2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話その75

1 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 22:25:45 ID:eURZLzC20
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」をNGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
  次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
  950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ 後味の悪い話その74 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1184952732/

過去ログはこちらからどうぞ
「後味の悪い話 まとめサイト」
http://badaftertaste.web.fc2.com/

2 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 22:34:32 ID:kbHrJEeGO
ネタの書き込みの悪い例

644 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/04(月) 00:30:22 ID:zO++YlwT0
>>639
普段のゲーマーっぽくまとめてみた。

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz

3 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 22:41:19 ID:kbHrJEeGO
ネタの書き込みの良い例

638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/03(日) 23:17:30 ID:jOuzepYG0
既出かな。

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。

4 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 22:43:08 ID:kbHrJEeGO
ごめん携帯だと入らない、>>3の続き



呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。

5 :高潮注意報:2007/08/01(水) 23:58:35 ID:wvS6U9k50
波田さん、「ボリビア」に二度も救われた。
byヘキサゴン

(解説)PKクイズで初めて得点を稼いだ時の
問題が「南米の国」
・・・で、今日挑んだ問題が「ハ・バ・パ行の国連加盟国」

あの頃を思い出して書いたのかな?
と、一時は考えてたが、違うかな?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/02(木) 00:47:49 ID:+NIIm9K90
>>1
乙です

7 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 03:41:42 ID:G9fSUcsu0
 最初に書いておくが、この事件は迷宮入りであり、犯人はわかっていない。
昭和10年代、福井のある村で、ある小売商の家に夜半10時頃、訪問者があった。
本家からの使いです、といって表戸を叩くので、細君が起きて出てみると、赤毛布を頭からすっぽりかぶって、
本家の提灯を持った男が軒先に立っている。本家で急病人が出たから、呼んできてくれと頼まれたというのだ。

 急いで亭主はその男とともに家を出ていった。
本家からその家までは8キロほどある。亭主を送りだしてやった妻は心配しながらも、
子供たちを再度寝かしつけて、自分もうとうととした。しかし2、3時間後、また戸を叩く音がした。
出ていくとまた赤毛布の男である。彼は「病人はとても朝までもたなそうだから、女房も呼んでくれと言われ、迎えに来た」と言った
細君はすわ大変とばかりに、子供と親しい近隣の家にあずけて男とまた一緒に出ていった。
すると1,2時間たって、今度は子供を頼んだ隣家の戸を叩く者がいる。また赤毛布の男で、顔は見えない。
「両親が、子供も連れてきてくれというので迎えに来た」
 と男は言った。しかしその家の細君は、こんな夜中に子供に風邪をひかせては大変だし、
もうぐっすり眠っているから明日にしておくれ、と言った。男は再度頼んだが、彼女は頑として応じなかったので、
赤毛布の男は不承不承、帰っていった。

ところが数日後、この小売商の夫婦は惨殺されて河に投げこまれているのが発見されたのである。

8 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 04:21:44 ID:KLQzL5AcO
超有名だね

9 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 04:23:40 ID:3aYDN2YOO
A

10 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 04:58:48 ID:QppiBBvMO
>>5
前スレにも貼ってあったけど、何なの、これ?
波田陽区とボリビアに何の接点があるの?

11 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 07:41:34 ID:F//4f6Tq0
どうせ下らないことだから、無視していんじゃね?
受けないギャグを繰り返す空気読めないガキみたくてウザイけど。

12 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 09:56:41 ID:3aYDN2YOO
>>11
無視するって言ってるけど、煽ってんじゃん(^-^;

13 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 10:39:29 ID:d5/STc780
>>7
これ見たことあるけど、ネタ?それとも事実?

14 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 10:47:46 ID:oXk0leBk0
>>13
事実。
あと、sageろ。

15 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 11:03:24 ID:s8t6aqAZ0
彼氏とくだらないことで言い合いになって
そしたら彼がボコボコにすっぞって脅してきて
Tしゃつの胸元ギューってひっぱられたから頭にきちゃって
グーを横にしてガッテンガッテンみたいに横から連打したら
彼がびっくりして全身がギャグみたいにガタガタガタガタ震えて泣き出した
こっちが悪いみたいで後味悪りいなって思った

16 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 11:07:56 ID:FYGUAm+r0
>>14
すまん。事件名なんていうのか教えてほしいんだが…

17 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 11:36:53 ID:rlKzNIiEO
ミスばっかでそろそろへこむ

18 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 11:38:56 ID:8jlEDmHL0
>16
思いつくキーワードでググれば出てくるよ。
リンク先で、21年目に犯人と称する男が自首したとあるが、結局時効でうやむやになったらしい

19 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 11:48:51 ID:WJXUPIpd0
俺が大学の時・・25年位前のほんとにあった話
その頃友達が木造、共同便所、風呂なしの汚い2階建てに下宿してた
学校も行かずに昼は雀荘、夜は連れの下宿と2泊3日で一睡もせずに麻雀をして朝方自分の下宿に帰って死んだように寝た
どれだけ寝たかわからないが、何か体の上に乗ってるようで苦しくなった
重い・・「うぅぅ」とうなされる・・
苦しくて、怖いが目を明けたら・・
連れが2人体の上に乗って「麻雀しよぉ」ってさ

怖いよぉ

20 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 13:33:47 ID:0Gj2I72l0
前スレで出たオイディプス、野村萬斎と麻実れいでやった舞台観たけど
見る前は「この二人だったらアリじゃね?」とか思ってたのが
実際話を追って感情移入しちゃうと、嫌悪感とか以上にマジ耐えられんって感じで
後味悪いというより「もう勘弁して」って感じだった
反対に、わかってて近親相姦する奴の話は、まさに「後味悪い」って感じ…

21 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 14:22:02 ID:sezqXNEa0
オディプスは続編のアンティゴネを読むと、余計に救われない。
アンティゴネはオディプスの娘。
父の死後、兄の一人がテーバイの王クレオンに対して反乱を起こす。
しかし兄は志半ばにして死亡。王クレオンは彼の葬儀を禁ずる。
しかしアンティゴネは王命に反して、兄の喪に服し、
埋葬の変わりにその亡き骸に砂をかける。
その行為を反逆と取り、王クレオンはアンティゴネを死刑に処す。
アンティゴネの婚約者であった、王クレオンの息子もアンティゴネの後を追って自殺。



22 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 14:24:05 ID:+16Vg3DH0
まあ西洋や中東らへん(特に昔のエジプト)とかは
近親相姦とかは屁でもなかったんだよな
クレオパトラなんか父親とも弟とも結婚してるし
彼女の姉妹も自分の息子と通じていた(これはうろ覚えだが)

23 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 14:34:25 ID:j/gQojAx0
近親相姦は悪という価値観は
いつ、どこで発生したものなんだろう。
奇形が産まれやすいなどの経験則から避けられたのか
それとも、本能的に最初から避けられたのか。

24 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 14:42:11 ID:sezqXNEa0
そういや、思い出した。
実父に犯され続け、耐え切れなくなって殺した女性の裁判で、
裁判官が「田舎に行けばそんな話はよくあること。
一等親殺害の理由にはならない」的な発言したのは、
ほんの一昔前の話だよな。

25 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 14:43:19 ID:76C+tTqa0
有性生殖のメリットの一つは遺伝子のバグを修正するため、と聞いた事がある。
近親だと同じバグを共有しているんで子どもを作っても結局バグがなくせない、
なので本能的にタブーになったんじゃないかという説がある。
とはいえ、血縁関係は「幼少期にどれだけしょっちゅう顔を合わせていたか」で
判断しているので、同じ保育園で育った他人同士が恋愛感情0になる傾向があったり、
逆に生き別れだった親子・きょうだいが近親相姦しちゃったりということも
あるらしい。

26 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 14:46:34 ID:+16Vg3DH0
動物でもある程度知性があれば近親姦は避けるからな(一緒に育っていればだけど)
やっぱり本能的に身内を性的な目で見ないようにしてるんじゃね?

27 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 14:54:34 ID:oXk0leBk0
>>26
本能で近親姦を避けてるとしたら、知能がない動物の方がよりしっかりと避けるはずだが。
知能が高い動物が近親姦を避けるというなら、それは知能の方で避けてるんじゃないのか?

28 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 15:05:17 ID:+16Vg3DH0
ごめん知性と本能両方で避けてるんじゃ?って言いたかったんだ
文ぐだぐだでスマソ

29 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 15:09:21 ID:lcMymu5V0
>>16さん、めっかった?

30 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 15:41:44 ID:YiCsj2AXO
今までに読んだ中で一番 後味の悪い話は、阿刀田高の迷路という短編、 新潮文庫の七つの怖い扉に収録されています。 書店に行く事が有れば読んで見て下さい。内容は 下手に書かない方が良いと思いますので紹介だけしときます。

31 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 15:48:47 ID:GVHvYD4q0
下手でもよいのでかいてくださいよろしくおながいします

32 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 15:54:55 ID:sx+rroCx0
この板でもさんざん出回ってた、人を殺して井戸に捨てたら次の日には死体が消えている、
でも最後に母親を殺して井戸に捨てたときだけはいつまでも死体は消えなかった、ってやつでしょ。

でも文章そのものに味があるから、原文で読んだほうがいいよ、ってことでは。


33 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 16:04:53 ID:YiCsj2AXO
そう解釈してくれたら有り難い。

34 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 16:10:15 ID:9XaB7iIS0
しかしここはそういうスレではない

35 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 16:23:29 ID:25Q4csKdO
>>30>>33
死ね

36 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 16:57:05 ID:mE+E417p0
確かにちょっとうっとうしいけど でも 死ね はひどいよ

あー>>30
>>1にも
>・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。
って書いてあるように ここは「後味の悪い話」の
内 容 を
紹介するスレなんだ

これからはよろしくね

37 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 17:01:48 ID:GUw63q7O0
>>36
おれからも

しね。

38 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 17:42:32 ID:kV8+zWiC0
「(息子を)返せ!」 父、怒り…“保育園の車に放置された園児、熱中症死”で告別式


    λ   息子を返せー
   λ !.! /
   >Y〃
  (ヘ <
   ヽヾ、、     ,、-'"⌒'ヽ、
    ヾ ヽ    ,ィ  y   i
     ヾ  ゙'-、, (:)_)ζ )^T ヽ
      ゙'し  `l、r ,ィェ、 し' /
        ゙'-、,,`,(⌒ソ  =<
           ヽ二_(r  `〜〜ュ_
              `ヽ  ノ    \
                Y /~    ト、
       __        ノ !   ,、--'" ヽ
      \_>>    ___ノン /,'" ヽ--'" ヽ
      -= \__,、-'"  _゙',_ノ-'"ヽ'--'" -'" ヽ
       ゙'、,__,ニ、,二,、-'"     ヽ'--'"゙'--'"ヽ
                     /    :::::::::::ゞ〜ヾ
                     !::::::::::::::::::〆⌒
                    ⌒⌒⌒⌒゙'〜〜
  ママ田坊
 ・昔、一生懸命に愛犬を育てた女がいた。息子もいた。
  しかし保育園にて彼女の息子は熱中症で亡くなってしまった。
  それ以来その女の家からは「息子を返せ、息子を返せ、死ね、殺すぞ、くらすぞ、いなくなれ、
  子供がいると自由がなくなる、子供?貸そうか、育児はほとんど旦那がやってます。家事もだけどw、
  絵本を買うお金があったら車のパーツ代にする、(ゲーム機は)電機店で盗めばいいじゃん」
  という恐ろしげな声が響いてきたと言う・・・・

39 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 17:50:05 ID:byhn7Uw80
>>24
ゲッ…何だそれ
その裁判官自身が田舎出身なのか知らんが、
「よくあるからおかしなことじゃない」って言ったのと同じだよな
その状況がどういうことなのか認識しようとせずに思考停止してる恥知らずじゃねーか
まして、現実にそれで苦しんで殺人を犯すほど追い詰められた人を前にしてんのに…

40 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 17:55:05 ID:a22R2z/v0
尊属殺人が重いという当時の価値観を考慮しないで
裁判官を叩くのは思考停止ではないのか?

41 :1/3:2007/08/02(木) 18:00:39 ID:v/+qsLXX0
オイディプス王で思い出した、「指輪物語」の作者J.R.R.トールキンの
「シルマリルの物語」中のエピソード。長文ごめん。
-----------------------------------
この章の主人公は、エルフと同盟関係にある人間の部族の一つの族長の息子だが、
父親は魔王との戦いで捕虜になっている。
エルフ・人間連合軍と魔王との戦いで連合軍が敗れたため、主人公の暮らす集落にも
異民族が侵攻してきた。
母親はまだ幼い主人公の身を案じ、主人公を自分の親族と縁のある
別のエルフの王国(D国)に亡命させたが、自身は身ごもっていて
長旅に耐えられそうもなかったため集落にとどまった。
主人公がD国に旅立った後、母親は女児を出産する。

D国の国王夫妻の養子として育てられ成人した主人公だったが、
主人公の出世を妬んだ重臣とトラブルになり、国を出奔して
無法者たちを束ね一つの武装勢力を作って魔王に対抗しようとする。
主人公の親友だったD国の戦士が主人公を連れ戻しに来たが、
ミイラ取りがミイラになってその親友も武装勢力の一員に。
しかしある程度大きくなって目立ってきた主人公一派は、
魔王の軍勢の襲撃を受けて壊滅し主人公と親友以外は全滅、
主人公は捕虜として連行される。
一見死んだように見せかけて回復した親友は主人公を助けようと後を追い、
追いついて敵を倒し主人公を助けようとしたが、暗闇の中で親友を敵と見間違った
主人公は、親友を斬殺してしまう。

42 :2/3:2007/08/02(木) 18:02:09 ID:v/+qsLXX0
その後主人公は、魔王の捕虜になっていたが逃げ出してきたいい人系エルフの案内で
別のエルフの王国(N国)に迎えられる。
N国の王は勇猛な戦士が来た事を喜び、またいい人系エルフと恋仲だった王女も
恋人が帰ってきたことを喜ぶが、主人公が活躍するにつれ王女の心は
主人公に傾き始めてしまう。
主人公は王女を恋愛対象としてみていなかったため、またいい人系エルフは主人公の
急進的な意見に賛同できなかったこともあって、いい人系エルフと王女は悩み始める。
やがてN国も魔王の手先の竜に襲われるが、主人公は竜の
「おまえがここで英雄としてちやほやされている間に、故郷の母親と妹は
ひどい目にあっているぞ」という口車に乗せられ、戦線を放棄して故郷に向かってしまう。
その間にN国は滅ぼされ、王女は捕虜として連れて行かれた。

主人公が故郷へ戻ると、故郷は魔王と手を組んでいる異民族の支配下にあった。
憤り異民族の長を殺した主人公は、母親と妹がとうの昔にD国に亡命した事を知らされる。
故郷の人々は「あんたが長を殺したせいで、こっちは何倍も報復を受けるんだ」と
主人公を歓迎しない。
竜の口車に乗せられた事を悟った主人公は、王女を救出すべくN国の方へと戻ったが
時既に遅く、王女は殺された後だった。
主人公は、王女の死を見届け手厚く葬った人間の部族(H族)に迎え入れられる。

一方母親と妹は、主人公がD国を出奔するのと入れ違いで亡命してきていたが、
N国滅亡の噂と主人公がN国にいたという噂を聞き、真偽を確かめるべく
主人公を探しにいこうとする。
D国の国王夫妻は止めたが、根負けしてD国の重臣である苦労性のエルフを
護衛につけて送り出した。
しかし廃墟と化したN国の跡で竜と鉢合わせしてしまい、母娘は竜の呪いで発狂・自失し、
そのまま失踪してしまう。
責任を感じたD国重臣の苦労性エルフは国王夫妻に報告し、
主人公とその母娘を探す旅に出た。

43 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 18:03:00 ID:I/qKp1410
ドラえもん裁判もそうだけど
法律が簡単に融通効かすわけにはいかないことで
より不完全なものになってしまっているジレンマを感じるな。

44 :3/3:2007/08/02(木) 18:03:28 ID:v/+qsLXX0
H族の一員として暮らしていた主人公は、ある日王女の墓の近くで
若い娘が行き倒れているのを見つける。
足が不自由だが医療の心得がありいい人系のH族の族長と共に主人公は娘を看護し、
記憶喪失で言葉さえ話せなかった娘も少しずつ日常生活を送れるようになって来た。
族長は娘に思いを寄せていたが、娘は主人公の求婚を受け結婚して身ごもった。
そのまま幸せな暮らしが続くかに見えたが、
H族の集落に竜が近づいてきたとの知らせが入る。
主人公は竜の討伐に向かい、死闘の末に致命傷を負わせたが、
自身も傷を負って気絶してしまった。

後を追ってきた妻と心配してついてきた族長が主人公に近づくと、死の間際にいた竜が
「そこにいるのはお前の生き別れの兄だ」と告げて死ぬ。
竜の死によって記憶を取り戻した妻(主人公の妹)は絶望して崖から身を投げた。
その後目を覚ました主人公は族長から顛末を聞かされるが、信じたくないあまりに
族長が嘘をついているとなじりそのまま斬殺してしまった。
そこにD国重臣の苦労性エルフが通りかかり、その口から妻が妹だった事が
間違いないと知った主人公は、運命を呪いながら自殺した。
H族の人々の口から事情を知ったD国エルフが主人公とその妹の死を悼んでおわり。
---------------------------------------------------
ものすごく要約すると、
・敵と間違えて親友を殺害
・うっかり活躍しすぎてカップルの仲を裂いてしまう
・敵の口車に乗せられて王女を見殺しに
・知らずに妹と結婚
・真実を伝えてくれたいい人キャラを殺害
うまくまとめられなくてごめん。

45 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 18:12:10 ID:byhn7Uw80
>>40
専属殺人の重さと近親相姦の苦痛を軽視することは
別の話ではないのか?
しかも「田舎では」って限定してる時点で
意識的に話をごまかしてるってことじゃん

46 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 18:17:54 ID:oknT4Eys0
「田舎ではそう」「田舎者市ね」ってヒステリックな人はこのスレにもよく集まるけどな。
夜になって荒れませんように。

47 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 18:20:21 ID:sezqXNEa0
時代が、そういうものだったってことだな。
ぐぐったが、以前見た文献がみつからない。
興味あるなら、ここらへんにチョット載っている。

http://tkq.orz.hm/labo/shohyo/showreview.asp?ID=25

48 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 18:30:18 ID:byhn7Uw80
>>47
おお、ありがとう

49 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 18:40:26 ID:Eh7AwowP0
>>45
都市伝説ならぬ田舎伝説のヨタ話でそんなムキになるなや。

50 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 18:45:10 ID:IgaEVGMx0
>>49
実際の裁判を必死に田舎伝説にしようとするなや。

51 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 18:52:21 ID:kXdAet7TO
>>44
乙。主人公アホすぎて後味悪い…

52 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 18:56:45 ID:mE+E417p0
なんか
裁判話だと例外なく荒れるな
どう言うことなんだろう・・・

53 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 18:59:37 ID:rHMs/iF60
でもこの事件をきっかけに尊属殺人のみ罰を重く定めていた
条文が撤廃されたんじゃなかったっけ?
全体的に見れば納得できる裁判だったんじゃないか。

54 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 19:38:14 ID:XpWHnI6nO
でも、その父と娘の間に生まれた子供たちはどうなったのか考えると、メチャ後味悪い。

55 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 20:16:52 ID:ziwmv1Vd0
ぜんぶ堕胎したって聞いたな それで子どもを生めない体になったそうだ


56 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 20:23:23 ID:T+zN8Faz0
専属殺人てそれなんてゴルゴ?

57 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 20:29:57 ID:lutew8IoO
>>55
5人産んで2人死亡。その他に5回妊娠中絶で不妊手術だって

58 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 20:36:14 ID:ziwmv1Vd0
捕捉サンクス
ちなみにそのあと好きな男ができて父親から逃げようと思ったとも聞いたがそれも相違ある?

59 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 20:41:51 ID:rHMs/iF60
>>57
娘をそんな目に合わせてまで性欲解消の道具にしたかったのか
鬼畜だなホント…
中絶手術受けた後に父親にまたやられる娘や生まれた子の気持ち考えると
殺されてても生ぬるく思える

60 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 21:17:16 ID:Wi+Rw99i0
自分はこの事件、中学か高校(たぶん中学)社会科のサブテキストに載ってたんで知ったんだけど
いまでも載せてるのかね?
サブテキストっても教師が勝手に持ち込んだもんじゃなくって教科書に準ずるようなもん。

61 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 21:18:49 ID:t0O8z56T0
高3だけど一年の時に選択した倫理の授業の教科書に載ってたよ

62 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 21:25:32 ID:sfCGBySN0
日本の司法制度みたいなことで
高校の政治経済の教科書と参考書に載ってたな
教科書では法律に違憲判決が出た例として
参考書(副教材?)では詳しく載ってた。

尊属殺人が平等原則に違反すること、
それに刑法と道徳論を分けるべきことを定めた重要判決って事じゃなかったっけ?


63 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 21:36:23 ID:Wi+Rw99i0
まだ載ってるのね。とりあえず読んで興奮したことしか覚えてないなあ。

64 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 22:00:06 ID:W+xYyqyWO
そんなことより、乃南アサさんの小説って後味悪くない?
あんまりこのスレじゃ見かけないんだけど。

65 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 22:27:30 ID:25Q4csKdO
>>64あらすじ書けないならそういう事書かなくていいよ
>>1ちゃんと読みなよ

66 :1/2:2007/08/02(木) 23:22:21 ID:TChSE//N0
乃南アサさんはイマイチ読んでないけど、空気を変えるべく投下。

唯川 恵『きれい?』

 主人公は自分で医院を経営する美容形成外科医。
 未婚だがひょっとしたら結婚するのかも、と思える、半同棲状態の彼氏はいる。
 ちょっとした施術でも高額になる美容形成を”ボロい商売”と思っている。
 経営もそれなりに軌道に乗っているし、悠々自適の毎日だ。
 そんな主人公の元に、ある日一人の女性が訪ねてくる。
 それは学生時代、壮絶なイジメに遭っていた同級生だった。
 主人公も当然の様にそのイジメに加担していたのだが・・・。

 『彼女』はその容姿のせいでイジメに遭っていたが、年齢を経てもその醜さと卑屈さは変わってい
なかった。
 彼女は主人公に施術をせがむ。
 金には糸目をつけないという言葉に乗せられ、主人公は施術を引き受ける。
 だがそれは患者の身体を気遣うための様子見や安静を無視し、彼女の望むままの手術を施すという
異常なものだった。
 それでも流石に数日を要する事になったが、彼女は深夜に訪れ、主人公は助手も帰した後の言わば
貸切状態で施術は続いた。
 殆ど限界以上に細く、薄く削られた顎骨や頬骨、生命維持に影響しかねない急激な脂肪吸引など、
常識を逸脱した施術によって彼女は息を呑むほどの美人へと生まれ変わる。

 そんな時、主人公はかつての同級生からかかった電話を取る。
 それは”昔馴染み”を頼った保険の勧誘だった。
 死亡しなくとも、病気などによる余命宣告を受けた時点で保険金が受け取れるというのが売りだと
いう画期的な保険の話。
 勿論興味もない話だったが、その会話の中で『彼女』が末期癌で余命幾許とない存在であった事を
知る。
 そして手術費用がその保険金で賄われた事は疑うべくもなかった。

67 :2/2:2007/08/02(木) 23:24:15 ID:TChSE//N0
 疲れ果てて帰宅した彼女を彼氏の呻きと、そして女のあえぎ声が重なって迎える。
 そっとベッドルームを覗くと、女が彼氏に跨って腰を振っていた。
 その顔は・・・紛れもなく『彼女』だった。
 シリコンではなく、腹部から抜き取った脂肪で豊胸された胸は腐り、乳首から膿を垂れ流す。
 薄く削がれた頬骨は割れて皮膚を突き破り、顎骨も崩壊して筋肉が締め付けるままに萎縮している。
 血膿を垂れ流しながら嬌声を上げる『彼女』。
 崩れてゆく肉体に気付かず、膿を湧き出す乳房を揉みながら快楽に呻く彼氏。

 ふと、『彼女』が主人公を振り返った。
 「私・・・き・れ・い?」
 一際大きな哄笑が主人公を包んだ。



 映画化もされたらしいんだけど、未見なので出来なんかは不明。
 生理的にも気持ち悪くていや〜な気分が残るのだわ。

68 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 23:38:47 ID:IweK1k9a0
>>67
なかなか面白い。
唯川さんは、昔、コバルトかなんかで少女小説書いてたけど、ブラックも上手だね。

彼女、は、主人公に恨みを抱いていたから、彼氏を奪ったってことかな?

69 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 23:43:18 ID:3sckpkBn0
>>67


てか、彼氏気づけよw



70 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 00:15:41 ID:qxH1fQGW0
その状態で気付かない彼氏スゴスwwwwwww

71 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 00:19:04 ID:9fQpQ4LX0
きっと彼氏はそういう趣味の人だったんだよw

72 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 02:40:36 ID:3zrJRaS60
じゃあ女医の彼女も化け物?

73 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 03:02:16 ID:/3bkN/QJO
チューリップ

74 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 03:35:49 ID:NSgLeFIu0
バ韓国人の異常行動

自分の両親がモルジブへの観光ツアーに参加した際、一行に韓国人の集団がいて
皆でビーチで熱帯魚と触れ合うイベントになって、熱帯魚は普段から餌付けされてるのか
人を警戒することもなく近寄ってきて、皆大感動。が、韓国人達は何を思ったのか
履いてたビーサンで熱帯魚をバシバシ殴って殺して沖へ投げ捨て始めたんだって。それも大爆笑しながら。
父曰く「捕って食うとかだったらまだ分かるけど、ただ殺してんだぞ。あいつら狂ってる。」
この行動にガイドや地元民が激怒。大勢に詰め寄られて、流石にまずいと感じて韓国人たちも大人しくしたとのこと。

両親は団塊世代なので、どちらかというと親韓だったけにこの件は相当ショック受けてた。
ちなみに韓国では、動物園というの動物を愛でるために訪れるのではなく
「人間に生まれてこれなかった哀れな生き物」を見物しにいく施設らしい。
いい大人が動物たちに罵声を浴びせる光景が日常風景とのこと。

75 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 03:55:28 ID:oa+LlQGM0
同胞の諸君、深夜だからといってチェックが足りないぞ!
いつもどおりこの手の書き込みのときだけワラワラ集まってきて「スレ違い」
「消えろ」「お前のほうが迷惑」と口を極めて仕切るのだ!


76 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 06:15:14 ID:MH7BaR0T0
スレ違い
消えろ
お前の方が迷惑

これでよろしいか?

77 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 06:20:05 ID:MH7BaR0T0
まあ
まじめに言うと
「韓国人だから」でひとくくりにしちゃうのは
短絡的で頭が悪い行動だなあ とは思う

東南アジアあたりで金ばらまいて女を漁りまくった挙句
性病もらってボロボロになるアホなおっさんと一緒にされて
「だからニホンジン、バカね」てプギャーされたら嫌だろ?

なに人とか関係なく バカはバカ
そういうことじゃないんか?

78 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 06:45:49 ID:geqYX1hG0
文化の違いじゃない?

ま、日本人もあまり人のことは言えないってのはあるけど。

79 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 08:58:26 ID:/XkzNMDy0
>>77
逆に日本人は外国の入国審査で「日本人だから」信用されているよ。

80 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 09:06:42 ID:pUvVdNsPO
昔の日本人が作った分厚い信用ですな

81 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 09:13:11 ID:PUua80dT0
>>77
韓国人でまともな奴なんか一人もいないよ
全員キチガイ

82 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 09:19:29 ID:ozppCaNO0
その魚を殺してた朝鮮人がバカかどうかは知らないが、
朝鮮人に弱者(動物もそうだし、人間も含む)を馬鹿にしたり虐待したりする文化があるのは本当の話。
動物とか、身体障害者とかは、生前の行いが悪かったからそうなったという理由で、いたぶってかまわないらしいね。

身体障害者の動作を滑稽に真似た病身舞とか、身体障害者がテレビに映ると「気持ち悪いから映すな」と苦情が来るとか。
世界中を旅している身体障害者の人の手記で、韓国で酷い扱いを受けたことが語られていたりもした。
日本じゃ信じられない事があるのが朝鮮。それを悪いとは言わない。文化の違いだから。でも、半島の上だけでやっていてくれ。

83 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 10:01:28 ID:48SiIZj/0
スレ違い
消えろ
お前の方が迷惑

84 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 10:09:34 ID:MCnIoCn20
不良率が 1% でも 99% でも
良い物もあれば悪い物もある って言えるもんな

85 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 10:32:33 ID:pUdOD8prO
日本人全員がまともで真面目なわけない

86 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 10:34:39 ID:7rEQFB0/0
何を以って良しとするかの基準が
大幅に狂っている国があるとすれば
その国全体が悪く言われるのも致し方ないと思う。

87 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 10:45:13 ID:agX/B7QG0
まあ日本人からしたら、朝鮮人は最悪だわな。真反対の文化だから。

88 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 10:52:06 ID:KLaSkpIA0
お互いの誇れる部分が
相手に取ったら癇に障る部分なんだろうな。

お互いにムカついているのに
なんで仲良くしなきゃいけないんだろうね?

89 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 10:56:32 ID:48SiIZj/0
愛するの反対は無視だぞ
嫌いだ嫌いだって話題にするのも愛のうち

90 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 11:30:04 ID:aL+8zEKl0
前スレで阿刀田のフルネーム教えてくれた人ありがとうございます
図書館行ってきます、(><)はきゅ〜ん!!

91 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 11:33:30 ID:3EMU7xUbO
でも何で韓国人の話から朝鮮人の話になっちゃったんだろうね…?





>>82お前か('A`)

92 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 11:42:57 ID:oa+LlQGM0
>>90
「阿刀田」でぐぐれば一発で出てくるのに、どうしてそうしなかったのだろうか。謎だ

93 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 12:30:47 ID:17X3wC8w0
そんなスレの軌道を換えるべく、投下。
教師ネタで恐縮なんだけど。

小学校一年生のときに、そのとき仲が良かったやつと学校で遊んでいて、
確か二人だけのブームが、泥棒ごっこだった。
小一なんで、別に物盗むとかじゃなくて親分と子分に別れて
親分が子分に「おい、こぶん。俺の筆箱からえんぴつとってこい」見たいな感じで命令して、
色々集めてから二人で悪そうな笑いをした後、元の場所に戻すという内容。
ちなみにその遊びで人のものはとったこと無いです。

んで、授業が終わって、その後の休み時間でまたやろうということになった。
親分役は俺だった。早速俺は、「おい、こぶん。色鉛筆もってこい。」と言った。
そしたらその場にいた担任が烈火のごとく俺を叱りつけた。
何がなんだか分からない俺に、その担任はとにかく激怒しながら、「親に言いつける」
とまで言い出した。
とにかく小一だったので、怒られるとすぐ泣くんだが、泣きながら遊びだったと弁明すると、
さらに担任は怒って、「その言い訳する根性は最低」とか言ってきた。

結局親が介入して、教師と親とに、ぼろくそに怒られた。
当時は「悪いことしちゃったんだな」的な感じで考えてたんだけど、
今思い出したら後味悪くなった。そんなに怒られるようなことだったのかしら(´・ω・`)


94 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 12:46:38 ID:eoY9pHyB0
いじめだと思ったんだろ普通に
「おい子分」って日常的に呼ばれてるものと思ったんだろうし
その上「○○とってこい」じゃ、いじめで万引きさせられるアレみたいなもん
だと思うだろうし、「遊びだった」ていうのも、いじめでよくある言い訳だしな
その状況で友達同士の遊びだったと信じてもらうのは至難の業だろうな
まして小一じゃ冷静に大人に「ハッハッ、まあまあ落ち着いて」とか言えないしな

95 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 12:55:05 ID:q4WUJZjmO
>>82
障害者の扱いで思い出した。
そういうのは朝鮮に限らない。
イタリアに留学してた時、障害者は「先祖が神の怒りを買うようなまねをしたから、天罰がくだった」「悪魔の化身」などと言われて、外にも出られない状態だった。
クリスチャンってヤツは、けっこうタチが悪いと思った。

96 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 12:59:09 ID:iKxyBnC10
>93
そのとき子分役はフォローできなかったのか?小一だから無理なのか

97 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:15:39 ID:17X3wC8w0
>>94
なるほど。確かに傍から見ればいじめに見えなくも無いですね。
でも大人に怒られた小一が普通に言い訳するとも思わないし、ましてやいじめもしないと思うんですけどねぇ・・・。
息子いないからよく分からないです。

>>96
そういえばフォローはまったく入りませんでした。
まぁ誰かが起こっている場面を見れば、子供って大体怯えますし、
そのことについてはあんまり気にしてません。

他にも、友達に猫だまししただけで、その教師に電話で親呼ばれて
かなり怒られた記憶があります。
そのせいで当時は電話が鳴る音を聞いただけでその場から逃げ出したくなるトラウマに
しばらく悩まされた記憶があります(´・ω・`)

98 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:24:37 ID:I/uKzXzG0
ああ教師がとにかく悪いひとでしたって話に持って行きたいのか

99 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:25:22 ID:/XkzNMDy0
>>84
>>不良率が 1% でも 99% でも
>>良い物もあれば悪い物もある って言えるもんな

とある工場に、本社からファックスが届いた。
「不良品は3%以内にすること」
ロシア人は悩み、返事をした。
「無理です」
日本人も悩み、返事をした。
「不良品の設計図を送れ」

100 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:27:39 ID:cPunA2Lr0
この前やってた白熊ピースの特集が非常に嫌だった。
知らない人は少ないと思うけど母熊が発狂したから飼育員の人が家で育てた白熊ね

小熊のうちは飼育員さんの家で家族みんなに愛されて暮らしてて
大人になってからは家で飼うわけにもいかんから動物園の檻で暮らしてるんだけど
孤独のストレスでおかしくなってて急に気絶したりとかするようになってんの

水飲み場で気絶して窒息しかけたりして見てて痛々しかった。
しかもその番組のノリが「人間が白熊を育てた感動の物語」みたいな感じに仕立てようとしてて酷かった
飼育員さんも世間の流れには敵わないから仕方ないんだけど番組でこんな扱いされてどんな風に思ったのかなぁ

死んでから虹の橋で会えるといいですね

101 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:34:56 ID:I/uKzXzG0
>死んでから虹の橋で会えるといいですね
なにこれ?

102 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:45:39 ID:hudw2a8XO
914 可愛い奥様 2007/08/03(金) 03:18:12 ID:EtoLzoYgO
少々亀ですがヤクザ話。うちの近所に親分サンの屋敷があるんだけど
隣の犬がうるさいからって若いのに射殺された。
勿論殺されても泣き寝入り。うちも当時犬飼ってたから
話聞いてガクブルだったよ…

103 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:46:56 ID:KLaSkpIA0
>>101
MI6の諜報員への暗号だよ。
他に有名なところでは
「霧のロンドン・エアポート」等がある。


104 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 13:50:03 ID:Hx1/36xb0
>死んでから虹の橋で会えるといいですね

いろいろ使いまわし出来そうなフレーズだなw
荒らしへの切り返しとか

105 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:01:01 ID:eoY9pHyB0
霧のロンドンエアポートって暗号ほんとにあるのか
バンコラン用だと思っていたよ

106 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:03:06 ID:ckrlhQsn0
>>102
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/dog/1183975394/

正直な話、犬は吠えるものとか、
なんだかんだ理由をつけて無駄吠えをしつけないほうが悪い。

107 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:06:35 ID:hudw2a8XO
銃刀法違反

108 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:20:51 ID:3zrJRaS60
>>93
あなたはもう大人で、お嬢さんもお持ちのお母さんの立場になっていらっしゃるようなのに、

>そんなに怒られるようなことだったのかしら(´・ω・`)

って、いい大人が情けない。
黙って持って行かれた方の立場に立ってみなさい。
「すぐ返したもん」って言い訳をしそうですが、自分がされてもそう言えますか?
盗られた側にしてみたら、返してくれるかどうかなんてわかりません。
一時的にせよ、勝手に物を持って行ってしまうあなた方に苦情が来たのでは?
釣りネタかも知れませんが、こんな人がお母さんなんて後味悪いです。

109 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:24:22 ID:Q1c33YzPO
>>108
マジレス・・?

110 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:28:28 ID:UJakU6i20
>>108
どこをどう読んだらそんな解釈になるんだよw

111 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:30:02 ID:pjJH0mkf0
>>108
ここまでズレまくってたら、ある意味爽快。

112 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:34:06 ID:EH0pAQaz0
>>108
93の2つ目の段落の最後の一文をヨモウネ

113 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:34:28 ID:7jxbTT+c0
>72=108 か
自分はマジレスに賭けるな

114 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:35:39 ID:ASMRhQ3o0
>>108
みごとな脳内変換能力をお持ちの方か。

115 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:37:34 ID:1kEMf5BmO
>>65 42731

116 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:38:21 ID:oa+LlQGM0
くそっ、叩きに乗り遅れた! じゃあ俺は擁護にまわるぜ!

そんなこと言うなよお前ら! 李下に冠を正さず。誤解されるようなことをする
ほうが全面的普遍的に悪い。だから>>108さんのような可哀相な人がアレな間違いを
しちゃうんだろ! この悲劇を起こしたことに謝れ!



117 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:39:48 ID:ASMRhQ3o0
>>116の侠気にホレた。

118 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:40:36 ID:KLaSkpIA0
>>108のずれっぷりも素晴らしいが
>>116の空回りっぷりもなかなかだな


119 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 14:43:50 ID:WNe7qVj30
いま朝日とかがわめいてる慰安婦問題の論調って、要約すればまさに>>116みたいな感じなんだがな。

と、後味悪くループさせてみるぜ。

120 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 15:18:19 ID:eoY9pHyB0
>>108はどう考えても釣りだろ
おまえらノリがよすぎる

121 :1/2:2007/08/03(金) 15:54:58 ID:H5l2kS+J0
過去ログ探していて見つけたのでコピペ
---------------------------------------
422 名前:おさかなくわえた名無しさん 投稿日:2006/11/14(火) 17:26:36 +dbNyNK/
うちの母は小さい頃から私が失敗すると「おバカさんねえ」が口癖で
私が転んだりしても笑ってそう言いながら優しく手当てしてくれた。
んで小学校2年の頃クラスに少し知恵遅れ?の女の子がいた。
動作もトロイのでクラスの男子にはバカにされたり苛められたりもしてたけど
私も鈍くさい方だし、その子は優しい子だったので私は良く一緒に遊んだ。
その子の親も気にしてたみたいで、家庭教師とか付けて特訓してたらしい。
その子が凄い頑張っているのは私も知っていて、だんだんいろんなことが
人並みに出来るようになっていくのが子供心にちょっと嬉しかった。

ある日2桁の足し算の問題で、その子が先生に指名されて黒板で解くことになった。
そこは特にその子が頑張ってるトコで、先生もソレを知ってて指名したはず。
彼女は一生懸命解いたけど、最後の最後でひとつだけ繰り上がりを忘れて
すごく惜しかった。先生も惜しいねーと言って、でも大きな花丸を付けていた。
彼女が席に戻ってきたときに、ハラハラしながら見ていた私は冒頭の母の口癖を
言ってしまったのだ。
「すごい惜しかったねー。頑張ってあんなに難しいトコは解けたのに。最後に
繰り上がり忘れちゃうなんて、おバカさん」
彼女の耳には「バカ」しか入らなかったらしい。その場で号泣した。
驚いた先生に、泣きじゃくりながら「○○ちゃんがバカって言った」と訴えた。
先生は激怒して私の耳を引っ張り立たせて
「問題が解けても頑張ってるクラスの友達をバカにしたり蔑むような子は心が
汚い。お前は心の汚い子だ」と大声で罵って強いビンタをした。
その後ずっと教室に立たされていた。


122 :2/2:2007/08/03(金) 15:57:31 ID:H5l2kS+J0
423 名前:切れちゃった 投稿日:2006/11/14(火) 17:29:48 +dbNyNK/
そんなつもりはない、って弁解したくても不用意なことを言ったのはホントだし
細かいニュアンスは子供には伝えきれなくて、痛さよりも大好きな先生に「汚い」
って吐き捨てるように言われたのがショックで一日泣いてた。
その子はそのうち忘れちゃったみたいで、またニコニコしながら寄ってきたけど。

なんか思い出しても気持が切ないな。
弁解する機会もないうちに私は転校して、6年の時にその先生が校庭に飛び降りて
死んじゃったとニュースで聞いた。

--------------------------------------------------
頑張ったのにバカにされた女の子と
バカにしたつもりはなかったのに友達傷つけちゃったこのスレ422と
いい先生なのに生徒を傷つけたまま死んじゃった先生とが後味悪い
他にもこの「人生の中でも5本の指に入るめっちゃ怒られた事」スレには不条理に
叱られた後味の悪さが満載だ。

123 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 16:10:15 ID:KLaSkpIA0
そんな満載スレなのに
落ちてしまって、次スレが立っていないのが・・・

124 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 16:11:45 ID:oa+LlQGM0
>>120
うちのは山本山だからねー。

おや、なんだか今日は静かだ・・・

125 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 16:19:14 ID:PUua80dT0
>>122
池沼の言い分だけを聞いて
前後の理解もしてないくせに子供に汚いなんて言える馬鹿だから
自殺は因果応報だ

126 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 16:37:50 ID:Q62kGkKV0
過剰反応っつか
義憤の場合は冷静さを欠くことを問題だと思わない人多いな
相手が子供であることを、さらに弱者である池沼第一になりすぎて
頭から飛ばしちゃうような教師は怖いよ

127 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 17:23:26 ID:Uz4a1lMjO
>>122
後味悪いね…


私も、小さい頃から調子良くてお人よしの性格があだになり
小2の時に特殊学級の子(音楽とか体育とか集会になると私達のクラスの生徒になる)
の面倒を見る係を任せられた。

その子が列をはみ出せば、私が変わりに怒られ 音楽や体育の授業でその娘が騒げば『ほら!〇〇(←私)さん!ちゃんと 見てて!』
それでなんとか大人しくしようと優しく悟そうとするんだけど、暴れてぶっ叩かれてさ……

とうとう学校に行きたくないと 小2で登校拒否になった…。

両方の親を呼び出し先生も一緒に話し合いして、もうこんな事はないようにする ってなって
私もやっと学校行けるようになって普通の小2生活送れるようになった。
でもその特殊の子、私の顔をなかなか忘れてくれず、
小6位まで私を見つけては殴りに来た… なんか今でも凄い嫌な思い出だよ。。



128 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 17:28:01 ID:Xfj1iuyu0
>>127
乙…
教師が面倒見るべきなのに子供に見させて
その子が登校拒否になるまでフォローもしないって
どんなお粗末な教師たちだ

今、DQN親に変なクレームつけられて学校が大変と言うけれど
そういう変なクレームでも、全部がDQNな教師のとこに行くんならいいなあと思う
でも、後味悪いことに、そういうのは真面目で勤勉な教師ばっかり、
なぜか被害に合うんだよなあ

129 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 17:50:20 ID:g4MAcNxyO
>>128
現実は、そんなふうに「因果応報ではない」んだ、ってわかっているからこそ、
後味の悪い話を聞きたくなってしまうのかもしれないなあ。

130 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 18:45:20 ID:/XkzNMDy0
>>119
>>いま朝日とかがわめいてる慰安婦問題の論調って、要約すればまさに>>116みたいな感じなんだがな。

韓国の中の人達が
「日本政府が全く謝らないのは、日本の運動家達の努力が足りないからだ!」
って言い出してくれないかな。

131 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 18:46:27 ID:Q62kGkKV0
しつこいんだけど

132 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 19:33:27 ID:vtj3JWrZO
小4の頃、本来担当だった先生が産休のため新米のA先生(女)が採用→うちのクラスの担当になった。


A先生は授業中生徒が騒がしいって理由で授業をボイコット、理科室とか空き教室にこもり、生徒が全員で謝罪に行っても許さない。誰かが泣くまで追い返すって人だった。

夏、男子の一人がペンを天井に投げつけて遊んでいた。
蛍光灯にぶつかれば危ないかもしれない。
その場には私しかいなかったので注意したが、男子は無視して続投。
結果、A先生に話した。
ホームルームで男子を叱るA先生。
すると、突如A先生が私に「お前は注意したのか!?」と怒り顔で言ってきた。
いきなり話をふられて動転した私は、回答に詰まってしまった。
言った気はするが思い出せない、そういう状態だった。
それを注意していないと捉えたA先生は、男子を座らせ私を立たせると、「何故注意しなかった」「お前も同罪」と私を叱り始めた。

帰る途中友達に「(私)ちゃん、注意してたのにね」って言われて、余計後味悪かった。


あれから11年、私の中ではトラウマになって記憶に残っている。


133 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 19:40:30 ID:XtiTNP9R0
自分も注意せずにボイコットしてるのにね

134 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 19:51:13 ID:oa+LlQGM0
>>127
大変でしたね。そういう経験をどんどん世に出して、養護学校どころか特殊学級
さえも拒否して一般生徒の中に入れようという風潮をなくさせられるといいけど・・・。

なんでもかんでも普通の中に入れようとする親がいるせいで、本来は特殊な子供の
ために作られた養護学校が機能できないよね。
あれって子供のためではなく、狂ったエゴなんだよなあ

135 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 20:14:23 ID:WcQfkgnB0
知的障害のある子を普通学級に入れて専門家の教育を受けさせないってのは
虐待だと思うんだけどね。
石井亮一・筆子夫妻みたい人たちが知的障害者の教育のために
大変な努力をしてきたのにその功績がどんどん踏みにじられて行くのは
本当に後味が悪いよ。

136 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 20:42:52 ID:cMutwZZbO
いるよな、親が自分の子は知障って認めたくなくて障害あるのに普通学級に入ってる子。
親のエゴだよな。障害ある子が周りからどういう目で見られるかわかってないし、周りにどういう迷惑かかるか考えてない。

137 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 21:07:52 ID:4JCJ6zX0O
クレヨンしんちゃんのフランス人形の回

138 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 21:12:41 ID:X8nBNGHnO
学級にいた池沼の親が集会で講和をした。

我が子自慢の無意味な話を終始して最後に

「この子も修学旅行行きますからお世話よろしく」←結局それが言いたかっただけ。

みな('A`)


結局は自己満なんだよね。

言い方は悪いが、
人より様々な面が劣ってるのは紛れもない事実なのに。

139 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 21:13:47 ID:A6+rI0bwO
>>137
>>1

あらすじはどうした

140 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 21:22:26 ID:cMutwZZbO
>>138
まだよくね?
俺の学年に知障の兄がいたんだが、兄が卒業式だからって母親がその知障も式に連れてきたのよ。
そいつは集会の時とか奇声発しながら壇上に上がろうとするような奴だったんだわ。
で、卒業式でも案の定奇声発するわ壇上上がろうとするわ。
ぶち壊された気分。みんな終わったあと文句言ってた。
ホントに親何考えてんだか。本人じゃなくて親がむかつく。

141 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 21:46:19 ID:A6+rI0bwO
>>140
かと言って学校側も「池沼は式典に連れてくんな」とも言えないだろうし
難しい問題だね

暴れさえしなけりゃいいんだがなあ

142 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 21:49:25 ID:4DPMzqPx0
池沼の子は普通の子より躾が大変だから区別されるのにね。
社会的行動が出来りゃ池沼でも問題ないよ。

143 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 21:52:31 ID:PUua80dT0
自分も池沼は本人の責任ではないし、さほどむかつかない
行儀の悪い子供に対して抱く気持ち程度。
やっぱりその保護者の態度だよ
同情はするが、責任は取るべきだ。
その責任を他者、特に健常の子供に●投げする親は理不尽で、
その手の話を聞くたびもやもやっと後味悪くなる

144 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 22:06:24 ID:Uz4a1lMjO
>>143
あーわかります

小2の頃の私もさ、別に特殊学級だった子の事が嫌だった訳じゃなくて
なんで私ばっかり!?なんで先生達は私に面倒を押し付けるの!?
って気持ちのが大きかった気がするから

145 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 22:39:41 ID:pUdOD8prO
障害者は普通学級に 一人は必要だと思うけどなー。
俺ダウン症や小人や 知的の存在をまったく知らんまま中学入って知的障害者初めて見て
あまりの気持ち悪さに吐いたことがある。
隔離させすぎて初めて接する場面にさらされたときどう対応していいかリアクションに困るから幼い頃から
こんな人も居るって世の不条理を植え付けさせたほうがいいと思うけどな。
あと子供フリークスの
人らのドキュメン見た時普通にこれギャグ?こんなんが存在できるの?って全然信じられなかった。
頭二つに体一つってまんま妖怪意外の何物でもないじゃん

146 :コピペ:2007/08/03(金) 23:02:14 ID:i4kqtn130
877 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2007/06/19(火) 08:19:54 ID:oLGF0LXt
小学校の父親参観のとき、児童たちが「将来の夢」について作文読んでた。
まだ低学年ということもあり、夢いっぱいの子どもたちが
「大きくなったら中村俊輔みたいなサッカー選手になります」とか
「大きくなったら、お母さんみたいな看護婦さんになります」とか言ってる中
「大きくなったら総理大臣になります」と言う子がいた。
その子の作文の内容が
「大きくなったら総理大臣になります。
そして、子どもに変な名前をつけちゃいけないっていう法律を作ります。
変な名前だと子どもはイヤです。
大人は、子どもがイヤなことをしたらいけないと思います。
子どもに変な名前をつけた大人は罰金にします。
それから、変な名前の人はも自分で変えてもいいっていう法律を作ります」
と宣言してて、教室内がしーんと静まり返った。
作文を読み始めるまでは、教師の制止も無視してビデオ撮りまくって
「こっち向いてー。もっと大きい声で読んでー」とかやってたその子の両親が
ビデオカメラとめて無言でうつむいてるし。

その作文を読んだ子の名は「恋獅子(れんじし)」君だ。

--------------------------------------------------------------------

彼が総理大臣になった頃、彼の両親は時効なんだろうな…

147 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 23:05:02 ID:hZ98SNQE0
>作文を読み始めるまでは、教師の制止も無視してビデオ撮りまくって
>「こっち向いてー。もっと大きい声で読んでー」とかやってたその子の両親

駄目な親というのは360度隙無く駄目だな。

148 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 23:39:46 ID:PUua80dT0
>>146
コピペらしいが死ぬほどワラタ
レンジ氏って

149 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 23:57:58 ID:aspr+8oE0
奇名って子どものころは嫌だろうな。
大人になると、けっこう良いもんらしいが。よく憶えてもらえるし。

最近は増えてるからそうでもないのかもしれんが。

150 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 00:43:47 ID:iOpH8kFs0
>>146
そのコピペが事実だとしても、そんな名前つける親は
「恋獅子って名前がいやなのか? そうか、変わった名前なのでいじめられてる
んだな! よーしパパ、いじめっ子や学校からたくさんふんだくっちゃうぞー」
と幸せ回路を発動して自分を責めなさそうw

151 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 00:52:20 ID:GWcgjKJ1O
>>149
50年後、、、
「クラスメートも美優児とか聖母とかありふれた名前ばっかで覚えづらいなあ、、、えっ、お前、タカシ
っていうの?すげー、超珍しい名前じゃん!」

152 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 00:53:20 ID:DL/54QJB0
>>149
このサイト見るとそうでもないみたいだよ
ttp://dqname.jp/

でも何で"恋"獅子なんだろう
連獅子とは関係ないのかな

153 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 02:37:52 ID:JvMncfBMO
>>152
そのDQN名サイトで悪い意味の漢字の例にあがってる字が自分の名前に入っていた
普通に敬愛していた親の軽率と低能さをつきつけられ後味が悪い

154 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 02:58:27 ID:DFc+U7OWO
>>153
例は例だよ。
他の字との組み合わせとか、その字を使った理由次第じゃない?

155 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 03:06:58 ID:yVL3ujoOP
1 :工学部(神奈川県) :2007/08/04(土) 02:40:21 ID:9sf5izxZ0 ?PLT(12223) ポイント特典
自殺:スーパーで万引きの男、逃走中に胸刺し死亡 渋谷区


 3日午後9時半ごろ、「スーパーで万引きをして逃げた男が刃物で自分の胸を刺した」と110番があった。
警視庁代々木署員が東京都渋谷区幡ケ谷2の路上に駆けつけると、50歳ぐらいの男性が倒れており、
病院に運ばれたが失血死で間もなく死亡した。同署で身元を確認している。

 調べでは、男性は現場から約100メートル離れた同区幡ケ谷1のスーパー「グルメシティ幡ケ谷店」で、
おにぎりやパンなど5〜6点(約1000円相当)を万引きしたところを通報した同区内の男性客に見つかり走って逃げた。
客は1人で追いかけたが、男性は現場の路上でいきなり持っていた果物ナイフ(刃渡り約9センチ)で左胸を刺したという。

 男性は緑の半袖Tシャツに紺のジーパン姿で白のスニーカーを履いていた。白髪頭で角刈り。身分証明書などは持っていなかった。
【佐々木洋】

毎日新聞 2007年8月4日 2時12分
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20070804k0000m040155000c.html

156 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 05:35:30 ID:sPR7UGUdO
>>155
東京都渋谷区幡ヶ谷2…といったら、今年の正月に妹コロして合宿いった兄ちゃんちの歯医者があるぞ〜…
Σ( ̄□ ̄;)

オラ3丁目に住んでたぞ〜。

と携帯房が投下してみる。


157 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 05:46:24 ID:Vtxi/F4sO
>>156
で?

158 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 08:06:38 ID:8MbC4SFcO
でっていう

159 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 09:28:16 ID:JxT3pcr60
携帯+絵文字+・・・
最強コンボ

160 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 09:33:32 ID:e7ycBHls0
>>156
これはひどい

161 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 12:03:13 ID:/vWpXKNjO
盗んだ物が…お金なかったんかな。

162 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 12:06:15 ID:vbX4ACpj0
季節はずれかつプチだが、遠野物語の「寒戸の婆」って話。

ある村で、若い娘が一人行方不明になる。
身内は必死で探すが、一向に見つからぬまま二、三十年ほどの月日が流れた。
ある吹雪の夜、娘の実家の戸を叩く音がし、家人が戸を開けると
娘を名乗るぼろぼろの老婆が立っていた。
娘は出された食べ物を貪り食うが、手づかみで食べるさまは化物じみてすらいた。
周囲の気味悪げな視線に気付いたのか、娘を名乗る老婆は「帰る」と言って
どこへともなく去っていった。
それ以来、風邪の強い冬の晩には「寒戸の婆が来る」と言われるようになったという。

娘がどこへ行っていたのか、行方不明の期間中どうしていたのか、
なぜ急に帰ってきたのかまったく分からず、
しかも家族にも受け入れられなくなっているのが後味悪いというか。


163 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 12:09:20 ID:j3MIT0mt0
>>156

そのお母さんが勤務していたホテルのサイト見たよ。
事件後も、事情により休業中ということで、結構の間
閲覧できた。
今は、勤務をやめたと思ったけど。
自宅か近所で、開業だったけ?

164 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 12:17:31 ID:rlLwxwES0
>163
>そのお母さんが勤務していたホテルのサイト見たよ。

で?

165 :ゴジッド ◆GZID.1.ldE :2007/08/04(土) 12:26:19 ID:FCUXAAGv0
なんじゃそりゃ(笑)

166 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 12:44:12 ID:BGooPlHNO
ここ、全然怖くないねイぷ
厨とかわけ分からンしエシ
携帯・でなにが悪いのー?
絵文字のほうが可愛いよ
2chやってる人なんて全員
ニートなんでしょー笑いス
あたしは学生Sやってるし
働きもしない人にとやかく
言われる筋合い無いーっA
>>156さンは悪くないってト
無駄に大人ぶる>>157さン、
>>160さンたちは最低Oだね
タヒねば良いって思ったよ
"これはひどい"とかうざッ
おまえらの顔のが酷いし
まあ鏡見た事無いんだろS
えーと、とリま2chは糞だね
呪ってやリたくなった!笑い
うちのパパ警察だからね、
変なカキyした奴捕まえるよ
家でたくさん虐めてあげる
からx楽しみにしてなよ
こんなスレ無くて良いッ_
レモンでも食ってろばーか
彼女いないんだろうね…R
楽して生きてんじゃねーよ
行動おこす力も無い癖にB
くさいんだよキモヲタが

167 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 12:47:43 ID:LQ6HU02D0
これはひどい

168 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 12:48:33 ID:Fc5yLEb50
>>166
彼女はいないけど俺も警察官志望だよ。

と意味のないことを言ってみる。

169 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 13:04:17 ID:geb7Eil10
最近のオカ板はいちいち携帯中だのゆとりだの自分の愚かさを全く棚に上げたミニマムアナルもいれば
>>166みたいな低レベルな釣りも飛び入り参加しだして
その上「後味の悪い話」というスレでバカ親やバカ教師から受けた
理不尽ではあるけどまったく後味の悪くない体験談(しかも自分の)で盛り上がる
もはやオカ板のニュー束VIP化や〜!!もうこねーようわぁああああん

170 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 13:08:01 ID:rlLwxwES0
>こんなスレ無くて良いッ
小池一夫の漫画みたいでワラタ

>とリま2chは糞だね
これだけ意味不明、だれか解説ヨロ。

171 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 13:14:25 ID:OoYkLpKv0
>>166
中途半端にしか読めん。

172 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 13:17:01 ID:71Gmbkqn0
>>166















でいいのかな

173 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 13:17:37 ID:AeaVLpNVO
ヒント:ID

174 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 13:32:31 ID:geb7Eil10
>>170
とりまはクソギャルの間では「とりあえず」といういみで使われてますよ

とりあえず反応せずにいられないお前らに泣ける

175 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 13:44:53 ID:rlLwxwES0
>174
へえ〜そうなんだ、ありがトン。「リま」で「ほ」なのかなとか考えちゃった。

176 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 14:12:31 ID:8MbC4SFcO
  、  ∩
( ゚∀゚)彡 タヒ! タヒ!
  ⊂彡

( ゚∀゚)o彡゜ タヒ!

177 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 14:33:04 ID:vbX4ACpj0
既出かもしれないが、多分阿刀田高さんの小説だったと思う。
--------------------------------------------
主人公の元恋人の女性はとても綺麗な指の持ち主だった。
何かの理由で恋人が海に身を投げて死に、主人公は恋人の従兄弟だったかがやっている
小さなレストランにやってきてしんみりと話をする。
従兄弟は「彼女、自分が死んだらあなたに自分の指を食べて欲しいって言ってましたよ」と
言い、冷蔵庫から取り出した箱に入った指を見せる。
主人公はしばし絶句するが、ある考えからそれを了承する。
従兄弟が料理した「元恋人の指が入っている料理」を、主人公は食べた。

その後しばらくして、主人公は再び元恋人の従兄弟を訪ねた。
「この間箱に入っているように見せたのは、底の穴から出したあんたの指だったんだろう?
あんたと彼女の指はよく似ている。あの料理にも指なんて入ってなかったんだろう。
でも、何でそんな手の込んだことをしたんだ」
従兄弟は穏やかに微笑して答えた。
「そのまま『彼女の指を食べて欲しい』と言っても、
あなたは気味悪がって嫌がると思いましたから。
ああすれば、あの料理に指が入っているとは思わないでしょう?」
しばらくして見つかった元恋人の遺体からは、指が切り取られていたと主人公は聞いた。

178 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 15:19:55 ID:SHF4SZhE0
主人公m9( ^Д^)プギャーって感じ

179 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 16:04:09 ID:oomS2qV40
竜馬にお任せっていうコメディ番組の最終回。
話の内容的には坂本竜馬をダウンタウンの浜ちゃんがやってて、その周りの
新撰組とかも基本的に芸人さんがやったりするコメディ時代劇っていうので
当時小学生だった自分は毎回結構笑いながら見てた。

その最終回、みんな希望に燃えて下宿していた道場を去る。
別れがあれば出会いもある。新しい目標をみんな見つけてそれぞれの道を行く。

そこまではいいけどその後ラスト2〜3分。
各人物ごとに別れたその後どうしたかというエピローグ的なものが入る。
「音楽で新しい時代を作る!」と旅に出た元人斬りの男は旅行く先で、自分が行けば
恐れられて家の戸や窓をぴしゃりと閉められて最終的に過去の罪で役人に抑えられ処刑。
その他の登場キャラも全員打ち首・もしくは暗殺されたりして悲惨な最期を迎えました。

・・・いや、直前まで笑い有り涙ありのドラマで希望に燃えて出発しただけに
その後のわずか数分のこのエピソードが後味悪いどころかもう鬱で鬱で・・・。
しかもみんな打ち首の後に晒し首とか悲惨な最期ばかりでした。
当時小学生だった自分にギャップで深いトラウマを与えた作品です。
作品自体は物凄く面白かったんですがこの最後のエピソードだけはやらないで欲しかった
というかやった意味が分からない。いっそもう完全に史実と切り離してくれていればよかったのに・・・。
この作品知ってる人居るんだろうか。

180 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 16:11:01 ID:rlLwxwES0
>179
とりあえず普通に人生終わったキャラもいたようだが。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/竜馬におまかせ

181 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 16:11:25 ID:GH/4b6M20
>>179
見てたけどそんな最終回だったとは忘れてた
以蔵は反町がやってなかったっけ?
あのノリで晒し首とかねーよw

182 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 16:48:06 ID:vbX4ACpj0
古代中国の話なんだけど。
--------------------------------
とある国の大臣が、美人の後妻を娶る。
ところがその国の王様が後妻に横恋慕し、大臣宅に押しかけて手篭めにしてした挙句
その後何度もやってきては同じことを繰り返す。
我慢できなくなった大臣は、訪ねて来た王様を殺して新しい王を立てた。

しかしその後、大臣の先妻の息子たちと、その後妻が生んだ子供を守り立てる一派とで
跡継ぎ争いが起きる。
大臣が同僚の別の大臣に愚痴ると、愚痴られた大臣は
「それは見過ごせない、手を貸しましょう」といい、件の大臣宅に兵をやって
先妻の息子一派も後妻の息子を守り立てる一派も皆殺しにしてしまった。
後妻の息子は辛くも逃げ延びたが、あまりの惨劇に後妻は自殺してしまった。
何も知らない件の大臣は家に戻って惨状を目の当たりにし、後妻の亡骸のそばで
自害した。

183 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 17:13:33 ID:wVPNB1MfO
中国クオリティwwwwww

184 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 17:19:40 ID:iOpH8kFs0
日中記者交換協定と日本マスコミの自発的協力により、中国の意に沿わない
報道や発言をすることは小日本では実質、禁じられています。

即座に「大臣」を「日本軍兵士」に、「王様」を「東条英機」に変更して発表しなさい。
3日とおかず大手新聞各社に載せてあげましょう。

185 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 18:54:19 ID:IUen7w2J0
「それでも僕はやってない」
ツタヤで貸し出しはじめたので見てきました。

フリーターの男性A君が250%満員の電車内で
電車のドアにスーツを挟まれ悪戦苦闘していた。
電車の扉が開くと同時にそのまま電車を降りると
女子中学生に痴漢に間違われて私人逮捕される、
すぐに駅員が呼ばれ
「事情を聞くから駅員事務室に来て」と言われた為
駅員事務室に同行した。
その時、たまたま一緒の車内の隣にいた
女性B子さんが駅員事務室まで来てくれ
「その人は痴漢ではないです、
ドアにスーツの裾が引っかかっていて
それを取ろうとしていたのを見ていました」と言ったが
B子は駅員に事務室から追い出されてしまう。
そのまま駅員から警察に引き渡され
代用監獄によって4ヶ月の拘留を受ける。
A君の供述は取調室ではまったく聞いてもらえず
それどころか「私は電車の中で痴漢をやりました」と
取調官に何度も何度も復唱される環境の中
警察の書いた調書にサインさせられる。
(サインしなければ代用監獄によって留置所を出ることができない)

結果起訴されたA君は裁判で争う事になる、



186 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 18:55:28 ID:IUen7w2J0
裁判では証人が呼ばれ事実認定が争われる。

駅員「駅員事務室に来た女性ですか・・
   確かこの男(A君)が痴漢をやったというような事を言っていました」
乗客C「あぁいましたねぇ・・ 
   その人が犯人のような事を言っていました
   犯人ではないという内容ではないです、
   僕は少し離れた所から被告人が変な動きをしているのを見ました
   ですので痴漢だと思います間違いないです」
被害者
女子中生「女の人は駅員事務室まで来ました
     被告人が変な動きをしていたと言っていました」

と各自証言する

更に中生「スカートの中に手を入れられて
     いつも痴漢被害にあって現行犯逮捕しなければ駄目だというので
     勇気を絞って現行犯逮捕しました、
     犯人の手をつかんだんですけど犯人は手を後に引っ込めた為
     一度手を離してしまいました。
     ですがその時後ろを振り向いていたので犯人が手を後に引っ込めたのを見ました」
と証言。

弁護士が現場と同じ状況を再現し
事件現場の検証をしたところ。

被告人A君はドアに密着していたので
手を後ろに引っ込めれないことが判明した。


187 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 18:56:58 ID:IUen7w2J0
更に駅員事務室まで来て頂いた女性B子を
駅で苦労の末に発見し法廷で証言してもらった。

B子「後でぶつかってくる人がいるので見てみると
  被告人がドアにスーツを挟まれていました。
  またその際小声ですいませんと言っていました
  痴漢であれば目立たないようにするので・・痴漢ではないと思いました」
と証言。

そこで裁判官が質問する
判事「被告人はその間どのくらいの時間それをやっていたかわかりますか?」
B子「10分くらいだと思います」
判事「貴方はそれをずっと見ていたのですか?」
B子「いいえ、気がつくと被告人がもぞもぞと動いていたのわかりました
  ですので、そのもぞもぞと動く動きで
   スーツを引っ張っているんだと思いました」
判事「わかりました」



188 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 18:58:18 ID:IUen7w2J0
 判決

判事「主文、
   被告人を懲役4ヶ月に処する
   痴漢行為という許されない行為をしまた事実を否認しており
   被告人は反省の色も無く今後再犯の根拠が無いともいえない。
   
   事実認定について補足説明をする
   中生は後に手を引っ込めたといったが、被告人はドアに密接していたため
   手を後に引っ込めるのが不可能であった事は
   被告人は手を後ではなく
   上に引っ込めることも可能であり
   中生の年齢を考慮するとそれについて正確な証言をできなくとも
   なんら証言の信憑性は崩れない。

   また、B子が被告人がドアに挟まったスーツを
   引っ張っているところを見たのは
   痴漢事実の10分前の事であり
   その間に被告人が痴漢をしていない証拠にはならない。
   もぞもぞ動いていたという証言は
   被告人が痴漢をしていてもその行為を妨げるものではない」
   

189 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 18:59:36 ID:IUen7w2J0
大体の流れはこんな感じです。
駄文失礼。

190 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 19:18:47 ID:rlLwxwES0
いちいち長文書かなくったってそもそもこの映画は
「痴漢冤罪の悲劇&日本の司法の不完全さ」が主題なんだからさあ


191 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 19:35:11 ID:4H+8B/hv0
>>190
後味悪い話スレに後味悪い映画のあらすじ書いてなんかおかしいのか?

192 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 19:39:06 ID:vYWdEQLC0
>>190
書かなかったら書かなかったで『あらすじは?』とか言うんだろ。

193 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 19:43:28 ID:rlLwxwES0
予めそういう主題の映画見といて「後味悪い」はないっつーの


194 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 19:54:24 ID:nyHv6G4F0
>>191に同意だな。 そういう主題の映画見て後味悪かったから後味悪い話スレに書く。何の不都合があるのだ。

195 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 20:03:39 ID:5mhIZuLA0
さあ、後味の悪い流れになってまいりました!
つか>>190はわざとやってるんだよな? 間違っても本気じゃないよな?

196 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 20:08:04 ID:gxifmfayO
>>190>>193 追尾しまーす!テ

197 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 20:24:35 ID:ffWIJT+y0
ま、乙位置の創作話を読んで小学生が「後味悪ーい」っていってんのと同じってことだろ?

あれは作者が後味悪いのを狙ってんだからさ、あれで後味悪くなかったら金返せってもんだよな

あんまりに当たり前すぎて、萎えるってことだよな?


198 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 21:07:58 ID:WWHbAw1v0
話を書いてくれたら、とりあえず

     乙

でいいだろ

で、いい感じで後味悪い話だったら感想の一つもレスする
気に入らなかったら、だまってようぜ

199 :1/3:2007/08/04(土) 21:15:34 ID:Bl2IG5k90
空気を読まず投下!

小学一年生の頃、クラスにMちゃんという子がいた。
ちょっと癖のある子で、絵を描いたり物を作ったり(図画工作ですな)は
得意なんだけど、
勉強の方はイマイチ。
テストを返却されたらすぐにくしゃくしゃに丸めてランドセルの中につっこむし、
お調子者の男子に点数のことでからかわれて烈火の如く怒ったりしてた。

でも私は彼女に一目置いていた。
いやむしろ憧れや尊敬に近い感情すら抱いていました。
ファンって言うのかな。
描く絵のほとんどがコンクールで入選してたし、
彼女の作る粘土工作は妙に人の心を掴むものばかりだった。

だけどある時彼女の悪い噂が立ち始めた。
盗癖があるという。
彼女に、削り器で丁寧に先を尖らせた鉛筆を貸すと、返ってこないらしい。
実にちっぽけな被害で犯人もわかりきってるんだけど、
荒唐無稽な分その噂が彼女に対する誹謗中傷のように感じられて
私はかたくなにそれを信じなかった。

200 :2/3:2007/08/04(土) 21:16:12 ID:Bl2IG5k90
そしてある日の図画工作の時間、
Mちゃんが私に鉛筆を貸してくれと言ってきた。
一瞬噂が頭を過ぎったけど、
全く悪気のなさそうな彼女の態度や一方的な憧憬も相俟って、
快く先の尖った長い鉛筆を貸した。

班の子達が「あーあ」という目で観てきたけど、
今は図画工作の時間。
彼女の創作に私の鉛筆が使われるのが誇らしかったし、
わざわざ離れた私の席まで借りに来てくれたことが嬉しかった。

授業終了の予鈴が鳴り、
後片付けをしている時に、私は彼女に鉛筆を返しに貰いに行った。
大概私もどこか抜けた子供で、
彼女が返してくれるまで待っていればいいものの、
筆箱の中の一本だけ空いたところがどうにも気になったのだ。

「Mちゃん、さっきの鉛筆返して」
そういうとMちゃんは一瞬俯き、耳まで真っ赤にして、
黙って私に鉛筆を差し出した。
使われた形跡の無い先の尖った鉛筆。
それは彼女のキュロットズボンの裾から出てきた。

201 :3/3:2007/08/04(土) 21:16:56 ID:Bl2IG5k90
ああ、盗る気だったんだな。

雷に打たれたみたいに一瞬にしてそれを悟って、
偶像が一気に崩れた。
「Mちゃんさぁ、○○ちゃん(私)が鉛筆貸してくれなかったってさぁ、
怒りながら帰って来たんだよ。全部うそっこだったんだねぇ」
Mちゃんの班の子にそう聞かされても、
「ふぅん」としか答えられなかった。

勉強は出来ないけど、自分にはない才能を持った天才。
そうとしか思ってなかったMちゃんにも、
人を欺いたり演技したりする知恵はあったんだなぁと思う反面、
憧憬の裏で彼女にそんな知恵なんてないと無意識のうちに見下していた
己の一面を知った。

そんな自分が一番後味悪い。

202 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 21:18:12 ID:oomS2qV40
>180
資料をどうも。
ラスト5分だったんですね・・・あのエピ。
上5人が主要メンバーだったのに皆悲惨だ・・・。
反町の以蔵の処刑と饅頭屋の切腹はいまでもトラウマです。

203 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 22:26:03 ID:sectWmtk0
>>193
>>197
このスレに書かれてる事も全て「後味悪い」のが前提なんだから、
そういう狙ったのが駄目だってんなら来なくていいよお前ら

204 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 22:55:21 ID:vbX4ACpj0
宮部みゆきの「火車」の中のエピソードのひとつ。
----------------------------------------
ヒロインの一人はかつて父親の借金(家のローンか何かがきっかけ)により
一家離散し、故郷を離れて一人で働きながら生きていた。
そんな彼女に、その土地の名士(老舗の不動産屋)息子が惚れこむ。
美人で仕事も家事もできる励まし上手(かつ誘導上手)で健気な雰囲気の彼女に
ぞっこん惚れ込んだ名士の息子は、親の反対を彼女と結婚した。
二人は新婚旅行で幸せを噛み締め、戻ってきたのち入籍する。

しかしそれが不幸の始まりだった。
戸籍が動いた事から彼女の居場所を察知した借金取りが押しかけてきたのだった。
父親の借金なので彼女に払う義務はないのだが、
「こんないいところの若奥さんにおさまっておいて知らん顔かねえ」と
噂を流したり嫌がらせをしたりしてくる。
すっかり参ってしまった彼女と夫は弁護士に相談するが、
「父親の借金なので、父親を見つけて自己破産させるか、死亡を確認して
彼女が相続放棄の手続きを取るか、あるいは7年待って失踪宣告を取るしかない」
と言われる。
父親がどこかでなくなっている可能性を考え、二人は図書館か役場だかで
死亡者の情報が載っている資料をあたるが、必死に父親の情報を探す彼女を見た夫は
「どうかお父さん死んでいて下さい」と彼女が願っている事を感じ取り、
すっと彼女に対する愛情が冷めてしまった。
結局二人は離婚し、彼女は「このままでは幸せなんて望めない」と
思いつめるようになった。
-----------------------------------------
この後の思いつめた彼女の行動が引き起こした(と思われる)事件について
主人公たちがさぐっていく、と言う話なんですが、
このヒロインの願いも旦那が冷めた事も無理もないだけに後味悪い。
小説のメインストーリーも結構面白いのでお薦め。

205 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 22:56:22 ID:vbX4ACpj0
×親の反対を彼女と結婚した
○親の反対を押し切って彼女と結婚した
ごめん。

206 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 00:52:09 ID:y/QAKjbOO
>>204
なんかその不動産屋の息子、人の表面しか見ないヤツだね。
宮部みゆき結構好きだけど、それは読んでないから今度読んでみます!

207 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 01:02:07 ID:S5HFrX5q0
>>199
小学校一年生で手癖が悪い子でもそのうち直っていくもんだよ
小さいころは分別がつかないからね
今頃は普通の人になって才能を生かすなりしてるんじゃないかな

208 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 02:19:02 ID:XNENmB+00
三つ子の魂百まで手癖が悪い子はずっとそのままさ

209 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 02:28:48 ID:n2twqy/JO
>>201

うそっこだったって、
Mちゃんが嘘つきだってことかえ?


私的な体験で申し訳ないけど、小学校の頃に盗癖があったやつは、
みんなまともじゃなかったなぁ…

210 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 02:31:38 ID:jKTjMNicO
んだ。
そんな小さいうちから鉛筆が欲しい為に友達?を「鉛筆も貸してくれないケチな野郎」にしてネコババ企むなんて、ろくな大人にならないし、そんな才能も消え失せるとみた。


と携帯房が投下してみる。

211 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 02:46:05 ID:zcXoQ6w7O
わざわざ主張せんでもいいよ
ウザ過ぎる

212 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 03:34:31 ID:CrbUzcXR0
>>24
めっちゃ亀レスだけど、あれはマジ胸くそ悪いというか
生きてるのがいやになるよなぁ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8A%E5%B1%9E%E6%AE%BA%E6%B3%95%E5%AE%9A%E5%88%91%E9%81%95%E6%86%B2%E4%BA%8B%E4%BB%B6

213 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 05:06:30 ID:blaP7b11O
>>212
父親死亡で母親は服役、三人の子供たちは福祉施設行きだろうか。
事件そのものも胸糞だけど、子供のその後とか、事件の全てを知っているかが気になって…

214 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 05:47:00 ID:KQIYp4bDO
>>179
私もそれ好きで毎週見てたけど
最後には本当がっかりした

でも最後の最後に
浜田のドアップでなんかオチを言ったのがちょいすくいかな
何言ったのか忘れちゃったけど…


215 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 08:59:56 ID:BfPXMeki0
>>214
なんか、浜田演じる竜馬が、何者かに斬られて死ぬ寸前にカメラ目線になって
「なんかもう、ほんま、すんまへん」みたいに言ったんじゃなかったっけ

まあ、「みんな結局死んじゃったよ。ちゃんちゃん」」という、史実に従いつつも
一種のおふざけかと。後味悪いと感じちゃうのは人それぞれなので仕方ないですが

216 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 09:14:25 ID:w8EyEzre0
浜田だけ、発明好きのおっさんから貰った鎧を着けていたから、
(腹を切られると赤い布が飛び出して死んだフリできるってやつ)
上手く刺客の目をごまかして生き延びた。

最後の「ホンマすんません」は視聴者に対して
「ふざけた内容ですみません」って言ったのかと思ってた。

217 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 09:29:26 ID:F+oG0S5l0
そういえば三谷は「振り返れば奴がいる」ってドラマでも最後に殺しオチ使ってたなあ。
顔が濃い人ばかりが出てるドラマだった。
冷徹で非常な医者と善意と正義の固まりの医者が主人公で、ことあるごとに二人は対立する。
でも最後に正義の医者が病気になって冷徹な医者が手術を執刀して、二人は認め合う。
手術は成功したものの様態急変で正義の医者あぼん、
冷徹な医者は脇役に刺されてあぼん、視聴者はあぜんとした。

218 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 10:12:10 ID:vCVeClBc0
>>217
織田と西村雅彦が出てた奴だな。

西村雅彦って言ったら古畑任三郎も後味悪いのあったな。
玉置浩二が美術研究家やった奴とか。簡単にあらすじ書いておくと。

西洋美術研究家・臺修三(玉置浩二)は、飛行機内で妻・もえ子(もたいまさこ)に頼まれた雑誌を取りに行く途中、つきまとう愛人・市川由美子(川合千春) と鉢合わせる。
二人で化粧室でもみ合っているうち、飛行機の揺れで由美子が頭を打ち死んでしまう。妻に浮気が発覚するのを恐れた臺は、自分のプリクラが張られた由美子の化粧バックを持ち去るが、化粧室を出たところを少年(安達心平)に目撃されてしまう。
浮気の証拠を処分した臺だったが、ネクタイピンが無くなっていることに気づく。
顔を覚えられないよう、たまたま置いてあったパイロットの制服を着て化粧室へ探しに行くが見つからない。
さらにグレムリンを見たと騒ぐ今泉に副パイロットに間違われる。
そうこうしているうちに西園寺が由美子の遺体を発見、臺はそのまま副パイロットになりすます羽目になる。なんとかその場をしのいでいくが、ついに追いつめられた臺は、目撃者の少年に高価な美術品を握らせ懐柔しようとする。

なんか見ていて唯一犯人に同情した。
人殺したとはいえ、事故だしなぁ。

219 :218:2007/08/05(日) 10:13:13 ID:vCVeClBc0
今読むとあまり後味悪くない上に上げちゃった。
ごめん。

220 :1/2:2007/08/05(日) 11:09:22 ID:WMaJqwBc0
7,8年前深夜にやっていたドキュメンタリー。細部うろ覚えですが。

1人の若い女性がボランティアでネパール(だと思う)で先生として現地の子供たち
(貧しくてきちんとした小学校に通えない)に勉強を教えに行く、それをTV局が密着するというもの。

女性は明るく、現地の言葉もペラペラで子供たちにとても慕われている。
TVカメラがめずらしく、カメラの前に集まってはしゃぐ子供たちに現地の言葉で
「こーらー、ふざけないのー。勉強するよっ」と丸めた紙の筒で頭をポコポコし、
子供たちが笑いながらカメラに手を振っていたのが印象的。
おそらく、この女性は何度もボランティアをする為にネパールへ行っていたと思う。
生徒も先生が大好きだと言っていた
女性が日本に帰る前日、最後の授業の日、女性は得意のイラストで生徒たちとの授業風景を
描き(本当に上手だった)クラスにプレゼント。別れを悲しむ生徒たち。

翌日、TVクルーの元に信じられない悲報が届く。女性が事故で亡くなったのだ。

空港に向かわなければならない時刻の2時間前、女性は愛するネパールの風景を
ビデオに撮る為、現地の友人の運転するカブの後ろに乗り流れる景色を撮影していた。
そこに後ろからトラックが突っ込んだという。
その日のうちに両親が到着し、TVカメラも病院へ。死体安置所へ入るとベッドに横たわった
女性の姿。泣き崩れる両親。

ドキュメンタリーはその後、在りし日の女性と生徒の微笑ましい交流、事故の直前まで女性が
撮影していたビデオを流して終了だったと思う。
途中までそんな展開になるなんて夢にも思ってないからかなりショックだった。
ご遺族以外に一番ショックだったのは何ヶ月も密着していたTVクルーだと思うけど・・。

子供たちとの交流は本当に感動したし、女性の人柄も素晴らしかった。
番組を見た後は数日、落ち込んでしまった位感情移入もしてしまった。

もう一度見たいんだけど、TV局も女性の名前も分かりません。どなたかご存知ないですか?


221 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 11:11:12 ID:WMaJqwBc0
すいません、1/2は間違いです。

222 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 11:47:29 ID:skDe4lhlO
>>213
>父親死亡で母親は服役、三人の子供たちは福祉施設行きだろうか。

加害者の女性には執行猶予がついたため
服役はしていないはず

クソ親父が死に、その後は親子4人
これまでの分を取り返す勢いでびっくりするほどユートピアのはず
たしか支援団体もあったはず

幸せになっていればいい

223 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 12:55:21 ID:Fg78Y5bn0
>220
熱い想いを感じたので調べてみたのだわ。
ひょっとしたらこれかも知れない。違ったらまた探してみるわ。

http://www.c-space.co.jp/with/

何だか関連記事だけで泣けてきたわ。
後味がどうこうではないけど、スレ違いと言うなかれ。

224 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 13:21:26 ID:wTmRBsrJ0
>>220
後味悪い話じゃなくてただの悲しい話じゃないか。・゚・(ノд`)・゚・。

気になってググったが、映画のようだな。多分これ。
http://www.c-space.co.jp/with/

225 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 13:23:15 ID:wTmRBsrJ0
ああ、更新しろよ俺のアホ!

226 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 13:33:55 ID:Fg78Y5bn0
>>224
気にする事はないわ。
>220の想いに応えるという姿勢は変わらないもの。
取り敢えず紅茶を淹れて頂戴、っていうか徹夜明けなのでもう寝るわ(;´Д`)

227 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 13:47:57 ID:4ATuX5Yf0
1年前のコピペを投下

306: 2006/07/26 20:35:16 ql4zPHh/0 [sage]
タイトル忘れたけど、昔ジャンプに連載されていた漫画。
アニメ化とかもされて結構人気だった記憶がある。

ある拳法道場で道場主に後継ぎとして育てられてきた
兄と弟(←どっちも養子、あと兄が2人いた記憶もある)がいた。
兄は弟より明らかに優れた実力を持っており、試合では
いつも兄が勝利を収めるんだけど道場主の方はあからさまに
弟を贔屓しており明らかに兄が勝った試合でも訳のわからない
理屈をつけて「お前の負けだ」等と言う。
(連載が続くにつれて、弟はその拳法の宗家の血筋である事が発覚する
 恐らくはそれが贔屓されていた理由だろう)
弟も弟でチンピラのような性格のくせに
道場主の前ではわざと礼儀正しい振りをしている。

ある日、兄は「弟が拳法の伝承者に選ばれた」と言う事を聞き
どうしても納得できない彼は弟の元に行き詰問するが、残虐な本性を表した
弟は問答無用で兄をボコボコに殴りついには顔面をメチャクチャにされてしまう。

顔にも心にも消えない傷を負った兄はメットをかぶり
仲間達とバイクで各地を旅をしたり、名前あてゲームで遊んだり
胸像を作ったりするのどかな生活を選ぶが再び残虐な弟が現れ
兄はいたぶり殺されてしまうって言う後味の悪い話だった・・・

228 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 13:54:59 ID:PurrULBE0
>>227
……。

本気ですんごい後味悪いな、それ。
最後の名前あてゲームとかで一瞬なごんでしまっただけに
最後突き落とされる。

しかもそんな内容がジャンプ掲載ってのが、さらに引いてしまうよ。
自分が知ってた頃のジャンプとは違ってしまったな……

229 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 14:02:25 ID:f/jHb+1f0
>>228はゆとり

230 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 14:09:18 ID:69EH0QTo0
>>227
これは北斗の拳とか男塾が連載してた頃のジャンプかな?
今のジャンプじゃこんな話載らないよなあ。ジョジョでさえ別の雑誌に
移って、大分子ども向けな感じだよね。

231 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 14:23:33 ID:PurrULBE0
>>229
え、これもしかして北斗の拳?

232 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 14:31:19 ID:H3q8y+v2P
>>231
そうだよ

233 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 14:39:23 ID:RSoqhvBf0
ジャギ美化し過ぎw

234 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 14:40:25 ID:+w/dqpNa0
>>227
兄かわいそう
親が悪いよね
育て方完全間違ってる

235 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 14:47:52 ID:skDe4lhlO
兄=ジャギ
弟=ケンシロウ

名前あてゲームのどかじゃねeeeeeeee

236 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 14:51:41 ID:PurrULBE0
>>232
dくす
リアル世代だけど北斗の拳は画面がごちゃごちゃしすぎてて
あんまりよく読んでなかったんでわからなかったw

237 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 14:52:08 ID:kc2qX+4k0
>>227の漫画
詳しくは
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%AE

> ケンシロウが北斗神拳の正統伝承者に選ばれたことへの憤り(あるいは己の拳を封じられることに恐怖)から、
> 「伝承者を辞退しろ」と挑みかかったが、返り討ちに遭って反対に殺されそうになる。
> しかし、当時の非情に徹することができないケンシロウでは、とどめを刺すに至らず、ジャギは命を拾う。
> そのことを激しく恨み、自ら胸に七つの傷を刻んでヘルメットで素顔を隠し、ケンシロウの名を騙って民に暴虐を働き、
> 「救世主」と崇められていたケンシロウの評判を貶め、おびき寄せようとした。
> (中略)
> ケンシロウへの尋常ではない復讐心から、謀略や虐遇の果てに、数多くの人々を苦しめ、
> 運命をもてあそんだが、ケンシロウの底知れぬ怒りを買ってしまい、今度こそ容赦することなく倒される。
>
> 断末魔の叫びは「ばわ」(劇場版では「じゃぎぎぎぎぎぎゃー!!」)。


238 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 14:56:05 ID:+w/dqpNa0
やっぱり親の育て方だよ
兄弟をいがみ合わせてどうすんだよ
あと人に優しくとかちゃんと躾ればよかったんだ
今の馬鹿親とおなじだよ

239 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 15:08:35 ID:4ATuX5Yf0
名前あてゲームの動画も投下
私見では兄のほうが極悪な気がします

http://www.youtube.com/watch?v=5UNC6ZHnJFo

240 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 15:18:21 ID:kc2qX+4k0
誰がどう見ても兄のほうが極悪だよw

それを踏まえて>>227は面白い
書き方次第でどんな話も後味悪くなるという例だな

241 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 15:57:38 ID:tzGNltDS0
>>216

>腹を切られると赤い布が飛び出して
飛び出すのは別の物。パンチマシーンのグローブみたいなの。(ただし不発だった)
血はケチャップで誤魔化してた。

242 :220:2007/08/05(日) 16:29:19 ID:WMaJqwBc0
>>223 >>224

あぁ!そうです!これです!!ありがとうございます!!
長年のモヤモヤが一気に解決しました。
ドキュメンタリー映画だったのですね。上映会もしているなんて。

本当にありがとうございます。感謝、感謝です。


243 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 16:30:18 ID:OStnRA6Q0
>>218
古畑任三郎といえばこのエピが後味悪かった
ところどころうろ覚えだけど…

かなり几帳面で無口で真面目な夫と、引っ込み思案で大雑把で人見知りする妻。
妻は夫がいなければ何も出来なかったが、最近は夫の仕事の伝で知り合ったプロデューサーと仲良くなり、
唯一の趣味である将棋の棋士の資格を利用して将棋の番組の解説の仕事などを請け負っていた。
ある日、その番組に正式にレギュラーとして出てみませんかと持ちかけられる。
一人前と認められた!と喜び勇んで夫に報告する妻だが、夫は「そんな仕事受けるな。お前は家で専業主婦やってればいい。
たまに趣味程度で出演したいというから許したんだ。もうその仕事もやめろ」と顔も見ずに冷たくする。
自分がやっと認められたのに…と妻は夫を殺してしまう。
その後、あらかじめ携帯にアラームを仕掛けておき夫からの電話と見せかけて仕事場でアリバイ作りをし、夫は強盗に殺されたと見せかけるが、
結局自分の大雑把さが原因で古畑に見破られる(夫が妻に作ったと見せかけた料理の調味料の瓶のふたがきちんとしまっていなかったり、
強盗が来たはずなのにリビングの電気のスイッチが切られているところとそのままな場所があったり、夫が生きていたうちにあげたのだと見せかけた
猫の餌の猫缶を洗わずに放置していたり等)。
見破られても尚「私は後悔していない」という妻は、これが私の最後の晴れ舞台だと、自室で着替える許可をもらう。
妻の自室のテレビでは、妻の出演する将棋番組が流れていた。口下手で噛みまくりの妻に、それを嘲るように笑うスタッフの声。
妻は実はスタッフ達に影で笑いものにされていた。将棋の腕で番組が取れた、一人前になれたと思っていたのは妻だけだった。
夫の冷たい発言は、放送を見て心を痛めていた夫なりの思いやりだったのだ。
しかしそんな事に気づかず、私服に着替えて古畑のいるリビングに降りてくる妻。
自信に満ちた表情をしていたが、その服のセンスは最悪。古畑はなんともいえない表情をしていた。


当初はこの夫が妻の服やら何やら何でもかんでも支持して異様な几帳面でとても嫌な男に見えていただけに、
ただひたすら空回りしたまま夫を殺し、最後まで勘違いしていた妻がやりきれずもやもやした…。

244 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 16:31:50 ID:OStnRA6Q0
スマソ

×支持
○指示



245 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 17:36:41 ID:76gxqjCUO
321 おさかなくわえた名無しさん sage 2007/06/21(木) 00:32:36 ID:cFsANhCe
横になってるとき、脳みその液(?)が流れる音がたまに聞える。
「ツツツー…」って感じの音。

784 おさかなくわえた名無しさん 2007/08/05(日) 06:29:02 ID:doWDxRDu
病名は、脳の病気で、彼女は女医だったから
その病気に詳しかったのね、自分自身。
中学生くらいのときに、初期症状があらわれた。
横になると脳がツーと流れるような音、感覚。
それから、ちょくちょくあったらしい。
その段階で医者に行けばよかったと後悔しつつ語ってたよ。
明らかな症状が、それなんだって。
その症状が初期症状で、あとはドンドン進行するって…
釣りじゃないよ、マジだよ
私、あまりの恐さに何故か無茶苦茶覚えてるの。
これ見てたら早く病院いきなさい!

246 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 17:37:49 ID:76gxqjCUO
783 おさかなくわえた名無しさん 2007/08/05(日) 06:22:10 ID:doWDxRDu
ごめん、スレ違いだけど心配だから書いとく。
>>321
ドキュメンタリで見たのは、日曜日のフジテレビの昼間のアレ。
まだ30代の聡明そうな女性が、家事ができない。
マトモに人と話せない。呂律まわらず、顔面マヒ状態
すぐ何でも忘れてしまい、何も思いだせない。
つまり日常生活がうまく出来ず
小さな息子が買い物から何から手伝っている。
真っ直ぐ歩くのも困難。
たしか元、女医さん。

784 おさかなくわえた名無しさん 2007/08/05(日) 06:29:02 ID:doWDxRDu
病名は、脳の病気で、彼女は女医だったから
その病気に詳しかったのね、自分自身。
中学生くらいのときに、初期症状があらわれた。
横になると脳がツーと流れるような音、感覚。
それから、ちょくちょくあったらしい。
その段階で医者に行けばよかったと後悔しつつ語ってたよ。
明らかな症状が、それなんだって。
その症状が初期症状で、あとはドンドン進行するって…
釣りじゃないよ、マジだよ
私、あまりの恐さに何故か無茶苦茶覚えてるの。
これ見てたら早く病院いきなさい!

247 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 17:38:56 ID:76gxqjCUO
ごめん間違えた

321 おさかなくわえた名無しさん sage 2007/06/21(木) 00:32:36 ID:cFsANhCe
横になってるとき、脳みその液(?)が流れる音がたまに聞える。
「ツツツー…」って感じの音。

781 おさかなくわえた名無しさん 2007/08/05(日) 06:08:55 ID:doWDxRDu
>>321 ちょっと!ちょっと!
それヤバイよ…
二年くらい前にテレビでドキュメンタリーでやってたよ。
それ、確実に病気の前触れなの。
なんだっけ…ノウセイ麻痺…だったか定かでないけど…
忠告してやりたいけど、絶対もう見てないよね…
無茶苦茶心配
可能性じゃなくてもう初期症状なんだよ!それ…
うわああ、戻ってこい!見ろ私のレスを

248 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 17:41:27 ID:76gxqjCUO
常駐するようなスレじゃないし
321がこのレスに気づく可能性は低いと思う
321の今後を考えると後味悪い
なんとか気づいてほしいが…

249 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 17:49:52 ID:GKPMD1p80
>>243
やりきれないね。
妻は妻で満足していたんだから
キチンと説明せずバッサリと切り捨てる夫も夫だけど、



250 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 17:54:40 ID:EWH8WggU0
なんで前後逆の貼りかたをするの?
順番どおりに貼ればいいものを、それが後味悪いって事?

251 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 18:04:15 ID:76gxqjCUO
>>250
コピペをミスったんだってば(´;ω;`)

>>247>>246の順番で読んでください…

252 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 18:25:39 ID:HM6Qgf1H0
>>249
自分の実力が認められたと有頂天になってる相手に、
「お前は馬鹿にされて笑われるピエロだよ」って言えるか?
俺は言えんわ。

253 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 18:32:43 ID:BL4bJKx30
ここからの古畑のエピソードが続きます


254 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 18:41:54 ID:XLrDCPqF0
│    _、_
│  ヽ( ,_ノ`)ノ 残念 私のおいなりさんだ
│ へノ   /
└→ ω ノ
      >  

255 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 19:04:09 ID:f9nfqO1mO
>>243
これ読んで思い出した自分の話。

いきつけの鉄板焼き屋さんのカウンターで彼と食事していた。
その日客は私達だけしかいなくて、しばらくすると一組の夫婦が来店してきた。
旦那さんは40代前半位、奥さんは30代前半位の暗そうだけど若くて綺麗な感じの人。
シェフがその夫婦に明るく話しかけるんだけど、旦那さんはうんともすんとも言わず無視。二人の会話も全く無し。
奥さんがお酒注文したり、シェフに相槌打ったりしてた。

そのうち私達も酔いはじめてシェフと私の出身地の話なんかで盛り上がってたら 隣の奥さんが
『…あのー… 私も出身同じなんです…』と話しかけてきた。

しかも実家がとても近い事がわかると、人が変わったように奥さんの表情が明るくなり
凄く嬉しそうに色々話して来てくれて、私達もシェフも奥さんも凄く盛り上がった。

その間10分弱位かな?? そして何気なく私の彼が旦那さんに
『旦那さんは出身はどちらなんですか?』って聞いたら

旦那(ボソッと)『…うるせーな… 』

私の彼『え?』

旦那『うるせーって言ったんだよ おい帰るぞ!!』
奥さん『え…でもまだ全然食べてな … 』
旦那『いいから帰るんだよっ 空気読め!この馬鹿女っ!だからお前は馬鹿なんだっつってんだよっ』
私達『(°д°;)ポポポカーン』

奥さんはまた暗い顔に戻り、とてもとても悲しそうに黙って帰って行った。
その後、なんだか悪い事しちゃったね…って 彼と私達も険悪な雰囲気になってしまった。
凄くモヤモヤした。

256 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 19:04:43 ID:BfPXMeki0
>>248
変なのは沈黙しながら常駐してるんだがなあ。
朝鮮の話、主婦の話、田舎の話、小中学生時代の話なんかをするとぶわっと
出現するw

257 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 19:06:49 ID:YH4IxKdD0
>>255
でもそういう男が好きで一緒になったのも
別れずにいるのも奥さん自身の意思なんだよね。

258 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 19:23:49 ID:f9nfqO1mO
>>257
うん…そうなんだよね…

259 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 19:27:58 ID:w8EyEzre0
「この人は私がいないと…」ってな共依存に陥ってる可能性アリ。

260 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 19:29:48 ID:RSoqhvBf0
つか話しかけてくるシェフうぜ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

旦那はもっと奥さん大切にしろよな。

261 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 19:34:17 ID:rFwq6Kby0
きっと、255の旦那さんは、韓国か中国の方なのでしょう。
今まで出身地の事で酷い差別を受け、苦しまれていたに違い有りません。
それなのに、無神経にそんなことを聞く255やシェフは、何て酷い人達なんでしょう。
同じ日本人として恥ずかしい。
本当に後味悪いです。

262 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 19:42:34 ID:rFwq6Kby0
やっぱり、縦読み仕込んで、猫大好きくらいの事は書かないと駄目かね。

263 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 20:08:56 ID:4ATuX5Yf0
いや、>>261で十分笑わせてもらいました(ちょっと後味悪いかな?w)
ありがとうw

264 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 20:52:55 ID:AqtWvPUR0
>>250
たぶん・・・ノウセイ・・・って病気の初期症状でうまくできないんでないの?

265 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 21:10:01 ID:WtwgFgw60
うまいこと言ったと思ってしたり顔の264

266 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 21:58:16 ID:u6qtLuS/0
>>251
ちなみにその女医さんは山田規畝子さんね
モヤモヤ病から脳内出血を起こしたんだよ

267 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 22:06:21 ID:76gxqjCUO
>>264
ヽ(`Д´)ノ

268 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 22:48:59 ID:AqtWvPUR0
ゴメンナサイ。

269 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 23:34:24 ID:+MAxao6m0
>>220
モヤモヤが晴れたのなら良かったわ。
ある意味、後味良くなってしまったけれど。
>>224
良かったわね。私たちの行為は無駄ではなかったという訳よ。
また何かあったら困ってる人を助けて上げて欲しいのだわ。

270 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 00:13:36 ID:8JPv08tX0
そこの赤い人、下手すると緑のやら黒いのやら呼び込むので自重しないかい。

271 :「残虐記」1/3:2007/08/06(月) 00:19:32 ID:wDCW903q0
失踪した小説家Aの夫から、彼女の担当編集者に宛てて送られてきた手紙。
中身は、Aがプリントアウトして残した手記とも小説ともつかない原稿だった。
実は彼女は10才くらいの時に男に誘拐され、一年くらい犯人の部屋に監禁されていたという過去があった。
高校ぐらいの時に彼女はその体験をもとにした小説を書き、被害者本人と世間に気づかれないまま小説家としてデビューしたのだ。

原稿の書き出しは、犯人からの手紙が彼女に送られてきたこと、その手紙に「せんせいはうそを書いている」「ぼくもせんせいをゆるさない」などと書かれていたこと、犯人がまもなく出所することを知ったことから始まっていた。
少女だったころのAはまわりの子供達から浮いていて、どちらかというといじめられていた。
習いたくもないバレエを見栄っ張りな母親に習わされ、その帰りにさらわれた。
犯人の男Bは気に入らない振る舞いをすると彼女を酷く殴ったので、抵抗できなくなった。


272 :「残虐記」2/3:2007/08/06(月) 00:20:10 ID:wDCW903q0
Bは昼間は住んでいる部屋の階下にある工場で働き、昼休みに帰ってきてAを裸にしてその前で自慰をした。夜は自分も小学生になりきってAと話をした。
Aは隣に住んでいる男Cのことを聞き出し、彼が気づいて助けてくれないかと思ったが、いっこうに救いの手はこなかった。
BはAのことを「みっちゃん」と呼んでいた。
Aは押入からランドセルやその他を発見し、みっちゃんは自分の前に誘拐されて殺された子のことなのではないかと思った。
一年後にAはBの雇い主の奥さんに発見され、解放された。
その時にAはCの部屋(引っ越したかなんかで不在になっていた)に入って押入に覗き穴があるのを見つけ、
Cは自分を助けるどころか知っていてのぞき見していたBの共犯者だったのだと知る。

Aは周囲の好奇の目や同情に辟易していたが、Bが実はフィリッピーナの娼婦を殺していたこと、
Aの両親が離婚し、引っ越し、その後父親が再婚したことなどから、
彼女本人からは世間の目はそれていった。
Bは幼い頃Cに拾われ性的虐待を受けていたが、いつもCに気に入られたいと思っていた。
Cは性行為をのぞき見することが好きだったので、Bはフィリッピーナを誘い込み監禁したが
出ていこうとしたときに殺してしまったのだ。
「みっちゃん」というのは小学校に2年までしか行けなかった自分がその続きを演じるための
B自身の名前であり、押入のランドセルなども自分のためのものだった。



273 :「残虐記」3/3:2007/08/06(月) 00:20:48 ID:wDCW903q0
…というようなことがAの原稿につづられ、自分のことが本当に分かるのはBなのだというようなほのめかしがある。
ちなみにAの夫は事件で知り合った検事だったかで、どこか変わった態度の被害者少女のことをおもしろがっていた。
Aはどこにいったかわからないし、自分を監禁した犯人になんだか共感しているところがもやもやする。
実際にあった少女監禁事件からヒントを得ているらしいが、だとしたらよけいに後味悪い。

274 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 00:37:53 ID:uNSXv/mVO
桐野夏生って後味悪いっていうか
主人公が狂ってる作品が多いよな

275 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 00:38:24 ID:DWSEMRPP0
>>243
それ古畑の中でよく覚えている内の一つだ
妻が田中美佐子で夫が眼鏡俳優の(八嶋じゃない)あの人なんだよなー

276 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 00:45:27 ID:erb838kC0
>>270
もう自重するから安心して。
黄色いのまで涌いたら困るし。

277 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 00:48:19 ID:km7tMD2RO
>>275
小日向文世

278 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 01:00:31 ID:DWSEMRPP0
>>277
あれ?そうだったっけ?
勝手に脳内変換してたみたいだwこええ

279 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 04:07:32 ID:gC0SX/230
>>275
眼鏡と聞いて伊藤俊人氏かと思ったが
古畑シリーズには桑原技官役で出てたっけ・・・

280 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 06:34:03 ID:HwKru0nIO
>>275
確か、最後に美佐子が着替えて出てきたとき、
どぎつい色の口紅が、歪んで引かれてるんだよな。
美佐子はそれに気づかず、美しく着飾れたと思って笑ってる。
あの笑顔が後味悪すぎた。

281 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 08:26:03 ID:H0nkkhyOO
壊れかけのラ・ジ・オ☆彡

282 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 09:50:08 ID:XMoPiWl2O
レィ・ディ・オ♪

283 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 09:58:54 ID:34ARIW9U0
無駄無駄無駄!

284 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 10:04:41 ID:42fYJTSv0
今日、黙祷をしていて思い出した後味の悪い話。

原子爆弾の恐ろしさが世界に広まらない理由のひとつに
唯一の被爆国で、2つも原子爆弾を落とされた日本が
戦後、異常に発展したから。というものがあるらしい。
おまけに広島も長崎も地方都市としてだが、しっかり復活&発展をしている。

そんなこんなで、正しい知識を持ってない国の人には
原子爆弾はたいしたことないと思われがちだとか。

285 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 10:29:50 ID:1xjYSti8O
確かに外国では核兵器のこと「スゲー爆弾」くらいの認識っつか
放射能の恐怖が今いち浸透してないよね

他の国は人間の上に投下された事がないからしゃーないんだが

286 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 10:57:13 ID:34ARIW9U0
>>285
確かに。

これだけCGが発達しているんだし
リアルに原爆の恐怖を映像化した映画があってもいいと思うんだが
ハリウッドは作らないだろうなぁ

287 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 11:22:21 ID:vCzp/EBx0
今日が原爆記念日ということをすっかり忘れていた非国民なんだが、
昨夜というか今朝というか、原爆投下された夢を見てしまった。

東京駅八重洲南口あたりを歩いていたら、壁の陰にいた人を除いて
バスターミナル前あたりにいた人たちが火達磨になってすっ飛んでいった。
燃えさかり苦しむ人たちをあちこちに見ながら、立ちすくんで何もできない。
自分は今のところ無事だけどいずれ放射能で苦しみ出して死ぬ運命がわかってる。

あれ以上の恐怖が現実に同じ国であったのに、忘れてた自分が嫌だ。

288 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 11:23:21 ID:eEa7na+x0
>>284
>>285
しかし、実際、被爆者の食道癌リスクは1.5倍ちょっとで、喫煙やアスベスト、さらにはピロリ菌(は胃ガンだが)よりも低い
また、原爆2世への遺伝的影響も見受けられなかったという研究成果が出ている
植物が育たなくなる、と言う事も広島長崎の状況を見れば嘘だと言うことがはっきりと判る
こういう事を考えていけば「サイズの割には巨大な破壊力を持っているだけの兵器」と考えるのは、そんなに間違っている事とも思えない

むしろ、日本人が放射能への過度な拒否反応を持ちすぎていると考えた方が妥当

289 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 11:29:21 ID:LdaZmmij0
>>288
いやいやいやいやw
なんで経口摂取の癌リスク限定なんですかwww

直接的な外部被曝による血液や皮膚への影響がやばいんですけどwwww

290 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 11:31:46 ID:PpulYQQW0
でも原発のトラブルでセリエAのチームが来日を中止したよね。

291 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 11:39:59 ID:4X6RBE330
>>290
あれ、わけわからないデマが広がったせいだし。

292 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 11:40:06 ID:eEa7na+x0
>>289
「被爆者」の食道癌発生率って書いてるけど……

293 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 11:49:58 ID:1xjYSti8O
>>288
きさまさてはCIAの工作員だなw

という冗談はさておき、>>289も言っているような
放射能による健康被害への恐怖が、日本以外の国の人には少ないなと思う

外国の映画だと、このスレでも何度かガイシュツの
「風がふくとき」が放射能怖い&後味悪いで大変いい出来だった

あらすじ↓
イギリスだかで核戦争

農家の老夫妻、自家製シェルターで防御

でも放射能への理解度は当然低いので、
シェルターといってもトタンを斜めにして壁へ立て掛けたもの

当然被爆

だんだん弱ってくる(このへんの描写がめちゃくちゃ可哀相)

自分たちに何が起きてるのかわからないまま夫婦あぼーん


たしか主題歌はデビッドボウイ

294 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 11:55:04 ID:LdaZmmij0
>>292
は? だからなんで“食道癌”のリスクだけを取り出して、
「サイズの割には巨大な破壊力を持っているだけの兵器」なんて結論になるの?
広島・長崎の死者はみんな爆風と食道癌だけで死んだの?
アタマ大丈夫?

295 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 11:55:05 ID:N3qYorlT0
アメリカを叩く方向になりそうなので、いつものスレ違い認定団体は沈黙しています。


296 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 11:58:18 ID:JH85MMAMO
「こんなにも恐ろしい核を、金正日政権が〜」って話題になったら、光の早さで止めに来るだろうがなw

297 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 12:01:22 ID:eEa7na+x0
>>294
植物に対する影響、被爆二世への影響も書いてあるけど?
人を殺す兵器なのだから、人が死ぬのは当たり前
致死量の放射線で死のうが、頭の上から落ちてきた瓦礫で死のうが、そこに何の差もない

298 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 12:06:28 ID:1xjYSti8O
>>297
じゃなくて、核兵器はその「致死量の放射能」がコェェェってわけで。
ガンがどうとか二世がどうとかも大事だけど、

放射能兵器ヤベーコェー!
なのに外人イマイチぴんと来てねぇー!

って話じゃないの、今

299 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 12:11:20 ID:LdaZmmij0
>>297
( ゚д゚)ポカーン

「そのときその場にいた者だけを直接的に殺す」のと「発生した放射線で2次的に殺す」のとでは
兵器としての性格がまったく異なってきますが?
というか原子爆弾は「兵器」じゃなくて「無差別大量虐殺装置」です。
そもそも戦闘員じゃない民間人への空襲自体が国際条約違反なのに。←ここを理解してない日本人が多い

米の日本への空襲は、国際法で定められた「戦闘行為」の要件を満たしていない「無差別虐殺」なのだよ。



300 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 12:30:04 ID:An0DjSRZ0
映画や小説じゃお馴染みになった核テロはいつどこで起きるかな?

301 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 12:37:56 ID:eEa7na+x0
>>298
人を殺すのに摂氏千度のナパームと放射能、大した違いはないさ
>>299
後から被爆地に入った人間を殺せるほどの放射線量はそう長い間は出てなかったけど?
>というか原子爆弾は「兵器」じゃなくて「無差別大量虐殺装置」です。
虐殺装置、それこそが優れた兵器に求められる性能

302 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 13:22:07 ID:N5WEtmT00
ちょっと穿った見方してる俺 カッケー!!!

な人はほっときましょうよ 皆さん

303 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 13:35:29 ID:pYpUxqF+0
夏休みに入ってまだ一週間しかしてないのに、まだほとんど遊んでないのに、
もう宿題に追われてる。
こんなのが夏休みだと思うと後味悪。

304 :1/3:2007/08/06(月) 13:49:16 ID:+DmAEwPh0
>>273を読んでライブアライブというゲームを思い出した。

ゲームは6編に別れていて、SF編、現代編、原始編など
異なった舞台で異なった主人公を操作する。
6編全てをクリアすると7編目の中世編が登場する。
その中世編が後味悪い。

中世編の舞台は勇者と魔王の伝説が残る国。
優れた剣士の主人公は武術大会で優勝し、姫と結ばれる。
ところが二人が将来を誓い合った直後、姫が魔物にさらわれた。
主人公は親友の魔導師、かつて勇者と共に戦った勇士などを仲間にして姫を救いに行く。
国中の人々が主人公を勇者の再来と称え、魔王討伐を期待していた。
しかし苦難を乗り越えて魔王を倒すものの、そこに姫の姿はなかった。
仲間の一人も命を落とし、親友も行方不明になって意気消沈しながら城に戻る主人公。

305 :2/3:2007/08/06(月) 13:50:23 ID:+DmAEwPh0
その夜、主人公は城の中で魔王に遭遇し切り伏せる。
ところが倒したはずの魔王はなぜか国王の姿に変わっていた。
混乱したまま主人公は国王殺しの罪で捕らえられる。
陰謀の臭いを感じ取った仲間は、主人公を牢から逃がすが死んでしまう。
一人になった主人公は国中から国王殺し、魔物めと罵られながら国を追われていく。

真相を求めてさまよった主人公は行方不明だった親友と再会する。
しかし親友は主人公に憎悪の目を向けた。
親友は主人公が許せなかった。
国一番の英雄で国王の信頼も厚く、今度は姫の愛まで勝ち取った主人公。
親友は今までずっと主人公にコンプレックスを持っていて、殺したいほど憎んでいたのだ。
姫を見つけた親友は国に戻らず、主人公を陥れるために魔王の幻影を見せて国王殺しを画策した。
真実を知って呆然とする主人公だが、襲ってきた親友と戦うしかなかった。

306 :3/3:2007/08/06(月) 13:51:04 ID:+DmAEwPh0
親友を倒しそれでも立ち直れない主人公。そこに姫の姿が。
主人公は姫が無事だったことに安心して一抹の救いを求めるが、
姫は親友の遺体に取りすがって泣いていた。
さらに主人公を罵倒し、救いの手も拒絶して自害する。

仲間はみな死んでしまい、親友にも姫にも裏切られ、国にも帰る場所はない。
人という生き物を信じられなくなった主人公は、自らが魔王となり世界を破滅に導くのだった…

---------------------------------------------------------------
「あなたを信じます」「どこまでもついていきます」と言ってたのに、
逆恨みのために自分の父親を殺して自分を解放しない男に惚れる姫に衝撃を受けた。
最初は主人公マンセーしてた街の住人が、後半では罵ってくるのも鬱だった。
主人公がどこまでも救われない。

307 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 14:11:30 ID:tQL+Sv5c0
ひどい鬱ゲーだw
それが正真正銘最後のエピソードなのか?
それクリアするとゲームの〆にふさわしいハッピーエンドなエピソード登場するとかじゃなくて?

308 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 14:27:08 ID:CcjMfCK+0
>>307
中世編以外の主人公達が魔王になった彼をぶちのめします

309 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 14:28:07 ID:3AlNWD1u0
ビッチ女と馬鹿男にはご用心・・・

310 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 14:36:07 ID:Aour4gCl0
>>307
この後に更に8編目が出る。
8編目では1〜6編目までの主人公達が、魔王が支配する中世世界に飛ばされる。
仲間を集めて魔王城に乗り込み、魔王を倒して元の世界に戻って平和に暮らす。
魔王=中世主人公は倒されて終わる。

また、8編目の最初に1〜7編目までの主人公の中から
操作可能なメイン主人公を選べるのだが、
ここで中世主人公を選ぶと、魔王として世界を破滅に導いて
誰もいなくなった世界が滅んでエンド。

311 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 14:57:55 ID:mZtu6pdcO
>>310
> 魔王=中世主人公は倒されて終わる。

> ここで中世主人公を選ぶと、魔王として世界を破滅に導いて
> 誰もいなくなった世界が滅んでエンド。

中世主人公が救われねえーwトラウマになりそうなゲームだな。

312 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 15:08:36 ID:34ARIW9U0
先週放送していた、コールドケースってドラマが後味悪かったんだけど
どうにもこうにもストーリーをまとめる事が出来なかった。

ああ、何て後味悪いんだ。

313 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 15:57:24 ID:H0nkkhyOO
低能な自分を悲観してはいけませんよ☆彡

314 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 15:59:40 ID:FRED0zvY0
>>132
亀だけど、最近はすぐに「○○くんが××してる」とか言いにくる児童多いけど
「あなたは注意したんですか?」って言う教師多いよ。自分は何も言わずに
すぐ「先生に言ってやる!」ってだけの児童が多い。
まぁその教師は問題だけどね

315 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 16:39:53 ID:4X6RBE330
>>314
生徒が生徒を注意しても、権力がない限り何の効果もないんだがな。
子供は、物凄い権力社会なのをわかってないんだろうな。

316 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 16:49:58 ID:JAWcWFad0
>生徒が生徒を注意しても、権力がない限り何の効果もないんだがな。
友達いるか?人間関係作れてるか?

間に権力者が入らない限り、人と関係作れないってのはかなり問題だぞ。

317 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 16:57:04 ID:vCzp/EBx0
>>316
普通に友達つくれてても、注意が必要なような連中と
注意しようとする側と、つきあいがあるとはかぎらないと思うんだが。
いっさいグループとかに分かれてない雰囲気いいクラスならともかく。

子供の頃ってやたら言いつけ魔が嫌がられたのは
大人の権力を利用しようとするのが子供同士の平等さを壊すからだったんだろうな
でも今は昔よりDQNとそうでないのがはっきりわかれてるだろうし
下手にDQNに自ら注意試みたりして人間関係築こうとするより
何もせずに先生だけ呼んどいたほうが無難

318 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 17:02:15 ID:4X6RBE330
>>316
いや、人間関係がどうとか何処から出てくるんだ?

クラスの中には、生徒達の権力社会が出来上がると言ってるのだぞ?
人間関係を造れなかったら、権力社会も出来るわけないだろうが。

319 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 17:08:20 ID:34ARIW9U0
先生なんて、所詮綺麗ごとしか言わんよな。


320 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 17:49:56 ID:6MBcMkiGO
いじめられたら仕返してやりなさいと教育された子供と
いじめは絶対に駄目だと教育された子供が喧嘩をした
数日後、遺書を書いたのは後者だった


321 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 17:53:11 ID:Bwq4Ulbu0
それどっちの教育も間違ってたってことじゃね?

322 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 17:58:47 ID:N5WEtmT00
結局 道徳的に正しいほうが割りを喰う って話だろ
ああ後味悪い

323 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 18:12:03 ID:FsHI27n50
>>320
遺書を書いたのが後者で
死んだのが前者っていう後味の悪さだよね。

324 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 18:44:41 ID:6MBcMkiGO
>>323
遺書
『いじめは絶対にいけません』

325 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 18:50:27 ID:EUH+snWt0
>>217
別に唖然とはしなかった。

326 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 18:55:53 ID:fvp28h4M0
>>325
自分も。
司馬は、石川が死んじゃって、医師というものがもう嫌になって
鬱ってたみたいだから、
刺されて幸せそうだったし、ああ良かったなって感じだったよ。
でも脚本家は死なせたくなかったんだってね。織田が最後死にたいって言ってそうなった。
三谷はいまだに織田が嫌いみたいだ。脚本変えられまくったから。
エッセイにも書いてる。

327 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 20:32:22 ID:JeGVEOATO
最近ヨソでスレ立てて語ればいいのにってのが多い。
ネタギレか

328 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 20:36:11 ID:N3qYorlT0
まとえサイトを楽しむという手もありますが

329 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 20:42:24 ID:3AlNWD1u0
>いじめられたら仕返してやりなさいと教育された子供

これって結構良い教育だと思うけどな。やっぱ一発ぐらい殴り返さなきゃね。

330 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 20:46:44 ID:riPGdleDO
大人になると一発殴ってとはいかないからね。

331 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 21:29:21 ID:+ZaeB5NgO
>>304
たしか中世編は八つ目だったキガス

332 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 21:40:33 ID:sMaItgeH0
>>329
アメリカとかだとその「一発」が発砲だったりする悲しさ

333 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 22:38:23 ID:XEcBPi9J0
前スレで出てた少女椿、youtubeで見れた。
漫画の方が笑える要素があるとのことだけど、漫画読んだことない。
あらすじは前スレの内容通りだったから自分にその差は説明できない。
でも面白かったよ。

334 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 23:40:12 ID:Jurpn1UVO
後味が悪いっていうか、小学の頃に図書館でかりた「眠れない夜に読む本(うろ覚え)」の一つから、タイトル以上にうろ覚えな内容を。
ガイシュツだったらごめん


(1/2)
主人公の女の子は、ある夜悪夢を見て目を覚ます。
部屋の中ではお母さんが針仕事をしていて、女の子は夢をみていたのだと安心する。
「どうしたの?」
女の子が起きたことに気づいて、母親は手を休めて女の子に尋ねる。
女の子と夢の内容が思い出せないことを伝えると、母親は後ろ手に隠した包丁で女の子を刺した。

が、それは夢で、女の子は再び目を覚ました。
悪夢同様、お母さんは針仕事をしている。
女の子は夢であったと知り、思わずお母さんに抱きついた。
「あらあら、どうしたの?」
「凄い怖い夢を見たの。お母さんが私を殺そうとする夢」
そう聞いて、お母さんはクスリと笑った。
そして
「包丁で殺すわけないじゃない」
そう言って、側に置いていた裁縫ハサミで女の子を刺した。

335 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 23:43:25 ID:Jurpn1UVO
(2/2)
以下これがループし、最後に女の子はお母さんに起こされて目を覚ます。
「どうしたの?凄くうなされてたわよ?」
「…」
お母さんは女の子を抱き締めた。
女の子の目にすぐそばに置いてあった裁縫ハサミが映る。
やらなければ、やられる。
女の子には既に夢と現実の区別はついていなかった。

お母さんを包丁で刺し、これでもう悪夢は見ないだろうと女の子はまた布団に入り直し、再び眠りについた。



説明下手でごめん。
でも、なんか読んだ感じ、母親を殺したのが現実っぽい書き方で、子供ながらに余計眠れないって思った。

336 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 00:15:31 ID:Op4t//p90
記憶が曖昧ですが、自分が小学生くらいの頃に
ジャンプの特別版?か何かで読んだ漫画です。
タイトルは確か「ボタン」だったと思います…
まとめるのが下手なんでかなり長くなりますが、良かったら読んで下さい。

主人公は、俗に言うなんちゃってヤンキーみたいな奴で
ちょっと悪ぶってるけど、実はかなり小心者の高校生。
いつも、強面だけど主人公より更に馬鹿
(勉強が出来ないという意味だけでなく人間的にも)
なクラスメイトの腰巾着と
頭脳明晰で語尾に必ず「にょ」を付ける、顔は犬で体は人間という
謎の同級生の二人を連れて街中をぶらぶらとしていた。
(本作中でも「人間なのか何なのかも分からない」と説明されていました;)

ある時、主人公と腰巾着が、
「どこかに美味しい金稼ぎの話はないかなあ〜」と
高校生らしい話題に花を咲かせていると
その謎の同級生が「ボタンを押すだけで百万円手に入る方法があるにょ」
と、いかにも怪しげな話を持ちかける。

二人はその話に興味津々で、謎の同級生に詳しい話を請うと
その謎の同級生はボタンのついた金属製の箱を取り出し
「これを押せばこの箱の引き出しから百万円が出てくるにょ」と言う。

「ただし…」謎の同級生はこう続ける。

@ボタンを押すと、宇宙の果てのそのまた果てのどこか訳の分からない所に精神だけが飛ばされる。
Aそこで5億年間、死ぬことも眠ることも出来ないまま(つまりずっと意識がある状態で)過ごす。
B5億年経つと元の場所、元の時間に精神が戻ってくる。
C戻った瞬間に5億年間の記憶は全て抹消され、百万円が引き出しから出てくる。

337 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 00:16:09 ID:Op4t//p90
つまり、実際にはボタンを押した後5億年間何もない空間で
寝ることも死ぬことも出来ずに過ごさなければならないが
結局記憶は抹消されるうえ、元の時間、元の場所に戻ってくるので
ボタンを押すだけで百万円が手に入ったような感覚に陥る、
(もちろん、周りから見てもそう見える)
というような内容だった。

最初は二人ともその話にうろたえていたが、
人間的な馬鹿な強面の腰巾着が、金に目が眩んでボタンを押してしまう。
すると「チャリーン」という軽快な音とともに、引き出しから百万円が出てきた。
腰巾着が「何だ、簡単じゃん!」と喜びながら何度もボタンを押すと
その度に中から百万円が現れて、瞬く間に腰巾着は抱えきれないほどの札束を手にしてしまう。
呆然と見つめる主人公に、同級生は「本当は5億年体験してきてるんだにょ。記憶がないだけで」と言う。

最初こそ戸惑っていた主人公だが、腰巾着が簡単に札束を手に入れている様を見て
ついにボタンを押してしまう。

微弱な電流が体を貫通していくのを感じた次の瞬間、
主人公は真っ暗な暗闇の中にいた。
何が起こったのか理解できずに助けを求めて走り回るが、
次第に空しくなってその場に倒れこんでしまう。
そしてようやく自分が犯してしまったことの重大さに気付き、途方に暮れる。
それから百年近く、悩み苦しみながら苦悩の日々を送る。
独りジャンケンや独りしりとりなどで気を紛らわそうとするが
そんなものは一瞬の気休めでしかない。

338 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 00:17:10 ID:Op4t//p90
そうして二百年近く経った頃、
主人公がはたとある疑問が浮かぶ。
それは、「自分とは一体何者なのか」ということである。
地球というちっぽけで、訳の分からない星の
これまたちっぽけな東京の片田舎に生まれ、
ちょっと生きてすぐに死んでいく。
何十億通りの人生が渦巻く不条理世界の中に
自分と言う存在は一体何の意味があるのだろうか。
だいたい地球って何なんだ、宇宙って何なんだ、
自分ていうのは一体何で存在しているんだ、
もしかしたらこの暗闇の世界にいる自分が世界の創造主で、
地球で平凡に暮らしていた自分は、本当の自分が作り出した夢の登場人物に過ぎないのかもしれない。
主人公の頭の中はそんなとりとめもないことで満たされていく。

そうした疑問に対して、主人公は自分なりの答えを出すために
自分の歯を抜いて、地面に答えを導き出す式を延々と書き綴っていく。
何百年、何千年と書き綴り続ける。
幸い、キャンパス代わりの地面は果てしなく広がっている。

そうして、主人公は三億年あまり書き綴り続けた。
そしてある時、彼は「何か」を悟ったらしい。
その後残り約二億年は空間と調和し、一切の邪念を捨て払った。
そしてちょうど五億年目、主人公は地球へと戻る。
無論、今までの記憶は全て抹消されてしまう。

地球に戻った主人公の前には、百万円があった。
もちろん今までの記憶がないので、主人公は大喜び。
札束に埋もれる腰巾着を目の当たりにし、
何も知らずに勢いで思いっきりボタンを連打してしまう。

339 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 00:18:22 ID:Op4t//p90

…とまあだいたいこんな感じの話です。
自分的には小学校の頃に読んだので
その時はただただ不思議というか面白いなあとう感想しかなかったのですが
今よくよく考えてみると、物凄く後味の悪い話だと思いました。
長文&分かりにくい駄文ですみませんでした。

340 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 00:21:56 ID:V2LsyWyv0
後味が悪いというか、輪廻ってそういうイメージだ

341 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 00:25:16 ID:2BB3lFQy0
>>334
似たような漫画があったなあ。
確かホラー系少女漫画の読み切り。

リア厨かリア工の女の子が思春期特有の可哀想な自分に酔って自殺未遂を起こす。
死ぬ気はない。彼氏への当てつけでリスカしたいだけ。
だから母親がパートから帰ってくる直前に手首を切る。
ところが深く切りすぎてしまう。しかも今日に限って母親が帰ってこない。
必死に這いずって電話にたどり着き、やっと救急車を呼んだものの悪戯と間違えられてしまう。
意識が朦朧としていく中、怖い怖い怖い!
…と気づくと部屋の中だった。
手首からは血が流れている。助けを求めて外に出ると彼氏の姿が。
安心して喜ぶものの、彼氏は去っていく。
嫌だ嫌だ嫌だ!
…と気づくと病院だった。看護婦さんが彼氏が病院に運んでくれたと教えてくれる。
ほっとする主人公だったが、なぜか霊安室へと運ばれる。「あなたはもう死んでるの」
死にたくない死にたくない死にたくない!

…気づくと母親が側にいた。手首に傷はない。どうやら全ては居眠り中に見た夢だったようだ。
リスカの愚かさに気づいて泣き出す主人公。もう二度と馬鹿なことはしない…
主人公は安心して気を失う。
そして帰宅した母親は、手首から血を流して死んでる主人公を見つけるのだった。

342 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 00:28:30 ID:+xAT1khN0
>>336-339
乙なんか面白そう
ボタン押すと大金が手に入るけど変わりに云々〜のコピペ?はこの話が元だったのか
一つ質問
最後の「何も知らずに〜」ってのは更にオチがあるってこと?

343 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 00:36:00 ID:+GZoTwW60
その箱が手に入ったら「ボタン押してください〜」の旅に出るな。
億万長者ウマ〜

344 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 00:39:53 ID:xmwebrlg0
>>343
同じ時間に戻ってくるから、手には入らんだろう。
使用料として何割か寄こせが、一番美味しい方法かな?

345 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 01:00:42 ID:ykUGUeTV0
>>336
乙。

たしかジャンプの別冊として1年に1回でる『ギャグスペシャル』のやつだよな。
その話が載ってたのは確か2000年とかそこらへんだった気が。
変なCG使ってる漫画だったからよく憶えてる。

346 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 01:08:51 ID:tw08g5ZI0
過去スレで話題になってたと思う。
気になってたやつ、ニコニコにありました。
  ↓
ジャッキーチェン劇場おまけ03 酔拳2 衝撃の中国版エンディング
http://www.nicovideo.jp/watch/sm599054

347 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 02:34:45 ID:i8j2dUStO
ぎゃわー

348 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 03:39:58 ID:psIHQmmM0
>>334
俺もそれ好きだよ。
トニオちゃんでしょ?

http://www.amazon.co.jp/%E3%81%BF%E3%82%93%E3%81%AA%E3%81%AE%E3%83%88%E3%83%8B%E3%82%AA%E3%81%A1%E3%82%83%E3%82%93-%E8%8F%85%E5%8E%9F-%E3%81%9D%E3%81%86%E3%81%9F/dp/4835545958

349 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 06:26:35 ID:3VeJ5scdO
俺もトニオちゃんでボタンの話読んだ

作者は当時十代とかじゃなかったか?

350 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 07:57:36 ID:o93dII7HO
本になってたんだ!
面白そうだ〜とぐぐっても見つからなかったから非常に嬉しい

351 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 10:18:39 ID:jRomNXdQ0
ドラマERであったストーリー

クリスマス、一人の少年がER(救急医療室)に運ばれてくる。
銃撃戦で怪我を負ったらしい。
処置の最中、医師は少年が隠し持っていた銃を発見する。
医師は、少年の銃を取り上げ
クリスマス会パーティーのプレゼントとして買ってあった
ちょっと高価なゲーム機をプレゼントする。
「銃なんかより、こっちの方が良いだろ?」と。

少年が退院して数時間後、話を聞きつけた少年の仲間たちが
「ここにくれば、銃とゲーム機を交換してくれるんだろ?」
と、病院に押し掛けてくる。
医師は驚くものの
「それで少しでも、少年達の銃犯罪が減れば・・・」との思いから
自腹を切って、少年達の銃とゲーム機を交換する。


352 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 10:19:09 ID:jRomNXdQ0
少年達から取り上げた、大きな袋いっぱいの銃を抱え満足する医師。
ほっとしたのもつかの間、次の患者が運び込まれる。
どうやら、幼児が銃撃戦の巻き添えで撃たれたらしい。
必死で手を尽くそうとするが、とき既に遅く
銃弾は脳に達しほぼ即死だった・・・

肩を落とす医師の元に、犯人が警官に連れられてくる。
(どうやら、怪我を負ったらしい)
驚くことに、その犯人は・・・銃を取り上げたはずの最初の少年だった。
少年:「上手い事銃を取り上げたと思ったか?銃なんていくらでも手に入るんだよ!」

少年達から取り上げた、袋いっぱいの銃をぶちまけて医師は叫ぶ。
「お前らこの銃で!子供が死んだ!脳みそを撒き散らして!
 それでも銃が欲しいか!だったらくれてやる!全部持っていけ!」
まったく動じない表情の少年。
やりきれない表情で、ぶちまけた銃を見つめる医師。

このストーリーは後味悪かった。

353 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 11:59:01 ID:EH67N3Au0
>>351-352
医師が可哀想過ぎる。
せっかく社会のために貢献しようと自腹まで切ったのに報われねぇ・・・

354 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 12:39:27 ID:kr1MRm0S0
そうか?
馬鹿過ぎると思う。
銃を取り上げるだけで問題解決!と自己満足に浸ってるところが。

355 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 12:41:13 ID:lp1V3y5n0
まあカーター先生って最後まで馬鹿だったからね

356 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 14:51:05 ID:EDATX3aN0
>>355
医師ってカーター先生なのかよ
勝手にグリーン先生で想像してた
カーターならほんとに馬鹿だなあと思える

357 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 14:52:59 ID:psIHQmmM0
ガキ「うえーん、ごめんなさい」
医者「どんな人でも話せばわかってくれるなあ」

とかってなるよりよほどいいね。つまらんオナニーで更正不可なやつまで擁護
されてはリアルで危険

358 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 15:28:43 ID:lp1V3y5n0
>>356
ごめん、ゲームボーイとかそういうのを一気に大量に買えるのは
大金持ちのボンボンのカーターだと思い込んでレスしただけです。
グリーン先生だったらすまん。

359 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 15:38:35 ID:jRomNXdQ0
カーターで正解です。
推理ワロタw

360 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 15:50:00 ID:jXTP1ExH0
カーター先生は
だんだん後味の悪い存在になっていったよな。

361 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 15:59:14 ID:N1jIL8NE0
カーター人気ねえなwww

362 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 16:05:00 ID:CJVQ0Y6S0
カーターはいいやつだよ。
彼女がケツアゴと寝てるの目撃したけど立ち直ったんだぞ。

363 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 16:10:49 ID:KpZCES/70
「まったく動じない表情の少年」てのは記憶作ってるよ
死んだのが小っちゃい子だったと聞いて少年はちょっと「うぬぅ…!」って顔になった
あとカーターは確かにバカだけど別にそれで問題解決すると思ってやったわけじゃないし
ゲーム機はすぐ尽きたから、あとは適当なもん渡してたし

364 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 16:12:09 ID:xN8Ls4hW0
>>362
これが一番きついわ

365 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 16:20:21 ID:im7NQ/2C0
>>363
そんなラオウみたいな少年じゃカーターの手には負えんわな

366 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 16:29:01 ID:jRomNXdQ0
>>363
そっか、いろいろ間違って覚えてるもんだね。スマソ

つーか、みんなER見てんだなw

367 :照れたビーズ:2007/08/07(火) 17:09:28 ID:G31vbeNo0
>>361
だなw

368 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 17:37:03 ID:bc2ZC4OiO
おまいらどうしよう。
いま電車の中なんだが、斜め後ろで記憶女みたいなのが同僚(?)と話してる。
本人?

369 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 17:40:31 ID:bc2ZC4OiO
sage忘れたスマソ。
なんか、サマソニがどうの話してて、
「サマソニといえば、○○また記憶喪失してんじゃねーの?pgr」
「あいつ頭わりぃ!会話にならなくて苛々する」
とか。

370 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 17:41:40 ID:UDWUlywD0
そういうのは同人かvipでやれ、な?

371 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 17:42:59 ID:bc2ZC4OiO
○○の頭わるいエピソード連ねて
同僚に「よく色んなこと覚えてるよね〜」って
呆れ?感心?されてる。

372 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 17:44:12 ID:im7NQ/2C0
うぜえよ消えろ

373 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 17:44:53 ID:bc2ZC4OiO
>>370
スマソ。動揺しすぎた。
電車にひかれて逝ってくる。

374 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 17:50:01 ID:fFbPVMOj0
中国で肉まんを食った ダンボール疑惑が出て とてもあと味わるかた

375 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 18:37:45 ID:u7UoTCs6O
一時期エアガンが好きだった事もあって、
古本屋で何気に手に取った「銃器使用マニュアル」
読み進んでいくと、ライフルで頭を吹っ飛ばされた人とか、
散弾銃を咥えて自殺した人の写真とかモロで載っていた。

グロ耐性のない自分は涙目になりながら書棚に本を戻した。

あんなの一般書籍で売るなよ(´・ω・`)

376 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 20:31:27 ID:Op4t//p90
>>342
分かりにくくてスマソ;
「何も知らずに」ってのは
記憶が抹消されてるから、
ボタンを押せば再びあの5億年の苦痛が
待ち受けてるとも知らずに、ってこと。

377 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 20:43:22 ID:5Mi4PwQg0
スティーブンキングで似たような話あった。
タイトル忘れた・・Jがつく単語だったんだけど、
そう呼ばれるテレポートの話。
近未来、移動の手段としてそのJが使われる。
そしてJの機械に入る前にはマスクから麻酔を吸うことになっている。
開発段階の囚人での実験エピソードもあるんだけど、要は意識が
ある状態でJをすると気が狂って死んでしまうんだな。
体は一瞬でテレポートするが、意識は想像もできないような時空をさまようらしい。
で、ある家族連れの息子がほんのいたずら心で麻酔の際息を止めて吸わなかった。
現実の時間では一瞬のテレポートが終わったあと、
家族が見たのは目は黄色くなり発狂して恐怖に震える男の子の姿だった。

378 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 20:46:30 ID:NmxCCDbbO
パパ!案外長いよ!パパ!案外長い!

379 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 20:50:34 ID:5Mi4PwQg0
>>378
そう!そのセリフ重要だった〜、ありがとう。
思い出したよ、「ジョウント」だ。

380 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 21:03:57 ID:24niYiJhO
私が高校生のある日、私が祭りに行っていると母さんから電話がきた。
『叔父さんがあなたに会いたいって、祭りに一緒に行くから待ってて』
私が待っていると叔父が現れた。
叔父が英語で『可愛い僕のお姫様!チェリーみたいだ・・・〇〆℃≧∞(早すぎて聞き取れなかった)』と言って私をお姫様抱っこした。
すると、通りすがりの外人が叔父に『おい!その子をはなせ!!』と言って、私にこっそりと『あのブラジル人、君のことを性的な目でみている』と言った。
まさか、紳士的な叔父が??と思った。
すると後から母さんと上品そうなおばさまと背の高い私と同い年くらいの青年2人が現れた。
『久しぶり』と言ってにっこり笑って話していると、青年の一人Aに
『姉さん、僕と付き合ってよ』と言われた。
カッコ良く好みのタイプだったが、私はその頃男性関係でトラブルがあり、どうしてもそんな気になれず断った。
しかし、後から母に話しをすると、祭りになんか行った覚えないという。それに背の高い親戚も私と同い年くらいの親戚もいないと・・・
あれは幻覚だったのだろうか。しかし、私は去年青年の一人Bに会ったのだ。幻覚ではない。彼らは何者なのだろう?

381 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 21:24:23 ID:hksN3VtJO
病院池

382 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 21:33:14 ID:plZOWcDJ0
幻覚だろ
現に叔父と外人が忽然と消えてるし

383 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 21:37:47 ID:s10/VW6s0
アメリカのとある町の小学校に、女性の新しい先生がやってくる。
先生の前で国旗に忠誠を誓う子供たち。
「ちゅうせいってなに?」「いみもないことばを使うのはよくないわ」。
クラスのみんなは先生の言うことにうなずいてキャンディーをもらっている。
「ボク」は逆らった。
忠誠の意味も知ってる!どうして国旗に忠誠を誓うのかもわかってる。
先生はわらってそれは素晴らしいという・・・

「ボク」はやっと先生の言ったことが分かった。
国旗は大切なもの。でも、みんなの心にしまっておけばいい。
先生に言われて「ボク」は国旗を窓から投げ捨て、
先生にもらったキャンディーはとても誇らしく、美味しかった。

新人女性教師は時計を見た。
彼女が教室に入ってから、23分が経っていた。

23分間の奇跡,というストーリーだったと思うけど
何も知らずに読んだから、あの後味の悪さは他に類をみなかった。

384 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 21:42:08 ID:f95LbFPp0
病院のススメ

385 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 21:48:07 ID:n5KYORoqO
>>380がブラジル人な件について

386 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 22:13:09 ID:3f2gXjSrO
>>375
俺なんて大学の購買で何気なく外国の写真集取って
読んでたら死体写真集だったぞ。最初の方の頁は
風景だったから気付くのに時間かかった。

387 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 22:23:39 ID:8OOvJDDv0
>>375
カヅキオオツカ著か?
うちに普通にあるが。

388 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 22:26:51 ID:wDPSAVQQ0
>383
それむかし読んでるんだけどなんか印象が違うからググった
「ひとつの国が占領されそして如何にして洗脳が行われるか」てのがテーマだよね
新しい先生ってのが洗脳役
前の先生もその教室にいて恐怖に震えていて最初は生徒たちも震えているんだ

389 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 22:38:47 ID:uGzbSb270
>>388
「世にも〜」でドラマ化もされてる。
確か賀来千香子が教師役だったと思った。

390 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 22:39:42 ID:yUjTVMy70
今日やってたドキュメントなんだけど、10代で妊娠しちゃって堕胎の時期過ぎちゃって、
陣痛を促進する薬使って子どもを堕胎するのをやってた。
相手の男も10代で、女の子の妊娠が分かってから行方不明に。もの凄い卑怯な行動にポカーンとしてしまった。
で、堕胎の当日になって母親と一緒にひょっこり姿を現した。
胎児の死体を見せられて、医師に「よく見て」って言われてたけど、ちっとも反省してない
様子だったのが後味悪かった。ああいう男にはおでこに卑って烙印押してやればいいのに。
赤ちゃんあんなに大きく育ってたのに本当に可哀相だった。

391 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 22:48:26 ID:V2LsyWyv0
取るべき責任のある立場の人間が
それを取らずに逃げおおせて自分だけ平穏無事で後シラネって
後味悪いパターンだよな

夕張前々市長とか社保庁歴代長官とかミートホープとか

392 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 22:57:29 ID:PGorQkdLO
というか、あれほど叩いておきながら
選挙になったら全然話題にもならない
マスコミもな。

393 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 23:13:07 ID:4IsDYjRq0
産む産まないの決定権が女のほうにあるのに責任は男のほうだけってのもどうかと思うけれどな

394 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 23:16:28 ID:+xAT1khN0
>>376
そっちの意味かthx

395 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 23:17:56 ID:PgFBQSbR0
これの答え教えてくれ↓

A、B、C、D四人の仲良し小学生がいたそうな
何をするにも四人一緒で、凄く仲良しだった
ある日、Aが言った。「皆が帰ったあと、学校でかくれんぼしないか?」
勿論仲良し四人組。誰も拒否せずその日の夕方、閉じられた校門を飛び越え学校に侵入した
Aが便所の窓の鍵を開けておいたので、侵入は容易い。校舎に入ったあと、早速じゃんけんで鬼を決めた
数回のあいこのあと、Cが鬼になった
校舎は広いもんで、鬼は60秒数えることになった。その間にABDは逃げて隠れる

で、誰も居ない校舎。勿論教室なんて開いてない。だから必然的に探す場所は限られる
Cはいとも容易く三階便所の掃除用具入れに隠れてたAを、
三階と屋上を繋ぐ階段の踊り場に隠れてたBを発見
最後のDは三人で探すことにした
が、全く見つからない。一階から三階まで、何度も見回した。それでも見つからない
A「あいつ、飽きて途中で帰っちゃったんだよ、きっと。俺たちも帰ろうぜ」
どれだけ探しても見つからない。Aの言う通りだと、三人はそれぞれ家に帰った
次の日。学校へ行ったABCは、Dが死んでいたことを知らされる
場所はコンピュータールーム。そこで首をつって死んでいたらしい
警察は他殺の線で捜査を始めたそうな
理由は簡単。届かないから。天井に

で、死んだDの目の前のパソコンのモニタにはこう記されていたらしい。「うしろからやられた」
おかしい。Dが打てる筈はない
首をつった状態であれば、手どころか足すらもキーボードには届かないからだ
首をつられる前にそんな冗談を打つとも思えない
だったら、誰が?


396 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 23:18:07 ID:Zy0p95wWO
女の方も産む産まないの葛藤を経て体に負担かけて下ろすわけだ
心と体で充分実感するわな
ついでに術後の経過によっちゃあ二度と妊娠できねぇ

397 :395:2007/08/07(火) 23:20:03 ID:PgFBQSbR0
続き

……Dを殺した犯人?なぜ、こんな身元がバレるかもしれないことをするのか?
ABCの三人は恐怖に陥っていた
それ以降大した手がかりも出てこず、8年が経った。当時12歳。今では立派な成人
成人式の集まりの際ABCは久しぶりに顔を合わせ、三人で呑み耽った
A「もう一度、学校へ行かないか?今度は夕方じゃなくて、昼に」
何で昼なのか?Cは尋ねた
A「嫌だよ。もう、夕方とか夜とかの学校なんか行きたくない」
Aは半泣きだった。
それでも、学校へは行きたいらしい。ある意味ではDを死なせたのはAだったから
他の二人も同じ気持ちだったから、Aの提案を了承してすぐに学校へ行った。
8年前から馴染みだった教師が居たこともあって、至極すんなりと授業中の校舎へ入ることができた
あの日以来コンピュータールームは閉鎖されているものの、校舎の中は当時のままだった
何気なく授業中の教室を覗いて回る。6―1。四人のクラスを覗いた時、Bが驚きを声にだした
B「Dがいる!」
授業を受けていた。死んだ日の服装そのままで。授業が終わって休み時間になった時、三人はDに声をかけた
Dは本当にDだった。当時校舎に忍び込んだことも、覚えてるし、一度死んだことも覚えている。そう言った
A「じゃあ、何で当時の格好そのままで生きてるの?」
知りたい?Dが勿体ぶる
B「うん。教えてくれ」
じゃあ、ついてきて。
三人はDの後ろについて行った

数日後、閉鎖されたコンピュータールームから腐臭がすると苦情が入った
用務員が鍵を開ける。目に入ってきたのは、首をつった三人の「少年」。ABCだった。
彼らはDと全く同じ場所で死んでいた。目の前のパソコンのモニタにはこう記されていた


「うしろからやられた」


398 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 23:21:09 ID:Hkiy0UYbO
ピップから来ましたが

399 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 23:22:28 ID:VxKpM3MiO
>>393

責任は基本的に双方。
女は堕胎そのものがもう『罰』になっている。
男はじゃあどうなのよ!?……ってところに『当日の登場』だったから、
すごく男だけ悪者に見えたのかもね。

私は女だけど、どちらにも虫酸がはしる。


400 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 23:28:25 ID:05ai12nR0
>>393
男は肉体的な負担が皆無なんだから
せめてその分余計に精神的経済的負担を負え

おかしいか?

401 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 23:31:00 ID:psIHQmmM0
>>395
一行目しか読んでないが、そういうスレではない。他で聞け。

402 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 23:44:17 ID:E9Ouzpo1O
>>231
リアルゆとりを真に目撃した

403 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 23:59:52 ID:qNAPqpyu0
20年も前の真剣に読んでもいない漫画を覚えて無くてもゆとりとはいえんだろ常識的に考えて・・・

404 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 00:11:50 ID:3zP08vbH0
いるよな。空気読まずに亀レスして得意気なやつ・・・

405 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 00:26:23 ID:yZ4KiYDe0
あの漫画を消防高学年で読んでた世代って
受験が一番厳しかった時代をくぐり抜けながら
大学卒業する頃は学歴神話が崩れて就職氷河期組だったんだよな

大企業になかなか入れなくて中小なんかでひーひー言いながら
何とかキャリア積んでようやく一角の人生設計立てられたと思ったら
あとから勉強も受験も就職活動も苦労しないゆとり世代がぞろぞろ
広く間口を開けた大企業に入ってゆくのを目の当たりにする

戦中世代と戦後世代もそうだけど、しょせん努力より運なんだよな人生

406 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 00:35:13 ID:DnMo/GOv0
ゆとり話はもういいって


407 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 02:49:13 ID:HYH7hswUO
得意げに書かれても

408 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 04:07:01 ID:HXw0TfFzO
>>395
答がわかったら教えて下さい。

409 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 06:15:46 ID:UrvTuZjI0
単なる怖い話じゃねーの?

410 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 10:50:02 ID:5kIz+ClK0
>>375>>386を読んで思い出した
仕事で待ち合わせるのにしばらく時間があったので本屋に入って
手に取った愛らしい小犬の写真集。
生後間もないころころした小犬たちが芝生の上でじゃれあったり
無邪気に走り回ったり、理屈抜きで可愛い。
忙しい時期だったので癒されて「買っていこうかな」と後ろの方を見たら
写真集に掲載されている犬たちはみな保健所に収監された犬達であり
撮影の数日後には処分済みでこの世にはいないこと
この写真集を出すことでこんな犬たちがいることを知って貰いたい
趣旨のことが書いてあった。
あまりの後味の悪さにしばらく立ち直れないほど落ち込んだ。
せめて表紙とか帯とかPOPとかで事前に注意を促してくれ!!

411 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 11:13:32 ID:KsCnhkxY0
>あまりの後味の悪さにしばらく立ち直れないほど落ち込んだ。

じゃあその本の目的は果たされたことになるな
その意味では その本の戦略は正しかったんだろう

知ったからと言って じゃあ俺たちに何が出来るか?
って言うと 何も出来ないんだけどな

犬猫飼ってれば
「じゃあ捨てないようにしよう
 避妊手術はちゃんとしよう」
とか思えるけれど
飼ってないとそう言う行動すら取れないから
ホント 落ち込むだけなんだよな
それが後味悪いっちゃ後味悪い

まあでも「知らなきゃいけない現実」だよ それも

412 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 12:15:40 ID:xpEsJk+l0
赤い糸が小指から出ていたが、ハサミで切ったら消えたので気にしない

413 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 13:08:43 ID:0vvF/0D80
ふん、俺なんざ最初から赤い糸なんて付いてねえや

414 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 13:09:39 ID:MMGKnPuJ0
>>378
ワロタ

415 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 13:43:23 ID:MMGKnPuJ0
>>393
これもERだけど
5人のガキがいて生活も苦しく、育児疲れと栄養失調で運ばれてきた奥さんの話があった。
夫は「とても良い人だけど」避妊をしなくて堕胎も許さず(たぶん敬虔なクリスちゃん)
奥さんはERに運び込まれた時点でまた妊娠してて
もう限界で精神的にキていて、実は自分で栄養を断って流産しようとしていた。
でも母親の体は胎児を優先するので、奥さんの体の方がヤバくなっており、
看護婦は奥さんと話し合って、上の階の婦人科で堕胎処置をすることに。
夫には知らせないで!と懇願する奥さんにわかったわと約束して婦人科へ送るが、
その後夫がやってきて、何も知らないカーター(笑)のおかげで婦人科にいることを
知られてしまう。すごい剣幕で婦人科に押しかける夫。
あとで看護婦が様子を見に行くと、夫はすでに落ち着いた様子で「妻のことを気遣って
やれなかった」と看護婦に詫び、奥さんの方も無事に処置を済ませていた。
しかし、満ち足りた表情の奥さんの第一声は「夫は私の『過ち』を許してくれた」。
「許す?」看護婦は聞き返す。「堕胎を選択したことを自分の過ちだと思っているの?」と。
そうじゃないけど…と言葉を濁すだけの奥さん。
とても良い人の旦那はこれからも避妊しないし、二度と堕胎なんて許さないんだろうなと
この夫婦が根本的な問題について話し合うことはなさげな暗示がジワジワ後味悪かった。

まあこれも結果的に強行してるわけだから「最終的には女に決定権がある」の例になるかも
しれんけど、男のがわ(や姑)に逆らえず、その最終決定を自分で下せないまま
悲劇や惨劇に陥るケースも多いわけでごわすよ

416 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:00:41 ID:D8+xcxCbO
380だけど
幻覚ぢゃない。最初は幻覚かと思ったけど、去年の夏に新宿で青年の一人Bに会って交際を申し込まれた。
その時は交際を断ったが何者なのか聞いておけばよかった。
しかも、親戚でもないはずなのに、小学生の頃何度もおじらに会った記憶がある。
向こうもよく会ってただろう、覚えてないのか?と言っていた。
しかし母に聞くと覚えてないという・・・

417 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:11:13 ID:D/CHkpgzO
分かったから病院へ行きなさい

418 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:13:29 ID:aNCWIx1X0
>>415
悲劇っつーか馬鹿としか思えないなあ。
何か中絶で女が可哀想、悲劇と言うのって違和感を感じる。
DQN達が責任とれない行動して当然の結果になっただけなんだから、悲劇とは言わない。
可哀想なのは子供達だな。
自分勝手で幼稚臭い親に育てられたら子供も自然と歪む。

419 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:18:23 ID:dY/tRjdjO
>>418
信仰と戒律の問題なんだからDQNとか馬鹿とかそういう話じゃないだろ
色々な意味で悲劇だと思うが

420 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:22:02 ID:MMGKnPuJ0
>>418
あのー…
「女が可哀相な悲劇」とかいう話として書いたつもりはないし
あくまでも「決定権」という言葉に対して、
産む産まないで必ずしも女が主導権取れる男女関係ばかりではないという例を…
あとキリスト教徒のアレで…
フヒヒヒヒ!やっぱりいいです!

421 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:26:12 ID:jtzsjQsv0
まあ童貞の俺には何の関係もない話だしな。

422 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:28:04 ID:WDWrDobXO
>>420
ちょwww

423 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:31:13 ID:ZgvEih0AO
>>418
なんかヒキかリア厨みたいな増上慢の発想だな
この話の悲劇は受付にカーターがいたことだろ

424 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:33:11 ID:KsCnhkxY0
カーター先生w

まあ ドラマが動くためには必要なキャラだよな
現実に居たらたまらなく迷惑だろうけど

425 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:35:14 ID:KsCnhkxY0
あと>>418
お前 >>415をまったく読んでないよな? 読んでないと言ってくれ
読んでてその読解じゃ まじでこの先 生きてゆけないぞお前

426 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 14:50:11 ID:0Y7HMtTi0
冷凍物のヴィシソワーズが安売りしていたので買ってきた。
帰ってきたころには解凍されているだろうとワクテカして封を空けた。
……チキンストックとその他の材料(ジャガイモ、クリーム等)が分離しており、
その他の部分がなんか固まっていてちょうどパンくずのような食感。
素で後味がわるくてがっかり。

今度自分で作るか……。

427 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 15:14:47 ID:PkuiRo20O
>>414
それ久しぶりに読みたくなったんだけど…何スレ位前だったかな?

あの人の要約じゃないとつまらん

428 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 15:15:42 ID:v4SQPvUp0
>>425は優しいな
心配する必要はないぞ
>>418 はたぶん“堕胎”等の単語に反応する自動生成スクリプトだから

429 :1/2:2007/08/08(水) 15:23:58 ID:oxgr0+VUO
アニメ版セーラームーンのスターズ編、セーラーレッドクロウの最後が後味悪かった。ネタバレ

レッドクロウは敵側に複数いる幹部キャラの中の一人。
幹部は敵ボスに腕輪で生かされていて、仕事(真のスターシードを見つける、邪魔なセーラームーン達を倒す等)があまりうまくいかないとボスに腕輪を外され消えてしまうという設定。

レッドクロウの前に対セーラーチームで戦っていたセーラーアルーミナムセイレーンという幹部はレッドクロウの古くからのライバルで、2人でトップを争っていたらしい。
そんなセイレーンが今回の仕事で地球に飛ばされてしまったのをレッドクロウは心配で追いかけてきて、憎まれ口を叩きつつも手伝っていたりセイレーンの事をよく気にかけていて、お互いに友人のような描写がよくされていた。
そんな中セイレーンはセーラームーン=うさぎ(主人公)だということに気づき、そろそろ失敗が重なり限界の近いボスに自信有り気な報告をし、レッドクロウは横で聞いていて肝を冷やす。
セイレーンは罠を張り巡らせうさぎを追い詰めるも失敗してしまい、ボスに消されてしまう。悲しみの中セイレーンの後任を継いだレッドクロウはセイレーンの敵を取ると心に誓う。

430 :2/2:2007/08/08(水) 15:36:42 ID:oxgr0+VUO
セイレーンの後任はレッドクロウともう一人セーラーティンにゃんこだった。にゃんこはレッドクロウの前でセイレーンの事を使えない奴だのクズだの罵り、レッドクロウの事もよく思っていなかった。

2人は衝突しながらも仕事はするが、やはりうまくいかない。
そんな中レッドクロウは考えた末にセーラームーンを異空間のはざまに突き落とし閉じ込める事で敵討ちをすることに決める。

実行に移し、うまく行きかけたがにゃんこの妨害によって自分が異空間に飲み込まれてしまう。
セイレーンに謝りながら消えていくレッドクロウ。



子供の頃に見たからちょっと違うかもだけど…
レッドクロウに救いが無くて後味悪いなと思ってた。

長文スマソ

431 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 15:39:28 ID:Gifk111B0
よくわかんないけど
あの人ら、なんであんなヒラヒラしたカッコしてるんだ?

432 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 15:42:52 ID:oxgr0+VUO
やっぱり解りにくいか…すまん

あれはひらひらしているが一応戦闘用コスチュームで普通の服より丈夫…とかだったと思う

433 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 15:45:30 ID:jtzsjQsv0
そんなことより……

>セーラーティンにゃんこ

これは真面目に考えて付けた名前なのか。

434 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 15:52:37 ID:Gifk111B0
>>432
へ〜、ちゃんと設定があるのか。

とはいえ、あれだけ露出部分が多かったら
あんまり意味はなさそうだなw


435 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 16:00:35 ID:l8+6Pk810
死んだ同僚の仇を討とうとしたやつが
別の同僚に邪魔されて死んじゃった。かわいそす。

そうおっしゃりたいわけですか?

436 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 16:08:53 ID:VfE3b9do0
ティンにゃんこ……
これはエロい

437 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 16:22:57 ID:KsCnhkxY0

チンコねこは結局 何をしたかったの?

438 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 16:39:40 ID:ZzM8a39v0
>>415
強引に夫や姑批判に持っていく最後がなんだかなあと思いました
あとは乙

439 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 17:11:25 ID:l8+6Pk810
強引に夫や姑批判だと解釈する>>438が病的だなあと思いました
お大事に

440 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 17:18:49 ID:0Y7HMtTi0
>>415
決定権を行使しない権利もあるってこった。
あとで「私は夫や周りのせいでこんな悲惨な人生を送ってきた」と文句をいって、
悲劇の女王ごっこしても、自業自得ってことで突き放せるなww

441 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 17:33:25 ID:yZ4KiYDe0
堕胎って何かあっけない簡単なことだと思ってる男がいるみたいだが、
身体に金属器具突っ込んで掻き回されるんだぞ。
男でも尿道や肛門でそれやられたらと思うとぞっとする。

しかも中で生きてる命を文字通り掻き出すのを
実感するわけだからな。

セックスは男女共同作業でやっただろうに
望まない妊娠で堕胎せざるを得ない場合は、
その苦しみを女だけに押しつけて逃げられる男は糞以下だ。

442 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 17:40:08 ID:ZgvEih0AO
「悲劇の女王」なんて言葉初めて聞いたwww

443 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 17:43:28 ID:v4SQPvUp0
なんとなくだけど
>>441 には↓の方が向いてると思う
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/gender/1183533515/l50

444 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 17:51:20 ID:l8+6Pk810
>>441
話がズレてる。その言い草では「そんなに苦しむなら共同作業の段階で
断固として避妊を要求しろ。セックスするときはなあなあのくせに、
いざ孕んだら被害者ぶるな」とかの意見も出てくる。

>>415の話をどうしても女が悲劇ぶってる話としか解釈できない人もいる
というだけの話だろ

445 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 17:51:55 ID:mI/t8AIAO
>>439
いや、最後のくだりは突然だし一方的だと思うよ。
なんか感情的で喧嘩腰の類似レスもあるが、あんまり怒らずに判断してみ。どちらも当たっている面はあるから。

446 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 17:55:58 ID:l8+6Pk810
>>445
単に>>415の最初のアンカーを認識した上で読んだかどうかじゃね
自分は突然だとも一方的だとも思わなかったので
レスする人間が怒ってるとか思い込まずに判断してみ

447 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 17:59:40 ID:yZ4KiYDe0
>>444
いや望まない妊娠したら女が苦しむのは元々男もわかってるから
避妊は(その女を男が好きなら)双方から言い出すのが普通
避妊してても失敗することだってあるしな

448 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 18:10:14 ID:mI/t8AIAO
うーん、俺としてはいきなり「病的」なんて決め付けるのは怒っているものと判断してしまうが、、、。
まあ、どちらの言い分もわかる、というのが俺の意見だから、中立意見すら許されないならゴメンナサイですな。

449 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 18:34:43 ID:Bh7/42Ev0
>447
いや、”押しつけて逃げる男”でしょ? 好きなわけないでしょw
それに好き同士だったとしても、”言い出すのが普通”じゃなくて、
自分の身は自分で守れ、相手の誠意なんか期待するなと思うな。
妊娠するのは自分だってことを、何か起こってから言うばっかりじゃなく
もっと切実に認識して行動しろって思う。
でなきゃ相手への責任のなすりつけでしかない。

ERの話はお互い愛し合ってて、逃げる逃げないの関係じゃないし、
旦那さんは一切悪気がないし、奥さんも被害者ぶるどころか
自分の不徳だと思い悩んで、旦那さんに対しては責めるどころか
”許してくれた!”なんて思っちゃうところが後味悪いワケで。。。

450 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 18:51:39 ID:Bh7/42Ev0
スレチな話だけじゃ申し訳ないんで自分の消防時代の後味悪い話を。

3年生の時、一斉下校するのに分団ごとに並んで運動場に座ってたら、
分団の担任の先生がスーッと来て、私の隣の子の頭を指でコツコツ突いた。
その子は地面に絵を描いてたので無視。
したら今度は拳骨でゴツゴツ。その子が顔上げると、先生は少し離れて
地面を指差してる。ここへ来なさい、みたいな感じ。口で言えよとまず思った。

で、その子がそこへ立たされたら、変な説教が始まった。
「人が人に命令するということはよくないことだ」
「してはいけないことはわかるな?」
傍で聞いててもチンプンカンプンで、その子は茫然としてる。
二度としないとか誓わされて、解放されて戻ってきた彼女に「何の話?」
と聞くと、「全然わかんない…」 それで誓ったのかよ!とも思ったが、
先生の態度の方が腹立った。

結局何だったのかと思ったら、前の週に、通学路の家の犬が私達の分団の
あとをついてきちゃって、一年生が喜んでかまうから、その子が「だめー!
かまっちゃだめー! 後ろむくなー! 前むいてなさーい!」と大きな声で言ったのを
「○○ちゃんが命令してきた」とか一年生が先生に言いつけたんだそうだ。
まあ小さい子は不条理に感じたのかもしれんけど、詳しい確認もせず
あんな態度で子供を叱った(?)先生に対してモヤモヤしてしょうがなかった。
その子はそれから一切下級生に何も言わなくなった。
そしてその2年後に、後をついてくるのがくせになったその犬が、
ついに大きな通りまでついてきて、車道を渡って車に撥ねられた。
後味悪いったらなかったよ。。。

451 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 20:00:24 ID:rPS8NkCuO
犬(´;ω;`)
クソガキ死ね、その子と犬に幸あれ

452 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 20:03:29 ID:xPeslXygO
教師。
いなけりゃ困るけど、教員試験受かった奴なら誰でもいいわけじゃない。
どうすりゃいいのか、さっぱり解らないが
なりたい人がなれない職業ベスト10には入ってるのかなぁ
資格さえあれば人様の御子息を好きなように躾てもあのあの…
要はさ、「教師」も「金稼ぎの仕事」になってる感がするって話。
やり甲斐? 見つけても親に潰される。
なかなか大変だよ。
あの頃の俺は生きてる気がしてた。
今はただ、「何事も無く、早く卒業しやがれ。」
それだけ。
心配だからね、俺の家族が。

453 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 20:09:16 ID:QSq1DYDD0
803 グラドル(コネチカット州) sage New! 2007/07/25(水) 14:34:29 ID:n020Cu/vO
授業参観のとき、後ろから何か気配がするので振り向くと、
老婆がこちらを見ていた
「うわあっ!出たっ!」と椅子からひっくり返るオレ
ざわめくクラス
「どうした?何が出たんだ?」
「おっ、おばけ、お化けが、ほらっ、そこっ、そこ!」と老婆を指差した
「おい!失礼なこと言うな!前田んとこのお婆さんだろうが」
クラス中「wwwwww」
ただ、それが原因で、前田のあだ名がお化けババアになってしまい、
それを苦に前田が自殺したんだけどさ・・・・・

454 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 20:25:15 ID:cdW0zZFl0
>>453
ちょ…

455 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 20:28:25 ID:FDlEjXTU0
このスレの最初の方でフリークスって出てきたから??と思い検索してみた
理解できないグロワールドに胃がキモチ悪い↓↓
http://www13.ocn.ne.jp/~turisaki/home.html

456 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 21:03:25 ID:IzXZQsJM0
x51にインタビュー載ってた死体写真家の人か。

457 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 21:13:14 ID:dJD44L3K0
>>450
なんか、クソガキ共がカーター先生に見えてきた。

458 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 21:54:10 ID:jsgcclqd0
カーター…('A`)

459 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 22:40:44 ID:Tb1i6gmt0
>>457
全っ然ちがうだろwwww
おまえカーターに対するイメージ歪みすぎwwww

460 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 23:16:18 ID:vXBVz/si0
うわぁぁ!
CSI後編録れてNEEEE!!
バカレコーダー!

461 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 23:48:48 ID:ls9CFnWV0
>>460
わりとおもろかった、ネタばれしたら悪いから言えないけど

462 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 00:48:06 ID:vaW50YCS0
CSIは後味悪目な終わり多いよね
真相解明して死人の旦那に報告に行ったら容疑が掛けられてた不倫相手が旦那に殺されてたり

463 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 01:25:36 ID:n1MzbWNZ0
それスッキリじゃん

464 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 01:28:00 ID:ELYBy+wK0
>>456
数年前にこの人のドキュメント映画?見たよ・・・
死に化粧師ってやつ

大画面に映される死体に観客はリタイヤ続出
当時の彼氏を誘って見に行ったけど、すぐ振られたわwww

465 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 01:38:21 ID:UaP9P3PyO
>>426
亀だしスレチだけど、それミキサーかジューサーにかければよかったんじゃない?
今度安売りしてたらやってみてね。

466 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 02:32:38 ID:xBRC6NXn0
そういえばこないだ見たERXIも後味悪かった
レイプされた後、顔や体に暴行を受けた女性が担ぎこまれる
手当てをして取りあえず容態は安定したものの重症、喉にバルーンを入れてるため喋れない
近辺ではレイプ事件が多発していて、他の女性は死亡したり重症で犯人の顔を見てない。
唯一この女性だけが犯人を見ており、警察は情報を聞き出したいが医師から無理だと止められる。
一緒に治療に当たった看護士は暴力的な男にトラウマがあって、許せないと思っている
そこで医師には告げずに独断で患者のバルーンをしぼめ警官の質問に答えられるようにしてやる
しかし、警察が聞き取っている最中に容態が悪化、女性は死んでしまう

この後、看護士は自分のせいだとか責めるんだけど、医師もしょうがないとかいって隠蔽工作をする
この被害者女性の設定は家族もいなくて、バルーンをしぼめることのリスクも説明したってなってるん
だけど、あきらかに看護士の所為で死んでる。聞き出せた情報も黒髪の白人ってだけ

女性がレイプされたのは犯罪だけど、一旦は助かると思った患者が看護士の勝手な判断で死ぬのも
やっぱり犯罪の筈。なのに次の回ではなんにも無かったかのように、この医師と同棲して楽しそうにしてる

このシリーズの初めではもっとつまらない事で医師が病院辞めたりしてるし
最初の方のシリーズだと医療過誤の問題は何週にもわたって取り上げられたのに・・・





467 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 03:49:30 ID:TDTAZzJSO
>一緒に治療に当たった看護士は暴力的な男にトラウマがあって、許せないと思っている

メンヘラ勘違い正義厨の糞豚か

468 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 03:57:22 ID:rpBH/xL+0
そういう栓のない罵倒はドラマを直接見てから該当スレへ行ってやってね

469 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 04:25:16 ID:8jpWk9710
正義感の人を叩くのは簡単だし自分がより上になったような勘違いができるから
心弱い人が陥りやすい穴なんだよ。
本当に悪い奴を叩くと危険だし屁理屈につきあってくれないしね。

いまのチベットから目をそむけて60年前の日本だけを叩く連中みたいなもん

470 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 05:43:22 ID:tHCTrkN80

チベットってのはそんなに悪いやつなのか?

471 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 05:53:52 ID:ErHJ0FmF0
ちゃう
どっちかというと被害者だよ
詳しくはぐぐれ
中国に大量虐殺とかばんばんされてる

472 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 06:03:15 ID:tHCTrkN80

じゃあ60年前の日本がすごく悪いわけだな?

473 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 06:10:51 ID:ErHJ0FmF0
いや、もういいわ
とりあえずぐぐって自分でいろいろで調べてみろ

474 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 07:00:02 ID:tHCTrkN80

ぐぐったら、60年前の日本がかなりあくどいってことが良くわかったwww

475 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 07:02:41 ID:ErHJ0FmF0
やっぱ夏だな
それとも単なる釣りか
この流れが後味悪くて受けたwww
最初にチベットが悪い奴とか言い出してる時点で厨かゆとり一直線だわな

476 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 10:14:30 ID:9JQbmpBsO
せめて何か誘導でも貼ってやれば治まったのかも
とりあえずニュー速

【国際】チベット活動家6人、万里の長城で中国に抗議「五輪開催資格ない」 当局に拘束される
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1186489832/

中国は世界の癌細胞

477 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 10:39:29 ID:ckHyuhSj0
>>450
>口で言えよとまず思った。
これから自分がする説教の内容が「人に命令するな」だから
「こっちにこい」とは言えなかったんだろうなあ
頭悪いな その教師

478 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 12:21:38 ID:Htqbx14S0
>>469
夏だw

479 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 13:04:17 ID:dZUsmxioO
↑この馬鹿したり顔でなに言ってんの

480 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 13:06:30 ID:/VYTs8wT0
>>477
ワロタw
智恵を絞って無言で呼ぶことにしたんだなw

481 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 13:13:36 ID:OtGWRQqg0
人間、自分が先に得た知識や経験が正しいと思ってしまうものなのさ。
それがどんなモノか知らんけど。

482 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 13:26:04 ID:buXIiTDY0
↑この馬鹿したり顔でなに言ってんの

483 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 13:27:45 ID:7boQjrui0
>>465
ありがと。今度やってみるよ。

484 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 15:17:22 ID:j69ocYry0
オギノ式で有名な荻野久作さん(1882年3月25日 - 1975年1月1日)の話(wiki)より引用

不妊や多産に苦しむ新潟の女性を目にし、
当時解明されていなかった排卵時期の研究を行う。
3年の歳月をかけ論文「排卵ノ時期、黄体ト子宮粘膜ノ周期的変化トノ関係、
子宮粘膜ノ周期的変化ノ周期及ビ受胎胎日二就テ」を完成させた。
しかし日本の学界に認められず、
ドイツに渡り6年後に現地の学会誌に発表される。
その後日本婦人科学会雑誌第19巻6号に掲載された。

ところがオーストリア人のヘルマン・クナウス(Hermann Knaus)が
荻野の手法の目的を逆転させて避妊法として使うことを提唱する。
これは当時から避妊法としては他の手段と比べて
非常に不確実な手法であることがわかっていたので荻野は反対意見を表明する。
しかし不本意にもこの避妊法は後にオギノ式と呼ばれるようになる。
もっと確実な避妊法があるにもかかわらず
自身の学説を安易な避妊法として使い、
結果として望まない妊娠をして人工妊娠中絶により失われる命のあることに
本人は憤りを感じていた。
そして、むしろ不妊治療に役立てて欲しいと主張した。


21世紀になった今でも「安全日」とかいって使われるオギノ式
不妊に役立てて欲しいと思っていた荻野さんにとってはさぞ後味悪いだろう。

485 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 16:38:51 ID:J1Froxpu0
西岸良平の短編マンガ「死神」

子供の頃から不幸だった青年、
新聞配達をすれば犬に噛まれその給料は不良にボコられ取られ
父親は早くに死に身体の弱い母と二人暮らし
その母も「真面目にコツコツやってれば必ずいいことがあるから…」と言いながら
何もいいことのないまま死ぬ。

ある夜仕事に疲れてアパートに帰ると死神のオッサンが待っていた。
「今日の夜中に君は死ぬんじゃ」言われ「俺の一生は何だったんだ」と嘆き悲しむが
死神に「天国は花が咲いて食い飲み放題 友達も出来るいいところだ」と説明されると
早く死にたくなる。

まあ夜中まで待て、と死神は勝手にそこらの二級酒とスルメで飲み始める。
そのインチキ臭い様子に不安になった青年が改めて天国の様子を聞くと
「いや本当は地獄もあるがそれは悪い奴がいくとこで君は大丈夫」。安心する青年。

で結局死神は酔っぱらって寝込んでしまい翌朝目覚め
「ああ仕方ない じゃあと90年死ぬの待ってくれ」天国を楽しみにしていたのに残念がる青年。
すると
「いやあれも嘘。死んだあとは何も無い。果てしない暗闇に永遠の深い深い眠りがあるだけだ」
「そして人間はいつか誰でも死ぬ」
「まあ生きてりゃいいこともあるさ」そして死神は消える。お仕舞い。
----------------------------
死神が消えたあとの最後のコマで青年は窓から外を見てちょっと微笑んでるんだけど
そんな微笑む気分になれない終わりだった。

486 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 17:27:29 ID:jq2c/tfF0
>>484
きっとそのヘルマンとかいうヴォケは生セックスが大好きだったんだな
堂々と生でやりたいがために、オギノ氏の学説を利用したわけだ
しかも名前はオギノ式ってことで、この方法で妊娠しちゃってもそれはオギノのせい〜
みたいな
ラリア人の面汚しヘルマン、チャドに謝れ

487 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 17:36:26 ID:VGiLOT9d0
チャドに謝んのかよwwww荻野さんにじゃなくてwwwww

488 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 18:11:42 ID:9JQbmpBsO
>>486
しかもオーストラリアじゃなくてオーストリアだろ
ヘルマンて名前からして

489 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 18:30:30 ID:sLHZLNgf0
中学の頃の体験談です

友達のHがある日を境に突然「あっきアッカネー」と言い出すようになった
僕達は「なんだよwいきなり」と笑ったけど
Hは「え?」とか「は?」とか言葉を濁してた。

殆どの人は心当たりあると思うけど、学生の頃は学校の先生や、友達の口調を
マネたような一発ギャグみたいなモノが流行る
僕自身も何の脈絡もなく「出席とるぞうー」などと先生の口真似一発ギャグをしていたものである
だからHの「あっきアッカネー」もきっとその類のものなのかな、と思った

しかし段々Hのその口癖は酷くなっていった。
先生が起こってる時や、H自身がからかわれている時も「あっきアッカネー」と言い出す
「おまえ、どうしちまったんだよ、何だよ秋茜って」と聞いても
「はぁ?なにが?あっきアッカネー、マジで」
まるで何かにとりつかれたように言うのであった
しばらくたつと僕らも「秋茜」についてあまり深く考えないようになった
それどころか「あっきアッカネー」は口真似一発ギャグに出世し
H以外の人間も「あっきアッカネー」というようになった。

いったん切ります


490 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 18:31:38 ID:sLHZLNgf0
続き


ある日突然Hが僕らに聞いてきた
「最近みんな秋茜とかいってるけど、あれ誰のマネだよw」と聞いてきた
僕らは顔を見合わせた「おまえが一番最初に言い出したんじゃん」
「はぁ?あっきアッカンネー。おまえらの方が絶対さきだったよ」
するとその会話を聞いてたNが言った
「前から思ってたんだけどさ、秋茜って聞こえるけどHは本当はわっけわかんねーって言ってるんじゃない?」
2秒くらい空気が凍りついたような沈黙ののち僕らは爆笑した
確かに!「あっきアッカネー」と「わっけわっかんねー」は似てる!
ひまわり文庫とひまわりうんこのようなものである
Hは若干活舌が悪かったので「わけわかんねー」が「秋茜」と聞こえたのである
その謎が解けた後も「あっきアッカネー」という一発ギャグは僕らが卒業するまで廃らなかった。

こないだ駅前のコンビニで久しぶりにHに会った。奴は高校の友達と一緒にいて
僕をボコボコに殴った後に財布からカネをうばってった


491 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 18:36:43 ID:I3tseE+C0
>>489-490
前半の話ほとんど関係ないじゃんw


492 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 19:13:51 ID:d5OvUPNL0
警察池

493 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 19:14:33 ID:Iu/Fputq0
なんというコメントのしづらい長文

494 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 19:22:14 ID:sLHZLNgf0
>>485俺はいい話だとおもう4

495 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 21:35:01 ID:1wj9Vnje0
>>463
462じゃないけどやっぱり後味悪かったよ。
かなり昔に見たっきりなので違ってるところもあるかもしれないけど。

湖のボートの上で女の人の死体が見つかる。
夫はどうして彼女がそんなところにいたのか全然わからない。
実は被害者は不倫していた。
相手は夫の仕事の知り合いで妻子持ち。
ボートで湖畔の彼の家に行った帰りに事件にあった様子。
自分も夫の浮気が原因で離婚している女性捜査官は、
被害者の夫に妻が不倫していたことを知らせるべきだと主張するが、
主任はそれは捜査には関係ないと却下。
不倫相手の話では二人は真剣に愛し合っていて結婚するつもりでいた、
その証拠に不倫相手は妻子と別居していて離婚をすすめていた、
被害者もそのつもりではあったのだが
夫に申し訳ないと離婚を言い出せない状況だったと話す。
しかし、新たな証拠が出てきたこともあり
不倫相手は警察に連行されることになった。
不倫相手が警察に連れられて来た時、
被害者の夫が事件に進展がないかを聞くために警察にやってくる。
不倫相手の顔を見てなぜ彼がここにと不思議がる夫を見て
女性捜査官は被害者が彼と不倫をしていたこと、
彼に疑惑がかかっていることを話してしまう。
このことで主任は女性捜査官を怒るけれど、
女性捜査官はあなたは人の気持ちがわからない人だと逆ギレ。
結局決め手がなく不倫相手は釈放。
捜査をすすめるうちに被害者は殺されたのではなく事故死したことがわかる。
その報告を夫にしようとするが夫は留守でつかまらない。
その後で主任と女性捜査官が不倫相手の家に行くと夫が不倫相手を殺していて、
彼が妻を殺したんだ、とつぶやいていた。

旦那さん、いい人そうだったのに殺人犯になっちゃったよ。

496 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 22:03:19 ID:S7k6YBIjO
いいことしたつもりの女性捜査官は余計なことをしたんだな。

497 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 22:34:08 ID:hXJuRHd/0
どっちみち、離婚話を切り出したとたん
豹変するタイプと見られ・・・

498 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 22:42:32 ID:qaqAxHyI0
既出かもしれないが、高橋克彦の「膚の記憶」。20年位前に書かれた物だと思う。
--------------------------------------
主人公の中年男性はは原因不明のひどいアレルギーもち。
色々探っていくうちに、あるミネラルウォーターが原因だと分かる。
そのミネラルウォーターは、かつて主人公の母の実家があった町の近くの鍾乳洞から
湧き出しているものだった。
主人公は理由を知るべくその町に行き、タクシーの運転手と共に鍾乳洞に入ってみる。
主人公と運転手は洞窟内の地底湖の透明度を懐中電灯で照らして眺めていたが、
懐中電灯であちこち照らしているうちに、水中に半ば白骨化した死体が
沈んでいるのを発見した。

主人公は運転手と共に第一発見者として警察の事情聴取を受ける。
どうやらアベックが面白半分に入り込み、明かりを持っていた方が
水中に転落してしまい、もう一人も洞窟内から出られずに力尽きてしまったらしい。
「死体の浸かっていた水を飲んでいたのか」とぞっとする主人公。
そんな時、運転手がふと呟く。あそこで死体が出るのは二度目だ。
主人公が尋ねると、運転手は次のような話を聞かせてくれた。(続く)

499 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 22:43:51 ID:qaqAxHyI0
(続き)
戦時中、この町の出身者である若い脱走兵が二人逃げてきたらしい。
脱走兵の親は町内の知り合いに頼み、鍾乳洞の中に二人を匿ってもらうことにした。
しかし、戦争が終わっても二人は戻ってこなかった。
戦後数年して、二人の半ば白骨化した遺体が、洞窟内の地底湖に
沈んでいるのが見つかった。おそらく足を滑らせて落ちたのだろう。
しかし、町には、「脱走兵の親から二人を匿うよう頼まれていた夫婦が
二人を殺して食べた」という噂が流れる。
夫婦には身ごもっている娘がおり、戦時中の食糧難の中で肉を食べていたという
目撃談もあった。妊娠中の娘のために脱走兵を殺して食わせていたのではないか。
その噂が広まり、脱走兵らの遺体が見つかった頃、夫婦は自殺してしまい
娘はいずこともなく町を去っていった。

「まあ、戦時中に肉を食べていたのを見た町の連中が妬んで
そんな噂を流したのかもしれませんがね」と笑う運転手の言葉を聴きながら、
主人公はあることを思い出す。
母方の両親は終戦の数年後に揃って亡くなった。
以前このミネラルウォーターを飲んだ時、母も同じアレルギー症状が出ていた。
そして以前主人公が聞いた話によると、妊娠中の母親にアレルギー症状が
出ている時は、胎児もまたアレルギー症状に苦しんでおり、そのアレルギー体質が
受け継がれるらしい。

主人公の母は、自分が何の肉を食べているのか薄々と感づいていたのだろう。
しかし腹の子の為に、嫌悪感を押し殺して食べていたのだろう。
その嫌悪感や罪の意識が相まって、「死体の成分の溶けたミネラルウォーター」に
アレルギー反応を起こすようになったのではないか。

500 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 00:08:29 ID:oveK6DVj0
>>495
まぁやっぱすっきりじゃん

501 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 00:12:24 ID:P6hGxoF/O
妻と間男は自業自得、きっと旦那は執行猶予がつくだろうね。

502 :ライオンズ団地 ◆zUoK4p9U5E :2007/08/10(金) 00:23:42 ID:uDq70jeNO
ついさっき暑いのでコンビニに走っていきました。
家に帰ると電気がつかなくなってました。
もう一度コンビニに行きます。

503 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 01:10:18 ID:qJpCRtyv0
>>498
あー思い出せそうで思い出せない。
似たような話があったような。

OL?の元に差出人不明のミネラルウォーターが届いて
試しに飲んでみたら病みつきになって、他の水分で満足できなくなる。
でも届いたミネラルウォーターは全て飲み干してしまい、
のどの渇きに耐えきれなくなって送り先の住所を手がかりに
ミネラルウォーターのありかを探していったら、
同じような中毒者がいて実はその水は…ってやつ。

504 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 01:22:57 ID:+dLu0ERL0
>>503
ちょっと似てる話(漫画)。
高橋葉介の「沼」

ある若い男。ドロドロの沼で心中しようとして
一人で生き残ってしまう。女は死んだ。
でも、助かってみると自殺したかったのが嘘のように人生が楽しい。
が、あの時飲んだドロドロの沼の水が飲みたくてたまらない。
他のどんな飲み物を飲んでもその乾きを癒せない。
でも沼にもう一度行くのは恐いので、
探偵に依頼して沼の水を汲んできてもらう。
ドロドロの水をゴクゴクのみほして、すっきり!
が、次の瞬間、女が男の腹から内蔵を引きちぎりつつ出現。
男死亡。
女はニヤリと笑うとドロドロと溶け、残ったのは沼の水。

ザマミロですっきりか。ごめん。

505 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 01:34:25 ID:5Ofc1gLO0
≫503
何年か前の世にも奇妙な物語でそんなのがあった気がする
「誘い水」とかいうやつ
OLじゃなくてサラリーマンだったけど

506 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 03:42:31 ID:oveK6DVj0
誘い水の話は、主人公は運動した後や風呂に入った後に誘い水を飲んでたが
何時しか会社にも持って行くようになり同僚に「その水はなんですか?」と
聞かれる。「この水はある日突然『合格です』と言われた人にしか買えない水」と
答える。
欲しい時に欲しいだけ買えてた誘い水だが、ある日を境に注文が出来なくなる。
もう他の飲み物じゃ満足できない主人公は残りの水を少しずつ飲むが遂になくなった。
しかしペットボットルをよく読むとそこには誘い水の源泉の場所が書かれている。
そして源泉に向う主人公、そこには主人公同様に誘い水を飲みたがる人間が何人かいた。
しかし誘い水の量は決まっているらしく、それぞれの人間が我先にと源泉に行こうとする。
やっとの思いで源泉に到着する主人公、発見を喜び源泉に飛び込み好きなだけ飲んでいると
突然水が主人公を包み込む。そしてその水の形はまるで舌の様だった。
そのまま主人公は泉に引きずり込まれ画面がバックして行き源泉の全体が映されると
なんとその形は誘い水のラベルに書かれた鬼の顔と一緒だった。
そして場面が変わり主人公に「その水はなんですか?」と聞いた同僚が誘い水を飲んでいる。
そしてその同僚に女子社員が「その水はなんですか?」と聞いていた。

507 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 05:21:27 ID:Izm0c0DLO
自身の体験談……。10年ちょい前、家族で遠出した帰りに健康ランドに泊まる事になった。遊び疲れて父、弟二人と並んで周りガラガラの休憩所の床についた。
真夜中にふと違和感を覚えた、誰かが足引っ張ってる。お父さんかなぁ…とか考えながらそのまま再度眠りについた…。翌朝、目覚めて隣を見ると並んで寝てた弟の姿はなく、変なおっさんが寝てた。
…わざわざ自分をよかしてその場所に寝てた訳だけど、いったいなにしたかったのか…当時の自分には非常に後味悪い体験でした……

508 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 08:38:42 ID:u5K5KP/oO
>>504
スカイハイに同じような話が……過去スレにも出てたけど
アウターゾーンにもあったか?
割りとこの手の話は多いかも知れない

509 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 10:43:54 ID:ZLk/H2Lw0
「なつみSTEP」というFLASH
特に話は無いんだが、後味悪い。

510 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 11:25:52 ID:Mq0Xyc360
そうかそうか

511 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 11:26:27 ID:l/KblnEX0
デジャヴュが…

512 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 12:49:35 ID:2QhPUutO0
>>499
肉を食べたのは仕方ないとしても、
なんで死体が浸かってるってわかってる鍾乳洞経由のミネラルウォーターを
その母親はわざわざ飲んだわけ?

513 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 13:56:30 ID:9W9ergz00
>512
脱走兵の肉を食ったことは認識していても
その数十年後に飲むミネラルヲーターが死体水だとは気づいてない
またアレルギーが出たからってその原因も本人は知らない

みたいな?

514 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 15:15:00 ID:2QhPUutO0
>>512
いや、知らなかったら「嫌悪感や罪の意識があいまって」アレルギー反応起こす
ってのは完全に無理じゃないですか

515 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 15:16:41 ID:2QhPUutO0
↑自分にレスしてしまった、>>512じゃなくて>>513です

516 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 15:34:05 ID:E6pr2og30
>>512
作り話だから。

517 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 15:40:14 ID:M2oX5paG0
>514
無意識に死体の味に体が反応してんだよ…

518 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 16:09:59 ID:asixJulP0
ダシ出たのかな

519 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 16:31:40 ID:/iMIt+Wm0
海亀の味だと思ってたんだよ

520 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 18:07:07 ID:pyfgOviH0
かゆ うま

521 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 21:22:08 ID:d8m+o9EPO
ゲーム・黒ノ十三

羽音・ラミア・運命の扉


522 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 23:07:01 ID:mWHvzS2H0
ある原作
父と姉と弟が家の下敷きになって、主人公とその母親は懸命に助けようとするが、
家の梁が重過ぎてとても持ち上げられない。暫くして火がこの一家の家にも回ってきて、
父は主人公と妻に逃げるよう促す。弟は去る兄と母に対し、最後まで「助けてくれ」と泣き叫んでいた。

その原作を元に作られたドラマ

父は主人公と妻に逃げるよう促す。弟は去る兄と母に対し、「助けてくれ」と泣き叫んでいたが、
父親がそれをなだめて、弟は無言のまま死んで行った。

523 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 23:13:22 ID:XFjygbMN0
何だ、父の頭が突如光り出して梁を吹き飛ばし弟を救出、力尽きて父は死ぬんじゃないのか。

524 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 23:15:28 ID:CNtt4ySB0
>>508
ちょっとばかり調べてみた。
高橋葉介の沼は夢幻紳士怪奇編に収録されている作品で発表がメディウムの1985年1月号

アウターゾーンは91年から94年でスカイハイはさらにその後
誘い水は調べたところによると2004年の春の特別編で放映されている
膚の記憶は91年七月号のオール讀物で発表されている

だから似た形式の話じゃこの沼が一番古い作品みたい
もっともこれより古いのがあるかもしれないがそこまでは調べきれなかった。

525 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 23:20:16 ID:8Mf/0/q90
>>522
それみるとドラマがいかに糞かわかるな

526 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 23:31:51 ID:PLwlGnca0
思い出した。
教科書にも載っていた原爆の恐ろしさをドキュメンタリータッチで綴った井伏鱒二の「黒い雨」。
実はこれは丸々他人のパクリだった。

「黒い雨」は、重松さんという人が書いていた原爆体験記を綴った日記が元になっている。
井伏は当初、重松さんと共著とすると言って重松さんの日記を資料として借りた。
しかしその話は消えてしまい、世に出た「黒い雨」は井伏の小説として発表された。
盗作批判された時に「日記はただの日常を綴ったもの、
『黒い雨』には創作固有のオリジナリティな表現がある」などと言われたが、
実は絶賛された表現そのものが原作の「重松日記」にも書かれている。
さらに「黒い雨」が賞を取って有名になって以降は、重松さんに圧力も掛けられて
重松さん達は「黒い雨」と関わるのを嫌がるようになった。
そして今でも「黒い雨」は名作と知られ、「重松日記」は忘れられたままになっている。

527 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 01:03:14 ID:lvgqZ/S80
>>526
うあ。いやだなあ。
幼少の頃からの愛読書・ドリトル先生(井伏訳)まで
汚らわしく感じちゃう。

528 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 01:11:06 ID:F4bFd6uV0
ドリトルだって実際は井伏訳じゃない。あれは名義貸し

529 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 01:21:18 ID:9ZZpgcMr0
>>527-528
>ところで、本書は井伏鱒二が訳している。
>それどころか、ドリトル・シリーズの大半が井伏鱒二訳になっている。
>なぜ、そうなったのか、その背景にすこしだけふれておく。
>そこには一人の女性の乾坤一擲があった。『ノンちゃん雲にのる』の石井桃子の乾坤一擲だ。
>昭和15年のこと、石井桃子は文芸春秋社をやめた退職金で白林少年館をつくり、
>当時の暗い世相を打ち破る少年少女むきの出版に単身でのりだした。その第1弾が本書であった。
>石井は翻訳(下訳)を自分でやり、そのブラッシュアップを、当時、近所に住んでいる井伏鱒二に頼んだ。
訳したのは石井さんなのか。
それを日本語として読みやすくしたのが井伏鱒二なんだね。
でもどこ見ても「訳者:井伏鱒二」になって石井さんの名前がないね…

530 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 01:32:16 ID:lvgqZ/S80
>>528
>>529
ええええ。石井桃子は結構読んだ事あるけど
(ノンちゃんの親、離婚しちゃうんだよね)
その話はまっったく知らなかったよ。

まあ、パクリストの翻訳じゃないと思えば
ドリトル先生を許せる気がする(w
最初に読んだからかもだが、
他の訳より格段に好きなんだ。

べんきょになるなあ、このスレ。

531 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 03:21:12 ID:76h/g6yUO
つまり井伏は来世虫か何かに生まれ変わるべきでFAか
その次も虫
七度死んで七度生まれるまでずっと虫
そういう呪いを今かけておいた

532 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 03:25:14 ID:3tTrGvGvO
>>522
何か記憶にあるような…
何の原作ですか?

533 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 03:37:58 ID:JymiXHr20
>>532
はだしのゲン

534 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 03:58:27 ID:xcjK3LyVO
ドラマってつい最近のか

535 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 09:34:20 ID:L9JhYtMc0
>>524
水木しげる御大の「人喰い水」も忘れないでねハート

536 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 14:36:00 ID:EcgbhG8P0
>>522
昨日のやつね。確かにあのシーンはきれいにまとめすぎだったと思った。
でも今日コンビニ行ったらはだしのゲンの廉価版があって、
そのシーンを見てみたら
信次「うわーん、にいちゃんずるいぞー。」
  「足まで火が来たよー、あついよー」
  「ギギギ…」
ゲン「うわー、信治が燃えるー」
母親「うふふ、父ちゃんが燃える、栄子が燃える、信治が燃える…」
  「あははは! 燃える燃える! みんなが燃える」
ゲン「うわー、母ちゃんがくるったー」


これはテレビでは放送出来ないだろうと思った…

537 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 14:42:03 ID:vYD3eLy50
>>536
それ小学校の時図書館で読んでトラウマになった

538 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 14:47:55 ID:X7JJ4gH50
後味悪くなくしよう。

ゲン「うわー、信治が萌えるー」
母親「うふふ、父ちゃんが萌える、栄子が萌える、信治が萌える…」
  「あははは! 萌える萌える! みんなが萌える」
ゲン「うわー、母ちゃんがくるったー」


539 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 14:50:35 ID:GyD4NvqzO
面白さが狙いなの? これが?

540 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 14:52:41 ID:X7JJ4gH50
>>539
面白いと思うなら病院に行った方が良い。

541 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 14:55:03 ID:y/2Z3dfq0
アスピック
王にハメられて魔物にされた主人公が
国の人間皆殺しにして姫を強奪して魔物の子を孕ませるお話

542 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 17:52:06 ID:JP8DMJs40
>>540
日本語がちゃんと理解できるようにもっと勉強をしたほうがいい

543 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 18:32:31 ID:xcjK3LyVO
ハメられて孕んだのか

544 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 19:53:30 ID:GN8rYxWn0
ラストホラーショー?てなタイトルの映画。(手元にないので
正確なタイトルかどうか不明。最近の映画です。)
なんか、いろんな映画祭に出品されてて、賞もとってる。
期待満々で見た私。
72分間のうち60分くらい、ビデオの製作者という男の
意味のない殺人シーンと語り。
本人は、今までにないホラー映画を作りたいと助手の男と
殺人を続け、遂には、この記録映画をレンタルショップに
勝手に置き、それを借りた人も殺人。
オチは、これを借りた貴方も、見張ってます。
気をつけてね。近いうちに行くから。これが、貴方の
ラストホラーだよ。というもの。
はっきり言って30分で良いよ。
あまりにも、意味のない殺人シーンに耐えられず
途中で、最後のチャプターにしました。
ちなみに、この主人公は、結婚式の撮影ビデオを
仕事にしていて、撮影の助手は、仕事上の助手をそのまま
活用みたい。
いやー最近見た、ホラーでも最高の駄作でした。

545 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 20:10:21 ID:c/kDvsUOO
予告CMでは押し潰された屋根の下でシンジが「にぃちゃんだけずるいよーーー!」って泣き叫んでたのに、そのシーン無かった。

ちょっとガックシ(´・ω・`)


546 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 21:34:02 ID:wFGRA21W0
>>545
あ、マンガではその台詞あったよ。うろ覚えだったんだけど。
結構トラウマ・・・。

547 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 22:35:14 ID:SNB/zkjT0
>>546
流れを嫁

撮影はしたけどギリギリカットされたのかな?
何にせよガックリ

548 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 00:15:24 ID:97MtxP0h0
>>544
全部見てないのに、最高の駄作とか言ってるの?

549 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 01:59:48 ID:lEEXMotKO
私もユナイテッド911を観たんだけど、つまんなくてあまり覚えてない

内容の一時間が、ハイジャックされた飛行機と
その事を気付かない通信搭との意味が通じない通信の内容。
はっきり言って無意味って感じ。(制作者は事件をよりリアルに表現したかったらしい)

他30分は飛行機内のアラブ系ハイジャック犯が犯行に及ぶまでの意味わからん葛藤
最後はうぉぉーーっって墜落する映像を運転席視点で。

感動も何もなかった

550 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 02:01:06 ID:oH/GeKT7O
もみじまんじゅう!

551 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 05:11:55 ID:NUxqDtWt0
>>544
題名と内容に聞き覚えがまったくないんだが
最近の映画だとしたら
フレデリック・ブラウン「後ろを見るな」のパクリだね

ある殺し屋の半生が一人称で語られ そのあとに
彼が仲間と「殺人を本人に予告してから遂行するのは可能か?」って
賭けをした と書かれてる
で 彼は「可能」と答え この計画を練った
本屋で適当な短編集を買い(最後の話の題名がこの計画にぴったりだったから選んだ)
丁寧にばらして最後の話だけを抜き取り 差し替えた
それがこの あなたが今読んでるこの文章
私は細工した本を見張り それを買ったあなたをつけてきた
あなたがこの本を読み終わり 閉じた瞬間に殺す
賭けは私の勝ちだ
なぜならあなたは この話を信用しないだろうから

みたいな感じ

552 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 06:49:55 ID:0VeKI9Jo0
今日の早朝、JYUONを見てて、あの死体を壁にぶつけるシーンのところで
音がちょっと不気味だなあ、と思って音量下げようと思ったら
いきなりテレビが消えた。もともとテレビの具合がおかしかったから
これは気にせずに主電源スイッチ押したのに電源がつかない
ちょっとビビッたけど、まぁもともと調子悪かったしな、と思って
そのままあきらめて寝ようと思ったらギィー・・ギィー・・・と例の不気味な音
音の感覚からトーンまでがそっくり テレビの画面はもちろん真っ暗
なんだ?怖いなあ、とおもったら首振り状態になってる扇風機が棚にぶつかってるだけだった

553 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 10:00:39 ID:uNuH/Fmo0
>>552
スレ違いっす。
ほん怖でどうぞ。

554 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 11:10:04 ID:aXy2Ahy/0
たぶん、この手の「電化製品が調子悪くなって怖いよう」はどこでも叩かれるとは
思うが・・・移動よりも自粛のほうが傷つかないかと


555 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 11:40:56 ID:Gg5UA9Ja0
>>548

全部見る価値もない、映画です。

556 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 13:28:13 ID:ipg7fJY30
http://tnpt.net/uploader/src/up12002.jpg

557 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 15:04:09 ID:czVsH5Ci0
>>556
ぎゃああああああああ!!!!!

558 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 15:46:18 ID:ch4mPrXf0
>>556 
一生懸命働いてる俺と同じくらいの収入が少ないと、、いい加減にしろ。
それで民主党はコイツラに年金までやるんだろ。掛け金払ってないのに。

559 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 15:48:48 ID:uW5/UDc70
今の日本で17万稼ぐの、大変だよ・・
なんだと思ってるんだ。

560 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 15:48:50 ID:vtKjwnAa0
ある意味悲しい現実なのは確かだ。
奴らにではなくこちらにだが。

561 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 16:18:33 ID:l4cyfVLp0
土日以外毎日フルタイム働いてても
手取り17万円もありませんぜ

562 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 16:33:30 ID:qlgkKq5t0
この人子供居るんじゃなかったっけ
ってか古いな

563 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 16:33:40 ID:tHMvt9rqO
倭猿のみなさん、勝手な議論はやめなさい。だまって奪われていればいいのです。奴隷。

わたしが毎日パチンコだけしていられるのはおまえたちが弱いからです。これからも弱いまま、倭猿どうし
で噛み合っていることを望むます。なにも考えるな。

564 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 18:46:42 ID:a1ILWSCd0
望むます。うったりかったりどせいさんです。

565 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 21:25:18 ID:hWP6gyI20
>>549
ユナイテッド93 な。

9.11を、できるだけ脚色することなしに、当日何が起こっていたのか。
管制塔の混乱や航空機内の緊張を誠実に描いてたと思うよ。
安易にエンターテイメントにするよりよっぽど良かった。

566 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 00:45:40 ID:0g+t/hkhO
テロ当時ってやっぱり2ちゃんの実況とかすごかった?

567 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 04:10:20 ID:Do1mw7Q50
>>565同意

感動も何もなかった って根本的に期待するものを間違えとるような
まあなんでもカンドーカンドーで売りゃいいと思ってる日本の配給会社が
そーゆープロモをかけてて、それで観てみたのなら仕方ないだろうけど
トンチンカンなコピーや内容紹介の歪んだCMは多いしな

568 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 06:59:09 ID:PVsFCO+00
井筒とかおすぎとか、広告会社の手先になって映画評論するやつらもひとつの
視点でしか見てないしね。
はじめから中身のない映画として作ったものさえ、「中身がない」「ガキ向け」とか
青筋立てて話すからな。そういうもんなんだってw


569 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 10:02:41 ID:6m6gLHun0
トンチンカンな評論する人にもガッカリするけど
TVCMの印象と、全然違う映画にもガッカリすること多いな。

570 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 10:30:36 ID:DflPQyii0
トラン○フォーマーのことかー!!

571 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 10:44:54 ID:6m6gLHun0
>>570
あはは、アレは確かに
CM→宇宙からの侵略!パニック映画。
実際→前半:童貞と空気読めないロボとの面白コメディ映画
     後半:これでもか!ってCG満載アクション映画
だからねw

でも、俺は最高に楽しんだ。
ハッピータイムに爆笑w

572 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 11:46:00 ID:SHWBU5V20
流れを無視して自分の体験談。

二年ほど前に右足の腱を痛めた事から肉離れを起こし、ついでに右腕も動かなくなった。
仕事するのも無理な状態になったので自宅療養する事に。
自宅療養といっても自分のことは自分でしなくてはいけないので
買い物やらなんやらと出歩いていた。
ちなみにこの時の歩き方はバイオハザードの赤信号状態。

そんな状態で近所の4車線ある信号を渡ろうとした時のことなんだけど
前から左折しようとした車がいたので、ジェスチャーで「先に行ってくれ」と流した。
気のいいおっちゃん風な運転手は「いやいや、先に渡ってくれ」って感じだった。
自分としては頑張って急いでいるが、ずるっずるっとゆっくりしか進めず
渡り切た頃には信号が変わっていた。
中途半端に車の頭が出てたおっちゃんは焦ってしまったのか
いきなり左折してしまった。
もちろん(?)信号が変わっているので直進車も動き出していた。

自分の背後では「ガッチャン」と嫌な音がした。


573 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 12:42:51 ID:yFUFBif+0
車の人が譲ってくれるのはありがたいけど、ひえぇと思うときあるよな
ていうか歩行者と自動車とが譲り合いになった場合は、道交法はともかく
自動車が空気読んでサッと先に行くのが一番早くその場が片付くんだよな
譲ってくれるのって良い人が多いから、「行ってくれればいいのにー」
なんて思うのはほんと申し訳ないんだけど…
譲る気のない奴は歩行者が歩き続けてても突っ込んでくるというのにな…

574 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 12:52:34 ID:otFfOcMo0
そういう状況で自分が歩きだと「車の方が早いんだから先に行け」って感じで立ち止まるが
自分が車だと歩行者優先が染み付いてるから、譲られてもまごまごしちゃうんだよな

575 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 15:14:29 ID:6dzGfYlV0
>>566
タリ板あたりがすごかったねぇ。
「アラーの仏像」がいまだに忘れられない。

576 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 15:23:03 ID:jFoEDjFe0
>>554すれ違いすまん
ちなみに怖い話しとして語ったのではないよ

577 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 19:52:01 ID:TZ+8fU9GO
曽祢まさこ

愛さずにいられない
呪いのシリーズ


578 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 20:14:34 ID:/i61v8u20
■注意■
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
作品名挙げるスレじゃないのよ

579 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 20:27:52 ID:7G84hU+70
新聞配達のバイトをしてた時の体験談です。

当時、私が配達を受け持っていた区域に古いアパートが建っていたんですが、
そこの2階の一番奥にちょっと気味の悪い部屋がありました。
毎朝4時半頃に、朝刊をドアの新聞受けに突っ込むんですが、
階段を降りる前に、必ず「カタン」と音がして、振り返ると新聞がなくなっているんです。
最初は「早起きの人が居るんだなぁ」なんて思っていたのですが、
それが毎日続くので、ちょっと気味が悪くなってきました。

新聞を入れた後、試しにドアの前でちょっと待ってみたのですが何も起きません。
あきらめて階段の方へ向かうと、背後で「カタン」と音と共に新聞が引き込まれました。
古いアパートなのでドアに覗き穴も無く、これはたぶん足音なんだと考えました。
そのアパートは階段も通路も金属製なので、足音がカンカンと響きます。
その音でタイミングを計っているのだろうな、と。

それである朝、2階に上がる時に靴を脱ぎ足音を忍ばせて配達してみました。
新聞を入れる時も、音を立てないように細心の注意を払って。
その甲斐あってか、階段を降りる時も新聞が引き込まれることはありませんでした。
何となく駆け引きに勝ったようないい気分でアパートを後にしました。

次の日の配達では、靴を脱がずに普通に足音を響かせて階段を上がりました。
奥の部屋の前に来た時、足裏でジャリッと音がしました。靴底ごしに小石のような感触。
足下を見ると、粉々に砕けた牛乳ビンの破片があたり一面に散らばっています。
頭からス─と血の気が引いた瞬間、「カタン」と軽い音が聞こえました。
視線を上げると、新聞受の隙間から白い手がヒラヒラと手招きしていました。(終)

580 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 20:50:42 ID:r4ttMczdO
怖い話お断り

581 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 21:59:08 ID:jFoEDjFe0
次スレからデンプレに
デンプレは最後まで読もう
とくわえよう

582 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 22:12:23 ID:PLOpBf5V0
デンプレ?



583 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 22:15:17 ID:OFf9+FX40
>>582
電撃プレイステーション


584 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 22:19:02 ID:PVsFCO+00
・テンプレは最後まで読もう
・デンプレと誤読するのはよそう

他になにを加えようか


585 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 22:36:54 ID:r+5tn6z70
>571
バンブルたんは空気読める子です!(><)

586 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 23:23:45 ID:YDddwrtk0
野垂れ死に寸前でうろついていた糞尿汚物まみれの乞食がいました
とても親切な人がこの乞食を見つけ、可哀想になって握り飯を食べさせてあげ、一晩泊めてやることになりました
次の日親切な人が目覚めると、乞食が居間にふんぞり返ってこう言い放ちました
「飯をよこせニダ!昨日の握り飯なんかじゃなく特上の寿司を取れニダ!」
親切な人はこの人も苦労してきたのだろうと、寿司を取ってあげました。満足すれば出て行くだろうと思ったのです
寿司を食べ終わった乞食は「お前は俺に食い物を与えて乞食のような扱いをしたニダ!反省し、俺に金をよこせニダ!」
乞食の変貌振りにびっくりした親切な人は乞食に小遣いを渡してしまいました
次に乞食が言いました「俺はここで寝起きしたのだからもうここは俺の家ニダ!」
親切な人はおろおろし始めましたが、言うことを聞かないと乞食が暴力をふるい、家のものを壊すので怖くなってきました
乞食はそれを見ると自分の仲間の乞食たちを呼び始めました
「この家でみんな仲良く友好的に暮らすべニダ!」「俺たちがこの家の金の使い道を考えるニダ」
「お前が俺たちをここに住む権利を与えたのだから出て行けというのはおかしいニダ!」
乞食たちは口々にまくし立て始めました

 ↑
日本今ココ

587 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 23:41:33 ID:PVsFCO+00
>>586
ストレートに正解なたとえなのが悲しいな。ついでに言うと、家族の中になぜか
嬉々として自分の財産が減っていくのを支援している反抗期の子供がいるんだよな。

まあ、過敏なのが飛んでくるだろうからやめとこうぜ

588 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 00:30:05 ID:cLyeT2Vk0
後味どころか現在進行形で胸糞悪い

589 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 00:44:39 ID:5PleRrJw0
常総VS京都外大西戦での

ゴリラの態度と試合結果はガチで後味悪いな

590 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 01:06:21 ID:bKeRCfs+0
そうだねテンプレ読もうね。

591 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 02:19:42 ID:3H3PAZEA0
「愛していれば処女かどうかは気にならないはず」

そんなことを言う女性にはこう聞いてみましょう。

「あなたは知らない男の精液が飲めますか?」

ほぼ100%の女性は「飲めない」と答えるでしょう。

私は「飲める」と答えた女性とは縁を切るべきだと考えます。

次にこう聞いてみましょう。

「あなたが毎日使っているコップに知らない男の精液を満たして、

 その後よく洗います。あなたはその洗ったコップで毎日水が飲めますか?」

90%の女性は「飲めない」と答えるでしょう。それが普通です。

女性にとっては昔愛した男の精液だったとしても、

男からすれば見ず知らずの男の精液です。

自分の知らない男の精液が流し込まれた膣を舐めることなんて、到底出来ません。

もちろん自分のペニスを挿入することも無理です。

非処女の膣は洗ったコップです。

ただ、誰かの精液が流し込まれた事実は消しようがないのです。

592 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 02:34:37 ID:iLcKFmug0
>>577じゃないけど、覚えてる呪いのシリーズ。

主人公は呪術師のカイ。実は人外の存在。
依頼があれば誰でも殺してくれる。代償は10年分の命。
依頼に訪れた、べったり仲の良い女子高生二人。
大好きな先輩が遊び人の女子と付き合ってる。
許せないのでその女子を殺して欲しい、
代償は折半で5年ずつの寿命を払う。

その後も何人か、気に入らない奴を仲良く二人で殺すが
大人になって、一人は憧れだった件の先輩と再会、
結婚することになり、もう一人も玉の輿に乗ることになる。
お互い、相手にそれは知らせない。
自分の幸せを相手が妬んで害をなすと思い込んでいる。

そして、それぞれが再び呪術師カイの元を訪れ、
お互いを殺す依頼をする。
二人とも幸せになれる筈だったのに、自分たち自身の
疑心暗鬼の為に、若くして死ぬハメになった。
女の友情なんてそんなもんだ、というカイの台詞でえんど。

593 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 02:49:02 ID:pF23D8UwO
>>591
最初からゴム使ってた場合はいいの?

594 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 02:51:29 ID:htSoY8kJO
御茶漬海苔のホラー漫画全部

不条理エキスたっぷり

595 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 03:17:35 ID:/3YEUuZ9O
>>591
中出しされた事がない風俗嬢とでも付き合えば?
つーかお前の精液は何回洗っても取れないほど濃くて汚いのか。
ま、誰にも相手にされない童貞or誰にも相手にされないブス処女だろうしね。

596 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 04:08:09 ID:u+jjvuKY0
>>591
そんなコト言う男には処女どころか誰1人寄って来ないだろうねw
ストレートに すがすがしいまでに気持ち悪いよお前

597 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 04:29:13 ID:eWILKHMk0
>>591
コピペかな? 言ってることはなかなか面白いが、現状がサイコーと思っている
ユルチンユルマンにはすげえ過剰に叩かれそうw

598 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 08:23:48 ID:iLcKFmug0
591の人気にジェラシィ

599 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 08:29:36 ID:4/FuoV+g0
コピペですよ
マジレスすんな

600 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 09:29:12 ID:Wn+2acJ6O
>>591
マジレスしますと、それはちょっと言いすぎだと思うんですよ。

601 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 09:55:30 ID:XtGaOzbk0
マジレスの嵐だな・・・。

602 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 10:07:16 ID:VkiJVB1D0
この手のコピペにこんなマジレスが大量につくの初めて見た

603 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 10:07:52 ID:F79hBHvqO
得意げに「マジレスだな」と書き込みにくる意図が昔からよくわからない。

604 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 10:21:54 ID:GXAPOGM30
肉便器が必死になってるのって面白いじゃん

605 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 11:05:58 ID:BrwIYembO
肉便器ですら夏を満喫しているというのにお前らときたら

606 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 11:20:22 ID:IwahFi8z0
こういうコピペ、エイズ防止にはいいかもしれないけどさ、
処女童貞なら相手の精液飲めるとか無理がありすぎ。
じゃあ自分の舐めてんのかと思う。
こういう童貞はAV信じちゃって、パートナーに飲ますんだろうな。

自分の尿を飲む「飲尿療法」だかも気が知れないと思ったぞ。

607 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 12:06:02 ID:6DM72upn0
>>606
釣りとは思えないからレスするけど文盲乙

608 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 12:42:42 ID:TgNCV1tO0
ていうか別に膣舐めんでもええやん

609 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 12:49:18 ID:QCqd/1PY0
エロマンガで育つとSEX=キス→乳しゃぶり→69→挿入→顔射
がデフォだと思うようになるのれす

610 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 12:49:28 ID:vAfcLYvvO
>>608
せやなー、チンコ舐めてもらう必要も無いしなー

611 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 13:15:08 ID:smF7FgG/0
フェラする女の子って、全体の3割くらいらしい。
(MOREかなんかの女性雑誌のデータによると。)
大体、嫌いなんだよ。もともと、商売オンナのテクだし。
みんな、エロDVDにだまされ過ぎ。
なめられても、うまくないと意味ないし。

612 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 13:22:34 ID:zMedQLHG0
・エロDVDにだまされ過ぎとか言いながら女性誌のデータを参考にする
・一定のリズムで読点を打つ
・この内容でageる

613 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 13:23:27 ID:rgiL/u3AO
美味いと書くのか上手いと書くのか

614 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 13:48:36 ID:jVZQakkv0
>>613 後味の悪い話なのか、美味い話なのか?後味が上手いんだな?

615 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 15:10:11 ID:eWILKHMk0
ビーボより美味いのはビーボだけ


616 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 16:08:57 ID:iLcKFmug0
>>611
うわー、ソースが無いのが残念。
彼に突きつけてやったのに。
して当然、したがらない私が
変で固いと思ってるんだよ・・orz

617 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 16:25:28 ID:OVuwi2FG0
世間に流されるようなクズとは別れろ
俺と付き合え

618 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 18:08:48 ID:Nmn0gqvD0
世間に流されているのは>>616だからこそ後味悪い。

619 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 18:55:32 ID:xlFD/sW40
>>616
バカ同士でお似合いだと思いました

620 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 19:50:54 ID:lgLmDhV10
>>606
飲尿療法って俺もありえねえって思ってたけど、いざ飲んでみると甘くて美味しいんだぜ
最近体の調子悪いなって思ってたし続けてみるつもり

621 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 20:03:37 ID:pF23D8UwO
そっそれとうにょ…

622 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 21:58:14 ID:0d8yUUWzO
海で漂流した人って自分の尿を飲んで生き延びるっていうしね

623 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 23:21:59 ID:U4Bln4KE0
ロシアかどっかの立てこもりの人質も、自分の尿を飲んで生き延びたって話聞くよね。
極限状態とはいえ、よく飲んだ。
生き残ってよかったけど。

624 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 01:36:54 ID:yvg70wuv0
てことは>>616も愛撫はしてもらわなくて良いってこと?

625 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 02:06:17 ID:i0wWoXja0
>>620>>621
ワロスw

626 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 03:13:07 ID:Ee7H1/Sn0
>>624
愛撫=性器舐めだと思っている悲しい童貞様ですか?

627 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 03:36:15 ID:y/lDX3eE0
私は彼氏のをなめるのは好きだけど、自分が舐められるのは嫌い。
人それぞれってことだね。

>>611
>もともと、商売オンナのテクだし。
前に実況板で見たんだけど、なんでも古事記だかなんかに
フェラの記述があるらしいんだよ。性的な意味じゃなくて、
赤ちゃんがあんまり可愛いから親か乳母かなんかがするらしいんだけど、
そのうち図書館でも行って調べてみようかと思ってるw
誰でも考えつくことだから、そんなに狂った行為ではないんじゃないかな。
>なめられても、うまくないと意味ないし。
…精進します。

>>616は強制されたり、イヤだって言うのをわかってくれない彼氏だったら
別れた方がいいと思うよ。そんな人と付き合っててもイヤでしょ?
私もいくら彼氏が喜んでくれるからと言って、
スカトロをお願いされたらイヤだもん。

628 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 03:45:33 ID:LS+AXT+w0
喝っ! 婚前交渉をしているようなふしだらな女が、仕事でしている女性を蔑むとは
何事かっ! そしていいかげんもういいだろふしだら女の相手は!


629 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 04:00:51 ID:QS8sA4Lr0
よし!どんどんスレ違いになってきだぞ〜!!

あ、この展開が後味悪いってことか。

630 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 04:08:29 ID:hVcLpUMWO
なんか重複っつうか、いらない子って感じのレスだな。

631 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 04:22:59 ID:Ee7H1/Sn0
ここが>>627に相談して回答を求めるスレじゃないことは確かだな

632 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 04:44:05 ID:DqwJlvshO
ああ後味悪い

633 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 04:50:23 ID:VWE+PkwX0
あなたの奥さんは処女でしたか?
妻の上を通り過ぎて行った幾人もの男たち。
太いチ○ポを入れられ、男の背中に手を廻し悶えていた。
アナルまで見せながら尻を掴まれバックで犯されていた。
そうは思いませんか?
あなたがキスをした奥さんの口唇・舌は、
他のチ○ポを舐め回していた汚れた口唇。
奥さんにセックスを仕込んだ男たちのことを考えると
胸が熱くなりませんか?興奮しませんか?
あなたの奥さんは、あなたと出会った時に既に中古品でした。
これは、あなたの奥さんの処女膜を破った男のみならず、
あなたが奥さんに出会う前にあなたの奥さんを抱いた
他の男たちのすべてが、あなたが、あなたの奥さんを
初めて抱いた時よりも良い状態の奥さんの肉体を弄んでいたのです。
あなたと出会う前より若かった時の状態の良い肉体を、
他の男達が弄んでいたのです。
あなたは、その何人もの男たちに調教され、
その男たちの唾液や汗や精液を体細胞に浸透させられ、
しかも老化が既に進行してしまっていた中古女を奥さんに貰ったのです。
ひょっとしたら、中絶も経験しているかもしれません。
あなたの奥さんは、他の男の子供を体内に宿していたのかもしれないのです。
あなたは、一人の男として、悔しくありませんか?
一生の伴侶である妻が中古女であった事を。
悔しさで胸が張り裂けそうになりませんか?
あなたは、それでも、今の奥さんを愛せますか?

634 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 04:59:49 ID:Ee7H1/Sn0
はい。

635 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 05:01:50 ID:pgQf7tBuO
ここ何スレ?

愛撫=舐めたくるだょ
アイツを舐めたくりたい

636 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 05:08:52 ID:i0wWoXja0
633の文章書いた奴は煽りぬきで100%パラノイアだな
思考パターンが正常ではない

637 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 05:11:01 ID:Lt/JHbpcO
際限なく童貞が寄ってくるみたいだから
以後この話題完全スルーでいこーや
たのむよ

638 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 05:17:34 ID:TvQ3reNu0




自分も前彼女がいたんだからevenだろ

639 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 05:55:52 ID:yvg70wuv0
wikiで見て愛撫とは手を使って撫で回す行為の事だと知った。
クンニとかも愛撫と思って今までしてたわ。てっきり前戯=愛撫と思ってた。
勉強になりました。

640 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 06:22:57 ID:GMSFQ2AdO
どうでもいいからお前らセックスしろよセックスセックス。

641 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 06:25:21 ID:A2OR5QmkO
男も他の女とヤッてたら中古だろ。

642 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 08:23:36 ID:hVcLpUMWO
もう黙ってよ、おばちゃんたち。

643 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 10:26:50 ID:2DzJ8W4Z0
ここは男女板でもニュー速でもないから、一連の女性の反応も
わりと誇張の少ない生の意見だと思ったんだけど。
今の女性にとって童貞というのは排除すべき気持ち悪い社会不適合者で、
相手に処女を求める男性は根絶やしにするべき人類の敵、ということで間違ってないようですな。
パートナーに対して責任や節度を持ちたい、持ってもらいたいという考えは
もはや社会悪でしかないか。

644 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 10:37:41 ID:GtI7NcQrO
生の意見とかどうでもいい
スレ違いだろ

645 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 10:40:32 ID:hVcLpUMWO
>>643
ざーとらしいレスで相手に荒れた責任を押しつけようとしても無駄だよ、おばちゃん。

646 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 11:33:05 ID:HWs9NbM00
童貞や処女がキモんではなくて、ブサイクで経験なしってのがキモいんだよな。
顔が良ければ経験なしってのは気にならない。

647 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 12:15:07 ID:SnMFikCc0
ここはスルー検定の問題を集めるスレか?

648 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 13:14:09 ID:/Xg6TDxH0
ブサメンとブスが得意げにセックスに関する持論をぶつスレです

649 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 13:43:00 ID:/NUDLj6E0
パタリロの魔夜峰央のギャグマンガ「ミッドナイト・ディメンション」
とある寄宿舎学校が舞台で、その学園の植物園に空いている、異次元に通じる穴を
創立者の孫かなんかであるミラン少年が秘密裏に管理している。
穴にはフタがしてあるが、時々怪物が出てきてしまったり、放射能漏れのように
外部に影響を及ぼしたりする。
その後始末にミランと上級生ゼニスが奔走するといういうストーリーの中の一編。

学園にはリゾートスパのような広いサウナがあり、生徒たちに大人気。
そこの掃除当番の少年が、美しく聡明なゼニスに憧れ、
サウナに来る彼の姿を見るのを楽しみにしていた。
(魔夜峰央のマンガなので少年達はデフォでホモ)
地味で目立たない自分なんかゼニスは相手にしてくれないだろうし、いつも一緒にいる
ミラン君ときっとつきあってるんだろうな、彼は綺麗だからお似合いだ等と悶々としながら、
いつものように湧いて出るナメクジに塩をかけ、汚れを掃除をしていると、なんとそこに
突然ゼニスが現れる。そして驚く彼にやさしい言葉をかけてくれ、二人はそのままアンアン。

後日、すっかり夢心地の彼は、友人にからかわれて思わずゼニスとのことを喋ってしまう。
しかし当のゼニスに照れながら声をかけると、「君は?」とあんた誰状態。
愕然とし、夢でも見たのだろうと友人達から思くそ嘲笑され、いたたまれなくなった彼は
人気のないサウナに駆け込んで「どうして…!」と泣き崩れる。

そんな彼に忍び寄る不気味な影。それは巨大なドロドロのナメクジだった。
サウナに湧くナメクジたちが異次元の穴の影響を受けて変質し、毎回の掃除で
仲間を大量に殺していく彼に復讐する為、ゼニスの幻を見せて弄んでいたのだ。

慄く彼に襲いかかったナメクジの始末は、確か間一髪でゼニスやミランが駆けつけて
なんとかしたんだったと思う。とにかく命は助かった。
だがそれにしても、ナメクジ相手にナニした揚句、友人には笑いものにされるわ
ゼニスには自分の気持ちはもちろんナメクジと何かあったことも知られるわ、
こいつこのさき生きていけねーだろっていう…

650 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 14:10:29 ID:bFCKAAO10
大黒パワーで変身する奴かと思ったら違ったw

651 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 14:14:36 ID:Lt/JHbpcO
そりゃ妖怪始末人トラウマだw

効果的にダメージを与えるナメクジの知能とエロさに脱毛

652 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 14:26:51 ID:TvQ3reNu0
俺はアイラブマライヒの回が好きです

653 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 15:07:12 ID:9DdYZEyH0
えろいナメクジだな

654 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 18:48:03 ID:MpzvVrLBO
愛撫なしでも気持ちさえあればいいと思う。しかも妻が中古品とかの表現もおかしいよ。

655 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 18:51:57 ID:+3esv2zl0
もう穴さえあればなんでもいいよ

656 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 19:00:07 ID:ltDt3iS70
ナメクジとかね

657 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 21:19:05 ID:ssLyCTIo0
20年以上前の某大学のマン研の同人誌?で
なめくじとするのがあった。
しかもロリコンだった。

658 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 21:22:51 ID:3cEEaLUGO
小林泰三の小説では「蚊」に似た生物とセクースしてたぬ。
しかも中出し。

659 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 23:10:27 ID:c/N2gKmNO
ナメクジ+ロリコンがどうしても想像できないぜ。

>>658
蚊ってひと夏の命だよね。
純愛なら後味の悪いラストが待っていそうだけど…いかがか。

660 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 00:19:52 ID:zo6XjUuhO
いかが蚊?

661 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 00:20:52 ID:bctusHmX0
>>658
「刻印」だっけ?

主人公が自宅のトイレに入ったら、なんと身長2mくらいの蚊がいる。
当然警察に相手にされないので、恐る恐るそいつとコミュニケーションをはかる。
蚊子と命名、仲良くなって数ヵ月後、蚊子は妊娠する。
ちなみに、蚊は普段菜食だが、妊娠中のみヒトの血を吸う。
蚊子も同じで、主人公は自分達の子のため血を蚊子に与える。
そこを偶然警官が目撃、仕方なく蚊子は自分の時代に戻ることにする。

実は蚊子は過去の地球から来たのだった。
その時代ではヒトは蚊の家畜に過ぎなかったが、蚊子の子達によってそれが覆される。
だから今の時代、ヒトが地球を支配し、蚊はただの虫にすぎないのだ。
そしてまれに先祖がえりしたものが吸血鬼と呼ばれ、恐れられた。
主人公は蚊子や子供の事を思い泣いた。

要約下手なものでどう書いてもギャグにしかならんのだが
タイムパラドクス物だし色んな意味でやすみん節が効いてるかと思うよ。

662 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 00:30:10 ID:4CykevoPO
>蚊子は過去の地球から
ごめん笑った
どうやって妊娠したのか…は知りたくないなw

663 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 00:46:50 ID:B+AAhy+E0
>>659
詳細は忘れたが、とにかくナメクジが幼女に変身する。
で、エッチして、ラストは雨の中でナメクジに戻った彼女(?)に
キスするシーンで終わり。

>>661
仲良くなって、ってルックスはあくまで蚊なんだよね?
恋できちゃったのか。凄いなあ。

664 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 00:53:21 ID:TFBO/3JG0
あずまひでおの漫画にあるぞ
ロリコンもので、なめくじとかかたつむり、カエル、アゲハチョウ、もぐらのおっさんなどといたす。
モチーフは親指姫だったと思う。
散々異生物に犯されて、ようやく王子と出会うが、幸せなラストではなかったように思う。

665 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 01:38:39 ID:WnzKpq5wO
なめくじ×幼女は萌えるけど変身してても逆はいやだなあ

666 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 02:02:28 ID:6qUTCrWNO
>>663
なめくじに戻った後にキスしたのか。愛だな。

667 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 04:46:31 ID:7CC6XCYM0
カエルと王女の話は、別にカエルたんにならキスくらいできるぜ
と思うけど、ナメクジとなるとそれは完全に愛だな

>>661
蚊の「身長」ってのがなんかツボにきた
やっぱ主人公と蚊子の子供は卵で生まれてきたんかなあ

668 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 08:28:38 ID:50hqMHCq0
阿刀田高 「白い歯」

主人公には、妊婦の妻がいる。
主人公の母が死んで数ヶ月経っている。いずれ故郷に納骨する予定だが、まだ
自宅に遺骨を置いている。

ある日の夕食、主人公は歯が悪く食が進まない。逆に妻は、虫歯ひとつ無く
頑丈な歯である。
妻は、自分は歯が良く歯が良い子は秀才であると語り、主人公も納得できなく
もなかった。

食後、妻が粉薬を飲み始めた。
主人公「風邪か?」
妻  「生まれてくる子供の歯の為にもカルシウム摂るのが大事よ・・
    間に合ってよかった」
主人公「??」
妻  「うちの田舎じゃ頭のイイ子には、頭の骨が一番イイんだって・・
    いけなかった?」

妻は、部屋の片隅にある遺骨に目を送った。
主人公は、母の死が医師の予測より早かったことを思い出した。

    

669 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 08:34:03 ID:B+AAhy+E0
>>668
初めて読んだ時は
そんなもん呑んだこと無いのに
口の中に粉っぽさが広がる気がした
はだしのゲンに出てきた(?)
原爆で死んだ人の骨を砕いて呑むと原爆症が治る、
とかいう話を平行して思い出してますます、ぅぇー。

670 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 08:42:59 ID:50hqMHCq0
>>669
ちなみに妻の田舎の設定は広島です。。


671 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 09:06:36 ID:B+AAhy+E0
>>670
そうだっけ。
自分も広島なのに読み落としてた・・ぞーっ。

672 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 09:40:30 ID:VZgBTuMM0
骨を食うで思い出した朱川湊人の短編

主人公の孫と、彼女の友人の孫は同い年だったが、友人の孫が事故で死んでしまった。
お悔やみの言葉すらかけられないほどに憔悴しきった彼女になんとなく会いづらくなる。
だが、ある日友人は「あなたの孫を連れて家においで」と誘ってきた。
同い年の自分の孫を見ても大丈夫なくらいにふっきれたのだろうかと思いながら訪ねる。
その家で和やかにご飯を食べていたところ、孫がご飯の一部をぷっと吐き出した。
それはなにか白い物だった。孫はなにもわかっていない様子だったが、それが骨だと主人公は気付いた。
もちろんその骨は人骨で、友人の孫のものだった。
その塊がたまたま大きかっただけで、骨は細かくくだかれ混ぜられているようだった。
吐きなさいと孫に言うが、孫はわけがわからず怖がって泣き出すだけ。
「私の孫だけが死ぬなんて可哀相でしょ
 あなたの孫はこれからいくらでも生きられる
 私の孫の骨だけでもその子と一緒に生きさせてあげてもいいじゃない」
主人公は泣く孫を連れてすぐにその家を出た

友人の孫は生前いい子だったが、死者の骨をそれと知らずに食べさせられる事は
とても気味が悪く、まるでその気味の悪い物が孫の体の中で増殖してしまうかもしれないように主人公には思えた。
それに骨だけとはいえ、人間を食べてしまった孫は、もしあの世という物があるなら地獄行きになるかもしれない。

考えあぐねた結果、主人公は友人の家に戻り、友人の孫の骨をもらった。
そして孫の骨の欠片を食べた。孫は何も知らずに人食いの罪を背負ってしまったが、
その罪を背負ったのは孫だけではない、もし孫が地獄に行ったとしても自分も一緒なら怖くないからと。

673 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 11:14:56 ID:Pz+QTiCVO
せつないな

674 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 12:23:23 ID:W2hL8/c/0
せつなさが止まらないな

675 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 12:28:42 ID:Afn+b7ob0
(自動車屋さんで)
子供:おとうさん、新車はお屋根のあるショールームで売っているのに、
   どうして中古車は、炎天下だったり雨ざらしだったりする
   お外で売っているの?中古車は可哀相だね。
父親:うん、中古はお家に入る価値が無いから、
   表にさらしておけばいいのさ。でもね、君が免許を取って
   最初に乗るのは、中古が良いよ。
子供:何でなの??
父親:それはね、運転がうまく無い時は、ぶつけたり傷をつけたり
   するだろ。だから中古で十分なんだよ。傷だらけになったら、
   下取りに出したり友達に譲ったり、酷ければ廃車にすれば
   良いんだからね。
   そして、運転が上手になったら絶対に新車にするべきだよ。
   前のオーナーの癖が有ったり、故障をしている
   可能性が有るからね。
   もしかしたら、人を殺している可能性だって有るからね。
   そんな車を運転して、自分が事故でも起こしたら大変だからね。
   ほら、見てごらん?前のオーナーの付けた染みが
   シートの所に有るだろ。中古なんてこんな物なのさ。
子供:本当だ!中古って汚いね〜。
父親:そうだよ。いくら磨いたり掃除をしたって、良く見れば
   色々と目に付くからね。
子供:ところで、家の車は新車なの?
父親:当たり前だろ。君たち子供の事を考えて家のは新車だよ。
   パパも若い頃は、中古でさんざんと遊んだけど、
   中古には長く乗るものじゃ無いね(笑)。
   まあ、お金が無ければ中古も買えないんだけれど。

676 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 12:34:15 ID:PtDWyE7kO
>>675
『車』を『女』に置き換えてみよう。
…そこまで言っちゃうと、後味というか感じ悪いなw

677 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 12:55:30 ID:ECwSYI0P0
女の目から見ればパパも中古だけどな

678 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 13:01:13 ID:BLNtjCff0
子供が中古にさえ一生乗れなかったりすることもあるけどな

679 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 13:03:32 ID:ECwSYI0P0
なんだテメー!俺のことか?コラ!!

680 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 14:27:12 ID:Pc8bKK96O
そう言えば、俺乗ってねーなぁ

681 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 14:27:57 ID:W2hL8/c/0
ところで、中古ってなんかの略語?
「中くらい古い」とか、そんなん?

682 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 15:31:06 ID:xMcus2GB0
中々に使い古されておる、か
中まで使い古されてるかじゃね

683 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 16:00:59 ID:2XQxyOk30
なんでせっかく後味悪い話投下して流れを変えてくれた人がいるのに
元に戻そうとする>>675みたいなウンコに一斉に釣られるの?

684 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 16:15:34 ID:ms9phaZx0
ウンコにはハエが喜んでたかっちまうのさ
うまいこと言うな俺

685 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 16:17:31 ID:W2hL8/c/0
それをツンツンしてる連中は
アラレちゃんだな

686 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 16:25:55 ID:2Dzsn6qK0
レンタルで済ませるっていう手もある

687 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 16:56:06 ID:Gzqcg1zK0
ウンコを?

688 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 17:39:46 ID:Afn+b7ob0
8 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/02/25(日)
先日大学の試験があって、ノート持ち込みの論述形式の試験だったんだよ。
で、試験開始の5分前に、ほとんど授業に顔出してないギャル女が来て
「えー!マジ持ち込みとか知らないしー!
 何にも持ってきてないんですけどー!」って騒いでた。
そいつの友達も何にも持ってきてないらしくて、4人くらいで
どうしようどうしようと慌てていた。
どうやら「近くに座ってる真面目な女の子にノート借りよう」
っていうことになったらしく、以下ギャルの一人とその女の子の会話。
ギ「すみませーん、私たち持ち込みだっていうの知らなくてー、
  使わないノートでいいんで貸してもらえませんかー?」
真「えっ?これですか?・・・全部使うんでそれはちょっと・・・」
ギ「お願いします!すぐコピーして返しますから!」
真「は、はい・・・。」
ギ「ありがとうございまーす」
教室から出て行くギャル。待つ真面目。でもギャルは帰ってこなかった。
試験終了後、半泣きの真面目と、
違う入り口から入ったと思われる嬉しそうなギャル。

689 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 18:05:58 ID:iTqZHzQs0
そんな大事なもの貸す奴が悪い。

…で、終了

690 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 18:13:05 ID:NxmChABx0
だな。
いい年して自衛できない人間には呆れる。

691 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 18:36:18 ID:0P6s5oMP0
川平ジエイ

えーと、どこが面白いかと言うと

692 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 19:20:02 ID:5JIca6jR0
>>688
これ自分がみたときは貸さないやつだったな
改変されてたのかな

693 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 19:34:54 ID:r/Es5uYwO
>>692
DQNを黙らせるやつだよね
ここで貼られたか勇者スレかで見た気がする
>>688はコピペのコピペだろうね

694 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 19:41:59 ID:Afn+b7ob0
http://www1.odn.ne.jp/kamiya-ta/workingpoor.html
本放送も見てたんだがここで紹介されてる番組が後味悪い

695 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 20:24:09 ID:63UhEeIc0
>>668>>672で思い出した。

かなり昔、徹子の部屋に平野レミが出てたときの話。
黒柳徹子が平野レミの亡くなった父親、平野威馬雄の話題を振ったときのこと。

「アタシのお父さんね、死んじゃったの!
アタシね、お父さんだけは絶対死なないと思ってたのね、
でね、アタシね、お父さんの骨食べちゃったの!
御骨を焼いて骨壷に入れた後に、粉みたいなのが残ってるでしょ、
『あっ、お父さんがまだこんなに残ってる』って思って
急いでパパパパってかき集めたのね、
で、しまうところがないから、口にポイっていれちゃったの!
そしたらね、しょっぱかったの!」

あの口調で捲くし立てていたので、
平野レミの奇行話みたいな感じで番組は終わった。

自分が肉親の火葬に立ち会ったときに
この話を思い出して、ものすごく切なく思えてきた。
さすがに食べようとは思わないけど。


696 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 20:47:00 ID:S+d7pKlSO
まるで平野レミがきちがいみたいじゃないか

697 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 20:49:59 ID:ssZcTxr30
>>695-696
連携にふいたw

698 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 21:06:26 ID:voIm09yn0
>>695
なんかちょっと気持ちわかるかも

このまま行けば両親亡き後自分は独りだから
それが寂しくていつまでもいっしょにいよう!って
そういうことしそうになっちゃうかもしれん

699 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 22:13:56 ID:jhZjMeFC0
>>698
俺もだ・・・
外に出て連れ合いを探さねば・・・

700 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 23:34:18 ID:z2bG7HmW0
なあ、お前と飲むときはいつも白○屋だな。
一番最初、お前と飲んだときからそうだったよな。
俺が貧乏浪人生で、お前が月20万稼ぐフリーターだったとき、
おごってもらったのが白○屋だったな。
「俺は、毎晩こういうところで飲み歩いてるぜ。金が余ってしょーがねーから」
お前はそういって笑ってたっけな。
俺が大学出て入社して初任給22万だったとき、
お前は月30万稼ぐんだって胸を張っていたよな。
「毎晩残業で休みもないけど、金がすごいんだ」
「バイトの後輩どもにこうして奢ってやって、言うこと聞かせるんだ」
「社長の息子も、バイトまとめている俺に頭上がらないんだぜ」
そういうことを目を輝かせて語っていたのも、白○屋だったな。
あれから十年たって、今、こうしてたまにお前と飲むときもやっぱり白○屋だ。
ここ何年か、こういう安い居酒屋に行くのはお前と一緒のときだけだ。
別に安い店が悪いというわけじゃないが、
ここの酒は色付の汚水みたいなもんだ。油の悪い不衛生な料理は、
毒を食っているような気がしてならない。
なあ、別に女が居る店でなくたっていい。
もう少し金を出せば、こんな残飯でなくって、
本物の酒と食べ物を出す店をいくらでも知っているはずの年齢じゃないのか、俺たちは?
でも、今のお前を見ると、お前がポケットから取り出す
くしゃくしゃの千円札三枚を見ると、俺はどうしても「もっといい店行こうぜ」って言えなくなるんだ。
お前が前のバイトクビになったの聞いたよ。お前が体壊したのも知ってたよ。
新しく入ったバイト先で、一回りも歳の違う、20代の若いフリーターの中に混じって、
使えない粗大ゴミ扱いされて、それでも必死に卑屈になってバイト続けているのもわかってる。
だけど、もういいだろ。十年前と同じ白○屋で、十年前と同じ、努力もしない夢を語らないでくれ。
そんなのは、隣の席で浮かれているガキどもだけに許されるなぐさめなんだよ。

701 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 23:43:58 ID:7CC6XCYM0
「後味の悪い話」というのは鬱陶しい話とは違うと思うんです><

702 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 23:46:39 ID:MRvKq8StO
>>701で後味悪くなったからOK!

703 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 00:07:24 ID:L3ri/7w3O
んじゃ結局>>700は単品じゃスレ違いだと

704 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 00:22:39 ID:aUbpqc1+0
>>695
あちゃー、
私は大好きなおばあちゃんが亡くなって、骨を骨壷に箸で入れるとき、
1センチくらいのおばあちゃんの腕だかすねだかの骨を口に入れたよ…。

きちがいじみてると思われても仕方がないけれど、
小さいころからおばあちゃんが好きで好きで、
そんなおばあちゃんが、ボケちゃって最後は私のこともわからなくて…。

あんまりおばあちゃんのことが愛しすぎて、
このままずっと自分といてほしい、余りだからだと言って
捨てられるなんて駄目だと思って、
余ってる骨、そっと手にとって、口に入れた。

後日何ヶ月かたって、親族の集まりのときにほろ酔いの叔父(母の弟)が私に、
「骨を取るときにの、おまえがの、ふっとばぁちゃんの骨を手にとって
口にさっと入れたのを見た気がするんじゃ。まさか食うちょりゃせんよな。」
といったので、ためらいながらも、いや、捨てられるのが嫌で
食べてしまったと白状した。

「そうかぁ、わしは…息子じゃけど、ばぁちゃんのことはそりゃ親じゃからの。
ずっといっしょにおって欲しいと思うけどの。やっぱりそこまでは出来ん。
そうか。●○(私の名前)は食べたんか。」

といって、しばらく黙り込み、目頭を押さえていた。
やっていい事だったか悪いことだったかはわからないけれど、そのくらいおばあちゃんが大好きだった。
レミパンの気持ちわかるよ。
スレ違い、および長文失礼しました。

骨は後味はよくはなかった。

705 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 00:39:06 ID:KJbCHch90
子供のほうが自然にやっちゃう行為なのかね?
大好きな人にいつまでも一緒に居たいって。
ある程度世間一般の常識ってもんが刷り込まれてくるとしにくくなるんかね。

で、思い出した話。
食人の習慣のある癖地にやってきた神父が、
その行為を止めさせようと、住民を必死に説得し、
住民も神父の真摯さに打たれて、一応はしなくなった。
やがて、住民に敬愛されるようになった神父が帰る日がやってきた。
住民は尊敬する神父といつまでも一緒にいられるよう、彼を殺してみんなで食べた。
という話を、食人の歴史をかいつまんで書いてある本で読んだことがある。
ほんとにあった話かな?

706 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 00:39:13 ID:xO0BLXxK0
>>704
後味が悪いのに良い話というミラクル

707 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 01:00:20 ID:uVzrT8IL0
>>705
パイレーツオブカリビアンの第二作で
ジャック・スパロウ船長がそういう住民に神と崇められながら
神と同化しようとする住民たちに食べられそうになってたシーンがあった気がする
食人ってそういう意識からなのかな

昔、牛や豚の屠殺場の人間バージョンみたいな夢を見たことがある
棒で叩かれて失血死した人間が食糧として運ばれてく光景が
えらいリアルで生臭くて嫌だった

708 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 01:15:06 ID:5b7AwMvjO
散々既出っぽいけど、山田悠介の作品は悉く後味が悪く絶望的

最近読んだので、ドアD
サークル仲間7人が飲み会の帰りに拐われてある一つの部屋に閉じ込められる
部屋にはボタンが一つあって、ボタンを押してる間だけ扉が開くという仕組み
7人全員で助ける方法を考えるが、部屋に水が入ってきて先に進まざるを得ない状況になり、リーダー的存在の人が自ら犠牲となって6人を先に進める

次の部屋も同じようになってるが今度はガス、リーダー的存在の人が好きだった女の子が「死んで彼と一緒になる」と5人を先に進ます

そして途中色々あり…DQNとの対立や愛の告白やら…

最終的に一人が残り扉の外へ、外には同じように扉からでてきた5人の人物
5人も同じように拐われ部屋を潜り抜けてきた人たち、6人は助けを求め歩き出しやがてある扉を見つける

その扉を開けると見覚えのある殺風景な部屋が…
最後に残るのは誰?

と言う感じの話
他にも@ベイビーメール、スピンもかな?
兎に角後味が悪いかホラーかどちらかな二極作家

709 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 01:17:27 ID:9Gn0K4Zw0
O・ヘンリーの話だったと思う。

ある仲のいい夫婦がちょっとした事故を起こしておばあさんにけがをさせた。
おばあさんは入院。夫婦は献身的におばあさんを見舞った。
おばあさんには身寄りがなかった。

けがは治った。医者ももう、退院していいと言った。夫婦はおばあさんに言った。
「けがをさせて申し訳ありませんでした。でも、もう大丈夫。退院できますよ。
おばあさんの家まで送りますよ」
おばあさんは大声を出した。
「痛い! 痛い! 治ってないよ、とても退院なんてできないよ!」

結局、おばあさんが痛がるので、退院は延期になった。

それから退院の話になるたびにおばあさんは痛いとわめく。
明らかにけがは治っているというのに。

廊下で奥さんが旦那さんに泣く。
「いったいどうすればいいの?」
「痛いというのだから仕方が無いだろう」
「元気そうじゃないの。退院の話になると痛いというのよ?」

…なんか実際にありそうな話で後味悪かったよ…。

710 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 01:22:09 ID:LDYmET850
>>708
それなんて劣化キューブ?

711 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 01:25:04 ID:PcAFk0A2O
キューブは脱出できたんじゃなかったっけ

712 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 01:27:06 ID:nUFSzn+CO
>>695
その話、平野レミの姪がエッセイに書いてたなぁ。
確か姪の母親(レミの実姉だったはず)も食べちゃったような…
骨を食べたって聞くとおどろおどろしい感じだけど、おじいちゃん家族に愛されてたんだなぁと思うようないい話だったよ。

713 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 01:28:49 ID:xO0BLXxK0
>>711
最後の一人が白い光に向かって歩いていく
白い光=外の世界 かどうかは明らかでなかったと思う。

714 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 01:47:32 ID:UbLUcQyfO
かな有名な宮崎〇
幼女を誘拐し殺しビデオに撮っていたやつ。
ヤツはおばあちゃん子でおばあちゃんが死んだ後、骨壺の骨を取出し食べていた。

おばあちゃんは死んだけど、一緒にいたかったそうだ。

715 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 01:50:22 ID:xO0BLXxK0
一緒にいたなら、止めてくれれば
良かったのにね・・・・・・・

716 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 02:05:49 ID:cTPftjtw0
うわあ、後味悪くなった。

717 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 02:33:55 ID:KutQpvyB0
缶コーヒーが2本あります。1つは蓋が開いてない新品で、
もう1本は蓋が開いている飲みかけの缶です。
新品の缶には開けられた形跡が一切ありません。
どちらも同じ120円です、どちらを買いますか?
一度開けてしまった蓋はもう二度と元に戻す事はできません。
当然過去にどんな人が飲んだかも分かりません。
毒が入っているかもしれませんし、腐っているかもしれません。
飲みかけの缶にも新品の時はあったのです。
ですが目の前にあるのは飲みかけの缶。

718 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 02:45:50 ID:XXxP1b4k0
>>715
犯行は普通に亡くなってからのことだと思うんだけど

719 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 02:55:19 ID:W1mqlipfO
>>718
死んだおばあちゃんの骨が一緒にいたなら、でしょ

720 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 02:58:16 ID:BuMb3S0n0
>>718 ここはオカ板…だぜ?

721 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 03:15:55 ID:XXxP1b4k0
>>719
だってそりゃ亡くなった人に対してあんまりにも気の毒な言い草じゃないかよう
おばあちゃん自身どんだけ無念なことか
止められたなら止めたに決まってる⊃д`)

722 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 03:25:01 ID:L3ri/7w3O
ようするに骨を飲んだところで一緒になどいられないということだな

723 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 03:27:28 ID:PcAFk0A2O
むかし勝新太郎(当時健在)の父親の葬儀がテレビで流されたんだけど、火葬の後に勝新が泣きながら父親の骨を口にくわえ込んだシーンが普通に放映されてびっくりした

724 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 03:45:22 ID:UbLUcQyfO
>>723
その勝新太郎は母親が死んだ時「俺を生んでくれてありがとう」とマソコにキスしたらしい。

母親の死体のマソコにキス・・・。

テレビ・週刊紙で見てブルーになった。

725 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:46:14 ID:lPxpoCndO
私事の体験談なんですが…
最近、愛犬ブームってあるじゃないですか?でもあれってなんなんですかね?

かくいう私も雑種(親が洋犬同士)の四歳になる犬を飼っています。
この犬が雑種の割りに物凄く小さくて(2キロ未満)、
毛もムクムクで顔も個性的な顔で、一見するとまるで子犬の様な感じなんで、始めて会う人には子犬と間違われたりするんですが、
この愛犬と居ると様々な後味悪い思いをする事があるんですよ。

例えば犬が走り廻れるドッグランってあるじゃないですか?最近では小型犬専用とか大型犬専用とかに別れてるとこが

726 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:47:04 ID:lPxpoCndO
多いんですけど、うちの犬は先述の通り小さいので
小型犬専用のとこに入るんです。
そうすると既にドッグランで遊んでた犬達が、一斉にうちの犬のとこに来るんですよ。
で、匂い嗅ぎあったりして一緒に遊びだすんですけど、そうするとその犬達の飼い主さんが私のとこに来て話しかけたりしてくるんですよね。
で、必ず「まだ赤ちゃんなんですかぁ?可愛いですねぇ」とか聞いてきて、もう四歳ですっていうと
「えーそうなんですか?種類はなんですか?」って言われて、「雑種です」って言うと

727 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:48:33 ID:lPxpoCndO
え?みたいな顔して急いで自分の犬のとこに行って、
「○○ちゃん、ダメ!遊んじゃダメだからね!」とかいって犬抱っこしてドッグラン出てったり、
なんか犬ママグループみたいな集団のとこいって
聞こえよがしに「いやよねぇ、雑種の犬がゴニョゴニョ」とか言われるんですよ

確かにそこに居る犬達はみんなチワワとかダックスとか血統書付きの犬ばっかりだけど、雑種の何が悪いんだよって思う。
ちゃんとワクチンも打ってるし、病院にも周期的に通ってる。
愛犬家って犬を愛するって意味だろ?

728 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:49:18 ID:lPxpoCndO
ほんとはこっちも言い返したりしたいんだが、集団であんな事されると流石に自分の犬も不敏だし、いたたまれなくてそそくさとドッグランを出るんだ。犬に謝りながらね。

でもさ、俺の犬はやっぱ凄く不満そうなんだよ。東京で犬を思いっきり走らせてやれる場所なんてないからさ。
書き忘れたが、うちの犬は雑種のせいか体が丈夫で、小さい癖に体力がハンパなくて走るのがとにかく好きなんだよ。

普通の散歩では中々納得してくれない。でもドッグランは入れない。だから色々考えたあげくにチャリで散歩する事にしたんだ。

729 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:50:19 ID:HsE5FlTw0
犬はかわいいよね。

730 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:50:22 ID:lPxpoCndO
最初はどーかなぁって思ったが、試してみたらうちの犬も大満足。暫くするとチャリの鍵見るだけで興奮する様になり、やっと一安心したある日、
いつもの様に人通りが少なくなった夜10時頃犬とチャリ散歩してたら
前からシーズーを三匹連れたおばさんがやってきた。見るとノーリード(綱が無い状態)
その時、三匹のうちの一匹が俺の犬の方へ走りよってきた。正直あんまり関わりたくなかったが、ノーリードの状態だし、うちの犬に執着しだしてたから、
俺が動いたらシーズーも着いてきそうだったので、しばし停止してみた。

731 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:51:10 ID:lPxpoCndO
犬の名前を連呼するおばさん、おばさんの呼び掛けをシカトするシーズー。
呼んでも来ない犬をノーリードなんてあぶねぇなって思ってたらおばさんがやっと近くに来た。
「あ、こんばんは」と言おうとした瞬間、
「この子(うちの犬の事)まだ赤ちゃんでしょ?赤ちゃん自転車で引っ張り回すなんて可哀相よ!」
って物凄い剣幕で切れられ呆気に取られながら
「いや、四歳なんですが」って言ったら、

732 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:52:03 ID:lPxpoCndO
「え?赤ちゃんじゃないの?シーズーの赤ちゃんだと思ったからゴニョゴニョ…じゃあなんて犬なの?」
て聞かれたから「雑種です」って言ったら

「へぇ雑種なのぉ(自分の犬を抱き上げながら)ふぅーん。変わってるわねぇ。雑種は丈夫だもんねぇ。うちの子達は体弱いから、雑種の子とは遊べないのよねぇ。」
とか言ってきてなんかすんげぇむかついてきたから思わず
「いや、遊ばせようとしてませんから。おたくの犬がこちらに来たので危ないと思ってあなたが来るの待ってただけですから。失礼します」
って言ったんだよ

733 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:52:49 ID:lPxpoCndO
そしたらなんか逆切れしだして
「あのね、あんたんとこの犬と一緒にしないで。うちの子達は呼べばくる頭の良い子で優秀な親、優秀なブリーダーの元で産まれて(この変うろ覚え)、
雑種の犬とは違うの!もしさっきうちの子が近づいて、あんたんとこの犬が噛み付いて病気になってたらどーすんのよ!うちの子達はギャーギャー」

とかほざきだしてあんまりむかついたから
「そんなに大事ならノーリード辞めてちゃんと繋いで散歩したらどーですか?だいたいノーリードは条例で禁止されてますよ。

734 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:53:31 ID:lPxpoCndO
犬を怖がる人もいますし、あなたエチケット袋も持ってませんよね?」
って言ったら
「うちの子達は呼べばくるし、しつけちゃんとしてますから!」
とか半狂乱になってギャーギャー言われてその後更に5分位文句言われ続け、
まじうぜーとか思ってたら
いきなりおばさんの犬がウンコしだした。そしたらおばさん
「あらやだわぁ」 とかいいながら、ウンコした犬も抱っこして、もう一匹の犬に「一回お家に帰りましょー」なんて声かけながらスタスタ歩いて消えた
呆気にとられながらとりあえずうちの犬の散歩して

735 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:54:27 ID:lPxpoCndO
30分位してからウンコ現場にいったら案の定ウンコ放置されたままだった。
仕方なく俺が取って帰ったが、ほんとに後味悪かった。
一体愛犬ブームってなんなんだろ。俺の犬も犬ブームの中、ブリーダーの元で間違って産まれてしまい、売り物にならないという理由で
保健所に送られてた犬だ

ほんとに疑問に思うよ。

特に小型犬を飼う奴らは少なくとも動物を玩具扱いしてる奴やマナー悪い奴がが多すぎる。

長文、駄文、途中で口調が変わってすまん。読んでくれてありがとうございました

736 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 04:57:36 ID:crirSpoA0
>>708
山田悠介で思い出した

題名忘れたが
宙返りジェットコースターの客が「偉い人たち」の賭けの対象になり
宙吊り状態で床が外れてストップし 全員腕だけでぶら下がることを強要され
力尽きた人から落ちて死んでゆき 最後の1人になるまで続けさせられる

主人公は彼女とデートに来て巻き込まれて
その彼女も主人公に「今まで幸せだった」とお礼を言って落ちてゆき
最後
主人公と 見知らぬ親娘の3人が残る
親は子をかばい 手を貸しながらぶら下がり続けてるんだけどもう限界で
父親は「私に限界が来たら 娘と一緒に落ちる あなたが生き残ってくれ」って言う
でも主人公は 自分と父親が死んで 小さな娘を生かす道を選択する

賭けしてた奴らはのほほんと次の賭けの対象に移ってゆく
娘は生き残り 明るく成長してく


みたいな話
こんな理不尽な話なのに 何 爽やかにまとめてんだよ
って思った
それ以来 山田悠介は読んでない

737 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 05:35:19 ID:T7R6cb8S0
>>725
乙。でも残念ながら後味が悪いというよりむしろ胸糞だな。
とりあえずうんこの後始末しねぇ馬鹿飼い主は全員死ね。

738 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 05:51:11 ID:KJbCHch90
>>735

ドッグラン事情
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/dog/1183907168/

犬の散歩をしているとよくあること
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/dog/1163899668/

なんかのほうが、色々意見聞けると思ふ。
ほかにも犬猫板さがせば思いっきり愚痴れる場所があると思ふ。

でも雑種って嫌われるの?そこまであからさまに?
一般人からすればノーリード及び大放置ババァのほうが迷惑だよな。
愛誤なんかだと反対に、純血種を飼っている人を目の敵にする奴もいるらしいな。

うちのは純血だけど、遊び相手は犬同士の相性が優先する。
というか雑種だから関らせたく無いって発想が解らないなあ。
バックヤードブリーディング予定で、去勢手術してないのかねぇ。

739 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 06:39:34 ID:kQ8MepxxO
ノーリードは轢き殺されても飼い主は文句言えないな。
犬は轢きたくないから飼い主轢いてやる。
とイミフなことを言ってみる。
かくいう俺も家の周りでトイレさせるときはノーリードだが。でも散歩中はありえない。万が一飛び出したりして轢かれたらどうすんだろ。

740 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 06:54:23 ID:UbLUcQyfO
ちょっとスレチごめん。
もしノーリードの犬が近寄って来た時、犬が嫌いとか怖いとかでとっさに蹴っ飛ばしちゃったりしたら罪になるのかな?
犬の大小にかかわらず、犬が嫌いな人もいるよね?
わざとじゃなく、あくまでもびっくりしたとか悪気が無い場合なんだけど。


741 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 07:06:05 ID:ytHZTHdMO
>>735

アンタに惚れた

742 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 07:24:36 ID:c4OD1uGU0
犬に罪はないけど、
今の小型犬ブームは犬をオモチャ扱いしているようで何か嫌。
おれはいかにも「犬です!」って感じの雑種のほうが、
健康的で好きだなあ。

743 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 07:36:19 ID:9PqydsQVO
柴犬タソ(;´д`)ハァハァ

744 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 07:40:45 ID:IriGsEFhO
山田悠介みたいな薄っぺらなののどこが面白いんだ
厨二病だろ

745 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 07:44:29 ID:qpr+CCnnO
シーズー飼いだから最近のブームとは違うけど小型犬もかわいいよ
大型犬も飼ってたことあるけど大型犬は存在感がたまらんし
小型犬とくに鼻ペチャ犬は顔にいろんな表情がある
みんなかわいい

746 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 07:53:09 ID:66ZRAMXy0
>>735
雑種って言うより Mix(ミックス)ですって言うようにしたらどうだろうか。

なんとなくオシャレに聞こえるような気がします。

747 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 08:32:25 ID:P/mF8l300
>>725
5歳になるロングコートチワワとパピヨンの雑種犬を飼っているんだけど、
見た目はパピヨンの子犬に見える。
散歩してると、やっぱり犬種を聞かれる。飼い主同士の挨拶みたいなものらしい。

「雑種ですよ。」と答えると、「ふーん・・・」みたいな反応をするのに、
「ロングコートチワワとパピヨンのミックスなんですよ。」と答えると、
「あらー、めずらしいですねー。」とか「子犬みたいでかわいいですねー。」とか、
リップサービスもあるんだろうけど、とりあえず悪い反応はしない。同じ犬なのにね。

犬自身も相手や飼い主(私)の反応で、
自分をよく思われてるか悪く思われているか分かるらしい。
私が謙遜気味に「雑種なんで・・・」とか「○○して困るんですよね・・・」
なんてことを言ったりするとやっぱりわかるようなので、言わないように気をつけてる。
ちょっとバカ親っぽいけど、やっぱり犬に悲しい思いはさせたくないと思っている。
うちの犬は、よく思われていないなと思うと寝たふりをする。

748 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 08:33:51 ID:P/mF8l300
>>746 あ。かぶっちゃったw

749 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 08:49:51 ID:E8THx9AY0
>>744
内容以前の問題だと思うがw しかし山田の小説真面目に読んでるバカがいるんだなぁ・・・びっくりだ。

750 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 09:22:16 ID:JhurVG5jO
>>740
うろ覚えでスマン。
犬が怪我したら器物破損か何かの罪になったと思う。
リードの有無は解らん。

751 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 09:22:40 ID:66ZRAMXy0
まあ偶然 かぶりましたね。
寝たフリw

752 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 09:44:14 ID:QJGtNTMe0
リアル鬼ごっこ以来読んでないけど
文章少しはマシになったの?

タイトルのセンスはあると思う

753 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 09:52:17 ID:uVzrT8IL0
>>740
あまりにもびっくりした場合でも咄嗟に犬でなく
飼い主のほう蹴っ飛ばせたら神なんだがな
罪のない犬がわざとでなくとも蹴飛ばされるのは切ない光景だ
まあ後味悪いってことでスレには添うが

ミックスは自分ちだけの子って感じがしてかわいい
でもいろんな犬種の体質のどれが遺伝で出てるかわからないから
何に気をつけたらいいか迷うね

754 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 10:20:19 ID:Ne0PQwsc0
>>752
「おかしすぎて逆に印象に残る文章」から「ただの下手な作文」にレベルアップ(?)したよ

755 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 10:38:01 ID:p/eXxQZ60
犬になると途端にレスが伸びるね
お前ら本当に犬とかヌコとか好きなんだな

飼い犬や飼い猫を怪我させたら器物損壊だけど
ノーリードの場合はどうだろうな?
ガラスのワイングラスを道端に転がしとくようなもんじゃないの?
誰かが踏んで壊したとしても
それは持ち主の管理不行き届きで罪にはならない みたいな

>>752
俺 山田は本屋でペラペラめくってすっぽって以来手にしてないんであれだが
少なくとも「リアル鬼ごっこ」ってタイトルはセンスないと思うぞ

756 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 10:39:23 ID:UbxcpCFC0
>>725
は本当に犬好きな人なんだね。10年前の5倍の飼育頭数だからね。
犬好きでなく犬アクセサリ感覚の迷惑かけまくり飼い主増えましたよ・・


757 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 12:49:26 ID:KJbCHch90
雑種がどうのじゃなくて、犬種を聞いて雑種ですと答えられると、頭の回転の遅い漏れは、
次をどうつづけていいのか咄嗟に出てこないことが多いorz
純血である程度知識のある種類だと、ああ、これがそうなんですね、
とか受け応えできるのだが。
一度狼みたいな外見のカッコイイ犬を見かけて、犬種を聞いたら雑種といわれ、
コレコレの種類の血が入ってるらしいですよと続けられたのだが、そのコレコレが
自分の知らない犬種だったので返答に詰まってしまった。
雑種に偏見ある人と思われたかなと考えると鬱。

758 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 13:15:07 ID:cTPftjtw0
>>757
いや、俺も上記の事例で「雑種です」言われたらどう返したものか
返答に詰まるだろうなと思ったぞ。
要するに会話が続けられる機転がきかないだけで
偏見とか関係ない人もいるわなあ。


759 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 13:20:23 ID:fT5M9lnJ0
つか、おばさんのキャラが立ちすぎてて嘘くさいなと
思ってしまった俺はきっとダメな人間なのでしょう

760 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 13:20:46 ID:aTLd82wd0
雑種だろうが純血だろうが可愛いと思えば可愛いって言えばいいんだよ。


そろそろスレ違いネタ引っ張り続けるのやめにしないか?

761 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 14:02:42 ID:fbDGdpr10
>>757
狼みたいにカッコイイ犬ですね!と答えればおk

犬とは関係無いが後味の悪い話を一つ。
小学校の頃足に障害を持った子がいたんだが
その子の身の回りのお世話?みたいなのしてた子がいて、
強制ではないんだが先生や親からのプレッシャーがあったらしく
いつも一緒にいなくちゃいけないから嫌だ、と愚痴っていた。
中学生になっても同じように身の回りのことを任されていて、
その子のために自分の時間を犠牲にしなければならない不憫さと、
障害を持った子が我侭で、嫌われていたこと、高校に入ったら
同じ足に障害を持った子を荷物持ちにつかっていたことが後味の悪いというかなんというか。
そして自分がその子と小学校〜高校まで同じ学校だったことがオカルト。


762 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 14:14:49 ID:S/oCI/E40
最後の一行はなんでオカルト?

763 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 14:20:02 ID:dusBNJ0W0
はい>127まで巻き戻ります 障害児の話でスレ終了

764 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 14:35:01 ID:mW7P1jKP0
ノーリードで犬を散歩させている人に
「おいしそうですねぇ」
と言ってあげよう!

765 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 14:35:16 ID:W1TOg0ya0
>>725-735
>途中で口調が変わってすまん

ほんとだ、ワロタ

766 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 15:25:54 ID:k6MSmULlO
では池沼な同級生の話。
普段は特殊学級にいるけど、学校行事のときだけ私のクラスに来てたSチャン。
その日は遠足の打ち合わせで、しかも今回は同じ班になった。
しばらくしてSチャンがズボンの中に手を入れて何やらモゾモゾしてる。
更にそれがエスカレートして、なんと下着まで下げてクリクリしてる。
なんと彼女は生理中…手を真っ赤にしてクリクリしてて、クラス中が唖然。
特殊学級の先生が気付いて、急いで連れて行ったんだけど、中学生男子は泣きそうになってるし。
結局後日一緒に遠足に行ったんだけど、ウチの班は終始ほぼ無言。
多感な時期だし、もう少し先生が考えてくれても良かったと思う。

767 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 15:34:37 ID:Qis17tbyO
>>766 池沼はお前だろ。

768 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 15:37:11 ID:spFw6/QY0
パンツ下げるまで黙って見てたのかよw

769 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 15:37:36 ID:NYLsOmHnO
>>735

ばばあを警察に突き出してやれ。

最後にそのばばあの犬のウンコ拾ったあなたは偉い!

愛犬ブームがどうというよりも、
モラルの欠如した人間が大杉る罠。

770 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 15:52:05 ID:k6MSmULlO
Sチャン、いちばん後ろの席に座ってて、わかんなかったの。
その場にいないとわかんないけど、怖くて止められなかった(泣)

771 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 16:04:27 ID:spFw6/QY0
>しばらくしてSチャンがズボンの中に手を入れて何やらモゾモゾしてる。
>更にそれがエスカレートして、なんと下着まで下げてクリクリしてる。

>Sチャン、いちばん後ろの席に座ってて、わかんなかったの。


先生!主観がわかりません!

772 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 16:12:53 ID:k6MSmULlO
話合ったりさぁ、プリントまわしたりさぁ、時々後ろ見る訳よ

773 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 16:21:03 ID:Kho1O0070
もういいよ

774 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 16:27:11 ID:Wqx5Qc/G0
後付けでいろいろ弁解してキレるというこのスレの王道パターンがひさびさに


775 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 16:47:33 ID:YG4rq1JD0
携帯で、しかもage

776 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 16:50:12 ID:dusBNJ0W0
キレてはないだろ

777 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 16:51:44 ID:PlA/RNJS0
この際、作り話でもいいじゃないか

778 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 16:53:28 ID:6bkwGbQc0
>>768-773の流れ
リアル厨房の頃、私の斜め前に座っていたDQN男子が
「(私)さんが授業中に絵を描いてましたー」
とHRで叫んでくれたのを、何の疑問も持たず信じて説教くれた先生がいたな。
ほんとに落書きしてたんだけどさ。
授業中に後ろ向いて他人監視するのはOKなのかよ?と、
時間が戻るなら言ってやりたい。

779 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 16:55:20 ID:rEBRU2tz0
山田悠介は後味の悪さよりも
文章の悪さに耐えられなかった

780 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 17:18:10 ID:cuMcisXH0
>>778
ttp://f.hatena.ne.jp/images/fotolife/f/f_mint/20060929/20060929141149.jpg

781 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 17:29:09 ID:YG4rq1JD0
>>268
531 名前:名無し職人[] 投稿日:2006/04/02(日) 17:47:57
私は40過ぎて独身です。本当に辛い毎日を送っています。
つい先日も、こんな事がありました。
ある日、弟夫婦の14歳になる長女の下着類が一切合切盗まれるという事件が起きたのです。
あろうことか真っ先に疑われたのは私でした。
40歳過ぎて独身だというだけで血の繋がった実の弟からこの私が真っ先に疑われたのです。
肉親なのに。
ずっと一緒に育った兄弟なのに。
ただただ40過ぎて独身だというだけで実の兄である私が疑われたのです。
とても悲しいことです。
やりきれない気分です。

確かに盗んだのは私でした。

しかし、ここに至ってはそんなことは瑣末な事です。
論点が ずれています。
私が訴えたい事は“私が犯人だと決まってないうちに” 既に“私を疑っていた”という事実なんです。
つまり40歳で独身だと いう事は常に『気持ち悪い事をしでかすに違いない』という目で見られて いる、という現実なのです。
これではまさに冤罪の温床です。
我々40過ぎ 独身中年は常にそういった謂れ無き迫害に晒されながら毎日ビクビクして 生きて行かなければならないのでしょうか?
結局私が犯人だということが ばれ、弟は「もう、来ないでくれな」と悲しそうに言いました。
ですが 私はそんな弟を許す事はできません。
私が犯人だとばれる前から私を疑っていた、という事実は消えないからです。

782 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 17:39:32 ID:YwtUpZRW0
まさに>>778はこのタイプだな

783 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 17:45:48 ID:5aI2Yw8c0
>>778の未来の姿が>>781か。

784 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 17:50:15 ID:Y78Qv+Uo0
楽しいおじさんだな

785 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 17:57:27 ID:p/eXxQZ60
笑ったw
でも全然後味悪くないな

786 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 17:59:02 ID:3nPAFAK3O
>確かに盗んだのは私でした
ここで吹いたwww

787 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 18:10:26 ID:YpG08bsO0
お茶漬け吹いたwww
何だこの楽しい文章

788 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 18:18:15 ID:VIBKsICb0
>>785
後味悪いからじゃなくて>>778に対して貼ったんだろう

しかしこれ完成度高すぎて改変はあんまり見ないよな…

789 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 18:23:46 ID:uVzrT8IL0
>>781
後味悪いというよりむしろじわこわスレ向きだw
弟一家がこれからどんな目に合うか考えるとgkbr

790 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 18:50:32 ID:jSuzxtmB0
どう見てもよく練られたネタだろうにつまらんこと言うなよってことはオカルト板だった

791 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 18:51:31 ID:jSuzxtmB0
× ことはオカルト板
○ ここはオカルト板

792 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 19:22:03 ID:IT72W9dM0
はい次行ってみよう

793 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 19:49:15 ID:kQ8MepxxO
>>770
実際障害者じゃなくても、突然オナりだした奴なんて止められないよな笑

>>781
ワラタ笑弟最初から見てたんじゃね?って仮説も立つよな。

794 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:18:26 ID:kQ8MepxxO
さてと、後味悪い話を一つ。

俺が小中のとき、学年に一人はいるような勉強がホントにできなくて、まともにしゃべれなくて、どんくさくて…云々な女子がうちのクラスにも居たんだ。実際、特殊学級に居てもおかしくないレベルだったと思う。仮にAとしよう。
まぁなぜか、やたらクラスや班が一緒になって中三まで何回か苦しめられるんだが。
で、これは小四のときの話。
当時クラスの中心的存在だった俺は、いじめ、というほどではないが少々そういうやつに冷たかった。それは担任も知っていた。まぁガキだったから許してくれ。
ある日、班替えをしてその女子と同じ班になった。担任は新たな班の奴と握手しろと言った。
俺は多少嫌々ながらも、大好きな先生が言ったことだからそいつと握手しようと手を差し出した。
が、そいつは照れてんのか知らんが上目づかいぎみに笑い(けっしてかわいくわない笑)握手に応じなかった。
まぁガキだった俺は、そっちがする気ないならいいっか、ラッキー。くらいに考えていた。
放課後、俺は担任に相談室に呼ばれた。
内容は、なんでAと握手しなかったかということ。先生は見ていたのだ。
だが、俺は確かに握手しようとはした。応じなかったのはあくまでAだ。なのに俺が怒られた。
先生は185センチ、元バスケ選手。迫力がありすぎて、小四の俺には弁解は無理だった。
まぁ今考えるとしたくない雰囲気丸出しだったけど、あの時は後味悪かったわ。

795 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:30:44 ID:luzUM7fFO
池沼の子でもオナニーとかわかるの…?

796 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:34:13 ID:5mtnpfHKO
>>789
gkbr…
ゴキブリ?

797 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:41:13 ID:kQ8MepxxO
もう一つ。
また小四の時の話。
当時クラスには卑怯、というか自己チュー度が強い女子がいた。Bとしよう。
俺は自分に与えられた仕事をしないやつとか嫌いでもちろん嫌っていた。
ある日そいつが昼休みの掃除をサボった。
俺ら同じ班の奴は怒ってた。
だから紙に「Bさぼるな!」って書いて机に入れておいて遊びに行ったんだ。
昼休みが終わり帰ってくるとそいつが泣いている。
どうやら俺が書いた紙に、Bを嫌ってた男子2、3人が「死ね」とか書いたらしい。
それを知った担任が5時間目に俺らをその場に立たせ、叱った。今思えばあれは公開リンチだな。
だが俺はサボるなって、当たり前のことを書いただけだ。死ねとか関係ないことは書いてない。そのことを言ってもよくわかんない理由で怒られるし、学級委員に選ばれてたから、リーダーのおまえが何をやってるんだみたいなことも言われた。
ぶっちゃけ学級委員にしたって、先生がリーダー格を何人か推薦し、クラス内で決選投票して選ばれたんだ。俺は立候補したわけではない。
さんざんだったなぁ。

798 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:42:48 ID:kQ8MepxxO
>>795
オナニーって知らなくても、触って気持ち良いくらいはわかるんじゃね?

799 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:44:42 ID:EnmBiF8j0
紙に「Bさぼるな!」て書いて机に入れた時点で
お前がおかしい
しかも自分には非が無かったというような書き込み・・・・後味悪いわ

800 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:51:54 ID:uVzrT8IL0
サボっといて泣くような女子Bはどうでもいいが
どんくさいAかわいそうだな
みんなの面前でいつも冷たい男子に握手したくない雰囲気丸出しにされて
その空気で握手しづらかったんだろうに(池沼はこういうの察したりする)
照れたキモイ女に勘違いされながら
中三まで794のその冷たさに耐えなくてはいけなかったなんて

801 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:58:08 ID:+pgqpngYO
>>799
何が後味悪いのかわからん。
小学校だったんだから遊びたかったんだろ。
そもそも担任が役割の重要性教えて無いから
書き込み人も理不尽だと感じてるしクラスとして機能していない。


802 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:58:18 ID:cGEgTw8d0
池沼じゃないだろうに池沼と決め付けられてるAが可哀想笑

803 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:00:01 ID:cGEgTw8d0
Aは794が好きだったんだろうな
ブスで馬鹿な女ってクラスの中心人物の男に分不相応に惚れてること多いし。
少女マンガとかではうまくいったりするし。
そう思うと可哀想か。吐くけどな。

804 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:14:20 ID:6Qk0RZ2q0
愛犬で思い出した話。

友達がチワワ♀を飼い始めたので遊びにいった。
「暇なら散歩に付き合ってよ」と言われて、近所の公園に行く事に。
いつもなら人の少ないはずの公園には保育園くらいの子供が数人いて、
「子犬ー可愛いー」とわらわら集まってきた。
親らしき人もいたがほほえましく見ているだけでベンチから動きも止めもしない。
正直やばいなと思いつつ友達に「犬抱いて逃げよう」って言ったんだけど、
友達はなんの危機感もなく「えーなんでー?」って感じだった。
(その時は子供がこけて犬が下敷きになったら危ないと思って)

友達がのんびりしている間にとうとう囲まれて動けない状態になった時
10Mくらい先の門からゴールデンが二匹散歩しているのが見えた。
飼い主のおばさんに「こっちくんな」ってアイコンタクトを送ったけど遅かった。
♂のゴールデン(成犬)二匹は飼い主を振り切って全速力でこっちに向かってきた。
「皆どいて!」って大声で言ったけど、子供はどうして怒ってるの?って感じ。
後ろを振り向いてやっと状況が判ったのか泣き出す子も…。
チワワのリードに絡まってこけそうな子を足で支え、チワワを足で持ち上げて友達にパスし、
両手はゴールデンの首輪を捉えて押さえつけるのに成功した。
自分で「特撮みたい!カコイイ!」と思った。

その後、近所では「子供や小動物に暴力振るう野蛮な女」
チワワは会うたびに恐ションする「恐怖の対象」となった。

805 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:28:02 ID:8YGymgeE0
ここは自分語りをするスレじゃないんだが。

806 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:31:49 ID:kQ8MepxxO
>>799
サボるなと書いたことはおかしくないだろ。死ねとか関係ないこと書くならおかしいが。
たしかに面と向かって言えばよかったが。そこはまぁ小学生だったからな。

少々趣旨がちがったが、みんな後味悪くなってくれてよかった。
我ながら小学生時代の俺はひどかったな。できる人を基準にした考えだったし。
まぁ新聞作りとかも、一人一記事書く決まりだから、Aには極力負担かけないように短いとこ割り当てたのに、まったく書いてこなかったり。
いいもの書く必要はないから何か書く努力しろっていう。そのこと言っても次の日何も書いてこなかったな。
中学生にもなって逃げてばっかだったAはホントに嫌いだったな。できないのがしかたないなんて甘ったるい考えは嫌いだった。

807 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:37:46 ID:kQ8MepxxO
>>801
大人の目線で考えればな。
ただ、当時対等な関係で、与えられた仕事をするのが当たり前って考えがあった側からするとかなり理不尽。サボった側を怒れよっていう。
まぁ後味とは違うか。

808 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:42:45 ID:lPxpoCndO
>>804
君、間違ってるよ。
少なくとも犬が子供に寄ってきた状況で心配する相手が犬ってのがおかしい。

普通はもし犬(飼い始めたという表記があったので子犬と仮定する)が、
子供達に怯え噛み付いたらどうしようと子供達を心配するのが良識ある人の考えなんだが。
どんなに小さくても犬の歯は凶器。それに子供達の遊び場の公園で犬に寄って来た子供達を悪ガキの様にいうお前の神経を疑う。
犬はそもそも多くの公園において、入れる事すら禁止なんだよ。
注意書き読んだ事ある?

809 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:45:46 ID:EnmBiF8j0
>>807
紙に書いて机に入れるっていう行為が気持ち悪い

810 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:49:12 ID:kQ8MepxxO
>>808
犬が心配で堪らなかったんだろ。
まぁあんま固く考えるなよ。
ガキの頃したことだ。
今そうとは限らん。

811 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:52:32 ID:kQ8MepxxO
そうか?面と向かっても聞かない自己チューにわからせるためには有効な方法だぞ。

まぁそんなこと議論してもしかたないな。
そらしてすまん。消えるわ。

812 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 21:59:38 ID:+pgqpngYO
携帯ショップ勤務なのですが、撮った写真が再生されない
って症状で男子高校生が来たんだが、確認していいか許可貰って、
見たらその男子高校生のフルチン写真がきちんと再生された。
故障はしていないみたいですよーって言って返したんだが
メーカーに送れば良かったかな?いつ見れなくなるかわかんないもんね。


813 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 22:03:29 ID:tXOx+SkL0
体験談からくるものはスレ違いなのがこのスレの常識となりつつあるな、なんか。

814 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 22:03:38 ID:nm2lZ1TCO
俺からすれば、「後味悪いねー」で流せないおまえらが気持ち悪いわ。
いちいち文句言うなよ。ガキ臭い。「なんも後味悪くないが」とか、主観なんだから感じ方はそれぞれだろ。うだうだケチつけてないで、話の一つでも投稿しろ。

815 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 22:33:34 ID:S/oCI/E40
体験談が投下されるたびに
「お、また痛いのが湧いた湧いたwwww」とwktkするようになってしまった俺は勝ち組

816 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 22:33:56 ID:3giaW/7f0
>>808
ゴルデンも来てるんだから
犬OKの公園なんじゃないの?
子供を悪がきのように書ている記述もないし
犬と比較して体格が良く無邪気な子供に対して
小柄な犬が何らかの危害を加えられないか
心配しているだけにしか読み取れないと思う。
子供は無邪気であっても常識があるわけではないし、
その行いに配慮して文句言われる筋合いは無いと思う。
てか子供が泣いたのはゴルデンが駆け寄ってきたからなんだろうな多分、
あんなでかい犬が拠ってきたら大人でも怖いわ。
んで、804はブルジョワなゴルデンが子供襲うわけはないが
子犬なら襲うかもしれないと思ったんじゃない?多分。
何が言いたいかというと、804が叩かれる理由わかんね。
単に、カンフー映画に影響を受けすぎたおばさんだろ。

817 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 22:47:40 ID:StZuIzF/0
体験した後味悪い話を

ガラガラの電車の中で2人のDQNに絡まれてた奴が居たんだが、
ほんの少しだけ乗ってる乗客は全員スルー、
絡まれてる少年と目が合ったが今にも泣きそうだった。
俺はみてみぬふりをした。

818 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 22:53:03 ID:luzUM7fFO
>>804
あなた馬鹿っぽいね

819 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 23:01:15 ID:Dr5hHnOq0
>>812
それって、故障というのは嘘でいたずらか罰ゲームだったんじゃ・・・。

820 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 23:05:46 ID:3iEaM5U90
ペット話に便乗。自分にとっては数年たった今でも後味悪い話だけど
スレ違いだったらごめん。

数年前、とある講習会で同じグループになった女性とたまたま飼い犬の話になった。
聞くと彼女のお宅では保健所や保護施設から代々、犬を引取って飼っているという。
「あなたの家のわんちゃんは?」と聞かれたので「コーギーです」と答えたら
さげすんだような笑みを浮かべて一言。
「ブルジョワですねえpgr」(なぜか優越感たっぷり気味)
初対面の人にいきなりそんなこと言われるなんて思ってなくて…しかもいまどき
さらっと「ブルジョワ」って若い女性の口から出るなんて…
と色々驚いてしまって咄嗟に二の句が告げなかった。

うちのわんこにだって理由があって(後天性の障害)ペットショップで
飼い殺しのところからうちの家族になったのに、なんでなんにも知らない人に
そんな態度をとられなければならないのかとか
お金だして犬買うのがわるいのかよとか、言い返したかったけど
そういう場所ではないのでがまんした。
でもその人とまた顔合わせるのがいやで、それきりそこへ行くのはやめてしまった。

以上です。つまんなくてごめん。

821 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 23:10:45 ID:YpG08bsO0
>>804
正直過剰な反応だと思うな、いろいろ…

822 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 23:16:12 ID:luzUM7fFO
>>821
自意識過剰過ぎるよね…

823 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 23:29:40 ID:EBUqqFZR0
いつの間にか痛い子が競い合うように日記を書くスレになってんのな。おもしれえからもっと頼むわw

824 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 23:40:06 ID:b4eL5jZ7O
>393
十代半ばの女になんて言うほどの性欲もないし、男が性行為に踏みきろうとしなければ、児童が不幸な妊娠をすることなんてないのでは?
女はピル以外では、避妊に対して受動的だから未成年の場合は特に、男に非が多くあるように思うが。
自分は大学生男だけど。

825 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 23:42:10 ID:cGEgTw8d0
どんだけ遅レスやねん

826 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 23:43:10 ID:Qf6755w70
胸糞悪い話じゃなくて、後味の悪い話をおながいしますおながいすますおながい・・・

827 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 00:43:07 ID:Pk42sMNi0
>804
仔犬にとって、人間の子供がそこまで危険だと思ってるのか?

飼い犬が仔犬相手に本気で噛み付いたりすると思ってるのか?

>>その後、近所では「子供や小動物に暴力振るう野蛮な女」
チワワは会うたびに恐ションする「恐怖の対象」となった。

何されるか分からなくて、みんな怖がってんじゃないの?

828 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 00:44:33 ID:NRNCo/Xj0
あぃあぃ、じゃあ中国の二十四孝(中国に於ける孝行が特に優れた人物
二十四名を賞して、後世の模範とした物)から抜き出して紹介。

「田眞兄弟」
田眞(でんしん)、田廣(でんこう)、田慶(でんけい)の三兄弟は、
親亡き後財産を三等分したが、庭に大きく繁り花を咲かせた木があった。
兄弟はこれも三等分しようと徹夜で考えた。
夜が明けたので、木を切ろうと庭に出てみると
昨日まで繁っていた木が急に枯れていた。
田真はこれを見て「草木にまで心があって、
切られようとして枯れたのであれば、人間では尚更である。
なんと至らない事であっただろうか」と言い、木をそのまま切らずにおくと、
木はまた元の様に見事に繁ったのである。

意味がわからなかった。

「姜詩」
姜詩(きょうし)の母は、いつも綺麗な川の水を飲みたいと思い、
魚を食べたいと言っていた。
姜詩と妻は、いつも長い距離を歩き、母に水と魚を与えてよく仕えた。
するとある時、姜詩の家のすぐ傍に綺麗な川の水が湧き出、
毎朝その水の中に鯉がいた。
姜詩と妻の孝行を感心に思って天が授けた物であろう。



829 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 00:45:03 ID:NRNCo/Xj0
「舜」
舜(しゅん)は大変孝行な人で、父の名前は瞽叟と言い頑固者であり、
母はひねくれ者、弟は奢った能無しであった。
しかし舜は、ひたすら孝行を続けた。
舜が田を耕しに行くと、象が現れ田を耕し、
鳥が来て田の草を取り、耕すのを助けた。
その時の皇帝を堯(ぎょう)と言ったが。
堯は舜の孝行な心に感心し、娘を娶らせ皇帝の座を舜に譲った。
これも孝行の心が起こした事である。

ありえないと思った。

この二十四孝に出てくる人物の中には
史記にもでてくる文帝という人がいて、
この人は歴代の皇帝と比較すると
庶民的で情にも厚く温厚な人物であった様なので結構好きだった。
文帝を調べていて、そこから辿って二十四孝の紹介にたどり着いたので
孝行の虚飾っぷりに嫌気が差した。別に親孝行を否定するわけではないのであしからず。








830 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 00:47:05 ID:NRNCo/Xj0
>827
(その時は子供がこけて犬が下敷きになったら危ないと思って)



831 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 00:57:29 ID:Pk42sMNi0
>>830
外に連れて行けるサイズの仔犬にとって
警戒するほど危険かな?

832 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 00:59:25 ID:u1OcgAQf0
後味の悪い話は聖書にもいっぱいある
(キリスト教の人いたらごめんね)

イエスキリストが説法をするために場所を借りた家には来客がいっぱい。
その家の姉妹のうちの姉は、来客の食事の世話などの応対に負われてんてこ舞いだったが、
妹は手伝いもせず、一人のんきにイエスキリストの説法に聞き入っていた。
姉が「あなたも手伝って」と妹に言ったところ、イエスは姉を叱る。
「妹は今価値ある私の説法をきいている。それをジャマしようとするおまえは何という
ひどい人間なのだ」というふうに。

はあ?と思った。
じゃあ姉は一人で忙しくてその説法を聞けなくていいのか?
妹は説法聞けば手伝いしない怠け者のままで許されるのか?
二人で来客応対ちゃっちゃと済ませれば残った時間でも
二人ともイエスの話きけるじゃないか
そんな思いやりも持たない妹が説法聞いて分別くさっても有難みも何もねえよ

なんかイエスの言い分は常識と違うことを偉そうに言いたい厨二病だと思った

833 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 01:05:40 ID:By/BRy6B0
>>832
なんか脊髄レスするみたいであれだが、宗教関係の説話は
その関係の専門家(宗教家というよりも学者)が、様々な解釈をしている。
信者の人たちも、そうやって普通に読むと訳わからんから
礼拝に行って説教をきくわけだ。

自分の考えだけで宗教関連に口出しても、あんまいい目見ないぞ

834 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 01:06:17 ID:PLS07A0b0
>>832
これがキリスト教じゃなくてオウムだとしよう。
で、イエスが麻原ということになる。

そう仮定すると、尊師は当然に妹の方が偉いといいそうなことが理解できる。

つまりはそういうことだ

835 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 01:24:16 ID:A8WWXLMM0
>>821
俺も読んでて色々な意味で過剰に反応しすぎてるなとおもた。

836 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 01:26:17 ID:DCD1gPfT0
>>832
ま、833が至言ではあるのだが、
正論は頭に置きつつ、面白半分にネタ。

もっと酷い死海文書の話。
キリストが喉乾いたなーと思いつつ歩いてたとき、
遠く前方にザクロだかオレンジだかの果樹が見えた。
ラッキー、と思ってたのに近づくと季節が違ったため
実はなってなかった。
くそぅ、こんな木、永久に実が生らなければいいんだ!
と呪ったので、その木は二度と実をつける事はなかった。

仏教のもある。(前も書いた気がする。既読の人ごめ)
子供を無くした女が仏陀の元を訪れ、蘇らせて欲しいと願う。
仏陀は、蘇りには死者を出した事の無い家の胡麻油が必要だという。
女は村中を探すが、そんな家はない。落胆する女に
判ったか、死は誰にも必ず訪れるものなんだよと諭す仏陀。
えええ。最初に望みを与えといてそれかよと。

837 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 01:29:00 ID:u1OcgAQf0
>>833
プロテスタント系の学校だったので直接牧師から解釈は聞いた
でも納得できなかったよ
どんな解釈があろうと、
じゃあ姉はどうしていたらよかったのか、というところに
納得いく答えが全くなかった。

妹に手伝えといわず自分だけ客応対を続けていれば
(キリストや妹的には)よかったんだろうが、それじゃ姉妹で姉だけ
奴隷扱いみたいなもんだ。
それで姉が「妹のためになった」と納得でもしてたら余計気持ち悪い。

来客の世話放り出して説法きいてればよかったんだろうが
そんな人間ばっかりじゃあ社会は成り立たないしな。

あと三兄弟がお金もらってそれぞれどうするか、という話も後味悪い。

838 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 01:34:56 ID:DCD1gPfT0
>>837
確かにそうだが振ったからには・・>>1

うちの牧師の解釈では、
与えられた才能は有効に使うべき
それを怠ることは罪だ、だったかな。

839 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 01:38:09 ID:By/BRy6B0
>>837
別にどうあっても納得しろとは言っとらんよ。
聖書の中の話全部に整合性を説明できる奴なんてほぼいない。
でも宗教って、とくにそのお国の人だと信仰うんぬん以前にもはや
人間性の根っこにあるもんだからさ、へたにつつくと恨み買いかねないよと
言いたかっただけだ。
まぁ恨み買ってもいいんならいいんだが。

840 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 01:49:20 ID:NRNCo/Xj0
くそ昔前の賢者の作ったルールなんて
今の学問の前では非社会的且つ独善的で役に立たないというだけなのか。
それとも時代背景として
「年長者は年少者に絶対力を持っていたのでその払拭」や
「子供が死んだことに何度説明しても納得しない」とか
他の要素があったのかもね。
三兄弟の話聞きてえな・・w

841 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 01:57:12 ID:cQZXrpWyO
>>837
おっぱいが大きい女を選ぶ話?

842 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 02:00:22 ID:DCD1gPfT0
>>839
837みたいなので恨むのがいるとしたら
一部のカルトな信者でしょ(833には同意だったが)。
それを気にしてたら、現代の小説や映画も語れない。
甲殻機動隊の信者みたいのもいるご時世。

>>840
滅多に礼拝とか行かないんで、腸うろ覚えでよければ。
ちゃんと知ってる人、訂正よろ。

三人の兄弟に父親が金を預けて、家を留守にする。
父親が不在の間、二人はそれを投資して損したり得したりする。
一人はそれを大切に埋めておく。
家に帰った父親は、金を増やした息子にも減らした息子にも
褒美をやるんだけど、大切に保管しておいた息子は叱られる。

843 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 02:48:38 ID:NRNCo/Xj0
おぉ、わざわざありがとう。
でもあんまり後味悪くないね。
単に親の教育方針なだけってか、
開拓心を捨てるなと言ってるだけみたいな。

>>841
どこにおっぱい大きい女が・・?

844 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 03:06:34 ID:iknPsp2u0
私が一番嫌いな聖書の中の話。
有名な放蕩息子なんだけど・・・。

ある金持ちには息子が二人いた。
ある日弟は、父親に向かって将来もらうはずの遺産を今ほしい、と申し出、
その金持ちの半分の財産を分け与えられた。
弟は放蕩の旅にでて散財し、すっからかんになった状態で家に帰ってくる。
父は息子の帰還を喜び、一番大切にしていた指輪を与え、大祝賀会を開く。

それを面白く思わないのは兄。
兄は財産を分け与えられることもなく、ただひたすら質素な生活を余儀なくされ、
父親と家のために尽くしてきた。
「家の財産を食いつぶした弟に、なぜ祝賀会を開いてやるのですか?
私は今まで家のために尽力して来ましたが、小さな宴会ひとつ
開いてもらった事がありません。」

父親はそれを聞いて激昂。
「おまえはずっと私の傍にいることができたんだぞ!」

この話しが不条理なもの以外に感じられないんだけど。

845 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 03:11:23 ID:myyCFr000
いや不条理でしょ。無理に良い様に解釈する必要はないよ。

846 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 03:21:21 ID:Q0PIpouf0
常識や文化が違う時代の話を、現在の尺度で判断しようとするのが間違ってる。

847 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 03:22:48 ID:UEeWOIJu0
中国語のW部先生って何ヶ国語喋れるわけ?
俺の知る限り日本語、中国語、英語、朝鮮語、ヒンズー語は話せるよ。

848 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 04:14:54 ID:7ALFP/Qy0
>>832
これって釣りだよね?
どう考えても妹のほうが正しいのだが

>>844
この話は当時の信者からも理不尽だとブーイングが起きたので
イエスの補足説明がされているはずだが
その説明をはずすとただのわからん話になってしまう
あとラストが少し違うような希ガス

ま、いずれにしても人生経験の足りない厨学生に理解しろっていっても無理な説話だがなwwww

849 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 04:23:16 ID:cQZXrpWyO
なにこの臭いゴミ

850 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 04:28:12 ID:hCr/Q8Vc0
>>848
じゃあその補足説明頼むわ
お前の知っているラストもちゃんと書いてくれよ
じゃないとただの釣りにしか思えんぞ

851 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 05:21:05 ID:vsSCOCjz0
阿刀田高『旧約聖書を知っていますか』が面白かった。
以下主にカインとアベルの話(農作物を捧げたカインと、羊を捧げたアベルの兄弟。
神はアベルの貢物を喜びカインを無視、憤懣やる方ないカインは顔を伏せた。
神は「なぜ怒るのか?お前が正しいなら顔を上げよ」とのたまう。
だが収まらぬカインはアベルを殺害し、楽園を追放される)についてだが。

「神がだれかを愛する時、その理由は、その人間がよいことをしたとか
しないかということではなく、(それも多少は関係するけれど、本来的には)
神の側に属することであり、人間のあさはかな知恵の及ぶものではない。
はじめに神の意思が存在しているのである。神の偏愛であり、依怙贔屓
なのである。それでいいのだ、文句があるか、なのである。」

結局宗教って信じたもん勝ちだよな。
宗教に頼らざるを得ない状況で生きてない人には、
どんだけ解説されようと理不尽な話としか受け取れないし。
まあエピソード取り出して「後味悪い」って楽しむのはアリだろう。

852 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 05:27:20 ID:m1WpRJVf0
>>804
やっぱり女って少しずれてる

853 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 05:28:26 ID:7nVHZO7H0
もともと説法とゆーものは突き抜けた視点による浮世離れした哲学の真理なんだから、
悟ってないし悟る気もない俺らの価値観で議論しても超不毛だし、その上キリスト教徒でない
のはもちろん、宗教観薄く育って創造主という存在自体に別段ありがたみを覚えない日本人の
ジーザスといえば青田典子な俺らが聖書の説く所を云々しようなんてそんなのもう、もうらめえぇ

854 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 05:47:33 ID:OOpRvuLj0
世界は象の上に亀がいて、その上に板が置いてあるだっけ?
ガリレオが地球が丸い事を本にした時、そのキリスト教の教えに背くだかで
裁判に掛けられて、世間に「ごめんなさい、世界が丸いなんてホラでした」と
言わされたんだよな、ガリレオは
かなり有名な話だけど中学の時にこのエピを聞いた時、えー?と思った
まぁ、>>846の言うこともごもっともだけどな


855 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 05:54:34 ID:OOpRvuLj0
まんこだけどな


856 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 05:55:00 ID:myyCFr000
現在の尺度で考えて「後味が悪い」と思うからここに書いてるだけじゃん。
その当時の考えなんてどうでも良いよ。

857 :848:2007/08/18(土) 05:56:25 ID:7ALFP/Qy0
聖書を読め、と言うのは簡単だが、どうせ読んでも理解できないんだろうし
かといって真顔で厨学生に説明するのも、自分が馬鹿になったみたいで萎えるんだが・・・
さらっと解説などおば試してみるとするか

>>832
おまいさんは目の前にウン億円のダイヤが落ちていたら、家事を済ませてから
拾いにいこうなんて、のん気に考えるか?何もかも放り出して、飛びつくだろうが
妹がしたことはまさにそうしたことだ、おかげで彼女の魂は救済された

当時においてさえイエスの生説法を聞ける機会は、めったにないのに、
姉にはイエスの説法もみのもんたの説教も区別がつかなかった、
そんなのはいつでも聞けるものだと思っていた
イエスは、今日と同じ明日は来ないという意味で姉を叱ったのに、それが伝わらなかった
案の定、食事が済むとイエスはさっさと家を出てしまった
わざわざ姉のために説法する時間を持たなかったのでした、とっぴんぱらりのぷう

>>844
これ父というのは天の王国の「主」であり、弟というのは「罪人」をたとえたものなのよね
ひと言で言えば、「罪人」が救いを求めてきたときのほうが「主」は喜ばれる、というもので、
もちろん当時の戒律から見れば、一度過ちを犯したものは決して赦されないってことになっているから、
それに対してイエスは真っ向から歯向かったわけだ
親鸞の悪人正気につながるような感動的な説法なわけだが、これに拒絶反応を示す844って、
どんだけ子供なんだか、ちょっとどんだけー

あとラストをルカの福音書から引用すると「息子よ,お前はいつもわたしと一緒にいるし,わたしのものは
全部お前のものだ。 だが,このことは祝って喜ぶのにふさわしい。このお前の弟が,
死んでいたのに生き返ったからだ。失われていたのに,見つかったのだ」
とやさしく諭していますな

858 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:01:58 ID:rbZIBt+EO
>>831
それだけ犬が心配だったんだろ。
小さい子ってのは何をしちゃうかわからない生き物だし。ちょっと違うが、俺も小さい子に犬を抱かせるのは嫌だな。落とす心配があるから。つーか落とされたことがある。確かにチワワを蹴りで持ち上げて、レトリバーを止める必要なんかなかったが。
つかみんな昔の体験談書いてるのに、さも今もそうですって風に受け取りすぎ笑

859 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:04:02 ID:rbZIBt+EO
>>831
それだけ犬が心配だったんだろ。
小さい子ってのは何をしちゃうかわからない生き物だし。
ちょっと違うが、俺も小さい子に犬を抱かせるのは嫌だな。落とす心配があるから。つーか落とされたことがある。
確かにチワワを蹴りで持ち上げて、レトリバーを止める必要なんかなかったが。
当時はわからなかったんだろ。それでいいじゃないか。

860 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:05:12 ID:vy5HLdva0
で、この人たちはいつまでスレ違いな事に気づかない愚か者なんだい?

861 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:06:22 ID:tzqZT8Vd0
まったく関係無い話だけど、かぐや姫には月の国が出てくるし、他の昔話にも月に人が住んでる話があったと思うけど、
ということは当時の人は月の重力とか理解してたんだろうか。
理解してたとしたら地球のことはどう思ってたんだ?

862 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:15:33 ID:rbZIBt+EO
>>848
これって釣りだよね?笑

863 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:19:11 ID:7XzYP42s0
ID:7ALFP/Qy0みたいのがキリスト教の理解者ならヤな宗教だな

864 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:26:31 ID:bwK5H5bhO
>>857
あなたのレスを見てわかった事はたったひとつ
「キリスト教徒キモイ」
ただそれだけだな

よかったー仏教徒で

865 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:29:31 ID:jlBbwHHN0
>>857
きんもー☆

866 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:30:04 ID:rbZIBt+EO
>>857
さも自分が解釈したように子供扱いしてるが、それはおまいさんがちゃんとした解釈や補足を知ってるから言えるわけで。何を偉そうに言ってるんだか笑

>>854
ガリレオの宗教裁判の話は、神が信じられてた時代での神への冒涜だったからしかたないわな。
確かに中学くらいで聞いたときは俺もエーって思った笑


ま、宗教なんかのめり込むと極端な見方に囚われるだけだし、入信したいとも思わんな。

867 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:32:17 ID:rbZIBt+EO
レス考えてる間に>>857批判されすぎてワラタ笑

868 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:46:40 ID:h+a7K7Vh0
地味な裏方仕事(家事、接待)に励む姉を、自分よりも他人の幸せを考える心の清い人物だと感心したキリ(ryは、
忙しくて説法を聞けなかった姉一人のために、その夜、彼女の部屋に訪れ、説法を聞かせてあげるのでした。

(ここまで、良い話)

そして後日、姉は神様の子供を身ごもったことが判明するのでした。

(ここまでで、後味モニョる話)

869 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 07:14:44 ID:MFAdwGzC0
ここは宗教板でつか?

870 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 08:16:29 ID:NRNCo/Xj0
>>857
なるほどね、京極夏彦好きな俺には理解はできるよ。
ちなみに仏教でもまったく同じように公案(なぞなぞみたいなもの)がある。

でも、例えばキリストがその時価値のある人間だとしても
それを置いてまで接待をする姉は自立しているし清いと思う。
逆なら無駄な時間の浪費である。
結局は宗教を広めるための布教説法なんだろうなこの話は。
俺の話を聞け、ダイヤモンドなんだから聞くべきだろ?とね。

そもそも前提としてキリストの話が価値のあるものでなければいけないのだから、
(例え3億相当のダイヤモンドと同価値であっても)
不知認知、価値無価値、主義個性にあまりにも影響を受けすぎる。

>>844に対する解説は
失っても死んでもいない弟を強調比喩して論点をずらしてるし。
犯罪者を許す心という美談に話を摩り替えて公正さを損なっているし
独善的で不公正なのを否定する根拠は無いね。
唯、時代背景を省みると十二分に画期的で先鋭的な土台となる
優れた思考の一つだと思う。
そして常に時代背景を含めて物象が生じるわけだから。
やはりキリストの名を汚す事の無い優れた説法として評価されるべきだと思う。

ちなみにガリレオは彼自身の性格がわざわいして
裁判沙汰になったとか聞いた話が。
彼が出版した本には天動説と地動説で論戦する二人の男性が書かれていて
天動説を支持する男は論破されるわけだけど
その男が友人であるローマ法王に似ていたとかどうとか聞いた事が・・ある。
同時代、別の町では宗教を否定する学説の弾圧はほぼなかったみたい。
うろ覚えだけどね。


871 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 09:25:01 ID:ep/5jlAM0
>>806
>少々趣旨がちがったが、みんな後味悪くなってくれてよかった。
勝手にみんなの賛同が得られたことにするなよ気持ち悪いなあ

872 :848:2007/08/18(土) 09:30:13 ID:7ALFP/Qy0
よくもまあ厨学生がチューチューと湧いてきたものだな
もう夏休みの宿題は済ませましたか?早くしないと内申書に傷がつくぞwww

>>870
京極夏彦はいいよね、俺もたまに読むよ、ただ読み終わったあとにいつも
「あと500ページは縮められたんじゃねえの」って思ってしまうのが、玉にキズといえるがな

イエスのエピソードを考えるうえでは、やはり当時の時代背景を考えるってことを
抜きにしては語れないってことですよ

そのころの宗教の正統はユダヤ教(広義のキリスト教)であって、それに基づく格式や
官僚主義に対して、イエスは反抗していたってこと
当時の女性の地位は大変に低くて奴隷並みであって、イエス教団の中でも女性が
直接イエスと話をすることは、他の信者から大変なやっかみを買う行為だったってこと

だから給仕もしないでイエスの足元に寄り添う妹は、それでもう「罪人」決定なのよね

それとガリレオが弾圧されたこととイエスの教えは、まったく関係ない
これこそイエスが忌み嫌っていた官僚主義の醜態にほかならない

いまだにキリスト教におけるイエスの立場がおまけ程度だってことは、
日本財団の曽野 綾子女史を見ればわかることだwwww

873 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 10:15:09 ID:XlMmayc90
なんだキリスト教って排他教だったのか

874 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 10:24:10 ID:JaNjWRY8O
>873
何故今更わかりきった事を?

875 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 10:27:06 ID:EMfwzbRh0
>>872
おまえクリスチャン?
じゃなかったら黙ってろ。

876 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 10:30:46 ID:KiWSnvGP0
>>873

排他的宗教の代表みてえなもんじゃねえか

877 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 10:32:43 ID:YuGHjLds0
遅レスだが>>808に同意。
これだから犬ヲタってウゼーんだよ。
俺の知り合いにも変な犬ヲタいるんだよな。
過剰に動物好きな奴ってムツゴロウみたいに一本頭のネジ飛んでる奴多いんだね。

878 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 10:42:40 ID:QqPjegLsO
キリスト教は半島の人たちの隠れ蓑になっているので、基地害が湧きやすいですね。

879 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 10:47:10 ID:vChhjYnI0
ナザレのイエスは、2000年前の独裁者。
イエスの父親は新興宗教の教祖、母親はダビデ王朝の末裔。
十二人の使徒は独裁政権の上級幹部
当時は政教分離なんかはなかった
つまり、イエスはイスラエルの王になった。
神殿の玉座にすわってローマへの税金の話をしてるからガチ

んでもって当時のイスラエルは第一次世界大戦後のドイツと状況がそっくりだった
つまり、当時のイスラエルは占領直後で、かなりの政治混乱期
イエスが死んでから60年後、嘆きの壁を残して神殿が破壊されたのは事実


880 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 10:57:12 ID:vChhjYnI0
コピペの再録〜アメリカの都市伝説「死ぬ部屋」

アメリカの病院で、同じ病室の患者が何人も続けてなくなったそうです。
前日までは様態も悪くなかったはずの患者が、金曜日になるとぱったりと
息をひきとるパターンが続き、気味悪く思った病院では調査を開始しました。

その結果、毎週金曜に床を磨きにくる業者の黒人女性が、患者の生命維持装置の電源コンセントを抜いて
床磨きの機具の電源を取っていたことが判明。ウォークマンを着用していたために、患者が苦しむ声も
その黒人女性には聞こえなかったそうです。床磨きが終わるとその黒人女性はコンセントを元に戻していた
ために、真相の解明が遅れたということです。

881 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 11:04:55 ID:PkNEl9Ye0
>>832の話、太宰治の「かけこみ訴え」って小説の中では
妹は華奢な美人だが、姉は働き者だけがとりえの図体のでかい女だから
妹に惚れちゃったキリストが妹をひいきしたみたいに
かかれていたな。

882 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 11:38:03 ID:rbZIBt+EO
>>871
いまさら気持ち悪い流れを蒸し返すなよ、気持ち悪いなぁ。

京極夏彦は難解な言い回しが多くて読むの時間かかるね。ただそこがあの人の味じゃね?ただのスッキリした小説は京極夏彦らしくない。

883 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 11:59:58 ID:3n6PpyWf0
京極もキリストも犬もいー加減スレ違いだ。他所でやれ。

884 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 12:01:44 ID:Tb5UUhYbO
人種差別?

885 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 12:35:13 ID:65/CQEtw0
だな。わざわざ黒人女性という必要はない。

886 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 12:36:39 ID:Vifr8lvU0
じゃあ流れに沿ってアルカイダの話を。うろ覚えだけど・・^^;

そもそも、アルカイダとはイラク戦争の時にアメリカが現地で集めた
イスラム人の兵隊さん達がその前衛。

まず、イラク戦争をかいつまんで説明しよう。
イラク戦争とはイラクがクウェートに乗り込んだ占領戦争が発端である、
イラクは先の戦争で負債を背負って経済が逼迫しており、
石油が最重要の資源であった。
当時はイラクが搾取していた油田と
クウェートが搾取していた油田は底でつながっていると考えられており、
クウェートはその状況の中、
当時定められていた石油の搾取量制限を圧倒的に上回る量搾取していたが、
それらの機材をそろえる財力の無いイラクはクウェートに散々注意するにとどまっていた、
しかし、あまりにも搾取された為に石油の値段が下がり続け
詰まったイラクはクウェートとの国境に軍隊を派遣、クウェートを威嚇した。
しかし、クウェートの大統領(首相だったかも?)はこの行為を口汚くののしった。
数日後フセイン大統領率いるイラクは一瞬にしてクウェートを制圧。
その制圧戦争を切っ掛けにアメリカが参入サウジアラビアを拠点としイラク軍を威嚇した。
イスラム国家の、しかも「聖地」のある国家に
キリスト教のアメリカを入れるという発想はイラクにはなく
(十字軍などで有名なイスラム対キリストの聖地奪還の確執は歴史上存在する)
また、無関係のアメリカが参戦するとも予想していなかったイラク。
散々この戦争はアメリカ関係ないだろ?聖地に入れんなぼけと言ったが
他のイスラム国家には聞き入れてもらえず、アメリカも当然無視
正義のアメリカなので参戦しますの一点張り。
結果アメリカの圧倒的戦力の前でボッコボコにされるイラク。
その際現地民から募集した兵力がアルカイダの前衛であり
この時ビンラディンも参戦していた。



887 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 12:38:07 ID:r3ciyCqI0
キリストはご飯くらい自由に調達できるんだよ。
848もそこをちゃんと説明しないと。

水を上等のぶどう酒にしたり、
魚数匹とパン数個で何千人をお腹一杯にしてやったりできるの。
しょっちゅうすごい奇跡を見せてやって、いつも
「心配すんな。オレについてりゃ神様がちゃんとしてくれるぜ」って言ってるのに
皆ちっとも信頼してくれなくて教えよりご飯の心配ばっかしてればキレるよ。

これはキリストだけじゃなくて、キリストの父エホバ神もよく同じ目に合ってる。
モーゼが10も奇跡を見せて、海まで切り開いて奴隷だったユダヤ人を解放したのに、
ユダヤ人たらすぐ「今日のご飯ない!ひどい!神様なんてくそくらえ!」って言い出す。
ご飯くらいどうにでもしてやるっていくら言っても、どんな奇跡を見せても信用しない。
それがユダヤ人。

888 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 12:38:31 ID:Vifr8lvU0
さてイラクやっつけたよ、サンキューアメリカンと言いたいところだが
なんとアメリカは駐屯基地を聖地のあるところに置いたままにしていた。
当然うっかり八兵衛ではなく、日本にも行っている外交政策の一環であることは
その当時イスラムでわからない人はいなかったであろう。
様は米軍基地を各国に置く為に
軍隊を派遣したのが真の目的であった事がこの時に事実上露見する。
名目上はイラクとの確執が収まっていない為にとかだったと思う。
(イラクは占領後アメリカとイギリスで監視下に置かれた、
その後政権が返却されたが、フセイン大統領の怪しい発言を真に受けて
アメリカがイラクと再度戦争を起こし圧勝・・しかし
多くの兵隊と武器を事前に国内のあちこちに隠していたイラクは
制圧後のアメリカ軍及び市民に多大な被害を与える事となった、
フセインはその後、アメリカで絞首刑となったが
アメリカ国内では絞首刑にする事を散々非難されていた
多くの人間がフセインが真の悪人であるという判断を下していなかった様だ)

そしてその駐屯基地は今もサウジアラビアに存在し
ビンラディンなどの過激なテロ活動は
おおむねこの基地どかせよ、が理由である(はず)。
しかしテロ活動をされたのを良い事に
「テロには屈しない」という表看板を掲げたアメリカ
後の9.11事件に発展する事となった。
イスラム教としてはこれらのテロ行為を不本意であると発言しているが
テロ行為したものをイスラム教徒から破門する様な宣言は一度もしていない。
アルカイダのやった事は許されないが、日本人の感覚で言えば
沖縄や竹島に韓国軍が駐屯するような物なのだろうか・・。

889 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 12:40:00 ID:Vifr8lvU0
以上です
はい。だいぶ前にウィキさらっと見た時の記憶なので
記憶あいまい地名あいまい、憶測入りびたりです。
間違ってたらごめんね^^てへ。

890 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 12:46:47 ID:vChhjYnI0
コピペの再録〜「ベビーシッター」

アメリカのとある中流家庭の夫婦に、一人の赤ちゃんが生まれた。
その夫婦は共働きなので、ベビーシッターを雇うことにした。
そして問い合わせてみると、黒人女性のベビーシッターが紹介された。
その夫婦は黒人ベビーシッターを雇うことにした。

ある日、夫婦は「赤ちゃんをあやしておいてね」
と言って、仕事に出かけた。
その夜帰ってくると、食卓には巨大な丸焼きが載っている。
不審に思った夫婦が黒人ベビーシッターに訪ねると、その黒人女性はこう言った
”赤ちゃんはちゃんと「あやして」おきました”と。

その黒人女性は無学・無教養だったため「あやす」という言葉を取り違え、
不思議に思いながら赤ちゃんを一生懸命に「調理」したのである。

891 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 12:58:08 ID:PkNEl9Ye0
>>885
都市伝説っつーのはそういった差別意識があるからこそ
伝説になってるわけだから、「わざわざいう必要ない」とか
そういうもんじゃないと思うよ。
実際黒人がそういった仕事してる場合が多いし、
「黒人ならやりかねん」って意識があるから噂として広まってるわけだし。

892 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 13:31:12 ID:jyvCsHnSO
>>886>>888
面白かった

893 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 14:11:34 ID:A8WWXLMM0
都市伝説というとアレだな、9.11の時、ツインタワーのオフィスで働いている男が、
その日は別の場所で愛人とギシアンしていた。
そこに妻から携帯に電話がかかり、今どこにいるの?と聞いてくる。
で、馬鹿、仕事中だ、オフィスに居るに決まってるだろうと答え、
浮気がばれたとか。ばれなかったとか。

後味イーカ悪いかは微妙。

894 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 14:40:48 ID:QqPjegLsO
>>882
なぜそんなに必死っぽいですか

895 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 14:56:47 ID:UPQnfNFhO
本当、黒人って書く必要無いじゃん…
でも今だに水泳競技に黒人って見ないよね?(いたらごめん)水が汚れるとかいってさ
まだ差別って残ってるのかなって思う

896 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 15:03:31 ID:A8WWXLMM0
うろ覚えな話で悪いが、
ベトナム戦争時に軍で水泳の指導を手伝ったことがある奴と話したことがある。
まず初めに、水に浮くかどうかのテストみたいなのをすると、
黒人はたいてい水に沈むらしい。体質的に水泳に向かないみたいだな。

脂肪が少なく筋肉質なせいかな?
バスケットボールとか短距離は、もうほとんど黒人に圧倒されてるよね。


897 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 15:23:04 ID:UPQnfNFhO
>>896
へー知らなかったよ。差別ってだけじゃないんだね
シンクロとかに見た事無いし、ずっと不思議だったんだ

898 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 16:11:47 ID:myyCFr000
オリンピックに一人出場して遅かったが会場の観客が拍手してたな

899 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 16:17:57 ID:wouFRBPF0
溺れかけながら泳いでた選手いたよね

900 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 16:29:18 ID:QWOjIeAp0
アフリカにはろくなプールがない、という理由もある
上記の選手には、
国内に唯一ある競泳用のプールが25mしかない、
とかいうエピソードがあったような

901 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 16:34:58 ID:R9qy2IUW0
黒人差別について語ってる厨のみなさま。
それは「何を今更…」ですよ、黒人差別は現在でも根強く残ってますがな。

902 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 16:35:51 ID:EK5jeLH90
筋肉は沈むんだよな。浮くのは脂肪。

903 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 17:20:56 ID:czQcQRV5O
好きな漫画家がホームページを開設したので覗いてみた。
女性で二人の子持ちの漫画家なんだが、イラストのコーナーも設けていて
そこに年賀状の画像もアップされてた。
その画像自体は干支とお子さんをモチーフにしたもので可愛らしいものなんだけど
長子と次子でちょっと手の込みようが違う。あからさまではないけど、アレ?って感じ。
アップされてた二年分の年賀状のどちらもそうだった。
ブログの内容も、今思えば作品で触れられるのも明らかに下の子に関するものが圧倒的。
上の子の気持ちを考えるとなんか少しモヤモヤしたものが残る。

904 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 17:33:01 ID:ep/5jlAM0
いまこの画面を見ているお嬢さん。「私も妹ばかりかわいがられて辛かった」とかいう
体験談はノーサンキューだぜ。

905 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 17:58:58 ID:Gsx5PQLx0
>>872
俺女?

906 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:09:46 ID:rbZIBt+EO
>>894
小学生の国語からやり直したほうが…。

907 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:11:43 ID:czQcQRV5O
もういいからお互いスルーしてくれ。

908 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:12:37 ID:PcDq1uW90
さりげに904はナイスレシーブではないだろうか。

909 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:15:53 ID:UEeWOIJu0
「リリィ・シュシュの全て」という映画、
いじめに立ち向かう少年少女の瑞々しい感性が描かれて云々と聞いていたが
見てみたらひたすらDQNが跳梁跋扈してるだけで全然立ち向かってなかった。
いまいち顔の見分けがつかなくてストーリーが掴めてないが

田舎町に住む主人公は友人たちと共に万引きしては盗品を売りさばくDQN
だがある日捕まってしまい、洗いざらい今までの事を白状したために
友人たちに「チクりやがってこのー」とフルボッコにされ、全裸でオナニーを強制させられる。
そんな主人公だががんばって勉強して友人たちとは違う中学に入って新入生代表も務めるまでになり、
新たな友人もでき、駅で以前の友人が絡んできても、現友人が助けてくれたりした。

だが現友人もやっぱDQNで、夏休みに沖縄に旅行に行きたいが為にかっぱらいをしようと提案。
ポルシェに乗ってるおじさんを前に「お前がやってこい」「お前がやれよー」とか言っていたところ、
他の通りすがりの同じ事を考えていたDQNがおじさんをフルボッコにして札束を奪い取った。
主人公たちはDQNから札束をかっぱらい、その金で沖縄へ行った。フルボッコおじさんは放置。

主人公はちょっと調子に乗っている一DQNをフルボッコにした上に全裸で泥川に泳がせて不登校に追いこんだりするが、
自分より上位のDQNのAには逆らえない。Aはクラスの女子をレイプして脅し、女子に援助交際をさせた金で遊んでいた。
親父とトラブルが起きたりしないように見張れと主人公は命じられたりする。

その学校の生徒は男だけではなく女たちもやっぱりDQNで、美人のBをシカトしたりしており、Bが合唱コンクールでピアノの伴奏に決まった途端に
練習をサボったりするようになった。主人公はBに気があるので女子たちを説得するが通じず、結局伴奏なしという条件で女子は参加する事に。
コンクールはピアノの伴奏なしという異例な事態になったが、Bの機転の声による伴奏でなんとか好評だった。
だが女子連中はやはりBが気に入らないと、AにBをこらしめるように依頼。
AはBを廃工場に呼び出し、逃げるBを仲間たちと共に追い詰めレイプした。
主人公はその事を知りながらも工場の外で泣くだけで助けない。
翌日、Bはいつも通りの表情で登校した。しかし美しかった髪はなくなり、スキンヘッドになっていた。

910 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:30:33 ID:QqPjegLsO
>>906
マジレスですかw
要するに、ムキになりなさんなって話だよ。

>>907
すまん。本気の人の気持ちを逆撫でした俺が悪かった。

911 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:37:12 ID:ep/5jlAM0
>>908
ありがとう。なんとなく脳裏に、罵詈雑言とともに次スレすら立てる暇もなく終わる
ビジョンが浮かんだもので。

912 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:44:41 ID:R+OinvJn0
>>890
たぶん元ネタは「Headshrinker」だな。
南米の国に住む大使の妻が、現地人の黒人メイドに、熱を出した子どもを医者(Headshrinker)に診せる
ように頼んで出かけ、帰ってみたら首狩り族に干し首に(Headshrinker)されてたって小話。

913 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:44:52 ID:1Mz1LOaM0
>>910
ムキになってるのはどっちだよ。
ホントに小学生?
スルーしろって言われたの読めない?
余計な話しで埋めるなよ。
>>906>>910も、もう書きこまんでくれ。

914 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:48:20 ID:3n6PpyWf0
>>909
こんな話だったのか・・・。高校の時に必死に薦めてくる自称文学読書家がいたが・・・。
読まなくてよかったぜ。

915 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 18:50:10 ID:rbZIBt+EO
>>913
そうですね、変なのにかまってすいませんでした。

916 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 19:15:27 ID:Vifr8lvU0
>>909
レイプされた女性があまりにも救いようもないね。
主人公がハッタリ少年過ぎて気持ち悪いし。
さっさと警察呼べばすむことを延々と惚けてるし、
その癖、人から物を取ろうとする根性だけはあるという
ジャイアンには無抵抗ノビタには強いスネオタイプの主人公。
その作者単に
「心的ショックで禿げた美女」を書きたかっただけじゃないの?
気持ち悪い、後味悪すぎる。


917 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 19:21:16 ID:czQcQRV5O
>>909
それで終わりかよ。
確かに全く立ち向かってないね。
いじめの映画っていうより、質の悪いパシリの苦い青春映画っぽいな。

918 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 19:47:09 ID:lvZoah15O
昔ミスドでドーナツ食べながら友達を待ってました。

意外とポンデリングが美味しくて、もう1つ欲しいな…と思い、お財布だけ持ってまた列に並ぶ事に。

すると2組の親子連れグループが。(子供は3、4歳くらい)
店内のテーブル席は満員気味であいてたのは私と私の隣の席。
4人なのに2人分の席しかないし、どうするのかな〜と何となく見てたら
こっちを伺いつつ、私の席に着席。

えっ(゚д゚;)と思いつつも並んでるし、ひとまず座ってるだけかと思い、様子見。

私が見てるからなのかお母さん達とよく目が合った。けど、席は立たない。

無事ドーナツを買って席に戻ると 微妙な空気。私の席なのに、私が間違った感じ。

とりあえず「あの…そこ私の席なんですけど」と言うと
「あらー!そうなの!気付かなかったわごめんなさいね。」と返された。

テーブルの上に携帯を置いたトレイを置いてたし、席には学生鞄を置いてたから
気付かないはずはないんじゃ…('A`)と思いつつ、「もう出るので結構です」と言って
"端にどけられた"学生鞄と携帯を手に持ち店を出た。

後から来た友達にその事を話したら「そんなことでイライラしちゃダメだよ」みたいな事を言われた。

そんな事…なのかな?

私が何も言わなかったらずっとそのままだったんだろうし
他人の席は無くなろうが関係ないのか、そんな事を平然と出来るなんて本当に信じられなくって
しかも子連れで子供はこんな親に育てられて大丈夫なのか…と色々後味悪かった。

919 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 20:09:57 ID:KY9XkSz00
>>909
まさかそれで終わりとは思わず
ずっと続きを待ってたw

920 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 20:17:51 ID:rbZIBt+EO
>>918
まぁまだ返してくれるそぶりあってよかったじゃん。これが逆に文句言われようものなら…。

921 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 20:22:13 ID:xmplmC5i0
後味悪いのと胸糞悪いのは違うのに勘違いしてるの多いよなぁ。

922 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 20:22:17 ID:E8XQkQ2x0
>>918
鬼女なら、当たり前。

923 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 20:25:02 ID:lvZoah15O
>>920
あ、ごめん。「返された」は席じゃなくて言葉でした。
ごめんなさいね、って言った後にどうしましょうとか相談し始めて
譲られるの待ちの様な反応されたから譲ったんです。

924 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 20:28:14 ID:ep/5jlAM0
>>918
あなたのお友達を悪く言うつもりはないが、そういうときDQNを見逃すのが大人、
みたいにアドバイスしてくる人苦手だなあ。どんどんのさばらせるよ。

925 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 20:51:17 ID:By/BRy6B0
>>918のお友達のは単にそんなことでイライラして自分たちの
楽しい時間を乱すなんて損じゃん、というポジティブ精神の話だと思ったが
違うのか

926 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 20:53:25 ID:F6MUyqu4O
ただ、そんな救いも無くさえない主人公にも、唯一の希望、癒やしの場所があった。
リリィシュシュの音楽。そのファンサイトのBBS。
ライブが近づきお互い目印を用意し行く事になったものの、
一番気の合っていたリンゴを持って来る予定だったのがあのAで主人公は目印を隠す。
ライブ会場へ向かう雑踏の中、主人公はAの背後に近付き、
Aが倒れる。
というような終わりだったような。
後味悪いけどこういい事あったなと胸をつく話だったよ。

927 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 21:05:00 ID:rbZIBt+EO
>>923
それは嫌だな。
俺ならとりあえず退けてくださいって言ってしまうが。

928 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 21:16:16 ID:jyvCsHnSO
あの映画、主人公がAを刺すところだけはよっしゃあああ!と思った。
でも何もかもが遅いよね。

レイプシーンはもちろん、別の女の子が電柱から飛び降りるシーンとか
魚(ダツ?)が頭に刺さった人の写真が映ったりで気持ち悪かった。
色々と嫌な気分になる映画だった。

929 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 21:42:55 ID:F6MUyqu4O
そうだよね。
飛び降りた女の子、Aに売春させられてたんだけど
見張りさせられてる主人公の事好きなんだけどレイプされたBを好きなのも知ってるし
ただ馬鹿やろうていか言う事しかできないしで
凄く切ない。

930 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 22:30:54 ID:Tf/0xq5C0
>>866
スレ違いだが、ガリレオのあれは、実は「科学対宗教」
ではなく、「宗教対宗教」、正確にはキリスト教の
正当と異端に関する論争であるとする主張もある。
ガリレオは、ヘルメス主義(平野の「月食」で出てくるあれね)
の信奉者で、天体観測も太陽神をその頂点に抱く
というヘルメス主義の正当性を客観的に立証しようとしたって
側面がかなりあった。
だから、あの論争は、弾圧したのも、されたのも宗教って見方も
ある。
この考えに立つなら、ガリレオは神を冒涜したのではなく、
あくまで「異端」だから弾圧されたってこと。

931 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 22:32:38 ID:Tf/0xq5C0
スマン。平野啓一郎は「月食じゃなくて「日蝕」だな。

932 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 22:41:27 ID:StjhbLP70
厨二病て感じなのかな。

933 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 23:06:39 ID:fIX67K63O
>>910のようなくだりにすると、こいつ夏厨かよ。とか自分が1番ムキになってんじゃん。と周りに思われるということに気付いてない>>910が後味悪いな。

934 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 00:23:17 ID:X2hzs5ixO
>>909
お前勘違いしてるよ
あの映画の流れはこう

中学入学 
↓ 
沖縄旅行 

冒頭の万引き

公開オナニー

合唱コンクール 

レイプ 
↓ 
自殺 
↓ 
ライヴコンサート 
↓ 
刺殺

935 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 00:28:24 ID:8C9mc1aR0
>>334

筒井康隆の「サチコちゃん」

936 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 00:35:33 ID:uetaG4E8O
>>933
もういいじゃないですか。かわいそうですよ。

937 :934:2007/08/19(日) 00:37:22 ID:X2hzs5ixO
つか主人公はDQNにいじめられてるパシリだよ
主人公といじめっ子のエピソードが交ざってる 
レイプされた女も主人公が憧れてた女 
DQNは女レイプするために主人公に廃工場につれてくるよう命令 
女が回されてる最中主人公は外で泣いてた

938 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 00:53:59 ID:hnrhWw4jO
>>937
その時点で刺すべきだった
DQNが怖いからと女を倉庫に連れてきてしまった主人公はレイプした奴と同罪
胸糞悪い主人公だなマジで

939 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 00:54:01 ID:Pdo5xuw1O
>>918
なんて胸糞話。

私だったら相手のババアを意地でも退かすが、
それは第三者(友人)から見たらなんというか、
普通の事ではないんだろうなぁ。
ババァの側の精神が正常とまではいかないが、
それをいちいち指摘するのは不粋、みたいな考え方なんだろうね。
それってどうなんだろうか。
まあ、私も友人のどうでもいい胸糞話はウザイだけだから、
>>918の友人みたいにスルーするかも知れないが。


940 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 01:05:42 ID:shOvE9g3O
自分だったらそんな現場いたら何もできん。
せいぜい一緒にレイプしてちんこ小さー言われる位。

941 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 01:20:18 ID:RBGPXNCG0
>>918,939
友人の言葉が
「そういうことを平気でする人間がクソなんだから、そんな糞に腹立てたってバカバカしいよ」
てな意味合いならわかる気もする。

というか実際に友人から胸糞話を聞かされたら、自分も8割方そんな風に答えるようなヨウカン

942 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 01:37:28 ID:u8us5NVO0
>>918見てなんとなく思い出したんだが、

以前映画館行ったとき、指定席で自分はすでに着席していた。
したら女の子二人組みが隣にやってきて、ひとりが「すいませんそこ私の席です」と、
憮然とした感じで言ってきた。が、間違ってるのは確実に向こう。
で、「いや、私はこの席です」とチケット見せて席番も指差した。
が何故か「え、違いますよ私そこです」と怒り気味で納得しない。
はぁ?とか思ってたら連れの女の子が気付いたらしく「いやあんたが間違ってるよ」と諭した。
しぶしぶ納得した感じで席に着いたわけだが、すいませんの一言もなく、
ちょっとして、すまなそうに連れの女の子がごめんなさいと言ってくれた。

友人の尻拭い?をしているその子の誠実さがなんとも気の毒に思えて、
後味悪い気分になった。

943 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 01:39:26 ID:shOvE9g3O
で?

944 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 01:49:28 ID:2rqwPcXC0
そろそろ後味の悪い話を聞きたいです。

945 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 02:07:32 ID:FaXvvaoFO
中学の時の修学旅行の話。

うちのクラスには不登校が何人かいた。で、当日そいつらが来るかどうかで班編成がギリギリまで決まらなかった。結局そのうちの何人か来るらしく、仲の良い友人同士+不登校みたいな組み合わせの班がいくつかできた。
で、当日。自由班行動が終わり帰ってみると何やらクラスでもめてる。
聞いてみると、ある班の不登校が一つ目の見学を終えたところで「もう歩きたくない」と言って動かなくなり、先生の対応が遅れたためその班は結局何も見れなかったということだった
班の女子は大泣き、クラスの女子は不登校を責める。帰りのバスは学級会。他のクラスはカラオケで盛り上がる中、いじめやらなんやらの議論。

最悪な修学旅行の話

946 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 02:10:18 ID:shOvE9g3O
めっちゃ後味悪いわ〜

947 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 02:15:52 ID:adJn0yACO
その不登校が普通にムカつく

948 :945:2007/08/19(日) 02:27:14 ID:FaXvvaoFO
その不登校が学校に来なくなった理由もいじめられたとかじゃなくて「みんなが私を笑ってる気がするから」なんだよね。
すげぇ不細工で典型的な腐女子でキモいのは事実だけどみんなスルーしてたのにどんだけ自意識過剰だよと

班行動の一件があった夜、クラスのヤンキー女子に呼び出されて謝らされてた。俺もその場にいたが、謝った後で涙流しながら笑顔で「また、仲良くしてね」にはマジでイラついたな。

当時学級長だったから放課後、不登校の家に行かされて学校来いよみたいな事やらされたのも嫌だった。うちのクラスにイジメで来なくなったやつなんて一人もいないのに

949 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 02:56:53 ID:hnrhWw4jO
>>948
ここはお前の日記帳じゃない

950 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 06:13:58 ID:dVaRDZzt0
>>936
キリスト教徒はいつまで荒らすんだよ。お前こそもういいだろうよ

951 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 06:19:44 ID:uetaG4E8O
>>948
それはムカつくな。
うちのクラスに、いじめが理由で転校してきたやつがいたけど、そいつが前にいた学校の友達に聞いたら、別にみんな普通に接してたし、暗い奴だったから話しかけられる機会が少なかったくらいのことらしい。
それが勝手にいじめられてると思って転校とか、友達にしたら後味悪い。

てか、ここって自分が後味悪くならなかったら叩く幼稚なスレになっちゃったんだなぁ。

952 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 06:22:11 ID:uetaG4E8O
>>950
え、あの、どこからキリストが?www

953 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 06:30:36 ID:uetaG4E8O
>>950
あ、すみません、反応する必死はないのでスルーしてください。

954 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 06:31:31 ID:uetaG4E8O
>>952
必死じゃなくて必要ですねwww

955 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 06:32:25 ID:e7qj2goS0
>>950
たぶん、昨日キリスト教徒とかを相手に煽ってた携帯中と勘違いしてる。

956 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 06:34:18 ID:e7qj2goS0
×携帯中
○携帯厨

あえて2ちゃん語に直すってのも変ですが

957 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 06:46:29 ID:sipSW85K0
>>945
最悪な修学旅行だったんだろうけど、一生忘れない修学旅行にもなったんじゃないのかな?


うちの中学は3年間クラス替えのない学校で、
同じ学年でもフロアや校舎が別々でほとんど顔を合わせたことなかった。
修学旅行になると、なぜか全クラスをシャッフルしてチーム分けをする。
同じチームに同じクラスの子が入らないように分けられる。

修学旅行前に何回かミーティングはあるもののほとんど初対面の人ばかり。
会話はずーっと敬語、チームの集合写真もほとんど笑顔なしで直立不動。
夜は10時に消灯で、枕投げもおしゃべりもなしで就寝。

旅行が終わる頃にはそれなりに打ち解けて、おそろいのキーホルダーを
記念に買ったりもしたけど、旅行後に校内で顔を合わせることはほどんどなかった。
十数年経った今修学旅行のスナップ写真をみて、背景の風景は思い出せても、
こわばった笑顔で控えめにピースする自分以外、名前を思い出せる人が誰も写っていない。

958 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 06:47:39 ID:uetaG4E8O
>>955
そうなんですか、どうもっす。
キリスト云々は、なんか知識のひけらかしあいみたいでしたね。

959 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 07:12:18 ID:RooaaNMSO
林間学校で山登りした時 もう歩けないとか言って2時間位座り込みしやがった同じクラスのデブ思い出した
お前があと半分痩せてれば先生におんぶして貰えた所だったのにな 世の中そんなに甘くねーんだよ

960 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 07:51:32 ID:7OeNjI3m0
>>951
> てか、ここって自分が後味悪くならなかったら叩く幼稚なスレになっちゃったんだなぁ。

禿同。叩きがいつのまにか住み着いてて雰囲気すごく悪くなったな。

>>957
みんなでおててつないで同時にゴールインさせる徒競走と同じにおいがするな。
教師の自己満足というか。

961 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 08:36:55 ID:dI4+4aLaO
今から10数年前の事。私の兄は今でいうアスペルガーっぽい感じで、
勉強は非常に出来たが、
授業をまともに受けたり、人間付き合いをうまくこなす事が出来ず、先生含み生徒達からも問題児扱いされ、そのせいで時に不当な扱いを受けたりしていました。
両親、特に母親は自分の息子に非があるため、またしつけをしようにも全く聞き入れない兄に対し、いつも悩み苦しんでいました、
そんな中、兄が小5の時の担任(優しそうなベテラン年輩女性)が、とても熱心に兄に接してくれ、そのおかげで兄は段々と穏やかな小学生らしい男の子になっていきました

962 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 08:44:01 ID:dI4+4aLaO
そしてその先生はノイローゼ気味だった母に対しても、熱心に接してくれたおかげで、母も穏やかになり、
それから母はその先生に強い信頼を抱き、だいぶたよっていくようになり、いつしか家族ぐるみ(先生側は先生と旦那さん)のお付き合いが始まりました。
しかし兄が学校を卒業するころには、家族ぐるみの付き合いは終わり、いつしか先生の話題も出なくなりました。

そんなある日、先生にAちゃんの話しをされました。
Aちゃんとは当時私の学年にいた不登校児の女の子なんですが、私は一度も同じクラスになった事が無かったので

963 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 08:51:11 ID:dI4+4aLaO
Aちゃんの事は分からないと告げると、
「Aちゃんはとても可哀相な子なの。お友達が居ないのよ。だから○ちゃんが(私)お友達になってあげて」
と言われ、兄の事でお世話になった手前、先生(このころは教頭になってました)と毎週木曜日に先生とAちゃんの家に行く事になりました。
最初は初対面同士でギクシャクだったAちゃんと私も、回数をこなす事にだいぶ仲良くなり、Aちゃんも打ち解けてきました。
Aちゃんはとても可愛い子でしたが、俗にいう恥かきっ子のせいもあるのか
とても我が儘な子でした。でも私は兄で慣れていたのもあり、

964 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 08:57:12 ID:dI4+4aLaO
割りと仲良くしていた記憶があります。
そんな日々が過ぎ、季節はクリスマスの時期になりました。
ある日学校で先生に
「明日の夜、先生とAちゃんと○ちゃんで一緒にクリスマスパーティーをしましょ。お母さんには私から電話しますから」
と言われました。
家に帰り、夜、先生と母が電話口で話しながらもちょっと揉めている感じ(母が困り切ってる)でしたが、結局行く事になり、私はとても楽しみにしていました。
それとは正反対に困惑気味の母。それを尻目に翌日の夕方、向かえに来た先生の車に乗って、暫くのドライブとなりました。

965 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:02:36 ID:dI4+4aLaO
先生の家でやるとばっかり思っていた私は(げんに母にはそう説明していた)
一体どこへ行くのか不安になりました。昔、先生の家に遊びに行った事があり、割りと我が家から近かったのを知っていたからです。
小一時間程度走り着いた先は、なんだか不思議な建物でした。

そこには大人や子供がたくさん居て、みんなクリスマスのかっこをしており、飾り付けもいっぱいあって
愉快な音楽が流れていました。
私達が部屋に入るといきなり大人の人に手を取られ、それから全員で手を繋いで丸い形になり、踊りが始まりました

966 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:04:30 ID:mEztZCdiO
恥かきっこってなんだ?

967 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:07:13 ID:N2qfJTbLO
続きマダー?

968 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:09:16 ID:dI4+4aLaO
呆気にとられたまま、気付くとAちゃんと先生の姿は見当たらず、私を見知らぬ大人達が囲んでいました。
大人達はから揚げやポテトフライを取ってくれて、
でも緊張のあまり食事が喉を通らない私をみて、
紙コップに入ったオレンジジュースをくれました。
喉は非常に渇いていたので、それを飲み干すと、なんだか飲み慣れない味がして、暫くむせました。
それから頭がぼーっとした感じになり、椅子取りゲーム等をした覚えがあるのですが、定かではなく
気付く先生の車の中にいました。私が起きたのに気付くと先生は

969 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:15:00 ID:dI4+4aLaO
「今日はAちゃんと先生の家でパーティーをしたのよね?」と言いました。私はえ?三人で人がいっぱいいるとこいったよ!と言うと
「いいえ、三人で先生のお家でパーティーをしました。お母さんに聞かれたらそう言うの!」
と普段聞いた事もない怖い口調で言われたので、私は何も言えなくなり、
先生が母に「○ちゃんは今日もいい子でしたよー。私の手伝いしてくれて、一緒にケーキ切ったのよね?」
等と言ってる時も 頷くだけしかできませんでした。
それから私の中でその記憶を封印していたのですが、
私が大人になった時、

970 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:15:58 ID:s6tN5J6AO
先生は?

971 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:17:16 ID:TFK16ewZ0
どうせ変な宗教だったってだけだろ

972 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:21:44 ID:dI4+4aLaO
ふと母に「実はさ、あのとき、なんか変なとこにいかされたんだよね」と
その話しをしてしまいました。
すると母は目の色が変わり、次の事を私に告げました。

兄の事で力になってもらっていた時、突然誘われて半ば強制された形で変な人に会わされた。その人は今まで聞いた事もない神様の名前を口にし
そしてその神様に従えば兄は更にいい子になると言われ、今ここで誓いの印しに血判を押せと言われたそうです。
我が家は仏教徒なのでそれは頑なに拒否し続け、何時間かしてやっと開放されたらしいです

973 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:29:56 ID:dI4+4aLaO
それからもしつこく勧誘されたので、先生との距離を置いていたのですが、
クリスマスパーティーの件の時も最初は断ったらしいのですが、
不登校のAちゃんを救うためにお願い、あなたも○○くん(兄)の事で苦しんだからAちゃんの親御さんの気持ちも分かってあげて、家でパーティーするだけだから。
と言われ渋々承諾したらしいのです。
色々分かってあぁなるほどなぁと思っていたのですが、何が後味悪いって、私、そのパーティーの日に人差し指の先を怪我してたんですよ。
先生はケーキを切る時に切ったというんですが、なんとも言えない気持ちです

974 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:39:04 ID:dI4+4aLaO
私が大学生になるころまで先生は、たまに実家に電話をよこし、兄や私の動向を聞いていたりした様ですが、
私が大学生を卒業する頃に亡くなったみたいです。
今は実家も引越し、私は単身で東京に居ます

Aちゃんとはあのパーティー以来何故か疎遠になり、学校にもくることはありませんでした

長々と失礼いたしました

975 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 10:01:33 ID:8Yirmqzg0
まるで、あのオカルト映画みたいだなァ〜


976 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 10:11:48 ID:dI4+4aLaO
>>975
>あの映画

似た様な映画があるんですか?是非教えて下さい。
今書いたのは実体験です。
だいぶ長文ですが、これでもかなりはしょりました

977 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 10:29:49 ID:Ep32ZoUj0
>>945
「リリィ・シュシュの全て」の主人公が舞台挨拶に来ましたw

978 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 10:51:01 ID:hJtq/muW0
>>966
親が40才過ぎてから出来た子のこと。

979 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 12:38:39 ID:s6L3Bw0HO
リリィ・シュシュ好きだったな。
後味悪いっちゃ悪い。

家族のいるリビングで見たので
オナニー強制されるだのレイプされるだの気まずくなった。
レイプの描写は自粛されてたように思うけど
いじめの女が「だれがレイプしろっつったんだよ」
って叫んだとき家族間が凍ったw

980 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 12:43:58 ID:v1bqSa7k0
>>909ってオサレ映画っぽかったけど、こういう話だったのか…

981 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 12:46:32 ID:a37/QGuD0
胸糞話の体験談って主観でしかないから面白くないわな
自分にいいように書いてる気がしないでもないし
相手の方の言い分もあるだろうし
そういう話を素直に後味悪いだの胸糞悪いだのとは思えん、ちょえむ

982 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 12:54:12 ID:cXAnTls1O
>>887
ワラタ おもしろくてわかりやすい。

983 : ◆9cN0WXIgYY :2007/08/19(日) 13:21:13 ID:yBVbWZqfO
シラケムードを無理矢理盛り上げようとして余計シラケた時なんかね。

984 : ◆9cN0WXIgYY :2007/08/19(日) 13:24:46 ID:yBVbWZqfO
間違えました、シラケムードを一転しようとでした‥‥;
これぞまさしく‥って感じでしたね‥‥‥;;;

985 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 13:49:31 ID:J7+DGMvn0
>> ID:dI4+4aLaO
指怪我すると何が後味悪いの?

986 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 14:16:12 ID:SdgnE+yq0
>>972に「誓いの印の血判」を母が強要された、とあるから、
記憶がない内に勝手に血判押されたんじゃないか、と思うと
後味悪いというかモヤモヤするんじゃ?


987 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 14:20:15 ID:6xLY2xas0
>>985
多分、意識を失ってる間に切られて
血判(入信の?)押されたとか言いたんじゃねーかな>>973

ぐだぐだ長文を書くやつって
必要なことが書いてなくてわかりにくいよな

988 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 14:36:11 ID:UXocsMJ/0
ある信仰心の厚い男がいた。
その男は、昔からぜひ一度、ローマ法王に会ってみたいと思っていた。
ついにイタリアに行った彼は、長年の夢を果たそうとサン・ピエトロ寺院で、一張羅を着こんで、
群集の中にまぎれこんだのである。
いい服を着ていれば、ローマ法皇が自分に気づいて話しかけてくれるのではないかと思ったのだ。
ローマ法皇は、ゆっくりと(そして男に気づく気配もなく)人々の前を歩いて来た。
そして、ボロを着た乞食に、穏やかな笑みを浮かべて何か語りかけ、通り過ぎていったのである。

男はとても反省した。
いい服を着て法王に目を留めてもらおうなんて、自分はなんてはしたない考えを持っていたのだろう。
貧しき者にこそ、神は慈悲深き目を向けるのである。
一計を案じた男は、先程の乞食に頼んで、50ドルで自分の服と乞食の服とを交換してもらうことにした。
次の日、また法王が人々の前を通りかかった。
すると法王は(乞食の服を着た)男に近づいてきたのである。
そして、男の耳に口を寄せると、やさしい声でこう言われた。
「昨日、目障りだから消え失せろと言ったはずだぞ」

989 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 14:39:36 ID:qsNufQcE0
>>988
このコピペもう飽田

990 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 14:50:03 ID:4fLgQ5bX0
>>987
>必要な事を書いてなくてわかりにくいよ
読めば判るから、わざわざ「血判押されたかも」て書いてないだけじゃん。
わかりにくいの?

991 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 15:11:54 ID:yJu0YJEAO
あーもううっさい

992 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 15:13:45 ID:0n76R5sgO
そんなことより誰か次スレ頼む。

993 :1/3:2007/08/19(日) 15:24:11 ID:dJgZecn60
流れをぶった切って投下。

2002年、スペインで催されるユネスコ・フェスティバルに、
それぞれの分野で才能を認められたロシアの児童数十人が招かれ、
休暇をカタロニアで過ごすことになった。
いずれも高校生以下のローティーンである。
旅行会社の手違いで予定していた飛行機には乗れなかったが、
フライトの手続きが整うまでの数日間、一行は首都モスクワを観光して時間を潰した。

バキシール航空機が彼らのためにチャーター便として用意され、
一行はモスクワを発ち、スペインへと向かう。
またこの便にはある建築家の妻と娘が一緒に便乗していた。

バキシール航空機がスイスの上空を通過する頃、
その領域内を担当する航空管制センターでは機器の定期検査が行われていた。
この検査のために、航空機同士の衝突を防ぐ接近警報の反応速度は著しく低下していた。
また管制塔の内線も不通に近い状態になっていた。
通常は2名で行う管制を、男性Aがたった一人で行っていた。
同僚の援助を請おうにも、内線が通じなかったのだ。

そうするうちにバキシール航空機はDHL貨物機と危険なほど接近する。
Aは衝突を避けるため、バキシール航空機に高度を下げるよう指示を出す。
その後Aは、予定に無かった航空機の離陸に掛かりきりになる。

994 :2/3:2007/08/19(日) 15:25:59 ID:dJgZecn60
同じとき、バキシール航空機自体に取り付けられている接近警報機は、
無機質な声で、パイロットに高度を上げるよう指示を出していた。
実はこの指示のほうが正しかったのだが、
パイロットは感情の篭っていない機械の警戒警報より、
人の肉声による指示を重視し、高度を下げる。

貨物機と航空機は衝突し、双方墜落した。
貨物機操縦士2名、航空機乗組員12名及び乗客57名、計71名全員死亡する。

この事故を起こした後、Aは二度と管制塔に足を踏み入れることは無かった。

事故現場の遺体及び遺品の回収の際、
妻と娘を亡くした建築家も現場に赴いていた。
彼はまず娘の掛けていたパール(偽造品?)の千切れたネックレスを発見する。
その後、彼は娘の遺体をも自身で見つけ出した。
後に事故現場には彼のデザインした記念碑が設置される。
それは娘の千切れたネックレスをモチーフにしたものだった。

995 :3/3:2007/08/19(日) 15:27:08 ID:dJgZecn60
この事故の発生後、ロシアとスイスはお互いに罪の擦り付け合いをはじめる。
ロシア人パイロットが英語が達者でなかったからだとか、
いやスイスの管制センターの対応が悪かったせいだとか。
そうして責任の所在が明白にされないまま、いたずらに月日が過ぎてゆく。

ある日Aの家に一人の男が訪ねてきた。
その男はAを確認すると所持していた拳銃で彼を射殺する。
このあとしばらくして、近くのホテルに滞在していた建築家が逮捕された。

A自身にも妻子がある。彼の家族は夫と父を失った。




996 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 15:31:07 ID:dJgZecn60
次スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1187505022/

997 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 15:33:52 ID:0n76R5sgO
>>996
ものすごく乙。

998 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 15:34:32 ID:Dml01TuP0
1000ゲットー!!!!

999 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 15:36:31 ID:A/GNb2cf0
999


1000 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 15:37:43 ID:0n76R5sgO
1000なら次スレは平和

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

358 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)