2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ6【クラシック】

346 :774mgさん:2007/03/29(木) 21:53:02 ID:Y86/LCQ9
>>345

このスレッドの大きな目的の一つに、日本のパイプファンのビンテージ・ブライヤーに関する知識を、
主にアメリカのシーンにおけるそれと同じレベルに引き上げたい、というのがあります。

正直このスレが建つまでは、「樹齢100年ブライヤー」も「キュアリング」も、「ブライヤーの産地による違い」も、
日本ではほぼ知識としてはなかったものか、もしくは漠然とした認識しかなかったものだったと思います。
最近はぱいぷ堂さんなんかでも、ブライヤーの産地や樹齢をセールス文句にしたりしているみたいですが、
あれなんかは明らかにこのスレのもたらした成果(?)なんじゃないかと思ってます。
(あとHuybrechtのデッドストック取り扱いとかもあったなw)

Hackerの本"Rare Smoke"はそういった
『現在のアメリカのビンテージ・パイプシーンの常識』
をよく体現している本だと思います。

もちろん「常識」が全て正しいといったわけでもなく、「常識ゆえのトンデモさ」なんかもあるとは
思いますが、>>345さんも書いておられるように、タタキ台にできるということはやはりスゴイ価値が
ありますよね。



あ、あと全然関係ない話なんですが。
以前A/Rでアクリルビットが溶ける、といったレポがありましたが、

自 分 も 溶 け ま し た 。

CareyのMagic Inchがアクリルビットだったことに気がつかず…w
アクリルは常温のアルコールには耐性がありますが、
高温となったアルコールにはかなり弱いみたいで、溶剤くささを
撒き散らしながらアルコール接触面がかなり派手に溶けてしまいました。

ですのでA/Rはアクリルビットのパイプにはかけないほうがいいです。
ぜひという場合はビットなしでもレトルトを接続できる仕組みが必要でしょうね。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)