2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

写真は芸術としては最低レベル

1 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/04(土) 22:59:39 ID:F5L/0WgL
はっきり言って糞

2 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/04(土) 23:13:39 ID:tj9tRcCi
まず芸術の定義をはっきりしてもらおうか

3 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/04(土) 23:26:06 ID:4cXwDLSn
くだらない写真ばかりしか見てないんじゃないの。可哀相に。

4 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/04(土) 23:58:04 ID:tj9tRcCi
まず芸術という言葉に含まれるものは時代とともに変化し、
それが今余りにも肥大化している為に写真は芸術であるかなどという
議論自体が成り立たない
生きる事すらアートだと言われる

次に写真としての写真と芸術の道具としての写真がある
アート作品の最終形態として写真が選ばれることが多くなっているが、
それは実際の所、写真にすることで商品としての流通性が増すという
だけのことのように思う

写真としての写真というものを考えると、写真がまず示すべきものは
写真でしかありえない純粋な写真そのものを示すことだと思う
考えてみれば写真はその誕生から今日まで絵画を目指していたとしか思えない
構図、露出、ピント、そのコントロールは全て絵画を目指すために行われている
フォトグラフ、光画だと考えればそれで正しいのかもしれない
しかしそれは光を画材として使った絵画でしかない
写真の固有性としてよく持ち出されることに、撮影者の意図しない偶然性が入り込むということがあるが、
それでは絵画では画家の意図しないものが入り込む余地はないのだろうかと考えると
アクションペインティングなどというものを持ち出すまでもなく、
そもそも絵画は偶然性の塊であると言える
筆や絵の具を完璧に操れる人間などいないからだ

5 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/05(日) 00:10:40 ID:hmx5O9IX
>>1
何が糞なのか長文を期待してたのに
こんな>>1じゃ何もわからないよな。

6 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/05(日) 00:16:26 ID:Gr8/8OkP
>写真としての写真というものを考えると、写真がまず示すべきものは
>写真でしかありえない純粋な写真そのものを示すことだと思う
>考えてみれば写真はその誕生から今日まで絵画を目指していたとしか思えない
>構図、露出、ピント、そのコントロールは全て絵画を目指すために行われている

誰かによって用意されたものでなく、自分で用意していないものなのに
魅力的に見えたその光景を、その場で即座に記録出来るところに魅力を感じてたりする

>フォトグラフ、光画だと考えればそれで正しいのかもしれない
>しかしそれは光を画材として使った絵画でしかない

光を画材としてそのまま使える、これで十分なんでないのか?
ぶっちゃけ、光が神様のように感じられるわけで、これに関しては自分でも
驚きな事だったのだが。。

7 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/05(日) 00:41:07 ID:YZBFKkyL
写真が…じゃなくて、どんな写真かで考えたいよね。
おねぇちゃん撮ってズリネタにしか使ってないようなカメコを見て嘆いているのなら、
気持ちはわかるなw

だが、浮世絵なんて作ってる当時は、今でいう漫画のような、ちょっと格下の存在だったけど、
今じゃ立派な芸術扱いだよね。
さらに、当時はズリネタにしか過ぎなかったエロ浮世絵も、芸術として高く取引されている。
漏れらがズリネタに使ってるおねぇちゃん写真も、未来の人の間で、
りっぱな芸術作品として扱われ、高く取引されちゃうかもよw

8 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/05(日) 10:36:22 ID:WJts/FNH
芸術に位をつけるなんて…
>>1お前は問題外だな

9 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/05(日) 12:36:39 ID:7k4Wtrhm
>>1

これあげる

おいしそうな物が落ちていました。
http://i.pic.to/7r9dh

10 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/06(月) 16:43:16 ID:D/zE282M
芸術として写真やってる人よりも報道カメラマンの写真のほうが心にグッと来ることが多い。
当然、被写体自体がそもそも感動的であることが絶対条件だが。

11 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/07(火) 02:12:59 ID:YX7p7NtB
ようするに、
数撃ちゃ当たるってやつかw

12 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/08(水) 13:59:21 ID:Qzu7uPjQ
報道屋がイラクで撮った戦場写真>アラーキーの美女ヌード

ってことか?

13 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/08(水) 18:10:41 ID:2e6zfpbs
報道屋がイラクで撮った戦場写真≠アラーキーの美女ヌード

こうだろ?

14 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/08(水) 18:55:36 ID:TQBZYTgX
女神うp写真>>>>>>>>>>>>>>アラーキーの美女ヌード写真

15 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/11(土) 14:34:05 ID:qbFlfyPL
俺の写真の多くには精神的なテーマが無いんだ
だからキレイなだけの写真で終わってるんだな

精神の表現が目的では無いけれど、その分野を勉強しないと「芸術家気取り」で終わってしまう気がする

16 :(`・ω・´)シャシーン:2006/11/25(土) 02:31:25 ID:xP7Vdt6F
テーマを持って撮っている人の写真には芸術を感じるね。
自分の知り合いに2人そんなアマカメラマンがいる。
撮影技術もかなり高いものを持っているんだけど、
それ以上に訴え掛ける何かがある。

17 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/12(火) 13:04:27 ID:RZwpXOoe
写真ってその作品の中に占める撮影者が創造した部分がかなり少なくないか?

18 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/13(水) 02:26:05 ID:LPon2LAb
>>16
ハイアマでテーマをもって撮ってない奴なんているのか?
初心者ですらそういうやついるぞ?

19 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/13(水) 12:25:49 ID:ZT5RD3gr
1は暗室作業未経験者

20 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/15(金) 05:56:10 ID:4Qm9unpP
絵画も、絵画であるというだけでは「芸術」にはなりません。


21 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/15(金) 06:32:26 ID:WOnyt/eI
>>17
風景写真ではそうだろうな。

22 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/15(金) 12:38:57 ID:escNsUyO
「芸術とは」という定義をしようとしている時点で、>>1には芸術のセンスが無い。
騙る資格無し。

23 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/15(金) 21:39:58 ID:pbqaIr1N
芸術は金なり

24 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/16(土) 18:12:37 ID:AGSmAsQA
>>22>>2に対してダロ

2氏じゃないが定義はセンスの問題なのか?
単に無知な発言とおもわれる。


25 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/16(土) 18:13:47 ID:AGSmAsQA
>>17
表面しか見えないのか?

26 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/16(土) 22:28:12 ID:zFkFgc40
これはデジ板の方で定期的に立つアレだね。

真面目に話しちゃダメ。

27 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/16(土) 23:35:00 ID:kI2f8xJ6
>>24
じゃ、>>1は、自分で定義すら出来ないものに対して糞扱いした訳だ。
>>1は知識どころか、知能が足りない訳ですね。

結論:>>1は、芸術どころか、人に物を語る資格すらない。

よって、真面目に話す価値無しには完全同意。
------------------------------------------------------------
以上をもちまして、当スレッドは終了いたしました。


28 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/17(日) 03:13:34 ID:ALV16084
ここで言い争ってることは既に、ロラン・バルトとスーザン・ソンタグと多木浩二が書物に著しています。

29 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/18(月) 02:00:12 ID:xHljqs53
>>28
言い争ってないよ!ahoが難癖付けているだけ
貴方のように本を読んで思考している人ばかりでないようです。



30 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/18(月) 13:03:53 ID:n1R/Ef4C
>>21
風景写真じゃなくてもそうだろ。
建築写真のその建築物は写真家が設計段階から自分で手掛けたわけじゃないし、
動物写真だってその動物の種類は既に太古の昔から存在してたものだ。
良いとか悪いとかじゃなく、写真は写真家自身がクリエートした部分が
少ないというのは事実だろう。

31 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/18(月) 19:30:45 ID:S+Mneojp
最近のデジカメでは、内部エンジンによって、
ありもしない色をクリエイトしてくれたり、
ありもしないドットをクリエイトして解像度上げてくれたりしてるけどな。

え?そんな機械が作り出したものは芸術じゃないって?

でも芸術を教えてる学校では、芸術を作り出すための機械的手順を教えてるよ。
芸術なんてそんなもんだよ。
同じ手順を踏んで同じものを生み出した場合、人間がやったか機械がやったかで、
芸術だったり芸術でなかったりするというのなら、
芸術は単なる宗教だな。

32 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/18(月) 21:48:40 ID:XWOqEnqm
写真自体は無機的で無感情だ。
写真という名前の「真」とは「それはかつてあった」という「真実」を伝えるのみである。
しかし見る者には感情があるため、写真の中に様々な意味を読み取ろうとしている。
写真を芸術とみなすのも同じことである。
…それが撮影者・被写体の意図と異なるものであっても。

33 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/18(月) 23:19:23 ID:yzKaXIIK
入り口が広すぎ。
絵の様に、下手くそが諦めめるぐらいでないと

34 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/18(月) 23:26:45 ID:5MpJ/cHf
絵は車の運転みたいなもんだかな。
反復してやってれば、下手糞でも上手くなる。

逆に、そうやって反復練習して植え込んだ「癖」みたいなものを持って、
芸術性が高いように語られがちな絵の方が、
芸術として怪しい存在にも思えてくる。

写真の場合はというと、芸術を目指そうとすると、嫌でも頭で考えて撮らないといけないからな。

35 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/18(月) 23:42:22 ID:XWOqEnqm
記録(写実的な画面)を求めた結果としての写真を考えれば、アマチュアの家族写真とか行楽写真が最も写真的。

36 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/19(火) 20:47:33 ID:qY2f0OXa
画家などで写真を芸術と認めない人は今でも多いと聞く。
昔は本当に芸術として認められていなかった。
でもいろんな人の努力で最近はずいぶん盛り上がってきた。
あと報道カメラマンで広告写真家を認めてない人も多いようだね。

37 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/20(水) 02:19:51 ID:M6I4AfmG
つーかさ、「これは芸術」って言い張る人と、
それを認める人が一人でもいたら芸術なんじゃね?

誰もが認める芸術なんてありえないしな。

38 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/20(水) 02:31:17 ID:kKTEw+Hl
それどころか、逆に万人ウケするようなモノは、芸術性が低いと言えそうだよ。
後世になって芸術として高く評価されるようなモノは、
出てきた当時は邪道として芸術の枠外に追い出されるなんてことは、よくあること。

39 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/20(水) 10:46:08 ID:oU8XK8A1
絵やる奴も写真やる奴も音楽やる奴も
芸術だ芸術じゃないだ なんて あまり考えずにやってる気がする。
ましてや俺らなんて 趣味なんだから楽しけりゃどっちだってよい

40 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/20(水) 10:52:56 ID:iGDz2ni6
音楽やってる奴は、DJとか認めなそうだけど。

41 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/20(水) 10:57:31 ID:1upH/aOQ
DJ KAORI IN MIXのことかー!

42 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/20(水) 11:14:48 ID:WsYulJ7Q
海外ならまだしも、国内では写真を美的感覚で捉えようとする積極的な活動が
ほとんどなされてこなかったからねぇ……。今でもメディアに偏重されるばかりだし。


43 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/20(水) 22:48:10 ID:qP896EbD
みなさん参考までに
ttp://www.nileport.com/products/details/592/1.asp?id=592

>>38
同意
万人にウケる必要があるのはデザインの世界だよね

44 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/23(土) 12:57:13 ID:HcbXd2EB
才能(創造力)無いのに芸術家を気取りたい奴が始めるのが写真なんだから、
その中で有名になったところで高が知れてるし。
本当に才能あったら音楽(作曲)、文学、絵画とかやるだろ。

45 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/23(土) 16:17:26 ID:yHz/7ATl
落書きが評価されて
それを書いてる人間が大物になる絵画もどうなんだろ?

文学も似たようなものはあるよね

音楽は芸術じゃないよ
言葉が出てこないけどあれだよあれ

46 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/23(土) 18:28:26 ID:bxwErl3j
>>44
ネタ書きご苦労さんです。
次はもう少し高度なネタでたのみます。

47 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/23(土) 20:20:18 ID:bZHkS1HK ?2BP(100)
真の芸術は制約の中でこそ生まれる!
創造出来る領域が限られる写真こそ、芸術を磨くのにもってこいではないか?

48 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/24(日) 00:07:25 ID:ycEPSJkX
>>芸術を磨くのに
磨いた末に到達するのではないか?


49 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/25(月) 05:07:52 ID:75dig0Ti
美術家としての素質を持ちながら、絵筆とパレットを自在に使いこなすことを
体系的に勉強するチャンスのなかったものにとって、美への渇望を満たしてくれるのはカメラのレンズだけである。


50 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/25(月) 14:39:03 ID:M9AFCe+d
私の美とは俳句や五行詩の世界で写真は其れに等しいものと考えています。
絵画と写真の関係だけでもありませんね。

51 :(`・ω・´)シャシーン:2006/12/30(土) 22:00:09 ID:gYWhHht2
ソフトの筆でいじくり倒してますが何か?

52 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/01(月) 18:35:57 ID:PrOh/dZt
写真て お手軽にきれいな絵をものすることが出来ちゃうもな 作者の才能とか努力とかあんまり関係ないし

53 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 00:39:21 ID:zBIi9sc6
きれいな絵が撮れたとして才能とか努力の評価にならないだろう
小手先技術

54 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 12:34:00 ID:mXGRhnpg
きれいな絵?
構図がなってない、まとまりのない、主題が不明な、きれいな絵?

55 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 12:35:23 ID:zcuqvCNK
お手軽だもん。そんなもんよ。

56 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 12:38:58 ID:ANcHcmXW
どうみてもくだらない落書きが芸術と評されてることがあるが
なぜそれが芸術か、絵画至上主義の人たちの説明を見たい


57 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 12:43:53 ID:Hw4AK+sk
村上を評価している変態どもなど理解の外

58 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 12:49:35 ID:CzL2ShxP
パース、フォルム、色、物の存在自体、加工しない写真(プリントデータ)て、作品としては殆どないな。

59 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 15:04:31 ID:zBIi9sc6
>>56
どうみても理解できない凡な自分に気づく事は無いのか?


60 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 16:54:16 ID:tGy/lYfJ
絵の話が出てきたならこの話無しには語れまい。


カメラ オブ スキュラ

61 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 19:10:46 ID:VG4xnssn
苦労の末に登頂した登山家とおんなじ景色をさ、
ヘリか何かに乗っていきなり見たって得る物はまるで薄いんだよ
写真やるなら一生に一度くらい、シャープペンとコピー紙でいいからさ、
林檎1個、描いてみてもいいんじゃないの、6時間くらい、穴が開くほど見てさ
さら〜っと見ただけで撮っちゃうから、さら〜っとしか見れない写真になるんだよ
僕らは手で描く行為が無い分、画家なんかよりよっぽど観察しなきゃいけないんじゃないの

62 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 22:10:13 ID:zBIi9sc6
>>61
それは違う。側面的な捕らえ方とおもう。
芸術とデッサンの練習を同列に扱っている。


63 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/02(火) 22:12:48 ID:zBIi9sc6
>>60
21世紀のいま絵画と写真を語るに必要なのだろうか?


64 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 01:57:30 ID:DYrFtNZQ
>>63
21世紀になったからといって史実はかわらないから安心してw。
むしろ21世紀だからこそカメラの起源を知らない人もいるだろうし、
語らなければならないだろう。

65 :天声珍語:2007/01/03(水) 05:42:55 ID:Y+BaPwUr
スレ主は売れない貧乏。お前が生きてられるのは、親が健在の間だけww
がんばれよ、自称芸術家せんずりニート君ww藁

66 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 15:08:37 ID:pW0Lk+rq
ピカソも村上も商売人。
描くと同時に売りつけ上手。

67 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 15:10:44 ID:pW0Lk+rq
ただし、あっちに走る前に、写真まっつ青の描写技術を持っていることを示しておく必要がある。

68 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 15:26:21 ID:JVTJWkVW
街や動物は写真の方が上で
風景や人物は絵画にかなわないような希ガス
・・悪魔でも漏れのなんとなくの思い。

69 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 15:34:58 ID:+Bpy4XpV
まあ、写真で道1本、ボロ小屋1つ撮っても何にもならんが、東山魁夷が道1本描くと芸術だからな。

70 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 15:36:59 ID:IASTPCsH
ピカソのアビニヨンの娘たちを実写にしたら、エロ写真だろうしw

71 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 15:53:11 ID:LNj0Za67
>>64
だから、何時までも写真と絵画を比較して
ピンボケ芸術論を殻労とするわけだな。
史実を知る事は大切だが決着がついている問題を
グダグダ歪曲して語るのも可笑しいぞ。
要は齧っただけで中身を理解してないから。


72 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 15:56:19 ID:LNj0Za67
>>69
スミスの天国への道なんて「何にもならん」のか?
知識が無いだけだろう、君の見識で全てを括ろうとするな
写真が迷惑だ

73 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 17:07:54 ID:whPI80u0
直喩優勢か暗喩優勢かということだろう。

74 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 18:09:36 ID:q0vllR0o
アートは知識による分類学じゃないからね。そこんとこよろしく。

75 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 18:37:00 ID:VJsAnmwj
しかし、無知が騙れど空しいだけだろう。

精神性の高低で分類が可能かもしれんな。

76 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 18:51:54 ID:GYs04ulk
東山魁夷の道を写真で置き換えても下らんし、天国への道を絵画にしても挿絵にしかならない。
そこら辺の違いが理解出来ない精神性だな。

77 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/03(水) 18:53:13 ID:O6VUUYM+
知った風なことを。

78 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/04(木) 04:17:39 ID:X4hwNaq5
>>76
話の流れが分からない精神※※だな

79 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/08(月) 09:44:42 ID:7qLmskok
「きっと、写真は絵画と同じレベルのものではない。芸術ではない、という考え方
がどこかにあるのだ。これは写真の発明以来続いている論争だが、私はそんなこ
とには興味はなかった。この手の議論から逃げるため、私は写真は芸術ではない
ときっぱり宣言し、そしてこの宣言をタイトルにした小冊子を出版して、
写真家たちをさんざんあわてさせたり怒らせたりしたこともある。
もっと最近、まだあの意見のままかと聞かれたときには、少しばかり
態度を変えたと答えておいた。
わたしに言わせれば、芸術は写真ではないのである。」(ーマン・レイ)

マン・レイの写真はでも、俺から言わせりゃちょー芸術。ってか
生き方、その全てがもう芸術


80 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/08(月) 19:13:03 ID:NhRB1kJz
数年前にマン・レイのドキュメンタリーをNHKでやってたね、かっこよかった。
番組の最後に当時のインタビューで
生涯あなたを夢中にさせたものはなんですが?という質問にたった一言

「女だよ」

と答えていた。

81 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/09(火) 01:08:49 ID:GcEHqOqU
>80
こういう事、ネタでも書く>1も、自分は芸術家だとか言って
写真撮ってる奴も、マン・レイの言った事、その作品は是非見て欲しいよな。
その上で議論したらこんな釣りスレでもきっと楽しいって思うんだけどな。

82 :色々と問題が起きてますから:2007/01/10(水) 22:51:38 ID:SoEKWikE
こういう事してお金取ってる連中に将来的に何があるんだろうか?
    ↓         ↓           ↓
http://www.site-days.com/cgi-bin/joyful/joyful.cgi

低悩撮影会 。恥ずかしい。人間として悔い改めて下さい。


83 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/11(木) 00:36:21 ID:UXetjyzb
金になる写真が良い写真
金にならない写真が悪い写真

84 :(`・ω・´)シャシーン:2007/01/12(金) 03:48:31 ID:8DtUls3m
撮らせて金取ろう。

85 :(`・ω・´)シャシーン:2007/02/17(土) 23:22:37 ID:dCSdhiqW
写真の場合、撮る人間の能力では無い所が他の芸術と違うところかな
撮影者の能力ではなく、被写体の能力、魅力があってこその世界だから
「生み出されたもの」自体は絵画や音楽とも変わらない、むしろ勝っている

86 :(`・ω・´)シャシーン:2007/02/18(日) 01:49:43 ID:ONyfzi6z
最低とか勝ってるとか言ってる時点で理解できない。
こんな奴が 写真コンクールの入賞歴とか自慢するんだろうな。
芸術にまでランクとか順位を持ち込むのは、人間の本能かな?


87 :(`・ω・´)シャシーン:2007/02/18(日) 02:23:52 ID:j44GYxST
報道カメラマンは人の不幸を食い物にする楽しい職種
http://matsuhiro.starhope-japan.com/

88 :(`・ω・´)シャシーン:2007/02/18(日) 17:51:18 ID:E1LmE1z8
>>80
オッペンハイマーのボディーペイントに触発され、学生時代の夏休みに1週間ほど
使っていた倉庫のスタジオで真似をしたことがあるが
最後はお互いインク(水性)塗れになってしまったなあ。
C330Fで撮影した120本は、良い思い出・・・


89 :(`・ω・´)シャシーン:2007/02/18(日) 18:29:18 ID:e9Y2/hZ0
>>1
そういうことを言ってる奴が人として最低レベル。
論外。


90 :(`・ω・´)シャシーン:2007/02/19(月) 19:37:18 ID:K8otYhjk
何事もいろんな視点が必要
他人の意見を簡単に論外と一言で片付けてしまう人間に芸術など語る資格もないし、
まともな作品を作る能力も絶対無い
素直に単純労働職につきなさい(^-^)

91 :(`・ω・´)シャシーン:2007/02/22(木) 23:09:02 ID:8gYtMERN
何か自分に言ってるみたいだなw

そういう事でしょ?

92 :(`・ω・´)シャシーン:2007/03/11(日) 01:29:05 ID:5VdCQ2dA
>>1
何事もいろんな視点が必要
他人が芸術作品として出したものを簡単に糞と一言で片付けてしまう人間に芸術など語る資格もないし、
まともな作品を作る能力も絶対無い
素直に単純労働職につきなさい(^-^)


93 :(`・ω・´)シャシーン:2007/03/13(火) 23:37:43 ID:GgOAApPV
他者(人、大自然)が創り上げてきた様々なモノの前に最後の最後になって
カメラ持った奴が出てきて、それをフィルムに記録しただけで
「芸術作品です」とか言われても納得できないね。
構図決め、トリミングといった一種の編集作業があるとしても。
それが芸術と呼べるなら、
「この機材でこうやって録るとオリジナルよりもシャープでありつつも深みのある音が…」
とか言いながら録音済みのメタルテープ眺めてるオーディオマニアはみんな芸術家だな。

94 :(`・ω・´)シャシーン:2007/03/14(水) 00:05:12 ID:0DOA/VIp
金になるなら芸術

95 :(`・ω・´)シャシーン:2007/03/14(水) 00:06:12 ID:0DOA/VIp
芸術とは芸事で金を稼ぐ術です

96 :(`・ω・´)シャシーン:2007/03/14(水) 00:23:14 ID:gJZwMKCM
芸術の実体は、そのプロダクツではなくて、作者が表現しようとすること自体なのだよ。
つまり写真から読み取れる、作者の視点やテーマが芸術の本体なのだ。

どっかのお絵かき教室などに通って、芸術の作り方などを教わってきた奴が
お手本通りに作り出してるものの方が、芸術としては疑わしい存在。

97 :(`・ω・´)シャシーン:2007/03/27(火) 22:30:47 ID:w19IAIKe
写真は芸術だと思うよ
プロの写真とか見ると本当にそう思う
画像に訴えるものってあるんじゃないかな

98 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/14(土) 19:14:45 ID:2N4CChdr
プロが撮ってるような写真は素人にゃ到底無理だよな。
ただシャッター押しゃ撮れるるレベルじゃない。
芸術かどうかはおいといて、写真は本気でやると難しいよ。

99 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/14(土) 19:39:44 ID:JJvXisoN
ピカソの絵を見て、よく池沼ヲヤジが言うよな、
幼稚園児でも描けると。
アラーキーのスナップを見て、よくカメヲタが言うよな、
俺でも撮れると。
 ほんとにできるの?

100 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/14(土) 19:48:05 ID:TZxKmewD
ここで聞かないで、直接聞けよ


101 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/14(土) 23:12:11 ID:SobSIY4A
プロの写真?

そんなの殆どはチラシの裏だろ。

102 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/15(日) 00:54:15 ID:NI7a3pMG
チラシの裏って、真っ白ってことか?
つまり、何も撮ってないに等しいってことだな。


…って、貶め過ぎだろwいくらなんでもそれで飯くってんだしw

103 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/15(日) 21:44:17 ID:g65G183j
>>100
君がでくのバーであることは良く分かった。

104 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/15(日) 22:13:51 ID:OjQ5I9Zk
>>103
でくのバーって何よ? 国道沿いのスナック? orz.

105 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/16(月) 02:22:06 ID:+8XSCxVK
チラシの表

106 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/16(月) 11:37:17 ID:dmXYWp8S
>>1
オレもそう思って、スケッチブック片手に海外いったが
ヤハリ!

107 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/16(月) 18:48:30 ID:u5s78TpE
いい写真は、誰でも撮れる可能性がある。下手な鉄砲・・・
芸術で問われるのは、撮る人の精神性と鍛錬の結果。

作る人が芸術を求めた時点で作品は、芸術じゃないし
人の心を動かす写真が即、芸術でもない

108 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/17(火) 12:08:01 ID:ZaJENX4d
The most beautiful thing in the world is the world itself.

109 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/17(火) 12:59:11 ID:sC0eoRBr
>>108
つまらん

110 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/17(火) 13:10:35 ID:JbOUUUWE
芸術を精神とか鍛錬とか言ってる奴は、世界中の芸術家から笑いものですよ。
宗教家でも目指したらいい。



111 :(`・ω・´)シャシーン :2007/04/17(火) 13:35:39 ID:hxppk21o
絵画って描く技術を持ってるかどうかがまずスタートで
そこが無いと絵は描けないけど
写真は、すでに絵でいう描く技術がカメラをもった時点で誰にでもあたえられる
だから絵と違ってスタートラインが皆一緒、どう被写体を撮るか
センスがかなり問われると思う
芸術の定義がなんなのかよくわからんけど
少なくとも最低の芸術というのはあてはまらないと思う




112 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/17(火) 14:37:52 ID:BEkbQnAf
上手くとれないからって僻むな>1

113 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/18(水) 02:16:20 ID:DOMuy1kJ
たしかに、絵の場合は、
芸術度よりも絵の上手さ(つまり鍛錬度)で
評価されがちだな。

何も考えずに、ただ猿のように描いたやつ勝ちの世界ってこった。


114 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/18(水) 06:30:06 ID:S2JwBne5
写真にもテクニックはある程度は必要と思うけど、
テクニック偏重の流れはどうも気に食わないな。

115 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/18(水) 12:44:48 ID:/eyQFlra
鉛筆画やボールペン画でも相当訓練がいるけどね。
でも、アノ事件じゃないが、覗いてくれた人との思わぬ会話がはずむよ。
海外ではね。それが楽しいのだが

116 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/18(水) 16:40:14 ID:1uek6tfY
修練の手間暇を考えると絵とか、彫刻なんかよか楽だよな?
でもそれがイイ。
もっと大切な部分に集中できそうで。

117 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/19(木) 20:59:51 ID:1rewiQoN
へぇ、まだこんな事言ってる奴いるんだね。レベル低くて笑える。一生日本でそんな事言ってればいい。
井の中の蛙くんw

118 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/20(金) 01:23:52 ID:6uWuI/Lh
だな。
芸術に「レベル」なんて言葉使ってる時点で、
知能のレベルの低さが伺えるなw

119 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/21(土) 11:54:06 ID:uebAg38G
芸術に枠なんて設ける時点でおかしい。好きでやるなら良いやん。自分は絵も写真も、それぞれ面白い部分があって好きですよ。どっちが偉いとかいう問題じゃないっす。

120 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/21(土) 20:17:31 ID:ZIeuF28j
>>118
芸術のレベルは、芸術論中に良く出ることですよ。

>>119
枠を設けなければ言葉で括る事が出来ませんね。

121 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/21(土) 20:23:01 ID:ZIeuF28j
>>116
>もっと大切な部分に集中できそうで。
本当にそうなんですが技術・機材偏重になりがちな世界でも
ありますね。此れを乗り越えると良いのですが足踏み+模倣モドキ
写真に短絡的に行き着く事が多く困難を極めますねw。
外からの刺激と自己ファイアーウォールのバランスでしょうか?

122 :119:2007/04/22(日) 00:57:13 ID:KM2hkin6
所謂ヲタクと、プロと、ウチらみたいな単なる気晴らしの趣味でやってる人間とでは、価値観が違うんやろけどね。理解したくないならせんで良いから、ほっとけ。

120さん、型にハメると言い替えた方が良いっすかね。言葉のアヤなんざ自分はどうでも良いタチなんですんません。

123 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/22(日) 13:31:02 ID:uX9wfcux
ま、芸術活動もせずに、芸術論で飯を食ってるような連中は、
自分でセンスが無いのが分ってるから、
その道を選んだんだしなw

実際、芸術家達からすると、勝手に言わせとけ的な存在。

124 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/23(月) 18:43:49 ID:8kQeiQDp
下手糞な油絵よりは下手糞な写真の方がまだ見れるよ。

125 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/24(火) 15:34:23 ID:h1/zfW8N
写真を芸術まで押し上げたヤツの気が知れん。

126 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/24(火) 15:53:58 ID:6Qcm4gLY
>>125
ろくな目を持ってないか、
ろくな物しか見たことないか…
頭の弱い発言してて恥ずかしくないのかな?

127 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/27(金) 08:31:14 ID:MR7+QVLG
ろくなものうp

128 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/27(金) 09:15:57 ID:Is9lh4I4
>>126
芸術として掲げられているものなら
ろくなものしか見ていない事になるかな。
頭の弱い俺自身の感想としてだが。


129 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/27(金) 18:50:21 ID:lKtlKGMK
おまえら字は書けるだろ、でも詩はなかなか書けないだろ。
他人の心に残る詩なんか一生書けないかもよ。

130 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/28(土) 16:46:05 ID:3xVAfNcm
詩でも、いつ書いたか?どんな人が書いたか?によって随分と人が受ける印象が違うね。
もっと言えば、運に近いものもある。
絵だって、音楽だって言えること。

写真も同じさ。

131 :(`・ω・´)シャシーン:2007/04/28(土) 20:17:01 ID:fAg5XMVo
>>130
水準レベルのものをコンスタントに発表できる人をして天才という。


132 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/01(火) 19:18:33 ID:cdz3NNSX
>>131
それは凡人+α。水準レベルじゃ天才とは言いがたい。


133 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/03(木) 00:51:13 ID:SX595cKK
天災っつーより、職業写真家ってとこかな。
どっちにしろ、芸術とは違った方向だな。


134 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/13(日) 02:57:56 ID:n1C8c1Em
新しいジャンルを開拓したら天才と言われるかも
それくらいネタは出尽くした感がある

135 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/13(日) 22:17:44 ID:uS0uU+mG
俺は芸術とかよくわからないけれど、
大していい機材使ってないのに
何でこんな写真が撮れるんだろうって疑問に思う人がいる。
その人の写真の大概は見るとドキドキしてくる。
そういう写真が撮れる人が心底羨ましいよ・・・。
若干すれ違いスマソ。

136 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/14(月) 02:47:38 ID:2yPnl52h
>>135
>大していい機材使ってないのに
>何でこんな写真が撮れるんだろうって疑問に思う人がいる。

これが、またいっぱいいるんだそう言う奴。
まいっちゃうよね。

137 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/14(月) 19:58:59 ID:kKGcsLN1
そりゃそうだろう 解像度や発色が良くてもいい写真
とは言えないものなんだかtらさ 解像度や発色がいいのは単にいい機材ってだけ

138 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/14(月) 22:43:13 ID:f+NIJmZA
じゃあ良い写真ってどんな写真なんだろうな?
撮ってる人間の才能有る無しとか言わないでよう。

139 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/15(火) 02:40:15 ID:Pt+1eIot
才能という言葉は、結構当たってると思うな。
なにも生まれつきとか先天的なもんだとか、大げさな話じゃなくて、
例えば、コツコツと勉強すりゃ、そのうち上手くなるだろう的な感覚の奴には、
永遠に辿り付かないだろう能力という感じかな。


140 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/15(火) 08:35:46 ID:ilzj51J2
こつこつと勉強すりゃ、そのうち収まりのよい構図で被写界深度のコントロールもうまくなり、
違和感無く見られるよくある写真が撮れるようになる 
何をどう撮るか、自分の視点をどう表現するか、独自性の追求が大事になるはず 


141 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/15(火) 16:00:06 ID:+aUpW0jG
コツコツは単に技術が上がるってだけの話だな。
芸術性とは全く関係ない。

そう結局は、芸術とは独自性を追求しようとする意気込みだけの問題なんだ。
それさえあれば、どんな下手糞だろうがかまわない。

夏休みの宿題みたいに、コツコツやって終わらせるのを美徳とする、
日本人の特性が邪魔してるっぽいな。
芸術は、実は逆なんだよな。
コツコツやってる内は、まだその領域に踏み出すしていない、
宿題でいえば何も手を着けていないような状態だ。
自分に「ちゃんとやってるんだ」と思わせる、逃げ道だともいえるな。


142 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/15(火) 20:09:04 ID:mYvGuUrx
撮った写真が目的か、
写真を撮る行為を手段とするか、かな。

写真を撮る目的は人それぞれだから、
写真が芸術かという議論は不毛ではなかろうか。

143 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/17(木) 16:59:08 ID:vOTcuNvE
目的による
記録としての写真なら芸術ではない
きれいな風景を撮ったなら芸術に近いかもしれないが、説明写真でもある
芸術としての狙いを持って写せば説得力があるかも
シャッターを押せば写ってしまうのが写真なだけに、より差別化された「芸術」とするのは難しいかも
写真が芸術ということはないが、写真を芸術とすることは可能
狙いを持って自分の視点を写し込めばいい お遊びと言われるか、芸術と評されるか、
それは発表してみればわかる 
ついでにもうひとつ ↑で言った「狙い」とは自分の「哲学」
被写体はそのための借り物

144 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/18(金) 01:40:42 ID:Kd5dgMjT
「書」を芸術と考えるのと似ているな。
たんなる文字でも書き方によっては芸術になる。


145 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/19(土) 22:38:25 ID:ofZAbbWM
なーんか、最近、撮影旅行に行って思った事がある。
この対象を写真に収めて作品として発表することと、映像としてドキュメンタリーにして発表すること、
どちらがより観る人の目に益するものなのだろうか、と考えてしまった。
自分で勝手に敗北感に苛まされて帰ってきた。
単純に何か物事を伝えるというだけでは写真はやはり映像には勝ち目はないような気がする。
言い古されたスチル対ビデオ論に自爆で嵌ったんだろうが、やはり困難を感じる今日この頃。

上の人が言っている、自分の哲学などを表現するにも果たして写真が適しているのか、疑問に思ってしまったり。。。
だって、俺の目には凄いと思える写真も素人の人にはただの写真にしか見てもらえないけれど、
映画なんかだと映画を見慣れない人も余程の人で無い限り大体の意図は伝わるようだもの。

でも、写真のプリントの美しさが好きで、そこから離れられないんだよなあ。

146 :143:2007/05/19(土) 23:10:06 ID:kSAEtpwu
スチル対ビデオ 別物なんだから両方やってみれば?

ピカソの絵のすごさは眼の肥えた人にしかわからない 大抵の人は高いからすごいんだろうなとしか思ってない
自分の哲学などを表現するにも果たして写真が適しているのか、疑問に思ってしまったり。。。 向いてないだけ
でも、写真のプリントの美しさが好きで、そこから離れられないんだよなあ。←そう思えることをやることが大事
続けるべき 最高の趣味だと思いますよ 悩む必要なし

147 :145:2007/05/20(日) 12:51:40 ID:R7tPekCi
>>146
そうか、ビデオもやってみればいいだけか。言われてみれば当たり前のことだね。
俺が写真に対して愛着がある分だけ、視野が狭くなっていたのかもしれない。
ありがとう。やる気が湧いてきました。
ただのアマですが、まだまだこの辺りの趣味をウロウロしてやっていってみます。

148 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/27(日) 06:18:35 ID:FI7tkH17
ソースをいじり倒す人の場合は、PCソフトの良し悪しは出来映えに係わるかも知れない。

149 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/28(月) 19:20:28 ID:6Dy7iv3o
写真に腕ほぼ関係ないと言って言い
絵画とはわけが違う

写真に必要なのは素晴らしい光景と出くわすための努力と運
とその場面に適した機材を持っている事

150 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/28(月) 20:15:12 ID:XSV5646D
そこで言ってるのは、結局は絵画でいう腕に相当するものだな。
絵画もいくら腕があろうとも、芸術的センスがゼロなら芸術としてはゼロだ。



151 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/29(火) 05:23:49 ID:Ptec1WG0
同じとき、同じ場所に居ても、10人10様になる不思議。
ほぼ関係ない筈の何かの関係かな?

152 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/29(火) 05:28:05 ID:8btiy/Bs
>>149
その光景を素晴らしいと思うか、どのように素晴らしいと思うか、素晴らしいと思った通りに撮れるか。
これらは機材の問題?

153 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/29(火) 05:31:08 ID:0AYiQGzP
テクニックはある。
うまい絵を描ける。
だが、さっぱり感動がない。

154 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/29(火) 11:11:36 ID:u4m04kQD
>>150
絵画や映画作品の構成、楽曲制作にはセンスに相当するものが必要になるだろうね

写真という芸術表現が他と決定的に違うのは、その光景に出くわした者であれば"誰でも撮れる"という事
写真芸術をやらない人との違いは、その瞬間に適性な機材を持っているかどうか?という違いだけ
人間が長い人生の間で自分の眼で見てきた光景の中には、いくらでも感動的な光景や壮絶な光景があるだろう
その場を写真に収めていたらプロの写真家の写真なんて到底及ばないすごい写真になる
ただ、その場でカメラを持っていなかった、取り出せる状況になかった。というだけ

>>152
数(撮影頻度)と運の問題だね。あとは適性な機材
同じ光景っていうと風景の話をしてるんだろうけど(富士山の名所スポット)、
そんなのはその場にいれば誰でも撮れる
10人いたとすれば一番条件のいい時にシャッターが切れた人が一番いい写真になるだけ
腕は99%関係ないね
写真に対して"打ち込める力"だけ
打ち込めばいい写真が撮れる確率は高くなるけど、それはセンスでもなんでもない


上手い絵がかけるっていうのはデッサンの狂いが無いとか、精密な絵が描けるって事なんだろうけど、
そこから必要なのがセンス
写真でいえば、いい光景に出くわす確率が高い人は、センスがあるといえるかも知れないが

155 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/29(火) 11:11:49 ID:PFXGAcZf
生前、岡本太郎が何かの番組で、子供の絵と比較した失礼な取材者に対して
「あんな魂の無い絵と、俺の絵を比較するな」
みたいに憤慨してたのを思い出した。

今思えば、その魂こそが芸術の本体なんだろうな。

156 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/29(火) 11:13:26 ID:PFXGAcZf
凄いな俺。
13秒で読破してレス書いてるみたいだw

157 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/29(火) 13:36:30 ID:0J+1Yp+J
>>154 すまんが、写真やって無い人の意見としか思えないぞ?

158 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/29(火) 15:29:16 ID:mCgAKIe0
横山大観は絵より写真の方が凄いって言ってたな。
絵は何度も書きなおせるが、写真はその一瞬その場にいないと撮れないからだって。
ちなみに本人はカメラを何台も持っていたが、一度たりともフィルムは通さなかった。でも手入れするのは好きだったらしい。ほんと変な人だね。

159 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/29(火) 16:55:07 ID:0r5IcxP4
絵描きで食ってる手前、写真趣味ってことにはしにくいからじゃね?


160 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/29(火) 21:57:19 ID:i9n/8kmA
>>154
そのタイミング、カメラの場所で、シャッターボタンを押せる能力。
それこそがセンスだって話だろ。
そのタイミング、キーの場所で、鍵盤を叩けるなら、
だれだって名曲が作れるのだから、
作曲家は芸術家ではないと主張するぐらい馬鹿だな。


161 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/30(水) 00:48:00 ID:Ky3ATGlF
絵画では静物や風景を描くのが大家で、逆にテーマ主義という言葉が蔑称になっているんだよね。

162 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/30(水) 18:41:09 ID:3aqIVpLC
富士山のご来光の何のと大袈裟なこと言わなくても、普通に街歩いてても切り取り方次第だもんねえ。
破れたポスターがあって、毎日何千人がその前を通り過ぎ、カメラだろうが携帯だろうが、撮れる機材を
持っていたのは果たして何人だったのだろうか?
が、結局その前でシャッターを切ったのは、俺1人だけだったようだ。


163 :157:2007/05/30(水) 19:27:01 ID:Dg0yhUwo
>>162は>>154に言ってるんだよ
意味わからないかもしれないけど どう?>>154さんよ

164 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/30(水) 21:36:48 ID:o0K1OASC
>>160
>「シャッター押す能力」
そんなバカでもチョンでもできる事と、
天才といわれる画家やピアニストと比べてる事が馬鹿げたことだとわかるよね
素晴らしい光景を引き寄せる天運が、写真家としての才能といえなくもないという話
絵画的写真というジャンルも存在するけど
蜷川実花とかみたいの
個人的にあれみたいな作り込んだ写真は好きじゃない
作り込んだ写真なんかより絵画のほうが凄いと思ってる
写真の一番凄いところは風景や人間や動物の自然な営みのリアリティをそのまま写し出せる所にあると思ってる

>>162
俺一人だったとか断言してるけど、一日中そのポスターの前にいたのか?
そうだと仮定すると、その破れたポスターに対して写欲が沸いた人間が君一人だったという事
家に帰って現像してみてもいい絵が撮れたな。と思えるなら、自分は眼の付け所がいいなと思っちゃっていいんじゃない

>>163
写真歴は10年くらいです。絵(25年)で食ってます。すみません

165 :162:2007/05/30(水) 21:48:53 ID:i8JrWbJu
>>164
そのワンショットで受賞した俺としては、後は撮ったにしてもスカだったのだろうとしか、
厳密には言いようがないけどな。

166 :162:2007/05/30(水) 21:58:35 ID:i8JrWbJu
いいじゃないですか、絵で食えて。
町中のボロ屋の壁や、結構周知の廃墟とか、道ばたのガラクタとか、そうしたものの写真でも、
撮り方次第でアートになるんですよ。素人が100人寄ってもどうか知りませんけどね。
そうした意味では、描き様で腐った林檎でも芸術になるのと、それほどかけ離れてはいないと、
思うんですがね。
はっきり言って、誰が撮ってもきれいな色でごまかされるような、浅い美しさの写真は嫌いで
すね。

167 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/30(水) 22:34:28 ID:CbDcxDj/
> >「シャッター押す能力」
> そんなバカでもチョンでもできる事と、
> 天才といわれる画家やピアニストと比べてる事が馬鹿げたことだとわかるよね
ああ、たしかにレベルの違いすぎるこの2つを比べるのは馬鹿げてるな。

音楽なんて、規則性と音楽理論の下で、ある程度の制約があるといえる。
芸術の範疇の中では、かなり少なめのチョイスの中から、ある一つを選ぶ能力と言える。
天才と言われて一番儲けていた小室など、音楽学校で覚えた知識と、方緒方論で、
コンピューターも駆使しながら機械的に大量に作曲してただけの話だ。
音楽の天才なんて、そんなレベルさ。

対して、写真はどうだろう?
撮影する対象物なんて、モノの数だけ存在する。
あらゆる分子の組み合わせの分だけパターンがある。
そして、時間帯でも、ものによっては秒単位で幾らでも変化する。
そしてカメラの向き、画角、絞りなどを含めると、
天文学的なパターンのなかから1つを選び出す能力と言えよう。
それが「シャッターを押す能力」の正体だな。


168 :163:2007/05/30(水) 23:59:32 ID:Dg0yhUwo
>>164 まじっすかー! もしかして観光地専門の絵描きさん?破れたポスターの人が
言うように、例えば同じ所を通っていても、物になるはずの被写体があるのに素道りするのが
素人で、イメージが沸く被写体を見つけて構図を整えピントの位置・被写界深度を計算
したりして作品にしてしまうのがプロ(センスのいい人)なはずなんですよ 更には例え
目にした風景が大したことなくても、半年後の雨上がりの午後ならすごくいい風景になると
読んでその時期にまた来てみるとか あなたの154での文章では
定年退職して毎日写真撮ってるじいさんは全員プロになってしまいますよ?
ま、高いレベルで考えての154の文章かもしれませんが、伝わらない文章では
あるようですね 

169 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/31(木) 00:26:52 ID:xSKc26JP
絵描きなら解るだろう
写真も絵も情報量を極端に少なくして、象徴化して紙に定着させるものだよ
複数の芸術家が同じ対象物に接したなら、それぞれの感性がフル稼働して
まったく違った絵(写真)になる
俺は写真を撮ることは、その被写体を深く知る事だと思ってる

170 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/31(木) 01:18:20 ID:kMNGkb9h
>>164
自慢乙

171 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/31(木) 01:40:18 ID:EaBOEFDe

小室が天才だという意見は初めて聞いた

172 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/31(木) 03:44:56 ID:UFDYEhYr
ヨコレスだが。
MIDIにキーボードと鼻歌マイクつけると、音楽の天才は結構出てくるかもよ。
音楽って、脳内をいかに取り出すかにかなりの労力が必要だったわけだから。
ただ、あんまり複雑なクラッシック風作っても、全然売れないだろうからね。

173 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/31(木) 17:23:55 ID:xmu1p/Ns
>>164
写真撮影という行為一般(シャッターを押す)と、天才といわれる画家、音楽家を比較すれば、
天才が勝つのはあたりまえだろ。
くだらない絵を描いてるアマチュアとか、
自己満足で終わってるバンドマンも含めて考えたらどうなるのか。
天才といわれる写真家と、画家、音楽を比較するとどうなるのか、
意見を聞きたいです。
ちなみに僕の結論は比較に意味が無い、です。

174 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/31(木) 17:40:23 ID:XyPoznVJ
比較の味噌は法論の存在だな。

音楽の場合は、鼻歌みたいに脳内だけで作り出されてると思われてるようだが、
実際のところ、現代では方法論がかなり確立されてて、
あんまりクリエイティヴな作業ではなくなってしまっている。

逆に写真の場合、確かに方法論は無いな。
いや、あることはあるのだろうが、
それは芸術とは逆の方向を向いた、
「縛り」のようなものばかりだ。
(例えば、日の丸写真とか)

方法論がなく、かつボタンさえ押せれば誰でも完成物を得られるという簡便性だからこそ、
写真は、純粋に芸術的センスの勝負になるのだろうな。


175 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/31(木) 21:17:05 ID:VTpbIt+X

>音楽の場合は、鼻歌みたいに脳内だけで作り出されてると思われてるようだが、
>実際のところ、現代では方法論がかなり確立されてて、

機能和声ぶっ壊すのが趣味ですが、何か?
いわゆるオートアレンジャーの類いが、楽想をあらわすのに屁の役にもたたないことを、
つくづく思い知る今日この頃です。
音は1音残らず指定しなければ気が済まない、が、写真は意外とおおざっぱだったりする。

176 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/31(木) 21:24:56 ID:VTpbIt+X
が、ざっぱな写真ばかりとも言えないか。
厳密に設計した構図の中の何箇所もで露出を検討し、数枚をPC上で組み合わせることもあるか。
その場でコラージュなんてって、春と秋に同じ場所で撮った写真を組み合わせ、不思議な雰囲気
だが、まったく合成の痕跡残さないようなのも作ったな、そういえば。

177 :(`・ω・´)シャシーン:2007/05/31(木) 21:27:05 ID:VTpbIt+X
撮り方、手法なんてのは、結果(作品)を創り出すための手段だものな。

178 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/02(土) 00:58:01 ID:Q9OgrA4O
ホントは画描きたかったんだなあ、めんどくさいから写真なのかも

179 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/03(日) 01:43:16 ID:Bhbqg0ZK
目的が写真で達成されるなら、それでいいんじゃね?
芸術の場合は特に、手段が目的化しがちだからよくないんだよな。
本当にセンスある奴は、178氏みたいな発想になるはずなんだよ。


180 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/03(日) 01:58:51 ID:j8BMTTAJ
>>179 168氏じゃね?

181 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/03(日) 16:29:08 ID:nQbDivqF
このスレが釣りだと分かっていても、敢えて挑んでみる。

よくいう、写真でいう複製感って言葉を「焼き増しできるから価値が無い」っていうふうに
思っている人いたりする気がする。
だから絵は一点物だから良いのであって、写真でも限定されたオリジナルプリントなら価値があるとかいう
骨董商的芸術観。

芸術 = 美術+工芸+デザイン = 手の凝った手芸品や民芸品+希少価値
だったら 絵 > 写真 だと思うし、そういう意味なら写真って最低レベルってことになる。

でもそういうんじゃじゃなくて、写真をやるっていうのは、
リアルな事実やら物体やらの断片を集めて、何かの精神なり思想なり面白い発見や感覚を抽象化
して見せたいっていう趣きなんだよね。
でも、そういうんだったら生け花や彫刻や博物館みたいに実物持ってきた方がインパクトあるんだけど。
でもデカイとかクサイものとかそこにひっついて取れないものとか持って来れないものあるし。
ほんとに物持ってきてたら際限ないし。そういうのを採取するのに写真は便利といえる。

写真って、嘘でもやらせでも、その物体やら構造が、レンズの前に光を反射したり発光したりして、
そこに存在してるっていうふうに、生理的に感じてしまうところが面白いんだと思う。
どんなに写実的な絵でも、絵だって分かると、そういう感じしない。

それは質感というよりか、もっと現実感とか存在感とか既成感、そんな言葉ないか、でもそんなみたいなもの。
たぶん実物を型どった複製やみたいな方法だと知っている場合に、それを感じるんだんと思う。
たとえば、魚拓から感じるものは写真が持っているものと同じ。それってたぶん複製感ってやつだと。
つまり 写真=魚拓
人形やらオブジェやら、自ら作ったものを写真に撮ってる人って、
作り物に、写真が持つそういう複製感みたいなものを重ねて錯覚を引き起こそうって趣きなんだと思う。

まあ、そういうふうに、そこいら眼前に存在している物を写実的にさらりと切り取って、
眺めたり味わったりするっていう意味では、写真は俳句みたいなもんだと思うナ。

別の考え。
写真の技術的な制約や特徴から来る枠っていうものに、もっとストイックになれば、
レタッチしない、トリミングしない、究極、露出やレンズも場所も被写体すら変えない。
枠が厳密に固定されている程、相対的に中での変化ははっきり見えて見せたいものが分かりやすいし。
時間の存在を表現するための、定点観測なんて方法はいかにも写真らしいし、
他の方法では表現しづらいもののひとつだと思う。
ほかにも、水滴のストロボ写真や、ND400の滝や海面なんかは、技術的には「時間」という方法で撮影した物でも、
写真から感じる物は、時間じゃなくて、自分の知らない、目に見えないたくさんの瞬間が存在しているような
不思議な存在感だったり、時間を飛び越えてつながっている空間を見つけたような不思議な感覚だったり。

写真が芸術としてどうかは知らないけど、他人の脳内の図柄や音波なんかよりも、
カメラでなければ採取できないものが欲しいから写真なわけです。


182 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/03(日) 16:38:30 ID:2CiBLW+3
3文字でヨロ。

183 :181:2007/06/03(日) 16:54:55 ID:nQbDivqF
=魚拓

184 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/03(日) 17:12:43 ID:G3wJbw/5
魚拓ってよく知らんけど、随分とまた作者の表現を持ち込める余地があるもんだったんですね。
面白そうだな。
俺も魚拓でアートとか、
アバンギャルドで名を上げてみっかな。


185 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/03(日) 21:36:39 ID:/7bQu72g
物品的アウラ

186 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/04(月) 08:38:29 ID:5bywxbvQ
>>181
もうちょっと、自分の考えがまとまってから発表しましょう。

あと、「趣」は誤用でしょうね。

書き賃という意味で、100点満点で30点くらい。

187 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/04(月) 14:41:39 ID:chBiZWGY
>>186いや漏れは181が言いたい事良くわかるし
多少抽象的な書き方だが共感する。
どの道、具体的な言葉で言い表せることではないと思うし
特に「写真が持つそういう複製感みたいなもの」っていう
件は前後の文章とともによく納得させられた
写真やる人が漠然と感じてる事を上手く言葉でまとめてくれたと思う


188 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/04(月) 19:22:32 ID:+zIHYlMN
>181の文章が冗長で錯綜していて読みにくい、だから書き直せ、と感じたひとは
写真を言葉で置き換えるさいには必要な長さと複雑さがあるのだという事実を受け入れることからやり直してみたほうがいい。



189 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/04(月) 19:29:55 ID:9vRoZl1z
歴史が写真よりも浅く、写真以上の評価をされる芸術って何かある?

190 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/04(月) 19:58:55 ID:+zIHYlMN
書いてることは正しいけど書いてる場所が2ちゃん。よくある。
書いている内容を批判しているわけではない。
記名で書く勇気はなく、かといって沈黙する勇気もない。その中途半端さをだ。
あなたが書いていることは勇気がないひとには書けないことだ。

しかしそこにあるのは果たして勇気なのか、あるいは記憶喪失。



191 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/04(月) 20:05:58 ID:+zIHYlMN
映画

192 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/04(月) 20:07:23 ID:+zIHYlMN
映画にないものが写真2はあるけどね

193 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/04(月) 20:16:15 ID:0lU+KMPk
デジカメ板見てるとね、こんなスレ定期的に立つよ。
写真が趣味になり切れなくて、本末転倒なこと言う奴。
今だったらこんなの。

「RAWで撮影ってwwwプロ気取りっすかwww」
「お前らが好きなのは写真じゃなくてデジカメだろ?」

時間つぶしに話すのならいいけど、芸術に順位があるって時点で???

194 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/04(月) 20:48:20 ID:xM/S5oEj
>>186は、「自分の考え」に力点があるんですよ。
>>181って「挑んでみ」た割りに、内容はきわめて保守的ですよね。
まとめ方が上手いかといえば、全くそうでなし。
感覚をまとめてくれたと有難がった人はただの無知、不勉強。

195 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/04(月) 21:17:32 ID:chBiZWGY
>>194
187だが無知で不勉強は自覚してる
194からみたら181如きでありがたがるのはバカに見えるのかもしれんが
人にはそれぞれ技量や能力に差があるのは知っているだろう?
漏れにとってはありがたい内容だったんだよ。
しかも漏れは評論家でもなければ批評家でもない。
人の事を批判・否定して気持ちよくなるヤツでもないと思ってるよ。
ただの写真好きだよ。
>>194は写真や芸術のことがよく解かっている様だから
ちょっとその片鱗を見せてくれよ
保守的でない斬新な説を漏れも聞いて是非勉強したい。
ほんとにそう思ってるんだよ

196 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/05(火) 12:34:34 ID:/ZE/EPYE
あえていおう。
写真が複製的なのは、写真を芸術化するためのハンデであると。
つまり、複製になってしまうという不可避な原理を乗り越えて、いかに芸術を完成させるか。
これが写真芸術なのだし、ハンデ克服にはかなりの芸術センスを要する。



逆に、それっぽくみえる手法を駆使して、誰でもサクサクと芸術でございってな存在の、
絵や音楽など、芸術的センスは不要の世界。


197 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/05(火) 14:43:01 ID:ASAC1xrt
「写真は芸術」って言ってる奴は
「録音は芸術」って言ってるのと変わらないと思うぞ、俺は。
今までに芸術家と呼ばれた録音家wなんていたか?
音楽業界には優れたスタジオエンジニアたちがいるが、
彼らはあくまで職人だし、本人も職人であることを誇りに思ってるだろう。

198 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/05(火) 16:45:20 ID:i5k74QJP
それは「写真は芸術か?」という設問を投げかけた>>1に文句言えよ。

例えば「録音は芸術か?」っていう馬鹿なタイトルでスレが立ったとして、
「音という自然現象を記録する行為が芸術な訳がない」
「いや、音を芸術まで持っていく作業自体が芸術なのだ」
の2つの視点が存在してしまうのは、あたりまえだ。

写真だって同じだ。
写真それ自体はただ自然現象の記録方法に過ぎない。

結論をいうと、
「音楽は芸術か?」という問いを投げかけたいのに
「音は芸術か?」でスレを立てるぐらい、
言葉の使い方を間違えてるわけだ。

だから、馬鹿はスレを立てんなっつってんだよ。

199 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/05(火) 21:36:10 ID:K5nQpRCE
写真は芸術だと思うな・・・だってホントに感動するものを
何度も見たことあるもの・・・だから芸術なんじゃないか?

200 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/05(火) 23:00:41 ID:NQkIxBmV
写真という言葉は録音的な要素も音楽的な要素もどちらも含んでるんですよ。多分。
デジカメが普及した今では、前者には画像という言葉のほうが適切だと思うけど。

201 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/06(水) 03:01:49 ID:nh48pATi
奇ッ怪な造形作って、それを写真に撮る。
このとき、その写真が芸術なのか、それとも、その被写体が芸術で、写真は単なる記録メディアなのか?

202 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/06(水) 03:16:46 ID:C8MFaXN7
音=単なる自然現象
芸術に聞こえる音=音楽
ってのと同じだ。

写真=単なる記録
芸術に見える写真=芸術写真

だから、写真が芸術かとか、文盲な>>1
意味のない命題に付き合ってんじゃねぇっつーの


203 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/06(水) 04:58:09 ID:0jes+LdK
>>201
つ それはかつてあった

204 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/19(火) 18:17:50 ID:uO7o343a
>>203 かつてじゃなくて今現在著名な芸術家で、オブジェを作ってそれを撮って
オブジェは即廃棄 で、写真だけを発表するというスタイルの芸術家いなかったっけ?

205 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/23(土) 01:41:25 ID:oBmg4t/S
203は物凄く有名な写真論の中での言葉だよ
というか知らないと恥ずかしいというレベル

206 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/23(土) 02:05:59 ID:9SC2uZP6
>>205 で、その場での結論は?


207 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/23(土) 09:02:56 ID:j8AxgENW
「しかし」
これは有名な論文にあった言葉だよ
というか知らないと恥ずかしいレベル

208 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/23(土) 12:37:44 ID:9SC2uZP6
>>207 あんた誰に何を言ってるんだい

209 :201:2007/06/25(月) 16:56:54 ID:1cAoJqpH
で、結論は?

210 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/27(水) 22:00:17 ID:khsIZkhP
埋もれてるのでアゲ

211 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/28(木) 18:20:54 ID:sPemKej8
コピーできるのはアートとは呼べない
せいぜいポップレベル

212 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/28(木) 19:21:38 ID:RzaSto3q
じゃ、絵画を含め殆どはアートじゃないな。
アートと呼べるのは、ガード横のスプレー落書きぐらいかな・・・


213 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/28(木) 20:07:29 ID:1qb+KI4H
>>209 
結論は、このようなスレはヤッカミ半分で立つので相手にしないこと。
まず、1の内容をよく読んで判断すること。

214 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/29(金) 00:41:59 ID:sZyTEQKU
このスレとか見ると本当に本を読まない人って結構いるんだな、と思う。

215 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/29(金) 01:08:35 ID:6fRkCr0H
21世紀は、本だけじゃだめだ。
そんな古典的かつ保守的な発想では、
芸術活動は無理だな。
芸術を語る資格すらない。

216 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/29(金) 22:15:44 ID:Wcsr0jAZ
そういう芸術は常に斬新なものだというあんまりにも典型的で保守的な考え方っていいの…
世紀で物事を区別してるし…

217 :(`・ω・´)シャシーン:2007/06/29(金) 23:11:00 ID:QAfftIcv
じゃ、最先端先鋭芸術と称して、アンチアバンギャルド派でも立ち上げるか?
そういう哲学的な提起もまた、芸術活動じゃなかろうかw

218 :(`・ω・´)シャシーン:2007/07/03(火) 04:47:43 ID:r2Jglgbx
考えもしないで感性だ!って言ってる奴見ると本当にイライラする。
評価されてる人は言葉もまた豊かなものだよ。

219 :(`・ω・´)シャシーン:2007/07/04(水) 02:03:03 ID:sSV11jn4
>>218 ごめんなさい

















                                       きよし

220 :(`・ω・´)シャシーン:2007/07/04(水) 19:50:14 ID:pU657jgJ
センス無い奴が言い訳するスレと聞いてきますた

221 :(`・ω・´)シャシーン:2007/07/06(金) 00:27:36 ID:u+X+5CUi
誰にでも『作品』って言い張る事が出来る写真だからこそ

誰にでも「表現」できる写真だからこそ

写真は「芸術」なのかもしれない

222 :(`・ω・´)シャシーン:2007/07/06(金) 00:29:20 ID:u+X+5CUi
↑ばか

223 :(`・ω・´)シャシーン:2007/07/06(金) 00:32:23 ID:u+X+5CUi









きよし

224 :(`・ω・´)シャシーン:2007/08/05(日) 18:25:05 ID:fOd0qmjg
このよる

225 :(`・ω・´)シャシーン:2007/08/13(月) 23:40:01 ID:iWKHxGYy
ほしは

226 :(`・ω・´)シャシーン:2007/08/14(火) 17:50:07 ID:NSbxwUoJ
ひかり

227 :(`・ω・´)シャシーン:2007/08/22(水) 01:00:07 ID:T8ghp39X
すくいの

228 :(`・ω・´)シャシーン:2007/08/22(水) 23:20:35 ID:toA5ca4k
みこは

229 :(`・ω・´)シャシーン:2007/08/26(日) 22:04:45 ID:ZBIvB5Nd
まぶねのなかに

230 :(`・ω・´)シャシーン:2007/09/26(水) 13:40:32 ID:v7MF/nzB
敷居が低いのは確かだな
絵は描くのに時間かかるがカメラはただシャッター押せば撮れるの多いしね
バカチョ●とか言う言葉があるくらいだから

231 :(`・ω・´)シャシーン:2007/09/26(水) 18:11:28 ID:S4IhcLcc
分かってないね

232 :(`・ω・´)シャシーン:2007/09/26(水) 21:58:35 ID:MsqJTQrg
>>230 だが 奥は深い ぞよ

233 :(`・ω・´)シャシーン:2007/09/27(木) 02:51:37 ID:xjAu0EQl
関係ないけどなんでこの板過疎ってるの?デジカメ板は賑やかなのに

234 :(`・ω・´)シャシーン:2007/09/27(木) 18:02:04 ID:8x0jT7k2
パンクが音楽として最低レベルと言ってるのと変わらん

寂しい人生だなw


235 :(`・ω・´)シャシーン:2007/09/27(木) 18:23:02 ID:dte6L6v3

http://evelynrose.xxxxxxxx.jp/
↑ キモイな自閉症か・・・

まさに生きてることがオナニー同然。
脳内麻薬、奇形思考者。

病院いけよ世の中のゴミ、生存価値なし。

キモオタカメラマンのズリネタにされるためだけの人生。
極度の成長障害児。

結局は黙々と独りで無意味なブログでオナッているのだが。。。


236 :(`・ω・´)シャシーン:2007/09/28(金) 23:04:46 ID:Rf/IbO0A
紙と鉛筆さえあればよい。
授業中ですら活動できる時と場所すら選ばなさ度。
つまり絵の方が敷居が低い。

俺は絵もやるけど、コレは芸術だと思えるレベルには、
誰でもいずれ到達すると思っている。
要は数さえ書けば誰でも到達するものだと思う。

だが写真で芸術は難しい。
これはセンスが必要だと言い切ってもいい。

60 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)