2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ5【クラシック】

280 :774mgさん:2006/12/21(木) 01:23:18 ID:+zkbXRVz
>>279
Dunhillのサンドブラストやタンシェルカラー、Comoyのコントラストステイン等、現代のモダンパイプにも
深く影響を与えているフィニッシュ法は数多いのですが、Sasieniのライン・カービングは現在でも
まだコピーする試みが行なわれたと聞いたことはありません。言いかえればとても古いものでありながら、
現在の我々にとっては斬新なフィニッシュでもあります。Sasieniのラインナップの中でも、
スムースやブラストより人気があるといっても過言ではないです。

少々老婆心ながら、汚れを落とす時にアルコールを使用する場合は、できるだけ少量で
ステインの剥落を最小限に留めるようにしてください。よほどハードに使用された個体でなければ、
すぐに下地が出るような薄いステインではありませんが、コレクティビリティの保全のためです。
最初にアルコールで湿したブラシで溝の内部の汚れを落としていき、ラストにカービングの表面全体を
アルコールを含ませたティッシュか布でぬぐってやるとよいでしょう。
個人的にはシェラックフィニッシュは、安全性も保障された優良なラスティック・ブラスト用フィニッシュだと
思いますが、(かなり広範に使用されているにもかかわらず)あまり一般的な方法とは言えません。
ですので無理をしないでカルナバワックスのハンドフィニッシュ(もちろんバフモーターを使用するのがベター)か、
パイプ専用に開発されたFinepipesのHalcyon Wax(10ドルほどで入手可)の使用を検討してみてください。
保護するワックスのない状態での使用は、パイプ表面に汚れ等を染みこませることにもなりかねませんので、
何らかの保護をしてやることを強くお薦めします。

#あるイタリア人の作家さんとは、ローマの首相官邸のすぐ近くにワークショップを構え、
エルタンばりのダブルコントラストステインとダンヒルを強く意識したクラッギーなハイコントラスト・サンドブラストを使いこなし、
ブリティッシュトラッドをベースに、父親の生国オーストリア、そして現在住むイタリアのテイストを自由自在に織り交ぜつつ、
斬新なシェイプを作り出すハイグレーダー、「イタリア最高のパイプ・エンジニア」と賞賛されるあのひとでしょうか。
あの国でブリティッシュトラッドを想起させる作家というと他にあまりいませんので…(笑)
…自分も彼のパイプに導かれてクラシック/トラディショナルの道に踏み込んだ者です。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)