2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ7【クラシック】

316 :774mgさん:2007/06/15(金) 17:49:57 ID:PpUaV7ea
チャラタンのキュアについては、アイヴィー・ライアン女史の書かれた
『Memories of Charatan Pipes and Notes on their Dating』
http://pipelore.net/naspc/memories_of_charatan_pipes_and_1.html#more
に、実際にチャラタンの引退した職人から聞き出した話として詳しく書かれています。
(上記記事は最近ではdating guideとしてはあまり当てにならないとされていますので注意)

Charatan did not cure their briar like any other pipe company either.
Like the supreme wood workers of England's past, Charatan steamed the sap
from the briar under pressure and then kiln dried the briar over an extended period of time.
This gave them the least wastage of any technique. It also left their wood with completely
open pores and no odd tastes from oil or sap left in the wood. The reason for this extra work
on Charatan's part was not to hurry the curing of the briar but instead to rid the wood of all
leftover sap and resins that otherwise would flavor the smoke.
Most other companies simply air dry their burls (after they are boiled by the first processors,
of course), so there is always some taste left from the sap and resins. In fact, Dunhill came up
with their "oil curing" originally to get rid of those same saps and their noticeable taste.
The oils that Dunhill used left their own taste, but it wasn't as objectionable as the sappy
taste to some buyers.

これによると、チャラタンは圧縮蒸気を使ってブライヤー内の樹液を除去した後、
キルン(温度調整室)での乾燥プロセスを踏んでいたようです。

ebayで最も、未使用新品を見つけるのが容易なブランドがチャラタンですが、
どのパイプを取ってもチャンバー内は手付かずの白木のものが大半で、
オイル系加熱キュアを示す、ボウル内のカーボナイズをみかけたことはありません。
海外でも基本的に、チャラタンがオイルキュアをしていたという言説は
全く見かけたことがないように思います。


…さすが柘情報、といったところでしょうか。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)