2ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

スバルの水平対向エンジン搭載車は似非低重心 part5

1 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/03/21(水) 06:03:50 ID:HOYxWQqT
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/auto/1141657362/l50
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/auto/1134910004/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/auto/1145531421/
オールニューレオーネ鉛偽装事件
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/auto/1153833282/
水平対向エンジン横揺れ問題
水平対向エンジンピストンコンロッド偏磨耗問題
水平対向エンジン潤滑油偏り問題
水平対向エンジン低回転トルク不足問題
水平対向エンジンマウント剛性不足問題
CPUプログラム不具合多発問題
AT滑り問題
水平対向ディーゼル更なる横揺れ問題どるなるの?

2 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/03/21(水) 06:06:04 ID:HOYxWQqT
暇な型は車板か車種・メーカー板に移してください。

3 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/03/21(水) 11:39:44 ID:xQN0rOvZ
復活したのか。

4 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/03/21(水) 17:26:31 ID:heekUBmn
スバル水平対向ディーゼル
http://www.startyourengines.jp/blog/videoblog/2007/03/000384.php
http://www.startyourengines.jp/blog/staff/2007/03/000381.php

5 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/03/25(日) 11:33:40 ID:NC+zpRgR


6 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/03/26(月) 10:52:40 ID:h7m1bZ71


7 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/03/31(土) 23:03:30 ID:GzEgn0bI
ボクサーエンジンの場合はクランク位置を重心と考えて良いと思う。
直四やV型はシリンダーの伸びている方向に多少ずれるんだろうけど
クランクのような重い部品が高速で回転するとジャイロ効果が生まれるから
重心はクランクの位置により近づいていくと思う。
クランク位置を重心と考えていいのでは。



8 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/04/08(日) 23:22:23 ID:YNQtEMTb
ブラバム アルファロメオ

9 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/04/09(月) 09:49:40 ID:2B6dv3Fs
ボクサーエンジンはBMWもでしょ?

10 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/04/10(火) 00:06:41 ID:TK3hMV2Z
世界中で二つしかない水平対向エンジン製造メーカー スバルとポルシェ
仲良しメーカーだけどその中で
世界最大の水平対向エンジン製造メーカーがスバルだお

11 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/04/12(木) 19:25:03 ID:1rTiDVp0
トライベッカの排気量が3.6Lにアップされる。
ボアだけ広げたのかと思っていたらクランクとコンロッドの接合部を
偏心構造にしてエンジン幅は増やさずにストロークも増やしたのだと。
ショートストロークの弊害で低速トルクが細かったのだろう。
ボクサーエンジンはストロークを伸ばすのも大変だなあ。

12 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/04/12(木) 22:12:07 ID:LSHqIBDt
構造的に考えてみると、水平対抗(ボクサータイプ)は
ピストンとシリンダーの圧着が上と下では、イコールではないから
突然焼き付きと聞いたことがある、
>1が書いてあるようにオイルの偏りも気になるが。
メーカーとしてはその辺をしっかりとクリアーしているのか?
そこのところよろしく

13 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/04/12(木) 22:34:08 ID:7dMu2KKa
意外とピストンは水平に動くほうが良いらしい
それなら、V型エンジンはピストンとシリンダーの圧着がさらにややこしいのではないですか?
直立エンジンも実際は角度が付いてマウントされてるし


14 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/05/02(水) 01:06:36 ID:A/QFKC22
スバルのカタログ面白いよ。
突っ込み所満載でひとやまいくらの若手芸人のネタより余程笑える。
スバルにはまるで別の物理の法則が存在するかのようだ。

スバルは早くオイル漏れの対策をしろ。
ユーザーにどれだけ無駄金を使わせる気だ。

15 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/05/02(水) 22:37:57 ID:ZwZ/GT00
【リリカルなのは】スバル・ナカジマのスレ【StrikerS】
http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/anichara2/1174995803/

【なのはStS】スバル・ナカジマ萌えスレ【千和】
http://ex22.2ch.net/test/read.cgi/campus/1175883446/

16 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/05/20(日) 08:40:04 ID:ktBUcgrG
スバルのカタログ、景品表示法に違反しているのでは。


17 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/05/20(日) 16:59:20 ID:u5DQTPOy
ちょっと前まではどこのメーカーでも造れたエンジン。
それが今では良いとこ無しのエンジンだから淘汰されただけのこと。

18 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/05/20(日) 17:42:29 ID:0Tt7aJ9k
そんなこと言うと、ポルシェ911シリーズの水平対向エンジンのファンにも失礼だよ

19 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/06/08(金) 22:10:31 ID:pdcWMUR7
今度のインプは予想外にカッコ良い。
ただオイルは漏れるだろうしディーラーの対応も悪いだろうし
ヴィヴィオに乗ってた頃さんざんな目に遭ったからなあ。

20 :ボロが出るよ:2007/06/18(月) 00:19:51 ID:dHc6y+iV
ボロはボロ

21 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/06/19(火) 00:14:13 ID:XT+Xu2pJ
シリンダーなんてどんな道具でも人力じゃ動かないよ。
シリンダーの自重とかそんなチンケな力のレベルでは傷一つ付かない。
ピストンリングにシリンダー内壁の加工精度だろうな。
それに1960年代に起こったオイルの滲みは、ヘッド回りじゃない。
それよりオイル位、時々ゲージで確かめろよ。
継ぎ足ししてけば全交換よりオイル交換頻度が少なめでかえって楽だぞ。

22 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/07/25(水) 10:08:44 ID:65u15AU3
スバル水平対向ディーゼル
http://www.startyourengines.jp/blog/videoblog/2007/03/000384.php
http://www.startyourengines.jp/blog/staff/2007/03/000381.php

Subaru Boxer Turbo Diesel Engine
http://jp.youtube.com/watch?v=-G5TcWg0TMc

23 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/08/08(水) 23:00:09 ID:CWZI/RuI
今から再び水平対向RRを始めるメーカーもあるくらいですから

VWが水平対向4気等を搭載したコンパクト・カーを公開
http://www.hobidas.com/auto/carnews/article/carnews06_000628.html

24 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/05(水) 00:10:27 ID:Ig9cvfOh ?2BP(0)
三菱のエンジンは手で回るときいたことがあるぞ。


25 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/05(水) 21:42:20 ID:5cLCwSab
うそだー

26 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/15(土) 00:10:04 ID:Ii0KO513
 一連のヒット車のおかげでポルシェは世界一利益率の高い自動車メーカーになった。
2007年7月期決算では、純利益が20億ドル(前期比33%増)に達した模様。営業利益率は19.8%と、トヨタ自動車の2倍の水準を誇る。
モルガン・スタンレーはポルシェの売上高が2012年には213億ドルに倍増すると予想する。業界最速の成長だ。

 ポルシェの成功の秘訣は、日本車並みに耐久性の高い高性能なクルマを作る方針にある。
1993年、破綻寸前のポルシェのCEOに就いたヴィーデキング氏は、トヨタの生産工程を学ぶためにエンジニアたちを日本に派遣。
品質とコストを劇的に改善させた。

▽News Source Nikkei Business Publications
http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20070906/134154/

ポルシェに習って、トヨタシステムの高品質のノウハウを学び飛躍が期待されます

27 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/15(土) 23:16:41 ID:jkXPCL5m
水平対向エンジンとは、クランクシャフトを中心にシリンダーが左右に向かい合い、
対向したピストンが左右対称の動きをする(クランクピンを共有しない)レシプロエンジン。

車体に対し回転軸が縦置きされるこのエンジンは、左右のバランスが良く重心も低く全長も短い。
また、対向したピストンがお互いの振動をうち消すため振動が少ない。

現在作っている主要メーカーはポルシェとスバルだけだが、
昔は比較的多くの車種に採用されており、
このエンジンを搭載した車には名車と呼ばれる車が多い。

ちなみに、フェラーリ・テスタロッサの12気筒エンジンは水平対向エンジンに見えるが、
対向するピストンがクランクピンを共有する(ピストンの動きが左右対称ではない)ため、
水平対向エンジンではなく180度V型エンジンとなる。

28 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/16(日) 01:23:02 ID:eu7hjwfM
とりあえず、世界一のトヨタが欲しがってるっていうのは分かった。

29 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/28(金) 22:31:36 ID:fUvWUrUw
水平対向エンジン すいへいたいこうえんじん

自動車の場合

 レシプロエンジンは、自動車の動力源としては圧倒的な多数派だが、その多くは直列型とV型が占め、
現在この水平対向型を自動車に採用、生産しているメーカーは 「富士重工(スバル)」と「ポルシェ」 のみである。

 全高の低い水平対向エンジンを低い位置にマウントする事により、その重心を低い位置に設定する事が可能になる他、
スバル、ポルシェ 二社ともに、エンジンを縦置きに配し、
そこからギアボックス、トランスファー、プロペラシャフト、リアデファンシャルなどの
重量物を自動車の中心に、一直線上に配置している。
これにより、重量バランスに関しても理想的な機構になっている。

 排気系に関してスバルの例をあげると、現行インプレッサ(一部グレードのみ)や現行レガシィ登場以前はピストンの1-3番と2-4番、
つまり左右に分けられたピストンの近い方同士の排気管をまず集合させ、そこからさらに1本に集合させていた(4気筒の場合)。
これは、取り回しとしては合理的だがピストンの爆発順に集合させていないため、排気干渉が生じてしまうデメリットがあった。
しかし、現行インプレッサ(一部グレードのみ)、及び四代目レガシィではこれを爆発順に集合させる
「等長等爆エキゾーストマニホールド」を採用。

http://d.hatena.ne.jp/keyword/%bf%e5%ca%bf%c2%d0%b8%fe%a5%a8%a5%f3%a5%b8%a5%f3

30 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/28(金) 23:06:58 ID:fUvWUrUw
新型レガシィには、等長等爆式の水平対向エンジンが搭載されているが、
実はこのエンジンはスバルにとっては新採用ではなく正確に言えば「復活」にあたる。
というのは、1966年に誕生した「スバル1000」というクルマで、同社はすでに水平対向エンジンを使っていたのだ。
エキゾーストを左右のバンクで2気筒づつそれぞれつないで、その独立した状態のまま左右のサイドシルを通し、
一番後ろに置かれていたタイコのところで1本に集合させるというレイアウトは、
今のポルシェ911とほぼ同じで、理想的な排気レイアウトといえるものだった。

ポルシェは空冷エンジンを捨てた

1960 年当時、水平対向エンジンは今よりもっとメジャーな存在だった。アルファロメオ、フェラーリ、ホンダの初代F-1を含め、
この形式のエンジンを使うメーカーは多かったのだ。
それが1970年代に入り排気ガス規制が厳しくなると、多くの自動車メーカーは水平対向エンジンの開発を断念していった。
ロータリーエンジンをこだわり続けているのがマツダ一社になったように、
水平対向エンジンを今でもこだわり続けているメーカーは、 スバルとポルシェ だけに減った。
両者は水平対向エンジンしか持っていなかったので、それを使って排ガス規制に対応するしかなかったのだ。

そこでスバルは、エキゾーストを片側で結んで直下型の触媒を装着し、排ガス規制に対応した。
どうして左右のバンクで結ぶといけないかというと、それだとエキマニから触媒までの距離が長くなり、
排ガスが触媒に入るまでに温度が下がってしまうからだ。
触媒は化学反応により作用するので、温度が高くなければ十分な効果が得られない。
排気ガスを浄化する、つまり窒素を酸素から離すためには高温で触媒を働かせる必要がある。
同じ理由から、ポルシェ911は「993」を最後に、空冷エンジンを捨てた。
空冷エンジンはその構造上、エンジンがなかなか暖まらないという性質を持っているため、
ポルシェは空冷のままでは時代を生き残れないと判断したのだ。

31 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/30(日) 01:07:57 ID:eeIjnnCj
結論

6発を完全ドライサンプでRRに積まないと、低重心には出来ない。

32 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/30(日) 15:44:48 ID:QILh3z+F
インテグレーテッドドライサンプ (セミドライサンプ)
ttp://homepage2.nifty.com/~hassy911/itsf.html

 ところで996はというと、ボクスターの水冷エンジンから採用されている「集中ドライサンプ潤滑システム」と同じです。
996になってからは「インテグレーテッド.ドライサンプ潤滑システム」とちょっと言い方が変わってます。

 このシステムですが、水冷になってエンジンオイルの量が大幅に減り、外部オイルタンクの必要性がなくなり、
エンジンの下部にオフセットしてリザーバータンクが付いてます。
このタイプは セミドライサンプ と言われるものです。
クランクシャフトに余ったオイルが直接かからないとでも申しましょうか。

33 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/30(日) 19:49:12 ID:/U3INm8O
>>12
>>21
オイル潤滑が不調に成ろうとも下に寄るからそれはオカルト。
やはりオイル管理。

>>13
それもピストンの摺動に関しては同様。
市販レベルでは問題にならない事だが
V型構造に因る音叉振動に対処された設計・補強を要する。

34 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/09/30(日) 19:51:01 ID:/U3INm8O
>>24-25
手漕ぎクランク棒有りでの話?無し?

35 :名無しさん@見た瞬間に即決した:2007/10/01(月) 22:21:04 ID:XK5fpHvW
これを見ると、水平対向エンジンは低重心だと思う

ttp://response.jp/issue/2007/0920/article99397_1.images/153317.html

ttp://response.jp/issue/2007/0920/article99397_1.images/153319.html

13 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.02.02 2014/06/23 Mango Mangüé ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)