2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その73

1 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 02:12:39 ID:B2IhjSxP0
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」をNGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
  次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
  950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ 後味の悪い話 その72
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1182836388/
過去ログはこちらからどうぞ
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?D=occult&q=

2 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 02:13:17 ID:B2IhjSxP0
2 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/06/13(水) 23:54:54 ID:4wn70nqA0
ネタの書き込みの悪い例

644 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/04(月) 00:30:22 ID:zO++YlwT0
>>639
普段のゲーマーっぽくまとめてみた。

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz

3 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 02:14:00 ID:B2IhjSxP0
3 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/06/13(水) 23:55:37 ID:4wn70nqA0
ネタの書き込みの良い例

638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/03(日) 23:17:30 ID:jOuzepYG0
既出かな。

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。

呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。

4 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 02:19:47 ID:B2IhjSxP0
後味の悪い話 まとめサイト
http://badaftertaste.web.fc2.com/

忘れてました。次回のテンプレには入れてください

5 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 02:33:50 ID:pi/M3lfFO
5ゲトー

>>1

6 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 02:55:20 ID:4yQ9qA0p0
次スレのテンプレ置いておこう
-----------------------------------------------
後味の悪い話 その74

■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」をNGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
  次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
  950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ 後味の悪い話 その73
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183655559/

過去ログはこちらからどうぞ
「後味の悪い話 まとめサイト」
http://badaftertaste.web.fc2.com/

7 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 03:15:12 ID:urTvA/Gn0
大丈夫だと思うけど一応保守がてら
        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ
      |   (●)  (●)  | >>1さん…
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
.        / ̄ ̄ ̄\
.       / ─    ─ \  +
    . /  (●)  (●) ヽ
   .   |    (__人__)    |  +
.   .   \   ` ⌒´  __,/
    .   /            \     +
     .|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
    _(,,)/      Y     ヽ (,,)_
 .. /. | l   o   l   o   l. |  \
 /    | ヽ、__ ,人_ __ ,ノ |   \
.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

8 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 03:50:06 ID:VTinqlqM0
 _   ∩
( ゚∀゚)彡 ・・・・
 ⊂彡

9 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 10:14:48 ID:ISIega2g0
関係ないけど昔つんくの物真似タレントの「たんく」が淫行だったかでタイーホされた。
それをニュース番組で報道した時間違って「とぅんく」の写真が流れた。
後でアナが「只今放送しました写真は「たんく容疑者」ではなく
別の物真似タレントの「とぅんくさん」でした。お詫びいたします」
という感じで謝罪していた。

10 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 12:48:28 ID:Ukp8WHtq0
>>7
後味悪いな。
ってか、吐くぞ、おい。

11 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 14:11:36 ID:rDNxjM9AO
前スレ>>962
情けは人の為ならずって 『情けは人の為にならないよ』って意味じゃないのは知ってて本当の意味として書いたんだよね?

そうだよね …皆知ってるよな…余計な口ごめんね


12 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 14:36:37 ID:3dttb5NN0
>>11
こういう、流れに掉さすようなことをいちいち書き込む人もどうかと思う。
自分では的を得た発言をしてるつもりかもしれないけど、はっきり言ってあんた程度には役不足なんだよ。
ちょっと目を外すとこういう奴が出てくるし、まったく気のおけないスレだな。

13 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 14:40:42 ID:JLUGLox7O
>>12
ワロタw

14 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 14:41:05 ID:7FgA9H/u0
>>12
釣られるなよ。>>11は確信犯だぞ。

15 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 14:41:21 ID:zVlYxlCz0
>>12
ワロタ
うっかり、指摘しようかと思ったじゃないかw

16 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 14:42:35 ID:Q1Lx52p/0
>>14


17 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 14:43:00 ID:yOnlIRe40
>>12
に、うっかり釣られるやつがどのぐらいいるのか、
ワクテク

18 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 14:48:50 ID:8AKWIb2B0
【ド田舎オソロシス】「村八分」訴訟で分裂のド田舎村 夏祭りの開催にも影響

新潟県北部の山深い谷あいの集落。幅約10メートルの道路を挟み、新旧二つのゴミ
収集箱が向かい合っている。新しい方は、元々あった収集箱の使用を禁じられた近隣
住民が自分たちで作ったものだ。
双方の住民は、通りですれ違っても、互いに目を合わさない。村民の一人はうなだれて話した。
「通りがまるで深い溝のよう。隣近所で毎日憎しみ合って、地獄に住んでいるみたいだ」

きっかけはお盆のイワナのつかみ取り大会だった。04年春、「準備と後片づけでお盆をゆっくり
過ごせない」と村民の一部が不参加を申し出ると、集落の有力者は「従わなければ村八分にする」と、
11戸にゴミ収集箱の使用や山での山菜採りなどを禁じた。

村民11人は同年夏、「村八分」の停止などを求めて有力者ら3人を提訴。有力者側も名誉を
傷つけられたとして反訴した。

新潟地裁新発田支部は2月、有力者側に行為の禁止と計220万円の賠償を命じた。しかし、
有力者側は「村八分行為はしていない」と東京高裁に控訴した。

村民の中には原告側に賛同する人もいるが、「代々の家や土地があって集落を離れることができない。
自分も村八分になるかも知れず、それを考えると表立っては言えない」と打ち明ける。

被告男性は「高裁でどのような結果になっても、頭を下げることはない」と話している。
http://www.asahi.com/national/update/0705/TKY200707050361.html

>きっかけはお盆のイワナのつかみ取り大会だった

19 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 14:51:53 ID:4VaoicsJ0
>>12
クスリ

20 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 14:55:29 ID:18MVV/+FO
>>12
いいねぇ

21 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 15:03:33 ID:33ZQB3G70
>>12
評価高いねw

>>18
これ、俺も書き込もうと思った。
笑い事みたいだけど
本人たちに取っちゃ、死活問題なんだよなw


22 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 15:22:10 ID:14S2oeaj0
>>14

23 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 16:27:27 ID:rDNxjM9AO
いやいや

まさか皆知ってるだろうなぁ〜とは思ってたんだ ええもちろん。

皆頭良さそうだしさ。


でも>>962を見てたらどうも情けは人の為にならないって思って書き込んでるように感じて…

いやいや >>962はそんな馬鹿じゃないよね
そうだよね、ごめんね

24 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 16:28:42 ID:dLkGGN1R0
前スレ1000に良い就職先が見つかりますように。

ウチの近所に野良猫に餌やってる人がいる。
車通りもある都市部なので当然長生きはせず、
どの猫も2年かそこらで姿を消すが
新しい子猫も産まれるので数は減らない。
彼女はいなくなった猫が、どこかで人に拾われて
シアワセに暮らしていると信じて疑わない。

25 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 16:31:15 ID:XCE7jIKMO
ま、ことわざの覚え違いくらいは教えれば済むさ。
人の親切に感謝することを「礼の強要」なんて言う連中の精神のほうは手遅れかもしれん。

26 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 16:34:37 ID:rDNxjM9AO
>>25
いやいや
その話は終わったんだから、あんた蒸し返すんじゃないよ

27 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 16:42:35 ID:H6CV1a770
おまえが言うな。


ってつっこめば満足でありますか?

28 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 16:45:31 ID:bxBU6z9n0
するどいツッコミだなw

29 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 16:48:23 ID:rDNxjM9AO
情けは…の話出しただけで、誰も親切どーしたの話は蒸し返してねーよ

>>25
こういうしつこい奴が一番腹立つよな

30 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 16:54:42 ID:bxBU6z9n0
もうあまりしゃべらない方がいいぞ。あんた墓穴堀まくりだ。

31 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 16:57:05 ID:zTIj6I0N0
だんだん味が出てまいりました

32 :1/5:2007/07/06(金) 16:59:40 ID:MyyMWBab0
802 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/03/10(金) 17:32:24 ID:s2RHsW2o
上にコレクションについての話がありましたけど
私は夫のコレクションを捨ててしまって後悔した立場でした
鉄道模型でしたけど

かなり古い模型がまさに大量(線路も敷いてて一部屋使っていた)という感じでした
結婚2年目ぐらいから「こんなにあるんだから売り払ってよ」と夫に言い続けたのですが
毎回全然行動してくれずに言葉を濁す夫にキレてしまい
留守中に業者を呼んで引き取ってもらえるものは引き取ってもらいました

帰ってきた夫は「売り払ったお金は好きにしていい」「今まで迷惑かけててごめん」と謝ってくれました
残っていた模型も全部処分してくれたのですごく嬉しかったです

でもその後夫は蔵書をはじめ自分のもの全てを捨て始めてしまいました
会社で着るスーツとワイシャツや下着以外は服すらまともに持たなくなり
今では夫のものは全部含めても衣装ケース二つに納まるだけになってしまって

あまりにも行きすぎていて心配になり色々なものを買っていいと言うのですが
夫は服などの消耗品以外絶対に買わなくなってしまい
かえって私が苦しくなってしまいました

これだけ夫のものがないと夫がふらっといなくなってしまいそうですごく恐いのです
こういう場合ってどうしたらいいんでしょう

33 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:00:00 ID:Dj6lGveU0
何か一挙にクソスレに
もうやめろよ 俺 何か書くからさ

34 :2/5:2007/07/06(金) 17:00:12 ID:MyyMWBab0
828 名前:802 投稿日:2006/03/11(土) 12:21:02 ID:ImOgEUVz
皆さんありがとうございます

今朝出勤前の夫と話をしました
謝ろうとしたのですが
「君の気持ちに気づけなかった僕が悪いんだから」
という答えしか返ってこなく謝らせてもらえませんでした

取り戻すか新しいのを買おうとも言ったのですが
「もういいんだ」を繰り返すばかり

考えてみれば夫のコレクションは結婚以来ほとんど増えてません
昔からのものばかりだったのでしょう
夫の部屋の中だけでしたし掃除もしていました
(共働きのため家の掃除は殆ど夫がしています)

ただ新婚の家に既に夫のコレクションが沢山あったので
私は結構苛ついていたんだと思います
別に部屋に籠っているというわけでもなく
二人で映画を見たりご飯を作ったりしている時間の方が遥かに長かったのに
なぜか私は苛ついていました

本も読まなくなってしまいました
私が見ているテレビを後ろからボーと見ているだけ

謝らせてもくれないぐらい傷つけてしまったんだと思います

35 :3/5:2007/07/06(金) 17:00:46 ID:MyyMWBab0
802 sage 2006/03/15(水) 11:18:49 ID:FeMEk3r/
あれからどうしようと言う思いでいっぱいで
こんなスレが立っているとも知りませんでした
殆ど読めていませんが皆さん本当にありがとうございます

昨日夫がホワイトデーのプレゼントとフラワーアレンジを買って帰ってきてくれまして
夫のあまりの優しさに泣きだしてしまいました

その後夫と話し合いました
夫が子供のころ実家に火事があって一度全てを失った事が影響してるのではという事や
実はずいぶん前から胃炎を発症していてた事がわかり
申し訳ない気持ちでいっぱいで私はひたすら謝りつづけました

それなのに「僕が悪いんだから」と言いつづける夫に対して結局また私が
「なんで私にこんなに辛い思いさせ続けるの? どうして許してくれないの?」
というような事を言ってしまって
更に夫に
(私の趣味の)「映画を見ることを趣味にして普通に生活するよう努力してみる」
という感じで謝らせることになってしまいました

取り戻そうという事に対しては
捨てたのがもう一月前で取り戻せる可能性はないし
「もう見たくないし意味がないし見たらどうしようもなくなる」
と絶対にやめてくれということでした

辛いけど夫を大事にして頑張るしかないと思っています
どうやったらまた夫と楽しく外出できるようになるのか必死に考えています

36 :4/5:2007/07/06(金) 17:01:16 ID:MyyMWBab0
802 sage 2006/03/15(水) 11:50:35 ID:FeMEk3r/
すいません
ここを少し読んでみました
本当に夫には申し訳ないのです

自分でも悪いと思っていても
夫が私にこんなに辛い思いさせてると一瞬思ってしまってそれが口から出てしまい
さらに夫を悲しませる結果になってしまいました

仕事の時間に関してですが
私は大学の研究室の秘書のパートをやっていまして
今は学校からです

37 :5/5:2007/07/06(金) 17:03:11 ID:MyyMWBab0
802 sage 2006/03/15(水) 13:03:27 ID:FeMEk3r/
ここを全部読ませてもらいました

自分が悪いのは本当にわかっています
私がここを見て捨てるのにはまっていたのも確かです
今回の事や模型の事には私からはもう触れない方がいいのかなと思いました
もしそれで時間を見て二人ともだめになってしまうようなら病院にいくことも考えます

本当に夫は優しい人だということがわかりました
なんとか私が大人になれるよう頑張っていきたいと思います
ありがとうございました

最後に色々質問された事ですが

結婚してからは3年になります
自宅は2LDKのマンションです

模型の量ですが押入の下の段の衣装ケース六つに納まるぐらいの模型と
線路をベニヤ板に張り付けたのが3枚ほどでした
一枚は畳に横にしてあって他のは壁に立てかけられてました

模型を引き取ってもらったのはオフハウスで全体の半分ぐらい
引き取りの値段は大したことはなかったです

38 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:04:16 ID:33ZQB3G70
何度読んでも
夫カワイソス

39 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:06:35 ID:3aeMFd340
また模型かよ…

40 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:12:30 ID:MyyMWBab0
旦那もはっきり意思表示しなかったり
意思疎通が図れてなかったのも問題だと思うけど
模型の量とか場所とか掃除のこととか
最初の書き込みなんかだいぶ自分を正当化?してるし
反省はしてるみたいだけど何が悪いのか把握してないっぽいあたりが
またなんかやらかしそうで個人的に後味悪い

41 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:17:07 ID:Dj6lGveU0
>「なんで私にこんなに辛い思いさせ続けるの? どうして許してくれないの?」

この言葉に全部が集約される気がする
これを言っちゃいかんよな

42 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:20:46 ID:UuK3hdkt0
もう感情が抜けた感じだ


43 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:23:13 ID:VPn5tVV20
>40
>旦那もはっきり意思表示しなかったり
>意思疎通が図れてなかったのも問題
 だよねー。あんまギクシャクした関係を
長引かせるような態度は感心しない。

 でも最初は、「売れ」って言われても、
言葉濁しながら拒否していたわけじゃん。
 ともすれば子供っぽい、オタクっぽい趣味
だし、子供ができたら邪魔になるものだって
分かってるから、そういう負い目が、愛する
模型を積極的に擁護させなかった原因だと
思う。
 でも、誰よりもそんな煮え切らない自分を
理解してくれているはずと思っていた妻に
理不尽なことをされれば、
「コイツと話し合っても、理解を求めても無駄」
 そんな気持ちになって自暴自棄になるのも
分かる。離婚に抵抗があれば
「所詮、結婚は人生の墓場。これと付き合うのが人生」
 生のクオリティを捨ててしまうのもしょうがない。

44 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:28:35 ID:H6CV1a770
しかし、またいまさらなネタですね。

45 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:28:56 ID:GCKGLw9Z0
一見、まともなリーマンで、
でも、実はガンプラおたくの同僚がいたが、
彼は結婚するとき、内緒で安いアパート借りて、
そこにガンプラを避難させていた。
でも、それがいつか、なにかの揉め事の種になるんだろうな…と。
そーいえば、二時間ドラマの帝王の船越も、今の嫁に
長年集めていた映画雑誌だかを、いきなり全処分されたんだとか。
船越は諦めていたけれど、
でも、あれは怒りを通り越して、ただひとり悟りの境地にいった感じだったな…。
即身成仏になったというか。
>>32の旦那もそんな感じなんでは?

46 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:31:07 ID:bxBU6z9n0
妻のブランド物の服やバッグを燃やしたらどうなるだろうか。
少なくとも>>32の夫のようにはならんと思うが。

47 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:31:53 ID:ltEAXDwRO
>>18
それ、祭りに参加するのを渋った住人が悪いように言ってる人がいたけど
実際には、祭りに使う岩魚は知り合いにタダで譲って貰ってるのに
町会費かなんかから岩魚代を出してるのはおかしい、使い込んでるん
じゃないかって指摘されたもんで、会長だかが逆ギレして村八分に
したんだよね。
村八分じゃないと訴える被告に、裁判官が「被告のやった事は村八分か
どうかはともかく、法律違反だ!」とうんざりしながら言ったらしい。

48 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:36:13 ID:y9YHksq80
>>43
毅然と「これは大切な模型だ。捨てるな」と言ったからって、留守中に売るような
やつが言うことを聞いたかというと疑問だしな。ふぁびょる可能性が高い、と
旦那も判断したから言葉を濁してかりそめの平和を保っていたんだろう。

いまさらなネタに恐れずマジレスする俺かっこいい

49 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:40:33 ID:NsUWJQZ9O
マオゴンって後味悪くね?

50 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 18:19:50 ID:Dj6lGveU0
書いたから貼っとくね

映画「ジュラシックパーク3」

恐竜が動くって以外 何の取りえもないクソ映画
あらすじは一行で説明可能
「恐竜のいる島に出掛けてって追われたり戦ったり食われたりします」
それだけ

で最後
生き残った連中が息をついてると 目の前の海をプテラノドンが飛んでく
島から出て生息域を広げようとして
ちなみにプテラノドンはこの映画では人食いの化け物 島から出しちゃまずい
(恐竜を島から出すな ってのは原作でも映画シリーズでも重要な点だった)

なのに生き残り連中 飛んでくプテラノドンを見ながら
「ほら見て プテラノドンが飛んで行く」
「どっかに移住しようとしてるんだよ」
「どこに引っ越すつもりなのかなー」
と ピクニックみたいな平和な会話を交わし
〆に主役級の女が
「少なくともうちの裏庭には来ないで欲しいわ」
みたいな小粋なアメリカンジョークをかまして一同和やかに笑う
それで映画終わり


いやいやいや!
笑ってる場合じゃないでしょ?
飛んでくから! 飛んでっちゃうから!
何とかしないとだめでしょ?

って心の中で1人 突っ込みまくってすげえ疲れた映画だった

51 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 18:43:31 ID:ldAQXdxc0
【芸能】元・モーニング娘。リーダーの飯田圭織が結婚 現在妊娠10週目
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1183714102/

52 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 18:58:33 ID:REhvx1xR0
筒井康隆『火星探検』
主人公は火星探検隊の一員。シャトルの発射場に向かう電車の中で
少年時代の同級生や、近所のおじさんたちと再会する。
「あの腕白小僧が探検隊員だなんてねえ」
「ちょいと服を触らせとくれ」「ばあさん、服にばい菌がついちまうぜガハハ」
って感じで口々に褒めそやされ、激励されるが、
同級の栗原という男を見つけ、主人公はいやな予感に襲われる。
彼は絵のコンクールで主人公より上だったのを唯一の自慢にしているそうだ。
「日本は世論の関係で出発が遅れてしまった」という話が出たとき
栗原が憎らしげに言う。「今だって火星探検に反対してるやつは多いんだぜ」
「いくら技術が発展しようがこのあたりの家はウサギ小屋さ。
火星探検には莫大な予算がついてるがな」
まずいことになったと思う主人公。栗原の言葉で周囲の雰囲気は一変した。
「結局は国家の威信のためだものなあ」「そんな金があるなら、養老院でも立ててほしいねえ」
「祝賀会、テレビで見たわよ。タレントにもててたわね。おいしい料理付きで」
「わたしのこと、ばい菌のかたまりだなんて言ったね」
「俺の弁当なんかキムチと煮ぬき卵だけなんだ。ローンでこれがあと十三年も」
主人公の弁解は無視される。
さらに栗原は「おい、こいつを駅に下ろすな」「終点まで、絶対に逃がすなよ」と絶叫。周囲も同調する。
上司に通信機で事情を説明する主人公。上司は国民感情の逆なでを恐れ、補充要員を使うことにする。
「君は次に行ってもらおう。自宅待機。」
主人公は冷静を装いつつ、ぐったりと座席に座り込む。電車を沈黙がおおった。
静けさに耐えかねて栗原がまたしても叫ぶ。
「こいつ、マスコミにしゃべるつもりだ」
「いやだあ。根掘り葉掘り聞きだされちゃうのお」
栗原、さらに絶叫。「やられちまうなら、さきに仕返ししてやれ」と乗客を扇動。
「そうだ」「たたんでやれ」「みんなで殴れば怖くない」
と主人公が袋叩きにされて終わり。

下手な要約でだいぶ抜けたけど、旧知の人間が一転して主人公を責めまくる描写がきつい。
このほかにも後味の悪い部分が満載の短編なので、ぜひ。
『夜のコント・冬のコント』所収です。

53 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 20:00:47 ID:QBfPfV570
>>52さん乙
確か前スレで出てた「最後の喫煙者」もこの短編集に入ってなかった?

54 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 20:12:22 ID:5me174uV0
>>52
里帰りした男がボコられる話もあったよな。

でも筒井の作品は「そういうもん」ってイメージができちゃって、後味悪いと思えなくなるんだよな。
初めて読んだ時は吐き気がしたが。

55 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 20:37:54 ID:rDNxjM9AO
30:本当にあった怖い名無し :2007/07/06(金) 16:54:42 ID:bxBU6z9n0 [sage]
もうあまりしゃべらない方がいいぞ。あんた墓穴堀まくりだ。


あなたさ、ニートではないよね?
ニートに見せかけて、ちゃんとしっかり自分を持って、人に尊敬して貰えるゃうな仕事を持ってる人。


でも毎日充実はしてない。どうしても自分に自信が無い。

いつも上司の言う通りにしか動けない根性無しのうだつの揚がらない親父なんだ。

金魚のふん(うんこ)みたいに上司にいつもくっついてるタイプ。

あ、ごめんごめん
勝手に決めつけちゃ駄目だよね!

でも分かる。

56 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 20:39:14 ID:xDF29ebn0
>>55
すまん
漫画家なんだよ。
儲かるけど使う暇ない

57 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 20:46:58 ID:rDNxjM9AO
>>56あんたはニートだよ
それかフリーター

58 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 20:56:06 ID:rDNxjM9AO
>>56
あんたにはセックスフレンド もしくは、自分はあんまり 好きではないが

積極的にアタックしてくる女(もしくは男) がいて少し困っているよ

59 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 21:21:54 ID:UaNgWDrd0
俺はプロファイリングも透視も出来ないが
ID:rDNxjM9AOがキチガイだって事は分かる

60 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 21:26:10 ID:wl5OS/qpO
>>56
あなたの胸には七つの傷が見えます

61 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 21:31:58 ID:y9YHksq80
さあ、ここに帰って誰だか知らない爺さんへの粘着を続けるんだ

悪霊が憑いてると思われる有名人7
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1177745146/


62 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 21:42:53 ID:Gx7fHxRe0
ID:rDNxjM9AO
こういうしつこい奴が一番腹立つよな

63 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 22:03:39 ID:B6vRJ9A0O
>>58
何このキチガイ………。怖いわ…………。

64 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 22:55:23 ID:oWzVwQsEO
きおくおん(ry

65 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 22:59:13 ID:sxfaC6cf0
海外ドラマ コールドケースのエピソード。

白人の少年(7歳くらい)の死体ががある冬の日に発見される。
雑貨屋に買い物に行った帰りに殴られて意識を失ったまま凍死したらしい。
雑貨屋の前にたむろしていた不良黒人少年たち(16、17歳くらい)のリーダーが疑われるが、
彼は事情聴取を受けて帰宅した次の日に町から逃げ出してしまう。
彼を犯人とも決められずに未解決のまま20年以上が過ぎたのだが
この事件を再捜査することになる。
犯人は雑貨屋の主人で実は死んだ少年は
黒人少年たちに雑貨屋で接着剤を買って来いと脅される。
お金のない少年は仕方なく接着剤を万引きして黒人少年たちに渡す。
雑貨屋の主人はものすごい差別主義者だが、
白人の少年にはノートを買うお金が足りないのを負けてあげたりしていた。
その少年が自分を裏切ったことを知って主人は激怒
逃げる少年を追いかけて殴りつけ、少年はそのまま死亡。


66 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 23:03:23 ID:sxfaC6cf0
犯人がつかまって一応解決なんだけど、途中で母親が疑われる流れが後味悪い。

当時一家は少年の下に幼い妹が2人いて
事件の夜も妹たちにかかりっきりだった両親は少年が出かけたことに2時間も気がつかなかった。
(少年は親に出かけていい?と聞いたんだけど
母親は父親に聞けと言い、父親は母親に聞けと言った)

母親はノイローゼ気味になっており、神父だか牧師に相談したりしている。
しかし相談の最中もケンカをはじめる兄妹に母親は限界にきていた。
妹たちの面倒がひと段落ついた後
母親は薄着のまま外の階段に座りタバコをすいながら神様に真剣に祈った。
どうか重荷を減らしてください、三人は多すぎる。
その夜に少年は死んだ。

犯人は捕まったけれど母親は一生重荷を背負って生きていく気がして何とも言えない。

67 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 23:11:28 ID:xDF29ebn0
>>65


68 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 00:22:16 ID:8CyANpbS0
海外ドラマは
リアルゆえの後味の悪さがあるね。

ただ、それ以上に面白いんだけどさ。
CSIとか、本当に楽しめる。

69 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 00:26:23 ID:WolHKRmL0
>>50
ジュラシックパークの2、借りて二人でみてたけど、
見てる途中で二人とも居眠りしたのだけを覚えている。
3が出てるなんて知らなかったけど、
これも居眠りしそうだな。

70 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 00:27:59 ID:RNwztQTs0
>>69
恐竜の腹の中から携帯の着信音が聴こえるんだぜ!

71 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 00:48:02 ID:WScjtcKi0
>>66
何だっけなあ。海外の事件であったよね。
子供が殺されて実の父親が疑われる。
報道も大喜びしちゃって犯人扱いでニュースを流す。
数年後、犯人が捕まった。
その時に父親がまた取り上げられたけど、報道のせいで家庭は無茶苦茶になったと言っていた。
周りから白い目で見られて耐えかねて引っ越しをしても、行く先で事件を覚えてる人がいて蒸し返される。
それが何年も続いた。

やっぱ海外でもマスゴミはゴミなんだな。

72 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 01:18:29 ID:UlgTQHFb0
>>71
ジョンベネちゃん事件?

73 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 01:40:34 ID:cnz2rjqN0
ジョンベネは真逆じゃないかな。金持ちの家族(父か兄だっけ)が超怪しかった
んだが、何かを知っていそうな母親は泣くばかりで口を閉ざしていた。
で、その母親が死んだら降って沸いたように自称犯人が出てきたような。
結局、それも嘘だって見抜かれてたはずだけど。

74 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 01:59:32 ID:PC/xLUor0
灰色は黒ではないけど白でもないんだよ。

75 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 02:27:27 ID:5/LVv+S60
前スレで車椅子の話つながりで

少女は幼い頃に足を不自由にしてしまい、車椅子に乗っている(ゆっくり少しだけ歩くぐらいはできる)
近未来の世界なのであらゆる建物がバリアフリーになっていてなんの苦もない。
だが少女は時折「自分のような者にも優しい世界」に対しての罪悪感のようなものを感じた

臨海学校に赴き、年齢以外は学校も性格も全く違う人々と触れ合う少女。
そのうちの一人の少年は活発な人物なのに、海で遊びもせずにいつも少女の傍にいてくれる。
流石にいくら手馴れていても砂場やましてや海になど入れない少女を気遣ってくれていたのだった。
少女は恋愛に近い思いを少年に抱くものの、少年はきっと障害者への思いやりしか自分には抱いていないのだろうと悟っていた。
(実際は少年も障害者とか関係なく少女に恋愛感情を微かに抱いている)

臨海学校の児童たちは謎の少女と出会い、全長何百メートルのロボットのパイロットになる事になった。
戦う相手は謎の悪のロボット。そして1番はじめに少女が操縦する事に(交代制)。
ロボットは人型だが手足がかなり細く、不安定な感じで、念じて動かす形式だがなかなか上手く動かせない。
そんな時仲間の一人が「もっとちゃんと立つようにイメージすればいいんじゃないか」というようなアドバイスをした。
そう言われた瞬間に、もう長年車椅子に頼っていた少女は、
立つという事がどんな事なのかも感覚としてわからなくなっていた事に気づき、思念に感応するロボットは倒れた。
かなりでかいロボットなわけで、慎重に歩けばまだ大丈夫なものの、派手に転んだので地上の人々は「ペースト状」になってしまった。
余りの事におびえる少女を、少年は車椅子から引っ張り、支えて立たせた。
「俺が支えてるから大丈夫だ みんなが支えてくれると思ってロボットも立たせよう」
そんな感じの事を言われ少女はロボットを再び動かし、見事に敵を倒した。

戦闘が終わり、ロボットの外側の足場に出て地上何百メートルから景色を眺める子供たち。
車椅子を残し、少年に支えられながらゆっくりと歩く少女。
不自由ながらも久しぶりに少し歩きたいと言うので少年が手を離してしばらく、少女はロボットから墜落してそのまま帰らぬ人となった。

まだ読み途中だが実は生きてましたな展開は否定されている

76 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 02:35:27 ID:b6vf+t2pO
>>75
小説版ぼくらの?

77 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 02:37:02 ID:LqvY/xfN0
サリン事件もひどかったよなあ。
奥さんが被害にあって精神的にやられてるところに犯人扱い。
確か自宅周辺の写真や映像も出回ってたような。
えん罪が晴れたところであの傷は癒えないだろう。
マスゴミもちょろっと謝罪表明したら後は終わりだしさ。

つか今ググったら奥さんまだ意識不明なんだな…

78 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 02:37:24 ID:+haP4MjaO
Sキングの短篇「ねえ、虎がいる」

小学生の少年が授業中にトイレに行きたくなる
先生が意地悪なヒステリー女でなかなかトイレにいかせてくれない
それでもどうにか頼み込んでトイレに行くことを許可される
(トイレは駅にあるような曲がり角で中が覗けない形のよう)
トイレにいくと、何故か虎が横たわっていてようが足せない
途方に暮れていると、クラスの友人が一人様子を見にやってくる
虎が居ると言っても全然信じてくれず、友達はトイレの中に入っていく
まったく音はしないが、いつまで経っても出てこない友人
勇気を出して覗き込むと、やっぱり虎が居る
虎の足元に友人の服と同じ色の布切れが見える、さらに途方に暮れる少年
しばらくして今度は先生がやってくる、何やってんだと散々怒られる
虎がいると説明すると、さらに罵倒され罵られる、先生はトイレに入っていく
しばらくしても物音は聞こえてこないが、しかし誰も出てこない、
トイレの中には虎がいるしどうすればいのかわからない少年
少年は教室に戻り、教科書の続きを読み始めた

おしまい

79 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 02:41:28 ID:+haP4MjaO
数ある短篇の中でも意味不明の一品ww
読んだ後のモヤモヤ感だけをテーマにしてんじゃねーの?ってくらい謎過ぎる
やっぱり雰囲気重視で深い意味なんて全然なのかな?

80 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 02:55:03 ID:+haP4MjaO
スマンね、ググってみたらタイトル間違ってた
正しくは「ほら、虎がいる」だった
短篇「骸骨乗組員(スケルトンクルー)」より

81 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 03:55:17 ID:7EXs8d/+O
流れ読まずにうろ覚えで投下
黒い玉 フランスの作家(名前忘れた)
ある男がホテルに泊まる。
チェックインして部屋に入ると小さな生き物がベッドの下に逃げ込む。
ネズミかと思い、追い出そうとベッドの下を覗き込むが
そこには何もいない暗闇。
おかしいと思い部屋の中を探すと、さっきの生き物が。
ネズミではなく黒い玉のようなものだ。
追い回してようやく捕まえた時、ふいに自分の体が縮んでいく感覚に。

どうやら自分が黒い玉になってしまったようだ。
その時部屋のドアを開ける音がした。
荷物を運んで来たボーイに違いない。
私はこの姿を見られては大変だと思い、とっさにベッドの下に潜りこんだ。
おわり。

これ読んだ後、トトロの真っ黒黒助がちょっと怖くなった。

82 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 04:01:37 ID:DQhbU6z/0
後味悪い?

83 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 04:13:09 ID:WolHKRmL0
CSI、自分はLAが一番面白くて、Miamiはなんだかなあで、
NYは見る気も起こらないのは何故だろう?

CSIではコインランドリーの話が後味悪かったな。

少年Aの毛布を被された死体が、公園のベンチの上で見つかる。
前の晩一緒に遊んでいた少年Bに事情聴取すると、もっと遊びたいと言っていたAを残して、
Bだけ先に帰ったので、その後のことは判らないとのこと。
検死をすると、Aの髪からか何人分もの毛がみつかる。犬の毛も混じっている。
不特定多数の人間の体毛がある場所といわれ、
死体発見現場の裏にコインランドリーが怪しいと調べはじめる。
現場には死体を運ぶのに使ったらしい車輪の跡が残っており、
それがコインランドリーのカートのものと一致。
が、カートは盗難防止の為、敷地の外に出ると自動的にストッパーが掛かる。
それを無視して敷地外の外にカートを持ち出せたのはコインランドリーの管理人だけ。
管理人を問い詰めると、ドライヤーの中でぐったりしている少年を見つけ、
職務怠慢で首になるのを恐れて、ベンチに放置したのだと主張する。
誰か見つけた人が、病院に連れてってくれるだろうと期待して。
「見つけたのは、貴方だ。貴方が病院に連れて行くべきだった」と言われ、
管理人は逮捕される。
場面変わって再び少年Bが尋問されている。
Aをドライヤーに入れて、蓋を閉め、スイッチを押したのだろうと。
はじめBは否定するが、ドライヤーのボタンと取っ手にBの指紋が見つかったといわれ、
遊びでやったが、怖くなって逃げたと自白する。
少年の母親が「いったいおまえ、どこかおかしいの?親友をドライヤーに入れたまま
逃げてくるなんて」と涙目で言う。
少年Bは耐え切れずその場で嘔吐する。

これ3話形式のオムニバスになってたんだけど、2話目のボディービルダーのインストラクター
だかの話が、「あれ、これ、コトリバコ?」みたいな、コトリバコ読んでこの話を
思い出したというか。

84 :83:2007/07/07(土) 04:26:51 ID:WolHKRmL0
ボディービルダーとコトリバコの関係、ガイシュツならスマソ。

粗筋はもう面倒なので詳しく書かない。
ボディービルダーの死体が見つかる。死体はあざだらけ。
初めは他殺方面で調査をするが、検死のときに目を押すと血がどろどろ流れ出し、
なんらかのヴィールスか何かの疑いが出る。

で、これがある特殊な黴がによって発症するものらしいんだけど、

この黴は人体組織にしか生えない→
   つまり死体とか、出血した血とか。番組内では人血の付着した弾丸が発生源。

湿った暗い場所を好む→
   壁を貫通した弾丸が、水管を傷つけ、漏れ出した水で湿っている状態。

被害者の死体がまるで暴行を受けたように見える。

健常な人には影響が出ず、免疫能力が低下している人が発症する→
ボディービルダーはステロイド剤の常用で免疫能力が低下していた。
コトリバコも女子供とというか、弱いのから、と考えると。

チョト思いついたから書いてみた。

85 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 04:30:48 ID:LyQ6TxWSO
コワイよー><

86 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 05:00:29 ID:JL17QRl90
前スレ最後に出てた「でっちあげ」の著者福田ますみが元日教組って確かなの?
プロフィールには専門誌とか編集プロダクション勤務となっていて教員やってたなんて書いてないけど。

87 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 05:08:19 ID:Qa0CCg4tO
デブス必死だな

88 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 07:33:13 ID:ZUktteuB0
星新一「暑さ」

うだるような暑い日、へばっている駐在のところへ一人の男が
「去年の今頃に、そのとき飼っていた猿を殺してしまったから自分を逮捕してくれ」
と訪ねてくる。そんなことでは逮捕することはできない、と駐在は男を説得するが、
男のほうも「ではまず話を聞いてくれ」としつこい。しかたなく話を聞くことにする駐在。

男は昔から、自分をいらいらさせる暑い日が苦手だった。小さい頃、そんな暑い日に何気なく
アリを踏み潰すと、いらいらがすっきりと消えた。そのときから男は、暑さでいらいらしてくると
手近な生き物を殺してストレスを解消するようになった。
生き物を殺すとき、どういうわけか前の年の夏と同じものではストレスが消えず、当然年を
経るごとに大きなものを殺すようになっていった。
犠牲の生き物はアリから始まって、カブト虫になり、犬になり…

それで去年は猿を殺したのだという。暑さでぼうっとしていた駐在は、
とにかく実害がないのだから逮捕は出来ない、無理言うな、と男を追い返す。
すごすご帰っていく男に駐在は何気なく問いかける。
「家族はあるんだろう」
「ええ、昨年の秋に結婚して……」

89 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 10:46:23 ID:t9IubL4c0
212 名前: 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/04 18:48:33 ID:7NcMWH1y

閉鎖病棟での生活

病棟に入る前に、荷物を調べられ、カミソリ、ライター、つめきりといった
「凶器になるおそれのあるもの」はすべてナースステーションに
預ける事に。財布や携帯電話も病棟には持ち込めない。
病棟とエレベータに通じる廊下は大きなガラスの扉で仕切られていて、
普段は鍵がかかっている。患者が入退院などで出入りする時だけ、開く。

入院してはじめの一週間は、外出、面会、電話は禁止。
ちなみに、窓に鉄の柵はかかっていないが、どの窓も10センチ以上は
開かないようになっている。

「私物を極力病室に持ち込まないように」と看護士さんに注意される。
病棟は慢性的に物不足で、ちょっとしたおやつや本、化粧品、洗剤、
ありとあらゆるものが盗みの対象になるとのこと。
定期的な外出が許されているのは比較的軽症な患者さんだけで、
たいていの人は年に数回のレクリエーション以外で病院の外に
出ることはないらしい。

お風呂は週に2回、月曜日と木曜日。およそ15分間隔で、みんなで
順番に入る。浴室の中と脱衣所に一人ずつ看護士さんがいて、
トラブルが起こらないように見ている。
2日に一度、「買い物」の日があり、それぞれ、係りの看護士に
自分の欲しいものを伝えて買ってきてもらう。と言っても、病院に
一番近いスーパーにしか買出しに出ないので、そこにないものは
いくら頼んでも買ってきてはもらえない。
タバコはみんなセブンスター。1日の本数を定められていて、毎朝
ナースステーションに並んで決まった本数を支給される。コーヒーも
1日の量が決まっているらしい。午後に一杯。インスタントコーヒーを
スプーン1さじといった具合。

90 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 10:49:59 ID:t9IubL4c0
215 名前: 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/04 19:04:18 ID:7NcMWH1y
閉鎖病棟での生活 その2

病棟の中の時間は、規則正しく、のんびりと過ぎていく。
入院歴の長い患者さんは、なにがしかの役目を持っていて、
デイルームのテーブルをふく役、トイレを掃除する役、
喫煙室の灰皿を交換する役、などがある。

自分を男だと思い込んでいるタケちゃんは、ところかまわず服を
脱いで身体を拭くのでそのたび看護士に「タケちゃん!あんた女の子
なんだからね!」と叱られている。そのタケちゃんに密かに思いを
よせているウチヤマさんは猫背がちにいつもタケちゃんの後ろを
ついて歩いている。

病棟で入院歴が一番長いというヨシさんは、ティッシュペーパーの
箱をとても大切にしていて、食事の時はかならずデイルームの
自分の席まで持ってくる。席をはずすときは、タオルを箱にかぶせ、
近くにいる人に「ちょっと見とってね」と頼み、小走りにかけていって
用を済ませる。

患者同士の小競り合いは多い。
差し入れされた菓子をみんなで食べようとデイルームに持ってきたら、
誘っていない○○さんが一番多く食べた、とか、貸したテープ(CDではなく)
を汚して返されたとか、些細なこと。

長く入院している患者さんのほとんどは、家族の面会もなく、退院する
あてもない。家族がすでに亡くなっていたり、病気だったり、受け入れを
拒否されて、生涯を病棟で過ごす。

入院する前の自分のいた現実社会で、みな時が止まっている。
髪型や着ている服、聞いている音楽、すべて、その頃の流行で
止まっている。

91 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 10:51:18 ID:t9IubL4c0
218 名前: 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/04 19:19:19 ID:7NcMWH1y
閉鎖病棟での生活 その3

患者たちが話す内容には、時系列がない。
たった今のことを話しているかと思えば、10年も20年も前の
事を脈絡なくつい最近のように話す。

そしてみんな、嘘をつく。
「来年のお正月は家に帰って家族と過ごす」とか
「結婚する前に付き合っていた彼氏と、新しい土地でやり直す」とか
「ここにいる間にTVや雑誌で勉強しているから腕はいい。
退院したらすぐ知り合いの事務所でデザイナーとして働くことになっている」
とか「車の免許をとりに教習所にいく」とか。希望に満ちた嘘。
週に一度の診察で、毎週みんな「退院はいつですか」と先生に聞き、
「まだ当分ないね」と答えられ、そのたびに傷つき、診察のあとの
デイルームは「先生に許しを得たあれこれ」の悲しい嘘であふれる。

一度、トランプをもってきていたのでみんなでやろうと思い声を
かけたが、看護士さんに「みんな、トランプっていってもババ抜き
もできるかどうか・・・怪しいのよね」と言われ、なんとなく落ち込んで
やめておいた。

タケちゃんは、数ヶ月前に外出許可をもらって食べに行ったラーメンの
ことを、嬉しそうに何度も話してくれた。「車の中で作っていて、外にある
ベンチで食べた。スープが黒くて、暖かくて美味しかった。」と、繰り返し。
病棟で出される食事はごはんもおかずも、いつも冷え切っていた。

年末、クリスマスが近づくと一時退院で病棟の半数の患者が自宅に
帰る。「変にあおると余計寂しがって不安定になるから」という理由で、
病棟内はいつも通りの毎日。大晦日だけは、紅白歌合戦が終わるまで
デイルームの灯りとTVがついており、夜更かししてもいいことになって
いた。

92 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 10:52:16 ID:t9IubL4c0
220 名前: 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/04 19:35:25 ID:7NcMWH1y

私は鬱病が酷くなって休養入院という名目でしばらく過ごしてましたが、
患者同士で病名を聞いたりするのは暗黙のうちにタブーになっていて、
具体的には聞けませんでした。

断片的に聞いた話では、キッチンドランカー、分裂症、躁鬱、
てんかん、などなど。今は総合失調症とか境界例っていうのかな?
病名にも時代が感じられます。

普段はとても上品そうな穏やかな奥さん、といった感じの人が
突然切れて大声を出して暴れ出し、意図的に布団に漏らしたということで、
男の看護士数人が飛び込んできて両腕を掴まれて保護室に連れて
行かれていました。

病棟においてあるアルバムに、患者さんたちが参加してきた
レクリエーションなどの写真がはってあるんだけど、今いる患者さんの
すごく若い頃の写真があったりして。「これ、いつの?」とか、聞けなかった
な。なんとなく。

でも、患者さんはみんな優しかったです。
夜、消灯が近くなると寂しくなってしまって。泣いてたら近くにきて
慰めてくれたり肩をなでてくれたり。おやつやなんかがちょこちょこ
なくなるのを除いては、みんな良くしてくれました。

93 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 10:53:23 ID:t9IubL4c0
222 名前: 名無しさん@生活サロン板できました 04/10/04 19:54:46 ID:7NcMWH1y
これで終わりにしますね。
退院の日、家族が迎えに来て、荷物をまとめていたら
タケちゃんが部屋まできて、ブレスレットをくれた。「ありがとね」と
答えたが返事はなく、黙ったまま自分の病室に帰っていった。
ウチヤマさんが、今日はタケちゃんでなく私の後をついて
歩いている。振り向くと、「退院ですかあ〜」とぼんやりした声と
顔で聞いてくる。「はい」と答えるとなにやらもごもご言いながら
離れる。またしばらくすると私の後ろにいる。そして振り向くと
「退院ですかあ〜」の繰り返し。

退院するつい3日前に、ビーズ細工を教えてくれたナガサキさんに、
お礼をと思い、ナガサキさんの好きなインスタントコーヒーを
持っていったが、黙々と編み物に専念していて、こちらを向いて
もらえなかった。ベッドの脇に、コーヒーを置いてきた。

「パーラメントを買ってきて欲しいのにいつも断られる」と言っていた
ウネちゃんに、家族に頼んで買ってきてもらったパーラメント2箱を
「今までありがとう」と言って渡すととても喜んでくれて、「でも、こういう
こと、あんまりせんほうがいいよ。みんな、欲しくても手に入らない
ものが沢山。味をしめると、みんな、一時入院の人にたかるからね」
「あんたは、もう来ないだろうからたかられることもないけどね」

最後に、先生に「ここの患者のことは忘れなさい。電話番号や、住所や、
聞かれても絶対教えちゃだめよ。あなたとここの人たちは、住む世界が
違う。関わりと持とうとしちゃ、だめだよ」と念を押された。

鍵のかかったガラスの扉があいて、迎えにきた家族と帰っていく。
看護士さんたちが「おめでとうね」とにこやかに送ってくれた。
その後ろで、無関心を装った患者さんたちが病棟の入り口で
黙ったままちらちらとこちらを見ている。目があうのが何故か
怖くて、振り返ることができなかった。

94 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 12:49:10 ID:d1e4D6qt0
>>86
確かではない
かといってウソとも言い切れない
けどそう思わせたい必死な人が居るみたい
何なんだかわからんけど

95 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 13:48:22 ID:+0zQW56F0
精神病院絡みの後味悪いと思った話を書くよ。

新聞記者が職場のメンタルヘルスについての連載記事の為に
精神病院の事を知りたいと思った。普通に取材依頼して
話を聞くのは面白くないので患者として病院に行こうと思った。

夜に酒を飲んだ。きちんとまだ自分の意識がある量にした。
妻にタクシーを呼んでもらった。タクシーに乗るときもタクシーに
乗ってからもあばれるふりをした。屈強な兄に、押さえつける役を
演じてもらった。精神病院では眠そうな顔の医者が出てきた。

「いつも酒を飲んで暴れます。入院させてもらえますか?」
とあらかじめ決めていた言葉を兄に言ってもらった。医者は
「酒臭いねー、飲んでるねー、じゃ、入院してもらいますか」
と暴れ続けている記者の姿を見て診察も何もなく入院を決めた。
あまりにもあっけなかったので驚いた。

…という内容で始まる新聞の連載を読んだことがあるんだけど、
その記者は、もし、自分の身元引受人となっている妻が
「この人はこのまま入院させておいてください」と言ったら
ずっと入院させられてしまうんだ、と夜中に不安になったと書いてた。

こんなに簡単に入院させられたら、実際にまともな人でも
騙されて入院させられて、そのまま出られない、なんてことが
本当にあるんじゃないかと後味悪かった。

96 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 13:49:39 ID:+0zQW56F0
もう一つ。優秀な大学院生が精神病院に患者の振りをして入院する
ことになった。活発だったその学生はだんだんと塞ぎこむようになり、
その姿を見ていた教授は、これはまずい、と思い、期間終了を待たずに
学生にその役を降ろさせた。学生は以前の活発さを
取り戻すことなく、「患者さん、みんな、いい人でした…」と言って、
大学を辞めて田舎に帰ってしまった。

この学生、田舎で元気を取り戻せたんだろうか。

97 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 14:00:33 ID:dpQb4Nzs0
今でも措置入院ってあるからな
精神科医二人が結託すれば

98 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 14:11:52 ID:3UEHspG60
閉鎖病棟か・・・エロ親父に医療ミスしちゃって
それをネタに奉仕させられる話で抜いたっけな・・・懐かしい。

99 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 15:51:42 ID:AfLFTqLW0 ?2BP(71)
>96
スタンフォード監獄実験みたいだな。

100 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 16:20:09 ID:utzKXvBK0
【社会】 緊急地震速報のロゴマーク、発表 (画像あり)
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1183785785/

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★[off_go@yahoo.co.jp]:2007/07/07(土) 14:23:05 ID:???0
★緊急地震速報のロゴマークが発表される

・気象庁の緊急地震速報のロゴマークが作られた。
 緊急地震速報は、地震の強い揺れが来る前に発生を伝え、被害を防止しようとするもので、
 10月からは一般への提供が始まる。

 6日はロゴマークのほか、地下道などに掲示し、適切な行動が一目でわかるように表現した
 イラストも発表された。
 http://www.news24.jp/87684.html

※画像:http://www.news24.jp/kakudai/pictures/070707007.jpg

人生最後に見る映像が
http://www.news24.jp/kakudai/pictures/070707007.jpg
これになるかもしれない人が出ると思うと後味悪いっつーかシュールっつーか…

101 :1/3:2007/07/07(土) 17:06:40 ID:A2wH8j7c0
精神病絡みは闇が深いね。精神科医のサイトからロボトミーを。

医療行為は試行錯誤の連続だが、かつてその一手段として
脳みその一部をちょん切るロボトミーという治療行為があった。
ロボトミーを施されると人が変わったように大人しくなったり明るくなるため、
効果があると判断された。問題点はスルーされ大流行した。
発明者はノーベル賞受賞されたほどだ。

やがてロボトミーの欠陥がわかってきて否定されるようになる。
文献でもロボトミーは古い治療法であり、現在では行われないと説明される。
しかし日本のある辞典だけは別だった。
やたらとロボトミーに肯定的な記述だらけなのだ。執筆者がロボトミーの権威者だからだ。
その後、日本の学会で完全に否定されてロボトミーの歴史は終わる。

102 :2/3:2007/07/07(土) 17:07:47 ID:A2wH8j7c0
だがロボトミーが歴史の舞台から消えても、患者達は残っている。
当時ロボトミー手術を受けた患者は数万人に上ったという。

子供の頃から問題児だったAさんはロボトミーを受けて大人しくなった。
誰かと会話することもなく一人でベッドに寝ている。たまにテレビを見るくらいだ。
46年間、そうして亡くなった。

B子さんは大正時代には珍しく学校を卒業し、就職した職業婦人だ。
しかし塞ぎこむ事が増え、独り言や奇行も目立つようになったためロボトミーを受けた。
それから52年、彼女は一日中何もせずに病院のベッドに座り続けている。

C子さんも他の患者と交流を保たず、何もせずにベッドに座っている。
カルテは何度も代わり、30人以上の医師が担当をしてきた。
60代の彼女の、1枚目のカルテの職業欄には「学生」と書いてある。

103 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 17:07:56 ID:+XmvboI40
昔(小学生低学年の頃だったかな)読んだ童話の話
タイトルはよく覚えていないのだが内容は

昔あるところに狩人の男がいた。その奴隷は森で狩りをしていたのだが、ある日一匹の鹿を仕留めた。
(ここら辺が微妙に曖昧)その鹿は金色の鹿で、確か男に命乞いをしたんだよ。それから、
「お願いですからここに私がいることは決して誰にも言わないと約束してください」
と言った。心の優しい男はこれを了承し、鹿を逃がしてやった。

それからしばらく後、男の住む国の王女が病気になり、医者が言うには
「この病気を治すにはどこかにいるという金色の鹿が必要です」とのことだった。
王様は「金色の鹿がどこにいるか教えてくれる者にはこの国の半分をやろう」と御触れを出した。

(続く)

104 :3/3:2007/07/07(土) 17:08:28 ID:A2wH8j7c0
以下引用
>彼らのような人々は、別に珍しい例というわけではない。彼らは、精神病の薬剤がまだ開発されておらず、
>精神病院が収容所だった時代の、いわば置き土産だ。古い精神病院なら、どこへ行っても彼らのような
>患者さんが入院していることだろう。
>50年間の入院生活。それは人間の意欲と意思を奪うには十分過ぎる年月である。私たち精神科医は、
>彼らの状態をカルテに「無為自閉」あるいは「欠陥状態」とひとことで記入するが、要するにそれは
>私たちが作り出した状態なのである。病棟でのレクリエーションでは、お年寄りに懐かしんでもらえるようにと
>美空ひばりの歌や石原裕次郎の映画を流しているが、BさんやCさんはそれすら知らないだろう。
>たとえ兄弟がいたとしても引き取ってくれる人はまれだし、ましてや単身生活などはとうてい不可能である。
>行き先といえば特別養護老人ホームくらいのものだが、ホームに入るにはかなりの順番待ちが必要だ。
>あるとき、しばらく前に申し込んだ患者さんの順番について福祉事務所に問い合わせたところ、
>返ってきた答えは「123番目」。そんなものだ。
>「こころの時代」だなんだと精神科は脚光を浴びているが、これもまた日本の精神医療の現状なのである。
ttp://homepage3.nifty.com/kazano/lobotomy.html
ttp://homepage3.nifty.com/kazano/diary0008c.html#21

105 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 17:10:03 ID:+XmvboI40
(続き)

狩人の男は鹿との約束を忘れ、王様に金の鹿の居所を教えた。
王様は早速そこへ兵隊を率いて向かい、金色の鹿を見つけた。
見つけられたことに驚いた鹿は王様に、「一体誰が教えたのですか?」と訪ねた。
王様は「狩人の男だ」と答えた。
鹿は狩人が決して自分の居所を教えないと約束したことを王様に告げると、王様は
「約束を破るとはけしからん奴だ!牢屋に入れてしまえ!」と言って、狩人を牢屋に入れてしまった。

その後、鹿の背中を撫でた王女の病気はたちどころに治ってしまいましたとさ。めでたしめでたし。

・・・みたいな話。大筋は大体合っている筈。
子供ながらに「狩人の立場は?」「王様は約束破ってないの?」とかなり不条理さを感じた。

って連投中にスマソ。首吊ってきます・・・

106 :1/2:2007/07/07(土) 17:22:54 ID:A2wH8j7c0
もう一つ。おじろくおばさ。

深い山奥にある小さな村では、収穫できる作物の量も
知れているために人口を増やすわけにいかない。
そこである村では奇妙な人口制限法が作られた。

家族の中で長男だけが人間として扱われ、次男以降や女の子は
養子になったり嫁がない限りは無償の奴隷として扱われる。
これがおじろく、おばさだ。

他人との交流は禁止され、障害結婚は出来ない。
祭りに出ることもできず戸籍にも「厄介」と記される。
彼らは人との接触を避け、話しかけても返事をしないが命令通りによく働いた。
怒ることも笑うこともなく、楽しみもない。おじろくおばさ同士の交流もない。

107 :2/2:2007/07/07(土) 17:23:44 ID:A2wH8j7c0
小さい頃から長男のために尽くせ、長男のために生きよと教えられ、
長男が学校に行っても次男や女の子は家の手伝いをさせられた。
親や大人達もおじろくやおばさはそう扱うものと思っているため、誰も次男や女の子を哀れまない。
当人達も不平を言わず受け入れていた。

反抗する者はいなかったのか?と不思議に思うだろうが、滅多にいなかったらしい。
希に村を出る者もいたが、生まれてから一度も人付き合いをしたことがないおじろくおばさは
外の社会に馴染めず結局帰ってくる。

彼らはそうやって長男に尽くし、人生に何の楽しみも見いだせずに死んでいった。
こうした制度は昭和半ば(昭和35年)まであったと言う。
ttp://homepage3.nifty.com/kazano/ojiroku.html

昔の制度に今の常識であれこれ言うのは間違いだとわかってるが、
心底今の日本に生まれてよかったと思う。
日本生まれでよかったーと言っても、ほんの数十年ずれて場所を間違えたら終わってた。

108 :1/2:2007/07/07(土) 17:35:02 ID:A2wH8j7c0
もう一つ。狂気は伝染する。

狂気というのは伝染する。一人狂うとやがて家族も狂っていく。
だが、そこで狂えなかった者はどうなるか?
大人ならば逃げ出すだろう。しかし幼い子供だったら?
狂人の中では、狂わなかった者こそが狂人と責められる。

次々に親の狂気に感染して狂った兄弟と違い、
ただ一人親の狂気に染まらなかった男の子がいた。
彼は親から厳重に監視されていた。
学校にも行かせてもらえず、家の中でも孤立して閉じこめられていた。
やがて逆上した父が火をつけ、彼は全身に火傷を負って入院した。
しかし誰も家族の狂気に気づかなかった。
そのまま彼は退院し、家に戻される。彼を救われるチャンスは失われた。

109 :2/2:2007/07/07(土) 17:35:44 ID:A2wH8j7c0
成長した彼は奇行が増え、再度病院に入れられた。二度目のチャンスだ。
しかしまともな教育も受けず、家族とも会話せずに育った男の子はコミュニケーション能力が欠如していた。
一方的にしゃべりっぱなしで、医師や看護婦相手に何時間もしゃべっていた。
親の虐待を細かに訴え、体に残る傷跡を見せた。
わがままで希望が通らないと暴れ出すが、怒られると泣きながら土下座した。
彼は彼なりに必死だったのだろう。

だが父親の退院願いが受理され、彼はまた狂人の家に連れ戻された。
その後の彼の詳細は不明である。
ttp://homepage3.nifty.com/kazano/folie.html

病院にいた方が彼にとっては幸せだったろう…

110 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 17:40:04 ID:EiPOOwTf0
>107
>心底今の日本に生まれてよかったと思う。
あと数十年先の日本人も「数十年前に産まれなくってよかった〜」て思うだろうな

111 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 17:44:06 ID:dpQb4Nzs0
田舎の農家の爺さんとかが
次男以下が戦争で戦死したことについて
「口減らしになるうえ恩給がもらえてついている」みたいな話をしてて引いたことがある

112 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 18:23:25 ID:fpQG7Q7LO
>>106
今も旧家なんてそんなモンだよ、日本人の根本に根付いている土着思想を舐めてはいけない。
関心持った時点で魅入られたとは思う、横溝正史がジャパニーズファンタジーと受け入れられているのも日本人として掻き立てられる物があるからだろ。
…精神が汚染されちゃったね

113 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 18:39:33 ID:Pml9K6dL0
>>110

だな。
その価値観が根付いている間は、
それがどんなに酷いものでも、当事者は酷いとも非人道的だとも思わないんだろうね。
「酷い」と思うのは、後年の価値観や外の価値観から見た場合だし。
今の時代も、後の人から見れば「酷い時代だったなー」と思われるかも。
……というようなことを、カンヌの最高賞をとった楢山節考という映画を観て思った。
確かに昔の日本の農村部ではあんなだったかもしれんが、
(近親相姦、獣姦、口減らし、長男以外は童貞のまま家畜同様暮す…などなど)
今もそうだと世界中の人に思われるのは、いやだな…。

114 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 18:51:30 ID:1i2ptveZ0
西洋的な考えが入ってくるまでは人道なんて……なあ。
そもそもそういうもんだったんだからしかたない。
現在それをやるかどうかはまた別の話。

115 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 19:03:44 ID:mudXsKfM0
長男が病死したりすれば次男が人間並みに昇格するわけだよな。

その時にどういうことを思うのか?
そもそもいきなり一人前の人格有る人間として振る舞えるのか疑問だ

116 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 19:42:57 ID:5blTgkHC0
>>95
ブラックジャックによろすくに似た話が。

>>101
ロボトミー殺人事件
ttp://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/lobotomy.htm


117 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 19:45:57 ID:6fuO76vA0
>>103
それに似た話を見たことがあるけれど、細部がちょっと違う

ある男が、嵐の日に橋ごと川に流されてしまったあわや溺れ死ぬという所で
金色の大鹿が現れ男を助けてくれた。
男はその大鹿に大変感謝して、命の恩人のあなたの言うことなら何でも聞きましょうと言った。
大鹿は男にひとつだけ約束してほしいと言い、私に出会ったことを決してしゃべらないでほしいという。
男は快く約束して村へと帰っていった。

村に帰ってみると、長者の娘が病気で、その病気を治すには
金色の大鹿の生き血を飲ませないといけないと言う。
長者の娘に恋心を抱いていた男は悩みに悩んで数日後長者の元を訪れた。

長者は早速、男と共の者を連れて鹿を狩に行った。
矢を向けられた鹿は、死ぬ前になぜ、あなたたちは私の居場所を知っていたのかを教えてほしいという。
その問いかけに、長者は男になぜお前は鹿の居場所を知っていたのかと聞き、
男は今までのことを全部話した。
男の話を聞いた長者は命の恩人を裏来るとは何事だ、私にはあの鹿を狩ることはできない。
といい、そのまま家へと帰っていった。

その後、長者の娘の病気はなぜかだんだん回復していき、すっかりよくなったが
男の姿を見たものは誰もいなかった。

おわり

118 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 20:14:34 ID:syNsy2UT0
>>110
そうだろうか?
そうなってるといいね

119 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 20:36:48 ID:cnz2rjqN0
>>110
その頃には、日本が日本人の手に戻っているということか。同意。
すっきりした新大久保が楽しみだ

120 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 21:26:33 ID:atCi00vv0
>>117
鹿、死に損(´・ω・) カワイソス

121 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 21:43:16 ID:qAsoxK5s0
なんかの二次創作で読んだ話。


主人公はチアリーディング部に所属している女子高生。
運動部を応援することが何よりも好きで、特に親友が所属しているバスケ部を応援することが大好きだった。
そのバスケ部自体は弱小部なのだが、だからこそ下手に強いより応援することに力が入ると主人公は思っていた。

ある日、珍しい機械が発明された。
その機械は人の能力をジャンル別に数値化できると言う機械だった。
早速、サッカー部がそれを使ってみた。
すると、今までレギュラーだった選手の数値は低く、毎回ベンチだった選手の数値が高かったことがわかった。
サッカー部のキャプテンは納得いかないものがありつつ、試合の日に毎回ベンチだった男を出してみた。
すると、実は彼は本番に強いタイプであり、見事な活躍をして勝利をおさめた。

その噂を聞いた他の部活も、その機械を使用するようになる。
お陰でどの部活も連戦連勝するようになっていた。
しかし、主人公は人の能力を数値化する事に疑問を抱いており、まだ親友も同じ気持ちだった。
バスケ部は上下関係がメチャクチャになるのを恐れ、その機械を使用していなかった。

数日後、バスケ部の試合が行われ、見事勝利をおさめた。
しかし、その試合に親友は出ていなかった。
結局、バスケ部もその機械を使用してしまったのだった。
毎日練習に励んでいる親友がレギュラーから降ろされ、能力値の高かった幽霊部員がレギュラーになっていた。
親友は試合に勝てた事を喜んでいた反面、本当はとても悲しかった事を泣きながら親友に伝えた。
親友に同情する主人公だったが、翌日チアリーディング部の仲間がその機械を持って主人公の下へ訪れた。
主人公は自分も親友と同じ目にあうのか、と悟った。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 21:58:27 ID:UlgTQHFb0
>>120
安心しろ。
長者は
>私にはあの鹿を狩ることはできない。
と言って鹿を殺さなかったんだよ。
鹿は死んでないよ。

123 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 22:09:13 ID:atCi00vv0
>>122
死ぬ前にって書いてあったから、てっきり討たれた後かと思ってしもた。
済まんかった。

124 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 22:45:03 ID:IH3FiISWO
ここでたまに出てくる『大のナポレオンマニアが彼の帽子を手に入れ、子孫だという男を殺してその帽子を被せた』という話を読んでずいぶん経ってついさっき風俗店の店長に聞いた薄ら寒くなった話。

大阪の繁華街の京橋・十三(じゅうそう)は立ち飲み屋などかなり下町の雰囲気が漂う町並みで今でもローカル893が地元密着で頑張っている。
30年程前十三のあるキャバレーの経営者がナポレオンの帽子を3000万円で買って彼の持つ十三の店に飾りとして置いたそうだ。当時『本物のナポレオンの帽子が有る』という事で話題になり冷やかしも含めて人気の店となった。
帽子を置いて数年後、その店にボーイが入った。ボーイはハーフかクォーターか何かでナポレオンの肖像画にどことなく似ていて、帽子を置いていた事もありあだ名はナポ。
しばらくして突然ボーイが消えた。夜の世界では突然辞めたり消えたりする事は日常茶飯事なので誰も気にしないまま時は流れたそう。ただ、ボーイの親族(か何か)が失踪届けを出した時勤務してなかった事になったそうな。

これを聞いて『まさかその人、人殺したりしてないよね?』と尋ねたところ『さあ?殺してないと思うけど十三やから解らんなあ…』との事。
勤務してなかった事になっていたのはただ単に面倒な事に巻き込まれたくなかったのかもしれないし、その経営者は別段ナポレオンマニアでもなく今でも良い地位にいる。
30年近く前少し働いただけの1ボーイの事なんて誰も覚えてなく消息の掴みようがないので怖くなった。

125 :124:2007/07/07(土) 22:48:57 ID:IH3FiISWO
追記:別の店の店長が何故あだ名とかをしってたのかはお金を貸したまま失踪されたからだそう。

126 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 23:31:29 ID:q8uwhxEu0
>>121
なんつーか「勝ち負けを決めるのはよくない。
リレーはみんなで手を繋いでゴール」みたいな偽善を感じた。
小学生くらいなら頑張った過程を褒められて評価されるのもわかるけどね。
結果を出さずに「頑張ったんだから評価してくれ」ってのは甘えだ。
それをひどいとか人間関係がメチャクチャになるってのは
そもそもろくな人間関係を築いてなかったんじゃないか。

127 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 23:50:08 ID:fXdgvRO70
中島らもの小説にあったエピソード。

入院中、同室になったじいさんとその妻の描写。
いかにも昭和の男尊女卑思想に染まった頑固じいさん、介護してくれる妻にあれこれ当たり散らす。
妻はハイハイ、と笑いながら受け流し、周りの入院患者に対しては
「すいませんねえ、こんな頑固なおじいさんで。いつもご迷惑かけてます」 と頭を下げる。

初めはそれを微笑ましく眺めてた主人公だったんだけど、
見てるうちにその妻が、意外とじいさんに対してぞんざいな態度を取っていることに気付く。
ああしろ、こうしろとわめくじいさんの要望はすべて、にこにこ笑って受け流す妻によって
「ただの我侭、老人の繰言」 として軽くあしらわれてしまい、じいさんは不自由を強いられている。
果物を口に運んでやれば口からだらだらと汁をこぼすじいさんを見て、
「まあ本当に汚らしい。すいませんね、こんな風で」と周囲に向かって彼を馬鹿にする妻と、
早く拭け、とわめき散らすじいさん。

もしかして、これは長年虐げられていた妻の、復讐なんじゃないか。
じいさんの体が自由にならないのを良い事に、じわじわとこれまでの恨みを晴らしているんじゃないか。
そう思ってしまうと、以前のように微笑ましい気持ちではその二人を見られなくなってしまった。

128 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 23:58:57 ID:j3awcynq0
>>111
兵隊を送る側の暗部だな・・・

沖縄戦あたりの証言集で、次男以下ということで兵隊に追いやられた意識があるた
めか、この手の日本兵はガラが悪かったという記述があったな。
兵隊として送られる側の暗部ではあるな。

129 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 23:59:17 ID:8nvSyDZx0
>>127
妻の気持になるとスカッと話。

130 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 00:01:14 ID:/CbgIIgY0
物凄く亀レスなんだが>50にマジレス

プテラノドンは翼の構造の違いで、カモメみたいに飛び疲れたからって
海面に降りて休息することが出来ない
羽毛がないので海に落ちたら沈む

もし運良く流木や岩礁に下りられても、そこから再度飛び上がるのに
強力な上昇気流がいるから、多分その場で餓死すると思う

そうじゃなくても恐竜時代は今よりもっと気流が強かったそうだから、
現在の気流で当時と同じ飛行能力が出せるかわからない

よって、脱走したプテラノドンは確実に洋上でアボン
恐竜パニックは人間の勝ち

まあ、パート4の噂がないのが一番の証拠だけどね

131 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 01:14:44 ID:4OS82+700
>>130
>パート4の噂がないのが一番の証拠
それは、パート3が糞だったという証拠では?

132 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 01:32:45 ID:k5EuKNox0
求めてもいない当てすっぽうな知識を
いきなり得意げに披露するヤツってなんなの?

133 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 01:33:14 ID:fCSsHMTZ0
皮肉だろ。

134 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 01:34:58 ID:yR09ENCB0
>>121
努力をしても結果を出せない人は大勢いると思うけど、その反対で
全く努力しなくても結果を出せる人というのは、一部の天才だけだと思う。
きっとその学校は、隠れて猛練習してる奴が多かったかあるいは
たまたまその時期に天才が集まってたんだろう。

まあ、そんな学校に入ってしまった主人公は運が悪かったな。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 01:51:23 ID:zAXYqsxf0
>>130
って言うか あの映画のプテラノドンはプテラノドンじゃないだろ
だって人間襲って格闘の末食い殺してたぜ
あんな華奢な身体で しかも歯のない口でどうやって

だからきっと嵐も疲労も苦にせず休まず飛び続けて
腹が減ったらクジラでも襲って新天地を見つけたと思うよ

136 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 03:39:01 ID:SJLngEflO
もういいよ

137 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 06:06:05 ID:0/GkFzP20
3だとどうだかしらんけど、ジュラシックパーク1の恐竜は定期的に注射しないと一週間で死滅するって設定があったよ。

138 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 07:49:50 ID:3En/ZIay0
映画だと注射なの? 原作だと特定の餌を食べないと死ぬように遺伝子をいじって
あって、島の外では生きられないようになっている…はずだったんだけど、脱走し
た恐竜たちは自力でその物質を含む餌を見つけ出して、たくましく生き延びたので
したチャンチャン♪…ってゆーオチ。

139 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 09:27:30 ID:rqmfyjrD0
>>105はちゃんと首が吊れたかな?

>>138
もういいっつうのに

140 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 10:02:06 ID:V59bS0AnO
>>89
読んでて悲しくなったよ…


141 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 11:30:31 ID:f2nKpoXi0
>115 荒れると嫌だけど家庭板から出来た「農家の実態」サイトから

母方の祖父(生きていたら80くらい)も農家の出身だった。
15人兄弟の7男で(長男・次男・女の子は大事にされたそう)
40度近い熱を出しても土間に寝かされ、薬ももらえず
食事も3尾の魚を10〜12人で奪い合って食べ、小学校もまともに出してもらえなかったらしい。
戦後満州から帰ってきた祖父を「何故7男が生きて帰ってきた」
「長男の代わりにお前が死ねば良かったものを」と罵倒したそうだ。
その後祖父は恋愛結婚したが「7男が勝手に結婚しやがって」
「お前は器量良しで丈夫だから、どこぞの婿にやるつもりだったのに」
などと勝手なことを言い、祖母を散々いじめたらしい。
その後祖父は地元を離れて商売を始めて、兄弟の中では一番出世した。
それでも祖父の両親は「7男が出世したって仕方ない」
「長男を差し置いて(次男が繰上げ長男になった)生意気だ」と言ったそうだ。

本家は果樹農家で、地元では今でもお金があって偉そうにしている家みたい。
ただ祖父の兄(繰り上げ長男になった次男)から代替わりする時
その長男が失踪し、次いで次男が病死したので、3男が現在跡を継いでいる。
そしてその跡継ぎの長男はやはり失踪し今でも消息不明、
次男の方は無銭飲食をして警察に捕まったことが村中に知れ渡っている。
でも豪農(古い言い方…)だから、みんな表立って後ろ指を指さないらしい。
だから娘に婿を取らせて跡を継がせるとか言ってた。
(でもその娘ももう40近かったような…)

>祟りみたいだ→本家
良い言い方じゃないけど、村の人もそう言ってるらしい。
「豪農で食うに困らないのに、子供を大事にしなかったせいだ」って。
実際祖父の男兄弟は戦争以外で3人亡くなってるらしいし。
(病気だったのに医者に見せなかったとか栄養失調とか)
でも今跡を継いでる3男坊(今70近い筈)も「長男次男以外はいらない」って
子供の頃養子に出されて、跡継ぎ問題で引き戻されて、結構辛い思いをしたらしいから
祖父も「今本家を悪く言ったら、あいつが可哀想だ」とよく言ってたよ。

142 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 12:05:01 ID:qBLF2cMP0
荒れる荒れない以前に、後味悪くもないつまんねーレスを
俺も私もとワラワラワラワラが続くのはなんとかならんか
単に吐き出したいのか同人の創作魂が疼くのか
とにかく鬱陶しい

143 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 12:20:18 ID:/c7Uw9K0O
>>142
そうか。じゃあお前がとっておきの後味悪い話を出して流れを変えてくれよ。

頼んだぜ?

144 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 12:20:21 ID:rlwxyGXU0
>>142
でそれは後味悪いレスなのか?鬱陶しい

145 :1/2:2007/07/08(日) 12:27:13 ID:otaq5+ML0
中島敦「牛人」


昔の中国の役人だった男が主人公。
そこそこ位の高い役職で妻子もいたのだが、
ある国に出張に行く道すがら、行きずりの女と1夜限りの関係を持つ。

その女とはそのまま別れ、何日か過ぎたある晩、主人公は恐ろしい夢を見る。
夜空が主人公目掛けて落ちて来て、押し潰される夢なのだが、誰も助けてくれない。
しかしただ一人、牛のような姿をした醜い男性が苦しむ主人公を助けてくれた。

また十数年経って、出張も終わり本国に戻ると
男はやはりあの一夜限りの女が気になって放置出来なくなり、
面倒を見ようとして、その女とあの晩に出来たその女と自分の子を召し抱えた。
驚いた事にその子はあの夢に出て来た牛男と瓜二つであった。

夢での恩を忘れていない主人公はその牛男を大切に召し抱え、最も信頼する部下とした。
仕事関連のことのみならず、身の回りの寝食の世話なども全てその牛男に任せていた。
しかし、もちろん世継ぎは正妻の子に任せると決めていた。

146 :2/2:2007/07/08(日) 12:28:33 ID:otaq5+ML0
主人公に自分を世継ぎにするつもりが無いことを知った牛男は、
卑劣な嘘と謀略を持って主人公の息子達を殺したり追放したりする。
流石に不信に思った主人公は、その時すでに重い病にかかっていたのだが、
牛男に息子達の死について問いただす。しかし当然の如くシラを切られる。

自分に不信感を抱き始めた主人公がだんだん疎ましくなってきた牛男は、
召使いの持ってくる食事は「主人公に取り次ぐ」と言って受け取りながらも全て自分で食べてしまい、
主人公の古い友人も「本人が会いたがらない」などとでたらめを言って追い返す。

飢えと病でやせ細った主人公は眠りにつく。
あの晩に見た夢と同じ、夜空に押しつぶされる夢を見る。
側にはあの時と同じく牛男が立っているが、泣けど叫べど助けてはくれなかった。

主人公はその眠りから目覚めることなくそのまま死んでしまった。

147 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 12:28:58 ID:ZnCERfihO
さあさあ盛り上がって参りました(・∀・)

148 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 12:30:18 ID:fLSlq6SB0
>>145
小心者の男が自滅した話か。

149 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 12:51:20 ID:TG51YqXc0
>>148
それは杞憂w


150 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 13:03:53 ID:liS0Jhw40
>>141
わあ日本はひどい国だ。日本がきらいになったよ〜ん

満足したか?

151 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 13:10:28 ID:eX1IkCxJ0
>150 おまえの中じゃ日本=農家なんだな どこ住んでるの?

152 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 13:18:00 ID:mYWtmd+N0
日本でない事は確か

153 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 13:29:38 ID:C0vyBLwfO
また地方分断チームの登場です

154 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 13:30:54 ID:TG51YqXc0
>>150
( ゚д゚) ポカーン


155 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 13:46:42 ID:jylEe6RI0
>>150
図星をつきすぎたせいで、単発IDに叩かれそうだなw
おまえも放置しておきゃよかったんだ

156 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 13:53:17 ID:8dsYeofQ0
>>145
作者すげーって素直に思えてしまうほど後味悪いな。

157 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 15:30:25 ID:mFPrYqbe0
>155
図星 >155=150

158 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 15:35:41 ID:C0vyBLwfO
こんな状況で、救世主のように名作を投下する>>159よありがとう↓

159 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 15:38:04 ID:mFPrYqbe0
日曜の娯楽は2ちゃんねる

160 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 17:59:48 ID:hzQg18dQO
>>159
うん、人ってみんな一人よがりだね☆

161 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 20:53:29 ID:uUh6d69O0
よそのスレからのコピペですが。

[811]おさかなくわえた名無しさん<>
2007/07/02(月) 00:46:09 ID:N2rK4PPB
今日の話だけど、骨折で入院した友達を病院に見舞いに行ってきた。場所が場所だけに入院してる友達を恐がらせてやろうとみんなで怪談話になった。
どこかで聞いた事があるような怪談話をみんなでしていたら、隣で寝ていると思っていたお爺さんが急に起きて「なあ?あんたら。俺は今、夢を見ていたんだ。」と俺らに言ってきた。
寝ている所で声が大きくて起こして怒らせちゃったかなと思っていたらお爺さんは
「俺はな、今夢の中でずっと好きだった女の子と結婚して、2人の子供が出来て、仕事も細々だけど順調にいって、子供が結婚して孫が出来て、
家族仲良く暮らして、家族に看取られて死んでいく夢を見たんだ。」
急に何を言い出すんだこの人はとみんな引いてたんだけどお爺さんは続けて
「でも今、あんたらの声で目が覚めてみるとどうだ?家族や親戚なんていやしねえ。見舞いに来る奴もいねえ。俺は一人だ。おまけに両足は無い。」
と言ってお爺さんが剥いだ布団の中には足が無かった。お爺さんは静かに
「なあ?お兄さんら今、急に目が覚めて気がついたら病院のベットだったらどうする?今の暮らしの全てが全部夢の中の出来事で本当は人知れず病院のベットの中で寝ているとしたらどうする?恐い話だと思わないか?」
一緒にいた友達は何の事だかわからなかったみたいだったけど俺は恐くなった。入院している友達に聞くとお爺さんは暇さえあれば寝ているらしい。時々寝言で笑うらしい。でも起きている時はいつも無表情でいると言う。

162 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 21:10:19 ID:OvaenJX30
あるとき、何の気なしに閉鎖病棟で検索かけたら、
あるサイトがTOPに来た。
で、そこでは、閉鎖病棟の写真とか、入院時の日記とかが
載っていた。管理者は、重いうつ病だったと思う。
で、中をうろうろしていたら、いきなり、そのサイトの管理人がオーバードーズ?
(リストカット常習者で、血液が薄い?ところにきつい薬をたくさん飲んだせい)
で亡くなったという婚約者の方の記載にたどりついてしまった。
亡くなって、そんなに日もたっていなかったので、残っていたという感じで
今、調べてみたらもう残ってなかった。(多分)
結構、明るい口調のサイトで、友達もそこそこいる感じだったので
死亡記事が後味悪かった。


163 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 21:15:42 ID:fzuoTaBeO
南条あや?
あれは父親と編集者が胸糞悪い

164 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 21:45:09 ID:sbvFEMq+0
>>163
なんで?

165 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 21:46:26 ID:jylEe6RI0
>>161
SF短編にありそうな話だね。お年寄りが苦しむ話はなんだか悲しい。

166 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 22:46:25 ID:RvCiWCWaO
原爆投下後死ぬ前にって感じで子供もほっぽらかして乱交が始まったってマジなん?
肌がドロドロのケロイド状の被爆者たちが乱交とか想像だに地獄絵図だな

167 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 23:19:40 ID:vR44gCgpO
>>166
いや普通に考えて、それはありえんだろ
苦痛を上回る性欲って考えにくい
だいたい数ある原爆の話の中から、
そこに食いつくお前が後味悪いわ、ありがとうよ

168 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 23:43:48 ID:PfMFs/0/0
206 :名無しさん@HOME :2007/07/07(土) 04:20:59 0
俺が小さい頃に出て行った母親がどうやら再婚してたみたい。
あっちの家族には秘密らしい、暇なんで養育費貰いに行こ〜っとw
212 :名無しさん@HOME :2007/07/08(日) 01:00:38 0
行って来た〜結果から言うと養育費ゲットしました〜

夕方に行ったんだけど、ちょうど夕飯の時間だったみたい、チャイムならすと
女性が出た。フルネーム言ったら一瞬の間が合って、切られた。そしたら
玄関が開いて母親が出てきた。写真で見たのより当然ながら老けてた。

表情は「何で?」って顔してた。まぁ当然と言えば当然だわな。捨てた子が
目の前にいるんだし、「養育費の事で」って言ったけど無反応だった。
仕方ないから家に入ろうとすると全力で止められた。やっぱりね〜と思った。

だからデカイ声を出してたら中から男が出てきた。再婚相手だろうな。
怪訝な顔をされた。不審者扱いw

そこで「この人の子供です」って言ったら「はぁ?」って顔された。
本当に内緒にしてたみたい。母親に正直に言うように促すと観念したように
その男に話した。

で、ここじゃってことで家の中に侵入成功。リビングに通されたら、女の子が一人
中学生くらいかな?でソファーに座らされた。

来た理由を聞かれたんで、答えたら向こうは黙りこくってた。だからTシャツを脱いで
背中を見せて「アナタが出て行ったせいで、父親からこんなに可愛がられました」って
言ったら母親は泣き出した。

そして「払います」だって。一括で払うらしい。


169 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 23:45:01 ID:PfMFs/0/0
213 :名無しさん@HOME :2007/07/08(日) 01:01:32 0
あげちゃった

これで俺も大学に行けるぜ〜

でも本当は会った瞬間に母親がもっと違うリアクションをしてくれれば
こんな事をしなかったかもね。

金は入るけど、やっぱ捨てられたんだな〜って改めて実感した日でした。

170 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 23:46:21 ID:7cQChQig0
>>166
少しでもその話が本当かもしれないと思ったらしい>>166が後味悪い

171 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 23:58:48 ID:ooQCquML0
>168-19 いい話じゃないか、その男の子がちょっと切ないけど。

172 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 00:16:00 ID:+8aL5VX+O
感動した☆彡

173 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 00:36:24 ID:JqLB+iFr0
>>168
母親ざまみろwと思ってしまってスカっとした。

174 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 00:55:07 ID:JqkzBNG80
>>168-169
偉いね。賢い子だ。
そんな両親の元に産まれて、よくここまで
知恵と実行力のある子に育ったね。

175 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 01:03:21 ID:E9ael4xn0
>>168-169
明るくかいてる所が哀愁誘う。

176 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 01:21:10 ID:tUSoH3jr0
でも、この母親、将来この子の前に
「旦那に捨てられちゃった。あんたは私の子供。わたしの面倒みてね♪」
なんてのほほーんと現れたりして…。

177 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 01:30:11 ID:h9Ky3eFM0
NHKこども人形劇「かたあしだちょうのエルフ」
エルフは強くて大きなだちょう。
走るのがとても早いので、動物の子供達を背中に乗せて走ってやる。
ハイエナが襲ってきたらライオンの声をまねして脅かし、追い払う。
勇気があってやさしく、人気者だ。
ところがある時ライオンが襲ってきたので戦ったエルフは片足を食いちぎられてしまう。
走れず餌も探せなくなった彼に、最初は食べ物を分け与えていた動物たちもだんだん離れていく。
エルフはひとりぽっちになり、やせて弱っていった。
そんな時こんどは黒ヒョウが子供達を襲った。
エルフは子供達を背中に乗せ、自分は脚をかじられながらも、くちばしで戦った。
ヒョウを撃退した後、安心した子供達がエルフの背中からおりてみると
エルフの姿はだちょうの形をした樹に変わっていた…

なんの落ち度もなくみんなのために尽くして自分を犠牲にしたのに
全然むくわれないエルフ…

178 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 01:40:55 ID:j7IX7Rom0
山田風太郎「芍薬屋夫人」
時は文政。江戸の若き産科医師、鳥吹玄鳳は 許嫁の父の依頼により長崎、鳴滝塾へと旅に出る。
かの地でシーボルトの蘭学に触れ、しばし入門するも、江戸に残した許嫁---生家は傾き、豪商からの縁談のある---が、気にかかり、鳴滝塾を後にする。

そうして江戸に着いた玄鳳だったが、彼の許嫁はとうに、悪辣豪商、芍薬屋吉兵衛の妻となっていた。
かつての許嫁に会うことも今やかなわぬ失意の中、シーボルトより学んだ蘭学で玄鳳は江戸で産科医を営む。けれど彼への嫌がらせは絶えず、ついには暴漢に殴りつけられ河へ落とされ死病を得る。

病み衰えた玄鳳のもとに、恋仇 芍薬吉兵衛が臨月の妻---かつての許嫁、の命乞いに訪れる。乞われるまま芍薬屋へ赴く玄鳳。
赤子は逆子であった。
ふかい、ふかい暗黒の葛藤のはてに復讐の虜となった玄鳳は
子は助からぬ。赤子の頭を砕き、引きずり出さねば母も死ぬと告げる(実は嘘)
ふたりきりにして、と夫を追い払ったもと許嫁は言う。
「この子は貴方の子なの(身に覚えあるわよね)父様に見守られて死んでゆくのなら、この子も私も し あ わ せ 」

うおおおおおおおおおおっと、スイッチ入っちゃった玄鳳はあらん限りの手腕を尽くし、
出産を無事成し遂げるが、彼はまもなく死ぬ。
私は勝ったのです、私の中の悪魔に!ありがとうございます、先生、
貴方の教えで、恋人と我が子を救えたと、シーボルトに感謝した後に、血を吐き命果てる。

だがしかし
後年、シーボルトに会った芍薬屋(妻子同伴)は歩ロリと言う。

「その子が産まれます時はな、大変な難産で、あの玄鳳を私が呼んだのでございます。
するとあれは恐ろしい顔をして、子供の頭をぶち割らねば出ぬなど申すのです

さようなものかと思っておりましたが、妻はきゃつの顔つき目つきから、非道な恋の逆恨みと見破り、一世一代の大芝居、この子はあなたの子と申したら、
はははは、あの阿呆、死にものぐるいで無事お産を済ませてくれましたわ。涙を流してお辞儀して。きりきりまいに飛んでいったそうで----
うわは、わははははははは」



179 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 02:07:43 ID:WFFCFHLy0
何年も会ってない(多分)のに子供なんて出来るわけないよねw

180 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 02:17:21 ID:ZIMADTyK0
>>177
「エルフ」懐かしいなー。子供の頃、家に絵本有ったよ。
エルフは樹になって、流した涙が湖になっていたんだよね。

壊れたり遊び飽きたりしたオモチャを乱雑に放置していたら、
「おまえのやっていることは、片足になったエルフを見捨てた
仲間みたいじゃないか?」と父親に説教された。

181 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 02:21:21 ID:mpy7CcIS0
>>180
父ちゃん(・∀・)イイ!

182 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 02:27:14 ID:X+k0zu5r0
NHK教育「おはなしのくに」かなんかでやった時は
朗読が蟹江敬三氏だったなー。
それを聞いて心が震えて、読まず嫌いだった絵本を読んで号泣した自分。
絵本の表紙の絵柄は、子供だった自分にはただ単に不気味だったんだ…
エルフはかっこいいよ!男の中の漢!!
エルフをヒーロー視しながら読み進めると、数年越しのトラウマにとりつかれるよね…

183 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 04:54:56 ID:EIwVS66y0
>>177
幸福の王子を思い出した。
あの手の話は非キリスト教には後味悪さしか残らん。

184 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 07:11:28 ID:JqkzBNG80
>>183
キリスト教徒にだって後味わるいさ。

185 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 13:16:44 ID:ZA4k48vLO
>>183
それ目のルビーとかサファイヤを鳥に持ってかせる話?

186 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 13:31:23 ID:GZlXAuwE0
>>185
イエス
王子の像が ツバメに頼んで
貧しい人々に自分の身体を飾ってる宝石や金箔を届けるんだよ
ツバメは冬が来る前に暖かいエジプトに行きたがってるんだけど
心優しいもんだから王子の頼み事を聞いてやるのね

王子は飾りを全部なくして灰色のみすぼらしい像になり
ツバメは宝石の目をなくした王子のそばに留まって
外国の話を聞かせてやったりするんだけど
ついに冬の寒さに耐え切れなくなって死ぬ
その瞬間 王子の鉛の心臓もひび割れてしまう

市長たちはみすぼらしい王子を溶かして潰してしまうことにする
鉛の心臓は 何故か溶鉱炉でも溶けずに
足元で死んでいたツバメと一緒にゴミ箱に捨てられる

天使たちがその心臓とツバメを天国に連れてゆく
・・・・・

誰が可哀想ってツバメが一番可哀想だ
王子が引き止めなければ死なずにすんだのに

187 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 13:40:22 ID:bSbcgA1P0
いや、ツバメは自分の意思で残ったんだよ。
王子がもうエジプトに渡っておくれと言ったんだけど、
私は最後まで貴方のそばにいますって。


188 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 13:44:15 ID:glXlD+hgO
今日のおはなしのくには、このスレで人気のかわいそうなぞうだった。
朝ごはん食べながら泣いてしまった。

189 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 13:48:33 ID:CN7BdExe0
>>178
お見事なくらい後味悪いな

190 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 13:48:40 ID:JqkzBNG80
>>188
子供には悪いと思いつつ、チャンネルチェンジしたよ。
(どうせ、まだ判らないと思われるので)
今度、上野動物園に行ったら、忘れずに手を合わせてくる。

191 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 13:57:02 ID:ZA4k48vLO
>>186
ありがとう
本当ツバメが可哀相だったよね。

192 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 14:04:41 ID:0X9SsF1j0
>>186
子供の頃に読んで
「人に財産を施すと、ろくな目にあわんのか・・・
 一時の感情に流されず、財産を守るよう気をつけよう。」
と思ったな。


193 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 14:09:07 ID:GZlXAuwE0
>>187
最初はエジプトへ行きたがってたツバメを王子が毎日引き止めて
「あそこへこの宝石を」って頼み続けるんだよ
自分の意思で残ったのは王子が目を失ってから

何て言うか
王子の願いにツバメも引きずられたような気がするんだよね

194 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 14:20:04 ID:1w7YoRhD0
>>187
もう仲間はすべてエジプト?に飛んでいって、
自分ひとりではどうにもならいような状態になってはじめて、
「もういいよ」といまさらなことをいう王子。
施しマニアのナルシスト王子に巻き込まれた
哀れなツバメ…というふうにしか思えなかったな、子供心にも。

195 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 14:22:22 ID:fw4hsTPH0
大人になってから読むと、
幸福の王子って、究極のマゾだよな。
そんな性癖の王子のプレイに巻き込まれて、哀れなツバメ。
さすがは、ワイルドだw

196 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 14:52:52 ID:/fYtg5BE0
小学校にあがる前のこと、母と一緒に電車で病院に行った
向かいの座席を見ると、端の方に白い杖をついた男の人が座っていた
母に「おじーちゃんじゃないのに杖を持ってるよ」と言うと、
「目の不自由な人なんだ」、「変だって言っちゃダメだ」と耳打ちされた

そうかと思い、あとは外の景色を見たり、吊革の揺れ方を見ていた
母は居眠りを始めてしまったので、自分は「早く降りる駅が来ないか」と静かに座っていた

次の駅で三人の女子高生が乗ってきた
三人は盲目の男性と少し間をあけて座席に座り、大きな声で話を始めた

しばらくして女子高生が膝の上に乗せていたカバンを
座席の横に置こうとしたら、そのカバンが軽く男性にぶつかった
女子高生はハッとして男性の方を見たが、逆に男性の方が
「すみません」と、何度も頭をさげて申し訳なさそうに謝っていた

それを見た三人は顔を見合わせ、なにかコソコソと話し
一人は男性の隣に密着するように座り、あとの二人は男性の前の吊革を持って立ちふさがった

そして三人はワザと男性の身体にぶつかり始めた
女子高生がぶつかるたびに、男性は「すみません」を繰り返し、その身体を小さくしていた
身体を小さくしながら何度も謝る男性を見て、三人はずっとニヤニヤしていた

自分は何故か怖くて「やめろよ」とも言えずに、その行為をただじっと見ていただけだった

何分かして降りる駅に着き自分は母と一緒に電車を降りた
ホームの階段を上りしな、電車の中を見るとその行為はまだ続いているようだった

「何故そんな意地悪をするのか」とか「やめろよって注意できなかったこと」とか
そんなことを思うと身体がカーッとなって、涙が溢れてきた

197 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 14:53:42 ID:ex3u5BRz0
>>193
最後一行で共依存や共倒れになるメンヘラを想起した。

あのツバメってツンデレじゃないか?
ブツブツ文句言うけど、結局頼まれたら引き受けるんだよね。
って思ってたら、ついでに惚れっぽいらしい。
ttp://www.hyuki.com/trans/prince.html
エジプトに行けなかったのも、葦に恋して仲間に置いて行かれたんだそうだ。
葦はしゃべらないから飽きて仲間を追いかけてる途中で王子に出会う。

王子は頼み方が嫌らしいな。
「もう一晩泊まってくれませんか」と丁重にお願いした後は「私が命じたとおりにしておくれ」と上から目線。
ツバメはろくでなしに引っかかったんだな…

198 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 15:22:24 ID:6Mr8xv1jO
言葉づかいは訳者にクレームつけましょうね♪

199 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 15:30:38 ID:NLRmsOwy0
キモっ

200 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 15:34:05 ID:bSbcgA1P0
む、自分も共依存じみてるなとか思った。

たしかに王子にひきずられて残ってたけど、
行っておくれって言われた時点で渡っていれば、間に合ったんだよね。
でも自分は残るって、自分で決めていた。
感情に流されてのことだとしても、それはツバメ自身の決断だ。

中の人もたしか共依存気味というか、不器用な人だったろ?
恋人(同性)の父親に訴えられて投獄され、
それがもとで体を壊して亡くなったんだよな、確か。
でも結婚もしてて奥さんもいて子供もいて、なんかいろんな意味で後味悪いな。

201 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 15:34:37 ID:BTSrd+O9O





202 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 16:08:09 ID:8D/ZkOTu0
>>196
その女子高生の3人の父親はコンクリート事件の犯人なんだろうね

203 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 16:13:28 ID:7hfzHT3s0
最近横溝を読み返してるが、獄門島はこのスレ向きだな。

「俺が死ねば三人の妹が殺される。獄門島に行ってくれ」終戦し、復員船の中で死んだ戦友(千万太)に頼まれ獄門島へ向かう金田一。
島への船の中、乗り合わせた島の和尚に千万太からの紹介状を見せ彼が死んだことを告げ、そこにいる島民から千万太のいとこ(一)が近々復員するという話を聞く。
金田一は千万太の遺した言葉の真意が分からないが、取り合えず静養がてら島に滞在していると本当に三姉妹が次々殺される。
一人は大木に逆さに吊られ、一人は釣り鐘の下敷き、一人は祈祷中に首を絞められ…いつもどおり全てが終わってからやっと謎を解く金田一。
千万太の家は島の漁師を束ねる網元で権力的には村長以上。先代の当主(千万太の祖父)は死ぬ間際に犯人に狂った遺言を残していた。
「千万太が生きて戻れば問題はない。千万太が死に、一が戻った時にあの三姉妹を殺してくれ。これこれこういうやり方で(上記の通り)」
つまり、千万太(本家)が死に、一(分家)が生きれば家督を継ぐのに三姉妹が邪魔になる(姉妹は糞ビッチなので家を継がせられない)から殺せということ。
両方戦死したならしょうがない、姉妹に婿を取らせてそいつに家を継がせる。
犯人はもうじき死ぬ老人の頼みを無下に断ることもあるまいと、任せろとは言ったが実行する気は毛頭なかった。
なぜなら殺人の道具につかう釣り鐘は戦争の物資にするため取り上げられていたからだ。
しかし戦争が終わってみると釣り鐘は無事で、島に返される。一が復員してくるらしい。千万太は死んだらしい。
これに老人の執念というか恐ろしい宿命のようなものを感じて実行したのだ、と語る犯人。哀しげに金田一は話し出す。
「実はある男が詐欺で逮捕された。そいつは死んだ戦友の家をまわり、もうすぐ復員してきますよと嘘をついてテンションの上がった家族からお礼の品やおみやげをふんだくっていた。一さんの復員を伝えにきたのはこの男だったのです」

204 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 16:48:52 ID:0X9SsF1j0
おおう、これは後味悪い。
老人や、一族の怨念ものって
ドロドロとして怖いねぇ

205 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 17:29:58 ID:61U01O2M0
獄門島って、横溝の最高傑作らしいが、
しかし、どうしても、動機もその殺害方法も納得がいかなくて、
後味悪いとすら思えないんだよな…。
糞びっちの三姉妹を殺したいのならこっそり始末すればいいし、
あんなに派手に殺したら、島の外でも話題になって注目が集まって
犯人探しが始まるだろうし。
劇場的見立て殺人をなにがなんでもやりたくて、動機はむりやりつけてみましたって感じなのかな…。
と、なると、犯人の仲良し三人組が実は一番のワル?

206 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 17:46:02 ID:61U01O2M0
あ、でも、市川監督版「獄門島」では犯人が変えられていて、
あれは、なんとなく納得した。

207 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 17:46:19 ID:bSbcgA1P0
骸を使った芸術作品の倒錯的な美を書くという目的が最初にあって、
作られた話なんじゃないかと思わなくも無い。

208 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 17:55:19 ID:sXIrZI6z0
池波正太郎著 鬼平犯科帳4に収録されている「霧の七郎」が後味悪い。
江戸時代、火付盗賊改方の長谷川平蔵(これが鬼平。物語の主人公)に兄を処刑された弟(霧の七郎)が、腕の立つ浪人を雇って敵を打とうとする話なんだけど、この兄弟がどれだけ仲が良かったかをあらわすエピソードが凄い。本文を引用すると

……大好きな沢庵を兄が口の中でやわらかく噛みくだいてくれて、あったかい飯の上にのせ、
「さ、食いな」
次から次へと、かたい沢庵を噛みくだき、幼い弟に食べさしてくれたものだ。その、沢庵と飯にまざりあった兄の唾液の味を、七郎はたまらないなつかしさで、いまも想いおこすのである。……

読んで吐き気を催した。
池波正太郎は食通としても有名で、小説の中でも「蛤の湯豆腐」とか「熱い根深汁」とか美味しそうなものをいつもは出してくるのに、なんでこんなものを書いたのか、理解できなくて後味悪い。



209 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 17:57:09 ID:tDqYL5PJ0
>>208
うわっ。
今から夕飯の支度しようかと思っていたのに…
食欲なくなった。

210 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 17:58:32 ID:GZlXAuwE0
何となく兄弟の愛情は感じるじゃないか
鳥の親子みたいだ

食いたいとはまったく思わないが

211 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 18:06:36 ID:mlr/Dncz0
ワイルドの「幸福の王子」、
ツバメは貧しい子供達を大勢助けて、
途中から本気で愛してしまった王子からも想われて、
最後は唇にキスして死んで、幸せな話だなあ、
ほどこし王子もツバメが自分のせいで死んじゃって
どえらいショック受けてるし、両想いでいいねえ…
と思っていた私はこのスレ的には負け組

212 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 18:13:18 ID:0H1RBjUo0
ロアルド・ダールの短編集「キス・キス」より、「ウィリアムとメアリイ」

メアリイの夫、ウィリアムが死んだ。ウィリアムがメアリイに残した手紙には、
彼がある実験に参加していたことが記されていた。
メアリイが実験室に赴くと、そこにはウィリアムの友人と、ウィリアムが待っていた。
友人は言う。「どうです、奥さん!素晴らしいでしょう。ウィリアムは生きているんです」
そこには、透明の液体に浮かぶ、ウィリアムの脳と目があった。
ウィリアムには、五感があり、できないのは喋ることだけ。目を使って合図をすることはできると言う。

メアリイはウィリアムと過ごした日々を回想する。
堅苦しくて、いつも自分を抑圧していたウィリアム。メアリイは煙草を吸うことも、赤い口紅を塗ることもできなかった。
ウィリアムが死んでやっと解放されたと思ったのに!
でも。手も足もないこの夫に、何ができると言うのだろう?

友人に向かって、メアリイは今すぐウィリアムを連れて帰りたいと言う。
「かわいらしいじゃありません?早く家に連れて帰りたいわ」
微笑みながらメアリイはウィリアムの大嫌いな煙草に火をつけ、ウィリアムに向かって煙を吐き出した。
ウィリアムの目に浮かぶ怒りと恐怖の色を見て、メアリイは一層微笑んだ。

大昔に読んだので、色々と間違ってると思うが、大筋はこんな感じ。
この後、ウィリアムは散々虐待されるんだろうなーと思うとガクブル。
この短編集、他のも後味悪かった。解説はこのスレで大人気の阿刀田さんwおすすめ。

213 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 19:04:18 ID:HgjnXJ9RO
>>212
面白そうだけど時分的に後味すっきり

214 :1/2:2007/07/09(月) 20:18:30 ID:799DVNXG0
阿刀田高『ホームタウン』

主人公は名古屋から東京へ出張してきた男・田村二郎。
業者との商談が上手く行ったので自分へのささやかなご褒美として入った
多角経営の店で、おかしな話を聞く。

『変な話があるんだよ』
おでんの湯気をぬって主人の声が聞こえた。
『何かね』
答えたのはスポーツ刈りの男。
『八幡神社の前に青いマンションがあるだろ?そこの七階。
エレベータの裏側に一室あるんだ。そこに住んでる奴が少しおかしい』
『男か?どうおかしいんだ』
『いや、女だ』
『みたことはあるのか?』
『残念ながら無いね。出前持ちに雇ってた大学生知ってるだろ?』
『ああ、知ってる。大学生なのに坊や見たいな顔をした』
『そう。そいつだ。それで、マンションの女が毎日出前を注文するんだよ。電話で』
『ふーん』
『その内に坊やが"おかしい"て言い出して・・・』
『なんで?』
『一度も顔を見たことが無いって言うんだ。もっていくと、"はーい"って
声がして、郵便受けの口からお金が落ちてくる。あとで器を取りに行くと、廊下に置いてある』
『変な女だな』
『近所の人も見たことが無いし、管理人も知らんて言うんだ』
『それは美人じゃねえなあ』


215 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 20:21:34 ID:799DVNXG0
途中投稿スマソorz

216 :2/2:2007/07/09(月) 20:34:37 ID:799DVNXG0
『それで、さっき言った坊やだが、蒸発したらしいんだよ』
『あ、そう』
『バイトの子だから詳しくは知らんのよ。でも、うちを辞めてちょっとたったころに
親父さんが尋ねてきてな。消えちまったんだってよ。』
『今に出てくるさ。女と住んでるんじゃないか?』
『多分な。ちょうど坊やがいなくなったころに、出前の注文が二つになったんだ』
『へぇー』
『二つ頼んで、相変わらずひっそりと廊下に丼が置いてあるんだ。
もしかして、物凄くいい女で坊やが虜になっちまったのかなぁ・・・』
『考えすぎだよ』
『なんか変なんだよな。ドアの前に立ってると・・・・・・』
二郎の皿はとっくにからになっていた。話をそこまで聞いて二郎は店を出た。

誰にも顔をを見せない女。
一つだった丼が二つに増えたのは、やはり頭数がふえたからだろう。
そんなことを考えていると、八幡神社前のバス停に差し掛かった。
すぐそばに青いマンションがあった。
『ここの七階か』

ゆっくりとエレベータが昇る。七階で降りて、裏側へ回った。丼が二つ置いてある。
『ここか』ブザーを押してみた。何の返答も無い。もう一度押してみた。
声は無いが確かに中に誰かがいる。『ごめんください』二度呼びかけた。
あきらめて帰ろうとしたときに、急にドアが開いた。
『えっ?』スイと吸い込まれ、そのままドアが閉じた。

田村二郎はその日を境に姿を消した。
消えた理由は見当もつかない。何かに魅入られたように、生きる道筋を
変えてしまったらしい。まるで知らないホームタウンに帰って行くように・・・・・・。
今では暗い廊下にいつも丼が三つ戻してある。


217 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 20:44:30 ID:7hfzHT3s0
別に後味悪くないな

218 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 21:08:53 ID:bb7ePBNT0
>>208
弟が小さくて硬いものを食べられない時分から兄が保護者だったんだよ

219 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 21:09:44 ID:6YoQ50Nw0
こういうオチを濁す話は嫌いだ

220 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 21:44:39 ID:ZoBjjLI20
月の扉って小説 かなりうろ覚え
とりあえず登場人物は宗教チックで頭おかしい人達です。
実際は読んでいくうちに「あれ?こいつキチガイ?」と徐々にわかっていく感じだった

「師匠」と呼ばれる異常にカリスマ性のある人がいて、心に傷を負っている人々は師匠と
話しただけで心を癒され師匠に心酔してしまう。元不登校時だった女性も例外ではなく、
大人になってからは師匠の行う、傷ついた子供を招いた合宿活動の助手をするようになった。

師匠は言う。次の満月の時に「月の扉」が開かれて、願えば幸福な世界へ行けると。
どこでもいいから広い場所で、異世界を思えばその世界へ行けるらしい。
その世界に行けば苦行を積む輪廻転生の輪から外れて永遠に幸福に生きられるらしい。
女性はもちろん、同じく助手である男性二人も異世界行きを期待する。
中年男性は息子がいじめで自殺しており、青年は妻が引き逃げにあっており、二人も師匠に癒された過去を持つ。

が、その日を目前に師匠が逮捕されてしまう。
虐待を受けている子供を匿い、その親に誘拐犯として訴えられたのだった。
いずれは釈放されるかもしれないが、時間が経ってしまえば異世界に行けなくなる。
女性たち三人は師匠を強制的に連れ戻すため、出発前の飛行機を乗っ取り、
乗客を人質に師匠の身柄を返すよう脅迫した。
攻防の末に連れてこられた師匠。空港も広い場所だから異世界行きの条件にはなった。
師匠が三人に近づいた瞬間、銃声が響いた。
倒れる師匠。撃ったのは中年だった。「師匠は尊敬している でも俺は息子の方が大切なんだ」と彼は言う。
中年が気づけなかったせいで荒みながら死んだ息子。しかし師匠の教えによればいつかは息子も生まれ変わる。
そして今度こそは傷つけられた魂を、超カリスマの師匠に癒されるはずだと思っていた。
しかし、師匠は異世界へ行くという。息子を癒さぬまま。
逮捕のため免れるかもしれないと思ったが、それでも次回があるかもしれない。
師匠は永遠に輪廻の輪にいなければならない。いつか息子の魂を癒すために。
師匠を異世界へ行かさず殺すために中年はハイジャック計画に乗ったのだった。

師匠は死に、青年と中年は争いになり二人ともが死んだ。
そして取り乱し錯乱して走り回り、隙を見せた女性も警官に射殺された。

221 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 22:11:59 ID:QwQp+RNFO
>>208
ウホッ…
と思ってしまった自分が悔しい

222 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 22:32:12 ID:u/X2OLu70
>>220
スキーリしたぞ。
怪しい宗教にはまるメンヘラの中で一番危ないやつらが
つぶし合いしたんだからよかったんじゃね?

223 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 01:25:53 ID:rEGxnCFq0
>>220
マンガで見たような記憶あるな……相当うろ覚えだが。

224 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 01:52:25 ID:/IG51cqC0
>>220
横レスですが、思い出した話。
雑誌「ムー」で20年くらい前、「私たちは年内に、世界を救うため戦いのために
天上に行きます」という男女が取材されてた。

「天上の戦いに行くということは、あなたたちは死ぬのか?」と記者が質問したら、
「地上の人々から見ればそうなります」と答えていた。
あの基地害どもはおかしな思想に殉じて自殺したのか、それとものうのうと
生きているのか。その後はわからない。

225 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 02:40:30 ID:z4Cd/ukKO
読んでみたくなった

226 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 02:58:32 ID:6DWdnVX30
>211
ワイルド先生マジヤンデレ腐男子だからな

シンデレラ城のお城のモデルになった古城って言うのも、実はそんなに古くなくって(中に電話配線があったりする)
やっぱりフォモのケがある芸術家だか没落貴族だかの人が「アタクシの夢のお城☆」を目指して設計建設したんだとか
で、その人は最後メンヘラって主治医とお城の人工湖に入水

227 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 05:18:19 ID:z4Cd/ukKO
ルートヴィヒ何世だかを思い出した
芸術狂いのホモでワーグナーのパトロンだったが、無駄に城やら演劇場やら建て国費を浪費しまくったあげく
頭おかしくなって側近か宰相かなんかと謎の心中(?)死を遂げるんだよな

228 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 06:03:18 ID:jbtWI0Sl0
>>227
なんじゃそりゃ?後味悪いな。
そんな趣味のために血税使われた国民が。

ヘンリー四世だっけ?
フランスの雌狼とよばれた女性と結婚したホモの王様。
妻とその浮気相手の近衛隊長の謀略で投獄され、そのまま拷問されて死ぬ。
妻は後年殺した夫との間に出来た実の息子から復讐され監禁される。

ああ、どろどろしてるな。

229 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 07:37:18 ID:PT5M4qU1O
>>208
母親的に言えば当たり前の行為なんだけどな>噛み砕いて与える
今の母親がどうなのかは知らんがうちのママンはやってたって言ってた

230 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 08:47:08 ID:3Gmws7b00
昔だったら仕方ないけど、現代だったらフードプロセッサー使った方がいい。
一説によると、虫歯の原因はもちろん不潔にしていたせいもあるが、
その大元になる虫歯菌は、虫歯を持つ親が子供に口移しで物を与えたせいで感染するとか。
キスとか、同じ皿から食べたりとかでも感染するのなら対策がめちゃくちゃ大変そうだ。

虫歯といえば、なにかのサイトで見た、悪質歯科に変な治療されたせいで
歯が溶けてたり歯並びがとんでもなく歪んでたりする患者の写真が
ずらっと載ってる光景がえぐかった。歯並びとか、矯正であんな事に
なっちまうとは思えないぐらい前後に飛び出てた。
ちゃんと治るんだろうか。

231 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 12:11:50 ID:FRGUb3RUO
虫歯は母乳与えないで育てりゃならないって聞いたが

232 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 12:25:31 ID:UBpnk09dO
俺母乳育ちだけど虫歯多いから嘘だ

233 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 12:36:22 ID:2zxhvej/O
はぁ?

234 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 12:51:59 ID:2ASfVgie0
虫歯菌は唾液を介して感染します。母乳は関係ないでしょう。
http://kk.kyodo.co.jp/iryo/news/0712mushiba.html

235 :ばっちゃんXP:2007/07/10(火) 13:05:46 ID:pgTp7cyJO
いまから30年前で俺が 中3の4月終わり頃
給食がおわり昼休みに入って しばらくすると放送がかかった 緊急会議の為急いで教室に戻りなさいと
しぶしぶ教室にもどると向かいの校舎がなにやら騒がしい 程なくして救急車が到着し一層ザワザワとした空気が学校中をつつむ
どうやら2年の男子生徒が3階から飛び降りたらしい 救急車が走り去り
再び放送がかかって今から体育館で全校集会だと言う 体育館では泣いている子も居てまだ変なざわめきがある
女子生徒が一人行方不明になっているようだった
○○子がいない!先生!!○○子がいない! 女子生徒の叫び声 それをなだめる先生
静まり返る体育館 先生10名ぐらいが走って探しに出た どれくらい時間が経ったか解らないが再び救急車の音 その頃には警察も何回か体育館に出入りがある
静かな体育館内に啜り泣く声が響き 震えてる子もいた まもなく校長が体育館に入り集会が始まる 今までの経過を説明し
男子生徒と行方不明だった女子生徒が死亡したと伝えた 一瞬で体育館内がざわめき取り乱す子いた
当然その日は緊急下校 事件校舎は警察に閉鎖され 物々しい雰囲気だった 保護者も下校の際呼ばれたが俺は仲間数人とやり切れない思いをしながら下校した

事件詳細は昼休みに男子生徒が女子生徒を呼び出し屋上階段で女子生徒を殺害
その後男子生徒が飛び降り自殺 亡くなった二人は交際していた 二人とも俺は知った奴だったし
交際も順調だと男子生徒は俺に言っていた

事件動機は結局今でもわかっていない

幸せそうだったのにな…

236 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 13:16:22 ID:kkWgofQq0
親→子供への口移しとか同じ食器を使うのは「虫歯菌」以外にも
「ピロリ菌」や「ヘルペス」の感染原因にもなるから、やめたほうがいいってさ。
去年、親父が姉ちゃんに説教されてた。

237 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 13:22:58 ID:pgTp7cyJO
↑それは結構しられた話しじゃない?
この現代社会において虫歯は格段に減少してる

238 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 13:40:25 ID:roYMMf3l0
ところがどっこい、ド田舎の爺さん婆さんは
「そんな事、おら知らね」とばかりに
親の見てない隙に、昔ルールで孫にちょっかいを出す。


「アレルギーなんて好き嫌い。慣れれば大丈夫だ!」→無理やり食わせて死亡


239 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 13:40:51 ID:BmnbwqUg0
何かの本で読んだ話


ある学校に仲良しの3人組がいた。
彼らは別々の部活動に入っていたが、誰かの試合の日には全員で応援をしに行っていた。
しかし、その3人組の一人・Aは僅かながらコンプレックスを感じていた。
他の3人は部活の試合でも大活躍をし勝利するのに、自分だけ活躍もできず負けてしまうことが多かったからだ。
ある日、Aは大会に出場し、なんとか決勝までいくことができた。
残りの2人BとCも応援に来てくれ、絶対に優勝しようと思うAだったが、結局試合に負けてしまう。
落ち込むAだったが、BとCが励ましてくれた。
Aはコンプレックスを感じていたことが馬鹿らしくなり、ずっとBやCと友達でいたいと思った。

一方のBは自分よりレベルの低い奴を見ると安心するから、ずっとAと友達でいたいと思った。
Cは情けない奴を自分の言葉で慰めることに一種の快感を感じるから、ずっとAと友達でいたいと思った。

240 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 13:49:34 ID:bRCMA5Ip0
友情なんてそんなもんだよ

241 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 13:58:19 ID:pYwXoat+O
と、友達がいない自宅警備員が申しております

242 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 13:59:52 ID:U8rYsCW/0
近所のインドカレー店でチキンカレー食ったら
鶏肉の中からジューシー赤い汁となんとも言えない嫌な匂いがした
後味悪かった

243 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 14:07:32 ID:hqD3391CO
>>238
立派な人殺しだよな

244 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 15:24:45 ID:bRCMA5Ip0
>>241
そうだよ
でもそれって反論になってないよね

245 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 15:38:59 ID:gCO3uepbO
親友と呼べる友達も居ねークセに知ったような口きくなって事だろwww

246 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 15:39:32 ID:/IG51cqC0
なんで煽ってんの

247 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 15:39:48 ID:pYwXoat+O
友達いないくせに友情語るとかwwwwwwwwwwwwwwwwwww

248 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 15:43:02 ID:k63ga0gT0
W.シェークスピアは後味悪い話の宝庫だと思うんだけど、どうでしょう。

249 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 15:44:15 ID:bRCMA5Ip0
>>247
殺人を書いたり演じたりするやつが人殺してるわけじゃないだろ

250 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 15:56:03 ID:GhGEnnYJ0
>>239
友人Dはどうなった

251 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 15:57:21 ID:pYwXoat+O
bRCMA5Ip0 ←こいつさっきから何言ってんのwwwwwwwwww
ちょっと怖いんですけどwwwwwwwwww

252 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:06:41 ID:q5jo1d3f0
>>248
個人的には「十二夜」とか 後味悪かったな

・・・・・
船が難破して 双子の兄セバスチャンと死に別れたヴァイオラ
男装して 流れ着いた町を治めるオーシーノ公爵に仕える

公爵に恋心を抱くようになるヴァイオラだが
公爵は伯爵令嬢オリヴィアに求愛中
公爵はヴァイオラを恋のメッセンジャーに仕立てて
オリヴィアの元に向かわせる
ところがオリヴィアは 男装したヴァイオラに一目惚れ
(続く)

253 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:08:12 ID:q5jo1d3f0
(続き)
ここで 死んだと思ってたセバスチャン登場
オリヴィアは ヴァイオラと瓜二つのセバスチャンとくっつく

・・・・・
まあ ここまではいいよ
「お前 顔が同じならいいんかい」とか言いたいことはあるけど
問題はこのあと
・・・・・

オリヴィアに振られた公爵は ヴァイオラの恋心に気づき
ヴァイオラに求愛 ふたりは結ばれる

・・・・・
お前 つい3分前まであっちの女が好きとか 言ってたじゃんか
節操なさ過ぎだろ 女なら誰でもいいんか?
それとヴァイオラ お前もそんな男の求愛を嬉しそうに受けるなよ
バカですか?
溺れた奴が取りあえず適当な木切れにしがみついたようなもんだろ
プライドないのか?

とか思った
シェイクスピアの喜劇はそんなんばっか

254 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:09:39 ID:roYMMf3l0
W.シェークスピアを
ダブル・シェークスピアだと思ってしまった・・・

漫才師っぽい。

255 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:11:01 ID:gCO3uepbO
殺人と友情を同じ基準で語るかね普通
それに殺人した事が無いヤツが小説にしたりドラマで演じたりしても
リアリティも説得力も無いのと一緒
まさかドラマの殺人シーン見てリアルだとか思ってねーだろうなwww
同様におまえが「そんなもんだよ」とか言っても説得力皆無w
おもしれぇからもっと何か言え
後からまとめ読みした人はさぞ後味悪いだろうからなww

256 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:22:07 ID:/IG51cqC0
>>252
それで思い出した。後輩が中学生だったときの話。
そいつらは2人兄弟で、兄弟だけに顔が似ていて2人ともまあまあ男前。

で、ある日、弟のクラスメート(女)が、付き合ってほしいと電話をかけてきた。
弟は相手になんの感情も抱いていなかったので断わったのだが、
するとその女は「じゃあ、お兄さんに代わって。お兄さんも好き」と言ってきたとか。


257 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:23:48 ID:Z3v4ZKlK0
>>249
もういいからさっさと童貞が書いたエロ本で抜いてすっきりしてこいw

258 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:24:55 ID:m4qnsQTo0
>>255

孤独な村人A:ID:bRCMA5Ip0
ゴロツキB: ID::gCO3uepbO

孤独ながらも友情について想像して発言してみたAに
何かが触発されたBはAの孤独さについて延々と責め立てる。
Aは孤独な身上を認め自虐的になり抵抗力が衰えていく中
Bの攻撃はますます激しくなっていく
減るAのレス
増えるBのレス
ついにネット社会でも人間関係を構築できないと悟ったAは
ひとり静かにその命を絶つ・・・

こんな感じ?

259 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:30:53 ID:JJ7rmcM8O
見なはれ、この惨状。携帯二機とPC一台あれば、この程度のスレはなにかが引っ掛かった基地害の思うままですわ。

260 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:31:37 ID:GKJ1hwnm0
>>124
阿刀田高の「ナポレオン狂」だったら子孫じゃなくてそっくりさんだぞ。


261 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:33:25 ID:k63ga0gT0
>>260
あれ面白いよね。結構好き。

262 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:35:08 ID:/IG51cqC0
阿刀田高、特に前スレあたりから大人気だね。きちんと原作読んでみようかな。

263 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 16:54:09 ID:GKJ1hwnm0
「来訪者」の後味の悪さ不気味さは異常。

俺の実体験。
小学生の時の事。
説明し難いが、階段が建物の外側に張り出すように設置されているマンションに住んでいた。
階段を上下しつつ敷地の緑が見え、子供の遊ぶ声が聞こえ、個人的には気に入っていた。
ある日通学中階段を下りていると、何かが落ちるような、幽かな音が遠くから聞こえた。
帰宅後、朝にマンションの別棟から女子高生が飛び降りたと聞かされた。
翌日から、俺は階段を使わなくなった。

264 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 17:06:45 ID:EXkMr1nQ0
そういえば一時有名になった井戸に死体を放り込むと消えるコピペ。
あれも元ネタは阿刀田高だったんだね。

265 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 19:07:06 ID:KXUhGYma0
>>264
それだけ書いて終わると、単なる書き逃げになっちまうぞ。

井戸に死体を放り込むと消えるコピペってのは、
要は、殺人をする度に井戸に死体を投げ入れていた男がいて、井戸に死体を投げておくと
次の日にはいつの間にか消えてる。
これは便利な井戸だと、男は殺人を続けるが、ある日かっとなって自分のお母さんを殺してしまう。
でも「まぁ、いいか。」と井戸に入れて次の日になるが、死体は消えない。母を殺してから、井戸には
死体が溜まる一方で一向に消える様子がない。って話。

つまりは、井戸に死体を放り込むたび、男の母親が死体を見つからないように処理していたので、
その処理役の母親が死んでからは死体を処理する奴がいなくなって、死体は井戸に溜まる一方に
なるのだった、て事。

266 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 20:00:25 ID:9V4VniNF0
>>265
あの話は怖かったな。
特に最後の、「母親の顔が井戸の中で云々」って記述が
怖かったな。

267 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 20:09:06 ID:2jvv7OPS0
水戸黄門 バッドエンド
http://www.nicovideo.jp/watch/sm540355

水戸黄門史上最悪のバッドエンド

268 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 21:53:00 ID:GKJ1hwnm0
>>267
分かり難いなw
時代的にも間違ってはいないが。

269 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 00:55:15 ID:ZpuS7mYl0
>>252
生の舞台でそれ見に行ったら、中休みの後、道化役の人が
鼻で笛を吹きながら出てきた。

舞台の前のほうで見ると、役者の唾が飛んでくる罠。


270 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 01:11:31 ID:RnErSWUo0
フェステ凄いな。

271 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 01:51:56 ID:fWyF4wru0
シェイクスピアで後味悪かったのはじゃじゃ馬馴らしだ。

金持ちの娘だけど、じゃじゃ馬で乱暴者の女性がいる。
ある男Aは他の男達と、誰が一番貞淑な妻を持ってる賭けをする。
で、Aはじゃじゃ馬な女性に接近し、彼女の意思もスルーして連れ出した。
勝手につけた名前で呼び、睡眠不足に陥らせて判断力を低下させ、
常に小馬鹿にして貶め、食事もとらせない。
虐待し続けた結果、じゃじゃ馬の女性はロボットのように従順になる。
そしてAは男達の前に女性を連れ出し貞淑ぶりをアピール。
賭に勝って大金がっぽり、女性の持参金で大金がっぽり。

いやこれ…DVじゃないか?
まあ昔の話を今どうこう言っても仕方ないけど、読んだ時は唖然とした。

272 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 03:12:23 ID:p0ssG4o10
>1の過去ログ見れないの俺だけ?
家畜人ヤプーのラストが気になるから見たかったんだけど・・・。

273 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 03:31:51 ID:nmDouAyIO
マゾに目覚める

274 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 03:33:22 ID:ZpuS7mYl0
>>271
それ、最後に女性が上手く男をおだてることで、
男を操ることができるようになったという2重の意味でのじゃじゃ馬馴らしが
暗喩されていると英語の先生が言っていた記憶がある。

ヴェニスの商人もユダヤ人差別を批判しているとの解釈もあるよね。

マクベスで後味が悪いなと思う所。
マクダフが一人で国外逃亡した後、その妻が息子に
「家族を捨てて独りで逃げるなんて、自分のことしか考えてない」みたいなこと
言った直後にマクベスの送った刺客に殺される。
で、妻と息子の死の報せを受けたマクダフが
「マクベスめ、なんて卑怯なやつなんだ」と悲嘆にくれるわけだが、
独りで逃げ出したのあんただろ、なにひとりで被害者ぶってんの?
みたいな感じになってマクダフに感情移入できないところ。

275 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 04:15:47 ID:zf3BTJN80
菅浩江「雨の檻」

宇宙船の中で生まれ 無菌室に隔離されて暮らしている少女シノ
ゴムの肌を持つロボット フィーが彼女の身の回りの世話をしてる
両親とはモニタで話をするだけ

宇宙船は他所の星への移住の途中で 長旅でだいぶガタが来てる
ときどき部屋全体が振動したりする
彼女の部屋の「窓」はもともといろんな景色を映し出すマルチスクリーンなのだが
壊れてしまい 今ではずっと雨の丘が映ってるだけ
フィーは宇宙船のメインコンピューターの端末でもあり
極めて人間っぽい情緒と感情を有するのだけれどやはり最近調子が悪く
自覚なく毎日毎日同じ食事を作り続ける
シノは閉鎖された同じ毎日に少しいらだちながらも
フィーを傷つけないように 「少女の狡猾さ」で子供らしく振舞ってる

フィーの様子はますますおかしくなり
ある晩 両腕がドラムのようにテーブルを叩き続けて止まらなくなる
シノは彼女の要請で 彼女の両腕を切り離す
片腕がはずれたとき フィーは(調子の悪い彼女なりにシノに気を使って)
「あといっぽーん!」とおどけるように宣言したあと
「もう 抱きしめてあげられないね」と呟く
(続きます)

276 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 04:17:25 ID:zf3BTJN80
(続き)
ある日 部屋全体が凄まじい振動に襲われてひっくり返り 破壊される
フィーはシノを瓦礫から守り そして完全に「壊れる」

メインコンピューターがシノに真実を告げる
目的の星にはとっくに着いていた
しかしそこは間断なく地震が起こり とても人間が暮らせる世界ではなかった
特に ただひとりの生き残りであるシノが生きていける可能性はなかった
だから コンピューターはフィーのほかに モニタ越しの「両親」を演じ
旅行が継続中と言うことにして 宇宙船内でシノを生かし続ける道を選んだ

壊れてブラックアウトした窓に シノの顔が映る
つやのない白髪に囲まれた しわだらけの顔

シノは 宇宙船の外に出る
「雨 好きです 私の身体をノックしてください」みたいなことを呟きながら
延々と続く乾ききった荒野を歩いてゆく

コンピューターの中に形成されたフィーと両親の人格は
「とても見ていられない」と音声と映像のモニターをつぶし
冷却装置が停止して壊れてゆくコンピューターの中でぶつぶつと狂ってゆく


・・・・・
「もう 抱きしめてあげられないね」で泣いたよ

277 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 07:52:33 ID:pV96CgpDO
>>272
にくは完全に閉鎖したよ。
過去ログはこっち。
http://badaftertaste.web.fc2.com/

278 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 09:38:03 ID:OW3lbfi90
>>275-276
切ねぇ・・・

279 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 11:44:46 ID:+0LNYG8x0
>>274
なんか、どっかのへたれ歌手思い出した。
「僕は家族が大事だから危ないことはしないんだ。家族のためだ」とかって言って
家族のせいにして悪いことを見逃すヘタレ肯定歌を歌ってたくせに、ギリギリガールズと
不倫して離婚したやつ。
悲劇ぶるのだけ一人前の卑怯者って話にならんな。

280 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 12:16:20 ID:+JlEuxsh0
テルズオブレジェンディアっていうゲームのヒロインの姉。
剣も魔法もあるファンタジーで姉とヒロインは不思議な能力もち。
必要ない細かい設定は省きます。

姉は相思相愛の幼馴染の少年と妹を、村を襲った奴らから逃がす為に一人戦う。
そんで死んだと思われてたら、実は生きてた事が発覚。
3年間意識不明で、敵に囚われの身になって生体エネルギーとして利用されてた。
しかも命を削られて国が一つぶっとぶような兵器のエネルギー源にされる。
そんな事はさせないと生存を知った少年と仲間が助けに来る。

色々あって姉は助かるが結局兵器が使われる。
でも、その兵器が使われた時に意識の無い姉が自分の力を使って止めてくれる。
しかも今まで何かと少年と妹がピンチの時に助けてくれたのは全部姉の力だった。
少年の仲間には回復魔法が使える人間もいたが、魔法をかけてもそれが流れ出てきて
もう駄目らしい。意識も戻らない。

281 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 12:17:44 ID:+JlEuxsh0

その時、妹が持ってた不思議アイテムのブローチに「お姉ちゃんを助けて!」
と願うと意識を取り戻した。

少年に、村で暮らしてた時ずっとプロポーズされるのを待ってたという姉。
そんなの幾らでもしてやる!だから死ぬな!と言う少年。

そして特別な能力を持ってる妹に向かって、貴方の力は皆を幸せにする為の物・・・
そういったとたん、ブローチが砕け散って死亡。


・・・ブローチで意識取り戻した時に絶対助かるはずと思ったのに。
なんか1回助かるんだ!と思った後に死んだ分タチが悪い。
つか、3年間意識不明で命削られた挙句のこの死に方・・・。
しかもヒロインのはずの妹が、その後姉の死後2週間たたずに自分も
少年が好きだと告白したり、姉の遺言無視して世界を水に沈めて滅ぼそうとするわで
全くもって駄目駄目でRPG史上最悪といわれるくらいの電波ヒロインで余計切ない。

上手くまとめられなかったけど、この姉の死のエピソードは本当に後味悪いです。

282 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 12:24:18 ID:OW3lbfi90
こういうのって
何で「美少女」、「剣」、「不思議な力」なんだろうな。

こんなのじゃ駄目?↓

中年主婦は不倫関係の米屋のオヤジを、地元商店街村を襲った奴らから逃がす為に一人戦う。


283 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 12:27:46 ID:+JlEuxsh0
そうれはそれで見てみたいな・・・。

284 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 12:31:31 ID:Or4sSEgK0
>>281
自分今までやったゲームの中で
そのヒロインが一番嫌いだ。
姉が最後まで美しく気高く優しかったのに
(しかもその姉は自分の命犠牲にして妹他を守った)
墓で祈っている姉の恋人を自分のものにしたいと
「私可愛いから大丈夫、きっと彼も姉をすぐ忘れて私を好きになってくれるはず」
と告白しに行き、「いや、ちょっと今は」といい返事がもらえなかったとたん
世界を滅ぼしてやると大暴れする妹が気色悪くて吐きそうになった。

姉が最後の力ふりしぼっているとき、その恋人が姉の名を呼ぶって普通っしょ?
なのにこの妹、そんな際でも男に名前を呼ばれる姉に嫉妬する描写あるんだよね。
製作者はヒロインを嫌われさせようと意図してるのかと思った。


285 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 12:37:35 ID:Or4sSEgK0
284続き
あと後日談
ゲームには他にひとり女キャラ出てくるんだけど、その子の善良な両親、金目当ての悪党に
目の前で惨殺されて本人もレイプされてるんじゃないかという描写あって
彼女は両親の仇をうちたいと日々鍛錬し、仇を探し続けてるんだよね。
それでいざ彼女が仇を見つけたとき、その電波ヒロイン、
「復讐は何も生み出さないっっ」と叫んでその女キャラの顔ひっぱたいてやめさせる。
そして優しいいい子ぶるわけ。
その仇がお金をほしがったのは病気の娘がいたから。事情があったのよ!ってさ。
いや、だからって惨殺レイプだぜ?許す許さないは当事者が決めることだろ。
つうか男が振り向かなかったからって全世界滅ぼしかけた
おまえがどの口で言うかと。

ほんと、マジおかしなシナリオだったよ。

286 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 12:46:55 ID:aEPH7g8b0
今日立ち読みで雑誌に載ってた「クレヨンしんちゃん」を読んだんだけど。

まつざか先生には好きな人(両想い)がいて、
でもその人は研究かなにかでアフリカ(多分)に旅立つ。
で、まつざか先生は他の人と結婚する事に。

同じ日にアフリカに旅立つ彼と結納するまつざか先生。
前日か数日前に本音(本当はアフリカの彼が好き)を話すまつざか先生。
それを携帯のムービーで撮影するしんちゃん。
しんちゃん&幼稚園の友達でそれをアフリカの彼に見せる。

まつざか先生の元に走るアフリカの彼。
結納中に飛び込み、結納相手と戦う。
で、何だかんだで想いが通じ合うまつざか先生とアフリカの彼。

アフリカの彼は「今回の旅で最後、絶対○○を見つける〜(うろ覚え)」
と言ってまつざか先生を残し旅立つ。
その時に大事にしていた何かの骨をまつざか先生に渡すアフリカの彼。

数日後料理の勉強をするまつざか先生。
付けっ放しのテレビから臨時ニュースが。
アフリカで爆破テロがあり死者が出たという。
その中で日本人がいて、それはアフリカの彼だった。





クレしんってこんな暗いの?
まつざか先生カワイソス。

287 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 13:06:09 ID:0Em15HEt0
>同じ日にアフリカに旅立つ彼と結納するまつざか先生。

ここ間違ってるよな。
アフリカに行く男と先生が結納してるところにまたアフリカに行く男が飛び込んで
結納を止める絵が浮かんで、わけがわからなくなったぞおら。


288 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 13:09:29 ID:5hHPFzQE0
>>287
>同じ日にアフリカに旅立つ彼と 、 結納するまつざか先生。

ここに読点が入ってないから解らなくなる。まあでも文意で理解できると思うが

289 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 14:40:54 ID:L/UGccY00
>>282
普通にツマンネ

290 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 15:00:04 ID:ZpuS7mYl0
>>284
シナリオ書いた人がボダな感じ?なんかそのヒロインの言動にボダ臭が……。

>>282
愛と感動の物語
中年主婦の愛が、地元商店街を救う
中年主婦よ、剣を振るえ!

禁じられ、さらに燃え上がる恋
脂の乗った肌に喰い込む米屋のオヤジの手

全米が泣いた、この感動の物語、貴方は涙なしにこれをプレイできない




見たくねぇヨ。

291 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 15:28:05 ID:g2x6mDUcO
>>282
それはパロディとしてのみ成り立つ設定だから。

292 :282:2007/07/11(水) 15:30:18 ID:OW3lbfi90
そうか、日本版「ダイ・ハード」みたいで
けっこうアリだと思ったんだけど・・・w

293 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 15:59:42 ID:eFQCEZ4f0
>>252
短い話だからそんな感じもするかもだけど、
それはちょっと意地悪な見方な気が…

公爵はヴァイオラを男だと思ってたから恋の相手としては見てなかったけど、
すごく可愛がってたんだよ。
彼女の恋の歌を聞いて自分の胸のうちを語り、
彼女から苦しい恋に身を焦がす女の話を聞いて感嘆し、
彼女なら自分の心を完全に理解してくれてるって思ってた。
ヴァイオラが女だって知って、
今まで彼女が「知り合いの女性の苦しい恋の話」として語ってきた事が
自分に向けられたヴァイオラ自身の恋心で、
自分になら殺されても構わないと思ってた事を知ったら、
感動して恋に落ちても不思議はないでしょう。

十二夜はなかなかいい出来だと思うけどな。
ヴァイオラが公爵の好きな女ってどんだけきれいなんだか見てやろうって、
オリヴィアに化粧してるのかノーメイクなのかって聞いたりするような
結構小意地の悪いとことかw

294 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 16:28:38 ID:9VOUvCWt0
既出かもしれませんが、時雨沢恵一のライトノベル「キノの旅」シリーズの一編
「平和な国」。
ネタバレしてるので嫌な人はスルー推奨。そして長文ごめん。

-----------------------------------------------------------

作中の世界は、ところどころに(たいていは城壁で囲まれた)国が存在し、
それ以外の部分は荒野や草原や森林など。
(古代ギリシャのポリスや古代中国の邑みたいなイメージ)。
国以外のところに住む個人や民族もいる。
各国の社会制度や科学技術の発展度は、
すべてが機械化されて全自動みたいなところから、
狩猟採集農業オンリーみたいなところまで様々。
主人公は喋るバイク(珍しいものではないらしい)に乗って旅をしている。

主人公がある国(Aとする)に入国し、この国の見所は何かと尋ねると
国民は口々に「歴史博物館がお薦め」と答え、主人公(と喋るバイク)は
そこへ行ってみる。
博物館は図や模型や映像・音声・文字案内が行き届いていて非常に見易く、
穏やかで上品な雰囲気の、年配の女性館長が案内をしてくれた。
先史時代、古代、中世と過ぎ、近代に差し掛かると、
展示は隣国(Bとする)との戦争の歴史になってゆく。
A国とB国は互いに人口も科学技術その他も拮抗しており、一進一退のまま
ずっと断続的に戦争が続いてきたという。
「私の夫も息子たちも、全員隣国との戦争で死にました」と
戦場の悲惨な様子を伝えるVTRを前に穏やかな表情で淡々と語る館長。

295 :294-2:2007/07/11(水) 16:29:41 ID:9VOUvCWt0
「しかしこの国は、国内の治安もよく生活も落ち着いている。
とても戦争中には見えない」と主人公は疑問を口にする。
「『戦争』は続いていますが、今ではこのような悲惨な目にあう兵士も、
悲しい思いをする母親もいません。
夫と息子たちをすべて失った私は、栄誉市民になりました。
その立場を利用し、私はある提案を行いました。
隣国にも同様の方がおり、そのこともあってその提案は実現しました」
と語る館長。
「それはどんな提案か」と尋ねる主人公(と喋るバイク)に対し、館長は
「明日になれば分かります。明日『戦争』を見学なさるとよいでしょう。
『戦争』の翌日は休館ですが、裏口を開けておきますので
どうぞいらしてください。続きはその時に」とのみ答える。

翌日、主人公(と喋るバイク)は軍のホバークラフト(数mほど浮きながら
移動する)に乗せてもらい、『戦争』の様子を見学する。
国の外に勢揃いしたAB両国の軍は闘争心剥き出しで挨拶を交わし、
そこから更に移動して、近隣のごく原始的な生活を営む民族(Cとする)の
集落にやってくる。
始まりの合図とともに一台のホバークラフトが集落の中心にペンキをまいて
線を引き、AB両国の軍はそれぞれの陣地内でホバークラフトから銃撃して
C族の人々を殺し始める。
中には斧を投げつけるなどして抵抗するC人もいるが、圧倒的な軍事力の
差によりC人は老若男女問わずなすすべもなく殺されていく。
いくらかの遠くまで逃げたC人を除き、集落内のC人が残らず殺されたところで
終了の合図。

296 :294-3:2007/07/11(水) 16:30:38 ID:9VOUvCWt0
AB両国の軍はそれぞれの陣地内で殺されたC人の死体を集計し、
その結果、A国の勝利が告げられる。
何人かの兵士が表彰されたり、B国の将校が「やりますなあ、しかし来年は
負けませんぞ」などと笑ったりと、打ち解けあうAB両国の兵士たち。
C人の死体はまとめて山積みにされ荒野に放置される。
A国に戻ると、国内も『戦勝記念』で沸き返っている。

『戦争』の翌日、主人公(と喋るバイク)は再び博物館に行く。
「あれがあなたのした提案か」と尋ねる主人公に対し、館長は
「その通りです。おかげで戦死する兵も、悲しむ遺族もいなくなりました。
両国の対立感情をなくすことはできませんが、これなら悲劇は避けられます」
と微笑みながら答える。
「殺されるC人たちはどうなります?自分には賛同しかねます」と控えめに告げる
主人公に対し、館長は
「あなたも母親になれば分かりますよ」と言う。

主人公が喋るバイクに乗ってA国を出発し、しばらく進むと、突然棍棒や鉈などで
武装したC人たちに取り囲まれる。
「自分はA、B国の人間ではない」と告げる主人公に対し、C人の長らしき人物は
「それは分かっている。自分たちはあのような目に合わされながら、AB両国に
報復するすべがない。せめて旅人を襲って鬱憤を晴らすしかない」と言う。
主人公が真っ先に襲い掛かってきた一人のC人を射殺すると、C人たちは
散り散りになって逃げていく。
主人公(と喋るバイク)はそのまま立ち去る。

-----------------------------------------------------------
サブタイトルが「Mother's love」なのがなんとも…
このシリーズ、皮肉がきつかったり後味が悪かったりする話が結構あって、
独特な文体とライトノベルに抵抗感のない人にはお薦め。

297 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 17:15:51 ID:C064QqJu0
なんつーか厨房ぽい小説だなと思った。

298 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 17:38:49 ID:iFUAucwm0
>>292
何でアクションなんだよw

てか中年の主婦の年齢によっては、とってもハァハァだ・・・
俺としては35くらいがいい。

299 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 17:56:22 ID:XQIZVDQS0
ハリウッド映画では子持ち主婦が活躍する映画もあるな。

ただしどっからどう見ても子持ちに見えないような
現実にはいない美人主婦だが。
ま、それ言ったら男優が演じるような男も現実にはいないわな。
しょっちゅう命狙われるような人間、周りにいたら大迷惑だw

300 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 18:17:47 ID:xtL4YwgcO
>>279
商業歌手の歌を本気にするなよ…

301 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 18:19:12 ID:EyZHWtC+0
>>300
で、誰なの?

302 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 18:30:14 ID:xtL4YwgcO
>>301
多分ミスチル。

303 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 18:48:13 ID:UbFaQGWU0
シェイクスピアなら「タイタス・アンドロニカス」が後味悪。
このスレでも結構前に出ていたけど。
敵部族の女王の息子を殺したローマの武将タイタス。
女王は仕返しに、タイタスの娘をレイプさせる。
娘はしゃべらないように舌を切り落とされ、文字を書けないように両腕を切り落とされてそこに木の枝を差し込まれた。
それでも誰の仕業か知ったタイタスは仕返しに、女王の他のふたりの息子を殺してパイにして母親に食べさせ、自分の娘は自らの手で絞め殺す。
で、タイタスを殺した奴は別の奴に殺されてそいつもまた殺される、と言う話。
そのほかにも殺されてる。



304 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 18:53:13 ID:EyZHWtC+0
>>302
ありがと。
いわれてみればそんなことあったかも。

305 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 18:56:24 ID:wV/188H60
ミスチルの櫻井
グレイのTERU
坂本龍一
小林武史
愛や平和の歌を作る(歌う)奴に限って家庭を顧みないカスばかり

この前出席した友達の結婚式で新郎側の友達(女・新郎に片思いしてた)が
「ハナミズキ」を歌ってたのが後味悪い…
あれ絶対わざとだろ

306 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 18:56:29 ID:vDClQTPl0
あるところにとても仲の良い双子の姉妹がいた。
何をするにも一緒で周りの人たちはそれを微笑ましく思っていた。
ある日、その双子の姉妹は交通事故で亡くなってしまう。
トラックに轢かれて死んだ後もずっと二人は手を繋いでおり、その手は離れることはなかった。
人々は「なんて仲の良い姉妹だったんだろう・・・」と感動し、そして悲しんだ。
しかし、目撃者の一人は見ていた。
逃げようとする妹の手を離さまいと握っていた姉の姿を。

307 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 19:07:59 ID:8ui/WVNb0
>>305
それはすげぇ・・・

308 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 19:17:14 ID:VYWKShvhO
>>298
とりあえず文通からお願いします

309 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 19:51:32 ID:Os1+DhNMO
>>305
羅列するとすごいw
でも>>279の例が男性としては一番かっこ悪いかな?
歌とはいえ、自分がへたれなのを家族(後に捨てる)のせいにするって。

しかもそのカスが案外女に人気という。自分はきもいと思うが。

310 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 19:52:54 ID:pc+tL1150
>>274
そういう勘ぐりを見ると複雑だ。
シェイクスピアは仕事で金になる脚本書いただけで、深い意味はない可能性もある。
そもそも差別が常識だった時代に人権側に立っていたと
強引に好意的解釈するのを見ると複雑な気持ちになる。
「この時代はこんなもんだ」でいいんじゃないだろうか。

311 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 20:07:09 ID:F++T4sXT0
昔読んだ漫画(タイトルは忘れた)
妖怪と人間が共存している学校が舞台。そこに1人の妖怪嫌いの生徒がいた。彼はいつもイライラしながら学校生活を送っていた。
そんなある日のこと、学校のプールに住んでいる河童から「もしかして君、鬼人(人間に帰化した妖怪)じゃないの?」
と尋ねられ、彼は「冗談じゃない!」と一蹴したが、好奇心旺盛な同級生達が「妖怪の医者がいるから診察してみたら?」
と彼を半強制的に妖怪の医者の小屋に連れていった。
そこの妖怪の医者から「普通の人か鬼人かがわかる霧吹き」(普通の人なら何も出ないが鬼人なら紋章がでる)をかけてもらうと、
紋章が浮かんできて彼が鬼人であることが証明された。
驚きを隠せない彼はその夜、両親に詳しい事情を尋ねた。
両親曰く「私達の先祖は昔、この場所で畑を荒らしたり人間を食い殺す等の悪さをしていた妖怪であった。そんなある時、高僧によって
妖怪はこらしめられ、本来なら殺されるところだったが、人間として生きる道を与えてくれた」と言う。いつも飲んでいるお茶は人間の姿を
維持するためのお茶だと両親は説明した。
この話にショックを受けた彼は妖怪の医者に「自分を最強の妖怪にしてくれ」と懇願した。
医者が解呪を言わなれば解放されない閉鎖空間で彼は不死の妖怪として生まれ変わり、
手始めに医者を食い殺して思いっきり暴れようと考えたが、「解呪を言わなければ解放されない閉鎖空間」にいると
気づいた時にはすでに遅く、永久に閉じ込められるハメになった。

「人を呪わば穴二つ」を地でいく話で本当に後味が悪かった。



312 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 20:18:07 ID:QZdsNEFY0
>>311
某民族が頭に浮かんでしまったのですが。

313 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 20:20:32 ID:PN93l7HiO
だいふ前のスレ見て思い出した。
山岸涼子の漫画なんだけど詳しいとこ忘れた。
20位の綺麗なねーちゃんが主人公で、
彼氏もいて幸せな日々を過ごしてるが、毎晩夢を見る。
自分が小さな子供になって刑務所みたいなとこに入れられてる夢。
しかも夢の中で自分はどんどん成長していく。
そして夢を見ている時間が長くなっていく。
実は夢だと思っていたのが現実。
彼女は幼少の頃に何人かの男の子を殺した罪で終身刑になっている。
確か脱走を試みたこともあり、二度と出られないとか。
実在の人物がモデルになった話だった気がする。
違ってたらゴメン。修正頼みます。

314 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 20:51:34 ID:zfLBb+zx0
>>313
ちょいとスレチかもしれんが、
俺も、「この現実が夢で、夢のほうが現実じゃないのか?」
と、頭がぐらぐらすることがある。
だって、夢に出てくる町が毎回同じで(でも知らない町)、
住んでいるところも同じきったないボロアパートで、
そんで自分は、ものすごい貧乏で、失業者で、乱暴者で、みんなの嫌われ者。
とにかく、ものすごく不快な環境なんだ。
現実もそれほどたいしたことないが、夢ほどは酷くはない。
仕事もしているし、小奇麗なマンションには住んでいるし、人間関係もまあそこそこ。
でも、こっちのほうが夢なんじゃないかと。
その夢を見たあとは、精神的に疲労困憊になって、へとへとになる。

315 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 20:54:42 ID:t6NE/Te90
>>311
魔夜峰央の「妖怪学園ザビエル」の中の『以津真天』のエピソードだね。
いつまでー、いつまでー、と永遠に閉鎖空間の中から鳴き続けるんだよな。

316 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 20:59:09 ID:jAthY4YW0
>>313
マンガは、「悪夢」という題だったと思う。
モデルになっているのはメアリー・ベルという犯罪者で、
現在は釈放されており、名前を変えて結婚し子供もいるらしい。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/murder/text/bell.html


317 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 21:12:30 ID:SuSBbMAZ0
メアリー・ベルは自伝を出版してぼろ儲けしたんだよな。
昔TVでインタビュー受けてるの見たことあるけど
自分のしたことに全く罪悪感を持ってないようだった。

318 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 21:56:37 ID:CKWR387e0
山岸涼子だと「蛇比礼(へみのひれ)」も後味が悪い
ずいぶん昔に読んだだけなんでうろ覚えだけど

主人公はシングルマザーで高校生の息子と暮らしている
ある日、長い間行方不明だった姪(妹の娘)を引き取る事になる
姪は8歳なのだが年齢に似合わぬ妖艶さを身に着けており
主人公の息子や、恋人を次々と虜にしていく
主人公は、自分の生活が崩壊していく事が姪のせいだとは気づかない・・・
姪が来てから飼っていた鳥が何かに食べられたり、家中にうろこのような
破片が散らばっていたりと姪が蛇の化身であるとにおわせ終わる

大分はしょったけど大筋はこんな感じ

息子が、姪にスニーカーを履かせてあげる場面があるんだけど
「こんなガキに・・・」みたいなこと思いながらも白い素足をさわり続けて
その足の付け根まで手を滑り込ませたりするのがもうエロ過ぎて
読んだ当時小学生だった私は「これは読んではいけない本だ」と思ったよ

319 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 21:56:41 ID:PN93l7HiO
そうそうメアリーベル。
漫画では、彼氏だと思ってた男は、
実は脱走した時にヒッチハイクして、
その時の男(描写はないけど、多分ヤっちゃった)
だったってのを覚えてる。
自分も読んで、今いる世界が夢だったらとガクブルしたよ。

320 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 23:26:04 ID:vjDSJlw10
実際のメアリー・ベルも脱走中に男とヤって、
「私は普通の人のようにセックスだってできるし正常な人間だ」
というような事を主張したらしい。

321 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 00:23:45 ID:6s7IZ7HQ0
残虐な事件があると必ず「家庭環境に問題があった」と出るけど、
普通じゃない事件を起こす犯人は家庭に問題なくてもいつか何かやっただろうなあ。

322 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 01:30:19 ID:jndW3Ey70
>>321
「家庭環境に問題があった」って弁護に、「同じ環境で育ったご兄弟は、立派に社会人やってますが何か」って返した裁判があったよ。
どの事件だったか忘れたけど。
見事な切り返しに感心したことは憶えている。

323 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 01:55:40 ID:wla+Jgd70
>>312
チョンですか?

324 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 02:04:18 ID:ccJqNwTPO
>>322
なるほどね。そいつだけが突然変異だったってことね。
そういうのあるよね。

325 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 02:14:48 ID:7WCQcp4Q0
>>321-322
未成年者の犯罪があると必ず「心の闇を探る」とか
解釈合戦が繰り広げられるけど、あれにはどうも違和感を感じる。

何が起こったのか正確に探るのは大事だが、
起こった出来事に辻褄が合うように動機を分析する必要あるんだろうか。
似たような境遇の人間はごまんといても、犯罪犯すのは一握りだ。
明らかな怨恨や金目当ての犯罪ならわかるんだが、
従来の方法で動機を探っても意味がない犯罪もあると思う。

326 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 02:36:38 ID:wla+Jgd70
犯罪者は全員死刑


327 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 02:37:11 ID:RGYnLM860
そうだね
環境とか社会とかのせいにしないで 未成年だろうが何だろうが
「悪いことした」奴はちゃんと「罰を受ける」ようにしないと
やばいでしょうよ と思う
それこそ社会が機能不全に陥るよ

328 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 02:39:45 ID:PLIKrcPxO
うちの子に限って!

329 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 02:41:15 ID:wla+Jgd70
犯罪者の両親も死刑

330 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 03:17:31 ID:YttfzWup0
>>286
えっ!あの骨マニアの先生死んだの!?すげぇショック。
微妙に遅レススマソ。

331 :1/2:2007/07/12(木) 03:27:15 ID:ZmNTc+yH0
私はさほど裕福ではないが、しっかりした家で育った。
祖父はかなり厳格な人間で、非常に厳しくしつけられた。
中でも友達関係にはとても厳しかった。
子供の頃、友人を家に招いて遊んでいると、
祖父はその中の1人の耳をつかんで表に引きずりだした。
「お前はこの家に入ることは許さない!」と怒鳴りつけた。
私はなぜ祖父が仲良しの友達にそんなまねをするのか理解できず、
祖父をひどく嫌ったものだ。

子供の頃は気にしなかったが、
祖父が家に入ることを禁じた友達はどうやら朝鮮人だったようだ。

一方、祖父と異なり、おおらかな家風の家も近所にあった。
その家では、朝鮮人の子供が家に入ることを禁じることもなく、
家族ぐるみの付き合いをしていた。
その友人は、「昨日は焼肉を食べさせてもらった」とか
「めずらしい辛い料理を食べた」と自慢していた。
私は、焼肉など食べたことがなかったので、その友人がひどくうらやましかったのを覚えている。

332 :2/2:2007/07/12(木) 03:28:21 ID:ZmNTc+yH0
しばらくすると、その友人の両親が殺され、
家からは金目のものが一切合財なくなっていた。
時を同じくして、家族ぐるみの付き合いをしていた朝鮮人が警察につかまった。
人づてに聞いたところによると、朝鮮人一家は子供を家にあがらせ、
かくれんぼなどをする中で金目の物のありかを探らせていたという。
さらに家族ぐるみの付き合いをすることでそれを確かめ、
家の間取りや鍵の具合などを調べていたそうだ。
友人の家よりも、我が家のほうが経済的に恵まれていたが、
朝鮮人一家は親切にしてくれた友人の家へ盗みに入ったのだ。
さらに、帰宅して鉢合わせになった友人の両親を刺し殺したという。

両親をなくした友人は、遠くの県の親戚の家へ引き取られていった。
仲の良かった友達と遊べなくなった私は、とても悲しかった。
祖父は食事をしながら吐き捨てるようにこう言った。
「朝鮮人を家に上げるから、あんな目にあうんだ。あいつらは平気で恩を仇で返す」

その朝鮮人一家は人付き合いのよい、傍目には「いい人たち」であった。
『いい朝鮮人もいる』そんな話を私は信じることはどうしてもできない。

333 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 03:30:09 ID:uNUDu6ms0
ここは自作小説発表スレじゃないんだがな。

334 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 03:39:12 ID:RGYnLM860
そんな話を平気で人前にさらせるお前を
私は信じることはどうしてもできない。

マジレスしてやるよ
仮にその話が真実だったとしても
それは「朝鮮人」が悪いんじゃない
その家族が悪いんだ

335 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 03:42:44 ID:jndW3Ey70
>>331-332は、ハングル板の書き込みか何かだな。昔、見た覚えがある。

336 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 03:48:00 ID:jndW3Ey70
>>334
強盗殺人犯の朝鮮人は悪くなく、被害者となった家族が悪いとおっしゃる?

337 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 03:50:55 ID:tL0xRBir0
チョンは拷問にかけてから死刑

338 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 03:53:58 ID:tL0xRBir0
●麻原彰晃 →オウム真理教教祖。サリンを撒き無差別殺人。坂本弁護士一家惨殺。海外新聞がkoreanと表記。
週刊現代がスクープ。事件前の対談で自ら語っている。
●宅間守 →大阪 池田小学校の児童殺傷。8人殺害 15人が重軽傷。朝鮮人部落出身
●東慎一郎 →酒鬼薔薇聖斗。神戸の首切り小僧。生首を校門に飾る。2人殺害。元在日朝鮮人
●林真須美 →和歌山 毒入りカレー事件。4人毒殺 63人が負傷。帰化人
●織原城二(金聖鐘) →神奈川 帰化人、英国人 豪州人女性を強姦、ビデオ撮影、バラバラ殺人
●関根元 →埼玉の愛犬家連続殺人犯。4人を殺害。肉片を削ぎとりドラム缶で焼却、川へ流す
●丘崎誠人 →奈良 岩を数回、少女の頭部に投げつけて絶命させた 在日朝鮮人
●キム・ミンス →韓国人留学生 強盗殺人犯。大分 日本人老夫婦を刃物で殺傷
●李東逸 →韓国人 檀国大学教授。芝居観覧のため来日中、東京で日本人女優Nを強姦
●金允植 →韓国人 強姦罪で指名手配中に逃亡目的で来日。大阪で主婦を100人以上連続強姦
●金大根 →韓国人の強姦魔 連続児童虐待暴行殺人。6名の女児死亡
●李昇一 →韓国人 東京 テレビ「ガキの使い」関係者を名乗り少女140人をレイプ
●沈週一 →韓国人 鳥取 大阪 和歌山 ベランダから女性の部屋へ侵入し9人を強姦
●張今朝 →韓国人 長野 「一緒に猫を探して」と小学校4年の女児をレイプ
●ぺ・ソンテ →韓国人 横浜 刃物で脅し、女子小学生14人をレイプ
●宋治悦 →韓国人 東京 ナイフで脅し手足を縛り下着で目隠しの上、主婦19人を強姦
●崔智栄 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 新潟 木刀で傷を負わせ、18歳少女2人を車の中で強姦
●金乗實 →北朝鮮籍の朝鮮大学校生 同上、共犯者。他にもう一人19歳の共犯者(朝鮮籍)あり
●鄭明析 →韓国人 カルト「摂理」教祖。日本人1000人、台湾人100人、米英仏人などを強姦
●徐裕行 →韓国籍 オウム真理教幹部・村井秀夫刺殺事件の刺殺犯。裏で北朝鮮が関与か
●国松孝次警察庁長官狙撃事件。現場近くから北朝鮮製のバッジ、韓国のウォン硬貨などを発見
●世田谷一家惨殺事件。採取された指紋が韓国人の男と一致。韓国警察からは協力を得られず
●東京資産家強盗殺人事件。奪われた腕時計が韓国で販売。韓国人グループの犯行とみて捜査中


339 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 03:56:57 ID:q828eqq+O
http://c-au6.2ch.net/test/-/part/1175931124/187

340 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 04:13:07 ID:RGYnLM860
>>336
ああ 悪かった 言葉が足りなかったか

それは「朝鮮人」が悪いんじゃない
その(盗みを働いた)家族が悪いんだ

と言いたかったんだ
つまり「民族」が悪いんじゃなくて「個人」が悪いの

341 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 04:14:36 ID:tL0xRBir0
>>340
>>338


342 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 04:15:45 ID:VT2IpE9m0
ここはオカ板である。

嫌韓ってチュプや腐女子と同じでどこでも現れるな。

343 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 05:31:15 ID:UjUplNqZO
>>338
その『犯罪者はみんな朝鮮人』って、朝鮮人がよく言う『芸能・スポーツで有名な人はみんな朝鮮人』ってのと同じようにしか感じられない。
いずれにせよ、後味が悪い。

344 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 08:14:00 ID:tL0xRBir0
【ハプニング】生放送中でアイドルが痴漢に【放送事故】
ttp://jp.youtube.com/watch?v=KHlLRfw4DC4&mode=related&search=
チョン達は仲間もほったらかし

345 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 08:39:48 ID:0+Z1HVrd0
アンパンマンは1968年に童話として生まれた。
以来20年、ずっとずっと長い間、 地味に一部の絵本好きや
その子供だけが評価するだけの作品だった。
それが1988年、突然アニメ化された。

原作者やなせたかしは
「ぼくの作品が認められて嬉しい」
「これから動くアンパンマンに会えるのが楽しみ」
「これから、もっともっと多くの子供たちに愛されてゆくと期待しています」
と喜びを語る一方、気がかりな点があることも語った。

「ぼくはもう70近いおじいちゃん。今アンパンマンを
見た子供たちが、 アンパンマンから勇気をもらって
どんな大人になるのか、ぼくは恐らく見れないでしょう」

アンパンマンで育った子供たちはどんな大人になるのか、
やなせは自分の年齢を恨んだ。

…それから18年。
87歳となったやなせたかしはまだまだ意気軒昂、
作品作りに取材にと 日本中を飛び回っている。

彼は気付いているだろうか、アンパンマンを見て育った子供たちは、
ゆとり世代と呼ばれる世代であり、2ちゃんねるで犯行予告したり
エロ画像を漁ったり、おっぱいや性器をうpしたりしてるということを・・


346 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 09:07:10 ID:A62Rc22gO
>>338
要するに朝鮮人は最低とゆーことか‥

347 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 09:44:16 ID:cD0uvEDv0
>>344
オチがあるとは思わなかったwwwwwwwwww
さすがオカ板wwwwwwwwwwwww

348 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 09:47:42 ID:BKi2riOL0
>>342
チュプってなに?

349 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 09:52:06 ID:cD0uvEDv0
主婦だろ

350 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 09:52:28 ID:p4jGOitR0
>>344
これ、まじ?
ただ転んだだけにしては
えらい苦しんでる?様子だけど、どしたのかな。

オチはビビリの私でさえ
大した事ないレベルで助かったけど。


351 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 09:59:24 ID:xb82iSAj0
>>349
正確には厨な主婦

352 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 10:21:58 ID:7EC1ABVj0
>>338
コピペだろうけど一応つっこんどく
そんなリスト 世界のどの民族に対しても作れるぞ
試しに日本人で作ってみなよ それこそ鬱になるから

いいから後味の悪い話をしようぜ
頭の悪い話じゃなくてさ

353 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 10:32:52 ID:Jrm+MXhR0
「ルーマニア」 ゲームの話なので嫌いな人はスルーして下さい。

主人公の「ネジ」はある日犬型ロボットを拾ってくる。
なんとなくロボットについてるボタンを押すと本物の犬のように動き回るようになる。
ネジがいつものように部屋でだらだらしているとロボットが壁に向かって吠えている。
壁に耳をつけ隣の様子を聞いてみると
女の怒鳴り声と子供の泣き叫ぶ声が聞こえた。
虐待?と思いながらもネジは何もできずにいた。

そしていつものようにロボットをつれて散歩をしていると隣の部屋のツバサ君と偶然出会う。
ツバサ君はロボットをとても気に入り、よくネジの部屋に遊びに来るようになった。
そんなツバサ君にネジは「自分が居ない時でも来て良いよ」と合鍵を渡した。
ある日ネジが居ない時に遊びにきたツバサ君は
ロボットが人間の言葉を喋れる事を知る。
そしてロボットがドックショーに出させて欲しいとツバサ君にお願いした。
ネジはロボットが喋ることなど信じていないが、
ツバサ君の為にロボットでもドックショーに出られるように直接ドックショーの本部?に電話をして
なんとかドックショーに出られるようになった。

ドックショーを前日に控え、芸も仕込んだがツバサ君に元気がない。
ネジが尋ねるとツバサ君はドックショーに参加することを母親に告げてなく、
本当は応援に来て欲しいけど仕事で忙しいから…と落ち込んでいた。
そこでネジがお母さんに手紙を書いたら?と提案し次の日来てくれる事を期待した。
だが結局母親は来ずドックショー以来ツバサ君にも会わなくなっていた。

354 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 10:37:02 ID:BKi2riOL0
>>349
>>351
ありがと

355 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 11:52:40 ID:4ApOvKN80
イスラエルの公用語であるヘブライ語は、二千年以上前に既に死語となっていた。
しかし現在では見事に復活を遂げ、一般の生活で使われ、スラングも発生する生きた
言葉に変貌している。これは一人の親による子供への残酷な実験の結果である。

リトアニアのユダヤ人エリエゼル・ベン・イェフダーは賭けに出た。
当時、20世紀初頭はシオニズム、ユダヤ人のユダヤ人によるユダヤ人の為の
国作りを目指す運動が盛り上がっていた。そんな中、パレスチナに移住した彼は、
ヘブライ語復活のため、息子のベン・ツィオンをヘブライ語のみで育てたのだ。

少年ベン・ツィオンの主な遊び相手はアラブ人だった。アラビア語はヘブライ語と同じ
セム語族に属し、良く似ているからだ。例えば「平和」という言葉は、ヘブライ語では
シャローム、アラビア語ではサラームという。

イスラエルが建国されてから後、ベン・ツィオンは幼馴染のアラブ人に事情を話した。
するとこう返事が返ってきた。
「あの時に君を殺しておくべきだった」

イスラエルの建国後、パレスチナ人940万のうち540万が難民として国外に流出。
現地で戦争とテロが絶えたことは無い。

356 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 11:55:12 ID:4ApOvKN80
「風林火山」の原作を読んだが、由布姫没後勘助が全ての希望を託し、死に際まで案じていた
武田の跡取り息子は勝頼だというのもかなり鬱

357 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 12:46:19 ID:JpJ+kvo9O
過剰反応レスがわらわら湧いてる中すまんが、ちょっとだけ。

>>331
君のは創作コピペかもしれんが、大分で実際、留学生の世話をしていた老夫婦が彼らに殺されたね。

358 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 12:46:21 ID:N9xQTvgyO
>>353
続きは?
最近途中で終わってしまうのが多くないか?

359 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 12:51:27 ID:WN1jF2bxO
>>353
それってもちろん分岐があるんだよね?じゃなきゃゲームにならないだろうし。

360 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 13:35:12 ID:RsNjRrsr0
>>357
その創作?コピペの朝鮮人もキチガイ犯罪者だけど
子供達が遊んでる時に突然朝鮮人の子供を無理矢理追い出すじじいも十分キチガイ
実は犯罪者でした、っていうのはあくまで結果論
東亜は自分も行ってるから性犯罪の日韓差とか色々知ってるけど
あまりにも過剰過ぎるのはスレ違い
先日邦人男性がフィリピンで4歳の娘を虐待の上殺害した事件だって起きてるし
チョンだチュプだと自分より下に見えるものを作って慰めてるようにしか見えないよ

361 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 14:02:48 ID:/PYD/Op00
車の男性、ビニールロープ使い自殺か
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070712-00000034-mai-soci

意図がわからん・・・
見つけた人も遺族も後味悪いだろーな

362 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 14:22:55 ID:AKXOBqEI0
>>344
痴漢じゃなくて発作で倒れた奴だろ
まぁほったらかしにしてるところがらしいと言えばらしいが

363 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 14:33:50 ID:mr5pIz8D0
>>360
オカ板的に楽しく解釈すると、
爺さんには大事な孫の友達に何か邪悪なモノを感じて遠ざけた、
とかじゃないかな。

364 :353 遅くなってごめん。:2007/07/12(木) 15:03:04 ID:Jrm+MXhR0
ある日ネジの家に児童福祉科の役員が来てツバサ君が保育園に来てないと知らされる。
母親もどっかに行ってしまったらしく
保育園の先生に、ネジとツバサ君が仲良かった事を聞いて訪ねてきたらしい…。
ネジは近所を探しまわるが見つけられなかった。

数日経った頃、突然ネジの部屋の押入れからツバサ君が出てきた。
ネジは驚きどうしたのか聞くと
ツバサ君は自分が悪い子だからママがいなくなっちゃった…と。
母親はツバサ君を置いて出て行ってしまったのだ。
ネジはとりあえず児童福祉の人に連絡。
すぐに役員が来てツバサ君を施設に連れていこうとするがツバサ君は動かない。
そこでロボットがしゃべりだしツバサ君を擁護する。
まだツバサは傷ついているからもう少しだけここにおいて欲しいと。
ネジはロボットがしゃべれることに驚き、
ツバサ君の話を信じなかったことやロボットが一生懸命にツバサ君を庇ってるのに
自分はなにもできていないと恥じ、
ネジも少しの間だけでいいのでツバサ君を家にいさせてくださいとお願いした。
福祉の人達も少しだけなら…といい引き上げて行った。

365 :353 遅くなってごめん。:2007/07/12(木) 15:04:09 ID:Jrm+MXhR0
運命の日…ネジが仕事で家に帰れなくなった。
その日に児童福祉科の役員が家に来て無理やりツバサ君を連れていこうとした。
ロボットはツバサ君を助けようと役員に噛み付いたが
役員に振り払われその拍子に壊れてしまう。
ツバサ君は泣きながら抵抗したが役員に連れていかれる。
ネジが家に帰ると役員からツバサ君を保護した事、
ロボットのおもちゃは弁償すると留守電に入っていた。

ネジはメカに詳しい友達になんとかロボットを直してもらい
二人でツバサ君を迎えに行こうとした。
週末里親という制度があり、週末だけでもツバサ君を引き取ろうと思ったのだ。

だが、結局ロボットとネジ二人だけで帰ってきてしまう。
ツバサ君は施設で既に友達もたくさんいてとても楽しそうにしていた。
ネジとロボットは寂しいが「ツバサ、楽しそうで良かったね…」と引き取るのをやめる。
その後ロボットはだんだん喋らなくなり最後には全く言葉を発さなくなってしまった。
友人に修理を依頼したがどこも悪くないという… end


ツバサ君的にはハッピーエンドなんだけどネジサイド視点だからなんとも言えない気持ちになった

366 :353 :2007/07/12(木) 15:07:25 ID:Jrm+MXhR0
>>359
分岐はないです。
エンディングは変えられません。
ストーリーをちゃんとこなせるかどうかというゲームです。

スレ違いごめんなさい

367 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 15:22:43 ID:NKJMKFLw0
>>360
フィリピンの邦人って実はチョソじゃないの?
ニーで誰かが書いてたけど

368 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 15:27:29 ID:tL0xRBir0
最近ここに在日が出没してるな
チョンは虫以下

369 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 15:28:53 ID:7EC1ABVj0
2ちゃんの情報を鵜呑みにすると恥かくよ

ってか もういいよ
嫌韓はそれ用のスレでやれってば

370 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 15:30:14 ID:JpJ+kvo9O
ま、あんまり引っ張るのもやめよう。揚げ足とられるしさ。
ただでさえこのスレは過敏に火消しにくるのが多いんだし。

と、いうわけで勘弁してくださいね>鮮

371 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 15:32:53 ID:nn5l1p/n0
懐かしいな、ルーマニア。結構好きだった。珍しいシステムのゲームだったよね。
その話は当時自分もなんとも言えない気持ちになった…

372 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 16:06:41 ID:vlETwlsC0
こんなゲームが存在するんだ・・・

373 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 16:13:18 ID:NKJMKFLw0
>>369
おまえこそ南京大虐殺信じてるんだったら
それこそシナチョソマスゴミ鵜呑みにしてるってことだが。

374 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 16:19:25 ID:HCPfolkN0
>>373
よそでやれ

375 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 16:25:31 ID:tL0xRBir0
在日は全員氏ね

376 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 16:34:38 ID:DQGVvtDqO
俺は純日本人で社会に迷惑かけてないのだが、在日が全部死んだら、俺の友達まで死ぬからそれは困る。

377 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 16:47:57 ID:0xsaYVzy0
はいはい!もう喧嘩おしまい!

話を戻しましょう!

378 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 16:51:04 ID:F8X7MoGGO
くだらねぇ、何故在日批判をするのか、正当な理由を述べてみたらどう?

379 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 17:08:25 ID:7EC1ABVj0
嫌韓の奴らに踊らされてる可哀想な人たちはもうほっとこうよ
自分の考えもなく ただ他人の思惑に乗せられて騒いでるだけの
恥ずかしい奴らなんだから

380 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 17:20:33 ID:jndW3Ey70
>>378-379
いや、在日や朝鮮人を批判する正当な理由は有るんだが。
エピソードには事欠かないし、元より敵国の人間だしな。

ただ、このスレと関係ないことを並べてもしょうがない。
このスレでも、飽きるまで眺めてきてくれ。

朝鮮人にまつわる怖い話3
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1177486723/

381 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 17:21:18 ID:p4jGOitR0
親韓の人達はもう放っておこうよ。
まだ若くて、理想と現実の違いに気付いてないのさ・・

382 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 17:29:34 ID:9pOdqPeZ0
そもそもスレ違い

383 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 17:31:58 ID:dNSMtptG0
うっとうしいな・・・嫌韓のブタどもも朝鮮人と同じくらいウザイ

384 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 18:03:15 ID:JpJ+kvo9O
もう自演のひとしかさわいでないけど。
印象操作してないで、まとめて>>380が紹介したとこ行け

385 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 18:11:00 ID:o273TjpMO
だからずっと前から嫌韓の話は違うスレへってテンプレに入れろって言ってんだよ



386 :ゾラ「居酒屋」:2007/07/12(木) 18:25:23 ID:cCQ1t8+e0
美人で気立ての良いジェルヴェーズは恋人と二人でパリに働きに出る。しかし怠け者の恋人は働こうとせずジャルヴェーズ
をあてにする。挙句に恋人は新しい恋人を作り、ジャルヴェーズから逃げる。
一人残されたジャルヴェーズだが、めげずに善良に生きた為真面目な屋根職人にプロポーズされる。
夫婦で頑張って働いた為、洗濯屋を開くことが出来るが開店してまもなく夫が大怪我してしまう。
莫大な治療費が必要となるが、幸い彼女に思いを寄せる鍛冶屋が用立ててくれた。
経営は持ち直すものの、夫は事故以来アル中になり、全く働かなくなる。
しかし店は繁盛し、金持ちになったジャルヴェーズは元恋人とその妻を招待して見返してやろうと思い立つ。
だが、夫妻は悔しがるそぶりをみせずあろうことか隣室に越してくる。
ジャルヴェーズは夫妻のことが気がかりで経営が手につかず、売り上げが落ち始める。
やがて夫妻が店を乗っ取るつもりだとわかったジャルヴェーズは何とか策を練るが
夫が死んでしまう。
夫の死でジャルヴェーズ自身もアル中になり、ついに店は潰れる。
店の跡地には元恋人夫妻が小じゃれたお菓子屋を建てる。
貧苦と心労でやつれ果てたジャルヴェーズは道端で野垂れ死にする。

387 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 20:12:46 ID:YR5l4P820
http://jp.youtube.com/watch?v=KHlLRfw4DC4&mode=related&search=

388 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 20:36:08 ID:6/WQOthQ0
>>386
鬱過ぎるだろ…
ジャルヴェーズは男を駄目にするタイプの女なのかねえ

389 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 20:46:02 ID:JIi2/JQG0
>>387
うわ、すげー倒れたメンバーを助けに行ったのスタッフかと思いきゃ、
ただのファンなんだな、しかも乳をもみしだいてるし

390 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 20:52:22 ID:a1rInuZuO
見てて後味悪いから嫌韓と在日もっとやれ
オレ?オレは普通の日本人なもんで見てるだけ

391 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 21:14:13 ID:ZtwqudpKO
世界中で、隣りの国が好きだって方が珍しいよね。
本当は仲良くして切磋琢磨した方がいいのに。

392 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 21:20:25 ID:GR+Hp18MO
>>386
なんて憂鬱な話…

393 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 22:19:08 ID:BqHvTNbj0
>>386
可哀想なはずなのに、ここまで同情できないヒロインは初めてだ。

>溺水した少年の捜索を千人の野次馬が傍観。まき起こる嘲笑
>9日夕5時、黄河に面する蘭州市の雁灘で、仲間といっしょに水遊びをしていた16歳の少年ひとりが溺水。
>その捜索状況を1000人以上の野次馬が集まりながら傍観、少年を助けようと河にはいった市民4人を
>嘲笑するというできごとがありました。
ttp://chiquita.blog17.fc2.com/blog-entry-2609.html

駄目だろう、これは。
米国?かどっかでもコンビニの店内で刺されて倒れてる女性がいるのに、
他の客はみんなスルーして買い物してる防犯ビデオの動画が見つかったこともあったなあ。
どんどんこうやって麻痺していくのか。怖いな。

394 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 22:40:46 ID:KMePItVR0
心理学であったな、何で人が多いところでは一般人は困っている人をスルーするのかってはなし
要は「誰かがやるだろう」と思うためらしい(心理の距離がなんとか)

実際にあった例が興味深かった(アメリカでの研究なので事例も全てアメリカ)
・老女Aは大通りの真っ只中で気分が悪くなりしゃがみこむが、警察が保護するまで2時間近く放置されていた。
  通りかかった人全てが無視して通過。
   
・一人暮らしのB嬢は、アパートの前で暴漢に襲われ、強姦され金も奪われた。
  目の前のアパートの住民のほとんどが彼女の悲鳴を聞き、何人かは窓を開けて確認したが、誰も通報しなかった。

どちらも善良で平均的な人々の行動だった。

ちなみにこの現象の検証実験では、被験者を一人の状態から見知らぬ人と複数でいる状況で
それぞれ犯罪を目撃させたり、火災が起こっているように装って、被験者が通報するか調べる。
当然だが被験者は見知らぬ人と一緒にいるほうが、「誰かが言うだろう」と行動しなくなった。
一緒にいる人数が多いほうがさらに何もしなくなる確率が上がる。

395 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 22:55:51 ID:KyocTcNXO
まさに絵に描いたような認知的不協和状態

396 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 22:58:47 ID:XfXHGqu7O
そんなアメリカ人が 日本人は困ってる人を助けないって言っちゃうか

397 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 22:58:58 ID:jndW3Ey70
>>394
その実験で、もう一つ面白いことがわかってたよな。

誰でも良いから、その場で誰かを指定して助けを求めると、指定された人はかなり高い確率で助けようとするという。

ただ「助けて」というより、指でもさして「そこの貴方、助けて」と言った方が良いという話らしい。

398 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 22:59:32 ID:emi3+9Ml0
昔何かの番組で綱引きをして、
一回は一人で、もう一回は大勢でやった所
一人より大勢の方が一人当たりの力の出し加減が弱いそう。
これも「自分が全力じゃなくても誰かやるだろ」と一緒。

399 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 23:13:59 ID:KMePItVR0
なんかついでに思い出したけどフリーライダー理論ってのもあったな

酒を一人ずつ決められた量で持ち寄って、大きな容器に全部あわせて
いよいよみんなで飲んでみたらみんな水だったって言うたとえ話
自分が水を入れたって、大人数でまぜるんだからわかんないだろうと思ってたら、みんなそうだったというw

人はみんな誠実なんかじゃなくて隙あらば他人の行為に「ただ乗り」(フリーライダー)しようとしているという人間観にたって
まあ、人間そんなものだけどそれでは結局自分が困るので国家とか法律や公共団体が調整するんだというふうに、公共政策を説明してた


400 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 23:35:21 ID:/OOr+zhAO
さて来年は人間心理学専行にするかな‥

401 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 23:36:44 ID:gdaHQrv10
>>383
両親がチョンだと大変だな
お前自身は借金まみれだし

402 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 23:38:53 ID:wlGphqrq0
>>394
だから「とんぼ」のラストシーンで、長渕を誰も助けなかったんだね!
積年の謎が解けたよ。ありがとう。

403 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 00:04:26 ID:sIw+aaWBO
>>398
でも綱引きって「俺意味あんのかな」とか思わん?

404 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 00:23:46 ID:p4gTQLjM0
>>403
思うw

今思い返しても、俺も綱引き頑張って無かったわw

405 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 00:34:16 ID:q2rr/pxTO
御茶漬海苔の惨劇館シリーズ、姫シリーズ、恐怖感染シリーズ、童鬼シリーズ、
妖怪シリーズとか。

この作者の漫画、コミックスが手元にあると呪われそうなんで
携帯向けに配信されてる電子書籍で読んでるんだけど、何この漫画。

無機質な登場人物、殺風景な風景・・・なんかすべてが狂ってる雰囲気orz
ほぼ救われない話で、後味悪いだけじゃなくて読んだ後色々キツい…
「え!?そこで話おわり!?」ってなラストを迎える漫画ばっかりで
その後を想像すると鬱になる。作者のラスト辺りにたまーに出るモノローグも後味悪い。


406 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 00:36:31 ID:KX0GXLAB0
最近じゃ電車の車内で女子大生が強姦された事件も
あったね、泣きながら便所に連れ込まれてるのに乗客は
皆知らん振りだったとか。
後々警察絡みで面倒だったり、DQN相手だと自分も
巻き込まれる可能性があったりと考えてしまうかもね。


407 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 00:51:37 ID:1xFAosbk0
あれって「大丈夫ですか?」って聞かれたのに女の人は何も
言わなかったとかってテレビで言ってなかったけ?

408 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 00:54:19 ID:9INLUb6I0
お互い様の精神が薄れてきてるのかな。
昔はごく当たり前のように助けたり助けられたりしてたと思う。
具合悪い時に声かけてくれる人もいたし
倒れてる人に声かけて助け起こしたりしてた。

でも今同じことできるかっつったら無理かもなあ。
ぶっちゃけ怖い。
大丈夫ですか?って声かけても睨まれたり不振な顔で見返されたりする。
嫌がられた経験が重なると地味にへこんで声かけづらくなった。

409 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 00:54:40 ID:hd3DRlkV0
嫌韓の人がなぜあんなに必死なのかは、「韓国はなぜ反日か」を参照にして欲しい。
彼らは韓国を攻撃してるのでは無く、韓国からの攻撃を防ごうとしてるのです。
「人権擁護法案」「外国人参政権」等が出来れば日本は日本人の物ではなくなりかねない。

410 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 01:12:28 ID:5AxVQlJm0
綱引きもマジだと相当なもんだよ。昔はオリンピックでもやってたぐらいだし。
実は先年、保育園の運動会でそれがわかった。

園対抗の親競技だったんだけど、一回目は「誰かやるだろう」で一瞬負け。
あまりに惨めだったので2回目には超気合いで熱戦の末やっと勝利。
これまでの人生であんなに全身の力を発揮したことはないってぐらいだった。

帰るとき、タクシー拾わなきゃならないぐらい疲れ果ててた

411 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 01:20:30 ID:YzjfNNvl0
【参院選】民主党から、在日コリアンの期待背負った金氏(民団幹部)が立候補…在日参政権訴え
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1184227903/l50


民主党最悪・・・・

412 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 01:30:28 ID:JKmNfFxzO
上のレスいくつか読んで学んだこと
トラブルに巻き込まれた時はただ泣いたり叫んだりするのではなく
目が合った誰かを指差して「すみません、助けて下さい!」て
指名するべきって事だな
(心理学の応用)

そうすれば、その人自身に何もできなくとも
通報したり、周囲に働き掛けたりしてくれる確率は格段に高くなる、と

非常にためになった
このスレどうもありがとう

413 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 01:31:00 ID:4BnbVAKb0
>>410
綱引きって 親になってからの方が本気出すよな
俺も腕がガクガクになったよ
( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ

しまった全然後味悪くないや・・・

414 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 01:43:25 ID:ZiryCPSH0
銀河鉄道999でこんな話があった。

999が停車した星はあたり一面きれいな花が咲き乱れていて一見美しい星なのだが、
その花は有毒花粉をふりまくので、星の人は防護服を着ないと暮らせない。
花を駆除しようにも星の法律で禁じられており、もし駆除した場合厳罰に処される。
(ちなみにその花の天敵となる個体を持ち込むのも禁止)
鉄郎達が滞在している時、とある一家が花に火をつけ全滅させる事件が起きる。
花が全滅した事で花粉に苦しむことなく喜んでいたのだが、法律通り一家は死刑になる。
鉄郎は「みんな喜んでいるじゃないか」と役人に抗議するが、役人は「法律は法律」と言って取り合わない。
一家もそれを覚悟しての行為だったので、刑罰を受け入れ死刑執行。
ラストシーンであの一家が人柱になったことで云々というやり取りがあったが
それでも後味の悪さが残る話だった。

銀河鉄道999はこの話のほかにも後味悪いのが結構ある。

415 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 01:49:08 ID:rikdZBuFP
じゃあ綱引きで後味が悪かったはなし。

ある大会で地区対抗の綱引きをした。 
他チームの戦い方を見て「オーエス」で引っ張るやり方だと
引いた後の隙を突かれて崩れる危険があると気付いた(少なくともそう思った)
我々は、序盤ひたすら踏張り、終盤で一気に引く作戦をたてた。
そして本番。漏れたちは耐えた。リーダーが攻勢の指示を出すまで。

指示は出なかった。当然引っ張っていないため、負けた。

416 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 01:51:19 ID:1xFAosbk0
なんでそんな無茶な法律があるのか疑問

417 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 02:09:11 ID:4BnbVAKb0
>>414
俺は「食べられ星」が後味悪かったな

999がジャックされて停まる予定のない星に停まってしまう
かじりかけのリンゴみたいな姿をした星
その星は「地面が美味しい」
鉄郎が食べてみると甘いというか辛いというか とにかく美味しい
なので地面を削って他所の星にせっせと輸出してる

ジャック状態が解けて発車し 元の軌道に戻る
ジャック犯が座席で泣いている
彼はあちこちの星で戦い 生き抜いて来た
地獄のような日々を「俺にはふるさとがある」と言う思いだけを支えに生き延びて来た
だがそのふるさとは他の星の住人にかじられてなくなりかけてる
それがみじめだと 俺はもう二度とあそこには帰らない と泣き続ける

>>415
すまん 笑った

418 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 02:16:18 ID:rnXqnr0GO
>>103
何か本当に後味悪い
何故 鹿はそこまで 居場所を知られたくないか
命恩人に対して 不利な交換条件 普通逆じゃね
もしかして103の記憶が曖昧杉と言う
後味悪い話なのか

419 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 02:31:50 ID:4BnbVAKb0
暗闇の星の話もあったな
(うろ覚えで間違ってる場所もあるかもしれないけど)

光が一切なく 真っ暗な星
人々は長いこと お互いの「目」だけを見て平和にやって来た
そんな星で女性科学者が人工の太陽を打ち上げようとする
彼女の妹が鉄郎に「姉を殺して」と依頼する
この星に光があふれたらとんでもないことになる
姉はそれを聞いてくれない 理解してくれないからと

光にあふれた彼女の研究室で 女性科学者に会う鉄郎
すごい美女だが それを口にした鉄郎に対して彼女は激怒する
私はちゃんと自覚してるんだ 見え透いたことを言うなと

鉄郎は彼女を殺すことは出来ず
彼の目の前で人工太陽は打ち上げられてしまう
(続きます)

420 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 02:33:18 ID:4BnbVAKb0
(続き)
妹が研究室を訪れる
妹も絶世の美女だが 科学者は驚愕する
わたしだけが醜いのかと思っていた
妹のお前までが この世のものとも思えないほど醜いなんて と
妹は「わたしたち姉妹だもの 似てて当然よ」と言い 姉を撃ち殺す
そして鉄郎に銃を向ける
あんなに頼んだのに 姉を殺してくれなかったと
しかし 彼女はためらい 銃を降ろし 自分に向けて発砲し 自殺する

メーテルが言う
この星は美醜の概念が逆なのだと
おそらくこれからかなりの住人が自殺するだろうと
白日の下に晒された己の醜さに耐えかねて と


ちなみに最後にメーテルさん
「彼女は鉄郎の顔を見てるうちに撃てなくなった
 ひょっとしたらあなたの顔がこの星では美しいのかもね」
と余計なことを言ってますw
えーと・・・ 美醜の概念が逆なんだよね? 確か

421 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 02:38:10 ID:+llMc1ql0
メーテルひでえw

ひどいメーテルでこれが浮かんだw
ttp://sunset.freespace.jp/aavideo/threenine/001.htm

422 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 02:40:03 ID:RXIR3Vhc0
>>420
鉄郎はブサメンって設定だから。
映画版はなにげに可愛いけど。


423 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 02:57:29 ID:+llMc1ql0
そういや顔違うんだよな。
子供の頃、「映画になるとキャラの扱いは変わるんだ」と思ったもんだ。
(ドラえもんでも映画のジャイアンはいいやつだったから)

ググると制作者は「映画版で顔が変わったと言われるが違う。
年齢が上がったから変わったように見えるだけだ」と言ってる。
しかしこれ、年齢上がったってレベルの話じゃない。別人だw
映画
ttp://blog.so-net.ne.jp/_images/blog/pon-wish/1257542.jpg
テレビ
ttp://www.geocities.jp/algo_star/yamato/999_01.jpg

424 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 03:04:33 ID:mxwIrGPg0
>>298
あたしんちだっけか?に出てくる母ちゃんしか、想像できなかった俺は負け組。

425 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 03:09:21 ID:4BnbVAKb0
>>422>>423
何気に服もいいの着てるよな 映画の方が

>>424
やめれw
俺の脳内イメージまであそこの夫婦になっちゃったじゃないか

426 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 03:31:10 ID:+hWFgwTdO
カーチャン

427 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 03:39:02 ID:ao2cvwjUO
話戻してごめん。
自分の体験談だからつまんないんだけど…


何年か前の話。
残業で夜遅くになった帰り、大きな交差点で信号待ちをしていたら、目の前でバイクと車の事故が…。
バイクの人はかなり吹っ飛んでって動かない。これは死んだかも…って感じ。車はそのまま轢き逃げで逃亡。
俺はポカーン 周り見渡したら、数人いた目撃者皆ポカーン…
隣に立ってた派手ぽい女は何?みたいな感じで半笑い。

青信号になったから、皆が普通に渡ろうとした時近くに住んでるおばちゃんらしき人が出て来て
『ギュャー!大変っ!誰かぁ!で、電話!け、警察! 早くきゅきゅきゅ救急車ぁぁああ!!』

その声で俺ビックリ!皆もビックリ!いきなり一斉に警察、救急車に電話。もちろん俺も。
電話かけ終わって周り見たら皆の横断歩道渡ってく後ろ姿が見えた。もちろん俺もすぐに帰った。 サイレンの音が聞こえてきた。

その後結構すぐに、ニュースでその事件やってたんだけど、
俺ここにいたんだよな?確か見たよな!アレ?みたいに実感が無いの
ニュースでバイクの人は死んだらしい、目撃者があまりいなくてまだ犯人は掴まってないってやってた。
あのRV車掴まったんかな?
その場にいると現実感無くなって、きっとわけわかんなくなるのかも…

428 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 03:41:20 ID:K0VQNpjn0
999と言えば盗作騒動。あれも後味悪い。
松本(銀河鉄道999の原作者)が槇原(歌手)に盗作されたと言い出したのが発端。
銀河鉄道の漫画版に書いたセリフを盗作されたらしい。
パクってない、パクった、盗作だ訴えてやる、名誉毀損だ訴えてやるとお互いヒステリックに揉めていた。
なんつーかあれ見て999の思い出まで泥まみれになった気分だ。

裁判沙汰になった他作品も思い出してググったんだが、「大人の事情」で絶版になった作品って多いんだな。
以下、封印されてこの世から消えた作品とその理由
ゲームセンターあらし→小学生がゲーセンで遊んでるから
オバケのQ太郎→理由不明
ビッグマックポリス→顔に付いてるゴマが差別(!)
はいすくーる落書→学歴差別
ツヨシしっかりしなさい→元SMAPの森が主演のため、ジャニーズが圧力をかけた
SIRENのCM→怖すぎるからw

429 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 04:06:27 ID:0pWQzUKRO
>>428
はいすくーる落書きがダメなら、ごくせんは?

430 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 04:14:25 ID:9ri9g4mp0
日本、フランス、アメリカ、ドイツ(だったかな?)からそれぞれ10人程度のグループを
アフリカだか南米だか、ともかくどこかチョット不便な場所にあるリゾート地に招いて、
わざと色々とハプニングを起こし、グループごとにどの様に反応するかを見る、
という実験をした番組を見たことがあった。

夕食にベリーダンサーを呼んだり、
朝起きるとホテルのスタッフが誰もいず、朝食の用意がされてないとか、
それぞれの国旗が半分焼かれておいてあったりとかがあったのだが、
一つだけとても印象に残っているものがある。

ホテルで出された食事をしていると、サーバーの少年が皿を落とすか何かの
失敗をする。すると厨房からおじさんが出てきて、少年を厨房にひっぱってゆき、
そこから何かを叩く音、おじさんの怒鳴り声、少年の泣き声が聞こえてくる。
たった一国のグループを除き、皆少年の様子を見に、厨房に入っていった。
日本人のグループでは、男の人数人が入ってゆき、しばらくして「だまされた」
と笑いながら、ニコニコと手を振っている少年と共にでてきた。

最後まで何もせず皆黙って食事をすませたのは米国だった。
少し意外だったな。捕鯨反対とか日本まで来て猟師の網切るおせっかいな奴らなのに。

431 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 04:33:56 ID:gXPl3wIw0
テレビ番組のその手の「実験」は信用できない。
実験と称してるが実験と呼べるしろものじゃない。

ぶっちゃけバラエティでも脚本っつーか進行は決まってる。
実験してから進行が決まるんじゃない。
方向性が決まってから、それに合った「実験」を用意する。
当然番組内容に合わない実験結果は出ない。
そんなもん出たら番組が成り立たなくなるw
信頼性を増すために、反対の結果を混ぜることもあるが
放送したい内容をひっくり返すような結果は流さない。

432 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 04:54:16 ID:yCxVA5sW0
>>424
あたしんちのかーちゃんの顔がよく分からないので
半熟英雄のあたしの顔が脳内で置換された

433 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 08:59:04 ID:lNvbNp3K0
フラワーオブライフの最終巻 それまでわりとほのぼのとしていただけに

主人公は白血病だったが姉の骨髄をもらって完治、楽しい高校生活を送る。
姉は普段は料理好きお洒落好きの優しい姉さんだが、人間関係に気を使いすぎて心を許せる友達ができず、
彼氏もろくでもない男しかできず、嫌気がさして現在引きこもり中。
たまに情緒不安定になって主人公に感情的な口論をふっかけてくる。

仕事であまり家に帰らない母は「いつまでもニートしてんな」と姉に言うが、
主人公は姉の辛さを理解しているので「俺がそのうち漫画家になって姉の分も稼ぐから」と擁護する。
実際、主人公はまだ商業誌デビューこそしてないが担当さんがついてるし将来的にはプロになれそう。
主人公は自分の夢だけではなく姉のためも思って家にも帰らず漫画を書くようになる。

ある日、姉は久しぶりに帰ってきた主人公にこう叫んだ。
「軽々しく将来の約束なんてしないでよ。あんたなんかもうすぐ死んじゃうんだから。
 あんたは本当は完治してない。5年以内に死ぬ可能性が10%もある。発症する可能性だけならもっと
 父も母もあんたが可哀相だから黙ってただけなんだから。
 あんたがどこにも行かない、ずっとあたしの面倒見るって言う度にあたしどんな思いしてたか!」

呆然としたまま主人公は、そういえば追試があるから英語の勉強をしなければと、
気分を変えるために英語辞書を開いた。その時、ふと目に入った英文があった。
He died in the flower of life. (彼は若い盛りに死んだ)
なんで最初に知らせてくれなかったと家族を恨む気持ちさえ薄れ、主人公はただただ死を恐怖して号泣した。

フラワーオブライフは主人公の名前が「花園」だからだと英語の成績がクソな俺は思っていたから衝撃的だった。
実際は訳にある通り「若い盛り」という意味のようだが、まさかタイトルがこんな縁起の悪い使われ方をするとは。

主人公は「1番自分のそばにいるのに黙っていなければならなかった姉が1番辛かったのだ」と姉を責めもせず、
正直さが長所だと自負していたのに「5年なんてあっという間だし隠すほどの事じゃない。平気だ」とはじめて家族に嘘をつき
完治したと信じている友人にも真実を告げずにおいた。主人公が良い奴なだけに、姉のぶっちゃけ方がひどいと思った。

434 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 10:28:51 ID:OkZEvajMO
こーなったらもう皆で>>419の惑星に行こう。
そこでならきっと幸せになれる(´・ω・`)

435 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 10:34:37 ID:AmIAsYKRO
>>434
ブサイク扱いされたいの?

436 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 10:42:06 ID:Rh9ZarybO
タイトルの由来にびっくりというのは聞いてたが、実際に読んでたら寄生獣並にショックだったかも

437 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 10:46:24 ID:/Yf+0WaB0
>>414
ユウジローの四コマ漫画で基本正座、立ったら即行逮捕される星ってのがあったの思い出した
あとプリンの底からカラメルが出てきたのを見てニヤっとしたら逮捕ってネタも…

438 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 10:49:34 ID:/Yf+0WaB0
>>432
大体あってる

439 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 10:50:31 ID:gtN4Utx00
>>386
ジャルヴェーズの娘をヒロインにした続編もあるよ。
そっちは母親と逆で男を弄ぶ女の話。
確かタイトルは「ナナ」。

440 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 10:55:16 ID:cdjPN+Of0
>>433
で、主人公はどうなったの?


441 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 11:18:57 ID:iVKaaljL0
>428
オバQは著作権がFとAのどっちにあるかがハッキリしなくて
単行本は出せないんだと聞いた。片方故人なだけに後味悪いね。

442 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 11:53:21 ID:PAgUysPG0
>>440
直後の「微妙に精神的に成長した主人公の姿」で終わってる。

軽そうに見えたコミックだけに最終回が重すぎたけど、
そんなに後味悪くないよ。
それほど年齢差が無い姉が抱えるには重たすぎる秘密だったと思えるし。
むしろ同僚と不倫しながら生徒ともできちゃった担任教師のその後が気になるw

443 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 12:28:41 ID:o22Yb3A6O
>>296
リザードキングってギャグ漫画思い出した

444 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 12:41:01 ID:9ri9g4mp0
>>431
そうなんだ?なんか日本語が聞こえてきたから見てたけど、
地味な作りの番組だったんで、やらせの可能性は考えなかったなぁ。
まあ、見たのがカナダだから微妙。
放送局がUSのだったかカナダのだったかも覚えてないし。
各国合同で作った番組のようにおもっていたけれど、
どうなんだろ?

445 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 14:34:20 ID:G0OqTNC/O
>>428
>SIRENのCM→怖すぎるからw
あれは「怖いゲームですよー」とアピールするための自演。
9人だかの抗議があったと言っていたが、んな程度でCMやめてたらすべて
放送できなくなる。
ためしにソニーの他のCMに9人で抗議してもやめないと思います。

446 :1/3:2007/07/13(金) 15:10:18 ID:840abPAg0
浅田次郎の短編小説

主人公の小説家は、とあるパーティーで会社の社長となった高校の同級生(以下、友人)と再会する。
主人公とあった瞬間、物凄く驚き、やがて切羽詰まった声で今度二人きりでゆっくり話せないかと言う友人。
若干態度が気になったものの懐かしさも手伝って主人公は快く了承する。
数日後、友人の家を訪ねるとそこには上品で穏やかで美しい奥さんがいた。
奥さんが出払い二人っきりになると友人は話しをはじめた。
「まさか君がこんな有名な小説家になるとは思ってもみなかったよ」「いやー、照れるなーw」
「……なぁ変なことを聞くが「君」は本当に「君」だろうな」
不気味に思い出した主人公は友人に何が言いたいのかと問いただす。
友人は謝り、「でも、こんな不思議な話君にしか言えないから」と自分の体験を語り始めた。

数年前、友人はある美人で性格のよい女子社員と不倫をしていた。
が、やがてその関係を清算しなくてはならなくなり別れ話を切り出した。
女子社員は恨み言一つ言わずに別れてくれたが、黙って会社も退職し、以降友人の前から完全に姿を消した。
そして1年前、友人は妻と旅行に行った帰りの新幹線の中で偶然彼女と再会する。
彼女は高級そうな服装をしてやはり身なりのよい男性と二人で友人達の前のシートに座っていた。
彼女は友人には気付かず、その男性と仲よさそうに会話をしていた。
話の内容からして二人は夫婦らしく、また彼女の夫はかなり地位の高い人間らしい。
やがて、友人には気が付かないまま、駅に着き二人は降りていった。
贖罪の意味も含め、友人は心の中で彼女が幸福な結婚をしたことを喜ばしく思っていた。
が、入れ違いにスーツ姿の男に取り囲まれ、手錠をしたみすぼらしい格好の女が乗り込んでくる。
何となく嫌な気分になる友人。が、すれ違った瞬間、その女から「××ちゃん」と名前を呼ばれる。
驚く友人。その手錠をした女の顔は間違いなく、さっき降りていった筈の彼女だった。


447 :2/3:2007/07/13(金) 15:15:33 ID:840abPAg0
友人はパニックに陥る。彼女は実は結婚詐欺師か何かで駅で警察に捕まったのだろうか。
いや、服装は全く違っていたし、確かに顔は両方とも彼女だが二人の顔つきは「良家の奥様」と「醜悪な犯罪者」といった全くの真逆であった。
では、双子の姉妹とかだろうか。いや、彼女からそんな話は一度も聞いたことはないし、
第一最初の方の彼女は夫と思しき男性からちゃんと彼女の名前で呼ばれていたし、
後のほうが偽者なら、なんで自分のことを知っていて、当時の呼び方で呼んだのか。
そして友人は一つの結論に達する。つまり彼女は自分と別れた瞬間から二人に別れ一方は幸せな人生を、
そしてもう一方は不幸な人生へと転落していったのではないか、と。
「考えすぎだ。なにかの間違いだ」と諭す主人公。だが、友人は主人公にくってかかる。
「実はお前にも会ったことがあるんだ。去年の暮れの中山競馬場でな」
去年の暮れはずっと取材で中国にいた、確かに競馬場には行ったが、それは香港のシャンティン競馬場だ。
中山になんて行っていない。という主人公を制して、友人は続ける。
競馬好きの社長仲間に誘われて、新しく馬主になった友人。自分の馬が出走するので、中山競馬場にきていた所、偶然主人公を見つけたという。
風の噂では流行作家になったと聞いていたのに、友人が声をかけ、振り向いた主人公は柄の悪いチンピラそのものだった。
その「主人公」は馬主バッチを付けた友人にさんざん悪態を付いて、人ごみの中へ消えていったという。


448 :3/3:2007/07/13(金) 15:17:56 ID:840abPAg0
友人の家を出、「早急に良い医者を見つけてやらなければいけない」という事も含め、奥さんに正直に話すべきか否かを考えながら、一方で主人公は思う。
東京には何千万人という人間が住んでいるらしいが、本当にそれだけの人間しかいないのだろうか?――
そんなことを考えていると、主人公の目の前に異臭を放つホームレスがまろびでてくる。
その顔を見た瞬間、主人公は慄然とする。垢じみて老婆のように老け込んでいるものの、間違いなくそれは友人の奥さんの顔だった。
「あなた××(友人の奥さんの名前)さんだろ?」「へ、あんた誰だい?」間違いなくそれはもう一人の人間だった。
「俺を知っているか」と問う主人公に「あんたなんか見たこともない」というホームレス。
「じゃあ、××は知っているか」と友人の名前を聞くと、ホームレスは興味なさげに
「知らないよあんな奴、最近はてんで噂を聞かないからどっかでおっ死んでんだろうよ」と吐き捨てる。
恐ろしくなり、主人公はその場から走って逃げる。目の前には無数の窓の明かりが主人公を見下ろしている。

俺が帰らなければいけない、「本当の家」はどれだ――


449 :1/2:2007/07/13(金) 15:22:35 ID:u4itX/uu0
オバケのQ太郎は、FとA以外にも、
当時のトキワ荘の連中も参加しているから、版権がどこになるのか不明になっているらしい。
キャラクター一人ひとり、それぞれ違う漫画家が描いている。
結局、みんなが忙しくなり、Fがひきとり連載を続けたらしいが。

で、せっかくなので、「劇画オバQ」を紹介しておくね。
これは、当時のオバQを知っている人には相当後味悪いし、
描いたのも、F本人。
でも、ものすごく昔に読んだので、ちょっとうろ覚えだけど、勘弁。

あれから十数年、すっかり大人になった正太のもとに、オバQが訪ねてきます。
会社勤めに疑問を持つメランコリーな正太は旧友の訪問を大喜び。
家に連れ帰りますが、はじめは歓迎していた奥さん(よっちゃんではない)は次第にイラついてきます。
「あなた、あのオバケ、いつまでいるの? 大飯食らいで、家計もピンチよ。漫画ならお笑いで済むけれど。いびきもすごくて、たまらないわ」
見た目も中味も昔のままのQちゃん。そのあまりに無邪気で傍若無人な振る舞いに、奥さんはついていけなくなります。
いっぽう、正太は、脱サラを考えていますが、家族のことを思うと、なかなか踏み切れません。
が、Qちゃんの変らぬ姿を見て、
「よし、俺も」と、思うようになります。

450 :2/2:2007/07/13(金) 15:23:14 ID:u4itX/uu0
ゴジラやよっちゅん、そしてハカセなど子供時代の仲間を集めて、宴会を開きます。
昔話に花が咲き、「子供時代は夢がたくさんあった」などとみんなでしんみりとしているところに、
「なんで、大人になったからといって、夢を捨てなくちゃいけないんだ」と突然ハカセが熱くなります。
「僕は卑怯だった。よし、僕は脱サラして、夢を追いかける」
とその気になる正ちゃん。
「みんなで、むかしのように、何かをやろう!」異様な盛り上がりのみんな。
家に戻り、脱サラを奥さんに相談しようとした正ちゃんですが、奥さんから
「子供ができたの」と言われ、狂喜乱舞。
「よっしゃー、明日から、がんがん会社で頑張るぞー」
と、張り切ってサラリーマン継続宣言。
脱サラのことは、もう忘れています。

そんな正ちゃんの姿を見て、
「正ちゃんは、もう子供じゃないんだな…」
と寂しげに、飛んでいくQちゃん。

終わり。

作者本人が、こんな形でQちゃんに終止符を打ったことに、胸が痛くなり
思わず涙ぐんだことを記憶しています。

451 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 15:26:17 ID:G75oJJcBO
なかなか面白かった
後味悪いっつーよりは読んだ後にモヤモヤする感じ

452 :449:2007/07/13(金) 15:34:22 ID:u4itX/uu0
劇画オバQを改めて思い出して、
これって、もしかして、FがQちゃんなのかな…と。
トキワ荘の連中と共同制作でわいわいとやっていたのに、
気付けば、自分ひとりになっていた…という寂しさも込められているんじゃないかと、
なんとなく思った。

453 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 15:47:20 ID:QhDN2pHX0
>452
泣ける

454 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 16:01:59 ID:x1YQJXeX0
>>449
オバQの画は主にご存命の藤子Aのものじゃないだろか

455 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 16:16:14 ID:NmOPMyK20
>>454

Qちゃん、よっちゃんはF、
正ちゃん、伸一兄さんは、A
ゴジラ、ハカセは石の森章太郎
だったはず。
で、「新・オバケのQ太郎」で、F単独作業に移る。

オバQといえば、おれはカミナリさんのツンデレ振りが異様にツボだった。

456 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 18:17:32 ID:SErCShrQ0
昔クランプが連載してた「東京バビロン」はえらい後味最悪だった。
長くなります。
そして結構好みの分かれる作品だと思うので注意してください。


主人公は有名な陰陽師の家系に生れたそっくりな双子の姉がいる少年。
あと、獣医の星史郎っていうのが仲良し3人組で登場。
この人は主人公の少年を好きだとかいってるんだけど、ふだんは優しいお兄さんって
感じで決める所は決めたり。
陰陽師と言っても映画みたいなアクションではなく、未練があって成仏できない人の
話を聞いてあげて死後の世界に送ってあげたりとかしてる社会派ドラマ的な感じ。
作品が連載されてたのが8〜90年代って言うのもあった為か当時問題になリ始めた、
臓器移植や宗教家、犯罪被害者やいじめ問題に家庭内暴力なんかも取り上げてた。
特に宗教家を取り上げた時は団体からクレームとか弾圧的なものもあったらしい。

そのラスト間近。
主人公は風邪を引いて訪れた病院で腎臓の難病を抱えた少年と会う。
移植をしたくてもドナー不足でドナーが居ない。そうこうしてる内に倒れる少年。
少年の病室で、泣き崩れるお母さんと会う主人公。

実は少年には一人妹がいたのだが、この子も少年と同じ病気だった。
母子家庭だしお母さんしか居ない。お母さんが子供に移植できる腎臓は一つだけ。
悩んだ末に母親は妹を選んで手術した。
が、結果的に術後の経過が悪くて妹は死亡。
妹は死んで、腎臓を上げられなかった息子である少年も今苦しんでいる。

半狂乱になって近くにいた主人公に「あの子に腎臓を頂戴!!」とナイフで襲い掛かるお母さん。
病院に来る前に自分の腎臓をあげようと心に決めていた主人公は母親に話かけようと
するが、そんな言葉も母親の耳には入らない。

そんな主人公を庇って星史郎が右目を刺されてしまう。
主人公はそれをみて錯乱。

457 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 18:21:57 ID:SErCShrQ0
その後、星史郎は自分を怒ってると思うが勇気を出して手術後の星史郎に会いに。

が、星史郎は全然怒ったりもしないでいつもと変わらない優しい態度。
その後色々あって主人公は自分が星四郎を好きだと気づく。
そしてお見舞いにきた星史郎の病室の扉を開けると、そこは星史郎の術で作られた空間だった。
とまどう主人公に星史郎は賭けの決着をつける時がきたと言う。

じつは二人は7年前に会っていた。
星史郎は主人公の家と対極を成している陰陽術で殺人を行う「桜塚護」という暗殺者の家系。
見たものは必ず殺される運命の為にその実態すら明らかではない。
そして主人公は7年前に星史郎が人を殺している現場に居合わせてしまっていた。

何故それを主人公が忘れてたかというと星史郎が記憶を消したから。
そして二人は7年前に賭けをしていた。
もし再会したら、星史郎は主人公を好きになるように1年間だけ努力してみる。
そのまま一年たって星史郎が主人公を特別だと思えたら主人公の勝ちだから殺さない。
でもそう思えなかったら桜塚護を見た以上は目撃者として殺す。それが賭けだった。

自分は昔から人間と物との区別がつかない人を殺す事でなにも感じない人間だと言って
主人公の腕を折ったり殴ったりする。
それでも何も感じない星史郎は賭けは自分の賭けだと確信して主人公を殺そうとする。
寸での所で主人公の祖母で陰陽師の式神が現れて助かるが、主人公はショックで精神崩壊。

心が壊れた弟を前に泣き崩れる双子の姉。
このままでは終わらない、桜塚護は必ず弟を殺しに来る。
そんな事はさせないと「どうか戻ってきて」と告げて姿を消す。

姉が消えて1カ月、祖母が近くにいるものの寝たきりの主人公は夢で自分を呼ぶ声を聞く。
そして夢の中で桜塚護である星史郎に殺される姉。
主人公は叫びながら飛び起きる。
驚いて祖母が必死に止めるが、その後かかってきた電話を聞いて騒然。
それは主人公の双子の姉の死を知らせる電話だった。

458 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 18:22:56 ID:SErCShrQ0
そして主人公は「姉さん…」と涙を流し星史郎を殺す決意をする。


これでエンドです。

毎回取り上げてる問題がいじめ問題だったり自分達を勇者だと思い込んでる女子高生たち
だったりと、その当時問題になったかなり暗いヘビーな話題で
しかもそれが必ずハッピーエンドだとは限らない(最終的に精神病院に送られて終りとかもあった)
ので、3人の仲の良さとか明るさに救われてる部分もあったんです。
にも関わらずこのラスト・・・。
全くもって一抹の救いも無い結末で実際当時リアルで読んでた読者に物凄い衝撃を与えたらしい。
ちなみに一応設定を引き継いだ続編があるのですが、作者本人達によって
伏線ではなく独立した作品としての「東京バビロン」はここで完結したと明言されてます。
なので二人の人間関係は何ら決着しないここでこの作品は終りだそうです・・・。
実際読むとかなり唖然とします。
自分では上手くまとめられなかったので、漫画好きで興味がある人はぜひ読んでみて下さい。

459 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 18:32:23 ID:+hWFgwTdO
主人公vsデブスで嫌われもの女子高生3人組の話だよな>勇者思い込み

460 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 18:39:43 ID:SErCShrQ0
>459
それです。アレはダイヤルQ2だっけ?
なんか1分とかでもエライ電話料金とかかかる伝言ダイヤルを取り上げてた話です。
ちなみに最終的に精神病院送りになったっていう話はこれのラストです。
女子高生達が親に幽霊とかを見て霊障にあったって訴えたら親が行かせたらしい。
それで主人公が「こういう霊障なんかは精神問題として片付けられる事が多い」と言ってました。

461 :1/3:2007/07/13(金) 18:55:17 ID:PemJmLv80
いじめをテーマにした少女漫画

女子高生の主人公は、活発な性格のため小学生の頃から女子より男子と遊ぶことが多かった。
しかし中学に入ると男子とばかりつるむ主人公のことを他の女子が快く思わず、
その結果クラス内外の女子生徒たちからシカトされたりヤリマンだといじめられてしまう。
慌てた主人公は男友達と手を切り、女友達とうまくやるよう気を遣って生活するように。
その後、表面上は女同士の輪にも馴染めて無事高校にも進学するものの、
無理して気を遣ってまで友達といても楽しくないと感じひきこもり生活スタート。
毎日AM0時に起床し、することといえばテレビやゲーム、ネットサーフィン&ネットショッピング。
父親からカードを与えられているため買い物し放題で服も化粧品も最新のゲーム等も所持している。

ある日、主人公の幼馴染み(男:以下A)が主人公の家を訪ねてくる。
だが主人公がひきこもりと知らないAは主人公母にはぐらかされて家に入れてもらえず、
その態度に疑問を抱いたAは主人公の家の窓を伝い本人も認めての不法侵入で主人公と再会。
そこで主人公の現状を知り、なんとか彼女を元気付けようとこの日から頻繁に家に通うようになる。

Aに心を開いていく主人公は、自分がかつて男と仲が良かったばっかりに女からいじめられたこと、
友達ができても息苦しくてひきこもりになったこと、以前母親が自分を無理やりに引っ張って
学校まで連れて行ったこと、その際に他の生徒たちが自分を好奇の目で見ていて傷付いたことなどを話す。
ちなみにAは主人公に告白するも主人公の腰が引けてしまい玉砕。でも少女漫画なので根は両想いっぽい雰囲気。

462 :2/3:2007/07/13(金) 18:56:29 ID:PemJmLv80
主人公の母親は娘がひきこもりということで近所から白い目で見られる毎日で、
買い物先で出会った知り合いにも「親のしつけがねえ…」等と嫌味を言われる始末。
家で自分の顔を見るなり逃げようとする娘の態度にも苛立ち、
更に日頃の疲れや鬱憤が爆発し娘に対して母は主人公に怒りをぶつける。
ひきこもりのくせにカードでの無駄遣いだけはやめない、と怒鳴る主人公母に、
主人公父は「そういう言動が娘を追い詰めてるとわからないのか」と娘を庇って妻を責め、
娘は「自分はそんなに悪い生き方をしてるの?私が悪いの?」と考えながら窓ガラス(多分)を割る。
更に主人公母はこの後日、ファミレスで話をする機会のあったAに
主人公がかつて家で包丁を持って暴れたりするほど荒れていて、
今はまだマシになった方だけど正直もう娘のことは諦めてると漏らし
主人公に惚れてるAは「主人公はお母さんより、もっとずっと辛いんです!」と啖呵を切る。

その後、主人公母は主人公をカウンセリングに連れて行こうとする。
主人公は拒絶するも、Aと会えなくなるのが嫌なら大人しくカウンセリングを受けろと言われ
「何でお母さんが、私とAが会ってることを知ってるの…?」と思いながら渋々了承。
しかしカウンセラーと顔を合わせると拒否反応が出て、逃走。
責める母に「自分はひきこもりで、ひきこもりは病気なんかじゃない!」と訴え、
カウンセリングが無意味だと主張。更に、自分は傷付いてその傷を癒すために
部屋にこもっていたのに、無理やり連れ出されて辛い、何でそんなことするんだと母親を責めながら泣く。
母は娘の気持ちを理解し、カウンセラーに諭されて静かに涙を流す。
主人公は自分を心配して学校を抜け出してきたAと会い、気持ちを通じ合わせる。
その後、主人公は徐々に明るさも取り戻し、家族とも少しずつ打ち解けて前向きになったところでEND

463 :3/3:2007/07/13(金) 18:58:25 ID:PemJmLv80
一見いい話なんだけど、主人公いわく「前向きになるためにひきこもってる」という
その過ごし方が毎日夜中に起きてテレビゲームネット三昧しかも
親から与えられたカード使ってネットショッピングし放題というただのお気楽ヒキライフ。

男と仲良いからとかそんな下らん理由でいじめられたのは確かに気の毒なんだけど、
謙虚な態度はかけらもなく親の金を浪費しながら好き勝手に遊び暮らしてるくせに
親に対する感謝とか申し訳なさとかが全くないところや、
何かあるたびに逆切れして泣いたり暴力、器物破損に走るところ、
更にそんな主人公の言動が全て正しいとされ実際に色々苦労してる母親が
徹底して悪者扱いなところが引っ掛かってしまったので
「良い話」扱いな作中意図とかみ合わずものすごく後味悪かった。

特にAが「あんたより娘の方がもっと辛いんだ!」
と主人公母に啖呵切る場面はこいつアホかと思った。
あと母親に任せっきりで自分はカード与えて好き勝手させて
理解あると思ってる父親も。

464 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 19:12:25 ID:htGKgkNY0
>>462
なんだか、一種のドリーム作品だな。
とにかく自分がすべて正しい。
悪いのは、世の中、親、学校。
そして、恋は成就。
さすがは、少女マンガ…。
そういえば、作者と作中のヒロイン
(男たちからチヤホヤされる性格のいい美少女)
が同じ名前の作品を読んだことがあり、
さらにはカバーの折り返しに作者の実際の写真が載っていて、
なんともいえない後味を覚えた気がする。
あまりに厭な後味で、タイトルも作者も忘れた。
探偵役の人が作者のペンネームと同じというのは読んだことあるが、
これはちょっと…、と。

465 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 20:11:47 ID:9sNXlvLs0
>>461
後味が悪いっつーか作者のドリーム全開だねw

464が言う
>とにかく自分がすべて正しい。悪いのは、世の中、親、学校。
が当てはまる人間には面白いんだろうなあ。

466 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 20:34:06 ID:HWimxqCj0
もてまくり主人公の話に限って、作者がブ○という事は
良くあることです。(例 森○子、田辺○子、林○理子、、、etc)
あと、華麗な恋愛や恋愛を成就させるテクニックなどえらそげに語り
この作者は、どんな絶世の美女かと思いきや平均以下の容姿。
これ、男性の場合も当てはまります。



467 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 20:34:30 ID:VitzHikWO
東京バビロン最終回。
セイシロウは、本当は悪いやつって伏線があるんだけど、オチへの持って行き方が雑で嫌なんだよなぁ


468 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 20:36:29 ID:HWimxqCj0
ところで、461の話の途中までそっくりな話(実話)を、昨日の7ch
で放映してました。多分、性同一障害の話。
小学校のあたりは男の子ばっかりと過ごし、ボーイッシュな
格好で過ごしていた。でも、そのせいで女の子からきつい
いじめが。それで、中学受験。
けれども、その中高一貫校に入学した途端
その制服が、何とセーラー服。
その内なれるだろうと無理してがんばったが、2年生後半
で限界が。さらに、今までは、何とか自分をごまかしていたが、
体が女らしくなる自分を受け入れることが出来なくなってくる

授業を受けても、休み時間は保健室。毎日が、苦痛になっていき、だけど、
修学旅行だけは、どうしても行きたくて。
しょうがないので、自分の学年の先生にだけ
カミングアウト。(それで、体操着で授業を受けさせてもらったらしい。)
多分、修学旅行には行けたっぽい。

でも、結局、高校は転校したらしい。
残念ながら、途中で用事があって最後(あるいは
現在)は見られず気になるのだけど。
結構、中途半端な時間だったので見てる人いないだろうーな。
その後の人生が気になる。

469 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 20:53:47 ID:Fag1FfGwO
>>458
それの続編が「X」だよね?
主人公は変わるけど、二人のそれからが出てくる…
ちゃんと読んでないので、書けなくてすいません…




470 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 21:46:01 ID:G0OqTNC/O
>>461
お母さん超かわいそう。
自己申告性の「心理学に詳しい人」にはうけそうなところも怖いね。
他の読者さんもあなたと同じ感想を抱いてくれているといいけど。

471 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 23:35:35 ID:5QGqA1U+0
>>468
7chてどこの放送局?

472 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 23:38:17 ID:MW2s00Y/0
>>471
>>468にしか見えないんじゃね?

コエーよw

473 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 00:32:18 ID:SkHJETxK0
「週刊現代」7月28日号

◆小池百合子とテロリストとの親密関係−国防トップの資格などない!

「週刊ポスト」7月27日号

◆長勢甚遠法相も「年金〈保険料〉献金」を受けていた!

◆赤城徳彦農水相に続き、今度は甘利明経産相に「4千万円事務所費疑惑」

474 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 01:04:32 ID:T6PKG60P0
7ch・・・
砂嵐・・・

475 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 01:34:28 ID:GVCmu/lKO
その日、俺はいつもの様に風呂に入るため、脱衣所へ行った。そこで俺は見てしまった。
Eカップはある筈の妹の胸がAカップ以下になっているのを…
気がつくと、居た筈の妹がいない。どこへ行ったのだろうと思いながらふと鏡を見ると
自分の頬にくっきりと手の跡が残っているではないか…

その事をリビングに居た妹に話してみても何故かぶっきらぼうな返事しか返ってこない。なにやらイラついているみたいだ。

数日後、ふとたたんであった妹の下着を見るといつものEカップのブラだった。

あの日、俺が見た妹は誰だったのだろう

476 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 01:42:04 ID:47HWHex70
うちの地方では7ch映るよ。
日テレ系の中京が。

477 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 01:43:29 ID:bBqGOi55O
ウチ東京だが7chは放送大学が入ってる

478 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 01:45:39 ID:sz6n9EvyO
うちは2と5と7と9と11は千葉テレビがうつるよぉ

479 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 02:05:22 ID:k8zxRZ6pO
>>475
後味悪いというより、

 ど う で も い い

480 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 02:15:58 ID:n4HJOQK/O
いつものアイツだろほっとけよwwww

481 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 03:02:56 ID:HepEXtmZ0
ニセ肉まん職人の朝は早い。
なぜなら、気温が上がりすぎる前に段ボール紙の仕込みを行う必要があるからだ。

「春と秋はいいんだけどね・・・。夏は暑すぎて朝でも駄目な時があるし、
 冬は寒すぎて、それがよくなかったりしてね・・・」

仕込みを終えた王さんは我々との話を切り上げ、柄杓を握った。
柄杓を「苛性ソーダ」のラベルのある缶にドップリと漬け、鍋に移しかえる。
速い。まるで料理人のようだ。またたく間に18リットルの苛性ソーダを鍋に満たした。
息をつく間もなく次の鍋に取りかかり、また鍋が苛性ソーダで満たされる。

「どれ、今朝の調子はどうかな」
王さんは先に煮込んだ鍋を一つ一つをつぶさに見る。
ひょいひょい、3つの鍋から段ボール紙を取り出し手で触った。
もう繊維が解けている。これは苛性ソーダの効果なのだ。
「これは駄目。ほら、ちょっとここが固いでしょ。3箇所も出るとは、もう冬が近いね。
今日くらいなら昼には問題なく煮えるけど、これからの季節、もっと冷えてくると辛いかな・・・」

この仕事は、時間との勝負。本来食用ではない段ボール紙を、ここまでの食材に加工できる職人は、
王さんを含めても全国に300,000人しかいない。そして、こうやって丹念に仕込まれた食材が、
話題の北京オリンピックにて各国選手の舌を楽しませるのだ。
オリンピック開催まで後一年、時間の勝負である。
「600万食、達成してみせますよ」
料理人の動きを見せる時とはうって変わり、とても穏やかな笑顔だ。
この笑顔に、中国の食の伝統が支えられているのだ。

帰り道、お土産に頂いたニセ肉まんを見ながらカメラマンの吉田がため息を漏らした。
「本当に肉まんの味ですよ。普通に肉まんを作るのだって難しいのに、さらに段ボールで・・・。
それにこの舌ざわり・・・。もうなんとも言えない繊維感です」
冬の足音の聞こえる秋の空は暗くなっていたが、王さんのニセ肉まんはそれよりも深い闇を湛えていた。

482 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 03:06:56 ID:655t1dfB0
>全国に300,000人

シーー(-ω-)(-ω-)(-ω-) ーーン


中華料理+王さん だと、どうしてもナボナ監督のお父様が浮かぶよ。。。

483 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 03:16:28 ID:kLtuB06z0
創作は創作板で

484 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 03:43:29 ID:RYI4FsN+O
ワロテシマッタ

485 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 03:57:53 ID:fpe7/NXPO
人口10億人超の支那で考えると
全国30万人も「ごくわずか」な人数なんじゃね?w

486 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 04:38:05 ID:fAcI5naP0
俺も思った、なんだたいした人数じゃないなって。

487 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 07:16:16 ID:z99vvLel0
部屋の床で寝てて、5期特有の気配を感じて目をあけた、奴が俺
にけつを向けて去っていく、、俺のことは意識してない、て言うか
明らかに顔付近から去って言った模様、、、

488 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 09:47:46 ID:gRlpHte30
>>487
誤記にチューされたのか?
されたのか?
されたんだな?


489 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 10:09:44 ID:OwEIS+Em0
災害で30万人死んだニュースなんかは
日本とかだと大変なことだろうけど
中国の話だと「ふーん」にもならないからな

490 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 10:11:24 ID:h+z/CzP/0
本当にかなり前、15年くらい前にテレビで見たんだけど。

走るのが大好きな女の子がいて、なぜかそのお父さんは
そんなに走るのが好きなら、と女の子を小学校を休ませてまで
走らせている。女の子は近所の河原を走っていて、お父さんは自転車で
その女の子の後ろを走っている。両親は離婚していて女の子は
お父さんと団地で二人暮し。

お父さんは生活保護を受けながら、女の子を学校にやらずに
ひたすら走らせている。
学校から先生が迎えに来ても、子どもは好きなことをするのがいいと
言って学校には行かせない。小学生の女の子はにこにこしながら
河原を走っている。インタビューにお父さんは笑いながら
「この子走るのが好きでしょ?世界中の道を走らせるのが夢なんですよ。
で、僕がその後ろを自転車で走って付いていく。いいでしょー?」

アナウンサーが最後にぽつんと
「この女の子、将来お父さんの事を恨まないといいですね…」
アシスタントの女性が、かわいそうに…といった顔で沈黙。

今、あの親子はどうしているのかなぁ。

491 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 10:38:55 ID:xvEHPoUL0
のちのカールルイスである

492 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 10:53:34 ID:OwEIS+Em0
アフリカのマラソン選手なんかはそういう育ち方がデフォ。
親を恨むどころか深く感謝しているぞ
親も金持ちになれるし

493 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 11:26:22 ID:bOzlWmPc0
小学生のうちからランナーズハイ使って現実逃避か
泣ける話だな

494 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 12:00:17 ID:1zZ08OGTO
上位入賞しないとお金も貰えないよね…
今どうしてるんだろう

495 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 12:03:38 ID:jsrk94WeO
>>492
アフリカではそれがデフォってさぁ だからなんなん?
アフリカと日本じゃ違うじゃん 
成功するかもどうかもわからん 
成功すりゃあそりゃ感謝もするし金持ちにもなれんだろうよ

496 :468:2007/07/14(土) 13:10:35 ID:GDEVzli30
すみません。7chは、教育テレビです。
7chが、教育TVってローカルだったんだ。
(いまさら気づくアホな自分でした。)

497 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 14:37:55 ID:/Xlm+Tdp0
てか小学校に行かないぐらいで親を恨む恨まないまで発展するかよw

498 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 14:55:18 ID:55eEL2goO
しょうらい しやう― 【将来】
[一] 1 これからやってくる、時。これから先。普通、未来より現在に近い時をいう。副詞的にも用いる。
「―が楽しみだ」「―に備える」「―きっと後悔するだろう」
[二] 0 (名)スル
(1)持って来ること。
「三蔵法師の―した経巻」
(2)ある結果や状態を引き起こすこと。
「社会的不安を―する」

499 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 15:24:59 ID:n4HJOQK/O
小学校を軽視しすぎなヤツが居ることが後味悪いわ


500 :名無し野電車区:2007/07/14(土) 16:57:42 ID:pBlPe33o0
自分が知っている話。というより、有名な話なので、知ってる人も多いと思う(知らない人は「聖者の行進」で検索して下さい)。
「知的障害者をたくさん雇っている優良企業」で、実は社長が従業員の女の子(知的障害者)を寮に入れて殴ったりレイプしたり、
という事件があった。
この事件の裁判で、社長は「殴った」ことは認めたがレイプは白を切りとおして執行猶予になった。
これに怒った支持者が、その社長の弁護士の車(社長も乗っていた)を蹴飛ばして壊してしまった。
ところが、その支持者のほうは裁判に負けて実刑に。支持者は刑務所に入れられてしまった。

地元では「どう考えても筋が通らない」と随分話題になったものだよ。

501 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:11:16 ID:U9nhA8iU0
証拠もなしにレイーポやってるに違いないって
車壊すようなキチガイはムショか病院に送り込んだほうがいい。

502 :名無し野電車区:2007/07/14(土) 17:14:34 ID:pBlPe33o0
>>501
複数の被害者が、内容の一致した話をしているんだが。
自分は被害者と事件後に知り合って話しをしたけど、でっち上げして喜ぶような人ではなかったよ。

503 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:20:38 ID:xvEHPoUL0
>>502
裁判で立証できなければ「証拠は無い」って事なんだよ

504 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:21:10 ID:u0yMBsOa0
>>502
複数の被害者が内容の一致した話をする。
これだけじゃね。いくら知的障害者でも話あわせるかもしれないからね。


505 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:23:14 ID:MCN5XGQVO
↑こいつもレイプ魔か

506 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:28:46 ID:55eEL2goO
確かにおかしな判決は巷にあふれているが、主観で善悪や報復を決定、正当化するなら、裁判の存在意義もない。
はじめからエアロバキバキしてればよかったのに。

507 :名無し野電車区:2007/07/14(土) 17:31:08 ID:pBlPe33o0
>>503-504
ところがその後の民事裁判では「レイプあり」ということで賠償を認める判決が出ている(確定)。

レイプを抜きにしても、何で従業員虐待の社長が執行猶予で、従業員を支持した支援者が実刑なのか。
地元の新聞でも、かなり取り上げてたよ。

508 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:34:39 ID:xsMHqC7E0
それはね〜
司法は金で買えるからなんだよ☆

509 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:34:42 ID:BnYNW13h0
実刑はないだろって思うし車殴る程度で満足してんじゃねーよって思う部分もあったりw
熱狂的な支援者達が入れ知恵したのかもと思われたってことだよね
作戦ミスだよ

510 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:38:24 ID:/lNRQyV/O
自分の車が盗まれるのを発見、自分の力を過信し、車の後ろに捕まったまではよかったが、映画で見たようなアクションをするつもりが車のスピードとパワーに振り落とされアスファルトに頭を強打し、幼い子供をのこして死亡。

511 :名無し野電車区:2007/07/14(土) 17:39:14 ID:pBlPe33o0
>>509
ま、そういう面は確かにあるだろうな。
どっちにしても、後味は悪い。これだけは確か。

512 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:40:14 ID:TqdHM5s60
知障が被害者だと犯罪は立証されないのに
知障が目撃者として裁判で証言すると全部丸呑みで信用されて
無実の人を殺人犯にできる(甲山事件)んだね。
信用する・しないの境目はどこなんだろう?

513 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:41:21 ID:TxLJsIl00
>>507
法を犯し、そして必要十分な罰として実刑なんだろ。
「従業員を支持してたから無罪または減刑」なんてのがまかり通る筈無いじゃないか。

って、たまに居るのだよな。自分は正しい事をしているから、何やっても犯罪じゃないと思いこむ奴。
そして、しょっ引かれると、正しいことをしている自分達への弾圧だと騒ぐ。

514 :名無し野電車区:2007/07/14(土) 17:45:02 ID:pBlPe33o0
>>513
>「従業員を支持してたから無罪または減刑」なんてのがまかり通る筈無いじゃないか。

ここで言ってるのはそういうことじゃないでしょ。
「従業員を寮に入れて(家族と切り離して)何年間も暴行(性的暴行は問わないとしても)し続けてた」社長の罪と、
「車を一台、蹴っ飛ばして壊した」支持者の罪、どっちが重いですか?


515 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:49:36 ID:TxLJsIl00
>>512
基本、「証言」は「証拠」にはならないらしい。
だから、例え数百人が犯罪を見たと言っても、証拠が無ければ犯罪は無かったとされる。

信用する・しないの境目は、犯人の自白の有無じゃね?
「証言が上がってるんだ」ってガンガン責めて自白させたら、「誰それの証言通り、犯罪を認めました」って事になる。
逆に犯人が白を切り通せば、証言に証拠能力はないんで、証言は無視される。

516 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:50:53 ID:U9nhA8iU0
自分が満足できない判決が出たから被告の車をぶち壊す
などという遵法精神のない輩は厳しく処分しないと。

517 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:51:47 ID:eZqhDA3+0
普通は車蹴ったぐらいで実刑くらわないのは、
物損程度だと示談が成立し、被害者が告訴を取り下げたりするから。
通常ならば相手ブチ込むより弁償させた方がいいからね。

でもこのケースだと糞社長は「金より告訴」となるだろうから、
必然的に実刑になってしまう。

裁判中なのに私的制裁やったとみられると裁判官の心証も悪くなるしな。
裁判所を信じません宣言したかのように解釈されて。

結論:敵の所有物には手を出さないのが吉

518 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:52:47 ID:glg485840
>>514
なんで、社長の罪と支持者の罪を比べてるんだよw
どっちも公平に裁いた。いい裁判官じゃねーか。

519 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 17:53:35 ID:BTC+lWhL0
むしろ
「車蹴って壊すってスト2かよ!」
と思う自分は負け組み。

520 :名無し野電車区:2007/07/14(土) 18:20:01 ID:pBlPe33o0
>>518
いや、そもそも担当判事違うし。
刑事の事実認定だけ見ても、社長のやったことは監禁致傷だよ。
民事の事実認定も見ると、これに強姦致傷も加わるわけだ。

器物損壊と監禁致傷、それに強姦致傷の法定刑を確認してみな。

521 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 18:38:23 ID:hHxCjrv70
>>520
刑事でも強姦で裁かれたのか?

それに判決に不服で暴れたら司法に喧嘩売るようなものだろ
確信犯と故意犯じゃ司法が重罰を与えてもしゃーないな



522 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 18:46:14 ID:glg485840
レスした俺も悪いけど、もーやめよーぜ。後味悪いのは確かだけど、あんま
法律関係に踏み込むとスレ違いだし。

523 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 18:52:22 ID:NBr1VIwO0
刑事で無罪になったのに民事で賠償命令の出た痴漢冤罪事件もあったな

524 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 18:56:36 ID:enFqdVmk0
冤罪ってのはやなもんだね。

525 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 19:00:40 ID:QETijGhL0
>>518
立証できなきゃ犯罪とはならないわけだ。
冤罪が問題になってるけど
この問題みたいに証拠がちゃんとあがってなくても
証言あるよ、みんな知ってるよ、有罪だよ!って
そんなノリで裁判官が判決きめちゃ人権もへったくれもないよ。
このスレのバカども見てると裁判員制度が怖くて怖くてしゃーないよ

526 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 19:01:39 ID:QETijGhL0
すまん。>>520だな。
まぁいいか

527 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 19:20:43 ID:NBr1VIwO0
http://vista.crap.jp/img/vi8440833262.jpg
がっかりだ

528 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 19:39:45 ID:amuddpGVO
昨日、新聞で見たのだが。
ドイツの裁判員(ドイツって参審員制度だったよね?)に選ばれた男性が、
裁判に関わるなんて真っ平だ!
と思い、担当の裁判官に
「私は嘘つきなので裁判員はできません」
と言ったそうだ。
で、その裁判官が、
「ではそれ(その男性が嘘つきだということ)も嘘ですか?」
と問い詰めると、
裁判員になるのを断りたくて嘘をついたことを認めたという。
この男性は偽証罪に問われる可能性があるという。

529 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 19:46:36 ID:AK3nEsfj0
後味悪くない

530 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 19:58:07 ID:pIWUM1P40
なにそのコント

531 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 20:00:10 ID:na5F/fRX0
なんて正直者なんだ
感動した

532 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 20:29:14 ID:enFqdVmk0
↓以下、論理学者の反論。

533 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 20:36:32 ID:Ct06qFwqO
自己言及のパラドックス体言おめ
って感じだなw

あるクレタ人が言った。
「クレタ人は嘘つきだ」
さて、これは嘘か真実か。

534 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 20:57:39 ID:eZqhDA3+0
ツマンネ

535 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:01:23 ID:tcP+I/pa0
変なタイミングでごめんね

俺がまだ中学生だった時(といっても数年前だが)の話
中三の冬のこと、帰り道で仲のいい友達と歩きながら馬鹿話をしてて、
(うちの学校は冬は自転車が禁止、その日は雪も降っておらず暖かかった)
腰の曲がったばあさんが前から来たもんで、俺達は道路側に避けた。
しゃべりながらの無意識な行動だったんだが、
そのばあさんはゆっくりと「ありがとねー」と言ってくれた。
最初は何に感謝したのか分からず、友達と「?」と言う感じだったが、
一応は↑のようなことだろうか、となった。
その日はそのまま帰って寝た。

次の日、ニュースを見た。昨日の帰り道の近くで死亡事故だそうだ。
「あぶねーな」とかそんな風にしか見ていなかったが、事故現場が映り驚いた。
昨日のばーさんが押していたもの(よくばーさん達が押してる乳母車みたいの)と
同じ色、形の物が転がっていた。

悪い事をしてしまったような気がして、今でも思い出す。

536 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:01:42 ID:RYI4FsN+O
スマンネ

537 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:13:18 ID:TxLJsIl00
つまり>>535は、前からやって来た婆さんに立ちふさがり、

俺(535)「ぶわははは! ばばぁ、ここは通れねぇぜぇ!」
友人「通行料を払いなぁ!!」
婆さん「ひぃええええ」
俺(535)「逃げたぞ、追ええええ!」
友人「ぶるわぁ! 殺すぞぉ!」
婆さん「なまんだぶ、なまんだぶ」

何て事をしていれば、「ああ、俺達は婆さんを交通事故から救ったんだ」と、今も後味スッキリでいられたわけか。

538 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:14:47 ID:q846c4db0
606 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/07/08(日) 21:23:15 ID:R0Ql7oYi0
中学入ってすぐの頃、クラスのリーダー格に声をかけられた
「お前はもっと輝く必要があるよな。なあ輝けよお前」
なんだかよく分からないが特に反対する理由もないので
「そうだね」と答えた
リーダー格男は「よし!」とばかりの笑みを浮かべ
クラスの輪の中に消えていった

その日からそいつの友達が
「輝け!」「シャイニングだ!」
「シャイン!」だの声をかけてくるようになった。
やがてその奇妙な習慣はクラス中に広がり
俺はクラスの皆に輝け輝け言われるようになった。
それまで引っ込み思案で
友人も少なかった俺は照れくさくも嬉しかった。

ついに学級会で「○○君は輝いたほうがいいと思います」
というネタ半分議案が出され
そして全員賛成で可決されるにまでなった。
担任は「まあ、お前がいいんならいいんじゃないの」と、
はにかんだように笑っていた
この先生は孤立気味だった俺のことをずっと気にかけてくれていたんだ。
そしてクラスの皆がそれに答えた。
なんてやさしいクラスだろう。なんていいクラスだろう。


539 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:15:37 ID:q846c4db0
607 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/07/08(日) 21:23:58 ID:R0Ql7oYi0
俺の持ち物にはシャーペンの一本にまで皆が「輝け」と書いてくれた
書道で書いた書初めには、クラスで一番可愛い女子が家からわざわざ筆ペンを持ってきて
俺の名前の上にハートマークとともに「シャイニング!」と書いてくれた。
その習慣は三年間で学年中に広がり、三年の頃には見知らぬ下級生までもが
「あ、輝いてる人だ」などと指差してくるようになった。

そして青春の日々はあっという間に終わり、 俺は卒業式の今日、家に帰って卒業アルバムを見ている。
懐かしく思い出す青春の日々、輝いていた思い出。
かけがえのない仲間たちによる寄せ書きコーナー。
そこには三年間付き合った、いつもの文字が、一人ひとりの筆跡で並んでいる。

「Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine!
Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! Shine! しね!」

540 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:24:46 ID:tcP+I/pa0
うわああああああああぁぁぁ

541 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:24:46 ID:j4LsnTix0
バーロー自重

542 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 22:15:29 ID:uWV/sNu10
>535 の意味がよくわからない
その時535が何かしてれば防げた事故なの?

543 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 22:17:57 ID:j4LsnTix0
こんな些細な事にも心を痛められる俺テラヤサシス…と悦に浸っているんだろう

マジレスするとついさっきまで身近で生きていた人があっさりと死んでしまう事が
悲しく、後味悪かったんじゃないか
「悪い事をした」ってのが理解できんが

544 :535:2007/07/14(土) 22:36:02 ID:tcP+I/pa0
>>543
文章の書き方が変でスマソ
「余計なことをしたような気がする」って感じかなぁ
俺の行動がどうであろうとあんまり変わらなかったとは思うが…

545 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 22:39:16 ID:loGZmOr30
多少でも関わってしまったのを後悔しているという意味か?

546 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 22:40:22 ID:I+Q8bSnz0
ハッキリと道を譲らなければ、お婆さんは何十秒か立ち止まったかもしれない。
その何十秒のズレにより、事故にあわずに済んだかもしれない。
ってことだろ、どー考えても。

547 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 22:41:57 ID:BdCpkcOi0
そんなもん、どうやったって変わりゃしねえよ。

548 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 22:48:23 ID:j4LsnTix0
きみら、全くの他人がたまたま同じ物を持っていたとは考えないのか

549 :535:2007/07/14(土) 22:50:07 ID:tcP+I/pa0
!!!!

550 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 22:52:05 ID:BdCpkcOi0
いや、その可能性は当然考えた上で、あの人だったらいやだなあ、という話じゃねえの?
って書き込もうとしたら、そんなこと思いもしなかったのかよ!w

551 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 02:40:18 ID:bXpMxw/z0
ただの構ってちゃんでした。

552 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 03:19:39 ID:dEWhGwqj0
お婆さんより犯罪者が多い肉体労働者が市ね

553 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 03:29:54 ID:D7PfRWTc0
釣りだと思うが、現場で働いてくれる肉体労働者が居なくなったら
この世は終わりだぞ

554 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 03:55:43 ID:9MuRp21KO
犯罪者が死ね

555 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 04:14:31 ID:D7PfRWTc0
>>554
同意

556 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 04:30:14 ID:vikfZ3Tk0
>>525
要するに「監禁・暴行致傷」と「器物損壊」の罪の大小じゃなくて
その罪が法廷で立証されたかどうか ってことなんだよな 単純に
証言だけじゃそりゃ証拠にはならんだろ
なったら怖いわ 人を陥れ放題w

感情的に納得できないのはわかるが それが法治国家なんだからしょうがない
まあ、このスレにふさわしい話題ではあるけど

どうでもいいが今「致傷」て打とうとして
やっと何でアレな人のことを「池沼」て言うのかが分かったw
遅いよ俺

557 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 05:15:30 ID:Bq0cdNi60
車に対する器物損壊で実刑なんて
本人が弁当持ちやマルボー関係じゃない限り殆どありえないんだけど
前科者か、放火して破壊したんじゃないの?
(器物損壊でも破壊手段に火を使うと放火と見なされ重くなる場合がある)
法律関係の仕事してるけど、あまりにも嘘臭い
まあ脚色入ってるか不利な事実関係隠してんだろうけど
ぶっちゃけいくら相手が悪かろうがブチ切れて車破壊する人も同列とは言わないまでもウ●コ並

558 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 05:18:30 ID:tfr8Wnl+0
この流れヤメレ

559 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 05:45:38 ID:62vNycaKO
前スレの終盤辺りからヘンになったなあ

560 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 07:03:16 ID:1GtbMZ4b0
アメリカで、看護婦が医者に対してなんらかの僻みを持って、
精神病患者を示唆して医者に性的いたずらをされたと訴えさせた例があった。
医者は社会的に破滅し、無罪が証明された後はもう更正できず、
アル中だかになって死んだ筈。
民事裁判でこの看護婦に損害賠償をおこして勝ったけれど、
看護婦は破産宣告をして一銭も払っていない。
この看護婦がなんか太ってていや〜な感じのオバサン。



561 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 11:07:48 ID:LnzzuXd/0
>>537
漫☆画太郎の漫画みたいだw

562 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 13:52:34 ID:PpjC5BSWO
乙一の暗黒童話の中の話がアトアジワルカタ
自分はうるだから詳細かけないスマソorz

563 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 14:05:07 ID:NWq7ggCT0
>>528
結局うそつきってことじゃん!

564 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 14:06:29 ID:XtBGDxSa0
>>562
それは読んだこと無いけど、同じ作者の本「ZOO」とか後味悪過ぎだ…
牢獄につかまった姉弟の話が特に

乙一の本はすっきりしてるほうが珍しいな。

565 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 14:07:25 ID:+tLIwklDO
うろ覚えなのに後味悪いのは覚えてるのか
どっちにしろ、あらすじ書けないクセにネタ振りするヤツってなんなの?

566 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 14:43:42 ID:qGkGnvvoO
それが所謂馬鹿ってやつなんだろ

567 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 14:48:48 ID:LqIX+Q5MO
最近彼女がレイプされることを考えて鬱になる
妊娠したらどうしようとか俺以外の男にヤられるのかとか…
ふー

568 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 14:56:07 ID:B7hsMaP20
>>567
安心しろ
とっくにやられてるさ
もちろんレイプじゃない

569 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 14:57:24 ID:LqIX+Q5MO
あ?

570 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 15:11:39 ID:9MuRp21KO
お前程度で満足できてる筈ないだろ

571 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 15:17:46 ID:f/Himp8bO
>>564姉弟のはヤバいね。
タイトル7roomだっけ?
拉致みたいな感じで、牢獄みたいな所に姉弟が閉じ込められて、
隣の部屋から肉片やら髪の毛やらが流れてくるってやつだよね?
あれは後味悪かった。

572 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 15:19:45 ID:XtBGDxSa0
>>571
ラストのお姉ちゃんカワイソス…

573 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 15:37:24 ID:nzoJO4lD0
>>567
安心しろお前の彼女はお前の父親とすでにやっている

574 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 15:37:59 ID:OfDK0Ihk0
ちゃんとあらすじ紹介しておくれよ

575 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 15:53:11 ID:OBi9A10c0
>乙一の暗黒童話の中の話

自分もうろだがだいたいこんな感じ。

カラスが目の見えない女の子に恋をして、
女の子の為に他の人間から眼球を奪って女の子に毎日貢ぐ。
女の子はカラスからもらった眼球をはめると、
その目の持ち主が見ていたものが見えるようになり、
(このへんの理屈がわからん。なんで
ふつうに目が見えるようにならんのだ?)
いろんな人生を体験できてとても喜ぶ。
毎日貢いでたってことは、人から奪った眼球は1日しかもたないって
ことなんだろうけど、
そのうち街では、人の眼球を奪うカラスの噂がひろまり
人々の警戒が厳重になったために容易に眼球を奪えなくなる。
しかたないのでカラスは墓場の死体から眼球を奪い、
女の子に貢ぐ。
しかし、その眼球をはめた女の子は恐ろしい悲鳴をあげ、
苦しみ抜いた挙げ句に死んでしまう。
その死体は残忍な殺人事件の被害者で、
女の子が見たのは被害者の悲惨な体験だったのだ。

みたいな話。

つまらんよね。

576 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 16:31:36 ID:3EmZCOQ4O
(´;ω;`)ブワッ

577 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 16:42:22 ID:QS2KK/qP0
>>575
十分後味悪いんですけど…。怖えー。

578 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 16:46:45 ID:WCI5wB/v0
レスの中に
うる覚え、とか永遠と、なんて言葉が入ってると
内容関係なくモヤモヤしちゃって後味悪い。
いちいち突っ込んでも他からけなされるし。

579 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 16:47:01 ID:3DZuM0XI0
>>575
後味どころか全体的に怖いがなwww

580 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 16:59:14 ID:OBi9A10c0
>>579
暗黒童話っつーくらいですからねえ。

581 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:15:05 ID:dGgg0V8FO
乙一のseven rooms(?)↓

ある日姉弟が誘拐され、気がつくと狭い部屋に閉じこめられていた。
その部屋には排水溝のような狭い溝があり、弟はまだ小さかったのでそこを行き来して情報収集する事にする。
すると姉弟のいる部屋以外にも6つ部屋が続いている事が分かる。
他の部屋には女が1人ずつ。
女は半狂乱で毎晩6時に排水溝から人間の肉片が流れてくると言う。
半信半疑の姉弟だったが、その日の午後6時、確かに排水溝から人間のあらゆる部分が流れてくるのを目撃する。
そしてその肉片は自分たちより前に連れてこられた者だと推測し、殺されてゆく規則性を発見する。
1日に1人ずつ、この計算でいくと姉弟が殺されるのは6日後。
その期間、弟は何度も部屋を行き来し、情報収集をする。
仲良くなった女もいたが、結局その女を助ける事は出来ず、両親への手紙を預かる。
「外へ出られたら、この手紙を両親に届けてね」
そう言い残して、彼女もまた肉片となる。



582 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:24:45 ID:dGgg0V8FO
そしていよいよ姉弟が殺される日。
犯人はゆっくりと閉ざされていたドアをあけて姉弟に近付く。
犯人の手にはチェンソーが握られている。
姉弟は出来るだけドアから離れ、部屋の隅っこで身構える。
姉は弟を背に庇い、「弟には指一本触れさせない!!!」と叫ぶ。
そして姉の手にチェーンソーがぶつかった瞬間、反対側の排水溝に隠れていた弟は一瞬の隙をついて逃げ出し、姉と犯人を残してドアに鍵をかける。
実は姉が庇っていた弟は情報収集の際に皆から集めた衣類で作ったニセモノだったのだ。
部屋からは姉の勝ち誇ったような高笑いと、犯人がドアをチェーンソーで削る音がきこえる。
しかしドアは削れることはない。
きっとこんな事をしたのだから、姉は今までにない残忍なやり方で殺されるだろう。
でもこれが、姉の考えた作戦だったのだ。
弟は他の部屋の鍵を外し、皆と一緒にあの女の手紙をもって外界へ向かう。
腕時計は水に浸かった時に止まっていた。

583 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:33:00 ID:dGgg0V8FO
分かりにくかったらごめんね

584 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:35:52 ID:DLOrekzr0
乙一カキコのみなさま、乙。

乙一君が出ないのはまだマイナーだからかな、と思っていた。

585 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:45:18 ID:LqIX+Q5MO
姉はなんで笑ってんの?

586 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:45:48 ID:WeRzClrB0
本屋に平積みされててマイナーはねーだろ。
どうでも良いが。

587 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:48:16 ID:QS2KK/qP0
>>581
乙、分かりやすかったよ。

>>585
見事はめてやったぜざまあみろって感じで笑ってるんじゃない?

588 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:51:53 ID:44GF7aITO
>>582
服で作った偽物の弟を姉の後ろにおいておとりにして姉がいる部屋の奥まで犯人をおびきよせ
排水溝に隠れていた弟がその隙に急いで脱出し姉と犯人を閉じ込め他の人を助け出す
姉は勝ち誇ったからか高笑いする
って感じの文いれないとわかりずらいぜ

589 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:52:07 ID:lkojjQpg0
なんでそんな場所でその男は女殺してたの
どうやってそんなに大量にさらってこれたの

590 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:52:50 ID:OOcgrZkeO
>>585弟から男の気をそらして出し抜くことに成功したから…だと思います

乙一、自分も好きでファンタジー以外の作品は読んでます。
携帯からすいません。

591 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:53:44 ID:44GF7aITO
>>588
書いてあったぜ…何やってんだ俺…
スマソ

592 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:54:21 ID:44GF7aITO
>>588
書いてあったぜ…何やってんだ俺…
スマソ

593 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:55:04 ID:k1UMmeX9O
腕時計の意味がワカラン。

594 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 17:59:49 ID:QS2KK/qP0
>>589
その辺謎なんだよね。話も短かったし。

595 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 18:01:49 ID:b4J9P5jb0
タイトル忘れたけど、昔読んだ児童小説。
------------------------------------
主人公はとある交差点の赤信号。
他の信号機に指示を出す、信号機の中でも特にえらくて尊敬されるやつらしい。
(司令機みたいな?)
ある時、そんな赤信号が少女に恋をする。

赤信号は、交差点から見えるブティックに飾ってあるドレスを少女にプレゼントしようと
カラスに借金を申し込む。
しかしカラスは、あれは大人向けのドレスだ、小学生の女の子が貰って喜ぶわけがない、
そもそも信号機が人間の女の子に恋をしたって不毛なだけだと
冷静に突っ込む。
落ち込む赤信号。

立ち直った主人公の赤信号は、彼女のために自分にできる事をしようと、
彼女が交差点に近づくと無理やり信号を青に変えるようになった。(職権乱用…)
周りの信号機仲間や例のカラスは諌めるが、「それでも彼女が好きだから」と
赤信号はやめようとしない。
やがて町の人から「あそこの信号機がおかしい」と苦情が出るようになり、
交通課の職員だかが様子を見に来る。「せめて今だけは自重を」とはらはらする周囲。
その時、例の女の子が通りかかり、結局赤信号は彼女のために信号を変えてしまう。
「ああ、確かに壊れてますね」と交通課の職員は赤信号を撤去していく。
-------------------------------------
今考えると主人公の自業自得だが、子供の頃はあまりの空回りっぷりに
「何て切ないんだ…」と思っていた。
例の彼女が運ばれていく信号機に「ありがとう」と呟くのがせめてもの救いか。

596 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 18:03:12 ID:OOcgrZkeO
>>593腕時計は姉が男と闘っているときに弟は排水溝に居ました
そのとき水に浸かってしまって停まったんじゃないかと
だからいつもみんなが襲われて、姉が襲われた時間で時を止めた…という感じでしょうか
わかりにくかったらごめんなさい

597 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 18:16:08 ID:dGgg0V8FO
補足ありがとう。
姉が高笑いしたのは、逆らうのは絶対不可能だと思われていた犯人に弟と2人で協力して逆らえたから。
そこの世界での「絶対」を覆すことが出来たから、
ざまあみろって感じで笑ったんだと思います。
腕時計自体は深く関係ありませんが、姉が閉じ込められた時間で止まるって悲しいな、と思って腕時計部分も書きました。
>>596で合ってると思います。

598 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 18:19:28 ID:NQz34V4b0
>>596
なるほど、姉弟はスタンド使いだったのか。
もやもやがすっきりしたよ。サンキュ

599 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 18:43:17 ID:LqIX+Q5MO
でも姉自信は殺されるんだしょ?

600 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 18:45:11 ID:b4J9P5jb0
それなんて山椒大夫?

601 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 19:21:41 ID:lkojjQpg0
乙一ってホラーであってミステリーじゃないよな。
本屋でミステリ作家の場所に置かれてるのが、なんかむかつく。
この作者5W1HのWHY、っつうか動機とか全然書けないし。
デビュー作のジャンプ原作大賞からしてそうなのに、
ミステリー短編の傑作とか言われてて、読んで「何これ」と思ったよ
犯人がなぜそんなことしたんだとか全然ない。
全部世にも奇妙な物語。

602 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 19:32:48 ID:9nKMrO3bO
>>594
謎もなにも、乙一だよ。
後味悪い話を書くためだけに考えなしに設定したんでしょ。

603 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 20:11:57 ID:Rsw+6ZN10
>>601
「夏と花火と私の死体」か。

いちおあらすじ。
夏休みのある日、親友(A)と木登りして遊んでいた主人公は、
「Aの(B)が好き」と告白した途端にAに突き落とされ、死んでしまう。
(AもBのことが好きなんだけど実の妹なんで、
 他人の主人公が告白したらBを取られちゃうとかそういう感じの理由)
主人公の死体を前におろおろしているAに、
ちょうどやってきたBはあっさりと「死体を隠してしまえば、
 近隣で起きている小学生行方不明事件ということでごまかせるさ」と言い放つ。

で、最初は山の中の側溝に隠すけど山狩りで発見されかけたので
兄弟の家の押入れに隠す。
そこでも母親やいとこのお姉ちゃん(C)に見つかりかけたのでまた別の場所に隠す。
そういうことを繰り返しているうちに、結局Cに見つかる。

実は「近隣で起こっていた小学生行方不明事件」の犯人だったC。
いとこたちをかばうため、自分のとっておきの隠し場所に主人公の死体を隠してあげる。
Cの職場の冷凍庫の奥、行方不明になった小学生たちの死体といっしょに
主人公の死体はいつまでも時をすごすのでした…

604 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 20:14:13 ID:Rsw+6ZN10
sage忘れすまない…

で、この話の後味悪いポイントって
「お前らの一族は全員そんなんかい!」ってところだからな。

一番小さいAも「他人を傷つけること」に嫌悪感ないし、
Bは自分の利益(怒られなきゃいいや)とかしか考えてないし、
Cに至ってはショタで殺人者で
このあとはBとできちゃうんだろうなーって描写もあったし。

605 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 20:24:02 ID:II7RUBnb0
精神分析によって封印されていた過去の記憶を「ほりかえした」ように見えて、
実はありもしない記憶が「捏造」されただけであるケースが複数ある事が指摘
されている。たとえば、女性の患者が精神分析に父親からの性的虐待を「思い
出した」為父親を訴えたものの、実際には虐待の証拠は発見されず父親が勝訴
するという例が複数存在する。

精神科医にしてフェミニストのジュディス・L・ハーマンはこの種の記憶捏造の
原因になったとしてたびたび訴えられた。彼女は、患者自身が疾患の原因として
「仕事がつらい」、「妻とうまくいかない」などといったものを挙げていたとし
ても、疾患の原因は幼児期に両親から性的虐待を受けた事であると断定した。

もちろん性的虐待の覚えなど無い患者はそれを否定するのだが、ハーマンらから
「それは記憶を封印しているだけ」、「思い出さねば治らない」といった言葉を聞
くうちに虐待の記憶を「思い出し」、両親を告発する事になる。結果的にこういっ
た虚偽記憶に基づく訴訟が表に出た事でそういった治療が正しいのかと反発を受け、
回復記憶療法は2000年ごろまでに完全に停止された。この結果、フロイトの提唱した
抑圧された記憶の考えは、完全否定はされなかったものの非常に疑わしくなった。



606 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 20:24:31 ID:iPqzxzEo0
だれか、「だからドロシー帰っておいで」をまとめてくれんか。
なかなかこのスレ向きだと思ったんでまとめてたんだけど、
妄想編だけで4レス、現実編で2レスくらい使いそうで挫折した。
しかも、あの作品の後味の悪さと同時に感じる、
途方もないファンタジー感をうまく伝えられそうになかった。

607 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 20:27:17 ID:Ebe+s2YxO
兄貴Aで妹Bだと思ってたら
兄貴Bで妹Aなのか
どっちとでも採れるような文は主語入れてほしいぜ 
でも粗筋乙

608 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 20:30:00 ID:Ui4U40ay0
>>606
すでに何度か出た。
まとめの過去ログ漁れ。

609 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 20:35:05 ID:iPqzxzEo0
>>608
おお、ほんとだ。ありがとう。

610 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 21:05:48 ID:DLOrekzr0
>>586 この「スレ的にはマイナー」ってことで書いた。どうでも良いが。

今、ZOOが手元にないのでわからないのだが、腕時計誰かにもらったものじゃなかったっけ?
この記憶のあいまいさが後味悪い。あと2日悶々とするのか・・・。

>>601 よろしければ2作目の学園モノ読んでみてください。

611 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 21:53:35 ID:HYth9xId0
みんな、後味悪い話よく知ってるよね。
自分は、一回紹介したら、わかりにくいと批判されまくり
それ以降は、後味悪い話見つけても紹介はできない。

612 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 22:03:33 ID:XfKwMYF1O
>>611
あらすじまとめるのって難しいよな。
どんまい。

613 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 22:22:21 ID:l0bAb7690
>>610
少年少女が「死体などの黒い事に惹かれる僕らはゴスと呼ばれる異常人種だ」と語り合ったりする、
全編にわたって叙述トリックしか使われない作品を指してるのかな。


614 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 22:38:24 ID:hQIiF4/W0
>>611
批判されまくられたというなら、あなたの日本語能力が低いということなのだから、
きちんと国語の勉強をしなさい。
こんなところで愚痴を言っていても上達はしませんよ。

615 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 22:41:58 ID:6KjhwiMp0
>>603
「Aの(B)が好き」ってのがよくわかんないけど、
A=一番年下の女の子、Bの実妹
B=ショタ、Bの実兄
C=ABの従姉妹のお姉ちゃん、ショタコン
主人公=死体
ってことでおk?


616 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 22:43:01 ID:tM2mk0FA0
>>614
読んで愚痴だとわかったんなら少しは上達を認めてやれよ

617 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 22:50:06 ID:Dcj056FjO
童謡?ですがチコタンて歌

関西弁の男の子が主人公でチコタンという女の子に恋をする
主人公は魚屋の息子でチコタンは魚嫌い
でもチコタンはエビやカニは好きらしいので魚屋ではエビやカニを売ることを決意する
ここまでは明るい曲なんだけどこのあとダンプにひかれてチコタンが死ぬ
チコタン死んだダンプにひかれてチコタン死んだ黄色い旗握ってチコタン死んだ
って歌詞が暗い曲とともに歌われる

この歌知ってる方いませんか?内容が実話っぽいんですよね
前半の明るさをぶちこわすチコタンの死がなんとも後味が…

618 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 23:04:12 ID:g1ON82xF0
>>617
知ってるですよ。
っていうか関西圏では有名みたいです。
『チコタン』で検索すると色々面白い記事が読めやがるでっす。

619 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 23:33:35 ID:Dcj056FjO
>618
調べてみました
結構古い上に有名みたいですね
歌詞見てやっぱり鳥肌たちました
情報ありがとうございました

620 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 23:50:19 ID:nzoJO4lD0
重く考えないで下さいね。
それ以上でもそれ以下もない、そういう関係がお互いにベストですよね。

ちょっと前までは飯島直子に似ているなどと言われていました。
これで少しは想像してください。
ここから参加してお話しましょう。

多少の気持ちとしてプレゼント用意してますから。 
それとも¥のほうがいいでんでしょうか?

とりあえず、今日の夜はログインしてると思います。


なんで飯島直子なんだ!!

621 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 23:52:40 ID:6GWvYvbqO
>>615
思ったけど従姉妹の姉ちゃんって結局従姉妹だよな。

622 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 23:56:42 ID:Fg3AoY3s0
>>615
「Aちゃんのお兄ちゃん(B)が好き」ってこと

623 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 00:58:21 ID:xoycSjQR0
鋼の錬金術師の外伝

この漫画の世界で使われる錬金術とは、一から十を産み出す事はできないが、一の物から同じ質量の違う物を作り出せるという術。
主人公のエルリック兄弟は死んだ母を蘇らせるために、
成人女性の体を構成するのと同じだけの成分(鉄分とか)を集めて錬金術を使うが、
肉体の分はどうにかできても魂とかの分は足りなかったようで術に失敗。
錬金術に使う練成陣というものに兄は片腕を吸いこまれ、弟は全身を失ってしまう。
兄は弟の魂を錬金術で再生して鎧の人形に定着させ、そのために更に片足を失う。
兄は鋼の義手と義足をつけた事から鋼の錬金術師と呼ばれるようになり、兄弟で元の体になる方法を模索するようになる。

で、外伝では兄弟が「錬金術で人を生き返らせた」という噂を持つ他の錬金術師を訪ねる所からはじまる。
その錬金術師は術にこそ成功したが、やはり人体をつくるには何らかの犠牲が強いられるらしく、
眼球を失い盲人となっていた。盲人が生き返らせたのは、盲人が住み込んでいる家の一人娘。
盲人にとって娘もその母である婦人も家族同然なので、自分の目ぐらいで娘が生き返るならお安い御用といった感じ。

兄弟は娘の遊び相手をしていたところ、弟の鎧の中が空っぽである事を知られてしまう。
娘は少しは驚いた様子だったが「もっとすごいモノを知っているから」とわりと落ちついた様子。
そして兄弟は娘に連れられるまま秘密の部屋へ行った。
そこには可愛らしい洋服を着せられてはいるものの、ミイラにしか見えないモノがあった。
それこそが、盲人が光と引き換えによみがえらせた娘だった。
今兄弟たちの傍にいる娘は、声や背格好が似ているからと引き取られた養女だった。
婦人は、眼球を失い苦しみもがきながらも娘が蘇ったか、ただそれだけを心配する盲人に
失敗しただなどとは言えず、その事を信じさせるために養女を拾ってきたのだった。

娘らしき物体はたまに震えるだけで何の意志も示さず、娘本人なのかただの異形の物体かすらもわからない。
弟は励ますために「きっと本当に娘さんだよ」と言い、
養女は「そうだよ だから私は本当にこの家の娘になるわけにはいかない」と寂しげに笑った。

家を去る兄弟。「みんな良い人だった」との弟の言葉に
「でもみんな救われない」と兄はつぶやいた

624 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 01:27:38 ID:+i9ydUoF0
>>610 時計は姉の形見。今確かめた。

625 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 01:49:07 ID:4LSaeZiGO
俺なんかさ
よし上手くまとめられたかな、と思って話書いたつもりが

つまんねーだの、意味わかんねーから載せんな下手くそ携帯虫だのと言われ
スルーなんか当たり前。罵倒=褒められてる
と、一生懸命書き込みしてますよ!
えぇ、えぇMですよ。快感ですよ




626 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:02:19 ID:WdJBLbEd0
>>623
この漫画お子チャ魔向けかと思ってたけど
すごいダークだよね・・・
娘を飼い犬と合成しちゃう話とか

627 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:05:16 ID:/IG1uU720
こんな漫画あるんだ。読んでみようかな。

628 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:10:18 ID:fwkWA5lI0
原作はまだ続いてるけど、見るなら(劇場版除く)アニメ版をお勧めする

629 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:13:56 ID:jFHNGcQI0
>娘を飼い犬と合成しちゃう話
kwsk

630 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:17:22 ID:THBMXPLX0
子供の頃好きでよく見ていた「忍風カムイ外伝」のオープニングと
エンディングをYoutubeで見つけて、My Favoriteに入れていた。
しかし、それらはいつの間にか削除されていた。
あきらめきれず、他にアップされていないかと検索したら、
出てきたのがこれだ。
http://www.youtube.com/watch?v=V2rHjDJ9EnY
何なんだこの音楽…
こんな風に外国で流されていたのかと思うと、後味わろし


631 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:21:49 ID:H+8dda0JO
>>617
チコタン懐かしいなぁ。小学校の音楽会で合唱した。

632 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:28:00 ID:Znnh+xic0
「無敵の忍者カムイ」! 脳天気だなあw
イタリアでは日本のアニメよくやってるみたいで、ローマ行ったときテレビで何か放映してるの見た

633 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:28:43 ID:MckU+0fv0
>>630
案外カコイイじゃないか

634 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:28:48 ID:UERKHb9hO
似たようなので交通死亡事故を起こした親を責める子供の歌とかあったよな

635 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:35:13 ID:jFHNGcQI0
歌ネタで思い出したがゆうきすいぎんも凄まじい。
簡単に説明するとある一家に生まれた赤ん坊が水俣病発症して死んで、
家族までも発症する様をその家の婆ちゃんの語りを歌にしたもの。

くわしくは
ttp://www.geocities.jp/mizuno_tkm/cdnhokasyuriogi.html

636 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:40:15 ID:BA2xdErg0
>>629
鋼の錬金術師って漫画の世界には、国家錬金術師って地位がある。
国家錬金術師は有能で実績ある錬金術師に与えられる地位。
多額の研究費が支給され、国によって身分保障される一握りのエリートだけのもの。
ただし数年に1回審査があって、一定水準の成果を出さないと資格を剥奪される。

ある国家錬金術師はしゃべる獣を作った功績があるが、スランプに陥って行き詰まっていた。
もうすぐ国の査定がある。それまでに何か成果を出さなくてはならない。
だから男は以前と同じことをした。娘と飼い犬を合成してキメラを作った。
キメラは主人公に向かって「お兄ちゃん」とつぶやき、涙を流した。
自身も卓越した錬金術師である主人公は、全てを悟る。
そいつが娘と飼い犬を合成したこと、前回しゃべる獣を作った直後に男が離婚した意味も。
主人公は男を訴え、男は資格を剥奪されて逮捕される。
しかし合成は可能でも元に戻すことは不可能。娘は犬のまま。
終わり。

637 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:44:42 ID:jFHNGcQI0
thx。

まさしくこのスレにぴったりな話ですね。

638 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:50:24 ID:32X/4rTf0
便秘が続いてさ
思いっきりきばったら3日ぶりに便秘治っただんだけど
うんこが出ると同時に切れ痔になった!!

639 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:52:39 ID:93Zk+DoQO
嫁も合成しちゃったんだよな
あと娘はこのままじゃ不憫だってことで殺したはず


640 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:55:02 ID:iivM7q/oO
>>636

犬のままだったっけ?

それを憐れんだ第三者がそのキメラを殺した…
のではなかったか。
記憶違いならすまぬ。

641 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 02:58:00 ID:0/p3hex40
>>638
普段からアロエ飲むといいぞw

642 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 03:03:54 ID:BA2xdErg0
>>639-640
スマン、そこはまた違うエピなので省いた。

娘が殺されたのは、まあオマケみたいなもの。
鋼の錬金術師には錬金術師を憎んでる男がいる。
とくに国家錬金術師を憎んでおり、国家錬金術師を殺して回る。
そいつが前述の錬金術師の元へ赴き、殺害した後で娘を見つけて哀れんで息の根を止めた。

ちなみに殺人犯の動機も後味が悪い。
こいつは主人公の隣の国の人間なんだが、かつて主人公の国が侵略して民族大虐殺をやった。
侵略して制圧するんではなく、民族を滅ぼすための戦争だったから大人も老人も子供も根こそぎ殺された。
殺人犯の家族も殺される。
それから復讐の権化と化して、憎い錬金術師を滅ぼすために錬金術を覚え殺害を続けている。

643 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 03:09:56 ID:wT2U/XDWO
>>640
正解。
国家錬金術師を殺しまくる奴に憐れまれつつ殺された>娘合成獣(父ちゃんも)

あれ、母合成獣が話した言語は「死にたい」か「殺してくれ」なんだよね…
ひたすら救いのない話だった。

644 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 03:18:36 ID:YGTGaYL+0
そのエピソードの最初のあたりで、主人公がさらっと審査をパスしているのが
また後味悪いんだよな。>錬金術師

645 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 03:30:09 ID:Ct8X777q0
>>636
ああ、以前日曜日の夕食時に見かけて気になっていた話だ・・・。
背景も内容もわからないが、ひたすら気持ち悪かったのを覚えている。
鋼の錬金術師っていうのか〜

自分的に後味悪い話は、ガロに乗ってた新人の作品。
満員電車っていうタイトルで、
満員電車過ぎて頭がトチ狂ってしまった乗客たちが痴漢やらセクロスやらやりまくっているのを
横目でイライラ見ている「普通」の主人公。
電車が駅に着いてやっとキチガイ達から解放されたと思ったら、
なぜかホームで誰かに突き落とされて電車に轢かれそうになってるところでend

他にも、渡辺なんたらっていう(ウロ)すっげぇ絵がへたくそなんだけど、
むっちゃくちゃ不条理で後味悪い漫画描くヤツがいたけど、話忘れた。
確か覚せい剤やってるヤクザが何の罪もない子供を殺すとかそんな話。

ガロは小学生の女子が読む雑誌じゃないな。
結構トラウマになる話がいっぱいあった。

646 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 03:40:05 ID:se9T8f2O0
>>636
娘と犬の合成獣なのを見抜いた、「『錬金術師』を狙う連続殺人者"傷の男"」に、
「破壊」されるんだよ。

アニメでは、EDの後に1枚絵があった。娘と犬が寄り添って眠ってる様子。
話の内容を考えても、哀れすぎて後味悪かった。

647 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 04:03:02 ID:5DVlxL+k0
白銀の錬金術師のこのおれは合成後の物質さえ操る権限を持っているので、、、
娘と犬もとに戻してやったyひゃひゃひゃ。

648 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 04:06:39 ID:Wcj4zLrpO
>>636
オレ、その話読んだの高校の時で泣きそうになったわ。

最初はお父さんもいい人に書かれてたし、合成される前の娘と犬が主人公達と遊んだりしてたしな〜軽くトラウマだw

649 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 04:24:30 ID:h9pYJ+gT0

        / ̄ ̄ ̄\
        /        \
     /   ─   ─  ヽ
      |   (●)  (●)  | >>1さん…
     \   (__人__) __,/
     /   ` ⌒´   \
   _/((┃))______i | キュッキュッ
.. / /ヽ,,⌒)  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄(,,ノ \
/  /_________ヽ..  \
. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
.        / ̄ ̄ ̄\
.       / ─    ─ \  +
    . /  (●)  (●) ヽ
   .   |    (__人__)    |  +
.   .   \   ` ⌒´  __,/
    .   /            \     +
     .|. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄.|  トン
    _(,,)/      Y     ヽ (,,)_
 .. /. | l   o   l   o   l. |  \
 /    | ヽ、__ ,人_ __ ,ノ |   \
.. ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

650 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 06:28:03 ID:FhaaG3Y/0
得点圏打率4割の生え抜き5番打者がチャンスで代打を出されてな…
その代打がその日1軍に昇格したばかりの選手だったそうだ
で、結果が三球三振。
代打出した監督の試合後のコメントは「調子がいいと聞いていた」「ここで代打を送られないような選手になってほしい」だってさ…

651 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 06:42:25 ID:5DVlxL+k0
全知全能で戦ってるからなー

652 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 08:26:55 ID:36o48N+g0
>>628
アニメは、担当しているDが左巻きのお花畑思想で
万景峰号にも乗せて貰った事がある位北と親密なアカらしく
左方向に改悪しまくってすげー不評っぽいけど
そういう後味の悪さを味わえるという意味でオススメなんだろうか…

653 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 09:08:44 ID:UERKHb9hO
そっそれは事実なのですか

654 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 09:41:08 ID:Hky8bHnp0
土曜夕方のアニメは大体反米反体制まっかっかだよな

655 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 09:41:13 ID:/qYVXtZ40
鋼のアニメは糞じゃん
絵が小奇麗なだけ

656 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 09:42:53 ID:Hky8bHnp0
>>630
亀だが
白黒で見てたときは赤地に白だなんて思わなかったな
そりゃ見つかるだろ

657 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 10:32:44 ID:RkIWqT0Y0
>>613 いやいや、それではない。トイレの花子さん。
後味がいいので、このスレには沿わないハナシ。

>>624 どうもありがとう。今日一日すっきりです。

658 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 11:44:41 ID:JUwB60xj0
>>654
テロ推奨の種のことかー種死のことかーOOのことかー

659 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 12:13:27 ID:FIA2fm+pO
血+のことかー

660 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 12:21:26 ID:73ur5TCH0
アニメの錬金術師のやつは2クールまで面白かったが
その後はストーリーグダグタで違う意味で後味が悪かった。


661 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 12:30:59 ID:Yb29mt8N0
>>652
自分ヲタなんだけど
あれは中二病患者とかエセメンヘルみたいな人たちには異常に受けが良かったよ。
ヲタにはこのテのタイプ多いんで大人気だったww

662 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 13:16:40 ID:k1x6/cm8O
>657


トイレのタバコさん

663 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 13:44:59 ID:v18Ttchr0
漫画、アニメ、ゲームの話になると雑談厨がわいてくるのはなぜなんだぜ?

664 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 14:07:14 ID:vsuTAdjP0
>>661
腐女子の間違いだろ

665 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 14:41:24 ID:NqobY2l20
流れ切って悪いが、俺は「なつみSTEP」がすげえ後味悪かったぜ…
気になる人は検索してみてくれ(フラッシュだから簡単に出てくる)
解説はそのあと

666 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 14:47:42 ID:m7RT41hW0
なつみは解釈して欲しがりすぎてて怖がれなかった

667 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 14:54:03 ID:fuTg1Ul80
>>665
なにが解説はその後だボケ
紹介する時はきちんと紹介する時にやるんだよ
氏ね
解説ページ知ってるから貼っとく
http://f19.aaa.livedoor.jp/~takappe/natsumi-step/
http://f19.aaa.livedoor.jp/~takappe/natsumi-step/index2.html

668 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 14:56:25 ID:8u2fk1Ep0
>>667
ツンデレ乙

669 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 15:00:24 ID:JulbIvsdO
>>606の『だからドロシー帰っておいで』って、過去スレのどこにある?

670 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 15:01:16 ID:fuTg1Ul80
>>668
「◎◎怖いから。話はググってこい」とか
「××に隠された事実が後味悪い。後で解説するから最初にモノを見ろ」
っていうのがイライラするだけ
解説どころかflashそのものへのリンクもしてないし…
貼ってないから貼っただけで
ツンデレのつもりじゃないよ

671 :665:2007/07/16(月) 15:19:02 ID:NqobY2l20
>>670
ごめんね
書いてる途中で間違えて投稿しちゃったのよ…


672 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 16:44:31 ID:GtH0Vr3w0
「女の子の食卓」っていう食べ物に関しての1話完結シリーズの話より

少女は小学校から帰ると、自分の足元にまとわりついてくる猫を見ながら
「なめり節って猫の食べ物じゃないの?私も食べれるの?」と思いつめた顔で母に聞いた。

少女は仲のいい同級生たちと帰り道を歩いた。
そのうちの一人である友人は、お使いを頼まれていたからとスーパーに行った。
買ってきたのはなめり節。同級生たちはなめり節を知らず、それって何と訊ねる。
「柔らかい鰹節みたいでごはんと一緒に食べるとおいしいよ」
そう言う友人に少女は言った「えっなめり節って人間の食べ物なの?うちでは猫にあげてるよ」
何気ない疑問だったが、友人は顔を赤くしてうつむき、場の雰囲気は気まずいものになった。

母は「うちでは猫にあげてたけど人間の食べ物よ」と言って少女になめり節を食べさせた。
当たり前のように猫のエサ用の食べ物だと少女は今まで信じていたが、
味の濃いツナという感じでとても美味しかった。
無神経な事を言ってしまったと明日謝る、そういう少女に母は相槌を打たなかった。

翌日、少女は友人に謝った。友人は「別にいいよ」とあっさりした態度だった。
それからも同級生たちとの日常は変わらなかったし、誰も気づかなかったが、
友人はどこか少女に対してよそよそしくなり、避けられていると少女は気づく。
「なめり節って人間の食べ物なの?うちでは猫にあげてるよ」
そう言った瞬間に友人の中の自分は、悪いものへと変わってしまい、
もうとり返しがつかないのだと少女は思った。
謝ると言った時の母の態度を思い出す。
大人の母には、こういう事もある、こうなるだろうと予測できていたのかもしれない。

それから少女の家では、なめり節は猫だけのものではなく食卓にも出るようになった。
もしも「なめり節を好きになったのはいつか」と誰かに聞かれたら
「自分を嫌いになった日」と答えるだろうと少女は思った。


何て事のない一言が相手にクリティカルヒットしちゃう事ってあるある かといって傷つけた側は「根に持つんじゃねーよ」などと逆切れして言える立場でもなく

673 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 16:55:28 ID:v24aI4frO
>>663
この話題に限らずいつもどおりだが、、、。
君がなにかにとらわれているのではないかな

674 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 17:07:35 ID:Yb29mt8N0
昔読んだ短編。

主人公は長年連れ添った老夫婦。
爺さんはかつてメッキ工場を経営していたが今は引退している。
この爺さんひどいDQNで婆さんはさんざん迷惑をかけられてきた。
婆さんはそんな爺さんとの生活にうんざりしてなんとかしたいと思っていた。
ある日婆さんは今は使われていないメッキ工場に青酸カリの入ったビンが残されているのを見つける。
婆さんは「これで爺さんとおさらばできる」と一服盛ることに。

食後の一服の飲み物に青酸を入れ成り行きを見守る婆さん。
しかしそんな時に限って爺さんが妙にやさしくねぎらいの言葉をかけたりする。
いつもこんな風なら殺したりしないのに、とちょっと後悔するが止める間もなく爺さんは
毒入りジュースを飲んでしまう。

が、爺さんは死ぬどころか苦しみもせず元気なまま。
婆さんは内心パニックになりつつも
「今日の夕飯はおでんにしましょうか」などと当たり障りのない会話を続ける。

675 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 17:08:57 ID:7HOGg4tP0
なめり節…     




なまり節だろw ぐぐってワロタ輪

676 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 17:09:03 ID:Yb29mt8N0
ここから爺さん視点

爺さんは口煩い婆さんにうんざりして常々なんとかしたいと思っていた。
ある日とうとう我慢の限界を越えた爺さんは廃工場に向かった。
1本だけ青酸カリのビンが残してあるのだ。
青酸を持って家に戻った爺さん、食後の一服時に婆さんの飲み物に投入成功。

が、婆さんは苦しみもせずぴんぴんしてて今日の夕飯の献立など聞いてくる。
爺さん内心パニックになりつつも平静を装い
「うん、おでんはいいな」などと返したりする。

青酸カリは空気に触れると無害化してしまう薬物で
何年も廃工場に放置されていた青酸カリはとっくに効力を失って無害な粉と化していた。
それに気付かない二人は互いに何も知らない振りをして
腹の探り合いのような会話を続けるのだった。
おそらくこれからもずっと…。

書いといてなんだけどあんまり後味悪くないかな?
どっちかというとブラックユーモアって感じかな…。

677 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 17:44:16 ID:YRb1wEBT0
星新一に似た様な話があったな。夫婦はお互いを殺そうとするも、強盗が侵入してきて、ごちゃごちゃになっちゃうやつ。オチは忘れた。

678 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 17:51:18 ID:uRXGOc4x0
>>672
なまり節のことだよね?
ぐぐった限りでは"なめり節"はヒットしなかったけど
方言かなー?無粋な突っ込みスマソ。

679 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 17:51:59 ID:uRXGOc4x0
>>675
かぶってスマソ輪

680 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 18:58:42 ID:xoycSjQR0
>>675
>>678
間違えただけだよ!間違えただけだよ!
この作品ではじめて知った言葉だから間違えたんだよ!
些細なツッコミに俺も傷ついた!よそよそしくなってやる!

681 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 19:02:36 ID:C8l+snvQ0
>>680
 ∧_∧
( ;´∀`) もえた
人 Y /
( ヽ し
(_)_)


682 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 19:11:54 ID:v18Ttchr0
宮崎土産でなま節に似たのがあるよね。
最初からしょうゆ味ついてるやつ。
あれものすごくうまいんだよなぁ。

683 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 19:13:55 ID:9J9aZVIsO
>>680
私は何も書き込まなかった
はじめから こうなることが わかっていたのだ

684 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 19:31:38 ID:+PpvqvWi0
>>672
面白かったよ。小学校低学年時代の出来事を思い出した。

集団登下校で、家が近所の子と一緒に帰ってたんだが、とある日のこと、今まで一緒に帰っていた子が
先に帰っちゃったんだよね。
(急いでたのかなー)と呑気に思っていたら、もう一人同じクラスの子(この子は同じ下校班ではない)がやって来た。
「あのさ、○○ちゃんはもう××(=自分)と一緒には帰らないって」
びっくりして「何で?」と訊いた。するとその子が言うには、
「××が、○○ちゃんの家をけなしたからだって言ってたよ」……

あれから、何度も思い起こしてみるのだが、○○ちゃんの家が一体どんな建物だったのかすら思い出せない。
当然、自分がそれを評して何と言ったのかも判らない。
せめて、自分の言葉の何がどう失礼だったのか知りたかったが、訊ねるのも気が引けた。
何より、直接ではなく他人を介して宣告されたという状況に、そんな悪い事言ったのかなあ、と少なからずショックだった。

数十年経った今でも、地元に帰省して通学路のあった辺りを歩く度に思い出すよ。
それからは、言葉には殊更気を付けるようになりました。

685 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 21:08:04 ID:v24aI4frO
>>684
俺も、家に呼んだこともない奴から「お前んちは狭いだろ」とか言われたので、「お前んちと一緒にすんな」と
言い返したら、二度と話し掛けてこなくなったな。それなりな話をするクラスメートだったのだが。

自分が攻めるのはよくても、我がことになると傷つく奴もいるんだなあと学習した。

686 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 21:13:26 ID:9t/iq0C3O
>>685
それは相手の自業自得だなwwww

687 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 21:24:47 ID:HvvSMwa6O
そ〜れもまた〜人生〜♪

688 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 22:05:06 ID:bLXx37cO0
>>685
そういう人多いかも。
同じこと言い返したのに、「こんな事言われた!」って周りに被害者みたいに振舞うの。
「アンタが先にそういうこと言うからでしょ」って言っても、「人が嫌がる事言うなんて最低!」とか。

689 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 22:10:47 ID:feo1L9hs0
>>684
家そのものの事じゃなくて家業とかの事じゃないのか?
たとえば「納豆って臭くて嫌だよねー」とか言ってたらその子の家が納豆作ってたとか
まああくまでも例であって俺は納豆好きなんだけど

690 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 22:29:05 ID:YLoHybGlO
納豆なんて食いもんじゃねぇ

691 :1/2:2007/07/16(月) 22:50:09 ID:+WS6bS7M0
高校1年の頃、交換留学で海外に1年いた時の話。

ホームステイ先のM家は、子供がロースクールや就職の為に家を出ていたので
60才過ぎの夫婦だけだったが、最初は3人仲良く過ごしていた。
ある日、M家が7年前に受け入れていたヨーロッパからの元留学生(女性。Sとする)
から大学の卒業旅行で訪れると便りがあった。
その手紙には数ヵ月後に結婚するからM家には是非、式に来て欲しいとも書いてあった。
SはM家の娘(Nとする)と同い年で、本物の姉妹のように仲が良かったそうで
M家夫婦は結婚の報告もあいまって、すごく楽しみにしていた。
私も他の欧州の留学生との交流で楽しい思い出があり心待ちにしてた。

しかし、久々の再会なのでホストファミリーが構う割合は当然 S>私 になるとは想定していたけど、
Sがくる数日前からまさか!?と思う程、ホストマザーの態度が豹変。
Sに夢中なあまり、私はかなり邪険に扱われ始めました。
さらにSもこれまた意地悪で、イヤミで自信満々、
毎日何をしていても、兎に角私とS自身とを比較して貶めてきました。
といってもそれもその筈、彼女はどこをとっても完璧。
美人でほっそりとしていて尚且つメロンのような美しい胸(リアルでフジコちゃん体形)、
大学は主席で卒業し、5ヶ国語話せてスポーツ万能、皆の憧れの的だったので、
今思えば、そりゃ鼻にも掛けるよね、て感じでした。有色人種への偏見もある家庭だったし。

692 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 22:50:53 ID:4LSaeZiGO
>>677
その話聞きたい

693 :2/2:2007/07/16(月) 22:51:57 ID:+WS6bS7M0
>>691 続き

そんなわけで、針のムシロのような日々が2ヶ月ほど続きました。
その後、Sは遠くの都会で一人暮らしする娘Nの家にも滞在してから帰国することに。
相変わらずホストマザーはしょちゅうSに電話しては私が疎ましそうでしたが、
私はとても清々した気分でした。それまでは日記で(そこだけは日本語で)「S、さっさと帰れ!」
「今日こんなことを言われた」「バカヤロー、ファxク」だの、ひたすらグチっていましたから。

そしてSがNの家に滞在中のある日、NからM家に電話があり、Sが顔の丁度目から下半分を火傷して入院したと。
原因はBBQ中にSが火の弱りかけたコンロに灯油か何かの燃料を注ぎ、
勢い良く火が燃え上がったためらしい。悪いことにSはコンロを覗き込むような姿勢だった。
症状は酷く、NによるとSは顔が腫上がって精神的にも相当のパニック状態。
医者からは状態が少し落ち着いたら即帰国せよと。
それを聞いたとき、正直に白状すると、だいぶ意地悪された相手だったので微妙な気持ちだったものの、
私が恨みがましく日記に書いたり、思ったりしていたからこんなことに?と後悔した。

今、私は当時のSの年齢は過ぎたけど、時間が経つ程にじわじわと申し訳なさが増す。
あんなにきれいだった人が、結婚式を目前に控えて顔に重度の火傷なんて
どれだけ目の前が真っ暗になっただろう。それに、婚約者に火傷した事を伝える時、
帰国して会う時の彼女の気持ちを想像すると本当に胸が痛む。
(因みにちゃんと跡は治って無事に式を挙げられたそう。)

冷静に考えると私が火傷させたわけでは無いのに、
どうしても、あの頃私はなんて子供じみていじけていて、
黒いぐちゃぐちゃした事ばかり考えていたのだろうと懺悔の気持ちになる。
それ以来、何というか、言霊って本当にあるのだと思うようになりました。

694 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 23:01:39 ID:ARrsK/Dx0
>>677
強盗がとある夫婦の家にたまたま逃げ込んだか忍び込んだかして、
凶器(金だったかも)をその家に隠していったんだけど
その家の夫婦は、両方ともそれを一人の時に見つけて
更に両方とも相手が何か犯罪を起こしたのだと思い込む話とは違うの?
確かこの方の終わりは
犯人がその隠していったものを再び取りに来ようとして捕まって
誤解が解けてENDだった気がするから全然後味悪くないね
星新一は滅茶苦茶話多いから別の話かも
自分もウロ覚えだから色々違う所あるかもしれないし…

695 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 23:17:56 ID:kEzmhQR90
星新一で夫婦仲が悪い話というと、新婚夫婦の話を思い出すな。

老人が新婚旅行中のカップルと知り合う。
写真を撮ってあげて焼き増ししたら送ると言って住所を交換する。
写真のやりとりを終えた後はすっかり忘れていたが、
ある日カップルが鬼の形相で喧嘩する夢を見て老人は不安になる。
不安になった老人は地元の名産品に手紙を同封して郵送する。
カップルからは丁寧な礼状が届いて老人は安心し、そのまま忘れる。
しかし一年後、またカップルが殺し合う夢を見て不安になる。
地元の(ry

これも何かの縁だと老人は名産品を送り続け、それが十数年続く。
やがて老人は寿命を迎えた。
その年、カップルの元には老人からの名産品が届かなかった。
冷め切ってお互いを疎ましく思っていたカップルは、責任をなすり合って喧嘩する。
お前が礼状を出し忘れたから老人が怒ったんだ、あんたの手紙がヘタだからだ、
そうやって逆上していくうちにとうとう殺し合いに発展してしまった。

二人の関係は時々届く老人の手紙によって、かろうじて保たれていた。
老人が死んだ後、二人を繋ぐものは何も残らなかったのだ。

696 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 23:20:24 ID:+4qmxYhn0
>>693
言霊なんてないさー
俺だったら「ザマアミロ!糞女!ケロイドになって一生苦しめ!」って思うけど。
地震だー震度2@流山

697 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 23:24:10 ID:9i8NxrOl0
一仕事した帰り、俺は行きつけのファミレスでご飯を食べることにした。

混雑していて賑やかな店内。いつものことだ。
「相席ならすぐご案内出来ますが」
構わない、そう返事をして喫煙席へと向かう。
相席する向かいの相手に軽く会釈すると、席に着く。
上着を脱ぎ、大好きなドリアを注文する。
それからずっと尿意を我慢していたのでトイレへ向かった。
用を足していると、パリーンと何かが割れる音がした。
出てみると、さっきの店員がコップを落としたようだった。

ドリアを食べながら、今日の稼ぎで恋人に何を買おうか考えるかな。
そんな事を思いながら席に戻る。向かいの相手はいなかった。
テーブルの相手側にドリアがあるが、一切手をつけられていないまま。
冷めてしまってはおいしくないのに。
そんな事を考えながら煙草を吸い、ドリアを待つ。
数分して、さっきの店員が「お待たせしました」とドリアを持ってきた。
俺は立ち上がり出口まで走ったが、間に合わなかった。

698 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 23:25:21 ID:C6d+CZB30
>>685
私は自分が言ったことでも言われたでも忘れられないんだよなあ。
若い頃の恥ずかしい言動(一番古いのだと小学1年生の時に校長先生を「校長!」って
呼んだこと、大人になってからは先輩に生意気なこと言っちゃったとか)
が忘れられなくて、夜中に本当に枕に顔を埋めて唸ってしまう。

で、自分が言われたひどいことも同じくらい覚えてて、
「なんであの時、こう言い返せなかったんだろう」ってまた枕に顔を埋めて唸る。
毎日が後味悪いことばかりで、死にたくなる。

もしかしたら、そのクラスメートも今頃、思い出して唸ってるかもよ?w

699 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 23:31:15 ID:THBMXPLX0
>>691
自分の両親にチヤホヤされるSをNが秘かに恨んでいて、
わざと火傷を負わせたのでした。
という結末を期待してしまったよ。

700 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 23:46:50 ID:bvqk5fIFO
つか、コンロ覗き込みながら灯油注ぐとかただのバカだろ。
自業自得。

701 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 00:32:41 ID:Rtsycc0D0
>>692-693
俺はID:+WS6bS7M0がホームスティで馴染めず逆恨みした上での
部分的創作と予想(Sの後半部分が妄想)
いるんだよな…同人板とか生活板で…
自分の願望入った妄想を事実として書いて、
見知らぬ他人の記憶の中でそれを現実だと認識させる事によって
書いた本人もそれが現実にあったものだと思い込もうとする
一言で表せば虚言癖

702 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 00:44:34 ID:VRVnk3GMO
またホストファミリーが無茶苦茶むかつくね。
M夫婦にも何か起これば良かったのに、と思ってしまった。
2ヵ月間、耐えるだけなら出来るかもしれないけど
その間も勉強とか大変だろうし、周囲の環境が整っていなくちゃ集中できないよな。

703 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 00:46:16 ID:o8u4j42Y0
>>701の存在はわたしの妄想でした…

704 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 00:52:23 ID:v8OU+NEi0
>>701
妄想や虚言癖を持った人の書き込みだと思い込む根拠は?
予想と言うわりにはかなり決め付け入ってる気が・・・

同人板や生活板にもいるんだって?
いつか全ての書き込みに対してそう見える日がくるかもよ。
妄想癖は早く直した方がいい。

705 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 00:53:33 ID:jam/AyrYO
真偽は別として、妄想が加速する人間の怖さをきっちり教えてくれたじゃないか、>>701はw

706 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 01:39:28 ID:/js/IwXM0
窓からの光が、室内の塵に反射して瞬く。無機質で、どこか寒々しい病室。
そこに、ルパンがいた。
薄水色の病院服の上に赤いジャケットを羽織り、ベッドの上に腰掛けていた。
大きく息を吐くと、銭形は病室へと足を踏み入れた。ルパンを、逮捕するために。
捕まえる? この今にも死にそうな病人を?
長年夢見てきた事だというのに、銭形にとってそれは既に無価値だった。
「よく来たなぁ、とっつぁん」
人を食ったような態度でルパンが声をかける。
掠れきった声、扱けた頬、体中に繋がれたチューブは心電図へと繋がっている。
かつての面影は、ほとんど残っていない。
そこにいるのは、死を目前に控えた一人の病人だった。
「ルパン、何で貴様がこんな……」
「天下の大泥棒にも、勝てない物があったってことさ」
「一生をかけて追い続けて来て、こんな幕切れとはな」
「そんなら見逃してくれよ、とっつぁん」
「そればかりは出来ん相談だな。ルパン、貴様を……貴様を逮捕する」
「ごめんだね。俺ぁ逃げるぜ」
「今の貴様に何が出来る」
銭形の言葉に、ルパンはにやりと笑った。
「どうかな?」
ジャケットから取り出したのは、ワルサーP38。それを自らのコメカミに押し付けて言った。
「あばよ、とっつぁん」
銃声がコンクリートの壁に反響する。急激に乱れた心電図は、数刻の間にフラットとなった。
してやったり。
銭形の脳裏に焼きついたルパンの最期は、そんな、いつも通りの彼の姿だった。
「ルパンめ……まんまと逃げおった……」
銭形は、失われた何かが再び燃焼し始めるのを感じていた。
コートからガバメントを抜き、セーフティを解除する。
「逃がすものか。どこへ行こうが必ず捕まえてやるぞ、ルパン」

707 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 01:52:52 ID:Zk101EGt0
これって、701の言う同人板の妄想?

708 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 02:04:02 ID:oSLxSt7u0
>>706
面白かった。後味も悪くない。嫌いじゃないな。

709 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 02:07:26 ID:YSTIRnu90
>>706
なんかブラックユーモアを感じる。

710 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 02:17:28 ID:I4K9aj4AO
>>707
これきのう腐女子板のスレに貼られてた
ここまで持ってくるとはキモ過ぎる

711 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 02:19:51 ID:9VsO5H2/0
へえ、そんなところにねえ…と思った後に
710が腐女子板に出入りしていることに気づく後味の悪さ

712 :691:2007/07/17(火) 02:27:33 ID:qaKkaq9Q0
>>696,700を読んでちょっと後味スッキリしたwあんま気にしないことにする。
>>699
実はあの時、一番客観的に状況見てて優しかったのがN。
たまに帰省する程度だったし、ホストファミリーへの不満は相当のことが無い限り
口に出してはいけない決まりだった。

>>702
でもまぁ、3ヶ月x4家族という構成だったので
少し我慢してすぐ引越しでしたから。それ以前にお世話になった家に
たまに遊びに行ったりも出来たし。
その後我に返ったのか、誰かに指摘されたのか、これもある日突然、
ホストマザーは気持ち悪いくらい異常に優しくなりました。何だったんだろう。

やはり同世代の子供がいる家が勉強も楽しく、親も扱いに慣れてました。
後で他の留学生の話を聞くと、私は全然マシだった。
低所得者層でお金目当てでやってる家庭に当たった子は、
留学生をメイド扱い(乳幼児の世話・家事全部やっとけ)、食事提供しない、DVなど。
私の場合はボランティアでやってる家庭ばかりでしたから。

713 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 02:46:16 ID:zcFTPX6j0
>>712
自分より優秀な人間が落ちぶれて、せいせいしただろ?

714 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 03:50:08 ID:3+qsowml0
>>710
生活板の面白いコピペを貼り付けるスレにも
夕べ張られてた。夕張。

715 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 05:42:47 ID:Xt6Q93Bl0
怖い系ではないけれど、後味悪かった体験。

歩行者と自転車だけが通れる小さな踏切がある。駅が目と鼻の先で、通る電車も多いから
結構な数の人が並ぶこともしばしば。踏切が上がった瞬間、両側からダッーと渡り始めるんだけど
お互いが左側を通行しないとぶつかってしまう。そんな状況で起こった話。

私は歩行者で3番目くらいの位置から渡りはじめたんだけど、先頭にいた自転車(子供)が
向こうから来た自転車(おばあちゃん)と接触した。するとおばあちゃんが困った顔をして
「あらあら、ダメだよぼうや。一列で渡らないとね」と親切心のこもったお説教。
すると、後ろにいたその子の母親が「すみませんねー(棒読み)」と返事をするも、顔にはありありと
「いちいちうるさいよババア」と書かれてあった。子供はぶつかったことに驚いてただキョトンとしてた。
おばあさんは、すれ違ったあとも「子供をやさしく注意した」という満足感でずっとにこにこしている。
逆に母親の表情はみるみる苦々しくなり、「あんたが注意しないから!」と子供に当たっている様子。

この時点でもう後味悪いんだけど、私は目撃していた。
踏切を二列になって渡っていたのはおばあさんの方だったんだ。

716 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 06:34:05 ID:ZuI+YEH7O
>>715
1点

717 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 07:33:24 ID:HLz7Si2R0
雨ですねー。
雨つながりで小学生の頃先生に聞いた話を。

てるてる坊主ってありますよね。雨の日に吊るすやつです。
てるてる坊主は外国から伝わった風習で、本家では女の子だったそうです。
なぜ坊主になったかと言うと、昔の日本では雨乞いは男の人がするなんですって。

ここからが後味の悪い話。
まれに雨乞いに失敗した人に偉い人(地主とか?)が怒り首を切り、その首を晒すことがあったようです。
すると雨乞いより高い確率で雨が降るようになったとか。
その迷信が広まると、一部の村では疎まれている人や役に立たない人が雨乞いを強制され・・後はわかりますよね?

てるてる坊主はその風習を改めるために他国から入ってきた風習だそうです。
雨を降らす(しかも迷信レベル)ために人を殺していたとは子供心にゾッとした話でした。

718 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 09:45:24 ID:fL7HVlw20
てるてる坊主を吊るす前に「晴れなきゃ首をもぐぞ」って脅すのは名残りなんだろうね。

719 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 09:49:59 ID:84NknHitO
>>697
解説がほしいんです><

720 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 10:17:28 ID:iVMwyHal0
転載ですが、ついさっき読んでぞっとしたもの。

237 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage ] 投稿日:2007/07/17(火) 08:14:11 ID:Z+WH/Ars
一昨日の知人のブログを見てたら、その辺にいた蛙に自分を振った女の子の
名前を付けて友達数人で踏み潰して殺したという内容が書いてあった。
「蛙くんごめんね☆命は大事にしなきゃね(;ω;)」という文章にゾッとした。

ちなみにそいつの出身地は新潟。
何かあるような気がしてならない・・・

ごめんねじゃないだろ、このブログのアホ男…

721 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 11:19:21 ID:L2SwvMbo0
こういうのって書くのも馬鹿だけど
喜々として転載するのはもっと馬鹿だな。

722 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 12:02:12 ID:rP6AZLZDO
>>721
ここは「後味の悪い話」スレなので無問題じゃね?

723 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 12:13:15 ID:DyG2ELdpO
雨乞いとてるてる坊主の繋がりがいまいちわからん 
てるてる坊主は雨乞いのまじないじゃないっしょ
昔は逆さに吊すのが常識だったか時代が流れて意味合いが変わったわけ?

724 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 12:30:52 ID:0splJ/wb0
てるてる坊主って3番まであるんだな。落ちがすごいな。

>1 てるてる坊主(ぼうず)てる坊主
>あした 天気(てんき)にしておくれ
>いつかの夢(ゆめ)の 空(そら)のように
>はれたら 金(きん)の鈴(すず)あげよ

>2 てるてる坊主  てる坊主
>あした 天気にしておくれ
>わたしのねがいを 聞(き)いたなら
>あまいお酒(さけ)も たんと飲(の)ましょ

>3 てるてる坊主 てる坊主
>あした 天気にしておくれ
>それでも曇(くも)って 泣(な)いてたら
>そなたの首(くび)を チョンと切(き)るぞ

725 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 13:10:47 ID:Onnfczs30
転載というだけで人を馬鹿呼ばわりするヤツがいるから後味悪い

726 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 14:02:42 ID:DVv/OjTV0
何にでも「後味悪い」付けりゃ許されるってもんじゃない

727 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 14:04:41 ID:0AM/eBR00
>>697がわかんない。
ドリアを食べたり、待ってたり、いわゆる思わせぶりなだけの意味のない
文章かと思うんだけど……、誰か解説頼む。

728 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 14:13:53 ID:3LpXBXX60
>>727
海亀スレの問題文らしい。
この後に出題者がヒント出して正解に導く遊びだから
この問題文だけでは意味不明。
答えは、主人公が泥棒でその日の稼ぎを
相席した客に盗まれたとかいうのじゃなかったかな?
違ったらゴメン。

>>720
カエル踏んで殺したぐらいで地震が起こってたら
とっくの昔に世界中が沈んでるよ。

729 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 14:15:17 ID:jam/AyrYO
自演でないなら、ナポリタンの二番煎じ狙いに触れるのやめようぜ。いくらでもノコノコ出てくるよ。

730 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 14:20:04 ID:rxqiQt2T0
突然マリオがやりたくなった

731 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 14:34:14 ID:3LpXBXX60
>>729
えっ、これ答えがあるんじゃないの?
俺も別スレに転載されてたやつの解説を
鵜呑みにしてただけだから真偽のほどはわからんのだが。

732 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 14:46:16 ID:I4K9aj4AO
中国産

733 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 15:13:04 ID:Tsm/wLOK0
>>731
ナポリタンにも答えあるから
「ナポリタンの二番煎じ」でよくない?

734 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 15:42:53 ID:s3r0CYck0
>>694
いや、その話じゃないな。

探して見つかったら書いてみるよ。

735 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 16:09:50 ID:wCN7FUCi0
ノックの音が
見たいなタイトルに収録されてない?

736 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 16:34:42 ID:tCTN71QUO
〉〉733
ナポリタンの答えって何?

737 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 16:41:36 ID:N/59OrhkO
>>728
解答を聞いてもわからない。
ナポリタンは、血なまぐさい事をナポリタンという、みたいな解説でなんとかわかったけど。

738 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 16:45:50 ID:Tsm/wLOK0
>>736
それだとアンカーにならないから
アンカーつけるときはキーボードの「る」のボタンをシフト押しながら押すといいよ

元は英語のジョークで
This is a restaurant famous for napolitan
って書いてあるのを
「ここはとあるレストラン 人気メニューはナポリタン」
だとお客さんは思い込んだんだけど、
ここでいう"napolitan"は「汚い」っていうスラングの方で
「ここのレストランはばっちいことで有名だよ」
っていう事だったってオチ
味がおかしかったのは多分非衛生だったから

739 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 16:47:30 ID:e2iKDBwc0
>>736
>それだとアンカーにならないから
>アンカーつけるときはキーボードの「る」のボタンをシフト押しながら押すといいよ

740 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 16:54:50 ID:Tsm/wLOK0
>>739
ごめん、ID末尾見てなかった…
そんな引用だけしないでちゃんとつっこんでくれたっていいだろ!
泣いてやるからな!

741 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 17:00:12 ID:DVv/OjTV0
そもそもアンカーもまともに付けられない携帯厨が悪いんだよな

742 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 17:23:29 ID:e2iKDBwc0
>>740
ごめん、見直したらいかにも嫌味っぽかった。
泣くなよ…

743 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 17:52:47 ID:8cqVu/AL0
後味の悪い話スレで後味を良くするようなレスを書いてる
742が後味悪いと思わなくも無いかもしれなくない。

744 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 17:57:48 ID:Nzqsx0i70
何この茶番

745 :736:2007/07/17(火) 18:07:15 ID:A4J8EdDm0
>>738
ありがとう初めて知った
泣いてないよ

746 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 18:14:55 ID:3vOO1AMZO
変わりに全米が泣いた

747 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 18:22:47 ID:bUV3S25kO
いい人が多いスレだから後味良くなっちゃったょ

748 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 19:21:55 ID:oUPbFcMu0
www.asahi.com/national/update/0711/SEB200707110049.html

おにぎり つ△▲
何も出来ないけどせめてここであげさせてください・・・。
悲しすぎる。

749 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 20:36:35 ID:QKOMjASOO
>>748
こんな事をして、なにが美しい国だ!!

750 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 20:38:58 ID:UumzqtpmO
ナポリタンの答えも何も、あの話は勝手に改変されてるじゃん
怖い話@生活板Part5
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1182273707/

751 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 21:22:17 ID:WulyqCwz0
254 名前:名無し物書き@推敲中?[sage] 投稿日:2007/03/20(火) 20:40:50
母の友人から聞いた話です。

臨月に入った、ある奥さんが電車に乗った時の出来事。
上品な紳士に席を譲られ、お礼を言って座りました。その紳士が下車する一瞬、
紳士の着るスーツの襟に付いた、見覚えのある社章に気付きました。
「主人と同じ会社だ」
帰宅したご主人に事の顛末を話しました。奥さんから聞いた背格好から推定し調べた結果、
顔見知りの、別の課の課長さんである事が判りました。
課長さんは「ああ、君の奥さんだったのか。こんな事もあるんだねぇ」と言い、この偶然について驚いていたそうです。

3ヶ月後。
課長さんの自宅に、奥さんの名前で一通のハガキが届きました。赤ちゃんの写真が印刷され、
その横にはこう書き添えられていました。

「その節は、ありがとうございました。この子は、あの時の子供です」

その日、課長さんの家は、大変な修羅場と化したそうです。


752 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 21:26:13 ID:SS5y4Dt8O
>>751
なんという笑い話

753 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 21:34:44 ID:jam/AyrYO
>>749
それってただのスローガンや目標だと思うんだけど、美しい日本に不要だと自覚している人たちや、意図的に
乱したい集団が異常に反応してるよなw

754 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 22:16:55 ID:aBEl191Y0
>>750
ナポリタン初出の頃を知っているが
そこに出ている話は改変前ではなく
こうすれば理解できるんじゃね?みたいな感じで
後から書かれた話だよ。

755 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 23:27:07 ID:wCN7FUCi0
いつの間にか再チャレンジって使われなくなってきてるよね

756 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 23:30:43 ID:oXyXkTBb0
>>750
それは、やっぱり元ネタが同一のイングリッシュジョークで
そっから派生したのが>>750のやつで、
その原文を直訳したものが2chで広まったって事なんじゃないの?

757 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 23:32:04 ID:UumzqtpmO
>>754
だったら一生つまんねーことで悩んでろ

758 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 23:35:15 ID:oXyXkTBb0
ちょっと>>756の最後訂正
原典(英語の)を直訳したものが>>750の後で2chで広まったって事なんじゃないの?

だから逆に>>750のが(原典の)改変で、
後っていってる方がオリジナル(の和訳)だと思う

759 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 23:42:22 ID:pKHkFljw0
>>757
お前も一生誤解したまま生きてろw
恥ずかしい奴だな

760 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 23:44:38 ID:aBEl191Y0
>>758
ちがうよ。
ナポリタンの初出は2002年か3年ごろで
そのときは大して話題にならなかったが
2004年にあちこちにコピペが貼られて
ガ板に解明・解釈スレが立った。
>>750のはその中で出てきた後付解釈のひとつ。
当時は単に納得できる解釈のひとつ、だったのが
最近これがオリジナルだみたいな貼られ方をして
信じちゃう人がちらほらいる。

761 :1/3:2007/07/18(水) 00:20:32 ID:amCuYjTl0
「小学生の純愛物」「田舎の情緒的な風景描写がすごい」という評判を聞いて読んでみた
「溺れるナイフ」っていう少女漫画。表紙と裏腹にエグかった。

美少女小学生のナツメは、父に反対されつつも母に応援され、雑誌モデルとして活動中。
しかし、父が実家の旅館を継ぐためにいきなり田舎暮らしになってしまう。
不満だったナツメだが、夜の海で少年と劇的な出会いを果たし、
「まるで神さんのよう」と少年に感激し、古びた田舎が急に神秘的なものに思えてきた。
夜の海であった少年はコウといって、ナツメが入ったのと同じ小学校の児童だった。
コウは田舎では有名な宗教的な事も担う名家の跡取息子だった。大切に育てられたコウはかなり好き勝手に暮らしている。

コウは粗暴なところもあるが、なにをしていてもはじめて出会った時のように
キラキラしていて、ナツメは初対面時の「神さん」という印象とは別に恋愛対象としても惹かれていく。
だがコウからすると恋愛にぽーっとしている今のナツメよりも、田舎に来た当初の
「田舎なんかくそくらえ 意地でも都会に帰るぞ」と熱意を燃やしていたナツメの方が見ていて面白かったという。
コウに振り向いてほしいからというよりも、コウを見返したいからと、
ナツメは父に内緒で母に協力を仰ぎ、たまに都会に戻ってはモデル活動を続ける事に。
やがてロリコンらしいが善人の有名カメラマンに見初められて写真集を出したり、
全国ネットで放送されるCMに出演するまでになる。
その段階になると父にもバレたが、遊びではなく真面目な活動だからと許されるようになった。

中学生になったナツメ。狭い田舎なのでナツメの事は中学の先輩の間でも最初から有名だった。
その頃には旅館の周りにかぎつけてきたナツメファンがやたらうろついたり、
誰かに制服を盗まれたりと芸能人故の弊害もあったが、コウとは更に仲良くなれた。
二人は男女交際をスタートするようにもなった。

762 :2/3:2007/07/18(水) 00:23:13 ID:amCuYjTl0
夏になり、毎年恒例の祭が行われた。屋台を出したりという一般的なもの以外にも祭には村独特の行事があり、
それは火のついた棒を持った男衆が二組に分かれてぶつかりあい戦うというもので、
毎年怪我人も出るので子供の参加は禁止されているが、度胸試しにとこっそり参加する子供も多い。
人でもみくちゃになる上にお面をつけての参加なのでバレにくく、コウも小学生の時から参加していた。

コウは人気のないところでナツメにはじめてキスをした後に行事に参加に行った。
同じく参加しに行こうとしている友人に「ナツメの制服を盗んだのは先輩だ」と聞かされ、
行事に参加していた先輩たちを、行事の喧騒に紛れてコウはフルボッコにする。
先輩は、ナツメの家の旅館に泊まっている客に高く買うと言われ雇われただけだと泣きながら弁解した。

祭をうろついていたナツメは旅館の客の男に「お父さんが倒れた」と言われ、急いで男の車に乗りこんだ。
が、それは嘘で、男はナツメファンのロリコンだった。拘束され、車の中で唇をむさぼられるナツメ。
抵抗もかなわず、このままあっさりヤられてしまうのかと呆然とするが、コウとキスしたばかりなのだからと再び抵抗する。
なんとか車から逃げ出し、手を縛られたままの状態で必死に走る。
だが男に追いつかれ、頭を石で殴られた上に、ぬかるんだ山道なのでかなりの高さを滑り落ち気を失う。
浴衣を脱がされ下着姿にされたところで、コウが助けに現れた。
コウは殴りかかるものの、大人の男相手にはかなわずボコボコにされる。
朦朧としながらコウは「死ね」と連呼する男の声を、同じ事を言っていた母親の姿と重ねて泣いた。
(詳しく描写されてないが母親は封建的な家柄に馴染めずノイローゼになってたっぽい)
やがて目覚めたナツメが見たのは、争いの声で駆けつけた人々と、自分を抱きかかえる父の姿。
そしてはじめて会った時の神々しさなど嘘のように、傷だらけで涙を流す惨めなコウの姿。
「コウちゃんならいつもみたいにかっこよく、あんな奴から私を助け出してくれると思ってた。コウちゃんは神さんなんかじゃなかった」



763 :3/3:2007/07/18(水) 00:27:42 ID:amCuYjTl0
男は逮捕された。ナツメは殴られたためか、片耳が聞こえ難くなった。
でもその事は隠していた。
「だってあんな奴のせいで私の日常は変わったりなんかしないもの」
しかし周りの態度は明らかに変わった。
入院している間、母はナツメを産婦人科に連れて行こうとした。
実際にはレイプはされていないのだが、下着姿で発見された事や、
殴られたために一部の記憶がない事からレイプされたと疑われていたのだった。
周りからそう言われるうちに、ナツメ自身そうだったのではないかと記憶が揺らぐ。キス以上のえげつない事をいっぱいされたのではと。
「俺がもっとちゃんと止めていれば」「お母さんが舞いあがったりしないでモデルなんかさせなければ」両親はそう言って泣き続ける。
外傷はいつかは治る程度のものだったが、モデルの仕事や、決まっていた映画の主演はなしになった。
下世話な雑誌にはこう報道された。「ロリコン写真家のコネで主演に抜擢された愛人少女、犯されて愛人契約解除」
中学校でも面と向かって言って来る者はいなくとも、レイプされた少女という目で見られ話の種にされた。

三年生になった頃には「もうあいつ有名人じゃないしその話飽きたわ」と影で言われるほど、
ナツメは普通の少女の一人として皆の中に埋没していった。
転校した頃は雑誌モデルの美少女ともてはやされたが、今ではイモっぽかった他の少女たちもそれなりに綺麗になってきた。
スレンダーで背が高いと憧れられていたが、いつのまにか何人もの少女がナツメの背を抜いて行った。

事件の日からナツメはコウとは疎遠になった。
コウは先輩に対して行ったような暴力性を益々燃え盛らせ、今では大した理由もなく
「あいつ気に入らないからしめてやって」と仲間に言われただけでリンチを行うようになっていた。
そんなコウだが、今でもキラキラ見える時がたまにあった。それでも今はもう神さんだとは思えなかった。
「ああ、私もコウちゃんもピーク≠ェすぎてしまったんだな」とナツメはぼんやりと思うのだった。


まだ連載中だしハッピーエンドになる可能性もあるんだが、一気読みした今の段階では後味がゲロゲロに悪い。
ナツメは悪い奴ではないんだが厨1男子に期待しすぎだし、
粗暴でも仁義は通してる感じだったコウがいきなりDQNになっててショッキングだった

764 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 00:33:08 ID:XJRf2JYqO
続きまだチンチン

765 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 00:50:49 ID:bcNN9Trw0
すげーな。
終わってない話を途中まで書き込むやつがいるとは思わなかった。

766 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:00:00 ID:dcNacDIP0
>>761

だが 「後味」って日本語の意味をもう一度かみしめて欲しい・・・

767 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:12:52 ID:IeL3tT3e0
途中で書いてもいいんじゃないか?
この間の鋼の錬金術師も途中のエピ1つだけ投下だったし、
あれだって途中作品だ。

768 :1/2:2007/07/18(水) 01:18:09 ID:NhP3nhfY0
南條範夫「駿河城御前試合」より「峰打ち不殺」。さっき読んだら後味悪かったので書いてみる。
これもまだ読み途中なんだけど、ほぼ短編集みたいな感じだから大丈夫かな。
嫌な人はここから2レス飛ばしてください。


この章の主人公・月岡雪之介は、凄腕の剣士である。腕が立つにもかかわらず控えめで
おとなしい性格の彼は、殺すつもりはなかったのに何人か人を切ってしまったことがある。
いずれも相手の言いがかりに端を発し、雪之介はいわゆる正当防衛で剣を振るっているのだが、
雪之介は自分の剣は呪われているのかも知れぬ、と考えるほどに思いつめるようになる。

刀を抜くことの無いよう、雪之介は厳しく身を慎んでおとなしく過ごしているのだが、
恋人の兄に酒席で意味もなく絡まれた末に彼を切ってしまい、それに黙っていなかった彼の叔父
(要するに恋人の叔父)をも切ってしまう。いずれも先に刀を抜いたのは相手側、勝負のきっかけも
言いがかりや嫌がらせなどで、どう考えても悪いのは完全に相手側なのだが、恋人の身内を
二人までも切ってしまったことに苦悩した雪之介は、恋人に自分を殺してもらおうとする。
しかし事情を知った恋人・三重は「悪いのは兄や叔父のほうであり、雪之介を恨んではいない」と言い、
どこにいても雪之介のことを想っている、という告白と共に、雪之介を逃がす。

雪之介はその後、切りあっても人を殺さないように峰打ちの剣法を極めるようになる。鍛錬の甲斐あって、
刀を抜いた時点では刃のほうを相手に向けているが、切るときには手の中で刀を回転させて
相手には峰が当たるようにする、ということをほとんど意識せずにできるようになる。

兄という跡目を失った三重の家は、三重の従兄弟・小次郎が次ぐことになった。小次郎は昔雪之介に
助けられたことがあり、雪之介に敬意を払ってはいるのだが、身内を二人も切られていては、
ということで苦悩しながらもあだ討ちに乗り出す。
三重も「願わくは小次郎を殺さないで欲しい」とひそかに雪之介に文を送る。

769 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:18:24 ID:Gaacuv8O0
主人公も母親も最初からDQN気味なので割と後味スッキリ
小学生の女の子にモデルやらせる母親って相当アレだよな…
女児自身も、仮に本人が望んで始めた事じゃなくても
環境のせいでほぼ例外なくDQNになるし、
こいつは自分から進んでやってるから尚更

770 :2/2:2007/07/18(水) 01:19:12 ID:NhP3nhfY0
(続き)

雪之介と小次郎のあだ討ちの試合は、駿河城の御前試合として設定される。剣を構えた雪之介の姿に
どよめく会場。普段は、まず刃を相手に向けて構え、切りあうぎりぎりで峰へと刀を回転させて使う雪之介だが、
今回は最初から峰を相手のほうに向けている。小次郎ほどの使い手相手では刀を回転させる一瞬さえ
命取りだと考えた雪之介は、なら最初から峰で切りあえば良いと考えたのだ。
これで相手を殺してしまうことはない。

勝負は一瞬で付いた。峰を向けられて腹を立てて切りかかる小次郎だが、2、3合打ち合ったあとで
血しぶきを上げて倒れる。いちばん驚き、後悔したのは雪之介だった。慌てて小次郎に駆け寄るが、
すでに事切れている。峰を向けて切りあった雪之介だったが、刀を回転させるという動作が染み付いた体が
勝手に動いて、結果、刃のほうが小次郎に当たって、彼の命を奪ったのだった。
死んだ敗者に必死に呼びかける雪之介の奇怪な行動に呆然となる会場で、頭のどこかで三重を失ったことを
考えながら、雪之介はいつまでもむせび泣いた。

(終)


終始「殺す気はないのに殺してしまう」という雪之介の苦悩が本当に後味悪い。彼自身が
殺意を抱いたことは一度もないのに…
ふたたび跡目を失った三重の家は、三重が婿養子を取って次ぐことになるだろうから
雪之介と一緒になることはできないだろうし(作中にそういう示唆がある。それに、いくらなんでも
身内を殺した雪之介を婿養子にはできないだろうし)、かわいそうで後味悪い。

771 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:19:34 ID:Gaacuv8O0
うお、間に入ってしまった
>>768>>770
スマソ

772 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:20:10 ID:NhP3nhfY0
>>769
はさんじゃった、ごめん
もっと速く投稿すればよかった

773 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:23:01 ID:amCuYjTl0
>>765
>>766
完結作品に限るとは明記されていないし、
「後味悪い」という言葉はあくまでも読後の感想であって、
その対象となる物が完結済みか否かは関係ないのでは。
はじめに「まだ連載中」と書かなかったのは不親切だったかもしれないが。

中途かどうかに限らず遠まわしに「つまらない」と言いたいだけなら長文すまんかった

774 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:27:08 ID:ZSG7dh2OO
小学生モデル=ドキュンってのもよくわからん発想だ。
モデルはレイプ未遂されても当然という意見に至ってはネタじゃなけりゃ空恐ろしい

775 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:41:20 ID:Gaacuv8O0
>>774
誰もそんな事言ってないし
小さい頃から女を商売にするのってどう考えても悪影響だろ
モデルの全員がロリエロ路線とは限らないけど
ロリの写真家に撮らせてる訳だから
当然エロまではいかないにしてもそっち方面の撮り方だろ
それを許す親も馬鹿だし喜んでやる小学生もアホ

露出してる女が人気の少ない裏路地歩いてレイプされたとする
レイプ犯より女の方が悪いなんて事は思わないけど
女の方もちったあ考えろとは思うだろ?
そういうニュアンスで書いたんだけど

小学生の娘のTバック写真集を出す母とかマジで吐き気がするわ

776 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:41:25 ID:pLA/Dy5U0
ジョージの漫画はハッピーエンドになるって決まってんの!!!

777 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:44:22 ID:pLA/Dy5U0
>>768
シグルイと関係ある??
無いなら読みたいけど
有るなら今は読まない

778 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:49:15 ID:sr+yu97L0
>>777
読んでみたけど関係ないな。

779 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:49:21 ID:JL53bbT50
>>774
どこに「モデルはレイプされて当然」だっていう意見言った奴がいるんだよ
お前が思ってるんじゃないの??
あ、ロリ写真集のお世話になってる人ですかwフヒヒ、サーセンwwww

780 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:52:14 ID:pLA/Dy5U0
>>778
おおサンキュ

781 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:52:26 ID:amCuYjTl0
>>775
一応弁護しておくと、写真家はロリコンだが、
写真集はあくまでも芸術路線で、だからこそ評価されて主演に抜擢されたりした。露出とかはない。
ロリコンとあえて書いたのは、後に雑誌で妄想逞しく貶された事の
理由付けとして一応書いただけだが、誤解を招いてしまったみたいだな。

雑誌モデルも可愛い服着て撮られるだけのものだが、
それが女を商売にしてるとまでは思えないけど、
作中でも「モデルやってたせいでこうなった」という風に書かれている面もあるし、それは自業自得な面も多少はあるかもしれない。

782 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:56:07 ID:ZSG7dh2OO
モデルはドキュンだからレイプ未遂されてスッキリするとか書いてたのはどこのどいつだよw
創作の世界でもレイプ未遂ですっきりとか きめえ

783 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:58:11 ID:IMRRd3es0
>>782
冗談抜きで本気で聞くけどマジでどこのどいつ?
どのレスの何行目?

784 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:59:29 ID:CT1BgcGP0
どうやらID:ZSG7dh2OOには俺達には見えない幻のレスが見えているようだ
携帯厨にしか見えない特殊な仕様なんだろうか

785 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:03:05 ID:ZSG7dh2OO
769読めよ
「主人公も母親も最初からDQN気味なので後味スッキリ」
モデルはドキュンだからレイプ未遂されて爽やかな気分になれんだろw
半角なところからしてチュプくせえ

786 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:11:39 ID:J+FKqcp/0
153 :オレオレ!オレだよ、名無しだよ!!:2006/08/06(日) 10:34:30 0

前に歌番組にBoAと亀田兄弟がでてた。

それに数人BoAファンが出てたんだが亀田がBoAファンを馬鹿にし始め

BoAはだんだんムカついて、しまいには亀田がガリガリのファンの腹を軽く殴ろうとした

(多分番組上の企画)

そこにBoAが「なんで私のファンを殴るんですか?」とマジ切れ気味に言い寄り

困る亀田兄弟。スタジオも困惑した雰囲気。司会のとんねるずの機転で

「じゃあBoAが亀田を殴れば?」と提案するとBoAはおもむろにグローブをつけ始め

マジ顔で笑いもなくいきなり亀田の腹を殴りムッとした顔でスタジオの隅へ。

困る亀兄弟。

787 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:12:08 ID:JhP/lUaOO
放射能こわいよ

788 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:18:48 ID:BQ3r2XOqO
亀田兄弟ってのが何か知らんが(芸人?)後味いいじゃないか

789 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:19:18 ID:bcNN9Trw0
BoAはどういう顔して日本で活動できるんだろうな

ttp://www.chosunonline.com/article/20040909000014

790 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:21:07 ID:65V5XdjDO
亀田はもっと殴られていい

791 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:26:43 ID:1NWSskzn0
>>785
実際言ったんじゃなくてお前の妄想じゃん
実際、自業自得だろ?
お花畑の糞フェミはご近所に選挙のお願いに回っとけよ

792 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:30:40 ID:ZSG7dh2OO
どう見ても実際に書いてあるだろ。
レス番まで指定したんだから読めよ

とか言いつつやっぱり主張は指摘した通りのことなのか
芸能人はレイプされるのが自業自得なわけか 怖い怖い

793 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:35:51 ID:YckSt/ETO
もう引っ込みつかなくなってきちゃったね

794 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:40:57 ID:BQ3r2XOqO
お互い話題切り変わってることに気付こうよ
DQN肯定派とレイプ肯定派でどっちもどっちって事で


次の話題どうぞ

795 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:43:06 ID:jUFF+h120
後味の悪いスレになってまいりました

796 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:45:23 ID:akNL36fI0
実際、子役で超有名になったとかじゃない限り、
ただのモデルな小学生が写真集出すためには
露出激しくしなくてもある程度ロリ受けする絵じゃないとだめなんだお
ブルマとかランドセルとかスク水とか
エロじゃないとか綺麗事言っても結局お客さんはそういう層なんだし
少女漫画だからその辺はご都合主義なのかもしれないけどね
http://blog.livedoor.jp/onisoku/archives/53049786.html
際ど過ぎるから直接画像リンクしないけど
上のリンク先にある写真、過激ってレベルじゃねーぞ

797 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 02:48:17 ID:lQ9g+pNf0
非ロリ向けで商業として成立する小学生写真集なんて
正直で真面目で優しい親日な朝鮮人並にレアだぞ

798 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 04:47:50 ID:N3z3BGx/O
レアっつーかそれはもう
「存在しない」と同義だろう
常識的に考えて…

799 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 05:26:05 ID:H6uUjIrIO
漫画の世界の話なんだから仕方ないじゃん

800 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 07:02:39 ID:kS8HdWrtO
http://news.ameba.jp/2007/03/3711.php

801 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 09:45:02 ID:sye4sk4E0
前に、ヤングジャンプで連載されていた「死刑囚」をテーマにした漫画。

主人公は、過去に大量殺人を行った罪で死刑囚になっている。
ある時、脳内に埋め込むチップが開発される。
そのチップは感情の高まりを感知し、激情すると脳の血管を破壊し死に至らしめるという物。
主人公は、そのチップの被験者となる事を条件に
死刑廃止を目的とする実験台として、社会生活に戻される。(監視付き)

実験の舞台となるのは、とある高校。
その用務員として働く主人公。
多感な学生や、親身になってくれる監視員達とふれあい
徐々に人間的な感情を取り戻していく。

ところがある日、他の被験者のチップが誤爆。
原因はチップの設計ミス。
実験は中止、主人公死刑確定。

えぇ!?なんだってーΩΩ Ω!と思ったら
連載中止、最終回は増刊号(探したが見つけることは出来ずじまい)
いろいろな意味で救いが無かった。


802 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 09:47:00 ID:R14mxJoi0
佐藤雅美 「槍持ち佐五平の首」

文政(1818〜1830)の頃、奥州相馬藩であった実話。
ある夜、相馬藩の参勤交代の先遣隊長である絹川弥三右衛門が泊まった宿に、会津藩の先遣隊である沢田清左衛門が
たずねてきて会津藩が宿を使うゆえ明け渡せと言ってきた。
絹川は先に泊まったのはこちらであると突っぱねたが、相馬藩は小藩だが会津藩は大藩、ひと悶着押し問答の後に
争うのは得策でないと悔しさをかみしめて渋々明け渡した。
別な宿に移った後、絹川は随伴してきた槍持ちの佐五平から槍を最初の宿に置き忘れてきてしまったと聞かされる。
武士にとって槍は命のようなもの、それを忘れてきたとあっては相馬藩の面目は丸つぶれになる。
絹川は返してもらってこいと佐五平を取りに行かせる。
しかし沢田はさきほどの一件を根に持ち、絹川の請書が無ければ槍は引き渡せないと意地悪を言う。
絹川は請書を書いて佐五平に持たせたが、今度はその請書が本物かどうかわからないし、どうしても返してほしければ
間抜けな槍持ちの首を持ってこいと言う沢田。
さすがに絹川も堪忍袋の尾が切れ、なれば佐五平の首を斬ってそれを持参し、沢田を斬って自分も死ぬと言い出す。
佐五平は驚いて抗弁するが、結局責任は槍を忘れた自分にあると観念して一度はおとなしく首を打たれようとするが、
やはり怖くなって逃げ出そうとする。絹川はそこを後ろから斬って捨て首を落とす。
絹川はそのまま会津藩の宿に赴くと、出てきた沢田に佐五平の首を投げつけ、のけぞったところに抜き打ちで
斬りつけ沢田の額を真っ二つ。続いて二人を殺傷。

と、ここまでで事件の記録は終わっていて、絹川がその後どうなったのかわからない。
事件性を考慮して会津藩がもみ消したと言われている。
絹川自身は胸がすっとしたかもしれないが、槍を忘れただけで死ぬはめになった佐五平があわれすぎて後味があまり
良くなかった話。


803 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 10:17:13 ID:OB0VGp9x0
僕ちんは最終回を見てません、とか書かれても困るなあ

804 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 10:48:23 ID:30FDLH6u0
>>773
いや だって
「途中まで読んだ印象」って「後味」とは言わないでしょうよ
まあ 紹介してもらったのは感謝するけど

誰かが挙げてた「鋼の錬金術師の1エピソードはじゃあどうなのさ?」
については あれはあれで1個の完結した話だから問題ないと思う

805 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 10:51:27 ID:ReuFMmWj0
>>802
いや、自分で槍は武士の命って言っておいて、後段で槍を忘れただけでってw
命忘れたんなら、命掛けて取り戻さないとな。
絹川さん天晴れだと思うよ。
たぶん後で腹切っただろうけど。

806 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 10:52:37 ID:kOMbhZ/h0
確かに。>>801なんて、最終回は読んでないんだよね?
もしかしたら、大どんでん返しでスカっとする
結末だったかもしれないのにさ・・
ワンエピソードで完結してるのと一緒にできないよ。

807 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 10:58:22 ID:dGFwbUKcO
うーん、双方とも言い分はわかるなあ。

とりあえずハガレンの最終回で、お母さんとかキメラ化した幼女とかヒューズとかみんな生き返ってハッピーエンドになったら、
あのエピソードは後味悪くなかったと言えるんだろうか?w

808 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 10:58:39 ID:kOMbhZ/h0
>>805
命って言ったのは絹川さんで、佐五平はタダの槍を運ぶ人。
佐五平は哀れすぎだと思うけど。
主もろとも、沢田に宿を追い出されたために
あわてて忘れて来ちゃったんだろう。
それでも沢田がすんなり返してくれてれば
何とか収まった筈。

809 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 11:42:54 ID:ReuFMmWj0
>>808
いやいや、主の命同様な槍を任されていた人物が、その槍を忘れたんだぜ?
現代ならともかく、江戸時代ならその場で切腹もんだろ。
たとえ沢田が素直に返却してくれてても。

810 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 13:21:05 ID:9GsTBWpD0
ばれなきゃOK

811 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 13:24:45 ID:kD1AZrALP
>>810
社会保険庁乙。

812 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 13:24:50 ID:aB317rmJ0
杉浦の江戸本読んだだけだけど、大名行列とかでも町人や農民のバイトが多いんだと。
武士もお金がないから常雇いで部下を持つのは無理だけど
さりとて大名行列で人がすかすかなのもみっともないから
武士の見栄と面子で期間バイト雇うんだと。
行列の先頭で槍回し(一種の芸)をする花形ですらバイトだったりとか。
だからその槍を忘れた佐五平もバイトの人だったのかも。
まあバイトだからって武士の命忘れちゃいかんけど。

813 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 13:26:35 ID:0q1yXtln0
>>777
シグルイは駿河城御前試合の中の第一話「無明逆流れ」を原作に描かれてる
からそれを読まなければおk

814 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 14:08:33 ID:kIpvOqOnO
佐五平という名前から考えると、一般町人だろう。
とすると武士の面子のために佐五平は死んだわけで、ますます後味が悪いな。

815 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 15:36:40 ID:30FDLH6u0
トワイライトゾーン「人類饗応法」

宇宙人が訪れて 地球に様々な恩恵をもたらす
戦争がなくなり 病気がなくなり 飢餓がなくなり 人類の生活は飛躍的に向上する
軍隊や軍事力は解体され 人類は穏やかで満ち足りた生活を手に入れる

彼らが訪れたばかりの頃に 彼らの1人が落とした本があった
彼らの真意を量りかねてた地球側は 翻訳チームを作ってその本の解読に当たる
やっとのことで表題だけが判明
「人類饗応法(To Serve Man)」
その頃には宇宙人のもたらす恩恵は決定的となり
その本は地球人類と接する際のガイドブックだと判断され
翻訳チームは解体される

主人公の友人がその翻訳チームの一員
彼はチームが解体されたあとも独断で翻訳を続ける
(続きます)

816 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 15:38:21 ID:30FDLH6u0
(続く)
やがて宇宙人たちから新たな恩恵が伝えられる
地球人類を順番に 彼らの母星へ招待する と言うもの
主人公はそのうちのひとりに選ばれる

出発の日
宇宙船に乗り込む寸前の主人公のところに 友人が血相を変えて駆け込んで来る
彼はゲートの向こうから必死で叫ぶ
「逃げろ」と
「あの本の1ページ目を解読出来た
 私たちは間違えてた あれは『人類を食卓に乗せるには』だ
(To Serve には「もてなす」の他に「食卓に乗せる」と言う意味もある)
 あれは・・・クッキングブックなんだよ」

つまり宇宙人の恩恵は全て 人間が家畜の健康を気に掛けるようなものだったんだと
気づいた主人公は逃げ出そうとするが 宇宙人たちに静止され ハッチは閉まり
宇宙船に積み込まれた「食材」は母星へと「出荷」されてゆく・・・

817 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 15:46:42 ID:la/IC0Ji0
>>806
>>801は小手川ゆあの「死刑囚042」だぁね
ちなみに主人公はそのまんま死刑になる。
主人公や周囲が小手川作品とは思えないほど爽やかで
思い入れしまくってるところに、容赦なく死刑執行で、
後味悪いの通り越して神経が凍りついた。

しかし主人公や他のキャラにどれだけ思い入れするか、
死刑に対する考えとかで後味の良し悪しは変わるだろうな。

818 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 16:18:18 ID:sye4sk4E0
>>817
おお、ついにラストシーンが明らかになったw

そっか、結局死刑になるのか。
やっぱ後味悪いや・・・

819 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 16:24:00 ID:kD1AZrALP
死刑にはなったけど、俺には後味悪くなかったな。
関係した皆にさわやかなものを残していった、って感じ。

820 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 16:39:14 ID:mkwXRtMXO
過去ログ18の、冥界への行き方のオチがわからない。
携帯から見てるから、メル欄が見れない…
誰か教えて下さい!

821 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 16:54:57 ID:r38L85lG0
>>801
死刑になるのは自業自得だし特に後味は悪くないと思うけどな。
母子殺害の犯人みたいなのが主人公だと考えれば後味スキッリ

822 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 17:25:15 ID:qpvhzk/8O
>>801
面白そう。タイトルか作者名わからん?
でもコミックスにはなってないか

823 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 17:26:42 ID:fLvZHKiV0
激情すると死んでしまうチップが埋め込まれてるっていうから、
てっきり死刑囚を殺すために
周りの人間がいろんな嫌がらせをしたり、Hな誘惑をしたりする話かと思ったら、
あらすじ見る限りじゃ、その辺の設定はあまり重要じゃないみたいだな。

824 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 17:32:27 ID:sye4sk4E0
>>819
そっか、漫画喫茶にでも行って
久しぶりに読んでみようかな。

>>822
題名と作者は、>>817だと思う。




825 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 17:50:27 ID:FEG1lWG10
これ、面白いんだか怖いんだか判断しにくいけど、
とにかく後味悪いんで見てみい↓

 ttp://www.youtube.com/watch?v=lm4Q4vWy_ck

工場内での安全作業を教育するものらしい

826 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 19:16:44 ID:KhCIMGVT0
>>825
これはグロいwww

クラウス、ダメ人間過ぎ

827 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 20:34:13 ID:PMntUn9E0
なんつーか>>761の話の感想は「投下スレを間違った」、これにつきると思う。
761が興奮してる様子はよく伝わったけど、後味が悪いかというと微妙。
とくに最後の三行は不要だったね。

828 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 20:39:53 ID:ZUR8p2GaO
小学生のトキ、夏休みの宿題に淡水魚採取をするコトにしました。
まぁ、毎日アミ持って野山を駆け回って遊んでただけなんだけど、ある日すごいのを捕まえました。

体長185cmのウナギ(しっぽヒレ含まず)

まぁ、もちろん標本にして学校に提出したんだけど、次の日には学校中の噂が広がって展示場の理科室は昼休みなんかメチャ混みになっちゃったんだよね。
でも、2日ほどで撤去されちゃった上、学校が全校生徒にこんな内容のプリントを配った。

理科室にあった標本のウナギは、ウナギではなく、外国のウナギである事がわかりました。
日本の生物では無いので、気にしないように。

その後、両親と共に校長室に呼ばれ、先生ではない数人の大人と話をし、両親はハンコを押したり、生活指導方針がどーとか難しいコトを言われてました。
子供心に「怒られてるんだ」ってのはわかりました。

それから十数年が経ち、なにげなく当時の事を思い出して両親に尋ねると・・・

  名前     大きさ     つかまえた場所
  ウナギ     185cm  浜○原子力発電所緑地公園
                  ↑ そこの現況
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/stationery/1175430045/

829 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 20:45:53 ID:PcvIzqLF0
バッタの話だったのがいつの間にかウナギになったんだな。

830 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 20:47:01 ID:Uybk596w0
ん〜〜〜文具板に何かあるのかい?w

831 :822:2007/07/18(水) 20:59:30 ID:qpvhzk/8O
>>824
おおっ?ごめんなさい見逃していた。
教えてくれてありがとう。

832 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 21:11:41 ID:y6r/KQF20
>>828
一行目の「トキ」によって、その真下の「アミ」に脳内で自動的に「バ」がセットされた

833 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 21:20:13 ID:lwQeKX/RO
おれは天才だぁ〜〜うわらば!!

834 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 21:47:35 ID:tTqFVa460
>>829
そのうち中国近海でとれたって話しになるんだろう

835 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 22:05:37 ID:fLvZHKiV0
>>830
その先に何が待ちかまえているのか。
わかっていても、あえて踏む。それが男というものだ!

836 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 22:39:32 ID:6FYoRu5/0
>>823
周りの人間がいろんな嫌がらせをしたり

これはあったよ。
チップが頭に埋められているので神経が昂ぶったり怒ると頭が爆発する。

「頭が爆発するところみたくね?w」「どーせ死刑囚だしw」
な感じで主人公を囃し立てるシーンがある。

837 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 22:55:06 ID:ExBzp2+a0
>>825
へたな映画よりずっとすごい・・・
グロだめな人は近づかないこと。

838 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 23:07:53 ID:khZP8d/M0
>>825
シュールすぎるw

839 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 23:40:57 ID:wFNm6vcu0
kwsk

840 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 23:43:18 ID:8gm/fzzr0
>>825
ぜったいにクラウスとは働きたくない


841 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 23:53:35 ID:FEG1lWG10
ググってわかった

>この作品は、フォークリフトの教習用ビデオを装ったショート・ホラー・コメディ作品である。

んだそうです。
 ttp://ja.wikipedia.org/wiki/Staplerfahrer_Klaus

最初はグロいかな?って思ったけど、
繰り返し見てたら笑いを狙ってるんだなって感じるようになった。

このクラウス結構面白いです。でもスプラッタ苦手という人にはお勧めできませんが

842 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 00:05:54 ID:1COoZ0RB0
CGとかよりも
人形を使ったホラーのほうが怖いのはなぜ

843 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 00:19:12 ID:zRJ11CT4O
ある男の所に、見知らぬ紳士が箱を持ってやってきた。その箱にはボタンが付いていて、
それ以外には何も仕掛けらしきものは見あたらなかった。その紳士は穏やかな口調で
男に言った。
「あなたがこのボタンを押すと、どこか遠い場所で、あなたの知らない人が死にます。
そのかわり、このボタンを押して頂けましたら、あなたに100万ドルを現金で差し上げましょう。」
そう言うと、紳士はボストンバックを開き、中に詰め込まれた札束を見せた。
男が躊躇うと、紳士は3日後に箱を取りに来るから、それまでに決心して欲しいと言って
去っていった。
男は悩んだが、誰も知らない人間なのだからと、最後の日にボタンを押した。翌日、
紳士が現れ、男に礼を言って100万ドルと引き替えに箱を回収した。紳士が会釈して
去ろうとしたとき、男は紳士に尋ねた。
「本当に人が死んだのか?」
すると紳士は答えた。
「はい。確かに昨晩、遠い場所で、あなたの知らない人が死にました」
男は良心が痛んだが、目の前の札束を見て自分を納得させた。
「もう一つ教えてくれ」
「はい、何でございますか?」
「その箱は一体どうするんだ?」
紳士は微笑みながらこう言った。
「これからあなたの事を知らない、遠い場所の方に渡しに行くんですよ」

844 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 01:20:32 ID:fNfjudhi0
もしも押さなかったら、遠い場所の、私の事を知らない人には渡らないのか?

845 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 01:25:25 ID:uUydnbRAO
>>844
奇 才 あ ら わ る

846 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 02:08:56 ID:cx1Q5y6L0
そういえば「きらきらひかる」って言う漫画で後味悪いエピソードがあったので投下。
主人公についてはこのエピソードでほとんど出てこないので詳細は割愛。ちなみに、うろ覚え。

ある気弱そうなサラリーマンが、女子高生に声をかけられる。
どうやら好意を持っているような言い方で。で、サラリーマンは当然嬉しくなった。
「もしかしたらベッドインできるかも?」みたいなやましいこと考えて、「とりあえずどこか行こうか」
みたいな事言い出すんだけど、そこでその女子高生の彼氏が現れる。
そのカップルは親父狩りをしていて、女子高生を餌に中年から金を巻き上げていたそうだ。
で、そのサラリーマンはぼこぼこにされた挙句金まで取られる。

その後、そのサラリーマンは悔しくてたまらなくて、ある日そのカップルを殺しちゃうんだ。
でも怖くなって殺害現場に戻ると、既に警察が周りを囲っていた。
そこで後ろからひそひそ話が聞こえたんだが、どうやら他にも親父狩りをされた人はたくさんいて、
挙句の果てには「犯人はいいことをしてくれましたなぁ」なんて言う始末。
それに気を良くした犯人は、「俺は正義のために戦うんや」とか言い出して、
変な格好をしてサラ金の社長や暴力団の組長とかも殺しだす。

結局その男は捕まっちゃうんだけど、何が後味悪いかって
そいつ人を殺しときながら、逮捕の際に「俺はお前らができんことやったってんぞ!!もっとうやまわんかい!!」
みたいな事言うんだよな。

確かこれ読んだの小3ぐらいの時だったけど、子供ながらに「そりゃねーだろ」と突っ込んだのを覚えてる。

847 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 02:11:09 ID:2NU1wPrI0
死ぬまでの3日間で100万ドルと全財産を使ってしまったら
その紳士はどうやって出費を回収するんだろう

848 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 02:14:00 ID:fOXIBAVd0
どゆこと?

849 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 03:12:26 ID:+rf9sPcwO
>>846
普通にすっきりしてしまった

850 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 03:19:13 ID:s01PV9CrO
>>849
うん、私も。
DQNカップルやヤクザやサラ金やら、いらないもんね。
社会のゴミ掃除してくれる人、現実にもいればいいのに。

851 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 03:38:43 ID:niYG+vLD0
>>849
確かにw
DQNならやったもん勝ちで注意すら許されない(同類としてしょっぴかれるケースあり)
なのに、なんで義憤の人のほうがより悪いみたいになるんだろうね

852 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 03:51:09 ID:yZQIF4NC0
まあ警察は善悪で逮捕してるわけじゃないからなぁ・・・
そのサラリーマンが裁判でどうなったのかが気になる。

853 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 04:00:49 ID:VGas8gYz0
>>846
実際にそういう正義の殺人が行われ、しかも犯人が無罪になったケースがあるらしい。

ttp://www8.ocn.ne.jp/~moonston/veng.htm
上の、バーナード・ゲッツの項。

俺は後味スッキリなのだが、846には後味悪い事件なんだろうか。

854 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 04:59:17 ID:WkW/6mpS0
でも、リーマンの殺人動機も
義憤て呼べるようなもんじゃないだろ。
女子高生に円光目的ですり寄る中年もゴミ。

855 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 05:47:26 ID:Eqr4C1h3O
ちょうどその正義のリーマンの話とほぼ一緒の話が火曜にドラマでやってたな。犯人は警察官だった

856 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 06:15:52 ID:Tc1kz/jr0
>>853
この下のマケルロイ事件を思い出したな。オレは。
これを扱ったドキュメンタリーを見てたとき、この町の住人のおばさんが、
「麻薬だの売春だのが溢れている大都市のモラルは腐りきっている。
この町みたいな田舎に住む人々がアメリカのモラルを維持するバックボーンなんだ」
と言っていたのが妙に印象に残っている。

正直、プッと思った。

857 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 06:56:30 ID:niYG+vLD0
なにかの私怨みたいなレス

858 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 07:19:57 ID:yy76FIPt0
拠り所が有ると思い込む心こそが一番の拠り所である。
              ダーソウ・テベス

859 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 07:33:27 ID:ltakKt8f0
キルドーザー事件を思い出したな。

ある街にコンクリ工場が建設される計画が持ち上がり、市民が反対運動を始める。
やがて運動は広がり、裁判に持ち込む。
結果は敗訴。それでも市民は諦めず反対運動を続けた。住人の応援もあった。
しかしマスゴミが反対運動に否定的な報道をしてから様子は一変した。
応援してくれた人も参加者も去っていき、とうとう主導者は一人きりになる。
さらに工場建設を推奨した市により、主導者は経営している工場を潰された。
主導者の家族も病に倒れ、恋人も去っていく。

一人になった主導者はブルドーザーを手に入れた。
出口やガラスなどは全て鉄板で塞ぎ侵入不可能にした。
そのままでは外部の様子がわからないのでカメラも設置した。
内部からもドアを溶接した。

翌日、彼はブルドーザーでコンクリ工場を破壊する。
駆けつけたパトカーを踏みつぶし、市役所を全壊させた。
さらに反対運動に否定的な報道をしたマスゴミ本社ビルを潰し、市長宅を破壊した。
その後、動かなくなったブルドーザーの中であらかじめ用意した拳銃で自殺した。
これだけの被害が出たにも関わらず、死傷者は主導者ただ一人である。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AD%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E4%BA%8B%E4%BB%B6

860 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 07:44:33 ID:utUv1IyJ0
>>859
発端が「看板が隠れる」なのが何とも言えないですな。

861 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 07:47:23 ID:ndxao/pT0
>>820
ネカフェにでも行って嫁

862 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 07:50:13 ID:yy76FIPt0
すげえな、キルドーザー

ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/pl/a/a3/Lewis_Hofmann_-_Killdozer1.jpg

863 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 07:50:49 ID:l0TxqfytO
2ちゃんは相手に非があれば殺してもおkなんてゆとりが多いからなぁ

864 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 07:56:05 ID:WkW/6mpS0
>>820
メル欄>>大声で叫びます「真っ赤な嘘!!!」

865 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 07:59:12 ID:cx5CgaXh0
>>859
キルドーザーは内部から溶接されていたというけれど
空気取り込むのとかは大丈夫だったのか?

内部の様子を見てみたいものだ。

866 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 08:56:24 ID:fOXIBAVd0
>>859
最後に突っ込んだ工具店はなんだったんだろか?

867 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 09:31:26 ID:NOmeoJEv0
>>866
「やべっ、ラジエーターが調子悪い」
 ↓
「よし、工具店で修理だ」
 ↓
「あぁ、溶接してた。出られないんだった・・・ショボーン」


868 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 10:04:06 ID:6FwMrVA30
>>853
そのページの
グラスゴー、アベック殺害事件のドクターSもすごいな。
自力で制裁して、逮捕もされてない。
見事な復讐だ。


869 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 11:16:43 ID:Tc1kz/jr0
>>868
これはすげぇ後味すっきりな話だなw

870 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 11:46:10 ID:cxr+6Fft0
>>844
これは、ボタンを押した奴が、次に誰かにボタン押されて殺されるって事だろ。
だったら、ボタン押さなかった人はスルーされて、次にボタン押す候補にボタンが渡るだけだろ。

871 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 11:51:01 ID:NOmeoJEv0
つーか、そんだけ金が手に入ったのなら
何とか出来そうな気がする

872 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 12:03:57 ID:tqIGwGXs0
要するに
「俺の知らない他人ならいいや。金ほしいし」ってボタン押すクズが
同じようなクズにボタン押されて連鎖的に世の中から淘汰されてく
って話だろ

いい話じゃないかw

873 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 12:29:46 ID:zRJ11CT4O
多分金なんか貰えなくても押しちゃうよ

人間だもの

874 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 12:36:35 ID:7oirXUV70
ボタンがあれば押したくなる

875 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 13:05:11 ID:Y1VA8RaS0
あーなんだっけ。星新一のショートショートにあったね。

ボタンが一つついた機械が広場に設置される。
気になった通行人が押してみる。何も起きない。
他の通行人が押してみる。何も起きない。
次の通(ry

そんなこんなで時間が経って戦争が起こって人類が滅亡する。
誰もボタンを押さなくなって数年後。
機械が初めて作動する。
葬送行進曲を流して人類のお葬式が始まった。

876 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 13:16:39 ID:fRu7Y4r80
B接点だったんだな

877 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 13:20:20 ID:tqIGwGXs0
いやいや
ただのボタンだったらそりゃあ押すけどさ
「押したら人が死ぬ」って言われて それでもほいほい押すか?

878 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 13:28:30 ID:NOmeoJEv0
独裁スイッチ

879 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 13:46:44 ID:7oirXUV70
回収しにきた男が押しちゃったらどうなるんだろう
ドアにピタゴラ装置をしかけたりしてさ

880 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 13:49:43 ID:IVQttqoF0
アイヒマン実験でググるといいよ。

881 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 14:01:16 ID:9OCWPLvS0
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1182286853/470-471

普通に読んでて最後の一行で吹いたw

882 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 14:01:19 ID:A0hO58kX0
あれはほぼ命令に近い指示があって押してるから
ちょっと状況が違うな

883 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 14:18:14 ID:8w4Vh95yO
>>881
ほんとだ、ふいたw
律義なやつめ

884 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 15:07:26 ID:d6m7zzfW0
>>881
オチで思いっきりショックを受けた。
470はまとめるのがうまいなあ。

そして473もすごいな。海人ゴンズイってなんつータイトルだ。
このころジャンプ読んでたはずだが一切記憶にない。
記憶消去か?

885 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 15:16:25 ID:d6m7zzfW0
あ、死体と乳を見て思い出した。
ヒロインが赤ん坊の死体をおんぶしてた漫画なら
頭の奥に引っかかりを覚える。

886 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 15:21:16 ID:NOmeoJEv0
>>884
かなりインパクトの強い絵柄だったから
覚えてないとすれば、本当に読んだこと無いんだろうな。

もしくは脳が記憶を否定しているかw

887 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 16:11:33 ID:niYG+vLD0
>>863
その是非は別として、やったもん勝ちのDQNどもに問題は感じない?

888 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 16:59:18 ID:Ps6VrpXy0
>>881
後味悪…。
背筋が寒くなる感じだ。

889 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:06:49 ID:/iTNyDPB0
DQNを殺しまくった義憤の人・・・・夜神月


890 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:10:11 ID:4MNgxUJP0
>>872
>846の話は別に『ボタンを押した人間が死ぬ』話ではないでしょう。
「他人事だしまあいいや」と、ボタン押してしまう『悪意の無い殺意』があって、
だからこそその『悪意の無い殺意』がいつ自分に降りかかるか判らない、という
不安が恐怖になっているのではないかしら。
ちょっと違うかも知れないけれど、『おいしい仕事』みたいな不安感がテーマな
のだと思うのだわ。

891 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:17:08 ID:HUxNPQJK0
カトリーヌ・アルレーの「わらの女」は既出?
映画版は結末が違うらしいけど、原作は結構後味悪かった。

892 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:18:05 ID:zW+yM9/xP
あ、そう。

893 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:23:39 ID:NOmeoJEv0
>>891
何をやるべきか
勘のいい君なら分かるはずだ。

894 :890:2007/07/19(木) 17:23:53 ID:4MNgxUJP0
あ、タイトルとかうろ覚えだったのだわ(;´Д`)
今は時間がないので夜中にでもあらすじを書いてみようと思うのだわ。
同名小説で混乱させたならごめんなさい。

895 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:42:08 ID:HUxNPQJK0
ごめん、うっかりしてた。

カトリーヌ・アルレー「わらの女」
ネタバレなので注意。

貧しいが美しく野心的なヒロインが、大富豪の秘書と名乗る男に
儲け話を持ちかけられる。
気難しい暴君である大富豪を魅了し結婚して、遺産を山分けしようという計画。
大富豪の心を掴むコツは長年仕えてきた秘書が把握している。

計画は成功し、ヒロインは大富豪と結婚して贅沢三昧。
しかし旅行から帰ってきた時、大富豪が急死してしまう。
「今大富豪の死が明らかになると疑われる」と、秘書は隠蔽工作を勧める。

しかし大富豪の死は毒殺であり、妻であるヒロインが遺産目当てに行った
殺人だと疑われる。
秘書に助言を求め、必死に抗弁するヒロイン。
しかしあがけばあがくほど泥沼にはまっていく。

実はそれこそが秘書の計画。
ヒロインと大富豪を結婚させ、大富豪殺しの罪をヒロインにきせて
遺産を独り占め。
それを知ったヒロインは「全てあいつに騙されたんだ!」と叫ぶが、
ますます立場を悪くしてしまう。
追い詰められたヒロインは留置場で自殺。
秘書は主人とヒロインの死を悼んでみせつつ、遺産が入ってウマーで終わり。

----------------------------------------
ヒロインも結構DQN気味なんだが、徹底的に不幸。

896 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:43:19 ID:HUxNPQJK0
既出だったら書かないほうがいいかと思ったんだ。
本当にごめん。

897 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:45:10 ID:SYiSef8Q0
>>891
君はもっと輝けるはずだ

898 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:51:55 ID:NOmeoJEv0
>>895
このうっかりさんめ!
乙だ!

899 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:56:03 ID:fHvRXZxG0
>>875
星新一と言えば、もうひとつボタンの話があったね。

ある時、地球に宇宙から通信が送られてくる。それはこれまでの地球人
の生活を一変させる様な便利な機械を作る為の設計図だった。それらに
はすべてボタンがついており、これを押せば食事、洗濯など生活に関す
るあらゆるものが「指一本」で済んでしまう。この通信からもたらされ
た新たな文明に、地球人は感謝の気持ちを強く持った。

そののち、使い方の分からない不思議な機械の設計図が送られてくる。
今までのことから、特に何の疑問も抱かずに機械を作ってしまう地球
人。ボタンを押すと現れたのは見た事も無い生物。実は彼らこそがこれ
まで「ボタン機械」の設計図を送ってくれた張本人であった。今作った
のは物質移転の受信装置。彼らはそれによってどんどん地球に移住して
くる。見れば彼らの手には指が一本。自分たちのもたらした文明によっ
て、地球がここまで発達するのを待っていたのだ。もちろんボタンひと
つで何でも出来るという自分たちに住みやすい世界になるのを・・・。

詳細違っていたらごめんなさい。星さんも後味悪いの多いよなあ。

900 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 17:59:46 ID:Ps6VrpXy0
星新一で合わせ鏡?の悪魔の話なかったっけ。
夫婦と悪魔がどうのこうのってやつ。あれ後味悪かった気が。
ちょっと本屋行ってくる。

901 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 18:08:00 ID:fHvRXZxG0
>>900
あったねえ。夫婦で合わせ鏡から出てきた悪魔をいじめてストレス解消
するやつでしょ?で、最終的にはどっちも死んじゃう。悪魔はそのまま
鏡の中に帰る。「ボッコちゃん」だったかなあ。

902 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 18:18:45 ID:sUQsI7VV0
ボケなのかそれ

903 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 18:33:09 ID:tqIGwGXs0
>>890
>>872だけど

 ボタンを押した人間は
 次の順番の人間にボタンを押される
 (押してない人は飛ばされて無事)

と 俺は解釈したんだ

でもそっちの解釈もありだな

904 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 18:33:51 ID:SZ/c8I5Z0
見世物小屋で見世物にされてた小人助けて選挙権与えたら
地下に隠れてた仲間がぞろぞろ現われて政権奪い取られて
小人たちに支配されるようになっちゃったってのも星新一だっけ?

905 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 18:39:47 ID:rJfH+Dxb0
日本こび党の政権

906 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 18:57:23 ID:xn9cE25f0
星新一ってあのデカい穴にゴミいっぱい捨ててたら何年後かにそれが空から降ってきたっていう話の作者?

907 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 19:58:46 ID:4azIyPxq0
>>906
「おーいでてこーい」だね。

>>901
ある夫婦が合わせ鏡で悪魔を捕まえる。
最初は気味悪がっていたものの、飼っていても別に何も起こらないし、
弱そうなんで、夫婦は悪魔をいじめて憂さ晴らしをするようになる。

イジメで憂さ晴らしできるおかげで、仕事も家庭も上手くいくように
なる夫婦。
しかし、上手くいって地位が上がるほどストレスも増え、悪魔へのイジ
メは尻尾を切ったり頭を叩き潰したりとどんどん苛烈になっていく。

ある日、髪を整えようとした妻が合わせ鏡を作ってしまい、悪魔は逃げる。
怒る夫、口答えする妻。
しかし、ストレスを発散してくれる悪魔はもう居ない。

口げんかはどんどんエスカレートし、夫の手には金槌が、妻の手にはハサミ
が握られた。

こんな感じだった気がする。

908 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 20:49:38 ID:EtF8+V0A0
「ひとにぎりの未来」の「コビト」

町のはずれのサーカスで赤ら顔の男が小人をいじめる芸をする。
そのうち、小人があまりにかわいそうだという意見の持ち主があらわれて、訴訟を起こす。
哀れな小人と非道な男のどちらが支持されるかは明らか。
小人は人権を勝ち取り、ついでに選挙権も手にする。
団長はインタビューに「もうおしまいだ。
やらなければ殺すとおどされた。操られていたのはわたしのほうだ」と答える。
ついに気が狂ったか、と周囲は失笑に包まれるが・・・・。
あとは>>904

なんでもかんでも問題にして騒ぎ立てる人間や
提供される義憤の種に飛びつく人間、世論にほいほい迎合する人間とかを
強烈に皮肉った部分が、いま読んでも堪える。
同じ作者の「妖精配給会社」っていう短編集もおすすめ。大半が後味の悪い話。

909 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 21:09:40 ID:fnJgJdANO
>>908
日本の行く末を見た気がする
外国人参政権反対!

910 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 21:17:33 ID:hfQFu6PvO
同意だが、このスレで反日の気に障ること書くとそのときだけ「スレ違い!スレ違い!」ってやつらが湧くからほどほどにね。
僕らはなにものかに監視されているのさ、、、。

911 :後味悪い01:2007/07/19(木) 21:23:44 ID:GHMFKrMo0
前どっかで読んだ話。

ある病院に二人の男が入院していた(A・Bとしておく)。
二人は若かったが、重い病気でほとんど寝たきり、
入院してからはその病室から出たことが無かった。
病室には小さな窓が一つだけあり、Aがその窓のわきに寝かされていた。
Bのベッドからは窓の外は見えず、いつもBはAに外の様子を尋ねた。
「今日は良く晴れているよ」、「鳥が木にたくさんとまっているよ」
そのたびにAは、笑顔でそう答える。
そんな毎日が長く過ぎていった。
そのうち少しずつ、Bは自分も外の景色を見たいと思うようになっていった。
灰色の天井ばかりを見ている生活に嫌気が差したのだ。
ある日、Bは「Aが死ねば、俺は代わりにあの場所に行くことが出来る」と思いついた。
BはAのことが嫌いではなく、むしろ親友のように思っていたが、
もうすでに、Bは外を見たいという願望に支配されていた。


912 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 21:28:54 ID:fOXIBAVd0
ああネタバレしたい

913 :02:2007/07/19(木) 21:33:44 ID:GHMFKrMo0
そしてある真夜中、Bは立つこともままならない体で、力をふりしぼり、
眠っているAの体に繋がれた機械のスイッチを切った。
すぐに容態は悪化し、Aは死んでしまった。
末期のBが疑われる事も無く、思惑は見事に成功した。

そして、BはAのいたベッドに移されることになった。
待ち望んでいた、青く、広い世界。Bはすぐに窓の外を見た。





そこには、灰色の、狭い,
ビルの壁が反りたっていた。

914 :02:2007/07/19(木) 21:37:40 ID:GHMFKrMo0
そしてある真夜中、Bは立つこともままならない体で、力をふりしぼり、
眠っているAの体に繋がれた機械のスイッチを切った。
すぐに容態は悪化し、Aは死んでしまった。
末期のBが疑われる事も無く、思惑は見事に成功した。

そして、BはAのいたベッドに移されることになった。
待ち望んでいた、青く、広い世界。Bはすぐに窓の外を見た。





そこには、灰色の、狭い,
ビルの壁が反りたっていた。

915 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 21:39:12 ID:3NStk81Q0
>>911-913
なんだっけ、なんだけぇぇえ!
なんかで読んだ記憶がある。
阿刀田だったかな?あぁ・・・。

916 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 21:44:08 ID:ihzXAZ5Y0
ある中学校の話。
授業中、6時間めに、太鼓の音が聞こえてきた。
「誰かが太鼓叩いてる」と誰かが言う。
どん・どん・どん(「・」の間は約1秒のかなり早いテンポ)

ここで話は途切れている。なんだか、かなりコエえ話なんだけど・・・

917 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 22:21:54 ID:pfeWn3W60 ?2BP(71)
>>895
去年フジテレビで昼ドラになったよね。
小説と違って秘書とヒロインが抱き合って終わりだったけど。

918 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 22:21:59 ID:Ns4Jr24J0
響鬼、鍛えてます!

919 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 23:10:05 ID:jRJ8IxYs0
>>895, 917
「わらの女」、NHKでやってたの覚えてるよ。
大空真弓がヒロイン、加藤嘉が殺される爺さまだった。
30年ぐらい前の話。


920 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 00:27:09 ID:7i1jAx3Y0
>>911
それのおばあちゃんverをどっかで見たな。


921 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 02:05:51 ID:EWAufjgv0
>>899
指が一本しかないのによくそこまで宇宙人は転送装置やなんかを作れたな

922 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 02:26:58 ID:Y8VXGrANO
ちんこ

923 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 02:35:47 ID:eE7cCnMS0
指は一本だけど、手は五本ずつあったとか。

924 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 03:02:43 ID:Ww3i4eLhO
>>921 マウスなら使えそうじゃない?
設計だけして人間に作らせたんだろ。

925 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 03:14:57 ID:oFblfHMi0
>>908
うわ〜覚えてるよ、その話。

裁判に勝って、人権も選挙権もあらゆる権利を認められた後で、
「昔であれば我々のような小さくて力のないコビト族は、滅ぼされるか奴隷にされるか
どちらかしかなかったが、今はまったく良い時代になったものだ。」
とか言いながら何千万というコビトたちが地下や物陰などから這い出してくるんだよね。

926 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 03:47:51 ID:KW7zOmX/0
自殺があったマンションで幽霊の噂がたった。
信心深いばあさんがひどくおびえてお経読んだりしていた。
深夜に帰宅した人がエレベータ乗ったら故障して、閉じ込められたんだが
救助された時は精神的にまいってたらしい




事故の原因はばあさんのもりしおによる金属の腐食

927 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 04:31:42 ID:C0M9jOAh0
>>926
このコピペ飽きた

928 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 05:04:10 ID:EWAufjgv0
>>924
いや、そういったマウスとかも良く作ったな〜と思って
あと、転移装置ってことは宇宙人の星にもあるって事だし
それも良く作ったなと

929 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 07:33:58 ID:0bfF1eouO
夜、会社からの帰り道、最寄りの駅から自宅までの道を歩いていると
途中の家のおばあさんがドアを半分開いて手招きをしている。

何か高いところの物でもとって欲しいとか
そういうお願いかな?と思って近づいた。

『どうしました?』と声をかけると


『私を殺して下さい、お金ならあげますから』


その場を離れ、自宅に帰り、一応警察に行って連絡した。
その後ばあちゃんがどうなったかは知らない。

930 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 08:17:28 ID:BSqYwomFO
>>927
私は初めて読んだけど、面白かったよ。

931 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 08:29:19 ID:C0M9jOAh0
>>930
ふーん、よかったね。

932 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 09:29:18 ID:BmoLezzv0
>>911>>913は話が少し変わってアメリカで歌になってるよ
窓側の男は病気で死んで隣の男が窓側に移った
そこには壁だけが見えていた
窓側の男は隣の男を慰めるために嘘をついていたのだ
やがて隣に別の患者がやってきた
男は外の景色をその患者に毎日教えてやった

いい話になってる

933 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 09:59:33 ID:6Woq8nk70
よく考えると、隣のベッドから外が見えないなんて
ありえないほど小さい窓だよな。

934 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 10:06:16 ID:3krfWYumO
トトロの都市伝説って一か月後にはハローバイバイの人が自慢気にテレビで
話してそうなのが嫌だよなー。
あれで印税ガッポガッポって中川しょうこの千倍たち悪い

935 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 10:10:50 ID:5fUYHtAS0
>>911>>913
アメジョに似たようなのがあるな

ある病院に重度の病気で先が短い患者AとBが入院した
AとBはほぼ寝たきりで二段ベッドに寝かされていた
退屈で明日死ぬかも分からない2人にとって唯一の楽しみが看護婦が2段ベッドの上の段へ昇る時に覗けるパンツだ
「今日は白のレースだった、今日は黒だった、今日のは際どかったから勝負下着だろうな」
こんな風に下の段にいるAがBに報告する日々が続いた
Bは最初の頃は報告を楽しく聞いていたが段々と死ぬ前に自分も生でパンツを見たいという気持ちに取りつかれ
何時の間にか親友のAが死んでくれれば下の段へいけるのにと思うようになってきた

ある日の晩Aが突然苦しみだし、Bに助けを求めてきた
しかしBはナースのパンツを見たい一心でAを見殺しにしてしまう
そうしてBは見事にベッドの下の段へ行く事ができた
これでついにナースのパンツを毎日生で拝む事ができるぞ!と、喜ぶB

しかし上の段には患者がいなかった


これはむしろスッキリか?

936 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 10:16:26 ID:Ww3i4eLhO
>>928 確かにそうだった。
何か一つでも自分で作れるならわざわざ地球に来る必要ないよな。


937 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 10:28:12 ID:qf+uzASZ0
>>934
電車男からそういうの増えたよな。
「今週妻が浮気します」なんて完全に仕込みだったし。
カキコから一ヶ月もたたんうちにTVドラマ化ってどんだけw

938 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 10:35:26 ID:jKgOcCFbO
>>916が何を意味してるのかわからないんだが

939 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 10:44:35 ID:Ea+HqZSZ0
>>934
芸能人が体験した怖い話もその類かもな。
誰かから聞いたうわさ話を、芸能人がさも自分の体験のように話す。
でも、昔は都市伝説とかも自分にごく近い人の間でしか広まってなかったから、
たとえその話を知っていた人がTVで同じ話を聞いたとしても
「この話はこの人の体験だったんだ」と思い、
いつの間にか、ただの都市伝説が芸能人の体験談として広まっていく。
「事件の聞き込みに来た警察官が実は犯人の変装だった」の話も
案外このパターンかも。

今では、ネットとかを通じて不特定多数の人間が多くの情報を共有するから
同じ手法をとってもプッてなるだけだけどな。

940 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 11:41:17 ID:byQOVyTH0
>>931
>>1を読もう。なにより落ち着け。

941 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 11:52:08 ID:XA7+pPFi0
>>937
えっあのドラマも2ちゃん発祥なの!?
知らなかった…orz

942 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 11:59:57 ID:Y+FCll/G0
>>941
違うOKwebだったはず
それに書き込みはかなり前。まあネタと言うのには同意だが。

943 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 12:26:14 ID:Pn6Ivsm70
風の杜夜話

風宮高王(たかお)は骨董品と花を売る店のオーナーで、ある特殊な能力を持つ。
それは骨董品(自分の家の蔵から出している)に宿る念と共鳴してしまい、
時にはその念の宿った時代へと精神だけタイムスリップしてしまうというもの。
また、共鳴しなくても時たまふいに精神タイムスリップを起こし、
同じ血の流れをくむ者、すなわち先祖の体に精神を宿してしまったりする。
(その間現代の体は原因不明の寝たきりという感じ しばらくすると戻る)
先祖の体に宿ってる間は、基本的に先祖の視点で物事を見れるだけで、
先祖の体を乗っ取って操ったりとかはできない。
これらは特に役立つ力ではないが、能力を持っている人は一族の土地と馴染みやすいとかで、
その代で一番力の強い者が当主になるのが慣わしで、高王は特に偉い事はしてないが一応当主。
先代当主は高王の父である若王だった。若王もまた、かなり強い力を持っていたらしい。

ある時、いつものようにどこかの時代に精神タイムスリップしてしまった高王。
いつもは見聞き程度の感覚しか得られないのだが、今回はいやに感覚がクリアで、
草で手を切ってしまった痛みさえ、まるで自分自身が傷ついたように感じられた。
それにいつもは自分が宿った先の『体』が勝手に動いたり歩いたりするのを感じるだけなのに、
体の主導権すらも高王の元にあり、不思議に思いながらも高王は元の時代に戻るまでの暇つぶしに
『体』がどこの時代の先祖なのかを知ろうと、うろうろと歩いてみる。
と、そこで美しい尼に出会った。話しているうちに、彼女が自分の先祖であると知る。
だがある疑問が浮かぶ。現代で見た事のある文献によると、
その時代、風宮の一族は戦に破れ、一人の姫君を残して滅ぼされかけたという。
結局はその姫君の子たちがまた一族を復興させたわけであり、その姫君=尼なのだろうが、
ならばこの『体』は誰なのか、他にも生き残りがいたのかと高王は不思議に思う(先祖にしか精神は宿れないから)
それにそもそも、生き残りの姫が尼ではどうして子孫を残せたのかとも。

944 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 12:32:21 ID:Pn6Ivsm70
「もしかしてこの体って俺のじゃね?体ごとタイムスリップしちゃったんじゃね?」
と思いつつ尼とうろうろする高王。尼はかつては恵まれた姫だったが
戦で負けてしまい、俗世から離れる事でなんとか生き延びれたらしい。
紫の花の上にころげてしまう尼。勢いで取れた白い僧衣の下には、まだ剃髪されていない美しい髪があった。
白い衣に紫の汁がついたのを見ながら尼は狂ったように笑い出す。
「一生白い衣しか許されないというが、そんなの、こうやって自分で染みつけてしまえばいい
 髪だって一生衣の下に隠せばいい、なにも切る必要なんかないでしょう
 こんな服を着ていればごまかせれるかと思ったけどやっぱりだめ、私は俗世を捨てるなんてできない」
さっきまでは落ちついた尼さんという感じだったのに、いきなりそう叫ぶ。
せいぜい十代後半程度のお洒落盛りの女の子が、
いきなり尼にならざるを得ない状況に放りこまれたのだから無理もなく、
高王は哀れに思いながら慰める。尼はぶちぎれた所を見せてしまったせいもあり、
高王に心を許したのか、もう名乗る場もない俗世の女としての名を名乗った。
お返しに高王だと名乗ろうとした瞬間、勝手に口が動いた「若王です」と

そこから先はもう体の主導権は高王のものではなくなり、
いつもようのように『体』が勝手に動き、高王はその感覚を共有するだけの存在となった。
どうやら、父の若王は体ごとタイムスリップする能力も有しており、
高王は『タイムスリップした若王の体』に更に精神だけタイムスリップしていたらしい。
共有できる感覚は視覚などだけではなく、感情もある程度わかり、
高王は、若王が先祖である尼に異性として惹かれていっている事を知った。
そして人気のない場所で尼と若王がいい感じになったところで、高王の意識は弾き飛ばされるように現代へと戻った

若王は既に亡くなっているのでもう問いただし様がないが、
恐らくはあの後に若王は尼とヤっちゃって、そして子供が生まれ、
若王や高王などの子孫が出きるまでになったのだろうと高王は推測した。
痛みなどを感じたのも、親子というあまりにも近すぎる先祖に宿ってしまったせいだろう

こういうタイムパラドックス物って大抵読後にもやもやしてしまうが、
親父の色恋沙汰を間近で見てしまうのは更に後味が悪い

945 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 12:42:09 ID:6K9cJTqr0
うちの家族共有のパソコンで、空き容量いつの間にか3.2MBになっていた。
ほとんどソフトとかインストールしてないし、ゲームとかダウンロードした覚えも無い。
で、気になって家族全員分のデスクトップ、マイドキュメントまで全部調べてみた。




兄貴のマイドキュメントは、エロ動画だけで15GBまで膨れ上がっていた。

946 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 13:06:38 ID:RsWCEQuz0
オチの前に間を置きたがるのは
オチに自信が無いことの裏返しである。
               ダーソウ・テベス

947 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 13:17:09 ID:7rl6Uhi60
兄貴には外付けHDD推奨w

948 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 13:17:00 ID:NZB2FQBP0
スベテ・ウソーダ

949 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 13:22:26 ID:NZB2FQBP0
「えっちでーでーだぞ」

950 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 13:33:50 ID:VrxqxLo70
大泉のいとこ乙

951 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 14:46:37 ID:Pyn2CDc+0
しかしこのスレから文房具版にどんだけ漂流したんだろな

952 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 15:27:33 ID:m1FZFRfD0
>>951
ああ、君も掛かったんだね。

953 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 16:28:52 ID:bkXQ6Swe0
作者は忘れたけど、「女か虎か」って短編。


ある男がある国の王女と恋に落ちるが、それが国王の知るところとなり
男は捕らえられてしまう。(身分違いか何か)
男はその国に昔から伝わるある方法で裁かれることになる。
その方法とは、罪人に二つの扉のどちらかを選ばせ、を開けさせるというもの。
一方の扉の向こうには虎がいて、そちらを選んだ罪人は食い殺される。
もう一方の扉の向こうにはすばらしい美女がいて、そちらを選んだ罪人は
それまでの事情は一切無視で強制的にその美女と夫婦となり暮らす。
(多分男限定の裁判法なのだろう)

二つの扉の前に立たされたその男は、性格からして恋人の王女が
どちらの扉が女でどちらの扉が虎か、調べて掴んでいると確信していた。
実際、王女は手を尽くしてその情報を知っていた。
裁きの様子を父王とともに見に来ていた王女は、何気ない仕草で片方の扉を示す。
男は疑うことなく扉を開ける。

物語はここで終わっている。
もし虎の扉を開けば、男は死ぬだろう。
もし美女の扉、王女よりもはるかに美しい女が待っている扉を開けば、
男はその美女と一生幸せに暮らす事になるだろう。
果たして王女が教えたのは、どちらの扉だったのだろうか。


という、「結論は読者の判断に委ねます」話。
王女がどちらを教えたにせよ、もやもやとした思いが残る気がする。

954 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 16:45:13 ID:m1FZFRfD0
自分的には虎だ、虎。







と後味悪くしてみる。

955 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 16:45:14 ID:6Woq8nk70
この話を見るたびに
「アメリカ横断ウルトラクイズ」の○×クイズを思い出してしまう

956 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 16:47:21 ID:f7HmsGZ50
はずれは泥だな

957 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 16:50:41 ID:1pCPpvsy0
発狂して虎になってしまうんだよ

958 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 16:51:49 ID:byQOVyTH0
メスだろ? 虎に決まってら。

959 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 16:54:56 ID:s9h11c+/0
お姫様の立場になると、どっちにしろ
男が自分が示した扉を選んでくれた時点で
後味良かったと思う。

960 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 16:58:39 ID:bkXQ6Swe0
>>959
それは今まで気付かなかった…
王女の葛藤なんぞこれっぽっちも気付いてなさそうに見えた男に
もやっとしてたんだけど、それならちょっと救われるかもしれない。

961 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 17:05:53 ID:s9h11c+/0
>>960
王女がこの恋の為に死ねというなら、それも辞さない。
自分以外の女とでも生きろというなら甘んじて生き延びよう。

という決意で男は王女の指示に従ったのかなと思ってた。
自分が能天気杉?ろまんちっく杉?なのかもしれないね(w

962 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 17:07:13 ID:6Woq8nk70
扉を開けたら
しずかちゃんがお風呂に!

963 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 17:07:38 ID:BmoLezzv0
王女の立場になってみれば男が自分以外の女と一緒になるのは
我慢できないから、当然虎のほうのドアを示すと思う。

964 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 17:09:11 ID:4D+q3ksA0
北欧神話関連の本に載ってた『ヴェルンドの歌』。


ある兄弟達のもとにヴァルキューレがやってきて、彼らはヴァルキューレたちを
それぞれ自分の妻にする。暫くの間平和に暮らしていたものの、7年経ったある
日ヴァルキューレたちは神様のところに帰っていく。
ヴァルキューレを追って兄弟たちは家を出て行ったきり戻ってこなくなるのだが、
末の弟ヴェルンドだけは家に残って妻(ヴァルキューレ)が戻ってくるのを待つ。

ヴェルンドは腕の立つ鍛冶屋だったので、妻が戻ってきたときのためにと思って
アクセサリーを作っていくことにした。
ところがその噂を耳にした王様に捕えられてしまい、ヴェルンドは足の腱を切られ
たうえ離れ島に幽閉されるかたちになり、王の宝石職人として無理矢理召抱えられ
ることになってしまう。

王からなんのいわれもなく受けたこの酷い仕打ちにヴェルンドはふつふつと怒りを
たぎらせる。そんなある日、王の子供達がヴェルンドのところにやってきた。
ヴェルンドはこの王子たちを騙して彼らの首を刎ね、頭蓋に銀箔を貼って器にし、
眼球を宝石に造り替え、その歯をネックレスにして王と王妃に献上する。

そして腕輪が壊れたので直してほしいと言って仕事場にやってきた王女に酒を飲ま
せて前後不覚にしたうえでレイプ。
ヴェルンドはかねてから秘密で造ってあった大きな翼を使って離れ島から逃げ出し、
最後に王様のもとに向かい全てを洗いざらいぶちまけた後、そのまま遙か彼方に飛
んでいってしまいましたとさ。


何の罪もないのにヴェルンドにかなり惨い方法で殺された王子たちが可哀相。
あと、冒頭のヴァルキューレが途中で助けに来てくれるのかと思ったのに以降まったく
登場しなかったのが微妙。いったい何のために出てきたの?

965 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 17:15:59 ID:9VfUemRk0
>>964
なんかもう意味がわからんw
話として全く一貫性がねえw

966 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 17:19:18 ID:3xdK+rA9O
翼はヴァルキューレのものだったとか

967 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 17:33:55 ID:IQcl7NLQ0
まぁ 王子は「坊主憎けりゃ袈裟まで憎い」って事で殺されたのでは?
あと愛している(であろう)子供を殺して、アクセサリーにされたなんて
親としては発狂ものだろうし。

ヴァルキューレは・・・神の気まぐれって事かな
(神話なんてそんなものとマジレス)

968 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 17:34:37 ID:f7HmsGZ50
冒頭の意味がないな

969 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 17:43:57 ID:IQcl7NLQ0
もぅ一つ思いついたのは
ヴァルキューレが来なかったのは、兄弟たちの様に追っていかなかったからとか。
主人公にとって妻のヴァルキューレはその程度だったのかと見限られていたりしてね

970 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 19:40:45 ID:nlMmIKiD0
北欧神話の神々ってのは基本的に傲慢だからな。人間様に合わせる気なんざ
さらさらないし、助ける気もナッシングですから。

971 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 19:42:12 ID:/hUJw+BX0
まて、他の兄弟が妻達に出会えたかはわからないじゃないか。

972 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 19:55:59 ID:s9h11c+/0
そもそも、本当に兄弟達のコドモだったのか・・
出来ちゃったから人間の男に育てさせただけとか。

973 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 21:29:15 ID:kfnM3eWK0
>>953
男が、王女は自分を虎に喰わそうと思ってるに違いない
と思って逆の扉を開いたらそっちが虎で喰い殺される。
というのが一番後味悪そう。
ちなみに爆弾犯が追い詰められて「赤か青か」どっちの
線を切るか訊かれ、答えた逆を主人公が切ってセーフ、
つー落ちよくあるじゃん(初出は「ジャガーノート」?)。
あれ逆切って爆発して死んだら後味悪いよね。

974 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 21:55:38 ID:TVXXG4B/0
>>964
ヴァルキューレが連れて行く男は、
神の宴の余興として、ほかに連れて行かれた奴と
永遠に終わらない殺し合いをさせられる。

むしろ、連れて行かれたら地獄だったな。

975 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 22:04:07 ID:s9h11c+/0
ヴァルキューレ=究極の地雷女

976 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 23:24:14 ID:40+Ttqt3O
>>972
何を言ってるのか解らないんだけど……。
兄弟のコドモ??

977 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 23:48:52 ID:DcqqjV5hO
おい>>978、ガルガルやろうといいおんな
どっちがすきだ?

978 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 23:50:25 ID:BmoLezzv0
いやいきなりそんなこと言われても・・・

979 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 00:00:58 ID:oY2UynCB0
.ワラタ

980 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 00:36:31 ID:HAfLqGc90
>>977
ガルガルやろうについて詳しく聞かせてくれ

981 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 00:42:51 ID:miLm5i1f0
ブランカ?

982 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 01:40:09 ID:QW8Mn9B90
>973
王女は王女で
「男を生かしてやろう」と思っても
男が自分を信じてくれなかったらどうするか、
という葛藤を持ってしまったら
どっちを指し示したものか迷うだろうな。

983 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 01:49:01 ID:nB+/bFqkO
女なら虎を指差すって言ってる人は女?
それとも女はこんなもんだろうっていう男?
他の女に取られることなんて後回しでとにかく死んで欲しくないのが普通では
他の人のものになるなら死んでってどんだけメンヘル

984 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 01:51:03 ID:sn559jwf0
それだけ腐った女が多い

985 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 01:52:42 ID:RFN895bJ0
「自分を信じてくれる男だったら生かしたい」
「自分を信じてくれないようだったら生かしたくない」
だったら どっちにしろ女の方を指差すだろう
信じてくれれば生 信じてくれなければ死だ

論理パズルみたいで面白いな

986 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 01:57:22 ID:QW8Mn9B90
「信じてくれなくても生きていて欲しい」
ってのもあるんじゃないか?

まあ下手に小細工すると
それこそ後味の悪いことになるので
素直に女の方を指差すのが一番だろうが。

>983
男だったら女性不信
女だったら自分が「そういう女」なんだろ。

987 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 01:59:12 ID:dfs/e+pq0
実は王と王女は共謀していて、男が王女の事を信じるか試していたんだよ!!

988 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:01:50 ID:RFN895bJ0
「どうであっても生きて欲しい」だったら難しいが
男がこう言う性格(自分のセレクトを信じて従う)と言うのを
恋人だったら知ってるだろうから
その場合も「女」だろうな

その場合
「どうであっても(自分と一緒になれぬのなら)死んで欲しい」
って場合のみ 虎を示すことになるんだろう
ただその場合
もし男が信じてくれなかったら生きて幸せになるわけで
王女にとっては後味悪いがまあ自業自得ってことで

989 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:04:04 ID:RFN895bJ0
やっぱ難しいな
男が「自分を信じて死ぬ」のと
「自分を信じずに生きる」のと
どっちが後味悪いだろうか

990 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:07:45 ID:RFN895bJ0
連投すまん
そう考えるとやっぱり>>985のケースが一番後味悪くないな
王女にとっては

あと 「虎と幸せに生きる」って選択肢はないのだろうか?

991 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:18:16 ID:Mz/zXmWW0
かなり大きくてやんちゃが激しいぬこだと思えばおk>虎

992 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:34:39 ID:aGUimIBJ0
次スレたてたぞ。
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1184952732/

993 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:38:48 ID:H8x7IPVC0
953だけど、レス見て色々考えた。
もとの話では、褒美の美女がもともと男に惚れてる節があって
気性の激しい王女は嫉妬、でも虎に惨殺されることを思うと悩む…という描写があって、
自分は漠然と「これだけ気が強くて行動力ありまくりの王女なら虎かな」と思ってたけど、
男が信じるかどうか、という点は考えたことがなかった。
それも考えるとますます複雑になるね。
虎と幸せに、もその発想はなかったので面白かった。

あと992さん乙。

994 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:40:51 ID:HAfLqGc90
992さん アリガト(○´・ェ・)(○´-ェ-)

995 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:52:26 ID:v9czMlBWO
>>983
天城越えみたいだね
「誰かに盗られるくらいなら、あなたを殺していいですか」

996 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 03:02:40 ID:kArBO5Od0
まあでも、王女の調べた結果が合ってないなんて事もあるかもしれんしな

997 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 03:08:35 ID:RFN895bJ0
王様が手を回してわざと嘘を教えたりとかな
ありそうだ

娘に一生モノのトラウマを背負わせる結果になるが

998 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 03:10:58 ID:miLm5i1f0
虎だけにね

999 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 03:20:59 ID:SpgJHcwM0
次スレの話しないままに>>992まで流れたのか。毎度ながらこのスレすげえな

1000 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 03:21:08 ID:tPSwLAbr0
>>998
熊さん「ははぁ、虎ねぇ。でも、ちょっと待ってくださいよ? 虎は居るとして、馬がいねぇじゃないですか」

998「実は、男が馬面だった」

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

393 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)