2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴ 18th【カバラ】

1 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:06:33 ID:EQX//GO80
 ∧∧
..(*゚∀゚)アヒャヒャ 西洋魔術について語るのじゃ
魔術結社G∴I∴K∴O∴の歴史
【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴【カバラ】1-10
http://hobby3.2ch.net/occult/dat9/1041515279.dat
http://ruku.qp.tc/dat2ch/0402/20/1053517316.html
http://hobby4.2ch.net/test/read.cgi/occult/1065364533/
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1077531126/
http://hobby5.2ch.net/test/read.cgi/occult/1088177006/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1092598117/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1110614985/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1119071565/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1129477846/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1142936263/


2 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:07:03 ID:EQX//GO80
魔術結社G∴I∴K∴O∴の歴史
【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴【カバラ】11-16
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1150804060/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1156341458/
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1162450533/
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1169818690/
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176899843/
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180096361/

前スレ
【魔術】魔術結社G∴I∴K∴O∴ 17th【カバラ】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1184656568/

■魔術結社G∴I∴K∴O∴書架
(2chオカルト板・魔術結社G∴I∴K∴O∴テンプレ系ログ倉庫)
http://magicalgikolog.blog92.fc2.com/


3 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:08:23 ID:EQX//GO80
『GIKO十字宣言』
G∴I∴K∴O∴教義文書 小達人以上閲覧可 A級

1.初心者には無料で知識を分け与えること。中級者とは知識交換をおこなうべきであること。
2.何人も流派や人間関係のしがらみにとらわれず、自由に魔術の意見を言えるべきであること。
3.政治論争や私怨は持ち込まず、また荒らしが来てもスルーすべきであること。
4.有益な知識や情報をもたらし、あるいは質問に親切に答える者は、尊敬を受くべきこと。
  .∧∧
5.(*゚∀゚)アヒャヒャ  ←これが我らの印であり、アイドルであること。
6.ここで発言する者は自分の正体を秘密にし、他人の正体を知っても沈黙を守るべきであること。

4 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:29:39 ID:p4NrGNNP0
■お奨め文献リスト(流派別) Ver2.2 - 1
◎・・・最初の本としてお奨め
※・・・実践を行う上で必読
△・・・重要な参考文献

★内光協会、SOL系列
 ◎「魔法入門」 W.E.バトラー著
 ※「魔法修行」 W.E.バトラー著
 △「神秘のカバラー」 ダイアン・フォーチュン著
   →初心者卒業コースへ

★O∴H∴、I∴O∴S∴系列
 ◎「黒魔術・白魔術」 長尾豊著
   「魔術は英語の家庭教師」 長尾豊著
   「変身力をよび起こす西洋魔術の本」 朝松健著
 ※「高等魔術実践マニュアル」
   →初心者卒業コースへ

★インディペンデント系
  ◎「魔術」理論編+実践編 デビッド・コンウェイ著
   →初心者卒業コースへ

★ISIS
  ◎「実践魔法カバラー入門」 大沼忠弘著
  ◎「実践カバラ」 大沼忠弘著
  △「A PRACTICAL GUIDE TO QABALISTIC SYMBOLISM」 Gareth Knight著
    (「カバラ魔術の実践」におけるパスワーキングの参考文献として必須)
   →初心者卒業コースへ

5 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:30:24 ID:p4NrGNNP0
■お奨め文献リスト(流派別) Ver2.2 - 2

★初心者卒業コース
   「実践魔術講座」 秋端勉著 (基礎を見直しつつ応用範囲を広げたい人に最適)
   世界魔法大全の各巻
   アレイスター・クロウリー著作集
   黄金の夜明け魔術体系
   「A PRACTICAL GUIDE TO QABALISTIC SYMBOLISM」 Gareth Knight著
    →あとは世界の大海原へ

★性魔術コース
◎※「HOW TO SEX」
  ※「カリフォルニア・セックス」
  「G∴B∴G∴団魔術教本」 ルイス・T・カリング著
  「G∴B∴G∴団 第2の魔術書」 ルイス・T・カリング著
  「性魔術秘密教程」(上下) Frater U∴D∴
    →あとは精力の続くままに

★まんがコース
  ※「魔法陣グルグル」 衛藤ヒロユキ著 (特に2〜3巻は必読)
  ※「マジカルブルー」
   「エコエコアザラク」
   「死のホワイトマジック」
   「タロットウォーズ」
   「召喚の蛮名」
    →あとはお好きなように

★児童文学コース
  北風のうしろの国(At the Back of the North Wind) ジョージ・マクドナルド著
  喜びの箱 (The Box of Delights) ジョン・メイスフィールド著
  秘密の花園(The Secret Garden)  フランシス・ホジソン バーネット著

6 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:31:09 ID:p4NrGNNP0
■お奨め文献リスト(流派別) Ver2.2 - 3

★混沌コースVer.1.2

◎「コスミック・トリガー―イリュミナティ最後の秘密」 ロバート・アントン ウィルソン
◎「サイベリア」ダグラス・ラシュコフ
※「無の書」ピート・J・キャロル
※「オースティンスペアの魔術」Frater U∴D∴
△「エスケープ・ヴェロシティ」マーク・デリー
△「T.A.Z」ハキム・ベイ
△ ピラミッドからのぞく目 (上/下) ロバート・シェイ, ロバート. A. ウィルスン
△ 黄金の林檎 ロバート・シェイ, ロバート. A. ウィルスン
△ リヴァイアサン襲来 ロバート・シェイ, ロバート. A. ウィルスン

◎Rebels and Devils / Christopher S. Hyatt
△Book of Lies: The Disinformation Guide to Magick and the Occult / Richard Metzger
△Hermetic Magic: The Postmodern Magical Papyrus of Abaris / Stephen Edred Flowers
△THE PRINCIPIA DISCORDIA
△Understanding Chaos magic / Jaq D. Hawkins
△Thee psychick bible / Genesis P-Orridge

※High Magic: Theory & Practice / Frater U.:D.:
※ABRAHADABRA / Rodney Orpheus
※Prime Chaos / Phil Hine
※Invisibles / Grant Morrison
◎魔法陣グルグル

7 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:31:56 ID:p4NrGNNP0
■お奨め文献リスト(流派別) Ver2.2 - 4

★クロウリーコース

◎「法の書」(巻末の江口氏の解説、およびクロウリーによる「法の書解題」。
 「法の書」本文の日本語訳は意訳が多い為、眺めるだけに留めておくべき。)
※ABRAHADABRA / Rodney Orpheus
※The Magick of Thelema: A Handbook of the Rituals of Aleister Crowley / Lon Milo Duquette
※New Aeon Magick: Thelema Without Tears / Gerald Del Campo
△Understanding Aleister Crowley's Thoth Tarot / Lon Milo Duquette
 (Thoth TarotをThelemaから解説している本。「トートの書」よりは遙かに理解しやすい。)
△「神秘主義と魔術」 A. クロウリー著(第1章は、上記の入門書を読破、実践した後に読むと非常に判り易い)
△「現代の魔術師〜クローリー伝」 コリン・ウィルソン著
△「アレイスター・クロウリーの魔術世界」 フランシス・キング著
△「アレイスター・クロウリーと甦る秘神」 ケネス・グラント著(初心者の内は参考程度に・・・)

こんなところでしょうか。
日本語に訳されてる文献って伝記以外は殆どが初心者向けじゃないんだよね。
ヨガ八講とかMagick without Tearsとかも現代日本の初心者にはちょっとハードルが高いでしょう。

8 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:32:42 ID:p4NrGNNP0
■タダで魔術書や文献が手に入る便利なアドレス集 (魔術書公開サイト群)
ttp://mysteria.com/pub/culture/magick/crowley/thelema/crowley/Equinox/
ttp://www.hermetic.com/crowley/
ttp://www.esotericarchives.com/
ttp://www.chaosmatrix.org/
ttp://www.sacred-texts.com/
ttp://athenaeum.asiya.org/
ttp://www.gutenberg.org/


9 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:33:25 ID:p4NrGNNP0
■儀式動画
LBRP
http://www.youtube.com/watch?v=tZ5suxzW2PU

I.N.R.I.
http://www.youtube.com/watch?v=unCXW9579OU

Horus
http://www.youtube.com/watch?v=YU49qqyMRVU

GRP
http://www.youtube.com/watch?v=Qj91T2YSzKo

Azathoth
http://www.youtube.com/watch?v=EuHgqHjzpSk

Wiccan Esbat
http://www.youtube.com/watch?v=VwrHapcDbhk

10 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:34:17 ID:p4NrGNNP0
以上、テンプレ複写完了・・

今さらだが>>1乙!


11 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:39:13 ID:qxfVNMbz0
はじめてだが1乙ー

ここはカバラ専門にしてるスレ?

12 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 23:53:47 ID:p4NrGNNP0
>>11
ううん、必ずしもそういうわけでもないよ
必要性を感じてカバラに触れている人が多いスレ、というべきか
無論、要らないとゆー人もいます

今だったらまだ前スレがあるから、
ちょろっとのぞいてみるといいと思うよ

13 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 04:04:34 ID:3s1PlWCbO
>>1乙儀礼!

14 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 07:47:21 ID:yDCXnDEL0
カバラなしで魔術やりたーい
ユダヤ教まで行きたくない
せめて生命の木だけ使った魔術カバラでいいのに

15 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 11:25:04 ID:aPeOzy7+0
俺は視覚化の必要ない神秘行をやりたい。
視覚化できないから魔女術に切り替わろうと思ったら、魔女術も視覚化必要だった。
視覚化からは逃げられない・・・


16 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 19:42:10 ID:DgqeEsdR0
在日なしで魔術結社やりたーい
あの歪んだ民族精神とカルト精神(統一、摂理、京都)、
そして誇大精神と共存したくない


17 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 00:20:17 ID:y0bzuWlj0
    /\_/\.┌f^f^f^f^f^f^f^f^f^┐
   /  。  。ヽ.| ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~│   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   |__*_∀__| |.    ∧∧    |  < 新スレおめでとうだよ♪
   ノ/|( i] リi]`レヾ.    (゚∀゚*)   |   \__________
   `ヽゝ"ワ"ノ/l,n  アヒャヒャヒャ  |    
    / (^~ ̄ ̄∃_ア__n_______|    
    〈  `´ --r──--'              
    }、     i           
   /__,.ヘーァ-イ          アヒャヒャヒャヒャヒャヒャ
   Y、.,___ / /                 
    |  i `ー'i´           / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
   |  |  |      ∧∧   | わらわからもおめでとうじゃ。
   |  |  |    ヽ(゚∀゚*)  <  アヒャーリしようぞ。  
   |  |  |     (   )〜  \__________ 
   |__|__|       U U       
   〈` ‐"ヽ ‐"ヽ  


18 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:00:08 ID:WCdc6s/U0
1000 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/09/21(金) 01:58:26 ID:DVSAlJ+u0
1000なら全員飲尿!

ちょ、おまwww

19 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 03:07:11 ID:TK9kU4JT0
答えは憲官でもまず無音でもなかった
糖質は火湯を処理できない。だから勿論これも痒い毒で来ない
ただ、みかけるようなレトリックの嵐は拷問にも等しかった蓮だ
自分の愚鈍さと2ch×魔術の闇に背筋が凍った
久々に大反省モードだ 正直L' Amant買った

20 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 03:56:10 ID:MBLN5mFL0
ふと思ったんだけど、このスレ住人誰一人、魔術の実効性なんて信じてないんじゃない?
どうもみんなのアプローチが、「思想潮流の中に、魔術というカテゴリーがありますよ」ってだけの感じに見える。



・・・やべ。もしかして核心突いてしまったのかも・・・消される(;´Д`)!

21 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 06:41:29 ID:Bn7SQ5Ol0

松本隆大先生

ルビーの指輪の誕生秘話は、寺尾聡さんが風呂桶を叩きながら
作ったという話になっているけど、ここに集まる人の中で誰がそれを
信じるだろう?

お前が未発表の原曲を潰して、自分の文章をくっつけて出しただけ。
俺に対して行ってきたこととと同じだよな?

ルビーの指輪の真の作者はまだ生きているのかな?

Family business お前の言葉を忘れないよ。

22 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 07:05:29 ID:M2juFaCq0
>>20
少なくとも漏れは信じてますが何か?
思想の話もしてますけど実践の話も書き込んでますよ。

23 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 07:33:53 ID:As5dZS+Q0

魔術結社G∴I∴K∴O∴の位階

****首領団****               
10=1 Ipsissimus        フラター名なし        
                    ∧∧
9=2  Magus          (*゚∀゚)アヒャヒャ
8=3  Magistri Tempri     アヒャの弟君 | ゚ ヮ゚ノアゥ〜

====内陣====
7=4  Adeptus Exemptus  中二病アーキタイプ厨
6=5  Adeptus Major    松本隆大、飲尿厨
5=6  Adeptus Minor    在日コリアン厨 

----外陣----
4=7  Philosophus      ソロール・シモネッタ、UNChOの三首領 、(*゚∀゚)帽子アヒャ、
3=8  Practicus       アヒャクサンドル・アヒャクリウス、赤い手帳のバアル
2=9  Theoricus       日光聖堂猿軍団&A∵P∵E∵団員
1=10 Zelator        超能力厨、ラノベ厨、魔法剣士、修行者

・・・・初参入門・・・・
0=0  Probationer      その他一般住人&ROM団員

24 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 10:50:34 ID:DVSAlJ+u0
>>20
そんなに信じられないのなら、騙されたと思って
一週間でいいから自分の尿を飲み続けてみろ
君も尿魔術の素晴らしさが実感できるだろう!

25 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 11:31:41 ID:wsp1vep30
それ魔術じゃなくて健康法だから

26 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 22:07:00 ID:c4wMA0uG0
赤い手帳のバアルの予感

27 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 23:27:55 ID:CLidLmpc0
>>25
意志に基づく行為は全て魔術であると言える。
よって飲尿を魔術と呼ぶことには何の支障も無い。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 23:45:49 ID:6UH4MlhQ0
>>27
正論だな・・・

確かに正論ではあるんだが、
過去から現在まで、いろんな流派が興った理由が
お陰で何となく分かるような気がするよ('A`)


29 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 00:26:58 ID:3c+SRsPG0
どうでもいいや

30 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 01:13:18 ID:4qbeEpWA0
>>20

毎日LBRP続けるだけでも違うみたいよん

#単なる条件反射なんかもしれん、だがな。

31 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 01:19:12 ID:isprMg720
ネットによくいる魔術系電波と一緒にされたくねー、という警戒があると思われる。
2chらしい韜晦さというのかね。「俺は違うよ」という。

でも、心の中ではちゃんと(?)魔術の効力を信じてる人もいるよ。

32 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 02:04:44 ID:RbLC40Jg0
西洋魔術の人達はバランス感覚を持ち合わせてるようだから話が面白い。
電波はあまりいないじゃん?注意が必要な話は哲学史等を引き合いに出して
分かるように説明する人が多い。良心的というか常識的というか。
まあ、魔術師と直接話したことはないけど、ネット等で見る限りね。
玄人の人にこそ、自分の内面をさらけ出してほしいな。

33 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 04:54:11 ID:3c+SRsPG0
何だよ、“玄人”って(笑

バランス感覚なんて、持ち合わせるも持ち合わせないも、各自がそれぞれの必要に応じて
そこそこ発揮していればいいだけのことだから、そんな大げさに言うこともない
だろう。

あと、ここでも何度か同じような書き込みを見たけど、“電波”って言い方も個人的にはあまり好きじゃない。
単に、キミの”常識”の枠からはみ出した人たちってこと。


34 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 05:07:12 ID:Y2BrsT0U0
紫乃女
サーリ・マーヤ

が、2トップだな

35 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 09:14:15 ID:k7BiOCQF0
>>32
魔術というのは、本来バランスの哲学を基にしてるんだよな。
カバラ然り、ヘルメス哲学の三元素然り、易経然り。
けど、バランスを口にしながら、全然バランスが取れてない人もいっぱい居るよ。
言行不一致はどこの世界にもウジャウジャあるよ。

36 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 09:16:52 ID:k7BiOCQF0
>>34
つーか、あれは我々の「魔術」とは、まるっきりの別物だろ。
たまたま名称が「魔術」と同じなだけで。


37 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 11:48:34 ID:vuBrkW+O0

 支援しない日本を非人道呼ばわりする的外れな論理 
〜どこまで自己を被害者に日本を加害者に仕立てる在日コリアン〜

先月、北朝鮮で深刻な洪水被害があったとされ、恥知らずにも
日本対しにその救済支援を求める要望が出されましたが
繰り返される北朝鮮の背信行為と誠意無き対応に業を煮やした
日本側はその支援を事実上拒否し、更に経済制裁措置延長の
方針を固めました。

この至極「真っ当」な毅然たる決定を下した事に対し、
またも国内の在日コリアンたちがお得意の人権論を持ち出して、
的外れな批判を繰り返しています。
同時に韓国側の支援を引き合いに出して、日本人を
「恥ずかしい非人道者」呼ばわりしているのです。
もう何度も同じ言わざる得ませんが、呆れ返るとはこの事です。
コリア民族の精神性は、日本人、いや世界中のあらゆる民族とは
一線を画しており、彼らコリアンを常識ある社会人と見なす事自体が
根本的に間違ってるのかもしれません。

と言っても、韓国人の中には常識を弁えた人がちらほら見られるので
それ程でも無いのですが、虚偽の論理を以って日本社会に「寄生」する
在日コリアンに限って言うと、その精神性が大きく偏屈してる事は
間違いないでしょう。
彼ら在日は自分達の定住権そのものが「日本人の善意」によるものである
事にも気付けないのです。日本人の優しさが彼らの未熟な精神を増長させ
甘やかし過ぎてるのです。


38 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 12:08:15 ID:Ecj6MmspO
韓国がどう日本がこうって人はなにがしたいんですか?
魔術と関係あるのでしょうか?
私は馬鹿無知だからわかりません。

39 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 12:14:08 ID:vuBrkW+O0
韓国ではなく、在日コリアンです。
魔術活動(隠秘学全般)にも関係あります。

40 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 12:39:13 ID:oEeVgEBa0
嫌嫌韓厨もいい加減スルー力つけとけよ……

41 :在日:2007/09/22(土) 13:05:58 ID:UgwQA8hz0
俺は流石にこれだけの粘着ぶりで嫌韓ネタ投下されると、動揺しちゃうな…

42 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 17:30:38 ID:wPXvb9480
>>41
まぁ過去現在の経緯から、そういう季節だってあることは致し方ない事だ。
嫌韓は嫌君、ではないのだから、人として尊敬されるような君自身の人生を追求すればいい。
俺自身は極右的在日排斥主義者だが、愛され尊敬される在日が増えれば、おれの個人的な思惑を超えて長いスパンで日韓問題は溶解するだろう。
君がその愛され尊敬される在日の一人になることが、嫌韓潮流に対する「個人としての」唯一の正しい態度だ。

ただ、姑息な手を使うなよ。日本人は非常に繊細な霊的感性を持っている。
嘘や陰謀は、本能的に察知するぞ。いやマジで。



43 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 17:45:11 ID:Pkc2kFDw0
そういや、日本人の霊的資質はケルト人に次いで高いって話を最初に言い出したのは誰なんだろうな?
そもそも、あの野蛮な首狩り族のケルト人のどこが霊性の高い民族なのだか。

44 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 17:52:16 ID:wPXvb9480
チベット人と日本人がアジア最良の霊性、というのもあったが、チベット中共にいいように侵略されてるし
昔の国粋神秘主義者は憧れの対象をある程度外に見いだしていたというのは文化論的に興味深い。

45 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 18:05:23 ID:o+6Nc1yi0
国粋主義者が自説を擁護するために適当な民族を抱き合わせているだけだ

46 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 19:38:58 ID:M5vxXfhi0
>43 ヒトラーとか?


47 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 19:42:07 ID:OQUKTqMh0
>>46
確かにヒトラーは日本と同盟を結ぶ際に、
日本人はアーリア人に劣らない霊的資質がうんぬんかんぬんと言っているけど、
ケルト人は引き合いに出していないから。

48 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 20:10:33 ID:NHh1LyV60
今はケルトと言ってもスウェーデンだけですね。チベットはもう堕ちて低い冷静しかないですよ。
まともなのはもう日本とスウェーデンだけですね。

49 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 20:15:13 ID:YUHe6tqa0
極右がオカルトと結びつきやすいのは本当だよ。
北一輝とか。天津教とか神政龍神会とか。
皮肉なことに、これらは国粋主義を唱えながらも、軍国主義政府から迫害
されて滅んだが。

八○書店の社長も書いてたが、ナチズムとオカルトが結びついたように、一
つ間違ってたら、日本の軍国主義と結びついていたかもしれないってね。
大本教が神道オカルトを取り込んでいたのは有名だが、軍人や政治かも
入信してたからな。

ハレヴィが言ってたが、樹に例えるなら、右翼も左翼も必要なんだ。民主
主義はこの二つの陣営の綱引きでバランスが取れる。片方が欠如すれば、そ
こには全体主義が生まれるってね。左が欠ければファシズム、右が欠ければ
スターリニズムってとこか。

ま、日本のネットにある無責任な排外的憎悪の落書きは、軍国主義とも国粋
主義ともファシズムとも、あんま関係ないただの感情論だろうがなw


50 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 20:18:30 ID:1zu5ENKR0
左翼だって似たようなもんだ。
健康法の指導者がかつては左翼の論客だったなんてのはよくあること。

51 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 20:20:50 ID:YUHe6tqa0
>>47
それは、ローゼンベルクが慌てて作ったヨタだよw
ヒットラーは、最初からドイツ民族以外をバカにしてたw もちろん日本もなw
ただ、同盟を作るに当たって、本音いっちゃあまずいわな。

敗戦色が強くなってくると、ナチはスラヴ民族の一部やクロアチア人なんかも、
アーリア人の血を引いてると無茶言って、武装SSの外人部隊に取り込んだりし
たんだよ。

そーいう、いい加減な奴らだったんだよ、ナチはw

52 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 20:26:29 ID:YUHe6tqa0
>>50
サヨクもウヨクも知るもんかw
無責任な排外的憎悪の落書きしてる奴らは、どっかの国の反日ナショナリスト
とご同類だってことだ。

まー、ナチに話しを戻すが、ここの住民はこのサイトは知ってると思うが、以下
でも見れ。
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~occultyo/seiji1.htm

53 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 20:31:16 ID:YUHe6tqa0
ついでに言っておくが、ヒットラーは「オカルトにはまる奴は精神が衰弱した
奴」とバカにしてた。
ナチの前身に当たるドイツ労働者党が、オカルト結社のトゥーレ協会の下部
組織だったのは事実だが、後にナチは、これを過去の汚点だと言い出して関係者
を迫害した。

まあ、ヒムラーやヘスが個人的にオカルトにはまっていたのは本当だ。
だが、ヒットラーを魔術師とするのは、無理がありすぎだなw


54 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 20:38:37 ID:1zu5ENKR0
オウムは事実上、極左となんら変わらない組織だった。
確かに、右か左かは大したことではない。社会性の欠如と団体への依存が問題なのだから。

55 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 20:40:16 ID:TZVCcVNZ0



http://www.kazemachi.com/cafe05/kisetsu/kisetsu_main_006.htm
彼の語る「フォース」が何に使われてきたのか、
彼が行き当たりばったりの虚偽を乱発しながら墓場に逃げ込まないように、
彼等には自分達がしてきたことと向き合ってもらいたいと、そう願っています。



56 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 20:42:59 ID:YUHe6tqa0
ナチとオカルトとの関係については、くだらないヨタ本が大部分だ。
日本の真面目な本は、『聖別された肉体』と『ヒトラーとオカルト伝説』ぐらいだろ。

ちなみに黒瓜とヒットラーには、すげえニアミスがあった。
その辺りは、キングの本に書かれてるな。

57 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 21:49:36 ID:wPXvb9480
みんなナチオカルト詳しいねーw
思ったんだが、
宗教は本来、政治、戦争、民族主義といったドロドロしたものといつも寄り添っていて、
平和、地球主義、神の前の平等といった明るい側を顕教が受け持ち、
戦争、民族主義、神権統治という暗い面を密教、異端が受け持つんだな。

魔術師は右だの左だのを超越した叡智の人、みたいなイメージを持つ人もいるだろうけど
どっちかというと右や左や民族主義や地球村などに寄り添ってうまく立ち回る、ブローカーというほうが正しい気がする。
右や左のイデオロギーに執着する人は、軽薄な魔術師よりも善良な信徒になるんだろう。
いざ戦争が始まると最前線で殺戮に向かうのも、善良な信徒。すくなくとも十字軍の時代はそうだったようだね。

58 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 22:29:39 ID:TZVCcVNZ0

ブローカーにして軽薄な魔術師だよな、松本隆は。
拝金主義の場合はどうなるんだよ?大先生


59 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 22:39:54 ID:TZVCcVNZ0
逃げるなよ、大先生。どっちつかずの裏切り者よ。

自分はどっちなのか?イデオロギーを持つのか?軽薄なのか??
立場をはっきりさせて話さなければ、空疎で曖昧だよな。

「〜そうだったようだね。」にはスルーだ。
おっと答えがでちまった。。

>>55に答えてくれ。

60 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 22:46:59 ID:YUHe6tqa0
 どっちにせよ、西洋魔術は政治とは基本的には関わってないな。
 フリーメーソンの伝統では政治の話しは、ご法度だ。
 エリファス・レヴィも、メイザースや黒瓜も政治運動に関わったが、魔術に
それを持ち込むことは、めったに無かったからなw

61 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 22:59:16 ID:YUHe6tqa0
>>57
 宗教つーのは、あらゆる要素を含むからな。
 
 オカルト史と政治史とからむから、極右とナチのオカルト絡みの話しだけ軽く
やってみた。
 
 まあ、GIKO十字宣言の第3項に触れる話題は、この辺でやめとくわ。

62 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 23:12:38 ID:YUHe6tqa0
>>20
漏れの立場から言うなら、物理的な作用に限って言うならイエスだ。
魔術の効果つーのは、未だに自然科学の実証論では証明できないのが、その
動かぬ証拠だw

しかし、メンタルな効果なら、凄くあるぞ。
半端じゃなくあるぞ。
別にパスワーキングだけでなくとも、五芒星の小儀礼を根気良くやってるだけ
でも実感できる。

63 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 23:58:08 ID:oEeVgEBa0
横槍だが、それこそどっちつかずでもいいような……
どっちかでなきゃいけない、という時点でイデオロギーを持っているってことだし。
軽薄を通すなら、それこそどっちつかずになるのでは、と思うが思想戦はなんか
色々ややこしそうだからこれ以上は口を出さないほうがよさそうだ。。

64 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:07:43 ID:ZCwXN4eV0

まさに魔術的文章だな、大先生。

>>55にも答えろよ

65 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:09:12 ID:Owi61N760

おまえが答えをだしてしまったから 答えよう
女 セックス狂 偽りの多重人格 黒ローブ 
おまえの知らない答えは「栃木の背の高い男」だけだ
これは秘密だったが、どのみちおまえは気づくだろうからね  サービスだ
すぐにでも夜行バスに飛び乗るか電話をかけてみろ
誰でもいいし 誰を選んでも正解だ

拝金主義はおまえの考えているようなチャチなものではない
それは事実、新しい神に捧げる儀式体系なのだ
おまえも魔術師のはしくれならわかるだろう
おまえはずっとまえからそこにいたのだから

しかしおまえは間違ってもいる
そうだったようだね は正確には
そう だった ようだ ねぇ だ
例の黒ローブを来て 朝日に向かって唱え続けるがいい
手淫しながらでもいいぞ 許可する
おまえは抗えないだろう
それはあまりに魅力的だからよ

答えになったかしら
次のお題よ
ttp://www.shochikugeino.co.jp/profile/data/profile_594.html

66 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:14:14 ID:fZFBH/PB0
インリン様の共産趣味の方がよっぽどキュート。

67 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:27:54 ID:nth+2guZ0
   \      ___________     . /
    \   ./                \   /
     | \/        _           \/...|
     |  |        ,'´r==ミ、          |  |
     |  |   ,_ _ _   卯,iリノ)))〉 _ _ _       |  |     アヒャヒャ
  .._ |_| /   `."-|〉*゚∀゚ノl/    ヽ     |_|_.. パスワーキングかえ?
     |  | '"'⌒`~"'" ''|!/'i)卯iつゝ '''"ー"``    |  |    メンタルな世界へ
     |  |        ''y /x lヽ          |  |   共に行こうぞ。
     |  |        l†/しソ†|          .|  |   
     |  |        lノ   レ           .|  |    
   .._|/|      _ _ _ _ _ _ _ _     ...|\|_   わらわが
  / ..|  |   _−_−_−_−_− _   |  |  \   案内人じゃ。 
     |  |/_/━ ━ ━ ━ ━ ━\_\|  |
   .._| /_/━ ━ ━ ━ ━ ━ ━ \_\.|_
     /_/━  ━  ━  ━  ━  ━  ━ \_\


68 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:27:55 ID:m6mu4ohx0
カバラを取り入れたまぼろしの武術があると聞いた。

69 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:32:16 ID:ZCwXN4eV0
>>21

これにも答えてくれ大先生。
明日の朝までに お願いだ。

70 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 01:01:04 ID:ZCwXN4eV0

眠れないよ、大先生。
あなたも閉鎖中の風待茶房の掲示板の自身の書き込みを再UPしてくれ。
オレは過去に送ったメールをここに出す。

彼は息子の前で、自分の書いた詞の講釈を垂れた。
私は幻聴や痛み、不快感の原因を医学に頼ったことで多くの時間を失った。
職を何度も失い、痛みと不快感でベッドの上に張り付いているだけの期間も長かった。
普通の生活が出来なかった期間は10年以上。

「雨は斜めの点線、僕たちの未来を切り取っていたー」
オレに読むようにさせた柳田國男の「犠牲」、ガルシア・マルケスの「百年の孤独」。

魔術を覚えた松本隆は赤ん坊のように何でも欲しがった。
それが未発表の赤の他人のものならなおさら。
彼は誘惑に弱い男だった。

松本は、他人の作った歌詞やメロディーをばらまいてお仲間達を作り、
それらを自分達の名前に置き換え発表し続けた。

また、脅迫のために私の周囲の人物が闇雲に傷付けられた。
彼の気の弱さと悪いクセはいくつもの暴力を常に必要としてきたのだから。


71 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 07:01:29 ID:nth+2guZ0
****首領団****                  
10=1 Ipsissimus        フラター名なし        
                    ∧∧
9=2  Magus          (*゚∀゚)アヒャヒャ   <i..iノリノ))))┃>
8=3  Magistri Tempri     アヒャの弟君 、 `ノl !_゚ ヮ゚ノl! アゥ〜

====内陣====
7=4  Adeptus Exemptus   謎の混沌魔術解説者、謎の萌術理論家、謎のゲイ魔術師
6=5  Adeptus Major     謎のポップカルトサタニスト、謎の黒瓜解説者
5=6  Adeptus Minor     謎のIOS出張員、謎のカバラ解説者、謎のアニオタ魔術師

----外陣----
4=7  Philosophus      ソロール・シモネッタ、UNChOの三首領 、(*゚∀゚)帽子アヒャ、
3=8  Practicus       アヒャクサンドル・アヒャクリウス、赤い手帳のバアル
2=9  Theoricus       日光聖堂猿軍団&A∵P∵E∵団員
1=10 Zelator        ゴーマン実践派魔術師、アンチ国書、魔法剣士、修行者

・・・・初参入門・・・・
0=0  Probationer      その他一般住人&ROM団員


72 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 12:01:59 ID:WDn3Oo/Q0
>>68
それなんてカバラ神拳なんだぜ?

・・・まぁあれはクトゥルーが入ってるエロ小説のネタだからいいとして
スポーツにおける魔術のメンタル面での利用法で
いいのがあるなら興味があるな
ダイエット魔術をやってたのは老子だったか?

73 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 12:04:47 ID:WDn3Oo/Q0
老師だっつー・・・スマソorz

74 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 13:41:46 ID:fZFBH/PB0
>>69
勝手に時間まで指定してやんの

75 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 15:09:51 ID:YEt2USTy0
>>72
漏れの実践例:
ある流派の組手の大会の前にゲブラーの天使を召喚し、
良い成績を挙げられるよう祈願した。

メリット:細かい事を気にしなくなった結果、戦う前のプレッシャーが無くなり、
     良い感じで調整できた。本番でも萎縮することなく、そこそこ良い成績が挙げられた。
デメリット:あらゆる事に対して鈍感になった為、元の感覚を取り戻すのに2ヶ月ほど掛かった。

76 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 15:15:33 ID:pKFC/dQ/0
>>75
どんな儀式やったんですか
詳しく

77 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 19:53:23 ID:ZCwXN4eV0

元日本レコード大賞審査員 阿子島たけし氏
彼の怪死事件を例に挙げ、私に話しかけてくる彼とその家族。
証明は困難かもしれませんが「お前を自殺に追い込んでやる」は彼等の声

カバラ魔術を覚えた彼は赤ん坊のように何でも欲しがった。
それが未発表の赤の他人のものならなおさら。
彼は誘惑に弱い人間だった。

松本は自分達家族に利益を引っ張るために、どこかから青年を連れてきた。
大平太一君(他にどんな名前を使っているのかはわからない)
彼は次女美緒とのあいだに子供をもうけた後に、私の周りをウロチョロし始めた。

松本隆の庇護の元、魔術の勉強(いかに表現するか?ではなく、いかに自分達の
名前に置き換えて出すか?)の研究をしている。

私の周辺に死者をだしながら彼の家族は進んでいく。

78 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 20:03:16 ID:ZCwXN4eV0

  彼等は使いっ走りか、寄生虫か??

 時任さぶろう、沖野修也、その他。

  「私の友人には発表されていない彼のSAXの記憶を。
   でも、上手くいかなかったから私が憑っかって彼が二度とSAXを吹けないようにしてしまいましょう。」

 山下達郎、その他

  「娘の友人には彼が作っていた曲を。
   彼が曲を作り始めたら、同じような曲が出ることがないように私は彼に憑っかって
   作れないようにしてみましょう。」

  スガシカオ、大平太一、その他

  「私のお仲間には、曲に合わせて彼が書いていた文章を抜き取って完成させ贈りましょう。」


 お前の母体はたしかに大きいな、松本隆よ。



79 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 20:11:17 ID:ZCwXN4eV0

山下公園のクレイジーケンバンドのライブを<<ただ>>で見せれば、
それでチャラか?俺が苦しんでいた年月がチャラかよ?あのライブで。

ケツメイシの大蔵君のお母さんが俺の家に来た理由は彼等の「伝説の男」
制作の為か?松本隆よ??

えげつないんじゃないか? お前のやり方は。

80 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 20:13:57 ID:ZzbY5dac0
中国の拳法では、錬丹術の修行とも色々と重なってるよな。
理論的には西洋魔術のスポーツへの応用も可能かと。

81 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 20:29:16 ID:ZCwXN4eV0

 松本隆大先生

 い つ ま で こ こ で 現 実 逃 避 す る?



82 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:13:54 ID:Owi61N760
>>81
ひとつだけ教えてくれ。
なんでおまえはここに松本隆がいる、と確信してるんだ?

83 :謎のゲイ魔術師:2007/09/23(日) 23:32:11 ID:C382MfyS0
俺の書き込みも松本隆認定を受けたことがある。
どういう基準で判断されているのだろう。

84 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 23:34:39 ID:Wu7OI0xA0
ていうか松本隆は魔術師なのか
話はそれからだ

85 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 23:44:03 ID:73ts/2KU0
俺も一方的に松本隆認定されてしばらく粘着されたことがある
詩人扱いされるというのは悪い気分はしないが
松本隆とこのスレの共通点はせいぜい
「詩人=言葉の魔術師」ってぐらいのことだろう
居もしない幻の松本隆に向けて、彼女?はいつまで詩を書き続けるのだろう?

86 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 00:13:24 ID:hA6S4cWo0
スレ的には問題ありありだが、
この手の人物がどうやって妄想を固めてゆくかの
実例を見た感じでちょっと興味深くはあった。

87 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 00:14:04 ID:EY2pvT3x0
漏れも松本隆認定されたw
ワケワカラン。

88 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 00:21:38 ID:oNrbX+sC0
なんか興味深いよね
ある種の狂人には違いないのだけど、なにげに論理的な思考もしてるし、
文章の組み立てや装飾になにか余裕が感じられるんだよ。

ある種の狂言として、その意図はなにか。

そうじゃないとして妙なところが、
ここまで深い妄想を抱いている割には嫁のこと知らなかったりして、
やっぱりそれほど近親者でもなさそうなんだよね。
まぁパラノイアというのはそういうものかも知れんが。



89 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 00:35:13 ID:qRMovFlM0
俺はちょっとだけ仮説で
「実は粘着している奴がほかならぬ松本隆本人!」というのも考えたが
それでも「何で西洋魔術スレに粘着?」という疑問は解決しない

もう一つ思いついた仮説は
「嫌在日コピペ厨とこの松本隆粘着が実は同一人物」。
いや、根拠はないけどここまで基地外ならそれもありうるかもねと思ってねw

ま、この種の患者さんの特徴は
「他人の話に一切耳をかさずに自分のしゃべりたい事だけを一方的に言う」
だから、何いっても無駄だと思うけど、一応確認で

90 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 00:41:24 ID:oNrbX+sC0
>>89
あーなるほど。おれは嫌嫌韓厨と実は同一人物!という印象を持っていたのだけど、
いわれてみれば、どちらかといえば糖質つーよりはパラノイアってことで嫌在日コピペ厨のほうが印象は近いかもね
なんにせよ書き手の同定は不毛と思ってあまり詰めないでいた。

91 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 00:57:14 ID:qRMovFlM0
試しに、こんど松本粘着が書き込んだら
ここの全員で「俺こそが松本隆だ、君を傷つけてごめんね」
って書いてみたらどうだろう
あんがいショックで発狂して正気に戻るかもしれんぞーw

92 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 01:08:38 ID:ZI4v0t1T0
魔術しすぎて妄想癖がひどくなるのだろうか

93 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 01:10:24 ID:oNrbX+sC0
>>92
なると思うよ。
魔術は基本的にひどくて役に立つ妄想を獲得する技術だからね。
松本でした。

94 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 01:34:10 ID:uE1PpEf70
>>89
> いや、根拠はないけどここまで基地外ならそれもありうるかもねと思ってねw

根拠でつか?

とりあえずいちばん素直に考えれば、スレが円滑に進むことを嫌っていて
それって匿名性の高い公の場所で魔術の議論をされることで
利害関係を壊されると信じている人による、と想起するのは難しくは無いでしょう

・・・と思わせてやっぱり基地外の線も捨てきれなかったり( ゚Д゚)y−~~

95 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 02:16:42 ID:bUQfyJ2i0
正直魔術分類とか系統がイマイチ把握できてないんだが
効果ごとに分類されてたりするのか?

96 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 02:35:15 ID:1rgbqhtC0
松本隆の自宅は漏れの厨房時代には
通ってた中学校のすぐ近くにあった。
もしかすると粘着さんとすれ違った事があるかもw

漏れの書き込みも2つ程松本認定されて非常に光栄w

97 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 03:01:18 ID:Evr9aZ290

>>94 は松本隆の次女に間違いないだろ?

98 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 03:06:00 ID:Evr9aZ290
 
とっちゃん坊やを守れ か。
いつかベビーカーから抜け出せよ、大先生。


99 :松本@隆:2007/09/24(月) 03:07:39 ID:iNNXUxA30
今までごめんな
これから心を入れ替えるよ
だから許して☆

100 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 03:26:12 ID:Evr9aZ290

>>99

意志の弱いお前がか?

101 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 07:38:23 ID:EY2pvT3x0
>>89-90
漏れもその仮説は可能性高いと思う。
分からんのは、本気でデンパなのか、それとも単に荒らしてるだけなのかだな。
これは謎だな。

102 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 08:07:53 ID:m8K5ePk+0
>>92

ASCと月星座が魚座のおれは、魔術やる前から妄想癖がある。
このスレの住人も 魚座要素強い人多いのかもね

103 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 08:52:17 ID:I5TiJNsR0
意志力を導くものは想像力である   ――フランシス・キング

104 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 10:24:50 ID:qRMovFlM0
ここにはたくさんの松本隆さんがいて
かくいう俺もその一人で
今では粘着さん以外の、スレ住人の全員が松本隆だw

粘着さん、俺の知らない俺がキミにずいぶん迷惑かけたようでごめんね
心の底から反省してるからゆるしてね。
あなたが現実生活であなたなりの素敵な幸福を掴むことを心の底から切に望みます

105 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 10:52:29 ID:ZRWfw8l10
前から思ってた事だけど 松本隆って誰だよ! なんか作詞家でそんな人居たような
気もするけど知らん。なんか 魔術と関係あるのか?

106 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 11:13:52 ID:4UGrUyfw0
作家や漫画家や歌手が自分の敵であり、その敵は超自然の力で自分を攻撃してくるという、割とよくある妄想

107 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 11:25:56 ID:ZRWfw8l10
>>106
そうなんだ。おかげで謎が解けた だから、松本隆連発してる奴がいたんだ
しかし そこまでくると、相当ヤバイなw 

108 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 11:34:10 ID:uE1PpEf70
>>102
俺の場合は天王星とDragonHeadが魚座に当たってる
(・・・だから伝統とかこだわってないんだろーかorz

ちなみに計算はこれ
ttp://www.vector.co.jp/soft/win95/amuse/se148702.html
を使ってまする
フリーウェアだし、たしかレジストリいじらんしオススメでつ

>>95
むしろ過程で分類されてるとゆーか
効果は枝葉の部分だとおもう
>4-7とかみて、買わなくても各カテゴリの書評を
Webで漁ってごらん、傾向はつかめるんじゃないかな

109 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 13:30:23 ID:BxeOB9XY0
松本隆の歌詞には、それまでの昭和歌謡史の流れを魔術でグイと捻じ曲げるぐらいの、いやもしかしたらそれ以上の力があった。
もっとも、そこで曲がった挙句の果てが今のJポップだとすればこんな寒い話はないわけで、
別のやり方で曲げる必要がある。
松本隆に興味があるとすれば、その天才的な曲げ方をパクッて自分のritualに取り入れることでつ。

110 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 13:55:55 ID:bUQfyJ2i0
>>108
把握
過程分類ってことは購入する本も変わってくる訳だな

111 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 20:46:42 ID:Evr9aZ290

俺が各方面に送ったメール(ここのアドレスを貼ったもの)
が少し効いているようだね。松本隆さん



112 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 20:50:25 ID:Evr9aZ290


ルビーの指輪の誕生秘話は、寺尾聡さんが風呂桶を叩きながら
作ったという話になっているけれど、それを本気で信じる人がいるだろうか?

彼が未発表の原曲を潰して、自分の文章をくっつけて出しただけに思える。
私に対して10年越し行ってきたこととと同じに思える。

ルビーの指輪の真の作者はまだ生きているのだろうか?
Family business 彼等の言葉を忘れないよ。


113 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 20:57:27 ID:Evr9aZ290

松本隆君が家族ぐるみで10年かけて俺からダウンロードした一部
http://www.extra-freedom.co.jp/artists/sleep_walker/


 仲 間 を 沢 山 作 れ ば 過 去 の 過 ち は 

 消 え る の か ?????????????????

 君の頭の中で。


114 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:16:39 ID:oNrbX+sC0
そろそろお縄の季節?

115 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:29:46 ID:Evr9aZ290
松本君

今フジテレビは君のために汗を流している人達を映し出しているよ。

けれど、君と君の家族が面白半分に消しさった命のことは誰も映さない。

116 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:44:25 ID:VMfnnEuy0
>>108
ちなみにアイレスター クロウリーは月星座が魚座

117 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:49:20 ID:Evr9aZ290

 お前の母体はたしかに大きいな、松本隆よ。

 山下公園のクレイジーケンバンドのライブを<<ただ>>で見せれば、
 それでチャラか?俺が苦しんでいた年月がチャラかよ?あのライブで。

 ケツメイシの大蔵君のお母さんは俺のお袋の親友だけど、彼女が俺の家に来た理由は彼等の「伝説の男」
 制作の為か?松本隆よ??

 えげつなさすぎるんじゃないのか? お前のやり方は。


118 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 22:50:08 ID:ZI4v0t1T0
いい加減にしないと起こるよ
ここは魔術スレなんだから

119 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 23:04:29 ID:uE1PpEf70
いちいちチソカスに反応するなって^^;
漏れ、専ブラはギコナビ使ってるけど、任意のレスの番号をクリックすると
レス単位とかID単位で透明あぼ〜んを設定できるんだけどさ、
それだといま、こんな感じで見えまする


110 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/09/24(月) 13:55:55 ID:bUQfyJ2i0
>>108
把握
過程分類ってことは購入する本も変わってくる訳だな

114 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/09/24(月) 21:16:39 ID:oNrbX+sC0
そろそろお縄の季節?

116 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/09/24(月) 21:44:25 ID:VMfnnEuy0
>>108
ちなみにアイレスター クロウリーは月星座が魚座

118 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/09/24(月) 22:50:08 ID:ZI4v0t1T0
いい加減にしないと起こるよ
ここは魔術スレなんだから


今まであった目障りなモノが消えていくのは気持ちがいいよ♪
オススメです

120 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:02:55 ID:SvBZZsGg0
ttp://www.johoguard.com/SSK7.html
正気と常識てのは案外脆いもんなんだね
おれも気をつけよう

121 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 02:02:17 ID:pvsczolf0
ID:Evr9aZ290がくれた、初めてのレス…それはパラドックス・オリジナルで、私は>>○○○でした。
そのレスは甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいレスをもらえる私は
きっと特別な存在なのだと感じました。
今では、私が松本隆ちゃん。ID:Evr9aZ290にあげるのはもちろんヴェルタースルー・オリジナル。
なぜなら、彼もまた、特別な存在だからです。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 06:19:55 ID:GE/YP9uD0

脆いのはおまえだろ?

123 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 06:59:57 ID:VVm663ia0
荒らしの相手をするのも荒らしです。

124 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 07:04:11 ID:VVm663ia0
その証拠に相手をするもんだから、最近すげー活発化してるだろ。

125 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 08:29:39 ID:5YuoQ3Kg0
ここは魔術的スルースキルを鍛えるのだ。

わしはNGワード使っとるがw

126 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 09:43:34 ID:OdR4I+380

 麻生氏善戦に見る「若手新保守」躍動の兆し  その1
〜偏向メディア(=在日)が市民世論を潰した先の総裁選〜

各所で指摘されてる通り先の自民党総裁選では、メディアによる
不自然なまでの印象操作が露骨に繰り返され、当初の麻生氏優勢の
展望が一気に覆されてしまい、そのままなし崩し的に
福田氏有利の形勢に傾き、結局その通りの結果で終着する事に
相成りました。

麻生氏クーデター説に対する今頃になっての否定報道など、
この不自然極まりない展開にには、依然きな臭さを感じずには
いられません。
前回の参院選で見られた、年金問題の元凶であり公務員職務怠慢の
最大要因である自治労とべったりの民主党をさも改革派のように報道し
大勝させたのと、同じ構図が見て取れます。
市民世論が推した麻生氏は、メディアによって意図的に潰されてしまったのです。

福田氏就任と同時に、朝日などの左派マディアは「期待されるアジア外交」などと
あまりに「分かりやすい」言説を表明しています。
他に中韓、北韓でも福田氏歓迎の記事が新聞等をにぎわせているようです。
日韓双方への背信者・在日コリアンも諸手を挙げて歓迎している事でしょう。
彼ら反日勢力は「物言わぬ日本」を求めており、福田氏はその意向に沿う人物である
という事です。私達市民の受難の日々はまた幕を開けました。


127 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:07:39 ID:Rskv0CwKO
あぼーん

128 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 12:54:11 ID:OdR4I+380

 ついにアメリカが本腰を入れ始めた「反コリアン論調」
〜アメリカ大使館も水面化で積極推進・迫る在日勢力駆逐の時〜

先日、おそらく東アジア情勢の分岐点を示す事になる「小事件」が発覚し
物議を醸し出しています。
ウィキペディアの「朝鮮の歴史」ページを修正し「コリアは古代より
日中など周辺諸国の属国である」の文言を書き込んだ発信者が、
wikiスキャナによってアメリカ大使館である事が特定されたのです。

これは極めて重大な局面を示唆しています。
左派論壇はアメリカによる日韓分離工作などと的外れな主張をしていますが
そんな単純な話ではありません。
アメリカ大使館は自身を特定される事を承知で、この様な編集工作を行ったのであり
その真意は日本国内に巣食う在日コリアン勢力に対する事実上の「決別宣言」
であると見てよいでしょう。

在日勢力の増長は、もともとGHQによる日本弱体化政策に端を発したものであり、
彼らコリアンは日本社会の不安定要素として意図的に野放しにされて来ました。
日本が韓国との結託を迫られる背景にも、対共産主義戦線の円滑化を望むアメリカの
要望があったればこそであり、今回アメリカ大使館がコリアンの最も逆鱗に触れる部分
歴史項目の修正を公然と行った事実は、今までの在日庇護方針を全撤廃する旨を
示したのと同等なのです。

もしこの編集者が日本人なら今頃激しい民族抗議活動が展開されてる所ですが
「媚強苛弱」精神のコリアンは滑稽なまでの黙殺を続けています。
アメリカもようやく真実を悟り、在日コリアン勢力を突き放し始めたのです。
永住資格を始めとした在日特権剥奪運動は、ついに実現に向けて強力な一歩を
踏み出しました。


129 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 13:17:43 ID:/5Bk2TB80
みなさんは儀式をどのくらいの頻度でやってますか?

自分はバトラーから入った口なので、日拝を一日2回正午と深夜に、五芒星小追儺式と合わせて

それで1年半くらい

はじめのころは朝夕の日拝もいれて4回だったけど、これはしんどかったw

バトラーは朝昼晩の3回日拝だけやれって書いてあるんだけどね…

130 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 13:26:40 ID:jiwy5JO60
でなんか効果ありました?

131 :通りすがり:2007/09/25(火) 14:56:43 ID:mxD9cFFo0
あるわけないでしょ

132 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 15:00:35 ID:jiwy5JO60
あなたには聞いてませんが

133 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 16:36:55 ID:OdR4I+380

 アメリカ大使館に続き韓国人にも在日包囲網への参加要請を
〜日米韓三者共同による在日コリアン勢力駆逐の時〜

アメリカ大使館によるウィキペディア「朝鮮の歴史」ページ修正で
示唆された潜在的な意志表示は、保守、左派両陣営に波紋を広げており、
アジア情勢の大きな転換点を示す画期的な出来事して
受け止められています。

勝共連合も過去の遺物と化し、在韓米軍の縮小および撤退も視野に
入れられてる現在、どうやらアメリカはコリアン勢力の消滅に
向けて本腰を入れ始めたようです。
理由はいろいろ考えられますが、やはり中国台頭の危機感による
アジア戦略の根本的見直しがその背景にあるのでしょう。
コリアンは遺伝的に対中屈従の属国精神を持ち合わせており
これ以上彼らを日本でのさばらせるのは、結果的に中国を
利するだけと看破したのかもしれません。

民主大勝に続き、左派論壇および特ア諸国が喝采する福田氏の
総裁就任など依然、市民を取り巻く状況は困難なものがありますが、
同時に一筋の光明も見え始めました。
私達市民はこの好機を生かして、在日コリアンの「特別永住資格剥奪」
を始めとする「在日特権の抹消」に向けて徹底努力せねばなりません。


134 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 17:06:28 ID:zTukK2yM0
自分にとっては、日々の生活の中の一挙手一投足全てが祈りであり儀式である
そんな意識で生きてますが何か?

135 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 18:05:53 ID:jiwy5JO60
そういうんじゃなくて儀式はどうなのって話

136 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 18:19:26 ID:zTukK2yM0
そりゃ悪かったな
日常生活に修行意識のない奴に言う台詞じゃなかったわw

137 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 18:27:18 ID:jiwy5JO60
話の流れが分からないやつに言われたくない

138 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 18:30:24 ID:pXMMWMLJ0
特定の目的の為に行う儀式と、日常的に祈祷に近い形で行う儀式では異なるし、
後者について効果を尋ねるなんて愚問以外の何ものでもない。

139 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 18:32:50 ID:jiwy5JO60
いや分からないから聞きたい。どういう効果がでてくればいいの

140 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 18:34:27 ID:jiwy5JO60
効果ってのは心身への作用とか変化って意味だけど

141 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 18:46:43 ID:pXMMWMLJ0
>>140
だったら実感があるかどうか自分で分かるだろ。

142 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 18:53:27 ID:jiwy5JO60
やってる人はどんな感じなの?

143 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 19:00:40 ID:pvsczolf0
>>142
おまえは幼稚園児か

144 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 19:06:24 ID:jiwy5JO60
幼稚園児でなくても他の人が毎日の儀式でどんな実感得てるのかは分からんだろ

145 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 19:07:31 ID:jiwy5JO60
>121みたいなつまらないネタは書けても初心者初学者の疑問には答える気はないと


146 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 19:18:41 ID:isouZBTO0
初学者と呼べるところまで、頑張ってみようよ

147 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 19:29:53 ID:pvsczolf0
>>145
ない

148 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 20:42:17 ID:jiwy5JO60
なんで初歩の日拝続けたらどんな感じになるのか、ってことまで秘密扱いなの

149 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:00:17 ID:byLytlL40
そろそろアヒャ様の予感。

150 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:08:28 ID:isouZBTO0
秘密っていうか、、、うん気持ちいいよ、とか答えてほしいの?

151 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:10:21 ID:jiwy5JO60
まあもっと詳しい方が嬉しいけど

152 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:22:01 ID:isouZBTO0
初歩の日拝に「うん、気持ちいいな」以上の効果はないよ。


153 :129:2007/09/25(火) 21:24:40 ID:mfxfmoBb0
なんかエラい流れになってしまってる…

>>ID:jiwy5JO60
なんも起こったりしませんでした

154 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:27:12 ID:jiwy5JO60
>>152
thx。続けると変わってくるんでしょうか。
>>153
thx。一年くらいじゃ変化ないってことかなぁ

155 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:36:33 ID:vVBC9smw0
ううむ健康のためにするんだったらテレビ体操でもやってればいいわけで
俺たちが目指すのは海を真っ二つにしたり
死んだといわれる人を立って歩いていくように諭したり
水面を歩いたりすることだ
意味のある修行をしないと時間が無駄になってしまうよ・・・

156 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:41:32 ID:jiwy5JO60
そういうのじゃなく普通の修行続けてたらどんな風に変化していくのか詳細が知りたいんだよ

157 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:44:02 ID:mvNmZEXx0
太陽光浴ってのは欝治療にも使われたりするんだろ?
こんな簡単な事でも、精神面での作用はかなりあるのかもしれないね

158 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:52:27 ID:dqbJMqc30
>>154
一年位で顕著な効果の出る儀式なんて魔術にはない。
短期間で結果を求めるな、ってのは
大抵の魔術入門書に書いてある事。

日拝を毎日繰り返しても精々

*一日の時間的区切りを意識する
*定期的に魔術的意識を喚起する
*寝不足の状態を作り出して自律神経を微妙に狂わせる(真夜中の日拝)
*朝日を浴びて自律神経を活性化させる(朝の日拝)
*太陽の位置・方位と時間との関係を無意識に刻み込む

位の効果しかない。

これらは魔術の基礎たる魔術的世界観の構築作業の一部
であって、日拝の修行だけの単独の効果を求める事自体が
間違っている。


159 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:57:20 ID:jiwy5JO60
>>158
なるほど。詳細thxです。

160 :129:2007/09/25(火) 22:08:24 ID:7VL8i7U60
そういえばどうでもいいっちゃどうでもいいんだけど、ちょっぴり気になったこと

五芒星小追儺式の最後のフレーズだけど、リガルディだと
「前方に五芒星は燃え上がり、後方に六芒星は輝きたり」
だけど、ぴんとこなかったので
「我が周囲に五芒星は燃え上がり、天に六芒星は輝きたり」
に変えてやってしまってます

フレーズの出典は分からない…

みなさんはどのような文句でやってますか?

161 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 22:16:45 ID:jiwy5JO60
昔は頭上には、といっていて今は、柱には、にしてる
あと毎日やってるのは日拝と逆向き瞑想。
LBPRは少し前まで毎日やってたけど最近は2日に一回くらい。続けてやるようになって一年くらいのぺーぺーなんで参考にはならない。


162 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 22:17:40 ID:uhLXGjmX0
>>160
んー・・・
いままでいちばん長くやってた形式だと
「我が四囲に五芒星は燃え、頭上に六つの星は輝く」

近年始めたのだと
"Around me burn the stars of NUIT.
And within me burns the stars of HADIT."


163 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 03:45:58 ID:T6Ds2zM50
六つの星をどうするかという話題は前にも出たな

164 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 06:51:51 ID:gEffjRiu0
いろんな解釈があって面倒くさいから俺は
"For about me flames the Pentagrams.
And in the Column stands the six-raiyed Star."
と英語のままで唱えているよw

それから老師は、six-raiyed starが六芒星とは限らないと考察していること
ttp://www7.ocn.ne.jp/~elfindog/lpentag.htm


165 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 07:26:08 ID:qSrIJd220
唱えると同時にするイメージはどうしてるの

166 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 07:50:56 ID:ST9tUcwu0
          /\_/\      〜〜〜♪
         /      。ヽ
         |___*__∀
        ノ".,,,,//( [i(リ,
        \ ヽヽゝ"ー'    .   __∧__
         ,.ソ_.,-− ̄ ̄iつ━   \.゚∀゚* /  
        〈'二_/ Y-- ̄    .   |/\|    
        .._;,ノ-   , l
      .;' ,-.,`;;ー- .._|.l     アヒャヒャ、
      ( (,. |ヲl、ヲ |         Pentagramは、
      ;;) l |-''|-'^'l.l      しっかり描くのじゃ。
     ⊂ノ l__ノ-、,l
        r'v`l/i
        〈 《 /|:      
.     _ ___ヽ》)_ヽヽ    


167 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 08:02:52 ID:fFYht1k20
>>162 Nu Sphere Ritualだね

168 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 08:05:20 ID:fFYht1k20
ttp://members.at.infoseek.co.jp/iFuck21/index-87.html

169 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 09:14:25 ID:7Cbw3ttV0

 再び浮上し始めた人権擁護法案の悪夢
〜聞こえる在日コリアンの高笑い〜

福田内閣の誕生によって日本社会には再び暗雲が立ち込めています。
中国世論の喝采ぶりは、それを如実に示す兆しであると見るべきでしょう。
中国の戦略および対応は、かの国の古典を一読すれば
即座に該当項目が発見できるほど非常に分かり易いものばかりです。
韓非子にはこうあります。
「隣国の有能な臣は冷遇して貶め、無能不忠の臣は厚遇して名声を高めよ」
その端的な例が、日本社会を憂い中国脅威論を堂々と唱えた前原氏への
冷遇ぶりと、今回の福田氏への喝采ぶりです。

一説によると、今回の福田氏総理就任の最大功労者は古賀誠氏であるという事です。
周知の通り、古賀氏は野中広務氏との子弟関係が有名な人物であり
「野中先生がやり残した仕事である人権擁護法案を成立させるために
政治生命を賭ける」とまで語ったとされています。
今回、古賀氏は選挙対策委員長という要職を手にしました。
おそらく人権擁護法案の話が再びぶり返される可能性も高いでしょう。
私達市民は、またしても在日コリアンの脅威に晒され始めたのです。


170 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 14:17:55 ID:WfAPoYraO
>>164
私も同じ。

171 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 18:05:51 ID:ArgZ9VgC0
>>162>>164
分かってると思うが、元のテキストに従えば
"And within me burns the star of Hadit."
HADITの星は単数形
"For about me flames the Pentagram."
Pentagramは単数形

172 :162:2007/09/26(水) 22:10:12 ID:Lw6C/ivR0
>>171
フォローd
Haditの項は確認した・・・つーかそりゃそうだよね;

173 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 01:14:53 ID:FM41c5tm0
しかし、周囲の四つの五芒星を燃やすイメージしているから
体感的には複数なんだよな

174 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 06:30:10 ID:s4+1DGdY0
小五芒星儀式のオリジナルって何だろう
あまりにあちこちに書かれているがGD文書よりさかのぼれない

175 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 07:31:31 ID:cpqbBlWU0
         /\_/\      / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         /  。  。ヽ    <  姉様、
         |__*_∀__|      |   本当のところどうなの?
        ノ/|( i] リi]`レヾ     |    GD文書に帰るべき?  
        `ヽゝ"O"ノ       \__________  
        〈/ ヽ\ノ/\   
        ./ / `||´ | \   アヒャヒャヒャ、GD文書はスケルトンじゃ。
        (__/|.___」ヽζ)     「以上の理論に基づいて各自工夫せよ」
       ゙-"/i__、,__!     疎かにしてもいかぬが原理主義も本末転倒じゃ。
      i'`i___//.l   l !        ∧∧  例えばLBPRも、いおすの文書を
      ` - -' .|_i/.      .ヽ(゚∀゚*)   見れば多くの肉付けがあることに
         〈`|_|          ( . )〜  気付くであろう。
          〈` ‐"ヽ         U U   各自が納得できれば、それでいいのじゃ。


176 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 07:42:03 ID:cpqbBlWU0
         /\_/\
  _n    / 。  。 ヽ   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄    
 (_ /ヽ  |__∀_*__|   |  じゃあ、LBPRも
   ヽ ヽノ/|´[i リ[i )レヾ < 好きに改造していいんだね、
    ヽ `ヽヽ"ー"く/   |  姉様?
      ヽ, 〈 |`7>‐--、  \_______    
        | `ii´   i   ヽ  
       /  ii   i 〉  〉
       /   ||    | /へ/   
       ヽ. jl   _,.. /   i    アヒャヒャ、
       i∨レ'´ヽi`‐-'    とはいうものの、
       l   i   |      LBPRはGDの体系を凝縮したとも言える、
        l  i   l          非常に重要なものでもあるのじゃ。 
       l  iヽ  ヽ     .∧∧  充分な知識が無いうちは、  
       i  i ヽ __ヽ  ヽ(゚∀゚*)  極端な変更も問題じゃの。
       i____i   `/  'i   (   )〜  the six-raiyed Starのイメージは、
       (_ メ   `‐‐'    ∪∪  わらわも悩むがの(六ぼう星説を取っておる)。


177 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 07:57:40 ID:cpqbBlWU0
アヒャヒャ。
つまるところ、己の選んだ師(書物の著者を含む)の指導に従うが、無難と言うことじゃの。

178 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 10:23:28 ID:ePWK4EN40
ここでまたツッコミを入れるとアヒャ様がキレて、長文反論を試みてしまわれるので
くれぐれも静粛に。

179 :129:2007/09/27(木) 12:41:51 ID:NdV5mvA90
大変有意義な流れで参考になります。thx

五芒星の視覚化はどうやってます?自分は東なら黄色の五芒星に青の炎、
南なら赤の五芒星に緑の炎、とそれぞれの星を補色の炎で纏わせています

五芒星自体は、なぞってった先から結晶化するような…薄い合金みたいな感じで

ただ視覚化がへたくそで、いまのところ五芒星を「視覚化」するというより「想像」している感じで、
そこが不安を感じるところでもありまして。ほんとに視覚化なんてできるのかとか思ったり

前スレでは「そんなに神経質にならなくてもいい」みたいな話はありましたよね

180 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 13:16:46 ID:OxNUED/Q0
視覚化は目じゃなくて脳の技術だよ
みる、ではなく、ある、だ。
あれば、みえるのは当たり前。

181 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 15:31:31 ID:OxNUED/Q0
たとえば、映画監督が脚本を読みながらカット割りを考えているとき。
監督の頭のなかには、現場の風景やスクリーンに映し出される画がありありと想像されている。
まぶたを閉じれば、あたかもまぶたの裏にスクリーンがあるように自律的な映像が「みえる」こともある。

視覚化Visualiseというのは、こういうこと。
加えて、目を開いて現実の風景に重ねてみている状態は、パントマイムの役者がみているような風景のこと。
残像を残す練習は、上記のような映像的な想像力を強化するためのもので、ただひねくりだされた視覚上のエラーを弄ぶだけではあまり意味はないかと。



182 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 20:16:20 ID:e5oRy8Ex0
>>175-177
基本的には正論ですなw
でも、良かれ悪かれアヒャ様は、第一世代のGD系の人ですな。
一見ぶっとんでるように見えて、アドバイスとなると博識なくせに本当に当たり前な無難なことしか言わない。
もうちょっと無責任になってみてはいかがでしょうかw
ま、これは冗談だがw

183 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 20:20:50 ID:e5oRy8Ex0
>>179
ちなみに漏れは全部白光だ。
視覚化は、はっきりと見えればそれに越したことはないが、どうにも「体質的に」
それが苦手な人は間違いなく居る。そういう人は無理せずイメージでいいと思う。

ちなみに漏れの場合、最初の頃は東西南北にペンタグラムを描いた紙を張って、そ
れをなぞってみた。慣れたら、その紙をはずした。

184 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 20:24:42 ID:e5oRy8Ex0
>>179
もう一つ。炎の色なら、その程度の工夫なら、別に君のやり方でも構わんと思う。
ただ、GDの道を歩むなら、アヒャ様のアドバイスは完全に正しい。
特に「名前」はいじるな。
GD以外の道を進むと言うなら、話氏は別だが。

185 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 20:40:20 ID:e5oRy8Ex0
>>180-181
同意ですな。
ビジョンにこだわりすぎるのは、本末が転倒ですな。

186 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 12:46:09 ID:x2mnIIPq0

 KIS開校で暴かれた「ゆとり教育」の真の目的
〜日本人にはゆとり教育、在日同胞には詰め込み教育〜

在日コリアン社会が自身の未来存亡を託し並々ならぬ力を入れて
設立したと言われる在日子弟対象の中高一貫スクール
「コリア国際学園(KIS)」が来春に開校します。

この学園の役員、講師陣には姜尚中氏など在日社会の有力者達が
軒並み名を連ねておりますが、その中になんと、
かの「ゆとり教育」の旗振り役「寺脇研」氏も加わっている事が
判明し日本社会に大きな波紋を投げかけているのです。

このKISの要綱を見ると、まず「文部省の学習指導要領に
とらわれないカリキュラムを組む」とあり、つまり従来の朝鮮学校
そのままの反日民族教育が実施される事を示しています。

更にこの学園は、一流大学進学を目標とする徹底した長時間学習による
エリート教育の実施も公言しており、つまりこれはかつて寺脇氏など
文部官僚が否定した「詰め込み教育」そのものです。
そこに、ゆとり教育の推進者が参加するという極めて不可解な事態が起きています。

日本人子弟にはゆとり教育を押し付けておいて、在日コリアンには
詰め込み教育を施す、これは一体何を意味しているのでしょうか?
恐ろしい陰謀の影が見え隠れします。


187 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 16:10:00 ID:x2mnIIPq0

 矛盾した論理を憚らない在日コリアンたち
〜その根底に潜むあからさまな日本社会乗っ取りの野心〜

来春開校するコリア国際学園(KIS)は、「学習指導要領に
囚われないカリキュラム」つまり日本地域社会から逸脱した
実質的な民族教育の実施と、一流大学進学を目指す露骨な
コリア版エリート養成教育を主要課程に掲げています。

そしてこの学園の理事長に、常日頃からナショナリズムの否定と
勝ち組社会否定の論理を掲げる姜尚中氏が理事長に就任してる事から
この言動不一致の姑息な実態に各方面から批判の声も挙がってるのです。

188 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 16:24:44 ID:x2mnIIPq0

 KIS開校で暴かれた「ゆとり教育」の真の目的
〜ゆとり教育の旗振り役が、在日子弟への詰め込み教育に参画〜


189 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 16:41:57 ID:l1VfgM3n0
オカルトってのは基本的にエリート主義だと思うんだけど、
魔術界の有名どころって大衆的な印象を受けるよね。


190 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:42:03 ID:B98kyc4eO
実は自然界の普遍の原理を理論化したのが魔術だからね。
なかには誤爆もあるが

191 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 19:26:28 ID:PAc+LEp60
大御所の人達の「魔術は趣味」も、こうしたエリート主義から脱却しようというあがきだったのかも。

192 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 19:50:13 ID:v+rAH8d50
>>191
いや、彼らはホントの意味でのエリート主義だと思う。
真面目にやる気のない奴、継続して修行できる能力のない奴は
俺等の団にはイラネ、という意味では徹底している。

193 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 20:01:29 ID:PAc+LEp60
体育会的なエリート主義だよねw
そういや、大御所は体育会系が多いような。

(漏れは政治ネタはここでは一切スルー主義なので、他意はありません)

194 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 20:04:44 ID:PAc+LEp60
そういえば、魔術と武術の類似はよく指摘されるところだが、
今現在の魔術の修行者は体育会系と文科系とどっちが主流派なんだろうかw
ちなみに漏れは文化系w

195 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 20:09:29 ID:PAc+LEp60
>>179
ちなみに漏れは、五芒星は白い線で、オレンジの炎がチロチロ燃えてる感じ。

196 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 20:47:36 ID:lESSUCYI0
>>193
体育会系とエリートは完全に相反する存在なのだが。

197 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 20:51:42 ID:PAc+LEp60
いやいや、どんな世界にもエリート主義者はいるよw

198 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 20:54:27 ID:PAc+LEp60
まあ、エリート主義は必ずしも悪いことだとは思わないよ。
例えば「根拠あるプライド」のようなね。
独りよがりの自惚れじゃしょうもないが、この差は紙一重だよなあ。

まあ、自分は魔術の修行をきっちりやってきたってことに自信とプライド持つのは悪くはないと思うよ。


199 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 21:15:20 ID:lESSUCYI0
エリートの意味が分かっていない連中が多いな。
オルテガの「大衆の反逆」を読みたまへ。

200 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 21:36:57 ID:PAc+LEp60
オルテガの解釈だって、数ある解釈の一つにすぎない。

201 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 21:40:18 ID:B2ajmdhd0


答えてくれよ。エリート達。

>>21

202 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 21:40:26 ID:PAc+LEp60
ホセ・オルテガ・イ・ガセットの思想もそれはそれで興味深いがなw
「ドン・キホーテをめぐる思索」も重要。
けど、哲学ネタに脱線しそうなので、この辺で漏れは離脱。

203 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 21:45:08 ID:B2ajmdhd0

松本 答えてくれ。
  
 175 名前:本当にあった怖い名無し メェル:sage 投稿日:2006/11/30(木) 09:53:49 ID:eyhwVPkv0
 >>174
 >商業的宣伝文句と現実と理想との間のギャップに対するジレンマが

 的を射てる。
 ただ、それが鼻に付きすぎて嫌味になってた部分もある。
 当時の論調を思い返すと、以下のスローガンが殊更に強調されていて
「魔術は趣味」「魔術は高尚でも何でもない」「商業利用はみっともない」

 これらは全て正しいのだけど、逆にそれで自己陶酔してた面も否めない。
 魔術を実践しながらそれを茶化す自分はカッコイイ、と考えてた部分もあるんじゃないか?

204 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 22:11:18 ID:NN4TbsYw0
>>196
体育会系こそガチガチのエリート主義じゃないか。

日本代表とか□□県選抜とかを重視するのが
エリート主義じゃなくて何なんだ?

語源についてWikiから引用:
『エリートはもともとラテン語で「神に選ばれしもの」のこと。神に選ばれるというのは
 キリストに代表されるように、他人のために死ぬ用意ができているということであり、
 結局、自分の利害得失と関係なく自分以外の人や物事のために命を捨てられる人、を意味する。』
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%88

スポーツの世界ってのは、サッカーやオリンピックの歴史を見れば判るように
戦争の代わりに勝ち負けを決めるものだから、選ばれた人間は国とか地方とかの
威信を背負ってる。そういう意味で、○○代表ってのは間違いなくエリートだ。

205 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 22:26:23 ID:PAc+LEp60
ところで、ノウィッキかキケロ夫妻のSelf-Initiationの本、翻訳でたら色々と面白いことになると思うんだが。
キケロ夫妻の本は、古本でも一時期1万円前後行ったが、再販がでて半分以下だな。
GETするなら、今がチャンスかもw

206 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 22:38:17 ID:PAc+LEp60
あと新刊だが、教養課程にこれもお勧めだ。
漏れたちにとって重要な、「万物照応」の思想史が分かる。
帯にも「万物照応めくるめく思想の宇宙」とあるw
カバラでおなじみのピーコ、ヘルメス文書の翻訳者フィチーノについても、一般的な知識が得られるぞ。
編纂者は、老師が通ったことでも有名なヴァールブルク学派の本を翻訳紹介してる伊藤氏。

ttp://z.la/zlsb4


207 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 22:43:37 ID:lESSUCYI0
>>204
体育会系は侮蔑語だぞ?
上には媚び、下には威張りちらし、衆を頼むだけが能で
個人の尊厳など微塵も無い。
スポーツマンと体育会系は全くの別物だという事を理解し給え。
体育会系にノーブレス・オブリージュを背負う事など、
能力的にも精神的にも絶対に不可能だ。

神戸滝川高校の堤翔吾をエリートだと思うかね?

208 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 22:47:23 ID:PAc+LEp60
すまん。
以下の通り修正。

>>206
>編纂者は、老師が通ったことでも有名なヴァールブルク学派の本を翻訳紹介してる伊藤氏。

  ↓   ↓

>編纂者は、老師が通ったことでも有名なウォーバーグ研究所のヴァールブルク学派の本を翻訳紹介してる伊藤氏。


209 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 22:56:26 ID:NN4TbsYw0
>>207
あんた文系だな。

ノーブレス・オブリージュを理解できない連中を
「特定の競技のエリート」として働かせる為に
問答無用で体に上位下達をたたき込むんだよ。

今話題の相撲部屋なんてその最たるもの。
アレは昔からタニマチの威信を背負ってるからな。

210 :209:2007/09/28(金) 23:02:40 ID:NN4TbsYw0
すまん、>>209の訂正。

(誤)上位下達
(正)上意下達

でもって、エリートに成れる奴は保護され、エリートになる能力を持たない奴は
ハブにされるか脇役とか裏方に回される訳だ。

GD魔術でもプロベイショナーから外陣の位階にかけて、
合わない奴とか能力の無い奴を振るい落として選んでいる訳だ。

211 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 23:14:41 ID:PAc+LEp60
そろそろアヒャ様の予感。

212 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 00:04:39 ID:qhOyYGWr0
初心者だけどこの手のことをグダグダ語ってる人ってどの程度上級者なんだろうな
語彙や知識はおれよりあるんだろうけど、
互いがどういう意味でその言葉を使ってるかや何を言おうとしてるのか、全然分かろうとしないまま議論をしてるように見える。
まさかこれで第二陣の人ってことはないよね。
第一陣の人なら知識や技術はだんだん増えてくだろうけど、まあこんなものかなとは思う。

213 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 00:11:20 ID:w9IHbrez0
>>205
「Self-Initiation into the Golden Dawn Tradition」ですね。
密林みたら、本当に古書の半分以下の価格で出てました。
これ、入手を半分あきらめてた。
情報ありがとう!!


214 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 00:12:39 ID:HjGb+DWu0
>212 魔術師は基本エゴイストだから、仕方ない。

215 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 00:14:37 ID:qhOyYGWr0
翻って>189から考え直すと、単に上達する人としない人、うまい人や下手な人がいる、っていうことを
エリート主義といういろんなイメージのある漠然とした言葉で言い切ったのがどうかと思うんだが・・・
>189の中では>189の考えるエリート主義の意味と魔術に関するイメージは一致してるんだろうけど。
あと、大御所は大衆的で云々というのもGD以降一般に開放する路線なんだからいわずもがなではないですか。

216 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 00:27:27 ID:Tk6tZXCg0
>>215
O∴H∴はある一定条件を満たさないと入れないんじゃなかったっけ?
I∴O∴S∴も試験があるし。
機会均等なだけで選抜はきちんとしている。

Wikiペディアの記述からすると機会均等はエリート主義とは反しない。

217 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 00:30:20 ID:6c80xRi90
自分がバトラーの書を読んで、天啓に打たれたかのように目を開かされた術式を紹介しようと思います

「ジョンソン博士だったと思う。かれは友人ボズウェルの筆によって不滅の名声をかちえた、
有名な機知あふれる哲学者であるが、かつてこう言ったことがある
『言葉づかいを定義しなさい。諸君、言葉づかいを定義することです。そうすれば議論が節約できます』
この忠告は非常に役立つ」

W.E.バトラー
オカルト入門

218 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 00:38:33 ID:cE4pJiqn0
O∴H∴って、ぶっちゃけ、最初からペーパー結社でしょ?

219 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 00:55:45 ID:qhOyYGWr0
>>216
なんか>215で書いたことがよく伝わってないような。>189の有名どころは大衆的、というレスを、魔術を一般に公開して広めようとするようになったから、大衆的、と感じるのかな、と書いた。
あなたのレスはとにかく大衆的と言われることを全否定したいだけに思えるが。

220 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 00:58:33 ID:ct2fbFHt0
ひとり結社だと思ってた

221 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 06:13:29 ID:w9IHbrez0
セルフ・イニシーエーションは駄目?

222 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 07:41:22 ID:Tk6tZXCg0
>>219
大衆的である事を否定したいと言うよりは、
元来魔術の位階制度およびそれを元にした教育制度はエリート主義であり、
御大達もその伝統に忠実に則っている、という事。(架空のペーパー結社であっても)

こうやって書くとありふれた話だね。判りにくくてすまん。
でも見込みのある人間のみを選抜して重点的に育てるのはエリート教育だ。
(良い悪いとか偉い偉くないの問題ではなく方法論として。)

別に「彼らが大衆を蔑視している」という事を言いたい訳じゃない。
少なくとも位階制度を全否定する程ラジカルに大衆化を進めた人たちではなかった、
という事。

223 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 09:02:01 ID:w9IHbrez0
最初から読んでみましたけど、エリートや体育会系という言葉の定義が違ったまま議論したため、議論が噛みあってなかったみたいですね。
でも、>>222が言いたいことはわかりますた。

224 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 10:14:11 ID:m9g2e4X90
 ついに牙を剥き始めた在日コリアン勢力
〜外国人参政権取得に向けて全国決起集会〜

今夏の参議院選での民主党の大勝で勢い得た韓国民潭は
外国人参政権獲得に向けての大規模大衆集会と「示威行進」
および国会への請願行動を大敢行すると宣言して気勢を上げています。

「示威」なる言葉を用いる所が、正にコリアンの横暴な精神を
如実に示していると言わざる得ませんが、昨今の情勢下で
増長する彼らコリアンの民族恫喝は更に苛烈を極める事が
予想され、私達市民は彼らに対してより一層の警戒感を向ける必要があります。

外国人参政権は亡国への入り口です。
これが認可されれば間違いなく日本社会と市民たちは、
在日コリアンの足元に跪かされる事になります。
彼らの民族集会では「日本人を徹底差別してから死にたい!」など
私達の常識を逸脱した過激な発言が繰り返されており、
力を得た後の彼らがどこまで豹変するか、容易に想像がつくというものです。

「納税してる以上参政権は当然」など公言するコリアンは
根本的に間違っています。
彼らコリアンは、この日本社会に居住できる事自体が
大変な恩恵であり特権である事に気づこうとしないのです。
もはや彼らに常識を説くだけ無駄です。
私達市民は、国民の総意を以って彼らに「特別永住資格の剥奪」を
突き付け、日本社会から追放するべきなのです。
在日コリアンと帰化コリアンの早期追放を!


225 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 10:17:13 ID:w9IHbrez0
>>205
そういやキケロ夫妻って、あんなに多産なのに邦訳が一つも出てないのも不思議。

226 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 15:39:36 ID:evpo+MSZO
>>220
劇団ひとり、乙!

227 :222:2007/09/29(土) 16:53:59 ID:1+LiXrMZ0
>>223
ありがと。

あと、付け加えて言うならば、G∴I∴K∴O∴こそが
正しく大衆的な魔術結社ですよ。良い悪いは別にして・・・

228 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 19:10:32 ID:MExCoKAk0
あらゆる向上心のあるところにエリーティズムがある。
大衆なるものこそが近代の発明品。幻覚なのでは?

229 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 19:36:17 ID:XKJuXq/e0
2chで向上心を語っても・・・
とゆーのはあるけどな

230 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 20:12:02 ID:qhOyYGWr0
>222的には試験があるからエリート主義なんだな、まあ試験や審査はあるから、それじゃそういうことで終わりでいいやと思ったが、結局話題が続くので書く。
試験で選別があるからエリート主義ね、と言った段階で今度はエリート主義という言葉にある一般的なイメージからネガティブなものまで全てを当てはめようとしているように思えるのだが。
一連の議論の中でそういう違和感を覚えた。
例えば>210だが、次の位階に上がれるかの試験や審査というのはその人の到達度をチェックするためのものではないですか。
一般の学習者、志願者や団員への指導は熱心で丁寧なようですし、それから見ても>210のような上の位階ほど厚遇されm
下の者は省みられない、というのは間違ったイメージだと思うのですが。
一般的に言って、エリート主義というと、非常に優れた人材を特別扱いする、というようなイメージだと思うのですが、
そういう意味では一般に門戸が開かれ、学習者志願者には同じ教材や講座などが提供されることから考えて、
試験でチェックがあるから、エリート主義、という言葉を使うのは間違いではないでしょうか。


231 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 20:30:32 ID:iXNYxDPM0
知識があることに越したことは無いが、魔術にエリートはさして必要ない
むしろ、使えない無駄な知識 屁理屈はそぎ落としたほうがいい 魔術師ではなく魔術師評論家に
なるなら別の話だが

魔術に必要なのは 霊感と想像力である。理屈ではなく感覚を手にすること
魚座もしくは水星座(蟹座 蠍座 魚座)に神秘主義者が多いのはそのせいでもある。

232 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 20:38:16 ID:1i62c2uX0
自分で晒しageしなくてもいいじゃないですかー
サーリマーヤ先生、はやくHPにお帰り下さいw

233 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 20:51:00 ID:iXNYxDPM0
>>232
よう! 屁理屈チンカスww

234 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 22:21:19 ID:uci7DPok0
エリートって、大衆って、チンカスって、何?
今夜の迷走課題として提供してみるテスト。

235 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 23:30:24 ID:ct2fbFHt0
魔術にコツとかあるとは考えにくい。
再現性があるという点でそれは科学の性質を一部持つが、それははたして
人間の機能なのだろうか、自然界の法則なのだろうか。

自然界の法則ならば、たとえば最新技術研究所にでも行かなければ超伝導技術は使えない、
ロスアラモスに行かなければ原爆は作れないみたいに、魔術が非常に遠い存在になってしまいそうで哀しい。

この世界に例外があることを祈ってやまない。

236 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 23:48:35 ID:MExCoKAk0
人間の機能は自然界の法則の一部だと思うが

237 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 10:02:49 ID:0BGOjao70
          /\_/\    zzzzzz…
         /  __  __ヽ- .,         
   ムニャ   |__*_∀__|   "/ヽヽ    ZZZZZ……  
        ノ/| ___ リ__ レヾ  ゝ 丿ヾ,    
        /ヽゝ"-"ノ⌒)(.,_ ヽ   ヽゝ  ..∧∧‐-、
        〈,'、、,;),'、、,;)/~--(⌒,)   ))  (.゚∀゚*)ノ .)〜
                   "   ((
                      ヽつ

238 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 11:53:09 ID:dkjlA9xS0
>>230
医者は、国民が病気や怪我などによって困った時のエキスパートして
国家が制度を作り国費を投じて育成している典型的なエリートだ。
育成の為の学校は一般に門戸が開かれ、試験を通過した学習者志願者には
同じ教材や講座開かれてる。

魔術結社の教育方法と何処が違うの?

エリートの育成ってのは見込みのありそうな人材に重点的にコストをかけて
育てる事だ。
魔術結社の人材は何処も不足しているから、限られたマンパワーを
有効に使おうと思ったらどうしてもエリート教育的手法をとらざるを得ない。
(G∴I∴K∴O∴のような形態は、通信インフラが整備された環境でないと不可能。)

選抜方法とか、「優遇されすぎ」などのコストのかけ方の間違いとか、あるいはそもそもの育成の目的が
間違っていたりする事による弊害は確かに沢山あるので、それはきちんと改善すべきことだと思う。

しかし、最近の医者叩きの風潮のような、目に見えるネガティブな部分だけをやたら誇張して
エリート主義そのものを叩くのは見苦しいと思っている。改善すべき部分は他に沢山あるのに・・・
(お陰でWHOに世界一と認定されていた日本の医療は見事に崩壊した。後は雪崩の到達を待つばかり。)

俺自身は到底エリートとは言えないが、何時死んでもおかしくない程苦労している
真面目なエリートは沢山知ってるので、彼らの為にも、エリート主義がもっと浸透すべきと考えている。

239 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 12:53:54 ID:EveK0vNT0
>>238
>エリート主義そのものを叩くのは見苦しいと思っている。改善すべき部分は他に沢山あるのに・・・
>(お陰でWHOに世界一と認定されていた日本の医療は見事に崩壊した。後は雪崩の到達を待つばかり。)

言いたいことは何となく分かるけど、
この箇所は明らかにデタラメだな
医療の崩壊は産業破壊による地方財政の逼迫と
全国的な高齢化による医療財源の枯渇だ

充溢なカネがあるなら、風評なんざ屁みたいなもんだ
米国の医療ってそうでしょ、米国での医師なんて拝金主義者と同義だし
職業としてはあまり好かれていない


240 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 13:17:06 ID:Ezz5i83T0

  急増する脱北者の日本流入
〜積極的に脱北者を流入させる在日コリアンたち〜

北韓(北朝鮮)からの難民・いわゆる「脱北者」の日本流入が
今年になって急増しており、将来、日本の社会基盤をも揺るがしかねない
この深刻な事態の兆候が各方面に波紋を投げかけています。


241 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 13:25:34 ID:dkjlA9xS0
>>239
魔術の話からはそれるけど、最終的に金の問題というのはその通り。
ただし、金が減らされるような風潮をマスコミが担ったのも事実。
WHOが世界一認定した事なんか殆ど報道されなかった。

米国も貧乏人に払う薬代は無いからとっとと氏ね、
と生命保険会社が婉曲に言う社会。

マモン様が支配している世の中は世知辛いものですね。

242 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 15:02:25 ID:uFKB+yxs0
>>238
>魔術結社の教育方法と何処が違うの?
違うと思うよ。だからそもそも一般のエリート主義を魔術団体に当てはめて考えるからおかしくなる。
あなた個人のエリート主義はもっと評価されるべき、という考えがバイアスをかけているように思えるが。
(わたしの場合は逆の傾向があるのも自覚はあるが)
一般の教育制度や今の社会では進路や試験による選別にほとんど再チャレンジの余地はなく、
せいぜい何浪かできる程度で中年老年になってから医学部入学ということもニュースになるくらい希。
一度進学で進路を決めてしまえば後戻りはできないのが普通で、
だからこそ、医学的なエリートとそうでない人に振り分けて決定することができる。
さらには、進学などには定員があるから、そこで競争によってその都度上位何名かが選抜されるということが起こる。
ひるがえって今の普通の?魔術団体にそれらがあるかというとないと思う。
(本やwebで知っている限り。今回は定員何名か募集、という団体もあったが)
学習して次に進む資格ありとされたら、次に進めるわけでしょう。そこで上位何名限定ということはないのでは。
学習に終わりはないので、早々と昇格していく人もいれば、一生かけて学ぶ人もいるかもしれないが、
それはスピードの違いだけだ。一度上に進める人と進めない人をふりわけて決定してしまうということはないようだが。
魔術団体は初めからごく少数のエリートを選抜することを目的にしてるわけではなく、より多くの魔術師を育てたいと思っているのではないですか。
エリート主義は初めから少数を選抜するという人数限定の意思がなければ成立しないと思う。
結果的にカリキュラムを全て履修できた人は少なかったとしても、
初めから合格できる人数が決まっているわけではないから、全員が次に進めても問題はないどころか望ましい、
というのが魔術団体では。それは一般のとにかく上位を選んで人数を減らすことを目的にしたエリート主義とは別のものだと思う。
魔術団体に入ってるわけではないし、いろんな団体があるとは思うのですが、間違ってたらすみません。
実際どうなんでしょう。



243 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 15:19:48 ID:dkjlA9xS0
>>242

> せいぜい何浪かできる程度で中年老年になってから医学部入学ということもニュースになるくらい希。

そりゃそうです。
知力体力のある若い内に学習しないとなかなか成れない位
難しいものだから。
更に、養成する為の施設や教育の為の人材の維持には莫大なコストがかかる。
だからこそのエリート主義なのですよ。

医者が簡単に養成できるならエリート主義なんて採用されないと思います。
事実、古代メソポタミア辺りでは医者は卑しい職業で、治療に失敗したら
あっさり殺されていたんです。

良い人材を数多く育成できるのならエリート教育なんてする必要は無いんですよ。

> エリート主義は初めから少数を選抜するという人数限定の意思がなければ成立しないと思う。

そこは、魔術結社の人材に限りがあるから、という説明をしてありますが?
日本で通信教育をしている某団体だって、教育担当者のキャパシティの為に
人数制限していた訳ですよね。
私も昔申し込んだときに「現在は募集していません」と断られた事がありますよ。

>それは一般のとにかく上位を選んで人数を減らすことを目的にしたエリート主義とは別のものだと思う。

という訳で、魔術団体の教育においても医師の教育においても、限られた教育の為の資源と労力を
有効に使う為に選抜を行う、という意味では同じと思いますが、如何でしょうか?

244 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 16:54:26 ID:dkjlA9xS0
あと、>>243に付け加えるとしたら、医学と魔術(古代には一緒だった訳ですが)
はどちらも素人が扱うと危険である、と少なくとも多くの魔術関係者には、考えられている
という事です。(そう考えていない人も今では結構居ますが。)

扱うには十分な知識と経験と技術が要る。

だから、それらを学ぶ人材を選抜する一方で素人が無闇に危険に関わることを防ぐ、
という意味もあります。

245 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 16:55:35 ID:ccg+Xqhb0
被害者の母親はついいつものくせでお弁当を作ってしまうらしいです。
それを駄目にするのもイヤだから、霊前に供えた後に泣きながら自分で食べている姿を
近所の人が見たの↓をAA化したたもの

⌒ヽ         /                  /       |
  _ノ        ∠_____________ /        .|
           /\  \             |          |
           .\ \  \               |          |
   ○      / \ \  \           |         /
    />    /  / \ \  \       , "⌒ヽ       /
   ///   ./  /   .\ \  \      i    .i       ./
  ./\\\  /  /     \ \  \    .ヽ、_ノ     /
 /  .\\ ./  /      \ \  \     .|     /
 \   \\ ./ .J(´ー`)し  /.\ \  \    |    /     /
   \   \\ ∪  ノ '      \ \  \   .|   /|    ./
  o .\    \\⊂ノ /        \ \  \  |  / |   /
     "⌒ヽ .  \\ /           \ \  \| /  |   /
    i     i    \\   ○       \ \/|/   |  ./
  ○ ヽ _.ノ .\   \\      _,. - ''",, -  ̄    _| /
           \    \\_,. - ''",. - ''   o     ̄ .|/
            \   \\ ''  ̄ヘ _ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
      ○      \   \\//。 \  天国でもカーチャンの弁当食べてる?
    ゚   o   。   .\   \/     |   お前のために毎日作ってるよ
   。              ̄ ̄ ̄      \_卵焼きすきやろ?________


もう犯人一味は呪詛するしかねーな。

246 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 17:20:17 ID:oxU2HS860
気のせいかもしれんが民主社会正義厨がいるような気がする。
メーソンだのGDだのはハイアラーキー構造。民主主義とは基本的に真逆のもの。
ケイオス系はそれに反旗を翻すが、別に民主公正を旨とするわけではなく、地下組織的な細胞主義、アナキズムが基本トーンだ。
開かれた通信講座で民主的な魔術結社、てのは中二の夢であり田舎詐欺。
そんなものあったところで誰の得にもならんだろう?

247 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 17:48:09 ID:uFKB+yxs0
>>243
断られた方だったのですか。
単に団体のキャパシティの点で募集しておりません、と言われるのはそれこそ先着順というべきものであってエリート主義は関係ないではないですか。
例えばIOSなんかで定員1枠を巡って志願者や団員が試験の成績を争ったりするでしょうか
サイトや本を読む限りしてないみたいですが、間違ってたらすみません。

煙にまかれそうになりましたが、魔術と医学について、だから社会における医学では年齢制限があるとしても、
魔術では年齢制限はないようですが。(知ってるのはアブラメリンと18歳になるまで待ちましょう、くらい)

248 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 18:20:05 ID:dkjlA9xS0
>>247

>例えばIOSなんかで定員1枠を巡って志願者や団員が試験の成績を争ったりするでしょうか

IOSの内情は直接団員に聞いてくれ。
(知ってるけど、漏れがココで言う話ではない。)
少なくとも、先着順で入った奴が全て魔術師になれるわけではないと思うぞ。

そもそも枠を争う程、魔術では人がなかなか育たない。
そして育成には非常に手間がかかる。

希望者は多いが、手をかけて育てても大半は
仕事とか学業との両立ができなくて辞めていく。
修行そのものが選抜試験みたいなものだ。

さらに、どう考えても「魔術やるまえに収入を確保しろ」
「魔術やる前に医者に行け」と言いたくなる人も沢山応募してくる。
お情けで入団させても、必ず、人間関係で問題を起こすかモノにならずに
ドロップアウトしていく。

只でさえ少ない労力をそんな手のかかるだけの連中にまで割いていたら
自分の魔術修行どころか日常生活さえもままならない。
どこかでフィルターをかけて振るい落とさないとやっていられない。

実際、魔術結社では年齢制限を設けたり面接試験をしたり
書類審査をしたりして何らかの形で振るい落としをかけている。

医学に限らず大学入試に定員があるのも教育資源に限りがあるからだ。
ただし、大学の場合は学力というパラメータを検査するのが手っ取り早いし
それなりに有効ではある。だから学力試験で振るい落とす。

選抜方法の違いはあってもエリート主義には変わりない。

249 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 18:24:45 ID:dkjlA9xS0
>>248の訂正

(誤)実際、魔術結社では年齢制限を設けたり面接試験をしたり
(正)実際、多くの魔術結社では年齢制限を設けたり面接試験をしたり

250 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 19:23:54 ID:dkjlA9xS0
>>247
もう一つ。
何だか成績の順位に拘りがあるようだけど、それはエリート主義の本質ではないよ。

医師免許などの国家資格の合格者には法的権限とそれに伴う責任が与えられる。
言わば国家認定のエリートだ。(資格によって、権限にはピンからキリまであるが)

そして基本的に国家資格は、順位ではなく、
試験の点数が合格点に達するか否かで判定が決まる。
例:司法試験の合格判定↓
http://www.moj.go.jp/PRESS/020123-1/refer02.html

求められているのは順位ではなく能力、ということ。
そしてそれは魔術でも一緒。

251 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 19:26:05 ID:Csp3sPqp0
>お情けで入団させても、必ず、人間関係で問題を起こすかモノにならずに
>ドロップアウトしていく。

猛烈に煽ってるレスだなw
自身の閉鎖性、非寛容性を省みず、他者の人間性に転嫁する考えは相変わらずか。
これじゃどっちも先がないよ。どっちが自我インフレなのか。

252 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 19:31:59 ID:dkjlA9xS0
>>251
すまんね。
幾つかの過去の痛い経験が忘れられないのでね。

253 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 19:43:05 ID:ZzV4N5lm0
        __             
       (( ヽ        聞いてよ、アロエリーナ♪ 
  ノ⌒ヽ  ヽヽ、ゞ、        
 /  (.゛\ ./ヾ_ ン /\__/\    
 ヽ-ノ \/ヽ、/  ;/  。  。.ヽ    アヒャヒャ、いつの時代も
     .( .-<\  ,/|__*_∀_|      いかなる分野においても、
      \ /ヘへiノ/|( i] リi]ヾゝ       いかなる達人にとっても、
       〈  ``ヽゝ" .lフ"ノヽ.         難しきは、人間工学じゃ。 
        ヽ/ \\ ノノ \       ∧∧    
         (._  ̄((⌒ァ⌒) ̄ ) (○)  ヽ(゚∀゚*)    
            ̄  ""⌒ ̄ ̄  ヽ|〃  ∩∩/ )〜   

254 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 19:50:06 ID:3gD8b1O90
どんな小規模なものであっても団体の運営に関わったことがあれば、ID:dkjlA9xS0の言っていることが変だとは思わないんじゃないかなぁ

255 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 19:54:28 ID:uFKB+yxs0
>>250
医者の例えを持ち出してきたのはあなたですが、たしかに国家試験はそうですが、
例えとしては医科大や医者になるまでの過程がエリート主義だという話だったはずですが。
求められているのは能力であって上位順序ではないのでは、というのは>242で書きましたが、
それは>248へのレスにもなりますよね。
>248へのレスはまだ考え中ですが、実社会の激しい競争によるエリート選抜と、
健康で収入があることを資格要件にすることを、選抜があるから同じエリート主義、と言えるとは思えません。
とりあえず。

256 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 20:22:52 ID:dkjlA9xS0
>>255

> 例えとしては医科大や医者になるまでの過程がエリート主義だという話だったはずですが。

だから、それは教育のための資源が限られているからだ、
という事を何度もご説明申し上げているのですが。

教育コストを投入せずに一回の試験で認定が済むものもあれば
長年の教育が必要なものもあるのです。
魔術も長年の教育が必要なのです。

魔術結社は、大抵の場合貧乏で、且つ人材も限られています。
人を雇うお金なんて当然ありません。
ごく少数の見習いを取ったら、それ以上人数を拡張する余裕なんて無いのが普通です。
事の性質上、順位を競う試験は出来ませんが、何らかの振るい落としは行います。
そして位階昇格試験などを通して育ってきた人材を内陣に迎えるのです。

健康で収入があることは、魔術修行がきちんと出来る人かどうかを
判断する為の基準の一部ですが、経験上、ここがキチンとしていない人は
魔術どころではない問題を抱えている事が多いので、判断の上では重要な要素です。

257 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 20:54:23 ID:dkjlA9xS0
一から独学できる標準的魔術教科書を5=6の課程まで書いて
無料でWeb公開してくれないかな。
メール及びWeb掲示板でのサポート付きで(←ここ重要!!)

Ciceroの一連の書物はそれを意図したものだろうから、
文書自体は近い将来には出てくるだろう。
でも細かい部分についてのサポートが問題だよね。

G∴I∴K∴O∴がその時まで存続していれば大丈夫かな。

258 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 20:57:12 ID:uFKB+yxs0
>>256
そもそも「ふるい落とし」ですが、上の位階に上がるまで現位階での修行が続くのではないのですか。
教える方にも限界があるからという話だと上がれなければ強制退会になりそうなものですが、
そんな風には見えませんが。
教える方の限界については、手一杯なので新規募集なし、ということでやってるのでは。
魔術団体の内情についてはわたしは何も知らないのですが、あなたの言うことだけを鵜呑みにはできないので。

259 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:20:02 ID:dkjlA9xS0
>>258

>教える方にも限界があるからという話だと上がれなければ強制退会になりそうなものですが、
>そんな風には見えませんが。

長年同じ位階に居る人を辞めさせちゃうと人が居なくなっちゃうので、
強制退会はさせないところが多いです。
社会人になれば仕事の事情で数年間何も出来ない状況に陥ることは
良くありますので。(私も一時期そうなりました。)

そして、残る人よりも、そういった事情で自分から辞めていく人の方が遙かに多いのです。

このような事情のところが大半であるので、残った結社のスタッフの労力を無駄にしない為に、
入門希望者には何らかの制限をかけている団体が殆どです。
幾ら熱心であっても見込みの無さそうな人に力を割く余裕はないのです。

(私は入門の是非の最終決定をする立場ではありませんが、どちらかと言うと
 「仮入門させてもう少し様子を見ましょう」とか甘い意見を述べることが多いですが・・・
 後で「結社の他の皆さんに申し訳ない」と思った事が多かった・・・)

>魔術団体の内情についてはわたしは何も知らないのですが、あなたの言うことだけを鵜呑みにはできないので。

鵜呑みに出来ないのなら色々な魔術結社に聞いてみたら如何でしょうか?
Webページやメールアドレスを公開しているところは沢山ありますよ。

260 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:22:51 ID:oxU2HS860
なんかどうあっても魔術結社に民主的で平等公正な組織であって欲しいようだが、
残念ながらそんなことはないのだよ。だって魔術結社だよ?
会社組織じゃなくて徒弟制度だよ?
親方のご機嫌ひとつで強制退会、飛び級昇進、当たり前。
じゃいい仕事できないか、つーとんな訳ない。大工の組をイメージしてみればわかる。

入ればわかるよ。入らなくてもわかりそうなもんだけどさ。
でまぁそれが気に入らないなら、自分の理想とする結社をつくればいいじゃん。

とかなんとか書いたけど、正直なにが論点なのかわからん。失礼しました。

261 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:24:28 ID:iFtnM+Ds0
人間は皆平等なんて幻想を抱いているような人間に魔術が修得できるものかね。

でも、魔術業界ってサヨクが多いよね。朝松健とか、その嫁とか。

262 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:34:28 ID:dkjlA9xS0
>>260
> とかなんとか書いたけど、正直なにが論点なのかわからん。

論点: 入団試験や位階制度のある魔術結社はエリート主義か?

私の回答: 見込みのある人間のみを選抜する、という意味でエリート主義。
        現実問題として、見込みのない人まで平等に相手をしたら
        マジで過労で死にます。

263 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:52:52 ID:zWdwL0Gd0
魔術結社が密儀「学徒」の学院である以上、位階制度も選抜も不可欠だろうねぇ。
ついでにInitiationも。

高等魔術はそもそも「狭い門」なんだよ。

264 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:53:53 ID:LXOLJYwK0
魔術をマイノリティにしたい、気取り屋さんは、そうしていればいいよ。

265 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:59:48 ID:oxU2HS860
役所みたいな魔術結社などヒネリつぶしてやるぜ

266 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 22:12:01 ID:zWdwL0Gd0
>>264
マイノリティじゃ駄目なのか?w

俺の属する結社が海外の伝統系だからかもしれんが。
気取りとかじゃなく、西洋のMysteriesの掟なんだよ。
わからんのなら、別にいい。

267 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 22:25:59 ID:dkjlA9xS0
>>264
ずっと漏れが述べてきたように、
マイノリティであるのは求められる能力に対して
教育コストが掛かりすぎる事が一番の原因なんだ。

メディアの発展に伴って通信教育が一般化してきたように、
教育コストを下げるようなテクノロジーの進歩があれば
魔術をもっと一般に広める事は可能になると思う。

マイノリティが嫌なら、そういう方法を是非考えてくれ。

268 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 22:31:09 ID:ZzV4N5lm0
   \   通り抜け禁止    /
    \   ./  \  . /
     | \/      \/...|
     |  |      .    |  |
     |  |    .      |  |     
  .._ |_|   .       |_|_..
     |  |      .   .|  |    
     |  |     .    |  |   
     |  |      .   |  |   
     |  |      .   |  |    
   .._|/|         |\|_   
  / ..|  |   _−_ . |  |  \   
     |  |/_/.\_\|  |
   .._| /_/━━ \_\.|_
     /_/━ ━ ━ .\_\
          /\_/\     
         /  。  。ヽ  門というより隙間だね。
         |__*_∀__|    
        ノ/|( i] リi]`レヾ   ∧∧  アヒャヒャヒャ、
        `ヽゝ"〜ノ   ヽ(゚∀゚*)   これが狭き門じゃ。


269 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 22:36:27 ID:dkjlA9xS0
>>258
そうそう、思い出した。
D.フォーチュンの弟子筋で世界最大級の魔術結社Servants of Lightの通信教育
(結社に入る前の入門コース)は一定期間、魔術日記の提出が無いと
強制退会させられる。

厳しいところもある、という実例。

270 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 23:16:47 ID:uFKB+yxs0
>>269
出してれば留まれるわけだから、人数制限のための退会とは違いますよね。
実際にどこかの団員の方なんですね。鵜呑みにすればだけど。(わざわざこの件でメールしたりはしませんが)
いっぱいいっぱいな内情は分かりましたけど、だからこそ、それは結果的にジリ貧な状態になったのであって、
医者を初め実社会のエリート選抜の仕組みや育成とは違うと思いました。
そういう意味において魔術のそれをエリート主義と呼ぶことや実社会のエリートと並んでは語れないと思うのですが、
結局これはエリート主義という言葉をどうイメージしてどう使うかということに戻ってしまいますね。


271 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 23:32:52 ID:18zIHdIT0
デリート主義

272 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 00:00:12 ID:jVnHcDnR0
>>270
ウィキペディアより定義を引用します。
「エリート(仏:e'lite)とは、厳しい選抜と高度な専門教育を受け、
 ある特定の方面に於ける役に立つよう、充分に訓練されている人。」

医師はこの定義に当てはまるエリートですが、
魔術結社も、魔術(或いは精神世界)に於いて役に立つ人を作るために
選抜の方法と訓練体系を設けているのです。
(魔術が何の役に立つの?という問いは、
 各魔術結社にお問い合わせください。)

ただし、魔術結社の位階は公的な資格じゃないから

実社会のエリート教育のように育成資金の捻出が出来ない
→お金が絡まないから人が沢山寄って来ない
→人が少ないから実質的に競争がない、

というのが最大の違いです。

273 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 00:11:30 ID:jVnHcDnR0
>>270

> 出してれば留まれるわけだから、人数制限のための退会とは違いますよね。

SOLの通信教育の生徒には必ずスーパーバイザーが付きます。
SOLは世界的な団体ですから人数はそれなりに居ますが、
一人が担当できる限界はあります。

そしてSOLには世界中から申し込みが来るので、不心得な生徒を一定の基準で
辞めさせないとスーパーバイザー(およびSOL事務局)の労力は
枯渇してしまいます。

結局、どこの魔術結社でも、内部の人は「労多くして功少なし」の状態になるのです。

274 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 00:19:06 ID:J7DUaItd0
>273
魔術日記を出さないというような不心得者がいなかった場合は退会ではなく、今新規の募集はありませんということになるのでは。
>>272
わたしとしては、その人が寄ってこないので競争がない、というところで厳しい選抜というイメージがしないんだと思います。
そのイメージの違いですね。
また魔術団体の大変な内情について語っていただきましたが、それが例えば一般のエリート養成コース的なイメージとも
違うと感じたこともあるのだと思います。初めに極めて難易度の高いテストやハードルがあり、それを超えた優れた人間だけが
特別な教育を受けてエリート集団が養成される、というイメージがあるのですが、話を聞く限りはだんだんと脱落者が出るということで、
マラソンのようなイメージですね。(前者は会員制高級アスレチッククラブとでもいいましょうか)
まあやはり単にイメージするところの違いだと思います。団体の内情については鵜呑みにするとして色々分かって面白かったです。
ありがとうございました。

275 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 00:20:41 ID:J7DUaItd0
×(前者は会員制高級アスレチッククラブとでもいいましょうか)
良い例えでないかもしれないので取り消します


276 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 00:24:41 ID:NenUCPr50
最近の結社は秘密結社じゃないのか

277 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 00:58:49 ID:HmK5+iOY0
GDからして社交クラブの域を出なかったしね。

278 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 05:43:24 ID:17AJLyYC0
ペーパー結社を作って、大規模な西洋魔術の団体が暗躍しているかのごとく情報操作。

279 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 13:15:46 ID:hHPyjtiW0
構成員の殆どがホモという不思議な秘密結社
ttp://ugcp.sakura.ne.jp/kamma/index.html

280 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 19:08:06 ID:QtYFLaCq0
秘密にしなきゃいけない儀式次第は誰かさんが全部ぶちまけたからねぇ

281 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 23:14:35 ID:17AJLyYC0
りがるD先生でつか

282 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 01:30:57 ID:yds0xdyh0
おまいらホントに「秘密」って言葉に弱いなw
中身がなんにもなくても「秘密」って書いてたらとりあえず心が動くんだろ?
他にも「激安」とか「大バーゲン」とか「9割引き」とか
人の心を動かすパワーを持った言葉というのは確実に存在する。
それが言葉の魔力というやるかもしれん。

しかし「完全無料」とか「あなた様だけに素敵なお知らせ」とか
そおゆうメールのアドレスは踏むなよ
みんなウソっぱちだからよお

283 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 02:06:01 ID:PZN00S9K0
今なら入会金無料という謳い文句の魔術結社があったら気をつけ・・・

あれ? そういえば昔タディがやっていたISISでは・・・

284 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 07:17:20 ID:tBI/RW+k0
占い業界では、霊感商法ならぬ秘伝商法というのがあるそうだ。
「他では得られない秘伝を教えます」と称して、ン十万の講習会や特別絹布の本を売る。
けど中を見れば、市販の本にも書いてあることだったり、誰でも思いつくようなことだったり。


285 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 11:27:53 ID:qDS59hgm0
競馬とかアフィリエイトとかの必勝法と同じだな。

286 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 11:56:17 ID:qDS59hgm0
mixiにもいっぱい居て嫌になる。

魔術の話に戻すと、会員を増やしたいからといってインチキ商法まがいの方法をとる団体は信用できない。
会員を増やしたい理由が露骨にカネだったりする場合は尚のこと。
具体的な団体名は出さないが一般論でじゅうぶんだろう。

287 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 12:59:21 ID:LUs5LVpV0
mixiといえば、黒野忍のコミュニティがあってワロタw
懲りない奴だよね。

288 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 16:26:22 ID:Muy9PmID0

 国際舞台で虚偽の差別被害を叫ぶ在日団体
〜同胞の愚行に「卑怯な沈黙」を続ける全コリアンも同罪〜

もう批判する言葉も見つからないほど呆れ返る愚行が
在日コリアン達により、また国際舞台の場で繰り返されています。

今月、在日コリアン団体が国連人権理事会第6次会議に参加して
日本政府の在日同胞に対する「人権蹂躙行為」の調査を要請したようです。
その演説文には、更に呆れ返る内容がこう連ねられています。
「在日コリアンは、かつて日本帝国主義者によって強制に連行された人々
 とその子孫であり植民地統治の被害者である。
 日本政府のコリアンに対する敵視政策によって再び被害に遭っている」

憎むべきふてぶてしさ、憎むべき厚かましさ、憎むべき嘘八百、
これほどまでに人間を憤激させる声明は無いでしょう。
在日コリアン。彼らはどこまでも腐っています。
彼らの定住資格は誰が与えてやったと思っているのか、
彼らの居住権そのものが、日本市民の寛大な配慮による恩恵なのに
在日から返って来る言葉は更なる要求と恫喝、罵詈雑言ばかりなのです。

何故、他のコリアンは、この同胞によるあまりにひどい愚行を
たしなめようともしないのでしょうか?
卑怯な沈黙を守り、同胞の民族恫喝で得られた在日特権という
恩恵のおこぼれにあずかり続けてる以上、全てのコリアンは同類なのです。

在日コリアンという理不尽な存在そのものは、もはや人間道徳上の
観点からも許す事は出来ません。
一日も早い「特別永住資格剥奪」と帰化コリアンの国籍再審査および剥奪。
これが現代日本人に課せられた使命なのです。

289 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 20:36:40 ID:HVPfjHdh0
占いの世界では、知識の切り売りをしなけりゃ食っていけない先生方もいるんだよなw
本人は、大真面目に「秘伝だ」と思ってたりする。
英米の魔術界にも似たような人はいるよw

290 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 20:39:18 ID:HVPfjHdh0
そういうのが嫌になって、「秘伝と言われる知識」をバーンと公開する剛毅な人が周期的に現れるのも面白い。

儀式魔術のリガルディやウイッカンのファーラー夫妻とは、違うだろうけど、情報に飢えてる者にはありがたいw

291 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 20:53:34 ID:v7uEjUPk0
つまり「秘密の首領」なんて妄想に過ぎないという事だ。

292 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 20:59:23 ID:Muy9PmID0

 急増する脱北者の日本流入
〜脱北者流入を積極支援する在日コリアンたち〜

北韓(北朝鮮)を脱出した難民たち所謂「脱北者」の日本流入が
今年になって急増しており、この日本の社会基盤をも崩壊させかねない
深刻な事態の兆候が、各方面に波紋を投げかけています。

韓国民潭など在日コリアンの団体が自分達の意向によって
勝手に脱北者の日本呼び込みとその支援活動を続けており、
それが難民流入を助長する最大原因となっているのです。
日本に入った脱北者が家族や親族を呼び寄せるケースも相次いでおり
事態はより深刻な方向へと向かっています。

甚だしきはこれら脱北者の流入を「元在日の帰国」などと称している事です。
日頃、無理矢理日本へ連行されて来たなどと虚言を弄しておきながら、
また日本への再入国を図って、それを「帰国」などと定義するとは
正に、その厚かましさは筆舌に尽くしがたいものがあります。

日本社会を貶め日本市民に背信を繰り返しておきながら、
困ったときだけは平然と、そして厚かましく擦り寄ってくる。
この在日コリアンの卑しき性根は呆れを通り越して、もはや
憎悪に値すべきものです。
在日コリアン。彼らはどこまで市民を愚弄し冒涜すれば気が済むのでしょうか。

彼らの理不尽な精神性を余す事なく記す為には、世界中の葦がペンとなり
世界中の海がインクとなっても、到底書き尽くせない程だと言えるでしょう。
一日も早い「特別永住資格」の「剥奪」。日本社会にはこれが求められているのです。


293 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 21:09:44 ID:FZHXBPwB0
N∵I∵D∵A∵

294 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 21:11:12 ID:v7uEjUPk0
>>293
W∵O∵R∵M∵より怖ぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ!!!!!!!!!!!

295 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 21:32:35 ID:HVPfjHdh0
>>291
素朴な疑問だが、今でも秘密の首領の存在を信じてる者はいるんだろうか。

296 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 21:33:48 ID:HVPfjHdh0
あ、「深層意識の中の存在」って手があったかw
ブロディ・イネスの言葉の引用は、きめ技だよなw

297 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 21:45:35 ID:HVPfjHdh0
 まあ、日本の場合、儀式魔術じゃ知名度が低すぎて、霊感商法すら出来ないという現実があるわけだが。
 せいぜいのところパワーストーンかなw


298 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 21:55:30 ID:HVPfjHdh0
 思うに、絶対的な原因は情報日照りにあると思う。

 さすがにここには、キングやノーウィキの名前を知らない椰子はいないだろう。
 けど、キケロ夫妻、ザレウスキー、R・A・ギルバート、スキナー、クーンツの名前出しても、「誰ですか、それ?」って言われるんだよなあ。

 じゃあ、「お前が訳せ」ってことになるんだけど、著作権の問題をさておいても翻訳ってのは、そんな簡単じゃない。
 「洋書に何が書かれてるか理解できる」と「翻訳できる」には、実は天と地ほどの差があるわけで。
 自分では本の意味を理解してるつもりでも、いざ翻訳してみると誤訳の洪水になる。
 日本語の本ですら、本当に内容を理解してるのか?
 ことに難しい哲学や神学の本となると、なおさらだよ。
 『神秘のカバラー』の書名を出すと、バカにする椰子もいるが、この本の内容を本当に隅から隅まで理解してる椰子ってのは、果たして何人いるのかな。

 まあ、言語というものは、難しいよな。


299 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 22:15:16 ID:XP7wVtzi0
国書のシリーズまでと「それ以後」とで壁があるんだよね。
洋書で読んでる人と、和訳必要な人で分けてもいいけど。

でもキケロ夫妻くらいは訳して欲しいね、どこか。
(国書はもう期待薄? しかし、他はもっと期待できんしw)

300 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 23:04:32 ID:HVPfjHdh0
>>299
同感。特にキケロのセルフイニシエーションの本は、訳して欲しいw
同じくキケロの魔術道具の作成法の本もね。
キケロは、「黄金の夜明け儀式タロット」で、ほんのちょっと知名度は上がったかな。

前々スレでアヒャ様が紹介してたスキナーの万物照応表の決定版もいいなw

ザレウスキーの本は、Z-5文書の本もいいが、大昔やはりアヒャ様がネタにしてたカバラとタリズマンの本が、受けそうだ。

ギルバートは、やはりGD文書を集めた本だね。ウエイトの伝記はどうでもいいやw


301 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 23:13:33 ID:HVPfjHdh0
漏れがちょっと心配なのは、洋書読める椰子が、洋書の引用を「秘伝」と称して、切り売りして商売する椰子が出なきゃいいけどってことだった。
占い業界では、よくあることなんだなw
でも、儀式魔術の人たちは、みんな真面目なんだな。今のところ、そういうことする奴はいない。

302 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 23:21:53 ID:NAYVmvbb0
>>301
でも、意図的な誤訳ってあるよね

303 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 23:27:42 ID:hIORhFGI0
>>302
それは訳者を買い被りすぎ。単純に酷い訳が多いよ。

304 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 23:43:48 ID:yds0xdyh0
誰か「翻訳魔術書の誤訳を正すスレ」とか立ててく(ry

305 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:38:01 ID:HPv1YjqX0
>>301
日本人は海外のネタをモロパクっていかにも自分が考えたように発表するのうまいでしょw
あと、海外の誰々が何々言ったって延々本に書いてるだけで知識人気取りとか

306 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:40:24 ID:YLaSDH5W0
>>305
日本人を朝鮮人に置き換えれば、真理ですね。

307 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 06:59:24 ID:qiKLTrZG0
                 / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
     /\_/\       |  姉様、秘伝って
    /  。  。ヽ     <   ハート様最後のお言葉?
    |__*_∀__| /ヽ   \___________
   ノ/|( i] リi]`レヾ” )ノ   
   `ヽゝ"ワ"ノ/´フ         アヒャヒャ
   〈/ ヽ\ノ/ _/        それは ひでぶ じゃ。
 _ / / `||´ |  _          ∧∧   
\   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   \        (*゚∀゚)ノ  
 ||\            \  .___〜(   ) ___   
 ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|| ̄  ||\ . ̄ ̄ ̄   \   
 ||  || ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||   ||\|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||
    .||              ||     .|| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄||


308 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 07:04:37 ID:qiKLTrZG0
アヒャヒャ、冗談はさておき、GD目指すなら、わらわもキケロ夫妻への注目はお勧めじゃ。

ttp://z.la/q0h6b

この通り、本当に多産な著者じゃ。

309 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 09:39:47 ID:f2YxiVNZ0
>>301
知識の出し惜しみと、それに伴う切り売りは
かつての日本魔術界で一番横行してた事じゃないのw
国書刊行の魔術本のチョイスを見れば一目瞭然。

魔術本を売りたーい、でも実用的な教義、分かり易い書籍は教えてくなーい
がありありと見て取れたw



310 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 13:06:35 ID:R8HurKpK0
>>309
つまり編集だった朝松健はA級戦犯という事ですね。

311 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:31:49 ID:f2YxiVNZ0
いや、朝松氏は、実践マニュアルなどを見れば分かる通り
実用的な書籍刊行を望んでるほうだったけど
他の執筆者の意向にしぶしぶ引きずられてしまった感じだったな。

寛容派:朝松氏、松田氏など
非寛容派:


312 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:34:02 ID:f2YxiVNZ0
それにしても、朝松氏を出して来るところがこのスレらしいw
おかしいよね。

313 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:48:01 ID:H2h+Mo8c0
自演するほど暇でもないし、もうそんなに魔術に関心もないだろ>亜瑣末氏

314 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 17:40:33 ID:HhqEp+J20
学研の高等魔術実践マニュアルはIOSのテキストをそのまま収録しただけじゃん。

315 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:07:58 ID:f2YxiVNZ0
それを初学者たちに公開してくれる懐の深さが重要であって
丸写しとかは別に関係ない。
それを言ったら、IOSの講義文書だって各洋書の切り貼りじゃないか。


316 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:17:10 ID:PfRaG8sN0
まあ確かに、べらぼうな金を取ったりもしてないしね。

317 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:22:26 ID:PfRaG8sN0
あと、あの当時はまるっきりの門外漢のための客寄せパンダ本という都合上、仕方がなかったという側面もあるとおもいますしね。

318 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:34:55 ID:d2ssvF2c0
まぁそうなら、これからどーするのって話だよね、なおのこと

でも人口の自然減にあわせて、魔術人口も減っていく方向が自然じゃないのかな?

ここまでのやりとりでタイシャ流だったか、古武術の皆伝の話を思い出してたよ
本業を別に持つヒトの方が、それを生業としないから
正しく伝えられるとかさ、そんな話


319 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:57:09 ID:PfRaG8sN0
魔術にせよ武術にせよ、
商売にしてしまうと、失うものも大きいということでしょうかね・・・

商売を否定するつもりもないですけどね。
実際、ここで何度も名前が挙がってるキケロ夫妻も、ある程度は商売人でしょ。
でも夫妻の本は、良いものは本当に良いですし。

ここで、商売にする人が現れて、印税で食うために専門書をガンガン翻訳してくれるとか。
そういう虫のいい話しはないってことでしょうかね。専門書が、そんなに売れるとも思いませんしねw


320 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:00:26 ID:f2YxiVNZ0
これからどうするかって言うと、
かつて知識の出し惜しみのような方針を取って
初学者に多大な労苦と時間ロスを強い
結果として魔術人口を減少させた関係者には、
ここで正式に非を認めて頂き、一言謝罪について言及してもらう。
勿論、その秘密方針に否定的な立場だった人はその限りでないが。
これが望ましいと思っている。

321 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:10:29 ID:aYIVXLDi0
初学者が英語を勉強して洋書を読めば良かっただけの話。

322 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:11:58 ID:BPqzHNiY0
過去の人達に当たっても仕方ないでしょ。
日本で本格的な魔術書が出るだけでも凄かった時代だったんだから。

でももっと魔術知識の普及は必要ね。
現実的には、欧米のasiya.orgやsacred-texts.comみたいに、
著作権フリーのdocumentを訳してネット図書館にするサイトが日本にも必要だと思う。

323 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:17:29 ID:PfRaG8sN0
日本魔術界の商売人といえば、やっぱ木製Oさんでしょうね。
あそこから出た本は、実用性よりも受け狙いの色が強かったし、どさくさまぎれに怪しげな香油やお香を売りつけようとかねw
でも、あそこから出た本は、もう日本の魔術の歴史の一端ですよね。

324 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:18:40 ID:aYIVXLDi0
>>323
チョイスは国書よりも良かったと思うぞ。
ソフトカバーであの値段はボッタクリだと思ったけど。

325 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:19:32 ID:PfRaG8sN0
結局、英語が読めない人は淘汰されちゃうってことなんすかね。
さびしいかも。

326 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:21:38 ID:PfRaG8sN0
>>324
ネットオークションじゃ、凄い値段になってますよね。
酷暑より高いw

327 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:21:58 ID:BPqzHNiY0
そうそう。木製Oさんの話で思い出した。
前に会った時、もう魔術書出さないんですかって聞いたら、
「日本じゃ魔術書じゃ採算取れないのですわ」と言われたな。

出版としては限りなくボランティアに近いニッチなジャンルよw

328 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:23:04 ID:aYIVXLDi0
スピリチュアルwwwwwwwwwwなら売れるのにね。

329 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:23:11 ID:PfRaG8sN0
>>308
久々に見たら、GDジャーナルの古書価が凄いことになってますよね。
執筆人の豪華を見れば、納得でもあるんですがw

330 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:24:40 ID:aYIVXLDi0
魔女の家BOOKSもブクオフに売っちゃったんだよな。
ネットオークションに出しておけば新しい洋書買える位は稼げたのに。

331 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:40:16 ID:Zl1Vbrfo0
普及てなんのために?
そもそも霊学はユニバーサルな視点での思考が必要。
複数言語での思考能力は必須能力だよ。
英語が最初のハードル、というのはいいことだと思う。
その他の無意味な障壁はほぼ取り払われているんだから。


332 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 21:06:19 ID:4741Kc880
>>329
GD Journal II が新刊で出てた時に買った漏れは勝ち組♪

Iを買い損ねた事をずっと後悔していたが、amazon以外の
古書店だとそんなに高くないな。(IIもamazonの半額くらい)

ただしIIIは何処も高いな。あんまり数が出なかったのかな。

333 :sage:2007/10/03(水) 21:57:43 ID:FALQwn0W0
>>320
知識の出し惜しみ → 秘密主義 

と言えば聞こえはいいが早い話が他人に教えたくないだけというセコイ考え・・・。

権威主義的なGD連中の考えそうなことだな・・・。
達人とは名ばかりのケツの穴の小さい連中だな・・・。

334 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:13:57 ID:aYIVXLDi0
>>333
俺がケツの穴を拡張してやんよ! 拳が入るくらいにな!

335 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:23:25 ID:C7zKGGDZ0
達人が人格者だって幻想を抱き続けるのもアレだけど、全てを権威主義で片付けるのもな……
他の学問ならともかく、妄想を築く技術である魔術には、ある程度の秘密があった方がいいんじゃ
と思ったが。
でも、考えてみれば、妄想を育むだけならもったいぶった「秘儀」じゃなくても、仏教の「空」とか
ケイオスでいう「キア」のような、合理的な解釈を一切拒む「空白」を定義すればいいんだよな。
チベット仏教もカーラチャクラタントラが公開されたしな。

336 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:24:10 ID:zEdm1E340
   ;ヾ、,.、,、.、rツ ッッシ、:':' r':' _,、-'゙_,  や 公 帰 そ
 ,、,、,ミッン、,._        _,、-'゙_,、-'゙.   っ 園. り ん
 、ィッ ,:、 ゙''ゞ=ミ、~.: _,、-'゙_,、-'゙  __,  て の 道 な
 }; ヾ ゙' {!li;:,. _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,::|_|  来  ト に わ
 ゞァ''゙ぐ _,、-'゙_,、-'゙ _,、-'゙,、-''" .|_   た イ  あ け
 ,ヘ:'_,、-'゙_,、-'゙..::「┴_,エ ┴  ''"_|_|  の. レ る で
  └i'゙-ニ,ニエ,.:|ニ「 _エ ┴  ''"_|_   だ に
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴  __.|_|_
    |エ | ニエ, |ニ「 _エ ┴ 「fj.||__|__| _|
    |エ | ニエ, |[8] _エ ┴ └‐_|_|__l__,|⊥ |__
    |エ | ニエ, |二 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |┴ _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__|
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |__|__| _|_|_
    |エ | ニエ, |工 _.エ 二.._ |_|__l__,|⊥ |__
  -,-=''┷━━|┬ニエ ┬--  .|__|__| _|_|_
   ''ーニ_''ー::、_ ゙┷ 工_二'‐-、,_|_|__l__,|⊥ |__
  二二二`''ーニ`_''ー-、_¨''━、L|__|__| _|_|_
  二二二二二二二`''ーニ_''ー 、_       |⊥ |__


337 :hage:2007/10/03(水) 22:26:59 ID:NlkZKzZb0
そろそろ日本人のオリジナル希望

338 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:31:18 ID:C7zKGGDZ0
日本オリジナルの「西洋」魔術体系がもしできたら、
国産CRPG風味の世界観みたいな感じになるんかな?

339 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:32:50 ID:PXVDt7BQ0
>>337
つ【古神道】

340 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:48:30 ID:/EeZLNhf0
でもここらで興味があるなら洋書に手を出す人が
増えてもいい時期のような気もするけどね
もう酷暑とか○女のいえとかGけんに期待するのもアレだし
密林で手軽に買えるようになったし

英語アレルギーだって云うなら仕方ないけど
ぶっちゃけ英語なんかより日本語のが遙かに
ムズいと思うんだけどなー(´・ω・`)

読むだけならなおのこと、ね


341 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:58:24 ID:HcFFfr2X0
国書のセレクションの話題を蒸し返す人が多いなあ・・・

殆ど日本で出版されていなかった分野の、有名な古典・定番の本
から先に出版されたというだけで、それは国書の顧客層を考えれば
何の不思議もない事。むしろ企業としては当然の選択。

誤訳はあるものの国書の本は資料としては長年使えるものが多いよ。
(正直、入門書を読むのはとうの昔に飽きた。)
そういう意味では決して悪いセレクションじゃない。

魔術が出来ないのを国書の所為にしたいのかね。
英語の本を読めば済む話なのに。

342 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:59:16 ID:f2YxiVNZ0
とにかく初学者を煙に巻く魔術本のチョイスをした旧代の関係者は
謝罪と賠償をするべき

343 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:59:41 ID:Zl1Vbrfo0
国書は装丁がいいよね。
もう愛してる装丁。

344 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:03:18 ID:PfRaG8sN0
そろそろアヒャ様の予感。

345 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:07:36 ID:PfRaG8sN0
考えてみれば、世界魔法大全のほうが、Gけんの入門書より先に出版されてるんだよねえ。
知識の出し惜しみってことはないと思います。

346 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:12:10 ID:FALQwn0W0
国書のは、本当に魔術を学びたい人のために書かれた本ではないよ・・・。
売れなくても自分の懐を痛めずに豪華本を出したいというセコイ発想から、出版社に売れるとダマして出版された・・・。
権威主義なGD連中の考えそうなことだな・・・。

347 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:15:52 ID:/EeZLNhf0
流れ切って済まんが、こんなニュースが・・・
文化的素地として、英国ってやっぱエジプトが好きなのかねぇ

【イギリス】エジプトの「アヌビス神」、ボートでテムズ川をさかのぼる(写真あり)
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1191420546/

1 名前: 諸君、帰ってきたで?φ ★ 投稿日: 2007/10/03(水) 23:09:06 ID:???0
 ロンドン(London)中心部で1日、ジャッカルの頭を持つエジプト神話の神
「アヌビス(Anubis)」のレプリカ(全長7メートル)をボートに乗せてテムズ
(Thames)川をさかのぼるパフォーマンスが行われた。これは、11月に
ロンドンで始まる「ツタンカーメンと古代エジプト王の黄金時代 (Tutankhamun
and the Golden Age of the Pharaohs)」展の宣伝活動の一環。

ソース(AFP BB News) ※ソース元に写真あり
http://feeds.afpbb.com/afpbbnews?m=46847


348 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:36:42 ID:cTSIibDb0
なんでアヌビス? まあ有名だけど、そんなに位の高い神ではないだろ。
スターゲイトでは強大な存在だったけれど。

349 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 07:03:20 ID:F4lpH2720
           /\
         /┴┬\
,,,,,,.......,,,,....,,,,,,,/┴┬┴┬\ ../\....▲...,,,,,,,,,,,,,,,,,,
   ___  ::::::;;;: :: ::::::. :::::;;;;;;;; ::::::::::;;;;;;;;;; :::;;; :::
  /i_¶____il\__:::: :; ;:::: :; ;:::: :; ;:::: :; ;:::: :; ;;;; :::;;; :::
  //o  oi_|   ヽ:::: :; ;::::/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 /人 ∀*/,,_|.    :: :; <  アヒャヒャ、
  て,,,Шて,,_ノて_人:: :; ;|  わらわもエジプトじゃ。
 :::::: ::::;;;:::: : :::: :::: ::::::;;;;;;;;;::::::\______


350 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:44:05 ID:MW/XqviJ0
>>347
エジプトメーソン、始まったな・・・

351 :求む アセンション指導員:2007/10/04(木) 23:11:01 ID:hqN9ZFfU0
求む アセンション指導員
時給 五百円
面接 明日の午後2時〜
履歴書持参
場所 明治神宮前 神宮入り口
服装 自由
ヒゲ OK
男女不問
年齢不詳


352 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:09:32 ID:nCsFzHuP0
>>351
アザーズは下界への干渉が禁止されているから、
オーライに頼みなさい。

353 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:25:39 ID:91rNZ1g80
>>351 オカ板のあちこちに張られてるな。

これはすべて魔術結社の陰謀・・・だったら面白いのに。

354 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:28:36 ID:p9Um53NH0
試しに行ってみるかな

355 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 01:37:03 ID:RyLQGI/B0
にしても時給安すぎ マックか吉野家でバイトした方がまし

356 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:58:55 ID:5jWd91MW0
最低賃金は618円です

357 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:15:58 ID:Bg4Y0wkG0
松本君

風待茶房のトップページの写真に使われていた。
金魚鉢に入った鯨の姿はどういう意味だっけ?

http://ameblo.jp/shuya-okino/entry-10035651119.html
沖野修也のsleep walker。

ケツメイシの大蔵君の母親はオレのお袋の親友だけど、
彼女がオレの家に来た理由はケツメイシの「伝説の男」制作の為だったようだね。

えげつなさすぎるよ、松本隆、お前は。

358 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:35:26 ID:Bg4Y0wkG0

>>21

答えてくれ

359 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:43:07 ID:Bg4Y0wkG0

松本、お前は誰にお金を積んで、魔術の知識を得たんだ?

魔術ファンダメンタリストを自認するお前が、売れっ子作家で通っていた頃の
レコード大賞審査員は阿子島たけしさんではなかったか?

〜有志一同はお前も絡んでいるよな?
戸塚署に電話して聞いてみたところ、あれは事故として打ち切られたそうだけど。

360 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:10:08 ID:Bg4Y0wkG0
松本:
うん。自分の理性で、意志を持って戦ったのは太田さんが初めてだった。それまでのは、
やっぱり頼まれ仕事だったから…、それほど、何ていうのかな、自分の意志みたいなものまでは
出なくて。とりあえず本当に売れんのかなっていう不安もあったしね。だから腰を据えて、
よしっ、戦うぞっていう意志を持って戦ったのは太田さんだった。で、
試行錯誤が3枚あったのかな? 「雨だれ」「たんぽぽ」「夕焼け」ってね。
これ試行錯誤なんですよ、僕のなかでは。ある程度セールスしたから、良かったんだけど。
やっぱり本気で、何ていうかな、自分の世界みたいなのを構築しだしたのが
「木綿のハンカチーフ」が入っている「心が風邪を引いた日」というアルバムだった。
それが売れちゃったんで、あとはもう、凄く、何ていうのかな、戦いやすくなったっていう。
今野:
そうすると、松本さんの作詞家としての本当の出発点っていうのは太田さん?
松本:
そうですね、スタートラインだし。

今野:
当時は僕、よく分からなかったんですけど、例えばこの『まごころ』なんかはですね、
普通“作詩・松本隆”になってるのが“構成・松本隆/音楽・筒美京平”なんですよね。

松本:
知らないなあ(笑)


361 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:52:46 ID:ON1r87Y70
ビクッ. ∧ ∧ ∧ ∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  Σ(゚Д゚;≡;゚д゚) < うおっ、なんかすげえ所に迷い込んじまったぞ、ゴルァ!
     ./ つ つ    \______________________
  〜(_⌒ヽ ドキドキ
     )ノ `Jззз


362 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 07:38:57 ID:HPkfA6aH0
もし、漏れが1980年代に「世界魔法大全」の編纂者だったら。

1.黄金の夜明け全書 リガルディ
2.777の書 黒瓜
3.魔術 理論と実践 黒瓜
4.神秘のカバラー ファーチュン
5.実践カバラの象徴ガイド ナイト
別巻1.英国魔術結社の興亡 キング
別巻2.魔法入門 バトラー


 こうしてみると難しいな。
 ある程度知名度があって、かつ読者を混乱させず、実用的かあ・・・
 それを5巻以内というのは・・・
 それで別巻という反則を使ったしまったw

363 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:49:14 ID:fFFtD56l0
漏れ的ベスト版

1、オリジナル(高等魔術実践マニュアルの詳細版)A氏
2、魔術の門を叩く人へ:クロウリー
3、GD本の適切なダイジェスト:リガルディー
4、神秘のカバラー:フォーチュン
5、英国魔術結社の興亡:キング

御三家と魔術史と日本人による(結構重要)実践紹介。
こんなのが出ていれば・・・・

かつての出し惜しみ主義は自我インフレの別側面だったと考える。


364 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:59:34 ID:Kq098e7d0
自分はこんなにサヨ的でない厳しい魔術界を評価して認めてます、エライ→エリート主義マンセー

訳書もっと出せや、旧世代は魔術紹介に失敗している→権威主義だ出し惜しみ主義だ自我インフレだ

365 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:13:53 ID:vGY3Q4AN0
いくら本が出ててそれを持ってても
精読して、実際に修行して実践しないと話になんねーべさw

過去の学習環境をいまさら愚痴ってる奴は大したことないな
どうせ魔術師として大成してないんだろう
無駄に年くってるだけでネガティヴすぎて全然リスペクトできないね
なんでも悪いのは他人のせいにするタイプだな

そんな恨み言よりも、なにがなんでも学ぼうとする意志と努力が重要なんだと
ああいう年よりの愚痴を見てそう思った
いい反面教師ありがとな

366 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:29:34 ID:fFFtD56l0
逆に熱意があっても学習環境が整ってなきゃ同じ事が言えるではないか。

つーか、一昔前の魔術業界の問題点は随所で度々取り上げられる
ありふれたテーマであるし、その一環として関係者による一般向け魔術本
セレクションの問題点を話題に出してるだけなのに
何故、そこまで感情的に反論されてしまうのか、どうも理解できない。

煮えくり返った人間が無理して余裕を見せたい時にポッと出てしまう
典型的ワードじゃないか‥ >反面教師

正直、このスレには確かな「タブー」が存在する。
それが何であるかは皆分かってる通りであり、
その反面、A氏など遠慮ないサンドバック対象もいるというおかしなアンバランスぶりだ。

日頃中庸を尊んでるはずの住人が、何故このタブーの事になると
ここまで必死になってしまうのかさっぱり理解できない。
何故だ?

367 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:51:38 ID:zCraKMi+0
デミウルゴスに取り付かれた人間の末路か

368 :何人も、有罪と宣告されるまでは無罪と推定される。:2007/10/06(土) 16:11:43 ID:vGY3Q4AN0
書いた行数で判断しろよ>必死度
自分を客観視できない小人物は醜悪なだけ
そうやって一生、環境やら他人のせいにして生きるんだなw

369 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:18:20 ID:fFFtD56l0
いや、今のワタシは魔術本セレクションだけでなく
このスレにおける「タブー」存在の問題点についても
言及しているのだ。

タブーの内在は、魔術が尊ぶ中庸事項と相反している。
にも関わらず、ある特定の件についてのみ、その存在を公然と許容する
矛盾点について是非とも説明を頂きたい。

370 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:31:53 ID:vGY3Q4AN0
批判精神は持つべきだが、おっさんの粘着私怨カキコはみっともないだけだって
まだわかんねーかな? 

グチたれてる暇あったら自分でなんか皆に有意義だと思うことをやればいいじゃん
オレはスペア訳してネットでみんなに公開してるおっさんは尊敬してるぜ
悪いけど過去の翻訳事情なんか今を生きてるオレにはどうでもいいの、
おっさん、他人に期待しすぎだよ いいオトナなら自分に期待しろよ

371 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:31:56 ID:zCraKMi+0
公になってるってことは、その本の効果がたいしたことないことを意味するんだろうな。
結局、いくら学んでもヒントくらいにしかならないんだろう。

修行が大事だと言うが、計算ドリルみたいに答え合わせの出来ないことを
延々と続けることは、それこそ人間の理性にとっては困難なことだし。
理性的であろうとすることと、魔術的であろうとすることは、根本から
矛盾しているんだよ。まあ、建前論だな。中庸とかってw

372 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:35:45 ID:fFFtD56l0
ちなみにワタシのレスには罵倒語や中傷語は一切含まれておらず
あくまで議論の範囲内での否定的発言を繰り返してるだけだが
対して相方は、やれ大成してないだの、醜悪だの、小人だの
罵詈雑言を随所に散りばめている。
この点を見ても、どっちが必死なのかは言うまでもないはずだ。

必死に会話するのは望む所だが、くれぐれも節度を弁えて欲しい。
このスレにおける「タブー」の存在は、それら住人の歪んだ精神性の発露であると言える。

373 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:36:02 ID:vGY3Q4AN0
>>371
そうそう、本に書かれてることよりも
本に書かれていない「本から先」が重要だという気がしますー
それって非常に重要なことですよね?
宿題終ったらあとでゆっくり考えてみますありがとー

374 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:41:31 ID:fFFtD56l0
> ID:vGY3Q4AN0
君に魔術を語る資格はない。
まずワタシに謝罪したまえ。話はそれからだ。

144 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)