2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その70

1 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 17:41:20 ID:sG5cXDMS0
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を
 書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」を
 NGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
  次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
  950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ 後味の悪い話 その69
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1178639447/
過去ログはこちらからどうぞ
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?D=occult&q=

2 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 17:42:05 ID:sG5cXDMS0
ネタの書き込みの悪い例

644 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/04(月) 00:30:22 ID:zO++YlwT0
>>639
普段のゲーマーっぽくまとめてみた。

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz

3 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 17:43:16 ID:sG5cXDMS0
ネタの書き込みの良い例

638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/03(日) 23:17:30 ID:jOuzepYG0
既出かな。

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。

呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。

4 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 19:26:10 ID:xnBOD3Lw0
>>2はスレのため、悪い例として創作された物です。

5 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 20:21:15 ID:A9fbG9La0
そろそろ、新?悪い例って、出てこないのか知らん。

6 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 20:35:18 ID:Iw75ey7ZO
前スレは見事に後味悪く終わりましたね

7 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 20:56:47 ID:yq3cutVe0
丘板は人多いので必然的に変な奴も沸くんです

8 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 21:13:45 ID:SSuxLROV0
1乙

>>5
悪い例だけじゃなくて、良い例も同時にあげられないと新旧交代は無理だからな。
今のテンプレが良く出来てる分、そりゃむずかしかろう。

9 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 21:38:56 ID:DhCDZvVkO
前スレの>>875さん
探してたのはそれです!

大感謝です
ありがとう

10 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 23:46:17 ID:nHD2nenLO
すみません、どなたか過去ログを携帯で読む方法を教えて下さい。

11 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 00:20:26 ID:enWaCfeD0
沙央理ちゃんの家

主人公は小学五年生の僕。
毎年、夏休みに入ると従姉妹の沙央理ちゃんの家へ遊びに行っている。
ただ今年はいつもとなんだが様子が違っていた。
数ヶ月前にいきなりお祖母ちゃんが亡くなったと沙央理ちゃん家から電話があり、
お祖母ちゃんの葬儀は沙央理ちゃんの家族だけでひっそりとすませたという、
また僕の中学三年生お姉ちゃんが受験勉強のため、お母さんはお姉ちゃんの付き添いのため家に残り、
いつもは家族四人で行っていた沙央理ちゃんの家へ今年は僕とお父さんの二人だけで行くことになる。
そして沙央理ちゃんの家へ到着した僕たちを出迎えてくれたのは血塗れの叔母さんだった。

一年ぶりの沙央理ちゃんの家は何もかもがおかしかった。まず沙央理ちゃんがいない。
大きな魚を捌いていて血塗れになったと言う叔母さんと叔父さんは明らかに様子がおかしい。言動も不安定でラリってる。
お祖父ちゃんは神出鬼没で生気がない。それから僕はお風呂の脱衣所の洗濯機の下から皺だらけの指を拾った。
僕はその指が皺だらけだったので直感的にお祖母ちゃんの指ではないかと思った。
お祖母ちゃんが数ヶ月前に死んだというのは嘘ではなかったのか。
そのことをお姉ちゃんに電話をすると半信半疑ながらもその指は沙央理ちゃんではないかと言う。
お姉ちゃんは沙央理ちゃんはきっと指が取れちゃうぐらい何かひどいことがあったんじゃないかと言った。

叔母さん叔父さんの目を盗みながら調べていき、淡々と死体の部品を見つけ出していく僕。
クローゼットに入っていた舌、筆箱の中の10本の指、本棚の足、ベッドの太もも……
そして僕は台所の冷蔵庫を開け決定的なものを見つけてしまう。お祖母ちゃんの首だ。
さすがに気分が悪くなりゲロを吐いているとあることを思い出した。
筆箱に入っていた指の数は10本だった。それに咥えて洗濯機の下の一本の指……死体は二人分あるはずだ。
そう考えたのと僕が叔母さんに見つかり包丁で切りつけられたのは同時だった。

12 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 00:21:12 ID:enWaCfeD0
帰りの車の中。僕は叔母さんに側頭部を切りつけられたので耳の上半分がなくなってしまっていた。
その上、大量に髪の毛を引き抜かれ、顔は何度も殴りつけられたのでボコボコだ。
ケガの手当てをして包帯を巻いてくれたのはお父さんだった。けれどお父さんは僕に何があったのか何も訊かなかった。
焦れた僕はお父さんを問い詰めた。沙央理ちゃんはどこに行ったの?叔母さんたちの様子はどう見ても変だったよね?
僕がこんなケガをしているのに不思議に思わないの?僕の話を聞いてるの?
お父さん曰く、「どおおおでもいいいい」。お父さんは自分のこと以外、それがたとえ自分の妹や息子のことであってもどうでもいい。
お前がケガをして俺は手当てしてやったじゃないか。心配するフリをしてやった。あとのことは知らないし知りたくもない。
それがそんなにおかしいことなのか?とお父さんは言った。僕が何も言えないでいるともう一人の乗員があいづちを打った。

車にはいつの間にかもう一人乗っていた。沙央理ちゃんだった。沙央理ちゃんは生きていたのだ。
沙央理ちゃんはずっと隠れていたそうだ。そうしないと自分も死ぬだろうから。
殺されたのはお祖母ちゃんとお祖父ちゃんだそうだ。見つかった死体が全部皺だらけだったのはそういうことらしい。
僕はお祖父ちゃんと話をしたよと言ったら、沙央理ちゃんはそれは幽霊か何かだろうと言った。
そうして僕たちは沙央理ちゃんと一緒に家へ帰った。それから沙央理ちゃんの家へは二度と行かなかった。

登場人物が主人公を含めて全員狂ってる。電話のみ登場の主人公の姉ですら所々言動がおかしい。
というかまず本の文章がおかしい。書いた人が狂ってるんじゃないだろうか。
表紙も一見ほのぼのとしてるけどよく見たら精神病患者が描いた絵みたいだ。
祖母と祖父が殺された理由すら一切明かされないのが後味悪い。
図書館か何処かで見かけたら一度中身を見てほしい。何もかもが狂ってるから。

13 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 02:01:12 ID:kN6Dq1v90
>>11-12
本のタイトルは「沙央理ちゃんの家」?

14 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 02:18:25 ID:d3je81ig0
すげーな
久々に興味が沸いたわ

15 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 02:24:26 ID:I9AfjtV20
忠臣蔵が、どうも後味悪く感じる。
特に忠臣蔵に出てくるエピソードの多くが歌舞伎や浄瑠璃にするにあたっての創作にも関わらず、史実のように扱われている現状を考えると……


16 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 02:26:11 ID:99/Za4UY0
>「どおおおでもいいいい」
お父さんCV.若本なのか

17 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 02:26:54 ID:9kipicETO
>>16
ワロタ

18 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 02:52:02 ID:2wS6tccR0
>>11-12
これだな。正確には「紗央里ちゃんの家」だが。
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048737244/hatena-22/ref=nosim

去年のホラ大の長編賞受賞作なんだね。
ネタバレしてくれた>>11は本来なら( ゚Д゚)ゴルァ!なんだが
読んでみる気になった。でも文庫化を待つかな……

>>16
若本ボイスで脳内固定されちまったぞ。
これ読む時、父親の姿がちよ父としか想像できない。どうしてくれるwwww

19 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 03:27:25 ID:I9AfjtV20
前スレで子供が行方不明になった事件を紹介してたサイトあったが、読み返したら後味悪い事件ばっかで欝になってきた。
特にここらへん 
ttp://yabusaka.moo.jp/outu01.htm

20 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 03:42:24 ID:7cCEJ1G+O
低学歴DQNは焼却処分するべきだと思います

21 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 04:05:20 ID:FHg4TkdM0
地外久本の悪行

---------------------------------------------------------------
おさるが内Pメンバーをしつこく勧誘

大竹激怒&内村「信仰は自由だけど押し付けはよくない」

おさる久本になきつく

久本創価学会の力をフル活用で内村つぶしにかかる

気分は上々→ハニカミ(久本)
内P→私がPだ(久本

炎のチャレンジャーのカラオケ企画→司会久本等・層化芸人
炎のチャレンジャーの枠→黄金伝説(久本レギュラー)

22 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 04:36:06 ID:YIU5xy/60
>>11
あれだね 前にこのスレにも出てた小林泰三みたいな
不条理ホラーという感じだね

23 ::2007/05/26(土) 06:16:35 ID:vXSNExnkO ?PLT(11321)
>>11-12
めちゃめちゃ面白そう。
明日探しに行こう。

24 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 06:19:51 ID:VjoKgv5R0
>>19
そこの文章だと「健気に頑張ってた障害者をDQNが妬んでリンチして、
皆が見て見ぬ振りした酷い事件」だけど、
実際は「DQNが障害者になったDQNを淘汰した話」。
加害者や目撃者はもちろん、被害者もDQNだし、
被害者の母親も手記とか読むとなんかズレてる人なんだよね。

25 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 10:32:44 ID:ghjsSFK00
>>18
いや、ネタバレ必須だから

26 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 13:03:39 ID:DTGD/S3j0
>ネタバレしてくれた>>11は本来なら( ゚Д゚)ゴルァ!なんだが

www

27 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 13:39:52 ID:PY1sFi0o0
ジャンプのネウロのアヤ編
ギャグ風味というか、アヤ編まではどんな殺人事件が展開されても
犯人がとち狂いすぎてて笑えたんだが、これはなんか後味が悪かった。


女子高生の桂木と、謎を主食とする魔界生物のネウロが事件を解決していく話で、
「一(ひとりめ)」というタイトルの回で世界的に有名な歌手・アヤが一人目の依頼人として現れる。
アヤは全ての歌が日本語の歌詞なのに、世界中に熱狂的なファンがいて、
ライブの時は感動のあまり失神する人が多数出るほどでCDの売上げ枚数は一億を越す。
彼女の依頼は、マネージャーと友人が突然首吊り自殺をしてしまった理由を調べて欲しいというものだった。

桂木はアヤの歌を綺麗だとは思うが、失神するほどすごい物だとまでは思えなかった。
アヤの歌はある特定の人々に向けてのもので、桂木はそうではないから脳を揺らせないらしい。
曲のリズムやトーンやアヤの声、それらは全て、誰といてもどんな状況にいても
「自分は世界でひとりきり」と思わざるを得ない人々の脳をダイレクトに揺さぶるよう計算されていた。
そして、そんな歌を歌えるアヤ自身も「ひとりきり」なのだという。

やがて熱狂的なアヤファンの男が二人を殺した犯人として逮捕された。
男は「アヤを愛してるしアヤも俺を愛してる」と叫ぶが、
連行されていく男を見ながらアヤはつぶやく。
「愛してるいるなんて…あなたがいても私は歌えるのに」



28 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 13:41:27 ID:PY1sFi0o0
解決編のタイトルは「一(ひとりきり)」 ネウロは物的証拠の面でアヤが二人を殺した犯人だと見ぬいた。
桂木も独自に調べて、アヤが二人を殺した理由を解釈していた。
マネージャーが死ぬ前の全世界ライブでアヤの歌の評判は芳しくなかった。
でもマネージャーが死んだ後の最終日は今までで一番評判が良かった。
そして友人が死んだ次の日にアヤは収録していたCDを破棄し、新しくつくりなおした。
そのCDは今までで最も良い売上げ記録を残した。
アヤはより良い歌を歌うために二人を殺したのだった。

アヤはふと気付いた頃には心の中が「ひとりきり」の闇に閉ざされていた。
生い立ちなどにあるのかもしれないがそれはどうでもよく、アヤはただ同種の人々に向けて歌うことだけを考えていた。
はじめてアヤの歌を理解してプロデュースしてくれたマネージャー、
そして生まれてはじめてできた、なによりもアヤを優先し守ってくれる友人。
歌手として活躍し、二人と接しながら、気付けばアヤは「ひとりきり」ではなくなっていた。
澄んだ闇だけだった心の中に光が差していた。
アヤの歌は最早「ひとりきり」の観客の脳には響かず、アヤ自身の脳をも揺らしはしなかった。

このままでは歌えなくなる。だからアヤは二人を殺す事を決意した。
二人とも大切で大好きだからこそ殺さなければアヤはもう歌えない。
こうするしかなかったとはいえ、大切な人を殺した罪悪感を抱いていたアヤは
自殺に見せかけた工作をしながらも、誰かに見ぬいてもらい罪を償いたいと
最後の賭けとして桂木に調査を依頼したのだった。
完全に「ひとりきり」になったアヤの歌はより凄味を増し、
「ひとりきり」ではない桂木が聞いても脳が揺らぐような感覚がするほどだった。

29 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 14:02:27 ID:cn1DWO3Y0
ずっと前に見た男装の麗人と呼ばれた川島芳子のドキュメンタリー。
川島と言う名前は日本人川島浪速の養女となってからの名前で
清朝、愛新覚羅家の王女だった。
離婚した後日本人の武官と交際し、特殊工作にかかわるようになり
上海事変にもかかわったと言われ、「東洋のマタ・ハリ(女スパイ)」と呼ばれた。
その後、のちの満州皇后の亡命を指揮し、満州のジャンヌダルクとも言われマスコミに大受け。
この頃村松梢風という作家が芳子をモデルとして「男装の麗人」という本を出版。
祖国を愛し、愛新覚羅溥儀が満州の皇帝になった後、
満州が傀儡国家である事が分かるにつれ
芳子は悩み苦しみ、軍からも危険人物とみなされるように。
そして終戦を北京で迎えた芳子は中国で日本に味方した売国奴、国賊として処刑された。
(分かりにくい方はwikiで…http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E5%B3%B6%E8%8A%B3%E5%AD%90
これだけでもかなり後味悪かったんだけど、最後芳子の親戚に当たるおじいさんが出てきた。
「川島芳子が死んだのは日本のせいだ」
「芳子が処刑された時、証拠とされたのは小説「男装の麗人」だった!
あんなものを出版してなかったら芳子は殺されなくて済んだんだ!
清王朝の姫君をあんな目に合わせて、私は日本人を一生恨み続けます!」
いや、それは違うんではないか…?
そんなフィックションを証拠に人を殺す様な中国政府が一番痛いだろう。
本が出版されてなかったって国籍が中国にある以上、中国政府がほっとくわけはない。
李香蘭は国籍を日本に移してたから助かってるんだけどさ…
もちろん継承権を持つ清朝王女という立場を利用された事は確か。
だけどさ、処刑したのは中国政府じゃん。
「何だこいつ…」と思ったんだけど、もしかしたらこのじいさんもそれ位分かってるのかもしれない。
日本でずっと暮らしてる人だから、中国政府のやり方もニュースで見れたと思う。
自分の祖先である清朝が冒涜されたと感じ、それがそのまま日本への怒りになったんだろう。
祖国ではなく、日本だけを悪いと思う事で救われてるのかな…
と思ったらあのじいさんの人生が惨めに思えた。
祖国中国にも帰れず、憎い日本で暮らすしかないんだからね。

30 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 15:59:56 ID:rK41xC/00
麻原彰晃 @オウム真理教
●父親が朝鮮籍。ちなみにオウムの幹部には在日が多数

織原城二 @イギリス女性強姦殺人
●元在日朝鮮人で大学在学中に日本人に帰化。家族は本人以外全員朝鮮籍

宅間守 @大阪池田小学校の児童殺傷
●大阪の朝鮮人部落出身の密港在日

通名・東慎一郎(酒鬼薔薇聖斗)@神戸の首切り事件の犯人
●元在日 帰化

林真須美 @毒入りカレー事件
●元在日、結婚後帰化


31 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 18:07:31 ID:MvDwUv9UO
>>27-28
そのマンガは見たこと無いけど
小説ならおもしろそうだね。


32 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 18:29:48 ID:EjKlwySU0
プッチーニの代表作、歌劇「トゥーランドット」

物語の舞台は、いつかは分からんけど昔の北京は紫禁城。
氷のように冷酷な心を持つ絶世の美女、トゥーランドット姫。
その美貌に惹かれてゾロゾロやってくる求婚者に3つの謎を出し、
一つでも間違えたら首ちょんぱ。
今日も今日とて、ペルシアの王子が処刑される。
広場に押しかけた見物人の中に、身分を隠して諸国をさすらっているタタールの王子カラフがいた。
カラフはその人ごみのなかに、盲目となって流浪する父王ティムールと、王に付き添う奴隷の少女リューを見つけだす。
再会を喜びあう3人。それもつかの間、処刑を見届けるために広場に現れたトゥーランドットに、何とカラフが一目惚れ。
父王とリューが必死に止めるのも聞かず、求婚者の名乗りをあげる。
つづく。

33 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 18:31:08 ID:EjKlwySU0
トゥーランドット姫が求婚者にこのような仕打ちをするのは、
男に裏切られて死んだ先祖の王女の恨みを晴らすためだという。意味不明。
姫に出された3つの謎を、あっさりと解くカラフ。
今までさんざん求婚者を処刑してきたくせに、自分が負けた途端、結婚は嫌だと皇帝に泣きつくトゥーランドット。
それを見たカラフは、今度は自分が姫に謎をだす。
「夜明けまでにわたしの名前を当てて見よ!」
当てられなかったら、姫よあなたはわたしのもの。
もし当てられたら、自分は処刑されよう、と。これまた意味不明。
結婚したくないトゥーランドットはお触れを出す。「今宵は誰も寝てはならぬ」
夜明けまでにカラフの名前を知ることができなければ、北京の町の人々を処刑するという。意味不明を通り越し、理解不能。
そこへティムール王とリューが連行されてくる。昼間カラフと一緒に居たからだ。
王を庇って拷問されたリューは、カラフの名前を明かすくらいなら、と自害する。
彼女は密かに王子を慕っていたのだった。
「彼女はあなたのせいで死んだのだ!」とトゥーランドット姫に迫るカラフ。
どう見てもあんたのせいです。
なぜかいきなり改心する姫。はらはらと涙を流し、「あなたの名前、それは愛です。」
抱き合う二人、高らかに鳴り響く音楽、ハッピーエンド。

何だかね。もう、ね。
トゥーランドットDQN過ぎ。カラフ馬鹿過ぎ。リュー可哀想過ぎ。




34 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 18:47:17 ID:NgvQjqRdO
>>33
これは久々に………wwwww

35 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 19:54:19 ID:iaM0Y0wEO
>>32
突っ込みがおもしろくて後味の悪さが半減w

にしてもDQNな登場人物達だな…


36 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 21:26:50 ID:x5etoPlH0
オペラは後味悪いの多いよな。
『リゴレット』とか『ラ・ジョコンダ』とか。
有名どころで行くと『蝶々婦人』か。

37 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 21:37:52 ID:1K2Naso60
>>31
小説だと普通すぎる。
あの下手な絵柄と意外すぎる表現があるから良作になるんだ

38 :31:2007/05/26(土) 21:41:32 ID:MvDwUv9UO
>>37
マンガとして良作なの?!
これは失礼しました。


39 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 21:46:50 ID:1K2Naso60
>>38
良作かどうかは個人の見解によるが。
ギャグなんだかホラーなんだかオカルトなんだか分からないくらい
妙な表現と構図が他ではなかなか見られない作風だな。俺は好き。

40 :18:2007/05/26(土) 21:47:50 ID:2wS6tccR0
>>25-26
スマン。小説板の角ホスレにも出入りしてるんでついそっちと勘違いしてしまった。
併せて>>11にもお詫びする。
本当にスマヌ。

41 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 22:42:05 ID:/0XU3Lhr0
>>39
あ、もうそこまでで
頼むから

42 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 00:19:07 ID:0saXCxC90
>>41
同意。
お願いだから、淡々と話だけ述べてって。
ヲタ特有の妙な思い入れとか主観丸出しの感想とか
書き綴らないでください。
このまま面白そうだな、と読み手に感じさせるだけで十分良レスですから…!!

43 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 01:02:02 ID:8E+2mONR0
中国人なのに名前がトゥーランドット

44 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 01:02:23 ID:qshgR0JG0
>>41,42

なんでそこまで必死なんだw


45 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 01:14:49 ID:l/vMcpB60
どんなネタも引っ張れば引っ張る程にスレの後味悪くなるからじゃね?

46 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 01:37:17 ID:MDOBOb7FO
>>43後味悪い(^O^)/

47 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 01:37:22 ID:9jrFWyV00
麻原彰晃 @オウム真理教
●父親が朝鮮籍。ちなみにオウムの幹部には在日が多数

織原城二 @イギリス女性強姦殺人
●元在日朝鮮人で大学在学中に日本人に帰化。家族は本人以外全員朝鮮籍

宅間守 @大阪池田小学校の児童殺傷
●大阪の朝鮮人部落出身の密港在日

通名・東慎一郎(酒鬼薔薇聖斗)@神戸の首切り事件の犯人
●元在日 帰化

林真須美 @毒入りカレー事件
●元在日、結婚後帰化

関根元 @埼玉の愛犬家連続殺人事

48 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 01:58:22 ID:IASenZM8O
僕が初期に憧れる理由の一つは、
94〜95年のhydeをズリネタにして、射精しまったことだ
彼女のあの身体的美しさは神懸かっており、当然のことながら自分の彼女よりも美しかった
ファーストシングルのPVにしてみても、あの顔は中性的と言うよりホルモンの次元からして女性的である
あの顔でチ〇ンコをぶら下げているはずが無かったのだ!
そして今現在、声太で男らしさが出て来始めている彼を直視できない自分がいる
(USライブ・AWAKE歌詞カードの彼は美しいが)
つまりは、犯した一度の過ちによって、
L'Arc-en-Cielの遠い過去しか見つめられなくなってしまったのである
ここで一つの解決策が生まれることに、あなたは気づいただろうか?
そう、hydeの愛娘である
hydeのDNAを持つ彼女は正真正銘の女性であり
近い将来、彼女も何らかの形でメディアに進出するであろう
そこでどうだろう、この僕が彼女をズリネタに射精をするというのは?
この行為を機に継続的トラウマから脱却できるかもしれないではないか!
(その頃の自分の性的体力の有無にもよる)
今言えることは、これからも進化を続けていくL'Arc-en-Cielと向き合うために
hydeの娘をズリネタに、オナニーしなければならないということだ

49 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 02:06:07 ID:8cIYG1UE0
おれはIZAMUで当てはまるな
これから進化しないのが不憫だ

50 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 02:19:12 ID:dw9RPwFM0
随分昔の漫画でうろ覚えなんだけど…。

天城小百合さんの初期作品の中で後味が悪い話があった。
コンピューターで楽なった生活?なんだけど、
ベットもコンピューターが管理してて時間通りに起こしてくれる。
ある時、理由は忘れたけど主人公のコンピューターだけトラブルが発生し、
地球上全ての人が眠っているのに主人公だけ起きている状態。
それが1年続くとコンピューターにいわれる。
食事などはコンピューターがしてくれるから、主人公の負担は少ないと
思われたが、徐々に精神的にまいってきて最後は自殺。
一年後、人々は何事もなかったかのように目覚める。
主人公の友人が会いに来るんだけど、何度もベルを鳴らしても当然
反応なし。
しかし友人は留守かと思ったのか立ち去る。
ラストのコマに主人公の白骨死体があるという話し。
説明下手でスマソ。

51 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 03:18:26 ID:8E+2mONR0
ベット以外で寝りゃいいのにな。

どこかで読んだ話

宇宙でも最強と言われた戦士たちが乗った宇宙船、とある星に着くと
そこの住人達はある怪獣に脅えて暮らしてた。話を聞いた戦士達は
その怪獣を倒そうとする。怪獣は宇宙船並の大きさでかなり強い、様々な
武器を使い宇宙船もボロボロになったがなんとか倒す。
怪獣を倒した事を住人達に報告した。しかし住人達は脅えてる。そこにさっき
倒した怪獣よりも何倍も大きな怪獣が登場、そうさっき倒したのは子供の怪獣だった。

まぁベタな終わり方だが、やっと倒した怪獣が子供だったなんて〜という話

52 ::2007/05/27(日) 08:11:36 ID:QGNpR7dw0
西村寿行の小説「梓弓執りて」
元になった短編「追いつめられて」も読んでるので、ごっちゃになってるかも。
読んだのが昔でうろ覚え箇所が多いけれど、投下します。

主人公の徳田は、医者。
勉強熱心で、自信に満ちた徳田は患者にも慕われている。
ある時知り合った、人に心を開かないヤクザの男(名前は忘れたので山田(仮)で)
にも気に入られてしまう程だ。

そんな徳田の元に重傷を負った山田(仮)がやってくる。
山田(仮)は徳田の腕を信じ、手術を受けるが
なんと徳田は手術に失敗、山田(仮)は呼吸すらおぼつかない状態に。
(確か肺に傷を付けたとか、肺のひとつを駄目にしたとか、そんな感じ)

実は徳田は無免許医だった。
無免許医である事に対する罪悪感からか、徳田は人一倍勉強熱心だったのだ。
怒った山田(仮)は徳田に復讐を誓う。徳田、ピンチ。

53 :2:2007/05/27(日) 08:12:33 ID:QGNpR7dw0
奥さんを寝取られたり(激しい運動をすると死ぬ程苦しい(つーか死ぬ)筈なのだが
何故か妙に絶倫な山田(仮)…)、逃げる先で女を作ったり、と
徳田の人生は一気にカオス化する。
その後は何度か捕まりかけたり、懇ろになった女を寝取られたりする。
毎回、何故か自分が無免許医である事がバレたりと屈辱に塗れる日々を送る徳田。
ある時は出会った女のお陰で「つーかムカつく!ひどくね!?」と復讐を決意したりする。

ラストは無医村(医者の居ない島だったかも)に逃げ込む徳田。
住民に感謝されたりしつつ、山田(仮)も追ってこないので、
「さすがにあいつも死んだかな?」と楽観視し始めた所、山田(仮)登場。

で、結局山田(仮)は無理をしすぎた所為もあり、徳田の前で瀕死の状態に。
住民達が見守る中、山田(仮)は徳田に向かって「このヤブ医者が」と言って絶命する。
徳田は「ヤブ医者か…。なんでこいつ、無免許医が!って言わなかったんだろう。
無免許医が、って言われたら俺の人生破滅してたな」と思って終わり。

いや、ちゃんと読むとかなり引き込まれるし、面白いんだけど
山田(仮)、かわいそう過ぎるんじゃ…と思った。
そりゃ徳田の奥さんを寝取ったり、徳田といい感じになった女を寝取ったりしたけどさ。
医療ミスで亡霊の様な身体にされた挙げ句「僕、無免許医でした」じゃ腹も立つわなあ…。

54 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 08:45:34 ID:QGNpR7dw0
ついでにもうひとつ、西村寿行「白骨樹林」

妻子が謎の死を遂げ、夫である正岡は復讐のため、一人孤独な旅に出る。

それより以前、老スパイの叶捨吉は、任務を受け北海道から九州へ向かっていた。
目的はあるものを自衛隊基地(の筈)へ運ぶ事。敵はCIAとKGB。
ヘリを爆破され、運ぶべきものが行方不明になる。
それを偶然見つけたのが、正岡の妻子だった。
それは丸い金属。それを持ち帰った事により、正岡の妻子は惨殺された。

途中、貴船と名乗る謎の男に助けられたり、生死の境を彷徨いながらも
正岡は徐々に真実に迫って行く。
(ただし貴船は完全なる味方ではない。貴船はあくまでもその球体を
手に入れ、運ぶ為のエージェントみたいなもの。所属は日本)

正岡はそれが特殊な金属で出来たカプセルの様なものだと知る。
それは核爆弾でも破壊する事の出来ない程、厳重に作られている。
中身は「人類を死滅させるだけの威力を持つ細菌」。
細菌兵器として使用される事があれば、世界が滅ぶ可能性もある。

正岡は国家との戦いに挑む。全ては妻と子の復讐のため。
ついに球体を手に入れた正岡。正岡は国に取引を言い渡す。

55 :続き 長文ごめん:2007/05/27(日) 08:46:35 ID:QGNpR7dw0
とある無人の小島に正岡は逃げ込む。そしてそこで、カプセルを開く。
(どうやって開いたのかを忘れてしまったが時限装置がついていた様な…すまん)
勿論、そんな事をしては正岡自身が死んでしまうのだが。

細菌は光に弱く、媒体が傍に居なければ、やがて消えてしまう。
追っ手を巻き込み、壮絶な自滅を遂げる正岡。
貴船はそれをヘリの上から眺めていた。

皆が死にものぐるいで追っていた細菌を、無に返す事で正岡の復讐は終わったのだった。
それが妻と子を、あまりにも簡単に殺した国家への復讐だった。

終わり。
死んだら意味ないじゃん!と読んだ当初は衝撃を受けたので書いてみた。
書いてみて、そんなに後味悪くないかも、と思ったけど一応投下。

56 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 11:01:22 ID:H020XnY/O
乙!

西村寿行って『男根さま!』の方だっけ?
列車に乗ると事件に巻き込まれる方だっけ

57 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 11:34:53 ID:jQTJrJ410
「男根さま!」の方ですよ。
西村寿行って「尻」好きだよねぇ。

58 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 11:37:53 ID:3Rk55Jr70
尻好きで、菊地秀行思い出したw
あいつのエロ描写には人妻の尻がやたら出てくるw

59 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 16:04:02 ID:oZYl2NWU0
>>52−53はいい話に思えた
えんどコイチの死神くんとかにありそうな話

60 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 17:00:19 ID:jQTJrJ410
>>52-53
思い出したけど、その無医村の人々が不気味だったような記憶があります。
やっとgetした医者を逃がさないぞ、的な。


61 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 17:23:03 ID:mbpeT1Or0
ウルトラマン・第23話「故郷は地球」
国際平和会議が東京で開かれるその年、出席者の乗った旅客機が墜落するなど、謎の事故が
相次いだ。事態を重く見た科学特捜隊パリ本部は、アラン隊員を日本の科学特捜隊に派遣する。
事故を起こしていたのは、見えない宇宙船だった。イデ(発明家の隊員・三枚目)の発明で
姿を現し、ビートル機の攻撃によって宇宙船が墜落すると、そこから奇怪な怪獣が出現した!
それを見て、アランは叫んだ。「やっぱりジャミラ!」
そして夜になり、科特隊のメンバーにこう説明した。
「あれは怪獣ではありません。あれは、いや彼は、我々と同じ人間なのです」
ジャミラは元々某国の宇宙飛行士だった。だが彼の乗ったロケットが宇宙で遭難した時、某国は
救助活動を行わずに事実を隠蔽した。国際社会から非難されたくなかったからである。
だが、ジャミラは生きていた。水の無い星に不時着した彼は、姿を大きく変えてしまったが、
何十年もかかって自ら宇宙船を修理し、全人類に復讐するために地球に舞い戻ってきた・・・というのである。

62 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 17:38:50 ID:mbpeT1Or0
>>61の続き
その話を聞いて科特隊の面々は戸惑う。イデは極端に戦意を失うが、
アランはパリ本部からの非情とも思える指令を告げる。
「ジャミラの正体を明かすことなく、宇宙から来た一匹の怪獣として葬り去れ!」
夜が明けてジャミラはすぐ近くの村を口から火を吐いて焼き尽くした。
それを見たイデは「ジャミラてめぇーっ! 人間らしい心はもう無くなっちまったのかよーーっ!!」
と叫んだ。ジャミラは一瞬動きを止めた。
水の無い星で育ったジャミラに火は通用しない。そこで科特隊は人口降雨弾をお見舞いした。
雨に濡れて倒れ、苦しむジャミラ。だが、すぐに立ち上がると、国際平和会議場に近づいていく。
そこへウルトラマンが登場した。しばし格闘した後、ウルトラマンは指先から水流を放つ。
苦しんで倒れるジャミラにウルトラマンがさらに放水を続けると、水たまりの中でもがき
苦しんでいたジャミラは遂に絶命した・・・
国際平和会議は無事に開催され、ジャミラの墓も作られた。その墓碑には次のように記されていた。
「人類の夢と科学の発展のために死んだ戦士の魂、ここに眠る」
だが、イデの心は晴れなかった。そしてこうつぶやいた。
「犠牲者はいつもこうだ。文句だけは美しいけれど・・・」

63 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 17:42:24 ID:cKoTw2b3O
「文句」なら後味(ry

64 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 17:47:53 ID:IlBpwOl+0
あんな姿でも一目でジャミラとわかるなんて凄いよな。

65 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 17:52:13 ID:H020XnY/O
そっちかよ

66 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 20:43:31 ID:1n251xPi0
>>51
「宇宙船〈仰天(ヴイークリ)〉号の冒険」だっけ。

67 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 21:47:54 ID:pOtkSbEI0
>>53
山田はあえて「無免許医が!」って言わなかったみたいにとれたんだけど、
そういうわけじゃないの?
もし山田が怨みを持ち復讐したい気持ちがありつつも、
一度は仲良くなった徳田を憎みきれない気持ちもあって最後はそうやって
徳田が無免許って明かさなかったのかと思った。
だとしたら徳田の鈍感さがますます後味悪いw

68 :本当にあった怖い名無し:2007/05/27(日) 21:50:29 ID:pOtkSbEI0
変な日本語になってしまった。

×徳田が無免許って明かさなかったのかと思った。だとしたら徳田の〜
○徳田が無免許って明かさなかったんだとしたら、徳田の〜

69 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 00:02:11 ID:s0pVxifgO
×の方の文章がいいと思うけど
意味はわかるよ

70 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 01:38:18 ID:6gjfGKNN0
ごめん、あまりにもはっちゃけた文にしすぎたみたいだorz
混乱させてごめんなさい。
実際に読むと、一種の友情みたいなものすら感じるいい話なんだ。
ちなみに「男根様!」の人です。バリエーションとしては「あるじ様!」
「お尻様!」「坊や様!」等。電車に乗って…は分からない、ごめん。

>>60
長編ではそうだった気がする!
短編とごっちゃになってるようで申し訳ないorz

>>67
勿論、そう言う事なんだ。
徳田もそう言う山田(仮)の気持ちには気付いていると思われる。

でも、山田(仮)は別段、徳田に悪い事をした訳でもないのに
医療ミス(でいいのか?)で亡霊の様な身体になって
(勿論、仕事もできないと思われる)せめて死ぬ前に復讐を、と考えたのに
結局復讐出来てないなんて…と勝手に後味悪くしてしまった様だ。
ここに書いていて思ったんだけど、山田はもう充分復讐したと考えたのかも。
(妻を寝取ったり、逃げる徳田を追いつめて、男のプライドをズタボロにしたりしたし)

ああ、ごめん。このレスが一番後味悪い気がして来たorz

71 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 02:01:40 ID:pBSX0eqL0
>>70
乙!
男根様、自分が読まないエリアの作家なので
(失礼ながら、名前すら知りませんでした。)
なんかどれも新鮮で面白かった。

72 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 04:02:30 ID:znkNCgma0
>>60読んだ思い出した。誰かの短編小説。

とある島に待望の医者やってくる。
やってきた医者は問題を起こして大学病院にいられなくなり、島に逃げてきた。
そのうち医者は何かのきっかけで人を殺してしまい、自棄になった挙げ句島の女性をレイプする。
いつ発覚するかビクビクしていたが、何一つ露見しないまま島での滞在期間は終わる。
本土に戻る船の中で、安心した医者は出来心から島民に殺された男の話を持ちかけた。
島民は顔色一つ変えずに医者が殺したんだろうと返答する。
真っ青になる医者に、島民は「村には滅多に医者は来ない。たまさか来た医者は大切にするだけだ」ってなことを言う。
島民はみな医者の所行を知っていたけど、医者ほしさに口をつぐんでいただけって話。

73 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 07:17:16 ID:JYGsxGud0
後味が悪いって程でもないけど恐ろしい

74 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 07:24:53 ID:D2gT7lw80
むしろこの医者ヤり放題でウッハウハじゃん。

75 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 07:27:19 ID:/Wt2OR+V0
いや、後味悪いよ。殺された遺族や暴行被害者の女性に寄ってたかって
「今医者がいなくなると島民全員が迷惑するんだから!!」とか説いたんだろうな。

76 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 07:31:07 ID:5+zHsuIq0
イナカデハ ヨクアルコト

77 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 09:20:34 ID:e9a/II59O
いなかの、事件

78 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 09:51:11 ID:ImoD+muR0
途中までドコターコトーだと思ってた

79 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 10:41:22 ID:X/tRr65k0
確かに2行目まではコトーだw

80 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 11:29:54 ID:QtCV6JuW0
ドコダーコトー

81 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 12:03:46 ID:s0pVxifgO
おまいら食いつきすぎだw

82 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 12:06:28 ID:P9jCn6KwO
友人の家で読んだ絵本。タイトル「しばてん」だったかな?
流し読みだったのでうろ覚えだけど…

ある村に捨て子がいた。
村人に拾われ元気な少年に育つが、何故か馬は苦手らしく
見ると震え上がって逃げ出す程だった。
少年は相撲がとても強く大人相手にも負け知らず。
最初は温かく見守っていた村人も、少年のあまりの強さを不気味に感じ始める。
「あの子は人間じゃねえ、しばてんの生まれ変わりだ」
しばてんとは暴れん坊の化け物(神様?)のことらしい。
村人は共謀し、村一番の暴れ馬をけしかけて少年を山奥に追い払った。
山奥に追いやられた少年は、寂しい思いを抱きつつも逞しく成長していく。

数年後、日照りが続き米は穫れず、村人たちは飢えに苦しんでいた。
領主の屋敷には多くの米があったが、強欲な領主は貧しい人々に分け与えようとはしなかった。
このままでは皆飢え死にしてしまうと、村人は決起して領主の屋敷を襲うが
ろくに食べ物も口にしていない村人たちは警備兵に手も足も出ない。
そんなとき、警備兵をバッタバッタとなぎ倒す若者の姿が。
それは数年前山奥に追いやられたあの少年。
彼の活躍で米を奪い、飢えを凌ぐことができた村人たちは少年をすっかり英雄扱い。
長い間一人寂しく暮らしていた少年はその温かい歓迎に涙する。

ところがしばらくして役人が村を訪れ、暴動の首謀者は誰だと村人に詰め寄る。
「やったのはあいつです」
村人たちは一斉に少年を指差した。
少年は役人に連行され、処刑されてしまった。
村人は季節が巡る度にあの少年を思い出すのです…とかなんとかで締めくくられる。

村人酷すぎだろ常識的に考えて…
一体どんな教訓が込められているのか疑問に思う。

83 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 12:18:39 ID:YPokt5CeO
化け物を退治できて
めでたし、めでたし


84 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 12:19:49 ID:81arIE690
>82
教訓てかさ、読んだ子供に倫理観てか道徳を教えるためのもんじゃないかね?
道徳が身に付いた大人からすれば「後味の悪い話」だけのもんでしかないのかもしれないが。

85 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 12:45:35 ID:XuUZqIpU0
>>82
一度裏切った人間はまた裏切るってことだな。
人を見る目を養わなきゃならん。

86 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 13:43:17 ID:X1vr/bAU0
>>82
田島征三「しばてん」だね。
村人たちは
若者は逃げられると思ったから
若者を役人に引き渡してしまうんだよね。

87 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 13:56:45 ID:mXz+1YMZ0
相撲で思い出した話。

昔、相撲が盛んな国があった。
その頃、相撲は高価な鎧を身に着けて戦うものであった。
その為、いつしか相撲は、裕福な者だけのものとなりつつあった。

そんな中、国が主催の相撲大会に一人の少年が出場した。
その少年は貧乏で、鎧を買えず、ほぼ裸に近い格好であった。
誰もが少年を笑ったが、その少年は驚くほど強く
なんと、鎧を着た強豪達を破り優勝してしまった。

王様は、褒美として少年に鎧を与えようとした。
しかし、少年はこう言って断った。
「私の強さは、鎧に頼らないからこそ鍛えられたのです」と。
その言葉に王様は感動し、鎧を着て相撲を取ることを禁止し
少年と同じような格好をすることを決めた。

その少年の名は、「マワシ」という。



88 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 14:02:45 ID:CCr3lWy90
どのへんが後味悪いのか教えてくれ

89 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 14:05:54 ID:mXz+1YMZ0
実話って事が

90 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 14:47:09 ID:9OcN+aHb0
>>87
それなんてクロマティ(ry

91 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 15:03:09 ID:XY1t61ON0
>>87
それなんて民明書(ry

92 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 15:08:27 ID:pBSX0eqL0
>>86
村人乙。
そりゃー裏切りの言い訳だ。

93 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 15:10:20 ID:U++uPdJ70
海外ドラマのスーパーナチュラル。
基本的にどれもあんまり後味良くないような気がするけど。
悪霊を退治する兄弟二人の話なんだけど、1stシーズン6巻に入ってる12話「死に神との取引」は結構後味悪いと思う。

悪魔との戦いで感電し、心臓に致命的なダメージを受けてしまったディーン。
兄の余命があとわずかで有ることを知ったサムは、不治の病を治す奇跡の力を持つという牧師、ロイ、ル、グランジに助けを求める。
しかしその牧師は、他者の命と引き替えに命を救っている事が判明する。
結局牧師でなくて牧師の付き添い(妻?)が呪術で死に神と契約して魂の交換をしているんだけど、それを知った兄弟が兄の病気が治った後で別の人が治療を受けるのを辞めさせる。
兄が受けたときはそんなこと知らなかったとはいえ、治療をしなかったらその人は死んでしまうのに、なんのためらいもなく辞めさせて呪術を行っていた人を退治する。
結局治療が受けられなかった人は余命幾ばくもの無く「仕方ないわ。これからも神に祈るだけよ」と言って別れて終わる。

ああ、この人死んじゃうんだろうな…と思うのと、「兄はいいのかよ!」と突っ込み入れたくなる。
もうちょい悩んでもいいんじゃないか?と。
この作品全体的にそんな感じ。

94 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 15:11:13 ID:KuIG/2n6O
やっぱり真相を証さず自殺しちゃうのって
後味悪いよね。

松岡さんのご冥福をお祈りします。

95 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 15:36:01 ID:VNAYBrDE0
>>87
それ、サンデーで連載されてた「いでじゅう」のネタじゃん。
実話と思っているなんて嘘だろ?

96 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 15:50:02 ID:2c9HCGJi0
後味悪いというかアホな話というか

「沈黙の陽炎」
やりたいことも特に見付からずダラダラとした生を受けていた高3生
ひょんなことから孤児院の男の子と知り合い
共にキャッチボールをするほどまでに仲良くなった
するとその子の姉だという少女から「あの子との約束を絶対に護って、裏切らないで」と言われる

その理由に納得がいかないまま男の子と会い、いつものように次回のキャッチボールの約束を取り付ける高校生
だが、生憎その日は台風だった
翌日待ち合わせ場所にいってみたら少女が。
「あの子は肺炎で入院してる。なんであの子の約束を護ってくれなかったの!あの子は待っていたんだよ」
高校生を罵倒する少女

実は少女は男の子の姉で実はもう幽霊だった
「あの子は私が連れて行く。あの子を幸せに出来るのは私だけだ」
高校生が止めるのも聞かず、消えてしまう少女

ラストシーンは男の子の墓参りをする高校生
男の子との出会いを思い返し、人生に前向きになることを決意する


いや、これってただ姉がDQNなだけじゃねーかと
問題はこれが芝居の台本で結構な数の劇団や高校演劇で上演されているところ。

97 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 15:50:47 ID:Xx+lRKm+0
原因不明の腹痛で線路近くにしゃがんでいた女子高生が電車にはねられ死亡 3
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1180287147/

98 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 16:22:25 ID:s0pVxifgO
>>96
なんで姉がDQNなの?
後味悪いかなあ

99 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 16:28:00 ID:pBSX0eqL0
>>98
台風だったら、行かない方が普通じゃない?
弟だって幼児じゃあるまいし、自分で判断して
健康管理すべき。主人公を責めるなんて、DQNっぽい。

100 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 16:39:05 ID:/Dk5hg3P0
岡農水相、新衆議院議員宿舎で首つり自殺


28日午後零時20分ごろ、東京都港区赤坂2丁目の議員宿舎で、
松岡利勝農水相(62)が首つり自殺を図り、
意識不明となっているのが見つかった。
都内の慶応大学病院に搬送されたが死亡した。
松岡農水相は宿舎のリビングで布製のひもで首をつっていた。
28日午後1時40分からの参院決算委員会に出席する予定だったが、
部屋から出てこないため、秘書とSPが部屋を訪れて自殺を図っているのを発見した

101 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 16:40:54 ID:5+zHsuIq0
姉は生前人権派弁護士だったんだよ

102 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 16:54:04 ID:IzuKkxim0
>100
もう死亡確認されてるよ 情報が遅いな

103 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 16:54:58 ID:IzuKkxim0
つーか流し読みしたら死亡って書いてあるとこ読み飛ばしてた
マジスマソ>100回線切ってあれしてくる

104 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 16:59:47 ID:hoXi4gpf0
俺の中で「死亡確認」という厳粛な単語に
重みが感じられないのはきっと王大人のせいだと思う。

105 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 16:59:54 ID:NcJUYPkt0
>>96
姉ちゃんも人に文句言うなら、前日に弟の夢枕に立って忠告するとか
約束の日一日中金縛りにあわせとくとか自衛しろってのな。

106 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 17:15:57 ID:PvaOeXrf0
昔、健康優良児が新聞社に表彰されるイベントが有ったんだが、表彰された子は大人達の前で身体検査され半裸の写真を撮られたと言っていた。

後で学校の先生方が「小学生とは言え発育が良い女児の半裸写真を撮ることは怪しからん。」と抗議したが、「写真撮影の話は予め予定が組まれていたでしょう?」と返答された。
なにより女児の半裸写真は撮られてしまった後であり、親や学校側が女児生徒の表彰を後押ししており
女児の「半裸写真撮影も式に組み合わせているなら表彰されるのは嫌だ」と主張する機会が奪われてしまう事を助長した形となってしまっていた。

107 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 17:55:36 ID:BdZ1QiYbO
絵本なんだけど、松谷みよこ「わたしのいもうと」

引っ越し先の小学校で言葉の違いや跳び箱が跳べないなど些細なことをきっかけにいじめに遭ったいもうと。
登校拒否になり、母や姉(わたし)が話しかけても振り向きもせず、ごはんもろくに食べなくなってしまう。
いじめていた同級生はいもうとのことなど忘れて中学生になり高校生になり笑いながら通学する。でも、いもうとは部屋に閉じこもったまま誰とも口を聞かず鶴を折る。
やがて衰弱したいもうとはひっそりとこの世を去る。


ただでさえ後味悪いのに、この話は投稿された実話だそうです。
やるせねえ…

108 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 18:01:33 ID:mXz+1YMZ0
そして、姉はスケ番になり
妹の折鶴を武器に、いじめた奴らに復讐するのであった。


109 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 19:19:40 ID:D9RgFmukO
>>107
それ覚えてる!
妹は最初明るかっただけに余計悲しかった。

110 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 19:31:22 ID:s0pVxifgO
>>108が言うみたいに、リベンジとか実際にはないよな。
こういう後味の悪い話は現実にはたくさんあるんだよな、きっと。

111 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 19:55:19 ID:GnFswADg0
ドラマ”トリック”のエピソード
いんちき超能力者が心霊療法の医院を開いて
主人公がそれをいんちきだと暴いてしまう
それでもすがっていた信者たちは居たのに
ラスト 車いすに乗った少年が
連行される 超能力者に
“僕はいんちきだからね君は死ぬよ”
(詳細は違うかなぁ)
と言われて呆然とする少年
なんともいえない表情をする
主人公達...
やりきれない気持ちになった

112 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 20:44:59 ID:i/rbIbU0O
あの眼帯詐欺師の話か。
あの時優しい言葉を掛けていればイイ話になったのになぁ

113 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 20:45:17 ID:gT0YLFFF0
超能力で心霊療法を行い、ありとあらゆる病気を治すと言い、
高価な分銅を売りつけるという男の謎を暴きにその場所へ乗り込む主人公の奈緒子と上田。
行列に並んでいる時、中から車椅子の少年が出てきて
「ママ、これで僕の病気治るんだよね!」
「そうよ、治るわよ!良かったわね!」と言う会話を交わす親子を見る。
奈緒子はそれを見て絶対にインチキを暴いてやる、と心に決める。
手品師である奈緒子は「超能力なんて存在しない、全て手品のトリックだ」と勝負を挑むが
信者達の前で実際に奈緒子の家の間取りなどを簡単に当てられ、
壁越しに書いた絵をそのまま同じ様に書かれてしまう。
男は「自分には透視能力がある」と高らかに笑い、奈緒子はスゴスゴと退散。
悔しがる奈緒子に、勝負の時に乱入してきて「男はインチキだ!」と叫んだ老人が話しかける。
その老人は「治りますよ」という言葉に惑わされて貯金を全てはたいたが、
結局病気は治らぬままだという老人。
その老人の差し出した温泉旅行券に目がくらんだ奈緒子ははその後も調べ続け、
その間取り当てのトリックを暴く。
要するに前もって相手の家の間取りを調べ、
壁越しの絵は共犯者がトランシーバーで伝えるという程度のもの。
そして観念した男と共犯者達は警察に捕まるが、
パトカーに乗り込む直前、車椅子に乗った幼い少年が分銅を手に持ち
「先生はインチキなの…?僕は死んじゃうの…?」とたずねる。
男はニッコリ笑って少年の前にかがみこみ
すごい笑顔で「そうだよー、君は死んじゃうんだ。だって先生は、インチキだからねー!」
呆然とする少年とその母親を見ながら大声で
「アーハッハッハッハハッハーー!」と笑いながら連行される男。
それを見送る事しか出来ない奈緒子と上田、そして車椅子の親子。
笑い声が響く中END。



114 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 21:25:51 ID:+3o732Sn0
>>106 
この新聞の写真見たことあるよ。昔といっても4、50年前のものだったと思う。
中学生位の女の子が胸丸出しで写ってんの。
ちなみに俺がその写真を見たのはロリコン向けの雑誌ででした。

115 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 21:56:57 ID:bxNdntX7O
>104
ワンターレンは重みあるぞ。

116 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 22:02:11 ID:rwOxONDh0
トリックで思い出したけど、同じ監督のケイゾクでも同じような演出のラストがあったな。
事件自体は忘れたが、最後に犯人(松田みゆきだったかな…?)を逮捕する主人公刑事二人。
犯人の子供が「ママー」とか言って追いすがるが、
男刑事(渡部篤郎)が「ママは悪いことをしたんだよ。だからつかまるんだ」と
トリックのインチキ先生と同じ雰囲気で言い放つ。
昔に見たから大分違うかも知らんが、
監督はこういう「言葉は正しい」けど「人を傷つける」後味の悪い演出が好きなんだろう。

117 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 22:12:14 ID:s0pVxifgO
正しけりゃ何言ってもいいわけじゃないよなあ

118 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 22:21:19 ID:iX+KUVip0
トリックの監督は、作品を倫理面、精神面から捉える気は全くないんだと思う。
単純に純粋に「シーンとしてインパクトがあるか否か」だけを考えて作ってる感じ。
だから理屈として正しいけど倫理的には?ってセリフを
ヒーロー的位置づけのキャラクターにもあっさり言わせちゃうんだよね。
キャラに感情移入しながら見てる方としては、
「こんな場面でそんなこと言うのって、キャラ違ってね?」
って違和感感じることもあるんだけど、
まあ、印象に残るラストシーンにはなってるよね、たしかに…って感じ。

良く言えばキャラクターに対する視線がクールで、ストーリーラインが斬新。
悪く言えばキャラクターは所詮監督の駒でしかなく、物語に心がない。


119 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 22:29:58 ID:3ajQZ15i0
上に出ている「トリック」見たこと無いけど
インチキ超能力者に「君は死ぬよ」と言われたらつまり
「ウソだよ、当たらないよ、死なないよ」ってことにならないの?

120 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 22:54:55 ID:EmJH/EzH0
>>119
あ、ほんとだw

121 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 23:11:28 ID:+yASITnf0
きりがないw

122 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 01:23:17 ID:k8PaDPvZ0
>119
ゾゾに帰らなくてもいいぞ

123 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 01:30:58 ID:mwnlcGRH0
>>116
ケイゾク 第3話「盗聴された殺人」
数年前に殺された夫の敵をうとうとがんばる女の話。
夫を殺した犯人は、夫の元浮気相手とその恋人の男。
警察に夫の元浮気相手の女の部屋を盗聴させ、盗聴中に元浮気相手の女性を殺害。
トリックを利用し恋人の男が犯人になるよう仕立てると同時に、自分のアリバイ工作もする。
恋人の男は逮捕され、一見犯人の計画は成功と思われた。
が、主役の女刑事(中谷美紀)に悟られ、「証拠が残ってるから明日取りにいく」とカマをかけられる。
あわてた犯人はうっかり残してしまった証拠を消すために、その日の夕方、息子を幼稚園に迎えにいった
帰りに、犯行現場の建物の入り口に息子を待たせてトリックに使用した部屋の指紋を消しに行く。
そこで女刑事からすべてを見破られ、自首を勧められる。
自首を勧められた犯人は女刑事から逃げようとするが、息子の側には男刑事がいた。
犯人に駆け寄る息子。それを止める男刑事。
男刑事「ママに何か聞くことあっただろ?なんだったっけ?ほら、聞いてごらん。」
息子「・・・・・まま、ママは人を殺したの?」
唖然とする犯人。
息子「違うよね?」
動揺する犯人。
犯人「あ・・・あなた達子供に何か言ったの?あなた達に何が分かるの!?ねぇ、何が分かるの!?」
男刑事に掴みかかる犯人。
犯人「あなた達にわたしの何が分かるの!?」
男刑事「落ち着けよ。パパを殺した犯人を、ママが殺しました、と。立派なことをしましたと、ちゃんと子供に伝えてやれよ!」
息子を抱きしめ、号泣する犯人。
近づいてくるパトカーの音。
警察のお偉いさんが出てきて、恋人の男が昔の事件を自供したと伝えられ、
犯人も元浮気相手の女性殺害の容疑で逮捕。
神妙な顔で連行される犯人を見つめる息子と刑事×2。 振り向く犯人。
犯人「わたしは・・・・・後悔なんてしてないから。」 微笑む犯人。 微笑み返す息子。
犯人はパトカーに乗せられ、去っていき、そこでオワリ。

説明も長文も苦手だから分かりにくくてすまぬ。
しかし最後の息子の微笑みが何ともいえない気持ちにさせてくれる話だったよ。

124 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 01:39:58 ID:R6EkZ8l5O
>>123
それはそれで良い話という感じだな

125 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 01:43:23 ID:Da34TYeH0
>>124
同意。
後味悪いというより、切ない。

126 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 01:47:28 ID:Hewek2c80
>>122
一人しか正直者がいないあのスラムの事か

127 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 02:26:51 ID:M01s65tuO
FFでそういうの出なかった?

128 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 02:44:10 ID:R8jPFCTH0
>>123
男刑事GJと思ったな。
ありがちなドラマだったら「殺人犯にも事情があったんだからカワイソウ」って扱いで
お涙頂戴にするけどさ、人殺しは人殺しだ。

129 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 05:02:15 ID:Gqkw6gPB0
山口母子殺害の本村さんが犯人を殺しても、GJとしか思わないな。

130 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 05:45:01 ID:Ks6hYJON0
男刑事が渡部篤郎なんだけどサイコな感じでいい味だしてた

以下同じくケイゾクの話

心臓病でもう長くはないという男性が迷宮入りした事件を再度捜査してほしいと
捜査一課弐係(ケイゾク)に訪れる。
男性は冷凍倉庫の警備員をしていたが、数年前に倉庫で起こった密室殺人事件の
第一発見者であったことから犯人と疑われかなりの心労を負った。
その事件の真犯人を捕まえて欲しいというのだ。
女刑事(中谷美紀)は依頼人の男性の主治医に目星をつける。
医者が倉庫が閉じられたときにしか出ない機械音を知っていたからだ。
彼は学生時代その冷凍倉庫でアルバイトをしており、倉庫のオーナーである社長(被害者)が
彼の父親を不注意から倉庫に閉じ込めて殺したことを知っていた。
それを恨みに思い社長を殺したのである。(トリックはあらかじめ自分が死体に扮して倒れておいて
警備員を欺いてから実際に社長を殺して死体を同じようにセットするというもの)

犯罪が暴かれた医者が自分を正当化するために言うには「あいつは親父を殺したからだ」
渡部「お前は親父が殺されたのをネタに社長をゆすってたんだろ?銀行口座に学生では
ありえないほど振り込まれていた」(言い方がいやみったらしい)
医者「俺を逮捕していいのか?依頼人の男性は心臓病で死ぬぞ 俺しか治せないんだ」
渡部医者につかみかかる「人殺しは人殺しだ」

パトカーに連行される医者が去り際に刑事達に向かってにやけながら、
「人殺し」の言葉を浴びせ続けるシーンでおわり。

・なんか1つの話としてのテーマがあやふやで一貫性が無い
印象に残るラストシーンではあるが物語の前半部分とは孤立していて唐突すぎる問題提起



131 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 05:49:47 ID:SHbRjDOI0
>>123はむしろ正しいことだろ。
母親が人を殺したことはどうしたって息子には伝わる。
その前に母親は父親の敵討ちをしたんだってちゃんと息子に伝えさせて
息子はそれでいくらか救われたってことだろ。

132 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 06:09:00 ID:xyOcSy+kO
光の国の人が悪い。
彼の危機管理の甘さで
都合三人死ぬことになる。

何が遺族だ!
おまえ一人が喚いているだけだろ!
調子こいて何様のつもりだよ!

ぼーっと生きてる奴には何も言う権利はない。

おまえが死ね。



133 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 06:13:32 ID:mwnlcGRH0
ケイゾク は最後もやもやとする話は多いが後味は悪くない。
>>123は似た話があると例を出されたから懐かしくなって
最後の台詞を書き出しただけで、後味が悪いとも思えなかったし。
>>130も後味悪く感じなかった。

なんかもっと後味悪いもんはないのかー
↓に期待。

134 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 06:20:30 ID:5Twnb9L40
パス↓

135 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 06:36:36 ID:boeC9Pfw0
>123
乙 面白かったけど
「女」は最後まで「女」で通した方がわかりやすかったとおも
「犯人」に当たる人物が「夫を殺した犯人」と「夫の敵をうとうとがんばる女」と両方でてきてるから

136 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 08:52:06 ID:qihNtFWh0
>111-113
マウントスノー的なものを感じるな…

137 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 10:09:02 ID:71C55nXO0
>>130
> 男刑事が渡部篤郎なんだけどサイコな感じでいい味だしてた
>
つーか、渡部篤郎は何の役をやっても
サイコにしか見えんw

138 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 12:42:05 ID:/dUARcvc0
>>123

>夫の敵をうとうとがんばる女の話

女が「うとうと」がんばってんのかとオモタ。
なんかかわいい。

139 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 14:15:42 ID:swpg/SnA0
ね・・・眠たくなんかないんだから!

140 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 14:58:00 ID:c9FWcZVs0
何年か前のドラマ。キンキンと夏八木なんたらがでてた。
キンキンは刑事。夏八木はキンキンが担当した殺人事件の被害者の父親。
モチーフはコンクリ事件。可愛い女子高生がクリスマスケーキを買って帰る途中
連れ去られ、まあ、あのような感じ。犯人たちは、彼女をバラバラにして
埋立地に捨てていた。
何年かぶりに路であった父親とキンキン。喫茶でお茶しながらキンキンが言う。
「彼らももう出所して更正しているでしょうか…」これでも信じらんないくらい。
父親いたたまれず、店を出る。
実は、癌で余命いくばくもない父親は出所した彼らを一人づつ殺していたのだ。
罪を悔いていてくれればよかったので、犯人を訪ねた父親。
でももちろん犯人たちは更正なんかしていなかった。

結局主犯格の男、あと一人というところで父親は、キンキンに捕まってしまう。
「…私は●●を殺しました…××を殺しました…」
虫の息の父親に犯行を白状させるキンキン。
「私が刑事でなかったら」なんて白々しいことを言う。

これでキンキンがますます嫌いになりました。


141 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 15:08:30 ID:xBST5WkL0
「富豪刑事」の中での話です。

なんか金のために両親と小学校6年生くらいの子が狂言誘拐の計画を立てて、
もちろん警察は何とか子供を取り戻そうと頑張るんだけど。

うろ覚えですみません。
ほんで、金がいる理由っていうのが、父親がゆすられていて、その金を払ったら
というか払うふりをしてゆすり屋を殺しちゃうという計画だったらしい。

最後の方で刑事にバレて、歩道橋の上かどこかで父親は刑事に詰め寄られる。
そのとき、老朽化していた手すりが壊れて、父親は転落死してしまう。
後日、「・・・後味の悪い話ですね」などと刑事同士で話し合っていたところ、

歩道橋の手すりは老朽化などしておらず、壊れやすいようにボルトみたいのを思い切り
緩めてあったんだそうな。
そしてそれは、すごく成績優秀で、名門中学への入学が決まっている息子が、あらかじめ

やっといた事だった。みたいに刑事たちは推測するんだな。
父親が逮捕されたりしたら、自分のエリートコースがお先真っ暗やから。

何の証拠もないし、そのまま別に子供のことは問題にはならなかったけど、最後に
その子供がにやっと笑うシーンがめっちゃ怖かったです。

すいません、私より詳しくて優しい方、できれば追記よろしくです。

142 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 15:10:46 ID:Pr0ApJBOO
なんだっけかな
マイケル・ダグラスの映画

143 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 15:17:17 ID:jfearGA5O
マイケル・ダグラスが出てるの、いっぱいあるみたいだぞ
どの映画よ

144 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 15:29:40 ID:71C55nXO0
>>142
はは〜ん、「ムーン・ウォーカー」だな

145 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 15:58:58 ID:MeNBfOS30
>>144
それ、偽白人の方のマイケル

146 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 16:58:51 ID:Pr0ApJBOO
出勤途中渋滞で、車放置して、歩いて行くと
次々と敵が現れて
倒す度、武器が強力になって
最終的に全国区でテレビ中継される
凶悪犯になる話し

147 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 17:03:28 ID:v6lgLfX70
フォーリング・ダウンだ。
ttp://maps.google.com/maps?t=k&ie=UTF8&ll=33.976835,-118.470613&spn=0.001063,0.001786&om=0

148 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 17:17:50 ID:YcHr/pZr0
>141
それはドラマの方の話?それとも原作小説の方?

149 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 17:43:29 ID:71C55nXO0
>>146
ハンバーガー屋に行ったら
「ランチメニューは終わりで〜す(数分前)」といわれ
出てきたハンバーガーは、メニューとは似ても似つかない
ペッチャンコだった話だなw

150 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 17:52:42 ID:YcHr/pZr0
とりあえずドラマの方を見直した>141 うまく書けなかったので疑問点あれば

今回発生した事件の大筋は…
誘拐事件発生→最初の身代金引き渡しがうまく行き、味を占めた犯人が再度身代金要求→
再度身代金を受け取った犯人(子供の父親の会社の元従業員男)が
重すぎる身代金を橋から落とそうとしたときに橋の手摺が壊れて落ちて死ぬ→
身代金が重すぎたからだね、と警察はいったん結論、子供も救出されてヨカッタヨカッタ。

しかしいろいろと不審な点を覚えた富豪刑事、ドラマの終盤で
「これは元従業員男&父親本人が企てた狂言誘拐。
 動機は会社の経営難。誘拐事件を言い訳に仕事先に金の支払いを待ってもらうため。
 で更に元従業員を犯人として葬って身代金は自分の手元に残そうと、
 子供に命令して手摺のボトルを予め緩ませさせておいた」
…を父親&子供に突きつける。
「子供は関係ないんです…」と泣く父親。

そしてドラマのラスト、富豪刑事とその爺さんとがディナーを取りながら事件の話をしている。
爺さん曰く
「元従業員を殺すよう話を進めたのは子供じゃないかな。
 父親は気が弱くてそんな大それたことまでは考えないだろう。
 父親が狂言誘拐犯として捕まってしまうと自分の私立中学進学が駄目になってしまうからなあ」
まさか…と思う富豪刑事の頭に、泣く父親を見ていた子供が「にやっと笑うシーン」、でエンドクレジット。

151 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 18:15:55 ID:YcHr/pZr0
>141
ついでに原作の方も最後の方だけ読んだ。
そっちはそういうドロドロした部分はなく富豪刑事が金をバラまいたりして誰も死なずに無事解決。

152 :111です:2007/05/29(火) 18:59:37 ID:hTYaGSi40
>119さんへ
心霊療法で
お札やなんやかをいっぱい持っている風だったんで
この人にすがれば治るって想っていたのに
いんちきだったから
何の効力も無いんだと
想い知らされたってことだと...

153 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 21:51:48 ID:/jsmrqEJ0
マジレスさんいらっしゃい。

154 :141:2007/05/29(火) 22:00:39 ID:RlgJU2d00
優しい方々、詳しい解説ありがとうございました!

子供は怖い・・・と感じたでした。幽霊の話でもなんでもないのに、その後暗い自室に
戻るのが怖かったりしました(笑)

155 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 22:00:54 ID:Xrbkcck+0
少女漫画で多分作者は上野すばる

養父母の死により主人公は実母の元へ行く。
夫との離婚後に養父母に主人公を預けた母は、子供一人ぐらい余裕で育てられるはずのお金持ち。
再会しても笑顔一つ見せない母の態度に主人公は「自分は捨てられてたんだ」と悲しむ。
ふと今は庭の片隅の今は使われていない温室に入ってみると、血まみれの女性の幻影を目撃、悲鳴を上げる。
やってきた母親は「温室には入るな」と主人公を厳しく叱責した。

引越しと共に転校もした主人公は、優しく接してくれる先生と仲良くなる。
温室の事や母の不審な態度を話したところ、先生は面白がって主人公の家にやってきて、
「もしかしたら死体が埋まってるのかもよ」と軽口を叩きながら温室の中を掘り返した。
はじめは一緒にふざけていた主人公だが、掘り返すうちにいつもの面影をなくし
どんどん無口になっていく先生の姿に異変を感じる。
主人公の止める声も聞かずに掘りつづける先生はやがて、頭蓋骨を掘り当てた

そこに現れる実母。先生は主人公にナイフをつきつけながら実母に語りかける。
先生の姉はかつて主人公の父と不倫をしており、別れてもらうための直談判に
この家を訪ねたきり帰ってこなかった、きっと実母が殺したのだと確信を持ちつづけていたと。
母はそれを認めた上で、主人公を助けるために先生の腹を刺し、
暴かれた過去の殺人の件も含めて逮捕されていった。
自分を救うために先生に立ち向かった姿に主人公は母は自分を捨てたのではなかったと主人公は思う

見つかった先生の姉の死体には、正面から刺された傷以外に、頭部にも鈍い傷跡があり、それが致命傷だった。
正面からはつきにく位置だと警察に問われながら、実母は過去を思い出す。姉はかつて幼い主人公を人質にして離婚を迫ってきた。
実母もナイフをかまえてみたものの、少しでも動けば主人公が殺されそうな状況でどうしようもなかった。
その時、主人公は石で姉の頭を殴打し、姉は実母の持つナイフに向かって倒れてきた。
殴打された瞬間に姉は死んでおり、実際に姉を殺害したのは主人公だった。
母が姉を埋めたのも、主人公を他人の家に預けたのも、主人公に全てを忘れさせるためだった。
「もみ合ううちにぶつかっただけです」これからも主人公が思い出さないよう祈りながら母はそう答えた。

156 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 22:44:59 ID:PG2ckX+pO
長文乙。面白かった。
これも母の愛なのか…

157 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 23:56:09 ID:Hewek2c80
>>155
後味ほのかに良くない?

158 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 00:06:00 ID:Gqkw6gPB0
突撃してきた馬鹿な不倫女を殺した娘、そしてそれを庇った母

美しい話じゃないか


159 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 00:24:39 ID:6p8aBMGaO
先日、バイト先の酒屋での出来事
俺がレジカウンターで集計を行っていると、一人の中年男性が歌を口ずさみながら来店して来た
何気なくその歌に耳を傾けてみる、「う〜、モルツ〜モルツ〜モルツ〜♪………」
(あのビールの歌だ、この人サントリーが好きなのか…)などと思いつつそのまま集計を続ける

暫くして、一通り店内を物色した男性がカゴを片手にカウンターへ、今度は鼻歌で例の曲をやりながらやって来た
(この人よっぽどサントリー好きなんだなw)と心の中で苦笑しつつ持って来たカゴに目をやって見る

しかし中に入っていたのは……

アサヒスーパードライだった……('A`)

160 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 00:33:23 ID:DYO4Kpeo0
清張初期の名作「ある小倉日記伝」は既出かね?

161 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 01:19:43 ID:JAZ/2Oa+O
ぜひkwsk

162 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 01:47:04 ID:l8on4dq60
k 書くなや
w ワレ
s しばいたろ
k か

163 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 02:31:27 ID:y4tqwVsT0
>>162
ワロタ

164 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 02:42:52 ID:Ryk7czK0O
>>159後味悪っ

165 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 03:12:11 ID:8JhHtADsO
>>159
真心ブラザーズのファンだったのかもしれん

166 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 04:17:02 ID:bX1ScySSO
>>155
おもしろかったです。

意味は分かるのですが、読むのにちょっと引っ掛かってしまいましたので、お願いがあります。

次書くときには、メモ帳に書き出して、推敲してもらえたらうれしいです。

実母は実母もしくは母で統一
姉は女に変更(主人公の姉ではないから)

せっかく書いてもらっても、本筋じゃないところで、注意が削がれてしまいました。


167 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 05:47:16 ID:auJFwjJd0
なんか変な奴がいるなぁ。

168 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 05:51:50 ID:sVodBxjs0
>>166
君のレスで最高に後味わるっ!  ってなったよ。  サンキュー

169 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 07:36:48 ID:MRuHj+Eu0
>>56 >>70
電車〜の方は「西村京太郎」な

170 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 07:51:43 ID:ttXcsOC+0
>>166
友人にも両親にも嫌われてる
君に乾杯

171 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 08:44:56 ID:z+LSsHN/0
でも実際に、文の途中で呼び方を変えてたり中心とする人間が2人以上出てきたりってのは
読みにくいよ。混乱のもと。
自分で書くときはそこらへん気を使うけどな。

172 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 09:04:04 ID:sy9d12C/O
朝方、ローカル線に私ともう一人の男性しか乗っていなかった。
しかし、先ほどからどうも"話し声のようなもの"が聞こえてくる。不気味だなぁ、と何度も車内を見渡したのですが、どう考えても私と男性のみ。男性の独り言かと思い男性を見ても彼は寝ている。


しかし、よく見てみると……耳にイヤホン。



「まさか」


と思って"話し声"をよく聞いてみると、

ただの音楽でした。


漏れの恐怖心返せッ!!

173 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 09:41:18 ID:JAZ/2Oa+O
>>172
ん〜電車にまつわる怖い話スレ向きぽい
書き方のせいかあまり怖くはなかったけど
コピペだったらこのレスは恥ずかしいな

174 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 10:58:11 ID:a6isz3//0
小倉日記って女中さんと森鴎外のってやつだったっけ。
マダー?(AA略

175 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 14:40:40 ID:jEa8Dh8K0
「ある小倉日記伝」って、小学校の頃に読んだ小説かな?主人公親子はきっと
この努力が報われるんだろうなぁーって期待して読んでいたから、ラストで
思いっきり凹んだ記憶があるよ。
なんせ読んだのが10歳くらいで小倉日記がそもそも何ぞや?って感じの頃で
時系列やその他で曖昧な部分があるから、てきとーな粗筋しか書けないけど

ある家庭に重度の脳性まひの男の子Aが生まれたが、Aは歩行はおろか
手足を動かすことも、会話も出来ない状態で誰もが彼は生ける屍に近いと見捨てていた
(当時はこういう子は家の中で飼い殺し)しかし母親はこのAに煌めく知性がある事に
気がつき、無理を言って学校にも通わせる。通うと言っても身動きすらままならない
Aに母親は付きっ切りとなって、車椅子での送り迎え、聞き取り、通訳、書き取り・・と
尽くすが、重度の障害者であるAが学業を続ける事に対しての差別や嘲りも激しく
尋常小学校(多分)を卒業した後の進学は叶わなかった。

それでも、Aは母の助けを借りて独学を続け、特に日本の古典文学や歴史に
無学ながら造詣を深め、やがて小倉日記について今までと違う新説を独自に
考えるようになった(ごめ!この辺ウロ覚え)
その新説を発表する為に、Aと母親は阿修羅の如く不自由な身体をおして
その説を裏付ける旅をして、自身の新説の根拠を捜し求める。
もはやAにとっては、この小倉日記の研究と発表こそが、自分が身動きもならぬ
障害者であっても、生ける価値を見つける拠り所であり、母親はそういう息子を
支える事に全身全霊を尽くす事が全てであった。

読み続けているうちに読者も、もう少しでこの薄倖な親子の努力が実って
何か報われる確証でも得られるに違いない、と期待して読んでいたら
最後であっさり主人公Aは障害からくる体調悪化と無理が重なって夭折
母親も直ぐに病死したか何かだと思う。
そしてAの死後、間もなく別の研究家が小倉日記に関する、全く違う新説を
検証して発表してしまった。
Aと母親が命を削ってまで調べていた説は全てAの思い込みの間違いだった。
自身の存在価値も何も、Aと母親の存在すら闇に葬られたまま知る人はいない。
みたいな感じだったと思うけど、違っていたらごめん( ´・ω・`)

176 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 14:49:20 ID:fbvOfZxc0
>>175
ありがとん!!

後味わるいね。
でも、今時の、現実を直視できない親が書いた
宗教がかった障害児本よりはスッキリな気がする。

177 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 15:22:41 ID:6BB9B8Nf0
奇跡のアレとかね

178 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 15:49:20 ID:V562Ct6CO
少女椿、改めて最初から見たら余計気分悪くなった…(;`-´)

179 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 16:25:10 ID:sXJkWkoK0
アレね なんだっけNHKで文字盤使うやつ そうだルナだ

180 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 16:32:29 ID:JWbRqPNk0
奇跡のアレは後味悪いなw

181 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 16:35:40 ID:C9H/lLPB0
Aと母は幸せだったと思う

182 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 16:39:31 ID:tzoes9wB0
>>181の言う通りだと思う
夢を持って充実した幸せな一生だったと思う


183 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 16:43:38 ID:OmofzaES0
この話、Aが途中で亡くならずに学会に発表してたら、もっと後味悪い話になってたろうな


184 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 16:47:43 ID:vjgaztzF0
成績が良かったが、貧困ゆえ進学できず
しかし、独学で十数年(?)数学を学び
やっと新しい方程式を発見して、恩師に報告に行ったが
「それ、とっくに発見されてるよ」といわれちゃう話を思い出した。


185 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 17:46:06 ID:y4tqwVsT0
ずっと前、文学が書かれた場所を巡る番組で
「小倉日記伝」のモデルになった青年は、
空襲でお母さんと共に死んでしまい、
身寄りがなかったため、無縁仏として寺に納骨されてるって知って
いっそう後味が悪くなったと感じましたね。

186 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 18:05:39 ID:sXJkWkoK0
藤子F不二夫のSFマンガ「流血鬼」

西洋から渡ってきた不思議なウイルスのせいで
日本の少年である主人公のまわりもみな所謂「吸血鬼」化してしまう
(少年はそのとき山にキャンプに行っていて無事だった)
吸血鬼化した人間は「未だ人間」と見ると血を吸いに襲ってくるのだ
親も襲われ一人逃げてご近所さんの胸に杭を打ち込む日々

ひとりぼっちで洞窟に隠れて暮らす主人公のもとに幼なじみの少女(既に吸血鬼)が訪ねてくる
「あなたを救いたい/私たちは生まれ変わるだけなの/杭を打ち込むあなたこそ流血鬼よ」と説得される
納得しない主人公にとうとう少女は襲いかかる

病院で目覚める主人公 看ていてくれたのは以前自分が杭を打ち込んだ医者だった人
「もう大丈夫」と両親や少女親友たちに迎えられ表に出る主人公
「いまから考えるとおれ馬鹿みたいだよ
 気づかなかった赤い眼青い肌の美しさに 夜がこんなに明るく優しい光に満ちていたなんて」


価値観の転換、というポジティブな捉え方も出来るんだが
元の人間だったことを忘れてそっちの世界に行ってしまった主人公にとても寂しいものを感じた。

187 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 18:15:34 ID:p7zsubvKO
なんか似たようなホラー小説で、主人公の周りの人達がみんな吸血鬼になって主人公は正義の為にその吸血鬼と戦うんだけど
実は吸血鬼になるのはとあるウイルスに感染しただけで、もうすでにワクチンが開発されていて
主人公は無差別殺人鬼として逆に恐れられるって話を思い出した。

188 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 19:08:10 ID:J2u4LQL00
>>186
屍鬼って小説を思い出した。
あっちの方はその短編に比べるとかなり甘っちろいけど。

189 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 19:15:37 ID:sy9d12C/O
>>173
そうか悪かった(´;ω;`)コピペじゃないぞ漏れが実際に体験した事だ(^ω^;)今度から気をつける。


そいや"ヘビ女"ってなんとなく終わり方後味が悪かったような気がしたんだが…


……最後の終わりよく覚えてないな(^ω^;)

190 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 19:32:30 ID:2XrcCJlk0
>>188
kwsk

191 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 20:15:23 ID:H27VCqmS0
>>190
ど田舎の陸の孤島に、ある一家が越してくる。それから村に異変が起こる。
一家は実は吸血鬼で村を乗っ取ろうとしていた。気づいた頃には手遅れで大勢の村人が吸血鬼化していた。
で、>>186のようなエピがある。
吸血鬼になった女子中学生が好きだった男を襲ったり吸血鬼になった父親が娘を襲ったりする。
こっちの話では襲われた男は吸血鬼になれずに死んだり、娘は間一髪救われたりする。

生き残った村人が集結して吸血鬼に反撃する。
吸血鬼化した家族を殺せずに匿っていたのに村人のチクリで見つかって処分されたり、
人を襲うのが嫌で耐えていた吸血鬼も滅んだりする。
最終的に人間側が勝利して吸血鬼を追いつめ、首領の吸血鬼以外は全部しとめる。
ポエマーっぽい中二病の主人公(おっさん)は吸血鬼に陶酔してて、首領(美少女)と二人で逃げ出す。
仕留めた後は人間の死体に戻ってしまったので、第三者から見ると村内で大虐殺があったように見えて、
謎の猟奇事件として扱われる。生き残った村人も村を捨て事件に口をつぐむ。
そこんとこが後味悪いと言えば言えるかもしれん。
でも後味悪さより中二病の主人公にイライラさせられる印象が強いな。

192 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 20:18:21 ID:Zn4QWAr00
>>191
>ポエマーっぽい中二病の主人公(おっさん)
ワロタw

193 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 20:36:21 ID:hopELKfT0
主人公ってお坊さんの人だっけ?

194 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 20:38:20 ID:RojfVpch0
>>72
遅レスだが筒井康隆の小説でもそういうのあった。

江戸時代、裏稼業がバレそうになった悪徳医者が辺鄙な離れ小島に逃げてくる。
都会の有名な医者だってんで無知蒙昧な村人に有難がられてやりたい放題、
ロクな薬も処方せずに高い医療費をふんだくる。
その内取れるものがなくなると今度は患者の女房や娘に手を出し始め、
あげくに老若男女赤ん坊まで見境無しにレイプしまくりの地獄絵図。

とうとう漁師の男がインチキを告発するんだけど、
医学知識をべらべらまくし立てて反撃されると手も足も出ず
逆にまんまと言いくるめられた村人たちに半殺しにされる。
当然治療もしてもらえず、延々苦しんだ挙句男はあぼーん。

そろそろ潮時と、前々から目を付けてた娘を拉致してトンズラこく医者。
(この娘だけは取り巻きが大勢いて手を出せなかった)
船の上でさて娘に挑みかかろう…としたらなんと「立たない」
畜生なんてこったいと医者が絶望してエンド。


さんざん悪事やらかしておいて、報いがたったそれだけかよと。

195 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 20:50:45 ID:ubrjO7HK0
>>194
終わりがちょっと違う。

医者は、江戸でやった悪事のせいで、追っ手がかかってる。
で、追っ手の船に囲まれたところで、せめて最後にと拉致って来た娘を襲う。
書かれはしないが、つかまって極刑は間違いなしな状況だった。

196 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 21:21:20 ID:V7OxYqdS0
>>187
「地球最後の男」(原題 I am Monstor)じゃないの?
それだと、ワクチンが開発されたわけじゃなくて、主人公以外の全員が吸血鬼になってしまい、
気が付くと主人公こそ人(吸血鬼)を殺しまくる怪物にになってしまっていたという話だけど。

藤子不二夫のもそれを元にしてラストを捻った話だと思う。
SF短編集には他にも海外SFをベースにした話(トリフィドの日)とか入っている。

197 :1/2:2007/05/30(水) 21:46:54 ID:Hg8mFhJI0
「ぼくらの」という漫画とそれのノベライズ。

普通の中学1年生14人が巨大なロボットに乗り、未知の敵と戦わされる事になる。
実はそのロボットは人の命を糧にして動くというもので、
一度敵を倒すたびにパイロットの子供たちは一人死んでいく。
パイロットに選ばれた子供に逃げる事は許されず、
48時間以内に決着がつかなかったり、戦いに負けたら地球ごと消滅してしまう。

悪趣味な設定だし悪趣味な展開も多々あるが、
要は「死を目前とした若者が最後をどう生きるか」みたいな話。

漫画のモジ編
モジ…冷静沈着な優等生 ロボットのパイロットになる
ナギ…活発なスポーツ少年だったが、心臓に病を患う
ツバサ…二人の幼馴染で、二人に恋われている

ドナーが現れない限り近い将来に死んでしまうナギを、モジとツバサは毎日のように見舞っていた。
ツバサは二人の思いに気付いているが、関係を壊したくないのでどちらも選べない。
モジはナギを気遣う一方で「もしもナギが死んだらツバサは自分を選ぶのでは」と、
病状の回復を祈りつつ死ぬ事も祈ったりと複雑な心境だった。
だがある日気付いた。もしもナギが死んでも、ツバサの性格上すぐさまモジを選べるわけがない、
ナギの死でモジに引け目を感じて、むしろ絶対にモジと付き合う事だけは避けるだろう。

丁度そう思っていた時にロボットと契約したモジは、自分にパイロットの番がきたらナギを殺そうと考えた。
巨大過ぎて上手く操れないロボットは戦いのたびに一般市民にも被害を及ぼしていた。
ナギが病死ではなく、誰にでも被害が降りかぶり得るロボットによる死ならば、
ナギの死後にツバサは自分を選ぶかもしれないとモジは考えたのだった。
結局命と引き換えに戦うという事がわかり、モジはその考えを捨て、ナギとツバサを守るために戦う事を決意する。
以前ふと検査してみてもらったところ、ものすごい奇跡的な事だが
モジとナギの臓器は型が同じで、移植しても拒否反応は出ないとわかった。
モジの心臓を移植すればナギは投薬などもせずに暮らせるのだという。
その頃にはロボットの戦闘に政府関係者も関わるようになっていたので、モジは自分の死後にナギに心臓の移植をしてもらうよう頼み、敵を倒して死亡した。

198 :2/2:2007/05/30(水) 21:48:20 ID:Hg8mFhJI0
漫画版は、恋敵を殺そうとするモジはかなりアレだが、
最終的には残していく幼馴染二人を思いやっているしまあ後味は悪くないが、小説版は後味が悪かった。
漫画と小説はパラレルワールドの話で、小説ではモジはパイロットにならず、ツバサがパイロットになっている。
ツバサは幼馴染二人のためにも潔く戦って死のうと決意する。

モジは、ロボットによる災害を利用してナギを死なせる事はできないかと考えた。
直接手を下さなくとも、ろくに動けないナギをロボットの活動場所に放置すれば殺せる。
病院だったら看護婦たちに助けられてしまうだろうから、パーティーと偽って一旦自宅に帰せば……
と考えたところでモジは自分の考えの恐ろしさに気付き、そんな事は考えるべきではないと思い直す。
でもナギが発症する前はよく小さなパーティーを行って三人で楽しんでいたので、
殺人計画は論外だが、どうせロボットが近くに現れるはずがないしパーティーを久しぶりに催そうと思う。

ロボットに乗って戦うツバサ(パイロットの住んでいるところに味方ロボットも敵ロボットも現れる)
戦いの中、敵ロボットのビームが、3軒続いて並んでいるツバサたちの家を貫いた。
中にはパーティー準備中のナギとモジの二人がいた。
幸い屋根が削れただけで二人は無傷だったが、強い衝撃によってナギは発作を起こして倒れた。
薬を飲もうとするナギ。モジは忘れていた殺人計画を思い出す。
望まずともチャンスが来てしまった……モジは薬を握るナギの手を蹴り払い、その場から逃げ去った。
痙攣しているナギをコックピット内に転送し、心得のある仲間たちが心臓マッサージなどをするが、ナギはそのまま息絶えた。
呆然自失として戦えないツバサに仲間の一人が「弱いけど鼓動がある!早く敵を倒して病院に!」と叫んだ。
ツバサは無我夢中で敵を倒すが、実は戦わせるために仲間がついた嘘でナギは既に死んでいた。
幼馴染を守るためにも戦ったのに、一人は死に、一人は人殺しとなってしまった絶望感を抱えながらツバサは死んでいった。

後日、仲間たちの数人は戦いのあった地区で行われた合同葬儀に出席した。
中でも感情的な一人は、モジに殴りかかるが、モジはなんの反応も返さなかった。
ナギを殺してしまい、ツバサをも失ったモジはもう廃人と化してしまっていたのだった。

199 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 21:54:33 ID:hopELKfT0
ラノベ版ってそういう話なんだー。

ところでこのナギ・ツバサっていつも混同してしまう。文章だと特に。

門司(男・名字)
名本(なもと・ナギはあだ名・男・名字)
ツバサ(女・名前)


200 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 21:57:19 ID:5SRhYs890
伝染る「怖い話」という文庫本の前書き


201 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 22:56:30 ID:BVGmzz7/O
「ネクロノミコン」ってタイトルの
クトゥルー神話のオムニバス
地下室自体が旧支配者の消化器になっていて
主人公がいろいろ怖い目に遭うのだが
最終的に夢だったと思ったら、現実で
手足を切り取られ
これからたくさん子供を産め
産んだ子供は餌になる
ってはなし

202 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 00:21:07 ID:0X5CvYWW0
>>201
・・・・そのラスト、きっつー・・・

203 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 01:43:50 ID:zezDXDBW0
ぼくらのが小説になってたことの方が後味悪い

204 :世にも奇妙な物語「懲役30日」:2007/05/31(木) 01:46:41 ID:BfdIS8ruO
主人公は凶悪犯罪者。主人公はついに逮捕されてしまう。
主人公に科せられた刑はなんと懲役30日!大喜びする主人公。
しかしその懲役は恐ろしいものだった。
主人公は屋上に呼び出されて上着を脱ぎ、棒にくくりつけられた。
この状態で日が沈むまで立つのが懲役なのだ。
「ネックレスをプレゼントしてやろう」主人公の首には縄が結ばれる。
「靴をはいていては暑いだろう」主人公は素足で熱くなったドラム管に乗る。
「塩分が不足しているだろう」主人公の体に大量の塩が塗られ苦しむ主人公。
なんとか29日間生き延びた主人公。「明日で出られる」
次の日主人公はいつも通り連れていかれるが、今日は地下にむかっている。
主人公が目にしたものは、電気椅子だった。
「何が懲役30日だ。そんな甘い刑があるか」刑務所の男は笑い、電気が流れた…
目が覚める主人公。ベッドにくくりつけられていた。
時計の針は4時5分を指している。
「おまえは4時にこれでねむったのだ。幻覚を見ていたんだよ。」
「5分で30日。1時間で約1年。1日で24年。つまりおまえは30日で720年もの間幻覚を見続けるんだ」
さあ落ち着くんだ。
医者はニコリと笑い、主人公に注射針をさした…

205 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 01:53:30 ID:IhlagWF90
>>204
もの凄く後味良いが。

206 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 01:55:23 ID:zezDXDBW0
>>204
最後の最後は酷い姿で主人公が刑務所から出てくるってオチじゃなかったっけ?

207 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 01:58:30 ID:ypqRf8Q4O
髪が真っ白になっていたような

208 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 01:58:44 ID:BfdIS8ruO
>>206
そうだね。ただあれは蛇足のような気もする。
後味の悪さでは
「おばあちゃん」「記憶リセット」のほうが上かも。

209 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 03:10:02 ID:srp+SZqPO
>>197
ここでパラレルワールドっていうのは、ちょっと意味が違うような。

210 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 03:44:48 ID:WSey/TtPO
>>208
>後味の悪さでは
「おばあちゃん」「記憶リセット」のほうが上かも。

kwsk!

211 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 04:14:36 ID:CjBWxg5iO
星新一のが後味悪いの多いよね。「世にも奇妙な」にも随分使われたし。

212 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 04:43:36 ID:ajLGbraKO
>>191
主人公は吸血鬼に心酔してるのに、自分が吸血鬼にならないのはどうして?
最後はどうなるの?

213 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 05:35:21 ID:XDp6CMWt0
>212
心酔というか共感してる感じだったと思う
主人公→吸血鬼
主人公は吸血鬼ではなく「人狼」という存在になった
人狼は、存在としては吸血鬼の僕だけど
吸血の必要がない・昼間でもウロウロできる・不老不死、という
設定を考えると、吸血鬼よりもいいとこ取りの存在。

主人公と吸血鬼のラストは
主人公の小説が出版されて
二人はどこかで生きて(存在して)るんだな、ということを示唆してEND
後味悪さ成分は村の末路のほうが担ってるな。

214 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 05:49:28 ID:7xeu3AS/0
>>212
主人公は最後村人に襲われて死に掛けて
人狼っていう吸血鬼のパワーアップ版みたいのになる。
最後は少女と一緒に行方をくらませる。

215 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 06:23:04 ID:3lvMEDlW0
テンプレで思い出したが、DQ6のミレーユ(主役のひとり)が人身売買
で夜伽目的で王様に売られたが、お妃に「美しすぎる」と言う理由で
奴隷牢獄に入れられた話があったな。
しかも、お妃は全然お咎め受けてなくて、のうのうと「私が統治者じゃ」
みたいな事言ってて後味悪いな。
DQ6はドラクエの中では後味悪い話の巣窟だ。
せめてモンスターが化けてて、主人公が成敗できれば多少はすっきりするんだが。

216 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 06:33:45 ID:3lvMEDlW0
あ、説明不足か?
ミレーユは捨て子で貧乏な夫婦に育てられた。そのころは例のお妃の旦那が統治してて
国は荒廃し、やくざが王様とつるみまくってたんだな。
で、金に困ったか脅されたかして、ミレーユの育ての親はミレーユをやくざに売った。
やくざは王様に売ったが、お妃がミレーユの美しさに嫉妬してトイレが壺で
仕切りなしの牢獄に閉じ込めた。ミレーユは門番の前で脱糞や放尿をさせらていた。
それに嫌気がさしたミレーユはうまく脱獄して、なんとか主人公に合流する。
一方国は、王様は死んでて、新たな王様がやってるんだが、これがとってもいい人で
国はまずまず安泰。
でもお妃ははまだ生きてて、なんのお咎めもないって話だ。
ミレーユが直接会っても当然気づかない。
なんだかなー。

217 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 06:57:09 ID:3lvMEDlW0
しつこくてすまん。
そのお妃はミレーユだけでなく何人も夜伽で売られた女を牢獄に閉じ込めては
そのまま殺してるな。
ミレーユはたまたまうまく逃げれた一人にすぎない。
あと、前代王とつるんでたやくざも勢いこそ衰えたが、いまだ健在ってかんじだ。
ドラクエだったらこんな奴らこらしめないと、正統派RPGとはいえないぜw

218 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 07:38:17 ID:1Ql76A1qO
屍鬼って、村人が吸血鬼を追い詰めていく過程で
吸血鬼の長(少女)も一人の男に捕えられる。
屈強な身体を持つ男は少女をやすやすと捕まえて楽しげにいたぶる。
そこにポエマー登場。男を殺して少女を助け出す。
んで>>213-214みたいな流れになるんだけど
この部分は男サイテーと思いながら読んでたのでポエマーの行動はスカッとした。

219 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 08:22:20 ID:jYAPtLaJ0
http://nicopon.jp/video/player/sm314659
http://www.nicovideo.jp/watch/sm314659

220 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 08:26:02 ID:jMj2xvzP0
>>209
kwsk

221 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 11:40:38 ID:jNQ8kKPA0
カワサキ

222 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 13:37:49 ID:YPTsyYqc0
厩火事(うまやかじ)
女髪結いで、しゃべりだすともう止まらないお崎が、
仲人のだんなのところへ相談にやってくる。
亭主の八五郎とは七つ違いの姉さん女房で、
所帯を持って八年になるが、
このところ夫婦げんかが絶えない。
それというのも、
この亭主、同業で、今でいう共稼ぎだが、
近ごろ酒びたりで仕事もせず、
女房一人が苦労して働いているのに、
少し帰りが遅いと変にかんぐって当たり散らすなど、
始末に負えない。
もういいかげん愛想が尽きたから別れたい、というわけ。
ところが、
仲人のだんなが
「女房に稼がせて自分一人酒をのんで遊んでいるような奴は、
しょせん縁がないんだから別れちまえ」
と突き放すと、
お崎はうって変わって、
そんなに言わなくてもいいじゃありませんか
と、亭主をかばい始め、
はては、
あんな優しいいい人はない
と、逆にノロケまで言いだす始末。
あきれただんな、
それじゃ一つ、八の料簡を試してみろ
と、参考に二つの話を聞かせる。

223 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 13:39:04 ID:YPTsyYqc0
その1。
昔、唐(もろこし=中国)の国の孔子(こうし)という偉い学者が旅に出ている間に、
廐から火が出て、かわいがっていた白馬が焼け死んでしまった。
どんなおしかりを受けるかと青くなった使用人一同に、
帰った孔子は、馬のことは一言も聞かず、
「家の者に、けがはなかったか」
これほど家来を大切に思って下さるご主人のためなら命は要らない
と、一同感服したという話。
その2。
麹町(こうじまち)に、さる殿さまがいた。
「猿の殿さまで?」「猿じゃねえ。名前が言えないから、さる殿さまだ」
その方が大変瀬戸物に凝って、それを客に出して見せるのに、
奥様が運ぶ途中、あやまって二階から足をすべらせた。
殿さま、真っ青になって、「皿は大丈夫か。皿皿皿皿」と、息もつかず三十六回。
あとで奥さまの実家から、「妻よりも皿を大切にするような不人情な家に、
かわいい娘はやっておかれない」
と離縁され、一生寂しく独身で過ごしたという話。
「おまえの亭主が孔子さまか麹町か、
何か大切にしている物をわざと壊して確かめてみな。
麹町の方なら望みはねえから別れておしまい」
帰ったお崎、たまたま亭主が、「さる殿さま」よりはだいぶ安物だが、
同じく瀬戸物の茶碗を大事にしているのを思い出し、
それを持ち出すと、台所でわざとすべって転ぶ。
「……おい、だから言わねえこっちゃねえ。
どこも、けがはなかったか?」
「まあうれしい。猿じゃなくてモロコシだよ」
「なんでえ、そのモロコシてえのは」
「おまえさん、やっぱりあたしの体が大事かい?」
「当たり前よ。
おめえが手にけがでもしてみねえ、
あしたっから、遊んでて酒をのめねえ」


224 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 13:47:08 ID:ExBIuY8l0
落語だからなあ
自分は最後の台詞は本心でしゃべってるようなもんじゃないって捉えているが

225 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 14:08:32 ID:u1wU9wge0
世にも奇妙な物語の「お前が悪い!」

ある日主人公は、電車の中で痴漢扱いされてひっぱたかれる。
それ以来、世の中で起きた犯罪はことごとく主人公のせいにされ、
「お前が悪い!」と責められるようになってしまう。
近くで起きた万引き強盗泥棒殺人交通事故は全てが主人公のせい、
アメリカの銃乱射事件も主人公のせい、9・11テロも
第二次世界大戦も恐竜が絶滅したのもポストが赤いのも
とにかく全て主人公のせい。
そして遂に、世の全ての災いの元凶である主人公をリンチしようと
群集が彼の部屋に押し寄せ、ドアをブチ破って中に押し入ってくるが、
責められ続けた主人公は既に首を吊って自殺していた。
責める相手をなくした群集は呆然としていたが、中の一人が横にいた奴を指差して

「お 前 が 悪 い !」


ちなみに原作小説があるが、オチは完全に異なる。

226 :1/3:2007/05/31(木) 14:15:49 ID:94UB9Aoq0
7SEEDSって少女漫画が後味悪い。
全体のストーリーは人類滅亡の話。
回避不可能な隕石の衝突を前に各国の首脳部が決断を下す。
世界が滅亡した後でも人類を生き延びさせるため、選び抜かれたエリート達を冷凍睡眠させて隔離する。
んで無理矢理選ばれた心技体全て揃ったエリート達が激変した日本で何とか生き延びていく。

その中の1エピソード。
選び抜かれた精子と卵子から優秀な子供を作り出し、生まれた時からのエリートを作り出される。
親の顔も知らない子供達は、一般的な社会から隔離された島で生き残る術を叩き込まれる。
成績の劣る者、視力が落ちた者、病気になった者はどんどん脱落する。
子供達は周り全部がライバルの状態で、それでも友情をはぐくんで育っていく。
訓練は更に過酷になっていき、授業以外でも気を抜くことができない。
食料に毒物が混入させられたりロープに切れ目が入れられていたり宿舎に火をつけられたりと、教師は生徒を殺しにかかってる。
つか実際に殺している。脱落した生徒は社会に戻すわけにはいかないので殺して肥料されてしまう。

227 :2/3:2007/05/31(木) 14:17:03 ID:94UB9Aoq0
最終試験では7人の生き残り枠を賭けて生徒達が争う。
狂った動物に追われたり、指示に従って行動すると死ぬ羽目に陥ったり、生き埋めにされたり
動けなくなった生徒や怪我した生徒を治療している生徒も洪水で溺死させたりと容赦ない。
生徒達は「これ以上試験に参加できない。ギブアップします」と訴え出るが、教師は反応しない。
生きのびる気力のない者はみんな殺される。

ずっといじめられ続けた女生徒が不用意に毒物を摂取したいじめっ子が死ぬ様をじっと見ていたり
友達が死ぬ様を目の当たりにして気が狂いかけた女生徒が出たり
親友が自分を助けるために死んでしまって気落ちした男子生徒が出たりと、
試験は終了したものの選ばれた7人はもはや生き残る気力も燃え尽きたような状態。
君たちは選ばれた、人類が滅亡した後も生き残れるんだ!と激励するが無反応の生徒達。

228 :3/3:2007/05/31(木) 14:18:46 ID:94UB9Aoq0
そこに至ってようやく首謀者は「あれ?やり方間違ったかも?」と気づく。
今の状態で未来に送り込んでも彼らは生きる気力が出ない。へたすりゃ自殺しかねない。
そこで彼らに嫌われていた教官を生け贄として用意する。
自分たちを追いつめた世界は滅んだと思ってるところで教官を見れば、彼らは憎悪を駆り立てられるだろう。
実際、彼らは目覚めてすぐ教官をぶち殺す。そして世界と人類を憎悪しながら生き延びていく。

気づくのが遅すぎると言うか誰も気づかなかったっつーのがおかしいというか。
しかも計画を立案したのが有力者の息子で天才児って設定もアレだ。
人類の希望と言うならもうちょっと考えて行動できなかったのかと。
ちなみに首謀者はこの件を反省して他の生き残り枠を用意する。
一般社会で普通に育った人間の中からエリートを選別し、無理矢理拉致して冷凍睡眠に放り込む。
首謀者、全く反省の色なし。

229 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 14:39:02 ID:pVqF9yaX0
もう7SEEDSは( ゚Д゚)アキタヨ・・・
何度書かれてるんだ。厨が好む設定っつうのはわかるが。

230 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 14:43:38 ID:ExBIuY8l0
自分は初めて見る けどめんどくさそうなんで読んでないw
いいじゃん>1に既出上等!てあるんだし

231 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 14:45:34 ID:NXSOahuY0
その話、首謀者の同僚の教官が精神ズタボロで生き残った男子生徒に
「自分の子供には未来がないが、君たちは未来があるので憎かった。
(だから非情な事をした)」とか言ってたくせに
生まれたばかりの自分の娘を他のメンバーのチームに入れ、
子供の時からサバイバルの英才教育、成長した彼女の恋人も
追加のチームに入れて未来に送り、
その娘が物語の中でマンセーされるヒロインというのが後味悪い。
>>226にあった子たちはヒロインの敵で悪役扱いになりそうだし。

232 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 15:17:16 ID:It/HT2/t0
>>225
どどどど、どんなおおおちなんだ!!!


233 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 15:52:25 ID:Qdbv/yBT0
>>228
>他の生き残り枠を用意

枠増やせるんなら、はなから選抜の必要ないじゃねーかよ!w

234 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 15:58:54 ID:zme43fDh0

つ 少女漫画

235 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 16:13:02 ID:ZzYZAx3q0
>>226
包茎手術が失敗したまでは読んだ

236 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 16:18:54 ID:hKM6bQ/T0
>>235
それは後味悪いな。
お前の今後の性生活の充実を祈ってるよ。

237 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 18:23:58 ID:jMj2xvzP0
あらすじに主観交えまくるのはとりあえずやめとけ。
タイトル書かれてないと別作品と間違えるレベルにされてる


238 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 18:45:46 ID:Px3DLzu/0
後味悪いかどうかってのは主観的なもんだと思うが。
ストーリーが知りたいだけなら別の板にいけ。

239 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 19:01:38 ID:covQXqlW0
いや、あらすじの途中に自分の感想いきなり交ぜるのって文章としてちょっと
読みづらいと言うか
最後終わってから分けてくれないか それか括弧で閉じて注釈みたいにするか

240 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 19:01:40 ID:bLYHJaWcO
何事もほどほどに

ってことで次の後味悪い話ドゾー

241 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 19:01:53 ID:jMj2xvzP0
>>238
誰もスレの意義を否定はしてないぞ
ストーリー説明自体を主観というか悪意で捻じ曲げるのがいかがなものかと

242 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 19:03:59 ID:jMj2xvzP0
ごめん更新してなかった
次どうぞ

243 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 19:13:14 ID:bzznhoZR0
>>237
それ>>226-228のこと?
原作を知らないんで、どこが主観が入った部分かわからないんだが。
よかったら説明してくれないだろうか。

244 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 20:05:59 ID:1jUwXJ8eO
>>247
『〜だろう』『恐らく〜』みたいな書き方は全部妄想なんじゃない?

245 :244:2007/05/31(木) 20:10:15 ID:1jUwXJ8eO
やあ、見事に誤爆したよ

>>243でした

246 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 20:24:03 ID:mWCzNJXl0
>228の
>自分たちを追いつめた世界は滅んだと思ってるところで教官を見れば、彼らは憎悪を駆り立てられるだろう。

のことか主観って?
自分はこれは「首謀者」の考えだと思ったが。
だから特に「主観が入ってる」とは思わなかった。

247 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 20:30:13 ID:jMj2xvzP0
>>246
作品内にそういう描写はない。3レス目は完全にアンチフィルターをかけてる。
引っ張るのもアレだし、気になる人は実際に読むか
あらすじぐぐるかしてくれ

248 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 20:34:01 ID:gK/Zo7UTO
本編を読めば他人の主観は入らない

249 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 20:36:03 ID:QDH0qDxo0
実際このスレで紹介された実物を見てみると
印象面でかなり改変されている話も多い。

250 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 20:47:00 ID:zme43fDh0
298 名無しさん@お腹いっぱい。 sage New! 2007/05/31(木) 00:01:57 ID:DObTgOb00
>>294
学校の1クラスには大抵1組は同じ血液型の人間がいるらしい

325 名無しさん@お腹いっぱい。 sage New! 2007/05/31(木) 00:10:38 ID:2LDxcbdJ0
>>298
俺らの学校生徒600人いたけど
学校中で一組も被った生徒いなかったぞwww

251 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 20:49:44 ID:mWCzNJXl0
>247
なら>237の時点でそう書けよ!

252 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 20:55:47 ID:bzznhoZR0
>>247
原作読む気もあらすじググる気もない!

253 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 21:01:44 ID:jMj2xvzP0
>>250
「頭が悪すぎて後味悪い」ってコピペなのかな?
一応ものすごく詳細な意味では同じ血液型の人間というのはそんなにいないとかなんかで聞いた事ある

254 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 21:39:59 ID:rfcRCgHmO
どうでもいいけど>>244は誤爆なのか?

255 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 22:33:52 ID:JtCBG2ltO
同じ血液型ってなんだ?
A型B型とかか?
それともこないだテレビでバーディーバーっての見たがそんなレベルでの話なんか?

256 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 22:47:27 ID:tTFbi85p0
そもそも
>学校の1クラスには大抵1組は同じ血液型の人間がいるらしい
もよくわからんのだが

257 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 22:51:48 ID:lqHwIB7h0
>>232
>>225じゃないが。
>そして遂に、世の全ての災いの元凶である主人公を
ここまでは原作と同じ。

大家が合い鍵で部屋を開ける前に主人公は二階の窓から飛び出しバイクを奪って逃げる。
世界中が主人公を敵だとみなし学者はしかつめらしい顔で「大氷河期の到来は主人公のせい」
などの言いがかりレベルのものを言い放つ。
しかし人類は主人公を敵だと思い、皮肉にもそれで世界は団結する。
なんとか一週間持ちこたえるが、主人公はとうとう、公園の便所に追いつめられる。
周囲には軍隊。軍靴の音が近づいている。
主人公は洗面台の鏡の中の自分と対峙する。顔は血まみれで到底自分とは思えなかった。
理不尽で横暴な暴力にだんだん腹が立ち、主人公は鏡の中の自分を指さし心の底から叫ぶ。
「お前が悪い!」
その途端、鏡の中の主人公がくるりと背を向けて逃げ出した。
直後兵士が突入するが、鏡の前に立つ主人公を押しのけて我先に鏡の中へ飛び込んだ。
主人公を追い鏡の中に飛び込む人の群れは半月続いた。
だれ一人いなくなった世界で、主人公は犬の頬を挟み「こうなったのは、ひょっとして、
ぼくのせいだったのかな?」と呟く。
犬は主人公の腕からするりと抜け、振り返り、言った。
「お前が悪い!」
______________

原作は火浦功の同名SF小説(だから鏡に入ったり犬が喋ったりする)。
俺はドラマを見ていないから原作との差異を示すことはできない。すまん。

258 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 22:54:52 ID:tTFbi85p0
>257


>軍靴の音が近づいている。
ここワラタw自分2ちゃん脳だな

259 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 23:09:04 ID:Tp4k2bYm0
ぐんくつのおとがきこえる

260 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 23:12:34 ID:A2Jv/8iv0
>>257
へー面白いね。ありがとう。>>232ではないけど。
テレビ版はちょっとしたブラックユーモアって感じだけど、
原作は世界規模の大スペクタクルSFブラックユーモアだね。

261 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 23:20:19 ID:zme43fDh0
551 おさかなくわえた名無しさん sage 2007/05/31(木) 22:19:05 ID:lAJkVVuV
女だがブスが嫌い
歯並びの悪いブスは特に
性格が悪い。ブスは性格が歪んでいるので顔に出ている。
ブスは下品で人の悪口や下ネタが大好き。
今まで自分を虐めてた奴は圧倒的ブスが多かった。

少なくとも自分は美人じゃないから、当然人前では言えない。
「自分の顔見てから言え」って言われるの覚悟で書いた。

554 おさかなくわえた名無しさん sage 2007/05/31(木) 22:27:22 ID:O2I+Cwx3
>>551
同意
私はモデルで生計立ててるからそういう輩は面向かって
えwwwまじで言ってるの?wwプッw してる

ブスが人の悪口と下ネタでグフグフブヒブヒして盛り上がってる瞬間に
キャンギャルの試飲コスチュームで現れて手鏡をにこやかに配りたいキャンペーン実施したい

262 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 23:33:15 ID:qxILk/D80
こういうこと考えるのも十分性格が悪いわけだが

263 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 23:52:04 ID:rsvImGx30
261のコピペみたく不愉快に思うんなら整形すればいいのに。


264 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 00:10:45 ID:7SWz1NTU0
てか不愉快な話をするスレからコピってこられてもなあ


265 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 00:11:43 ID:H7DOyhCi0
>>256
>学校の1クラスには大抵1組
このフレーズで誕生日かと思ったが
それにしたって600人で被らないってのはあり得ないし…
このもやもやが後味悪いということなのか?

266 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 01:11:00 ID:J6uZjuZ2O
>>254
だから誤爆だよ
次レスで言ってるじゃん
そうだよ自分だよ悪かったよ後味悪くすんなよ

ハッ!
それがお前の狙いか!

267 :212:2007/06/01(金) 01:17:28 ID:FfhgvGekO
>>213
遅くなったけど、ありがとうございました!

268 :212:2007/06/01(金) 01:23:40 ID:FfhgvGekO
>>214もありがとうございました!
ところで、今ヤフーでやってる「予期せぬ出来事」って見た人いますか?
私はむかーし小学生くらいの時に、背中に有名な画家の刺青がある浮浪者の話と、気持ち悪いおじさんに後をつけられる女の子の話を見たけど、怖かったなあ…

269 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 02:34:29 ID:zy9XXANH0
>>268
>>1読め在日

270 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 02:50:32 ID:E6RY2uXX0
>>266
誤爆の意味を勘違いしてる?
まさかそんな後味悪い

ハッ!
それがお前の狙いか!

271 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 09:58:24 ID:eX6zfci50
ゲームネタ。うろ覚えな上に既出かもだが同人RPGの「シルフェイド幻想譚」
時間の概念があって、日数が経過すると町や村の様子が変わるという気合の入った代物だった。

主人公が立ち寄る村のひとつに、予言者の女の子が居る村がある。
未来が見える代わりに目の見えない彼女は外の珍しい話をしてくれる主人公に懐き、
主人公は村を再訪してまた話をすることを少女に約束する。

それから訪ねていくたびに少女の家族の話や自身の未来視の力の話など二人は様々な話をする。

訪ねていって何度目かに、別れ際に彼女が「また明日ね」という感じの別れの挨拶をするのだが、
次の日村を訪ねてみると


村が跡形も無く焼き払われている。


生存者の一人も居ない村の、少女の家だった廃墟には彼女の日記が残っていて
自分がこうなって死ぬ運命はあらかじめ予知で知っていたがどうしようもなかった、
最後にいろいろな話を出来てとても楽しかった、あなたに会えてよかったです、といった内容が記されている。

回避可能なイベントなんだけど、そのためには一日目からMAP端の辺境の村に行き
毎日通いつめなければならないので大多数のプレイヤーが引っ掛かり、
廃墟で日記を読みながら呆然とする羽目になった恐るべきトラップイベント。

272 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 11:03:54 ID:lRoGQZb50
同人RPG

273 :232:2007/06/01(金) 11:41:02 ID:yjgnMLk40
>>257
面白かった!アリガトン!

274 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 13:47:19 ID:lRoGQZb50
俺の趣味は海釣りなんだけれど
釣竿を手入れするのに、履き古したパンストがちょうどいいんだ。

ただ、俺は彼女なし、未婚の一人暮らしなので
古いパンストを手に入れるのに結構苦労する。

ある時、会社のみんなで仕事帰りに飲むことになり、
女の子たちもいい感じで酔っ払って
「下着をどうやって捨てているか?」みたいな話になった。
細かく切り刻んで捨てるとか、紙袋にくるんで捨てるとか
それぞれ言ってた。

ひとりが「私はパンストも細かくしてから捨ててる。
面倒なのよねぇ」と言ったんで

「マジで? もったいない。俺にくれません?
パンストってサオをしごくのにちょうどいいんですよね」
と言っちまった。

まわりドン引き。唯一、パンスト発言の女上司(50代)だけが
「あらあら、私のパンストで? まだ私にそんな魅力があるの?」
などとぬかしやがる。

動揺してさらに
「いや、あの、布の後、フィニッシュに使うんですよ」と俺。
死にたくなった。ネタみたいだが、作り話です。

275 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 13:57:38 ID:ajKSYg/i0
>>226-228
>しかも計画を立案したのが有力者の息子で天才児って設定もアレだ。
>人類の希望と言うならもうちょっと考えて行動できなかったのかと。
馬鹿となんとかは紙一重ということだな

276 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 15:27:21 ID:qTKkcy3T0
児童書板「トラウマになった本をageてみようか」からのコピペです。作者は平塚武二。
私も読んだことありますが、うまく言葉にできないので。
内容は丁寧系で手記風に描かれてます。

639 名前:なまえ_____かえす日[sage] 投稿日:2006/05/07(日) 22:56:06 ID:2joD2JGQ
赤い鳥傑作集に収録されてた「Q」
登場人物は「私」と貧乏でまじめな学者肌の人物「六呂木さん」

六呂木さん、「Qという人の幽霊を目撃した(このへんの会話がつじつまが合わなくなってきて
作り話っぽく、すでにうさんくさい雰囲気)、Qがお金を必要としているらしい」と「私」に話す

「私」、素直にお金を貸す

六呂木さん、「あなたが駆けつけるちょっと前に幽霊がお金を持っていった、見せたかったなあ。
彼はまだお金を必要としているようだ」と語る

「私」、お金を貸す。六呂木さんが「幽霊が持っていった」これが10回くらい続く

六呂木さん「幽霊が大金を必要としているみたいだ」と話す

「私」、銀行から全額引き出して渡す

六呂木さんお金を持ったまま姿を消す。「私」、疑いもせずに残念がる

どう見てもただの詐欺です、本当にありがとうござ(ry
こんなものを子供に読ませてどうしろっていうんだ赤い鳥。後味が悪すぎる。

277 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 15:30:51 ID:lRoGQZb50
これがゆとり脳・・・

278 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 15:45:22 ID:kDG6Kj2a0
>>276
後味悪いっつーかワロタw

279 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 16:15:11 ID:yjgnMLk40
後日談

騙された事が分かった「私」の元へ、後日、警察がたずねてくる。
警察曰く
「六呂木さんが、見るも無残な姿で亡くなった。
 不思議なことに、遺体からはωが切り取られていた。」

そこで「私」は気がついた。
そうか、幽霊は本当だったのか。
そして、幽霊の言う金とは・・・


280 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 17:28:40 ID:VWFxeT7cO
∩<『金とは…』…何よ?
ω

281 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 17:29:48 ID:9lHc9GhGO
アッー

282 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 17:30:38 ID:M7PzzM5YO
>>275
リアル鬼ごっこの王様思い出した

>>273
シルフェイドはフリゲだけど同人ではないぞ


283 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 17:33:39 ID:M7PzzM5YO
後半は>>271の間違いでした。

284 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 19:03:27 ID:qTKkcy3T0
>>279
それって…(^W^)

285 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 21:10:06 ID:xcujifyY0
>>271
ググってみた。スーファミ時代のRPGぽくて面白そう。
でも、マカーの俺は遊べない。orz
こんなゲームただで配ってんだな。Winはいいなー。

286 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 21:23:47 ID:twICw7WmO
>>271
何がトラップなの?


287 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 22:03:21 ID:+rCgt/SY0
面倒ごとを避けてさっさとゲームを進めようとすると
鬱イベントに突入してしまう、ってことじゃない?

288 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 22:09:38 ID:n5OD3jeI0
>>285
ただで配られてるウィルスの殆どにも
対応してないのと思えば我慢・・出来ないか。
お互い強く生きましょう(w

289 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 23:34:07 ID:l8B+/z7vP
わかった!目が見えないはずなのに日記を書いている辺りが後味悪いんだ!

290 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 01:04:06 ID:aoLx/r0XO
!!

291 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 01:30:47 ID:Qws0AWYN0
    ■■■■■
   ■■■■■■■
  ■■■■■■■■
  ■■■■■■■■     ________
  ■■ ■ ■■ ■ ■■  /
 ■■■■■ ■■■■ < アフリカではよくあること
 ■■■■■ ■■■■  \
 ■■■■   ■■■     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ■■■■■■■■
  ■■■■■■■■
  ■■■    ■■
   ■■■■■■■
     ■■■■■

292 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 02:46:05 ID:eM7jL/l5O
>>271
謎が深まりすぎ!

解説してくださいよ。


293 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 03:29:54 ID:t74OGJBQO
セックス後のチンポは愛液でコテコテ
http://same.u.la/test/r.so/sakura01.bbspink.com/hneta/1180708482/l10

294 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 04:28:59 ID:d8E/EMVrO
ドラクエ2のバカ王子。
散々主人公にあっちこっち捜させといて、やっと見つかったと思ったら
「いや〜捜しましたよ〜\(^o^)/」
みたいなセリフを悠々と吐きやがった。


295 :トンヌラ:2007/06/02(土) 05:37:12 ID:G3Z/8lkz0
そこが僕のいいところ

296 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 07:57:28 ID:eM7jL/l5O
>>294
ネタバレかよ〜

こんぼうにかわのふくですが、何か?


297 :268:2007/06/02(土) 08:28:34 ID:U7csZmZEO
>>269
在日じゃないけど、思わせぶりな事書いてすみません。
文章が下手なので読みにくいとは思いますが、背中に刺青のある男の話を書きます。
有名な画家が若い頃酔狂で浮浪者の男の背中に刺青を書いた。
それを知った画廊のオーナーや金持ちは、その絵が欲しくて男に話を持ち掛けるが、絵を売るには手術をして背中の皮を取らなければいけない。
男は手術は怖くて嫌だと言い、自分の背中が貴重な物だとわかり、傲慢になってくる。
しばらくして、あるホテルの支配人が、男にこっそり話し掛けた。
「うちのホテルに来てくれれば、皮を剥ぐなんて物騒な事をしなくても大金を払いますよ。貴方はただ一日中プールにいてくれればいい。そうすれば絵を目当てに客がたくさん泊まってくれる。部屋はもちろん、食事もちゃんと世話しますよ」
言葉巧みに誘われて、男はふらふらと付いて行った。

そして、ある裏町の画廊のウインドウに有名な画家が若い頃に彫った刺青入荷!と書かれて、男の皮が飾られた。
終わり。
最後の画廊の映像が、暗くておどろおどろしくて、子供心に凄く怖かったです。

298 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 09:24:08 ID:1QyvO/qL0
阿刀田高志の「ナポレオン狂」。
主人公の知人にナポレオンに関する熱狂的なコレクターがおり、
ちょっとでもナポレオンに関わる物は金に糸目をつけずに買い漁る、まさに「ナポレオン狂」。
そしてナポレオン狂が最近手に入れたと言う凄い物を見せてもらった。
それはあの有名な帽子。
ナポレオン狂は「これは実際にナポレオンがかぶっていたんだよ」とうっとり。
そんな時、主人公の下にある男性が訪れる。
どこか田舎のおっさんなんだが、妙にバタ臭い顔。
その男はお土産のカワハギを主人公に渡し、
「私ナポレオンの生まれ変わりなんですよねぇ」と言い、
「どこかでみた事がある」と思ってた主人公は「そうだ、ナポレオンに似てるんだ!」と気がつく。
そして最初は信じなかった主人公も、
ナポレオンが投獄されていた時の記憶もあるんだよぅと語る素朴な男に興味を持ち、
「きっと喜ぶだろう」と思い、軽い気持ちで「ナポレオン狂」に引き合わせた。
しばらく経ってナポレオン狂に会いに行く主人公。
男の土産のカワハギが大変おいしくて、カワハギを食べていた時にふと思い出したのだ。
例の生まれ変わりの男と会った感想を聞きたかった事もあった。
「ああ、あの男か。あれはとんでもない山師だよ。顔は確かに似てるがインチキだ。
とっとと追い返して、今頃は故郷に戻っただろう。」
「そうか、それは残念だ。所で例の帽子をまた見せてもらっていいかい?」
ナポレオン狂はためらった後、帽子を主人公に見せた。
その帽子からは何かかいだ事のある特徴的な臭いがする。
館を辞去した後、その帽子のにおいの正体に気がついた。
それはある実験施設でかいだ防腐剤の臭い。
主人公はあの男がナポレオンの帽子をかぶった所を想像し、
「もう二度とあの男には会えないだろう」と思う。

299 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 10:06:30 ID:wH6RTQcmO
めちゃくちゃ解りづらいが、ナポレオン狂はナポレオンの生まれ変わりを殺して
死体にナポレオンの帽子を被らせて館のどっかに保管して楽しんでる…って話だよね…
文盲だから10回読みかえしちゃったよ

300 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 10:29:28 ID:1QyvO/qL0
まあそういう事だよ…



301 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 10:40:12 ID:hKCVJyKDO
>>299
ほんとに文盲だなw
わかりやすい文章じゃん
うまくまとめてる

302 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 10:40:23 ID:Qws0AWYN0
ほんとに在日かよ('A`)

303 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 10:55:33 ID:ivQY4XyK0
>299
主人公はナポレオン似の男に
「またカワハギを送りますよ」
と言われている。

作品内では(男が剥製にされたことは)明言されず
「カワハギはいまだに届かない」
の一文で締められているのが薄っすらと怖い。

阿刀田高志の初期短編集は後味の悪い話が多くてこのスレ向きだな。

304 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 12:45:10 ID:HEiojjor0
俺が学校サボってテレビ見てた時にやってたやつ
NHK教育おはなしのくに 落語さぎどり

舞台は昔、よくわかないんだけど江戸くらい
主人公はフリーターで貧乏、居候しつつ両津かんきちみたいに
一発でドーンと金が儲かる方法はないかと考えた
ある日主人公は遠近法?をつかって鳥のさぎをたくさんつかまえて売ろうと考える
早速さぎをつかまえようと夜中お掘りにいったが、
さぎが寝ていたのであっさりお掘りにいる全てのさぎをつかまえる
主人公はつかまえたさぎの首の部分を逃げないように着物の帯で固定して
夜中だったのでそのまま安心して寝てしまう
しかし主人公が寝てる間に帯に巻かれたさぎは次々に目を覚ます
そしてみんなで一斉にはばたき空高くから主人公を落とすという復讐を目論む
さぎははばたき主人公はかなり飛ばされるが運良く五重の塔のてっぺんに落ちる
命こそ助かったがこんな高いところに居たら降りられないと困っている主人公に
そこの寺の坊主が声をかける
話し合いの結果、坊主が四人で大きい布の四隅をもってピンとはり
主人公がそこにダイブしようと言うことになった
覚悟を決めてダイブする主人公なんとか無事に着地できたが
主人公が着地した衝撃で四人の坊主同士は布の中心の方に引っ張られ
坊主同士あたまをぶつけて四人とも死んだ

なんかここで紹介されてるやつみたいな暗さはないけど
シュールすぎて笑った

305 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 12:47:52 ID:HEiojjor0
いや、ごめん嘘
何となく嫌な気分になったり、
切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなった
連投スマソ

306 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 12:55:48 ID:ibBNVuTnO
>>304>>305の間にいったいどんな心境の変化が

307 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 13:03:08 ID:wH6RTQcmO
>>303
ほほー
それも分からなかった 本当の文盲なんだな

308 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 13:57:12 ID:9BfKRdvS0
松谷みよ子の昔話が怖かった。
その中からひとつ。

子供に食べさせる食料もなければ、栄養失調のため乳も出ない母親が、
乳飲み子をおんぶしてお墓に餅を盗みに行く。
その帰り魑魅魍魎に追いかけられて、腰にさしていた鉈を振り回し
一目散に逃げ帰るんだけど、帰ってみたら背中の子供の首がなかった・・・っていうの。

そりゃあお墓のお供え物を盗むのはイクナイけれど、
これで本当にいいのか松谷みよ子・・・と子供心に思った。

309 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 14:09:26 ID:s4SrKTsf0
それめちゃくちゃ有名な子供用昔話「かもとりごんべえ」・・・
日本昔話の絵本シリーズなんかには大抵エントリーされてると思うんだけど。

ちなみに最後は、頭をぶつけ合った坊主達の目から火花が飛び散って、
その火花があたりに燃え移って火事になり、皆焼死。

310 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 17:48:58 ID:kF3lp0+h0
寺山修司の詩「波の音」

ひとりの忘れられた女が、港町の赤い下宿屋に住んでいました。
彼女は毎日、夕方になると海の近くまで行って、海の音をカセットレコーダーに録音してくるのを日課にしていました。
彼女の部屋には日付を書き込んだテープがいっぱい散らばっていました。

「どうして毎日、海の音ばかり録音しているの?」と、通りすがりの少年水夫が聞きました。
「私にも分からないわ。ただ、波の音を聞いていると、気持ちが落ち着くの。」と、女は答えました。
彼女には、むかし船乗りの恋人がいました。その恋人は、コスタリカの南へ遠洋航海に出たまま、帰って来ませんでした。
噂では、別の町へ帰港し、そこで結婚し船乗りをやめてしまったとか、船が難破して死んでしまったとか言われていましたが、
女はどれも信じないで、いつまでも待ち続けていたのです。

ある日、忘れられた女は、暮れ方になっても録音に来ませんでした。
「おかしいな」と、少年水夫は思いましたが、その時は大して気にもかけませんでした。しかし、それからも彼女はやって来ませんでした。
少年水夫は、赤い下宿屋に女を訪ねましたが、部屋には鍵がかかっておらず、だれもいませんでした。

残されたレコーダーのスイッチを入れると、波の音が聞こえてきました。
ごくありふれた暮れ方の波の音のはずなのに、じっと聴いていると、吸い込まれそうなさみしい感じがしました。
ふと、その音に混じってドボン! と小さな音が聞こえました。
おや、耳のせいか、と思って巻き戻してみると、やっぱりドボン! という小さな音が聞こえるのでした。

それは、自分の録音してきた海の音に、忘れられた女が飛び込んで自殺した音でした。

311 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 17:58:56 ID:2RsKaSGoO
切ないっす…

312 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 18:09:51 ID:AUR5tezF0
ドラえもんのパソコン講座、みたいな漫画があるんだけどその中の1話が微妙に後味悪かった。
のび太の家にジャイアンが遊びに来て、ジャイアンがのび太のパソコンを勝手にいじる。
ジャイアンはそこまでネットに詳しくなく、変なサイトにアクセスしまくる。
後日、のび太の家に大量の請求書が送られ、のび太はママに物凄い勢いで怒られてしまう。

その映像を見ていたドラえもんとのび太。
実はこれは、ジャイアンにパソコンをやらせたらどうなるかと言う予想みたいなものだった。
これを見たのび太は絶対にジャイアンにはパソコンをやらせないことを決める。
しかし、その時ジャイアンが遊びに来てしまい・・・。

313 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 18:12:31 ID:2OrxC0180
ジャイアンエロサイト見まくりワロスw

314 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 18:15:57 ID:eM7jL/l5O
>>312
続きはどうなってるざますか?


315 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 18:53:32 ID:ieVbaPUl0
>>308
似たような話のようなそうでないような話が
赤ん坊を背負って畑仕事をしている母親
カマで稲刈りかなんかをしてるんだが赤ん坊を背負ってるのを忘れて背中に鎌をかけた瞬間嫌な感触
悲観した母親はそのカマを使ってその場で自殺してしまう

ってな話を数年前にテレビで見た

316 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 19:02:36 ID:kF3lp0+h0
小泉八雲(ハーン)の怪談には、よく似てるけど全く違う話が収録されている。
紡績工場で働く女性達が
幽霊の出る荒れ寺のお賽銭箱を持ってきた人に麻を全部あげようという話をしていたら、
赤ん坊を背負ったおかみさんが行ってこようと言い出す。
荒れ寺で賽銭箱に手をかけたおかみさんに、幽霊が二回名前を呼ぶ。
構わず持って工場に戻ったら、赤ん坊の首は幽霊に持ち去られていた…。

317 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 19:54:00 ID:REc624VK0
>>316
工場だっけ?
滝に行った女は母子家庭でお金に困ってたんだよね。
ああ怖かった。あら?おしめが濡れてる、と思ったら
赤ちゃんの血だった・・哀しい。

318 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 19:59:11 ID:Gkgz/wL40
その話漫画で読んだな・・・
あかごの首がないシーンがgkbrだった

319 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 21:34:53 ID:Z1Izqscn0
>>309
ワラタ

320 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 22:16:36 ID:Qws0AWYN0
出会い系サイトに金正日って名前で登録したら、放置していたサクラっぽいコから

ねぇねぇ金正日さん。

今って何してるんですかぁ?昨日からずっとメールし続けてるせいか金正日さんの事ばかり考えちゃって…さっきコンビニでおでん買う時に「金正日」って言っちゃったよぉ(・_・*)


ってメールが来てコーヒー吹いた

321 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 22:18:15 ID:pYE/cPLqO
それ何年前のコピペ?

322 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 22:47:12 ID:nLAgMegt0
>>310
捨てられた女よりもっと哀れなのは よるべない女です
よるべない女よりももっと哀れなのは 追われた女です
追われた女よりももっと哀れなのは 死んだ女です
死んだ女よりもっと哀れなのは 忘れられた女です



マリーローランサンの切ない詩を思い出しました。

323 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 23:50:15 ID:/krxqfID0
>>310
つーか、自殺したんならそのカセットレコーダーは
誰が部屋まで持ち帰ったんだ?

1.自殺した女が持ち帰った
2.実は殺人で犯人が(r

324 :310:2007/06/03(日) 00:15:26 ID:beycbw260
>>323
女でしょう。
寺山さんの作品はそんな世界です。

325 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 00:24:05 ID:gILXxUhj0
>>323
女は海に飛び込んだのではなく、録音された海の音に飛びこんだんじゃない?
現実にはありえない世界。

326 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 00:44:54 ID:KljRHrPF0
おまえらの読み解き深いな。
俺なんか物理的な矛盾が存在してることにすら気づかなかったwww

327 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 02:33:24 ID:KB69dp0I0 ?2BP(71)
>312
作者は小学館にお金払ったの?

328 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 02:44:30 ID:E19xCLxl0
おまえちょっと黙れ

329 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 09:13:00 ID:m81Mieqo0
>>327
すげぇーIDだな

330 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 09:25:56 ID:wrDQbAYG0
むしろ普通に考えて小学館側が描かせたマンガな気がするが

331 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 11:05:35 ID:KOJU9nY30
>>329
http://info.2ch.net/wiki/pukiwiki.php?BE2ch

332 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 13:48:30 ID:E19xCLxl0
beが珍しいのか

学校のグラウンドに猫がやって来てかわいいなと思ったらうちの猫だった。
しかも集まった子の内の一人があたし飼うーとか言って連れてってしまった。
あれから五年が経つが幸せに暮らしてるだろうか。

333 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 14:05:26 ID:39nvI6GN0
ああ、そのネコならその家のお母さんが川に捨てちゃったよ

334 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 14:53:26 ID:kTSMcIo7O
ス(ry

335 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 15:02:56 ID:wh/qbIP50
リアル後味悪い話
うちの庭に2週間前から、猫が迷い込んできて棲みつきました。
それが見るからに普通の猫じゃなくて、シャム猫の長毛種みたいな
いかにも由緒?正しげなやつ

でもそいつは薄汚れていて骨と皮に痩せこけ、しかも事故か故意にされたか
右前足首から先と、尻尾の半分が切り落とされた状態で、保護をしようにも
人間が近づくと逃げてしまうのでどうしようもなく、仕方なく取りあえずは
少しずつでも警戒心が解けるように、少なくとも飢え死にはしないように
庭の奥に餌を置いておいてやるようして、近くの獣医の数件に猫の特徴を
書いて「怪我をした猫を保護(現実には餌しかやれてないけど)しています」と
いうチラシを貼させてもらいました。

それから何日かして、いくつかの問い合わせが来たけど、申し合わせたように
「飼い主が見つからなければ自分が・・」というが、容姿について弱っていて
毛並み悪し、足先と尻尾の切断・・・とかを伝えたとたん「やっぱりうちでは無理みたい」と
あっさり引き下がる連中ばかりだった。

少しずつ、少しずつ、その猫がこちらに慣れてきて、餌を変えに近づいても
今までみたいに縁の下に逃げ込まないで、離れたところで見ているように
なって、もう少しだ、一度でも抱く事さえできたら保護できる、治療をして
我が家で飼うなるなり、多分こいつを必死で探しているだろう本当の飼い主を
見つけてやるなりできる、と家族でワクテカしていたのに・・・
今朝、起きたらそいつ、死んでいたよ・゚・(ノД`)・゚・。

埋めてやるのに、そいつの身体を毛布で包もうとしたら、生きているときは
判らなかったけど、肋骨の部分が変に凹んでいて、誰かに蹴られるか踏まれるか
したらしい痕を見つけて余計やりきれなくなった
生き物の身体をこんな風に傷つけて、喜ぶ奴が本当にいるんだと思うと
本当に腹が立つよ



336 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 15:09:37 ID:eH2geTKU0
動物を不当に傷つける奴は本当に理解できないね

337 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 15:52:44 ID:p4M0+x84O
>>297
小説で読んだ記憶がある…。
作者名知ってたら教えて下さい。

338 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 16:07:28 ID:XIhfxlOb0
>>337
横レスだが、
ロアルドダールの短編だったと思うよ。

339 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 16:08:56 ID:wrDQbAYG0
>>337
ググった
これかな
ttp://streaming.yahoo.co.jp/c/y/kad/10193/1019300010/
原作はロアルド・ダールの短編だそうだ

340 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 16:10:53 ID:kTSMcIo7O
あえてチラシに
毛並み悪し、足先と尻尾の切断
と書かないことが

341 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 16:26:05 ID:lO+56gL4O
ウィニング嵐っていう昔小学館の学年雑誌で連載していたミニ四駆漫画。
幾つかストーリーはあるみたいだがその中のひとつ。

ミニ四駆の勝負が全ての世界で
悪の秘密結社ツインダビデ(タミヤのロゴのパクリ)に誘拐されて
無理矢理性能のいいマシンを作らせている兄を探す主人公の話。
それで賭レースだのミニ四駆四天王だの秘密結社の幹部を次々と破る主人公。
敵側の女の子も主人公に好意を持つ。
しかし女の子は秘密結社のボスに捕らえられる。
主人公が姿を現したボスの少年と対峙するシーンで
「次号に続く」

(続きます)

342 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 16:30:35 ID:lO+56gL4O
(続き)
でも、何故かその続きを読んだ記憶がない。
毎号買ってたはずなので気になってググッてみたら

「作者急病のため休載になったらしい」

(゜Д゜)

女の子は!?
秘密結社のボスは!?
兄はどうなったの!?

いろいろ複線みたいなのも張ってあったりしたので
未だに気になってしょうがない。

343 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 16:45:48 ID:vDce1JN10
あさきってアーティストの曲の
幸せを謳う歌→この子の七つのお祝いに
って繋がってるストーリーが後味悪い

344 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 17:00:22 ID:AzSe3HDqO
>343
そうなんだ。良かったね

345 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 17:05:00 ID:E19xCLxl0
へ〜そうなんだ
それは後味わるいねさようなら

346 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 17:38:38 ID:vUWuBzRUO
>>343
あれは薄気味悪いね。ここでは詳しく書かないが。

347 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 17:46:22 ID:vDce1JN10
ああすまん、歌詞が難解でいろんな解釈があるからあえて詳しく書かなかったんだ。
一番有力な説を

幸せを謳う歌のストーリーは

彼の死を悲しむ主人公である女は、彼が死んだ後ずっと
彼との幸せな生活を思い出しながらすごしていた。

彼は、鯉のぼりを立てて、そのままどこかに行ってしまった…
彼はぼんぼりが大好きだった・・・と。

だが、ある日女は思い出に浸るのをやめる。

そして彼の子供を身ごもっていることに気づく。
が、女の隣では不気味な少女が微笑んでいる。

この子の七つのお祝いにのストーリーは

彼の子供を育てている女、生きがいはもうこの子供だけである。
だが、子供は工場の排気、汚水のせいで病気にかかってしまう。
そして子供は弱り、死神がやって来る。
この子供だけは誰にもやらない、どこかに隠してしまおう。
せめて七五三の七つまで、この子を生きさせよう。
と思うのだが、ある日、彼の立てた鯉のぼりの揺らめきでハッと気づく。
子供は、人形だったと

この歌詞が暗喩などが多くて、人形が本当にそのまま人形という意味なのか、死体と言う意味なのか、
どこから人形だったのか、始めから妄想妊娠で人形を育てていたのか、
それとも隠していて死んでしまったのか。とかあるのですが、
これが大体のストーリーです

348 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 17:48:47 ID:IDdhSZT50
>>340
飼ってくれる人の募集じゃなくて元の飼い主に連絡するためのチラシだから
別にいいんじゃね?

349 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 18:07:44 ID:2oADDO7iO
歌なら説じゃなくて詞を貼ってくれると親切と思う。

350 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 18:19:33 ID:rX2wxug00
>>349
347ではないけれど、ググって見たら歌詞が長くてここには貼れないと思う。
参考URL
ttp://blog.livedoor.jp/anutes0319/archives/cat_50021097.html

351 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 18:26:52 ID:6HYm0phE0
>>347
後味悪いというより意味わかんね。
不気味な少女はなんだったの?

352 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 18:27:35 ID:j1OJ+vnp0
昔見たドラマの話。

戦後かな?アメリカ人と結婚→アメリカへ移住した日本女性。
アメリカ人夫は、職場で日本人妻について同僚にからかわれ、
上司からもあまりいい顔はされていない様子。
子供も、学校で母親が日本人ってことでいじめにあっていた。
妻としても母親としても頑張っているのに、夫にも子供にも疎まれる毎日。
隣人にもあからさまに嫌味を言われたり、避けられたり。
三人それぞれがストレスを溜めた状態。

しかしある日、子供が「プレゼントがあるんだ」と鳥かごを持ってくる。
「ママはこの鳥を気に入ったようだから」
確かに、辛いことがあると庭にいる鳥をよく眺めていた。
あの鳥は根気よく教えれば、言葉も覚えるんだよ、という会話も息子とした。
嬉しくて、鳥かごを受け取ろうとした瞬間。

「ジャップ!」

叫ぶ鳥。
呆然とする母親。
鳥に合わせて、憎憎しげな表情で息子も叫ぶ。
「ジャップ!ジャップ!」

思わず、息子をイスに縛りつけ、体罰を与えようとしたところを
隣人に見つかり、警察沙汰になって逮捕される。
夫には離婚を言い渡され、息子も取り上げられる。
日本に帰ることもできずに刑務所?から出た後は、
移民の集団の仲間に入れてもらって、それなりに過ごしています…みたいな
オチだったと思う。

細部は違うかもしれないけど、大体こんな感じ。
見なきゃ良かった…。ジャップ!と叫ぶ子供の顔がいまだに忘れられない。

353 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 18:33:50 ID:DFbecJhY0
こっこがグレードアップした感じだな…

354 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 18:45:00 ID:6HYm0phE0
そういうのはリアルでけっこうあったらしいからな…
戦争前は幸せに暮らしてたのに世界大戦勃発したら隔離されてフルボッコとか。

355 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 20:31:06 ID:0TO8vtbG0
今日、帰宅中にマスクして座り込んでる長い髪の女の人がいたんで、大丈夫ですか?って
声かけたら、突然立ち上がって、俺に向かって「私キレイ?」って聞いてきたんだよ。
俺はビックリしたが、とりあえず全身を見て、スタイルもいいし、髪の毛もサラサラで綺麗だったから
「キレイですね。」って言ったらさ、その女の人 突然怒り出して、マスクを外して
「これでもキレイ!?」って聞いてきてさ、マスク外した女の人の顔を見て俺はビビッたよ
もの凄い口臭で、息が出来なくなったんだ。これはヤバイなと思い、
俺はポマードポマードって叫びながら走って逃げて帰ってきたんだけど
あの女の人は一体なんだったんだろうな。昨日餃子でも食ったのかな。


356 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 20:43:25 ID:FFlsgTcE0
子供向けの歴史マンガでのエピソード。
歴史上の人物の話ではなく、、当時の時代の人の生活を、架空のキャラで表現した部分の話。

舞台は昭和初期、女性の権利についての活動が活発になってきた時期の話。
裕福な家庭に育った主人公の少女は友人に誘われて、女性労働者の集会に参加する。そこで現在の女性がどんな酷い状況で働かされているかを知り、結婚もやめて就職し、女性の権利向上のための運動に加わることを決めた。
当時は「政治のことなど知らない女性に参政権は必要ない」、「女性のくせに政治に口を出すなんてはしたない」というのが常識とされていた時代であり、主人公も周りから白い眼で見られる。そういった周りからの評判にも屈せずに、主人公は戦い続けていく。
そして数年後、主人公達の活動が実り女性にも参政権が認められるようになった。
その新聞記事を見て喜ぶ主人公の前に、かって自分を権利運動に誘った友人が現れる。
久しぶりに再会した友人は閉口一番、「あなたまだやってたの?」
その友人の手元には赤子が。友人はとっくの昔に権利運動からは足を洗い、普通に結婚して妊娠して子供をもうけるという、当時における模範的な女性になっていた。
去っていく友人を呆然と見送りながら、一ページ使って主人公が「私は私の道を行かなければ」と言っておわり。

別に友人に罪はないってのはわかるんだが、子供心にはどうも……

357 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 20:52:12 ID:ctP+S58Y0
>>356
小学館版のまんが日本の歴史だね。20冊セットのやつ。
あの最後は「わたしはわたしでがんばらなくっちゃ!」と終わっていたし、いろいろな
生き方があるってことで、俺は後味悪くはなかった。もちろん、あなたの感じ方を
否定するわけじゃないですが。
子供心に、「誘ったほうが先に飽きちゃう、なんてのもよくある話なのかもなあ」
と悟ったようなことを考えたのを思い出したよw

358 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 21:15:29 ID:9gQG/qnb0
>>356
>閉口一番
開口一番の間違いだろwwwww

359 :356:2007/06/03(日) 21:31:53 ID:FFlsgTcE0
>>357
最後のページの直前のコマの主人公の「ポカーン」な顔がどうもなあ。

>>358
うわ、ずっと閉口だと思ってたよ。
サンクス

360 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 22:09:30 ID:Dwc2Lr5F0
素直な子は伸びるよ

361 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 00:13:54 ID:EW1OLWniO
そうだよね

362 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 00:30:03 ID:51Fva4dQ0
>>355
びっくりするほどツマランな
普段もそんなつまらない話で周りに
愛想笑いさして気を遣わせているのか?


363 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 00:49:47 ID:ic/ZCTdfO
自演乙

364 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 01:13:44 ID:gtoiy10g0
まあまあ、どちらさんも。自演とか言い出したら終わりませんから。
どれどれ、双方ともわたしに100円を預けなさい。わたしがビックリマンチョコを
2個買ってきますから、それをお互いにプレゼントして、ほら、仲直り。よかったよかった。

365 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 01:19:15 ID:BusRr6oQ0
片方にヘッドが出て非常に後味が悪くなりました、と

366 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 01:48:03 ID:2KzJ09aZ0
↓アリババの後味の悪い話どーぞ

367 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 02:54:50 ID:xCNBSj82O
ホラーアドベンチャーゲームのムーンライトシンドローム。

トワイライトシンドロームのパラレルワールドの平行世界?だからって、
前作(トワイライトシンドローム)の主要キャラからゲーム中に登場するキャラ、
ほぼ全滅な残酷死亡エンドは悲惨過ぎる。主人公までも…。

ゲーム自体狂い過ぎてて、もうこっちまで狂いそう。

368 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 02:57:26 ID:BusRr6oQ0
前作の立場と続編での死に様などを頼む

369 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 03:03:13 ID:EW1OLWniO
↑ブス

370 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 03:34:04 ID:432cjdHI0
↑たった1単語で後味を悪くするとは・・・・

371 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 03:39:35 ID:ihN5ZzZPO
>>350
てゆーか、あさきって誰よ?有名な人?

372 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 05:39:17 ID:YkXBTlfkO
「てゆーか」

373 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 08:47:22 ID:sDRd2h3B0
>>371
某音げーの曲作り&Vo.の人
一部にはすごい人気だが。
あの人の曲を後味悪いと感じたことはないなぁ

374 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 08:56:55 ID:sDRd2h3B0
>>349  自分の手元にはひとつしかないが

幸せを謳う詩(pop'nAC10) 作詞&作曲&編曲:あさき

流れていく弔い灯は風を凪ぎ
空へ消えた

貴方がたてた
赤色の鯉ノボリが空を泳ぐたび
涙霞 途切れぬ糸

外灯に群がる霧雨は無始礦劫
水面に乗せて ひとひら ふたひら
わたし あなた わたし あなた・・・途切れた色

あの人が好きだったボンボリに赤い灯をともしつづけ
お化粧する

笑いかたもわすれた・・さよなら

待てども待てども帰るはずのない貴方を待つ私は
ひとり・・ひとり・・・

二度とは会えぬと思っていた貴方のぬくもりは
私の中で生きていました
触れることのない泡沫 貴方はああ・・知らないでしょうけれど

そう・・幸せの終わりに小さな花が咲いていたとして・・
私にとってそれが この子 でした

>>350 が貼ったURLって、歌詞そのものじゃなくて、ブログ作者の見解を書いているやつか?

375 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 09:44:47 ID:Q6MUvA8nO
>>350>>347
親切に貼っていただきありがとうございました。
すっきりしました。
結構中二病っぽい歌詞ですね。
けど隣に不気味な少女って解釈がどこら辺の歌詞からなのかが判りません。

376 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 09:47:04 ID:Q6MUvA8nO
間違えました。347ではなく>>374宛てです。
ごめんなさい。

377 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 09:49:33 ID:run6xs9D0
漫画「ライオン仮面」、毎週楽しみにしていた。
あるストーリーで敵に捕まってしまい、どうやって脱出するのかと思ったら
あっけなく敵に殺されてしまった。

後味が悪すぎて、それ以来読むのをやめた。


378 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 10:14:15 ID:sDRd2h3B0
>>377
それってドラえもんでのびたが楽しみにしていた漫画じゃなかったっけ?

で、次週は助けに行った仲間も捕まり、そいつもやられる
先が知りたくなったのび太とドラえもんがタイムマシンに乗って未来に行って読む
それを繰り替えし、その話で盛り上がりながら道を歩く
その辺を通りかかった作者と偶然出会い、「何で先を知っているのか!?」と聞かれる
作者もその先の展開に困っていたらしく、その話を聞かせてくれと頼まれる
事情を話したかごまかしたかは知らないが、毎週タイムマシンで来週の雑誌を買うことを請け負う
来週の雑誌に載っている自分の作品を模写して執筆する作者
続けていくうちに、作者は混乱、倒れてしまう
かわりにのび太とドラが執筆を続けるが、「本当の作者は誰なんだろう?」で終わる。


379 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 10:26:27 ID:pyS5RRrU0
>>378
深いな

380 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 11:19:30 ID:KVskZlMAO
ライオン仮面の弟がでてくるんじゃなかたけ?
また弟が捕まって次、従兄とかそういう繰り返しだった気がする。

381 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 12:09:57 ID:tep+/Dv+O
>>378
自分はオシシ仮面が出てきたあたりでウヘァと思った
思い出がある。その場しのぎすぎ。

382 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 13:32:23 ID:sDRd2h3B0
幼い頃読んだ単行本の記憶だからはっきり覚えてないんだよなー。
あの頃は特に何も思わなかったが、今考えるとタイムマシンって怖い道具だ。

>>381
オシシ仮面か!姿は思い出せても名前は思いだせなかったんだ。
おかげで思い出せました。

383 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 13:38:56 ID:Yp2KONJe0
調べるとさらにオカメ仮面てのがいたらしい。

384 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 13:51:41 ID:run6xs9D0
ほんの冗談での書き込みから
こんな流れになっていてワロスw

385 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 14:11:32 ID:Yp2KONJe0
じゃあマンガ繋がりで手塚治虫「生けにえ」

2千年前のメキシコで、生け贄の少女がいま祭壇上で首を切られようとしている。
「神様、私はもっと生きたいんです…あと10年生きて幸せな家庭を持ちたい。どうか願いを叶えて」
「わかった」と神の声がそれに応え、そして少女は意識を失う。

気づくと現代日本のどこかの島に記憶喪失状態で流れ着いた少女、
助けてくれた少年と恋をし結婚し子供も生まれる。
幸せな生活だったが徐々に自分が生け贄だった記憶が戻ってきて10年目、
技師としてメキシコに行くことになった夫に
「大昔に生け贄になった少女がいるの その子のために祈ってあげてきて」と言葉を残し
台所からふと消えてしまう。夫は必死で探すが見つからない。

2千年前のメキシコに少女の意識は戻ってくる。刀が振り下ろされ、少女の首が切り落とされる。end

386 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 14:24:05 ID:LAYq1nQ4O
>>338、339
ありがとうございます。思い出しました。
久しぶりに読みかえしてみます。

387 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 14:33:13 ID:ZQSREGrb0
うわわわ。手塚さんて時々、そういう後味悪いの書くよね。
最近、息子の小学校で、火の鳥がはやっているのだが。
内容は濃いのだが(下手な大河小説よりおもしろい。)
良く考えると、後味が悪い。なんだったんだー。と思ってしまう。
まだ、全部は読んでないのですが。(何しろ長い。)
自分が読んでそう思ったのは、火の鳥『望郷編』
うまい人、まとめてー!

388 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 14:41:24 ID:run6xs9D0
>>385
神様、そこまで叶えてあげるなら
助けてやれよーと思ってしまうw



389 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 15:01:56 ID:UFSRYgRb0
確かに望郷編は後味悪かった。
闇貿易商?の亜人さえ居なければ、丸く収まった気もするが。

390 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 15:24:04 ID:S9OzKbAt0
http://www.tanteifile.com/diary/2007/06/03_01/index.html
ちょっとゾクッとした

391 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 15:32:32 ID:bVLwoAPqO
それ自分もびびったわ。
本当かな?

392 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 15:37:24 ID:siduzeuL0
ネタ臭くて萎えた

393 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 15:46:14 ID:BusRr6oQ0
探偵ファイルだしな

394 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 15:46:23 ID:EW1OLWniO
>>370
IDのことを言ったのです
すいません

395 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 15:56:16 ID:Z1IDM63y0
>>390
夏目漱石の夢十夜の中の一遍を思い出した。
説明が下手なんで、出来たら下の第三夜をみて。
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/799_14972.html

幼い息子を背負って夜道を歩く「私」。
ふと、息子がその杉の根のところだったね、などと
コドモらしからぬ口調で話しだす。
息子の話と共に、私の脳裏にも蘇ってくる前世の記憶。
私は、盲目の男(息子の前世)を、百年前に殺したのだ!
自分の前世の罪を思い出した瞬間、背中の息子がズーンと重くなる。


396 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 15:59:59 ID:F+6yLN2G0
>>395
有名な怪談話はこれが元ネタだったのかな。
不細工な子供を殺した美人の母親が、次に可愛い子供を授かるけど
不細工を殺したのと同じシチュで「今度は落とさないでね」って言われるやつ。

397 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 16:21:21 ID:Qg2SgG7r0
伝説・昔話の中の「こんな晩」系と呼ばれるタイプの話だと思う。

いろんなパターンがあるんだけど基本は
・月のきれいな晩、ある男が旅人を殺して所持金を奪う
・男はやがて結婚して子供をもうけるがその子は口の聞けない子だった
・ある晩子供が用を足したい様子なので外に連れ出す
・子供は月を見上げ「こんな晩だったねぇ、お前が俺を殺したのは」と大人の声で語りかける
・驚いて子供の顔を見るとかつて男が殺した旅人の顔になっていた


398 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 16:26:26 ID:9uySsg1Z0
オカルト話をいろいろ読んでるんだけど、
地域伝承というか、言い伝えの呪いみたいな話が面白い。
コトリバコとか、かんひもとかそういう話がいろいろ載ってるサイトってある?

399 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 18:45:53 ID:jpcgsRTI0
>>367
を見て思い出したけど
ジョジョの奇妙な冒険・第3部の主人公パーティ6人中、
生き残った3人のうち2人が後の部で死んだ時は後味悪かった

せっかく主役・もしくは主要人物が頑張って生き残ったのに
続編で不幸になる話って他にあるかな

400 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 18:51:16 ID:yzbZ8dXq0
>>399
それって一人はポルナレフだってのが分かるがもう一人は誰だ?
ジョセフだとしたらそりゃ寿命だろって事で済ませておけ。
丞太郎だったら時間を一回りして結局生き返ったんだから良いだろ。
ポルナレフにしたって魂は亀に入れる事ができたんだから、それほど
後味悪くないだろ。

401 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 18:55:48 ID:8LnxSNLY0
>せっかく主役・もしくは主要人物が頑張って生き残ったのに
>続編で不幸になる話って他にあるかな
シティ・ハンター

402 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:04:17 ID:nL69MjaAO
自分福島住みだから余計にゾクッときた。
忘れてたけどこのスレ、オカ板にあるんだなあ…

403 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:15:10 ID:9SoDRF7yO
>>399-400
kwsk

404 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:18:09 ID:9DLpMS4aO
>>401
シティハンターか…
エンジェルハートの最初だけ読んで、あえてやめたな。
カワイソスぎて、夢と言うか香とリョウの
あんな未来は続編で見たくなかった

405 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:25:47 ID:Lufn3xRRO
うわあすごく後味悪いね

406 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:27:33 ID:KY8BuBeH0
あれは続編じゃなくてパラレルワールドという設定だったはず

407 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:46:11 ID:9DLpMS4aO
>>405
もし知らないんなら、
このスレの掟に従い詳細書くけど?
いらんならすまんかった

408 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:50:05 ID:em+bgpef0
もし知らないんならって
知らないのを前提に書き込むもんだろ

409 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:56:50 ID:9DLpMS4aO
いや前にこのスレで、
『知らねぇ話をすんな!』って怒られたからさ。
あれ?俺怒られ損?
後味悪くなったぞなんか。じゃあ後頼むわ

410 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:56:52 ID:aaqBhAvk0
書く気があるなら最初から書け。
ないなら>>404すら書くな。

こう言われたくて>>407を書いたとしか思えない。

411 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:59:50 ID:TtDaKWQ80
ポルナレフも一応亀になって生きてるしな

412 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 20:00:50 ID:+eqVr//RO
読んだことないんだけど

「シティーハンター」のヒロインが続編では死亡していて後味悪いって事じゃないかと思う。
続編の「エンジェルハート」は、旧作ヒロインの心臓を移植した新ヒロインが主人公に会いにいく
みたいな話らしい。

413 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 20:06:35 ID:QZ3JBiYO0
>>404
そもそもエンジェルハートは連載開始よりずっと前(ファミリーコンポ連載時)に
シティハンターの続編が描かれるという噂が広まったけど、それは誰かのついた
嘘だしありえないっていう談が雑誌か単行本に載ったことがある。

結局、続編は描かれるわ、内容は暗いわ、韓流を先取りしたような
設定だったので、俺も1巻だけ読んで後味悪いまま読むの止めた。

414 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 20:07:00 ID:jpcgsRTI0
>>403
ジョジョの奇妙な冒険の3部で生き残ったのは
主人公である承太郎、その祖父のジョセフ、仲間のポルナレフ。
ラスボスであるDIOを倒したあと、
ポルナレフは承太郎&ジョセフと別れ祖国へ帰る。
それから10数年後、ポルナレフは下半身付随になりながらも
人をスタンド使いに変える矢を悪用しイタリアを牛耳っている
ギャングのボスを追っていた。
5部の主人公にボスの正体を教えるが、ボスに殺されてしまう。
その後、まぁ色々あって幽霊になり亀の中に住む(はしょってゴメン)

一方、承太郎は3部終了から20数年後、
無実の罪で投獄された娘(6部の主人公)を助けるため、刑務所に潜入するも、
そこでDIOの仲間の襲撃に合い、仮死状態になってしまう。
娘の活躍により、復活を果たし、6部のラスボス・プッチと戦うも殺されてしまう。

個人的に3部が好きだったから
生き残ったのが一番年寄りのジョセフだけってのがショックだった

>>400
あれって生き返ったって言えるかな?
魂は同じってことか?

415 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 20:31:50 ID:XuhCLNu70
>>387 >>389 まとめるの上手くないけど火の鳥好きだし
漫画 手塚治虫「火の鳥 望郷編」 

ジャンルは近未来SFか?
未来の地球から始まる、主人公女性の一生といったところ。以下長文注意

主人公の女性は幼い頃自然豊かな土地で過ごす。
成長し、金をぬすんで恋人と駆け落ちした主人公は
地球から遠く離れた星に恋人とともに移住する。
(星は不動産感覚で個人に売られていて、主人公たち2人だけの移住)
ところが移住した星は地震が多く、砂漠ばかりで人が住むには厳しい環境、
さらに恋人も事故で主人公と男の子を残して死んでしまう。
主人公はこの星から人間を絶やすまいと冷凍冬眠にはいり
息子が成長するのを若いまま待ち、数十年後に目覚め息子と結婚し子供を作る。
子供は長い間代々男の子しか生まれず、
女は主人公のみで次々に自分の子孫と結婚するという状態。
ここで火の鳥(望郷編ではこの星に住んでいて主人公を哀れんでいる超越的存在)が外部から
別の宇宙人の女(人間に化けられる不定形生命体)を招き
主人公の息子たちと結婚させ混血させる。
星の人口はあっという間に増え、主人公は女王としてあがめられる。

星の発展に尽くしすべてに満足していた主人公だが、地球への望郷が抑えきれなくなる。
なりふり構わず地球へ戻ろうとするが、途中で大怪我し怪しい宇宙貿易商人の治療を受ける。
治療により若返ったが、副作用で24時間のいのちとなってしまう。
ところが全て投げ出して戻ってきた地球は、過去に外に移住した地球人の帰還を禁止していた。
密入国したため追われる主人公だが、地球にはどこにも美しい自然など残っていない。
星から一緒に連れてきた少年も、密入国者を追う地球人に追い詰められ、話に聞いていた
美しい地球なんかじゃない!ひどいところだ、と叫ぶ
やっとのことでたどりついたかすかに残った自然豊かな地区にたどりついた主人公は、
24時間が経過し、これこそわたしが思い焦がれていたふるさとだと満足し、死んでしまう。


416 :続き 2/2:2007/06/04(月) 20:34:10 ID:XuhCLNu70
一方主人公が身代わりの女王を立てて
(身代わりは一緒に連れて行った少年の母で、上記の純粋な不定形生命体の宇宙人)
離れた星では宇宙貿易商人が商売しにやってくる。
商人は星の市民を堕落させ、女王に化けている不定形生命体(珍しい種族で高く売れる)を捕まえようとする。
市民の堕落ぶりにあきれた火の鳥は、この星の文明を滅ぼしてしまおうと、
主人公への同情から止めていた地震を開放する。
主人公の子孫たちは地震で全滅。星は主人公が来る前の荒れ果てた無人の世界となる。

しばらくして地球までの旅で主人公らを助けてくれた宇宙飛行士が、
主人公の遺体を埋葬するためにだれもいなくなった星にやってくる。
宇宙飛行士が去ると、主人公はかつての恋人と再会し、やっと2人だけの世界だと歓喜する。
(最後のシーンは台詞だけ)

散々苦労したけど結局全部なくなったとか、主人公の期待に対する地球側の対応を考えれば
ちょっと後味悪いけど
主人公一人の一代記としてみれば・・・幸せじゃないか?

割愛した部分が多いけど、原作全部読んでみると多くの暗喩が入ってる。
他の編(火の鳥は大河オムニバスって感じで各編主人公・時代が違う・ちなみに一部タッチも違うW)
も基本的に最後主人公死亡ENDだから後味悪いといえば悪いけど、
展開に不満はないな。おのおの満足して生き抜きましたってかんじで。

417 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 20:42:43 ID:PIML8B2U0
エンジェルハートもそうだけど、キャッツアイの最後の読みきりも後味悪いよね
北条司は何考えてんだか

418 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 20:44:46 ID:c+nXonzJ0
>>415
市民が進んで堕落したならともかく、飲み水に薬混ぜられて堕落したんだよなあ。
火の鳥ももうちょい考えてくれんかなと思った。

続編がどうこうって話なら、アメリカのドラマとか映画とかそんなん多いな。
前作のラストで結ばれたと思ったら、次回作であっさり別れてたり、殺されたり。

419 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 21:02:38 ID:EW1OLWniO
>>417が気持ち悪い
空気読めなくて口が臭そう

420 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 21:07:41 ID:tep+/Dv+O
口と何の関係が…

あえて言おう
>>417は内容を話したまえ

421 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 21:08:26 ID:Z1IDM63y0
奴が言ってるのがどうだか知らんが
キャッツアイで最後に瞳は記憶喪失というか
ちょっとおかしくなっちゃうんだったような。

ユメオチもどうかと思うが
主役級が死んだり、記憶喪失になったりして
終わりっていうのも、作者の力量不足を感じちゃうな。
いっそ白いワニの方がマシな希ガス。

422 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 21:12:45 ID:CpAEyXCV0
キャッツ・アイの最終回は後味悪くなかったが。
ああでもしなけりゃハッピーエンドにできないだろう。
力量不足は感じたけどな。
あの時代のジャンプ作品に綺麗な最終回を期待するのは難しい気もする。
打ち切りか引っ張るだけ引っ張って切るからなあ。
今は作者の意向で最終回に持ち込む作品もあるけどさ。

あらすじ書くと、泥棒集団の女と刑事が恋人同士で、
最後に女は刑事に正体を明かして去っていく。
刑事が女を追いかけると、女は記憶喪失になっていて泥棒時代を忘れている。
で、また恋愛のやり直しって形で終わる。

423 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 21:30:57 ID:TtDaKWQ80
記憶喪失って女の方だったんだ。
男だと思ってた。

424 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 21:56:10 ID:z9XocJ83O
>>51亀だが、最初ドラゴンボールかと思った。まあどっちにしても後味わるいけどな。怪物が死んで自由になった恋人同士が抱き合った瞬間星消滅って・・・

425 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 22:03:33 ID:yzbZ8dXq0
「エンジェルハート」は連載当初こそ「シティーハンター」の続編
という事で描いていたが、「シティーハンター」のファンから「シティ
ーハンター」のヒロイン死ぬってのはどういう事だよ!と抗議が
多数寄せられた為、結局パラレルな話で、「シティーハンター」とは
別物ですよって事になってるよ。
その証拠としては「シティーハンター」のヒロインとの出会いが「エンジェル
ハート」では全く違うものになってたり、「シティーハンター」の主人公の元・戦友
兼ライバル的存在であり、今は喫茶店のオーナーをやってる「ファルコン」という
男がいるが、「シティーハンター」では結婚しているが、「エンジェルハート」では
結婚どころか「シティーハンター」に出てきた結婚相手すら出てない、などの相違点がある。

426 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 22:33:28 ID:sDRd2h3B0
主人公級が不幸になるといえば、
初代ミンキーモモ(モモは新旧モモがある。続編とかそー言うのではないみたい)
最終回に、通学途中だかに交通事故でバラバラ死したんだっけ?

427 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 22:35:08 ID:PIML8B2U0
417ですが、お風呂入ってました。すいません
ただ、あらすじまとめるの下手なんで他の人に書いてもらって良かった
自分としては連載後の特別な読みきりってことで、「二人が結婚するんだな」
って思いこんでいたので、かなり後味悪かったです
>>425
  > 今は喫茶店のオーナーをやってる
この喫茶店がキャッツアイなんですよね、パラレルワールドで片付けてしまうのは
勿体無い

428 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 22:38:35 ID:QZ3JBiYO0
たしかに当時の週間少年ジャンプは終り方が酷いのが多かった・・

例えば「瑪羅門の家族」って漫画。
<大まかなあらすじ>
主人公、瑪羅門龍は高校三年生。
母親が早くに亡くなった事を除けばごく平凡な家族のようだった。
しかし17歳の誕生日のこと、彼は家族の意外な素顔を知ることに。
何と瑪羅門家は、人知れず歴史を影から動かしてきた「暗殺」を生業とする一族だったのだ。
拳法部の主将をしていて人望の厚い龍は、とある事件に巻き込まれて
殺された後輩の仇を自らの手で討つことに・・・。

連載当時は毎週楽しみにしていて、仲のよかった友達とも
よくこの漫画の話で盛り上がってた。
そんな中、ジャンプに掲載された次回の予告がこんな感じ。

「次回は龍がサッカーで勝負だ!!こうご期待!!」

それ読んだ次の日に学校で「次回からサッカー編だってさ〜」「え!?なぜサッカーw」
みたいな会話をしたんだけど、そのまま打ち切り・・・。
内容的にも全然完結してないので全4巻の作品だけど、それを知らずに
5巻を探した人も多いと思う。

429 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 22:42:14 ID:pNxfzN630
こっち向きだと思ったので
「死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?166」から転載
-----------------------------------------------
805 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2007/06/04(月) 21:49:20 ID:711FoLhXO
幽霊とか出ないから期待してた人はゴメンね
うちの地元はすっげぇ田舎なのね
もう町内に知らない人はいないくらいの田舎
そんな町で人身事故があった
勿論、被害者と加害者は知り合いだった
被害者は飛び出してきた小学生低学年の女の子
加害者は軽トラを運転してた中年男性
要は軽トラを運転してた男が飛び出した女の子を撥ねたっつーニュースやらでは有りがちな事故なんだが…
事故の詳細を聞いてゾッとした
被害者の女の子はひかれる瞬間に軽トラの運転手が誰だか分かった様だった
「あっ、知ってるオジチャンだ!」
その女の子はそう思い微笑んでいたそうだ
フロントガラスに彼女の顔面がめり込み、フロントガラスにクモの巣状のヒビを作るまで
加害者である運転手は微笑みを讃えた彼女とその瞬間まで目が合っていたそうだ

430 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 23:28:56 ID:CpAEyXCV0
>>428
投げやりにもほどがあるなw

>>429
それだけ顔が知れ渡ってる中で、オッサンが事故の様子を言いふらしたりするだろうか?

431 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 00:21:14 ID:neIS4Hr10
田舎の作り話

432 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 00:38:01 ID:h9j7Y0bH0
軽トラのフロントガラスの高さに頭があるとはずいぶん背の高い小学校低学年だな。

433 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 01:16:57 ID:DpgdC3tV0
ポルナレフに関しては、3部であれだけ強くて陽気でムードメーカーだった彼が、
5部で半身不随の車椅子で片目も潰れ戦闘不能状態、性格も激変という事実だけで後味悪い。

434 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 01:43:07 ID:b2FlFVVK0
>>431
「田舎の」は必要か?w

435 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 03:25:48 ID:B9P2Vqx20
いなか、の、じけん

436 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 05:05:45 ID:IyQpfJPL0
間違ってたらあれだけど、ジャキー・チェンの「酒拳」
まぁ話はジャッキーが酒拳を使って敵を倒すってベタな内容
でも最後にジャッキーは酒の飲みすぎで廃人になるってオチ

437 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 05:28:56 ID:zYmIgNa90
>>436
日本人だと廃人になれば後味悪く終わってしまうが、中国人は違う。

酔拳の主人公は中国で実在した有名な人で、歳を取った後にも活躍したことを中国人はわかっている。
だから、廃人になっても後で復活するのがわかってるので、中国人は安心して見ていた。
つか、偉人の若い頃の間抜けなエピソードで、笑いの対象ですら有る。

ただ、日本人だとそんな経緯がわからないから、映画はオチがカットされた。
事実を知ると、そんなに後味悪くもない。

438 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 05:59:54 ID:uryEMSSPO
へ〜そうなんだ

439 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 07:19:48 ID:IoOTyOPi0
>>390-393
ネタで言ってんだよな?


■幽霊の生前の住所を探してます
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180001860/

440 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 08:10:59 ID:w+vjSzp40
え?まさかスレがあるから事実なんだぜとか言わないよな?

441 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 08:45:07 ID:fkyRaH2w0
>>390
というかそれらしいことは何も書いてないのに
いきなり依頼人に「あなた殺しましたか?」とか失礼すぎる。

442 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 11:03:23 ID:UuL39GLn0
>>426
それは初代モモの一期目最終話で、その後普通の人間の赤ちゃんとして生まれ変わって
赤ちゃんモモの見る夢という形で二期目がある。
それよりも二代目モモ(通称海モモ)のほうがよほど後味悪い終わり方。

443 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 11:28:43 ID:3OsBBzAD0
続編で後味が悪いといえばエイリアン2から3。
2で主人公が自分の命にかえても!って感じでエイリアンから
守った少女と二人で宇宙船に乗り込み地球に帰ろうとする。
地球までの移動距離はハンパじゃないので、その間は冷凍睡眠カプセル
みたいなヤツにそれぞれが入って、次に目を覚ます時は地球だ♪って感じで終わる。

3の冒頭でその宇宙船は航路から外れ辺境の星にたどり着く。
冷凍睡眠から覚めた主人公は冷凍カプセルが壊れて既に死んでいる少女を見つける。

3の脚本的に少女は必要無かったか、時間が経ちすぎて少女を演じてた子役が
スッカリ大人になっちゃったんだろうけど、あっさり殺し過ぎだろ!と

444 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 11:48:38 ID:+hKTMiTP0
>>443
「前作の設定、ちょっと邪魔なので無かったことにしますw」
続編映画には、こういうのが結構あるよね。
とくに、監督が変更になるとありがち。

445 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 12:08:52 ID:5RQd9cYDO
だったら無理矢理話繋げようとしないで、
アナザーストーリーみたいな感じで作ってほしいよな…。
続編は続編だけど、前とは違った世界のお話で。
前作のファンをがっかりさせるのは罪だよなーと思う。

446 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 12:11:01 ID:3cNllJGA0
友近が消される

ペッパーランチで食事中の女性、店長に拉致強姦 7
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1180925967/41-999

447 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 12:56:21 ID:UuL39GLn0
>>443-444
米映画じゃよくあることだな。13金とかエルム街とかマッドコップとかデッドコースターとかは主役が続編で殺されるしw
殺されなくてもダイハード3は奥さんと別居してることにされてたりスピード2も別れたことにされたりってのもあるね。

448 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 13:24:32 ID:+JkwBLU+0
>>447
スピード2に関しては、脚本云々監督云々よりは、キアヌが一流スターになって
ギャラが劇的に上がったからとてもじゃないが使えない、って事になったからだと思う。

449 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 14:34:38 ID:nTb2rjqw0
キアヌ本人が、バンド活動をしたいがために断ったのは有名な話。
共演者は、この映画でブレイクしたという恩返しで でたらしい。
あと、2は、音楽も合わなかったらしい。小室君が作ったらしいが。
(どっちにしろ、2はヒットしてない。)
羊たちの沈黙も、1と2でヒロインが違う。(少し似た人にしてるけど。)
微妙にすれ違いだけど、米映画だけじゃなくて、ドラマでもよく主役クラスでも
途中で人が変わるのは良くある。(別人がソノ役を演じる。または、事故、留学等で消える。)

450 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 14:55:26 ID:ZbHrVan20
前作の主要キャラがいなくなったり
配役が変わってたりすると
「大人の事情」があったんだなって思ってしまうなw

451 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 14:56:43 ID:02N9XY4z0
昔々のことじゃ。
貝尾の村に都井の睦夫という引きこもり男がおってな、毎晩毎晩村のおなご衆に夜這いを仕掛けては、
村の衆の顰蹙を買っていたそうな。
睦夫はお婆ヤンに溺愛されて村に閉じ込められ、何の楽しみも無いうちに夜這いに走っておったんじゃが
肺病もちがばれてからというものは一層村の嫌われ者、八分扱いじゃ。
そんな睦夫はついに気がふれてな、昭和十三年五月終わりのある晩に、光る角2本生やした鬼に変身してしもうた。
そして「こらえてつかあさい!」と言いながらお婆ヤンの首を刎ね飛ばして家を飛び出し、
あとは「こらえてつかあさい!」と泣き叫ぶ村の衆を次々と斬り殺し撃ち殺して行ったそうな。
夜が明ける頃には村は血の海、死体の山だったと言うことじゃ。怖いのう・・・

                 ||    ::::::::::::::::::::::::::::::
                 ||       :::::::::::::::::::
   ∧_∧        ||   ∧ ∧   :::::::::::
   ( ´Д`)      i    (・д・) ∧∧::::::::::
  /::: Y i     ,-C- 、( y  (゚Д゚ ) ::::::::
 /:::: >   |    /____ヽ (___、|_y∩∩ ::::
 |::::: "   ゝ   ヽ__ノ   (__(Д` ) ::
 \:::::__  )//    // っ⊂L∧ ∧
                   ∧ ∧ (  ;;;;;;)
こんな昔話は子供の教育に悪いのお・・・きょうてえのぉ・・・
こらえてつかあさい

452 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 17:54:53 ID:fkyRaH2w0
ミッションインポッシブルなんて2でキアヌが黒人女とくっついたはずなのに
3になったら影も形もなくなってたぜw

453 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 18:01:27 ID:+hKTMiTP0
さて問題です
>>452の文章の間違いはどこでしょう?(10点)


454 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 18:06:49 ID:9SxrKJME0
答え:俳優

455 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 18:07:27 ID:zLBwgtpH0
エート、その映画見てないんだが、
ミッショニンポッシブルはトムクルーズだよな。
スピードはキアヌリーブス・

456 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 18:34:54 ID:uryEMSSPO
ヒューグラント好きだったのに援交してたらしくてショックだ

457 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 19:05:09 ID:+JkwBLU+0
>>456
そりゃお前、ヒューグラントと言えば恋愛の達人と呼ばれるだけあって、
どんなタイプの恋愛にも通じてるからしょうが・・・うわ、何をするやめ(ny

458 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 19:52:11 ID:zmrLFkzo0
名前忘れたけど30分連続ドラマの「なーみだくんさよなーらー」って歌の大家族物。
河合我聞が人気出ちゃって次のシリーズでは医者になって留学してたな。


459 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 20:34:52 ID:c35SDX990
メンインブラックは主人公の上司のエージェントが何十年ぶりかに出会えた奥さんに二作目で出て行かれてたよ。

460 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 21:21:54 ID:BYAQIe0X0
>>458
天までとどけ

461 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 21:24:47 ID:DpgdC3tV0
>>458
その河合我聞も今や…。
他の子ども達も誰一人パッとしないままでしたなぁ。
長女はもっと頑張ると思ってたが。

462 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 22:11:03 ID:lDxIlBfb0 ?2BP(71)
河相我聞はラーメン屋でがんばってるよ。

463 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 23:15:24 ID:x3zniRvt0
>>458
天までとどけは人気シリーズだったらしく
完結後、新・天までとどけってのもあったよね

で、ググったら子役が成長するにつれ
スケジュールがあわなくなり、母親役の岡江が忙しくなった事もあり
惜しまれつつ完結、その後新シリーズが制作されたそうだ

後味悪い…のか?

464 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 23:27:43 ID:Yz4z7Fz20
そういや長女役の人が殺人事件を目撃しちゃってショックで休業してたな。
その長女を嫁にもらったドンくさい真面目な先生が
当時さわやか路線の竹内力だったらしいけど、
話を聞いて続編見たらさっさと殺されてた。

465 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 01:05:40 ID:GLvtYtH30
長女は、アンナと付き合ってる時の羽賀けんじと一回噂になったのを覚えている。
どっかの遊園地か何かに二人で行ったのを、一般人に写真取られて売られたんだったと思う。
で、長女が「羽賀は頼りになるお兄ちゃんみたいな存在で恋人ではない」と釈明会見したんだが、
注目されたのが嬉しくってしょうがないって感じで、場違いなほど会見中はしゃぎまくってたのが何か売れない芸能人の惨めさを醸し出していた。


466 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 01:25:08 ID:38b8V4690
そういえば何のドラマか忘れたけど、
主役の女性が妊娠してしまってお腹が出てどうにもならなくなって
バストアップの映像ばかりでしのいだドラマもあったような。

467 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 02:35:30 ID:31YFO/gE0
スティーヴンキングの「スタンドバイミー」
名作だし、映画は見た事がある人が多いだろうが、
小説版は映画よりも随分後味の悪いものだった(駄作とかの意味ではなく)。
始めて読んだ小学校の頃、何とも言えず、のたうち回りたくなったので投下します。

まずは映画版のあらすじ。

主人公のゴーディは結婚し子供も居る、ごく普通の中年男。
職業は小説家だ。
ある日、車で流れていたラジオにより、小学校時代の友人が死んだ事を知る。
ゴーディは当時の思い出を振り返り、文章として綴り始める(ワープロかPCに)。

以後、ゴーディの記憶が描かれる。

468 :スタンドバイミー2:2007/06/06(水) 02:37:35 ID:31YFO/gE0
オレゴン州のキャッスルロックと言う小さな田舎町。
中学進学を控えた夏休み、4人の少年達は「死体を見に行く」為に秘密の旅に出る。

ゴーディは父と母、兄の4人家族だった。
学生だった兄はフットボール選手の花形として
将来を嘱望されていたが、少し前に亡くなってしまっていた。
ごく普通の少年だったゴーディは、元々父の関心を得る事が出来ずに居たが
ゴーディは兄を愛していたし、兄もゴーディを可愛がっていた。
父と母は落胆し、家の中は光を失った様な喪失感が溢れている。

兄の部屋でキャンプ道具を探していると、父がやって来て言う。
「あんな泥棒(クリス)とつき合うんじゃない(クリスは給食費を盗んだと言われている)」
ゴーディは「クリスはそんなんじゃない、何も知らないくせに」と憤り、家を飛び出す。

クリスはアル中の父と、素行の悪い兄の元で暮らしている。
貧乏で蔑まれる家庭に育ったが、本当は頭の良い少年。

テディは元軍人の父を敬愛する、少しイカれた少年。
父は精神を病んでおり、テディを虐待している。
彼の耳は幼い頃、父によってオーブンで焼かれた。
それでもテディはノルマンディの英雄である彼を愛している。
彼は常に大きな黒ふちの眼鏡を掛けている。

469 :スタンドバイミー3:2007/06/06(水) 02:39:09 ID:31YFO/gE0
バーンはふとっちょでのろまな少年。みんなの弄られ役。
「死体を見に行こう」と言ったのは彼。
彼の兄と不良のリーダー格の男が話していたのを偶然、聞いてしまったのだった
(ちなみに不良達は、死体を見つければ英雄になれると思っていた。
新聞に載るぞ!とか。ま、田舎町だし)。

4人は駐車場に忍び込み、犬をけしかけられたり、
買い物中、不良に絡まれてボコられた挙げ句、兄の形見のキャップを取られたり、
線路を歩いている時に、列車に轢かれかけたりしながらも進んで行く。

途中、ゴーディとクリスは将来について話し合う。
中学に進めば成績によって振り分けられ、ゴーディ以外の3人は
低能クラスに行く事になるだろう、とクリスは言った。
ゴーディは怒り、勉強なんてクソ食らえ、上級のクラスもクソ食らえ、と吐き捨てる。
そんなゴーディに向かってクリスは言う。「俺がお前の父さんだったら良かった」
親に認めてもらえないゴーディは、文章を書くのが上手かった。
それをいつも読んでいたクリスは、ゴーディに「勉強しろ」と伝える。

また、クリスも「何をやっても認められない」事への不安をゴーディに吐き出す。
盗んでも居ない給食費を盗んだ事にされた。
何を言っても「あの不良の弟だもの」と言われてしまう。
謝っても給食費は出てこない。だって盗んでいないから。
次の週、新しいスカートをはいて来た先生。
(要するに先生が給食費を盗んで、クリスに罪を擦り付けたと言う事らしい)
泣きじゃくるクリスを、ゴーディは黙って抱きしめる。

470 :スタンドバイミー4:2007/06/06(水) 02:41:52 ID:31YFO/gE0
次の日、ついに死体を見つけるが、それは想像していた様な楽しい気持ちを
もたらしはしなかった。意気消沈する4人。
(死体は少年で、祖母の家に行く途中に電車に跳ねられたらしい)

そこに車でやって来た不良達と対面し、暴力を振るわれる。
クリスやテディが立ち向かうが、人数も多く、身体も大きい不良達には敵わない。
(勿論クリスの兄、バーンの兄も居て、2人を脅し付ける)
ゴーディはクリスの持っていた銃(クリスの父のもの)を空に向けて打つ。
ゴーディは不良のリーダーと対決し、不良達は諦めて消えた。

4人は家へ向かって歩き出す。夜通し歩いて町に戻った4人は
見慣れた町がどこか違って見える事に気付く。
なんとなく大人になった様な気がした。

そしていつしか本当の大人になり、ゴーディは小説家になった。
クリスはあの後、猛勉強をして弁護士になった。
そして、冒頭のシーンで流れていたラジオはクリスの事だった。
クリスは順番を守らない男に注意し、刺し殺されていた。

物語の締めくくりを書いているゴーディの元に
子供達がやって来る。「パパ、早く行こうよ」「少し待って」
そんなやり取りをする。子供はあきれ顔で先に出て行く。

ゴーディはキーボードにこう打ち込む。
「あの頃の様な友人は、二度と持てない。もう二度と」

うろ覚えだけど、こんな感じで何とも言い表せない、いい話なんです。

471 :スタンドバイミー ラスト:2007/06/06(水) 02:43:37 ID:31YFO/gE0
でも小説版では、突然エロ小説が長々と続いたり(ゴーディの作品と言う設定)、
死体を見つけた際に不良を追い払った事で町に戻ってから、
鼻の骨が折れる程の暴行を受けたり(仲間もみんなズタボロにされる)、
大人になると、クリスだけじゃなくテディもバーンも死んでいたりする。

テディかバーンか忘れたが、女を中絶させたとか、結婚したとか、
アル中の駄目人間になったとか、そんな感じ。
しかも最後は飲酒運転で突っ込んで死んだとか、そんなん。

あとは、中学に上がって予想通りにバラバラになった4人を
懐かしく思ったゴーディが、木の上の小屋に行くと
誰も居ない代わりに、精子の匂いが漂っていた、とかそんな描写も。

リアルつーかなんつーか。夢が壊れたと言うか。
ちなみに原題は「THEBODY」だったかと。
恐怖の四季、と言うシリーズ物の、秋のお話だそうです。

長文の上、駄文でごめんなさい。

472 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 02:47:38 ID:ukwWbuGU0
>>471
かなり後味悪いですね
>死体を見つけた際に不良を追い払った事で町に戻ってから、
>鼻の骨が折れる程の暴行を受けたり(仲間もみんなズタボロにされる)、

よく考えるとやっぱそうなるよな・・・・


473 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 03:32:53 ID:Cg6fGtO40
>>471

死体を見つけた際に不良を追い払った事で町に戻ってから、
鼻の骨が折れる程の暴行を受けたり(仲間もみんなズタボロにされる)、

誰に?
その後の各家庭の描写とかあるのかな?

どちらにせよ後味悪い…。

474 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 03:43:06 ID:V8fFNYEs0
リアルな問題として考えればわかる。

475 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 03:57:03 ID:ttYJqT7B0
>>473
不良連中に。

しかし、あの物語は世界(親、教師、店のおっさん、
全部くず。下層感バリバリの町)が醜く猥雑であるからこそ
少年時代にしか持てない種類の友情、その美しさ尊さが際立つんだよ。
確かに、小説として冗長な部分はあるけど
後味悪くは無かったなー。


476 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 04:14:12 ID:6gqER4zC0
俺も後味は悪くなかったけど、子供の頃に観たらまた印象が違ってたかもしれん・・。

>>「あの頃の様な友人は、二度と持てない。もう二度と」

これは自分も含めて純粋だった頃の友達を指してるわけだから
仮に友人3人が生きてたとしても同じセリフが出たと思う。

大人になると嫌でも仕事やら結婚などで友達との間には
距離が出来るから。

477 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 04:30:42 ID:+2CQsT77O
スタンドバイミー大好きな映画なんだけど小説の話は本当に後味悪いな…


クリス役のリバーフェニックスが亡くなったのも…

478 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 04:50:09 ID:kdBudPWW0
リバー・フェニックスは家族がキテるからなあ。
実態を知った時はショックだった。
両親は怪しい宗教団体に入っていて
子供の頃からヒッピーみたいな生活していて
家族揃って厳格な菜食主義で自然保護とかああいうの大好きだそうな。
名前までリバー=川、レインボー=虹、リーフ=葉っぱと自然派志向。

479 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 04:56:50 ID:BfvX3c2qO
リバーが死んだとき上に出てたキアヌが「僕のジュリエット」って悲しんだらしい
どういうことだアッー!

480 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 05:15:20 ID:xNh0XYAG0
>>469
給食費は本当に盗んだんだよ、返したのに金は行方不明のまま
停学処分にされた、翌週先生はおニューのスカートで現れた
本当のことを言っても不良の弟の話なんて誰も信じない
高級住宅地に住む先生がそんな事をするはずがないってね・・・

481 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 06:29:49 ID:ebWFK0Jh0
スティーブンキングの映画は総じてB級だけど原作読むと筋立てがけっこうしっかりしてて印象変わるよな。
まぁ中には映画そのまんまなB級小説も多いけど。

482 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 08:48:34 ID:fYIJJ0Ks0
>>443
3の監督デイビット・フィンチャーの2の監督ジェームズ・キャメロン
が嫌い

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 08:49:17 ID:RKlJhJiJ0
スタンドバイミーは私の中でも後味悪さbPだよ。
ゴーディは小説家になって成功してあの街を出られるけど、ほかの皆は・・・。
クリスが猛勉強して弁護士になったのに、結局子どもの頃周りにいたドキュンみたいな
人間と同等の奴に、些細な理由で刺されて殺されちゃうし。
なんかなぁって感じだよ。

本当に映画はB級感漂ってるのもあるけど、結構好き。

484 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 09:55:17 ID:yJAXrXLW0
>>466

それってなんてX−FILE
スカリー役が監督とデキちゃってシリーズ中に結局
宇宙人に去られて人体実験のシーンで膨らんだお腹出てたな。


485 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 10:06:07 ID:kD1oQRu70
ヒロインの相手役男性が暴力事件を起こしてお縄になり、
翌週から男性のシーンは全てカットされたドラマもあったな。
シナリオも変更されてgdgdになっていた。

でも視聴者はニュース聞いて顛末を知ってるわけで。
どうしようもないスタッフの立場もわかるしで、後味悪かった。

486 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 10:30:10 ID:glXoLgD5O
>>476
なんか、お前の文章で後味が
少しだけ良くなった気がする。
なんでだろう、俺の言いたい事を
ズヴァリ言ってくれたせいか。
きっとお前はいい奴なんだな

487 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 11:07:12 ID:GLvtYtH30
>>484
後、作中でやたらサイズのでかいダボダボのコート着てたりもしたな。>スカリー
それから、ビバヒルのケリーもそうだった。
胸下に切りかえのあるふんわりしたワンピースとか着てた。

488 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 11:19:08 ID:SXsxXZzaO
育児板で見かけた書き込み。
『育児初心者が質問する』スレにて↓
275 :名無しの心子知らず :2007/03/27(火) 09:22:46 ID:C1Ov65QG
四歳児位でまゆげとかととのえてあげたりしてる人っていますか?眉毛剃ったり抜いたりトカ
やっぱまだやらないほうがいいですか?一重でアイプチさせたりしないほうがいい?

276 :名無しの心子知らず :2007/03/27(火) 10:22:52 ID:REVvUWBX
>>275
非常識な親を語るスレッドpart108
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/baby/1174531881/l50



↓その後、『非常識な親を語るスレ』にて
185 :名無しの心子知らず :2007/03/27(火) 10:39:22 ID:C1Ov65QG
三、四才でアイプチしてるヒトいる?一重で家系的には二重家族だからそのうち二重になるかもしれないけど、早く二重にしたい
それとまゆげ整えてるひといる?切ったり抜いたり?まだ早い?


あまりのアフォ親ぶりが後味悪いんだか、
逆に清々しいんだか………。

489 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 11:21:49 ID:cyV1zvo10
でも堕胎させられないだけマシだったのかも。
アメリカでは、そこそこの役以上に付く時、
この映画を撮っている間に妊娠しないこと、
もし妊娠したら堕胎することみたいなことが、契約にあるってよ。

490 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 11:34:03 ID:xjMcnAOW0
どうなんだろう?
米国は日本以上に堕胎に厳しそうなイメージがあるけど。
契約書にあったとしても実行できるだろうか?
人気ドラマの主演女優が妊娠→堕胎なんて格好のスクープだし、
そうなったらドラマもテレビ局もヤバそうな。

491 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 12:06:46 ID:68NvXTto0
>>466>>484
日本のドラマでもそれなかったっけ?

492 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 12:12:08 ID:7p342pNB0
キリスト教がそんな契約盛り込むこと自体に怒りそうだけどな

493 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 12:38:04 ID:P/K3yJN40
>>491
「ちゅうかなぱいぱい」のこと?
確か主役の小沢なつきが妊娠して、打ち切りになったとか。
ちなみに小沢なつきはAV女優に転身したらしい。

494 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 13:06:04 ID:hIEicFLw0
クリスの兄貴はのちのにCTUに入って、
幾度と無くアメリカをテロリストから救うけどね。

495 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 13:09:54 ID:MvMI0chB0
>>494
CTUに入るのは兄貴の友達だよw

496 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 13:20:36 ID:6KS7Vq/jO
>>490
堕胎禁止派が根強いので、アメリカではそういうイメージがあるのかもしれんが、レイプによる妊娠も多く、堕胎に厳しい訳じゃない。

497 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 14:07:13 ID:GLvtYtH30
コリー・フェルドマンってどうなっちゃったのかしら。
最近、めっきり見ないけど。
あのデブはカッコよくなったねぇ。XMENの青い人と付き合ってんだよね、確か。

498 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 14:36:45 ID:WjJO+e2q0
>>456

まじっすか!!
後味悪い・・・自分的に・・・ううう・・・(T○T)



499 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 16:08:05 ID:ImDp5jfR0
ケッチャムのオフシーズンの続編「襲撃者の夜」を読み終えた。
後味激悪期待してたのにハッピーエンドだったんで後味悪い。

500 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 16:17:14 ID:meBVSQxz0
>>500
>>1を1000回読んだら、二度と書き込むな。

501 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 16:22:24 ID:AE0HyO8j0
>>500
元気出せよ・・・

502 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 16:28:23 ID:d39JokoD0
>>500
GJ!!

503 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 16:30:46 ID:6BV0YVSS0
>>500
バイバイ

504 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 16:37:22 ID:aC8B7LYT0
>>500
君の事は忘れない

505 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 17:28:15 ID:RyMzs6LU0
意外な形で人気を得る方法を知った6月のあの日をぼくはわすれない。

506 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 17:33:43 ID:glXoLgD5O
この流れにワロタww

507 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 18:18:58 ID:VBykZwmi0
>>499
続編出てたのか!知らなかった

508 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 19:48:03 ID:ebWFK0Jh0
>>499より>>507みたいな奴が死ねばいいのに。
まぁどうせ自演だろうがな。

509 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 19:55:48 ID:ImDp5jfR0
あんだかよくわからないが貶された上自演扱いされて後味悪い

510 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 20:31:40 ID:qaXNMKOgO
>>509
日本語でおk

511 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 20:32:45 ID:VBykZwmi0
何で怒ってんの?

512 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 22:59:32 ID:yn7g2+VHO
>>511
きっと君のために怒ってるんだよ

513 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 00:11:19 ID:/JITNDy20
後味の悪い話し合いスレ・・・・

514 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 00:51:31 ID:aNgzigDJ0
あーあらすじ書かなかったからか ごめん
そんじゃオフシーズンのあらすじを
細かい設定は失念したので大まかにいきます

昔海のそばにある家族が住んでいた。
しかしある時嵐に巻き込まれ、幼い娘が行方不明になってしまう。
探索するも結局見つからず、娘は公的に死亡したという事にされた。
数年後、今度は幼い男の子が何者かにさらわれる事件が起こった。
人々の中には、あの女の子がまだ生きていて、男の子をさらったと考える者もいた。
2人は今でもどこかで生きているのかもしれない・・・そんな噂が立った。

つづく

515 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 00:54:50 ID:aNgzigDJ0
月日は流れ舞台は現代に移る。

オフシーズンで寂れた避暑地(上記家族が住んでいた辺り)のコテージに六人の男女がバカンスしにやってくる。
しかしそこには恐ろしい何者かの集団が潜んでいた。夜になりそいつらの襲撃を受ける六人。
恐怖に怯えながら必死の抵抗を試みるも、人を人とも思わぬ残虐な手口(主に食われたり裂かれたり)で次々と命を奪われる。
攻防の末ついに女2人がそいつらにさらわれてしまう。
一人取り残された男は逡巡するが、結局勇気を奮い起こして助けに行く事を決心する。

でここいらでようやく異変に気付いたその町の保安官が(すみませんここらの経緯忘れました。)コテージにやってくると、
現場は死体ゴロゴロ阿鼻叫喚の地獄絵図。
やっと大々的な操作が始まるが、大勢の人であって人で無い者の襲撃を受けパニックを起こす警官たち。
射殺を躊躇っていてはこちらが危ない。敵味方に犠牲者を出しながら、遂に襲撃者達のアジトをつきとめる。
ここで襲撃者たちは女子ども含めて掃討される。

女2人と助けに行った男はどうなったかというと、
ひとりは生きたまま四肢切り落とされてショック死するが、もうひとりは男の助けもあって何とか助かった。
これで安心…という場面で男が倒れる。
乗り込んできた警官たちに、人食いの仲間と間違われ射殺されてしまったのだ。

こうしてオフシーズンのバカンスは幕を閉じた。

「襲撃者」達は昔行方不明になった少女と男の子の子孫が、
食べ物が豊富な「より良い暮らし」を手に入れるために離反した集団だと思われる。
(続編があるという事はまだ別の場所に生き残りが居るって事かな)


細かい点は省略させて貰いました
原作は表現がエグいので要注意です

続編の方はまだ読んでないのでカンベンして下さい

516 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 00:58:57 ID:aNgzigDJ0
↓因みに元ネタにされた事件について
ttp://www.nazoo.org/marderer/sawney.htm

517 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 01:02:14 ID:aNgzigDJ0
こっちの方が良かったかも
ttp://ww5.tiki.ne.jp/~go_mad/ketchum/murder.htm

518 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 01:26:14 ID:gwjdQMXA0
>>478
ホアキンはどんな意味なんすか?
ホアキンが菜食主義なのは知ってたけどそんなにキテるの?ぜひkwsk!

519 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 01:52:06 ID:E90VQTXz0
ホアキンは普通の人名で、子役時代の芸名がリーフなんだってさ

520 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 02:14:47 ID:jlxyx9qe0
風俗嬢になっていた!元スノボ日本代表今井メロ
http://widegeinou.blog39.fc2.com/blog-entry-1036.html

521 :南京の基督 1/2:2007/06/07(木) 02:38:11 ID:/xBIzHsB0
芥川龍之介「南京の基督」

舞台は中国。

主人公の金花は15歳。幼い頃洗礼を受け、キリスト教徒となった。
父を養うため、娼婦として生活している。
少女は気だてが良く、神を信じる故に純粋だった。

ある日、少女は身体の異変に気付く。
どうやら梅毒に掛かってしまった様だ。
身体には薄い紅色の斑点が浮かび、まるで梅の花の様に見える。
友人は言う。「誰かにうつせば治るんだって」
だが金花は「キリストの教え」を尊ぶあまり、客を取る事をやめた。

ある日、少女の元に混血の男が尋ねて来る。
男は酔っぱらい、少女を買おうとする。断るも言葉が通じず、少女は戸惑う。
その時ふと、壁に飾ってあった十字架(受難のキリスト)が床に落ちた。
その十字架を見て、金花は「この男はキリストに似ている」と思う。
金花は男をキリストだと信じた。少女は男に身を委ね、抱かれる。

夢の中で金花はご馳走を食べている。
食べきれない程の豪華な食事と、美しい部屋。
そこにキリストに良く似た男が居た。
「あなたは食べないのですか」と聞く金花に
男は微笑み「お前がお食べ。食べると病気が治るよ」と言う。

目を覚ますと、男の姿は既に無かった。
あれは夢だったのか、それとも、と金花は考える。

男が去った後、金花の身体から梅の花の様な発疹が消え去っていた。
金花は男が本当のキリストだった、奇跡が起こったのだ、と喜び、男と神に感謝する。

522 :南京の基督 2/2:2007/06/07(木) 02:39:13 ID:/xBIzHsB0
その話を聞いていた、金花の客である日本人はその男に心当たりがあった。
アメリカ人と日本人の混血である彼は、あまり素行のいい男ではなかった。
以前キリストを信奉している娼婦と一夜を共にして、
朝方こっそりと逃げ出した事を自慢げに語っていた。
彼はその後、梅毒にかかり、ついには発狂してしまった。
日本人の男はこの事実を告げるべきか悩む。

男は金花に尋ねる。「それから病はすっかり消えたのか」
少女は晴れ晴れとした顔できっぱりと「ええ」と答えた。

…と言う美しいお話なのだが、金花の梅毒は勿論、治ってない。
作品の中では確かに奇跡が起こった(と金花は信じている)が
作者の芥川自信は「キリストも居ないし奇跡も無い」と思ている節がある。

誰かがこの作品について「安っぽいんだよ、バーカ」みたいな批判をして
芥川自身も「金花は結局救われてないけど、小説だしいいんだよボケ」
みたいな返しをしていた様な気がするのだが、残念ながら本が手元に無く、
ソースを出せない、ごめんなさい。

523 :破戒 1/2:2007/06/07(木) 03:10:13 ID:/xBIzHsB0
島崎藤村「破戒」

明治後期。被差別部落に生まれた主人公の丑松は、
「出生を隠せ、二度と故郷に戻るな」と言う父の戒めを
頑に守りながら成人し、小学校の教師となる。
彼はいつしか、生徒に慕われる人望ある教師となる。

その中で、同じく被差別部落出身の女教師、猪子と出会う。
猪子は己の出生を隠す事無く、解放運動に参加し、不当な差別と戦っている。
丑松は尊敬と恐れを抱きながらも、己が出生を隠している事に悩む。
猪子にならば、己の出生を打ち明ける事が出来るかもしれないと思うが、
どうしても口に出せずに居た。

ある日、「学校に被差別部落の人間が居る」と言う噂が流れる。
そんな中、猪子が死ぬ。解放運動に携わっていた所為で殺されたのだった。
丑松は己の出生を、皆に告白する事に決める。

524 :破戒 2/2:2007/06/07(木) 03:10:54 ID:/xBIzHsB0
「(皆さんを騙していた事を)許して下さい」そう言って教壇に跪く丑松。
(父の戒めを破った=破戒)
非差別民だと分かった瞬間、丑松を追い出そうとする校長や同僚。

丑松は学校を辞めた。
そして友人(丑松の出生は知らなかったが、知っても友情は変わらず)や
一部の生徒、恋仲のお志保に見送られ、アメリカ、テキサスでの日本人村計画に
参加する為に旅立つ。

大人になって読み返すと結構いい話だし、藤村にしては読みやすいので
興味がある方はぜひ。
ただ丑松の「許して下さい」宣言あたりは「いや、黙ってればいいじゃん」
「つか校長さん…」等と後味悪い思いをするかと。
他にも所々に鬱になる描写が存在したり。

ちなみに丑松の父は牧場をやっていて、種牛に蹴り殺されて(うろ覚えだが)死んでしまう。
で、丑松は牧場をやる事を夢見て新天地に旅立った訳です(恋人は日本に置いて行った)。

525 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 03:24:50 ID:3Yd1yJT1O
>>524
後味いいじゃないか

526 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 04:15:35 ID:BtPiBwUGO
なんか2ちゃんだと部落はヤバい、みたいな事しか言われてないから新鮮だった。

527 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 06:01:21 ID:1pDDGB610
部落自体がヤバイんじゃなくて今の部落がヤバイんだよ。
今の時代、部落出身者とかもはや関係ないのに、
わざわざそう名乗ってる奴等は給付金目当てのハイエナだから。

528 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 06:21:06 ID:0NASSxOp0
>>521-522
芥川の話ってそういうテイストが多いよね

529 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 08:16:30 ID:OHvNw7ZRO
>>521
映画版を観たけど背中の病班が妙に綺麗(鮮やかで規則的で孔雀みたいだった)で却って恐ろしかった!
人間の血を飲めば治るという話を聞いた娼婦が処刑場に行って、
殺されたばかりの囚人の血をパンに染み込ませてかぶりついてるエピソードとかエグかったよ
あとなぜか中国人娼婦を富田靖子が、日本人客を中国人俳優が演じてたのがわけわからんかった

530 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 10:03:11 ID:nfONmjTX0
>>529
逆だと中国人が怒るんじゃない?
最近、なんの映画化は憶えていないけど別の映画でそういう話を聞いた。

531 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 10:37:18 ID:7yGC4/Js0
>>524
明治後期に渡米ってことは
その30数年後に太平洋戦争勃発、収容所送りか。
しかも有色人種ってだけで差別されるだろうし、特に南部なら。
なんか渡米した後も大変そうだな。


532 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 12:35:20 ID:kxOYkwe40
>>515
続編は>>499で書いたように後味悪くないのでこのスレ向きじゃない。

533 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 14:06:22 ID:pjzNxTOP0
>>526 
ヤクザの6割は同和で、3割は在日 By 公安調査庁
普通の人はヤクザとは付き合いたくないでしょ。
あとは同和利権や在日特権で調べてみるべし。 

534 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 14:29:09 ID:kfkwpTWh0
けっこう前の話だけど。

友達と二人で海へ行って、そいつは大学の友達だったんだけど、
たまたま高校の頃の友達と会って、五人で遊ぶことになった。
でもやっぱり大学の友達と高校の友達同士は面識無いわけだから、
面識がないわけだから。面識が無いわけだから。って電話で言うようになって、
段々大丈夫になったら電話で、大丈夫になった。
やっぱり俺がまずいかなと思って、海へ行ったら、
案の定八人になってた。
「面識が無いわけだから。」

535 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 14:31:31 ID:i/b6Tvn1O
あれ?俺文盲になった???

536 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 14:36:03 ID:jlxyx9qe0
山口県光市母子殺害(屍姦)事件の犯人はこいつだ
http://www.policejapan.com/contents/syakai/20070607/index3.html

537 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 14:41:17 ID:OHvNw7ZRO
よし、福田孝之な…
隣県在住なんで宣伝しまくるぜ@大竹市民

538 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 14:51:57 ID:yCZOmDkp0
>534
おまいが入れる大学ってどこよ。
支離滅裂もいいとこだぞ?

539 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 15:02:31 ID:FXkEqAwZ0
わたしの弟から聞いた本当の話です。
弟の友達のA君の実体験だそうです。
 A君が、子供の頃A君のお兄さんとお母さんの田舎へ遊びに行きました。
外は、晴れていて田んぼが緑に生い茂っている頃でした。
せっかくの良い天気なのに、なぜか2人は外で遊ぶ気がしなくて、家の中で遊んでいました。
ふと、お兄さんが立ち上がり窓のところへ行きました。 A君も続いて、窓へ進みました。
お兄さんの視線の方向を追いかけてみると、人が見えました。
真っ白な服を着た人、(男なのか女なのか、その窓からの距離ではよく分からなかったそうです) が1人立っています。
(あんな所で何をしているのかな)と思い、続けて見るとその白い服の人は、くねくねと動き始めました。
(踊りかな?)そう思ったのもつかの間、その白い人は不自然な 方向に体を曲げるのです。
とても、人間とは思えない間接の曲げ方をするそうです。


くねくねくねくねと。


A君は、気味が悪くなり、お兄さんに話しかけました。
「ねえ。あれ、何だろ?お兄ちゃん、見える?」
すると、お兄さんも「分からない。」と答えたそうです。
ですが、答えた直後、お兄さんはあの白い人が何なのか、 分かったようです。
         ____    「お兄ちゃん、分かったの?教えて?」とA君が、聞いたのですが、 お兄さんは、
       /      \   「分かった。でも、分からない方がいい。」と、 答えてくれませんでした。
      /         \  あれは、一体なんだったのでしょうか?
      |  <○>   <○> |  今でも、A君は、分からないそうです。
     |    (__人__)   |  「お兄さんに、もう一度聞けばいいじゃない?」と、 私は弟に言ってみました。
      |    ` ⌒´    |  これだけでは、私も何だか消化不良ですから。
    ノ           \すると、弟がこう言ったのです。
  /´               |
 |    l               |  「A君のお兄さん、今、知的障害になっちゃってるんだよ。」

540 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 15:03:12 ID:FXkEqAwZ0
これどういうこと?

541 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 15:06:43 ID:i7n8N2PA0
ことりばこや鮫島と同じオカ板の有名コピペ。
ローカルな都市伝説みたいなもんだ。

542 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 15:39:56 ID:3Yd1yJT1O
>>534はコピペ
他の板かスレでも見た。

543 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 15:40:55 ID:L4dyq/4cO
有名コピペを嬉々として貼るところが後味悪いってことでFA?
「今さら吉野家」「今さら宇宙ヤバイ」みたいな

544 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 16:10:42 ID:/xBIzHsB0
>>528
たしかに。
さらりと読めば、美しい話が多いんだけど
基本ベースに「云ひやうのない疲労と倦怠」(蜜柑)が流れていると言うか。
それは芥川がそうだから仕方が無いのか。
自分は「選ばれた人間」と思ってる節がある様な上から目線も多い様な。
でも嫌いじゃないんだな。

>>529
映画は見た事が無いのだけど、たしかにありましたねw
富田靖子は可愛く映っていた気がするけど、15歳はねえだろ!と思った。
でもググったら映画は「南京の基督」と別作品を混ぜてあるそうで…。

ちなみに南京の基督はネット上でも読めるみたいなので、
興味のある方はどうぞ。
ttp://www.aozora.gr.jp/cards/000879/files/105_15146.html

破戒については、確かに最後は後味悪くないかな。
ただこの作品、被差別部落の方からの駄目だしもあった様で
何度か書き直した箇所があるとか。評価もされているけど
「藤村の限界はここか」と言われたりもしている様です。
もしスレ違いだったらごめんなさい。

545 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 16:14:25 ID:/xBIzHsB0
書き忘れ

>>529
>あとなぜか中国人娼婦を富田靖子が、日本人客を中国人俳優が演じてたのがわけわからんかった

これは日本と香港の合作映画だったから仕方ないのかも。
>>530みたいな事情もあるのかな。
しかし原作では客は混血の男となっているのに、何故日本人にしたんだろう?
日本人がキリストに似ていると言う設定は無理がある様な…。
映画ではその辺、気にならなくなってるんでしょうか。

今度見てみる。映画自体の評価は高いみたいだし。


546 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 16:18:51 ID:vlGC4hkMO
335

涙でた

547 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 17:23:43 ID:OHvNw7ZRO
>>545
いいえ、「日本人客」とは原作の通り最初と最後で娼婦と話をする人物のことです
映画版では彼の日本での生活(妻子あり)が描写されたり病気を知りながら娼婦とセックスしてしまったり、
娼婦の死までがはっきり描かれていてとても後味悪く悲劇的でした

娼婦が基督と思い込んで病気をうつした人物は、映画版では混血というよりはっきりと西洋人とわかる配役でした

548 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 17:41:26 ID:vHt7aZuH0
それにしてもコトリバコは面白いな。
カッコイイね。泣きながら徐霊するひと

549 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 17:58:31 ID:/xBIzHsB0
>>547
親切にありがとう。そう言う事だったんですね。
俄然興味が出たので、レンタルしてみたいと思います。

すごく短い小説なのに余韻が残るのは芥川故ですかねー。

550 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 18:19:49 ID:kfkwpTWh0
どこかしこのべつまくなしつっても??

551 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 20:18:22 ID:yCZOmDkp0
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 36度目
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1179668693/l50/471
ここのスレの471から…


552 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 21:42:50 ID:kfkwpTWh0
あーあ・・・。
これでまた生活全般板にゆとりが流入してくるのか・・・
>>551死ね

553 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 21:47:03 ID:/xBIzHsB0
>>551
乙、なかなか後味悪いな
じゃ、スレが落ちたときの為に纏めとくよ

471は突然いじめられる様になった。
誰が主犯かは分からなかった模様。
親に相談し、担任にも話をした所、
学校でいじめについてのアンケートをとる事になった。

2人の生徒が「Sさんにいじめられた」と書いた事から
Sさんはいじめの主犯者として問題視される様になった。
Sさんは真面目そうな生徒だったが、471も「もしかして私のいじめも
Sさんの仕業かも」と思い、近寄らなかった。

その後、Sさんの噂は学校中に広まった。
Sさんは「いじめはしていない」と言ったが、皆疑っていた。
ある時、Sさんに妹をいじめられたと思い込んだ兄が
Sさんの家の犬小屋に放火、犬は火傷を負い、死んだ。
その件の後、Sさん一家は引っ越して行った。

そして大人になってから、471は知ってしまった。
実はいじめの首謀者がSさんと言うのは嘘だった。
些細な事でSさんを逆恨みにした生徒が「Sさんはいじわるだ」と
言った事から、Sさん=いじめっ子と言う噂が広まってしまったのだと。

554 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 21:48:16 ID:/xBIzHsB0
>>553
ちなみに471のいじめがいつ終わったのかは知らん。
あと犬小屋に放火した云々の下りは471の兄ではない。
分かりにくくなってスマン。気を利かせたつもりがorz

555 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 22:15:43 ID:79ofe4ii0
オタなら知ってるだろうファンタジー系ラノベ、スレイヤーズであった話。
原作が手元に無いから、うろ覚えとぐぐっての情報で話す。

寺院都市「セレンティア」に立ち寄った主人公のリナとガウリイ、準レギュラーのルークとミリーナ。
この街では寺院の本院を治めていた神官長が火事で亡くなったため、4つの分院をの大神官が後継者争いをしており、それはチンピラや傭兵、暗殺者を使っての抗争にまで発展していた。
その抗争に巻き込まれる主人公達だったが、戦いの中、ミリーナが暗殺者の手により毒に犯される。
それは適切な治療を受ければ助かるはずのものだったが、寺院分院の所有する治療院からは門前払いされてしまう。ルークとミリーナが、その分院とは別の分院に護衛として雇われていたためだ。
ふたりの雇い主である分院には、解毒の呪文を扱える者が存在しなかった。「なんで神官なのに解毒の呪文を使えないんだ」と嘆くルーク。
ミリーナはルークに看取られたまま息を引き取った。

その後、門前払いした分院の大神官、暗殺者を雇っていた大神官が殺害される。その犯人はミリーナを想っていたルークだった。
復讐の鬼と化したルークは、「あいつらが解毒の呪文を使えさえすればよかった」と、次は自分の雇い主である分院の大神官の命を狙う。
それを阻止しようとするリナとガウリイ。激闘の末、大神官の命は守り抜くが、ルークはどこへとも知れず去っていた。

神官長の候補者がほとんど殺されたことで、抗争は一段落する。だがリナは、この抗争が魔族に仕組まれた物だと気がついていた。
魔族の修整を利用してその魔族をおびき出すが、その魔族は自分のやったことは最初に本院の神官長を殺し、分院の長同士が対立するように仕向けただけだという。ここまでの惨劇を起こしたのは、全て人間の仕業だと。
その言葉通り大した力を持たない魔族は、リナの呪文一発であっさり消滅した。
ミリーナの埋葬された共同墓地に立ち寄り、リナ達は街を後にするのだった。


これだけならそれほどでもないだろうが、嫌なのはこの前の巻で、「魔王の腹心」ってめっちゃ強い奴を、皆で力あわせて撃退してること。
いかにもファンタジーらしい大冒険を切り抜けた仲間が、その直後に人間同士の権力争いでバラバラになっていくのが後味悪かった。

556 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 22:44:54 ID:ge4xj4MF0
厨臭い話

557 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 23:34:07 ID:gwjdQMXA0
>>519
スレ違いなのに教えてくれてありがとう。
私も調べてみたんですが、さらにお姉さんはレイン、妹はサマーなんですね。
なんで彼だけホアキンと名乗ることにしたのかも興味がわいたので調べてみます!

558 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 00:01:00 ID:ZkifuKOv0
>>555
アニメでちょろっと見ただけだがそんなえぐい話だったのか
今度読んでみようかな



559 :1/2:2007/06/08(金) 01:23:33 ID:Qjhtfibc0
スレイヤーズは絵がアレだけど話は暗いし後味悪いものが多いね。
その一遍。

主人公がとある都市の市長争いみたいなもんに巻き込まれて護衛として雇われる。
きな臭い匂いがあると感じた主人公は調査を始めるが、行方不明のはずの市長が幽閉されているのを発見する。
市長の座ほしさに副市長達が共謀して閉じこめたらしいのだ。
驚いた主人公は即座に市長を救い出すが、直後から異変が起きる。
副市長達が惨殺されはじめた。

まさかと思いながら向かった市長宅には、首チョンパにされて死ねない体にされた雇い主がいた。
市長を幽閉したのは副市長達だったが、実は市長は狂っていた。
最愛の恋人を亡くした後、市民を使って非道な人体実験を繰り返していた。
事件が事件だけに公表も出来ずに副市長達で片を付けたのだった。

560 :2/2:2007/06/08(金) 01:25:21 ID:Qjhtfibc0
全てが市長の仕業だと知った主人公は後悔するが、
「信用せず事情を打ち明けなかった自分に度量がなかった。気にするな」と逆に慰める。
そしてすでに人間といえなくなった自分にとどめをさしてほしいと依頼する。
硬直する主人公だったが、その脇を市長の攻撃がかすめた。依頼主は絶命する。

主人公は暴走している市長を止める為に戦うが、市長最強。
魔王を倒した経験ある主人公が、勝てない。
追いつめられた主人公だったが、そこに女性が現れた。
市長の実験は成功し、恋人のクローンを作っていたのだ。
人の心を持つクローンは作り主に感謝し愛しながらも、非道な殺戮を繰り返す市長に苦悩していた。
そして咄嗟に側に落ちていた剣を拾い、市長に突き立てる。
副市長を皆殺しにし主人公も余裕で追いつめる市長だったが、愛してる人のクローンにだけは手を出せなかった。

って話。これって主人公がこの街に立ち寄らなければ、依頼を受けなければ、
余計なことする前にもっと調べれば回避できた話なんだよな。

561 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 06:03:03 ID:BbkiHEZ00
>これって主人公がこの街に立ち寄らなければ、依頼を受けなければ、
>余計なことする前にもっと調べれば回避できた話なんだよな。

なんだその結果論。
主人公がESPでもないかぎり無理だろそれは。

562 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 08:39:43 ID:GVKGBPAhO
倒さないと非道な人体実験が続いちゃうじゃん

563 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 09:02:55 ID:GtSfR0Ok0
>>562
よく読め

564 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 09:15:41 ID:chf1Pjpm0
主人公に何の思い入れもないと
全然というか、まったく何も感じない話だな。

565 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 09:20:17 ID:2BQL9XmGO
まあそこはホラ、ヲタ向けのアレですから

566 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 09:20:58 ID:6zRUIpnW0
ラノベなんてそんなもん

567 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 09:51:31 ID:de+Lm4i20
副市長たちはどうやって最強の市長を監禁できたんだ?

568 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 10:02:03 ID:chf1Pjpm0
>>565-566
そういうもんかw

>>567
謎だなwww



569 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 10:16:51 ID:tbxBWqWIO
>市長最強

のくだりにワロタ

熊本の市長も最強になってホスィ

570 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 10:24:45 ID:x91zqlnr0
>>564
同じ。
原作を知らないせいか全然頭に入ってこない・・。

例えばいきなり「護衛として雇われる」ってあるけど
普通に「ん?・・護衛?何の・・?探偵?」って思うし、とりあえず黒服の
ゴツイ姿の男が思い浮かんだりする・・。

さらに話を追っていくと・・「え!?ま、魔王・・?」
「え〜っ・・」って感じでイメージを最初から作り直し・・。

アニメや漫画のネタの場合は主人公の説明が必要だと思う。

571 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 11:33:28 ID:chf1Pjpm0
>>570
だよなー

架空の世界を舞台にしたストーリーって
よっぼど説明&文章が上手くないと、さっぱり訳がわからないよな。


572 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 12:31:52 ID:jRMUNNCP0
妊娠して下半身隠してたドラマっていうと、
日本だとちゅうかなぱいぱいじゃね? 

まあ、その後、小沢なつきはドラマ降板、ヌード写真集、Vシネ、どれもぱっとせず
引退、あげくはAVデビュー。
芝居もうまいし、かわいくて好きだったのに……。
アイドルモノのAVは好きだけど、経緯が悲惨すぎて見る気になれない。

573 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 13:01:37 ID:2BQL9XmGO
>>572
何をいまさら

574 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 13:05:08 ID:8D7iD3is0
名前も知れず消えていく人もいるんだ☆ZE

575 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 13:24:15 ID:v7t5yyCg0
>>570
>>555と同じ作品って言ってるんだから
黒服のSPとか思い浮かべるのは流石にないわー。

576 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 13:50:44 ID:IQoJEU0z0
テイルズシリーズのアビスもクリア後のスタッフ解説で台無しになった気が。

ファンタジーRPGなんだけどレプリカという技術がある。
簡単に言うとクローンのような物で、元になったオリジナルとそこから作られた
レプリカ(こっちかクローン人間)がいる。主人公はこのレプリカの方。

オリジナル=仲間の王女の事が好き。ただし1匹狼キャラで主人公達と一緒に行動してない
レプリカ=メインヒロインの軍人の女の子が好き

この前提条件で最終決戦前に、レプリカ技術は不完全な物である為にその副作用として
オリジナルに吸収されてレプリカの方が消滅するのも時間の問題という事が発覚する。
でもボスを倒さないと…!という事で決戦に挑む主人公達。
精霊というか形の無い神様みたいな存在がいてボスに封印されて力が仕えない状態に
なっているため、世界は色々不安定になってるのでこれを開放しないといけない。
そして、戦いの最中に主人公とは別行動で乗り込んできていたオリジナルが死亡。
レプリカの主人公はテレパシーみたいのでオリジナルと繋がって会話ができるので
その死も悟ってしまう。
その後、なんとかボス撃退。レプリカの主人公は精霊の開放の為に一人的の本拠地
(そこでないとそいつを解放できない)に残って崩れていく建物とともに姿を消した・・・。

577 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 13:51:50 ID:IQoJEU0z0
それから舞台は数年後。
もう死亡扱いになってた主人公だが、それを信じたくない仲間達は敵の崩れた本拠地の前で
主人公の成人の式典(死亡してるが英雄扱いなので行われてた)を過ごしていた。
そして、帰っていこうとする仲間と後ろを向いた軍人ヒロインの前に風が・・・。
後ろを振り返ると、そこには主人公が満面の笑みで立っていた・・・!


ここまでなら、おいおいオリジナルの方かわいそうじゃない?位で済むんだが、
実は仲間の前に帰ってきたのはレプリカではなくオリジナルの方。
つまり、レプリカが思いを寄せてた女の子の前で笑顔を見せていたのは、王女に思いを
寄せているはずのオリジナル。
何でこうなったかというと、レプリカ消滅してオリジナルに吸収される前にオリジナルが
死亡していた事が理由らしいがその辺りは詳しく分からない。
スタッフは「還ってきたのはオリジナル、レプリカみなさん好きな方で考えてください!」
っていうらしいのだが、その後の雑誌などの公式発言で「還ってきたのはオリジナル」という
道筋をちゃんと作って作品を制作していたことが発覚。

・・・オリジナルもあそこで死んでたら小さい時に誘拐されてたりと色々被害者で
可愛そうなんだが、だからといってこの結末は・・・。

578 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 14:03:51 ID:chf1Pjpm0
ヴェルタースオリジナル

579 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 14:41:28 ID:lX4EXS3l0
どう見ても特別な存在です。
本当にありがとうございました

580 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 15:33:32 ID:6XSNixaK0
【ネット】「軽い気持ちで」 DQN高校生、いじめ動画撮影&ネットに投稿→問題に…さいたまの高校★3
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1181282148/

581 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 15:41:54 ID:WApnCZI+0
最強の市長とかいう時点で、ハガーの姿しか思い浮かばん

582 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 15:51:51 ID:oUq3kqYZ0
>>564
そんな事を言ったら全ての話がそうなる。

583 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 15:54:01 ID:RLUg+2AW0
読解力をいうものが最近低下してるのだろう、伝えたいことが解らない

584 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 15:57:04 ID:Q7kd5HU90
>>583
読む者には読解力が足りないのが多く、
書く者には日本語能力が足りないのが多い、でFA。

受取る器が小さく、伝える言葉も足りないのでは、むべなるかな。

585 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 17:16:36 ID:x9Q7VTI00
>>577
それってさ、オリジナルの肉体にレプリカの魂が入ったから、とは考えられんのか?
オリジナルは既に死んでて、レプリカの肉体はレプリカ故に寿命が短いんだろ。
物語的には、オリジナルの肉体にレプリカの魂という展開が一番しっくり来ると思うし、
これなら後味もさほど悪くはならんと思うが・・・まぁ所詮推察でしかないか。

586 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 18:15:55 ID:LZfj/7cD0
レプリカだかカプリコだか斜め読みしてふと思い出したんだけど
A・Iも後味悪い話だと思う。幻想的な演出だから和らいでるだけで

587 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 18:27:44 ID:QAjBNfpy0
ラノベだったら「オーフェンシリーズ」もなかなか

主人公→「世界を救う超人」というのを嫌悪していたのに
    結局世界を救うために自分が魔王に
ヒロイン→天真爛漫・破天荒が売りだったのに精神病院に入院
主人公の弟子→師弟の関係を解消
主人公の友人たち→生死不明

588 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 19:01:52 ID:A2ovy4sx0
既出ならスマン
20年近く前夕方の関西ローカルのテレビ番組。
視聴者の悩み相談のコーナーがあった。
悩みの書かれた投稿ハガキを読んで
軽いトークでアドバイスするよくあるヤツ。

「私はいま高校生で妊娠しています」
フンフンと軽いノリで聴く出演者。
「お腹の子はお父さんの子です」
そこでスタジオ騒然。ハガキを読み終わった後も
出演者がコメントに困ってしばらく沈黙。
最後に
「これからどうするかは君自信がよくわかってるはずやし・・・」
と苦し紛れのコメントでCM。
リアルで見ていてかなり後味悪かったです。

589 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 19:02:09 ID:JW8Y9EFi0
オーフェンてそんな話だったのか。

590 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 19:06:13 ID:A2ovy4sx0
番組は「素敵!KEI-SHU5」(司会は清水圭・和泉修)か
「ざまぁKANKAN!」(司会は森脇健児・山田雅人)の
どちらかだったと思う。
いまから思うと持ってたハガキを読んでたから
ネタだったのかもしれませんが
読み終わった後の出演者の沈黙がリアルで
未だに忘れられません。

591 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 19:41:05 ID:nv23yKq+0
そういえば、今年の正月にあったナイナイの特番も悪かった。

記憶に新しい人も居ると思うけど、「覆面芸人」と称して今までテレビに1回も
出たことの無い若手芸人をオーディションで選んだ。
そして渋谷かどこかの公衆の面前で「テレビ初登場!!」といって覆面を取ろうと
したんだけど、司会の岡村が「ここで企画変更です!!」と叫ぶ。
実はどっきり企画であったらしくこの芸人さんの覆面を取った人に賞金10万(位だったと思う)
です!と言うやいなやその言葉の終わらないうちに一人の観客が突如舞台に上がってきて
その芸人の覆面はぎとって「やったぁーー!!」と大声で叫ぶ。司会と会場唖然。
とりあえず場は収めたものの、その芸人は結局番組最後まで顔も出ずに誰なのかも
明かされないまま終了しました。

あと、クロノトリガーの魔法王国。
主人公が降りたある世界(タイムトラベルモノと思ってください。)では魔法が全て。
魔法の使える人たちは自分達が選ばれた人間といって、宙に浮かんだ大陸で豪華な生活を。
一方魔法の使えない人たちは日の差さない地上で明日をも知れないみすぼらしい生活を。
そして、魔法大陸を治める女王は更に力を得る為にラヴォスと言う化け物の復活を目論んでた。
女王の娘サラは女王より大きな魔力を持っていたものの心優しい性格のため母に逆らえず、
その化け物復活の為に利用されて、阻最終的には海底の神殿であぼん。
主人公達に向けた「無理かもしれないけど、母とこの国を恨まないで…」が最後のセリフ。
上手く伝わらないけど、実の親に利用されてここまで…っていうのが切ない。

ちなみにそのあと、魔法王国も空中から落ちてその国の人も地上で生活する事になるんだけど、
いままで地上の人間を見捨てて暴言吐きまくって見下してた分報いを受けるんだろうと
思ったら地上で暮らしてた魔法使えない人間の長らしき人が
「国がなくなった以上立場は同じ…」とかいいだして結局何にもお咎めなし。
おいおいアンタそんな物分りのいい…。

592 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 20:52:41 ID:axPcyiiR0
>>577
自分はオリジナル(小さい頃キチガイのおっさんにさらわれて勝手にレプリカを作られてた。
そしてレプリカは元の屋敷に戻って記憶喪失ってことでわがまま三昧。キチガイのおっさんを
剣の師匠と慕い続ける
オリジナル本人は過酷な騎士団でキチガイの部下となり心に復讐を秘め自力で這い上がる)
の彼が強くて悲しくて寂しくて、すごく好きだったから
その後日談で救われた気分になった。
狙いすぎのヒロインより、王女の方が好きだったし。

593 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 21:12:34 ID:x9Q7VTI00
>>586
とりあえず>>1を読んでみて。

594 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 21:37:09 ID:Tm3xGnjt0
「三丁目の夕日」のアニメであった話。
ストーリーうろ覚えだが。

主人公は小学生の悪ガキ。
戦後という時代なわけで、今ではできないようなちょっと危険な遊びをするのも日常茶飯事。
だがそれを同じクラスの口うるさい女子にいつも注意され、うんざりしていた。
ある日、主人公は友達と、かんしゃく球を利用した罠を作って遊んでいた。平たい石と石の間にかんしゃく球を置いて埋めておく、地雷モドキだ。
だがそれを女子にみつかり、いつものように注意される。
主人公へと迫る女子だったが、地雷モドキを踏みつけて転倒する。その様子を見て、大笑いしながら主人公と友人は逃げだした。
その時、突然の通り雨が降り注ぐ。雨は転倒した女子にも情け容赦なく降り注ぐのだった。

次の日から、その女子は学校に来なくなった。聞いたところによると、風邪を引いて入院しているらしい。
うるさい奴が居なくなってせいせいしたと喜ぶ主人公だったが、それが数日も続くとだんだんと寂しくなってきた。
主人公と友人は、女子の入院している病院へとお見舞いに行く。
「あの時はごめんな」「早く学校に来いよ」という主人公達の言葉に、いつもは口うるさい女子も笑顔でそれに答えるのだった。

これだけならいい話なんだが、この直後のナレーションが

『しかし○○ちゃんは二度と学校に来ることはありませんでした』

595 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 22:28:23 ID:2BQL9XmGO
うわあ…後味悪…

596 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 23:14:33 ID:6zRUIpnW0
小学生のとき、雪が降った日におじいちゃん先生に雪玉ぶつけて遊んでさぁ。
しばらく後その先生風邪をこじらせて寝込んで、それっきり寝たり起きたりの
生活が続いて数年後に亡くなっちゃったなぁ・・・。ごめん先生(´・ω・`)

597 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 23:31:58 ID:nv23yKq+0
思い出したのでついでに。
Dグレイマンっていうジャンプで連載してる漫画の小説板のストーリーが後味最悪だった。

仮想ファンタジーなんだけど、この作品の「アクマ」は兵器という設定。
最愛の人を亡くして悲しんでる人物の前に「伯爵」と呼ばれる人物が現れる。
死者を生き返らせてくれるというその伯爵の言葉に乗ると、確かに生き返らせては
くれるのだが生き返った人は、まず最初に生き返らそうとした人物を殺してその後は
人を殺しまくる兵器になる。
この「アクマ」と呼ばれる兵器は最初に殺した奴の皮を被って人間を装って普段は
普通の人間と変わりなく生活してるので見分けがつかない。

ノベル板で主人公のラビはコレを倒す職業。最近ある町で失踪事件が多発してそれに
アクマが絡んでるらしいという情報を得て調査隊の少年と一緒にやってきた。
その途中で、コレットという女の子に出会う。
コレットは両親が突然死んで莫大な借金を抱えて、それを返済する為に領主の屋敷でメイドをしている。
しかも最近ではその家の奥様が死んで荒れた息子に暴力をふるわれてた。

その後色々あったが事件は解決。
アクマだったのは領主。妻を失った悲しみで突然現れた伯爵に手を貸してアクマになっていた。
仲間のアクマ達も倒すが、ふと戦いの後に足元を見るとキラキラした物が砕けてた。
どうやら領主が首から下げてたダイヤのネックレスが自分の攻撃で砕かれて落ちてたらしい。
けど、特にラビは気にしなかった。
その後は、調査隊の少年とコレットもカップル成立。
「借金を二人で返していこう!!」みたいな明るい感じになってみんな笑顔。
ラビは一足先に本部(アクマを倒す為の団体)に帰ることになって笑顔で分かれる。

598 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 23:33:25 ID:nv23yKq+0
・・・ここまでなら普通にいい話。

その数日後、ラビが帰還した本部がアクマに襲撃される。
そこには傷ついた調査隊の少年の姿が。後処理が終わって帰ってきた所を襲われたらしい。
が、その正体はアクマ。

実はラビが帰った後、コレットはアクマとなった領主のその息子(事件の真相知らない)に
「ダイヤのネックレスを盗んだ。」と疑いをかけられ絞め殺されていたのだった。
調査隊の少年はコレットを失った悲しみに漬け込まれて伯爵に協力してしまったのだった。
そして、もう気づいてると思うがその「ダイヤのネックレス」こそ戦闘中にラビが砕いた物だった。
その後悲しみの中でそのアクマを倒して、最後はラビが二人の為に祈る・・・みたいな感じで終了。

ダイヤのネックレス壊したのが本人という時点で後味最悪。
二人の救いはどこに?

599 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 23:43:04 ID:LZfj/7cD0
>>593

スティーブンスピルバーグ監督『A.I』
死んだ子の代わりの代理ロボくん登場、母親はめちゃ溺愛する。
しかし死んだ子が復活してしまうのであった・・・・。
今まで可愛がられてたのに苛められるし母親にまで捨てられマシタ。
見かねたオモチャ達と旅に出る。最後、とうに亡くなった母から採取した
DNAを使って1日で壊れちゃう母親を登場させて、ロボくんは
クローン偽母とは知らずに永遠の眠りについた→活動停止→死亡

>>591

クロノクロスではもっと後味悪くなってるw
クロノトリガーの最重要キャラのマール、クロノ死亡。ルッカ殺害だしな・・・

600 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 00:21:09 ID:Kq2N+GIBO
ブサイク一発屋オスメント君の末路が後味悪い

601 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 00:36:20 ID:dsNybZyy0
これで流れが!!

602 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 00:42:35 ID:ieIJlWUR0
>>599
AIって見たことないけど、そのコメント見たら観たくなった。
後味も悪くなさそうだけどなぁ。

603 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 00:57:55 ID:3eVjh+qf0
AIって主人公の男の子ロボットがひたすらかわいそうな目にあうんだが、
それを素直にかわいそうと思っていいのかと最後までぴんと来なかったんだよな。
男の子ロボがつらい目にあっているとき、本当につらいと思っているのか、
このシチュエーションでは悲しい顔をするとプログラムされているだけなのか。
母親を本当に慕っているのか、慕うような行動をするようにプログラムされているだけなのか。
あるいは実は両者に区別などないのか。
いろいろ考えてしまって最後までもやもやしてたよ。

604 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 01:07:49 ID:l3ysSxQOO
AIって小説とかある?
映画のうろ覚えなんだけど、ピノキオオマージュだから、
人間になるために妖精を探しにいく旅に出ての話ってかんじだったような。
ラストに海に沈んだ遊園地?で妖精の人形みたいなのを見つけて、その前で機能停止。
ロボ少年は最後に妖精に会えたんだなぁ…と思いきや何故か急に2000年後www
グレイみたいな宇宙人がロボ少年を見つけてるシーンで終わり、だった気がする。

もしかしたら他の映画と混じってるのかな…
でもすくなくとも最後急に2000年後ってのは確かな気がする。
当時小学生だったんだけどエエェ(´Д`)ェエエってなった記憶がある。

605 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 01:25:39 ID:0vnn4P0L0
>>591
ルッカってラハン村で見かけたことあるけど、あのあと焼け死んじゃったのかな

ル・グィンの「ギフト」
この物語の世界には、ギフトと呼ばれる特殊能力を持った人々が存在する。
動物の言葉を理解する力、人を従わせる力、人の命を奪う力…
村ごとに異なる力を持つ家系の人が住んでいて、それぞれの力でお互い牽制しあっている。
当然、攻撃的な力を持つ連中はそれを戦争のために使う。
主人公の少年は、力を持つ家系のはずなのになかなか発現しない。
父親はいつもそれを気にしているし、他の村に住む親戚にもバカにされている。
父親と狩りに言って木や地面を焼きこがしたり、言うことを聞かない子犬を死なせたりする事件があって、実は強力な力が発現しているのにそれを操れないだけなのだということになり、少年は目隠しをされる。
目で見ることにより相手を害してしまうから。当然目隠しは決してはずせない。
それほどすごい力と言うことで、少年は皆に恐れられる。
物語の始めの方で目隠しをされてずっとそのまま話は進む。
彼の母親は美しかったため、相手にされなかったことを逆恨みした他の村の能力者にギフトを使われて衰弱して死んでしまうんだけど、そのいまわの際にも目隠しをはずせない。
そもそもその母を父がめとったいきさつも、女を手に入れるため若かった父たちが他の街に出かけ、
力をたてに住民を脅したときに、何故か自発的に着いてきた若く美しい娘が今の母親、というすっきりしない話。
母親は力を持たない家系だったため、主人公は力を持つ者の血筋を薄めないため知的障害者のいとこと結婚させられそうになったり、
動物を呼び集めたりできる幼なじみの少女の力みたいのは、あまり高く評価されていないとか、
いろいろなことがあって最後、結局彼はなんの能力も持っていなかった。木を焼いたり犬を殺したのは、
息子に力があることにしたかった、そばにいた父親のしわざだった。
なのに3年間目隠ししていて、分かったのはそのことだったよ、と言う話。

この作者は「ゲド戦記」シリーズも巻を追うごとに後味悪い気がする。







606 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 01:36:23 ID:LWyt4HSC0
>>596
人殺し

607 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 01:48:03 ID:J6Vw7H6EO
>>598
ただの腐女子向け漫画だと思ってたが、基本的に後味悪いよな。
鋼と似た感じ。

それが面白いんだけど。

608 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 01:55:09 ID:TAy+OQ+g0
>>604
その通り。海底の遊園地の妖精の像を観ながら機能停止で終わりと思いきや
突然時代が飛んで宇宙人が出てくる。その宇宙人が母のDNAを再生して一日だけ
黄泉がえさせる。そしてクローンの母に抱かれて映画は終わる・・・
幸福なのか不幸なのか考えさせる映画だった。

609 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 01:57:49 ID:3eVjh+qf0
ル・グインってそんなのも書いてるのか。ゲド読んではまった人とか気分悪いだろうなあ。

ゲド戦記は後になるほどフェミニズム色がえらく強まる。1巻では魔法使いになれるのは男だけで、
女は能力があってもわずかにまじないができるだけの存在。それも
「邪(よこしま)なるもの、女の魔法のごとし」
と見下されている。ところが徐々に男はおろかで権威にすがりつくばかりで、
本質を見極められるのは女の方なのだという方向になり、
男しか入れなかった魔法学園にも女が入っていって、先生の魔法使いをやっつけてしまったり、
主役級の男キャラもどんどん救いようのない愚か物に描かれるようになる。

極めつけは4巻で、そこでは初老になったゲドが魔法の力を失って、
2巻で助けたテルーという女のもとに転がり込む。
ゲドは魔法が使えなくなった自分が情けなくてうじうじ。
たくましく生きるテルーはそんなゲドが情けなくていらいら。
ゲドは初老を過ぎて初めてテルーで筆おろしをすることになるんだが、
1巻で詳細に描かれたゲドの修行やそれ以降の戦いはどこへやら、そのセクースは
「テルーはこれまでのゲドの修行よりも重要なことを教えた」みたいに表現される。

そして最後は4巻の最初の方でテルーが助けた女の子テナーが全員の危機を救って大団円。
しかしその救い方がなぜかテナーが竜と話す事ができたという伏線なしの展開で、
(正確にはこれこそが伏線で、何年もたってから出た5巻や外伝でそれが拾われるんだが)
初めて読む人はわけが分からずなんじゃそりゃという感想しかのこらない。

その4巻までしか出ていないとき、ある大学の女性教授と話してたら、
その人はゲドの読書会というのに出てて、会に出てる主婦の間で一番人気なのは4巻なんだといっていた。


610 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 02:10:41 ID:f/LyISs+0
深夜アニメの蒼穹のファフナーも微妙に後味悪くないか?

611 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 02:13:33 ID:c/n720oo0
へぇ。
>>1を見てから出直しといで?

612 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 02:20:51 ID:f/LyISs+0
簡単に言うと助けたと思った親友が、もうすぐ皆の所にかえれるんだ!の直前でアボン。
しかも主人公の手の中で。
最後は主人公だけ帰ってきて、先に帰ってたヒロインと見詰め合ってヒロインが微笑んで終わり。
ただし主人公は戦いの最中に失明してるので、そこにヒロインが居ると分かってるのかは謎。
見詰め合ってるって書いたけどとりあえず目を開けてた先にヒロインが居るっていうのが正しい。

ちなみに主人公の親友の家族は、父・妹も死んでるので事実上全滅です。

613 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 02:32:07 ID:TAy+OQ+g0
ドイツ映画のUボートが後味悪かった
防備の固い海峡をかろうじて突破。味方の港へ演奏隊が出迎える中帰還し
生還を喜ぶ乗組員。これで映画が終わるかと思ったら敵爆撃機が来襲し
乗組員の殆どが負傷・死亡し艦長はドックの中で沈み逝く潜水艦を見ながら
息を引き取る。
中学生の時に観たが初めて不条理を感じた映画だった。


614 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 02:36:40 ID:x0zsboOh0
>>609
最後の二行が一番後味悪いw

615 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 02:45:43 ID:YJX8glXY0
Uボートはなあ…敗戦国だし仕方ないのかも。

616 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 02:56:19 ID:r/xnDe11O
>>612
後味悪いって言うかやり切れない感じがあるよな。
俺はバンダナの人が無事脱出!→敵ナイスキヤッチ→あぼーん
の流れがあれだと思った。

617 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 03:34:51 ID:f/LyISs+0
そういえば翔子あぼんもアレだった…。

巨大ロボのパイロットになりたての病弱の女の子。
この世界では日本が宇宙からきた生命体に脅かされて壊滅済み。
そのロボに乗れる条件が特殊な因子の数値だけで決まってるから病弱だろうが
なんだろうが関係なくパイロットになって戦わないといけない。
そして、運悪く他のパイロットが全員任務で出払ってる時に味方の本拠地の島が襲来される。
翔子はその前に体調を悪化させて倒れたんで島に残っていた。
今島で戦えるのは自分だけ…と母親の静止も振り切って無理やりロボに搭乗する。
結果、敵を道連れに自爆で翔子あぼん。

しかもその後、島内の翔子に対する評価は「命令違反で勝手に出撃して大事な機体を壊した子供」。
「俺らが整備した機体を無駄にしやがって…!」みたいな感じで罵詈雑言。
翔子のお墓にもペンキやスプレーで荒らされてすっかり悪者扱い。

お墓のシーンが後味悪すぎた…しかも最後までこの誤解解けないし。

618 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 03:43:32 ID:ieIJlWUR0
>>613
ドイツ映画はラストに凝らないのが多いのかな・・?
今GYAOで見れるドイツ映画の「ロスト トレジャー2」もラストで「えーw」ってなったよ。
後味が悪いと感じた人とスッキリした人に分かれるみたいだけどw

<あらすじ>
ウィーンの地下で発見された、謎の文字が刻まれたミイラが伝える秘宝とは…。
中世ヨーロッパで栄えたキリスト教の異端派カタリ教徒の秘宝を巡って、
トレジャー・ハンターたちが宝探しをする冒険物語です。
人殺しもいとわない闇の組織に追われながら、危険な調査を続ける主人公たち。
果たして最後に宝を手に入れるのは誰なのか!?
財宝発掘の最中に事故が起き、トレジャーハンターのカールとポーラは、
親友フレッドと疎遠になってしまう。2年後、カールとポーラは下水道調査の最中に
落盤事故に遭い、謎の入れ墨を刻んだミイラを発見する。その直後、さらに落盤が発生。
カールだけが閉じこめられてしまい、ポーラはかつての仲間フレッドに助けを求めるが…。

興味がある人は見てみよう。

619 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 03:48:40 ID:LIU+Blpj0
お預けプレイかよ('A`)

620 :618:2007/06/09(土) 04:23:51 ID:ieIJlWUR0
ああ・・そうか。
つい映画だったんでラストは書かない方がいいのかと勘違いしたw

じゃあ書いとく。
ミイラに書かれた刺青は財宝の隠し場所を記した地図だった。
いろいろあってついに秘宝を手に入れるが盗掘者を防ぐトラップ機能
が作動してしまう。
脱出を試みるが体力も限界、脱出に必要な残り時間は絶望。
もうダメ〜というところで画面が切り替わる。
綺麗な海と無事だった事を示す主人公の笑顔&エンドロール・・。

そんな感じ。

621 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 04:28:26 ID:DAmUP6xqO
それって、今際の際に主人公が見た幻って事かね?

622 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 04:39:58 ID:ieIJlWUR0
>>621
それも考えたけど単に制作者が深く考えてないだけのような。。
レビューを見ればわかると思うけどやはりというか、
みんなラストのについて非難してる・・。

ttp://www.gyao.jp/sityou_review/review_list.php?contents_id=cnt0029277&pac_id=pac0003754

623 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 05:56:31 ID:RYRVeR2C0
映画のAI、最後に出てくるの宇宙人だと思ってる人は多いみたい
実際、俺もそう思ってたけど、実はあれ、進化したAI(ロボット)らしいよ
自意識を持進化したAI達が、氷の中から発見した自分たちの祖先のAIである、
子供ロボの願いを聞いてあげるって事らしい

624 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 06:43:25 ID:vYIQJYpe0
>>623
な、なんだってー
数年越しの真実だ

625 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 08:16:46 ID:dKIuZEFPO
宇宙人じゃなく、人類が進化して
あんな姿に…と思ってた
人類はどこに?

626 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 08:50:25 ID:RYRVeR2C0
>>625
人類はもう滅亡してる
人類の後を引き継いだのがAI達らしい

627 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 09:59:31 ID:l3ysSxQOO
な、なんだってー>実はAI
もろにスピルバーグの考える宇宙人の形を踏襲してたから
(頭でっかち体と手足が激細&長い)
普通に宇宙人だと思ってた…
てかあれがAIだってわかった観客がどれだけいるんだwww

628 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 10:02:45 ID:s234o7fH0
わからないほうが(

629 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 10:04:07 ID:ndvuAqw70
>>604
「スーパートイズ」というタイトルの原作あり

630 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 10:07:20 ID:Pr6Hwdi00
ソノ新説の、根拠は?

631 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 10:32:31 ID:LIU+Blpj0
>>620
お、わざわざありがd。すっきり(?)したw

632 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 10:57:43 ID:WR6BHHMj0
阿刀田高の短編「追われる男」

郊外に住む家族持ちの中年のおっさんが主人公。所謂うだつの上がらないタイプ。
狭い家に年子の兄妹がいて「もっと広い家に引っ越したい」言われてるが
なかなかローンの目処が立たなく悩んでいた。

ある晩、駅から家までとぼとぼ歩いていると、一台の車が子供を撥ねたのを目撃する。
子供は即死っぽい。運転していたのは主人公がローンを申し込んでいる地銀支店長だった。
酒臭い車内で「子供が悪い。ローンをどうにかしてやるから黙っててくれ」言われとりあえず黙る主人公。

それから数日後のまたある晩、主人公は自分の後を付けてくる男を感じる。
自分が走ると男も走る。
「支店長が俺の口を塞ごうと殺し屋をさしむけた」と焦っていたところに
酔っぱらい学生の集団が通りかかり、無事家に走り込む。
主人公は心を決め、翌日すべてを警察に打ち明ける。

支店長は逮捕された。広い家ももう一生ダメになってしまったが、これでよかったんだ…と
駅前の行きつけの果物屋で家族に土産でも買おうとすると、果物屋のおやじさんが
「そういえば昨日、お宅の三件隣のお家を探してる方がいてね、ちょうどお宅が帰るとこをみかけたから
「あの人に付いて行けばいい」って教えてあげたんだが無事に付いたかなあ」。end

633 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 11:02:41 ID:JN8Eg+Z70
>>617
実は、翔子のお墓のペイントなんかは大人たちがパイロットの戦意高揚だかなんだかの
ために泣く泣くやったらしい。もちろんソウシは知ってた。



634 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 11:16:46 ID:WR6BHHMj0
あともう一本阿刀田高「来訪者」

半年前に初めての子を出産し、
都心に親の与えてくれた瀟洒な家で何不自由無く子育てをしている上流っぽい主婦が主人公。

ある朝、出産した産院で雑役婦をやっていた中年女が訪ねてくる。
産後すぐに熱を出して退院が延びたこともありいろいろと世話になった相手ではあるが、
そのみすぼらしい様子や「下層階級特有の」図々しい態度に主人公はイライラする。
何かにつけては赤ん坊の世話をしようとするので、
「きっとうちで家政婦に雇って欲しいんだわ」と見当をつけ、冷たく追い返す。
「ああいう下層に産まれた人はどうにかして上流のおこぼれをもらおうと必死ね」と。

そして午後、警察がその女について訪ねにやってきた。
話を聞くと、女の娘が未婚で妊娠して、でこっそり自宅出産して出奔してしまい、
女はその赤ん坊(女からすると孫)を殺したことが、遺体がでてきた昨日わかったとのこと。
そして赤ん坊殺し自体は半年前のことだという。

警察が帰ってから主人公は考える。出産してすぐ熱を出したせいで子供をしばらく見られなかったこと。
逃走したその日にわざわざ主人公の家にきて赤ん坊にベタベタしていたこと。
下層階級はどうにかして上層に潜り込もうと必死…。 end

635 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 11:24:07 ID:dKIuZEFPO
>>632
まあ轢き逃げされた子供の事を考えると、
正しい選択だったと思うが…
こういうタイプは、人生の岐路に立つ度に
少しだけ選択を誤って、結果的に大きく
道を間違えるんだろうな
そして何故自分がツイてないのか
わからないまま人生を終える、ある意味幸せな人なのかも

636 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 11:27:15 ID:hvfK7A9w0
既出かもしれないけど、以前テレビで見た単発ドラマの話

ある年配の婦人が、中古住宅に引っ越した。
子供もいない独り暮らしで、浮ついたところがない、静かで慎ましい暮らしぶり。
彼女はたいへん几帳面な性格で、常日頃、家計簿で収支のチェックに余念がなかった。
そんなある日、家計簿を記帳中に、ふと電気の使用明細に疑念を抱く。
家電一式は、全て前の住居から持ってきたものを使用しているのにもかかわらず、旧宅での使用量より多いのだ。
家の中を一通り確認したが、特に電気製品は増えていない。買い換えてもいない。
そこで考えたのが、隣家に電気を盗まれているのではないか?ということ。
実は、引っ越してきた当初から、隣家に棲む夫婦が、それとなくこちらの様子を覗っている気がしてならなったのだ。

早速、婦人は、電力会社から技術者を呼んで、隣家に繋がる配線がないかを調べさせたが、特に不明な点はみつからなかった。
数日後、次の電気の使用明細が届くが、やはり、旧宅の時より使用量が増えている。
再度技術者を呼び、今度は、家の中を配線を調べてみることにした。
家中の家電のコンセントを抜き、照明器具も取り外したのに、電気の計量メーターが回っている。
婦人と技術者は、首をひねったが、ふと配電盤から細い配線が一本伸びているのに気づいた。
不審に思い、その配線を辿ってみたところ、それは床から縁の下に続いているようだ。
仕方なく、床板を取っ払い、その線の繋がる先を確認することにした。
床の下に見つけた細い線は、そのまま地中に続いていて、手で引っ張っても抜けないようだ。
これ以上は手の施しようがなく、建設業者を呼んで、そこを掘り起こしてみることにした。

重機を使い、線の先を掘り進めるうち、古い型の大きな冷蔵庫が地中から出てきた。
どうやら配電盤から伸びる線は、この冷蔵庫に繋がっているようだった。
まだ稼働中らしい冷蔵庫の中が気になり、すかさず扉を開けたところ、中から、女性の死体が、ほぼ綺麗な状態でごろりと出てきた。
警察を呼んで、この件は収拾。

婦人は、その後も住み続けている。
電気の使用明細は、旧宅と同じ量に戻った。

以上です
かなり前に見たドラマなので、途中若干違っているかも…
なんというか、じわっと怖かったです

637 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 11:36:54 ID:7Hhf0u+i0
>>636
乙。面白そうなドラマだな。
何が怖いって女性が一番怖いな…

638 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 11:38:54 ID:GSBfrq5e0
 体罰を加えたことをわびる教諭に、教諭の熱意を正面から受け止めた児童と保護者。
京都府京丹後市の市立小学校で、「クラスメートへのからかいをやめなかった」と
クラス全員に体罰をした男性教諭(28)が辞表を提出した。しかし、保護者のほぼ全員が
辞職の撤回を求める署名を提出。思いとどまった教諭は謹慎処分が解けた8日、
児童らと互いに謝罪し、きずなを深めたという。市教委は「近年、学校に理不尽な
要求をする保護者が増える中、教諭の熱意が通じたのでは」としている。

 市教委などによると、教諭のクラスでは1人の男児の外見を一部児童がからかい、
他の児童も黙認する状態だった。教諭は「(次にからかったら)みんなをたたいて
教師を辞める」と注意したが、今月4日、再びからかいがあったため、
「ここで放置すると、いじめに発展しかねない」と判断、からかわれた男児を除く
全員のほおを平手打ちした。
 報告を受けた校長は同日夜、保護者らを集め、教諭とともに謝罪。
3日間の自宅謹慎を命じられた教諭は辞表を出した。ところが、寛大な処分を求める
署名運動が保護者の間で始まり、全校の児童191人の保護者ほぼ全員分の
署名が学校に提出された。

 その後、教諭が二度と体罰をしない意思を示したため、校長は辞表を返却。
謹慎処分が解けた8日、うつむいてわびる教諭に、児童たちも泣きながら
「私たちが悪かった」と謝ったという。

 引野恒司・同市教育長は「学校に理不尽な要求をする保護者も少なくない風潮なのに、
教諭の行為を熱意ととらえ、署名運動まで起きるとは驚いている」とした上で、
「体罰の事実は事実なので、子供や保護者の心情を受け止めた上で適正に処分はする」としている。

 森毅・京都大名誉教授の話 「熱心だから体罰が許されるという話ではない。
教師が体罰をするなら辞めるしかないと思うし、保護者らはそれを非難するにしても
支持するにしても、もう少し学校と冷静に付き合う手だてがあるのでは」

産經関西(一部抜粋) http://www.sankei-kansai.com/01_syakai/sya060903.htm

639 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 11:50:55 ID:ss/cZjcw0
>>632
どうもドクオの俺には無理にローン組んでまで家建てようとするのがわからない。
ローン地獄に悩まされることもないだろうし、結果的に良かったんじゃないかと思ってしまうので後味悪くない。

>>633
後味ポイントがちょっとわからない。
最後のコメント?

640 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 11:54:20 ID:czya0Dh00
外野がウザイだけで別に後味悪くないじゃん。
クビになったとかならアレだけどさ。

641 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 11:57:39 ID:I4fjiHQu0
>>636
それ見た、怖かったよね。結構前だったけど覚えてる。
それも阿刀田高で原作は「干魚と漏電」ドラマは「ししゃもと未亡人」って題名。

死体はごろりとは出てこなかったと思う。
最初にその婦人がせっせと自分ちの冷蔵庫を掃除してるシーンから始まる。
冷蔵庫の中からカラカラに乾いたししゃもが出てきて、
「ちょっと冷蔵庫に入れて忘れてただけなのにこんなにカラカラになって」って驚く。
で、何年も埋められてた冷蔵庫を開ける瞬間、
「ししゃもは数日であんなになってたけど・・・」って言ってて、
薄く開いた冷蔵庫の中に死体の顔がちらっと映る。
その目が赤黄色く濁ってじっと見てる感じですごい怖かった。

642 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 12:04:58 ID:5YJix4meO
面白そうだな
しかし女性が一番怖いw

643 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 12:05:01 ID:10iSt1xNO
阿刀田高、山岸凉子、大石圭、お尻様の人はけっこう後味悪いのを書くんだな
何度も名前が出るんで興味がわいてきた

644 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 12:08:07 ID:AH6ozCZTO
【アメリカ】大学教授が究極のオナニー方法を学会で研究発表[06/09]
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news7/1181136046/

645 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 13:03:43 ID:R6TKxK4Z0
>>643
>阿刀田高、山岸凉子、大石圭、お尻様
最後の人が気になる。お尻様???

646 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 13:06:12 ID:f23Q0Q/E0
西村ジュコウって人じゃないっけ

647 :1/2:2007/06/09(土) 13:30:44 ID:Ca2Fqgjd0
ずーっと前に読んだ小説。

主人公はとある田舎の村の出身だが少年時代に故郷を離れて以来一度も帰っていない。
彼には誰にも言えない秘密があるからだ。

ある日主人公は村外れの一軒の家が無惨に潰れているのを発見する(理由は忘れた)。
近付いてみると住人らしき女性が上半身を落ちて来た木材に挟まれていた。
瀕死なのかもう息を引きとってしまったのか身動きひとつしない。
下半身の服装が乱れて太腿が剥き出しになっているのを見た主人公は
無性にムラムラしあろうことかその女性を強姦してしまう。
そしてそのまま通報もせずに立ち去ってしまった。
直後に引っ越すことになった主人公はその家と女性がどうなったか知らぬまま
村を出て今までそのことは忘れたように生きてきた。

ところが数十年後、仕事の都合(?)で村を訪れる必要ができる。
恐る恐る故郷に帰る主人公。
長い年月の間に村はすっかり様変わりし昔の面影はほとんどなくあの事故のことも
すっかり忘れられているようだった。
風情のある旅館に泊まり、こんなことならもっと早く来てみれば良かったかな
などと考えていると旅館の主人が要望があれば女を呼びますよ〜と持ちかけて来る。
温泉につかり良い気分になっていた主人公は興味半分で呼んでもらうことにする。
正直こんな田舎だし大して期待はしていなかったがやってきたのは
20代前半くらい、商売の割にはすれてない感じのそこそこいい女だった。
主人公は「ラッキーv」と思いつつ女と以前どこかで会ったような奇妙な既視感を感じる。
思い出せないまま一晩を過ごし翌日には家に帰ることにした。

648 :2/2:2007/06/09(土) 13:33:53 ID:Ca2Fqgjd0
帰る前に一応例の現場がどうなったかを見ておこうと考えた主人公は
記憶を頼りにあの家のあった場所に行ってみるがそこには当時の痕跡は何もなかった。
たまたま通りかかった老人に
「昔この村に住んでいた者だが、昔ここで大きな事故があったと思うんですが
 その後どうなったか御存知ですか?」と聞いてみると

・ここにあった家は潰れて一家全滅娘が一人だけ助かった。
・助かった娘は顔にひどい傷を負い何時間も閉じ込められていた恐怖からか
 正気ではなくなっていた。
・娘は狂ったまま村中を徘徊するようになった。
・そんな娘でも誰かが悪さをしたのかやがてお腹が大きくなり女の子を産み落とした。
・産まれた娘はそんな出生なので普通の仕事に就くことも出来ず温泉旅館などで
 客をとっていると噂で聞いた。

主人公は昨夜会った女の顔を思い出して愕然とする。
あの時感じた既視感は「どこかで会った」ではなくて
女の顔が「自分に似ていた」からではないか…。

阿刀田高が人気wなので阿刀田高だった思われるのを書いてみた。
もしかしたら別の人と間違ってるかもしれない。
違ってたらスマン。

649 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 14:10:11 ID:dKIuZEFPO
うわあ、近親相姦かあ…
てか、それで話が終わりなら後味悪くてたまらん

650 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 16:02:47 ID:gRhALZ/c0
>>634
阿刀田高、一時期よく読んだけど
それが自分的にはダントツで後味わるい。
まず、被害者が赤ん坊ってとこ。
そして、今手元にいる赤ん坊が偽物だろうと
勘づいても、今後どうするんだってとこ。

651 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 16:09:42 ID:YPxyN+Rz0
うわー後味悪いな。主人公シネ

652 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 16:10:51 ID:YPxyN+Rz0
>>651>>647-648

653 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 16:50:43 ID:zRhr9wt40
Dグレイマンはスーマン編も後味悪かった。

イノセンスって言うアクマを倒す為の武器があるんだが、その武器の咎落ちっていう
暴走現象で化け物になり村壊して突き進んで惨殺しまくりな仲間。
何でそうなったかというと、アクマを作ってる伯爵の仲間にノアって言う一族がいて
そいつに殺されそうになった時に仲間の情報売って助かろうとしたから。
イノセンスが怒って罰与えて化け物にしたらしい。
ちなみに、情報売ったせいで組織の仲間が300人ぐらい一気に惨殺された。

その後、主人公がその仲間を助け出すんだけど助けた時はそいつはすでに精神崩壊。
元の姿に戻ったのに・・・みたいな話の後にまだ生きてる!皆に知らせて・・・のセリフの後
突然目の前にいたそいつが爆発してばーんと砕け散って中から蝶の化け物が。
どうやらノアと出会っとき既にそれを植え込まれて増やす為の苗床にされていたらしい。


・・・仲間の情報売った意味ねー。
やっと助けたと思ったのに主人公の前で爆発するわでもう後味悪すぎだ。

654 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 17:12:20 ID:czya0Dh00
漫画アニメネタが嫌われる理由がちょっとわかった。

655 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 17:30:07 ID:Zzm3NaoE0
フィクションの度合いが強いとあまり共感できない

656 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 18:14:46 ID:JMCNQZGr0
珍しく大量の雪が降って、小学生だった自分はこんなに雪が積もったのを
見た事がなかったので大喜び。勿論同級生も一緒。休み時間も生徒が喜んで
いるので先生達が延長してくれた。校庭で遊んでると、カメラを持った男の人と
メモ帳を持った男の人が来た。たぶん新聞記者の人、その人たちが「こっちにも
雪を投げて〜」と言ったのでキャッキャッと喜んで投げてた。
そしたら野球をやってた奴が投げた雪球がカメラを直撃、子供ながらに「あ〜不味い」と
思ったが、カメラマンの人が「大丈夫、大丈夫」と言ったので、すぐに遊びを再開

次の日の新聞に「雪が降り○○小学校の生徒が喜んで遊んでた」という記事があったが
写真は載ってなかった。

657 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 18:22:42 ID:dKIuZEFPO
いや、愚かで哀れなそのあぼーん野郎は
確かに後味悪いぞ
ゲームは夢を売るが、時として
悪夢を売る事もあるってこった
なあ兄弟

658 :657:2007/06/09(土) 18:56:29 ID:dKIuZEFPO
ゲームもだけど、アニメの話だったよな…
すまんかったorz

659 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 19:30:23 ID:7sgwaOvJ0
芋虫雄太君が死んでたこと。
母親に川に投げ込まれたらしい
びっくり
http://www.geocities.com/imomushi2005/imomushi20.htm


660 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 21:34:38 ID:iTT/Ci9i0
以前読んだ時代小説の話。
-------------------------------------------
家族に秘密で婚約者とちょくちょく茶屋(今で言うラブホみたいな感覚)で会っていた
武家の娘のヒロイン。
ある日、婚約者とヒロインが会っていた日に、ヒロインの父親が暗殺される。
刺客を差し向けたのは藩主で、藩主による闇討ちのために夜でも目が見える訓練を
代々父から子へ行っている一族がおり、この暗殺もその一族の仕業だろうとの事。
ヒロインの兄はヒロインの婚約者を疑い、はじめは否定していたヒロインだったが、
当日父の予定を婚約者に尋ねられた事、アリバイの事などから疑惑が膨らみ、
そのことを兄に話す。
ヒロインと婚約者は結局破談になり、兄は婚約者を剣術の試合にかこつけて問い詰めるが、
結局事件の真相は不明のままとなる。

数年後、ヒロインはごく平凡な相手と結婚し子供をもうけている。
ある夜、外にいる夫と子どもを呼ぼうとして、ふと二人の会話が耳に入る。
夫が子供に、暗闇の中でもの見えるか、見えるまで目を凝らせ、
修練を積めば見えるようになる、と話しかけていた。
-------------------------------------------
この作家好きなんだけれど、結構後味の悪い話もあってなまじ筆力があるから
余計にダメージが大きい。

661 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 22:07:43 ID:DAmUP6xqO
藤沢周平だね。

662 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 22:50:13 ID:Kq2N+GIBO
今さっき終わった土曜ワイド劇場がめちゃめちゃ後味悪かった!誰か書いてくれい!

663 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 22:51:56 ID:p3RhwC5w0
俺の所属していたゼミでの飲み会での出来事

教授(憲法の権威)「君たちは何か好きな映画とかあるのかね」
女子生徒A「私は『氷の微笑み』とか、高校の頃良く見てました^^」
教授「それはそれは、早熟だったんだね君は。いいことだ」
男子生徒B「俺は『ギニーピッグ』かな。人魚のやつとか最高!妊娠してるんだぜ!人魚!」
教授「その映画、うちのかみさんが良く見ていたっけなぁ」
女子生徒B「『ピンクフラミンゴ』も法律に携わるもの必見の映画として外せないわ」
男子生徒C「僕はベタだけど、リリィシュシュかな」
女子生徒C「うっわぁ〜これまた典型的サブカル厨だね、これまたw。○○君は?何か好きなのあるの?」
俺「えっ?俺、う〜ん…俺はあんまり映画見ないからな〜…あ、あれ、『クレヨンしんちゃんオトナ帝国の逆襲』ww
ああいう単純な映画いいよね。脳みそ空っぽにして見れてさw結構感動したよ」
その瞬間、空気が固まる。
俺「あ、あれっ…?」
教授「…じゃ……ない…」
俺「どうしたんっすかwwwなんでみんな静まり…」
教授「『クレヨンしんちゃんオトナ帝国の逆襲』はそんな単純な映画なんかじゃないんだッ!!」
(絶叫と同時に老体とは思えないほどの鋭い右ストレート、俺顔面に喰らってテーブルからはじけ飛ぶ。)
持っていたビールジョッキが地面に叩きつけられ破砕、飛び交う悲鳴、教授を抑えるゼミ生達。
教授、パンチと同時に跳躍、倒れこんだ俺をマウント、ビールジョッキの大きな破片を掴み、俺の首元にあてがう。
「オイゴミ屑、良く聞け、『クレヨンしんちゃんオトナ帝国の逆襲』は1000回繰り返して見なきゃその本質が分からん。
ゴダールなんか比べ物にならないくらいの深遠な思想が練りこまれているんだ…それをお前って野郎は…
お前って屑野郎はぁああああああ!!!!ばかにした!!わしのせいしゅんを!わしのいきがいを、じんせいを!
ひていした!(破片を持った手から流血、俺の目に入る)くそが…くそったれが!しをもってつぐなえ!!」
喉元に熱い感触、網膜に映るは赤い噴水、周囲の絶叫の中、俺意識失う。

664 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 22:51:56 ID:vYIQJYpe0
山岸涼子の短編

小学生の少年はずっとじいさんばあさんと暮らしていたが、
二人の死後に実は自分は地方の金持ちの息子だと知る。
父親は愛人いまくりの好色男で既に年なので死んでいたが、その家に引き取られる。
自分の母親は誰なのか、何故赤の他人に預けられていたのか。
親子ほども年の違う兄弟や、年上の甥や姪、
そして離れに住んでいる男遊びの激しい謎の女などと接しながら、少年は探っていく。

そんな時、父の正妻というポジションにいる女に出生を暴露される。
離れに住んでいる女は少年にとって姉にあたり、同時に母でもあるという。
父親は好色なあまり実の娘にすら手を出し、その結果少年は生まれ、
出生から忌まれて他人の家に預けられたのだった。
「親子でつるんだ生まれた子供だ 犬畜生にも劣るよ」
と正妻は言いながら少年に向かって札束を投げかける。
少年の母は軟禁したままもう家の外に出したりはしないが、
お前はここを出ていってもう二度と来るんじゃないと叫ぶ正妻
少年は札束を握り締めながら一人で電車に乗ってどこかへ向かった

665 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 22:52:40 ID:5VSF3ZfP0
>>660
まとめかたが上手いね。

666 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 22:55:15 ID:PIpNY3fE0
>664
実の母が住んでいたのは離れだっけ?なんか狐の社だった記憶がある。「狐憑き」って呼ばれていたような。

667 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 22:57:31 ID:PIpNY3fE0
んであと>664の主人公の少年はませた嫌なガキで
正妻の娘さんをお蔵(自分の「両親」にあたる近親相姦セックルが行われた場所)に連れ込んで
服脱がせたかなんかしてるところを正妻に見つかって
「出生を暴露」になったんだったような。

668 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 23:01:26 ID:7sgwaOvJ0
>>664
その少年がいい子ならともかく、えげつないほど意地悪で陰険な性格だということもミソ。
つうかものすごい厨二病。
自分は誰よりも賢くて大人だと思っているような。
まあひどい環境で育ったせいもあるが。
いきなり金持ちに引き取られたことで、厨の「実は自分はすごい奴」願望が
刺激されたこともあって、ほんっとやな奴なんだよ。
従姉の女の子の膣に無理やりモップ突っ込んでるとこ、正妻に見つかって
札束ぶつけられて追い出されるわけだし。
その金もって電車乗るんだけど、途中優しくしてくれた人をも馬鹿にする。
可哀想というよりひたすらに怪物みたいで怖い。

669 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 23:03:48 ID:PIpNY3fE0
で最後の電車に乗ってるシーンで「僕の心で熱く燃えているこれはキツネ火」とかブツブツ言うんだよな

670 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 23:16:59 ID:csJhpGyF0
なんという少年犯罪者有力候補

671 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 23:17:38 ID:dKIuZEFPO
>>663は頭がおかしいのですか?

672 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 23:20:17 ID:EGMCaDi+0
>>663
胸糞スレからのコピペだろそれ

673 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 23:41:12 ID:YJX8glXY0
>>664
狐女(きつねじょ)だね。
文庫本の天人唐草に収録されていて
どの話も結構後味が悪いのでお勧め。

このスレでも良く出る「天人唐草」や
「扉を叩くのは私…」から始まるナジムヒクメットの
「死んだ女の子」を元にした話も収録されている。

これだけだとこのレスが後味悪いので
何かひとつ纏めて来ますorz

674 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 00:32:18 ID:/3SwxMVbO
ロストバージンの相手がモップだなんて!
リコーダーのわたしより悲惨だ!

675 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 00:54:29 ID:5kAO6yFF0
タイトルは忘れたけど、昔読んだ三丁目の夕日でおなじみ西岸良平の短編漫画。
細かい部分は違うかもしれないけど。

深夜の繁華街で男が刑事に追われている。男は連続殺人犯だったのだ。
自分もついに警察に捕まるのかと思った男だったが、次の瞬間男は見知らぬ場所にいた。
そして何者かが語りかけてきた。そのものが言うには、宇宙には数多くの生物が住んでいる。
それゆえに宇宙のバランスが崩れているのだという。
そこで、いくつかの星から代表者を選び、殺し合いをさせ、生き残った星以外は全て消滅させるというのだ。
男は困惑しながらも、懐から拳銃を取り出し生き残ることを誓う。
男が最初に出会ったのは身体が大きな鳥のような異星人だった。だが、身体が大きいだけで男は簡単に殺害する。
次に、男は何かを熱心に組み立てているウサギのような異星人を殺害する。
ウサギのような異星人が組み立てていたのは銃のようだった。それを胸にしまう男。
そして最後に出会った異星人は身体が金属でできたロボットのような異星人だった。
拳銃で応戦する男だったが、異星人の身体には傷一つすらつけられない。
投げつけられ、片腕をもがれ、殺されるかと思った男はウサギのような異星人から奪った銃を手にした。
銃は光線銃だった。男はロボットのような異星人も殺害した。
すると、またどこからか声が聞こえてきた。最後まで生き残ったのは地球人だった。
だから地球だけは助けてやるのだという。
次の瞬間男は繁華街に戻っていた。傷は全て治っていたが、刑事に見つかり男は銃で撃たれてしまう。
一息ついた刑事が空を見上げると、何個かの星が強い光を放ち消えていった。

地球を救ったのが連続殺人犯だったというのと、それに誰も気がつかない事に後味の悪さを感じました。

676 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 01:03:07 ID:+sSny011O
>>673
期待して待っています

677 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 01:31:58 ID:zfspNXZa0
>>675
あの絵でそんなストーリー…
読みてえええええええ

678 :1/2:2007/06/10(日) 01:37:39 ID:M8vMHs7x0
P・K・ディック【シルビア】

ある所に1人の美少女がいるんだが、これが近所の湿地帯の荒野で独り交霊術なんかやらかしちゃう子でその所為で家族を始め周り中から距離を置かれてた。
一応彼氏なんかもいて、それなりに問題も抱えながら幸せに過ごしていたんだが、ある日、その女の子(以下A)が交霊術に失敗して死んでしまう。

以前Aから何かあったときは私を召喚してと、彼氏に甦りの法を伝授していたので、早速彼氏は実行することにした。
だが、Aを生き返らせる為には誰か他の人間の犠牲が必要であった。
そこで彼氏はAの妹を生贄にしようと思い、Aの妹を湿地に呼び出した。
ちょっとアレだった姉だが、家族としてそれなりの愛情を持っていた妹はAの供養のためという彼氏(以下B)の言葉にまんまと誘い出されて行ってしまう。
もともとAと違い、美少女でもない普通の女の子で両親に可愛がられていた妹(以下C)にAもBも良い感情を持っていなかったので、
コックリさんで連絡を取りながら細かい段取りをしながら、CにAを召喚した。

Cの見るべくもないありふれた顔からAの輝くばかりの美しい顔になり、「私Aよ、ありがとう」と笑う元CのA。

AもBもCの犠牲で甦ったことに一片の罪悪感を抱かず、あまつさえAの両親に生き返ったことを報告しようと喜色満面A宅へ向かった。

A宅へはまずBが驚かせないために先に行き、Aが甦ったことを両親に告げる。
Aが死んだ所為でさらにBがおかしくなったと思った両親に、Cを殺した事で甦ったAを紹介するB。

679 :2/2:2007/06/10(日) 01:40:37 ID:M8vMHs7x0
死んだと思っていた(正直、やっかい払いできたと思っていた)Aの帰還に驚く両親。
その固まった姿にニヤニヤしながらAといちゃつくB、だが、あまりにも動かない両親にさすがに不審を感じ凝視していると、
CがAになって甦ったのと同じように顔が歪み、そしてAになった。

3人になったAにBは召喚が失敗した事を悟り、Aを置き去りにして外に逃げる。
外に出て他の人々も次々にA化していく事実に泣きそうになりながらただひたすら逃げつづけるB。
現象の中心点(すなわち元CのA)から離れればどうにかなるだろうと街に出るが、そこでも人々のA化は進んでいく。
もっと遠くへ行けばなんとかなるかとタクシーを拾うB、だが乗って間もなく運転手もA化し「どうしたの?B」と可愛らしい声で聞いてくるしまつ。
絶望したBはタクシーの後部座席でひとりうな垂れる。そして、B以外のすべての人類がA化する。

うな垂れていたBがそっと顔を起こし周りを見回す。
「B、どこ?」そこに居たのはAだった。


正直、SFしか書かないと思っていたディックのこの作品。短編集に入ってる奴なので長くはないんだが
これを読んで以来、後味の悪い話というと真っ先にこの話が思い浮かぶようになったよ

680 :ハーピー 1/3:2007/06/10(日) 01:50:14 ID:G95q+uQW0
山岸涼子「ハーピー」

主人公は進学校に通う少年、佐和(サワ)春海。
ある朝、下駄箱でクラスメイトの川堀苑子とすれ違った時、
不思議な匂いに気付いた。
川堀は1年の3学期に編入して来た少女で、
美人で頭も良く、高値の花と呼ばれている。

それから川堀の事が気になり始め、ついつい目で追ってしまう様になる。
そんな佐和を、友人は「好きなのか?」と茶化すが、
佐和は「そう言うのじゃないんだ」と否定する。

目が合うと、川堀は妖艶な笑みを浮かべた。残酷そうな目をする時もあった。
気味悪く思っていると、再び下駄箱で川堀と出会う。
川堀は佐和に目配せをし、靴を履く振りをしてスカートをめくり上げ
太股の辺りを見せつけた(妙にセクシーな脚線美)。

佐和は吸い寄せられる様に川堀の後を追った。頭の中に「来て」と声が響く。
郊外まで来ても川堀の足は止まらない。強い風が吹き付けている。
僕は何をしているのだろう、と自問しながらも、追って行くと
ふっと川堀を見失ってしまう。急いで走り出した瞬間、気味の悪い鳥の鳴き声が響く。
川堀は見あたらず、諦めて家に戻る佐和。頭の中は川堀の事でいっぱいだった。

681 :ハーピー 2/3:2007/06/10(日) 01:51:34 ID:G95q+uQW0
次の日、川堀の様子はいつもと変わらなかった。
佐和は「気のせいだったのだろうか」と思い、同時に「どうかしてる」とも思う。
授業中、先生がハーピーの話をする。死臭を漂わせ飛ぶ、女面鳥獣と言う怪物。
ふと佐和は気付く。「あの匂いは死臭と言うやつじゃないのか」

そう気付いた瞬間、川堀が恐ろしい顔で佐和を睨みつけていた。
しかし周囲の人は誰1人として気付いていない。
不安になりながらも、友人に「おかしな香り」について聞いてみる。
さすがに川堀の、とは言えず、女子の…と言うと「香水が流行っているから」
と言われる。そう言えば以前、川堀も香水をつけていると話していた。
佐和は不安な気持ちを隠しながら、川堀の様子を探り続ける。

足が速い川堀。ハーピーには「速きもの」と言う意味もある。
ますます疑惑を深める佐和は、再度川堀の後を付けた。
前回と同じ場所で川堀を見失う佐和。足を速めると、そこには川堀が待ち構えていた。

「何故私をつけるの?やめたほうがいいわ、そんなことは」
そう言った川堀の歯は鋭く尖っており、目はつり上がっている。
立ち去る川堀の背中に、一瞬だけ蝙蝠の様な羽根が見えた。

「蝙蝠の事を、川堀とも言う…苑子の苑は、死と言う字に似ている…。
 香水をつけているのは死臭を誤摩化すため?彼女はやはりハーピなのか。
 だがそんなこと、誰も信じてくれないだろう」佐和は悩む。

682 :ハーピー 3/4:2007/06/10(日) 01:52:56 ID:G95q+uQW0
成績は下がる一方で教師に叱られる。しかし佐和はそれどころではない。
もし川堀がハーピーなら…そう考えていると、川堀がやって来る。
不思議な匂いがする。これはやっぱり死臭だ、佐和はついに確信する。
「彼女は怪物なんだ!」

そして運命の体育祭の日。川堀はプログラム最後のリレーでアンカーを務めた。
走者を次々にごぼう抜きし、ラストスパートでは3人を抜き去った。
それはまさに「速き者、ハーピー」
佐和は皆が取り囲んではやし立てる川堀を少し離れた位置から見ていた。

佐和の友人が言う。「君は人間じゃないね」
佐和は思う。「そうさ、人間じゃないんだ。みんな知らないんだ」
「彼女はハーピーなんだ」
その瞬間、川堀は恐ろしい目で佐和を見た。
唯一正体を知る佐和への、憎しみの籠った目だった。

川堀は役員のため、皆が着替えた後も体操服のままだった。
それを覗いていた佐和に、いつかの様に頭の中に声が響く。
「いらっしゃい」佐和は自分が隠れている事すら知っている川端に恐怖を抱く。

女子更衣室でシャワーを浴びる川堀。佐和は今こそ確かめるべきだと思う。
飛び込んだ佐和は、たしかに川堀の背にある大きな翼を見た。
「見たなあ!」悪鬼の形相を浮かべる川堀に、佐和は飛びかかった。
悲鳴を上げる川堀の首を絞める。「殺してやる!化け物め!」と叫びながら。

683 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 01:53:10 ID:CXq9v2010
>>633
死んだパイロットに鞭打つのが何で戦意高揚になるのかよくわからんな
一応敵を倒して島を守ったんよね?
「命令違反はいけません」ってだけなんかな

684 :ハーピー 4/4:2007/06/10(日) 01:55:01 ID:G95q+uQW0
そこに騒ぎを聞きつけた教師がやって来る。
「女子更衣室で何をしている!」そう叫んだ教師に、佐和は言った。
「先生、見て下さい!こいつは人間じゃないんです!ハーピーなんです!」
そう言った佐和の顔は笑っていた。しかしぐったりと倒れる川堀に羽根は無かった。
「羽根を隠しやがった!でも先生、ほら、背中に羽根の痕跡が!」
そう言って誇らしげに笑う佐和を、先生は困惑した表情でみつめていた。

場所は変わって病院。佐和はハキハキと自信を持った顔で話す。
「最初に気付いたのは匂いでした…あれは死臭…鼻について離れない…」
別の部屋で見ていた医者が母親に話す。「幻臭です。この病気には時々ある事です」
泣き崩れる母親と、それを支える父親。

再び場所は変わり、川堀の入院している病院。
川堀は言う。「佐和君が時々私をじっと見ているのは知っていました」
知らぬ振りをしていたが、後をつけて来る様になった事。
勇気を出してやめて欲しいと告げた事。佐和は青い顔で項垂れていた事。
それ以降は川堀を避けている様だったので、諦めてくれたと思っていた事…。

そして佐和の友人。「あいつは内向的なやつでした」
「川堀を意識しているのは知っていましたが、あいつは認めませんでした」
成績が下がり、悩んでいる様だった事、ノイローゼ気味だった事…。

そしてラストの頁では、椅子に座った佐和が語っている姿が書かれる。
佐和の前にはハーピー(川堀?)が立っている。
神話を調べ、ますます確信を持った事。放っては置けないと思った事。
「僕だけには分かったんです」そう語る佐和には、自分が間違っている気は少しも見えない。

685 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 02:02:11 ID:G95q+uQW0
>>680-684
これでおしまいです。長くなってごめんなさい。
>>676さん、ありがとう。期待に添えてなかったらごめんなさい。

もっと端折ろうかと思ったのですが
「短期間(と、自分は思った)で狂っていく様」が描かれているので
メインになるであろう事は殆ど書きました。
未読の方で「これから読むんだ〜」って人が居たらごめんなさい。
ほぼネタバレですorz

長文読むのが嫌な人に。

要するに、1人の少年が成績が落ちた事でノイローゼ気味になっている所、
何でも出来る高嶺の花の少女に複雑な恋愛感情(ここは端折りました)を
抱いてしまい病んで行った結果、少女を無実の罪(ハーピーであると言う罪)で
殺害(未遂だけど)してしまう。

現実は少年が狂っていただけで、少女は少年が思う様な
ハーピーなんて存在じゃない、普通の少女だったと言う事。
だけど少年は自分が間違っているとは少しも思っていないし
多分これからも気付か無いだろう、と言うお話です。

686 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 02:06:04 ID:G95q+uQW0
>>678-679
うわっ、後味悪いね。つーかAが気持ち悪過ぎるw

全世界がA化して、その後どうなるのか考えたら
頭がこんがらがって来るねw

687 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 02:13:21 ID:0GDkihH8O
>>678
こええ…
でも「Aだらけだ!ヒャッホウ!!」と思える人間ならかなり幸せな世界だぜ。

688 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 02:14:48 ID:Lf/mXdwK0
>>686
伊藤潤二の富江みたいに、「一番美しいのは私よ!」
とA同士の殺し合いが始まるかもな。
・・・もしや意識は一つなのか?

富江:絶世の美少女だが性格はすこぶる悪い。
殺されても殺されても生き返り、分裂して増殖。
世の男共を虜にし、別の富江殺害を命令したり。
後味は悪くない。

689 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 02:36:42 ID:XHrbmMm/0
人間VS宇宙人(これマジ最終回)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm30942

849 :本当にあった怖い名無し :2007/03/02(金) 02:18:36 ID:Dmu8I3GdO
むかしのTVタックル?のUFO特集で流れたホームビデオ映像がトラウマ

たしか
オヤジが家の屋根の上で何かが暴れているのに気づいて室内から天井向けて発砲
その後静かになったので親父と息子外に出る
暫くして親父と息子が宇宙人の死体を持って室内に入ってくる
娘と嫁パニックになってると息子が外の異変に気づく
宇宙人が一列になって室内に入ってくる
その中の一体がカメラに気づいて映像終わり

ちなみにカメラは最初から録画状態になったままでベッドの間に転がった状態で撮影していた
十年位前だったと思うが未だにコエぇぇ

690 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 02:46:08 ID:fzOGhi0r0
山岸涼子の話面白い
もっと教えて欲しい。

691 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 03:41:21 ID:wvm5lryB0
>>689
俺、宇宙人とかUFOのたぐいは信じてるけどあの映像はないわ・・
「えーw」って爆笑してしまったよ

692 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 03:57:07 ID:Rfx0gqQl0
はだしのゲン

ラストに「第1部完」の表示→じゃあ第2部も有るんだな!探そう→第2部は存在しません


そりゃ無いぜ。

693 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 04:15:27 ID:e8O9IGf60
>>691
小学生相手にマジレスしなくても・・・

後味わるーww

694 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 04:29:11 ID:wvm5lryB0
>>693
小学生と決め付ける方が後味悪いと思うがw

あと俺が見たのは高校生の時な。

695 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 08:24:50 ID:+vi7/jKs0
そういえば少女漫画の漫画の「いたずらなキス」という作品。作者忘れたけど。

ヒロインとヒーロー苦難を乗り越え結婚→ヒロインに妊娠疑惑で家族一同えっ!となる→
「作者死亡の為連載終了します」→Σ(゚Д゚||;)

漫画家だって人間だもの・・・こういう事もあるんだろうけど初めて見たとき
妙に生々しくって後味悪かった。

696 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 10:06:01 ID:YX9Vaw9M0
漫画家自身の後味悪い話と言えばガラスの仮面。

能なし駄目人間、ただし演技にかけては天才の少女と
努力で才能を磨く美少女の一騎打ちバトル漫画。
少女漫画だけど、一言で言えば昔のスポ根もので激しく熱い。
(風邪引く演技をつかむために雨に打たれて肺炎になりかかったり、
声が出てないとお腹を殴られたり、人形の動きを学ぶために強化スーツつけたり)

でも最初は順調に連載していたのに途中から何か変な展開になってきた。
主人公が幽体離脱しちゃったり神様がどうのと言い出したり。
とうとう作者があっちの世界に行ってしまい、宗教を起こした。
今では教祖様になって連載は中断したまま。
何でこんなことになったのか、後味が悪すぎる。

697 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 10:22:02 ID:I3a6HbbI0
>>696
あれ、自分でおこした宗教だったのか。
元々、幽霊とか「見える」人だったから
下地はあったんだろうけど・・
あそこまで引っ張って未完ってのは後味悪いす。

698 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 11:06:41 ID:kq80Irco0
ガラスの仮面が止まってるのに、ほんとにアレな「アマテラス」って宗教漫画まで描いてて、
ああ、とうとうここまで…と思ってしまった。
漫画家がいいアイデアとか出てくる瞬間を「神様が降りてくる」って言うけど、
あれは降りっぱなしなんだろうか。

699 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 11:47:38 ID:0GDkihH8O
>>696
え!!なんてこった!初めて知ったよ。
連載が再開されないのは、物語は大詰めだけど
多数の読者が納得するようなうまいオチがつけられないからだと思ってた。
教祖様かあ・・

700 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 11:50:29 ID:NcGw5ZaT0
ガラスの仮面って、完結したらまとめて読もうと思ってたのにそんなことになってたのか・・・・・orz

701 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 11:51:10 ID:2OIyfnGxO
ガラスの仮面自体がオカルトだしな

702 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 11:53:20 ID:uZHi7wWX0
ガラスの仮面は最後は決まっているらしい
最終回の原稿を先に書き上げておいて欲しいよ

703 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 11:57:51 ID:9qes8ejO0
前に作者がラジオに出演してインタビューされてたけど、
「ガラスの仮面は長期的作品になると最初から意識していたから、時代を感じさせるアイテムは
なるべく書かないように気をつけた。最近では携帯電話をどうしようか思案中」とか言ってたから、
追々書いていくつもりはあるんじゃないかな。

704 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 12:04:26 ID:dxzDXcn30
携帯電話は数年ぶりの新刊に登場していた

705 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 13:19:39 ID:vhAVkSnR0
>>696
エースをねらえの人と勘違いしてんじゃないかと思ったら
仮面の人もそうなっちゃったの?
そういや海女テラスとか描いてたね。
徹夜続きで脳を振り絞ってなにかを創造するっていうと
ホルモンか分泌物の所為か、あっちの方へ行き易いのかなぁ。
でも小説家であっちに行っちゃって宗教起こしたって聞かないね。

706 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 13:32:00 ID:wBlMtuhS0
あっちの世界に行った小説家ならいる。
平井和正とか高橋克彦とか。
つか宗教起こすレベルまで到達してる人は希じゃないかな?他にもいる?
いるなら漫画家業界が怖くなるw

707 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 13:55:14 ID:+sSny011O
「多田かおる」ね。
脳血管出血で倒れてそのままあぼーんしたんだよね。
いたキスは学生時代からの恋愛を描いたかなりの長編。
大恋愛→結婚→妊娠(?)てところで突然ぶっち切れたから確かに後味悪いっちゃ〜悪いか。

でも別マで「いたキス」中止のニュースを載せた際、「入江と琴子の未来は読者のみなさんそれぞれの心の中で描いてください」って一文があった。
あの作者なら絶対ハッピーエンドにしただろうと無難な終わり方を勝手に想像して自分の中では完結しちゃってたんだよな。
だから自分的にはあんまり後味悪くないな。

708 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 13:58:16 ID:+sSny011O
安価忘れたorz
>>707>>695のレス


709 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 14:25:50 ID:cj98o7N5O
ドラゴンボールに夢中だった頃毎週、「鳥山明先生が死にませんように」って祈ってたなぁ……
そういえば手塚治虫も作品未完であぼんしちゃったよね。
連載中に亡くなると亡くなった漫画家さんにとっても後味悪いだろうね。

710 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 14:36:07 ID:wBlMtuhS0
漫画で後味が悪かった話を思い出した。
少女鮫という漫画の主人公はある傭兵の養子だが、
幼い頃に施された人体実験のせいでずば抜けた戦闘力を持っている。
この少女が幼女から少女期にかけてくぐり抜けた戦いの数々を描いている。

ところが話が盛り上がって佳境に入ったところで、いきなりブルーハーツの詩を引用して終了した。
ジャンプと違ってそんな打ち切りはありえない。
何の説明も無く読者には何が起こったのかわからない。
しかもその後、店頭から作者の全作品が姿を消した。

何でも出版社とトラブって連載を打ち切り、版権も全て引き上げて出版社と絶縁したらしい。
そして他社から再販&復活を果たした。
20年近く付き合いのあった出版社とそんな決裂するって普通じゃない。
噂はあるけど作者は何も言わないから真相はわからないし、経緯も含めて後味悪かった。

711 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 14:59:35 ID:KpOLsDe00
>>710
連載終了は予定通りだったらしい
ただ作者は構想が膨らんで連載延長をのぞんだけれど
編集部は予定通り終了して欲しいと言ったことでこじれたとどこかで読んだ

712 :姉妹1/2:2007/06/10(日) 15:03:32 ID:VHNhBQom0
楳図かずおのおろちシリーズ「姉妹」。
不思議な力を持ったおろちという少女が、ひょんなことからお手伝いとして入り込んだお屋敷での話。
そこには美しい17歳の姉と16歳の妹、醜い化け物と化した母親が住んでいた。
この家系の女は皆、18歳になると手や顔にほくろのようなアザが出来、やがてはそれが全身に広がり化け物のようになるという運命を背負っていた。
姉妹2人は、その日が来るのを恐れながらも、どうすることも出来ずにお互い慰めあって生きている。
特に姉には恋人がいるのだが、その恋人を心の支えとしながらも本当のことは言えず、迫り来る18歳の誕生日におののく日々を送っていた。
そんなある日、母親が死ぬ。
その時姉は外出していたため、母親は妹にだけ遺言を託した。
妹はおろちと姉の恋人にだけ、その内容を打ち明ける。
それは妹は実はもらわれっ子であり、つまり化け物になるのは姉だけであるということだった。
それを立ち聞きしてしまう姉。
その日以来、姉は人が違ったようになり、妹を虐待し始める。
妹は、「それで姉の気がすむのなら」と健気に耐え続ける。




713 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 15:03:34 ID:aROXIxJZ0
後味悪いといえば、キャンディキャンディ。
原作者と漫画家のトラブルで、いまだにアニメのDVDもコミックも
一切再発行なし。オクでは高額で取引されてるらしいが。
アニメソングのベスト100とかでも、ランクインしたら止まった画像だけ。
ファンの意向は、無視です。

714 :姉妹2/2:2007/06/10(日) 15:04:33 ID:VHNhBQom0
そして、姉の18歳の誕生日の前日。
姉は1人鏡に向かって自分の顔を眺めた後、「どうせ醜くなるならいっそ自分の手で」と炎で顔を焼いたのであった。
その後も虐待は続き、それを見かねたおろちや姉の恋人(こいつ途中で妹に心変わりのそぶりを見せる)が妹に救いの手を差し伸べようとするのだが妹は「ずっと姉の側にいる」とこれを拒否し2人を追い出してしまう。
そして姉と妹、2人の生活が始まる。
時は流れ、妹の18歳の誕生日。
姉は又も1人鏡に向かい自分の焼け爛れた顔を眺め、「今日が来ても妹は美しいまま」と錯乱する。
そこに声をあげて笑いながら入ってくる妹。
妹は自分の額と指先を姉に見せる。
そこにはほくろのようなアザが出来ていた。
もらわれっ子は姉の方だったのだ。
「お姉さま、この事実をしった時、あなたが今まで私に対してそうしてきたように私もあなたを憎み嫉妬した。だから嘘をついた。そしてあなたは自分で醜くなった。私はこの事実をあなたに告げる日を屈辱に耐えながら待っていた。」
そして更に時は流れ、姉の恋人が屋敷を訪れる。
閉ざされた扉をこじ開けて中に入ってみると、そこには狂い死にした女とえたいの知れない醜い化け物がいた。



715 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 15:19:05 ID:YmNKnshM0
わずか一ヶ月前に出た話を得意げに書き込むやつがいて後味悪い

716 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 15:37:50 ID:wmYZ9dMF0
おろちの姉妹と似た話で人魚の森って漫画の1エピソード。

人魚の肉を食べて不老不死になった男と女の子は、人間に戻る方法を探している。
ある日、金持ちにとっ捕まってしまう。
金持ちの家には醜い老婆と美しい娘がいた。
娘は男が不老不死と気づいて、女の子を返して欲しければ言う事を聞けと脅す。
嫌々ながら従った男は娘に連れて行かれた洞窟で人魚に出会う。
娘は人魚の肉を捕ってこいと言う。
不老不死なんてロクなもんじゃない、馬鹿な真似はよせと説得するが娘は聞き入れない。
仕方なく男は人魚と格闘する。

その頃、女の子は老婆により助けられていた。
女の子は老婆に案内させて男の元へ駆けつける。
二人がたどり着いた頃、男は何とか人魚の肉を手に入れていた。
娘は人魚の肉を手にすると、それを老婆に突きつけて食えという。

717 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 15:38:31 ID:wmYZ9dMF0
実は娘も人魚の肉を口にしていた。娘と老婆は姉妹だった。
不老不死の話を聞いた妹は人魚の肉に興味を持ったが、
自分が食べるのは恐ろしかったために姉を騙して食べさせた。
そして姉は苦しんだ末に年を取らない体になった。
不老不死になった姉は父親に監禁され、ずっと座敷牢で暮らしていた。
妹は不老不死になった姉を恐れて座敷牢に近づかなかった。
歳月は流れ、妹は成長して結婚し子供を産み、子供は成長して巣立っていった。
両親も年老いて亡くなり、とうとう姉妹は二人きりになった。

その頃になってやっと妹は姉の座敷牢を訪れ、
「私たちは二人きりになってしまった。これからは二人で生きていきましょう」とさめざめと泣いた。
座敷牢で大人しくしていた姉は、その日から人魚の肉を求め続けた。
自分が食べるためではない。妹に食べさせて同じ苦しみを味わせるためだ。

だが人魚の肉を突きつけられた妹は恐怖のあまり心臓麻痺を起こして死んでしまう。
復讐が敵わなかったと知った姉は生き続ける気力を無くし、火に焼かれて消滅することを望んだ。

姉が不憫すぎる。

718 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 17:24:10 ID:2OIyfnGxO
そして方向転換して出来たのがらんまや犬夜叉なわけか

719 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 17:34:53 ID:u1Ewco9C0
いやその前にうる星やつらが出てきてますからw

720 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 17:37:11 ID:guF/oBFd0
>716
あれってらんまの人の漫画だったのか?
そうえいば絵が似てるわ。今まで知らんかった。

姉が飲まされたのは人魚の「血」で、片腕がウロコの生えた手になってて、
切り落としてまた生えてくるという体になってた。
座敷牢に何十年も閉じ込められた挙句、「二人きりになっちゃいましたね。
私ももう家族がいなくて…」と泣く妹に
「あなたは子を産み育て、年齢を重ねて「普通に」生きて死んでいけるじゃないの。
何を泣く?
… 死 な せ る も の か 。」
と表情を変えずに決意する姉が怖かった。

721 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 19:24:00 ID:2HWX62Cl0
>>690
山岸涼子の作品は「八百比丘尼」しか読んでないですが
(何人かの漫画家やイラストレーターの怖い作品を集めた本で)

女子高生・江崎は父親の再婚後、家を出てアパートから高校に通っていた。
高校でも放課後、男漁りに出て行く同級生達の間に入り込まずに不満を抱えていた。
ある日、彼女は八重子という美少女から「化学のノートを貸してくれない? この間の授業休んじゃったの」と声をかけられる。
しかし、クラスメイトは八重子のことを知らない。八重子と親しくなるに連れ、江崎はクラスからますます孤立していった。
夏休み、八重子は江崎を別荘に誘う。そこには八重子に負けないくらい美しい母親と、
母親と同じ年齢・誕生日のおばがいた。
彼女達から奇妙なおもてなしを受けながらも、悪い気はしない江崎。
しかし、江崎は利用されていたのだ。彼女達は宇宙の「人魚」で、
人間の肉を食べて、分裂し八百年間生きる種族だったのだ…。
すべてが済んだ後、八重子が増えた仲間に言う。
「一番目立たないのを選んでやったのよ。あの子一人の消失ぐらい誰も気にとめやしないわ」
そして「人魚」達が「不満だらけで、その分自分から努力しない人間はゴマンといるのよ」「だからちょっと優しくすれば、すぐホイホイとついてくるわ」
「じゃ、もっとひんぱんにやったらどうかしら」「そうね。彼らのためでもあるのよね。これだけ人間があふれてるんですものね」
「死にたい人もいっぱいいるし、悪いのもウヨウヨ」と言うラスト。

江崎のことは彼女自身にも原因があるといえなくもないけど
(父親は一応は娘のことを気にかけているらしい。養母と江崎に確執があるかは不明)
なんかすっきりしない。作者自身の考えなのか、当時の風潮なのかは分からないけど


722 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 19:45:50 ID:oJyGyxcO0
>721
どっかのスレで誰かが言っていたが、
山岸凉子は自己反省しない努力しようとしないキャラにはとても残酷な結末を与えるそうな。
書いてくれた話とか、有名な「天人唐草」とか。

※「天人唐草」
古風な考えをもつ強い父のもと「女らしくおとなしく」育ってしまった主人公は、
自己主張をはっきりとしない自分を「これでいい」ということにして
男にアクティブな同僚女性を蔑んだり
そういった態度を注意しようとしてくれた男性を父が「軽薄なタイプだ」と批判したせいでスルーし、
そしてある日父が愛人のケバい女の元で死んだことでショックを受け
ふらふらと夜道を歩いていたらそこをレイプされ、
気違いになって空港を変な格好で「キェーッ!」とうろつくようになってしまった話。

723 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 20:12:31 ID:JzlNFbBf0
>>674
亀レスですいませんが、リコーダーのお話を詳しく
お願いします。微に入り細をうがって、詳しく詳しくお願いします。

後、できれば年齢と、身長体重3サイズと似ている
芸能人のお名前などもぜひ。

724 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 20:13:40 ID:2HWX62Cl0
>>722
「キェーッ!」と、叫びながらですか?
ガクブル…。

725 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 20:26:11 ID:44t/uWad0
>>722
あのラストはトラウマスレに書きたいくらいだった。

「彼女はようやく自由になった
  狂気という檻の中で」    でエンド。

726 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 20:43:15 ID:pJVjTZK00
>724
始まりが気違いシーンからなんだよ。
空港でちいさな子供が「キェーッ!」を聞いて振り返ると
フランス人形みたいなドレス着て日傘さして金髪のカツラかぶって厚化粧して眼が逝っちゃってる女が
「キェーッ!」「ギェーッ!」言いながら歩いてる。
子供の母親が「見ちゃいけません!」って。

で「なぜ○○(主人公)はこうなったのか…」と生まれ育ちから狂気に至るまでを説明する構成。

727 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 21:06:57 ID:3GBroUZu0
ゴルゴ13の作者は最終回を既に書き終えて金庫に保管しているらしいな。
自分があぼんしたらそれを掲載するようになっているとか。

728 :本当にあった怖い名無:2007/06/10(日) 22:20:55 ID:fchcEy/J0
>>726
そうそう、主人公がすげーかっこした老婆で……と思ったんだけど、
あの主人公、ラストでも30歳ぐらいだったような。
昔の作品だからというのもあるんだろうか。

729 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 22:31:46 ID:I3a6HbbI0
>>728
心労で老けちゃったんじゃないのかな

同じく山岸涼子の短編でタイトルは忘れたけど
母子家庭で母親べったり娘べったり
(娘はボーイッシュで母親は年甲斐も無くフリフリ
娘を若いツバメの代替品みたいにしてる)。
娘は大学生になり、フェミニズムや子供を私物化する
親の問題について学び、自らの親子関係がおかしい事に気付き
自立しようとした。その矢先・・・彼女の自立を恐れた
母親に刺し殺されてしまう。

>>722みたいに自己反省しない主人公ならともかく、
自己反省し目覚めかけていたのに、DQN親に人生を潰されてしまう。
後味悪うございました。

730 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 22:35:55 ID:VjQSS3cB0
山岸凉子は作風が淡々としてるからあまり後味は悪くないけどなあ

731 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 23:03:37 ID:gNyUhs3Q0
>>726
メリーさんを思い出した。
10年くらい前まで女子高生とか地元の人には有名だった女性。
顔を白粉で真っ白に塗りたくって白いドレスでフラフラしていて有名になった。
セーラー服着てるオッサンや下着でうろつくオッサンと同じような意味合いでの有名人。

この人は元は高級娼婦でプロに徹していたらしい。
フェラのために歯を全部抜いたとか何とか。
で、彼女をモデルにして美談ぽく仕上げた映画や舞台がある。
でも娼婦として立ちゆかなくなった後はホームレスになって、しかも人から笑われて生きてた。
消息不明になってしまったんだし、本人が本当にそんな生活を望んでいたのか、
映画化を承知したのかもわからない。
それを無理矢理映画にしてしまうところがなんて言ったらいいのか、後味悪い。

732 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 23:30:49 ID:B5JdaDse0
>>731
>映画化を承知したのかもわからない。
>それを無理矢理映画にしてしまうところがなんて言ったらいいのか、後味悪い。

お前の勝手な憶測で後味悪いとか言われても困るんだが。

733 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 23:33:41 ID:2Gn0O+yD0
メリーさんは数年前に亡くなったよ。

734 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 23:38:15 ID:jcpyms//0
>>729
「メディア」って話ね。あれはホント後味悪い。
父親はいるんだけど浮気していて、母親は相手にされない分娘に異常に執着してる。
娘は自立しようとアメリカに2年間留学する事にしたんだけど、それを知った母親は猛反対。
必死で説得してなんとかOKしてもらったけど、内心母親は許してなんていなかった。
そしてあさってが出発という日に、母親は娘を刺し殺す。

そうなんだよね。他の主人公と違ってこの娘は頑張っていたのに、救いようのないラスト。
やっと母親の呪縛から逃れられるという矢先にこれじゃあ…娘可哀相過ぎ。

735 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 23:38:52 ID:NxM06luW0
メリーさん懐かしい、一度見たいと思ってたのに結局見られなかった
後、ポンポンおじさんも見たことない
チアリーダーが持ってるポンポンを普通のおじさんがもって、街中で振ってたらしい
これだけ聞くと「変な人」なんだけど、噂だと子供が交通事故で死んじゃったから、事故を
無くすためにあんなことしてたとか。ちょっと悲しい話だった
でも、何時の間にか「ポンポンおじさんを見たドライバーは交通事故を起こす」と都市伝説に
なってたのが後味悪い

736 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 23:47:50 ID:pJVjTZK00
>731 ググった 2005年に亡くなったみたいね

じゃ気分を変えて手塚治虫の短編

未来の日本、でも第二次大戦中のような感じ。
気弱な若者を乗せて敵を倒しに飛び立った戦闘機がなにかの間違いで墜落、
最近いい評判がなかった軍の首脳陣は「○○君は名誉の戦死を遂げました」と国を挙げて祭り上げ
えらい立派な銅像や若者を主役にした映画まで出来たりしている。
一人残された母親は表面は気丈にしているが内心「生きて帰ってきてくれないか…」と泣いている。

そんな数年後、墜落したが実は付近の村民に助けられ生きていた若者が日本に帰ってくる。
まず軍に顔を出したのが運のツキ、折角の「英雄」が台無しになると
首脳部は「コッソリもういちど戦闘機に乗って死んでこい」と。
嫌がる若者を無理に飛び立たせるがまたしても若者はケロッと戻ってきてしまう。

「だめだ!死んでこい」と若者に銃弾を撃ち込み瀕死の状態にし戦闘機に乗せる首脳陣。
若者は最後に「母さん…」とつぶやきながら戦闘機の中で息絶えるが、
その機首は日本の軍の施設に向いていた。慌てる首脳陣に突っ込む戦闘機。
-----------

737 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 02:03:16 ID:MBs08gPx0
今は知らんが美内すずえは昔山岸凉子と仲良かったみたいだね。
ゆうれい談だっけ?美内の心霊体験が山岸のネタに使われてたような。

738 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 02:18:31 ID:Txl+c3sh0
まだ連載中なんだけど「ボーイズ・オン・ザ・ラン」っていう漫画。

主人公田西は27の冴えない中小企業営業マン。
同僚のちはるという可愛い女の子に惚れている。
素人女性とつきあったことがないためアプローチの仕方がわからず
営業先で知り合った大手ライバル会社のさわやかなイケメン青山君に相談する。
その甲斐もあって良い雰囲気になるが、間の悪い事件があり疎遠になってしまう。
声を掛けられないまま1ヶ月後が過ぎた頃、街でアダルトショップに入る青山とちはるを見てしまう。
後日ちはるは社の企画を青山の会社に流したことが一因で退社することに。
そしてちはるから青山と別れたこと、妊娠したことを聞かされ、
誰の子かわからないと言う青山の代わりに堕胎同意書へのサインを頼まれる。
部外者であることを認識しつつも割り切れない田西は青山に決闘を申し込む。
同僚の元ボクサーに鍛えられ奇襲戦法を練りつつ、青山に勝ったらちはるに告白しようと考えていた。
青山の会社に乗り込んだところ、
そこで青山の後輩内木が、ちはるとヤっていたこと、濃厚なサービスしてもらったこと話すのを聞いてしまう。
田西は奇襲戦法で内木をノックアウト。
青山との決戦に臨む。
しかしカポエラ使いの青山は強く、奇襲戦法もちはるに洩らされていたため通用せず
みじめに返り討ちにされる。
田西は怪我の体でちはるの帰郷を見送りに行くが、奇襲戦法を青山に洩らしていた上に
酷い扱いをした青山のことをなお心配するちはるにブチ切れて喧嘩別れ。

で、田西は会社を辞めてボクシングの世界に入るんだけど
数年後、ボクシング会場で偶然会った青山は不治の病に懸かっていて
治療の副作用でぶくぶくに太っちゃってる。

ヒロインだったちはるが酷い女になっていくのが作者のちはるタイプの女への私的な怨みからってのも
後味悪かったw


739 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 02:58:33 ID:zmsVpEMg0
何がしたいのか良く分からんマンガだな…

740 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 03:23:25 ID:h9NWS/N80
>>739
確かにw
これが実際連載されてるのが後味悪い

741 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 03:40:07 ID:NRUErPS90
確かによく分からんな…いきなりボクサーとか
カポエラとか出て来る辺り謎だしな。

コネタだけど手塚治虫のSF短編「わが谷は未知なりき」

西部劇に出て来そうな雰囲気の谷に住む3人の家族。
初老の父、若い姉と弟は畑を耕し、自給自足の暮らしをしていた。
一家は何代にも渡ってこの谷に住んでいると言う。
それなりに緑があり、それなりに暮らして行けるが
姉弟は一度も谷を出た事が無く、外の世界に憧れを持っている。

嵐の夜、見知らぬ男がやって来る。
男と姉はいつしか恋仲になる。それを知った父は男を追い出そうとする。
姉は男とともに逃げる。そして初めて谷の外の世界を見る。
そこは荒涼とした砂漠が広がっていた。「海は?街は?人は?」
そう尋ねる姉に、男は言う。「そんなものは無いよ…」

追って来た父と弟によって男は死ぬ(ちょっとうろ覚え)。
父も負傷し、虫の息となる。父は語る。
「ここは宇宙の流刑地なんだ。何代か前の先祖が罪を犯し、この星に来た。
 そこで先祖は努力の末、畑を切り開き、緑を育て、そして兄妹で子を作った」
それからずっと、子孫達も同じ事を繰り返して来た。
「お前達もいつか結婚し、子供を産め。それをいつかお偉いさん達が
 見つけて驚くだろう…」父は息絶える。
2人は先祖代々のお墓に父を埋め、2人で暮らして行く事を決める。

742 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 03:55:54 ID:RqtelriJO
近親姦萌え〜☆彡

743 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 04:32:48 ID:MD5vO8330
後味が悪いというよりも、前半が凄く面白い→後半つまらならい
という展開でガッカリする映画を紹介。

「ミュート・ウィットネス」 (監督は当時、ヒッチコックの再来との声が上がったアンソニー・ウォラー)
<あらすじ>
主人公の女性ビリーは、口がきけないというハンディキャップがある。
そんなビリーは姉の恋人が監督する、B級ホラー映画の特殊メイクの仕事をしていた。
ある日、忘れ物をしたために撮影終了後のスタジオへ一人で戻るハメになったビリー。
ところが誰もいないはずのスタジオでは、一部のスタッフが密かにポルノ映画の
撮影をしていたのである。物陰から様子を見ているビリー。
そして驚いたことに全裸の女にからんでいた男が突然、女の胸にナイフを突き立てる。
それはとても演技とは思えない凄惨なものだった。
ショックを受けたビリーは現場から立ち去ろうとするが、物音を立ててしまい
スタッフ達に気付かれてしまう。
叫んで助けを呼ぼうにも声は出す事は出来ないので、必死に身を隠しながら
逃げるビリーとスタッフ達。(ここのカメラワークや展開はものすごく秀逸)

結局、建物から脱出と同時に捕まってしまうが、警察にも助けられる。
事情聴取の結果、撮影現場で起こった殺人事件は演技でただの誤解とされてしまう。
それを信じられないビリーだが、監督が姉の恋人ということもあってその場は収まる。

-------- ここまでは面白いが・・ ---------

744 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 04:33:32 ID:MD5vO8330
後日、ビリーは自宅にいるところをスタッフ達に襲われるがなんとか逃げる。
しかも警察に逃げるとあっさりと誤解が解ける・・。
その後は刑事を味方にしてスナッフビデオを製作している闇組織との対決へ。
爆薬(?)を使って壊滅させて終わり。

とにかく勿体無いの一言。
前半と後半の評価が100点と3点ぐらいの開きがあるのでガックリ感が大きい。
もしも後半は主人公と映画監督の誤解が解け、それをキッカケに恋人関係に発展、
その後、情事の現場で本物のスナッフビデオの撮影だったことが
明らかになる・・なんて展開だったらかなりヒットしたはずなのに、、

745 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 06:55:36 ID:Zbs04PXfO
後のビリーズブートキャンプである

746 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 08:02:35 ID:KxFcRFEQ0
不覚にもワロタ

747 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 08:37:51 ID:65hJuS21O
高校時代に読んだエロマンガ
ある女子高性が失踪した。彼女(A)の家は名家だったため両親は
風評を気にして、彼女ができが悪く破天荒な正確だったこともあり、
あまり本腰をいれて捜索をせず、警察もよくある家出として処理した
そしてその友人(B)は一人で捜索を開始する。
Bは幼い頃、どこか海外の紛争地域で母親と共に誘拐され
兵士の慰安婦として過ごした経験があり、その経験のため
周りから差別され誰にも心をひらけなかったが
そんな彼女にも分け隔てなく接するAに対しては友情を感じている

BはBの通う学校の教師とAが同棲していると言う噂を耳にいれ、
教師の家に潜入する。そこには教師とセックスするAの姿があった
それを見たBはAが教師に監禁されレイプされているのだと思い教師を
殴って気絶させ、Aと共に逃げようとする
(Bは日本に帰ってからは己の身を守るために格闘技を身に着けている)

だがAはBの誘いを断る。
実はAは教師に拉致されたのではなく、自分の意思でここにいるのだと告げる


AはBと目を覚ました教師に何故二人は一緒に暮らしているのかを尋ねる

始めは二人共黙っていたが、Aが重い口をひらく
失踪した当日Aはホームレス数人に拉致され、

748 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 09:00:34 ID:65hJuS21O
続き

ホームレスに拉致された彼女は公園のトイレで
壮絶なレイプを何日間にも渡り受けた
そこを偶然通りかかった教師に助けられるのだが、
救出された彼女は精神を病んでしまっていた
カウンセリングに行くことすら出来ないAを教師は家に連れて帰ろうとするが
Aはそれも拒む。仕方がないので教師が回復するまで面倒を見ることにした

そして彼女と教師はいつしか関係をもつようになる

その話を聞いたBはAがいれたコーヒーを飲む
すると途端に意識を失ってしまった。
実はAが睡眠薬を仕込んでいたのだ

749 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 09:02:00 ID:iyx8m/6kO
>>747 何で途中?

750 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 09:03:30 ID:njtr8nSSO
>>749
よく考えろ

751 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 09:55:02 ID:C33RanqZ0
え?Bはどうなったんだ?

752 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 10:48:59 ID:EqiTzLB10
>>636>>641の話を読んだ後で、この事件が起こったんで、こんなこと本当にあるんだとびっくり。
事実は小説よりも奇なりってよく言ったものだと思った。

マンション屋上の冷蔵庫に女性遺体、住人の夫逮捕
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070610-00000013-yom-soci


753 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 11:02:33 ID:RqtelriJO
ごろんって出てきたのかな
腐ってたからぐべしゃって感じかな

754 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 11:52:12 ID:CFbkxWCL0
>>710-711
揉めたのは編集部じゃなくて、編集長。
しかも編集長は、和田氏よりも年下で、流行っている絵柄マンセーなタイプ。
和田氏や柴田氏の実力は、頭に入っていなかった。
で、更に少女鮫ではバチカンが悪者っぽく描かれていることから、
宗教を取り上げて問題になると、自分の責任になる。
それがイヤだったこともある。
で、あんな風に描かせた。で、和田氏、ブチ切れ。

だから和田氏も柴田氏も、それ以降、花とゆめには関わっていない。
個人的には、和田氏の本当に描きたかった少女鮫を、
「真・少女鮫」として、同人誌でいいから出して欲しい。

755 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 11:54:42 ID:/I5Sg6A10
>>754
>和田氏や柴田氏
こんな実力ある人達を蔑ろに
するなんて・・・馬鹿だねー。

756 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 12:00:29 ID:XjPsP5ZR0
和田氏って、和田慎二のこと?柴田氏は柴田亜美?

757 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 12:31:30 ID:GrYu6LtD0
花とゆめが同じような今風の絵柄ばっかりになったのはそいつのせいか。

758 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 12:36:48 ID:YB9M2f7kO
>>756
柴田昌弘だよ。

759 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 12:47:02 ID:T7gFNTAZO
>>747のBはどうなったんだよ
後味悪い

ハッ!
それが狙いか…!?

760 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 13:39:00 ID:UIwZOSsy0
漫画雑誌の編集長って、絶対的な権限持ってるんだよな。

サンデーだったかでも、編集長が変わったとたん
それまでの連載が、軒並み打ち切りにんったりしてたもんな。

761 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 15:18:06 ID:JP9WxVAK0
ねこぢるの「ねこぢるまんじゅう」
ねこの兄弟が周囲に助けられながら生き別れになった母を捜すという残酷な漫画が多いねこぢる漫画では珍しいほのぼのとした人情譚だが、
最終話がやけに後味悪かった。
歩き疲れた兄弟がたき火を炊いて休憩している。と、そこへお母さん(何故か人間)が現れ、一緒に家に帰る。
家には死んだ筈の育ての祖父(人間)と、父親を名乗る中年男性がおり楽しく夕飯を食べ出す。
猫の兄は「あれ、お母さんと人間なのかな?」と疑問に思った途端、死んだ祖父の霊が現れ
「お前らは幻影を見ているんだ」と諭す。たき火に使った火種には幻覚剤の原料になる葉っぱも混じっており
この幸せな一家団欒は全て幻であった。
しかし、「まぁ、いいや。クスリが切れるまでもう少し・・・」とトリップに浸る兄弟。
傍らで祖父の霊が二人の身を案じてたたずんでおりED。
最終話意外全てほのぼのした終わり方だったのに、最後の最後でこの結末かよ!!と思ってしまった。
結局母親は見つからないままだし、多分この兄弟は幸せな幻影を求めて薬に依存し続け、薬物中毒になって野たれ死にするんだろうな・・・。

762 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 15:36:51 ID:n7EoavDfO
途中もほのぼのしてなかった気がする

763 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 16:29:13 ID:GrYu6LtD0
ほのぼのなんかしてなかったよ
善意の豚の子供平気で殺したりしてたじゃん。

764 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 16:33:56 ID:TxE9GUzT0
ねこぢるはメンヘラーだからな

765 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 16:35:18 ID:o/7kgqKU0
有名だから知ってる人も多いだろうけど、リングも続編見ないとかなり後味悪い。
話題的には今更だけど簡単に書いとく。

見た人が7日後に死ぬテープというのが話題になる。
ある記者の女性がそれを手に入れて見る。
彼女は友人の男性記者にもそれをダビングしてみせる。
色々ありそれが本物と確信した二人は何とかその呪いを解こうと色々調べる。
が、そんな中女性の子供がそのビデオを偶然見てしまう。
慌てるが時既に遅し。子供まで呪われ何とか助けようとする。(確かヒロインは母子家庭)

そんな中、呪いの元凶を突き止める。
無残に殺されて死体も見つかってない「貞子」と言う女性がその元凶と突き止める。
彼女の故郷に二人で向かい、もうすぐ女性の方が死ぬという時間(ビデオを見てから7日目の時刻)
の直前に奥深く暗い井戸の底で彼女の白骨化した遺体を発見。
それを見つけて貞子の不幸な過去や呪いが解けた喜びでそれを抱きしめ泣き崩れるヒロイン。
そして、時間を過ぎても彼女は死なない。呪いは完全に解けたのだ。

766 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 16:36:12 ID:o/7kgqKU0

・・・しかし、その数日後。
もう呪いが解けたと思ったのに一緒に突き止める為に取材していた男性記者が死亡。
それを知りパニックなるヒロイン。もうすぐ自分の子がビデオを見てから7日目の時刻。
「何で私は助かったの?私がして、彼がしてない事・・・!」
懸命に息子を助けようと考えるヒロイン。
そして、あることに気づく。

「・・・タビングして、人に見せた・・・!?」
つまり、貞子の死体を見つけて弔っても呪いは解けていなかったのだ。
ヒロインが助かった理由は呪いが解けたからではなく、ビデオをタビングして
二人の人間(男性記者と事故とは言え息子)に見せていたからだった。
ラストは、車にビデオテープを乗せ携帯で電話する女性の後姿。

「…あ、もしもしお母さん?見て欲しい物があるの。
 …そう、お父さんも一緒に。あの子の為なの…。」

走り去って行く車。


これで終了。
無駄に長くなってすまん。上手くまとまらなかった…。
書いてて気づいたけど、最後は携帯で電話しながら車を運転してたから
もしかして今テレビで再放送とかは無理か…?
なんかもしそうらな別の意味で後味悪いな。

767 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 16:41:20 ID:6vvFeZyuO
>>707
「いたずらなキス」は面白かったよねぇ
作者が亡くなったショックで、いたキスのコミック買うの辞めたもん
どうせ最終回は見られないんだ、と思って・・・
もう何年も前の出来事だけど、思い出すたび心が沈むorz

768 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 16:41:27 ID:UIwZOSsy0
>>765-766
懐かしいな。
ラストはその解釈であっているはず。


769 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 16:47:25 ID:o/7kgqKU0
>768
誉めてもらってトン。
というか、やっぱりそうなのか…。
前に1回見たけどそれだけで映画の再放送とかしないなーと思ってたら…。

770 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 16:56:45 ID:PxjurwWL0
あのシリーズは続編を見るとさらに後味が悪くなると思う。
映画は知らないから原作の話だが。
1作目は有名なテレビから女が出てくるシーンのホラー話だ。
原作も同じくどこからどう読んでもホラーだ。間違いない。
2作目は続編ってことでやや理屈っぽくなっているが、違う角度から切り込んだホラーだ。
ところが3作目になって完全にホラー色はなくなり、SFになっている。

実はリングもらせんも全部仮想世界の話で、その仮想世界から飛び出した少年が3作目の主人公。
世界に変な病気が蔓延して、それが仮想世界の貞子の呪いと関係してると看破した少年が
人類を救うために仮想世界に戻っていってめでたしめでたし。
と言う飛躍をする。
人気が出て無理矢理続編書いたから仕方ないとは思うんだが、これはないだろと思った。

771 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 17:13:31 ID:T7gFNTAZO
そりゃひどいなw
リングは『何故他人にダビングして見せると呪いが解けるか』が
わかんなかった。
ダビングする事で禎子の呪いが『増殖していく』んだよな
増殖してくれたから、代わりに呪いを解いてあげるってことか?

772 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 17:17:25 ID:o/7kgqKU0
>全部仮想世界の話で、その仮想世界から飛び出した少年が3作目の主人公

スターオーシャン3とかまいたちの夜というゲームを思い出した。
かまいたちの夜は人気が出たから出た第2段が、前作は小説の話で第2段の
主人公はこれを書いた作者という設定。
しかし、これはホラーゲームで殺人事件が起ったりするのでまだいい。

スターオーシャン3の方はファンタジーゲームで架空の世界が舞台。
よくある、「世界滅亡をたくらむボスを倒して世界を救うぜ!」な作品。
そんでファンタジーな世界を旅して回るわけなんだが、
最後の最後で主人公が「全て悪いのはこのゲームの製作者!!製作者倒すぜ!」
そしてファンタジーの世界から現実世界(ゲーム内での)のゲーム制作会社に
乗り込み、社長を倒す。めでたくエンド。

・・・なんだこの後味の悪さ。

773 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 17:26:26 ID:7ld9obP20
>>771
風邪は人にうつすと治る、みたいなことじゃないか?

774 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 17:26:29 ID:zmsVpEMg0
スターオーシャンはそれのせいで1と2全否定なんだっけ
3だけやってないので良く分からん

775 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 17:27:13 ID:o/7kgqKU0
>『何故他人にダビングして見せると呪いが解けるか』

貞子の目的は簡単に言うと「人類滅亡」。
鼠算で、1回呪いを解けても新しい感染者は2人いる訳だからその二人が助かるのに
ビデオを見せる人間が1人につき2人必要で合計新しい感染者が4人必要。
そしてその4人が助かるのには新しい感染者が8人その次は・・・。
こんな感じでどんどん増えていくとすれば、いずれビデオを見ていない人間はいなくなる。
しかもビデオは1本だけじゃないわけだから全部の人間が呪いにかかってしまう
増殖スピードは速くなる。
つまり、「2人見せれば助かる」っていうのは全部の人間に呪いをかけ広める為の罠。
1回助かっても、もしまた見てしまったら2人に見せないといけないしね。

分かりにくくてスマン

776 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 17:35:37 ID:T7gFNTAZO
『二人に見せないといけない』って映画にあったかな?
ヒロイン以外に正規のビデオを観たのは息子だけで、
ダビングして見せたのは一人(竜二)だけじゃなかったっけ?

777 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 17:36:53 ID:4WJmShi0O
リングをあんなもんにしてしまった日本映画が1番後味悪い
らせん見ずに帰ったぞ

778 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 17:39:02 ID:7ld9obP20
>>777
らせんを見るとリングは面白かったんだなーって思えるよw

779 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 17:41:25 ID:UIwZOSsy0
>>776
だよね、別に二人以上って決まりは無かったはず。

たとえ、ビデオを見てしまっても
ご町内で当番を決めて、持ち回りすれば何とかなる・・・のか?

780 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 17:47:18 ID:T7gFNTAZO
>>779 ワロタw
そうだな、持ち回りで見てれば死なないよなw
『今日は火曜日だから、ビデオ観ないと』
ゴミの日みたいだw

781 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:07:02 ID:7ld9obP20
二人以上に見せなきゃいけないなら持ち回りは無理だろ。
倍数でどんどん増えてくんだから。
一人に見せればいいなら二人で交換してりゃいい話だけど・・・

782 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:11:00 ID:+cvVN+Nw0
リング、原作第一部しか読んでないんだけど、
「ダビングして二人以上に見せれば呪い回避」なのは
子孫を残せない貞子が生身の子孫の代わりに
呪いのビデオテープ(とそれを見た人)を殖やす、
という理由だった気がする。

ところでダビング&人に見せる、を数人の共同作業でやった場合は、
見せる相手の必要人数は作業者×2なんだろうか。
もし数人がかり共同作業でも見せる相手が2人でいいなら
ちょっとずつ減らないかな…とか妙なことを考えてしまった。

783 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:14:47 ID:65hJuS21O
>>748続き

目を覚ましたBの目の前で教師とAがセックスをしていた
そしてAはBにここで一緒に暮らして欲しいと頼む
そしてAと教師はBをレイプする
Bが飲んだコーヒーには強力な媚薬も入っていたので抵抗できない
そして行為が終わったあとにBはAのために共に
教師の家で暮らすことを決める
そしてAとBは色欲におぼれ廃人の様になってしまった

場面は変わり教師が勤める学校
教師は何者かと電話をしている
実は教師はセレブ御用達の人身売買組織の一員で、
Aがホームレスに拉致されたこと等全て教師が高額で売れるであろう
Bを手に入れるために仕込んだことだった
AとBが廃人になったのも毎日の食事に強力な媚薬、催淫薬が入っていたためである

そして最後にBは生処理用に金持ちへ
完全な廃人となったAは内臓を売ることを組織に約束して物語は終わる

ペッパー事件で思い出したので書き込んだ

784 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:15:11 ID:KsoJA+mQ0
「二人以上」の制約は、ドラマ化したときに勝手についた設定だったはず。
原作の最後の方に「呪いの解除方法が、二人以上に見せなければいけない、などと誤って伝われば、増殖するスピードは飛躍的に増えるだろう」みたいなセリフなかったっけ。
あれが元になったんでないか。

785 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:17:19 ID:F0Ychoxm0
今の時代P2Pで偽装して流せば…

786 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:21:13 ID:7ld9obP20
リングの話、ダビングはしなくちゃいけないんだっけ?
原本(?)を貸すだけじゃだめなの?

787 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:24:16 ID:K0mxEclY0
>>772
>最後の最後で主人公が「全て悪いのはこのゲームの製作者!!製作者倒すぜ!」
古いフリーゲームを思い出した。
勇者に家捜しされて宝物を盗まれた老魔法使いが、復讐で魔王と勇者を相打ちさせようと暗躍するRPGとか
損になる仲間は見捨て、金目の物を手に入れるために魔王の封印も解き、困ってる人はスルーするヒロインが主人公のRPGとか
一風変わったゲームを作る作者がいた。

その作者が作った短編ゲーム。
勇者に憧れる少年と親友、幼なじみの少女が出てくるオーソドックスなRPGで幕が上がる。
3人は勇者を目指して旅に出て…というところでいきなりマップが破壊される。
制作者がやる気を無くしてマップを破壊した始めたのだ。
抗議するキャラに対し、「制作者に楯突くとは許せん」と鉄槌が下される。
幼なじみの少女と少年はミンチにして殺され、主人公は逃げ回る。
怒った制作者は主人公をつまみ上げて飲み込んでしまう。

788 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:25:13 ID:K0mxEclY0
主人公は制作者の胃の中で多くのキャラと出会う。
制作者はゲームを作りかけては壊し、そのたびに多くのキャラを殺して飲み込んできたのだ。
胃の中にいるキャラ達は絶望してただ死を待っている。
ここから出る道はないからだ。
しかし親友と幼なじみの復讐に燃える主人公は諦めず、何とか外に出る方法を見つける。
吐き出された主人公は制作者に復讐し、もう一度ゲームを作り直すことを約束させた。
そして親友も幼なじみも生き返り、めでたくオーソドックスなRPGは完成した。

ってまとめたら後味悪くないかな。
しかしゲームやってると投げやりで病んでる雰囲気がじわじわときた。

789 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:32:45 ID:gYxtntUU0
>>783
そんな使い古しのBなんか高く売れるんかな。
Aの臓器も媚薬やらで傷んでそうだし。

790 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:35:45 ID:s70K1szsO
>>787-788
メタなんとかっていう分野なのかな。
まとめ方がうまい為か、ちょっと面白そうだと思ってしまったw

791 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 20:24:49 ID:H0gCQ41D0
「バスクテール」というブルテリア(犬)が主人公の映画

バスクテールの独白で話はすすむ。(おっさんのしぶい声)
最初は老女に飼われていて、窓から見える向かいの若い夫婦に飼われたいと願っている。
ある日、老女を風呂で溺死させ若夫婦の家にまっしぐら。
飼われることになるが、 幸せは長く続かない。
なぜかガレージに閉じこめられ家に入れてもらえない。
「ひどい裏切りだ」とバスクテール。
ようやく開放されると、家の中には赤ちゃんがいる。
バスクテールは赤ん坊を亡き者にしようともくろみ、
はいはいが出来るようになった赤ちゃんを庭のプールへと誘い、落としてしまう。
バスクテールの鳴き声に気付いた夫婦が、すぐさま赤ん坊を助けて事なきをえる。
「知らせるのが早すぎた」と反省するバスクテール。
こんなこともあって若夫婦は、バスクテールを手放すことに。
今度の飼い主は10歳くらいの少年で、バスクテールに色々命令をする。
バスクテールは、いままでとはちょっと違うなと感じつつも、気分がいいらしい。
(ここらへん、よく憶えていないんだけど)バスクテールは少年に殺意を抱き、
突然襲いかかる。とっさに少年は「バスクテール、来い!!」と号令をかける。
(字幕では「来い」だったが、様子をみると「お座り」が妥当ではないかと思う)
少年の号令につい従ってしまうバスクテールw
おとなしくお座りしているバスクテールは、必死の少年に撲殺されてしまったのだった。
終わり


792 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 20:28:15 ID:Jm3I+KGN0
>>787
良ければタイトルを教えて

793 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 20:31:00 ID:ZPw83eDo0
大学の卒業式の日に、クラスメイトが、

 「みんな済まん!俺、社保庁に行くんだ。今のうちに謝っておく。本当に済まん!」

と突然、大声で謝りだして驚いた・・・





   最 近 、 そ の 意 味 が 分 か っ た。



794 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 21:10:31 ID:SwRfmLWz0
メタフィクション物といえば、ビッグオーってロボアニメも
舞台になってる都市が実はただのステージで
キャラクター達はその上で同じ事を繰り返してるだけっていう
後味の悪い展開だったらしいな

795 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 21:10:53 ID:BN+y7rea0
>>790
ゲームはあらすじの10倍は面白いよ。
しかし面白いと思った自分に後ろめたさを感じたんだよな。

>>792
神との戦い。
↓で落とせるが動かすにはDANTE98のエミュ(無料)が必要。
ttp://pentagram.hp.infoseek.co.jp/rpg.htm
ちなみにゲームとしてなら同作者の「老魔導師の怒り」の方が完成度は高い。

796 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 21:46:07 ID:MBs08gPx0
>>786
ダビングしなくちゃダメ。

797 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 22:17:21 ID:hAh1Ns3r0
>>783
エロマンガなら読みたいな。
少女マンガだから抜けそうに無いけど。

798 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 22:28:28 ID:erXTH8NK0
エロマンガって最初に書いてるぞ

799 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 22:42:26 ID:/Wh9tQkx0
真梨幸子の短編
「いつもまでも、仲良く。」
ピザのヨシエは、「このままではいけない」と一大決心をしダイエットに挑戦、
みごとダイエットドリンクの会社が主催するダイエット女王になる。
その様子はテレビで放映され、早速、高校時代の仲良しグループの一人から連絡が。
久しぶりに顔を合わす仲良しグループだが、なんだかみんな微妙な感じ。
痩せてきれいになったヨシエに距離を置いている。
ヨシエのダイエット成功を祝してパーティを開こうとという話になったが、
一向にパーティが開かれる様子はなく、どうも、ヨシエを抜いてみんなで会っているみたいだ。
もともとグループ内カーストでは底辺だったヨシエ、それが綺麗に痩せたものだから、みんな自分のことを妬んでいるんだ、そんな友達ならいらないと開き直るヨシエ。
が、半年後。ヨシエはみごとリバウンドしてもとのピザに戻ってしまった。
そんなヨシエを、「これからも仲良くやっていこうね」と、優しく受け入れる仲良しグループ。
「私はデブキャラがお似合いなんだ」と、自分に言い聞かせるヨシエ。
あるとき、キッチンの棚の奥から、高カロリーな品々がみつかった。
それは、ヨシエが飲んでいたダイエットドリンクといっしょに仕舞われていた。
ダイエットドリンクを毎回作っていたのは、ヨシエと同じくピサの母親。
ヨシエがリバウンドしたのは、ダイエットドリンクに高カロリーな品々を混ぜていた母親のせいだった!
それでもしらんぷりの母親は、
「親子ふたり、いつまでも仲良くしましょうね」とヨシエに言う。

800 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 22:51:38 ID:KxFcRFEQ0
>>799
ダイエットドリンクくらい自分で作れよ、だからデブなんだよ・・・とオモタ

801 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 23:02:51 ID:9xXYUnJj0
味変わるだろうし高カロリーなものが入ってるなら
何となくカロリー高そうだと気付きそうなもんだけど
そういう所に無頓着だからデブになるんだよ…とオモタ

802 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 23:04:16 ID:BHLg/xF/0
【社会】「日本一ケンカの強い姉さんに頼んだ」「私が出るしかないと思った」 少年らと35歳女、高校生に暴行…東京★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1181558645/

803 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 23:06:48 ID:L8nqB+WJ0
>>800-801
たぶん、そういう話なんだろうな。
一時的には痩せても、自己管理できないピザはやっぱりピザに戻るという。

804 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 23:12:35 ID:Jm3I+KGN0
>>795
d  時間ある時にやってみるよ

805 :「保健室の怪人」@:2007/06/11(月) 23:37:36 ID:JdmeXLPp0
今は亡き雑誌、ハロウィンで連載されていた氷室奈美原作の「保健室の怪人」
(氷室奈美はタロットウォーズの作品が一部で有名)

まず、大元の流れは
高校の保健室の天井裏に美しい怪人が住み着いていて、ときどき保健室に休みに来ている女性徒の前に現れてお願い事を叶えてあげる漫画。
その願い事の叶え方が毎回後味悪いのだが、そのなかでも最強だと思うのが「合格ダルマ」ってタイトルの話。

虚言壁のある女の子が「この前、合コンしたら自分だけもてちゃって〜」とか
「最近まで福山春ハルと付き合ってたの〜」と恋愛関係の嘘話をクラスメイトに話しては呆れられている。
そこで、保健室の怪人に会って、「誰からも愛される絶世の美女に私を変えて欲しい!」
とお願いする。


806 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 23:38:50 ID:Pjdi/pdoO
既出だったらごめん。

小川未明の「大きなかに」という童話が後味わるいです。


おじいさんが海岸の村に出かけたまま夜になっても帰らない。
家族たちは「泊まってくるのだろう」と思い別に心配もしないのだが、太郎(孫)だけは「きつねにつれられていってしまったのでは」と心配し、起きて待っている。

しかしいつのまにか眠ってしまった太郎は、おじいさんが海鳥に乗って帰ってきた夢を見て夜中に目を覚ます。戸を開けて外を見ると、野原にろうそくの火が何百本も立ててあるのが見える。
太郎はきつねの嫁入りのはなしを思い出してますますおじいさんを心配する。

明け方、おじいさんが大きなかにを背負って帰ってきた。聞くと、帰り道で雪の上で火をたいて宴会をしている人たちに会い、そこで酒を飲んでかにをもらってきたのだという。
太郎がろうそくがついていなかったか聞くと、ろうそくは知らないが雪道は思ったより明るかった、という。

次の日、もらったかにを食べてみようと殻をひらくと、中には肉が入っておらずからっぽだった。
「こんなかにがいるものなのか」と思った太郎とお父さんはおじいさんが行った海辺の村へ行って聞いてみると、そんな大きなかにはいないし雪の上で火を焚いていたのを見たという人もいない。

その後春が来て、なぜかおじいさんは体が弱くなってしまった。太郎は野原にはえたつくしを見て、あの夜に見たろうそくの火を思い出す…っていう話。

807 :><:2007/06/11(月) 23:41:44 ID:+p/vD0cgO
後味の悪い話はいくつかあったけど忘れちゃったんだよなぁ…これこそ後味悪い話だよ

808 :「保健室の怪人」A(END):2007/06/11(月) 23:47:54 ID:JdmeXLPp0
怪人は「今のままで美しいと思いますが・・・」などと言うのだが
「若くてちょっと体のラインが出る服を着ていれば、それなりにもてるわよ。でも、
 私がなりたいのはそんなレベルじゃなくて、世の男性が私を愛し、
 その美貌に誰もがうらやむ、絶世の美女になりたいの!」と力説。
怪人は少女の願いを叶えるべく、手術に踏み切る。
 その手術の内容が
「まず、腕はいりません。足も要らないのです。キラキラとした瞳はつぶします。
 喉も必要ありません。」
と体のパーツを切り取り、痛めつけるという美しさとは程遠い内容。
しかし、手術後に彼女はモテモテになり、満足気に怪人に微笑む。
「しがみつく腕も無く、逃げ出す足も無く、品定めする瞳も、うるさいことを言う声も無い。
 あなたは誰から見ても、絶世の美少女でしょうね・・・・・・」
で、ダルマの絵1ページでEND

リア厨の頃、全く意味が分からずに読後にポカンとした。
何度読んでもその話だけは理解不能だったが、オカ板でその謎は解けることになる。
ダルマって・・・そういうことね・・・・。













809 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 00:02:58 ID:Pjdi/pdoO
>>799
安野モヨコの「脂肪という名の服を着て」も
ダイエットに成功したら周りの人間に動揺を与えてしまって結局ピザに戻るって話だった。
自己管理云々というよりも、ピザる人間は元から心が弱く
そこを直さなければ根本的に解決しないよっていう話だと思う。

でもこの子は開き直って前向きになろうとしてたのにカワイソウだね…

810 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 00:12:57 ID:mfce09m+O
美しい怪人が屋根に住んで居る。って文章だけで
普通読み飛ばすよな

811 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 00:28:12 ID:DdCBrm/kO
エロマンガって不条理で後味悪い話が多いよな
どんどん書いてスレを盛り上げるんだ

812 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 00:45:41 ID:HqNfqMLg0
>>806
未明は後味悪いというより、訳が分からずなんとも不気味。
大きなかにもだし、金の輪とかも。一応紹介。

「金の輪」
病気の太郎が、ようやく外へ出られるまでになるが、
3月、陽気のいい午後なので近所の友達は皆遠出しているらしい。
誰もいない往来を独り歩いていると、二つのきれいな金の輪を回した少年が来る。
見知らぬ少年だが、太郎を見ると懐かしそうに微笑んで過ぎ去った。

あくる日も、きれいな音と共に輪を回しながら少年が来る。
昨日よりいっそう懐かしげに微笑んで、またそのまま行ってしまった。
知らぬ少年にもかかわらず、なんだか一番親しい友だちのようで、
明日こそ声を掛けて本当の友だちになろう、と太郎は思った。
やがて空は赤くなり日暮れ方に。太郎は母に二日も同じ時間に
金の輪の少年を見たことを話すが、母は信じない。

太郎は夢を見た。
少年と友達になり、輪を一つもらって往来をどこまでも走ってゆき、
二人で夕焼け空の中に入ってしまうのだ・・・
あくる日から太郎はまた熱を出し、そのまま七つで亡くなってしまった。


えも言われぬ不気味さ。だが本当に綺麗。

813 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 01:34:21 ID:BL6AS6MKO
>812さん それ、「かぜの日に読む本」とかいうアンソロにあった気がする。
小2の時を思い出させてくれてありがとう。

>811さん ( ・∀・)つY太

814 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 01:39:55 ID:lXor0I9+0
小川未明って「赤いろうそくと人魚」の人で良かったっけ?

確か「死滅する村」っていうのもプロレタリアっぽくて後味悪かった気がする

815 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 02:21:27 ID:DpXcJCPo0
銀河鉄道の夜もなかなか後味悪い。
うろ覚えだけど書いてみる。

少年とその親友が、夜に一緒に居ると自分達の目の前に銀河鉄道という夢の世界に
連れて行ってくれる電車が現れる。
二人はその電車に乗って色々な星を回って危険と楽しさに満ちた冒険をする。
そこは夢の世界みたいな形で二人で楽しむんだけど、時間が来て現実世界に戻る。

そして、親友の少年が居ないので探す主人公。
するとなんだか海の方で町の人たちが騒いでいる。
どうやら子供が海に落ちたらしいのだが、暗くて中々見つからないらしい。
浮かんできた靴に見覚えの有る主人公。その靴はさっきまで一緒に銀河鉄道にのっていた親友の靴。
実は、親友は銀河鉄道に乗り込む前に海に落ちて溺死していた…。


細かい所は覚えてないんだけど確か大筋ではこんな話だったと思う。
授業でちょっとやって、面白そうだから図書館でかりて全部読んだんだけど…。
学校図書にもなってるように作品がこんなラストだとは…。
夢見る冒険モノだと思って読み進めていた当時の自分には後味の悪い衝撃のラストでした。

816 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 02:56:26 ID:ixPW2WrQ0
>>815
えっそんなストーリーなの!?

原作も映画も途中までしか見たことないのでちょっと驚き・・。
事故で亡くなった親友が最後、天国へ旅立つまでの時間を
一緒に過ごした・・ってオチなんだろか?
なんだか面白そう。

817 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 03:20:41 ID:FbA1GNhZO
>>808選挙に使われるダルマになったのか、
性欲処理に使われるダルマなのか分からない俺やばい


818 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 03:44:45 ID:CI9GrbYCO
>>815
銀河鉄道の夜というとネコが直立歩行しているシーンが浮かんでくる。
でも人間の話だよね。
うまく思い出せないけど、似た別の後味悪い話があるのかな?

819 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 03:54:58 ID:zMVLOKRP0
>>815
銀河鉄道の夜って、確か完成しないまま作者死亡したやつだよね。
未完成の作品が世に出回って、作者可哀想だな。
いい話だとは思うけれど。

820 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 04:15:31 ID:NLUdi8qh0
>>818
それはますむらひろしの漫画(宮沢賢治の作品を原作にしている)か
アニメ映画(ますむら氏がキャラクターデザインし、別役実氏が脚本を担当した)でしょう。



821 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 04:35:43 ID:GGY26herO
>>818
私も銀河鉄道の夜って言うとネコが電車乗ってる場面思い出す。
たぶん>>820サンが言ってるアニメだと思う。

822 :818:2007/06/12(火) 04:44:58 ID:CI9GrbYCO
そうか、色々なアレンジがあるんだねえ
>>820-821
すっきりしました。ありがとう!

823 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 06:26:16 ID:zE9dezU80
>>808
手も足も目もなくてモテモテになるなんて矛盾すぎる。

824 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 07:07:01 ID:OX+iHXee0
宮沢賢治では土神ときつねが一番後味悪かったかな。
検索したらネットで読める場所あるから、興味ある人はそちらをどうぞ。
樺の木に横恋慕している粗野な土神が、樺の木に気に入られている
紳士ぶったきつねを殺す話だ。

山岸涼子では、霊能力のある少女がTVの企画で心霊スポットに行かされ、
そこの自縛霊に殺された後、自身も霊になり、その状態でもさらに自縛霊に
追いかけられ続ける話が一番怖かったな。
うろおぼえなんで詳しい人粗筋ヨロ。既出だったらスマソ。



825 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 08:00:14 ID:BLf/XrjF0
>>815
自分は後味が悪いというより、哀しい話だと思う。
伏線はちゃんとあるんだよね。
銀河鉄道に乗っている時、親友が
自己犠牲について語るシーンがあったはず。
それに、主人公の切符だけが親友や他の人と違い、
どこまででも行ける(可能性が無限)の切符。
実は銀河鉄道に乗ってるのは死んだ人ばかりで、
生きてる乗客は主人公だけ(オカ板向けの話だね)。

で、リアル世界に帰ると、
親友は川(銀河とイメージを重ねていると思う)に
溺れたいじめっ子を助けて、溺れ死んでる。

826 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 08:15:24 ID:N+XqILe/0
age

827 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 08:23:36 ID:BLf/XrjF0
>>824
汐の声 だと思う。

主人公サワは霊感少女タレント。
もう少女を卒業しつつある歳の内気な彼女は
この仕事をやめたいと思っているが、強気な母親がそれを許さない。

ロケに来た空き屋敷で、他2名の大御所霊能者が
何も見えない中、サワだけが繰り返し怪異に遭う。
しかし、霊能者達初め、スタッフにも信じる者はいない。

一人でおびえるサワ(体が痛いと泣く少女の声、謎の薬包 etc..)。
ついに、体だけが子供の中年女性が
母親を絞め殺すという過去の幻影を視る。
中年女性の幽霊は振り返り、サワを指差す。
「お前は私だ」
主人公は恐怖のあまり死亡。
しかし、サワの魂は女の幽霊に追われ続ける。

スタッフが後日ビデオを見てみると、
サワの後ろに少女の幽霊がくっきり映っている。
昔、有名子役だった舞あけみ。成長して仕事がなくなるのを
恐れたステージママに薬を飲まされ小人になったという…
ああ、サワは本当に見えていたんだと知るが後の祭り。

828 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 08:27:52 ID:BLf/XrjF0
>>827
ああ、読み難い間違い発見。スマソ。主人公=サワね。

>主人公(=サワ)は恐怖のあまり死亡。
>しかし、サワの魂は女の幽霊に追われ続ける。

ステージママに踊らされて
自分の意志で動けないサワ(漢字忘れ)と
同じ境遇で母親を絞め殺してしまった
女の霊が不幸にもシンクロしちゃったという話。

829 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 08:33:05 ID:FAE4YTYT0
ダルマ美人の話よくわからない
解説頼む

830 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 08:42:44 ID:VpJ5Ox7QO


オカルト板の人は宮沢賢治好きだろうな。
一見ただの童話なのだが、実は殆どの作品の裏がかなり黒い。
専用スレ立てたら面白いかもね

831 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 08:58:14 ID:pwI5JUIw0
>>829 だるま女は、両手両足がない女性のこと。
その状態がだるまに似ていることからこう呼ばれる。 (wikiより)

だからうるさくないし、性欲処理にはぴったり、ってこと。
生身オナホールみたいなかんじなのかな?

832 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 09:17:07 ID:QsjHsWyi0
楠桂のざしきわらし?
主人公は、夏休みで母と祖父母の実家に帰省。
主人公はそこで、柱に座ってる子供(同年代)をみつける。
どうやら、ほかの人間には見えないらしく嬉しそうなその子供。
その子供と主人公は、友達になって遊ぶ。
ある日、その子供が柱に座るのを交代してみようと主人公に言う。
座る主人公。しかし、座った途端柱に体がついて動かない。
驚く主人公、急に怖い表情になる子供。
実は子供は柱に縛られており、その代わりを探していたのだ。
立ち去る子供。そして主人公の母親のもとに行く。
母親は主人公ではないことに気づかない。
楽しそうにしゃべりながら、母親と帰るその子供。
後に残されたのは、柱にしばられた主人公。
そして、その姿はだれにも見えない。

こんなんだったと思う


833 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 09:34:19 ID:wYSij6jU0
スーパーフライだな

834 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 09:39:31 ID:XktEI+1dO
キュウリ味のペプシ後味悪し。

835 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 10:59:20 ID:85G0WwfG0
>832
しかもその話、ラストで老夫婦二人が
「子供も少なくなって、もう誰も来ないかもしれませんね…」
って主人公が未来永劫助からないぽいことを暗示してたよね。

836 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 11:34:15 ID:rl/2CZOI0
子供のころ読んで、なんとも後味悪かった漫画。

わがままなお姫様がいて、毎晩豪華なドレスを着て舞踏会に行くんだけど
自分よりもドレス自体をほめられてることに気づき、憤慨。

ある夜、姫はあやしい本を読んで悪魔を召喚。
悪魔を鏡に閉じ込め、出してやる代わりに願いをかなえろと脅す。

「舞踏会では皆、わたしのドレスしか見てない。
もっと輝くほどに美しくなって、皆をわたしの虜にしたい」
めんどくせーなと思いつつも悪魔は了解し姫の要望どおりの姿に変える。

姫は髪の毛の1本1本すべて輝く金色の絹に くちびるはピンクの珊瑚に
肌は透き通るような真珠に 瞳はサファイヤ白目はダイヤ・・と全身宝石になっていた。
仰天し心配する執事に姫は「大丈夫よ、少し体が重いけど・・美しいでしょう」
(実際、絵がすげーキモイ。気味悪いフランス人形みたいになってる)

思惑通り舞踏会ではみんなの視線を釘付けにでき、姫はご満悦。
調子に乗って「美しい姿を市民にも見せてあげたいわ」と馬車を出すように命令。
執事は必死で止めるが姫は行ってしまう。

町ではまずしい市民たちが姫の姿に驚き、感嘆の声を上げる。
「フフ、こんなに美しい姫を拝めてあんたらは幸せね」とほくそえむ姫。

そこへ一人の男が「たのむ!娘が病気なんだ、髪の毛をひとふさくれ」と飛び出し
姫の髪の毛を一掴み引き剥がして逃げる。ひいいいいい!!!と悲鳴をあげる姫。
オレも・・私も・・と、次々に市民は姫に襲いかかりサファイヤの目玉も
爪も肌もすべてえぐりとり、最後は血まみれになった肉?だけが残っていたというストーリー。

木の上で見ていた悪魔が「へっ!だから女ってのはバカなんだよ」とニヤニヤしてEND
絵がすごいリアルだったのとグロなのもあって、非常に後味悪かった。。

837 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 12:04:28 ID:HqNfqMLg0
>>836
ぎゃー面白い!
なんと潔い子供向け

838 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 12:04:37 ID:jFRrtU/qO
>>836
それ確か犬木加奈子の作品だったと思う。
私も幼い頃読んでガクブルしたw

839 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 12:08:53 ID:hHSdscDj0
その後に魔法が解けて
貧しい国民が奪った宝石が、あっさり肉片に戻ったりすると
さらに後味が悪いだろうな


840 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 12:54:55 ID:ORZoh3+C0
ラストが少し違う。
執事がこそこそ姫の宝石をかっぱらって去っていく。
ちなみにお姫様じゃなくて平民の大商人だから、執事も薄給だったんだろう。


841 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 13:01:41 ID:DdCBrm/kO
執事ww

842 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 13:21:54 ID:764JdY5hO
マムコやクリはどんな貴金属で出来ていたのかが、とても気になるな。

843 :824:2007/06/12(火) 14:00:54 ID:OX+iHXee0
>>827
そう、それです。「汐の声」
わかりやすいアラスジありがとう。
死んだ後も半永遠にあの自縛霊においかけつづけられるのだろうと思うと、
もう怖くて自分的にはトラウマです。

844 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 14:31:10 ID:qCAd4oFa0
本当は怖いグリム童話 みたいな短編漫画集の雑誌ってよく出てるけど、そういうので読んだ話。
元ネタはなんだったのか忘れたけど、中国が舞台のお話。
(この話を描いた藤田あつ子先生は、元ネタが白雪姫だろうが長靴をはいた猫だろうが、
すべて中国が舞台になっちゃうんですが、それが面白い)

あるお金持ちの家に身体の弱い女の子が産まれる。とても成人できまいと医者に言われるが、
諦めきれない両親は、財力と労力の限りを尽くしてでもその女の子を育てることを決意する。
しばらくしてもう一人女の子が産まれる。この子は普通に健康なので、
あいかわらず両親の関心は病弱な長女に注がれる。
次女は遊ぶのも綺麗なお人形も長女に遠慮させられ、譲らされる毎日。やがて二人が年頃になり、
次女の方に縁談が持ち込まれるが、我慢できない長女がわがままを言って、縁談までも譲らされる。
一旦は嫁に行った長女だが、病弱な身で家庭を取り仕切ることもできず、夫の面倒が見れるわけもない。
妻を養うことだけはさせられて、かといって人並みに妻から甲斐甲斐しく世話をやかれることも、
安らぎを得ることもさえてもらえない夫は早死にする。
長女は早々に出戻ってくるが、その頃には実家は今までの長女の治療費等で家計は傾いており、
父親も既になく、母親は要介護、そこに病弱な長女が戻ってきて、長女に縁談を壊されて以降、
結婚の話がとんとなくなっていた次女はふんだりけったり。
それでも心配した親族が、次女にいい縁談を持ってくるが、世話する人間がいなくなる、と長女は猛反対。
どうせ私なんて死ねばいいと思っているんだろう、と憎まれ口まで叩く。
これに我慢させられどうしだった次女がついに静かに切れる。
長女の常備薬である滋養強壮剤(多量服用OK)と鎮静剤(多量服用厳禁)の中身を摩り替えた。
ところがひがみっぽくなっていた長女は「死んでやる!」とばかりに鎮静剤をあおる。
次女はその中身は滋養強壮剤に摩り替えてあるから死なないと告げるが、あにはからんや、
長女はかまってちゃんの狂言自殺のつもりだったので、最初から鎮静剤を飲む気がなく、
摩り替えられたことに気付かず、さらに摩り替えていたのだ。

845 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 14:32:38 ID:qCAd4oFa0

・次女 鎮静剤→滋養強壮 すりかえ
・長女 すりかえに気付かず、すりかえたつもりで元に戻してしまう

結局長女は死亡し、次女はあっさり嫁に行って幸せになる。
…それでいいの? とちょっともやっとした最後で後味悪い。
長女はさいごまでイヤなやつだったし、けど自業自得というには
計らずも計られた部分もあって(薬の摩り替えでは次女には殺意があったろうし)
なんだかすっきりしなかったです。

846 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 14:37:24 ID:0QUGDS+U0
>>845
私は、すっきりした。

847 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 15:04:09 ID:OX+iHXee0
>>844
私もすっきり。

848 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 15:06:39 ID:EVPsdVqp0
>>845
人にもよるけど長女は自業自得だよ。
藤田先生の話は基本的に勧善懲悪だからね(竹崎真実先生も)。

849 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 15:08:50 ID:ChamSbCJ0
私もすっきりした。
我侭な障害者は大嫌いだから

850 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 15:09:21 ID:coj7tzth0
同じく、ものすごくすっきりした。

851 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 15:10:19 ID:sBSYVEjn0
すっきりしないな。
もっと悲惨な目にあって苦しんでから死ねばすっきりした。

852 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 15:25:16 ID:ezQaYsyu0
ヤンマガで連載中の「空手小公子小日向海流」のかなり前の話。

空手部の合宿で沖縄に行った主人公たち。
地元の道場で東北弁(前任地が三沢だった為)の気のいい米軍人と知り合う。
技はいまいち未熟なものの愚直なまでに練習に励む彼と
主人公たち空手部員はすぐに意気投合、
だが練習後に一緒に食事に行った店でトラブルが発生する。

原因は店に現れた軍人の元カノ。
「空手を始める前のあなたは闘争心の塊でギラギラしていた」
「そこが好きだったのに。昔のあなたに戻ってほしい」みたいな事を言い
総合格闘技をやっている今彼(やはり軍人、しかもヤク中)をけしかけるDQNな元カノ。
大好きな空手を喧嘩の道具にしたくないが故に突っぱねた軍人は
キレて銃を抜いた今彼にいきなり腿を撃たれてしまう。

いろいろあって今彼は空手部最強の先輩にボコられて半殺し。
だが軍人は命には別状なかったものの撃たれ所が悪く…
空手に対して一生懸命な見てて気分いいキャラだっただけに
「あの足ではもう二度と空手は出来ないだろうな」という
先輩の言葉が非常に後味が悪かった。

現在それから数年経った設定だが、それきり登場しないのがまた。

853 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 15:57:02 ID:FcDoX+GI0
銀河鉄道の夜って、

主人公が友人と汽車に乗る。
不思議な星や世界をめぐる。
途中で少女が乗ってきて仲良くなる。
友人が、主人公と少女は降りろと言う。
降りて、気がつくと、川縁で溺死した友人、助かった主人公と少女。
って話じゃなかったっけ。

要は銀河鉄道は死者が乗る汽車で、
主人公と友人が溺れている少女を助けに川に飛び込み、結果的に友人だけ死んでしまった。
っていうのを描いていたように思う。

話自体はきちんと終わってたと思うけど、ほんとに未完なの? 
色んなタイプがあるの?

854 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 16:10:32 ID:GlZjMbgZ0
>>853
ttp://why.kenji.ne.jp/index.html
ここで全部読めるよ

855 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 16:28:18 ID:NLUdi8qh0
>>853
溺れたのも少年らしいよ。
賢治はいろいろ推敲して削ったり補足したりしたけど、結局未完成に終わった。


856 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 17:03:36 ID:QsjHsWyi0
>>835
補足ありがとう

857 :855:2007/06/12(火) 18:14:47 ID:NLUdi8qh0
あ、>>855はガイシュツでしたか。
少女は銀河鉄道の乗客として登場する。
ジョバンニ(主人公)は、カムパネルラ(友人)が溺れたことは最後まで知らない。
「ブルカニロ博士」(最終的にはカットされたシーン)が出てくるパターンでは、カムパネルラが死んだことを博士はほのめかすけど、
ジョバンニは母親に牛乳を持っていくことばかりに気をとられているのか、気付かない。
そして、銀河鉄道から帰って母親への牛乳をもらって帰ろうとしたところへ
カムパネルラと一緒にいたクラスメート(少年。ジョバンニのクラスは少年だけらしい)からカムパネルラが皮肉屋のクラスメート(ザネリ)を助けようとして溺れたことを聞かされる。
(他のみんながザネリを助けようとする間もなく、ザネリはカムパネルラに助けられていた)


858 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 18:30:21 ID:ChamSbCJ0
やおいみたいだね

859 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 18:46:59 ID:QsjHsWyi0
おさる日記;和田誠(文);村上康成(絵)

主人公は一人っ子も"ぼく"。
物語は"ぼく"の日記形式で書かれる。
"ぼく"は幼稚園くらいで、父親は船乗りをしている。
この父親が、猿の子供を連れてくる所から始まる。
"ぼく"は、猿を"もんきち"と名付け観察日記をつける。
バナナを剥いたり、手を叩いたりと"もんきち"の成長は、
"ぼく"の目を通して描かれる。
"もんきち"は賢く、ついに喋り始める。
そして"ぼく"の心配をよそに、"もんきち"の毛は抜けついに
弟になってしまう。
そしてこの日記は、"ぼく"のこんな一文で終わる。
-よる、おとうさんとおかあさんがはなしてるのをきいた。
でも、ぼくはよくわからない
「こんな事もあるもんだな」
「ほんと、しかも二度も起こるなんて」-


860 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 18:52:23 ID:T8B9IbpA0
>>836
犬木加奈子の「かなえられた願い」の1つだな。
あれは後味悪い話大杉・・・

861 :本当にあった怖い名無:2007/06/12(火) 19:15:55 ID:Z8oe+v5D0
>>827>>843
あの中年少女の顔が怖くてしょうがなかったんだけど、
少女漫画板のスレッドで通称「松井」と呼ばれてるのを知って
ちょっと怖さが緩和されたw にしこりだと思えばちょっとマシかなと。

862 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 19:16:09 ID:ifXaWhBmO
>>853
一時期ハマったからやけに覚えてるんだけど
出版されただけでも話の流れが4バージョンくらいあるよ
未完だったからか決定稿までのやつが色々出されてて
バージョン違いがパラレルっぽくて好きだった


863 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 19:38:57 ID:zE9dezU80
宇宙に行って機械の体にしてもらうってバージョンもあったよね。

864 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 19:40:56 ID:AFIul6Y70
私はメーテル・・・全てを受け流す女・・・

865 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 23:50:23 ID:1+gmZ+4G0
>>844
阿刀田高の『凶事』を思い出した。『夢判断』所収。

主人公は五十台の女性。病弱な姉がいる。
ある夜、取り乱した様子の姪(以下、朝子)から一本の電話が入る。
「お母さんの乗っていた飛行機が落ちたらしいの。」
主人公はタクシーで航空会社に向かいながら、姉との半生を追憶しはじめる。

姉は昔から病弱だった。一年のうち二、三ヶ月は床に伏せっていた。
両親も、口には出さなかったが「そう長い命ではあるまい」と考えていたようだ。
それにひきかえ自分は健康そのもの。
姉が病気でつらかったのはわかっているが、姉のおかげでずいぶんと損をしてきた。
姉には個室が与えられ、自分に与えられたのは廊下の隅の小さな机だけだったり
姉だけやたらとたくさん小遣いがもらえたりそのほかいろいろ、
とにかく少女時代は我慢のし通しだった。
極めつけは、自分に来るはずだった縁談を横取りして、あげくその相手を病死させたこと。
高熱を出して苦しんでいる夫を姉が放置した結果だった。

姉の世話と朝子を育てることに忙殺され、気が付いたら結婚期はとうに過ぎていた。
相手を見つけられなかった自分が悪いとはいえ、このままでは自分の人生が滅茶苦茶。
朝子が大学に入ったあと、悩んだ末に家を出ることにした。
姉はその後も、両親の遺産を丸取りして食いつぶした上に無断で土地を売り払ったり
なにかと理由をつけて朝子の結婚を妨害して、自分のそばに置こうとしたりする。
姉が病気に臥せるのは二、三ヶ月だけ。元気なときは旅行などもしているのだから
自立しようと思えばできるはずだ。もしなにかあれば、自分も朝子もすぐ駆けつける。
なんとかして自活してほしい。朝子にだって人生があるのだ…と思っていたところだった。

姉が死んだ。これからは朝子も自分の道を歩めるだろう。自分が一緒に暮らしてもいいし。
とか考えていると、実は姉が死んでいないことが判明。
搭乗間際に心臓発作が起きて、飛行場で休んでいたのだった。

866 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 00:58:53 ID:XVEPZKHqO
憎まれっ子世に憚る

867 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 02:08:21 ID:qpKBotLo0
ある高校生の男女各4人が、一人の家に集まって怖い話をしていたそうです。
夜もふけてきた所で、肝試しに行くことになりました。
でも本当の目的はむしろ、男女ペアになって行くという事のほうが楽しみだったので、
場所は安直に彼らの通う高校に行くことにしたそうです。
しかしこの高校は築100年近くたっていたので、行って見ると思ったより迫力があります。
早速男女ペアになって、一組づつ学校の周りを一周することになりました。
構内には入れなかったので、周りを一周するだけならせいぜいかかる時間は20分ほどです。
まず最初の1組が出発しました。
皆でひやかしたりしながら、にぎやかに去っていきました。
しかし、20分たっても30分たっても戻ってきません。
2人っきりで何をしてるんだろうかとひやかしながら、2組目が出発しました。
しかし、やはり彼らも帰ってきません。
3組目が出発することになりました。
このころにはさすがに深刻になってきていて、絶対周ったら戻ってくるし、
他のやつらも見つけたら連れてくると約束して出発しました。そしてこの3組目も戻ってきません。

一組目が出発して、既に時間は2時間以上立っていました。
とうとう女の子は泣き出しました。
残ったもう一人の男の子が、
「俺が行ってくる。もし30分たっても俺が戻ってこなかったら警察へいけ。絶対待つなよ。」
と言い残して駆け出しました。

そしてその子も戻ってきませんでした。
残された女の子は泣きながら、それでも1時間待ったそうです。
そしてその足で、警察へと向かいました。警察官が探しても見つかりません。
しかし夜もすっかり明けたころ、とうとう7人は見つかりました。
その高校にはグランドの端に、古くなった旧体育館があるそうです。
そこのトイレを開けると、7人全員が首をつっていたそうです。
女の子の証言から、自殺する理由がないと思われたのですが、結局他殺の痕跡はなく、
受験生の集団ヒステリーとして片付けられたそうです。

868 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 02:16:11 ID:TNmeXe9E0
、、、、、、

869 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 02:20:42 ID:qpKBotLo0
わらび取りに行ってた主婦三人の内先に帰った一人を除いて殺された。
死体は全身の骨が折れててかなり殴られた痕があった。
主婦のズボンのポケットには「このひとわるいひと」と書かれたメモが入っていた。
警察も大がかりな捜査を行ったが結局犯人は見つからず。
しかし事件から10年後、先に帰ってて生き残った一人の主婦が布団でぐるぐる巻きにされ火を付けられて殺された。

っていう事件がわらび採り殺人
いまだに謎が多いよなー


870 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 02:28:52 ID:iA4pf9Uf0
>>867>>869
実話?


871 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 02:44:57 ID:5iq/iGuR0
>>867は洒落怖スレかどっかで見たような見なかったような

872 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 02:46:30 ID:CDW73Qha0
>>871
んだ。見た記憶がある。
869の後日談は都市伝説っぽい。

873 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 02:58:40 ID:Y0oOQPfm0
>>867って実話?創作ならタイトル事件なら事件名教えて欲しいんだが
>>869

わらび採り殺人事件は有名だけど、未解決スレの事件取り上げてたら
後味の悪い話なんて山ほどでてくるぞ

874 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 04:39:57 ID:y7jNL1fi0
築100年の高校校舎なんてありえねーだろ

875 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 06:10:31 ID:NdGubeFS0
後味とオカルトはハッキリ分けるのがこのスレじゃなかったっけ。
>>867なんてのは洒落怖スレの古典コピペだし。

876 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 08:24:50 ID:xfbiYqzN0
>>875
古典中の古典だね
エニグマのにょろにょろと一緒で

877 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 09:02:20 ID:TPtfk/Ry0
少し前に歌手に劇中の台詞を盗作されたと騒いでた
漫画家がいたけど

タイトル:銀河鉄道の夜
内容:銀河を鉄道で旅をする

タイトル:銀河鉄道999
内容:銀河を鉄道で旅をする

この辺の一致はどうなんだろう?
オマージュとか都合の良い言葉で片付けるのかな

878 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 09:38:14 ID:FCRLVUcw0
874がいいこと言った

879 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 09:39:35 ID:tjnMXvUlO
酷似したセリフや文章の表現がなければいいんじゃね?
タイトルと内容が似てるだけで突っ込んでたらキリがない。

880 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 09:40:58 ID:dyWQnThL0
>>859
オチがいいね、こういうの好きだ。

881 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 09:50:58 ID:MrDqwY930
鉄腕アトムの番外編みたいな話で、

とある未来の世界。両親と三人暮らしの男の子と、やはり同じような家族構成の隣の女の子。
男の子は女の子と遊んだりもするが、男の子なので遊びが乱暴。隣家の両親は女の子と男の子を遊ばせないようにする。
時は流れて二人とも成人する。二人は恋仲になり、男性は両親に結婚したい旨を告げたが一笑にふされた。
実はこの未来の世界では人間はとっくに負け犬で、ロボットの支配するロボットの惑星になっていた。
男性の両親だと思っていたのはもちろんロボット夫妻。人間の子供を引き取り育てていた。
ロボット夫妻が人間を養っていたのは、闘犬を育てるが如く、闘技場で戦わせるため。
男性は闘技場へやられる。しかし男性は闘技場を脱走。女性を連れて逃亡する。
しかし追っ手がかかり逃げ切れるものではない。そこで男性はどこかの博物館に骨董品として
保管されていたアトムを目覚めさせる。ロボット三原則がインプットされていた時代のロボットなら
自分たち人間の味方になってくれるだろうと思ったのだ。
アトムは二人の味方になってくれ、追っ手を蹴散らすべく飛び立とうとする。
しかしその直前アトムが「その女の人はロボットですけど、それでも愛してるんですよね?」
と何気に確認する。驚愕する男性の様子には気付かず飛び立つアトム。
残された男女は諍いとなる。騙していたのかと怒る男性。
自分は人間だ、その証拠に子供時代があってちゃんと成長している、と反論する女性。
しかし激昂した男性が女性を殺害というか破壊してみるとやっぱり女性はロボット。
追ってきた警察のパトカーに向かって、ロボット女性を破壊したことをヤケクソ気味に宣言する。
そこで警察から真実が語られた。実は子供の頃の女性は確かに人間だったのだが、
男性の乱暴な遊び(首吊りごっことかしてた)で命を落していた。
そこで隣家の両親は人間の娘そっくりのロボットを作ったのだという。
意外な事実を知らされて、自責の念なのか、男性はほどなく自殺して終わり。

…アトムは?

882 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 11:15:02 ID:Y1lwqjIr0
>>881
なに、その投げっぱなしジャーマンみたいなラストは。
手塚って神様扱いされてるけど、案外キャラクターに対する愛情って薄いような気がする。

883 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 11:34:26 ID:PA7ImuId0
>手塚って神様扱いされてるけど、案外キャラクターに対する愛情って薄いような気がする。
キャラクターを大切にする作家が増えたのはここ10年の話だろう。
昔の作家は話のためにキャラを作っていたが、今はキャラのために話を作るからな。
入れ込む作家も増えるわけだ。

884 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 11:36:45 ID:3nzDeivOO
アトム影薄いwwwwwwww

885 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 11:36:53 ID:C4fz3e5w0
>>517
後味は悪くないが、胸糞悪い

886 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 11:42:42 ID:pIMIbr4I0
手塚はキャラを役者として扱ってるからなあ。
主役だったり脇役だったり、キャラクターを複数の作品に出演させて。

887 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 11:47:51 ID:9ogDM4yKO
>>874
私の卒業した小学校は築127年

888 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 11:55:13 ID:zbGpABzDO
中学の頃、連れに反論されてめちゃ悔しくて頭にきた自分は反論に反論をしたかったが感情が先走り「なんで、ぇぇぇうぇーーーい」と奇声を発していた。連れは笑いなどなく引いていた。自分も笑えなく真剣に恥ずかしく後味が悪かった。スレチだったらすみません!

889 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:02:13 ID:/J2+ikcS0
>>877
巨匠の逸話はそれにとどまらない。以下、引用。

 だが、松本零士氏には似たような面白い話が他にも色々とあるのだ。
 その中の一つに 「ガンダムという名称を最初に思いついたのは私だ!事件」 という鼻で笑ってしまうような話がある。
 どういう経緯でそんな話になったのかというと、その昔松本零士氏は「惑星ロボ・ダンガードA」 というTVアニメを手がけた事があった。
 その作中に 「宇宙空母ジャスダム」 であるとか 「ジャスダム基地」という名称が出てくるのだが、その名が正式に決定するまでにいくつか候補があったという。
 もう予想がついた方もいると思うが、笑いを堪えてもうしばらくお付き合い願いたい。
 松本零士氏はその 「ダンガードA」 に登場する名称の候補の中に「確かにガンダムという案があった!
富野はそれをどこかで知って使ったに違いない!」 と主張したというのである。
 これはとあるアニメ業界の人間に直接聞いた話なのだが、「昔から松本零士氏とはそういう人です。プライドと思い込みの人です。」との事で、
マスコミを通じて大々的に騒がれるまでいかずとも、似たような言いがかりをつけられた人間は1人や2人じゃないという。
 例えばあの 『スターウォーズ』 に対しても、松本氏は 「私の影響を受けて出来た作品だ!」 と堂々と公言しており、
その理由を聞いたところ 「スターウォーズの初期設定を確認したら、レイア姫がキャプテンハーロックのヒロインにそっくりなんだ!」 と言ってのけ、
さらに「ルーカスは一度くらい挨拶に来るべきだ!」 とまで言ったという。
 たまたまヒロインの設定が似ていただけでも、松本先生にすればそれは 「自分の影響を受けた作品」 という事になってしまうらしい。

ttp://www.policejapan.com/contents/syakai/20061121/index.html

890 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:05:32 ID:IkXBHG/mO
>>888
とりあえず奇声を発するのを防ぐ為に
勉強して語彙を増やせ

891 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:08:13 ID:dyWQnThL0
>>889
ということは、俺の構想中の企画「セレブ野郎」も
発表の際には、彼から言い掛かりを付けられる可能性があるわけか・・・

892 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:18:05 ID:tGH+WeKe0
アメリカのアニメ「ザ・シンプソンズ」から。
主人公は、デブでお間抜けな原子力発電所勤務の男。その職場に生真面目な苦労人の男が配属される。
この苦労人、子供の時に親に捨てられてから新聞配達をしながら奨学金で学校へいくものの、事故に巻き込まれて大けがするなど良いこと一つなかった。
原子力発電所も本来は副社長待遇で迎えられるはずが、我がままな社長の鶴の一声でポストを犬(ここらへんはギャグ)に奪われてしまう。
それでも苦労人は必死で努力するが、いい加減な発電所に馴染むことも出来ず、何をやっても認められない。
逆に愛嬌のある主人公は何をやっても笑って許される。挙句に苦労人は神経を病み、ふらふら歩いていて感電死してしまう。
葬式に来た参列者は誰一人としてないておらず、主人公は居眠りをしている。

シンプソンズはブラックコメディなので、こんな感じの話がかなりある。善人があんまり報わない・・・(真面目で温厚な主人公の隣人なんかかなり酷い目に遭ってる)
後、知的障害者や、移民・アル中をからかうネタが多い(作中にそういったキャラクターが多く出てくるのだが、描写がきつい。ちなみに知的障害者は子供で主人公の娘のクラスメート)。
一言でいうと、山野一を明るくポップにしたアメリカンコメディ。

893 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:23:36 ID:dyWQnThL0
>>892
主人公のオヤジって、頭禿げてるんだけど
理由が「放射能あびちゃったから」なんだよなw

894 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:36:24 ID:xfbiYqzN0
最近よくでる阿刀田高の話。世にも奇妙な-でも使われたので、
ご存知の方もいると思います。
-屋上風景-
主人公は就職活動中の身、希望の一流企業にいる先輩(大学OB;面識は無い)
を訪ねる(いわゆるOB訪問)ところから話が始まる。
その先輩は気さくな人で、昼食をご馳走してくれたり、話をしてくれる。
ただ、主人公は感じる。会社の雰囲気をみていると、先輩が言ってる
ような会社には見えない。
そんな時、主人公はその先輩がすでに自殺していることを知る。
主人公は衝撃を受け、先輩の自殺した一流企業のビルの屋上に向かう。
主人公が、屋上から先輩の飛び降りた場所を眺めていると、後ろから
声がする。
振り返ると清掃員?のおじさんがいる。飛び降りないか見ていたようだ。
先輩のことを話すと、おじさんは語る。
「ここで自殺する人間は、痛くないようにやわらかい土の上に落ちたい
と思うんだよ」
主人公が下を覗く、硬そうな歩道と街路樹が植えてあり、そこから土が
見えている場所がみえる。
続けておじさんは言う。
「○○(先輩)さんは歩道だったから痛かったろうな、自分は土の上だった
からよかったけど‥」
ハッとして振り返る主人公、そこには誰もいなかった。


895 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:37:02 ID:FCRLVUcw0
http://www.youtube.com/watch?v=XRWh_jVPZYk
ねこぢるアニメです
後味悪いはずなのにこの人の作品だとなぜか悪くないね

896 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:40:50 ID:y7jNL1fi0
>>887
中学校も卒業して文章が読めるようになったらおいで。

897 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:41:48 ID:tGH+WeKe0
>>892
知的障害者の子供の描写はあんまり洒落になんない。
「妖精が見えるんだ、そこら中に火をつけてまわれって言ってた」とか言い出したり
唐突に犬の鳴きまねをし出したり、
口の中に何でも入れたり
よくあんなの放送コードにひっかからないね・・・。

898 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:44:13 ID:XVEPZKHqO
サウスパークもそれっぽいアニメだよね
アメリカって自由だなあ

899 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:55:57 ID:fbAs/3kpO
サウスパークは後味悪くはないて思う

900 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 12:58:31 ID:X48JUHHBO
私はメーテル。
右からきたものを左へ受け流す女。

901 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 13:38:46 ID:CMzs/HxT0
サウスパークは過激だけど言いたい事は割とまともなイメージ

902 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 13:43:30 ID:dDdWkeFkO
映画は知らんが小説版青の炎は後味悪かった

903 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 13:47:00 ID:fbAs/3kpO
>>902
流し読みだけど脱童貞のあと自殺描写だっけか?

904 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 14:00:37 ID:y7A3zdJG0
>>894
「屋上風景」大体その通りなんだけど、
主人公の先輩と自殺した会社員(市井)は別人で、おじさんはたぶん守衛。
先輩から話を聞こうとした主人公は、「もうしばらくしたら、また来てくれ」と言われて時間をつぶしていようとするが、
下に降りるボタンを確かに押したはずなのに、たどり着いた場所は屋上。
そこで出会ったのが市井。
市井は主人公に「ここはやめといた方がいい。あんたは僕に似ていると思うよ」
「○○君(先輩)にとっては居心地のいい場所だけど、あんたは○○君のようにはなれないから。」と語る。
こんな奴に似ていると言われたくない、と主人公は思うが、とにかくお礼を言ってその場は別れる。
先輩から話を聞いて、帰りに再び下に降りるボタンを押すが、また屋上に来てしまう。
守衛の霊から市井はすでに自殺していると知らされた主人公は、市井の言葉は正しいのではないかと考え、
階段で下に降りていく。


905 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 14:59:40 ID:v0HYHBnJO
ブレスオブファイアー4で
主人公リュウ
ヒロインのニーナ
ヒロインの姉と相思相愛で幼なじみの虎男(名前忘れた)
が拐われたヒロインの姉を探して敵国にたどり着くんだけど。
やーーっと、探し当てたお姉さんは体を沢山のモンスターと結合させられてベッドから起きれなくなった姿で敵国を守るイケニエにされてるし。
そのお姉さん、虎男に殺して下さい。って、すごいおだやかで優しい笑顔で頼むし。
ヒロインは虎男が好きだし。
他にも色々鬱要素満載です。
説明下手ですいません

906 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 15:13:24 ID:J/thzdth0
久々に>>2-3を思い出した。

907 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 15:24:41 ID:yIY8IhYLO
実話だけど中学のときに知恵遅れ気味の生徒の学級があったんだ
でもだれも担当になる教師がいなくて33歳になる世話好きな優しい先生がなったんだが
この人すごい巨乳だったから知恵遅れの大柄な男子にいつも乳をもまれてた
ある放課後になんと知恵遅れ教室で大柄な男子にレイプ(完全に挿入)されていた。自分はたまたま通りかかって
しばらくみてたけど泣きわけく先生の声がいまでも忘れられない。


908 :1/2:2007/06/13(水) 15:37:11 ID:UkbB9e1Q0
(ミステリー作家の公式HPより抜粋)
二階堂黎人の黒犬黒猫館
ttp://homepage1.nifty.com/NIKAIDOU/

【私のケンカ歴/半生の争い】
 私は今、某週刊誌とケンカをしている。ミステリーのベスト10選びのアンケート方法がでたらめ極まるので
抗議したことから派生した問題だが、正義はこちらにあり、勝利は目に見えているから、今回はそれを書かない。
 では、他にどんなケンカを体験してきたかと言えば、それは父親との骨肉の争いである。私が大学生の時に
死んだ父親とは二十何年かのつき合いだったわけだけど、そのほとんどの時期をケンカしながら過ごしてきた。
 父親とは、とにかく肌が合わなかった。気質、性質、信条、意見、進路、その他、ありとあらゆる点で
妥協が見いだせなかった。私はこのように小説家になっているぐらいなので生来の文系人間なのだが、
父親は高校野球の選手だったり応援団長をしていたから、根っからの体育会系人間だった。
まさに、明治時代の権力志向の強い日本の父親といった感じの暴君である。彼は家にいると、箸一つ取るにも
母親をこき使っていた。『巨人の星』に出てくる星一徹にそっくりで、気に入らないと激情に走り、
ちゃぶ台を投げ出したりするようなことも平気でした。
 子供の頃には、父親が頻繁に怒る原因がよく解らず、ただ漠然と、何かちゃんとした理由があるのだろう
と恐れていた。が、高校生ぐらいになってこちらの理解力が出てくると、それは嘘だと見切った。
ただ単に、その時々の自分の体調や気分で、彼は家族に当たり散らしていただけのことなのである。

909 :2/2:2007/06/13(水) 15:45:31 ID:UkbB9e1Q0
 私は子供の頃から運動が大嫌いだった。それなのに、野球やサッカー、マラソンなどを
無理矢理やらされ、剣道を習わされたこともある。冬の雪が降った寒い朝に、心身の鍛練
だとか言われて、一時間以上も剣道着姿で雪の上に裸足で立たされたりした。現在の私は、
原因不明の体の故障を抱えているけれども、それは、子供の頃のこうした無理が祟ったせいだと考えている。 
 そんな彼の横暴の中でも、今でも思い出す度に頭にくる出来事がある。それは、小学校一年だか二年だか
の時の運動会の日に、父がいきなり真っ白なタビを出して、それを履いていけと私に命令するのである
(これなど、星飛雄馬にボロ・スパイクを履かせた星一徹を思い出させるエピソードではないか)
年輩の方には、タビを履いて運動をした記憶のある方もいるかもしれないが、昭和三十四年生まれの
私たちの世代で、そんな経験をした子供は誰一人としていないはずだ。
 いつも頭ごなしに命令を押しつけられていた私だったが、この時だけは全身全霊を使って泣き叫び、
激しく抗議した。一時間以上も、畳の上を転がって反抗し続けた。結局は、普通の運動靴を履いて出かける
ことを許されたが、小学校時代に父親の無理強いに逆らい得たのは、とうとうその一回だけだった。
 したがって、父親が急死した時、周囲の人々は気の毒がってくれたけれど、
私は心中で、彼から自由になれたことを喜んでいた。

910 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 15:48:51 ID:MWe0aST10
>>897
>「妖精が見えるんだ、そこら中に火をつけてまわれって言ってた」
それ知的障害じゃねーぞw

911 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 15:52:33 ID:UkbB9e1Q0
>>908-909
>私は心中で、彼から自由になれたことを喜んでいた。

生活板の心の闇スレ向きでもあるね。
あっちに貼ろうかとも思ったけど。

あと公式HPのTOPページからは、
地下書庫 → エッセイ → 【私のケンカ歴/半生の争い】です。

912 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 16:40:00 ID:o9UJWwbV0
>>907
>しばらくみてたけど泣きわけく先生の声がいまでも忘れられない。

このへんがすごく後味悪いです。

913 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:00:15 ID:mfY1dY5v0
>>907
つーか、しばらく見学してたのかよ

914 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:10:45 ID:FCRLVUcw0
>>907
知的障害のある男の子がレイプって・・・
知り合いにいるけど知的障害のある子ほど無理やりはできないもんなんだよ
ネタにマジレスかっこ悪いけどさすがにムカついた
どう見ても実話じゃないのに実話って書くからだ

915 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:16:30 ID:/J2+ikcS0
>>914
知的障害も人それぞれだからな。お前が現実を知らないだけだ。

916 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:20:43 ID:FCRLVUcw0
現実も何も知り合いにいるのに

917 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:23:52 ID:hd7vDxKR0
>>916
いや、あなたの知り合いはそうかもしれないが、
健常者にもいろんな人がいるように、知的障害の人にもいろんな人がいると。
福祉の仕事をしている知人がいるけど、欝になるような暗黒な話をよく聞くよ。
しかも、誰にも訴えることができずに、泣き寝入り。
ま、>>907のように、おもしろおかしく作り話にしてしまう例も多いけど。

918 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:25:33 ID:MWe0aST10
>>917
>欝になるような暗黒な話
それをうpうp!

919 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:26:45 ID:dyWQnThL0
コレは期待してしまうな

920 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:28:49 ID:FTBhN5EM0
>>914
ふーん、じゃあ池沼に痴漢されたり押し倒されて
被害にあった女性達は嘘ついてると言うんだ。
へー。

921 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:28:51 ID:FGkvAqlF0
期待

922 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:39:01 ID:hd7vDxKR0
917だが、なんだか期待させちゃってごめん。
思い出したり文章をまとめたりするだけで、いやな気分になるから、
勘弁してくれ。
…すまん

923 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:44:44 ID:Sv+f9qtz0
>>877
999原作者の松本はお金払って承諾得てるそうだ

924 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:52:20 ID:ahL2FmKH0
>>922
そんな奴がこのスレに来るなww

925 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 17:58:43 ID:mx+mYkg60
身近な話は生々しすぎて嫌だって事でしょ
何となく分かるしレイプ話系は自分が求めてる後味悪さとは違うから良かったよ

926 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 18:14:33 ID:cun1OjRE0
書く気がないなら最初から思わせぶりなこと書くなと思う。
つかネタが思いつかなかっただけに見えるな。

927 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 18:15:22 ID:CDW73Qha0
>>907に殺意。確かに作り話だろうと
なんだろうと後味わるい。
907自身が責任を問われないレベルの池沼ならともかく
そうでないなら、レイプした池沼本人より罪が重いと思う。

928 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 18:18:07 ID:qadG02rs0
んじゃ、917の代わりに。大した話しじゃないかもだが。

大学の実習でそう言う施設に行った家族が話してたが
それこそおっぱいもみもみ、無理矢理キス、
下半身弄られ、押し倒しとかあったってよ。

「嫌だ!」とか「やめなさい!」って教師の様に強く言えば
怯む人が殆どだけど、「やめて〜助けて〜」みたいな言い方だと
やめてくれないんだってさ。
先生に言った所で「我慢しなさい」で終わりだったそうだ。
だから自主的に複数で行動し、絶対一人にはならない様にしてたそうだよ。

全員がレイプする訳じゃないだろうが、
その辺の制御が普通の人より効きにくいんだろうね。

自分のが遭遇したときは「やめて下さい!」ときっぱり大きめの声で言えば、
ひるんでしまうのか、逃げて行く人ばかりだったな。
これは自分の運が良かっただけなのかもしれないけれど。

929 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 18:33:18 ID:zjMNJccn0
待てと言われて待つ奴はいないけどなw

言われて待つのは捕まってもどうにかできるか
良心の呵責がある奴か・・・バカだなw

930 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 18:36:12 ID:IkXBHG/mO
さ あ 後 味 悪 い 流 れ に な っ て ま い り ま し た

931 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 18:39:16 ID:xDjQBC/t0
知的障害の人を生かし続ける意味がわからん

932 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 18:41:21 ID:s7B5UpNQ0
>>914
レッサーパンダ男の事件を知らんのか。

933 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 19:00:17 ID:UkbB9e1Q0
【福岡・3児死亡事故】「とりわけ、2ちゃんねるなどで中傷され、本当に嫌な思いをしました」…両親が手記★6
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1181727012/

934 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 19:37:47 ID:f1LzFMig0
じゃ自分がニュー息で読んだ>928系の話

やっぱり池沼施設に実習に行った若い女の子の話
青年の池沼を風呂に入れる実習をしていたとき
先輩のオバサンが普通に池沼青年の体を洗いそしてチンコをさすって一発イかせていた
驚愕していると「次からはあなたにやってもらうからね」
池沼青年に「よかったねえ若い子がしてくれるわよw」

935 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 19:40:43 ID:XVEPZKHqO
池沼の人って社会になにか役立つの?

936 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 19:46:29 ID:hKgMmRMb0
性関係ではないが、池沼の放火犯が捕まったね。
何度も注意されていたのに懲りずに火をつけて火事を起こした。
そのまま逃亡していたけどお縄になった。
ただし小学生で池沼だから罪に問われないんだろうな。

池沼は悪いことしないって思いこみには呆れる。
池沼に理性はないからやりたいまま好き勝手するよ。
でも怒られる=怖いってのは理解してるから、相手を見て行動する。
小学校の頃に池沼学級と合同の授業があったけど、狙われるのは背が低い女の子だけだった。
男の子がいると大人しい。
そういう知恵だけはある。

937 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:03:27 ID:EovRjZZa0 ?2BP(71)
>>892
>真面目で温厚な主人公の隣人なんかかなり酷い目に遭ってる

フランダースは奥さんを事故で亡くしてるな。
担当声優が引退するってだけの理由でw

938 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:03:45 ID:QmJp2M8b0
>>935
ないよ。だから福祉大国のスウェーデンは
知的障害者を強制的に去勢手術していたじゃないか。

939 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:22:27 ID:XVEPZKHqO
>>938やけに大切にされてるじゃないか

940 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:32:40 ID:7t/e4CND0
2chに粘着しているヒキコモリの人って社会になにか役立つの?

941 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:35:54 ID:1N9oEZk70
強制労働させれば働くことは出来る
池沼や老人は強制労働させても働くことはできない
ここがちがう!

942 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:42:35 ID:yMPETHHZ0
>>936
本能で生きてるからそういう方面にはすごく聡いよね。
自分より力が弱そうな相手、抵抗しなさそうな相手をきちんと見分けてる。

943 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:52:29 ID:BjzUPvrH0
そいつらがいなくなったらいなくなったで福祉施設に勤める人たちが路頭に迷うだろ。
存在する時点で既に社会に組み込まれてるんだよ。
役に立つことに意味があると思えるっていうのは、とてもとても幸せな事だ。
だからコウスケ、お前も引きこもりなんてやめて社会貢献しようぜ!な!

944 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:52:49 ID:1axUc+kI0
>>903
>>902じゃないけど。
小説『青の炎』は母、妹と三人暮らしの男子高校生の物語。
主人公の父は亡くなっており、母は一時期再婚をしていた。
しかし再婚相手は酒を飲み暴力をふるう男で、母はほどなく離婚。そして三人で暮らしていた。
そこへ再びその男が転がり込んでくる。酒を飲み我が物顔で居座る男に憎しみを募らせる主人公。
ある日、男が妹に近づき何かしようとしているのを見て、まさか妹に何かしようとしてるのでは、と激昂。
このままでは妹が危ない、とかねてから計画していた完全犯罪計画で男を殺すことにする。
そして無事男を殺すことができた。ところがやはり警察は完全犯罪を見抜き、主人公は徐々に追い詰められる。
ちなみに主人公は童貞じゃない。彼女が処女。で、その彼女とヤっちゃう。彼女は喜んでいるが…。
さらに、衝撃の真実を主人公は知る。妹は、あの男の実の娘だったのだ。
(男の連れ子だったか、母と男の間の子だったかは忘れた…)
男は妹にいたずらするなんてことはおそらく考えておらず、単に父として娘に接しようとしていただけだったのかもしれない。
もう警察からも逃げられないと悟った主人公は、愛車の自転車で走りなれた車道を疾走し、
反対車線にトラックを見るとそちらへと飛び込んだ。

945 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:53:23 ID:O9udW7OiO
社員数が数百人以上という規模の企業は、
障害者を何名か(国から提示された数)を雇用しなければならない規則があるのだと。

946 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:53:59 ID:jtBcNevrO
>>914
この世にはな、言われなきゃわからないくらい驚くほど程度の軽い「知的障害の人」もいれば
あからさまに畜生な「普通の人」もいる
自分の知っている人がこうだからという狭い世界の決め付け自体
「そうであってほしい」っていう胸糞悪い願望じゃないのか
理解あるふりをして現実は見たがらない
それこそ心の底から彼らをさげずんでるタイプ


947 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 21:13:26 ID:zfyEpdIG0
知的障害者のレイプの話題、止めませんか?
後味悪いというよりただ不快なだけ。
オカルトとも関係無いし。

948 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 21:16:35 ID:xDjQBC/t0
結論
知的障害者は生かす必要なし
この話題オワリ

949 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 21:16:37 ID:nKWFdqeN0
>>947
じゃあ見るなよ。

自分が嫌だからって話しを止めろってどれだけ傲慢なんだ。

950 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 22:23:11 ID:JCPCWSgh0
>946
まあだとすれば池沼のレイプ話ばっかして「だから池沼は生きてる必要ないだろ」てのも極端なんだろな

951 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 22:32:20 ID:J0pomcbd0
池沼にも程度の軽重があって重いのはもちろん軽いのも厄介だったりする
それなりに周りのことがわかってると池沼が甘やかされてることを理解して悪用したりする

952 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 22:36:15 ID:fPgo4nnN0
後味が悪い話じゃなくて、ただ単に気が悪くなる話になってる

953 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:02:44 ID:WliF/+iJ0
阿刀田さんの短編集を何冊か買ってみたけど、結構後味悪いの多いな。
ほかに後味悪い短編集とかないか?

954 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:04:58 ID:iA4pf9Uf0
何を基準に池沼?IQテスト?「それといわれなきゃわからない軽い池沼」は
もはや「池沼」ではないのかも

955 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:05:13 ID:CDW73Qha0
>>953
ロアルド・ダール

956 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:06:51 ID:anFsQUsp0
>>953
「吐きたいほど愛してる」って短編集
タイトルで借りたらいい具合に後味が悪かった

957 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:08:41 ID:CDW73Qha0
>>954
いや、知的障害を伴った広汎性発達障害も池沼でしょ。
ちゃんとテストがあるし酷ければ
障害者手帳も出るけど、池沼とは判らなかったりするよ。

958 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:17:03 ID:XVEPZKHqO
>>955
詳細希望☆彡

959 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:17:40 ID:JSGQfFjM0
つーか>>907はかなり昔に同スレにあったコピペのような

960 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:25:43 ID:+pahBKmHO
>>950次スレよろしく!

961 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:31:56 ID:PU/+IF7V0
ダメだったスマソ誰かヨロ
とりあえず作った「前スレ」だけ貼っとく

前スレ 後味の悪い話 その70
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180082480/

962 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:51:55 ID:4wn70nqA0
>>961やってみりゅー。

963 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:58:20 ID:4wn70nqA0

           _, ,_    /
        ( n`Д´)η   次スレ立てたよ ・・・・!!!
       (   ノ    \
       (_)_)
   ""'~"''"""゛"゛""''・、
 "”゛""''""“”゛゛""''' "j'
 :::::ヘ :::::....ヽ :::;;;ノ  ::(
 ::  ゝ  :::::......ノ:;;..:::::::


後味の悪い話 その71
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1181746462/

964 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 00:00:00 ID:Y3O27PdS0
>963 あんがと 乙!

965 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 00:10:36 ID:f0oy4J4wO
自分がルート営業してるお店に障害者枠で入社してる男がいる
パッと見は普通の兄ちゃんなんだけど数字に対する概念ってものが無い
だから計算が出来ないため単純作業しかさせられないとの話
ただ愛想はとても良く、みんなのウケも上々



ただ…自分にだけはすっごく冷たい
挨拶しても存在すらシカト
用事があって話しかけても堂々と歩いて立ち去る
毎週、自分だけはその子と会ってすっごくヤな気分になって帰っていく
リアルタイムで続いている後味の悪い話
捕まえて問いただす訳にもいかないしねぇ

966 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 00:15:42 ID:Y3O27PdS0
>965
内輪には愛想いいけど外の人には愛想悪い、ってやつじゃなくって
本当に貴方だけ無視すんの?

967 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 00:22:27 ID:n2byRL4m0
>>965
あなた!はやく気づいてください!




自分がすでに死んでいるんだってことに・・・(-人-)ナムー

968 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 00:33:48 ID:f0oy4J4wO
「自分が死んでる事に気付いて無い」説が有力かも

先日、心不全で倒れてた時自分の上司や後輩が代わりに営業行ってくれたが
その子の愛想&礼儀の良さに感心してたし…


一方その頃自分はICUで毎日隣のベッドがご臨終続き…
オカ板らしく言えば、自分はその時死んでるかもしれない
一昨日、車にカラスがぶつかって死んだのもソレを教えにキタ━━(゚∀゚)━━!!!
なのかも

969 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 00:35:35 ID:Y3O27PdS0
そーいうことか!

970 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 01:00:53 ID:41d/L6fTO
成仏しろよ!ザーメン!

971 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 01:06:02 ID:Wgjkym9l0
初夏なのにあなたの周りの人たちの息が寒さで白くなってないか?

972 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 01:10:02 ID:WowU3YftO
>>958
ロアルド・ダール劇場
『予期せぬ出来事』
っていうオムニバスのドラマのDVDが出てる。
TSUTAYAでもレンタルされてた。

973 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 01:18:47 ID:QRqXBjwH0
今の流れならいえる

>907は自称トレジャーハンター

974 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 01:24:22 ID:ln0XiKLy0
>>958
短編集「あなたに似た人」とか。
短編はどれも後味わるい系が多いかも。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/ロアルド・ダール

975 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 02:11:25 ID:L9jPpJvM0
知的障害でも臓器売買なら役に立ちそうだな


976 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 02:57:12 ID:41d/L6fTO
!!目からウロコが

977 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 03:01:50 ID:ln0XiKLy0
ダウン症だったら使えないと思う。

一定期間、ニートだったら池沼と認定、
臓器移植に使うのってどうかしらん。
期限を満たす前に、びびって働くかも。

978 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 03:41:46 ID:tLK15LpI0
アメリカ人のカメラマンとモデルが南アフリカの湖に写真集を撮りに行った時の話。
その湖の手前は平地だが奥にはかなり高い断崖絶壁があり、カメラマンは断崖絶壁をバックにしてモデルの写真を撮り始めた。
モデルの後ろに湖と断崖絶壁、その構図でシャッターを押していると、突然ファインダーの中に一人の人間が湖に落ちていく姿が飛び込んできた。
慌ててカメラマンは湖に落ちていく人間の方を追いかけてシャッターを押し続けた。
勿論、撮影は中止。すぐに警察を呼んだが湖に落ちた人は助からなかった。
断崖絶壁の上から湖に身を投げた自殺者だった。
警察の話ではこの湖は自殺の名所として地元では有名らしい。
モデルもショックを受けていたが、なんとか撮影を完了しアメリカに帰った。
それから数週間が過ぎた。
現像はすでに終わっているはずなのに、出版元の担当者の方にはカメラマンからの連絡が無い。
痺れを切らした担当者がカメラマンに電話して見ると、
「今回の撮影は無かった事にしてほしい」の一言。
「わざわざ南アフリカまで行ってそれはないだろう。ハッキリとした理由を聞かせてくれ。」
担当者はカメラマンからその理由を聞き出そうとするがなかなか答えてくれない。
偶然に自殺者を写してしまった話は聞いていたが、電話ではどうしようもないので担当者はカメラマンのオフィスを訪ねることにした。
玄関に出てきたカメラマンの顔にはかなりの疲労の色が出ていた。
カメラマンを問い詰めると、
「わかった。写真を見てくれ。そして君がこの写真集をどうするか決めてくれ。」
担当者は渡された写真の束を一枚一枚めくって見る事にした。

そこには湖をバックにモデルが写っていた。
かなりきれいな湖だし、さらに後ろの断崖絶壁もすばらしい。
しかし、ある写真のところで担当者の手が止まった。
写真の右上に落ちていく人の姿が写っていた。
「ああ、これが自殺者かい?しかしこれくらいどうってことないだろ?」
じょじょに湖に落ちていく自殺者が連続写真で写っていた。
やがて、自殺者の体が湖に触れそうな写真をめくった瞬間。
担当者は大きな叫び声を発し気を失った。
その手に握られた写真には写っていたのは・・・。
湖から突き出た無数の手だった。

979 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 03:46:37 ID:cf6ASrGJ0
単なる怖い話だな
しかも、オカ板で一度は読んだことあるような話・・・・

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 04:45:19 ID:grZKG6Pj0
池沼って力物凄く強いよ。
実習で施設に行ったけど、職員の女の人なんて髪の毛いつも同じところ
思いっきり引っ張られて、その部分だけ軽く禿げてたもん。
男の職員にはやらないくせに。
絶対相手選んでるよね。
おっぱい見せてよ、とか何色のブラしてるの?とか毎日質問されたり
体触られたりして、一ヶ月いたけどこっちが頭おかしくなりそうだった。
職員も良い人は凄く優しいんだけど、悪い人は平気で利用者をグーで殴ったりしてたし、
女の職員も裏庭で煙草吸ってたり、最悪だったよ。



981 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 05:03:43 ID:wWSISKnVO
大分前にチラッと読んだ漫画の話なので嫌いな人はスルーして下さい。
うろ覚えなので、細かいとこ間違ってるかも。ごめんなさい


主人公は趣味の『のぞき』を活かして探偵業をやっている男。人を覗いてばっかりいるので?やたらに勘が鋭い。
その主人公の弟子が主役の一話。

盗聴器を発見してあげた事がきっかけで、弟子に可愛い彼女が出来る。
でも付き合って結構たつのに、まだ体の関係をもっていない。

主人公はそんな弟子を馬鹿にするが、弟子は彼女はお嬢様だし、好きだしそんな事しなくていいんだ 大切にしたいみたいな事をいってる。

そんな弟子に主人公は、馬鹿だな〜彼女は男遊びの激しい女でヤリまくってる相当なスキモノだぞ。お前もさっさとやっちまえ!みたいな事を言う。
盗聴器を付けられるような女だ、男関係が派手な証拠だろ。と。

そんな子じゃない、純情な子なんだ、と信じて疑わない弟子だったが、主人公の、だったら彼女を覗いて自分の目で確かめろ!!の言葉に、彼女のあとをつけてみる事に…

飲み会に行った彼女のバックにこっそり盗聴器をしかけて、変装して隣の席で会話を盗み聞き。
話を聞いているうちに彼女の隣の席の男が盗聴器を付けた犯人だと分かる。
その男は前から彼女を狙っていた、しかも好きなんではなくただヤリタイだけでな、と言う主人公。弟子はハラハラ。

そして酒を飲まされ、ベロンベロンになった彼女はその男のマンションにお持ち帰りされる。
それでもまだ信じている弟子。
盗聴器の音が聞こえなくなり、窓から覗くと そこには


騎乗位でオッパイブルンブルンさせながらデカイ喘ぎ声で激しい腰つきSEXをする彼女が…



982 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 05:04:33 ID:wWSISKnVO
続き


で、綺麗だと思ってた彼女のマ〇コがあんなに黒いなんてって泣きながらそれをオカズにオナニーして射精。

次の日、SEXする時はちゃんとコンドーム使えよ。って台詞を残し彼女と別れる。

終わり。



確かにね、そういう子だってちゃんと分かって良かったと思う。

でもさ陰でコソコソあと付け回して盗聴までして、お前のがストーカーじゃんって
もう気持ち悪くて忘れられない漫画。



983 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 05:55:56 ID:W5lFKkJN0
のぞき屋か。
そもそも殺し屋1の作者なんだから気持ち悪いのは当たり前。

984 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 07:15:00 ID:rt2mOYexO
殺し屋1はトラウマ漫画orz

985 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 07:35:05 ID:wWSISKnVO
殺し屋1に出てくる耳まで口が繋がってる男の苗字の漢字が読めなくて
ずっと無視して読んでた

986 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 07:41:18 ID:S2l8z5eAO
あー何だっけな。ちくしょー出てこねぇ!朝からモヤモヤさせやがって。
あのドMの、、、あっ!カキハラだっけ!だよな!あーすっきり!

987 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 09:01:03 ID:FRCZGTX4O
のぞき屋、私も友達に借りて読んだ事あるけどストーリーよりも
キモイ男性の描写の生々しさが印象に残ってる。

988 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 09:14:22 ID:LfDTKwGS0
のぞき屋で主人公が「目がかいー」とか言って、
爪で眼球を直接ガリガリすんのが忘れられない

989 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 09:26:38 ID:NFFMEvsX0
上原多香子がお薦め漫画として殺し屋1を紹介してたのが後味悪かった。

990 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 09:38:39 ID:SEhqVVvJ0
で、殺し屋1のあらすじはまだか?

991 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 10:24:08 ID:j/gMUHkT0
>>988
のぞき屋の主人公の目がまた義眼なんだよなw
しかも自分でえぐってるw

992 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 10:45:40 ID:czgAY/B/0
というか殺し屋1は後味悪い話ではない。

993 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 11:03:09 ID:mbfOb0Kr0
そう
あれは気持ち悪い話だ

994 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 11:04:07 ID:FRCZGTX4O
話として後味は悪くないかも知れないけど、何かズーンと沈む気分になる読後感。
漫画自体の雰囲気が終始そんな感じ。軍鶏も同じく。

995 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 12:46:39 ID:J7FX+OdkO
そして後味悪く次スレへ…

996 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 13:23:59 ID:sihoxZZx0
埋め

997 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 13:25:11 ID:sihoxZZx0
生め



次スレ
後味の悪い話 その71
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1181746462/

998 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 13:26:44 ID:sihoxZZx0
膿め

999 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 13:27:38 ID:sihoxZZx0


1000 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 13:29:10 ID:sihoxZZx0
1000を取ったのであります

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

403 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)