2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ6【クラシック】

95 :774mgさん:2007/02/26(月) 14:46:48 ID:36fv9bNo
>>89
自分も本日、1923年製Bruyere #53を落札しました。
ちょっと最初期のDunhillに興味が出てきたもので。
手元にunsmokedの1926年製Bruyereもありますので、いずれ詳細なレポをサイトのほうにあげる予定です。

サワリだけ報告しておきますと、どうやらBruyereも、その黎明期からDunhillの特許のガスヒーティング・デバイスによる
乾燥プロセスを受けていたようです。ボウル内部には保護剤の使用は見られないにもかかわらず、黒色に変色し、
それが煙道内部、ジャンクション部にまで達しているのが確認されました。ガスヒーティングの熱による変色とみて
おそらく間違いないと思います(このへんはUnsmokedのSasieniに見られるボウル内部の質感と全く同じです)。
ただ、ガスヒーティング前のオイル処理がされていたかどうかについては確言はできません。
(ガスヒーティングは木質に染み込んだオイルを完全に除去するのが目的であり、
オイルの痕跡が残っているとすればそれは不首尾な処理というものですから。)

加えて今回の23年製Bruyereで喫味のほうのチェックも行いたいと考えています。

>ナイトキャップに代わる常喫銘柄

ナイトキャップはほとんど吸っていないので味をよく覚えていないのですが、ラタキア感がありつつ華やかな印象の
ブレンドをお探しなら(ジャーマインのテイストもお好きなようですし)、Esoterica Penzanceがオススメだと思います。
いわゆるクランブルケーキという粉砕された葉型のプレスタバコですが、海外のラタキアファンにダントツといっていいほどの
人気を誇るブレンドです。まだお試しになられていないならぜひ。Margateよりもモノトーン感が少なく、華やかな味わい
だと思います。
(ちなみにSmoker's Haven "Kramble Kake"がほぼ同等品です。Penzanceのほうが香り立ちがややあざやかですが。)

それと、最近ハマっているのがThe SmokerというEstateパイプショップのオリジナルブレンド、"Legacy"ですね。
ちょっと入手が面倒くさいのですが、これも素晴らしくスムースで、コク・香り・甘みの三拍子そろった優れたブレンドだと
思っています。リッチでありながらライトでスムース、4oz 12.95 USDとなかなかお求めやすいのも常喫銘柄としては
好適なのではないかと思います。

>Barling
あ、自分もそのうち"当たり"を試していただこうかと思っていましたが、S-Fさんに先をこされてしまいましたw
しかしS-FさんのあのA/M Appleは鬼カッコイイ上に味も"当たり"ですか…スバラシイ…
Barlingは、ちょっと独特な吸い味のメーカーかなと思っています。生系のニュアンスもあり、ヘビーキュアード系の
コクやうまみもあり…しかもそれがエアフロー・チューニングによって別次元(次元が違うほど美味い、という意味ではなく、
ちょっと味自体が別カテゴリーにシフトする感覚?です)になっているのが人気の秘密かな、と個人的には考えています。
スムースとブラストの違いというのはまだ意識して比べてみたことがありません(個体差がけっこうあるので…w)
今度少しテスティングしてみたいと思います。

>オフ会
まあ自分はなんにしろ公的な場というものが苦手ですのでご寛恕くださいw
個人的でちんまりとした会なら、自分で主催しても構わないとは思うのですが。
ロウに関しては、それほど持っているわけではないのであまり詳しいことはわかりません。
このスレッドにはロウを専門に狙っている方もいらっしゃいますのでそちらのほうのご意見を伺いたいところです。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)