2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

そろそろ幕末までの剣豪ベスト3を決めようぜ

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 08:09:01 ID:YmStrF/m
剣豪とは日本武術の剣術に優れた人を剣の豪傑としてこう呼ぶ。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 08:12:22 ID:xEG9ju05
知名度的に宮本武蔵つーことで。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 08:13:58 ID:YmStrF/m
1.上泉信綱

2.宮本武蔵

3.沖田総司

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 11:11:59 ID:WIiqyu8m
( ´゚ω゚` )

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 11:25:48 ID:+zUdtKUF
高名な門弟を多数出した流派の開祖
飯篠家直
愛洲久忠
伊東景久

名実共に高いのは
塚原高幹
上泉信綱


剣豪じゃないけど人間離れした強さ
源為朝
三浦義意

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 16:10:27 ID:YjOzmDRB
マジレスすると

1位 立身三京

2位 樋口定次

3位 林崎重信 だろ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 16:13:23 ID:YjOzmDRB
すまん、↑のは戦国だけ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 17:43:22 ID:xqMNoFvX
なんでそんな中途半端な実績も定かじゃないのを挙げるのだ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 19:18:05 ID:hNlPgL9U
でも人殺しの術と剣術は違うからねぇ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 19:57:43 ID:5ZTckXtH
河上源斎

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 22:33:37 ID:J7P25jZA
本当に人殺しとしての剣術が凄かったら
相手は生きてないからね
後世に名が残るかどうかって問題がある

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 00:08:50 ID:bPdEBMLL
むしろ強弱は殺した数で決まるものだろ
試合じゃ強いか弱いかなんて分からない
実績のみがものを言う世界

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 01:39:09 ID:Vp7Qb7ZY
まぁ ちょっとでも武道やってた人間なら、人殺しの術と武術は違うと判るけどね。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 19:17:55 ID:UueJ3Yrt
上泉

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 19:19:46 ID:r5AjV1UY
中村剣豪

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 19:20:50 ID:P7JHWLLG
<まぁ ちょっとでも武道やってた人間なら、人殺しの術と武術は違うと判るけどね>

ぷっww

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 19:34:05 ID:U2ZYhfC5
武道と武術を一緒にしてる時点でアレだな

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 20:10:47 ID:K55Go6e2
吉村貫一朗

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 09:19:57 ID:K7TeweUI
普通に1番は宮本じゃねーの?沖田は色白でナヨだったんだよね。本当に強いのか?

そんな俺は

宮本
斉藤一
上泉

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 10:35:36 ID:oxfo+Eo6
薩摩の示現流の使い手こそが最強

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 10:36:16 ID:dsltQg2d
緋村剣心

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 11:37:35 ID:Mcq/7BiC
各々方、ちょっと俺からの提案なのだが、各ジャンル毎に最強の剣豪を決めるのはどうだろう。

例えば、資料や文献で確実に強さや戦績が記録されている「実戦派部門」、現在に至るまで剣術界(剣道)に偉大な足跡を残した「剣術界貢献部門」、そして、世間でのイメージ(あまりの強さに創作されたエピソードの多さも含める)や自分の思い入れも含めた「イメージ部門」等。
あと、介者剣術と素肌剣術も別にしてみてはどうだろう?


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 11:54:00 ID:Mcq/7BiC
まずは連投スンマセン

ちなみに俺は
「実戦派部門」
1位:中村半次郎
2位:岡田以蔵
3位:沖田総司

「剣術界貢献部門

1位:千葉周作
2位:東郷重位
3位:伊藤一刀斎

「イメージ部門」
1位:宮本武蔵
2位:高柳又四郎
3位:柳生兵庫助

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 13:33:18 ID:CkPF7L88
なんで数人しか斬ってないその三人が実戦のベスト3なんだよ
しかも学者とか素人相手が多いし
寝込み襲ったり不意打ちで殺したりじゃないか

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 14:10:40 ID:ClilIcDP
合戦で敵の首沢山挙げられる剣豪が強いと思う
武蔵とかカスだろ

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 14:14:11 ID:Mcq/7BiC
>>24
一応、理由を述べると中村半次郎はあの新選組の近藤勇に「中村半次郎とだけはやり合うな。」といわせる程の人物で公式記録では殺害したのは1名だけしか記録されていないが、幕末四大人斬りとして有名である事。

岡田以蔵は、その実績(凶行の内容も含めて)の多さはまさに「人斬り以蔵」の名に恥じないモノである事。

そして沖田総司は猛者揃いの新選組のなかでも抜きんでていたという記述があり実際にも何人かを斬っている事。
確かに異議はあるだろうけど、あくまでも個人的な見解だよ。
あまり気にしない様にw


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 14:22:47 ID:F0Izuv7e
真の剣豪たるもの絶対に勝てる勝負しかしないこと
一対多数などもっての外のこと
止むを得ず己が不利な状況での戦いになれば恥も外聞も気にせず逃げること
その場合は必ず後に絶対有利な状況で復讐を果たすこと
最終的に勝利して生き残れば何とでも言える

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 14:27:11 ID:zXmvhSga
>>26
>中村半次郎はあの新選組の近藤勇に「中村半次郎とだけはやり合うな。」といわせる程の人物

小説かなんかじゃねーの?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 15:31:39 ID:5lBvTfzs
合戦39回
真剣勝負19回
討ち取った数212人
矢傷以外に一度も傷を負った事はない
塚原高幹こそ史上最強の殺人マシーン

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 20:48:41 ID:k4qV7mmE
つかはらぼくでん

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 05:58:41 ID:X0RtIftX
槍を使って合戦に出た、上泉じゃだめなの?

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 21:58:00 ID:BcvWJ5UE
太閤立志伝Vのオレのキャラ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 22:21:37 ID:cM7nsm1U
服部武雄

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 03:18:04 ID:dVHRTPhH
オダギリジョー

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 03:38:40 ID:pP3QwC7A
足利義輝

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 18:10:12 ID:y4YQ+rMf
塚原高幹か上泉信綱じゃねえの
そもそも幕末の暗殺者や道場主が、戦国の剣豪に勝てるとは思えん
一方は対多人数で、一方は悪くて一対一だろうからなあ

>>32
能力MAXにしても、この二人には時々負けるよなw

37 :武将:2006/11/17(金) 22:23:44 ID:I6eES+oV
上泉伊勢守が、一位柳生石舟斎二位、三位は坂本竜馬、塚原高幹、伊藤一刀斎

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 22:25:50 ID:2lZxafzi
ちょww坂本龍馬てwwまだ岡田以蔵の方がましだわww

39 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/09(土) 22:47:04 ID:Cp9AGw2U
スレ違いかもしれんが
宮本武蔵は強かったのはわかるが養子の伊織は強かったの?

40 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/09(土) 23:09:31 ID:z6i6uBDi
案外柳生石舟斎があまり人気じゃないな

41 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/09(土) 23:30:33 ID:bM8coLGS
タイ捨流の人が好きだ



42 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/10(日) 04:36:15 ID:qEVZLF3w
伊織の実力は武蔵の折り紙付き
とんとん拍子で出世した

43 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 02:44:47 ID:KZuZqbkI
伊織の出世は、剣の腕と関係ないかと。
家老になったのは、官僚として優れてたってだけじゃないかな。

44 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 19:52:07 ID:ysU/rHX6
平手酒造
机竜之介
赤胴鈴之助

45 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 19:54:29 ID:ysU/rHX6
椿三十郎忘れてた

46 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 22:48:20 ID:mq0DJkfI
桑畑三十郎は?

47 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 23:23:24 ID:9wvSYqyG
>>40
弟子だからじゃない?

48 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 03:41:10 ID:7TL8zL16
緋村剣心

49 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 03:51:11 ID:9sZKpZ15
鬼眼の狂

50 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 15:41:52 ID:2ytBXwLy
木枯らし紋次郎

51 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 18:55:40 ID:aZCCnN8S
無双のプレイヤーキャラ

52 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 19:39:32 ID:9E4pwWtg
個人的印象は
一に上泉伊勢守
二に中条長秀
三に愛州移香斎

次点かつ趣味で坂田公時も挙げたい
童子切の伝承から剣豪でいいよね?

あと>>41は丸目蔵人

53 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 21:31:26 ID:E05CiC1r
実戦派ランキング

1位 助さん格さん
2位 暴れん坊将軍
3位 桃太郎侍

番外 鬼平
風車の弥七

54 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 22:35:28 ID:cWAr4Ck5
そのランキングに千石が入らないのはどういうことだい?

55 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/15(金) 16:30:31 ID:nD0iFhOj
十手で武士と互角に戦う銭形平次もなかなかの素質があるのでは?

56 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/17(日) 20:09:10 ID:TMLiS6n/
具教とか義輝とかもともと偉い人ぬいて石高のランクはどうなんの?

57 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/17(日) 22:47:51 ID:5fMDjTkz
佐野房綱 3万9000石(佐野藩主)
柳生宗矩 1万2500石(柳生藩主)
小野忠明 600石(幕臣)
柳生宗厳 500石(幕臣?)
富田重政 1万3000石(加賀藩士)
荒木保知 250石(郡山藩士)
丸目長恵 117石(相良家臣?)
宮本武蔵 無禄(細川家から捨扶持・7人扶持)

別枠
足利義輝 室町幕府13代将軍
松本尚勝 大掾家宿老
塚原高幹 鹿島家家老
上泉信綱 大胡城主
北畠具教 伊勢国司
真壁氏幹 真壁城主

58 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/18(月) 09:56:30 ID:kY64crpl
仕えた先のでかいとこは有利だな

59 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/21(木) 23:59:42 ID:la1C/yJk
名人越後スゴー

60 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 12:29:22 ID:XNo1JpOM
ワラ

61 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 18:16:15 ID:H9GvQsvj
武蔵は剣術家としてみたら卑怯すぎじゃね?

62 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 18:35:05 ID:qOYG2bpL
age

63 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 18:36:29 ID:qOYG2bpL
mage

64 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 19:35:33 ID:Pg7gZnfG
桂小五郎

65 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 23:37:15 ID:XmAlpagl
桂三枝

66 :詩人:2006/12/29(金) 03:40:36 ID:Yl0KEEZk
坂本竜馬は剣豪としてはマイナーかなぁ?

67 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 06:46:45 ID:Qj0TNFPE
坂本竜馬が剣豪?
長刀の免許しかないのに?

68 :詩人:2006/12/29(金) 07:00:00 ID:mYy6slxz
そうか・・・。
そうだよね・・・。
竜馬って、動乱の時代を生きた剣客だけど、生涯一度も人を殺してないもんな・・・。

あ、そうか、剣客って言うよりも論客かも・・・。
うぅぅ、剣豪とはとても呼べない・・・。失礼した!!

69 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 08:07:05 ID:nPZDF4BZ
一応、坂本龍馬は北辰一刀流の免許皆伝の腕前を持っとります。


それから、宮本武蔵だけでなく塚原卜伝も策略を用いて相手を倒したりやってますw
詳しくは『武芸小伝』を見て下さい。

70 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 08:26:45 ID:Qj0TNFPE
竜馬が免許皆伝の腕前を持っているって、何に書いてあるわけ?
長刀の免許だけだろ?

71 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 09:20:30 ID:zG0fO4sr
塚原はいろいろ怪しい話しも多いんだが、
真剣試合の相手に偽情報吹き込んで、
それにつけ込んで勝ったとか。

72 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 11:29:31 ID:yNVKZTLx
それも強さの内

73 :詩人:2006/12/29(金) 11:55:51 ID:mYy6slxz
んんん・・・?

気になるから言わせてもらうが・・・。
空手や柔道なんかでも、初段しか書状がなかったら、その人は初段の腕前でしかないの?
書状が紛失してても・・・?

暗殺されてるんだよ、一応即死は免れてるけど・・・。
それに、遺品については盗難にもあってるし・・・。
あとねぇ、当時の竜馬の仲間やら知人なんかの「免許皆伝をもらっていた」っていう証言なんかも残っているなが・・・。

もうひとつ、桂くんとの御前試合とか・・・。
幕末については、資料を集めるのそれほど大変ではないんだよ。
実際、竜馬が書いた手紙もかなり残ってるし・・・。

74 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 12:29:36 ID:Qj0TNFPE
〉詩人さん
それじゃあさ、何をもってして竜馬の腕前をはかるの?
長刀の目録しか見つかってないんだから、それで判断するしかないよ。
本当の達人だったら暗殺されなかったかもね。
そんで、竜馬の仲間や知人て、具体的に誰か教えてくれないかな?
幕末関連のスレでも言ってる人いたけど。

75 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 14:10:29 ID:vYPoML2a
平仮名で書いてやれば解決するのに
龍馬は北辰一刀流の長刀(なぎなた)の目録

76 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 14:45:13 ID:f/Pf2Teb
拝一刀

77 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 23:18:54 ID:eFmWEakU
単純な腕力なら間違いなく武蔵。二刀を一刀と変わらないスピードで
振るうというのは、もう普通じゃない。

78 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 00:20:55 ID:VaADeAeu
竜馬は塾頭までやってるのに、まだ長刀の目録だけとか言ってる奴いるのか…
剣術試合の記録もあるし、評判の記録もあるし。
剣術メインに決まってるじゃん。。

79 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 00:52:42 ID:HnI5J4Og
「姉さん、大変です。免許皆伝が貰えません」
みたいな手紙を送っていた記憶があるが、小説かだったっけ?
まあ、仮に竜馬が武道が一流で無くても評価なんか落ちないけどな、
奴の非凡さはその行動力だから。

80 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 03:21:10 ID:50eASw9M
とりあえず剣豪は自分の命を大事にしたからね。
死んだら終わりって考えが強いから、いろんな手を使って勝つ事が第一、その手段の一つが、剣の腕前だから。
優れた剣豪なら、命の危険を感じたらまず逃げるよ。

81 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 08:22:54 ID:mfaqbXdp
ガチで可児才蔵の槍術に勝てる奴はいない

82 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 09:29:18 ID:KY3W/okk
1 塚原卜伝
2 小野忠明
3 東郷重位

これどうかな?

83 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 10:10:01 ID:9FT0o2Uk
てか坂本龍馬程度で候補に挙げられるかね?まだ中村半次郎とかの方がよくね?人斬り半次郎。まあそうすると田中新兵衛とか岡田以蔵とか河上彦斎とか(ry

84 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 10:35:57 ID:nchrTg/W
いっその事、討ち取った人数でランキングを決めてはどうか?

それならば

1:塚原卜伝
2:宮本武蔵

で…、3位は誰だ?

85 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 10:37:40 ID:nVYnhADb
何に主眼を置いたベスト3を決めるわけ?

86 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 10:47:05 ID:lHFk/0+3
伊東一刀斎じゃね?

87 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 10:58:17 ID:lHFk/0+3
一刀斎は、33勝、塚原は19勝、武蔵は66勝。武蔵の場合は、弱いやつを
選んで戦ってたと聞いたことがあるが。剣術でも一刀斎の影響はかなり大きいみた
いだし。幕末の剣豪は、どうなんだろ?強いやつが多すぎて、差がはっきりしない

88 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 11:25:48 ID:/3Ar98Rq
千葉周作が全然出てこないが、神秘の匂いが無い人はやっぱウケない
のかね?維新の志士の心身を育てたのも、近代剣道に大きな影響を残
したのも、この偉大な合理的剣術者なんだけど。

89 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 14:44:24 ID:VaADeAeu
じゃあ、今までばらばらだった剣術に筋道をつけ、諸流に分かれ大いに栄えた一刀流の創始者、伊東一刀斎で

90 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 23:49:50 ID:temol/13
西郷どんや中村半次郎はやはり示現流だったのかね?

91 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/31(日) 01:39:04 ID:iM5pwudt
>>30
中村半次郎は下級藩士だったみたいだったから薬丸自顕流の遣い手であったみたいだが。
尚、西郷隆盛曰く
『薩摩は薬丸どんで叩き上げた。』
との事。



92 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/11(木) 13:03:38 ID:sH+IQLqI
ベスト3といわずベスト20くらいまでしようぜ
人数多いんだし

93 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/11(木) 15:15:09 ID:7x2Al0P6
上泉秀綱公は、優秀な人物を育てたのはわかるんですが個人戦はどうなんですか
ねえ。有名な剣豪とかと戦った記録とかありますか?

94 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/11(木) 17:42:13 ID:9IvD9Ash

里見浩太郎

95 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/11(木) 19:24:58 ID:vNudOl9Z
勝新太郎&若山富三郎

96 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/11(木) 19:48:56 ID:iXgmRf3n
富田流は?

97 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/11(木) 22:27:56 ID:2EpIXKYk
>>89
一刀斎自身は中条流を名乗ってなかった?

98 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 00:28:04 ID:y33Je0MQ
上泉秀綱とかもう伝説の世界の住人にはオサラバしてもらって、江戸中期以降の
剣士でやろうぜ?

99 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 00:32:36 ID:SU5ffBtg
何で男谷信友が出てないのだ

100 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 01:12:36 ID:YSLqrGOa
>>93
(=゚ω゚) 上泉伊勢守は畿内一の使い手と言われた柳生石舟斎をこてんぱんにしている。
また塚原ト伝の2代目であるという説も有る。
七人の侍で志村喬が坊さんの格好して無刀取りを使い人質を救出するが、そのモデルが上泉武蔵守。

101 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 03:33:41 ID:kyiitFTj
武蔵最強!忍者&十兵衛斬りまくり
http://www.gametrailers.com/umwatcher.php?id=26779

102 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 11:10:38 ID:yebLuEhh
ガルフォード

103 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 13:21:45 ID:OKwkfYbz
丸目蔵人

地元の人なんで、応援。

104 :OPS:2007/01/12(金) 13:38:04 ID:gnXa8wFe
幕末の剣客なら千葉周作

105 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 15:02:13 ID:ua05D+TY
仏生寺弥助

106 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 18:21:37 ID:rq4omlwX
勢源か名人越後だろ〜

107 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 18:37:47 ID:Q5GLb2Gk
坂本龍馬はたしか一人殺しているはずだ。だれかは忘れたがある男が海援隊のメンバーの妻を犯してそいつを一刀の元に切り捨てたと明治まで生き残った海援隊メンバーが回顧してたみたいだ


108 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/13(土) 10:35:11 ID:OqwgmiqK
>>100
それ一刀斎の話で似たようなのがあるな。あと宗厳とやったの疋田じゃなかった?
(彼が強いのは否定しない、当然、当時の疋田も足元におよばなかったろう。
あくまで疑問が生じたのでの書き込み)

109 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/13(土) 12:01:06 ID:WcmYQqDG
(=゚ω゚) 宝蔵院胤栄が上泉伊勢守を奈良の地に迎え柳生但馬(石舟斎)と立ち合う。
石舟斎は三日にわたり立ち合うが但馬の出ばなをことごとく打ち込み位詰めに詰め勝った
と言う。
疋田も石舟斎の構えていた撓を「それでは悪しゅうござる」といきなり奪ったと言われるが
こちらは記録としては定かでは無い。

110 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/23(火) 17:54:47 ID:LpkKy3xB
近藤勇殺しの軍団リーダー

111 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/23(火) 17:58:48 ID:LpkKy3xB
幕末ではないが十兵衛は本当に強かったらし。
生涯、結婚もせずに剣にいそしんだとさ。

112 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/23(火) 18:39:40 ID:RFQTaqgt
十兵衛って柳生十兵衛?
柳生十兵衛ならちゃんと正室と子供がいたが

113 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/23(火) 21:28:40 ID:LpkKy3xB
↑柳生連也斎と勘違いしたかな。(汗)

114 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/23(火) 21:49:17 ID:fqKOTn9O
>>105
津本陽のファン?
私も好きだ。生存している剣豪小説家では1番だね。

115 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/24(水) 01:43:58 ID:H/qyTjnX
十兵衛は某ドラマのおかげで好きになった

116 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/24(水) 04:14:40 ID:LC/DCpUs
俺は十兵衛ちゃん

117 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/24(水) 09:38:31 ID:MgSmI2K4
じゅうべーのときだけ柳生は大名じゃないんだよな

118 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/24(水) 14:24:28 ID:FZKRkWEP

柳沢が落ち目になったからね。

119 :野良猫 ◆/Zone/zB0Y :2007/01/28(日) 12:02:42 ID:a6QWMXCY
壬生狼、最後の生き残りにして、幕命の逆徒及び朝敵の代名詞、
『京都五稜郭』より『函館五稜郭』まで駆け抜けた、最後の無頼漢、
土方歳三。

己に忠を尽くした、滅びの美学。
退けぬなら、斬り進むのみ。
『我、不退転。
故、罷リ通ル。
一歩前信!
斬捨後免!
鮮血花道!
推して参る。』

って事で土方厨一票。

120 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/28(日) 12:32:19 ID:7nPKwN9h
土方より伊庭八の方がカッコイイのはガチ

121 :野良猫 ◆/Zone/zB0Y :2007/01/28(日) 12:44:53 ID:a6QWMXCY
吉田松陰。

『天狗党』
藤田小四郎。
武田耕雲斎。
等々、
尊王攘夷運動の源である、
水戸改革派一党。
藩内派閥闘争へと変化した為、水戸藩士以外の同志多数離脱。
那珂湊→高久→敦賀付近越前新保まで強行軍し、降伏。
一八六五年(慶応一年)二月、敦賀にて、残党三五二名処刑。
流罪多数。


幕末動乱の焙り役的存在。
剣術については詳細記述書不足の為、正式談義不哥。
まぁ、当時約千名程度の一隊が、京都目指し行軍したからには、弱卒ではないと思う。

122 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/28(日) 12:51:51 ID:dcdAmM5k
土方は剣豪と言うよりは、
優秀な指揮官というイメージの方が強いな

123 :野良猫 ◆/Kiss/Zwxw :2007/01/28(日) 12:58:25 ID:a6QWMXCY
ごめん、伊庭さん識らない(>_<)

あとは、源八幡太郎義家、は、弓術家にはいるのか……。
なら、源九朗義経。
水上舟合戦での、天狗のごとき、体捌きと太刀働きは比類する処、識らず。

まぁ、脚色の多い人物と思われますが、やっぱり、ねぇ?

ただし、一流派に拘るなら、除外。
流派体系が正式に出来上がったのが、『塚原』『上泉』次いで『丸目』『伊東』でしたっけ?

まぁ、全部ひっくるめりゃ『大和武之尊』やら、『獲加多支歯大王』なんかも有力候補。
ワカタケルの鉄剣は熊本江田船山や埼玉稲荷山の古墳より出土。
この範囲を暴れ回った豪のものと推測できますなぁ。

124 :野良猫 ◆/Lion/94bM :2007/01/28(日) 13:02:53 ID:a6QWMXCY
>>122
指揮官ですか( ̄□ ̄;)!!
幕末ほとんどしらんから、
指揮官=榎本武陽←字違う(>_<)
のイメージがぁ(T_T)/~

(・_・|オカ板から来ました。
歴史の細部の知識がないんで宜しくご教授お願いします。‖-_-)


125 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/28(日) 13:03:34 ID:7nPKwN9h
>>123
伊庭八郎で検索してみ
片腕切り落とされても五稜郭で戦った

心形刀流剣術のおぼっちゃんで
美少年だったと評判

126 :野良猫 ◆/WIND/HmW2 :2007/01/28(日) 13:07:57 ID:a6QWMXCY

携帯厨&ネット音痴につき検索エンジンがよくわかんないんですぅ(>_<)


名古屋の方ですか?

親切にありがとうございますm(__)m



127 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/28(日) 13:47:31 ID:dcdAmM5k
>>124
なら半年ROMれ。

まあ、たとえて言うのならば、
沖田が虎だとしたら、土方は狼。

128 :野良猫 ◆/Zone/zB0Y :2007/01/28(日) 14:29:18 ID:a6QWMXCY

赤瀬河
ありてふしまに
弓削香ず
鼎単衣む
二重日向

『紅向日菊』

で紅天狗茸となりまする故、非礼を寛容請う。

まぁ、句が詠めねば切腹の作法すら解せぬ輩と蔑まれまする故、ねぇ?

毒がありまする。
食せる華には、ね。

剣豪とは句が詠めずとも冠ずる号ですかな?
なれば、士に非ず徒も、剣客商売は出来るわけだ。

文武良導、これ基本にして、襌道。

さもありんとて、
語るに落ちる、
椿模様かな。

椿は首を象意し、
傾きもたげ易く、
落ちやすい故ぉすぇ。

嗜みのひとつに加えられても宜しいのでは、ございませんか?

129 :野良猫 ◆/Lion/94bM :2007/01/28(日) 15:37:23 ID:a6QWMXCY
で、『沖田』『土方』『近藤』の三人で壬生狼、な?
諸説様々だが、刀一本で組織造りあげたのは、彼らと『赤報』の『相良』だったかな?

人脈無しで組織形成に成功した稀な例、だったはず。
強くなきゃ、人は集まらん、金策不得手。
時代が時代なら野武士の集団として狩られる『野犬』の類が新選組と存じておりますが。

故、土方歳三は派閥に依らずに散ったのやもしれませぬ。

あるいは、『死に場所』を求めていたのか……。



130 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/28(日) 17:28:44 ID:Y4QCn7Ih
削除依頼だしときました

131 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/28(日) 17:45:00 ID:iZEFH0R0
1.上泉信綱
2.伊東一刀斉
3.桐野利秋

132 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/29(月) 22:02:24 ID:sZf7sRqB
しかし正直、明治維新直後は剣豪も立場無しだったろうな。
連発銃や大砲には全く無力な事を暴露されてしまったのだから。


133 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/29(月) 22:17:41 ID:cdhkB/Wv
>>129
新撰組が刀一本で作り上げた?ハァ?

幕府の応募が始まりですが?
会津がバックに付いたから大きくなったのですが?

少ない知識で歴史を語らないでくれ。

134 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/30(火) 04:48:09 ID:tN+lfFmM
野犬ってw、もろに幕府の犬

135 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/30(火) 07:51:23 ID:KdPct70u
北辰一刀流が最強だろ。

千葉周作

塚田孔平・稲垣定之助・森要蔵・庄司弁吉

136 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/30(火) 13:22:34 ID:lrHZSU6V
流派ではなく、個人の名前を挙げて下さい

137 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/06(火) 15:32:44 ID:b14mh1dT
1、勝小吉
2、男谷精一郎
3、千葉周作

138 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/08(木) 14:52:19 ID:WboBIBi4
松平長七朗

139 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/08(木) 14:58:13 ID:WboBIBi4
てゆーか佐々木小次郎ちゃんの話題がまるでないんだが、武蔵の弟子にボコられてあぼーんしたからって雑魚扱いはヒドくね?

140 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/08(木) 23:40:35 ID:Y0hSkeer
評価のポイントを決めないと始まらないだろ
それか適当なランク表でも作るか

141 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/09(金) 01:20:01 ID:a2+Ydxf1
小次郎は、巌流島以外不明すぎ。

142 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/10(土) 22:39:19 ID:yTNCOJVD
ポイントとしてはこんなもんか。
@ 戦場で戦った場数。真剣による活動。
A 試合の勝ち星。
B 当時の第三者の評価。領主の評価。

143 :人間七七四年:2007/02/16(金) 23:33:32 ID:pFeBfLb5
あとは後進への影響とかかな
それぞれのポイントに対して100点の奴を上げて基準にしよう

144 :人間七七四年:2007/02/17(土) 02:33:49 ID:aUdFR0yo
心の一法で皆金縛り。
武蔵が避けたほどの剣客、松山主水が最強。

145 :人間七七四年:2007/02/17(土) 03:34:12 ID:KyoMzEOw
服部はどうしたよ?
実戦値ならかなり高いぞ

146 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/17(土) 03:56:14 ID:chXrcFl5
幕末て何時?武蔵も入るの?

147 :人間七七四年:2007/02/17(土) 20:30:17 ID:zdYTLa0W
幕末より前ってことだから武蔵は入るんじゃないか

148 :人間七七四年:2007/02/18(日) 00:23:10 ID:RgZzWiwD
伊東一刀斎の33戦無敗は疑いようのない事実なの?
生まれとか師匠とか諸説あるみたいだけど。

149 :人間七七四年:2007/02/18(日) 01:02:42 ID:JwKd925o
事実云々はねぇ。
基本的に、大抵の剣客の逸話は史料的な裏づけのあるほうが少ないからなんとも言えないんじゃね。

150 :人間七七四年:2007/02/18(日) 12:29:20 ID:YTdAKYbc
あの頭へっこんだ肖像画にはかなりショックうけた。

151 :人間七七四年:2007/02/18(日) 19:31:09 ID:dI0eGWDw
No.1 勝先生 名は体を表す 負ける理由が見当たらない

152 :白井トール:2007/02/19(月) 22:04:21 ID:ZMrPjFiP
真理谷円四郎は本当に中村権内に負けたのか?
中村側のでっちあげじゃないのか?
でっちなら円四郎をおすし真実なら中村権内をおす

153 :人間七七四年:2007/02/19(月) 22:15:08 ID:iWTPTbqJ
まず間違いなくダントツで上泉。これだけはガチ

154 :人間七七四年:2007/02/20(火) 04:33:02 ID:0rdudPQV
武蔵
卜伝
小野
位とか抜きでガチで強そうなベスト3

上泉
一刀斎
卜伝
後の剣術界に与えた影響力とかのベスト3

155 :人間七七四年:2007/02/20(火) 17:28:51 ID:wKt9w+0e
天才型剣士
真理谷円四郎
島田虎之助
沖田総司

一撃必殺型
東郷藤兵衛重位
平山行蔵子竜
林崎甚助

156 :人間七七四年:2007/02/20(火) 17:44:42 ID:flTdjE4g
ガチは
武蔵out
上泉in
影響は
愛洲in
誰かout

157 :人間七七四年:2007/02/20(火) 18:21:20 ID:Gn3Bb9dq
何で高柳又四郎を誰も挙げないのだろう?

千葉周作をして『この者よりいずる者なし』とまで言わしめたのだから、かなり強い筈だが…?

158 :人間七七四年:2007/02/20(火) 18:27:02 ID:PKMVy2gk
>>155
島田虎之助は井上伝兵衛に一発で負けてるよ
まぁ本庄茂平次に闇討ちとはいえ一方的に殺されてるけど。

少なくとも同世代、打ち合った実力で比較するなら
男谷精一郎>井上伝兵衛>島田虎之助
じゃね?

159 :人間七七四年:2007/02/20(火) 22:45:47 ID:b4yySDwR
大石進を忘れてもらっちゃいけねぇぜ

160 :人間七七四年:2007/02/21(水) 06:37:26 ID:/l7pZhBH
>>159
身の丈程もある長大な竹刀で左片手突きで江戸剣術界にセンセーションを起こした人ですね
ある時、大石進の左片手突きを顔面に喰らったところ、対戦相手の面をぶち抜いたとか
(※対戦相手は眼球が飛び出る程の大怪我)

161 :人間七七四年:2007/02/21(水) 07:05:38 ID:vh1roUeT
なんか凄そうだけど
真剣でそんな長物片手で扱えるのか?実践的じゃ無さそう

162 :人間七七四年:2007/02/21(水) 12:43:43 ID:tYhLwXU7
典型的な道場剣法ですね、はい

163 :人間七七四年:2007/02/21(水) 12:49:47 ID:WH8LljKa
ガチは一刀齋。次いで卜伝
上泉は雑魚。ガチとか言ってるのは厨。

164 :人間七七四年:2007/02/21(水) 16:22:22 ID:aaUDGXku
雑魚だというなら立証責任を果たしてもらおうか。

165 :人間七七四年:2007/02/21(水) 18:24:11 ID:Rd3BS6my
>160
あー少し違う鴨。長竹刀が折れて面に突刺さり眼球が飛び出た希ガス。

大石影流は各地に広まり長竹刀ブームが起き、腕自慢の若者が長い直刀を好んで差した
これを「勤王刀」と呼ぶが、長いし重いし実戦では使い勝手が悪く効果はイマイチだったようだ。

高野佐三郎が若い頃、他流試合で相手が先革を削り防具ズレから喉を突き流血沙汰に
なった。怒った高野は面を打ちまくり折れた竹刀で敵の面金を突いたが、突き抜け
なかったという

いかに大石の突きが凄まじかったかが判る。

166 :人間七七四年:2007/02/21(水) 20:47:23 ID:aGC2g+bW
やっぱり道場主体の人たちよりも
真剣を使うことの方が多かった時代の人のほうが強いイメージがあるなぁ
勝手なイメージだけど。

大阪城がどうなるかな、ってあたりが
兵法も広まってて、仕官希望の浪人がうろうろしてるし
戦もいつかはある、って状況だし。
鎧を着てない状態での斬りあいも一般的になってきて
そのあたりの工夫もされている。
武蔵、小野、宗矩、利厳、大物がたくさん出てる時代でもある。
石舟斎、一刀斎、あたりの伝説クラスがギリギリ生きていて影響力を残してるし、
伝説っぷりをその目で見たことがあるのもこの時代の人間が最後。

というわけで、最強は・・・わからん

167 :人間七七四年:2007/02/21(水) 21:42:47 ID:iBUjEsnh
逆にテクニックとして洗練されてきてる後世で、合戦での槍ではなく、
真剣での斬りあいが活発化してきてた幕末の方が剣術という範疇では
戦国時代より上だと思う。

戦国時代は刀での戦闘より槍や弓、鉄砲がメインだしね。

168 :人間七七四年:2007/02/21(水) 22:21:55 ID:tYhLwXU7
そのテクニックが真剣ありきから竹刀ありきへどんどん変わっていってるんじゃないかと思うんだ
斬り合いなんてそうそうある事じゃナシ、ある意味ではそれも洗練されたと言えるだろうけど。

169 :人間七七四年:2007/02/21(水) 22:37:38 ID:iBUjEsnh
戦国時代にどれだけ刀での白兵戦があったかってーことだわな。
実際に用いられたのは槍や長物の方だし、刀は首を取るときのサブ武器だし。

戦国時代末から出てきた一刀流とかの流派なんかも、修行、試合の際には
命の危険が少ない木刀を用いてるわけだし。

更に言うと、幕末は一番個人戦で刀が用いられた時代だとおもうけど。
江戸時代の細身の観賞用の刀から実戦用の刀が好まれてた時代だし。

170 :人間七七四年:2007/02/21(水) 23:13:00 ID:tYhLwXU7
合戦で刀がどういう使われ方をしてたかっつーのは諸説あるのでワカランね
首切り用に小刀差してた程度だったのかも知れんし普通に使ってたって学者さんもいるから
どっちにしても介者か素肌かって話ではないので、そこらへんの事はあまり関係ないと思う
俺が言いたいのは、どっちの時代が真剣を扱う事を強く意識した技術を残していたかって事なんだよね
幕末までそうそう斬り合いなんてなかったろうし、その長い期間に左片手突きみたいな竹刀前提の技術に変わっていってるんじゃないかって思うのよ

>戦国時代末から出てきた一刀流とかの流派なんかも、修行、試合の際には
>命の危険が少ない木刀を用いてるわけだし。
そら試合で刃引き使ったら死にますw
確か一刀流は型は刃引きでやるとか聞いた気がする

171 :人間七七四年:2007/02/22(木) 03:18:19 ID:P5VkzGuO
合戦での刀の使い方は正直本当のところはわからんが
そこら中人だらけで、みんなして組み合ったりなんかしてるところで
槍なんか振り回してる場合か?って思ったりもするんだよね。
最初のぶつかり合いはともかく、
どこから敵が斬りかかってくるか、突いてくるか、分からん状態で
槍ってのはどうも使いづらい武器な気がするし。
富田流なんかは小太刀をよく使う流派で
いわゆる名人と呼ばれる人を輩出してる。
実際のところ実戦では組み打ちになることも多いだろうし
長物がメインで刀はサブでしかないってのはどうなんだろうか。

介者剣法と素肌剣法ではやっぱり想定している状況が違うから
違う時代の人間の強さを比較するのは難しいね

172 :人間七七四年:2007/02/22(木) 17:03:22 ID:D2sBAY0o
>>171
鎧を刀で切るのは非常に困難なので、結局は鎧の合間を狙うしかない
その場合はやはり切るより突く方が確実なんだよ
あと、乱戦に置いて円運動の刀の方が不利だったりするし

173 :人間七七四年:2007/02/22(木) 18:39:55 ID:wUF8A58P
(=゚ω゚) 刃引の形なら他の流派でもわりとポピュラーな稽古法ですぜ。問題は資金ですなw
竹刀や木刀の方が消耗品として遠慮無く打ち合えるからね。

戦場での刀剣使用については学者ですら統一見解は出てないね(いや学者だからかw)
源平盛衰記などでは太刀で兜を強打して敵をひっくり返している記述が有るし
落城図などに描かれる追撃戦や室内戦では刀剣使用の描画が結構多い希ガス
弓、鉄砲は近間、乱戦では使えないので前衛が迫ってくると自然と抜刀突撃になる場合も有った様だ。
新撰組でも槍には刀のサポートが付いたし、田原坂の様な切り通しの地形でも抜刀戦は行われた。

まあ、現代でも銃剣やスコップ格闘術は世界中に残ってはいるから必要性は
それなりに有るんだろうね。

174 :人間七七四年:2007/02/22(木) 21:25:57 ID:D2sBAY0o
>太刀で兜を強打して敵をひっくり返している
すごい力業w
刀でなくてもいい気がするよw

175 :人間七七四年:2007/02/22(木) 21:38:08 ID:WYx/Br47
確かに敵味方コッチャになっちゃうと槍なんか邪魔で振るってられんわなぁ


176 :人間七七四年:2007/02/22(木) 21:58:18 ID:XGEMI4ip
槍もみんな並んで突くとも、叩くとも言われてるな

177 :人間七七四年:2007/02/23(金) 01:35:58 ID:bOH0XbRT
(=゚ω゚) んーまあ、源平盛衰記だからどこまでホントなのかは判らないけどw 
参考までに太刀打ちの描写を2.3上げときますぜ。

>参川守知度、太刀を抜て甲の鉢を打たりければ、甲ぬけて落にけり。二の太刀に頸を打落てけり。
>同太郎重義続いて落重る。(互いの郎党が)助んとて、落合つゝ互に戦けり。
>太刀の打違る音耳を驚し、火の出る事電光に似たり(源平盛衰記)

(=゚ω゚) 
力業の武将なら有名なのはト伝の弟子の鬼真壁こと「真壁氏幹」がいる。
結城表の戦いでは一丈三尺の筋金入りの六角樫棒をブン回し人馬嫌わず薙ぎ倒したそうな(笑

馬鹿力系では他に太田道灌の子孫である「太田康資」が居る。こっちは金棒だ(w
太田康資は身の丈6尺余で身は太く雷のような大声で、荒馬を駆り刀を振るった。
国府台の合戦では北条方の太刀の名手清水太郎左衛門という老武者の振るう樫棒に
太刀を鍔元から折られた事を無念と思い、自陣に戻り8尺の鉄棒を持って敵陣へ飛び込み
たちまち20人近くを薙ぎ伏せた。
舅である北条方の遠山直景が立ちはだかり降伏を勧めたがその申し出を蹴り勝負に及ぶ
遠山は鉄棒の一撃を食らい甲が砕け首は胴にめり込んで絶命したと関東古戦録に有る。

(=゚ω゚) さらに関八州古戦録、国府台合戦からもう1つ。蛤刃の大太刀。
里見の宿老に「正木大膳亮」という三浦党の馬術の達者が居て片手綱で荒馬、癖馬を乗り回したと言う
正木大膳亮は18才の時には主君義尭の御前で牛の角を左右の手に掴み筍を抜くかの如く
角を引き抜いてしまい満座を驚かせた。
大膳亮の太刀は長さ4尺6寸、幅2寸の蛤刃の大太刀で、振るう姿は魔王の様だったそうな。

国府台の合戦では川村、高城なる武士に馬上左右から挟まれ組付かれそうになる所を
馬を駆け退かせ。右手の川村の甲の真ん中を打って逆さまに斬り落とし、
返す刀で左の高城の腰刀を薙ぎ払って落馬させたと言う。

178 :人間七七四年:2007/02/28(水) 23:00:07 ID:EDd9P+nW
みやもとむさすぃ(´∀`)

179 :人間七七四年:2007/03/01(木) 01:26:31 ID:5GraRgTi
一族なら柳生、富田、伊庭てとこか

180 :人間七七四年:2007/03/01(木) 04:19:11 ID:uKB5w0zb
吉岡も好きだがなぁ…
憲法染めとか

181 :人間七七四年:2007/03/02(金) 12:57:34 ID:2qnwKgkm
何かで読んだ「上泉が弟子三千人」て本当かいな。

182 :人間七七四年:2007/03/02(金) 13:04:17 ID:2qnwKgkm
上泉伊勢守
東郷重位
男谷信友
伊藤一刀斎
松林左馬之助
飯笹長威斎
小野忠明
塚原卜伝

183 :182:2007/03/02(金) 13:05:26 ID:2qnwKgkm
あ、あと剣豪じゃないかもしれないが梅路見鸞も外せないか。

184 :人間七七四年:2007/03/02(金) 20:05:54 ID:QRlP2AIZ
柳生宗矩は5位くらいに入るよ

185 :人間七七四年:2007/03/03(土) 00:10:55 ID:kIHDzd7P
武蔵より小次郎の方が強いだろ。

馬場と小橋じゃ話しにならんだろ?



186 :人間七七四年:2007/03/03(土) 00:59:58 ID:KLvcIbd4
負けたほうが勝ったほうより強いとはこれ如何に。

187 :人間七七四年:2007/03/03(土) 01:42:17 ID:OsZLLBJZ
心理戦とかいってセコイ手使ったからでは?

188 :人間七七四年:2007/03/04(日) 01:23:24 ID:rxJqc2XZ
その辺も含めて負けたんだから弱いんじゃねーのっていうか、そもそも二天記を無批判に信じるのもどうよっていうか…

189 :人間七七四年:2007/03/04(日) 16:09:57 ID:u5nYtUIO
そもそも佐々木小次郎って実在の人物なのかどうか。
剣豪佐々木小次郎というのが架空の人物じゃないと証明できる一級資料って何がある?

190 :人間七七四年:2007/03/04(日) 16:40:26 ID:/4U84CBQ
離れ小島で佐々木小次郎に一人で来いと挑戦状出して
自分は複数で待ち構えてて
みんなで一斉に攻撃して殺して
本土に戻って宮本武蔵が勝ちましたって報告したらしい

191 :人間七七四年:2007/03/04(日) 18:25:33 ID:CECQ60he
小次郎はめっちゃ年寄りだったって説もあったな

192 :人間七七四年:2007/03/04(日) 19:26:46 ID:eZojfKZs
小次郎は爺だったよ。

馬場と小橋
アリとタイソンじゃ比べられんだろ
武蔵と小次郎じゃやっぱ小次郎じゃね?
ツバメ切ってるし。

193 :人間七七四年:2007/03/04(日) 20:00:59 ID:D7MrSMDk
上泉信綱
伊藤一刀斎

幕末あたりまでの有名諸流派の原型を作った二人は外せない
あと一人は迷いに迷って不在とした

194 :人間七七四年:2007/03/04(日) 21:13:18 ID:u5nYtUIO
>>193
卜伝先生は?

195 :人間七七四年:2007/03/05(月) 02:26:49 ID:d+dwyIpz
>>189
越前で生まれて富田流の打太刀をつとめているうちに長太刀に習熟した剣豪佐々木小次郎、なら非実在。
つーか後世の脚色。
舟島で宮本武蔵と決闘して負けた兵法家、なら小倉碑文や沼田家記等に出てくる。
>>190
勝負自体に弟子が加勢したっていうのは、沼田家記の
「勝負に敗れた後に小次郎が蘇生したのを弟子達が殺した」
っていう記述の誤伝か何かじゃないの?
>>192
年齢については断言できるほどの史料もないと思うが。

196 :人間七七四年:2007/03/05(月) 21:01:07 ID:qn2Unwfl
千葉周作は入れてもいいでしょ
間違いなくあの時代なら日本最強だったし

197 :人間七七四年:2007/03/05(月) 21:06:40 ID:56WoyRNx
ここで意表をついて中山博道とか言ってみるw

198 :人間七七四年:2007/03/05(月) 21:23:41 ID:lsR9/v03
一刀斎はもう少し正確な資料が残ってたらなー。

199 :人間七七四年:2007/03/10(土) 22:55:10 ID:JVHo9wu5
やっぱ緋村剣心(だっけ?)じゃね?
あの訳分からない敵を抹殺してっし。
人間の油が刀に染み付いてて刃身が燃えるヤツとかたしかいたよなw

200 :人間七七四年:2007/03/13(火) 17:54:11 ID:cvgQXH8z
キモ

201 :人間七七四年:2007/03/18(日) 20:35:29 ID:5qpUHAY9
文武両道を極め門弟も数多く、童貞でその生涯を閉じた高潔漢・平山行蔵(子龍)が優勝だろ。
柳生連也とかも童貞だったそうだけど、学問に傾倒した逸話をあまり聞かないし。
でも平山は酒豪だったそうだね。女はやらないが酒は呑む。何かかっこいい。

202 :人間七七四年:2007/03/18(日) 20:43:08 ID:cTGGKvXq
条件揃えて綺麗な戦いしてもツマラン。

最強はやっぱ武蔵でしょ。戦ってみないと分からんし、武蔵の哲学は生き残る=勝つ事
で、その為に何をするか、何が有効かとか色々考えてただろうし。

203 :人間七七四年:2007/03/18(日) 21:28:43 ID:vf4xuv/t
>>202
武蔵と可児才蔵が勝負したら武蔵は一太刀も浴びせられずに銃弾を雨嵐くらって速攻で氏にそうだけどな。
おまいさんは当然、可児才蔵の勝負論を容認するよな?

204 :人間七七四年:2007/03/18(日) 21:37:23 ID:cTGGKvXq
>>203 武蔵の事だからわざわざ正々堂々立ち向かわないでしょ。

武士道精神の無さそうな武蔵が不意打ちで仕掛けそう。

それと可児才蔵の勝負論が分からんので教えて下さい。

205 :人間七七四年:2007/03/18(日) 21:55:52 ID:BajtVWum
戦いは全て合戦であると言うのが才蔵の持論
真剣勝負じゃない試合でも甲冑を着て槍を持ち鉄砲足軽を連れて来たと言う話しがある
つまり武蔵が才蔵に試合申し込んだら
才蔵は可児家の兵を連れて問答無用に鉄砲を撃ち掛け武蔵の首を取るだろう
幾多の実戦で武功を重ね名を挙げた才蔵からしてみれば
素浪人の売名行為でしかない決闘などアホらしいと言う事だろう

206 :人間七七四年:2007/03/18(日) 22:25:34 ID:5qpUHAY9
>>205でBAKIでのストライダムとドイルのやり取りを思い出した。

ストライダム「ファイト……って…どういうのがファイトなんだ? なぁ……教えてくれよ」
ストライダム「……もしここで私と君がファイトになり、私が拳銃を抜いたらどうだ」
ドイル「……え? 使えばいいじゃないか。勝つために拳銃が必要なのなら迷わず使うべきだ」

ニュアンスはちょっと違うだろうけど。

207 :人間七七四年:2007/03/18(日) 22:39:47 ID:cTGGKvXq
>>205 可児さん・・・素晴らしすぎる、生き残る為にはそう言う気概を持たないとね!

208 :人間七七四年:2007/03/18(日) 23:27:01 ID:v360fUgS
武蔵最強論には異議があるが
剣豪の話に鉄砲持ち出されても・・・

209 :人間七七四年:2007/03/18(日) 23:41:45 ID:cTGGKvXq
まぁこのスレ自体妄想の範囲でしか語る事が出来ない訳だから、大目に見てよ。

しかも可児や武蔵は確固たる持論を持っていてそれが現代にまで伝わっているから
それを材料にして評価しやすいよね。

210 :人間七七四年:2007/03/18(日) 23:43:25 ID:BajtVWum
>>207
可児才蔵は殿戦で首供養するほど豪胆だが
一方長久手では味方が崩れ立つと
大将の秀次が逃げるなと叱責したが
糞食らえと言い捨ててさったと逃げたとか
秀次に馬を貸せと言われたが
馬鹿を言えと吐き捨てて無視して逃げたとか
とにかく暴言を吐いてさっさと退却したようだ
歴戦の士だけに機を見るに敏で
ここぞと言う時は凄まじい活躍をするが
無駄だと思ったら無理押しはしない
だから決闘なんかで命落とす事はないと思うよ

211 :人間七七四年:2007/03/18(日) 23:52:44 ID:cTGGKvXq
>>210 可児さんて徹底した現実主義者なんですね。生き残れさえすれば
いつでも準備を整えてまた戦えるし、理に適ってる。

これだけ現実が見れるなら内政とかも才能有りそうだけど、
可児自身内政は興味無かったのだろうか?

212 :人間七七四年:2007/03/19(月) 01:27:38 ID:wj3Guv+0
何か、話がスレの方向からそれてるな…
鉄砲云々、兵云々を言い出すと、じゃあ動員できる兵が多い人が最強じゃんという話になりかねない気が。
それは最早剣豪じゃねぇ。

213 :人間七七四年:2007/03/19(月) 01:42:37 ID:zrQBPhJW
要するに武蔵落選っと

214 :人間七七四年:2007/03/19(月) 02:03:24 ID:ZVPQCfox
あくまで同じ刀、同じ服床の平らな道場の中で対戦したとしよう、誰が強いとか
今となっては分からないじゃん。

最低限一対一ぐらいのルールで良い様な気がします。

215 :人間七七四年:2007/03/19(月) 12:11:17 ID:gaUG2Ms1
純粋に強さを語るのなら、流派の開祖であるとか、
そういった功績面は排除して考えないとダメだよね

でも結局、上泉信綱と塚原卜ちゃんは外せないな。
両名と比べたら格が違うって言われそうだけど
戦場でもきっちり働いている点で小野忠明は評価したい。
同様な点で武蔵は除外したい。
戦場に論点を集めると、戦国期以外の剣豪には不利になってしまうけど・・・

216 :人間七七四年:2007/03/20(火) 01:02:58 ID:k4y3ufI9
>>215 >武蔵は除外したい

何でなんだぜ?

217 :人間七七四年:2007/03/20(火) 04:54:46 ID:tqpUortm
負け戦ばかりだからじゃね?
二天記を鵜呑みにはしないけど、武蔵を除外するのは納得できないがなあ

218 :人間七七四年:2007/03/20(火) 08:10:32 ID:eHh5R+0v
完全に技術云々のみになったら、実は現代剣術の達人こそ最強だろうけどね。

幕末までの最強となったら。。。

対一なら居合いか、薩摩示現がかなり手強く、強いと見るなぁ。
ゆえに俺は薩摩示現の東郷重位を推す。
あの剣は将に縦の居合い。
人の反応速度を超えたところにある剣だと思う。

219 :人間七七四年:2007/03/20(火) 09:17:40 ID:GxqhsZ4A
林崎甚助なんてどうでしょ?

220 :人間七七四年:2007/03/20(火) 13:14:25 ID:ZwryHsTs
負け戦ばかりっていうのがそもそも創作の世界じゃ?>武蔵
例えば大坂の陣では浪人として大坂方、というのが罷り通ってたが
史料によると水野勝成嫡男の後見人の客将として戦役に参加したことが確認されている(軍役帳にはっきり名前がある)

221 :人間七七四年:2007/03/20(火) 14:41:07 ID:k4y3ufI9
居合いなんて砂利投げられて終わりでしょ。抜刀しない奴が勝てるわけネェ。
多少振りの速さが劣ってる奴でも抜刀補正で余裕だわな。

スポーツはハッキリ言って弱いんじゃね?血を見た事有るのと無いのじゃ
強さにかなりの差が出ると思うがなぁ。真剣が降りかかってくるんだぜ?
命を守る為の戦いなら死に物狂いで戦うか逃げるかするだろうが、強さを
決める戦いでは実力を発揮しかねるんでないか?そうなれば命を懸けた戦い
に於いて卑怯も糞もルールも無いよなって話になるんだが。どうだい?

222 :人間七七四年:2007/03/20(火) 20:27:24 ID:tqpUortm
居合いは特殊な状況下のみの代物だろ

あと剣道は面は頭頂に当てて面で、首に当たっても有効打にはならない
でも真剣、木刀でも良いが、ならば致命打
野口一成の様にお座敷剣法が弱くとも、武勇の者も居るわけだしな
剣道の技術が役に立たないとは言わないが、剣道は所詮スポーツ

223 :218:2007/03/21(水) 04:01:48 ID:0CGVR/KU
>>221、222
スポーツ云々ってのが、俺に対してじゃなかったらスマソ。


私が>>218で書いた様に、飽く迄技術の点でですね。
現在、幾つかの『剣術』は各剣術の術理などの骨子を残しつつも世界の格闘技や剣技、スポーツ科学等の吸収で今も進化し続けてますよ。
ちなみに、いわゆる『剣道』とは別物と考えてくださいね。
剣術は決してスポーツとは言えませんから。


あと知ってると思いますが、薩摩示現は抜刀してますよ。
トンボの構えから、一気に振り下ろすスピードから縦の居合いと評した訳です。
縦に振り下ろす体と横へ抜ける体で複合した動きは一見単純なんですが、並々ならぬモノが。


あと、対居合いの達人で砂をかけるみたいな隙は、その為にかなりのオーバーアクションが必要になりますので、なかなか取れない気もしますが。
確かに特殊な状況、江戸期の様に正座が儀礼となった状況で斬る為の特殊な剣術ではあります。
しかし鞘走らせることで、デコピンの要領で効率よく最小の動きながらも、その刄の勢いは並々ならぬモノとなります。
最強とは状況が左右しますので言えないかもしれませんが、かなり手強い剣術の一つだと私は思いますが。

224 :人間七七四年:2007/03/21(水) 04:40:09 ID:9A2Wer+/
>>220
数年前に発見された「笠系大成付録」って史料によると、島原の乱では中津藩の旗本一番手として出陣してたみたいだね

225 :人間七七四年:2007/03/21(水) 05:06:04 ID:OpXkVNub
雑兵の投石を膝に受けて
担がれてひっこんだってやつか
関が原でも東軍、大坂でも徳川方水野、島原も幕府側
一応勝ち組みばかりだな、戦場じゃたいした功績もないようだな

226 :人間七七四年:2007/03/21(水) 07:35:31 ID:ScFHHnca
>>223
居合いがそんなに優れているのならば、
わざわざ刀を抜いて構える必要なんて無いだろ
確かに鞘を走らせることで剣筋が安定するから速さは大したものだろうが、
逆に言えば剣筋が読みやすいことに他ならない

227 :人間七七四年:2007/03/21(水) 12:41:20 ID:lPWtFgIR
>>226 良い事言った。抜刀してない=対応の幅が狭まるって事だろ?何を仕掛けてくるか
分からんのだぞ?そんな状況で刀を鞘に収めててどうすんだよ。
居合いの事よく知らんが受けの技でしょ?砂利や何かを拾って離れた場所から投げようとする相手
をどう止めんの?
特殊な状況でのみ手強い剣術って果たしてホントに手強いって言えるかな?
個人的には居合いのベストな使い方としてはTHE暗殺だな。
止めときます〜なんて言いながらズバッ!!あれっ?

最強だ!!!

228 :人間七七四年:2007/03/21(水) 21:27:09 ID:lPWtFgIR
あげ

229 :人間七七四年:2007/03/26(月) 15:35:02 ID:MmJCXGeY
>>107
横槍ですまんが坂本龍馬の件。
金で免許皆伝になってる。薩摩藩に出入りしていた頃に本人伝の記録が残っている
幕末にはそんな侍が多かった。
ちなみに龍馬は一人も切ってはいない。剣の腕はからきしだったそうだ。

230 :人間七七四年:2007/04/26(木) 20:55:49 ID:zS5bIiCZ
高柳又四郎

先祖なもんで…

231 :人間七七四年:2007/04/27(金) 12:09:05 ID:A6q7tCmg
本居宣長
先祖なもんで・・・

232 :人間七七四年:2007/04/27(金) 17:04:18 ID:nYvQsOpv
>226
>居合いがそんなに優れているのならば、

剣術として有効だからこそ現代に至るまで技が残っているんじゃないか。
刀身が見えないから間合いが掴めない=剣筋が読めない、等とよく漫画に描かれているけどw
格闘でも武術でも、試合でも決闘でも重要なのは順に胆力・駆引き・技術となるのではないかと。

233 :人間七七四年:2007/04/27(金) 17:12:35 ID:Vr9/u/6i
武蔵
佐々木小次郎
柳生十兵衛




234 :人間七七四年:2007/04/27(金) 17:23:13 ID:HtKoKcWK
個人的に>>230がめちゃくちゃ羨ましいw

いいなぁ…、そんな凄い御先祖様がいて…。

235 :人間七七四年:2007/04/28(土) 15:45:05 ID:WUpeWkMn
森田一義  柳生新陰流・居合三段

236 :人間七七四年:2007/05/03(木) 12:05:01 ID:wOf5Kes7
王貞治
宮本武蔵
柳生三厳
伊東一刀斎
塚原卜伝
落合博満
沖田総司
イチロー
中山安兵衛





237 :人間七七四年:2007/05/05(土) 08:37:49 ID:57cQgdQk
>>177
太田+正木VS関羽+呂布のタッグマッチが見たいなあ

238 :人間七七四年:2007/05/14(月) 15:52:51 ID:yYmlinJj
中国四国地方最強の深尾角馬は当然入るよな?

239 :人間七七四年:2007/05/14(月) 21:40:57 ID:G5PC703m
             _, ,,ィz=z……‐-、,_
          ,イ',f州州州|    |州k,
          ,小,f州イ^``┘     ̄|||k,
          ,小,f州/             寸k
          ,小,f州「   __         ||
       ,小テ¨寸     ̄`    ´ ̄` リ
       ,f川{.f^!リ    ‐ェェ、   /ィェェ、 リ
        i川ム V,         :  :    .{
        ̄`>、                i
              {       `^‐^´   ,'
             _〉,     --=ニ=-   /
        /∧ 'x    ` ̄´  /
       / //∧゙v>、     , イ∧,
    _,ィ<|  |///∧V  ` ̄´ / //∧\
 ,ィ<    |  |////∧∨   / ////∧ヘ\
′       |  |/////∧.\ ./ //////∧ヘ \
       l|  |//////∧ `' ./////////} } ト、. \

 沖田 総司[Okita Souji](1842〜1868 日本)

240 :人間七七四年:2007/06/04(月) 17:13:09 ID:Tw2ADXqJ
>>229
確かに竜馬は免許皆伝してるね
実際は刀はほとんど使った事はなくて人を殺したのもリボルバー銃での射殺のみ。
道場や免許皆伝の肩書きではなくて実戦での強さは新撰組の永倉新八だと思う。

241 :人間七七四年:2007/06/05(火) 16:23:07 ID:LjY8MLGF
沖田か斉藤だろ

242 :人間七七四年:2007/06/05(火) 16:44:42 ID:yySipxPL
斉藤はありえんだろ
当事の資料でも1長倉新八 2沖田総司 3斉藤一ってのもあるし
新撰組の隊士の中でも沖田は天才って言ってるけど、病弱だから長倉が一番。

243 :人間七七四年:2007/06/05(火) 22:22:55 ID:tLuPSjKi
千葉周作
柳生兵庫助
吉村寛一郎

244 :人間七七四年:2007/06/06(水) 05:44:29 ID:X/p108ri
長倉は芸人がやってたから強そうな感じしないな
斉藤はなんか内に秘める物を感じた
沖田は美少年だしやっぱ1番かな

245 :人間七七四年:2007/06/06(水) 09:12:35 ID:i/lC7HGo
>>244
>沖田は美少年だしやっぱ1番かな
( ゚д゚) ・・・

246 :人間七七四年:2007/06/06(水) 11:07:57 ID:6EPZoNBw
>>244
新撰組の屯所があった八木低の八木為三郎氏の談話でも
沖田総司が美少年とかは言ってない。
えくぼが出来るそうでそこが可愛いという事で美少年化したのかね
容姿でいうなら土方歳三でしょうな 為三郎氏も言ってるぐらいだから。

247 :人間七七四年:2007/06/06(水) 11:23:35 ID:6EPZoNBw
新撰組の話題なので書き込みさせてもらいました
ちなみに多くの人が知ってる事とは思いますが当時の為三郎氏の談話より〜
近藤勇 何かにつけて子供達に話しかけてくれたり自分の拳を自分の口の中に入れたり気さくで優しい人物らしい
無駄口は一切しなくて、刀の話になると熱く語ったらしい。
土方歳三 無口で知らない人には話しかけなかったそうでこの人も優しい人物だったらしい。
沖田総司 ヒラメみたいな顔で少し青黒い色でとにかく笑ったらしい 剣の腕は天才だったらしい。
長倉新八 大人しい人物 井上源三郎 大人しい人物 原田サノ助 面白くてイケイケの性格だったらしい。
初代局長の芹沢鴨 豪胆で毎日酒の臭いがして隊士を引き連れて子供衆には優しかったらしいが
色んな所で問題を起こして新撰組の部下に暗殺された。

248 :人間七七四年:2007/06/06(水) 13:18:32 ID:X/p108ri
>自分の拳を自分の口の中に入れたり

ああこれ香取がやってたw
忠実に基づいたギャグだったんだw

土方は優しいのかな?極悪人で人の言うことを聞かない人のイメージ
沖田は天才剣術家で美少年なのは知ってる

249 :人間七七四年:2007/06/07(木) 12:49:37 ID:d9CrrFrt
近藤勇は他にも自分の娘に櫛(くし)のお土産を買っていったり当事の京都や江戸にも
悪い噂は無かったみたいだね 他の藩には極悪人扱いだろうけど。
土方は親類や渋沢栄一の談話でも爽やかで温厚で好人物と言われている。
全盛期は鬼の副長だったかもだが晩年の彼は部下に酒を振舞って労ったり
有名な「赤ん坊が母親を慕うように」部下達が土方を慕ったみたい。
沖田は美少年でも不細工でも問題ないだろうね 自分で判断するのが一番。

250 :人間七七四年:2007/06/07(木) 13:04:15 ID:d9CrrFrt
話が反れたけど、幕末までの剣豪3って事なら
坂本竜馬と中岡慎太郎を暗殺したとされる桂だろうね
彼は藩の剣大会でも優勝して恩賞を貰っているし狭い室内の剣術では右に出る者が居ないぐらい強かった
短目の室内刀で竜馬達を暗殺したその剣術はかなりの達人だろうね。

251 :人間七七四年:2007/06/08(金) 11:33:28 ID:6xivb7Hg
西日本一の剣豪
東郷重位or丸目蔵人佐
東日本一の剣豪
伊藤一刀斎or高田為長
高弟の多い名流中の名流の剣豪
上泉信綱or飯篠家直
この三人でどうだ?
組み合わせはご自由に

252 :人間七七四年:2007/06/08(金) 16:06:14 ID:8g77RyK4
山岡鉄舟(一刀正伝無刀流)榊原鍵吉(直心影流)
斎藤弥九郎(神道無念流)
人斬りイメージの無い
幕末期の剣豪をあえて

253 :人間七七四年:2007/06/08(金) 16:18:52 ID:jiIjBe6e
人を斬ったことないなら半人前だよ
木刀や竹刀とは別物だからな

254 :人間七七四年:2007/06/08(金) 16:37:40 ID://3aznGs
幕末の薩摩らのように2人組みで背後から等の不意打ちで
1人相手に辻斬りってのもどうかと思うが

255 :人間七七四年:2007/06/08(金) 16:43:24 ID:k2GLjjZm
上泉主水は入れてくれ。好きなんだ

256 :人間七七四年:2007/06/09(土) 01:32:41 ID:ytOf3v8W
1 柳生宗冬
2 山岡鉄舟
3 伊藤一刀斎敏明

無粋は承知で強さ云々を除外して、好きな度合いで並べてみた。
好きなんだよねぇ、宗冬。

257 :人間七七四年:2007/06/10(日) 06:58:06 ID:+DeuPd65
本田忠勝
宮本武蔵
柳生十兵衛

258 :人間七七四年:2007/06/10(日) 07:43:28 ID:WHe6jboZ
道場での強さは別にして
斉藤は長倉より要人暗殺に使われたとされているから
やはり新撰組にとっては有用な奴だったんだろうね
性格や経験的にも暗殺に向いていたんだろう

259 :人間七七四年:2007/06/10(日) 13:14:20 ID:7M7261mD
>>258
実際に斉藤一は暗殺というより敵陣に篭って情報収集や護衛だろう
土佐藩の三浦の護衛が有名だけど、この時も負傷してるし部下の助けが無ければ即死級の怪我を負ってる。
新撰組での剣の達人で実績もある隊士は永倉新八だろう。
身内の人でも斉藤はふらりと消えてしまうって言うぐらい掴み所のない性格だったってだけ

260 :人間七七四年:2007/06/10(日) 13:15:51 ID:d+ubkREw
斉藤のがカッケーよな
長倉は芸人がやってたからイメージ悪いし
沖田は天才タイプ、斉藤は秀才タイプでそれぞれ頂点だろう

261 :人間七七四年:2007/06/10(日) 13:23:14 ID:7M7261mD
>>260さん
>>長倉は芸人がやってたからイメージ悪いし
ってのを詳しく教えて下さい 意味が分からない。

262 :人間七七四年:2007/06/10(日) 13:36:02 ID:5malfD9y
カトリがやった大河のキャストだな
というか上のほうのコピペか

263 :人間七七四年:2007/06/10(日) 15:46:54 ID:7M7261mD
>>262
香取信吾が近藤勇を演じてた大河ですか
見たことはないけど、どうなんでしょうね。
あの手のドラマは面白くする為に大きくかけ離れてるから参考にならない
ただ楽しむだけなら面白いと思うけど。
実物の永倉新八の若い頃の写真を見るとがっちりしていかにも強そうって感じはするね


264 :仙台藩百姓:2007/06/10(日) 16:25:17 ID:6ofGAFoo
井上源三郎がゴエモンばりに銃弾叩き落としてたお( ^ω^)

265 :人間七七四年:2007/06/10(日) 18:05:54 ID:44u6fIQ1
マトリクス源さんは全てをぶちこわしていたなww

266 :人間七七四年:2007/06/10(日) 21:05:18 ID:WHe6jboZ
銃弾がスローに見える源さんが新撰組最強?

267 :人間七七四年:2007/06/10(日) 21:09:24 ID:WHe6jboZ
>>259
実際には永倉が一番かもと思っているけど
新撰組にとっての「使える度」は斉藤のが上かと

268 :人間七七四年:2007/06/11(月) 11:26:57 ID:NJG4FeWy
マジレスすると



 亀田興毅。相手の突きをひょいひょいかわせるんだぜ!?

269 :人間七七四年:2007/06/11(月) 17:49:37 ID:bcRiudzB
>>268
亀田は「犬」豪

270 :人間七七四年:2007/06/12(火) 09:53:18 ID:TEDYArJI
1、勝小吉
2、剣聖男谷信友
3、千葉周作

271 :人間七七四年:2007/06/16(土) 07:21:41 ID:GvD1nqCJ
男根精子郎

272 :人間七七四年:2007/06/21(木) 10:53:32 ID:NuFRD4Q/
ウィキからのコピペ
あるとき、才蔵に対して試合を申し込む武者が現れた。
すると才蔵は笹の指物を背中に指し、甲冑で身を固め、さらに部下10名に鉄砲を持たせて試合の場に現れたという。
相手が、「これは実戦ではなく試合だ」というと、
才蔵は「俺の試合は実戦が全てだ」と笑いながら答えたという。
これは、才蔵がたとえ試合でも油断無く構えていたことを示していたものであるとされる。

これを読む限りでは可児が一対一でどれだけ強かったのか疑問かも。

273 :人間七七四年:2007/06/21(木) 10:58:40 ID:NuFRD4Q/
可児が関が原だったかで十七の首を撮ったとかいうのも
鉄砲などで武装させた家人、郎党を引き連れての話しだったのか。
可児が1人で槍を振り回してそれだけの戦火を挙げたのかと思ってたので少しガックシ。

274 :人間七七四年:2007/06/21(木) 11:01:39 ID:NuFRD4Q/
新鮮組が内部粛清以外で殺した人数は十数人で
それも池田屋事件が大半だったという。
基本的には京都のおまわりさん。

275 :人間七七四年:2007/06/21(木) 11:12:08 ID:NuFRD4Q/
ソース
http://page.freett.com/take1975/sinsen.htm

276 :人間七七四年:2007/06/21(木) 11:22:05 ID:vQv8KYpG
才蔵はチキン雑魚

277 :人間七七四年:2007/06/21(木) 11:46:25 ID:iIcf23ae
なら服部様が最強でござる

278 :人間七七四年:2007/06/21(木) 12:24:23 ID:YEFqQP7X
>>11
その為に秘孔新血愁がある。 三日間は生きてるからな。

279 :人間七七四年:2007/06/21(木) 12:45:58 ID:f40qRiW8
戦国以前の人等は?
元寇以前の武将は一対一で斬り合ってたんでしょ?
それで武将として名を残してるヤツは結構強いはず
義経とか弁慶とか

280 :人間七七四年:2007/06/21(木) 13:37:58 ID:Wj/u5i66
義経なんて当時としてはマナー違反(卑怯者)の類だろ
その文脈で列挙するような奴じゃない
弁慶も1対1するような身分じゃない

281 :人間七七四年:2007/06/21(木) 18:41:02 ID:NuFRD4Q/
そもそも義経が「戦の天才」とされたのは
>>279が言うような従来のそういう格式ばった戦闘方法。
つまり「ヤアヤア我こそはOOOなるぞ」とかお互い名乗りあってから
一対一で殺しあうような格式ばった従来の戦のルールを無視した戦術を使いまくったからなんだがな。
「無視した」というよりは「否定した」と言っても過言ではないな。
義経こそは源平時代以前の戦の作法を否定し戦国時代のような戦方式を発明した人物と言えるだろう。

他の逸話に義経は壇ノ浦で水戦慣れした平氏との闘いで苦戦した時に
「漕ぎ手を射よ」と命令して、漕ぎ手を失い混乱する平氏を倒したという。
当時の戦では「漕ぎ手を殺す」なんてのはマナー違反、いやマナー違反以前に
そういう概念そのものがなかったのを天才義経は思いつき実行したわけだな。
「天才とはコロンブスのタマゴを見つける者」だ。

282 :人間七七四年:2007/06/21(木) 18:57:14 ID:oMiz7aeA
>>279
乱戦、混戦は普通にある。
その頃の個人の強さなら弓の腕の方が重視さてれる。

>>280
ジャンヌ・ダルクもそうだな
素人発想で正面決戦を避け、補給拠点を襲い敵を寸断。
合理的で効果的なんだが「おいおいネエちゃん、そらねーべ」みたいな。

283 :人間七七四年:2007/06/21(木) 20:58:30 ID:/n2sq2yM
>>281
そのような名乗りあって一騎打ちするような戦は、当時でもすでになかなか起きないし。
また平将門の頃には弓矢による面制圧も行われていた。





284 :人間七七四年:2007/06/21(木) 21:10:49 ID:BXYu4Rqs
上泉信綱が日本史上最強の剣豪であることは疑いの余地はないね

285 :人間七七四年:2007/06/21(木) 23:35:07 ID:IelILLsq
じゃあ何故、上泉は伊藤一刀斉に太刀合いで完敗したの

286 :人間七七四年:2007/06/21(木) 23:54:12 ID:1BxK7La0
ダイバ・ダッタ

287 :人間七七四年:2007/06/22(金) 01:43:12 ID:tg+XpNfs
「武将=戦場で活躍=強い=だから剣豪」ってロジックは正直どうかと思う。

288 :人間七七四年:2007/06/26(火) 01:35:22 ID:5VdjLdua
昔の剣豪は自分を強く見せて名を売るために法螺吹きまくってたらしいからなあ
信憑性が良くわからん
遠方に強者の噂あらば俺はその誰某に勝ったことあるんだぞっと法螺吹き膜って噂広めたり嘘の自伝残したりいろいろと

289 :人間七七四年:2007/06/28(木) 14:57:18 ID:9GZpCoPu
記述が全て同じ人のものなら少しは比較対照もできるだろうがこうも時代考証が食い違うとね
単純に剣の腕と見るならあんな長い刀振り回した佐々木小次郎の技量は武蔵を超えていただろうけど
実際に心理戦で勝利しているのは武蔵
自分に有利に戦いを進めるのは勝負の鉄則だよね
そんなに自分に不利な状況で勝たないと強いと言えないなら無刀取りの柳生となるよな
剣豪にしても格闘家にしても自分は強いあいつは自分より弱い雑魚だと言うのはたぶん変わらないんだろうから
答えなんて出ないだろうね

290 :うぬ:2007/06/28(木) 16:08:04 ID:GYO/m148
水無月右近

291 :人間七七四年:2007/07/05(木) 12:16:25 ID:57HCPDPt
新撰組では芹沢鴨もかなり強いと思うがな
誰もがサシの勝負は避けて卑怯な手を使って始末しているくらいだからな

292 :人間七七四年:2007/07/06(金) 19:17:36 ID:rsyjxAp4
暗殺の場合は目的を果たすことが重要で
手段なんかどうでも良かったんでしょ
でも幕末の主要人物って文武両道が多いね

293 :人間七七四年:2007/07/07(土) 00:53:59 ID:kMRRr1u1
>>285もっと詳しく
ぐぐってもまともな文献がヒットしない

294 :人間七七四年:2007/07/07(土) 14:14:50 ID:G4YVieSr
>>293
一刀斎の自称じゃないの?
一刀斎は他にも卜伝始め同時代の有名剣豪の大半に対して俺は勝負して勝ったぜって大法螺吹いてた気がする

295 :人間七七四年:2007/07/09(月) 13:02:07 ID:ykfhyQSb
>でも幕末の主要人物って文武両道が多いね
そりゃあ武家のたしなみだからだろうね
幕末に限らず戦国時代でも公家の取り入る為に茶道や華道、歌をたしなむ文化人も多かったでしょ
もちろん全員が全員じゃないだろうけど武芸だけの人は野人扱いされたしね
で、武芸だけに秀でている奴らは頭の良い奴らにいいように扱われ用無しになるや遠いところに飛ばされ政治から外される
これは歴史上では常にあることでしょ
んで政治一辺倒になってくるころに政変が起きる
これ以上はスレ違いになってくるからここまでにしとく

296 :人間七七四年:2007/07/09(月) 13:15:25 ID:Ey29PjIB
宮本武蔵だけはねーな

297 :人間七七四年:2007/07/09(月) 13:50:43 ID:PTccxuS6
剣術道場は血気盛んな若いのが集まってるから、政治サロン的なモノになってたんだろう。
で、そういうところで影響力が強い奴ってのはそれなりに剣の腕があるってわけだ。
もちろん頭が良いのが前提だが。

298 :人間七七四年:2007/07/09(月) 18:03:04 ID:IPJN20eu
結局何を基準に決めるかが問題だな

単純に強さで決めると、ある程度以上の奴らは引き分けだらけになるだろうし、
剣術に関する影響で比べると上泉とか古いのばかりになる。

政治的な側面を除くと幕末の連中は話にならないけど、
名前の売れを評価すると幕末の人も入るが宮本武蔵とかも上位になる。

評価する基準を決めて大まかにランクで分けるくらいにしないと決着がつかないと思う。

299 :人間七七四年:2007/07/11(水) 03:50:30 ID:8Iw+iqoR
上泉主水

300 :人間七七四年:2007/07/11(水) 06:56:14 ID:jX4AtU/e
ライオン丸

301 :人間七七四年:2007/07/11(水) 06:58:33 ID:jX4AtU/e
ルパンのゴエモン

302 :人間七七四年:2007/07/11(水) 06:59:22 ID:jX4AtU/e
ダースベイダー

303 :人間七七四年:2007/07/19(木) 16:38:51 ID:eW6IefQE
波多陽区を忘れるなよ
最近切れ味悪そうだけどね

304 :人間七七四年:2007/07/20(金) 09:41:35 ID:DncHeQux
マジレスすると
真田幸村と沖田


305 :人間七七四年:2007/07/21(土) 03:17:36 ID:eXoYjFmh
剣豪・豪傑・猛将ってイメージ違うね

306 :人間七七四年:2007/07/21(土) 05:50:13 ID:x0RBAxVn
実績
1、上泉伊勢守
2、伊藤一刀斉
3、千葉周作

個人的
1、柳生十兵衛三厳
2、上泉伊勢守
3、沖田総司
架空
1、中村主水
2、ヨ−ダ
3、月影兵庫
敵役
1、宮本武蔵
2、佐々木小次郎
3.柳生宗矩

>>208
同意!!

307 :人間七七四年:2007/07/28(土) 12:36:19 ID:2En85f3U
辻月丹ロボ先生こそ最強!

308 :人間七七四年:2007/09/08(土) 22:42:28 ID:tb4/au3A


309 :人間七七四年:2007/09/09(日) 00:04:10 ID:NbPLQQwP
柳生石舟斎の名前が思ったより出てない。

310 :人間七七四年:2007/09/09(日) 02:25:57 ID:AZNEJEcq
幕末の人斬りは、一対一で剣技を競っていたわけじゃなくて
あくまで「暗殺」だから、実際にはかなり卑怯な手を使ったと思われる
剣豪と読んでいいものかどうか・・
池田屋で全くの無傷だった近藤と沖田は強かったんだろうけど

311 :人間七七四年:2007/09/09(日) 03:38:20 ID:wdSVACs/
手下に先行かせて後から入ったんだろ

312 :人間七七四年:2007/09/09(日) 15:15:08 ID:YONvJT2H
最初に切り込んだのは近藤、沖田、永倉、藤堂の四人だけでしょ?
沖田は(発病?)で途中で戦線離脱したらしいけど
近藤は真っ先に切り込んで、最初から最後まで戦ったんじゃなかった?


313 :人間七七四年:2007/09/10(月) 00:33:14 ID:PrP3vnq9
宮本武蔵は謎だらけだぞ
二人説とかが有力かもしれん
兵法者と芸術家で二人で一人だったとか


314 :人間七七四年:2007/09/10(月) 01:23:35 ID:ratU7EcZ
むしろ伊藤一刀斎とか鐘巻自斎とかのほうが圧倒的に謎っつーか不明。

315 :人間七七四年:2007/09/10(月) 11:18:36 ID:ibZoKOl5
二階堂流 松山主水

316 :人間七七四年:2007/09/10(月) 18:13:12 ID:25HD1+vq
剣術と剣道は基本的なところがかなり違うね
武蔵の二天一流などは剣道の動きに近い
幕末に活躍した薩摩の示現流や新撰組の天然理心流は古流の剣術だ
果たしてどちらの方が実践的なのだろうか

317 :人間七七四年:2007/09/11(火) 09:27:44 ID:6cVqjzPG
意外と足利義輝で決まり

318 :人間七七四年:2007/09/11(火) 09:42:59 ID:LcUsPALr
>>316
幕末に一刀流は活躍していないとでも?

319 :人間七七四年:2007/09/11(火) 19:30:18 ID:K+2PUZuP
道場剣法なんて実戦ではほとんど役に立たないと思う
ファンには悪いけど、おそらく桂や竜馬も・・

新撰組の生き残りの永倉と斉藤は、後にそれぞれ剣道有段者数人を
軽々といなしたという逸話を聞いたことがあるけど実話かな?

320 :人間七七四年:2007/09/11(火) 19:33:43 ID:K+2PUZuP
>>319
有段者というより対戦したのは大学や警察の達人級の名人で、
しかも同時に相手をしたとか、しないとか

321 :人間七七四年:2007/09/11(火) 21:50:57 ID:KlOFAWkT
>>318
幕末の一刀流といえば山岡鉄舟か。
剣以外での活躍のイメージが強いな。

322 :人間七七四年:2007/09/11(火) 23:46:19 ID:lSHvgMmI
竜馬は晩年
梅毒が酷くて
体がガタガタのヨレヨレだったんでしょ

323 :人間七七四年:2007/09/13(木) 04:41:04 ID:VoW490K3
斎藤は剣道の練習してる人に「突きは刀を横にしないとアバラを通らない」
とありがた迷惑なアドバイスしたとかしないとか

324 :人間七七四年:2007/09/13(木) 11:29:29 ID:VbGYR5L3
凄いアドバイスだな、それw

325 :人間七七四年:2007/09/15(土) 03:09:54 ID:T+sQ2oNz
人切り抜刀斎

326 :人間七七四年:2007/09/15(土) 21:38:35 ID:O87ldq+K
剣豪だったら鑓ぶすまに勝てますか?

327 :人間七七四年:2007/09/16(日) 20:07:26 ID:fa7puID8
三好松永が剣豪将軍・足利義輝を討ったときは
手に余って戸板や畳越しに押し倒して討ち取ったというね

328 :人間七七四年:2007/09/17(月) 14:56:13 ID:QP+cCusk
まだ小笠原長治(源信斎)の名前が出てきてないな。直心影流の元ともなった真新陰流の祖なんだけど。
幼少のころ非常に臆病でその自分の性質を直したいがために奥山休賀斎の門に入り、
その後、琉球、明国に渡り、いろいろな武術を研究したという変り種。
個人的に好きなので挙げてみた。

どうやらこの人やけにマイナーで、調べたところWikipediaにも単独の項目としては載っていなかった。
盛時には「もし上泉信綱が生きていたとしても源信斎にはかなわないだろう」と言われたほどなのだが、
ただ、ひとつだけ問題があって、この人の得物はヌンチャクなんだw

329 :人間七七四年:2007/09/17(月) 21:07:26 ID:Zn1wea9m
やはり上泉か塚原あたりか

330 :人間七七四年:2007/09/17(月) 21:59:15 ID:9yun9eKJ
>>328
八寸の延金の人だっけ。

331 :人間七七四年:2007/09/18(火) 01:01:21 ID:GJE5i9ou
>>1
重複ですよ。

【上泉】戦国時代の剣豪【卜伝】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1158057839/


332 :人間七七四年:2007/09/18(火) 01:58:22 ID:9JXVR6TZ
>>331
スレ主じゃないが、こっちは幕末までだし、ここまでレス付いちゃったんだから
同時並行でマッタリやろうよ。

333 :人間七七四年:2007/09/18(火) 02:00:20 ID:9JXVR6TZ
それとも、こっちは幕末専門にしようか

334 :人間七七四年:2007/09/18(火) 02:15:17 ID:BhfITUM8
伊庭八郎。
何しろ実戦経験豊富です。

335 :人間七七四年:2007/09/18(火) 03:54:08 ID:8J/1CviP
明らかにシモ・ヘイヘでは?スコープなしのライフルで500人以上のロシア人をほふったらしいからな。ゴルゴなみだよ。

336 :人間七七四年:2007/09/20(木) 11:25:57 ID:1IdPNl/C
その時々の時代に則して色々と試行錯誤されているのが剣術・武術なんだから時代が違う人を比べてもどうしようもないよ
鉄砲が無い時代の人と鉄砲がある時代とでは警戒する箇所が違うんだから使う武器も多少違う
お互いに名乗り出て一騎打ちをしていた時代と闇討ちや暗殺もアリな時代とでは武士としての心構えも違う
多対一を想定しているものと一対一でしか考えてないもの、ルールを設けているもの、スポーツ化しているものなど一緒にして考えている事自体に矛盾があるんじゃね?

陸上など記録はドンドン塗り替えられているがトラックの性能、靴の性能、練習効率などどんどん進化しているから選手個人の身体能力だけが上がっているとは言えない
その時代時代で検証した方がいいな


337 :仙台藩百姓:2007/09/20(木) 13:21:22 ID:YU0woI+2
勝惟寅

338 :人間七七四年:2007/09/21(金) 16:43:25 ID:V8PrWDKY
西南戦争では両軍とも抜刀隊が無茶苦茶強力で、そうとう恐れられたらしいね

339 :人間七七四年:2007/09/21(金) 18:45:02 ID:uGsakaNL
1 上泉信綱
2 塚原ト伝
3 伊藤一刀斎

340 :人間七七四年:2007/09/22(土) 10:10:28 ID:sobSpL0P
>>335
約100日間でのキルスコア
も追加しとけ

341 :人間七七四年:2007/09/23(日) 01:22:46 ID:b6dmnxNs
竜馬って短銃使ったりしても怪我負ったり、結局暗殺されている
ホントに剣の達人かな?

342 :人間七七四年:2007/09/23(日) 02:59:49 ID:ioXGlwE1
最新9.15 リチャード・コシミズ東京講演会 ダイジェスト版
http://video.google.com/videoplay?docid=3889996417451902162&hl=en
    9.15 東京講演会 全編版
http://video.google.com/videoplay?docid=-3859363222910740882&hl=en

343 :人間七七四年:2007/09/23(日) 04:11:35 ID:wDMXfqgU
坂本はなぎなたの皆伝だろ

344 :人間七七四年:2007/09/23(日) 13:12:43 ID:57t36lai
剣道やってる友達(国体経験有)がいってた 沖田の三段突きにはかなうまい

345 :人間七七四年:2007/09/23(日) 13:58:33 ID:++u/vCUn
新撰組の隊長って腕の順だったという俗説もあるね
一番沖田、二番永倉、三番斉藤
この三人は戦死や暗殺粛清されていないしね

346 :人間七七四年:2007/09/23(日) 20:57:29 ID:XJesQ8PK
>>341
短銃負傷は狭い部屋の中、暗殺時は相手は居合いの達人でされこれ油断させられたうえで斬られたわけだ。
仕方ないかな

347 :人間七七四年:2007/09/24(月) 17:16:39 ID:muPoPAFm
まあそうなんだけど、そもそも剣じゃなくて短銃に頼っているところが
達人?としては何と言うか・・・合理主義者だったのかもしれないけど

348 :人間七七四年:2007/09/24(月) 17:25:42 ID:oeF1crX+
拝一刀

349 :人間七七四年:2007/09/25(火) 10:53:09 ID:Klp+yYx2
いやでも暗殺された時は銃使ってないよな

350 :人間七七四年:2007/09/25(火) 22:26:08 ID:J+XJfp70
新撰組の原田左之助は沖田の並んで、土方に信頼されていたらしいね。
相当な美男子だったとのこと。腕はどうだったんだろ?
竜馬暗殺犯の可能性は低いみたいだけどね。

351 :人間七七四年:2007/09/26(水) 00:22:28 ID:NPhxMZEA
芸事ってものはよほど才能に恵まれた人間でも、毎日毎日継続して鍛錬することで維持されるもの。
坂本は若いころは強かったかもしれないが、早いうちに剣への志を捨ててしまっているので
ろくに稽古もしてないだろうし、剣一本で生きてる人に不意をつかれたらやられるのも無理はないよ

352 :人間七七四年:2007/09/26(水) 19:05:48 ID:9vOsGtZR
常に命のやり取りをしている、人斬りや新撰組、見廻り組の人よりはね
剣道やっているが、ちょっと離れただけで、やはり勘はかなり鈍る

353 :人間七七四年:2007/09/26(水) 22:30:08 ID:87t/iDpd
スレタイのせいで板違いのスレにした>>1の罪は大きい

354 :人間七七四年:2007/09/27(木) 10:16:43 ID:/4m5gIBD
坂本竜馬の死に関してはまだまだ謎な部分が多いから何とも言えんでしょ
まぁ免許皆伝とは言え剣道やって武芸ごっこやってた坂本と人を斬ることを前提としていた幕末の志士とではどちらが上か
言うまでも無いよな?

355 :人間七七四年:2007/09/27(木) 13:39:49 ID:DSrkoJWc
猪木

356 :人間七七四年:2007/09/28(金) 15:09:34 ID:4RfKVh6A
柳生十兵衛って講談だけだよね?

357 :人間七七四年:2007/09/29(土) 00:10:36 ID:v6aAdnVm
龍が如くの次回作は面白そうだぞ
http://www.famitsu.com/interview/article/1210586_1493.html

358 :人間七七四年:2007/09/30(日) 04:41:31 ID:wmN1rpuD
柳生十ベイよか尾張柳生の方が強かったって!兵庫守や連也斎とか!ってか柳生よか神子上典善(小野忠明)のが強かったでしょ て事は師匠の伊藤一刀斎がNo.1いやいや沖田の三段突きにはかなうまい!

359 :人間七七四年:2007/09/30(日) 08:28:02 ID:YGSbbtIk
沖田って何人くらい殺したんだ?
10人くらい?

360 :人間七七四年:2007/09/30(日) 08:54:41 ID:zGCDoeYd
北辰一刀流の清河八郎を斬った佐々木只三郎は新撰組に勝るとも劣らない強さだと思う
見廻組に狙われたら龍馬が達人であったとしても結局暗殺されるのは免れない

361 :人間七七四年:2007/09/30(日) 08:59:58 ID:PjImpDos
剣道やってて思うんだが、自分は無傷で
相手に致命傷与えるのは、相当な腕の差がないと無理。
池田屋の近藤沖田無傷は結構凄いと思う。
浪士側が混乱していただけかもしれないけど。

362 :人間七七四年:2007/09/30(日) 09:26:55 ID:kJcEittM
>>361
中学から剣道やってた自分としては無傷は多分嘘だと思う。

363 :人間七七四年:2007/09/30(日) 15:34:16 ID:9bljQa1o
沖田は早々に結核で退場ってのが通説だろ

364 :人間七七四年:2007/10/02(火) 18:48:59 ID:7Woi61c0
龍馬は皆伝書を金で買ってる
腕はからきしで人を切った経験なし
薩摩にいた時分に本人の口伝記録あり

365 :人間七七四年:2007/10/02(火) 21:03:14 ID:7Ya2XkiG
そうなんだ。初めて知った。

366 :人間七七四年:2007/10/03(水) 05:44:39 ID:QLfNLfcQ
室町〜戦国初期
・塚原卜伝
・上泉伊勢
・伊東一刀斎

戦国〜江戸初期
・宮本武蔵
・柳生兵庫
・小野忠明

幕末
・千葉周作
・近藤勇
・中村半次郎

ミーハーな私見ですw
一応、陰流系と、一刀流系のバランスとってみたりw
周作は一刀流だから。半次郎は強いて言えば新陰流系統といえるかとw

367 :人間七七四年:2007/10/03(水) 10:59:04 ID:2jJ02IuR
司馬が面白くするためであって龍馬の実家はそれほど金持ちじゃない
日根野道場で目録を取っているからそれなりには強い筈


368 :人間七七四年:2007/10/03(水) 11:12:36 ID:Ag3xeHU0
兄弟弟子の足利義輝、今川氏真はどっちも剣豪と呼ぶにふさわしい

369 :仙台藩百姓:2007/10/03(水) 12:05:39 ID:r8wponb1
北畠具教もね( ^ω^)

370 :人間七七四年:2007/10/04(木) 05:43:04 ID:o/1A2DMS
>>362
藤堂重傷、永倉軽傷だったらしいけど、
近藤と沖田は何も書いていないよ
やられていたとしても、かすり傷程度じゃないの?

永倉は眼光だけでヤクザ数人を退けたという後日談もあるね。

371 :人間七七四年:2007/10/04(木) 19:57:37 ID:fI3J76jY
戦国期と幕末の剣客を比べるのに無理があるかと。

わしは松本主水を推したいけど、病中に寝込を襲われて亡くなったし・・・
そこで殺されず勝ってたら強く推せたのにね〜。

372 :人間七七四年:2007/10/04(木) 20:40:57 ID:fI3J76jY
雑話ですが、幕末の剣客の方々で誰が一番強かった?って話になったとき、福沢諭吉が一番強かったって話になったらしいよ。
人を切った事はなく、毎回逃げていたらしいけどね。

373 :仙台藩百姓:2007/10/04(木) 22:33:18 ID:yf2nMWve
逃げたなら桂の方が上かと
福沢はそもそも狙われる程の人物ではないお( ^ω^)
少し脅されたらしばらく隠れてたと勝に馬鹿にされてるし

374 : ◆CtrvjG/YnE :2007/10/04(木) 22:43:14 ID:y2OUBYJH
岩本虎眼

375 :人間七七四年:2007/10/05(金) 01:01:58 ID:DFC+MRS7
じゃあまとめると沖田の三段突きと伊藤一刀斎と上泉伊勢で決まり シューリョー

376 :人間七七四年:2007/10/05(金) 03:37:45 ID:UgHwLrLR
新陰流系統代表:上泉伊勢
一刀流系統代表:千葉周作
その他:宮本武蔵

377 :人間七七四年:2007/10/05(金) 03:48:55 ID:TFBz9e7a
幕末の剣士まで範囲を広げてる所為で、このスレは伸びきっちゃってるように思う。

378 :人間七七四年:2007/10/06(土) 10:49:08 ID:9eKuKBVx
>>312
その通りだよ。20対4で無傷の近藤と沖田はかなり強いと思う。
それに、新選組局長の近藤はもちろん沖田も相当命を狙われただろう。
それなのに暗殺されも怪我を負わされもしていないのは強い証拠。

80 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)