に隠れさせた。
娘は滝田のトラウマを読んだのではない。一条の光もない暗闇は、娘の記憶だ。

母親の言葉に瀧田は自分を取り戻す。
彼は、母親に映画エクソシストのラストを模倣することを提案する。
あの映画の神父は、最後に「自分に取り憑け!」と叫ぶ。
娘さんにも同じ事をするのです、自分に取りついた悪魔は
母親に乗り移ったのだというイメージを与えて、妄想から救済しましょう、と。

600 :3/3:2007/03/28(水) 01:00:28 ID:3JBMiPNT0
果たして、作戦は見事に成功した。
悪魔に乗り移られた演技をする母親の前で、娘は正気を取り戻す。

数日後、春の日差しの中、母親は娘と二人穏やかな日々を取り戻したことを
実感して幸福に浸っていた。
あれ以来、滝田とは会っていない。連絡を取ることも出来なくなった。
母親は、きっと滝田はこれからも女優を殺した贖罪にエクソシストを続けるのだろうと思う。
と、そこで母親はふと思い出した。
かつて娘を押入れに隠したとき、自分は娘に懐中電灯を手渡していた。
だから、押入れの中は娘にとって「一条の光もない」場所ではなかった。

……娘の中の悪魔は本当に滝田の心を読んでいたのではないか?
だとしたら、その悪魔は、今、自分の中に?

まさかそんな馬鹿な話があるわけがない、と思う母親。
自分を安心させるために小さくフフフと笑ってみる。
すると、もっと笑ってみたくなった。
ギャハハハハハハと狂ったように笑いたくて笑いたくて仕方がない。
それは、こらえることなど出来なかった。
「憑かれたな」と、母親は思った。

601 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 01:02:25 ID:d9w6NQTZ0
>>597
すまない、邪魔してしまった

602 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 01:12:33 ID:dK7H0llJ0
眠る前に必ず起こる部屋中に響き渡る異音。
何か起こるのか?とびくびくするが何もない。
台所からガシャーン!とかドアがドンドンなったり。
嬉しい?ことにかならず一人の時に起きる。
人の気配がして、目をパッとあけてその場を見るけど何もナシ。
霊感なんてまったくないのに確かに誰かがいるのがわかる。
嫌になって目をつぶるとまたガシャガシャと異音。
腹立って起きて見に行くとシーン。の繰り返し。
霊感あったらなんかみえるのかね。
正直毎日困る。何かあった方がマシ

603 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 01:14:24 ID:tBwWGH/t0
>597 後味は何故かスッキリした 面白かった

604 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 01:14:27 ID:1EOtoNbC0
>>597-600
うわあ後味悪い…
ていうか怖いね
滝田はどうなったの?
そもそも映画では神父が自分に悪魔をとりつかせたんだから、
滝田も責任持って母親じゃなくて自分にとりつかせるべきだよな…

605 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 01:23:14 ID:ZNmMMywe0
憑かせるふりだからじゃないの?

>>597乙。

606 :597:2007/03/28(水) 01:35:26 ID:3JBMiPNT0
>601
いえいえ、こちらこそタイミングが悪くて申し訳ない。

>604
一応、魔物に取り憑かれる役とそれを「祓う」役が必要だった事から
憑かれ役は母親になった展開。

滝田は悪魔祓いを終えると颯爽と去っていき、その後連絡を取ろうとしても
「この電話番号は現在使われておりません」になってしまったらしい。
彼は一体なんだったんだろうね…という、この手の話にはよくあるパターンなんだが
その後にこのオチ。
これ読んで以来、こういう去り方されると困るなと思った。

607 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 02:12:48 ID:HQ1pQe8yO
>>597
激しくGJ

608 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 02:16:16 ID:7WiQMMll0
>598
大丈夫、外山が跳ね返した

609 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 03:07:52 ID:YWexp6AAO
>>233
今更だが
レディコミと少女漫画は、内容ではなく本の大きさで決まるよ
by本屋さん

610 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 09:54:40 ID:8tBUWm3D0
本屋はいちいち本の中身を確認はしないだろ

611 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 10:13:21 ID:ty9ZX2QpO
>>602俺も同じ体験してる
がっしゃーん!まではいかないけどガタガタ、ゴトゴト、ミシミシぐらい

612 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 12:08:00 ID:jYeEhsv1O
「おおきかみなりあつめてまりさりゅうんぽ。だれがみんなをなくしたの?」
って意味わかんなくて後味ワル!
どういう事か判るエロイひとおせーて。

613 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 12:17:44 ID:WkReafU50
>>612
単なる子供のたわごとに見えるが。

614 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 12:52:11 ID:YZ6L78eA0
後味の悪い映像なんだが。
キーウィ
ttp://www.youtube.com/watch?v=sdUUx5FdySs
*キーウィとはニュージーランドに生息する飛べない鳥。

ネタバレすると、飛べない鳥が生涯に一度でいいから飛んでみたいと願う。
崖に細工をして落下を飛んでるように見せかける。
空を飛んでいるようだと涙したキーウィは地上に激突して死ぬ。
いい話に見せかけて最後はないだろうと落ち込んだ。

615 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 12:53:59 ID:vsrnxuYL0
>>614
まさかそれをこのスレでみるとは思わなかった。
後味が悪いとはちょっと違うと思うけど。


616 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 13:01:19 ID:+4tGKrHj0
>>614
なんか鬱入った('A`)

617 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 13:05:19 ID:HyPGXqUF0
切なさとかそういう系ですな。

618 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 14:03:46 ID:SP6Jw21v0
いや、でも夢を叶えたんだから本望だろう。

619 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 15:13:41 ID:S4d71AoU0
>>600
オチがゴッサムカフェそっくりで後味悪い

620 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 15:23:54 ID:VlLsClih0
/           ヽ::::::::::::
:::::::::::|  ば  じ  き  i::::::::::::
:::::::::::.ゝ か   つ   み  ノ:::::::::::
:::::::::::/  だ  に  は イ:::::::::::::
:::::  |  な。       ゙i  ::::::
   \_         ,,-'
――--、..,ヽ__  _,,-''
:::::::,-‐、,‐、ヽ. )ノ      _,,...-
:::::_|/ 。|。ヽ|-i、      ∠_:::::::::
/. ` ' ● ' ニ 、     ,-、ヽ|:::::::::
ニ __l___ノ     |・ | |, -、::
/ ̄ _  | i     ゚r ー'  6 |::
|( ̄`'  )/ / ,..    i     '- 
`ー---―' / '(__ )   ヽ 、
====( i)==::::/      ,/ニニニ
:/     ヽ:::i       /;;;;;;;;;;;;;;;;




621 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 15:51:38 ID:eTH4SB2R0
なんか20年前ぐらいに読んだ少女漫画。別マだったと記憶。

D博士がロボットを作り、スポンサーに人間そっくりに作ったとアピールする。
でも、感情も持てるように作ったはずのロボットは、感情を表に出さない。
博士はロボットに落語を聞かせたり、玉ねぎを切ったりして、
必死に感情があることを証明しようとする。
しかしロボットに表情はない。
「笑え〜泣け〜!!!頼む・・笑ってくれ・・・」

ある日ロボットがドアを開けると天井からぶら下がるD博士の姿が。
「Dハカセ、シンダ・・」
ロボットの目から一粒の涙がこぼれた。


622 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 16:24:35 ID:J4MS19Oa0
>>614
自分の夢を追いかけて死ぬんだから、むしろ美談じゃないか?

623 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 17:51:57 ID:3fTfT/R+0
>>622
夢を追いかけて死ぬんならまだしも、
夢は叶わないと諦めて、
叶った気分に浸るためだけに命を捨てるんじゃ
なんか浮かばれないよ・・・

624 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 17:55:08 ID:zvRnsFUC0
あのまま姿がフェードアウトするならいいけど最後の音がw
さすが外国作品w

625 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 17:57:13 ID:MDlf/d2y0
「カナリア」という映画

とある宗教団体が行きすぎた信心の結果大量殺人を起こし検挙された。
幹部たちは逃亡、団体の施設から発見された信者の子供たちは
それぞれ親戚や適切な施設などに送られていった。
その子供の中に、逃げた幹部の一人を母に持つ兄妹がいた。
祖父は兄妹を引き取ろうと面会したが、兄が祖父を殴り倒したために
「洗脳されきっている」と拒否され、妹だけが引き取られた。
施設に送りこまれた兄はある日、脱走した。妹を祖父から取り返すために。

東京の祖父の家に向かって走り続ける兄は一人の少女に出会う。
彼女は家出して東京を目指している最中で、兄に同行したいと言う。
兄は無愛想ながらも許可し、二人旅がはじまる。
時々ぶつぶつお経を唱える兄にびびりつつも、基本的には寡黙な兄に少女は朗らかに一方的に話しかける。
少女は全国にツテがあるようで、時には少女が寝止まりする場所を提供してくれた。
実は少女は売春をしており、ツテの人々はみんなネットで知り合ったお客だった。
それを知った兄は、少女を殺しかねない勢いでそんな事はもうやめろと怒鳴る。
少女は今度は万引きをするようになるが、それもやめろと兄は言う。
「ろくにお金もないのにあたしらだけで生きてくにはこうするしかない
 万引きぐらいなに あんたの宗教の人殺しよりはマシでしょ」
兄は反論できなかった。一時ケンカ別れになりそうだったが色々あってまた一緒に歩き出す。

兄は母と妹と一緒に宗教団体を訪れた日を思い出す。
母が離婚したばっかかなんかで金はなく、ほとんど身一つで飛びこんだ。
母とは引き離され、妹と共に教団施設内の同じような境遇の子供たちと暮らした。
出される食事は生の芋とかで、こんなの食べられるかと投げれば激しく叱責され、
明かりの差さない縦長の箱の中で逆さ吊りにされその中で経文を読むよう強いられた。
月日が過ぎる中母は教団内でどんどん出世して幹部にまで上り詰めたらしいが、
けして会える事はなく、まだ幼い妹はそんな生活の中で母を恋しがりながら衰弱して行った。



626 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 17:59:33 ID:MDlf/d2y0
やがて教団は潰れ、母は自分たちを置いて逃げてしまった。そして兄は祖父と会った。
「お前らの母親はひどい娘だった いかれた宗教にのめりこんであげくに子供を捨てるなんて母親失格だ」
捨てられてもそれでも妹と同じく母を恋しく思う兄は、母を中傷する祖父が許せず殴りかかった。
身についてしまった習慣としてお経を唱えたり、価値観を教団に影響されたりしつつも
兄は実際はどちらかというと教団を嫌っていた。しかし、その行為から洗脳済みだと周りには思われてしまった。

歩き続けた兄と少女は、数人の元信者たちが身を寄り添って暮らす家を見つける。
彼らは今では教団を否定し、自分たちを被害者とし、被害者同士で助け合って生きていた。
幼くして教団に入れられた兄や、家庭の事情で家出した少女に彼らは同情し、温かく接し、匿ってくれた。
しかし彼らもいまだ逃げ続けている兄の母を非難する。二人はその家からも出てまた歩き続けた。
そして祖父の家についたが、そこはもう既に無人だった。
家中にスプレーで「人殺し」などと書かれており、嫌がらせに堪えかね引っ越したようだ。

やっと今の祖父の家を見つけるが、お前に渡せないと言われ追い出される。
近くの食堂で食事を取っていたところ、ニュースが流れる。
兄の母が死体で発見されたという。恐らく逃亡中に争いが起こったのだろう。
兄は絶叫しながら失踪。近辺を少女がうろついていたところ、兄は白髪になって帰ってきた。
そして真夜中、二人は祖父の家に忍び込む。
そこにはすっかり元気な様子になった妹がいた。
兄と少女は妹を真ん中にして三人で手をつなぎ、また歩き出した。


いきなり白髪化とかわけわからん部分もあるが全体的に演出がいい映画だった
でもこんな子供たちでこれから先どうするんだよ(^ω^;)
おじいちゃんが可哀相すぎるし

627 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 18:20:20 ID:NhQnlAF40
妹が可哀想すぎる。
せっかく助けられて回復したのに今度は兄に振り回されて人生めちゃくちゃにされるなんて。
結局兄がやってることは母親がやったのと同じ行為だもんなあ。

628 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 19:35:23 ID:KK6lJYQO0
冒頭読んで、家出少女が実は妹で知らずに関係を持って後味悪ーなのかと思った
違ったけどどっちにしろ後味悪い
宗教団体の幹部のこども繋がりで『アンナフリークス』(だっけ?)を思い出した
真っ当な価値観の中で成長できなかったこどもの話って可哀想だよね…

629 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 20:06:47 ID:SP6Jw21v0
アンネだった気がするけどあれはご都合主義満載のクソ漫画。

630 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 21:56:38 ID:yc19HSE/0
いま仰天ニュース4時間スペシャルみてんだけど後味悪い話満載だぜ
スッキリしない話テレビで映すなよ胸糞ワリー・・・

631 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 22:59:25 ID:bztBmxbHO
>630
満載な話の一つすら引用できないのか低脳

632 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:01:07 ID:yc19HSE/0
なんでも噛み付けばいいってもんじゃないぞ
見ればいいだろ
テレビも買えないのかよ貧乏人

633 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:03:53 ID:6h4SofbT0
>>1-3も読めないのかよアホ

634 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:05:34 ID:C+R4ojwT0
>>630
見てなかったので簡単でいいから教えて

635 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:06:16 ID:C+R4ojwT0
あ、リロードしてなかったら、空気読めてないの私だった。ごめん。

636 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:13:11 ID:yc19HSE/0
やってたって情報すら書き込んじゃだめなのかここは?
胸糞ワリースレだぜ

637 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:23:53 ID:Twpxnrt90
>636
このスレ的には>630は嫌がらせに近いよ

638 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:25:14 ID:6h4SofbT0
じゃあ「やってた情報です」とでも最初から書け。

・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)


639 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:26:37 ID:ZGGxAchS0
>>636
やってたってだけじゃ、情報としての価値は0。

640 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:28:33 ID:yc19HSE/0
>>637
なんかみんな怖いんでもう書き込まないよ
嫌がらせしてしまったみたいで悪かったよく知らなかったんだ

641 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:30:02 ID:9Uqe0gjSO
そろそろスレも後半に入り後味を悪くするために来た人だから
あんまり関わっちゃダメ

642 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:39:02 ID:c7OMvKao0
>>621
玉ねぎを切るのはなんか違うだろ
と思った

643 :チコタン:2007/03/28(水) 23:55:30 ID:F0LNArcc0
蓬莱泰三・作詞/南安雄・編曲
児童合唱(後に女声版も作られる)組曲「チコタン」。
サブタイトルは「ぼくのおよめさん」
登場人物は「チコタン」こと「チエコ」と「ぼく」。

1.なんでかな?
「なんでこないに チコタン好きなんかな?」と考える「ぼく」。
好きな理由として「飴玉みたいな目」「マシュマロみたいな鼻」
「クラスで一番チビ」「クラスで一番ゲラ(「よく笑う」の意味らしい)」やからかな、といかにも子供らしい理由を挙げていく。
チコタンを好きでたまらない気持ちがリズム良く歌われ、最後に「僕はアナタを 食べてもたろか!」と叫ぶ「ぼく」。

2.プロポーズ
「チエコさん、僕のお嫁さんになってください。お嫁さんになってくれたら、勉強します。
良い子になります。絶対誓います。」とどもりながら言う「ぼく」。

3.ほっといてんか
両親に「ほっといてんか! ケーキなんかいらん、テレビなんか見とない。
なんで僕しか生まなかったんや。なんで僕は魚屋つがんならんのや。チコタン魚は嫌いやのに。僕はシツレンしたのに」
とふてくさる「ぼく」(結婚する頃にはチコタンの好き嫌いも変わるかもしれないのに、と突っ込みたくなりませんか)。

644 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 23:57:39 ID:Y7mYk2Op0
>>640
怖いってw
空気読めてないのが叩かれてるだけじゃん。
やるよっていう前情報ならともかく、やってたよって言われてもどうしろってんだ。

>>643
それチコタンは蛸かなんかが好きで妥協するんじゃなかったっけ?

645 :チコタン:2007/03/29(木) 00:07:49 ID:Sv6Dba8X0
4.こんやく
「ぼく」はチコタンが海老・タコ・蟹は好きだと知り、「そんなら、海老・タコ・蟹だけ売ったらええねん。」とチコタンに提案する。
チコタンは賛成し、指きりげんまんをする。日本一の魚屋をやることを決意し「ヤッホー!」と叫ぶ「ぼく」。

5.だれや!?
「二人で指切りしたのに…大人になったらケッコンしようと、日本一の魚屋やろうと…。おいしい海老やタコや蟹を食べさしたろ思てたのに…。そやからいっしょうけんめ勉強したのに…良い子になったのに…。」と悲しそうに歌われ、
「チコタン 死んだ。ダンプに轢かれて死んだ。横断歩道で黄色い旗握って死んだ。」と衝撃的な内容になる。
黒枠の中で笑うチコタンを見て、「ぼく」は「笑うな、チコタン! 僕は辛いねんぞ。寂しいねんぞ。泣いてんねんぞ。」と語りかけ、ダンプの運転手への怒りが込み上げ「誰や!? チコタンを、僕のお嫁さんを殺したのん誰や!? アホウ!」と絶叫する。

646 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 00:11:25 ID:JNW29aey0
ひょっとして、前にこのスレ出てた
両親が飲酒運転で対人事故を起こしたせいで死んで、
巻き込まれた相手に一生罪の意識を背負いながら生きる少年(うろ覚え
の歌の作者と一緒?

647 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 00:12:49 ID:T9Qrj8cu0
>>646
一緒
というかチコタン自体このスレではかなり初期からお馴染み

648 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 00:24:36 ID:lFq0LF1CO
方言なのがリアルだな

649 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 00:29:04 ID:3qElTSNkO
>>646
これじゃない?

ttp://mugenmasakazu.plala.jp/false800/sunday.html

h抜けばURL書き込んでもいいんだよね?


650 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 01:12:15 ID:MHSemHgEO
>>625
か、かしら〜

651 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 02:03:48 ID:bsdd1Fpj0
You Tubeにあったw 1〜5全てあったけど、とりあえず3だけ。
  ↓
「チコタン」
3.ほっといてんか
http://www.youtube.com/watch?v=sapeQSSddis

小学校の給食の時間にBGMで一時期かかってたけど、
校長から「気が散って食べれない!」と禁止令が出て封印されたw
で、今日初めてタイトルがわかった。20年以上謎だったのにw
このスレGJ!

652 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 02:30:08 ID:abWnCbo1O
>>621
ウラニーノってバンドの、「ココロメカ・メカココロ」って歌と似てるな。

周りに愚か者だと言われて居た主人公。
自分を笑った人を見返す為に、
人の心を持った機械「ココロメカ」を作る。
けれどココロメカは、何故か笑いも泣きもしてくれない。
やがて主人公は、機械のような心で心のような機械をつくろうとする、
自分の愚かさに気が付く。
そして自分の心を、「メカココロ」と名付ける。
しかし次の瞬間、皮肉な事に、ココロメカは笑い出す。
彼を愚かだと笑った人達のように、心よりも心のように。
そして彼のメカココロを嘆いて泣く。
心よりも心のように。


って感じの歌。

653 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 03:43:01 ID:2Jh119+M0
トミーズ雅って確か娘にキスどころかチンコつっこんでなかったっけ?と思って
色々ググってみたらまとめコピペみたいなの見つけた。デマだって言われてるけど
本当に言ってる発言もあるからなんとも言えない…


情報や目撃談など疑惑の数々- その1
・娘が小さい頃、一緒に風呂に入り娘のデリケートな部分に
 男性器を入れて将来の彼氏に対抗した発言後「先っちょですよ軽くですよ」と弁明
・ごきげんようでお風呂で娘がマイク代わりに男性器を握って歌った
 という話がその年の大賞に選ばれた事件
花マルマーケットで長女の膨らんできた胸がいとおしい。風呂も一緒に入ってる発言
・娘と風呂入った時、娘の乳首を吸ってる所を奥さんに見つかり、
 「イチバンのり〜」と言った事件
・将来知らん男に乳吸われる前に風呂場で自分が先に吸った事件
・関西ローカル(たかじんのバー?)でのまだ赤ちゃんだった娘の性器に
 割れ目に沿ってなでたりマドラー挿入発言
 (そのとき受けを狙ってマドラー舐めるようなそぶりをする)
・関西ローカル(たかじんのバー?)で娘の性器に指をいれたといったら梅宮パパに怒られた事件
・関西ローカルで娘の性器をひろげてよく観察すると小さいのに大人の女性器と同じで感心した発言
・関西ローカルの親子クイズ大会で娘と舞台に出て紹介されるなり
 サービスといって、娘の衣装の胸の所を下げて乳首を見せた事件
 (娘は苦笑いというか微妙に嫌そうな顔をしていました。笑ってはなかった

654 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 05:00:08 ID:H18UcmHD0
>>653
おえええええええぇぇぇぇぇぇぇぇ
事実なら胸糞が悪いわい!!!

655 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 05:25:16 ID:AsXiwJxr0
>>653
事実なら奴を軽蔑する。後味ってか胸糞悪ッ

656 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 05:27:48 ID:LbQLVyOE0
残念だけど事実だよね、これ

657 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 06:08:22 ID:lFq0LF1CO
これは普通に児童虐待ですよね

658 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 08:52:37 ID:8JMOG28Q0
その娘って可愛いの?
父親そっくり?

659 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 09:15:54 ID:jVB75Cgd0
>>653
きめえwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

660 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 09:52:46 ID:hWRzbyxbO
トミーズはガチ

661 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 11:17:16 ID:vZl/Mxmg0
博多のラーメン屋でラーメン食ってたら来たよ
うるさかった

662 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 11:26:40 ID:ctx9mxLm0
>>614
ttp://www.youtube.com/watch?v=T2SnDB_orzQ
違う人が作った動画だけど、続きがあるよ。

663 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 11:31:19 ID:ctx9mxLm0
>>653
これ問題にならないの?酷すぎるだろ……

664 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 12:34:47 ID:t7ukA3xQ0
鬼女板かどっかで祭りになってなかったっけ?

665 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 12:44:27 ID:+JRRx0yi0
http://www.youtube.com/watch?v=sdUUx5FdySs

666 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 13:40:16 ID:NBZ6BlHp0
トミーズ雅は駄目だろ。
一時売れて全国にも進出できるようになった時、態度がでかくなって有頂天になった。
当然、苦々しく思った周りや心配した人が注意するんだが
「売れて偉そうにして何が悪いねん!」と反論したそうだ。

ダウンタウンやさんま、伸介みたいに全国区の有名人になれなかったのは
こういうところも影響してんだろうな。

667 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 14:01:33 ID:6zbQacFc0
トミーズ雅、キショ過ぎ!!!!!!!!!

668 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 14:33:03 ID:FNE7U1VmO
あの時は梅宮のとーちゃんがものすごくかっこよく見えた。

669 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 14:49:43 ID:6zbQacFc0
でもね、あの後、梅宮のとーちゃん、ボコボコだって。

670 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 14:50:01 ID:gBp2jxy6O
お笑い板のトミーズ雅追求スレに、
雅の嫁が乱入して雅を庇って暴れたりしたんだよね

671 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 15:15:25 ID:G4fhc1Fm0
たかじん(大阪のローカル歌手。関西圏の視聴率男)も雅から離れたよなあ。
昔は贔屓してたっぽいのに。

672 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 16:12:58 ID:uyqVNcrt0
>>649「日曜日〜ひとりぼっちの祈り〜」の音源見つけました。

合唱団ア・ラ・カルト
http://www99.big.or.jp/~alacarte/index2.html

上にある「過去の演奏」
>「合唱団トロイメン」の「第一回 定期演奏会」
>「第1ステージ」
から、それぞれ順に選んでください。
「全曲」で通して聞けますよ^^

3.かえり道
「人殺しの子」の連呼がトラウマ

673 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 16:23:06 ID:zQwoPsLV0
中川家のお兄ちゃん、トミーズ雅に苛められて
精神的に病んだんだよね。

674 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 16:37:42 ID:1MG/ybcR0
>>673
ググったら泣けた。弟いいやつ・゚・(ノД`)・゚・。

>今までで一番つらかった仕事として、礼二は剛療養中の1人での営業をあげている。
>それなりに受けたらしいが、1人なのでマイク前中央に立たなければいけないのに、
>無意識に普段と同じようにマイクの少し横に立ってしまったことが悲しかったらしい。

補足:中川家=兄弟の漫才師 礼二=弟 剛=兄

675 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 18:13:21 ID:gZfIyttAO
既出だったらごめんなさい。
あと長文でごめんなさい。

「なかよし」の付録にあった怖い話の短編集に載ってた話。
間違いがあったり、分かりにくいかもしれないが、たしかこんな話だった。

親子が和菓子屋に買い物に来た。
いろいろ見ていると(店主のお婆さんに勧められたおはぎを買おうか迷っているところだったかも・・・)、一人のリーマンっぽい男が必死の形相で駆け込んできて、お婆さんに「おはぎを食わせろ!」と詰め寄る。
お婆さんは慌てた様子もなく、変な笑みを浮かべて「落ち着きなさい」みたいなことを言うのみ。

その内、店に並べられているおはぎを見つけたリーマンは、凄まじい形相でそれに飛びつき食らい始める。
それを見たお婆さんは、やっぱりただ笑いながら「しょうがないねぇ」みたいに言っているのみ。

おはぎに食らいつくリーマンの姿を見た親子の親が、「そんなに美味しいなら買っていこう」と言っておはぎを購入。
親子は嬉しそうに帰路につく。

お婆さんは「ありがとうございました」とキモい笑みで、親子を見送って終わり。

「リーマンはどうなったの?親子はどうなるの?」と考えると、答えが出なくて後味が悪かった。

676 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 19:30:38 ID:XdZocVZB0
>>675

リーマンはお婆さんが呼んだ「サクラ(客を装った身内)」か「ヤラセ(演出)」の客だった。…ってことかもね。


677 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 19:34:17 ID:FP58qWsH0
麻薬でも入ってたんじゃない?

678 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 19:35:30 ID:zmfyt4OL0
なかよし走らないけど、児童書の花子さんが来た!4の不思議な和菓子屋が、そんな話。
花子さんでググったら、新シリーズが出てるのね、ちょっとビックリ。

679 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 19:35:34 ID:gvfRqXtB0
おはぎの後味かとオモタ

680 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 19:49:20 ID:0vhh4o9kO
>>675
そんな感じの読んだことある。
確か・・・最後の方、リーマンがおはぎ食べ過ぎて死ぬんだよ。お腹が異様なくらい膨れ上がってた気がする。
一度食べたら死ぬまで食べつつけたくなる和菓子屋、みたいな。

681 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 20:42:17 ID:kNblznGZO
>>662
後味良くなってるじゃないか…

682 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 20:42:18 ID:pu9Q+IZB0
>>675
>>680にも書いてあったけどリーマンは死んじゃうね。
自分の記憶の中では親子が買って店出てからリーマンが入っていったような…。
どちらにせよおはぎをかっ食らうリーマンを怪しい顔で見る老婆がコワス

683 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 20:59:39 ID:eyAJ8mnHO
>>672
「人殺しの子」はむしろ愉しむ所だろ
手を握って親指を立て、親指を下にして上下に振りながら歌うんだ
親指で喉をカッ切る動作も加えるとなおGOOD。





さあ、みんな一緒に・・・

684 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 21:06:57 ID:pYhnCJ4r0
>>683
こういうレス書くやつって面白いと思ってんのかな。

685 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 21:17:27 ID:6BMnJ1zL0
>>684
悪い事する俺格好良いぜ!感覚です
中学校内で煙草吸ったりして調子乗るのと同じ

686 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 21:40:27 ID:nYHrvbyV0
映画カンフーハッスルの斧頭会ダンス思い出した

687 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 22:16:43 ID:lTXvkpWO0
>>672
この板では有名だから歌詞は知ってたんだけど楽曲は聞いたことなかったんだThx!

なんっつーかスゲーな……小っちゃい頃に聞いていたらトラウマ必死だね
ここまで美しい不協和音だとは思わなかったよ

688 :1/2:2007/03/29(木) 22:56:00 ID:WAgUmHwq0
世界仰天ニュースで一番後味悪かったネタ。

イギリスで、不妊に悩む夫婦が代理母出産を頼むことになった。
妻の卵子に異常があるので、
夫の精子を代理母に注入する形
(すなわち卵子は代理母のもの)をとることとなった。
代理母となったのは、すでに2人の子供がいる主婦で、
子供が産めない人を助けたいと思って代理母となることを決めたと言う。

その後、代理母はめでたく妊娠した。夫婦は大喜び。
しかし、代理母のエージェントから衝撃的な電話を受ける。
「代理母から中絶したという連絡があった。」と。

代理母の連絡先を教えてもらえなかった夫婦は、
そのことを新聞社に告発した。
それを知った代理母は、別の新聞社に自分の言い分を伝えた。
なんと代理母は中絶していなかった。
妊娠して母性が芽生え、夫婦に子供を渡すのが嫌になり、
中絶したと嘘をついてあきらめさせようとしたのだった。

689 :2/2:2007/03/29(木) 22:56:33 ID:WAgUmHwq0
その後、夫婦と代理母の争いは続き、
両者ともあることないこと書かれるような日々が続いた。
そんな中代理母は子供を出産。
法廷で親権争いが始まった。

当時のヨーロッパでは、よほどのことがないかぎり、
親権は生みの親にいくことがほとんどだった。
しかも、代理母が契約を破った時に罰せられるような法律がない状態だった。
裁判の結果、親権は代理母のものとなった。


代理母も子供渡すのがつらくなったんだろうけど、
いきなり嘘つかれてめちゃくちゃにされた夫婦は救われなさすぎ。
代理母に親権がいったけど、その子だけ父親が違うのは色々と複雑だな。

690 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 23:13:10 ID:OD4hMWwu0
それって精子ドロボウじゃねーか!!
代理母はそのとき夫がいなかったのかな?
注入とかの処置代は夫婦がもつ契約とかになってそうだし、夫婦カワイソス。

691 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 23:28:06 ID:7j1W63u2O
それ私も見てて頭きた!夫もちゃんといたよ。
そんなら最初から 代理母なんてするなボケ!って思った

692 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 23:31:55 ID:FRxobABb0
夫もいるのに代理母をすると言う感覚がよくわからん。
どういう神経なのだろう。

693 :1/2:2007/03/29(木) 23:36:54 ID:qK0tLYSJ0
あくまで物語の中の話なんだが
以前立ち読みしたレディコミ(非エロ)の一編

その病院では体外受精による不妊治療を行っており、かなりの評判だった。
その日も専門医師は患者に無事着床した事を説明していた。
しかし数日後、看護婦から受精卵を取り違えたとの報告が入る。
体外受精に対する宗教団体等の圧力が強まっていたため、医師はそのことを握りつぶす事を決意する。
幸いにして患者夫婦の血液型と間違えた受精卵の両親の血液型は一致していたため、ごまかせそうであった。

694 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 23:37:26 ID:nYHrvbyV0
>子供が産めない人を助けたいと思って代理母となることを決めた んだろ

695 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 23:44:52 ID:gZfIyttAO
>>676
それだとしたらリーマンはちょっとやり過ぎかも・・・

>>677
ある意味そんな感じかも。そのくらい必死だった

>>678
花子さんであったのか。あれって小説だよな?
たしか漫画で見たんだ。
でも「不思議な和菓子屋」と同じ題名だったかも・・・

児童書の「花子さん」は永遠のアイドルです。
冗談はさておきそれは凄いな。もう10年以上だよな

>>679
食べすぎると後味悪いのは確かだ

ある意味見てる方も食べたくなくなるかも

>>680 >>682
死ぬのか・・・
そこまでの描写は記憶にないなぁ・・・

>>682の言うリーマンと親子の入れ違い、言われてみたらそうだったかも・・・

>リーマンを怪しい顔で見る老婆
そう・・・確かに怖かった・・・

情報をくれた皆さん、ddです。
ちょっと探してみるかな・・・

696 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 23:48:25 ID:gZfIyttAO
途中送信してしまた・・・スマンです・・・orz

>>688-689
それ見た。
あれは酷いと思ったわ

697 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 23:54:08 ID:VUp8Npiu0
>>683
いいからお前は「SATSUGAIせよ!」って連呼してろ。

698 :本当にあった怖い名無し:2007/03/29(木) 23:58:03 ID:LbQLVyOE0
全レスはうざいんですの

699 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:02:40 ID:udYTI7iv0
>>692
代理母のシステムまで否定することはないだろ。

700 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:03:28 ID:pDAdwpZa0
諦めることも大事。

701 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:03:52 ID:OD4hMWwu0
>>691
夫いるのかよ!!
夫いないならひょっとして最初からそのつもりで…とか思ったけど、
夫いるなら夫と作ればいいじゃん…。
夫との関係を邪推するくらい神経わからん話だな。後味悪いスレだけど。

702 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:04:53 ID:OD4hMWwu0
ああ、でも最初は人助けのつもりだったのか…。
子供が欲しいわけじゃなかったけどできたら欲しくなっちゃったんだもん、てことか…。
うおおお後味わりい。

703 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:09:41 ID:1A+Qv5Ve0
>>691
お金。
最初に半額、生まれたら残りの半額って契約が多い。
肌、髪、目の色なんかで相場はいろいろだが、平均で300万、300万くらいかな。
最初の半額でぱあああっとなる女は多いらしいよ。

704 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:14:04 ID:u3mzLY8A0
確か少女漫画で似たような話あったなあ。
そっちは代理母が子供連れて逃げちゃって、
でもやっぱり考え直して泣きながら母に渡してた。

705 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:15:11 ID:So1+MxU00
>>693はほったらかし?

706 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:19:00 ID:wbExwXNH0
代理母する理由を「金のため。代理母はみんな金で自分の子宮を売る女」しちゃったら
一番困るのは子供産めない女性だろ。

707 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:21:22 ID:p2AGR3lu0
>>703
肌や髪の色で値段が変わるってのもなんか嫌な話だな。

708 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:37:02 ID:3ch1Gx9z0
>>706
何で?
別に困らんと思う。
金さえ出せば代理母になってくれて善意や母性とか言い出さず
ビジネスライクに進めば気持ちも楽だとオモ。

709 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:40:27 ID:R/g1HSs70
花子さんがきたサイト
http://blog.takeshobo.co.jp/hanakosan/
最新刊は4らしい。

710 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:44:30 ID:ZR51pfNR0
>>708
みんながお前と同じなら「産む機械」発言で怒る人はいなかっただろうね。

711 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:52:29 ID:F/KTsM4A0
代理母の話、自分は後味悪いと思わなかったんだよね。
むしろ、母性に逆らえず、子供を売ることに嫌悪感を覚えた
代理母のほうがむしろ自然だと思った・・・
確かに契約違反は契約違反なんだけどさ・・・
もともと不妊カップルの女性の卵子に問題があったなら、
養子にすりゃいいのに・・・って思った。

712 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:56:01 ID:wbExwXNH0
>711
子の誕生を望んでいた夫婦の気持ちを踏みにじったのを「契約違反」の一言か?
「だってそんなことどうでもいい欲しくなっちゃったんだもんそれが一番大事」が優先でOK?

713 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:56:56 ID:BLg+Ksh90
>>711
そりゃダメだろ

714 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:57:21 ID:ZIBHEoLh0
その子供の半分は不妊夫婦の夫の遺伝子だろ。
妻にしてみたら自分は夫と自分の子供を産めないわ、
他人が自分の夫との間の子供を育てることになるわ、ふんだりけったりじゃないか。
まあ養子って選択もあるし私もあんまり「夫の遺伝子を」と思いつめることはないと思うが。

715 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 00:57:47 ID:GuGPsiD60
>>666
>「売れて偉そうにして何が悪いねん!」と反論したそうだ。
これは考え方だと思うがな。
責めるような事でもない気がするが。

昔、ブルースウィリスも似たような事言ってたし。
曰く、「人気のある時に謙虚に振る舞ったからといって、落ち目になった時にフォローしてもらえたりはしない」だって。
見たときに、なるほど、そういう考え方もあるんだな、と思ったよ。

結構昔に読んだインタビューだから言い回しとかは違うかもだが。

716 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:10:16 ID:prKQGtLO0
>>715
知名度のある人間にはヘコヘコして売れてない人間には偉そうに振る舞う、
同期が売れてるのがムカつくからって力で脅迫(雅は元ボクサー)、
売れたら相方は切り捨てるって話がでるような人間だぞ。
そんな人間が天狗になったら、ろくなもんじゃない。

海外は落ち目になったら終わりなんだろうけどさ、日本の芸能界は違うしな。
落ち目になった後も金銭的援助したり仕事に呼んだりって話は多いじゃないか。
そういうのフォローがあるかどうかは日頃の行いだと思うぞ。

717 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:12:38 ID:vrCg6+Xk0
トミーズ雅はただ傲慢なだけ。
多分ブルースウィリスの言いたいこととは違うと思う。






718 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:13:53 ID:BLg+Ksh90
ブルースウィリスも別にスッゲェ人気者、つーわけでもないしな

アメリカでは

719 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:20:25 ID:F/KTsM4A0
>>712-714
いや、勿論そういうもろもろの感情も分かるんだよ。
分かるけど、人生には諦めなくちゃいけないこともあるじゃん。
一昔前の医療技術では、不妊カップルは
自分の遺伝子を持つ子供は諦めるってのが
一般的だったんだし・・・
私は「どうしても子供が欲しい気持ち」<「他人の子宮を借りることへの嫌悪感」
なんだろな。
それでもどうしても欲しいんだったら、裁判とかしてないで
さっさと他の代理母にもう一回頼めばいいじゃん、
とか思ってしまうし。

720 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:22:49 ID:wbExwXNH0
>719
ならお前に理解できるわけ無いじゃん。好きなだけ被害者の文句言ってろよ。

721 :719:2007/03/30(金) 01:23:24 ID:F/KTsM4A0
あ、誤解される前に付け加えるけど、
ガンなどの病気の治療に関しては
「一昔前なら死ぬ病気だったんだからいいじゃん」とは全く思わない。
多分、生殖に関する技術は“神の領域”って感情が
私のどこかにあるからこその嫌悪感なんだと思う。

つーか必死すぎてごめん。
ここまで必死になるってことは、やっぱそれなりに
後味悪い話として印象に残ってるってことなのかしらん。

722 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:30:48 ID:ZIBHEoLh0
そうだね、人によってポイント違うけど、
>>719は「夫婦のほう養子にすりゃよかったのに…」という点で後味悪い印象を持ったんでね?


723 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:30:48 ID:TbKVdA2CO
>>721
なにこのきもいババァ

724 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:34:28 ID:0hy1kQFf0
こういう女が出産を辛いものにしときたがるんだろうな

725 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:43:10 ID:k9e474hG0
>>719
理屈じゃなくて、大事なのは感情なんだがな。

奪われた側の夫妻にとっても、産まれてくる子は「我が子」だったんだ。
それを奪われた怒りや哀しみは、普通の子の親と変わらないだろう。

なのにお前さんは、「諦めて別の代理母に産ませろ」とか言ってるわけだ。
子供を誘拐された夫婦に、「諦めて別なの産め」と言ってるのと同じだね。
お前さんは、赤ん坊を取り替えの効く、ただの物として見てるのだね。

726 :719:2007/03/30(金) 01:48:08 ID:F/KTsM4A0
多分平行線なんだろうけど・・・
愛しい我が子を奪われた!っていう気持ちに関しては、
何年も手元で慈しみ育てた後に
どんな仕打ちをするか分からない悪人に奪われてしまう誘拐事件と、
一度も手元で育てず(恐らく顔も見ず)、母親に親権を取られるという
今回の事件とでは、まるで温度差があると思うよ。

でももう日本でも代理母はこんなに感情的にも受け入れられてたんだね。
それがビックリした。

727 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:50:42 ID:+dJtZCVrO
>>726
お前そろそろ消えとけ
捨て台詞もいらないからな

728 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:51:14 ID:Q8tzY5xP0
代理出産を依頼する側は生まれるまで子供の存在を感じられないけど、
代理母は実際お腹の中に子供がいて、どんどん大きくなってくじゃん?
代理母の方が子供自身への気持ちは強そうな気もするけどな。

まあ別に代理母を擁護する気はないけど。
どっちの気持ちもわかるから争うのもしょうがないねって感じ。

729 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:58:08 ID:OU3DtaFV0
まあ向井亜紀が子育でしてない時点で糞だな
そこまでしてほったらかしかい

730 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 01:59:39 ID:pDAdwpZa0
>人生には諦めなくちゃいけないこともあるじゃん。
同意。
そうなんだよね、子供が産めない体だったら養子をもらうとか
色々あるじゃん。
自然の摂理に逆らってまで、自分の遺伝子にこだわるのもなんだかなー
と思う。
お金を払っただけで自分のお腹を痛めず子供を作ろうとした人間が、
本当に自分のお腹をいためて産んだ人に対して、自分のほうが親だと
本当に言い切れるの?と思ったりする。

731 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:03:03 ID:iT6p3pjj0
女の敵は女って言葉を思い出したよ。

732 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:09:41 ID:pDAdwpZa0
男にはわからないんだろうね、自分が子供を産むことがないから。
だから簡単に命が金で買えるという発想が持てるのかも。

733 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:11:31 ID:Q8tzY5xP0
人工子宮があればこんな問題起こらないのにね。
現実では無理なのかね。

734 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:11:48 ID:BLg+Ksh90
>>732
ネカマウザイ

735 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:12:32 ID:F/KTsM4A0
いや、男でも女でも不妊治療に対する感じ方は色々じゃない?
「整形」「安楽死」などと同じで、不妊治療も
色々な考え方・感じ方があって、
なかなか理解し合えないんだろうなぁと思ったよ。

736 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:18:12 ID:k9e474hG0
ネカマがわいたから、何か別の話題を出したいところだな。

737 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:19:49 ID:HNrwWIcEO
出産経験ある女だけどさ…

>>730
>お金を払っただけで自分のお腹を痛めず子供を作ろうとした人間

何この考え方…('A`)
代理母の赤ちゃんを手放したくなくなった気持ちもまぁ理解出来るけど…。
不妊に悩んで、それでも自分達の子供が欲しくて、
最後の手段で代理母出産を選択した人を
「自分のお腹を痛めず子供を作ろうとした人間」とか('A`)
痛めようが痛めまいが産めない事に苦しんでる人に何て言い種…。

738 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:25:47 ID:GuGPsiD60
>>716-718
ああ、そういう事か。
そんな裏があるんなら確かに一緒にゃできんわな。
納得。

739 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:29:14 ID:VjEhvn+n0
>>737
それって人間のエゴ丸出しだよね。
産めないからあきらめるんじゃなしに、金で子宮を買って
無理やり生を宿すって。

出産経験なんてないでしょ、ほんとは。
ネカマはあんた。
じゃなきゃ契約だろうがなんだろうが、産んだ人間の気持ちを無視した
人間の肩なんてもたないよ。

740 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:37:35 ID:cW5yCsh40
どんな生まれ方をしても子供は幸せに育ってほしいもんだな

ホラー系の漫画雑誌で昔読んだ話

主人公の女の子のクラスでは日常的にいじめが行われていた。
かつて委員長だけはいじめられてる少年(以下田中)を助けようとしたが、
いじめっ子のボス(以下鈴木)に制裁としてレイプされ、それから誰も止めなくなった。
卒業式が終わり、教室に戻ってくるといきなり周りが暗くなった。
そして、田中が担任教師を突然ナイフで刺し殺した。
パニックになりみんな教室を出ようとするが、扉を開けてもそこには黒い壁があって出られない。
日ごろいじめられつづけていた田中は、自分をいじめた者に罰が下るよう毎日祈っていた。
そしてそれに神は答えた。田中の魂をもらうかわりに、クラスメートたちに裁きを与えてやると。

みんなは神の力によって教室ごと異空間に送られたのだった。
そしてその中で、13人の魂を神にささげる=既に予約されている田中を除く12人を殺せば元の世界に戻れると言う。
まずはいじめを見てみぬふりした先生の魂がささげられた。残りは11人。
鈴木は怒って田中を殺すが、田中はすぐに生き返った。
田中の魂は最後にささげられると定められているので、それまでは何をされても死なず痛みも感じない。

怯え続ける主人公。一方、何人かの生徒は覚悟を決めた。
こんな状況に追いやった元凶である鈴木を集団で撲殺し、他のいじめっ子たちも次々に殺す。
「俺は昔いじめられてて、いじめる側にでも周らなければ昔と同じような目にあうと思って必死だったんだ」
そう主張する者もいたがかまわず殺す。それを見て貧血で倒れた女子生徒も殺した。

殺す時は、教室にあったバットで出席番号順に相手を打ちつけて行くという方式だった。
主人公はそんなのできないと拒み、次の殺害対象にするべきではないかと提案されてしまう。
それをかばうイケメン。彼は実は以前から密かに主人公に恋をしていた。
「俺が自殺する 自殺して魂をささげる それで主人公は見逃してくれ」
そして彼は自ら首を吊ろうとし、最後にみんなに言った。
「こんな風に殺し合いで力をあわせるぐらいなら、みんなでいじめに立ち向かった方が良かったな もう遅いけど」
イケメン絶命。そのイケメンの死に方にみんなは正気を取り戻し、罪悪感を感じる。

741 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:37:58 ID:Nzi3gaESO
オェエェェェ〜


569:本当にあった怖い名無し :2007/03/24(土) 20:52:30 ID:TqEMI53A0 [sage]
エロ漫画だと、女の子が包茎チンポを
「カリの回りにナチュラルチーズがいっぱいだね」
つって舐め取ってくれるんだぜ。


ゲロ食ってくれる女ぐらいありえねぇ
614:本当にあった怖い名無し :2007/03/28(水) 17:50:39 ID:z78xHhnc0 [sage] >>569
風俗とかだとやってくれる子もいると思うよ。
おれ超キモヲタだけどアナルや腋の下や足の指の間とか、よく舐めてもらうし。

742 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:39:44 ID:cW5yCsh40
もうこれ以上殺す相手を自分たちで決める事はできないと、田中に殺す相手を決めてもらう事にした。
腹筋運動をして一番はじめにリタイアした者、殴り合って一番先に倒れた者……
田中の提案した方式で選ばれた人々が殺されていき、そしてようやく12人の魂が捧げられた。
今度は田中の番!しかし、田中はまだ魂が足りないという。

気づけばイケメンの死体が消えていた。
イケメンは好きな人を守るために自分から命を投げ打ったという姿が神に気に入られ、
特別に一足早く元の世界に返されたのだという。
「イケメンは主人公の代わりに死ぬといった そのイケメンが死んでないなら主人公が死ぬべき」
そう言われ、すっかり疲弊した主人公は自ら死のうとする。
「これでみんな元の世界に帰れるのね」と泣き笑いながら。

他者のために自殺しても元の世界に帰れるだけ。
「お前逃げるつもりかよ」そんなわけにはいかないと、他の生徒たちは先を争うように自殺して行く。
そして残ったのは、主人公と田中だけだった。

田中は言う。自分が助かりたいという欲だけで死んだ者が神に気に入られて元の世界に戻れるわけも、
ましてや自殺した穢れた魂が神のもとに捧げるに値するわけもないと。
なのでまだ、田中以外にもう一人の命をささげなければいけない。

「君が死んで、その後に僕が死ねば全部終わる
 でももう元の世界に戻れる人はいないよね どうする?」
死体まみれの閉ざされた教室の中で田中がそう聞いて終わり。


結構最近にこの漫画が関よしみの「血を吸う教室」という2chでは結構有名な作品だと知ったが、
思い出の中でものすごいこわい絵柄に変換されていっていたのに、
検索して絵柄見てみたら少女漫画絵で、あれでこの内容かとびびった。

743 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:43:34 ID:Q8tzY5xP0
>>742
田中は委員長に別に何の感情もないのか…orz

744 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:44:33 ID:4r+3+LJE0
個人的にはイケメンが助かっただけでも後味スッキリ。

745 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:47:48 ID:cW5yCsh40
>>743
委員長は途中で「私はあなたを助けようとあんな事までされたんだから見逃してほしい」と言うが、
「それをしたのは僕じゃなくて鈴木だろ」という感じの事を言われてた

746 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:48:58 ID:HNrwWIcEO
>>739
や、癇にさわったならごめん。
本当に出産経験あるし、今も妊娠中だけどもさ。
だからこそ、
産まれて来るのを楽しみにしてた夫婦の気持ちを考えたら…。
ごめんね、上手く言えないけど。

あの話は、観てて本当にやり切れなくなった。
代理母の気持ちも痛いほどわかるよ。
自分の遺伝子持って、
自分の中で育った赤ちゃんだもんね。
でも愛情って、自分の子宮で育てたか育てなかったかで決まる物だろうか。
それに旦那さんの方からしたら、紛れも無い「自分の子」な訳だし。

あー本当、文章まとまらないやorz

もし、代理母が敗訴してても、
「自分のお腹を痛めて産んだ子なのに可哀想」って思っただろうし、
本当どう転んでも後味悪くなる事件だったと思う。

747 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:48:59 ID:cW5yCsh40
なんかちょっとわかりにくかった
「それをしたのは僕じゃなくて鈴木だろ 鈴木をうらめばいいじゃないか」
という風に返していた


748 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:49:48 ID:HNrwWIcEO
話終わってたしorz
リロ忘れスマソ。

749 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:52:44 ID:Q8tzY5xP0
>>745
ありがとう。

うーん、しかし…田中よ…。
いい感じにホラー向きな性格だなw

750 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:57:22 ID:vrCg6+Xk0
>>747
リアルで鈴木という苗字の俺は、もやもやした後味悪い気分になったw

751 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 02:58:02 ID:BLg+Ksh90
鈴木なんて掃いて捨てるほどいるんじゃねーの?

752 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 03:24:55 ID:Dg2Pmen90
>関よしみ
あーあのグロい人か…トラウマ作家だ。

少女ホラーで一つ思い出した。古い話だから細部は自信なし。タイトル不明。

中学生の主人公には体の弱い親友がいる。親友はずっと入院していて主人公は毎日お見舞いに通う。
主人公は詩を書くのが趣味で親友にも勧める。意外にも親友は詩の才能があり、綺麗な詩を書いた。
二人はお互い詩を見せっこしながら遊ぶようになる。
数日後、主人公は学校で詩を書く事になった。
良い詩が浮かばなかった主人公は、思わず親友が書いた詩を盗作してしまう。
その詩が賞をもらってしまった。後に引けなくなった主人公はその後も盗作を続ける。
しかし主人公の作風が変わった事を怪しんだブサメイトが主人公を詰問する。
罪に耐えかねた主人公はその場から逃げ出してしまう。
親友は主人公が盗作をしていた事に気づいたが、書きためたノートを破り捨てて証拠を捨て
問いつめられても一切口を開かなかった。
親友の態度を見て、主人公を詰問したクラスメイト達も言い過ぎたと反省する。
その頃、思いあまった主人公はふらふらと川に身を投げるのだった…

親友も優しくて周りも反省して受け入れムード整ったところで主人公自殺。後味悪かった。

753 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 03:42:51 ID:OU3DtaFV0
若いお母さんが不倫相手と家出して数ヶ月。旦那が奥さんを探して欲しいと出演。
で、放映から数週間後に奥さんが見つかって子供と旦那さんと対面する事になった。
どこかのホテルの一室が対面用に用意されて、その若いお母さんがソファに座っていた。

旦那さんとはしこりがあるからと言うことで、まずは子供達だけと会うことになった。
子供は三人いて、お母さんのいる部屋に司会者に連れられて入ってきた。
そのうちの二人がお母さんを見つけて駆け寄って号泣。お母さんもごめんね、とその
二人を抱き寄せて涙、涙。三人姉妹の真ん中の女の子は小学校低学年くらい。
その子はお母さんに近づかずに、涙を拭いながら黙って立ってる。
司会の男性に「お母さんだよ、ほら、待ってたんだよね? なぜ行かないの?
お母さんたよ?」といわれて、おずおずとお母さんに近づいた。

754 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 03:43:40 ID:OU3DtaFV0
お母さんに触れるくらいの所まで行っても、女の子二人を抱き締めていたお母さんは
その子を無視して女の子二人を抱き締めたまま、その子を見ようともしない。
司会者に「お母さん、ほら、もう一人お嬢さんがいますよ。一緒に抱き締めてあげましょうよ」
と言われてお母さんは顔を上げて、とても険しい顔になって、
「あんたはお父さんが好きなんでしょ! お父さんといなさいよ!」と女の子に怒鳴った。

女の子はさっと二三歩退いて、静かに涙を拭った。司会者が
「お母さん! なんでそんな酷いことをいうの! 同じ子供じゃないの、同じように
抱き締めてあげなさいよ、ほら」と涙を拭っている女の子をお母さんに押しやるようにした。
そしたら、お母さんは押しやられた子供を払いのけるようにして言った。

「この子はお父さんが好きなんだもの。この子はお母さんはいらないの。そうでしょ?」
「お母さん、それはあんまりでしょう! ほら、あなたの子供ですよ!」
司会者とお母さんが言い争う中、黙って涙を拭っていた女の子は泣き出した。
司会者が「ほら、みなさいお母さん、泣き出しちゃいましたよ! こんなに泣いてますよ!」

お母さんも酷いけど、司会者の、なんというか、うまく言えないけど…言えないんだけど……。

とにかく見ていて苦しくなった


755 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 04:08:18 ID:1NsQDJ7x0
>>752
それ、途中がちょっと違う。

主人公の盗作がばれるのではなくて

主人公の親友は自分の詩を雑誌に投稿してそれが掲載される。
それをクラスメイトが発見して、主人公にあなたの詩が盗作されていると知らせる。
さらに、この盗作した親友の元へ抗議に行くと言うので、
主人公は自分が盗作した事がばれると思いその場から逃げ出し、ふらふらと川の方へ行く。
一方、クラスメイトに問い詰められた親友は、自分が主人公の詩を盗作したと言う事を認める。
本当は盗作したのは主人公のほうなのだが、そんな事は一切言わず
主人公の事が羨ましかったのでつい盗作してしまった、主人公に謝るとクラスメイトと約束をし、
心の中では、詩なんかより主人公と今のまま親友同志で居たいと思っている。


756 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 04:40:13 ID:+dJtZCVrO
代理出産の話だが、遺伝子を残したいと思うのは本能だからどっちを責めるのもおかしいだろ
だからこそ、どちらかにしか親権がいかないという話は後味が悪いわけで
これで

赤ちゃん産まれた後に代理母とその旦那の間に亀裂が入って離婚
代理母は精神的に病んでしまって産まれた子を虐待していた

とかだったらもっと後味悪くなるのにな

757 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 05:25:30 ID:9LwOCEi3O
どう考えても百%代理母が悪い。契約違反、詐欺、それから夫婦の心をうちくだいた




不妊治療とか代理母にいちゃもんつけるやつからは自分の遺伝子の子供を残す権利を剥奪しろ
自分がそういう状況になっても同じことがいえんのかよ!

758 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 05:33:02 ID:+dJtZCVrO
>>757
サラッと「不妊なら子供は諦めろ」とか書いちゃうやつはそもそも相手がいなくて子供なんて作れないよ

どっちが悪いかってなると明らかに代理母が悪いな
ただ、さっきも書いたけど遺伝子を残したいと思うのは本能
半分は代理母の遺伝子なわけで、わがままを言ってしまったのは理解出来なくはない

759 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 05:43:47 ID:lY0EvoYN0
>>756-758
し・つ・こ・い

760 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 06:24:26 ID:Nzi3gaESO
>>755
もっと後味ワルーくなった

761 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 06:34:07 ID:ebMHaRUY0
>>755
あーこの話覚えてる!
病床の親友がけなげなんだよね。
作者とタイトル覚えてる人がいたらぜひ教えて!

762 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 07:51:45 ID:APpCvUsT0
いい加減代理母云々はもういい。
子供の手を引っ張り合いして先に手を放した方が
本当の母親に決まってるだろうが。

763 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 08:22:47 ID:sjWH2U+70
↑自治厨ウザッ!

764 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 08:29:46 ID:fZlXXs4g0
母性なんて幻想ですよ

765 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 08:56:05 ID:mlOhNJBQO
ここを読んでるとモヤモヤ〜となる たまらなくモヤモヤモヤモヤ
後味悪〜
良スレだ!!!

766 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 09:52:51 ID:yicCTGto0
坂田靖子の短編漫画より

アパートに年の離れた兄弟が引っ越してくる。
隣人は老人と息子夫婦。仲良くなり、お互いの家を行き来する仲になる
兄弟はどこか陰があり、人を避けている印象。
それを老人が口にすると、弟が実は自分たちは兄弟ではなく
自分はひどい環境の施設から兄によって助けられた。
今も施設の人間が探しているかもしれないので、住居を転々と
している。と告白。
老人は兄が一人の時に、「あの子(弟)は息子夫婦の子どもではないか」
と問いかける。老人の息子夫婦は数年前、まだ幼児だった息子を誘拐
されていて、弟はその息子の面影があった。
兄は苦悩の末それを認めた。兄は自分の家族を事故で亡くし、孤独に
苦しんでいた時に、たまたま見かけた夫婦の子どもを発作的に誘拐
施設の話を繰り返し聞かせて、偽の記憶を弟に植え付けたのだ。
老人は兄に弟をおいてこの町からでていけば、警察には言わない。
と兄に告げる。
悩んだ挙句、兄は弟にすべてを話し、隣人夫婦の下に弟を残して
家を引き払う。
駅で列車を待つ兄、そこに駆けつける弟。
「手紙を残してきた、僕はやっぱり兄さんといる」
ラストシーンは列車に乗って去っていく兄弟の絵と、手紙の内容が
文で書かれたシーンで終るんだけど、
子どもを誘拐され、やっと帰って来たと思ったら誘拐犯に洗脳されて
結局出て行かれてしまった母親の心情を思うと後味が悪すぎる。



767 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 10:47:26 ID:IyJFu9vH0
幼児→少年では育てた人間に情が移るのもやむをえないが
息子夫婦の立場からはかなり後味悪いな。

768 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 10:49:33 ID:8c/2VhW/0
弟を置いて兄が去ってENDなら兄カワイソスとも思っちゃうしな
どっちでも後味悪いな

769 :沖縄県失業率全国一:2007/03/30(金) 10:51:39 ID:ZddLN21B0
行方不明で生死が分からない状況から、困難ではあるが大切な人と元気に暮らしている
状況に好転したんだよ。行方不明の赤ん坊の弟は、自分の人生を決断できる立派な大人
として旅立ったんだよ。別れはつらい。でもいなくなるわけじゃない。

770 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 11:26:57 ID:U/Q6+53B0
おまえら代理母の話は肝心なところを無視して話してるだろう?
依頼人夫婦の夫の精子と代理人の卵子で出来た子供だぞ。
依頼人夫婦の妻の遺伝子はこれっぽっちも入ってない。
「契約違反」で片付けて別の養子を貰うのが一番だと思うんだがな。

771 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 11:38:44 ID:So1+MxU00
>>752
多分同じ人の作品で。

戦時中で疎開するために何人かの子供と大人(先生?)を乗せた船。
(この疎開に反対してた人もいたはず)
結局は船が大破して乗ってた人は全員死ぬって話もあったはず。
話の中には
・疎開を反対した人が校長や先生に詰め寄り抗議
・校長と女の先生が逃げている時に校長が来るって槍かなんか持って
「おのれ!!」と敵陣に突っ込んでいく

タイトル忘れた…

772 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 11:48:13 ID:+dJtZCVrO
>>770
契約時に結構なお金払ってるみたいだが?

773 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 11:54:25 ID:U/Q6+53B0
>>772
だから契約違反で片付けて賠償金を取って終わりにするんだろう

774 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 12:14:07 ID:QBYO/uafO
>771
対馬丸だか武蔵丸だかの改話みたいだな

775 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 12:18:06 ID:k9e474hG0
>>770
旦那の精子の事が、無視されてますが。
男は、遺伝的に親を名乗る資格はないとでも?

あと、いつまでその話を続ける気だ?

776 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 12:19:52 ID:OnLfnu44O
武蔵丸は2点

777 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 12:58:17 ID:FiZjFVq5O
代理母の件引っ張ってわるいんだが、
俺は見てる途中でなんで子宮提供者の卵子使うんだろ?
こんな事してたら、いつか揉め事起きるぞ、って思って
見てたらほんとに揉めてあーあーってオモタ。

まぁ結果は変わらんかもしらんが。

778 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 13:00:25 ID:uNnsRZi6O
ここは「後味悪い話」を書き込むスレです。代理母だかの議論をしたい人は然るべきスレなり板なりに移動して続けてください。

779 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 13:23:25 ID:s8mtLBWe0
代理母厨は消え失せろ!!!

780 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 13:30:42 ID:qc20MNB30
いつまでたってもスルーを覚えないからこんなことになる。

781 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 13:37:48 ID:soCKVZNo0
>>771
「ああ七島灘(なだ)に眠る友よ」(木内千鶴子)だと思う 。
アニメと作者違うけど、これも対馬丸の話。

771さんが言ってるのは終盤、子供をなくした親達に責められ精神に異常をきたした校長先生が
空襲のとき爆撃機に竹やりで向かって行き、それを助けようとした女教師(妹が病弱だったため
対馬丸に乗れなかった)と一緒に機銃掃射で蜂の巣にされて死ぬシーン。
ちなみにヒロインは男教師(女教師の恋人)と共に対馬丸から脱出したものの、救援が間に合わず
筏で漂流しながら餓死という、どこまでも救われない話だった。





782 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 16:16:07 ID:HaMt6dj70
>木内千鶴子
ググったらサイトが出た。いくつか漫画を掲載してる。絵は古いが内容はすごいね。
「天国が見つからない」ってのもキタ。

幸せなお金持ちの一家が父親が競馬にのめりこむようになって破綻していく。
競馬狂いの父親に当てつけるように母親も遊び歩き、顔をつきあわせると喧嘩ばかり。
末っ子は泣き出し、長女は必死で二人をなだめる。
長女の心のよりどころはクラスメイトの親友だけ。彼女の明るさに救われていた。
しかし、とうとう両親の不仲は頂点に達し離婚を言い出す。
離婚だけは嫌だと思った長女は、自分が死ねば両親も反省して仲直りするのではないかと思い立ち、
遺書を残して発作的に死んでしまう。
気がつくと長女は真っ暗な世界でひとりぼっちだった。
声がする方向に歩いていくと家にたどり着くが、両親には長女の姿が見えない。
長女が死んだのはお前のせいだと両親は相変わらず喧嘩をし、末っ子はかばってくれる
長女もおらず涙をこたえている。親友がお線香をあげに来てくれるが、声をかけても気づいてくれない。
家の外では新しい友達が親友を待っていた。
長女は死んだことを後悔する。両親は不仲なままで末っ子は一層寂しい暮らしになり親友も去っていった。
このまま一人忘れられていくことに恐怖する。

最後は父親の競馬狂いは馬の霊がとりついていたせいで、そいつが成仏した後は
父親も反省して心を入れ替え、家族は仲良くなる。長女は成仏するような描写で終わる。
子供向け漫画のようだからラストの落ちはつけざるをえなかったんだろうが、
作者が書きたかったのは自殺したって犬死って部分だろうなあ。

783 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 16:53:25 ID:So1+MxU00
>>782
その話も後味悪かった。
主人公の親友が主人公が可哀想かなんかで仲良くしてやってたって描写があったような…。

784 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 17:25:29 ID:V2ODOWKq0
後味悪い終り方をしてた怖いテレビ番組があった。
けっこう前のテレビ番組なんだけど。
怖い話のオムニバスでさ、舞台は学校。
夏休み、図書室で勉強していた女子生徒3人くらいが、
もう生徒がいないと勘違いした先生に鍵閉められて閉じ込められる。
で、出口を探していたら床下に扉があって、あけたら洞窟みたいなのに
繋がっていた。3人は降りていくんだけど、そこには得体の知れない化け物がいて、
そのうち2人が食われちゃう。
3人目はやっとのことで元の図書室に戻るんだけど、
その化け物は3人目を追って上がってくる・・・ってところで話終わり。
これって何の話だっけ?死ぬほどこわかったんでもう一度みたい。
だれかしらない?

785 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 17:33:39 ID:xHWw8V/a0
トミーズ雅の嫁さんの母親が、不良時代の和田アキ子(当時14歳)に
親に買ってもらったばかりの時計を脅し取られたらしく、
それを雅が和田に番組の中で追求するも、和田は知らぬ存ぜぬを通し、
雅は和田に密かに疑念を抱くようになった。
あるときタクシーの中で、飲んだくれて自分に絡む和田の胸ぐらを
このときとばかりにつかんで、
「ええ加減にせんとあきまへんで」と拳を振り上げ、謝らせたという話。
目くそ鼻くそ、勝手にやってという感じだが、さらにたちが悪い雅は、
たかじんに自分が入信する創価学会に激しく勧誘するうち、
たかじんに愛想を尽かされたんだと。
それ以来交遊なし。

一方たかじんは、こぶ平の妹、やす葉と親公認の結婚寸前までいった。
そのため母、海老名香世子はこぶ平をたかじんの元で鞄持ちとして
修行させた。しかしながらこの話が破談になったのは、
林家三平一家が熱心な創価信者だったためだ。
極右思想を持つたかじんの父が大反対し、たかじんも創価大嫌いだったため、
こじれて破談になったというのが真相らしい。
そんなたかじんが雅の勧誘にアレルギーを再発させることになる。
これで創価の熱心な信者である雅との交遊が終わったといっても過言ではない。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail.php?qid=129056117

786 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 17:34:10 ID:KrLDLOIU0
>>784
あさぎ?なら覚えてる

787 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 17:35:09 ID:3TPYXRUn0
>>784
「学校の怪談 春の呪いスペシャル」の第二話 「アサギの呪い」かと。
トラウマスレでは既にテンプレとなってる。

788 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 17:39:21 ID:IG0kECZn0
>621
それ、単行本になってないのかな?幼少時、病院の待合室かどっかで読んで以来、ずっと
心に残っています。
ロボットは感情を見せないんじゃなく、「泣く」以外の感情は見せたけど、どうしても「泣く」
ことだけが出来なかったんだよね。それで博士は絶望して首を吊り・・・・・・

それに続くオムニバス形式の他の話も、なんだか救いがない話ばかりだった記憶がある。
いろんな作家さんが連作していたんだっけ。

789 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 18:28:12 ID:EGa3RHz70

>>693の続きを今月中に頼むよ…

790 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 18:41:29 ID:TIegrMm6O
どっかのバンドの歌詞

主人公は父に犯されてる。
大好きな母は天井から首を吊ってしまった。
母の下で母の死体を見上げながら犯される主人公。

ある冬の日意をけして父をナイフで刺し殺しそこから逃げる。
しかし体内には父の残した子供が。
吐き気を我慢しましょう。という諦めの言葉で歌終了。

綺麗な旋律の歌なのに歌詞を知ったら後味かなり悪かった。



791 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 19:08:59 ID:ZR51pfNR0
SATUGAIせよ!SATUGAIせよ!の方がよっぽど酷い歌詞だから後味悪くないな。

792 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 19:17:09 ID:KoBgRC5OO
>>790
Dir en grey かな?
鬼葬ってアルバムにそんな感じのあったような気がしなくもない。

793 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 19:37:51 ID:dSPTKRTf0
>>785 雅も三平も草加か、嫌な奴は皆層化なのかだったりして。
まあ雅は昔大阪ローカルの番組で俺の地元の名古屋の飯がまずいし
気持ち悪いとかボロクソに言ってたから元から嫌いだったけどね。

794 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 19:47:10 ID:dncEafkyO
>>790 Dir en grey

795 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 19:49:11 ID:dncEafkyO
連投スマソ
>>790 Dir en greyのFILTHの鬼葬Ver.


796 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 19:53:13 ID:ZR51pfNR0
芸能人が創価に入るのは信心じゃなくて金目当てだよ。
売れない芸能人でも創価に入ると一定の収入源になるから。

797 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 20:06:15 ID:Cw1vkrtQO
フィルスじゃなくてエンブリヨだよ。
Dir en greyのその曲。

798 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 20:13:46 ID:AJ6ToSVZO
>>797
なんだっていいけど本当に胸糞悪い歌詞だぬ
つうかグループ名すら読めないんだけどね

799 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 20:13:50 ID:jsMo7Q910
大阪府熊取町の謎の連鎖自殺
ttp://yabusaka.moo.jp/kumatori.htm

全然自殺じゃないよね?

800 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 20:41:28 ID:f6IuhCEeO
ディル・アン・グレイって、
ライブでほんとに血出したりするって聞いたけどマジ?

801 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 21:16:03 ID:/xTfo2NvO
ディルってそんなグロかったんだ…
昔知り合いに面白いと言われて立ち読みした小説…
確か鬼子とか言う題名だった、所々読んだだけで後味悪くなり止めた
あらすじは、うるおぼえで悪いけど確か
お父さんが自分の家族の事を小説に書いているんだけど、
息子が親の再婚か不倫かが原因でグレる、よく家に不良仲間が来るようになり、
妹がうるさくて兄の部屋に怒鳴り混む。兄は逆ギレして
パジャマ姿でやりたい盛りの男の前に来るとは…と友達に犯すよう命令
父が異常を感じ兄の部屋に行くが友達に逆にやられて
目の前で娘の処女を犯されるのを見る。兄は笑いながら指示。
幸い娘は生理だったが母は下の階に居たのに呑気に風呂に入ってる。
ここから気持ち悪くなり最後を読むと
どうやら妹は自殺。父は兄を恨み、マフィアか何か怪しい奴に息子を売る。
売られた息子はマグロ漁業の船へ…生死をさまよう中、どこかの港につき脱走する。
ちゃんと読んだ人フォローしてくれたら嬉しいです。

802 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 21:36:37 ID:So1+MxU00
>>787
アサギの呪いではないような…。
あれは確か苛められっ子が地下っぽい所に閉じ込められて、
苛めっ子(2人)も閉じ込められて、
最後苛められっ子が生き残って地下から助けを呼ぶけど後ろから何かが…。じゃなかった?

803 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 22:51:02 ID:vrCg6+Xk0
トラウマスレより転載
6 :本当にあった怖い名無し :2007/03/10(土) 17:36:41 ID:5qXij5j00
アサギの呪い
恐怖心理学入門に同じ、「学校の怪談 春の呪いスペシャル」の第二話
女子高でつれない転校生を怖がらせようと、二人組みが彼女をあかずの
間へ連れて行く。転校生を怖がらせることには成功したものの、
出口のカギが壊れてしまい、外へ出ることができない。
他の出口を探していると、鍵のかかっていない古びたドアを見つける。
その先は洞窟へ通じていた。三人は洞窟を進んでいくが・・・・・・・・・。

洞窟に潜むいじめられっこの亡霊「アサギ」が女子高生の目を潰して殺す描写がトラウマ
地下の小窓(外から見ると地上すれすれに開いている)から助けを呼んでるのに
誰にも気付いて貰えなかったり、 全員あぼーんだったりでトラウマを受けた者多し

学校の怪談 春の呪いスペシャルでは、上記の2話ほどではないが、
第四話の「おぞけ」も話題に上がる

鉄棒に絡みつく髪
1996年東映製作のOVAアニメ(一部実写ドラマ)「学校の幽霊2」の第3話
95年から始まった学校ホラーブームで、占い誌に投稿された実話・体験談を基に作られた
長髪の女の子が、髪が絡まったまま鉄棒で回転を続けると言う、痛い描写がトラウマ
45分に14話詰め込みなので1話1話が短かく、アッ!と言う間にたたみかけて来る
2000年8月6日にTV放送され、5話15分のビデオ「学校の幽霊 寅の刻」にも収録されている

804 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 22:54:38 ID:lZ2GFW3d0
>>784の話はアサギの呪いだろう
>>784の記憶があいまいになってるんだと思う

805 :沖縄県失業率全国一:2007/03/30(金) 23:19:04 ID:2210z6JA0
>>782
馬の霊に憑依された父親はやたら元気に走り回り人参が好物になり、ついでに
息子が馬並になり万年発情期となり母親はもちろん会社のOLや主人公、妹まで
手にかけるようになり、そんな環境に絶望した主人公が自殺するならエロ漫画の原作
として使えたのに残念。親父についていたのは競馬狂いの霊だろ。

806 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 23:45:56 ID:Nzi3gaESO
>>799
全然自殺じゃん

807 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 00:02:30 ID:udcvXRvD0
内田春菊の自伝小説が結構えぐかった
続編があるらしいけどそっちはまだ読んでない。義父も春菊も両方なんか……

小学生ぐらいの時だかに両親が離婚する。
母親にはすぐに男ができ、春菊と妹は彼を「お父様」と呼ぶようになる。
なにかと母は男の機嫌を取るかのように、前の夫の悪口を言った。
そして春菊に対し「お前は前のお父様によく似ているよ」と言った。
お父様と呼ばせているわりには家は貧しい方で、
妹はよく服を買ってもらえるのに春菊はあまり買ってもらえなかった。
やがて春菊は二次性徴を迎え、義父はやたらと春菊の体をさわり、
着替えや風呂を覗いたりするようになった。
そして春菊が男子生徒と話したりするのを異様に嫌い、
ちょっとそんな現場を見ただけで母と共に「いやらしい子だ」と攻め立てた。
あんたが日ごろやってる事の方が十分いやらしいだろうと思いながら春菊は黙っていた。

中学に入って春菊は男の子と付き会うようになった。もちろん義父に隠れて。
その男の子はやたら性急に春菊の体を求めてくるので、やがていやになって別れた。
そしてまた次に男の子と付き合い出した。彼はとても優しかったのですぐに体を許した。
やがて春菊は妊娠した。ちゃんとした避妊の方法など二人とも知らず、
いつも避妊の事をあいまいにしながらセックスしていたつけがまわってきたのだった。
流産するように激しく走ったり階段からわざと落ちたりするがお腹はどんどん大きくなる。
やがて両親にばれ、義父は怒り狂い、相手の名前を割ろうとしない春菊を激しく蹴りつけ、
無理矢理男の子の家へと引きずって行った。
玄関で娘が妊娠していると怒鳴りつける義父。
男の子は「そうなんだ」と実感なさそうにそれだけ言って部屋に引き返し、
彼の親がひたすらに謝った。殴られすぎて帰ってからもぐったりしている春菊。
「突いたら下りるかも」義父はそう言って春菊をレイプした。

父の行為は結局意味をなさず、春菊は堕胎手術を受けた。
学校に戻ると、男の子はもう目があっても付き合っていた事などなかったかのように無反応だった。
義父はそれ以来味をしめて、春菊を度々犯すようになった。

808 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 00:49:48 ID:4BHgYKM+0
続きを書かずに消えるとな?

809 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 00:58:51 ID:bMqZzm3YO
エグい漫画描くなと思っていたらそんな過去があったのか

810 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 01:08:25 ID:ExnszebB0
一版書籍板とか難民板とかいくと、春菊のそれはセンセーショナルを演じたい
春菊の創作だってよ。
春菊のドキュぶりに嫌気が差した数々の担当や編集が
雑誌やら何やらで暴露してるそうな。

811 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 01:16:12 ID:6zPXR8an0
違う作品では結構米送ってもらったりとか
普通な親子関係も明かしてるからな。
小説家の自伝なんぞ信じちゃあかん。

野坂しょうニョは自伝の蛍の破瓜で妹が死んだことにして、
女性のインタビュアーを化粧が落ちるぐらい泣かせたんだとか。
もちろん節子としてチャネラにも親しまれてるあの子は現実には
死んでない。

812 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 02:04:43 ID:2zAouyhT0
小説家にしろ漫画家にしろ絵描きにしろ、何かしらを表現する職業の人は
嘘付くのが仕事みたいな所はあるからね
それがいわゆるエンターテイメント
原爆直下の広島で起きた実話をもとにした詩で、

原爆の瓦礫の中で1人の女が産気づいた
苦しんで助けを求めていると、今にも死にそうな怪我人たちの中で
1人の老婆が、自分は産婆であると名乗り出た
暗闇の中で女と産婆は何とか赤ん坊を無事にこの世に送り出し、
そして夜明けを待たずに産婆は死んだ

というのがあるけど、やっぱり本当はここで産婆な死んでない
でも死んだことにした方が、暗闇の絶望の中で生まれた新しい命との対比がきくから、そういうことにした
広島では毎年毎年全生徒にこの話を聞かせるものだから、
産婆の子孫の所には『自分の命と引き替えにしてでも新しい命を救った
あなたのお母さん(お祖母さん)の姿に感動しました』
みたいな勘違いした感想が今でも来るらしい

813 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 02:13:17 ID:ExnszebB0
>>811
墓を破瓜って…どんだけ普段エロな書き込みしてんだ、この。

814 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 03:32:04 ID:GALvjQ5n0
>>812
生ましめんかな だよね。
自分が国語の授業で習ったときは、ちゃんと先生が
「これはフィクションです」って説明してくれたなぁ。
みんな「騙された!」って思ったもんだ。

815 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 04:01:50 ID:9zKB/sae0
思い出した。嘘ってのと広島で。

井伏鱒二の黒い雨って知ってるかな?
手記の形式を取った小説として知られてるけど、これが真っ赤な盗作。
重松日記って言う重松さんの日記をパクった。
最初は井伏も重松さんとの共著にすると言ってたのに、蓋を開けたらオリジナル作品と吹聴している。
「日記を下敷きにしているが描写は創作的だ」とか言ってかばう人もいるけど、
その創作と言われて評価されてる部分、元ネタの重松日記にもあるんだよ。
重松さんってのがなかなか達者な文を書く人で、元から良い文章だった。
それを井伏鱒二がパクった。
更に賞も取って評価されて有名になったもんだから、あちこちから重松さんに圧力がかかった。
重松さん一家は関わるのが嫌になって、結局オリジナルの重松日記も封印してしまった。
えぐいよね。

816 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 04:38:34 ID:etNWkUcIO
内田春菊「ファザーファッカー」
もう10年位前に読んだきりだから、あまり覚えてないけど、結局春菊が家庭環境に耐えられず、家出する所で終わってたような…。
>>811
オカ板でわざわざ妙な当て字しなくても…。

817 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 09:41:43 ID:KK+5waRLO
このスレ以外見られない…

818 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 09:53:55 ID:lXVKNT1Z0
内田春菊の「わたしたちは繁殖している」
自身の妊娠、出産、子育てを自分流でしてる様子を描いた漫画なんだけど
初めて読んだ時は10代で「つわりって苦しそう、出産って痛そう、子供育てるのって大変そう」と思ってて
「いつかは私も通る道なんだろうけど、なんか怖い、嫌だなー」と漠然とした不安があったので
この漫画読んだら「結構楽しそうかも」とポジティブに捉える気持ちが出てきた。
その意味では、いい漫画だと思う。

でも実際に出産してから読むと、結構痛い漫画だったんだよね…
10年以上前の漫画だからある程度仕方ないかもしれないけど、母乳がよく出るからと妊娠中も授乳期もビール飲みまくってたり、
深夜の居酒屋に乳児連れてたり、オムツをどうして外で捨てちゃいけないのと憤ってたりで、モロDQN丸出し。
しかも最初の子は未婚の母で産むつもりが、結婚しようという男が現れたのでその人と結婚して産んだんだけど
(なので長男と父は血のつながり無し)
その後長女、次女が生まれた辺りで夫への不満が出始め、劇団員の若い男と不倫。
離婚して4人目の子供を産む。この子は劇団員の子らしい。
離婚でもめまくり、慰謝料は春菊側から夫への支払いで億単位。
自家用車3台(4台かな?ウロ)や家まで取られたという記述がある。
親権でももめまくってDNA鑑定までしたらしいが、結果4人全ての子供が夫と遺伝子一致しなかったらしい。
その後「この漫画はフィクションです!」と高笑いしているコマが描かれてるが、これはあんまりだ…
(ネタ部分も含めて、あまりにぶっ飛んだ言動が多いせいか多分結構抗議とか最初から来てたんで、
巻を進めるごとに「この漫画はフィクションです」と最初に書いてたんだけど、さすがにここはネタとは…)

819 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 10:30:40 ID:9ITYI5d50
またスレの流れが後味悪いから胸糞悪いになってるな。

820 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 11:21:42 ID:KJ51B+FI0
内田春菊というと子供の名前もひどい。

第一子(男子):在波(あるは(ふぁ))
第二子(女子):紅多(べーた)
第三子(女子):紅甘(がんま)
第四子(男子):出誕(でるた)

更にその後、夫(役者)の両親の悪口を
漫画やエッセイで書きまくってるのも後味悪い。

821 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 11:47:16 ID:GALvjQ5n0
なんか知らんが春菊大人気

822 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 11:50:03 ID:Qpr4v/tg0
人の不幸と悪口は蜜の味。
あれで春菊はプロの物書きだからな。
どういうのが世間に受けるのかよく分かってる。

823 :807:2007/03/31(土) 11:51:44 ID:XO/kJzDE0
良かった じゃあ義父にひどい事をされた子供はいなかったんだね

>>808,816
ごめん 結構うろ覚えで書いてた

824 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 12:15:24 ID:bqP6fT5n0
>>820
別冊ダヴィンチなんかで書いてるやつかな?
そうだとしたら、あれは自分もいただけないと思ったな。

春菊に全く興味なかったんだけど、ダヴィンチに載ってたエッセイを読んでファザーファッカー買って読んだ。
親も妹も見事なDQNっぷりで、こんな幼少期だったから春菊自身も立派な真性DQNに成長したんだろうなぁとしみじみ感じた。
近況も人の悪口ばっかりで、自分と合わない人や気に入らない言動をする人の事を全否定。
しかもその見事な親族叩きを堂々と公開してるとこが気持ち悪いほどにイタイ。
こういう人も世の中にはいるんだなぁと、後味悪いけどある意味勉強になったよ。
取り合えずファザーファッカーはブッ○オフで100円で買った事は間違ってなかった気がする。
定価でなんか絶対買いたくない本の1つだった。

825 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 13:04:59 ID:w7pL+d0W0
「私達は繁殖している」はまさにDQNの垂れ流しだね。
病院嫌いだから熱出そうと湿疹出ようと連れて行かない。
夫と離婚してからは
「病院にも連れて行ってもらえなかったかわいそうな息子達」になってる。
男女平等と騒いでいたわりには
「男がベビーカー等持ってくれない、紳士じゃない」
「授乳中ジロジロ見てくる、ムカつく」
「優先されない、紳士じゃない」。
育児中映画のセックスシーンで母乳吹き飛ばしまくる。
かなり崩れた体でヌード写真出す。
幼児を2人、小学生の子を一人置いて新しい夫と出産しに行き、
その間上の子に全て面倒を見させる。
書いたらキリないわ。
ヲチで読んでたけど、あまりのDQNぶりに嫌気がさした。

826 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 15:28:13 ID:4a0ygNCV0
>>811
野坂の妹って二人いて、あの話のモデルになった妹は本当に死んだんじゃなかったっけ。
野坂が色んな所で「俺は蛍の墓の主人公のように
健気な兄ではなかった」と贖罪のコメントを残してる子。
それとも、あの話が嘘だったのか。

827 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 16:47:05 ID:C63/Z2LB0
>>811
昔は好きだったがファザーファッカー〜第一子出産あたりでついてけなくなった元読者ですが、
「米送ってもらたりとか」に関してはたぶん
単行本「私たちは繁殖している」1巻の空きページに書いた、
「両親」にあてた手紙、という体の皮肉と言うかブラックジョークというかギャグのことだと思う。
その前後からさんざん母親と母親の再婚相手への憎しみを書き連ねていたが、
そのページだけまるで普通の娘が両親に向けて
「お父さんお母さん、いつもお米アリガトウ!子供も元気ダヨ!」みたいな文面の手紙。
面白いと思ってるならセンスを疑う、と思った始まりであった。

828 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 17:23:16 ID:aVTIri530
>>826
節子のモデルになった妹さんは実際に亡くなっている。
健気ではなかったというか、やはり自分を優先してしまったみたい。
妹にお粥を食べさせようとして匙で掬うんだけど、何度やっても
自分の口に運んでしまった、とか。妹さんは栄養失調だったそうだ。

829 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 17:27:06 ID:8so+P+I70
内田春菊みたいな人間は
氏んでほしいな

830 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 17:27:18 ID:C63/Z2LB0
そういえば最近のサクマドロップの缶は、節子の絵が描いてある。
なんか開けたら節子の骨が入ってそうでちょっと嫌だw

831 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 17:46:47 ID:mkF75xedO
>>828
切ない話だ…

832 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 18:21:36 ID:E+p/LJb40
星真一の作品で、
世界が滅亡?するボタン(スイッチ?)みたいなのが、家に届く話が面白かった。(後味も悪かった)

833 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 18:26:51 ID:o1xnYOnt0
内容が無いよう

834 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 18:30:15 ID:VikvGM1QO
散々既出なエミネムのスタンを貼りたいんだが…
ダメか?

835 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 18:34:24 ID:0+4hNOTE0
>>828
浮浪雲の貧乏な4兄妹の話思い出したわ
2人がわらじを売りに行ったら全然売れなかった、でも親切なおばさんが沢庵とご飯を包んでくれる
それを貰った二人は「皆でおかゆにして食べよう」って言って急いで帰るんだけど、途中で包みを持っていた妹が包みを落としてしまう
そして2人は最初割れてちらばった器とご飯をかき集めてたんだけど
その内に妹がついご飯を一口食べてしまい、それを見た兄もご飯を食べ始めて、結局は2人で貰ったご飯全部食べつくしてしまう、って話

最後は近所に暮らす夜鷹の話を聞いて、その年端も行かない長女が夜鷹になって街に立つんだけど
その話を自分の娘から聞きつけた主人公がそこに言って「私を買ってくれませんか?」の言葉に「はい買います、妹も弟も兄ちゃんもまとめて買いましょう」と答えて〆だから
残念ながら後味の悪い話ではない

836 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 18:34:48 ID:b51ATN3G0
>>834
一昨日にいらしてください

837 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 18:46:56 ID:iXTLgu5NO
公開中のハッピーフィートを投下したいんだが、だめか?

838 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 18:48:03 ID:b51ATN3G0
>>837
人糞でもお召し上がりください

839 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 18:48:53 ID:b0jcyZ4J0
それは別にいいんじゃないか?

840 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 18:50:01 ID:Fy+5XlwDO
>>837
どうぞどうぞ

841 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 21:47:24 ID:5O8BAH7+O
>>837
わくわく投下待ち

842 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 23:18:48 ID:DVlAJqbO0
期待age

843 :本当にあった怖い名無し:2007/03/31(土) 23:48:15 ID:iXTLgu5NO
やっと下書き書いた…。
まだ公開中なのでバレ勘弁な方は
注意して下さい。

ニモとおんなじ系統だと思って
かなり楽しみにしてみたけど、
結構ポカーンだった。
途中ちょっと記憶が曖昧で
適当な所があるかも知れんけど
結構詳しく書いたつもり。


844 :ハッピーフィート1:2007/03/31(土) 23:53:56 ID:iXTLgu5NO
北極、皇帝ペンギン(多分)の帝国の話。
ペンギンは魂の歌を歌う前提。
昔からの言い伝えを頑なに守る帝国の若い歌姫(多分)
ノーマ・ジーンと同じく天才的に歌のうまい(多分)
メンフィスは、お互い歌で愛を確認し結婚した。

繁殖期が終わり、メスが魚を取りに行く間、
オスは卵を温める。
どんなことがあっても、卵を落としてはいけない
という言い伝えがあるにも関わらず、
メンフィスは不注意で卵を落としてしまう。
すぐに温め始め、このことを
秘密にするメンフィス。
やがて他のペンギンの卵が孵化するなか、
ちょっぴり遅く孵化したメンフィス達の卵。
殻から、まず足を出した雛はマンブル
(意味はフラフラ?)と名付けられる。

そのハッピーフィート(パタパタ足)をみっともないと思うメンフィス。
ベビー達は学校で、一番大切な事、魂の歌を披露するが、
ペンギンのくせにマンブルは音痴で歌が歌えない。
メンフィス夫婦は学校に呼び出され、
高名な教師にマンブルの指導を
してもらう事になる。
その指導をもってしても、
魂の歌を歌おうとすると
ステップを踏んでしまうマンブル。



845 :ハッピーフィート2:2007/03/31(土) 23:58:20 ID:iXTLgu5NO
学校では歌の授業をやり過ごし、
マンブルは誰にもみつからない所で踊り続けた。

ある日、その場所で鳥達に囲まれたマンブル。
鳥の足に調査の為に付けられたもの(名前分かりません)
を見て、エイリアン(人間)の存在を知る。
危機一髪、鳥達のご馳走になるのを免れたマンブル。
やがてティーンになったマンブルは、幼馴染みの
グローリアに好意を抱いていた。
みんなが大人毛に変わり、学校を卒業するなか、
まだフワフワ坊やのマンブルは魂の歌が歌えず落第。
みんなと初めて海に飛び込み、魚をゲットするが、
グローリアにプレゼントしようとして譲り合っているうちに、
マンブルがくわえていた魚が鳥達に奪取されかける。
必死で取り返そうとし、ボロボロになりながら
骨になりかけの魚をグローリアにあげるマンブル
(ここら辺感動)。


謝恩会的な場で歌うマドンナ=グローリア。
ついつい歌うマンブルの音痴さにみんなブーイング。
みんなから離れてしょんぼりしていると、
流氷に流されて、アザラシ的なものに襲われる。
なんとか逃れるマンブルの前に現れる、違う種類の
(名前思いだせないけど、頭がオシャレな)ペンギン五人衆。

グローリアに好意を抱いているものの、
魂の歌が歌えない為に積極的になれないマンブルに、
オシャレなペンギンズは、
お前のステップの方がよっぽどクールだぜと言う。
どうやら、オシャレペンギンと皇帝ペンギンは文化圏が違うらしい。


846 :ハッピーフィート3:2007/04/01(日) 00:01:44 ID:iXTLgu5NO
オシャレペンギンズと共に帝国に向かうマンブル。
帝国では、昔のノーマ・ジーンのように
ひときわ目立ってうたうグローリアと、
彼女に求愛の歌を歌うクラスメイトの男達の姿が。
B系ヒップホッパーの求愛を軽くかわすグローリアの前に、
まるで若き日のメンフィスのようにイカした声で歌いだすマンブル。
実は口パクで、オシャレペンギンズの一人が歌っていることに
気付いたグローリアは、騙すなんてとガッカリする。
ガッカリした魂の歌を歌うグローリアに、
反省しステップで 応えるマンブル。
なんだか楽しくなり、
みんなでブギーワンダーランドしだす。

それを見て不快感を示す長老達。
最近魚が少なくなったのは先祖の言い伝えを守らないからだ
と、異端児マンブルを責める。
ダンスと魚の減少は関係ないと憤るマンブルとグローリア。
しかし長老達は、ダンスをやめないと
帝国追放すると宣言する。
メンフィスはここで初めて、卵時代に落としたことを告白。
その告白に絶句するマンブル母子と帝国のペンギン達。
それでも、このハッピーフィートが僕自身だ。と、
追放されるマンブル。
但し、魚減少の原因を突き止めたら戻ってくると宣言し、マンブルは帝国をあとにする。


847 :ハッピーフィート4:2007/04/01(日) 00:04:46 ID:u9bWBNBpO
マンブルは、魚減少の原因は
エイリアンの仕業だとにらんでいた。
だが、証拠も何もない。
オシャレペンギンズは、
オシャレペンギン帝国の預言者?に聞けばいいと提案。
早速聞きに行くが、結局分からぬまま。

途中、グローリアがマンブルを追いかけてくるが、
相思相愛にも関わらず、マンブルはグローリアを
わざと怒らせてケンカ別れしてしまう。
帝国を追放され、エイリアンを探しに行こうとする
自分と一緒にいては、ペンギン並みの生活を送らせてあげれないから
という、苦渋の選択でもあった。

預言者は預言者ではなかったけど、
エイリアンの住み処を知っていた。
連日必死でその場所を目指すマンブル・ペンギンズ・エセ預言者。
やっとたどり着いた所で、漁船をみたマンブル達。
魚減少の理由が分かったから戻ろうという
ペンギンズの制止をきかず、魚を乱獲しないよう直談判しに、
漁船を追って海に飛び込むマンブル。
必死で追いかけ続けたマンブルは、
いつの間にかいくつもの海流にのり、
見知らぬ海辺に打ち上げられた。


848 :ハッピーフィート5:2007/04/01(日) 00:08:42 ID:u9bWBNBpO
目を覚ますとそこは北極(か、アラスカだったかも)。
帝国とはさほど離れていないように感じるマンブルに、
隣にいた見知らぬペンギンは、
お前が帝国だと思えば帝国だと意味深発言。
実は水族館だった。

ガラス越しに初めて見るエイリアン(しつこいけど人間)に、
マンブルは必死で魚の乱獲をやめるよう
ペンギン語で呼び掛ける。
勿論通じず、叫び続けたマンブルの声は
3日で枯れ、更に3ヶ月経つ頃には
正気を無くした普通のペンギンになっていた。


ある日、マンブルがしょんぼりしていると、
ガラスをノックする音が。
女の子がガラスをコンコン叩く音がリズミカルで、
マンブルはついステップを踏んでしまう。
笑顔の女の子を見てますます嬉しくなったマンブルは
踊りだし、一気に踊るペンギンは有名に。



場面は変わって皇帝ペンギン帝国。
相変わらず魚の減少が続くなか、マンブルが背中に
リモコンを着けて帰ってくる。
エイリアンとは仲良くなった、
みんなで踊って乱獲をやめるよう
メッセージを送ろうというマンブル。


849 :ハッピーフィート6:2007/04/01(日) 00:12:04 ID:u9bWBNBpO
既にヒップホッパーと結婚し
子沢山となったグローリアがまず賛成。
長年反目しあった形となってしまったメンフィスとも、
マンブルのダンスを受け入れる形で和解。
頑固者の長老達も、ヘリコプターから降り立つ
エイリアンと、楽しげなマンブルのダンスを見て、
一緒になって踊り出す。
その光景は、世界中で中継され、人々は何千何万のペンギンが
マスゲームよろしく踊る姿から、餌不足の深刻さを知る。
世界中で北極(アラスカ)からの漁船撤退について
日々議論が続き、どうやら良い方向に話がまとまって
エンドロール。



かなりえッ!?って感じだった。
何で餌不足を訴えてるのか分かるのも気持ち悪いし。
水族館での絶望感漂ってる感じとか、
リモコンつけて帝国に戻ってきたくだりとか、
段々、実は悲惨な話なんじゃないかと思ってハラハラした割には、
ハッピーエンド感が強くなかった。
グローリアは結婚して子沢山だしさあ。
ニモの時はあのヒレの障害が
プロローグの動機付け的に悪くないと思ったけど、
マンブルの場合は、
只ハッピーフィートで音痴っていう個性で通せば良かったのに、
最後まで一羽だけ大人毛にならないのも、
発育遅滞っぽい雰囲気醸しててかなりモヤモヤした。
長くなった上に意味分かんなかったらごめん。
改行変なのは見逃して下さい。

850 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:13:24 ID:IfDhdzk60
>(多分)
>(ここら辺感動)。
>(名前思いだせないけど、頭がオシャレな)ペンギン五人衆。
補足にワロタw

お洒落なペンギンってあれか、イワトビか?
ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200602/27/69/e0060169_2129627.jpg

851 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:14:12 ID:q9d0OvnC0
あんまり後味悪く感じない……。

852 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:14:17 ID:IfDhdzk60
書き忘れ。
乙。

853 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:20:12 ID:liZqRBrW0
乙。

CMからもっとほのぼのした動物物かと思ってた。
「ニモ」みたいなのを想像していくとダメージ受けそうだな。

854 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:21:01 ID:1uZlu05aO
みんなでブギーワンダーランドしだす。にハマった

855 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:21:01 ID:B54mcvgDO
昔読んだオムニバス形式の本にあった話が怖かった。駄文だけどあらすじ書きます

主人公の男子高校生が大学受験に受かった夜の話。好きだった同級生の女の子の回想を混ぜながら話が進んでいく。
女の子は美人で優等生。しかし体育の先生と体の関係を持ってしまう。その描写も鬱になるカンジ。
受験前に女の子は交通事故にあってしまい両足を切断してしまう。結局女の子は受験に失敗する。
その頃世界では爆発的な人口増加で食糧難に瀕していた。一部の優秀な人間以外は食い扶持を減らすため食肉工場に送られ食われる側になる事が決まっていた。
その話の最後らへんには「彼女は今日、僕の家の食卓にあがるだろう。」と書かれていた。

この話の他にも核戦争で日本が崩壊する話が書かれていてこれも鬱になった。
この本、小学校の図書館にあったんだが、3年の頃読んで相当衝撃受けた。
頭から離れず読書感想文にあらすじだけ書いたら親呼び出しくらった思い出深い本
誰か知ってたら、本の題名教えて

856 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:21:36 ID:u9bWBNBpO
そうそう!イワトビペンギンでした!

かなり純粋な気持ちで
楽しもうと思って見たのに、
私的には凄くモヤモヤしてしまいました。
伝えられなくてごめん。

857 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:29:03 ID:NJXOf1mJ0
>>844
ペンギンは・・・・南極・・・ジャマイカ!?

858 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:40:21 ID:+bdUd0bk0
>>アザラシ的なものに襲われる。

にもワラタw

859 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:40:41 ID:K6CIQFP90
ジャマイカにはペンギンいないと思うよ。

860 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:42:07 ID:ZdzZmDGh0
>>844
リモコンつけられてるのは操られてるって事なんだろうか?

>>855
題名は知らないけどそれと同じ話のあらすじを前にも見た事がある。
なんだっけな

861 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 00:45:12 ID:fIy+mdoi0
>>856
いや、なんかモヤモヤが伝わったよ。
なんていうかそれ…本当に楽しい映画なの?という感じ。
妙なメッセージ性が入ってるみたいだからかな。

862 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 01:03:08 ID:u9bWBNBpO
私が北極かアラスカかで葛藤している時に
なんてことをッ!!
ってか、ジャマイカツッコミにワラタw


リモコンは、コントローラーじゃなくて
GPS的なもんでした。
見てる私は、ギリギリまで実はマンブルが
偽物で爆発とかするんじゃないかと
ハラハラした。

まさに後味っていうか、
今後を考えると、
水族館は、踊るペンギンを手放す
とは思えないし、子沢山のグローリアが
マンブルと再婚するとも思えなくて
とてもハッピーな気分にはなれんかった。

外国の感覚では、
そこはやっぱり帝国にマンブルを返すのかな?


863 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 01:22:41 ID:q9d0OvnC0
いや、グローリアはもうどうしようもないだろw
喧嘩別れしてまで帝國に帰したんだから、グローリアは幸せになっていてそれでマンブルとしても
満足ではないかね。
もちろん、ある程度苦い思いはかみしめるにしても。

864 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 01:35:44 ID:+GyTYeb+0
>>856
俺は字幕版見たんだけど、そっちだと
帝国に帰ってきてグローリアと再会するマンブル
→彼女の隣に別の幼馴染雄ペンギン、周りには沢山の子供が…
→幼馴染雄ペンギンと彼女は結婚して家庭を持ったのかと少し落ち込む主人公
→グローリア「この子は私の可愛い子供たち」
        「…大事な生徒なのよw」
実は彼女は主人公のことが忘れられず歌の教師をしながら独身を通していたのだ、って筋ダタよ
こっちはハッピーエンドぽいな

でもやっぱりなんかモヤモヤが残る映画だったな
実はこんな政治的意図が!とか言われると納得しちゃいそうな感じだった

865 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 01:45:07 ID:hPJc2R3H0
>>862
グローリアは結婚してない。
グローリアとヒップホッパーは二人とも学校の先生であのたくさんの子供達は生徒。
心を動かす歌を歌うペンギンがいなかった(だから結婚していない)って台詞にあったよ。

でも微妙に後味悪かった映画だとは思う。
正気を失ったマンブルの様子は子供が見たらトラウマになりそうだった。

866 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 01:46:21 ID:u9bWBNBpO
私も字幕版見た…

多分生徒発言のところ、まばたきして見逃した!?
一人で見たから、フォローなくて、
嘘の話してたことになるわ…ごめん。

ラスト、グローリアとマンブルが二人で踊り始めて、
旦那と子供差し置いてとんでもない女だなと思ってた。
ちょっと後味良くなった。ありがとう。


867 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 01:47:34 ID:hPJc2R3H0
たらたら書いてたらかぶってしまった
申し訳ない
自分も字幕を見た
吹替えだとわかりにくい描写なのかな
どっかのスレでも勘違いしている人がいた

868 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 01:59:00 ID:uwTkZeoNO
成長しなくて子供毛のままっていうのが、深く考えだすとうすら寒くなるかもね

869 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 02:03:26 ID:t7mrUWn00
まあ今日はエイプリルフールってことでw…
     ↑
後味悪くなりそうなフォロー

870 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 02:30:44 ID:TCo+kNBuO
>>855
『誰かを好きになった日に読む本』とかいう短編集の
『電話がなっている』とかって題名だったかな?
私もこの本持ってたけど、最初の何話かは爽やかだったのに後の方がこんなんで、読み終えた後はイヤ〜な感じが残った覚えが!!



871 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 03:46:54 ID:4a7vtOel0
DQNの川流れ
http://www.youtube.com/watch?v=KFGmY5LXT_A

救助されて悪態をつくDQN

872 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 04:47:37 ID:N24LIQv10
>>871
山で遭難した場合、掛かった経費(ヘリや人件費)は救助された人に請求されるらしい。
この場合は微妙で分からないが十二分に請求して欲しいな。
最もこいつらは未成年なので親権者にいくだろうが、そのせいで学校を諦めるなどして欲しい。

愚痴だけではなんなので、確か筒井康隆のショートショート。題は忘れた。

ある会社員が定年を迎えた日。「もうお別れですね」と慕われていた社員たちからとても惜しまれる。
帰りに近いうちに同じく定年になる同僚と、近くの喫茶店に寄ると店主の気が触れていた。
「例の法律が自由業にも適用されたからな」と納得する主人公に同僚は「逃げませんか」と持ちかける。
主人公は「若くないから無理」と断るが、同僚は「こんな事は間違っている。私は一人でも逃げる」と去る。
自宅に帰った主人公を妻と、普段は寄り付かない子供たちが出迎える。
勧められるまま風呂に入り白い浴衣に着替えた主人公を宴がまっている。
主人公が酒を飲み気分が良くなったところで、包丁を持った・・・・
あとは淡々と主人公を分ける家族たち。子供が「脛を齧るのは子供だから、私が貰っていくね」なんて言ったり。
最後に妻が残った陰部をみて終わるだったと思う。

要するに人口増大の為、一定年齢以上の人が対象のカニバリズムを復活させたお話。
「此処が旨い」からと取り合う子供たちや、お裾分けをねだりに来た近所の人たちがより後味悪くさせた。
うろ覚えだけど、逃げないように子供が喫茶店の外に迎えにきていたと思う。

873 :1/3:2007/04/01(日) 08:37:22 ID:VNNWwFYG0
>>828
そっちをベースにした話っぽいもあったよ。
野坂昭如は「火蛍の墓」は美化されすぎてて、
イマイチ好きになれないけど、そっちの方が私は好きだ。

ある主婦が実の娘を殺してしまったところから話しが始まる。
彼女は夫にも愛され、初めての子供が生まれて幸せに暮らしていた。
だがある日、育児書の中にふと気になる記述を見つける。
「赤ん坊は小さな衝撃でも失神する。子供をあやす時に軽く叩くと大人しくなるが、
それは一瞬気を失うからなのでやめた方がいい」と言うもの。
それを読んだ瞬間、彼女は自分の妹の事を思い出した。
「妹が泣き止まない時、私はいつも妹を叩いていた。そうすると大人しくなった。
私はあんな小さな子を毎日殴って気絶させていたんだ。」

彼女の母親は早くに亡くなり、
父親は幼い彼女と赤ん坊の妹を田舎の実家に疎開させて戦争に行った。
田舎の親戚は彼女達に冷たく、2人を納屋(蔵?)に住まわせていた。
食べ物は足りず、妹に飲ませる配給のミルクもついつい自分が飲んでしまう。
今度はちゃんと飲ませようと思っても、その甘味の誘惑に勝てず、
気づくと自分の口に運んでしまう。
お腹を空かせた妹はしきりに泣く。妹が泣くと自分が親戚に怒られる。
そういう時、妹を叩くと妹は不思議に泣き止むのが常だった。

874 :2/3:2007/04/01(日) 08:38:03 ID:VNNWwFYG0
疎開先は田舎なので空襲はほとんどなかったが、ある時妙な噂が流れてくる。
「○日の夜にこの地域に大規模な空襲がある」
半信半疑ながら、村人達はその日は全員で隣の村に避難することになった。
親戚は彼女と妹を足手まといに思い置いて行ってしまったが、
いつも小さくなって暮らしていた彼女は返ってのびのびした気持ちで、
「どうせデマだろうから自分たちはここに残ろう」と思う。
だが、昼間は人のいなくなった家を自由にうろついて楽しんでいたが、
日が暮れ始めると段々恐ろしくなってくる。
無人の村は真っ暗闇で、人の声もまったくしない。
恐慌状態になった彼女は妹の事も忘れ、隣村への道を1人必死に走った。
暗闇の中を走るうちに明かりが見え、道で焚き火をしている村人達に会う。
焚き火に当たらせて貰っているうちに恐怖心は去り、
「何をあんなに怖がったんだろう」と夜の明けるのを待って村に戻った。

妹を置いていった事に罪悪感を感じながら納屋に戻ると、
妹が寝ている場所に灰色の変な塊があった。
「何だろう?」と近寄ると、その塊はぱっと散った。
そこには鼠に噛み千切られて殺された妹の死体があった。

875 :3/3:2007/04/01(日) 08:38:36 ID:VNNWwFYG0
妹を殺した鼠は大人達にガソリンで焼き殺された。
それからすぐに戦争が終わり、父親が帰ってきた。
父親は、姉妹に冷たく当たった親戚にも、
妹をちゃんとみてやらず死なせてしまった彼女にも何も言わず、
黙って彼女を連れて帰った。
彼女はそのまま妹の記憶を封印した。

取調室で彼女は言う。
「娘は毎日元気に幸せに育っている。妹は飢えてたった一人、
暗闇の中で生きたまま鼠に食いちぎられて死んだのに。
私は鼠になりたかったんです。
私を鼠のようにガソリンをかけて殺してください。」

876 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 08:50:41 ID:OuztCKODO
それでなんで実の娘を殺してしまったの?


877 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 09:04:52 ID:enGRnHFF0
鼠になりたかったからじゃねーの?

878 :873-875:2007/04/01(日) 09:50:25 ID:VNNWwFYG0
>>876
結構、昔に読んだから確かじゃないけど、
娘と妹を比較して、片方はすごく幸せで、
片方があんまりにも不幸では妹が可哀想すぎるからかなと。


879 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 10:01:23 ID:Sq9s9tcc0
>872
それは「定年食」だったとおも。
自分は、その主人公はそういったことを受け入れていたと思ったから後味悪いことは無かった。
不味くならないようにいろいろ気を使ってたり当日も楽しく酔っぱらえるように心がけてた。


880 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 10:03:32 ID:IoLA+tWP0
最後のセリフを見ると、
妹を見殺しにした罰を受けたかった、
ていうのもあるんじゃないかな

881 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 10:22:34 ID:C9CQCf/J0
主人公Aは高校生の女の子。
「男同士の恋愛こそ真実の愛なのよ」みたいなことを
考えてる腐女子でもある。

同じクラスのXとY(両方男)はすごく仲がよくて、
それを見てるうちに妄想が膨らんでいく。

ある日Aは「XとYってつきあってんじゃないの?」と、
腐女子仲間にぽろっと喋ってしまい、それがきっかけで話が盛り上がる。
その場はそれで終わったのに、だんだん話に尾ひれがついていき、
ついに噂が学校中に広まってしまう。

そのうちYは学校に顔を見せなくなるが、担任ははっきりした
理由を言わない。不安に思っていたところで、AはXに呼び出される。

Xは明らかに怒っていて、XとYは本当につきあってたこと、噂がきっかけで
親や学校にバレて、Yが自殺未遂を起こしたことを告げる。
「他人のことネタにして楽しいかよ」と吐き捨ててその場を去るX。

その後XとYは別々の学校に転校してしまい、Aは謝ることもできず、
後悔を抱えながら生きることになるのだった。終わり。

882 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 10:35:53 ID:uwTkZeoNO
本当にホモだったならいいじゃん
根も葉もない噂のせいで引きこもったなら気の毒だけど

883 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 11:08:10 ID:3/1kqFVp0
>>784です。
アサギの呪いで間違いないです。
図書室っていうのは私の記憶違いですね。

>>地下の小窓(外から見ると地上すれすれに開いている)から
>>助けを呼んでるのに

これを強烈に憶えてます。
ほんとうにほんとうにありがとうございました!

884 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 11:10:43 ID:fIy+mdoi0
>>882
ホモを自分がたとえ本当でも他人に知られると嫌なことに置き換えてみると、
後味の悪さがわかるんでね。包茎とか。

885 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 11:13:19 ID:zrFQfHNPO
そんなに嫌なら同性なんか好きになるなと思う俺同性愛者

886 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 11:42:43 ID:aeTwSoBp0
カミングアウトして開き直れないならホモなんかやるなって話ですよ。

887 :名無しって呼んでいいか?:2007/04/01(日) 11:52:57 ID:Yr7lp7Ds0
>881
須和雪里の小説「懺悔」かな?

Aには腐女子友だちのBがいて、XとYの噂が広まり、
問題が大きくなってからはBはAに全部の責任を押し付ける。
Bの方が積極的に言い触らしていたのだが。
Bは独善的で軽薄な性格。AはBを内心嫌いつつ、
腐女子であるという一点でつながっていた。

男子2人は付き合ってはいなかったが、
お互いに好意を持っていたようで、よけいに噂に耐えられなかった。

男子のうち1人は転校、もう1人は残るがすっかり暗い性格になる。
AはXだかYに謝り、校舎の屋上から飛び降りようとするが、
「生きて償え」的なことを言われやめる。
AはBが問題を大きくしたことを責め、争ううちに大ケガをさせてしまい孤立。
Aは1人で罪を背負って行かなくてはならない…。

といった話。



888 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 12:00:42 ID:xA88gL6S0
ペンギン並みの生活っていいな

889 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 13:20:19 ID:TePTS1r80
>>886
大人ならともかく学生だよ。
しかも自分が知らない間に尾ひれつきの噂が広がってんだしさ。
そりゃあいたたまれないだろう。

890 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 14:00:32 ID:uwTkZeoNO
腐女子の擁護きもい

891 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 14:33:09 ID:gBQtNxN00
>>886
カミングアウトなんてしてないような

892 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 14:36:53 ID:q9d0OvnC0
>>891
カミングアウトして(るのに)開き直れないなら、と読むんじゃなくて
開き直ってカミングアウトするほどじゃないのなら、と読み取るべき文章なのではないでしょうか。
カミングアウトして開き直る、までが一連。

893 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 14:41:43 ID:HeHKA+Ex0
腐女子っていくらなんでも現実でやるヤツはいないだろう

そんな風に思っていた時期が俺にもありました
マジありえねーよorz

894 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 14:45:32 ID:IoLA+tWP0
オタクの友達(♀)と遊びに行ったとき、
いきなりコンビニの店員2人(♂)について
『あの人たち絶対ホモだよー!』
とか言い出したのはマジで引いた

895 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 15:21:43 ID:r7t7/VuB0
前晒されてた腐女子のサイトの日記で
同じクラスの仲がいい男子(A、B)をくっつけようと
体育の時間誰もいないのを見計らってAの携帯からBの携帯に「好きだ」と勝手にメール送ったってのがあった


896 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 15:36:14 ID:uC1k28Ny0
>>895
えええええええええええ


そんな自分も男同士は単なるギャグとして認識しててそういう方面の話をした事がある
そして程なくしてBLというものを知り(しかも人気だと)qあwせgvj@;k
きっと変な誤解されてるぜ

897 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 15:43:14 ID:dg+3op2A0
>>873-875
「死児を育てる」(作品の名前)自体、いろいろな解釈ができる小説だと思う
から、何とも言えないけど。夫が娘を溺愛すればするほど、主人公は屈折する
気持ちを娘にぶつけるようになるというのも関係してくるとは思うけど。
「伸子(娘)の顔はそのままあや子(妹)に見えた。
私(主人公)は必死で布団で隠し、ごめんなさいと謝り続け」(原文から。少し違っているかも)

898 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 15:50:21 ID:EdUE6yxF0
>>895
それは…そのあとどうなったの?

899 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 18:44:18 ID:Hp4ULFFW0
今の旦那です

900 :876:2007/04/01(日) 21:46:44 ID:OuztCKODO
>>878
レス、サンクス。
悲しい話だね。


901 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 22:01:21 ID:+bYosbxRO
>>898
二人とも体育でいなかった時に
メールが送られてきたんだから気味悪がられてそうだ

902 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 22:12:48 ID:q7QTM2o20
>>873
ヤな話だな…
主人公は自分の罪の意識を勝手に娘に押しつけて殺してんじゃん。
自分が許せないなら自殺すりゃいいのに、なんで罪もない赤ん坊巻き添えにすっかな。
結局、主人公は妹を殺しても反省できず、自己中の馬鹿餓鬼のまま大人になったんだな。
他人に迷惑かけてまで自分カワイソスって主張してんのが、なんか胸糞悪い。

903 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 22:33:18 ID:r5uzzPPC0
げんしけんを思い出した
現代視覚研究部という漫画やらアニメやらゲームやら二次元に関する事を
取り扱うオタク御用達な大学サークルが舞台の漫画
そのキャラのうちの一人の過去

中学生の頃の荻上は結構オープンな腐女子だった。
友達たちとクラスメートの男子二人を対象によく801妄想をしていた。
荻上たちの妄想の中では「受け」と設定されている結構かっこいい巻田少年がある日、
前から荻上の事を好きだったから付き合ってくれないかと告白してきた。

荻上の所属する腐女子グループは801小説や801イラストをよく書いていた。
みんな小説をよく書く中、絵がかなり上手い荻上がイラスト担当な感じ。
「今度は巻田総受けで特集やろう」とグループの一人であるAが提案してきた。
特集といっても仲間内で読みまわすだけのもの。でも告白されたばかりの荻上は乗り気にならなかった。
「いいからこれ読んでみなよ今回みんなすごいよ」と巻田総受けの小説を渡される。
いつもより過激なその内容にあわてつつ、創作意欲を刺激される荻上。
翌日、小説を新作のイラストと共にAに渡す。その更に翌日から巻田は学校にこなくなった。
巻田と仲のいい友達も理由を知らない。嫌な予感がする荻上。

それから何週間が経ち、荻上は先生に呼び出された。そこには巻田の母がいた。
机の上には荻上の書いた巻田総受けイラストが。
Aたちの書いた小説などはなく、荻上が単独で書いたものとして扱われ、
「あなたがこんなものをよこしたせいで息子は引き篭るようになってしまった」
と巻田母と先生にひたすら責められ、荻上はなにも言えなかった。

巻田は結局学校にこないまま転校し、誰から巻田の手に渡ったのかはわからなかった。
Aたちも口裏をあわせているのか本当に知らないのか「まわしあっているうちに無くなった」と曖昧な証言をするだけ。
校内では「荻上がホモ絵を書いたせいで巻田が転校」とだけ知れ渡り、
影では荻上にホモ上というあだながついた。Aは「今ホモ上って言ったの誰だよ!」と過剰に反応し、
荻上は飛び降り未遂をするまでに追い詰められて行った。

荻上はサークル内で腐女子趣味ごと受けとめてくれる彼氏ができたが、嫌なエピソードだった

904 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 23:28:41 ID:o+dZyMBT0
>>903
うーん。後味が悪いと言うより、単なる自業自得だと思うが。
いや、巻田は悲惨だけど。


905 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 23:30:00 ID:17vtprdl0
実在の(それも身近な)人物でエロ創作してたんだから、
荻上自身は自業自得だね。
そんな物本人の目に触れたらショック受けて当然だし、
仮にばれなかったとしても「ばれなきゃいい」とは思えない。

801グループ内の他の子にも罰が当たったらスキーリだったのに。

906 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 23:38:25 ID:CY7HJ1AB0
そいや、801には生物ジャンルがあり、芸能人とかをネタに801同人誌を作るという。
中には、作品を当の芸能人に贈る腐女子がいるらしいが、貰った方はどんな気分だろうな。

907 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 23:45:03 ID:aeTwSoBp0
まぁそんなことぐらいでひきこもる方もどうかしてるけどね。
所詮漫画。

908 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 23:47:42 ID:17vtprdl0
>>906
801っ子も、キモオタからエロ同人を送りつけられたアイドルや女優の
気持ちを想像してみれば、送りつける気なぞ起こさんと思うんだけどね。
それとも気持ち悪がらせたいセクハラ親父の心理なんだろうか。

909 :本当にあった怖い名無し:2007/04/01(日) 23:56:25 ID:o+dZyMBT0
>>906
中には喜ぶ奇特な方もいるらしい。


910 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 00:30:41 ID:+s8x41g+0
>>905
好きな子をオカズにしたりその子の裸体を妄想して絵にしたためるのは
結構普通な事じゃないか 801はまあ特殊な部類としても。
巻田は可哀相だが、仲間内で妄想する分にはなにも悪くない。

911 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 00:37:14 ID:H/PsfjfW0
>>903が荻上ってのに同情してなのか巻田ってのになのかで
後味の悪さが180度変わるな

912 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 00:39:05 ID:B/d+sh7u0
>>910
妄想だけならね。
作品って形で出すのは基地害じみてる。
801に限らずね。
家の中で自分一人で書くならまだわかるけど、学校で作品作りって。
ありえんよ。名誉毀損だ。

そんなもん書いてて暴露されても自業自得としか思えない。

913 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 00:48:39 ID:tMhnjASnO
西川○教は「801同人誌どんどん送って下さい!待ってます!」
ってラジオで言ってたな

914 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 01:00:05 ID:rKWwkUfn0
西は受け狙いでしょ
皆が皆そうとは限らん

915 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 01:09:02 ID:D7u1eY7J0
>>914
西○は確かに「僕が受です」と言っていたと聞いたので、受け狙いで間違ってない。

916 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 01:21:50 ID:C2Y8SBrM0
西川のりおの801本なんぞ、作る奴いねーだろに。

917 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 01:53:16 ID:9evVXVGq0
小泉元そーりの受け本ならありますがw

918 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 02:02:21 ID:H/PsfjfW0
段々後味悪くなくなってきてるw

919 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 02:04:20 ID:7rjIhpNO0
>>917
kwsk

920 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 02:31:41 ID:vsur9vq/0
>>919
詳しく知ってどうするんだ……?

921 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 03:05:51 ID:fF+7K/F5O
やおい話ってどこのスレでも伸びるね…

922 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 03:30:01 ID:N354DysnO
荻上はなんだかんだでやおい同人をコミケで完売できる才能があり、
「貴方を攻めにして妄想してました」と言った上に幻滅させるために掘り掘り絵見せたのに
「その腐ったところごと好きだ」と受け入れてくれる男と出会ったり、
結構恵まれてて後味は悪くない

923 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 03:49:14 ID:kM2pqVij0
> 結構恵まれてて

だからこそ後味悪いんじゃねーかなぁ

924 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 03:50:48 ID:G5QQPUE5O
>>922
>結構恵まれてて
ここが後味悪いんじゃねーのかよ、腐女子さんよ。


925 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 03:52:46 ID:G5QQPUE5O
>>923
スマソ、かぶった。
腐女子の漢字変換に戸惑ってたんだ。


926 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 04:58:30 ID:ebLJMZcaO
美人の腐女子って見たことない

927 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 07:29:13 ID:ljapeLFZO
流れを変えよう。

昔読んだ児童用の本で「本当にあった悲しい話」っていうのがあった。

旅行バトの絶滅やら対馬丸の話やらあったけど
川で氷遊びをしていたら氷の塊ごと流されて
救出に失敗してみんなが見ている前で
滝(?)に落ちた兄弟の話が悲惨だった。
アメリカかカナダの大きな川での出来事だったと思う。

本全体が救いようのない話ばかりで
非常に鬱になる。

928 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 09:11:42 ID:dJVtM6ubO
げんしけん読めば別に後味悪くない
あくまで腐女子関連で投下されただけだろ

929 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 09:21:27 ID:KE8rg9k20
>>927
kwsk

930 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 11:03:07 ID:QKxRCd2m0
>>903
遅レスだが、萩上とやらが悲劇ぶった上に救われているのが後味悪いな
本当の被害者巻田ってのが悲惨

931 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 13:32:11 ID:/RWzJQVN0
>>928、930
いまさらひっかきまわすなよw


932 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 13:53:21 ID:+s8x41g+0
柳原望の「キッズ・トーク」の番外編
本編は幼少期の一時期だけを一緒にすごした男女が
大人になって再会して改めてまた恋に落ちるという話で、
本編はどちらかというとつまらなかったが番外編が衝撃的で単行本を捨てられない。

男は幼少期に別荘に家族でやってきて女と出会った。
別荘に来たのは精神を病んでいる母の療養のためだった。
一年ぐらい前に男の妹が、母が目を離した隙に溺死してしまい、
自分のせいだと母は泣いてばかりで、今では少しは落ちついたが抜け殻のよう。
その事故からだいぶ時間がたったし、なにより初恋に夢中だった男は、
母よりも女を優先し、自宅に帰るその日も女に会うために家を抜け出した。
そして両親のもとへ戻ると、母が久しぶりに笑っていた。
男は一瞬喜び、そしてすぐにその理由を知る。
母は子供がいるという事を忘れていて、男が誰なのかもわからない様子だった。

男が別荘からいなくなっている事に気づいた母は、
「また目を離したせいで子供が消えた また子供が死んでしまうのかもしれない」
と極度の不安に陥り「最初から子供がいなかった事にすれば子供が死んで苦しむ事もない」
という結論に達したのか、男の事も妹の死もきれいサッパリ忘れてしまっていた。

自宅に帰ると既に報せを受けていた執事がすぐに医者に見せようと言ってきたが、
男は既にある決意をしていたので拒絶し、父もその考えに従った。
「普通ってなんだろう 泣いてるお母さんに戻す事が普通なのかな」
自分や妹の事を忘れてお母さんが笑えるならその方がいいと男は言い、
「両親が亡くなった遠縁の息子」という事にして暮らすことになった。
母のやさしさは変わらないものの、身内と他人ではやはり気安さなどが違い
母は父にお菓子を上げる時はぽいと口に放りこんで、男にあげる時は小皿にフォーク付きとかで、
そういう細々とした変化に男は苦しさを感じながら大人になっていった。
「母から僕への愛がなくなったわけじゃない ただ愛の形が変わっただけ」
そう思いながら幸せな日々をすごすが、たまに苦いものを感じたりもする。

落ちこみすぎて廃人化しそうな母を救うためには仕方ない選択だったんだろうけど、死んだ子供の分も息子に愛情そそいでやれよと、気の毒な人なんだが母にむかついた

933 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 13:57:28 ID:C+NNkEuN0
>>927の旅行バトで思い出した

オオウミガラス
北極付近に生息していたペンギンに似た鳥。数百万羽がいたとされるがお約束の乱獲で減少し、
1820年頃にはとある小島に数百羽が残るのみとなった。さらにその小島は噴火で海中に沈んでしまい、
かくしてオオウミガラスはあえなく絶滅。やべ、標本とってないよどーする? と、事ここに至って
焦った世界中の博物館が、オオウミガラスの剥製に高値をつけて買い漁った。
しかし実はオオウミガラスは絶滅してはいなかった。わずか数十羽が近くの岩礁に逃れていたのだ。
だが、高値がつけられたオオウミガラスを人間が放っておくはずもなく、最後の一羽まで狩り尽くされて
今度こそ本当に絶滅してしまう。

とある河口の永久凍土の中からオオウミガラスの氷漬けの死体や卵が大量に発見されたのは、
絶滅してしばらく経ってからでした。

934 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 13:57:53 ID:TSwbw61i0
父親何してんだ?って感じだね。

935 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 14:11:26 ID:b6Z46RFl0
>>932
母の療養のために別荘に来てるのに
女を優先した男が悪い。母親が気の毒。
こういう男が将来年取った親を平気で寒空にホッポリ出したりするんだよ。

936 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 14:33:32 ID:CusjVBPQ0
>927じゃないけど。うる憶えながら兄弟ではなく兄妹だったはず
氷河にできた亀裂に吸い込まれるように落ちた妹
兄は妹を探しつづけ、ずっとそこで暮らす
ある日奇跡のように同じ場所に妹の遺体が現れる
冷凍保存されていた妹は、たった今事切れたばかりのようにフレッシュだったが
兄は老い、ヒゲだらけの顔になってしまってた

937 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 14:48:40 ID:TSwbw61i0
>>935
こういう母を持つ息子は可哀想だな。

938 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 14:51:25 ID:4lPEQsiE0
>>936
妹はどうせ死んでんだからヒゲとか関係ないだろw

939 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 15:31:19 ID:K613nzVz0
亀レスだが巻田君を攻めてた丸坊主の子は大丈夫だったんだろか?

940 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 15:59:15 ID:HaD5L3RrO
そんなに亀でもないが、自分にとって終わった話はゆるさない、ってのがいそうだな。
前に出た、京極を読んでないやつは許さない君みたいな甘えん坊。

941 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 16:05:30 ID:ljapeLFZO
>>936
補足トンクス。自分もあらすじはうる覚えだから有り難かった。


942 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 17:10:10 ID:UGFRbVTVO
腐女子は、ばかうけ(お菓子)で妄想できるらしいから

943 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 17:12:08 ID:S42kHgFM0
>>933
すげー
絶滅した鳥には悪いが、面白かった。

944 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 18:03:24 ID:3Kt35msO0
>>940
次の話に話題がシフトしてるのに蒸し返す奴はドコでも嫌われるだろ・・
代理母のときもそーだが・・・
流れ無視してまで言わなければならない内容でもないしな>939とか・・・

945 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 19:19:44 ID:Hlgh8c/v0
どうしてもその話題をしたいやつは、流れなんてほんとに無視するからなあw
まあ、その「流れ」てのが興味の埒外なんだろうね。

946 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 19:52:21 ID:kClweMms0
とりあえずお前らいまやってるtbsの爆笑問題見ろ
小学生ならトラウマ確実wwwwwww

947 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 20:12:37 ID:+IpxyzjZO
>946
内容説明しない奴は白痴って何度言われれば分かるんだよ。
テレビが目の前にない人の為に何が後味悪いのか書いてね。

948 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 20:21:47 ID:kClweMms0
>>947ゴールデンタイムでグロ動画、おっぱい、フリークス、ミイラ
80年代カムバック

949 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 20:27:55 ID:Td8hgdZOO
流れ無視してすみません。

家族内で出た話。

私には弟がひとりいて、福祉系の学校に行っています。
ある日学校近くに献血カーがきていたので献血していたら、
係員から、骨髄バンクのドナー登録をしてくれないかと誘われ、福祉の勉強にもなるし、弟はドナー登録したそうです。
そしてしばらく経った頃、骨髄の型が合う患者さんが見つかったので、骨髄提供してもらえないかとの連絡が来たそうです。
弟は提供してもよいという連絡をしましたが、少しして、
「患者側の都合で骨髄提供の必要がなくなりました。」との連絡がありました。

この患者さんはもしかして…。
もし弟がもう少し早くドナー登録していれば…。
と、後味が悪くなった出来事でした。

携帯パピコで読みにくかったらごめんなさい。

950 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 20:30:36 ID:mxSlqjux0
>949
しばらく経ってんだし関係ないよ。後味悪くってんなら

「提供するって言って入院の日まで決めたけど、なんか直前でコワクなっちゃってブッチしちゃた!
あの患者さんいまどうしてるんだろう…?」
みたいな話だよ。

951 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 20:41:18 ID:QKxRCd2m0
>>944>>945
いつまでやってんだw

952 :暗闇 ◆Bm82Mk3J2Y :2007/04/02(月) 21:09:07 ID:RLNFpe4YO
>>943
鳥といえば。
ある無人島に固有種の小鳥がいた。
天敵もいなく、歩く習性を持っていた。
ある日、その島に人がやってきた。その人達はそこに灯台を建てた。
その人達は一匹の猫を飼っていた。
猫は放し飼いにされ、次々に小鳥を襲った。
結果的に小鳥は絶滅した。

953 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 21:25:08 ID:U6HzwHgIO
>>952
トリビアでやってたやつ

954 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 22:54:06 ID:Td8hgdZOO
>>950
いや、弟には提供の意志がありました。
なのに「患者さんの都合で」キャンセルされたんです。
骨髄移植が必要な病気をもっている患者さんが、せっかくドナーがみつかったのにそれをキャンセルした
=骨髄移植の必要がなくなった=お亡くなりになった、のではないでしょうか?
自分の経験ではありませんが、そう考えると後味悪いです。

955 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 22:58:07 ID:Bmx//26O0
>954
いやだから、例えばお前の弟が1年早く登録してたってその患者が助かる保証は無い。
そもそもお前は何もしてないんだから勝手に後味悪いとか言って弟に悪いと思わないのか?

956 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 22:58:35 ID:D7u1eY7J0
>>954
初めて言う。

これがゆとりか?

957 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 22:59:01 ID:G5QQPUE5O
>>954
そんなくだぐだ説明、みんな分かっているよ。





お ま え の 家 族 以 外 は な !


958 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:01:52 ID:57Moc2TM0
>954は>950の言っている意味をを理解できなかったんだね。
かわいそうに。

959 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:03:01 ID:QAuGG7B5O
あんまりいじめるな


960 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:04:57 ID:3Kt35msO0
>>959
いやコレは>>954の為を思えばこそ・・・

961 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:05:42 ID:Hlgh8c/v0
タイミング悪かったね、残念だね。
でも、後味悪いってほどでもないよ、まあ、気にすんな、ってことで。

962 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:30:34 ID:pXlhWAsrO
大体弟がたまたま行った献血で誘われて登録して、で患者側の都合で提供取りやめになっただけじゃん。
後味悪くねぇよ。
はい、ここからこの話やめ!再スタート!

963 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:31:59 ID:C2Y8SBrM0
>>954
マジレスすると、「他にも適合する提供者が居て、そちらを使った」という可能性がある。
見つからないケースが良く取り沙汰されるが、何人か見つかるケースもあるらしい。

以前、3人くらい適合するドナーが見つかって喜んでたら、その全員に移植手術を拒否されたって話があったな。

964 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:32:27 ID:59cnW8lW0
実話の後味悪さってのはゲームの後味の悪さと似てるね。
体験者には臨場感を伴って後味が悪いんだろうけど
あらすじだけ抜き出して説明されると、さほどでもない。

965 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:36:40 ID:kClweMms0
:名無しでいいとも!:2007/04/02(月) 22:54:48.16 ID:4zeLpeq1
@まず稲垣と草薙チームの料理をすっぽんが食えないと全否定で、細木食わず。
A木村が、作った側として、料理が食べれないのは失礼だからといって、メンバーが食うフォロー
Bそのあと、木村・しんごチームのコンソメゼリーを、すっぽんゼリーと細木が言う!
C木村、ここで火がつく!!
Dそのあと、木村チームがその次のリゾット料理をだしたが、リゾットは食えないといって、
上の魚だけ食べるといって、リゾットを食わず。
E草薙・稲垣チームが勝利したが、キムラにキスしろと細木が要求
Fさらに木村に火がつく!
Gしんご、中居が空気をよんで、フォロー。。。

ってな感じか。


966 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:38:44 ID:kClweMms0
218 :名無しでいいとも!:2007/04/02(月) 23:00:56.62 ID:/Lmio3wR
>>202
Bそのあと、木村・しんごチームのコンソメゼリーを、すっぽんゼリーと細木が言う!
で、そのゼリー部分を除けて食べる。

Dそのあと、木村チームがその次のリゾット料理をだしたが、リゾットは食えないといって、
上の魚だけ食べるといって、リゾットを食わず。
で、甘鯛のうろこを取らずに調理したことを、いつものような馬鹿にした口調で否定する。

味も、「甘すぎる」とかいろんなこと言って否定だらけ。

今日のビストロスマップで木村が細木に対してキレかけたまま
けんか腰で終わっていったのが後味悪かった。
今日は面白いテレビばっかだなw

967 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:43:22 ID:RoiAJFj00
ビストロスマップで思い出したが、
最近ニコラスケイジが出てて、食うとき常に左手で口元を隠していた。
「こういう(映画等でない)ところで物を食べるのは初めてなので」と。
でカメラの馬鹿が隠してる口元を撮ろうと変な角度で一生懸命。
なんかケイジがかわいそうでむかついた。

968 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:51:53 ID:sVsoy5Cz0
>>967
どうしてテレビの人って品性下劣なのが多いんだろうね。
その方が受けると思ってるんだろうけど、
実際は、視聴者そんなに喜ばないと思うんだけど。

969 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:54:21 ID:Aww+mhU30
>>967
あれはケイジ流のギャグだと自分は思ったのだが、
やはり口元を撮ろうとして台無しにしてるカメラがむかついた。
ケイジのボケが台無しだと思った。

970 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:54:37 ID:RoiAJFj00
うん。最初いきなり隠して食べ始めたときはスマップともども見てる自分も可笑しかったんだけど
そのうち慣れちゃった頃に手の隙間からモグモグしてる口元をアップで映したりしててね。
見てるこっちも気分悪かったよ。

971 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 23:56:30 ID:RoiAJFj00
>969
自分はマジだと思ってたから余計ケイジがカワイソスだった。
たまに食うところを映されるの嫌がる人っているじゃん。
極端には「食事はセックルと同じで恥ずかしいことだ」とかさ。

972 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 00:07:05 ID:qi00pUDV0
ビートたけしと中島らももまったく同じ事言ってたな
>食事はセックルと同じで恥ずかしいことだ


973 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 00:23:33 ID:77W7Oa340
食事もセックルも恥ずかしくない

974 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 00:28:29 ID:ZODtDTZUO
人に見せるのがってことだろ

975 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 00:30:38 ID:Qf7IRyT90
>>927 >>929
今ごろごめん。それは、兄と妹だよ。
どういういきさきつで流されることになったかは覚えてないんだけど、
大雨のあとで増水した川を、板に乗ってた子供ふたりが流された。
大人も急流に入れず、先回りして川にロープを張ろうとしたり、
岸から棒を差し伸べるんだけど、うまくキャッチできない。
妹は怪我しててぐったりしてて動けないけど意識はある。
ようやく一本のロープがうまく板にのっかって
大人たちが「いいから、お前だけでいいから、何も考えずつかまれ」って
兄に叫ぶんだけど、兄は首をふって妹を膝にかかえたままロープを取らず、
板がふたりをのせたまま滝に落ちてった、っていう話。
と記憶してるが、>>936 まじで?

976 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 00:38:26 ID:UsFkQjbd0
>>972
まぁ流石にマジにそう思っているわけじゃないだろうけどな・・・
60年代だっけ?に流行ったギャグだよなソレ

977 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 00:45:03 ID:ediaktnr0
>>976
両方ともマジだったと思うよ。
グルメ番組とか食通とかの批判みたいな感じで書いてた。

978 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 00:53:13 ID:XGV7U0FR0
>>954さんを叩く会場と聞いて飛んできました

さておき、「食事のシーンはどんな美男美女でも美しくできない。この2人なら、と
思える俳優や女優を撮影してみてもやっぱりだめだった」、と語っていた映画監督
いたよね。外国の。名前出なくて申し訳ないけど

979 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 00:55:11 ID:rNda9//N0
俺の部屋の隣りに姉の部屋がある
勿論隣りの音が聞こえる
姉は勤勉で、夜遅くまで勉強してた
俺は夜型人間だから、普通に「あ、まだ起きてるな」とか分かるんだが、
時々、箪笥を開く音がしたんだ
勿論、深夜に出かけるなんて事、姉はしない
だが、確かに箪笥を開ける時の、ズゥッて音がする
でも、実際何度か聞いてるから大して気にして無かったし、翌朝には忘れてた

で問題はここから
姉は大学に合格して、家を出てった
なのに、時々箪笥を開ける音がするんだ
最初は、何となく姉が居たイメージがあったから気にしならなかったんだが、
いざ気になってみるとかなり気になる
でも時々聞こえる
気になってしょうがないが、怖くて確かめられない

思い切って確かめることにしたんだが
後で考えたら止めとくべきだったんだけど

980 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 01:02:00 ID:rETAT6020
美しくするのは難しいけど美味しそうに見せることで転じて美しく見えることはあるよな。
『木曜組曲』とか。

貫井徳郎の短編。
主人公は結婚相談所勤務。その相談所では紹介が上手くいかない男性会員に、
女性社員が3回に渡ってデート指南をするコースをもうけていた。
3回は違う社員が教官となる決まりだったが、たまたま主人公は3回(か2回)同じ会員の指南をすることに。
すると男性会員はだんだん彼女に特別な感情を持つようになり、彼女にプレゼントを持ってきたりする。
彼女が教官として褒めたことを、女性として男性の自分を認めてくれてると誤解したのだ。
同僚女性に相談するものの、いまいち危機感の足りない主人公。
しかし男性は主人公の家の近くまで現れて、返されたプレゼントを受け取ってほしいと言う様に。
同僚女性のアドバイスを思い出し、はっきり断り振り切るものの、やはり不安だ。
そして男性は再び彼女の前に姿を現す。ついに女性は警察に通報。
同僚女性が主人公を迎えに来てくれる。さらにそのとき、最近女性の家の近所で連続して女性が襲われる事件が多発してることから、
彼がその犯人なのでは、と警察に言ってみたそうなのだ。
「やりすぎでは」と思いつつも「でも自業自得かも」と思いなおす主人公。
同僚女性と別れて家路につく。ふと、夜道で不安を感じる主人公。誰かが後をつけてきているようだ。
徐々に歩調を速めるが依然誰かが後ろにいる。迫り来る恐怖に駆け出す主人公。
しかし誰かはもうすぐ後ろまで迫っているのだった。

981 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 01:06:51 ID:P4d69pyz0
一昔前だとそういう「恥」の概念があったよね。

そういや藤子Fの漫画でその食とセックルの恥ずかし度が反転してる話あったな。
作中の医者が言うに
「食事は個の欲を満たすだけのもの でもセックルは子孫繁栄に結びつく公共性のあるもの」
って。


982 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 01:15:36 ID:g1kXcrVX0
>>979
コピペでないのなら続きを是非

983 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 01:24:12 ID:a8bn0IYH0
ちょっと気になったんだけど>>872の話の世界では専業主婦はどうするんだろう?
子供が巣立ったら役目終了なのかな。

984 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 02:18:31 ID:H8vgcvBv0
食事風景で思い出した。
High Maintenanceってショートムービー。10分程度。
ttp://one.revver.com/watch/110481

ストーリーは夫婦の食事風景ではじまる。
冷え切った夫婦はテーブルの端と端に座り、黙々と食事を進めるだけ。
たまりかねた妻が話しかけたりワインを勧めても夫は素っ気なく断るばかり。
夫の態度に怒った妻はワインを浴びせるが、すぐに反省して謝罪する。
夫の態度は全く変わらなかったが、それでも妻は夫を労りながら抱きしめた。
抱きしめながら夫の機能停止スイッチを押した。

夫ロボットを機能停止した妻は、新しい夫ロボットをネットショッピングで捜す。
今までの夫ロボットは大人しくて地味過ぎた。次はワイルドな男性がいい。
アウトドアが好きでマッサージ師の資格を持つ夫ロボットを見つけた妻は、
動かなくなった夫ロボットを気にしながらも注文を続ける。

新しい夫ロボットが来た。古い夫ロボットにキスをして別れを告げ、結婚指輪を抜き取る。
新しい夫ロボットの指に結婚指輪をはめ、起動させる。
テーブルのセッティングはあの日と同じ。食事のやり直しだ。
どきどきしながら話しかける妻に対し、以前の夫ロボットとは違う反応を見せる新夫ロボット。
労ってマッサージしてくれる姿に、やっと妻も笑みがこぼれる。
そして新夫ロボットは妻の機能停止ボタンを押した。
妻ロボットは放置して新夫ロボットは一人でゆっくりくつろぐのだった。
-----------------------------------------------------------
人間が誰一人いない世界が不気味だった。

985 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 04:18:35 ID:y33/O5hKO
うおお殺伐だ

986 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 04:34:53 ID:Gl67Qtms0
昔小学生の頃お墓のある山でかくれんぼ中に墓石を倒してし
まったどうもすみませんでした


987 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 04:38:48 ID:JBay86Fx0
>>981
あったあった。あらすじとしては、

ある日Aが目覚めると、世界の価値観が急に変わっていた。
セックスが堂々としており、逆にご飯は言葉に出すのも恥ずかしいものに。
更に命の価値も違い、子供を捨てるカップル・浮気した旦那を刺し殺す妻などが登場。
この世界はおかしい!と精神科に行くものの、逆に「あなたが間違っている」と矯正を受けてしまう。
結果その世界に合った価値観になるA。
帰宅後、妻が「同僚のBがあなたを殺そうとしている」と言うので、翌日になったらBを殺そう!と決意。
翌日Aは包丁を持って「Bを殺すぞ!」と息巻きながら出社する。
後ろから妻が「あなた、お弁当忘れてるわよ!」と叫ぶ。
また元の世界に戻っていたのだ。しかしそれに気付いてないAは…

というもの。いくつかの話混じってたらごめん。

988 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 05:28:09 ID:hD0L+xNEO
ん、次スレは?

989 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 09:29:08 ID:jvNsPBu10
>>987
おお、俺も書こうと思った。

昔の漫画なのに
今読んでも十分面白く、後味が悪いって凄いよなぁ。

990 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 10:32:38 ID:77W7Oa340
>>967
食事がセックルと同じ恥ずかしいことと思ってるなら、そもそもTVで食事するなんて仕事受けたりはしないだろ。
いくら手で隠してたってそれは屏風立ててセックルするのと同じなんだから。
仮に食事とセックルが恥ずかしいこととして、そんなのをTV前でする頭オカシイ奴に言われたくないって感じ。

991 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 10:54:21 ID:FfSsgjxP0
ってカンジィ〜

DA・YO・NE!

992 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 10:55:30 ID:PtOe7m8I0
後味が悪い、というより未だに自分の中では悶々としている思い出がある
近親相姦的な内容もあるので、嫌な人はスルーして下さい。

中2の夏休み、家の引越しで私は転校したが、新しい中学は前の真面目な中学とは
全く違っていて生徒が平気で先生方に楯突くわ、授業妨害や授業中にうろうろ
していたりトイレに吸殻が平然と捨てられているようなDQN校で、耐性のない
私はあっというまに「うざったい奴」と虐めの対象になってしまった。
そんな私を助けてくれたのは、当時一匹狼的な雰囲気を醸し出していたA子で
彼女は不良というより、周りにバリアを張っていて得体の知れない部分があったのか
教師からもDQNからもアンタッチャブル扱いだったと思う

でも、何故か私には最初から気安く声をかけてくれて、意外とユーモアもあるし
何より、一人ぼっちだった私には天の助けで、A子とは学校内外でもいつも一緒で
私は一生続く友情だと思っていた。
でも2年生も終わりの頃、二人でたわいない話の最中、何が切っ掛けか忘れたけど
いきなりA子から「誰にも言わないで」と話されたのはA子は小学校低学年の頃から実父
(開業医)に変な事をされている、母親も知っているが父親の言うと通りにしないと
殴るので、A子が嫌がると父親と一緒になって叱る変なこととは、父親と裸になって
一緒のベッドに入ってエッチな事をする、というもの

そうして信じられない事に、A子は父親から今までに何度も妊娠中絶の手術を受けている
というのです、父親の医院に休日に連れていかれ、処置を受けるそうですがA子の
話では「父親が手製の洋服ハンガーの柄のようなものでガリガリと身体の中を掻き出して
その時は麻酔で痛くないけど、終わった後に、身体の芯が焼けるように痛くて
2,3日動けなくなるけど、お父さんは『赤ちゃんができる私の身体が悪い』」と言うとか。
今から考えたら、もしそれが事実ならとんでもない話ですが、当時の私は情けない事に性交の
事すら知識の無い年齢で、あまりにも自分の世界とかけ離れた内容に、却って現実味がなく
間の抜けた「ふーん・・大変ね・・」という感想しか言えなくて、A子はそれっきり黙ってしまいました。


993 :992:2007/04/03(火) 10:56:05 ID:PtOe7m8I0
続き

結局、何となくそれからA子が他の人に対するようなバリアを私にも張り出したのと
学年が変わったお蔭で、新しい友人が何人か出来たためにA子とはそれから疎遠になり
3年になって間もなく、今まで排他的だけど非行のなかったA子が一気に悪くなって、
学校に来なくなったと思ったとたん、覚せい剤絡みの事件で補導、少年院の手前の教護院?の
ような場所に収容されたけど、そこの寮母の首を絞めるかなにかで脅して脱走して
(彼女の唯一の友人として逃走先の心当たりを聞かれた)どうなったたか判らないまま私も
中学を卒業して進学したので、もうA子の事は正直迷惑な思い出としかなかった

ところが数年後、家の郵便受けに封筒が入っていて中にはA子とまだ仲が良かった時に、
手芸の好きだった私が、A子に作ってあげた小さいマスコット人形と「ごめんね、さようなら」
という多分A子が書いたらしいメモ書きでした。

A子がどうなったのかは今でも判りません。A子の家は覚せい剤の事件の前後のドサクサに
医院を止めて両親はどこかに引っ越していったし、A子が話してくれた内容が本物かどうかも
判りません(単なる中2病のオタク妄想だったのかも?と今になっては疑いもあります)
でも、もし本当だったとして、当時の私に話の内容の事の重大性を認識できる知恵があって
誰かに知らせたらA子はどうなっていた?とか、A子は「誰にも言うな」と言いながら、
実は助けを求めていたのかも?と思うと当時の私はどうするべきだったのか、とか
自分はとうにA子の事は忘れていたのに、どうしてA子は今までこの人形を持っていたのか、
どうして今頃返してきたのか「ごめんね、さようなら」の意味はなんなのか、
あれから10年以上経って、結婚してしまった今でも、いろいろ考えることがあります。



994 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 10:58:32 ID:fH2p+1kB0
ああ……たしかにこれはもやもやする……。

995 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:03:00 ID:eXJVgSvQ0
たてた

後味の悪い話 その67
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1175565747/

996 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:04:02 ID:5xnJnp7TO
「ごめんね、さよなら」と書いた手紙とプレゼントした小物が同封されてるあたり、なにかいろんな想像をさせてくれる。
後味が悪い。

997 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:06:09 ID:eXJVgSvQ0
うめ

998 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:06:43 ID:eXJVgSvQ0
うめ

999 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:07:21 ID:eXJVgSvQ0
うめ

1000 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:08:26 ID:FfSsgjxP0
1000ならみんな幸せだけど、私が一番幸せ

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

350 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)