2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その71

1 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:54:22 ID:4wn70nqA0
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を
 書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」を
 NGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
  次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
  950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ 後味の悪い話 その70
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180082480/
過去ログはこちらからどうぞ
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?D=occult&q=

2 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:54:54 ID:4wn70nqA0
ネタの書き込みの悪い例

644 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/04(月) 00:30:22 ID:zO++YlwT0
>>639
普段のゲーマーっぽくまとめてみた。

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz

3 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 23:55:37 ID:4wn70nqA0
ネタの書き込みの良い例

638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/03(日) 23:17:30 ID:jOuzepYG0
既出かな。

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。

呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。

4 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 00:25:50 ID:GEvx/FIGO
>1乙

5 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 01:40:14 ID:ln0XiKLy0
>>1 乙です。



6 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 06:20:15 ID:7jJrxTlz0
>>1
おつー

7 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 08:24:02 ID:lS/HxGsp0
>>1おつ

8 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 09:12:49 ID:LfDTKwGS0
   ___
  /pepper\
  |__lunch_|__   いらっしゃい!
 /   ノ_ ヽ,,\       ___
 | ≦゚≧ミ:≦゚≧     /pepper\
. | ⌒(__人__) |     |__lunch_|__
  |    |r┬| .}     /⌒ 三⌒\
.  |    | | | }   /( ◎)三(◎)\
.  ヽ   `ニニ }  /  ⌒(__人__)⌒:::\  新スレにようこそ!
   ヽ     ノ  |      |r┬-|     |
   /    く   \     `ー´    /


9 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 10:52:38 ID:lS/HxGsp0
>>8
女性一人なんですが、大丈夫ですか?

10 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 12:53:37 ID:8woHTEYvP
タイトル忘れて内容もうろ覚えだけど、
西部劇+ゾンビのB級映画。
田舎町にゾンビが現れ、増殖していき、主人公(男女)たちがサバイバルして行くまではテンプレ展開(ギャグ風味)。
しかし途中から宇宙人に仲間をさらわれ、UFOには町の周囲を高すぎる壁で塞がれる。
なんとか宇宙人を一人殺すと、宇宙人はゾンビ化した人を治療するために来たことが判明。
検疫を受けてノリノリでゾンビを殺しまくったことを後悔(殺されたゾンビは生き返れません)する主人公女。
その頃、飛行機で町を脱出しようとした仲間の一人は治療中の婚約者(妊娠中)に激突しながら町の外へ。
町の外から検疫所に入っても当然ノーチェック。そしてゾンビ発症。主人公男もあっさりゾンビ化。
それに気付かず宇宙人が帰った後地球全体がゾンビ化現象。
主人公女は検疫所で無事だった僅かな人たちを守り、再び宇宙人が来てくれるのを待つ。

11 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 13:04:31 ID:j/gMUHkT0
「アンデッド」じゃね?

最後とりかこまれて終わるんだっけ。
オレは銃取り上げたのに一発もうたない警官がむかついたw

12 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 13:51:57 ID:Y+UHGN7E0
「道迷い遭難」と言う本から。
中高年の山登りグループが高度は低いが道が分かりにくい山で
迷って計画通り帰れなくなり、ビバークすることにした。
焚き火を囲んで寒さをしのいだのだが、それなりに山の経験のある人が多く、
年齢層も高かったので皆落ち着いて一夜を明かし、出発時には焚き火の燃え殻はすべてきれいに片付け、
火事にならないよう沢に沈めた。

翌日山を降りると中高年グループが遭難ということで大騒ぎになっていた。
人数の多さと、たまたまその日は大きな事件がなかったため、マスコミが一斉に取り上げていたのだ。
警察で事情を説明している間にも記者たちが記者会見をしろと騒ぎ出す。
やむなくリーダーが対応すると、居丈高に責任をどう取るんだと言いだす記者たち。

そもそもクラブの集まりなので全員同じ立場と責任で、リーダーといっても基本的なプランを作って
ふもとまでのバスの手配をしたりしただけなのだが、山関係の出版社が後援についていたために、
記者たちは出版社の企画したツアーだと思い込み、
ツアーの計画に無理があったせいであわや大惨事だったというシナリオにしたかったらしい。
リーダーが何度訂正しても結局報道はそのような形でなされた。

さらにあるテレビでは報道の中でビバークした山の中を映しており、記者が
「ここで一行は一夜を明かしたようです。また焚き火の跡が残っています」
と指し示す林の中に炭がこんもりと積み上げられていた。
それを見て驚いたリーダーが「自分たちはきちんと片付けた。あれはやらせじゃないか」
とテレビ局に電話をすると、対応に出た社員はこの程度のことで、といわんばかりの口調で
「どうせもう明日からはこの件は報道しないから。」
と言い放った。

13 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 14:24:47 ID:Ns5KaFF60
これで、終わりなん?
中高年の遭難ってありがちだけど、遭難したらソノ救助費用の請求が
半端じゃなく大金って聞いたけど どうなんやろ。

14 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 14:27:25 ID:4sc8lwxTO
映画化も決定した『私は貝になりたい』

ウィキより引用。

第二次世界大戦中、高知県で理髪店を営む清水豊松が突然、軍隊に召集されるところから物語は始まる。豊松は気は弱いが平凡な人柄。
豊松は、新兵の訓練で上官に命令されてアメリカ兵捕虜を銃剣で殺害しようとするが、気後れして怪我を負わせるだけにとどまる。
終戦後、理髪店に戻って、いつも通りに仕事をこなしていた豊松が、捕虜虐待の罪で特殊警察に逮捕される。
極東国際軍事裁判(東京裁判)で被告席に立った豊松は、「日本の軍隊では上官の命令に逆らえば命はないんだ」と主張するが、「拒否しなかったことは殺す意思があったという証拠だ」というアメリカ流の論理に跳ね返され、豊松に死刑判決が言い渡される。
死刑執行の宣告を受けた豊松は、妻と子供に遺書を書き始める。

「せめて生まれ変わることが出来るのなら…いいえ、お父さんは生まれ変わっても、もう人間になんかなりたくありません。人間なんて厭だ。牛か馬の方がいい。
…いや牛や馬ならまた人間にひどい目にあわされる。どうしても生まれ代わらなければならないのなら……いっそ深い海の底の貝にでも……そうだ、貝がいい。
貝だったら、深い海の底の岩にへばりついているから、何の心配もありません。兵隊にとられることもない。戦争もない。
房江や、健一のことを心配することもない。どうしても生まれ変わらなければならないのなら、私は貝になりたい……」
と遺書を書いた後、処刑台に上がって処刑される。

15 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 14:42:21 ID:a4H/gz8l0
映画化決定って、もう映画になってなかったか?

16 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 14:42:29 ID:BTWGpUAy0
所ジョージで見たなぁ

17 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 14:44:46 ID:BTWGpUAy0
>>14
しかも保釈と思わせる状況なんだよね
まわりの人も勘違いして「おめでとう!」だし
それでウキウキしてたら行き先は死刑台…
見てて欝になったよ

18 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 14:45:55 ID:rx/A5Wp60
>>14
あの名作をこともあろうに仲居が主演で映画化ということで、
さらに後味が悪くなってる。

19 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 14:51:11 ID:kK/OeOGT0
スマップのあの人か?それはキッツイw
石原のせいでアイドル戦争もの流行なのかね


20 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 14:52:45 ID:gipyNOYP0
日本の軍隊は悪い軍隊のただののプロパガンタじゃねーかよ。下らん。
アメリカの捕虜の扱いを調べてみろよ。本当に鬼畜だぞ、あいつら。

21 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 15:05:18 ID:mBxgyD5/O
>>16
テレビスペシャルみたいな奴だっけ?
所さんがメチャメチャ渋くて哀愁があって格好よかった記憶がある

22 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 15:12:15 ID:KwFmupqy0
>>12
自分達が迷惑かけたんだから(マスゴミにはかけてないけど)
多少不快な思いする位はしかたないんじゃ?
マスゴミ傍迷惑だなーとは思うけど
登山グループにもあまり同情出来ないんでそれ程後味悪くない

23 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 15:12:28 ID:kK/OeOGT0
そういやタモリが荒れた学校で教師役やってたのもなかなかの哀愁だったな
もう多分20年くらい前

24 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 15:18:07 ID:Y+UHGN7E0
俺に負っての不快ポイントは主にマスコミね。>22
1)迷惑かけられた主体じゃないのにえらそうに叩く。
2)自分達のシナリオどおりでないと叩きにくいので事実よりもシナリオの方に執着
3)やらせを平然とやる。

25 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 15:18:08 ID:mBxgyD5/O
一時期流行った野島慎司ドラマは欝だらけだった気がする
「世紀末の詩」ってドラマは一話完結で見やすいし欝要素満載

26 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 15:28:22 ID:kK/OeOGT0
野島ドラマはレイプがあってこそ!みたいな奴なんだろ高校教師と一つ屋根の下しか知らんけど

このスレでは平山夢明はどうなのかね
あまり見ない気がするが以前叩かれたとかあるのかな

27 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 15:28:36 ID:P7bLztzn0
あれね、車いすのエピ。
盲目の女の子がある男にさんざん貢いでもらって目の手術費用まで出してもらう。
しかし目が治った女は男とくっつかず、最後はイケメン医者とくっついてハッピーエンド。

貢いだ男が斉藤洋介で、イケメン医者が袴田吉彦ってのがもう。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 15:29:43 ID:kK/OeOGT0
ああそりゃ仕方ないよ

29 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 15:29:45 ID:KwFmupqy0
>>24
確かに不快ではあるけど、
マスゴミの不快行為は>>12より酷い事を毎日のようにやらかしてるからなぁ
白インゲン、朝日KY珊瑚、毎日ゴミボマー、盗聴依頼…
こんなんに比べたらまだ可愛い方じゃない?

30 :1/2:2007/06/14(木) 16:04:49 ID:TIRnYK8c0
斉藤洋介で思い出した、「ヒポクラテスたち」って1980年の邦画。大森一樹監督。

京都で医大生やってる古尾谷雅人。
大学寮の先輩(阿藤海や斉藤洋介)、同級生(伊藤蘭や柄本明)、
恋人の図書室司書の順子などとともに日々を過ごしている。

最終学年になり実習など忙しくなるこのごろ、恋人の順子妊娠、こっそり町医者で堕胎してもらう。
なんとなくそれで順子とは疎遠になり、また寮の後輩は学生運動に夢中になっていたりと
なんとなく医師という仕事について考えこむ雅人。
そんなとき「出血が止まらない」と順子から連絡がくる。
急遽同級生の親がやっている病院に入れるが、回復せず、そのまま順子は兄が迎えにきて故郷に帰る。
すまなそうな顔の雅人に意外に優しい言葉をかけてくれる順子兄。



31 :2/2:2007/06/14(木) 16:06:14 ID:TIRnYK8c0
同級生が専門を決めていく中、依然として将来が見えない雅人。
同級生で優秀な伊藤蘭と会話をしてみたりする。彼女とは大学の合格発表のとき、
親御さんと一緒に写真のシャッターを押してあげてた縁があった。

そんな蘭も雅人と一緒に夜勤待機実習をしていたときに
「生きている実感を」と自分の血液を注射器で抜いたりしていた。

学生運動に夢中だった後輩は逮捕されてしまった。

冬になり、多少前向きになりかけたとき、ある新聞記事が目に入る。
順子を堕胎させた医者は無免許で、子供が産めなくなった被害者たちが訴えたという記事だ。
呆然と順子の実家に電話し泣きながら「ぼく順子さんと結婚しないといけないんです」
順子兄に「変な電話かけてくるな」と怒られる。
そして雅人は「peint it black」とつぶやきながら自分の白衣をマジックで塗りつぶしていく。

その白衣を着て大学に現れ暴れ出した雅人、同級生や先生に押さえつけられ大学の精神科に入れられる。

雅人が精神科に入っている間、同級生たちも次のステップに進んでいた。
柄本明(家族持ちの脱サラ再受験生)は再び試験落第。
伊藤蘭は卒業試験当日に自殺、学生葬が行われた。

春。精神科に進んだ同級生と庭でキャッチボールしている雅人。
すっかり回復したかに見えたが、
同級生の後ろを白衣を着た教授が通りかかるのを見たとたん
教授に向けてボールを投げつける。ガッツポーズする雅人。

32 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 16:19:32 ID:kSnR8smZ0
斎藤洋介がほとんど絡まないという後味の悪さ

33 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 16:21:14 ID:bbQ7aH4d0
>京都で医大生やってる古尾谷雅人。
>大学寮の先輩(阿藤海や斉藤洋介)、同級生(伊藤蘭や柄本明)、
激しく濃いな。

34 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 16:25:12 ID:TIRnYK8c0
斉藤洋介と、阿藤海と、あと内藤剛志も出ていたが
そのあたりの役はごっちゃになっちゃって誰が何してたか覚えてないスマソ。
斉藤洋介はただの気のいい寮の先輩だったような。
阿藤海は毎朝剣道着でランニングしているような右翼系の先輩だったような。
内藤剛志はなんだったかなあ。

35 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 17:23:54 ID:j1H/ucAN0
ある日の千葉ロッテマリーンズの試合。
千葉県にあるマリンスタジアムは屋根無し。
普段からちょっとの強風、雨ていどなら試合を強行することで有名。

その日は朝から雨が降ったり止んだりしていて
2ちゃんの該当スレでも「試合ないだろ」というレス多数だった。
13時試合開始でその日の会場予定時刻は10時。

FC会員あてに朝9時半過ぎ、メールが届いた。
「今日は雨降ってるけど試合やるから皆おいで^^」
というような内容。
なんだ、球団がやるって言うならやるんだね、行くよ
と出かけていく人もチラホラ出始める。

だが雨は少しずつ勢いを増して行く。

36 :つづき:2007/06/14(木) 17:25:11 ID:j1H/ucAN0
さらに11時過ぎ、またも球団からFC会員にメールが届く。
「試合やるよ〜、予定より遅れたけど球場も開いたよ〜早くおいで^^」
開場してお客も入れたんならやるだろう、と言う人も出てきた。

既に球場に着いて現地の様子を伝えてくれる人は
「グラウンドびちゃびちゃで試合出来ないと思うけど
球場のなか入っちゃったからとりあえず様子見るわ」
という感じだった。

結局、その後も
「試合やるよ^^早くおいでよ^^」
メールは2,3度送信された。
そして、試合開始の13時。
いつもより客の入りがまばらな球場。
雨は強めに降っている。

選手たちがグラウンドに現れることもなく、
13時ちょっと過ぎにずぶ濡れの観客の前で試合中止が発表された…



そして今日もまた同じ悲劇が繰り返されようとしている
…気がする

37 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 17:59:08 ID:yvwzQjR10
【福岡・3児死亡事故】「とりわけ、2ちゃんねるなどで中傷され、本当に嫌な思いをしました」…両親が手記★8
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1181796176/

38 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 18:36:07 ID:5H1H4KLC0
>>36
ひどい話ですね

39 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 19:00:46 ID:ut5hv1Hc0
苦情言わずにまた、客としてノコノコ出掛ける気でいる>>38が後味悪い

40 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 19:56:34 ID:GFwBqXHDO
でもファンクラブ入るくらいのファンなら
試合あるってんならそりゃ行くよな
サッカーなんかは基本的にレインチェックだからもっと見極めにくい
台風だろうが大雪だろうがやる時はやるし
かと言って無駄足になることもあるし

41 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 19:59:58 ID:DmDGh0Zb0
勝手にお客さんにされちゃった>>38カワイソ(´・ω・)ス

42 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 20:57:07 ID:TKMIgFxCO
聞いた話だけど友達の住む町に評判のいいお医者さんがいるんだけど顔に汚らしいアザがあるんだよね。
子供のときに実の母親に熱湯をかけられた火傷のあとなんだけどそれが、
まるで北海道の形みたいになっていて愉快なんだって。その医者は父親がいなくて母親に虐待を受けながらも必死に勉強して医大に行き、
大学病院に務めて開業までして町の人たちに慕われているんだけど北海道のアザが女性にはNG。で、着いたあだ名がサッポロだってさ(笑)
サッポロ〜♪(^Å^)

43 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 21:25:58 ID:J7FX+OdkO
>>42
死ね。

氏ねじゃなくて死ね。

44 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 21:40:53 ID:WiM40HQc0
昨日の知将の話で釣りまくったことに味を占めた奴がいるなw

45 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 21:55:50 ID:VsLbbbO0O
ブルース・ウィルスとニコール・キッドマンの映画
共に霊に悩まされるが実は自分が霊だった話し

後味悪いより後味切ない

46 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 22:10:55 ID:o67cCCTiO
「シックスセンス」と「アザーズ」な まるで一本の映画みたいにいうんじゃない はしょりすぎだし

47 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 22:20:34 ID:ZT7t0XJA0
ブルース・ウィリス

48 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 22:21:29 ID:mBxgyD5/O
>>45
それもAIの前のハーレイ・ジョエル・オスメント出てなかったっけ
結末は誰にも教えないでください


49 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 22:23:31 ID:J7FX+OdkO
そしてブルース・『ウィリス』な
ウィルスじゃ病気持ちみたいになっちゃうだろ

50 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 22:36:50 ID:H2Zni45s0
>>49
いや、待て。これは「ダイハード4.0」がサイバーテロが主題だから、
それにかけて「ウィルス」とわざと間違えた振りして、宣伝してんじゃ・・・と
それはないか。

51 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 22:48:08 ID:J7FX+OdkO
>>50
ワロタww
じゃあ寝るわ
お休みお前ら

52 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 22:49:27 ID:e3hUR8Zy0
この間電車に乗ったら、
朝鮮学校の学生が数人、足を投げ出して席に座ってた。
しばらくして杖ついてるバァチャンがその足に杖ぶつけちゃったのね。
わざとじゃないし、混んでるから仕方ないんだよね。
でもそいつらはバァチャンをガン睨みして「足に杖ぶつけてんじゃねえよ、ババァ!」
って大声で怒鳴り始めた。
バァチャン「ごめんなさいね、ごめんね」って謝ってるのに、
「何じゃその謝り方。むかつくわ、死ね!」とか言ってバァチャンの足を小突いてた。
丁度駅員が通りがかって、足を引っ込めろって学生に注意したら、
「俺はそこのババァに杖ぶつけられたのになんで怒られなきゃいかんの!?」
ってわめき始めて、その取り巻きもギャーギャーと駅員と口論になって、
捨て台詞はきながら車両移る時、全員が駅員の肩にわざと肩ぶつけてた。
しばらくして、隣の車両に同じ朝鮮学校の女子が居たのか、ギャーギャー大声で笑って、
自分達の駅に着いたら、他の人達を押しのけて我れ先にと降りていった。

53 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 22:53:49 ID:LD/ACFLr0
>>52
これは胸糞の悪い話。

54 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 23:04:16 ID:mki03bhC0
↓お魚部隊出撃。

55 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 23:18:44 ID:sUysfOtxO
うーん
2ちゃんの文章だけじゃなぁ
こーやって差別意識って生まれるのかね。

56 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 23:20:15 ID:IuHQsZrQO
>52
黙って見てるだけの日本人ナサケナサスw

57 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 23:24:34 ID:IuHQsZrQO
>55
じいさんやばあさんに昔の日本で在日はなんで嫌われたか聞いてみれば?
「犬はちゃんと繋いでおかないと朝鮮人に持ってかれるぞ!」みたいな。

58 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 23:27:32 ID:sUysfOtxO
アメリカ人は嫌いなんだろうけど
朝鮮人に嫌悪感もってるなんて聞いたことないけどなー



59 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 23:30:45 ID:/hVXNpK1O
>>52
チョンwwwさっさと祖国へ帰れや

60 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 23:49:49 ID:ln0XiKLy0
>>58
アメリカ人ってアフリカ系も含むよね?
朝鮮人街の朝鮮人にすごく反感を持ってて
暴動かなんかで揉めてなかったっけ?

61 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 00:36:29 ID:SHRGXkho0
知的障害者とチョンは臓器移植に使う以外生きてる価値なし

62 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 00:44:18 ID:t+G3sx1yO
朝鮮朝鮮ってリアルでも言う人っているよね?
たいてい、東北の田舎の方の人なんだけど。

63 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 01:07:06 ID:/tyYpIb90
>>61
チョンの臓器を移植してまで生き永らえるぐらいなら潔く死を選ぶわ。
実際奴ら不衛生だから悪い病気持っていそうだし。

64 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 01:10:21 ID:jxoGywML0
>>60
1992年の「ロス暴動」↓の時のことかな。
ttp://brain.exblog.jp/1220507/
韓国人街はボコボコにされたんだけどリトルトーキョーには全く被害がなかったんだよな。

65 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 01:12:30 ID:/etjjZfJO
>>62
いや、朝鮮は侮蔑の言葉でも何でもないから…

東北とか関係なく普通に朝鮮って言うでしょ。

66 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 01:31:27 ID:B+IGo/Js0
↓そろそろ後味の悪い話に戻ろうか

67 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 02:22:02 ID:w+wK266i0
前スレ881の鉄腕アトムの番外編みたいな話のやつだけど、
アトムが2人の気持ちを確認するところとラストがちょっと違ってる。
(ちなみにこの短編は、アトム本編から50年経過してる)

アトムは逃げてきた男女を助けようと、ある小島に避難させる。
アトムが女もロボットだと教えると、男は驚き嘆く。
「知ってると思ってた、ぼく一目でわかったよ」とアトム。
追っ手の戦闘機が近づいてきたのを察知し、アトムは飛び立っていった。
空中でバリバリと黒煙があがる。
ロボットの女を殺(壊?)し残された男は、
真実を宣告した追っ手(戦闘機)に向かって「俺は恋人を二度殺したんだ」
とかなんとか叫んで、戦闘機の攻撃で殺される。
追っ手の戦闘機は元の街へ引き返していく。
…つまりアトムも空中戦で木っ端微塵になったのだった。

68 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 02:27:48 ID:1Jdx5r/l0
手塚ってつまらん漫画ばっか描いてるし絵はキモイね
神様扱いされてるけど。

69 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 02:31:14 ID:pptBa0Ff0
個人叩きは後味悪いんじゃなくて胸糞悪い

70 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 02:59:22 ID:iXs1luzpO
じゃあ、また高校時代に読んだエロマンガから

小学生の不良グループ(男数名、女子一人)が卒業式の数日後に
担任の家(新婚で妻がいる)を訪れる、目的は担任へのお礼参り
しかし、担任は研修のため家をあけ妻しかいなかった、
そして不良グループの一人が担任が帰る前日まで妻を輪姦しようと提案する

そして不良達に輪姦されついに妻は自暴自棄になり、
少年の言いなりになってしまう

そして担任が帰ってくる前日、主人公の少女が担任の妻の体に煙草の火を押し付けたことが引き金となり
さらに凄惨な暴力が妻に加えられる
(飼い犬との獣姦、大量の出血をもたらすプレイ、
食糞などが少女の口から語られる)
不良グループの少年が暴走族の兄を呼び、
妻を何処かへ連れ去ったことによりこの狂宴は幕を閉じる

この経験で少女は男性恐怖症となり、異性と会話することすら出来なくなる

そして担任が研修を終え家に帰るとそこに妻の姿は無く、大量の血や荒らされた家だけがあった
担任は狂ったように捜索し、公園のトイレで変わりはて、
自分が誰かも分からなくなっている妻を発見した
そして妻は記憶をとりもどし精神病院で自殺する

主犯の生徒達はつかまるも当時中学生だったため軽い処罰ですむ

もちろん妻を失った教師は納得のいく訳がなく
事件に関わった者全てに自身による復讐を誓う

71 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 03:07:01 ID:A/zGc3J20
>>70
ち、誓うだけ?復習は果たされたの?

72 :1/2:2007/06/15(金) 03:40:57 ID:CqsjQgJC0
エロ漫画で思い出した。

今よりちょっと未来。そこは宅配メイドロボが定着している世界。
宅配メイドロボとは、電話して要望を伝えると指定通りのメイドロボットが送られてくる有料サービスだ。
客は好きなシチュで思うままに陵辱して、気が済んだら返す仕組みになっている。
相手は何たってロボットだから、どんな事をしたってOKだ。

主人公は興味がなく利用したことがないが、友人がはまっていて盛んに薦めてくる。
ある日友人に押し切られて(勝手に電話されてだっけか)メイドロボが配達されてきた。
メイドロボは素直ないい子で、主人公は無理矢理押し倒す事が出来ない。
かといって何もしないままではメイドロボが不安そうだし…と言うことで、
主人公は食事の準備と部屋の掃除をお願いする。
エロい事を何も要求せず、触れようともしない主人公にメイドロボは驚く。
二人はままごとのような時間を過ごして宅配は終了した。

73 :2/2:2007/06/15(金) 03:41:40 ID:CqsjQgJC0
それから主人公はちょくちょくメイドロボサービスを利用する。
指名するのはずっと同じ子だ。そして毎回何もしない。
ただ二人でご飯を食べたりテレビを見たりして過ごす。
ある日メイドロボサービスに電話すると、あの子は貸し出されていた。
残念に思う主人公の元に、あの子が泣きながら逃げ込んできた。

いつも通りに客の要望通りのコスプレをし、男の元に出かけた。
いつも通りに陵辱されずはずだった。
でも主人公の顔が浮かんだ途端にセックスに耐えられなくなった。
メイドロボはそのまま客の元から逃げてきた。
主人公はそっとメイドロボを抱きしめて、二人は初めて結ばれた。

翌日のクリスマス、二人は約束した。
今日は必ず指名するから二人で過ごそう。
主人公はあの子に似合いそうなアクセサリーを買いに行く。
その頃、人を愛したメイドロボは不良品として回収されていた…

74 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 03:53:46 ID:FFwtLecS0
>>73
切なすぎて鬱入った('A`)

75 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 03:55:31 ID:rfTcRLMT0
>>73
(´;ω;`)

76 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 04:01:07 ID:AUWVGh1MO
男の夢がつまってる話だなw

77 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 04:24:59 ID:1Jdx5r/l0
>>72
それに似たボーイズラブバージョン読んだことあるお。
可愛いメイド少年が優しいイケメンと恋に落ちるが
変態なおっさんや変態なイケメンにもやられてたお。

78 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 04:46:13 ID:28S622Ci0
ぶち壊しだw

79 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 04:47:24 ID:HRivXL+0O
>>77
kwsk

80 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 05:13:52 ID:QFuGs2RN0
後味の悪いエロ漫画。ネカフェで読んだだけなのでウロですが。

主人公は結婚を目前にした若い女性。初めての人は結婚相手と決めていて
婚約者とも結婚するまでSEXはしないと約束していた。
結婚式前日、婚約者が友人を数人連れてくる。初めは祝杯を挙げて和やかな雰囲気だったが
酔って眠ってしまった主人公がふと目を覚ますと、両手を縛られていて、婚約者の友人たちに囲まれている。
婚約者はその輪の外で缶ビールを悠然と飲んでいる。主人公が助けを求めるも無視。
実は婚約者は友人たちに借金があり、それを花嫁の身体でチャラにしようとしていた。
お金なら自分が返すから、と泣いて許しを請う花嫁だが、男たちに姦輪され純潔を奪われる。
それを見ていた婚約者が近寄る。花嫁は「あなたの為に綺麗なままでいたかったのに」と言うが、婚約者は
「処女なんて興味ない。本当に興味があったのはこっち」と、花嫁の尻を掴む。婚約者は肛門愛好家だった。
前も後ろも処女を奪われ、最後は鎖付きの卑猥な花嫁衣裳を着せられ、涙を流す花嫁と男たちの台詞でEND
「綺麗だよ、俺たちの花嫁…」

絵はいわゆる萌え系で、そんなに上手くもなかったのだが、何か後味悪くて記憶に残った。

81 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 05:28:41 ID:iXs1luzpO
ごめん寝てた
>>70の続きね

復讐を誓った教師は、裏社会との人脈を築く為に自分の職業を利用する
まず自分の生徒達を富裕層に売春させ、
さらにそこから人身売買組織に生徒を売るなどして警察、医者、
ヤクザ、弁護士等と太いパイプを築きあげた
その人脈を利用し事件に関わった者をロボトミーをしたり新薬の実験台等にして
一人一人に復讐を果たしていく

そして最後の一人である高校生になった主人公の少女を
妻が発見された公園へ拉致する
その公園のトイレで少女をレイプし痛め付けたあと、
ホームレスやギャングの巣窟でレイプや傷害が多発する公園に裸で放置して
教師はその場をあとにする
復讐を遂げた教師は妻と恋人時代にとった写真を見て
自分の行為を思いだし後悔の涙をながして物語は終わる

82 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 05:41:48 ID:iXs1luzpO
もう一個エロマンガ

主人公とその友人達がカラオケで主人公の誕生会をやっていた

実はこの誕生日会、主人公が意中の男に告白するのために友人達が
開催したものだった

それで間ははしょるが主人公は結局友人と好きな男から睡眠薬と媚薬をのまされ

レイプにより前後の処女を奪われる
ラストシーンは泣き崩れる主人公とそれを囲んで笑う友人達
思いきりダークな終わり方なのに巻末の柱のコメントが

「忘れられない最高の誕生日になったね☆」
フェミニズムは嫌いだがそのコメントをみて
頭の中で女性の人権という言葉がグルグル回ってた

83 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 05:56:27 ID:GzA3gX4P0
エロ漫画に人権てw
どこのPTAだよw

84 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 06:08:48 ID:iXs1luzpO
いやレイプもので主人公喜んでないのに
「忘れられない最高の誕生日になったね☆」
ってコメントは結構キツいぞ
何か編集部イカれとるな〜って

85 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 06:10:01 ID:GzA3gX4P0
書き込んでる奴の頭が悪すぎるからなんか後味悪くなくなったわ。
もうエロ漫画の話はイラネ。

86 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 06:23:28 ID:lINdHtJeO
>>72に似た漫画で
ミハラミツカズ【集積回路のヒマワリ】より
----
主人公は金持ちの初老の男性。若いツバメを持つ浪費の激しい妻と家事手伝いのメイドロボを持っている。

妻はツバメと主人公を殺害して財産を乗っ取ろうと企んでおり、主人公は殺害されるとまで思わなくても愛情の無い夫婦関係に虚しさを感じ(ロボット故の)真っ直ぐな性格を持つメイドロボに惹かれて行く。

庭でヒマワリを栽培し、メイドロボとお茶を飲む事を楽しみにする主人公。(飲む、と言ってもメイドロボは飲めないので飲む真似だけし、お茶はダダ漏れ。)
妻との別れを考え始めた頃『ヒマワリが咲いたら一緒にお茶を飲もう。』と言う主人公に対し『それは命令ですか?』とメイドロボ。
『命令じゃない、(人間的な)約束だ』と伝えてすぐに妻に殺害され、その現場を目撃したメイドロボは共通の主人である妻に死体遺棄を命令されヒマワリの辺り(と思われる場所)に主人公を埋める。
しばらくしてヒマワリが満開になった頃メイドロボは命令される訳でも無くお茶を用意し、ヒマワリを見ながら主人公とお茶を飲んだ時の用にお茶をダダ漏れにしてエンド。その行動は約束ではなく命令の1つであった。
----

うろ覚えなのとまとめる力が足りないので妻とツバメの情事の最中とか主人公の言葉とか省きましたが大筋はメイドロボは結局感情の無いロボットだったとこんな感じ。
この短編集は他にも後味の悪い作品が載っているのでゴスロリファッションに抵抗が無い方は読んでみて欲しい。

87 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 07:28:10 ID:A/zGc3J20
>>81
乙。
ごめん、すかっとした。

88 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 09:26:06 ID:KvLAyi7g0
宅配ロボとかいうとラブ江くらいしか思いつかないわけだがw

89 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 11:20:25 ID:Yo9tiFUOO
チェンジ!!

90 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 14:41:35 ID:bsirFLq5O
>>70,81
MINE?

91 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 16:17:12 ID:G8kiUGHz0
帰ってきたウルトラマン「怪獣使いと少年」 1/2

工場地帯の町外れの廃墟に少年が住んでて 空き地で黙々と穴を掘ってる
町の人たちは彼を「宇宙人ではないか」と噂して気味悪がり 虐待する

少年は 廃虚の中に誰も入れようとしない
そこには 1人の心優しい宇宙人が隠れ住んでる

少年は 東京に出稼ぎに行ったきり行方不明になった父親を探しに来て
行き倒れ その宇宙人に救われて以来 親子のように暮らしている

宇宙人は ここの地下に怪獣が眠っているのを知り
地球の汚れた空気に蝕まれながらも 我が身を犠牲にしてこの地に留まり
念力で怪獣を封じ込めている

少年は 弱ってゆく宇宙人を見るにしのびず
彼が地中に隠した宇宙船を掘り出して
父親のように慕う彼と共に 地球を去ろうとしている
(続きます)

92 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 16:18:56 ID:G8kiUGHz0
「怪獣使いと少年」 2/2

少年と知り合い 真相を知ったウルトラマンこと郷秀樹は 穴掘りを手伝う

町の人々が武器を持って廃虚を襲う
郷の静止も聞かず「宇宙人の少年」に制裁を加えようとする町の人々
少年をかばうため姿を現した宇宙人は 衰弱し切って歩くのもやっとの状態
そんな宇宙人を町の人々は虐殺する

宇宙人の念力が途絶え 封印の解けた怪獣が復活し 町を破壊し始める
宇宙人の仇を討つかのように暴れまわる怪獣
「怪獣を退治してくれ」と懇願する町の人たち
(勝手なことを言うな お前たち自身のせいだ)と戦いを拒否する郷
しかし結局ウルトラマンに変身し 怪獣を倒す

少年は1人 地球を去るために穴を掘り続ける
・・・・・・・・


正義の味方のはずのウルトラマンが 少年も宇宙人も救えず
彼らにひどい仕打ちをした町の人たち「だけ」を救う
って流れが子供心にどうしても納得出来なかったです

93 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 16:23:39 ID:uc7nhocU0
>92
町の人を救わざるをえないウルトラマンの悲しみがおまえにはわからなかったのか?

94 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 16:27:00 ID:G8kiUGHz0
子供だったからね

今ならもちろんわかるよ
そこもわかった上で 未だに後味が悪いんだ

95 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 16:37:44 ID:bYgkpo9d0
俺がウルトラマンだったら
さりげなく町の人を踏むね、プチッっとね。

96 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 16:48:09 ID:6WRKqeD9O
久しぶりの良作だ

97 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 16:54:13 ID:bpxjhUBr0
前に住んでいたマンションの同フロアにいた家族なんだけど
(夫はアラブ系っぽい。奥さんは日本人。子供はハーフでかわいい男児が二人)、
奥さんはしょっちゅう夫にDVされてるらしく
たまにスーパーで買い物しているとこに出会うと愛想良く挨拶してくれるんだけど
それが試合後のボクサーのような顔だったりして、
以前、近所のおせっかいなオバちゃんが
「あんたいいかげん別れるかなんか考えたら?子供にも良くないよ」て忠告したことあるみたいだけど
「でもやっぱり愛してるから…」と「それでも愛してる自分」を誇ってるように自慢げに返したそうだ。
DVの最中は子供たちは外に出されているらしく、階段で寂しげに佇んでいるのをよく見かけた。

そしてある日とうとう夫のアラブ人が出て行ってしまったみたいなのね。
しばらく静かだったんだけど、そのうち奥さんが
「夫が包丁の刃をダメにしちゃってて料理ができない、貸してくれないか」と訪ねてきたんで
貸してあげんだけど、
数時間後、外が騒がしくなり出てみると警察官や救急隊らしき人々がその部屋の前にいた。
ちょうど奥さんが連行されて行くところだった。
その様子を呆然と見ていた私に気づいてニコッとして「さっきは包丁ありがとう、
警察に取られちゃったけどちゃんときれいに洗っておいたからあとで返してもらってね〜」と。
子供二人を刺し殺したそうだ。



最近読んだ都市伝説本から

98 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 16:59:15 ID:u9wWk9uh0
とあるバラエティで、絵本を書いてみようという企画があった。
その中で、女性タレントが書いた話が忘れられない。



男の子が神様にお願いをした。
「亡くなったお母さんに一日だけでいいから会わせてください」
すると次の日、何もなかったかのように家の中にお母さんがいた。
お母さんは家事をこなし、男の子の相手をし、昔のように二人一緒に過ごした。
一日が終わり、お母さんが消えてしまった後、男の子は神様に語りかける。
「神様、ありがとう。今度はお父さんに会わせてください」



どんだけ不幸な子なんだよ!と悲しくなった。

99 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 17:09:48 ID:EmE9JcdT0
>>27
それ、似たようなのを「志村けんのだいじょうぶだぁ」でも見たなぁ。

最後が少し違ってて、女の子のために自分の角膜を提供したみたいな演出だった。
志村けんのシリアスものは、後味悪いのが多い。

100 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 17:22:43 ID:DOVeIuwQ0
>>98
センスあるな〜

101 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 18:15:16 ID:F3gQqDHdO
>>81お礼されちゃう程不良にひどい事した教師の自業自得では?
奥さんだけが可哀相だけど


102 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 18:36:14 ID:A7yupS960
>自業自得

ああ、同級生をレイープしようとしたら先生におこられたムカツクみたいなやつか。

103 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 18:39:43 ID:KvLAyi7g0
ゆとりってこえー

104 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 19:43:22 ID:UEoiaznb0
これは>>101の家庭がDQNなんじゃね
学校教育ごときでこんな馬鹿が生まれてたまるか

105 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 19:47:22 ID:qBAQld6c0
>>99
http://nicopon.jp/video/player/sm41292
探したらニコニコにあったよ
お笑い番組の途中でこういうのやってたのか…
他のも見てみたい
芸人が映画作るブームが来そうだから志村もやってくれないかな?
めちゃくちゃ後味悪いの


106 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 21:02:07 ID:Jo3svSC8O
世紀末の詩のエピソードで太陽の光に当たれない女の子の話があったけど
タイヨウの歌とかいう後発のドラマはそのエピソードを結末までほぼ丸パクリだったなぁ


107 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 21:06:45 ID:m6AAeumX0
パクリと言えばERが流行った後の日本の病院ドラマ(名前忘れた)に
除細動器が何度も出てきたのに笑った。

108 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 21:51:56 ID:EkjaraIWO
>>107
江口洋介と松嶋菜々子の奴かな?それとも白い挙党?

109 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 22:19:53 ID:iXs1luzpO
>>101
作中ではお礼参りっていうか卒業記念にリンチみたいなノリだったよ

先生は事件前は奥さん思いの優しい人(事件後も表面上は)だったし

110 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 22:22:15 ID:sZ04IC6F0
釣りだったらいいが>101みたいな思考をナチュラルにする奴がアレ

111 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 22:25:55 ID:vcKoG2biO
多分お礼参りの実態を知らない世代なんだろう
文字通りゆとりなだけ

112 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 22:31:25 ID:iXs1luzpO
帰ってきたウルトラマンの「怪獣使いと少年」の宇宙人は在日を
イメージしているのではないかと言われている

でその話の続編、ウルトラマンメビウス「怪獣使いの遺産」では
その殺された宇宙人の息子が地球に来て「地球に対し謝罪と賠償を要求する!」
「反省しているのなら、賠償として地球の土地を三分の一明け渡せ!」
「この申し出が受け入れられないなら、攻撃を開始する」
とか言って円盤で暴れ回ってたな

見ていて「お前本当は宇宙人じゃねぇだろ」とツッコミたくなった
ちなみに穴を掘ってた少年は、何年もホームレスしながら穴を掘って
気がついたら消息不明になってたらしい

113 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 22:34:47 ID:a6BjzfXvO
>98
A.Iに似てない?


114 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 23:00:06 ID:e5RfZdN50
>>107
救命病棟24時

115 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 23:41:06 ID:Akw/ST7YO
前スレ埋まるの、早かったみたいだけどなんかあったの?

116 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 00:06:32 ID:xb5UdIwW0
>>97
平山夢明の「東京伝説」?
あのシリーズは、どれもまんべんなくいやーな気分にさせてくれるよね
でも上のほうでも出てたけど、平山夢明の話はこのスレではほとんどでないのは
何故なんだ?
結構、後味悪いの多い気がするけどな
本人光臨して「超」怖い話スレとかで語られてるからか??

117 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 00:09:58 ID:x89LmWdM0
■鳥取市の馬鹿企業リコーマイクロエレクトロニクス  調査しろ!!!■

1993年、以下の非常識な噂を聞いた。クビになった会社テスコ(現在はない)の社長の森良夫氏から聞いた。
森氏は山陰最大の企業鳥取三洋電機リビング事業部の北村氏から聞いたらしい。

「僕(米村)がリコーマイクロエレクトロニクス(鳥取市の誘致企業)に報復した」という噂。

報復の方法は、森氏の会社で休暇を取らなかった事という意味不明な者。
僕が休暇を取らない事でリコーマイクロエレクトロニクスに報復したとも受けとられる噂だった。

この話を人にするすると僕がキチガイ扱いされる。
キチガイは、この噂に半信半疑だった森良夫氏である。

リコーマイクロエレクトロニクスは、噂の件を弁護士(東京の有名な石嵜信憲法律事務所)に一任していながら
森氏から事実関係を聞こうとしない。

リコーマイクロエレクトロニクスは、この噂を聞く以前の1988年「週休4日制」でマスコミが取り上げ
全国的に有名になった会社。つまり「休暇が多い会社」。

「休暇の多い」というマスコミ報道によりリコーマイクロエレクトロニクスの誰かの精神に異常が生じ
口走った噂を会社ぐるみで揉み消そうとしている雰囲気。
地元鳥取市民に相談しても、事実関係の調査の協力者はいない。
現在でも、この噂は鳥取市の社会人の、少なくとも30人に1人は知っている雰囲気。


118 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 00:12:45 ID:CHZ/rzKa0
今から10年位前の話なんだけどね
某病院に先輩の見舞いに行ったんだ
先輩自身は肝臓をぶち壊して入院してたんだけど
病室間違えるどころか病棟間違えちゃって
ここどこ?とか言ってると
両脇を結構ガタイのいい看護士にがっちり固められた奴が
「殺せーっ!!俺をころせーっ!!」
って叫びながらエレベーターに乗せられようとしてるんだ
そんで、引きずり込まれて扉が閉まった瞬間
「いやだ〜やっぱり殺さないでくれ〜」
とか叫んでるのきいて、一瞬プゲラしそうになったんだけど
エレベーターの扉の向こうで何かがおこなわれているのか
それとも、ただ叫んでいるだけなのか判らなくって、表情に困った
結局、確かめることもできず、上がっていく声を見上げたなぁ
しみじみと後味がわるかったね


119 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 00:18:21 ID:58DlrGMkO
精神病棟だったの

120 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 00:44:45 ID:AQMb4PVv0
153 名前:水先案名無い人[sage] 投稿日:2007/06/13(水) 18:31:21 ID:YcHxgIUe0
689 :名無しさん@お腹いっぱい。 :2007/06/09(土) 21:29:45 ID:2ckSmiXT0
原付バイクを無保険で乗り回し、相手に後遺障害を残してしまいました。
6000万の請求ですが、自己破産出来ますでしょうか??
民法が改正され、重大な過失により人の身体に与えた損害は、
破産できなくなったと聞きました。。。

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 23:33:08 ID:2ckSmiXT0
689です。相手が頭部外傷で脳に障害が残りました。
事故は私の一方的な過失です。任意保険は加入していません。
裁判を欠席し、自己破産する予定でしたが。。。
本当に自己破産出来ないのでしょうか。
原付に任意保険なんてかける必要がないのが一般論ではないでしょうか。
6000万の請求なんて、到底納得出来ません

700 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 23:55:51 ID:2ckSmiXT0
本当に改正法により私は、一生支払いを続けなければ
ならないのでしょうか??自己破産できると思い、支払う気もなかったので
相手には「お前がそこにいるのが悪い」と言いはなってその後の相手からの
連絡はシカトしてました。相手弁護士の書面も全てシカトしてました。
まじどうしよう。。。

121 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 00:45:42 ID:3ZogE6Kq0
>>120
ネタ元のスレどこ?

122 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 01:20:26 ID:wE4M3KR5O
自業自得 
糞野郎の加害者に対してはザマみろ&スカッと爽やかな笑みが止まらない
つかこれのどこが後味悪いんだ?

123 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 01:21:36 ID:Akt7jbjW0
>>99>>105
志村がたまーにやるそういう暗い話好きだったw
加トケンでも似たような展開で、
女の子(多分幼い少女だったので恋愛感情は無いはず)の
治療費稼ぐ為にボクシングをやって、金だけ置いて去ってく話をやってたな。
これは切ないだけで後味悪くは無いけど。

124 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 01:22:49 ID:woNPNpF20
>>122
このDQNに付き合わなければいけない被害者とその家族じゃね?

交通事故のDQNで、車でチャリはねて2chに女子大生の振りして相談したネカマ思い出した
事故起こした後のすげー雑な対応と自分は正しく相手が全部悪いというDQNぶりから祭りに
挙句被害者の情報書き込んだり、いくつもの嫌がらせしまくって被害者は引越し&精神科のお世話に
ストーカー行為で捕まり、何とか示談させるも懲りずに粘着を続け
相手を刺しに行くような事をスレで仄めかし、刃物持ってうろついてる所を銃刀法違反で再タイーホ
一年半位前までは専スレもあったけど、今は無いみたい
まとめサイトググってきたんで興味ある人はどうぞ

http://car150.zenno.info/index.php?150%20%A2%A1tKWksCwyLk
http://tkwkscwylk.seesaa.net/

125 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 01:37:52 ID:ZAXVpU5yO
>>124
憂鬱な気持ちになった…自分にも起こり得る事だし。
しかし酷い奴がいるもんだ。

126 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 02:01:16 ID:eYLoEkXP0
>>101
父親が肉労で母親が売春婦だと君みたいなのができるんですね^^
生きてる価値無いので



















氏ね

127 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 02:05:11 ID:58DlrGMkO
パチンカー

128 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 02:31:25 ID:g/g/7pPP0
宮部みゆきの名も無き毒

本筋の事件の顛末も後味悪いんだけど登場する基地害嘘吐き女が
実の家族にしたいやがらせが想像超えてた。

女に対する虐待などは全く無い。
寧ろ自分の実力以上の事をできると吹聴して引っ込みが付かなくなり
挙句に逆切れする基地害女をずっと見捨てずにいた立派な両親と兄。
その兄の結婚式で「私は兄に幼女の頃からレイープされていた」とスピーチ。
もちろん事実無根なんだけどこの基地害女は言ってるうちに自分も本当だと
思い込んでしまう本物電波なのですごい迫真の演技。
一生に一度の一番幸せな日が地獄の一日に。新婦は後日自殺。

で、そんだけのことした理由が「私以外の人が幸せになるのはずるい」
それならせめて大反対すればいいのに表面上は賛成しておいてから
一番ダメージのある方法を選んだっていうのが恐ろしい。
あと、自分が嫌悪感があるから一層そう思うのかもしれないけど
近親相姦なんて考えた事もない兄が妹からその手の濡れ衣着せられたらって
もう生理的な吐き気がする。

上にも書いたように本筋の事件じゃないから両親・兄はどうしているのか不明。
一応勘当し離れて暮らしてるらしい。でも親は完全に見捨てられてない様子。
基地害女はとりあえず(他の事件で)刑務所に入ったけどいずれ出てくるだろうし
書かれてないだけに嫌な事想像してしまう。


129 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 02:39:37 ID:rn7EWfWq0
>>126
肉労に謝れ!

130 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 03:19:38 ID:yywgqDvmO
俺の実話。

高校入学直後親が倒れ、生活の為朝晩バイト三昧になり、バイト疲れで学校じゃ寝てばかり、大学にも進学したけど、ずっと友達が出来なかった。

このころ、バイト先で久しぶりに友達出来て、初彼女も出来たんだ。やっと光が当たる道に出れると思った。

そして、初めて彼女と友達とダブルでどっかに遊びに行く事になった。俺は夜の倉庫のバイトあるから、俺に合わせて横浜の夜の某場所に集合しようと約束した。

バイトを早めに八時に切り上げ、某所に行った。何故か誰もいない。
(続く)

131 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 03:25:46 ID:eYLoEkXP0
もう終わり???



132 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 03:39:35 ID:aCmZyVMm0
>>91
宇宙人が死ぬ前に、ウルトラマンがスカッと怪獣を倒せばよかったのにな。

133 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 03:44:07 ID:yywgqDvmO
(続き)
当時は携帯なんて無いし、十一時まで待ったけど誰も来なくて夜遅いから彼女の部屋の電話も気まずいし、仕方なく帰った。
しかし、それ以降彼女と連絡が取れない。バイトの日、彼女がバイトを辞めたという話を聞いた。一緒に集まる予定だったバイト友達がバイトに来て、驚愕の事実を知った。

あの夜、横浜某所に先に彼女が来ていて、友達も次に着いたとか。だが、その直後五人のヤンキー集団にからかわれ彼女は無理やり車に押し込まれたらしい。
友達はビビって何も出来なかったけど、不幸中の奇跡、自転車の警官が通りかった上にヤンキーの車はまだ停車していた。凄まじい悲鳴に警官と車に近寄ると、ワンボックスから彼女を放り出し車は逃げてしまった。
最悪の事態は奇跡が重なり防げたらしいが、上半身の服はかなり裂けていたとか。結局、当日に彼女の両親が田舎から迎えに来て、大学生で一人暮らしだった彼女を連れて田舎に帰ってしまったらしい。

バイト友達も相当泣きながら俺は人間のクズ、ごめんなさいと俺に謝り続けてた。次のバイトの時、情けなくてお前の顔見れないといって、友達もバイト辞めてしまった。。。


134 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 03:48:09 ID:yywgqDvmO
(最後)
かなり前の話だけど、彼女も友達も同時に失ってしまった事になる。
あの時、俺が夜の横浜なんて指定しなければ。あと少し早く着けば、柔道初段だし何とかなったのでは。


二人は今は何処に居るんだろう?幸せだろうか?長文、すいませんでした。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 03:55:49 ID:3+p4P/iS0
クローン人間に「人としての権利が無い」って事になれば、
まさに、ヤリたい放題。うは!
性奴隷、臓器バンク、兵隊等、個人から国単位の規模まで用途が広がります。
こんなの、認められないよ。まあ、表向きの意見です。

ただ、現在の日本の不景気で、少子高齢化を考えると、中国人に仕事を与えるよりも
クローンの日本人の働き手を増やすほうが良い、と思う部分も多少あります。
「一体、誰を食わすのか?」
この極論になれば、最小限の権利を与えた日本人を作ってみても良いのでは?

例えば日本人の女の子を「製造」するとしましょう。
製造業者が、これは売れるぞ!という飛びきり可愛い子を造ります。
メーカーによって美人の基準が若干違うのが良いです。
萌え度がやたら高いメーカーもあるでしょう。その後、国に買い取らせます。

16才までは国の施設で面倒みます。教育も偏向義務教育までです(男尊女卑を叩き込みます)。
まあ、これだけの権利があれば十分でしょう。参政権なんてありません。
社会に放り出された後は、単純労働のみの低所得、すごく貧乏な生活。
つぎはぎだらけの服を大事に着てたりします。

人間として扱われるのを夢見て、30過ぎの金無しモテナイ男でも飛びつく可愛い女の子。
しかも、お乳が大きいんだなぁ、これが!いいんか?ほんとに?結婚するぞ!
もちろん、16才からお迎えオッケーです。婚約と称して5〜10才くらいの少女でも問題ありません。
人の権利は無いですから。


136 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 03:56:54 ID:3+p4P/iS0
生活自体、国の施設で無菌状態なので、国定検査、処女証明書付です!当然です!
美人に育つ子の中から、お気に入りを選んでご指名。
広末が子供のころメチャ可愛かった様に何時でも食べごろです。
初めての男があなたです。お乳ホワホワ。ううっー幸せ!

供給過多にします。低賃金の美人クローンが溢れる日本。
相対的に日本の女性の賃金や権利も低下します。吼えても無駄です。
田嶋陽子なんてこの世から抹殺です。いらない遺伝子です。死ねー田嶋ぁ!
クローン美人と子供を作って豊かな国にするんだよぉ(涙!

ちょっと待てえ!国の施設で生活、教育してんだから税金かさむだろ!ってのは無しです。
その負担は、売れ残りのクローン日本人(それでも美人)が奴隷のごとく働いてチャラです。
口出しも出来ません。そんな権利は無いのです。死ぬまで働くだけなのです。
一日15時間労働ぐらいしてもらいます。社会福祉も適用されません。
生まれたことを神様に感謝して、やっと一日を過ごす…。
鬼ですか?

これに伴い人間のブス女が余ってくるのは逆パターンの対処で良いのですが、
クローンGacktなんてのを連れて歩いてるのを見ると
ぶち殺したくなるという男の意見が多数です!…なんてこった!自分の首を絞めてたのか!
これって、ブス女の楽園計画だったのね。

したがって、この案は却下。残念だ!(突っ込みどころ満載なのに…。


137 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 04:01:49 ID:eYLoEkXP0
>>134の話の後で>>135の話をみたのが
後味悪い

138 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 04:03:28 ID:tBFB2TLKO
ヤンキーって本当ムカつくね。
社会のクズ、ゴミだね。
ヤンキーはみんな警察に捕まって死刑になればいいのに

139 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 04:08:52 ID:eYLoEkXP0
>>138
臓器売買のほうがいい
人の役に立ったことのないクズだから


140 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 04:27:31 ID:2IaQONiN0
筒井康隆「さなぎ」

増え続ける少年犯罪に手を焼いた政府が「さなぎセンター」を創設する
大人に対して反抗するとそこに収容され
薬物を打たれ 透明なケースの中でさなぎのように醜悪な姿で固まり
ビクリビクリと「自分の反抗が失敗する」夢を見続ける
そこで「反抗がいかに愚かで無意味なのか」を骨の髄まで刷り込まれ
別人のようにスポイルされ骨抜きにされて社会に返される

主人公始め少年たちは 「さなぎセンター」に送られるのが嫌で
大人たちに愛想笑いを返しながら鬱屈した毎日を送っている
大人たちはそんな少年たちが 心の中に反抗心を隠し持ってるのを感じ
何とか「さなぎセンター」に送り込もうと挑発と虐待を繰り返す

父親からの挑発と暴力をへらへら笑ってひたすら耐える主人公
心の中で「復讐してやるぞ」と思い続けながら
そうして何年も何年も父親の暴力を受け続け 復讐を誓い続け
父親はある日 ぽっくりと死んでしまう
主人公は復讐を誓い続ける

俺だけがこんな目にあっていいはずがない
俺の子供にも同じ事をしてやる
逆らえるはずがない
逆らったら 「さなぎセンター」行きなのだから

141 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 05:21:36 ID:58DlrGMkO
デス・スパイラル!!

142 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 06:15:20 ID:AZSzQVry0
「再生」っていう短編ホラー

主人公は大学の社会科の講師。
軽度のアルコール依存症から病院の神経科に通っていた。
そこで軽い頭痛で神経科に通っていた同じ大学の生徒である由伊という女性と出会う。
主人公のファンだという由伊とやがて愛し合うようになる。
付き合って一年ぐらいしたところで主人公がプロポーズ。
しかし由伊は「自分には人に言えない秘密がある」と言って乗り気ではない。
それでも主人公が「どんな秘密があろうとも君と結婚したい」と引き下がらないと
由伊は根負けして主人公に自分の秘密を話す。
由伊の体は呪われている。
まだ幼女だったころ、母の真似をして包丁をいじっていたら自分の指を切り落としてしまった。
治療はおざなりで血止めと包帯を巻いただけだったのだが、しばらくしたら指が生えてきた。
次は小学生のころ、旅行先で事故に遭い右腕を失った。
しかしそれも三ヶ月もしたら元通りに生えたという。
中学生の頃に左足に大きな火傷を負った。
父は「火傷だけはいかん」と言い、由伊の左足を切り落とした。そしたらまた生えてきた。
多分、首を切り落としてもまた生えてくるわ、と由伊は言う。
ただしこの左足が治る間、由伊は父親に毎晩犯された。
左足が治った後も父親は由伊を陵辱し続けたが、ある日由伊が階段から突き落とし殺した。
事故だと言ったら疑われることもなかったという。

143 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 06:16:03 ID:AZSzQVry0
由伊の秘密を聞いても主人公は動じなかった。まもなく二人は結婚する。
幸せな結婚生活、しかしそれも長くは続かなかった。
由伊が神経科に通っていた原因の軽い頭痛、
それは現代医学では治療不可能な新型ヤコブ病(not狂牛病)の初期症状だった。
病状が悪化した由伊は急速に痴呆が進んでしまい、時折主人公のことまで忘れてしまうようになった。
主人公は辛い看病生活を余儀なくされ、ほどなくアルコール依存症も復活する。
それでも由伊を愛していた主人公は二人で人里離れた洋館に移り住む。
そこで痴呆の進んだ由伊は絶対に言ってはいけない心の奥底を主人公に漏らしてしまう。
由伊が主人公に近づいたのは主人公が父親にそっくりだったからだと。
自分を繰り返し弄んだ嫌悪していたはずの父親を無意識のうちに求めていたと。
それを聞いた主人公は大きなショックを受け、酒を浴びるように飲んだ。
目を覚ましたら由伊が自殺していた。燃え盛る暖炉の中に首を突っ込んで。しかしまだ生きていた。
顔中に大きな火傷を負った由伊の顔。かつての美しさは見る影もない。
そこで主人公は由伊の話を思い出し「火傷はいかん」と言いながら由伊の首を切り落とした。
首のない体をベッドに横たえ、その前でじっと再生を待つ主人公。
しかし主人公の祈りも虚しく由伊の体は腐っていった。
やはりあの話は嘘だったのか、病魔に冒された由伊の頭が作り出した妄想だったのかと嘆く主人公。
そのとき遠くからうめき声が聞こえてくる。
声の方へ向かった主人公が見たものは、醜く赤く膨れ上がった由伊の首から生える胎児のような体。
そう、由伊の本体というべきは首の方だったのだ。

144 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 07:20:04 ID:ZAXVpU5yO
>>142-143
病気が進行してからかな?
主人公と愛しあってる最中に「指を食べて…お父さん」みたいな事を口走ってたような。

145 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 09:17:24 ID:mwgIcswQ0
>声の方へ向かった主人公が見たものは、醜く赤く膨れ上がった由伊の首から生える胎児のような体。
オチでいきなりB級ホラーだw

146 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 09:19:02 ID:mwgIcswQ0
>>128
それどっかのスレで「実話です」ってネタ投下してる人がいたなあ。
しかもそれを読んだ住民がこのスレに晒したはずw

147 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 09:22:54 ID:jgnrSCBZ0
>>140
最後のほう文章が怖いんだよな
「ナアニ サナギセンタアガ‥」
ってカタコト風になっていくんだよな

148 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 09:45:02 ID:G9HPqjy80
>>140
体育会系の新入部員が先輩の理不尽なしごきに耐えて
来年新入部員が入ってきたら同じ事をしてやる、
先輩に逆らえるはずがないんだから・・・って考えてる
ようなもんか。

149 :3/1:2007/06/16(土) 10:09:58 ID:hwXx95s3O
長文と要約下手注意。
結構前に読んだのでうろ覚えで悪いんだけど、東野圭吾の『容疑者Xの献身』



主人公は ずんぐりむっくりな体型の、女には縁は無いが天才で数学教師の石神。

彼の毎日の楽しみは、彼のアパートの隣の部屋に住む元ホステスで母子家庭の母親、靖子が働く弁当屋で弁当を買う事。
靖子にほのかな恋心を抱いている石神。ちゃんとした会話をした事も無く、顔をきちんと見る事も出来ないが、ただただひたすら毎朝同じ弁当を買う。

ある日、靖子の行方を調べぬいた極悪元夫が金をせびりに靖子のアパートに現れる。
話はこじれ、むかついた靖子の娘が花瓶か灰皿かで頭をカチ割り 靖子がコタツの紐で首を締めて殺してしまう。

隣の部屋で全てを聞いてしまった石神は親子を庇い、死体処理や何やら全てを自ら引き受け、一人で行ってあげる。

その死体が発見されて靖子のところに警察が来るようになる
事件の後石神は、毎日遠い電話ボックスまで行き靖子に電話をする。
警察との会話の受け答えや何か困った事はないか色々と質問、そして自分の知識をフル活用しながら適切に指示、安心させて靖子を気遣う石神。
その適切な指示に従い、警察に疑われながらもその手から逃れる靖子達。

そんなある日、靖子の職場にホステス時代良くしてくれた客、イケメン小坂(仮名)が現れる。
お互い惹かれあっていく。

石神は靖子と小坂の関係を知る。

石神は相変わらず他人のふりをして毎朝弁当を買いにくる。毎日の日課の電話をかけ続けてくる。
助けてくれた感謝はあるが、ちょっとだけ欝陶しくなってくる靖子。
それになんとなく気付く石神。
石神は隣の部屋の会話が聞ける盗聴器購入。二人のデートのあとをこっそりとつけて、写真を撮る。 その写真を眺めながら、靖子への愛、そして裏切り行為への怨みを靖子宛ての手紙に綴る。



150 :3/2:2007/06/16(土) 10:14:06 ID:hwXx95s3O
石神の大学時代の友人湯川は、石神に負けない天才。
石神のちょっとした変化からこの事件の犯人は石神ではないかと疑い調べていく。
そして全てを推理して確信、人は愛する人の為にそんな事まで出来るのか!と驚愕する。

湯川は友人として石神にそのことを告げる。

その日の夜、毎日の電話を靖子にかける石神。『ポストに手紙を入れておきました。私の電話はこれで最後です。後の事はその3通の手紙を読みなさい』とだけ言うと電話を切る。

手紙の中身は、一通目はあとをつけた時に撮った小坂との写真。二通目には靖子への怨みを綴った狂ったストーカーみたいな文面の手紙。
三通目には、この三通目だけは読んだ後に必ず燃やす事。そして警察が来た時の為の細かい指示。
そして『小坂さんはいい人です。彼ならあなたを幸せにしてくれる筈。事件の事は忘れ、彼と幸せになって下さい』という事が書かれていた。

次の日、石神は警察に出頭。この日の為に色々と考えていた、俺はストーカーなのだ、全ては自分一人の犯行なのだと供述。
自宅からあの盗聴器や靖子の写真発見。
靖子もあの二通の手紙を警察に見せ、石神の手紙の指示通り『誰かにストーカーされていたけど、隣の石神さんだったんですか?しかも元夫を殺した犯人ですって!?話した事も無い人なのに怖いわ〜』みたいな事を話す。
そして石神は逮捕される事に

事件が落ち着いたからと小坂にプロポーズされる靖子。

そんな幸せ靖子のもとに湯川が現れ、事件の真実を教えてくれる。



151 :3/3:2007/06/16(土) 10:17:32 ID:hwXx95s3O
湯川は話す。

石神はあの事件の日に考えた。この遺体をただ処理するだけでは、遺体が見付かった時に靖子達の犯行とバレてしまう恐れがある。
確実に靖子達を守るため、次の日石神はホームレスを殺して巧妙に元夫に見せかけた。
そしてその日に親子二人にアリバイが出来るよう映画やカラオケに行く事を指示。
そのおかげで靖子達は警察に掴まらなかったのだ。
というか、見付かった遺体を殺した犯人は本当に靖子達ではなく、石神なのだから…。
愛する人を確実に守るために、石神は自らの手を汚したのだ。と…

それを聞いてしまった靖子は、しばらく悩んで出頭し警察に全てを話す。
それでも、あの女何おかしな事言ってやがるんだ? とシラを切り狂った男の演技を続ける石神の前に湯川が靖子を連れてくる。

『私のせいで…ごめんなさいごめんなさい。ここまで庇ってくれたのだからと悩んだけど、私だけ幸せになんてどうしてもなれない』と泣く靖子を見て
しばらくは演技を続けていた石神も
『なんで…何故だ… ぅぉおおおおおおおー』と男泣き。





書き込みするの始めてだし、ほんと要約下手でごめん…

もうかなり石神に感情移入しちゃってさ、最後のところで
ここまでやったのになんでお前来ちゃうんだよ!!って、靖子に頭来た



152 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 10:32:57 ID:L1KTkH660
>>151
うーん、切ないけど後味は悪くないな。

153 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 10:40:58 ID:Pj8nl2mw0
馬鹿っぷるって言葉が思い浮かんだ。

154 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 10:44:47 ID:iB2Ii64Y0
ここで靖子が「ラッキー!これで無罪放免」ってなったら後味悪いんだが。

155 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 11:06:28 ID:6PVJpoajO
切ないな
しかし靖子空気嫁よ…

156 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 11:17:56 ID:CN4yHl1n0
まんが日本昔ばなし「キジも鳴かずば」
http://www.nicovideo.jp/watch/sm290600

ことわざにもなっている、有名な欝話です。

157 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 11:34:04 ID:LliDJrRY0
普通にいい話だ

158 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 11:46:30 ID:aCmZyVMm0
イケメンとくっついて、恩人をうっとうしく思う途中のほうが胸糞悪かったな
最後はすっきり
のうのうとインタビューに答えた売女の罪のほうが重くなりますように

159 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 12:29:27 ID:uFH4uMUJ0
>>156
まんが日本昔話では「人形山」が後味が悪い
http://www.nicovideo.jp/watch/sm389404

むかし、幼い娘二人が母親の病気が治るようにとお山の神様にお祈りをすると、
夢で神様が温泉のある場所お教えてくれる。
神が言うにはこの温泉に毎日入れば母親の病気がよくなるとのこと。
娘二人は、毎日母親をしょって温泉まで通った。
夏から通いだし、秋になるころには母親の顔色はだいぶよくなり、
娘たちとの会話に笑い声を上げるほどになった。
ある日のこと、畑の収穫が終わり、二人はふと、神様の所へ
お礼参りへ行くことを思いつく。
急だったが、二人はそのままお山へと登って言った。
もし、お山へ行くことを母親に一言言っていれば教えてもらえただろう。
二人は知らなかった、そのお山は女人禁制の厳しい掟があるということを。
お社に参り、二人が山を降りだした頃から、山の天気だ荒れだした。
やがて、吹雪になり、二人は動けなくなってしまった。

そうして、幼い二人が家に帰ってくることはなかった。

春になり、母親が山を見上げると、山肌に、二人の姿のような雪のあとを見つけた。
なので人々はこの山を「人形山」と呼ぶようになった。

160 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 12:48:44 ID:uFH4uMUJ0
後もうひとつ、昔話で後味の悪い話
「チロリン橋」

十になった貧乏百姓の娘が隣村へと子守奉公へ行くことになる。
娘は七つの祝いに買ってもらった大事な大事なぽっくりだけを持ち
村境の橋を渡って、奉公へといった。
奉公先では子守以外にもさまざまな仕事が次から次へと待っており、
毎日へとへとになるまで働かされたが、家族のためと思いがんばって働いていた。
だが、ある日、その家の仏壇から、5両という大金が盗まれた、
調べてみたが、犯人はなかなか見つからない。
そこで、一番貧乏な家の出である娘が疑われた。
自分は盗んでいないと娘は言うが、その家の女将ははなっから娘の言うことを信じず、疑ってかかる。
証拠はないので、とりあえずまた明日、旦那からも調べてもあることにしてその夜はおひらきにしたのだが、
娘は悲しくていつまでも涙が止まらなかった。
真夜中、娘はぽっくりをもって屋敷から抜け出した。

そうして、子守奉公に出かけてからまだ一度も戻ったことの無い家に向かって走り続けた。
やっと家に着き、戸の隙間から中を覗き込むと、家の中ではすっかりやつれた母親が
ワラ打ちの夜なべ仕事を黙々と続けている。
病で床に伏せっている父親の横で、まだ幼い弟たちが眠っている。
毎年子守奉公の代金は、前金で貰っているのを知っていた娘は、家の中に入ることができなかった。
娘は、どうしたら良いのかわからなくなり、村境の橋の上まで来ると川に身を投げてしまった。

今でもこの橋を渡る時、耳を澄ますと、チロリーン、チロリーンと、
ぽっくりの鈴の音が聞こえてくるという。
村人はその橋を「チロリン橋」と名づけた。



161 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 12:51:44 ID:LhzGfVhEP
お礼参りか……

162 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 12:58:37 ID:UhuHk+Zv0
>>160
後味悪いというよりも、切なすぎて泣ける…。

163 :1/4:2007/06/16(土) 13:19:36 ID:gYa/x3Jy0
昔話で思い出した。タイトルは黄金の湯だったかな。

あるところに滅法腕のいい猟師がいた。
必ず一発で獣を仕留めるので毛皮に傷が付かず、大層高値で売れた。
彼が山で獲物を探していると美しい鹿を見つける。
すかさず狙いをつけたが、初めて仕留め損なった。
鹿を追って山をさすらううちに迷子になってしまい、偶然見つけた家に一晩泊めてもらう。
そこで美しい娘に出会い二人はセックルする。

山を下りた猟師は娘が忘れられず、何度もあの家を探して山を登った。
しかし二度と家は見つからず娘も現れなかった。
狩りも止めてひたすら山を登る猟師はどんどん憔悴していき、村人達は心配し始める。
そこで嫁をめとらせて落ち着かせようと謀った。
猟師は乗り気でなかったが、押し切られて結婚することになる。
妻をもらって以降は少しずつだが回復していき、狩りも再開する。
二人は慎ましいながらもむつまじく暮らしていた。

164 :2/4:2007/06/16(土) 13:20:22 ID:gYa/x3Jy0
だが何年経っても子供が出来ない。
信心深い妻は毎日お地蔵様の掃除をして供え物をしながら祈り続けた。
ある日二人の家に旅の僧が現れた。
そして一宿一飯の恩義に願いを叶えてやるという。
妻は即座に「子供が欲しい」と言った。
僧は難しい顔をしたが了承して去っていった。

やがて妻は身重になり、子供が生まれた。
だがそれは人の子ではなかった。化け物の姿をしていてすぐ死んでしまった。
妻はショックのあまり寝込んでしまう。
猟師はこれは自分の罪ではないかと後悔する。
今までたくさんの獣を殺してきたから山の神が怒ったのではないか。
猟師は狩りを止め、銃を捨てた。二人は畑を耕して暮らすようになった。

165 :3/4:2007/06/16(土) 13:21:34 ID:gYa/x3Jy0
それから数十年後。
妻はすっかり老けていたが、猟師は昔と変わらないまま若々しかった。
ある日妻が言う。離縁して欲しいと。
結婚してから数十年、猟師は全く年を取らなかった。
かつて産んだ子は化け物だった。
ずっと我慢していたがもう耐えられない。あなたが怖い。

そう言って妻は実家に帰り、すぐに死んでしまった。
村人達は実家に帰った妻を怒って男が呪ったのだと噂した。
未練がなくなった元猟師は村を捨てて、放浪を始める。
多くの村や町を渡り歩いて暮らした。しかしどこにも定住はしなかった。
月日が経てば年を取らない自分が気味悪がられると知っていたからだ。

166 :4/4+1:2007/06/16(土) 13:22:20 ID:gYa/x3Jy0
数百年放浪した末、元猟師はある長者の家に厄介になった。
錯乱した男から長者の娘を救い、感謝されて滞在していたのだ。
日が経つに釣れ長者の娘と元猟師は親密になり、やがて恋に落ちる。
だが男は恐れた。事実を知れば娘も去っていくだろう。
悩んだ挙げ句に全てを打ち明けた。
思案した娘は偉い行者様に相談に行こうという。

行者は二人の話を聞き、うなずいた。
男の体には呪いがかかっている。それが不死を与えているのだろうと。
呪いを解くには娘の協力も必要だ。
二人で山奥の泉に入り、手を繋ぎ続ける。何があっても手を離さずにずっとつなぎ続ける。
そうすれば男の呪いは解けて人に戻れるだろう。

167 :5/4+1:2007/06/16(土) 13:23:18 ID:gYa/x3Jy0
話を聞いた娘は喜び、さっそく二人は山奥に出かける。
泉に入り手を繋いでいると、男の体に変化が現れた。
少しずつ髪の色が抜け、皮膚がたるみはじめた。
やがて髪はすっかり抜け落ち、皮膚は醜い斑点だらけになった。
さらに男は老いていく。
皮膚は解け去り眼窩から目がこぼれ落ち、体が腐っていく。
あまりの恐怖に娘は叫び声を上げ、手を離してしまった。
その瞬間、男の体はバラバラに崩れ去り、二度と生き返らなかった。
--------------------------------------------------------
なんつーか猟師の扱いが可哀想で後味が悪かった。
山の神の化身かペットを撃ったせいで呪いをかけられたんだろうけど、何の救いもない。
なぜ自分が死ねなくなったのかもわからず、家族にも捨てられてコッソリ一人で生きて、
最後に希望を見つけたと思ったら裏切られた。
と言っても娘を責めるのも酷だし…と後味が悪かった。

168 :1/3:2007/06/16(土) 13:59:12 ID:YVVNLC4O0
私の従兄弟の話なんですが。

従兄弟は私より十歳年下で、内気で無口な、読書好きの子でした。
小さい頃はそれほど交流がありませんでしたが、従兄弟が中1のとき
事情でしばらくうちで預かることになりました。
従兄弟はほとんど私物を持たずにうちに来たので、毎日退屈している
様子でした。年が離れているし卒論等で忙しく、あまり遊び相手にも
なってやれなかったので、せめて本でもと私の書棚を開放して
どれでも読んでよいと勧めました。
一応最初はいろいろなジャンルの本をまんべんなく読んでいたようですが、
ふと気づくとオカルト関係の本、とくに吸血鬼についての本や
猟奇事件に関する本ばかりが書棚から消えていました。
そういう本が好きなのかと思い、古本屋でその手の本をたくさん買ってきて
書棚に追加しておくと、翌日にはまるごとごっそり消えていました。
今思えば、それは余計なことでした。
本を買ってきて与えるだけでなく、忙しくとももっと話したり遊びに連れて
行ってやったりするべきでした。

169 :2/3:2007/06/16(土) 14:01:28 ID:YVVNLC4O0
数週間後、従兄弟は家に帰っていきました。
彼が使っていた部屋は、中1の少年の部屋とは思えないほど整然と清潔に
片付けられており、何も残っていませんでした。私が貸した本も消えていました。
そのときは、本はあげてしまってもいいか、くらいに軽く考えていました。
それからしばらくして、従兄弟の母である私の叔母から連絡がありました。
息子の様子がどうもおかしい、気持ちの悪い絵を描いて妙な本ばかり読む、
預かってもらっていた時になにかあったのでは、というのです。
叔母は従兄弟が書いたというノートを勝手に持ってきていたので見せてもらうと、
そこには「自分はリュシアス・ド・マルキュイス(こんな感じの名でしたが詳しくは
憶えてません)であり、ヴァンパイアの血族である。人間に体を滅ぼされたので
魂だけで彷徨い、ようやくこの少年(従兄弟)をヨリシロとして復活をとげた。
本来の肉体と力を取り戻すために血の生贄が必要だ」
「ジャックザリパー事件はかつて同様の目にあった仲間が復活の儀式を
とり行ったもの。自分も同じことをしなければならない」
など、中2病精神テンコ盛りの恥ずかしい内容がたくさん書かれていました。
そこで私は叔母に、この時期はそういう妄想をしがちだけれど、刺激すると
本人にとても恥ずかしい思いをさせることになるから、気づかないフリをして
たまに外に連れ出してやって他の事に目を向けられるようにしてやったらいいと
アドバイスしました。

170 :3/3:2007/06/16(土) 14:03:04 ID:YVVNLC4O0
それからしばらくは叔母からも従兄弟からも何の連絡もなく、私も大学が忙しく
従兄弟のことはすっかり忘れていました。
ところが翌年の夏、父からとんでもない話を聞かされました。
従兄弟が傷害事件を起こし、精神病院に入れられたというのです。

従兄弟は、叔母の再婚相手の娘で同い年の少女に睡眠薬を飲ませ、
ナイフで手首を切って血を啜っていたのだそうです。
幸い、たまたま用事か何かでパートを早めに切り上げて帰ってきた叔母が
異変に気づき救急車を呼んだため大事には至らなかったそうですが
従兄弟は手遅れでした。
支離滅裂な、自分は吸血鬼で再生のためにやったとか、処女の血を得たから
じきに復活してお前達を皆殺しにする…とかわめいて暴力をふるって
手がつけられなくなり、精神病院に入ることになってしまったというのです。
明らかに、私が「中2病」と決め付けた症状が悪化しての犯行でした。
私のせいで、従兄弟一家はめちゃめちゃになってしまったのです。

少女は回復しましたが、叔母は離婚されてしまいました。
従兄弟はいったんよくなりかけたものの、退院して叔母が目を離した
一瞬の隙に自分の首をナイフで切り裂いて死にました。
叔母は従兄弟の葬儀の直後に夜逃げして、今は行方不明です。

171 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 14:10:36 ID:hJv1hIT00
>>167
最初に出てきた美しい娘はなんの関係もなかったの?
それともその娘が山の神様関連のなにかなのかな?

172 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 14:16:44 ID:GVW5Td7b0
最初にせっくるした娘はなんだったんだろう??

173 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 14:19:49 ID:QqxqdC4u0
闇の死置人 少年犯罪1
(遠藤雄弥出演 現代に甦った闇の死置人〜あなたの怨み晴らします〜 File3 少年犯罪 Part1)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm426725
Part4まであります。
コピペだけど、要約が所々間違ってるかもw
  ↓
【日テレ】「甦った闇の死置人」が問題作すぎて公式掲示板大荒れ
192 :番組の途中ですが名無しです :2007/01/17(水) 00:43:42 ID:yH5moPvTO
少年A:ある男性をゲーム感覚で殺害するが、模範囚として3年で出所。
出所後、殺害した男性の娘をレイプして、その状況を娘の母親に「娘さん、おいしゅうございました」と電話で報告。
娘にも「お前の父親を殺したのは俺だ!」と白状する。
娘、ショックで自殺。
(↑ここまでを執拗にリアルに描写)

少年Aの末路:突然現れたK-1ファイターにバーンナックル食らって星になる。
(その時の副音声:ピンボールのように跳ねて、どこかへ消えてしまった)

製作スタッフ、狂ってるだろ…

174 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 14:20:22 ID:pc27JFTR0
「山の神の罰その1」じゃね?
本当は、その娘を求めてふらふら山をさまよって死ぬはずが、嫁さんもらったせいで罰その1は効果無しに。
で、山の神は次の罰の不老不死を用意したと。

175 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 14:22:56 ID:6pSEkCvG0
>最初に出てきた美しい娘
ギリシア神話にこういうパターンが出てくるけど、
神と愛し合ったので不死を与えられたのでは?

176 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 14:32:11 ID:AQMb4PVv0
新井素子「いまはもういないあたしへ……」
うろ覚えだが、一人称形式なので感情移入して読後が最悪だった

結婚間近の27歳女性は、婚約者のところに向かう途中で車に轢かれてしまう。
野原をさまよっていたところを、おばあちゃんに迎えられるという臨死体験をした後に
目覚めた場所は病院で、半年ぐらい眠り続けていたらしく、その影響か妙な違和感を体に感じる。
結婚式にそなえて自前の髪で結えるよう伸ばしていた髪は
手術のために剃られてしまい、結婚式の日も寝ている間に過ぎてしまっていたが、
婚約者はそれを咎めず、生きていてくれただけでも幸いだという。
事故現場で警官に「手足がちぎれて大量出血で危ない」という風に聞かされ、
死ななくても障害はあるかもと思ったが、女性は五体満足でそれも喜ばしいという。
女性はその発言に驚く。両親からは頭を強く打っただけだと聞いていたし、
手足はちぎれたどころか、繋ぎ合わせたような手術痕もない。
婚約者もそのことは不思議がるが、警官が間違えているということにしてその場は納得した。

体がしっくりしないという感じの違和感を感じるまま、女性は妙な夢を見る。
強い衝撃と共に、手足に激痛と喪失感。そして失われていく大量の血液。そのまま女性は死んでしまう。
胸や足の皮をつねられた後に、頭を切り開かれ脳を奪われる。そのまま女性は死んでしまう。
それは夢のようではなく、まるで現実にあった事を追体験しているようだった。
でももし現実だとしたら、女性は二回死んでしまう事になる。
今確かに生きているのに、それに人間は一度しか死ねないものなのに。
ふと夢の中でつねられたような感触だった胸や足を見てみる。
そこにはかつてうっかりつくってしまった馴染みの古傷があった。
こけたりして出来た傷なのだが、その傷になにか違和感を感じる。

繰り返し同じような夢を見続ける女性。その夢の中では液体で満たされたガラスの器の中にいた。
ガラス越しに、同じような器が見え、その中に人型のなにかが入っているのが見えた。
器の中の水は体温と同じぐらいで、女性が泣いても涙と液体はすぐに溶け合ってしまう。
悲しみの証すら消えてしまう事に女性はまた泣くが、やはりその涙も消えてしまう。



177 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 14:34:25 ID:AQMb4PVv0
婚約者が聞いた事故の様子と、親から聞いた事故の様子の不一致、
そして体の違和感の理由を女性は婚約者と共に考えるうちに、一つの仮説を立てる。
自分は事故で死に、そして無事だった脳を取り出され、今の体へと移植されたのだと。
一般人で金持ちでもない女性に万が一のためのスペアとしてクローンが
用意されているのは非現実的だが、女性は感覚としてその仮説が真実だと思う。
脳は前の体の記憶を覚えていて、体の細胞の一つ一つに病院内で密かに暮らした記憶をわずかに残している。
そのわずかに残った記憶が蘇る度に、ただスペアとしての不遇な日々を送ったクローンに同情し、
一方でクローン自身としての思考もわいてきて、自分の辛い身の上を悲しんだりもする。

婚約者は、信じられないがもしも仮説が事実だったとしても、それで女性が自分を責める必要はないという。
もしも女性と誰かが溺れていたら、婚約者は迷わず女性を助ける。
しかし溺死した者が女性を憎む道理はない。見捨てた婚約者を選ぶべきだと言う。
女性の意識がない間に医者たちが勝手にやった事なのだろうから気にするな、
そう言われても女性はその考えを受け入れられなかった。
女性は助けられた者であると同時に、溺死してしまった者でもある事になる。
そしてやはり溺死した者は、たとえ道理にかなわなくても助けられた者を恨むしかない。

やがて女性はクローンの記憶を頼りに病院内をさまよい、
かつてクローンがいた秘密の部屋を見つける。
クローンは生まれ以外は普通の人間と同じように育てられるはずだろうに、
記憶にある通りその部屋にいるクローンたちは特殊なガラスの器の中に入れられていた。
何らかの科学作用で急成長を促すためらしい。女性のクローンは、女性と同じく
27年間の時を送ったわけではなく、恐らくポッドの中に入れられ半年程度で育ったらしい。
ポッドの中でしか生きられずにすぐに代用品として殺されたクローンが、「あたし」が可哀相だと
女性は泣き、そして罪悪感と憎しみのようなものを感じながら自殺した。

野原の中をさまよう女性。だけどもう迎えにきてくれる人はいなかった。
祖母は「あたし」ではない方の「あたし」を連れて行ってしまったから。
だから女性は導いてくれる人もいないままそこに居つづけるしかなかった。

178 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 14:38:56 ID:3VSPw5Zd0
>173
それみのもんたの番組だよね。
自分も見たけど犯人と娘はレイポじゃなくて同意だったような気がする。
犯人はそこそこイケメンで過去の事を隠して理想の彼氏を演じる。
娘の処女貰った後に母親に電話して娘にもネタバレ→娘自殺

確か放送当時ここでも話題になったけどオムニバス形式で
どれも被害者がかわいそう過ぎなのに仕置きがお笑い風なんだよね。
例えば痴漢やってクビになり宣告した上司を逆恨み殺害した上に娘レイポ
そのレイポ写真を近所にばら撒く…などやった犯人の死に様は笑天メンバーが
○○と掛けまして〜とギャグを言いながら手裏剣型座布団で殺す。

一応犯人は死んでるけど被害者のフォローは無い、あっても金&みのの励まし。
ものすごい消化不良感の残る、まさに後味の悪い番組だった。

179 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 14:46:40 ID:aCmZyVMm0
>>168
でも中二病だよなそれ。
なんにしろ人様は死んでないし馬鹿本人は死んだし、それなりの結末になって
よかったよかった

180 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 15:20:43 ID:gd3BelkY0
>>176
>でももし現実だとしたら、女性は二回死んでしまう事になる。
脳は生きてるのに体の死のほうを重要視してる オカルト
脳を廃棄されてるクローンの体に前の記憶があるとかオカルト

181 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 15:32:57 ID:0O8+2sLE0
>>171-172,174-175
最初の娘も山の神の化身かそっち系。
大本の原因は鹿を撃ったこと。
鹿を撃ったから、歩き慣れて決して迷う事がない山で迷子になった。
んで娘の言われるまま風呂に入って、その風呂がいけなかった。
人間は入ってはいけない湯か何かで猟師は黄泉の生き物になってしまう。

途中の坊さんも地蔵の化身か何かで二人を救おうとするんだけど、
山の神の呪いが強すぎて無理だった。
中途半端に解呪されて妻は懐妊はできたけど、人間の子供は産めなかった。
どれもこれもはっきりとは書いてないけど、作中でわかるように暗示されている。
あらすじがヘタで抜け落ちてスマン。

182 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 15:53:36 ID:UhuHk+Zv0
サドの「恋の罪」の中の一編(タイトル失念)。
ある中年の男が20歳近く年の離れた女と知り合う。
男は以前一度結婚したことがあったが、ふしだらな妻とその間に出来た馬鹿息子は過去それぞれ家出していた。
女は捨て子であったが、そこまでひどくない家(A家とする)の前に捨てられていたことが幸いしたのか、信心深くそして美人だったため中年男はその女と再婚しようとする。
20歳近く年が離れているとはいえ女も結構な年齢、裕福で優しい中年男との結婚は決して悪い話ではないはずだが、女は拒否する。
女に惚れこんでいる中年男は理由を詰問、女は自分の過去を語り始める。
@10代の頃ある男と付き合い子どもを産んだが、男はあっさり女と子どもを捨て、子どもとも引き離された。
A30代の時にかなり年下の男にレイプされそうになり、その男を刺し殺した。
Bとある殺人事件の目撃者となりありのままを証言したところ、それまでは疑われていなかった女が捕まり死刑になった。
しかし、それらの話を聞いても中年男の気持ちは変わらず、結局2人は結婚。
楽しい新婚生活を送っているところに、過去に家出した馬鹿息子がいきなりの帰宅。
自分も改心したので懺悔話を聞いてほしい、そして母からの遺言もあると言う。
以下、息子の経験。
@女を孕ませたが、生まれた子どももろとも捨てた。
A子どもに会いたくなって探し回ったところ、その子どもは年上女をレイプしようとして殺されていた。
B今度は母親を探し会うことが出来たが、その後すぐ母親は殺人事件の犯人として死刑になった。
で、その際母親が残した遺言。
「あなた可愛さのあまり私はその後にこっそり産んだ娘を捨てた。そうあなたには妹がいる。これはお父さんも知らない。お父さんにもあなたには娘がいると伝えてほしい。そして娘を探してほしい。娘を捨てた家の名前はA。」
話を聞いた後、全てを悟った新妻は、中年男と馬鹿息子の前で銃で頭打ち抜いて終了。

183 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 16:04:18 ID:ilw76qGT0
>160
こういう話見ると張本人は死んだのに
誰が見てきたように語ってるのか気になるんだ…

184 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 16:20:57 ID:pWtL+HQXO
>>183
そいつぁ野暮ってもんだぜ

185 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 16:25:12 ID:YVVNLC4O0
サドは後味悪い話しか書いてないような…

186 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 16:43:56 ID:0UvAV0iT0
>>182
サドって、そんな割と普通の小説も書いてたことに、びっくり。
他のサドの小説を知っていると、そのラストはむしろ、ほっとする。

187 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 16:47:15 ID:n0B3hUFB0
そういえばサドの語源はわかるけどマゾの語源はなんだろ?
と調べたらこれまた人名なんだね。
知らなかった。

>『毛皮を着たヴィーナス Venus im Pelz 』など自伝的な作品で、身体的精神的苦痛を性的快楽と捉える
>嗜好を表現したオーストリアの作家ザッヘル=マゾッホの名前に由来してこう呼ばれる。

そしてサドもこの人もサドでマゾらしいw

188 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 19:30:06 ID:AQMb4PVv0
>>180
記憶は脳だけに残るものではない〜というような事が作中に結構くわしく書いてあった
覚えてないけど

189 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 20:46:16 ID:UuCva/dgO
>>91-92
怪獣使いと少年、そんな話だったかなぁ

俺が知ってるのは、少年がムルチっていう怪獣と仲良くなるんだけど
そのムルチが超獣(=怪獣よりも凄い怪獣)ドラゴリーに
バラバラにされて殺されるってやつ

「超獣」の凄さを示すために「怪獣」がかませ犬になるってのが後味悪いけど
結局「超獣」は定着せず次のシリーズからはまた「怪獣」に戻るってのもまた後味悪い。

190 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 20:52:40 ID:gVNQZr2Q0
釣り乙

191 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 22:30:41 ID:L0HNdBYN0
>146
たしかこのスレにもリンク貼られてたかと思う

◇修羅場◇part44
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/ex/1178366955/
539 名前:1 メェル:sage 投稿日:2007/05/24(木) 23:50:49 ID:XnRxHbEy0
姉は自分の浮気で婚約解消したんだが、それ以来何だか微妙にネジが飛んでる。
もう何年もたってるしそろそろ…と思ってたがダメだった。
そして俺の結婚式の時、酔っ払って飛び入りスピーチかましてくれた。

最初は「結婚おめでとう」とか「奥さんを大事に…」とか普通の事を言ってたが
段々涙声になっていきなり

「その女より私の方がずっとキレイじゃない!
なんでその人結婚できて私出来ないの不公平よ!」と叫びやがった…




当時みんなマジレスしててワラタ

192 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 23:03:22 ID:iB2Ii64Y0
>>186
サドの小説って、異常に道徳から逸脱した主人公の話もあるけど、異常に道徳心の強い主人公の話もある。
ジュリエット(「悪徳の栄え」)とジュスティーヌ(「美徳の不幸」)の姉妹の物語とか。

193 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 23:18:58 ID:S1Jf44fq0
ワルの姉娘が楽しく暮らして、いい子の妹がラストで
雷が口からアソコに抜けて死んじゃうのがなかなか後味いいんだよね

194 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 23:42:25 ID:hmCyhn2N0
本当はサドは被虐待嗜好で、虐待嗜好はあまりなかったらしい。

195 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 00:03:24 ID:nq8dyKoOO
前スレでてた向田邦子のドラマのタイトルなんだっけ
娘の指切っちゃうやつ

196 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 00:10:23 ID:OwoPNgH0O
半月の大根とか何とか言うタイトルじゃないかなぁ?違ったらごめんね

197 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 00:11:51 ID:OwoPNgH0O
半月の大根とか何とか言うタイトルじゃないかなぁ?違ったらごめんね

198 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 00:42:53 ID:v3CXSVaR0
東野圭吾でおもいだした。短篇集でのひとつ。

ある少年が、もう夜遅くなって塾からの帰り道を急いでいた。
偶然、近所の名門女子高の前を通りかかると体育館に明かりがついていたので
何気なく見ると一人の女の子が新体操の練習をしていた。
その少年はその子に一目ぼれ。
次の日からその子練習してる姿を確かめるのが密かに楽しみになっていた。
なんとかして友達になりたいけど相手はお嬢様。そんな勇気もない。
考えた末に、体育館の入り口に応援の言葉を書いたメッセージカードとジュースを
袋に入れて置いておくことにした。せめて応援してる人がいると言うのを伝えたかったのだ。
しかし、その数日後から彼女の姿が見えなくなる。少年はがっくり。

そんな少年の様子を見て家庭教師をしている大学生がなにかあったのかと聞く。
事情を話す少年。その大学生は好意でその女の子がどうしたのか調べてあげる事に。

調べていくうちに、ある自殺した女の子が候補として浮かぶが彼女はその高校の生徒ではなかった。
その女の子は両親を亡くして近所の中華料理店でバイトをしていた子らしい。
不審に思いながらもそのお店にいって直接話を聞くことに。
その店のおばさんいわく、暗くてロクに愛想もない子だったとの事。
新体操についてはまさかあんな子がイメージと結びつかない。
時々お店のテレビで新体操が写っているのをみて皿洗いの手を止めるから注意した事があるという。

その後さらに調べて、その女子高の生徒から「泥棒」の話を聞く。
なんでも少し前に新体操部で不思議な事件がおきた。
部員が練習を終えて帰宅する時にはないのに、翌朝になると体育館の入り口にジュースとカードが。
一体誰がこんな事を?というので何人かの部員が夜残ってこの犯人を確かめる事になったらしい。
すると、練習を終えた体育館に見知らぬ女の子が裏口からこっそり入ってくる。
そしてなんと自分達の使っていた道具を使って勝手に新体操の練習を始めたのだ!
こっそり見ていた部員の女の子達は当然激怒。その女の子を泥棒と言って泣くまで攻め立てたらしい。
その事件があったその数日後、女の子は自殺した・・・。

199 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 00:44:22 ID:v3CXSVaR0
部屋で少年に勉強を教える大学生。

「ねえ、先生あの女の子はどうしたの?」
何気なく少年が聞くが誤魔化す大学生。とてもいえない…彼が彼女を殺したなど。
彼女はあの高校の生徒ではなく、夜に内緒でこっそり入り込んで練習していたのだ。
それがバレて泥棒扱いされてもう来ないと約束までさせられてしまった。
借金もあり進学も出来なかった、そして両親も居ない彼女は唯一の楽しみを奪われて…。
では何故それが分かったのか?答えは少年の差し入れのジュースだ。
少年は彼女がてっきり体育館の正面出入り口から出入りすると思ってそこにおいたのだが、
彼女は裏口から出入りしていた為にその差し入れに気づかなかったのだ。
そしてそれは翌朝の練習に来る正規の部員達の目に止まる事になり不審に思われた…。
そして、彼女の秘密の楽しみが露見する事になったのだ。
少年の善意が完全に裏目に出た。

なおも少年は語る。
「ねえ、先生。もし彼女が見つかったら僕思い切って声をかけようと思うんだ…」

そして完


少年の恋心が好きな子を自殺にまで追い込んだなんてなぁ・・・。
その女の子も悪いと言えば悪いんだが何ともいえない。
この話が入ってた短篇集は他にも付き合ってた彼女が彼氏殺しの真犯人だったりとか
母親が痴話げんかで恋人を殺したと思ったら実は犯人はその娘だったとか
そんな後味の悪い作品ばっかりだった。

200 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 00:59:22 ID:KygDYZi00
でも勝手に自分のレオタードとか着られてたら
すごく嫌だよ
高いものだし貧乏なその女が自前のを用意できたはずないし。
ところで、
男が用具室兼部室の女子部員のレオタード着て踊ってたら
こんなものではすまないよね。

201 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 01:01:14 ID:v3CXSVaR0
>200
いや、リボンとかフラフープとかボーリングのピンみたいなやつとかの道具を勝手に
使ってただけでさすがに服まではつかってないw

まとめ方微妙に長いし分かりにくくてスマソ

202 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 02:28:30 ID:cEKTjSi/0
>>180
亀だが、オカルトだよね。
176じゃないが一応SFという肩書きの物語だったのに
体の記憶だとか、一人の死にお迎えは一回、とか
とてもじゃないがSFの合理性が無いのも後味わるかった。
オカルト的にもイマイチ。

でも、心臓移植された人がなぜか移植後、急に
ドナーが生前の好んだ食べ物を好きになったりする
というオカルトな話は実際にあるらしい。

203 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 02:52:05 ID:lgfK72WMP
虫とかのゲテモノ料理を「食べられない」ってやるバラエティーに
虫酸が走る俺には耐えられないストーリーだな。

204 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 03:47:04 ID:93Hok5FkO
生ものアレルギーの私は、
お寿司を食べられる身体になりたい…



205 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 03:52:38 ID:3gVvABMy0
>>149
『容疑者Xの献身』は読みはじめてすぐにオチがわかってしまう。
結構ありきたりな話で、期待して読んでみると後味悪い。
でも全部読んだ。

206 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 05:01:03 ID:XEhBoHxE0
>>195
「大根の月」かな

207 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 07:29:30 ID:UmKNIJ2p0
>>202
実際に読んでみれば結構すんなり納得できるよ。
引っかかってる部分は全部主人公の妄想ともいえるものだし。

208 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 10:15:51 ID:otBrw1cl0
@特定の食べ物が嫌いでも批判してはなりませぬ
A無理に与えてはなりませぬ
B食わず嫌いはやめましょう
Cアレルギーにも考慮しましょう

209 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 11:17:06 ID:vfePc4FA0
東野圭吾と言えば秘密。
広末主演で映画にもなったっけ?

主人公の妻と娘が事故に遭い、妻は死ぬ。
しかし実は妻の魂は娘の体に入り込んでいた。体は娘だけど中身は妻。
表沙汰にすることもできず、二人は表面上は父と子として、心は夫婦として生きていく。
それから十数年後、妻の心が少しずつ薄れていく。
ついには娘は娘の多摩市を取り戻し、妻は消えてしまった。
主人公はこれも運命だと受け入れる。

しかし娘の結婚式の日、主人公は娘が妻のままだと気づく。
急いで結婚式場に駆けつけるが、そこには花嫁衣装を着た娘(中身は妻)と新郎が。
どうしようもないと悟った主人公は新郎に「一発殴らせろ」と迫るが、拳を振り上げただけで泣き崩れてしまった…

210 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 11:17:47 ID:vfePc4FA0
娘の多摩市って何だ…orz
魂です。

211 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 11:20:01 ID:wEOJfQsf0
>>209
それ妻がずっと娘の演技をしてたってこと?
娘成分は含まれてなかったの?
映画は見たんだけど忘れてしまった

212 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 11:53:57 ID:rRkKWzfMO
>>195 真昼の月 では?

213 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 13:02:31 ID:DB5w6g2RO
すみません、誰か携帯で読める過去ログを教えて貰えませんか?

214 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 13:40:57 ID:LGpXT3Cu0
>>209
その話、娘の身体に入った妻と、結局セックルしたっけ?
娘の魂が戻ってきたら、どーするんだよと思って、気持ち悪くてまともに読まなかった。
妻は、自分の身体は若いし、夫との不自然な生活を捨てて新しい人生を選んだということなのか?

215 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 14:10:13 ID:EiFzz2ulO
>>211
ずっと妻のままだった
ちょっと補足すると

娘として新しい人生を楽しんでいるように見える妻に
夫は嫉妬に似た感情を持つようになり次第にギスギスしていく夫婦
娘の体を持つ妻は夫に体の関係を求めたが夫は娘の体は抱けない
妻は娘が蘇ったように見せかけ、
自分の存在を知る唯一の人を欺き妻であることを永遠の秘密にする

妻も苦しいし、気づいちゃってどうしようもできない夫も可哀想な話

216 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 14:12:44 ID:EiFzz2ulO
改行失敗してすみません

217 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 14:28:09 ID:1mS2lGOn0
>>215
なんか、「秘密」って、娘(魂)の存在が無視されいるのが後味悪い。
妻の一人勝ち(若い体と新しい男と新しい人生を手に入れる)。
この小説って、作者はブラックユーモアのつもりで書いたらしく、
読者はみんな、「ふっ」と苦笑いしながら読んでくれるものと思っていたが、
ふたを開けたら感動小説としてヒットしたもんでびっくりした、
みたいな話を聞いたことある。
作者的には後味悪い現実だったのかも。
実際、この作品のヒットを機に、この手の感動系フシギ小説が流行りだした。

218 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 14:46:31 ID:eqTIsnwT0
>>217
やっぱりブラックユーモア的な読み方で良かったのか。
要するに妻だけがウマーかよwwwと思って読了したら
感動もの扱いされててちょっと納得行かなかった。
学生生活とかめっちゃエンジョイしてたもんなー、妻、
青春よもう一度! なノリで。
一応「娘が戻ってきた時に不都合がないようするために」とは
言ってたけど、夫がとにかく可哀相でなー。
娘の姿で結婚する時に中途半端に夫との結婚(婚約?)指輪を
加工して使うのもなんか自己陶酔してるっぽくて気持ち悪かった。
それがまた、夫が全然知らない店で加工頼むならまだいいのに
既知の店でやるもんだから結局>>209の通りに最悪な形でバレてるし。

219 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 14:46:33 ID:5mWOzqGg0
作者も捻くれてるからその発言自体本心かどうか分からないなあ

220 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 14:59:01 ID:EiFzz2ulO
嫉妬バリバリの夫もひどかった記憶があるけど
男女で感じ方は違うかもね
純愛として読むのは夫が最後の所では妻に対して自分だけウマーかよと思わない所かな
自分の人生をなかったことにする妻を辛いだろうと思いやり自分を責めたり
妻をどのように思おうが結果的に後味悪いしこのスレ的にはお薦め

221 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 15:00:47 ID:NimMiMke0
471 :おさかなくわえた名無しさん:2007/06/07(木) 17:35:52 ID:jvUJdjrL
中学の時転校した学校でイジメにあった。
無視とかはなかったけど、教科書や靴、体操着を隠されたり捨てられたりした。
最初は黙ってたけど親に話したら担任に相談した。しばらくしてはイジメはやんだ。

今度は他の女子の教科書にらくがきされるようになった。
その子は机に死ね、学校やめろと書かれたり、朝登校すると机と椅子が縛られたりしていた。

さすがに担任も問題視して、いじめアンケートをやった。
すると2人の生徒がSさんにいじめられてると告白した。でもSさんは「してない」と主張。
クラスの女子がたまに休むようになった。
その子の親が「学校で娘がSという生徒にいじめられていて登校したくないと言っている。
何とかならないか」と言ってきた。

その後もSさんの親を呼び出したり、学年ぐるみでいじめ撲滅集会みたいのが開かれた。
Sさんのことは他のクラスにも広まっていった。
Sさんは見た目ごく普通の子で成績はまぁまぁ良い。家庭も普通らしかった。
でも騒ぎが大きくなると家庭内でもぎくしゃくしているらしかった。

「Sが夜遊び歩いている」「万引きしたものを他の生徒に売りつけている」という噂も流れた。
先生達もごく普通の生徒だと思ってたSさんがなぜいじめや非行をするのかわからず
頭を抱えていた。


222 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 15:01:41 ID:NimMiMke0
472 :おさかなくわえた名無しさん:2007/06/07(木) 17:41:22 ID:jvUJdjrL
私もSさんはおとなしそうに見えるが影では怖い人なんだと思い、話をしなかった。
もしかしたら私にしたいやがらせもSさんの仕業ではないかと思っていた。

ある日、妹がいじめられいると怒った上級生の男子生徒がSさんの家の犬小屋に放火した。
犬小屋は燃えて、ペットの犬が大やけどをしてその後死んだ。
このことがあってSさんは転校していった。

私は犬が殺されたことを聞いてショックだったけど、
それ以上にSさんが引っ越して平和になったことを喜んでいた。
でも、本当のいじめの犯人を知ったのはずっとあと、高校を卒業してからだった。


223 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 15:02:22 ID:NimMiMke0
474 :おさかなくわえた名無しさん:2007/06/07(木) 17:50:23 ID:jvUJdjrL
いじめられていたのはSさんのほうだった。
「Sをいじめっこにしたてあげる」といういじめだったのだ。

ある女子が席替えの時に好きな男子の隣に座りたくて、Sさんにくじを交換してくれるように頼んだが断られたのだ。
Sさんはその男子には興味がなく、ただ窓際に座りたかっただけなのだ。
でも断れた女子は気にいらなかったらしい。
Sさんはいじわる、ということを他の生徒に話してるうちに、あいつはいじめっ子というキャラを作ったのだ。
そしてやってもないイジメをでっち上げた。クラス単位、学年単位で。

私はそのことを聞いて驚いたが、当時の同級生達は笑って話していた。
当時被害者を名乗り出たが、Sさんのことをまったく覚えていない人もいた。
どんなに「やってない」と主張しても、生徒、先生、親からも信じてもらえず、
ペットも殺され、あくまでも「加害者」として去ったSさんのことを考えると今もぞっとします。

長くて本当にごめんなさい!!


224 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 15:03:55 ID:cEKTjSi/0
>>207
いや、実際に読んでの感想な訳です。

225 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 15:04:06 ID:03s9XgeU0
東野が「秘密」が、天然の感動物として書かれていたら、それはそれで後味悪い。
読んだとき、ギャグにしか思えなかったら。
でも、これは男の意見で、女から見たらカンドーになるのかもね。

226 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 15:06:51 ID:03s9XgeU0
>>225
の最初の「東野が」は、削除するつもりでした。
みなさんの脳内で削除してください。

227 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 15:09:52 ID:fbcA9RI40
>自分の人生をなかったことにする妻を辛いだろうと思いやり自分を責めたり

そこが、笑いどころだったらしい、作者的には。
妻は、「ラッキー」ぐらいにしか思ってないのに、やたら深刻に悩む夫、という構図。

228 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 15:19:49 ID:EiFzz2ulO
>>227
なるほどなー
女を割と斜めから見ているんでしょうね
世の中の女性は自分の心はキレイと思ってるから
今までの自分をなかったことにして生きるのは辛いなー
夫も可哀想だなーと悲恋が出来上がるんだろうね

229 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 15:25:42 ID:fbcA9RI40
>>228
>世の中の女性は自分の心はキレイと思ってるから

でも、女のどろどろやダークさを書かせたら、やっぱり女流のほうがすごいと思う。
男性作家は、どここかで女性を神聖化しているところがあって、
「秘密」はだから、間違って感動作となってしまったのかも。
「秘密」のようなネタで、どろどろ系の女流作家が書いたらどんだけブラックになるか、ちょっと読んでみたいんだが。


230 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 15:29:52 ID:CyX3dFpY0
以前テレビでよくやってたプロジェリアとかいう病気の女の子アシュリーのドキュメンタリー。
小学生時代にアシュリーの親友だった女の子が中学生になるとオシャレや男の子のことで頭がいっぱいになってどんどん離れていくさまが克明に記録されてて何とも微妙な気持ちだった。
いや別に、その親友の気持ちはすごくよく分かるんだけど、その子から「私はもうアシュリーにばかり構っているワケにはいかないのよ」みたいなコメントまでとって流すって凄いなぁと。
だから海外のドキュメントは面白いのかもしれないが。
後味悪いとはちょっと違うかな…。

231 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 17:59:47 ID:I69Fy3vdO
>>231
たしか「もうバービー人形で遊んでられないのよ」
みたいに言うんだよね('A`)

自分はそれよりも、アシュリーと同じ病気を持った男の子とアシュリーが再開して、
それじゃあまたね!

みたいな感じで終わり、番組もエンディング。
めでたしめでたし(?)の後に

「この●日後、●●は亡くなりました(男の子の方)」

って流れて愕然とした。
それからも番組をみるが、
エンディングの後に悲しいお知らせがないかドキドキしながらみてる。

232 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 18:16:01 ID:RJDjEZeW0
>>231
たしか、アシュリーちゃんはその男の子が好きだったんだよな。

233 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 18:36:48 ID:ebILDw630
「秘密」で後味悪いのは
「新しい体得られて妻ウマーじゃん」
という感想「しか」持たない人。

よっぽど自分の人生やり直したいんだな、と思うと
色々後味悪い。

234 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 18:40:27 ID:solw7d570
娘を亡くした痛み、みたいなものは描かれていないの?
自分が親なら、何よりもそのことが一番重大な気がするんだけど。

235 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 19:03:50 ID:iaIIp8oE0
どーでもいい 気になる奴は本読めよ

236 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 19:16:24 ID:Jqmv+3as0
>新しい体得られて妻ウマーじゃん
>よっぽど自分の人生やり直したいんだな、と思うと

女性の場合、やり直したいというより「若さ」に執着があるから、
女性の読者なら、「この妻、いいとこどりじゃん」と強く思うんじゃないか?
母親と娘間の複雑な確執や愛憎は、父親とか男性から見ると、
理解しにくいと思う。
仲良さげな母娘なんか、前スレにもあったけど、山岸涼子が書いた漫画みたいに
結構どろどろしているし。
同じような魂入れ替わりのネタで、
片平なぎさが主演した作品があったけど、あっちのほうがリアリティあった。
あらすじを紹介したいけれど、ほとんどを失念しちゃって、できん。
すまん。
確か、善意で祖母に体を提供した孫娘だったが、
結局は孫娘の体をのっとったまま自分は人生やりなおし、
孫娘は死ぬ、みたいな流れだったと思う。
そんな大筋に、嫁姑問題がからんで…みたいな。

237 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 19:19:20 ID:iaIIp8oE0
これかね「世にも奇妙な〜」のおばあちゃん
ttp://yonikimo.com/db/public/352.html

238 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 19:23:19 ID:zeNTSBD0O
うほっいい話

239 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 19:26:06 ID:Jqmv+3as0
>>237
そうそうだ、その話だっ
ありがとう!
タイトルも失念しちゃって、検索もできないでいたけど、
これで、すっきり。
ラスト、成長した美穂(中味は祖母)が、年老いて死んだ母(祖母にとっては嫁)の葬式で、
にやりと笑うところが、もう…
片平なぎさ、うますぎると思った。


240 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 19:32:05 ID:iaIIp8oE0
>239 動画もあるよ ttp://www.youtube.com/watch?v=A9aDfu6hI4c

241 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 19:58:00 ID:4OCmvz8G0
斉藤洋介がトマトの栽培をビニールハウスでやっていて、
斉藤洋介としてはトマトの栽培に変な執着を持っていて
全部のトマトを誰にもやらずに全部自分のものにしたかった。
けどある日、近所の子がトマトを盗み食いしてるのを見てしまって
その子を絞め殺すってドラマが後味悪かった。
題名も詳細も忘れた。
殺された子のお母さんが薄々斉藤洋介が怪しいとわかってて
トマトのビニールハウスの中の土を半狂乱で掘り起こそうとしてた
シーンが印象に残ってる。「あの子ここにいるのよ!!」とか
叫びながら。

242 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 20:25:44 ID:dXHUuJQ50
母娘入れ替わりネタで思い出した。楳図かずおの「洗礼」
かなり昔に読んだので細かい所はうろ覚え。

女優で絶世の美女だった若草いずみは顔に醜い痣が出来て引退する。
「美貌を取り戻したい」と信頼する主治医に相談するいずみ。
主治医は「娘を産み、年頃に成長した時脳を入れ替えて新しい人生を送ればいい」
と、とんでもない計画を授ける。

娘をひたすら大切に育て、少しでも怪我とかすると異様にキレるいずみ。
でも、そんな日々のお陰で娘は美しく成長する。
そして娘が10才になった時、いずみは主治医に頼み母娘の脳を入れ替えた。

娘の脳を踏みつぶし、老いた自分の体を捨て新しい人生を始めるいずみ。
前は女優だったけど今度は愛する男性の居る普通の生活が送りたいと思い
以前から目をつけていた娘の小学校の担任の先生にアタック開始。

担任は妻子持ちだが「母が急にいなくなった」と担任の家に入り込んで
担任の妻にゴキブリ入りご飯を食わせたり、赤ん坊を虐待したり
風呂入ってる担任の所へ「背中流します」と入っていったりやりたい放題。
妻が怒ると「奥さんが冷たいけど居候してる私が悪いんですよね…」と
妻を悪者にするので、ついに妻は実家に帰ってしまう。

先生と2人きりになれた…と喜ぶいずみだが、実はそれは担任夫婦の芝居だった。
担任夫婦はいずみの異常さに気がつきカウンセリングを受けさせようとする。
更に女優時代からいずみを追ってた記者が現れたり、娘の体にも顔の痣が出てきたりで絶望。
今度は担任の妻に脳を移植しようと企む。

久々に家に帰るいずみ。しかしそこには死んだはずの老いたいずみの姿があった。
実は主治医など存在せず、脳手術もなかった。全てはいずみの妄想だったのだが
母とべったりと暮らす娘は自分自身が「娘の体に入ったいずみ」だと思いこんでいたのだった。

243 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 20:46:45 ID:KygDYZi00
大量のごきぶりにまみれた白米が入った
炊飯器はトラウマ

244 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 20:58:03 ID:eFWXIekD0
小学校のときに、洗礼、読んだ。
いずみが主治医の言葉を鵜呑みにして、子供をつくろうとするシーンで、軽くショック。
「男は誰でもいい」みたいなことを呟いて、
本当に通りすがりの男を逆レイプ。
その凄まじいまでの女の執念を小学校のときに見てしまったので、
「秘密」を読んだときは、「この偽善者め!本性をみせろっ」と思ったw
やっぱ、楳図かずお、すごすぎる。
きっと、本当はもっと違うラストにしたかったんだろうな…と。


245 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 21:02:05 ID:cEKTjSi/0
うろ覚えだけどツェザーレって漫画を思い出した。

ツェザーレという青年がいる。
母親は、ブルネットのツェザーレを疎んじ、
金髪碧眼の幼い二男を溺愛している。
で、弟は池で溺死。ツェザーレには池で助けを呼ぶ弟の声が
聞こえてたかもしれない。弟への嫉妬が無意識のうちに
耳を塞いでいたのかもしれない。苦しむツェザーレ。
自殺しちゃうんだったかな・・ここら辺曖昧(スマソ)

しかし、実は金髪碧眼の弟などというものは存在しなかった。
精神を病んだ母親と、ツェザーレだけが見ていた幻。
弟の幻だけが母と息子を繋ぐ絆だった。おわり。

246 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 21:18:19 ID:LfxYr5OR0
>>217
Oヘンリを思い出した。
皮肉たっぷりのブラックユーモアばかり書いてるのに、
日本では「賢者の贈り物」と「最後の一葉」は感動小説のように扱われている。
でも作者は皮肉で書いてると思うんだよなあ。

247 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 21:22:14 ID:XSQWT4VIO
ニュースで取り上げられてた海外の番組
うろ覚えだけどこんな感じ

ある女性(以下A)が「自分はもうすぐ死ぬから臓器を提供したい。提供する人は自分で選びたい。」と移植希望者を募集
そして三人の移植希望者が選ばれる。
三人は自分こそはとAに猛アピール。その様子を生放送で実況 
で最後誰が選ばれるかって段階で移植話は嘘でしたっとネタバレ
実はAは健康そうのものの女優だった。(三人の移植希望者は本当の病人)
Aと司会者たちが笑顔でネタバレしてたのも後味悪いが 


248 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 21:54:16 ID:vVjC7zP10
>247
それドナーを増やすためのやらせ番組だったんだよ。
患者は本当の病人だけど、やらせであることを了承して参加してる。


249 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 02:58:56 ID:EJkf11SG0
映画、猿の惑星では、宇宙飛行士が砂に埋まっている自由の女神を見て呆然とする
---------------
ティム・バートン版「リメイク猿の惑星」では、最後、宇宙船で時空乱流を乗り切って
宇宙飛行士が降り立ったのは、地球・アメリカかと思いきや
アメリカと文明も文化もそっくりだが、猿が支配する「猿の惑星」だった
---------------------------------------
ちなみに映画「猿の惑星」の原作はフランスの作家ピエール・ブールの手になるもので、

原作では、フランス人の宇宙飛行士が、恒星間探査宇宙船から発進した
探査艇でたまたま着地した惑星が猿に支配されていて当惑するという物語
である。
「こんな惑星からは早く脱出したい」ということで、実験動物扱いの人間の♀をつれて
遥か遠い地球・フランスのパリ、エッフェル塔近くにへ着地するが、

  出迎えたのが「服を着たゴリラたち」だったという結末だ。



250 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 05:28:02 ID:KKCmd4/bO
奇跡の詩人、日木流奈君が家族ぐるみのヤラセだった事。
母親が指もって文字盤打って翻訳する。

障害児を利用して商売。

251 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 05:44:35 ID:13Dum6WEO
両親が声優志望のアニヲタだったし夢の世界に逃避するのも仕方ない

252 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 06:05:11 ID:13Dum6WEO
大昔に読んだ読み切りの少女マンガ、
弱者への差別など人間の冷たさ恐ろしさに生まれて初めて胸が悪くなった作品。
(上のレスと禿しく矛盾な感情)

どこか外国の話。

主人公の少年はふと乞食の少女と触れ合うことになる。
顔は醜く、言葉さえあまり知らない少女。
少年はビー玉を乞食の少女にあげる。
少女は見たこともない綺麗な物に「あー、あー!」と大喜びする。

しかし翌日、街の悪童たちが乞食の少女をからかい、
少女からビー玉を取り上げ川へ投げ捨てる。
汚れと涙と鼻水で顔をぐちゃぐちゃにして川へ飛び込む少女。
凍て付く冬の川で、少女は溺れ死んだ。

あれからのちも主人公は乞食の少女に逢おうと探しているが、
少年はそれきりその少女に逢えることはなかった。


おわり

253 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 06:24:44 ID:13Dum6WEO
文章に書くとなんかつまんねーな…www

254 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 09:30:50 ID:8wWn6Tln0
秘密は「大島弓子の短編漫画と設定が全く同じでパクリ」「大島弓子が先だったというだけでパクリじゃないかぶっただけ」
的な論争があったので読んで見たら、設定が同じでも話のカラーが違いすぎてパクリ云々の考えすら消えた。

>>246
賢者の贈り物と最後の一葉の皮肉kwsk

255 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 09:48:36 ID:imtp+Sbc0
>>253
いや、シンプルな中に切なさがあって良いと思う。


256 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 09:56:19 ID:imtp+Sbc0
>>254
賢者の贈り物

貧乏だが、ラブラブの夫婦がいて
クリスマスに何をプレゼントしようか、お互いに悩んでいる。

考えた挙句
夫は、大切にしていた懐中時計を売って
 「美しい長い髪が自慢の妻に、高級なクシ」を
妻は、自慢の髪を(かつら屋さんに?)売って
 「夫の懐中時計にあう、高級なチェーン」を
それぞれ購入する。

クリスマス当日、お互いのプレゼントを見た二人は
激しく罵り合いました。オワリ


257 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 10:24:59 ID:F0jXPlK90
>>254
最後の一葉
病気で生きる気力をなくした娘さんが、窓の外に見える木を見ながら
「あの葉が全て散る頃には私も死んでしまうんだわ」と悲しんでいる。
嵐が吹き荒れた翌日、全て吹き飛んだと思われた木にはまだ葉が残っていた。
娘は生きる気力を取り戻す。
しかし、その葉は嵐の中彼女を思う掃除夫が壁に描いた絵だった。

って感じで娘が生きる気力を取り戻せるように掃除夫が壁に絵を描いた、
掃除夫に感動だ!ってノリで扱われてる。
でも作者は娘が「もうすぐ死んじゃう私かわいそうっっうえっっっw」って陶酔してんのを皮肉ってんだと思う。

ずっと獄中生活を送ってきた悪人が、初めて心を入れ替えてまともになろうとした矢先に
不審な人物として捕まる話とか、
毎日一番安い食パンしか買わない貧乏人を憎からず思っていたチュプが、ある日こっそり
食パンとバターパンを入れ替えて「喜んでくれるかしら」と胸をときめかせていたら
「なんてことしたんだ!」と貧乏人が泣きながら飛び込んできて、実は彼は画家で食パンを
消しゴム代わりに使っていたのに、バターパンのせいで絵が台無しになって食にあぶれてしまう話とか、
親友が好きな女性に恋してしまった薬局の店員が、駆け落ちの相談をされて応援するふりをして
惚れ薬と偽って睡眠薬を渡すが、親友は女性ではなく父親にそれを飲ませたために
駆け落ちがうまくいっちゃった話とか、ヘンリはそんな話しばっかり書いている。

258 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 10:35:31 ID:ZYfHOqDsO
253
凄く切なくなったよ…

259 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 10:38:56 ID:xEtQgo620
>>249
これ、原作者が日本の捕虜になった時のショックをSF仕立てで書いたんだってね。
猿のような日本人に拘束され、猿のような日本人が支配する恐怖。

日本で「猿の惑星」がヒットした時、「お前らが猿のモデルだよプゲラw」だったらしい。
作品よりも後味が悪かった。

260 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 10:39:00 ID:zafEAgDL0
>256
このスレでメル欄使う&ラスト捏造はどうか

それだけじゃ何だからオーヘンリ「警官と賛美歌」
浮浪者が、冬になって寒くなったんでまたいっちょ別荘=刑務所で休むかと
食い逃げやかっぱらいなどいろいろ悪いことをしようとするんだが
邪魔が入ったり警官が相手してくれなかったりとうまくいかない。
そのうちクリスマスの賛美歌だかなんかを耳にし
過去の楽しかった家族との生活など思い出し優しい気持ちになり
まともに人生を歩んでみるか前の職をもういちど訪ねてみるかと思ったとたん
「ここで何やってんだゴラ」と警官に職質されて翌日刑務所送りになるって話。

261 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 10:41:27 ID:zafEAgDL0
あっ>259に書いてあった…

262 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 10:42:20 ID:SV22uq7j0
スティーブン・キング「クージョ」

狂犬病にかかったセントバーナードに襲われて
炎天下 バッテリーの切れた車内に閉じ込められる母と子
外との連絡手段なし
現場が町外れの世捨て人の家の前なので誰も来ない
子供は熱中症でみるみる弱ってゆく

最終的に
(子供を助けたい一心で 母親が決死の覚悟で家の中に
電話を掛けにゆく んだったかな?この辺うろ覚え)
夕方になってやっとハンターが到着し
セントバーナードは射殺され 母子は救出される
が 子供は既に死んでいる
・・・・・

死んでるのかよ!

263 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 10:45:16 ID:imtp+Sbc0
>>260
すまん、無理に後味を悪くしてしまった。

本当のラストって
「お互いのプレゼントは無駄になってしまいましたが
 二人は、もっと大切な物を貰ったのです・・・」
みたいなオチだよね。

子供の時に読んで、「んなわけねーよ、ペッ!」と思ったな。

264 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 10:49:12 ID:hMUdQmL30
リアルにやらかすとえもいわれぬ空気が漂うんだろうなw

265 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 10:50:26 ID:zafEAgDL0
>263
自分は「髪はほっといてもまた伸びるけど時計はまた取り戻すのに金かかるよなあ」ておもた

266 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 10:58:36 ID:5uh6e7na0
そしたらまた髪売って時計買えばよくね

267 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 11:02:47 ID:imtp+Sbc0
俺が読んだ本の挿絵では
「ほとんど坊主状態」だったぞ。
クシが無駄になるくらいだから、かなり短くしたんだろうな。

夫にしたら
「うわっ、坊主かよ・・・」って感じだろうな。

268 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 11:11:14 ID:JET8lEn30
>>262
クージョは切ない小説だったな
セントバーナードのクージョは、本当は賢くて人懐っこいおとなしい犬だったんだけど、
好奇心からウサギを追いかけてる最中に洞穴に入り込んじゃって、
中に居た蝙蝠に噛み付かれて狂犬病になっちゃうだよね


269 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 11:11:49 ID:P5Ssioys0
阪田靖子の漫画で「糸杉」がやりきれない気持になる作品だった。

舞台は(たぶん)1970年代くらいのイギリス片田舎の小さな会社にキーパンチャーとして勤める
若くて美しい女性Aは14,5歳の思春期の弟Bの親代わりでと二人でアパートに住んでいて、
姉弟で助け合ってつつましく暮らしている。(BにとってAは母親であり姉であり世界の全て)
Aは自分の過去から、恋愛に対して臆病で会社にタイプライターの納品にやってくる、
木訥で誠実な若者Cからのおずおずしたアプローチにも気がつかないふり。
そういうAに対して弟のBは「せめてデートくらい」と、Cを焚きつけてAを夏祭りの
デートに誘うわせたりして応援ムード

ところが、デートをきっかけに本気交際になったAとCが真剣に結婚を考えるようになると
Bはたった一人の肉親を取られてしまう恐怖から精神的に不安定になり、ついには
Aの過去の職業をほのめかしてまで大反対する
Aは思い悩んだ末、「弟のBも一緒に住もう」とまで言ってくれていたCのプロポーズを
断ったが、Aが自分から離れてしまう不安から職場にまで付きまとうようになったBに対しての
イライラからの口喧嘩でつい「お前さえいなければ私は幸せになったのに」と口走ってしまう。

ショックを受けたBは「僕が死んだら姉さんは幸せになるんだろ!」と家を飛び出し、そのまま
帰ってこないBに不安になってAはCに助けを求める。
プロポーズをけんもほろろに断った(そう誤解していた)Aからの連絡に、最初は冷たく拒絶した
Cだったが、この姉弟の複雑な事情を知って一緒に一晩中探しまわるが、結局Bは翌日
水死体となって発見される。
自分の言葉でBを自殺に追いやったと打ちひしがれるAにCが「きっとこれは事故で、Bは
家に帰るところだったんだよ」と慰めるシーンでエンド
Bが自殺か事故死なのかの判別は読者に丸投げで、Aの罪悪感はそのままで救われない。

270 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 11:12:25 ID:zafEAgDL0
気になったからネットの翻訳サイトで読んだら
どうも黒人女性みたいなとても短いクルクルパーマ状にしたみたいね。
しかし夫の金時計はじいちゃんの代からあった大切な時計だったのになあ。

271 :269:2007/06/18(月) 11:12:51 ID:P5Ssioys0
続き
実はこの「糸杉」の発表の数年前に、Bが幼いころのストーリーで作品があり
その中で、若くして両親を亡くしたAが幼いBを育てるために街娼となって生計を立てていたが
自分の職業の為にBが苛められたり、「姉さんから優しくしてもらえる」お客さんになって
一晩中傍に居てもらいたいと、幼いBが食事代として貰っていた小銭をずべて貯めていて
それを悪童に強盗された時に大けがをしたり・・といろいろあって、とうとう街娼を辞めて
Bを連れて誰も過去を知らない街に引っ越しを決心する、という内容。

最後の引っ越しシーンの「もう夜も一緒にいられるわ、でもこれからは白パンは食べられないから
黒パンでも我慢しなくちゃ駄目よ」「僕、黒パンをきっと好きになると思うな」という会話で
あぁ、この姉弟は誰も知らない新しい土地で貧しいながら幸せになれるんだな・・と
ほのぼとした感じで終わるのに、その続編の「糸杉」のエンドがこれか!と鬱になったよ。

こうして書いたらBは単なる中2病のメンヘラみたいだけど、作品では理屈では姉の
幸せを願いながらも、感情で姉が他の男性との交際をどうしても認められない
ジレンマと自分のせいで姉が身を売っていた過去の負い目と、思春期らしい潔癖感と
姉に関する複雑なシスターコンプレックスに悩むBも哀れだし
一時は身を落としてまでBを育て、自分の幸せよりBとの生活を選んだAに対して
こんなもやもやした終わり方はないだろう!って後味が悪かったよ

272 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 11:17:06 ID:8FpHiDCG0
とりあえず櫛を返品して時計を買い戻し
ちゃんと働いて計画的に金を貯め
妻の髪が伸びた頃に櫛を買い直す

…で円満解決じゃないかと思ってた子供の頃
いい大人なんだから、ちゃんと計画立てて買い物しようよ

273 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 12:05:53 ID:h1hfPg4L0
>>269
これ読んで思い出しそうで思い出せない小説がある。
何だったっけ…あー出てこない。

274 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 12:09:51 ID:23gbzCaqO
子供の頃ならともかく、未だに現代の日本の価値観で物語を評価する>>272が素敵

275 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 12:19:02 ID:zafEAgDL0
>273
コクトーの「恐るべき子供たち」じゃまいか
記憶が曖昧だからあらすじ書けないけど

276 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 12:40:42 ID:obeoyCIc0
ひねくれ者のサキ、感動物のOヘンリ、
と思い込んでたが面白そうだな

>>269
糸杉好きだー
しかし>>271は知らんかったよありがとう
坂田靖子のコメディは微妙なのも多いけど、
鬱話ではハズレ見たこと無い

277 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 12:45:57 ID:m+qT+xRFO
>>274
夏目漱石にもあったきがするけど気のせいだったかなぁ

貧乏大学生で下宿してるんだけど、そこで一晩中話せるくらいの親友ができた
そこの下宿してる家の娘に自分も親友も惚れて
自分はフライング気味に告白に成功
親友にそのこと言ったら「おめでとう」みたいなこといわれたんだけど
親友は自殺

題名忘れちゃった(´:ω;`)

278 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 12:47:51 ID:m+qT+xRFO
>>273だった
>>274ゴメンネ

279 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 12:49:14 ID:obeoyCIc0
>>275
精神的双子みたいだった弟の独立心を
あの手この手で潰そうとする姉の話だな
裏工作がばれてしまい、最後は壮絶な自殺

>>277
「こころ」

280 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 12:49:18 ID:9MWYuDYEO
こころ

281 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 12:57:41 ID:m+qT+xRFO
>>279>>280
ありがとう!
十年くらい前に立ち読みしただけなんで重要なところ飛ばしまくってると思うけど
このスレの人は本当に本を読んでるねぇ

282 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 13:11:27 ID:RXrhZo5A0
>>257
どれも皮肉とかブラックジョークではなく、ままならない世の無常を書いてるようにみえるが・・・?

283 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 13:12:37 ID:xehdL4HU0
「こころ」はその後も後味悪いよ。
結局下宿の娘さんと結婚した学生(その後の「先生」)は、
十年二十年ずっとそのことで悩み続けた挙句
最後に知り合った学生に自殺をほのめかす手紙を残して終わる。

284 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 13:23:32 ID:hMUdQmL30
だがしかし国語の教科書にも載っている

285 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 13:31:29 ID:pR01k08s0
「向上心の無い奴は馬鹿だ」を思い出して仕事を頑張る毎日です。

286 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 13:59:23 ID:CxCLQB+50
>>203
そんなお前もコレ見れば治る
http://2log.blog9.fc2.com/blog-entry-1929.html

287 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 14:02:17 ID:AY03ATCf0
>>283
その学生は父親の葬式をすっとばかして、
既に自殺してるであろう先生の元にむかうんだったよな?

288 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 14:04:49 ID:imtp+Sbc0
しかし、急ぐ学生の行く手を阻む
謎の組織が現れるんだよ

289 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 14:46:42 ID:MmMWHPPfO
こころには同性愛的解釈があると聞いた
学生奔走のあたりか?

290 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 14:49:50 ID:mRLz5Dfi0
9年間監禁された女の子が保護されたときの近所の人へのインタビュー。
「女の子なんていないはずなのに女の子の泣き声がするんで
 おかしいとは思ってたんだよね」

今回の保険金殺人もそうだけど、もっと早く解決できたかもね。


291 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 15:26:53 ID:Noh7MIgE0
その手の意見を聞く度に思うけど、
良い面も悪い面も含めて濃密で鬱陶しいくらいの近所づきあいを
続けた上で言ってるんだろうか?
困ったときだけ救いが欲しいってのは無理な話だ。

292 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 16:54:28 ID:Hf2XLgQS0
賢者の贈り物を読んで。

髪の毛を切ったり、大切な金時計売ったり、
そこまでしてプレゼントされたら、はっきりいってもらったほうは負担ではなかろうか?
「私、ここまでして、お金作ったのよ」って、特に、女のほう。
丸坊主にちかい頭で、「これ、あなたのために…」とプレゼントされてもな…。怖い。
という感想を持った。
そんな力いっぱいのプレゼントをもらっても、自分は満足かもしれんが、相手は引くと思う。
恋人のうちひとりが一方的にそんなプレゼントしたら立派なホラーだが、
このカップルは、似たもの同士のバカップルってことで、
感動というよりは、コメディだと思った。


293 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 16:58:35 ID:RXrhZo5A0
別に作者が丸坊主になったと書いたわけでもないのに
イラストレーターが勝手に書いた絵でわけわからん
解釈たれるやつがいて後味悪い

294 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 17:00:17 ID:FFeQZLu70
古谷実の「シガテラ」
おとなしい感じの高校生が主人公で、美人で性格のいい彼女がいる。
ある日彼氏のクラスメート(これまたおとなしい感じ イケメン)と彼女の友達と4人でダブルデートをした。
クラスメートは主人公の彼女にほのかな好意を寄せるが、主人公から奪うほど行動力があるわけでもない。
すなおに諦めようとしてた。

クラスメートはそのことを幼馴染の悪友(ブサイク DQN)にぽろっとこぼす。
悪友は知り合いから睡眠薬が手に入るからそれを使ってレイプしようと言い出す。
元来の悪人ではないクラスメートは絶対ダメだと言い張る。

ある日、クラスメートの父親がリストラ(異動だっけな)で引っ越さなければならなくなる。
ここを離れるともう主人公の彼女には会えない。
クラスメートは悪友に電話をした。
「あの薬、手に入るかな」

部屋に主人公の彼女とその友達を呼び、テレビゲームなどをするクラスメートと悪友。
ジュースには眠剤。

女二人はぐっすり眠り、コトに及ぼうとする悪友。
その時、主人公から電話。
「今からそっち行くね」
クラスメートは踏みとどまり、主人公を迎えに出る。

残された悪友・・・どす黒い描写があり、
主人公とクラスメートが戻ったとき、呼吸を荒くした悪友がズボンを履きながら「お、おう、またな」と出て行く。

主人公も彼女もすごくいい子なので後味悪い。

295 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 17:07:09 ID:BG4LAyIh0
>>293
丸坊主でなくても、髪切ったことはばればれじゃね?
瞬間的なインパクトはすごいと思う。
でも、よくよく考えたら髪はまた伸びるわけだし、
彼女的にはそれほど失ったものはない。
演出力あるなーこの彼女、と思った。

296 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 17:09:36 ID:PxhwnkuY0
探せばネットに本文載ってるんだからそっち読めよ

297 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 17:10:59 ID:gENAZ/2H0
>>293
本当の丸坊主でなくても、長い髪が当たり前とされている時代に
ショートにしたってことは、今の感覚では丸坊主に近いと思う。
自分とは違う感想が出ると、そうやってつっかかてくるのは、
どうも、後味悪い。


298 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 17:12:58 ID:96lnwOmY0
>>294
その話自体の最後も後味悪いよね。
直前まで彼女と初々しいバカップル状態だったのに、
ラストいきなり数年後にとんでお互い別の人と付き合ってる。
で、主人公が彼女に言ってた「一生愛する」みたいな台詞を新しい彼女に言って終わり。
衝撃だった。
そのときは古谷実がどういう作家か知らなかったし。

299 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 17:19:11 ID:5XKJqkzt0
>>294
結局、レイプされたのかはわからないってことか?そこ書かなきゃ、ダメだろ。
お前一人後味悪いだけじゃダメだろ。

300 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 17:23:58 ID:FFeQZLu70
>>299
読めば分かるけど、限りなくクロに近い灰色。
悪友「入れ!入れ!クソッ・・・おっ・・・なんだか少しづつ・・・」
みたいなセリフがあった。

301 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 17:27:02 ID:5XKJqkzt0
>>300
ありがとう。俺も後味悪くなったよ・・・。

302 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 18:05:52 ID:m+qT+xRFO
>>294
なんだその俺のトラウマ漫画('д')
あの最終回手前までしか読んでなかったんだけど
レイプしたのかしてないのかのフォローもなしにさっさと終わったからなぁ

303 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 18:05:55 ID:ZYfHOqDsO
シガテラのはイケメンは事に及ぶ前に踏み止まってたよ
直後に主人公から電話があって迎えにいった
悪友は彼女の友達を襲ったはず

304 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 18:11:00 ID:cBRrmp6n0
古谷実の漫画(稲中)って昔、ハマって友達に薦めまくったけど、
7巻あたりが発売された頃になぜか急激に
「これ数年後に振り返ったら物凄いつまんねー漫画だったな・・」
と感じそうだったので全て捨てたことがある。

その後、後味の悪い漫画を描いてる・・って知って妙に納得。

305 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 18:33:25 ID:ldi9eSAO0
>>289
Kと私(先生)の間に同性愛的な気持ちがあった、ってする説だね。
私はお嬢さんを取られたくなかったんじゃなくて、お嬢さんにKを取られるのが嫌で、
それならばいっそKが思いを寄せているお嬢さんを自分のものにしてしまおうとああいう行動を取った
っていう解釈があるって国語の教師が言ってたなあ

306 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 19:04:47 ID:qPbvKBTAO
>>304
やっぱ稲中の作者さんでいいんだ。
テイストが全然違うから同名の漫画家がいるのかと思った。

307 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 19:19:30 ID:rGZdLiSOO
稲中の作者のくせにヒミズとかシガテラ書くなんて生意気だな

308 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 19:25:31 ID:sibhxGNpO
後味の悪い小説有り升
http://id46.fm-p.jp/28/hanatumami/

309 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 19:31:48 ID:cBRrmp6n0
>>306
同じ作者みたいだね。

古谷実自身が23歳頃(稲中まだ2〜3巻あたりが出た頃)に
週刊誌(たしかSPA)で自分の漫画に対する考え方が掲載されてたことがある。

「自分の漫画はいずれ飽きられるし悪評を受ける。
その頃には全く別の漫画を描いていて、非難をされる時にはまた
別のものを描こうとしてるはず。
漫画家は辞めてるかもしれない。

みたいな内容でとにかく自分の漫画は糞みたいなもん・・・て感じの内容だったはず。
だからシリアスで後味の悪い漫画はその頃から頭にあったんじゃないかな・・。

310 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 20:06:15 ID:/ae1ph+xO
>>308
後味が悪いと言うか、唖然とした。

311 :シンドバッド 1/2:2007/06/18(月) 20:09:36 ID:dphmjB1y0
アラビアンナイトに出てくる『船乗りシンドバッド』の主人公シンドバッド
絵本やアニメの主人公として有名だけど、原作では、とてもアニメには
できそうもないエピソードもちらほら出てくる、例えば
『シンドバッド・4度目の航海』
航海の途中、ある王国へたどり着いたシンドバッド
そこの王様に気に入られて、若い美人を嫁として与えられる
しばらく幸福な生活を送るんだけど、実はその王国の風習では
夫か妻のどちらかが死んだ場合、その死体と共に生き残った方も
数日分のパンと水を与えられて、山の洞窟へ投げ込まれるという
風習があった。(穴は垂直で、投げ込んだ後、大石でふさぐ)
シンドバッドの妻も流行病で死んでしまって、彼もその洞窟へ
妻の死体と一緒に放り込まれてしまう
どうやってこの状況から生き残れるのか?
途方に暮れていたシンドバッドだが、そこへ今度は夫に先立たれて
その死体と一緒に洞窟へ投げ込まれた若く美しい婦人が現れる・・・
どうする?シンドバッド!!


312 :シンドバッド 2/2:2007/06/18(月) 20:11:11 ID:dphmjB1y0
以下、原文(訳文)
『相手はこちらに気がつきません、これ幸いと、わしは死骸の足の
骨を手にとって、女のそばへ近づき、いきなりの脳天を殴り付けました
女はあっ!と一声叫ぶなり気を失って倒れてしまいました。
わしは2度、3度と女を殴り付けて、相手の息の根が止まったのを
みすませると、水とパンを奪いました・・・』
とこんな感じで、以後、洞窟の奥に抜け道を見つけるまで、
その手口で老若男女、誰彼かまわず、新しい犠牲者が投げ込まれるたびに
撲殺しては水とパンを横取りし生き延びるシンドバッド
その間、遺体の副葬品の宝石類をかき集めて蓄えておき、やっとこさ
脱出に成功する
最後は宝石を売り払って、大金持ち!
メデタシ、メデタシと・・wwwww

313 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 20:32:45 ID:bcII9rmTO
なんじゃそりゃあああああ!!

314 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 20:47:03 ID:hMUdQmL30
映 画 化 決 定

315 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 20:47:56 ID:SkQoStE80
てっきりその若く美しい婦人とくっつくのかと思ったら
まさかの展開でマジに(;゚Д゚)ってなった

316 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 20:51:41 ID:P5Ssioys0
>>311
昔話はしかたないよ
当時の常識というか倫理観がまんま出ているから現在の道徳で
考えたらあり得ない話が満載。

シンドバットの以外でもアラビアンナイトそのものが、王妃の浮気に
腹を立てた王様が王妃を処刑した後、女嫌いが高じて町中の独身の娘を
毎日一人ずつ差し出させては一夜だけ王妃にして(つまり娘の初夜を夜伽をさせて)
翌日には処刑を繰り返し、とうとう町には若い娘は処刑されたり逃げたりして
居なくなり、最後は大臣の娘を差し出せたが、その娘が悧巧で毎晩面白い話を
一話ずつして処刑を引き伸ばして・・という話の中で語られるという物語。

で、1001話目になった時には娘にも子供が生まれていて、王の女性に対する
怒りも解けて、その娘を王妃にして幸せに暮らしましたとさ、目出度し目出度し

って、こんな勝手な王に無理やり引き出されて、初夜を奪われた上に翌日には
殺された数えきれない罪もない町中の娘はどうなったんだ?!

317 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 20:54:37 ID:rGZdLiSOO
悪いトルネコ不思議のダンジョンって感じがした

318 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 20:58:23 ID:CGBAuoQ80
女がいなくなったら国が滅びるんじゃ・・・
と幼心に思ったもんだ。

319 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 21:17:54 ID:uNAK+miT0
では1001夜物語のシンドバッドの航海の1エピソード(孫引き)

とある島で結婚したシンドバッド。しかし幸せもつかの間、妻は流行り病で病死してしまう。
ところがその島では妻が死ぬと夫は妻の死体と一緒に地下の洞窟に生き埋めにされる風習があった。
わずかな食料を持たされて地下に閉じ込められるシンドバッド。
しばらくするとまた別の男が死んだ妻と一緒に地下に下ろされてきたんで、そいつを撲殺して食料を奪う。
幸い流行り病のお陰で獲物には事欠かず、そんな事を繰り返す内に抜け道を発見。
通りかかった船に助けられて一件落着。

まあ殺されたのは放っといても死ぬ人間だからまだマシか。

320 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 21:18:51 ID:uNAK+miT0
…ほんの数レス上を見ていなかった

321 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 21:19:06 ID:CGBAuoQ80
>>319
>>311
>>312


322 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 21:19:14 ID:EyLPyeEg0
小説なんかでも多いね、世相を反映して当時は問題ない記述だったけど、
現代では非常識だったり差別的ってことで表現が差し替えられる作品。
今の時代に書いた物に修正求めるのはわかるけど、
昔の作品を勝手に修正するのは何か引っかかるんだよなあ。

323 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 21:21:16 ID:f0My7zSc0
>>316 バートン版だと「これから妻を迎えるとき翌朝殺します」って王様が宣言してから
初めて迎える妻に賢い大臣の娘が、「そんなことさせやしねえぜ」って立候補したんじゃなかったっけ?
誰も娘が殺される前(浮気してた王妃は別)だったような気がするけど

324 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 21:34:02 ID:ofLNoar60
世にも奇妙な物語から
主人公はココリコ田中が演じるうだつの上がらないサラリーマン。
ある日、田中は何かの選択を迫られた時、自分がいいと思うほうを選ぶと悪い結果になり、悪いと思うほうを選ぶと良い結果になることに気付く。
そしてこれを利用し、自分が悪いと思う意見やプロジェクトを選ぶなどしてどんどん出世していく。
やがて、社長から自分の娘と結婚して、海外の支店長になってくれとまで言われるようになる。
しかし、田中には長年付き合っていた彼女がいた。彼女のことは愛しているが、自分の幸せのため田中は、悪いと思う方の選択(社長の娘との結婚)を選ぶ。
そして、日本を発つ日、空港へ向かっているとカーラジオから彼女が事故に巻き込まれ意識不明であるとのニュースが聞こえてくる。
目の前には、空港へ向かう道と病院へ向かう道。田中は迷いに迷った末、俺は自分の選択を信じると、彼女の元へと向かう道をとる。

舞台はかわって病院。
彼女は目を覚まし「来てくれると思ってた」と微笑む。
しかしそこにいたのは田中ではなく、彼女の同僚で田中の友人の男だった。
「私、やっと気付いたの。私にとって大切な人はあなただって」
見詰め合う二人。

「(彼女の名前)待ってろよー!!」と車を飛ばし病院へ向かっていく田中の姿でエンド。



325 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 21:36:06 ID:du4Pumgg0
>>316
王が嫁を殺すようになった原因、王妃の浮気だけじゃないんだなこれが。

王妃を処刑した後、王は一度旅に出る。
そこで、王は恐ろしい魔神に出くわした。
王は隠れて、魔神が去るのを待つが、魔神はそこで寝入ってしまう。
と、そこで魔神の奥さん(人間)が、王を発見。王を誘惑し、浮気の相手にする。
そして王に、自分はこうやって何人もの男と浮気したと言う魔神の奥さん。
王は、あんな強大な魔神でも奥さんの浮気は防げないのかと絶望する。

で、女の浮気は魔神でも防げない。でも、結婚して次の日に殺せば、防げるんじゃね?
という素晴らしいアイディアが・・・・と言うエピソードが入る。

ここで、全ての原因は女の浮気だ。と言っておけば、フェミの人が怒るかもしれない。

326 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 22:26:23 ID:dphmjB1y0
>>325  もう蛇足になるけど
あらすじとしては、兄王が弟王を自分の王宮へ招待する
招かれた弟王は兄王の宮殿へ向かうが、途中忘れものに気づき
自分の宮殿へ引き返すと、そこでは妃が黒人奴隷と浮気中・・
衝撃を受けながら、弟王はそのまま兄王の宮殿へ向かう
兄王の宮殿に滞在中、偶然、今度は兄王の妃も黒人奴隷と浮気を
していることが判明、絶望した兄弟の王は共に宮殿を抜け出し、旅に出る
そこで魔人の話が出てくる、これでキレてしまった兄王は宮殿に戻り
王妃、後宮の妾、その奴隷を全員処刑して
そこから一夜のみの結婚=>処刑を毎晩、3年間繰返す
まあ、ざっと1200人以上の女性を殺してから、ヒロイン、シャハラザード
(シャーラザッド)の登場となるわけだね(バートン版、完訳)




327 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 22:55:18 ID:f0My7zSc0
>>326 あ、王様結構殺してたのか。勘ちがい恥ずかし

J・G・バラード短編集「終着の浜辺」より「マイナス1」

ある精神病院から凶悪な殺人犯である患者Aがある日忽然と消える。
その精神病院は外界から完全に隔絶されていて、金持ちの私的牢獄としても使われていて
脱走者など出したら大事なので院長以下躍起になってさがすが、患者Aは見つからない。

追い詰められた院長は解決法を考え付く
患者Aの担当医、看護士、ついには病院関係者全員を問い詰め、
逃げたとされる患者なるものはみんなの妄想だったとして幕引きをはかる。
はじめはいぶかしがっていた医者たちも、次第にいつの間にか自分たちも
入院患者の影響を受けて妄想にとらわれていたのだということに「気づく」。
みんなが患者Aの妄想から解放されてほっとしたとき、看護婦が駆け込んできて院長に告げる。
「患者A奥さんが面会に来ています」と

妄想の具現化に医者たちは凍りつくが、院長の落ち着きを払って答える。

「そんな人物はうちの病院にいない、存在しない人間の妻を名乗るとは・・・その夫人を治療しなくては」

医者たちは再び納得し、最後「マイナス2」の一文でエンド

328 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 00:03:49 ID:y+X6q9lF0
>>325
結局王だって浮気してんじゃん、とむかついたw

329 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 00:12:39 ID:80wuJEKyO
>>327
おおお、最後のセリフが効いててゾッとした。
面白いので短編に入っている他の話も読みたくなったよ。買ってくる。

このスレほんと、物知りかつ要約が上手な人ばかりでスゴイ。

330 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 00:21:08 ID:3MlMfAAQ0
このスレのまとめはありませんか

331 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 00:22:01 ID:8IuKxnrf0
王なんだし子孫を残さないと駄目だろ。だから王はおk

332 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 00:46:05 ID:+s9z7ZiMO
エロマンガはまだか

333 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 01:06:41 ID:osK7RY0RP
田川滋 「とわいらいと通信」より「星に願いを」

木登りや虫採りなどに夢中になり、気付けば日が暮れていて
親に叱られるんじゃないかと家に入るのを恐がっている時、
流れ星が光り、「叱られませんように」とよく祈った

という昔の思い出を語る老人の話を聞く少女。
少女は虫も木も星も見たことがなく、パソコンで検索した木の画像に心を奪われる。
ベランダに出て外を見るとビルと煙突、空を覆う煙。
その空に光ったものがある。流れ星に祈るのは
「緑のきれいな、木のある世界へつれていって」
その瞬間、閃光が走る。
「その時、氷みたいに溶けていくビルの向こうにはっきりと見えました。
大きな大きな木です。
星が私のお願いを聞いてくれたのです」

キノコ雲の絵で終わり。

334 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 01:27:00 ID:21ACT17W0
>>325
立場が逆なら「原因は男の浮気」となるが、逆を公の場で言うことは許されないよ。
怖いね。恐ろしいね。

335 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 02:47:59 ID:dns9GzNnO
閑話休題。
そう云われてみればこんなに長寿スレなのにまとめサイトって無いね。
誰か作ってくんないかなぁ、と他力本願なワタクシ。

336 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 02:51:18 ID:EUxjHgV90
>>333
うわぁ・・・
でもそんな映画あったよな、昔。老夫婦が核戦争に気づかず外に出て
「なんか、いいにおいがするのう」っておじいさんが人間の肉の焼ける臭い
とも知らずに言うの。

小学生の時に学校で見せられて鬱った。
あれなんて映画?

337 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 03:13:55 ID:+s9z7ZiMO
風が吹くときじゃなかったっけ
トラウマスレで見たような

338 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 04:12:25 ID:kXzNDbHeO
私は 物心ついた時から母子家庭で育った。裕福じゃなかったけど、働き物で真面目な母のおかげて何の問題もなく立派に大きくしてもらった。
でも母子家庭とか私生児とかって小さい時はよくいじめられたよ。

大きくなってからどうしても父の行方を知りたくなった私は、戸籍には載っていない父の居所を
興信所に頼んで調べて貰ったんだ。

そしたら何の問題も無しにすぐに見つかったよ

私と同級生で小学校低学年の時仲良しだったお金持ちの家の子のお父さん。
その娘はいつもBeBeとかミキハウスとかブランドの服を着てて、お母さんも綺麗でその娘も可愛くて目立つ子だった。
私はその娘が憧れだった。雰囲気が少し似てるみたいで、皆には双子みたいって言われて一瞬凄く仲良しだったんだ。

ある日、その娘の誕生日会にお呼ばれした。でも私だけごちそうが出して貰えない。写真も私だけ一緒に写して貰えなくて、近くで一人ポツーンって眺めてた。
その娘のお母さんに私だけキッチンに呼び出されて、あんた何しに来た!?って恐い顔して言われた。

そのあと、公園で皆でかくれんぼした。私が鬼になって一生懸命皆を捜したんだけど、どこにもいなくて誰も見つからない。
しばらく捜してたんだけど、どうしようと思ってその娘の家に帰ったら皆で楽しそうにおやつ食べてるのが窓から見えた。
私は泣きながら一人で歩って帰って、次の日から皆に無視された。

その時は訳わからなくて、私んち貧乏だから皆みたいに良いお誕生日プレゼント持って行けなかったし
皆オシャレしてるのに独りだけ短パンの格好で行ったからそれでかなぁって思ってた。
謎が解けた気がした。

ていうか、お母さん…なんで同じ学校になんか行かすんだよ…お父さん…こんな近くなのになんで会いに来てくれたり連絡一つしてくれなかったんだよ…
それから仲良かった友達とか…なんで誰も教えてくれなかったんだ…



339 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 04:25:40 ID:y+X6q9lF0
>>338
イ`(´Д⊂

340 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 04:54:16 ID:dns9GzNnO
>>338
゚。(pДT)。゚゚

341 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 06:13:58 ID:21ACT17W0
その一方でこんな奴が

【社会】 「今の氏名のパスポートじゃないと、修学旅行行きたくない」 “母の離婚前妊娠で無戸籍”の女子
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1182100066/


342 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 07:05:32 ID:CEw/krvW0
【社会】“反省してるし” 福岡・いじめ自殺で、同級生3人を不処分に…「あいつ死んで、せいせいした」発言のいじめ集団★2
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1182191227/

343 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 07:48:27 ID:ggEwmZ6W0
涅槃姫みどろ という漫画

一人の少女が夜中に学校の屋上で、地面になにかを書いていた。
「これで完成だっけ……もうどうでもいいわ」
少女は投げやりな様子で一人つぶやき、ためらいもなく屋上から飛び降りた。

後日に少女が自殺した事が学校中に知られた。
そして、現場である屋上に書かれていた謎の絵の噂も。
意味のわからないその図形は、何らかの魔術行為を行った
ものではないかと推測された。そしてその図が書きかけであるとも。
もしそうであるならば、その図を引き継ごうと主人公は思った。
少女が呪おうとしていた相手は、彼女をいじめていたDQNたちに他ならないから。

生前、少女はなんの理由もないのにDQNたちに金をせびられたり、
暴力を受けたりといったいじめを受けていた。
主人公は以前はわりと少女と仲が良かったのだが、少女はどんどん暗くなっていき、
話しかけても反応は薄く、やがてこちらから話しかけるのも躊躇われるようになるほど痛々しかった。
DQNは少女以外の者にもよく絡んでおり、クラスから忌み嫌われている存在だった。
「俺も前から少女さんを可哀相だと思っていた」「DQNに制裁を与えるべき」
生徒たちはそう言い始め、主人公が中心となって、
不思議少女みどろに教えてもらい、少女の残した呪いの図の続きを書いた。

やがて図を書き終わり、全員で呪文を唱える。
と、いきなり屋上の地面が崩壊し、皆は暗い穴の中に落ちていった(地獄とかに通じてる穴だったような)。
そこに現れる、巨大な顔だけの少女。図は主人公たちクラスメートを呪ったものだったのだ。
どうして、とギリギリ生きていた主人公は訴える。私たちはいつも少女を気にかけていたのにと。
「あなたたちはそう言いながら、DQNに目をつけられたら困るからと明らかに私に対しての態度が変わった
 DQNのような奴らに何されても平気だったけれど それまで仲の良かったクラスメートたちが
 一歩引いて接するようになったのは私の心を殺したわ 特に主人公、あなたは1番露骨だったわ」
そういった少女の主張を聞きながら、主人公は奈落の底へと落ちていった。

少女の呪いの対象はあくまでもクラスメート達で、主犯のDQNは野放しのまま

344 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 07:58:52 ID:nNIlTb2b0
>>343
後味スッキリじゃん

345 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 08:12:07 ID:wmX4LJrW0
くまー?

346 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 08:19:36 ID:O2dP9fPr0
>>343
いやDQNも死んだよ、これ。

347 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 08:43:31 ID:ateVOrap0
>>346
そんならスッキリだよね。

348 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 09:00:06 ID:ggEwmZ6W0
>>346
あれそうだっけ
DQNは「呪いとかばかじゃねーの勝手にやってろよ」
って感じで参加してなくて、だから穴にも落ちてなかったような

349 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 09:01:14 ID:3lc32zpv0
みどろは後味悪いように見えて、根底は自業自得な感じの話が多いからな。

350 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 09:04:46 ID:cmF4xNO30
>>343
これで主人公死んで最終回なの?

351 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 09:24:12 ID:y9si2VbV0
>>338
隠れんぼや次の日から無視される理由になってないな

352 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 09:27:05 ID:WsC3mnmr0
>>286
久しぶりに爆笑wwwwwwwww

353 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 09:38:14 ID:ateVOrap0
>>351
友人はお母さん(本妻)から
338の出生の秘密を聞いたんでしょ。
お父さんが浮気して出来た子と聞いても
その子に変わらず仲良く出来る子供は
珍しいと思うよ。
もちろん、338に罪はないのだけど。

いじめに加わった周りの友人がどこまで
内情を知っていたかは判らんけどね。


354 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 10:53:23 ID:TPBr4YxeO
>>336
多分私もそれみた
アメリカチックなアニメーションで夫婦が段々弱っていって、トイレ入ったら大量のネズ公がワラワラ便器の中にいたりとか、ババアが頭イカレたりとか、消防の深夜に一回みてかなりトラウマになり、同じく厨房の時に深夜にみてパニック症候群を起こしたぉ

355 :1/5:2007/06/19(火) 10:54:28 ID:s9fX2SpF0
>>343
十二国記って小説を思い出した。

親の言うことはよく聞いて、教師にも逆らわない大人しいおさげ髪の女子高生。
男尊女卑の父親と、父親の言いなりの母親は勉強するなと言う。
頭でっかちになったら嫁のもらい手がなくなると時代錯誤なことを言う。
しかし勉強に手を抜けば教師に怒られる。
両親を怒らせるのも教師を怒らせるのも怖い女子高生は、隠れながら一生懸命勉強する。
学校に行けばクラスメイトが「宿題忘れたー」「勉強なんてやってらんねー」と投げやりな態度。
女子高生は嫌われたくなくて合わせてしまう。
「勉強したくないけど、母親がうるさくて」そう言いながらノートを見せてあげる。
女子高生のクラスには虐められている生徒がいた。
可哀想に思うが女子高生は何も出来ない。かばえば自分は狙われるからだ。
できるだけ関わらないように過ごしていた。

356 :2/2:2007/06/19(火) 10:55:30 ID:s9fX2SpF0
そんな地味で平凡な女子高生の元に、金髪の変な人がやってくる。
そして女子高生を無理矢理異世界に連れて行く。
よくある異世界もので「あなたは元の世界では凡人だけど、こっちの世界では救世主です」ってパターンだ。
違いは異世界に放り出されてしまうこと。

異世界に到着した途端、女子高生は一人放置される。不安になりながらウロウロしていると村を発見した。
だが人の姿に安心して声をかけた途端捕まってしまう。そのまま牢屋に入れられて護送された。
この世界ではたまに異世界からの旅人(以降、異人)が現れるらしい。
しかし異人が現れと必ず天変地異が起こって被害が出る。
だからこの国では異人は問答無用で殺しているらしい。

大あわてで弁解するが聞き入れてもらえない女子高生。そこへ妖魔が襲ってきた。
縛られた女子高生は逃げられなかったが、番人の一人が縄を解いてくれた。
逃げようとして女子高生は気づく。番人は女子高生を助けようとしたんじゃない。囮にして逃げようとしたんだ。
どうしようもない女子高生だったが、体が勝手に動いて妖魔を切り倒す。
女子高生の体には無敵の剣士がとりついていた。(金髪がくっつけた)

357 :3/5:2007/06/19(火) 10:57:05 ID:s9fX2SpF0
命は助かったが血まみれの自分女子高生。だが、戦いはすぐ日常の一部になった。
夜になると妖魔に襲われる。人に見つかると追われる。安心できる場所も信じられる人もない。
女子高生はあっという間にすさんでいく。

ある日、一軒の家に盗みに入ったところを家人の主婦に見つかってしまった。
まだ人を斬ったことはない。躊躇う女子高生に主婦は優しかった。
苦労したろう、大変だったねと労って食事を出し、衣類を貸して寝床をくれた。
この世界で初めて触れた優しさに女子高生は号泣する。

事情を知った主婦は女子高生に仕事を紹介してやると言う。
働いてお金を得て別の国逃げ出せと言う。この国では異人は殺されるが別の国では殺されないらしい。
主婦を信じた女子高生が連れて行かれた場所は娼館だった。
女子高生に優しくしたのは売り飛ばすためだったらしい。
裏切られた女子高生は剣を振るい、その場を逃げ出した。
それから女子高生はますます用心深くなった。
男の格好をして男の言葉をしゃべった。女とバレると面倒だからだ。

358 :4/5:2007/06/19(火) 10:58:19 ID:s9fX2SpF0
ある日、女子高生は日本人の老人と出会う。彼は泣きながら日本語を懐かしがった。
若い頃にこの世界に流されて以来、ずっと一人だったらしい。日本人に会ったのは初めてだという。
同郷の人に会い女子高生も久々に気が緩んだ。
そして翌日、荷物を持ち逃げされた。

現地の人に裏切られ、同郷の人にも裏切られる。もう誰も信じられない。
すっかりすさんだ女子高生は人目を避けて旅をした。追っ手もかかっていたため人里には近づかなかった。
時折優しさを見せる人に出会ったが、信用しなかった。
助けるフリをして荷物を奪われるかも知れない。食べ物に毒が仕込んでいるかも知れない。
女子高生は誰も信じられなかった。

でも一人で妖魔と戦い続ける日々は辛かった。人恋しくて寂しくなる。
そんな時に幻を見た。日本の幻だ。
懐かしさに泣きそうになった女子高生の耳を、「あの人、何を考えてるかわからなかった」と言う言葉が打つ。

359 :5/5:2007/06/19(火) 11:00:10 ID:s9fX2SpF0
幻にはクラスメイトが映っていた。女子高生が金髪に連れ去られた姿は多くの目撃者がいた。
そのまま女子高生は行方不明になったため、捜索願が出された。刑事の聞き込みにクラスメイトは正直に語る。
「いつもオドオドしてて気持ち悪かった」「人の顔色うかがってばかりなんだよね」
「裏で何やってても不思議じゃない」「誘拐じゃなくて家出じゃないの?駆け落ちだったりしてw」
クラスメイトはゲラゲラ笑いながら答える。

虐められていた生徒も映った。「あの人大嫌いです。いつも済まなそうな顔してこっち見るんです。
私は虐めなんてしないわって顔して。でも私が話しかけたら迷惑そうにするんです。いなくなってせいせいしてます」
教師も映った。「つかみ所のない生徒でしたね」「手はかかりませんでしたが、卒業したらすぐ忘れるタイプ」
母親も映った。「あの子は親の言いつけを守る真面目な子だったんです。家出するような子じゃありません」
しかし刑事にクラスメイトや教師達の証言を聞かされると、口数が少なくなっていく。
「そんな…あの子が私を騙していたなんて…」

女子高生は叫びたくなった。誤解だ。違う。しかし言葉は届かない。
ここには女子高生の居場所はないが、帰る場所もなかったようだ。
女子高生は絶望しながら妖魔と戦い飢えと闘いながら旅を続ける。

360 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 11:07:40 ID:VT5eFBu40
何がしたかったんだ、金髪の変な人よ。

361 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 11:08:32 ID:BRnSi/PA0
女子コーセー、そのまま帰れんの?
それで話おしまい?

あー、なんかCWのゲームで似たような話しあったなぁ。

362 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 11:11:16 ID:HBJ+vYFb0
この人の作品ってこういうの多いよな。
異世界で活躍して安易に幸せになる、みたいな中2病ラノベへのアンチテーゼと言うか。
これはこれでやりすぎでうざいんだけどな。

363 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 11:24:43 ID:whikGJi30
>>361
355じゃないけど。
実は女子高生は異世界のある国(最初に流れ着いたとこの隣国)の王。
>>よくある異世界もので「あなたは元の世界では凡人だけど、こっちの世界では救世主です」ってパターンだ。(>>356)

元の世界には戻れない。王としてたくましく生きていくことになる。…いや、続刊が
全然出ないんだけど、多分そのはず。



364 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 11:26:56 ID:s9fX2SpF0
ああ、話そのものはこの後も続くんだよ。
関係してるのがここまでなんで区切っただけで。

金髪の人は女子高生を殺そうとしてる敵に襲われて捕まっちゃって
女子高生を助けにいけなかったんだな。
(最終的に女子高生に助けられる)
この後女子高生は紆余曲折あって、裏切られたからってDQNになっていいって理屈はないよなと
気持ちを入れ替えて更生していく。
日本には帰れない。この異世界はほぼ一方通行で元の国に帰るのは難しい。
何より女子高生が日本に帰ってしまうと、一つの国が滅亡する。
そこで国を救うために留まれと選択を突きつけられて、結局国を救うために帰るのは諦める。

365 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 11:37:44 ID:VT5eFBu40
> 女子高生の体には無敵の剣士がとりついていた。(金髪がくっつけた)

だったら、その辺の無職のオッサンで良いのではないのか?
金髪の変な人よ。

366 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 11:49:17 ID:KKoJPvJ30
少々、援護射撃を。

金髪の変な人は、人じゃない。人に化けられる麒麟。しかも無口な美形の兄さんだw
そして十二ある国の一つの国の王に、女子高生を据える為に現れた。
国を治める王を探し出し、王に据え、王に遣え、国を栄えさすのが麒麟の役目だから。
で、5/5の後、苦労の旅の末、女子高生は王位につく。
だが、十二国とタイトルにある様に、他に十一国ある。
そこの王と揉めたり仲良くなったりして国を治めていきますって話です。

NHKでアニメになったので、ラノベすら読むのが面倒な人はそちらをどうぞw

367 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 12:49:35 ID:1aAK9Kif0
でも、最終的に後味の悪い話にはなってないのだが…>十二国記

368 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 13:43:28 ID:48woebhX0
作者が遅筆すぎるのが後味悪い

369 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 13:53:15 ID:BRnSi/PA0
王になっちゃうの?女王じゃなくて?
性転換?ああ、原作読むべきかなこりゃ。

で、おもいだしたが、ぐいんサーガは作者が後味悪すぎて
読むのやめたなぁ。

370 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 14:01:23 ID:ateVOrap0
>>369
>作者が後味悪すぎて

拉致被害者が不幸だなんて誰が決めるんだ
普通では体験出来ない波瀾万丈の人生で
シアワセだったかもしれないじゃないか
って言ってたね。拉致されてラッキーってか。
いやもう。

371 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 15:21:16 ID:KKoJPvJ30
>>369
スマソ。つい王って書いてしまった。女王って言うよりも女帝になる。
中世の中華っぽい世界だけど、三国志ほどドロドロしていない。
その辺はラノベw

で、主線では、出世物語。
複線のエピソードの中には、ちらほらと後味の悪い話がある程度。
美形の兄さんに傅かれ、剣を持って妖魔と戦ったり、女帝になったりするので、

女性読者の萌え>>>>>後味の悪い話

だと思う。

372 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 15:35:33 ID:ACbl5jhn0
>>370
餌があまりにも・・・

373 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 15:47:53 ID:21ACT17W0
>>370
その思い上がった電波発言もすごいが、グインサーガの初期から、反論の手段のない
(当時はネットもない)読者のファンレターの中で気に入らないのがあったら名指しで
批判したししてたしなあ。DQNとしては当初から花開いていたな

374 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 16:11:32 ID:u4/ayFEI0
グインは途中からどんどん脱線してアレレ?って思って
ホモ展開になってから読むのを止めた。

最初は気が弱い王子とお転婆な王女の双子と、
豹頭人身の戦士が繰り広げる王道ファンタジー小説だった。
それがいつの間にか双子の影は薄れてホモ真っ盛りに。
1巻との差がありすぎ。あんなん詐欺だ。

375 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 16:17:23 ID:hW6H48RFO
あれって120巻くらいなかったっけ
それだけで読まなかったけどすごい集中力だ

376 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 16:27:44 ID:HBJ+vYFb0
>>375
買い始めたときはそこまで続くとは思わないんだよ。
374も言ってるが最初はマトモだったんだ・・・・

377 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 17:10:53 ID:BRnSi/PA0
光の高女あたりまでだよなぁ。挿絵も内容もまともだったのは。

>>373
そうそう、昔は自身もチュプだったんでそんなもんかと流していたが、
今読み返すと後味悪い。あらゆるいみで後味悪い。
流していた自分も後味悪い。

>>371
そか。女帝か。ってか、たしかに過程は過酷だが、
権力もあり男もあり剣もふりまわせて総合的な後味はよい?
ラノベだとあんまり鬱すぎると読者のほうが付いていけないかな。

378 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 17:40:30 ID:QTn5YXL00
十二国記は途中が悲惨で暗くても最後はそれなりに後味よく収まる話だと思う
ただ、一巻の話が丁度>>359のところらへんまでで終わってる
(山の中で傷だらけで動けなくなり、雨の中倒れて日本の幻を見ながら死を覚悟しながら終わる)
から、話の暗さに次の巻に手を出さず、後味悪く終わる人もいるw


379 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 17:42:08 ID:OBwMEGFb0
>>377
後味いいつーか、十二国記は基本的にスカッとする話がメイン。
続きが出ないことが後味悪いぐらい・・・。

380 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 17:53:46 ID:PSmgJ2FrO
それが1番後味悪い。


381 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 19:22:49 ID:8IuKxnrf0
とっ冨樫先生・・・

382 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 19:47:52 ID:ggEwmZ6W0
王は男限定の言葉じゃないぞい

383 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 21:42:37 ID:lQ0Byuum0
>>337
ありがと。すっきりした!
>>354
だよな、だよな!そんな話だったよ。
蛍の墓は大人になってから見て子供だったときより更に鬱ったけど
風の吹くときは見ることすらできねーな。

384 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 22:38:23 ID:goM+fhyu0
>>355-359
おーい、それは十二国記のなかでも「月の影 影の海」の上巻でおしまいじゃないか
上巻だけで5/5も書くなら下巻も書けよー
でも後味スッキリでスレ違いなんであらすじの書いてあるURLだけおいていく
http://www3.nhk.or.jp/anime/12kokuki/

385 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 22:46:09 ID:+s9z7ZiMO
>>384
「海の闇 月の影」ってマンガ思い出した

386 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 22:52:14 ID:kXzNDbHeO
>>385
闇のパープルアイとか書いてた篠原千絵の漫画だよね?

詳しく教えて

387 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 23:14:40 ID:+ZcR19Mu0
あれだよなルミ・ルカって高校生の双子姉妹がいて同じ先輩を好きになって
でルカが選ばれてルミは嫉妬を心の奥に抱いたまま
遠足で行った不思議な洞窟でみんな倒れて
目覚めたらルミは壁抜けできたりする能力が身に付いていて
そのうち世界征服をしようとするルミをルカが防衛するような話…だったような

ルミの顔の前面だけがお面のように壁から出てるの覚えてるな

388 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 23:48:59 ID:6UDwImPl0
グイン・サーガって100巻完結じゃなかったっけ?
何で120巻になってるんだw

389 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 23:58:50 ID:ctrk3+OI0
100から先はFFX-2みたいなもんだろ>120巻

390 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 00:40:49 ID:duWoGsST0
gdgd過ぎで100巻で終わらなかった為に200巻にするとか言い出した。
多分、作者が死ぬまで終わらない。

391 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 01:04:36 ID:Ec5PfWCjO
こち亀みたいだな

392 :1/3:2007/06/20(水) 01:11:51 ID:QRbHO09K0
駄文、長文失礼します。
昔、深夜にやってた多分、アメリカ映画で殺し屋の話。

主人公は感情を表に出さない無口な男で冴えない若者。
そんな彼がヨガ教室の若い女の先生に一目惚れする。
主人公は、彼女と仲良くなるために男一人、ヨガ教室に通い始める。
少しずつ仲良くなる二人。しかし、彼女には強引な性格の彼氏がいた。
喧嘩は絶えないが、彼女は彼氏のことが好きなようだった。
そんな中、主人公は銃の腕前をチンピラに見初められ殺し屋となる。
依頼をそつなくこなす主人公は無表情で人を殺していく。
相棒となったチンピラがある夫婦の殺害依頼の話を持ってくる。
幸せそうな夫婦で夫は弁護士のうえ、裕福な家庭だった。
突然訪問した主人公を二人は暖かく家の中へ迎え入れる。
お茶を飲みながら主人公は話の種として夫婦の馴れ初めを聞く。
付き合い始めてどのくらいで結婚したとか、何回目のデートでセックスしたとか。
恥ずかしながらも質問に答える夫婦。
そしてその話が終わったあとに主人公は彼らを呆気なく殺す。
主人公は見た目は以前と変わらないが
銃の腕前を上げ性格が少しずつ凶暴化していったのだった。

393 :2/3:2007/06/20(水) 01:13:43 ID:QRbHO09K0
ある日、片思いの彼女を家の前まで送ったときに彼氏と遭遇。
主人公は彼氏と口論になり、彼女にもう近づくなと言う。
しかし見た目が地味な主人公は馬鹿にされる。
それに怒った主人公は彼氏の鼻を銃の角で殴りつける。
血だらけになった彼氏は彼女に軽い暴言を吐きながら
逃げるようにしてその場から立ち去る。
今まで大人しかった主人公の行動に驚きの色を隠せない彼女。
だが、その後二人の距離は縮まっていき、
ついに体の関係を持つようになって交際が始まる。
そして主人公は、自分が殺し屋だと彼女に暴露。
そのことを知った彼女はそんな仕事やめてくれと懇願するが
主人公はできないと拒否。
怒った彼女は、少し距離を置こうと言って主人公から離れようとする。

394 :3/3:2007/06/20(水) 01:15:31 ID:QRbHO09K0
そんな時、ギャングのボスにも気に入られて主人公に出世のチャンスが訪れる。
思い悩む主人公。
しかし、殺し屋という仕事に段々と嫌気がさしてきた主人公は
全て終わりにしたいとチンピラの元へ。
当然、そんな話は受け入れて貰えず、主人公は仕方なくギャングの人間達を殺す。
その足で彼女の家に行き、殺し屋を辞めるために皆殺してきたと告白。
彼女は愕然とし、帰ってと主人公を追い払おうとする。
すると主人公は、なら君も殺して自分も死ぬと言い出した。
彼女は少しの間考え、しぶしぶ主人公との交際を続けることにした。
その瞬間、二人の中のわだかまりは消え、満足そうな主人公。で、終わり。

これは、二回ほど深夜に放送してるのを見た。
暗い印象でまさにC級映画。ラストで唖然。
この映画を最後まで見た自分も酷いけどこんな映画を二回も放送したテレビ局も酷い。
結局、この映画は何を伝えたいのか分からず、
主人公だけがウマーな展開で誰も報われない内容でした。



395 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 02:08:15 ID:Y7jyFZ9M0
「えた・ひにん前へ」と中学生が給食中に差別発言

33 : 通訳(長屋):2007/06/19(火) 20:10:30 ID:MEUmV9CF0 ?2BP(400)
http://jp.youtube.com/watch?v=9z5ls-ZanHU
同和団体をパロったダウンタウンのコント

396 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 02:22:43 ID:dqnRy1Nl0
>>392
突っ込みどころは多いが、その場のギャング頃したくらいで済むと思っている
浅さがすごいな。

でもDQNは喜びそう。俺つえー、俺幸せ! で。
一生一緒にいてくれや、とかいう糞歌が頭をよぎった

397 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 02:26:59 ID:oGm3o2c7O
昔「もしも」っていうドラマがあった気がする。
世にも奇妙な物語のノリでタモリがストーリーテラーやってた。

主人公が人生を左右される二択をせまられて一つ目はバットエンド。バットエンドを見せた後で「では、もしもあの時もう片方を選択していたら?」ってなってその二択の場面から物語がリスタートする。
どうなるのかな?って思わせて結局二択目もバットエンド。

詳しい内容が分からなくてスマソ。
もし分かる人がいたら委ねます。

398 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 02:28:27 ID:aZRRoCle0
サーコォ!!サーコォ!!

399 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 02:33:30 ID:KGetkCD1O
>>397
なんかラン・ローラ・ラン思い出した

400 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 02:45:33 ID:jpJRnRf6O
俺のばあちゃんが子どもの頃に3匹の仔犬を拾ってきたらしいんだ。そんで庭においといて、しばらくして見に行ったらいなくなっていた。
数時間後に隣に住んでたチョンがすき焼きを持ってきたらしい。犬肉の…

401 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 02:46:22 ID:oGm3o2c7O
>>399
kwsk

402 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 02:49:23 ID:tNZANHmnO
>>399
あー、あったね、そういうの。

403 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 02:53:24 ID:dtx8ccPYO
>>397
If-もしも みたいなタイトルだったな〜
ビデオでもあるかも?

洋画ならパルトロウのスライディング・ドアも似た感じ
あのときこっちを選んでいたら…って作品
両方バッドエンドかは忘れたけど

404 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 02:56:17 ID:wZysA09E0
>>401
ラン・ローラ・ラン自体はハッピーエンドだし
後味いいからスレ違いなんで簡単にな

主人公のローラが彼氏から「殺されそうだから助けてくれ」って電話を貰う
で助けに行くわけだ
でも失敗して殺されちゃう
ってとこで冒頭のシーンに戻って またヘルプミーで助けに向かう
今度は2回目だからちょっとは上手く立ち回るけど・・・
が繰り返される話

俺は結構好きな映画だ

405 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:01:50 ID:3fWbMvQP0
>>397
「if」じゃなかったっけ?

406 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:02:47 ID:dtx8ccPYO
>>404
その映画見たことないけどバイツァダストみたいなもんか

407 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:10:07 ID:AUB3VRLeO
>>404
最近それと似たようなの見た記憶があるな。
日本の映画だかドラマだかアニメだか。(日本のって記憶も曖昧だけど…)
タイムスリップだか目覚める度に元の時間に戻るだかして結果を変えようと
行動を変えてくんだけど、事態は毎回悪くなってっちゃうから最後には
諦めるだか悟るだかする話。
ハッピーだかバッドだかも忘れたけど、なかなか面白かった気がする。

408 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:12:45 ID:CmzkGaiqO
なんか今やってるプロポーズ大作戦ってやつもそんなかんじだよな

409 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:14:08 ID:wZysA09E0
>>406
そうだなw
多分だけど あれを基にして「バイツァダスト」を書いたんじゃないか?
荒木 映画ネタ好きだし

410 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:18:36 ID:wZysA09E0
>>407
バタフライエフェクトみたいだ あれはアメリカ映画だけど

バタフライエフェクトは
主人公が「彼女との幸せな現実」を求めて何度も過去を改変するんだけど
結局 彼女を幸せにするには「自分と彼女が会わなかった」ことに
するしかないと気づいて
彼女と出会った子供時代に戻り 初対面の彼女に
「お前なんか嫌いだ あっちへ行け」って暴言を吐いて他人になる
ってエンドだったが

これも別に後味悪くはなかったな 切ないけど
ってわけでスレ違いすまん

411 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:30:20 ID:rw7AmH7cO
この流れで『トゥルーコーリング』が出てこないのはなぜだ?

412 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:31:34 ID:wZysA09E0
このままじゃなんなので俺自身の体験も書いとく

子供の頃 カマキリを飼ってたのな
ある日 プラケースを覗いてみたら一匹
でかいメスの頭から鎌にかけて がないんだよ
何匹か 一緒に閉じ込めてたんで共食いしたんだな
で あーあ 死んじゃった って思ってそいつをつまみあげた途端

足がな ワキワキ ってな 動いたんだよ

まあ 虫だから ほら そんなこともあるわけだけどさ
頭がなくて明らかに死んでるものが 手の中で動いたって感覚を
未だにすげぇリアルに覚えてる
まだ生きてる でもどうしようもない
ってかこれ「生きてる」っていいのか? って感じ

413 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:33:14 ID:AUB3VRLeO
>>410
ソレダ!
いま思い出せなくて悶々としちゃってたから助かりましたm(__)m

414 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:35:20 ID:Ec5PfWCjO
>>411
あれ最後のほうでパパが悪役っぽくなった後観てないんだよな
よかったら投下してください

415 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:52:38 ID:RDhKzPcN0
>>407
世にも奇妙な物語でも、そんな感じの作品あったよ?
キンキの堂本光一?が主人公で、
友人を助けようと何度もタイムスリップするんだけど、
すればするほど、前より悪い結果になるって話。
タイトル、なんだったけな…
原作があったはずだけど、それも思い出せない。
ただ、バタフライエフェクトに似ている話だとは思った。
つか、バタフライエフェクトに影響されたような小説が、ここ数年多くないか?


416 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 03:58:51 ID:2wmqUpxNO
>>414 確か不人気でトゥルーコーリング自体が2nd途中で打ち切りになったよ…
レンタルDVDも変な所で終わってるはず。
後味悪いな…

417 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 04:24:30 ID:7MR66Fvu0 ?2BP(71)
スタートレックにも似た様な話があったな。
過去のトラブルを避ければ避けるほど、地味で退屈な人生になっていくと言う。

418 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 04:46:59 ID:QyzqBvMYO
アニメ「ガングレイブ」

巨大マフィア組織「ミレニオン」の縄張りであるスラム街
主人公であるブラントン・ヒート(無口で喧嘩滅法強い)と
ハリー・マクドゥエル(頭が切れる野心家、いつか大きな権力を手に入れようとしている)
はこの町のチンピラで幼い頃からの親友で
毎日他の仲間たちと行きつけの食堂でだべったり
他のグルーブと喧嘩をして過ごしていた。
(ブラントンはこの食堂の娘マリアに惚れている)
ある日主人公の仲間達が地元の武闘派チンピラと喧嘩をして
主人公の仲間達と食堂の店主が殺されてしまう。
店主の娘マリアは葬式の後、父親の恩人の元へ引き取られる
主人公二人は八方手を尽くしてチンピラから逃げようとするも
結局は殺されそうになる
だが間一髪のところでチンピラはミレニオンの殺し屋達により射殺される
実はチンピラによって殺された食堂の店主は
ミレニオンの長「ビッグダディ」がまだ新人マフィアだったころ
同じ組織の構成員として共に働いていた相棒だったのだ

ちなみに食堂の店主が最後に殺した相手の娘がまだ赤ん坊だったマリアで、
店主はマリアの親を殺した贖罪のために組織から足を洗い、
マリアを自分の娘として育てたのだ。


419 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 04:55:51 ID:YPfEyo2fO
>>397
「if」は片方がバッドでも片方はハッピーエンドの話もあったよ。あれはなかなか好きだった。

420 :377:2007/06/20(水) 06:08:52 ID:JQWpV1RT0
>>377
今更だが書いた後で気が付いた。

チュプ ×
厨房 ○

豆腐の角で首吊ってくる。

 ∧||∧
(  ⌒ ヽ
 ∪  ノ
  ∪∪

421 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 06:43:39 ID:UPVQad5/O
>>418
どうでもいいがガングレイ「ヴ」な
ガングレイブだとエロゲ
あと色々設定間違えてるし見直す事をお勧めする

422 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 06:49:44 ID:Ec5PfWCjO
本当にどうでもいいな…オタきもい

423 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 07:31:56 ID:UPVQad5/O
ブヒヒヒヒwwwwwサーセンwwwww

424 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 08:08:39 ID:o+bPFJKf0
>>407>>415
世にも奇妙な物語 秋の特別編「昨日公園」かな
http://www.youtube.com/watch?v=thcJ8IQs0fk
http://www.youtube.com/watch?v=a1GYTVkkuo8&mode=related&search=
何度も昨日に戻るが友達を助けられず・・
数年後好きな女の子と結婚するが・・

後味は悪くないよ。最後まで見れば全てが繋がるっていう典型的奇妙な話

425 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 08:35:57 ID:bHZ05+h90
>404
てかそもそもの「殺されそうだから助けてくれ」って
マフィアの裏金運びかなんかしてたら電車に置き忘れちゃったオレ殺されちゃう〜
みたいので
そこでなんかもう萎えたなあ

426 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 09:51:38 ID:/8h2BydYO
>>423
女だけど、なんか可愛いやつだねw


ある女芸人の話。

あるずっと彼氏のいなかったもてない三十路女芸人が、有名テレビ局のプロデューサーと出会い
彼女の猛アタックで結婚にまでこぎつける。
やっと掴めた幸せ。二人は末永く人生を共に過ごしましたとさ。めでたし、めでたし…の筈が

結婚して一年もしないうちに、なんだあたしって結構やれる女だったんじゃん と気付いてしまい違う男と恋に走る。
それがバレてしまい旦那に愛想つかされ、離婚。違う男にも結局捨てられ、誰もいなくなってまた一人ぼっちになってしまいましたとさ…


もしかして一緒に住んだら旦那が変な人で耐えられなかったりしたのかもしれないけど(離婚報告の時に旦那がマスコミに送ったコメントが、兵隊だか部隊がどうのとかって意味わからなくてちょっとキモかった)

せっかく結婚出来たんだから、調子に乗って浮気なんかせずに幸せになって欲しかったよ。

427 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 09:58:25 ID:Gl3T74u+O
だいたひかるだっけそれ

428 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 10:52:15 ID:DfNE1dKu0
木曜の怪談「マリオネット」(堂本光一主演)
http://www.nicovideo.jp/watch/sm280495

429 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 11:23:18 ID:YEoGgUv90
どうでもいいですよ

430 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 11:26:58 ID:4xrexjFo0
>>426
「軍隊生活から僕が、不本意ながら卒業する運びとなりました」「もう少し有能な捕虜との訓練を軍曹が、従軍記者に撮られてしまったようです。ははは…びっくりです」「でも僕が情けないのが悪かったんです。離婚はお互いに原因があるもんです」などと、記した。

これだね旦那のコメント
意味不明できもい

431 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 11:30:04 ID:MQ6Q5fIb0
結婚生活もテレビ出演も失ったな
別に後味悪くないけど

432 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 11:47:24 ID:qF1l5bwi0
逆にスッキリだな

433 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 11:55:01 ID:fdMFXNrO0
細木じゃないけど、
四柱推命だかなんだかの占いで、
最低最悪の時期に結婚しただいたひかるは、間違いなく即効で破局する
と、占い板では結婚当初から言われていたような…。
後味は悪くないけど、ちょっとびっくりしたな。

434 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 12:18:57 ID:4ibITg6yO
>>416
そうなんだぁ。トゥルー コーリング好きだったのにな。


435 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 12:26:16 ID:R8C58fg/0
>>424
昨日公園って後味良くはないだろ…?

けっきょくどうあがいても運命は変えられないと悟り、
憔悴しきった主人公は、「なんでもない」と言って友人を見送り、号泣。

数年後。その公園で恋人と待ち合わせしている主人公。
やってきた恋人は何やら思いつめた表情をしており、
「どうしたの?」と問う主人公に対して「なんでもない」と答える。

このやりとりは、恋人もまた何度も同じ時間を繰り返し主人公を助けようとしているという暗示で、
つまり主人公にはこのあと逃れられない死が待っている……ってオチでしょ?

436 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 12:43:28 ID:o+bPFJKf0
>>435
後味悪くないとは書いたけど、良いとは書いてない

後味悪い=バッドエンドって意味ならそうかもしれないけど
話がすっきりまとまってる。あれはどういうこと?って謎めいてないってこと

自分も逃れられない未来が待ってると知ったらどうするか
それは最初の友達との話に戻るわけで、友達も過去に同じ経験をしてたんだなと思える

437 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 13:00:58 ID:R8C58fg/0
>>436
なんか達観してるなぁ……w
いくらすっきりまとまってても主人公が死ぬのは後味悪いよ。
天寿を全うしたわけでも悪いことしたわけでもないのに。

でもまぁ、理解はした。

438 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 13:01:28 ID:9hoiRuRy0
それと同じ話が重松清かなんかの短編にあるね。(原作なのか?)
出てくるのは、父と息子だけど。

439 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 13:08:45 ID:fdMFXNrO0
>>438
昨日公園の原作は朱川湊人だったと思う

最近、タイムスリップものでこの手の話が多いな…と思う。
去年だけでも、2、3作は見たよ。
最初にこの手の作品(バタフライエフェクト)を見たときは「うおおお」と思ったけど、
次から次へと同じようなネタの作品を見てしまって、
「ああ、またこれかw もういいよ」と、冷めた目で見てしまう自分が後味悪い


440 :1/3:2007/06/20(水) 13:59:27 ID:IZvgGcFL0
7回死んだ男を思い出した。

主人公はタイムスリップ能力を持つ高校生。
しかし能力のコントロールは出来ない。それはある日いきなり始まる。
タイムスリップが始まると主人公は同じ1日を7回繰り返す。回数を増やす事は出来ないし止めるのも不可能だ。

お正月、親族一同が集まった席でタイムスリップが始まった。そして祖父が殺される。
状況的に外部犯とは考えられない。身内の誰かが祖父を殺したのだ。
ショックを受けながらも主人公はタイムスリップを行い、祖父が死ぬ前の時間に飛ぶ。
そこで誰が祖父を殺すのか見張った。やはり身内だった。
そこで次のタイムスリップで祖父を殺せないように犯人を引き留め続けた。
これで安心…と思ったら、今度は別の誰かに殺される祖父。

441 :2/3:2007/06/20(水) 14:01:36 ID:IZvgGcFL0
実はこの一族は財産を巡って微妙な関係だにあった。
昔の祖父は昔ろくでもない男で全く働かず飲んだくれていた。
愛想を尽かした主人公の母(長女)と従姉妹の母(次女)は、妹(末っ子)を祖父の元に置き去りにして逃げ出した。
娘二人に逃げ出された祖父はさすがに堪え、心を入れ替えた。
それから始めた商売が大当たり。あっという間に祖父と叔母は大金持ちになる。

しかし主人公の母と従姉妹の母は祖父と叔母を見捨てた身。
財産欲しさに今更のこのこ顔も出せないし、娘の冷たさに怒っていた祖父も許そうとしなかった。
だが祖父も年をとって気弱になったのか、ここ数年で関係は修復されつつあった。
そこで財産問題が持ち上がる。
叔母はずっと独り身だった。叔母の財産を受け継ぐ者はいない。
祖父が身内に財産を継がせたいと思っているなら、主人公兄弟の誰か、
または従姉妹姉妹の誰かを養子にさせるチャンスがある。
主人公母と従姉妹母はそういう下心を持ってお互い火花を散らし、祖父と叔母はそんな二人を冷静に眺めていた。

442 :3/3:2007/06/20(水) 14:02:19 ID:IZvgGcFL0
そんな背景の元、主人公は誰が祖父を殺すのか探りを入れて、
一度でも祖父を殺した人間は監視し続けて祖父の命を守ろうとする。
やがて従姉妹と主人公兄が恋仲で祖父殺しを画策しているのが判明したり、
従姉妹姉妹のコンプレックスむき出しの醜い喧嘩が始まったり、
主人公母と従姉妹母が財産目当て丸出しでなりふりかまわなくなったり、
タイムスリップを繰り返せば繰り返すほど、身内のどす黒い感情を目の当たりにしてしまう。

何度目かのタイムスリップで犯人候補を抑えていたところ、その隙に主人公母が祖父を殺していた。
諦めた主人公は全員を一カ所に集める。ところが今度は祖父が事故死してしまう。
やけくそになった主人公は、祖父と二人っきりで過ごした。
晴れて祖父の命は守られたのであった。
---------------------------------------------------------------------------------------
ブラック・コメディで書かれてるけど、身内の黒いところを見るのはかなりきついよなあと思った。
ちなみにこれは10年くらい前の小説。

443 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 14:17:53 ID:rhIQMohX0
イーストウッドが監督・主演した『ミリオンダラー・ベイビー』。
老セコンドに指導され、メキメキと実力を付けていく女ボクサー。
しかし多額のファイトマネーのかかった試合で、ラフファイターの反則に
より首を骨折、病院送りにされてしまう。
全身不随となった彼女は、家族(彼女の金にしか興味がない)の仕打ちや
片足の切断などにより精神を疲弊、自殺未遂までするようになる。
「あんな試合を受けなければ……」と罪の意識に苛まれる老トレーナーに、
彼女は「生命維持装置のスイッチを切って」と懇願する。
葛藤しながらも彼女の願いを聞き入れスイッチを切った老トレーナーは、
どこへともなく姿を消した。

タイトルと予告編から、勝手にアメリカンドリームな話を期待していた
ので(実際、途中までそんな感じだった)、見終わったあとポカーンと
なった。
感動するにはするんだけど、なんかこうモヤモヤと……。
家をプレゼントされたのに「どうせなら金をよこせ(家を持ってると
生活援助金がもらえなくなるから)」と言ったり、ディズニーランドで
遊びまくってから見舞いに来た上、財産譲渡の書類に判を(手は
動かせないので口でくわえさせて)押させようとする家族が、
ホント胸くそ悪い。

444 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 14:18:35 ID:95b3UNiq0
【長野】「えた・ひにん前へ」と中学生が給食中に差別発言★4
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1182302955/

445 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 14:49:05 ID:OXjFYUr8O
今日の『わかってちょーだい!』でやっていた再現ドラマ。
テーマは愛憎バトルみたいなものだったと思う。

親子3人で幸せに暮らしていた主人公(娘)。だが、次第に父の帰りが遅くなり無断外泊もしょっちゅうするようになる。
思い詰めた母はある日いきなり娘を外に連れ出す。着いた先は父の愛人宅。どうやら行きつけのスナックのホステスだったらしい。

怒鳴り込んだ母にホステスも対抗。取っ組み合いの大喧嘩に。娘は小学生だったこともあり訳がわからず(゚Д゚)ポカーンと見てるだけ。
そして母は持参した大量の錠剤を飲み込み、ナイフをかざし自分の腹に突き立てた。うずくまり倒れる母に号泣する娘、愛人は事の重大さに真っ青になり平謝り。

ごめんなさいごめんなさいと泣く愛人。すると倒れていた母が起き上がり『わかったらこれに一筆書いて判押しなさい』と念書を差し出した。
実は飲み込んだ錠剤はお菓子、ナイフは偽物。全て母が仕組んだ芝居だった。
帰宅し、娘に向かって『あんたの泣き、よかったよ』。


何も知らない娘を利用するなよ…('A`)

446 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 14:50:04 ID:cYPmdNOt0
かなり前に読んだ鮎川哲也の短編。タイトルは忘れた。
叙述トリック物で、話の内容は覚えていないが
要は女性が犯人としか思えない状況で、登場する女性は全員白。
で、一見男性のように描かれている人物が実は女性で
その人が真犯人というもの。その回答編が後味が悪い。

回答編は作者が解説を交えながら答えていくといった形式で
「あそこに伏線があった、ここにも伏線があった」や
「どこにも男性と限定する表現はしていない」など
つらつらと述べたあげく、
「それに気付かないあなたが粗忽者なのだ」
「そんなことも分からないようでは注意力がなさすぎる」
などと、まあ罵倒の限りを尽くしてくれる。

叙述トリックが一般的ではなかった時代の作品らしいので
アンフェアだと言われるのを防ぐためのものだったのかもしれないが、
なんで、推理小説の解説で粗忽者呼ばわりされなきゃいかんのだと思った。

447 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 14:51:58 ID:JQWpV1RT0
>>443
うは、サクセスストーリーだと思ってたよ。
そんな内容だったの?

その主演女優が賞取った前の映画、Boys Don't Cryも欝な内容だったな。

トランスジェンダーだかで、男装壁のある少女Aがある町で少女Bと恋仲になる。
だが少女Bを憎からず思っていた男友達2人に女であることを感付かれ、
それをばらされた上にその二人にレイプされるが、隙を突いて逃げる。
で、その二人を訴えようと警察に行くが、かえって警官にセクハラまがいの
質問攻めにあう。
その後友達の少女C(ただの友達関係)のもとに転がり込むが、
口封じにきた二人の男友達に殺される。
その場に居合わせた少女Cも殺される。
残された少女Cの赤ん坊が泣いている。

実話を元にして作られたのだけど、
偶然少女Cを尋ねていた黒人青年も殺されているのだが、映画ではそれはスルー。
犯人二人は殺害に使った銃を川に捨てたのだが、寒さで川が凍っていたので
凶器は簡単に発見されたんだな。

448 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 15:11:45 ID:5rDC+SUi0
その主演のオンナの人って不幸な役が多いよね。
他にも、マリーアントワネットの首飾りという映画で
マリーをだます役とか。
ブレイクしたのは、ビバヒルに出てからだと思うけど。
(シングルマザーの役で、スティーブか誰かの恋人役で
結構 重要な役だったけど、いつのまにか引越しとかで
消えていった。)

449 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 15:17:51 ID:drbTPfZ6O
>>445
最後の台詞『なにごとも経験よ』みたいじゃなかったっけ?

450 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 15:19:38 ID:8CCmoR2QO
今から過去ログ読むが、楳図かずお「おろち」は既出?


451 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 15:22:38 ID:V/7zFlWX0
ここ数か月で2、3回出たな<おろち

452 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 15:29:26 ID:JQWpV1RT0
ビバヒルはなんか、他の俳優だかと折り合いがつかなくて
おろされたとかなんとか聞いた覚えが。

本人もビンボーだったらしくて、Boys取り終わったころ
薬買いに行ったら医療保険払われてなくて薬買うのに苦労したとか言う話を
してたのをチラと聴いた覚えがある。

453 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 15:30:34 ID:KGetkCD1O
>>448
ビバヒルはリアルに俳優同士のいざこざや仲の善し悪しがドラマにもシナリオにも反映してるから
消えた人やどこかへ行った人はリアルに現場に居れない状況になっていた人たちらしいね


454 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 15:44:54 ID:eL8/QavF0
「フレンズ」で、ジョーイが出演したドラマ「愛の病院日誌」での
ジョーイ降板エピソードそのままなのかw

455 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 15:50:33 ID:OXjFYUr8O
>>449
それも言ってたかもしれない。

確かスタジオトークになってからあんたの泣きは〜、って追加されてたような。
もし記憶違いだったらごめん。

456 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 16:35:47 ID:lSPLKh6/0
>>445
その娘もやっぱり母親みたいな人間になるんだろうな
クズが子供埋めない法律作ってほしい

457 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 16:50:36 ID:Gl3T74u+O
そしたらお前が子孫残せなくなるぞ
自虐もほどほどにしておけ

458 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 17:01:11 ID:dsefQMRz0
>>395 スゲーなダウンタウンは。このあと無事にすんだのだろうか?

459 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 18:02:44 ID:2QADrmSh0
>446「 達也が嗤う」だね
あれはそもそもが犯人当てパーティ用に書かれてその様子までを本にした奴だったと思うから
べつにいーんじゃねーの

460 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 18:03:31 ID:2QADrmSh0
>450
おろち第一話の姉妹の話は何度も出ている

461 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 18:43:54 ID:cYPmdNOt0
>>459
エッ、てことは実際に目の前にいる人に向かって
あの調子でやっちゃったってことなのか。
それなら、なおさら後味悪くない?
パーティーの出席者たちの
「いくら大御所だからって、そこまで言わなくてもいいじゃねーか」
「なんだよ、その上から目線は」
などの、心の声が聞こえてきそうなのだが。

462 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 18:45:15 ID:MLq88J190
>>445
何年かたてば笑い話だろ。

463 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 18:47:06 ID:2QADrmSh0
>461
いや、確か出席者の回答コメントでも偉そうなのはあったはず。
だからその場はそういう雰囲気だったんだと自分は思った。

まあこれ以上「確か」で話を進めてもアレなんでまだ気になるならミス板の鮎川スレに行ったほうがいい。

464 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 20:08:25 ID:/T0g9NPS0
前にテレビでやってた映画、「ニキータ」
ニキータは不良少女。仲間と犯罪を犯し、ニキータは無期懲役だか死刑だか、とにかく重い刑を科せられる。
泣き叫ぶニキータの前に男が現れる。男は政府の人間で、ニキータをスパイにスカウトする。
スカウトって言っても半強制で、あっというまにニキータは死んだことにされ、男の下でスパイについて学ぶことに。
そして数年後、ニキータは厳しい訓練に耐えて初めての外出許可を貰う。
男がレストランに連れて言ってくれて、プレゼントをくれる。
厳しかった男の優しさに嬉しそうにプレゼントを受けて取るニキータだが、中身は拳銃。
それを使って今ここで向こうのテーブルの男を殺せと言う男。
裏切られた思い抱きながらも、ニキータは泣きながら暗殺を完遂する。
そしてニキータはプロのスパイになった。
身元を隠して普通の生活を送っている振りをしているニキータだが、スーパーのレジ係と恋に落ちる。
同棲、婚約まで行くけれど、ニキータはスパイであることを隠し続ける。
しかし、彼とホテルに泊まっていても扉ひとつ隔てて何にも無いフリをしながら暗殺をするなどだんだん負担を感じ始める。
遂にある日、仕事に失敗して、身も心もボロボロになって帰ってきたニキータに、彼が
「君がどういうことをしていたか知っているよ、無理をしなくてもいい、仕事をやめて本当の君を見せてくれ」
見たいな事を言う。
そして次の日、ニキータを教育した男がニキータたちの住んでいたアパートを訪れる。
ニキータは姿を消していて、彼しかなかった。
ニキータのことを大事に思っていた男二人で佇んでいる光景でエンド。

確かにニキータは不良少女だったが、スパイの仕事がすごくつらそうで、最後に幸せになると思ってたので愕然とした

465 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 20:11:11 ID:dqnRy1Nl0
>>446
後味悪いってか駄作だなそれw

466 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 21:15:06 ID:Ec5PfWCjO
>>446
綾辻ゆきとの「迷路館の殺人」とめちゃめちゃかぶってると思った
どっちが先なんだろう
>>457
かっこいいw

467 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 21:18:59 ID:aJ4WBuwV0
>>466
鮎川哲也の方が先だよ。

468 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 21:40:25 ID:h1ZHJSJE0
>>464
不良少女ってレベルではないだろ?
事件にまきこまれたと思って助けにきた警官を至近距離から撃ったんだし。

469 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 21:51:32 ID:I7KFprTOO
ニキータはスパイじゃなくて暗殺者だろ!
もともとアサシンのハリウッド、リメイクなんだし
スパイ物で後味悪いのはエイリアス
テレビシリーズなんでどのエピソードがって、特定しにくいけど
主人公が信頼する上司が最大の裏切り者だったり、
死んだはずの母親が敵側の大物エージェントで、その情報で死にかけたり

470 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 21:56:07 ID:IUX81hnV0
>>469
このスレでは、お前のような奴は叩いて良いことになってるんだが。
さて、どうしようか。

471 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 22:00:14 ID:92ahPa4Q0
もう叩くっつーか、そうだねー後味悪いねーってあしらえばいいんじゃないかと思ってる。

472 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 22:00:27 ID:iQhjW7UR0
    | ̄ ̄| 【審議中】
    |∧∧|       (( ) )   (( ) )  ((⌒ )
 __(;゚Д゚)___  (( ) )   (( ⌒ )  (( ) )
 | ⊂l>>469l⊃ |    ノ火.,、   ノ人., 、  ノ人.,、
  ̄ ̄|.|.  .|| ̄ ̄    γノ)::)   γノ)::)   γノ)::) 
    |.|=.=.||       ゝ人ノ   ゝ火ノ  ゝ人ノ
    |∪∪|        || ∧,,∧ || ∧,,∧ ||  ボォオ
    |    |      ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
    |    |      ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` ) 死んだら無罪って事で・・・
   ~~~~~~~~     | U (  ´・) (・`  ). .と ノ
              u-u (    ) (   ノ u-u
                  `u-u'. `u-u'


473 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 22:16:53 ID:ynwu0s5EO
アニータは貰えるだけ金貰って不正な金だと知りつつも返還せず国に帰って英雄気取り後味悪い

474 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 22:17:41 ID:q0D/NcjsO
7SEEDSの粗筋頼む。

475 :アンニバ ◆.gjCVeBj.w :2007/06/20(水) 22:21:19 ID:AHHD01Zo0
エロビデオ見てたら飯がまずくなった

476 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 22:25:04 ID:3v1PlHh10
>もともとアサシンのハリウッド、リメイクなんだし
え?ニキータの方が先じゃなかったっけ?

477 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 22:31:31 ID:/8h2BydYO
>>474
えー 飽きたよ

478 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 22:39:04 ID:f8dbnVIE0
ニキータのほうが先だね

479 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 23:03:43 ID:rBvUfptJ0
>>443
イーストウッドだと「ミスティックリバー」も酷かったよ。

よく一緒に遊んでいた3人の子供たち。
1人の男の子がその正直さゆえに見知らぬ大人に車で連れ去られ性的暴行の被害者となってしまう。
それから子供たちはお互いに疎遠になり20数年が経つ。
成長した3人はそれぞれ刑事、裏社会のボスだった雑貨店経営主に、
そして性的暴行を受けた少年は普通の社会人となっている。
ある日裏社会の元ボスの娘が公園で殺される。
刑事となった1人が担当となるが、幼少時に性的暴行を受けていた幼馴染が容疑者に浮上する。
ある日その幼馴染は血だらけで帰宅する。
それを見た妻は地域の顔役でもある元ボスに夫のことを相談。
娘の殺害犯を探していた元ボスは仲間を使って幼馴染を拉致。
幼馴染は「トラウマを消すために変態を懲らしめようと子供を買えるとの噂がある公園で張っていた、
子供に性的暴行をしている大人を殴ったため血だらけになった」と説明するがボスは信じようとしない。
銃を突きつけ自分が娘を殺したと無理やりに自白させて殺害。
しかし後に真犯人が明らかになる。
ボスは罪を犯してしまったことを後悔するが自首しようとはしない。
刑事は元ボスが幼馴染を殺したことに薄々気付いており、元ボスにわかってるぞみたいな仕草をして終わり。


特に元ボスが幼馴染を殺したことではなく罪を犯したことだけを後悔していたことが不快だった。

「もうひとつの「スタンド・バイ・ミー」を見るために、あなたは大人になった。」
これが公開時のコピーがこれ↑だったから、ショックだった人も多いみたい。

480 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 23:05:59 ID:1na8kaYk0
映画スターシップ・トゥルーパーズ。
主人公は高校生の男、頭のいい親友と美人の恋人がいる(この3人はよくつるんでいる)。
ちょっと不良っぽい女の子に惚れられていて積極的なアプローチを受けるが、興味なしのためそっけない態度を取っている。
人間は巨大昆虫型宇宙生物と戦争中で、上記の4人は皆卒業後軍隊に入る。
優秀な親友と恋人はそれぞれ幹部候補と宇宙船パイロット、運動神経はいいが頭はイマイチの主人公と不良女は前線へ出る歩兵。
やがて恋人は先輩パイロットの男といい感じになっていき、一方的に主人公をふる。
主人公は一時は落ち込むものの、ずっと一途に自分を思ってくれていた不良女に結構あっさりと乗り換え。
しかし、戦争も終盤になってから不良女と先輩パイロットは戦死。
そして、何だかんだで終戦。
主人公・恋人・親友は何事もなかったかのような笑顔で3人肩を組み、
「うちら3人そろえば怖いもんなしじゃね?やっぱうちらって超サイコー!」
みたいなセリフでハッピーエンド風に終了。
不良女と先輩パイロットの立場って一体…。
不良女、健気でいい子だったのに。
先輩パイロットなんて、ついさっき恋人の目の前で殺されたばっかだってのに。

481 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 23:24:02 ID:iWQr71tJ0
スターシップトゥルーパーズは完全にギャグ映画だと理解しているので心底楽しませていただいた

482 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 23:37:56 ID:58KgGK4N0
>>479
幼なじみ、あまりにも救われないなあ…。
コピーがまたひどいね。

483 :本当にあった怖い名無し:2007/06/20(水) 23:50:58 ID:9C+IfTCJ0
>>479
そのコピー後味わるすぎ。
底辺社会に育った子供は、淘汰されるか
大人になっても殺し合うか、どっちにしろ
友情は保てないって言ってるみたいだ。

484 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 00:00:52 ID:iQhjW7UR0
ミスティックリバーってSキング原作じゃないよな?
なんでスタンドバイミー?

485 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 00:03:50 ID:++vwfRj4O
スターシップトゥルーパーズがギャグなのはガチ
ただし、不良少女に乗り換えたのは大分後だし、彼女が死んだ時も悲しんでいた

馬鹿は最初の彼女
主人公に別れ話を告げる時にビデオレターを出したんだが
ごめんなさい、別れようみたいな事を言うんだが、実はそれを録画したのは先輩とセクロスした直後
裸の先輩が「何やってんだ?」と写るシーンが本来の物だった
ただ、これは彼女役がブサイコでスポンサーに嫌われていて、そんな女のこんなシーンはむかつくというのでカットされた
またラストで主人公達が助けにいくんだが、助けられた分際で何もしてないのに「三人揃えば無敵」みたいにほざく
主人公と親友は(うわー、何このDQN…)みたいに嫌そうな顔をするのだった

486 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 00:08:27 ID:zK7ppmBOO
>>426 だいたは過去にボチボチ男いたから
妄想で書くにもほどがあるぞ

せっかくだから身の回りの話投下

私が若い頃30歳の友達(♀)にふとしたきっかけで好きな人ができた
同い年の結構感じのいい男でお互い惹かれ合い付き合いだす
友達、数年前に長く付き合って結婚まで考えてた人に大失恋した後だから恋に臆病
そんな堅くなった友達を新しい男は優しくほぐしていく
そんなこんなで半年以上手をつなぐだけの関係を経て、
友達も「彼なら信頼できる」と身体をゆるした…


その夜、男が友達にポツリポツリと語り出す

「自分はバツ一で子供が二人いる」
「元妻は急に冷たくなり出ていった」
「元妻が一番大事だし、子供の事もあるからヨリを戻したい」
「でも元妻はもう愛が無いから会いたくないと言う」

「どうすれば元妻とヨリが戻せると思う?君の意見なら間違いないと俺は思ってる」
とベッドで言われてから友達は何をしゃべったか覚えてないらしい
もちろん男はその日以来連絡とれない様にした





友達はそれからさらに男がイヤになってたがこの前幼なじみとケコーン今じゃ幸せみたい
ただ、友達が幸せになったから書ける話であって
当時は「友達はもう人を好きになれないかも」て本気で心配だった(´・ω・`)

487 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 00:25:39 ID:sz+N2H5eO
ババアの文章ってどうしてこんなにキモイんだろう?

488 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 00:32:28 ID:r+BxrfqA0
ババアだからじゃない?

489 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 00:32:47 ID:eQEkeftA0
私の話を聞いて!

490 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 00:43:30 ID:3sxEua98O
十二国記の最初の巻は自分探しの旅という感じだったな。
自転車で全国を旅する代わりに麒麟と異世界に行ったのだ。
全体的には後味悪くないけど、上で出ているいじめエピソードは非常に嫌な気持ちになった。

491 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 00:44:27 ID:hzU0zv7L0
グインサーガがホモ小説へと変貌を遂げた原因。
同執筆者の探偵シリーズで同人女がメインメインピソードを書く為に、
その取材と称して同人のイベントなどに行くようになり、
取材のかいあってか犯人は同人女キモーなエピソードを無事に書き上げた頃には、
本人が同人女になっていたという落ちだ。

同人が自分が想像していたものとはかなり違っていたらしく、
新しい楽しみとして吸収してしまったらしい。
しかも自作品のグインのキャラを使った自作のホモ本まで作ってイベントで売る始末。
それでも同人のイベント限定だけだったらまだ一般人は知らないままで済んだところを、
そのホモ設定を原作にまで堂々とお持込。
商業のファンタジー小説だったものが見事ホモ小説へと変貌完了というわけだ。

プロなら商業と趣味は切り離せ。
と言っても本人には全く無駄だろうなと思わざるえない所が後味が悪いw

492 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 00:47:42 ID:hzU0zv7L0
しかもその探偵シリーズの中での同人女描写は
あからさまに見下し目線で馬鹿にしまくりなのが滲み出まくりだったのに
自分がその同人女になってどうするんだよw

という点は後味悪いというよりむしろ愉快かもしれん。

493 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 01:10:46 ID:BanEf22W0
旦那と息子にコミケで自分の同人売らせてたよね……

494 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 01:22:46 ID:RWF7YzJqO
ババアきもい

495 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 01:27:33 ID:4FVYJ9DMO
この間からちょこちょこ出てきてるけど
グインサーガって話の内容も後味悪いの?
雑談の前にあらすじ書いて欲しい…

496 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 01:40:36 ID:lZT5VQ050
栗本、旦那も息子もヘンな人なのか。
普通、妻のイタイ趣味は看過するとしても
協力したりはしないんでないか?

えっと大昔読んででうろ覚えなんだけど
時計じかけのオレンジ

暴力大好きクスリ大好き、良心無し、
救いようの無い少年が、政府による洗脳を受ける。
んで、暴力に激しい拒否反応を示すようになる。
そんな非人道的な強制的更生はイカン!と政府批判する
人権派が少年を保護。
しかし、人権派のオッサンは、少年がかつて自分と妻に
暴力を振るった犯人だと気付くと掌を返して少年を責め、
少年は死にかける。
政府は政府批判されると困るので少年を再び保護、洗脳を解く。
少年は再び、暴力大好きに戻る事ができました。

いやもうえげつない暴力描写のオンパレード、少年は
徹頭徹尾、良心のないDQN。後味悪かったよ。

497 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 01:43:35 ID:lZT5VQ050
>>495
普通の(ホモはあるにしても)ファンタジーでしょ。
まだ完結してないし、途中までのあらすじ書こうにも余りにも長い。
自分は、栗本が完結しない話があっても良いとか
インタビューで言ってるの見て読むの止めた。

498 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 01:49:54 ID:wBzLkITo0
>491
栗本の腐趣味は後天性だったってこと?
自分はてっきりハチクロの人みたいにデブー前から
やってるのかと思った

「終わらないラブソング」とかもろベーコンレタスだし、
普段から「ワテクシはヤヲイの逝き神様よー」みたいな態度だし

499 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 02:11:30 ID:0lA72d4A0
>>473
あのアニータはモアイに落書きした千葉の関口と交換すればいいと思う。
んで、お互いの国でどうしようと勝手ってことで。

500 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 02:21:17 ID:PVnWQJz90
>>498
前からだと思うよ。その手の雑誌で投稿の批評してたりしてたから
でも同人のことは見下して馬鹿にして、そういうぬるま湯の世界に浸って楽しくやってるとプロになれないとか言ってたらしいwww
あと私が書くのはやおい(ホモが出てくる作品ね)じゃなくてヤオイなの、
やおいみたいなあんなのとは違うのよみたいな感じらしい

501 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 02:23:15 ID:9Wnr25i8O
昔子供の頃に観た映画なんだけど、9個だかの心臓か魂を持つ猫がいて、マジシャンがその心臓か魂を使えば9回生き返るぞ…みたいな話知ってる人居る?
ラストが好きだったんだけど、タイトル・後味が悪かったかどうかを、だいたいのストーリーを忘れちゃって思い出せない…
知ってる人居たらヨロシク!!

502 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 02:51:17 ID:U4AKMGdvO
>>501すれ違い、だよん

503 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 03:07:18 ID:uzO5/4k70
>>491
全然違う。
栗本薫は同人女という言葉が世に出て来る以前からの
立派なホモ好きだ。

年くってプロとして書くものと
趣味の制御が効かなくなったとこだけはあってる。

504 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 03:25:31 ID:9Wnr25i8O
>>502
そうか…スマン。

505 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 03:35:09 ID:RWF7YzJqO
>>501
ここで聞いてみたら
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/movie/1180724629/

506 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 04:39:32 ID:9Wnr25i8O
>>505
アリガd!!行ってくるノシ

507 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 05:40:59 ID:EcaSFs7O0
ものすごい遅レスだけど、>>52は本当だと思う。
今更ごめん。差別助長書き込みみたいに言われて可哀想なので。

通っていた短大が、朝鮮学校の近くだったんだけど、
朝鮮学校の人はかなり元気でやんちゃだったよ・・・
>>52みたいに人に何か言うような人は見かけなかったけど、
ホームから線路に降りたり、電車で場所取ったり、
足投げ出したりは普通にやってた。
差別とかじゃなくて、文化が違うんだなーと思った。
感じ悪い書き込みだったらスマソ

508 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 07:10:46 ID:Cl4M5iX8O
>>502
うろ覚えだけど九回生きた猫とかそんなタイトルじゃない?
何回でも生き返る猫の話
最後妻子が出来たけど奥さんがさきに死んでまって悲しみの内に死亡。 
もう生き返る事は無かったみたいな。
前このスレかどっかで見たよ

509 :508:2007/06/21(木) 07:22:09 ID:Cl4M5iX8O
スマン
502じゃなく501ね
気になってググって見たら九回生きた猫じゃなく百万回生きた猫だった 
もし501が知りたがってるのがこれだったら後味は悪くないよ 
ジーンとくる切ない感じ

510 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 09:26:18 ID:ALrXRxzQ0
ティム・バートンの「マーズ・アタック!」

ある日、地球にUFOに乗った宇宙人が現れる。
友好的な接触を試みようとするアメリカ政府に対し
紳士的に対応するかと思われた宇宙人。

しかし、実は悪戯好きで残虐な宇宙人。
徐々に、その本性を表し、登場人物は死にまくり。
・TVレポーター(マイケル・J・フォックス)→殺人光線でホネホネに
・大統領(ジャック・ニコルソン)→友好的な握手かと思われたが、胸を突き刺され死亡
・偉い教授(ピアース・ブロスナン )→UFOにさらわれた後、墜落死亡
他にも有名俳優がバンバンしにまくり。

エンディングは、トム・ジョーンズが熱唱してハッピーエンド。

最高に面白いので、観てない人はぜひ!w




511 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 09:35:48 ID:XdXbHuy70
>>407
堂本剛・仲間由紀恵主演の”君といた未来のために”もそんな感じかな
1999年12月31日12時59分に死ぬ3人が、目覚めると数年前のある時期に
戻る話。生き延びようといろいろするが、死んでは目覚めるを繰り返す。
最後は操っていた黒幕がいるのに気づき、倒して終わり。




512 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 09:40:19 ID:SGtFXcuW0
>>511
それ小説「リプレイ」のパクリ

513 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 09:59:38 ID:XdXbHuy70
>>415
原作;朱川湊人の「昨日公園」
主人公(堂本光一)が、友人と公園でキャッチボールしている。
主人公と友人には仲のよい女性がいて、仲良し3人組だった。
キャッチボールの最中、友人はその女性に告白すると宣言する。
驚いてボールをとり損ねる主人公、転がるボール、その日はそのまま帰宅する。
家に帰り、一人たたずむ主人公、突然携帯が鳴り始める。
電話はその女性からで、内容は友人が帰宅途中?に転落死したということだった。
翌日、キャッチボールした公園にくる主人公。
ベンチに座り感傷に浸っていると、足元にボールが転がってくる。
ボールを拾い上げる主人公、その時聞きなれた声が・・・。
驚いて声の方を見ると、そこには死んだはずの友人がいる。
気がつくと、主人公も昨日の格好をしている。
「帰ろうか?」の友人の言葉に、ハッする主人公。
一緒に帰れば、運命がかわるのではないのか?無事に帰り着く友人。
家に帰り安心していると、あの女性から電話が・・・

514 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 10:02:29 ID:XdXbHuy70
(続き
友人が、工事現場での事故に巻き込まれて死んだことを告げるものだった。
翌日、再びキャッチボールした公園にくる主人公。
またもボールが転がってくる。再び過去に帰る主人公。
こうやって、主人公は過去に戻り運命を変えようとするが、うまくいかない。
それどころか死因がひどくなり、さらには友人家族まで巻き込む事態に発展する。
徐々に憔悴していく主人公。
何度目かの過去の時、主人公は友人に「お前に一番大事なものは?」と質問をする。
「家族」と答える友人。思い悩んだ挙句、主人公は友人と公園で別れる。

それから数年後・・・・

主人公は、結婚して子供がいる。
あの公園で子供とキャッチボールしている。
ふとした弾みでボールをとり損ねる子供、戻ってきた子供をみて主人公は気づく。
子供がひどく憔悴しきっているのだ、すべてを悟る主人公。
「もういいよ」と子供に告げる。

515 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 10:10:29 ID:XdXbHuy70
>>512
いや、パクリもなにも原作”リプレイ”だから

516 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 10:22:19 ID:O6q3Mrrq0
>>511
この当時の仲間はまだあまり名前知られてなかったし主演じゃないだろw
サブキャラなのにメインヒロインを食っちゃって、このあと一気にブレイクしたけど。

517 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 10:24:47 ID:P3L4Lrie0
>>510
後味悪くなかったら、スレ違いだっつうの!

>>501
あれだろ、あれ
テクニックの低い売れないマジシャンが科学者のところに、いいタネはないか相談にいく
その科学者は猫から9個の魂を抜き出す方法を発見していた(ぬこには9個の魂があるのだよ)
猫の死体の前で友人のマジシャンに、抽出して薬剤のかたちになった魂の説明をする得意満面の科学者
だがひとりじめをしようとしたマジシャンに殺されてしまう
猫の魂を飲み干したマジシャンは死んでも生き返る「復活の男」としてデビューする
舞台の上で弓矢や弾丸、ナイフで何度も殺されて、その度に生き返る
当然、超大入りで大金持ちになる
そして九回目は棺おけにいれられ、窒息するまで地面に生き埋めにされることになる
棺おけの中で、ここから復活したらまた薬を飲めばよいと、ほくそえむマジシャン
そのときふと、最初のときに科学者のところで目撃した猫の死体の映像が目に浮かぶ
そして気づいてしまう
魂を抽出する際に猫を殺さなければならない、つまり魂の数はマイナス1だってことに
深い土の下から大声で助けを求めるマジシャンの声は、しだいに弱くなってゆく・・・

ええとタイトルなんだっけ、忘れちゃったニダ

518 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 10:45:01 ID:CCpc1cw8O
昨日公園はドラマの改悪っぷりが後味悪い

519 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 11:07:25 ID:fVNPhnUNO
自分を生かす為に何度も時間を戻ってくれてるのに気付いた主人公が
「もう頑張らなくて良いんだよ」って言う、のが無いんだっけ?

520 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 11:12:06 ID:bm6km8Sb0
>>519
何だそれ。
そこが一番大事なトコじゃないの?

521 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 11:13:08 ID:0z6+wGrGO
パイレーツオブカリビアン デッドマンズチェストの後味が悪い。というか なかの内容が全て噛み合ってない。まだ見てない方もいると思うのであらすじは書かないけど、ジャックと出会わなけりゃ、ウィルとザベ子はあんな事にわならなかったと思う。

522 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 11:13:43 ID:XdXbHuy70
阿刀田高「あのひとをころして」?

ある日、主人公に1通の封書が届く。
なかには、千円札1枚と”あのひとをころしてください”
とつたない字で書かれた文章が入っていた。
差出人は当然のように無い。
手紙の主と”あのひと”がだれかを模索するも、もともと
こんな金額では無理、と考える主人公。
千円札を胸ポケットにしまう。
翌週、ふたたび封書が届く、中身は前回と同様、千円札と文章。
そんなことが続き、お金はドンドン増えていく。
ある日、飲みに行き持ち合わせが無かった主人公は、そのお金を
使ってしまう。
誰かに、使ったからには”あのひと”を殺せといわれるのでは?
と怯える主人公。しかし何も無い。
思いあぐね、主人公は電話帳から適当な人物を選び、自分に来た
封書を転送することにする。
その後は、来た封書をその人物に転送する日々。
月日は流れ、ある日、新聞の片隅に殺人事件の記事が載る。
犯人はあいつを殺したぞ!といっているらしい。
その日から、主人公のもとに封書は届いていない。

523 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 11:20:48 ID:sF0F2gpl0
    | ̄ ̄| 【審議中】
    |∧∧|       (( ) )  (( ) )  ((⌒ )
 __(;゚Д゚)____  (( ) )  (( ⌒ )  (( ) )
 | ⊂l>>521l⊃ |    ノ火.,、   ノ人., 、 ノ人.,、
  ̄ ̄|.|.  .|| ̄ ̄    γノ)::)  γノ)::) γノ)::) 
    |.|=.=.||       ゝ人ノ   ゝ火ノ  ゝ人ノ
    |∪∪|        || ∧,,∧ ||∧,,∧ ||  ボォオ
    |    |      ∧∧(´・ω・) (・ω・`) ∧∧
    |    |      ( ´・ω)U U) ( つと ノ(ω・` ) 死んだら無罪って事で・・・
   ~~~~~~~~     | U (  ´・) (・`  ).( .と ノ
              u-u (    ) (   ノ u-u
                  `u-u'. `u-u'

どうにも、ズレが気になってたんだ。

524 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 11:23:46 ID:6bMk9c64O
>>501はスレ違いだって事で誘導もされているのに
しつこくレスしてる奴らは何なんだ?
池沼なのか?

525 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 11:52:18 ID:NhUHEDt60
映画「ダンサーインザダーク」

主人公はシングルマザー
頭が弱く見えるくらい正直で純粋な女
遺伝性の病気で弱視 どんどん視力が衰えてゆく
それが遺伝してるであろう息子を救うため
苦労して手術代を貯めている

彼女の唯一の楽しみはミュージカル
決して楽しいことばかりじゃない毎日を
脳内でミュージカルにすり替えて
空想の世界に癒されながら日々を送っている

生来の正直さのために「貯金」のことを話してしまい
借金で困っていた隣の男にそのお金を盗まれる
取り返しに行った彼女は彼ともみ合いになり
拳銃が暴発して彼を殺してしまう

友人が弁護士を探してくれるが弁護費用が掛かる
それにはせっかく貯めた「息子の手術費用」を使うしかない
息子の手術にはタイムリミットがあり(13歳だったかな?)
ここでその費用を使い込んでしまうと手術を受けられなくなる

彼女は 息子のために 弁護士を拒否して
死刑判決を受けて死んでゆく
・・・・・・・

映画として言いたいことはよく分かるんだけど
でも最後まで「何とか助かるんだろう」って思ってたから
見終わって吐き気がするくらい落ち込んだ

526 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 11:53:36 ID:G+5NDYBP0
タイトル/あらすじを教えろってのがスレ違いなのであって、
後味の悪いあらすじを書いてるならスレ違いぢゃないぢゃん。
池沼はお前だろ。

527 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 11:55:30 ID:Qzoag8VM0
>>518
そう。最後の言葉の重みがなー。
原作の「いろいろ経験してきた父親が幼い息子に」、だから泣けるのに
「人生の経験値も低そうな男が頭の悪そうな彼女に」、だもんなー

528 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 12:05:46 ID:PQTlAXQu0
>>507 嫌われるような事をする人を嫌うのは差別ではありません。

529 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 12:07:48 ID:XdXbHuy70
もうひとつ阿刀田高「幸福通信」

主人公は、業績があまりよくない企業のサラリーマン。
しかし、自分の部は凄腕の部長のおかげもあり調子いい。
時期は、日本シリーズ。ある夜、主人公宅に電話が入る。
出ると、機械的な女性の声で、こういった。
「コウフクツウシンデス、ニホンシリーズハ○○ガカチマス」
奇妙な電話だな?と思いつつも、部内での賭けに言われたとおり
のチームに賭ける主人公。
その後も幸福通信により、競馬の着順などを次々とあてる主人公。
主人公の手元には、結構な額の現金が貯まっていた。
次第に幸福通信の信じ、頼りにする主人公。
しかし、その夜の幸福通信は違っていた。
「コレガ、サイゴノコウフクツウシンデス。コレカラ、イロンナ
コンナンガアリマスガ、ノリコエラレルデショウ」
場面はかわる。
「もうこれが最後なのね?」疲れきった表情で受話器を置く女性。
「ああ君にもつらい思いをさせたね」妻をねぎらう男性。
男性の独白がはじまる。
うちの会社の業績は芳しくない。会社全体で人員整理を行っている。
調子のいいうちの部署にも、その波は押し寄せてきた。
なんとか粘ったが、一人のカットは避けられなかった。
部下は、みんな平等にかわいい。苦慮した挙句思いついたのが幸福通信だった。
日本シリーズの勝敗で半分、競馬のレースで何分の1‥
退職金はあまり出せないが、あいつ(主人公)も幸福通信でいくばくかの
金を手にしただろう。主人公にはこれからの人生がんばってほしい。

530 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 12:10:40 ID:FC/rLicF0
凄腕の部長さんに予知能力があるってこと?

531 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 12:33:24 ID:RWF7YzJqO
>>529
詐欺の手口でも使われるらしいね
色々なパターンを複数の人に知らせて、的中した人にだけ次のパターンを告げる

532 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 12:33:53 ID:XdXbHuy70
>>530
悪い説明下手だった。
部下が数十名いて、リストラ対象はひとり
で、日本シリーズ(A対B)の勝敗を部下全員に電話。
内容は”Aの勝ち”を半分の部下に、”Bの勝ち”をもう半分の部下に
勝敗で半数をふるい落とし、Aが勝てば
Aの勝ちを電話組‥リストラ対象継続
Bの勝ちを電話組‥リストラ対象外、当然Bが勝っていれば逆。
で勝った方全員に、別の賭け事を均等に電話。
四分の一の賭け事(あ、い、う、え)なら、前回勝ったAの組を四つに分け
あの勝ちに四分の一
いの勝ちに四分の一
うの勝ちに四分の一
えの勝ちに四分の一、で勝った組がリストラ対象継続。
これを継続する。
そして主人公は勝ち残り、リストラ対象の最後の一人になった。

533 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 12:49:49 ID:FC/rLicF0
あ、そっか。
意味がわかった。ありがとう。

534 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 12:54:21 ID:SGtFXcuW0
>>515
ドラマ放映時には原作表記は無かったよ
許可を得ているとの話も信憑性に欠けるものだし
そういや「ぼくらの勇気未満都市」も最初は原案表記してなかった

535 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 13:04:24 ID:5w35yazV0
しかし、ここでよくでてくる阿刀田高って、
次から次へとよくネタが出てくるな…。


536 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 13:05:53 ID:+UwwtMoo0
>>527
最後の言葉すらなかったと思う。
彼女の様子を見て主人公が、「ま、まさか…」みたいな顔して終わりだった気が。
このスレで原作知ったけど、原作の方がはるかにいいね。

537 :海の闇月の影 1:2007/06/21(木) 13:09:26 ID:5LO0bLAn0
>>368
>367じゃないけど、読んだ事あるので投下するね。
所々うろ覚えなのと、長文になってしまってゴメン。

「海の闇月の影」篠原千絵

流水(ルミ)と流風(ルカ)は一卵性双生児。2人は家族にも見分けがつかない程そっくりである。
2人は父、母、姉の5人で仲良く暮らしている。
同じ高校に入学した流水(ルミ)と流風(ルカ)は陸上部に入部し、先輩の克之に恋をする。

克之が妹の流風(ルカ)を選んだ事で、運命の歯車が狂い始める。

流水(ルミ)は、流風(ルカ)が自分に遠慮して克之からの告白を断った事を知り
「気にするんじゃないのよ。おめでとう」と祝福するが、影でこっそりと涙を流す。
克之もまた、持ち前の強引さで「諦められない」と流風(ルカ)に迫る。
流風(ルカ)は姉と克之の間で揺れながらも、ますます克之に惹かれて行く。

そんな中、女子陸上部は海辺へハイキングへ行く。急に雨が降り、雨宿りに入った洞窟で
陸上部のメンバーは謎のガスを吸い、流水(ルミ)と流風(ルカ)を残して死亡する。

実は遺跡の中に太古のウイルスが残っており、それを吸った事で
偶然抗体を持っていたと思われる双子を残して、皆死亡したのである。
その際、姉の流水(ルミ)は克之から選ばれなかった事で絶望と嫉妬を感じており、
妹の流風(ルカ)は幸せの絶頂にあった。その違いが2人に異なる力を与える。

事件は新聞でも取り上げられた。
流風(ルカ)は目を覚ました後、姉の流水(ルミ)の様子がおかしい事に気付く。
流水(ルミ)は宙に浮き、壁や床をくぐり抜ける力を持つ様になっていた(月の満ち欠けに関係)。
そして流風(ルカ)に激しい嫉妬と悪意をぶつけて来る様になる。
「克之さんは私のものよ」そう言う流水(ルミ)に脅える流風(ルカ)。

538 :海の闇月の影 2:2007/06/21(木) 13:11:34 ID:5LO0bLAn0
克之を諦めれば、流水(ルミ)と昔の様に暮らせるのだろうか?と悩む流風(ルカ)だったが
まだ事態を理解していない克之は「俺は流風(ルカ)が好きなんだ」と迫る。
その内に家族や陸上部が流水(ルミ)の毒牙に掛かる。
(キスして唇を噛み裂き、そこから唾液を移すと言う面倒な方法…)
流風(ルカ)と流風を守ろうとする克之に襲いかかるかつての仲間達。
彼らは話しも通じず、まるで流水(ルミ)の言いなりだった。
流水(ルミ)は、己のウイルスを感染させる事によって人を操る事が出来たのだ。
そして流風(ルカ)は、流水(ルミ)のウイルスへの抗体を持つ事も分かった。

家に居ては命を狙われる。克之の家にかくまってもらう流風(ルカ)。
克之の父は小説家(?)で流風(ルカ)の話しを真面目に聞いてくれ、
古代のウイルスの所為ではないかと言う結論になる。
克之の父は「ウイルスについて詳しい人を知っているから任せなさい」と言ってくれたが
流水(ルミ)の襲撃により、克之の両親は殺されてしまう。
(物体をすり抜けられる流水(ルミ)は、人体に腕やら指を突っ込んで殺害すると言う残虐さ)
運良く助かった弟だったが、弟は流水(ルミ)と同じ顔をした流風(ルカ)に脅える様になる。

そんなこんなで克之と流風(ルカ)は逃亡生活を始める。
流水(ルミ)に元に戻って欲しい流風(ルカ)だったが、流水(ルミ)はありえないと一蹴する。
「克之さんが欲しいの。克之さんじゃないと駄目よ。だからあなたを殺す」
そう言って流水(ルミ)は2人を執拗に追い、殺人を重ねて行く。

539 :海の闇月の影 3:2007/06/21(木) 13:12:51 ID:5LO0bLAn0
克之の父が連絡したウイルスに詳しい男が来日する。ジーン・アルバート・ジョンソン。
天才的頭脳を持つ彼はウイルスについて調べ、自らそのウイルスに感染する。
そして流水(ルミ)と流風(ルカ)に愛を告白する。
流水(ルミ)はジーンと身体の関係を持つ事によって、己に有利になる様に仕向ける。
流風(ルカ)はそんな流水(ルミ)の行動が理解出来ず戸惑う。
ジーンは流水(ルミ)に味方し、流水(ルミ)の仲間を増やす為に効果的な方法を教えたりする。
しかし何か思惑があるらしく、流水(ルミ)の言いなりになる訳ではない。

そんなジーンが作り出した薬は「流水(ルミ)の抗体を持つ者に使えば、その支配が解ける。
流風(ルカ)の抗体を持つ者に使えば、その抗体を無力化する事が出来る」と言うもの。
流水(ルミ)と流風(ルカ)はその処方箋を巡ってジーンと死闘を繰り広げる。

1対1では話にならない。流水(ルミ)と流風(ルカ)は協力し、ジーンを倒す事にする。
久々に心をひとつに重ねた流水(ルミ)と流風(ルカ)は、ジーンを倒す事に成功する。
処方箋の入った箱を手にしたのは流水(ルミ)。流水(ルミ)は意気揚々と箱を開く。
が、中に入っていたのは伝書鳩。処方箋は5枚に分けられ、それぞれの飼い主の元へ。

流水(ルミ)と流風(ルカ)は5枚の処方箋を求めて、別行動をとる。
流水(ルミ)は感染者を操り、流風(ルカ)は克之やその友人とともに処方箋を探す。

540 :海の闇月の影 4:2007/06/21(木) 13:14:34 ID:5LO0bLAn0
処方箋を持っているのは5人の能力者。ジーンによって改良されたウイルスを
同意、同意しないにもかかわらず、投与された人々だった。
動物を操る美少女、物体を動かす力を持つ青年、物を壁に埋め込む事の出来る子供、
自分の肉体をバラバラに移動させる事の出来る女性…。

皆それぞれ、悲しみや怒りを抱いており、流水(ルミ)と流風(ルカ)は苦戦する。
途中、物体を動かす事が出来る青年は流水(ルミ)に好意を抱く。
「2人でどこかで暮らさないか」青年は最初、双子を憎んでいた。
だが、このまま破滅への道を走って行く流水(ルミ)を捨てては置けない。
流水(ルミ)も心が揺らぐ。だが、青年が声をかけた相手は流風(ルカ)だった。
流水(ルミ)は物影でそれを聞いていたのだ。
流水(ルミ)が姿を現す。男は2人の区別がつかず、戸惑う。

それを見て流水(ルミ)は言う。「克之さんは私と流風(ルカ)を間違ったりしない。
最初に流風(ルカ)を見分ける、それから私」それでも克之さんが好きだと。

克之は、両親でさえ見分けのつかない2人をきちんと見分ける事が出来た。
だからこそ2人にとって、克之は特別だった。
流水(ルミ)は男の前から逃げ出す。追う男。流水(ルミ)は地面の中に消える。
男はそれを追う。流風(ルカ)もまた、それを追いながら気付く。
「その下は地下鉄が走っている。いけない!」男は走って来た電車に跳ねられ死ぬ。

「一瞬、あんたと暮らしてもいいと思った」地下道の屋根に張り付いて、
それを見ていた流水(ルミ)は思う。それでも克之さんじゃないと駄目なのだ、と。

541 :海の闇月の影 5:2007/06/21(木) 13:17:04 ID:5LO0bLAn0
最後にジーンの従兄弟である双子が現れる。彼らは今までの能力者の力全てを
供えていた。彼らは流水(ルミ)と流風(ルカ)の姉を人質に取り、水族館で戦いを挑む。
うまく連携し戦う流水(ルミ)と流風(ルカ)に業を煮やした彼らは姉を殺す。
それが仇となり、流水(ルミ)と流風(ルカ)は本当の意味でひとつになる。

彼らもまた双子なので、バラバラに引き離さねば勝ち目は無い。
流水(ルミ)と流風(ルカ)は苦戦するが、1人を倒す事が出来た。
復讐に燃える残った1人と流水(ルミ)と流風(ルカ)は空中戦にもつれ込む。
満月をバックに、流水(ルミ)と流風(ルカ)が同時に男の身体を貫いた。

最後の処方箋は流水(ルミ)が手にした。流水(ルミ)が3枚、流風(ルカ)が2枚。
どうせ5枚集まらねばどうしようもない。騒ぎを聞きつけたマスコミに
空中戦の写真を撮られ、2人は保護される事になる。

そこで克之と再開し(克之は克之なりに出来る事をやっていた)
3人は微妙な空気の中、なんとか過ごす。
(その前に、流水(ルミ)に薬を盛られ、意識を失った克之は
流水(ルミ)を流風(ルカ)と勘違いし、抱いてしまっている。
その所為で流風(ルカ)と克之の間がぎぐしゃぐしたりする)
もしかすると2人のウイスルを撲滅する事が出来るかもしれないと言われ
その希望にかける2人。だが、一度目の試みは失敗に終わった。

「ウイルスの研究は何年も掛かる物だから」と言われるが
流水(ルミ)は限界だった。ウイルスの所為で憎悪が増幅され、
それに耐えるのは尋常の事ではなかった。

ついに均衡が破られ、流水(ルミ)は研究員を殺してしまう。
流水(ルミ)が言う。「処方箋はあんたが2枚、私が3枚。最後の戦いよ」

2人は最初に2人がウイルスに感染した海へ行く。
流水(ルミ)と流風(ルカ)も制服を着ていた。
幸せだった頃の象徴であるそれを身につけた気持ちは、お互いよく分かっていた。

542 :海の闇月の影 6:2007/06/21(木) 13:18:31 ID:5LO0bLAn0
流水(ルミ)のスピードは流風(ルカ)のそれを遥かに凌駕している。
一卵性双生児の2人の力は全く同等だった筈だった。
流水(ルミ)は言う。「あんたは全てを手に入れた。優しさ、素直さ、愛情。
だから世界くらい私が貰う!」

街は流水(ルミ)の力によって支配されていた(以前、ダムや食べ物に流水の血を混ぜたため)。
完全に機能停止した街。政府?もその力の恐ろしさに気付き、2人を捜す。
途中ではぐれた克之もまた、2人を捜していた。

流水(ルミ)の力がジーンにそっくりだと気付いた流風(ルカ)。
流水(ルミ)は言う。「ジーンの血を注射したのよ」それは一時的なドーピングの様な物だったが
確かに効果はあった。「どんな副作用があるか分からないのに!」そう言う流風(ルカ)に
流水(ルミ)は「あんたに勝てるなら何でもするわ!」と答える。

やっと警官や克之が到着する。流風(ルカ)の劣勢を見た克之が助太刀しようとする。
だが流風(ルカ)は「決着は私がつける。邪魔するなら克之でも許さない」と言った。
月食が始まり、流水(ルミ)と流風(ルカ)の力が急激に衰えて行く。銃を構える警官。
流水(ルミ)に射殺命令が出ている事を知った克之は、必死でそれを止める。
「どちらが流水(ルミ)か分かるのか!」警官は怯む。

能力が消える前に決着をつける。流水(ルミ)と流風(ルカ)の身体が重なり合う。
お互いの身体を貫いた腕。2人は「これはまさしく自分と同じ物だ」と感じる。
だが、流水(ルミ)の胸からは血が流れていた。

543 :海の闇月の影 7 終わり:2007/06/21(木) 13:20:03 ID:5LO0bLAn0
ドーピングを行った事で、流水(ルミ)の方が月の影響を受けやすくなっていた様だ。
流水(ルミ)の能力が消えた事により、流風(ルカ)の腕が流水(ルミ)を貫いたのだ。
流水(ルミ)は言う。「決着はあんたが付けて」そして拳銃を受け取る流風(ルカ)。
「あんたと双子で結構楽しめたよ」そう言った流水(ルミ)に、流風(ルカ)は頷く。

「義務だからやるんじゃない。私が流水(ルミ)なら、私も同じ事を望む」
そう言って流風(ルカ)は引き金を引き、流水(ルミ)は死んだ。
流風(ルカ)は流水(ルミ)を抱きしめて慟哭する。

処方箋は5枚揃った。感染者達に投与すれば、今までの生活が戻って来る。
流水(ルミ)のジャケットを拾おうとする流風(ルカ)。
だが警官は「流水(ルミ)に関する物全てを消却せよと言われている」とそれを許さない。
私物、自宅、ウイルスが残っている可能性がある物全てを消却すると言う。
流風(ルカ)は言う。「私は流水(ルミ)を殺した。全て奪った。これ以上何を奪うの。
あの子が生きたと言う証まで奪ってしまうの!」
克之が言う。「流水(ルミ)の生きた証、それはお前だよ、流風(ルカ)」

流風(ルカ)は己を抱きしめ、涙を流す。確かにそこに、流水(ルミ)が居る。
事件は幕を閉じ、皆が忘れて行くだろう。
流風(ルカ)は、自分の中に存在する流水(ルミ)に向かって呟く。
「行こう、一緒に。異質な夜を終えて、正常な朝へ」

そして今、海の闇が開け、月の影が消えて行く。

終わり

544 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 13:23:05 ID:yoNbHxBiO
>>536
言葉がなくても映像的に表現するのが映画じゃないか
暗にいう みたいな

最初の友達も自分が死ぬのを知って 家族が大事 って言った
そこも重要だと思うよ


ってかこのスレでは死=後味悪い のか?
どこか意味不明だったりモヤモヤした終わり方なら後味悪いけど
自分の死、他人の死を予知してどう行動するか って点ではスッキリしてる

545 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 13:25:00 ID:5LO0bLAn0
長文になってしまって申し訳なかった…orz

この人の漫画(と言っても闇のパープルアイとコレ、あと短編しか読んだ事無いが)は
中だるみが全くなく、畳み掛けて来るので男性でも楽しめると思う。
絵柄はちょっと古いけど。

終わり方は後味悪くないかもしれないが、エピソードのひとつひとつは
結構鬱になるものが多かったりするので、詳しくは読んでみて下さい。
5人の能力者のエピソードなんか、結構後味悪いです。

例:身体の一部を移動出来る女性は克之の高校の先輩で初めての女。
克之に幸せになって欲しいと思っていたので、事件に巻き込んだ
流水(ルミ)と流風(ルカ)を憎んでいる。特に流風(ルカ)。
克之の両親にも良くしてもらっていたので、余計に。

流風(ルカ)に「身を引け」と言い「克之の幸せの為に身を引いた。
だけど、もうそんな遠慮はしないわ」と克之を守ろうとする。
ちなみに医大生で、実家は病院。

克之の初めての女と言う事で嫉妬した流水(ルミ)に拷問されるも生き延び、
ラストは折れた電信柱から克之を守ろうとして感電死。

546 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 13:40:23 ID:XdXbHuy70
これも阿刀田高「ナポレオン狂」

主人公の得意先に、金持ちも老人がいる。
その老人はナポレオンのコレクターで、真贋関係なく
金にものをいわせナポレオン関係の収集をしている。
老人宅に行くたびに、私設のナポレオン博物館につれていかれ
主人公は収集品をみせられうんざりしている。
そんな主人公のもとに、ある人物があらわれる。
その男は顔姿ともナポレオンにそっくりで、なおかつ
ナポレオンの生まれ変わりを自称していた。
主人公は、老人にその男を紹介する。
それから、その男の消息がつかめない。
老人宅に行っても、博物館に入らせてもくれないし
紹介した男のこともはぐらかされる。
老人宅をでるときに、ある本が目にとまる。
”動物の剥製の作り方”

これが本当に後味が悪いのは、小説の背景である。
この老人は粉川忠という人物モデルがいて、彼は
実業家であり、世界的に有名なゲーテ収集家でもある。
戦争中は戦地に赴く兵士に”ファウスト”を渡し
それが心の支えになった兵士もいる。
また、東京ゲーテ記念館をつくってもいる人物。
作者は彼に感銘を受け、後に小説を書いているが、あまりにも
気持ち悪い。

547 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 13:54:02 ID:rMVe1saZ0
タイトル失念
戦国自衛隊のパクリ?で、ある洞窟だかを潜り抜けると太平洋戦争時代の日本に
タイムスリップできることを発見、むざむざ負け戦を放置してはおけんと
最新鋭の自衛隊の戦車とかをタイムスリップさせて太平洋戦争に介入、
日本を勝利させる。
主人公たちが意気揚揚と洞窟を抜けて現代に帰ると
「貴様ら!英雄の降臨された場所に何故立ち入っておるのか!!」
と憲兵に逮捕されて終わり。
どうもその洞窟は聖地として厳重な立ち入り禁止場所になってて、
立ち入ったものは重罪っぽい。

548 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 13:55:15 ID:iLCZ7uDK0
石原真理子の今年:ふぞろいな秘密(映画)がこける。6/24で打ち切り。
DVDが1000枚だけ売れる。映画関係者に制作費支払いを迫られ、自己破産申請。
8月自己破産者になる。仕事を求め、芸能界の有力者にすがるが全部、失敗。
芸能界では通用しないと悟り、吉原ソープへ就職も叶わず、比較的、年増の多
いソープ街の90分総額2万5千円の格安ソープへ就職。サービスが悪いためナ
ンバー10に甘んじる。毛じらみを貰うこと12回、淋病を患うこと10回。
10月、客のちんぴらから覚醒剤を入手し、刑務所に。懲役2年4ヶ月の判
決を受ける。女囚達から「綺麗な顔してるから、顔に傷でも付けてやろか!」と、
言われ、鼻をつぶされ、方目を失い、頭の皮を剥がれる。
出所後、収監時にしていた作業を生かし、埼玉の弁当工場で時給800円で働く。
不法就労者の東南アジア系外人と一緒に工場に寝泊りする。1年後、男の東南ア
ジア系外人に強姦され、絞殺される。

549 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 13:55:54 ID:RWF7YzJqO
ナポレオンは前スレで出ていたよ

550 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 14:01:29 ID:bm6km8Sb0
既出上等なんで、全然OK。

551 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 14:10:44 ID:n0kFG9n30
>>548
これはほんとの話?

552 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 14:13:25 ID:0lA72d4A0
>>527
最近はすべてにおいてそうだな。「そんなバカップル中心に据えられても」って感じの作品が多い

553 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 14:24:35 ID:XdXbHuy70
>>549
すまん
>>550
ありがと

554 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 14:35:25 ID:NhUHEDt60
>>551
>石原真理子の今年:ふぞろいな秘密(映画)がこける。

ここだけ本当 正直言って「ざまあみろ」って感じだ
あんな下品な女の映画 金払って見る奴の正気を疑うよ

555 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 15:16:31 ID:bVErZVuf0
>>546
元ネタは初めて知った。
ググったら同じ人に取材した「夜の旅人」ってのも書いてるんだね。
阿刀田作品では異質wでブラックユーモア的なところがないそう。

556 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 15:24:31 ID:EcqGHDRD0
ないそう。

557 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 15:59:40 ID:XdXbHuy70
これはどうかな?転載だけど
516 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 02:15:30 ID:q97dKmnBO
幽霊は出てこないけど俺にとっては洒落にならない話。

ちょうど去年の今頃。俺は友人のE、Rと近所のファミレスでだべってた。EはRつながりで知り合った女の子。おとなしくて可愛い子なんだけど、鬱病+過食症でかなり苦しんでた。

その日は、少し調子がよくなったから久しぶりに会いたいという彼女の提案で集まったんだ。

俺もRも過食症って病気の辛さはわからない。ただ欝持ちってところで話が合って。特にRは、彼女が自殺未遂した時にずっと傍にいてあげたらしく(俺はまだ知り合ってなかった)、かなり信頼されてた。

でも俺から見たらRってあんまり頼れない奴で。自分が具合悪い時は全く人のこと考えない言動をするし、それで大喧嘩になったこともある。Eのときはたまたまタイミングがよかったんじゃね?くらいに思ってた。

で、その日はR、調子良くなさそうでさ。大丈夫かなって思ってたら、案の定。
「普段、Eってすごくおしとやかに食べるじゃん。過食しちゃう時って、獣みたいに食うの?想像つかねー。」

思わずEのほう見たら、ちょっと困ったような顔で

「うーん。そうかも…?」

とりあえずほっとして、あとでEがトイレに立った隙に、あんなこと言うもんじゃねえよって釘刺したんだけど(Rの奴「俺はEを知ろうとして〜」とかほざきやがった)。

その日の夜、E、首吊って死んじゃった。

行ったよ。お葬式。Rはぶっ倒れそうな顔色だったけど引っ張ってった。したらさ、俺らを見つけたEのお袋さんが、目ぇ真っ赤にしながらしきりに「ありがとうございました」とか言うの。理由は以下。

「Eの遺書に、特にRさんにお世話になったって書いてあって。『Rさんには心から感謝している。死んでも彼にしてもらったことだけは絶対に忘れない。きっとずっと傍で見守っている』って」

今、R、入院してる。夜中になるといつも騒ぐらから大変らしい。

口は禍の元。おまえらも気を付けろよ。

558 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 16:00:58 ID:BanEf22W0
最近ここでちょくちょく出てくるグインサーがの作者の書いた「女狐」
江戸時代を背景にした時代小説の短編集だが、
このスレ向きの後味の悪さ。

同心だかなんだか、ともかく治安を守る立場にいる男が、最近世間を騒がせている
放火魔を見つける。放火魔は少々オツムの足らない少女で、悲惨な人生を送っている。
月の物が近くなると無性に火を見たくなり、放火を繰り返していたと告白する。
主人公の男は少女を哀れに思い、もう二度とこんなことはしないと少女に誓わせたあと、
見逃してしまう。
しばらくして又放火魔による火事がおき、それは主人公の妻と子供を焼き殺した。
その犯人はあの少女。主人公に好意を抱いた少女が、
その妻と子を焼き殺してしまったのだ。
少女は妙に満足げな笑みをうかべつつ、処刑により炙り殺される。
その足元で主人公の男は、少女にすがり付くように泣き嘆いている。

良家の娘は父親に言われる通り、つつましく生きていた。
そして父親に進められた男と言われるままに結婚する。
しかし男は謀反を試みていた。ゆえに婚礼の夜、娘と契りを交わすのを拒否する。
しかし娘はそれでも良いと男を説得して、契りを交わさせる。
その後男は謀反を起こし、処刑された。当時の決まりによって、
男の妻となっていた娘は、永久に自宅軟禁されることになる。
しばらくして、馬鹿な縁談を押してしまったと後悔に苛まされている父親が、
塀越しにそっと娘の様子を盗み見する。
娘は満ち足りた笑みを浮かべて、謀反人である男の赤子をあやしていた。

なんか上手く伝えられないがそういう後味の悪い話のてんこもり。
このころの話は、そういう緊張感に満ちていたな、と。

ああ、頼むからもし興味を持ったとしても図書館で借りてくれ。金出して買わんでくれ。




559 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 16:08:22 ID:mroiQKltO
>>545

長文乙、懐かしいな。面白かったよ

560 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 16:18:38 ID:+2JqHOax0
>>543
長いはツマランはで最低最悪!!

561 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 16:25:46 ID:6CFJBlNB0
>558
あれ?後半のはちょっといい話じゃない?

562 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 16:31:50 ID:Qzoag8VM0
>>560
同意。
ほんっとうにつまらなかった。
文章が悪いのでもなんでもなく、
頭の悪い、優柔不断な基地外の双子がつまらん男めぐって
大騒ぎってだけの話。
男一人のために世界滅ぼすか、アホが。
だから少女マンガは駄目なんだよ。

563 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 16:42:37 ID:Qr89x6KF0
>>562
まとめが要約になってないのも一因じゃない?
これが読みヅラいうえ、内容自体も薄すぎていらいらする。
後味うんぬんより胸糞だな

564 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 16:51:18 ID:XdXbHuy70
おお俺は大丈夫ですか?

565 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 17:00:34 ID:ALrXRxzQ0
>>564
おまいは大丈夫、ってかGJ

566 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 17:08:46 ID:NuLTRdwc0
>558
あの頃はよかったね…。
同じ「女狐」から。

冴えない初老の侍。なぜか若く美しい娘に好かれる。
侍は初め相手にしないのだが、一途な娘にほだされて結婚(先妻は早くに死亡)
新妻との生活は楽しく、日に日に若返るような心地だ。
ある日、侍は上司から「主君が死んだら腹を切ってくれないか」と言われる。
殉死は禁じられていたが、殉死する臣下が多いほど箔がつく、ということで、
主君の生前から「切腹の予約」をする習わしがあった。
侍は「妻の生活の安定」を条件に、この話を受けた。
どうせ先に死ぬのは自分、妻さえ幸せになってくれれば…と思ってのことだ。

やがて主君の病死を知らされ、切腹しに帰宅すると妻が自害していた。
「あなたは私がお世話をしてさしあげないと…」
そう言うと妻は笑って息絶えた。
妻は夫の契約を知っており、自分もともに逝くつもりだったのだ。
上司に妻の死を報告に行くと、なぜかうろたえる上司。

実は主君は生きていた。
主君は侍の妻に懸想しており、邪魔な侍をだまして切腹させ、
側室に迎えようとしたのだ。
侍は、武士道だの忠義だのそんなものはくだらない、
今はただ妻の元へ行きたい、と腹を切る。

567 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 17:17:54 ID:XdXbHuy70
>>565
ありがとうございます

568 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 17:30:11 ID:H6lxv+Dp0
>>566
切ない、無性に切ない

569 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 17:33:08 ID:ALrXRxzQ0
>>566
これは、いい切なさ

570 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 17:36:43 ID:YiGWSMkh0
フーンじゃ結局>387で自分が書いたの程度でよかったってこったな

571 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 17:40:05 ID:O7RErBLr0
>>387は論外
テンプレ読め

572 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 17:44:03 ID:YiGWSMkh0
じゃー誰かかわりにまとめてみろよ

573 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 17:48:34 ID:HHKmhJwfO
>>566
GJ
切ない

574 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:03:31 ID:BanEf22W0
>>566
そうなんだよな。こんな時代もあったんだよな。

最近(といっても本当に最近は何を書いてるのかチェックすらしてないんだが)の
物は、呼んでいると作家が後ろに見え隠れしていてつらい。

グインサーガ後期で若いやせっぽちな少女が泣いていたら、
泣き落としっていうのは、ふくよかな熟女がやって初めて効果的なんだ、
おまえみたいな小娘がやっても見苦しいだけみたいなツッコッミ入れられてて引いた。

作者、最近のスレンダーな若い娘たちに嫉妬して無いみたいな?
僻みじゃねぇのみたいな。



575 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:05:19 ID:XdXbHuy70
藤崎竜 「WORLDS」

主人公は平凡な高校生、かわいい幼馴染の同級生がいる。
なんの変哲も無い日常。ある日、自転車に乗っていると
突然車が飛び出してきて・・・
気がつくと見知らぬベッドの上、ひとりの女性が自分をみている。
しかし何かが違う、まるでSFの世界だ。
女性に問いただす主人公、聞けばここは近未来(主人公からみて)で、
主人公は事故で長い間眠っていたという。
また両親も既に死んでいて、その人は後見人だという。
主人公の本当の世界は殺伐としていて、殺人窃盗はあたりまえだった。
疲れて眠る主人公、するとそこには以前の世界が・・
目覚めると夢の話をする主人公、不思議がる女性。
どうやら、未来のベッドには睡眠レベルが調節でき、主人公のレベルでは
夢を見ることは不可能らしい。
気分転換に、女性は主人公を食事に連れて行く。
「高級食材の肉なの」女性は主人公に言う。
ハッとして厨房を覗く主人公、そこには解体された人間が・・
疲れ果てる主人公、そして女性にお願いする。
”もうずっと眠ったままにしてくれ”と
ベッドに入り眠る主人公、女性は言う”あなたが悪いのよ、私はもらったお金
の分はやった。もういいわ”女性の手が伸び睡眠レベルを(300→1000?)変える。
電話する女性
「ええそう、まだ若い10代の男の肉よ。大丈夫、睡眠レベル1000よ。
象でも目を覚まさないわ」

主人公がつぶやく
「ここは暗い・・・まっくらだ・・」

ガイシュツだったらすいません

576 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:13:11 ID:lZT5VQ050
>>574
>泣き落としっていうのは

普通は逆だよねえ?ふくよかさんが泣いてても
同情されにくいと思うけど・・変な人だなあ(w


577 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:14:18 ID:Q29H5fLH0
>>575
ごめん。
ちょっと判らないんだけど。
女性と主人公の間には因縁あるの?
夢に見る以前の世界となにか関係あるの?
読解力なくて、すまん。

578 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:17:26 ID:PQv4CT6a0
>>574
ピザのおばさんが泣いたら、蹴っ飛ばされるだけだよ。
その作者、大丈夫か?
泣き落としじゃなくて、脅迫ならできそうだけど。

579 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:22:55 ID:0lA72d4A0
>>562
まあな。高校生ガキもやりまくってんだから他の女にすりゃよかったんだよ

580 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:24:01 ID:XdXbHuy70
>>577
因縁も関係も全くありません。
寝ていた時にたまたま見ていただけで、過去との因果関係無し。
そして、近未来で生きていけない主人公が、夢の世界に逃避しようとした。
後見人の女性は、単にお金の分はやったから肉屋に売っただけ。

581 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:26:41 ID:Os5cX5q70
>575
マンガみたいだけど、それ原作付き?海外SFで見覚えあるんだが。

582 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:26:58 ID:njFOzPNl0
>>537 
面白かったよ
というか懐かしかった
まあくだらない漫画なんだけど妙な勢いがあるんだよね

583 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:31:34 ID:Cn0RTP1h0
バッドエンディングと後味悪いは違うんよね

584 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:36:08 ID:EcqGHDRD0
個人的には表面的には丸く収まったほうが後味悪いかな。

585 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:37:43 ID:RxjIkT6GO
>>575
俺も読んだことある
たしか短篇集を買って読んだ
そういう世界をパラレルワールドって言うんだっけ?

586 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 18:44:50 ID:XdXbHuy70
>>581>>585
漫画です。藤崎竜のデビューのきっかけになった作品。
多分原作なしだと思います。(投稿作品はオリジナルだと思うので)
その後、藤崎竜は封神演義で有名になったと思います。
(そのころにはもう漫画読んでないんでわかりませんが)

587 :1/2:2007/06/21(木) 18:57:01 ID:Os5cX5q70
ゴルゴ13と一緒に載ってた漫画(雑誌の新人賞もらった新人漫画家の作)
※絵柄はゴルゴみたいのじゃなくって岡崎京子あたりの軽い感じ
----------
主人公の若い男(イケメン気味)がレストランで美女と別れ話をしている。
どうも美女の精神的にキツいとこが嫌でこっそり会社の癒し系と浮気していて、
そっちに本格的に乗り換えようとしているらしい。
「他に好きな人が出来たんじゃない ただちょと距離を置きたいんだ」言うけど美女は信じなく
ヒス起こして主人公をボコりまくって最後になぜか持っていた包丁で自分の胸を刺し自殺する。
主人公は呆然としながらも「やっとこれでこの女と別れられる…」とほくそ笑む。

数年後、癒し系を妻にしかわいい娘もできて幸せな主人公。
妻は娘が自分になつかないのを気にしているが主人公は娘を猫かわいがりしている。

娘が小学生くらいになり家族でハイキングに行った。
「うちの娘が一番可愛いよなあ」とにやける主人公。
そのうち娘が「パパにお花とってくる」といって駆け出したので
「ほら付いてかなくっていいのか」とあまり元気のない妻に後を追わせる。



588 :2/2:2007/06/21(木) 18:59:10 ID:Os5cX5q70
しばらくして娘だけ戻ってきた。「ママが先に帰ってって」「はあ?」と思いつつ帰宅。
そして夜中にドロドロになった妻が戻る。
話を聞くと、娘に崖っぷちの花を取れと頼まれて無理して取ろうとしたら落っこちて
助けを呼んでくるよう娘に頼んだが誰も来ないまま自力で帰ってきたのだと言う。
そこにトイレかなんかで娘が起きてきて、おもわず叩く妻。
「子供だぞ!」と娘を庇う夫に「悪いのは○○(娘)でしょ!」と泣きながら妻は自室にこもる。
主人公は妻を気にしながらも寝てしまった娘を抱きしめて眠る。

翌日、気分転換にと妻を外に送り出し家で娘とままごとをする主人公。
娘はおもちゃの包丁を使いながら「××さん(主人公)はどんなタイプの人が好き?」と聞き
主人公が「ママみたいなひとだなあ」と返すと、
「嘘つき 私だけを好きだって言ったじゃない」とおもちゃ包丁で胸を刺す真似をする。
ぎょっとして家を飛び出しフラフラし、ふと気づくと妻の帰る時間になっている。
家の近くまで戻ると妻は事故死していた。近くで泣いている娘。
近所の人が「娘さんのぬいぐるみを取ろうとして…」と話している。
固まる主人公に「パパア!」と抱きついてくる娘。主人公は「これは娘じゃない…」と思う。

そして10年後くらい、妻の墓まいりしている主人公と娘。
「おれは娘を愛した父親として社会的な立場を失ってしまった…」そこに娘が寄り添い
「二人っきりね、幸せだわ」と歩き出す。主人公のモノローグ
「おれは世界一不幸で世界一幸せな男だ 毎日美しくなるこの女にハマってしまった」。
---------

もう主人公が阿呆か馬鹿かと

589 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 19:07:28 ID:NVDYxD6w0
特捜戦隊デカレンジャーEpisode.11「プライド・スナイパー」

宇宙から謎の巨大物体が落下した。早速、デカレンジャーが調査に向かうと、落ちてきたのは
スペースマシンで、乗っていたのは、青(クール)の旧友・ビリーザ星人ヴィーノだった。ヴィーノは、逃走中の
凶悪犯と交戦中に墜落してしまったのだと言う。青は再会を喜び、ヴィーノの傷を手当てするため、彼を
デカベースへと連れ帰った。だが黄(女エスパー)は、ヴィーノの雰囲気にただならぬものを感じていた。
ヴィーノがデカベースに入ってから突然、惑星間通信が不能になった。原因の究明が急がれる中、青はヴィーノと
久しぶりに射撃訓練をやろうと提案する。旧交を温め合う2人だったが、ヴィーノが苦しみ始めたため、青はヴィーノを
ゲストフロアで休ませることにした。その直後、謎の宇宙犯罪者がデカベースに出現する。
もしや、と思った赤(熱血)がゲストフロアに行ってみると、ヴィーノはいなかった。
ヴィーノへの疑念を深める赤と黄たち。だが青には、ヴィーノが宇宙犯罪者であることはにわかに信じられなかった。
そんな時、惑星間犯罪対策会議から戻ってきたボスが狙撃された。宇宙犯罪者の標的はボスだったのだ。
そして、その正体は、やはりヴィーノだった。ヴィーノは悪魔のささやきに負け、金のために殺しを請け負う
ヒットマン・ギガンテスとなっていたのである。
ボスは一命をとりとめた。それを知ったヴィーノは人質をとって、再びボスの命を狙おうとする。
この挑戦を受けたのは青だった。対峙する2人のスナイパー。決着は一発でついた。
誇りを胸に持っている青が、射撃の腕で勝るヴィーノを破ったのだ。
無二の友との別れが、勝利の代償だった。


590 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 19:12:52 ID:EuaWQqN90
どの辺が後味悪いのか解説して欲しいのは俺だけでしょうか。

591 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 19:22:07 ID:C4B4Jdev0
>>587
古典的ネタを漫画にするやつっているんだな。

592 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 19:36:15 ID:aW1PxG4N0
>>591
んなモン別に珍しくもないよ。
見せ方が上手いかどうかでしょ。

593 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 19:48:17 ID:lZT5VQ050
>>588
最後、そこでその女(娘)とくっ付くんかい?!
って感じだね。

594 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 19:52:26 ID:xniTDuIg0
あらすじだけだとイミフかもしれんが、海の闇、月の影は実際に読むと結構クるものがある。
SFとして読むと古典的すぎるが、ホラーとして読むと演出がなかなか恐ろしいし、
ウイルスによりあらゆる負の感情が増幅されてしまい
面白いほど人殺しまくる一方で、自身の凶行をトラウマにして
睡眠薬なしに眠れなくなる流水の感情描写は、淡白なこの作者にしては切なさがあった。

2chで勧められて読んだからリアルタイムでは読んではなかったが、
前に調べて見たら連載終了後に発売された(?)テレホンカードの絵柄がショッキングだった。
ウエディングドレス姿の流風と克彦、そして流風の抱える額の中には制服姿の流水の遺影。
「色々あったけど無事に結婚できました」という事なんだが流水好きとして後味悪かった

595 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 19:57:22 ID:BkAbeIpIO
>>548
玉置浩二のファンですか?
よくこんな残酷な事が書けますね…
私も石原真理子は嫌いだけど、>>548の人格の方が怖いと思う。

596 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 20:00:50 ID:yj7okaj1O
今時、玉置工事のファンなんていないでしょ
どんだけ昔の話よ、玉置って

597 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 20:13:17 ID:mroiQKltO
>>537
私は一度読んだ事あるから 懐かしく楽しく読めたよ

でも、要約のあらすじしか読まなかった人は複雑でつまらない話かもしれないね

細菌に感染するまでは、ルミは自分よりもルカの幸せを願い、ルカも同じく自分よりもルミの幸せに願っている
本当に仲が良くて、何をするのも一緒の双子の姉妹なんだよね。

それが 同じ男を好きになったが故に崩れてく…
ちょっと悲しくてなんとなく共感できるいい話だよ



そんな繊細な話、常に周りの事考えない男にはわからないんだよねw 男はいつも自分の事しか考えてないからさ


関係無い話だけど、自分が好きになったキャバクラの女に振り回されるのが快感なM馬鹿男のくせに
後で手に入らないと知って、今までの金返せって言うケツの穴の小さい男(そんな馬鹿キモ男はめちゃくちゃ多い)の話を思い出したよ
本当男って馬鹿だよ〜好きな男だったらちゃんと付き合って、Sexしてから買って貰うだろーがw

598 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 20:13:17 ID:rppNQEBCO
>>595
ネタをネタとry

ロリータの2000年版を見て欝になった俺

599 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 21:01:58 ID:m1dBnf2pO
北杜夫の作品
未来の地球、惑星間での交流があっている。
ある時、花を売る宇宙人が来る。その花は綺麗で、病気にも強く、水やりも不要。
また、その星は武器を持たず、とてもくみしやすい相手にみえた。
花を購入し、アチコチに植える地球人。しばらくはよかった、
しかし次第に危険な面を見せ始める。手入れ不要ということは、枯れにくいということである。
地球を埋め始める花、地球人はその星に尋ねる。花を枯らす方法はないか?
その星の宇宙人は、一匹の虫を差し出す。その虫が花を食べるとすぐに枯れた。
たくさん欲しいという地球人。あげられないという宇宙人。
怒る地球人、しかし宇宙人に攻めこんだら虫を一匹残らず殺すという宇宙人。
もう後の祭、地球人はその宇宙人に搾取されつづけるのだった。

600 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 21:13:10 ID:6ShIuPyQ0
星新一じゃないかい?

601 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 21:17:58 ID:m1dBnf2pO
>>600
やべぇ、そうだ
いつも間違えるんだよ。
阿刀田の前のメインの直木賞選考委員だっけ?

602 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 21:28:38 ID:Qzoag8VM0
ID:mroiQKltO

603 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 22:04:55 ID:E/9/U3hp0 ?2BP(71)
>599
売った方が繁栄するから繁栄の花って言うんだよな。

604 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 23:16:08 ID:PhEos7rqO
ガイシュツだったらごめん。ホラーゲーム零シリーズの2作目「零〜赤い蝶〜」

主人公は双子の姉妹。二人とも霊感が強い(姉の方がより強い)
二人が幼い頃、森の中で遊んでいるときに、姉が足を滑らせ崖から転落。以来足が悪い。
妹はそれを自分のせいだと思い、依存する姉といつまでも一緒にいると決心している。
ある日、森の中で姉は赤い蝶を見つけ、追いかけていってしまう。
追い掛ける妹。二人がたどり着いたのは皆神村という地図から消された村だった。
そこでは災厄を封じるために、双子の下が上を殺すという儀式を行っていた。
しかし、ある時代の双子の姉妹八重・紗重が逃げ出したために儀式は失敗。
前の代の儀式の弟・樹月に助言を受け、八重は村に来た民族学者と駆け落ち。紗重も一緒に逃げる。
しかし紗重(姉)は捕まってしまい、一人で儀式をし、悪霊となり村人を皆殺しにする。
殺され、悪霊となった村人たちは双子を代わりに儀式をしようと襲い掛かってくる。
これを射影機というカメラで撮って退治していく+儀式や伝承の謎を解いていくゲーム。
樹月は幽霊だけどアドバイスキャラ的な役割で出てくる。
妹を八重と勘違いしているが、双子をどうにか村から出してやろうとする。
最後姉に紗重が取り付いて、それを倒すとエンディング。
で、エンディングが1周目と2周目で違うんだけど、それがどちらも後味悪い。

605 :赤い蝶1周目:2007/06/21(木) 23:19:48 ID:PhEos7rqO
ラスボス紗重を倒した妹。
しかし儀式をしようとする村人の霊たちに捕まってしまう。
儀式の行われる、大きな深い穴の前に立つ姉。
「いつも一緒だと思ってたけど、いつまでも一緒にはいられない
 ……殺して」
神官が杓丈を鳴らすなか、妹は姉の首を絞める。
姉が動かなくなり、手を離すと首には赤い蝶のような、手の痕が付いていた。
呆然とする妹。神官によって姉は穴の中に放り込まれる。
喜ぶ村人たちの中で妹は錯乱状態。すると穴の中から赤い蝶が飛んでいく。
「お姉ちゃん、お姉ちゃん」と呼びながら追い掛ける妹。
もう少しで触れられる、というところで蝶は妹の手をかわす。
今までの儀式の犠牲になった無数の赤い蝶と共に飛んでいく姉の蝶。
そして長い夜が開ける。
エンディングロールの後、湖のそばのベンチに座っている妹。
その首には赤い蝶の痕。
「ずっと、一緒だからね」という妹の台詞でエンド。

606 :赤い蝶2周目:2007/06/21(木) 23:25:36 ID:PhEos7rqO
2周目は姉が死なないということで、ハッピーエンドかと思ったらさらに後味悪い。
ラスボス紗重を倒した妹。
姉の体から紗重が抜け出し、二人は一緒に穴に落ちそうになる。
すんでの所で姉の手を掴む妹。ほっとしたところで、樹月の声が聞こえる。
「八重、下を見ちゃ駄目だ」
ふと妹は姉の向こうの穴を見てしまう。
そこにはかつて儀式で死んでいった無数の魂がうごめいていた…
「それからどうやって村をでたのかは覚えていません」というナレーションの後、
一周目の最後と同じ湖のそばで、こんどは双子二人でベンチに座っている。
姉が「そろそろ行こうか」と話し掛けた妹は、目に包帯を巻いていた(失明)
最後一瞬だけ写る姉の表情は微笑んでいた。
「ずっと、一緒だからね」という姉の言葉でエンド。

何しても報われない妹が可哀相すぎる。
さんざん姉に依存され振り回されて結局これかと。
ちなみに3作目が1作目と赤い蝶の一周目エンディングとリンクしてるんだけど、
そこで妹は鬱のようになって、この事件に心を捕われたまま…ということになってる。

607 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 23:35:52 ID:idJT2ubv0
>>604-606
乙。
赤い蝶はここで何度か挙げられたけど、読むたびに
「苦労してクリアしたのにこれかよ」と思わされる。

608 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 23:58:20 ID:+UavHcvI0
続編や別媒体でのリメイクで、後味が改良されている例ってあるのかな?

「クロスファイア」って原作しか読んでないんだけど、
映画はラストどうなったか知ってる人いたら教えて欲しい。

609 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 00:04:40 ID:GHFhdZleO
>607
それが、苦労してクリアしたのに('A`)って気持ちにはならないんだよなぁ。
もともとのゲームの雰囲気からか、後味の良い後味の悪さというか。
ストーリーと設定がちゃんとしてるからかもしれない。
サイドストーリーも後味悪いのがいくつかある。

儀式に使われた双子は、上は死ぬけど下は殺した後も生き続ける。
でも過度のストレスでおかしくなったり、自殺したたりしてしまう。
樹月は儀式のあと髪が真っ白になってしまい、倉に幽閉されていた。
また、八重紗重の件もあって倉の中で首吊り自殺してしまう。
(だから最初倉の窓越しに出てきて、霊だとわからない)
その妹の千歳が怨霊としてでてくる。10歳以下くらいの少女。
彼女は目が悪い?だかで兄たちのくれた鈴をいつも持っている。
紗重が皆殺しにしているとき、真っ暗な押し入れに隠され、そのまま死んでしまった。
怨霊として怨霊と襲ってくるんだけど、対戦中ずっと啜り泣いていて、
攻撃してくるときは八重とそっくりの双子妹に「お兄ちゃんを返して!」と。
しゃがみ込んで悲鳴を上げると、部屋の中が自分を隠していた押し入れと同じような暗闇になる。
倒すと鈴の音と一緒に、最後まで「お兄ちゃん…」
この子は何も悪いことしていない(と思う・うろ覚え)のに何故…。

610 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 00:19:49 ID:rGtmjGy60
>>597
>>537は荒いけど逆に興味をそそられるところもあってよかったと思うよ。
ところでお嬢ちゃん、セックスって何か知ってるw?

611 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 00:20:56 ID:f0YeNXRR0
>>609
中二病丸出しの内容だな
簡単に自殺とか死ぬとか。
浅い浅い

612 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 00:39:10 ID:lF2d5KhiO
>>610
ダメだよ、触っちゃ
一部のアホに感化されて他人の発言を自分の意見にしちゃってるタダの安い奴なんだから
周りを考えれないのが自分だけなんてわかってないみたいだし

613 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 00:48:12 ID:6x3LQ6tSO
>>612

貢ぐ男乙

614 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 00:52:20 ID:UPWTmpM00
>612
なんかもう意味不明

615 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 00:56:54 ID:lF2d5KhiO
>>613
女だがな

まぁいい加減スレチだから辞めるが
実際お前みたいなのいるんだねぇ

616 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 01:00:01 ID:UPWTmpM00
>615
女だから 自分も女だがかき捨て乙

617 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 01:24:47 ID:Pum45ON9O
>>597からは必死に男を見下そうとする態度とは裏腹の激しい男へのコンプレックスを感じる
恐らくリアルでは男に馬鹿にされ相手にされないデブスで口の臭い年増女だろう

618 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 01:31:45 ID:dzC8Z3xMO
おいやめろ馬鹿
このままでは俺の寿命が悲しみでマッハなんだが・・・

619 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 01:36:47 ID:aAa5AJW90
>>608
後から出たX-BOX版では第3のエンディングが追加されてる。
そっちだと最期の儀式は沙重と八重の霊が肩代わりして遂行、
主人公の双子は両方とも無事脱出するハッピーエンド。

620 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 01:37:56 ID:onpBepP40
>>501
>>517
スクリームの第3話 「9回死んだ男」だな。

621 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 02:29:50 ID:avCixNBL0
少し前に出ていた「十二国記」のなかのエピソード。
この世界とは別のところにある十二の国。
十二国にはそれぞれ一頭麒麟という聖獣がいて、人の中からその国の王を選び国政を補佐する。
ある国の麒麟は幼い少年の姿をしている。タイという国の麒麟なので、タイキと呼ばれている。
このタイキが失踪体質で一種の次元嵐みたいなものに巻き込まれて2回も現代日本に流されて、
その間国は荒れるわ、日本に着いてきたしもべの妖魔は彼の頭なでただけの先生殺しちゃうわというのはさておき…。

ある時タイキは妖魔に育てられている少年と出会い、コウヤと名を付けてやった。
ろくに人間と接したことが無いコウヤは名前を付けて貰ったことを嬉しく思う。
その後彼は妖魔ごとある男に拾われ、そのことを恩に感じて忠義を尽くす。
男はクーデターを目論んで、コウヤに命じてタイキを誘拐させる。
この時タイキを守ろうとした護衛は死ぬ。
赤ん坊を妖魔の口に入れておどし、タイキを従わせるコウヤ。
(赤ん坊は食われたかどうか忘れた)
子供の姿のままのタイキと、成長したコウヤの再会。コウヤの命じるまま人を食う妖魔。
タイキは逃げようとすると締まる糸を額に巻かれ、牢に閉じこめられる。
王に忠誠を誓う官吏の女もやはり糸を巻かれて閉じこめられていた。
女はタイキを逃がすため死を覚悟で彼の糸を切り、自分は頭ぷっつんで死亡。
でも女の血を浴びたタイキは力が出ない。
麒麟は仁獣といわれ血の汚れに弱く、臭いだけでも気分が悪くなる体質。
いろいろあって王が乗り込んできてタイキを回収、コウヤの主と戦い倒す。
でもコウヤは許され、妖魔と一緒に去る。あんなにたくさん殺したのに。
しかもその後、一種の神様か仙人みたいな存在になって人に恐れ敬われるようになる。

せっかく長らくの王の不在による荒廃から復興しかけたのに、タイの王はその後行方不明、
タイキは現代日本で麒麟の記憶を無くしたまま高校生活を送っているが、
ふつうに肉なんか食べているので血の汚れのため本体の力も出せない。
で、また元の世界に帰れたっぽいんだけど作者が放置でどうなったかは分からず。

622 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 06:19:07 ID:3tHKgpp50
タイとエン混ざってるぞ。

第一段落と第三段落はタイの話、第二段落はエンのエンキ(六太)の話でそれぞれ別モノだぞ。

623 :1/2:2007/06/22(金) 06:26:49 ID:B5+SnIxx0
さっき見た映画「シュガー&スパイス〜風味絶佳〜」が結構後味悪かった。
文才ないからわかりずらい所あったらごめん。頑張って書く。

主人公志郎は今まで本気の恋をしたことがない少年。
今年高校を卒業した彼は大学に行かず、「とりあえず」ガソリンスタンドでアルバイトを始める。
ある日新しく入ってきた女子大生の乃里子に出会い、初めての恋を知る。
アメリカかぶれでBARを経営している祖母、通称「グランマ」に
徹底的にジェントルマンを叩き込まれている志郎はとにかく乃里子には優しく接する。


元彼に二股をかけられ捨てられていて傷心の身だった乃里子もだんだんと志郎の優しさに引かれていく。
そんな乃里子のもとに元彼の矢野から「合鍵を返してほしい」と電話がくる。
矢野の大学まで合鍵を渡しにいく乃里子。志郎もそれについていく。
合鍵を渡し、帰ろうとしたときに乃里子は矢野に呼び止められる。
いい雰囲気になったのだと勘違いした志郎は何も言わずに先に帰る。
ちょっとだけ期待した乃里子は矢野のもとに駆け寄るが、
矢野は冷たく「鍵だけでいいから、」と鍵についていたストラップを突きつける。

その後、ズタズタに心を引き裂かれた乃里子に士郎が雨の中告白して2人は結ばれる。
それから士郎の家に半同棲をする2人。
ある日乃里子は志郎に「19歳になったら一緒に住もう」と約束する。



624 :2/2:2007/06/22(金) 06:28:01 ID:B5+SnIxx0
幸せ真っ只中の2人を街で歩いてる姿を偶然見かける矢野はそれをみて乃里子に再熱。
家に押しかけて乃里子に「お前は俺じゃなきゃ駄目なんだ」と猛アタック。
乃里子も「遅すぎるよ」といいながらも胸に飛び込む。

何も知らない志郎は街で乃里子が欲しがっていたアクセサリーを購入する。
もうじきグランマのBARで開かれるクリスマスパーティーの時に渡して驚かせようと思っていた。

試験が近いから、という理由でバイトをしばらく休む乃里子。
2人はだんだんと会う時間も少なくなる。
それでも乃里子をただ信じるだけの志郎。

しかしクリスマスパーティー当日になっても乃里子はBARには現れなかった。
途方にくれる志郎。次の日、アルバイトにでると先輩からついさっき乃里子がバイトをやめたことを聞く。
ロッカーを探ると乃里子から志郎宛の手紙が入っていた。
手紙には「約束、守れなくてごめんね。さようなら。」と書いてあった。
急いで乃里子を追いかける志朗。
乃里子を見つけるが、彼女は矢野の車に乗ってどこかへ行ってしまった。
その場で号泣し、泣き叫ぶ志郎。
その後、志郎は自分の道を歩みはじめて〜みたいな感じでおわり。


625 :2/2+1:2007/06/22(金) 06:29:29 ID:B5+SnIxx0
この映画はつまり男の子は優しさだけでは駄目でシュガー(優しさ)&スパイス(刺激)があって風味絶佳なんだよ
っていいたいんだろうけどどう考えても矢野とより戻してもすぐ別れそうだし、
てか矢野は有名大学に通っていて将来のこともちゃんと考えてて、
ガソリンスタンドでバイトをしている志郎より将来有望だったから選んだんだんじゃねーの?
って思っちゃう終わりかたでなんか後味悪かった。


626 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 06:48:42 ID:bVnT8FJLO
なんか、なんでもない映画だな

627 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 08:38:52 ID:fIkisL9u0
まったく、小学生の男子が担任の女教師を初恋の相手に選ぶような映画だよな

628 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 08:40:01 ID:xqaIByJS0
ヒロインがあまりにもビッチすぎる。

629 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 09:25:29 ID:hkzsKzcI0
シュガー&ビッチ

630 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 10:18:42 ID:pRAF9tXZ0
ていうか、女はみんなそんなもんだよ。

631 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 10:40:10 ID:8i90i4DI0
二股かけてた男の方はお咎めなしか。

632 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 10:49:40 ID:hkzsKzcI0
>>630
そこに気づいた時
少年は大人になるのだよな

633 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 10:53:46 ID:xqaIByJS0
>>631
それもそうだ。
要するに「足りない同士お似合いだね」ってことか。

634 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 11:02:32 ID:LAR+WCgBO
ビッチに捕まらなくてシローよかったね、て話か
後味よし!

635 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 11:17:16 ID:XOmfqJjL0
悪い女が出てくると「女はみなそんなもん」のレス付くのに
>556みたいなののでは誰も書かないんだな

636 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 11:17:58 ID:XOmfqJjL0
>566だった

637 :1/2:2007/06/22(金) 11:25:32 ID:B5+SnIxx0
暇だしもう1つ投下していいかな?続けて映画ネタでごめん。

映画「アップタウンガールズ」

22歳のモリーは、伝説的なロックスターだった父の遺産で高級アパートに住み、
パーティ三昧の自由奔放な生活を送っていた。
だがある日、印税を着服していた財産管理担当の会計士に全財産を持ち逃げされてしまう。
突然無一文になったモリーはアパートを追い出された挙げ句、生まれて初めて仕事を探すハメに。
やがて友人の紹介でベビー・シッターの職に就くモリーだが、面倒をみるべき子供は、えらく生意気な8歳の少女レイ。
最初はソリの合わなかった2人だが、親不在の境遇に育った者どうしの寂しさを分かち合い、次第に互いに心を通わせて行く。

モリーには1つだけ気になることがあった。
レイの父親は植物状態で死期間近であるにも関わらずレイは1度もお見舞いに行こうとしない。
そんなレイにモリーは「実験で、植物状態の人間に話しかけると10倍長生きすることが証明されているのよ。」と話す。
本当に?と問いかけるレイに約束する。と返すモリー。
そんなモリーの言葉もあり、父のお見舞いに出向くレイ。
久しぶりに顔を見る父親に学校のこと、習っているバレエのことなどを楽しそうに話すレイを見て
モリーは安心したように病室を出る。


638 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 11:26:57 ID:fWQZnNEuO
昔、CMで見た三角関係の話
ちなみにチョコレートかなんかのCM
堂本剛と光一が主演
あと知らない女のタレント

ベンチに座ってる三人。
女の子と光一はつき合っていて二人は楽しそうに喋ってる。
そしてそんな二人を光一の隣りに座って見てる剛。
一見、普通の光景だがベンチの後ろでは
剛と光一の彼女が手を絡めあってる。
多分、若葉の頃っていうドラマと関係してた気がする。
記憶曖昧でスマソ

639 :2/2:2007/06/22(金) 11:27:19 ID:B5+SnIxx0
次の日モリーの家に一本の電話が入る。
それはレイの父親が永眠したとの知らせだった。
モリーは失望したレイによってベビー・シッターを解雇されてしまう。

この後2人は和解して、最終的にハッピーエンドになり、全体的に見れば後味のいい話なんだけど
なんでよりによってレイがお見舞いしにきた次の日に死ぬ?
ちょっと父親空気読めなさ杉なんじゃないか・・・って思ってしまった。
作品自体は笑いあり、涙ありのすごいいい映画なんだけどね。

640 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 11:30:01 ID:hkzsKzcI0
>>636
ないそう。って書こうかと思ったのに〜w

641 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 11:41:17 ID:Vl/kSkoW0
これは本当なら後味悪いよな


602 :お散歩中だよ名無しさん@路上ワーカー:2007/05/26(土) 05:00:59 ID:zufgyfRe0
ちょっと・・・・なんかきみわる・・・・・
ZARDの曲歌ってる人がいる。こんな時間に
病院の裏の広場なんだけど・・

603 :お散歩中だよ名無しさん@路上ワーカー:2007/05/26(土) 05:04:19 ID:EusfREIw0
どこの病院?あんたも新大久保かい?

604 :お散歩中だよ名無しさん@路上ワーカー:2007/05/26(土) 05:07:37 ID:zufgyfRe0
>>603
ううん。慶大病院。なんかきれいな声なんだけどうつろな感じで、今にも消えそうな声で歌ってる。
なんか恐いお。 今日はもうかえるお



警視庁四谷署によると、坂井さんは入院先の慶応大病院(新宿区)で、26日午前
5時40分ごろ、病棟のらせん状のスロープ付近で倒れているのを通りがかった人が
発見した。手当てを受けたが、27日午後に死亡が確認された。同署では争った
形跡がなく遺書もないことから、事故死と自殺の両面で調べている。

642 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 11:42:38 ID:QETXe1UG0
>>636
いやいや、現代のリアルな恋愛ものと時代小説を比べられても無理があるだろw

643 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 11:44:13 ID:MWr9zuOn0
>>311-320
遅レスだが…、
1001話もあるのに、見事にかぶっているのが後味悪い(w

644 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 11:48:08 ID:Vl/kSkoW0
>>641
作り話だった

645 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 12:47:58 ID:tLpNQzauO
人が投下してる途中に割り込む奴ってなんなの?

646 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 12:51:19 ID:mQ1FuSNaO
そうわざわざageてまで目くじら立てんでも

647 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 12:52:07 ID:HlfykQ+F0
>645
>638のことだったら時間的に仕方ないだろ
投稿者に文句ばかり言ってないでなんかネタ書けよ

648 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 13:16:36 ID:DZhb/p5E0
>>645
アホか?
読みに辛くて困るというのなら専ブラ使えよ。

649 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 13:40:05 ID:MU6l4JU20
もうはるか昔になるのかな、まだ俺が小学生だったころの話。

クラスメイトに、怒った時に人に向かってペクチョン呼ばわりするヤツがいた。
あまりにペクチョンペクチョンうるさいので、いつしか当たり前のように、そいつのあだ名がペクチョンになった。

「おーい、ペクチョン!」
「うるせぇ!!おめぇがペクチョンだ!!」

日常、俺らにとっては当たり前の挨拶。
当時ガキだった俺らは、隣の国のこと、またペクチョンの意味なんて知るはずもなかった。

そんなある日、クラスというより、学校というか地域を巻き込んだ事件が起こった。

週末の放課後、日曜日に遊びに行く予定を友人らと立てた。
で、その場にいない連中にも手分けして連絡することになった。

友「じゃお前、ペクチョンに連絡してよ。」
俺「おぅ、分かった。」

家に帰り、彼んちに電話した。

俺「もしもし。○○さんのお宅ですか?」
父「はい、そうですけど。」
俺「ペクチョンお願いします?」
父「え?」
俺「(ん?あ・・・やべ。ペクチョンはあだ名じゃん・・・本名は、えっと、えっと、、、)
  あ、えっと、、、○○君お願いします。」
父「ペクチョン?」
俺「ははは・・・あだ名で呼んじゃってすみません。○○君お願いします。」
父「お前今、ペクチョンって言ったのか?」
俺「あ、はい。ペクチョンです。」

650 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 13:54:26 ID:pBvCJD1H0
>>645
テメーがなんなの?

651 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 14:07:21 ID:hkzsKzcI0
続き、まだぁ!?

652 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 14:14:57 ID:GKwGORo50
ネタ振りたいのでつづきプリーズ!

653 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 14:26:42 ID:8i90i4DI0
意外と、エラーはいて書き込めてないってオチだったりしてな。


654 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 14:27:55 ID:e/h0WJ9+0
こういうときはとりあえず
別のネタ行っちゃっていいんじゃないでしょうか?

655 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 14:38:19 ID:8i90i4DI0
極端に間が空くようなら、みてる人を混乱させないように
断ってから、次ネタ投下した方がいいと思われ。

656 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 14:40:16 ID:A//A5QRvO
>>645
投稿時間を見りゃ偶然被ったんだなってわかるだろ。
そんなことにも気が回らないのかwww

657 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 14:47:39 ID:C2f55KDS0
後味悪ぅーい
>>597
>それが 同じ男を好きになったが故に崩れてく…
>ちょっと悲しくてなんとなく共感できるいい話だよ

>そんな繊細な話、常に周りの事考えない男にはわからないんだよねw 男はいつも自分の事しか考えてないからさ

>本当男って馬鹿だよ〜好きな男だったらちゃんと付き合って、Sexしてから買って貰うだろーがw

658 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 14:49:03 ID:HlfykQ+F0
いまさらもういいよ

659 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 14:57:31 ID:G9RzzIyR0
>>649
この後すごく気になる









660 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 15:03:43 ID:GlDhSKm00
ペクチョン
李氏朝鮮においては??(ペクチョン/ ペッチョン)と呼び、八賤、七賤と言われた賤民(非自由民)のなかで最下位に位置する被差別民を指す言葉である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E4%B8%81

661 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 15:04:13 ID:Nwad3X1W0
とりあえずペクチョンについて詳しく

662 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 15:04:56 ID:MU6l4JU20
>>649は↓コピペだけど、元スレでも続きがないの…

【長野】「えた・ひにん前へ」と中学生が給食中に差別発言★5
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1182324892/601

663 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 15:05:26 ID:8i90i4DI0
アスピックって言う、古いゲームなんだが
その名もまんまアスピックって言う蛇神がいて、確か悪さをしてるんだ(うろ覚え)。
で、主人公がそのアスピックを退治に行くって言う、まあ、ありがちな冒険モノ。
色んな試練を潜り抜け、ついにアスピックを倒す。
が、勇者として戻った主人公は、助けた姫の眼前で
倒したはずのアスピックそのものへと、変貌してゆく。
そう、アスピックは身体を滅ぼされると、滅ぼしたものに
とりつき、肉体と精神を支配し、新しいアスピックとなって蘇る…。
このエンディングみた時、今までやってきたことは無駄骨かよっ!
って本気で怒鳴ってしまったよ。

意味深なアスピックの台詞。
『私はアスピック。永遠の命を持つ、呪われた蛇。
殺されても殺されても、殺した人間に乗り移り、身も心も奪ってしまう、悪魔の化身。
永遠の命を持つが、永遠に殺され続けなくてはならない、哀しみを…』

664 :660:2007/06/22(金) 15:05:30 ID:GlDhSKm00
途中で送っちゃった

小学生がこんな言葉を自然と出すような家庭だから、そいつは朝鮮人だったんだろ。
で、その朝鮮人の親に、息子をペクチョン呼ばわりしたんだから・・ねぇ?

665 :1/2:2007/06/22(金) 15:58:57 ID:CiU1eu8RO
ちょっと前にみた深夜映画で、タイトル失念。
所々違うと思うからわかる人いたら補足してほしい。


主人公は少年数人(多分4〜5人)彼らは共通点の「漫画が趣味」ってこともあり、仲がいい。

(そのためいきなりストーリーの間に彼らの描いた漫画の話が入ることがある。
アメコミみたいな絵で。)


まあストーリーは少年のうちの一人が女の子と恋をして、大人の知らない隠れ家でキスしたりとか、
少年達で学校にいたずらしたりして青春として進んでく。

中盤では、彼らがいつも叱られている担任教師?のシスターをこらしめよう!というのが目的になる。

そのため学校の時計台についてるマリア像かなんかを盗んだりして成功。

さらに漫画好きな彼らはシスターを悪役、自分達をヒーローとして妄想していき、

学校遠足かなんかで訪れた動物園の虎を睡眠薬で眠らせて、
シスターのいる部屋に放してやろう!と目論む。

666 :2/2:2007/06/22(金) 16:00:41 ID:CiU1eu8RO


まんまと夜中の動物園に忍び込み、虎に睡眠薬を発射し眠らす。
よし、成功!と一人の男の子が虎を運ぶ為オリへ。


その時向こうから別の虎が少年を襲い、首辺りをゴリゴリかみ砕くような描写。

勿論現実ではヒーローではない彼らはなにも出来ず…。


虎に噛まれた少年のお葬式で少年達の中でも1番メインに描かれていた少年が、
詩か何かを読みEnd。



終わりです。

667 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 16:05:59 ID:Vje+7LBW0
>>663
え?それで終わり?
2週目でエンディング変わるとか無し?

668 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 16:11:47 ID:Vje+7LBW0
ラブレターって4P漫画。
ttp://www.bemod.net/manga/loveletter.html

悪友にそそのかされながら好きな女の子にラブレターを書く主人公。
そこへ当の女の子がやってきて屋上に呼び出される。
ドキドキしながらついていった主人公に、「これ…」と手紙を差し出す女の子。
主人公は吹き出しながら笑顔で言う。
「奇遇だね、僕も同じなんだ」
女の子にラブレターを差し出す。
でも女の子の手紙に書かれた宛先は悪友の名前だった…。

669 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 16:13:14 ID:8i90i4DI0
>>667
うん。自分が何度もやった限りでは、これ以外の
エンディングは見られなかった。
一度、町に帰ってきてそれでめでたしと思ってた矢先の
事だったから、コントローラー落としたよ、ほんと。
唖然ってのは、きっとあのことを言うんだって今でも思ってる。

自分の中では、史上最大のクソゲー認定。

670 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 16:20:18 ID:Vje+7LBW0
>>669
狙って作ってんだろうけどねらい所間違えてるよなあ…

671 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 16:31:51 ID:G9RzzIyR0
>>666
すごい話ですね・・・・
成功しててもシスター死んでたろうし
高速に石投げてる少年みたいだ

672 :1/4:2007/06/22(金) 16:33:52 ID:GKwGORo50
かなり昔の「世にも奇妙な物語」を昨日再放送でみますた。
蚊に刺されてムヒを探しながらみてたので詳細は適当です。

「覆面」
新日本プロレスの無名の若手A(弱そう)が主人公。
Aの弟(小学生・難病で入院中)は獣神サンダーライガーの大ファン。
ある夜、Aは先輩のライガーに頼んで弟の見舞いに来てもらった。
次の日弟は生存確率50%の手術を受けるからだ。
ライガーもその日はJr.ヘビーのタイトルマッチを行う予定。
「ライガー、がんばってね」「キミモナー」

病院を後にし、一人夜道を歩くライガー。
その後からあからさまな居眠り運転のダンプが!

翌日、新日に出社したAは社長(胡散臭いグラサンのオッサン)と
トレーナー(安田大サーカスのクロちゃん風の禿)に応接室に呼び出され
ライガーが昨夜の帰り道で事故に遭い、意識不明の重体であると聞かされる。
そして、一番背格好の似ているお前(A)がライガーの中の人をやれと。

673 :2/4:2007/06/22(金) 16:34:54 ID:GKwGORo50
社長「オマエの実力じゃキビシイがどうにか引き分けぐらいにもちこんでくれ。
   後から調子悪かったとか言い訳しとくから」
【※この話の中では八百長という概念はありません。】
A「ムリムリ」
社長「この試合がポシャると会社がマズーなんだよゴルァ空気嫁!
   弟もライガーファンなんだろ?ナントカしてやれ!」
A「……」

トレーナーが社長を廊下に連れ出す。

トレ「あいつ試合経験ないし相手はナントカグレート(架空のレスラー名前忘れた)だし
  必殺技とかくらったらヤバイッス責任とれないッス(汗」
社長「しかし会社が…」

応接室で一人決心を固めたA。「俺、やります!」

674 :3/4:2007/06/22(金) 16:36:19 ID:GKwGORo50
そんなこんなで試合開始。
時を同じくして弟の手術も開始。
ライガー同じ病院で昏睡状態。

試合は惨憺たるものでライガーの格好したAはフルボッコ。
やられまくりの不甲斐ないライガーに観客大ブーイング。
その頃手術中の弟もお約束でヤバス。
セコンドにつくトレーナーの叱咤もむなしくリング上に倒れ込むA。

その時手術中の弟から光の玉が浮かび上がる。「ライガーがんばれ…」
【※周りの人にはみえてません】
玉は別室のライガーに吸い込まれ、今度はライガーが幽体離脱。
半透明のライガーが試合会場に飛んでって倒れているAの身体に入った。

既にカウントいくつか数え中だったが、ライガー復活。場内沸き返る。
そのまま急にいつもの動きを取り戻し、
ナントカグレートに掌底のラッシュ&ドロップキック。
場外に落としてトップロープからフライングボディアタック等々、
やりたい放題やって盛り上がったところでフォール、試合終了。

トレーナーも社長も大喜び。Jr.ヘビーのベルトを掲げたライガーが
紙吹雪舞うリング上で皆に肩車されている時、再びその身体が崩れ落ちた。

675 :4/4:2007/06/22(金) 16:38:55 ID:GKwGORo50
昏睡状態のライガーの身体に離脱してた中身が戻ってきた。
同時にライガーから玉が出て弟に戻る。
「手術は成功だ!」

ライガーの部屋では看護師が気づく。
「先生、患者さんの意識が戻りました!」
ライガー「……ここは?」
先生「キミは車にはねられて昏睡状態だったんだ」
ライガー「さっきまで試合をしていた気がする……」

応接室のソファに横たえられたAを見つめる社長とトレーナー。
トレーナー「首の骨が折れてるそうです。医者によると試合中に即死状態だったと……」
社長「じゃ、死んだ人間が試合してたっていうのか!?」
還らぬ人となったAのアップ。その手には覆面。

END

ツッコミどころ満載だったけど、テンポ良くて面白かったからヨシ。
後味悪いのは、ライガー応援してる間に実の兄が死んでしまった弟。
兄が死んだ事聞かされたら……(つД`)

応接室の壁のポスターの武藤(ハゲてない)や橋本とかがスッゲ若かった。

676 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 16:49:45 ID:jEGrSU8iO
途中まで感動してたけど…
なんかキン肉まんみたい

677 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 16:52:30 ID:OTyU1znk0
もやもやしてる気持ちをここで全部吐き出してしまえ!

なんぼでも聞くよ。

678 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 16:59:12 ID:MWr9zuOn0
舞台はアメリカ南部、元介護士の女性が、ある老白人夫婦の屋敷に
住み込みで働くことになるが、そこでは魔術のようなことが行われていた。
そして、その謎を解明しようすることで、自分もそれに巻き込まれてしまう。
知人の男性と共に、老夫婦相手にオカルティックな争いが繰り広げられ、
最後、危機一髪で助かったと思ったが、
実は、主人公は最初から老夫婦のターゲットとして雇われていて、
その体は、老夫婦の魂に乗っ取られてしまっていたのだった。
そして、さらにはその老夫婦自体も、何代もそれを繰り返して来た
黒人夫婦の魂に乗っ取られたものなのだった…。

このスレで既出の映画で、もう一度観たいのだがタイトルを忘れてしまった。
判る人がいたら教えて。

679 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 17:01:38 ID:GKwGORo50
つスケルトン・キー

680 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 17:08:01 ID:hkzsKzcI0
>>672-675
で、ムヒは見つかったのか?


681 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 17:10:20 ID:MWr9zuOn0
>>671
それだ! 早。
ありがとうー。

682 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 17:12:52 ID:DDc38SkFO
>>672
昔リアルタイムで見て、弟が手術中にライガーライガー言ってたあたりだけ
覚えてたからスッキリした。ありがとう。

そんなラストだったのか(´・ω・`)

683 :672:2007/06/22(金) 17:20:38 ID:GKwGORo50
>680
ムヒ見つかったので後半は塗りながらみました。

窓あけて某ブートキャンプしてたら刺されまくってたです。

DVD終わってTVつけたら「世にも奇妙」再放送だった。
昔の古くさい画像がなんともいえず(・∀・)イイ!

684 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 17:46:48 ID:qph1rBd+0
>>681といい、落ち着け。アンカーは逃げやしない。

685 :678:2007/06/22(金) 17:55:33 ID:MWr9zuOn0
ごめん。ローカルのログがバグってた。
改めて >>679 よ、ありがとう。

686 :1/3:2007/06/22(金) 18:28:33 ID:xM6Sm8Jp0
>>540
亀レスすまんが、動物を操る能力(感染)者は少女じゃなくて、少女の
飼ってるシェパードのほうだぞ。流風と行動を共にして5番目の能力者と
戦うも致命傷を負って、独りひっそりと雪降る路地裏で息を引き取る時、
流水に殺された飼い主の少女の魂が迎えに来るのは泣けるシーンだ。


さて、自分の後味最悪作品は、山田風太郎の時代短編『御玄関拝借』
(確か、徳間文庫の『地獄太夫』に収録だったと思う)

頃は徳川幕府初期。食い詰め浪人とDQN町人のコンビが考え付いた、奇妙な金儲け方法。

大名の屋敷の門前で、「拙者、あまりの困窮に耐えかね切腹を決めた。その為、せめて最期を
飾りたく、失礼ながらこの御屋敷の玄関をお借りしたく候」と口上を述べる。
玄関先を縁もゆかりも無い奴の血で汚されてはたまらぬから、住人は「これをやるから、
どっかいってくれ」といくばくかの金を掴ませて来るだろうという寸法。

これがまんまと大当たり、何度も繰り返すうち、DQNコンビはかなりの儲けを手にする。
あんまり儲かりすぎるので、取り分でもめてコンビ解消。挙句に模倣犯まで出る始末。
こうして巷に一時、切腹詐欺が流行する。

687 :2/3:2007/06/22(金) 18:29:47 ID:xM6Sm8Jp0
そんな折。DQN町人の隣に住んでる老人は、かつて豊臣方の武士。今は市井の者として、
相次いで亡くなった息子夫婦の忘れ形見である、まだ言葉も喋れない赤ん坊の孫を男手一つで育てている。

ある深夜、夜泣きする孫をあやそうと、おぶって歩き子守唄を歌っている老人に、例のDQN町人が
「うっせえ」と文句をつけに来る。
詫びながら、自身の困窮状態と孫の行く末を案じる老人に、DQN町人は「アンタも切腹詐欺やりゃいいじゃん」と
勧めるも、老人は「武士たるもの、そんな真似は出来ない」と突っぱねる。
(DQNの出番はこれで終了)

だが、状況が一変。
ある日、孫が高熱を出した。つましい暮らしがやっとの老人に、医者を呼べる金など無い。
老人は孫のために恥を忍んで、とある大名屋敷の前に赴き切腹詐欺の口上を述べた。

しかし、相手が悪かった。屋敷の主はまだ若いながらも幕府の重職につく者。加えて切腹詐欺の横行を
常日頃苦々しく思っていたため、老人のことを聞いても「死ぬなら勝手に死ね。いいからほっとけ」と指図。

688 :3/3:2007/06/22(金) 18:31:17 ID:xM6Sm8Jp0
そんな当主に、当主より年配の、たまたま居合わせた同僚(だったか上役だったか)が、将棋を指しながら言う。

自分達の政治が悪いからこんな詐欺が横行する。そもそも、武士ともあろうものが物乞いの真似をするのは、
よくよくの仔細があるのではなかろうか。富める者が貧しき者に施す、これ正道の一つかもしれぬ。

その諌めを聞いて収まりが悪くなった当主は、小姓を呼び、老人に金を恵んでやれと言い直す。

玄関先で切腹の口上を述べても、誰も応答する事も無く、老人はぽつんと、ただただ長い時間立ち尽くしていた。
老人の胸には、生き恥を晒してここにいるにも関わらず、応えるものは何も無いという、二重の屈辱が渦を巻いていた。
それでも、ただ一心に病の孫のために耐え忍んでいる老人の前に、やっと小姓が現れ、金の入った袋を投げてよこす。
その時、老人は小姓の目の中にあった憐みと、嘲笑と、侮蔑とを見て取り、更にその向こうの『徳川』を感じてしまう。
瞬間、『病の孫を案ずる祖父』ではなく、『豊臣の武士』である意地と誇りが老人の心を満たした。

「徳川め、愚弄するか! 我が意地しかと見よ!!」 憤怒の声をあげ、老人はその場で一気に腹を裂いた。

場面は移り、老人の小さな住まい。何も無いその部屋の真ん中には、熱を出した赤ん坊が粗末な布団に横たえられている。
高熱に浮かされたぼんやりした視界の中、赤ん坊は祖父の手作りのおもちゃを取ろうと、賢明に手を伸ばしている。
そうして、祖父の帰りを待っている……(終)


山田風太郎は長編短編問わずしょっちゅう、身も蓋も無いとしか言いようの無いバッドエンドや鬱エンドを持ってくる人なので、
そんなの慣れていたつもりだが、これは老人の辛さとか、この後赤ちゃんどうなっちゃうんだよとか重すぎて、
真剣に読まなきゃ良かったと思い、以来初読以来読み返してない(だから細部はちょっと間違ってると思う)

689 :+1:2007/06/22(金) 18:32:11 ID:xM6Sm8Jp0
書いてるうちに思い出した、同じく山田風太郎のおまけ。

弱小工場の経営者が、奥さんが親会社の人に強姦され、そいつを許せない正義感から告発し、勝訴したまでは良かったが、
「一回ヤらたんならまたヤられたって一緒だろ」と近所のDQNガキどもが奥さん輪姦。これも許せんので告発したら、
マスコミと世間に「え?また?」と思われ、社会的に更なるセカンドレイプ。
そのうち経営がやばくなり、工場をたたむハメに。従業員への退職金も払えない状況下、最後のレクリエーションとして
企画された軽登山に参加した奥さんは、山小屋に連れ込まれ従業員に取り囲まれて、
「退職金の代わりに、奥さんを好きにしていいって話になりましたから」と、以下同文。
ラストは、すっかり壊れて通りすがりの男の袖を片っ端から引っ張るようになっちゃった奥さんを、経営者がひしと抱きしめて、
「それでも私は、お前を愛している!!」と絶叫する、『わが愛しき妻よ』って話があって、おいおいなにこの鬱エロゲー的展開。

690 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 18:42:18 ID:Dz6xTIoD0
>>689
前にこのスレで挙がってたな。
忘れてたのに思い出しちゃったじゃないか…。

691 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 19:10:24 ID:q3H6A4a70
>>686-688
長文乙。
爺さん、武士の意地より赤ちゃんを取れよな……。

692 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 19:12:28 ID:3Sqq+DKA0
世にも奇妙な物語でやってた話

男が会社に行くと、何故か周りの人は男と一定の距離をとっている。
書類を持ってきたOLも一定の距離を取って止まる。男が近づくと
後ずさってしまうので、仕方なく男が後ずさる事にするとOLはやっと机に書類を置いた。
別に男の事を嫌ってる様子はなく、ただ一定の距離をおいて男には誰も近づかない。
「どうして距離をおくんだ?」と男が同僚に言うが「え!何言ってんだ?」と
まったく気にしていない様子。
家に帰った男だが、妻も男と距離を取っている。男が近づこうとすると後ずさってしまう。
妻に理由を聞いても同僚と同じ答え。
そして次の日からは全ての人が男と距離を取り出した。そんな日が続き、ついに男は
妻に切れてしまう。そして妻は「あなた変よどうしたの?私達ちょっと距離をおいた方がいいわ」と
出て行ってしまう。
そして場面が変わり数年経ち、男は相撲取りになっていた。取り組みが始まっても対戦相手は
男に近づくことはない、そして男が近づいていくと、後ずさり自滅、そんな事が繰り返されて
いった結果、男は大相撲始まって以来初めての一度も負けた事がない横綱になっていた。
しかし対戦相手が全て自滅してしまう試合ばかりなので人気は全くない。

そして最後は寂しそうに相撲を取ろうとする主人公の姿で終わり

693 :1/3:2007/06/22(金) 19:14:42 ID:zNJaM66f0
書きますー

萩尾望都「マリーン」(原作は今里孝子という人)

少年エイブは母とふたり暮らし。
母はお金持ちのペイトン家で働いていたが、体調を崩して以来エイブが代わりにペイトン家の小間使いをして家計を支えていた。
学校にもあまり行けないエイブは、ある日悪童たちにからかわれ、大事な母の薬が入ったビンを割られてしまう。
若くきれいな女性が止めに来てくれたので悪童たちは逃げていくが、薬を買いなおしに行こうにもお金を落としてしまったため困惑するエイブ。
助けてくれた女性はお金を拾うのを手伝ってくれた上、自分の銀のイヤリングを差し出し「これを足しにして」と言う。
「知らない人だから」とエイブは断るが「私は知っているから」と彼女。

彼女に再会した折、イヤリングを返そうとするが「それはもう片方しかないからいらない。もう片方は船に置いてきてしまった」と断られる。
彼女はマリーンと名乗る。

何年かが過ぎ、ずっと体調の悪かった母親がついに帰らぬ人となってしまう。
エイブは学校を休みがちではあったが成績がとてもよかったため、教師がペイトン氏を説得し引き取ってもらえることになった。
ペイトン家のお嬢様と同じ学校へ通うこととなったエイブ。
マリーンはエイブの生活に変化が起こるたび、エイブの前に現れ、優しい雰囲気と言葉で彼を励ましてくれた。
エイブはそんなマリーンに特別な感情を抱くようになる。

694 :2/3:2007/06/22(金) 19:17:26 ID:zNJaM66f0
あれ、リロミスった。>>692さんの邪魔になってないよね?

数年後、ペイトン家令嬢にテニスを教えていたコーチが、エイブの運動能力に気づき、テニスをはじめるよう勧める。
自分のことを投資として見ているペイトン氏のためにも勉強をさぼるわけにはいかないので、最初は断るエイブだが、是非にと勧められ練習をすることになる。
めきめきと腕を上げるエイブ。
マリーンはそんな彼にはじめて「あなたが好き」と告げた。

ペイトン家令嬢は実はエイブに好意を寄せていて、マリーンのことでやきもちを焼いて嫌味を言う。
彼女の気持ちに気づかないエイブは令嬢と言い合いになる。
娘を泣かせたことに激高したペイトン氏はエイブを頭ごなしに怒鳴りつける。
居合わせたテニスコーチは渡りに船とエイブをペイトン家から連れ去った。

エイブはとにかく早くお金を稼げるようになればそれでかまわないという考えから、プロテニスプレイヤーとして活躍するようになる。
乱暴なプレイは評判も悪かったが強いことは事実であるためどんどん試合に出ては勝ち、賞金を手に入れる。
マリーンはそのプレイが素敵だと言う。
初めて出会ってから10年ほどになるだろうか、少年だったエイブはマリーンよりも背が高くなっていた。
しかしマリーンは初めて会った日のまま、10代後半の若く美しい女性にしか見えない。
マリーンは言う「あなたがすき、私の生まれてはじめての恋」
エイブも「テニスのチャンピオンになったら、そのときは・・・」
マリーンはそれを聞いて泣きながら去ってしまうのだった。

そんなふたりをペイトン家の令嬢は見ていた。
そしてマリーンの正体は伯爵家のお姫様で生まれたときからの婚約者もいる人、身分違いどころではないのだと暴露する。
何も知らずにいたエイブはマリーンを責め立てるが、マリーンはひたすらエイブを好きな気持ちだけを訴え、姿を消してしまう。

695 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 19:18:17 ID:9Xphpsos0
>>686
映画似たような内容のものを見た覚えが。
黒澤監督のだったかな。

子供の病気を見かねた浪人が、詐欺切腹をしにゆく。
が、詐欺横行を苦々しく思っていた当主は男の為に切腹の段取りを整えてやる。
男に自分の携帯した刀で腹を切れと囃し立てる見物人たち。
しかし男は貧しさから、刀を既に売っており腰に挿していたのは竹刀。
周りもそれを承知でさらに男を追い詰める。
覚悟を決めた男は、竹刀を腹に刺し、呻きながら横に切ろうとしてもがき苦しむ。
男が介錯してもらったかどうかは、覚えてない。相当に苦しんだ後、やっと、だったと思う。

その後男の父親の復讐劇が始まるり、
父親も復讐を果たした後殺されておしまい。


696 :3/3:2007/06/22(金) 19:21:21 ID:zNJaM66f0
それからはなにかにとりつかれたように試合に出続けるエイブ。ついにチャンピオンと呼ばれるようになる。
マリーンの婚約者である子爵はアマチュアテニスプレイヤーだったため、話題のプロテニスプレイヤーであるエイブにも結婚披露宴の招待状を送ってきた。
複雑な気持ちながらも出席するエイブ。披露宴は船上で行われた。
初対面の子爵は「金のためのテニス」と揶揄する。
エイブは「もちろん金のためだから遊びの人間よりも真剣だ」と言い返す。
ムキになった子爵とエイブは試合をすることになった。
子爵をテニスで叩きのめしているところへマリーンがやってくる。
マリーンはエイブを見つめて、黙ったまま涙を流すだけだった。

友人たちに冷やかされながら子爵はマリーンとともに部屋へ向かう。
なんとも言えない感情を持て余すエイブの耳に「花嫁が海に飛び込んだ」という叫びが聞こえた。
甲板にはエイブがずっと大切に持っていた、少年の日にマリーンから受け取ったイヤリングのもう片方が落ちていた。

マリーンはこの日はじめてエイブに出会ったのだ。
そしてひと目で彼に恋をし、絶望のあまり海に飛び込んだ。
彼女の想いは時を越えて少年の日のエイブのもとへ会いに行き、彼の成長を見守っていたのだった・・・

697 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 19:25:55 ID:GlDhSKm00
>>696
最後の3行で電気が走った。
萩尾望都の絵で読むと、もっと凄いんだろうな。

後味悪いって言うより、切なすぎる・・・(´Д⊂

698 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 19:27:02 ID:1DCKK+cm0
>>693
悲恋っていうだけで後味が悪いとは
感じなかったけどなー

ベイトンさんとこ追い出された経緯は、
令嬢があたかもエイブに乱暴されたかの
ように装って父親に泣きついたんだよね。
「それは良くない愛し方だ。それでは君の気持は
エイブに伝わらないよ」とかコーチに言われるんだけど
令嬢は最後まで素直になれずじまい。

699 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 19:49:15 ID:dVCShbMd0
>>686
老人のプライドものは勘弁だ…
後味悪いっつーか無条件で複雑な気持ちになって見てられんorz

>>696
オチに笑ってしまったw

700 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 20:31:05 ID:YrF2dH110
>>691
無茶言うなよ

701 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 21:01:14 ID:ecmDxRgTO
>>403
If〜もしもYじゃなかったか?
「神様が幸運をくれるとしたら一括か分割か?」ってので分割だとバッドエンドだったが一括だとハッピーエンドだったので、確実にバッドエンドは違うと思う。
「結婚するなら花屋か宝石商か?」ってのではどちらもバッドエンドっぽかったが最後に救いがあった。

702 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 21:13:21 ID:NR8hI48M0
>>698
後味悪いなー…

703 :1/3:2007/06/22(金) 22:16:16 ID:Q2wclJZ80
『やみなべの陰謀』という連作短編集の中の一つ。


城仕えの勘定組の侍・信次郎はある日、剣道場の道場主から「秘剣・神隠し」という奥義を伝授されることになった。
師はこれは誰でも使えるものではなく、それを確かめるためには一両が必要だと言う。
一両小判を池に向かって水切りのように投げて、それが空中で消えればこの剣を使う力があると証明できるという。
師自身にもそれが何故なのかはわからない。師に秘剣を教えた師も知らなかったという。
しかし信次郎なら出来ると何故か感じたのだ。

翌日家を出るときは雨だったので信次郎は一両を持たずに家を出た。
しかしすぐに晴れだしたため、信次郎はどうしてもそれを試したくて我慢が出来なくなり、
一両を貸してくれるものがないかと思ったが見つからない。
家に帰れば有るが、それから池に行って試すより早いからと、城の金蔵から一両借りることにした。
明日返せばよかろうと深く考えなかったのだ。
そこを友人の一本気な男・寺尾に見つかってしまった。
寺尾は信次郎が盗みをする人間でないのは知っているが、不安になり、上司の清水に相談した。
清水は信次郎の隣家に住んでおり、信次郎の父とも友人であり、子供の頃から知っている信次郎のことを疑いはせず
「まあそのうち返しに来るだろう」と済ませた。

信次郎は帰り道に森の中の大きな池に行った。
するとそこには清水の娘であり幼馴染のるりがいた。
るりとは家族のような付き合いだった。
ここは子供の頃よく遊んだ場所であり、信次郎は久しぶりにるりと子供の頃の話をした。
「子供の頃、るりは石の名前だと言ってからかわれました」と笑うるりを見て、
るりが自分に好意を抱いているらしいことを知った。

信次郎がるりの見ている前で小判を投げると、幾度か跳ねた後で小判は宙に消えた。
その夜から秘剣の伝授が始まった。
一両も翌日すぐに返し、全て収まったかに見えた。

704 :2/3:2007/06/22(金) 22:17:32 ID:Q2wclJZ80
数日後、信次郎の修行は完成しつつあった。
そして時を同じくして、寺尾が偶然、勘定組の元締めである伊織に先の一両のことを話してしまった。
伊織は悪い噂の多い男で、これまた悪い噂の多い家老の派閥に属しており、大きな影響力を持つ男だ。
そして清水は伊織と敵対する派閥に属している。
さらに清水はかつて伊織のずさんな金銭管理を公然と非難したこともあった。
寺尾は一本気で有るがゆえに、そのような事情も知らずに伊織に漏らしてしまったのだ。

ある日清水は伊織に呼び出された。
伊織は「お前の部下が使い込みしたのを知っていて黙認したと聞いたが本当か」とたずねる。
「知っていましたが使い込みというほどのことではありません。ほんの少し持ち出してすぐに元へ」
「黙れ!千両がほんの少しと申すか!千両箱が一つ消えているのだぞ」
はめられた、と思ったときには遅かった。
清水は既に認めてしまったのだ。千両箱を持ち出したのは伊織であるのは明らかだったが・・・。
伊織は事を不問にするかわりに、るりを妾としてよこせと迫った。
伊織は清水への恨みを晴らそうとしたのだ。

清水は信次郎を呼び、事の次第を話した。
うろたえ後悔する信次郎だが、清水は責めなかった。
「るりはお前にどうするべきか決めてほしいと言っている・・・」
清水と信次郎の家の命運がかかっているとなれば、るりは断れる娘ではなかった。
信次郎は「るりには必ずそれがしが迎えに行くと伝えてください」と言って辞した。
しかしどうすれば良いのか考えが決まっているわけでもなかった。
清水が言う。
「死ぬなよ、信次郎。死ねば千両の罪を一身に着るだけだ」

信次郎は考えあぐねてそのまま道場に向かい、最後の修行を行った。
そして秘剣が完成した。
手から風のようなものが出て相手をいずこかへ消し去る技、
神隠しが完成し、信次郎は呟く。「投げるものが小判でさえなければ・・・」
師は言う。
「わしは同じ風を持つものがおぬしであったことを天に感謝しておる。
 何があったかは知らぬが、死ぬなよ」

705 :3/3:2007/06/22(金) 22:18:48 ID:Q2wclJZ80
道場を出て、どうしたものか考えている信次郎の前に寺尾が現れた。
信次郎はすぐに理解した。寺尾が伊織からの刺客とされたのだ。
しかし寺尾は斬ってこなかった。
「信次郎、るりが死んだ。伊織の家で」

寺尾は話した。
信次郎が清水の家を出てすぐ、伊織がるりを無理やり呼び寄せたのだ。
いずれ妾に来る女、何をしても良いと考えたのだ。
何があったかはわからないが、るりは舌をかんで死んだらしい。
そして伊織は寺尾に信次郎を斬らせ、千両の罪を着せるつもりだと。
信次郎は激昂し、伊織を斬らねばならぬと決心した。
しかし寺尾は千両箱を伊織の家から盗み出し、今回の真相を書いた紙とともに隠したと言う。

「俺が伊織を倒したあと、お前と清水殿が真実を語れば丸く収まるのだ」
「寺尾、お前死ぬ気か」
「俺のせいでこうなったのだ。埋め合わせをせねば」
「お前は悪くない。馬鹿正直なだけだ。元は俺のせいだ」
「いや、お前はいい奴だ。死ぬな」

信次郎を気絶させようと殴りかかってくる寺尾。
信次郎には大男の寺尾を斬らずに倒すことは出来ない。
あの秘剣・神隠しを使うしかない。
信次郎の出した風が、寺尾をどこかへ運んだ。

伊織の家へ向かう前に清水の宅を外からそっとのぞいた。
信次郎は、顔に布をかけられたるりの遺体を見て初めて、自分がるりを愛していたことに気付いた。

伊織の家へ乗り込み、伊織を探しながら幾人か斬ったとき、後ろから不意打ちを受けた。
伊織だった。信次郎は伊織を切り捨てた。

自分を切ろうと走ってくる者たちの足音が聞こえても、信次郎はもう二度と剣を構えなかった。
目を閉じ、名前のことでるりをからかったという、その時のことを必死で思い出そうとしていた。

706 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 22:21:35 ID:CxBC5h0j0
萩尾望都といえば、
ブラットベリの話ばかりの文庫本持ってたのに、
気づいたら、本棚から消えていた!
犯人分かっているんだけどねぇ

707 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 22:49:09 ID:dVCShbMd0
>>703
諸悪の根源は主人公ってことだな。

708 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 23:00:24 ID:1v03DpTu0
>>707
だよな。
いくらなんでも公の金を(しかも当時では大金の一両)
「勝手に」借りるとは、やれやれ。
いくら後で返すっつっても、そんなもん後付の言い訳ととられても仕方ない。
アホ。

709 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 23:01:29 ID:znUuSd6L0
>>703-705
乙。おもしろかった。
寺尾はドコ行っちゃったんだろね。

710 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 23:14:22 ID:1v03DpTu0
>>709
バシルーラだとしたら家に帰ってる。

711 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 23:43:28 ID:qph1rBd+0
異世界のルイーダの酒場だとしたら泣いてるだろうな

712 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 23:48:34 ID:iQlzWMxzP
神隠しはタイムスリップさせる技で、寺尾は現代に飛ばされてるよ。
もう一つの後味悪いエピソードを俺が書くとするか。ちょっと待っててくれ

713 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 00:58:01 ID:CFyD9YMB0
フレデリック・ブラウン「青い悪夢」(だったと思う)って言う短編

泳げない男がいて 彼の目の前でまだ幼い子供が溺れる
彼は飛び込んで我が子を助けようとするが
それでは自分も一緒に溺れるだけだ 助けられない と考えて
家まで必死に妻を呼びに走る
駆けつけた妻が水に飛び込み 子供を抱き上げる

冷たくなった 動かぬ我が子を抱いた妻は
膝までの深さしかない水の中に呆然と立っていた

714 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 01:06:01 ID:BkmwyfLe0
子供も浅い事に気がつけば良かったのになあ。
いくら小さくても大人の膝くらいまでなら流石に足つくだろう。

715 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 01:25:44 ID:iz6h6bRg0
子供がおぼれる後味悪い事件があったな。
大雨か何かでひどい洪水が起こる。
濁流の中、父親は死にものぐるいで我が子を抱き寄せて岸を目指す。
その時、近所の子供がおぼれているのを見つけた。
しかし我が子を抱いて泳ぐ父親も、すでに限界が近い。
とてもじゃないけど、その子まで助けられない。
父親はその子を見捨てて岸にたどり着いた。
そして気づく。抱いていた子は近所の子供だった。
では先ほどの子供は…

716 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 01:34:56 ID:a1t7ZY8PO
>>714
だが何より恐ろしいのは
毎年こんなのが本当にあるってことなんだぜ

717 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 02:12:56 ID:V62qa9h90
舌を噛み切ると死ねるっていうのは何時頃から言われてるんだろう?


718 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 03:00:30 ID:D028ZI91O
舌って間違ってちょっと噛んだだけでもの凄く痛いよね

自分だったら出血多量の前に多分ショック死だな

719 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 03:06:41 ID:2u4KVcm70
>>718
出血多量じゃなくて、もっと根元を噛み切る。
舌の筋肉は自然に巻き上がろうとするので
のどに詰まって窒息死、と聞いた。

絶っっ対やりたくないな。

720 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 03:55:31 ID:D028ZI91O
>>719ギャアア
絶対無理だわ

721 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 04:33:45 ID:0VMc88agO
そんなの高一でやってたぜ

722 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 04:36:07 ID:2u4KVcm70
>>721
どの舌でそんな嘘を吐くんだ!
これか?!この舌かっ(ぎゅぅぅぅぅ)

723 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 04:44:44 ID:xpgbcBaZO
舌って柔らかいから、本気で噛み切ろうと思えばできるんだろうな
自分は絶対無理だ

724 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 05:45:45 ID:5/CqVCrqO
聞いた話だと、ベロを上げたときに裏側にある筋みたいなのを切ると喉まで巻き上がるらしい
そんなとこ自分じゃ切れないよ(´・ω・`)

725 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 06:19:23 ID:RDHng6EQ0
舌のみの死に方じゃないが、太い血管があるので
毒あおるときは吸収を良くするために舌を噛むとよい、とも聞いたが・・・

726 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 06:32:29 ID:kpuRj/t70
そりゃ迷信。
タンウェブっつーんだけど俺切ってる。

727 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 06:36:30 ID:CTyiyDVy0
ピザの聞きかじりのうろ覚え知識なんてどうでもいい。

728 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 06:41:30 ID:b437ZvW7O
ピザって?

729 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 07:00:49 ID:IH+cjfCMO
少年が中学一年生の時に両親は交通事故で死んでしまった、即死だった
その後、少年は親戚の老夫婦に引き取られたが、少年の心はひどく荒んでいた
少年は悪い仲間と一日の大半の時間を過ごすようになり、あまり老夫婦の家にも寄り付かなくなった
世界に希望は無いように思えた
少年には六歳年下の弟がいた、少年にとって弟は唯一の肉親であり、守るべき存在であった

少年は高校に入学後、すぐにバイトを始め、それに精を出した
老夫婦はとても優しく、少年もいつしか彼らを愛してはいたのだが
両親の喪失を経験した彼にとって優しさや愛は危険なものだったし
中学時代の不良経験を経て「他人に迷惑をかけるのは嫌だ」という考えを積み上げた少年はどうしても自分の力で生きていきたかったのだ
一人になりたかった
金を貯めアパートを借りて、ある程度余裕が出来たら老夫婦に恩返しをするんだ、弟の誕生日にはグローブとバットを……、そんな事を想いながら必死に働き、もちろん勉学にも励んだ

日々は早回しのように少年は高校三年生になった
少年はその日も遅くまで働いていた、貯金も二百万を越え、少年の心には確かに希望があった

老夫婦の家の前には人だかりが出来、そこに家は無く、あるのは家の残骸だった
優しい老夫婦と守るべき弟は、優しかった老夫婦と守りたかった弟に姿を変えた

通行人のタバコの火が原因だとわかったがそんな事はどうでも良かった
犯人などというものにも興味は無かった
彼は望み通り独りになった


まぁ彼って俺なんだけどね

730 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 07:04:37 ID:s0M8fhF+0
舌噛んでも死ねないYO!、って上野正彦の本に書いてあった。

731 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 07:04:51 ID:KWG6+wA00
>>729
イ`

732 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 08:00:43 ID:Pnc1T2pN0
>>729>>731
携帯からお疲れ様でした。つまらなかったよ

733 :1/2:2007/06/23(土) 10:44:29 ID:LhmSmcJD0
シャーリィ・ジャクスンの短編集「くじ」より『おふくろの味』

デーヴィッドはさえない独身男。
彼の楽しみは一人暮らしのアパートの自室を美しく整えることだ。
壁を塗り替え、お気に入りの家具にカーテン、絨毯。
植物を飾り、吟味した食器に美味しい食事を盛り付ける。
裕福ではなかったが、デーヴィッドはそんな自分の生活にまあまあ満足していた。
隣室に住む女性、マーシャとは親しくなり、時々夕食に招いたりする。
マーシャは自分の部屋には無頓着で、彼女の部屋は新聞が散らばり洗濯物が山となって雑然として汚い。
そこを除けば気取らないマーシャは良き隣人であり、良き友人だ。

その晩もデーヴィッドはマーシャを夕食に招いていた。
美しくテーブルセッティングし、手料理を振る舞い楽しい時間を過ごす二人。
デーヴィッドお手製のチェリーパイをデザートにコーヒーを楽しんでいると、
マーシャの部屋で呼び鈴が鳴っているのが聞こえてきた。

734 :2/2:2007/06/23(土) 10:45:24 ID:LhmSmcJD0
大家の集金だと思ったマーシャは、デーヴィッドの部屋からエントランスの鍵を解除した。
すると、現れたのはデーヴィッドの知らない男性。ハリスと名のる彼はマーシャの同僚のようだ。
マーシャは急に気取りだし、当然のようにデーヴィッドの部屋にハリスを招き入れた。
「ちょっと寄ってみただけ」というハリスに、「私が作ったの」と言ってパイを出すマーシャ。
『マーシャのパイ』を褒めるハリスにマーシャは得意顔。
すっかり腰を落ち着けたハリスと、豹変したマーシャに腹を立てたデーヴィッドは
あてつけるように洗い物を始めたりするが、マーシャとハリスはイチャイチャしだして知らん顔。
すっかり自分の部屋のように振舞うマーシャはデーヴィッドに
「でていったら?」という無言の圧力まで発しはじめた。
「ぼくはもうおいとましたほうがよさそうだ」といって自室を出るデーヴィッド。
引き止める訳でもなく、清々したような感じのハリスとマーシャ。
デーヴィッドが向かったのは薄暗く汚れたマーシャの部屋。
隣から聞こえる微かな笑い声を聞きながら、デーヴィッドは床に散らばった新聞を
ゆっくりと拾い集め始めるのだった。

これだけの話なんだけど、デーヴィッドが怒ってマーシャとハリスを追い出す訳でもなく、
マーシャが謝りに来る訳でもなく、読み終わったあとすごくもやもやした、嫌な気持ちになる話だった。



735 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 10:46:11 ID:LhmSmcJD0
同じくシャーリィ・ジャクスン「くじ」より表題作「くじ」

六月のある晴れた日の、全住人300人ほどの小さな村。
広場には子供たちから老人まで、住人たちが集まり始めた。そのポケットに石を詰め込んで。
広場の片隅には石ころが高く積まれている。
皆が集まったのはくじ引きの行事のためだ。年1回行われてきたこの行事はこの村を作った祖先の時代からあった。
もうずっと昔から続いてきたので、その道具も手順もほとんど失われてしまっていた。
村の年寄りも、正しい儀式のやり方は知らない。でもこの儀式は続けられてきた。
ずっと昔からそうしてきたからだ。
広場の中央に据えられた箱から、一家の代表が一枚くじを引く。
「北の村ではもうくじはやめようという話がでているらしい」
「くじをやめた村もいくつかあるらしい」
こんな会話が群集のそこかしこで聞こえる。
今年はビル・ハッチンスンがくじを引き当てた。
ハッチンスンの家族は5人。ビルとおかみさん、三人の子供。
この5人でもう1回くじを引く。あてたのはおかみさんだ。
「フェアじゃない、こんなのいんちきだ」おかみさんは叫びだす。
長い年月の間に、道具も手順も失われたけれど、石を使うことは皆覚えていた。
「さあやるんだ、みなの衆」長老のひとことで、村人たちは一斉に石をおかみさんに投げつけはじめる。
彼女の小さな息子も石を投げる。
これがくじの行事。なんのために行われてきたのかは、もう忘れられてしまった。

これもなんか嫌な話だった。

736 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 11:23:45 ID:UXnkCiOpO
別に怖くないんだか

朝バイトで店の駐車場の落ち葉を掃いていたら、新聞の切抜を発見した

綺麗にハサミのようなもので見出しの文字だけが四角く切り取られていたのでよく見てみると


「 が 姿 消 す 」


と書かれていた


悪戯にしては気味が悪いし、「が」の前が気になる。


そんだけ




737 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 11:56:22 ID:cJgE2fE70
>>729
自分のことを物語り調の感動風に書いて恥ずかしくならなかった?
イ`とは思うけど見てらんない

738 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 12:12:42 ID:V62qa9h90
>通行人のタバコの火が原因

こんなのどうやってわかるんだよ。

739 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 12:15:44 ID:YqchJseJ0
サンタリア

主人公は、警察官相手の精神分析医。事故?で妻を亡くし、息子と二人暮し
をしている。ある日、主人公は友人の紹介でアパートを見つける。
そこの管理人は若い女性で、主人公と息子の面倒をよく見てくれている。
その頃その一帯では、少年が腹部を裂かれ殺される事件が頻発していた。
担当の刑事はノイローゼになり、主人公の診察をうけることになる。
ある時、ふとことから刑事は犯人の手がかりをみつける。
主人公に相談しにいく刑事、しかし主人公に伝える前に謎の死を遂げる。
刑事の死を解明するため、後任の刑事に協力する主人公。
二人は連続少年殺人犯と思われるある人物にたどり着く。彼はブードゥー教
の呪術為、鼠などの代わりに被害少年を生贄としていたのだった。
また彼は、ある財団のトップでもあった。財団の背後に、ブードゥー教の
集団サンタリアがあること知った主人公と後任の刑事は、儀式のある場所に
踏み込む。しかしそれを知った集団は、後任の刑事に呪いをかける。
突然発狂する後任の刑事。実は、前任の刑事も同様に呪い殺されていたの
だった。最後の力をふりしぼり、主人公に銃を渡す後任の刑事。
そして主人公は、息子が次の生贄の標的にされていることを知る。
決死の覚悟で攻め込む主人公。死闘の末、主人公は敵の集団を倒す。
場面がかわり、のどかな牧草地で遊ぶ主人公とその息子。傍らには、
管理人の女性が二人を笑顔で見つめている。
女性の実家の農場に静養に来ているようだ。はしゃぎながら納屋に逃げ込む
息子、追う主人公。息子を納屋で捕まえる。異様な気配を感じる主人公。
気配の元を探る主人公、それは納屋の中二階からだった。
梯子であがる主人公、そこで蝋燭と生贄の鼠を見つける。
「魔よけなの」声に驚き振り返る主人公。
そこには管理人の女性が・・・・・

740 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 13:09:41 ID:Spo83/TK0
>>736
ほんのりと誤爆か?

裏側見た?裏面の記事にあわせて切り抜いたんじゃね?

741 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 13:50:50 ID:YqchJseJ0
真実の行方(映画)

主人公は凄腕・強欲で知られるヤメ検弁護士。
あらゆる手を使い、被疑者を護るその手腕は嫌われていた。
ある日キリスト教の司教が惨殺される事件がある。
そして、犯人としてひとりの少年捕まる。
功名心で少年の弁護をうける主人公。
少年はおとなしく、とても人を殺すように見えない。
状況証拠が固まり、少年は追い詰められていく。
少年に接していくうちに、自分を見つめなおす主人公。
そして功名心からでなく少年を救いたいと思うようになる。
そんな時、少年が司教によって性的虐待を受けていたことを
知る主人公。そして少年にBという、もう一人の人格がある
ことを知る。Bは凶暴で、司教を殺したのもBだった。
そして本来の少年(A)は、Bの時の記憶がない。
-法廷で検事を襲わせる-そんな裏技で少年の無実を
勝ち取る主人公。
あどけない顔の少年(A)に対し、無実になったことを
伝える主人公。感謝の言葉を伝える少年、そしてこう言う
「検事さんにも謝っててください」と、
了承して立ち去ろうとする主人公。数歩歩いて愕然とする。
検事を襲ったのはBの筈、なぜAが知っているのだ?
そのこと問い詰める主人公、観念して白状するA。
主人公は少年に問う「もともと、Bなんていなかったんだな?」
少年は答える「もともといないのはAだよ」
茫然自失の主人公の背に、高笑いする少年の声がこだまする。

742 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 14:01:37 ID:akThGWCi0
続編で正体暴かれて蜂の巣にされてるから後味すっきり

743 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 14:05:14 ID:a68HTrpp0
>>729
才能ないよ

744 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 14:53:22 ID:Htpdd02X0
>>733-735
乙。
こういう後味悪さは来るな。
何とも言えない後味がある。
ジャクスン探してみるか。

745 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 14:56:42 ID:Mp1FBxvOO
>>729
最後に自分の話だと暴露しなけりゃまだ良かったのにな
もっと勉強して賢くなれよゆとり

746 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 14:58:24 ID:YqchJseJ0
ノー・マンズ・ランド(映画)

ボスニア紛争の話。
主人公はボスニア?の兵士。ノー・マンズ・ランドは
ボスニアとセルビアの干渉地帯。
セルビアに攻め込まれた塹壕に仲間を助けに行く。
兵士2人のうち、一人を殺しもう一人を負傷させる主人公。
しかし、生存者の体の下には炸裂地雷が埋められていた。
解除しようにも、仕掛けた兵士を射殺したため方法がわからない。
さらに彼が動くと、主人公たちをも危険にさらす。
こうして、主人公は敵兵士と協力して国連軍を動かそうとする。
敵兵士が、主人公の彼女と知り合いということもあり
徐々に仲良くなる二人。
しかし敵兵士が、偵察に来た国連軍と一緒に撤退しようと
するのをみて発砲。再び、一触即発状態になる。
一方、地雷の方は国連軍であっても撤去不可能な代物であった。
とりあえず、主人公と敵兵士を避難させる国連軍。
一瞬の隙をつき、敵兵士射殺する主人公。しかし同時に主人公も
国連軍に射殺されることとなる。
国連軍は、地雷を撤去したことを発表し塹壕から撤退する。
塹壕が映し出され、そこには地雷を仕掛けられたままの生存者がいる。

夜の闇が彼と塹壕を覆っていく・・・

747 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 15:43:54 ID:YqchJseJ0
続けて投下
阿刀田高(題名忘れました)

主人公はグルメ評論家。ある村の招きで一人、牡蠣を
食べに来ている。
過疎であるこの村の地域振興策がこの牡蠣で、主人公
に宣伝してもらいたいらしい。
”おいしい”と伝えると、喜ぶ村の代表者。
よく見ると、接待連中の中に一人若いきれいな女性がいる。
夜も過ぎ代表者および接待連中は帰ったが、その女性は
残っている。ここは離れの一軒家、夜の接待ということ
らしい。少し飲みすぎ食べすぎだが抱く。
深夜、物凄い吐き気と腹痛で目が覚める。
どうやら牡蠣にあたったらしい。殆ど動けず、ようやく
隣で眠る女性に告げる。それにしてもすごい腹痛だ。
主人公は思った。
”幸運だった。○○(女性の名)がいたので助かった”

”幸運だった。○○(女性の名)がいたので助かった”
村の代表は思った。○○がいなければ、救急に電話されて
いただろう。万が一助かっても、ここの牡蠣のことを良く
は言うまい。この牡蠣は、村の最後の希望の光。
”幸運だった。”

748 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 15:51:06 ID:a68HTrpp0
あまりにも連発されるとお腹いっぱい。
面白いが他人のコメントが多少入ってから投下したほうが
効果的ではないかと思う。
後味の悪さがもったいない。

749 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 15:52:57 ID:a1qkYJmt0
このスレ読むと疲れるな。
後味の悪い話、どんだけあるんだよ…。
面白いんだけど。

750 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 15:56:34 ID:5vWlam/10
>>748
たまにこういうやついるな。
レス内容スルーして多数投下してるだけで反発するやつ。
スレに沿ったネタ投下して文句言うならまだわかるが、
読んでるだけで文句言う神経は理解できんなあ。

751 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 15:58:02 ID:a68HTrpp0
>>750
反発ではないよ。

752 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 16:09:07 ID:YqchJseJ0
>>748>>750
ゴメン。この前からあまりにも反応ないんで、
ついつい多投してしまった。今日はあと一個貼ったらやめる。
(テキストに書いてしまってるんで・・・)

753 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 16:09:32 ID:RD0H9gbn0
>>735

> ある時、イエスが弟子たちを連れて街中を闊歩していると一人の
> 女性が民衆から石を投げつけられていた。
> なぜこんなことをしているのかと、弟子が民衆の一人に問うと、
> 「この女は罪人だからだ」
> と答えた。
> それを聞いたイエスは民衆にこう言った。
> 「ならばしかたがない。続けなさい」
> そしてこう続けた。
> 「ただし、一度も罪を犯したことのない正しき者だけこの女性に石を
> ぶつけなさい」
> 民衆は、とまどい、やがて一人また一人とその場を離れていった。

> 石をぶつけているのはイエスただ一人だけとなった。

と言うジョークを思い出した。



754 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 16:14:02 ID:RJyRirU10
>>748
同意。
というか最近、「面白かった〜」みたいなレスがついた
話しか読まなくなった。
過去スレは保存までしてネタ投稿もしてたけど・・。

それとあらすじだけでなく、一言その映画なり小説なりを
読んだ感想みたいなものを付け加えるといいと思う。
これは748の人と同じく、非難でなくて勿体無いという感想。

755 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 16:23:40 ID:2cC1XHd90
ネタ投下が多ければ文句を言い。
ネタ投下が無ければ文句を言う。

素晴らしいアイディアがあるのはわかったから、黙って一人でやってろ。
お前のくだらない感想とやらはスレ違いだ。

756 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 16:53:24 ID:cJgE2fE70
>>752
反応が無いのは行と行に間が無いからかと。
区切りのない長文って、見た時点でウッと思って読まないよ。
たくさんレスがついてれば読むけど

あと、反応が無いから連投は逆効果。
一回飛ばした人は「同じIDだからこれも自分には合わないだろう」と飛ばす。

757 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 17:05:06 ID:UeObY+1aP
俺は無駄な行間空けられるとイラってなるな。

758 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 17:08:41 ID:0Rdqjzkb0
あるときからぱたりとネタがまったく投下されないこともあるし、
どうしても、山と谷ができるのは仕方ないんだから、
連投があってもいいじゃないのかな?
レスはつけてないが、投下されていると必ず読むし、楽しんでいる。
>>752


759 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 17:11:34 ID:YqchJseJ0
>>756
了解、もう投稿しない。
俺は無駄な行間嫌いだし、分割も嫌いだから、
この書き方否定されるなら書かない。

760 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 17:18:10 ID:qybydKnM0
>>756
一行空けの文章は逆に読みづらくないか?
つか、このスレ、ルールにのっとるとどうしても長文になるんだし、
「うっ」となるなら、読まなきゃいい話で、
あえて文句いうほどのことではないと思う。
おれは、連続投下されていたら、
「よっしゃ、今日は大漁」と喜ぶほうだから、
連投は気にならないけどな


761 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 17:21:18 ID:Mp1FBxvOO
ほら見ろ、スネちゃったじゃないか

762 :sage:2007/06/23(土) 17:33:55 ID:h8gKOoMZ0
5年くらい前に読んだ、プチフラワーに載っていた少女漫画。
タイトルは忘れました、シリーズ物だった記憶。

昔の日本。戦かなにかから農夫ぽい男が妻と男の母親と逃げている。
嫁と姑の仲は最悪で、日ごろから悪口を言い合っているがこんな非常時にも
いちいちお互い口汚く罵り合っていて男はうんざりしている。

途中、池があってそこで一休みすることにする。
男がその池の水を飲むと池からものすごくでかい妖怪(池の主?)がでてきて
ものすごく怒ってる。
「神聖な水を飲んだ罰にお前を食ってやる」と言われ、必死で許しを請う男。
「それならばお前がいらない者を代わりに差し出せ」といわれる。
お互い必死に相手を選ばせようと男に言い寄る。
男にはお構いなしにお互いがお互いを食べられろと激しく責め合う。
最終的に妻がお腹に子どもがいると言い出し、それで男は決心する。
「母親を差し出す」
母親は必死に男に取りすがるが男は聞き入れず、ずっとうんざりしていただの
妻との生活の方が未来があるだの言い、妖怪に親を食べるよう告げる。
そのとたん妖怪は妻を捕らえ、食べてしまう。
腹が満たされた妖怪は池に戻る前に男にいう。
「これがお前の罰だ。いらない者とこのまま旅を続けるがいい」


763 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 17:52:07 ID:akThGWCi0
>>762
Sキングの「ライディング・ザ・ブレット」に似た話だな。

母親が倒れたという知らせを受けてヒッチハイクで病院に行こうとした男が乗った車は、
死神が運転していた。
死神は「お前か母親、どちらかの命を差し出せ」と迫り、男は母親の命を持っていけと答える。
ふと気づくと、男は死神の車をヒッチハイクした場所に立っていた。そこへ車がやってくるが、
もちろん普通の車。その後は何事もなく病院に着くが、母は・・・無事回復していた。
しかし男は、夢の中とはいえ、死神に母を差し出した人間として生きていくこととなった。


764 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 17:55:35 ID:Uu0bdz730
ひどい、池の妖怪ウソツキ!

765 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 17:58:10 ID:XLcI2rQA0
>>752
ネタがあるならどんどん投下していいと思うよ
自分が観てない(or読んでない)ものを紹介してくれるのはありがたい
そのためにこのスレに来てるしなww
でも、ひとつ言わせてもらうと(悪意は無いよ、気を悪くしないでくれ)
なんか君の文章では、あらすじのポイントがわかりにくいかな・・
少なからず、読んでる人の脳内補完を要する内容というか
(既に知ってる人達は無意識に抜けてるとこ補ってるのかも)
もうすこしわかりやすくお願いします


766 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 18:33:31 ID:YqchJseJ0
>>758>>765
ありがとう。とりあえず残り一個投下する。


ペンタグラム(映画)※サンダリアに少し似てます

そこでは、儀式のような殺人事件が多発していた。
その事件の担当刑事が主人公。
謎の女性の電話で、主人公は犯人を捕まえる。
再び女性から電話があり、犯人を死刑にしてはいけない
と告げられる。しかし、死刑は実行。
それから悪夢にうなされる主人公。
ある日、婦人警官が殺される。殺害方法は死刑になった
犯人と瓜二つ。
ついに電話の女性が主人公の前に現れる。
彼女は超能力者で、予知夢で全てを当てるという。
彼女は言う”犯人は霊魂として生きていて、他人にのり
移り殺人を続けている”と。
そして、主人公の前に現れる霊体の犯人。
超能力女と修道女の力を借り犯人を倒す主人公。
しかし、主人公は重傷を負ってしまう。
眠っている主人公を看病する超能力女。
主人公は目覚めると、超能力女に襲い掛かる。
ハッと目覚める超能力女、主人公は寝たままだった。
夢だったのだ。十字架をギュっと握り締める超能力女。

彼女の予知夢は全て当たる。

767 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 19:08:31 ID:7wIHWOXn0
>>747
グルメ評論家は、
「幸運だった、助かった」と喜んだのもつかのま、
女に殺されたっていうオチ?

768 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 19:13:54 ID:tAOqJ6IE0
>>767
女が救急車を呼んでくれたと思ってホッとしていたら、実は放置されてて、
散々苦しんだ挙句にあぼーん……ということじゃないだろうか。
多分、積極的に手は下していないと思う、この粗筋からすると。


769 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 19:20:12 ID:7wIHWOXn0
>>768
お、なるほど。
じわじわと後味悪いな…。
しかし、阿刀田高って人は、こういう短編ばかりなんだろうか?
長編は書かない人?

770 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 19:21:03 ID:Pnc1T2pN0
でも、死体を隠匿するなりなんなりの犯罪行為はしそうだな、目的からすると。

771 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 19:37:48 ID:n7BDQj8t0
阿刀田高はたまにうっかり泣ける話を書くから始末が悪い。

772 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 19:42:33 ID:pI+G3/f30
ミュージカル「ウエスト・サイド物語」のノヴェライズ版のラスト近く。

マリア(トニーが殺したプエルトリコ青年・ベルナルドの妹で、トニーの恋人)がチノ(ベルナルドの仲間)に殺されたと思い込んだトニーは、
チノに自分も殺してもらおうと、彼のいそうな所を探して回る。
エニボディズ(トニーの仲間)がトニーをかくまおうとするが、
それを振り切ったトニーの胸にチノの銃弾が食い込む。
意識が遠のく中、トニーはマリアが駆け寄ってくるのを目にするが、
確かめる間もなく絶命する。
(ミュージカル自体が「ロミオとジュリエット」等のシェイクスピア作品をパロディーにしているので、
ノヴェライズ版も「ロミオとジュリエット」風の描写になってるのだろうが、ミュージカルではマリアが生きているとはっきり認識した直後、トニーはチノの銃弾に倒れるというようになっている。)

ノヴェライズ版は、この後、チノとエニボディズの見守る中、
マリアがミュージカルの有名な台詞「どうやって撃つの? 弾はあと何発残ってるの? チノ、あなたの分は? それと、あなた(エニボディズ)の分は?」
「私達みんながトニーを殺したのよ。ベルナルドとリフ(トニーの仲間。ベルナルドに殺された)と私がトニーを殺したの!」
「あなた(チノ)を殺す弾と私の分の弾は残っている?」と叫んだ後、
ドク(トニーが働いていた薬局の親父)が近寄ってきて、
「一緒にトニーのお母さんの所へ行って知らせてあげよう。
お母さんには、トニーの恋人のあんたの慰めが必要なんだよ。」と声をかける。
そこで、それまでの話はおしまい、舞台となったニューヨークの描写と「人の世のすがた」に関するエピローグがつけられてジ・エンド。
ミュージカルのように銃声に驚いたジェット団(トニーやリフが所属していたグループ)とシャーク団(ベルナルドやチノのグループ)が飛び出してきて、それぞれのメンバーの何人かが、トニーの死体を運んでいくことで双方の和解を暗示するシーンも、それにかわる描写もなし。

ノヴェライズ版が消化不良なので、説明もこんな酷いものに。
いや、どうも、ごめんなすって。

773 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 19:48:05 ID:b437ZvW7O
いくら比較的メジャーなネタだからとはいえ、これまたずいぶんなのが来たな。

774 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 20:19:37 ID:Ae+XhJOR0
>>759
あなたの文章もチョイスも、とてもいいと思うし
いっぱい投下されるとうれしくなっちゃうから、
構わずこれからも書いてちょーだいね

775 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 21:24:33 ID:FlP2M/Xb0
ID:YqchJseJ0 さん

「割り込んだりして邪魔になるかな〜」と思ってレスは一段落してから書き込んでいますが、
ネタを豊富に提供してくれてとても有難いです。

776 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 21:24:50 ID:akThGWCi0
>>768-769
死ななかったら余計まずいんで恐らく殺したかと

777 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 21:29:21 ID:OEMa++5CO
携帯からとガイシュツだったらごめん。
昔にみた映画だからけっこうウロです。

ブラット・ピット主演の「セブン」

小さな街に妻と共に赴任してきた刑事ミルズ。
サマセット警部とペアになるも、怪事件に巻き込まれてゆく。

街では聖書にある七つの罪に準えた猟奇殺人事件が発生。

大食…椅子に被害者を縛り付け、銃で脅し食べさせ続ける。糞尿垂れ流しでもどしてもさらに食べさせ続け、太らせ、腹を蹴り破り殺害。

性欲…男の下肢にナイフのついた器具を装着し、銃で脅して女と性交させる。女は死亡。男は発狂して発見される。

狂った犯人により、次々と人が殺される中、妻が妊娠していることに気づく。
妻は事件に怯え、この街では産みたくないとサマセット警部に告白するが、宥められる。

一方、ミルズ刑事は事件の核心に迫ってゆく。
犯人と思われる男の家で、数々の証拠をあげる。
犯人逮捕直前まで行くが、深追いしすぎて重傷を負わされてしまう。
悔しさも手伝い、更に事件にのめり込むミルズ。

778 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 21:30:48 ID:OEMa++5CO
続きます。

犯人に目星をつけ、準備万端で現場に向かおうとするその時、血塗れの男がミルズに会いに来る。ミルズとサマセットは犯人を逮捕、男をを護送する。
「散々人をコケにしやがって!おまえの負けだよ」
ミルズの言葉に余裕の笑みを浮かべる男。
挑発すらする男に怒りを隠せないミルズ。

護送の途中で、なぜか宅配の車が護送車に近づいてくる。用心しながらも、荒野に車を止め、自分宛の小包を受け取り宅配業者を追い返すミルズ。
不審に思いながらも小包を開けると…そこには愛する妻の首が。

高笑いをする犯人の男。
ミルズはサマセットの制止も聞かず、笑みを浮かべたままの犯人を撃ち殺す。

END

779 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 22:37:08 ID:d7U2dyoi0
>>768-769
>>747のグルメ評論家の話に少し補足。題名は「運のいい男」
牡蠣を食べに行った村には、二軒の病院があった。
ひとつは田村病院。三階建ての立派な病院で入院施設もある。
もうひとつは山井医院。崩れ落ちそうなほど古く、訪ねる患者の気配もない。
主人公が村人に聞くと、山井医院の方は土地の者じゃないらしい。
夜中に牡蠣に当たった主人公は接待してくれた女性に付き添われ、迷わず田村病院へ行く。

そして病院では、村人たちが主人公の周りで笑顔で話している。
「うちの病院に来てくれてよかった。山井さんとこじゃ融通がきかない」
「○○(女性)さんはどこへも連絡しなかったしね」
「注射一本で…わけないね。急性の心不全て事にしておけばいいかな」
「ああ、それがいい」
「本当に運がよかった」

780 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 22:58:12 ID:Pnc1T2pN0
↓以下、地方批判になぜか主婦批判も交えた偏執的なレスがしばらく続く

781 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 23:03:20 ID:r9PT+DG80
牡蠣だいすきー

782 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 23:03:22 ID:2cC1XHd90
│    _、_
│  ヽ( ,_ノ`)ノ 残念私のおいなりさんだ
│ へノ   /  
└→ ω ノ
      >




783 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 23:26:08 ID:4JHPJQSw0
>>781
あーあ、やっちゃったね。
せっかく盛り上がってたスレッドなのに、
あんたのレスで台無しだよ。
なんでここで、そんなレスしかできないわけ?
空気読めないの?
だから君は駄目な奴だって言われてるんだよ。
わかってるの?
それにしても、もったいないなあ、
せっかくここまで育ったスレッドなのに。
ここまででおしまいかよ。
まあ、しかしやっちゃったものをしょうがない。
これからはもうちょっとマシなレスするように心がけろよ。
頼むぜ。


784 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 23:35:59 ID:0a2CnPSL0
>>782
いなりは寿司界の最底辺。
海苔巻きやちらしにも馬鹿にされている。
そのくせプライドだけはいっちょまえだからよけい笑える。
こないだ「おいいなり、焼きそばパン買ってこいよ」っていったら、
「さんをつけろよ。おいなりさんだろ」とか抜かしてやんの。
ハァ?一番安い折り詰めの開きスペースを埋めるのが仕事のくせに何抜かしてんの?
むかついたから油揚げ剥がしてやったら真っ白い体プルプルさせて涙目になってやんの。

785 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 00:34:36 ID:f9+e0QRYO
日テレドラマの新・星の金貨の最終回が後味悪かった
ちょっと内容うろ覚えだけど
主人公のまひるは耳と口がきけない少女。しかし一樹とゆう男性に会い2人は互いにひかれ合うようになり同棲することに
しかしやはり一樹の親や一樹のことを好きな女性から猛反対されまひるは故郷に帰るバスに乗り込む。追い掛けてきた一樹は車にひかれ意識不明の重体に
植物人間になるかいちかばちかをかけての大手術
場面は変わって頭に包帯を巻いた一樹をまひるが車椅子を押して手話で会話する2人
まひる『後悔してない?』
一樹は手術の後遺症で耳と口がきけなくなってしまっていた

786 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 00:41:55 ID:6kyjwcRx0
痩せ過ぎた男(映画)は知ってる?

俺も良く覚えてないけど

デブの主人公が、わけのわからん種族の奴にのろいをかけられて
どんどんやせていくんだが、途中でその種族の村を調べて
マフィアの友人に頼んで脅すみたいな事をして
やせていくのをとめる方法を聞きだすんだがその方法が、
その種族が作った特性アップルパイを誰かに食べさせる事でそれを食べた奴は死んでしまう。
主人公は、誰か死でもいい奴を探していたら、
妻の浮気が発覚。(疑ってて確信に変わるだったかも)
激怒した主人公は(でも、確か本当は主人公の思い違いだったかも。)
浮気相手(知り合い)を家に呼んで妻と浮気相手にそのアップルパイを
買ってきたから食べろと言う。疲れたので2階の自分の部屋で寝る主人公。
次の日起きたら、自分の大好きな娘がやってきて
「パパ昨日のアップルパイ凄く美味しかったよ。パパの分も残しているから一緒に食べようよ。」
と言う。絶望した主人公は、「そうだな。」
と言ってアップルパイを食べる。END。


すまん。良く覚えてないから間違ってると思う。

787 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 00:49:04 ID:bcRSGXRO0
>わけのわからん種族の奴にのろいをかけられて
違う。
主人公は妻にフェラさせながら車に乗っていて、そのせいで運転を誤って老婆をひき殺す。
コネを活用して無罪判決を勝ち取ったので、老婆の夫が主人公に呪いをかけた。

788 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 01:17:04 ID:NWPE8Aqd0
>>787
そうそう。
原作はスティーブン・キングの痩せゆく男。
ものすごくいやな奴だから、因果応報、自業自得でとても後味良かった。
とにかく自分のことしか考えてない、こずるい奴。
しかし唯一愛していたのが一粒種の娘だったわけ。
小気味いいっしょ。

789 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 01:18:05 ID:GAjT18Ty0
>>787
その老婆の夫が、ロマだがジプシーだかじゃなかった?
自分は映画じゃなくて、小説を随分と前に読んだけなんでうろ覚えだが。

790 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 01:35:13 ID:s93oC/Qc0
169 :名無しさん@八周年 :2007/06/21(木) 13:27:16 ID:66x2Twyh0
喫煙者自身が病気になろうが、死のうがどうでも良い

一昨日、仲むつまじかったお隣の老夫婦の奥さんが
肺ガンで亡くなった。
爺さんは重度のニコチン中毒患者
奥さんや娘、孫からタバコやめろと言われ続けたが
そんな言葉も何処吹く風

けど、副流煙で奥さんの肺は真っ黒&ボロボロになっていたようです
(娘さんが泣いて言ってました)
爺さんは奥さんが入院してから、もうだめだ、もうだめだ
と半ば半狂乱になっていたそうです
(入院してから一度も意識戻らず。1ヶ月ぐらいで亡くなりました)





で、お葬式
明るく元気にタバコを吸っている爺さんorz
入院の付き添いでタバコが吸えなくて半狂乱になっていたようでorz

タバコを吸っている人は、ネタじゃなくて本気で脳に障害が出るんじゃない
そう感じずにはいられない、日常の一コマでした



791 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 01:43:47 ID:FzO1PDI80
ライアーゲームは、もっと後味悪く終わって欲しかった。


792 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 01:48:41 ID:U15CAtC30
( ^ω^)・・・・・・・・・・・

793 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 01:49:00 ID:Nmb+nL0j0
>>790
本当は怖い家庭の医学
って番組の再現ドラマでも、同じような症例があったな。
ヘビースモーカーの旦那のせいで、まったく煙草を吸わない奥さんが病気になって、
亡くなるって話。

この番組の再現ドラマは、後味が悪いものが多い。

真面目で内向的でおとなしい中年サラリーマン、
仕事は激務でいつも疲れきっているが、
家庭に戻っても、妻は子供の中学受験のことで頭がいっぱい。
妻の口癖は、
「受験に失敗したらお父さんみたいになるわよ」
子供にかかりっきりの妻は、一切夫の世話はしない。
それどころか、悪態をつきまくる。
ストレスがたまる夫だが、
「受験が終わるまでの辛抱」と我慢している。
職場でも家庭でもストレスにさらされている夫の体は、実はボロボロ。
で、受験当日、親子面談のとき、
「あなた、今日ぐらいはしっかりしてくださいね。私たちの足をひっぱらないでね」
と、妻に強烈なプレッシャーをかけられ、夫のストレスは最高潮に。
緊張のためか、親子面談の途中で、居眠りをしてしまう。
怒り狂う、妻。冷たい視線の子供。
ただひたすら謝る夫。
が、次の瞬間、夫は倒れ……

病名は忘れたが、過度のストレスが引き起こした深刻な病気だった。
再現ドラマがよくできていて、
自分勝手な妻とその子供が、本当に憎らしかった。


794 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 01:52:20 ID:Nmb+nL0j0
補足。

>居眠りをしてしまう。

居眠りというか、気を失っている状態。
でも、傍からみたら、寝ているように見える。


795 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 02:01:20 ID:wOz90KPZ0
>>786
アップルパイじゃなかったような…ラズベリーとかそこらへん。

テレビで見たけれど、
・妻に食べさせて、一緒のベッドで就寝
・朝起きると妻はミイラ状態
・妻に何度かキスする男「これ以上は俺が危ないなw」(多分移るとかそんなんだと思う)
・寝室から出て娘に会う娘「パパ冷蔵庫のパイ食べたよ〜云々」男呆然
・妻の浮気相手?が尋ねて来る
・男「お茶を入れるよ」と招き入れて扉閉める

終了

小説はもっと長いの?

796 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 02:01:26 ID:In7JpK2Q0
>>729
くだらん
もし事実ならこんなところに書く神経を疑う
氏ね

797 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 02:17:47 ID:SL+nEAhdO
>>786-788
へええ、そんな結末だったんだ。
主人公にまったく感情移入できなくて途中で読むのをやめたから
わりとスッキリした終わり方に思える。
でも娘さんは可哀相だな。

798 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 02:20:15 ID:zi6OAxUz0
>>793
あの手の番組を信じるのはどうかと…
あるあると同レベルの番組だしさ。

799 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 02:26:47 ID:36dpRvZTO
亀レス
>>729がネタだとしても、なんか叩き方酷くね?
おまいらライアーゲーム観た?

800 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 02:29:08 ID:yuBvxQNf0
>>798
あれは、信じるとか信じないとか、そういう番組か?
再現ドラマは、「こういうこともあるかも」という仮定で作られているだけだし。




801 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 02:48:11 ID:1cYeImpE0
>>800みたいに見ることができればいいんだけど、
中には実話だと思って神経質になってしまう人もいるんじゃないかな。

802 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 02:54:18 ID:O5baTS+v0
>>801
ないない。

803 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 03:01:00 ID:1cYeImpE0
そんな馬鹿な奴はいないって?なら安心。

804 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 03:01:20 ID:yuBvxQNf0
そういえば、家庭の医学とかその手の本に載っている患者の写真って、
本人にちゃんと承諾して掲載しているの?
友人がなんかの病気で大学病院に行ったとき、
学生たちが大勢見学しているわ、写真を撮られるわで、
ものすごく後味悪かったと言っていたけど。

805 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 03:06:43 ID:yxbDloKc0
>>795
苺のパイね。
轢き殺したお婆さんが、呪いをかけたジプシー長老・レムキの娘って知らされる
シーンが衝撃だったなァ(映画・原作とも)。
小説は「前の晩に娘と妻はパイを食べたのだろう」、と主人公が想像して自分の分のパイを口に入れるところで、終わってる。
パイを食べた人は、どんな風にとか何時間後に死ぬのかどうかは不明(奥さんはまだ熟睡中、娘は外出?)。

806 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 03:07:04 ID:lDtAo8Wr0
生存者は知らんが
奇形児とかは寄贈?してくれないかと言われることがあるらしいよ

807 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 03:11:23 ID:pNOZxWKx0
ドラマのエピソード。ムコ殿(第1期の方)。
上手くまとめられないんだけど、母親が物凄くドキュソな回があった。

医療関係の仕事をしてる女性は息子がいるけど、その子は人工授精で作った子。
第一話から「人工授精の何がいけないの!」と自分の父に言ったりしてもちろん
息子にもそう教えていた。(息子は小学4年くらいだった)
あるとき息子が学校で家族絵を書く事になってどうして父親が居ないと聞くけど
「ちゃんと話したでしょ?貴方はママが人工授精で作ったの。だからパパは居ないの。」
と答える。

けど、色々あってその後ちゃんと父親となった男性が居ると判明。
彼が外国留学する時に「彼の荷物になりたくない。」と思って彼の為を思って別れていた。
(ただし彼は女性のその気持ちを知らずに遠距離恋愛になるので振られたと思ってる)
つまり人工授精云々は彼女の真っ赤な嘘。

色んな人に説得されたりでもう1回彼に会ってやり直そうとする。
いざ彼に会おうとするが、その時子供を連れた女性が彼の近くに・・・。
彼は外国の留学先で知り合った女性と結婚して子供が居た。

その後彼女は家族に慰められて「よかったね」みたいに終わるんだけど、子供の立場は?
フォロー全く無しの上しかも元彼の子も男の子で女の方の子供と同じくらいの年齢。
なんだこのドキュソ母親。お前よりもっと息子のが悲劇だよ・・・。
この子母親どころか人間不信になっても可笑しくないぞ。
救いはその後作品内で真っ直ぐな少年にこの子が育ってくれたくらいだが・・・。
それにしてもドキュソ母親一人のせいで後味最悪だった。

808 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 03:19:24 ID:In7JpK2Q0
大人になったらドキュソ母親を毎日半殺しにすればいいんじゃないか?
今も母親が息子を虐待してるの多いけど
息子が大きくなればどうなるのかわからんのかな?

809 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 03:21:52 ID:AiH05RXKO
うむ。確かに大量に殺した方がいいな。
むしろ、絶滅させなきゃね。

810 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 03:35:08 ID:Noh9KZDyO
息子もロクな育ち方しないだろうから共倒れ希望

811 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 03:40:54 ID:In7JpK2Q0
>>810
確かにそうだねw

812 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 04:07:54 ID:AL8nvwOB0
>フォロー全く無しの上しかも元彼の子も男の子で女の方の子供と同じくらいの年齢。
>なんだこのドキュソ母親。
それを母親のせいにするのはどうかと思う。
同時期に種付けしたのは父親だろう。

813 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 04:12:40 ID:uooaocpf0
>>777
補足

犯人「ジョン・ドゥー(「身元不明の死人」の意味)」は
幸福なミルズの家庭を知り
ミルズの奥さんを殺すことで
自分を7つの大罪のひとつ「嫉妬」になぞらえ
さらに その事実を知ったミルズを同じく「憤怒」にし
(そのために 奥さんを殺して生首を宅配するだけでなく
 彼女の最後の様子を描写してみせる
 「お腹に子供が居るから許して」と言ったと
 妻の妊娠のことはミルズはまだ知らなかった)
ミルズに殺されることで
自分の犯罪を完成させようとするんだよ
(彼の目的:7つの大罪になぞらえて7人を殺すことで
 この狂った世界の「贖罪」を目指した)

つまり「ミルズに殺される」のはジョン自身の望みなわけ
ミルズはそれを全て悟り ジョンを撃ち殺すのをためらい
葛藤し そして諦めて
「オーケイ お前の勝ちだ」
って言って ジョンを撃ち殺す
ジョンの目的は ミルズの手によって成就される

814 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 04:28:06 ID:uooaocpf0
補足だけじゃ何なので
前にラジオドラマで聞いた「アリスとテレスとお月様」って話

アリスとテレスはとても仲のよいカップル
でもテレスはアリスの掌に乗れるほど小さい男の子で
アリスはそれだけを残念に思ってる

ある日
アリスは「何でも願いを叶えてくれる魔法使い」の噂を聞く
アリスは苦労して魔法使いを探し出し
「テレスを普通の大きさにしてください」と頼む
魔法使いは首を横に振り
「純粋にあなた自身のための願いでなければ叶わない」と答える
アリスは落胆するが
「同じくらい素晴らしい願い」を思いつき それは叶う

翌日 いつもの公園で アリスはテレスと待ち合わせる
息せき切って約束のベンチにやってきたテレスは
「あれ?アリスの奴 まだ来てないのか
 魔法使いに頼んで普通の大きさにしてもらった僕を見たら
 アリスの奴 びっくりするぞ」
と呟く

可哀想なアリスは
「わたしはここにいるわ」
と言う一言を言うことすら出来ず
ベンチの下で
テレスの巨大な靴を見ながらすすり泣いていた

815 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 04:47:53 ID:yxbDloKc0
>>769
阿刀田さんは長編も少しは書きます(新聞連載もしたことがある)。
短編ほど後味は悪くないです。
生産中止作品も大量にあるでしょうが…。


816 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 05:43:15 ID:NZcKXz6W0
>>813
補足をありがとう。
後味が悪くなる一番の肝のところが書かれていなかったので、
もやもやしていた。

817 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 08:21:53 ID:YUQL49Mg0
>>813
憤怒のミルズが殺されてないから、7つの大罪を犯した奴を殺すというルールが成立してないじゃんといつも思うんだよな。

818 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 08:55:24 ID:PPwBA6UA0
>>814
寺山修司で似たよな話があった。

3つの願いを叶えてくれる物を手に入れた男が「鳥になりたい」と願う。
事情を知らない恋人は、突然鳥になった男を見て悲しみ「彼が鳥になって
しまったのなら、私も鳥になりたい」と呟く。
しかし、彼女の悲しみを見て慌てた男が「人間に戻りたい」と願ってしまっ
たため、彼女は鳥のまま、男は人間に戻り、魔法は空っぽになった。


こういう間抜けにすれ違う系の話は読んでて微妙に苛つく。
お前らもちっと落ち着けと怒鳴りつけてやりたい。

819 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 09:05:52 ID:NWPE8Aqd0
>>818
最後の行ものすごく同意。
子供の頃から、三つの願い系が後味悪さの軽いトラウマになってる
人間は多そうだ。

820 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 09:18:04 ID:tc0yfnlu0
どうやったらたくさんの願いがかなえられるか
トラウマって言うより、その手段を考えることに翻弄され、
話の意味なんてほとんど考えていないんだよね。
伝えたいこと伝わらないよい例だ。

821 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 09:53:25 ID:uPi6n79r0
>>814の話も寺山修司なんじゃない?
よくアリスとテレスって名前使ってたし。

普通の3つの願いの話は「欲をかくと碌な事になりません。」って教訓だけど、
寺山修司に限っては純粋に「お互いがものすごく相手を求めてるのに、
完全にすれ違い続けるその哀れな姿」こそが書きたかったんだと思うよ。

あの人は母親がちょっと問題ある人だったから、
母親に捨てられた恨み言と、母親を必死で捨てて逃げようとする話ばかり延々書いてた。
母親に捨てられて必死で追いかけて、母親にすがられて必死で逃げながら、
「どうして僕を捨てたんですか、お母さん!」ってわめいてるような。
そういう状態の童話的表現なんじゃないかなあと思う。

822 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 13:09:49 ID:smwCdrct0
>>814
これって寺山修二の、「赤い糸で縫いとじられた物語」のひとつじゃない?
あの短編集って、どれも後味の悪い話ばかり。
要約して紹介したいけど、文才がないので他に譲ります。ゴメン

823 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 13:10:55 ID:xX7bhJE+0
友達から聞いた話なんだけど・・

友達のおばさんっていう人がアジアとかインドとかいつも旅する人でさ、
3ヶ月ぶり位に中東から帰って来たんだけど、すごく痩せて帰って来たんだって。

帰ってきてから、なんか調味料みたいなのを「おいしいから」って言って料理に使うんだけど、
なんか生臭い匂いがするから、みんな食べないし、「もう使わないでくれ」って言われて
使わなくなった。

ある日おばさんがカレーを作っていて、「カレーならみんな食べてくれるだろう」って思って
使ったんだって。

カレーだから、みんな気づかないで食べはじめたんだけど、
少ししてみんなスプーンを止めてしまって・・・その後家族が

「このカレー、すごい後味悪い・・・」って言ったんだって・・・

824 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 13:19:09 ID:QHAQNdhjO
>>823

(;゜д°)ハア?

825 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 13:27:54 ID:EZalo9rW0
確かに後味は悪いが、なんかちなう(´・ω・`)

826 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 13:35:36 ID:wCZiV9um0
パイナップルにマヨネーズかけて食ってみろよ
スゲー後味悪いから

827 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 14:06:31 ID:dxZAnYdO0
カレーに板チョコ(甘さ控えめのビターチョコ)
入れると美味しいよ。

828 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 14:08:04 ID:UfaWQ12L0
もういいから。

829 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 14:15:47 ID:21/CgusM0
>「年金記録ない」30年支給拒まれ500万円時効に…兵庫
>兵庫県豊岡市の女性(90)が、戦中から戦後にかけて会社勤めをした際に加入していた厚生年金を受給しようと、
>約30年前に豊岡社会保険事務所に申請したものの、「記録がない」と支給を拒まれ、昨年になって加入記録が
>見つかっていたことが分かった。
>女性は最近5年分約150万円を受け取ったが、残る24年分約500万円は時効で受給できずにいる。
>女性は事務所に記録漏れを再三訴えたといい、社会保険庁関係者は、窓口の職員が必要な確認作業を
>怠ってきた可能性を指摘している。
>四男は「まさか国が間違うとは考えず、母の気が済むならと何度も一緒に事務所に足を運んだ。
>母を本気で信じていれば、厳しく確認を求め、早く記録を見つけることができたはず」と悔やんでいる。
ttp://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070624i301.htm

30年前から訴え続けて昨年いきなり「記録が見つかった」ってことは、
昨年から今の状態がうすうすわかってて記録出してきたんじゃないのか、とか
ずっと訴えていたのにスルーされていて、それで500万は時効って何だそれ、とか
母親の勘違いだ、ボケてんじゃね?くらいにスルーしていた子供が事実を知った気持ち、とか
国に馬鹿にされ、子供にも信じてもらえず真面目に生きてきた母親の気持ち、とか考えるほど後味が悪い。

830 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 14:51:03 ID:Noh9KZDyO
日本どうなるんだよ

831 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 15:00:33 ID:YaLuVPa70
ノンマルトの使者
ttp://home2.highway.ne.jp/hisanaga/seven/U_Seven5.html
ttp://www2.u-netsurf.ne.jp/~okhr/sight7/page42.htm

怪獣使いと少年
ttp://www6.tok2.com/home2/macstation/sinman33.html
ttp://www5f.biglobe.ne.jp/~yaskazu/kaijuutukaitosyounen.html

どれも外部リンクですまん。どっちもウルトラマンの話。
知ってる人も多いと思うが、知らない人はぜひ。
怪獣使いと少年はリアルタイムで見てたけど、本当に胸糞悪かった。

832 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 15:09:14 ID:lW3sf17Y0
>>830
暴動か戦争
北京オリンピック終わったあたりがやばい

833 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 15:41:17 ID:FKDE9SdM0
オウム信者だった!浅尾美和選手の母
http://widegeinou.blog39.fc2.com/blog-entry-1073.html

ひいた

834 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 15:56:45 ID:gFcz4p0R0
>>831
セブンはペロリンガ星人の話が後味悪かったな
周りの人の手のひらの返しようが怖かった

835 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 16:09:44 ID:b3B0S+x20
>812
彼氏の奥さんは外国にってから知り合った女性らしい。
彼氏は母親の方に遠距離になるのでそれが嫌で振られたと思ってる。
なので普通に振られたと思ってるのでそれから外国で新しく知り合った女性と
結婚して付き合ったらしいので二股とかではない。
外国で新しい恋をみつけたんだろ。

・・・彼氏は普通に振られたと思ってた女が実は自分の子産んでました状態なんだよな。
作品内だと普通にいい人っぽかったし彼氏的にも後味悪いわ。

836 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 16:37:51 ID:9Zx2Dfjq0
>>834
その話、書いてもらえるかな?

837 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 17:13:40 ID:HQJ2ylBD0
>>793見て思い出した。
これも本当は怖い家庭の医学の再現ドラマから。

主人公は確か50台のサラリーマンのおっちゃん。
健康診断で血液がどろどろでこのままだと脳の血管が詰まって早死にしますよ、と言われ、通院開始。
薬を飲むだけではなく、生活習慣も見直して油ものを控え、血液をサラサラにする効果の
ある食事を摂るようになった。
健康的な生活をするようになって、だんだん調子がよくなってきたなー、とか言ってる矢先、
おっちゃんがトイレで倒れているのが発見される。(そのまま亡くなったか持ち直したかは忘れた。)
原因は脳血管の破裂。あんなに気をつけていたのに・・・と不振がる家族。
実は、処方されていた薬は出来かけている血栓を溶かすための強い薬だった。
そんな薬を飲んでいるのにさらに血液をサラサラにする食べ物ばっかり食べていたせいで、
血管の壁が薄くなってしまい、トイレでふんばった拍子に破けてしまったのだった。

健康的な食生活でもやりすぎはだめだよー、とか飲んでる薬がどんなのなのかちゃんと把握
しておくべきとか、食生活も医者に相談しろとかそんな結論だったかな。

書いた内容だけだとお間抜けな感じだけど、おっちゃんの家族が >>793 のパターンと違って、
すごく仲がよくて、おっちゃんの体調の改善のためにすごく協力的だったんだ。
お父さん、早く元気になってねって感じで毎朝グレープフルーツ絞ったジュースを作ってあげたり
とか、脂っこくなくても満足できるようなメニュー考えたりとか。
そんな家族愛が裏目に出て・・・ってのがすごく後味悪かった。

838 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 17:26:51 ID:46C/uomi0
>>817
それは解釈の違い。ミルズは妻も生まれてくるはずだった子供も殺され、しかも犯人の
思惑通りの行動で、犯人を殺し、刑事という社会的地位も失ってしまった。
ある意味「生きながら死んでいる状態」になってしまったので、七つの大罪は達成されたといえる。

839 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 17:33:11 ID:Noh9KZDyO
本当は恐い家庭の医学ってこのスレ的に粒揃いなんだな
おもいっきりテレビみたいなジジババ向けの番組だと思ってた

840 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 18:39:21 ID:IVg5mDRJ0
なんたって自称「医学ホラー番組」だからな

841 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 19:37:58 ID:QHAQNdhjO
>>835

(;°д゜)ハア?

842 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 20:17:06 ID:xu8iDSto0
>835
とにかく中田氏したんでしょ〜言いたいのか?
男が避妊したつもりでも女が隠れて妊娠する手段は多々あるだろうが

843 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 21:54:10 ID:xpDXV5t7O
落ち着いてレスを読むといいよ
無駄な争いしてる

844 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 21:54:55 ID:uQd0Y5jE0
>>807,835が何に憤ってるのかわからん。

845 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 22:00:41 ID:HXn1yLbW0
>807 「ほんとバカ母」
>812 「女ばかり責めないで 彼氏だって悪いでしょ」
>835 「彼氏は騙されていただけで責められる点はない」
>841 「はあ〜?」
>842 「女がゴムに穴開けとくとかあるよな」

846 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 00:34:44 ID:a0/xo3XxO
もうこの手の話はうんざりくるわけだが
おまえらファビョりすぎだ

847 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 00:37:06 ID:Y1b6jk+G0
>>837
本当は怖い家庭の医学繋がり。
レギュラー化する前にスペシャル番組として放送されてたやつ。
細かいところはうろ覚えなんだが、女子高生が段々と腰の痛みを感じるようになる。
湿布やらなんやら貼るんだがちっとも良くならず、ついには痛みで眠れなくなり、立てなくなる。
ある夜母親が女子高生のものすごい叫び声で目を覚まし、女子高生の元へ行こうとベッドを下りようとするとなんとそこには床に這いずり泣きながら絶叫する女子高生が。
「痛い!痛い痛い痛い痛いよおおおおおお!!!!!!お母さあああああああん!!!!!!」

結局ヘルニアの進行したやつみたいなもんだったんだけど、はっきり言ってものすごいホラーだった。助かったか死んだか寝たきりになったかは忘れたけど、確かこれはレギュラー放送と違って後日談が無かった。

848 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 01:14:32 ID:qDCzy0gQ0
そう言われてみればあの番組、再現VTRにえらく気合い入れてるような気がする。
すげー脚色してるんだろうから、内容がどこまで正確なのかは知らんが。
俺も思い出して書いてみる。うろ覚えもいいとこなんで、誰か補完お願いします。

各所で講演活動に飛び回っている女性活動家。このごろやたらとトイレが近い。
歳のせいだと片付けて仕事を続けるうち、徐々に尿の頻度が増えてゆく。
なぜか、水を目にすると尿意を催してしまうようだ……。
そしてある日。講演の直前に生け垣へ水やりされているのを見て急激に排尿衝動が湧き上がり
慌ててトイレに駆け込む。これが病からの最終警告だった。
大盛況の中で講演を終える女性。そのとき突如として水やりの光景がフラッシュバックし、
こらえきれず壇上で放尿。唖然とする観衆と女性。

これはガンとか炎症とかではなくて、最近認知され始めた原因不明の病気。
その後、女性はこの病気についても講演するようになったという。
あなたもお気をつけくださいね、ってな感じで終わりだったと思う。

年配の女性が壇上で粗相をした上、その原因がよくわからない病気だという後味の悪さ。

849 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 01:23:42 ID:flj6xnPA0
衆人環視の壇上で放尿、に萌えたのは俺だけか。

あ、でも年配なのか…。

850 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 01:54:34 ID:h4iMP0JE0
女性活動家を眼鏡の似合うかわいいJK生徒会長、
講演を生徒総会(もしくは全校集会)に
脳内変換して興奮した俺は負け組

851 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 01:55:00 ID:9C3GSY+U0
>>848

なに、その原因不明の病気って…
精神的なものなんだろうか?
急行に乗ると下痢になってしまう人みたく。

852 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 02:00:53 ID:aFhhlnEq0
やっぱオカ的に解釈するべきだろうな。

853 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 02:05:29 ID:bVi2fzFe0
>あなたもお気をつけくださいね、ってな感じで終わりだったと思う。

どう気をつければいいんだ…。

>>837
健康のためによいといわれていることを一生懸命やったおかげで
かえって病気を引き起こすっていうのはよくあるよね。

最近では、過度な日焼けは危ないってことになっているけれど、
ちょっと前までは、どんどん日焼けしなさいって国が奨励していたものだ。
小中学校のとき「健康のため」とばんばん肌を焼いて、今では染みだらけになっちゃったよ。
後味悪い…。
母子手帳にも、
「赤ちゃんを日に当てる」という項目があったそうだ。
今では削除されているけれど。


854 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 02:15:43 ID:wnekd3as0
>>851
この病気かどうかは不明だが
雨が降ると、尿意を覚えたり、海とか川とか
とにかく水があるところに行くと、ひっきりなしにトイレいかないと
駄目な人なら、どっかのブログで昔みたよーな…。

855 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 02:20:53 ID:reNESpwUO
俺は風呂に入る直前にちゃんとトイレ行くんだけど、シャワー浴びてると絶対オシッコしたくなる…

856 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 03:10:05 ID:6lSfMhkZ0
ありとあらゆるチューブに繋がれ、
殆ど意識のない状態で、
愛するひとの名も呼べず、
その顔を見ることすらままならず、
訳のわからぬまま意識だけが遠退き、
病院のベッドで死んでゆく、
これが殆どの日本人の最期

857 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 03:45:21 ID:IOpWfbU00 ?2BP(71)
>853
昔は栄養状態が悪かったから、日光に当たらないとくる病になる恐れがあったからな。

858 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 04:50:14 ID:Zpnp4pav0
中国の昔話みたいなの。
詳細は忘れてしまったのでタイトルも分かりませんが。

あるところに良く出来て器量も気立てもいい妹と駄目な兄が居た。
母子家庭だけど母親は何故か出来の悪い兄の方ばかり可愛がってる。
学校に行きたいといった時も兄は行かせて、妹の時はそんな余裕は無いと言って
妹も家の経済状態を知っていたので断念。
けど、兄はそんな中で学校に行ったのに悪い仲間と付き合って借金までして
学校が合わなかったといって帰ってくる。
そんな兄を一言も責めないで「貴方に合う事がきっとある」と言う母親。
その後兄はニート状態。母親が働いて妹が家事。兄は一切手伝わない。

そんなある日、妹に頼み事をする兄。
「心を入れ替える。まずは借金を何とかしたいんだ。信用できる先生に相談して
 その人から借りたお金でとりあえず借金を返そうと思う。
 その人はきっと力になってくれる。お前も一緒に来てその先生に頼んでくれないか?」
やっと心を入れ替えてくれたのだと思って私も力になるといって兄の用意した籠にのる妹。
が、それは兄の真っ赤な嘘。籠を持ってる二人も兄とグルで妹を遊郭に売り飛ばす気だったのだ。

859 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 04:51:20 ID:Zpnp4pav0
しかし色々あってその途中で土地を治める貴族のような青年に助けられた妹。
一方行方不明の妹はどうしたのだと聞く母親と知らないととぼける兄。
が、その貴族の使いが来て兄のした事が母親の前で暴露される。
兄は処刑されたか逃げようとして死んだかで、とにかく死亡した。

助けてくれた貴族の青年と結婚した妹は母親を呼び寄せて一緒にくらす。
が、母親はそれでも兄の事ばかり。「可愛そうな子だった…」「悪い仲間のせいで…」…。
妹を遊郭に売り飛ばそうとした事など全部知ったのに妹には一切同情の言葉もなし。
近所の人も「娘さんがあんなによくしてくれてるのに…」といって噂してる。

そしてここで完。

・・・妹が可愛そう過ぎるんですが。
母親が冷たすぎるのでてっきり実の子供じゃないのかと思ったりしたがそんな事も無かった。
ラストまで母親が一切自分の娘に愛情のカケラも見せないし。
とりあえず娘はいい男と結婚できたからそれが救いなんだろうが・・・。

860 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 06:25:38 ID:reNESpwUO
なんか中国って本当気持ち悪い国だよな…

861 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 06:26:24 ID:5vaFzyOP0
>>858-859
それ、藤田あつ子(レディコミ作家)がイソップの作品(私も元の話は忘れてしまいました)
を中国風に仕立てたやつだね。

藤田さんの漫画は因果応報とか自業自得とかいった言葉がよく似合うと思いきや、
現代日本を舞台にした作品では必ずしも当てはまるわけではないので、別の意味で後味が悪いと思うことがあるよ。

862 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 08:37:12 ID:rokd6Dax0
>>774>>775
ありがとうございます。
一応続けます。
軽めのやつ

雑誌かなんかで見たショートショート

神社でお参りするカップル。
一所懸命祈願する男。
女はお願いの内容を尋ねる。
「君の願いが叶いますように」
男は答える。「君は?」聞き返す男。
答えない女。
数週間後、二人は別れた。
二人の願いが通じたのだろう。

863 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 10:28:21 ID:rokd6Dax0
また阿刀田高

主人公は、サラリーマンの妻。
夫の後輩の、重役昇進+海外赴任の為の送迎会に行っている。
夫も出世しているほうだが、後輩にはかなわない。
理由はわかっている。以前社長からアプローチとうけ、それを断ったからだ。
そして、後輩が大出世をしている理由も予想がついている。
後輩は単身赴任、そういうことだ。
帰り道、後輩の妻と同席になる。
皮肉を言っても、泰然自若の後輩の妻。
その態度に”あなた社長といいお友達ですってね”と、ついに後輩の妻と
社長との関係を匂わす発言をする。
ハッとする後輩の妻、してやったりの主人公。
しかし後輩の妻は、帰り際に主人公にこう返す。

「あなたのご主人も、社長の奥様と”いいお友達”なんですってね」

864 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 10:59:47 ID:emO0UkqE0
阿刀田高で言えばこの話が俺的には気持ち悪い
題名忘れたけど

・・・・・・・
男が女をラブホテルに連れ込む
不倫かなんか そう言う関係らしい
(後ろめたい関係であるような描写あり)
「サンフラワー」だかそんな名前のホテルで
周りにはヒマワリが咲き乱れている

女がシャワーを浴びにゆく
それを待つ男が 何気なく窓から外を見下ろす

一面のヒマワリの花 ひとつひとつの中心に
ひとつずつ女の顔がついていて
それが一斉に じろり と男を見上げる

865 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 11:00:57 ID:6qeKHHtx0
>>863
旦那が社長と「いいお友達」なのかと期待していた・・・

866 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 11:06:48 ID:bPI8dRqS0
>>847
ほんとにあれはホラーだったよね。
娘の叫び声ってあったっけ?
私の記憶では、夜中に何かの気配を感じてふと目を開く母親。
目に映ったのは、薄暗い中ものすごい形相の娘の顔のアップ。
母親も見てた私も一瞬「ヒッ」ってなった。

867 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 11:06:55 ID:0ZwFMU7Y0
>>864
想像して鳥肌立った。
後味じゃなくて、単純に気持ち悪い話だな。

868 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 11:06:58 ID:emO0UkqE0
これも阿刀田高だったかも

・・・・・・・
ある男が妻をほっぽって不倫旅行に出かける
1週間たって帰宅
さすがに怒ってるだろうと ビクビクしながら家に入ると
「お帰りなさい 遅かったのね」と平常な妻の声
バレてないのか とホッとして 声のしたリビングに入ってゆく

「お食事の支度 出来てますよ」
と笑顔で言う妻の前には
1週間前の食事がぶじゅぶじゅに腐って並んでいた

869 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 11:33:28 ID:/MyDmTWc0
>>856
俳優の笠智秋の亡くなった時の話を思い出した。
病院で「家に帰りたい、畳の上で死にたい」って何回も
繰り返し言ってたらしい。
そういう話は誰の話でも悲しいけど
笠さんがそういう風に言ってる姿を
思い浮かべると一層切ない・・ってスレ違いゴメン

870 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 11:38:38 ID:rokd6Dax0
後味というか気持ち悪い話

金魚を飼う男

主人公は連続殺人犯。
女性を殺害すると、女性器を切り取りこう呟く。
「これが金魚になるなんてなぁ」
水槽に落とすと、不思議なことにそれは金魚になった。
男は金魚を飼う趣味をもっていた。
ある日、一人の女性をターゲットにする。
ホテルに連れ込んだまではいいが、気がつくと
首にネクタイが・・・
殺される主人公。
主人公の死体をみながら女はこう呟く。
「これが泥鰌になるなんて」
女は泥鰌を飼う趣味をもっていた。

871 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 11:39:51 ID:ieOLqNyf0
>>777
今、気が付いたけど
777だけに「セブン」とは、気が利いてるねw

872 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 12:01:36 ID:rokd6Dax0
>>871ほんとだ

似たもの夫婦

主人公は幼い兄弟。
兄はしけたビスケットをみつける、中には5枚。
弟と2枚ずつ分け、残り1枚は半分にする。
少しは、おなかの足しにはなるだろう。
時計は夜の11時を回っている、両親は帰ってこない。
冷蔵庫のものはあらかた食べた。
もう、しけたビスケットしかない。
弟に聞く「おかあさんはなにか言ってなかったか?」
「そういえば、”あなたたちは、お母さんがいなくなっても
大丈夫よね?”って言ってた」答える弟。
兄は思い出す”おとうさんもそんなことを言っていた”ことを。
幼い兄弟は知らない。二人の両親が凄く仲が悪いという事を、
そして同時に同じ事を考え、行動することを・・・
夜はふけていく、両親は二度と戻らない。

どちらも阿刀田高。

873 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 12:21:07 ID:ieOLqNyf0
>>872
文章の書き方一つで
ちょっとした出来事が、ぐっと後味悪くなってるな。

さすがはプロだね。

874 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 12:48:01 ID:wsdRUaa20
>>857
それ、どんだけ昔なんだよ
おれが子供のときも、日焼けは健康のためと言われていた。
そんな昔じゃないぞ。
そういえば、牛乳。
お腹が痛くなるからどうしても飲みたくなかったんだが、
無理やり飲まされていて、そのたびに下痢ってた。
辛い日々だったが、
日本人は牛乳を分解する機能がほとんどないため、
牛乳を飲んでもあまり効果がないとかなんとか。
それどころか、
世界一牛乳を飲んでいる北欧のどっかの国では、世界一骨粗しょう症の発生率が多いとも聞いたぞ。
逆効果なのか?


875 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 13:00:27 ID:AuEQ4ob70
アメリカ映画「砂と霧の家」

ジェニファーコネリー…夫に去られ、半鬱&アル中状態で数万の税金滞納を気づかないまま、
父の残した唯一の財産の「家」を役所に抵当に取られてしまう。
しかし税金滞納は役所の勘違いだとわかったときには遅く家は競売に出されていた。

ベンキングスレー…アラブ地方の軍の偉いさんだったが妻子とアメリカに亡命、
肉体労働で稼ぐ貧しい生活。家族には虚勢を張ってがんばっている。
アラブ時代の別荘を思わせるジェニファーの「家」が競売に出ているのを見かけて購入、
転売目的でもあるが家族とひとまずそこに落ち着く。

ジェニファーは役所に抗議しつつベン家族に出て行ってくれるよう頼むがベンも譲らない。
とうとう精神的にズタボロになってある晩自殺未遂を起こし、ベン家族に介抱される。
そして話合い、ベン妻の意見もあって、ベンは家を返すことに同意する。
そしてジェニファーが寝たあと、以前からジェニファーと交際して協力的だった
若い警官が誤解してやってきて、怒ってベン一家に怒鳴り込む。
そしてジェニファーが寝ている間にベン父子を拳銃で脅して役所に連れて行き
「家」返還の手続きをさせようとするが
役所前でスキを見て逃げようとした息子を撃ち殺してしまう。

息子が死に、呆然と「家」に戻るベン。
妻に致死量の睡眠薬を入れた茶を勧め、妻もわかってそうな感じでそれを飲み妻死亡。
死んだ妻とベッドに並んで寝て、軍の正装をして頭からビニール袋をかぶり自殺。
-------

とにかく若い警官がいなければうまくいきそうだったのにって話だった

876 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 13:08:49 ID:rokd6Dax0
>>874
乳糖不耐症かも。俺もそうだったんで、給食の牛乳飲まなかった。


877 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 14:11:05 ID:x5Ryz8kh0
>>874
日本人の乳糖消化率は15%。インドだと3%。
スエーデンだったかノルウェーだったかが99%。

でも北欧の骨粗しょう症の発生率の高さは、
高緯度にありがちな、日光によるビタミンDの生成不足だったような…
何しろ、カルシュウムを摂取しても、
ビタミンDが少ないと上手く活用出来ないから。

牛乳は飲まないよりは、飲んだほうがいい。

878 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 14:16:02 ID:ieOLqNyf0
人間なのに、牛さんのお乳を飲むってのも
よく考えたら変な話だな〜って思う

879 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 14:19:05 ID:HGWOuCCeO
>>878
そっか?
だからといって人間のおっぱいは生理的に受け付けないしねw

880 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 14:19:50 ID:73AZYzYk0
>861
藤田あつ子の漫画は後味悪いのがけっこうあるね。

タイトル忘れたけど、確か清朝時代の話。
都を騒がせた女盗賊が捕まり、ある役人の家で取り調べを受ける事になった。
女盗賊は実は役人の元妻。
役人には新しい妻もいるし、生まれたばかりの男の子もいる。
後妻は、元妻が美しいので動揺するが跡継ぎを生んだのは自分だ、と気を取り直す。

元妻は絶世の美女だった。しかし孤児で後盾もなく、
役人の母親は事あるごとに彼女を虐待、優しいが気弱な役人は母に逆らえない。
内気な彼女は泣いて耐えるばかりだった。
やがて「子供が生めない女は不要」と無一文で婚家から追い出される。

『頼る者のいない女が一人で生きるためには、どんな汚いことだってしなくてはいけなかった』
と思う女盗賊。能天気な役人は、
「おまえは昔と変わらず美しい」などと言って未練たらたらだ。
後妻は、女盗賊があまりにも美しくたおやかなので、つい赤ん坊を抱かせてしまう。

実はこの漫画は、盗賊団が富豪の家に押し入るシーから始まっている。
皆殺しにされる一家・使用人。
だが泣き叫ぶ赤ん坊だけは、さすがの盗賊たちも殺せない。
しかし盗賊団の首領=女盗賊は平然と赤ん坊を短刀で刺殺する。

役人の息子を抱いた女盗賊は、
「私はもう昔の私ではない。あなたと奥様を殺し、この子を人質にして逃げることだってできる…」
とつぶやく。ここで終わり。この後たぶん惨劇になるのだろう。
気弱な嫁から残忍な女盗賊になるには、いろいろあったんだろうが、
元凶の元夫がぜんぜんわかってない感じで不快だった。

881 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 14:19:59 ID:Zjr+H7hcO
もうなにも食えないな。
好き嫌いの理屈付けは他に該当する板があるのではないか

882 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 14:58:01 ID:rokd6Dax0
題名忘れた

主人公は、ロクに定職にも就かない男性。
年取った母親に連れられ、母の実家の島にフェリーで帰郷中。
主人公はいろんなことに手を出して失敗しているが、
自分のせいだとは思っていない。
むしろ”社会が陥れようとしている”と思っている。
しかし、母親の”まっとうな職に”との声に”母親にも
苦労かけたな”と、ちょっとは思案中。
そんな中、フェリーが事故で転覆。
海に投げだされた主人公は必死に泳ぐも、足に海草がから
まりうまく泳げない。
”海まで俺を陥れるのか!!”と怒る主人公。
蹴る様にして海草を振りほどき、ようやく岸にたどり着く。
無事生還する主人公。しかし母親は助からなかった。
母親の遺体と対面する主人公。岩場に打ち付けられたの
だろう、母親の顔は見るも無残に変形していた。
「ここは岩場が多いんですね」と聞く主人公。
地元の人間は答える。
「いや、ここは遠浅の海でズーっと砂地だよ」

>>873これも阿刀田高。実際この手の後味悪いのも多い。

883 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 15:30:34 ID:kE5sJnh70
うわあああ(´д`)
なんて嫌な話だ…

884 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 15:41:22 ID:ty0xSdyN0
>>882なんで顔変形してるの

885 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 15:47:46 ID:SrFC1mVm0
>>883
主人公が海草だと思ってすがりつく母親を蹴りまくったから

と釣られてみる

886 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 15:48:39 ID:SrFC1mVm0
あ アンカーミス

887 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 16:10:19 ID:rokd6Dax0
>>884>>885の通りです。

ファニーゲーム

主人公とその妻、息子は湖畔の別荘?にバカンスにいく。
別荘につくと、青年(知らない)が卵を借りに現れる。
なぜか青年は、主人公の妻を苛立たせる行動を続ける。
青年の友人も登場し、ついに二人は喧嘩をしてしまう。
仲裁に入る主人公。しかし青年によって、主人公は膝を
砕かれてしまう。
そして青年はいう「俺らが、明日9時までにお前たちを
殺せるかゲームしよう」。
結局息子は射殺、妻は溺死、主人公はめったぎりされて
射殺されて終了。

ずーっと映る少年の死体。
抵抗しない主人公。
意味も無く殺す青年達。
自称、非暴力主義者の監督。
そしてこれが、カンヌグランプリということ。
どれも不快で後味わるいです。

888 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 16:23:08 ID:A/KkT80m0
>>887
ファニーゲームはグランプリはとってないじゃないか?
上映後、相当話題にはなったが。
この映画は、あえて観客を不愉快にする意図で作られているから、
後味が悪くて当然なんだけど、
(暴力をエンターテインメント化する各メディアに対するアンチテーゼという意味で)
これを見て、「ああ、すっきりした」と妙に喜んでいた
友人のほうが後味悪かったよ…。

889 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 16:29:27 ID:emO0UkqE0
題名忘れたけど たがみよしひさの短編漫画

主人公が夜道で昆虫みたいな異形の宇宙人に出会う
宇宙人は「銀河警察」を名乗り この星にエイリアンが逃げ込んだ と言う

「エイリアンは人間にとりつき 宿主の「性行為」によって分裂・増殖してゆく
奴を根絶しなくては 人類はどんどんエイリアンにとりつかれて絶滅してしまう
自分は奴を追ってきたが 怪我を負ってしまった もう死んでしまう
君にエイリアンを見分ける力を与える あとは任せる」

そう言って チリのように粉々になって 風に吹かれて消えてしまう

あくる日 主人公は友人に会いに行く
出てきた友人の顔が一瞬「ウルトラマンの宇宙人」に見える
主人公は「ああ これか」と思い 友人を殺す
そして 友人関係をたどり 次々に友人を殺してゆく

最後に女友達にたどりつく 主人公が片想いしてる女性
彼女の顔も やはり一瞬だけ宇宙人に見える

(続きます)

890 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 16:30:58 ID:emO0UkqE0
(続きです)

主人公は彼女を殺そうとする
彼女は言う

「全てがあなたの妄想なんだって 思わないの?
あなたは憎かったのよ
自分の「想い」を知りながら無視する私が
自分とは寝ないくせに 友達とは寝ている私が
そして 私を抱いた彼らが
自分をのけものにした私たちみんなが 憎かった
だから 理由を作ったのよ 心の中で
私たちを殺してもいい理由を」

主人公は 喚き続ける彼女を殺す
そしてつぶやく

「そう 僕は多分 気が狂ってるんだろう
でも もしそうでなかったら・・・ 人類は絶滅に瀕している」

・・・・・

妄想にしろ そうでないにしろ 救いがなさ過ぎる

891 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 16:32:08 ID:cowTANPz0
>>882>>887
うわぁ〜すげー嫌な気分だ・・・

俺にはやっぱアメリカンヒーローものの
勧善懲悪のハッピーエンド映画があってると思う。

892 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 16:36:47 ID:0ZwFMU7Y0
>>887
犯人は一回射殺されるんだけど、ビデオを巻き戻すことによって
復活した、みたいなシーンがあるんじゃなかったっけ。
聞きかじりだから別の映画かもしれないけど。

>>891
俺も。
悪人を片っ端からなぎ倒すやつね。

893 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 16:44:47 ID:A/KkT80m0
>>891
>>892
意味もなく主人公一家を殺すほうを「ヒーロー」と捕らえて、
殺される一家を「悪役」だと置き換えると、
ハリウッド的な勧善懲悪な映画に見えてくるよ。
殺す側、殺される側、どちらに感情移入するかの違いだと思う。

>犯人は一回射殺されるんだけど、ビデオを巻き戻すことによって
復活した、みたいなシーンがあるんじゃなかったっけ。

あった。
犯人が殺されてあーよかったと思わせて
「現実はこんなにご都合主義じゃないよーん」的な感じで復活する。

894 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 16:45:06 ID:tBi99g/90
>>889
「HERO」だわソレ

895 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 16:52:54 ID:rokd6Dax0
隣人は静かに笑う

主人公は大学教授。FBIだった妻は、事故で既に死んでいる。
ある日、主人公の隣に一家が越してくる。
その隣人の息子を救ったことで、隣人と仲良くなる
主人公(引越しと逆かも)。
仲良くしていた主人公だが、アメリカ資本主義を敵視する言動や、
隣人が偽名を使っていることを知り、隣人に対し不信感を抱くようになる。
やがて、隣人の正体が爆弾魔だとわかる主人公。
妻の友人のFBIに相談するも、一蹴される。
やがて、真相を知った主人公の恋人が交通事故死する。
そして、ついに息子が人質になる。息子が乗った車を追いかけカーチェイス
する主人公。
たどり着いた先はFBIの本部だった。
罠に嵌められたことに気づく主人公。
その時、主人公の乗った車が爆発する。
ニュースで、FBI本部爆破テロの件が報道される。
犯人は主人公、動機は妻の事故死に対するFBIへの不満というものだった。

すいません。ファニーゲームじゃなくて、同じ監督のピアニストでした

896 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 17:27:51 ID:53g/ZwS70
>>895
最後、死んで犯人扱いされた主人公の息子を、
隣人のテロリストが引き受けるんじゃなかったっけ

897 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 17:32:05 ID:53g/ZwS70
>>896じゃなんか息子が死んでる見たいだなw
犯人扱いを受けて死んだ主人公だけど、息子は生きてて、
主人公の死後、孤児になった息子をテロリストの隣人が引き取って育てる
こうして息子もいつかはテロリストに・・・
みたいな終わり方だった気が

898 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 18:06:00 ID:sv2JgyYR0
昔に見た映画 「Europa」
同じころにに「Europa、Europa」という映画もでて、こちらのほうが有名だけど、
これはただの「Europa」
わざと白黒で撮られたおそらくドイツ産の映画。
内容がうろ覚えですまないがあらすじ書いてみる。

鉄道員の男がきれいな女性と結婚する。
が、幸せは長く続かない。彼女はテロリストだったのだ。
ある日男の乗っている電車に女性も乗り込んできて、
電車の通る鉄橋に爆弾が仕掛けてあることを告白する。
怒った男は、妻を電車の一室に監禁したあと、電車を止め、
トイレに入ってドアを閉めて閉じこもる。
が他の鉄道員が電車を再発車させてしまう。
爆破された鉄橋から落ちてゆく電車。窓から水がどんどん流れ込んでくるが、
窓には鉄格子がはまっていて出られない。ドアも開かない。
鉄格子につかまってもがく男。もう完全に水没したトイレの個室。
男の後ろでは床から取れた便器が水流に乗ってふわりと舞っている。
1…2…3…。
男の口から最後の息が漏れる。

男の死体がゆらゆらと川面にただよっている。
川の水圧が鉄格子を壊し、男の死体を押し出したのだ。
すべてのしがらみから解き放たれた男の死体が、水面でゆらゆらとゆれている。


途中の過程がかなりうろおぼえですまん。
が、最後の場面だけは妙に印象に残ってるんだ。

899 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 18:06:28 ID:y1ca6xzn0
以前読んだ短編小説
以下の内容が日記風に書かれている。

男の住んでいる県は毎年夏にかなり大きなお祭りを開催している。
そのお祭りは公道を使って踊りを踊るもので、春前から夏にかけて参加するグループは公園等で練習を始める。
練習には太鼓や鈴などの鳴り物やラジカセ等を使うため、公園のそばに住む男は毎日騒音に悩まされることになる。
公園に出向いて注意してみるも、「楽しいお祭り」に参加しないどころか非難するなんて非常識だと追い返される。
娯楽の少ない田舎、さらに主要な観光収入源となっていることもあって警察に相談しても相手にしてもらえない。
平日でも夕方から深夜まで、週末は日にちが変わっても、休日になると一日中続く練習の騒音に男はノイローゼ寸前まで追い詰められる。

900 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 18:44:13 ID:rokd6Dax0
終わり?

901 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 18:49:35 ID:rokd6Dax0
不幸な子供;エドワード・ゴーリー

主人公は女の子。裕福で、やさしい両親と暮らしている。
主人公には、お気に入りの人形があり名前をつけている。
ある日、軍人の父が外国で戦死したとの報告がある。
母親はショックで寝込み、そのまま死んでしまう。
たった一人の叔父も事故で死んでしまう。
身寄りが無く、引き取られた主人公は全寮制の学校に入学
させられる。
そこでイジメを受ける主人公。お気に入りの人形もボロボロ
にされる。
ついに逃げ出す主人公。しかし途中で気を失い倒れる。
倒れた隙に、家族の写真の入った大事なペンダントを奪われ、
さらに別の人間にさらわれる。
その男によって、酔っ払いに売り飛ばされる主人公。
よっぱらいは満足な食事も与えず、内職の仕事をさせる。
(栄養不足の為か)徐々に目が見えなくなっていく主人公。
そんな時、戦死したはずの父が帰国、主人公を探し始める。
奇行が多かった酔っ払いは、ついに発狂する。
その隙に逃げ出す主人公、しかしあまり目が見えない為、
車に轢かれてしまう。
そこに通りかかる主人公の父。しかし瀕死の少女が主人公
とは気づかない。

これは、実は絵本です。ふいんき(なぜがry)はモンスター
に出てくる絵本かな?
隣人−補足ありがとうございます。

902 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 19:02:11 ID:ZRhJpmNI0
>>899
つ、続きは?

903 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 19:07:40 ID:63HMAxJj0
よっさこーい、よっさこーい♪

904 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 19:09:37 ID:dTZdiKvX0
>901
目が見えなくなったのは内職仕事を薄暗い地下のような場所でやらされていたため
最後に轢いた車は父の車じゃなかったっけ

905 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 19:22:11 ID:6qeKHHtx0
>>901
>なぜが
お約束でわざと間違えた直後に本気のタイプミスがあったのは後味悪かろうな

906 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 19:51:48 ID:iMhEmj4cO
ワロス

907 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 20:55:54 ID:APhZBMfR0
絶滅動物の話は大抵後味悪いけどこれは格別

本来ペンギンと呼ばれてたのは北半球に住んでたオオウミガラス。
南半球のペンギン同様陸上ではよちよち歩きしか出来ない上、
肉が美味なんで漁師の食料にするために乱獲されて、
これでもかってくらい大量にいたのが数百年かけてガンガン減っていき
とうとう辺鄙な岩礁にほんのわずかな生き残りが残るだけになっていたんだけど、
火山の噴火で岩礁が沈んでしまって壊滅。

その頃、各地の博物館員がとんでもなく「重要」な事に気が付いた。
「標本が全然無いじゃん!」

あまりにも大量にいたんで学術的興味を全く引かなかったらしい。
でも絶滅間近となれば話は別。
慌てた博物館が標本を高値で買い取り始めた。
結果、岩礁から逃げ延びたわずかな群が移り住んでた島にも人々が押し寄せて、
片っ端から殺して売り飛ばした。
こうしてオオウミガラスは完璧に絶滅。

間抜けな事に、絶滅後少ししてから全世界の博物館に収められるだけの
標本が作れる大量のオオウミガラスの凍死体が発見されたそうな。

908 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 21:43:33 ID:er8pHOprO
>>907
うわぁ…確かにこれは…。
動物学者か何かが研究の為に、無人島かどっかにペットを連れて移住してきて
その飼い猫が捕まえてきた鳥が新種の鳥で、生態を研究する為に
島中を探し歩いたが見つからず、結局飼い猫が捕まえて死なせてしまったのが
最後の一羽だった。
って話しを思い出したが、それ以上の話だ…。

909 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 21:59:10 ID:Ccg8tLsw0
26年に渡り謎とされていた宇宙飛行士のせりふがこんなオチだったとは・・・

1969年7月20日、アポロ11号月世界宇宙船船長のニール・アームストロング船長は
月の上を足で踏んだ最初の人類となりました。月に足を付けた後の彼の最初の言葉
は「人間にとっては小さな一歩だが、人類にとっては偉大なステップである」でし
た。そしてこの言葉は地球にも中継され、多くの人が聞きました。しかし着陸船に
戻る直前、彼は「グットラック・ミスター・ゴースキー」という言葉も述べまし
た。多くのNASAの関係者はきっとアームストロング船長がライバルと思っているソ
ビエトの宇宙飛行士に向けたメッセージだと考えました。しかし後で確認してもそ
のような名前の宇宙飛行士や関係者はソビエトはおろか、アメリカ国内にも存在し
ないことが判明しました。
アームストロング船長は何年にも渡って「グットラック・ミスター・ゴースキー」
の意味を尋ねられましたが、彼はただ微笑むだけでした。

1995年7月5日、フロリダ州タンパ・ベイにて、その日行われた彼の講演会のスピー
チに関する質問をレポーターから受けていた時、そのレポーターは26年間も聞かれ
続けた質問をアームストロング船長に投げかけました。この時、彼は遂に答え始め
ました。「ゴースキーさんは亡くなりましたから、今なら真実を言っても差し支え
ないと思いお答えします」。

1938年、彼はまだ少年で、アメリカ中西部で暮らしていました。彼の家の裏庭で友
達と野球をしていた時、友達の一人がフライを打ち上げました。そのポールはアー
ムストロング船長の家の隣の家の庭に落ちました。落ちた所は丁度そこで住んでい
たゴースキー夫妻の寝室の裏でした。かがんでポールを取り上げようとしたその
時、ゴースキー婦人が叫んでいるのが聞こえてきました。「SEX!、SEXがし
たいですって? 隣のガキが月の上を歩ける頃にはさせてあげるわよ!」


910 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 22:06:47 ID:3OM0Xc++0
>907
動物雑誌で、オオウミガラス視点の連載小説読んだわ。

シートン動物記みたいな雰囲気で書かれてて、最初は大きな群れで暮らしてるんだけど、
災害やシャチ、見たことのない生き物(人間)なんかに出会ってどんどん仲間が減ってく。
主人公は、怪我をしたりしながらも逞しく生き延びるんだけど、最後人間に撃ち殺される。

実は、彼は最後のオオウミガラスだったけど、撃ち殺した人間は「なんだ、傷があるから高
く売れねーな」とか言って死体をぽい。

小学生の時に読んだから、悔しくてマジ泣きしました。

911 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 22:14:32 ID:90DoTVqj0
>>909
素晴らしいアメリカンジョークだと思うけどね。
後味は全然悪くないな。
なんていうか、人生の間抜けさとユーモアを感じて
心があったかくなるエピソードだ。

912 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 22:16:18 ID:e7egxdtc0
昔見た2時間サスペンスドラマ
主人公は弁護士である事件の担当になる。
加害者(以下A)は、夜な夜な路上にたって客をとる売春婦で被害者はその客。
情事後、Aは被害者をラブホテルで撲殺したのだが、Aは完全に黙秘したままその動機を語ろうとしない。
料金のことで揉めたのだろうと警察は推測しているが、弁護士は納得がいかず、Aの過去を調べ始める。
そこでAは昔、兄が家庭内暴力をふるい、それを耐えかねた父親が兄を撲殺し現在刑務所に収監されていることを知る。(母親はその事件をきっかけにアルコール中毒で施設に)
そして実はその兄と被害者が同じ高校の同級生で、被害者から悪質ないじめを受けていたことが分かる。

数年前、優しかったAの兄が突然家族に暴力を振るうようになった。暴力はエスカレートし、耐え切れなくなったAは兄と話し合おうと兄の部屋に行く。
そこで、兄から「暴力を止められない自分を殺してくれ」と懇願される。暴力に疲れきっていたAは、とっさに兄の頭にバットを振り下ろす。
その後、兄と呆然としているAを両親が発見。父親が罪をかぶり出頭し、両親は離婚。それからしばらくたった後、兄の机から日記帳が見つかりひどいいじめをうけていたことを知る。
母親はショックでアルコール中毒に、またAも兄を殺し、その罪を父親に被せてしまったことが許せず売春に走るようになる。
ある日、いつものように客を取り、情事後帰り支度をすませていたら、客から「君のお兄さんを知っている」というようなことを言われる。
話を聞いているうちにこの客こそいじめの中心犯であることを確信する。(Aは被害者のことを直接は知らなかったが、被害者はAのことを知っていた)
「いじめはいじめられる方も悪いんだよ」みたいな事を言う被害者の前に、Aは頭が真っ白になり、気付いた時は被害者をジュースの瓶で殴り殺していた。(心神耗弱)
そして偶然とは言え、兄を追い詰めた相手と寝たという事実を認めたくないAは、一切を黙秘することにしたのである。


913 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 22:18:28 ID:a8VtyA780
うん。
事の真偽はともかく、ただのアメリカンジョークだよな。

914 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 22:30:18 ID:3OtruYl/O
>>903
コイツ以外もだけど細かいツッコミいれるんなら、お前が書けよって思う。
大きな誤りなら分かるけど、細かいツッコミしていくと書き手がいなくなるだろ

915 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 22:40:10 ID:KcCwc0YZ0
>914
別にこれくらいいいじゃんうるさいなあ

916 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 22:44:57 ID:6qeKHHtx0
アンカー間違ってね? とか言うと、細かいツッコミになっちゃうのかなあw

917 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 22:49:48 ID:wnekd3as0
>>907
人間の馬鹿さ加減を実にはっきりと物語ってる話だな…。

918 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:13:02 ID:POGG512tO
ナインソウルズはガイシュツですか?

919 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:18:10 ID:vnskz3Xu0
ガイシュツ上等だし、後味悪いなら書けばいいと思うんだ。

テンプレ読んで書けば叩かれることなんてないんだz

920 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:21:17 ID:cowTANPz0
>>907の話の
金の為に乱獲に行った奴らに腹が立つ。

921 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:47:21 ID:cYfX0e/y0
竹島のニホンアシカも、韓国人に不法占拠されたせいで保護できなくて滅んだんだよな。
韓国人に喰われて絶滅という目も当てられない話なんだが。
韓国では当然のように日本人が絶滅させたことになってるんだよな。

922 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:52:19 ID:6qeKHHtx0
>>921
このスレだと速攻に荒らしが来てつぶされそうなネタだが、それって韓国相手だから
というのは関係なくとんでもない話じゃないか。恥ずかしいことに知らなかった。
本当なら老人から子供まで知らされるべき大事件じゃない、それ?

923 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:54:53 ID:y1ca6xzn0
韓国の弁護をするわけじゃないけれど下のほうになると
自然環境の保護より自分の財布のほうが大事な人が多くなるからな

924 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:55:34 ID:1dfHzt+h0
>>912
なかなかスカっと

925 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 08:32:14 ID:ZiTC2Qa60
>>909
ワロタ
こういうの好きだ

926 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 09:41:46 ID:qf5TxOCS0
>>923
うーん、腹がペコペコでどうにもならない時に
美味しそうな生き物を見つけたら
それが絶滅寸前だろうと、思わず食っちゃうのはどうしようもないよなぁ、と思う。


927 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 09:50:33 ID:k1uoUXYu0
エゾオオカミはニホンオオカミとほぼ同時期に絶滅しているのに
日本のオオカミゆーとニホンオオカミの話ばかりで後味悪い。

928 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 10:03:48 ID:sLrtwwrq0
>>927
日本独自とロシアにもいたという違いがあるし
蝦夷狼は北海道しかいないし

929 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 10:04:20 ID:qf5TxOCS0
もし、日本人が絶滅しそうになったら
最後の一人は、大事に保護されるんだろうか?

でも、朝鮮人に
「絶滅する前に、賠償汁!」って言われそう。

930 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 10:07:35 ID:hedHaO4C0
むしろ最後の一人だったら奴らの矛先が全て向いて
総力を挙げて根絶やしにかかってくるだろ
そのまま公開処刑されそうだ

931 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 10:14:27 ID:KMC3w+Yk0
最終的に剥製にされて、博物館に展示だろ。

932 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 10:17:54 ID:sLrtwwrq0
タスマニア人の例もあるし、実際注目もされないよ

933 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 10:51:22 ID:k1uoUXYu0
最後の二人になって、キモデブ腐女子と自分しか残ってなかったら
子孫を残すために強制セックルさせられちゃうのか

934 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 11:06:36 ID:ZiTC2Qa60
まあ卵子と精子は搾り取られそうではある

935 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 11:10:39 ID:qf5TxOCS0
>>933
トキの絶滅騒動の時は
相手のメスが、人間の年齢だと80歳だったような・・・w

もし自分が、そんな婆さんと二人っきりにさせられたらどうしよう。

936 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 11:29:22 ID:SanzTvrB0
>>933
大丈夫
美人不美人は結局「偏差」だから
異性がキモデブしか残ってなかったら
その子が可愛く見えてくる・・はずだ

937 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 12:19:48 ID:yVQVCxLF0
「最後の一人」で思い出した。
「世にも奇妙な物語」の「最後の喫煙者」
ttp://yonikimo.com/db/public/267.html

主人公はヘビースモーカーの小説家。
嫌煙権運動が異常に盛り上がり、喫煙者の迫害運動に発展。
喫煙者達が次々と狩られ、最終的には喫煙家の主人公と作家仲間達が残り、山小屋へと立てこもる。
しかしそこにも迫害者達の手が伸び、スモーカー狩りが行われて作家仲間達が捕らえられ、殺されていく。

最後の一人になった主人公が山中を逃げ回り、崖に追いつめられた末、
「こうなったら『ヤツは最期まで煙草を吸っていた』と語り継がれる人間になってやる」
とヤケになって煙草を吸おうとした。
その瞬間、正面から迫る政府のヘリコプター。ヘリの光に照らされた主人公や、迫害者達に
「その人は、現在地球上最後の喫煙家です!国際条約により保護対象となりました!」
と宣言。主人公は「そんなアホな…」と呆然とした表情で、崖からうっかり足を踏み外して転落死。

そして後日。博物館の通路を我先にと走っていく客達。
彼らの目指した先にあるのは、「最後の喫煙者」と名付けられた主人公の剥製。
剥製は機械仕掛けなのか、不自然な動きで腕が動いて煙を吐いている。
「ホントに煙を吐いてるよ」「美味しいのかな」「変なの」
等々言いながら、子供や家族連れが物珍しげに笑って鑑賞していた。

938 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 12:20:42 ID:K2cP49x20
初期のルパン(ファースト〜新ル第一期OP頃)は無関係なのに巻き込まれた一般市民の被害が多すぎる。
しかも無関係な人間を巻き込んだことを気に病んでるのは次元だけ(初期では次元も何も感じていなかった)。
子供心に見ていて鬱になった。フォローするかのように新ルの後半からは一気にテロを阻止したり
遺産目当てに親族から命を狙われてる老人を救ったり
盗んだ金を難民にポンとやったりする話が多くなったんだよな。
初期ゴエモンなんか今みたいな善良な天然じゃなくてすぐ人殺そうとしたり相当凶悪だった。

939 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 12:22:54 ID:6RaE6SNH0
昔ならさっくり切り殺してたのを、今は服と武器切って足止めするだけだもんな。
そりゃつまらんものでしょうとも。

940 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 12:30:55 ID:Ff8Hw78i0
素晴らしい書き込みに心を動かされました。便乗します。

アニメ「ルパン三世」の主人公たちは、映画「カリオストロの城」で代表されるように
義賊、怪盗って感じで現在はヒーロー扱いだけど、初期は相当なワルでした。

無関係な一般市民がバンバン巻き込まれてましたし。
無関係な人間を巻き込んだことを気に病んでるのは相棒の次元だけでした。
(しかも、初期では次元も何も感じていなかった)。

子供心に鬱になって、見ていても楽しくなかった。
でも、やはりどこからか抗議があったのか配慮したのか、新ルパンと言われる
後のシリーズからはテロを阻止したり 、遺産目当てに親族から命を狙われてる
老人を救ったり 、盗んだ金を難民にポンとやったりする話が多くなりましたが。

無口でクールな剣豪として人気の高い五右衛門も、初期はすぐ人殺そうとしたりして、
相当凶悪な人間でした。

ところでこの話題、後味悪いとかと関係ありませんね。

941 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 12:43:03 ID:sLrtwwrq0
じゃあタスマニア人の話をしてみる。
大体あっていると思う。
タスマニア人は一夫一妻の小家族を基本単位する。
一部族は50人程度、1万年以上にわたりタスマニア島
で外界と離れた生活をしていた。動物にもタスマニア
タイガーなど、タスマニアにしかいない種が多かった。
外界からの危険もなく、穏やかな生活をしていた。
しかし、イギリスによるオーストラリア植民地化で
事態は一変する。
外部から持ち込まれた、動物により在来種は激減。
さらに、流刑地であったオーストラリアには女性が少なく
男女比が9対1であったためタスマニア人に対するレイプ
その後殺害が横行した。
当然タスマニア人は反抗する。一度は勝利しかけるも、
イギリス本国の正規軍の投入により、事態は一変する。
タスマニア人はスポーツという名の”狩猟”の対象と
された。子供を先に撃って親がかばうところを撃つなど
効率よく”狩れる”方法も考えだされた。競技大会(
誰が一番殺せるか?)も行われた。
町にやってきて”もうやめてほしい”と言ったタスマニア人
を町のみんなでなぶり殺しにもした。
現在、純血のタスマニア人はいない。強制移動、隔離政策
により、言語も文化も失われた。
さらに、その居住区で核実験も行われている。

942 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 12:44:51 ID:DTGOdAwa0
>>908
飼猫にしとめられる程度なら生きていけなかったろうなww

943 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 13:18:33 ID:k1uoUXYu0
>>941
シナチョンをそうやって狩ることが許可されないかなぁ

944 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 13:36:51 ID:qYS0fexq0
>>943
日本人が、そう言う許可を出すことは有り得ないが、逆なら有り得る。
日本が中国に占領されたら、日本人全滅を実行に移すんじゃね?
中国人民解放軍が、チベット人民にレイプや虐殺の限りを尽くしているのは周知の事実だ。

945 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 13:37:16 ID:fuG6ouu70
>>942
というか、最後の一羽だと孕んだメスでもないかぎり
どうせ滅亡してしまうから、この話は別に…て感じだな。

946 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 13:43:36 ID:gRyRiiy80
>25日午後1時50分ごろ、長野県小谷村北小谷の国道148号の外沢トンネルで、自転車で走っていた
>同県小川村瀬戸川の無職原野亀三郎さん(80)が、小谷村中土の運転手田原登さん(22)の大型ダンプに
>はねられ、胸を強く打ってまもなく死亡した。県警大町署によると、原野さんは自転車で日本一周旅行をし、
>自宅まであと約40キロのところで事故に遭ったという。
>近所の人によると、原野さんは数年前、古い民家を借りて東京都内から移住し、一人暮らしをしていた。
>一昨年ごろには欧州でも自転車で旅をした、と話していたという。
>原野さんが旅行途中の昨年7月に泊まった福島県の旅館によると、原野さんは昨年4月下旬、長野県の
>自宅を出て北上し、北海道を回って南下していた。
>「亡くなった戦友には青春がなかった。彼らのために青春しているんです」と話したという。
>昨年10月には、鹿児島県で地元放送局のラジオ番組に出演。「これからも夢を
>たくさん持って、悔いのないよう生きていきたい」と語っていたという。
ttp://www.asahi.com/national/update/0625/TKY200706250347.html

947 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 13:43:41 ID:k1uoUXYu0
やっぱシナチョンは皆殺しにしないとダメだな。

948 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 13:46:40 ID:kAe5PLvh0
>>946
やりきれないニュースだな……。

949 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 14:14:58 ID:fuG6ouu70
>>946
私もそれ今朝新聞で見て悲しくなった…。
長い旅も終わって家が目前だったのに。

950 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 14:23:10 ID:qf5TxOCS0
家に帰るまでが日本一周なのに・・・

951 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 14:26:16 ID:O1pSB1UT0
やはり家に帰るまでが遠足だな…

952 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 14:26:56 ID:kAe5PLvh0

新スレ立てられなかった。
テンプレ置いとくから、誰かお願い。

後味の悪い話 その72

■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を
 書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」を
 NGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
  次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
  950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ 後味の悪い話 その71
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1181746462/
過去ログはこちらからどうぞ
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?D=occult&q=

953 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 14:28:24 ID:qf5TxOCS0
>>952
すまん、俺も駄目だ。
俺のことは気にせず、誰か立ててくれ!

954 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 14:37:05 ID:k1uoUXYu0
>>952が誤爆してて後味悪い

955 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 14:42:02 ID:5GnSYd3x0
後味の悪い話 その72
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1182836388/

956 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 14:45:43 ID:qf5TxOCS0
>>955
おお、乙です!

957 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 15:33:28 ID:kAe5PLvh0
>>955
乙!

>>954
言うなよう……。

958 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 16:00:59 ID:k16k66iJO
朝鮮ってなんで存在しなきゃいけないの?なにか世界の役に立ってるの?

959 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 16:05:24 ID:SanzTvrB0
>>958
じゃあお前は何か世界の役に立ってるのか?

お前の存在が後味悪いわ

960 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 16:10:20 ID:z6//aTsY0
>>945
鳥が孕むとか斬新な発想ですね

961 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 16:16:50 ID:sOiTekabO
>>944
愚民は黙って高学歴マスコミの推奨する党を支持してればいいんですよ。

ネットなんかいいからテレビを見なさいテレビを。

民主党
横峯良郎(「さくらパパ」)
金政玉(在日韓国民団葛飾支部国際課長、「在日無年金問題関東ネットワーク」共同代表)←★注目
尾辻かな子(「同性婚」レズビアン)
相原久美子(自治労組織局次長、元・年金員)←★注目
神本美恵子(元・日教組教育文化局長)
今野東(2003年「不当逮捕」革マル派幹部7人釈放要求、土屋公献・元日弁連会長推薦)

斉藤つよし(元・自治労横浜市従労組中央執行委員、1997年6月「万景峰92」号船長招待宴出席)
石井一(パチンコ換金合法化推進「民主党娯楽産業健全育成研究会」会長、元「金丸訪朝団」事務総長)

962 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 16:17:06 ID:qYS0fexq0
>>958
朝鮮が無くなったら、巣を無くした朝鮮人が世界中に溢れ出てきちゃうだろ?
朝鮮は、朝鮮人を収容しているって事で、この上なく世界に役立っているんだ。

って、ハングル板の偉い人が言ってた。

963 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 16:32:25 ID:LsbdjjxR0
>>962
納得した

964 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 16:40:19 ID:l+EMrAwt0
VIPと同じだな。

965 :1/2:2007/06/26(火) 16:57:19 ID:7aELncVg0
夏休みも後半に入って即売会で買い漁った801同人誌も読み尽くした・・・
そう言えば、もう五日も人間に会ってない罠・・・
これでは実質社会的廃人なわけだが?
と思ってしばらく会ってない土人友達に電話してみる

「え〜っ?アンタって、まだヤオイなんかやってんの〜w
暴走族だってハタチすぎたら引退するってのに、いつまでもそんなこと
やってると敗け組よっ!ま・け・ぐ・み!わかってんの〜?
え〜っ?なに〜?アタシそんなん今つきあえないって〜
明日から彼氏と北海道行ってくんだからさ〜忙しくてムリムリw
い〜よね〜男いないと自由でさ〜?
でもヤオイなんかよりリアル彼氏のほうが絶対いいって〜、
騙されたと思っていっぺん彼氏つくってみなよ、わかるから〜。
あっ!そいから、せっかくラブラブなのにヤオイなんかやってたって
わかったらオシマイだから、もう電話してこないでねっ!じゃ〜ね〜♪」

縁切りされた・・・またか・・・

こんなときは思い切り現実逃避しなきゃ!
と思って、2chのあちこちの板に立てておいた萌えネタ釣りスレを巡回する。
満遍なく腐女子叩きレスがついていて、よけいストレスが溜まる・・・。

まったくヤオイの繁栄を嫉妬するキモオタどもは救えない・・・。

966 :2/2:2007/06/26(火) 16:58:04 ID:7aELncVg0
あいつらを真似てちょっと工作しとくかと思って、
ガイドライン板の腐叩きスレへ行ってキモオタを装って人間性皆無の
ナリスマシ腐女子叩きをやってみるが、煽られてつい熱くなって力の限りに
長文で腐女子を罵倒してしまい、アンチ腐女子にも潮干狩りができるほど
退かれてしまう・・・。

いったいなにがしたかったのか、自分で自分がわからなくなる・・・。
暇な時間だけは死ぬほどあるので、去年つくったコスプレ衣装を
引っ張り出して萌えキャラなりきり御自愛をはじめる。

パートナーはもちろん台所からくすねたゴーヤだ・・・。

動物性の人間の彼氏より、植物性のゴーヤのほうが体にやさしくて
ヘルシーに決まっている。ゴーヤのほうが好きだから彼氏なんか
いなくてもちっとも困らないしさみしくない。いっそいっしょに
ゴーヤのふるさと沖縄へ旅行して、ゴーヤの両親に紹介されたい
くらいだ・・・。

わけのわからないことを考えながら、後ろから前からゴーヤをふり
まわしていると、ドアが開いた・・・。

ドアの向こうにはスイカをお盆にのせた母が立っていた・・・。
眼と眼を見つめ合って静かに沈黙の時間が過ぎてゆく・・・。

「それ、冷蔵庫に戻したら、殺すわよ」

冷たく言い放たれて、母は立ち去りスイカも消えた。真夏の白日夢。
きっと夏のせいね・・・。

生まれて来ないほうがよかったかも・・・。

967 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 17:03:09 ID:PTBxeeTA0
>>938
>>940
何か新しい情報がでてくるのかと思ったらほとんどオウム返しでワロタ

968 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 17:06:34 ID:PTBxeeTA0
アッー メ欄
でもわざわざ書き直す必要ってあったの?

969 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 17:20:01 ID:sOiTekabO
俺、はじめに読んだときはなにがなにやらわからんかったからよかったよ。
最初、三世の話だと思わんかった。

マウントスノーを思い出したなw

970 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 17:23:34 ID:reqWgxSz0
>>947
はげどー
あいつらはいない方が世界のため

971 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 17:36:31 ID:sLrtwwrq0
謎の幼虫 細く長〜く集団移動 熊本県山都町
http://kumanichi.com/news/local/index.cfm?c=1&id=20070626200003&cid=main

アメーバ状に集団で移動する不思議な「幼虫」の行動=山都町
上益城郡山都町米生地区で何かの幼虫とみられる小さな虫が、
細長い塊となって移動する不思議な行動が話題になっている。
専門家も首をかしげる集団行動で、虫の名前も判明していない。
虫は灰褐色で体長六―七ミリ。数千匹とみられる集団が長さ
十数センチ―三十センチ、幅二―四センチの塊を形成。
草の生えたグラウンドゴルフ場から東側の里山に向け、
アスファルト道路を一メートル三十分ほどのスピードで移動する。
近くの農業大塚寿一さん(67)は「この数日、朝夕には集団の
移動が見られ、多いときは十メートルの範囲に三十以上もいる。
日が昇ると道の脇で団子状になって動かない。初めて見た」と
不思議そうに話す。
写真を見た多くの専門家も「ハエかアブの仲間の幼虫と思われる
が、こんな行動は聞いたこともない」。
その中で、熊本市立熊本博物館の清水稔学芸員は「大発生した
幼虫がサナギになる場所を探して移動する際、乾燥を避けるため
に形成された群れかもしれない」と推測する。
ただ、道路の端は側溝となっており、「レミングの集団自殺」
のように、集団は流れに落ちているようだ。


972 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 17:57:00 ID:7aELncVg0
終電が過ぎてしまって困っていた。
「あぁ、どうしよう」そんなことを何度も呟いていた。
ふと気づくと、目の前に黒いスーツを着た男が立っていた。

その男は俺と目が合うと驚いた表情をして俺にこう言った。
「お前さん、この前の・・・」
俺は考えた。見覚えがない人間にそんなこと言われても。
10秒間の沈黙があった。何故か俺はただならぬ危機感を感じていた。
「お前さん、この前の」
男が再びその言葉を口にしたとき、俺は気づいてしまった。

俺はその場を駆け出した。必死に走った。
もう大丈夫だろうと思って後ろを振り向くと男の姿はなかった。
俺は呟いた。
「あぁ、どうしよう」

数日後、俺がその男に殺されたのは言うまでもない。

※4〜9行目と最後の行をよく読み返せば・・・

973 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 18:14:05 ID:tP2VdTjE0
数分後、俺がこの男の話を理解できないのは言うまでもない。

974 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 18:20:12 ID:fuG6ouu70
>>973
うまいw

975 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 18:20:26 ID:ORIUmrIZO
アーーッ!

976 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 18:23:57 ID:ZuMt/PW30
理解できずに後味が悪いと

977 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 18:27:17 ID:sOiTekabO
ナポリタンと一緒。相手にするとつけあがる。

978 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 18:29:58 ID:vlwby4Lb0
>>972
で、どこを縦読みするのかい?

979 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 21:15:32 ID:1RIY4sek0
調べてみるとオーストラリア人のアボリジニ狩りは俺の親父が子供の頃くらいまで
日常的なスポーツとして楽しまれていたそうだ

980 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 21:20:04 ID:K5VBCXBvO
978
そお俺一応男

981 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 21:43:08 ID:k1uoUXYu0
>>977
ナポリタン解説

ある日、私は森に迷ってしまった。
夜になりお腹も減ってきた。
そんな中、一軒のお店を見つけた。
「ここはとあるレストラン」
変な名前の店だ。
私は人気メニューの「ナポリタン」を注文する。
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。
……なんか変だ。しょっぱい。変にしょっぱい。頭が痛い。
私は苦情を言った。
店長:「すいません作り直します。御代も結構です。」
数分後、ナポリタンがくる。私は食べる。今度は平気みたいだ。
私は店をでる。
しばらくして、私は気づいてしまった……
ここはとあるレストラン……
人気メニューは……ナポリタン……

982 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 21:49:29 ID:k1uoUXYu0
ナポリタン解説続き

これはアメリカのジョークで、原文では店の前に
「This is a restaurant
    famous for neapolitan」
と書かれてあった。

私はそれを

This is a restaurant (ここは とあるレストラン)
famous for neapolitan (ナポリタンが人気です)

と思ったわけだ。ここでポイントは、「neapolitan」には不潔、血生臭いという意味があり、つまり

This is a restaurant famous for neapolitan (ここは血生臭い料理で有名な店だよ)

という誰かの注意書きだったということ。(まとめサイトでは「不潔で有名な店」とされているが、
変にしょっぱいと言っているところから、血が混じった(=血生臭い)料理だったとするほうが
あっていると思われる)

983 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 21:58:25 ID:wFddNh2gO
ナポリタンの話を偉そうにすんな!死ね

984 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 22:52:27 ID:f1F3X57F0
何年か前にワイドショーで見た事件

ある夫婦の夫は浮気をしてて、妻が浮気現場に乗り込んだのか話し合いの場が持たれたのか忘れたけど、
浮気相手の女の家に夫と浮気相手と妻の3人が居た
突然浮気相手の女が倒れて、救急車を呼ぶことになった
夫は妻をその場に残して、浮気相手に付き添って病院へ行こうとした
妻は夫を引きとめようとしたけど夫に振り払われる
妻はなんとかして夫の足を止めようとして救急車のタイヤの前に潜り込んだんだけど
救急隊員がそれに気付かずに発進してしまった
妻は救急車に轢かれて死んでしまった

葬式でインタビューに答える夫に殺意が沸いた

985 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 23:42:14 ID:1Sz4krMY0
インタビュー受けるなよな

986 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 00:17:46 ID:OBeKF4sG0
倒れた人に付き添おうとしたのは相手が誰であれ当然の行為

けどインタビュー受けるってのはバカだよな

987 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 00:19:40 ID:LCdNv8Xe0
オカルト板は、後味の悪い話ってのが好き。バカガキと主婦がうざいけど。
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1181746462/

バカガキと主婦がうざいんだってよ


988 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 00:21:21 ID:7+s5hpyI0
>>984
いつも思うんだけど、女って何でこういう浅はかなメチャクチャな事するのかね。
ケンカして面も見たくなくて、閉めようとする扉に無理やり手を差し込んで
「イタイイタイイタイヤメテヤメテ!」ってわめき散らしたり…痛いの当たり前だろう、
手引っ込めろよとか思うんだが。

989 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 00:24:51 ID:Wxz3OX5hO
>>988
不倫はめちゃくちゃで浅はかではないのですか(><)

990 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 00:33:29 ID:1GX8MxZsO
>989
女が口げんかの時に使う典型的な詭弁だね。

991 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 00:34:29 ID:tEoh/r2S0
不倫はもちろん浅はかだけど、

救急車のタイヤの前に潜り込む>>>>>>>>>>>>>>>不倫

だわな。

992 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 00:43:06 ID:Wxz3OX5hO
>>990
あなたは何人の女と口げんかしたことがあるのですか(><)

993 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 00:54:59 ID:USEbp08y0
>>992 あなたにとっては

不倫>救急車のタイヤの前に潜り込む

なのですか(><)

994 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 01:05:54 ID:tEoh/r2S0
>>992
おまえはこれまでに喰ったパンの枚数をおぼえているのですか(><)

995 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 01:06:42 ID:MTuQWTWE0
馬鹿とは議論をするな。
両方馬鹿に見える。
        ダーソウ・テベス

996 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 01:07:13 ID:AHuM4ielO
前フリン大佐っていう外国人が不倫したニュースやってたのを思い出した

997 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 01:08:44 ID:1GX8MxZsO
>>992
詭弁のガイドラインに「一見関係ありそうで関係無い話を始める」てのがあるよ。
でもあんたみたいな人は「関係あるに決まってるでしょ!」なんだよなあ…

998 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 01:11:40 ID:iH74UWxN0
うめ

999 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 01:12:28 ID:tEoh/r2S0
1000なら・・・・

いや、なんでもない。

1000 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 01:12:35 ID:iH74UWxN0
うめ

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

437 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)