2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ6【クラシック】

1 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2007/02/15(木) 16:14:13 ID:O1Dsthzx
モダンブライヤー・パイプの原点であり、洗練された喫味と美しいクラシック・シェイプ。
今は失われた、もしくはもう手に入らない古き良きイギリス製のパイプをメインに据えて、
ヴィンテージ物入手、喫味、レストア/リペア、コレクション、鑑定・歴史研究等の
さまざまな切り口で重層的に楽しみ、語り、情報交換するためのスレッドです。

該当ブランド:
Dunhill (Patent-eraもしくは1960年代以前)
Barling (Pre-Tran、Trans 1968年以前)
Charatan (Lane eraもしくは1988年以前)
Sasieni (Family era 1979年以前)
Comoy's (Pre-Cadogan 1975年以前)
GBD、Loewe、BBB(Pre-Cadogan 1980年以前)
その他上記メジャーメーカーのセカンドブランド、
Astrey's、F&Tなどのショップブランドも可
KB&B(Kaywoodie等)、WDC、CPFなどのアーリーアメリカン
メーカーも暫定的に可

○基本的にestate(中古)パイプを扱うことになります。
○e-bayが主な行動範囲になりそう。アイテムを貼りつけてあれこれ談義もよし。
○スモーカー、コレクター共に歓迎。一穴主義者には目の毒です。
○実用的なスレであると同時に非常にペダンティックなスレでもあります。長文大歓迎。
○パイプ自慢大歓迎。どんどん貼りつけるべし。うぷろだは自前でお願いします 。
○中古パイプに関連した話題であれば、一応製造国を問わず面倒をみます。
○イギリス製以外で盛り上がるようだったらスレ分化で対応します

2 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2007/02/15(木) 16:15:44 ID:O1Dsthzx
前スレ
【パイプ】オールドブリティッシュ5【クラシック】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/smoking/1165330412/l50

【パイプ】オールドブリティッシュ4【クラシック】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/smoking/1159577645/l50

【パイプ】オールドブリティッシュ3【クラシック】
ttp://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/smoking/1156954903/l50

【パイプ】オールドブリティッシュ2【クラシック】
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/smoking/1150797142/

【パイプ】オールドブリティッシュ【クラシック】
http://hobby7.2ch.net/smoking/kako/1142/11428/1142880773.html

3 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2007/02/15(木) 16:20:33 ID:O1Dsthzx
関連リンク:ショップ
<ebay>(英語)collectible-tobacciana-pipe-estateでメーカー名検索
ttp://collectibles.listings.ebay.com/

<Fine Pipes>(英語)estate(中古)パイプ専門店です。商品説明は薀蓄の宝庫。
ttp://www.finepipes.com/index.php

<The PipeRack>(英語)estate(中古)パイプ専門店です。
ttp://thepiperack.com/

<The Smoker Ltd>(英語)estate(中古)パイプ専門店です。
ttp://www.thesmoker.com/

関連リンク:資料・コレクション
<PipePage>(英語)ビンテージメーカーの資料がたくさん。聖地かも。
ttp://www.chriskeene.com/

<G.L.Pease>(英語)Dunhill、GBD、Comoy's、Sasieniのコレクション有り
ttp://www.glpease.com/index.html

<Ye Olde Briars>(日本語)日本初のビンテージパイプ・専門サイト。
ttp://yeoldebriars.com/

4 :shell-freak:2007/02/15(木) 20:44:02 ID:Wzq+YkX1
新スレ、オメ〜!

>>721
私もコイツは見てたんですが〜・・・。
どうも、マウスピースの感じがおかしくありませんか?
F/Tなのは良いのですが、どうもオリジナルではないような気がします。
dunhillのオリジナルは同じF/Tでも、もう少し「品」があるような気がしますね〜。
ボウル自体はpatent eraらしい、クラッギーさがあって魅力的なんですが・・・。
価格にも依りますけど、少し待てば、同時代でもっと良いのが出ると思います。
最終的には$200程度にはなりそうですので、今回は「パス」です。

5 :FMP:2007/02/15(木) 21:42:12 ID:T6sdlDhg
こんにちはー
雑談していいですか〜(笑)

↑の127、やはりマウスピースはオリジナルではないようですね。
ホワイトスポットの位置も前すぎるみたい・・。

eBayで落札した50年のshellのLBが届きました。
写真からてっきりアンバー風マウスピースだと思っていたのですが
掃除しようとステムを抜いてはじめて「真っ黄色に変色したバルカナイト」
であることがわかりました(笑)これは磨きがいがある!!

で、オキシクリーンに浸けてから磨いたらなんと黒く変色していた
ホワイトスポットが「レッド・スポット」になりました??
ダンヒルのステムは何度かオキシクリーン処理しましたがこんなの初めて。
replacementなのかなあ・・少しルーズではあるけれど見た感じ銜えた感じは
オリジナルだと思うのだけど・・。
思ったよりマウスピースの摩耗はほとんど無く、今、margateを詰めて初喫。
美味いです!

あと、このLB煙道に短いアルミ(?)のチューブが火皿まで埋め込まれています。
これも初めて・・インナー・チューブがくっついて切断したのか?と思いましたが
きれいに埋め込まれているのでそうではないようです。
シャンクに折れた跡もないので補修ではないようだし・・。
誰かご存じでしょうか?

6 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2007/02/15(木) 21:48:24 ID:+u3QzvA5
>>4
どもどもs-fさん。
とうとうこのスレもパート6ですよ。三月には1周年を迎えちゃいます。

自分もまさかここまでスレが続き、ここまで隆盛を極め、ここまでオールドパイプが人口に膾炙するとは思いもしませんでした。
もちろんs-fさんをはじめとするコテ&常連の方の多大なご協力が占めるところ大ですが、
やはり一般の(名無しの)スモーカーの方々が、それぞれチャレンジ精神を持ってオールドパイプに挑戦していただけたことが
なにより非常に嬉しかったです。

最近はブーム?も落ちついてきたようですが、吸えば吸うほど、揃えれば揃えるほど面白くなるのが
オールド物の怖いところです(笑) これからは知識、経験ともにレベルアップした上での展開が期待できると思います〜。

それでは楽しんでいきましょう。

7 :shell-freak:2007/02/15(木) 22:32:17 ID:Wzq+YkX1
>>6
どうもです〜!
3月で一周年ですか〜。
早いものですね〜。
思えば、最近賑わっている「オフ会」構想もこのスレから着想させていただいた
ものですし、ここ一年ばかりの日本の「パイプ・シーン」にはこのスレは欠かせない存在ですね〜。
これからも、私が必要とされる限り、このスレの発展に協力させていただきます。
2年目も、どうぞよろしくお願い致します。

>>5
「50年のshellのLB」!いいですね〜。
さぞや、クラッギーで雄大なパイプでしょう。
喫味も美味いとのこと、可愛がってあげて下さい。
機会があれば、私の「LB」とも対面させてみたいですね〜。

実は、私もおっしゃるようなパイプを持っています。
patentの古ぼけたポットなのですが、同じ状態です。
私もてっきり「innertube」が折れたものかと思っていましたが
今見てみると、確かに「きれいに埋め込まれている」みたいです。
ひょっとすると「patent avに秘密があるかもしれませんね。
私のは「us.patent・・・」以外は判然としませんが・・・。
こちらも「顔合わせ」してみたいです(笑)。




8 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2007/02/15(木) 23:33:32 ID:+u3QzvA5
>>前スレ718さん
>屋根裏部屋
エア・キュア―には、徹底的な温度&湿度管理をするタイプのものと、
自然のままの環境にブライヤーをさらすタイプのものがあるようです。
お話の本のサンクロードのメーカーのものは後者のタイプのようですね。

自然派の長所としては、ブライヤーが変化する温度や四季を経験することによって、
『呼吸のしかた』を学ぶのだといいますが、さて、どんなものでしょう。


>>校長先生
詳細なご返答ありがとうございます〜。校長先生のキュアリングの定義、理解いたしました。
昔の木の質がとびきり上等だった時代には、(アメリカやサンクロードで)、ブライヤーミルから入荷したばかりの
真新しいブライヤーを使用することも可能だった、というわけですね。
(自分はブライヤーは何らかのキュアリングをしなければ、匂いがきつくて使えないものだと思いこんでいました)

そこで、エアキュアを皮切りに、多種多様な方法でキュアリングなるものを発達させたのが、
何事も自然・あるがままに放っては置かない英国人だった、というのが校長先生の歴史解釈だと。
非常に納得がゆきました。ありがとうございます。

ちなみにPaolo Beckerの評には非常に同感です。
素晴らしくドライで、どの側面でも隙がなく旨いのだけれど、どこか爆発力みたいなものは感じられない、
というのが自分の評(デザインを含めてべた惚れなんですけどもw)です。
Paolo Beckerはカラブリアン・ブライヤーを3〜5年程度のエアキュアして使っているようです。

するとエア・キュアはそういった傾向のキュアリングなのか、というとこれも違うようですね。
Barlingはエア・キュアを使用していた代表的なメーカーですが、ウチの当たりはまるで
(校長先生に吸わせて頂いた)カウフマンのような香り高いレンダリングをします。といっても
生木の印象は全く感じさせずに、です。
エア・キュアにもいろいろな方法や秘伝があり、いろいろなキャラクターを作り出すことが可能なのではないか、
というのが今のところの自分の妄想です。


とにかくキュアリングは謎が多すぎです。
しかし、今まで、パイプといえば

「作家物だろうがファクトリーだろうが、値段が高かろうが安かろうが本質的な差異はない。違うのは埋めの数とデザインだけだ」

という言説がまかり通っていたパイプ界で、

<各々のメーカー特有の『キャラクター』を復権し、それを『楽しむ』ための重大な手立て>

となり得るのが、この『キュアリング』という概念だと思います。探索は続きます…

9 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2007/02/16(金) 00:09:25 ID:k86C//M/
>>5
FMPさん

え〜もう〜、雑談ドンと来いですよ〜。堅苦しい研究や歴史の話ばかりだとアレなので、ガンガン雑談おねがいします。

スイマセン、クラッギーさに見とれてステムを全然チェックしてませんでした(笑)>127
もし安めに落とせたら、日本の誇るdunhill認定リペアラ―でもある佐藤さんのところでリプレイスメントを
作っちゃうのもありでしょうけど、shellさんの予測では200越えですか…

で、50s Shell LB到着オメー!です。すっかりLBにハマられているご様子ですが、確かに
s-fさんにあんなパイプを見せられては矢も盾もたまりませんでしょう。
今回も相当な当たりのようでウラヤマシス。あの芳醇なshellの焚き上げるMargateはまさに神の味、<ネクター>ですね!

オキシクリーン・メソッドによる変色レポ(汗)ありがとうございます。ポリッシュしても落ちませんでしょうか。
やはり、ホワイトスポットは使用材料にもばらつきがあるため、一概にオキシクリーンによる影響は受けない、とは言えない
みたいですね。神経質な方にはやはりマスキングを一考していただきたいところです。

いろいろebayとかで見ている限りで、シャンク内にインレイされたアルミチュ―ブというのはまだ見たことがありません。
S-Fさんのご意見と同じく、Patent Noを精査してみるか、もしくは逆にESPnetでアルフレッド・ダンヒル関連の
特許を調べたら手がかりが発見できるかもしれないですね。

>>7
s-fさん

s-fさんがいる限り、2ちゃんねる発・パイプオフ・シーンは安泰だと考えています。
あのお人柄に惚れてしまった方も多いんじゃないでしょうか。自分もその一人ですが(笑)
こちらのスレのほうは、まあシコシコ根暗にやるのがいいと思いますのでそういうテイストでいく所存ですが、
一度ガチガチのコレクターばかりを集めた根暗オフとか、やってみてもいいかもしれませんね〜(と根暗の代表が言ってみるテスツ)

10 :774mgさん:2007/02/16(金) 01:36:02 ID:mWblFdl4
徳ちゃんも熱心な読者らしい、遊びに来られると困るんでたまに此方から
遊びにいかなきゃなwwww

11 :774mgさん:2007/02/16(金) 02:22:13 ID:SAp3WdhF
>>10
いや、スルーすりゃいいじゃん。波風立てずにみんな仲良くやろうよ。

12 :774mgさん:2007/02/16(金) 04:39:10 ID:mWblFdl4
だから遊びに行くんだろがawww

13 :774mgさん:2007/02/16(金) 07:48:45 ID:gnC9trid
新ヌレおめでとうございます。

>>前スレ725
> このKBBは戦後ぢゃないですかね? はっきりわかりませんが、
> KBBの戦後ものはそんなに木が良くないようですから、
> 生イタリアンの上物ねらいであればリスキーだと思います。

自分はスタンプの形状(クローバーの形)やフォントの感じから、
戦前から戦後でも40年代位までだろう、と思ってます。
50年代以降のKBBクローバーはもう少し縦長で、BBの間隔が少し狭い様に
思います。サンプル数が少ないので詳しい事はわかりませんが。

それと、30年代以降のKBBは他社(他ブランド?)にも積極的に
SYNCHRO-LOC DRINKLESS FILTER を導入してた気がします。
なのでこれは戦前それも20年代のモノではないか、と推測してるのですが。

しかしながら戦前のパイプにしてはオシャレすぎる、というかデザインがモダンな
出来なので、こんなのを昔っから作ってたとしたらそれはそれで驚きです。
このブラストの感じも独特だし…。

unsmokedなので少々値が上がるかもしれませんが、それでも30ドル程度ではと
思ってます。しかし最近予想がことごとく外れてるのでアテになりませんww
誰か買ったらレポおながいします(他力本願)

14 :774mgさん:2007/02/16(金) 07:53:58 ID:gnC9trid
朝からググってたらこんなの見つけました。
ebayのスナイプサービスをやってるサイト一覧だそうですw
ttp://www.auctionbytes.com/cab/pages/sniping

金額やサービス料とかがまちまちなんですね。
下の方にfreeの文字が書いてあるところもあります。
それともどなたかご利用されてる方いらっしゃいますかww?

15 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2007/02/17(土) 13:28:39 ID:O9iIPiyu
朝から歯医者で麻酔、パイプくわえられまひぇん。ふがふが。

>>13
現在のパイプを見なれた目にはモダンに映りますね、パネルって。
でも、パネルってブリティッシュクラシックが全盛になって廃れてしまった、(ブリティッシュより)古いシェイプなんだと思います。
廃れた理由としては、おそらく手間がかかりすぎるからでしょうね。パネル面は全て手作業で削り出さなければならないので、
普通のシェイプより手間も、そして熟練度も要求されるシェイプだからでしょう。唯一辛うじて現在にまで残っているのが
最もシンプルなFoursquareだというのがその証拠じゃないかと思います。

>>14
お〜けっこうありますねえ。しかも中にはお試し無料、というのも多い。
スナイプは確かにブツを比較的安価にゲットするチャンスが増えますが、
注意していただきたいのは

安 い か ら と い っ て バ ン バ ン 落 と す と 結 局 支 払 う 金 額 は ア ッ プ

ということでしてw
あと、ガチムチなコレクター戦ではほとんど役に立たないということでしょうか。
どなたか使用してらしたら是非使用感などをレポしてくだされい。

16 :shell-freak:2007/02/17(土) 17:51:34 ID:uedq6NbU
「スナイプ・ツール」ってーのは正直、あんまり役には立たないような気がします。
自分の入札意図を厳に秘匿するには良いのかもしれませんが、
結局は「最高値」で入札しないと負けてしまう訳ですから・・・。
唯一、役に立ちそうなのは、競りかけあって価格が高くなるのを防ぐ場合ですかね〜。
以前、私も経験ありますけど、何日も前から競り合って、えらく高いものを
買ってしまったことがあります。
ですから最近は、高値になりそうな物はなるべく遅くに入札するようにしています。
それでもやっぱり最後は「高値入札」が「決め手」ですね〜。


17 :stan ◆gveDDkXr0E :2007/02/17(土) 21:09:25 ID:4cXGgfnh
おお、もうこのスレもパート6ですか。早いものですね。新スレ記念ってことで、
ちょっと、コテにしてみました。

しかし、オールドブリティッシュにしろ、アーリーアメリカンにしろ、加えて言う
なら、Estate全般がここまで隆盛するとは思いませんでした。このスレたった頃な
んて、eBayでも日本人のBidder見かける事少なかったですが、最近はぶつかる事も
結構増えて来ましたしね。

これからも、このスレが続きますように、OBものとか入手しましたら、出来るだけ
レポするようにしますね。ただ、私は、Stanwellとかでもお気に入りになってしま
う人間なので、レポの内容は話半分ぐらいに思っておいてくださいな。どんなパイ
プでも「ウマー」に感じちゃうので。

そうそう、チョコの話題がちょっと前に出てましたが、皆さんどのくらい貰えまし
た?因みに私は義理1個。しかも同僚の娘さんからでした。その娘さんまだ3歳です。


18 :shell-freak:2007/02/18(日) 07:52:04 ID:AGwJMqcS
ちとスレ違いかもしれませんけど、「オールド物」には違いないので・・・。
こんなモノ、落札してしまいました〜。

http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&ih=014&sspagename=STRK%3AMEWN%3AIT&viewitem=&item=330088101721&rd=1&rd=1

だいたいが私はほとんど「SHELL」しか持っていないので、本来、こんなケースは必要ないんですが
それでも何本かは「スムース」の古いのを持っています。
それをこのケースに入れて持ち運べば格好良いかな〜と思いまして・・・。
よくある専用の「お誂え」ではなく、一応、どんなパイプでも収容できそうです。
そのうち古いスムースのLBでも手に入れたらこれに入れて持って歩こうかな。
送料込みで約一万円、今月はまだ「浪費」してなかったから、まあ、いいか。

スレ違い、スマソ。


19 :マイヤーマイヤー:2007/02/18(日) 09:50:07 ID:3J5COUBO
前からお聞きしたかったんですが、このてのケースの修理ってリペアラ
っていないんでしょうか?ー

20 :流れ公方:2007/02/18(日) 10:48:28 ID:ZIlsypit
いやぁ〜昨夜は風呂落ちからそのまま爆睡しちゃって
挨拶もせず失礼仕りました>>チャットの皆様

風呂から上がったらPCフリーズ真っ最中で
再起動しながら他の事やってたらそのまま爆睡^^;
朝見てみたら再起動中に固まったみたいでなんか調子悪い^^;

今からPCの手術を執刀します^^;

21 :774mgさん:2007/02/18(日) 15:27:00 ID:CF+G+m+2
いかん、コテばかりになってしまった(汗) それ以外の人がカキコしにくくなるのでやめようやめよう。

>>17
あれ?stanwellは味が旨いと結構ファンの方も多いような。
自分も近いうちにデニッシュ・クラシックな奴を1本吸ってみたいですね。

自分は当該の日にはS&Gのチョコレートフレークを吸っていた口です。

>>18
自分もdunhillのハードケース、欲しかったんですよ。ちょっと今剥き身で置いておくのが怖いBruyereが
1本手元にあるもので…w
でも、意外に高いんですね。ケースだけで1まんえん…
相場も含めて参考になりました。

ケースってヒンジが壊れ易いですよね。
修理は今心当たりがないんですが、ひょっとしたら宝飾関連で直しをやってもらえるところが
あるかもしれませんので、調べてみます。

20世紀初頭のケース入りパイプを手に入れることとかも多いでしょうしね。

22 :774mgさん:2007/02/18(日) 16:57:06 ID:3J5COUBO
今度からは名無しできます。

23 :774mgさん:2007/02/18(日) 23:46:21 ID:BVIds3Rc
Sasieni 6-dotの報告です。
実は以前に入手したのですが、火を入れる気にならず放置してました。ステムは
イエローとパールホワイトのマーブルカラーで、左右両側に、3個ずつブルードットが
打ち込まれているテーパーステムのAuthor・シェイプです。
ノーメンクレチャーは

SUPERB SIX
LODON MADE
BY SASIENI

MADE IN ENGLAND(Foot Ball)
#88

です。
意外なことに、ボウルは綺麗に作りこまれていて、88番Author・シェイプも
ファミリー・エラのSasieniと比べても見劣りしないと思います。
喫味も、あの独特の柔らかな喫味が健在でした。
(このボウルはキュアリングされていると思いました。)
しかし、ステムは、型枠にはめ込まれたであろうアクリルで、すごく咥えづ
らく、長時間咥えていると自然に力が入ってしまい、疲れました。
あまりにも咥えずらいのでサイズを測ってみました。
歯で噛みこむ部分の厚さ 5mm。ビット幅 20mm。
また、ファンネルの奥行きは 2mm程度しかなく、エアーホールの丸い穴が、すぐ
に見える状態です。思えば、これを見て火を入れなかったのかもしれません。
あと、ボウル・トップのチャンバー縁が、COMOYのように面取りされていたのが、
ファミリー・エラと違う箇所でした。

ただ、いくら柔らかな煙でも、このファンネルでは全く効果がなく、
舌先が少しヒリヒリします。(笑)

24 :774mgさん:2007/02/19(月) 14:08:26 ID:2YTQSwQG
>>23
レポ乙です。Post-Family era (Transition era?)のSasieniのレポートはまだ上がっていなかったと思うので
非常に貴重な情報だと思います〜。

Transition era(一回目の売却後)は、途中までAlfred Sasieniがディレクターとして在籍していたので、
レポにもあるとおり、キュアリングやターニングなどのボウルクオリティ面ではFamily eraとそれほど差がある
ということはないみたいですね(この時期のFour Dotラインでは埋めが散見される例があります)。
しかし5mm厚と浅いファンネルは、非常に優れていたFamily era Four Dotラインのビットと比べると
かなり見劣りがしてしまいますね。このモールドのアクリル・ビットの採用が、バルカナイトに重きを置いていた
Alfredを絶望させ、結果として離反を招くことになるのですが、むべなるかなといった感じでしょうか。

(ちなみにFamily era Sasieniも、戦後はインナーリムは面取りされています。面取りがないのは戦前の
製品に限られるようです。)

Family era以後とはいえ、Superb SixはPerfect Tenや5 Dotと並んで、"Sasieni Dot complete"コレクションの
対象になるかなりコレクティブなパイプです。88番の愛らしいAuthorシェイプにマーブルビットのちょっと変わった外観も、
なかなか面白いと思いますのでぜひ大事になさってください。

25 :774mgさん:2007/02/19(月) 17:23:45 ID:myLvKoJW
Carburetor Yello-Bole と
KBB Rocky Briarが到着しました!!

Yello-Boleの方はボウル全体に傷や埋めもあり、正直あんまりよろしくないコンディション。
形はなんていうの?ローデシアンなのかな?
ブルドッグみたいに二本線がボウルに入ってるけどボウルは丸い形で尖ってないし、
スクエアシャンクでもなく楕円。可愛いです。

KBB Rocky Briarはタンフィニッシュみたいな?明るい色のブラストのビリヤードでした…。
しかしボウルをアルコールで軽く拭いてwaxを軽くかけたら、黒いステインが徐々に主張し始めて
最初とは全く違う色に(笑)何でこんなに?
何か説明が難しい色になってます。ごめんなさいね説明下手で。

とりあえず塩漬けとステム清掃。
Rocky Briarの方がステムがひどいコンディションで、タールが詰まって空気が通らないww
光もささないのでガリガリとテノン側から除去してやったら、テノンの直径が1mm大きくなりましたww
タール溜り過ぎです。これ。

安いパイプはやっぱりそれなりのコンディションだなーと思う今日この頃です。

26 :774mgさん:2007/02/19(月) 17:29:03 ID:myLvKoJW
あ、あと別件でというか、自分の中では関連があるんですが。

sasieniのRusticにアルコールソルトメソッドかけると、シャンクから出て来る塩に
紫色っぽいステインがついてる事でありませんでしたか?


27 :shuzed:2007/02/19(月) 17:42:41 ID:IkX261qn
>>26
ありますあります〜>紫色

ボウル側シャンク側にかかわらずでした。

28 :774mgさん:2007/02/19(月) 23:57:06 ID:iijrUss8
おまいら58年のshell 127が137ドル BINで出てますことよ。

29 :shell-freak:2007/02/20(火) 00:45:02 ID:0F1Ya7eL
>>28
アイツは私も見ていましたが、F/Tだったのでやめました。
シェルの表情もとても良いですし、F/Tが気にならないのなら「買い」でしょう。
私の場合は、たまたま持っている「patent tan shell 127」がnonF/Tのテーパード・ステムなので
お揃いにしたいんですよね〜。
この倍額出しても、そんなのが欲しいんです。
単体で見れば、これは悪くありません、というか、とっても良いです。
おそらく、そう時間をかけずに売れてしまうと思います。


30 :774mgさん:2007/02/20(火) 05:46:29 ID:GoYu7BRg
レストアに関する質問です。
先日落札した中古パイプのカーボンが、それはもう恐ろしい状態(小指も入らないくらい)になるまで成長しており、
途方にくれております。

根性である程度は削り落としたのですが、底面の方に進むにしたがって削りにくく・・・。
なにかオススメの道具は無いでしょうか?

31 :774mgさん:2007/02/20(火) 06:57:57 ID:SXl5TLt4
>>27
shuzed兄貴オッスオッス!!(笑)
ありがとうございます。

や、というのも今回レストアしてたKBB Rocky Briarなんですが、シャンク内から出て来た塩に
色(今回のはフィニッシュが違うのでもう少し赤い色でしたが)がついてて、あーこういう色の塩って
確かsasieniレストアした時にみたっけなーと思い出しまして。
前スレの最後の方でKBB Rocky Briarの喫味レポを書いたんですが、自分の印象は「sasieniっぽい味」
だったんですね。うちのは状態があんまり良くないものなのでそれを加味しての評価なんですが、
ひょっとしたらこの染料と味と関係あるのかないのか、とふと思いまして。確認を取った次第です。
今回のパイプも吸ったらレポ書きます。イイ味の出たブラストです。外見は非常に綺麗です。

>>30
カーボンがどんな状態か(固い/柔らかい)でも違って来ると思いますが、どんな道具を使用されてるんでしょうか?
ロケットリーマとかが便利なのでしょうが、自分も持ってませんので当然使えません。
参考までに自分が使う道具は
○ネイルタンパーのスプーン
○リングタイプのコンパニオンのスプーン(これで大体事足りる)

これでダメな時は
○普通のカッター(固いのはサクサク削れた)
○Victorinox(10徳ナイフ)のリーマ(細いので便利)

この辺でだいたい大丈夫ですがダメならば最後の手段
○諦める(笑)

です。少しでも穴が開いてるようならアルコールソルトでもしてカーボン緩めて、それから削るといいと思います。
もしくはいっそそのまま数回使用してボウルを温めてから再度削るとか。

いずれにしてもがんがって下さい。


32 :774mgさん:2007/02/20(火) 10:06:29 ID:y5dlyTNC
>>30
ある程度削り落として、底のほうに残ったカーボンが取り辛い、ということでしたら、
自分のオススメは「サンドペーパーロッド」です。
適当なかたち(3cmx5cm角)に切った80番の荒いサンドペーパーを、できるだけカクカクしないように
ボールペンなどの先端にまきつけ、できるだけ先端が丸くなるように丁寧に成型したあと、首元を
セロテープでぐるぐる巻きにします。これで完成。

このロッドで辛抱強く回転・往復運動を続ければ、どんな固い/湿ったカーボンでも必ず取れます。
ただ、ボウルの木も削ってしまう危険もあるので、作業は慎重に、少し作業したら削れた粉を落とし、
ティッシュなどで切削面を拭い、ペンライトなどで確認して削りすぎていないか確認しながら行ってください。
これで通常のリーマー・パイプナイフなどが入る大きさになったら、そちらで作業を続行すれば綺麗に仕上がります。
また、番手の高い(200番程度?)のロッドも作っておいて、そちらで作業してもかまいません。

>>31さんも触れているように、S/Aを一回かけておくとタールによるペーパーの詰まりが少なくなります。
また、ペーパーロッドは、番手が違うものと、先端のかたちが違うもの(先端が丸い/尖っている)ものを
複数用意しておくと作業は極めてスムーズに進むと思います。
リーマーやナイフでの作業でも同じですが、削りすぎには十分注意してくださいませ。

33 :774mgさん:2007/02/20(火) 10:34:40 ID:QKmFG+A7
>>30
細工用の先のとがった細い丸やすり(百均で売ってる)が便利。

先日、落としたBBBが同じように小指も入らない状態でしたが、
尖った先で突き崩し、やすり部分でこすると完全に除去できました。
小山になるぐらいカーボンが取れて、快感・・・なんだよねw



34 :774mgさん:2007/02/21(水) 20:24:47 ID:MdDAkd+d
トリニティスクールとYOBどちらも更新〜

35 :774mgさん:2007/02/21(水) 22:31:56 ID:cdx/phZN
oh〜
この二つのサイトて日本のパイプシーン変えたんじゃないですかね。

それぞぜ後追いしてる人増えてんジャマイカ?

36 :774mgさん:2007/02/21(水) 22:49:04 ID:EwxpTc59
前スレ677で紹介されたeBayのブツ、2本落札・到着しましたー!
出品されたときからウォッチしてたので紹介されて競争率アップか?
と思いきや、予想落札価格ぴったし。さすがOB氏!

一本は、sasieni natural warwick。
こいつは僕の愛器(elベース)がドイツのwarwick社製なので、
というミーハーな理由でぜひ欲しかったのです(笑)
大きめのビリヤードでちょっと重いけどさすが美味いです。

もう一本はdunhill shellのベント。シェイプはやはり120。1963年製でした。
シャンクにクラックあり、と言うことでしたが実用に問題ありませんでした。
これが・・やばいです。僕の好みにぴったりのシェイプだ・・。
大型のベント、クラッギーなボウル、60年代シェルの味・・。
あと数本120が欲しくなってしまいました・・・やばいやばい・・・(笑)

37 :774mgさん:2007/02/21(水) 23:23:53 ID:Si9wj6ih
>>36
> あと数本120が欲しくなってしまいました・・・やばいやばい・・・(笑)

あと120数本欲しいのかと思った。本気でびびった。

38 :774mgさん:2007/02/22(木) 00:16:09 ID:y8Ft1/7c
>>36
あ、あれやっぱり120で合ってましたか(ホッ)。Dunhillのベントビリアードは皆結構ベントがきついものが多いですが、
120だけは1/4ベントに近いくらいベントが浅めなんですよね。写真からどうも120じゃないかと思っていたんですが、
合っていてよかったです。

今も1本、Patentのshellがebayに出ていますがなんと300オーバーのbidが入っています(笑)
やはり「ベントのLB」と異名をとるコレクターズ・アイテムですから、60年代、微小クラックでも
あの値段でなかなかの買い物かもしれませんね。味のほうも書きこみの感じからして
かなり旨いようで、ホントに良かったです。

Sasieni Warwickはあのフェイク・アーミーマウントの奴ですよね。
こちらもごく普通のビリヤードとは一線を画した外観で、Sasieniファンなら1本は手元に置いておきたい
バリエーションじゃないかと思います。…楽器には詳しくないんでゴメンナサイw
(中学校のガキンチョのとき欲しかったエレキベースを記憶をたよりに検索してみたらSteinbergerだった…笑)
でも、シェイプ・ネームがついているパイプはミーハーなアプローチもできるのが楽しいと思います。
Sasieni LombardでG.L.PeaseのLombardを一服…とか、PembrokeでEsoterica Pembrokeを一服とか、
いつかやりたいと狙っている人はこのスレにも何人かいるはずw

120本コンプリート(copyright >>37)の道中、それぞれのパイプのレポをいただけるとマコトに嬉しいですw


自分もサイトにアップしたYOW Fossil ベント・シッターでwestminsterを一服中です。
甘さをぐいぐい引き出すようなコクのあるレンダリングにウマー
軽いだけでなく、香り立ち、甘味ともに強力に引き出すのがBarlingの美点ですね。
同じサンドブラストフィニッシュとはいえ、Dunhillシェルの豊穣感とはかなり逆向きのベクトルです。
外見はすごく迫力があり、重厚感たっぷりのパイプなのに、持ってみると拍子抜けするくらい軽く、
道具としての取りまわし(前後が短い上に非常に安定したシッターなので)も素晴らしく、
味、見てくれ、使い勝手、コレクティビリティの4拍子が揃い踏みのグレイトなパイプですなコレ。

39 :774mgさん:2007/02/22(木) 00:43:45 ID:0lot4V2e
>>38
Barling見ました!いいですねー・・。
重量感ある外観ですが、軽いんだー。
YOWまで手を出すとそれこそ破産しそうなので(笑)
old dunhillでガマン!(ガマンか?笑)

中学生でsteinbergerに目をつけるとはシブイですね。
steinbergerはすごくタフで、酔っぱらって自転車で転んでも大丈夫なんですよ(笑)

40 :774mgさん:2007/02/22(木) 01:29:59 ID:y8Ft1/7c
ちっとも我慢じゃないと思いますがw>old dunhill
ぜひレターシェイプコンプリートを目指してくださいませw

最近自分も気がついた(遅)のですが、やはり古いdunhillにはカッコイイシェイプが多いですね。
(現行もののファンのかたには申し訳ないのですが)1974年のシェイプ改訂以降と以前では
雲泥の差だと思ってしまいます。
ベント一つとってみても、54(gr2) 53(gr3) 56(gr4) 120(gr5相当) 128/LS(gr6相当)の、
それぞれ個性的でカタチも全て大幅に異なっていたシェイプがひとつに統合され、ただひとつの
02番というシェイプにまとめられてしまうのですから。オールドシェイプを愛する者の目からみると
これでは統合ではなく抹殺じゃないかと…。これはベントだけにかぎらず、全てのシェイプに言えることですが。

話がズレてしまいましたが、自分も最近スゴイdunhillを手に入れました(破産…?)ので、
近日中にサイトのほうにアップしたいと思います。また、このパイプに伴って2〜3判明したこともありますので
その考察も同時に。

#大丈夫なんですよ、ということは実地にテストを行なわれたということでしょうか(笑)



41 :774mgさん:2007/02/22(木) 08:57:21 ID:lNeuPJ2n
Dunhill Shell #120にBarling Fossil ベントシッターかぁ。。みんな良いなぁ。
別に対抗意識をメラメラと燃やしてる訳ではないんだけども。

僕もガツンとブルジョアレポかましてよかですか〜!

Barling YOBでシェイプNo.TVF刻印は共になし。サイズはEL、ステムのREGDは42/8968です。
変わってるのはPOSで、MADE IN LONDON.(ピリオドなのかハンドマークなのかはちと微妙)
の下にEnglandの刻印。古いタイプのPOSなのだろうか?ボウルリムがアウトラウンドして
るけど、そんなにむごくもないし、自分はあまり気にしない方なのでOK。因みにシェイプ
はサドルビリヤードです。
で、お味。う〜ん微妙。もしかして、Barlingの味に慣れちゃったのか?って言うか、S/A
もう3回かけたのに未だあの古パイプ独特の安整髪料みたいな味が抜けないのはどういう事
だー!煙道に「まっくろくろすけ」でも住んでんのか?癪なのでガチムチ兄貴推奨のA/R
キット注文しました。ガボッ、グォッボしてから再評価だな。

はい、でまたBarlingです。YOB Fossil TVF、#301、ピリオド付きのPOS。シェイプはカナ
ディアンで良いのかな?ブライヤー部分が約10cm、テーパステムが約7cmで全長17cmぐらい
なんだけど、オーバルロングシャンクロングステムビリヤードとでも呼んだ方が良い?まぁ、
パッと見はカナディアンだけどね。しかしこのFossilの色合い、素晴らしいですね。夜の帳
が降りて、いや増して輝きだす漆黒の鉄人。クラッギーなサンドのせいか、ややボウル形状
に歪みが感じられるけど、それもまた結構な風格です。
今、一服中なんですけど、「キタ、キタ、キターーーー、ドッカーーーン」ですよ。Barling爆弾
をもろに喰らっている>>38さんは分かってくださいますよね、アタリBarlingの破壊力。疾風
怒涛の攻撃にノックアウトです。
そしてその魂はBarlingクロスから舞い降りた天使に導かれ、かの清浄の地「タマランチ」へ
と到達するのであった。
って何言ってんだか分からないですけど(笑)。
ただ残念ながら、ちと重いです。ExELサイズだからと言うよりはモーメントのせいだろうな。

パイプ吸いって意外と音楽系多いんですか?私も趣味でトランペットを年月だけは長くやって
ます。引越しする前はアマJazz Bandにも入ってたりしまして。大体喫煙を始めたのも(紙巻から
ですが)、リー・モーガンに憧れてだったりします。


42 :shuzed:2007/02/22(木) 09:33:12 ID:NKGvxOjp
>>41
おお!(゚∀゚)人(゚∀゚)ナカーマ

ARはもう少し(プロコン含め)多角度からの意見が聞きたいところですので、是非ともレポお願いします。

>>38
中3の時TOKAIの安いアンプ着き初心者セットの次に先輩から無理して買ったのがsteinbergerでしたw

私以前は所謂ビザールギター収集やっておりまして、オールドテスコ等50本程もってました。今の感覚で
行くと、誰も落とさない様なアーリーアメリカンばっさばっさ落としに逝くみたいな感覚ですかね。全然成長してないw

ついでのミニレポ;
F&T REJECTのマウスピースを昨日Oメソにかけたところ、今回は、くっきり真横に線出ました。

ついでのついでに質問;
becker & musico の 5 Years-5、って95+5で2000年出来、という解釈でいいのでしょうか。

43 :774mgさん:2007/02/22(木) 10:29:57 ID:WTrai6dF
>>42
Becker&Musicoはイングリッシュパイプですから!イタリアンパイプじゃありませんから!(強引)
1995年より製作開始
2003年6月より、Massimo Musicoの単独製作に。
(2005年よりFoundation by Musicoにブランド名変更。Giorgio Musicoが三人目のカーヴァーとして参加。
Paolo Beckerの製作本数は極端に少ない模様。スタンプ・date codeともに仕様は全く異なる。調査中)

スムースパイプ
・サークル内にP=made by Paolo Becker
・サークル内にM=made by Massimo Musico
・6 years - * 製作年(6+*+1990)
・Becker & Musico (ブロック体で楕円に整列されたブランドマーク)
・Roma
・C (cuori=ハート) Q (quadri=ダイヤ) F (Fiori=クラブ) グレーディング
・傑出したパイプにelite

サンドブラストパイプ
・5 years - * 製作年(5+*+1990)
・Becker & Musico(筆記体で直線に整列されたブランドマーク)
・MADE IN ITALY

44 :774mgさん:2007/02/22(木) 11:17:50 ID:NKGvxOjp
>>43
あざーッス。

5years- と 6years- の違いが判らなかったですが、勉強になりましたです。

へ?何の話かって?いんぐりっしゅパイプに決まってるじゃないですか!(断言)

45 :774mgさん:2007/02/22(木) 11:22:39 ID:WTrai6dF
>>39
あう。今気がついたんですが、bid中に価格について触れてしまっていました。
明らかなルール違反ですので謝罪いたしますm(_ _)m 失礼いたしました。
自分も120は欲しいシェイプのうちの一つですので、そのうちにお手ごろなやつを1本逝きたいです。

>>41
Barling x2のレポありがとうございます。Regd 42/8968は大戦中のスタンプで、
1942年〜46年の間使用されたものらしいです。
MADE IN LONDON ENGLANDのP.O.Sは古いタイプのP.O.Sかもしれませんね。
Barlingは戦前、国内マーケット向け製品にはP.O.Sを刻印しなかったようですが、
大戦中のP.O.Sのサンプルとして非常に貴重な情報だと思います。
パイプのほうはまだ実力を発揮しきれていないようなので、A/R後のレポも
お待ちしております。(もちろんA/R自体のレポも。) 
ちなみにA/Rはガチムチ兄貴に習って、全裸にえび茶の六尺1本を締め、
「そんきょ」の姿勢で行うのが正しい作法ですのでそこんとこ4649。

で、今度はFossilですか。いいでしょーFossil!
301はBarlingの呼称では、「Billiard short oval」というカテゴリーに入るシェイプだと思います。
Canadianがlong ovalだとすると、シャンクがそれよりも短くステムが長め、といった意味でしょう。
確かにちょっと、コレクティブルなパイプはがっちりムッチリビットを噛むわけにはいかないので、
あのディメンションであの薄いリップだと少々重く感じるでしょうね。うちの#245もフェザーウェイトと
言っていい重さなのですが、そういった意味ではちょっと扱い辛いところがあります。
それでも、<当たりBarlingの破壊力>の前には些細な問題ですけれどね。
さらに、Fossilのブラストは素晴らしいのひとこと。
(ウチのサイトの写真も、そのあたりを伝えるのに注力してみました。)
いやほんと、タマランチ。

>>42
とり急ぎB&Mのdatingだけポストしましたので再び。
やはりコレクター気質というものは厳然として存在するようですな(笑)>ギター収集
ただ単なるコレクターにとどまらず、ガチムチに好奇心旺盛にいろいろトライしてみるのが
兄貴流といったところでしょうか。

モールドマウスピースのOメソ・ラインについてですが、私見ですがインジェクションのやりかたで
ラインが出る・出ないの差が出るのかもしれませんね。Comoyは何か特殊な方法で作っていた
のかもしれませぬ。モールド・ハンドカットの判別には不安があるかもしれませんが、とりあえず
線が出たらモールド、というのはこれで分かりますね。

46 :774mgさん:2007/02/22(木) 12:33:14 ID:bs1fhtmE
>>36
( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ
ワタシもThumb-5ユーザーどす

Sasieni Warwickホシス

47 :shell-freak ◆ozOtJW9BFA :2007/02/22(木) 18:58:05 ID:aql+7PPC
トリップ、付けてみました・・・。
ただ、それだけ。

48 :774mgさん:2007/02/22(木) 19:56:40 ID:WTrai6dF
>>47
こういったら何ですが。

感 動 し た w

またお買い得&カッチョイイshell情報、お待ちしております。

49 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/02/22(木) 20:16:27 ID:aql+7PPC
あ〜、こちらが「正規」の「トリップ」です〜。
なんか慣れないことするもんじゃないですね〜。
いらぬ「感 動」させてしまって、スマソ・・・。

50 :774mgさん:2007/02/22(木) 20:19:40 ID:WTrai6dF
そういえばサイトからリンクしたのみで紹介を忘れていましたが、某タレコミによる新ショップ情報です。

http://www.finebriars.com/

このスレでも何度か名前が挙がったことがあり、品揃えとハウスブレンドが秀逸なパイプショップ
Pipes & Cigars.comですが、そのestateパイプ部門を独立して新ショップとしたのがこのお店みたいです。
パイプはレストアされずAs is(現状渡し)ですが、その分価格は非常にリーズナブルです。
ラインナップも幅広く、ブリティッシュ以外のブランドも多数。
支払いはSSLカートシステムで、クレカでの支払い。

ぱっと今在庫を見てみたところ、
Dunhill Root Briar P F/T 1962年 80ドル 
Sasieni Four dot KING SIZE Rustic 75ドル
Sasieni Royal Stuart 88N 30ドル
と、かなりお買い得だと思います。


しかしなんだか最近、estateパイプを取り扱うショップが急増してるような…。
やはりビンテージ・パイプは世界的に盛り上がってるんでしょうか。

51 :774mgさん:2007/02/22(木) 20:20:23 ID:WTrai6dF
>>49
いや、ちょっとホッとしましたw

52 :774mgさん:2007/02/22(木) 20:47:41 ID:Qz3Vq+X7
>>50  ありがとうございます!!  以前より欲しかったSasieniのRustic Apple.
 早速、発注しました。  コンディションも良さそうで、目茶嬉しいです。

53 :774mgさん:2007/02/22(木) 21:28:50 ID:uJpFFxy4
少し上に書いたCARBURETOR YELLO-BOLEと
CARBURETOR KAYWOODIEの喫味レポをあわせて少し。

またですか、と言われそうですが今月3本目…。
でもたまたまなんです。premierグレードのYello-Boleの安いのが出てたので
何となくbid入れたら落ちたのがこれで、ベントのパイプが欲しいなーと思って
そうそうこういうの、って入れておいたら落ちて来たのが今回のkaywoodie。
ただそう書いてあっただけで来てみたらやっぱり4桁。IMPORTED BRIAR 8814
でした。スティンガーは切ってあります。

詳しい資料を見ないで書いてしまいますが、CARBURETORってだいたい1937年から
1940年代後半位?まで作られてた筈で、つまり木の質としてははずれはない(筈)なんですよね。
意外と狙い目なのかも。

吸ってみた感じですが、以前ドローが軽いと書きましたが何か逆に軽くて本当に燃えてるのか?
と不安になる事しばしです。少し慣れが必要です。
あと、ボウル内部にでっぱりがあるので底にタールが溜まってると掃除が面倒なのと、最後まで
しっかり葉っぱを吸いきれないです。気にしなければいいんでしょうが。

このベント、今吸ってるんですが意外とエアフローがいいんですよね。
ちょっと意外。もっと吸いにくいものかと思ってたんですがかなり快適です。味もいいです。
3回塩漬けしてしっかり溜まったタールを除去しただけあります。
あと、Yello-Bole premierは他のパイプよりもコクがある気がします。もう少し真ん中の辺りが
出て来る気がするというか、コクがあるというか。
木の質が違うのか、そのせいで"premier"の名前なのか。理由は分かりません。
もう少し研究してみたいと思います。

考えてみたらYello-Boleのパイプってそう何本も持ってない事に気づきました。
意外と玉数が少ないので欲しいの選んでると買えないんですよね。もう少し研究用に買ってみたいと
思いました。

54 :774mgさん:2007/02/22(木) 21:53:17 ID:uJpFFxy4
そういえば…。
今unsmoked kaywoodieが5本ほど出てますね。
それも4桁〜2桁でも最高グレードのFlame Grainばかり。

流石に皆さん血眼でBid入れてるみたいですww
自分は指を銜えて見てるだけですが、どれも素晴らしい状態なので
たまには他のメーカのパイプも眺めてみるとよいのでは?と思います。

55 :774mgさん:2007/02/22(木) 22:56:45 ID:XZD9nLGb
>>40 もちろん体験済み(笑)ギターでしたけど。
こっちは傷だらけになってもsteinbergerは全く狂いなし!

>>46 おおー!thumb-5!僕はthumb-4fretlessとStreamer StageU。
固い音が気に入ってます。
fenderJazzBassの60年代ものが欲しいけど状態の良いものは100万円近くする・・。
それに比べればpatent期のdunhillが2-300ドルで買えるのはなんて安いんだー!(笑)
雑談失礼。

56 :774mgさん:2007/02/22(木) 23:55:24 ID:y8Ft1/7c
>>52
お、お買い上げですな。
あのSasieniはKing Sizeですからかなりの大きさですよ〜。Dunhill gr.6ぐらいはあると思います。
しかも箱+スリーブ付き!あれで75ドルはホントにバーゲンですね。
状態も極上に近いと思います。
ステムは変色が著しいですが、こんなのはOメソッドの前には問題にならないレベルでしょう。
ステムショルダーもレーザーシャープなので、ポリッシュ時にはちゃんと保護してぜひシャープさを保つようにしてください。
(やりかたはYOBの記事を参考にしていただけるとよろしいかと)

なにはともあれ、喜んでいただけたようでこちらもウレシイです。

>>53
孤軍奮闘、といった趣もありますがw、アーリーアメリカンは興味のある方も多いと思うので
ぜひレポの継続をお願いします。
言葉は悪いですが、KBB製のスーパーハイクオリティ・ブライヤーを使用したパイプは、
イギリス勢のキュアリング重視のその姿勢の試金石として非常に好適でもあるんですよね。
ブリティッシュ・マニアもやはり4桁KWDの1本は持っているべきなのかもしれません。

>>55
やはりやってましたかw>体験

でも、確かに車道楽とかに比べると阿呆のように安い趣味ですよね、パイプって。
まあ200〜300ドルが安いかどうかはこの際置いておくことにしましょうww

57 :774mgさん:2007/02/23(金) 00:50:17 ID:tSsvsoIM
>>54
うは!4桁シャンクロゴのSuper Grain!!
これ鬼カッコヨスでないすか?

しかももう1本はシェイプがあの88Bだし…

生Drinklessの臙脂カラーのボックスもカッコイイ…(;゚∀゚)=3 ムッハ-



58 :マイヤーマイヤー:2007/02/23(金) 01:01:43 ID:Jxrox0UF
これいくらまで行くんでしょな$90スタートっだったから250もあれば
って甘い読みでした。

未だ6日もあるのにあの値段こまるよなー

59 :マイヤーマイヤー:2007/02/23(金) 01:19:16 ID:Jxrox0UF
>>56
一本だなんてそんな冷たい、自分はアメリカン好きですが、ダンヒル2本
コモイも1本今月行っちゃてんで肝心のやつ軍資金尽きました。

一本というのでしたらカウフマンシンクロ以前をぜひ。

60 :774mgさん:2007/02/23(金) 10:48:45 ID:9xnQNXmL
カウフマンの Devonshire はそこそこ出てますから、チェックリストに入れておくと
良いです。先週も一本 e-Bay パイプ最安値更新、2ドルで落としたのが
届きました。 MPズポズポでしたが、安いんで精神的ダメージは最小限。

しかしデヴォンシャーってのも正体不明、英国の地名なんだけど
私のはみなアメリカから落としてるんですよね。
KB&Bの刻印もないし・・・

カウフマンのOEMは凄く多いと思います。
e-Bay の無名パイプを写真で見て、「これカウフマンっぽい?」
というのはついBid しちゃいますね。
ハズレも多いですがww

61 :774mgさん:2007/02/23(金) 11:52:03 ID:9xnQNXmL

ベッカーのHPが変わりました、と連絡ありましたが、
最近見てなかったので何処が変わったのかな?

h ttp://www.beckerpipes.com/pubblico/home.php

62 :774mgさん:2007/02/23(金) 12:06:57 ID:eE8f9W6G
>>59, 60
個人的にはDrinklessフィルターは下がずっぱりとカットされすぎちゃってちょっとキツイのですが、
借りて吸わせていただいた20年代 Woodie(プッシュステム)は確かに神のごとく美味いパイプでした。

時代が下がって30年代〜40年代になっても、プッシュステム物はああいった特性なんでしょうか?
それともあそこまで木がいいのはやはり20年代以前のみ?

>>61
オンラインショップが大幅にリニューアルされて、ニュースページも新設されてます。
最近ニューパイプがアップされてませんでしたが、リニューアルにむけて作り溜めしてたみたいですね。
ショップには在庫満タン状態になってます。新シェイプ"Maya"いいなあ。
ってさすがにスレ違いですな失礼。

>>50 の三本、全てsold w。
Root Pはトップ以外は傷もほとんどなく、マジお買い得かも。ebayでもこの値段では落とせないと思います。
RS88Nは、コロンとした"Ashford"シェイプの形状から言って、相当古い時代のものかと思います。戦前までありそう。

繰り返しになりますが、この二本程度のステム変色は、Oメソッドの前には問題じゃないですから!

63 :774mgさん:2007/02/23(金) 13:10:34 ID:9xnQNXmL

>>62
神棚系は20年代以前、その頃はスティンガーもないですから、ストレートな味が楽しめます。

スティンガーがない後年のもの、あるいは外せるものでも30年代以降から少しずつ味は落ちてゆく、と思ってます。
スティンガーのあるなしは根本的に木の味には関係せず、木の悪さはカバーできないのでしょう。

64 :774mgさん:2007/02/23(金) 20:11:28 ID:CM55kXtu
>>54

KAYWOODIE Unsmoked Drinkless Pipe ~ 7743 ~ Original Box

このパイプの箱の裏に気になること書いてありマスね。
The famous & accurate Jensen Smoke Tester ってなんスかね?
この魔法使いか錬金術師みたいな機械に興味シンシン.....

いやあ、こういう馬鹿馬鹿しいの、タマらんですなww
オイルキュアリング探求もいいですが、こういうの作っていろんなパイプを定量・定性分析
してみると面白いかも? カウフマンの圧勝だったりして....


65 :774mgさん:2007/02/23(金) 20:26:32 ID:SCqhXYBD
テスコのギターは好きです。

>>56
まぁぼつぼつがんがってますww
KWDのベントは初だったんですがうまいですね。これは楽しい。
VA吸うんだったらあると便利だと思いますけど、その気になればいつでも買えますしねー。

>>57
あの箱はいいですね!! 今では見る事の出来ない発色だと思います。
KWDも突然ぐわっと盛り上がるので気が抜けません。また150くらい行くのかもと思うと。
そんな高いのは手が出ませんよ。ええ。

>>62
> 時代が下がって30年代〜40年代になっても、プッシュステム物はああいった特性なんでしょうか?
> それともあそこまで木がいいのはやはり20年代以前のみ?


31年だかにシンクロロック(金属で補強されたネジ込み式のステム)を開発してからは、Kaywoodieのパイプには
基本的に何でもDRINKLESS=SYNCHRO-LOCが採用されてます。キャラバッシュやチャーチワーデンやメシャムまでも。

ただ、40年代から出る"HAND MADE"シリーズ(フリーハンドで作られるらしく、大きい物が多い)や
一部30年代の4桁ものにはプッシュステムのものを見る事があります。がそれは例外です。
なのでプッシュステムのモノを狙うとするならばどうしても20年代かそれ以前、という感じになると思います。

そういった例外は吸った事ないので分かりませんが(と前置きしておいて)
試しにプッシュステムの20年代のRelief Grainを吸ってみました。もちろんフィルターは取って。
思うに、そんなに味に差はない気がします。
僅かにコクが出て、本当にいい香りが立ち旨いのは旨いんですが、特に4桁のものや2桁のsuper grainと差があるか
と言われるとちょっとよく分からないかもしれません。
(※ただ、いつもKWDばっかり吸ってるんで「うまい」の感覚が麻痺してるのかも。)

ただ、フィルターが無い分エアフローはいい気がします。それは確実に上だと思います。
別に一本、オリフィックボタンのKBBを持ってましてそれはきっと「神棚」扱いの味だと思うんですが、
それは煙道も太いし、煙の出口がスリットではないので吸った煙がダイレクトに口に入ります。そしてこのパイプは
大変うまいです。実は木の質自体はさほど変化無く、エアフローの問題でフィルターが外せる方がアドバンテージが
あるのかも、と思ってたりします。これも並べて一本ずつ吸ってみれば分かるんでしょうが。


#KWDばっかり買ってる自分個人の意見としては、一本だけと言うのならばあんまりレアものを狙うのではなく、
SYNCHRO-LOC=DRINKLESS FILTERのパイプを買って貰いたいですね。
それで喫煙中にステムを外してジュースを拭う面白さを味わってもらいたい。あれはやっぱり独特の感覚ですよ。

66 :マイヤーマイヤー:2007/02/23(金) 21:38:47 ID:Jxrox0UF
校長の真似してボーラただいま到着、イエロウボウルより貧弱でやはり
ドラックストアーに相応しい外見。

10年代のイタリアンってこんな味なんだ、最初から旨煮がきますよ。
こくが違いますね。

カウフマンってアルジェリアン主体でギリシャやイタリアと使い分けてますよね
絶対 イタリア>アルレジェリア>ギリシャじゃないですか?

67 :マイヤーマイヤー:2007/02/23(金) 21:56:58 ID:Jxrox0UF
皆さんにお聞きしたいんですが最近必ず開封再梱包税金も取れれるんですが、
今回はがきにて価格の詳細提出するよに書類が簡易書留できました。

業者と思われてるんでしょうか?

68 :774mgさん:2007/02/23(金) 22:16:30 ID:tSsvsoIM
>>67
んなことないです。テキトーじゃないですか。回数多いと目はつけられるのかもしれませんが。
自分もハガキか何かで返答した覚えが一回ありますが、聞いた話だとFAXをおくりつけて
「今送ったぞオラ」と電話するのでも大丈夫みたいです。こちらのほうが面倒がないでしょう。

>>63-65
ありがとうございますー。
やはり20年代ですか。
個人的にはシンクロのあのアルミの露出部がどうもなじめないので、プッシュステムの
20年代、出物があったら見てみます。ただほとんど出て来ないんだよな〜。

69 :マイヤーマイヤー:2007/02/23(金) 22:43:55 ID:Jxrox0UF
>>68
そーなんですか、有難うございました。

キーウディーだけで探してませんか、KBBやKB$Bでも検索してみてください。

70 :774mgさん:2007/02/23(金) 23:01:43 ID:CM55kXtu

>>67
経験的に言ふと、差出人・受取人ともに個人名で送られてくる荷物はスルーが多いような。
会社名義で来るやつは目をつけられますな。これ、バイクの部品なんかもそうなんです。
税関には高飛車な態度で臨むこと。ヤツらもメンドウそうな人だと引いてしまうようなんで。
昔イジめ抜いたら一人退職してしまいマシタ(笑)

>>66
マイヤー賛、イタリアンに目覚めてしまいましたね。ご愁傷サマですww
カウフマンのギリシャってあるんですか?
明日あたり見せて頂きたいですねぇ。


71 :マイヤーマイヤー:2007/02/23(金) 23:16:34 ID:Jxrox0UF
キーウヂィのギリシャ持参します鯉口でイタリアンとなると苦労が
増えました。

未使用CPF(師匠をスナイプしたやつ)木の臭い?
なんか植物性の干草のようなごご感想がいただければ。

72 :774mgさん:2007/02/23(金) 23:35:26 ID:CM55kXtu
マイヤー賛、日本語が破綻してますってば(笑)

73 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/02/24(土) 00:25:37 ID:KQV0OWOQ
明日の「初氏歓迎オフ」を前に、なかなか盛り上がってますね〜。
明日は昼からの「長丁場」になりますので、少し体力を温存しておかねば・・・。
でも、楽しみです、明日。

74 :マイヤーマイヤー:2007/02/24(土) 00:45:44 ID:GZaLy5u0
>>72
すいません、なんせ普段でも思考を言語化すると何言ってんだか
解んね〜よ!って良く言われんです。

ましてポコポコ一本指で老眼鏡3つと変え控えしながらなんですよ。

75 :マイヤーマイヤー:2007/02/24(土) 00:50:27 ID:GZaLy5u0
>>73
朝まで見てから行きますよ。

76 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/02/24(土) 01:07:12 ID:KQV0OWOQ
>>75
それはそれは・・・。
お持ちになるパイプ、興味がありますね〜。
楽しみにしております。

77 :774mgさん:2007/02/24(土) 02:57:48 ID:+KcUjz2T
すみません、ちょっとまたFinebriarsに…。
>>56  いやもう、本当に感謝です。 なかなかSOLDにならなかったので、時差があるとは知りつつ、
先に注文した人がいる?と心配でしたが、無事オーダーできました。
 ただ…この喜びにちょっと影が…今後注文される方もいらっしゃると思われますので。
送料が、$32だったのです。 コメントに一番安い発送でお願い!と書いたのですが。
今まで複数の友人の分も含めて色々な所から購入しましたが、最高値送料でした。
それでもこの値段ですので、納得・嬉しい・のに変わりはないのですが、参考になれば幸いです。

78 :774mgさん:2007/02/24(土) 03:49:19 ID:GJMXha9a
>>77
ああ、UPS Expressになってしまうんですね>finebriars
自分はオプション画面でそれをわざわざ選択(実はGlobal Expressと間違えたw)したため、
他のオプションがあるか不明でしたが、海外発送はUPSしかないんでしょうかね。
ちょっとこのあたり、今後オーダーされる方は確認を取ってみる必要があるかもしれません。

というわけで今回ちょっと送料が高くついてしまいましたが、
UPS Expressは保険もトラッキングもついていますし、(サービスとしては)納得できる内容です。
到着もメッサ速いですよ。自分の場合4日で届きましたのでw

79 :774mgさん:2007/02/24(土) 05:06:39 ID:W4oSZK/j
どうも海外からの発送手段てのが種類多すぎて把握しきれない。
このあいだP&Cでタバコを注文したら(発送手段はUSPS・pmを選択)義務発生。
箱にはUPSとEMSの書類が貼ってありました。

発送から米国の空港を発つまではトラッキングできたけどそこから追跡不可に。
日本の税関で留まってたのか、結局、注文から到着まで2週間近くかかってしまいました。

スレ違い気味ですがご容赦ください。

80 :77:2007/02/24(土) 06:05:26 ID:TNW3K9zF
またまた申し訳ありません。 ちょっと自信なくなってしまいました。 
注文する時にかなり慌てていたので、選択を間違ったかもしれません。 ただ、安い発送をお願い、というコメントを書いたのは間違いないのですが…。
次に注文される方、ご確認ください。

81 :774mgさん:2007/02/24(土) 17:28:30 ID:GJMXha9a
>>79
Pipes and Cigarsの発送についての条項には、
Most packages will be shipped via Global Express unless a less expensive alternative is found.
と書いてありますね。通常はUPS ExpressかUSPS Global Expressでの発送になってしまうようです。
この場合送料は大体33ドル程度になるとのこと。

もっと安い手段があればそちらで送る、と書いてあるので、
『USPS Global Priority (もしくはAirmail Percel Post等)を使ってくれ。
調べたところ送料はUS→JPでこれこれだ。
絶対こっちのほうが安いし対応してくれるってサイトに書いてあるじゃないか。』
とゴリ押し気味wで書いてみれば、ひょっとしたら対応してくれるかもしれません。

>>79
>箱にはUPSとEMSの書類が貼ってありました。

それはちょっとおかしいかも。USPS Priority Mailなら、UPSもEMSも関係ないはずですから。
(日本での配送は郵便局が行ないます→USPS GPM)

ひょっとするとUPS EXPRESSが選択されてしまっていたのかもしれません。
UPS EXPRESSは国内に入るとEMS扱いとなり、
日本での配送は業務提携しているヤマトが行ないます。
ちなみに自分は配送終了まで確実にトラッキングできました。

82 :774mgさん:2007/02/25(日) 13:48:43 ID:P4zezuOJ
えーと、いくつかご報告するすることが。parker担当でございます。

まず昨日のオフ会で初めてcustombuiltの筆おろしをしました。
custombuiltは実に不細工なパイプです。例の垢抜けない
ラスティック仕上げといいほんとにこれが美味いのか?
という感じです。ところが火をつけて吸ってみると・・・

意外や意外バカウマなんですよ〜。久々に中古パイプで感動しましたね。
まるでkaywoodieのシステム以前やparkersの頃を連想させる喫味です。
とにかく煙が軽い。校長がいうところの「まるで金粉が舞っている様な」
感じなんです。あまりに美味かったんで、途中で吸うのをやめて校長に
吸っていただこうと思っていたのですが、結局果たせずに昨日のオフ会
を退席しました。

カスタムビルト噂に違わず凄いパイプですよ。だてに100年越えブライヤー
と赤外線キュアリングをしてないなという感じです。いかんせん玉数が
少ないのが難点なんですけどね。

続く〜

83 :774mgさん:2007/02/25(日) 14:03:12 ID:P4zezuOJ
finebriars.comから今朝方商品が届きました。早っ!!。
多分4日程度でしょうか。

http://www.finebriars.com/

品物は・・・

dunhill bent rhodesian $80
sasieni royal stuart $30

です。上記のローディーはP F/Tと書いてあり反対側に
CのグループナンバーとRの刻印が打ってあります。
グループナンバー付きということでそれほど古いものでは
ないと思います。

sasieniは所謂autharシェイプで(実はsasieniのautharは初体験)
実に洗練されています。どちらもまだ試していませんけどどちらも
所謂ミントコンディション。非常によいお買い物でした。

問題はUPSで配達されて国民の義務を課せられたことです。
shipping costが$32と割高な上に宅急便で配送されるために
必ず税金が付くのはちょっと痛いかも知れません。まあ今回は
そのマイナス分を引いて余りある内容だったので痛みは少なかった
ですけどちょっと配送の仕方を考慮していただく必要はありそうですね。
少なくてもEMS程度で問題はないと思うんだけど。

84 :774mgさん:2007/02/25(日) 14:04:26 ID:P4zezuOJ
あ、ちなみに国民の義務は¥1200でした。

85 :774mgさん:2007/02/25(日) 17:20:36 ID:x+euCJHB
スレ違いだと思いますが、、、

個人宛の国際郵便物だと、
課税価格(購入価格の6掛)が1万円以下では免税(たばこ等は除く)なのに、
UPSでは、購入価格が $110 でも課税されるんですか?

可能ならば、UPS(と言うかクロネコ)から詳細を聞き出してクレクレ。

86 :774mgさん:2007/02/25(日) 20:40:47 ID:P4zezuOJ
なぬ?ほんとですか?ということは払い損ということ?
ちょっと聞いてみるかな。

87 :774mgさん:2007/02/25(日) 20:51:26 ID:j2g3RkQu
送料も課税のときは計算されるから、合ってると思われ。

88 :774mgさん:2007/02/25(日) 22:49:02 ID:gWp11gvd
確かに、送料を課税価格に含めると、
 課税価格: 120.65 * (((80 + 30) * 0.6) + 32) = 11 823.7 → 11,000円
で、
 関税(簡易税率): 11 000 * 0.05 = 550 → 500円
 消費税: (11 000 + 500) * 0.04 = 460 → 400円
 地方消費税: 400 * 0.25 = 100 → 100円
で、納税額: 1,000円、 手数料: 200円 って事かな?

でも、国際郵便物の場合、
「送料」を税関から尋ねられたことも、課税価格に含まれた事も無いんだけど。
UPSと言うか国際宅配便、恐るべし。

89 :774mgさん:2007/02/25(日) 22:56:24 ID:z1cjdsFm

昨日の集まりでBBBのノーズ・ウ・ウォーマー吸わせてもらっったんですが、あれは10年代ですかね?
すごく印象的なパイプで、あれだけ小さい(全長4”)のにカラくないっていうのは
あっぱれです。 考えさせられたのは私のBBBポーカーと同じ味、すなわちうっすらとキュアリング
はかかった上等な木の味がしたと言うことです。

ここのところブルイエルを軸にまたぞろダンヒルを考察してるんですが、昨日
1920年頃のブルイエルが到着しました。まあまあの状態だったんですが、意外に安く
160ドルほどで落ちたものです。(DUNHILL LONDON の刻印なのに)

今日このパイプを吸ったらまたいろんな妄想が広がってしまい、昨日のBBB
との比較をしてしまいました。ちょうど良いタイミングでBBBを吸ったわけで
まあまだ整理はできず混乱してるんですが、結論は近日アップする私のページで発表するつもりです。

かなり意外な結論に漂着しそうで困惑してます。

ひとつ言えるのはBBB、アドルフ・フランカウはちょっと傑出したメーカーという
ことですね。イングリッシュGBDなんかより格上かもしれないですね。
20世紀初期の英国勢ではトップクラスでしょう。この時代のロウイ(ルウイ)
ってまだ結論出ないんですが、一度このあたりお持ちの方たちと集まって
勉強会してみたいですね。(オフ会って言うとOBさん来ないからw)

OBさんと言えば正月に頂いた2〜3年前のダンヒル・ナイトキャップ、開缶して
吸ってみました。やはり当時のナイトキャップは美味いですね。今のものと
全然違う。葉の含水率も高いし、香りが非常にノーブルです。ダンヒルはパイプも
そうですが、いよいよ葉っぱも劣化したと言わざるを得ないですね。

どなたかラタキア狂の私にナイトキャップに代わる常喫銘柄推薦いただけませんか?
ジャーメイン・ラタキアフレイクは大好きなんですがちょっと上品すぎるので
特別な時しか吸いません。なにぶんナイトキャップは20年近く常喫していたので
なかなか代替品が見つからんのです。今のはもう吸えません。

さてBBBと言えば今出てる銀巻きのカナディアン、売主に聞いたらボウル内径7/8"だそうで
自分にはちょっと大きすぎるのでパスします。年代は20年前後のように見える
ので美味しい筈です。どなたかどうぞ。

昨日はマイヤー賛はじめ、強烈なアメリカンが連発して、感動の連続、
しかし自分の中ではそれらをアーリー・ダンヒルの論考につなげる資料として
貴重だと考えていたことに今日、20年のブルイエルを吸いながら気がつきました。

あとはSFさんのバーリングもヴァージニヤの詰まった状態での試飲でしたが実力の
片鱗は味あわせて頂きました。バーリング、気になるメーカーです。スムースと
ブラストの違いなども比べてみたいですな。

以上、ブリティッシュにまつわるネタを投下。


90 :774mgさん:2007/02/25(日) 22:58:15 ID:z1cjdsFm
↑ X BBBのノーズ・ウ・ウォーマー
  ○ BBBのノーズ・ウォーマー

91 :774mgさん:2007/02/25(日) 23:05:21 ID:gWp11gvd
誤: 消費税: (11 000 + 500) * 0.04 = 460 → 400円
正: 消費税: (11 823 + 500) * 0.04 = 492.92 → 400円

92 :88:2007/02/25(日) 23:11:37 ID:gWp11gvd
また、間違えた。

11 823 + 500 = 12 323 → 12,000円
消費税: 12 000 * 0.04 = 480 → 400円

93 :774mgさん:2007/02/25(日) 23:27:03 ID:/KjqYVvT
>>89 昨日はどうも!
ラタキアものですが、965はいまいちとのことでしたが、
私の好きなラタキアものではS&Gの「COMMONWEALTH」、ブテラの「PELICAN」
はいかがでしょう?ESOTERICAの「MARGATE」はどうでしたか?
今度、校長先生を囲んでラタキアとダンヒルの勉強会なんか楽しそうですね!

94 :774mgさん:2007/02/26(月) 01:08:13 ID:83oTgwmx
>>89
あのBBBノーズ・ウォーマーは1909年のhallmarkが打たれています。
吸い味はもちろん、笑っちゃうくらいちんまりとした格好が愛らしくて
私の大のお気に入りです。(前スレ495に写真とレポあります)
BBBポーカーをお持ちの校長にぜひ吸っていただきたくて24日にお持ちしました。
校長をして「これ欲しいなぁ」と言わしめることができたのが
オフ会最大の収穫だったといっても過言ではありますまいw

私が愚考する、このサイズで辛くなりにくい理由は前スレ495に書いたとおり、
煙道を広く取ることによるエアフローの緩慢化だったわけですが、
今回実際に吸っていただいて、DUNHILLとの比較やキュアリングの考察などから
校長がBBBにどのような見解を持つに至るのか興味津々です。
更新を楽しみにしております。

95 :774mgさん:2007/02/26(月) 14:46:48 ID:36fv9bNo
>>89
自分も本日、1923年製Bruyere #53を落札しました。
ちょっと最初期のDunhillに興味が出てきたもので。
手元にunsmokedの1926年製Bruyereもありますので、いずれ詳細なレポをサイトのほうにあげる予定です。

サワリだけ報告しておきますと、どうやらBruyereも、その黎明期からDunhillの特許のガスヒーティング・デバイスによる
乾燥プロセスを受けていたようです。ボウル内部には保護剤の使用は見られないにもかかわらず、黒色に変色し、
それが煙道内部、ジャンクション部にまで達しているのが確認されました。ガスヒーティングの熱による変色とみて
おそらく間違いないと思います(このへんはUnsmokedのSasieniに見られるボウル内部の質感と全く同じです)。
ただ、ガスヒーティング前のオイル処理がされていたかどうかについては確言はできません。
(ガスヒーティングは木質に染み込んだオイルを完全に除去するのが目的であり、
オイルの痕跡が残っているとすればそれは不首尾な処理というものですから。)

加えて今回の23年製Bruyereで喫味のほうのチェックも行いたいと考えています。

>ナイトキャップに代わる常喫銘柄

ナイトキャップはほとんど吸っていないので味をよく覚えていないのですが、ラタキア感がありつつ華やかな印象の
ブレンドをお探しなら(ジャーマインのテイストもお好きなようですし)、Esoterica Penzanceがオススメだと思います。
いわゆるクランブルケーキという粉砕された葉型のプレスタバコですが、海外のラタキアファンにダントツといっていいほどの
人気を誇るブレンドです。まだお試しになられていないならぜひ。Margateよりもモノトーン感が少なく、華やかな味わい
だと思います。
(ちなみにSmoker's Haven "Kramble Kake"がほぼ同等品です。Penzanceのほうが香り立ちがややあざやかですが。)

それと、最近ハマっているのがThe SmokerというEstateパイプショップのオリジナルブレンド、"Legacy"ですね。
ちょっと入手が面倒くさいのですが、これも素晴らしくスムースで、コク・香り・甘みの三拍子そろった優れたブレンドだと
思っています。リッチでありながらライトでスムース、4oz 12.95 USDとなかなかお求めやすいのも常喫銘柄としては
好適なのではないかと思います。

>Barling
あ、自分もそのうち"当たり"を試していただこうかと思っていましたが、S-Fさんに先をこされてしまいましたw
しかしS-FさんのあのA/M Appleは鬼カッコイイ上に味も"当たり"ですか…スバラシイ…
Barlingは、ちょっと独特な吸い味のメーカーかなと思っています。生系のニュアンスもあり、ヘビーキュアード系の
コクやうまみもあり…しかもそれがエアフロー・チューニングによって別次元(次元が違うほど美味い、という意味ではなく、
ちょっと味自体が別カテゴリーにシフトする感覚?です)になっているのが人気の秘密かな、と個人的には考えています。
スムースとブラストの違いというのはまだ意識して比べてみたことがありません(個体差がけっこうあるので…w)
今度少しテスティングしてみたいと思います。

>オフ会
まあ自分はなんにしろ公的な場というものが苦手ですのでご寛恕くださいw
個人的でちんまりとした会なら、自分で主催しても構わないとは思うのですが。
ロウに関しては、それほど持っているわけではないのであまり詳しいことはわかりません。
このスレッドにはロウを専門に狙っている方もいらっしゃいますのでそちらのほうのご意見を伺いたいところです。

96 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/02/26(月) 17:02:37 ID:g3tYcDhc
>>94
あのBBBノーズ・ウォーマーは、私もebayで観ていましたが、スムース仕上げで
おまけに短かかったので「スルー」してしまいました。
何によらず、「サンドブラスト」、「長め」が好きなもので・・・。
しかし、古いモノを探すとなると「長め」ばかり見ていては駄目ですな〜。
大体、昔のモノは短かめが多いですから・・・。

「次回のオフ会は第一次世界大戦以前のパイプで・・・」などという話がありましたので
あわててパイプ・ラックを探してみると、1917年(?)のBBBが出てきました。
おそらく、最近ebayで落札したものだったと記憶していますが、まだ喫っていませんでした。
大戦以前ではなく、真っ最中の作ではありますが・・・。

ということで、レポしてみます。

全長15センチ弱、チャンバー径20ミリの私としては珍しい「スムース」ダブリンです。
シルバー・バンドが巻かれていて、刻印があり、三つ目の最右は「S」でした。
厚めの「オリフィック・ボタン」が古さを感じさせます。

比較のために常喫の「LARSEN FLAKE CUT」を詰めて着火。
ムムッ! これは・・・。
土曜日の「オフ会」でさんざん喫わせていただいた「アルジェリアン・ブライヤー」の喫味ではありませんか・・・?。
今迄は、BBBは「サンド・ブラスト(THORNEYCROFT)」しか喫っていなかったので、
どうも「ボケた」味しか感じなかったのですがこれは明らかに違いますね〜。
キュアリングで造られた味とも違う、「生アルジェリアン」の喫味でしょうか。
馥郁(ふくいく)と立ち上がる香味は、独特の木香を含んだ香ばしさと共に、鼻腔の奥に広がります。
まず「癖」がありません。
煙草の葉全体を、何も「手」を加えず「ありのまま」「あるがまま」にレンダリングして来ます。
その分か、少し乾燥気味になってしまった「FLAKE CUT」の「雑味」というか
「いがらっぽさ」も一緒に感じます。
patent dunhillやold dunhillあたりですと、この辺りは上手くカットしてくれるのですが・・・。
それでも、そうした「雑味」を含めてレンダリングしてくる「喫味」は決して不快なものではありません。
むしろ、キュアリングの味に慣れた舌には「新鮮」に感じられます。
そして、確実に「美味い」です。

よく校長先生がおっしゃる「木が良い」というのはこういうことでしょうね。
先生の「神棚」級とはいいませんが、それと共通する「喫味」を感じました。
「オリフィック・ボタン」も、こんな物だと思えばそれ程気にはなりません。
しばらくは、「ローテーション」入りになりそうなパイプです。






97 :774mgさん:2007/02/26(月) 19:14:19 ID:SH/d1TSO
>>89
>>95
どうも!ご無沙汰しております。mojoです。
せっかくのお誘い。校長先生とOB氏にお会いできるのなら、手持ちのLoeweを
全て抱えて馳せ参じたいのはやまやまですが、私の暮らしている地域は、東京
からとても遠く、簡単に行き来できる場所ではありませんので、どうかご容赦
ください<m(__)m>
また、ロウだけを専門に狙っているわけでもなく、自分が狙っているのは、
戦前のパイプが多いかな?と、個人的には思っております。

>>95
氏が1923年 Bruyere #53を落とした後に、私は1967年 Dunhill Shell Briar #
60を落としてしまいました。1967年は、あまりにも、うまい!うまい!連発だ
ったので、1本欲しくなり、ついつい手を出してしまいました。(爆)

>>94
あのBBBの写真をみてビックリしましたが、私も同じものを持っております。
確か、年代も同じだったような・・・
私のBBBはあの写真のようなニアミントではなく、ハードに使用され、ボウル
トップもガタガタの状態です。
同じもので、アンスモークというのも、ビックリしましたが、それ以上にビッ
クリしたのが、ステムです。私の物はアンバーで、通常のテノンです。ねじ込
み式ではありません???ビットはオリフィックボタンでした。
ただし、残念なことに、私の手持ちのものは、テノンの先(テノンの先が、1cm
ほどの長さで、着脱式になっており、素材はバルカナイトだと思います。
テノンの形はまったく同じです。)がパックリと割れており、そのテノン
の先を外して、使用しているので、BBBの意図したとおりの効果があまり感じ
られません。すこーし辛いです。
もう1本のBBB(1916年製だったと思う?)アーミーは、とてもスムースで少し、
控え気味のリッチな煙を吐き出します。ボウルの状態はあまりよくありません
が、あきらかにキュアリングされていると分かるくらいとても美味いパイプです。

このような、試みを行っていたのは、ルイス・ブラムフェルドなんですかね?
「BBB」もはじめは、"Blumfeld's Best Briars"だったのが、
徐々に"Britain's Best Briars"に変わってきているようですし・・・
A Frankau & Coは1847年頃に創設されていると思いますが、アドルフ・フラン
コウ自身は1856年には亡くなられているようですので、アドルフ・フランコウ
没後、会社を率いていたのは、ルイス・ブラムフェルド(1856年当時18歳)だっ
たようですね。(シルバーリングでも、まれにLBの刻印が確認できます。)

98 :774mgさん:2007/02/26(月) 23:26:10 ID:GECYbARw

>>95
その年代のダンヒルの新品とは恐れ入りました。黒く変色している、との報告も興味深いです。
ダンヒルに迫るなら原初・最初期を吸う必要がある、との見立て、私と同じようですな。
さいわい先輩スモーカーでダンヒル・コレクターがおりまして、この方、SFさんとは逆で
ほとんどブルイエルばっかりでシェルはお持ちでない、という人です。
ブルイエル研究用に何本かお借りする算段につき、私のページ更新は少し先になります。

アメリカンやBBBのすばらしいパイプに新参者のダンヒルがどのように
立ち向かい、急速にのしあがったか、というのが研究テーマです。

タバコ葉についての情報ありがとうございます。とにかくこればっかりは
試してみるしかないですね。しかし前にも言いましたが、実は昔から葉っぱは
いろいろ試してはいたんです。むろん昔は海外からも買えず、チョイスは限られて
いましたが。
しかし、最終的にいつもナイトキャップに落ち着いていたんです。これ以上の
銘柄は自分にはないだろうと。

よく古いタバコ屋(ダンヒルなど)はお客の好みのレシピを保存してあって
常に常連には同じミクスチャを提供していたようです。あれ、よくわかるんです。
自分は違う葉っぱをいろいろ吸うことが出来なくて、常に同じ葉っぱで
パイプ自体の味の違いを楽しむほうなんでしょうね。「これ、美味い」とわかった
葉っぱでもやっぱりナイトキャップに帰ってしまう、というか。

しかしその夜帽ももう昔の味がない、となるとちょっと殺伐とした気分になってます。

>>97
67年ダンヒル到着したらぜひご感想を。
私の経験では65〜67の3年間が特に美味い気がします。
お住まいはどちら方面ですか?
出張で行く地域ならいずれお会いできるかもしれませんね。

>>96
しかしSFサンもヤバいなぁ。そんなスゴいBBBをお持ちなのに忘れてるなんてww
この次ぜひ吸わせていただきたいです。
この前のオフに持って行くのを忘れたんですが、戦前サンクロードの安パイプ、
これ吸うといろんなことがわかります。「生」の意味を知るのはこれ以上
のものはないんです。今度「勉強会」に持っていきますね。

どっちにしてもSF賛がアメリカンの世界にいらっしゃるのは大歓迎です。
マイヤー賛ともどもお手伝いさせて頂きます。

99 :774mgさん:2007/02/27(火) 11:41:28 ID:bIQ8LuFg
A/Rキットが届きましたので、簡単なレポを。
基本的な使用方法はYOBのサイトを参考に実施しました。

威力:すごいのひとこと。古いタバコの残り香どころか、薄く付いたカーボンも取り去ってくれました。
注意点:YOBのサイトで十分なのですが、気になった点だけ。
    注意してないと、ボウルトップからアルコールが吹き零れます。コットンがボウルから出ている
    と吹き零れる頻度が高いようです。ですので、コットンはボウルの底まで詰めた方が良いように
    私には思えました。そうしても、底の部分も十分洗浄されます。また、吹き零れた際にステイン
    がダメージを受けたりしないように、A/Rやる前にワックスをかけとくと良いようです。私は
    Paragon Waxを特にボウルトップに入念に塗りこみました。最初、吹き零してしまい、「ステイン
    が剥げちゃったよ〜、ウワーん」状態になりましたが、後で磨いたらほぼ元通りとなり、ああ、
    Waxがとれただけだったのねって。Waxがまずは盾になってくれるようです。

A/Rは特にこちらのスレの方々にはお勧めです。S/Aかけて、リーミングして仕上げにA/Rで、ほぼ木肌が見
える状態にまで持って行けます。今回驚愕しましたのは、チャンバーからシャンクに至る煙道が明らかに
広がった事です。相当モールでゴシゴシしたつもりでいても、結構タールなどが取りきれていないようです。

そうそう、勿論、6尺1本でそんきょの姿勢で行うべきである事は言うまでもありませんよね(笑)。

そして、今日、>>95さんの書き込みが気になりまして、Dunhill Bruyereの20年製(以前19年製と書きまし
たが、よくよく調べると20年製だったみたいです)、オイルキュアではないかとの説もあるBarling ギニー
、Sasieniの3本をA/Rにかけました。何れもUnsmokedではありませんので致し方ないのかも知れませんが、
私には違いは分かりませんでした。因みに、>>95さんの言われる黒色ですが、ボウル内部全体が同一の色
あいでしょうか。こげ茶と黒が斑というか、黒色の波模様と言うか、そんな感じなのでしょうか。この3本
はそんな感じでしたので。

今度は、第一次世界大戦前のパイプ勉強会ですか。良いなぁ。その頃のパイプってなっちゃいますと、Loewe
1本(これはボウル側のホールマークが1910年、ステム側が1908年という変わった代物)ぐらいしか所有してま
せんが。mojoさん同様、相当遠方で気軽に東京へ行けないので、このスレでレポ上がるのを楽しみにしており
ます。


100 :774mgさん:2007/02/27(火) 13:39:43 ID:ekeuduTn
>>97
どもども〜。
お〜、67年の#60とはまたずいぶん鉄板なパイプを(笑)
Dunhillの中でもシェイプ#59と#60は<完璧なビリヤード>を異なるタイプのスタイルでレンダリングしたシェイプですね。
実にスタンダードでクラシック、あれより美しいビリヤードはそうそうあるものではないと感じさせてくれます。
自分は67年はまだ1本しか持っていませんが、なんというか戦後シェルの旨みが凝縮されたかのような味です。
(60年前後のものも美味いのですが。) 到着したらぜひレポのほうをおながいしますw

>>98
unsmokedを少々無理をして手に入れたのは、自分のコア・コレクション・シェイプであったということが一つ、
ボウル内部に残っているオイル?キュアリングの痕跡も確認できるのではないか、というもくろみもありましたが、
また戦前、それもかなり初期のDunhillのシェイプ・エクスキュージョンやフィニッシュ、エンジニアリング、フィットの具合などを
ぜひ自分の目で確認したかったのです。当時並み居るBBBなどのプレミアム・パイプメーカーの三倍の値段を誇っていたという、
アルフレッド・ダンヒルのクオリティやいかに、という興味のほうが大きかったかもしれません。
まあコレクション・アイテムですのでとてもじゃないが火は入れられず(笑)当分磨いてニヤニヤするだけのパイプになりそうです。

しかし手元にあるパイプの味がわからないというのもアレなので、ついでに20年代をもう1本estateでゲットして、
喫味のほうはこちらで試してみようかなと(笑) コレクターというのも難儀な生き物です。

タバコ葉のほう、The Smokerのブレンドのほうはお会いできる機会があればもって行きますが、
Penzanceはぜひ試してみていただきたいです。

>>99
お〜、ガチムチ兄貴のレポに続くA/Rのレポ、どうもありがとうございます。
やはりかなり強力な方法ですね。道具さえ手に入れてしまえばS/Aで何時間も時間をロスすることなく、
迅速にしかも根こそぎタール類を除去できるのはとても魅力的です。
ボウルトップの保護に関するTIPSも、コレクター観点から見て非常に貴重な情報です。
ありがとうございます。もうA/Rはガチムチ・レストアラーの必須アイテムといって過言ではないでしょうね。

unsmoked Dunhillのボウル内の状態ですが、
ススがついたような黒色です。ペンライトの光を当てると、うっすらと木地が透けて見える感じです。
下が透けて見えることと表面の質感から、何らかの保護ペーストを塗ったものである可能性は
ほぼないといえると思います。
(興味深いのは、ボウル内部の木地がBruyereのダークレッド・ステインで染色されている点です。
これは染料が誤まって入り込んだ、というレベルではなく、キッチリボウル底まで染色されています。
この染色はテノン側、煙道側には見受けられないので、ドブ漬け工法ではなく、おそらく
意識的に染色するつもりでボウル内部にもステインを入れていたのだと想像できます。)

Smokedのパイプのチャンバー内は、タバコの温度による若干の変色が見られることがあるので、
>>99さんの仰っているBruyere、ギニー・グレイン、Sasieniの状態がunsmokedのDunhillと
同じかどうかは確言しかねますが、よくebayでSasieniのUnsmokedは見かけることができます。
あれとかなり似ている質感だと思います。

オイル・キュアリング、というと、どうもボウルを高温のオイルでから揚げにするような想像をしてしまいますが、
自分は実際は使用されたオイルはかなり温度がぬるく、揚げるというより漬けるといった感じで適用
されたのではないかと想像しています。
そして、オイル・キュアリング(←この呼称はあまりよくないと思うのですが…)の要どころは、
その後の油抜きの工程、ガス・ヒーティングによる加熱にあると考えています。
Sasieniはこの工程をDunhillの三倍もの時間行うことをセールス・ポイントとしていました。
現代のAshtonも、この工程をDunhillよりも最適化された方法(焦がさず油を残さず)で行っていることを
強調しています。
つまり逆に言うと、これらDunhillのキュアリングのフォロワーは、熱による油抜き過程こそ、このキュアリングの
最も重要で、テクニカルな改良の余地がある部分だと考えた、ということでしょう。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)