2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ6【クラシック】

310 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/03/25(日) 13:50:21 ID:FWbziOrG
やっと「規制」が解除されたようなので、例の「黒織部LB」のレポを・・・。
sellerが「smokes like dream」と評価していたので、期待が高すぎたのかもしれませんが、
一言で言うといわゆる「普通に美味しいpatent era dunhill shell」でした(笑)。
美味いは美味いですけれど、大騒ぎする程に美味いということはありませんでした。
それでも、70年代物等と比較してみると、明らかに美味いですね〜。
例によって常喫の「LARSEN FLAKE CUT」を投入して喫っていますが、キュアリング由来と思われる
dunhill shell独特の香立ちを感じて心がなごみます。
大体が私の場合、patent shellなんていう「贅沢品」を常喫しているような「バチあたり」なので
美味しさに対する感覚が「ボケ」ているのかもしれませんな・・・。
舌が肥えてしまって、通常の美味さでは感動できなくなっているのかもしれません(笑)。
ある意味、不幸なのかもしれませんが・・・。
しっかし、この「黒織部LB」、ビジュアル面で言えばその「面妖さ」といい「枯れ具合」といい
私のコレクション中でも最右翼ですね〜。
ボウル・トップは長年の酷使によって「スムース化」し、リムはインナー・アウト共
アウト・ラウンドしまくりです。
おまけに手前側のボウル・トップが一箇所「陥没」しています。
いつもマッチで丁寧に着火する私では、おそらく300年毎日使ってもこうはならないでしょう(笑)。
古いパイプはこのように、自分とは正反対の使い方をされたパイプを手にすることが出来るのが魅力です。
以前の持ち主のパイプに対する「感受性」や「個性」が、そこにある「パイプ」に凝縮されている気がします。
私は常々、古いshellに対して荒々しい「野武士」をイメージしています。
恐ろしく曲がりくねったグレイン、半ば色あせたステインは「人」に例えれば
数限りない戦場を駆け巡り、戦乱の中を生き抜いてきた「歴戦の勇者」です。
決して「お城勤め」の上級武士ではありませんね〜(笑)。
(余談ですが、私は「スムース」にこの「上級武士」の「お上品さ」を感じてしまって
今一、手が伸びないのかもしれません・・・。)
いずれにしても、このパイプは私のパイプ・コレクションに「異彩」を放つ存在であることは
間違いありません。
「織部丸」と命名して「普段使い中の普段使い」パイプとしていつでもどこでも
持ち歩いてやろうと思っております。

長文、失礼しました。


501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)