2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ5【クラシック】

686 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2007/02/09(金) 11:35:45 ID:sz31+g85
>>683
あと
J.J Fox / Campanile
J.J Fox / Drisco Mixture
Presbyterrian / Presbyterrian
がまだ未喫ですので、
GLP WestminsterとThe Smoker2銘柄の再録も合わせてのちほど来襲いたします。

>>684
まず、Comoys Grand Slam Pipeのフィニッシュは、戦前はコントラスト・プラム、
戦後のものはコントラスト・ダークレッドとなっています。
戦前のプラムカラーにしてはunsmoked物のサンプルがないのであくまで想像ですが。
Bruyereのような、というのはこのコントラスト・ダークレッドステインのことでしょう。
Comoy'sのTraditionやGrand Slamに使用されていたこのダークレッドは、
ステインの耐久性が非常に弱く、ハードに扱うと退色がかなり速いため、estate物だと
ブラウンカラーのような色になっているものがほとんどです。レッド味が残っているサンプルは
かなり貴重というか、いい状態だと思います。

フィットメントですが、まあ#332なら比較的テノンも頑丈でしょうから少々無理は効くとは思いますが、
アルミ側が意外に劣化している場合があるので慎重に作業を行ってください。
まず、フィットメントを外す方法として次のようなものが上がっています。
1 煙道を何らかの方法で目張りし、内部にアルコールを満たして1日ほど放置し、タールを溶解する。
2 冷凍庫にステムを入れて冷し、再び常温に戻すことを繰り返し、素材の膨張率の差を利用して固着を緩和する。
3 ドライヤーでテノンを暖める。アルミよりエボナイトのほうが膨張率が高いので、固着がゆるくなる可能性が高い。
これらを1-2-3の順番でフルコースで繰り返し行えば、よほどタフな固着でないかぎり外せるとは思います。
ですが常にフィットメントがポッキリ、の可能性が付きまといますので、決して無理をせず、外れないと思ったら
すぐに作業を中止して、アルコール漬けからやり直してみてください。フィットメントが根元から折れた場合、
外すことができる可能性はほとんどなくなり、リペアに出すか諦めるかしなければならなくなりますので。

>>685
まあ今月はFossilを二本も逝ってしまったので、自戒もこめて当分大人しくしています。
というかFossilが届いたら、スムースのことは結構忘れてしまいましたねw いいですよFossil。タマランチ。
#245は素晴らしく香り立ちのよいパイプなんですが、やはりナリ自体が小さいせいもあり、
Barlingにしてはホットなパイプですね。同じくカナディアンでスムースの#237もホット傾向のパイプなので、
やっぱり自分は「ロングシャンクはクール」というのは都市伝説だと思ってます!w
Cherrywoodのほう、期待を裏切らない素晴らしいパイプでしたのでこちらものちほどレポします。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)